JP2019535511A - 煙道ガスからのヒ素の除去 - Google Patents

煙道ガスからのヒ素の除去 Download PDF

Info

Publication number
JP2019535511A
JP2019535511A JP2019530096A JP2019530096A JP2019535511A JP 2019535511 A JP2019535511 A JP 2019535511A JP 2019530096 A JP2019530096 A JP 2019530096A JP 2019530096 A JP2019530096 A JP 2019530096A JP 2019535511 A JP2019535511 A JP 2019535511A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
ionic liquid
activated carbon
arsenic
supported
list
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2019530096A
Other languages
English (en)
Inventor
アン・シュミット
イザベル・フェレメレン
ピーター・ノッケマン
Original Assignee
ユミコア
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to EP16202195 priority Critical
Priority to EP16202195.0 priority
Application filed by ユミコア filed Critical ユミコア
Priority to PCT/EP2017/081435 priority patent/WO2018104257A1/en
Publication of JP2019535511A publication Critical patent/JP2019535511A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D53/00Separation of gases or vapours; Recovering vapours of volatile solvents from gases; Chemical or biological purification of waste gases, e.g. engine exhaust gases, smoke, fumes, flue gases, aerosols
    • B01D53/34Chemical or biological purification of waste gases
    • B01D53/46Removing components of defined structure
    • B01D53/64Heavy metals or compounds thereof, e.g. mercury
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01JCHEMICAL OR PHYSICAL PROCESSES, e.g. CATALYSIS OR COLLOID CHEMISTRY; THEIR RELEVANT APPARATUS
    • B01J20/00Solid sorbent compositions or filter aid compositions; Sorbents for chromatography; Processes for preparing, regenerating or reactivating thereof
    • B01J20/22Solid sorbent compositions or filter aid compositions; Sorbents for chromatography; Processes for preparing, regenerating or reactivating thereof comprising organic material
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01JCHEMICAL OR PHYSICAL PROCESSES, e.g. CATALYSIS OR COLLOID CHEMISTRY; THEIR RELEVANT APPARATUS
    • B01J20/00Solid sorbent compositions or filter aid compositions; Sorbents for chromatography; Processes for preparing, regenerating or reactivating thereof
    • B01J20/28Solid sorbent compositions or filter aid compositions; Sorbents for chromatography; Processes for preparing, regenerating or reactivating thereof characterised by their form or physical properties
    • B01J20/28054Solid sorbent compositions or filter aid compositions; Sorbents for chromatography; Processes for preparing, regenerating or reactivating thereof characterised by their form or physical properties characterised by their surface properties or porosity
    • B01J20/28057Surface area, e.g. B.E.T specific surface area
    • B01J20/28066Surface area, e.g. B.E.T specific surface area being more than 1000 m2/g
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01JCHEMICAL OR PHYSICAL PROCESSES, e.g. CATALYSIS OR COLLOID CHEMISTRY; THEIR RELEVANT APPARATUS
    • B01J20/00Solid sorbent compositions or filter aid compositions; Sorbents for chromatography; Processes for preparing, regenerating or reactivating thereof
    • B01J20/28Solid sorbent compositions or filter aid compositions; Sorbents for chromatography; Processes for preparing, regenerating or reactivating thereof characterised by their form or physical properties
    • B01J20/28054Solid sorbent compositions or filter aid compositions; Sorbents for chromatography; Processes for preparing, regenerating or reactivating thereof characterised by their form or physical properties characterised by their surface properties or porosity
    • B01J20/28069Pore volume, e.g. total pore volume, mesopore volume, micropore volume
    • B01J20/28073Pore volume, e.g. total pore volume, mesopore volume, micropore volume being in the range 0.5-1.0 ml/g
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01JCHEMICAL OR PHYSICAL PROCESSES, e.g. CATALYSIS OR COLLOID CHEMISTRY; THEIR RELEVANT APPARATUS
    • B01J20/00Solid sorbent compositions or filter aid compositions; Sorbents for chromatography; Processes for preparing, regenerating or reactivating thereof
    • B01J20/28Solid sorbent compositions or filter aid compositions; Sorbents for chromatography; Processes for preparing, regenerating or reactivating thereof characterised by their form or physical properties
    • B01J20/28054Solid sorbent compositions or filter aid compositions; Sorbents for chromatography; Processes for preparing, regenerating or reactivating thereof characterised by their form or physical properties characterised by their surface properties or porosity
    • B01J20/28078Pore diameter
    • B01J20/28083Pore diameter being in the range 2-50 nm, i.e. mesopores
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01JCHEMICAL OR PHYSICAL PROCESSES, e.g. CATALYSIS OR COLLOID CHEMISTRY; THEIR RELEVANT APPARATUS
    • B01J20/00Solid sorbent compositions or filter aid compositions; Sorbents for chromatography; Processes for preparing, regenerating or reactivating thereof
    • B01J20/30Processes for preparing, regenerating, or reactivating
    • B01J20/32Impregnating or coating ; Solid sorbent compositions obtained from processes involving impregnating or coating
    • B01J20/3202Impregnating or coating ; Solid sorbent compositions obtained from processes involving impregnating or coating characterised by the carrier, support or substrate used for impregnation or coating
    • B01J20/3204Inorganic carriers, supports or substrates
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01JCHEMICAL OR PHYSICAL PROCESSES, e.g. CATALYSIS OR COLLOID CHEMISTRY; THEIR RELEVANT APPARATUS
    • B01J20/00Solid sorbent compositions or filter aid compositions; Sorbents for chromatography; Processes for preparing, regenerating or reactivating thereof
    • B01J20/30Processes for preparing, regenerating, or reactivating
    • B01J20/32Impregnating or coating ; Solid sorbent compositions obtained from processes involving impregnating or coating
    • B01J20/3231Impregnating or coating ; Solid sorbent compositions obtained from processes involving impregnating or coating characterised by the coating or impregnating layer
    • B01J20/3287Layers in the form of a liquid
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D2252/00Absorbents, i.e. solvents and liquid materials for gas absorption
    • B01D2252/30Ionic liquids and zwitter-ions
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D2253/00Adsorbents used in seperation treatment of gases and vapours
    • B01D2253/10Inorganic adsorbents
    • B01D2253/102Carbon
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D2253/00Adsorbents used in seperation treatment of gases and vapours
    • B01D2253/25Coated, impregnated or composite adsorbents
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D2253/00Adsorbents used in seperation treatment of gases and vapours
    • B01D2253/30Physical properties of adsorbents
    • B01D2253/302Dimensions
    • B01D2253/306Surface area, e.g. BET-specific surface
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D2258/00Sources of waste gases
    • B01D2258/02Other waste gases
    • B01D2258/025Other waste gases from metallurgy plants
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D2258/00Sources of waste gases
    • B01D2258/02Other waste gases
    • B01D2258/0283Flue gases
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D53/00Separation of gases or vapours; Recovering vapours of volatile solvents from gases; Chemical or biological purification of waste gases, e.g. engine exhaust gases, smoke, fumes, flue gases, aerosols
    • B01D53/02Separation of gases or vapours; Recovering vapours of volatile solvents from gases; Chemical or biological purification of waste gases, e.g. engine exhaust gases, smoke, fumes, flue gases, aerosols by adsorption, e.g. preparative gas chromatography
    • B01D53/025Separation of gases or vapours; Recovering vapours of volatile solvents from gases; Chemical or biological purification of waste gases, e.g. engine exhaust gases, smoke, fumes, flue gases, aerosols by adsorption, e.g. preparative gas chromatography with wetted adsorbents; Chromatography

Abstract

公表された発明は、担持されたイオン液体相ベッドに排ガスを通すステップを備え、イオン液体は、置換ホスホニウム、アンモニウム、イミダゾリウム、ピロリジニウム、及びピリジニウムからなるリストからの一以上のカチオンと、塩化物、臭化物、及びカルボン酸塩からなるリストからの一以上のアニオンとを含むことを特徴とする、プロセス排ガス中のヒ素酸化物を除去するためのプロセスに関する。活性炭のベッドと比較して、本発明に係るイオン液体に浸された活性炭ベッドは、ベッドのヒ素吸着容量の推定二倍を可能にし、一方で吸着の反応速度を著しく改善もする。

Description

本発明は、排ガス中の、特に冶金精錬プロセス又は石炭燃焼プロセスからのオフガス中の微量のヒ素酸化物を除去するのに特に適合されたガスの浄化プロセスに関する。
ヒ素は、多くの鉱物、濃縮物、及びリサイクルされた金属含有材料に存在する。ヒ素及び多くのヒ素化合物は、高温で比較的揮発性でもある。結果として、大半の冶金操作は、特に高温冶金プロセスが適用される際に、ヒ素含有ガスを生成する。例は、石炭の燃焼、又は精錬プロセスを用いた銅及び鉛等の金属の回収である。炉及びコンバータからの排出物は、職場における健康問題を引き起こすことがあり、かつ/又は製錬所のすぐ近くで、高レベルの鉛やヒ素などの毒性汚染物質をもたらすことがある。
既知のプロセスによると、ガス流中のヒ素の大部分は、凝縮、ろ過、又は活性炭上での吸着によって回収されることができる。
凝縮及びろ過によって、気相中における約0.2〜0.8mg/Nmまでヒ素を減少させることができる。消石灰Ca(OH)がガス中に投入されてよく、これによって凝縮表面として働くだけでなく、Ca−As沈殿物を形成することによってヒ素を吸着する。その後0.05mg/Nmまでのヒ素の更なる削減を典型的には得ることができる。
しかし、この金属及びその化合物の生態毒性の観点で、ヒ素のより完全な除去が望まれている。更に、典型的な生産工程は大量のガスの連続的な放出を含み、従って環境問題を悪化させる。
ヒ素を更に削減するための既知のプロセスは、ガスを活性炭のベッドに通すことである。
活性炭上へのヒ素の吸着の効果は、温度が上がるにつれて減少することが認識されてきた。従ってガス流は100℃よりずっと低温まで冷却されねばならない。残念ながら、この温度における吸着速度は非常に遅い。活性炭とガスとの間の十分な接触時間は多量のベッドを用いてのみ達成可能であり、従ってそれは大量の活性炭を含む必要がある。これは巨大で高価な装置をもたらす。その通常の運転寿命中に活性炭は決してヒ素で飽和されないので、活性炭は更に有効利用されていない。
本公開の目的は、0.01mg/Nm未満までのヒ素の減少を可能にしつつ、上記課題を解決する、特に活性炭に比べてヒ素の吸着速度を加速するスキームを提案することである。このスキームは、SILP(担持されたイオン液体相(Supported Ionic Liquid Phase))のベッド、即ち選択されたイオン液体中にキャリア相を浸すことによって典型的には準備される多孔性キャリアを利用する。
担持されたイオン液体相を用いて金属又は金属酸化物を捕獲するためのプロセスは以前に記述されている。しかしそれらはヒ素の除去のために最適化されていない。
US20140001100は、イオン液体を用いて炭化水素流体から元素水銀を捕獲するためのプロセスを開示している。適切なイオン液体は、有機カチオンと、金属カチオンと、アニオンとを含む。イオン液体は二重の機能を果たすと信じられている。第一に、イオン液体の金属カチオン部分は水銀を酸化する。有機環境中で不安定化された、酸化された水銀は、その後、イオン液体中に効率的に捕獲される。
US20070123660は同様に、気体の元素状又は酸化された水銀並びに鉛、亜鉛、及びカドミウムを捕獲するためのプロセスに関する。使用はリガンド及びイオン液体の組み合わせからなる。元素種が捕獲される必要があるときに酸化剤が加えられる。
本願では、担持されたイオン液体相ベッドに排ガスを通すステップを備え、イオン液体は、置換ホスホニウム、アンモニウム、イミダゾリウム、ピロリジニウム、及びピリジニウムからなるリストからの一以上のカチオンと、塩化物、臭化物、及びカルボン酸塩からなるリストからの一以上のアニオンとを含むことを特徴とする、プロセス排ガス中のヒ素酸化物を除去するためのプロセスが公表される。
プロセス排ガスによって冶金精錬プロセス又は他の燃焼プロセスからのガスが意味される。
好ましくは、置換ホスホニウムカチオンは式[Pm n o pに従い、置換アンモニウムカチオンは式[Nm n o pに従い、置換基はそれぞれm、n、o、pの炭素原子を含む炭化水素鎖であり、但し、アニオンがハロゲン化物の場合にはm+n+o+p>10であり、アニオンがカルボン酸塩の場合にはm+n+o+p<30である。
カチオンの炭化水素鎖置換基は、好ましくは非分岐であり、飽和である。アニオンは、好ましくは非分岐で不飽和の、1〜8の炭素原子を含むモノカルボン酸塩である。
最も好ましいイオン液体は[P6 6 6 14]Clである。この製品はCYPHOS(登録商標)IL 101として市販されている。
このプロセスはAs及び/又はAsを含むヒ素酸化物を除去するのに最も適している。
好ましくは、担持されたイオン液体相は、アルミナ、シリカ、及び活性炭からなるリストからの担持相を含む。50m/gより大きなBETを有する担持相が望まれる。3:1から50:1のイオン液体の重量に対する担持相の重量比が最も好適である。
開示されたプロセス及び対応する装置の利点は:
−吸着ベッドの体積を減らすことができる;
−清浄器自身がより小型になることができる;
−吸着ベッドを横切る圧力降下を低減することができる。
従って、活性炭を使用した場合よりも投資は小さくてよく、ランニングコストは減少する。
そのようなSILPは、選択された詳細なイオン液体に依存して、Zn、Hg、Cd、Pb、Sb及びSe等の、気相中にも存在することがあるヒ素以外の元素も吸着してよい。例えば、トリヘキシル−テトラデシル−ホスホニウムクロライド[P6 6 6 14]Clとして同定されるイオン液体は、As並びにPb、Cu、Cd、Se及びZnの捕獲に適している。1−ブチル−3−メチルイミダゾリウムアセテート[Cim][CCO]を使用した場合、Sb及びSeを取り込むことについての明確な証拠も存在する。これらのイオン液体は活性炭基材を用いて試験された。
担持基材は高度に多孔性であるべきであり、想定されたイオン液体によって湿潤されるべきである。典型的な候補は、シリカ、アルミナ、チタン酸化物、ジルコニウム酸化物、活性炭、多孔質ポリマー、ゼオライト、および金属−有機骨格である。
ヒ素の吸着を目標とする場合、大量のヒ素を溶解しやすいイオン液体が明らかに好ましい。
ヒ素含有排ガスが冶金精錬プロセスに起因する場合、使用されたSILPは、そのプロセスに直接リサイクルされてよい。その後、SILPによって捕獲された金属の蓄積を避けるために、SILP吸着ステップの前の捕獲メカニズムが必要である。リサイクルされたSILPは有益な反応剤してみなされることすらある。例えば、活性炭基材を扱い、高温冶金プロセスが還元剤を必要とする際に、上記が該当する。同様に、スラグの形成のためにフラックス(fluxing)を必要としているプロセスに、シリカ又はアルミナ基材が有用にリサイクルされ得る。
第一実施例において、SILPの容量の増加が実証される。
活性炭系SILPの準備のために、Chemviron Carbon(登録商標)からの活性炭WS 490が使用される。1重量部のイオン液体が9体積部のメタノールに溶解される。9重量部の活性炭にこの溶液が加えられ、完全な吸着を保証するために一晩中放置される。溶媒は3ステップで除去される:45℃及び300mbarで1.5時間、65℃及び300mbarで1.5時間、65℃及び250mbarで1.5時間。
この方法を使用して、イオン液体[P6 6 6 14]Cl及び[Cim][CCO]を使用して大量のSILPが生産される。
得られたSILP材料の比表面積を明らかにするためにBETが測定される。この分析から、BJH分析を用いて細孔容積及び細孔径が決定される。未処理の活性炭(AC)並びに上述の通りに準備されたSILP試料について、窒素を用いてこれらの決定が実行される。これは表1に報告される。
三つの材料全ての細孔径も記録される。三つの材料全てにおいて、40Åより小さな細孔直径が支配的である。これは、活性炭をイオン液体でコートした後の細孔構造の持続性を実証する。しかし、コート後に、これらの小さな細孔の割合は僅かに減少している。従って、イオン液体が活性炭の内部細孔を覆っていると推測される。
イオン液体は、Asを溶解する能力に従って選択される。温度の関数としての飽和限界と共に、このリストが表2に報告されている。
選択されたイオン液体のコート層が、1トンのSILP当たり約10kgのAsを吸着できることを表1から導くことができる。活性炭基材も吸着の容量に寄与するだろうことを仮定すると、SILPの合計容量は、活性炭単独の容量の二倍であると推定される。この容量の増加は、活性炭を選択されたイオン液体に浸すことの第一の利点である。
第二実施例において、改善された吸着速度が示される。
第一ステップにおいて、二つの吸着カラムが準備され、一方は対照として使用される非含侵活性炭が充填され、他方は実施例1に記述された[P6 6 6 14]Clに浸された活性炭が充填される。各カラムは底部に少量のガラスウールを備え、スチールメッシュと10gの吸着材料とが続く。吸着材料の二つの追加的な層が追加され、スチールメッシュによってそれぞれが分離される。各層は1.63cmの平均高さを有する。吸着ベッドを安定させるために最上層上にスチールメッシュ及びガラスウールが追加される。カラムの内径は約4.2cmである。
第二ステップにおいて、As含有ガスがカラムに供給される。この目的で、鉛溶鉱炉によって生産されたオフガスから副流がサンプリングされる。第一ダストフィルターの後、ガスは三つの平行な流れへと分けられる。一つの流れは、入口濃度の分析のために、洗浄ボトルのカスケードに直接通される。洗浄ボトル中のAsを分析することによって、入力濃度を決定することができる。他の二つは、各吸着カラムに通される。各カラムの出口は、別個の洗浄ボトルのカスケードに独立して接続される。乾燥カラム及びポンプが各カスケードに続き、各流れについてガス流量が3L/分に調節される。カラムに入るガスの温度は約140℃である。実験は48時間実施される。
表3に纏められたように、非含侵活性炭の代わりにイオン液体が浸された活性炭を利用した場合、出力ヒ素濃度が三倍低減されることが観測される。運転条件は同一なので、またレベルは飽和効果よりもずっと低いので、イオン液体が加速された吸着速度を提供したと信じられている。これが、活性炭を選択されたイオン液体に浸すことの第二の利点である。この利点は、シリカ又はアルミナ等の活性炭以外の基材が使用された場合でも有効である。

Claims (7)

  1. 担持されたイオン液体相ベッドに排ガスを通すステップを備え、前記イオン液体は、置換ホスホニウム、アンモニウム、イミダゾリウム、ピロリジニウム、及びピリジニウムからなるリストからの一以上のカチオンと、塩化物、臭化物、及びカルボン酸塩からなるリストからの一以上のアニオンとを含むことを特徴とする、プロセス排ガス中のAs及び/又はAsを除去するためのプロセス。
  2. 前記置換ホスホニウムカチオンは式[Pm n o pに従い、前記置換アンモニウムカチオンは式[Nm n o pに従い、置換基はそれぞれm、n、o、pの炭素原子を含む炭化水素鎖であり、但し、アニオンがハロゲン化物の場合にはm+n+o+p>10であり、アニオンがカルボン酸塩の場合にはm+n+o+p<30である、請求項1に記載のプロセス。
  3. 前記カルボン酸塩は、非分岐で不飽和の、1〜8の炭素原子を含むモノカルボン酸塩である、請求項1又は2に記載のプロセス。
  4. 前記担持されたイオン液体相が、アルミナ、シリカ、及び活性炭からなるリストからの担持相を含む、請求項1から3のいずれか一項に記載のプロセス。
  5. 前記担持相が50m/gより大きなBETを有する、請求項4に記載のプロセス。
  6. イオン液体の重量比に対する担持相の重量比が3:1から50:1である、請求項1から5のいずれか一項に記載のプロセス。
  7. プロセス排気が冶金精錬プロセスからのオフガスであり、前記担持されたイオン液体相がそのプロセスにリサイクルされることを特徴とする、請求項6に記載のプロセス。
JP2019530096A 2016-12-05 2017-12-05 煙道ガスからのヒ素の除去 Pending JP2019535511A (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
EP16202195 2016-12-05
EP16202195.0 2016-12-05
PCT/EP2017/081435 WO2018104257A1 (en) 2016-12-05 2017-12-05 Removal of arsenic from flue-gas

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2019535511A true JP2019535511A (ja) 2019-12-12

Family

ID=57530500

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2019530096A Pending JP2019535511A (ja) 2016-12-05 2017-12-05 煙道ガスからのヒ素の除去

Country Status (8)

Country Link
EP (1) EP3548163A1 (ja)
JP (1) JP2019535511A (ja)
KR (1) KR20190087630A (ja)
CN (1) CN110177611A (ja)
AU (1) AU2017371115A1 (ja)
CA (1) CA3043671A1 (ja)
EA (1) EA201991235A1 (ja)
WO (1) WO2018104257A1 (ja)

Family Cites Families (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8118916B2 (en) 2005-10-21 2012-02-21 The University Of Cincinnati High capacity materials for capture of metal vapors from gas streams
GB2484301B8 (en) 2010-10-05 2017-11-22 The Queen's Univ Of Belfast Process for removing metals from hydrocarbons
JP6616928B2 (ja) * 2013-06-19 2019-12-04 カルゴン カーボン コーポレーション 活性炭からの重金属浸出の軽減方法
FR3009204B1 (fr) * 2013-07-31 2015-07-24 IFP Energies Nouvelles Procede de captation d'un metal lourd contenu dans un gaz humide avec dilution du gaz humide pour controler l'humidite relative du gaz.
CN103877844B (zh) * 2014-03-13 2016-01-13 华能国际电力股份有限公司 一种脱汞吸收液
US20160271559A1 (en) * 2015-03-16 2016-09-22 University Of Wyoming Methods and Compositions for the Removal of Mercury From Gases

Also Published As

Publication number Publication date
CA3043671A1 (en) 2018-06-14
EP3548163A1 (en) 2019-10-09
EA201991235A1 (ru) 2020-01-16
KR20190087630A (ko) 2019-07-24
CN110177611A (zh) 2019-08-27
WO2018104257A1 (en) 2018-06-14
AU2017371115A1 (en) 2019-05-30

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Khan et al. Adsorptive removal and separation of chemicals with metal-organic frameworks: contribution of π-complexation
US10589225B2 (en) Sorbents for the oxidation and removal of mercury
Xu et al. Chemical transformation of CO2 during its capture by waste biomass derived biochars
Unuabonah et al. Adsorption of Pb (II) and Cd (II) from aqueous solutions onto sodium tetraborate-modified kaolinite clay: equilibrium and thermodynamic studies
Lee et al. Removal of gas-phase elemental mercury by iodine-and chlorine-impregnated activated carbons
Johari et al. Adsorption enhancement of elemental mercury by various surface modified coconut husk as eco-friendly low-cost adsorbents
Zhang et al. Cobalt manganese oxides modified titania catalysts for oxidation of elemental mercury at low flue gas temperature
Korpiel et al. Effect of sulfur impregnation method on activated carbon uptake of gas-phase mercury
US3974256A (en) Sulfide removal process
US7744763B2 (en) Mercury removal sorbent
CN102413899B (zh) 用于汞的氧化和移除的吸附剂
Liu et al. Impact of flue gas conditions on mercury uptake by sulfur-impregnated activated carbon
Goyal et al. Removal of copper from aqueous solutions by adsorption on activated carbons
JP5362716B2 (ja) Co2を含むガスの精製方法
Mikhalovsky et al. Catalytic properties of activated carbons I. Gas-phase oxidation of hydrogen sulphide
FI57445B (fi) Rening av gaser innehaollande kvicksilveraonga
US7435285B2 (en) Adsorption mass and method for removing carbon monoxide from flows of material
CN101429460B (zh) 通过负载的金属氧化物从流体中除汞
Tian et al. Removal of elemental mercury by activated carbon impregnated with CeO2
US6338830B1 (en) Absorbent and/or catalyst and binder system and method of making and using therefor
AU2002228478B2 (en) A method for the removal of mercury from a gas stream
Huang et al. Effect of moisture on H2S adsorption by copper impregnated activated carbon
AU2008211707B2 (en) A sorbent composition
CA1081135A (en) Selective adsorption of mercury from gas streams
Li et al. Heterogeneous catalytic reaction of elemental mercury vapor over cupric chloride for mercury emissions control