JP2019071327A - 着磁器および着磁用部品 - Google Patents

着磁器および着磁用部品 Download PDF

Info

Publication number
JP2019071327A
JP2019071327A JP2017195929A JP2017195929A JP2019071327A JP 2019071327 A JP2019071327 A JP 2019071327A JP 2017195929 A JP2017195929 A JP 2017195929A JP 2017195929 A JP2017195929 A JP 2017195929A JP 2019071327 A JP2019071327 A JP 2019071327A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
object
plane
magnetizing
pole
plurality
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2017195929A
Other languages
English (en)
Other versions
JP6532922B2 (ja
Inventor
謙太郎 安
Kentaro Yasu
謙太郎 安
Original Assignee
日本電信電話株式会社
Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt>
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 日本電信電話株式会社, Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> filed Critical 日本電信電話株式会社
Priority to JP2017195929A priority Critical patent/JP6532922B2/ja
Publication of JP2019071327A publication Critical patent/JP2019071327A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6532922B2 publication Critical patent/JP6532922B2/ja
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Abstract

【課題】2つの磁極の領域がストライプ状に配置されるように、着磁対象物に帯状の領域を短時間で着磁する。
【解決手段】着磁器は第1オブジェクトと第2オブジェクトを含む。第1オブジェクトは、平面Aのx方向の一つの直線に沿って、中心軸間距離LでN極とS極が交互に並び、磁束密度についての所定の条件を満たす略同一形状の磁場を形成する複数個の磁石を含む。着磁対象物の平面Aと第1オブジェクトの平面Aとを接した状態、かつ、着磁対象物の平面Bと第2オブジェクトの平面Bとを接した状態で着磁対象物を第2オブジェクトに対してy軸の方向に相対的に移動させる。
【選択図】図19

Description

本発明は着磁技術に関する。

特許文献1には、人が対象物に手指を触れたときに感じる対象物の凹凸感等の力覚を提示する技術が開示されている。特許文献2には、ペンタブレットの操作者に対して力覚をフィードバックする技術が開示されている。

特開2000−89895号公報 特開2000−207114号公報

特許文献1,2の技術は、電磁石から発生させた磁力によって多様な力覚を提示するものであり、構造は簡単ではない。簡易な構造で凹凸感覚を知覚させる未公開(本願出願時点で未公開)の技術として、2つの磁極の領域がストライプ状に配置された2つの磁性シートを互いに接触させつつ、それらの相対位置を変化させることで凹凸感覚を知覚させる技術がある。この技術では、2つの磁極の領域がストライプ状に配置されるように、磁性シートに帯状の領域を着磁する必要がある。

しかし、2つの磁極の領域がストライプ状に配置されるように、磁性シートに帯状の領域を着磁する技術は知られていない。磁性シートに着磁を行うための未公開(本願出願時点で未公開)の技術として、既存のカッティングプロッタのカッター部品を着磁用部品に置き換え、このカッティングプロッタを駆動させることで、様々なテクスチャの着磁を行う技術がある。この未公開の技術では、様々なテクスチャを着磁できるものの、1つの磁石と磁性シートの双方を移動させながら着磁をする必要があり、時間がかかる。

本発明の目的は、2つの磁極の領域がストライプ状に配置されるように、磁性シートに帯状の領域を短時間で着磁することである。

着磁対象物に含まれる着磁可能な物を着磁する着磁器が提供される。着磁対象物の3次元空間上の軸をx,y,zとする。着磁対象物が含む着磁可能な物はx平面Aまたはその近傍に含まれる。着磁対象物は更にy平面Bを含む。着磁器は、着磁対象物の平面Aに、y方向の2つの直線を境界とし、x方向に略所望長Lを有する形状の領域であるN極の領域とS極の領域とが交互に形成されるように、着磁対象物が含む着磁可能な物を着磁するものである。

着磁器は第1オブジェクトを少なくとも含む。第1オブジェクトの3次元空間上の軸をx,y,zとする。第1オブジェクトは、x平面Aと、平面Aのx方向の一つの直線に沿って、所定の略中心軸間距離L(L≧L)でN極とS極が交互に並び、磁束密度についての所定の条件を満たす略同一形状の磁場を形成する複数個の磁石と、を含む。

着磁器は第1オブジェクトに加えて第2オブジェクトを含んでもよい。第2オブジェクトの3次元空間上の軸をx,y,zとする。第2オブジェクトはy平面Bを含む。第1オブジェクトと第2オブジェクトは、利用者が、着磁対象物の平面Aと第1オブジェクトの平面Aとを接した状態、かつ、着磁対象物の平面Bと第2オブジェクトの平面Bとを接した状態、で着磁対象物を第2オブジェクトに対してy軸の方向に相対的に移動させられるように、かつ、第1オブジェクトのx軸及びy軸と、第2オブジェクトのx軸及びy軸と、がなす角が変更可能となるように、接合可能とされている。また、着磁器には、所望長Lの複数個の候補のそれぞれに対応する直線部位が、利用者が視認可能なように設けられていてもよい。

本発明では、2つの磁極の領域がストライプ状に配置されるように、磁性シートに帯状の領域を短時間で着磁できる。

図1Aおよび図1Bは、着磁された磁性シートを例示した図である。 図2は、2つの磁性シートによって凹凸感を提示する動作を例示した図である。 図3は、2つの磁性シートによって凹凸感を提示する動作を例示した図である。 図4Aから図4Dは、着磁された磁性シートを例示した図である。 図5Aから図5Cは、2つの磁性シートによって凹凸感を提示する動作を例示した図である。 図6Aから図6Dは、2つの磁性シート間の引力面積比を例示するための図である。 図7は、磁性パタンのピッチと保持力および引力面積比との関係を例示した図である。 図8Aおよび図8Bは、ベースオブジェクトに重ね合わされるシートを例示した図である。 図9は、ベースオブジェクトを例示した図である。 図10Aから図10Dは、接触オブジェクトを例示した図である。 図11Aは着磁器を例示した斜視図である。図11Bは直線部位を例示した平面図である。 図12は、オブジェクト(第1オブジェクト)を例示した平面図である。 図13Aは図12の右側面図である。図13Bは図12の正面図である。 図14Aおよび図14Bは、図12に例示したオブジェクトが含む磁石を例示した概念図である。 図15Aは、オブジェクト(第2オブジェクト)を例示した平面図である。図15Bは図15Aの右側面図である。図15Cは図15Aの正面図である。 図16Aは着磁対象物を例示した平面図である。図16Bは図16Aの底面図である。図16Cは図16Aの左側面図である。 図17Aから図17Cは、直線部位αと平面Bの直線部位βと角度θとの関係を例示した概念図である。 図18は直線部位αとy軸と角度θとの関係を例示した概念図である。 図19Aおよび図19Bは、着磁器の使用状態を例示した平面図である。 図20Aおよび図20Bは、着磁器の使用状態を例示した斜視図である。 図21Aから図21Cは、着磁器によって着磁対象物が着磁される様子を例示した概念図である。 図22Aおよび図22Bは着磁器の変形例を例示する平面図である。 図23は、オブジェクト(第1オブジェクト)を例示した平面図である。 図24Aは図23の右側面図である。図24Bは図12の正面図である。 図25Aおよび図25Bは、図23に例示したオブジェクトが含む磁石を例示した概念図である。 図26Aから図26Cは、着磁器によって着磁対象物が着磁される様子を例示した概念図である。 図27Aは着磁器を例示した平面図であり、図27Bは図27Aの右側面図であり、図27Cは図27Aの正面図である。 図28は図27Aの底面図である。 図29Aは着磁器を例示した斜視図であり、図29Bは直線部位を例示した平面図である。 図30Aは、x軸と着磁対象物の基準線PLとのなす角度Θと垂直指標との関係を例示するための概念図である。図30Bは、y軸と着磁器の進行方向DLとのなす角度Θと平行指標との関係を例示するための概念図である。 図31Aおよび図31Bは、着磁器によって着磁対象物が着磁される様子を例示した概念図である。 図32は、着磁器を例示した平面図である。

以下、図面を参照して本発明の実施形態を説明する。
[第1実施形態]
第1,2実施形態では、簡易な構造で凹凸感覚を知覚させる未公開の技術について説明する。第1実施形態では、S極およびN極からなるパタンが着磁された2つの磁性シートを用いて凹凸(「凸凹」ともいう)を知覚させる。なお、「磁性シート」は、強磁性材料を主原料とするシートであり、例えば、磁性ゴムを主原料とする磁性ゴムシート、磁性プラスチックを主原料とする磁性プラスチックシート、金属を主原料とする磁性金属シートなどである。強磁性材料が強い磁界内にさらされると、原子の双極子が磁場と整列し、その並びは磁場が除去された後も残る。一度磁化された強磁性材料は、反対向きの十分に強い磁界が印加されるか、強い衝撃、または十分に加熱されるまではその磁極の向きを保持する。本形態の力覚提示物は、「第1磁性シート」と「第2磁性シート」とを有する。「第1磁性シート」は「第1面」を含み、「第1面」にはS極の領域とN極の領域とを含む「第1テクスチャ」が着磁されている。「第2磁性シート」は「第2面」を含み、「第2面」にはS極の領域とN極の領域とを含む「第2テクスチャ」が着磁されている。ただし、人間または人間以外の動物である「動作主体」が、「第1磁性シート」と「第2磁性シート」との少なくとも何れかに接して、「第1面」と「第2面」とを互いに接触または近接させたまま、「第1面」と「第2面」との間の相対位置関係を変化させる操作、または/および、「第1面」と「第2面」との間の相対位置関係を変化させる動作が行われることにより、「動作主体」が凹凸を知覚するようにされている。すなわち、「動作主体」が、「第1磁性シート」と「第2磁性シート」との少なくとも何れかに接して、「第1面」と「第2面」とを互いに接触または近接させたまま、「第1面」と「第2面」との間の相対位置関係を変化させる操作、または/および、「第1面」と「第2面」との間の相対位置関係を変化させる動作が行われることにより、「動作主体」が「第1磁性シート」と「第2磁性シート」との少なくとも一方から受けるせん断応力が周期的に変化する。せん断応力の変化は「第1面」および「第2面」に沿った平面が含む直線方向の変化であるが、「動作主体」はこの変化を「第1面」および「第2面」に対して略垂直な凹凸として知覚(錯覚)する。「第1テクスチャ」および「第2テクスチャ」の例は、S極に着磁された領域とN極に着磁された領域とが交互に周期的に配置されたものである。例えば、「第1テクスチャ」および「第2テクスチャ」は、S極に着磁された帯状の領域とN極に着磁された帯状の領域とが交互に周期的に配置されたものである。「第1テクスチャ」のパタンと「第2テクスチャ」のパタンとは同一であってもよいし、異なっていてもよい。「第1テクスチャ」のパタンと「第2テクスチャ」のパタンとの組み合わせによって、「動作主体」が「第1磁性シート」と「第2磁性シート」との少なくとも一方から受けるせん断応力の変化の仕方が異なり、「動作主体」が知覚する凹凸感も異なる。「第1面」と「第2面」との間の相対位置関係をいずれの方向に変化させるかに応じ、「動作主体」が「第1磁性シート」と「第2磁性シート」との少なくとも一方から受けるせん断応力の変化の仕方が異なってもよい。この場合には「第1面」と「第2面」との間の相対位置関係をいずれの方向に変化させるかに応じ、「動作主体」が知覚する凹凸感も異なる。例えば、「第1テクスチャ」および「第2テクスチャ」が、S極に着磁されたテーブ状の領域とN極に着磁されたテーブ状の領域とが交互に周期的に配置されたものであり、「第1テクスチャ」の当該テーブ状の領域の長手方向が「第2テクスチャ」の当該テーブ状の領域の長手方向に倣うように「第1面」と「第2面」とを互いに接触または近接させたまま、「第1面」と「第2面」との間の相対位置関係を変化させる操作を行う、または/および、「第1面」と「第2面」との間の相対位置関係を変化させる動作が行われてもよい。この場合、「第1面」と「第2面」との間の相対位置関係を、テーブ状の領域の長手方向に変化させるか、短手方向に変化させるかによって、「動作主体」が「第1磁性シート」と「第2磁性シート」との少なくとも一方から受けるせん断応力の変化の仕方が異なり、知覚する凹凸感も異なる。なお、「第1面」と「第2面」との間の相対位置関係を変化させる操作、または/および、「第1面」と「第2面」との間の相対位置関係を変化させる動作の例は、以下(1)から(3)の何れか、またはその一部またはすべての組み合わせである。
(1)「動作主体」が直接「第1磁性シート」と「第2磁性シート」との少なくとも一方を動かすことで、「第1面」と「第2面」との間の相対位置関係を変化させる動作。
(2)「動作主体」が「第1磁性シート」と「第2磁性シート」との少なくとも一方と「動作主体」との間に介在するものを動かすことで、間接的に「第1磁性シート」と「第2磁性シート」との少なくとも一方を動かし、「第1面」と「第2面」との間の相対位置関係を変化させる動作。
(3)「動作主体」が「第1磁性シート」と「第2磁性シート」との少なくとも一方を自動的に動かす装置を駆動し、「第1面」と「第2面」との間の相対位置関係を変化させる操作。
また、「第1面と第2面との間の相対位置関係を変化させる」とは、例えば、「第1面」に対して「第2面」をスライドさせること、「第2面」に対して「第1面」をスライドさせることなどである。

以下、図面を用いて本形態の具体例を説明する。
図1Aの磁性シート210は「第1磁性シート」の具体例であり、図1Bの磁性シート220は「第2磁性シート」の具体例である。磁性シート210の一方の面(板面)211(第1面)には、S極の領域211aとN極の領域211bとを含むテクスチャ(第1テクスチャ)が着磁されている。面211にはS極に着磁された帯状(テープ状)の領域211aとN極に着磁された帯状(テープ状)の領域211bとが交互に周期的に配置されている。すなわち、面211には領域211aと領域211bとが交互に配置されたストライプ状のテクスチャが配置されている。同様に、磁性シート220の一方の面(板面)221(第2面)には、S極の領域221aとN極の領域221bとを含むテクスチャ(第2テクスチャ)が着磁されている。面221にはS極に着磁された帯状(テープ状)の領域221aとN極に着磁された帯状(テープ状)の領域221bとが交互に周期的に配置されている。すなわち、面221には領域221aと領域221bとが交互に配置されたストライプ状のテクスチャが配置されている。図1Aおよび図1Bの例の場合、領域211aの短手方向の幅(ピッチ)、領域211bの短手方向の幅(ピッチ)、領域221aの短手方向の幅(ピッチ)、領域221bの短手方向の幅(ピッチ)はいずれも2mmである。また、図1Aおよび図1Bでは、図形パタンの相違によって領域211a、領域211b、領域221a、および領域221bの磁極の相違を表現している。領域211a、領域211b、領域221a、および領域221bが視覚的に識別可能に塗り分けられているわけではない。すなわち、これらのテクスチャは着磁パタンであり、視覚的に塗り分けられた模様ではない(以下、同様)。磁性シート210および磁性シート220への着磁方法については後述する。

図2、図3および図5Aに例示するように、利用者(動作主体)は、面211が外方を向くように磁性シート210を配置し、面211に面221が接触するように磁性シート220を配置する。ただし、磁性シート210の領域211a,211bの長手方向D1が磁性シート220の領域221a,221bの長手方向D2に倣う向きに、磁性シート220が磁性シート210に重ねられる。例えば、長手方向D1が長手方向D2に沿った方向となるように(言い換えると、長手方向D1と長手方向D2とが互いに略平行となるように)、磁性シート220が磁性シート210に重ねられる。利用者は指200で磁性シート210に重ねられた磁性シート220の他方の面222に接し、面211と面221とを互いに接触または近接(ほぼ接触)させたまま、面211と面221との間の相対位置関係を変化させる操作を行う。図2および図3の例では、面211と面221との間の相対位置関係を磁性シート210の領域211a,211bの短手方向であるXA方向に変化させる。これにより、利用者が磁性シート220から受けるXA方向のせん断応力が周期的に変化する。その結果、利用者は面221に略直交する方向の凹凸感を知覚する。なお、面211と面221との間の相対位置関係を磁性シート210の領域211a,211bの長手方向に変化させた場合には利用者が受けるせん断応力は変化せず、利用者は凹凸感を知覚しない。面211と面221との間の相対位置関係をいずれの方向に変化させるかに応じ、利用者が磁性シート220から受けるせん断応力の変化の仕方が異なり、知覚する凹凸感も異なる。

図4Aおよび図4Bは、磁性シート210とピッチが相違する磁性シート230,250の例示であり、図4Cおよび図4Dは、磁性シート220とピッチが相違する磁性シート240,260の例示である。磁性シート230,250は「第1磁性シート」の具体例であり、磁性シート240,260は「第2磁性シート」の具体例である。磁性シート230の一方の面231(第1面)には、S極に着磁された帯状の領域231aとN極に着磁された帯状の領域231bとが交互に周期的に配置されている。同様に、磁性シート240の一方の面241(第2面)には、S極に着磁された帯状の領域241aとN極に着磁された帯状の領域241bとが交互に周期的に配置されている。磁性シート250の一方の面251(第1面)には、S極に着磁された帯状の領域251aとN極に着磁された帯状の領域251bとが交互に周期的に配置されている。同様に、磁性シート260の一方の面261(第2面)には、S極に着磁された帯状の領域261aとN極に着磁された帯状の領域261bとが交互に周期的に配置されている。ただし、領域231aの短手方向の幅、領域231bの短手方向の幅はいずれも4mmである。領域241aの短手方向の幅、領域241bの短手方向の幅はいずれも4mmである。領域251aの短手方向の幅、領域251bの短手方向の幅はいずれも6mmである。領域261aの短手方向の幅、領域261bの短手方向の幅はいずれも6mmである。

「第1磁性シート」として磁性シート230が用いられ、「第2磁性シート」として磁性シート240が用いられる場合、利用者は、磁性シート210,220、面211,221、領域211a,211b,221a,221bを磁性シート230,240、面231,241、領域231a,231b,241a,241bに代え、磁性シート210および磁性シート220を用いた場合と同様に、面231と面241とを互いに接触または近接させたまま、面231と面241との間の相対位置関係を変化させる操作、または/および、面231と面241との間の相対位置関係を変化させる動作を行い、これによって凹凸感を知覚する(図5B)。同様に、「第1磁性シート」として磁性シート250が用いられ、「第2磁性シート」として磁性シート260が用いられる場合、利用者は、磁性シート210,220、面211,221、領域211a,211b,221a,221bを磁性シート250,260、面251,261、領域251a,251b,261a,261bに代え、磁性シート210および磁性シート220を用いた場合と同様に、面251と面261とを互いに接触または近接させたまま、面251と面261との間の相対位置関係を変化させる操作、または/および、面251と面261との間の相対位置関係を変化させる動作を行い、これによって凹凸感を知覚する(図5C)。

その他、「第1磁性シート」として磁性シート210,230,250の何れかが用いられ、「第2磁性シート」として磁性シート220,240,260の何れかが用いられ、「第1磁性シート」のピッチと「第2磁性シート」のピッチとが異なっていてもよい。

「第1磁性シート」および「第2磁性シート」として用いられる磁性シートのピッチは、利用者が知覚するせん断応力、すなわち凹凸感に影響を与える。まず、図5Aから図5Cに例示するように、利用者が知覚するせん断応力の空間周波数、すなわち凹凸の間隔は、「第1磁性シート」として用いられる磁性シートのピッチおよび「第2磁性シート」として用いられる磁性シートのピッチのうち小さいほうに依存する。例えば、図5Aのように「第1磁性シート」および「第2磁性シート」として用いられる磁性シートのピッチがともに2mmである場合に知覚される凹凸の間隔は、図5Bのように「第1磁性シート」および「第2磁性シート」として用いられる磁性シートのピッチがともに4mmである場合に知覚される凹凸の間隔よりも狭い。次に、図6Aから図6Dに例示するように、利用者が知覚するせん断応力の大きさ、すなわち凹凸の強さは、「第1磁性シート」として用いられる磁性シートのピッチと「第2磁性シート」として用いられる磁性シートのピッチとの組み合わせに依存する。「第1磁性シート」および「第2磁性シート」として用いられる磁性シートのピッチが同一である場合、例えば、図6Aおよび図6Bに示すようにピッチが同じ2mmである場合、「第1磁性シート」および「第2磁性シート」として用いられる磁性シート間の引力面積比(Attractive force area Ratio)の最大値(100%)と最小値(0%)の差が最大となり、利用者が知覚する凹凸感の強さが最大となる。図6Aおよび図6Cに例示するように、「第1磁性シート」として用いられる磁性シートのピッチが6mmであり、「第2磁性シート」として用いられる磁性シートのピッチが2mmである場合、磁性シート間の引力面積比の最大値は66.67%となり、最小値は33.33%となり、利用者が知覚する凹凸感の強さは「第1磁性シート」および「第2磁性シート」として用いられる磁性シートのピッチが同一である場合よりも小さくなる。さらに、図6Aおよび図6Dに例示するように、「第1磁性シート」として用いられる磁性シートのピッチが4mmであり、「第2磁性シート」として用いられる磁性シートのピッチが2mmである場合、磁性シート間の引力面積比の最大値および最小値はともに50%となり、利用者は凹凸感を知覚しない。

利用者が知覚する凹凸感の強さを定式化すると以下のようになる。「第2磁性シート」として用いられる磁性シートAのピッチをp=n[mm]とし、「第1磁性シート」として用いられる磁性シートBのピッチp=m[mm]とする。ただし、n≦mとする。2つの磁性シートA,Bが触れ合う面での引力面積比Ar(A,B)は、2つのピッチp、pの関数fで表される。
Ar(A,B)=f(p,p)[%] (1)
ただし、関数fは磁性シートA,Bに着磁されたパタンに依る。また2つの磁性シートA,B間に発生する保持力(Holding Force:H(A,B)[g/cm])は、Ar(A,B)および両磁性シートA,Bの表面磁束密度Bs、Bs[mT]に依存し、関数gで表せる。
(A,B)=g(Ar(A,B),Bs(A),Bs(B))[g/cm] (2)
この2つの磁性シートA,Bの面を互いに接触または近接させたまま、これらの面の間の相対位置関係を変化させたときに知覚される凹凸感の強さV(A,B)は、H(A,B)の最大値H(A,B)MAXに依存し、関数hで表せる。
(A,B)=h(H(A,B)MAX
=h(g(Ar(A,B),Bs(A),Bs(B)MAX) (∵(2))
=h(g(f(p,p),p,pMAX) (∵(1)および同一部材を用いた場合、表面磁束密度Bs、Bsは主にピッチp,pにそれぞれ依存)
=F(p,p) (3)

図7は、磁性シートA,Bのピッチp,pと、磁性シートA,B間に発生する保持力および最大引力面積比(引力面積比の最大値)との関係を例示したものである。図7の左側の縦軸は保持力を表し、右側の縦軸は最大引力面積比を表し、横軸は磁性シートA,Bのピッチp,p((A)はピッチp、(B)はピッチp)を表す。このように、「第1磁性シート」および「第2磁性シート」として用いられる磁性シートA,Bによって知覚される凹凸の強さは、磁性シートA,Bのピッチに応じて変化する。

[第1実施形態の変形例]
第1実施形態では、磁性シートの面のS極およびN極の一方の磁極に着磁される領域(例えば、S極に着磁される領域211a)の短手方向の幅(ピッチ)と、他方の磁極に着磁される領域(例えば、N極に着磁される領域211b)の短手方向の幅(ピッチ)と、互いに等しかった。しかしながら、磁性シートA,Bの少なくとも一方において、一方の磁極に着磁される領域のピッチと、他方の磁極に着磁される領域のピッチとが互いに相違してもよい。これによっても、「動作主体」が凹凸感覚を知覚させることができる。

<本形態の特徴>
本形態では、2つの磁性シートを用いて凹凸感を知覚させることができ、それぞれに着磁されたテクスチャやピッチに応じて多様な凹凸感を表現できる。

[第2実施形態]
第2実施形態は第1実施形態の原理を応用したものである。前述のように、一方の磁性シートに着磁されたテクスチャが同一であったとしても、それに重ねられる他方の磁性シートに着磁されたテクスチャが異なれば、利用者に異なる凹凸感を提示できる。本形態ではこの特徴を利用する。本形態の力覚提示物は、「ベース磁性シート」「第1シート」「第2シート」「第1接触物」および「第2接触物」を有する。「ベース磁性シート」は、「第1面」を含み、「第1面」にはS極の領域とN極の領域とを含む「第1テクスチャ」が予め着磁されている。「第1シート」は、視覚によって認識可能な「第1パタン」が設けられており、「ベース磁性シート」の「第1面」に重ね合せられる。「第2シート」は、「第1パタン」とは異なる、視覚によって認識可能な「第2パタン」が設けられており、「ベース磁性シート」の「第1面」に重ね合せられる。「第1接触物」は、「第2面」を含み、「第2面」にはS極の領域とN極の領域とを含む「第2テクスチャ」が予め着磁されている。「第1接触物」は、例えば磁性シートであり、また例えば「第2面」側に磁性シートが貼り付けられた立体物や厚紙やプラスチック板などの「第2面」側に磁性シートが貼り付けられた物である。「第2接触物」は、「第3面」を含み、「第3面」にはS極の領域とN極の領域とを含み、「第2テクスチャ」とは異なる「第3テクスチャ」が予め着磁されている。「第2接触物」は、例えば磁性シートであり、また例えば「第3面」側に磁性シートが貼り付けられた立体物や厚紙やプラスチック板などの「第3面」側に磁性シートが貼り付けられた物である。ここで、「動作主体」が「第1行動」を行ったときに「第1接触物」から感じる凹凸感覚と、「第2行動」を行ったときに「第2接触物」から感じる凹凸感覚とは互いに異なる。言い換えると、「動作主体」が「第1行動」を行ったときに「第1接触物」から受けるせん断応力の変化の仕方と、「動作主体」が「第2行動」を行ったときに「第2接触物」から受けるせん断応力の変化の仕方と、は互いに異なる。ただし、「第1行動」とは、「ベース磁性シート」の「第1面」に「第1シート」が重ね合せられているときに、「動作主体」が、「第1接触物」に接触して、「第1面」と「第2面」とを互いに近接させたまま、「第1面」と「第2面」との間の相対位置関係を変化させる操作、または/および、「第1面」と「第2面」との間の相対位置関係を変化させる動作を行う行動を意味する。「第2行動」とは、「ベース磁性シート」の「第1面」に「第2シート」が重ね合せられているときに、「動作主体」が、「第2接触物」に接触して、「第1面」と「第3面」とを互いに近接させたまま、「第1面」と「第3面」との間の相対位置関係を変化させる操作、または/および、「第1面」と「第3面」との間の相対位置関係を変化させる動作を行う行動を意味する。

以下、図面を用いて本形態の具体例を説明する。以降、既に説明した事項については同じ参照番号を引用して説明を簡略化する。
図9に本形態の「ベース磁性シート」であるベース磁性シート310を例示する。本形態のベース磁性シート310は磁性シートであり、その一方の面310a(第1面)にはS極の領域311a,312a,313a,314aとN極の領域311b,312b,313b,314bとを含むテクスチャ(第1テクスチャ)が予め着磁されている。ベース磁性シート310の面310aは、4つの領域311,312,313,および314に区分されている。領域311には、S極の帯状の領域311aとN極の帯状の領域311bとが周期的な交互な繰り返しとなるように着磁されている。領域312には、S極の帯状の領域312aとN極の帯状の領域312bとが周期的な交互な繰り返しとなるように着磁されている。領域313には、S極の帯状の領域313aとN極の帯状の領域313bとが周期的な交互な繰り返しとなるように着磁されている。領域314には、S極の帯状の領域314aとN極の帯状の領域314bとが周期的な交互な繰り返しとなるように着磁されている。

図8Aに本形態の「第1シート」であるシート341を例示し、図8Bに本形態の「第2シート」であるシート342を例示する。シート341,342は、紙や合成樹脂などの非磁性体の薄いシートである。シート341,342は、不透明な材質から構成されていてもよいし、透明な材質から構成されていてもよい。シート341の一方の面には、視覚によって認識可能なパタン(第1パタン)が設けられている。シート342の一方の面には、シート341のパタン(第1パタン)とは異なる、視覚によって認識可能なパタン(第2パタン)が設けられている。図8Aおよび図8Bに例示するシート341,342の一方の面には、視覚によって認識可能なパタンである第1パタンおよび第2パタンとして、互いに相違する画像(例えば、絵や写真など)が描かれている。この例の場合、シート341ではスキー場が第1パタンとして表現されており、シート342ではオフロードコースが第2パタンとして表現されている。シート341および342は、ベース磁性シート310の面310aにそれぞれ重ね合わせることができる。

図10Aおよび図10Bに本形態の「第1接触物」が磁性シートである場合を例示する。本例の「第1接触物」である磁性シートを接触磁性シート320とする。接触磁性シート320の一方の面322には画像(例えば、スノーボーダーの絵や写真など)が描かれている。接触磁性シート320の他方の面321(第2面)には、S極の領域321aとN極の領域321bとを含むテクスチャ(第2テクスチャ)が予め着磁されている。本例の接触磁性シート320の面321には、S極の帯状の領域321aとN極の帯状の領域321bとが周期的な交互な繰り返しとなるように着磁されている。

図10Cおよび図10Dに本形態の「第2接触物」が磁性シートである場合を例示する。本例の「第2接触物」である磁性シートを接触磁性シート330とする。接触磁性シート330の一方の面332には画像(例えば、車の絵や写真など)が描かれている。接触磁性シート330の他方の面331(第3面)には、S極の領域331aとN極の領域331bとを含むテクスチャ(第3テクスチャ)が予め着磁されている。接触磁性シート330の面331に着磁されたテクスチャは、接触磁性シート320の面321に着磁されたテクスチャと相違する。本例の接触磁性シート330の面331には、S極の帯状の領域331aとN極の帯状の領域331bとが周期的な交互な繰り返しとなるように着磁されている。ただし、面331に着磁されているテクスチャのピッチは、接触磁性シート320の面321に着磁されているテクスチャのピッチと異なる。

ベース磁性シート310の面310aにシート341(第1シート)が重ね合わされているとき、さらにシート341に接触磁性シート320が重ね合わされる。接触磁性シート320の面321はシート341側に向けられ、接触磁性シート320とベース磁性シート310との間にシート341が配置される。利用者(動作主体)は、指などで接触磁性シート320の面322に接触して、面310a(第1面)と面321(第2面)とを互いに近接させたまま、面310a(第1面)と面321(第2面)との間の相対位置関係を変化させる操作、または/および、面310a(第1面)と面321(第2面)との間の相対位置関係を変化させる動作(第1行動)を行う。これにより、利用者は接触磁性シート320から凹凸感を知覚する。前述のように、この凹凸感覚は、接触磁性シート320の面321に着磁されたS極の領域321aとN極の領域321bとからなるパタンと、このパタンが近接しているベース磁性シート310の面310aの領域(領域311,312,313,および314の何れか)に着磁されたS極の領域(領域311a,312a,313a,および314aの何れか)とN極の領域(領域311b,312b,313b,および314bの何れか)とからなるパタンとの組み合わせによって異なる。すなわち、例えば、スキー場の絵であるシート341の上をスノーボーダーの絵である接触磁性シート320の面322を利用者が移動させる動作を行うことにより、利用者はスノーボーダーが感じるような凹凸感を知覚することができる。

一方、ベース磁性シート310の面310aにシート342(第2シート)が重ね合わされているとき、さらにシート342に接触磁性シート330が重ね合わされる。接触磁性シート330の面331はシート342側に向けられ、接触磁性シート330とベース磁性シート310との間にシート342が配置される。利用者(動作主体)は、指などで接触磁性シート330の面332に接触して、面310a(第1面)と面331(第3面)とを互いに近接させたまま、面310a(第1面)と面331(第3面)との間の相対位置関係を変化させる操作、または/および、面310a(第1面)と面331(第3面)との間の相対位置関係を変化させる動作(第2行動)を行う。これにより、利用者は接触磁性シート330から凹凸感を知覚する。前述のように、この凹凸感覚も、接触磁性シート330の面331に着磁されたS極の領域331aとN極の領域331bとからなるパタンと、このパタンが近接しているベース磁性シート310の面310aの領域(領域311,312,313,および314の何れか)に着磁されたS極の領域(領域311a,312a,313a,および314aの何れか)とN極の領域(領域311b,312b,313b,および314bの何れか)とからなるパタンとの組み合わせによって異なる。すなわち、例えば、オフロードコースの絵であるシート342の上を車の絵である接触磁性シート330の面332を利用者が移動させる動作を行うことにより、利用者は車が感じるような凹凸感を知覚することができる。

さらに、接触磁性シート320の面321に着磁されているS極の領域321aとN極の領域321bとを含むテクスチャは、接触磁性シート330の面331に着磁されているS極の領域331aとN極の領域331bとを含むテクスチャとは相違する。そのため、ベース磁性シート310の面310aのいずれかの領域η(領域311,312,313,および314の何れか)に、接触磁性シート320に着磁された領域321aおよび321bを含むテクスチャが近接し、利用者が「第1行動」を行っているときに知覚する凹凸感覚と、同じ領域ηに、接触磁性シート330に着磁された領域331aおよび331bを含むテクスチャが近接し、利用者が「第2行動」を行っているときに知覚する凹凸感覚とは、互いに相違する。前述のように、領域ηに、接触磁性シート320に着磁された領域321aおよび321bを含むテクスチャが近接し、利用者が「第1行動」を行っているときに接触磁性シート320から受けるせん断応力の変化の仕方と、同じ領域ηに、接触磁性シート330に着磁された領域331aおよび331bを含むテクスチャが近接し、利用者が「第2行動」を行っているときに接触磁性シート330から受けるせん断応力の変化の仕方とは、互いに相違するからである。

<本形態の特徴>
以上より、同じベース磁性シート310を用いた場合でも、接触磁性シート320を用いるか接触磁性シート330を用いるかによって、利用者に異なる凹凸感覚を提示できる。例えば、接触磁性シート320を用いるか接触磁性シート330を用いるかによって、凹凸感覚の強さやピッチ(知覚される凹凸の間隔)を相違させることもできるし、凹凸感覚を知覚しない領域を相違させることもできる。このように互いに異なる凹凸感覚に対応する互いに異なる画像をシート341およびシート342に描いておけば、シート341およびシート342に表された互いに異なる画像に応じ、互いに異なる凹凸感覚を知覚させることができる。このように、本形態では永久磁石のみを用いているにもかかわらず、シートに表された画像に応じて凹凸感覚を異ならせることができる。このような技術は、例えば、表紙にベース磁性シートを内蔵し各ページをシートとすることにより、全ページで同じベース磁性シートを用いるものの、各ページについてはシートと接触物との組み合わせに応じて異なる凹凸感覚を提示する絵本などに応用することができる。

[第3実施形態]
本形態では、「着磁対象物」に含まれる「着磁可能な物」を着磁するための「着磁器」について説明する。「着磁対象物」の3次元空間上の軸をx,y,zとし、「着磁対象物」が含む「着磁可能な物」がx平面Aまたはその近傍に含まれるとする。「着磁対象物」が更にy平面Bを含むものとする。「着磁器」は、この「着磁対象物」の平面Aに、y方向の2つの直線を境界とし、x方向に略所望長Lを有する形状の領域であるN極の領域とS極の領域とが交互に形成されるように、「着磁対象物」が含む「着磁可能な物」を着磁する。

「着磁器」は「第1オブジェクト」と「第2オブジェクト」を含む。「第1オブジェクト」の3次元空間上の軸をx,y,zとする。「第1オブジェクト」は、x平面Aと、平面Aのx方向の一つの直線に沿って、所定の略中心軸間距離L(L≧L)でN極とS極が交互に並び、磁束密度についての所定の条件を満たす略同一形状の磁場を形成する複数個の磁石と、を含む。

「第2オブジェクト」の3次元空間上の軸をx,y,zとする。「第2オブジェクト」はy平面Bを含む。「第1オブジェクト」と「第2オブジェクト」は、利用者が、「着磁対象物」の平面Aと「第1オブジェクト」の平面Aとを接した状態、かつ、「着磁対象物」の平面Bと「第2オブジェクト」の平面Bとを接した状態、で「着磁対象物」を「第2オブジェクト」に対してy軸の方向に相対的に移動させられるように、かつ、「第1オブジェクト」のx軸及びy軸と、「第2オブジェクト」のx軸及びy軸と、がなす角が変更可能となるように、接合可能とされている。この角を変更することで着磁されるN極の領域の幅およびS極の領域の幅を変更できることから、利用者は「着磁対象物」に含まれる「着磁可能な物」に所望の幅のN極の領域とおよびS極の領域を着磁することができる。これにより、2つの磁極の領域が前述の所望長Lのストライプ状に配置されるように、磁性シートに帯状の領域を短時間で着磁できる。

ここで、「第1オブジェクト」と「第2オブジェクト」のうちの何れか一方には、予め定めた複数個の所望長Lの候補のそれぞれに対応する複数個の直線部位αが含まれており、「第1オブジェクト」と「第2オブジェクト」のうちの他方には、1つの直線部位βが含まれていてもよい。ただし、複数個の直線部位αと直線部位βとは、所望長Lに対応する直線部位αと直線部位βとを利用者が重ね合せることにより、第1オブジェクトのx軸に対して第2オブジェクトのy軸がなす角θが
となるようにされている。これにより、利用者が所望長Lに対応する直線部位αと直線部位βとを重ねた状態で「着磁対象物」を「第1オブジェクト」に対してy軸の方向に相対的に移動させるだけで、2つの磁極の領域の幅がそれぞれ所望長Lとなるストライプ状の領域を着磁できる。

また直線部位αおよび直線部位βが視認可能とされていれば、利用者は直線部位αおよび直線部位βを視覚で確認しつつ、所望長Lに対応する直線部位αと直線部位βとを重ねることができる。これにより、利用者は所望長Lの幅のストライプ状の領域を容易に着磁できる。

以下、図面を用いて本形態の具体例を説明する。
図11Aに例示するように、本形態の着磁器400は、着磁用部品410(第1オブジェクト)、および送り用部品420(第2オブジェクト)を有するものである。この着磁器400は、図11Aに例示する着磁対象物430に含まれる着磁可能な物に着磁を行うためのものである。

<着磁用部品410>
図12、図13A、および図13Bに例示するように、本形態の着磁用部品410はベース部411、複数個の磁石(永久磁石)412、接合部413、およびシート414を有する。

着磁用部品410の3次元空間上の軸をx,y,zとする。軸x,y,zは互いに直交し、着磁用部品410に対する軸x,y,zの相対位置は固定されている。言い換えると、軸x,y,zは着磁用部品410に相対位置が固定された直交座標系の3軸である。ベース部411は非磁性体からなる略直方体の板状の部材であり、ベース部411の一方の板面は一つのx平面Aである。ベース部411の平面A側には、軸x方向の一つの直線SLに沿った溝411aが設けられている。溝411aのy断面の形状は略矩形であり、軸x上の各位置における溝411aのz軸方向の深さは互いに略同一であり、軸x上の各位置における溝411aのy軸方向の幅は互いに略同一である。ここで「略矩形」とは「矩形」または「矩形」に近似する形状である。また「略同一」とは同一または近似することを意味する。「μとμとが互いに略同一」とは、μがμであるか、または、μがμの近傍であることを意味する。「μの近傍」とは、μ−δ1以上μ+δ以下の範囲に属する値を意味する。δ1およびδは正値であり、δ1=δであってもよいし、δ1≠δであってもよい。δ1およびδの例はμ×0.5,μ×0.3,μ×0.1,μ×0.05などである。

溝411a内には、複数個の磁石412が直線SLに沿って一列に並べられ、固定されている。磁石412は互いに略同一の永久磁石(例えば、ネオジム磁石など)である。本形態では円筒状の磁石412を例示する。本形態で例示する磁石412のS極412s側の端部およびN極412nの端部の形状は直径6mmの円である。各磁石412の各磁極はz軸に沿った何れかの方向を向いている。すなわち、各磁石412は、N極412nが溝411aの底面側に向けられ、S極412sがその反対側(平面A側)に向けられているか(配置1)、または、S極412sが溝411aの底面側に向けられ、N極412nがその反対側に向けられている(配置2)。ただし、本形態では、互いに隣り合う磁石412の磁極の向きが互いに逆向きである。すなわち、配置1の磁石412と配置2の磁石412とが交互に直線SLに沿って一列に並べられている。言い換えると、平面A側にS極412sを向けた磁石412と平面A側にN極412nを向けた磁石412とが交互に直線SLに沿って一列に並べられている。つまり、平面Aの直線SLに沿って、複数の磁石412のS極412sとN極412nとが交互に一列に配置されている。例えば、平面Aの直線SL上に、複数の磁石412のS極412sとN極412nとが交互に一列に配置されている(図13A、図14Aおよび図14B)。隣り合う磁石412の中心軸間距離Lは略一定である。なお、本形態ではL=6mmの例を示す。磁石412の中心軸とは、磁石412の中心(中央)を通る磁化方向の軸である。例えば、磁石412の中心軸は、S極412s側の端部の中心とN極412n側の端部の中心とを通る。以上のように、平面Aのx方向の一つの直線SLに沿って、所定の略中心軸間距離LでN極412nとS極412sが交互に並べられている。このように並べられた複数個の磁石412は略同一形状の磁場(磁力線の形状が略同一となる磁場)を複数形成する。すなわち、これら複数個の磁石412のうち、互いに隣り合う磁石412の間における磁力線の形状と、他の互いに隣り合う磁石412の間における磁力線の形状とは、互いに略同一である(図14B)。このように複数形成された磁場は、磁束密度についての「所定の条件」を満たす。この「所定の条件」とは、当該複数の磁石412それぞれの平面A側の端部の磁場の強さが所定の強さ以上であるというものである。例えば、当該複数の磁石412の平面A側に重ねられた平面A(この具体例については後述)を貫く磁束(当該所定の平面を通り抜ける磁力線の垂直成分を足し合わせたもの)の単位面積あたりの密度(磁束密度)が所定値以上であることが「所定の条件」である。例えば、平面A側に重ねられた平面Aの着磁対象の領域を貫く磁束の磁束密度が所定値以上であることが「所定の条件」である。「所定値」の例は300mTである。

図12に例示するように、ベース部411の1つの角付近には、着磁用部品410の平面A側を送り用部品420に接合するための接合部413が設けられている。接合部413は、磁力によって着磁用部品410と送り用部品420とを接合するための磁力接合部であってもよいし、機械的に着磁用部品410と送り用部品420とを接合するための機械接合部であってもよい。磁力接合部の例は、永久磁石(フェライト磁石等)または継鉄(ヨーク)である。継鉄の例は、純鉄、珪素鉄、フェライト系ステンレスなどである。磁力接合部は着磁用部品410に内蔵されていてもよいし、その一部分が着磁用部品410の外側に露出していてもよい。なお、接合部413として永久磁石を用いる場合、接合部413近傍の平面Aを貫く磁束密度が所定値未満であることが望ましい。例えば、接合部413の磁力によって平面Aに配置された磁性体に着磁されないことが望ましい。機械接合部の例は機械的接合のためのピンやピンを回転可能に保持する軸受けなどである。

さらに、着磁用部品410の平面Aの接合部413付近には、視認可能な複数の直線部位αが設けられたシート414が固定されている(図11Bおよび図12)。複数の直線部位αは、予め定めた複数個の所望長Lの候補のそれぞれに対応する直線(線分)である。前述のように、本形態の所望長Lは帯状に着磁するS極の領域およびN極の領域の短手方向の幅(ピッチ)である。図11Bに例示したシート414には、L=1mm,2mm,3mm,4mm,4mm,6mmにそれぞれ対応する直線部位αが設けられている。なお、図11Bおよび図12に例示するように、複数の直線部位αの一端はすべて同一の基準点αとしてもよいし、複数の直線部位αは全て同一の基準点を通るようにしてもよく、この場合は基準点αは接合部413の近傍に配置するとよい。所望長Lに対応する直線部位αと軸xとがなす角度θは、前述した隣り合う磁石412の中心軸間距離Lと所望長Lについて式(4)を満たすように定められている。

ただし、L≧Lである。例えば、直線部位αと軸xがなす角度θが0°≦θ≦90°のような予め定めた範囲内となるように複数の直線部位αのそれぞれを設けておくのであれば、それぞれの直線部位αと軸xがなす角度θがその範囲内で式(4)を満たすθとなるようにそれぞれの直線部位αを設けておけばよい。また各直線部位αにはそれぞれに対応するLの値が視認可能に設けられている。なお、視認可能な直線部位α、Lの値は、シート414に描かれたものであってもよいし、印刷されたものであってもよいし、刻まれたものであってもよい。要は、利用者が直線部位α、Lの値を視認可能であればよい。

<送り用部品420>
図15Aから図15Cに例示するように、本形態の送り用部品420は、ベース部421、1個または複数個の固定部422、および接合部423を有する。

送り用部品420の3次元空間上の軸をx,y,zとする。軸x,y,zは互いに直交し、送り用部品420に対する軸x,y,zの相対位置は固定されている。言い換えると、軸x,y,zは送り用部品420に相対位置が固定された直交座標系の3軸である。ベース部421は非磁性体からなる略直方体の板状の部材であり、ベース部421の一方の側面は一つのy平面Bである。ベース部421の底面421b(一つのx平面)と平面Bとの間の直線状のエッジを直線部位βと呼ぶ。ベース部421の底面421b側の1つの角付近には、この底面421b側を着磁用部品410の平面A側に接合するための接合部423が設けられている。接合部423は、ベース部421の底面421b側と着磁用部品410の平面A側とを対向させた場合に、着磁用部品410の接合部413が近接可能な位置に配置されている。着磁用部品410の接合部413が磁力接合部であるならば、送り用部品420の接合部423も磁力接合部である。例えば、接合部413が永久磁石であるならば接合部423は永久磁石または継鉄であり、接合部413が継鉄ならば接合部423は永久磁石である。接合部413,423がともに永久磁石である場合、平面A側に配置される接合部413の磁極は、底面421bに配置される接合部423の磁極の逆である。着磁用部品410の接合部413が機械接合部であるならば、送り用部品420の接合部423は接合部413と機械的に接合される機械接合部(軸受けやピン)である。さらに送り用部品420の底面421b側の内部にはy軸方向に1個または複数個の固定部422が内蔵されている(図15Aの例では3個の固定部422が設けられている)。固定部422は、ベース部421の底面421b側と着磁用部品410の平面A側とを対向させ、軸xと軸yとを揃えたときに、磁力によって着磁用部品410に送り用部品420を固定するためものである。固定部422は永久磁石であってもよいし、継鉄であってもよい。固定部422は、ベース部421の底面421b側と着磁用部品410の平面A側とを対向させ、軸xと軸yとを揃えたときに、着磁用部品410の磁石412に近接する位置に配置されている。固定部422が永久磁石であるとき、このように配置された固定部422が近接する磁石412に吸着する向きに固定部422の磁極が配置される。

<着磁対象物430>
図16Aは着磁対象物430を例示した平面図である。図16Bは図16Aの底面図である。図16Cは図16Aの左側面図である。図16Aから図16Cに例示するように、着磁対象物430は、少なくとも2つの平面を含む立体物であり、ベース部431、および磁性シート432(着磁可能な物)を有する。

着磁対象物430の3次元空間上の軸をx,y,zとする。軸x,y,zは互いに直交し、着磁対象物430に対する軸x,y,zの相対位置は固定されている。言い換えると、軸x,y,zは着磁対象物430に相対位置が固定された直交座標系の3軸である。ベース部431は非磁性体からなる部材であり、ベース部431は一つのx平面である板面431bが含まれる。例えば、板面431bには磁性シート432が固定されており、磁性シート432の外側の面が一つのx平面Aである。なお、磁性シート432の板面431bと反対側の面には、図示しない薄膜状のものが固定されていてもよく、この場合は薄膜状のものの外側の面が一つのx平面Aである。すなわち、着磁可能な物は着磁対象物430のx平面Aまたはその近傍に含まれている。また、ベース部431には板面431bに略直交する面である一つのy平面Bが含まれる。

<着磁方法>
着磁器400を用いて着磁対象物430の磁性シート432に着磁する方法を説明する。着磁器400は、着磁対象物430の平面Aに、y方向の2つの直線を境界とし、x方向に略所望長Lを有する形状の領域(ピッチがLの領域)であるN極の領域とS極の領域とが交互に形成されるように、着磁対象物430が含む磁性シート432(着磁可能な物)を着磁する(図21Aから図21C)。

利用者は、着磁用部品410の平面A側と送り用部品420の底面421b側とを対向させ、着磁用部品410の接合部413を送り用部品420の接合部423に接合する。これにより、着磁用部品410のx平面と送り用部品420のx平面とが略平行となる。送り用部品420は、接合部413に接合された接合部423を中心として、着磁用部品410に対して回転可能である。利用者は、送り用部品420の平面Bのエッジに位置する直線部位βが、着磁用部品410のシート414の所望長Lの候補に対応する直線部位αに重ね合わされるように、送り用部品420を着磁用部品410に対して回転させる(図17Aから図17C)。例えば、L=6mmの領域の着磁を行うのであれば、利用者は、直線部位βをL=6mmに対応する直線部位αに重ね合わせる(図17A)。例えば、L=5mmの領域の着磁を行うのであれば、利用者は、直線部位βをL=5mmに対応する直線部位αに重ね合わせる(図17B)。例えば、L=3mmの領域の着磁を行うのであれば、利用者は、直線部位βをL=3mmに対応する直線部位αに重ね合わせる(図17C)。これにより、送り用部品420のy軸が所望長Lの候補に対応する直線部位αに重ね合わされ(図18)、着磁用部品410のx軸に対して送り用部品420のy軸がなす角度θが式(4)のようになる。すなわち、利用者は、送り用部品420を着磁用部品410に対して回転させることにより、着磁用部品410のx軸と送り用部品420のy軸とがなす角度θを変更できる。言い換えると、この回転により、x軸とx軸とがなす角度、y軸とx軸とがなす角度、y軸とy軸とがなす角度が変更可能である。すなわち、第1オブジェクトのx軸及びy軸と、第2オブジェクトのx軸及びy軸と、がなす角を変更可能である。

軸とy軸とがなす角度θを維持したまま、利用者は、着磁対象物430の平面Aと着磁用部品410の平面Aとを接した状態、かつ、着磁対象物430の平面Bと送り用部品420の平面Bとを接した状態で、着磁対象物430を送り用部品420に対してy軸の方向D3(y軸の方向)に相対的に移動させる(図19A,図19B,図20A,図20B)。すなわち、利用者は着磁対象物430を把持し、着磁対象物430の磁性シート432の平面Aを着磁用部品410の平面Aに重ね合わせ、着磁対象物430の平面Bが送り用部品420の平面Bに接した状態で、着磁対象物430を送り用部品420に対して方向D3に移動させる。この際、送り用部品420のy平面と着磁対象物430のy平面とは略平行であり、着磁用部品410のx平面と着磁対象物430のx平面とは略平行である。この移動は、着磁用部品410の平面A側に配置されている複数個の磁石412の磁極の上を、磁性シート432の平面Aが横切るように行われる。すなわち、この移動により、磁性シート432が平面Aの一端側432aから複数個の磁石412の磁極に接近し(図19Aおよぶ図20A)、磁性シート432の平面A側が複数個の磁石412の磁極側を通過する(図19Bおよぶ図20B)。

これにより、磁性シート432の平面AにピッチがLであるN極の領域432nとS極の領域432s(y方向の2つの直線を境界としたx方向の幅がLのN極の領域432nとS極の領域432s)とが交互に着磁される(図21Aから図21C)。x軸とy軸とがなす角度θを変更することでx軸とy軸とがなす角度も変わる。つまり、角度θを変更すると、磁性シート432の進行方向D3(y軸の方向)に対する、複数の磁石412の配列方向(x軸の方向)の角度が変わる。図21Aから図21Cに例示するように、磁性シート432の進行方向D3に対する複数の磁石412の配列方向の角度によって、磁性シート432の平面Aに着磁されるN極の領域432nとS極の領域432sのピッチLが定まる。角度θとピッチLとの関係は前述の式(4)の通りである。例えば、0°≦θ≦90°のような予め定めた範囲内であれば、θ=90°のときにはピッチLは最大値Lとなり(図21A)、θが小さくなるほどピッチLが狭くなる(図21B、図21C)。

<本形態の特徴>
本形態では、利用者が所望長Lに対応する直線部位αと直線部位βとを重ねた状態で、着磁対象物430を着磁用部品410(第1オブジェクト)に対してy軸の方向に相対的に移動させるだけで、2つの磁極の領域の幅がそれぞれほぼ所望長Lとなるストライプ状の領域を磁性シート432の平面Aに着磁できる。すなわち、2つの磁極の領域がストライプ状に配置されるように、着磁対象物430に含まれる磁性シート432(着磁可能な物)の平面Aに帯状の領域を短時間で着磁できる。また、着磁対象物430の平面Aと着磁用部品410(第1オブジェクト)の平面Aとが接し、着磁対象物430の平面Bと送り用部品420(第2オブジェクト)の平面Bとが接した状態で、着磁対象物430を送り用部品420(第2オブジェクト)に対してy軸の方向に相対的に移動させるだけで、着磁対象物430を着磁用部品410(第1オブジェクト)に対してy軸の方向に相対的に移動させることができる。これにより、正確かつ短時間で2つの磁極の領域の幅がそれぞれほぼ所望長Lとなるストライプ状の領域を着磁できる。さらに、直線部位αおよび直線部位βが視認可能であるため、利用者は直線部位αおよび直線部位βを視覚で確認しつつ、所望長Lに対応する直線部位αと直線部位βとを重ねることができる。これにより、利用者は所望長Lの幅のストライプ状の領域を容易に着磁できる。このようにストライプ状の領域が磁性シート432に着磁された着磁対象物430は、例えば、第2実施形態で説明した「第1接触物」や「第2接触物」として利用できる(例えば、図10A〜図10Dに例示した接触磁性シート320,330)。

[第3実施形態の変形例1]
「第1オブジェクト」および「第2オブジェクト」の少なくとも一方が略透明であってもよい。「略透明」とは透明または半透明を意味し、透明度を表す指標(例えば、全光線透過率)が所定値以上である状態、および/または、曇り度を表す指標(例えば、ヘイズ)が所定値以下である状態を表す。これにより、直線部位αおよび直線部位βの配置の自由度が向上する。直線部位αおよび直線部位βの少なくとも一方が、略透明な「第1オブジェクト」および「第2オブジェクト」の少なくとも一方を介して視認可能であってもよい。例えば、複数の直線部位αを「第2オブジェクト」側に設け、直線部位βを「第1オブジェクト」側に設けることも可能である。以降、既に説明した事項については、同じ参照番号を流用して説明を簡略化する。

図22Aに、第3実施形態の着磁器400の送り用部品420(第2オブジェクト)を略透明な送り用部品420’(第2オブジェクト)に置換した着磁器400’を例示する。ただし、図22Aでは固定部422および接合部423を省略している。送り用部品420’は略透明な材質から構成されている点で前述の送り用部品420と相違する。送り用部品420’の形状は送り用部品420と同一である。略透明な送り用部品420’を用いることで、送り用部品420’を着磁用部品410に重ね合せたとしても、利用者は送り用部品420’を透して着磁用部品410のシート414に設けられた複数の直線部位αの全体を見ることができる。これにより、送り用部品420’の直線部位βと所望の直線部位αとを容易かつ正確に重ね合わせることができる。

図22Bに、第3実施形態の着磁器400の送り用部品420(第2オブジェクト)を略透明な送り用部品420”(第2オブジェクト)に置換し、着磁用部品410にシート414が設けられる代わりに、送り用部品420”に視認可能な予め定めた複数個の所望長Lの候補に対応する複数の直線部位αが設けられている。この例では着磁用部品410の平面Aの一辺が直線部位βである。複数の直線部位αは、送り用部品420”の板面のうち、着磁用部品410の平面Aに重ね合わされる側の板面に設けられていてもよいし、その裏面の板面に設けられていてもよい。あるいは、送り用部品420”の内部に設けられていてもよい。しかし、送り用部品420”の板面のうち、平面Aに重ね合わされる側の板面に複数の直線部位αが設けられていることが望ましい。この例では着磁用部品410の平面Aの一辺が直線部位βであるため、この平面Aに重ね合わされる側の板面に直線部位αが設けられていたほうが、直線部位αと直線部位βとの位置合わせを正確に行うことができるからである。

直線部位βは、着磁用部品410(第1オブジェクト)または送り用部品420(第2オブジェクト)の辺ではなく、辺に平行するように設けられていてもよい。なお、直線部位βは、着磁用部品410(第1オブジェクト)または送り用部品420(第2オブジェクト)の辺と角度θoffsetをなすように設けられていてもよいが、この場合は複数の直線部位αを角度θoffsetも考慮して設けておく必要がある。

その他、着磁用部品410のベース部411が略透明な材質で構成されていてもよい。シート414に代えて、視認可能な予め定めた複数個の所望長Lの候補に対応する複数の直線部位αが着磁用部品410のベース部411に直接設けられていてもよい。

[第3実施形態の変形例2]
ベース部411の形状は前述のものに限定されず、外部に平面Aを備えていればどのような形状であってもよい。磁石412の形状も前述のものに限定されず、複数の磁石412が互いに同一形状でなくてもよい。すべての複数の磁石412が同一の材質でなくてもよい。平面Aのx方向の一つの直線に沿って複数の磁石412が配置されているのであれば、複数の磁石412がその他の位置に配置されていてもよい。例えば、ベース部411の平面Aの中央付近を通るx方向の一つの直線ではなく、ベース部411の平面Aの辺縁付近を通るx方向の一つの直線に沿って複数の磁石412が配置されていてもよい。すなわち、図12におけるベース部411の右端側や左端側に複数の磁石412が配置されていてもよい。複数の磁石412の少なくとも何れかがベース部411に内蔵されていてもよいし、複数の磁石412の少なくとも何れかがその他の部材で覆われていてもよい。すなわち、複数の磁石412の少なくとも何れかがベース部411の外部に露出していなくてもよい。複数の磁石412の平面A側の端面が1つの平面上に配置されていなくてもよい。すなわち、複数の磁石412の平面A側の端面のz軸の位置が均一でなくてもよい。要は、平面Aのx方向の一つの直線に沿って、所定の略中心軸間距離L(L≧L)で一方の磁極に対する他方の磁極が並び、磁束密度についての「所定の条件」を満たす略同一形状の磁場を形成する複数個の磁石が設けられていればよい。なお、法線方向の磁力線密度が一定以上になる領域λ(図14B)に平面Aが配置されるように、複数の磁石412がベース部411に固定されていることが望ましい。

送り用部品420(第2オブジェクト)に固定部422が設けられていなくてもよいし、着磁用部品410(第1オブジェクト)および送り用部品420(第2オブジェクト)に接合部413および接合部423が設けられていなくてもよい。

送り用部品420の形状も前述のものに限定されず、外部に平面Bを備えているのであれば角柱等どのような形状であってもよい。第3実施形態では、ベース部411,421が略同一形状の略直方体であること、すなわち、ベース部421の底面421側と着磁用部品410の平面Aが略同一形状の略長方形であること、を前提に、ベース部421の底面421b側と着磁用部品410の平面A側とを対向させ、軸xと軸yとを揃えたときに、着磁用部品410の磁石412と送り用部品420の固定部422との間の磁力によって、着磁用部品410に送り用部品420が固定されることにより、着磁用部品410と送り用部品420を合わせて1つの略直方体の物として利用者が扱うようにできる例を示した。しかし、固定部422がベース部421内に直線状に配置され、ベース部421の底面421b側と着磁用部品410の平面A側とを対向させ、着磁用部品410の磁石412と送り用部品420の固定部422とが略同一直線に沿って配置されたときに、磁石412と固定部422との間の磁力によって、着磁用部品410に送り用部品420が固定されるのであれば、必ずしも軸xと軸yとが揃えられなくてもよい。

[第4実施形態]
第3実施形態では、前述した「配置1」の磁石412と「配置2」の磁石412とが一列に交互に並べられていた(すなわち、平面A側にS極とN極とが交互に並べられていた)。第4実施形態では、このように並べられていた複数の磁石412から「配置2」の磁石412のみを取り除いたもの、または、「配置1」の磁石412のみを取り除いたものを用いる。

本形態の「着磁器」も、「着磁対象物」に含まれる「着磁可能な物」を着磁するためのものである。「着磁対象物」の3次元空間上の軸をx,y,zとする。「着磁対象物」が含む「着磁可能な物」がx平面Aまたはその近傍に含まれるとする。「着磁対象物」が更にy平面Bを含むものとする。「着磁器」は、この「着磁対象物」の平面Aに、y方向の2つの直線を境界とし、x方向に略所望の長さMを有する形状のN極またはS極のいずれか「一方の磁極」の領域が、略所望長Lの中心間距離で形成されるように、「着磁対象物」が含む「着磁可能な物」を着磁する。

「着磁器」は「第1オブジェクト」と「第2オブジェクト」を含む。「第1オブジェクト」の3次元空間上の軸をx,y,zとする。「第1オブジェクト」は、x平面Aと、平面Aのx方向の一つの直線に沿って、所定の略中心軸間距離L(L≧L)で上述の「一方の磁極」に対する「他方の磁極」が並び、磁束密度についての所定の条件を満たす略同一形状の磁場を形成する複数個の磁石と、を含む。

「第2オブジェクト」の3次元空間上の軸をx,y,zとする。「第2オブジェクト」はy平面Bを含む。「第1オブジェクト」と「第2オブジェクト」は、利用者が、「着磁対象物」の平面Aと「第1オブジェクト」の平面Aとを接した状態、かつ、「着磁対象物」の平面Bと「第2オブジェクト」の平面Bとを接した状態、で「着磁対象物」を第2オブジェクトに対してy軸の方向に相対的に移動させられるように、かつ、「第1オブジェクト」のx軸及びy軸と、「第2オブジェクト」のx軸及びy軸と、がなす角が変更可能となるように、接合可能とされている。この角を変更することで着磁されるN極またはS極のいずれか「一方の磁極」の領域の中心間距離Lを変更できる。「着磁可能な物」が上述の「他方の磁極」に予め磁化されていれば、上述のように「着磁器」が「着磁可能な物」に「一方の磁極」の領域を略所望長Lの中心間距離で着磁することで、2つの磁極の領域をストライプ状に配置することができる。これにより、いずれか「一方の磁極」の領域が中心間距離Lで配置され、2つの磁極の領域がストライプ状に配置されるように、磁性シートに帯状の領域を短時間で着磁できる。なお本形態の場合、Lを変更しても「着磁器」によって着磁する「一方の磁極」の領域の幅(当該領域のx方向の長さ)は変更されない。しかし、本形態では、Lを変更することで、「着磁器」によって着磁される「一方の磁極」の領域に対する、予め着磁されていた「他方の磁極」の領域の比率を変更できる。なお、本形態の場合は、着磁する磁極の所望の長さMに対応する着磁用部品を用いる必要がある。

以下、図面を用いて本形態の具体例を説明する。
本形態の着磁器は、第3実施形態の着磁器400の着磁用部品410を着磁用部品510(第1オブジェクト)に置換したものである。以下では、第3実施形態との相違点である着磁用部品510の構成および着磁方法を中心に説明する。

<着磁用部品510>
図23、図24Aおよび図24Bに例示するように、本形態の着磁用部品510はベース部411、複数個の磁石(永久磁石)512、接合部413、およびシート514を有する。

着磁用部品510の3次元空間上の軸をx,y,zとする。軸x,y,zは互いに直交し、着磁用部品510に対する軸x,y,zの相対位置は固定されている。言い換えると、軸x,y,zは着磁用部品510に相対位置が固定された直交座標系の3軸である。ベース部411に設けられた溝411a内には、複数個の磁石512が直線SLに沿って一列に並べられ、固定されている。磁石512は互いに略同一の永久磁石(例えば、ネオジム磁石など)である。本形態では、円筒状の磁石512を備え、着磁する「一方の磁極」の領域のx方向の長さMを6mmとするための着磁用部品510について例示する。すべての磁石512の特定の極はz軸に沿った同一方向を向いている。例えば、すべての磁石512は、N極512nが溝411aの底面側に向けられ、S極512sがその反対側(平面A側)に向けられている(配置1)。配置1の場合、磁石512のS極512s側の端部の形状は例えば直径6mmの円である。あるいは、すべての磁石512は、S極512sが溝411aの底面側に向けられ、N極512nがその反対側に向けられている(配置2)。配置2の場合、磁石512のN極512n側の端部の形状は例えば直径6mmの円である。以下では一例として、すべての磁石512が配置1で並べられている例を示す(図25Aおよび図25B)。複数の磁石512は、ほぼ等間隔で並べられている。互いに隣り合う磁石512の中心軸間距離は略L(L≧L)である。なお、本形態ではL=12mmの例を示す。すなわち、平面Aのx方向の一つの直線SLに沿って、所定の略中心軸間距離Lで、着磁する「一方の磁極」に対する「他方の磁極」が並べられている。すなわち、平面Aの直線SLに沿って、複数の磁石512のS極512sが一列に配置されている。このように並べられた複数個の磁石512は略同一形状の磁場を複数形成する。すなわち、これら複数個の磁石512のうち、互いに隣り合う磁石512の間における磁力線の形状と、他の互いに隣り合う磁石512の間における磁力線の形状とは、互いに略同一である(図25B)。このように複数形成された磁場は、磁束密度についての「所定の条件」を満たす。この「所定の条件」とは、当該複数の磁石512の平面A側の磁場の強さが所定の強さ以上であるというものである。例えば、当該複数の磁石512の平面A側に配置された平面Aを貫く磁束の磁束密度が所定値以上であることが「所定の条件」である。また、着磁用部品510は前述のシート414に代えてシート514を備える。図23に例示したシート514には、L=8mm,10mm,12mmにそれぞれ対応する直線部位α’’’が設けられている。なお、図23に例示するように、複数の直線部位α’’’の一端はすべて同一の基準点α’’’としてもよいし、複数の直線部位α’’’は全て同一の基準点を通るようにしてもよく、この場合は基準点α’’’は接合部413の近傍に配置するとよい。所望長Lに対応する直線部位α’’’と軸xとがなす角度θは、前述した隣り合う磁石512の中心軸間距離Lと所望長Lについて式(4)のを満たすに定められている。各直線部位α’’’にはそれぞれに対応するLの値が視認可能に設けられている。その他の構成は、第3実施形態で説明した着磁用部品410と同一である。

<着磁方法>
本形態の着磁器を用いて着磁対象物430の磁性シート432に着磁する方法を説明する。本形態の着磁器は、着磁対象物430の平面Aに、y方向の2つの直線を境界とし、x方向に略所定の長さを有する形状のN極の領域432nが、略所望長Lの中心間距離で形成されるように、着磁対象物430が含む磁性シート432(着磁可能な物)を着磁する(図26Aから図26C)。ただし、本形態の磁性シート432の平面Aは予めS極に着磁されている。着磁のための操作は、着磁用部品410が着磁用部品510に置換され、磁性シート432の平面Aが予めS極に着磁されていること以外、第3実施形態と同じである。

この操作により、予めS極に着磁されている磁性シート432の平面Aに、中心間距離が略Lの複数のN極の領域432sが着磁される(図26Aから図26C)。x軸とy軸とがなす角度θを変更することでx軸とy軸とがなす角度も変わる。つまり、角度θを変更すると、磁性シート432の進行方向D3(y軸の方向)に対する、複数の磁石512の配列方向(x軸の方向)の角度が変わる。図26Aから図26Cに例示するように、磁性シート432の進行方向D3に対する複数の磁石512の配列方向の角度によって、磁性シート432の平面Aに着磁される複数のS極の領域432sの中心間距離Lが定まる。角度θとLとの関係は前述の式(4)と同一である。例えば、0°≦θ≦90°のような予め定めた範囲内であれば、θ=90°のときにはLは最大値Lとなり(図26A)、θが小さくなるほどLが小さくなり(図26B)、θ=30°のときL=L/2となる(図26C)。なお、例えば、M=L/2である着磁用部品510を用いる場合には、例えば、0°≦θ≦90°のような予め定めた範囲内であれば、θ≦30°のときには、磁性シート432の平面Aの全面がS極の領域432sとなる。そのため、S極の領域432sとN極の領域432nとが交互に配置された磁性シート432を得るためには、例えば、0°≦θ≦90°のような予め定めた範囲内であればθ>30°にする必要がある。第1,2実施形態で説明したような凹凸感覚を提示可能な磁性シート432を得るためには、S極の領域432sとN極の領域432nとがこのような用途に適した間隔で着磁されるようにMとLとLとの関係を考慮して設計された着磁用部品510を用いる必要がある。

<本形態の特徴>
本形態では、利用者が所望長Lに対応する直線部位α’’’と直線部位βとを重ねた状態で、着磁対象物430を着磁用部品510(第1オブジェクト)に対してy軸の方向に相対的に移動させるだけで、いずれか一方の磁極の領域(例えば、S極の領域432s)を略Lの中心間距離で磁性シート432の平面Aに着磁できる。ここで磁性シート432の平面Aに予め他方の磁極の領域(例えば、N極の領域432n)を着磁しておけば、磁性シート432の平面Aにストライプ状の領域を形成できる。すなわち、2つの磁極の領域がストライプ状に配置されるように、着磁対象物430に含まれる磁性シート432(着磁可能な物)の平面Aに帯状の領域を短時間で着磁できる。さらに、本形態では、直線部位βに重ね合わせる直線部位α’’’を変更することで、磁性シート432の平面AのS極の領域432sとN極の領域432nとの比率を変更できる。

[第4実施形態の変形例1]
第3実施形態の変形例1,2で説明した変形を第4実施形態に対して行ってもよい。また、第4実施形態では、各直線部位α’’’に、当該直線部位α’’’にそれぞれに対応する中心間距離であるLの値が視認可能に設けられていた。しかし、各直線部位α’’’に、当該直線部位α’’’にそれぞれに対応する着磁し残り幅であるL−Mの値(LからMを減じた値)が視認可能に設けられていてもよい。この場合、利用者は所望の着磁し残り幅L−Mに対応する直線部位α’’’に直線部位βを重ね合わせた状態で上述のような操作を行えばよい。なお、第4実施形態では、上述した通り、同じ着磁用部品510を用いる限りは、直線部位βに重ね合わせる直線部位α’’’を変更しても、着磁する磁極の領域の幅(当該領域のx方向の長さM)は変わらない。すなわち、ある中心間距離Lに対応する直線部位α’’’と、その中心間距離Lに対応する着磁し残り幅L−Mに対応する直線部位α’’’と、は同じである。従って、各直線部位α’’’に、当該直線部位α’’’にそれぞれに対応する中心間距離の値と着磁し残り幅の値の両方が視認可能に設けられていてもよい。

[第5実施形態]
利用者が「第2オブジェクト」を用いることなく、「第1オブジェクト」で「着磁可能な物」に着磁してもよい。この場合も「第1オブジェクト」の3次元空間上の軸をx,y,zとする。「第1オブジェクト」は、x平面Aと、平面Aのx方向の一つの直線に沿って、所定の略中心軸間距離L(L≧L)でN極とS極が交互に並び、磁束密度についての所定の条件を満たす略同一形状の磁場を形成する複数個の磁石と、を含む。

ここで、予め定めた複数個の所望長Lの候補にそれぞれ対応する複数個の直線部位α’が利用者の「垂直指標」として利用者に視認可能とされていているか、および/または、予め定めた複数個の所望長Lの候補にそれぞれ対応する複数個の直線部位γ’が利用者の「平行指標」として利用者に視認可能とされている。x軸に対して直線部位α’がなす各Θ、および/または、y軸に対して直線部位γ’がなす各Θは、
である。

利用者が、「着磁対象物」の平面Aと「第1オブジェクト」の平面Aとを接した状態、かつ、複数個の「垂直指標」のうちの所望長Lに対応する垂直指標がy軸の方向と略垂直となるように、および/または、複数個の平行指標のうちの所望長Lに対応する「平行指標」がy軸の方向と略平行となるように、把持した状態で、着磁対象物に対して相対的に移動させる。これにより、2つの磁極の領域がストライプ状に配置されるように、磁性シートに帯状の領域を短時間で着磁できる。

以下、図面を用いて本形態の具体例を説明する。
図27Aから図27Cおよび図28に例示するように、本形態の着磁用部品610はベース部411、複数個の磁石(永久磁石)412、接合部413、およびシート614を有する。

着磁用部品610の3次元空間上の軸をx,y,zとする。軸x,y,zは互いに直交し、着磁用部品610に対する軸x,y,zの相対位置は固定されている。ベース部411、複数個の磁石412、および接合部413の構成は、第3実施形態で説明した着磁用部品410と同一である。第3実施形態との相違点は、シート414に代えて、複数個の垂直指標α−21および複数個の平行指標α−22が視認可能なように設けられたシート614を備える点である。図27B、図27C、図28、および図29Aに例示するように、シート614は、ベース部411の平面Aの裏面側の板面411cに固定されている。板面411cは一つのx平面であり、平面Aと平行な面である。

シート614に視認可能に設けられた複数個の垂直指標α−21は、予め定めた複数個の所望長Lの候補のそれぞれに対応する直線(直線部位α’)である。図29Bに例示したシート614には、L=4mm,5mm,6mmにそれぞれ対応する垂直指標α−21が設けられている。なお、複数の垂直指標α−21の一端をすべて同一の点α−21としたり、複数の垂直指標α−21はすべて同一の点α−21を通るようにしてもよい。所望長L=PL(例えばPL=5mm)に対応する垂直指標α−21と軸xとがなす角度Θは、式(5)を満たすように定められている(図30A)。

ただし、L≧Lである。例えば、垂直指標α−21と軸xがなす角度Θが0°≦Θ≦90°のような予め定めた範囲内となるように複数の垂直指標α−21のそれぞれを設けておくのであれば、それぞれの垂直指標α−21と軸xがなす角度Θが0°≦Θ≦90°の範囲内で式(5)を満たすΘとなるようにそれぞれの垂直指標α−21を設けておけばよい。すなわち、L=L(この例ではL=6mm)に対応する垂直指標α−21は軸xと略平行に配置されることになる。

シート614に視認可能に設けられた複数個の平行指標α−22は、予め定めた複数個の所望長Lの候補のそれぞれに対応する矢印(直線部位γ’)である。図29Bに例示したシート614には、L=4mm,5mm,6mmにそれぞれ対応する平行指標α−22が設けられている。なお、複数の平行指標α−22の一端(矢印の始点)をすべて同一の基準点α−22としたり、複数の平行指標α−22はすべて同一の点α−22を通るようにしてもよい。所望長L=PLに対応する平行指標α−22と軸yとがなす角度Θも、式(5)を満たすように定められている(図30B)。

各垂直指標α−21および各平行指標α−22には、それぞれに対応するLの値が視認可能に設けられている。視認可能な垂直指標α−21、平行指標α−22、Lの値は、シート614に描かれたものであってもよいし、印刷されたものであってもよいし、刻まれたものであってもよい。要は、利用者が垂直指標α−21、平行指標α−22、Lの値を視認可能であればよい。

<着磁方法>
磁性シート630(着磁対象物)の一つのx平面Aに着磁を行う操作を説明する。図31Aおよび図31Bに例示するように、利用者は着磁用部品610を把持し、磁性シート630の平面Aと着磁用部品610の平面A(ベース部411の一つのx平面A)とを接した状態で、磁性シート630に対して着磁用部品610をD4方向(y軸の方向)に移動させる。この際、シート614に視認可能に設けられた複数個の垂直指標α−21のうちの所望長Lに対応する垂直指標α−21、および/または、複数個の平行指標α−22のうちの所望長Lに対応する平行指標α−22を参照しながら着磁用部品610を移動させる。垂直指標α−21を参照する場合、利用者は、シート614に視認可能に設けられた複数個の垂直指標α−21のうちの所望長Lに対応する垂直指標α−21がy軸の方向と略垂直となるように、着磁用部品610を磁性シート630に対して相対的に移動させる。図31Aおよび図31Bは、L=5mmに対応する垂直指標α−21がy軸の方向と略垂直となるように着磁用部品610を磁性シート630に対して相対的に移動させた様子を表している。平行指標α−22を参照する場合、利用者は、シート614に視認可能に設けられた複数個の平行指標α−22のうちの所望長Lに対応する平行指標α−22がy軸の方向と略平行となるように、着磁用部品610を磁性シート630に対して相対的に移動させる。図31Aおよび図31Bは、L=5mmに対応する平行指標α−22がy軸の方向と略平行となるように、着磁用部品610を磁性シート630に対して相対的に移動させた様子を表している。これにより、磁性シート630の平面AにピッチがLであるN極の領域とS極の領域(y方向の2つの直線を境界としたx方向の幅がLのN極の領域とS極の領域)とが交互に着磁される。

<本形態の特徴>
利用者は着磁用部品610を把持し、磁性シート630の平面Aと着磁用部品610の平面Aとを接した状態で、磁性シート630に対して着磁用部品610をD4方向に移動させるだけで、所望のピッチLでN極の領域とS極の領域とをストライプ状に着磁できる。この際、Lに対応する垂直指標α−21および/または平行指標α−22を参照しつつ着磁用部品610を移動させることで、正確かつ容易に所望のピッチLのN極の領域とS極の領域とを着磁できる。

[第5実施形態の変形例1]
着磁用部品610のベース部411に、第3実施形態で説明した接合部413を設けてもよい。これにより、着磁用部品610を第1実施形態で説明した送り用部品420に接合することができる。これにより、着磁用部品610を第1実施形態で説明した着磁器400の着磁用部品410(第1オブジェクト)として機能させることもできる。さらに、着磁用部品610のベース部411の平面Aに第3実施形態で説明したシート414を固定してもよい。これにより、着磁用部品610と送り用部品420との組み合わせた場合には第3実施形態で説明したように着磁を行うことができ、着磁用部品610単体では第5実施形態で説明したように着磁を行うことができる。

[第5実施形態の変形例2]
図32に例示するように、第5実施形態またはその変形例の着磁用部品610から「配置2」の磁石412が取り除かれるか、または、「配置1」の磁石412が取り除かれた着磁用部品710が用いられてもよい。すなわち、着磁用部品610の複数の磁石412が、第4実施形態で説明した複数の磁石512に置換されてもよい。このような着磁用部品710を用い、第5実施形態で説明したように着磁を行うことで、磁性シート630の平面Aに中心間距離が略Lの複数のS極またはN極のいずれか一方の領域を着磁できる(第4実施形態)。平面Aが他方の磁極に磁化された磁性シート630に対し、着磁用部品710を用いて磁化することで、平面AにS極の領域とN極の領域とが交互に配置された磁性シート630を得ることができる。ただし、S極の領域とN極の領域とが交互に配置された磁性シート630を得るためには、例えば、0°≦Θ≦90°のような予め定めた範囲内であれば、Θ<60°にする必要がある。

[第5実施形態の変形例3]
第5実施形態では、複数個の垂直指標α−21および複数個の平行指標α−22を視認可能なように着磁用部品610に設けた。しかしながら、第5実施形態またはその変形例において、複数個の垂直指標α−21または複数個の平行指標α−22のみを着磁用部品610に設けてもよい。また、ベース部411を略透明な部材で構成し、複数個の垂直指標α−21および/または複数個の平行指標α−22を、ベース部411の内部に設けたり、平面A側に設けたりしてもよい。第3実施形態の変形例2で説明したベース部411や磁石412の変形を第5実施形態に対して行ってもよい。

[その他の変形例等]
なお、本発明は上述の実施形態に限定されるものではない。例えば、各実施形態で説明した各部位の形状、寸法、配置、位置関係などは一例であって本発明を限定するものではない。例えば、本発明の効果を得られるのであれば、各部位の形状、配置、寸法、位置関係などが各実施形態で説明したものと相違していてもよい。すなわち、各実施形態で例示した「平面」、「直線」、「円」、「円筒」といった形状が、それぞれ「略平面」、「略直線」、「略円」、「略円筒」であってもよい。「4mm」といった寸法が「略4mm」であってもよい。「ストライプ状」の配置が「略ストライプ状」の配置であってもよい。「平行」、「垂直」といった位置関係が、それぞれ「略平行」、「略垂直」であってもよい。その他、本発明の趣旨を逸脱しない範囲で適宜変更が可能であることはいうまでもない。

着磁器 400
着磁用部品 410,510,610,710
送り用部品 420
着磁対象物 430

Claims (6)

  1. 着磁対象物に含まれる着磁可能な物を着磁するための着磁器であって、
    前記着磁対象物の3次元空間上の軸をx,y,zとして、
    前記着磁対象物が含む前記着磁可能な物は、x平面Aまたはその近傍に含まれ、
    前記着磁対象物は、更に、y平面Bを含み、
    前記着磁器は、
    前記着磁対象物の前記平面Aに、
    方向の2つの直線を境界とし、x方向に略所望長Lを有する形状の領域であるN極の領域とS極の領域とが交互に形成されるように、
    前記着磁対象物が含む前記着磁可能な物を着磁するものであって、
    前記着磁器は、第1オブジェクトと第2オブジェクトを含み、
    前記第1オブジェクトの3次元空間上の軸をx,y,zとして、
    前記第1オブジェクトは、
    平面Aと、
    前記平面Aのx方向の一つの直線に沿って、所定の略中心軸間距離L(L≧L)でN極とS極が交互に並び、磁束密度についての所定の条件を満たす略同一形状の磁場を形成する複数個の磁石と、を含み、
    前記第2オブジェクトの3次元空間上の軸をx,y,zとして、
    前記第2オブジェクトは、y平面Bを含み、
    前記第1オブジェクトと前記第2オブジェクトは、
    利用者が、
    前記着磁対象物の前記平面Aと前記第1オブジェクトの前記平面Aとを接した状態、かつ、前記着磁対象物の前記平面Bと前記第2オブジェクトの前記平面Bとを接した状態、で
    前記着磁対象物を前記第2オブジェクトに対して前記y軸の方向に相対的に移動させられるように、
    かつ、
    前記第1オブジェクトの前記x軸及びy軸と、前記第2オブジェクトの前記x軸及び前記y軸と、がなす角が変更可能となるように、
    接合可能とされている着磁器。
  2. 着磁対象物に含まれる着磁可能な物を着磁するための着磁器であって、
    前記着磁対象物の3次元空間上の軸をx,y,zとして、
    前記着磁対象物が含む前記着磁可能な物は、x平面Aまたはその近傍に含まれ、
    前記着磁対象物は、更に、y平面Bを含み、
    前記着磁器は、
    前記着磁対象物の前記平面Aに、
    方向の2つの直線を境界とし、x方向に略所定の長さMを有する形状のN極またはS極のいずれか一方の磁極の領域が、略所望長Lの中心間距離で形成されるように、
    前記着磁対象物が含む前記着磁可能な物を着磁するものであって、
    前記着磁器は、第1オブジェクトと第2オブジェクトを含み、
    前記第1オブジェクトの3次元空間上の軸をx,y,zとして、
    前記第1オブジェクトは、
    平面Aと、
    前記平面Aのx方向の一つの直線に沿って、所定の略中心軸間距離L(L≧L)で前記一方の磁極に対する他方の磁極が並び、磁束密度についての所定の条件を満たす略同一形状の磁場を形成する複数個の磁石と、を含み、
    前記第2オブジェクトの3次元空間上の軸をx,y,zとして、
    前記第2オブジェクトは、y平面Bを含み、
    前記第1オブジェクトと前記第2オブジェクトは、
    利用者が、
    前記着磁対象物の前記平面Aと前記第1オブジェクトの前記平面Aとを接した状態、かつ、前記着磁対象物の前記平面Bと前記第2オブジェクトの前記平面Bとを接した状態、で
    前記着磁対象物を前記第2オブジェクトに対して前記y軸の方向に相対的に移動させられるように、
    かつ、
    前記第1オブジェクトの前記x軸及びy軸と、前記第2オブジェクトの前記x軸及び前記y軸と、がなす角が変更可能となるように、
    接合可能とされている着磁器。
  3. 請求項1または2の着磁器であって、
    前記第1オブジェクトと前記第2オブジェクトのうちの何れか一方には、予め定めた複数個の所望長Lの候補のそれぞれに対応する複数個の直線部位αが含まれており、
    前記第1オブジェクトと前記第2オブジェクトのうちの他方には、1つの直線部位βが含まれており、
    前記複数個の直線部位αと、前記直線部位βと、は、
    所望長Lに対応する前記直線部位αと、前記直線部位βと、を利用者が重ね合せることにより、
    前記第1オブジェクトの前記x軸に対して前記第2オブジェクトの前記y軸がなす角θが
    となるようにされている着磁器。
  4. 請求項1から3の何れかの前記着磁器が含む前記第1オブジェクトとして機能する着磁用部品であって、
    予め定めた複数個の所望長Lの候補にそれぞれ対応する複数個の直線部位α’が利用者の垂直指標として利用者に視認可能とされており、
    および/または、
    予め定めた複数個の所望長Lの候補にそれぞれ対応する複数個の直線部位γ’が利用者の平行指標として利用者に視認可能とされており、
    前記x軸に対して前記直線部位α’がなす各Θ、および/または、前記y軸に対して前記直線部位γ’がなす各Θは、
    であり、
    利用者が、
    前記着磁対象物の前記平面Aと前記平面Aとを接した状態、かつ、
    前記複数個の垂直指標のうちの所望長Lに対応する垂直指標が前記y軸の方向と略垂直となるように、および/または、前記複数個の平行指標のうちの所望長Lに対応する平行指標が前記y軸の方向と略平行となるように、把持した状態で、前記着磁対象物に対して相対的に移動させることが可能である着磁用部品。
  5. 着磁対象物に含まれる着磁可能な物を着磁するための着磁器であって、
    前記着磁対象物の3次元空間上の軸をx,y,zとして、
    前記着磁対象物が含む前記着磁可能な物は、x平面Aまたはその近傍に含まれ、
    前記着磁器は、
    前記着磁対象物の前記平面Aに、
    方向の2つの直線を境界とし、x方向に略所望長Lを有する形状の領域であるN極の領域とS極の領域とが交互に形成されるように、
    前記着磁対象物が含む前記着磁可能な物を着磁するものであって、
    前記着磁器の3次元空間上の軸をx,y,zとして、
    前記着磁器は、
    平面Aと、
    前記平面Aのx方向の一つの直線に沿って、所定の略中心軸間距離L(L≧L)でN極とS極が交互に並び、磁束密度についての所定の条件を満たす略同一形状の磁場を形成する複数個の磁石と、を含み、
    予め定めた複数個の所望長Lの候補にそれぞれ対応する複数個の直線部位α’が利用者の垂直指標として利用者に視認可能とされており、
    および/または、
    予め定めた複数個の所望長Lの候補にそれぞれ対応する複数個の直線部位γ’が利用者の平行指標として利用者に視認可能とされており、
    前記x軸に対して前記直線部位α’がなす各Θ、および/または、前記y軸に対して前記直線部位γ’がなす各Θは、
    であり、
    利用者が、
    前記着磁対象物の前記平面Aと前記平面Aとを接した状態、かつ、
    前記複数個の垂直指標のうちの所望長Lに対応する垂直指標が前記y軸の方向と略垂直となるように、および/または、前記複数個の平行指標のうちの所望長Lに対応する平行指標が前記y軸の方向と略平行となるように、把持した状態で、前記着磁対象物に対して相対的に移動させることが可能である着磁器。
  6. 着磁対象物に含まれる着磁可能な物を着磁するための着磁器であって、
    前記着磁対象物の3次元空間上の軸をx,y,zとして、
    前記着磁対象物が含む前記着磁可能な物は、x平面Aまたはその近傍に含まれ、
    前記着磁器は、
    前記着磁対象物の前記平面Aに、
    少なくとも、y方向の2つの直線を境界とし、x方向に略所定の長さMを有する形状のN極またはS極のいずれか一方の磁極の領域が、略所望長Lの中心間距離で形成されるように、
    前記着磁対象物が含む前記着磁可能な物を着磁するものであって、
    前記着磁器の3次元空間上の軸をx,y,zとして、
    前記着磁器は、
    平面Aと、
    前記平面Aのx方向の一つの直線に沿って、所定の略中心軸間距離L(L≧L)で前記一方の磁極に対する他方の磁極が並び、磁束密度についての所定の条件を満たす略同一形状の磁場を形成する複数個の磁石と、を含み、
    予め定めた複数個の所望長Lの候補にそれぞれ対応する複数個の直線部位α’が利用者の垂直指標として利用者に視認可能とされており、
    および/または、
    予め定めた複数個の所望長Lの候補にそれぞれ対応する複数個の直線部位γ’が利用者の平行指標として利用者に視認可能とされており、
    前記x軸に対して前記直線部位α’がなす各Θ、および/または、前記y軸に対して前記直線部位γ’がなす各Θは、
    であり、
    利用者が、
    前記着磁対象物の前記平面Aと前記平面Aとを接した状態、かつ、
    前記複数個の垂直指標のうちの所望長Lに対応する垂直指標が前記y軸の方向と略垂直となるように、および/または、前記複数個の平行指標のうちの所望長Lに対応する平行指標が前記y軸の方向と略平行となるように、把持した状態で、前記着磁対象物に対して相対的に移動させることが可能である着磁器。
JP2017195929A 2017-10-06 2017-10-06 着磁器および着磁用部品 Active JP6532922B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2017195929A JP6532922B2 (ja) 2017-10-06 2017-10-06 着磁器および着磁用部品

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2017195929A JP6532922B2 (ja) 2017-10-06 2017-10-06 着磁器および着磁用部品

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2019071327A true JP2019071327A (ja) 2019-05-09
JP6532922B2 JP6532922B2 (ja) 2019-06-19

Family

ID=66441634

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2017195929A Active JP6532922B2 (ja) 2017-10-06 2017-10-06 着磁器および着磁用部品

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6532922B2 (ja)

Also Published As

Publication number Publication date
JP6532922B2 (ja) 2019-06-19

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CA2733214C (en) Accessory device with magnetic attachment
JP4707833B2 (ja) 磁気固定アセンブリおよび関連アセンブリを形成するモジュール
CA2223139C (en) Magnetic cards
TWI275863B (en) Flexible substrate being able to prevent plastic deformation and flexible image display
US7750781B2 (en) Coded linear magnet arrays in two dimensions
US5600910A (en) Modular display system
US3426453A (en) Magnetic display device
US3648269A (en) Magnetic fluid display device
CN103869445B (zh) 光学调节装置
US7336006B2 (en) Magnetic actuator with reduced magnetic flux leakage and haptic sense presenting device
US20110090033A1 (en) Magnetic arrays with increased magnetic flux
CA2733236A1 (en) Electronic device with magnetic attachment
EP1227526A3 (en) Magnetic sensor and method of producing the same
TW200937466A (en) Power receiving coil block
US20090295521A1 (en) Ring Magnet Structure Having A Coded Magnet Pattern
JPWO2012011191A1 (ja) ロータとipmモータ
US3942147A (en) Magnetic boards and components
US3716935A (en) Magnetic board with chart and markers
TW200400846A (en) Set of elements for assembling structures
CN102138273B (zh) 具有图案化磁体阵列的直线电机
EP1193778A3 (en) Magnetization reversal methods for magnetic film, magnetoresistive films, and magnetic memories using them
JP2004015978A (ja) リニアモータ
KR101331717B1 (ko) 자기 패턴을 제공하는 물질을 갖는 자기 인코더 요소
FR2476375A1 (fr) Dispositif pour l&#39;aimantation multipolaire d&#39;un materiau en bandes
EP1736853A2 (en) Key sheet for a pointing device and pointing device

Legal Events

Date Code Title Description
TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20190521

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20190522

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6532922

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150