JP2019006045A - 画像形成装置及びその制御方法、並びにプログラム - Google Patents

画像形成装置及びその制御方法、並びにプログラム Download PDF

Info

Publication number
JP2019006045A
JP2019006045A JP2017125225A JP2017125225A JP2019006045A JP 2019006045 A JP2019006045 A JP 2019006045A JP 2017125225 A JP2017125225 A JP 2017125225A JP 2017125225 A JP2017125225 A JP 2017125225A JP 2019006045 A JP2019006045 A JP 2019006045A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
user
name
job data
user identification
identification
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2017125225A
Other languages
English (en)
Other versions
JP6946074B2 (ja
Inventor
剛 穂岐山
Takeshi Hokiyama
剛 穂岐山
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Canon Inc
Original Assignee
Canon Inc
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Canon Inc filed Critical Canon Inc
Priority to JP2017125225A priority Critical patent/JP6946074B2/ja
Publication of JP2019006045A publication Critical patent/JP2019006045A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6946074B2 publication Critical patent/JP6946074B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N1/00Scanning, transmission or reproduction of documents or the like, e.g. facsimile transmission; Details thereof
    • H04N1/0035User-machine interface; Control console
    • H04N1/00501Tailoring a user interface [UI] to specific requirements
    • H04N1/00509Personalising for a particular user or group of users, e.g. a workgroup or company
    • H04N1/00514Personalising for a particular user or group of users, e.g. a workgroup or company for individual users
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
    • G06F21/00Security arrangements for protecting computers, components thereof, programs or data against unauthorised activity
    • G06F21/60Protecting data
    • G06F21/606Protecting data by securing the transmission between two devices or processes
    • G06F21/608Secure printing
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
    • G06F3/00Input arrangements for transferring data to be processed into a form capable of being handled by the computer; Output arrangements for transferring data from processing unit to output unit, e.g. interface arrangements
    • G06F3/12Digital output to print unit, e.g. line printer, chain printer
    • G06F3/1201Dedicated interfaces to print systems
    • G06F3/1202Dedicated interfaces to print systems specifically adapted to achieve a particular effect
    • G06F3/1203Improving or facilitating administration, e.g. print management
    • G06F3/1204Improving or facilitating administration, e.g. print management resulting in reduced user or operator actions, e.g. presetting, automatic actions, using hardware token storing data
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
    • G06F3/00Input arrangements for transferring data to be processed into a form capable of being handled by the computer; Output arrangements for transferring data from processing unit to output unit, e.g. interface arrangements
    • G06F3/12Digital output to print unit, e.g. line printer, chain printer
    • G06F3/1201Dedicated interfaces to print systems
    • G06F3/1202Dedicated interfaces to print systems specifically adapted to achieve a particular effect
    • G06F3/1222Increasing security of the print job
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
    • G06F3/00Input arrangements for transferring data to be processed into a form capable of being handled by the computer; Output arrangements for transferring data from processing unit to output unit, e.g. interface arrangements
    • G06F3/12Digital output to print unit, e.g. line printer, chain printer
    • G06F3/1201Dedicated interfaces to print systems
    • G06F3/1223Dedicated interfaces to print systems specifically adapted to use a particular technique
    • G06F3/1237Print job management
    • G06F3/1238Secure printing, e.g. user identification, user rights for device usage, unallowed content, blanking portions or fields of a page, releasing held jobs
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
    • G06F3/00Input arrangements for transferring data to be processed into a form capable of being handled by the computer; Output arrangements for transferring data from processing unit to output unit, e.g. interface arrangements
    • G06F3/12Digital output to print unit, e.g. line printer, chain printer
    • G06F3/1201Dedicated interfaces to print systems
    • G06F3/1223Dedicated interfaces to print systems specifically adapted to use a particular technique
    • G06F3/1237Print job management
    • G06F3/1253Configuration of print job parameters, e.g. using UI at the client
    • G06F3/1256User feedback, e.g. print preview, test print, proofing, pre-flight checks
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
    • G06F3/00Input arrangements for transferring data to be processed into a form capable of being handled by the computer; Output arrangements for transferring data from processing unit to output unit, e.g. interface arrangements
    • G06F3/12Digital output to print unit, e.g. line printer, chain printer
    • G06F3/1201Dedicated interfaces to print systems
    • G06F3/1278Dedicated interfaces to print systems specifically adapted to adopt a particular infrastructure
    • G06F3/1285Remote printer device, e.g. being remote from client or server
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N1/00Scanning, transmission or reproduction of documents or the like, e.g. facsimile transmission; Details thereof
    • H04N1/0035User-machine interface; Control console
    • H04N1/00405Output means
    • H04N1/00408Display of information to the user, e.g. menus
    • H04N1/00411Display of information to the user, e.g. menus the display also being used for user input, e.g. touch screen

Abstract

【課題】環境に適したユーザ識別IDを提供することができる画像形成装置を提供する。【解決手段】MFP106は、受信した印刷データ200がドメイン名(コンピュータ名)及びユーザ名を含む場合、設定画面1100の設定情報に基づいてドメイン名(コンピュータ名)及びユーザ名で構成されたユーザ識別ID、及びユーザ名のみで構成されたユーザ識別IDの何れかを生成する。【選択図】図9

Description

本発明は、画像形成装置及びその制御方法、並びにプログラムに関する。
パーソナライズ機能を有する画像形成装置としてのMFPが知られている。MFPでは、例えば、留め置き印刷を行うためにMFPに保持された印刷データをユーザに選択させる際にパーソナライズ機能が利用される。MFPでは、各ユーザのアイコン画像がMFPの表示部に表示され、選択されたアイコン画像に対応付けされた印刷データの一覧情報が表示される(例えば、特許文献1参照)。MFPは、留め置き印刷を行うための印刷データをPC等から受信した際に、上記印刷データを解析して印刷データの送信指示を行ったユーザを示すユーザ名を取得する。MFPは取得したユーザ名に対し、受信した印刷データ及びアイコン画像を対応付けする。
ところで、MFPは様々なオフィス環境で利用され、MFPを利用する各ユーザのユーザ名の一意性が管理されていないオフィス環境で利用される場合がある。この場合、異なるユーザ同士のユーザ名が一致していると、一致しているユーザ名に対し、異なるユーザが送信した印刷データが対応付けされてしまうという不具合が生じる。これに対し、MFPは、印刷データをPC等から受信した際に、上記印刷データから送信元のPCを示すコンピュータ名や、上記PCが利用するドメインを示すドメイン名を取得する。MFPは取得したコンピュータ名及びドメイン名の何れかとユーザ名とを組み合わせたユーザ識別IDを生成する(例えば、特許文献2参照)。これにより、MFPを利用する各ユーザのユーザ名の一意性が管理されていないオフィス環境において、各ユーザに対して固有のユーザ識別IDが生成され、上述した不具合の発生を防止することができる。このようにして、従来のMFPでは、ユーザのオフィス環境に適したユーザ識別IDが提供される。
特開2012−254618号公報 特開2016−25417号公報
しかしながら、従来のMFPでは、ユーザのオフィス環境に適したユーザ識別IDを提供することができない場合がある。例えば、MFPを利用する各ユーザのユーザ名の一意性が管理されているオフィス環境では、ユーザ名のみで構成されたユーザ識別IDを使用しても、上述した不具合が生じないが、従来のMFPでは、このようなオフィス環境においても、コンピュータ名及びドメイン名の何れかとユーザ名とを組み合わせたユーザ識別IDが生成される。その結果、同じユーザに対して、コンピュータ名やドメイン名が異なる複数のユーザ識別IDが生成され、各ユーザ識別IDに対応付けされた複数のアイコン画像が表示され、アイコン画像の表示が煩雑になってしまう。
本発明の目的は、環境に適したユーザ識別IDを提供することができる画像形成装置及びその制御方法、並びにプログラムを提供することにある。
上記目的を達成するために、本発明の画像形成装置は、ユーザに操作された外部装置から受信したジョブデータを保持し、前記ユーザの指示に応じて前記ジョブデータを実行する画像形成装置であって、前記受信したジョブデータに含まれる前記ユーザに関連するユーザ関連情報に基づいて前記ジョブデータを管理するためのユーザ識別IDを生成する生成手段と、前記ユーザ識別IDの構成に関する設定情報を前記ユーザに設定させる設定手段とを備え、前記受信したジョブデータが前記ユーザ関連情報として前記外部装置が利用するドメインを示すドメイン名及び前記外部装置を操作したユーザを示すユーザ名を含む場合、前記生成手段は、前記設定情報に基づいて前記ドメイン名及び前記ユーザ名で構成された第1のユーザ識別ID、及び前記ユーザ名のみで構成された第2のユーザ識別IDの何れかを生成することを特徴とする。
また、上記目的を達成するために、本発明の画像形成装置は、ユーザに操作された外部装置から受信したジョブデータを保持し、前記ユーザの指示に応じて前記ジョブデータを実行する画像形成装置であって、前記受信したジョブデータに含まれる前記ユーザに関連するユーザ関連情報に基づいて前記ジョブデータを管理するためのユーザ識別IDを生成する生成手段と、前記ユーザ識別IDの構成に関する設定情報を前記ユーザに設定させる設定手段とを備え、前記受信したジョブデータが前記ユーザ関連情報として前記外部装置を示すコンピュータ名及び前記外部装置を操作したユーザを示すユーザ名を含む場合、前記生成手段は、前記設定情報に基づいて前記コンピュータ名及び前記ユーザ名で構成された第1のユーザ識別ID、及び前記ユーザ名のみで構成された第2のユーザ識別IDの何れかを生成することを特徴とする。
本発明によれば、環境に適したユーザ識別IDを提供することができる。
本発明の実施の形態に係る画像形成装置としてのMFPを含む印刷システムの構成を概略的に示すネットワーク図である。 図1のPCから送信される印刷データの一例を示す図である。 図1の操作部に表示される各画面の一例を示す図である。 図1のMFPのソフトウェアの構成を概略的に示すブロック図である。 図4のユーザ管理モジュールによって管理されるユーザ管理情報の一例を示す図である。 図4のアプリケーション管理モジュールによって管理される管理リストの一例を示す図である。 図1の印刷システムによって実行される留め置き印刷処理の手順を示すタイミングチャートである。 図7のステップS702の印刷データ登録処理の手順を示すフローチャートである。 図8のステップS802のユーザ識別ID登録処理の手順を示すフローチャートである。 図1の操作部に表示されるユーザ選択画面の一例を示す図である。 図1の操作部に表示される設定画面の一例を示す図である。 本実施の形態における条件毎のユーザ識別IDの構成を説明するための図である。 図9のユーザ識別ID登録処理の第1の変形例の手順を示すフローチャートである。 図9のユーザ識別ID登録処理の第2の変形例の手順を示すフローチャートである。 図1の操作部に表示される注意喚起画面の一例を示す図である。
以下、本発明の実施の形態を図面を参照しながら詳述する。
図1は、本発明の実施の形態に係る画像形成装置としてのMFP106を含む印刷システム100の構成を概略的に示すネットワーク図である。
印刷システム100は、サーバ装置101、PC102〜105、及びMFP106を備え、サーバ装置101、PC102〜PC105、及びMFP106はLAN107を介して互いに接続されている。なお、本実施の形態では、ユーザAがPC102、103を使用し、ユーザBがPC104,105を使用することとする。
サーバ装置101はディレクトリサービスを提供するアクティブディレクトリのドメインコントローラ等であり、LAN107を介して接続された装置のドメインを管理する。本実施の形態では、サーバ装置101はPC102〜105のうち、PC104,105が利用するドメインを管理する。これにより、サーバ装置101が管理するドメイン内においてPC104,105を使用するユーザBの一意性が担保され、ユーザBのユーザ名とサーバ装置101が管理するドメインを利用する他のユーザのユーザ名とが一致することはない。PC102〜PC105はユーザの指示によってMFP106にジョブデータ、例えば、印刷を行うための図2の印刷データ200を送信する。印刷データ200はヘッダー情報201及び実データ202を備える。ヘッダー情報201は、印刷データ200の送信を指示したユーザに関する情報や上記ユーザが操作したPCに関する情報といったユーザ関連情報を含む。例えば、サーバ装置101によって管理されるドメインを利用しないPC102,103から送信される印刷データには、ユーザ関連情報として上記ユーザを示すユーザ名及びPC102,103を示すコンピュータ名が含まれる。一方、サーバ装置101によって管理されるドメインを利用するPC104,105から送信される印刷データには、ユーザ関連情報としてユーザ名及びコンピュータ名の他に、PC104,105が利用するドメインを示すドメイン名が含まれる。実データ202は印刷内容を示す複数のコマンドを含む。MFP106はスキャン処理や印刷処理等の各ジョブを実行する。また、MFP106はPC102〜PC105等から受信した印刷データを即座に実行せずに一旦保持し、保持された印刷データの印刷をユーザの指示に応じて実行する留め置き印刷を行う。
次に、MFP106のハードウェア構成について説明する。
MFP106は、制御部108、操作部115、プリンタ部117、及びスキャナ部121を備え、制御部108は操作部115、プリンタ部117、及びスキャナ部121と接続されている。制御部108は、CPU109、FlashROM110、RAM111、HDD112、操作部I/F114、プリンタI/F116、スキャナI/F120、USBホストI/F122、ネットワークI/F124、及びSRAM125を備える。CPU109、FlashROM110、RAM111、HDD112、操作部I/F114、プリンタI/F116、スキャナI/F120、USB−ホストI/F122、ネットワークI/F124、及びSRAM125はシステムバス126を介して互いに接続されている。プリンタ部117はCPU118及びFlashROM119を備える。
制御部108はMFP106全体を統括的に制御する。CPU109は、FlashROM110に格納された制御部108用プログラム及びHDD112のプログラム領域113に格納されたプログラムをRAM111に読み出して実行する。例えば、CPU109は、HDD112に格納されたプリント用アプリケーションプログラムを実行して、HDD112に格納された印刷データ200等をプリンタ部117が印刷可能な画像データに変換する。また、CPU109は、HDD112に格納されたスキャン用アプリケーションプログラムを実行して、スキャナ部121による画像データの読み取り処理を制御し、読み取った画像データをHDD112に転送する。
FlashROM110は制御部108用プログラム等の複数のプログラムを格納する。RAM111はCPU109の作業領域として、また、各データの一時格納領域として用いられる。HDD112はネットワークI/F124を介してPC102〜PC105等から受信した印刷データ200や、上記変換された画像データ等を格納する。操作部I/F114はユーザが操作部115を操作して入力した指示をCPU109に転送する。また、操作部I/F114は操作部115の表示内容を切替えるための表示切替指示をCPU109から受信し、受信した表示切替指示を操作部115に転送する。
操作部115は図示しない表示部及び複数の操作キーを備え、上記表示部に図3(a)の操作画面300等を表示し、各ジョブの実行指示を受け付ける。操作画面300はコピーボタン301、スキャンして送信ボタン302、設定・登録ボタン303、及びパーソナルプリントボタン304を備える。コピーボタン301はコピー処理の実行指示を行うための操作ボタンである。スキャンして送信ボタン302はスキャナ部121による画像データの読み取り指示、及び読み取った画像データを電子メール等で外部装置に送信する指示を行うための操作ボタンである。設定・登録ボタン303は、操作部115の表示を操作画面300からMFP106の各設定を行う画面に切り替える指示を行うための操作ボタンである。パーソナルプリントボタン304は、操作部115の表示を操作画面300から保持された印刷データの実行指示を行う画面に切り替える指示を行うための操作ボタンである。パーソナルプリントボタン304が選択されると、操作部115には図3(b)のユーザ選択画面305が表示される。ユーザ選択画面305には、各ユーザのユーザアイコンが表示される。ユーザ選択画面305において、例えば、ユーザアイコン306が選択されると、操作部115にはMFP106に保持された複数の印刷データのうち、ユーザアイコン306に対応するユーザがMFP106に送信した印刷データの一覧情報が表示される。ユーザは表示された印刷データの中から所望の印刷データを選択し、選択した印刷データの実行指示を行うことができる。
プリンタI/F116は制御部108及びプリンタ部117を接続するためのI/Fである。プリンタ部117はCPU118及びFlashROM119を備え、CPU118がFlashROM119に格納されたプログラムを実行することにより、印刷処理を実行する。印刷処理では、プリンタI/F116を介してHDD112から取得した画像データに基づいてプリンタ部117が用紙に印刷を行う。スキャナI/F120は制御部108及びスキャナ部121を接続するためのI/Fである。スキャナ部121はCCD(Charge Coupled Device)等によって構成されるラインセンサを用いて原稿上の画像を画像データとして読み取る。また、スキャナ部121は、読み取った画像データをスキャナI/F120を介してHDD112へ転送する。USB−ホストI/F122は制御部108及び外部USBデバイス123を接続するためのI/Fである。外部USBデバイス123はUSBメモリやUSBキーボード等である。ネットワークI/F124は制御部108をLAN107に接続し、LAN107上のPC102〜PC105やサーバ装置101と通信を行う。SRAM125は制御部108用プログラムの実行に必要なMFP106の設定値等を格納する。
図4は、図1のMFP106のソフトウェアの構成を概略的に示すブロック図である。
図4において、MFP106は、画面表示管理モジュール401、ジョブ管理モジュール402、設定管理モジュール405、及びユーザ認証識別モジュール406を備える。ジョブ管理モジュール402はジョブデータ受信モジュール403及びジョブデータ管理モジュール404を備える。ユーザ認証識別モジュール406は、認証手段管理モジュール407、ユーザ管理モジュール408、及びアプリケーション管理モジュール409を備える。上記モジュールの処理は、CPU109がFlashROM110やHDD112に格納されたプログラムを実行することによって行われる。
画面表示管理モジュール401は操作部115における表示制御を行う。ジョブ管理モジュール402はMFP106が受信した印刷データ200を管理する。ジョブデータ受信モジュール403はMFP106が受信した印刷データ200のヘッダー情報201を解析する。ジョブデータ管理モジュール404は、印刷データ200のヘッダー情報201からユーザ識別IDの作成に必要となる情報を取得し、取得した情報で構成されるユーザ識別IDを生成する。例えば、受信した印刷データ200のヘッダー情報201にユーザ名として「UserA」、また、コンピュータ名として「PC−A」が設定されていた場合、ジョブデータ管理モジュール404は上記ユーザ名及びドメイン名に基づいてユーザ識別ID「UserA@PC−A」を生成する。設定管理モジュール405はMFP106に関する設定を一元的に管理する。
ユーザ認証識別モジュール406はMFP106におけるユーザ認証の実行を制御する。認証手段管理モジュール407は「ユーザ認証を適用しない」、「デバイス利用時に必ず認証を要求する(デバイス認証)」、「認証が必要なアプリケーションが選択されたときに認証を要求する(機能選択時認証)」の何れでシステムを動作させるかについて管理する。
ユーザ管理モジュール408は図5のユーザ管理情報500を管理する。ユーザ管理情報500は生成したユーザ識別IDを管理するための情報であり、ユーザ識別ID501、表示名502、メールアドレス503、及び部署504を備える。ユーザ識別ID501は生成したユーザ識別IDを示す文字列である。表示名502は生成したユーザ識別IDのユーザアイコン上に表示される文字列である。本実施の形態では、例えば、ユーザ識別ID「UserA@PC−A」に対し、@を削除し且つ改行した文字列、又は@をスペースに変更した文字列が表示名502に設定される。メールアドレス503は生成したユーザ識別IDに対応するユーザのメールアドレスであり、部署504は生成したユーザ識別IDに対応するユーザが所属する部署を示す部署名である。なお、ユーザ管理情報500における表示名502、メールアドレス503、及び部署504の各情報は、ユーザが操作部115を操作して登録及び編集可能であるが、ユーザ識別ID501の情報はユーザによって登録及び編集不可能である。これにより、MFP106において生成されたユーザ識別IDの一意性が担保される。また、ユーザから取得したユーザ情報を認証するための認証用パスワードにユーザ識別ID501の情報を関連付けすることにより、MFP106のユーザ認証機能を有効にした際にユーザから取得したユーザ情報を認証するための認証用IDとして利用可能となる。
アプリケーション管理モジュール409は図6の管理リスト600を管理する。管理リスト600は、認証手段管理モジュール407において「機能選択時認証」が設定されている際にユーザ認証・識別が必要なアプリケーションを管理するためのリストである。図6では、例えば、「パーソナルプリント」、「スキャンして送信」、及び「設定・登録」を利用する際にユーザ認証・識別を行い、「コピー」を利用する際にユーザ認証・識別を行わないことが設定されている。なお、本実施の形態では、認証機能が有効である場合にはユーザ認証・識別の両方が行われるが、認証機能が無効である場合にはユーザ識別のみが行われる。
次に、印刷システム100における留め置き印刷について説明する。
図7は、図1の印刷システム100によって実行される留め置き印刷処理の手順を示すタイミングチャートである。
図7において、ユーザがPC102〜105の何れかにログインし、ログインしたPCに対して印刷指示を行うと、上記PCはMFP106に印刷データ200を送信する(ステップS701)。
一方、MFP106は、後述する図8の印刷データ登録処理を行い(ステップS702)、受信した印刷データ200を登録する。次いで、MFP106は、印刷指示を行ったユーザによるログイン要求に応じてログイン処理を行う。その後、MFP106は、操作部115に表示された操作画面300において、MFP106にログインしたユーザ(以下、「MFPログインユーザ」という。)によってパーソナルプリントボタン304が選択されると、ユーザ選択画面305を操作部115に表示する。MFP106は、ユーザ選択画面305においてMFPログインユーザによって選択されたユーザアイコンに対応する印刷データの一覧情報を表示する(ステップS703)。次いで、MFP106は、表示された印刷データの中からMFPログインユーザによって選択された印刷データの実行指示を受けると、選択された印刷データに基づいて用紙に印刷を行い(ステップS704)、本処理を終了する。
図8は、図7のステップS702の印刷データ登録処理の手順を示すフローチャートである。
図8の処理は、CPU109がFlashROM110やHDD112に格納されたプログラムを実行することによって行われる。
図8において、CPU109は、PCから印刷データ200を受信し(ステップS801)、後述する図9のユーザ識別ID登録処理を実行し(ステップS802)、印刷データ200に基づいて生成したユーザ識別IDを登録する。次いで、CPU109は留め置き印刷を行うための印刷データとして印刷データ200を登録し(ステップS803)、本処理を終了する。
図9は、図8のステップS802のユーザ識別ID登録処理の手順を示すフローチャートである。
印刷システム100では、サーバ装置101が管理するドメイン内でユーザ名の一意性が管理されているユーザB等の他に、上記ドメインを利用しないユーザAもMFP106を利用する。ドメイン以外の他の方法で、ユーザAのユーザ名が、MFP106を利用する各ユーザのユーザ名と一致しないように管理されてない場合、例えば、ユーザA及びユーザBの各ユーザ名が一致してしまうことがある。この場合、ユーザBのユーザ識別IDに、ユーザAが送信した印刷データが対応付けされてしまうという不具合が生じる。このため、MFP106を利用する全ユーザのユーザ名の一意性が管理されていない環境では、各ユーザに固有のユーザ識別IDを提供するために、ユーザ識別IDには、ユーザ名だけでなく、ドメイン名やコンピュータ名を含める必要がある。
一方、ドメイン以外の他の方法で、ユーザAのユーザ名が、MFP106を利用する各ユーザのユーザ名と一致しないように管理されている場合、例えば、ユーザAのユーザ名がMFP106を利用する他のユーザのユーザ名と一致することはない。この場合、ユーザ名のみで構成されたユーザ識別IDを使用しても、各ユーザの一意性を担保可能である。むしろ、このような場合、ドメイン名やコンピュータ名を含むユーザ識別IDを生成すると、同じユーザが、異なるドメインや異なるPCを使用した場合、各ドメイン及びPCに対応して複数のユーザ識別IDが生成される。その結果、図10(a)のユーザアイコン1002,1003やユーザアイコン1004,1005のように、各ユーザ識別IDに対応する複数の同一ユーザのユーザアイコンが操作部115に表示され、ユーザアイコンの表示が煩雑になってしまう。このため、MFP106を利用する全ユーザのユーザ名の一意性が管理されている環境では、同一ユーザの不要なユーザ識別IDが生成されないように、ユーザ名のみで構成されたユーザ識別IDを生成する必要がある。近年では、上述した各環境に応じて適切なユーザ識別IDを生成可能なMFPが強く求められている。
これに対して、本実施の形態では、受信した印刷データ200がドメイン名(コンピュータ名)及びユーザ名を含む場合、後述する図11の設定画面1100において設定された設定情報に基づいてドメイン名(コンピュータ名)及びユーザ名で構成されたユーザ識別ID、及びユーザ名のみで構成されたユーザ識別IDの何れかが生成される。
図9において、CPU109は、受信した印刷データ200のヘッダー情報201をジョブデータ受信モジュール403によって解析し、ヘッダー情報201にユーザ名が含まれているか否かを判別する(ステップS901)。
ステップS901の判別の結果、ヘッダー情報201にユーザ名が含まれているとき、CPU109は、ヘッダー情報201にドメイン名が含まれているか否かを判別する(ステップS902)。
ステップS902の判別の結果、ヘッダー情報201にドメイン名が含まれているとき、CPU109はユーザ識別IDの構成を設定する図11の設定画面1100において設定された設定情報を確認する。設定画面1100は、MFP106の管理者のみが操作可能であり、チェックボックス1101,1102、OKボタン1103及びキャンセルボタン1104を備える。チェックボックス1101では、ユーザ識別IDにドメイン名を付加するか否かが設定される。チェックボックス1101がオンに設定されると、ユーザ識別IDにドメイン名を付加する旨が設定され、チェックボックス1101がオフに設定されると、ユーザ識別IDにドメイン名を付加しない旨が設定される。チェックボックス1102はチェックボックス1101がオンに設定された場合のみ操作可能となり、チェックボックス1102では、ユーザ識別IDにコンピュータ名を付加するか否かが設定される。チェックボックス1102がオンに設定されると、ユーザ識別IDにコンピュータ名を付加する旨が設定され、チェックボックス1102がオフに設定されると、ユーザ識別IDにコンピュータ名を付加しない旨が設定される。チェックボックス1101,1102の各設定が行われ、OKボタン1103が選択されると、CPU109はチェックボックス1101,1102の設定情報を保存する。一方、チェックボックス1101,1102の各設定が行われ、キャンセルボタン1104が選択されると、CPU109はチェックボックス1101,1102の各設定をリセットし、また、設定画面1100を閉じる。CPU109は設定画面1100においてチェックボックス1101がオンであるか否か、つまり、ユーザ識別IDにドメイン名を付加する旨が設定されているか否かを判別する(ステップS903)。
ステップS903の判別の結果、ドメイン名を付加する旨が設定されているとき、CPU109は印刷データ200のヘッダー情報201に含まれるユーザ名及びドメイン名で構成される第1の構成のユーザ識別IDを生成する(ステップS904)。次いで、CPU109は生成したユーザ識別IDがユーザ管理情報500に登録されているか否かを判別する(ステップS905)。
ステップS905の判別の結果、生成したユーザ識別IDがユーザ管理情報500に登録されているとき、CPU109は本処理を終了する。一方、ステップS905の判別の結果、生成したユーザ識別IDがユーザ管理情報500に登録されていないとき、CPU109は生成したユーザ識別IDをユーザ管理情報500に登録し(ステップS906)、本処理を終了する。
ステップS903の判別の結果、ドメイン名を付加する旨が設定されていないとき(例えば、チェックボックス1101がオフ)、CPU109は印刷データ200のヘッダー情報201に含まれるユーザ名のみで構成される第2の構成のユーザ識別IDを生成する(ステップS907)。その後、CPU109はステップS905以降の処理を行う。
ステップS902の判別の結果、ヘッダー情報201にドメイン名が含まれていないとき、CPU109はヘッダー情報201にコンピュータ名が含まれているか否かを判別する(ステップS908)。
ステップS908の判別の結果、ヘッダー情報201にコンピュータ名が含まれているとき、CPU109は設定画面1100においてチェックボックス1102がオンであるか否か、つまり、ユーザ識別IDにコンピュータ名を付加する旨が設定されているか否かを判別する(ステップS909)。
ステップS909の判別の結果、コンピュータ名を付加する旨が設定されているとき、CPU109は印刷データ200のヘッダー情報201に含まれるユーザ名及びコンピュータ名で構成される第3の構成のユーザ識別IDを生成する(ステップS910)。その後、CPU109はステップS905以降の処理を行う。
ステップS909の判別の結果、コンピュータ名を付加する旨が設定されていないとき(例えば、チェックボックス1102がオフ)、CPU109は第2の構成のユーザ識別IDを生成する(ステップS911)。その後、CPU109はステップS905以降の処理を行う。
ステップS908の判別の結果、ヘッダー情報201にコンピュータ名が含まれていないとき、CPU109は第2の構成のユーザ識別IDを生成し(ステップS912)、ステップS905以降の処理を行う。このように、本実施の形態では、図12に示すように、設定画面1100の設定情報及び印刷データに含まれるユーザ関連情報に基づいてオフィス環境に適した異なる構成のユーザ識別IDが生成される。例えば、MFP106を利用する全ユーザのユーザ名の一意性が管理されていない場合に、チェックボックス1101,1102がオンに設定され、各ユーザに対して、ユーザ名の他に、ドメイン名やコンピュータ名が含まれる固有のユーザ識別IDが生成される。一方、MFP106を利用する全ユーザのユーザ名の一意性が管理されている場合に、チェックボックス1101,1102がオフに設定され、各ユーザに対して、ユーザ名のみで構成されるユーザ識別IDが生成される。
ステップS901の判別の結果、ヘッダー情報201にユーザ名が含まれていないとき、CPU109は、ユーザに対応付けされない印刷データとして印刷データ200を保管し(ステップS913)、ステップS905以降の処理を行う。その後、MFP106では、登録されたユーザ識別IDのユーザアイコンを生成し、生成されたユーザアイコンは、ユーザによって操作画面300のパーソナルプリントボタン304が選択された際に操作部115に表示される。例えば、チェックボックス1101,1102がオフに設定された場合、登録されたユーザ識別IDに基づいて図10(b)のユーザ選択画面1006が操作部115に表示される。ユーザ選択画面1006では、ユーザ選択画面1001のように、同一ユーザに対応する異なるユーザアイコンが表示され、ユーザアイコンの表示が煩雑になるようなことはない。
上述した本実施の形態によれば、受信した印刷データ200がドメイン名(コンピュータ名)及びユーザ名を含む場合、設定画面1100の設定情報に基づいてドメイン名(コンピュータ名)及びユーザ名で構成されたユーザ識別ID、及びユーザ名のみで構成されたユーザ識別IDの何れかが生成される。これにより、ユーザが利用するオフィス環境に適したユーザ識別IDを生成することができる。
以上、本発明について、上述した実施の形態を用いて説明したが、本発明は上述した実施の形態に限定されるものではない。例えば、ヘッダー情報201に含まれるユーザ名が、MFP106の管理者を示す「Administrator」と一致する場合、ドメイン名(コンピュータ名)及びユーザ名で構成されたユーザ識別IDを生成しても良い。
図13は、図9のユーザ識別ID登録処理の第1の変形例の手順を示すフローチャートである。
図13の処理は、図9の処理に対し、ステップS903でYESの場合にステップS1301の処理を行い、また、ステップS909でYESの場合にステップS1302の処理を行うことのみ異なる。このため、以下では、図9の処理と異なるステップS1301,1302の処理のみ説明する。
ステップS903の判別の結果、ドメイン名を付加する旨が設定されているとき、CPU109は印刷データ200のヘッダー情報201に含まれるユーザ名が「Administrator」であるか否かを判別する(ステップS1301)。
ステップS1301の判別の結果、印刷データ200のヘッダー情報201に含まれるユーザ名が「Administrator」であるとき、CPU109はステップS904以降の処理を行う。一方、ステップS1301の判別の結果、印刷データ200のヘッダー情報201に含まれるユーザ名が「Administrator」でないとき、CPU109はステップS907以降の処理を行う。
ステップS909の判別の結果、コンピュータ名を付加する旨が設定されているとき、CPU109は印刷データ200のヘッダー情報201に含まれるユーザ名が「Administrator」であるか否かを判別する(ステップS1302)。
ステップS1302の判別の結果、印刷データ200のヘッダー情報201に含まれるユーザ名が「Administrator」であるとき、CPU109はステップS910以降の処理を行う。一方、ステップS1302の判別の結果、印刷データ200のヘッダー情報201に含まれるユーザ名が「Administrator」でないとき、CPU109はステップS911以降の処理を行う。
上述した図13の処理では、印刷データ200に含まれるユーザ名が「Administrator」である場合、ドメイン名(コンピュータ名)及びユーザ名で構成されたユーザ識別IDが生成される。一般的に、「Administrator」は、システムや装置の管理者のユーザ名として広く使用されている。このため、MFP106の管理者と異なる他のユーザが、MFP106以外の装置やシステムの管理者として「Administrator」をユーザ名として使用している場合がある。この場合、「Administrator」のみでユーザ識別IDを生成すると、生成したユーザ識別IDに対し、異なる複数のユーザが送信した印刷データが対応付けされてしまうという不具合が生じる。これに対し、印刷データ200に含まれるユーザ名が「Administrator」である場合、ドメイン名(コンピュータ名)及びユーザ名で構成されたユーザ識別IDが生成される。これにより、ユーザ名が「Administrator」であるユーザに対し、固有のユーザ識別IDを生成することができ、もって、生成したユーザ識別IDに対し、異なる複数のユーザが送信した印刷データが対応付けされてしまうという不具合が生じるのを防止することができる。
上述した本実施の形態では、ヘッダー情報201に含まれるユーザ名が、MFP106の管理者権限を有するユーザのユーザ名と一致する場合、ドメイン名(コンピュータ名)及びユーザ名で構成されたユーザ識別IDを生成しても良い。
図14は、図9のユーザ識別ID登録処理の第2の変形例の手順を示すフローチャートである。
図14の処理は、図9の処理に対し、ステップS903でYESの場合にステップS1401の処理を行い、また、ステップS909でYESの場合にステップS1402の処理を行うことのみ異なる。このため、以下では、図9の処理と異なるステップS1401,1402の処理のみ説明する。
ステップS903の判別の結果、ドメイン名を付加する旨が設定されているとき、CPU109は印刷データ200のヘッダー情報201に含まれるユーザ名がMFP106の管理者権限を有するユーザのユーザ名と一致するか否かを判別する(ステップS1401)。
ステップS1401の判別の結果、ヘッダー情報201に含まれるユーザ名がMFP106の管理者権限を有するユーザのユーザ名と一致するとき、CPU109はステップS904以降の処理を行う。一方、ステップS1401の判別の結果、ヘッダー情報201に含まれるユーザ名がMFP106の管理者権限を有するユーザのユーザ名と一致しないとき、CPU109はステップS907以降の処理を行う。
ステップS909の判別の結果、コンピュータ名を付加する旨が設定されているとき、CPU109は印刷データ200のヘッダー情報201に含まれるユーザ名がMFP106の管理者権限を有するユーザのユーザ名と一致するか否かを判別する(ステップS1402)。
ステップS1402の判別の結果、ヘッダー情報201に含まれるユーザ名がMFP106の管理者権限を有するユーザのユーザ名と一致するとき、CPU109はステップS910以降の処理を行う。一方、ステップS1402の判別の結果、ヘッダー情報201に含まれるユーザ名がMFP106の管理者権限を有するユーザのユーザ名と一致しないとき、CPU109はステップS911以降の処理を行う。
上述した図14の処理では、印刷データ200に含まれるユーザ名がMFP106の管理者権限を有するユーザを示すユーザ名と一致する場合、ドメイン名(コンピュータ名)及びユーザ名で構成されたユーザ識別IDが生成される。これにより、MFP106の管理者権限を有するユーザと同じユーザ識別IDが生成されるのを防止することができる。その結果、MFP106の管理者権限を有するユーザ以外の他のユーザが、MFP106の管理者権限を有するユーザと同じユーザ識別IDを利用してMFP106の各設定を不用意に変更するような事態を防止することができる。
また、上述した本実施の形態では、チェックボックス1101,1102をオンに設定した際に注意を促す通知として、図15(a)及び図15(b)の注意喚起画面1501,1505を操作部115に表示しても良い。注意喚起画面1501,1505は、チェックボックス1101,1102をオンに設定した際に、同一ユーザであっても、複数のユーザ識別IDが自動生成される旨を示すメッセージ1502,1506を含む。OKボタン1503,1507が選択されると、操作部115の表示が、チェックボックス1101,1102がオンに設定された状態の設定画面1100に切り替わる。一方、キャンセルボタン1504,1508が選択されると、操作部115の表示が、チェックボックス1101,1102がオフに設定された状態の設定画面1100に切り替わる。これにより、チェックボックス1101,1102をオンに設定した設定情報がMFP106において反映される前に、操作者(MFP106の管理者)に上記設定情報におけるリスクを知らせることができる。
本発明は、上述の実施の形態の1以上の機能を実現するプログラムをネットワーク又は記憶媒体を介してシステム又は装置に供給し、該システム又は装置のコンピュータにおける1つ以上のプロセッサがプログラムを読み出して実行する処理でも実現可能である。また、本発明は、1以上の機能を実現する回路(例えば、ASIC)によっても実現可能である。
102〜105 PC
106 MFP
A,B ユーザ
200 印刷データ
1100 設定画面
1501,1505 注意喚起画面

Claims (9)

  1. ユーザに操作された外部装置から受信したジョブデータを保持し、前記ユーザの指示に応じて前記ジョブデータを実行する画像形成装置であって、
    前記受信したジョブデータに含まれる前記ユーザに関連するユーザ関連情報に基づいて前記ジョブデータを管理するためのユーザ識別IDを生成する生成手段と、
    前記ユーザ識別IDの構成に関する設定情報を前記ユーザに設定させる設定手段とを備え、
    前記受信したジョブデータが前記ユーザ関連情報として前記外部装置が利用するドメインを示すドメイン名及び前記外部装置を操作したユーザを示すユーザ名を含む場合、前記生成手段は、前記設定情報に基づいて前記ドメイン名及び前記ユーザ名で構成された第1のユーザ識別ID、及び前記ユーザ名のみで構成された第2のユーザ識別IDの何れかを生成することを特徴とする画像形成装置。
  2. ユーザに操作された外部装置から受信したジョブデータを保持し、前記ユーザの指示に応じて前記ジョブデータを実行する画像形成装置であって、
    前記受信したジョブデータに含まれる前記ユーザに関連するユーザ関連情報に基づいて前記ジョブデータを管理するためのユーザ識別IDを生成する生成手段と、
    前記ユーザ識別IDの構成に関する設定情報を前記ユーザに設定させる設定手段とを備え、
    前記受信したジョブデータが前記ユーザ関連情報として前記外部装置を示すコンピュータ名及び前記外部装置を操作したユーザを示すユーザ名を含む場合、前記生成手段は、前記設定情報に基づいて前記コンピュータ名及び前記ユーザ名で構成された第1のユーザ識別ID、及び前記ユーザ名のみで構成された第2のユーザ識別IDの何れかを生成することを特徴とする画像形成装置。
  3. 前記受信したジョブデータに含まれるユーザ名がAdministratorである場合、前記生成手段は、前記第1のユーザ識別IDを生成することを特徴とする請求項1又は2記載の画像形成装置。
  4. 前記受信したジョブデータに含まれるユーザ名が前記画像形成装置の管理者権限を有するユーザを示すユーザ名と一致する場合、前記生成手段は、前記第1のユーザ識別IDを生成することを特徴とする請求項1乃至3のいずれか1項に記載の画像形成装置。
  5. 前記設定情報が前記第1のユーザ識別IDの構成を示す場合、同一ユーザに対して複数のユーザ識別IDが生成される旨の注意を促す通知を行う通知手段を更に備えることを特徴とする請求項1乃至4のいずれか1項に記載の画像形成装置。
  6. ユーザに操作された外部装置から受信したジョブデータを保持し、前記ユーザの指示に応じて前記ジョブデータを実行する画像形成装置の制御方法であって、
    前記受信したジョブデータに含まれる前記ユーザに関連するユーザ関連情報に基づいて前記ジョブデータを管理するためのユーザ識別IDを生成する生成ステップと、
    前記ユーザ識別IDの構成に関する設定情報を前記ユーザに設定させる設定ステップとを有し、
    前記受信したジョブデータが前記ユーザ関連情報として前記外部装置が利用するドメインを示すドメイン名及び前記外部装置を操作したユーザを示すユーザ名を含む場合、前記生成ステップは、前記設定情報に基づいて前記ドメイン名及び前記ユーザ名で構成された第1のユーザ識別ID、及び前記ユーザ名のみで構成された第2のユーザ識別IDの何れかを生成することを特徴とする画像形成装置の制御方法。
  7. ユーザに操作された外部装置から受信したジョブデータを保持し、前記ユーザの指示に応じて前記ジョブデータを実行する画像形成装置の制御方法であって、
    前記受信したジョブデータに含まれる前記ユーザに関連するユーザ関連情報に基づいて前記ジョブデータを管理するためのユーザ識別IDを生成する生成ステップと、
    前記ユーザ識別IDの構成に関する設定情報を前記ユーザに設定させる設定ステップとを有し、
    前記受信したジョブデータが前記ユーザ関連情報として前記外部装置を示すコンピュータ名及び前記外部装置を操作したユーザを示すユーザ名を含む場合、前記生成ステップは、前記設定情報に基づいて前記コンピュータ名及び前記ユーザ名で構成された第1のユーザ識別ID、及び前記ユーザ名のみで構成された第2のユーザ識別IDの何れかを生成することを特徴とする画像形成装置の制御方法。
  8. ユーザに操作された外部装置から受信したジョブデータを保持し、前記ユーザの指示に応じて前記ジョブデータを実行する画像形成装置の制御方法をコンピュータに実行させるプログラムであって、
    前記画像形成装置の制御方法は、
    前記受信したジョブデータに含まれる前記ユーザに関連するユーザ関連情報に基づいて前記ジョブデータを管理するためのユーザ識別IDを生成する生成ステップと、
    前記ユーザ識別IDの構成に関する設定情報を前記ユーザに設定させる設定ステップとを有し、
    前記受信したジョブデータが前記ユーザ関連情報として前記外部装置が利用するドメインを示すドメイン名及び前記外部装置を操作したユーザを示すユーザ名を含む場合、前記生成ステップは、前記設定情報に基づいて前記ドメイン名及び前記ユーザ名で構成された第1のユーザ識別ID、及び前記ユーザ名のみで構成された第2のユーザ識別IDの何れかを生成することを特徴とするプログラム。
  9. ユーザに操作された外部装置から受信したジョブデータを保持し、前記ユーザの指示に応じて前記ジョブデータを実行する画像形成装置の制御方法をコンピュータに実行させるプログラムであって、
    前記画像形成装置の制御方法は、
    前記受信したジョブデータに含まれる前記ユーザに関連するユーザ関連情報に基づいて前記ジョブデータを管理するためのユーザ識別IDを生成する生成ステップと、
    前記ユーザ識別IDの構成に関する設定情報を前記ユーザに設定させる設定ステップとを有し、
    前記受信したジョブデータが前記ユーザ関連情報として前記外部装置を示すコンピュータ名及び前記外部装置を操作したユーザを示すユーザ名を含む場合、前記生成ステップは、前記設定情報に基づいて前記コンピュータ名及び前記ユーザ名で構成された第1のユーザ識別ID、及び前記ユーザ名のみで構成された第2のユーザ識別IDの何れかを生成することを特徴とするプログラム。
JP2017125225A 2017-06-27 2017-06-27 画像形成装置及びその制御方法、並びにプログラム Active JP6946074B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2017125225A JP6946074B2 (ja) 2017-06-27 2017-06-27 画像形成装置及びその制御方法、並びにプログラム

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2017125225A JP6946074B2 (ja) 2017-06-27 2017-06-27 画像形成装置及びその制御方法、並びにプログラム
US16/003,695 US20180376015A1 (en) 2017-06-27 2018-06-08 Image forming apparatus with personalization function, control method therefor, and storage medium

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2019006045A true JP2019006045A (ja) 2019-01-17
JP6946074B2 JP6946074B2 (ja) 2021-10-06

Family

ID=64693752

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2017125225A Active JP6946074B2 (ja) 2017-06-27 2017-06-27 画像形成装置及びその制御方法、並びにプログラム

Country Status (2)

Country Link
US (1) US20180376015A1 (ja)
JP (1) JP6946074B2 (ja)

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2020048108A (ja) * 2018-09-20 2020-03-26 富士ゼロックス株式会社 処理システムおよびプログラム
US11212420B2 (en) 2019-06-25 2021-12-28 Kyocera Document Solutions, Inc. Methods and system for policy-based scanning using a public print service
US11184505B2 (en) 2019-06-25 2021-11-23 Kyocera Document Solutions, Inc. Methods and system for policy-based printing and scanning
US10817230B1 (en) * 2019-06-25 2020-10-27 Kyocera Document Solutions Inc. Policy-based system and methods for accessing a print job from a private domain

Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100610361B1 (ko) * 2005-04-26 2006-08-09 삼성전자주식회사 보안문서인쇄기능을 구비한 네트워크 프린터 및 그 방법
JP2011102030A (ja) * 2009-10-16 2011-05-26 Ricoh Co Ltd 印刷装置、印刷方法、およびプログラム、並びに記録媒体
JP2013222351A (ja) * 2012-04-17 2013-10-28 Canon Marketing Japan Inc 情報処理システム、情報処理方法、及び、コンピュータプログラム
JP2016025417A (ja) * 2014-07-17 2016-02-08 キヤノン株式会社 画像処理装置、情報処理方法及びプログラム
JP2017021582A (ja) * 2015-07-10 2017-01-26 キヤノン株式会社 情報処理装置、情報処理装置の制御方法、及びプログラム
JP2017027522A (ja) * 2015-07-27 2017-02-02 キヤノン株式会社 印刷装置及びその制御方法とプログラム
US20170111542A1 (en) * 2014-04-02 2017-04-20 Canon Europa N.V. Print system, management server, client, method of operating a print system, method of operating a management server and method of operating a client

Patent Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100610361B1 (ko) * 2005-04-26 2006-08-09 삼성전자주식회사 보안문서인쇄기능을 구비한 네트워크 프린터 및 그 방법
JP2011102030A (ja) * 2009-10-16 2011-05-26 Ricoh Co Ltd 印刷装置、印刷方法、およびプログラム、並びに記録媒体
JP2013222351A (ja) * 2012-04-17 2013-10-28 Canon Marketing Japan Inc 情報処理システム、情報処理方法、及び、コンピュータプログラム
US20170111542A1 (en) * 2014-04-02 2017-04-20 Canon Europa N.V. Print system, management server, client, method of operating a print system, method of operating a management server and method of operating a client
JP2016025417A (ja) * 2014-07-17 2016-02-08 キヤノン株式会社 画像処理装置、情報処理方法及びプログラム
JP2017021582A (ja) * 2015-07-10 2017-01-26 キヤノン株式会社 情報処理装置、情報処理装置の制御方法、及びプログラム
JP2017027522A (ja) * 2015-07-27 2017-02-02 キヤノン株式会社 印刷装置及びその制御方法とプログラム

Also Published As

Publication number Publication date
JP6946074B2 (ja) 2021-10-06
US20180376015A1 (en) 2018-12-27

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN104917917B (zh) 图像形成装置、系统及信息处理方法
JP6946074B2 (ja) 画像形成装置及びその制御方法、並びにプログラム
JP5975666B2 (ja) 情報処理装置、情報処理方法、及びプログラム
US10750051B2 (en) Image forming apparatus and controlling method of printing based on selection of an object associated with user name and network domain name obtained from print data
JP2011087280A (ja) 画像形成装置、画像形成支援システム及び画像形成支援方法
US10552093B2 (en) Electronic device and recording medium
JP2017027522A (ja) 印刷装置及びその制御方法とプログラム
JP6442174B2 (ja) 処理装置、処理装置の制御方法、プログラム
JP2017019196A (ja) 情報処理装置、情報処理装置の制御方法、及びプログラム
US9128645B2 (en) System including image forming apparatus and information processing apparatus, method performed under the system, image forming apparatus and information processing apparatus directed to the system, and non-transitory storage medium encoded with program directed to the apparatuses
US20170257526A1 (en) Image forming apparatus, print system, method for controlling image forming apparatus, method for controlling print system, and storage medium storing program
JP5998657B2 (ja) 機器制御システム、制御プログラム及び制御方法
US9743415B2 (en) Method of outputting content through network, and apparatus and system for performing the method
JP2012034277A (ja) 画像処理システム、その制御方法およびプログラム
US20100103449A1 (en) Method of transmsitting log information on document using metadata and host device, image forming apparatus and system using the same method
JP2016213758A (ja) 画像通信装置とその制御方法、及びプログラム
US10897555B2 (en) Information processing apparatus to determine a level of authentication based on information related to a print job
JP2011171825A (ja) 画像形成装置、表示管理装置、画像管理システム及び制御プログラム
JP2017184156A (ja) 情報処理装置、情報処理システム、情報処理装置の制御方法、及び、プログラム
JP7087590B2 (ja) 情報処理システム及び情報処理方法
JP2017011538A (ja) 画像処理装置、その制御方法、及びプログラム
JP5858092B2 (ja) プリンタ
JP2014170440A (ja) 処理制御システム、データ処理システム、処理制御方法及びプログラム
JP2018195268A (ja) 情報処理装置とその制御方法、及びプログラム
JP6399062B2 (ja) 可搬型情報端末、制御システム、制御プログラム及び制御方法

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20200617

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20210423

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20210511

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20210525

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20210817

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20210915

R151 Written notification of patent or utility model registration

Ref document number: 6946074

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R151