JP2019514661A - Cleaner head - Google Patents

Cleaner head Download PDF

Info

Publication number
JP2019514661A
JP2019514661A JP2019511817A JP2019511817A JP2019514661A JP 2019514661 A JP2019514661 A JP 2019514661A JP 2019511817 A JP2019511817 A JP 2019511817A JP 2019511817 A JP2019511817 A JP 2019511817A JP 2019514661 A JP2019514661 A JP 2019514661A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
cleaner head
seal
housing
head according
rotatable seal
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2019511817A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2019514661A5 (en
Inventor
ホーン,ルーカス
モンテロ−コウェル,パブロ
スキットリー,オリバー
Original Assignee
ルーペ テクノロジー リミテッド
ルーペ テクノロジー リミテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Family has litigation
Priority to GB1608295.0A priority Critical patent/GB2550180B/en
Priority to GB1608295.0 priority
Application filed by ルーペ テクノロジー リミテッド, ルーペ テクノロジー リミテッド filed Critical ルーペ テクノロジー リミテッド
Priority to PCT/GB2017/051311 priority patent/WO2017194946A2/en
Publication of JP2019514661A publication Critical patent/JP2019514661A/en
Publication of JP2019514661A5 publication Critical patent/JP2019514661A5/ja
First worldwide family litigation filed litigation Critical https://patents.darts-ip.com/?family=56320243&utm_source=google_patent&utm_medium=platform_link&utm_campaign=public_patent_search&patent=JP2019514661(A) "Global patent litigation dataset” by Darts-ip is licensed under a Creative Commons Attribution 4.0 International License.
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A47FURNITURE; DOMESTIC ARTICLES OR APPLIANCES; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47LDOMESTIC WASHING OR CLEANING; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47L9/00Details or accessories of suction cleaners, e.g. mechanical means for controlling the suction or for effecting pulsating action; Storing devices specially adapted to suction cleaners or parts thereof; Carrying-vehicles specially adapted for suction cleaners
    • A47L9/02Nozzles
    • A47L9/04Nozzles with driven brushes or agitators
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A47FURNITURE; DOMESTIC ARTICLES OR APPLIANCES; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47LDOMESTIC WASHING OR CLEANING; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47L9/00Details or accessories of suction cleaners, e.g. mechanical means for controlling the suction or for effecting pulsating action; Storing devices specially adapted to suction cleaners or parts thereof; Carrying-vehicles specially adapted for suction cleaners
    • A47L9/02Nozzles
    • A47L9/04Nozzles with driven brushes or agitators
    • A47L9/0461Dust-loosening tools, e.g. agitators, brushes
    • A47L9/0466Rotating tools
    • A47L9/0477Rolls
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A47FURNITURE; DOMESTIC ARTICLES OR APPLIANCES; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47LDOMESTIC WASHING OR CLEANING; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47L9/00Details or accessories of suction cleaners, e.g. mechanical means for controlling the suction or for effecting pulsating action; Storing devices specially adapted to suction cleaners or parts thereof; Carrying-vehicles specially adapted for suction cleaners
    • A47L9/02Nozzles
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A47FURNITURE; DOMESTIC ARTICLES OR APPLIANCES; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47LDOMESTIC WASHING OR CLEANING; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47L9/00Details or accessories of suction cleaners, e.g. mechanical means for controlling the suction or for effecting pulsating action; Storing devices specially adapted to suction cleaners or parts thereof; Carrying-vehicles specially adapted for suction cleaners
    • A47L9/02Nozzles
    • A47L9/04Nozzles with driven brushes or agitators
    • A47L9/0461Dust-loosening tools, e.g. agitators, brushes
    • A47L9/0483Reciprocating or oscillating tools, e.g. vibrators, agitators, beaters
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A47FURNITURE; DOMESTIC ARTICLES OR APPLIANCES; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47LDOMESTIC WASHING OR CLEANING; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47L9/00Details or accessories of suction cleaners, e.g. mechanical means for controlling the suction or for effecting pulsating action; Storing devices specially adapted to suction cleaners or parts thereof; Carrying-vehicles specially adapted for suction cleaners
    • A47L9/02Nozzles
    • A47L9/04Nozzles with driven brushes or agitators
    • A47L9/0461Dust-loosening tools, e.g. agitators, brushes
    • A47L9/0488Combinations or arrangements of several tools, e.g. edge cleaning tools

Abstract

吸引型掃除機に使用されるクリーナーヘッド10は、ハウジング11の下面に形成された吸引口20と、ハウジング11を通る吸引路20Aと、ハウジング11の前方に配置された回転可能なシール部40と、回転可能なシール部40の後方に配置された撹拌部60と、を有し、回転可能なシール部40は、クリーナーヘッドの下面に平行な回転軸を有し、吸引路20Aは、撹拌部60と回転可能なシール部40との間に配置されている。【選択図】図3The cleaner head 10 used in the suction type vacuum cleaner includes a suction port 20 formed on the lower surface of the housing 11, a suction passage 20A passing through the housing 11, and a rotatable seal portion 40 disposed in front of the housing 11. , And the stirring portion 60 disposed behind the rotatable sealing portion 40, and the rotatable sealing portion 40 has a rotation axis parallel to the lower surface of the cleaner head, and the suction path 20A is the stirring portion 60 and a rotatable seal 40. [Selected figure] Figure 3

Description

本発明は、吸引型掃除機に使用されるクリーナーヘッドに関する。   The present invention relates to a cleaner head for use in a suction type vacuum cleaner.

吸引型掃除機は、電化製品として広く知られている。現在、多くの吸引型掃除機は、基本的な操作方法が同じである。吸引型掃除機は、所定の面に沿って移動するクリーナーヘッド(ピック−アップヘッド)と、埃/塵をエアフローから分離する分離システムと、クリーナーヘッドと分離システムを通るエアフローを発生させる吸引源(一般的にはモーター及びインペラ)と、を有している。埃/塵は、所定の面から引っ張られることにより清掃され、エアフロー内に流入する。汚れたエアフローは、クリーナーヘッドから分離システムへ送り込まれる。洗浄されたエアーは、部屋の内部へ排出される。エアーが排出されると、ピックアップヘッドに陰圧が形成される。   Suction-type vacuum cleaners are widely known as electrical appliances. Currently, many suction type vacuum cleaners have the same basic operation method. The vacuum cleaner comprises a cleaner head (pick-up head) moving along a predetermined surface, a separation system for separating dust / dust from the air flow, and a suction source for generating an air flow through the cleaner head and the separation system Generally, a motor and an impeller). Dust / dust is cleaned by being pulled from a predetermined surface and flows into the air flow. The dirty air flow is fed from the cleaner head to the separation system. The cleaned air is exhausted to the inside of the room. When air is exhausted, a negative pressure is formed on the pickup head.

分離システムには、フィルターバッグ、サイクロンセパレータ、ウォータータンクといった種類や、サイズ、およびモーターのデザインなどに関して、多種のものが存在する。   There are many types of separation systems, such as filter bag, cyclone separator, water tank type, size, and motor design.

床面の種類の違いによって異なる課題が存在する。カーペットフロアーであれば、叩き棒やカーペットを叩く剛毛なブラシ棒のような撹拌部を備えるクリーナーヘッドを使うことが良いとされている。叩き棒は、電気モーターにより高速回転で駆動される。一般的に、カーペットを叩く際の回転速度は、2000〜8000RPMである。叩き棒には、米国特許第1,886,129号明細書に記載されているように、叩き棒が回転した際、カーペットの立毛を分割するように構成された放射状に突出する剛毛が設けられる。この高速回転により、カーペットの立毛からより多くの塵を取り除くことが可能となる。塵は、エアフロー内に流入して、吸引バッグや捕集チャンバ内で捕集される。このように、撹拌部を備えないクリーナーヘッドと比較して、剛毛によりカーペットを叩いて立毛に含まれる捕集物を取り除くことができ、さらにカーペットからより大きな塵を効果的に取り除くことができる点において、利点がある。   There are different challenges depending on the type of floor. If it is a carpet floor, it is better to use a cleaner head with an agitator such as a batter bar or a bristle brush bar that strikes the carpet. The striking rod is driven at high speed by an electric motor. Generally, the rotation speed when striking a carpet is 2000-8000 RPM. The tapping bar is provided with radially projecting bristles configured to divide the napped hair of the carpet when the tapping bar is rotated, as described in U.S. Pat. No. 1,886,129. . This high speed rotation makes it possible to remove more dust from the naps of the carpet. The dust flows into the air flow and is collected in the suction bag and the collection chamber. In this way, the bristles can be used to tap the carpet to remove the collected matter contained in the napped hair and to effectively remove larger dust from the carpet as compared with a cleaner head not having a stirring unit. There are advantages in

硬質な床面では、撹拌部が高速回転した際、床面に痕を残したり、床面を損傷させたりしまうことがあるため、撹拌部は一般的に使用されない。複数の種類のクリーナーヘッド、例えば、撹拌部を備える直立型の機器では、クリーナーヘッドが硬質な床面を清掃している間、撹拌部の動作を停止させることができる。また、別の掃除機では、撹拌部を備えていないクリーナーヘッドが使用される。これは、受動的なヘッドに関する技術として知られている。シールを備える受動的なヘッドの一例が英国特許出願公開第2,374,523号明細書に記載されている。この文献は、クリーナーヘッドと床面との間のシール性を向上させる技術に関するものである。この種類のクリーナーヘッドの欠点は、ブラシシールにより、クリーナーヘッド内への大きな捕集物の移動が阻害されてしまうことである。捕集物は、クリーナーヘッドの前方へ押されてしまう。この種のクリーナーヘッドは、ヘッドの下側に配置された床面の割れ目や裂け目から塵を取り除こうとする際、捕集物を取り除くためにヘッドが床面から持ち上げられてしまうため、吸引効率が低下する。   In the case of a hard floor surface, when the stirring unit rotates at high speed, the stirring unit is generally not used because it may leave marks on the floor surface or damage the floor surface. In an upright-type device comprising several types of cleaner heads, for example a stirrer, the operation of the stirrer can be stopped while the cleaner head is cleaning a hard floor. In another vacuum cleaner, a cleaner head without an agitator is used. This is known as a passive head technology. An example of a passive head with a seal is described in GB-A-2,374,523. This document relates to a technique for improving the sealability between the cleaner head and the floor surface. A disadvantage of this type of cleaner head is that the brush seal inhibits the movement of large collected material into the cleaner head. The collected matter is pushed to the front of the cleaner head. This type of cleaner head has a suction efficiency because the head is lifted from the floor surface in order to remove collected matter when trying to remove dust from the cracks and tears of the floor surface disposed under the head. descend.

国際公開第2015/015167には、吸引型掃除機に使用されるクリーナーヘッドが記載されている。このクリーナーヘッドは、クリーナーヘッドの前方に配置されたブラシ棒型の撹拌部を備えている。撹拌部は、放射状に突出したカーボンファイバーの剛毛と、剛毛の間に配置されたシール部材と、を有している。このクリーナーヘッドは、清掃される床面に対してシールを形成することができ、さらに、ヘッド内へ大きな捕集物を移動させることができる。このクリーナーヘッドは、主として、硬質な床面での使用が想定されている。   WO 2015/015167 describes a cleaner head used for a suction type vacuum cleaner. The cleaner head is provided with a brush-rod-type stirring unit disposed in front of the cleaner head. The stirring portion has radially protruding carbon fiber bristles and a seal member disposed between the bristles. The cleaner head can form a seal against the floor surface to be cleaned and can also move large collection into the head. This cleaner head is primarily intended for use on hard floors.

いくつかの吸引型掃除機、例えば、シリンダー型(筒型)の機種及び手持ち型の機種では、床の構造の違いに応じた最適な機能を持つ多機能なクリーナーヘッドが提供されている。ユーザーは、清掃する床の種類に応じた最適な構造のクリーナーヘッドを選択することができる。これにより、効果的な清掃を実現することが可能となる一方で、コストが嵩むうえに、多機能なクリーナーヘッドを保管するための収容スペースを大きくせざるを得ず、さらに、クリーナーヘッドの交換に要する時間及び手間が多大なものとなる。   Some suction type vacuum cleaners, for example, cylinder type (cylindrical) type and hand-held type, provide a multifunctional cleaner head having an optimum function according to the difference in floor structure. The user can select the cleaner head with the most suitable structure according to the type of floor to be cleaned. While this makes it possible to realize effective cleaning, the cost is increased and the storage space for storing the multifunctional cleaner head has to be increased, and further, the cleaner head needs to be replaced. The time and effort required to

そこで、床の種類に関わらず幅広く適用することができる高品質な清掃機能を備える一方で、特定の種類の床(カーペットフロアーや硬質な床)に対しても高品質な清掃機能を備える一つのクリーナーヘッドを有する吸引型掃除機を提供することを目的とする。   Therefore, while having a high quality cleaning function that can be widely applied regardless of the type of floor, it is one that provides a high quality cleaning function even for a specific type of floor (carpet floor or hard floor). An object of the present invention is to provide a suction type vacuum cleaner having a cleaner head.

実施形態の説明において、流体は、例えば、エアー、水、クリーニング用の流体、その他の流体である。一般的に、流体は、エアーである。   In the description of the embodiment, the fluid is, for example, air, water, a fluid for cleaning, or another fluid. In general, the fluid is air.

本発明の実施形態は、複数の種類の床に使用することが可能な吸引型掃除機のクリーナーヘッドの改善を図るものである。   Embodiments of the present invention seek to improve the cleaner head of a vacuum cleaner that can be used on multiple types of floors.

以下の要約は、簡略した形態で示すコンセプトを選択的に説明するものであり、詳細については後述する。この要約は、本願の主題となる主要な構成又は本質的な構成を限定するものではなく、また本願の主題の範囲を定義する目的のものではない。   The following summary selectively describes the concepts presented in simplified form and will be described in detail below. This summary is not intended to limit the primary or essential features of the present subject matter, nor is it intended to define the scope of the present subject matter.

一の形態に係る吸引型掃除機のクリーナーヘッドは、下面を有し、床面に沿って移動可能に構成されたハウジングと、前記ハウジングの前記下面に形成された吸引口と、前記ハウジングに形成され、前記吸引口と流体連通した吸引路と、前記クリーナーヘッドの前記下面に平行な回転軸を有し、前記ハウジングの前方に配置された回転可能なシール部と、前記回転可能なシール部の後方に配置された撹拌部と、を有し、前記ハウジングは、前記回転可能なシール部の少なくとも一部を囲むように配置されており、前記吸引路は、前記撹拌部と前記回転可能なシール部の間に配置されている、クリーナーヘッド。   A cleaner head of a suction type vacuum cleaner according to one aspect has a lower surface and is formed in a housing configured to be movable along a floor surface, a suction port formed in the lower surface of the housing, and the housing A rotatable sealing portion disposed in front of the housing and having a suction path in fluid communication with the suction port, and a rotation axis parallel to the lower surface of the cleaner head; And a stirring unit disposed rearward, wherein the housing is disposed so as to surround at least a part of the rotatable seal, and the suction passage includes the stirring unit and the rotatable seal. The cleaner head is located between the parts.

少なくとも一つの形態では、床面に対する良好なシールを形成しつつ、特に硬質な床から大きな捕集物を効率的に取り上げることができる。回転可能なシール部は、床面に対する良好なシールを維持しつつ、クリーナーヘッド内に捕集物が流入することを可能にする一方で、大きな捕集物を取り上げるためにヘッドを持ち上げることなく、割れ目や裂け目から埃を引き出すことができる。   In at least one form, a large collection can be efficiently picked up from a particularly hard floor while forming a good seal against the floor surface. The rotatable seal allows collection material to flow into the cleaner head while maintaining a good seal against the floor surface, while not lifting the head to pick up large collection material. Dust can be drawn from crevices and crevices.

少なくとも一つの形態では、捕集物を撹拌部の下側に通すことなく、捕集物を吸引路に到達させることができる。これにより、硬質な床が損傷すること未然に防止することができる。従来のクリーナーヘッドでは、大きな捕集物は、撹拌部の下側で捕捉され、床面に沿って捕集されていた。   In at least one form, the collected matter can reach the suction path without passing the collected matter to the lower side of the stirring unit. This can prevent the hard floor from being damaged in advance. In the conventional cleaner head, the large collected matter is captured on the lower side of the stirring unit and collected along the floor surface.

撹拌部は、硬質な床等の床の種類によって切り替えることができる。これにより、床が損傷すること未然に防止することができる。   The stirrer can be switched according to the type of floor, such as a rigid floor. This can prevent the floor from being damaged in advance.

少なくとも一つの形態では、カーペットの立毛を分割するように高速回転可能な叩き棒のような撹拌部の2次的な動作により、捕集物を効率的に取り上げることができる。   In at least one form, the collected material can be efficiently picked up by the secondary action of a stir bar, such as a tapping rod, which can be rotated at high speed to split up the carpet nap.

クリーナーヘッドは、撹拌部と回転可能なシール部の間に配置された遮蔽部材を有していてもよい。吸引路は、遮蔽部材の上部において回転可能なシール部の一部と流体連通している。   The cleaner head may have a shielding member disposed between the agitator and the rotatable seal. The suction passage is in fluid communication with a portion of the rotatable seal at the top of the shield.

遮蔽部材は、クリーナーヘッド内に分散して捕集物が搬送されることを抑止することにより、捕集物を効率的に取り上げることを可能にする。   The shielding member disperses in the cleaner head to prevent the collected matter from being transported, thereby enabling efficient collection of the collected matter.

遮蔽部材は、クリーナーヘッド内の吸引路へ送り込むことができる位置へ捕集物を高い確率で誘導することができる。   The shielding member can guide the collected matter with high probability to a position where it can be fed into the suction path in the cleaner head.

遮蔽部材は、クリーナーヘッドの下面に近接するように当該下面へ延びていてもよい。遮蔽部材は、後方で回転可能なシール部を覆うように構成されている。   The shielding member may extend to the lower surface so as to be close to the lower surface of the cleaner head. The shielding member is configured to cover the rear rotatable seal.

クリーナーヘッドは、遮蔽部材に対して回転可能に配置されたローラーを有していてもよい。ローラーは、遮蔽部材と床面との間にシールを形成するように構成されている。   The cleaner head may have a roller rotatably disposed relative to the shield member. The roller is configured to form a seal between the shielding member and the floor surface.

遮蔽部材は、遮蔽部材の後方側に配置され、回転可能なシール部の後方側で流体の流れをガイドする表面部を有していてもよい。表面部は、クリーナーヘッドの下面に近接している。   The shielding member may have a surface portion disposed on the rear side of the shielding member and guiding the flow of fluid on the rear side of the rotatable seal. The surface portion is in close proximity to the lower surface of the cleaner head.

遮蔽部材は、遮蔽部材の前方側に配置され、回転可能なシール部の回転軸と同軸に配置された表面部を有していてもよい。   The shielding member may have a surface portion disposed on the front side of the shielding member and coaxially arranged with the rotation axis of the rotatable seal.

遮蔽部材の前方側に配置された表面部と回転可能なシール部の外表面との間には隙間が形成されていてもよい。隙間は、3mm以下又は1mm以下にすることができる。   A gap may be formed between the surface disposed on the front side of the shielding member and the outer surface of the rotatable seal. The gap can be 3 mm or less or 1 mm or less.

クリーナーヘッドは、撹拌部を部分的に収容する撹拌ハウジングを有していてもよい。撹拌ハウジングは、撹拌ハウジングの前方側に形成された開口部を有し、開口部は、撹拌ハウジングの口部により形成されており、遮蔽部材は、撹拌ハウジングの口部と略同一の高さまで延びている。これにより、吸引路を通過する流体へ捕集物を効率的に搬送することができる。   The cleaner head may have a stirring housing that partially houses the stirring unit. The stirring housing has an opening formed on the front side of the stirring housing, the opening being formed by the mouth of the stirring housing, and the shielding member extends to substantially the same height as the mouth of the stirring housing ing. Thus, the collected matter can be efficiently transported to the fluid passing through the suction path.

回転可能なシール部は、変形可能な材料で構成された連続的に延びる外層を有していてもよい。変形可能な材料は、クローズドセルフォームのような弾性的に変形可能な材料で構成することができる。   The rotatable seal may have a continuously extending outer layer of deformable material. The deformable material can be composed of an elastically deformable material such as closed cell foam.

回転可能なシール部は、可撓性を備えるとともに放射状に延びる複数のブレード又はスプラインを有していてもよい。ブレード又はスプラインは、ブレード/スプラインの間に配置される変形可能な材料と組み合わせて構成することができる。また、回転可能なシール部は、可撓性を備えるとともに放射状に延びる複数のブレードを有していてもよい。この複数のブレードは、ブレード/スプラインの間に配置される変形可能な材料と組み合わせて構成されない。   The rotatable seal may have a plurality of flexible and radially extending blades or splines. The blades or splines can be configured in combination with the deformable material disposed between the blades / splines. The rotatable seal may also have a plurality of flexible and radially extending blades. The plurality of blades are not configured in combination with the deformable material disposed between the blades / splines.

クリーナーヘッドは、クリーナーヘッドが所定の面に沿って移動する動作とは独立して前記回転可能なシール部を回転させるモーター等の駆動部を有していてもよい。   The cleaner head may have a drive such as a motor that rotates the rotatable seal independently of the movement of the cleaner head along a predetermined surface.

回転可能なシール部は、撹拌部の回転速度よりも遅い回転速度で回転することができる。例えば、回転可能なシール部は、30〜500RPMの回転速度で回転することができ、撹拌部は、20000RPMまで回転速度を上げることができる。   The rotatable seal can rotate at a rotational speed that is slower than the rotational speed of the stirring unit. For example, the rotatable seal can rotate at a rotational speed of 30 to 500 RPM, and the agitator can increase the rotational speed to 20000 RPM.

クリーナーヘッドは、回転可能なシール部の側部とハウジングとの間に配置されたシールを有していてもよい。   The cleaner head may have a seal disposed between the side of the rotatable seal and the housing.

クリーナーヘッドは、クリーナーヘッドの外周部に位置するクリーナーヘッドの側方側の縁部及びクリーナーヘッドの後方側の縁部の少なくとも一方に配置されたブラシシール部を有していてもよい。ブラシシール部は、高さ調整可能に構成することができる。   The cleaner head may have a brush seal disposed on at least one of a side edge of the cleaner head located at an outer peripheral portion of the cleaner head and a rear edge of the cleaner head. The brush seal portion can be configured to be adjustable in height.

クリーナーヘッドは、ハウジングと回転可能なシール部との間にシールを形成するシール部を有していてもよい。   The cleaner head may have a seal that forms a seal between the housing and the rotatable seal.

シール部は、ハウジング内における回転可能なシール部の後方側に配置することができる。   The seal may be disposed rearward of the rotatable seal within the housing.

シール部は、回転可能なシール部の外表面から捕集物をかき集めるように構成することができる。   The seal may be configured to scrape the collection from the outer surface of the rotatable seal.

クリーナーヘッドは、回転可能なシール部の外表面から捕集物をかき集めるように構成された捕集部を有していてもよい。   The cleaner head may have a collector configured to scrape the collection from the outer surface of the rotatable seal.

撹拌部は、放射状に延びる複数のブラシフィラメントを有していてもよい。撹拌部は、叩き棒で構成することができる。   The stirring unit may have a plurality of radially extending brush filaments. The stirring unit can be constituted by a tapping rod.

撹拌部は、放射状に延びる複数のブレードを有していてもよい。   The stirring unit may have a plurality of radially extending blades.

クリーナーヘッドは、クリーナーヘッドが所定の面に沿って移動する動作とは独立して撹拌部を回転させる駆動部を有していてもよい。撹拌部の回転速度は、20000RPMまで上げることができる。   The cleaner head may have a drive that rotates the stirring unit independently of the movement of the cleaner head along a predetermined surface. The rotational speed of the stirrer can be increased to 20000 RPM.

撹拌部は、撹拌部の長手軸周りに沿って振動可能に構成することができる。   The stirring unit can be configured to be able to vibrate along the longitudinal axis of the stirring unit.

クリーナーヘッドは、直立型の掃除機、シリンダー型(筒型)の掃除機、スティック吸引型の掃除機、手持ち型の掃除機、ロボット型の掃除機等の任意の掃除機に適用することができる。   The cleaner head can be applied to any vacuum cleaner such as an upright vacuum cleaner, a cylinder type (cylindrical) vacuum cleaner, a stick suction type vacuum cleaner, a hand-held vacuum cleaner, a robot type vacuum cleaner, etc. .

他の形態の吸引型掃除機は、特許請求の範囲の内容及び記載に基づいて適宜提供することができる。   Other types of suction type vacuum cleaners can be provided as appropriate based on the contents and description of the claims.

好適な構成要素は、当業者により適切かつ任意に組み込むことができ、本願発明の複数の形態は組み合わせることが可能である。   Suitable components can be appropriately and arbitrarily incorporated by those skilled in the art, and multiple forms of the present invention can be combined.

本発明の実施形態を下記の図面とともに例示する。   Embodiments of the invention are illustrated with the following drawings.

クリーナーヘッドを有する吸引型掃除機である。It is a suction type vacuum cleaner having a cleaner head. 図1に示すクリーナーヘッドの正面図である。It is a front view of the cleaner head shown in FIG. 図2に示すクリーナーヘッドの断面図である。It is sectional drawing of the cleaner head shown in FIG. 捕集物を捕集している際の様子を示すクリーナーヘッドの断面図である。It is sectional drawing of the cleaner head which shows a mode at the time of collecting a collection thing. クリーナーヘッドの底面を示す図である。It is a figure showing the bottom of a cleaner head. ハウジングにおいて回転部が配置される領域を詳細に示す図である。It is a figure which shows in detail the area | region where a rotation part is arrange | positioned in a housing. ハウジングにおいて回転部が配置される領域を詳細に示す図である。It is a figure which shows in detail the area | region where a rotation part is arrange | positioned in a housing. クリーナーヘッドの断面図であって、回転部の他の形態を示す図である。It is sectional drawing of a cleaner head, Comprising: It is a figure which shows the other form of a rotation part. クリーナーヘッドの断面図であって、回転部の他の形態を示す図である。It is sectional drawing of a cleaner head, Comprising: It is a figure which shows the other form of a rotation part. クリーナーヘッドの断面図であって、多孔質でない床に使用した際の様子を示す図である。FIG. 6 is a cross-sectional view of the cleaner head showing a non-porous floor; クリーナーヘッドの断面図であって、多孔質の床に使用した際の様子を示す図である。FIG. 6 is a cross-sectional view of the cleaner head, showing the appearance of a porous bed; 遮蔽部材を備えていない他の形態に係るクリーナーヘッドの断面図である。It is sectional drawing of the cleaner head which concerns on the other form which is not provided with the shielding member. 遮蔽部材を備えていない他の形態に係るクリーナーヘッドの断面図である。It is sectional drawing of the cleaner head which concerns on the other form which is not provided with the shielding member. 撹拌部を示す図である。It is a figure which shows a stirring part. 撹拌部の他の形態を示す図である。It is a figure which shows the other form of a stirring part. 撹拌部の他の形態を示す図である。It is a figure which shows the other form of a stirring part. 撹拌部の他の形態を示す図である。It is a figure which shows the other form of a stirring part.

各図において、同一の部材には同一の参照符号を使用している。   In each figure, the same reference numerals are used for the same members.

本発明の実施形態を下記に例示する。ここでの例示は、出願人により、本願発明をより好適に表したものである。ただし、ここでの例示のみが本発明を達成する方法ではない。この開示は、例示した形態の機能及び実施手順を説明することを目的としているが、同様又は均等な機能及び手順により、別の形態として実施され得る。   Embodiments of the invention are illustrated below. The exemplification here is a more preferable expression of the present invention by the applicant. However, this is not the only way to achieve the present invention. This disclosure is intended to illustrate the functions and implementation procedures of the illustrated form, but may be implemented as another form with similar or equivalent functions and procedures.

図1は、クリーナーヘッド10と、分離システム2と、吸引源3と、クリーナーヘッド10に接続されたダクト7と、を備える吸引型掃除機1を示している。分離システム2及び吸引源3は、ハウジング6内に収容可能である。吸引型掃除機1は、クリーナーヘッドを床面に沿って押し進めるためのハンドル9を有している。   FIG. 1 shows a suction cleaner 1 comprising a cleaner head 10, a separation system 2, a suction source 3 and a duct 7 connected to the cleaner head 10. The separation system 2 and the suction source 3 can be housed in a housing 6. The suction type vacuum cleaner 1 has a handle 9 for pushing the cleaner head along the floor surface.

ダクド7は、クリーナーヘッド10及び分離システム2と流体連通している。ダクト7は、塵を搬送する流体(例えば、空気)をクリーナーヘッド10から分離システム2へ移動させるように構成されている。ダクト7は、フレキシブルホース、剛性を備えるパイプ、その他の種類の流体搬送用のダクトで構成することができる。   The duct 7 is in fluid communication with the cleaner head 10 and the separation system 2. The duct 7 is configured to move the dust-carrying fluid (e.g. air) from the cleaner head 10 to the separation system 2. The duct 7 can be composed of a flexible hose, a rigid pipe, or another type of fluid transport duct.

分離システム2は、ダクト7を介して受け取った塵/埃/捕集物を分離するように構成されている。分離システム2は、例えば、フィルターバッグ、サイクロン型分離システム(一つ又は複数のサイクロン分離ステージを備えるもの)、液体型フィルター、電気型フィルターなどで構成することができる。分離システムは、多孔質のフィルター又は多孔質でないフィルターを備えていてもよい。吸引源3は、電気モーター4及びインペラ5を備えていてもよい。吸引源3は、分離システム2の下流に配置してもよいし、分離システム2の上流に配置してもよい。吸引源3を分離システムの下流に配置する場合、塵を搬送する流体と比較して清潔な流体(空気)中に吸引源3を配置することができる点が利点となる。ダクト7に沿って搬送される流体は、例えば、空気である。ただし、流体は、水、清潔な流体、又はその他の流体であってもよい。   The separation system 2 is configured to separate dust / dust / collection collected via the duct 7. The separation system 2 can be composed, for example, of a filter bag, a cyclone type separation system (one or more cyclone separation stages), a liquid type filter, an electric type filter, and the like. The separation system may comprise a porous filter or a non-porous filter. The suction source 3 may include an electric motor 4 and an impeller 5. The suction source 3 may be disposed downstream of the separation system 2 or upstream of the separation system 2. If the suction source 3 is arranged downstream of the separation system, it is advantageous that the suction source 3 can be arranged in a clean fluid (air) compared to the fluid carrying the dust. The fluid transported along the duct 7 is, for example, air. However, the fluid may be water, clean fluid, or other fluid.

図2は、ダクト7及びクリーナーヘッド10を示す。ダクトはクリーナーヘッド10の中心部に配置しているが、クリーナーヘッド10の中心部から幅方向にオフセットしていてもよい。   FIG. 2 shows the duct 7 and the cleaner head 10. The duct is disposed at the center of the cleaner head 10, but may be offset in the width direction from the center of the cleaner head 10.

図3は、図2のクリーナーヘッドのA−A部の断面を示している。クリーナーヘッド10は、ハウジング11を備えている。ハウジング11は、下面12を有している。下面12は、一般的に、敷板と称される。下面は、床面と接触するハウジング10の一部である。下面12は、ハウジング11のフレームを含んでいる。フレームは、下面に形成された孔部を備えている。孔部は、床面からハウジング11への空気の流れ及びハウジング11から床面への空気の流れを許容し、かつ、回転部40及び撹拌部60等の部材が床面と接触することを可能にする。本実施形態では、撹拌部は、カーペットの立毛に対して分割する力を付与するように構成された放射状に突出する硬質なナイロンの毛63で構成している。下面12は、清掃される床面に沿って移動可能に構成されている。ハウジングは、一つ又は複数のホイール16、ローラーや床面に沿うクリーナーヘッドの移動を補助する他の部材等を備えていてもよい。   FIG. 3 shows a cross section of the AA part of the cleaner head of FIG. The cleaner head 10 includes a housing 11. The housing 11 has a lower surface 12. The lower surface 12 is generally referred to as a floor plate. The lower surface is a portion of the housing 10 in contact with the floor surface. The lower surface 12 includes the frame of the housing 11. The frame is provided with a hole formed in the lower surface. The holes allow the flow of air from the floor surface to the housing 11 and the flow of air from the housing 11 to the floor surface, and members such as the rotating portion 40 and the stirring portion 60 can be in contact with the floor surface. Make it In the present embodiment, the agitating part is constituted by radially projecting hard nylon bristles 63 configured to apply a dividing force to the nap of the carpet. The lower surface 12 is configured to be movable along the floor surface to be cleaned. The housing may include one or more wheels 16, rollers, or other members that assist in the movement of the cleaner head along the floor surface.

クリーナーヘッド10は、ハウジングの下面(敷板)12に形成された吸引口20を備えている。ハウジング11を通過する吸引路20Aが設けられている。吸引路20Aは、吸引口20及びダクト7と流体連通している。クリーナーヘッド10は、ハウジング11の前方に配置された回転可能なシール部40を備えている。回転可能なシール部40は、回転軸41周りで回転可能に構成されている。回転可能なシール部40は、例えば、ハウジング12の両端部により、ハウジング12に対して支持されていてもよい。回転軸41は、クリーナーヘッドの下面12と平行である。ハウジング11は、回転可能なシール部40の少なくとも一部を部分的に収容する。この例では、ハウジング11は、回転軸41の上方側に位置する回転可能なシール部40の上部を覆っている。回転可能なシール部40の前方部分は露出しているため、クリーナーヘッド10が直立した保護用板材や家具等の障害物に接触した際、回転可能なシール部40はバンパーとして機能することができる。   The cleaner head 10 is provided with a suction port 20 formed in the lower surface (base plate) 12 of the housing. A suction passage 20A passing through the housing 11 is provided. The suction path 20A is in fluid communication with the suction port 20 and the duct 7. The cleaner head 10 comprises a rotatable seal 40 located in front of the housing 11. The rotatable seal portion 40 is configured to be rotatable around the rotation axis 41. The rotatable seal 40 may be supported relative to the housing 12 by, for example, opposite ends of the housing 12. The rotation axis 41 is parallel to the lower surface 12 of the cleaner head. The housing 11 partially accommodates at least a portion of the rotatable seal 40. In this example, the housing 11 covers the top of the rotatable seal portion 40 located above the rotating shaft 41. Since the front part of the rotatable seal portion 40 is exposed, the rotatable seal portion 40 can function as a bumper when the cleaner head 10 contacts an upright object such as a protective plate or furniture. .

図3に示す例では、回転可能なシール部40は、弾性変形可能な材料で構成された連続した外層を備えるローラーの形態を有する。弾性変形可能な材料としては、クローズドセルフォーム又はポリウレタンのような他の弾性材料を用いることができる。クローズドセルフォームのような多孔質でない材料は、流体の流通を阻止する点が利点となる。ただし、クローズドセルフォームは、弾性的に変形可能である。そのため、クローズドセルフォームは、例えば、初期形状から捕集物を収容する際の形状への変形、及び、捕集物を取り除いた後、初期形状へ復元することが可能である。回転可能なシール部40は、クリーナーヘッド10と清掃される表面との間にシールを形成することができる。硬質な床のような多孔質でない表面上では、回転可能なシール部40は、シールを形成したり、部分的なシールを形成したりすることができる。シール又は部分的なシールは、ヘッド部の前方側からヘッド部内へ空気が引き込まれるのを防止し、かつ、ヘッド部の下面へ吐き出される空気の勢いが強められることを防止する。回転可能なシール部40は、シールが形成されている間、クリーナーヘッド10に捕集物が流入することを許容することにより、クリーナーヘッドの前方部分によって捕集物が押されることを抑制する。   In the example shown in FIG. 3, the rotatable seal 40 has the form of a roller with a continuous outer layer made of an elastically deformable material. As an elastically deformable material, other elastic materials such as closed cell foam or polyurethane can be used. Non-porous materials, such as closed cell foam, have the advantage of preventing fluid flow. However, the closed cell foam is elastically deformable. Therefore, for example, the closed cell foam can be restored to the initial shape after deformation from the initial shape to the shape when the collected matter is accommodated, and after removing the collected matter. The rotatable seal 40 can form a seal between the cleaner head 10 and the surface to be cleaned. On non-porous surfaces, such as rigid floors, the rotatable seal 40 can form a seal or form a partial seal. The seal or partial seal prevents the air from being drawn into the head from the front side of the head and prevents the intensification of the force of the air expelled to the lower surface of the head. The rotatable seal portion 40 suppresses the pushing of the collected matter by the front portion of the cleaner head by allowing the collected matter to flow into the cleaner head 10 while the seal is formed.

図3は、叩き棒(ブラシ棒)60のような撹拌部を備えるクリーナーヘッドを示す。撹拌部60を駆動するために、電気モーターのような駆動部を使用することができる。撹拌部60は、カーペットやラグを効果的に撹拌するために、20000RPMの速度まで回転速度を上げることができる。撹拌部60の駆動の開始及び停止は、吸引型掃除機のスイッチ等で操作することができる。例えば、ユーザーは、カーペットを叩くような動作が必要ではない硬質の床を清掃する際、撹拌部のスイッチをOFFにすることができる。撹拌部60及び回転部材40を回転させるための駆動部としては、モーターの駆動力を撹拌部60及び回転部材40へ分配するトランスミッションを備える一つの駆動部を使用することができる。回転可能なシール部は、例えば、30〜500RPMの回転速度で回転させることが好ましいが、500〜2000RPMの回転速度で回転させてもよい。回転可能なシール部40の高速回転は、撹拌部がカーペットの立毛を叩くために高速回転が必要とされることと比較して、シールを形成したり、吸引路20Aへ捕集物を適切に搬送したりするためには、必要とされない。上記のような理由により、エネルギーの消費量を低減することができ、硬質の床が損傷するリスクを無くすことができ、さらに、回転可能なシール部がシールする機能及び撹拌部が撹拌する機能を好適に発揮することができる。   FIG. 3 shows a cleaner head with an agitator such as a tap bar (brush bar) 60. A drive such as an electric motor can be used to drive the stirrer 60. Agitator 60 can increase rotational speed to a speed of 20000 RPM to effectively agitate the carpet or rug. The start and stop of the driving of the stirring unit 60 can be operated with a switch or the like of a suction type vacuum cleaner. For example, the user can switch off the agitator when cleaning a hard floor that does not require a carpet-like operation. As a driving unit for rotating the stirring unit 60 and the rotating member 40, one driving unit including a transmission that distributes the driving force of the motor to the stirring unit 60 and the rotating member 40 can be used. The rotatable seal, for example, is preferably rotated at a rotational speed of 30 to 500 RPM, but may be rotated at a rotational speed of 500 to 2000 RPM. The high speed rotation of the rotatable seal portion 40 forms a seal and the collected matter in the suction passage 20A properly, as compared to the case where the stirring portion needs high speed rotation for tapping the naps of the carpet. It is not required to transport. For the above reasons, the consumption of energy can be reduced, the risk of damage to the hard floor can be eliminated, and the function of sealing the rotatable seal and the function of stirring the stirring unit It can be exhibited suitably.

クリーナーヘッド50は、遮蔽部材50を備えている。図3では、遮蔽部材は、遮蔽部材50で示している。遮蔽部材50は、撹拌部60と回転可能なシール部40との間に配置されている。遮蔽部材50は、ハウジングの下面と実質的に同一の高さまで延びている。遮蔽部材50は、クリーナーヘッドの幅方向に沿って延びている。遮蔽部材50は、回転可能なシール部40の後方を覆うように構成されている。遮蔽部材50は、クリーナーヘッドの下面12に近接している。遮蔽部材50は、回転可能なシール部40の下部の後方を、撹拌部60から送られる捕集物及び空気から遮蔽する。また、遮蔽部材50は、(i)回転部材40を経由するルート、(ii)撹拌部60及び吸引口20による吸引を経由する撹拌を介したルートの2つの考えられるルートによりクリーナーヘッド内に流入した捕集物の移動をガイドする機能を持つ。遮蔽部材は、床面に近接する所定の領域上の捕集物が通る二つの経路で不用意な流通が生じることを防止する。図3に示すように、吸引路20Aは、撹拌部60と回転可能なシール部40の間に形成されていることがわかる。吸引路20Aは、遮蔽部材50の上部において回転可能なシール部40の一部と流体連通している。   The cleaner head 50 is provided with a shielding member 50. In FIG. 3, the shielding member is indicated by a shielding member 50. The shielding member 50 is disposed between the stirring unit 60 and the rotatable sealing unit 40. The shielding member 50 extends to substantially the same height as the lower surface of the housing. The shielding member 50 extends along the width direction of the cleaner head. The shielding member 50 is configured to cover the rear of the rotatable seal portion 40. The shielding member 50 is in close proximity to the lower surface 12 of the cleaner head. The shielding member 50 shields the rear of the lower part of the rotatable seal portion 40 from the collected matter and air sent from the stirring portion 60. Also, the shielding member 50 flows into the cleaner head by two possible routes: (i) a route via the rotating member 40, and (ii) a route via stirring via suction by the stirring section 60 and the suction port 20. Has a function to guide the movement of collected matter. The shielding member prevents inadvertent circulation in two paths through which collected matter on a predetermined area close to the floor surface passes. As shown in FIG. 3, it can be seen that the suction passage 20A is formed between the stirring unit 60 and the rotatable seal unit 40. The suction path 20 </ b> A is in fluid communication with a portion of the rotatable seal portion 40 at the top of the shielding member 50.

クリーナーヘッド10の特徴が図3に示されている。大きな捕集物(例えば、清掃される表面上に載っている捕集物又は清掃される表面に近接した位置に配置された捕集物)及び小さな捕集物/塵は、クリーナーヘッド10内に流入する。そのため、捕集物を取り除いている間、クリナーヘッド10を床面から持ち上げる必要がない。したがって、ヘッド内への空気の流入を許容するリークが生じることを防止できる。   The features of the cleaner head 10 are shown in FIG. Large collection (eg, collection lying on the surface to be cleaned or collection placed in close proximity to the surface to be cleaned) and small collection / dust in the cleaner head 10 To flow. Therefore, it is not necessary to lift the cleaner head 10 from the floor while removing the collected matter. Therefore, it is possible to prevent the occurrence of a leak that allows air to flow into the head.

図4は、捕集物49を捕集する際の回転可能なシール部40の動作を示している。クリーナーヘッド10は、清掃される表面に沿って移動可能である。そのため、クリーナーヘッド10は、捕集物49が回転可能なシール部40の下部を通過することができるように変形する。シールは、回転可能なシール部と清掃される表面との間で維持される。クリーナーヘッド10が平坦でない表面を通過する際、回転可能なシール部40は変形することによりシールを維持する。捕集物49は、(i)回転可能なシール部40を通るクリーナーヘッド10の前方を経由するルート、及び(ii)清掃される表面上で付加的な叩き棒60が動作するルートの二つのルートを経由して吸引路20A内に流入するように、その移動がガイドされる。回転可能なシール部40は、図4に示す矢印のように、時計周りに回転する。回転可能なシール部40を経由してクリーナーヘッド内に流入する捕集物49は、回転可能なシール部40と遮蔽部材50の前方側の部分52との間でトラップされる。回転可能なシール部40の回転が続けられて、捕集物が遮蔽部材50の上部54を越えると、捕集物は解放される。回転可能なシール部40の変形機能は、捕集物が遮蔽部材50の上部54を越えた際に、捕集物を放射方向の外方(図4の左側へ向かう方向)へ押し出す効果を発揮する。これにより、捕集物は、吸引路20Aへ向かうエアフローの経路内に押し出される。   FIG. 4 shows the operation of the rotatable seal 40 when collecting the collection 49. The cleaner head 10 is movable along the surface to be cleaned. Therefore, the cleaner head 10 is deformed so that the collected matter 49 can pass under the rotatable seal portion 40. A seal is maintained between the rotatable seal and the surface to be cleaned. As the cleaner head 10 passes through an uneven surface, the rotatable seal 40 deforms to maintain the seal. The collection 49 may be divided into two parts: (i) through the front of the cleaner head 10 through the rotatable seal 40, and (ii) through which the additional tapping rod 60 operates on the surface to be cleaned. The movement is guided so as to flow into the suction path 20A via the route. The rotatable seal 40 rotates clockwise as indicated by the arrow in FIG. The collected matter 49 flowing into the cleaner head via the rotatable seal 40 is trapped between the rotatable seal 40 and the front portion 52 of the shielding member 50. As the rotatable seal 40 continues to rotate and the collected material passes over the top 54 of the shield 50, the collected material is released. The deforming function of the rotatable seal portion 40 exerts an effect of pushing the collected matter radially outward (direction toward the left side in FIG. 4) when the collected matter passes over the upper part 54 of the shielding member 50. Do. As a result, the collected matter is pushed out into the path of the air flow toward the suction path 20A.

図4の例示では、遮蔽部材50の前方部分52の表面は、回転可能なシール部40の回転軸41と同軸に配置されている。遮蔽部材50の前方部分52は、回転部40の外表面に対して隙間を有することができる。隙間の大きさは、例えば、0.5mm〜3mmである。隙間を設けることにより、捕集物の落下又は回転可能なシール部40の回転から捕集物が逸脱することを防止しつつ、捕集物を吸引路20Aへ搬送することが可能になる。   In the example of FIG. 4, the surface of the front portion 52 of the shielding member 50 is disposed coaxially with the rotation axis 41 of the rotatable seal portion 40. The front portion 52 of the shielding member 50 can have a gap with respect to the outer surface of the rotating portion 40. The size of the gap is, for example, 0.5 mm to 3 mm. By providing the gap, it is possible to transport the collected matter to the suction path 20A while preventing the collected matter from deviating from the falling of the collected matter or the rotation of the rotatable seal portion 40.

撹拌部は、撹拌ハウジング61内に配置されている。撹拌ハウジング61は、部分的に撹拌部60を収容している。撹拌ハウジング61は、撹拌部の後方側の面、撹拌部の上方側の面、及び撹拌部の前方側の面を囲むように配置されている。撹拌ハウジング61は、前方側に形成された開口部を有している。撹拌ハウジングの開口部は、縁部又は口部62により形成されている。吸引路20Aは、吸引口20から延びており、撹拌部60の下部及び撹拌ハウジング61の口部62の下方を通っている。例えば、遮蔽部材の最も高い位置54は、特徴部62と同一の高さ又はほぼ同一の高さにすることができる。仮に、遮蔽部材50の最も高い位置54が特徴部62よりも低いと、回転可能なシール部40から捕集物が解放される際、回転部40を経由して搬送された大きい/重い捕集物が撹拌部60側へ落下してしまう可能性が高くなる。遮蔽部材50の最も高い位置54は特徴部62よりも高い位置に配置することもできるが、捕集物は、回転可能なシール部40から解放されるまでの間、及び、吸引路20Aまで搬送されるまでの間により長い経路を通ることになる。   The stirring unit is disposed in the stirring housing 61. The stirring housing 61 partially accommodates the stirring unit 60. The stirring housing 61 is disposed to surround the rear surface of the stirring unit, the upper surface of the stirring unit, and the front surface of the stirring unit. The stirring housing 61 has an opening formed on the front side. The opening of the stirring housing is formed by an edge or mouth 62. The suction passage 20A extends from the suction port 20 and passes below the lower portion of the stirring unit 60 and the opening 62 of the stirring housing 61. For example, the highest position 54 of the shielding member can be at the same height or approximately the same height as the feature 62. If the highest position 54 of the shielding member 50 is lower than the feature 62, when the collected matter is released from the rotatable seal 40, the large / heavy collection transported via the rotating unit 40 There is a high possibility that an object may drop to the stirring unit 60 side. Although the highest position 54 of the shielding member 50 may be located higher than the feature 62, the collected matter is conveyed until it is released from the rotatable seal 40 and to the suction path 20A. It takes a longer route between

叩き棒60は、吸引路に向かう方向へ回転する。これは、クリーナーヘッドの前方に向かう動作と反対向きである(例えば、叩き棒60は、図4の反時計周りに回転する)。つまり、叩き棒が回転して、硬質な突起部材63が叩き棒の後方から下がり、かつ、硬質な突起部材63がクリーナーヘッドの前方に向けて回転する。この回転方向により、カーペットの立毛を分割し、吸引路20Aの前方側へ向けて捕集物をガイドすることができる。この回転方向は、従来のクリーナーヘッドとは反対の方向である。従来の叩き棒は、クリーナーヘッドの前方側に向かう動作方向に沿って回転する。   The tapping rod 60 rotates in the direction toward the suction path. This is opposite to the forward movement of the cleaner head (e.g., the striking rod 60 rotates counterclockwise in FIG. 4). That is, when the striking rod rotates, the hard protrusion member 63 descends from the rear of the striking rod and the hard protrusion member 63 rotates toward the front of the cleaner head. By this rotation direction, the napped hair of the carpet can be divided, and the collected matter can be guided toward the front side of the suction path 20A. This direction of rotation is in the opposite direction to the conventional cleaner head. Conventional strike bars rotate along the direction of movement towards the front of the cleaner head.

シール部48は、回転可能なシール部40の回転軸41と平行に延びている。シール部48は、回転可能なシール部40の長手方向に沿って延びている。シール部48は、ハウジング11と回転可能なシール部40との間をシールする。これにより、シール部48は、ハウジングと回転可能なシール部40の上部との間から空気が漏洩することを防止する。シール部48は、捕集部としても機能する。シール部48は、回転可能なシール部40の外表面と接触している。シール部48は、回転可能なシール部40の外表面から捕集物を捕集する。別の実施形態では、捕集部は、シール部48から分離した構造で提供することができる。遮蔽部材の上部54とシール部48の下部の間に配置された部分55は、吸引路20Aと流体連通している。   The seal portion 48 extends in parallel with the rotation axis 41 of the rotatable seal portion 40. The seal portion 48 extends in the longitudinal direction of the rotatable seal portion 40. The seal portion 48 seals between the housing 11 and the rotatable seal portion 40. Thereby, the seal portion 48 prevents air from leaking between the housing and the upper portion of the rotatable seal portion 40. The seal portion 48 also functions as a collection portion. The seal portion 48 is in contact with the outer surface of the rotatable seal portion 40. The seal portion 48 collects collected matter from the outer surface of the rotatable seal portion 40. In another embodiment, the collector may be provided in a separate structure from the seal 48. A portion 55 disposed between the upper portion 54 of the shielding member and the lower portion of the seal portion 48 is in fluid communication with the suction passage 20A.

図3及び図4に示すように、遮蔽部材50は、補助ローラー51を有している。補助ローラー51は、遮蔽部材50と同一の長さを有している。補助ローラーはクリーナーヘッド10の幅方向に沿って延びている。   As shown in FIGS. 3 and 4, the shielding member 50 has an auxiliary roller 51. The auxiliary roller 51 has the same length as the shielding member 50. The auxiliary roller extends along the width direction of the cleaner head 10.

補助ローラー51は、追加のシールを提供する目的で設けられている。ローラー51は、シールの第2ラインを形成する。補助ローラー51が設けられていない場合、回転可能なシール部40がより大きな捕集物(例えば、1mmよりも大きな直径のもの)を収容する際、回転可能なシール部40と清掃される表面との間に形成されるシールは、遮蔽部材50の下部に、クリーナーヘッド10内に延びる(小さな)好ましくない漏れ経路を発生させてしまう。補助ローラー51が追加されることにより、回転可能なシール部40が変形して捕集物を通過させる際においても、クリーナーヘッドのシールを補助することができる。小さな捕集物(例えば、1mm又は1mm以下の直径のもの)は、補助ローラー51の下方を通過することができる。小さな捕集物は、叩き棒60又は叩き棒60付近で吸引されることにより、移動する。補助ローラー51は、小さな捕集物を収容することができ、かつ、小さな捕集物をクリーナーヘッド10内に搬送することができるようにするために、回転可能なシール部40と同様に変形可能に構成することができる。   Auxiliary rollers 51 are provided for the purpose of providing an additional seal. Rollers 51 form a second line of seals. When the auxiliary roller 51 is not provided, the rotatable seal 40 and the surface to be cleaned, when the rotatable seal 40 accommodates a larger collection (e.g. of a diameter larger than 1 mm) The seal formed between the two causes a (small) unwanted leak path extending into the cleaner head 10 below the shield member 50. By adding the auxiliary roller 51, the seal of the cleaner head can be assisted even when the rotatable seal portion 40 is deformed to pass the collected matter. Small collections (e.g. of 1 mm or 1 mm diameter or less) can pass below the auxiliary roller 51. The small collected matter is moved by being sucked around the tapping rod 60 or the tapping rod 60. The auxiliary roller 51 can accommodate a small collection and can be deformed as well as the rotatable seal 40 in order to be able to transport the small collection into the cleaner head 10 Can be configured.

遮蔽部材50は、図示するように、前方部52、後方部53、及びローラー51が設けられたベース部を備える一つの部材で構成している。他の実施形態では、遮蔽部材50は、一つの壁、又はハウジング11の側面に沿って延びる分離した一組の壁52、53を備えるように構成することができる。壁部52が領域54において壁部53と繋がっていることにより、各壁部52、53の間のギャップで捕集物が落下することを防止できる。遮蔽部材50の前方52の表面は、垂直に形成することができる、ただし、回転可能なシール部50の回転軸41と同軸に配置された前方52の表面は、シール性の観点及びクリーナーヘッド内のより高い位置へ捕集物を案内することができる点で有利なものとなる。   The shielding member 50 is comprised by one member provided with the base part in which the front part 52, the back part 53, and the roller 51 were provided so that it may show in figure. In other embodiments, the shielding member 50 can be configured to include one wall or a separate set of walls 52, 53 extending along the sides of the housing 11. By connecting the wall 52 to the wall 53 in the region 54, the collected matter can be prevented from falling in the gap between the walls 52, 53. The surface 52 of the front 52 of the shielding member 50 can be formed vertically, but the surface of the front 52 disposed coaxially with the rotation axis 41 of the rotatable seal 50 has a sealing aspect and a cleaner head. This is advantageous in that the collected matter can be guided to a higher position of

回転可能なシール部40は、電気モーターにより、単一の方向(前方に向かう方向、図4の時計周り)で、又は、回転部40と清掃される表面との間で摩擦を生じさせることができるいずれかの方向で回転させることができる。   The rotatable seal 40 may cause the electric motor to create friction in a single direction (forward direction, clockwise in FIG. 4) or between the rotating part 40 and the surface to be cleaned It can be rotated in any direction that it can.

図5Aは、クリーナーヘッド10の下部を示している。図5B及び図5Cは、ハウジングにおいて回転可能なシール部40が配置された領域を詳細に示している。図5Bは、回転可能なシール部40の側部の一端部が嵌め込まれたハウジング11の一部を示している。図5A〜図5Cでは、上記の領域に配置されたシール部をより明確及び詳細に示すために、回転可能なシール部40は省略している。シール部14は、回転可能なシール部40の側面とハウジング11との間に挟まれている。このシール部14は、回転可能なシール部40の側部の周囲で空気の漏れが発生することを抑制したり、防止したりする。   FIG. 5A shows the lower part of the cleaner head 10. 5B and 5C show in detail the area of the housing where the rotatable seal 40 is arranged. FIG. 5B shows a part of the housing 11 in which one end of the side portion of the rotatable seal portion 40 is fitted. In FIGS. 5A-5C, the rotatable seal 40 is omitted in order to show the seals arranged in the above-mentioned areas more clearly and in detail. The seal portion 14 is sandwiched between the side surface of the rotatable seal portion 40 and the housing 11. The seal portion 14 suppresses or prevents air leakage around the side portion of the rotatable seal portion 40.

図5Aは、クリーナーヘッド10から清掃される表面へ延びるブラシシール25、26、27を示している。ブラシシール25、26、27は、硬質な床面であり、かつ、割れ目や裂け目などの埃が挟まり易くなった清掃される表面に対して、クリーナーヘッドがより良好なシールを形成できるようにすることを可能にする。ブラシシール25、26、27の相対的な垂直方向の位置は床の種類によって調整することができる。調整する一つの形態は、マニュアル操作可能な二つの高さ位置を有するラッチ機構である。調整するための形態は別のものでも可能であり、床の種類に応じて自動的に調整可能な機構を含むことができる。   FIG. 5A shows brush seals 25, 26, 27 extending from the cleaner head 10 to the surface to be cleaned. The brush seals 25, 26, 27 are hard floor surfaces and allow the cleaner head to form a better seal against the surface to be cleaned where dirt is likely to get caught, such as crevices and tears Make it possible. The relative vertical position of the brush seals 25, 26, 27 can be adjusted by the type of floor. One form of adjustment is a latch mechanism having two manually operable height positions. Other forms of adjustment are possible, and may include mechanisms that can be adjusted automatically depending on the type of floor.

回転可能なシール部40は、図6及び図7に示すように、別の形態でもよい。図6に示す回転可能なシール部40は、コア44と、可撓性/変形性を備え、コア44から放射状に延びる放射部45と、を有している。放射部45は、ブレード又はパドルのような部材である。ブレード45は、コア44と同一の長さ又はほぼ同一の長さを有している。そのため、ブレード45は、コア45の全長に沿って延びている。ブレード45は、ブレード45の外側の端部が床面と接触するような放射距離で延びている。ブレード45は、遮蔽部材50の前方部分52及び回転部40の上部を覆うハウジングフードの一部13に接触して、これらを清掃することが可能な放射距離で延びていてもよい。ブレード45は、清掃される表面に対してシールが形成されている間、クリーナーヘッド部内に流入したより大きな捕集物を取り除くことを可能にする。この例では、ブレードがハウジングに対してシールを形成する。そのため、シール部48を設けてもよいし、シール部48を設けなくてもよい。   The rotatable seal 40 may have other forms as shown in FIGS. 6 and 7. The rotatable seal 40 shown in FIG. 6 comprises a core 44 and a flexible / deformable radiating portion 45 radially extending from the core 44. The radiating portion 45 is a member such as a blade or a paddle. The blade 45 has the same length or almost the same length as the core 44. Therefore, the blade 45 extends along the entire length of the core 45. The blade 45 extends a radial distance such that the outer end of the blade 45 contacts the floor surface. The blade 45 may contact the front portion 52 of the shielding member 50 and the portion 13 of the housing hood covering the top of the rotating portion 40 and extend a radial distance that can clean them. The blade 45 makes it possible to remove larger deposits that have flowed into the cleaner head while the seal is being formed against the surface to be cleaned. In this example, the blade forms a seal with the housing. Therefore, the seal portion 48 may be provided, or the seal portion 48 may not be provided.

図7は、図3及び図6に示した構造が組み合わされた回転可能なシール部40を示す。ローラー46(例えば、弾性変形可能な部材)は、図3に示したものと比較して小さな直径を有している。放射部47は、ローラー46の外表面を越えるように放射状に突出している。放射部47は、スプラインとも称される。スプライン47の外側の端部は、床面と接触することができる。スプライン47は、遮蔽部材50の前方部分52及び回転部40の上部を覆うハウジングフードの一部13に接触して、これらを清掃することが可能な放射距離で延びていてもよい。スプライン47は、清掃される表面に対してシールが形成されている間、クリーナーヘッド部内に流入したより大きな捕集物を取り除くことを可能にする。ローラー46は、より大きな捕集物を捕集できるようにするために、及び/又は、平坦でない床面に対応可能とするために、変形可能である。この例では、スプラインは、一つのスプラインにより常にシールを形成することができるようにするために、各スプラインの間には規則的なスペースが設けられている。この例では、スプラインがハウジングに対してシールを形成する。そのため、シール部48を設けてもよいし、シール部48を設けなくてもよい。また、捕集部を設けてもよいし、設けなくてもよい。   FIG. 7 shows the rotatable seal 40 in combination with the structure shown in FIGS. The roller 46 (e.g. an elastically deformable member) has a smaller diameter compared to that shown in FIG. The radiation portion 47 protrudes radially beyond the outer surface of the roller 46. The radiation portion 47 is also referred to as a spline. The outer end of the spline 47 can contact the floor surface. The splines 47 may contact the front portion 52 of the shielding member 50 and the portion 13 of the housing hood covering the top of the rotating portion 40 and extend a radial distance that allows them to be cleaned. The splines 47 make it possible to remove larger deposits that have flowed into the cleaner head while the seal is being formed against the surface to be cleaned. The roller 46 is deformable to allow for the collection of larger collections and / or to accommodate uneven floor surfaces. In this example, regular spaces are provided between each spline so that the splines can always form a seal with one spline. In this example, the splines form a seal with the housing. Therefore, the seal portion 48 may be provided, or the seal portion 48 may not be provided. In addition, a collection unit may or may not be provided.

図8及び図9は、異なる種類の床面に使用されるクリナーヘッド10を示す。図8は、硬質な床面(例えば、木製フロアー、コンクリート、リノリウム、タイル)のような多孔質ではない床面に配置したクリーナーヘッド10を示す。図9は、カーペットのような多孔質の床面に配置したクリーナーヘッド10を示す。まず、図8に示すように、クリーナーヘッドのハウジング10の下面12と多孔質ではない床面との間には僅かな距離の空間が設けられる。この空間は、ハウジングの後方側のホイール16と、補助ローラー51と、回転可能なシール部40の組み合わせにより形成される。図4を参照して前述したように、捕集物は、(i)回転可能なシール部40を経由するルートと、(ii)撹拌部60の下部及び吸引口20による吸引を介したルート(付加的に、叩き棒60による追加の撹拌を含む)の二つのルートでクリーナーヘッド内に流入させることができる。シールは、回転可能なシール部40(前方側)及びブラシシール部(後方側)により、クリーナーヘッドの外周部の周囲で維持される。後方側のブラシシール部26は図8に示されている。   8 and 9 show a cleaner head 10 used for different types of floor surfaces. FIG. 8 shows the cleaner head 10 placed on a non-porous floor such as a hard floor (eg, wood floor, concrete, linoleum, tiles). FIG. 9 shows a cleaner head 10 disposed on a porous floor surface such as a carpet. First, as shown in FIG. 8, a space of a slight distance is provided between the lower surface 12 of the cleaner head housing 10 and the non-porous floor surface. This space is formed by the combination of the wheel 16 on the rear side of the housing, the auxiliary roller 51, and the rotatable seal portion 40. As described above with reference to FIG. 4, the collected matter is (i) a route via the rotatable seal portion 40 and (ii) a route via suction of the lower portion of the stirring portion 60 and the suction port 20 ( In addition, it can be flowed into the cleaner head in two routes, including additional agitation by the tapping rod 60. The seal is maintained around the periphery of the cleaner head by the rotatable seal 40 (front side) and the brush seal (back side). The rear brush seal 26 is shown in FIG.

図9は、カーペットフロアーの表面に配置されたクリーナーヘッドを示している。ハウジングの下面12は表面に接触している。この状態において、下面12は、床面に沿って移動可能である。ホイール16、補助ローラー51、及び回転可能なシール部40は、カーペットに沈み込む。ブラシシール部26は、図9に示すように、格納することができる。また、ブラシシール部26は、静止した状態で、カーペットの内側に押しつけることができる。撹拌部60は、カーペットを叩くことにより、カーペットの立毛を撹拌して、埃や捕集物を取り出すことができる。撹拌部60は、20000RPMの回転速度で回転することができる。図4を参照して前述したように、捕集物は、(i)回転可能なシール部40を経由するルートと、(ii)撹拌部60の下部及び吸引口20による吸引を介したルート(付加的に、叩き棒60による追加の撹拌を含む)の二つのルートでクリーナーヘッド内に流入させることができる。   FIG. 9 shows the cleaner head disposed on the surface of the carpet floor. The lower surface 12 of the housing is in contact with the surface. In this state, the lower surface 12 is movable along the floor surface. The wheel 16, the auxiliary roller 51, and the rotatable seal 40 sink into the carpet. The brush seal 26 can be stored as shown in FIG. In addition, the brush seal portion 26 can be pressed against the inside of the carpet in a stationary state. The stirring unit 60 can stir the napped hair of the carpet by tapping the carpet to take out dust and collected matter. The stirring unit 60 can rotate at a rotational speed of 20000 RPM. As described above with reference to FIG. 4, the collected matter is (i) a route via the rotatable seal portion 40 and (ii) a route via suction of the lower portion of the stirring portion 60 and the suction port 20 ( In addition, it can be flowed into the cleaner head in two routes, including additional agitation by the tapping rod 60.

吸引型掃除機1は、バッテリー起動型(コードレス)又は電源供給型で構成することができる。   The suction type vacuum cleaner 1 can be configured as a battery operated type (cordless) or a power supply type.

他の代替可能な例を説明する。   Another alternative example will be described.

図3を再度参照して、回転可能なシール部40の上部はハウジング11で覆われている。他の例では、回転可能なシール部40の上部は露出されていてもよい。ハウジングは、シール48の範囲まで延びていてもよいし、シール48を越えて延びていてもよい。   Referring again to FIG. 3, the top of the rotatable seal 40 is covered by the housing 11. In another example, the top of the rotatable seal 40 may be exposed. The housing may extend to the extent of the seal 48 or may extend beyond the seal 48.

図4を再度参照して、遮蔽部材の上部54と吸引路20Aに露出したシール部/捕集部48との間には、回転可能なシール部40の一部55が存在する。回転可能なシール部40の一部55は、吸引路20Aに近接している。他の例では、回転可能なシール部40の一部55は、吸引路20Aから離して配置することができる。回転可能なシール部40の一部55は、下向きの傾斜(傾斜台)により、吸引路20Aに接続することができる。   Referring back to FIG. 4, a portion 55 of the rotatable seal portion 40 is present between the upper portion 54 of the shielding member and the seal portion / collection portion 48 exposed to the suction path 20A. A portion 55 of the rotatable seal portion 40 is in close proximity to the suction passage 20A. In another example, the portion 55 of the rotatable seal 40 can be spaced apart from the suction passage 20A. The portion 55 of the rotatable seal 40 can be connected to the suction passage 20A by means of a downward slope.

図10A及び図10Bは、他の配置形態に係るクリーナーヘッド10の例を示している。遮蔽部材50及び遮蔽部材ローラー51は設けられておらず、撹拌部60とシール部40との間に形成された吸引路20Aまで幅が広がった経路が延びている。硬質なフロアーと撹拌されるカーペットに対して形成される機能的なシールは、それ程の性能ではないが、維持される。ただし、装置の複雑化及びコストは軽減される。図10Aに示すように、撹拌部は、吸引路20Aに向けて反時計回りに回転する。図10Bは、時計周り及び反時計周りのいずれの方向にも回転可能な撹拌部を備える例を示している。撹拌部は、振動可能な形態である。この形態では、カーペットを撹拌して、塵を吸引路20Aへ向けて移動させている作業を行っている間、ノイズ、つまり、撹拌部が高速で連続的に回転することにより生じる叩き音のノイズを低減させることができる。これにより、回転方向を切り替え可能なモーターを備える実施形態を構成することができる。モーターは、撹拌部を振動させることができるソレノイドを使用するもの、またはその他の適切な部材により構成することができる。   10A and 10B show an example of the cleaner head 10 according to another arrangement. The shielding member 50 and the shielding member roller 51 are not provided, and a path extending in width to the suction path 20A formed between the stirring portion 60 and the sealing portion 40 extends. The functional seal formed on the hard floor and the carpet being agitated is maintained, although not as well. However, the complexity and cost of the device are reduced. As shown in FIG. 10A, the stirring unit rotates counterclockwise toward the suction passage 20A. FIG. 10B shows an example provided with a stirrer that can rotate in either clockwise or counterclockwise direction. The stirring unit is in a form that can vibrate. In this embodiment, noise is generated during the work of stirring the carpet and moving the dust toward the suction path 20A, that is, the noise of the tapping noise generated by the continuous rotation of the stirring portion at high speed. Can be reduced. Thus, an embodiment including a motor capable of switching the direction of rotation can be configured. The motor may be constituted by using a solenoid capable of oscillating the stirring unit, or any other suitable member.

図11A、11B、11C、及び11Dは、採用可能な撹拌部の構造例を示している。図11は、図3〜図10に係る実施形態の撹拌部を示している。撹拌部は、コア60、コアから突出した部材63と、を有している。コアから突出した部材63は、カーペットの立毛に対して部分的に力を付与することができるように弾性的に変形可能である。コアから突出した部材63は、ナイロンのような適切な材料、又はポリプロピレンの剛毛/フィラメントなどにより構成することができる。図11Bは、ヘリカル状に配置された撹拌部を示している。撹拌部は、カーペットの立毛を分割する際の回転時に、より小さな摩擦を生じさせる効果を発揮することができる。図11C及び図11Dは、コア60と、コアの長手方向に対してヘリカル状に延びる形態のブレード64又はコアの長手方向に対して直線状に延びる形態のブレード64Aを備える撹拌部を示している。ブレードは、カーペットの立毛に対して部分的に力を付与することができるように弾性的に変形可能な材料、例えば、ゴム、プラスチック、スチール、又は化合物で構成することができる。図11C及び11Dに示すブレード63及びブレード64Aは、コア60の長手方向に沿って均等に分離して配置することができる。図11C及び11Dに示すブレード64及び64Aは、部材63と均等に組み合わせてハイブリッドな構造にすることもできる。   11A, 11B, 11C, and 11D show structural examples of adoptable stirring parts. FIG. 11 shows the stirring unit of the embodiment according to FIGS. The stirring portion has a core 60 and a member 63 protruding from the core. The member 63 projecting from the core is elastically deformable so as to be able to partially exert a force on the nap of the carpet. The member 63 projecting from the core can be made of a suitable material such as nylon, or polypropylene bristles / filaments or the like. FIG. 11B shows the stirring unit arranged in a helical shape. The stirring portion can exert an effect of causing smaller friction when rotating when dividing the napped hair of the carpet. FIGS. 11C and 11D show the stirring portion including the core 60 and the blade 64 configured to extend helically with respect to the longitudinal direction of the core or the blade 64A configured to extend linearly with respect to the longitudinal direction of the core. . The blade may be composed of an elastically deformable material, such as rubber, plastic, steel or a compound so as to be able to partially exert a force on the nap of the carpet. The blades 63 and the blades 64A shown in FIGS. 11C and 11D can be equally separated along the longitudinal direction of the core 60. The blades 64 and 64A shown in FIGS. 11C and 11D can be equally combined with the member 63 to form a hybrid structure.

以上のように、一の実施形態およびそれに関連する複数の実施形態を通じて、それらの実施形態に関する効果及び有利な点を説明した。実施形態は、一つ又は複数の課題を解決することができ、若しくは前述した効果及び有利な点が発揮される限り、明細書で説明した内容のみに限定されることはない。   As described above, the effects and advantages of the embodiments have been described through one embodiment and a plurality of embodiments related thereto. The embodiments are not limited to only the contents described in the specification as long as one or more problems can be solved, or the above-described effects and advantages can be exhibited.

明細書中のanの記載は、一つ又は複数の部材を示すものである。明細書中のcomprisingの記載は、方法の手順又は構成要素の各々を含むことを意味する。ただし、方法の手順又は構成要素は、限定的な方法の手順又は装置を意味するものではなく、任意の手順又は構成要素を含んでいてもよい。   The description of an in the specification indicates one or more members. The description of comprising in the specification is meant to include each of the procedures or components of the method. However, the procedure or component of the method does not mean the procedure or apparatus of limited method, and may include any procedure or component.

ここで記載された方法は、適切な指示にしたがって、又は、適切かつ同時に実施することができる。また、ここに記載された本発明の主題及び主旨から離れることなく、各手順は適宜省略することができる。上述した各実施形態は、発明の効果を損なうことなく、任意に組み合わせることにより、他の実施形態とすることができる。   The methods described herein may be practiced according to appropriate instructions or appropriately and simultaneously. Also, each procedure may be omitted as appropriate without departing from the subject matter and the spirit of the present invention described herein. Each embodiment mentioned above can be made into another embodiment by combining arbitrarily, without spoiling the effect of an invention.

上述した好適な実施形態は例示に過ぎず、当業者により種々の改変が可能である。具体的な複数の実施形態、又は一つ若しくは複数の個別の実施形態を説明したが、当業者であるならば、本発明の主題から逸脱されない範囲において、複数の代替される実施形態を提供し得る。   The preferred embodiments described above are merely illustrative, and various modifications are possible by those skilled in the art. While specific embodiments or one or more individual embodiments have been described, those skilled in the art will provide alternative embodiments without departing from the subject matter of the present invention. obtain.

Claims (30)

吸引型掃除機のクリーナーヘッドであって、
下面を有し、床面に沿って移動可能に構成されたハウジングと、
前記ハウジングの前記下面に形成された吸引口と、
前記ハウジングに形成され、前記吸引口と流体連通した吸引路と、
前記クリーナーヘッドの前記下面に平行な回転軸を有し、前記ハウジングの前方に配置された回転可能なシール部と、
前記回転可能なシール部の後方に配置された撹拌部と、を有し、
前記ハウジングは、前記回転可能なシール部の少なくとも一部を囲むように配置されており、
前記吸引路は、前記撹拌部と前記回転可能なシール部の間に配置されている、クリーナーヘッド。
It is a cleaner head of a suction type vacuum cleaner,
A housing having a lower surface and configured to be movable along the floor surface;
A suction port formed on the lower surface of the housing;
A suction passage formed in the housing and in fluid communication with the suction port;
A rotatable seal located in front of the housing, having a rotational axis parallel to the lower surface of the cleaner head;
And a stirring unit disposed behind the rotatable seal unit,
The housing is disposed to surround at least a portion of the rotatable seal portion,
The cleaner head, wherein the suction path is disposed between the agitator and the rotatable seal.
前記撹拌部と前記回転可能なシール部の間に配置された遮蔽部材を有し、
前記吸引路は、前記遮蔽部材の上部において前記回転可能なシール部の一部と流体連通している、請求項1に記載のクリーナーヘッド。
A shielding member disposed between the stirring portion and the rotatable seal portion;
The cleaner head according to claim 1, wherein the suction path is in fluid communication with a portion of the rotatable seal at an upper portion of the shield member.
前記遮蔽部材は、前記クリーナーヘッドの前記下面に近接するように前記下面へ延びており、前記シール部の後方で前記回転可能なシール部を覆うように構成されている、請求項2に記載のクリーナーヘッド。   The said shielding member is extended to the said lower surface so that the said lower surface of the said cleaner head may be approached, It is comprised so that the said rotatable seal part may be covered behind the said seal part. Cleaner head. 前記遮蔽部材に対して回転可能に配置されたローラーを有し、
前記ローラーは、前記遮蔽部材と床面との間にシールを形成するように構成されている、請求項2又は請求項3に記載のクリーナーヘッド。
Having a roller rotatably disposed relative to the shielding member,
The cleaner head according to claim 2 or 3, wherein the roller is configured to form a seal between the shielding member and a floor surface.
前記遮蔽部材は、前記遮蔽部材の後方側に配置され、前記回転可能なシール部の後方側で流体の流れをガイドする表面部を有し、
前記表面部は、前記クリーナーヘッドの前記下面に近接している、請求項2〜4のいずれか1項に記載のクリーナーヘッド。
The shielding member is disposed on the rear side of the shielding member and has a surface portion which guides the flow of fluid on the rear side of the rotatable seal portion.
The cleaner head according to any one of claims 2 to 4, wherein the surface portion is close to the lower surface of the cleaner head.
前記遮蔽部材は、前記遮蔽部材の前方側に配置され、前記回転可能なシール部の前記回転軸と同軸に配置された表面部を有する、請求項2〜5のいずれか1項に記載のクリーナーヘッド。   The cleaner according to any one of claims 2 to 5, wherein the shielding member is disposed on the front side of the shielding member, and has a surface portion coaxially arranged with the rotation axis of the rotatable seal portion. head. 前記遮蔽部材の前方側に配置された前記表面部と前記回転可能なシール部の外表面との間には隙間が形成されている、請求項6に記載のクリーナーヘッド。   The cleaner head according to claim 6, wherein a gap is formed between the surface portion disposed on the front side of the shielding member and the outer surface of the rotatable seal portion. 前記隙間は、3mm以下又は1mm以下である、請求項7に記載のクリーナーヘッド。   The cleaner head according to claim 7, wherein the gap is 3 mm or less or 1 mm or less. 前記撹拌部を部分的に収容する撹拌ハウジングを有し、
前記撹拌ハウジングは、前記撹拌ハウジングの前方側に形成された開口部を有し、
前記開口部は、前記撹拌ハウジングの口部により形成されており、
前記遮蔽部材は、前記撹拌ハウジングの前記口部と略同一の高さまで延びている、請求項2〜8のいずれか1項に記載のクリーナーヘッド。
It has a stirring housing which partially accommodates the said stirring part,
The stirring housing has an opening formed on the front side of the stirring housing,
The opening is formed by the mouth of the stirring housing,
The cleaner head according to any one of claims 2 to 8, wherein the shielding member extends to substantially the same height as the opening of the stirring housing.
前記回転可能なシール部は、変形可能な材料で構成された外層を有している、請求項1〜9のいずれか1項に記載のクリーナーヘッド。   10. A cleaner head according to any one of the preceding claims, wherein the rotatable seal comprises an outer layer of deformable material. 前記変形可能な材料は、弾性的に変形可能な材料である、請求項10に記載のクリーナーヘッド。   11. The cleaner head of claim 10, wherein the deformable material is a resiliently deformable material. 前記変形可能な材料は、クローズドセルフォームである、請求項10又は請求項11に記載のクリーナーヘッド。   The cleaner head according to claim 10, wherein the deformable material is a closed cell foam. 前記回転可能なシール部は、可撓性を備えるとともに放射状に延びる複数のブレードを有する、請求項11又は請求項12に記載のクリーナーヘッド。   The cleaner head according to claim 11, wherein the rotatable seal portion has a plurality of flexible and radially extending blades. 前記回転可能なシール部は、可撓性を備えるとともに放射状に延びる複数のブレードを有する、請求項1〜9のいずれか1項に記載のクリーナーヘッド。   10. A cleaner head according to any one of the preceding claims, wherein the rotatable seal comprises a plurality of flexible and radially extending blades. 前記クリーナーヘッドが所定の面に沿って移動する動作とは独立して前記回転可能なシール部を回転させる駆動部を有する、請求項1〜14のいずれか1項に記載のクリーナーヘッド。   The cleaner head according to any one of claims 1 to 14, further comprising a drive unit that rotates the rotatable seal unit independently of the movement of the cleaner head along a predetermined surface. 前記駆動部は、モーターである、請求項15に記載のクリーナーヘッド。   The cleaner head according to claim 15, wherein the drive unit is a motor. 前記回転可能なシール部の側部と前記ハウジングとの間に配置されたシールを有する、請求項1〜16のいずれか1項に記載のクリーナーヘッド。   17. A cleaner head according to any of the preceding claims, comprising a seal disposed between the side of the rotatable seal and the housing. 前記クリーナーヘッドの外周部に位置する前記クリーナーヘッドの側方側の縁部及び前記クリーナーヘッドの後方側の縁部の少なくとも一方に配置されたブラシシール部を有する、請求項1〜17のいずれか1項に記載のクリーナーヘッド。   The brush seal portion according to any one of claims 1 to 17, further comprising: a brush seal portion disposed on at least one of a side edge of the cleaner head located on an outer peripheral portion of the cleaner head and a rear edge of the cleaner head. The cleaner head according to item 1. 前記ブラシシール部は、高さ調整可能である、請求項18に記載のクリーナーヘッド。   The cleaner head according to claim 18, wherein the brush seal portion is adjustable in height. 前記ハウジングと前記回転可能なシール部との間にシールを形成するシール部を有する、請求項1〜19のいずれか1項に記載のクリーナーヘッド。   The cleaner head according to any one of the preceding claims, comprising a seal forming a seal between the housing and the rotatable seal. 前記シール部は、前記ハウジング内における前記回転可能なシール部の後方側に配置されている、請求項20に記載のクリーナーヘッド。   21. The cleaner head of claim 20, wherein the seal is disposed rearward of the rotatable seal within the housing. 前記シール部は、前記回転可能なシール部の外表面から捕集物をかき集めるように構成されている、請求項20または請求項21に記載のクリーナーヘッド。   22. A cleaner head as claimed in claim 20 or 21, wherein the seal is configured to collect collected matter from the outer surface of the rotatable seal. 前記回転可能なシール部の外表面から捕集物をかき集めるように構成された捕集部を有する、請求項1〜21のいずれか1項に記載のクリーナーヘッド。   22. A cleaner head according to any of the preceding claims, comprising a collector configured to scrape a collection from the outer surface of the rotatable seal. 前記撹拌部は、放射状に延びる複数のブラシフィラメントを有する、請求項1〜23のいずれか1項に記載のクリーナーヘッド。   The cleaner head according to any one of claims 1 to 23, wherein the stirring portion has a plurality of radially extending brush filaments. 前記撹拌部は、叩き棒である、請求項1〜24のいずれか1項に記載のクリーナーヘッド。   The cleaner head according to any one of claims 1 to 24, wherein the stirring unit is a tapping rod. 前記撹拌部は、放射状に延びる複数のブレードを有する、請求項1〜23のいずれか1項に記載のクリーナーヘッド。   The cleaner head according to any one of claims 1 to 23, wherein the stirring portion has a plurality of radially extending blades. 前記クリーナーヘッドが所定の面に沿って移動する動作とは独立して前記撹拌部を回転させる駆動部を有する、請求項1〜26のいずれか1項に記載のクリーナーヘッド。   The cleaner head according to any one of claims 1 to 26, further comprising: a driving unit configured to rotate the stirring unit independently of an operation of moving the cleaner head along a predetermined surface. 前記撹拌部の回転速度は、20000RPMまで上げることが可能である、請求項27に記載のクリーナーヘッド。   The cleaner head according to claim 27, wherein the rotational speed of the stirring unit can be increased to 20000 RPM. 前記撹拌部は、前記撹拌部の長手軸周りに沿って振動可能である、請求項1〜26のいずれか1項に記載のクリーナーヘッド。   The cleaner head according to any one of claims 1 to 26, wherein the stirring unit is capable of oscillating along the longitudinal axis of the stirring unit. 請求項1〜29のいずれか1項に記載の前記クリーナーヘッドを備える吸引型掃除機。   A suction type vacuum cleaner comprising the cleaner head according to any one of claims 1 to 29.
JP2019511817A 2016-05-11 2017-05-11 Cleaner head Pending JP2019514661A (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
GB1608295.0A GB2550180B (en) 2016-05-11 2016-05-11 Cleaner head
GB1608295.0 2016-05-11
PCT/GB2017/051311 WO2017194946A2 (en) 2016-05-11 2017-05-11 Cleaner head

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2019514661A true JP2019514661A (en) 2019-06-06
JP2019514661A5 JP2019514661A5 (en) 2020-06-18

Family

ID=56320243

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2019511817A Pending JP2019514661A (en) 2016-05-11 2017-05-11 Cleaner head

Country Status (7)

Country Link
US (1) US20190150686A1 (en)
EP (1) EP3454709B1 (en)
JP (1) JP2019514661A (en)
CN (1) CN109195495A (en)
ES (1) ES2819883T3 (en)
GB (1) GB2550180B (en)
WO (1) WO2017194946A2 (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2021015415A1 (en) * 2019-07-24 2021-01-28 엘지전자 주식회사 Vacuum cleaner

Families Citing this family (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7706917B1 (en) 2004-07-07 2010-04-27 Irobot Corporation Celestial navigation system for an autonomous robot
US11209833B2 (en) 2004-07-07 2021-12-28 Irobot Corporation Celestial navigation system for an autonomous vehicle
US8972052B2 (en) * 2004-07-07 2015-03-03 Irobot Corporation Celestial navigation system for an autonomous vehicle
US10575700B2 (en) * 2017-09-15 2020-03-03 Omachron Intellectual Property Inc. Surface cleaning apparatus
US11291345B2 (en) 2018-08-27 2022-04-05 Techtronic Floor Care Technology Limited Floor cleaner
GB2584311B8 (en) * 2019-05-30 2021-08-18 Lupe Tech Limited Rollers for vacuum cleaners
EP4025104A1 (en) * 2019-09-04 2022-07-13 Aktiebolaget Electrolux Vacuum cleaner brush roll
GB2588155B (en) * 2019-10-10 2021-12-22 Dyson Technology Ltd Cleaner head for a vacuum cleaning appliance
CN111728530A (en) * 2020-07-14 2020-10-02 沈卫荣 Multi-axis linkage sweeping and sucking method

Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0910143A (en) * 1995-06-30 1997-01-14 Sharp Corp Suction port member of vacuum cleaner
CN102429609A (en) * 2011-07-05 2012-05-02 郑恬晨 Dust collector and connecting mechanism thereof
JP2013516262A (en) * 2010-01-08 2013-05-13 ダイソン テクノロジー リミテッド Vacuum cleaner head
JP2015029911A (en) * 2013-07-31 2015-02-16 ダイソン・テクノロジー・リミテッド Cleaner head for vacuum cleaner
GB2520549A (en) * 2013-11-25 2015-05-27 Hoover Ltd Vacuum cleaner head
JP2016202865A (en) * 2015-07-30 2016-12-08 日立アプライアンス株式会社 Vacuum cleaner

Family Cites Families (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US1891503A (en) 1930-12-01 1932-12-20 Hoover Co Suction cleaner
BE905711A (en) * 1986-11-06 1987-03-02 Keyser Jean Marie De Vacuum cleaner rollers - consists of two deformable parallel rollers which are motor driven on chassis
EP2229864B1 (en) * 2001-10-03 2013-01-23 Kao Corporation Cleaning device
JP2003339589A (en) 2002-05-22 2003-12-02 Toshiba Tec Corp Suction port body and vacuum cleaner
KR100595564B1 (en) * 2004-07-16 2006-07-03 엘지전자 주식회사 Vacuum cleaner
KR20100093325A (en) 2009-02-16 2010-08-25 삼성광주전자 주식회사 Brush assembly of vacuum cleaner
GB2476810B (en) * 2010-01-08 2014-01-08 Dyson Technology Ltd Cleaner head for a vacuum cleaner
GB2524324B (en) * 2014-03-21 2016-07-13 Dyson Technology Ltd A surface treating head
DE102014112141B4 (en) * 2014-08-25 2018-04-26 Wessel-Werk Gmbh Suction nozzle for vacuum cleaner

Patent Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0910143A (en) * 1995-06-30 1997-01-14 Sharp Corp Suction port member of vacuum cleaner
JP2013516262A (en) * 2010-01-08 2013-05-13 ダイソン テクノロジー リミテッド Vacuum cleaner head
CN102429609A (en) * 2011-07-05 2012-05-02 郑恬晨 Dust collector and connecting mechanism thereof
JP2015029911A (en) * 2013-07-31 2015-02-16 ダイソン・テクノロジー・リミテッド Cleaner head for vacuum cleaner
GB2520549A (en) * 2013-11-25 2015-05-27 Hoover Ltd Vacuum cleaner head
JP2016202865A (en) * 2015-07-30 2016-12-08 日立アプライアンス株式会社 Vacuum cleaner

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2021015415A1 (en) * 2019-07-24 2021-01-28 엘지전자 주식회사 Vacuum cleaner
US11382468B2 (en) 2019-07-24 2022-07-12 Lg Electronics Inc. Cleaner

Also Published As

Publication number Publication date
GB2550180A (en) 2017-11-15
GB201608295D0 (en) 2016-06-29
WO2017194946A2 (en) 2017-11-16
US20190150686A1 (en) 2019-05-23
ES2819883T3 (en) 2021-04-19
EP3454709A2 (en) 2019-03-20
WO2017194946A3 (en) 2017-12-14
EP3454709B1 (en) 2020-07-01
CN109195495A (en) 2019-01-11
GB2550180B (en) 2018-05-02

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2019514661A (en) Cleaner head
KR102129021B1 (en) Surface cleaning head with double rotating agitator
US20210045598A1 (en) Vacuum cleaner
JP6360069B2 (en) Cleaning device for cleaning surfaces
JP4519140B2 (en) Vacuum cleaner with base station
RU2277841C2 (en) Surface cleaning apparatus
JP2006312066A (en) Vacuum cleaner
US3848290A (en) Rinse method and machine
JP3858217B2 (en) Vacuum cleaner
RU2496402C2 (en) Portable vacuum cleaner for cleaning of pet animals hair
JP2008104627A (en) Cleaner suction tool and vacuum cleaner
US20120260454A1 (en) Air Agitated Vacuum Cleaner
CN111973073A (en) Intelligent sweeping and mopping integrated station of cleaning robot
US20170290483A1 (en) Cleaner head for a vacuum cleaner
CA2461879C (en) Nozzle assembly with air flow acceleration channels
KR102428709B1 (en) Vacuum cleaner with coaming unit to remove garbage from cleaning rollers
CN212591937U (en) Drag and inhale robot
JP2000166826A (en) Vacuum cleaner
JPH08103403A (en) Vacuum cleaner
CN216221350U (en) Cleaning device
CN209107194U (en) A kind of Suction head component and dust catcher
JP2012205799A (en) Suction opening and vacuum cleaner having the same
CN212591938U (en) Integrated station of dragging and sucking cleaning robot
CN216702442U (en) Floor cleaning device and cleaning head thereof
KR200483409Y1 (en) floor cleaner

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20200511

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20200511

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20210621

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20210622

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20210916

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20211119

A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20211222

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20220524