JP2018529028A - Heat treatment method for non-ferrous alloy feed materials outside the line - Google Patents

Heat treatment method for non-ferrous alloy feed materials outside the line Download PDF

Info

Publication number
JP2018529028A
JP2018529028A JP2018521178A JP2018521178A JP2018529028A JP 2018529028 A JP2018529028 A JP 2018529028A JP 2018521178 A JP2018521178 A JP 2018521178A JP 2018521178 A JP2018521178 A JP 2018521178A JP 2018529028 A JP2018529028 A JP 2018529028A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
temperature
alloy
feedstock
seconds
ferrous alloy
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2018521178A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2018529028A5 (en
Inventor
ワイアット−メア,ギャビン,エフ.
トームズ,デイビッド,エイ.
ベノン,ウィリアム,ディー.
キルマー,レイモンド,ジェイ.
リッグス,ジェイムズ,シー.
ウナル,アリ
ニューマン,ジョン,エム.
ラウンス,トーマス,エヌ.
Original Assignee
ワイアット−メアー,ギャビン,エフ.
トームズ,デイビッド,エイ.
ベノン,ウィリアム,ディー.
キルマー,レイモンド,ジェイ
リッグス,ジェイムズ,シー.
ウナル,アリ
ニューマン,ジョン,エム.
ラウンス,トーマス,エヌ.
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by ワイアット−メアー,ギャビン,エフ., トームズ,デイビッド,エイ., ベノン,ウィリアム,ディー., キルマー,レイモンド,ジェイ, リッグス,ジェイムズ,シー., ウナル,アリ, ニューマン,ジョン,エム., ラウンス,トーマス,エヌ. filed Critical ワイアット−メアー,ギャビン,エフ.
Priority to PCT/US2015/039391 priority Critical patent/WO2017007458A1/en
Publication of JP2018529028A publication Critical patent/JP2018529028A/en
Publication of JP2018529028A5 publication Critical patent/JP2018529028A5/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C22METALLURGY; FERROUS OR NON-FERROUS ALLOYS; TREATMENT OF ALLOYS OR NON-FERROUS METALS
    • C22FCHANGING THE PHYSICAL STRUCTURE OF NON-FERROUS METALS AND NON-FERROUS ALLOYS
    • C22F1/00Changing the physical structure of non-ferrous metals or alloys by heat treatment or by hot or cold working
    • C22F1/04Changing the physical structure of non-ferrous metals or alloys by heat treatment or by hot or cold working of aluminium or alloys based thereon
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C22METALLURGY; FERROUS OR NON-FERROUS ALLOYS; TREATMENT OF ALLOYS OR NON-FERROUS METALS
    • C22CALLOYS
    • C22C21/00Alloys based on aluminium
    • C22C21/06Alloys based on aluminium with magnesium as the next major constituent
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C22METALLURGY; FERROUS OR NON-FERROUS ALLOYS; TREATMENT OF ALLOYS OR NON-FERROUS METALS
    • C22CALLOYS
    • C22C21/00Alloys based on aluminium
    • C22C21/06Alloys based on aluminium with magnesium as the next major constituent
    • C22C21/08Alloys based on aluminium with magnesium as the next major constituent with silicon
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C22METALLURGY; FERROUS OR NON-FERROUS ALLOYS; TREATMENT OF ALLOYS OR NON-FERROUS METALS
    • C22CALLOYS
    • C22C21/00Alloys based on aluminium
    • C22C21/10Alloys based on aluminium with zinc as the next major constituent
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C22METALLURGY; FERROUS OR NON-FERROUS ALLOYS; TREATMENT OF ALLOYS OR NON-FERROUS METALS
    • C22CALLOYS
    • C22C21/00Alloys based on aluminium
    • C22C21/12Alloys based on aluminium with copper as the next major constituent
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C22METALLURGY; FERROUS OR NON-FERROUS ALLOYS; TREATMENT OF ALLOYS OR NON-FERROUS METALS
    • C22CALLOYS
    • C22C23/00Alloys based on magnesium
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C22METALLURGY; FERROUS OR NON-FERROUS ALLOYS; TREATMENT OF ALLOYS OR NON-FERROUS METALS
    • C22FCHANGING THE PHYSICAL STRUCTURE OF NON-FERROUS METALS AND NON-FERROUS ALLOYS
    • C22F1/00Changing the physical structure of non-ferrous metals or alloys by heat treatment or by hot or cold working
    • C22F1/04Changing the physical structure of non-ferrous metals or alloys by heat treatment or by hot or cold working of aluminium or alloys based thereon
    • C22F1/053Changing the physical structure of non-ferrous metals or alloys by heat treatment or by hot or cold working of aluminium or alloys based thereon of alloys with zinc as the next major constituent
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C22METALLURGY; FERROUS OR NON-FERROUS ALLOYS; TREATMENT OF ALLOYS OR NON-FERROUS METALS
    • C22FCHANGING THE PHYSICAL STRUCTURE OF NON-FERROUS METALS AND NON-FERROUS ALLOYS
    • C22F1/00Changing the physical structure of non-ferrous metals or alloys by heat treatment or by hot or cold working
    • C22F1/04Changing the physical structure of non-ferrous metals or alloys by heat treatment or by hot or cold working of aluminium or alloys based thereon
    • C22F1/057Changing the physical structure of non-ferrous metals or alloys by heat treatment or by hot or cold working of aluminium or alloys based thereon of alloys with copper as the next major constituent
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C22METALLURGY; FERROUS OR NON-FERROUS ALLOYS; TREATMENT OF ALLOYS OR NON-FERROUS METALS
    • C22FCHANGING THE PHYSICAL STRUCTURE OF NON-FERROUS METALS AND NON-FERROUS ALLOYS
    • C22F1/00Changing the physical structure of non-ferrous metals or alloys by heat treatment or by hot or cold working
    • C22F1/06Changing the physical structure of non-ferrous metals or alloys by heat treatment or by hot or cold working of magnesium or alloys based thereon

Abstract

本発明は、一部の実施形態では、Oテンパ又はTテンパ製品を形成する方法であって、供給原材料として、非鉄合金薄片のコイルを用意することと、供給原材料のコイルを伸ばすことと、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度よりも−12℃(10°F)低い温度との間の温度まで供給原材料を加熱することと、供給原材料を焼き入れして、Oテンパ又はTテンパを有する熱処理された製品を形成することとを含む。本方法に用いられる非鉄合金薄片は、0.4重量%のケイ素と、0.2重量%未満の鉄と、0.35〜0.40重量%の銅と、0.9重量%のマンガンと、1重量%のマグネシウムとを有するアルミニウム合金を除く。【選択図】 図1The present invention, in some embodiments, is a method of forming an O tempered or T tempered product, comprising providing a coil of non-ferrous alloy flakes as a feedstock, extending a coil of feedstock, Heating the feedstock to a temperature between the recrystallization temperature of the alloy and a temperature -12 ° C (10 ° F) lower than the solidus temperature of the non-ferrous alloy; quenching the feedstock; Or forming a heat treated product having T temper. The non-ferrous alloy flakes used in this method comprise 0.4 wt% silicon, less than 0.2 wt% iron, 0.35 to 0.40 wt% copper, and 0.9 wt% manganese. Excludes aluminum alloys with 1 wt% magnesium. [Selection] Figure 1

Description

本発明は、鋳物合金の熱処理に関する。   The present invention relates to heat treatment of casting alloys.

鋳物合金の焼きなまし及び固溶化熱処理は周知である。   Cast alloy annealing and solution heat treatment are well known.

一部の実施形態では、当該方法は、供給原材料として、非鉄合金薄片のコイルを用意することと、供給原材料のコイルを伸ばすことと、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度よりも12℃(10°F)低い温度との間の温度まで供給原材料を加熱することと、供給原材料を焼き入れして、あるテンパを有する熱処理された製品を形成することとを含む。一部の実施形態では、テンパは、Oテンパ又はTテンパであり、かつ非鉄合金薄片は、0.4重量%のケイ素と、0.2重量%未満の鉄と、0.35〜0.40重量%の銅と、0.9重量%のマンガンと、1重量%のマグネシウムとのすべてを有するアルミニウム合金を除く。   In some embodiments, the method includes providing a coil of non-ferrous alloy flakes as a feedstock, stretching a coil of feedstock, a recrystallization temperature of the nonferrous alloy, and a solidus temperature of the nonferrous alloy. Heating the feedstock to a temperature between 12 ° C. (10 ° F.) and quenching the feedstock to form a heat treated product with a temper. In some embodiments, the temper is an O temper or a T temper, and the non-ferrous alloy flakes are 0.4 wt% silicon, less than 0.2 wt% iron, 0.35 to 0.40. Excludes aluminum alloys having all weight percent copper, 0.9 weight percent manganese and 1 weight percent magnesium.

一部の実施形態では、加熱は、赤外線、放射管、ガスだき炉、直接抵抗、誘導加熱、及びそれらを組み合わせたものからなる群から選択される。一部の実施形態では、非鉄合金は、アルミニウム合金、マグネシウム合金、チタン合金、銅合金、ニッケル合金、亜鉛合金、及びスズ合金からなる群から選択される。一部の実施形態では、非鉄合金は、2xxx、3xxx、6xxx、7xxx、及び8xxxシリーズのアルミニウム合金からなる群から選択されるアルミニウム合金である。   In some embodiments, the heating is selected from the group consisting of infrared, radiation tube, gas furnace, direct resistance, induction heating, and combinations thereof. In some embodiments, the non-ferrous alloy is selected from the group consisting of aluminum alloys, magnesium alloys, titanium alloys, copper alloys, nickel alloys, zinc alloys, and tin alloys. In some embodiments, the non-ferrous alloy is an aluminum alloy selected from the group consisting of 2xxx, 3xxx, 6xxx, 7xxx, and 8xxx series aluminum alloys.

一部の実施形態では、非鉄合金はマグネシウム合金である。一部の実施形態では、方法は、熱処理された製品を再び巻き、第2のコイルを形成することを更に含む。一部の実施形態では、加熱温度は、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度よりも−1℃(30°F)低い温度との間である。   In some embodiments, the non-ferrous alloy is a magnesium alloy. In some embodiments, the method further includes rewinding the heat treated product to form a second coil. In some embodiments, the heating temperature is between the recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature that is −1 ° C. (30 ° F.) lower than the solidus temperature of the non-ferrous alloy.

一部の実施形態では、加熱温度は、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度よりも16℃(60°F)低い温度との間である。一部の実施形態では、加熱温度は、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度よりも29℃(85°F)低い温度との間である。   In some embodiments, the heating temperature is between the recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature that is 16 ° C. (60 ° F.) lower than the solidus temperature of the non-ferrous alloy. In some embodiments, the heating temperature is between the recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature 29 ° C. (85 ° F.) lower than the solidus temperature of the non-ferrous alloy.

一部の実施形態では、非鉄合金はアルミニウム合金であり、かつ加熱温度は、316〜593.29℃(600〜1100°F)である。一部の実施形態では、非鉄合金はマグネシウム合金であり、かつ加熱温度は、288〜499℃(550〜930°F)である。   In some embodiments, the non-ferrous alloy is an aluminum alloy and the heating temperature is 316-593.29 ° C. (600-1100 ° F.). In some embodiments, the non-ferrous alloy is a magnesium alloy and the heating temperature is 288-499 ° C (550-930 ° F).

一部の実施形態では、当該方法は、供給原材料として、非鉄合金薄片のコイルを用意することと、供給原材料のコイルを伸ばすことと、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度よりも12℃(10°F)低い温度との間の温度まで、0.5〜55秒の加熱時間にわたり供給原材料を加熱することと、供給原材料を焼き入れして、あるテンパを有する熱処理された製品を形成することとを含む。   In some embodiments, the method includes providing a coil of non-ferrous alloy flakes as a feedstock, stretching a coil of feedstock, a recrystallization temperature of the nonferrous alloy, and a solidus temperature of the nonferrous alloy. Heating the feedstock to a temperature between 12 ° C. (10 ° F.) and a heating time of 0.5 to 55 seconds, quenching the feedstock, and heat treating with a temper. Forming a finished product.

一部の実施形態では、テンパは、Oテンパ又はTテンパであり、かつ非鉄合金薄片は、0.4重量%のケイ素と、0.2重量%未満の鉄と、0.35〜0.40重量%の銅と、0.9重量%のマンガンと、1重量%のマグネシウムとのすべてを有するアルミニウム合金を除く。   In some embodiments, the temper is an O temper or a T temper, and the non-ferrous alloy flakes are 0.4 wt% silicon, less than 0.2 wt% iron, 0.35 to 0.40. Excludes aluminum alloys having all weight percent copper, 0.9 weight percent manganese and 1 weight percent magnesium.

一部の実施形態では、非鉄合金は、アルミニウム合金、マグネシウム合金、チタン合金、銅合金、ニッケル合金、亜鉛合金、及びスズ合金からなる群から選択される。一部の実施形態では、非鉄合金は、2xxx、3xxx、6xxx、7xxx、及び8xxxシリーズのアルミニウム合金からなる群から選択されるアルミニウム合金である。一部の実施形態では、非鉄合金はマグネシウム合金である。   In some embodiments, the non-ferrous alloy is selected from the group consisting of aluminum alloys, magnesium alloys, titanium alloys, copper alloys, nickel alloys, zinc alloys, and tin alloys. In some embodiments, the non-ferrous alloy is an aluminum alloy selected from the group consisting of 2xxx, 3xxx, 6xxx, 7xxx, and 8xxx series aluminum alloys. In some embodiments, the non-ferrous alloy is a magnesium alloy.

一部の実施形態では、加熱時間は、0.5〜20秒である。一部の実施形態では、加熱時間は、0.5〜15秒である。一部の実施形態では、非鉄合金はアルミニウム合金であり、かつ加熱温度は、316〜593.29℃(600〜1100°F)である。一部の実施形態では、非鉄合金はマグネシウム合金であり、かつ加熱温度は、288〜499℃(550〜930°F)である。一部の実施形態では、テンパは、T4及びT4Xからなる群から選択される。   In some embodiments, the heating time is 0.5 to 20 seconds. In some embodiments, the heating time is 0.5 to 15 seconds. In some embodiments, the non-ferrous alloy is an aluminum alloy and the heating temperature is 316-593.29 ° C. (600-1100 ° F.). In some embodiments, the non-ferrous alloy is a magnesium alloy and the heating temperature is 288-499 ° C (550-930 ° F). In some embodiments, the temper is selected from the group consisting of T4 and T4X.

本発明の一部の実施形態の特徴を図示している。Fig. 3 illustrates features of some embodiments of the invention.

本発明の一部の実施形態の特徴を図示している。Fig. 3 illustrates features of some embodiments of the invention.

本発明の一部の実施形態の特徴を図示している。Fig. 3 illustrates features of some embodiments of the invention.

本発明を、添付の図面を参照しながら更に説明するが、複数の図を通じて、類似した構造物に対しては類似した符号が付される。図面の寸法や縦横比については、必ずしも実物のとおりに描かれているわけではなく、むしろ一般に、本発明の原理を図示することに対してより強調が加えられる。更に、特定の構成要素の詳細を示すため、一部の特徴が誇張される場合もあり得る。   The present invention will be further described with reference to the accompanying drawings, wherein like structures are designated with like numerals throughout the several views. The dimensions and aspect ratios of the drawings are not necessarily drawn to scale, but rather more emphasis is generally placed on illustrating the principles of the invention. Furthermore, some features may be exaggerated to show details of particular components.

図面は本明細書の一部を構成しており、本発明の例示的な実施形態を含み、かつ、本発明のさまざまな目的及び特徴を図示している。更に、図面は必ずしも実寸とおりではなく、特定の構成要素の詳細を示すため、一部の特徴が誇張される場合もあり得る。また、図面に示されているいずれの測定値、仕様等は、例示的なものであるように意図されており、発明を制限することを意図されてはいない。したがって、本明細書で開示されている具体的な構造的及び機能的な詳細は、発明を制限するものとして解釈すべきではなく、当業者に本発明をさまざまに採用するのを教示するための基礎をなすものとしてのみ理解すべきである。   The drawings form part of the present specification and include exemplary embodiments of the present invention and illustrate various objects and features of the present invention. Further, the drawings are not necessarily to scale and some features may be exaggerated to show details of particular components. Also, any measurements, specifications, etc. shown in the drawings are intended to be illustrative and are not intended to limit the invention. Accordingly, specific structural and functional details disclosed herein are not to be construed as limiting the invention, but are intended to teach those skilled in the art to make various uses of the invention. It should be understood only as the basis.

本発明を、添付の図面を参照しながら更に説明するが、複数の図を通じて、類似した構造物に対しては類似した符号が付される。図面は必ずしも実寸とおりに描かれているわけではなく、むしろ一般に、本発明の原理を図示することに対してより強調が加えられる。更に、特定の構成要素の詳細を示すため、一部の特徴が誇張される場合もあり得る。   The present invention will be further described with reference to the accompanying drawings, wherein like structures are designated with like numerals throughout the several views. The drawings are not necessarily drawn to scale, but rather more emphasis is generally placed on illustrating the principles of the invention. Furthermore, some features may be exaggerated to show details of particular components.

図面は本明細書の一部を構成しており、本発明の例示的な実施形態を含み、かつ、本発明のさまざまな目的及び特徴を図示している。更に、図面は必ずしも実寸とおりではなく、特定の構成要素の詳細を示すため、一部の特徴が誇張される場合もあり得る。また、図面に示されているいずれの測定値、仕様等は、例示的なものであるように意図されており、発明を制限することを意図されてはいない。したがって、本明細書で開示されている具体的な構造的及び機能的な詳細は、発明を制限するものとして解釈すべきではなく、当業者に本発明をさまざまに採用するのを教示するための基礎をなすものとしてのみ理解すべきである。   The drawings form part of the present specification and include exemplary embodiments of the present invention and illustrate various objects and features of the present invention. Further, the drawings are not necessarily to scale and some features may be exaggerated to show details of particular components. Also, any measurements, specifications, etc. shown in the drawings are intended to be illustrative and are not intended to limit the invention. Accordingly, specific structural and functional details disclosed herein are not to be construed as limiting the invention, but are intended to teach those skilled in the art to make various uses of the invention. It should be understood only as the basis.

既に開示された利益及び改善点の中で、本発明の目的及び利点が、以下の説明を添付の図面と共に見ることで明らかとなるであろう。本発明の詳細な実施形態を以下に開示するが、開示される実施形態は、単に、さまざまな形態で実施し得る発明を、例示するためのものにすぎないということを理解すべきである。また、本発明のさまざまな実施形態に関連して示される実施例のそれぞれは、例示のためのものとして意図されており、発明を制限するものを意図されてはいない。   Among the benefits and improvements already disclosed, objects and advantages of the invention will become apparent from the following description taken in conjunction with the accompanying drawings. Detailed embodiments of the present invention are disclosed below, but it is to be understood that the disclosed embodiments are merely illustrative of the invention that can be implemented in various forms. In addition, each of the examples presented in connection with various embodiments of the invention is intended to be illustrative and not intended to limit the invention.

明細書及び請求項を通じて、以下の用語は、文脈からそうでないことが明らかでない限り、本明細書において明確に関連付けられた意味を取るものとする。本明細書で用いられる場合、「1つの実施形態では」及び「一部の実施形態では」という成句は、同一の実施形態(複数可)を意味する場合もあり得るが、必ずしもそうである必要はない。更に、本明細書で用いられる場合、「別の1つの実施形態では」及び「別の一部の実施形態では」という成句は、異なる実施形態を意味する場合もあり得るが、必ずしもそうである必要はない。かくして、以下に説明するように、本発明のさまざまな実施形態が、本発明の範囲又は精神から離れることなく、容易に組み合わされ得る。   Throughout the specification and claims, the following terms shall have the meanings explicitly associated herein, unless the context clearly indicates otherwise. As used herein, the phrases “in one embodiment” and “in some embodiments” may mean the same embodiment (s), but need not be. There is no. Further, as used herein, the phrases “in another embodiment” and “in some other embodiments” may mean different embodiments, but are not necessarily so. There is no need. Thus, as described below, various embodiments of the invention can be readily combined without departing from the scope or spirit of the invention.

また、本明細書において使用される場合、「又は/若しくは」という用語は、非排他的な「又は/若しくは」演算子であり、文脈からそうでないことが明らかでない限り、「及び(並びに)/又は(若しくは)」という用語と等価である。「に基づく」という用語は、排他的なものではなく、文脈からそうでないことが明らかでない限り、説明されていない別の追加的要因に基づくことも可能である。また、明細書を通して、「1つの(a/an)」、及び「その(the)」は、複数の物を指す場合も含まれる。「〜の中に(中の)(in)」の意味には、「〜の中に(中の)(in)」の意味に加えて「〜の上に(上の)(on)」の意味をも含む。   Also, as used herein, the term “or / or” is a non-exclusive “or / or” operator, and “and (and) / Or (or) ". The term “based on” is not exclusive and can be based on other additional factors not described, unless otherwise apparent from the context. Further, throughout the specification, “a (an)” and “the (the)” include a case where a plurality of items are indicated. The meaning of “inside (in)” is in addition to the meaning of “inside (in)” in addition to “on (in)” Including meaning.

本明細書において使用される場合、「焼きなます/焼きなまし(anneal)」という用語は、金属の再結晶化を主として引き起こす、加熱プロセスを指す。一部の実施形態では、「焼きなます/焼きなまし」には、更に、少なくとも部分的に、可溶性の成分の粒子サイズ及び焼きなまし温度に基づく、可溶性成分の粒子の溶解を含み得る。いくつかの実施形態では、アルミニウム合金を焼きなますのに用いられる温度は、約316〜482℃(600〜900°F)の範囲である。いくつかの実施形態では、銅合金を焼きなますのに用いられる温度は、約371〜927℃(700〜1700°F)の範囲である。いくつかの実施形態では、マグネシウム合金を焼きなますのに用いられる温度は、約288〜454℃(550〜850°F)の範囲である。いくつかの実施形態では、ニッケル合金を焼きなますのに用いられる温度は、約760〜1216℃(1400〜2220°F)の範囲である。いくつかの実施形態では、チタン合金を焼きなますのに用いられる温度は、約649〜899℃(1200〜1650°F)の範囲である。いくつかの実施形態では、他の非鉄合金を焼きなますのに用いられる温度は、上述の温度範囲のいずれかを含み得る。   As used herein, the term “anneal / anneal” refers to a heating process that primarily causes recrystallization of the metal. In some embodiments, “annealing / annealing” may further include dissolution of particles of the soluble component based at least in part on the particle size of the soluble component and the annealing temperature. In some embodiments, the temperature used to anneal the aluminum alloy ranges from about 316-482 ° C. (600-900 ° F.). In some embodiments, the temperature used to anneal the copper alloy is in the range of about 371-927 ° C. (700-1700 ° F.). In some embodiments, the temperature used to anneal the magnesium alloy ranges from about 288-454 ° C. (550-850 ° F.). In some embodiments, the temperature used to anneal the nickel alloy is in the range of about 760-1216 ° C. (1400-2220 ° F.). In some embodiments, the temperature used to anneal the titanium alloy is in the range of about 649-899 ° C. (1200-1650 ° F.). In some embodiments, the temperatures used to anneal other non-ferrous alloys can include any of the temperature ranges described above.

また、本明細書において使用される場合、「固溶化熱処理」という用語は、合金元素の第2相粒子を、固溶体の中に溶解させるように金属を高温に保持する冶金工程を指す。固溶化熱処理に用いる温度は、一般的に、焼きなましに用いる温度よりも高温であり、アルミニウム合金の場合には、最高で約593℃(1100°F)に至る範囲である。次に、制御された析出(経年化)により、最終製品の強度を高める目的で、金属を焼き入れすることによって、この条件が維持される。いくつかの実施形態では、銅合金の固溶化熱処理に用いられる温度は、774〜927℃(1425〜1700°F)の範囲である。いくつかの実施形態では、マグネシウム合金の固溶化熱処理に用いられる温度は、399〜499℃(750〜930°F)の範囲である。いくつかの実施形態では、ニッケル合金の固溶化熱処理に用いられる温度は、829〜1238℃(1525〜2260°F)の範囲である。いくつかの実施形態では、チタン合金の固溶化熱処理に用いられる温度は、760〜1010℃(1400〜1850°F)の範囲である。いくつかの実施形態では、その他の非鉄合金の固溶化熱処理に用いられる温度は上述の温度範囲のいずれかを含み得る。   Also, as used herein, the term “solution heat treatment” refers to a metallurgical process that holds the metal at a high temperature so that the second phase particles of the alloy element are dissolved in the solid solution. The temperature used for the solution heat treatment is generally higher than the temperature used for annealing, and in the case of an aluminum alloy, the temperature ranges up to about 593 ° C. (1100 ° F.). This condition is then maintained by quenching the metal for the purpose of increasing the strength of the final product by controlled precipitation (aging). In some embodiments, the temperature used for the solution heat treatment of the copper alloy is in the range of 774-927 ° C. (1425-1700 ° F.). In some embodiments, the temperature used for the solution heat treatment of the magnesium alloy is in the range of 399-499 ° C. (750-930 ° F.). In some embodiments, the temperature used for the solution heat treatment of the nickel alloy is in the range of 829-1238 ° C (1525-2260 ° F). In some embodiments, the temperature used for the solution heat treatment of the titanium alloy is in the range of 760-1010 ° C (1400-1850 ° F). In some embodiments, the temperature used for the solution heat treatment of other non-ferrous alloys can include any of the temperature ranges described above.

本明細書において使用される場合、「供給原材料」という用語は、薄片形状の非鉄合金を指す。本発明を実施する際に用いる供給原材料は、当業者には周知の任意の鋳造技術(直接チル鋳造及び連続鋳造を含むが、それらに限られない)によって用意することが可能である。一部の実施形態では、供給原材料は、溶製処理、ベルト鋳造装置、及び/又はロール鋳造装置を用いて生成される。一部の実施形態では、供給原材料は、米国特許第5,515,908号、同第6,672,368号、及び同第7,125,612号に記載の方法を用いて生産される非鉄合金薄片であり、上記特許文献のそれぞれは、本発明の譲受人に権利譲渡され、その全体が参照により本明細書に組み込まれる。   As used herein, the term “feed raw material” refers to a flaky non-ferrous alloy. The feedstock used in practicing the present invention can be prepared by any casting technique known to those skilled in the art, including but not limited to direct chill casting and continuous casting. In some embodiments, the feedstock is produced using a smelting process, a belt casting apparatus, and / or a roll casting apparatus. In some embodiments, the feedstock is non-ferrous produced using the methods described in US Pat. Nos. 5,515,908, 6,672,368, and 7,125,612. Each of the above patent documents is assigned to the assignee of the present invention and is hereby incorporated by reference in its entirety.

一部の実施形態では、供給原材料は加熱前に、任意選択的に以下のステップの1つ以上にかけられてもよい:せん断加工、トリミング加工、焼き入れ加工、熱間及び/又は冷間圧延、並びに/又はコイル状への巻き取り加工。一部の実施形態では、供給原材料は、所定の規格になるまで熱間及び/又は冷間圧延された後、コイル状に巻き取られて供給原材料のコイルを形成する。   In some embodiments, the feedstock may be optionally subjected to one or more of the following steps prior to heating: shearing, trimming, quenching, hot and / or cold rolling, And / or winding into a coil. In some embodiments, the feedstock is hot and / or cold rolled to a predetermined standard and then wound into a coil to form a feedstock coil.

本明細書において使用される場合、「薄片」は、任意の厚さを有し得るが、一般的にはシート物の規格(0.02cm〜0.632cm(0.006インチ〜0.249インチ)又は薄板規格(0.635cm〜1.02cm(0.250インチ〜0.400インチ)であり、すなわち、0.02cm〜1.02cm(0.006インチ〜0.400インチ)の厚さを有するものである。1つの実施形態では、薄片は、少なくとも0.10cm(0.040インチ)の厚さを有する。1つの実施形態では、薄片は、0.812cm(0.320インチ)以下の厚さを有する。例えば、製缶/包装用途に用いる場合のような1つの実施形態では、薄片は、0.018〜0.046cm(0.0070〜0.018インチ)の厚さを有する。一部の実施形態では、薄片は、0.2〜0.64cm(0.06〜0.25インチ)の範囲の厚さを有する。一部の実施形態では、薄片は、0.2〜0.36cm(0.08〜0.14インチ)の範囲の厚さを有する。一部の実施形態では、薄片は、0.2〜0.51cm(0.08〜0.20インチ)の範囲の厚さを有する。一部の実施形態では、薄片は、0.3〜0.64cm(0.1〜0.25インチ)の範囲の厚さを有する。   As used herein, a “slice” can have any thickness, but is generally sheet specification (0.02 cm to 0.632 cm (0.006 inches to 0.249 inches). ) Or sheet standard (0.635 cm to 1.02 cm (0.250 inch to 0.400 inch), ie, 0.02 cm to 1.02 cm (0.006 inch to 0.400 inch) thick. In one embodiment, the flakes have a thickness of at least 0.10 cm (0.040 inches) In one embodiment, the flakes are 0.812 cm (0.320 inches) or less. In one embodiment, such as when used for canning / packaging applications, for example, the flakes have a thickness of 0.018-0.046 cm (0.0070-0.018 inches). part In embodiments, the flakes have a thickness in the range of 0.2-0.64 cm (0.06-0.25 inches), hi some embodiments, the flakes are 0.2-0.36 cm ( In some embodiments, the flakes have a thickness in the range of 0.08 to 0.20 inches. In some embodiments, the flakes have a thickness in the range of 0.3 to 0.64 cm (0.1 to 0.25 inches).

一部の実施形態では、非鉄合金薄片は、所望のこれ以降の処理と、薄片の最終的な使用目的に応じて、最大で約229cm(90インチ)の幅を有する。一部の実施形態では、非鉄合金薄片は、所望のこれ以降の処理と、薄片の最終的な使用目的に応じて、最大で約203cm(80インチ)の幅を有する。一部の実施形態では、非鉄合金薄片は、所望のこれ以降の処理と、薄片の最終的な使用目的に応じて、最大で約178cm(70インチ)の幅を有する。一部の実施形態では、非鉄合金薄片は、所望のこれ以降の処理と、薄片の最終的な使用目的に応じて、最大で約152cm(60インチ)の幅を有する。一部の実施形態では、非鉄合金薄片は、所望のこれ以降の処理と、薄片の最終的な使用目的に応じて、最大で約127cm(50インチ)の幅を有する。   In some embodiments, the non-ferrous alloy flakes have a width of up to about 229 cm (90 inches) depending on the desired subsequent processing and the intended end use of the flakes. In some embodiments, the non-ferrous alloy flakes have a maximum width of about 203 cm (80 inches) depending on the desired subsequent processing and the intended end use of the flakes. In some embodiments, the non-ferrous alloy flakes have a width of up to about 178 cm (70 inches) depending on the desired subsequent processing and the intended end use of the flakes. In some embodiments, the non-ferrous alloy flakes have a width of up to about 152 cm (60 inches) depending on the desired subsequent processing and the intended end use of the flakes. In some embodiments, the non-ferrous alloy flakes have a maximum width of about 127 cm (50 inches) depending on the desired subsequent processing and the intended end use of the flakes.

本明細書において使用される場合、「固相線」温度という用語は、その温度よりも低い温度では、非鉄合金が完全に固体であるような温度を意味する。   As used herein, the term “solidus” temperature means a temperature at which a non-ferrous alloy is completely solid below that temperature.

本明細書において使用される場合、「非均衡融解」温度という用語は、ある非鉄金属が、固相線温度よりも低い温度で、融解する温度を意味する。   As used herein, the term “non-equilibrium melting” temperature means the temperature at which a non-ferrous metal melts at a temperature below the solidus temperature.

本明細書において使用される場合、「再結晶温度」という用語は、冷間加工された、歪みのある結晶粒組織が、新たな、歪みのない結晶粒組織によって置き換えられる、最も低い温度を意味する。   As used herein, the term “recrystallization temperature” means the lowest temperature at which cold-worked, strained grain structure is replaced by new, unstrained grain structure. To do.

本明細書において使用される場合、「温度」という用語は、平均温度、最高温度、又は最低温度を意味し得る。   As used herein, the term “temperature” can mean an average temperature, a maximum temperature, or a minimum temperature.

本明細書において使用される場合、「アルミニウム合金は、1xxx、2xxx、3xxx、4xxx、5xxx、6xxx、7xxx、及び8xxxシリーズのアルミニウム合金からなる群から選択される」等の成句は、アルミニウム工業会に登録されているか又は同種のものであるが未登録の、1xxx、2xxx、3xxx、4xxx、5xxx、6xxx、7xxx、及び8xxxシリーズのアルミニウム合金からなる群から選択されるアルミニウム合金を意味するが、0.4重量%のケイ素、0.2重量%未満の鉄、0.35〜0.40重量%の銅、0.9重量%のマンガン、及び1重量%のマグネシウムのすべてを有するアルミニウム合金を除く。   As used herein, phrases such as “aluminum alloy is selected from the group consisting of 1xxx, 2xxx, 3xxx, 4xxx, 5xxx, 6xxx, 7xxx, and 8xxx series aluminum alloys” Means an aluminum alloy selected from the group consisting of 1xxx, 2xxx, 3xxx, 4xxx, 5xxx, 6xxx, 7xxx, and 8xxx series aluminum alloys, which are registered or unregistered with An aluminum alloy having all of 0.4 wt% silicon, less than 0.2 wt% iron, 0.35 to 0.40 wt% copper, 0.9 wt% manganese, and 1 wt% magnesium. except.

本明細書において使用される場合、「加熱時間」とは、合金の加熱を開始した時点と、合金の冷却を開始した時間との間に経過した時間を意味する。   As used herein, “heating time” means the time that elapses between the time when heating of the alloy is started and the time when cooling of the alloy is started.

本明細書において使用される場合、「非鉄合金」とは、例えばアルミニウム、マグネシウム、チタン、銅、ニッケル、亜鉛、又はスズのような元素の合金を意味する。   As used herein, “non-ferrous alloy” means an alloy of elements such as, for example, aluminum, magnesium, titanium, copper, nickel, zinc, or tin.

一部の実施形態では、本発明は、ライン外での工程での非鉄合金薄片の製造方法に関する。一部の実施形態では、本発明は、ライン外での工程で、鋳造薄片を加熱する方法に関する。一部の実施形態では、その方法は、再結晶温度より高く、固相線温度又は非均衡融解温度より低い温度に加熱することにより、所望の特性を有する、T(熱処理された)又はO(焼きなまされた)テンパの非鉄合金薄片を製造するために用いられる。   In some embodiments, the present invention relates to a method for producing non-ferrous alloy flakes in an off-line process. In some embodiments, the present invention relates to a method for heating cast flakes in an off-line process. In some embodiments, the method comprises T (heat treated) or O (having the desired properties by heating to a temperature above the recrystallization temperature and below the solidus temperature or non-equilibrium melting temperature. Used to produce tempered non-ferrous alloy flakes.

一部の実施形態では、本発明は、例えば自動車、製缶、食品の包装、飲料の容器、及び航空宇宙産業用途のような、商業的用途に用いられる非鉄合金薄片を製造する方法に関する。   In some embodiments, the present invention relates to a method for producing non-ferrous alloy flakes for use in commercial applications, such as, for example, automobiles, cans, food packaging, beverage containers, and aerospace applications.

一部の実施形態では、本発明は、供給原材料として非鉄合金薄片のコイルを用意することと、供給原材料のコイルを伸ばすことと、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度よりも12℃(10°F)低い温度との間の温度まで供給原材料を加熱することと、供給原材料を焼き入れして、あるテンパを有する熱処理された製品を形成することとを含む、ライン外での工程で非鉄合金薄片を製造する方法である。一部の実施形態では、第1のテンパは、Oテンパ、Tテンパ、又はWテンパである。一部の実施形態では、焼き入れは、液体スプレー、ガス、ガス及びその後に液体、並びに/又は、液体及びその後にガスを用いて実行される。   In some embodiments, the present invention provides the provision of a coil of non-ferrous alloy flakes as a feedstock, stretching the feedstock coil, the recrystallization temperature of the nonferrous alloy, and the solidus temperature of the nonferrous alloy. Off-line including heating the feedstock to a temperature between a temperature of less than 12 ° C (10 ° F) and quenching the feedstock to form a heat treated product with a temper This is a method for producing non-ferrous alloy flakes in the process. In some embodiments, the first temper is an O temper, a T temper, or a W temper. In some embodiments, quenching is performed using liquid spray, gas, gas and then liquid, and / or liquid and then gas.

一部の実施形態では、供給原材料はコイル状に巻き取られて、第1のコイルを形成する。一部の実施形態では、方法は、第1のコイルを伸ばすことを更に含む。一部の実施形態では、方法は、アルミニウム合金薄片を再び巻いて、第2のコイルを形成することを更に含む。   In some embodiments, the feed stock is coiled to form the first coil. In some embodiments, the method further includes extending the first coil. In some embodiments, the method further includes rewinding the aluminum alloy flake to form a second coil.

一部の実施形態では、非鉄合金は、アルミニウム合金、マグネシウム合金、チタン合金、銅合金、ニッケル合金、亜鉛合金、及びスズ合金からなる群から選択される。   In some embodiments, the non-ferrous alloy is selected from the group consisting of aluminum alloys, magnesium alloys, titanium alloys, copper alloys, nickel alloys, zinc alloys, and tin alloys.

一部の実施形態では、非鉄合金は、2xxx、3xxx、6xxx、7xxx、及び8xxxシリーズのアルミニウム合金からなる群から選択されるアルミニウム合金である。   In some embodiments, the non-ferrous alloy is an aluminum alloy selected from the group consisting of 2xxx, 3xxx, 6xxx, 7xxx, and 8xxx series aluminum alloys.

一部の実施形態では、非鉄合金はマグネシウム合金である。一部の実施形態では、非鉄合金は、チタン合金である。一部の実施形態では、非鉄合金は、銅合金である。一部の実施形態では、非鉄合金は、ニッケル合金である。一部の実施形態では、非鉄合金は、亜鉛合金である。一部の実施形態では、非鉄合金は、スズ合金である。   In some embodiments, the non-ferrous alloy is a magnesium alloy. In some embodiments, the non-ferrous alloy is a titanium alloy. In some embodiments, the non-ferrous alloy is a copper alloy. In some embodiments, the non-ferrous alloy is a nickel alloy. In some embodiments, the non-ferrous alloy is a zinc alloy. In some embodiments, the non-ferrous alloy is a tin alloy.

一部の実施形態では、非鉄合金薄片は、
0.4重量%のケイ素と、
0.2重量%未満の鉄と、
0.35〜0.40重量%の銅と、
0.9重量%のマンガンと、
1重量%のマグネシウムとのすべてを有するアルミニウム合金を除く。
In some embodiments, the non-ferrous alloy flakes are
0.4 wt% silicon,
Less than 0.2 wt% iron,
0.35 to 0.40 weight percent copper;
0.9 wt% manganese,
Excludes aluminum alloys having all with 1 wt% magnesium.

一部の実施形態では、加熱は、任意の熱処理方式(赤外線、放射管、ガスだき炉、直接抵抗、及び/又は誘導加熱処理を含むが、それらに限られない)を用いて実行される。一部の実施形態では、熱処理は、誘導加熱である。一部の実施形態では、誘導加熱は、横断方向フラックス誘導加熱(「TFIH」)用に構成されている加熱器を用いて実行される。   In some embodiments, the heating is performed using any heat treatment scheme (including but not limited to infrared, radiant tubes, gas furnaces, direct resistance, and / or induction heat treatment). In some embodiments, the heat treatment is induction heating. In some embodiments, induction heating is performed using a heater configured for transverse flux induction heating (“TFIH”).

一部の実施形態では、供給原材料は、微細な構成要素による均一な微細構造を有する。一部の実施形態では、供給原材料は、米国特許第5,515,908号、同第6,672,368号、及び同第7,125,612号に記載のストリップ連続鋳造法によって、微細な構成要素による均一な微細構造を実現し、上記特許文献のそれぞれは、本発明の譲受人に権利譲渡され、その全体が参照により本明細書に組み込まれる。一部の実施形態では、連続鋳造法における固化時間は短くてもよい(100ミリ秒未満)ため、供給原材料中の金属間化合物が、溶解に高温及び長い保持時間を要するサイズにまで成長する時間がない。一部の実施形態では、供給原材料中のMgSi可溶相の粒子は、一般にそのサイズが1ミクロン未満であり、その平均粒径は、約0.3ミクロンである。複数の実施形態では、供給原材料中の可溶性粒子が小さいことは、素早く溶解するのに適している。一部の実施形態では、供給原材料中に溶質が高い割合で含まれている傾向があり、そのためそれ以上の固溶化を必要としない。 In some embodiments, the feedstock has a uniform microstructure with fine components. In some embodiments, the feedstock is finely divided by the continuous strip casting method described in US Pat. Nos. 5,515,908, 6,672,368, and 7,125,612. Each of the above patent documents is assigned to the assignee of the present invention and is hereby incorporated by reference in its entirety. In some embodiments, the solidification time in the continuous casting process may be short (less than 100 milliseconds), so the time for the intermetallic compound in the feedstock to grow to a size that requires high temperatures and long holding times for dissolution. There is no. In some embodiments, the Mg 2 Si soluble phase particles in the feedstock are generally less than 1 micron in size and have an average particle size of about 0.3 microns. In embodiments, the small soluble particles in the feedstock are suitable for rapid dissolution. In some embodiments, the feedstock tends to contain a high percentage of solutes and therefore does not require further solidification.

一部の実施形態では、金属間化合物の粒子が小さく、溶解状態のアルミニウム合金薄片中に溶質が高い割合で存在することによって、合金及び/又は時効合金の固溶化熱処理のための加熱を、より低い温度で容易に用いることが可能となる。一部の実施形態では、金属間化合物の粒子が小さく、溶解状態のアルミニウム合金薄片中に溶質が高い割合で存在することによって、合金及び/又は時効合金の固溶化熱処理のための誘導加熱を、より低い温度で容易に用いることが可能となる。一部の実施形態では、従来の鋳塊素材の場合よりもより低い温度で固溶化熱処理可能であり、かつそれにより局所的な薄片の溶融を起こさない固溶化を提供する微細な構成要素による均一な微細構造が、上のような処理工程を可能とする。一部の実施形態では、供給原材料は、熱処理に必要な温度が低いため、より高速で処理され得る。一部の実施形態では、MgSi粒子が、融解開始前の温度範囲を経過する間に、その粒子が成長するのを制限するのに十分な程度に加熱が行われる。一部の実施形態では、MgSi粒子が、融解開始前の温度範囲、非制限的な例としては、427℃(800°F)より高い温度を経過する間に、その粒子が成長するのを制限するのに十分な程度に加熱が行われる。一部の実施形態では、加熱された薄片は焼き入れされて、溶質を溶解状態のもの中に保持させる。 In some embodiments, the heat for solution heat treatment of the alloy and / or the aging alloy is further increased by the presence of a high proportion of the solute in the aluminum alloy flakes in the molten state with small particles of intermetallic compounds It can be easily used at a low temperature. In some embodiments, induction heating for solution heat treatment of alloys and / or aging alloys is achieved by the presence of a high percentage of solutes in the molten aluminum alloy flakes with small intermetallic particles. It can be easily used at a lower temperature. In some embodiments, it is possible to perform a solution heat treatment at a lower temperature than that of a conventional ingot material, and thereby provide a uniform component with a fine component that provides a solution without causing local flake melting. A simple microstructure allows the above processing steps. In some embodiments, the feedstock can be processed at a higher rate due to the lower temperature required for heat treatment. In some embodiments, the Mg 2 Si particles are heated to a degree sufficient to limit the growth of the particles during the pre-melting temperature range. In some embodiments, the Mg 2 Si particles grow during a temperature range prior to onset of melting, such as, but not limited to, a temperature greater than 427 ° C. (800 ° F.). Heating is performed to an extent sufficient to limit In some embodiments, the heated flakes are quenched to keep the solute in the dissolved state.

一部の実施形態では、供給原材料は、非鉄合金の再結晶温度に等しい温度にまで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度又は非均衡融解温度よりも29℃(85°F)低い温度との間の温度にまで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度又は非均衡融解温度よりも27℃(80°F)低い温度との間の温度にまで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度又は非均衡融解温度よりも21℃(70°F)低い温度との間の温度にまで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度又は非均衡融解温度よりも16℃(60°F)低い温度との間の温度にまで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度又は非均衡融解温度よりも10℃(50°F)低い温度との間の温度にまで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度又は非均衡融解温度よりも4℃(40°F)低い温度との間の温度にまで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度又は非均衡融解温度よりも−1℃(30°F)低い温度との間の温度にまで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度又は非均衡融解温度よりも−7℃(20°F)低い温度との間の温度にまで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度又は非均衡融解温度よりも−12℃(10°F)低い温度との間の温度にまで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度又は非均衡融解温度よりも−15℃(5°F)低い温度との間の温度にまで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度又は非均衡融解温度との間の温度にまで加熱される。   In some embodiments, the feedstock is heated to a temperature equal to the recrystallization temperature of the non-ferrous alloy. In some embodiments, the feedstock is heated to a temperature between the recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature 29 ° C. (85 ° F.) below the solidus temperature or non-equilibrium melting temperature of the non-ferrous alloy. Is done. In some embodiments, the feedstock is heated to a temperature between the recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature that is 27 ° C. (80 ° F.) below the solidus temperature or non-equilibrium melting temperature of the non-ferrous alloy. Is done. In some embodiments, the feedstock is heated to a temperature between the recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature 21 ° C. (70 ° F.) lower than the solidus temperature or non-equilibrium melting temperature of the non-ferrous alloy. Is done. In some embodiments, the feedstock is heated to a temperature between the recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature that is 16 ° C. (60 ° F.) lower than the solidus temperature or non-equilibrium melting temperature of the non-ferrous alloy. Is done. In some embodiments, the feedstock is heated to a temperature between the recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature that is 10 ° C. (50 ° F.) below the solidus temperature or non-equilibrium melting temperature of the non-ferrous alloy. Is done. In some embodiments, the feedstock is heated to a temperature between the recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature that is 4 ° C. (40 ° F.) lower than the solidus temperature or non-equilibrium melting temperature of the non-ferrous alloy. Is done. In some embodiments, the feedstock is up to a temperature between the recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature that is −1 ° C. (30 ° F.) lower than the solidus temperature or non-equilibrium melting temperature of the non-ferrous alloy. Heated. In some embodiments, the feedstock is up to a temperature between the recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature that is −7 ° C. (20 ° F.) below the solidus temperature or non-equilibrium melting temperature of the non-ferrous alloy. Heated. In some embodiments, the feedstock is up to a temperature between the recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature that is −12 ° C. (10 ° F.) lower than the solidus temperature or non-equilibrium melting temperature of the non-ferrous alloy. Heated. In some embodiments, the feedstock is up to a temperature between the recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature that is −15 ° C. (5 ° F.) lower than the solidus temperature or non-equilibrium melting temperature of the non-ferrous alloy. Heated. In some embodiments, the feedstock is heated to a temperature between the recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and the solidus or non-equilibrium melting temperature of the non-ferrous alloy.

一部の実施形態では、供給原材料は、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度又は非均衡融解温度よりも38℃(100°F)低い温度との間の温度にまで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度又は非均衡融解温度よりも43℃(110°F)低い温度との間の温度にまで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度又は非均衡融解温度よりも49℃(120°F)低い温度との間の温度にまで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度又は非均衡融解温度よりも54℃(130°F)低い温度との間の温度にまで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度又は非均衡融解温度よりも60℃(140°F)低い温度との間の温度にまで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度又は非均衡融解温度よりも71℃(160°F)低い温度との間の温度にまで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度又は非均衡融解温度よりも82℃(180°F)低い温度との間の温度にまで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度又は非均衡融解温度よりも93℃(200°F)低い温度との間の温度にまで加熱される。   In some embodiments, the feedstock is heated to a temperature between the recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature that is 38 ° C. (100 ° F.) lower than the solidus temperature or non-equilibrium melting temperature of the non-ferrous alloy. Is done. In some embodiments, the feedstock is heated to a temperature between the recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature that is 43 ° C. (110 ° F.) lower than the solidus temperature or non-equilibrium melting temperature of the non-ferrous alloy. Is done. In some embodiments, the feedstock is heated to a temperature between the recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature that is 49 ° C. (120 ° F.) lower than the solidus temperature or non-equilibrium melting temperature of the non-ferrous alloy. Is done. In some embodiments, the feedstock is heated to a temperature between the recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature that is 54 ° C. (130 ° F.) lower than the solidus temperature or non-equilibrium melting temperature of the non-ferrous alloy. Is done. In some embodiments, the feedstock is heated to a temperature between the recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature that is 60 ° C. (140 ° F.) below the solidus temperature or non-equilibrium melting temperature of the non-ferrous alloy. Is done. In some embodiments, the feedstock is heated to a temperature between the recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature that is 71 ° C. (160 ° F.) lower than the solidus temperature or non-equilibrium melting temperature of the non-ferrous alloy. Is done. In some embodiments, the feedstock is heated to a temperature between the recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature that is 82 ° C. (180 ° F.) lower than the solidus temperature or non-equilibrium melting temperature of the non-ferrous alloy. Is done. In some embodiments, the feedstock is heated to a temperature between the recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature that is 93 ° C. (200 ° F.) below the solidus temperature or non-equilibrium melting temperature of the non-ferrous alloy. Is done.

一部の実施形態では、供給原材料は、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度又は非均衡融解温度よりも−1〜93℃(30〜200°F)低い温度との間の温度にまで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度又は非均衡融解温度よりも10〜93℃(50〜200°F)低い温度との間の温度にまで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度又は非均衡融解温度よりも21〜93℃(70〜200°F)低い温度との間の温度にまで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度又は非均衡融解温度よりも38〜93℃(100〜200°F)低い温度との間の温度にまで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度又は非均衡融解温度よりも54〜93℃(130〜200°F)低い温度との間の温度にまで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度又は非均衡融解温度よりも77〜93℃(170〜200°F)低い温度との間の温度にまで加熱される。   In some embodiments, the feedstock is between the recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature that is −1 to 93 ° C. (30 to 200 ° F.) lower than the solidus temperature or the non-equilibrium melting temperature of the non-ferrous alloy. To a temperature of. In some embodiments, the feedstock is between a recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature that is 10 to 93 ° C. (50 to 200 ° F.) lower than the solidus temperature or the non-equilibrium melting temperature of the non-ferrous alloy. Heated to temperature. In some embodiments, the feedstock is between a recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature that is 21-93 ° C. (70-200 ° F.) lower than the solidus temperature or non-equilibrium melting temperature of the non-ferrous alloy. Heated to temperature. In some embodiments, the feedstock is between the recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature that is 38-93 ° C. (100-200 ° F.) lower than the solidus temperature or non-equilibrium melting temperature of the non-ferrous alloy. Heated to temperature. In some embodiments, the feedstock material is between the recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature that is 54-93 ° C. (130-200 ° F.) lower than the solidus temperature or non-equilibrium melting temperature of the non-ferrous alloy. Heated to temperature. In some embodiments, the feedstock is between a recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature that is 77-93 ° C. (170-200 ° F.) lower than the solidus temperature or non-equilibrium melting temperature of the non-ferrous alloy. Heated to temperature.

一部の実施形態では、供給原材料は、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度又は非均衡融解温度よりも4〜93℃(40〜200°F)低い温度との間の温度にまで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度又は非均衡融解温度よりも4〜82℃(40〜180°F)低い温度との間の温度にまで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度又は非均衡融解温度よりも4〜71℃(40〜160°F)低い温度との間の温度にまで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度又は非均衡融解温度よりも4〜60℃(40〜140°F)低い温度との間の温度にまで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度又は非均衡融解温度よりも4〜49℃(40〜120°F)低い温度との間の温度にまで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度又は非均衡融解温度よりも4〜38℃(40〜100°F)低い温度との間の温度にまで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、非鉄合金の再結晶温度と、非鉄合金の固相線温度又は非均衡融解温度よりも4〜27℃(40〜80°F)低い温度との間の温度にまで加熱される。   In some embodiments, the feedstock is between a recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature that is 4 to 93 ° C. (40 to 200 ° F.) lower than the solidus temperature or the non-equilibrium melting temperature of the non-ferrous alloy. Heated to temperature. In some embodiments, the feedstock is between a recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature that is 4 to 82 ° C. (40 to 180 ° F.) lower than the solidus temperature or the non-equilibrium melting temperature of the non-ferrous alloy. Heated to temperature. In some embodiments, the feedstock is between the recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature that is 4 to 71 ° C. (40 to 160 ° F.) lower than the solidus temperature or the non-equilibrium melting temperature of the non-ferrous alloy. Heated to temperature. In some embodiments, the feedstock is between a recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature that is 4-60 ° C. (40-140 ° F.) lower than the solidus temperature or the non-equilibrium melting temperature of the non-ferrous alloy. Heated to temperature. In some embodiments, the feedstock is between a recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature that is 4 to 49 ° C. (40 to 120 ° F.) lower than the solidus temperature or the non-equilibrium melting temperature of the non-ferrous alloy. Heated to temperature. In some embodiments, the feedstock is between the recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature that is 4 to 38 ° C. (40 to 100 ° F.) lower than the solidus temperature or the non-equilibrium melting temperature of the non-ferrous alloy. Heated to temperature. In some embodiments, the feedstock is between the recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature that is 4 to 27 ° C. (40 to 80 ° F.) lower than the solidus temperature or the non-equilibrium melting temperature of the non-ferrous alloy. Heated to temperature.

一部の実施形態では、供給原材料は、再結晶温度よりも−17℃(1°F)高い温度まで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、再結晶温度よりも−12℃(10°F)高い温度まで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、再結晶温度よりも−7℃(20°F)高い温度まで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、再結晶温度よりも−1℃(30°F)高い温度まで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、再結晶温度よりも10℃(50°F)高い温度まで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、再結晶温度よりも24℃(75°F)高い温度まで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、再結晶温度よりも38℃(100°F)高い温度まで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、再結晶温度よりも52℃(125°F)高い温度まで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、再結晶温度よりも66℃(150°F)高い温度まで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、再結晶温度よりも93℃(200°F)高い温度まで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、再結晶温度よりも121℃(250°F)高い温度まで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、再結晶温度よりも149℃(300°F)高い温度まで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、再結晶温度よりも177℃(350°F)高い温度まで加熱される。一部の実施形態では、供給原材料は、再結晶温度よりも204℃(400°F)高い温度まで加熱される。   In some embodiments, the feedstock is heated to a temperature that is −17 ° C. (1 ° F.) above the recrystallization temperature. In some embodiments, the feedstock is heated to a temperature that is −12 ° C. (10 ° F.) above the recrystallization temperature. In some embodiments, the feedstock is heated to a temperature that is −7 ° C. (20 ° F.) above the recrystallization temperature. In some embodiments, the feedstock is heated to a temperature that is -1 ° C (30 ° F) above the recrystallization temperature. In some embodiments, the feedstock is heated to a temperature that is 10 ° C. (50 ° F.) above the recrystallization temperature. In some embodiments, the feedstock is heated to a temperature that is 24 ° C. (75 ° F.) above the recrystallization temperature. In some embodiments, the feedstock is heated to a temperature that is 38 ° C. (100 ° F.) above the recrystallization temperature. In some embodiments, the feedstock is heated to a temperature that is 52 ° C. (125 ° F.) higher than the recrystallization temperature. In some embodiments, the feedstock is heated to a temperature that is 66 ° C. (150 ° F.) higher than the recrystallization temperature. In some embodiments, the feedstock is heated to a temperature that is 93 ° C. (200 ° F.) above the recrystallization temperature. In some embodiments, the feedstock is heated to a temperature that is 121 ° C. (250 ° F.) higher than the recrystallization temperature. In some embodiments, the feedstock is heated to a temperature that is 149 ° C. (300 ° F.) above the recrystallization temperature. In some embodiments, the feedstock is heated to a temperature that is 177 ° C. (350 ° F.) higher than the recrystallization temperature. In some embodiments, the feedstock is heated to a temperature of 204 ° C. (400 ° F.) above the recrystallization temperature.

一部の実施形態では、供給原材料は、316〜593℃(600〜1100°F)の間の温度に加熱されるアルミニウム合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、316〜566℃(600〜1050°F)の間の温度に加熱されるアルミニウム合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、316〜538℃(600〜1000°F)の間の温度に加熱されるアルミニウム合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、316〜510℃(600〜950°F)の間の温度に加熱されるアルミニウム合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、316〜482℃(600〜900°F)の間の温度に加熱されるアルミニウム合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、316〜454℃(600〜850°F)の間の温度に加熱されるアルミニウム合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、316〜427℃(600〜800°F)の間の温度に加熱されるアルミニウム合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、316〜399℃(600〜750°F)の間の温度に加熱されるアルミニウム合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、316〜371℃(600〜700°F)の間の温度に加熱されるアルミニウム合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、316〜343℃(600〜650°F)の間の温度に加熱されるアルミニウム合金である。   In some embodiments, the feedstock is an aluminum alloy that is heated to a temperature between 316-593 ° C. (600-1100 ° F.). In some embodiments, the feedstock is an aluminum alloy that is heated to a temperature between 316-566 ° C (600-1050 ° F). In some embodiments, the feedstock is an aluminum alloy that is heated to a temperature between 316-538 ° C. (600-1000 ° F.). In some embodiments, the feedstock is an aluminum alloy that is heated to a temperature between 316-510 ° C (600-950 ° F). In some embodiments, the feedstock is an aluminum alloy that is heated to a temperature between 316-482 ° C. (600-900 ° F.). In some embodiments, the feedstock is an aluminum alloy that is heated to a temperature between 316-454 ° C. (600-850 ° F.). In some embodiments, the feedstock is an aluminum alloy that is heated to a temperature between 316-427 ° C. (600-800 ° F.). In some embodiments, the feedstock is an aluminum alloy that is heated to a temperature between 316-399 ° C. (600-750 ° F.). In some embodiments, the feedstock is an aluminum alloy that is heated to a temperature between 316-371 ° C. (600-700 ° F.). In some embodiments, the feedstock is an aluminum alloy that is heated to a temperature between 316-343 ° C. (600-650 ° F.).

一部の実施形態では、供給原材料は、343〜593℃(650〜1100°F)の間の温度に加熱されるアルミニウム合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、371〜593℃(700〜1100°F)の間の温度に加熱されるアルミニウム合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、399〜593℃(750〜1100°F)の間の温度に加熱されるアルミニウム合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、427〜593℃(800〜1100°F)の間の温度に加熱されるアルミニウム合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、454〜593℃(850〜1100°F)の間の温度に加熱されるアルミニウム合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、482〜593℃(900〜1100°F)の間の温度に加熱されるアルミニウム合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、510〜593℃(950〜1100°F)の間の温度に加熱されるアルミニウム合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、538〜593℃(1000〜1100°F)の間の温度に加熱されるアルミニウム合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、566〜593℃(1050〜1100°F)の間の温度に加熱されるアルミニウム合金である。   In some embodiments, the feedstock is an aluminum alloy that is heated to a temperature between 343-593 ° C. (650-1100 ° F.). In some embodiments, the feedstock is an aluminum alloy that is heated to a temperature between 371-593 ° C. (700-1100 ° F.). In some embodiments, the feedstock is an aluminum alloy that is heated to a temperature between 399-593 ° C. (750-1100 ° F.). In some embodiments, the feedstock is an aluminum alloy that is heated to a temperature between 427-593 ° C (800-1100 ° F). In some embodiments, the feedstock is an aluminum alloy that is heated to a temperature between 454-593 ° C. (850-1100 ° F.). In some embodiments, the feedstock is an aluminum alloy that is heated to a temperature between 482-593 ° C. (900-1100 ° F.). In some embodiments, the feedstock is an aluminum alloy that is heated to a temperature between 510-593 ° C. (950-1100 ° F.). In some embodiments, the feedstock is an aluminum alloy that is heated to a temperature between 538-593 ° C. (1000-1100 ° F.). In some embodiments, the feedstock is an aluminum alloy that is heated to a temperature between 565-593 ° C. (1050-1100 ° F.).

一部の実施形態では、供給原材料は、371〜927℃(700〜1700°F)の間の温度に加熱される銅合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、371〜899℃(700〜1650°F)の間の温度に加熱される銅合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、371〜871℃(700〜1600°F)の間の温度に加熱される銅合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、371〜816℃(700〜1500°F)の間の温度に加熱される銅合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、371〜760℃(700〜1400°F)の間の温度に加熱される銅合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、371〜704℃(700〜1300°F)の間の温度に加熱される銅合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、371〜649℃(700〜1200°F)の間の温度に加熱される銅合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、371〜593℃(700〜1100°F)の間の温度に加熱される銅合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、371〜538℃(700〜1000°F)の間の温度に加熱される銅合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、371〜482℃(700〜900°F)の間の温度に加熱される銅合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、371〜427℃(700〜800°F)の間の温度に加熱される銅合金である。   In some embodiments, the feedstock is a copper alloy that is heated to a temperature between 371-927 ° C (700-1700 ° F). In some embodiments, the feedstock is a copper alloy that is heated to a temperature between 371-899 ° C (700-1650 ° F). In some embodiments, the feedstock is a copper alloy that is heated to a temperature between 371-871 ° C (700-1600 ° F). In some embodiments, the feedstock is a copper alloy that is heated to a temperature between 371-816 ° C. (700-1500 ° F.). In some embodiments, the feedstock is a copper alloy that is heated to a temperature between 371-760 ° C. (700-1400 ° F.). In some embodiments, the feedstock is a copper alloy that is heated to a temperature between 371-704 ° C. (700-1300 ° F.). In some embodiments, the feedstock is a copper alloy that is heated to a temperature between 371-649 ° C (700-1200 ° F). In some embodiments, the feedstock is a copper alloy that is heated to a temperature between 371-593 ° C. (700-1100 ° F.). In some embodiments, the feedstock is a copper alloy that is heated to a temperature between 371-538 ° C (700-1000 ° F). In some embodiments, the feedstock is a copper alloy that is heated to a temperature between 371-482 ° C. (700-900 ° F.). In some embodiments, the feedstock is a copper alloy that is heated to a temperature between 371-427 ° C (700-800 ° F).

一部の実施形態では、供給原材料は、343〜927℃(650〜1700°F)の間の温度に加熱される銅合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、371〜927℃(700〜1700°F)の間の温度に加熱される銅合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、427〜927℃(800〜1700°F)の間の温度に加熱される銅合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、593〜927℃(900〜1700°F)の間の温度に加熱される銅合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、538〜927℃(1000〜1700°F)の間の温度に加熱される銅合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、593〜927℃(1100〜1700°F)の間の温度に加熱される銅合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、649〜927℃(1200〜1700°F)の間の温度に加熱される銅合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、704〜927℃(1300〜1700°F)の間の温度に加熱される銅合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、760〜927℃(1400〜1700°F)の間の温度に加熱される銅合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、816〜927℃(1500〜1700°F)の間の温度に加熱される銅合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、871〜927℃(1600〜1700°F)の間の温度に加熱される銅合金である。   In some embodiments, the feedstock is a copper alloy that is heated to a temperature between 343-927 ° C. (650-1700 ° F.). In some embodiments, the feedstock is a copper alloy that is heated to a temperature between 371-927 ° C (700-1700 ° F). In some embodiments, the feedstock is a copper alloy that is heated to a temperature between 427-927 ° C (800-1700 ° F). In some embodiments, the feedstock is a copper alloy that is heated to a temperature between 593-927 ° C (900-1700 ° F). In some embodiments, the feedstock is a copper alloy that is heated to a temperature between 538-927 ° C (1000-1700 ° F). In some embodiments, the feedstock is a copper alloy that is heated to a temperature between 593-927 ° C (1100-1700 ° F). In some embodiments, the feedstock is a copper alloy that is heated to a temperature between 649-927 ° C (1200-1700 ° F). In some embodiments, the feedstock is a copper alloy that is heated to a temperature between 704-927 ° C (1300-1700 ° F). In some embodiments, the feedstock is a copper alloy that is heated to a temperature between 760-927 ° C (1400-1700 ° F). In some embodiments, the feedstock is a copper alloy that is heated to a temperature between 816-927 ° C (1500-1700 ° F). In some embodiments, the feedstock is a copper alloy that is heated to a temperature between 871-927 ° C (1600-1700 ° F).

一部の実施形態では、供給原材料は、288〜499℃(550〜930°F)の間の温度に加熱されるマグネシウム合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、288〜482℃(550〜900°F)の間の温度に加熱されるマグネシウム合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、288〜454℃(550〜850°F)の間の温度に加熱されるマグネシウム合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、288〜427℃(550〜800°F)の間の温度に加熱されるマグネシウム合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、288〜399℃(550〜750°F)の間の温度に加熱されるマグネシウム合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、288〜371℃(550〜700°F)の間の温度に加熱されるマグネシウム合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、288〜343℃(550〜650°F)の間の温度に加熱されるマグネシウム合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、288〜316℃(550〜600°F)の間の温度に加熱されるマグネシウム合金である。   In some embodiments, the feedstock is a magnesium alloy that is heated to a temperature between 288-499 ° C (550-930 ° F). In some embodiments, the feedstock is a magnesium alloy that is heated to a temperature between 288-482 ° C (550-900 ° F). In some embodiments, the feedstock is a magnesium alloy that is heated to a temperature between 288-454 ° C. (550-850 ° F.). In some embodiments, the feedstock is a magnesium alloy that is heated to a temperature between 288-427 ° C (550-800 ° F). In some embodiments, the feedstock is a magnesium alloy that is heated to a temperature between 288-399 ° C. (550-750 ° F.). In some embodiments, the feedstock is a magnesium alloy that is heated to a temperature between 288-371 ° C. (550-700 ° F.). In some embodiments, the feedstock is a magnesium alloy that is heated to a temperature between 288-343 ° C. (550-650 ° F.). In some embodiments, the feedstock is a magnesium alloy that is heated to a temperature between 288-316 ° C. (550-600 ° F.).

一部の実施形態では、供給原材料は、316〜499℃(600〜930°F)の間の温度に加熱されるマグネシウム合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、343〜499℃(650〜930°F)の間の温度に加熱されるマグネシウム合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、371〜499℃(700〜930°F)の間の温度に加熱されるマグネシウム合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、399〜499℃(750〜930°F)の間の温度に加熱されるマグネシウム合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、427〜499℃(800〜930°F)の間の温度に加熱されるマグネシウム合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、454〜499℃(850〜930°F)の間の温度に加熱されるマグネシウム合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、482〜499℃(900〜930°F)の間の温度に加熱されるマグネシウム合金である。   In some embodiments, the feedstock is a magnesium alloy that is heated to a temperature between 316-499 ° C. (600-930 ° F.). In some embodiments, the feedstock material is a magnesium alloy that is heated to a temperature between 343-499 ° C (650-930 ° F). In some embodiments, the feedstock is a magnesium alloy that is heated to a temperature between 371-499 ° C. (700-930 ° F.). In some embodiments, the feedstock is a magnesium alloy that is heated to a temperature between 399-499 ° C. (750-930 ° F.). In some embodiments, the feedstock is a magnesium alloy that is heated to a temperature between 427-499 ° C (800-930 ° F). In some embodiments, the feedstock is a magnesium alloy that is heated to a temperature between 454-499 ° C (850-930 ° F). In some embodiments, the feedstock is a magnesium alloy that is heated to a temperature between 482-499 ° C (900-930 ° F).

一部の実施形態では、供給原材料は、760〜1238℃(1400〜2260°F)の間の温度に加熱されるニッケル合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、760〜1204℃(1400〜2200°F)の間の温度に加熱されるニッケル合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、760〜1149℃(1400〜2100°F)の間の温度に加熱されるニッケル合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、760〜1093℃(1400〜2000°F)の間の温度に加熱されるニッケル合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、760〜1038℃(1400〜1900°F)の間の温度に加熱されるニッケル合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、760〜982℃(1400〜1800°F)の間の温度に加熱されるニッケル合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、760〜927℃(1400〜1700°F)の間の温度に加熱されるニッケル合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、760〜871℃(1400〜1600°F)の間の温度に加熱されるニッケル合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、760〜816℃(1400〜1500°F)の間の温度に加熱されるニッケル合金である。   In some embodiments, the feedstock is a nickel alloy that is heated to a temperature between 760-1238 ° C (1400-2260 ° F). In some embodiments, the feedstock is a nickel alloy that is heated to a temperature between 760 to 1204 ° C (1400 to 2200 ° F). In some embodiments, the feedstock is a nickel alloy that is heated to a temperature between 760-1149 ° C. (1400-2100 ° F.). In some embodiments, the feedstock is a nickel alloy that is heated to a temperature between 760-1093 ° C (1400-2000 ° F). In some embodiments, the feedstock is a nickel alloy that is heated to a temperature between 760-1038 ° C. (1400-1900 ° F.). In some embodiments, the feedstock is a nickel alloy that is heated to a temperature between 760-982 ° C. (1400-1800 ° F.). In some embodiments, the feedstock is a nickel alloy that is heated to a temperature between 760-927 ° C (1400-1700 ° F). In some embodiments, the feedstock is a nickel alloy that is heated to a temperature between 760 to 871 ° C. (1400 to 1600 ° F.). In some embodiments, the feedstock is a nickel alloy that is heated to a temperature between 760-816 ° C. (1400-1500 ° F.).

一部の実施形態では、供給原材料は、788〜1238℃(1450〜2260°F)の間の温度に加熱されるニッケル合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、816〜1238℃(1500〜2260°F)の間の温度に加熱されるニッケル合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、871〜1238℃(1600〜2260°F)の間の温度に加熱されるニッケル合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、927〜1238℃(1700〜2260°F)の間の温度に加熱されるニッケル合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、982〜1238℃(1800〜2260°F)の間の温度に加熱されるニッケル合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、1038〜1238℃(1900〜2260°F)の間の温度に加熱されるニッケル合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、1093〜1238℃(2000〜2260°F)の間の温度に加熱されるニッケル合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、1149〜1238℃(2100〜2260°F)の間の温度に加熱されるニッケル合金である。   In some embodiments, the feedstock is a nickel alloy that is heated to a temperature between 788-1238 ° C (1450-2260 ° F). In some embodiments, the feedstock is a nickel alloy that is heated to a temperature between 816-1238 ° C (1500-2260 ° F). In some embodiments, the feedstock is a nickel alloy that is heated to a temperature between 871-1238 ° C. (1600-2260 ° F.). In some embodiments, the feedstock is a nickel alloy that is heated to a temperature between 927-1238 ° C. (1700-2260 ° F.). In some embodiments, the feedstock is a nickel alloy that is heated to a temperature between 982-1238 ° C (1800-2260 ° F). In some embodiments, the feedstock is a nickel alloy that is heated to a temperature between 1038-1238 ° C (1900-2260 ° F). In some embodiments, the feedstock is a nickel alloy that is heated to a temperature between 1093-1238 ° C. (2000-2260 ° F.). In some embodiments, the feedstock is a nickel alloy that is heated to a temperature between 1149-1238 ° C. (2100-2260 ° F.).

一部の実施形態では、供給原材料は、649〜1010℃(1200〜1850°F)の間の温度に加熱されるチタン合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、649〜982℃(1200〜1800°F)の間の温度に加熱されるチタン合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、649〜927℃(1200〜1700°F)の間の温度に加熱されるチタン合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、649〜871℃(1200〜1600°F)の間の温度に加熱されるチタン合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、649〜816℃(1200〜1500°F)の間の温度に加熱されるチタン合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、649〜760℃(1200〜1400°F)の間の温度に加熱されるチタン合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、649〜704℃(1200〜1300°F)の間の温度に加熱されるチタン合金である。   In some embodiments, the feedstock is a titanium alloy that is heated to a temperature between 649-1010 ° C (1200-1850 ° F). In some embodiments, the feedstock is a titanium alloy that is heated to a temperature between 649-982 ° C (1200-1800 ° F). In some embodiments, the feedstock is a titanium alloy that is heated to a temperature between 649-927 ° C (1200-1700 ° F). In some embodiments, the feedstock is a titanium alloy that is heated to a temperature between 649-871 ° C (1200-1600 ° F). In some embodiments, the feedstock is a titanium alloy that is heated to a temperature between 649-816 ° C. (1200-1500 ° F.). In some embodiments, the feedstock is a titanium alloy that is heated to a temperature between 649-760 ° C. (1200-1400 ° F.). In some embodiments, the feedstock is a titanium alloy that is heated to a temperature between 649-704 ° C. (1200-1300 ° F.).

一部の実施形態では、供給原材料は、677〜982℃(1250〜1800°F)の間の温度に加熱されるチタン合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、704〜982℃(300〜1800°F)の間の温度に加熱されるチタン合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、760〜982℃(1400〜1800°F)の間の温度に加熱されるチタン合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、816〜982℃(1500〜1800°F)の間の温度に加熱されるチタン合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、871〜982℃(1600〜1800°F)の間の温度に加熱されるチタン合金である。一部の実施形態では、供給原材料は、927〜982℃(1700〜1800°F)の間の温度に加熱されるチタン合金である。   In some embodiments, the feedstock is a titanium alloy that is heated to a temperature between 677-982 ° C (1250-1800 ° F). In some embodiments, the feedstock is a titanium alloy that is heated to a temperature between 704-982 ° C (300-1800 ° F). In some embodiments, the feedstock is a titanium alloy that is heated to a temperature between 760 to 982 ° C (1400 to 1800 ° F). In some embodiments, the feedstock is a titanium alloy that is heated to a temperature between 816-982 ° C (1500-1800 ° F). In some embodiments, the feedstock is a titanium alloy that is heated to a temperature between 871 to 982 ° C. (1600 to 1800 ° F.). In some embodiments, the feedstock is a titanium alloy that is heated to a temperature between 927-982 ° C. (1700-1800 ° F.).

一部の実施形態では、加熱された薄片は、T、O、又はWのテンパを有する。一部の実施形態では、加熱された薄片は、T4又はT4Xのテンパを有する。一部の実施形態では、加熱された薄片は、室温でT4又はT4Xのテンパに到達するのが可能となっている。   In some embodiments, the heated flake has a T, O, or W temper. In some embodiments, the heated flake has a T4 or T4X temper. In some embodiments, the heated flakes can reach a T4 or T4X temper at room temperature.

一部の実施形態では、非鉄合金は、1xxx、2xxx、3xxx、4xxx、5xxx、6xxx、7xxx、及び8xxxシリーズのアルミニウム合金からなる群から選択される。一部の実施形態では、非鉄合金は、1xxxシリーズのアルミニウム合金である。一部の実施形態では、非鉄合金は、2xxxシリーズのアルミニウム合金である。一部の実施形態では、非鉄合金は、3xxxシリーズのアルミニウム合金である。一部の実施形態では、非鉄合金は、4xxxシリーズのアルミニウム合金である。一部の実施形態では、非鉄合金は、5xxxシリーズのアルミニウム合金である。一部の実施形態では、非鉄合金は、6xxxシリーズのアルミニウム合金である。一部の実施形態では、非鉄合金は、7xxxシリーズのアルミニウム合金である。一部の実施形態では、非鉄合金は、8xxxシリーズのアルミニウム合金である。   In some embodiments, the non-ferrous alloy is selected from the group consisting of 1xxx, 2xxx, 3xxx, 4xxx, 5xxx, 6xxx, 7xxx, and 8xxx series aluminum alloys. In some embodiments, the non-ferrous alloy is a 1xxx series aluminum alloy. In some embodiments, the non-ferrous alloy is a 2xxx series aluminum alloy. In some embodiments, the non-ferrous alloy is a 3xxx series aluminum alloy. In some embodiments, the non-ferrous alloy is a 4xxx series aluminum alloy. In some embodiments, the non-ferrous alloy is a 5xxx series aluminum alloy. In some embodiments, the non-ferrous alloy is a 6xxx series aluminum alloy. In some embodiments, the non-ferrous alloy is a 7xxx series aluminum alloy. In some embodiments, the non-ferrous alloy is an 8xxx series aluminum alloy.

一部の実施形態では、非鉄合金は、1xxx、3xxx、及び5xxxシリーズのアルミニウム合金からなる群から選択される熱処理不可能な合金から選択される。一部の実施形態では、非鉄合金は、2xxx、6xxx、及び7xxxシリーズのアルミニウム合金からなる群から選択される熱処理可能な合金から選択される。一部の実施形態では、非鉄合金は、4xxx及び8xxxシリーズのアルミニウム合金からなる群から選択される。一部の実施形態では、非鉄合金は、2xxx、3xxx、5xxx、6xxx、及び7xxxシリーズのアルミニウム合金からなる群から選択されるアルミニウム合金である。   In some embodiments, the non-ferrous alloy is selected from non-heat treatable alloys selected from the group consisting of 1xxx, 3xxx, and 5xxx series aluminum alloys. In some embodiments, the non-ferrous alloy is selected from a heat treatable alloy selected from the group consisting of 2xxx, 6xxx, and 7xxx series aluminum alloys. In some embodiments, the non-ferrous alloy is selected from the group consisting of 4xxx and 8xxx series aluminum alloys. In some embodiments, the non-ferrous alloy is an aluminum alloy selected from the group consisting of 2xxx, 3xxx, 5xxx, 6xxx, and 7xxx series aluminum alloys.

一部の実施形態では、非鉄合金は、1xxx、2xxx、及び3xxxシリーズのアルミニウム合金からなる群から選択される。一部の実施形態では、非鉄合金は、2xxx、3xxx、及び4xxxシリーズのアルミニウム合金からなる群から選択される。一部の実施形態では、非鉄合金は、3xxx、4xxx、及び5xxxシリーズのアルミニウム合金からなる群から選択される。一部の実施形態では、非鉄合金は、4xxx、5xxx、及び6xxxシリーズのアルミニウム合金からなる群から選択される。一部の実施形態では、非鉄合金は、5xxx、6xxx、及び7xxxシリーズのアルミニウム合金からなる群から選択される。一部の実施形態では、非鉄合金は、6xxx、7xxx、及び8xxxシリーズのアルミニウム合金からなる群から選択される。   In some embodiments, the non-ferrous alloy is selected from the group consisting of 1xxx, 2xxx, and 3xxx series aluminum alloys. In some embodiments, the non-ferrous alloy is selected from the group consisting of 2xxx, 3xxx, and 4xxx series aluminum alloys. In some embodiments, the non-ferrous alloy is selected from the group consisting of 3xxx, 4xxx, and 5xxx series aluminum alloys. In some embodiments, the non-ferrous alloy is selected from the group consisting of 4xxx, 5xxx, and 6xxx series aluminum alloys. In some embodiments, the non-ferrous alloy is selected from the group consisting of 5xxx, 6xxx, and 7xxx series aluminum alloys. In some embodiments, the non-ferrous alloy is selected from the group consisting of 6xxx, 7xxx, and 8xxx series aluminum alloys.

一部の実施形態では、非鉄合金は、AA2x24(AA2024、AA2026、AA2524)、AA2014、AA2029、AA2055、AA2060、AA2070、及びAA2x99(AA2099、AA2199)からなる群から選択される2xxxシリーズのアルミニウム合金である。   In some embodiments, the non-ferrous alloy is a 2xxx series aluminum alloy selected from the group consisting of AA2x24 (AA2024, AA2026, AA2524), AA2014, AA2029, AA2055, AA2060, AA2070, and AA2x99 (AA2099, AA2199). is there.

一部の実施形態では、非鉄合金は、AA3004、AA3104、AA3204、AA3304、AA3005、及びAA3105からなる群から選択される3xxxシリーズのアルミニウム合金である。   In some embodiments, the non-ferrous alloy is a 3xxx series aluminum alloy selected from the group consisting of AA3004, AA3104, AA3204, AA3304, AA3005, and AA3105.

一部の実施形態では、非鉄合金は、AA5182、AA5754、及びAA5042からなる群から選択される5xxxシリーズのアルミニウム合金である。   In some embodiments, the non-ferrous alloy is a 5xxx series aluminum alloy selected from the group consisting of AA5182, AA5754, and AA5042.

一部の実施形態では、非鉄合金は、AA6022、AA6111、AA6061、AA6013、AA6063、及びAA6055からなる群から選択される6xxxシリーズのアルミニウム合金である。   In some embodiments, the non-ferrous alloy is a 6xxx series aluminum alloy selected from the group consisting of AA6022, AA6111, AA6061, AA6013, AA6063, and AA6055.

一部の実施形態では、非鉄合金は、AA7x75(AA7075、AA7175、AA7475)、AA7010、AA7050、AA7150、AA7055、AA7255、AA7065、及びAA7085からなる群から選択される7xxxシリーズのアルミニウム合金である。   In some embodiments, the non-ferrous alloy is a 7xxx series aluminum alloy selected from the group consisting of AA7x75 (AA7075, AA7175, AA7475), AA7010, AA7050, AA7150, AA7055, AA7255, AA7065, and AA7085.

一部の実施形態では、非鉄合金は、0.4重量%のケイ素と、0.2重量%未満の鉄と、0.35〜0.40重量%の銅と、0.9重量%のマンガンと、1重量%のマグネシウムとのすべてを有するアルミニウム合金を除く。   In some embodiments, the non-ferrous alloy comprises 0.4 wt% silicon, less than 0.2 wt% iron, 0.35 to 0.40 wt% copper, and 0.9 wt% manganese. And aluminum alloys having all of 1% by weight magnesium.

一部の実施形態では、方法は、供給原材料を、第1の時間T1にわたって、第1の温度まで加熱して、第1のテンパを有する製品を実現することを含む。一部の実施形態では、供給原材料は、アルミニウム合金であり、かつ第1の温度は、316℃〜593℃(600°F〜1100°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、316℃〜593℃(600°F〜1100°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜50秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、316℃〜593℃(600°F〜1100°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜45秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、316℃〜593℃(600°F〜1100°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜35秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、316℃〜593℃(600°F〜1100°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜30秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、316℃〜593℃(600°F〜1100°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜20秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、316℃〜593℃(600°F〜1100°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜25秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、316℃〜593℃(600°F〜1100°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜20秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、316℃〜593℃(600°F〜1100°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜15秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、316℃〜593℃(600°F〜1100°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜10秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、316℃〜593℃(600°F〜1100°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜5秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、316℃〜593℃(600°F〜1100°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜3秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、316℃〜593℃(600°F〜1100°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜2秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、316℃〜593℃(600°F〜1100°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜1秒の範囲である。   In some embodiments, the method includes heating the feedstock to a first temperature for a first time T1 to achieve a product having a first temper. In some embodiments, the feedstock is an aluminum alloy and the first temperature is in the range of 316 ° C. to 593 ° C. (600 ° F. to 1100 ° F.) and T1 is 0.5 to The range is 55 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 316 ° C. to 593 ° C. (600 ° F. to 1100 ° F.) and T1 is in the range of 0.5 to 50 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 316 ° C. to 593 ° C. (600 ° F. to 1100 ° F.) and T1 is in the range of 0.5 to 45 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 316 ° C. to 593 ° C. (600 ° F. to 1100 ° F.) and T1 is in the range of 0.5 to 35 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 316 ° C to 593 ° C (600 ° F to 1100 ° F) and T1 ranges from 0.5 to 30 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 316 ° C. to 593 ° C. (600 ° F. to 1100 ° F.) and T1 is in the range of 0.5 to 20 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 316 ° C to 593 ° C (600 ° F to 1100 ° F) and T1 ranges from 0.5 to 25 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 316 ° C. to 593 ° C. (600 ° F. to 1100 ° F.) and T1 is in the range of 0.5 to 20 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 316 ° C. to 593 ° C. (600 ° F. to 1100 ° F.) and T1 is in the range of 0.5 to 15 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 316 ° C. to 593 ° C. (600 ° F. to 1100 ° F.), and T1 is in the range of 0.5 to 10 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 316 ° C. to 593 ° C. (600 ° F. to 1100 ° F.) and T1 is in the range of 0.5 to 5 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 316 ° C. to 593 ° C. (600 ° F. to 1100 ° F.), and T1 ranges from 0.5 to 3 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 316 ° C. to 593 ° C. (600 ° F. to 1100 ° F.) and T1 is in the range of 0.5 to 2 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 316 ° C. to 593 ° C. (600 ° F. to 1100 ° F.) and T1 is in the range of 0.5 to 1 second.

一部の実施形態では、供給原材料は、アルミニウム合金であり、かつ第1の温度は、343℃〜593℃(650°F〜1100°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、371℃〜593℃(700°F〜1100°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、399℃〜593℃(750°F〜1100°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、427℃〜593℃(800°F〜1100°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、454℃〜593℃(850°F〜1100°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、316℃〜482℃(600°F〜900°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、510℃〜593℃(950°F〜1100°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、538℃〜593℃(1000°F〜1100°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、566℃〜593℃(1050°F〜1100°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。   In some embodiments, the feedstock is an aluminum alloy and the first temperature is in the range of 343 ° C. to 593 ° C. (650 ° F. to 1100 ° F.) and T1 is 0.5 to The range is 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 371 ° C. to 593 ° C. (700 ° F. to 1100 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 399 ° C. to 593 ° C. (750 ° F. to 1100 ° F.) and T1 is in the range of 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 427 ° C. to 593 ° C. (800 ° F. to 1100 ° F.) and T1 is in the range of 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 454 ° C. to 593 ° C. (850 ° F. to 1100 ° F.), and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 316 ° C. to 482 ° C. (600 ° F. to 900 ° F.) and T1 is in the range of 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 510 ° C. to 593 ° C. (950 ° F. to 1100 ° F.), and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 538 ° C. to 593 ° C. (1000 ° F. to 1100 ° F.) and T1 is in the range of 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 566 ° C. to 593 ° C. (1050 ° F. to 1100 ° F.) and T1 is in the range of 0.5 to 55 seconds.

一部の実施形態では、供給原材料は、アルミニウム合金であり、かつ第1の温度は、316℃〜566℃(600°F〜1050°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、316℃〜538℃(600°F〜1000°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、316℃〜510℃(600°F〜950°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、316℃〜482℃(600°F〜900°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、316℃〜454℃(600°F〜850°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、316℃〜427℃(600°F〜800°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、316℃〜399℃(600°F〜750°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、316℃〜371℃(600°F〜700°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、316℃〜343℃(600°F〜650°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。   In some embodiments, the feedstock is an aluminum alloy and the first temperature ranges from 316 ° C. to 566 ° C. (600 ° F. to 1050 ° F.) and T1 is from 0.5 to The range is 55 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 316 ° C. to 538 ° C. (600 ° F. to 1000 ° F.) and T1 is in the range of 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 316 ° C. to 510 ° C. (600 ° F. to 950 ° F.) and T1 is in the range of 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 316 ° C. to 482 ° C. (600 ° F. to 900 ° F.) and T1 is in the range of 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 316 ° C. to 454 ° C. (600 ° F. to 850 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 316 ° C. to 427 ° C. (600 ° F. to 800 ° F.) and T1 is in the range of 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 316 ° C. to 399 ° C. (600 ° F. to 750 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 316 ° C. to 371 ° C. (600 ° F. to 700 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 316 ° C. to 343 ° C. (600 ° F. to 650 ° F.) and T1 is in the range of 0.5 to 55 seconds.

一部の実施形態では、供給原材料は、銅合金であり、かつ第1の温度は、371℃〜927℃(700°F〜1700°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、371℃〜927℃(700°F〜1700°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜50秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、371℃〜927℃(700°F〜1700°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜45秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、371℃〜927℃(700°F〜1700°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜35秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、371℃〜927℃(700°F〜1700°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜30秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、371℃〜927℃(700°F〜1700°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜20秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、371℃〜927℃(700°F〜1700°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜25秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、371℃〜927℃(700°F〜1700°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜20秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、371℃〜927℃(700°F〜1700°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜15秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、371℃〜927℃(700°F〜1700°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜10秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、371℃〜927℃(700°F〜1700°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜5秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、371℃〜927℃(700°F〜1700°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜3秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、371℃〜927℃(700°F〜1700°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜2秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、371℃〜927℃(700°F〜1700°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜1秒の範囲である。   In some embodiments, the feedstock is a copper alloy and the first temperature is in the range of 371 ° C. to 927 ° C. (700 ° F. to 1700 ° F.) and T1 is 0.5 to The range is 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 371 ° C. to 927 ° C. (700 ° F. to 1700 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 50 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 371 ° C to 927 ° C (700 ° F to 1700 ° F) and T1 ranges from 0.5 to 45 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 371 ° C. to 927 ° C. (700 ° F. to 1700 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 35 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 371 ° C. to 927 ° C. (700 ° F. to 1700 ° F.), and T1 ranges from 0.5 to 30 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 371 ° C. to 927 ° C. (700 ° F. to 1700 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 20 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 371 ° C. to 927 ° C. (700 ° F. to 1700 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 25 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 371 ° C. to 927 ° C. (700 ° F. to 1700 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 20 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 371 ° C to 927 ° C (700 ° F to 1700 ° F) and T1 ranges from 0.5 to 15 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 371 ° C. to 927 ° C. (700 ° F. to 1700 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 10 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 371 ° C. to 927 ° C. (700 ° F. to 1700 ° F.), and T1 ranges from 0.5 to 5 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 371 ° C. to 927 ° C. (700 ° F. to 1700 ° F.), and T1 ranges from 0.5 to 3 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 371 ° C. to 927 ° C. (700 ° F. to 1700 ° F.), and T1 ranges from 0.5 to 2 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 371 ° C. to 927 ° C. (700 ° F. to 1700 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 1 second.

一部の実施形態では、供給原材料は、銅合金であり、かつ第1の温度は、399℃〜927℃(750°F〜1700°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、426℃〜927℃(800°F〜1700°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、454℃〜927℃(850°F〜1700°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、482℃〜927℃(900°F〜1700°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、510℃〜927℃(950°F〜1700°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、538℃〜927℃(1000°F〜1700°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、593℃〜927℃(1100°F〜1700°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、649℃〜927℃(1200°F〜1700°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、704℃〜927℃(1300°F〜1700°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、760℃〜927℃(1400°F〜1700°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、816℃〜927℃(1500°F〜1700°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、871℃〜927℃(1600°F〜1700°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、482℃〜816℃(900°F〜1500°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、538℃〜704℃(1000°F〜1300°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、482℃〜649℃(900°F〜1200°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。   In some embodiments, the feedstock is a copper alloy and the first temperature is in the range of 399 ° C. to 927 ° C. (750 ° F. to 1700 ° F.) and T1 is 0.5 to The range is 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 426 ° C. to 927 ° C. (800 ° F. to 1700 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 454 ° C to 927 ° C (850 ° F to 1700 ° F) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 482 ° C. to 927 ° C. (900 ° F. to 1700 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 510 ° C. to 927 ° C. (950 ° F. to 1700 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 538 ° C to 927 ° C (1000 ° F to 1700 ° F) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 593 ° C. to 927 ° C. (1100 ° F. to 1700 ° F.), and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 649 ° C. to 927 ° C. (1200 ° F. to 1700 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 704 ° C. to 927 ° C. (1300 ° F. to 1700 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 760 ° C. to 927 ° C. (1400 ° F. to 1700 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 816 ° C. to 927 ° C. (1500 ° F. to 1700 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 871 ° C. to 927 ° C. (1600 ° F. to 1700 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 482 ° C. to 816 ° C. (900 ° F. to 1500 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 538 ° C. to 704 ° C. (1000 ° F. to 1300 ° F.) and T1 is in the range of 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 482 ° C. to 649 ° C. (900 ° F. to 1200 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds.

一部の実施形態では、供給原材料は、銅合金であり、かつ第1の温度は、371℃〜871℃(700°F〜1600°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、371℃〜816℃(700°F〜1500°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、371℃〜760℃(700°F〜1400°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、371℃〜704℃(700°F〜1300°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、371℃〜649℃(700°F〜1200°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、371℃〜593℃(700°F〜1100°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、371℃〜538℃(700°F〜1000°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、371℃〜482℃(700°F〜900°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。   In some embodiments, the feedstock is a copper alloy and the first temperature is in the range of 371 ° C. to 871 ° C. (700 ° F. to 1600 ° F.) and T1 is 0.5 to The range is 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 371 ° C. to 816 ° C. (700 ° F. to 1500 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 371 ° C. to 760 ° C. (700 ° F. to 1400 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 371 ° C. to 704 ° C. (700 ° F. to 1300 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 371 ° C. to 649 ° C. (700 ° F. to 1200 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 371 ° C. to 593 ° C. (700 ° F. to 1100 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 371 ° C. to 538 ° C. (700 ° F. to 1000 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 371 ° C. to 482 ° C. (700 ° F. to 900 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds.

一部の実施形態では、供給原材料は、マグネシウム合金であり、かつ第1の温度は、287℃〜499℃(550°F〜930°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、287℃〜499℃(550°F〜930°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜50秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、287℃〜499℃(550°F〜930°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜45秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、287℃〜499℃(550°F〜930°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜35秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、287℃〜499℃(550°F〜930°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜30秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、287℃〜499℃(550°F〜930°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜20秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、287℃〜499℃(550°F〜930°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜25秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、287℃〜499℃(550°F〜930°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜20秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、287℃〜499℃(550°F〜930°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜15秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、287℃〜499℃(550°F〜930°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜10秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、287℃〜499℃(550°F〜930°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜5秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、287℃〜499℃(550°F〜930°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜3秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、287℃〜499℃(550°F〜930°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜2秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、287℃〜499℃(550°F〜930°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜1秒の範囲である。   In some embodiments, the feedstock is a magnesium alloy and the first temperature is in the range of 287 ° C. to 499 ° C. (550 ° F. to 930 ° F.) and T1 is 0.5 to The range is 55 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 287 ° C. to 499 ° C. (550 ° F. to 930 ° F.), and T1 is in the range of 0.5 to 50 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 287 ° C. to 499 ° C. (550 ° F. to 930 ° F.) and T 1 is in the range of 0.5 to 45 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 287 ° C. to 499 ° C. (550 ° F. to 930 ° F.), and T1 is in the range of 0.5 to 35 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 287 ° C. to 499 ° C. (550 ° F. to 930 ° F.) and T 1 is in the range of 0.5 to 30 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 287 ° C. to 499 ° C. (550 ° F. to 930 ° F.) and T 1 is in the range of 0.5 to 20 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 287 ° C. to 499 ° C. (550 ° F. to 930 ° F.) and T 1 is in the range of 0.5 to 25 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 287 ° C. to 499 ° C. (550 ° F. to 930 ° F.) and T 1 is in the range of 0.5 to 20 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 287 ° C. to 499 ° C. (550 ° F. to 930 ° F.), and T1 is in the range of 0.5 to 15 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 287 ° C. to 499 ° C. (550 ° F. to 930 ° F.), and T1 is in the range of 0.5 to 10 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 287 ° C. to 499 ° C. (550 ° F. to 930 ° F.) and T 1 is in the range of 0.5 to 5 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 287 ° C. to 499 ° C. (550 ° F. to 930 ° F.) and T1 is in the range of 0.5 to 3 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 287 ° C. to 499 ° C. (550 ° F. to 930 ° F.), and T1 is in the range of 0.5 to 2 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 287 ° C. to 499 ° C. (550 ° F. to 930 ° F.) and T1 is in the range of 0.5 to 1 second.

一部の実施形態では、供給原材料は、マグネシウム合金であり、かつ第1の温度は、316℃〜499℃(600°F〜930°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、343℃〜499℃(650°F〜930°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、371℃〜499℃(700°F〜930°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、399℃〜499℃(750°F〜930°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、427℃〜499℃(800°F〜930°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、454℃〜499℃(850°F〜930°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、482℃〜499℃(900°F〜930°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。   In some embodiments, the feedstock is a magnesium alloy and the first temperature is in the range of 316 ° C. to 499 ° C. (600 ° F. to 930 ° F.) and T1 is 0.5 to The range is 55 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 343 ° C. to 499 ° C. (650 ° F. to 930 ° F.), and T1 is in the range of 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 371 ° C. to 499 ° C. (700 ° F. to 930 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 399 ° C. to 499 ° C. (750 ° F. to 930 ° F.) and T1 is in the range of 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 427 ° C. to 499 ° C. (800 ° F. to 930 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 454 ° C. to 499 ° C. (850 ° F. to 930 ° F.), and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 482 ° C to 499 ° C (900 ° F to 930 ° F) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds.

一部の実施形態では、供給原材料は、マグネシウム合金であり、かつ第1の温度は、288℃〜482℃(550°F〜900°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、288℃〜454℃(550°F〜850°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、288℃〜427℃(550°F〜800°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、288℃〜399℃(550°F〜750°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、288℃〜371℃(550°F〜700°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、288℃〜343℃(550°F〜650°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、288℃〜316℃(550°F〜600°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、343℃〜482℃(650°F〜900°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、371℃〜427℃(700°F〜800°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。   In some embodiments, the feedstock is a magnesium alloy and the first temperature is in the range of 288 ° C. to 482 ° C. (550 ° F. to 900 ° F.) and T1 is 0.5 to The range is 55 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 288 ° C. to 454 ° C. (550 ° F. to 850 ° F.) and T1 is in the range of 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 288 ° C. to 427 ° C. (550 ° F. to 800 ° F.) and T1 is in the range of 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 288 ° C. to 399 ° C. (550 ° F. to 750 ° F.) and T1 is in the range of 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 288 ° C. to 371 ° C. (550 ° F. to 700 ° F.) and T1 is in the range of 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 288 ° C. to 343 ° C. (550 ° F. to 650 ° F.) and T1 is in the range of 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 288 ° C. to 316 ° C. (550 ° F. to 600 ° F.) and T1 is in the range of 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 343 ° C. to 482 ° C. (650 ° F. to 900 ° F.) and T1 is in the range of 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 371 ° C. to 427 ° C. (700 ° F. to 800 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds.

一部の実施形態では、供給原材料は、ニッケル合金であり、かつ第1の温度は、1216℃〜1238℃(1400°F〜2260°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、216℃〜1238℃(1400°F〜2260°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜50秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、216℃〜1238℃(1400°F〜2260°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜45秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、216℃〜1238℃(1400°F〜2260°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜35秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、216℃〜1238℃(1400°F〜2260°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜30秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、216℃〜1238℃(1400°F〜2260°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜20秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、216℃〜1238℃(1400°F〜2260°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜25秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、216℃〜1238℃(1400°F〜2260°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜20秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、216℃〜1238℃(1400°F〜2260°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜15秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、216℃〜1238℃(1400°F〜2260°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜10秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、216℃〜1238℃(1400°F〜2260°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜5秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、216℃〜1238℃(1400°F〜2260°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜3秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、216℃〜1238℃(1400°F〜2260°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜2秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、216℃〜1238℃(1400°F〜2260°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜1秒の範囲である。   In some embodiments, the feedstock is a nickel alloy and the first temperature ranges from 1216 ° C. to 1238 ° C. (1400 ° F. to 2260 ° F.) and T1 is from 0.5 to The range is 55 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 216 ° C to 1238 ° C (1400 ° F to 2260 ° F) and T1 is in the range of 0.5 to 50 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 216 ° C to 1238 ° C (1400 ° F to 2260 ° F) and T1 is in the range of 0.5 to 45 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 216 ° C to 1238 ° C (1400 ° F to 2260 ° F), and T1 ranges from 0.5 to 35 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 216 ° C to 1238 ° C (1400 ° F to 2260 ° F) and T1 is in the range of 0.5 to 30 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 216 ° C to 1238 ° C (1400 ° F to 2260 ° F), and T1 ranges from 0.5 to 20 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 216 ° C to 1238 ° C (1400 ° F to 2260 ° F) and T1 is in the range of 0.5 to 25 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 216 ° C to 1238 ° C (1400 ° F to 2260 ° F), and T1 ranges from 0.5 to 20 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 216 ° C to 1238 ° C (1400 ° F to 2260 ° F) and T1 ranges from 0.5 to 15 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 216 ° C to 1238 ° C (1400 ° F to 2260 ° F) and T1 is in the range of 0.5 to 10 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 216 ° C to 1238 ° C (1400 ° F to 2260 ° F) and T1 is in the range of 0.5 to 5 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 216 ° C. to 1238 ° C. (1400 ° F. to 2260 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 3 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 216 ° C to 1238 ° C (1400 ° F to 2260 ° F) and T1 is in the range of 0.5 to 2 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 216 ° C to 1238 ° C (1400 ° F to 2260 ° F) and T1 is in the range of 0.5 to 1 second.

一部の実施形態では、供給原材料は、ニッケル合金であり、かつ第1の温度は、816℃〜1238℃(1500°F〜2260°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、871℃〜1238℃(1600°F〜2260°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、927℃〜1238℃(1700°F〜2260°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、982℃〜1238℃(1800°F〜2260°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、1037℃〜1238℃(1900°F〜2260°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、1093℃〜1238℃(2000°F〜2260°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、1149℃〜1238℃(2100°F〜2260°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。   In some embodiments, the feedstock is a nickel alloy and the first temperature is in the range of 816 ° C. to 1238 ° C. (1500 ° F. to 2260 ° F.) and T1 is 0.5 to The range is 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 871 ° C to 1238 ° C (1600 ° F to 2260 ° F) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 927 ° C. to 1238 ° C. (1700 ° F. to 2260 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 982 ° C. to 1238 ° C. (1800 ° F. to 2260 ° F.) and T 1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 1037 ° C. to 1238 ° C. (1900 ° F. to 2260 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 1093 ° C. to 1238 ° C. (2000 ° F. to 2260 ° F.) and T 1 is in the range of 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 1149 ° C. to 1238 ° C. (2100 ° F. to 2260 ° F.), and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds.

一部の実施形態では、供給原材料は、ニッケル合金であり、かつ第1の温度は、760℃〜1149℃(1400°F〜2100°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、760℃〜1093℃(1400°F〜2000°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、760℃〜1037℃(1400°F〜1900°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、760℃〜982℃(1400°F〜1800°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、760℃〜927℃(1400°F〜1700°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、760℃〜871℃(1400°F〜1600°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、760℃〜816℃(1400°F〜1500°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、816℃〜1149℃(1500°F〜2100°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、871℃〜1093℃(1600°F〜2000°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、927℃〜1038℃(1700°F〜1900°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。   In some embodiments, the feedstock is a nickel alloy and the first temperature is in the range of 760 ° C. to 1149 ° C. (1400 ° F. to 2100 ° F.) and T1 is 0.5 to The range is 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 760 ° C to 1093 ° C (1400 ° F to 2000 ° F) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 760 ° C to 1037 ° C (1400 ° F to 1900 ° F) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 760 ° C. to 982 ° C. (1400 ° F. to 1800 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 760 ° C. to 927 ° C. (1400 ° F. to 1700 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 760 ° C. to 871 ° C. (1400 ° F. to 1600 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 760 ° C. to 816 ° C. (1400 ° F. to 1500 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 816 ° C. to 1149 ° C. (1500 ° F. to 2100 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 871 ° C. to 1093 ° C. (1600 ° F. to 2000 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 927 ° C. to 1038 ° C. (1700 ° F. to 1900 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds.

一部の実施形態では、供給原材料は、チタン合金であり、かつ第1の温度は、649℃〜1010℃(1200°F〜1850°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、649℃〜1010℃(1200°F〜1850°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜50秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、649℃〜1010℃(1200°F〜1850°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜45秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、649℃〜1010℃(1200°F〜1850°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜35秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、649℃〜1010℃(1200°F〜1850°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜30秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、649℃〜1010℃(1200°F〜1850°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜20秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、649℃〜1010℃(1200°F〜1850°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜25秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、649℃〜1010℃(1200°F〜1850°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜20秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、649℃〜1010℃(1200°F〜1850°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜15秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、649℃〜1010℃(1200°F〜1850°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜10秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、649℃〜1010℃(1200°F〜1850°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜5秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、649℃〜1010℃(1200°F〜1850°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜3秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、649℃〜1010℃(1200°F〜1850°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜2秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、649℃〜1010℃(1200°F〜1850°F)の範囲であり、かつ、T1は、0.5〜1秒の範囲である。   In some embodiments, the feedstock is a titanium alloy and the first temperature is in the range of 649 ° C. to 1010 ° C. (1200 ° F. to 1850 ° F.) and T1 is 0.5 to The range is 55 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 649 ° C. to 1010 ° C. (1200 ° F. to 1850 ° F.) and T 1 is in the range of 0.5 to 50 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 649 ° C. to 1010 ° C. (1200 ° F. to 1850 ° F.) and T 1 is in the range of 0.5 to 45 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 649 ° C. to 1010 ° C. (1200 ° F. to 1850 ° F.) and T1 is in the range of 0.5 to 35 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 649 ° C. to 1010 ° C. (1200 ° F. to 1850 ° F.) and T1 is in the range of 0.5 to 30 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 649 ° C. to 1010 ° C. (1200 ° F. to 1850 ° F.) and T1 is in the range of 0.5 to 20 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 649 ° C. to 1010 ° C. (1200 ° F. to 1850 ° F.), and T1 ranges from 0.5 to 25 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 649 ° C. to 1010 ° C. (1200 ° F. to 1850 ° F.) and T1 is in the range of 0.5 to 20 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 649 ° C. to 1010 ° C. (1200 ° F. to 1850 ° F.), and T1 ranges from 0.5 to 15 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 649 ° C. to 1010 ° C. (1200 ° F. to 1850 ° F.), and T1 ranges from 0.5 to 10 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 649 ° C. to 1010 ° C. (1200 ° F. to 1850 ° F.), and T1 ranges from 0.5 to 5 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 649 ° C. to 1010 ° C. (1200 ° F. to 1850 ° F.) and T 1 is in the range of 0.5 to 3 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 649 ° C. to 1010 ° C. (1200 ° F. to 1850 ° F.) and T1 is in the range of 0.5 to 2 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 649 ° C. to 1010 ° C. (1200 ° F. to 1850 ° F.), and T1 ranges from 0.5 to 1 second.

一部の実施形態では、供給原材料は、チタン合金であり、かつ第1の温度は、704℃〜1010℃(1300°F〜1850°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、760℃〜1010℃(1400°F〜1850°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、816℃〜1010℃(1500°F〜1850°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、871℃〜1010℃(1600°F〜1850°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、926℃〜1010℃(1700°F〜1850°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、982℃〜1010℃(1800°F〜1850°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。   In some embodiments, the feedstock is a titanium alloy and the first temperature is in the range of 704 ° C. to 1010 ° C. (1300 ° F. to 1850 ° F.) and T1 is 0.5 to The range is 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 760 ° C. to 1010 ° C. (1400 ° F. to 1850 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 816 ° C. to 1010 ° C. (1500 ° F. to 1850 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 871 ° C. to 1010 ° C. (1600 ° F. to 1850 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 926 ° C. to 1010 ° C. (1700 ° F. to 1850 ° F.) and T1 is in the range of 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 982 ° C. to 1010 ° C. (1800 ° F. to 1850 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds.

一部の実施形態では、供給原材料は、チタン合金であり、かつ第1の温度は、649℃〜982℃(1200°F〜1800°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、649℃〜927℃(1200°F〜1700°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、649℃〜871℃(1200°F〜1600°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、649℃〜816℃(1200°F〜1500°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、649℃〜760℃(1200°F〜1400°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、649℃〜704℃(1200°F〜1300°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、704℃〜982℃(1300°F〜1800°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、760℃〜927℃(1400°F〜1700°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。一部の実施形態では、第1の温度は、816℃〜871℃(1500°F〜1600°F)の範囲であり、かつT1は、0.5〜55秒の範囲である。   In some embodiments, the feedstock is a titanium alloy and the first temperature is in the range of 649 ° C. to 982 ° C. (1200 ° F. to 1800 ° F.) and T1 is 0.5 to The range is 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 649 ° C. to 927 ° C. (1200 ° F. to 1700 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature is in the range of 649 ° C. to 871 ° C. (1200 ° F. to 1600 ° F.) and T1 is in the range of 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 649 ° C. to 816 ° C. (1200 ° F. to 1500 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 649 ° C. to 760 ° C. (1200 ° F. to 1400 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 649 ° C to 704 ° C (1200 ° F to 1300 ° F) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 704 ° C. to 982 ° C. (1300 ° F. to 1800 ° F.), and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 760 ° C. to 927 ° C. (1400 ° F. to 1700 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds. In some embodiments, the first temperature ranges from 816 ° C. to 871 ° C. (1500 ° F. to 1600 ° F.) and T1 ranges from 0.5 to 55 seconds.

一部の実施形態では、加熱された薄片は、T、O、又はWのテンパを有する。一部の実施形態では、加熱された薄片は、T4又はT4Xのテンパを有する。一部の実施形態では、加熱された薄片は、室温でT4又はT4Xのテンパに到達するのが可能となっている。   In some embodiments, the heated flake has a T, O, or W temper. In some embodiments, the heated flake has a T4 or T4X temper. In some embodiments, the heated flakes can reach a T4 or T4X temper at room temperature.

一部の実施形態では、非鉄合金は、1xxx、2xxx、3xxx、4xxx、5xxx、6xxx、7xxx、及び8xxxシリーズのアルミニウム合金からなる群から選択される。一部の実施形態では、非鉄合金は、1xxxシリーズのアルミニウム合金である。一部の実施形態では、非鉄合金は、2xxxシリーズのアルミニウム合金である。一部の実施形態では、非鉄合金は、3xxxシリーズのアルミニウム合金である。一部の実施形態では、非鉄合金は、4xxxシリーズのアルミニウム合金である。一部の実施形態では、非鉄合金は、5xxxシリーズのアルミニウム合金である。一部の実施形態では、非鉄合金は、6xxxシリーズのアルミニウム合金である。一部の実施形態では、非鉄合金は、7xxxシリーズのアルミニウム合金である。一部の実施形態では、非鉄合金は、8xxxシリーズのアルミニウム合金である。   In some embodiments, the non-ferrous alloy is selected from the group consisting of 1xxx, 2xxx, 3xxx, 4xxx, 5xxx, 6xxx, 7xxx, and 8xxx series aluminum alloys. In some embodiments, the non-ferrous alloy is a 1xxx series aluminum alloy. In some embodiments, the non-ferrous alloy is a 2xxx series aluminum alloy. In some embodiments, the non-ferrous alloy is a 3xxx series aluminum alloy. In some embodiments, the non-ferrous alloy is a 4xxx series aluminum alloy. In some embodiments, the non-ferrous alloy is a 5xxx series aluminum alloy. In some embodiments, the non-ferrous alloy is a 6xxx series aluminum alloy. In some embodiments, the non-ferrous alloy is a 7xxx series aluminum alloy. In some embodiments, the non-ferrous alloy is an 8xxx series aluminum alloy.

一部の実施形態では、非鉄合金は、1xxx、3xxx、及び5xxxシリーズのアルミニウム合金からなる群から選択される熱処理不可能な合金から選択される。一部の実施形態では、非鉄合金は、2xxx、6xxx、及び7xxxシリーズのアルミニウム合金からなる群から選択される熱処理可能な合金から選択される。一部の実施形態では、非鉄合金は、4xxx及び8xxxシリーズのアルミニウム合金からなる群から選択される。一部の実施形態では、非鉄合金は、2xxx、3xxx、5xxx、6xxx、及び7xxxシリーズのアルミニウム合金からなる群から選択されるアルミニウム合金である。   In some embodiments, the non-ferrous alloy is selected from non-heat treatable alloys selected from the group consisting of 1xxx, 3xxx, and 5xxx series aluminum alloys. In some embodiments, the non-ferrous alloy is selected from a heat treatable alloy selected from the group consisting of 2xxx, 6xxx, and 7xxx series aluminum alloys. In some embodiments, the non-ferrous alloy is selected from the group consisting of 4xxx and 8xxx series aluminum alloys. In some embodiments, the non-ferrous alloy is an aluminum alloy selected from the group consisting of 2xxx, 3xxx, 5xxx, 6xxx, and 7xxx series aluminum alloys.

一部の実施形態では、非鉄合金は、1xxx、2xxx、及び3xxxシリーズのアルミニウム合金からなる群から選択される。一部の実施形態では、非鉄合金は、2xxx、3xxx、及び4xxxシリーズのアルミニウム合金からなる群から選択される。一部の実施形態では、非鉄合金は、3xxx、4xxx、及び5xxxシリーズのアルミニウム合金からなる群から選択される。一部の実施形態では、非鉄合金は、4xxx、5xxx、及び6xxxシリーズのアルミニウム合金からなる群から選択される。一部の実施形態では、非鉄合金は、5xxx、6xxx、及び7xxxシリーズのアルミニウム合金からなる群から選択される。一部の実施形態では、非鉄合金は、6xxx、7xxx、及び8xxxシリーズのアルミニウム合金からなる群から選択される。   In some embodiments, the non-ferrous alloy is selected from the group consisting of 1xxx, 2xxx, and 3xxx series aluminum alloys. In some embodiments, the non-ferrous alloy is selected from the group consisting of 2xxx, 3xxx, and 4xxx series aluminum alloys. In some embodiments, the non-ferrous alloy is selected from the group consisting of 3xxx, 4xxx, and 5xxx series aluminum alloys. In some embodiments, the non-ferrous alloy is selected from the group consisting of 4xxx, 5xxx, and 6xxx series aluminum alloys. In some embodiments, the non-ferrous alloy is selected from the group consisting of 5xxx, 6xxx, and 7xxx series aluminum alloys. In some embodiments, the non-ferrous alloy is selected from the group consisting of 6xxx, 7xxx, and 8xxx series aluminum alloys.

一部の実施形態では、非鉄合金は、AA2x24(AA2024、AA2026、AA2524)、AA2014、AA2029、AA2055、AA2060、AA2070、及びAA2x99(AA2099、AA2199)からなる群から選択される2xxxシリーズのアルミニウム合金である。   In some embodiments, the non-ferrous alloy is a 2xxx series aluminum alloy selected from the group consisting of AA2x24 (AA2024, AA2026, AA2524), AA2014, AA2029, AA2055, AA2060, AA2070, and AA2x99 (AA2099, AA2199). is there.

一部の実施形態では、非鉄合金は、AA3004、AA3104、AA3204、AA3304、AA3005、及びAA3105からなる群から選択される3xxxシリーズのアルミニウム合金である。   In some embodiments, the non-ferrous alloy is a 3xxx series aluminum alloy selected from the group consisting of AA3004, AA3104, AA3204, AA3304, AA3005, and AA3105.

一部の実施形態では、非鉄合金は、AA5182、AA5754、及びAA5042からなる群から選択される5xxxシリーズのアルミニウム合金である。   In some embodiments, the non-ferrous alloy is a 5xxx series aluminum alloy selected from the group consisting of AA5182, AA5754, and AA5042.

一部の実施形態では、非鉄合金は、AA6022、AA6111、AA6061、AA6013、AA6063、及びAA6055からなる群から選択される6xxxシリーズのアルミニウム合金である。   In some embodiments, the non-ferrous alloy is a 6xxx series aluminum alloy selected from the group consisting of AA6022, AA6111, AA6061, AA6013, AA6063, and AA6055.

一部の実施形態では、非鉄合金は、AA7x75(AA7075、AA7175、AA7475)、AA7010、AA7050、AA7150、AA7055、AA7255、AA7065、及びAA7085からなる群から選択される7xxxシリーズのアルミニウム合金である。   In some embodiments, the non-ferrous alloy is a 7xxx series aluminum alloy selected from the group consisting of AA7x75 (AA7075, AA7175, AA7475), AA7010, AA7050, AA7150, AA7055, AA7255, AA7065, and AA7085.

一部の実施形態では、図1は、本発明の方法のステップを示すフローチャートである。一部の実施形態では、図2は、本発明の方法を実行するために用いられる装置の1つの実施形態を示す模式図である。一部の実施形態では、図3は、本発明の方法を実行する際に用いられる装置の1つの実施形態を示す模式図である。   In some embodiments, FIG. 1 is a flowchart illustrating the steps of the method of the present invention. In some embodiments, FIG. 2 is a schematic diagram illustrating one embodiment of an apparatus used to perform the method of the present invention. In some embodiments, FIG. 3 is a schematic diagram illustrating one embodiment of an apparatus used in performing the method of the present invention.

一部の実施形態では、方法は、図1に詳しく記載された工程を含む。一部の実施形態では、供給原材料20が、図1に詳しく記載されている以下の処理ステップの1つ以上にかけられる、連続鋳造非鉄合金薄片1から形成される:せん断及びトリミングステーション2のうちの1つ以上を通過させること、温度調整のための任意選択的焼き入れ4、熱間圧延及び/又は冷間圧延ステップ6のうちの1つ以上、トリミング8、並びに、供給原材料20を形成するためのコイル状への巻き取り10。   In some embodiments, the method includes the steps detailed in FIG. In some embodiments, the feedstock 20 is formed from a continuous cast non-ferrous alloy flake 1 that is subjected to one or more of the following processing steps described in detail in FIG. To pass one or more, to form an optional quench 4 for temperature adjustment, one or more of hot and / or cold rolling steps 6, trimming 8, and feedstock 20. Winding 10 into a coil.

一部の実施形態では、供給原材料は、以下のステップのうちの1つ以上にかけられる:伸ばし22と、その後の焼きなまし26、焼き入れ28、及び/又はコイル状への巻取り30により、Oテンパ薄片を生産32;あるいは、伸ばし22の後、固溶化熱処理40と、その後の好適な焼き入れ42、及び任意選択でのコイル状への巻取り44により、Tテンパ薄片を生産46。一部の実施形態では、焼きなましステップ26及び/又は固溶化熱処理ステップ40は、本明細書で説明される加熱方法、温度範囲、加熱時間を用いて実行される。   In some embodiments, the feedstock is subjected to one or more of the following steps: stretching 22 followed by annealing 26, quenching 28, and / or winding 30 into a coiled temper. Producing flakes 32; or, after stretching 22, producing T temper flakes 46 by solution heat treatment 40 followed by suitable quenching 42 and optionally winding 44 into a coil. In some embodiments, the annealing step 26 and / or the solution heat treatment step 40 are performed using the heating method, temperature range, and heating time described herein.

一部の実施形態について、誘導加熱を用いて本発明の方法を実行するために用いられる装置の1つの実施形態が、図2に示されている。一部の実施形態では、供給原材料は、図2に示されているような、水平式熱処理ユニットで処理される。一部の実施形態では、コイル状に巻き取られた供給原材料を伸ばすための、コイル伸展器202を用いることを含む。一部の実施形態では、コイル状から伸ばされた供給原材料は、次に、ピンチロール204、せん断器206、トリマー208、及び結合器210にフィードされる。一部の実施形態では、供給原材料は次に、ブライドル212、ルーパー214、及び別のブライドル216にフィードされる。一部の実施形態では、得られた供給原材料は次に、TFIH用に構成された、1つ以上の誘導加熱器218にフィードされる。一部の実施形態では、加熱された供給原材料は、次に、浸漬器220、焼き入れ器222、及び乾燥機224にかけられる。一部の実施形態では、乾燥され、加熱された供給原材料は、次に、ブライドル226、レベラー228、及び別のブライドル230にフィードされる。一部の実施形態では、供給原材料は次に、ルーパー232、ブライドル234にフィードされ、かつ次に、せん断器236、トリマー238、予備時効処理ステップ240にかけられ、更に次に、コイル巻取り器242を通されて、コイル状に巻き取られた薄片が形成される。   For some embodiments, one embodiment of an apparatus used to perform the method of the invention using induction heating is shown in FIG. In some embodiments, the feedstock is processed in a horizontal heat treatment unit, as shown in FIG. Some embodiments include using a coil stretcher 202 to stretch a coiled feedstock. In some embodiments, the feedstock drawn from the coil is then fed to the pinch roll 204, shearer 206, trimmer 208, and coupler 210. In some embodiments, the feedstock is then fed to bridle 212, looper 214, and another bridle 216. In some embodiments, the resulting feedstock is then fed to one or more induction heaters 218 configured for TFIH. In some embodiments, the heated feedstock is then subjected to a dipping machine 220, a quencher 222, and a dryer 224. In some embodiments, the dried and heated feed is then fed to bridle 226, leveler 228, and another bridle 230. In some embodiments, the feedstock is then fed to looper 232, bridle 234 and then subjected to shearer 236, trimmer 238, pre-aging step 240, and then coil winder 242. And a flake wound up in a coil is formed.

一部の実施形態では、焼き入れ222は、液体スプレー処理、ガス処理、ガス処理及びその後での液体処理、並びに/又は液体処理及びその後でのガス処理を含み得るが、それらに限られない。一部の実施形態では、予備時効処理ステップは、誘導加熱、赤外線加熱、マッフル炉により加熱、又は液体スプレー処理を含み得るが、それらに限られない。一部の実施形態では、予備時効処理ユニットは、コイル巻取り器242の前に配置される。一部の実施形態では、人為的時効処理が、後続の作業(例えば塗料焼き付けサイクル)の一部として、又は、オーブン内で実施する別のステップとして実行され得る。   In some embodiments, quenching 222 may include, but is not limited to, liquid spray processing, gas processing, gas processing and subsequent liquid processing, and / or liquid processing and subsequent gas processing. In some embodiments, the pre-aging step may include, but is not limited to, induction heating, infrared heating, heating with a muffle furnace, or liquid spraying. In some embodiments, the pre-aging unit is placed in front of the coil winder 242. In some embodiments, an artificial aging treatment can be performed as part of a subsequent operation (eg, a paint baking cycle) or as a separate step performed in an oven.

一部の実施形態について、誘導加熱を用いて本発明の方法を実行するために用いられる装置の1つの実施形態が、図3に示されている。一部の実施形態では、装置又は方法は、ステッチャ302、TFIH用に構成された誘導加熱器304、浸漬炉306、焼き入れ器308、エアナイフ310、及びテンションレベリングライン用第1ブライドル312を含む。   For some embodiments, one embodiment of an apparatus used to perform the method of the invention using induction heating is shown in FIG. In some embodiments, the apparatus or method includes a stitcher 302, an induction heater 304 configured for TFIH, a dipping furnace 306, a quencher 308, an air knife 310, and a first bridle 312 for a tension leveling line.

期待される実施例1   Expected Example 1

アルミニウム合金が、本発明の方法によって処理される。そのために選択されるアルミニウム合金は、以下の組成を有する6022合金である。
Aluminum alloys are processed by the method of the present invention. The aluminum alloy selected for this is a 6022 alloy having the following composition:

合金を、0.22cmの厚さまで、毎分76mの速さで(0.085インチの厚さまで、毎分250フィートの速さで)鋳型に注ぎ、1つのステップで熱間圧延により、0.035インチの最終規格にまで処理してから、コイル状に巻き取る。コイル状に巻き取られた製品を、次に伸ばして、固溶化熱処理のために454℃(850°F)の温度にまで3秒間加熱し、その後、水をスプレーして71℃(160°F)に急冷して焼き入れして、コイル状に巻き取る。次に、コイルの最も外側の部分から、サンプルを採取する。サンプル1セットを、室温で、4〜10日間安定化させて、T4テンパを実現する。別のセットを、安定化する前に、82℃(180°F)で8時間にわたり特別な予備時効処理にかける。この特別なテンパは、T43と呼ばれる。   The alloy is poured into the mold to a thickness of 0.22 cm at a speed of 76 m / min (to a thickness of 0.085 inch, at a speed of 250 ft / min) by hot rolling in one step to a thickness of 0.2 mm. After processing to the final standard of 035 inches, it is wound into a coil. The coiled product is then stretched and heated to a temperature of 454 ° C. (850 ° F.) for 3 seconds for solution heat treatment, followed by water spraying to 71 ° C. (160 ° F.). ) Is quenched and quenched and wound into a coil. Next, a sample is taken from the outermost part of the coil. One set of samples is allowed to stabilize for 4-10 days at room temperature to achieve a T4 temper. Another set is subjected to a special pre-aging treatment at 82 ° C. (180 ° F.) for 8 hours before stabilization. This special temper is called T43.

期待される実施例2   Expected Example 2

マグネシウム合金が、本発明の方法によって処理される。そのために選択されるマグネシウム合金は、以下の組成を有するAZ91Dである。
Magnesium alloys are processed by the method of the present invention. The magnesium alloy selected for this purpose is AZ91D having the following composition.

合金を、0.22cmの厚さまで、毎分76mの速さで(0.085インチの厚さまで、毎分250フィートの速さで)鋳型に注ぎ、1つのステップで熱間圧延により、0.089cm(0.035インチ)の最終規格にまで処理してから、コイル状に巻き取る。コイル状に巻き取られた製品を、次に伸ばして、固溶化熱処理のために454℃(850°F)の温度にまで3秒間加熱し、その後、水をスプレーして71℃(160°F)に急冷して焼き入れして、コイル状に巻き取る。次に、コイルの最も外側の部分から、サンプルを採取する。サンプル1セットを、室温で、4〜10日間安定化させて、T4テンパを実現する。別のセットを、安定化する前に、82℃(180°F)で8時間にわたり特別な予備時効処理にかける。この特別なテンパは、T43と呼ばれる。   The alloy is poured into the mold to a thickness of 0.22 cm at a speed of 76 m / min (to a thickness of 0.085 inch, at a speed of 250 ft / min) by hot rolling in one step to a thickness of 0.2 mm. After processing to a final specification of 089 cm (0.035 inches), it is wound into a coil. The coiled product is then stretched and heated to a temperature of 454 ° C. (850 ° F.) for 3 seconds for solution heat treatment, followed by water spraying to 71 ° C. (160 ° F.). ) Is quenched and quenched and wound into a coil. Next, a sample is taken from the outermost part of the coil. One set of samples is allowed to stabilize for 4-10 days at room temperature to achieve a T4 temper. Another set is subjected to a special pre-aging treatment at 82 ° C. (180 ° F.) for 8 hours before stabilization. This special temper is called T43.

本発明の多くの実施形態を説明してきたが、これらの実施形態は発明を限定するものではなく、あくまで例示的なものにすぎず、当業者には多くの変更修正形態が明らかであるということが理解されるであろう。また、さまざまなステップは、任意の所望の順序で実行され得る(かつ、任意の所望のステップを追加し得る、かつ/又は省略し得る)。   Although many embodiments of the present invention have been described, these embodiments are not intended to limit the invention, but are merely exemplary, and many variations and modifications will be apparent to those skilled in the art. Will be understood. Also, the various steps can be performed in any desired order (and any desired steps can be added and / or omitted).

Claims (20)

供給原材料として、非鉄合金薄片のコイルを用意することと、
前記供給原材料の前記コイルを伸ばすことと、
前記供給原材料を、前記非鉄合金の再結晶温度と、前記非鉄合金の固相線温度よりも−12℃(10°F)低い温度との間の温度に加熱することと、
前記供給原材料を焼き入れして、テンパを有する熱処理された製品を形成することとを含む方法であって、
前記テンパは、Oテンパ又はTテンパであり、かつ、
前記非鉄合金薄片は、
0.4重量%のケイ素と、
0.2重量%未満の鉄と、
0.35〜0.40重量%の銅と、
0.9重量%のマンガンと、
1重量%のマグネシウムとのすべてを有するアルミニウム合金を除く、方法。
Preparing a coil of non-ferrous alloy flakes as a feedstock;
Stretching the coil of the feedstock;
Heating the feedstock to a temperature between the recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature that is −12 ° C. (10 ° F.) lower than the solidus temperature of the non-ferrous alloy;
Quenching the feedstock to form a heat treated product with a temper, comprising:
The temper is an O temper or a T temper, and
The non-ferrous alloy flakes are
0.4 wt% silicon,
Less than 0.2 wt% iron,
0.35 to 0.40 weight percent copper;
0.9 wt% manganese,
A method, except for an aluminum alloy having all with 1% by weight of magnesium.
前記加熱することが、赤外線、放射管ガスだき炉、直接抵抗、誘導加熱、及びそれらを組み合わせたものからなる群から選択される、請求項1に記載の方法。   The method of claim 1, wherein the heating is selected from the group consisting of infrared, radiation tube gas furnace, direct resistance, induction heating, and combinations thereof. 前記非鉄合金が、アルミニウム合金、マグネシウム合金、チタン合金、銅合金、ニッケル合金、亜鉛合金、及びスズ合金からなる群から選択される、請求項1に記載の方法。   The method of claim 1, wherein the non-ferrous alloy is selected from the group consisting of an aluminum alloy, a magnesium alloy, a titanium alloy, a copper alloy, a nickel alloy, a zinc alloy, and a tin alloy. 前記非鉄合金が、2xxx、3xxx、6xxx、7xxx、及び8xxxシリーズのアルミニウム合金からなる群から選択されるアルミニウム合金である、請求項3に記載の方法。   The method of claim 3, wherein the non-ferrous alloy is an aluminum alloy selected from the group consisting of 2xxx, 3xxx, 6xxx, 7xxx, and 8xxx series aluminum alloys. 前記非鉄合金がマグネシウム合金である、請求項3に記載の方法。   The method of claim 3, wherein the non-ferrous alloy is a magnesium alloy. 前記熱処理された製品を再び巻き、第2のコイルを形成することを更に含む、請求項1に記載の方法。   The method of claim 1, further comprising rewinding the heat treated product to form a second coil. 前記加熱温度が、前記非鉄合金の前記再結晶温度と、前記非鉄合金の前記固相線温度よりも−1℃(30°F)低い温度との間である、請求項1に記載の方法。   The method of claim 1, wherein the heating temperature is between the recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature that is −1 ° C. (30 ° F.) lower than the solidus temperature of the non-ferrous alloy. 前記加熱温度が、前記非鉄合金の前記再結晶温度と、前記非鉄合金の前記固相線温度よりも16℃(60°F)低い温度との間である、請求項1に記載の方法。   The method of claim 1, wherein the heating temperature is between the recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature that is 16 ° C. (60 ° F.) lower than the solidus temperature of the non-ferrous alloy. 前記加熱温度が、前記非鉄合金の前記再結晶温度と、前記非鉄合金の前記固相線温度よりも29℃(85°F)低い温度との間である、請求項1に記載の方法。   The method of claim 1, wherein the heating temperature is between the recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature 29 ° C. (85 ° F.) lower than the solidus temperature of the non-ferrous alloy. 前記非鉄合金がアルミニウム合金であり、かつ前記加熱温度が316〜593.29℃(600〜1100°F)である、請求項1に記載の方法。   The method of claim 1, wherein the non-ferrous alloy is an aluminum alloy and the heating temperature is 316 to 593.29 ° C. (600 to 1100 ° F.). 前記非鉄合金がマグネシウム合金であり、かつ前記加熱温度が288〜499℃(550〜930°F)である、請求項1に記載の方法。   The method of claim 1, wherein the non-ferrous alloy is a magnesium alloy and the heating temperature is 288-499 ° C. (550-930 ° F.). 供給原材料として、非鉄合金薄片のコイルを用意することと、
前記供給原材料の前記コイルを伸ばすことと、
前記供給原材料を、前記非鉄合金の再結晶温度と、前記非鉄合金の固相線温度よりも−12℃(10°F)低い温度との間の温度まで、0.5〜55秒の加熱時間にわたり加熱することと、
前記供給原材料を焼き入れして、テンパを有する熱処理された製品を形成することとを含む方法であって、
前記テンパは、Oテンパ又はTテンパであり、かつ、
前記非鉄合金薄片は、
0.4重量%のケイ素と、
0.2重量%未満の鉄と、
0.35〜0.40重量%の銅と、
0.9重量%のマンガンと、
1重量%のマグネシウムとのすべてを有するアルミニウム合金を除く、方法。
Preparing a coil of non-ferrous alloy flakes as a feedstock;
Stretching the coil of the feedstock;
Heating the feedstock to a temperature between the recrystallization temperature of the non-ferrous alloy and a temperature -12 ° C. (10 ° F.) lower than the solidus temperature of the non-ferrous alloy for 0.5-55 seconds Heating over,
Quenching the feedstock to form a heat treated product with a temper, comprising:
The temper is an O temper or a T temper, and
The non-ferrous alloy flakes are
0.4 wt% silicon,
Less than 0.2 wt% iron,
0.35 to 0.40 weight percent copper;
0.9 wt% manganese,
A method, except for an aluminum alloy having all with 1% by weight of magnesium.
前記非鉄合金が、アルミニウム合金、マグネシウム合金、チタン合金、銅合金、ニッケル合金、亜鉛合金、及びスズ合金からなる群から選択される、請求項12に記載の方法。   The method of claim 12, wherein the non-ferrous alloy is selected from the group consisting of an aluminum alloy, a magnesium alloy, a titanium alloy, a copper alloy, a nickel alloy, a zinc alloy, and a tin alloy. 前記非鉄合金が、2xxx、3xxx、6xxx、7xxx、及び8xxxシリーズのアルミニウム合金からなる群から選択されるアルミニウム合金である、請求項12に記載の方法。   The method of claim 12, wherein the non-ferrous alloy is an aluminum alloy selected from the group consisting of 2xxx, 3xxx, 6xxx, 7xxx, and 8xxx series aluminum alloys. 前記非鉄合金がマグネシウム合金である、請求項12に記載の方法。   The method of claim 12, wherein the non-ferrous alloy is a magnesium alloy. 前記加熱時間が0.5〜20秒である、請求項12に記載の方法。   The method according to claim 12, wherein the heating time is 0.5 to 20 seconds. 前記加熱時間が0.5〜10秒である、請求項16に記載の方法。   The method according to claim 16, wherein the heating time is 0.5 to 10 seconds. 前記非鉄合金がアルミニウム合金であり、かつ前記加熱温度が316〜593.29℃(600〜1100°F)である、請求項12に記載の方法。   The method of claim 12, wherein the non-ferrous alloy is an aluminum alloy and the heating temperature is 316 to 593.29 ° C. (600 to 1100 ° F.). 前記非鉄合金がマグネシウム合金であり、かつ前記加熱温度が288〜499℃(550〜930°F)である、請求項12に記載の方法。   The method of claim 12, wherein the non-ferrous alloy is a magnesium alloy and the heating temperature is 288-499 ° C. (550-930 ° F.). 前記テンパが、T4及びT4Xからなる群から選択される、請求項12に記載の方法。   The method of claim 12, wherein the temper is selected from the group consisting of T4 and T4X.
JP2018521178A 2015-07-07 2015-07-07 Heat treatment method for non-ferrous alloy feed materials outside the line Pending JP2018529028A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
PCT/US2015/039391 WO2017007458A1 (en) 2015-07-07 2015-07-07 Methods of off-line heat treatment of non-ferrous alloy feedstock

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2018529028A true JP2018529028A (en) 2018-10-04
JP2018529028A5 JP2018529028A5 (en) 2018-11-15

Family

ID=57685956

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2018521178A Pending JP2018529028A (en) 2015-07-07 2015-07-07 Heat treatment method for non-ferrous alloy feed materials outside the line

Country Status (7)

Country Link
EP (1) EP3320123A4 (en)
JP (1) JP2018529028A (en)
KR (3) KR20210029847A (en)
CN (1) CN109196135A (en)
CA (1) CA2991618C (en)
MX (1) MX2018000105A (en)
WO (1) WO2017007458A1 (en)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US11142815B2 (en) 2015-07-07 2021-10-12 Arconic Technologies Llc Methods of off-line heat treatment of non-ferrous alloy feedstock
WO2021076473A1 (en) * 2019-10-16 2021-04-22 Novelis Inc. Rapid quench line

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0565587A (en) * 1991-09-05 1993-03-19 Sky Alum Co Ltd Aluminum alloy rolled sheet for forming and its production
JP2007523262A (en) * 2004-02-19 2007-08-16 アルコア インコーポレイテッド Method for producing aluminum alloy sheet material that performs heat treatment and annealing in-line
JP2015025168A (en) * 2013-07-26 2015-02-05 住友電気工業株式会社 Magnesium alloy coil material and production method of magnesium alloy coil material

Family Cites Families (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US2887422A (en) 1950-02-25 1959-05-19 United Eng Foundry Co Method of continuously heat treating aluminum strip
JPH0668146B2 (en) * 1986-09-09 1994-08-31 スカイアルミニウム株式会社 Method for manufacturing rolled aluminum alloy plate
US5514228A (en) * 1992-06-23 1996-05-07 Kaiser Aluminum & Chemical Corporation Method of manufacturing aluminum alloy sheet
US6045632A (en) * 1995-10-02 2000-04-04 Alcoa, Inc. Method for making can end and tab stock
JPH10298668A (en) 1997-04-18 1998-11-10 Sumitomo Heavy Ind Ltd Heat treatment apparatus
US7125612B2 (en) * 2001-02-20 2006-10-24 Alcoa Inc. Casting of non-ferrous metals
AU2003252354A1 (en) * 2002-08-01 2004-02-23 Honda Giken Kogyo Kabushiki Kaisha Metal material and method for production thereof
US6764559B2 (en) * 2002-11-15 2004-07-20 Commonwealth Industries, Inc. Aluminum automotive frame members
US20050211350A1 (en) * 2004-02-19 2005-09-29 Ali Unal In-line method of making T or O temper aluminum alloy sheets
WO2010049445A1 (en) 2008-10-30 2010-05-06 Aleris Aluminum Duffel Bvba Structural automotive component of an aluminium alloy sheet product

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0565587A (en) * 1991-09-05 1993-03-19 Sky Alum Co Ltd Aluminum alloy rolled sheet for forming and its production
JP2007523262A (en) * 2004-02-19 2007-08-16 アルコア インコーポレイテッド Method for producing aluminum alloy sheet material that performs heat treatment and annealing in-line
JP2015025168A (en) * 2013-07-26 2015-02-05 住友電気工業株式会社 Magnesium alloy coil material and production method of magnesium alloy coil material

Also Published As

Publication number Publication date
CN109196135A (en) 2019-01-11
EP3320123A1 (en) 2018-05-16
KR20180102044A (en) 2018-09-14
MX2018000105A (en) 2019-01-10
CA2991618C (en) 2020-01-28
KR20210029847A (en) 2021-03-16
CA2991618A1 (en) 2017-01-12
EP3320123A4 (en) 2019-03-27
KR20200015851A (en) 2020-02-12
WO2017007458A1 (en) 2017-01-12

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR101156956B1 (en) In-line method of making heat-treated and annealed aluminum alloy sheet
US20050211350A1 (en) In-line method of making T or O temper aluminum alloy sheets
JP6727310B2 (en) New 6XXX aluminum alloy and manufacturing method thereof
WO2015086116A1 (en) Manufacturing process for obtaining high strength extruded products made from 6xxx aluminium alloys
JPH05339687A (en) Production of aluminum base alloy thin sheet
JP6293974B2 (en) AA6XXX aluminum alloy sheet having high anodizing quality and method for making the same
JP2018529028A (en) Heat treatment method for non-ferrous alloy feed materials outside the line
AU755412B2 (en) Continuous casting process for producing aluminum alloys having low earing
US11142815B2 (en) Methods of off-line heat treatment of non-ferrous alloy feedstock
JPH09111428A (en) Production of superplastic aluminum alloy
GB2046783A (en) Process for the treatment of a precipitation hardenable non-ferrous material
CN107429336B (en) Aluminium alloy product
US20030173003A1 (en) Continuous casting process for producing aluminum alloys having low earing
AU2014200219A1 (en) In-line method of making heat-treated and annealed aluminum alloy sheet
WO2022032400A2 (en) Casting process for aluminium alloys
JP2018135579A (en) Structural aluminium alloy material
Li The effects of thermal processing on the mechanical properties of AA2024, 2014 and 2618 aluminum alloys

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20180606

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20180731

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20180910

A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A711

Effective date: 20181005

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20181005

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20190426

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20190514

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20190809

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20190925

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20200225