JP2019136769A - 溶接設備が設置された加工装置 - Google Patents

溶接設備が設置された加工装置 Download PDF

Info

Publication number
JP2019136769A
JP2019136769A JP2018048745A JP2018048745A JP2019136769A JP 2019136769 A JP2019136769 A JP 2019136769A JP 2018048745 A JP2018048745 A JP 2018048745A JP 2018048745 A JP2018048745 A JP 2018048745A JP 2019136769 A JP2019136769 A JP 2019136769A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
guide groove
end surface
guide
block
wall
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2018048745A
Other languages
English (en)
Other versions
JP6582332B2 (ja
Inventor
陳永平
Yong Ping Chen
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Individual
Original Assignee
Individual
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to CN201810124185.5A priority Critical patent/CN108436924A/zh
Priority to CN201810124185.5 priority
Application filed by Individual filed Critical Individual
Publication of JP2019136769A publication Critical patent/JP2019136769A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6582332B2 publication Critical patent/JP6582332B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B25HAND TOOLS; PORTABLE POWER-DRIVEN TOOLS; MANIPULATORS
    • B25JMANIPULATORS; CHAMBERS PROVIDED WITH MANIPULATION DEVICES
    • B25J11/00Manipulators not otherwise provided for
    • B25J11/005Manipulators for mechanical processing tasks
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B23MACHINE TOOLS; METAL-WORKING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B23KSOLDERING OR UNSOLDERING; WELDING; CLADDING OR PLATING BY SOLDERING OR WELDING; CUTTING BY APPLYING HEAT LOCALLY, e.g. FLAME CUTTING; WORKING BY LASER BEAM
    • B23K37/00Auxiliary devices or processes, not specially adapted to a procedure covered by only one of the preceding main groups
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B23MACHINE TOOLS; METAL-WORKING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B23KSOLDERING OR UNSOLDERING; WELDING; CLADDING OR PLATING BY SOLDERING OR WELDING; CUTTING BY APPLYING HEAT LOCALLY, e.g. FLAME CUTTING; WORKING BY LASER BEAM
    • B23K37/00Auxiliary devices or processes, not specially adapted to a procedure covered by only one of the preceding main groups
    • B23K37/003Cooling means
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B23MACHINE TOOLS; METAL-WORKING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B23KSOLDERING OR UNSOLDERING; WELDING; CLADDING OR PLATING BY SOLDERING OR WELDING; CUTTING BY APPLYING HEAT LOCALLY, e.g. FLAME CUTTING; WORKING BY LASER BEAM
    • B23K37/00Auxiliary devices or processes, not specially adapted to a procedure covered by only one of the preceding main groups
    • B23K37/02Carriages for supporting the welding or cutting element
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B23MACHINE TOOLS; METAL-WORKING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B23KSOLDERING OR UNSOLDERING; WELDING; CLADDING OR PLATING BY SOLDERING OR WELDING; CUTTING BY APPLYING HEAT LOCALLY, e.g. FLAME CUTTING; WORKING BY LASER BEAM
    • B23K37/00Auxiliary devices or processes, not specially adapted to a procedure covered by only one of the preceding main groups
    • B23K37/02Carriages for supporting the welding or cutting element
    • B23K37/0252Steering means

Abstract

【課題】家庭セキュリティロボット部品加工の高品質化と高効率化を図る。【解決手段】台座3と前記台座の頂部端面左側に設置される縦方向台5と前記台座の頂部端面右側に設置される積載座4を含み、前記台座の底部端面に立棒31が固定的に設けられ、前記立棒の底部端面に吸盤32が固定的に設けられ、前記縦方向台の右側端面に第一案内溝51が設置され、前記第一案内溝の中に足場板6がスライドに合わせて接続される【選択図】図1

Description

本発明は、ロボット技術分野に関し、具体的には家庭セキュリティロボットロボットに関する。
人々の安全意識が高まることにつれて、現在人々の家庭でよくセキュリティロボットが使われている。セキュリティロボットを加工し生産する過程で、多くの部品を溶接し接続する必要があり、現在に部品を溶接する設備は有効的に不純物を取り除くことができなく、溶接位置も正確ではなく、製品の品質に影響がある。
中国特許出願公開第104112341号明細書
本発明は解決する必要がある技術問題に対して、家庭セキュリティロボットを提供し、それが上記の現在の技術の中の問題を解決できる。
本発明は以下の技術方案を通じて実現する。本発明の家庭セキュリティロボットは台座と前記台座の頂部端面左側に設置される縦方向台と前記台座の頂部端面右側に設置される積載座を含み、前記台座の底部端面に立棒が固定的に設けられ、前記立棒の底部端面に吸盤が固定的に設けられ、前記縦方向台の右側端面に第一案内溝が設置され、前記第一案内溝の中に足場板が可動的に接続され、前記足場板の右側が前記第一案内溝の外を伸びて前記積載座の上に位置し、前記第一案内溝の中の足場板の中に上下拡張する第一ねじ棒がねじで合わせて接続され、前記第一ねじ棒の底部拡張末端は前記第一案内溝の内壁と回転可能に接続され、前記第一ねじ棒の頂部拡張末端は駆動機が動力を伝達な可能ように接続され、前記第一駆動機の外表面は前記第一案内溝の頂部内壁に設けられそれと固定的に接続し、前記足場板の中に前記積載座の真上で位置し下に向ける第二案内溝が設置され、前記第二案内溝の左右の内壁の中にミラーリングの連動溝が設置され、前記第二案内溝の中に第一案内ブロックが可動的に接続され、前記第一案内ブロックの近接する前記連動溝の左右の端面にミラーリングの第二駆動機が設置され、前記第二駆動機が向ける前記連動溝の末端に前記連動溝と動力を伝達な可能ように接続するアダプターが動力を伝達な可能ように接続され、前記第一案内ブロックの中に左右拡張する第三案内ブロックが設置され、前記第三案内ブロックの中に下に拡張する加工アームが可動的に接続され、前記加工アームが前記第三案内ブロックの中に位置する部分は左右拡張する第二ねじ棒がねじで合わせて接続され、前記第二ねじ棒の右側拡張末端は前記第三案内溝の右側内壁と回転可能に接続し、前記第二ねじ棒の左側拡張末端に第三駆動機が動力を伝達な可能ように接続され、前記第三駆動機の外表面は前記第三案内溝の左側の内壁とはめ込んでそれと固定的に接続し、前記加工アームの底部端面の中に第四駆動機をはめ込んで、前記第四駆動機の底部末端に下に拡張する第一回転軸が動力を伝達な可能ように接続され、前記第一回転軸の底部末端が前記加工アームの底部端面に伸びて加工ヘッドが固定的に接続され、前記加工ヘッドの底部末端に吸収ヘッドが固定的に接続され、前記加工ヘッドの中にアケチュエータをはめ込んで、前記加工ヘッドの右側で一端が前記吸収ヘッドの右側に位置する気化式冷風扇管が固定的に接続され、前記加工ヘッドの左側端面に溶接装置が設置される。
好ましい技術方案として前記積載座の中にフルートが設置され、前記フルートの左右の内壁にミラーリングの凸角が設置され、前記凸角でチャック盤がヒンジで接続され、前記チャック盤は前記フルートの間でミラーリングの第一バネが設置され、前記チャック盤の背離する端面は前記フルートと対応する内壁の間に第二バネが設置される。
好ましい技術方案として前記溶接装置は傾斜設定が前記加工ヘッドの左側のスタンドと前記スタンドの中に設置する第一穴筐体を含み、前記第一穴筐体の右下の内壁にアリ筐体が設置され、前記アリ筐体の右下が前記スタンドの右下端面に通り抜けて、前記第一穴筐体の中にギアが設置され、前記アリ筐体の中にアリブロックが可動的に接続され、前記アリブロックの左上端面に第五駆動機をはめ込んで、前記第五駆動機の左上端面に斜めに左上に拡張する第二回転軸が動力を伝達な可能ように接続され、第二回転軸の左上拡張末端は前記ギアの右下端面と固定的に接続し、前記ギアの右下端面の上で前記第二回転軸の円環面突起部が設置され、前記円環面突起部は前記第一穴筐体の右下内壁と可動的に接続し、前記アリブロックの中に第二穴筐体が設置され、アリブロックの中に前記アリブロックに沿って斜めに右下に拡張する前記第二穴筐体を通り抜ける溶接棒が設置され、前記溶接棒の左上拡張末端は前記第一穴筐体の中に伸びて円環面突起部を押して接続し、前記溶接棒の右下拡張末端は前記第一案内ブロックの右下端面に伸びて、前記第二穴筐体の中に前記溶接棒を押して接続する第三バネが設置される。
本発明は、構造が簡単で、操作が便利である。台座頂部に縦方向台が設置され、縦方向台の中に第一案内溝が設置され、第一案内溝の中にスタンドがスライドに合わせて接続され、スタンドの右側に第一案内溝が伸びて、第一案内溝の中のスライドの上に上下拡張する第一第二ねじ棒がねじで合わせて接続され、第一第二ねじ棒の底部拡張末端は第一案内溝の底部内壁と回転可能に接続し、第一第二ねじ棒の頂部末端に第一駆動機が動力を伝達な可能ように接続し、第一駆動機の外表面は第一案内溝の頂部内壁に取り付けてそれと固定的に接続し、スタンドの中に下に向ける第二案内溝が設置され、第二案内溝の左右内壁にミラーリングの連動溝が設置され、第二案内溝の中に第一案内ブロックがスライドに合わせて接続され、第一案内ブロックの左右端面にミラーリングの第二駆動機が設置され、第二駆動機が近接する連動溝の端面に連動溝と動力を伝達な可能ように接続するアダプターが動力を伝達な可能ように接続され、第一案内ブロックの中に下に向ける第三案内溝が設置され、第三案内溝の中に加工アームがスライドに合わせて接続され、加工アームの底部にを第三案内溝が伸びて、第三案内溝の中の加工アームの中に左右拡張する第一第二ねじ棒がねじで合わせて接続され、第一第二ねじ棒の右側拡張末端は第三案内溝の右側内壁と回転可能に接続し、第一第二ねじ棒の左側拡張末端に第三駆動機が動力を伝達な可能ように接続され、第三駆動機の外表面は第三案内溝の左側内壁に取り付けてそれと固定的に接続し、加工アームの底部に第四駆動機をはめ込んで、第四駆動機の底部末端に下に拡張する第一回転軸が動力を伝達な可能ように接続され、第一回転軸の底部拡張末端は加工アームの底部端面に伸びて末端に加工ヘッドが固定的に接続され、加工ヘッドの底部に吸収ヘッドが設置され、加工ヘッドの内部にアケチュエータが設置され、加工ヘッドの右側に気化式冷風扇管が設置され、加工ヘッドの左側端面に溶接装置が設置され、全方位に自動的にロボットの部品を組み立て、溶接と位置決めは同時に行って、組み立てる部位がきれいで、雑物がなく固有の構造に影響がなく、操作がつながって、自動化の程度が高く、適用する組み立てシリーズは豊かで、その同時にロボット部品加工の効率と効果を高める。
図1は本発明の家庭セキュリティロボットの全体の構造の概略図である。 図2は図1の中のAの構造概略図である。 図3は積載座の構造の概略図である。 図4は図1のBの構造概略図である。 図5ギアの右視構造概略図である。
説明しやすいため、本発明は以下の具体的な実施例と図面を交え詳しく説明する。
図1−図5のように、本発明に係る家庭セキュリティロボットは台座3と前記台座3の頂部端面左側に設置される縦方向台5と前記台座3の頂部端面右側に設置される積載座4を含み、前記台座3の底部端面に立棒31が固定的に設けられ、前記立棒の底部端面に吸盤32が固定的に設けられ、前記縦方向台5の右側端面に第一案内溝51が設置され、前記第一案内溝51の中に足場板6が可動的に接続され、前記足場板6の右側が前記第一案内溝51の外を伸びて前記積載座4の上に位置し、前記第一案内溝51の中の足場板6の中に上下拡張する第一ねじ棒511がねじで合わせて接続され、前記第一ねじ棒511の底部拡張末端は前記第一案内溝51の内壁と回転可能に接続され、前記第一ねじ棒511の頂部拡張末端は駆動機512が動力を伝達な可能ように接続され、前記第一駆動機512の外表面は前記第一案内溝51の頂部内壁に設けられそれと固定的に接続し、前記足場板6の中に前記積載座4の真上で位置し下に向ける第二案内溝61が設置され、前記第二案内溝61の左右の内壁の中にミラーリングの連動溝611が設置され、前記第二案内溝61の中に第一案内ブロック62が可動的に接続され、前記第一案内ブロック62の近接する前記連動溝611の左右の端面にミラーリングの第二駆動機624が設置され、前記第二駆動機624が向ける前記連動溝611の末端に前記連動溝611と動力を伝達な可能ように接続するアダプター6241が動力を伝達な可能ように接続され、前記第一案内ブロック62の中に左右拡張する第三案内ブロック621が設置され、前記第三案内ブロック621の中に下に拡張する加工アーム63が可動的に接続され、前記加工アーム63が前記第三案内ブロック621の中に位置する部分は左右拡張する第二ねじ棒622がねじで合わせて接続され、前記第二ねじ棒622の右側拡張末端は前記第三案内溝621の右側内壁と回転可能に接続し、前記第二ねじ棒622の左側拡張末端に第三駆動機623が動力を伝達な可能ように接続され、前記第三駆動機623の外表面は前記第三案内溝621の左側の内壁とはめ込んでそれと固定的に接続し、前記加工アーム63の底部端面の中に第四駆動機631をはめ込んで、前記第四駆動機631の底部末端に下に拡張する第一回転軸6311が動力を伝達な可能ように接続され、前記第一回転軸6311の底部末端が前記加工アーム63の底部端面に伸びて加工ヘッド632が固定的に接続され、前記加工ヘッド632の底部末端に吸収ヘッド6322が固定的に接続され、前記加工ヘッド632の中にアケチュエータ6324をはめ込んで、前記加工ヘッド632の右側で一端が前記吸収ヘッド6322の右側に位置する気化式冷風扇管が固定的に接続され、前記加工ヘッド632の左側端面に溶接装置が設置される。
有益なことは前記積載座4の中にフルート41が設置され、前記フルート41の左右の内壁にミラーリングの凸角412が設置され、前記凸角412でチャック盤411がヒンジで接続され、前記チャック盤411は前記フルート41の間でミラーリングの第一バネ414が設置され、前記チャック盤411の背離する端面は前記フルート414と対応する内壁の間に第二バネ413が設置され、これによりチップを固定することに便利で、加工する時チップを損傷することを防ぐ。
有益なことは前記溶接装置は傾斜設定が前記加工ヘッド632の左側のスタンド7と前記スタンド7の中に設置する第一穴筐体71を含み、前記第一穴筐体71の右下の内壁にアリ筐体75が設置され、前記アリ筐体75の右下が前記スタンド7の右下端面に通り抜けて、前記第一穴筐体71の中にギア72が設置され、前記アリ筐体75の中にアリブロック73が可動的に接続され、前記アリブロック73の左上端面に第五駆動機731をはめ込んで、前記第五駆動機731の左上端面に斜めに左上に拡張する第二回転軸7311が動力を伝達な可能ように接続され、第二回転軸7311の左上拡張末端は前記ギア72の右下端面と固定的に接続し、前記ギア72の右下端面の上で前記第二回転軸7311の円環面突起部721が設置され、前記円環面突起部721は前記第一穴筐体71の右下内壁と可動的に接続し、前記アリブロック73の中に第二穴筐体732が設置され、アリブロック73の中に前記アリブロック73に沿って斜めに右下に拡張する前記第二穴筐体732を通り抜ける溶接棒74が設置され、前記溶接棒74の左上拡張末端は前記第一穴筐体71の中に伸びて円環面突起部721を押して接続し、前記溶接棒74の右下拡張末端は前記第一案内ブロック732の右下端面に伸びて、前記第二穴筐体732の中に前記溶接棒74を押して接続する第三バネ7321が設置され、自動的に正確なスポット溶接リード線を制御することを実現し、溶接する正確率が高く、溶接する効率も高める。
本発明の有益な効果は、構造が簡単で、操作が便利である点にある。台座頂部に縦方向台が設置され、縦方向台の中に第一案内溝が設置され、第一案内溝の中にスタンドがスライドに合わせて接続され、スタンドの右側に第一案内溝が伸びて、第一案内溝の中のスライドの上に上下拡張するの第一第二ねじ棒がねじで合わせて接続され、第一第二ねじ棒の底部拡張末端は第一案内溝の底部内壁と回転可能に接続し、第一第二ねじ棒の頂部末端に第一駆動機が動力を伝達な可能ように接続し、第一駆動機の外表面は第一案内溝の頂部内壁に取り付けてそれと固定的に接続し、スタンドの中に下に向ける第二案内溝が設置され、第二案内溝の左右内壁にミラーリングの連動溝が設置され、第二案内溝の中に第一案内ブロックがスライドに合わせて接続され、第一案内ブロックの左右端面にミラーリングの第二駆動機が設置され、第二駆動機が近接する連動溝の端面に連動溝と動力を伝達な可能ように接続するアダプターが動力を伝達な可能ように接続され、第一案内ブロックの中に下に向ける第三案内溝が設置され、第三案内溝の中に加工アームがスライドに合わせて接続され、加工アームの底部にを第三案内溝が伸びて、第三案内溝の中の加工アームの中に左右拡張する第一第二ねじ棒がねじで合わせて接続され、第一第二ねじ棒の右側拡張末端は第三案内溝の右側内壁と回転可能に接続し、第一第二ねじ棒の左側拡張末端に第三駆動機が動力を伝達な可能ように接続され、第三駆動機の外表面は第三案内溝の左側内壁に取り付けてそれと固定的に接続し、加工アームの底部に第四駆動機をはめ込んで、第四駆動機の底部末端に下に拡張する第一回転軸が動力を伝達な可能ように接続され、第一回転軸の底部拡張末端は加工アームの底部端面に伸びて末端に加工ヘッドが固定的に接続され、加工ヘッドの底部に吸収ヘッドが設置され、加工ヘッドの内部にアケチュエータが設置され、加工ヘッドの右側に気化式冷風扇管が設置され、加工ヘッドの左側端面に溶接装置が設置され、全方位に自動的にロボットの部品を組み立て、溶接と位置決めは同時に行って、組み立てる部位がきれいで、雑物がなく固有の構造に影響がなく、操作がつながって、自動化の程度が高く、適用する組み立てシリーズは豊かで、その同時にロボット部品加工の効率と効果を高める。
以上に述べたのは本発明の具体的な実施方式であり、本発明の保護範囲はこれに限らない。全部の創造的な労働を通じずに、思いついた変化と取替は本発明の保護範囲にカバーされる。それゆえ、本発明の保護範囲は特許請求の範囲に規定する保護範囲を基準とする。
本発明は、ロボット等の部品の組み立て及び溶接を行う溶接設備が設置された加工装置に関する。
人々の安全意識が高まることにつれて、現在人々の家庭でよくセキュリティロボットが使われている。セキュリティロボットを加工し生産する過程で、多くの部品を溶接し接続する必要があり、現在に部品を溶接する設備は有効的に不純物を取り除くことができなく、溶接位置も正確ではなく、製品の品質に影響がある。
中国特許出願公開第104112341号明細書
本発明は解決する必要がある技術問題に対して、家庭セキュリティロボット等の部品の組み立て及び溶接に使用する溶接設備が設置された加工装置を提供し、それが上記の現在の技術の中の問題を解決できる。
本発明は以下の技術方案を通じて実現する。本発明の加工装置は、台座と前記台座の頂部端面左側に設置される縦方向台と前記台座の頂部端面右側に設置される積載座を含み、前記台座の底部端面に立棒が固定的に設けられ、前記立棒の底部端面に吸盤が固定的に設けられ、前記縦方向台の右側端面に第一案内溝が設置され、前記第一案内溝の中に足場板が可動的に接続され、前記足場板の右側が前記第一案内溝の外に伸びて前記積載座の上に位置し、前記第一案内溝の中の前記足場板の中に上下に伸びた第一ねじ棒がねじで合わせて接続され、前記第一ねじ棒の下端は前記第一案内溝の下側内壁と回転可能に接続され、前記第一ねじ棒の上端第一電動機が動力を伝達可能なように接続され、前記第一電動機は前記第一案内溝の上側内壁の中に固定的に設置されており、前記足場板の中に前記積載座の上方に位置し下に向いて開口する第二案内溝が設置され、前記第二案内溝の左右の内壁の中には一対の連動溝設置され、前記第二案内溝の中に第一案内ブロックが可動的に接続され、前記第一案内ブロックの近接する前記連動溝の左右の端面に一対の第二電動機が設置され、前記第二電動機のうち前記連動溝に向かった一端にはアダプターが接続され、前記第一案内ブロックの中に左右に伸びた第三案内が設置され、前記第三案内の中に下に伸びた加工アームが可動的に接続され、前記加工アームが前記第三案内の中に位置する部分は左右に伸びた第二ねじ棒がねじで合わせて接続され、前記第二ねじ棒の右側の伸びている末端は前記第三案内溝の右側内壁と回転可能に接続し、前記第二ねじ棒の左側の伸びている末端に第三電動機が動力を伝達可能なように接続され、前記第三電動機は前記第三案内溝の左側の内壁の中に固定的に設置されており、前記加工アームの底部端面の中に第四電動機をはめ込んで、前記第四電動機の底部末端下に伸びた第一回転軸が動力を伝達可能なように接続され、前記第一回転軸の底部末端加工ヘッドが固定的に接続され、前記加工ヘッドの底部末端に吸収ヘッドが固定的に接続され、前記加工ヘッドの中にアクチュエータをはめ込んで、前記加工ヘッドの右側に一端が前記吸収ヘッドの右側に位置する冷風扇管が固定的に接続され、前記加工ヘッドの左側端面に溶接装置が設置される。
好ましい技術方案として前記積載座の中に凹み溝が設置され、前記凹み溝の左右の内壁に一対の凸角が設置され、前記凸角にはチャック盤がヒンジで接続され、前記チャック盤前記凹み溝の間には一対の第一バネが設置され、前記チャック盤端面前記凹み溝の内壁の間に第二バネが設置される。
好ましい技術方案として前記溶接装置は、前記加工ヘッドに斜設されたスタンドと前記スタンドの中に設置された第一チャンバとを含み、前記第一チャンバの右下の内壁にアリ筐体が設置され、前記アリ筐体の右下が前記スタンドの右下端面を貫通しており、前記第一チャンバの中にギアが設置され、前記アリ筐体の中にアリブロックが可動的に接続され、前記アリブロックの左上端面に第五電動機をはめ込んで、前記第五電動機の左上端面に斜め左上伸びた第二回転軸が動力を伝達な可能ように接続され、前記第二回転軸の左上の伸びている末端は前記ギアの右下端面と固定的に接続し、前記ギアの右下端面には前記第二回転軸の円環面突起部が設置され、前記円環面突起部は前記第一チャンバの右下内壁と可動的に接続し、前記アリブロックの中に第二チャンバが設置され、前記アリブロックの中に前記アリブロックに沿って斜め右下伸びた前記第二チャンバを貫通した溶接棒が設置され、前記溶接棒の左上に伸びている末端は前記第一チャンバの中に伸びて接続され、前記溶接棒の右下に伸びている末端は前記アリブロックの右下端面から伸び出しており、前記第二チャンバの中に前記溶接棒と接続された第三バネが設置される。
本発明は、構造が簡単で、操作が便利である。台座頂部に縦方向台が設置され、縦方向台の中に第一案内溝が設置され、第一案内溝の中にスタンドがスライドに合わせて接続され、スタンドの右側に第一案内溝が伸びて、第一案内溝の中のスライドの上に上下する第一第二ねじ棒がねじで合わせて接続され、第一第二ねじ棒の底部末端は第一案内溝の底部内壁と回転可能に接続し、第一第二ねじ棒の頂部末端に第一電動機が動力を伝達な可能ように接続し、第一電動機の外表面は第一案内溝の頂部内壁に取り付けてそれと固定的に接続し、スタンドの中に下に向ける第二案内溝が設置され、第二案内溝の左右内壁に一対の連動溝が設置され、第二案内溝の中に第一案内ブロックがスライドに合わせて接続され、第一案内ブロックの左右端面に一対の第二電動機が設置され、第二電動機が近接する連動溝の端面に連動溝と動力を伝達な可能ように接続する回転ギアが動力を伝達な可能ように接続され、第一案内ブロックの中に下に向ける第三案内溝が設置され、第三案内溝の中に加工アームがスライドに合わせて接続され、加工アームの底部に第三案内溝が伸びて、第三案内溝の中の加工アームの中に左右伸びる第一第二ねじ棒がねじで合わせて接続され、第一第二ねじ棒の右側末端は第三案内溝の右側内壁と回転可能に接続し、第一第二ねじ棒の左側末端に第三電動機が動力を伝達な可能ように接続され、第三電動機の外表面は第三案内溝の左側内壁に取り付けてそれと固定的に接続し、加工アームの底部に第四電動機をはめ込んで、第四電動機の底部末端に下に伸びる第一回転軸が動力を伝達な可能ように接続され、第一回転軸の底部末端は加工アームの底部端面に伸びて末端に加工ヘッドが固定的に接続され、加工ヘッドの底部に吸収ヘッドが設置され、加工ヘッドの内部にアクチュエータが設置され、加工ヘッドの右側に気化式冷風扇管が設置され、加工ヘッドの左側端面に溶接装置が設置され、全方位に自動的にロボットの部品を組み立て、溶接と位置決めは同時に行って、組み立てる部位がきれいで、雑物がなく固有の構造に影響がなく、操作がつながって、自動化の程度が高く、適用する組み立てシリーズは豊かで、その同時にロボット部品加工の効率と効果を高める。
図1は本発明の加工装置の全体の構造の概略図である。 図2は図1の中のAの構造概略図である。 図3は積載座の構造の概略図である。 図4は図1のBの構造概略図である。 図5ギアの右視構造概略図である。
説明しやすいため、本発明は以下の具体的な実施例と図面を交え詳しく説明する。
図1−図5のように、本発明に係る家庭セキュリティロボットは台座3と前記台座3の頂部端面左側に設置される縦方向台5と前記台座3の頂部端面右側に設置される積載座4を含み、前記台座3の底部端面に立棒31が固定的に設けられ、前記立棒の底部端面に吸盤32が固定的に設けられ、前記縦方向台5の右側端面に第一案内溝51が設置され、前記第一案内溝51の中に足場板6が可動的に接続され、前記足場板6の右側が前記第一案内溝51の外を伸びて前記積載座4の上に位置し、前記第一案内溝51の中の足場板6の中に上下に伸びた第一ねじ棒511がねじで合わせて接続され、前記第一ねじ棒511の下端が前記第一案内溝51の下側内壁に回転できるように連結され、前記第一ねじ棒511の上端に第一電動機512が動力を伝達な可能ように接続され、前記第一電動機512の外表面は前記第一案内溝51の頂部内壁に設けられそれと固定的に接続し、前記足場板6の中に前記積載座4の真上で位置し下に向ける第二案内溝61が設置され、前記第二案内溝61の左右の内壁の中には一対の連動溝611が設置され、前記第二案内溝61の中に第一案内ブロック62が可動的に接続され、前記第一案内ブロック62の近接する前記連動溝611の左右の端面に一対の第二電動機624が設置され、前記第一案内ブロック62の中に左右に伸びた第三案内ブロック621が設置され、前記第三案内ブロック621の中に下に伸びた加工アーム63が可動的に接続され、前記加工アーム63が前記第三案内ブロック621の中に位置する部分は左右に伸びた第二ねじ棒622がねじで合わせて接続され、前記第二ねじ棒622の右側の伸びている末端は前記第三案内溝621の右側内壁と回転可能に接続し、前記第二ねじ棒622の左側の伸びている末端に第三電動機623が動力を伝達な可能ように接続され、前記第三電動機623の外表面は前記第三案内溝621の左側の内壁とはめ込んでそれと固定的に接続し、前記加工アーム63の底部端面の中に第四電動機631をはめ込んで、前記第四電動機631の底部末端に下に伸びた第一回転軸6311が動力を伝達な可能ように接続され、前記第一回転軸6311の底部末端が前記加工アーム63の底部端面に伸びて加工ヘッド632が固定的に接続され、前記加工ヘッド632の底部末端に吸収ヘッド6322が固定的に接続され、前記加工ヘッド632の中にアクチュエータ6324をはめ込んで、前記加工ヘッド632の右側で一端が前記吸収ヘッド6322の右側に位置する冷風扇管6321が固定的に接続され、前記加工ヘッド632の左側端面に溶接装置が設置される。
有益なことは前記積載座4の中に凹み溝41が設置され、前記凹み溝41の左右の内壁に一対の凸角412が設置され、前記凸角412にはチャック盤411がヒンジで接続され、前記チャック盤411前記凹み溝41の間には一対の第一バネ414が設置され、前記チャック盤411の端面前記凹み溝414内壁の間に第二バネ413が設置され、これによりチップ(セキュリティロボットの生産に使う部品)を固定することに便利を与え、加工する時部品を損傷することを防ぐ。
有益なことは前記溶接装置は前記加工ヘッド632の斜設されたスタンド7と前記スタンド7の中に設置された第一チャンバ71を含み、前記第一チャンバ71の右下の内壁にアリチャンバ75が設置され、前記アリチャンバ75の右下が前記スタンド7の右下端面を貫通しており、前記第一チャンバ71の中にギア72が設置され、前記アリチャンバ75の中にアリブロック73が可動的に接続され、前記アリブロック73の左上端面に第五電動機731をはめ込んで、前記第五電動機731の左上端面に斜めに左上に伸びた第二回転軸7311が動力を伝達な可能ように接続され、第二回転軸7311の左上の伸びている末端は前記ギア72の右下端面と固定的に接続し、前記ギア72の右下端面には円環面突起部721が設置され、前記円環面突起部721は前記第一チャンバ71の右下内壁と可動的に接続し、前記アリブロック73の中に第二チャンバ732が設置され、アリブロック73の中に前記アリブロック73に沿って斜めに右下に伸びた前記第二チャンバ732をを貫通した溶接棒74が設置され、前記溶接棒74の左上の伸びている末端は前記第一チャンバ71の中に伸びて円環面突起部721を押して接続し、前記溶接棒74の右下の伸びている末端は前記第一案内ブロック732の右下端面から伸び出しており、前記第二チャンバ732の中に前記溶接棒74を押して接続する第三バネ7321が設置され、自動的にセキュリティロボットの生産時に使う部品の溶接を制御することを実現し、溶接する正確率が高く、溶接する効率も高める。
本発明の有益な効果は、構造が簡単で、操作が便利である点にある。台座頂部に縦方向台が設置され、縦方向台の中に第一案内溝が設置され、第一案内溝の中にスタンドがスライドに合わせて接続され、スタンドの右側に第一案内溝が伸びて、第一案内溝の中のスライドの上に上下に伸びたの第一第二ねじ棒がねじで合わせて接続され、第一第二ねじ棒の底部の伸びている末端は第一案内溝の底部内壁と回転可能に接続し、第一第二ねじ棒の頂部末端に第一電動機が動力を伝達な可能ように接続し、第一電動機の外表面は第一案内溝の頂部内壁に取り付けてそれと固定的に接続し、スタンドの中に下に向ける第二案内溝が設置され、第二案内溝の左右内壁に一対の連動溝が設置され、第二案内溝の中に第一案内ブロックがスライドに合わせて接続され、第一案内ブロックの左右端面に一対の第二電動機が設置され、第二電動機が近接する連動溝の端面に連動溝と動力を伝達な可能ように接続するアダプターが動力を伝達な可能ように接続され、第一案内ブロックの中に下に向ける第三案内溝が設置され、第三案内溝の中に加工アームがスライドに合わせて接続され、加工アームの底部にを第三案内溝が伸びて、第三案内溝の中の加工アームの中に左右に伸びた第一第二ねじ棒がねじで合わせて接続され、第一第二ねじ棒の右側の伸びている末端は第三案内溝の右側内壁と回転可能に接続し、第一第二ねじ棒の左側の伸びている末端に第三電動機が動力を伝達な可能ように接続され、第三電動機の外表面は第三案内溝の左側内壁に取り付けてそれと固定的に接続し、加工アームの底部に第四電動機をはめ込んで、第四電動機の底部末端に下にに伸びた第一回転軸が動力を伝達な可能ように接続され、第一回転軸の底部の伸びている末端は加工アームの底部端面に伸びて末端に加工ヘッドが固定的に接続され、加工ヘッドの底部に吸収ヘッドが設置され、加工ヘッドの内部にアクチュエータが設置され、加工ヘッドの右側に冷風扇管が設置され、加工ヘッドの左側端面に溶接装置が設置され、全方位に自動的にロボットの部品を組み立て、溶接と位置決めは同時に行って、組み立てる部位がきれいで、雑物がなく固有の構造に影響がなく、操作がつながって、自動化の程度が高く、適用する組み立てシリーズは豊かで、その同時にロボット部品加工の効率と効果を高める。
以上に述べたのは本発明の具体的な実施方式であり、本発明の保護範囲はこれに限らない。全部の創造的な労働を通じずに、思いついた変化と取替は本発明の保護範囲にカバーされる。それゆえ、本発明の保護範囲は特許請求の範囲に規定する保護範囲を基準とする。

Claims (1)

  1. 家庭セキュリティロボットであって、台座と前記台座の頂部端面の左側に設置される縦方向台と前記台座の頂部端面の右側に設置される積載座を含み、前記台座の底部端面に立棒が固定的に設けられ、前記立棒の底部端面に吸盤が固定的に設けられ、前記縦方向台の右側端面に第一案内溝が設置され、前記第一案内溝の中に足場板が可動的に接続され、前記足場板の右側が前記第一案内溝の外に伸びて前記積載座の上に位置し、前記第一案内溝の中の足場板の中に上下拡張する第一ねじ棒がねじで合わせて接続され、前記第一ねじ棒の底部拡張末端は前記第一案内溝の内壁と回転可能に接続され、前記第一ねじ棒の頂部拡張末端は駆動機が動力を伝達な可能ように接続され、前記第一駆動機の外表面は前記第一案内溝の頂部内壁に設けられそれと固定的に接続し、前記足場板の中に前記積載座の真上に位置し下を向く第二案内溝が設置され、前記第二案内溝の左右の内壁の中にミラーリングの連動溝が設置され、前記第二案内溝の中に第一案内ブロックが可動的に接続され、前記第一案内ブロックの近接する前記連動溝の左右の端面にミラーリングの第二駆動機が設置され、前記第二駆動機を向く前記連動溝の末端に前記連動溝と動力を伝達な可能ようにアダプターが接続され、前記第一案内ブロックの中に左右拡張する第三案内ブロックが設置され、前記第三案内ブロックの中に下に拡張する加工アームが可動的に接続され、前記加工アームが前記第三案内ブロックの中に位置する部分は左右拡張する第二ねじ棒がねじで合わせて接続され、前記第二ねじ棒の右側拡張末端は前記第三案内溝の右側内壁と回転可能に接続し、前記第二ねじ棒の左側拡張末端に第三駆動機が動力を伝達な可能ように接続され、前記第三駆動機の外表面は前記第三案内溝の左側の内壁とはめ込んでそれと固定的に接続し、前記加工アームの底部端面の中に第四駆動機をはめ込んで、前記第四駆動機の底部末端に下に拡張する第一回転軸が動力を伝達な可能ように接続され、前記第一回転軸の底部末端が前記加工アームの底部端面に伸びて加工ヘッドが固定的に接続され、前記加工ヘッドの底部末端に吸収ヘッドが固定的に接続され、前記加工ヘッドの中にアケチュエータをはめ込んで、前記加工ヘッドの右側で一端が前記吸収ヘッドの右側に位置する気化式冷風扇管が固定的に接続され、前記加工ヘッドの左側端面に溶接装置が設置され、前記積載座の中にフルートが設置され、前記フルートの左右の内壁にミラーリングの凸角が設置され、前記凸角にチャック盤がヒンジで接続され、前記チャック盤は前記フルートの間にミラーリングの第一バネが設置され、前記チャック盤の背離する端面は前記フルートと対応する内壁の間に第二バネが設置され、前記溶接装置は前記加工ヘッドの左側のスタンドと前記スタンドの中に設置する第一穴筐体を含み、前記第一穴筐体の右下の内壁にアリ筐体が設置され、前記アリ筐体の右下が前記スタンドの右下端面に通り抜けて、前記第一穴筐体の中にギアが設置され、前記アリ筐体の中にアリブロックが可動的に接続され、前記アリブロックの左上端面に第五駆動機をはめ込んで、前記第五駆動機の左上端面に斜めに左上に拡張する第二回転軸が動力を伝達な可能ように接続され、第二回転軸の左上拡張末端は前記ギアの右下端面と固定的に接続し、前記ギアの右下端面の上に前記第二回転軸の円環面突起部が設置され、前記円環面突起部は前記第一穴筐体の右下内壁と可動的に接続し、前記アリブロックの中に第二穴筐体が設置され、アリブロックの中に前記アリブロックに沿って斜めに右下に拡張する前記第二穴筐体を通り抜ける溶接棒が設置され、前記溶接棒の左上拡張末端は前記第一穴筐体の中に伸びて円環面突起部を押して接続し、前記溶接棒の右下拡張末端は前記第一案内ブロックの右下端面に伸びて、前記第二穴筐体の中に前記溶接棒を押して接続する第三バネが設置されることを特徴とする家庭セキュリティロボット。
JP2018048745A 2018-02-07 2018-03-16 溶接設備が設置された加工装置 Active JP6582332B2 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
CN201810124185.5A CN108436924A (zh) 2018-02-07 2018-02-07 一种家庭安保机器人
CN201810124185.5 2018-02-07

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2019136769A true JP2019136769A (ja) 2019-08-22
JP6582332B2 JP6582332B2 (ja) 2019-10-02

Family

ID=63191807

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2018048745A Active JP6582332B2 (ja) 2018-02-07 2018-03-16 溶接設備が設置された加工装置

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP6582332B2 (ja)
CN (1) CN108436924A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN112008307A (zh) * 2020-09-08 2020-12-01 广州市顺创科技有限公司 一种智慧工厂多轴向移动工业焊接机器人

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN112008307A (zh) * 2020-09-08 2020-12-01 广州市顺创科技有限公司 一种智慧工厂多轴向移动工业焊接机器人

Also Published As

Publication number Publication date
CN108436924A (zh) 2018-08-24
JP6582332B2 (ja) 2019-10-02

Similar Documents

Publication Publication Date Title
WO2013040866A1 (zh) 一种数控设备
JP2019136769A (ja) 溶接設備が設置された加工装置
CN112045218A (zh) 一种扫地盘加工用盘体钻孔机
CN101503755B (zh) 一种用于普通车床的数控超声波加工装置
CN212527023U (zh) 一种龙门铣床用工作台清理装置
CN110732705B (zh) 一种用于生产车间的高效型钻孔设备
CN106553240B (zh) 一种木工回转同轴双臂仿形铣边机
JP2019136770A (ja) 家庭セキュリティロボットの加工装置
CN210548624U (zh) 一种稳定型攻丝机
CN211438974U (zh) 一种便于调节旋切刀位置的加工机床
CN209953806U (zh) 一种cnc加工车床
JP2011000693A (ja) 旋盤
CN213318720U (zh) 一种气动组装式背光模组压合冶具
CN109176081A (zh) 一种移动式数控机械夹具
CN216176973U (zh) 一种数控铣槽机
CN105598958A (zh) 一种恒扭矩的机器人伺服钻铣系统
CN213351112U (zh) 线切割机床高稳定性底座
CN212192308U (zh) 一种转台式多头数控钻攻机床
CN215356547U (zh) 一种齿轮生产用剃齿机
CN216298065U (zh) 一种便于调节的机械加工用钻床
CN210588222U (zh) 一种数控钻床的工件导向定位装置
CN208976961U (zh) 一种用于汽车零部件加工的切割装置
CN214920666U (zh) 一种高精度检测工装生产用铣床
CN213380283U (zh) 一种机床用回转工作台机构
CN217071644U (zh) 一种立式加工中心使用的工件角度调整装置

Legal Events

Date Code Title Description
A871 Explanation of circumstances concerning accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A871

Effective date: 20180419

RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20181226

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20190201

RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20190416

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20190417

A975 Report on accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971005

Effective date: 20190521

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20190528

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20190603

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20190718

A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A711

Effective date: 20190814

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20190814

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20190819

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6582332

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150