JP2018526081A - Ocular implant and delivery system comprising a pressure sensor - Google Patents

Ocular implant and delivery system comprising a pressure sensor Download PDF

Info

Publication number
JP2018526081A
JP2018526081A JP2018507616A JP2018507616A JP2018526081A JP 2018526081 A JP2018526081 A JP 2018526081A JP 2018507616 A JP2018507616 A JP 2018507616A JP 2018507616 A JP2018507616 A JP 2018507616A JP 2018526081 A JP2018526081 A JP 2018526081A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
pressure sensor
cannula
ocular implant
portion
implant
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2018507616A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
ミーター、デイビッド セオドア バン
ミーター、デイビッド セオドア バン
エム. ガルト、ケネス
エム. ガルト、ケネス
Original Assignee
イバンティス インコーポレイテッド
イバンティス インコーポレイテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US201562205588P priority Critical
Priority to US62/205,588 priority
Application filed by イバンティス インコーポレイテッド, イバンティス インコーポレイテッド filed Critical イバンティス インコーポレイテッド
Priority to PCT/US2016/046652 priority patent/WO2017030917A1/en
Publication of JP2018526081A publication Critical patent/JP2018526081A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F9/00Methods or devices for treatment of the eyes; Devices for putting-in contact lenses; Devices to correct squinting; Apparatus to guide the blind; Protective devices for the eyes, carried on the body or in the hand
    • A61F9/007Methods or devices for eye surgery
    • A61F9/00781Apparatus for modifying intraocular pressure, e.g. for glaucoma treatment
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B3/00Apparatus for testing the eyes; Instruments for examining the eyes
    • A61B3/10Objective types, i.e. instruments for examining the eyes independent of the patients' perceptions or reactions
    • A61B3/16Objective types, i.e. instruments for examining the eyes independent of the patients' perceptions or reactions for measuring intraocular pressure, e.g. tonometers
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F2250/00Special features of prostheses classified in groups A61F2/00 - A61F2/26 or A61F2/82 or A61F9/00 or A61F11/00 or subgroups thereof
    • A61F2250/0001Means for transferring electromagnetic energy to implants
    • A61F2250/0002Means for transferring electromagnetic energy to implants for data transfer
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F2250/00Special features of prostheses classified in groups A61F2/00 - A61F2/26 or A61F2/82 or A61F9/00 or A61F11/00 or subgroups thereof
    • A61F2250/0004Special features of prostheses classified in groups A61F2/00 - A61F2/26 or A61F2/82 or A61F9/00 or A61F11/00 or subgroups thereof adjustable
    • A61F2250/0013Special features of prostheses classified in groups A61F2/00 - A61F2/26 or A61F2/82 or A61F9/00 or A61F11/00 or subgroups thereof adjustable for adjusting fluid pressure
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F9/00Methods or devices for treatment of the eyes; Devices for putting-in contact lenses; Devices to correct squinting; Apparatus to guide the blind; Protective devices for the eyes, carried on the body or in the hand
    • A61F9/0008Introducing ophthalmic products into the ocular cavity or retaining products therein
    • A61F9/0017Introducing ophthalmic products into the ocular cavity or retaining products therein implantable in, or in contact with, the eye, e.g. ocular inserts

Abstract

眼用インプラントは、眼内圧センサを含み、かつ入口部分と、入口部分に対して先端側のシュレム管部分とを有する。 Ocular implant includes an intraocular pressure sensor, and having an inlet portion and a Schlemm's canal portion of the tip side of the inlet portion. 入口部分が、インプラントの基端部に配置され、およびヒトの眼の前眼房内に配置されるように寸法決めされかつ構成され、シュレム管部分が、入口部分が前眼房内に配置されるときに眼のシュレム管内に配置されるように配置および構成される。 Inlet portion is disposed on the base end portion of the implant, and is sized to be placed in the anterior chamber of the human eye and is configured, Schlemm's canal portion, the inlet portion is disposed in the anterior chamber arranged and configured to be placed within Schlemm's canal of the eye Rutoki.

Description

本開示は、概して、限定するものではないが、医療装置および医療装置を製造するための方法に関する。 The present disclosure relates generally, but not exclusively, to a method for making a medical device and a medical device. 本発明は、概して、眼内に植え込まれる装置に関する。 The present invention relates generally to devices for implantation into the eye. より詳細には、本発明は、眼の1つの領域内から眼の別の領域への流体の移動を容易にする装置に関する。 More particularly, the present invention relates to an apparatus that facilitates movement of fluid from one region of the eye to other areas of the eye. さらに、本開示は、眼用インプラントを眼内へ送達するためのシステム、装置、および方法に関する。 Furthermore, the present disclosure, a system for delivering ocular implants into the eye, devices, and methods.

米国国立衛生研究所(The United States National Institutes of Health)(NIH)の国立眼科研究所(The National Eye Institute)(NEI)による草案によれば、今や緑内障は世界で不可逆的失明の第1位の原因であり、世界中で白内障に続き失明の第2位の原因である。 According to the National Eye Institute (The National Eye Institute) (NEI) draft by the US National Institutes of Health (The United States National Institutes of Health) (NIH), now Glaucoma is the # 1 of irreversible blindness in the world it is a cause, which is the second leading cause of continued blindness to cataract in the world. したがって、NEI草案は、「この病気の病態生理学および取扱いを決定するために相当の注目および資金を充て続けることが重要である」と結論付けている。 Therefore, NEI draft, has concluded that "it is important to continue to devote attention and funds equivalent to determine the pathophysiology and the treatment of this disease." 緑内障研究者は、高い眼内圧と緑内障との間に強い相関を見出している。 Glaucoma researchers have found a strong correlation between the high intraocular pressure and glaucoma. このため、眼科治療専門家は、眼圧計として知られている装置を用いて眼内圧を測定することにより、患者を緑内障に関して常時検査する。 Therefore, eye care professionals, by measuring intraocular pressure using a device known as a tonometer, to inspect at all times patients for glaucoma. 多くの現代の眼圧計は、眼の外側表面に突然空気を吹き込むことによってこの測定を行う。 Many modern tonometer, making this measurement by blowing sudden air to the outer surface of the eye.

眼は流体で満たされた球体として概念化することができる。 Eye can be conceptualized as a sphere filled with fluid. 眼の内部には2種類の液体がある。 The interior of the eye there are two types of liquids. 水晶体の後ろにある房は、硝子体液として知られる粘性流体で満たされている。 Tufts behind the lens is filled with a viscous fluid, known as the vitreous humor. 水晶体の前にある房は、房水として知られる液体で満たされている。 Tufts in front of the lens is filled with a liquid known as aqueous humor. ヒトが物体を見るときは常に、硝子体液と房水との両方を通してその物体を見ている。 Whenever a person looks at an object, looking at the object through both the vitreous humor and aqueous humor.

ヒトが物体を見るときは常に、同じく角膜と眼の水晶体とを通してその物体を見ている。 Person is viewing the object always also through the lens of the cornea and the eye when viewing objects. 透明であるために、角膜および水晶体は血管を含むことができない。 To be clear, the cornea and lens can not contain blood vessels. したがって、角膜および水晶体に血液が流れて、これらの組織に栄養を与え、これらの組織から老廃物を除去することはない。 Thus, blood flows through the cornea and lens, nourish these tissues will not be remove waste from these tissues. 代わりに、これらの機能は房水によって行われる。 Instead, these functions are performed by the aqueous humor. 眼を通る房水の連続的な流れは、血管を有さない眼の部分(例えば、角膜および水晶体)に栄養を与える。 Continuous flow of aqueous humor through the eye, nourish the portion of the eye without the vessel (e.g., the cornea and lens). この房水の流れはまた、これらの組織から老廃物を除去する。 This flow of aqueous humor also removes waste products from these tissues.

房水は、毛様体として知られる器官によって産生される。 Aqueous humor is produced by the organ, which is known as the ciliary body. 毛様体は、房水を連続的に分泌する上皮細胞を含む。 Ciliary body, including epithelial cells that secrete the aqueous humor continuously. 健康な眼では、新しい房水が毛様体の上皮細胞によって分泌されると、房水の流れは前眼房から流出し、小柱網を通ってシュレム管に流れる。 In a healthy eye, a new aqueous humor is secreted by the epithelial cells of the ciliary body, aqueous humor flow flows out from the anterior chamber, flows through the Schlemm's canal through the trabecular meshwork. この余分な房水は、シュレム管から静脈血流に入り、静脈血と共に運ばれ、眼を離れる。 This extra aqueous humor enters the venous bloodstream from the Schlemm's canal, carried with venous blood leaving the eye.

眼の自然排液機構が適切に機能しなくなると、眼の内側の圧力が上昇し始める。 When natural drainage mechanism of the eye is not functioning properly, the pressure inside the eye begins to rise. 研究者らは、高い眼内圧に長時間さらされると、眼から脳へ感覚情報を伝達する視神経の損傷を引き起こすことを理論化した。 Researchers and prolonged exposure to high intraocular pressure was theorized that cause damage to the optic nerve that transmits sensory information from the eye to the brain. 視神経に対するこの損傷は、周辺視野の喪失につながる。 The damage to the optic nerve, leading to loss of peripheral vision. 緑内障が進行するにつれて、ますます多くの視野が失われ、後に患者は完全に失明する。 As glaucoma progresses, more and more field is lost, the patient after the blindness completely.

薬物治療に加えて、緑内障のための様々な外科的処置が行われている。 In addition to drug treatment, various surgical treatments for glaucoma is performed. 例えば、房水を前眼房から眼外静脈へ導くためにシャントが植え込まれた(非特許文献1)。 For example, the shunt is implanted in order to guide the aqueous humor from the anterior chamber to the extraocular vein (Non-Patent Document 1). 他の早期緑内障治療インプラントは、前眼房から結膜下小疱(sub−conjunctival bleb)までつながった(例えば、(特許文献1)および(特許文献2))。 Other early glaucoma treatment implants led from the anterior chamber to the subconjunctival bleb (sub-conjunctival bleb) (e.g., (Patent Document 1) and (Patent Document 2)). さらに他のものは、前眼房からシュレム管の内側の点までつながるシャントであった((非特許文献2);(特許文献3);(特許文献4))。 Still others were shunts before leading the anterior chamber to a point inside the Schlemm's canal ((Non-Patent Document 2); (Patent Document 3); (Patent Document 4)).

米国特許第4,968,296号明細書 US Pat. No. 4,968,296 米国特許第5,180,362号明細書 US Pat. No. 5,180,362 米国特許第6,450,984号明細書 US Pat. No. 6,450,984 米国特許第6,450,984号明細書 US Pat. No. 6,450,984

本開示は、医療装置のための設計、材料、および製造方法の代替形態を提供する。 The present disclosure is designed for a medical device, to provide an alternative form of the material, and manufacturing method.
第1の例では、眼のシュレム管の一部内に少なくとも部分的に存在するように適合された眼用インプラントは、内側表面および外側表面を有する管状本体であって、管状本体は湾曲した体積内に延在し、湾曲した体積の長手方向軸が円弧を形成している、管状本体と、管状本体内に形成された複数の開口領域および支柱領域であって、支柱領域が複数の開口領域を取り囲む、複数の開口領域および支柱領域と、管状本体の内側表面に配置された圧力センサとを含み、管状本体は0.127ミリメートル(0.005インチ)〜1.016ミリメートル(0.04インチ)の直径を有する。 In a first example, adapted ocular implant to be present at least partially within a portion of Schlemm's canal of the eye is a tubular body having an inner surface and an outer surface, the tubular body is curved in volume extending in the longitudinal axis of the curved volume forms an arc, a tubular body, a plurality of opening regions and struts region formed in the tubular body, the strut regions of the plurality of opening regions surrounds, comprising: a plurality of opening regions and strut region, and a pressure sensor disposed on the interior surface of the tubular body, the tubular body is 0.127 mm (0.005 inches) ~1.016 millimeters (0.04 inches) having a diameter.

上記の実施形態のいずれかの代わりにまたはそれに加えて、圧力センサは、微小電気機械システム(MEMS:micro−electro−mechanical system)圧力センサを含む。 In addition either the or in lieu of the above embodiments, the pressure sensor, micro-electromechanical system: including (MEMS micro-electro-mechanical system) pressure sensor.

上記の実施形態のいずれかの代わりにまたはそれに加えて、圧力センサは、圧力センサから遠隔位置にデータを伝送するためのアンテナを含む。 In addition to or in lieu of any of the above embodiments, the pressure sensor includes an antenna for transmitting data to a remote location from the pressure sensor.
上記の実施形態のいずれかの代わりにまたはそれに加えて、データは、遠隔位置から第2の遠隔装置に自動的に伝送される。 In addition to or in lieu of any of the above embodiments, the data is automatically transmitted to the second remote device from a remote location.

上記の実施形態のいずれかの代わりにまたはそれに加えて、支柱領域は、1つまたは複数の背骨領域によって接続される。 Instead of any of the above embodiments or in addition to, the strut regions are connected by one or more backbone area.
上記の実施形態のいずれかの代わりにまたはそれに加えて、各支柱領域は、第1の背骨領域と第2の背骨領域との間で長手方向に延在する場合に円周方向に波状となっている。 In addition to or in lieu of any of the above embodiments, each strut region, a wavy circumferentially when extending longitudinally between the first spine region and the second spine region ing.

上記の実施形態のいずれかの代わりにまたはそれに加えて、インプラントは、湾曲した体積にほぼ等しい形状の形状記憶材料から形成される。 In addition either the or in lieu of the above embodiments, the implant is formed from substantially the same shape of a shape memory material curved volume.
別の例示的なシステムは、基端部から先端部まで延在する通路を画定するカニューレであって、トラフを形成するためにカニューレの側壁および先端部を通って延在する先端開口と、湾曲した先端部分と、湾曲した中間部分と、基端部分とを有し、トラフ内に配置された第1の圧力センサをさらに含むカニューレと、カニューレの通路内に配置された眼用インプラントと、眼用インプラントの相補的な相互係止部分と係合する先端の相互係止部分を有する送達ツールとを含む。 Another exemplary system, a cannula defining a passageway extending from the proximal end to the distal end, a distal end opening extending through the side wall and the tip of the cannula to form a trough, curved a tip portion, and an intermediate curved portion, and a proximal portion, a first cannula further includes a pressure sensor disposed on the trough, and ocular implants disposed within the passageway of the cannula, the eye to engage the complementary interlocking portion of the use implant and a delivery tool having interlocking portion of the tip.

上記の実施形態のいずれかの代わりにまたはそれに加えて、第1の圧力センサは、微小電気機械システム(MEMS)圧力センサを含む。 In addition to or in lieu of any of the above embodiments, the first pressure sensor comprises a microelectromechanical systems (MEMS) pressure sensor.
上記の実施形態のいずれかの代わりにまたはそれに加えて、第1の圧力センサは、第1の圧力センサから遠隔位置にデータを伝送するためのアンテナを含む。 In addition either the or in lieu of the above embodiments, the first pressure sensor comprises an antenna for transmitting data to a remote location from the first pressure sensor.

上記の実施形態のいずれかの代わりにまたはそれに加えて、眼用インプラント上にまたはその中に配置された第2の圧力センサをさらに含む。 In addition to or in lieu of any of the above embodiments, further comprising a second pressure sensor disposed on or therein ocular implant.
上記の実施形態のいずれかの代わりにまたはそれに加えて、第2の圧力センサは、微小電気機械システム(MEMS)圧力センサを含む。 In addition to or in lieu of any of the above embodiments, the second pressure sensor comprises a microelectromechanical systems (MEMS) pressure sensor.

上記の実施形態のいずれかの代わりにまたはそれに加えて、第2の圧力センサは、第2の圧力センサから遠隔位置にデータを伝送するためのアンテナを含む。 In addition either the or in lieu of the above embodiments, the second pressure sensor includes an antenna for transmitting data to a remote position from the second pressure sensor.
上記の実施形態のいずれかの代わりにまたはそれに加えて、送達ツールの先端の相互係止部分および眼用インプラントの相補的な相互係止部分は、送達ツールの相互係止部分がカニューレのトラフに対して基端側にあるときに機械的相互係止接続を形成する。 In addition either the or in lieu of the above embodiments, complementary interlocking portion of the interlocking portion and ocular implant of the tip of the delivery tool, the trough interlocking portion of the cannula of the delivery tool forming a mechanical interlock connection when the proximal end side against.

別の例示的な眼用インプラントキットは、眼のシュレム管の一部内に少なくとも部分的に存在するように適合された眼用インプラントを含み、インプラントは、内側表面および外側表面を有する管状本体であって、管状本体は湾曲した体積内に延在し、湾曲した体積の長手方向軸が円弧を形成している、管状本体と、管状本体内に形成された複数の開口領域および支柱領域であって、支柱領域が複数の開口領域を取り囲む、複数の開口領域および支柱領域と、管状本体の内側表面に配置された第1の圧力センサとを含み、管状本体は0.127ミリメートル(0.005インチ)〜1.016ミリメートル(0.04インチ)の直径を有する。 Another exemplary ocular implant kit includes adapted ocular implant to be present at least partially in a portion of the eye Schlemm's canal, the implant is a tubular body having an inner surface and an outer surface Te, tubular body extends into the volume that is curved, the longitudinal axis of the curved volume forms an arc, a tubular body, a plurality of opening regions and strut regions formed in the tubular body , strut region surrounding the plurality of opening regions includes a plurality of opening regions and strut region, and a first pressure sensor disposed on the inner surface of the tubular body, the tubular body is 0.127 mm (0.005 inches ) ~1.016 having a diameter of millimeters (0.04 inches). キットは、基端部から先端部まで延在する通路を画定するカニューレであって、トラフを形成するためにカニューレの側壁および先端部を通って延在する先端開口と、湾曲した先端部分と、湾曲した中間部分と、基端部分とを有するカニューレと、眼用インプラントの相補的な相互係止部分と係合する先端の相互係止部分を有する送達ツールとをさらに含む。 Kit, a cannula defining a passageway extending from the proximal end to the distal end, a distal end opening extending through the side wall and the tip of the cannula to form a trough, a curved tip portion, further comprising a curved intermediate portion, and a cannula having a proximal portion and a delivery tool having interlocking portion of the tip that engages with a complementary interlocking portion of the ocular implant.

上記の実施形態のいずれかの代わりにまたはそれに加えて、第1の圧力センサは、微小電気機械システム(MEMS)圧力センサを含む。 In addition to or in lieu of any of the above embodiments, the first pressure sensor comprises a microelectromechanical systems (MEMS) pressure sensor.
上記の実施形態のいずれかの代わりにまたはそれに加えて、第1の圧力センサは、第1の圧力センサから遠隔位置にデータを伝送するためのアンテナを含む。 In addition either the or in lieu of the above embodiments, the first pressure sensor comprises an antenna for transmitting data to a remote location from the first pressure sensor.

上記の実施形態のいずれかの代わりにまたはそれに加えて、データは、遠隔位置から第2の遠隔装置に自動的に伝送される。 In addition to or in lieu of any of the above embodiments, the data is automatically transmitted to the second remote device from a remote location.
上記の実施形態のいずれかの代わりにまたはそれに加えて、カニューレのトラフ内に配置された第2の圧力センサをさらに含む。 In addition to or in lieu of any of the above embodiments, further comprising a second pressure sensor disposed on the cannula of the trough.

上記の実施形態のいずれかの代わりにまたはそれに加えて、第2の圧力センサは、微小電気機械システム(MEMS)圧力センサを含み、かつ第2の圧力センサから遠隔位置にデータを伝送するためのアンテナを含む。 In addition to or in lieu of any of the above embodiments, the second pressure sensor comprises a microelectromechanical systems (MEMS) pressure sensor, and for transmitting data to a remote position from the second pressure sensor including the antenna.

いくつかの例および実施形態の上記概要は、本開示の各開示された実施形態またはすべての実施形態を説明することを意図するものではない。 The above summary of some examples and embodiments are not intended to describe each disclosed embodiment or every embodiment of the present disclosure. 以下の図面の簡単な説明および詳細な説明は、これらの実施形態をより具体的に例示するものであるが、同じく例示的なものであり限定するものでない。 Brief Description and the following detailed description of the drawings, but is intended to exemplify these embodiments more specifically, without limiting it in also exemplary.

本開示は、添付の図面に関連する様々な実施形態の以下の詳細な説明を考慮することにより、より詳細に理解され得る。 The present disclosure is by considering the following detailed description of various embodiments in connection with the accompanying drawings, it may be understood in more detail.

ヒトの眼の一部とシュレム管内に配置された眼用インプラントの一部とを示す概略斜視図である。 It is a schematic perspective view showing a portion of the part and the implant ophthalmic disposed Schlemm's canal of a human eye. 図1のインプラントの一部を示す拡大斜視図である。 It is an enlarged perspective view of a portion of the implant of FIG. 図1および図2の眼用インプラントの本体によって画定された体積を示す斜視図である。 It is a perspective view showing a volume defined by the ocular implant in the body of FIGS. 眼用インプラントの本体と交差する第1の面を示す斜視図である。 It is a perspective view showing a first plane crossing the body of the ocular implant. 眼用インプラントに適用される曲げモーメントを示す斜視図である。 It is a perspective view showing a bending moment applied to the ocular implant. 図5に示されるインプラントの平面図であるが、曲げモーメントの記載はない。 It is a plan view of the implant shown in Figure 5, but there is no description bending moment. 図7Aは、図6の断面線A−Aに沿って取られた図6の眼用インプラントの横方向断面図であり、図7Bは、図6の断面線B−Bに沿って取られた図6の眼用インプラントの横方向断面図である。 7A is a transverse sectional view of the ocular implant of Figure 6 taken along section line A-A of FIG. 6, FIG. 7B, taken along cross-sectional line B-B in FIG. 6 it is a transverse sectional view of the ocular implant of FIG. 図6の断面線B−Bに沿って取られた図6の眼用インプラントの拡大断面図である。 It is an enlarged sectional view of the ocular implant of Figure 6, taken along cross-sectional line B-B of FIG. 図6の断面線A−Aに沿って取られた図6の眼用インプラントの拡大断面図である。 It is an enlarged sectional view of the ocular implant of Figure 6 taken along section line A-A of FIG. 圧力センサを含む眼用インプラントの一部の拡大斜視図である。 It is an enlarged perspective view of a portion of the ocular implant comprises a pressure sensor. 線B−Bに沿って取られた図10Aの例示的な圧力センサの断面図である。 It is a cross-sectional view of an exemplary pressure sensor of Figure 10A taken along line B-B. 圧力センサを含む眼用インプラントの別の部分の拡大斜視図である。 It is an enlarged perspective view of another portion of the ocular implant comprises a pressure sensor. 植え込まれた眼用インプラントからのデータを受信する電子装置の概略図である。 It is a schematic view of an electronic device that receives data from the implanted ocular implant. その長さに沿って変化する長手方向の曲率半径を有する本発明の別の実施形態による眼用インプラントを示す平面図である。 Its is a plan view showing the ocular implant according to another embodiment of the present invention having a longitudinal radius of curvature that varies along its length. 実質的に曲率半径を有さない本発明のさらに別の実施形態による眼用インプラントを示す斜視図である。 Is a perspective view showing an ocular implant according to yet another embodiment of the present invention that substantially no curvature radius. この詳細な説明に従う医療処置の概略図である。 It is a schematic diagram of a medical procedure in accordance with this detailed description. 図14に示される送達システムおよび眼をさらに示す拡大斜視図である。 It is an enlarged perspective view showing still delivery system and the eye is shown in Figure 14. 図16Aは、眼用インプラントと、眼用インプラントを摺動可能に受け入れるように寸法決めされた通路を画定するカニューレとを含む送達システムを示す斜視図であり、図16Bは、図6Aに示される眼用インプラントとカニューレ108とをさらに示す拡大詳細図である。 16A is a perspective view showing a delivery system comprising a ocular implant, the cannula the ocular implant defining a sized passageway to receive slidably 16B are shown in FIG. 6A it is an enlarged detail view further illustrating the ocular implant and the cannula 108. 詳細な説明に従うカニューレの斜視図である。 It is a perspective view of a cannula according to the detailed description. 図17に示すカニューレと、カニューレによって画定された通路内に存在する眼用インプラントとを含むアセンブリの斜視図である。 A cannula shown in FIG. 17 is a perspective view of an assembly including the ocular implant present in the passageway defined by the cannula. 図18に示すアセンブリを含む概略斜視図である。 It is a schematic perspective view including an assembly shown in FIG. 18. 図19のアセンブリ内に示すカニューレの一部を示す拡大斜視図である。 It is an enlarged perspective view of a portion of the cannula shown in the assembly of FIG. 前の図20に示す眼用インプラントおよびカニューレを示す追加的な斜視図である。 It is an additional perspective view of the ocular implant and the cannula shown in the previous figure 20. 図21に示す眼用インプラントおよびカニューレを示す追加的な斜視図である。 Is an additional perspective view of the ocular implant and the cannula shown in FIG. 21. 図21および22に示す眼用インプラントおよびカニューレを示す追加的な斜視図である。 Is an additional perspective view showing an ocular implant and cannula illustrated in Figures 21 and 22. 図23に示すカニューレが引き抜かれて眼用インプラントの入口部分が前眼房内に残り、眼用インプラントの残りの部分がシュレム管内に残った後のシュレム管の斜視図である。 The remaining cannula is withdrawn to the inlet portion the anterior chamber of the eye implant shown in FIG. 23 is a perspective view of Schlemm's canal after the rest of the ocular implants remained in Schlemm's canal. 図25Aは、眼用インプラントと、眼用インプラントを摺動可能に受け入れるように寸法決めされた通路を画定するカニューレとを含む別の例示的な送達システムを示す斜視図であり、図25Bは、図25Aに示す眼用インプラントおよびカニューレをさらに示す拡大詳細図である。 Figure 25A is a perspective view showing the ocular implant, another exemplary delivery system including a cannula the ocular implant defining a sized passageway to receive slidably FIG. 25B, is an enlarged detail view showing still ocular implants and cannula shown in FIG. 25A. 図25に示す送達システムと眼とをさらに示す拡大詳細図である。 It is an enlarged detail view further illustrating the delivery system and the eye shown in Figure 25. 図25に示す送達システムをさらに示す斜視図である。 It is a perspective view showing still delivery system shown in FIG. 25. 図25に示すカニューレをさらに示す側面図である。 Is a side view showing still cannula shown in FIG. 25. 図25に示すカニューレを示す追加的な側面図である。 Is an additional side view showing the cannula shown in FIG. 25. 図25に示すカニューレをさらに示す拡大詳細図である。 Is an enlarged detail view showing still cannula shown in FIG. 25. 図25に示すカニューレの先端部分をさらに示す拡大詳細図である。 Is an enlarged detail view showing still tip portion of the cannula shown in FIG. 25.

本開示は、様々な修正形態および代替形態に修正可能である一方、その特定のものを例として図面に示し、これより詳細に説明する。 This disclosure, while is amenable to various modifications and alternative forms, shown in the drawings to specific ones as examples will now be described in detail. しかしながら、本発明は、記載した特定の実施形態に本発明を限定するものではないことが理解されるべきである。 However, the present invention is not intended to limit the invention to the specific embodiments described should be understood. 反対に、本発明は、本開示の趣旨および範囲内にあるすべての修正形態、均等物および代替形態を網羅する。 Conversely, the present invention includes all modifications that are within the spirit and scope of the present disclosure, to cover equivalents, and alternatives.

以下の記載は、図面を参照して理解されるべきであり、図面は必ずしも一定の縮尺ではなく、図面中、いくつかの図を通して同様の参照番号は同様の要素を示す。 The following description should be understood with reference to the drawings, the drawings are not necessarily to scale, wherein like reference numerals throughout the several views indicate like elements. 当業者であれば、記載されおよび/または示される様々な要素は、本開示の範囲から逸脱することなく、様々な組合せおよび構成で構成され得ることを認識するであろう。 Those skilled in the art, the described and / or various elements shown without departing from the scope of the present disclosure, will recognize that can be configured in various combinations and configurations. 詳細な説明および図面は、特許請求される本発明の例としての実施形態を示す。 The detailed description and drawings illustrate example embodiments of the claimed invention.

特定の用語の定義を以下に提示する。 It presents the definition of certain terms in the following. これらの定義は、異なる定義が特許請求の範囲または本明細書の他の箇所で与えられない限り適用される。 These definitions, different definitions apply unless given elsewhere in scope or the specification of the claims.
すべての数値は、本明細書中、明示的に示されているかどうかにかかわらず、「約」という用語で修飾されていると考えられる。 All numbers herein, regardless of whether they are explicitly shown, it is considered as being modified by the term "about." 「約」という用語は、一般に、当業者が、示されている値と均等である(すなわち、同じまたは実質的に同じ機能または結果を有する)とみなし得る数字の範囲に言及する。 The term "about" generally those skilled in the art, is equivalent to the values ​​shown (i.e., the same or substantially the same function or with the results) refers to the range of the be regarded figures. 多くの場合、「約」という用語は、最も近い有効数字に丸められた数字を含んでもよい。 Often, the term "about" may include numbers that are rounded to the nearest significant figure. 「約」という用語の他の(すなわち、数値以外に関連する)使用は、特に断りのない限り、本明細書に関連して理解されかつそれと矛盾しないようなそれらの一般的かつ慣習的な定義を有すると考えられ得る。 "About" that other terms (i.e., associated with non-numeric) used, unless otherwise specified, be understood in conjunction with the herein and therewith does not general and customary definition thereof, such as inconsistencies It may be considered to have a.

終点による数値範囲の列挙は、その範囲内のすべての数値を含む(例えば、1〜5は1、1.5、2、2.75、3、3.80、4、および5を含む)。 The recitation of numerical ranges by endpoints include all numbers within that range (e.g., 1 to 5 includes a 3, 3.80, 4, and 5).
本明細書および添付の特許請求の範囲で使用される際、単数形「1つの」、および「その」は、特に断りのない限り、単数形および複数形の対象を含むか、または指す。 As used in the claims of this specification and the appended, the singular forms "one", and "the", unless otherwise specified, either singular and includes a plural of interest, or refers. 本明細書および特許請求の範囲で使用される際、「または」という用語は、特に断りのない限り、「および/または」を含むように一般的に用いられる。 As used in this specification and claims, the term "or", unless stated otherwise, generally used to include "and / or".

本明細書中の「ある実施形態」、「いくつかの実施形態」、「他の実施形態」等への言及は、記載された実施形態が特定の特徴、構造、または特性を含み得るが、すべての実施形態がその特徴、構造または特性を必ずしも含まなくてもよいことを示すことに注意されたい。 "An embodiment" in the present specification, "some embodiments", reference to such "other embodiments", the described embodiments are specific features, it can include a structure, or characteristic, all embodiments its features, it should be noted that indicate that may not necessarily include the structure, or characteristic. さらに、そのような語句は、必ずしも同じ実施形態に言及しているとは限らない。 Moreover, such phrases are not necessarily referring to the same embodiment. さらに、特定の特徴、構造、または特性がある実施形態に関連して記載されている場合、明示的に記載されているかどうかにかかわらず、それとは反対に明確に述べられていない限り、他の実施形態に関連してそのような特徴、構造または特性に影響を及ぼすことは当業者の認識内にあるであろう。 Furthermore, if it is described in connection with an embodiment is particular feature, structure, or characteristic, regardless of whether they are explicitly described, unless explicitly stated to the contrary, the other from that such features in connection with the embodiment, to affect the structure or properties will be in the recognition of those skilled in the art. すなわち、以下に記載される様々な各要素は、特定の組合せで明示的に示されていないとしても、それにもかかわらず、当業者によって理解され得るように、他の追加的な実施形態を形成するかまたは記載された実施形態を実行および/もしくは強化するために組合せ可能であるか、または互いに構成され得ることが考えられる。 That is, the various elements described below, if not explicitly shown in particular combinations, nevertheless, as can be appreciated by those skilled in the art, form the other additional embodiments or they are combinable to perform or the described embodiments to and / or reinforced, or it is conceivable that may be configured together.

以下の詳細な説明は図面を参照して理解されるべきであり、異なる図面中の同様の要素は同じ参照番号で識別される。 The following detailed description should be understood with reference to the drawings, like elements in different drawings are identified with the same reference numbers. 各図面は、必ずしも一定の縮尺ではないが、例示的な実施形態を示し、本開示の範囲を限定することは意図されない。 The drawings, which are not necessarily to scale, depict illustrative embodiments and are not intended to limit the scope of the present disclosure.

図1は、ヒトの眼20の一部を示す概略斜視図である。 Figure 1 is a schematic perspective view showing a part of a human eye 20. 眼20は、2つの眼房を有する流体で満たされた球体として概念化されている。 Eye 20 is conceptualized as a sphere filled with a fluid having two posterior chamber. 眼20の強膜22は、硝子体液として知られる粘性流体で満たされた後眼房24を取り囲む。 Sclera 22 of the eye 20 surrounds the posterior chamber 24 filled with viscous fluid, known as the vitreous humor. 眼20の角膜26は、房水として知られる流体で満たされた前眼房30を包み込む。 Cornea 26 of the eye 20, wraps humor 30 before filled with a fluid known as aqueous humor. 角膜26は、眼20の縁28で強膜22と接する。 Corneal 26 is in contact with the sclera 22 at the edge 28 of the eye 20. 眼20の水晶体32は、前眼房30と後眼房24との間に配置される。 Lens 32 of the eye 20 is positioned between the anterior chamber 30 and posterior chamber 24. 水晶体32は、多数の毛様小帯34によって適所に保持される。 Lens 32 is held in place by a number of zonules 34. 人間が物体を見るときは常に、角膜、房水、および眼の水晶体を通して物体を見ている。 Whenever a person looks at an object, looking at the cornea, aqueous humor, and the object through the lens of the eye. 透明であるために、角膜および水晶体は血管を含まない。 To be transparent, the cornea and lens does not contain blood vessels. したがって、血液が角膜および水晶体を通って流れ、これらの組織に栄養を与え、およびこれらの組織から老廃物を除去することはない。 Thus, blood flows through the cornea and lens, nourish these tissues, and are not able to remove waste from these tissues. 代わりに、これらの機能は房水によって行われる。 Instead, these functions are performed by the aqueous humor. 眼を通る房水の連続的な流れは、血管のない眼の部分(例えば、角膜および水晶体)に栄養を与える。 Continuous flow of aqueous humor through the eye, nourish the portion of the avascular ocular (e.g., the cornea and lens). この房水の流れはまた、これらの組織から老廃物を除去する。 This flow of aqueous humor also removes waste products from these tissues.

房水は、毛様体として知られる器官によって産生される。 Aqueous humor is produced by the organ, which is known as the ciliary body. 毛様体は、房水を連続的に分泌する上皮細胞を含む。 Ciliary body, including epithelial cells that secrete the aqueous humor continuously. 健康な眼内では、房水の流れは、新しい房水が毛様体の上皮細胞によって分泌されるときに眼から流れ出る。 In the healthy eye, the aqueous humor flow, flows out of the eye when a new aqueous humor is secreted by the epithelial cells of the ciliary body. この余分な房水は血流に入り、眼を離れる静脈血によって運び去られる。 This extra aqueous humor enters the bloodstream and is carried away by the venous blood leaving the eye.

健康な眼内において、房水は、小柱網36を通って前眼房30から流れ出て、虹彩42の外縁に位置するシュレム管38に入る。 In healthy intraocular aqueous humor flows out from the anterior chamber 30 through the trabecular meshwork 36, enters Schlemm's canal 38 located on the outer edge of the iris 42. 房水は、多数の出口40を通って流れることによってシュレム管38を出る。 Aqueous humor exits the Schlemm's canal 38 by flowing through the multiple outlet 40. シュレム管38を離れた後、房水は静脈血の流れに吸収される。 After leaving the Schlemm's canal 38, aqueous humor is absorbed in the flow of venous blood.

図1では、眼用インプラント100は、眼20のシュレム管38内に配置されている。 In Figure 1, the ocular implant 100 is disposed in Schlemm's canal 38 of the eye 20. 眼用インプラント100は、複数の組織支持フレーム104と、複数の背骨106とを含む本体102を有する。 Ocular implant 100 has a body 102 that includes a plurality of tissue support frame 104, and a plurality of spine 106. 本体102はまた、第1の開口124を画定する第1の縁部120および第2の縁部122を含む。 Body 102 also includes a first edge 120 and second edge 122 that defines a first opening 124. 第1の開口124は溝穴として形成され、本体102の内側表面128によって画定された長尺状の流路126と流体連通している。 The first opening 124 is formed as a slot in fluid elongate flow path 126 in fluid communication defined by the inner surface 128 of the body 102. 図1を参照すると、第1の開口124は本体102の外側130に配置されていることが認識される。 Referring to FIG. 1, the first opening 124 is recognized to have been disposed on the outside 130 of the body 102. したがって、流路126は、第1の開口124を経由して半径方向に外向きの方向132に開口する。 Thus, the channel 126 is open in the direction 132 outward in the radial direction through the first opening 124.

眼用インプラント100は、前眼房から流出する房水の流れを促進するために、ヒトの眼のシュレム管に挿入されてもよい。 Ocular implant 100, to facilitate the flow of aqueous humor flowing out of the anterior chamber may be inserted into Schlemm's canal of a human eye. この流れは、シュレム管に沿った軸方向の流れを含み、前眼房からシュレム管に流れ込み、シュレム管と連通する出口を経由してシュレム管から流れ去る。 This flow comprises an axial flow along Schlemm's canal, before flow from the anterior chamber to Schlemm's canal, flow away from Schlemm's canal through the outlet in communication with Schlemm's canal. 眼内の所定位置にある場合、眼用インプラント100は、小柱網組織およびシュレム管組織を支持し、(小柱網を介した)前眼房とシュレム管との間の、およびシュレム管に沿ったポケットまたは区画間の改善された連通を提供する。 When in place in the eye, ocular implant 100 supports the trabecular meshwork tissue and Schlemm's canal tissue, between (via trabecular meshwork) anterior chamber and Schlemm's canal, and Schlemm's canal It provides improved communication between pockets or compartments along. 図1に示されるように、インプラントは、好ましくは、第1の開口124がシュレム管内で半径方向外向きに配置されるように向けられる。 As shown in FIG. 1, the implant preferably comprises a first aperture 124 is directed to be disposed radially outwardly in Schlemm's canal.

図2は、前の図に示された眼用インプラント100の一部を示す拡大斜視図である。 Figure 2 is an enlarged perspective view showing a part of the ocular implant 100 shown in the previous figure. 眼用インプラント100は、概ね湾曲した長手方向軸134に沿って延在する本体102を有する。 Ocular implant 100 has a body 102 extending along a longitudinal axis 134 that is generally curved. 本体102は、複数の組織支持フレーム104と、複数の背骨106とを有する。 Body 102 includes a plurality of tissue support frame 104, and a plurality of spine 106. 図2に示すように、これらの背骨106およびフレーム104は、各Aが組織支持フレームであり、各Bが背骨である反復ABパターンで配置される。 As shown in FIG. 2, these spine 106 and the frame 104, each A is tissue support frame, each B are arranged in a repeating AB pattern is backbone. 図2の実施形態では、1本の背骨がフレーム104の各隣接する対間に延在する。 In the embodiment of FIG. 2, one spine extending between each adjacent pair of the frame 104.

本体102のフレーム104は、第1の背骨140と第2の背骨142との間に配置された眼用インプラント100の第1のフレーム136を含む。 Frame 104 of the body 102 includes a first frame 136 of the ocular implant 100 disposed between the first spine 140 and second spine 142. 図2の実施形態では、第1のフレーム136は、第1の背骨140と第2の背骨142との間に延在する第1の支柱144として形成される。 In the embodiment of FIG. 2, the first frame 136 is formed as a first strut 144 extending between the first spine 140 and second spine 142. 第1のフレーム136は、第1の背骨140と第2の背骨142との間に延在する第2の支柱146も含む。 The first frame 136 also includes a second post 146 extending between the first spine 140 and second spine 142. 図2の例示的実施形態では、各支柱は、第1の背骨140と第2の背骨142との間を長手方向に延びる場合に円周方向に波状となっている。 In the exemplary embodiment of FIG. 2, each strut has a wave-like in the circumferential direction when extending the first spine 140 between the second spine 142 in the longitudinal direction.

図2の実施形態では、本体102は、長手方向の半径150および横方向の半径148を有する。 In the embodiment of FIG. 2, the body 102 has a longitudinal radius 150 and lateral radius 148. 眼用インプラント100の本体102は、第1の開口124を画定する第1の縁部120および第2の縁部122を含む。 Body 102 of the ocular implant 100 includes a first edge 120 and second edge 122 that defines a first opening 124. 第1の開口124は、本体102の内側表面128によって画定された長手方向流路126と流体連通する。 The first opening 124 is in fluid communication with the longitudinal passage 126 defined by the inner surface 128 of the body 102. 第2の開口138は、第1の支柱144の第2の縁部122Aおよび第2の支柱146の第2の縁部122Bによって画定される。 The second opening 138 is defined by the second edge 122B of the second edge 122A and the second support column 146 of the first strut 144. 第1の開口124、第2の開口138および眼用インプラント100によって規定される追加の開口は、眼用インプラント100を横切って横方向におよび/または眼用インプラント100を通って横方向に房水が流れることを可能にする。 First opening 124, the additional opening defined by the second opening 138 and the ocular implant 100, aqueous humor laterally through a laterally and / or ocular implant 100 across the ocular implant 100 to allow the flow. 本体102の外側表面は、容積152を画定する。 The outer surface of the body 102 defines a volume 152.

図3は、前の図に示された眼用インプラントの本体によって画定された容積152を示す追加の斜視図である。 Figure 3 is an additional perspective view of the volume 152 defined by the body of the ophthalmic implant shown in the previous figure. 図3を参照すると、容積152は、概ね湾曲した長手方向軸134に沿って延在することが理解されるであろう。 Referring to FIG. 3, volume 152 would be extend generally along the longitudinal axis 134 curved understood. 容積152は、長手方向の半径150、横方向の半径148、およびほぼ円形の横方向の断面153を有する。 Volume 152 has a longitudinal radius 150, lateral radius 148 and a generally circular transverse cross-section 153,.

図4は、眼用インプラント100と交差する第1の平面154および第2の平面155を示す斜視図である。 Figure 4 is a perspective view showing a first plane 154 and second plane 155 intersecting the ocular implant 100. 図4では、第1の平面154は斜線を付けて描かれている。 In Figure 4, the first plane 154 is depicted by shaded. 図4を参照すると、本体102の背骨106は、概ね互いに整列しており、第1の平面154は、図4に示すすべての背骨106と交差していることが理解されるであろう。 Referring to FIG. 4, the spine 106 of the body 102 is generally are aligned with one another, the first plane 154 would be intersects with all the spine 106 shown in FIG. 4 is understood. 図4の実施形態では、眼用インプラント100の本体102は、第1の平面154を中心に概して対称である。 In the embodiment of FIG. 4, the main body 102 of the ocular implant 100 is generally symmetrical about a first plane 154.

図4の実施形態では、本体102の可撓性は、本体102が第1の平面154に沿って曲がっているときに最大であり、本体102は、第1の平面154以外の平面(例えば、第1の平面154と交差する平面)に沿って曲がっているときに可撓性が低い。 In the embodiment of FIG. 4, the flexible body 102 is greatest when the body 102 is bent along a first plane 154, body 102, first plane 154 than the plane (for example, less flexible when bent along a plane) which intersects the first plane 154. 例えば、図4に示す実施形態では、本体102は、第2の平面155に沿って曲げられたとき、第1の平面154に沿って曲がるときに本体102が有する第1の可撓性より低い第2の可撓性を有する。 For example, in the embodiment shown in FIG. 4, the main body 102, when bent along the second plane 155, lower than the first flexible with the body 102 when the bend along a first plane 154 a second flexible.

換言すれば、図4の実施形態では、本体102の曲げ弾性率は、本体102が第1の平面154に沿って曲げられるときに最小である。 In other words, in the embodiment of FIG. 4, the flexural modulus of the body 102 is minimized when the body 102 is bent along the first plane 154. 本体102は、第1の平面154に沿って曲げられたときに第1の曲げ弾性率を有し、第1の平面154以外の平面(例えば、第1の平面154と交差する平面)に沿って曲げられたときにより高い曲げ弾性率を有する。 Body 102 has a first flexural modulus when bent along a first plane 154, along a first plane 154 than the plane (e.g., plane intersecting the first plane 154) It has a high flexural modulus by when bent Te. 例えば、図4に示す実施形態では、本体102は、第2の平面155に沿って曲げられたとき、第1の平面154に沿って曲げられたときに本体102が有する第1の曲げ弾性率より高い第2の曲げ弾性率を有する。 For example, in the embodiment shown in FIG. 4, the main body 102, when bent along the second plane 155, a first flexural modulus with the body 102 when bent along a first plane 154 having a second, higher flexural modulus.

図5は、前の図に示された眼用インプラント100の一部を示す拡大斜視図である。 Figure 5 is an enlarged perspective view showing a part of the ocular implant 100 shown in the previous figure. 図5の例示的な実施形態では、曲げモーメントMが眼用インプラント100の本体102に加えられている。 In the exemplary embodiment of FIG. 5, the bending moment M is applied to the body 102 of the ocular implant 100. 曲げモーメントMは、第1の平面154にほぼ直交する第1の軸156の周りに作用する。 Bending moment M acts on around the first axis 156 substantially perpendicular to the first plane 154. 第2の軸158および第3の軸160が同じく図5に示されている。 Second axis 158 and third axis 160 is also shown in FIG. 第2の軸158は、第1の軸156に対してほぼ垂直である。 Second axis 158 is substantially perpendicular to the first axis 156. 第3の軸160は、第1の軸156に対して傾いている。 The third axis 160 is inclined to the first axis 156.

本体102の内側表面128は、流路126を画定する。 Inner surface 128 of the body 102 defines a flow path 126. 眼用インプラント100の本体102は、第1の開口124を画定する第1の縁部120および第2の縁部123を含む。 Body 102 of the ocular implant 100 includes a first edge 120 and second edge 123 that defines a first opening 124. 眼用インプラント100の流路126は、第1の開口124と流体連通する。 The flow path of the ocular implant 100 126, in fluid communication with the first opening 124. 第2の開口138は、第1の支柱144の第2の縁部122Aと第2の支柱146の第2の縁部122Bとによって画定される。 The second opening 138 is defined by a second edge 122B of the second edge portion 122A and the second strut 146 of the first strut 144. 第1の開口124、第2の開口138および眼用インプラント100によって画定される追加の開口は、眼用インプラント100を横切って横方向におよび/または眼用インプラント100を通って横方向に房水が流れることを可能にする。 First opening 124, the additional opening defined by the second opening 138 and the ocular implant 100, aqueous humor laterally through a laterally and / or ocular implant 100 across the ocular implant 100 to allow the flow.

図5に示されるように、眼用インプラント100は、第1の背骨140および第2の背骨142を有する。 As shown in FIG. 5, the ocular implant 100 has a first spine 140 and a second spine 142. 第1の支柱144および第2の支柱146は、第1の背骨140と第2の背骨142との間に延在する眼用インプラント100の第1のフレーム136を形成する。 First strut 144 and second strut 146 forms a first frame 136 of the ocular implant 100 that extends between the first spine 140 and second spine 142. 図5の例示的な実施形態では、各支柱は、第1の背骨140と第2の背骨142との間で長手方向に延在する場合に円周方向に波状となっている。 In the exemplary embodiment of FIG. 5, each post has a wavy circumferentially when extending longitudinally between the first spine 140 and second spine 142.

図5の実施形態では、本体102の可撓性は、本体102が第1の軸156の周りに作用するモーメントによって曲げられるときに最大であり、本体102は、第1の軸156以外の軸(例えば、第2の軸158および第3の軸160)の周りに作用するモーメントによって曲げられるときにより低い可撓性を有する。 In the embodiment of FIG. 5, flexible body 102 is greatest when the body 102 is bent by a moment acting about the first axis 156, the body 102, the axis other than the first shaft 156 (e.g., the second axis 158 and third axis 160) has a lower flexibility by when it is bent by a moment acting around. 換言すれば、本体102の曲げ弾性率は、本体102が第1の軸156の周りに作用するモーメントによって曲げられるときに最小であり、本体102は、第1の軸156以外の軸(例えば、第2の軸158および第3の軸160)の周りに作用するモーメントによって曲げられているときにより高い曲げ弾性率を有する。 In other words, the flexural modulus of the body 102 is minimized when the body 102 is bent by a moment acting about the first axis 156, the body 102, other than the first shaft 156 axis (e.g., It has a high flexural modulus by when bent by moments acting about the second axis 158 and third axis 160).

図6は、前の図に示された眼用インプラント100を示す平面図である。 Figure 6 is a plan view showing the ocular implant 100 shown in the previous figure. 図6の実施形態では、眼用インプラント100の本体102に外力は作用せず、本体102は、図6に示す概ね湾曲した休止形状を自由に取ることができる。 In the embodiment of FIG. 6, the external force to the body 102 of the ocular implant 100 will not act, the body 102 may take freely a generally curved rest configuration shown in FIG. 本体102は、本体102の外側130に配置された第1の開口124を画定する。 Body 102 defines a first opening 124 disposed on the outer side 130 of the body 102. 流路126は、本体102の内側表面によって画定され、第1の開口124を介して半径方向外向き方向132に開口する。 The channel 126 is defined by the inner surface of the body 102 is opened radially outward direction 132 through the first opening 124. 眼用インプラント100の基端部101は、送達ツールの相補的な相互係止部分と嵌合および/または係合するように構成された相互係止部分を含んでもよい。 The base end portion of the ocular implant 100 101 may include complementary interlocking portion and the fitting and / or configured interlocking portion to engage the delivery tool. 断面線A−AおよびB−Bを図6に見ることができる。 The section line A-A and B-B can be seen in FIG. 断面線A−Aは、眼用インプラント100の第1のフレーム136と交差している。 Section line A-A intersects the first frame 136 of the ocular implant 100. 断面線B−Bは、眼用インプラント100の第1の背骨140と交差している。 Section line B-B intersects the first spine 140 of ocular implant 100.

図7Aは、前の図に示された切断線A−Aに沿った眼用インプラント100の横方向断面図である。 Figure 7A is a transverse sectional view of the ocular implant 100 taken along line A-A shown in the previous figure. 断面線A−Aは、これらの支柱の円周方向の波状のうねりが最大になる点で第1のフレーム136の第1の支柱144および第2の支柱146と交差する。 Section line A-A, the circumferential wavy undulation of the struts intersect with the first strut 144 and second strut 146 of the first frame 136 at a point of maximum. 眼用インプラント100の本体102は、長手方向の半径150および横方向の半径148を有する。 Body 102 of the ocular implant 100 has a longitudinal radius 150 and lateral radius 148. 本体102の内側表面128は、流路126を画定する。 Inner surface 128 of the body 102 defines a flow path 126. 第1の開口124は、流路126と流体連通する。 The first opening 124 is in fluid communication with the flow path 126.

図7Aにおいて、本体102の第1の開口124は、第1の支柱144の第1の縁部120Aと第2の支柱146の第1の縁部120Bとの間に延在することが分かる。 7A, the first opening 124 of the body 102 is seen to extend between the first edge 120B of the first edge portion 120A and the second strut 146 of the first strut 144. 図7Aを参照すると、第2の支柱146は、第1の支柱144の形状の鏡像である形状を有することが理解されるであろう。 Referring to FIG. 7A, the second strut 146 will have a shape which is a mirror image of the shape of the first strut 144 is understood.

図7Bは、前の図に示された切断線B−Bに沿った眼用インプラント100の横方向断面図である。 Figure 7B is a transverse sectional view of the ocular implant 100 taken along the line B-B shown in the previous figure. 断面線B−Bは、眼用インプラント100の第1の背骨140と交差する。 Section line B-B intersects the first spine 140 of ocular implant 100. 本体102は、長手方向の半径150および横方向の半径148を有する。 Body 102 has a longitudinal radius 150 and lateral radius 148. 図7Bの実施形態では、横方向の半径148の中心159および長手方向の半径150の中心163は、第1の背骨140の両側に配置される。 In the embodiment of FIG. 7B, the center 163 of the central 159 and the longitudinal radius 150 in the lateral direction of the radius 148 are positioned on opposite sides of the first spine 140. 横方向の半径148の中心159は、第1の背骨140の第1の側に配置される。 Center 159 of the lateral radius 148 is disposed on a first side of the first spine 140. 長手方向の半径150の中心163は、第2の背骨142の第2の側に配置される。 Center 163 in the longitudinal direction of the radius 150 is disposed on a second side of the second spine 142.

図8は、図6の切断線B−Bに沿った眼用インプラント100の拡大断面図である。 Figure 8 is an enlarged sectional view of the ocular implant 100 taken along the line B-B of FIG. 第1の背骨140は、第1の主側面161、第2の主側面162、第1の副側面164、および第2の副側面166を含む。 The first spine 140 includes first major side 161, a second major side surface 162, a first minor side surface 164, and the second minor side surface 166. 図8を参照すると、第1の主側面161は、凹面168を含むことが理解されるであろう。 Referring to FIG. 8, the first major side surface 161 would comprise a concave surface 168 is understood. 第2の主側面162は、第1の主側面161の反対側にある。 The second major side surface 162 is opposite the first main side 161. 図8の実施形態では、第2の主側面162は、凸面170を含む。 In the embodiment of FIG. 8, the second major side surface 162 includes a convex surface 170.

背骨の幾何学的形状は、眼用インプラントをシュレム管内に進めるのを促進することができる可撓性特性を眼用インプラントに提供する。 The geometry of the spine provides flexibility characteristics which can facilitate forwarding the ocular implant in Schlemm's canal in the ocular implant. 図8の実施形態では、第1の背骨140は、第1の主側面161と第2の主側面162との間に延在する厚さT1を有する。 In the embodiment of FIG. 8, the first spine 140 has a thickness T1 extending between the first major side surface 161 and the second major side surface 162. 同じく図8の実施形態では、第1の背骨140は、第1の副側面164と第2の副側面166との間に延在する幅W1を有する。 Also in the embodiment of FIG. 8, the first spine 140 has a width W1 extending between the first minor side surface 164 and the second minor side surface 166.

いくつかの有用な実施形態では、この詳細な説明による眼用インプラントの背骨は、約2を超える幅W1対厚さT1のアスペクト比を有する。 In some useful embodiments, the spine of the ocular implant according to this detailed description, have an aspect ratio of width W1 to thickness T1 greater than about 2. いくつかの特に有用な実施形態では、この詳細な説明による眼用インプラントの背骨は、約4を超える幅W1対厚さT1のアスペクト比を有する。 In some particularly useful embodiments, the spine of the ocular implant according to this detailed description, have an aspect ratio of width W1 to thickness T1 greater than about 4. 1つの有用な実施形態において、眼用インプラントは、約5.2の幅W1対厚さT1のアスペクト比を有する背骨を有する。 In one useful embodiment, the ocular implant has a spine having an aspect ratio of width W1 to thickness T1 of approximately 5.2.

第1の軸156、第2の軸158および第3の軸160が図8に示されている。 First shaft 156, second shaft 158 ​​and the third axis 160 is shown in FIG. 第2の軸158は、第1の軸156に対してほぼ垂直である。 Second axis 158 is substantially perpendicular to the first axis 156. 第3の軸160は、第1の軸156に対して傾いている。 The third axis 160 is inclined to the first axis 156.

図8の実施形態では、第1の背骨140の可撓性は、第1の背骨140が第1の軸156の周りに作用するモーメントによって曲げられるときに最大である。 In the embodiment of FIG. 8, the flexible first spine 140 is the maximum when the first spine 140 is bent by a moment acting about the first axis 156. 第1の背骨140は、第1の軸156の周りに作用するモーメントによって曲げられたときに第1の可撓性を有し、第1の軸156以外の軸(例えば、第2の軸158および第3の軸160)の周りに作用するモーメントによって曲げられたときにより低い可撓性を有する。 The first spine 140 has a first flexible when bent by moments acting about the first axis 156, other than the first shaft 156 axis (eg, second axis 158 and a lower flexible by when bent by moment acting on the third around the axis 160). 例えば、第1の背骨140は、図8に示す第2の軸158の周りに作用するモーメントによって曲げられたときに第2の可撓性を有する。 For example, the first spine 140 has a second flexible when bent by moments acting about the second axis 158 shown in FIG. この第2の可撓性は、第1の軸156の周りに作用するモーメントによって曲げられたときに第1の背骨140が有する第1の可撓性よりも低い。 The second flexible, lower than the first flexibility having a first spine 140 when it is bent by a moment acting about the first axis 156.

図8の実施形態では、第1の背骨140の曲げ弾性率は、第1の背骨140が第1の軸156の周りに作用するモーメントによって曲げられるときに最小になる。 In the embodiment of FIG. 8, the flexural modulus of the first spine 140, the first spine 140 is minimized when bent by moments acting about the first axis 156. 第1の背骨140は、第1の軸156の周りに作用するモーメントによって曲げられるときに第1の曲げ弾性率を有し、第1の軸156以外の軸(例えば、第2の軸158および第3の軸160)の周りに作用するモーメントによって曲げられたときにより高い曲げ弾性率を有する。 The first spine 140 when it is bent by a moment acting about the first axis 156 having a first flexural modulus, the axis other than the first axis 156 (e.g., a second shaft 158 ​​and It has a high flexural modulus by when bent by moment acting on the third around the axis 160). 例えば、第1の背骨140は、図8に示す第2の軸158の周りに作用するモーメントによって曲げられたときに第2の曲げ弾性率を有する。 For example, the first spine 140 has a second flexural modulus when bent by moments acting about the second axis 158 shown in FIG. この第2の曲げ弾性率は、第1の軸156の周りに作用するモーメントによって曲げられたときに第1の背骨140が有する第1の曲げ弾性率よりも高い。 The second flexural modulus is higher than the first flexural modulus first spine 140 has when bent by moments acting about the first axis 156.

図9は、図6の切断線A−Aに沿った眼用インプラント100の拡大断面図である。 Figure 9 is an enlarged sectional view of the ocular implant 100 taken along line A-A of FIG. 切断線A−Aは、これらの支柱の円周方向の波状のうねりが最大である点で第1の支柱144および第2の支柱146と交差する。 Section line A-A, the circumferential wavy undulation of the struts intersect with the first strut 144 and second strut 146 at a point which is the maximum.

図9に示す各支柱は、第1の主側面161、第2の主側面162、第1の副側面164、および第2の副側面166を含む。 Each strut 9 includes a first major side 161, a second major side surface 162, a first minor side surface 164, and the second minor side surface 166. 図9を参照すると、各第1の主側面161は凹面168を含み、各第2の主側面162は凸面170を含むことが理解されるであろう。 Referring to FIG. 9, the first major side surface 161 includes a concave surface 168, the second major side surface 162 will be understood to include a convex surface 170.

図9の実施形態では、各支柱は、第1の主側面161と第2の主側面162との間に延在する厚さT2を有する。 In the embodiment of FIG. 9, each strut has a thickness T2 which extends between the first major side surface 161 and the second major side surface 162. 同じく図9の実施形態では、各支柱は、第1の副側面164と第2の副側面166との間に延在する幅W2を有する。 Also in the embodiment of FIG. 9, each strut has a first minor side surface 164 a width W2 extending between the second minor side surface 166. いくつかの有用な実施形態では、この詳細な説明による眼用インプラントは、眼用インプラントの支柱の幅W2を超える幅W1を有する背骨を含む。 In some useful embodiments, the ocular implant according to this detailed description includes spine having a width W1 greater than the width W2 of the struts of the ocular implant.

いくつかの有用な実施形態では、この詳細な説明による眼用インプラントの支柱は、約2を超える幅W2対厚さT2のアスペクト比を有する。 In some useful embodiments, the struts of the ocular implant according to this detailed description, have an aspect ratio of width W2 to thickness T2 of greater than about 2. いくつかの特に有用な実施形態では、この詳細な説明による眼用インプラントの支柱は、約4を超える幅W2対厚さT2のアスペクト比を有する。 In some particularly useful embodiments, the struts of the ocular implant according to this detailed description, have an aspect ratio of width W2 to thickness T2 of greater than about 4. 1つの例示的な眼用インプラントは、約4.4の幅W2対厚さT2のアスペクト比を有する支柱を有する。 One exemplary ophthalmic implant has a post having an aspect ratio of width W2 to thickness T2 of about 4.4.

眼用インプラント100の本体102は、長手方向の半径150および横方向の半径148を有する。 Body 102 of the ocular implant 100 has a longitudinal radius 150 and lateral radius 148. いくつかの有用な実施形態では、この詳細な説明による眼用インプラントは、眼用インプラントが眼内に前進されるとき、シュレム管の長手方向曲率に一致する形状を取るのに十分に可撓性である。 In some useful embodiments, the ocular implant according to this detailed description, when the eye implant is advanced into the eye, sufficiently flexible to take a shape that coincides with the longitudinal direction of curvature of Schlemm's Canal it is. 同じくいくつかの有用な実施形態では、眼用インプラントがシュレム管内に配置されるとき、眼用インプラントが予め選択された角度スパンにわたって延在するように眼用インプラントの長さが選択される。 Also In some useful embodiments, when the eye implant is placed in Schlemm's canal, the length of the ocular implant as ocular implant extends over preselected angular span is selected. いくつかの用途に適し得る予め選択された角度スパンの例は、60°、90°、150°および180°を含む。 Examples of some preselected angle spanned be suitable for use include 60 °, 90 °, 150 ° and 180 °. この詳細な説明による眼用インプラントの直径は、眼用インプラントがシュレム管内に横たわってシュレム管を支持するように寸法決めされるように選択され得る。 The diameter of ocular implant according to this detailed description, the ocular implant may be selected to be sized to support the Schlemm's canal lying Schlemm's canal. いくつかの有用な実施形態では、眼用インプラントの直径は、約0.005インチ(0.127ミリメートル)〜約0.04インチ(1.016ミリメートル)の範囲である。 In some useful embodiments, the diameter of the ocular implant is in the range of about 0.005 inches (0.127 mm) to about 0.04 inches (1.016 mm). いくつかの特に有用な実施形態では、眼用インプラントの直径は、約0.005インチ(0.127ミリメートル)〜約0.02インチ(0.508ミリメートル)の範囲である。 In some particularly useful embodiments, the diameter of the ocular implant is in the range of about 0.005 inches (0.127 mm) to about 0.02 inches (0.508 mm).

この詳細な説明による眼用インプラントは、直線状であっても湾曲していてもよいことを理解されたい。 This detailed ocular implant according to description, it is to be understood that it may be curved be linear. 眼用インプラントが湾曲している場合、その長さ全体にわたって実質的に均一な長手方向の半径を有してもよく、または眼用インプラントの長手方向の半径はその長さに沿って変化してもよい。 If ocular implant is curved, may have a substantially uniform longitudinal radius throughout its length or longitudinal direction of the radius of the eye implant, it is varied along its length it may be. 図6は、実質的に均一な曲率半径を有する眼用インプラントの一例を示す。 Figure 6 shows an example of an ophthalmic implant having a substantially uniform radius of curvature. 図10は、眼用インプラントの長さに沿って変化する長手方向の曲率半径を有する眼用インプラントの一例を示す。 Figure 10 shows an example of ocular implant having a longitudinal radius of curvature that varies along the length of the ocular implant. 実質的に直線の眼用インプラントの例を図13に示す。 Substantially shows an example of an ophthalmic implant of linear Figure 13.

図10Aは、図2および図4に示される眼用インプラント100の一部を示す拡大斜視図である。 Figure 10A is an enlarged perspective view showing a part of the ocular implant 100 shown in FIGS. 眼用インプラント100は、インプラント100の出口に隣接する眼用インプラント100の内側表面128に取り付けられた、詳細Aに示すような眼内圧センサ180をさらに含んでもよい。 Ocular implant 100 is affixed to the inner surface 128 of the ocular implant 100 adjacent to the outlet of the implant 100 may further include an intraocular pressure sensor 180 as shown in detail A. 圧力センサ180は、眼用インプラント100の内側表面128に取り付けられるように図示されているが、必要に応じて、圧力センサ180は、開口124、138の1つ内にまたは眼用インプラント100の外側表面上に配置されてもよいことが想定される。 The pressure sensor 180 is illustrated to be attached to the inner surface 128 of the ocular implant 100, as required, the pressure sensor 180, outer ocular implant 100 or within one of the openings 124,138 it may be disposed on the surface is assumed. 圧力センサ180は、一度眼用インプラント100が植え込まれると、患者の眼内圧を連続的に測定することができる。 The pressure sensor 180, once the ocular implant 100 is implanted, it is possible to continuously measure the intraocular pressure of the patient.

圧力センサ180は、微小電気機械システム(MEMS)圧力センサであってもよい。 The pressure sensor 180 may be a micro-electromechanical systems (MEMS) pressure sensor. 圧力センサ180は、MEMS圧力センサとして記載される一方、MEMS圧力センサの代わりにまたはそれに加えて、他の圧力センサも使用し得ることが想定される。 The pressure sensor 180, while described as MEMS pressure sensor, in addition to or in place of the MEMS pressure sensor, it is contemplated that may also be used other pressure sensors. いくつかの例では、圧力センサ180は、およそ0.02ミリメートル(20マイクロメートル)〜およそ1.0ミリメートルの範囲の幅を有することができる。 In some examples, the pressure sensor 180 is approximately 0.02 mm (20 microns) can have a width ranging between about 1.0 millimeters. しかしながら、圧力センサ180は、0.02ミリメートル(20マイクロメートル)よりも小さいか、または1.0ミリメートルよりも大きいことが想定される。 However, the pressure sensor 180, it is envisioned greater than less than or, or 1.0 millimeters than 0.02 millimeter (20 micrometers). いくつかの例では、圧力センサ180は、ナノメートル範囲の幅寸法を有することができる。 In some examples, the pressure sensor 180 can have a width dimension in the nanometer range. さらに、1つの圧力センサ180のみが示されているが、眼用インプラント100は、必要に応じて2つ以上の圧力センサ180を含むことができる。 Furthermore, only one pressure sensor 180 is shown, ocular implant 100 can include two or more pressure sensors 180 as needed. 例えば、第1の圧力センサが眼用インプラント100の第1の端部に配置され、第2の圧力センサが眼用インプラントの第2の端部に配置されてもよい。 For example, the first pressure sensor is disposed in the first end portion of the ocular implant 100, a second pressure sensor may be disposed at a second end of the ocular implant. いくつかの例では、圧力センサ180は、図10Cに示すように、インプラント100の基端部101に隣接する流路128内に設けられてもよい。 In some examples, the pressure sensor 180, as shown in FIG. 10C, may be provided in the flow path 128 adjacent the proximal end 101 of implant 100. 圧力センサ180は、眼用インプラント100の送達中に送達装置(明示的に示されていない)がセンサ180を損傷するのを防止する保護カバーを含み得ることが想定されるが、これは必須ではない。 The pressure sensor 180, it is envisioned that the delivery device during delivery of the ophthalmic implant 100 (not explicitly shown) may include a protective cover to prevent damage to sensor 180, which is essential for Absent.

MEMS圧力センサは、多くの場合、シリコン基板のダイの裏側に向かって凹部を異方性エッチングし、薄い可撓性のダイヤフラム182を残すことによって形成される。 MEMS pressure sensor is often a recess anisotropically etched toward the back side of the silicon substrate die, it is formed by leaving a thin, flexible diaphragm 182. 使用中、ダイヤフラム182の少なくとも1つの表面は、入力圧力(例えば、眼圧)にさらされる。 During use, at least one surface of the diaphragm 182 is subjected to the input pressure (e.g., intraocular pressure). ダイヤフラム182は入力圧力の大きさに応じて撓み、これは、ダイヤフラム182上に配置されたまたはそれに埋め込まれた1つまたは複数の電気構成要素またはセンサ素子186(例えば、ピエゾ抵抗器)によって検出することができる。 The diaphragm 182 flexes in response to the magnitude of the input pressure, which is detected by one embedded in it or placed on the diaphragm 182 or the plurality of electrical components or sensor element 186 (e.g., piezoresistors) be able to. ピエゾ抵抗器186の抵抗の変化は、ピエゾ抵抗器によって少なくとも部分的に形成された抵抗ブリッジからの出力電圧信号の変化として反映される。 Change in the resistance of the piezoresistor 186 is reflected as a change in the output voltage signal from the resistance bridge at least partially formed by the piezoresistors. いくつかの例では、ダイヤフラムは、サポートボスを追加することでより薄くすることができ、これはダイヤフラムの感度を平板ダイヤフラムよりも高めることを促進し得る。 In some instances, the diaphragm may be thinner than that adding support boss, which may facilitate to increase the sensitivity of the diaphragm than flat diaphragm. 圧力センサ180のボンドパッド188に出力信号を提供する前に、センサ素子186があるレベルの信号処理を提供するように回路素子が接続されてもよい。 Before providing an output signal to the bond pad 188 of the pressure sensor 180, the circuit element may be connected to provide a signal processing certain level sensor element 186. この信号処理は、センサ素子(例えば、ピエゾ抵抗器186)によって生成される生のセンサ信号をフィルタリング、増幅、線形化、較正および/または他の方法で処理することができる。 The signal processing, sensor elements (e.g., piezoresistors 186) the raw sensor signals generated by the filtering, amplification, linearization, can be treated with calibration and / or other methods. センサ素子186はピエゾ抵抗器として記載されているが、センサ素子は容量性圧力センサ180を提供するように選択されてもよいことが想定される。 Sensor element 186 is described as piezoresistor, the sensor element that may be selected to provide a capacitive pressure sensor 180 is assumed.

圧力センサ180は、図10Aの線B−Bで取られた例示的な圧力センサ180の断面である図10Bに示すように、第1の基板185および第2の基板183を含むことができる。 The pressure sensor 180, as shown in FIG. 10B is a cross-sectional of an exemplary pressure sensor 180 taken at line B-B in FIG. 10A, may include a first substrate 185 and second substrate 183. いくつかの例では、第1の基板185は、必須ではないが、シリコンオンインシュレータ(SOI:silicon on insulator)技術を用いて形成された層状シリコン−インシュレータ−シリコン基板またはウェハであってもよい。 In some examples, the first substrate 185, but not necessarily, silicon-on-insulator (SOI: silicon on insulator) layered silicon formed by using a technique - insulator - may be a silicon substrate or wafer. 必要に応じて他の基板を使用し得ることが考えられる。 Optionally conceivable to be able to use other substrates. 第1の基板185は、第1のシリコン層を含むことができる。 The first substrate 185 may include a first silicon layer. 絶縁層または酸化物層187が第1のシリコン層185上に配置されてもよい。 Insulating layer or oxide layer 187 may be disposed on the first silicon layer 185. いくつかの例では、絶縁層187は、二酸化ケイ素、窒化ケイ素、サファイア、および/または任意の他の適切な絶縁材料から形成することができる。 In some examples, the insulating layer 187 may be formed of silicon dioxide, silicon nitride, sapphire, and / or any other suitable insulating material. 明示的に示されていないが、圧力センサ180は、絶縁層上に配置された第2のシリコン層を含むことができる。 Although not explicitly shown, the pressure sensor 180 may comprise a second silicon layer disposed on the insulating layer. いくつかの例では、第2の基板183から離れる方を向く側で酸化物層187が露出されるように、第2のシリコン層を薄くするかまたは除去することができる。 In some instances, it is possible to oxide layer 187 on the side facing away from the second substrate 183 to expose, or eliminate thinning the second silicon layer. あるいは、およびいくつかの例では、第2のシリコン層および酸化物層187は初めから設けられない。 Alternatively, and in some instances, the second silicon layer and the oxide layer 187 is not provided from the beginning.

第2の基板183は、必要に応じて任意の半導体ウェハ(例えば、シリコンまたはゲルマニウム)または他の基板とすることができる。 The second substrate 183 may be any of a semiconductor wafer as required (e.g., silicon or germanium) may be or other substrate. 第1の基板185または第2の基板183のいずれかまたは両方に不純物をドープして、n型またはp型の外部半導体を提供し得ることが想定される。 Doped with either or impurities both in the first substrate 185 or second substrate 183, it is envisioned that may provide a n-type or p-type external semiconductor. 例えば、第1の基板185がn型基板であり、第2の基板183がp型基板であってもよい。 For example, the first substrate 185 is an n-type substrate, the second substrate 183 may be a p-type substrate. 逆の構成も考えられ、または両方の基板が同じ極性にドープされてもよい。 Reverse configuration is also conceivable, or both substrates may be doped to the same polarity. いくつかの例では、第1の基板185および/または第2の基板183は、エピタキシャル層を含むことができる。 In some examples, the first substrate 185 and / or the second substrate 183 may include an epitaxial layer.

第1のシリコン層の一部など、第1の基板185の一部は、キャビティまたは凹部181の上に薄い可撓性ダイヤフラム182を残して除去され得る。 Including part of the first silicon layer, a portion of the first substrate 185 may be removed leaving a thin flexible diaphragm 182 over the cavity or recess 181. いくつかの例では、ピエゾ抵抗器186は、圧力センサを形成するために、ダイヤフラム182の撓み/応力を測定するようにダイヤフラム182内にまたはその上に配置されてもよい。 In some instances, it piezoresistors 186, to form a pressure sensor may be disposed within the diaphragm 182 or on to measure the deflection / stress of the diaphragm 182. 使用中、ダイヤフラム182の少なくとも1つの表面は、入力圧力にさらされてもよい。 During use, at least one surface of the diaphragm 182 may be exposed to the input pressure. 次いで、ダイヤフラム182は、ダイヤフラム182にかかる圧力の大きさに応じて撓むことができる。 Then, the diaphragm 182 may be deflected in accordance with the magnitude of pressure applied to the diaphragm 182. 次いで、ダイヤフラム182の撓みは、ピエゾ抵抗器186の抵抗の変化をもたらす。 Then, the deflection of the diaphragm 182 results in a change in resistance of the piezoresistors 186. ピエゾ抵抗器186の抵抗の変化は、少なくとも部分的にピエゾ抵抗器186によって形成された抵抗性ブリッジの出力電圧信号の変化として反映されてもよい。 Change in the resistance of the piezoresistor 186 may be reflected as a change in at least partly the output voltage signal of the resistive bridge formed by piezoresistors 186. 出力電圧は、ダイヤフラム182に及ぼされる入力圧力の尺度を提供する。 Output voltage provides a measure of the input pressure exerted on the diaphragm 182.

第2の基板183は、基板183が眼用インプラント100の内側表面128に面一に取り付けられることを可能にするように可撓性であり得ることが想定される。 The second substrate 183, the substrate 183 it is assumed that may be flexible to allow to be attached to the inner surface 128 dihedral one ocular implant 100. 代替的にまたは追加的に、第2の基板183は、眼用インプラント100の湾曲内側表面128に概ね一致するように成形された湾曲外側表面(ダイヤフラム182から離れる方を向く)を有してもよい。 Alternatively or additionally, the second substrate 183 have a shaped curved outer surface (facing away from the diaphragm 182) so as substantially to match the curved inner surface 128 of the ocular implant 100 good. 圧力センサ180を形成する材料は、圧力センサ180が生体適合性であるように選択されてもよいことが想定される。 The material forming the pressure sensor 180, that the pressure sensor 180 may be selected to be biocompatible envisaged.

上述したように、圧力センサ180はMEMS圧力センサとして記載されているが、圧力センサ180は他の適切な形態を取り得ることが想定される。 As described above, the pressure sensor 180 is described as a MEMS pressure sensor, the pressure sensor 180 it is assumed that may take other suitable forms. 1つの代替的な例では、圧力センサは、装置に組み込まれたセンサ素子なしに圧力の変化を検出するために電波を使用できるような方法で形成することができる。 In one alternative embodiment, the pressure sensor can be formed in such a way as radio waves can be used to detect a change in pressure without the sensor element incorporated in the device. このような圧力センサは、可撓性ベース基板と、ベース基板上に配置された底部誘導コイルと、底部誘導コイル上に配置された感圧ゴムピラミッド層と、ゴムピラミッドの上部に配置された上部誘導コイルと、上部誘導コイルの上に配置された上部基板とを含んでもよい。 Such pressure sensor includes a flexible base substrate, and a bottom induction coil disposed on the base substrate, a pressure-sensitive rubber pyramids layer disposed on the bottom induction coils, the upper arranged on top of the rubber pyramids an induction coil, may include an upper substrate disposed above the upper induction coil. センサに圧力が加えられると、誘導コイルは互いに近接する。 When pressure is applied to the sensor, the induction coil closer to each other. 誘導コイルによって反射された(印加された源からの)電波は、コイルがより接近して配置された場合、より低い共振周波数を有する。 Induced reflected by a coil (from the applied sources) radio wave, when the coil is disposed closer to having a lower resonant frequency. したがって、電波の周波数はコイル間の距離を示すことができ、これが次いで装置にかかる圧力に相関される。 Therefore, the frequency of the radio waves may indicate the distance between the coils, is correlated to the pressure exerted on this then in device.

圧力センサ180は、圧力センサ180からのデータを読取装置に無線で通信することを可能にするためにアンテナまたはインダクタ184をさらに備え得る。 The pressure sensor 180 may further comprise an antenna or inductor 184 in order to be able to communicate wirelessly to the reading device the data from the pressure sensor 180. いくつかの例では、圧力センサ180は、圧力センサ180から身体の外側に位置する別の装置にデータを伝送することが望まれる場合、限定しないが、セルラ通信、ジグビー(ZigBee)(登録商標)、ブルートゥース(Bluetooth)(登録商標)、ワイファイ(WiFi)(登録商標)、IrDA、専用短距離通信(DSRC:dedicated short range communication)、エンオーシャン(EnOcean)(登録商標)、または他のいずれかの適切な無線プロトコルなどの無線周波数通信プロトコルを使用してもよい。 In some examples, the pressure sensor 180, if it is desired to transmit data to another device located outside the body from the pressure sensor 180, but are not limited to, cellular communications, ZigBee (ZigBee) (R) , Bluetooth (Bluetooth) (registered trademark), WiFi (WiFi) (registered trademark), IrDA, dedicated short-range communication (DSRC: dedicated short range communication), en-Ocean (EnOcean) (registered trademark), or any other it may use radio frequency communication protocol such as a suitable wireless protocol. データは、携帯電話、タブレットまたはラップトップコンピュータ、デスクトップコンピュータ、ポータブルハンドヘルドデバイス、そのようなパーソナルデジタルアシスタント(PDA:personal digital assistant)、または医療装置などであるがこれに限定されない特別に設計された装置を含むがこれらに限定されない任意の数のそのように適切にイネーブルにされた装置に伝送されてもよい。 Data, mobile phone, tablet or laptop computer, a desktop computer, a portable hand-held device, such personal digital assistant (PDA: personal digital assistant), or a medical device, and the like have been specially designed, but not limited to equipment including may be transmitted to so properly is enabled any number of devices including but not limited to. これは、医師、患者、または他の関係者が眼圧計を使用せずに眼圧を監視することを可能にし得る。 This may allow the physician, patient, or other parties, to monitor intraocular pressure without using a tonometer. いくつかの例では、圧力データは、遠隔装置から医師に自動的に伝送されてもよい。 In some instances, the pressure data may be automatically transmitted from the remote device to the physician. 例えば、圧力センサ180を備えた眼用インプラント100が植え込まれると、図11に示すように、イネーブル状態の遠隔装置192を患者190の眼の通信範囲内に入れることができる。 For example, the ocular implant 100 with a pressure sensor 180 is implanted, as shown in FIG. 11, it is possible to place the remote device 192 in an enable state within the communication range of the patient's eye 190. これは、イネーブル状態の装置192が、圧力センサ180に記録された眼内圧データを受信することを可能にし得る。 This device 192 in the enable state, can make it possible to receive the intraocular pressure data recorded to the pressure sensor 180. イネーブル状態の装置192は、データを医者に、例えば第2の遠隔装置に自動的に伝送するように構成されてもよい。 Enable state 192, the data in the doctor, for example, may be configured to automatically transmit the second remote device.

図12は、眼用インプラント200であって、その長さに沿って変化する曲率半径を有する眼用インプラント200を示す平面図である。 Figure 12 is a ocular implant 200 is a plan view showing the ocular implant 200 having a radius of curvature that varies along its length. 眼用インプラント200の基端部201は、送達ツールの相補的な相互係止部分と嵌合および/または係合するように構成された相互係止部分を含むことができる。 Proximal end 201 of the ocular implant 200 can include complementary interlocking portion and the fitting and / or configured interlocking portion to engage the delivery tool. 図12の実施形態では、眼用インプラント200は、概ね湾曲した休止状態を有する。 In the embodiment of FIG. 12, the ocular implant 200 has a generally curved hibernation. この休止状態は、例えばヒートセットプロセスを使用して確立することができる。 The dormant state can be for example established using heatset process. 図12に示される眼用インプラントの形状は、先端半径RA、基端半径RC、および中間半径RBを含む。 The shape of the ocular implant illustrated in FIG. 12 includes tip radius RA, proximal radius RC, and an intermediate radius RB. 図12の実施形態では、先端半径RAは、中間半径RBおよび基端半径RCの両方よりも大きい。 In the embodiment of FIG. 12, tip radius RA is greater than both the intermediate radius RB and the proximal radius RC. また、図12の実施形態では、中間半径RBは、基端半径RCよりも大きく、先端半径RAよりも小さい。 Further, in the embodiment of FIG. 12, the intermediate radius RB is greater than the proximal radius RC, smaller than the tip radius RA. 1つの有用な実施形態では、先端半径RAは約0.320インチ(8.128ミリメートル)であり、中間半径RBは約0.225インチ(5.715ミリメートル)であり、基端半径RCは約0.205インチ(5.207ミリメートル)である。 In one useful embodiment, the tip radius RA is about 0.320 inches (8.128 mm), intermediate radius RB is about 0.225 inches (5.715 mm), proximal radius RC of about 0.205 is an inch (5.207 mm).

図12の実施形態では、眼用インプラントの先端部分は、角度AAにわたって延在する弧に従う。 In the embodiment of FIG. 12, the distal end portion of the ocular implant in accordance with the arc extending over an angle AA. 眼用インプラントの基端部分は、角度ACにわたって延在する弧に従う。 The proximal portion of the ocular implant in accordance with the arc extending over an angle AC. 眼用インプラントの中間部分は、先端部分と基端部分との間に配置される。 Intermediate portion of the ocular implant is disposed between the tip portion and the proximal portion. 中間部分は角度ABにわたって延在する。 Intermediate portion extends over an angle AB. 1つの有用な実施形態では、角度AAは約55度であり、角度ABは約79度であり、角度ACは約60度である。 In one useful embodiment, the angle AA is about 55 degrees, angle AB is approximately 79 degrees, the angle AC is approximately 60 degrees.

眼用インプラント200は、疾患および/または障害(例えば、緑内障)についてヒト患者の眼を治療する方法と組み合わせて使用されてよい。 Ocular implant 200, diseases and / or disorders (e.g., glaucoma) the eye of a human patient may be used in conjunction with the methods of treating for. いくつかのそのような方法は、コア部材を眼用インプラント200によって画定された内腔に挿入するステップを含むことができる。 Some such methods, the core member may include the step of inserting the lumen defined by the ocular implant 200. コア部材は、例えば、ワイヤまたはチューブを含み得る。 The core member may comprise, for example, wire or tube. 眼用インプラントの先端部は、シュレム管内に挿入することができる。 Tip of the ocular implant may be inserted into Schlemm's canal. 次いで、眼用インプラントが所望の位置に達するまで、眼用インプラントおよびコア部材をシュレム管内に前進させることができる。 Then, until the ocular implant has reached the desired position, the ocular implant and the core member can be advanced to Schlemm's canal. いくつかの実施形態では、インプラントの入口部分は前眼房に配置されてもよい一方、インプラントの残りの部分は小柱網を通ってシュレム管内に延びる。 In some embodiments, one inlet portion of the implant may be located in the anterior chamber, the remaining portion of the implant extending Schlemm's canal through the trabecular meshwork. 次いで、コア部材を眼用インプラントから引き抜いて、インプラントを適所に残し、シュレム管を形成する組織を支持することができる。 Then, pull out the core member from the ocular implant, leaving the implant in place, it is possible to support the tissue forming Schlemm's canal. 眼用インプラント送達システムのさらなる詳細は、2007年11月20日に出願された米国特許出願第11/943,289号明細書、現在は米国特許第8,512,404号明細書に見出すことができ、その開示内容は参照により本明細書に組み込まれる。 Further details of the implant delivery system for the eye, Nov. 20 U.S. Patent Application No. 11 / 943,289 Pat filed in 2007, it is now found in U.S. Patent No. 8,512,404 can, the disclosure of which is incorporated herein by reference.

本発明の眼用インプラントの可撓性および曲げ弾性率の特徴は、シュレム管内のインプラントの適切な向きを保証することを促進する。 Features of flexibility and flexural modulus of the ocular implant of the present invention facilitates to ensure proper orientation of the implant in Schlemm's canal. 図1は、インプラント100がシュレム管内に配置されたときの開口124の所望の向きを示す。 Figure 1 shows the desired orientation of the opening 124 when the implant 100 is placed in Schlemm's canal. 図示のように、開口124は半径方向外側に面している。 As shown, openings 124 facing radially outward. したがって、インプラント100は、図1に示すように、インプラント100の長手方向軸によって画定された平面に沿って曲げられたときに最大限に可撓性であるように、および他の平面で曲げられたときにより低い可撓性であるように設計され、それにより、インプラントが最初にシュレム管内に異なる向きで配置される場合、シュレム管の湾曲形状がインプラントをこの向きに自動的に配置することを促進することを可能にする。 Thus, the implant 100, as shown in FIG. 1, maximally as is flexible, and bent in other planes when bent along the plane defined by the longitudinal axis of the implant 100 is designed to be low flexibility due time was, thereby, if the implant is placed first in different Schlemm's canal orientation that the curved shape of Schlemm's canal is automatically place the implant in this orientation It makes it possible to promote.

図13は、本発明の詳細な説明による追加的な実施形態による眼用インプラント300を示す斜視図である。 Figure 13 is a perspective view showing an ocular implant 300 according to a further embodiment according to the detailed description of the invention. 図13を参照すると、眼用インプラント300は、概ね直線状の休止(すなわち応力のない)形状を有することが理解されるであろう。 Referring to FIG. 13, the ocular implant 300 will generally have a linear rest (i.e. unstressed) shape is understood. 眼用インプラント300は、概ね直線の長手方向軸334に沿って延在する。 Ocular implant 300 extends generally along the longitudinal axis 334 of the straight line. いくつかの有用な実施形態では、眼用インプラント300は、眼のシュレム管内に進められるときに湾曲形状を取るのに十分に可撓性である。 In some useful embodiments, the ocular implant 300 is sufficiently flexible to take a curved shape when advanced to Schlemm's canal of the eye.

眼用インプラント300は、本体302を含む。 Ocular implant 300 includes a body 302. 図13を参照すると、本体302は、複数の組織支持フレーム304および複数の背骨306を含むことが理解されるであろう。 Referring to FIG. 13, the body 302 would include a plurality of tissue support frame 304 and a plurality of spine 306 is understood. 図13に示すように、これらの背骨306およびフレーム304は、1つの背骨がフレーム304の各隣接する対間に延在する交互パターンで配置される。 As shown in FIG. 13, these spine 306 and the frame 304 are arranged in an alternating pattern one spine extending between each adjacent pair of the frame 304. 本体302のフレーム304は、第1の背骨340と第2の背骨342との間に配置される眼用インプラント300の第1のフレーム336を含む。 Frame 304 of the body 302 includes a first spine 340 of the first frame 336 of the ocular implant 300 disposed between a second spine 342. 図13の実施形態では、第1のフレーム336は、第1の背骨340と第2の背骨342との間に延在する第1の支柱344を含む。 In the embodiment of FIG. 13, the first frame 336 includes a first strut 344 extending between the first spine 340 and second spine 342. 第1のフレームの第2の支柱346が同じく第1の背骨340と第2の背骨342との間に延在する。 A second support column 346 also first spine 340 of the first frame extending between the second spine 342. 各支柱は、第1の背骨340と第2の背骨342との間で長手方向に延在する場合に円周方向に波状となっている。 Each strut has a wave-like in the circumferential direction when extending longitudinally between the first spine 340 and second spine 342.

本体302の内側表面328は、流路326を画定する。 Inner surface 328 of the body 302 defines a flow path 326. 眼用インプラント300の本体302は、第1の開口324を画定する第1の縁部320および第2の縁部322を含む。 Body 302 of the ocular implant 300 includes a first edge 320 and second edge 322 that defines a first opening 324. 眼用インプラント300の流路326は、第1の開口324と流体連通する。 The flow path of the ocular implant 300 326, in fluid communication with the first opening 324. 第1のフレーム336の第1の支柱344は、第1の縁部325Aを含む。 First strut 344 of the first frame 336 includes a first edge 325A. 第2の支柱346は、第1の縁部325Bを有する。 Second support column 346 has a first edge 325B. 図13において、本体302の第1の開口324は、第1の支柱344の第1の縁部325Aと第2の支柱346の第1の縁部325Bとの間に延在していることが分かる。 13, the first opening 324 of the body 302, that extends between the first edge 325B of the first edge portion 325A and the second strut 346 of the first strut 344 It can be seen.

第1の軸356、第2の軸358および第3の軸360が図13に示されている。 First shaft 356, second shaft 358 and the third axis 360 is shown in FIG. 13. 第2の軸358は、第1の軸356に対して概ね垂直である。 Second axis 358 is generally perpendicular to the first axis 356. 第3の軸360は、第1の軸356に対して概ね傾斜している。 The third axis 360 is largely inclined to the first axis 356. 本体302の可撓性は、本体302が第1の軸356の周りに作用するモーメントによって曲げられるときに最大であり、本体302は、第1の軸356以外の軸(例えば、第2の軸358および第3の軸360)の周りに作用するモーメントによって曲げられたときにより低い可撓性を有する。 Flexible body 302 is greatest when the body 302 is bent by a moment acting about the first axis 356, body 302, other than the first shaft 356 axis (e.g., the second axis It has lower flexibility by when bent by moments acting around the 358 and the third shaft 360). 換言すれば、図13の実施形態では、本体302の曲げ弾性率は、本体302が第1の軸356の周りに作用するモーメントによって曲げられるときに最小であり、本体302は、第1の軸356以外の軸(例えば、第2の軸358および第3の軸360)の周りに作用するモーメントによって曲げられたときにより高い曲げ弾性率を有する。 In other words, in the embodiment of FIG. 13, the flexural modulus of the body 302 is minimized when the body 302 is bent by a moment acting about the first axis 356, body 302, first shaft other than 356 axis (e.g., the second axis 358 and third axis 360) having a high flexural modulus by when bent by moments acting around.

眼用インプラント300は、眼用インプラント300の内側表面328に取り付けられた眼内圧センサ380をさらに含むことができる。 Ocular implant 300 may further include an intraocular pressure sensor 380 attached to the inner surface 328 of the ocular implant 300. 圧力センサ380は、上述した圧力センサ180と形状および機能が類似していてもよい。 The pressure sensor 380, pressure sensor 180 and the shape and the functions described above may be similar. 圧力センサ380は、眼用インプラント300の内側表面328に取り付けられるように示されているが、圧力センサ380は、必要に応じて、開口324の1つ内にまたは眼用インプラント300の外側表面上に取り付けられてもよいことが想定される。 The pressure sensor 380 is shown to be mounted to the inner surface 328 of the ocular implant 300, the pressure sensor 380 is optionally on the outer surface of the or ocular implant 300 within one of the openings 324 it is contemplated that may be attached to. 圧力センサ380は、眼用インプラント300が植え込まれると、患者の眼内圧を連続的に測定することができる。 The pressure sensor 380, the ocular implant 300 is implanted, it is possible to continuously measure the intraocular pressure of the patient.

圧力センサ380は、微小電気機械システム(MEMS)圧力センサであってもよい。 The pressure sensor 380 may be a micro-electromechanical systems (MEMS) pressure sensor. 圧力センサ380は、MEMS圧力センサとして記載される一方、MEMS圧力センサの代わりにまたはそれに加えて、他の圧力センサも使用し得ることが想定される。 The pressure sensor 380, while described as MEMS pressure sensor, in addition to or in place of the MEMS pressure sensor, it is contemplated that may also be used other pressure sensors. MEMS圧力センサは、多くの場合、シリコン基板のダイの裏側に凹部を異方性エッチングし、薄い可撓性のダイヤフラムを残すことによって形成される。 MEMS pressure sensor is often a recess anisotropically etched on the back side of the silicon substrate die, it is formed by leaving a thin, flexible diaphragm. 使用中、ダイヤフラムの少なくとも1つの表面は、入力圧力(例えば、眼圧)にさらされる。 During use, at least one surface of the diaphragm is exposed to the input pressure (e.g., intraocular pressure). ダイヤフラムは入力圧力の大きさに応じて撓み、これは、ダイヤフラム上に配置されるか、またはそれに埋め込まれた1つまたは複数の電気構成要素またはセンサ素子(例えば、ピエゾ抵抗器)によって検出することができる。 Diaphragm flexes in response to the magnitude of the input pressure, which is detected by one or more electrical components or a sensor element embedded either disposed on the diaphragm, or it (e.g., piezo resistors) that can. ピエゾ抵抗器の抵抗の変化は、ピエゾ抵抗器によって少なくとも部分的に形成された抵抗ブリッジからの出力電圧信号の変化として反映される。 Change in piezoresistors of the resistor is reflected as a change in the output voltage signal from the resistance bridge at least partially formed by the piezoresistors. いくつかの例では、ダイヤフラムは、サポートボスを追加することでより薄くすることができ、これはダイヤフラムの感度を平板ダイヤフラムよりも高めることを促進し得る。 In some instances, the diaphragm may be thinner than that adding support boss, which may facilitate to increase the sensitivity of the diaphragm than flat diaphragm. 圧力センサのボンドパッドに出力信号を提供する前に、センサ素子があるレベルの信号処理を提供するように回路素子が接続されてもよい。 Before providing an output signal to the bond pads of the pressure sensor, the circuit elements may be connected to provide a signal processing a certain level sensor element. この信号処理は、センサ素子(例えば、ピエゾ抵抗器)によって生成される生のセンサ信号をフィルタリング、増幅、線形化、較正および/または他の方法で処理することができる。 The signal processing, sensor elements (e.g., piezo resistors) the raw sensor signals generated by the filtering, amplification, linearization, can be treated with calibration and / or other methods. センサ素子はピエゾ抵抗器として記載されているが、センサ素子は容量性圧力センサ380を提供するように選択されてもよいことが想定される。 The sensor element has been described as piezoresistor, the sensor element that may be selected to provide a capacitive pressure sensor 380 is assumed.

圧力センサ380は、圧力センサ380からのデータを読取装置に無線で通信することを可能にするためにアンテナまたはインダクタをさらに備え得る。 The pressure sensor 380 may further comprise an antenna or an inductor in order to be able to communicate wirelessly to the reading device the data from the pressure sensor 380. いくつかの例では、圧力センサ380は、圧力センサ380から身体の外側に位置する別の装置にデータを伝送することが望まれる場合、限定しないが、セルラ通信、ジグビー(ZigBee)(登録商標)、ブルートゥース(Bluetooth)(登録商標)、ワイファイ(WiFi)(登録商標)、IrDA、専用短距離通信(DSRC)、エンオーシャン(EnOcean)(登録商標)、または他のいずれかの適切な無線プロトコルなどの無線周波数通信プロトコルを使用してもよい。 In some examples, the pressure sensor 380, if it is desired to transmit data to another device located outside the body from the pressure sensor 380, but are not limited to, cellular communications, ZigBee (ZigBee) (R) , Bluetooth (Bluetooth) (registered trademark), WiFi (WiFi) (registered trademark), IrDA, dedicated short range communication (DSRC), ene Ocean (EnOcean) (registered trademark), or any other suitable wireless protocol such as the radio frequency communication protocol may be used. データは、携帯電話、タブレットコンピュータ、コンピュータ、ポータブルハンドヘルドデバイス、そのようなパーソナルデジタルアシスタント(PDA)、または特別に設計された装置を含むがこれらに限定されない任意の数のそのように適切にイネーブルにされた装置に伝送されてもよい。 Data may be a cellular phone, a tablet computer, a computer, a portable hand-held device, such a personal digital assistant (PDA), or it specially including designed any number of devices including but not limited to so adequately enabled it may be transmitted to the devices. これは、医師、患者、または他の関係者が眼圧計を使用せずに眼圧を監視することを可能にし得る。 This may allow the physician, patient, or other parties, to monitor intraocular pressure without using a tonometer.

図14は、この詳細な説明による医療処置の概略表現である。 Figure 14 is a schematic representation of a medical treatment with this detailed description. 図14の処置では、医師が患者Pの眼400を治療している。 In the treatment of FIG. 14, the physician is treating an ocular 400 patient P. 図14の処置では、医師は、自らの右手RHに送達システム450のハンドピースを保持している。 In the treatment of FIG. 14, the physician holds handpiece delivery system 450 to their right hand RH. 医師の左手(図示せず)は、ゴニオレンズ402のハンドルHを保持するために使用されてもよい。 Doctors of the left hand (not shown) may be used to hold the handle H of Goniorenzu 402. あるいは、一部の医師は、左手に送達システムハンドピースを、右手RHにゴニオレンズハンドルHを保持することを好み得る。 Alternatively, some of the physicians, the delivery system handpiece left, may prefer to hold the goniometer lens handle H to the right hand RH.

図14に示す処置中、医師は、ゴニオレンズ402および顕微鏡404を使用して前眼房の内部を見ることができる。 During the procedure shown in FIG. 14, the physician is able to see the inside of the anterior chamber using Goniorenzu 402 and microscope 404. 図14の詳細Aは、医師が見た画像の定型化されたシミュレーションである。 Details A in FIG. 14 is a simulation stylized image viewed by the physician. カニューレ452の先端部分を詳細Aで見ることができる。 You can see the tip of the cannula 452 in detail A. 影のような線は、前眼房を取り囲む様々な組織(例えば、小柱網)の下に横たわるシュレム管SCの位置を示す。 Line, such as shadow, various tissues before surrounding the anterior chamber (e.g., trabecular meshwork) indicating the position of Schlemm's canal SC underlying the. カニューレ452の先端開口454は、眼400のシュレム管SCの近くに配置される。 Tip opening 454 of the cannula 452 is positioned close to the Schlemm's canal SC of the eye 400.

この詳細な説明による方法は、カニューレ452の先端部分が前眼房内に配置されるようにカニューレ452の先端部を眼400の角膜を通して前進させるステップを含むことができる。 The method according to this detailed description may include advancing the distal end of the cannula 452 through the cornea of ​​the eye 400 so that the tip portion of the cannula 452 is placed in the anterior chamber. 次いで、カニューレ452は、例えばカニューレ452の先端部でシュレム管の壁を貫通することにより、眼のシュレム管に進入するために使用されてもよい。 Then, the cannula 452, for example by penetrating the wall of the Schlemm's canal at the distal end of the cannula 452, may be used to enter the Schlemm's canal of the eye. カニューレ452の先端開口454は、シュレム管によって画定された内腔と流体連通した状態に置かれてもよい。 Tip opening 454 of the cannula 452 may be placed in a state in which the through lumen in fluid communication with inner defined by Schlemm's canal. 眼用インプラントは、先端開口454からシュレム管内に前進させることができる。 Ocular implant can be advanced from the distal end opening 454 in Schlemm's canal. シュレム管内への眼用インプラントの挿入は、前眼房からの房水の流れを促進し得る。 Insertion of the ophthalmic implant into Schlemm's canal may pre facilitate flow of aqueous humor from the anterior chamber.

図15は、前の図に示された送達システム450および眼400をさらに示す拡大斜視図である。 Figure 15 is an enlarged perspective view showing still delivery system 450 and the eye 400 shown in the previous figure. 図15では、送達システム450のカニューレ452は、眼400の角膜426を通って延在するように示されている。 In Figure 15, the cannula 452 of the delivery system 450 is shown as extending through the cornea 426 of the eye 400. カニューレ452の先端部分は、眼400の角膜426によって画定される前眼房の内部に配置される。 The tip portion of the cannula 452 is disposed within the anterior chamber being defined by the cornea 426 of the eye 400. 図15の実施形態では、カニューレ452は、カニューレ452の先端開口454をシュレム管と流体連通した状態に置くことができるように構成される。 In the embodiment of FIG. 15, the cannula 452 is configured to be able to place a distal end opening 454 of the cannula 452 in a state passing through Schlemm's canal and fluid communication.

図15の実施形態では、眼用インプラントは、カニューレ452によって画定される通路内に配置される。 In the embodiment of FIG. 15, the ocular implant is placed in the passageway defined by the cannula 452. 送達システム450は、カニューレ452の長さに沿って眼用インプラントを前進および後退させることができる機構を含む。 Delivery system 450 includes a mechanism capable of advancing and retracting the ocular implant along the length of the cannula 452. 先端開口がシュレム管と流体連通している間に眼用インプラントをカニューレ452の先端開口を通して前進させることにより、眼用インプラントは眼400のシュレム管内に配置されてもよい。 By advancing the ocular implant through the distal end opening of the cannula 452 while the distal end opening is in fluid communication with Schlemm's canal, the ocular implant may be positioned Schlemm's canal of the eye 400.

図16Aは、眼用インプラント550と、眼用インプラント550を摺動式に受け入れるように寸法決めされた通路を画定するカニューレ508とを含む送達システム500を示す斜視図である。 Figure 16A is a perspective view showing an ocular implant 550, a delivery system 500 that includes a cannula 508 which defines a sized passageway to receive the ocular implant 550 in sliding. 送達システム500は、眼用インプラント550を患者の眼内の目標位置に向けて前進させるように使用されてもよい。 Delivery system 500, the ocular implant 550 may be used to advance toward a target location within the patient's eye. いくつかの適用において適切であり得る目標位置の例は、眼のシュレム管、小柱網、脈絡膜上腔および前眼房内および周囲の領域を含む。 Examples of the target position that may be suitable in some applications include Schlemm's canal of the eye, the trabecular meshwork, the suprachoroidal space and the anterior chamber and the surrounding area. 図16Bは、眼用インプラント550と、送達システム500のカニューレ508とをさらに示す拡大詳細図である。 16B is a ocular implant 550 is an enlarged detail view showing further the cannula 508 of the delivery system 500.

図16Aの送達システム500は、カニューレ508内の眼用インプラント550の前進および後退を制御することができる。 Delivery system 500 of FIG. 16A, it is possible to control the advancement and retraction of the ocular implant 550 in the cannula 508. 眼用インプラント550は、先端開口がシュレム管と流体連通している間、先端開口532を通して眼用インプラントを前進させることによって目標位置(例えば、シュレム管)内に配置することができる。 Ocular implant 550 while the distal end opening is in fluid communication with Schlemm's canal, the target position by advancing an ocular implant through the distal end opening 532 (e.g., Schlemm's canal) can be placed within. 図16Aの実施形態では、眼用インプラント550は、説明のために、カニューレ508の先端開口532を通して前進されている。 In the embodiment of FIG. 16A, ocular implant 550, for purposes of explanation, it has been advanced through the distal end opening 532 of the cannula 508.

図16Aの送達システム500は、ハウジング502、スリーブ504、およびエンドキャップ510を含む。 Delivery system 500 of FIG. 16A includes a housing 502, sleeve 504 and end caps 510,. トラッキングホイール506が、図16Aのハウジング502の壁を通って延在する。 Tracking wheel 506, extending through the wall of the housing 502 in Figure 16A. トラッキングホイール506は、送達システム500の送達ツール552を前進および後退させることができる機構の一部である。 Tracking wheel 506 is part of a mechanism that can advance and retract the delivery tool 552 of the delivery system 500. 送達ツール552は、図16Bのカニューレ508の先端開口を通って延在する。 Delivery tool 552 extends through the distal opening of the cannula 508 of Figure 16B. トラッキングホイールを回転させると、送達ツール552は、カニューレ508によって画定された通路に沿って軸方向に移動する。 Rotating the tracking wheel, the delivery tool 552 moves axially along the passage defined by the cannula 508. 軸方向は、先端方向Dまたは基端方向Pであり得る。 Axial direction may be a distal direction D or proximal direction P. 送達ツール552および送達ツール552を移動するための機構は、共通の譲受人に譲渡された米国特許出願第62/024,295号明細書に記載され、それは参照によって本明細書に組み込まれる。 Mechanisms for moving the delivery tool 552 and delivery tool 552 is described in U.S. Patent Application No. 62 / 024,295 Pat, assigned to the common assignee, which is incorporated herein by reference.

図16Aの実施形態では、ハウジング502は、トラッキングホイール506を介した眼用インプラントの軸方向の前進および後退の制御を提供しながら一方の手で握られるように構成される。 In the embodiment of FIG. 16A, the housing 502 is configured to be held in one hand while providing control of the advancement and retraction of the axial direction of the ocular implant through the tracking wheel 506. 送達システム500のハウジングは、手に対する指の有利な人間工学的関係をもたらす。 The housing of the delivery system 500 provides a favorable ergonomic relationship of the finger with respect to the hand. この設計は、医師などの使用者が手の一部を使用して装置を安定させる一方、中指または人差し指を手の残りの部分から独立して自由に動かせるままにすることを可能にする構成を提供する。 This design, while the user such as a physician stabilizes the device with the portion of the hand, a configuration that enables left move independently middle finger or forefinger from the rest of the hand freely provide. 中指または人差し指は、眼用インプラントを前進および/または後退させるようにホイールを回転させるために独立して自由に動かすことができる。 Middle finger or forefinger can freely move it independently to rotate the wheel to advance and / or retract the ocular implant.

図16Bは、眼用インプラント550および送達システム500のカニューレ508をさらに示す拡大詳細図である。 16B is an enlarged detail view further illustrating the cannula 508 of the ocular implant 550 and delivery system 500. カニューレ508は、基端部分540と、先端部534と、先端部534および基端部分540間に延在する先端部分544とを有する概ね管状の部材598を含む。 The cannula 508 includes a proximal portion 540, a distal portion 534, a generally tubular member 598 having a tip portion 544 extending between distal end 534 and proximal portion 540. 図6の実施形態では、先端部分544は湾曲している。 In the embodiment of FIG. 6, the distal end portion 544 are curved. いくつかの有用な実施形態では、先端部分544は、前眼房に受け入れられるように寸法決めされかつ構成されている。 In some useful embodiments, the tip portion 544 is dimensioned and configured before acceptance in the posterior chamber.

図16Bは、カニューレ508の先端開口532を通って延在する送達システム500の送達ツール552を示す。 Figure 16B shows the delivery tool 552 of the delivery system 500 that extends through the distal end opening 532 of the cannula 508. 送達ツール552は、以下でより詳細に説明するように、眼用インプラント550の相補的な相互係止部分562との接続を形成するように構成される相互係止部分560を含む。 Delivery tool 552, as described in more detail below, including interlocking portion 560 adapted to form a connection with complementary interlocking portion 562 of the ocular implant 550. 図16の実施形態では、トラッキングホイールを回転させると、送達ツール552および眼用インプラント550が、カニューレ508によって画定される経路に沿って移動される。 In the embodiment of FIG. 16, rotating the tracking wheel, delivery tool 552 and the ocular implant 550 is moved along the path defined by the cannula 508. カニューレ508は、カニューレ508の先端部が眼の小柱網を通っておよびシュレム管内に進められることができるように寸法決めされかつ構成される。 The cannula 508 is dimensioned and configured to allow the distal end of the cannula 508 is advanced through it and Schlemm's canal and trabecular meshwork of the eye. カニューレ508をこの方法で位置決めすることは、先端開口532をシュレム管と流体連通した状態に置く。 Positioning the cannula 508 in this way, put the tip opening 532 to the state through Schlemm's canal and fluid communication. 眼用インプラント550は、先端開口がシュレム管と流体連通する間に眼用インプラントをカニューレ508の先端開口532を通して前進させることによってシュレム管内に配置することができる。 Ocular implant 550 can be placed in Schlemm's canal by advancing the ocular implant through the distal end opening 532 of the cannula 508 while the distal end opening is in fluid communication with the Schlemm's canal. カニューレの先端部分は、小柱網およびシュレム管の壁のような組織を切断するように適合された鋭利なエッジを先端部534に設けるなどして、小柱網およびシュレム管の壁を切断するように構成された切断部分を含むことができる。 The tip portion of the cannula, and the like tissue adapted sharp edges to cut, such as a wall of the trabecular meshwork and Schlemm's canal is provided at the distal end 534, cuts the wall of the trabecular meshwork and Schlemm's canal it can include the configured cutting portion so.

図17は、本発明の詳細な説明によるカニューレ508の斜視図である。 Figure 17 is a perspective view of the cannula 508 by the detailed description of the present invention. 図17のカニューレ508は、中心軸596を有する概ね管状の部材598を含む。 The cannula 508 of Figure 17 includes a generally tubular member 598 having a central axis 596. 図17の概ね管状の部材598は、基端部分540と、先端部534と、先端部534および基端部分540間に延在する先端部分544とを含む。 Generally tubular member 598 of FIG. 17 includes a proximal portion 540, a distal end 534 and a distal portion 544 extending between distal end 534 and proximal portion 540. 先端開口表面542は、先端部534を通っておよびカニューレ508の側壁を通って延在する先端開口532を取り囲む。 Tip opening surface 542 surrounds the tip opening 532 extending through the side wall of the through tip 534 and cannula 508. 斜縁565は、先端開口表面542の先端部に配置され、先端部534から斜縁565の基端範囲567まで延在する。 Beveled edge 565 is disposed at the distal end of the distal opening surface 542, extending from tip 534 to the proximal end extent 567 of beveled edge 565. 管状部材598は、先端開口532と、基端開口536と、基端開口536および先端開口532間に延在する通路538とを画定する。 The tubular member 598 defines a distal opening 532, a proximal end opening 536, a passage 538 extending between proximal end opening 536 and distal opening 532.

図17の実施形態では、カニューレ508の基端部分540は実質的に直線であり、カニューレ508の先端部分544は湾曲しており、中心軸596は湾曲面548を画定する。 In the embodiment of FIG. 17, the proximal portion 540 of the cannula 508 is substantially straight, the distal end portion 544 of the cannula 508 is curved, the central axis 596 to define a curved surface 548. 湾曲面548は、湾曲の面とよばれることもある。 Curved surfaces 548 may also be referred to as a curved surface. 湾曲面548は、カニューレ508を第1の部分PAおよび第2の部分PBに分割する。 Curved surfaces 548 divides the cannula 508 to the first portion PA and a second portion PB. 図17の実施形態では、第2の部分PBは、実質的に第1の部分PAの鏡像である。 In the embodiment of FIG. 17, the second portion PB is substantially a mirror image of the first portion PA. 図17において、先端部分544は、介在要素なしに先端部534と基端部分540との間に延在するように示されている。 17, tip portion 544 is shown as extending between the tip 534 and the proximal portion 540 without intervening elements. 図17の実施形態では、先端部分544は、その全長に沿って湾曲している。 In the embodiment of FIG. 17, the distal end portion 544 is curved along its entire length.

この詳細な説明による方法は、ヒトの眼の角膜を通してカニューレ508の先端部534を前進させ、先端部534が前眼房内に配置されるようにするステップを含むことができる。 The method according to this detailed description may include a step to make to advance the distal end portion 534 of the cannula 508 through the cornea of ​​the human eye, the tip portion 534 is disposed in the anterior chamber. 次いで、カニューレ508は、例えばカニューレ508の先端部534を用いてシュレム管の壁を貫通することにより、眼のシュレム管に進入するために使用することができる。 Then, the cannula 508, for example by penetrating the wall of the Schlemm's canal with the tip 534 of the cannula 508 can be used to enter the Schlemm's canal of the eye. 斜縁565は、以下でより詳細に考察するように、カニューレ508の先端開口532の少なくとも一部をシュレム管と連通した状態に置くためにシュレム管に挿入されてもよい。 Beveled edge 565, as discussed in more detail below, it may be inserted into Schlemm's canal to put in a state of communication with Schlemm's canal at least a portion of the distal end opening 532 of the cannula 508. 眼用インプラントは、カニューレの先端ポートからシュレム管内に前進させることができる。 Ocular implant can be advanced from the tip port of the cannula into Schlemm's canal.

図17の実施形態では、カニューレ508の先端部分544は、トラフ554を画定する。 In the embodiment of FIG. 17, the distal end portion 544 of the cannula 508, defines a trough 554. いくつかの有用な実施形態において、トラフ554は、眼用インプラントがシュレム管内を前に進められているときに眼用インプラントの外側断面全体を受け入れるように構成されている。 In some useful embodiments, the trough 554 is configured to receive the entire outer cross section of the ocular implant when the ocular implant is underway before the Schlemm's canal. この場合、トラフ554は、眼用インプラントの幅よりも深い深さ寸法を有することができる。 In this case, the trough 554 may have a greater depth dimension than the width of the ocular implant. このカニューレ構成は、眼用インプラントがシュレム管内を前に進められているときに眼用インプラントが小柱網の層と交差するのを有利に防止する。 The cannula arrangement advantageously prevents the ocular implant intersects the layer of trabecular meshwork when the ocular implant is underway before the Schlemm's canal. トラフ554はまた、後述するように、眼用インプラントの基端部分が送達ツールから解放されることを可能にするように構成されてもよい。 Trough 554 also, as described below, it may be configured to allow the proximal portion of the ocular implant is released from the delivery tool.

カニューレ508は、トラフ554内に配置された圧力センサ580をさらに含むことができる。 The cannula 508 may further include a pressure sensor 580 disposed within the trough 554. 圧力センサ580は、上述の圧力センサ180と形状および機能が同様であってもよい。 The pressure sensor 580, pressure sensor 180 and the shape and function described above may be similar. 圧力センサ580は、カニューレのトラフ554内に取り付けられるように示されているが、圧力センサ580は、カニューレ508内またはカニューレ508上の他の位置に取り付けられてもよいことが考えられる。 The pressure sensor 580 is shown to be attached to the trough 554 of the cannula, the pressure sensor 580, it is contemplated that it may be attached to other locations on the cannula 508 or cannula 508. 圧力センサ580は、眼用インプラント550の植え込み中またはその直後に即時圧力読取り値を提供することができる。 The pressure sensor 580 may provide an in implantation of the ocular implant 550 or immediate pressure readings immediately thereafter. いくつかの例では、カニューレ508上の圧力センサ580から得られた圧力読取り値は、そのように設けられた場合、眼用インプラント550に取り付けられた圧力センサから得られた圧力読取り値と比較することができる。 In some instances, the pressure readings obtained from a pressure sensor 580 on the cannula 508 compares such a case that is provided, the pressure readings obtained from the pressure sensor attached to the ocular implant 550 be able to.

圧力センサ580は、微小電気機械システム(MEMS)圧力センサであってもよい。 The pressure sensor 580 may be a micro-electromechanical systems (MEMS) pressure sensor. 圧力センサ580は、MEMS圧力センサとして記載される一方、MEMS圧力センサの代わりにまたはそれに加えて、他の圧力センサも使用し得ることが考えられる。 The pressure sensor 580, while described as MEMS pressure sensor, in addition to or in place of the MEMS pressure sensor is considered to be able to be used other pressure sensors. さらに、1つの圧力センサ580のみが示されているが、カニューレ508は、必要に応じて2つ以上の圧力センサ580を含むことができる。 Furthermore, only one pressure sensor 580 is shown, cannula 508 can include two or more pressure sensors 580 as needed. MEMS圧力センサは、多くの場合、シリコン基板のダイの裏側に凹部を異方性エッチングし、薄い可撓性のダイヤフラムを残すことによって形成される。 MEMS pressure sensor is often a recess anisotropically etched on the back side of the silicon substrate die, it is formed by leaving a thin, flexible diaphragm. 使用中、ダイヤフラムの少なくとも1つの表面は、入力圧力(例えば、眼圧)にさらされる。 During use, at least one surface of the diaphragm is exposed to the input pressure (e.g., intraocular pressure). ダイヤフラムは入力圧力の大きさに応じて撓み、これは、ダイヤフラム上に配置されるか、またはそれに埋め込まれた1つまたは複数の電気構成要素またはセンサ素子(例えば、ピエゾ抵抗器)によって検出することができる。 Diaphragm flexes in response to the magnitude of the input pressure, which is detected by one or more electrical components or a sensor element embedded either disposed on the diaphragm, or it (e.g., piezo resistors) that can. ピエゾ抵抗器の抵抗の変化は、ピエゾ抵抗器によって少なくとも部分的に形成された抵抗ブリッジからの出力電圧信号の変化として反映される。 Change in piezoresistors of the resistor is reflected as a change in the output voltage signal from the resistance bridge at least partially formed by the piezoresistors. いくつかの例では、ダイヤフラムは、サポートボスを追加することでより薄くすることができ、これはダイヤフラムの感度を平板ダイヤフラムよりも高めることを促進し得る。 In some instances, the diaphragm may be thinner than that adding support boss, which may facilitate to increase the sensitivity of the diaphragm than flat diaphragm. 圧力センサのボンドパッドに出力信号を提供する前に、センサ素子があるレベルの信号処理を提供するように回路素子が接続されてもよい。 Before providing an output signal to the bond pads of the pressure sensor, the circuit elements may be connected to provide a signal processing a certain level sensor element. この信号処理は、センサ素子(例えば、ピエゾ抵抗器)によって生成される生のセンサ信号をフィルタリング、増幅、線形化、較正および/または他の方法で処理することができる。 The signal processing, sensor elements (e.g., piezo resistors) the raw sensor signals generated by the filtering, amplification, linearization, can be treated with calibration and / or other methods. センサ素子はピエゾ抵抗器として記載されているが、センサ素子は容量性圧力センサ580を提供するように選択されてもよいことが考えられる。 Sensor element is described as piezoresistor, the sensor element is contemplated that may be selected to provide a capacitive pressure sensor 580.

圧力センサ580は、圧力センサ580からのデータを読取装置に無線で通信することを可能にするためにアンテナまたはインダクタをさらに備え得る。 The pressure sensor 580 may further comprise an antenna or an inductor in order to be able to communicate wirelessly to the reading device the data from the pressure sensor 580. いくつかの例では、圧力センサ580は、圧力センサ580から身体の外側に位置する別の装置にデータを伝送することが望まれる場合、限定しないが、セルラ通信、ジグビー(ZigBee)(登録商標)、ブルートゥース(Bluetooth)(登録商標)、ワイファイ(WiFi)(登録商標)、IrDA、専用短距離通信(DSRC)、エンオーシャン(EnOcean)(登録商標)、または他のいずれかの適切な無線プロトコルなどの無線周波数通信プロトコルを使用してもよい。 In some examples, the pressure sensor 580, if it is desired to transmit data to another device located outside the body from the pressure sensor 580, but are not limited to, cellular communications, ZigBee (ZigBee) (R) , Bluetooth (Bluetooth) (registered trademark), WiFi (WiFi) (registered trademark), IrDA, dedicated short range communication (DSRC), ene Ocean (EnOcean) (registered trademark), or any other suitable wireless protocol such as the radio frequency communication protocol may be used. データは、携帯電話、タブレットコンピュータ、コンピュータ、ポータブルハンドヘルドデバイス、そのようなパーソナルデジタルアシスタント(PDA)、または特別に設計された装置を含むがこれらに限定されない任意の数のそのように適切にイネーブルにされた装置に伝送されてもよい。 Data may be a cellular phone, a tablet computer, a computer, a portable hand-held device, such a personal digital assistant (PDA), or it specially including designed any number of devices including but not limited to so adequately enabled it may be transmitted to the devices. これは、医師、患者、または他の関係者が眼圧計を使用せずに眼圧を監視することを可能にし得る。 This may allow the physician, patient, or other parties, to monitor intraocular pressure without using a tonometer.

図18は、前の図に示されたカニューレ508を含むアセンブリの斜視図である。 Figure 18 is a perspective view of an assembly including the cannula 508, shown in the previous figure. 説明のために、カニューレ508は、図23に断面で示されている。 For purposes of illustration, cannula 508 is shown in cross-section in FIG. 23. 図18では、眼用インプラント550は、カニューレ508によって画定された通路538内に置かれているのが見られる。 In Figure 18, the ocular implant 550 is seen to have been placed in the passage 538 defined by the cannula 508. 図18を参照すると、カニューレ508の中心軸596が湾曲面548を定めるようにカニューレ508の先端部分544が湾曲していることが理解されるであろう。 Referring to FIG. 18, it will be appreciated that the tip portion 544 of the cannula 508 is curved so that the center axis 596 of the cannula 508 defines the curved surface 548. 図23を参照すると、湾曲面548は、カニューレ508を第1の部分および第2の部分PBに分割することが理解されるであろう。 Referring to FIG. 23, the curved surface 548, it will be appreciated that splitting the cannula 508 to the first portion and the second portion PB. 図18の例示的な実施形態では、カニューレ508の第2の部分PBのみが示されている。 In the exemplary embodiment of FIG. 18, only the second portion PB of the cannula 508 is shown.

図19は、前の図に示されたアセンブリを含む概略斜視図である。 Figure 19 is a schematic perspective view including a assembly shown in the previous figure. 図19の実施形態では、シュレム管SCの壁を貫いて延在するカニューレ508の先端部分が示されている。 In the embodiment of FIG. 19, the distal end portion of the cannula 508 extending through the wall of the Schlemm's canal SC is shown. カニューレ508の先端は、カニューレによって画定された通路がシュレム管によって画定された内腔と流体連通した状態に置かれることができるように、小柱網およびシュレム管の壁を切断および/または貫通するように構成された鋭い部分を含むことができる。 The tip of the cannula 508, passageway defined by the cannula so that it can be placed in a state of through lumen in fluid communication with inner defined by Schlemm's canal, cutting and / or through the wall of the trabecular meshwork and Schlemm's canal it can include configured sharp portion as. カニューレの通路はシュレム管の内腔と流体連通した状態に置かれるため、眼用インプラント550をカニューレの先端開口からシュレム管内に前進させることができる。 Cannula passageway to be placed in a state of fluid communication with the lumen of Schlemm's canal, it is possible to advance the ocular implant 550 from the cannula tip opening Schlemm's canal. 図19において、眼用インプラント550の先端部分を、カニューレ508の先端開口532を通して見ることができる。 19, the distal end portion of the ocular implant 550 can be seen through the distal end opening 532 of the cannula 508.

説明のために、仮想窓Wが図19のカニューレ508の壁に切り込まれる。 For illustration, the virtual window W is cut into the wall of the cannula 508 of Figure 19. 送達ツール552の相互係止部分560および眼用インプラント550の相補的な相互係止部分562を、窓Wを介して見ることができる。 Complementary interlocking portion 562 of the interlocking portion 560 and the ocular implant 550 of the delivery tool 552, it can be seen through the window W. 図19の実施形態では、送達ツール552の相互係止部分560および眼用インプラント550の相補的な相互係止部分562は、眼用インプラント550の基端部549が送達ツール552の先端部551に対して基端側にあるように互いに係合する。 In the embodiment of FIG. 19, complementary interlocking portion 562 of the interlocking portion 560 and the ocular implant 550 of the delivery tool 552, proximal end 549 of the ocular implant 550 at the distal end 551 of the delivery tool 552 engage one another such that proximally against. 送達ツール552の表面561は、送達ツール552の相互係止部分560と眼用インプラント550の相補的な相互係止部分562とが互いに外れないように、カニューレ508の壁に載っている。 Surface 561 of the delivery tool 552, so that the complementary interlocking portion 562 of the interlocking portion 560 and the ocular implant 550 of the delivery tool 552 does not come off from each other, resting on the wall of the cannula 508. それらがこのように接続されると、送達ツールが送達システム機構によってカニューレ508に対して前進および後退されるにつれて、送達ツール552および眼用インプラント550が一緒に移動する。 When they are connected in this way, as the delivery tool is advanced and retracted relative to the cannula 508 by the delivery system mechanism, delivery tool 552 and the ocular implant 550 is moved together.

図20は、前の図に示されたカニューレ508の一部を示す拡大斜視図である。 Figure 20 is an enlarged perspective view of a portion of the cannula 508 shown in the previous figure. いくつかの有用な実施形態では、カニューレ508は、シュレム管SCへの実質的に接線方向の進入を達成するように湾曲している。 In some useful embodiments, the cannula 508 is curved so as to achieve a substantially tangential entry into Schlemm's canal SC. 図20の実施形態では、カニューレ508は、接触点PTでシュレム管の外側主壁に接触している。 In the embodiment of FIG. 20, the cannula 508 is in contact with the outer main wall of Schlemm's Canal at the contact point PT. また、図20の実施形態では、カニューレ508の湾曲した先端部分は、前眼房内に配置されるように寸法決めされている。 Further, in the embodiment of FIG. 20, the curved distal portion of the cannula 508 is pre-sized to be located posterior chamber.

図20に示すように、カニューレ508の先端534および斜縁は、斜縁565の基端範囲567までシュレム管に挿入されている。 As shown in FIG. 20, the tip 534 and beveled edge of the cannula 508 is inserted into Schlemm's canal to the proximal end extent 567 of beveled edge 565. この位置で、トラフ554内に延在する眼用インプラント550を見ることができる。 In this position, it is possible to view the ocular implant 550 extending into the trough 554. いくつかの有用な実施形態では、眼用インプラントは、カニューレの曲率半径よりも大きい曲率半径を有する。 In some useful embodiments, the ocular implant has a radius of curvature greater than the radius of curvature of the cannula. この構成により、眼用インプラントが送達システム500によって先端方向に押し込まれるとき、眼用インプラントは確実にトラフ554に沿って進む。 With this configuration, when the eye implant is pushed in the distal direction by the delivery system 500, the ocular implant proceeds reliably along the trough 554.

図21は、前の図に示された眼用インプラント550およびカニューレ508を示す追加の斜視図である。 Figure 21 is an additional perspective view of the ocular implant 550 and cannula 508 shown in the previous figure. 図21を前の図と比較することにより、眼用インプラント550が先端方向Dに前進される一方、カニューレ508は静止したままであり、それにより眼用インプラント550の先端部分がシュレム管SC内に配置されていることが理解されるであろう。 By comparison with the previous figure 21, whereas the ocular implant 550 is advanced in the distal direction D, the cannula 508 remains stationary, whereby the tip portion of the ocular implant 550 in Schlemm's canal SC it will be disposed is understood. トラフ554は、カニューレ508の先端部分の縁部542によって画定された長尺状の開口532内に開口する。 Trough 554 is open into the elongated opening 532 defined by the edges 542 of the tip portion of the cannula 508. 図21の実施形態では、カニューレによって画定された長尺状の開口は、眼用インプラントがシュレム管内で前進されるとき、眼用インプラントの直接的な可視化を実現する。 In the embodiment of FIG. 21, the elongate opening defined by the cannula, when the eye implant is advanced in Schlemm's canal, realizing a direct visualization of the ocular implant. 眼用インプラントの直接的な可視化を可能にする構成は、多くの臨床的利点を有する。 Configuration allowing direct visualization of the ocular implant has a number of clinical advantages. 医療処置中、小柱網を介してインプラントを見ることによってインプラントの進行を監視することは多くの場合に困難である。 During a medical procedure, it is difficult in many cases to monitor the progress of the implant by viewing the implant through the trabecular meshwork. 例えば、血液還流が血液をシュレム管に押し込んで、シュレム管に入ったインプラントの部分を医師が見ることを妨げる可能性がある。 For example, push the bleed back blood in Schlemm's canal, the portion of the implant that has entered the Schlemm's canal may interfere to see a physician. 図21を参照すると、眼用インプラント550は、カニューレ508に沿って先端方向に前進されるにつれて、トラフ554に沿って進む。 Referring to FIG. 21, the ocular implant 550 as it is advanced in the distal direction along the cannula 508, the process proceeds along the trough 554. トラフ開口は、医師が、インプラント構造体がシュレム管に入る前にトラフを通って進むとき、インプラント構造体を見ることによってインプラントの進行を監視することを可能にする。 Trough opening the physician, the implant structure when traveling through trough before entering the Schlemm's canal, making it possible to monitor the progress of the implant by looking at the implant structure. トラフ開口はまた、医師が、シュレム管に進入するためにカニューレによって作られた切開部に対する眼用インプラントの先端部の位置を特定することを可能にする。 Trough aperture also physician makes it possible to identify the position of the distal end portion of the ocular implant for incisions made by cannula to enter Schlemm's canal.

図22は、眼用インプラント550およびカニューレ508を示す追加的な概略斜視図である。 Figure 22 is an additional schematic perspective view showing an ocular implant 550 and cannula 508. 図22の実施形態では、送達ツール552および眼用インプラント550のそれぞれの相互係止部分560および562が、カニューレ508によって画定された先端開口532に入っていることを見ることができる。 In the embodiment of FIG. 22, each of the interlocking portion 560 and 562 of the delivery tool 552 and the ocular implant 550 can be seen to be contained in the tip opening 532 defined by the cannula 508. 示されるように、眼用インプラント550は、(先の図に示された実施形態に対して)眼用インプラント550のより多くの部分がシュレム管SCの内側に配置されるように先端方向Dに前進されている。 As shown, ocular implant 550 is in the distal direction D as more of the (previous to the embodiments shown in FIGS.) Ocular implant 550 is disposed inside the Schlemm's canal SC It is advancing. 送達ツール552の相互係止部分560の対応する表面561は、カニューレ508の内壁に対して依然として当たっており、送達ツールを眼用インプラント550と相互係止された状態に維持する。 Corresponding surface 561 of the interlocking portion 560 of the delivery tool 552 is still hit against the inner wall of the cannula 508, to maintain the delivery tool into interlocked condition and ocular implant 550.

図23は、眼用インプラント550およびカニューレ508を示す追加的な概略斜視図である。 Figure 23 is an additional schematic perspective view showing an ocular implant 550 and cannula 508. 図23に示すように、眼用インプラント550および送達ツール552は、送達ツール表面561および低減された直径部分563の一部が開口532に通されるようにさらに先端方向に前進され、それにより、送達ツールの湾曲部分553がその湾曲した休止位置に向かって移動することが許容され、それにより送達ツール係合表面560が眼用インプラント550上の相補的係合表面562から外れて離れる。 As shown in FIG. 23, the ocular implant 550 and a delivery tool 552, a portion of the delivery tool surface 561 and reduced diameter portion 563 is advanced further distally as passed through the opening 532, whereby the curved portion 553 of the delivery tool is moved toward the curved rest position is permitted, whereby delivery tool engagement surface 560 away off the complementary engagement surfaces 562 on the ocular implant 550.

いくつかの有用な実施形態において、送達ツールは、インプラントから視覚的に区別するために着色されてもよい。 In some useful embodiments, the delivery tool may be colored to visually distinguishable from the implant. 眼用インプラントから外れた後、カニューレ508および送達ツール552は、図23に示す完全に展開された位置に眼用インプラント550を残してシュレム管SCから引き抜くことができる。 After off-ocular implant, the cannula 508 and delivery tool 552 can be withdrawn leaving the ocular implant 550 in the fully deployed position shown in FIG. 23 from Schlemm's canal SC. 眼用インプラント550の送達が完了した後、送達ツールおよびカニューレは、少なくとも眼用インプラントの先端部分をシュレム管内に残して眼から取り除くことができる。 After delivery of the ocular implant 550 has been completed, the delivery tool and the cannula can be removed from the eye, leaving the distal portion of the at least ocular implant in Schlemm's canal.

図24は、カニューレ(前の図に見られる)が、眼用インプラント550の入口部分を前眼房内に、および眼用インプラント550の残部をシュレム管内に残して引き抜かれた後のシュレム管SCの斜視図である。 Figure 24 is a cannula (seen in the previous figure) is, the inlet portion of the ocular implant 550 in the anterior chamber, and the remainder of ocular implant 550 after it has been withdrawn, leaving the Schlemm's canal Schlemm's canal SC it is a perspective view of a. シュレム管内の眼用インプラント550の存在は、前眼房からの房水の流れを促進し得る。 Presence of ocular implant 550 of Schlemm's canal may pre facilitate flow of aqueous humor from the anterior chamber. この流れには、シュレム管に沿った軸流、前眼房からシュレム管への流れ、シュレム管と連通する出口を介したシュレム管を離れる流れが含まれ得る。 The flow may include flow away axial flow along Schlemm's canal, the flow from the anterior chamber to Schlemm's canal, Schlemm's canal through the outlet in communication with Schlemm's canal. 眼内の所定の位置にあるとき、眼用インプラント550は小柱網およびシュレム管組織を支持し、(小柱網を介した)前眼房とシュレム管との間の、およびシュレム管に沿ったポケットまたは区画間の連通を改善する。 When in place in the eye, ocular implant 550 supports the trabecular meshwork and Schlemm's canal tissue, along, and Schlemm's canal between (via trabecular meshwork) anterior chamber and Schlemm's canal and to improve the communication between pockets or compartments.

いくつかの例では、限定しないが、白内障手術などの別の矯正手術と組み合わせて、眼用インプラントをシュレム管に送達することが望ましい場合がある。 In some examples, without limitation, in combination with another surgery such as cataract surgery, it may be desirable to deliver the ocular implant in Schlemm's canal. 眼用インプラントが別の外科処置中に配置されるとき、他の処置用に使用される同じ切開を通して眼用インプラントを挿入することが望ましい場合がある。 When the eye implant is placed in a separate surgical procedure, it may be desirable to insert an ocular implant through the same incision used for other treatments. 図25Aは、眼用インプラント650を、限定しないが、白内障手術などの別の処置のために作られた切開位置を介して患者の眼の目標位置に前進させるために使用されてもよい別の例示的な送達システム600を示す斜視図である。 Figure 25A is an ocular implant 650, without limitation, the patient via the made incision position for another procedure such as cataract surgery eyes another that may be used to advance the target position of the it is a perspective view of an exemplary delivery system 600. 送達システム600は、眼用インプラント650と、眼用インプラント650を摺動可能に受け入れるように寸法決めされた通路を画定するカニューレ608とを含んでもよい。 Delivery system 600 includes a ocular implant 650, the ocular implant 650 may include a cannula 608 which defines a sized passageway to receive slidably. 送達システム600の態様は、形状および機能が送達システム500と同様であってもよいことが想定される。 Aspects of the delivery system 600, the shape and function may be similar to delivery system 500 is assumed. いくつかの用途において適切であり得る目標位置の例は、シュレム管、小柱網、脈絡膜上腔および前眼房内および周囲の領域を含む。 Examples of the target position that may be suitable in some applications include the Schlemm's canal, the trabecular meshwork, the suprachoroidal space and the anterior chamber and the surrounding area. 図25Bは、眼用インプラント650および送達システム600のカニューレ608をさらに示す拡大詳細図である。 25B is an enlarged detail view further illustrating the cannula 608 of the ocular implant 650 and delivery system 600.

図25Aの送達システム600は、カニューレ608内の眼用インプラント650の前進および後退を制御することができる。 Delivery system 600 of FIG. 25A, it is possible to control the advancement and retraction of the ocular implant 650 in the cannula 608. 眼用インプラント650は、先端開口がシュレム管と流体連通している間、カニューレ608の先端開口632を介して眼用インプラント650を前進させることによって目標位置(例えば、シュレム管)に配置されてもよい。 Ocular implant 650 while the distal end opening is in fluid communication with Schlemm's canal, the target position by advancing the ocular implant 650 through the distal end opening 632 of the cannula 608 (e.g., Schlemm's canal) be located good. 図25Aの実施形態では、眼用インプラント650は、説明のために、カニューレ608の先端開口632を通して前進されている。 In the embodiment of FIG. 25A, ocular implant 650, for purposes of explanation, it has been advanced through the distal end opening 632 of the cannula 608.

図25Aの送達システム600は、ハウジング602、スリーブ604、およびエンドキャップ610を含む。 Delivery system 600 of FIG. 25A includes a housing 602, sleeve 604 and end caps 610,. トラッキングホイール606が、図25Aのハウジング602の壁を貫いて延在する。 Tracking wheel 606, extending through the wall of the housing 602 in Figure 25A. トラッキングホイール606は、送達システム600の送達ツール652を前進および後退させることができる機構の一部である。 Tracking wheel 606 is part of a mechanism that can advance and retract the delivery tool 652 of the delivery system 600. 送達ツール652は、カニューレ608内に摺動可能に配置され、カニューレ608の先端開口を通って延在するように構成される。 Delivery tool 652 is slidably disposed within the cannula 608 is configured to extend through the distal opening of the cannula 608. トラッキングホイールを回転させると、送達ツール652は、カニューレ608によって画定された通路に沿って軸方向に移動する。 Rotating the tracking wheel, the delivery tool 652 moves axially along the passage defined by the cannula 608. 軸方向は、先端方向Dまたは基端方向Pであってよい。 Axial direction may be a distal direction D or proximal direction P. 送達ツール652は、送達ツール152と形状および機能において類似していてもよい。 Delivery tool 652 may be similar in delivery tool 152 and the shape and function.

図25Aの実施形態では、ハウジング602は、トラッキングホイール606を介した眼用インプラントの軸方向の前進および後退の制御を提供しながら一方の手で握られるように構成される。 In the embodiment of FIG. 25A, the housing 602 is configured to be held in one hand while providing control of the advancement and retraction of the axial direction of the ocular implant through the tracking wheel 606. ハウジング602のこの特徴は、手に対する指の有利な人間工学的関係をもたらす。 This feature of the housing 602 results in a favorable ergonomic relationship of the finger with respect to the hand. この設計は、医師などの使用者が手の一部を使用して装置を安定させる一方、中指または人差し指を手の残りの部分から独立して自由に動かせるままにすることを可能にする構成を提供する。 This design, while the user such as a physician stabilizes the device with the portion of the hand, a configuration that enables left move independently middle finger or forefinger from the rest of the hand freely provide. 中指または人差し指は、眼用インプラントを前進および/または後退させるようにホイールを回転させるために独立して自由に動かすことができる。 Middle finger or forefinger can freely move it independently to rotate the wheel to advance and / or retract the ocular implant.

図25Bは、眼用インプラント650および送達システム600のカニューレ608をさらに示す拡大詳細図である。 25B is an enlarged detail view further illustrating the cannula 608 of the ocular implant 650 and delivery system 600. カニューレ608は、基端部分640と、中間部分645と、先端部分644と、先端部634とを有する概ね管状の部材698を含む。 The cannula 608 includes a proximal portion 640, an intermediate portion 645, a distal portion 644, a generally tubular member 698 having a distal end 634. 中間部分645は、基端部641に対して先端側の第1の地点643から先端部634に対して基端側の第2の地点647まで先端方向に延在してもよい。 Intermediate portion 645 may extend from a first point 643 on the distal end side in the distal direction relative to distal portion 634 to a second point 647 on the base end side of the base end portion 641. 先端部分644は、第2の地点647から(図28に示される)カニューレ608の先端部634まで先端方向に延在してもよい。 Distal portion 644 (shown in FIG. 28) from the second point 647 may extend distally to the distal end 634 of the cannula 608. 図25の実施形態では、先端部分644および中間部分645の両方が湾曲していてもよい。 In the embodiment of FIG. 25, both of the distal end portion 644 and intermediate portion 645 may be curved. いくつかの例では、先端部分644が中間部分645よりも小さい曲率半径を、従ってより高い曲率を有していてもよいが、これは必須ではない。 In some instances, the distal end portion 644 is a radius of curvature smaller than the intermediate portion 645, thus may have a higher curvature, but this is not essential. いくつかの有用な実施形態では、先端部分644は、前眼房に受け入れられるように寸法決めされかつ構成されていてもよい。 In some useful embodiments, the distal portion 644 may be dimensioned and configured to be received in the anterior chamber.

いくつかの例では、限定しないが、白内障手術などの別の眼科処置中、眼用インプラント650を配置することが望ましい場合がある。 In some examples, without limitation, in another ophthalmic procedures, such as cataract surgery, it may be desirable to place the ocular implant 650. 白内障手術のための切開の最適位置は、インプラント650などの眼用インプラントをシュレム管内に単に配置するための切開の最適位置と同じでない場合があることが想定される。 Optimum position of the incision for cataract surgery, it is contemplated that it may not be the same as the optimum position of the incision to simply place the ocular implant, such as implant 650 in Schlemm's canal. 従来の眼用インプラント送達システムの設計では、カニューレがシュレム管内に実質的に接線方向に進入することを可能にするために、インプラントが別の眼科処置と組み合わせて配置される場合、2つの別個の切開が必要とされ得る。 In the design of conventional ocular implant delivery system, the cannula to allow for substantially from entering tangentially into Schlemm's canal, if the implant is placed in combination with another ophthalmic treatment, two distinct incision may be required. 先端部分644の両方の湾曲した構成は、カニューレ608がシュレム管内に実質的に接線方向に入ることを可能にするように構成されてもよい。 Both curved configuration of the distal portion 644 may be configured so that the cannula 608 to permit substantially entering tangentially into Schlemm's canal. さらに、中間部分645の湾曲した構成は、カニューレ608が、限定しないが、強角膜トンネル切開などの白内障手術に関連するおよび/またはそれに最適化された典型的な切開を介して前進されることを可能にし得る一方、カニューレ608がシュレム管内に実質的に接線方向に進入することをなおも可能にすることが想定される。 Further, the curved configuration of the intermediate section 645, cannula 608, but not limited, to be advanced through the optimized typical incision relevant and / or its cataract surgery such corneoscleral tunnel incision while that may enable, it is envisioned that the cannula 608 is substantially still possible to enter tangentially to Schlemm's canal. これにより、1つの切開を使用して2種以上の眼の処置を行うことが可能になる。 Thus, it becomes possible to perform the treatment of more than one eye using a single incision. 1つの切開を介して複数の処置を実施することは、患者の不快感および快復時間を減少させ得ることがさらに想定される。 Performing a plurality of treatment through a single incision, it is further envisioned that may reduce the discomfort and recovery time of the patient. 図25Bは、カニューレ608の先端開口632を通って延在する送達システム600の送達ツール652を示す。 Figure 25B shows the delivery tool 652 of the delivery system 600 that extends through the distal end opening 632 of the cannula 608. 送達ツール652は、以下でより詳細に説明されるように、眼用インプラント650の相補的相互係止部分662との接続を形成するように構成された相互係止部分660を含む。 Delivery tool 652, as will be described in greater detail below, including interlocking portion 660 that is configured to form a connection with complementary interlocking portion 662 of the ocular implant 650. 図25の実施形態では、トラッキングホイールを回転させると、送達ツール652および眼用インプラント650は、カニューレ608によって画定された経路に沿って移動する。 In the embodiment of FIG. 25, rotating the tracking wheel, delivery tool 652 and the ocular implant 650 is moved along the path defined by the cannula 608. カニューレ608は、カニューレ608の先端部が眼の小柱網を介してシュレム管内に前進され得るように寸法決めされかつ構成される。 The cannula 608 is dimensioned and configured so that the tip of the cannula 608 can be advanced into Schlemm's canal through the trabecular meshwork of the eye. このようにカニューレ608を位置決めすることにより、先端開口632はシュレム管と流体連通した状態に置かれる。 By thus positioning the cannula 608, distal end opening 632 is placed in flow communication with Schlemm's canal. 眼用インプラント650は、先端開口がシュレム管と流体連通している間、眼用インプラントをカニューレ608の先端開口632を通して前進させることによってシュレム管内に配置することができる。 Ocular implant 650 can tip opening is to be disposed Schlemm's canal between, by advancing the ocular implant through the distal end opening 632 of the cannula 608 in fluid communication with Schlemm's canal. カニューレ608の先端部分は、小柱網およびシュレム管の壁のような組織を切断するように適合された鋭いエッジを先端部634に設けることによってなど、小柱網およびシュレム管の壁を切断するように構成された切断部分を含むことができる。 The tip portion of the cannula 608, such as by providing a tissue adapted sharp edges to cut, such as a wall of the trabecular meshwork and Schlemm's canal to the distal end 634, cuts the wall of the trabecular meshwork and Schlemm's canal it can include the configured cutting portion so.

図26は、前の図に示された送達システム600および眼601をさらに示す拡大斜視図である。 Figure 26 is an enlarged perspective view showing still delivery system 600 and the eye 601 shown in the previous figure. 図26では、眼601の角膜603を通って延在する送達システム600のカニューレ608が示されている。 In Figure 26, the cannula 608 of the delivery system 600 that extend through the cornea 603 of the eye 601 is shown. カニューレ608の先端部分は、眼601の角膜603によって画定される前眼房の内側に配置される。 The tip portion of the cannula 608 is placed inside the anterior chamber being defined by the cornea 603 of the eye 601. 図26の実施形態において、カニューレ608は、カニューレ608の先端開口632がシュレム管と流体連通した状態に置かれることができるように構成されている。 In the embodiment of FIG. 26, the cannula 608 is configured to be able to tip opening 632 of the cannula 608 is placed in flow communication with Schlemm's canal. 例えば、カニューレ608の先端部分644および中間部分645は、カニューレ608が、別の視覚的外科処置のために作られた切開607を通って前進され得るような寸法および構成とすることができる。 For example, distal portion 644 and intermediate portion 645 of the cannula 608 can cannula 608 is sized and configured to be advanced through the incision 607 made for different visual surgery.

図26の実施形態では、眼用インプラントは、カニューレ608によって画定された通路内に配置される。 In the embodiment of FIG. 26, the ocular implant is placed in a passageway defined by the cannula 608. 送達システム600は、カニューレ608の長さに沿って眼用インプラントを前進および後退させることができる機構を含む。 Delivery system 600 includes a mechanism capable of advancing and retracting the ocular implant along the length of the cannula 608. 眼用インプラントは、先端開口がシュレム管と流体連通している間に眼用インプラントをカニューレ608の先端開口を通して前進させることによって眼601のシュレム管内に配置することができる。 Ocular implant can be placed in Schlemm's canal of the eye 601 by advancing the ocular implant through the distal end opening of the cannula 608 while the distal end opening is in fluid communication with Schlemm's canal.

図27は、前の図に示された送達システム600をさらに示す斜視図である。 Figure 27 is a perspective view showing still delivery system 600 shown in the previous figure. 図27において、ハウジング602の一部は、説明のために取り外されている。 27, a portion of the housing 602 is removed for illustration. 送達システム600は、送達ツールサブアセンブリ670およびカニューレサブアセンブリ680を含む。 Delivery system 600 includes a delivery tool subassembly 670 and cannula subassembly 680. 送達ツールサブアセンブリ670は、回転ラックギヤ620および送達ツール(図示せず)を含む。 Delivery tool subassembly 670 includes a rotating rack gear 620 and delivery tool (not shown). 図27の実施形態では、送達ツールは、カニューレ608によって画定された通路内に延在する。 In the embodiment of FIG. 27, delivery tool extends into the passageway defined by the cannula 608. 図27ではスリーブ604を超えて延在するカニューレ608を見ることができる。 You can see the cannula 608 which extends beyond the sleeve 604 in Figure 27. カニューレサブアセンブリ680は、カニューレ608、ハブ672、および延長管(不図示)を含む。 Cannula subassembly 680 includes a cannula 608, a hub 672, and the extension tube (not shown). 図27の実施形態では、カニューレサブアセンブリ680の延長管は、回転ラックギヤ620によって画定される内腔の内側に配置される。 In the embodiment of FIG. 27, the extension tube of the cannula subassembly 680 is located inside a lumen defined by rotating the rack gear 620.

送達システム600は、送達ツールサブアセンブリ670の動きを制御する機構617を含む。 Delivery system 600 includes a mechanism 617 for controlling the movement of the delivery tool subassembly 670. 機構617は、ハウジング602内に配置される多数の構成要素を含み、それにはトラッキングホイール606、アイドラギヤ622、および回転ラックギヤ620が含まれる。 Mechanism 617 includes a number of components located within the housing 602, tracking wheel 606 to, include idler gear 622 and rotate the rack gear 620,. 図27の実施形態では、トラッキングホイール606およびアイドラギヤ622は共にハウジング602によって回転可能に支持されている。 In the embodiment of FIG. 27, is rotatably supported by a tracking wheel 606 and idler gear 622 are both housing 602. トラッキングホイール606上の歯はアイドラギヤ622上の歯と係合し、アイドラギヤ622上の歯が回転ラックギヤ620上の歯と係合する。 Teeth on tracking wheel 606 engages the teeth on the idler gear 622, the teeth on the idler gear 622 with the teeth engage on the rotating rack gear 620. トラッキングホイール606を反時計回り方向CCWに回転させると、アイドラギヤ622が時計回り方向CWに回転し、これにより回転ラックギヤ620が先端方向Dに移動する。 Rotating the tracking wheel 606 in the counterclockwise direction CCW, the idler gear 622 rotates in the clockwise direction CW, thereby rotating the rack gear 620 is moved in the distal direction D. トラッキングホイール606を時計回り方向CWに回転させると、アイドラギヤ622は反時計回り方向CCWに回転し、これにより回転ラックギヤ620は基端方向Pに移動する。 Rotating the tracking wheel 606 in the clockwise direction CW, the idler gear 622 is rotated in the counterclockwise direction CCW, thereby rotating the rack gear 620 moves in the proximal direction P. 他の実施形態では、アイドラギヤ622は装置から排除されてもよく、これによりトラッキングホイールの反時計回りの動きがラックギヤを基端方向に移動させ得る。 In other embodiments, the idler gear 622 may be eliminated from the apparatus, thereby counterclockwise movement of the tracking wheel can move the rack gear in the proximal direction.

図27の実施形態では、スリーブ604はカニューレサブアセンブリ680に固定される。 In the embodiment of FIG. 27, sleeve 604 is secured to the cannula subassembly 680. スリーブ604は、カニューレ608の向きをハウジング602に対して変えるために、ユーザによって回転されてもよい。 The sleeve 604, in order to change the orientation of the cannula 608 relative to the housing 602 may be rotated by the user. スリーブ604は、(図示されるような)溝、ゴムコーティング、またはこの使用を容易にするための他の摩擦表面などの掴み特徴部を含むことができる。 The sleeve 604 may include a gripping feature, such as other friction surface to facilitate (as shown) grooves, rubber coating or the use. いくつかの用途では、カニューレと虹彩との間の正しい整列は、眼用インプラントが植え込まれる眼内のシュレム管または他の解剖学的構造に対して、コアチューブおよび/または眼用インプラントが正しい軌跡で前進されることを確実にするために有利である。 In some applications, proper alignment between the cannula and the iris, to the Schlemm's canal or other anatomical structures in the eye of the ocular implant is implanted, the correct core tube and / or ocular implant it is advantageous to ensure that it is advanced along a track. 装置は、回転中に眼用インプラントを装置内に整列された状態に維持するように構成されている。 Device is configured to maintain the aligned state in the apparatus ocular implant during rotation. 構成要素の選択されたグループは、眼用インプラントの軸方向移動を可能にすると同時に、それらが単一の本体として回転することを確実にするために一緒に合わせられる。 Selected group of components, while enabling axial movement of the ocular implant, they are combined together in order to ensure to rotate as a single body. 図27の実施形態では、カニューレサブアセンブリ680および送達ツールサブアセンブリ670は、スリーブ604と調和してハウジング602に対して回転することができる。 In the embodiment of FIG. 27, the cannula subassembly 680 and delivery tool subassembly 670 may be rotated relative to the housing 602 in harmony with the sleeve 604.

図27の実施形態では、回転ラックギヤ620は、回転前、回転中および回転後に先端および基端方向に軸方向に移動する能力を維持しながら、スリーブ604と共に回転するように構成される。 In the embodiment of FIG. 27, the rotation rack gear 620 is rotated before, while maintaining the ability to move to the distal and proximal direction after the rotation during and axial rotation, it is configured to rotate with the sleeve 604. 回転ラックギヤ620が先端方向および/または基端方向に移動するとき、カニューレ608に対する送達ツールの対応する動きが生じる。 When rotating the rack gear 620 is moved in the distal direction and / or the proximal direction, the corresponding movement of the delivery tool against cannula 608 occurs. 送達ツール652が眼用インプラント650に結合される場合、この動きは眼用インプラント650に伝達される。 If delivery tool 652 is coupled to the ocular implant 650, this movement is transmitted to the ocular implant 650. 送達ツールサブアセンブリ670およびカニューレサブアセンブリ680は、以下でより詳細に説明されるように、キー付き構成で互いに係合する。 Delivery tool subassembly 670 and cannula subassembly 680, as will be described in more detail below, engage one another in a keyed configuration. このキー付き構成により、送達ツールサブアセンブリ670およびカニューレサブアセンブリ680は、互いに対して一定の回転向きを維持し、同時に送達ツールサブアセンブリ670がカニューレサブアセンブリ680に対して先端方向Dおよび基端方向Pに並行移動することを可能にする。 The keyed configuration, delivery tool subassembly 670 and cannula subassembly 680, maintains a constant rotational orientation relative to each other, distal direction D and a proximal direction delivery tool subassembly 670 relative to cannula subassembly 680 at the same time It makes it possible to parallel move to the P.

いくつかの実施形態では、送達ツール652は、形状記憶材料(例えば、ニチノールなど)から形成され、送達ツール652の少なくとも一部は、外力が作用していないとき、湾曲した休止形状を取る。 In some embodiments, the delivery tool 652, the shape memory material (e.g., nitinol, etc.) formed from at least a portion of the delivery tool 652, when an external force is not acting, take a curved resting shape. 送達ツール652は、例えば、送達ツール652をカニューレ608によって画定された通路の直線部分を通して挿入することにより、直線状の形状を取るように促すことができる。 Delivery tool 652, for example, by inserting the delivery tool 652 through the linear portion of the passageway defined by the cannula 608, it can be prompted to take a linear shape. 送達ツール652が、カニューレ608内などに閉じ込められたとき、相互係止部分は、相補的な相互係止部分と係合し、それにより送達ツールおよび眼用インプラントを一緒に接合し、および送達ツールおよび眼用インプラントがカニューレ608を通して一緒に移動することを可能にすることができるが、これについては以下でより詳細に記載する。 When delivery tool 652, trapped in such a cannula 608, interlocking portion engages the complementary interlocking portion, thereby joining the delivery tool and ophthalmic implants together, and delivery tool and although ocular implant can make it possible to move together through the cannula 608, as will be described in more detail below.

図28、図29、および図30は、カニューレ608のより詳細な図を示す。 Figure 28, Figure 29, and Figure 30 shows a more detailed view of the cannula 608. 図28は、この詳細な説明によるカニューレ608の側面図であり、図29はカニューレ608の拡大詳細図であり、図30はカニューレ608の先端部分644の一部をさらに示す拡大斜視図である。 Figure 28 is a side view of the cannula 608 by this detailed description, Figure 29 is an enlarged detail view of the cannula 608, FIG. 30 is an enlarged perspective view showing still a part of the tip portion 644 of the cannula 608. カニューレ608は、中心軸696を有する概ね管状の部材698を含む。 The cannula 608 includes a generally tubular member 698 having a central axis 696. 一般に、管状の部材698は、基端部641、基端部分640、中間部分645、先端部分644、および先端部634を含む。 Generally, the tubular member 698 includes proximal end 641, a proximal portion 640, middle portion 645, distal portion 644, and a distal end portion 634. カニューレ608は、基端部641と先端部634との間の距離D1に延在してもよい。 The cannula 608 may extend a distance D1 between the proximal end 641 and a distal end 634. 管状部材698は、基端部641と先端部634との間の距離D1よりも長い中心軸696に沿った長さを有してもよい。 The tubular member 698 may have a length along the long central axis 696 than the distance D1 between the proximal end 641 and a distal end 634. 例のため、距離D1は、1.50〜3.50インチ(3.81〜8.89センチメートル)、2.0〜3.0インチ(5.08〜7.62センチメートル)の範囲内、またはおよそ2.50インチ(6.35センチメートル)であってもよいことが考えられる。 Examples for the distance D1 is 1.50 to 3.50 inches (3.81 to 8.89 cm), 2.0 to 3.0 in the range of inch (5.08 to 7.62 cm) , or is contemplated that it may be approximately 2.50 inches (6.35 cm). カニューレ608は、任意の所望の距離D1に及んでもよいことが考えられる。 The cannula 608 is contemplated that may extend to any desired distance D1. 基端部分640は、基端部641から基端部641に対して先端側の地点643まで距離D2にわたって延在してもよい。 The proximal portion 640 may extend over a distance D2 from the proximal end 641 to a point 643 on the tip end side with respect to the proximal portion 641. 基端部分640は、距離D2が、中心軸696に沿って測定された基端部分640の長さにほぼ等しいかまたは等しいように概ね直線状であってもよい。 The proximal portion 640, the distance D2 is generally may be linear as approximately equal to or equal to the length of the measured proximal portion 640 along the central axis 696. 距離D2は、1.50〜2.50インチ(3.81〜6.35センチメートル)、1.75〜2.25インチ(4.652〜5.72センチメートル)の範囲内、またはおよそ2.0インチ(5.08センチメートル)であってもよい。 The distance D2 is 1.50 to 2.50 inches (3.81 to 6.35 cm), in the range of 1.75 to 2.25 inches (4.652 to 5.72 cm), or about 2 .0 may be inch (5.08 cm). 中間部分645は、第1の地点643と、カニューレ608の先端部634に対して基端側に位置する第2の地点647との間に延在してもよい。 Intermediate portion 645, a first point 643 may extend between the second point 647 located on the proximal side to the distal end portion 634 of the cannula 608. 中間部分645は、地点643および地点647から延在する距離D3に及んでもよい。 Intermediate portion 645 may extend for a distance D3 extending from point 643 and point 647. 距離D3は、0.15〜0.50インチ(0.38〜1.27センチメートル)、0.25〜0.40インチ(0.64〜1.02センチメートル)の範囲内、またはおよそ0.33インチ(0.84センチメートル)であってもよい。 The distance D3 is .15 to .50 inches (0.38 to 1.27 cm), in the range of from 0.25 to 0.40 inches (0.64 to 1.02 cm), or about 0 .33 may be inch (0.84 cm). 中間部分645は、距離D3よりも長い管状部材698の中心軸696に沿った長さを有してもよい。 Intermediate portion 645 may have a length along the central axis 696 of the elongated tubular member 698 than the distance D3. 中間部分645と距離D3との長さの差は、以下でより詳細に考察するように、中間部分645の湾曲の程度によって決定されてもよい。 The difference in length between the intermediate portion 645 and the distance D3, as discussed in more detail below, may be determined by the degree of curvature of the intermediate portion 645. 先端部分644は、第2の地点647と先端部634との間に延在してもよい。 Distal portion 644 may extend between the second point 647 and the distal end portion 634. 先端部分644は、地点647および先端部地点634から延在する距離D4に及んでもよい。 Distal portion 644 may extend for a distance D4 which extends from the point 647 and the tip point 634. 距離D4は、0.05〜0.30インチ(0.13〜0.76センチメートル)、0.13〜0.23インチ(0.33〜0.58センチメートル)の範囲内、またはおよそ0.17インチ(0.43センチメートル)であってよい。 The distance D4 is 0.05 to 0.30 inches (0.13 to 0.76 cm), in the range of from 0.13 to 0.23 inches (0.33 to 0.58 cm), or about 0 .17 may be inch (0.43 cm). 先端部分644は、距離D4よりも長い管状部材698の中心軸696に沿った長さを有してもよい。 Distal portion 644 may have a length along the central axis 696 of the elongated tubular member 698 than the distance D4. 先端部分644と距離D4の長さの差は、以下により詳細に考察されるように、先端部分644の湾曲の程度によって決定されてもよい。 The difference in length of the tip portion 644 and the distance D4, as will be discussed in more detail below, may be determined by the degree of curvature of the tip portion 644.

先端開口表面642は、先端部634を通っておよびカニューレ608の側壁を通って延在する先端開口632を取り囲む。 Tip opening surface 642 surrounds the tip opening 632 extending through the side wall of the through tip 634 and cannula 608. 斜縁665は、先端開口表面642の先端部に配置され、先端部634から斜縁665の基端範囲667まで延在する。 Beveled edge 665 is disposed at the distal end of the distal opening surface 642, extending from tip 634 to the proximal end extent 667 of beveled edge 665. 管状部材698は、先端開口632と、基端開口636と、基端開口636と先端開口632との間に延在する通路638を画定する。 The tubular member 698 defines a distal opening 632, a proximal end opening 636, a passage 638 extending between the proximal end opening 636 and distal opening 632.

カニューレ608の基端部分640は実質的に直線であり、カニューレ608の中間部分645および先端部分644は湾曲していてもよい。 The proximal portion 640 of the cannula 608 is substantially straight, intermediate portion 645 and distal portion 644 of the cannula 608 can be curved. 図28の実施形態では、先端部分644はその全長に沿って湾曲しており、中間部分645はその全長に沿って湾曲している。 In the embodiment of FIG. 28, the distal portion 644 is curved along its entire length, the intermediate portion 645 is curved along its entire length. 中間部分645は、中心軸696から測定され、第1の曲率半径を定める第1の半径R1を有する湾曲を画定することができる。 Intermediate portion 645, measured from the central axis 696 may define a curvature having a first radius R1 defining a first radius of curvature. 中心軸696に沿った中間部分645の長さは、以下の式1を使用して円弧の測定値(度)および湾曲の半径によって決定することができる。 The length of the intermediate portion 645 along the central axis 696 may be determined by the radius of the following arc using equation 1 measurements (in degrees) and curved.

式中、L arcは円弧の長さであり、θは円弧の角度測定値(度)であり、rは円の半径である。 Wherein, L arc is the length of the arc, is θ an arc of angle measurements (in degrees), r is the radius of the circle. いくつかの例では、中間部分645の角度測定値は、10°〜25°の範囲内であってもよいが、他の角度が可能である。 In some instances, angle measurements of the intermediate portion 645 may be in the range of 10 ° to 25 °, but can be other angles. 先端部分644は、第2の半径R2を有し第2の曲率半径を定める湾曲を画定することができる。 Distal portion 644 may define a curvature that defines a second radius of curvature have a second radius R2. 中心軸696に沿った先端部分644の長さは、上の式1を使用して円弧の測定値(度)および湾曲の半径によって決定することができる。 The length of the tip portion 644 along the central axis 696 may be determined by the radius of the arc of the measured values ​​(in degrees) and the curved using Equation 1 above. いくつかの例では、先端部分644の角度測定値は90°〜110°の範囲内にあってもよいが、他の角度も可能である。 In some instances, angle measurements of the tip portion 644 may be in the range of 90 ° to 110 °, other angles are possible. 第1の半径R1は、先端部分644が中間部分645よりも高い曲率を有するように、第2の半径R2より大きくてもよいことが考えられる。 The first radius R1, the tip portion 644 to have a higher curvature than the intermediate section 645, it is considered that may be greater than the second radius R2. この構成は、シュレム管または眼用インプラントが植え込まれる眼の他の解剖学的構造に対して正確な軌道で眼用インプラントを前進させ得る。 This configuration may advance the ocular implant at a precise orbits relative to other anatomical structures of the eye that Schlemm's canal or ocular implant is implanted. 例えば、この構成は、カニューレ608を、可視の眼の主軸に概ね沿って切開を介して前進させること、およびカニューレ608がシュレム管内に実質的に接線方向に入ることを可能にし得る。 For example, this configuration is a cannula 608, be advanced through a generally along incision the main axis of the visible eye, and cannula 608 may allow substantially entering tangentially into Schlemm's canal. インプラント650の他の解剖学的位置への送達を容易にするために、第1の半径R1および第2の半径R2が選択されてもよいことが考えられる。 To facilitate delivery to other anatomical location of the implant 650, the first radius R1 and the second radius R2 is contemplated that may be selected.

図28Aは、図25に示すカニューレの追加的な側面図であり、断面図を示す。 Figure 28A is an additional side view of the cannula shown in FIG. 25 is a cross sectional view. 例えば、カニューレ608は、中心軸696を有する概ね管状の部材698を含む。 For example, the cannula 608 comprises a generally tubular member 698 having a central axis 696. 概ね管状の部材698は、基端部641と、基端部分640と、中間部分645と、先端部分644と、先端部634とを含む。 Generally tubular member 698 includes a proximal end 641, a proximal portion 640, an intermediate portion 645, a distal portion 644, a distal end 634. さらに、例えば、基端部分640の中心軸696は、中間部分645の第1の地点643における接線に対して接線方向にある。 Furthermore, for example, the central axis 696 of the proximal portion 640 is tangential to the tangent at the first point 643 of the intermediate portion 645. さらに、中間部分645の第2の地点647における接線は、先端部分644の第2の地点647における接線に対して接線方向にある。 Further, the tangent in the second point 647 of the intermediate portion 645 is tangential to the tangent at the second point 647 of the distal end portion 644. 先端部分644の先端部634における接線および基端部分の中心軸696は、例えば、概ね90°〜165°の範囲の角度を有する第3の半径R3を有してもよい。 Central axis 696 of the tangential and proximal portion of the distal end 634 of tip section 644, for example, may have a third radius R3 having a generally angular range of 90 ° to 165 °.

この詳細な説明による方法は、ヒトの眼の角膜を通してカニューレ608の先端部634を前進させ、先端部634が前眼房内に配置されるようにするステップを含むことができる。 The method according to this detailed description may include a step to make to advance the distal end portion 634 of the cannula 608 through the cornea of ​​the human eye, the tip portion 634 is disposed in the anterior chamber. 次いで、カニューレ608は、例えばカニューレ608の先端部634を用いてシュレム管の壁を貫通することにより、眼のシュレム管に進入するために使用することができる。 Then, the cannula 608, for example by penetrating the wall of the Schlemm's canal with the tip 634 of the cannula 608 can be used to enter the Schlemm's canal of the eye. 斜縁665は、カニューレ608の先端開口632の少なくとも一部をシュレム管と連通した状態に置くために、シュレム管に挿入されてもよい。 Beveled edge 665, to put the state of communication with Schlemm's canal at least a portion of the distal end opening 632 of the cannula 608 may be inserted into Schlemm's canal. 例えば、カニューレ608は、カニューレ608の先端部634および斜縁665が斜縁665の基端範囲667までシュレム管に挿入されるまで前進されてもよい。 For example, cannula 608, distal portion 634 and the beveled edge 665 of the cannula 608 may be advanced to be inserted into Schlemm's canal to the proximal end extent 667 of beveled edge 665. カニューレ608の通路がシュレム管の内腔と流体連通した状態で、眼用インプラントは、カニューレ608の先端ポートからシュレム管内に前進させることができる。 While the passage of the cannula 608 where fluid communication with the lumen of Schlemm's canal, the ocular implant may be advanced from the tip port of the cannula 608 into Schlemm's canal.

図29のおよび図30にさらに示される実施形態では、カニューレ608の先端部分644はトラフ654を画定する。 In a further embodiment shown in and view 30 of Figure 29, the distal end portion 644 of the cannula 608 defines a trough 654. いくつかの実施形態では、トラフ654は、眼用インプラントがシュレム管内で前進されるときに眼用インプラントの外側断面全体を受け入れるように構成される。 In some embodiments, the trough 654 is configured to receive the entire outer cross section of the ocular implant when the ocular implant is advanced in Schlemm's canal. この場合、トラフ654は、眼用インプラントの幅よりも深い深さ寸法を有することができる。 In this case, the trough 654 may have a greater depth dimension than the width of the ocular implant. このカニューレ構成は、眼用インプラントがシュレム管内に前進されるときに眼用インプラントが小柱網の層と交差するのを有利に防止する。 The cannula arrangement advantageously prevents the ocular implant intersects the layer of trabecular meshwork when the ocular implant is advanced into Schlemm's canal. トラフ654はまた、眼用インプラントの基端部分が、上述のトラフ554と同様の方法で送達ツールから解放されることを可能にするように構成されてもよい。 Trough 654 is also proximal end portion of the ocular implant may be configured to allow it to be released from the delivery tool in the same way as the trough 554 above.

図25Bを簡単に参照すると、明示的に示されていないが、眼用インプラント650の前進中、送達ツール652の相互係止部分660および眼用インプラント650の相補的な相互係止部分662は、眼用インプラント650の基端部が送達ツール652の先端部に対して基端側にあるように互いに係合してもよい。 Referring briefly to FIG. 25B, although not explicitly shown, in advance of the ocular implant 650, interlocking portion 660 and complementary interlocking portion 662 of the ocular implant 650 of the delivery tool 652, may engage with each other so that the base end side with respect to the distal end of the proximal end delivery tool 652 of ocular implant 650. 送達ツール652の表面661はカニューレ608の壁に当接し、送達ツール652の相互係止部分660と眼用インプラント650の相補的な相互係止部分662とが互いに外れるのを防止する。 Surface 661 of the delivery tool 652 in contact with the wall of the cannula 608, and the complementary interlocking portion 662 of the interlocking portion 660 and the ocular implant 650 of the delivery tool 652 is prevented from deviating from each other. それらがこのように接続されると、送達ツールが送達システム機構によってカニューレ608に対して前進および後退されるにつれて、送達ツール652および眼用インプラント650が一緒に移動する。 When they are connected in this way, as the delivery tool is advanced and retracted relative to the cannula 608 by the delivery system mechanism, delivery tool 652 and the ocular implant 650 is moved together. いくつかの実施形態では、眼用インプラント650は、カニューレ608の先端部分644の曲率半径よりも大きい曲率半径を有する。 In some embodiments, the ocular implant 650 will have a radius of curvature greater than the radius of curvature of the tip portion 644 of the cannula 608. この構成により、眼用インプラントが送達システム600によって先端方向に押されるとき、眼用インプラントはトラフ654に沿って確実に進む。 With this configuration, when the eye implant is pushed in the distal direction by the delivery system 600, the ocular implant proceeds reliably along the trough 654.

カニューレ608が所望の位置に配置されると、眼用インプラント650は、カニューレ608が静止されている間、先端方向に前進されてもよい。 When the cannula 608 is positioned in the desired location, ocular implant 650 while the cannula 608 is stationary, or may be advanced in the distal direction. 眼用インプラントがシュレム管内で前進されるとき、長尺状の開口632が眼用インプラント650の直接的な可視化を実現し得る。 When the eye implant is advanced in Schlemm's canal, the elongated opening 632 may implement direct visualization of the ocular implant 650. 眼用インプラントの直接的な可視化を可能にする構成は、多くの臨床的利点を有する。 Configuration allowing direct visualization of the ocular implant has a number of clinical advantages. 医療処置中、小柱網を介してインプラントを見ることによってインプラントの進行を監視することは多くの場合に困難である。 During a medical procedure, it is difficult in many cases to monitor the progress of the implant by viewing the implant through the trabecular meshwork. 例えば、血液還流が血液をシュレム管に押し込んで、シュレム管に入ったインプラントの部分を医師が見ることを妨げる可能性がある。 For example, push the bleed back blood in Schlemm's canal, the portion of the implant that has entered the Schlemm's canal may interfere to see a physician. 眼用インプラント650は、カニューレ608に沿って先端方向に前進されるにつれて、トラフ654に沿って進む。 Ocular implant 650 as it is advanced in the distal direction along the cannula 608, the process proceeds along the trough 654. トラフ開口は、医師が、インプラント構造体がシュレム管に入る前にトラフを通って進むとき、インプラント構造体を見ることによってインプラントの進行を監視することを可能にする。 Trough opening the physician, the implant structure when traveling through trough before entering the Schlemm's canal, making it possible to monitor the progress of the implant by looking at the implant structure. トラフ開口はまた、医師が、シュレム管に進入するためにカニューレによって作られた切開に対する眼用インプラントの先端部の位置を特定することを可能にする。 Trough aperture also physician makes it possible to identify the position of the distal end portion of the ocular implant for incision made by the cannula to enter Schlemm's canal.

送達ツール652は、送達ツール表面661および低減された直径部分663の一部が開口632に通されるまで眼用インプラント650を先端方向に前進させてもよく、それにより、送達ツールの湾曲部分がその湾曲した休止形状に向かって移動することが許容され、それにより送達ツール係合表面660が眼用インプラント650上の相補的係合表面662から外れて離れる。 Delivery tool 652 may be a part of a delivery tool surface 661 and reduced diameter portion 663 is advanced in the distal direction an ocular implant 650 until passed through the opening 632, whereby the curved portion of the delivery tool As it moves toward the curved resting shape is permitted, whereby delivery tool engagement surface 660 away off the complementary engagement surfaces 662 on the ocular implant 650. 眼用インプラントから外れた後、カニューレ608および送達ツール652は、完全に展開された位置に眼用インプラント650を残してシュレム管から引き抜くことができる。 After off-ocular implant, the cannula 608 and delivery tool 652 may be withdrawn from the Schlemm's canal, leaving the ocular implant 650 in the fully deployed position. 眼用インプラント650の送達が完了した後、送達ツール652およびカニューレ608は、少なくとも眼用インプラント650の先端部分をシュレム管内に残して眼から取り除くことができる。 After delivery of the ocular implant 650 is completed, delivery tool 652 and cannula 608 can be removed from the eye, leaving the distal portion of the at least ocular implant 650 in Schlemm's canal. 眼用インプラント650の入口部分は前眼房内に、および眼用インプラント650の残りの部分はシュレム管内に配置されてもよい。 The inlet portion of the ocular implant 650 is the anterior chamber, and the remaining portion of the ocular implant 650 may be disposed in Schlemm's canal. シュレム管内の眼用インプラント650の存在は、前眼房からの房水の流れを促進し得る。 Presence of ocular implant 650 of Schlemm's canal may pre facilitate flow of aqueous humor from the anterior chamber. この流れには、シュレム管に沿った軸流、前眼房からシュレム管に入る流れ、およびシュレム管と連通する出口を介したシュレム管を離れる流れが含まれ得る。 This flow, axial flow along Schlemm's canal may include pre stream entering from the anterior chamber to Schlemm's canal, and flow leaving Schlemm's canal and Schlemm's canal through the outlet in communication. 眼内の所定の位置にあるとき、眼用インプラント650は小柱網およびシュレム管組織を支持し、(小柱網を介した)前眼房とシュレム管との間の、およびシュレム管に沿ったポケットまたは区画間の連通を改善する。 When in place in the eye, ocular implant 650 supports the trabecular meshwork and Schlemm's canal tissue, along, and Schlemm's canal between (via trabecular meshwork) anterior chamber and Schlemm's canal and to improve the communication between pockets or compartments.

カニューレ608は、トラフ654内に配置された圧力センサ690をさらに含んでもよい。 The cannula 608 may further include a pressure sensor 690 disposed within the trough 654. 圧力センサ690は、上に記載した圧力センサ180と形状および機能が類似していてもよい。 The pressure sensor 690, pressure sensor 180 described above and the shape and functions may be similar. 圧力センサ690はカニューレのトラフ654内に取り付けられるように示されているが、圧力センサ690はカニューレ608内または上の他の位置に取り付けられてもよいことが考えられる。 The pressure sensor 690 is shown to be attached to the trough 654 of the cannula, the pressure sensor 690 can be considered may be attached at other locations on or within the cannula 608. 圧力センサ690は、眼用インプラント650の植え込み中またはその直後に即時圧力読取り値を提供することができる。 The pressure sensor 690 may provide an in implantation of the ocular implant 650 or immediate pressure readings immediately thereafter. いくつかの例では、カニューレ608上の圧力センサ690から得られた圧力読取り値は、そのように設けられた場合、眼用インプラント650に取り付けられた圧力センサから得られた圧力読取り値と比較することができる。 In some instances, the pressure readings obtained from a pressure sensor 690 on the cannula 608 compares such a case that is provided, the pressure readings obtained from the pressure sensor attached to the ocular implant 650 be able to.

圧力センサ690は、微小電気機械システム(MEMS)圧力センサであってもよい。 The pressure sensor 690 may be a micro-electromechanical systems (MEMS) pressure sensor. 圧力センサ690は、MEMS圧力センサとして記載される一方、MEMS圧力センサの代わりにまたはそれに加えて、他の圧力センサも使用し得ることが想定される。 The pressure sensor 690, while described as MEMS pressure sensor, in addition to or in place of the MEMS pressure sensor, it is contemplated that may also be used other pressure sensors. さらに、1つの圧力センサ690のみが示されているが、カニューレ608は、必要に応じて2つ以上の圧力センサ690を含むことができる。 Furthermore, only one pressure sensor 690 is shown, cannula 608 can include two or more pressure sensors 690 as needed. MEMS圧力センサは、多くの場合、シリコン基板のダイの裏側に凹部を異方性エッチングし、薄い可撓性のダイヤフラムを残すことによって形成される。 MEMS pressure sensor is often a recess anisotropically etched on the back side of the silicon substrate die, it is formed by leaving a thin, flexible diaphragm. 使用中、ダイヤフラムの少なくとも1つの表面は、入力圧力(例えば、眼圧)にさらされる。 During use, at least one surface of the diaphragm is exposed to the input pressure (e.g., intraocular pressure). ダイヤフラムは入力圧力の大きさに応じて撓み、これは、ダイヤフラム上に配置されたまたはそれに埋め込まれた1つまたは複数の電気構成要素またはセンサ素子(例えば、ピエゾ抵抗器)によって検出することができる。 Diaphragm flexes in response to the magnitude of the input pressure, which is one or more electrical components or a sensor element embedded in it or disposed on the diaphragm (eg, piezoresistors) can be detected by . ピエゾ抵抗器の抵抗の変化は、ピエゾ抵抗器によって少なくとも部分的に形成された抵抗ブリッジからの出力電圧信号の変化として反映される。 Change in piezoresistors of the resistor is reflected as a change in the output voltage signal from the resistance bridge at least partially formed by the piezoresistors. いくつかの例では、ダイヤフラムは、サポートボスを追加することでより薄くすることができ、これはダイヤフラムの感度を平板ダイヤフラムよりも高めることを促進し得る。 In some instances, the diaphragm may be thinner than that adding support boss, which may facilitate to increase the sensitivity of the diaphragm than flat diaphragm. 圧力センサのボンドパッドに出力信号を提供する前に、センサ素子があるレベルの信号処理を提供するように回路素子が接続されてもよい。 Before providing an output signal to the bond pads of the pressure sensor, the circuit elements may be connected to provide a signal processing a certain level sensor element. この信号処理は、センサ素子(例えば、ピエゾ抵抗器)によって生成される生のセンサ信号をフィルタリング、増幅、線形化、較正および/または他の方法で処理することができる。 The signal processing, sensor elements (e.g., piezo resistors) the raw sensor signals generated by the filtering, amplification, linearization, can be treated with calibration and / or other methods. センサ素子はピエゾ抵抗器として記載されているが、センサ素子は容量性圧力センサ690を提供するように選択されてもよいことが考えられる。 Sensor element is described as piezoresistor, the sensor element is contemplated that may be selected to provide a capacitive pressure sensor 690.

圧力センサ690は、圧力センサ690からのデータを読取装置に無線で通信することを可能にするためにアンテナまたはインダクタをさらに備え得る。 The pressure sensor 690 may further comprise an antenna or an inductor in order to be able to communicate wirelessly to the reading device the data from the pressure sensor 690. いくつかの例では、圧力センサ690は、圧力センサ690から身体の外側に位置する別の装置にデータを伝送することが望まれる場合、限定しないが、セルラ通信、ジグビー(ZigBee)(登録商標)、ブルートゥース(Bluetooth)(登録商標)、ワイファイ(WiFi)(登録商標)、IrDA、専用短距離通信(DSRC)、エンオーシャン(EnOcean)(登録商標)、または他のいずれかの適切な無線プロトコルなどの無線周波数通信プロトコルを使用してもよい。 In some examples, the pressure sensor 690, if it is desired to transmit data to another device located outside the body from the pressure sensor 690, but are not limited to, cellular communications, ZigBee (ZigBee) (R) , Bluetooth (Bluetooth) (registered trademark), WiFi (WiFi) (registered trademark), IrDA, dedicated short range communication (DSRC), ene Ocean (EnOcean) (registered trademark), or any other suitable wireless protocol such as the radio frequency communication protocol may be used. データは、携帯電話、タブレットコンピュータ、コンピュータ、ポータブルハンドヘルドデバイス、そのようなパーソナルデジタルアシスタント(PDA)、または特別に設計された装置を含むがこれらに限定されない任意の数のそのように適切にイネーブルにされた装置に伝送されてもよい。 Data may be a cellular phone, a tablet computer, a computer, a portable hand-held device, such a personal digital assistant (PDA), or it specially including designed any number of devices including but not limited to so adequately enabled it may be transmitted to the devices. これは、医師、患者、または他の関係者が眼圧計を使用せずに眼圧を監視することを可能にし得る。 This may allow the physician, patient, or other parties, to monitor intraocular pressure without using a tonometer.

眼用デバイスの構成要素は、金属、金属合金、ポリマー(そのいくつかの例が以下に開示される)、金属−ポリマー複合材、セラミック、それらの組み合わせおよび同類のもの、または他の適切な材料から作製されてもよい。 Components of the ophthalmic device is a metal, metal alloy, polymer (are several examples are disclosed below), metal - polymer composites, ceramics, combinations thereof and those of similar or other suitable material, it may be made from. 適切なポリマーのいくつかの例は、ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)、エチレンテトラフルオロエチレン(ETFE)、フッ素化エチレンプロピレン(FEP)、ポリオキシメチレン(POM、例えばデュポン(DuPont)から入手可能なデルリン(DELRIN)(登録商標))、ポリエーテルブロックエステル、ポリウレタン(例えば、ポリウレタン85A)、ポリプロピレン(PP)、ポリ塩化ビニル(PVC)、ポリエーテル−エステル(例えば、DSMエンジニアリング・プラスチックス(DSM Engineering Plastics)から入手可能なアルニテル(ARNITEL)(登録商標))、エーテルまたはエステルベースのコポリマー(例えば、ユチレン/ポリ(アルキレンエーテル)フタレートお Some examples of suitable polymers include polytetrafluoroethylene (PTFE), ethylene tetrafluoroethylene (ETFE), fluorinated ethylene propylene (FEP), available polyoxymethylene (POM, for example, from DuPont (DuPont) Delrin (DELRIN) (registered trademark)), polyether block ester, polyurethane (e.g., polyurethane 85A), polypropylene (PP), polyvinyl chloride (PVC), polyether - ester (e.g., DSM engineering plastics (DSM engineering plastics ) available from Aruniteru (ARNITEL) (registered trademark)), ether or ester based copolymer (e.g., Yuchiren / poly (alkylene ether) phthalate Contact び/またはデュポン(DuPont)から入手可能なハイトレル(HYTREL)(登録商標)などの他のポリエステルエラストマー)、ポリアミド(例えば、バイエル(Bayer)から入手可能なデュレタン(DURETHAN)(登録商標)またはエルフ・アトケム(Elf Atochem)から入手可能なクリスタミド(CRISTAMID)(登録商標))、エラストマー性ポリアミド、ブロックポリアミド/エーテル、ポリエーテルブロックアミド(PEBA、例えば商品名ペバックス(PEBAX)(登録商標)の下で入手可能)、エチレン酢酸ビニルコポリマー(EVA)、シリコーン、ポリエチレン(PE)、マーレックス(Marlex)高密度ポリエチレン、マーレックス(Marlex)低密度ポリエチレン、線 Beauty / or available from DuPont (DuPont) Hytrel (HYTREL) (registered trademark) other polyester elastomers, etc.), polyamides (e.g., Bayer (Bayer) capable Deyuretan (Durethan) obtained from (R) or Elf Atochem (Elf Atochem) available from CRISTAMID (CRISTAMID) (registered trademark)), elastomeric polyamides, block polyamide / ethers, polyether block amide (PEBA, for example, under the trade name PEBAX (PEBAX) available under the (R) possible), ethylene-vinyl acetate (EVA), silicone, polyethylene (PE), Marlex (Marlex) high-density polyethylene, Marlex (Marlex) low density polyethylene, linear 低密度ポリエチレン(例えば、リクセル(REXELL)(登録商標))ポリエステル、ポリブチレンテレフタレート(PBT)、ポリエチレンテレフタレート(PET)、ポリトリメチレンテレフタレート、ポリエチレンナフタレン(PEN)、ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)、ポリイミド(PI)、ポリエーテルイミド(PEI)、ポリフェニレンスルフィド(PPS)、ポリフェニレンオキシド(PPO)、ポリパラフェニレンテレフタルアミド(例えば、KEVLAR(登録商標))、ポリスルホン、ナイロン、ナイロン−12(エムス・アメリカン・グリロン(EMS American Grilon)から入手可能なグリラミド(GRILAMID)(登録商標)など)、パーフルオロ(プロピルビニルエーテル)( Low density polyethylene (e.g., Rikuseru (REXELL) (registered trademark)) polyester, polybutylene terephthalate (PBT), polyethylene terephthalate (PET), polytrimethylene terephthalate, polyethylene naphthalene (PEN), polyether ether ketone (PEEK), polyimide (PI), polyetherimide (PEI), polyphenylene sulfide (PPS), polyphenylene oxide (PPO), poly-p-phenylene terephthalamide (e.g., KEVLAR (registered trademark)), polysulfone, nylon, nylon-12 (Ems American Grilon (EMS American Grilon) available from Guriramido (GRILAMID) (registered trademark), etc.), perfluoro (propyl vinyl ether) ( FA)、エチレンビニルアルコール、ポリオレフィン、ポリスチレン、エポキシ、ポリ塩化ビニリデン(PVdC)、ポリ(スチレン−b−イソブチレン−b−スチレン)(例えば、SIBSおよび/またはSIBS50A)、ポリカーボネート、アイオノマー、生体適合性ポリマー、他の適切な材料、またはそれらの混合物、組合せ、コポリマー、ポリマー/金属複合材および同類のものを含んでもよい。 FA), ethylene vinyl alcohol, polyolefins, polystyrene, epoxy, polyvinylidene chloride (PVdC), poly (styrene -b- isobutylene -b- styrene) (e.g., SIBS and / or SIBS50A), polycarbonate, ionomer, biocompatible polymer , other suitable materials, or mixtures thereof, combinations, copolymers, polymer / metal composites and may include the like. いくつかの実施形態では、シースは、液晶ポリマー(LCP:liquid crystal polymer)とブレンドすることができる。 In some embodiments, the sheath liquid crystal polymer (LCP: liquid crystal polymer) and can be blended. 例えば、混合物は約6%までのLCPを含むことができる。 For example, the mixture can include LCP up to about 6%.

適切な金属および金属合金のいくつかの例には、304V、304Lおよび316LVステンレス鋼などのステンレス鋼;軟鋼;線形弾性および/または超弾性ニチノールなどのニッケル−チタン合金;他のニッケル合金、例えばニッケル−クロム−モリブデン合金(例えば、インコネル(INCONEL)(登録商標)625などのUNS:N06625、ハステロイ(HASTELLOY)(登録商標)C−22(登録商標)などのUNS:N06022、ハステロイ(HASTELLOY)(登録商標)C276(登録商標)などのUSN:N10276、他のハステロイ(HASTELLOY)(登録商標)合金、および同類のもの)、ニッケル−銅合金(例えば、モネル(MONEL)(登録商標)400、ニッケルVAC(NI Some examples of suitable metals and metal alloys, 304V, stainless steel such as 304L and 316LV stainless steel; mild; linear elastic and / or nickel, such as superelastic Nitinol - titanium alloy; other nickel alloys, such as nickel - chromium - molybdenum alloy (e.g., Inconel (INCONEL) (such as R) 625 UNS: N06625, Hastelloy (HASTELLOY) (such as R) C-22 (R) UNS: N06022, Hastelloy (HASTELLOY) (registration USN such as TM) C276 (TM): N10276, other Hastelloy (HASTELLOY) (R) alloys, and those like), nickel - copper alloy (e.g., Monel (MONEL) (registered trademark) 400, nickel VAC (NI KEL VAC)(登録商標)400、ニコロス(NICORROS)(登録商標)400、および同類のものなどのUNS:N04400)、ニッケル−コバルト−クロム−モリブデン合金(例えば、MP35−N(登録商標)および同類のものなどのUNS:R30035)、ニッケル−モリブデン合金(例えば、ハステロイ(HASTELLOY)(登録商標)アロイ(ALLOY)B2(登録商標)などのUNS:N10665)、他のニッケル−クロム合金、他のニッケル−モリブデン合金、他のニッケル−コバルト合金、他のニッケル−鉄合金、他のニッケル−銅合金、他のニッケル−タングステンまたはタングステン合金、および同類のものなど;コバルト−クロム合金;コバルト−クロム−モリブデン合金(例えば、エルジ KEL VAC) (registered trademark) 400, Nikorosu (NICORROS) (such as R) 400, and those like UNS: N04400), nickel - cobalt - chromium - molybdenum alloy (e.g., MP35-N (R) and the like UNS such as those: R30035), nickel - UNS such as molybdenum alloys (e.g., Hastelloy (HASTELLOY) (registered trademark) alloy (aLLOY) B2 (TM): N10665), other nickel - chromium alloys, other nickel - molybdenum alloy, other nickel - cobalt alloys, other nickel - iron alloy, other nickel - copper alloys, other nickel - tungsten or tungsten alloy, and such as the likes; cobalt - chromium alloy; cobalt - chromium - molybdenum alloy (for example, Eruji イ(ELGILOY)(登録商標)、ファイノックス(PHYNOX)(登録商標)および同類のものなどのUNS:R30003);白金富化ステンレス鋼;チタン;それらの組み合わせ;および同類のもの;または他のいずれかの適切な材料が含まれる。 B (ELGILOY) (registered trademark), phi Knox (Phynox), such as (R) and those like UNS: R30003); platinum enriched stainless steel; titanium; combinations thereof; and those like; or other any Kano suitable materials are included.

本明細書内で示唆されるように、市販のニッケル−チタンまたはニチノール合金のファミリー内に、従来の形状記憶および超弾性種と化学的に類似し得るが明確で有用な機械的特性を示し得る「線形弾性」または「非超弾性」と分類されるカテゴリはある。 As suggested in this specification, a commercially available nickel - in the family of titanium or nitinol alloys can conventional shape memory and superelastic species and chemically similar but may show clear and useful mechanical properties categories that are classified as "linear elastic" or "non-super-elastic" is. 線形弾性および/または非超弾性ニチノールは、線形弾性および/または非超弾性ニチノールが、超弾性ニチノールが示すようにその応力/歪み曲線において相当の「超弾性プラトー」も「フラグ領域」も示さないという点で超弾性ニチノールと区別され得る。 Linear elastic and / or non-superelastic Nitinol, linear elastic and / or non-superelastic Nitinol, considerable "superelastic plateau" in its stress / strain curve as shown superelastic Nitinol also does not show "flag region" It can be distinguished from superelastic nitinol in that. 代わりに、線形弾性および/または非超弾性ニチノールでは、回復可能な歪みが増大すると、応力は、塑性変形が始まるまで実質的に線形の関係で、または幾分、しかし必ずしも完全でない線形の関係で、または少なくとも超弾性ニチノールの場合に見られ得る超弾性プラトーおよび/またはフラグ領域よりも線形である関係で増大し続ける。 Alternatively, the linear elastic and / or non-superelastic Nitinol, the recoverable strain increases, the stress is a substantially linear relationship until plastic deformation begins or somewhat but not necessarily completely in a linear relationship, or continues to increase in relation is linear than superelastic plateau and / or flag area may be seen if at least a superelastic nitinol. したがって、本開示のために、線形弾性および/または非超弾性ニチノールは、「実質的に」線形弾性および/または非超弾性のニチノールと呼ばれてもよい。 Therefore, for the purposes of this disclosure, linear elastic and / or non-superelastic Nitinol, may be referred to as "substantially" nitinol linear elastic and / or non-superelastic.

いくつかの例では、線形弾性および/または非超弾性ニチノールはまた、線形弾性および/または非超弾性ニチノールが(例えば、塑性変形前に)実質的に弾性のままでありながら最大約2〜5%の歪みを受け入れることができる一方、超弾性ニチノールは塑性変形前に最大約8%の歪みを受け入れることができるという点で超弾性ニチノールと区別することができる。 In some instances, linear elastic and / or non-superelastic Nitinol also linear elastic and / or non-superelastic Nitinol (e.g., prior to plastic deformation) about the maximum while remaining substantially elastic 2-5 % of one that can accept distortion, superelastic nitinol can be distinguished from superelastic nitinol in that they can accept the strain of up to about 8% before plastic deformation. これらの材料の両方は、塑性変形前に約0.2〜0.44パーセントの歪みのみを受け入れることができるステンレス鋼(その組成に基づいて区別することもできる)などの他の線形弾性材料と区別することができる。 Both of these materials, and other linear elastic material, such as stainless steel can only accept strain of about 0.2 to 0.44 percent before plastic deformation (which can also be distinguished based on the composition) it can be distinguished.

いくつかの実施形態では、線形弾性および/または非超弾性ニッケル−チタン合金は、広い温度範囲にわたる示差走査熱量測定(DSC:differential scanning calorimetry)および動的金属熱分析(DMTA:dynamic metal thermal analysis)分析によって検出可能なマルテンサイト/オーステナイト相変化を示さない合金である。 In some embodiments, the linear elastic and / or non-superelastic nickel - titanium alloys, differential scanning calorimetry over a wide temperature range (DSC: differential scanning calorimetry) and dynamic metal thermal analysis (DMTA: dynamic metal thermal analysis) an alloy that does not show the martensite / austenite phase changes detectable by analysis. 例えば、いくつかの実施形態では、線形弾性および/または非超弾性ニッケル−チタン合金において約−60℃〜約120℃の範囲のDSCおよびDMTA分析によって検出可能なマルテンサイト/オーステナイト相変化は存在しないことがあり得る。 For example, in some embodiments, the linear elastic and / or non-superelastic nickel - martensite / austenite phase changes there is no detectable by DSC and DMTA analysis in the range of about -60 ° C. ~ about 120 ° C. in a titanium alloy There may be possible. したがって、このような材料の機械的曲げ特性は、この非常に広い温度範囲にわたり温度の影響に対して概ね不活性であり得る。 Thus, mechanical bending properties of such material may be generally inert to the effect of temperature over this very broad temperature range. いくつかの実施形態では、線形弾性および/または非超弾性ニッケル−チタン合金の周囲温度または室温における機械的曲げ特性は、例えば、それらが超弾性プラトーおよび/またはフラグ領域を表示しないという点で体温における機械的特性と実質的に同じである。 In some embodiments, the linear elastic and / or non-superelastic nickel - mechanical bending properties at ambient or room temperature of titanium alloy, for example, body temperature in that they do not show the superelastic plateau and / or flag area it is substantially the same as the mechanical properties in. 換言すれば、広い温度範囲にわたり、線形弾性および/または非超弾性ニッケル−チタン合金は、その線形弾性および/または非超弾性特徴および/または特性を維持する。 In other words, over a wide temperature range, linear elastic and / or non-superelastic nickel - titanium alloy maintains its linear elastic and / or non-superelastic characteristics and / or properties.

いくつかの実施形態では、線状弾性および/または非超弾性ニッケル−チタン合金は、約50〜約60重量%ニッケルの範囲内にあり、残りは本質的にチタンである。 In some embodiments, the linear elastic and / or non-superelastic nickel - titanium alloy is in the range of from about 50 to about 60 wt% nickel, the remainder being essentially titanium. いくつかの実施形態では、その組成物は、約54〜約57重量%ニッケルの範囲内にある。 In some embodiments, the composition is in the range from about 54 to about 57 wt% nickel. 適切なニッケル−チタン合金の一例は、古河テクノマテリアル社(日本国神奈川県)から市販されているFHP−NT合金である。 Suitable nickel - an example of the titanium alloy is FHP-NT alloy commercially available from Furukawa Techno Material Co. (Kanagawa, Japan). ニッケルチタン合金のいくつかの例は、参照により本明細書に組み込まれる米国特許第5,238,004号明細書および同第6,508,803号明細書に開示されている。 Some examples of nickel titanium alloys are disclosed in U.S. Patent and similar Specification No. 6,508,803 5,238,004, incorporated herein by reference. 他の適切な材料は、ウルタニウム(ULTANIUM)(商標)(ネオ−メトリクス(Neo−Metrics)から入手可能)およびゴム・メタル(GUM METAL)(商標)(豊田(Toyota)から入手可能)を含み得る。 Other suitable materials, Urutaniumu (ULTANIUM) (TM) - may include (available from Toyoda (Toyota)) (Neo Metrics (Neo-Metrics) available from) and rubber-metal (GUM METAL) (TM) . いくつかの他の実施形態では、超弾性合金、例えば超弾性ニチノールを使用して所望の特性を達成することができる。 In some other embodiments, a superelastic alloy, it is possible to achieve the desired properties, for example using a superelastic nitinol.

様々な実施形態の多数の特徴が様々な実施形態の構造および機能の詳細と共に前述の説明に記載されているが、この詳細な説明は例示的なものに過ぎず、特に様々な実施形態によって示される部分の構造および配置に関して、添付の特許請求の範囲が表現されている用語の広範な一般的意味によって示される完全な範囲まで、細部における変更形態がなされ得ることを理解されたい。 Although many features of the various embodiments have been described in the foregoing description, together with details of the structure and function of various embodiments, this detailed description is exemplary only, represented in particular by the various embodiments respect to the structure and arrangement of the portion, to be understood that the scope of the appended claims to the full extent indicated by the broad general meaning of the terms that are expressed, changes in the details form can be made.

Claims (20)

  1. 眼のシュレム管の一部内に少なくとも部分的に存在するように適合された眼用インプラントであって、 A ocular implant adapted to reside at least partially within a portion of Schlemm's canal of the eye,
    内側表面および外側表面を有する管状本体であって、該管状本体は、湾曲した体積内に延在し、該湾曲した体積の長手方向軸が円弧を形成している、前記管状本体と、 A tubular body having an inner surface and an outer surface, the tubular body extends in a curved inside volume, a longitudinal axis of the volume that the curved forms an arc, and the tubular body,
    前記管状本体に形成された複数の開口領域および支柱領域であって、前記支柱領域が前記複数の開口領域を取り囲む、前記複数の開口領域および支柱領域と、 Wherein a plurality of opening regions and struts region formed in the tubular body, the strut region surrounding the plurality of open regions, a plurality of opening regions and strut region,
    前記管状本体の前記内側表面に配置された圧力センサとを備え、前記管状本体が0.127ミリメートル(0.005インチ)〜1.016ミリメートル(0.04インチ)の直径を有する、眼用インプラント。 And a pressure sensor that is disposed on an inner surface of the tubular body, the tubular body has a diameter of 0.127 mm (0.005 inches) ~1.016 millimeters (0.04 inches), ocular implants .
  2. 前記圧力センサが微小電気機械システム(MEMS)圧力センサを含む、請求項1に記載のインプラント。 Wherein the pressure sensor comprises a microelectromechanical systems (MEMS) pressure sensor, implant according to claim 1.
  3. 前記圧力センサが、前記圧力センサから遠隔位置にデータを伝送するためのアンテナを含む、請求項1に記載のインプラント。 The pressure sensor comprises an antenna for transmitting data to a remote location from the pressure sensor, implant according to claim 1.
  4. 前記データが前記遠隔位置から第2の遠隔装置に自動的に伝送される、請求項3に記載のインプラント。 Wherein the data is automatically transmitted to the second remote device from the remote location, implant according to claim 3.
  5. 前記支柱領域が1つまたは複数の背骨領域によって接続される、請求項1に記載のインプラント。 The strut regions are connected by one or more backbone area, implant according to claim 1.
  6. 各支柱領域が、第1の背骨領域と第2の背骨領域との間で長手方向に延在している場合に円周方向に波状となっている、請求項1に記載のインプラント。 Each strut regions are case since circumferentially wavy extending longitudinally between the first spine region and the second spine region, implant according to claim 1.
  7. インプラントが前記湾曲した体積にほぼ等しい形状の形状記憶材料から形成される、請求項1に記載のインプラント。 Implant is formed from a shape memory material shape substantially equal to the volume of the curved implant according to claim 1.
  8. システムであって、 A system,
    基端部から先端部まで延在する通路を画定するカニューレであって、トラフを形成するために前記カニューレの側壁および前記先端部を通って延在する先端開口と、湾曲した先端部分と、湾曲した中間部分と、基端部分とを有し、前記トラフ内に配置された第1の圧力センサをさらに含む、前記カニューレと、 A cannula defining a passageway extending from the proximal end to the distal end, a distal end opening extending through the side wall and the tip of the cannula to form a trough, a curved tip portion, curved an intermediate portion that has a proximal portion, further comprising a first pressure sensor disposed in said trough, said cannula,
    前記カニューレの前記通路内に配置された眼用インプラントと、 And ocular implants disposed within the passageway of the cannula,
    前記眼用インプラントの相補的な相互係止部分と係合する先端の相互係止部分を有する送達ツールとを備えるシステム。 System comprising a delivery tool having interlocking portion of the tip that engages with a complementary interlocking portion of the ocular implant.
  9. 前記第1の圧力センサが微小電気機械システム(MEMS)圧力センサを含む、請求項8に記載のシステム。 Wherein the first pressure sensor comprises a microelectromechanical systems (MEMS) pressure sensor system of claim 8.
  10. 前記第1の圧力センサが、前記第1の圧力センサから遠隔位置にデータを伝送するためのアンテナを含む、請求項8に記載のシステム。 Wherein the first pressure sensor comprises an antenna for transmitting data to a remote location from the first pressure sensor system of claim 8.
  11. 前記眼用インプラント上にまたはその中に配置された第2の圧力センサをさらに含む、請求項8に記載のシステム。 Further comprising The system of claim 8 the second pressure sensor disposed on or in it said ocular implant.
  12. 前記第2の圧力センサが微小電気機械システム(MEMS)圧力センサを含む、請求項11に記載のシステム。 It said second pressure sensor comprises a microelectromechanical systems (MEMS) pressure sensor system according to claim 11.
  13. 前記第2の圧力センサが、前記第2の圧力センサから遠隔位置にデータを伝送するためのアンテナを含む、請求項11に記載のシステム。 Said second pressure sensor includes an antenna for transmitting data to a remote location from said second pressure sensor system of claim 11.
  14. 前記送達ツールの前記先端の相互係止部分および前記眼用インプラントの前記相補的な相互係止部分が、前記送達ツールの前記相互係止部分が前記カニューレの前記トラフに対して基端側にあるときに機械的相互係止接続を形成する、請求項8に記載のシステム。 The distal interlocking portion and said complementary interlocking portion of the ocular implant of the delivery tool, the proximal end side with respect to the interlocking portion of the delivery tool is the troughs of said cannula forming a mechanical interlock connection when system of claim 8.
  15. 眼用インプラントキットであって、 The implant kit for eye,
    眼のシュレム管の一部内に少なくとも部分的に存在するように適合された眼用インプラントであって、 A ocular implant adapted to reside at least partially within a portion of Schlemm's canal of the eye,
    内側表面および外側表面を有する管状本体であって、該管状本体は湾曲した体積内に延在し、該湾曲した体積の長手方向軸が円弧を形成している、前記管状本体と、 A tubular body having an inner surface and an outer surface, the tubular body extends into the volume that is curved, the longitudinal axis of the volume that the curved forms an arc, and the tubular body,
    前記管状本体内に形成された複数の開口領域および支柱領域であって、前記支柱領域が前記複数の開口領域を取り囲む、前記複数の開口領域および支柱領域と、 Wherein a tubular multiple open area formed in the body and strut regions, the strut region surrounding the plurality of open regions, a plurality of opening regions and strut region,
    前記管状本体の前記内側表面に配置された第1の圧力センサとを含み、前記管状本体が0.127ミリメートル(0.005インチ)〜1.016ミリメートル(0.04インチ)の直径を有する、前記眼用インプラントと、 Wherein and a first pressure sensor disposed on the inner surface of the tubular body, the tubular body has a diameter of 0.127 mm (0.005 inches) ~1.016 millimeters (0.04 inches), and the eye for the implant,
    基端部から先端部まで延在する通路を画定するカニューレであって、トラフを形成するために前記カニューレの側壁および前記先端部を通って延在する先端開口と、湾曲した先端部分と、湾曲した中間部分と、基端部分とを有する前記カニューレと、 A cannula defining a passageway extending from the proximal end to the distal end, a distal end opening extending through the side wall and the tip of the cannula to form a trough, a curved tip portion, curved an intermediate portion, and said cannula having a proximal portion,
    前記眼用インプラントの相補的な相互係止部分と係合する先端の相互係止部分を有する送達ツールとを備える眼用インプラントキット。 Ocular implant kit comprising a delivery tool having interlocking portion of the tip that engages with a complementary interlocking portion of the ocular implant.
  16. 前記第1の圧力センサが微小電気機械システム(MEMS)圧力センサを含む、請求項15に記載のキット。 Wherein the first pressure sensor comprises a microelectromechanical systems (MEMS) pressure sensor, kit of claim 15.
  17. 前記第1の圧力センサが、前記第1の圧力センサから遠隔位置にデータを伝送するためのアンテナを含む、請求項15に記載のキット。 Wherein the first pressure sensor comprises an antenna for transmitting data to a remote location from the first pressure sensor, the kit of claim 15.
  18. 前記データが前記遠隔位置から第2の遠隔装置に自動的に伝送される、請求項17に記載のキット。 Wherein the data is automatically transmitted to the second remote device from the remote location, The kit of claim 17.
  19. 前記カニューレの前記トラフ内に配置された第2の圧力センサをさらに含む、請求項15に記載のキット。 Further comprising a second pressure sensor disposed in said trough of said cannula kit of claim 15.
  20. 前記第2の圧力センサが、微小電気機械システム(MEMS)圧力センサを含み、かつ前記第2の圧力センサから遠隔位置にデータを伝送するためのアンテナを含む、請求項19に記載のキット。 It said second pressure sensor comprises a micro-electro-mechanical systems (MEMS) pressure sensor, and an antenna for transmitting data to a remote location from the second pressure sensor, the kit of claim 19.
JP2018507616A 2015-08-14 2016-08-12 Ocular implant and delivery system comprising a pressure sensor Pending JP2018526081A (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US201562205588P true 2015-08-14 2015-08-14
US62/205,588 2015-08-14
PCT/US2016/046652 WO2017030917A1 (en) 2015-08-14 2016-08-12 Ocular inplant with pressure sensor and delivery system

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2018526081A true JP2018526081A (en) 2018-09-13

Family

ID=58051476

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2018507616A Pending JP2018526081A (en) 2015-08-14 2016-08-12 Ocular implant and delivery system comprising a pressure sensor

Country Status (7)

Country Link
US (1) US20190076296A1 (en)
EP (1) EP3334329A4 (en)
JP (1) JP2018526081A (en)
CN (1) CN108135470A (en)
AU (1) AU2016307951A1 (en)
CA (1) CA2995240A1 (en)
WO (1) WO2017030917A1 (en)

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6524275B1 (en) 1999-04-26 2003-02-25 Gmp Vision Solutions, Inc. Inflatable device and method for treating glaucoma
US7331984B2 (en) 2001-08-28 2008-02-19 Glaukos Corporation Glaucoma stent for treating glaucoma and methods of use
EP2830553B1 (en) 2012-03-26 2017-12-27 Glaukos Corporation Apparatus for delivering multiple ocular implants

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7678065B2 (en) * 2001-05-02 2010-03-16 Glaukos Corporation Implant with intraocular pressure sensor for glaucoma treatment
US20090082862A1 (en) * 2007-09-24 2009-03-26 Schieber Andrew T Ocular Implant Architectures
US8734377B2 (en) * 2007-09-24 2014-05-27 Ivantis, Inc. Ocular implants with asymmetric flexibility
DE102012221350A1 (en) * 2012-11-22 2014-05-22 Universität Rostock Eye implant of eye implant arrangement for treating and monitoring glaucoma disease in eye, has pressure sensors that are provided in casing to detect intraocular pressure at eye, such that supply or disconnection of pump is effected
US9730638B2 (en) * 2013-03-13 2017-08-15 Glaukos Corporation Intraocular physiological sensor

Also Published As

Publication number Publication date
CA2995240A1 (en) 2017-02-23
AU2016307951A1 (en) 2018-03-08
EP3334329A1 (en) 2018-06-20
WO2017030917A1 (en) 2017-02-23
WO2017030917A8 (en) 2017-04-13
US20190076296A1 (en) 2019-03-14
EP3334329A4 (en) 2019-04-17
CN108135470A (en) 2018-06-08

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Kelman Phaco-emulsification and aspiration: A progress report
ES2249316T3 (en) Treatment of eye diseases.
JP5323011B2 (en) Shunt device for treating glaucoma
US8337509B2 (en) Methods and apparatus for delivering ocular implants into the eye
US6712764B2 (en) Intraocular pressure monitoring/measuring apparatus and method
JP4345478B2 (en) Dilatation catheter
ES2205846T3 (en) Device for performing surgery on the human retina using fluidic separation of the internal limiting membrane (ILM) (films).
CN101203192B (en) Adjustable intraocular lens assembly and separation element
US8500767B2 (en) Surgical blade for use with a surgical tool for making incisions for scleral eye implants
CA2637656C (en) Glaucoma treatment device
JP6063959B2 (en) The method for treating glaucoma, surgical kits and instruments
US9585789B2 (en) Ocular implant with hydrogel expansion capabilities
CN106264856B (en) The intraocular deployment splitter means
US20130253404A1 (en) Ocular implant systems
US6939299B1 (en) Implantable continuous intraocular pressure sensor
AU2004296205B2 (en) Glaucoma implant device
JP5542874B2 (en) System for treating sinusitis
US20040073303A1 (en) Radial intrastromal corneal insert and a method of insertion
JP5681186B2 (en) Instruments and implants for the treatment of glaucoma
EP3298995A1 (en) Ocular implant with shape change capabilities
US8734377B2 (en) Ocular implants with asymmetric flexibility
JP5379151B2 (en) Ocular implant delivery system
ES2358908T3 (en) Composite ophthalmic microcannula.
CN100591372C (en) Uveoscleral drainage device
Leonardi et al. First steps toward noninvasive intraocular pressure monitoring with a sensing contact lens