JP2018524483A - Processing method of fabric - Google Patents

Processing method of fabric Download PDF

Info

Publication number
JP2018524483A
JP2018524483A JP2017556550A JP2017556550A JP2018524483A JP 2018524483 A JP2018524483 A JP 2018524483A JP 2017556550 A JP2017556550 A JP 2017556550A JP 2017556550 A JP2017556550 A JP 2017556550A JP 2018524483 A JP2018524483 A JP 2018524483A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
preferably
fabric
enzyme
suitable
composition
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2017556550A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
ニール、ジョセフ、ラント
レベッカ、ルイーズ、ウッド
ジェレミー、ロバート、マルセル、グメル
Original Assignee
ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー
ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to EP15165814.3 priority Critical
Priority to EP15165814 priority
Priority to EP15190045.3 priority
Priority to EP15190045 priority
Application filed by ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー, ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー filed Critical ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー
Priority to PCT/US2016/029479 priority patent/WO2016176280A1/en
Publication of JP2018524483A publication Critical patent/JP2018524483A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Classifications

    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C11ANIMAL OR VEGETABLE OILS, FATS, FATTY SUBSTANCES OR WAXES; FATTY ACIDS THEREFROM; DETERGENTS; CANDLES
    • C11DDETERGENT COMPOSITIONS; USE OF SINGLE SUBSTANCES AS DETERGENTS; SOAP OR SOAP-MAKING; RESIN SOAPS; RECOVERY OF GLYCEROL
    • C11D3/00Other compounding ingredients of detergent compositions covered in group C11D1/00
    • C11D3/16Organic compounds
    • C11D3/38Products with no well-defined composition, e.g. natural products
    • C11D3/386Preparations containing enzymes, e.g. protease, amylase
    • C11D3/38636Preparations containing enzymes, e.g. protease, amylase containing enzymes other than protease, amylase, lipase, cellulase, oxidase, reductase
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C12BIOCHEMISTRY; BEER; SPIRITS; WINE; VINEGAR; MICROBIOLOGY; ENZYMOLOGY; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING
    • C12YENZYMES
    • C12Y301/00Hydrolases acting on ester bonds (3.1)
    • C12Y301/21Endodeoxyribonucleases producing 5'-phosphomonoesters (3.1.21)
    • C12Y301/21001Deoxyribonuclease I (3.1.21.1)
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C12BIOCHEMISTRY; BEER; SPIRITS; WINE; VINEGAR; MICROBIOLOGY; ENZYMOLOGY; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING
    • C12YENZYMES
    • C12Y301/00Hydrolases acting on ester bonds (3.1)
    • C12Y301/30Endoribonucleases active with either ribo- or deoxyribonucleic acids and producing 5'-phosphomonoesters (3.1.30)
    • C12Y301/30002Serratia marcescens nuclease (3.1.30.2)
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C12BIOCHEMISTRY; BEER; SPIRITS; WINE; VINEGAR; MICROBIOLOGY; ENZYMOLOGY; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING
    • C12YENZYMES
    • C12Y302/00Hydrolases acting on glycosyl compounds, i.e. glycosylases (3.2)
    • C12Y302/01Glycosidases, i.e. enzymes hydrolysing O- and S-glycosyl compounds (3.2.1)
    • C12Y302/01052Beta-N-acetylhexosaminidase (3.2.1.52)

Abstract

疎水性変性された生地を、ヌクレアーゼ酵素、好ましくは、デオキシリボヌクレアーゼ又はリボヌクレアーゼ酵素の水溶液で処理し、当該生地をすすぎ、乾燥させる方法。 How the hydrophobically modified fabric, nuclease enzymes, preferably, the treatment with an aqueous solution of DNase or RNase enzyme, rinsing the fabric and dried. ヌクレアーゼ酵素、好ましくは、デオキシリボヌクレアーゼ又はリボヌクレアーゼ酵素の水溶液による洗浄を改善するための仕上げ工程の使用。 Nuclease enzyme, preferably, the use of finishing for improving the washing with an aqueous solution of DNase or RNase enzyme.

Description

本発明は、生地表面を処理する方法に関する。 The present invention relates to a method of treating the fabric surface.

布地の白色度は、洗濯洗剤製造業者にとって常に課題である。 The whiteness of the fabric is always issue for laundry detergent manufacturers. 具体的な問題は、経時的に汚れが蓄積することであり得る。 Specific problems, over time dirt may be to accumulate. これは、有色及び白色の布地の両方にとって問題であるが、白色又は淡色の布地、例えば、洗浄が不完全な襟及び袖の周囲において特に顕著であり得る。 This is a problem for both the colored and white fabrics, white or light-colored fabrics, for example, washing may be especially noticeable in the periphery of the incomplete collar and sleeves. また、これは、悪臭を生じさせ得るので問題でもあり得る。 In addition, this may also be a problem because it can cause a bad odor. 例えば、界面活性剤、漂白剤及び酵素などの利用可能な様々な洗浄技術に基づいて、洗濯洗剤製造業者は多くの解決策を考え得る。 For example, surfactants, based on various cleaning technologies available, such as bleach and enzymes, laundry detergent manufacturers may consider a number of solutions. リパーゼ、プロテアーゼ、アミラーゼ、セルラーゼ、ペルオキシゲナーゼ、アリールエステラーゼ、クチナーゼ、ペクチナーゼ、マンナナーゼ及びデオキシリボヌクレアーゼなどの多くの様々な種類の酵素が、様々な種類の汚れを洗浄するために洗剤配合者にとって利用可能である。 Lipase, protease, amylase, cellulase, peroxygenase, aryl esterase, cutinase, pectinase, many different types of enzymes such as mannanase and deoxyribonuclease are available to detergent formulators for cleaning various types of stains is there. しかし、経時的に蓄積する傾向がある強固な汚れの除去を改善する、及び/又は悪臭のリスクを軽減する洗浄及び/又は処理組成物が依然として必要とされている。 However, to improve the removal of solid dirt tend over time accumulate and / or cleaning and / or treatment compositions that reduce the risk of malodor are still needed.

本発明は、以下の工程を含む生地を処理する方法に関する: The present invention relates to a method of treating a fabric comprising the following steps:
(i)疎水性変性された生地を提供する工程と、 (I) providing a hydrophobically modified fabric,
(ii)工程(i)の生地を、ヌクレアーゼ酵素、好ましくは、デオキシリボヌクレアーゼ又はリボヌクレアーゼ酵素を含む水溶液と接触させ、任意に当該生地をすすぎ、乾燥させる工程。 Fabrics (ii) step (i), a nuclease enzyme, preferably, is contacted with an aqueous solution containing a DNase or RNase enzyme, optionally rinsing the fabric, drying.

また、本発明は、工程(i)の仕上げされた生地を、ヌクレアーゼ酵素、好ましくは、デオキシリボヌクレアーゼ又はリボヌクレアーゼ酵素を含む水溶液と接触させる、後続の水性洗濯工程においてヌクレアーゼ酵素の付着を増加させるために、未処理の生地表面に比べて生地表面の疎水性を増大させる仕上げ工程の使用に関する。 Further, the present invention is that the finished dough of step (i), a nuclease enzyme, preferably, is contacted with an aqueous solution containing a DNase or RNase enzymes, in order to increase the adhesion of the nuclease enzyme in the subsequent aqueous washing process relates to the use of the finishing step of increasing the hydrophobicity of the fabric surface as compared to the untreated fabric surface. 好ましくは、洗浄及び/又は処理組成物の形態の、ヌクレアーゼ酵素を含む洗濯用洗浄及び/又は処理組成物を添加することによって、ヌクレアーゼ酵素を含む水溶液が提供される。 Preferably, in the form of cleaning and / or treatment composition, by adding a laundry washing and / or treatment compositions comprising a nuclease enzyme, an aqueous solution containing a nuclease enzyme is provided. 好ましくは、洗浄及び/又は処理組成物は、水に、水溶性単位用量パウチ、好ましくは、多区画単位用量製品の形態である。 Preferably, cleaning and / or treatment composition, of water, water-soluble unit dose pouch, preferably in the form of multi-compartment unit dose product.

本発明の更なる態様によれば、本明細書に定義するヌクレアーゼ酵素とGH20ファミリーのグリコシルヒドロラーゼ、好ましくは、E. According to a further aspect of the present invention, glycosyl hydrolase of nuclease enzyme and GH20 family as defined herein, preferably, E. C. C. 3.2.1.52のβ−N−アセチルグルコサミニダーゼとを含む洗浄及び/又は処理組成物が提供される。 Cleaning and / or treatment compositions comprising a beta-N-acetylglucosaminidase 3.2.1.52 is provided.

定義 本明細書で使用するとき、用語「アルコキシ」は、C1〜C8アルコキシ、及びブチレンオキシド、グリシドールオキシド、エチレンオキシド又はプロピレンオキシドなどの繰り返し単位を有するポリオールのC1〜C8アルコキシ誘導体を含むことを意図する。 Definitions As used herein, the term "alkoxy" is intended to include C1~C8 alkoxy, and butylene oxide, glycidol oxide, a C1~C8 alkoxy derivatives of polyols having repeating units such as ethylene oxide or propylene oxide .

本明細書で使用するとき、別途記載のない限り、用語「アルキル」及び「アルキル末端保護」は、C1〜C18アルキル基、又は更にはC1〜C6アルキル基を含むことを意図する。 As used herein, unless otherwise noted, the term "alkyl" and "alkyl end protected", C1 - C18 alkyl group, or even intended to include a C1~C6 alkyl group.

本明細書で使用するとき、別途記載のない限り、用語「アリール」は、C3〜C12アリール基を含むことを意図する。 As used herein, unless otherwise noted, the term "aryl" is intended to include C3~C12 aryl group.

本明細書で使用するとき、別途記載のない限り、用語「アリールアルキル」及び「アルカリール」は等価であり、それぞれ、典型的にはC1〜C18アルキル基及び一態様ではC1〜C6アルキル基を有する、芳香族部分に結合しているアルキル部分を含む基を含むことを意図する。 As used herein, unless otherwise noted, the term "arylalkyl" and "alkaryl" are equivalent, respectively, typically in C1~C18 alkyl group and one aspect a C1~C6 alkyl group a, it is intended to include a group containing an alkyl moiety attached to an aromatic moiety.

本明細書において、用語「エチレンオキシド」、「プロピレンオキシド」及び「ブチレンオキシド」は、それぞれ、これらの典型的な表記である「EO」、「PO」及び「BO」で示される場合がある。 As used herein, the term "ethylene oxide", "propylene oxide" and "butylene oxide", respectively, is their typical designation "EO" may be indicated by "PO" and "BO".

本明細書で使用するとき、用語「洗浄及び/又は処理組成物」は、別途記載のない限り、顆粒、粉末、液体、ゲル、ペースト、1回用量、バー形態及び/又はフレークタイプの洗浄剤及び/又は布地処理組成物を含み、布地を洗濯するための製品、布地用柔軟化組成物、布地強化組成物、布地フレッシュニング組成物、及び布地をケア及びメンテナンスするための他の製品、並びにこれらの組み合わせが挙げられるが、これらに限らない。 As used herein, the term "cleaning and / or treatment composition", unless otherwise granules, powders, liquids, gels, pastes, unit dose, bar form and / or flake type washing agents and / or includes a fabric treatment composition, product for laundering a fabric, the fabric for softening compositions, fabric-reinforced compositions, fabric freshening compositions, and other products for care and maintenance of the fabric, and combinations including but not limited to. このような組成物は、洗浄工程の前に用いるための前処理組成物であっても、すすぎ添加用組成物、並びに漂白添加剤及び/又は「シミ取りスティック」、又は前処理組成物、又は乾燥機添加用シートなどの基材を有する製品などの洗浄助剤であってもよい。 Such composition may be a pre-treatment composition for use prior to the washing step, additives for rinse composition, as well as bleach additives and / or "stain removal sticks", or pre-treatment composition, or it may be a cleaning aid, such as the product having a substrate such as a dryer added sheet.

本明細書で使用するとき、「セルロース基材」は、100重量%のセルロース、又は少なくとも20重量%、若しくは少なくとも30重量%、若しくは少なくとも40重量%、若しくは少なくとも50重量%、若しくは更には少なくとも60重量%のセルロースを含む任意の基材を含むことを意図する。 As used herein, "cellulosic substrate" 100% by weight of cellulose, or at least 20 wt%, or at least 30 wt%, or at least 40 wt%, or at least 50 wt%, or even at least 60 It is intended to include any substrate containing by weight percent cellulose. セルロースは、木材、綿、亜麻布、黄麻及び麻布に見出すことができる。 Cellulose can be found wood, cotton, linen, and jute and linen. セルロース基材は、粉末、繊維、パルプの形態、並びに粉末、繊維及びパルプから形成される物品の形態であってよい。 Cellulosic substrates include powders, fibers in the form of pulp, as well as powder, may be in the form of an article formed from fibers and pulp. セルロース繊維としては、綿、レーヨン(再生セルロース)、アセテート(酢酸セルロース)、トリアセテート(三酢酸セルロース)及びこれらの混合物が挙げられるが、これらに限定されない。 The cellulose fibers, cotton, rayon (regenerated cellulose), acetate (cellulose acetate), triacetate (cellulose triacetate) and mixtures thereof, without limitation. 典型的には、セルロース基材は、綿を含む。 Typically, the cellulose substrate comprises cotton. セルロース繊維から形成される物品としては、布地などの生地物品が挙げられる。 The articles formed from cellulose fibers, fabrics articles such as fabrics. パルプから形成される物品としては、紙が挙げられる。 The articles formed from the pulp, paper and the like.

本明細書で使用するとき、用語「最大吸光係数」は、400ナノメートル〜750ナノメートルの範囲における最大吸光度の波長(本明細書では最大波長とも称する)におけるモル吸光係数を表すことを意図する。 As used herein, the term "maximum extinction coefficient" is intended to represent a molar extinction coefficient at the maximum absorbance wavelength (also referred to herein as the maximum wavelength) in a range of 400 nanometers to 750 nanometers .

本明細書で使用するとき、「平均分子量」は、分子量分布によって求めたときの平均分子量として記録し、製造プロセスの結果、本明細書に開示するポリマーは、そのポリマー部分に繰り返し単位の分布を有し得る。 As used herein, "average molecular weight" is recorded as the average molecular weight when determined by the molecular weight distribution, a result of the manufacturing process, polymers disclosed herein, the distribution of the repeating units in the polymer portion It may have.

本明細書で使用するとき、用語「変異体」とは、野生型又は参照配列とは異なるアミノ酸配列を含有するポリペプチドを指す。 As used herein, the term "variant" refers to a polypeptide having the amino acid sequence differs from the wild type or reference sequence. 変異体ポリペプチドは、参照又は野生型ヌクレオチド配列に対するヌクレオチドの欠失、挿入又は置換によって、上記の野生型又は参照配列とは異なり得る。 Variant polypeptides nucleotide deletion with respect to the reference or wild-type nucleotide sequences, by insertion or substitution may differ from the above wild-type or reference sequence. 参照又は野生型配列は、完全長ネイティブポリペプチド配列又は完全長ポリペプチド配列の任意の他の断片であってよい。 Reference or wild type sequence may be any other fragment of a full-length native polypeptide sequence or the full-length polypeptide sequence. ポリペプチド変異体は、一般的に、参照配列と少なくとも約70%のアミノ酸配列同一性を有するが、参照配列と約75%のアミノ酸配列同一性、参照配列と約80%のアミノ酸配列同一性、参照配列と約85%のアミノ酸配列同一性、参照配列と約86%のアミノ酸配列同一性、参照配列と約87%のアミノ酸配列同一性、参照配列と約88%のアミノ酸配列同一性、参照配列と約89%のアミノ酸配列同一性、参照配列と約90%のアミノ酸配列同一性、参照配列と約91%のアミノ酸配列同一性、参照配列と約92%のアミノ酸配列同一性、参照配列と約93%のアミノ酸配列同一性、参照配列と約94%のアミノ酸配列同一性、参照配列と約95%のアミノ酸配列同一性、参照配列と約96%のアミノ酸配列同一性、参照配列と約9 Polypeptide variants generally have at least about 70% amino acid sequence identity with the reference sequence, reference sequence about 75% amino acid sequence identity, reference sequence about 80% amino acid sequence identity, reference sequence about 85% amino acid sequence identity, reference sequence about 86% amino acid sequence identity, reference sequence about 87% amino acid sequence identity to a reference sequence of about 88% amino acid sequence identity to a reference sequence When about 89% amino acid sequence identity, reference sequence about 90% amino acid sequence identity, reference sequence about 91% amino acid sequence identity, reference sequence about 92% amino acid sequence identity, reference sequence about 93% amino acid sequence identity, reference sequence about 94% amino acid sequence identity, reference sequence about 95% amino acid sequence identity, reference sequence about 96% amino acid sequence identity to a reference sequence of about 9 %のアミノ酸配列同一性、参照配列と約98%のアミノ酸配列同一性、参照配列と約98.5%のアミノ酸配列同一性、又は参照配列と約99%のアミノ酸配列同一性を含んでいてもよい。 % Amino acid sequence identity, reference sequence about 98% amino acid sequence identity, reference sequence about 98.5% amino acid sequence identity, or reference sequence may contain about 99% amino acid sequence identity good.

本明細書で使用するとき、請求項において使用される「a」及び「an」などの冠詞は、請求又は記載されているものが1つ以上であることを意味すると理解される。 As used herein, the articles such as "a" and "an" as used in the claims, what is claimed or described is understood to mean that one or more.

本明細書で使用するとき、用語「含む(「include/s」及び「including」)」は非限定的であることを意味する。 As used herein, the term "comprising (" the include / s "and" including ")" means to be non-limiting.

本明細書において使用するとき、用語「固体」は、顆粒、粉末、バー及び錠剤の製品形態を含む。 As used herein, the term "solid" includes granules, powders, product forms of the bars and tablets.

本発明で使用する場合、用語「流体」は、液体、ゲル、ペースト及び気体の製品形態を含む。 When used in the present invention, the term "fluid" includes liquids, gels, products form of a paste and gases.

特に明記しない限り、成分又は組成物のレベルは全て、当該成分又は組成物の活性部分に関するものであり、このような成分又は組成物の市販の供給源に存在し得る不純物、例えば、残留溶媒又は副生成物は除外される。 Unless otherwise stated, all levels of the components or the composition are intended to the active portion of that component or composition, commercially available impurities that may be present in the source of such components or compositions, for example, residual solvents or by-products are excluded.

全ての百分率及び比率は、特に指示がない限り、重量で計算される。 All percentages and ratios unless otherwise indicated, are calculated by weight. 全ての百分率及び比率は、特に指示がない限り、全組成物に基づいて計算される。 All percentages and ratios are calculated unless otherwise indicated, based on the total composition.

疎水性変性された生地 疎水性変性された生地は、未処理の生地表面に比べて生地表面の疎水性を増大させる仕上げ処理が施された生地である。 Hydrophobically modified fabric hydrophobically modified fabric is a fabric finishing process for increasing the hydrophobicity of the fabric surface as compared to the untreated fabric surface has been subjected. 疎水性は、生地表面の水接触角を測定することによって決定することができる。 Hydrophobicity can be determined by measuring the water contact angle of the fabric surface. 「水接触角」とは、液相−気相界面が固体表面と接触する、液体を通して測定される角度を意味する。 The "water contact angle", liquid - air interface is in contact with the solid surface, means an angle that is measured through the liquid. 水接触角は、液体による固体表面の濡れ性を定量する。 Water contact angle, to quantify the wettability of a solid surface by a liquid. 接触角は、液体及び固体の各分子が同じ種類の分子とどの程度強力に相互作用するかに対して、液体及び固体の分子が互いにどの程度強力に相互作用するかを反映している。 The contact angle, with respect to either the molecules of the liquid and solid how strongly interact with the same type of molecules, the molecules of the liquid and solid reflects the degree strongly or interact with each other. 綿などの多くの親水性の高い表面では、水滴は0°〜30°の接触角を示す。 In many highly hydrophilic surface such as cotton, water droplets show a contact angle of 0 ° to 30 °. 一般的に、水接触角が90°よりも大きい場合、固体表面は疎水性であると考えられる。 Generally, when the water contact angle is greater than 90 °, the solid surface is considered to be hydrophobic. 分析プロトコールは、水滴を表面上に置き、例えばKruss(Hamburg,Germany)製のものなど、この目的のために利用可能な多くの市販機器のうちの1つを用いて、滴形状分析を通して界面の角度を測定する、接触角測定である。 Analysis protocol drop of water was placed on the surface, for example Kruss (Hamburg, Germany) such as those manufactured by using one of a number of commercially available equipment for this purpose, the interface through drop shape analysis the angle measured is the contact angle measurements. 従うべき具体的な標準化プロトコールは、米国材料試験協会によって規定されている(プロトコールASTM D7334−08)。 Specific standardized protocols to be followed, which is defined by the American Society for Testing and Materials (protocol ASTM D7334-08).

好ましくは、疎水変性によって、少なくとも20°、又はより好ましくは少なくとも30°、水接触角が増大する。 Preferably, the hydrophobically modified, at least 20 °, or more preferably at least 30 °, the water contact angle increases. 上記の方法に従って測定したとき、仕上げ工程後の生地表面の水接触角は、好ましくは少なくとも50°、又は少なくとも60°、又は少なくとも70°、又は少なくとも80°又は更には少なくとも90°である。 When measured according to the method described above, the water contact angle of the dough surface after the finishing process, preferably at least 50 °, or at least 60 °, or at least 70 °, or at least 80 °, or even at least 90 °.

好ましい生地は、好ましくは綿を含むセルロース基材を含む。 Preferred fabric preferably comprises a cellulosic substrate comprising cotton. 好ましくは、セルロース基材は、少なくとも40重量%のセルロース、好ましくは少なくとも50重量%又は少なくとも60重量%のセルロースを含む。 Preferably, the cellulose substrate comprises at least 40 wt% cellulose, preferably at least 50 wt%, or at least 60 wt% cellulose. 疎水変性工程は、典型的には、布地に成形する前に生地の繊維又は糸の表面に、又は布地の形態の生地表面に適用される化学的表面処理によって提供される。 Hydrophobically modified process is typically provided by a chemical surface treatment applied to the fiber or surface of the yarn of the fabric, or the fabric surface of the fabric form prior to forming the fabric. 生地表面の疎水性を増大させる、汚れ放出剤、防汚剤、熱調節剤、柔軟剤、難燃剤、帯電防止剤、縮み抑制剤、パーマネントプレスコーティング、自己洗浄剤及び防臭剤から選択される化学的仕上げによって、疎水性変性され得る。 Increases the hydrophobicity of the fabric surface, soil release agents, soil release agents, thermal modifiers, softeners, flame retardants, antistatic agents, shrinkage inhibitors, permanent press coating, chemical selected from the self-cleaning agent and deodorant the finishing may be hydrophobically modified.

カチオン性化合物、シリコーン、パラフィン、フッ素化化合物及びこれらの混合物からなる群から選択されるコーティングを塗布することによって、生地表面を疎水性変性することができる。 Cationic compounds, silicones, paraffins, by applying a coating selected from the group consisting of fluorinated compounds and mixtures thereof, can be hydrophobically modified fabric surface. 化学的修飾は、酵素による処理を含み得る。 Chemical modification can include treatment with the enzyme.

化学的修飾は、パディング、染着、コーティング、噴霧、泡塗布及びプラズマ化学気相成長などの従来の生地処理法のいずれかを用いてよい。 Chemical modification, padding, dyeing, coating, spraying, or using any conventional dough processing methods such as foam application, and the plasma chemical vapor deposition. ナノテクノロジーを用いてもよい。 It may be used nanotechnology.

好ましくは、仕上げ工程では、カチオン性化合物及び/若しくはシリコーン化合物及び/若しくはフルオロカーボン及び/若しくはパラフィン、又はこれらの混合物の付着によって、生地表面が化学的に修飾される。 Preferably, in the finishing process, the deposition of the cationic compound and / or silicone compounds and / or fluorocarbons and / or paraffin, or mixtures thereof, the fabric surface is chemically modified. 好適な疎水性仕上げの例は、Paul,R. Examples of suitable hydrophobic finish, Paul, R. 、Functional Finishes for Textiles、第1版、Elsevier、2014年、ISBN−9780857098399の第4章及び第13章に記載されている。 , Functional Finishes for Textiles, 1st edition, Elsevier, 2014 years, are described in Chapter 4 and Chapter 13, ISBN-9,780,857,098,399.

これらとしては、カチオン性柔軟剤(例えば、アミン塩、イミダゾリン、エステル第四級アンモニウム化合物)、非イオン性柔軟剤(例えば、ポリエチレン、グリセロールモノステアレート、脂肪酸のエトキシレート、脂肪族アミン、ヒマシ油、脂肪族アルコール、脂肪族エステル)、シリコーン柔軟剤(例えば、ポリジメチルシロキサン(PDMS)、ポリメチルハイドロジェンシロキサン(PMHS)、アミノ官能性シリコーン、エポキシシリコーン及びアミドシリコーン、並びにこれらの混合物などの柔軟仕上げが挙げられる。 These include cationic softening agent (e.g., amine salts, imidazoline, ester quaternary ammonium compounds), non-ionic softeners (e.g., polyethylene, glycerol monostearate, fatty acid ethoxylates, fatty amine, castor oil , aliphatic alcohols, aliphatic esters), silicone softener (for example, polydimethylsiloxane (PDMS), polymethyl hydrogen siloxane (PMHS), amino-functional silicone, epoxy silicone and amide silicone, as well as flexibility of a mixture thereof finishing, and the like.

他の疎水性仕上げとしては、従来の浸漬及びパディングプロセスによって適用され得る仕上げ剤を得るために溶解又は分散させなければならないフルオロカーボンが挙げられる。 Other hydrophobic finish, fluorocarbons must be dissolved or dispersed in order to obtain a finish which can be applied by conventional dipping and padding process and the like. フルオロカーボンは、例えば、ペルフルオロ化アルキル側鎖を有するポリマーの使用を通して、撥水性及び撥油性の両方を得るために用いることができる。 Fluorocarbons, for example, through the use of polymers having perfluorinated alkyl side chains, can be used to obtain both water repellency and oil repellency. アンカー基として作用する様々な基で修飾されたペルフルオロ化アルキルシランは、綿などの親水性ヒドロキシル基担持繊維上に固定するために用いることができる。 Perfluorinated alkyl silanes modified with various groups which act as anchor groups can be used to secure on the hydrophilic hydroxyl group-bearing fibers, such as cotton.

また、疎水性仕上げは、プラズマ重合及びスパッタリングなどのプラズマ処理を用いて行うこともできる。 Further, the hydrophobic finish can also be performed using a plasma process such as plasma polymerization and sputtering. プラズマ重合において疎水性効果を生み出すために用いられる典型的なモノマーは、ヘキサメチルジシロキサン、ビニルトリメチルシラン及び2−(ペルフルオロヘキシル)エチルアクリレートである。 Typical monomers used to produce the hydrophobic effect in the plasma polymerization is hexamethyldisiloxane, vinyl trimethylsilane, and 2- (perfluorohexyl) ethyl acrylate.

生地の繊維にナノ構造を導入した結果を、疎水性仕上げを得るために用いることもでき、それによって、金属、セラミック又はガラスなどのナノ構造化表面を有する他の基材と同様に、高い接触角が得られる。 The results in the fibers of the fabric was introduced nanostructures, also can be used to obtain a hydrophobic finish, thereby the metal, as well as other substrate having a nano-structured surface, such as ceramic or glass, high contact the corner is obtained. これら表面は、超疎水性表面又は自己洗浄表面とも呼ばれる。 These surfaces are also referred to as super-hydrophobic surfaces or self-cleaning surfaces. シリカ粒子、銀粒子及び炭酸カルシウム(CaCO3)を用いて、ナノ構造化生地を得ることができる。 Silica particles, using silver particles and calcium carbonate (CaCO3), can be obtained nanostructured material. これら無機材料は、疎水性成分としてポリ(グリシジルメタクリレート)(PGMA)及びポリ(スチレン−b−エチレン−コ−ブチレン−b−スチレン)(SEBS)などのポリマーと併用される。 These inorganic materials include poly as the hydrophobic component (glycidyl methacrylate) (PGMA) and poly used in combination with polymers such as (styrene -b- ethylene - butylene -b- styrene - co) (SEBS).

他の好適な疎水性仕上げ剤としては、デンドリマー、カーボンナノチューブ、ヒドロホビン及びゾル−ゲル物質が挙げられる。 Other suitable hydrophobic finish, dendrimers, carbon nanotubes, hydrophobin and sol - gel materials and the like.

好適な市販の生地仕上げの具体例としては、フッ素化格子(例えば、Foraperle(商標)503;F−503、Elf Atochem製、Oleophobol(商標)C;Ol−C、Huntsman製)、フルオロカーボン(例えば、Oleophobol(商標)SL−A;7713/SM、Huntsman製)、フルオロアルキル官能性ポリシロキサン(例えば、Dynasylan(商標)F8815、Evonik製)、ペルフルオロアクリルコポリマー(例えば、Repellan(商標)EM;EPF;NFC、Pulcra製)、従来のフルオロカーボン−CF8ケミストリー(例えば、RUCO−Guard(商標)AFR、Rudolf GmbH製)、フルオロカーボン(例えば、Fluorepel( Examples of suitable commercially available fabric finishing, fluorinated grating (e.g., Foraperle (TM) 503; F-503, Elf Atochem Ltd., Oleophobol (TM) C; Ol-C, manufactured by Huntsman), fluorocarbons (e.g., Oleophobol (TM) SL-A; 7713 / SM, manufactured by Huntsman), fluoroalkyl-functional polysiloxane (e.g., Dynasylan (TM) F8815, manufactured by Evonik), perfluorinated acrylic copolymers (e.g., Repellan (TM) EM; EPF; NFC , manufactured by Pulcra), conventional fluorocarbons -CF8 chemistry (e.g., RUCO-Guard (TM) AFR, manufactured by Rudolf GmbH), fluorocarbons (e.g., Fluorepel ( 標)OWS、Cytonix製、Dipolit(商標)97105、Oztek Stampa Textile Company製、Nuva(商標)2110、Archroma製、RUCOSTAR(商標)ACT6、Rudolf GmbH製)、フルオロカーボン樹脂(例えば、Asahi Guard(商標)AG−480、Asahi製、Anthydrin(商標)、Zschimmer & Schwarz製)、及びデンドリマー(例えば、RUCO−DRY ECO(商標)、Rudolf GmbH製)が挙げられる。 Mark) OWS, Cytonix made, Dipolit (TM) 97105, Oztek Stampa Textile Company Ltd., Nuva (TM) 2110, Archroma made, RUCOSTAR (TM) ACT6, Rudolf manufactured GmbH), fluorocarbon resins (e.g., Asahi Guard (TM) AG -480, Asahi manufactured, Anthydrin (TM), Zschimmer & manufactured Schwarz), and dendrimers (e.g., RUCO-DRY ECO (TM), Rudolf manufactured GmbH) and the like.

本発明の発明者らは、驚くべきことに、生地表面の疎水性を増大させることによってヌクレアーゼ酵素の付着が増加して、有効性が増大することを見出した。 The inventors of the present invention, surprisingly, been an increase in the adhesion of nuclease enzymes by increasing the hydrophobicity of the fabric surface was found that efficacy is increased.

生地表面が未処理の生地表面に比べて増大した疎水性を保持している限り、任意に、仕上げ処理された生地表面を第2の工程前に洗浄及びすすいでもよい。 As long as the fabric surface retains the increased hydrophobicity compared to untreated fabric surface, optionally, may be finished treated fabric surface cleaning and rinsed before the second step.

疎水性変性された生地を、ヌクレアーゼ酵素を含む水溶液と接触させる。 The hydrophobically modified fabric is contacted with an aqueous solution containing a nuclease enzyme. 水溶液は、ヌクレアーゼ酵素のみを含んでいてよい。 Aqueous solution may include only nuclease enzymes. しかし、好ましくは、水溶液は、界面活性剤、好ましくは0.005g/L〜5g/L、又は0.1〜3g/L若しくは2g/Lの界面活性剤を更に含んでいてもよい。 However, preferably, the aqueous solution, a surfactant, preferably 0.005 g / L to 5 g / L, or may further contain 0.1 to 3 g / L or 2 g / L of surfactant. 好ましくは、洗濯工程において、ヌクレアーゼ酵素を含有する洗濯用洗浄及び/又は処理組成物を水に添加することによって、ヌクレアーゼ酵素を含む水溶液が提供される。 Preferably, in the washing step, by a laundry washing and / or treatment compositions comprising a nuclease enzyme is added to the water, an aqueous solution containing a nuclease enzyme is provided. 洗浄及び/又は処理組成物は、ヌクレアーゼ酵素に加えて、下記のこのような洗浄及び/又は処理組成物から追加の補助物質のいずれかを含む。 Cleaning and / or treatment composition, in addition to the nuclease enzyme, including any additional auxiliary substances from such cleaning and / or treatment compositions of the following.

ヌクレアーゼ酵素 ヌクレアーゼ酵素は、核酸のヌクレオチドサブユニット間のホスホジエステル結合を切断することができる酵素である。 Nuclease enzyme nuclease enzyme is an enzyme capable of cleaving the phosphodiester bonds between the nucleic acid of the nucleotide subunits. 本明細書におけるヌクレアーゼ酵素は、好ましくは、デオキシリボヌクレアーゼ若しくはリボヌクレアーゼ酵素、又はこれらの機能的断片である。 Nuclease enzymes herein are preferably deoxyribonuclease or ribonuclease enzymes, or their functional fragments. 機能的断片又は部分とは、DNA骨格鎖におけるホスホジエステル結合の切断を触媒するヌクレアーゼ酵素の部分を意味し、したがって、触媒活性を保持する上記のヌクレアーゼタンパク質の領域である。 A functional fragment or moiety, cleavage of phosphodiester bonds in DNA backbone means a moiety of the nuclease enzymes that catalyze, therefore, is a region of the nuclease protein retaining the catalytic activity. したがって、それは、その機能が維持されている酵素及び/又は変異体及び/又は誘導体及び/又はホモログの、切頭されているが機能的なバージョンを含む。 Accordingly, it is an enzyme and / or variants and / or derivatives and / or homolog thereof function is maintained, it has been truncated containing functional version.

好ましくは、ヌクレアーゼ酵素は、デオキシリボヌクレアーゼであり、好ましくは、クラスE. Preferably, nuclease enzymes are DNase, preferably, class E. C. C. 3.1.21. 3.1.21. x(式中、x=1、2、3、4、5、6、7、8又は9)、E. x (where, x = 1,2,3,4,5,6,7,8 or 9), E. C. C. 3.1.22. 3.1.22. y(式中、y=1、2、4又は5)、E. y (where, y = l, 2,4 or 5), E. C. C. 3.1.30. 3.1.30. z(式中、z=1又は2)、E. z (wherein, z = 1 or 2), E. C. C. 3.1.31.1のいずれか、及びこれらの混合物から選択される。 Either 3.1.31.1, and mixtures thereof.

クラスE. Class E. C. C. 3.1.21. 3.1.21. xのヌクレアーゼは、3'ヒドロキシルで切断して、以下のとおり5'ホスホモノエステルを遊離させる。 Nuclease x is 3 'was cut with hydroxyl, following as 5' to liberate phosphonate monoester.

クラスE. Class E. C. C. 3.1.21. 3.1.21. xのヌクレアーゼ酵素、特に、x=1である場合が特に好ましい。 x nuclease enzymes, in particular, if it is x = 1 are particularly preferred.

クラスE. Class E. C. C. 3.1.22. 3.1.22. yのヌクレアーゼは、5'ヒドロキシルで切断して、3'ホスホモノエステルを遊離させる。 Nuclease of y 'was cut with hydroxyl, 3' 5 to liberate phosphonate monoester. クラスE. Class E. C. C. 3.1.30. 3.1.30. zの酵素は、DNA及びRNAの両方に作用して、5'−ホスホモノエステルを遊離させるので、好ましい場合がある。 z enzymes acts on both DNA and RNA, so liberating 5'phosphonate monoester, may be preferred. クラスE. Class E. C. C. 3.1.31.2の好適な例は、米国特許出願公開第2012/0135498(A)号、例えば、その配列番号3に記載されている。 Suitable examples of 3.1.31.2 in US Patent Application Publication No. 2012/0135498 (A) No., for example, described in the SEQ ID NO: 3. このような酵素は、c−LECTAからDENARASE(登録商標)酵素として市販されている。 Such enzymes are commercially available as DENARASE (TM) enzyme from c-LECTA.

クラスE. Class E. C. C. 3.1.31.1のヌクレアーゼ酵素は、3'ホスホモノエステルを生成する。 Nuclease enzymes 3.1.31.1 produces 3 'phosphomonoester.

好ましくは、ヌクレアーゼ酵素は、微生物の酵素を含む。 Preferably, the nuclease enzymes, including enzymes of microorganisms. ヌクレアーゼ酵素は、真菌又は細菌起源であってよい。 Nuclease enzyme may be a fungal or bacterial origin. 細菌ヌクレアーゼが最も好ましい場合がある。 Sometimes bacterial nucleases are most preferred. 真菌ヌクレアーゼが最も好ましい場合がある。 There are cases in which the fungal nuclease is most preferred.

微生物ヌクレアーゼは、バチルス属、例えば、バチルス・リケニフォルミス(Bacillus licheniformis)又はバチルス・ズブチルス(Bacillus subtilis)の細菌ヌクレアーゼなどから得ることができる。 Microorganisms nuclease, Bacillus, for example, can be obtained from such bacterial nucleases Bacillus licheniformis (Bacillus licheniformis) or Bacillus subtilis (Bacillus subtilis). 好ましいヌクレアーゼは、バチルス・リケニフォルミス、好ましくはEI−34−6株から得ることができる。 Preferred nucleases, Bacillus licheniformis, preferably can be obtained from EI-34-6 strain. 好ましいデオキシリボヌクレアーゼは、本明細書における配列番号1に規定するEI−34−6株nucBデオキシリボヌクレアーゼに由来するバチルス・リケニフォルミスの変異体、すなわち、例えば、それに対して少なくとも70%又は75%又は80%又は85%又は90%又は95%、96%、97%、98%、99%又は100%同一であるその変異体である。 Preferred DNase, variant of Bacillus licheniformis derived EI-34-6 strain nucB deoxyribonuclease as defined in SEQ ID NO: 1 herein, i.e., for example, it to at least 70% or 75% or 80% or 85% or 90% or 95%, 96%, 97%, 98%, its variants that are 99% or 100% identical.

他の好適なヌクレアーゼは、本明細書における配列番号2に規定されているか、又は例えば、それに対して少なくとも70%若しくは75%若しくは80%若しくは85%若しくは90%若しくは95%、96%、97%、98%、99%若しくは100%同一であるその変異体である。 Other suitable nucleases, or is defined in SEQ ID NO: 2 herein, or for example, it for at least 70% or 75% or 80% or 85% or 90% or 95%, 96%, 97% , 98%, a variant is 99% or 100% identical. 他の好適なヌクレアーゼは、本明細書における配列番号3に規定されているか、又は例えば、それに対して少なくとも70%若しくは75%若しくは80%若しくは85%若しくは90%若しくは95%、96%、97%、98%、99%若しくは100%同一であるその変異体である。 Other suitable nucleases, or defined in SEQ ID NO: 3 herein, or for example, it for at least 70% or 75% or 80% or 85% or 90% or 95%, 96%, 97% , 98%, a variant is 99% or 100% identical.

真菌ヌクレアーゼは、アスペルギルス属、例えば、アスペルギルス・オリザエ(Aspergillus oryzae)から得ることができる。 Fungal nuclease, Aspergillus, for example, can be obtained from Aspergillus oryzae (Aspergillus oryzae). 好ましいヌクレアーゼは、本明細書における配列番号5に規定されているアスペルギルス・オリザエ、又は例えば、それに対して少なくとも60%若しくは70%若しくは75%若しくは80%若しくは85%若しくは90%若しくは95%、96%、97%、98%、99%若しくは100%同一であるその変異体から得ることができる。 Preferred nucleases, Aspergillus oryzae defined in SEQ ID NO: 5 herein, or for example, at least 60% or 70% or 75% or 80% or 85% or 90% or 95% contrast, 96% it can be obtained from the 97%, 98%, a variant is 99% or 100% identical.

別の好適な真菌ヌクレアーゼは、トリコデルマ属、例えば、トリコデルマ・ハルジアナム(Trichoderma harzianum)から得ることができる。 Another preferred fungi nucleases, Trichoderma, for example, can be obtained from Trichoderma harzianum (Trichoderma harzianum). 好ましいヌクレアーゼは、本明細書における配列番号6に規定されているトリコデルマ・ハルジアナム、又は例えば、それに対して少なくとも60%若しくは70%若しくは75%若しくは80%若しくは85%若しくは90%若しくは95%、96%、97%、98%、99%若しくは100%同一であるその変異体から得ることができる。 Preferred nucleases is defined in SEQ ID NO: 6 herein Trichoderma harzianum, or for example, at least 60% or 70% or 75% or 80% or 85% or 90% or 95% contrast, 96% it can be obtained from the 97%, 98%, a variant is 99% or 100% identical.

他の真菌ヌクレアーゼとしては、アスペルギルス・オリザエRIB40、アスペルギルス・オリザエ3.042、アスペルギルス・フラバス(Aspergillus flavus)NRRL3357、アスペルギルス・パラシティクス(Aspergillus parasiticus)SU−1、アスペルギルス・ノミウス(Aspergillus nomius)NRRL13137、トリコデルマ・リーゼイ(Trichoderma reesei)QM6a、トリコデルマ・ヴィレンス(Trichoderma virens)Gv29−8、オイジオデンドロン・マイウス(Oidiodendron maius)Zn、メタリジウム・ギズホウエンス(Metarhizium guizhouense)ARSEF 977、メタリジウム・マジュス(Metarhizium majus)ARSEF 297、メタリジウム・ロベルトシイ(Metarhizium robertsii)ARSEF 23、メタリジウム・アクリダム(Metarhizium acridum)CQMa 1 Other fungal nuclease, Aspergillus oryzae RIB40, Aspergillus oryzae 3.042, Aspergillus flavus (Aspergillus flavus) NRRL3357, Aspergillus Parashitikusu (Aspergillus parasiticus) SU-1, Aspergillus Nomiusu (Aspergillus nomius) NRRL13137, Trichoderma reesei (Trichoderma reesei) QM6a, Trichoderma Virensu (Trichoderma virens) Gv29-8, Oy Geo dendron-Maius (Oidiodendron maius) Zn, Metarhizium-Gizuhouensu (Metarhizium guizhouense) ARSEF 977, Metarhizium majus (Metarhizium majus) ARSEF 297, Metarhizium · Roberutoshii (Metarhizium robertsii) ARSEF 23, Metarhizium-Akuridamu (Metarhizium acridum) CQMa 1 2、メタリジウム・ブルンネウム(Metarhizium brunneum)ARSEF 3297、メタリジウム・アニソプリアエ(Metarhizium anisopliae)、コレトトリカム・フィオリニアエ(Colletotrichum fioriniae)PJ7、コレトトリカム・サブリネオラ(Colletotrichum sublineola)、トリコデルマ・アトロビリデ(Trichoderma atroviride)IMI 206040、トリポクラジウム・オフィオグロソイド(Tolypocladium ophioglossoides)CBS 100239、ビューベリア・バシアナ(Beauveria bassiana)ARSEF 2860、コレトトリカム・ヒギンシアナム(Colletotrichum higginsianum)、ヒルステラ・ミネソテンシス(Hirsutella minnesotensis)3608、セドスポリウム・アピオステルマム(Scedosporium apiospermum)、ファエオモニエラ・クラミドスポラ(Phaeomoniella chlamydospora)、フサリウム・ベル 2, Metarhizium-Burun'neumu (Metarhizium brunneum) ARSEF 3297, Metarhizium-Anisopuriae (Metarhizium anisopliae), Colletotrichum & Fioriniae (Colletotrichum fioriniae) PJ7, Colletotrichum & Saburineora (Colletotrichum sublineola), Trichoderma atroviride (Trichoderma atroviride) IMI 206040, Tolypocladium Officer-tailed pseudoboehmite (Tolypocladium ophioglossoides) CBS 100239, Byuberia-Bashiana (Beauveria bassiana) ARSEF 2860, Colletotrichum-Higinshianamu (Colletotrichum higginsianum), Hirusutera-Minesotenshisu (Hirsutella minnesotensis) 3608, Sedosuporiumu-Apios Tell Mom (Scedosporium apiospermum), Faeomoniera - Kuramidosupora (Phaeomoniella chlamydospora), Fusarium Bell シリオイデス(Fusarium verticillioides)7600、フサリウム・オキシスポラム(Fusarium oxysporum)特殊型cubense品種4、コレトトリカム・グラミニコラ(Colletotrichum graminicola)M1.001、フサリウム・オキシスポラム(Fusarium oxysporum)FOSC 3−a、フサリウム・アベナセウム(Fusarium avenaceum)、フサリウム・ラングセチアエ(Fusarium langsethiae)、グロスマニア・クラビゲラ(Grosmannia clavigera)kw1407、クラビセプス・プルプレア(Claviceps purpurea)20.1、ベルチシリウム・ロンギスポラム(Verticillium longisporum)、フサリウム・オキシスポラム特殊型cubense品種1、マグナポリテ・オリザエ(Magnaporthe oryzae)70−15、ビューベリア・バシアナ(Beauveria bassiana)D1−5、フサリウム・シュードグラミネアラム Shirioidesu (Fusarium verticillioides) 7600, Fusarium oxysporum (Fusarium oxysporum) subtype cubense race 4, Colletotrichum & Guraminikora (Colletotrichum graminicola) M1.001, Fusarium oxysporum (Fusarium oxysporum) FOSC 3-a, Fusarium Abenaseumu (Fusarium avenaceum) , Fusarium Rangusechiae (Fusarium langsethiae), gross Mania Kurabigera (Grosmannia clavigera) kw1407, Kurabisepusu-purpurea (Claviceps purpurea) 20.1, Beruchishiriumu-Rongisuporamu (Verticillium longisporum), Fusarium oxysporum subtype cubense cultivars 1, Magunaporite oryzae (Magnaporthe oryzae) 70-15, Byuberia-Bashiana (Beauveria bassiana) D1-5, Fusarium shoe Dogura Minea lamb Fusarium pseudograminearum)CS3096、ネオネクトリア・ジチシマ(Neonectria ditissima)、マグナポルチオプシス・ポアエ(Magnaporthiopsis poae)ATCC 64411、コルディセプス・ミリタリス(Cordyceps militaris)CM01、マルソニナ・ブルンネア(Marssonina brunnea)特殊型「multigermtubi」MB_m1、ディアポルテ・アンペリナ(Diaporthe ampelina)、メタリジウム・アルブム(Metarhizium album)ARSEF 1941、コレトトリカム・グロエオスポリオイデス(Colletotrichum gloeosporioides)Nara gc5、マズレラ・ミセトマチス(Madurella mycetomatis)、メタリジウム・ブルンネウム(Metarhizium brunneum)ARSEF 3297、ベルチシリウム・アルファルファエ(Verticillium alfalfae)VaMs. Fusarium pseudograminearum) CS3096, Neonekutoria-Jichishima (Neonectria ditissima), Magna vaginal portion of cervix-flops Sith Poae (Magnaporthiopsis poae) ATCC 64411, Korudisepusu-Miritarisu (Cordyceps militaris) CM01, Marusonina-Burun'nea (Marssonina brunnea) special type "multigermtubi" MB_m1, Deer Porte · Anperina (Diaporthe ampelina), Metarhizium-Arubumu (Metarhizium album) ARSEF 1941, Colletotrichum Gros Eos polio Lee Death (Colletotrichum gloeosporioides) Nara gc5, Mazurera-Misetomachisu (Madurella mycetomatis), Metarhizium-Burun'neumu (Metarhizium brunneum) ARSEF 3297, Beruchishiriumu - alfalfa d (Verticillium alfalfae) VaMs. 102、ガエウマノミセス・グラミニス(Gaeumannomyces graminis)変種tritici R3−111a−1、ネクトリア・ハエマトコッカ(Nectria haematococca)mpVI 77−13−4、ベルチシリウム・ロンギスポラム(Verticillium longisporum)、ベルチシリウム・ダヒリアエ(Verticillium dahliae)VdLs. 102, Gaeumanomisesu graminis (Gaeumannomyces graminis) variant tritici R3-111a-1, Nectria-Haematokokka (Nectria haematococca) mpVI 77-13-4, Beruchishiriumu-Rongisuporamu (Verticillium longisporum), Beruchishiriumu-Dahiriae (Verticillium dahliae) VdLs. 17、トルビエラ・ヘミプテリゲナ(Torrubiella hemipterigena)、ベルチシリウム・ロンギスポラム、ベルチシリウム・ダヒリアエVdLs. 17, Torubiera-Hemiputerigena (Torrubiella hemipterigena), Beruchishiriumu-Rongisuporamu, Beruchishiriumu-Dahiriae VdLs. 17、ボトリチス・シネレア(Botrytis cinerea)B05.10、チャエトミウム・グロボサム(Chaetomium globosum)CBS 148.51、メタリジウム・アニスプリアエ(Metarhizium anisopliae)、ステムフィリウム・リコペルシシ(Stemphylium lycopersici)、スクレロチニア・ボレアリス(Sclerotinia borealis)F−4157、メタリジウム・ロベルトシイARSEF 23、ミセリオフトラ・サーモフィラ(Myceliophthora thermophila)ATCC 42464、ファエオスパエリア・ノドラム(Phaeosphaeria nodorum)SN15、フィアロホラ・アタエ(Phialophora attae)、ウスチラフィノイダエ・ヴィレンス(Ustilaginoidea virens)、ジプロジア・セリアタ(Diplodia seriata)、オフィオストマ・ピセアエ(Ophiostoma piceae)UAMH 11346、シュードジムノアスカス・パンノラム(P 17, Botrytis cinerea (Botrytis cinerea) B05.10, Chaetomiumu-Gurobosamu (Chaetomium globosum) CBS 148.51, Metarhizium-Anisupuriae (Metarhizium anisopliae), stem Fi helium-Rikoperushishi (Stemphylium lycopersici), Sclerotinia Borealis (Sclerotinia borealis) F-4157, Metarhizium-Roberutoshii ARSEF 23, Myceliophthora thermophila (Myceliophthora thermophila) ATCC 42464, file Eos paella-Nodoramu (Phaeosphaeria nodorum) SN15, Phialophora-given (Phialophora attae), Ust Rafi Noi Dae-Virensu (Ustilaginoidea virens) , Jipurojia-Seriata (Diplodia seriata), particular attention is paid to-Piseae (Ophiostoma piceae) UAMH 11346, shoe de Jimuno Asuka vinegar Pan'noramu (P seudogymnoascus pannorum)VKM F−4515(FW−2607)、ビポラリス・オリザエ(Bipolaris oryzae)ATCC 44560、メタリジウム・グイズホウエンス(Metarhizium guizhouense)ARSEF 977、チャエトミウム・サーモフィラムDSM 1495、ペスタロチオプシス・フィシ(Pestalotiopsis fici)W106−1、ビポラリス・ゼイコラ(Bipolaris zeicola)26−R−13、セトスファエリア・ツルシカ(Setosphaeria turcica)Et28A、アルトデルマ・オタエ(Arthroderma otae)CBS 113480、及びピレノホラ・トリチシ−レペンチス(Pyrenophora tritici-repentis)Pt−1C−BFPのDNA配列によってコードされているものが挙げられる。 seudogymnoascus pannorum) VKM F-4515 (FW-2607), Bipolaris oryzae (Bipolaris oryzae) ATCC 44560, Metarhizium-Guizuhouensu (Metarhizium guizhouense) ARSEF 977, Chaetomiumu-thermophilum DSM 1495, Bae Star Loti Opsys-Fishi (Pestalotiopsis fici) W106- 1, Bipolaris-Zeikora (Bipolaris zeicola) 26-R-13, Setosufaeria-Tsurushika (Setosphaeria turcica) Et28A, Arutoderuma-Otae (Arthroderma otae) CBS 113480, and Pyrenophora tritici - Repenchisu (Pyrenophora tritici-repentis) Pt- those that are encoded by DNA sequences of 1C-BFP and the like.

好ましくは、ヌクレアーゼは、単離ヌクレアーゼである。 Preferably, the nuclease is an isolated nuclease.

好ましくは、ヌクレアーゼ酵素は、0.01ppm〜1000ppm、又は0.05若しくは0.1ppm〜750若しくは500ppmのヌクレアーゼ酵素の量で水溶液中に存在する。 Preferably, nuclease enzymes, 0.01Ppm~1000ppm, or present in the aqueous solution in an amount of nuclease enzyme 0.05 or 0.1ppm~750 or 500 ppm.

ヌクレアーゼは、バイオフィルム破壊効果を生じさせることもできる。 Nuclease may also cause biofilm disruption effect.

好ましい組成物では、当該組成物は、E. In a preferred composition, the composition, E. C. C. 3.2.1.52のβ−N−アセチルグルコサミニダーゼ酵素、好ましくは、配列番号4に対して少なくとも70%又は少なくとも75%又は少なくとも80%又は少なくとも85%又は少なくとも90%又は少なくとも95%又は少なくとも96%又は少なくとも97%又は少なくとも98%又は少なくとも99%又は少なくとも100%の同一性を有する酵素を更に含む。 beta-N-acetylglucosaminidase enzyme 3.2.1.52, preferably at least 70% or at least 75% or at least 80% or at least 85% to SEQ ID NO: 4 or at least 90% or at least 95% or at least further comprising 96% or at least 97% or at least 98% or at least 99%, or an enzyme having at least 100% identity.

洗浄及び/又は処理補助物質 水溶液が、ヌクレアーゼ酵素に加えて洗浄及び/又は処理組成物を水に添加することによって提供されるとき、当該洗浄及び/又は処理組成物は、任意の洗浄及び/又は処理補助物質を含む。 Cleaning and / or processing auxiliary substances aqueous solution, when the washing was added to the nuclease enzyme and / or treatment compositions are provided by the addition of water, the cleaning and / or treatment composition, optional washing and / or including the processing auxiliary substances. ヌクレアーゼ酵素は、好ましくは、組成物の0.00001重量%〜約3重量%、約0.0001重量%〜約2重量%、又は更には約0.001重量%〜約1重量%の酵素タンパク質の量で組成物中に存在する。 Nuclease enzyme, preferably 0.00001 wt% to about 3% by weight of the composition, from about 0.0001% to about 2%, or even from about 0.001% to about 1 wt% of enzyme protein present in the composition in an amount of.

好ましくは、本組成物は、E. Preferably, the composition, E. C. C. 3.2.1.52のβ−N−アセチルグルコサミニダーゼ酵素、好ましくは、配列番号4に対して少なくとも70%又は少なくとも75%又は少なくとも80%又は少なくとも85%又は少なくとも90%又は少なくとも95%又は少なくとも96%又は少なくとも97%又は少なくとも98%又は少なくとも99%又は少なくとも100%の同一性を有する酵素を更に含む。 beta-N-acetylglucosaminidase enzyme 3.2.1.52, preferably at least 70% or at least 75% or at least 80% or at least 85% to SEQ ID NO: 4 or at least 90% or at least 95% or at least further comprising 96% or at least 97% or at least 98% or at least 99%, or an enzyme having at least 100% identity. 存在するとき、β−N−アセチルグルコサミニダーゼ酵素は、典型的には、組成物の約0.00001重量%〜約2重量%、約0.0001重量%〜約1重量%、又は更には約0.001重量%〜約0.5重量%の酵素タンパク質の量で存在する。 When present, beta-N-acetylglucosaminidase enzyme is typically from about 0.00001 wt% to about 2% by weight of the composition, from about 0.0001 wt% to about 1% or even from about 0 .001 is present in an amount by weight% to about 0.5 wt% of enzyme protein.

更に好適な助剤は、例えば、洗浄性能を支援若しくは強化するためのもの、例えば柔軟化若しくはフレッシュニングによって、洗浄される基材を処理するためのもの、又は香料、着色剤、非布地陰影染料等と同様に洗剤組成物の審美性を変化させるためのものであってよい。 Further suitable auxiliaries are, for example, intended to help or enhance cleaning performance, for example by softening or freshening, intended for processing being cleaned substrate, or perfumes, colorants, non-textile shading dye it may be for altering the aesthetics of the similarly detergent composition and the like. 好適な補助物質としては、界面活性剤、ビルダー、キレート剤、分散剤、酵素及び酵素安定剤、触媒物質、漂白活性化剤、過酸化水素、過酸化水素源、予形成過酸、ポリマー分散剤、粘土汚れ除去/再付着防止剤、追加の増白剤、抑泡剤、染料、色調染料、香料、香料送達系、構造弾性化剤、布地柔軟剤、担体、ヒドロトロープ、加工助剤、溶媒、追加の染料及び/又は顔料(これらのうちの一部については、以下により詳細に論じる)が挙げられるが、これらに限定されない。 Suitable auxiliary substances, surfactants, builders, chelating agents, dispersing agents, enzymes, and enzyme stabilizers, catalytic materials, bleach activators, hydrogen peroxide, sources of hydrogen peroxide, preformed peracids, polymeric dispersing agents , clay soil removal / anti-redeposition agents, additional brighteners, suds suppressors, dyes, color dyes, perfumes, perfume delivery systems, structure elasticizing agents, fabric softeners, carriers, hydrotropes, processing aids, solvents (for some of these are discussed in more detail below) additional dyes and / or pigments including but not limited to. 以下の開示に加えて、このような他の助剤の好適な例及び使用レベルは、参照によって本明細書に組み込まれる米国特許第5,576,282号、同第6,306,812(B1)号及び同第6,326,348(B1)号に見出される。 In addition to the disclosure below, suitable examples and usage levels of such other auxiliaries, U.S. Patent No. 5,576,282, incorporated herein by reference, the first 6,306,812 (B1 ) item and found in the first 6,326,348 (B1) No..

特に好ましい追加の補助物質は、更なる酵素であってもよい。 Particularly preferred additional auxiliary substances may be further enzyme.

酵素。 enzyme. 好ましくは、本組成物は、1つ以上の追加の酵素を含む。 Preferably, the composition comprises one or more additional enzymes. 好ましい酵素は、洗浄性能及び/又は布地ケア効果をもたらす。 Preferred enzymes results in cleaning performance and / or fabric care benefits. 好適な酵素の例としては、ヘミセルラーゼ、ペルオキシダーゼ、プロテアーゼ、セルラーゼ、キシラナーゼ、リパーゼ、ホスホリパーゼ、エステラーゼ、クチナーゼ、ペクチナーゼ、マンナナーゼ、ペクチン酸リアーゼ、ケラチナーゼ、レダクターゼ、オキシダーゼ、フェノールオキシダーゼ、リポキシゲナーゼ、リグニナーゼ、プルラナーゼ、タンナーゼ、ペントサナーゼ、マラナーゼ、β−グルカナーゼ、アラビノシダーゼ、ヒアルロニダーゼ、コンドロイチナーゼ、ラッカーゼ及びアミラーゼ、又はこれらの混合物が挙げられるが、これらに限定されない。 Examples of suitable enzymes, hemicellulases, peroxidases, proteases, cellulases, xylanases, lipases, phospholipases, esterases, cutinases, pectinases, mannanases, pectate lyase, keratinase, reductase, oxidase, phenoloxidase, lipoxygenase, ligninase, pullulanase, tannase, pentosanases, malanases, beta-glucanases, arabinosidases, hyaluronidase, chondroitinase, laccase, and amylases, or mixtures thereof, without limitation. 追加の酵素の好ましい組み合わせは、好ましくはアミラーゼと共に、プロテアーゼ及びリパーゼを含む。 Preferred combinations of additional enzyme, preferably together with amylases, including proteases and lipases. 本組成物に存在する場合、上記の追加の酵素は、それぞれ、当該組成物の約0.00001重量%〜約2重量%、約0.0001重量%〜約1重量%、又は更には約0.001重量%〜約0.5重量%の酵素タンパク質レベルで存在していてもよい。 When present in the composition, said additional enzyme, respectively, from about 0.00001% to about 2% by weight of the composition, from about 0.0001 wt% to about 1% or even from about 0 .001 may be present in a weight% to about 0.5 wt% of enzyme protein.

プロテアーゼ。 Protease. 好ましくは、本組成物は、1つ以上のプロテアーゼを含む。 Preferably, the composition comprises one or more proteases. 好適なプロテアーゼとしては、メタロプロテアーゼ及びセリンプロテアーゼが挙げられ、例えば、サブチリシン(EC 3.4.21.62)などの中性又はアルカリ性微生物セリンプロテアーゼを含む。 Suitable proteases include include metalloproteases and serine proteases, e.g., subtilisin (EC 3.4.21.62) neutral or alkaline microbial serine proteases, such as. 好適なプロテアーゼとしては、動物、植物又は微生物起源のものが挙げられる。 Suitable proteases, animals, include those of vegetable or microbial origin. 一態様では、このような好適なプロテアーゼは、微生物起源のものであってもよい。 In one aspect, such suitable protease may be of microbial origin. 好適なプロテアーゼとしては、前述の好適なプロテアーゼの化学的又は遺伝的に改変された突然変異体が挙げられる。 Suitable proteases include chemically or genetically modified mutants of suitable proteases described above. 一態様では、好適なプロテアーゼは、アルカリ性微生物プロテアーゼ又は/及びトリプシン型プロテアーゼなどのセリンプロテアーゼであってよい。 In one embodiment, a suitable protease may be a serine protease, such as alkaline microbial protease or / and a trypsin-type protease. 好適な中性又はアルカリ性プロテアーゼの例としては、以下が挙げられる。 Examples of suitable neutral or alkaline proteases, include the following.
(a)米国特許第6,312,936(B1)号、同第5,679,630号、同第4,760,025号、同第7,262,042号、及び国際公開第WO09/021867号に記載されている、バチルス・レンタス(Bacillus lentus)、バチルス・アルカロフィラス(B. alkalophilus)、バチルス・ズブチルス(B. subtilis)、バチルス・アミロリケファシエンス(B. amyloliquefaciens)、バチルス・プミルス(Bacillus pumilus)、及びバチルス・ギブソニイ(Bacillus gibsonii)などのバチルス属由来のものを含むサブチリシン(EC 3.4.21.62)。 (A) U.S. Patent No. 6,312,936 (B1) Nos, the No. 5,679,630, Nos 4,760,025, the No. 7,262,042, and International Publication No. WO09 / 021867 and are, Bacillus lentus (Bacillus lentus) are described in JP, Bacillus alkalophilus (B. alkalophilus), Bacillus subtilis (B. subtilis), Bacillus amyloliquefaciens (B. amyloliquefaciens), Bacillus pumilus (Bacillus pumilus), and Bacillus Gibusonii (Bacillus gibsonii) subtilisin, including those derived from the genus Bacillus, such as (EC 3.4.21.62).
(b)国際公開第89/06270号に記載されているフサリウム属プロテアーゼ、並びに同第05/052161号及び同第05/052146号に記載されているセルロモナス属に由来するキモトリプシンプロテアーゼを含むトリプシン(例えば、ブタ又はウシ起源)などのトリプシン型又はキモトリプシン型プロテアーゼ。 (B) International Publication Fusarium protease described in No. 89/06270, as well as trypsin with chymotrypsin proteases derived from Cellulomonas sp listed in the No. 05/052161 and the No. 05/052146 (e.g. , porcine or bovine origin) trypsin-type or chymotrypsin-type proteases, such as.
(c)国際公開第07/044993(A2)号に記載されているバチルス・アミロリケファシエンスに由来するものを含むメタロプロテアーゼ。 (C) WO 07/044993 (A2) metalloproteases, including those derived from Bacillus amyloliquefaciens is described in JP.

好ましいプロテアーゼとしては、バチルス・ギブソニイ又はバチルス・レンタスに由来するものが挙げられる。 Preferred proteases include those derived from Bacillus Gibusonii or Bacillus lentus.

好適な市販のプロテアーゼ酵素としては、Novozymes A/S(Denmark)によって商標名Alcalase(登録商標)、Savinase(登録商標)、Primase(登録商標)、Durazym(登録商標)、Polarzyme(登録商標)、Kannase(登録商標)、Liquanase(登録商標)、Liquanase Ultra(登録商標)、Savinase Ultra(登録商標)、Ovozyme(登録商標)、Neutrase(登録商標)、Everlase(登録商標)及びEsperase(登録商標)として販売されているもの、Genencor Internationalによって商標名Maxatase(登録商標)、Maxacal(登録商標)、Maxapem(登録商 Suitable commercially available protease enzymes, Novozymes A / S (Denmark) trade name Alcalase by (R), Savinase (TM), Primase (TM), Durazym (TM), Polarzyme (TM), Kannase (R), sold as Liquanase (registered trademark), Liquanase Ultra (TM), Savinase Ultra (TM), Ovozyme (TM), Neutrase (TM), Everlase (R) and Esperase (R) those that are, under the trade name Maxatase by Genencor International (registered trademark), Maxacal (registered trademark), Maxapem (registered trademark 標)、Properase(登録商標)、Purafect(登録商標)、Purafect Prime(登録商標)、Purafect Ox(登録商標)、FN3(登録商標)、FN4(登録商標)、Excellase(登録商標)及びPurafect OXP(登録商標)として販売されているもの、Solvay Enzymesによって商標名Opticlean(登録商標)及びOptimase(登録商標)として販売されているもの、Henkel/Kemiraから入手可能なもの、すなわち、BLAP(以下の変異:S99D+S101R+S103A+V104I+G159Sを有する、米国特許第5,352,604号の図29に示されている配列、以下BLAPと称する)、BLAP R(S3T+V4I+V1 Mark), Properase (TM), Purafect (TM), Purafect Prime (TM), Purafect Ox (TM), FN3 (TM), FN4 (TM), Excellase (R) and Purafect OXP ( those sold under the trademark), those sold under the tradename Opticlean (R) and Optimase (R) by Solvay Enzymes, those available from Henkel / Kemira, namely, BLAP (following mutations: S99D + S101R with a + S103A + V104I + G159S, U.S. Patent No. 5,352,604 No. the sequence shown in Figure 29, hereinafter referred to as BLAP), BLAP R (S3T + V4I + V1 9M+V205I+L217Dを有するBLAP)、BLAP X(S3T+V4I+V205Iを有するBLAP)及びBLAP F49(S3T+V4I+A194P+V199M+V205I+L217Dを有するBLAP)(全てHenkel/Kemira製);並びに花王製のKAP(突然変異A230V+S256G+S259Nを有するバチルス・アルカロフィルスのサブチリシン)が挙げられるか、又は国際公開第2009/149144号、同第2009/149145号、同第2010/56653号、同第2010/56640号、同第2011/072117号、米国特許出願公開第2011/0237487号、国際公開第2011/140316号、同第2012/151480号、欧州特許第2510092 9M + V205I + BLAP with L217D), BLAP X (S3T + V4I + BLAP having V205I) and BLAP F49 (S3T + V4I + A194P + V199M + V205I + L217D BLAP with) (all from Henkel / Kemira); and Kao of KAP (mutant A230V + S256G + S259N subtilisin Bacillus alcalophilus with) or the like, or WO 2009/149144, the No. 2009/149145, the No. 2010/56653, the No. 2010/56640, the No. 2011/072117, U.S. Patent application Publication No. 2011/0237487 Nos., International Publication No. WO 2011/140316, the No. 2012/151480, European Patent No. 2510092 、同第2566960号若しくは同第2705145号に開示されているとおりである。 Is as disclosed in the first 2566960 JP or the No. 2,705,145.

アミラーゼ。 amylase. 好ましくは、本組成物は、アミラーゼを含んでいてよい。 Preferably, the composition may comprise an amylase. 好適なα−アミラーゼとしては、細菌又は真菌起源のものが挙げられる。 Suitable α- amylases include those of bacterial or fungal origin. 化学的に又は遺伝的に改変された突然変異体(変異体)が含まれる。 Chemically or genetically modified mutants (variants) are included. 好ましいアルカリ性α−アミラーゼは、バチルス属の株、例えば、バチルス・リケニフォルミス、バチルス・アミロリケファシエンス、バチルス・ステロサーモフィラス、バチルス・ズブチルス又は他のバチルス属の種、例えばバチルス属の種NCIB12289、NCIB12512、NCIB12513、DSM9375(米国特許第7,153,818号)、DSM12368、DSMZ番号12649、KSM AP1378(国際公開第97/00324号)、KSM K36又はKSM K38(欧州特許第1,022,334号)に由来する。 Preferred alkaline α- amylase strains of Bacillus, e.g., Bacillus licheniformis, Bacillus amyloliquefaciens, Bacillus stearothermophilus, Bacillus subtilis, or other Bacillus species, for example Bacillus spp NCIB12289, NCIB12512, NCIB12513, DSM9375 (US Pat. No. 7,153,818), DSM12368, DSMZ number 12649, KSM AP1378 (WO 97/00324), KSM K36 or KSM K38 (European Patent No. 1,022,334 derived from). 好ましいアミラーゼとしては以下が挙げられる: Preferred amylases include the following:
(a)国際公開第94/02597号、同第94/18314号、同第96/23874号及び同第97/43424号に記載されている変異体、特に国際公開第96/23874号に配列番号2として列挙されている酵素に対して、以下の位置:15、23、105、106、124、128、133、154、156、181、188、190、197、202、208、209、243、264、304、305、391、408及び444のうちの1つ以上が置換されている変異体。 (A) WO 94/02597, the No. 94/18314, variants which have been described in the Nos. 96/23874 item and the second 97/43424, SEQ ID NO particularly WO 96/23874 to enzymatic listed as 2, the following positions: 15,23,105,106,124,128,133,154,156,181,188,190,197,202,208,209,243,264 , variants one or more of 304,305,391,408 and 444 are substituted.
(b)米国特許第5,856,164号、並びに国際公開第99/23211号、同第96/23873号、同第00/60060号及び同第06/002643号に記載されている変異体、特に国際公開第06/002643号に配列番号12として列挙されているAA560酵素に対して、以下の位置: (B) U.S. Pat. No. 5,856,164, and WO 99/23211, the No. 96/23873, variants which have been described in the Nos. 00/60060 item and the second 06/002643, especially for AA560 enzyme listed as SEQ ID NO: 12 in WO 06/002643, the following positions:
26、30、33、82、37、106、118、128、133、149、150、160、178、182、186、193、203、214、231、256、257、258、269、270、272、283、295、296、298、299、303、304、305、311、314、315、318、319、339、345、361、378、383、419、421、437、441、444、445、446、447、450、461、471、482、484のうちの1つ以上が置換されている変異体、好ましくはD183 及びG184 の欠失も含有する変異体。 26,30,33,82,37,106,118,128,133,149,150,160,178,182,186,193,203,214,231,256,257,258,269,270,272, 283,295,296,298,299,303,304,305,311,314,315,318,319,339,345,361,378,383,419,421,437,441,444,445,446, variants in which one or more are replaced one of 447,450,461,471,482,484, preferably D183 * and G184 * mutant deletions also contains the.
(c)国際公開第06/002643号における配列番号4、バチルス属SP722由来の野生型酵素と少なくとも90%の同一性を示す変異体、特に183及び184位に欠失を有する変異体、並びに参照によって本明細書に組み込まれる国際公開第00/60060号に記載されている変異体。 (C) WO 06/002643 SEQ number in No. 4, mutants exhibiting wild-type enzyme and at least 90% identity from Bacillus SP722, mutants with deletions in particular 183 and 184 of, as well as reference variants described in WO 00/60060, incorporated herein by.
(d)バチルス属の種707(米国特許第6,093,562号の配列番号7)由来の野生型酵素と少なくとも95%の同一性を示す変異体、特に以下の変異:M202、M208、S255、R172及び/又はM261のうちの1つ以上含をむもの。 (D) (SEQ ID NO: 7 of U.S. Pat. No. 6,093,562) Bacillus sp 707 mutants show the wild-type enzyme and at least 95% identity from, in particular the following mutations: M202, M208, S255 , R172 and / or one of the M261 one or more including ones. 好ましくは、上記のアミラーゼは、M202L、M202V、M202S、M202T、M202I、M202Q、M202W、S255N及び/又はR172Qのうちの1つ以上を含む。 Preferably said amylase comprises M202L, M202V, M202S, M202T, M202I, M202Q, M202W, one or more of S255N and / or R172Q. 特に好ましいのは、M202L又はM202T突然変異を含むものである。 Particularly preferred are those comprising M202L or M202T mutations.
(e)国際公開第09/149130号に記載されている変異体、好ましくは国際公開第09/149130号の配列番号1又は配列番号2と少なくとも90%の同一性を示す変異体、ゲオバチルス・ステアロフェルモフィルス(Geobacillus Stearophermophiluss)に由来する野生型酵素又はその切頭バージョン。 (E) WO variants described in No. 09/149130, variants preferably at least 90% identity to SEQ ID NO: 1 or SEQ ID NO: 2 of WO 09/149130, Geobacillus steer wild-type enzyme or a truncated version derived from the Russian Fermo Filth (Geobacillus Stearophermophiluss).
(f)欧州特許第2540825号及び同第2357220号、同第2534233号に記載されている変異体。 (F) European Patent No. and the No. 2357220 2540825, variants listed in Nos. No. 2,534,233. (g)国際公開第2009100102号及び同第2010115028号に記載されている変異体。 (G) WO 2009100102 and variants are described in the No. 2010115028.

好適な市販のα−アミラーゼとしては、DURAMYL(登録商標)、LIQUEZYME(登録商標)、TERMAMYL(登録商標)、TERMAMYL ULTRA(登録商標)、NATALASE(登録商標)、SUPRAMYL(登録商標)、STAINZYME(登録商標)、STAINZYME PLUS(登録商標)、FUNGAMYL(登録商標)及びBAN(登録商標)(Novozymes A/S(Bagsvaerd,Denmark))、KEMZYM(登録商標)AT 9000(Biozym Biotech Trading GmbH(Wehlistrasse 27b A−1200 Wien Austria)、RAPIDASE(登録商標)、PURASTAR(登録商標)、ENZYSIZE(登録商標) Suitable commercially available α- amylase, DURAMYL (TM), LIQUEZYME (registered trademark), TERMAMYL (TM), TERMAMYL ULTRA (R), NATALASE (TM), SUPRAMYL (registered trademark), STAINZYME (registered R), STAINZYME PLUS (R), FUNGAMYL (R) and BAN (TM) (Novozymes A / S (Bagsvaerd, Denmark)), KEMZYM (TM) AT 9000 (Biozym Biotech Trading GmbH (Wehlistrasse 27b A- 1200 Wien Austria), RAPIDASE (registered trademark), PURASTAR (registered trademark), ENZYSIZE (registered trademark) 、OPTISIZE HT PLUS(登録商標)、POWERASE(登録商標)及びPURASTAR OXAM(登録商標)(Genencor International Inc.,(Palo Alto,California);並びにKAM(登録商標)(花王株式会社(日本、103−8210、東京都中央区日本橋茅場町1丁目14−10))が挙げられる。一態様では、好適なアミラーゼとしては、NATALASE(登録商標)、STAINZYME(登録商標)及びSTAINZYME PLUS(登録商標)、並びにこれらの混合物が挙げられる。 , OPTISIZE HT PLUS (registered trademark), POWERASE (registered trademark) and PURASTAR OXAM (registered trademark) (Genencor International Inc, (Palo Alto, California);. And KAM (registered trademark) (Kao Corporation (Japan, 103-8210 in the Nihonbashi Kayabacho 1-chome 14-10)) can be mentioned. one aspect, suitable amylases, NATALASE (TM), STAINZYME (R) and STAINZYME PLUS (R), as well as their mixtures thereof.

リパーゼ。 Lipase. 好ましくは、本組成物は、米国特許第6,939,702(B1)号、及び米国特許出願公開第2009/0217464号に記載されているものなどの「第1サイクルリパーゼ」を含む1つ以上のリパーゼを含む。 Preferably, the compositions are described in U.S. Patent No. 6,939,702 (B1) No., and U.S. Patent least one including "first cycle lipases" such as those described in Application Publication No. 2009/0217464 including the lipase. 好ましいリパーゼは、第1洗浄リパーゼである。 Preferred lipase is first cleaned lipase. 本発明の一実施形態では、本組成物は、第1洗浄リパーゼを含む。 In one embodiment of the present invention, the composition comprises a first wash lipase. 第1洗浄リパーゼとしては、(a)フミコーラ・ラヌギノサ(Humicola lanuginosa)株DSM4109由来の野生型リパーゼと少なくとも90%の同一性を有し、(b)上記の野性型リパーゼと比較して、E1若しくはQ249の15A内の三次元構造の表面における電気的に中性であるか若しくは負に帯電しているアミノ酸が正に帯電しているアミノ酸で置換されていることを含み、(c)C末端にペプチド付加を含み、及び/又は(d)N末端にペプチド付加を含み、及び/又は(e)以下の制約:i)上記の野性型リパーゼの位置E210に負のアミノ酸を含み、ii)上記の野性型リパーゼの位置90〜101に対応する領域に負に帯電しているアミノ酸を含み、かつiii)上記の野生型リパーゼのN94に対応する位置に中性若しくは The first cleaning lipase, as compared to (a) at least 90% identity with the Humicola lanuginosa (Humicola lanuginosa) wild-type lipase derived from strain DSM 4109, (b) said wild-type lipase, E1 or the method comprising electrically amino acids that are charged to or negative neutral is replaced with an amino acid which is positively charged at the surface of the three-dimensional structure of the Q249 of 15A, the (c) C-terminal They comprise a peptide addition, and / or (d) comprises a peptide addition at the N-terminus, and / or (e) following constraints: i) the position E210 of said wild-type lipase comprises a negative amino acid, ii) above comprises an amino acid that is negatively charged in the area corresponding to the position 90 to 101 of the wild-type lipase, and iii) a neutral or in a position corresponding to N94 of said wild-type lipase 負のアミノ酸を含み、及び/又は上記の野生型リパーゼの位置90〜101に対応する領域に負又は中性の正味電荷を有する、を満たすアミノ酸配列を有するポリペプチドであるリパーゼが挙げられる。 Comprises a negative amino acid, and / or has a net charge of a negative or neutral in the region corresponding to positions 90-101 of said wild-type lipase include lipase is a polypeptide having an amino acid sequence that satisfies. T231R及びN233R突然変異のうちの1つ以上を含む、サーモマイセス・ラヌゲノウス(Thermomyces lanuginosus)由来の野生型リパーゼの変異体が好ましい。 Comprises one or more of T231R and N233R mutations, Thermomyces-Ranugenousu (Thermomyces lanuginosus) variant of a wild-type lipase derived are preferred. 野生型配列は、Swissprotアクセッション番号Swiss−Prot O59952(サーモマイセス・ラヌギノサス(Thermomyces lanuginosus)(フミコーラ・ラヌギノサ(Humicola lanuginosa)由来)の269個のアミノ酸(アミノ酸23〜291)である。好ましいリパーゼとしては、商標名Lipex(登録商標)、Lipolex(登録商標)及びLipoclean(登録商標)として販売されているものが挙げられる。他の好適なリパーゼとしては、欧州特許出願第12001034.3号又は欧州特許第2623586号に記載されているものが挙げられる。 Wild-type sequence is Swissprot accession number Swiss-Prot O59952 (Thermomyces & Ranuginosasu (Thermomyces lanuginosus) (Humicola lanuginosa (Humicola lanuginosa) derived) of 269 amino acids (amino acids 23-291). Preferred lipase, tradename Lipex (registered trademark), Lipolex (R) and Lipoclean the (R) sold as and the like. other suitable lipases, European Patent application No. 12001034.3 or EP 2623586 They include those described in JP.

エンドグルカナーゼ。 Endoglucanase. 他の好ましい酵素としては、米国特許第7,141,403(B2)号におけるアミノ酸配列の配列番号2と少なくとも90%、94%、97%、更には99%の同一性の配列を有するバチルス属のメンバー及びこれらの混合物に対して内因性である細菌ポリペプチドを含む、エンド−β−1,4−グルカナーゼ活性(E.C.3.2.1.4)を示す微生物由来のエンドグルカナーゼが挙げられる。 Other preferred enzymes, SEQ ID NO: 2 with at least 90% amino acid sequence in U.S. Patent No. 7,141,403 (B2) No., Bacillus having 94%, 97%, still more sequences of 99% identity members and bacterial polypeptide endogenous to these mixtures, the endoglucanase derived from microorganisms exhibiting endo-beta-1,4-glucanase activity (E.C.3.2.1.4) and the like. 好適なエンドグルカナーゼは、商標名Celluclean(登録商標)及びWhitezyme(登録商標)(Novozymes A/S(Bagsvaerd,Denmark)として販売されている。 Suitable endoglucanases, tradename Celluclean (R) and Whitezyme (TM) (Novozymes A / S (Bagsvaerd, sold as Denmark).

ペクチン酸リアーゼ。 Pectin lyase. 他の好ましい酵素としては、商標名Pectawash(登録商標)、Pectaway(登録商標)、Xpect(登録商標)として販売されているペクチン酸リアーゼ、並びに商標名Mannaway(登録商標)(全てNovozymes A/S(Bagsvaerd,Denmark)製)及びPurabrite(登録商標)(Genencor International Inc.(Palo Alto,California))として販売されているマンナーゼが挙げられる。 Other preferred enzymes, trade name Pectawash (registered trademark), Pectaway (TM), Xpect (R) pectate lyase sold as, and trade name Mannaway (TM) (all Novozymes A / S ( Bagsvaerd, Denmark) Ltd.) and Purabrite (TM) (Genencor International Inc. (Palo Alto, include mannanase sold as California)).

抗菌剤。 Antibacterial agents. 本組成物が、抗菌効果を生じさせることができる1つの化合物又は1つを超える化合物の混合物を更に含むことが好ましい場合もある。 The present composition further it may be preferred to include a mixture of one compound capable of producing an antimicrobial effect or more than one compound. これらは、漂白剤などの洗浄又は悪臭(malodor)効果のために添加される処理組成物の標準的な成分であってよいが、ある程度の抗菌効果を有するか、又は特に抗菌効果を提供するために添加してもよい。 They may be a standard component of the added the treatment composition for washing or malodor (malodor) effects such as bleaching agents, either have a certain antimicrobial effect, or in particular to provide an antimicrobial effect it may be added to the. 好適な例としては、アルデヒド(ホルムアルデヒド、グルタルアルデヒド、オルトフタルアルデヒド)、二酸化硫黄、亜硫酸塩、重亜硫酸塩、バニリン酸エステル)、塩素及び酸素系酸化剤(次亜塩素酸又は次亜臭素酸カルシウム及びナトリウム、クロラミン及びクロラミン−T、二酸化塩素、過酸化水素、ヨウ素、オゾン、過酢酸、過ギ酸、過マンガン酸カリウム、ペルオキシ一硫酸カリウム)、フェノール(フェノール、o−フェニルフェノール、クロロキシレノール、ヘキサクロロフェン、チモール、アミルメタクレゾール、2,4−ジクロロベンジルアルコール、ポリクレスレン(policresylen)、フェンチクロル、4−アリルカテコール、p−ヒドロキシ安息香酸エステル(ベンジルパラベン、ブチルパラベン、エチルパラベン、メチ Suitable examples include aldehydes (formaldehyde, glutaraldehyde, ortho-phthalaldehyde), sulfur dioxide, sulfites, bisulfites, vanillic acid esters), chlorine and oxygen based oxidizing agent (hypochlorite or calcium hypobromite and sodium, chloramine and chloramine -T, chlorine dioxide, hydrogen peroxide, iodine, ozone, peracetic acid, performic acid, potassium permanganate, potassium peroxymonosulfate), phenol (phenol, o- phenylphenol, chloroxylenol, hexachloro Fen, thymol, amylmetacresol, 2,4-dichlorobenzyl alcohol, Porikuresuren (Policresylen), Fenchikuroru, 4-allyl catechol, p- hydroxybenzoic acid ester (benzyl paraben, butyl paraben, ethyl paraben, methylcarbamoyl パラベン(methtlparaben)及びプロピルパラベンを含む)、ブチル化ヒドロキシアニソール、ブチル化ヒドロキシトルエン、カプサイシン(capaicin)、カルバクロール、クレオソール、オイゲノール、グアイアコール)、ハロゲン化(ヒドロキシ)ジフェニルエーテル(ジクロサン、トリクロサン、ヘキサクロロフェン及びブロモクロロフェン、4−ヘキシルレゾルシノール、8−ヒドロキシキノリン、並びにこれらの塩)、第四級アンモニウム化合物(塩化ベンザルコニウム誘導体、塩化ベンゼトニウム誘導体、セトリモニウム塩化物/臭化物、セチルピリジニウム、セトリミド、塩化ベンゾオキソニウム、塩化ジデシルジメチルアンモニウム)、アクリジン誘導体(乳酸エタクリジン、9−アミノアクリジン、オイフラビン)、ポリマービ Parabens (Methtlparaben) and propylparaben), butylated hydroxy anisole, butylated hydroxy toluene, capsaicin (Capaicin), carvacrol, creosol, eugenol, guaiacol), halogenated (hydroxy) diphenyl ether (Jikurosan, triclosan, hexachlorophene and bromochlorophene, 4-hexylresorcinol, 8-hydroxyquinoline, and their salts), quaternary ammonium compounds (benzalkonium chloride derivatives, benzethonium chloride derivative, cetrimonium chloride / bromide, cetylpyridinium, cetrimide, chloride benzo oxonium, didecyldimethylammonium chloride), acridine derivatives (lactic Etakurijin, 9-amino acridine, Oifurabin), Porimabi アニドを含むビグアニド、及びアミジン(ポリアミノプロピルビグアニド、ジブロンプロプアミジン、クロルヘキシジン、アレキシジン、プロパミジン、ヘキサミジン、ポリヘキサニド)、ニトロフラン誘導体(ニトロフラゾン)、キノリン誘導体(デクアリニウム、クロルキナルドール、オキシキノリン、クリオキノール)、ヨウ素生成物、精油(月桂樹、シナモン、クローブ、タイム、ユーカリ、ペパーミント、レモン、ティーツリー、モクレン抽出物、メントール、ゲラニオール)、カチオン、アニリド(サリチルアニリド(saclicylanilide)、ジフェニル尿素)、サリチル酸エステル(サリチル酸メンチル、サリチル酸メチル及びサリチル酸フェニルを含む)、ピロカテコール、フタル酸及びその塩、ヘキセチジン、オクテニジン、サン Biguanides including Enid, and amidine (polyaminopropyl biguanide, di Bron pro-poor spermidine, chlorhexidine, alexidine, propamidine, hexamidine, polyhexanide), nitrofuran derivative (nitrofurazone), quinoline derivatives (dequalinium, black quinic Le d', oxyquinoline, clioquinol ), iodine product, essential oil (laurel, cinnamon, clove, thyme, eucalyptus, peppermint, lemon, tea tree, magnolia extract, menthol, geraniol), cationic, anilide (salicylanilide (Saclicylanilide), diphenyl urea), salicylates (menthyl salicylate, including methyl salicylate and phenyl salicylate), pyrocatechol, phthalic acid and salts thereof, hexetidine, octenidine, San ギナリン、臭化ドミフェン、塩化アルキルピリジニウム(例えば、塩化セチルピリジウム、塩化テトラデシルピリジニウム及びN−テトラデシル−4−エチルピリジニウムクロライドなど)、ヨウ素、スルホンアミド、ピペリジノ誘導体(例えば、デルモピノール及びオクタピノール)、並びにこれらの混合物、様々な防腐剤(1,3−ジオキサンの誘導体、イミダゾールの誘導体、イソチアゾロン、ヘキサミンの誘導体、トリアジン、オキサゾロ−オキサゾール、ヒドロキシメチルグリシネートナトリウム、ビスチオシアン酸メチレン、カプタン)を挙げることができるが、これらに限定されない。 Ginarin, domiphen bromide, alkyl pyridinium chloride (e.g., cetyl pyridinium chloride, tetradecyl pyridinium chloride and N- tetradecyl-4-ethyl pyridinium chloride, etc.), iodine, sulfonamides, piperidino derivatives (e.g., delmopinol and octapinol), and these mixtures, various preservatives (1,3-dioxane derivatives, derivatives of imidazole, isothiazolone, derivatives of hexamine, triazine, oxazolo - oxazole, hydroxymethyl glycinate sodium, methylene Bisuchioshian acid, captan) and the like It is, but is not limited thereto.

好ましい抗菌系は、クロロキシレノール(PCMX)などのハロゲン化ベンジルアルコール誘導体、ハロゲン化ヒドロキシジフェニルエーテル、好ましくはジクロサン、第四級アンモニウム塩、好ましくはアルキルベンザルコニウム及び塩化アルキルベンゼトニウム、並びにこれらの誘導体、精油、漂白剤系、好ましくはペルオキシド漂白剤、並びにこれらの混合物である。 Preferred antimicrobial system, halogenated benzyl alcohol derivatives such as chloroxylenol (PCMX), a halogenated hydroxy diphenyl ether, preferably Jikurosan, quaternary ammonium salts, preferably alkyl benzalkonium chloride and alkyl benzethonium, and derivatives thereof, essential oils , bleach system, preferably a peroxide bleaching agent, and mixtures thereof. 最も好ましい抗菌系は、塩化ベンザルコニウム、ジクロサン及びPCMXである。 The most preferred antimicrobial systems are benzalkonium chloride, a Jikurosan and PCMX.

封入剤。 Encapsulant. 本組成物は、封入剤、例えば、コアを含む封入剤、内表面及び外表面を有するシェルを含んでいてよく、当該シェルは当該コアを封入する。 The composition, encapsulant, such as encapsulant containing core may comprise a shell having an inner surface and an outer surface, said shell encapsulating the core. コアは、任意の洗濯ケア助剤を含むことができるが、典型的には、コアは、香料、増白剤、染料、防虫剤、シリコーン、ワックス、着香料、ビタミン、布地柔軟化剤、スキンケア剤、(一態様では、パラフィン)、酵素、抗菌剤、漂白剤、感覚剤、及びこれらの混合物からなる群から選択される物質を含んでいてよく、上記のシェルは、ポリエチレン、ポリアミド、任意に他のコ−モノマーを含有するポリビニルアルコール、ポリスチレン、ポリイソプレン、ポリカーボネート、ポリエステル、ポリアクリレート、アミノプラスト(一態様では、上記のアミノプラストは、ポリ尿素、ポリウレタン、及び/又はポリ尿素ウレタンを含み得、一態様では、上記のポリ尿素は、ポリオキシメチレン尿素及び/又はメラミンホルムアルデヒドを含み The core can include any laundry care aids, typically, the core, the perfume, brightener, dye, insect repellents, silicone, waxes, flavors, vitamins, fabric softening agents, skin care agent, (in one aspect, paraffin), enzymes, antimicrobial agents, bleaches, sensory agents, and may include a material selected from the group consisting of mixtures, the above shell, polyethylene, polyamide, optionally other co - in polyvinyl alcohol containing monomer, polystyrene, polyisoprene, polycarbonate, polyester, polyacrylate, aminoplast (one aspect, aminoplast above may include polyureas, polyurethanes, and / or polyurea urethane in one embodiment, the polyurea comprises polyoxymethylene urea and / or melamine formaldehyde る)、ポリオレフィン、多糖類、(一態様では、上記の多糖類は、アルギン酸塩及び/又はキトサンを含み得る)、ゼラチン、セラック、エポキシ樹脂、ビニルポリマー、水不溶性無機物、シリコーン、及びこれらの混合物からなる群から選択される物質を含んでいてよい。 In that), polyolefin, polysaccharide, (one aspect, the polysaccharide described above, may include alginate and / or chitosan), gelatin, shellac, epoxy resins, vinyl polymers, water-insoluble inorganic substance, silicones, and mixtures thereof material selected from the group consisting of may contain. 好ましい封入剤は、香料を含む。 Preferred encapsulating agents include perfumes. 好ましい封入剤は、メラミンホルムアルデヒド及び/又は架橋メラミンホルムアルデヒドを含んでいてもよいシェルを含む。 Preferred encapsulating agents include, for good shell also contain melamine-formaldehyde and / or cross-linking melamine formaldehyde. 好ましい封入剤は、コア材とシェルとを含み、当該シェルは、当該コア材を少なくとも部分的に取り囲むことが開示されている。 The preferred encapsulating agent comprises a core material and the shell, the said shell, surrounds the core material at least partially is disclosed. 上記の封入剤の少なくとも75%、85%、又は更には90%は、0.2MPa〜10MPaの破壊強度を有していてよく、有益剤漏出率は、封入された有益剤の初期総量に基づいて0%〜20%、又は更には10%若しくは5%未満であってよい。 At least 75% of the encapsulant, 85%, or even 90% may have a breaking strength of 0.2MPa~10MPa, the benefit agent leakage rate, based on the initial amount of encapsulated benefit agent 0% to 20% Te, or even may be less than 10% or 5%. 上記の封入剤の少なくとも75%、85%、又は更には90%が、(i)1マイクロメートル〜80マイクロメートル、5マイクロメートル〜60マイクロメートル、10マイクロメートル〜50マイクロメートル、又は更には15マイクロメートル〜40マイクロメートルの粒径を有し得、及び/又は(ii)上記の封入剤の少なくとも75%、85%、又は更には90%が、30nm〜250nm、80nm〜180nm、又は更には100nm〜160nmの粒子壁厚を有し得るものが好ましい。 At least 75% of the encapsulant, 85%, or even is 90% (i) 1 micrometer to 80 micrometers, 5 micrometers to 60 micrometers, 10 micrometers to 50 micrometers, or even 15 have a particle size of micrometers to 40 micrometers, and / or (ii) at least 75% of the encapsulant, 85%, or even is 90%, 30nm~250nm, 80nm~180nm, or even which may have a particle wall thickness of 100nm~160nm is preferred. ホルムアルデヒドスカベンジャーは、封入剤と共に、例えばカプセルスラリー中で用いてもよく、及び/又は封入剤を組成物に添加する前、添加している間、若しくは添加した後に組成物に添加してもよい。 Formaldehyde scavenger, together with encapsulant, for example, be used in a capsule slurry, and / or prior to adding the encapsulant composition, during the addition, or may be added to the composition after the addition. 好適なカプセルは、米国特許出願公開第2008/0305982(A1)号及び/又は同第2009/0247449(A1)号の教示に従って作製することができる。 Suitable capsules can be manufactured in accordance with the teachings of U.S. Patent Application Publication No. 2008/0305982 (A1) No. and / or the second 2009/0247449 (A1) No.. あるいは、好適なカプセルは、Appleton Papers Inc. Alternatively, suitable capsules, Appleton Papers Inc. (Appleton,Wisconsin USA)から購入することができる。 (Appleton, Wisconsin USA) can be purchased from.

好ましい態様では、本組成物は、好ましくは封入剤に加えて、付着助剤を含んでもよい。 In a preferred embodiment, the compositions are preferably in addition to the encapsulant may contain an adhesion promoter. 好ましい付着助剤は、カチオン性及び非イオン性ポリマーからなる群から選択される。 Preferred deposition aids are selected from the group consisting of cationic and nonionic polymers. 好適なポリマーとしては、カチオンデンプン、カチオン性ヒドロキシエチルセルロース、ポリビニルホルムアルデヒド、ローカストビーンガム、マンナン、キシログルカン、タマリンドガム、ポリエチレンテレフタレート、並びに任意にアクリル酸及びアクリルアミドを含む群から選択される1つ以上のモノマーと共にジメチルアミノエチルメタクリレートを含有するポリマーが挙げられる。 Suitable polymers include cationic starch, cationic hydroxyethyl cellulose, polyvinyl formaldehyde, locust bean gum, mannan, xyloglucan, tamarind gum, polyethylene terephthalate, and optionally one or more selected from the group comprising acrylic acid and acrylamide polymers containing dimethylaminoethyl methacrylate with the monomer.

香料。 Perfume. 本発明の好ましい組成物は、香料を含む。 Preferred compositions of the invention comprise a perfume. 典型的には、本組成物は、国際公開第08/87497号に記載されている群から選択される1つ以上の香料原材料を含む香料を含む。 Typically, the composition comprises a perfume comprising one or more perfume raw materials selected from the group described in WO 08/87497. しかし、洗剤において有用ないずれの香料を用いてもよい。 However, it may be either a perfume useful in detergents. 香料を本発明の組成物に配合する好ましい方法は、水溶性ヒドロキシ化合物、又はメラミン−ホルムアルデヒド、又は変性ポリビニルアルコールのいずれかを含む封入香料粒子を介するものである。 A preferred method of blending the perfume composition of the present invention, water soluble hydroxy compound or a melamine - is through the encapsulating perfume particles containing formaldehyde, or one of the modified polyvinyl alcohol. 一態様では、封入剤は、(a)1つ以上の水溶性ヒドロキシ化合物、好ましくは、デンプンを含む少なくとも部分的に水溶性の固体マトリックスと、(b)この固体マトリックスによって封入された香油とを含む。 In one embodiment, encapsulant, (a) 1 or more water soluble hydroxy compound, preferably at least partially water soluble solid matrix comprising a starch, a perfume oil encapsulated by (b) the solid matrix including. 更なる態様では、香料は、シッフ塩基を形成するように、ポリアミン、好ましくは、ポリエチレンイミンと予め複合化させてもよい。 In a further embodiment, the perfume, so as to form a Schiff base, polyamine, preferably, may be pre-complexed with polyethylenimine.

ポリマー。 polymer. 洗剤組成物は、ポリマーであってよいDTIに加えて、1つ以上のポリマーを含み得る。 Detergent compositions, in addition to be a polymer DTI, may include one or more polymers. 例は、任意で修飾されるカルボキシメチルセルロース、ポリ(エチレングリコール)、ポリ(ビニルアルコール)、ポリアクリレートなどのポリカルボキシレート、マレイン酸/アクリル酸コポリマー及びラウリルメタクリレート/アクリル酸コポリマー、並びにカルボキシレートポリマーである。 Examples are carboxymethylcellulose, which is modified optionally, poly (ethylene glycol), poly (vinyl alcohol), polycarboxylates such as polyacrylates, maleic / acrylic acid copolymers and lauryl methacrylate / acrylic acid copolymers, and carboxylate polymers is there.

好適なカルボキシレートポリマーとしては、マレアート/アクリレートランダムコポリマー又はポリアクリレートホモポリマーが挙げられる。 Suitable carboxylates polymers include maleate / acrylate random copolymer or polyacrylate homopolymer. カルボキシレートポリマーは、4,000Da〜9,000Da又は6,000Da〜9,000Daの分子量を有するポリアクリレートホモポリマーであり得る。 Carboxylate polymer may be a polyacrylate homopolymer having a molecular weight of 4,000Da~9,000Da or 6,000Da~9,000Da. 他の好適なカルボキシレートポリマーは、マレイン酸とアクリル酸とのコポリマーであり、4,000Da〜90,000Daの範囲の分子量を有し得る。 Other suitable carboxylate polymers, a copolymer of maleic acid and acrylic acid, may have a molecular weight in the range of 4,000Da~90,000Da.

他の好適なカルボキシレートポリマーは、(i)50〜98wt%未満の、カルボキシル基を含む1つ以上のモノマーに由来する構造単位と、(ii)スルホネート部分を含む1つ以上のモノマーから誘導される1〜49重量%未満の構造単位と、(iii)式(I)及び(II)によって表されるエーテル結合含有モノマーから選択される1種以上のモノマーから誘導される1〜49重量%の構造単位とを含むコポリマーである: Other suitable carboxylate polymers are derived from (i) less than 50 to 98 wt%, of one or more monomers containing a structural unit derived from one or more monomers containing carboxyl group, a (ii) sulfonate moiety that 1 to 49 and structural units of less than% by weight, of 1 to 49 wt% derived from one or more monomers selected from ether bond-containing monomers represented by (iii) formula (I) and (II) It is a copolymer comprising structural units:

(式(I)中、R は、水素原子又はCH 基を表し、Rは、CH 基、CH CH 基又は単結合を表し、Xは、0〜5の数を表すが、ただし、Rが単結合である場合、Xは1〜5の数を表し、R は、水素原子又はC 〜C 20有機基である)、 (In the formula (I), R 0 represents a hydrogen atom or a CH 3 group, R represents, CH 2 group, CH 2 CH 2 group or a single bond, X is a number from 0 to 5, However, if R is a single bond, X represents a number of 1 to 5, R 1 is a hydrogen atom or a C 1 -C 20 organic group),

(式(II)中、R は、水素原子又はCH 基を表し、Rは、CH 基、CH CH 基又は単結合を表し、Xは、0〜5の数を表し、R は、水素原子又はC 〜C 20有機基である)。 (In the formula (II), R 0 represents a hydrogen atom or a CH 3 group, R represents, CH 2 group, CH 2 CH 2 group or a single bond, X represents the number of 0 to 5, R 1 is a hydrogen atom or a C 1 -C 20 organic group).

本組成物は、以下の一般構造:ビス((C O)(C O)n)(CH )−N −C 2x −N −(CH )−ビス((C O)(C O)n)(式中、n=20〜30であり、x=3〜8である)を有する化合物、又はその硫酸化若しくはスルホン化変異体などの1つ以上の両親媒性洗浄ポリマーを含んでいてよい。 The composition has the following general structure: bis ((C 2 H 5 O) (C 2 H 4 O) n) (CH 3) -N + -C x H 2x -N + - (CH 3) - bis ((C 2 H 5 O) (C 2 H 4 O) n) ( where a n = 20 to 30, x = 3 to 8) a compound having a or a sulphated or sulphonated variants it may comprise one or more amphiphilic cleaning polymers such as. 一態様では、このポリマーを硫酸化又はスルホン化して、双極性汚れ懸濁ポリマーを得る。 In one embodiment, the polymer was sulfated or sulfonated to give a dipolar soil suspending polymer.

本組成物は、好ましくは、布地及び表面からグリース粒子を除去するように、親水性及び特性が釣り合っている両親媒性アルコキシル化グリース洗浄用ポリマーを含む。 The compositions are preferably, to remove grease particles from fabrics and surfaces, including amphiphilic alkoxylated grease cleaning polymer hydrophilic and properties are balanced. 好ましい両親媒性アルコキシル化グリース洗浄用ポリマーは、コア構造と、そのコア構造に結合した複数のアルコキシレート基とを含む。 Preferred amphiphilic alkoxylated grease cleaning polymer comprises a core structure and a plurality of alkoxylate groups attached to that core structure. これらは、好ましくは内側ポリエチレンオキシドブロック及び外側ポリプロピレンオキシドブロックを有するアルコキシル化ポリアルキレンイミンを含んでいてもよい。 These may preferably comprise alkoxylated polyalkyleneimine with an inner polyethylene oxide block and an outer polypropylene oxide block. 典型的には、これらは、0.005〜10重量%、一般的には0.5〜8重量%の量で本発明の組成物に配合され得る。 Typically, these are 0.005% by weight, generally may be formulated into compositions of the present invention in an amount of 0.5 to 8 wt%.

ポリアクリレートから調製されるものなどのアルコキシル化ポリカルボキシレートは、本明細書において、追加のグリース除去性能を提供するのに有用である。 Alkoxylated polycarboxylates such as those prepared from polyacrylates are, in this specification, is useful to provide additional grease removal performance. このような材料は、国際公開第91/08281号及び国際出願PCT90/01815号に記載されている。 Such materials are described in WO 91/08281 and International Application No. PCT90 / 01815. 化学的に、これら物質は、7〜8個のアクリレート単位ごとに1つのエトキシ側鎖を有するポリアクリレートを含む。 Chemically, these materials comprise polyacrylates having one ethoxy side-chain per 7-8 amino acrylate units. 側鎖は、式−(CH CH O) (CH CH (式中、mは、2〜3であり、nは、6〜12である)のものである。 The side chains have the formula - (CH 2 CH 2 O) m (CH 2) n CH 3 ( wherein, m is 2 to 3, n is 6 to 12) are of. 側鎖は、ポリアクリレート「主鎖」にエステル結合されて、「櫛形」ポリマー型構造を提供する。 The side chains are ester-linked to the polyacrylate "backbone" to provide a "comb" polymer type structure. 分子量は変動し得るが、典型的には、約2000〜約50,000の範囲内である。 The molecular weight can vary, but is typically in the range of about 2000 to about 50,000. このようなアルコキシル化ポリカルボキシレートは、本明細書における組成物の約0.05重量%〜約10重量%含まれ得る。 Such alkoxylated polycarboxylates can comprise from about 0.05% to about 10% by weight of the compositions herein.

本組成物は、ポリエチレングリコールポリマーを含んでいてよく、これらは、混合界面活性剤系を含む組成物において特に好ましい場合がある。 The composition may comprise a polyethylene glycol polymer, it may be particularly preferred in a composition comprising a mixture surfactant system. 好適なポリエチレングリコールポリマーとしては、(i)ポリエチレングリコールを含む親水性主鎖、並びに(ii)C4〜C25アルキル基、ポリプロピレン、ポリブチレン、飽和C1〜C6モノカルボン酸のビニルエステル、アクリル酸又はメタクリル酸のC1〜C6アルキルエステル、及びこれらの混合物からなる群から選択される側鎖を含む、ランダムグラフトコポリマーが挙げられる。 Suitable polyethylene glycol polymers, (i) hydrophilic backbone comprising polyethylene glycol, and (ii) C4~C25 alkyl group, polypropylene, polybutylene, vinyl ester of saturated C1~C6 monocarboxylic acid, acrylic acid or methacrylic acid C1~C6 alkyl esters of, and a side chain selected from the group consisting of mixtures, include random graft copolymers. 好適なポリエチレングリコールポリマーは、ランダムグラフトポリ酢酸ビニル側鎖を有するポリエチレングリコール主鎖を有する。 Suitable polyethylene glycol polymers having a polyethylene glycol backbone having randomly grafted polyvinyl acetate side chains. ポリエチレングリコール主鎖の平均分子量は、2,000Da〜20,000Da、又は4,000Da〜8,000Daの範囲であり得る。 Average molecular weight of the polyethylene glycol backbone can range 2,000Da~20,000Da, or 4,000Da~8,000Da. ポリエチレングリコール主鎖のポリ酢酸ビニル側鎖に対する分子量比は、1:1〜1:5又は1:1.2〜1:2の範囲であり得る。 The molecular weight ratio of polyvinyl acetate side chains of the polyethylene glycol backbone, 1: 1 to 1: 5 or 1: 1.2 to 1: may be in the 2 range. エチレンオキシド単位当たりのグラフト部位の平均数は、1未満、又は0.8未満であってもよく、エチレンオキシド単位当たりのグラフト部位の平均数は、0.5〜0.9の範囲であってもよく、あるいはエチレンオキシド単位当たりのグラフト部位の平均数は、0.1〜0.5、又は0.2〜0.4の範囲であってもよい。 The average number of graft sites per ethylene oxide units may be less than 1 or less than 0.8, the average number of graft sites per ethylene oxide units may be in the range of 0.5 to 0.9 , or the average number of graft sites per ethylene oxide units is 0.1 to 0.5, or may be in the range of 0.2 to 0.4. 好適なポリエチレングリコールポリマーは、Sokalan HP22である。 Suitable polyethylene glycol polymers are Sokalan HP22.

典型的には、これらは、0.005〜10重量%、より典型的には0.05〜8重量%の量で本発明の組成物に配合される。 Typically, these are 0.005% by weight, more typically formulated in the compositions of the present invention in an amount of 0.05 to 8 wt%.

好ましくは、本組成物は、マレエート/アクリレートランダムコポリマー又はポリアクリレートホモポリマーなどの1つ以上のカルボキシレートポリマーを含む。 Preferably, the composition comprises one or more carboxylate polymers such as maleate / acrylate random copolymer or polyacrylate homopolymer. 一態様では、カルボキシレートポリマーは、4,000Da〜9,000Da又は6,000Da〜9,000Daの分子量を有するポリアクリレートホモポリマーである。 In one embodiment, the carboxylate polymer is a polyacrylate homopolymer having a molecular weight of 4,000Da~9,000Da or 6,000Da~9,000Da. 典型的には、これらは、0.005〜10重量%又は0.05〜8重量%の量で本発明の組成物に配合される。 Typically, it is incorporated into the compositions of the present invention in an amount of 0.005 to 10 wt%, or 0.05 to 8% by weight.

好ましくは、本組成物は、1種以上の汚れ放出ポリマーを含む。 Preferably, the composition comprises one or more soil release polymers. 例としては、下記の式(VI)、(VII)又は(VIII)のうちの1つによって定義される構造を有する汚れ放出ポリマーが挙げられる。 Examples include the following formula (VI), include soil release polymers having the structure defined by one of (VII) or (VIII).
(VI)−[(OCHR −CHR −O−OC−Ar−CO−] (VI) - [(OCHR 1 -CHR 2) a -O-OC-Ar-CO-] d
(VII)−[(OCHR −CHR −O−OC−sAr−CO−] (VII) - [(OCHR 3 -CHR 4) b -O-OC-sAr-CO-] e
(VIII)−[(OCHR −CHR −OR (VIII) - [(OCHR 5 -CHR 6) c -OR 7] f
(式中、 (In the formula,
a、b及びcは、1〜200であり、 a, b and c are 1 to 200,
d、e及びfは、1〜50であり、 d, e and f is 1 to 50,
Arは、1,4−置換フェニレンであり、 Ar is a 1,4-substituted phenylene,
sArは、5位がSO Meで置換されている1,3−置換フェニレンであり、 sAr the 5-position is a 1,3-substituted phenylene substituted by SO 3 Me,
Meは、Li、K、Mg/2、Ca/2、Al/3、アンモニウム、モノ−、ジ−、トリ−若しくはテトラアルキルアンモニウム(アルキル基は、C 〜C 18アルキル又はC 〜C 10ヒドロキシアルキルである)、又はこれらの混合物であり; Me is, Li, K, Mg / 2 , Ca / 2, Al / 3, ammonium, mono-, - di -, tri - or tetra-alkyl ammonium (the alkyl group, C 1 -C 18 alkyl or C 2 -C 10 hydroxyalkyl alkyl as), or mixtures thereof;
、R 、R 、R 、R 及びR は、独立して、H又はC 〜C 18 n−若しくはイソ−アルキルであり、 R 1, R 2, R 3 , R 4, R 5 and R 6 are, independently, H or C 1 -C 18 n-or iso - alkyl,
は、直鎖若しくは分枝鎖C 〜C 18アルキル、又は直鎖若しくは分枝鎖C 〜C 30アルケニル、又は5〜9個の炭素原子を有するシクロアルキル基、又はC 〜C 30アリール基又はC 〜C 30アリールアルキル基である)。 R 7 is a linear or branched C 1 -C 18 alkyl, or linear or branched C 2 -C 30 alkenyl, or 5-9 cycloalkyl groups having a carbon atom, or a C 8 -C 30 aryl group or C 6 -C 30 arylalkyl group).

好適な汚れ放出ポリマーは、Rhodiaによって供給されているRepel−o−tex SF、SF−2及びSRP6を含むRepel−o−texポリマーなどのポリエステル汚れ放出ポリマーである。 Suitable soil release polymers are polyester soil release polymers, such as Repel-o-tex polymers containing Repel-o-tex SF, SF-2 and SRP6 supplied by Rhodia. 他の好適な汚れ放出ポリマーとしては、Clariantによって供給されているTexcare SRA100、SRA300、SRN100、SRN170、SRN240、SRN300及びSRN325を含むTexcareポリマーが挙げられる。 Other suitable soil release polymers, Texcare supplied by Clariant SRA100, SRA300, SRN100, SRN170, SRN240, include Texcare polymers comprising SRN300 and SRN325. 他の好適な汚れ放出ポリマーは、Sasolによって供給されているMarloquest SLなどのMarloquestポリマーである。 Other suitable soil release polymers are Marloquest polymer such Marloquest SL supplied by Sasol.

好ましくは、本組成物は、アルキルセルロース、アルキルアルコキシアルキルセルロース、カルボキシアルキルセルロース、アルキルカルボキシアルキルセルロースから選択されるものを含む、1つ以上のセルロース系ポリマーを含む。 Preferably, the composition comprises an alkyl cellulose, alkyl alkoxyalkyl cellulose, carboxyalkyl cellulose, including those selected from alkyl carboxyalkyl cellulose, one or more cellulosic polymer. 好ましいセルロース系ポリマーは、カルボキシメチルセルロース、メチルセルロース、メチルヒドロキシエチルセルロース、メチルカルボキシメチルセルロース、及びこれらの混合物を含む群から選択される。 Preferred cellulosic polymers include carboxymethylcellulose, methylcellulose, methylhydroxyethylcellulose, is selected from the group comprising methyl carboxymethyl cellulose, and mixtures thereof. 一態様では、カルボキシメチルセルロースは、0.5〜0.9のカルボキシメチル置換度及び100,000Da〜300,000Daの分子量を有する。 In one embodiment, carboxymethylcellulose may have a molecular weight of carboxymethyl substitution degree and 100,000Da~300,000Da of 0.5-0.9.

漂白剤。 bleach. 本組成物は1つ以上の漂白剤を含むことが好ましい場合がある。 The composition it may be preferable to include one or more bleaching agents. 漂白触媒以外の好適な漂白剤としては、光漂白剤、漂白活性化剤、過酸化水素、過酸化水素源、予形成過酸、及びこれらの混合物が挙げられる。 Suitable bleaching agents other than bleaching catalysts include photobleaches, bleach activators, hydrogen peroxide, sources of hydrogen peroxide, preformed peracids, and mixtures thereof. 一般に、漂白剤を用いるとき、本発明の組成物は、対象組成物の約0.1重量%〜約50重量%、又は更には約0.1重量%〜約25重量%の漂白剤又は漂白剤の混合物を含んでいてよい。 Generally, when using bleach, the compositions of the present invention may comprise from about 0.1% to about 50% by weight of the subject composition, or even from about 0.1% to about 25 wt% bleach or bleach it may comprise a mixture of agents. 好適な漂白剤の例としては以下が挙げられる。 Examples of suitable bleaching agents include the following.

(1)光漂白剤、例えば、スルホン化亜鉛フタロシアニン、スルホン化アルミニウムフタロシアニン、キサンテン染料、及びこれらの混合物。 (1) photobleaches, for example, sulfonated zinc phthalocyanine, sulfonated aluminum phthalocyanine, xanthene dyes, and mixtures thereof.

(2)予形成過酸:好適な予形成過酸としては、予形成ペルオキシ酸又はその塩、典型的には過カルボン酸及び塩、過炭酸及び塩、過イミド酸及び塩、ペルオキシ一硫酸及び塩、例えばOxone(登録商標)、並びにこれらの混合物からなる群から選択される化合物が挙げられるが、これらに限らない。 (2) preformed peracids: Suitable preformed peracids, preformed peroxy acid or a salt thereof, typically percarboxylic acids and salts, percarbonate and salts, peracetic imide acids and salts, peroxymonosulfuric and salts such as Oxone (R), as well as compounds selected from the group consisting of mixtures thereof, without limitation. 好適な例としては、ペルオキシカルボン酸若しくはその塩、又はペルオキシスルホン酸若しくはその塩が挙げられる。 Suitable examples include peroxycarboxylic acid or a salt thereof, or peroxy acid or its salts. 本明細書において使用するのに好適な典型的なペルオキシカルボン酸塩は、以下の化学式に対応する化学構造を有する: Suitable typical peroxycarboxylic acid salts for use herein have the chemical structure corresponding to the following formula:

(式中、R 14は、アルキル、アラルキル、シクロアルキル、アリール、又は複素環基から選択され、R 14基は、直鎖又は分枝鎖、置換又は非置換であってよく、過酸が であるとき、6〜14個の炭素原子又は8〜12個の炭素原子を有し、過酸が親水性であるとき、6個未満の炭素原子、又は更には4個未満の炭素原子を有し、Yは、電荷中性をもたらす任意の好適な対イオンであり、好ましくは、Yは、水素、ナトリウム、又はカリウムから選択される)。 (Wherein, R 14 is alkyl, aralkyl, selected from cycloalkyl, aryl, or heterocyclic group, R 14 groups are straight or branched chain, may be substituted or unsubstituted, peracids at one point, it has 6 to 14 carbon atoms or 8 to 12 carbon atoms, when the peracid is hydrophilic, less than 6 carbon atoms or even less than 4 carbon atoms , Y is any suitable counter ion providing charge neutrality, preferably, Y is selected from hydrogen, sodium, or potassium). 好ましくは、R 14は、直鎖又は分枝鎖、置換又は非置換のC 6〜9アルキルである。 Preferably, R 14 is a linear or branched, substituted or unsubstituted C 6 to 9 alkyl. 好ましくは、ペルオキシ酸又はその塩は、ペルオキシヘキサン酸、ペルオキシヘプタン酸、ペルオキシオクタン酸、ペルオキシノナン酸、ペルオキシデカン酸、これらの任意の塩、又はこれらの任意の組み合わせから選択される。 Preferably, the peroxyacid or salt thereof, peroxy hexanoic acid, peroxy heptanoic acid, peroxyoctanoic acid, peroxynonanoic acid, peroxy decanoic acid, any of these salts, or any combination thereof. 特に好ましいペルオキシ酸はフタルイミド−ペルオキシ−アルカン酸、特に、ε−フタルイミドペルオキシヘキサン酸(PAP)である。 Particularly preferred peroxyacid phthalimido - peroxy - alkanoic acid, especially ε- phthalimidoperoxyhexanoic acid (PAP). 好ましくは、ペルオキシ酸又はその塩は、30℃〜60℃の範囲の融点を有する。 Preferably, the peroxyacid or salt thereof has a melting point in the range of 30 ° C. to 60 ° C..

予形成ペルオキシ酸又はその塩は、また、典型的に以下の化学式に対応する化学構造を有するペルオキシスルホン酸又はその塩であってもよい: Preformed peroxyacid or salt thereof, may also be a peroxy acid or a salt thereof typically has a chemical structure corresponding to the following formula:

(式中、R 15は、アルキル、アラルキル、シクロアルキル、アリール又は複素環基から選択され、R 15基は、直鎖又は分枝鎖、置換又は非置換であってよく、Zは、電荷中性をもたらす任意の好適な対イオンであり、好ましくは、Zは、水素、ナトリウム又はカリウムから選択される)。 (Wherein, R 15 is alkyl, aralkyl, selected from cycloalkyl, aryl or heterocyclic group, R 15 groups are straight or branched chain, may be substituted or unsubstituted, Z is the charge is any suitable counterion leading to gender, preferably, Z is selected from hydrogen, sodium or potassium). 好ましくは、R 15は、直鎖又は分枝鎖、置換又は非置換のC 4〜14 、好ましくはC 6〜14アルキルである。 Preferably, R 15 is a linear or branched, substituted or unsubstituted C 4 to 14, preferably a C having 6 to 14 alkyl. 好ましくは、このような漂白剤組成物は、0.01〜50%、最も好ましくは0.1%〜20%の量で本発明の組成物中に存在し得る。 Preferably such bleach compositions from 0.01 to 50%, most preferably be present in the compositions of the present invention in an amount of from 0.1% to 20%.

(3)過酸化水素源、例えば、過ホウ酸塩(通常、一水和物又は四水和物)、過炭酸塩、過硫酸塩、過リン酸塩、過ケイ酸塩、及びこれらの混合物のナトリウム塩などのアルカリ金属塩を含む、無機過水和物の塩。 (3) sources of hydrogen peroxide, for example, perborates (usually monohydrate or tetrahydrate), percarbonates, persulfates, perphosphates, persilicates, and mixtures thereof alkali metal containing salts, salts of inorganic perhydrate such as sodium salt. 本発明の一態様では、無機過水和物の塩は、過ホウ酸ナトリウム塩、過炭酸ナトリウム塩、及びこれらの混合物からなる群から選択される。 In one aspect of the present invention, salts of inorganic perhydrate are sodium salts perborate, sodium percarbonate salt, and is selected from the group consisting of mixtures. 無機過水和物の塩は、使用する場合、典型的には、布地ケア及びホームケア製品全体の0.05〜40重量%又は1〜30重量%の量で存在し、典型的には、コーティングされ得る結晶性固体としてこのような布地ケア及びホームケア製品に配合される。 Inorganic salts perhydrate, if used, they are typically present in amounts of from 0.05 to 40 wt%, or 1 to 30 wt% of the total fabric care and home care products, typically formulated in such fabric care and home care products as a coating which may be a crystalline solid. 好適なコーティングとしては、無機塩、例えば、ケイ酸塩、炭酸塩若しくはホウ酸塩、又はこれらの混合物などのアルカリ金属塩、又は有機物質、例えば、水溶性若しくは分散性ポリマー、ワックス、油又は脂肪石鹸などが挙げられる。 Suitable coatings include, inorganic salts, for example, alkali metal salts such as silicate, carbonate or borate salts or mixtures thereof, or organic materials, for example, water-soluble or dispersible polymers, waxes, oils or fats such as soap and the like.

(4)R−(C=O)−Lを有する漂白活性化剤(式中、Rはアルキル基であり、任意に分枝しており、漂白活性化剤がであるとき、6〜14個の炭素原子又は8〜12個の炭素原子を有し、漂白活性化剤が親水性であるとき、6個未満の炭素原子又は更には4個未満の炭素原子を有し、Lは脱離基である)。 (4) R- (C = O) bleach activators having -L (wherein, R is an alkyl group, an optionally have branched, when the bleach activator is, 6-14 means an unbranched or 8 to 12 carbon atoms, when the bleach activator is hydrophilic, carbon atoms or even less than 6 less than 4 carbon atoms, L is a leaving group in is). 好適な脱離基の例は、安息香酸及びその誘導体、特にベンゼンスルホネートである。 Examples of suitable leaving groups are benzoic acid and derivatives thereof, especially benzene sulphonate. 好適な漂白活性化剤としては、ドデカノイルオキシベンゼンスルホネート、デカノイルオキシベンゼンスルホネート、デカノイルオキシ安息香酸又はその塩、3,5,5−トリメチルヘキサノイルオキシベンゼンスルホネート、テトラアセチルエチレンジアミン(TAED)、及びノナノイルオキシベンゼンスルホネート(NOBS)が挙げられる。 Suitable bleach activators include dodecanoyl oxybenzene sulphonate, decanoyl oxybenzene sulphonate, decanoyl oxybenzoic acid or salts thereof, 3,5,5-trimethyl hexanoyl oxybenzene sulphonate, tetraacetylethylenediamine (TAED), and nonanoyloxybenzenesulfonate (NOBS). また、好適な漂白活性化剤は、国際公開第98/17767号に開示されている。 Furthermore, suitable bleach activators are disclosed in WO 98/17767. 任意の好適な漂白活性化剤を使用してよいが、発明の一態様では、対象組成物は、NOBS、TAED、又はこれらの混合物を含んでいてよい。 May use any suitable bleach activator, in one aspect of the invention, the subject compositions, NOBS, it may include TAED, or mixtures thereof.

(5)漂白触媒。 (5) bleach catalyst. 本発明の組成物は、ペルオキシ酸及び/又はその塩から酸素原子を受け取って、その酸素原子を酸化可能な基質に転移させることができる1つ以上の漂白触媒を含んでいてもよい。 The compositions of the present invention receives the peroxyacid and / or oxygen atoms from the salt may contain one or more bleaching catalysts capable of transferring an oxygen atom thereof to oxidizable substrate. 好適な漂白触媒としては、イミニウムカチオン及びポリイオン、イミニウム双極性イオン、修飾アミン、修飾アミンオキシド、N−スルホニルイミン、N−ホスホニルイミン、N−アシルイミン、チアジアゾールジオキシド、ペルフルオロイミン、環状糖ケトン及びアルファアミノ−ケトン、並びにこれらの混合物が挙げられるが、これらに限定されない。 Suitable bleach catalysts, iminium cations and polyions, iminium zwitterions, modified amines, modified amine oxides, N- sulfonylimine, N- Hosuhoniruimin, N- Ashiruimin, thiadiazole dioxide, perfluoro imines, cyclic sugar ketones and alpha amino - ketones, and mixtures thereof, without limitation. 好適なアルファアミノケトンは、例えば、国際公開第2012/000846(A1)号、同第2008/015443(A1)号及び同第2008/014965(A1)号に記載のとおりである。 Suitable alpha amino ketones, for example, WO 2012/000846 (A1) No. are as described in the first 2008/015443 (A1) item and the second 2008/014965 (A1) No.. 好適な混合物は、米国特許出願公開第2007/0173430(A1)号に記載のとおりである。 Preferred mixtures are as described in U.S. Patent Application Publication No. 2007/0173430 (A1) No..

一態様では、漂白触媒は、以下の一般式に対応する構造を有する: In one embodiment, the bleach catalyst has a structure corresponding to the general formula:

(式中、R 13は、2−エチルヘキシル、2−プロピルへプチル、2−ブチルオクチル、2−ペンチルノニル、2−ヘキシルデシル、n−ドデシル、n−テトラデシル、n−ヘキサデシル、n−オクタデシル、イソ−ノニル、イソ−デシル、イソ−トリデシル及びイソ−ペンタデシルからなる群から選択される)。 (Wherein, R 13 is 2-ethylhexyl, heptyl into 2-propyl, 2-butyl-octyl, 2-Penchirunoniru, 2-hexyl decyl, n- dodecyl, n- tetradecyl, n- hexadecyl, n- octadecyl, iso - nonyl, iso - decyl, iso - is selected from the group consisting of pentadecyl) - tridecyl and iso.

(6)本組成物は、好ましくは、触媒金属錯体を含んでいてよい。 (6) The composition preferably may include catalytic metal complexes. 金属含有漂白触媒の1つの好ましい種類は、所定の漂白触媒活性の遷移金属カチオン(例えば、銅、鉄、チタン、ルテニウム、タングステン、モリブデン、又はマンガンカチオン)、漂白触媒活性をわずかにしか又は全く有しない補助金属カチオン(例えば、亜鉛又はアルミニウムカチオン)、及び触媒金属カチオン及び補助金属カチオンに対して所定の安定度定数を有する金属イオン封鎖剤、特に、エチレンジアミン四酢酸、エチレンジアミンテトラ(メチレンホスホン酸)、及びこれらの水溶性塩を含む触媒系である。 One preferred type of metal-containing bleach catalyst is a transition metal cation of a given bleach catalytic activity (e.g., copper, iron, titanium, ruthenium, tungsten, molybdenum, or manganese cations), slightly only or no chromatic bleach catalytic activity not auxiliary metal cations (e.g., zinc or aluminum cations), and sequestering agents having a predetermined stability constants for the catalytic metal cations and auxiliary metal cations, particularly ethylenediaminetetraacetic acid, ethylenediaminetetra (methylenephosphonic acid), and a catalyst system comprising water-soluble salts thereof. このような触媒は、米国特許第4,430,243号に開示されている。 Such catalysts are disclosed in U.S. Patent No. 4,430,243.

必要に応じて、本明細書における組成物は、マンガン化合物によって触媒され得る。 If necessary, the compositions herein can be catalyzed by manganese compound. このような化合物及び使用レベルは、当該技術分野において周知であり、例えば、米国特許第5,576,282号に開示されているマンガン系触媒が挙げられる。 Such compounds and use levels are well known in the art and include, for example, the manganese-based catalysts disclosed in U.S. Patent No. 5,576,282.

本明細書において有用なコバルト漂白触媒は公知であり、例えば、米国特許第5,597,936号、同第5,595,967号に記載されている。 Cobalt bleach catalysts useful herein are known, for example, U.S. Patent No. 5,597,936, are described in US 5,595,967. このようなコバルト触媒は、例えば、米国特許第5,597,936号及び同第5,595,967号に教示されているとおり、公知の手順によって容易に作製される。 Such cobalt catalysts, for example, as taught in U.S. Patent 5,597,936 and 5,595,967, are readily prepared by known procedures.

また、本明細書の組成物は、好適には、ビスピドン(bispidone)などの配位子(国際公開第05/042532(A1)号)及び/又はマクロ多環状剛性配位子(「MRL」と略される))の遷移金属錯体を含んでいてよい。 Moreover, the compositions herein is preferably a Bisupidon (Bispidone) ligand (Patent WO 05/042532 (A1)), such as and / or macro polycyclic rigid ligand ( "MRL" it may include a transition metal complex of abbreviated as)). 実際問題として、限定するものではないが、本明細書における組成物及び方法は、水性洗浄媒体において、少なくとも一億分率のオーダーの活性MRL種を提供するように調整することができ、典型的には、約0.005ppm〜約25ppm、約0.05ppm〜約10ppm、又は更には約0.1ppm〜約5ppmのMRLを洗浄溶液中に提供する。 In practice, without limitation, the compositions and methods herein, the aqueous washing medium can be adjusted to provide at least a hundred million rate of the order active MRL species, typically the about 0.005ppm~ about 25 ppm, about 0.05ppm~ about 10 ppm, or even from the MRL about 0.1ppm~ about 5ppm in the wash liquor.

本遷移金属漂白触媒における好適な遷移金属としては、例えばマンガン、鉄、及びクロムが挙げられる。 Suitable transition-metals in the instant transition-metal bleach catalysts, for example, manganese, iron and chromium. 好適なMRLとしては、5,12−ジエチル−1,5,8,12−テトラアザビシクロ[6.6.2]ヘキサデカンが挙げられる。 Suitable MRL, 5,12-diethyl-1,5,8,12-tetraazabicyclo [6.6.2] hexadecane.

好適な遷移金属MRLは、公知の手順、例えば、国際公開第00/32601号及び米国特許第6,225,464号に教示されている手順によって容易に調製される。 Suitable transition metals MRL is known procedures, for example, are readily prepared by procedures taught in WO 00/32601 and U.S. Patent No. 6,225,464.

存在する場合、過酸化水素/過酸及び/又は漂白活性化剤の供給源は、概して、布地ケア及びホームケア製品に基づいて約0.1〜約60重量%、約0.5〜約40重量%、又は更には約0.6〜約10重量%の量で組成物中に存在する。 When present, a source of hydrogen peroxide / peracid and / or bleach activator is generally from about 0.1 to about 60 wt% based on fabric care and home care products, about 0.5 to about 40 wt%, or even present in the composition in an amount of from about 0.6 to about 10 wt%. 1つ以上の過酸又はその前駆体は、1つ以上の親水性過酸又はその前駆体と組み合わせて使用してよい。 One or more peracids or precursors thereof may be used in combination with one or more hydrophilic peracid or precursor thereof.

典型的には、過酸化水素源及び漂白活性化剤は、一緒に配合される。 Typically, hydrogen peroxide sources and bleach activators are formulated together. 有効酸素(過酸化物源由来)の過酸に対するモル比が1:1〜35:1又は更には2:1〜10:1になるように、過酸化水素源及び過酸又は漂白活性化剤の量を選択してよい。 Molar ratio of peracid available oxygen (from the peroxide source) is 1: 1 to 35: 1 or even 2: 1 to 10: at 1, hydrogen peroxide source and peracid or bleach activator amounts may be selected for.

界面活性剤。 Surfactants. 好ましくは、本組成物は、界面活性剤又は界面活性剤系を含む。 Preferably, the composition comprises a surfactant or surfactant system. 界面活性剤は、非イオン性、アニオン性、カチオン性、両性、両性電解質、両親媒性、双極性、半極性非イオン性界面活性剤、及びこれらの混合物から選択できる。 Surfactants, nonionic, anionic, cationic, amphoteric, ampholytic, amphiphilic, zwitterionic, semi-polar nonionic surfactants, and can be mixtures thereof. 好ましい組成物は、界面活性剤/界面活性剤系の混合物を含む。 Preferred compositions comprise a mixture of surfactants / surfactant system. 好ましい界面活性剤系は、1つ以上のアニオン性界面活性剤を、最も好ましくは共界面活性剤と組み合わせて、最も好ましくは非イオン性及び/又は両性及び/又は双極性界面活性剤と組み合わせて含む。 Preferred surfactant systems, one or more anionic surfactants, and most preferably in combination with a co-surfactant, and most preferably in combination with nonionic and / or amphoteric and / or zwitterionic surfactants including. 好ましい界面活性剤系は、好ましくは90:1〜2:3又は更には1:90の重量比でアニオン性界面活性剤及び非イオン性界面活性剤の両方を含む。 Preferred surfactant systems, preferably 90: 1 to 2: 3 or even include both anionic surfactants and nonionic surfactants in a weight ratio of one ninety. いくつかの例では、アニオン性界面活性剤の非イオン性界面活性剤に対する重量比は、少なくとも1:1が好ましい。 In some instances, the weight ratio non-ionic surfactants of the anionic surfactant is at least 1: 1 is preferred. しかし、10:1未満の比が好ましい場合もある。 However, 10: a ratio of less than 1 may be preferred. 存在する場合、総界面活性剤レベルは、好ましくは、対象組成物の0.1重量%〜60重量%、1重量%〜50重量%、又は更には5重量%〜40重量%である。 When present, the total surfactant level is preferably 0.1 wt% to 60 wt% of the subject composition, 1% to 50% by weight, or even 5 wt% to 40 wt%.

好ましくは、本組成物は、アニオン性洗浄界面活性剤、好ましくはサルフェート及び/又はスルホネート界面活性剤を含む。 Preferably, the composition, the anionic detersive surfactant, preferably a sulfate and / or sulphonate surfactant. 好ましい例としては、アルキルベンゼンスルホネート、アルキルサルフェート及びアルキルアルコキシル化サルフェートが挙げられる。 Preferred examples include alkyl benzene sulfonates, alkyl sulfates and alkyl alkoxylated sulphate. 好ましいスルホネートは、C 10〜13アルキルベンゼンスルホネートである。 Preferred sulfonates are C 10 to 13 alkyl benzene sulphonate. 好適なアルキルベンゼンスルホネート(LAS)は、市販の直鎖アルキルベンゼン(LAB)をスルホン化することによって得ることができる。 Suitable alkyl benzene sulfonates (LAS) may be obtained by sulfonating commercially available linear alkyl benzenes (LAB). 好適なLABとしては、商標名Isochem(登録商標)としてSasolによって供給されているもの又はPetresaによって商標名Petrelab(登録商標)として供給されているものなどの低2−フェニルLABが挙げられ、他の好適なLABとしては、商標名Hyblene(登録商標)としてSasolによって供給されているものなどの高2−フェニルLABが挙げられる。 Suitable LAB, tradename Isochem (TM) Sasol include low 2-phenyl LAB, such as those supplied under the trade name Petrelab (R) by what or Petresa supplied by as, other suitable LAB, include high 2-phenyl LAB, such as those supplied by Sasol under the tradename Hyblene (registered trademark). 好適なアニオン性洗浄界面活性剤は、DETAL触媒プロセスによって得られるアルキルベンゼンスルホネートであるが、HFなどの他の合成経路が好適な場合もある。 Suitable anionic detersive surfactants are alkyl benzene sulfonates obtained by DETAL catalyzed process, in some cases other synthetic routes, such as HF is preferred. 一態様では、LASのマグネシウム塩が用いられる。 In one aspect, the magnesium salt of LAS is used.

好ましいサルフェート洗浄界面活性剤としては、アルキルサルフェート、典型的にはC 8〜18アルキルサルフェート、又は主にはC 12アルキルサルフェートが挙げられる。 Preferred sulphate detersive surfactants include alkyl sulfates, typically C 8 to 18 alkyl sulphate or mainly can be mentioned C 12 alkyl sulfates. 更に好ましいアルキルサルフェートは、アルキルアルコキシル化サルフェート、好ましくはC 8〜18アルキルアルコキシル化サルフェートである。 More preferred alkyl sulfates, alkyl alkoxylated sulphate, preferably a C 8 to 18 alkyl alkoxylated sulphate. 好ましくは、アルコキシル化基は、エトキシル化基である。 Preferably, alkoxyl groups is an ethoxylated group. 典型的には、アルキルアルコキシル化サルフェートは、0.5〜30若しくは20、又は0.5〜10の平均アルコキシル化度を有する。 Typically, alkyl alkoxylated sulfates has the 0.5 to 30 or 20, or an average degree of alkoxylation of 0.5 to 10. 0.5〜10、又は0.5〜7、0.5〜5、又は更には0.5〜3の平均エトキシル化度を有するC 8〜18アルキルエトキシル化サルフェートが特に好ましい。 0.5 to 10, or 0.5~7,0.5~5, or even particularly preferably C 8 to 18 alkyl ethoxylated sulphates having an average degree of ethoxylation of 0.5-3.

アルキルサルフェート、アルキルアルコキシル化サルフェート、及びアルキルベンゼンスルホネートは、直鎖であっても分枝鎖であってもよく、置換されていても非置換であってもよい。 Alkyl sulfates, alkyl alkoxylated sulfates, and alkyl benzene sulfonates may be branched may be linear, substituted or may be unsubstituted. 界面活性剤が分枝状である場合、好ましくは、界面活性剤は、中鎖分枝サルフェート又はスルホネート界面活性剤を含む。 When the surfactant is a branched, preferably, the surfactant comprises a medium-chain branching sulphate or sulphonate surfactants. 好ましくは、分枝基は、C 1〜4アルキル基、典型的にはメチル及び/又はエチル基を含む。 Preferably, the branching group, C 1 to 4 alkyl groups, typically comprising methyl and / or ethyl groups.

好ましくは、本組成物は、非イオン性洗浄界面活性剤を含む。 Preferably, the composition comprises a non-ionic detersive surfactant. 好適な非イオン性界面活性剤は、C 〜C 18アルキルエトキシレート(例えば、Shell製のNEODOL(登録商標)非イオン性界面活性剤);C 〜C 12アルキルフェノールアルコキシレート(アルコキシレート単位は、エチレンオキシ単位、プロピレンオキシ単位、又はこれらの混合物であってよい);エチレンオキシド/プロピレンオキシドブロックポリマーとの、C 12 〜C 18アルコール及びC 〜C 12アルキルフェノール縮合物(例えば、BASF製のPluronic(登録商標));C 14 〜C 22中鎖分枝状アルコール;C 14 〜C 22中鎖分枝状アルキルアルコキシレート(典型的には1〜30の平均アルコキシル化度を有する);アルキル多糖類(一態様では、アルキルポリグリコシド);ポ Suitable nonionic surfactants are, C 8 -C 18 alkyl ethoxylates (e.g., Shell made of NEODOL (R) nonionic surfactants); C 6 -C 12 alkyl phenol alkoxylates (alkoxylate units , ethyleneoxy units, may be a propyleneoxy units or mixtures thereof); ethylene oxide / of propylene oxide block polymer, C 12 -C 18 alcohol and C 6 -C 12 alkyl phenol condensates (e.g., BASF made of Pluronic (TM)); C 14 -C 22 chain branched alcohols; the C 14 -C 22 chain branched alkyl alkoxylates (typically having an average degree of alkoxylation of 1 to 30); alkylpolysaccharides (in one embodiment, the alkyl polyglycoside) sugars; Po ヒドロキシ脂肪酸アミド、エーテル末端保護ポリ(オキシアルキル化)アルコール界面活性剤、並びにこれらの混合物からなる群から選択される。 Hydroxy fatty acid amides, ether capped poly (oxyalkylated) alcohol surfactants, and are selected from the group consisting of mixtures.

好適な非イオン性洗浄性界面活性剤としては、アルキルポリグルコシド及び/又はアルキルアルコキシル化アルコールが挙げられる。 Suitable non-ionic detersive surfactants include alkyl polyglucosides and / or an alkyl alkoxylated alcohol.

一態様では、非イオン性洗浄界面活性剤としては、アルキルアルコキシル化アルコール、一態様ではC 8〜18アルキルアルコキシル化アルコール、例えばC 8〜18アルキルエトキシル化アルコールが挙げられ、当該アルキルアルコキシル化アルコールは、1〜80、好ましくは1〜50、最も好ましくは1〜30、1〜20、又は1〜10の平均アルコキシル化度を有し得る。 In one embodiment, the non-ionic detersive surfactants include alkyl alkoxylated alcohols, C 8 to 18 alkyl alkoxylated alcohol in one embodiment, for example, C 8 to 18 alkyl ethoxylated alcohols and the like, the alkyl alkoxylated alcohol 1 to 80, preferably 1 to 50, and most preferably may have an average degree of alkoxylation of 1~30,1~20, or 1-10. 一態様では、アルキルアルコキシル化アルコールは、1〜10、1〜7、更には1〜5、若しくは3〜7、又は更には3若しくは2未満の平均エトキシル化度を有するC 8〜18アルキルエトキシル化アルコールであってよい。 In one aspect, alkyl alkoxylated alcohols, 1~10,1~7 further 1-5, or 3-7, or even C 8 to 18 alkyl ethoxylated having an average ethoxylation degree less than 3 or 2 it may be alcohol. アルキルアルコキシル化アルコールは、直鎖であっても分枝鎖であってもよく、置換されていても非置換であってもよい。 Alkyl alkoxylated alcohol may be branched may be linear, it may be also unsubstituted substituted.

好適な非イオン性界面活性剤としては、商品名Lutensol(登録商標)(BASF)が挙げられる。 Suitable nonionic surfactants include trade name Lutensol (R) (BASF) is.

好適なカチオン性洗浄界面活性剤としては、アルキルピリジニウム化合物、アルキル第四級アンモニウム化合物、アルキル第四級ホスホニウム化合物、アルキル第三級スルホニウム化合物、及びこれらの混合物が挙げられる。 Suitable cationic detersive surfactants include alkyl pyridinium compounds, alkyl quaternary ammonium compounds, alkyl quaternary phosphonium compounds, alkyl tertiary sulfonium compounds, and mixtures thereof.

好適カチオン性浄性界面活性剤は、以下の一般式を有する第四級アンモニウム化合物である。 Suitable cationic Kiyoshi surfactant is a quaternary ammonium compound having the following general formula.
(R)(R )(R )(R )N (R) (R 1) ( R 2) (R 3) N + X -
(式中、Rは、直鎖又は分枝鎖、置換又は非置換のC 6〜18アルキル又はアルケニル部分であり、R 及びR は、独立して、メチル又はエチル部分から選択され、R は、ヒドロキシル、ヒドロキシメチル又はヒドロキシエチル部分であり、Xは、電気的中性を提供するアニオンであり、好適なアニオンとしては、例えば塩化物などのハロゲン化物、硫酸及びスルホン酸が挙げられる。好適なカチオン性洗浄界面活性剤は、モノ−C 6〜18のアルキルモノヒドロキシエチルジメチル第四級アンモニウムクロライドである。非常に好適なカチオン性洗浄界面活性剤は、モノ−C 8〜10アルキルモノヒドロキシエチルジメチル第四級アンモニウムクロライド、モノ−C 10〜12アルキルモノヒドロキシエチルジメチル第四級アンモ (Wherein, R represents a linear or branched chain, a C having 6 to 18 alkyl or alkenyl moiety of the substituted or unsubstituted, R 1 and R 2 are independently selected from methyl or ethyl moieties, R 3 is a hydroxyl, hydroxymethyl or a hydroxyethyl moiety, X is an anion which provides charge neutrality, suitable anions, such as halides, such as chloride, sulfuric acid and sulfonic acid. suitable cationic detersive surfactants are alkyl mono-hydroxyethyl di-methyl quaternary ammonium chloride mono -C having 6 to 18. highly preferred cationic detersive surfactants are mono--C 8 to 10 alkyl mono hydroxyethyl dimethyl quaternary ammonium chloride, mono--C 10 to 12 alkyl mono-hydroxyethyl di-methyl quaternary ammonium ニウムクロライド、及びモノ−C 10アルキルモノヒドロキシエチルジメチル第四級アンモニウムクロライドである。 Chloride, and a mono--C 10 alkyl mono-hydroxyethyl di-methyl quaternary ammonium chloride.

好適な両性/双極性界面活性剤としては、アミンオキシド及びベタインが挙げられる。 Suitable amphoteric / zwitterionic surfactants include amine oxides and betaines.

アミンで中和されたアニオン性界面活性剤−本発明のアニオン性界面活性剤及び補助アニオン性補助界面活性剤は、酸形態で存在してもよく、上記酸形態を中和して、本洗剤組成物で用いるのに望ましい界面活性剤塩を形成してもよい。 Neutralized anionic surfactant amine - anionic surfactant and auxiliary anionic cosurfactants of the present invention may be present in acid form and neutralized the acid form, the detergent desirable surfactant salts for use in the compositions may be formed. 典型的な中和剤としては、水酸化物(例えば、NaOH又はKOH)など金属対イオン塩基が挙げられる。 Exemplary neutralizing agents, hydroxides (e.g., NaOH or KOH) and metal counterion base such. 酸形態の本発明のアニオン性界面活性剤及び補助アニオン性界面活性剤又は補助界面活性剤を中和するための更に好ましい剤としては、アンモニア、アミン、又はアルカノールアミンが挙げられる。 More preferred agent for neutralizing the anionic surfactant and auxiliary anionic surfactant or co-surfactant of the present invention the acid form, ammonia, amines, or alkanolamines. アルカノールアミンが好ましい。 Alkanol amines are preferred. 当該技術分野において公知のモノエタノールアミン、ジエタノールアミン、トリエタノールアミン、及び他の直鎖若しくは分枝鎖アルカノールアミンを含む好適な非限定的な例。 Known monoethanolamine, diethanolamine, suitable non-limiting examples including triethanolamine, and other linear or branched alkanolamines in the art. 例えば、非常に好ましいアルカノールアミンとしては、2−アミノ−1−プロパノール、1−アミノプロパノール、モノイソプロパノールアミン又は1−アミノ−3−プロパノールが挙げられる。 For example, a highly preferred alkanolamines, 2-amino-1-propanol, 1-amino-propanol, monoisopropanolamine or 1-amino-3-propanol. アミン中和は、完全に又は部分的に行われてよく、例えば、アニオン性界面活性剤混合物の一部がナトリウム又はカリウムで中和されてもよく、アニオン性界面活性剤混合物の一部がアミン又はアルカノールアミンで中和されてもよい。 Amine neutralization may be completely or partially carried out, for example, may be a part of the anionic surfactant mixture is neutralized with sodium or potassium, a portion of the anionic surfactant mixture is amine or it may be neutralized with an alkanolamine.

ビルダー。 builder. 好ましくは、本組成物は、1つ以上のビルダー又はビルダー系を含む。 Preferably, the composition comprises one or more builders or builder systems. ビルダーを用いるとき、本発明の組成物は、典型的には、少なくとも1%又は少なくとも2%〜60%のビルダーを含む。 When using a builder, the compositions of the present invention typically comprise at least 1% or at least 2% to 60% of builder. 好適なビルダーとしては、例えば、ゼオライト、リン酸塩、クエン酸塩などが挙げられる。 Suitable builders, for example, zeolites, phosphates, citric acid salts. 本組成物は、低レベル、例えば1〜10又は5重量%のリン酸塩及び/又はゼオライトを含むことが好ましい場合がある。 The composition, it may be preferred to include a low level, for example 1 to 10 or 5 wt% of phosphate and / or zeolite. 本組成物は、更には、強力なビルダーを実質的に含んでいなくてもよい。 The composition further includes a strong builder may not include substantially. 強力なビルダーを実質的に含まないとは、ゼオライト及び/又はリン酸塩が「意図的に添加されない」ことを意味する。 And it does not contain a strong builder substantially the zeolite and / or phosphate means "not intentionally added". 典型的なゼオライトビルダーとしては、ゼオライトA、ゼオライトP及びゼオライトMAPが挙げられる。 Typical zeolite builders, zeolite A, zeolite P and zeolite MAP. 典型的なリン酸塩ビルダーは、トリポリリン酸ナトリウムである。 Typical phosphate builder is sodium tripolyphosphate.

キレート剤。 Chelating agent. 好ましくは、本組成物は、キレート剤及び/又は結晶成長阻害物質を含む。 Preferably, the composition comprises a chelating agent and / or crystal growth inhibitors. 好適な分子としては、銅、鉄及び/又はマンガンキレート剤、並びにこれらの混合物が挙げられる。 Suitable molecules, copper, iron and / or manganese chelating agents, and mixtures thereof. 好適な分子としては、アミノカルボキシレート、アミノホスホネート、サクシネート、これらの塩、及びこれらの混合物が挙げられる。 Suitable molecules include amino carboxylates, amino phosphonates, succinates, salts thereof, and mixtures thereof. 本明細書に用いるのに好適なキレート剤の非限定的な例としては、エチレンジアミンテトラアセテート、N−(ヒドロキシエチル)エチレンジアミントリアセテート、ニトリロトリアセテート、エチレンジアミンテトラプロピオネート、トリエチレンテトラアミンヘキサアセテート、ジエチレントリアミンペンタアセテート、エタノールジグリシン、エチレンジアミンテトラキス(メチレンホスホネート)、ジエチレントリアミンペンタ(メチレンホスホン酸)(DTPMP)、エチレンジアミンジスクシネート(EDDS)、ヒドロキシエタンジメチレンホスホン酸(HEDP)、メチルグリシン二酢酸(MGDA)、ジエチレントリアミン五酢酸(DTPA)、これらの塩、及びこれらの混合物が挙げられる。 Non-limiting examples of suitable chelating agents for use herein are ethylenediamine tetraacetate, N- (hydroxyethyl) ethylene diamine triacetate, nitrilotriacetate, ethylenediamine tetrapropionate, triethylenetetramine hexaacetate, diethylenetriamine pentaacetate, ethanol diglycines, ethylenediamine tetrakis (methylene phosphonate), diethylenetriamine penta (methylene phosphonic acid) (DTPMP), ethylenediamine disuccinate (EDDS), hydroxyethanediphosphonic methylene phosphonic acid (HEDP), methyl glycine diacetic acid (MGDA) , diethylenetriaminepentaacetic acid (DTPA), the salts, and mixtures thereof. 本発明で用いるキレート剤の他の非限定的な例は、米国特許第7445644号、同第7585376号、及び米国特許出願公開第2009/0176684(A1)号に見出される。 Other non-limiting examples of chelating agent used in the present invention, U.S. Patent No. 7,445,644, the No. 7,585,376, and are found in U.S. Patent Application Publication No. 2009/0176684 (A1) No.. 本明細書に用いるのに好適な他のキレート剤は、市販のDEQUESTシリーズ、並びにMonsanto製、DuPont製、及びNalco,Inc. Other chelating agents suitable for use herein are commercially available DEQUEST series, and from Monsanto, manufactured by DuPont, and Nalco, Inc. 製のキレート剤である。 It is a manufacturing of a chelating agent.

pH調整剤。 pH adjusting agent. 所望のpHを得るためにpH調整剤を配合してよい。 It may be formulated a pH adjusting agent in order to obtain the desired pH. 洗剤製造業者の当業者に公知の任意のアルカリ又は酸、例えば、水酸化、炭酸若しくはケイ酸ナトリウム若しくはカリウム、クエン酸、又は塩酸などの強酸を添加してよい。 Any alkali or acids well known to those skilled in the detergent manufacturers, for example, hydroxide, sodium or potassium carbonate or silicate, may be added a strong acid such as citric acid, or hydrochloric acid. 緩衝能を付加するpH調整剤が、特に好ましい場合がある。 pH adjusting agent to be added buffering capacity may be particularly preferred.

ケイ酸塩。 Silicates. 本組成物は、好ましくは、ケイ酸ナトリウム又はケイ酸カリウムなどのケイ酸塩を含んでいてもよい。 The composition preferably may contain a silicate such as sodium silicate or potassium silicate. 本組成物は、0重量%〜10重量%未満、9重量%以下、又は8重量%以下、又は7重量%以下、又は6重量%以下、又は5重量%以下、又は4重量%以下、又は3重量%以下、又は更には2重量%以下のケイ酸塩、好ましくは0重量%超、又は0.5重量%以上、又は更には1重量%以上のケイ酸塩を含み得る。 The composition, less than 0 wt% to 10 wt%, 9 wt% or less, or 8 wt% or less, or 7% by weight or less, or 6 wt%, or 5 wt% or less, or 4 wt% or less, or 3 wt% or less, or even 2 wt% or less of silicate, preferably from 0 wt.%, or 0.5 wt% or more, or even from 1 wt% or more silicates. 好適なケイ酸塩は、ケイ酸ナトリウムである。 Suitable silicate is sodium silicate.

分散剤。 Dispersant. 本組成物は、好ましくは、分散剤を含有していてもよい。 The composition preferably may contain a dispersing agent. 好適な水溶性有機物質としては、ホモポリマー又はコポリマーの酸又はこれらの塩が挙げられ、この場合、ポリカルボン酸は、互いに炭素原子2個以下だけ離れている少なくとも2個のカルボキシルラジカルを含む。 Suitable water-soluble organic substances, homopolymers or copolymers acid or a salt thereof can be mentioned, in this case, the polycarboxylic acid comprises at least two carboxyl radicals separated by no more than two carbon atoms from one another.

酵素安定剤。 Enzyme stabilizers. 本組成物は、好ましくは、酵素安定剤を含んでいてもよい。 The composition preferably may contain an enzyme stabilizer. 例えば、カルシウム及び/又はマグネシウムイオンを酵素に供給する最終布地ケア及びホームケア製品中にカルシウム及び/又はマグネシウムイオンの水溶性供給源を存在させることによって、任意の従来の酵素安定剤を用いてよい。 For example, calcium and / or magnesium ions by the presence of water-soluble sources of calcium and / or magnesium ions in the finished fabric care and home care products supplied to the enzyme, may be used any conventional enzyme stabilizers . プロテアーゼを含む水性組成物の場合、更に安定性を向上させるために、例えば、ホウ酸塩を含むホウ素化合物、又は好ましくは4−ホルミルフェニルボロン酸、フェニルボロン酸、及びこれらの誘導体、又はギ酸カルシウム、ギ酸ナトリウム、及び1,2−プロパンジオール、ジエチレングリコールなどの化合物など、可逆的プロテアーゼ阻害物質を添加してもよい。 In case of aqueous compositions comprising protease, further to improve the stability, for example, boron compounds including borate, or preferably 4-formylphenyl boronic acid, phenylboronic acid, and derivatives thereof, or calcium formate , sodium formate, and 1,2-propanediol, and compounds such as diethylene glycol, may be added to the reversible protease inhibitor.

布地濃淡染料。 Fabric shade dye. 本組成物は、布地濃淡染料を含んでいてよい。 The composition may comprise a fabric shading dyes. 好適な布地濃淡染料(時に、色調剤、青味剤又は白色剤と呼ばれることもある)は、典型的には、青又は紫の濃淡を布地にもたらす。 Suitable fabric shade dyes (sometimes toning, sometimes called bluing agents or whiteners) is typically blue or result in shade of purple fabric. 布地濃淡染料は、単独又は組み合わせて使用して、特定の色調の濃淡を作り出すことができ、及び/又は異なる種類の布地に濃淡を付けることができる。 Fabric shading dyes are used alone or in combination, can be given a shading can produce shades of a particular color, and / or to different types of fabric. これは、例えば、赤と緑−青の染料とを混合して青又は紫の濃淡を生じさせることによって提供され得る。 This, for example, red and green - a mixture of a blue dye blue or may be provided by generating gray purple. 布地濃淡染料は、アクリジン、アントラキノン(多環式キノンを含む)、アジン、予め金属化(premetallized)されたアゾを含むアゾ(例えば、モノアゾ、ジアゾ、トリスアゾ、テトラキスアゾ、ポリアゾ)、ベンゾジフラン及びベンゾジフラノン、カロテノイド、クマリン、シアニン、ジアザヘミシアニン、ジフェニルメタン、ホルマザン、ヘミシアニン、インジゴイド、メタン、ナフタルイミド、ナフトキノン、ニトロ及びニトロソ、オキサジン、フタロシアニン、ピラゾール、スチルベン、スチリル、トリアリールメタン、トリフェニルメタン、キサンテン、並びにこれらの混合物が挙げられるが、これらに限定されない任意の公知の化学分類の染料から選択してよい。 Fabric shading dyes, acridine, (including polycyclic quinone) anthraquinone, azine, azo (e.g., monoazo, disazo, trisazo, tetrakisazo, polyazo) containing azo a previously metallized (Premetallized), benzodifuran and benzodifuranone, carotenoids, coumarin, cyanine, diaza hemicyanin, diphenylmethane, formazan, hemicyanine, indigoid, methane, naphthalimide, naphthoquinone, nitro and nitroso, oxazine, phthalocyanine, pyrazole, stilbene, styryl, triarylmethane, triphenylmethane, xanthene, and mixtures thereof, may be selected from dyes any known chemical classes including, but not limited to.

好適な布地濃淡染料としては、染料及び染料−粘土結合体が挙げられる。 Suitable fabric shades dyes, dyes and dye - like clay conjugates. 好ましい布地濃淡染料は、小分子染料及び高分子染料から選択される。 Preferred fabric shading dyes are selected from small molecule dyes and polymeric dyes. 好適な小分子染料としては、例えば、青、紫、赤、緑又は黒に分類され、単独で又は他の染料若しくは補助成分と組み合わせて所望の濃淡をもたらす、酸性染料、直接染料、塩基性染料、反応染料、溶媒染料、又は分散染料の色指数(C.I.)分類に分類される染料からなる群から選択される小分子染料が挙げられる。 Suitable small molecule dyes include, for example, blue, purple, classified red, green or black, either alone or in combination with other dyes or auxiliary components result in the desired shade, acid dyes, direct dyes, basic dyes , reactive dyes, solvent dyes, or disperse dyes color index (C.I.) small molecule dye selected from the group consisting of dyes classified in the classification and the like. 欧州特許出願公開第1794274(A)号に記載のとおり、加水分解された反応染料として記載される染料を含んでもよい。 European as described in Patent Application Publication No. 1794274 (A) No. may include dyes that are described as hydrolyzed reactive dyes. 別の態様では、好適な小分子染料としては、色指数(Society of Dyers and Colourists(Bradford,UK)番号:ダイレクトバイオレット染料(5、7、9、11、31、35、48、51、66及び99など)、ダイレクトブルー染料(1、71、80及び279など)、アシッドレッド染料(17、73、52、88及び150など)、アシッドバイオレット染料(15、17、24、43、49及び50など)、アシッドブルー染料(15、17、25、29、40、45、48、75、80、83、90及び113など)、アシッドブラック染料(1など)、ベーシックバイオレット染料(1、3、4、10及び35など)、ベーシックブルー染料(3、16、22、47、66、75及び15 In another aspect, suitable small molecule dyes, Color Index (Society of Dyers and Colourists (Bradford, UK) numbers: Direct Violet dyes (5,7,9,11,31,35,48,51,66 and 99, etc.), such as direct Blue dye (1,71,80 and 279), such as acid Red dye (17,73,52,88 and 150), acid violet dye (15,17,24,43,49 and 50, etc. ), such as acid Blue dye (15,17,25,29,40,45,48,75,80,83,90 and 113), such as acid black dye (1), basic violet dye (1, 3, 4, such as 10 and 35), basic Blue dye (3,16,22,47,66,75 and 15 9など)、分散又は溶媒染料(例えば、米国特許出願公開第2008/034511(A1)号又は米国特許第8,268,016(B2)号に記載されているもの)、あるいは米国特許第7,208,459(B2)号に開示されている染料、例えば、ソルベントバイオレット13、並びにこれらの混合物からなる群から選択される小分子染料が挙げられる。別の態様では、好適な低分子染料としては、C.I.番号アシッドバイオレット17、アシッドブルー80、アシッドバイオレット50、ダイレクトブルー71、ダイレクトバイオレット51、ダイレクトブルー1、アシッドレッド88、アシッドレッド150、アシッドブルー29、アシッドブルー113、又はこれらの混合物からなる群から選択される低分子染料が挙げられる 9, etc.), dispersing or solvent dyes (e.g., U.S. Patent Application Publication No. 2008/034511 (A1) No. or U.S. Patent No. 8,268,016 (B2) as those described in JP), or U.S. Pat. No. 7, 208,459 (B2) disclosed in JP dyes, for example, solvent violet 13, and the small molecule dyes. in another embodiment is selected from the group consisting of mixtures, suitable low molecular dye , C.I. No. acid violet 17, acid Blue 80, acid violet 50, direct Blue 71, direct violet 51, direct Blue 1, acid Red 88, acid Red 150, acid Blue 29, acid Blue 113 or mixtures thereof They include low molecular dye selected from the group consisting of

好適な高分子染料としては、共有結合している(時に、複合体化しているとも称される)色原体(染料−ポリマー結合体)を含有するポリマー、例えば、ポリマーの主鎖に共重合した色原体を有するポリマー、及びこれらの混合物からなる群から選択される高分子染料が挙げられる。 Suitable polymeric dye are covalently bound (sometimes referred to as being complexed) chromogen - polymers containing (dye polymer conjugate), for example, copolymerized into the backbone of the polymer polymers with the chromogen, and include polymeric dyes selected from the group consisting of mixtures. 高分子染料としては、国際公開第2011/98355号、米国特許出願公開第2012/225803(A1)号、同第2012/090102(A1)号、国際公開第2012/166768号、米国特許第7,686,892B2号、及び国際公開第2010/142503号に記載されているものが挙げられる。 The polymeric dye, WO 2011/98355, U.S. Patent Application Publication No. 2012/225803 (A1) Nos, the first 2012/090102 (A1) No., WO 2012/166768, U.S. Patent No. 7, No. 686,892B2, and those described in International Publication No. 2010/142503.

他の好適な高分子染料としては、Liquitint(登録商標)(Milliken、Spartanburg(South Carolina,USA))の名称で販売されている布地直接着色剤、少なくとも1つの反応染料と、ヒドロキシル部分、一級アミン部分、二級アミン部分、チオール部分、及びこれらの混合物からなる群から選択される部分を含むポリマーからなる群から選択されるポリマーとから形成される染料−ポリマー結合体からな成る群から選択される高分子染料が挙げられる。 Other suitable polymeric dye, Liquitint (R) (Milliken, Spartanburg (South Carolina, USA)) fabric substantive colorants sold under the name, and at least one reactive dye, a hydroxyl moiety, a primary amine moiety, secondary amine moiety, a thiol moiety, and dyes are formed from a polymer selected from the group consisting of polymers comprising a moiety selected from the group consisting of mixtures - is selected from the group consisting such a polymer conjugates that polymeric dye, and the like. 更に別の態様では、好適な高分子染料としては、Liquitint(登録商標)バイオレットCT、Megazyme(Wicklow,Ireland)によって商品名AZO−CM−CELLULOSE、商品コードS−ACMCとして販売されているC. In still another aspect, suitable polymeric dyes, Liquitint (R) Violet CT, Megazyme (Wicklow, Ireland) tradename by AZO-CM-CELLULOSE, sold as product code S-ACMC C. I. I. リアクティブブルー19と結合しているカルボキシメチルセルロース(CMC)などの1つ以上のリアクティブブルー、リアクティブバイオレット又はリアクティブレッドの染料に共有結合しているCMC、アルコキシル化トリフェニル−メタン高分子着色料、アルコキシル化チオフェン高分子着色料、アルコキシル化炭素環式及びアルコキシル化複素環式アゾ着色料、並びにこれらの混合物からなる群から選択される高分子染料が挙げられる。 One or more Reactive Blue carboxymethyl cellulose bound with Reactive Blue 19 (CMC), CMC covalently attached to the dye Reactive Violet or Reactive Red, alkoxylated triphenyl - methane polymeric colorant fee, alkoxylated thiophene polymeric colorant, alkoxylated carbocyclic and alkoxylated heterocyclic azo colorants, as well as high molecular dye selected from the group consisting of mixtures thereof. 好ましい高分子染料は、リキティント染料など、アルコキシル化トリフェニル−メタン高分子着色料、アルコキシル化チオフェン高分子着色料、アルコキシル化炭素環式及びアルコキシル化複素環式アゾ着色料、並びにこれらの混合物などの任意に置換されているアルコキシル化染料を含む。 Preferred polymeric dyes, etc. Rikitinto dyes, alkoxylated triphenyl - methane polymeric colorants, alkoxylated thiophene polymeric colorant, alkoxylated carbocyclic and alkoxylated heterocyclic azo colorants, and mixtures thereof and the like including alkoxylated dyes that are optionally substituted.

好ましい色調染料としては、国際公開第08/87497(A1)号、同第2011/011799号、及び米国特許出願公開第2012/129752(A1)号に見出される白色剤が挙げられる。 Preferred color dyes, WO 08/87497 (A1) Nos, the No. 2011/011799, and white agents found in U.S. Patent Application Publication No. 2012/129752 (A1) No. like. 本発明に使用するのに好ましい色調剤は、国際公開第2011/011799号の表5の実施例1〜42から選択されるものを含む、これら参考文献に開示されている好ましい染料であってよい。 Preferred toning agents for use in the present invention include those selected from examples 1 to 42 in Table 5 of WO 2011/011799, it may be preferred dyes disclosed in these references . 他の好ましい染料は、米国特許第8,138,222号に開示されている。 Other preferred dyes are disclosed in U.S. Patent No. 8,138,222. 他の好適な染料は、米国特許第7,909,890(B2)号に開示されている。 Other suitable dyes are disclosed in U.S. Patent No. 7,909,890 (B2) No..

好適な染料−粘土結合体としては、少なくとも1つのカチオン性/塩基性染料及びスメクタイト粘土、並びにこれらの混合物を含む群から選択される染料−粘土結合体が挙げられる。 The clay conjugates, at least one cationic / basic dye and a smectite clay, and a dye selected from the group including mixtures thereof - - Suitable dyes clay conjugates thereof. 別の態様では、好適な染料−粘土結合体としては、1つのカチオン性/塩基性染料と、モンモリロナイト粘土、ヘクトライト粘土、サポナイト粘土、及びこれらの混合物からなる群から選択される粘土とからなる群から選択される染料−粘土結合体が挙げられる。 In another aspect, suitable dye - The clay conjugates, consisting of one cationic / basic dye, montmorillonite clays, hectorite clays, saponite clays and the clay is selected from the group consisting of mixtures dye is selected from the group - clay conjugates thereof. 好適なカチオン性/塩基性染料の例としては、C. Examples of suitable cationic / basic dye, C. I. I. ベーシックイエロー1〜108、C. Basic Yellow 1~108, C. I. I. ベーシックオレンジ1〜69、C. Basic Orange 1~69, C. I. I. ベーシックレッド1〜118、C. Basic Red 1~118, C. I. I. ベーシックバイオレット1〜51、C. Basic Violet 1~51, C. I. I. ベーシックブルー1〜164、C. Basic Blue 1~164, C. I. I. ベーシックグリーン1〜14、C. Basic Green 1~14, C. I. I. ベーシックブラウン1〜23、C. Basic Brown 1~23, C. I. I. ベーシックブラック1〜11が挙げられる。 Basic Black 1 to 11, and the like. 更に別の態様では、好適な染料−粘土結合体としては、モンモリロナイトベーシックブルーB7C. In still another aspect, suitable dye - The clay conjugates, Montmorillonite Basic Blue B7C. I. I. 42595結合体、モンモリロナイトベーシックブルーB9C. 42595 conjugate, Montmorillonite Basic Blue B9C. I. I. 52015結合体、モンモリロナイトベーシックバイオレットV3C. 52015 conjugate, Montmorillonite Basic Violet V3C. I. I. 42555結合体、モンモリロナイトベーシックグリーンG1C. 42555 conjugate, montmorillonite Basic Green G1C. I. I. 42040結合体、モンモリロナイトベーシックレッドR1C. 42040 conjugate, Montmorillonite Basic Red R1C. I. I. 45160結合体、モンモリロナイトC. 45160 conjugate, montmorillonite C. I. I. ベーシックブラック2結合体、ヘクトライトベーシックブルーB7 C. Basic Black 2 conjugate, Hectorite Basic Blue B7 C. I. I. 42595結合体、ヘクトライトトベーシックブルーB9 C. 42595 conjugate, Hectorite door Basic Blue B9 C. I. I. 52015結合体、ヘクトライトベーシックバイオレットV3 C. 52015 conjugate, Hectorite Basic Violet V3 C. I. I. 42555結合体、ヘクトライトベーシックグリーンG1 C. 42555 conjugate, Hectorite Basic Green G1 C. I. I. 42040結合体、ヘクトライトベーシックレッドR1 C. 42040 conjugate, Hectorite Basic Red R1 C. I. I. 45160結合体、ヘクトライトC. 45160 conjugate, hectorite C. I. I. ベーシックブラック2結合体、サポナイトベーシックブルーB7 C. Basic Black 2 conjugate, saponite Basic Blue B7 C. I. I. 42595結合体、サポナイトベーシックブルーB9 C. 42595 conjugate, saponite Basic Blue B9 C. I. I. 52015結合体、サポナイトベーシックバイオレットV3 C. 52015 conjugate, saponite Basic Violet V3 C. I. I. 42555結合体、サポナイトベーシックグリーンG1 C. 42555 conjugate, saponite Basic Green G1 C. I. I. 42040結合体、サポナイトベーシックレッドR1 C. 42040 conjugate, saponite Basic Red R1 C. I. I. 45160結合体、サポナイトC. 45160 conjugate, saponite C. I. I. ベーシックブラック2結合体、及びこれらの混合物からなる群から選択される、染料−粘土結合体が挙げられる。 Basic Black 2 conjugate, and is selected from the group consisting of mixtures, dye - clay conjugates thereof.

布地濃淡染料、又は実際には、顔料、蛍光増白剤、ポリマーなどの有機合成経路によって作製される他の助剤は、任意の精製工程を用いる助剤の有機合成の結果として得られる反応混合物の一部として、洗剤組成物に配合してよい。 Fabric shade dyes, or indeed, pigments, fluorescent whitening agents, other auxiliaries made by organic synthetic routes such as polymers, the reaction mixture obtained as a result of organic synthesis aids using any purification step as part of, it may be incorporated into detergent compositions. このような反応混合物は、一般的に、助剤自体を含み、更に、未反応の出発物質及び/又は有機合成経路の副生成物を含んでいてもよい。 Such reaction mixtures generally comprise auxiliaries itself, may further include a by-product of the starting material and / or organic synthetic routes unreacted.

好適なポリマー布地濃淡染料を以下に示す。 It shows a preferred polymeric fabric shades dye below. このようなアルコキシル化化合物の全てと同様に、有機合成によって、様々な程度のアルコキシル化を有する分子の混合物を生成することができる。 As with all such alkoxylated compounds by organic synthesis, it is possible to produce a mixture of molecules with alkoxylation of varying degrees. このような混合物は、布地濃淡染料を提供するために直接使用しても、又は精製工程を受けてもよい。 Such mixtures may be used directly to provide a fabric shading dyes, or may be subjected to purification steps.

布地濃淡染料は、以下の構造を有し得る: Fabric shading dyes may have the following structure:

(式中、 (In the formula,
及びR は、独立して、H、アルキル、アルコキシ、アルキレンオキシ、アルキル末端保護されたアルキレンオキシ、尿素、及びアミドからなる群から選択され、 R 1 and R 2 are, independently, H, alkyl, alkoxy, alkyleneoxy, alkyl-capped alkyleneoxy, selected urea, and from the group consisting of amide,
は、置換アリール基であり、 R 3 is a substituted aryl group,
Xは、スルホンアミド部分と、任意にアルキル及び/又はアリール部分とを含む置換基であり、当該置換基は、少なくとも1本のアルキレンオキシ鎖を含む)。 X includes a sulfonamide moiety is a substituent containing an alkyl and / or aryl moieties optionally, the substituents, at least one alkyleneoxy chain). 色調染料は、好ましくはアルコキシル化されている、チオフェンアゾ染料などのチオフェン染料であってよい。 Color dyes are preferably alkoxylated, be a thiophene dye such thiophene azo dyes. 任意に、染料は、スルホン酸基、カルボン酸基、又は第四級アンモニウム基から選択される少なくとも1つの可溶化基で置換されていてもよい。 Optionally, dyes, sulfonic acid group, a carboxylic acid group, or optionally substituted by at least one solubilizing group is selected from quaternary ammonium groups.

好適な布地濃淡染料の例は、以下のとおりである。 Examples of suitable fabric shades dyes are as follows.

上記の染料は、以下を含んでいてよい: The above dyes may include the following:
a)式(1)のZn−、Ca−、Mg−、Na−、K−、Al、Si−、Ti−、Ge−、Ga−、Zr−、In−又はSn−フタロシアニン化合物 (PC)−L−(D) (1) a) formula (1) Zn-, Ca-, Mg-, Na-, K-, Al, Si-, Ti-, Ge-, Ga-, Zr-, In- or Sn- phthalocyanine compound (PC) - L- (D) (1)
上記化合物には、連結基Lを介在した共有結合によって少なくとも1つのモノアゾ染料が結合し、この場合、 The above compounds, at least one monoazo dye covalently bound obtained by interposing a linking group L, in this case,
PCは、金属含有フタロシアニン環系であり、 PC is a metal-containing phthalocyanine ring system,
Dは、モノアゾ染料のラジカルであり、そして Lは、基 D is the radical of a monoazo dye, and L is a group

である (式中、 It is (in the formula,
20は、水素、C 〜C アルキル、C 〜C アルコキシ又はハロゲンであり、 R 20 is hydrogen, C 1 -C 8 alkyl, C 1 -C 8 alkoxy or halogen,
21は、独立して、D、水素、OH、Cl又はFであるが、ただし、少なくとも1つはDであり、 R 21 is independently, D, hydrogen, OH, is a Cl or F, provided that at least one is D,
100は、C 〜C アルキレンであり、 R 100 is a C 1 -C 8 alkylene,
は、PCの結合点であり、 * Is the point of attachment of PC,
#は、染料の結合点である)。 # Is the point of attachment of the dye).

上述の布地濃淡染料は、組み合わせて使用してもよい(布地色調剤の任意の混合物を使用することができる)。 Fabric shade dyes described above, the combination may also be used (any mixture of fabric color toning agent may be used).

顔料。 Pigment. 好適な顔料としては、フラバントロン、インダントロン、1〜4個の塩素原子を含有する塩素化インダントロン、ピラントロン、ジクロロピラントロン、モノブロモジクロロピラントロン、ジブロモジクロロピラントロン、テトラブロモピラントロン、ペリレン−3,4,9,10−テトラカルボン酸ジイミド(イミド基は、非置換であってもよく、又はC1〜C3−アルキル若しくはフェニル若しくは複素環式ラジカルによって置換されていてもよく、当該フェニル及び複素環式ラジカルは、水溶性を付与しない置換基を更に有してもよい)、アントラピリミジンカルボン酸アミド、ビオラントロン、イソビオラントロン、ジオキサジン顔料、1分子あたり最高2個の塩素原子を含有し得る銅フタロシアニン、1分子あたり最高14個の臭 Suitable pigments, flavanthrone, indanthrone, chlorinated indanthrone containing from 1 to 4 chlorine atoms, pyranthrone, dichloropyranthron Tron, monobromo dichloropyranthron Tron, dibromo dichloropyranthron Tron, tetrabromobisphenol pyran Tron, perylene 3,4,9,10-tetracarboxylic acid diimide (imide groups may be unsubstituted or C1~C3- alkyl or phenyl or may be substituted by a heterocyclic radical, the phenyl and heterocyclic radicals may further have a substituent which does not impart water solubility), containing anthrapyrimidine carboxylic acid amides, violanthrone, isoviolanthrone, dioxazine pigments, up to 2 chlorine atoms per molecule copper phthalocyanine, up to 14 pieces of odor per molecule to obtain 原子を含有するポリクロロ−銅フタロシアニン又はポリブロモクロロ−銅フタロシアニン、並びにこれらの混合物からなる群から選択される顔料が挙げられる。 Containing an atom polychloro - copper phthalocyanine or polybrominated chloro - copper phthalocyanine, and pigment selected from the group consisting of mixtures thereof. 他の好適な顔料は、国際公開第2008/090091号に記載されている。 Other suitable pigments are described in WO 2008/090091. 別の態様では、好適な顔料としては、ウルトラマリンブルー(C.I.ピグメントブルー29)、ウルトラマリンバイオレット(C.I.ピグメントバイオレット15)、モナストラールブルー、及びこれらの混合物からなる群から選択される顔料が挙げられる。 In another aspect, suitable pigments, Ultramarine Blue (C.I. Pigment Blue 29), Ultramarine Violet (C.I. Pigment Violet 15), Mona strike Lal blue, and mixtures thereof It includes pigment selected. 特に好ましいのは、ピグメントブルー15〜20、特にピグメントブルー15及び/又は16である。 Especially preferred are Pigment Blue 15 to 20, in particular Pigment Blue 15 and / or 16. 他の好適な顔料としては、ウルトラマリンブルー(C.I.ピグメントブルー29)、ウルトラマリンバイオレット(C.I.ピグメントバイオレット15)、モナストラールブルー、及びこれらの混合物からなる群から選択されるものが挙げられる。 Other suitable pigments, Ultramarine Blue (C.I. Pigment Blue 29), Ultramarine Violet (C.I. Pigment Violet 15), is selected from the group consisting of Mona strike Lar blue, and mixtures thereof thing, and the like. 好適な色調剤は、米国特許第7,208,459(B2)号により詳細に記載されている。 Suitable toning agents are described in more detail in U.S. Patent No. 7,208,459 (B2) No..

上述の布地色調剤は、色調剤の混合物及び/又は任意の顔料との混合物において使用することができる。 Fabric hueing agents described above can be used in mixtures and / or mixtures of any of the pigments of color agents.

蛍光増白剤。 Fluorescent whitening agents. 有益剤は、1つ以上の蛍光増白剤を含んでいてよい。 Benefit agent may comprise one or more optical brighteners. 蛍光増白剤の好適な例は、例えば、スチルベン増白剤、クマリン増白剤、ベンゾキサゾール増白剤、及びこれらの混合物である。 Suitable examples of fluorescent whitening agents, for example, stilbene brighteners, coumarin brightener, benzoxazole brighteners, and mixtures thereof. ジアミノスチルベンジスルホン酸型増白剤(以下、「DAS」と呼ぶ)は、国際公開第98/52907(A)号では親水性として分類されている。 Diaminostilbene disulfonic acid whitening agent (hereinafter, referred to as "DAS"), in the WO 98/52907 (A) No. is classified as hydrophilic. 市販されているDASの例は、Tinopal DMS(ex CIBA)である。 Examples of DAS on the market is Tinopal DMS (ex CIBA). 別の種類の低ClogP増白剤は、ジスチリルビフェニル増白剤(以下、「DSBP」と呼ぶ)である。 Another type of low ClogP brighteners, distyrylbiphenyl brightening agent (hereinafter referred to as "DSBP") is. 市販されているこの種の増白剤の例は、Tinopal CBS−X(同様にex CIBA)である。 Examples of such brighteners are commercially available is Tinopal CBS-X (Similarly ex CIBA). 本発明において有用であり得る市販の蛍光増白剤は、サブグループに分類することができ、当該サブグループとしては、スチルベン、ピラゾリン、カルボン酸、メチンシアニン、ジベンゾチオフェン−5,5−ジオキシド、アゾール、5及び6員環の複素環、並びに他の様々な剤の誘導体が挙げられるが、これらに限定されない。 Commercial optical brighteners which may be useful in the present invention can be classified into subgroups, as the said sub-group, stilbene, pyrazoline, carboxylic acid, methinecyanines, dibenzothiophene-5,5-dioxide, azoles, 5 and 6 membered ring heterocyclic, and derivatives of various other agents including but not limited to. 特に好ましい増白剤は、ナトリウム2(4−スチリル−3−スルホフェニル)−2H−ナフト[1,2−d]トリアゾール、二ナトリウム4,4'−ビス([4−アニリノ−6−(N−メチル−2−ヒドロキシエチルアミノ)−1,3,5−トリアジン−2−イル]アミノ)スチルベン−2,2'−ジスルホネート、二ナトリウム4,4'−ビス[(4−アニリノ−6−モルホリノ−1,3,5−トリアジン−2−イル)アミノ]スチルベン−2,2'−ジスルホネート、及び二ナトリウム4,4'−ビス(2−スルホスチリル)ビフェニルから選択される。 Particularly preferred brighteners are sodium 2 (4-styryl-3-sulfophenyl) -2H- naphtho [1, 2-d] triazole, disodium 4,4'-bis ([4-anilino-6-(N - methyl-2-hydroxyethylamino) -1,3,5-triazin-2-yl] amino) stilbene-2,2'-disulfonate, disodium 4,4'-bis [(4-anilino-6- morpholino-1,3,5-triazin-2-yl) amino] stilbene-2,2'-disulfonate, and is selected from disodium 4,4'-bis (2-sulfostyryl) biphenyl. このような増白剤の他の例は、「The Production and Application of Fluorescent Brightening Agents」(M.Zahradnik、John Wiley & Sons刊、New York(1982年))に開示されている。 Another example of such a brightener is, "The Production and Application of Fluorescent Brightening Agents" has been disclosed in (M.Zahradnik, John Wiley & Sons published, New York (1982 years)).

好ましい増白剤は、以下の構造を有する。 Preferred brighteners have the following structure.

好適な増白剤のレベルは、約0.01、約0.05、約0.1、又は更には約0.2重量%から上限0.5、0.75、又は更には1.0重量%までである。 Suitable levels of brightener are about 0.01, about 0.05, about 0.1 or even limit 0.5, 0.75 to about 0.2 wt%, or even 1.0 wt, % up to.

非常に好ましい光学増白剤は、C. Highly preferred optical brighteners, C. I. I. 蛍光増白剤260を含む(好ましくは以下の構造を有する)。 It contains a fluorescent whitening agent 260 (preferably having the following structure).

C. C. I. I. 蛍光増白剤260の作製方法は、ベルギー特許第680847号に記載されている。 The method for manufacturing a fluorescent whitening agent 260 is described in Belgian Patent No. 680,847.

審美染料。 Aesthetic dye. 本組成物は、審美染料及び/又は顔料を含んでいてよい。 The composition may include aesthetic dyes and / or pigments. 好適な染料としては、洗浄及び/又は処理組成物を着色するために使用される、任意の従来の染料、典型的には小分子染料又は高分子染料が挙げられる。 Suitable dyes are used to color the cleaning and / or treatment compositions, any conventional dyes, typically include small molecule dyes or polymeric dyes. これらは、一般的に、非布地濃淡染料である。 These are generally non-textile shading dyes.

溶媒系。 Solvent system. 本組成物は、例えば、水単独、又は水を含まないか若しくは水を含む有機溶媒の混合物を含む溶媒系を含んでいてよい。 The composition may, for example, water alone, or water and may include a solvent system comprising a mixture of an organic solvent containing one or water does not contain. 好適な有機溶媒としては、1,2−プロパンジオール、エタノール、グリセロール、ジプロピレングリコール、メチルプロパンジオール、及びこれらの混合物が挙げられる。 Suitable organic solvents include 1,2-propanediol, ethanol, glycerol, dipropylene glycol, methyl propane diol, and mixtures thereof. また、他の低級アルコール、C1〜C4アルカノールアミン、例えば、モノエタノールアミン及びトリエタノールアミンなどを使用してもよい。 Also, other lower alcohols, C1 -C4 alkanolamine, e.g., may be used, such as monoethanolamine and triethanolamine. 溶媒系は、例えば、本発明の無水固体の実施形態には存在していなくてもよいが、より典型的には、約0.1%〜98%、好ましくは少なくとも約1%〜約50%、より一般的には約5%〜約25%の範囲のレベルで存在している。 The solvent system, for example, to the embodiment of the anhydrous solid of the present invention may not be present, but more typically, from about 0.1% to 98%, preferably at least about 1% to about 50% , more typically are present at levels ranging from about 5% to about 25%. このような溶媒系は、増白剤と洗剤組成物中の他の成分とを混合する前に増白剤と予混合するために特に有用であり得る。 Such solvent systems may be particularly useful for mixing brightener and pre prior to mixing with other components of the whitening agents and detergent compositions. あるいは又は更に、界面活性剤を増白剤と予混合してもよい。 Alternatively or in addition, a surfactant may be mixed brighteners and pre. このような好ましい実施形態では、増白剤と予混合された界面活性剤は、(界面活性剤の総重量に基づいて)少なくとも25重量%又は少なくとも50重量%の非イオン性界面活性剤を含む。 In such preferred embodiments, brighteners and premixed surfactants include (based on the total weight of surfactant) of at least 25 wt%, or at least 50 wt% of a nonionic surfactant .

本発明のいくつかの実施形態では、本組成物は、構造化された液体の形態である。 In some embodiments of the present invention, the composition is in the form of structured liquids. このような構造化された液体は、内部的に構造化されて、一次成分(例えば、界面活性剤物質)によって構造体を形成してもよく、及び/又は例えば、増粘剤として用いるために、二次成分(例えば、ポリマー、粘土及び/又はケイ酸塩物質)を用いて三次元マトリックス構造をもたらすことによって、外部的に構造化してもよい。 Such structured liquids, is internally structured, primary component (e.g., surfactant materials) may form a structure by, and / or, for example, for use as a thickener , secondary components (e.g., polymers, clays and / or silicate material) by providing a three dimensional matrix structure using, may be externally structured. 本組成物は、構造化剤を含んでいてよく、好ましくは、0.01重量%〜5重量%、0.1重量%〜2.0重量%の構造化剤を含んでもよい。 The composition may contain a structuring agent, preferably 0.01 wt% to 5 wt%, may contain a structuring agent 0.1 wt% to 2.0 wt%. 好適な構造化剤の例は、米国特許出願公開第2006/0205631(A1)号、同第2005/0203213(A1)号、米国特許第7294611号、同第6855680号に示されている。 Examples of suitable structuring agents, U.S. Patent Application Publication No. 2006/0205631 (A1) Nos, the first 2005/0203213 (A1), U.S. Patent No. 7,294,611, are shown in Nos. No. 6,855,680. 構造化剤は、典型的には、ジグリセリド及びトリグリセリド、エチレングリコールジステアレート、微結晶セルロース、セルロース系物質、マイクロファイバーセルロース、Polygel W30(3VSigma)などのアリ(ally)変性アルカリ膨潤性エマルション、バイオポリマー、キサンタンガム、ジェランガム、硬化ヒマシ油、硬化ヒマシ油の誘導体(例えば、硬化ヒマシ油の非エトキシル化誘導体)、及びこれらの混合物からなる群から選択され、特に、硬化ヒマシ油、硬化ヒマシ油の誘導体、マイクロファイバーセルロース、ヒドロキシ官能性結晶性物質、長鎖脂肪族アルコール、12−ヒドロキシステアリン酸、粘土、及びこれらの混合物の群から選択されるものである。 Structuring agent, typically, diglycerides and triglycerides, ethylene glycol distearate, microcrystalline cellulose, cellulosic material, microfiber cellulose, Polygel W30 (3VSigma) ant the like (ally) modified alkali swellable emulsions, Bio polymers, xanthan gum, gellan gum, hydrogenated castor oil, hydrogenated castor oil derivatives (e.g., non-ethoxylated derivatives of castor oil), and is selected from the group consisting of mixtures, in particular, hardened castor oil, derivatives of hardened castor oil are those selected microfiber cellulose, hydroxy-functional crystalline materials, long chain aliphatic alcohols, 12-hydroxystearic acid, clays, and from the group of mixtures thereof. 好適なヒドロキシ官能性結晶性物質を詳細に定義している米国特許第6,855,680号に記載されている。 It is described in U.S. Patent No. 6,855,680, which defines a suitable hydroxy-functional crystalline material in detail. 好ましいのは、硬化ヒマシ油である。 Preferred are hydrogenated castor oil. 有用な構造化剤の非限定的な例としては、が挙げられる。 Non-limiting examples of useful structuring agents, and the like. このような構造化剤は、ある範囲のアスペクト比を有する糸様構造系を有する。 Such structuring agent has a thread-like structuring system has an aspect ratio of a range. 他の好適な構造化剤及びその作製方法は、国際公開第2010/034736号に記載されている。 Other suitable structuring agents and a manufacturing method thereof are described in WO 2010/034736.

本発明の組成物は、高融点脂肪族化合物を含んでいてよい。 The compositions of the present invention may comprise a high melting point fatty compound. 本明細書で有用な高融点脂肪族化合物は、25℃以上の融点を有し、脂肪族アルコール、脂肪酸、脂肪族アルコール誘導体、脂肪酸誘導体、及びこれらの混合物からなる群から選択される。 Useful high melting point fatty compounds herein have a melting point above 25 ° C., fatty alcohols, fatty acids, fatty alcohol derivatives, fatty acid derivatives, and are selected from the group consisting of mixtures. このような低融点の化合物は、この項に含まれることを意図するものではない。 Such low-melting compounds is not intended to be included in this section. 高融点脂肪族化合物の非限定的な例は、International Cosmetic Ingredient Dictionary、第5版(1993年)、及びCTFA Cosmetic Ingredient Handbook、第2版(1992年)に見出される。 Non-limiting examples of high melting point fatty compound, International Cosmetic Ingredient Dictionary, Fifth Edition (1993), and CTFA Cosmetic Ingredient Handbook, found in the second edition (1992). 存在する場合、高融点脂肪族化合物は、濡れた毛髪に塗布している間のなめらかな感触、乾いた髪の柔らかさ及びしっとりした感触などのコンディショニング効果を向上させる観点から、好ましくは、組成物の0.1重量%〜40重量%、好ましくは1重量%〜30重量%、より好ましくは1.5重量%〜16重量%、1.5重量%〜8重量%のレベルで組成物中に含まれる。 When present, high melting point fatty compounds, from the viewpoint of improving the smooth feel, dry conditioning benefits such as softness and moist feel of hair during the application to wet hair, preferably, the composition 0.1 wt% to 40 wt%, preferably 1 wt% to 30 wt%, more preferably from 1.5 wt% to 16 wt%, in the composition at a level of 1.5 wt% to 8 wt% included.

カチオン性ポリマー。 Cationic polymer. 本発明の組成物は、カチオン性ポリマーを含有していてよい。 The compositions of the invention may contain a cationic polymer. 本組成物におけるカチオン性ポリマーの濃度は、典型的には0.05%〜3%、別の実施形態では0.075%〜2.0%、更に別の実施形態では0.1%〜1.0%の範囲である。 Concentration of the cationic polymer in the composition, typically from 0.05% to 3% is 0.075% to 2.0% in another embodiment, 0.1 percent in yet another embodiment to 1 it is in the range of 2.0%. 好適なカチオン性ポリマーは、組成物の意図する用途のpH(一般的に、pH3〜pH9、一実施形態ではpH4〜pH8の範囲のpH)において、少なくとも0.5meq/gm、別の実施形態では少なくとも0.9meq/gm、別の実施形態では少なくとも1.2meq/gm、更に別の実施形態では少なくとも1.5meq/gmであるが、一実施形態では7meq/gm未満、別の実施形態では5meq/gm未満のカチオン電荷密度を有する。 Suitable cationic polymers (generally, PH3~pH9, pH in the range of pH4~pH8 in one embodiment) pH of intended use of the composition at least 0.5 meq / gm, in another embodiment at least 0.9 meq / gm, another embodiment at least 1.2 meq / gm, but even in another embodiment is at least 1.5 meq / gm, less than 7 meq / gm in one embodiment, in another embodiment 5meq / having a cationic charge density of less than gm. 本明細書において、ポリマーの「正電荷密度」とは、ポリマー上の正電荷数の、ポリマーの分子量に対する比を指す。 As used herein, "positive charge density" of a polymer refers to the ratio of the polymer of the number of positive charges, to the molecular weight of the polymer. このような好適なカチオン性ポリマーの平均分子量は、一般的に、10,000〜10,000,000、一実施形態では、50,000〜5,000,000、別の実施形態では100,000〜3,000,000である。 Average molecular weight of such suitable cationic polymers will generally 10,000 to 10,000,000, in one embodiment, 50,000~5,000,000, in another embodiment 100,000 it is ~3,000,000.

本発明の組成物に用いるのに好適なカチオン性ポリマーは、第四級アンモニウムなどのカチオン性窒素含有部分、又はプロトン化されたカチオン性アミノ部分を含有する。 Suitable cationic polymers for use in the compositions of the present invention contain cationic nitrogen-containing moieties such as quaternary ammonium or protonated cationic amino moieties. ポリマーが、水中、組成物中、若しくは組成物のコアセルベート相中で可溶性のままであり、かつ対イオンが、組成物の必須成分と物理的及び化学的に適合性があるか、又はそうでなければ、製品の性能、安定性、若しくは審美性を過度に損なうことがない限り、任意のアニオン性対イオンをカチオン性ポリマーと併せて使用してもよい。 Polymer, water and remain soluble in the coacervate phase in the composition, or compositions, and the counterion is, whether there is an essential component physically and chemically compatible composition, or else if, product performance, stability, or unless it unduly impair aesthetics may be used in conjunction with any anionic counterion cationic polymer. このような対イオンの非限定的な例としては、ハロゲン化物(例えば、塩化物、フッ化物、臭化物、ヨウ化物)、硫酸塩及び硫酸メチルが挙げられる。 Non-limiting examples of such counterions include halides (e.g., chloride, fluoride, bromide, iodide), sulfate and methylsulfate.

このようなポリマーの非限定的な例は、CTFA Cosmetic Ingredient Dictionary、第3版、Estrin、Crosley及びHaynes編(The Cosmetic,Toiletry,and Fragrance Association,Inc.(Washington,D.C.)(1982年))に記載されている。 Non-limiting examples of such polymers are, CTFA Cosmetic Ingredient Dictionary, Third Edition, Estrin, Crosley, and Haynes, eds (The Cosmetic, Toiletry, and Fragrance Association, Inc. (Washington, D.C.) (1982 year ))It is described in.

本組成物に使用するのに好適な他のカチオン性ポリマーとしては、多糖類ポリマー、カチオン性グアーガム誘導体、第四級窒素含有セルロースエーテル、合成ポリマー、エーテル化セルロースのコポリマー、グアー及びデンプンが挙げられる。 Other suitable cationic polymers for use in the present compositions, polysaccharide polymers, cationic guar gum derivatives, quaternary nitrogen-containing cellulose ethers, synthetic polymers, copolymers of etherified cellulose, guar and starch and the like . 使用される場合、本明細書におけるカチオン性ポリマーは、組成物に可溶性であるか、又は上述のカチオン性ポリマー、並びにアニオン性、両性及び/又は双極性界面活性剤成分によって形成される組成物中の複合コアセルベート相に可溶性である。 When used, the cationic polymers herein are either soluble in the composition, or the above-mentioned cationic polymers and anionic, amphoteric and / or zwitterionic surfactant composition to be formed by component it is soluble in the complex coacervate phase. また、カチオン性ポリマーの複合コアセルベートは、組成物中の他の帯電物質と形成することもできる。 Complex coacervates of the cationic polymer can also be formed with other charged materials in the composition.

好適なカチオン性ポリマーは、米国特許第3,962,418号、同第3,958,581号、及び米国特許出願公開第2007/0207109(A1)号に記載されている。 Suitable cationic polymers are described in U.S. Patent No. 3,962,418, it is described in the No. 3,958,581, and U.S. Patent Application Publication No. 2007/0207109 (A1) No..

非イオン性ポリマー。 Non-ionic polymer. 本発明の組成物は、コンディショニング剤として非イオン性ポリマーを含んでいてよい。 The compositions of the invention may contain a nonionic polymer as a conditioning agent. 1000を超える分子量を有するポリアルキレングリコールが本明細書で有用である。 Polyalkylene glycols are useful herein have a molecular weight greater than 1000. 以下の一般式を有するものが有用である: Are useful those having the following general formula:

(式中、R95は、H、メチル、及びこれらの混合物からなる群から選択される)。 (Wherein, R95 is, H, is selected from the group consisting of methyl, and mixtures thereof). コンディショニング剤、特にシリコーンが、組成物に含まれ得る。 Conditioning agents, especially silicone, may be included in the composition. 本発明の組成物に有用なコンディショニング剤は、典型的には、乳化液体粒子を形成する非水溶性で水分散性の不揮発性液体を含む。 The conditioning agents useful in the compositions of the present invention typically comprises a water-dispersible non-volatile liquid water-insoluble that forms emulsified, liquid particles. 本組成物に使用するのに好適なコンディショニング剤は、一般的にシリコーン(例えば、シリコーンオイル、カチオン性シリコーン、シリコーンガム、屈折率の高いシリコーン、及びシリコーン樹脂)、有機コンディショニングオイル(例えば、炭化水素油、ポリオレフィン、及び脂肪酸エステル)、若しくはこれらの組み合わせとして特徴付けられるコンディショニング剤、ないしは別の方法で本明細書の水性界面活性剤マトリックス中に液体の分散粒子を形成するコンディショニング剤である。 Suitable conditioning agents for use in the present compositions are generally silicones (e.g., silicone oils, cationic silicones, silicone gums, high refractive silicones, and silicone resins), organic conditioning oils (e.g., hydrocarbon oils, polyolefins, and fatty esters) or those conditioning agents which otherwise form dispersed particles of the liquid in the aqueous surfactant matrix herein conditioning agents characterized as a combination thereof, or otherwise. このようなコンディショニング剤は、物理的及び化学的に組成物の必須成分と適合しなければならず、そうでなければ製品の安定性、審美性又は性能を過度に損なってはならない。 Such conditioning agents should be physically and chemically compatible with the essential components of the composition and must not impair excessively otherwise product stability, aesthetics or performance.

本組成物中のコンディショニング剤の濃度は、所望のコンディショニング効果をもたらすのに十分であるべきである。 The concentration of the conditioning agent in the composition should be sufficient to provide the desired conditioning benefits. このような濃度は、コンディショニング剤、所望のコンディショニング性能、コンディショニング剤粒子の平均サイズ、他の成分の種類及び濃度、並びに他の同様の要因によって変動し得る。 Such concentrations, conditioning agent, the conditioning performance desired, the average size of the conditioning agent particles may vary the type and concentration of other components, as well as by other similar factors.

シリコーンコンディショニング剤の濃度は、典型的には、約0.01%〜約10%の範囲である。 The concentration of the silicone conditioning agent typically ranges from about 0.01% to about 10%. 好適なシリコーンコンディショニング剤の非限定的な例、及びシリコーン用の任意の懸濁剤は、米国再発行特許第34,584号、米国特許第5,104,646号;同第5,106,609号、同第4,152,416号、同第2,826,551号、同第3,964,500号、同第4,364,837号、同第6,607,717号、同第6,482,969号、同第5,807,956号、同第5,981,681号、同第6,207,782号、同第7,465,439号、同第7,041,767号、同第7,217,777号、米国特許出願公開第2007/0286837(A1)号;同第2005/0048549(A1)号;同第2007/0041929(A1)号;英国特許第849,433号;独国特許第100 Non-limiting examples of suitable silicone conditioning agents, and optional suspending agents for the silicone, U.S. Reissue Pat. No. 34,584, U.S. Pat. No. 5,104,646; the 5,106,609 Patent, Nos. 4,152,416, Nos. 2,826,551, Nos. 3,964,500, the same No. 4,364,837, the same No. 6,607,717, the sixth , No. 482,969, the same No. 5,807,956, the same No. 5,981,681, the same No. 6,207,782, the same No. 7,465,439, the same No. 7,041,767 , the No. 7,217,777, U.S. Patent application Publication No. 2007/0286837 (A1) Nos; the first 2005/0048549 (A1) Nos; the first 2007/0041929 (A1) Patent; British Patent No. 849,433 ; DE 100 6533号;(これらは全て参照により本明細書に組み込まれる);Chemistry and Technology of Silicones(New York:Academic Press(1968年));ゼネラルエレクトリックシリコーンゴム製品データシートSE30、SE33、SE54、及びSE76;Silicon Compounds,(Petrarch Systems,Inc.(1984));及びEncyclopedia of Polymer Science and Engineering、第15巻、第2版、pp 204〜308,John Wiley & Sons,Inc. No. 6533; (which are all incorporated herein by reference); Chemistry and Technology of Silicones (New York: Academic Press (1968 years)); General Electric Silicone Rubber Product Data Sheet SE30, SE33, SE54, and SE 76.; Silicon Compounds, (Petrarch Systems, Inc (1984).); and Encyclopedia of Polymer Science and Engineering, Volume 15, second Edition, pp 204~308, John Wiley & Sons, Inc. (1989年)に記載されている。 It has been described in (1989).

移染阻害剤(DTI)。 Dye transfer inhibitors (DTI). 洗浄及び/又は処理組成物は、好ましくは、1つの又は1つを超える移染阻害剤の混合物を含む。 Cleaning and / or treatment composition preferably comprises a mixture of one or more than one dye transfer inhibitor. 好適な移染阻害剤は、ポリビニルピロリドンポリマー、ポリアミンN−オキシドポリマー、N−ビニルピロリドンとN−ビニルイミダゾールとのコポリマー、ポリビニルオキサゾリドン、ポリビニルイミダゾール、及びこれらの混合物からなる群から選択される。 Suitable dye transfer inhibitors, polyvinylpyrrolidone polymers, polyamine N- oxide polymers, is selected N- copolymers of vinylpyrrolidone and N- vinylimidazole, polyvinyloxazolidones, polyvinylimidazoles, and mixtures thereof. 他の好適なDTIは、国際公開第2012/095354号に記載されているトリアジン、同第2010/130624号に記載されている重合ベンゾオキサジン、独国特許出願第102009001144(A)号に記載されているポリビニルテトラゾール、国際公開第2009/127587号に記載されている多孔質ポリアミド粒子、及び同第2009/124908号に記載されている不溶性ポリマー粒子である。 Other suitable DTI, triazines as described in WO 2012/095354, are described has been being polymerized benzoxazine, German Patent Application No. 102009001144 (A) described in Nos. No. 2010/130624 polyvinyltetrazole which are the insoluble polymer particles described porous polyamide particles described in WO 2009/127587, and the same No. 2009/124908. 他の好適なDTIは、国際公開第2012/004134号に記載されているか、又は(a)両親媒性アルコキシル化ポリアミン、両親媒性グラフトコポリマー、双極性汚れ懸濁ポリマー、マンガンフタロシアニン、ペルオキシダーゼ、及びこれらの混合物からなる群から選択されるポリマーである。 Other suitable DTI, international or publication is described in No. 2012/004134, or (a) amphiphilic alkoxylated polyamine, amphipathic graft copolymer, zwitterionic soil suspending polymer, manganese phthalocyanine, peroxidases, and it is a polymer selected from the group consisting of mixtures.

好ましい分類のDTIとしては、ポリビニルピロリドンポリマー、ポリアミンN−オキシドポリマー、N−ビニルピロリドンとN−ビニルイミダゾールとのコポリマー、ポリビニルオキサゾリドン、ポリビニルイミダゾール、及びこれらの混合物が挙げられるが、これらに限定されない。 The DTI preferred classification, polyvinylpyrrolidone polymers, polyamine N- oxide polymers, copolymers of N- vinylpyrrolidone and N- vinylimidazole, polyvinyloxazolidones, polyvinylimidazoles, and mixtures thereof, without limitation. より具体的には、本明細書に用いるのに好ましいポリアミンN−オキシドポリマーは、以下の構造式:R−AX−Pを有する単位を含有する:(式中、Pは、重合可能な単位であり、この単位にN−O基が結合することができるか、又はN−O基が、重合可能な単位の一部を生成することができるか、又はN−O基が両方の単位に結合することができ、Aは、以下の構造:−NC(O)−、−C(O)O−、−S−、−O−、−N=のうちの1つであり、xは0又は1であり、Rは、脂肪族、エトキシル化脂肪族、芳香族、複素環式若しくは脂環式基、又はこれらの任意の組み合わせであり、このRにN−O基の窒素が結合することができるか、又はN−O基がこれらの基の一部である)。 More specifically, a preferred polyamine N- oxide polymers for use herein are the following structural formula:: wherein containing units having R-AX-P, P is a polymerisable unit There, it can be N-O group in this unit are attached or N-O group, whether it is possible to produce part of the polymerisable unit or N-O group is bonded to both units it can be, a is the following structure: -NC (O) -, - C (O) O -, - S -, - O -, - N = is one of the, x is 0 or is 1, R is an aliphatic, ethoxylated aliphatic, aromatic, heterocyclic or alicyclic group or any combination thereof, be the nitrogen of the N-O group is attached to the R may or N-O group is part of these groups). 好ましいポリアミンN−オキシドは、Rが、ピリジン、ピロール、イミダゾール、ピロリジン、ピペリジン、及びこれらの誘導体などの複素環式基であるものである。 Preferred polyamine N- oxides, R is pyridine, pyrrole, imidazole, pyrrolidine, piperidine, and those heterocyclic groups such as these derivatives.

N−O基は、以下の一般構造によって表すことができる。 N-O group can be represented by the general structure below.

(式中、R1、R2、R3は、脂肪族、芳香族、複素環式若しくは脂環式基、又はこれらの組み合わせであり、x、y及びzは、0又は1であり、N−O基の窒素は、上述の基のいずれかに結合することができるか又はその一部を形成することができる)。 (Wherein, R1, R2, R3 are aliphatic, aromatic, heterocyclic or alicyclic group, or combinations thereof, x, y and z is 0 or 1, N-O group nitrogen may be or form part thereof capable of binding to any of the groups described above). ポリアミンN−オキシドのアミンオキシド単位は、pKa<10、好ましくはpKa<7、より好ましくはpKa<6を有する。 The amine oxide unit of the polyamine N- oxides, pKa <10, preferably pKa <7, more preferred pKa <6.

形成されるアミンオキシドポリマーが水溶性でありかつ移染阻害特性を有する限り、任意のポリマー主鎖を使用することができる。 Amine oxide polymer formed is so long as it has is and dye transfer inhibiting properties are water soluble, may be used any polymer backbone. 好適なポリマー主鎖の例は、ポリビニル、ポリアルキレン、ポリエステル、ポリエーテル、ポリアミド、ポリイミド、ポリアクリレート、及びこれらの混合物である。 Examples of suitable polymeric backbones are polyvinyls, polyalkylenes, polyesters, polyethers, polyamides, polyimides, polyacrylates, and mixtures thereof. これらポリマーとしては、一方のモノマー種がアミンN−オキシドであり、他方のモノマー種がN−オキシドであるランダム又はブロックコポリマーが挙げられる。 These polymers, one monomer species is an amine N- oxide and the other monomer species include random or block copolymers is N- oxide. アミンN−オキシドポリマーは、典型的には、10:1〜1:1,000,000のアミンのアミンN−オキシドに対する比を有する。 Amine N- oxide polymers typically 10: 1 to 1: with the ratio of 1,000,000 amine amine N- oxides. しかし、ポリアミンオキシドポリマー中に存在するアミンオキシド基の数は、適切な共重合又は適切なN−酸化度によって変動し得る。 However, the number of amine oxide groups present in the polyamine oxide polymer can be varied by appropriate copolymerization or appropriate N- oxidation degree. ポリアミンオキシドは、ほとんど全ての重合度で得ることができる。 The polyamine oxides can be obtained in almost any degree of polymerization.

典型的には、その平均分子量は、500〜1,000,000、より好ましくは1,000〜500,000、最も好ましくは5,000〜100,000の範囲内である。 Typically, the average molecular weight is 500 to 1,000,000, more preferably 1,000 to 500,000, and most preferably in the range of 5,000 to 100,000. この好ましいクラスの物質は、「PVNO」と呼ばれることもある。 Material of this preferred class may also be referred to as "PVNO".

本明細書における洗剤組成物で有用な最も好ましいポリアミンN−オキシドは、平均分子量が約50,000でありかつアミンのアミンN−オキシドに対する比が約1:4であるポリ(4−ビニルピリジン−N−オキシド)である。 The most preferred polyamine N- oxides useful in the detergent compositions herein, the ratio average molecular weight for about 50,000 and is and amine of the amine N- oxide of about 1: Poly (4-vinylpyridine is 4 - a N- oxide).

N−ビニルピロリドン及びN−ビニルイミダゾールポリマーのコポリマー(「PVPVI」クラスと呼ばれる)も、本明細書において使用するのに好ましい。 Copolymers of N- vinylpyrrolidone and N- vinylimidazole polymers (referred to as "PVPVI" class) is also preferred for use herein. 好ましくは、PVPVIは、5,000〜1,000,000、より好ましくは5,000〜200,000、最も好ましくは10,000〜20,000の範囲の平均分子量を有する。 Preferably, PVPVI is 5,000 to 1,000,000, more preferably 5,000 to 200,000, and most preferably has an average molecular weight in the range of 10,000 to 20,000. (この平均分子量の範囲は、Barth等、 (Range of the average molecular weight, Barth, etc.,
Chemical Analysis、第113巻、「Modem Methods of Polymer Characterization」に記載のとおり光散乱によって決定され、この開示は、参照により本明細書に組み込まれる。 Chemical Analysis, vol. 113, as determined by light scattering as described in "Modem Methods of Polymer Characterization", the disclosure of which is incorporated herein by reference. )PVPVIコポリマーは、典型的には、N−ビニルイミダゾールのN−ビニルピロリドンに対するモル比が1:1〜0.2:1、より好ましくは0.8:1〜0.3:1、最も好ましくは0.6:1〜0.4:1である。 ) PVPVI copolymers typically the molar ratio of N- vinylpyrrolidone N- vinylimidazole 1: 1 to 0.2: 1, more preferably 0.8: 1 to 0.3: 1, most preferably 0.6: 1 to 0.4: 1.

これらコポリマーは、直鎖又は分枝鎖であってよい。 These copolymers may be linear or branched.

また、本発明の組成物は、約5,000〜約400,000、好ましくは約5,000〜約200,000、より好ましくは約5,000〜約50,000の平均分子量を有するポリビニルピロリドン(「PVP」)を使用してもよい。 The compositions of the present invention is from about 5,000 to about 400,000, preferably about 5,000 to about 200,000, more preferably polyvinylpyrrolidone having an average molecular weight of from about 5,000 to about 50,000 it may be used ( "PVP"). PVPは、洗剤分野の当業者に公知であり、例えば、参照によって本明細書に組み込まれる欧州特許出願公開第262,897(A)号及び同第256,696(A)号を参照されたい。 PVP is known to those skilled in the detergent art, for example, I want to EP 262,897 (A) item and the second 256,696 (A) No. which is incorporated herein be referred to by reference.

PVPを含有する組成物は、約500〜約100,000、好ましくは約1,000〜約10,000の平均分子量を有するポリエチレングリコール(「PEG」)も含有することができる。 Compositions containing PVP can be about 500 to about 100,000, preferably polyethylene glycol having an average molecular weight of from about 1,000 to about 10,000 ( "PEG") may also be contained. 好ましくは、洗浄溶液中に送達されるPEGのPVPに対する比(ppm基準)は、約2:1〜約50:1、より好ましくは約3:1〜約10:1である。 Preferably, the ratio of PVP PEG delivered in the wash liquor (ppm basis) is from about 2: 1 to about 50: 1, more preferably from about 3: 1 to about 10: 1.

(a)N−ビニルピロリドン及びN−ビニルイミダゾールと、(b)ポリアミンN−オキシドポリマー、特にポリ4−ビニルピリジンN−オキシドとのコポリマーを含む混合ポリマー系が、特に好ましいDTI系であり、特に好ましい(a):(b)の重量比は5:1〜1:5である。 (A) and N- vinylpyrrolidone and N- vinylimidazole, (b) polyamine N- oxide polymers, mixed polymer system containing a copolymer of poly-4-vinyl pyridine N- oxide particularly, are particularly preferred DTI system, particularly the weight ratio of the preferred (a) :( b) is 5: 1 to 1: 5. 本発明に不可欠なDTIの好ましい分子量は、1000〜250000ダルトン、より好ましくは2000〜150000,又は更には8000〜100000ダルトンである。 The preferred molecular weight of essential DTI to the present invention, 1000-250000 Daltons, more preferably 2,000 to 150,000, or even from 8,000 to 100,000 Daltons.

好適な例としては、Ashland Aqualon製のPVP−K15、PVP−K30、ChromaBond S−400、ChromaBond S−403E及びChromabond S−100、並びにBASF製のSokalan(登録商標)HP165、Sokalan(登録商標)HP50、Sokalan(登録商標)HP53、Sokalan(登録商標)HP59、Sokalan(登録商標)HP56K、Sokalan(登録商標)HP66が挙げられる。 Suitable examples, Ashland Aqualon made of PVP-K15, PVP-K30, ChromaBond S-400, ChromaBond S-403E and Chromabond S-100, as well as from BASF Sokalan (registered trademark) HP165, Sokalan (TM) HP50 , Sokalan (TM) HP53, Sokalan (TM) HP59, Sokalan (registered trademark) HP56K, include Sokalan (TM) HP66.

本発明者らは、蛍光増白剤及びDTIを含む組成物が白色度を著しく増大させることを見出したが、これは、DTIは典型的には蛍光増白剤の有効性を低下させるので、驚くべきことである。 The present inventors have found that since although the composition containing a fluorescent whitening agent and DTI has been found to significantly increase the whiteness, it is DTI is typically reduces the effectiveness of optical brighteners, Surprisingly it.

移染阻害剤は、組成物の約0.0001重量%〜約15重量%、約0.01重量%〜約10重量%、好ましくは約0.01重量%〜約5重量%のレベルで存在してよい。 Dye transfer inhibitors, from about 0.0001 wt% to about 15% by weight of the composition, from about 0.01% to about 10 wt%, preferably present at a level of from about 0.01% to about 5 wt% it may be.

有機コンディショニングオイル。 Organic conditioning oil. また、本発明の組成物は、コンディショニング剤として、単独で又は(本明細書に記載の)シリコーンなどの他のコンディショニング剤と組み合わせて、約0.05〜約3%の少なくとも1つの有機コンディショニングオイルを含んでいてもよい。 The compositions of the present invention, as conditioning agent, either alone or (as described herein) in combination with other conditioning agents such as silicone, about 0.05 to about 3% of at least one organic conditioning oil it may contain a. 好適なコンディショニングオイルとしては、炭化水素油、ポリオレフィン、及び脂肪族エステルが挙げられる。 Suitable conditioning oils include hydrocarbon oils, polyolefins, and fatty esters. 米国特許第5,674,478号及び同第5,750,122号においてProcter & Gamble Companyによって記載されているコンディショニング剤も、本明細書の組成物に用いるのに好適である。 Conditioning agents described by the Procter & Gamble Company in U.S. Pat. No. 5,674,478 and ibid. No. 5,750,122 are also suitable for use in the compositions herein. 同様に、米国特許第4,529,586号、同第4,507,280号、同第4,663,158号、同第4,197,865号、同第4,217、914号、同第4,381,919号及び同第4,422、853号に記載されているコンディショニング剤も本明細書に用いるのに好適である。 Similarly, U.S. Patent No. 4,529,586, the No. 4,507,280, the No. 4,663,158, the No. 4,197,865, the No. 4,217,914, the conditioning agents described in No. 4,381,919 No. and the second 4,422,853 are also suitable for use herein.

衛生剤。 Health agent. 本発明の組成物は、リシノール酸亜鉛、チモール、Bardac(登録商標)などの第四級アンモニウム塩、ポリエチレンイミン(BASF製のLupasol(登録商標)など)、及びこれらの亜鉛錯体、銀及び銀化合物、特に、Ag+又はナノ銀分散体を除放するように設計されているもののうちの1つ以上などの、衛生及び/又は悪臭効果をもたらすための成分を含んでいてもよい。 The compositions of the present invention, zinc ricinoleate, thymol, Bardac (R) quaternary ammonium salts, such as, (such as from BASF Lupasol (R)) polyethylenimine, and their zinc complexes, silver and silver compounds in particular, such as one or more of which are designed to slow release of Ag + or nano silver dispersion may contain components for providing hygiene and / or malodorous effects.

プロバイオティクス。 Probiotics. 本組成物は、国際公開第2009/043709号に記載されているものなどのプロバイオティクスを含んでいてよい。 The composition may comprise probiotics, such as those described in WO 2009/043709.

泡増量剤。 Foam filler. 高い起泡性が望ましい場合、本組成物は、好ましくは、泡増量剤を含んでいてよい。 If high sudsing is desired, the composition may preferably comprise a foam filler. 好適な例は、C10〜C16アルカノールアミド又はC10〜C14アルキルサルフェートであり、これらは好ましくは1%〜10%のレベルで配合される。 Suitable examples are C10~C16 alkanolamide or C10~C14 alkyl sulfates, which are preferably formulated at a level of from 1% to 10%. C10〜C14モノエタノール及びジエタノールアミドは、このような泡増量剤の典型的な分類を表す。 C10~C14 monoethanol and diethanol amides represent typical classification of such foam filler. このような泡増量剤を上述のアミンオキシド、ベタイン及びスルタインなどの高起泡性補助界面活性剤と共に使用することも有益である。 It is also beneficial to use such foam filler aforementioned amine oxides, with a high foaming cosurfactants such as betaines and sultaines. 必要に応じて、追加の泡を提供するため及びグリース除去性能を強化するために、MgCl2、MgSO4、CaCl2、CaSO4などのような水溶性マグネシウム及び/又はカルシウム塩を、典型的には、0.1%〜2%のレベルで添加してよい。 If necessary, in order to enhance and grease removal performance to provide additional suds, MgCl2, MgSO?, CaCl2, a water soluble magnesium and / or calcium salts such as CaSO4, is typically 0. it may be added at 1-2% level.

抑泡剤。 Foam inhibitors. 泡の形成を低減又は抑制する化合物を本発明の組成物に配合してもよい。 The reducing or inhibiting compound bubble formation may be incorporated into the compositions of the present invention. 泡の抑制は、米国特許第4,489,455号及び同第4,489,574号に記載されている、いわゆる「高濃度洗浄プロセス」、並びにフロントローディング方式の洗濯機において特に重要であり得る。 Suppression of foam is described in U.S. Patent No. 4,489,455 and ibid. No. 4,489,574, the so-called "high concentration cleaning process", and may be particularly important in the washing machine of the front-loading . 広範な材料を抑泡剤として使用してよく、抑泡剤は当業者に周知である。 May use a wide variety of materials as suds suppressors, suds suppressors are well known to those skilled in the art. 例えば、Kirk Othmer Encyclopedia of Chemical Technology、第3版、第7巻、430〜447頁(John Wiley & Sons,Inc.、1979年)を参照されたい。 For example, Kirk Othmer Encyclopedia of Chemical Technology, Third Edition, Vol. 7, pp. 430~447 (John Wiley & Sons, Inc., 1979 years), which is incorporated herein by reference. 抑泡剤の例としては、モノカルボン脂肪酸及びその可溶性塩、パラフィンなどの高分子量炭化水素、脂肪酸エステル(例えば、脂肪酸トリグリセリド)、一価アルコールの脂肪酸エステル、脂肪族C18〜C40ケトン(例えば、ステアロン)、N−アルキル化アミノトリアジン、好ましくは約100℃未満の融点を有するワックス状炭化水素、シリコーン抑泡剤、及び第二級アルコールが挙げられる。 Examples of foam inhibitors, monocarboxylic fatty acid and soluble salts thereof, high molecular weight hydrocarbons such as paraffin, fatty acid esters (e.g., fatty acid triglycerides), of a monohydric alcohol fatty acid esters, fatty C18~C40 ketones (e.g., stearone ), N- alkylated amino triazines, preferably waxy hydrocarbon having a melting point below about 100 ° C., silicone suds suppressors, and secondary alcohol. 抑泡剤は、米国特許第2,954,347号、同第4,265,779号、同第4,265,779号、同第3,455,839号、同第3,933,672号、同第4,652,392号、同第4,978,471号、同第4,983,316号、同第5,288,431号、同第4,639,489号、同第4,749,740号、及び同第4,798,679号、同第4,075,118号、欧州特許出願公開第89307851.9号、欧州特許第150,872号及びDOS2,124,526に記載されている。 Suds suppressors are disclosed in U.S. Patent No. 2,954,347, Nos 4,265,779, Nos 4,265,779, the No. 3,455,839, Nos 3,933,672 , the No. 4,652,392, the No. 4,978,471, the No. 4,983,316, the No. 5,288,431, Nos 4,639,489, the fourth, No. 749,740, and the No. 4,798,679, the No. 4,075,118, European Patent application Publication No. 89307851.9, European is described in Patent No. 150,872 No. and DOS2,124,526 ing.

自動洗濯機で使用される任意の洗剤組成物について、泡は、洗濯機から溢流する程度にまで形成されてはならない。 For any detergent compositions to be used in automatic washing machines, suds should not form to the extent that overflowing from the washing machine. 使用する場合、抑泡剤は、好ましくは「抑泡量」で存在している。 When used, foam inhibitors are preferably present in the "suds suppressing amount". 「抑泡量」とは、自動洗濯機で使用する際に低起泡性洗濯洗剤となるように起泡を十分に制御するこの抑泡剤の量を、組成物の配合者が選択できることを意味する。 By "suds suppressing amount", the amount of this suds suppressor to sufficiently control the suds to be a low-foaming laundry detergent when used in an automatic washing machine, that formulator of the composition can be selected means. 本明細書の組成物は、一般的に、0%〜10%の抑泡剤を含む。 The compositions herein will generally comprise from 0% to 10% of suds suppressor. 抑泡剤として用いる場合、モノカルボン脂肪酸及びその塩は、典型的には洗剤組成物の5重量%以下の量で存在する。 When used as suds suppressors, monocarboxylic fatty acids and salts thereof, typically present in an amount of 5 wt% or less of the detergent composition. 好ましくは、0.5%〜3%の脂肪族モノカルボキシレート抑泡剤を用いる。 Preferably, a 0.5% to 3% of fatty monocarboxylate suds suppressor. シリコーン抑泡剤は、典型的には、洗剤組成物の2.0重量%以下の量で用いられるが、更に多い量を用いてもよい。 Silicone suds suppressors are typically in used in an amount of 2.0 wt% or less of the detergent composition, it may be used an amount more often. モノステアリルホスフェート抑泡剤は、一般的に、組成物の0.1重量%〜2重量%の範囲の量で用いられる。 Monostearyl phosphate suds suppressors are generally employed in an amount ranging from 0.1% to 2% by weight of the composition. 炭化水素抑泡剤は、典型的には、0.01%〜5.0%の範囲の量で用いられるが、更に高いレベルで用いてもよい。 Hydrocarbon suds suppressors are typically in used in amounts ranging from 0.01% to 5.0%, it may be used at a higher level. アルコール抑泡剤は、典型的には、最終組成物の0.2重量%〜3重量%で用いられる。 Alcohol suds suppressors are typically used at 0.2% to 3% by weight of the final composition.

真珠光沢剤。 Pearlescent agents. 国際公開第2011/163457号に記載の真珠光沢剤を本発明の組成物に配合してよい。 The pearlescent agents according to WO 2011/163457 may be incorporated into the compositions of the present invention.

香料。 Perfume. 好ましくは、本組成物は、香料を、好ましくは0.001〜3重量%、最も好ましくは0.1〜1重量%の範囲で含む。 Preferably, the composition, the perfume comprises preferably 0.001 wt%, and most preferably in the range of 0.1 to 1 wt%. CTFA(Cosmetic,Toiletry and Fragrance Association)1992 International Buyers Guide(CFTA Publications刊)及びOPD 1993 Chemicals Buyers Directory 80 th Annual Edition(Schnell Publishing Co.刊)に、香料の多くの好適な例が提供されている。 The CTFA (Cosmetic, Toiletry and Fragrance Association ) 1992 International Buyers Guide (CFTA Publications published) and OPD 1993 Chemicals Buyers Directory 80 th Annual Edition (Schnell Publishing Co. published), many suitable examples of perfumes are provided. 通常、本発明の組成物中には、複数、例えば4つ、5つ、6つ、7つ又はそれ以上の香料成分が存在する。 Usually, in the compositions of the present invention, a plurality, four for example, five, six, there are seven or more perfume ingredients. 香料混合物において、好ましくは15〜25重量%がトップノートである。 In perfumery mixture, preferably top note 15 to 25 wt%. トップノートは、Poucher(Journal of the Society of Cosmetic Chemists 6(2):80[1995])によって定義されている。 Top notes, Poucher (Journal of the Society of Cosmetic Chemists 6 (2): 80 [1995]) are defined by. 好ましいトップノートとしては、ローズオキシド、シトラスオイル、リナリルアセテート、ラベンダー、リナロール、ジヒドロミルセノール、及びシス−3−ヘキサノールが挙げられる。 Preferred top notes, rose oxide, citrus oil, linalyl acetate, lavender, linalool, dihydromyrcenol and cis-3-hexanol.

パッケージ。 package. 任意の従来のパッケージを用いてよく、本発明に不可欠な染料の色によってもたらされ得るか又は当該染料の色が寄与し得る製品の色を消費者が見ることができるように、パッケージは全体的又は部分的に透明であってよい。 May use any conventional package, as the color of the product color that may be, or the dye brought about by the color of the vital dye in the present invention can contribute consumers can see, the package overall it may be or partially transparent. パッケージの一部又は全部に、紫外線吸収化合物を含めてもよい。 Some or all of the package may include a UV absorbing compound.

組成物の作製方法 本発明の組成物は、固体(例えば、顆粒又は錠剤)であっても、又は液体形態であってもよい。 The composition of the manufacturing method of the present invention compositions, a solid (e.g., granules or tablets) even, or a liquid form. 好ましくは、本組成物は、液体形態である。 Preferably, the composition is a liquid form. 本組成物は、配合業者が選択する任意の工程によって作製でき、その非限定的な例は、実施例及び米国特許第4,990,280号、米国特許出願公開第20030087791(A1)号、同第20030087790(A1)号、同第20050003983(A1)号、同第20040048764(A1)号、米国特許第4,762,636号、同第6,291,412号、米国特許出願公開第20050227891(A1)号、欧州特許第1070115(A2)号、米国特許第5,879,584号、同第5,691,297号、同第5,574,005号、同第5,569,645号、同第5,565,422号、同第5,516,448号、同第5,489,392号、同第5,486号に記載されている。 The composition formulators can be made by any process of selecting, non-limiting examples, examples and U.S. Pat. No. 4,990,280, U.S. Patent Application Publication No. 20,030,087,791 (A1) Nos, the the 20030087790 (A1) Nos, the first 20,050,003,983 (A1) Nos, the first 20040048764 (A1), U.S. Patent No. 4,762,636, the No. 6,291,412, U.S. Patent application Publication No. 20050227891 (A1 ), EP 1070115 (A2), U.S. Patent No. 5,879,584, the No. 5,691,297, the No. 5,574,005, the No. 5,569,645, the No. 5,565,422, the No. 5,516,448, the No. 5,489,392, are described in Nos. No. 5,486.

液体の形態である場合、本発明の組成物は、水性(典型的には2重量%超、又は更には5若しくは10重量%超の総含水量、最大で90又は最大で80重量%若しくは70重量%の総含水量)であっても、又は非水性(典型的には、2重量%未満の総含水量)であってもよい。 If in liquid form, the compositions of the present invention, an aqueous (typically 2 weight percent, or even total water content of 5 or 10 wt.%, 80 wt% up to 90 or up to or 70 even total water content) weight percent, or in the non-aqueous (typically, may be a total water content of less than 2% by weight). 典型的には、本発明の組成物は、光学増白剤、DTI、及び任意の更なる補助物質の水溶液又は均一な分散液若しくは懸濁液の形態であり、これらの成分の一部は通常固体の形態であってもよく、本組成物の通常液体の成分(アルコールエトキシレート非イオン性液体、水性液体キャリア、及び任意の他の通常液体であるの任意成分等)と組み合わせられている成分である。 Typically, the compositions of the present invention, optical brighteners, DTI, and in the form of an aqueous solution or uniform dispersion or suspension of any further auxiliary substances, some of these components normally It may be in the form of a solid, component which is combined with (optional component such as a certain alcohol ethoxylate nonionic liquids, an aqueous liquid carrier, and any other normally liquid) normal component of the liquid of the composition it is. このような溶液、分散液、又は懸濁液は、許容可能な相安定性を有する。 Such solutions, dispersions, or suspensions, with acceptable phase stability. 液体の形態であるとき、本発明の洗剤は、好ましくは、20s−1及び21℃において1〜1500センチポアズ(1〜1500mPa s)、より好ましくは100〜1000センチポアズ(100〜1000mPa s)、最も好ましくは200〜500センチポアズ(200〜500mPa s)の粘度を有する。 When in the form of a liquid, detergent of the present invention, preferably, 1 to 1500 centipoise at 20s-1 and 21 ℃ (1~1500mPa * s), more preferably 100 to 1000 centipoises (100~1000mPa * s), and most preferably it has a viscosity of 200 to 500 centipoise (200~500mPa * s). 粘度は、従来法によって測定することができる。 The viscosity can be measured by conventional methods. 粘度は、TA instruments製のAR550レオメータを用いて、直径40mm及びギャップサイズ500μmのプレートスチールスピンドルを用いて測定してよい。 Viscosity, by using the AR550 Rheometer made TA instruments, may be measured using a plate steel spindle diameter 40mm and gap size 500 [mu] m. 20s−1における高剪断粘度及び0.05−1における低剪断粘度は、21Cで3分間の対数剪断速度掃引0.1−1〜25−1から得ることができる。 Low shear viscosity at high shear viscosity and 0.05-1 in 20s-1 can be obtained from a logarithmic shear rate sweep 0.1-1~25-1 of 3 minutes at 21C. 本明細書に記載する好ましいレオロジーは、内部構造剤を洗剤成分と共に使用して、又は外部レオロジー変性剤を使用することによって得ることができる。 The preferred rheology described herein, can be obtained by using an internal structuring agent used with detergent ingredients, or the external rheology modifier. より好ましくは、洗剤液体組成物などの洗剤は、約100センチポアズ〜1500センチポアズ、より好ましくは100〜1000cpsの高剪断速度粘度を有する。 More preferably, the detergent such as detergent liquid compositions, from about 100 centipoise to 1500 centipoise, more preferably a high shear rate viscosity 100~1000Cps. 洗剤液体組成物などの単位用量洗剤は、400〜1000cpsの高剪断速度粘度を有する。 Unit dose detergent such as detergent liquid compositions have high shear rate viscosity 400~1000Cps. 洗濯柔軟化組成物などの洗剤は、典型的には、10〜1000、より好ましくは10〜800cps、最も好ましくは10〜500cpsの高剪断速度粘度を有する。 Detergents such as laundry softening composition is typically 10 to 1000, more preferably 10~800Cps, most preferably a high shear rate viscosity 10~500Cps. 食器手洗い用組成物は、300〜4000cps、より好ましくは300〜1000cpsの高剪断速度粘度を有する。 Hand dishwashing compositions, 300~4000cps, more preferably a high shear rate viscosity 300~1000Cps.

本明細書における液体の形態の洗浄及び/又は処理組成物は、任意の都合のよい順序でその成分を合わせ、得られた成分の組み合わせを混合、例えば、撹拌して、相安定液体洗剤組成物を形成することによって調製することができる。 Cleaning and / or treatment compositions in the form of a liquid in this specification, combining the components thereof in any convenient order, mixed combination of the components obtained, for example, by stirring, phase stable liquid detergent composition it can be prepared by forming. このような組成物を調製する方法では、例えば、非イオン性界面活性剤、非界面活性液体キャリア、及び他の任意の液体成分などの液体成分の少なくとも大部分、又は更には実質的に全てを含有する液体マトリックスが形成され、当該液体成分は、この液体の組み合わせに剪断撹拌を付与することによって十分に混合されている。 In the method of preparing such compositions, for example, non-ionic surfactants, non-surfactant liquid carrier, and at least a majority of the liquid components, such as other optional liquid components, or even substantially all is formed a liquid matrix containing the, the liquid components are thoroughly mixed by imparting shear agitation to the combination of the liquid. 例えば、機械的撹拌機による高速撹拌が通常使用され得る。 For example, high-speed agitation by a mechanical stirrer may be normally used. 剪断撹拌を維持しつつ、任意のアニオン性界面活性剤及び固体形態の成分の実質上全てを添加することができる。 While maintaining the shear agitation can be added to virtually all of the components of any anionic surfactants and the solid form. 混合物の撹拌を継続し、必要であればその時点で増強させて、液相内の不溶性固相粒子の溶液又は均一な分散液を形成する。 Stirring of the mixture is continued, by enhanced at that time if necessary, to form a solution or uniform dispersion of insoluble solid phase particles within the liquid phase. 固体形態物質の一部又は全てをこの撹拌混合物に添加した後、含める任意の酵素物質の粒子、例えば、酵素プリルを配合する。 After addition of some or all of the solid form materials to the stirred mixture, particles of any enzyme material to be included, for example, formulating the enzyme prills. 上述の組成物調製手順の変形例として、固体成分のうちの1つ以上を、液体成分のうちの1つ以上の微量の部分と予め混合した粒子の溶液又はスラリーとして、撹拌混合物に添加してよい。 As a modification of the aforementioned composition preparation procedure, one or more of the solid components, as a solution or slurry of premixed particles with one or more traces of the portion of the liquid component is added to the stirred mixture good. 組成物成分の全てを添加した後、必要な粘度及び相安定特性を有する組成物を形成するのに十分な時間にわたって、混合物の撹拌を継続する。 After addition of all of the composition components, for a time sufficient to form compositions having the requisite viscosity and phase stability characteristics, stirring is continued of the mixture. 多くの場合、これは約30分〜60分の間の撹拌を伴う。 In many cases, this involves stirring for about 30 minutes to 60 minutes. 好ましくは、有益剤送達系は、液体中の成分の大部分のより高い剪断混合の後、第2の低剪断混合工程で添加される。 Preferably, benefit agent delivery system after the higher shear mixing of most of the components in the liquid, it is added in the second low shear mixing step.

パウチ。 Pouch. 本発明の好ましい実施形態では、本組成物は、単位用量の形態、錠剤の形態、又は好ましくは水溶性フィルム(パウチ又はポッドとして知られているもの)内に保持されている液体/固体(任意に顆粒)/ゲル/ペーストの形態のいずれかで提供される。 In a preferred embodiment of the present invention, the composition may be in the form of unit dose, tablet form, or preferably a liquid / solid (optionally held in a water-soluble film (as known as a pouch or pods) provided in either the form of granules) / gel / paste. 本組成物は、単区画又は多区画パウチに封入してよい。 The composition may be enclosed in a single or multi-compartment pouches. 多区画パウチは、欧州特許出願公開第2133410(A)号により詳細に記載されている。 Multi-compartment pouches are described in more detail in European Patent Application Publication No. 2133410 (A) No.. 本組成物が多区画パウチ内に存在する場合、有益剤送達系は、1つ又は2つ以上の区画内に存在してよい。 When the composition is present in the multi-compartment pouch, the benefit agent delivery system may be present in one or more compartments. 濃淡若しくは非濃淡染料若しくは顔料、又は他の審美剤も1つ以上の区画で用いてよい。 Gray or non-shading dyes or pigments, or other aesthetic agents may also be used with one or more compartments. 一実施形態では、有益剤送達系は、多区画パウチのうちの1つの区画に存在する。 In one embodiment, the benefit agent delivery system is present in one compartment of the multi-compartment pouch.

パウチを形成するための好適なフィルムは、水溶性又は水分散性であり、好ましくは、最大孔径20マイクロメートルのガラスフィルターを用いた後、以下に記載する方法によって測定したとき、少なくとも50%、好ましくは少なくとも75%、又は更には少なくとも95%の水溶解度/分散度を有する。 Suitable films for forming the pouch is a water-soluble or water-dispersible, preferably, after using a glass filter of maximum pore diameter 20 microns, when measured by the methods described below, at least 50%, preferably at least 75%, or even at least 95% of the water solubility / dispersity.

予め秤量した400mLビーカーに、50グラム±0.1グラムのパウチ材料を添加し、245mL±1mLの蒸留水を添加する。 In pre-weighed 400mL beaker was added 50 grams ± 0.1 gram of pouch material, distilled water is added 245 mL ± 1 mL. これを、600rpmに設定した電磁攪拌器で30分間激しく撹拌する。 This is vigorously stirred for 30 minutes with a magnetic stirrer set at 600 rpm. 次いで、混合物を、上に定義した孔径(最大20マイクロメートル)の折り畳まれた定性分析用焼結ガラスフィルターで濾過する。 The mixture is then filtered through a sintered glass filter for qualitative analysis folded pore sizes as defined above (up to 20 micrometers). 回収した濾液から任意の従来の方法によって水を乾燥させ、残った材料の重量を測定する(これが溶解又は分散画分である)。 Water by any conventional method from the collected filtrate dried, the remaining weight of the material is measured (which is the dissolved or dispersed fraction). 次いで、溶解度又は分散度の割合を計算することができる。 Then, it is possible to calculate the ratio of the solubility or dispersity. 好ましいフィルム材料は、ポリマー材料である。 Preferred film materials are polymeric materials. フィルム材料は、例えば、当該技術分野において公知であるとおり、ポリマー材料を注型成形、吹込成形、押出成形又は吹込押出成形することによって得ることができる。 Film material, for example, as known in the art, it is possible to obtain a polymeric material cast molding, blow molding, by extrusion or blow extrusion. パウチ材料として使用するのに好適な好ましいポリマー、コポリマー、又はこれらの誘導体は、ポリビニルアルコール、ポリビニルピロリドン、ポリアルキレンオキシド、アクリルアミド、アクリル酸、セルロース、セルロースエーテル、セルロースエステル、セルロースアミド、ポリ酢酸ビニル、ポリカルボン酸及び塩、ポリアミノ酸又はペプチド、ポリアミド、ポリアクリルアミド、マレイン酸/アクリル酸のコポリマー、デンプン及びゼラチンを含む多糖類、キサンタン及びカラゴムなどの天然ゴムから選択される。 Preferred polymers, copolymers or derivatives thereof suitable for use as pouch material are selected from polyvinyl alcohol, polyvinyl pyrrolidone, polyalkylene oxides, acrylamide, acrylic acid, cellulose, cellulose ethers, cellulose esters, cellulose amides, polyvinyl acetate, polycarboxylic acids and salts, polyaminoacids or peptides, polyamides, polyacrylamide, copolymers of maleic / acrylic acids, polysaccharides including starch and gelatine, natural gums such as xanthan and Karagomu. より好ましいポリマーは、ポリアクリレート及び水溶性アクリレートコポリマー、メチルセルロース、カルボキシメチルセルロースナトリウム、デキストリン、エチルセルロース、ヒドロキシエチルセルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、マルトデキストリン、ポリメタクリレートから選択され、最も好ましくは、ポリビニルアルコール、ポリビニルアルコールコポリマー及びヒドロキシプロピルメチルセルロース(HPMC)、並びにこれらの組み合わせから選択される。 More preferred polymers are polyacrylates and water-soluble acrylate copolymers, methylcellulose, carboxymethylcellulose sodium, dextrin, ethyl cellulose, hydroxyethyl cellulose, hydroxypropyl methyl cellulose, maltodextrin, is selected from polymethacrylates, and most preferably, polyvinyl alcohol, polyvinyl alcohol copolymers and hydroxypropyl methylcellulose (HPMC), and combinations thereof. 好ましくは、パウチ材料中のポリマー、例えば、PVAポリマーのレベルは、少なくとも60%である。 Preferably, the polymer in the pouch material, for example, the level of PVA polymer, is at least 60%. ポリマーは、任意の重量平均分子量を有していてよく、好ましくは、約1000〜1,000,000、より好ましくは、約10,000〜300,000、更により好ましくは、約20,000〜150,000である。 The polymer may have any weight average molecular weight, preferably, from about 1000 to 1,000,000, more preferably from about 10,000 to 300,000, even more preferably, from about 20,000 it is 150,000. ポリマー混合物もパウチ材料として使用することができる。 Polymer mixture can also be used as the pouch material. これは、その用途及び必要とされるニーズに応じて、区画又はパウチの機械的特性及び/又は溶解特性を制御するのに有益であり得る。 This, depending on the needs that are the application and required, can be beneficial to control the mechanical and / or dissolution properties of the compartments or pouch. 好適な混合物としては、例えば、あるポリマーが別のポリマーよりも高い水溶性を有し、及び/又はあるポリマーが別のポリマーよりも高い機械強度を有する混合物が挙げられる。 Suitable mixtures include, for example, have some polymer with higher water-solubility than another polymer, and / or polymers include a mixture having a higher mechanical strength than another polymer. 異なる重量平均分子量を有するポリマーの混合物、例えば、約10,000〜40,000、好ましくは20,000前後の重量平均分子量のPVA又はそのコポリマーと、約100,000〜300,000、好ましくは150,000前後の重量平均分子量のPVA又はそのコポリマーとの混合物も好適である。 Mixtures of polymers having different weight average molecular weight, e.g., about 10,000 to 40,000, preferably 20,000 and PVA or a copolymer thereof of a weight average molecular weight of around about 100,000 to 300,000, preferably 150 a mixture of PVA or a copolymer thereof of a weight average molecular weight of about 000 are suitable. ポリマーブレンド組成物、例えば、加水分解によって分解可能でありかつ水溶性のポリマーブレンド(ポリラクチド及びポリビニルアルコールを混合することにより得られ、典型的には約1〜35重量%のポリラクチド及び約65重量%〜99重量%のポリビニルアルコールを含む、ポリラクチド及びポリビニルアルコールなど)を含むポリマーブレンド組成物も本明細書において好適である。 Polymer blend composition, for example, obtained by mixing a degradable and are and water-soluble polymer blend (polylactide and polyvinyl alcohol by hydrolysis, typically about 1-35% by weight polylactide and about 65 wt% containing 99% by weight of polyvinyl alcohol, the polymer blend composition comprising a polylactide and polyvinyl alcohol, etc.) are also suitable herein. 本明細書に用いるのに好ましいのは、材料の溶解特性を改善するために約60%〜約98%加水分解された、好ましくは約80%〜約90%加水分解されたポリマーである。 Preferred for use herein is from about 60% to about 98% hydrolyzed, to improve the dissolution characteristics of the material, preferably about 80% to about 90% hydrolyzed polymer.

当然のことながら、異なるフィルム材料及び/又は異なる厚さのフィルムを、本発明の区画の作製に用いてよい。 Of course, films of different film material and / or different thicknesses may be used for producing the compartment of the present invention. 異なるフィルムを選択する利点は、得られる区画が異なる溶解性、すなわち放出特性を呈し得る点である。 The advantage of selecting a different film, solubility compartment obtained are different, that is, that it can exhibit a release profile.

最も好ましいフィルム材料は、(出願者らによる同時係属出願整理番号44528及び11599に記載のとおり)MonoSol商品整理番号M8630、M8900、H8779として知られているPVAフィルム、並びに米国特許第6166117号及び同第6787512号に記載されているもの、並びに対応する溶解度及び変形特性のPVAフィルムである。 The most preferred film material (as described in Applicants co-pending application Docket No. 44528 and 11599 by) MonoSol product Docket No. M8630, M8900, PVA film is known as H8779, and U.S. Patent No. 6,166,117 and ibid No. those described in JP 6787512, as well as PVA film of the corresponding solubility and deformation characteristics.

また、本明細書のフィルム材料は、1つ以上の添加剤成分を含んでいてもよい。 The film material herein may comprise one or more additive components. 例えば、グリセロール、エチレングリコール、ジエチレングリコール、プロピレングリコール、ソルビトール、及びこれらの混合物などの可塑剤を添加することが有益である場合がある。 For example, glycerol, ethylene glycol, diethylene glycol, propylene glycol, sorbitol, and it may be beneficial to add a plasticizer, such as mixtures thereof. 他の添加剤としては、洗浄水に送達される機能性洗剤添加剤、例えば、有機ポリマー分散剤などが挙げられる。 Other additives, functional detergent additives to be delivered to the wash water, for example, and an organic polymer dispersant.

パウチ内部の組成物に配合するか及び/又はフィルム上に被覆することによって、苦味剤をパウチ又はポッドに組み込んでもよい。 By coating to whether and / or on the film incorporated into the composition of the inner pouch, the bittering agent may be incorporated into a pouch or pods.

水溶性パウチの作製方法 パウチ形態の本発明の組成物は、任意の好適な設備及び方法を用いて作製してよい。 The composition of the present invention of a method for manufacturing a pouch type of water-soluble pouches may be made using any suitable equipment and methods. しかし、多区画パウチは、好ましくは、水平式充填プロセスを用いて作製される。 However, multi-compartment pouches are preferably made using the horizontal type filling process. 好ましくはフィルムを濡らし、より好ましくは加熱して、その展延性を増大させる。 Preferably wets the film, more preferably by heating, to increase its malleability. 更により好ましくは、本方法は、真空を利用してフィルムを好適な型に引き込むことも含む。 Even more preferably, the method also includes pulling a suitable mold a film using a vacuum. 型にフィルムを引き込む真空は、フィルムを表面の水平部分に置いてすぐに、0.2秒〜5秒間、好ましくは0.3秒〜3秒間、又は更により好ましくは0.5秒〜1.5秒間適用することができる。 Vacuum drawing the film into the mold, immediately place the film on the horizontal portion of the surface, 0.2 seconds to 5 seconds, preferably 0.3 seconds to 3 seconds, or even more preferably 0.5 seconds to 1. it can be applied for 5 seconds. この真空は、好ましくは、−0.01MPa〜−0.1MPa(−100ミリバール〜−1000ミリバール)、又は更には−0.02MPa〜−0.06MPa(−200ミリバール〜−600ミリバール)の負圧をもたらすようなものであってもよい。 The vacuum is preferably, -0.01MPa~-0.1MPa (-100 mbar to-1000 mbar), or even negative pressure -0.02MPa~-0.06MPa (-200 mbar to-600 mbar) it may be such as to provide a.

パウチを作製する型は、必要とされるパウチの寸法に依存して任意の形状、長さ、幅及び深さを有していてよい。 Mold making pouch, any shape, length, depending on the dimensions of the pouch that is required, it may have a width and depth. また、型は、必要に応じて大きさ及び形状が互いに異なっていてもよい。 Further, the mold may be different from each other size and shape as needed. 例えば、最終パウチの容積は、5mL〜300mL、又は更には10mL〜150mL、又は更には20mL〜100mLであり、型の大きさをそれに応じて調節することが好ましい場合がある。 For example, the volume of the final pouches, 5ML~300mL, or even 10ML~150mL, or even a 20ML~100mL, the size of the mold it may be preferable to adjust accordingly.

熱成形として一般に知られる方法で、任意の手段により、フィルムに熱を印加することができる。 In the method commonly known as thermoforming, by any means, it is possible to apply heat to the film. 例えば、フィルムを表面に供給する前又は表面に供給した後に、加熱要素の下又は熱風の中を通過させることによって直接加熱してもよい。 For example, after providing prior or surface to supply film to the surface may be heated directly by passing through the lower or hot air heating element. 別の方法としては、例えば、表面を加熱するか、又は熱した物品をフィルム上に適用することにより、フィルムを間接的に加熱することもできる。 Alternatively, for example, by applying either heat the surface, or heated and the article on the film, it is also possible to indirectly heat the film. 最も好ましくは、赤外光を用いてフィルムを加熱する。 Most preferably, heating the film by using infrared light. 好ましくは、50℃〜120℃、又は更には60℃〜90℃の温度にフィルムを加熱する。 Preferably, 50 ° C. to 120 ° C., or even to heat the film to a temperature of 60 ° C. to 90 ° C.. あるいは、フィルムを、任意の手段によって、例えばフィルムを表面に供給する前若しくは表面に供給した後にフィルムに湿潤剤(水、フィルム材料の溶液又はフィルム材料用の可塑剤を含む)を噴霧することによって直接、又は表面を濡らすか若しくはフィルム上に濡れた物品を適用することによって間接的に濡らすことができる。 Alternatively, a film, by any means, such as wetting agents in the film after providing before or surface to supply film to the surface by spraying (water, a plasticizer for the solution or the film material of the film material) directly or or article wet on the film wetting the surface can be wetted indirectly by applying.

粉末を含むパウチの場合、以下の多数の理由のために、針でフィルムに穴を開けることが有利である:(a)パウチ形成中にフィルムに欠陥が生じる可能性を低減するため、例えば、フィルムの延伸が早すぎる場合、フィルムの欠陥により、フィルムの破裂が引き起こされることがある。 For pouches containing powder for the following number of reasons, the needle film it is advantageous holes in at: (a) to reduce the possibility of defects in the film during the pouch formation, for example, If stretching of the film is too fast, the defect of the film, which may rupture the film is caused. (b)パウチに封入された製品に由来する任意のガス(例えば、漂白剤を含有する粉末の場合の酸素形成)を放出できるようにするため、及び/又は(c)香料の連続放出を可能にするため。 (B) any gas from the encapsulated product to the pouch (e.g., oxygen formation in the case of powders containing bleach) to be able to emit, and / or (c) allow the continuous release of perfume in order to. 更に、熱及び/又は湿潤を用いる場合、真空の使用前、使用中、又は使用後に、好ましくは真空を印加している間又は印加する前に針で穴を開けてよい。 Further, when using heat and / or wetting, before use of the vacuum, in use, or after use, preferably a hole with a needle before or during application applies a vacuum. したがって、各型が、系に接続されている1つ以上の孔を含むことで、これら孔を通じて孔に隣接するフィルムに真空を供給できることが好ましい。 Thus, each type is, by including one or more holes which are connected to the system, it is preferable to be supplied a vacuum to the film adjacent to the hole through these holes.

フィルムを加熱/湿潤させた後に、好ましくは真空を用いて、フィルムを適切な型に引き込む。 Film after heating / wetted, preferably using a vacuum to draw the film into the appropriate type. 成形フィルムの充填は、物品を充填(移動)するための任意の公知の方法によって実施することができる。 Filling of the formed film can be carried out by any known method for filling an article (movement). 最も好ましい方法は、製品形態及び必要とされる充填速度に依存する。 The most preferred method depends on the filling speed that is the product form and need. 好ましくは、インライン充填技術によって成形フィルムを充填する。 Preferably, filling the formed film by in-line filling techniques. 次いで、充填されたが、未だ口の開いているパウチを、任意の好適な方法によって第2のフィルムを用いて閉じる。 Then, it was filled, yet the pouch is open mouth, closed with a second film by any suitable method. 好ましくは、これは、また、水平位置で、連続的に、一定の動作で実行される。 Preferably, this is also in a horizontal position, continuously runs at a constant operation. 好ましくは、開いているパウチのウェブ全体を覆うようにその上に第2の材料又はフィルム、好ましくは水溶性フィルムを連続的に供給し、次いで、典型的には型間の領域、ひいてはパウチ間の領域において、好ましくは第1のフィルムと第2のフィルムを共に封止することによって閉じられる。 Preferably, open second material or film thereon so as to cover the entire web of pouches, preferably continuously feeding a water-soluble film and then, the region between the typically mold, thus between the pouch in the region, preferably closed by both sealing the first film and the second film.

好ましい封止方法としては、ヒートシール、溶剤接着、及び溶剤シール又はウェットシールが挙げられる。 Preferred sealing method, heat sealing, solvent bonding, and include solvent seal or wet sealing. 封止を形成すべき領域のみを熱又は溶剤で処理することが好ましい。 It is preferred to treat only the region for forming a sealing with heat or solvent. 任意の方法によって、好ましくは閉鎖材料に、好ましくは封止を形成すべき領域にのみ熱又は溶剤を適用し得る。 By any method, preferably on the closing material, preferably capable of applying heat or solvent only in the region to be formed seal. 溶剤シール若しくはウェットシール又は溶剤接着を用いる場合、熱も印加することが好ましい場合がある。 When using a solvent seal or wet sealing or solvent bonding, it may be preferable heat also applied. 好ましいウェットシール又は溶剤シール/溶剤接着方法は、溶剤を型間の領域又は閉鎖材料に、例えば、溶剤をこれら領域に噴霧又は印刷することによって選択的に適用し、次いで、これら領域に圧力を印加して封止を形成することを含む。 Preferred wet seal or solvent sealing / solvent bonding method, applied to the area or closure material between the mold and the solvent, for example, a solvent selectively applied by spraying or printing on these areas, then the pressure in these areas and it includes forming a sealing. 例えば、上記のとおり封止ロール及びベルト(任意に熱も提供する)を使用してよい。 For example, it may be used sealing rolls and belts as described above (optionally heat also provided).

次いで、形成されたパウチを切断装置によって切り出してよい。 Then, the formed pouch may cut by a cutting device. 切り出しは、任意の公知の方法を用いて行うことができる。 Cut can be performed using any known method. また、切り出しは、連続方式で、好ましくは一定速度で及び好ましくは水平位置にある間に行うことが好ましい場合がある。 Further, excision, in a continuous manner, preferably preferably Oyobi at a constant speed it may be preferable to carry out while in the horizontal position. 切断装置は、例えば、鋭利な物品又は高温物品であってよく、後者の場合には、高温物品がフィルム/封止領域を「焼き切る」。 The cutting device, for example, be a sharp item or hot article, in the latter case, the high temperature article the film / sealing area "burn out".

多区画パウチの異なる区画を、サイドバイサイドスタイルで一緒に作製してもよいが、連続したパウチは切断されない。 Different compartments of multi-compartment pouches may be made together in side-by-side style, continuous pouch is not cut. あるいは、区画を別々に作製してもよい。 Alternatively, it may be prepared compartments separately. このプロセス及び好ましい構成によれば、パウチは以下の工程を含むプロセスに従って作製される: According to this process, and the preferred configuration, the pouch is manufactured according to a process comprising the following steps:
a)(上記したとおり)第1の区画を形成する工程と、 a) (as described above) forming a first compartment,
b)工程(a)で形成した閉鎖区画の一部又は全ての内部にくぼみを形成して、第1の区画上に重ね合わせた第2の成形区画を作製する工程と、 b) step (forming a depression in the interior part or all of the closed compartments formed in a), a step of preparing a second molded compartment superposed onto the first compartment,
c)第3のフィルムを用いて、第2の区画を充填し、閉じる工程と、 c) using a third film, filling the second compartment, and closing process,
d)上記の第1、第2及び第3のフィルムを封止する工程と、 d) first described above, the step of sealing the second and third films,
e)フィルムを切り出して多区画パウチを作製する工程。 Process for manufacturing the multi-compartment pouch is cut out e) film.

工程bで形成される上記のくぼみは、好ましくは、工程a)で調製された区画に真空を印加することによって得られる。 Additional recesses formed in step b is preferably obtained by applying a vacuum to the compartment prepared in step a).

あるいは、参照することによって本明細書に組み込まれる、本出願人らの同時係属出願である欧州特許出願第08101442.5号に記載のとおり、第2及び任意に第3の区画を別個の工程で作製し、次いで、これらを第1の区画と組み合わせてもよい。 Alternatively, incorporated herein by reference, as described in European Patent Application No. 08101442.5 in co-pending application of the present applicants, the third compartment in a separate step to the second and optionally prepared, then these may be combined with the first compartment. 特に好ましいプロセスは、以下の工程を含む: Particularly preferred process comprises the following steps:
a)第1の成形機械に第1のフィルムを用いて、任意に熱及び/又は真空を使用して、第1の区画を形成する工程と、 a) using a first film on the first molding machine, using heat and / or vacuum optionally, forming a first compartment,
b)上記の第1の区画に第1の組成物を充填する工程と、 b) a step of filling the first composition in the first compartment of the above,
c)第2の成形機械において、任意に熱及び真空を使用して、第2のフィルムを変形させて、第2及び任意に第3の成形区画を作製する工程と、 C) In the second molding machine, comprising the steps of using heat and vacuum optionally, by deforming the second film to produce a third shaped section in the second and optionally,
d)第2及び任意に第3の区画を充填する工程と、 d) a step of filling the third compartment to the second and optionally,
e)第3のフィルムを用いて第2及び任意に第3の区画を封止する工程と、 e) a step of sealing the third compartment to the second and optionally with a third film,
f)封止した第2及び任意に第3の区画を第1の区画上に配置する工程と、 Disposing a third compartment on the first compartment to the second and optionally with sealed f) sealing,
g)第1、第2及び任意に第3の区画を封止する工程と、 g) a first step of sealing the third compartment to the second and optionally,
h)フィルムを切り出して多区画パウチを作製する工程。 Step of cutting out a h) film to produce a multi-compartment pouch.

第1及び第2の成形機械は、上記のプロセスを実施するための好適性に基づいて選択される。 First and second molding machine is selected based on suitability for carrying out the above process. 第1の成形機械は、好ましくは、水平式の成形機械である。 The first forming machine is preferably a molding machine of the horizontal type. 第2の成形機械は、好ましくは、回転ドラム式成形機械であり、好ましくは第1の成形機械の上方に配置される。 The second forming machine is preferably a rotary drum forming machine, preferably located above the first forming machine.

適切な供給ステーションの使用により、多数の異なる若しくは特有の組成物及び/又は異なる若しくは特有の液体、ゲル若しくはペースト組成物が組み込まれた多区画パウチを製造可能であることが更に理解されるであろう。 Der which the use of appropriate feed stations, it many different or specific compositions and / or different or distinctive liquid, gel or paste composition can be produced a multi-compartment pouches incorporated is further understood wax.

使用方法。 how to use. 典型的には上述のとおり調製された本発明の組成物を用いて、布地の洗濯/処理に用いるための水性洗浄/処理溶液を形成することができる。 It can typically be formed using the composition of the present invention prepared as described above, the aqueous washing / treatment solution for use in laundering / processing of the fabric. 一般的に、有効量のこのような組成物を、(例えば従来の布地用自動洗濯機内の)水に添加して、このような水性洗濯溶液を形成する。 Typically, such compositions an effective amount, is added to (e.g., a conventional automatic washing machine for textiles) water, to form such aqueous laundering solutions. 次いで、このようにして形成した水性洗浄溶液を、典型的には撹拌下で、その溶液で洗濯/処理しようとする布地と接触させる。 Then, the way the aqueous washing solution formed, typically under agitation, is contacted with the fabric to be washing / treated with the solution. 水に添加して水性洗濯溶液を生成する本明細書の洗剤組成物の有効量は、水性洗浄溶液中に約500〜25,000ppm若しくは500〜15,000ppmの組成物を生成するのに十分な量を含んでいてよく、又は約1,000〜3,000ppmの本明細書の洗剤組成物が水性洗浄溶液に供給される。 Effective amount of the detergent compositions herein added to water to produce an aqueous washing solution is sufficient to produce a composition of about 500~25,000ppm or 500~15,000ppm the aqueous wash liquor It may contain an amount, or detergent compositions herein to about 1,000~3,000ppm is supplied to the aqueous wash solution.

典型的には、洗浄液は、洗浄液中の洗剤の濃度が0g/L超〜5g/L、又は1g/L以上4.5g/L以下、又は4.0g/L以下、又は3.5g/L以下、又は3.0g/L以下、又は2.5g/L以下、又は更には2.0g/L以下、又は更には1.5g/L以下になるような量で、洗剤を洗浄水と接触させることによって形成される。 Typically, the washing solution, the concentration of detergent in the washing liquid is 0 g / L Ultra to 5 g / L, or 1 g / L or more 4.5 g / L or less, or 4.0 g / L or less, or 3.5 g / L or less, or 3.0 g / L or less, or 2.5 g / L or less, or even 2.0 g / L or less, or even contact in an amount such that below 1.5 g / L, detergent and washing water It is formed by. 布地若しくは織物を洗濯する方法は、トップローディング式又はフロントローディング式自動洗濯機で行ってもよく、又は手洗い洗濯用途で用いてもよい。 How to laundering fabrics or textiles may be carried out in top-loading or front-loading automatic washing machines, or may be used in hand-washing applications. これら用途では、形成される洗浄液、及び洗浄液中の洗濯洗剤組成物の濃度は、主洗濯サイクルのものである。 In these applications, the cleaning liquid is formed, and the concentration of laundry detergent composition in the washing liquid are those of the main wash cycle. 洗浄液の容積を決定するとき、いかなる任意追加的なすすぎ工程中のいかなる水の投入量も含まない。 When determining the volume of the washing solution, it does not contain dosage of any water in any optional additional rinse step.

洗浄液は、40リットル以下の水、又は30リットル以下、又は20リットル以下、又は10リットル以下、又は8リットル以下、又は更には6リットル以下の水を含み得る。 Wash, 40 liters or less of water, or 30 liters or less, or 20 liters or less, or 10 liters or less, or 8 liters or less, or even from 6 liters or less of water. 洗浄液は、0リットルを超えて15リットルまで、又は2リット以上12リットル以下、又は更には8リットル以下の水を含み得る。 Cleaning liquid, up to 15 liters than 0 liter or 2 liters more 12 liters or less, or even from 8 liters or less of water. 典型的には、洗浄液1リットル当たり0.01kg〜2kgの布地を当該洗浄液に投入する。 Typically, turning on the fabric 0.01kg~2kg per cleaning solution one liter the cleaning liquid. 典型的には、洗浄液1リットル当たり0.01kg以上、又は0.05kg以上、又は0.07kg以上、又は0.10kg以上、又は0.15kg以上、又は0.20kg以上、又は0.25kg以上の布地を当該洗浄液に投入する。 Typically, the washing solution per liter 0.01kg above, or 0.05kg more, or 0.07kg more, or 0.10kg more, or 0.15kg more, or 0.20kg more, or 0.25kg more introducing the fabric into the cleaning liquid. 任意に、50g以下、又は45g以下、又は40g以下、又は35g以下、又は30g以下、又は25g以下、又は20g以下、又は更には15g以下、又は更には10g以下の組成物を水に接触させて、洗浄液を形成する。 Optionally, 50g or less, or 45g or less, or 40g or less, or 35g or less, or 30g or less, or 25g or less, or 20g or less, or even 15g or less, or even by the following composition 10g is contacted with water to form a cleaning solution. このような組成物は、典型的には、溶液中約500ppm〜約15,000ppmの濃度で使用される。 Such compositions are typically used at a concentration of about 500ppm~ about 15,000ppm solution. 洗浄溶媒が水であるとき、水温は、典型的には約5℃〜約90℃であり、部位が布地を含むとき、水の布地に対する比は、典型的には約1:1〜約30:1である。 When the wash solvent is water, the water temperature is typically from about 5 ° C. ~ about 90 ° C., when site comprises a fabric, the ratio of water to fabric is typically from about 1: 1 to about 30 : 1. 典型的には、本発明の洗剤を含む洗浄液のpHは3〜11.5である。 Typically, pH of the cleaning liquid containing the detergent of the present invention is from 3 to 11.5.

一態様では、任意に上記表面又は布地を洗浄及び/又はすすぐ工程と、当該表面又は布地を本明細書に開示する任意の組成物と接触させ、次いで、任意に当該表面又は布地を洗浄及び/又はすすぐ工程とを含むこのような方法を、任意の乾燥工程とともに開示する。 In one aspect, the steps of optionally rinsing the cleaning and / or the surface or fabric, the surface or fabric is contacted with any composition disclosed herein, and then optionally washing the surface or fabric and / or such a method comprising a step of rinsing, disclosed with any drying step.

このような表面又は布地の乾燥は、機械乾燥であろうと戸外乾燥であろうと、家庭環境又は工業環境のいずれかで使用される一般的な手段のうちのいずれか1つによって実行することができる。 Drying of such surface or fabric, whether outdoors drying would be machine drying may be performed by any one of conventional means used in either the home environment or industrial environment . 布地は、一般消費者の使用条件又は業務用条件で洗濯することができる任意の布地を含んでいてよく、本発明は、特にポリエステル及びナイロンなどの合成織物に好適であり、特に合成及びセルロース系布地及び/又は繊維を含む混紡布地及び/又は繊維の処理に好適である。 Fabric may comprise any fabric capable of being laundered in use conditions or commercial conditions consumer, the invention is particularly suitable for synthetic textile such as polyester and nylon, especially synthetic and cellulosic it is suitable blend fabric comprises a fabric and / or fibers and / or fiber processing. 合成布地の例は、ポリエステル、ナイロンであり、これらは、セルロース系繊維、例えば、ポリコットン布地との混紡布に存在し得る。 Examples of synthetic fabric, polyester, and nylon, which are cellulosic fibers, e.g., may be present in fabric blends of poly cotton fabric. 溶液のpHは、典型的には、7〜11、より一般的には、8〜10.5である。 The pH of the solution is typically 7-11, more typically, it is 8 to 10.5. 本組成物は、典型的には、溶液中500ppm〜5,000ppmの濃度で使用される。 The compositions are typically used at a concentration in the solution 500Ppm~5,000ppm. 水温は、典型的には、約5℃〜約90℃の範囲である。 The water temperatures typically range from about 5 ° C. ~ about 90 ° C.. 水の布地に対する比は、典型的には、約1:1〜約30:1である。 The ratio of water to fabric is typically from about 1: 1 to about 30: 1.

本発明の組成物中の有益剤送達系及び補助原料は、中間精製工程の有無にかかわらず、そのような成分を生成する合成製品として組成物に配合することができる。 Benefit agent delivery systems and auxiliary raw materials in the compositions of the present invention, with or without intermediate purification step, it can be incorporated into the composition as the synthetic product of producing such components. 精製工程が存在しない場合、使用する混合物は、一般的に、所望の成分又はその混合物(本明細書に示す割合は、別段規定されていない限り、成分自体の重量パーセントに関連する)、更には未反応の出発物質、並びに副反応及び/又は不完全な反応によって形成された不純物を含む。 If the purification process does not exist, the mixture to be used is generally desired component or mixture (proportions shown herein, unless otherwise specified, relating to the weight percent of the components themselves), and further unreacted starting material, as well as side reactions and / or impurities which are formed by incomplete reaction. 例えば、エトキシル化又は置換された成分に関して、混合物は、異なる程度のエトキシル化/置換を含む可能性がある。 For example, for ethoxylated or substituted components, the mixture may contain ethoxylated / substitution of different degrees.

実施例1:DPIを使用するモデル表面における付着試験 疎水化された表面におけるヌクレアーゼ酵素の付着の増加について説明するために、以下の実験を実施した:Dual Polarized Interferometer(Farfield Analight Bio200)を用いて、2つのモデル表面におけるヌクレアーゼ(配列番号1)の付着を記録した。 Example 1: To illustrate the increase in the deposition of nuclease enzyme in adhesion test hydrophobized surface in the model surface using the DPI, the following experiment was carried out: using a Dual Polarized Interferometer (Farfield Analight Bio200), was recorded adhere nuclease (SEQ ID NO: 1) in the two model surface.

第1の未処理の石英親水性表面:UV/Ozone Procleaner(商標)(Bioforce Nanosciences)を用いて、Farfield製のAnachip(商標)チップをUV光に30分間曝露することによって処理した。 First unprocessed quartz hydrophilic surface: using UV / Ozone Procleaner (TM) (Bioforce Nanosciences), and the Farfield made Anachip (TM) chip was treated by exposure to UV light for 30 minutes. その後、この表面は高度に親水性になる。 Thereafter, the surface becomes highly hydrophilic.

第2の表面は、疎水性改質された:UV−O3処理したAnachip(商標)を、トルエン中(クロロメチル)トリメチルシラン(Sigma Aldrich)の1%溶液に30秒間浸漬し、エタノールですすいだ。 The second surface was reformed hydrophobic modified: the UV-O3 treated Anachip (TM), was immersed for 30 seconds in a 1% solution in toluene (chloromethyl) trimethylsilane (Sigma Aldrich), rinsed with ethanol . この方法では、シリカ表面にシリカをグラフト化するので、表面上のメチル基の濃度が増大して、疎水性になる。 In this method, since the grafting silica to the silica surface, the concentration of methyl groups on the surface is increased, it becomes hydrophobic.

次いで、処理されたチップをDPI装置に入れ、脱イオン水流と接触させてベースラインシグナルを測定し、初期シグナルが安定したら、次いで、脱イオン水中ヌクレアーゼの2.6質量%溶液を注入し、シグナルが安定したら、表面を脱イオン(DI)水ですすいだ。 Then placed treated chips in DPI devices, the baseline signal measured in contact with deionized water, once the initial signal has stabilized, then injected 2.6% by weight solution in deionized water nuclease, signals Once a stable, rinsed the surface with deionized (DI) water. DPIは、表面における屈折率の変化を測定し、純DI水のシグナルと最後のすすぎ後のシグナルとの差がヌクレアーゼの保持を示す。 DPI is to measure changes in refractive index at the surface, the difference between the pure DI water signals and the signal after the last rinsing indicates the retention of nucleases. 親水性表面では、表面の上方を流れるヌクレアーゼに起因して注入後にシグナルが上昇する。 The hydrophilic surface, the signal is increased after the injection due to nuclease flowing over the surface. しかし、変化は軽度であり、これは、ヌクレアーゼと表面との相互作用が最小限であることを示す。 However, the change is slight, indicating that the interaction between the nuclease and the surface is minimal. DI水ですすいだ後、シグナルは急速にベースラインに戻り、これは、ヌクレアーゼが親水性表面に付着しなかったという証拠である。 After rinsing with DI water, the signal rapidly returns to baseline, this is evidence that the nuclease has not adhered to the hydrophilic surface.

疎水性改質された表面の場合、注入後にシグナルが著しく上昇し、親水性表面と比較して安定化するまでの時間が長かった。 For hydrophobic modified surface, the signal is significantly increased after infusion, the time until stabilization was longer compared to the hydrophilic surface.

これは、ヌクレアーゼが表面上に付着しており、経時的に被覆率が増加することを示す。 This nuclease has been deposited on the surface indicates that over time coverage increases. すすぎ後、表面上にヌクレアーゼが保持されていることに起因して、シグナルがDI水のベースラインよりも高く維持される。 After rinsing, due to nucleases on the surface is maintained, the signal is maintained higher than the baseline DI water.

この実験は、配列番号1に係るヌクレアーゼが、親水性表面よりも有効に疎水性表面上に保持されることを示す。 This experiment shows that nuclease according to SEQ ID NO: 1 is held effectively on a hydrophobic surface than hydrophilic surface.

以下の処方例は、水性液の形成に好適な洗浄組成物を示す。 The following formulation examples illustrate suitable cleaning composition for the formation of an aqueous solution.

処方例 実施例1〜7 重質液体洗濯洗剤組成物 Formulation Examples Examples 1-7 Heavy liquid laundry detergent composition

洗浄及び/又は処理組成物の総重量に基づく。 The total weight of the cleaning and / or treatment composition based. 酵素レベルは、原材料として報告する。 Enzyme levels are reported as a raw material.

実施例8〜16 単位用量組成物 これら実施例は、単位用量洗濯洗剤用の様々な処方を提供する。 These Examples Example 8-16 unit dose composition provides various formulations for unit doses laundry detergent. 組成物8〜12は、1つの単位容量区画を含む。 Composition 8-12, containing one unit volume compartment. 組成物を封入するために使用されるフィルムはPVAである。 Films used to encapsulate the composition is PVA.

洗浄及び/又は処理組成物の総重量に基づく。 The total weight of the cleaning and / or treatment composition based. 酵素レベルは、原材料として報告する。 Enzyme levels are reported as a raw material.

以下の実施例では、単位用量は3つの区画を有するが、同様の組成物を2つ、4つ、又は5つの区画で作製することもできる。 In the following examples, the unit dose has a three compartments, two similar compositions, four, or can be prepared in five compartments. 区画を封入するために使用されるフィルムはポリビニルアルコールである。 Films used to encapsulate compartment is a polyvinyl alcohol.

洗浄及び/又は処理組成物の総重量に基づいて、酵素レベルは原材料として報告する。 Based on the total weight of the cleaning and / or treatment compositions, enzymes levels are reported as a raw material.

実施例19〜24:手洗い用又は洗濯機、典型的にはトップローディング式洗濯機用の顆粒状洗濯洗剤組成物 Example 19-24: hand washing or washing machines, typically granular laundry detergent composition for top-loading washing machine

実施例25〜37 Example 25-37
典型的にはフロントローディング式自動洗濯機用の顆粒状洗濯洗剤組成物 Typically granular laundry detergent compositions for a front-loading automatic washing machine

本明細書において開示されている寸法及び値は、記載されている正確な数値に厳密に限定されるものと理解されるべきではない。 The dimensions and values ​​disclosed herein are not to be understood as being strictly limited to the exact numerical values ​​set forth. むしろ、別段の指定がない限り、このような寸法はそれぞれ、記載されている値及びその値の周辺の機能的に等価な範囲の両方を意味することが意図されている。 Rather, unless otherwise specified, it is intended to mean both the functionally equivalent range surrounding each such dimension is The listed values ​​and their values. 例えば「40mm」として開示されている寸法は、「約40mm」を意味するものとする。 For example a dimension disclosed as "40mm" is intended to mean "about 40mm".

Claims (15)

  1. 生地を処理する方法であって、 A method for processing the dough,
    (i)疎水性変性された生地を提供する工程と、 (I) providing a hydrophobically modified fabric,
    (ii)工程(i)の前記生地を、ヌクレアーゼ酵素、好ましくは、デオキシリボヌクレアーゼ又はリボヌクレアーゼ酵素を含む水溶液と接触させる工程と、 Said fabric (ii) step (i), nuclease enzymes, preferably, the step of contacting an aqueous solution containing DNase or RNase enzyme,
    を含む、方法。 Including, method.
  2. 前記生地が、セルロース基材を含む、請求項1に記載の方法。 The fabric comprises a cellulosic substrate, The method of claim 1.
  3. 前記生地が、綿単独の又は混紡された生地を含む、請求項2に記載の方法。 The fabric comprises or blend dough cotton alone, the method of claim 2.
  4. 前記水溶液が、0.01ppm〜1000ppmの前記ヌクレアーゼ酵素を含む、請求項1〜3のいずれか一項に記載の方法。 Wherein the aqueous solution comprises the nuclease enzyme 0.01Ppm~1000ppm, method according to any one of claims 1 to 3.
  5. 前記ヌクレアーゼが、E. The nuclease, E. C. C. クラスE. Class E. C. C. 3.1.21. 3.1.21. x(式中、x=1、2、3、4、5、6、7、8、9)、3.1.22. x (in the formula, x = 1,2,3,4,5,6,7,8,9), 3.1.22. y(式中、y=1、2、4、5)、E. y (in the formula, y = 1,2,4,5), E. C. C. 3.1.30. 3.1.30. z(式中、z=1、2)若しくはE. z (in the formula, z = 1,2) or E. C. C. 3.1.31.1のいずれか、又はこれらの混合物から選択され、好ましくは、E. Either 3.1.31.1, or the mixtures thereof, preferably, E. C. C. 3.1.21、好ましくは、E. 3.1.21, preferably, E. C. C. 3.1.21.1である、請求項1〜4のいずれか一項に記載の方法。 Is 3.1.21.1, method according to any one of claims 1-4.
  6. 前記ヌクレアーゼ酵素が、デオキシリボヌクレアーゼを含む、請求項1〜5のいずれか一項に記載の方法。 The nuclease enzymes, including deoxyribonuclease A method according to any one of claims 1 to 5.
  7. 前記酵素が、RNase活性及びDNase活性の両方を有する酵素、好ましくはE. Wherein said enzyme, enzyme having both RNase activity and DNase activity, preferably E. C. C. 3.1.30.2の酵素を含む、請求項5に記載の方法。 Including enzymes 3.1.30.2, The method of claim 5.
  8. 前記酵素が、微生物の酵素、好ましくは細菌の酵素である、請求項1〜7のいずれか一項に記載の方法。 Said enzyme, microbial enzymes, preferably a bacterial enzyme, the method according to any one of claims 1 to 7.
  9. 前記酵素が、配列番号1、配列番号2又は配列番号3に示すアミノ酸配列と少なくとも85%、又は少なくとも90、又は少なくとも95%、又は更には少なくとも100%の同一性を有するアミノ酸配列を有する、請求項1〜8のいずれか一項に記載の方法。 Said enzyme, SEQ ID NO: 1, at least 85% to the amino acid sequence shown in SEQ ID NO: 2 or SEQ ID NO: 3, or at least 90, or at least 95%, or even having an amino acid sequence having at least 100% identity, billing the method according to any one of claims 1-8.
  10. 前記生地が、ポリエステルを含む混紡生地を含む、請求項1〜9のいずれか一項に記載の方法。 The fabric comprises a blend fabric containing polyester A method according to any one of claims 1 to 9.
  11. 前記生地が、E. The dough, E. C. C. 3.2.1.52のβ−N−アセチルグルコサミニダーゼ酵素、好ましくは、配列番号4に対して少なくとも70%の同一性を有する酵素を含む、請求項1〜10のいずれか一項に記載の方法。 beta-N-acetylglucosaminidase enzyme 3.2.1.52, preferably comprises an enzyme having at least 70% identity to SEQ ID NO: 4, according to any one of claims 1 to 10 Method.
  12. 工程(ii)に続いて、すすぎ工程及び乾燥工程が存在する、請求項1〜11のいずれか一項に記載の方法。 Following the step (ii), rinsing and drying steps are present, the method according to any one of claims 1 to 11.
  13. 工程(ii)が、布地洗濯工程であり、前記ヌクレアーゼ酵素が、ヌクレアーゼ酵素を含有する処理及び/又は洗浄組成物の添加を介して水に添加される、請求項1〜12のいずれか一項に記載の方法。 Step (ii) is a fabric laundering process, the nuclease enzyme, through the addition of processing and / or cleaning compositions containing nuclease enzyme is added to water, any one of claims 1 to 12 the method according to.
  14. 前記生地の疎水変性が、好ましくはカチオン性化合物、シリコーン、パラフィン又はフッ素化化合物を前記生地に塗布することを含む、生地製造において提供される仕上げ工程の形態である、請求項1〜13のいずれか一項に記載の方法。 Hydrophobically modified of the fabric, it is preferably in the form of a finishing process provided a cationic compound, a silicone, a paraffin or a fluorinated compound comprising applying to the fabric in the fabric production, any claim 1 to 13 the method according to one paragraph or.
  15. 工程(i)の仕上げされた生地を、ヌクレアーゼ酵素、好ましくは、デオキシリボヌクレアーゼ又はリボヌクレアーゼ酵素を含む水溶液と接触させる、後続の水性洗濯工程においてヌクレアーゼ酵素の付着を増加させるために、未処理の生地表面に比べて仕上げされた生地表面の疎水性を増大させる仕上げ工程の使用。 The finished dough of step (i), a nuclease enzyme, preferably, is contacted with an aqueous solution containing a DNase or RNase enzymes, in order to increase the adhesion of the nuclease enzyme in the subsequent aqueous washing process, the untreated fabric surface use finishing step of increasing the hydrophobicity of the finished fabric surface as compared to.
JP2017556550A 2015-04-29 2016-04-27 Processing method of fabric Pending JP2018524483A (en)

Priority Applications (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
EP15165814.3 2015-04-29
EP15165814 2015-04-29
EP15190045.3 2015-10-15
EP15190045 2015-10-15
PCT/US2016/029479 WO2016176280A1 (en) 2015-04-29 2016-04-27 Method of treating a fabric

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2018524483A true JP2018524483A (en) 2018-08-30

Family

ID=55794916

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2017556550A Pending JP2018524483A (en) 2015-04-29 2016-04-27 Processing method of fabric

Country Status (9)

Country Link
US (1) US20160319226A1 (en)
EP (1) EP3088502B1 (en)
JP (1) JP2018524483A (en)
CN (1) CN107667166A (en)
DK (1) DK3088502T3 (en)
ES (1) ES2683906T3 (en)
HU (1) HUE039080T2 (en)
PL (1) PL3088502T3 (en)
WO (1) WO2016176280A1 (en)

Families Citing this family (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US10081783B2 (en) 2016-06-09 2018-09-25 The Procter & Gamble Company Cleaning compositions having an enzyme system
WO2018185285A1 (en) * 2017-04-06 2018-10-11 Novozymes A/S Cleaning compositions and uses thereof
WO2018184873A1 (en) * 2017-04-06 2018-10-11 Novozymes A/S Detergent compositions and uses thereof
WO2018185269A1 (en) * 2017-04-06 2018-10-11 Novozymes A/S Cleaning compositions and uses thereof
DE102017125560A1 (en) * 2017-11-01 2019-05-02 Henkel Ag & Co. Kgaa Cleansing compositions containing dispersine iii
DE102017125558A1 (en) * 2017-11-01 2019-05-02 Henkel Ag & Co. Kgaa Cleaning compositions containing dispersine i

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002513808A (en) * 1998-05-01 2002-05-14 ザ、プロクター、エンド、ギャンブル、カンパニー Modified laundry detergent and / or fabric care compositions containing an anti-microbial protein
WO2014087011A1 (en) * 2012-12-07 2014-06-12 Novozymes A/S Preventing adhesion of bacteria

Family Cites Families (162)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US34584A (en) 1862-03-04 Improvement in rakes for harvesters
US5486A (en) 1848-03-28 Joinee s plane
US2826551A (en) 1954-01-04 1958-03-11 Simoniz Co Nontangling shampoo
NL211637A (en) 1955-10-27
GB849433A (en) 1957-08-22 1960-09-28 Raymond Woolston Hair washing preparations
BE680847A (en) 1963-05-27 1966-11-14
NL136759C (en) 1966-02-16
LU60943A1 (en) 1970-05-20 1972-02-23
US3958581A (en) 1972-05-17 1976-05-25 L'oreal Cosmetic composition containing a cationic polymer and divalent metal salt for strengthening the hair
GB1407997A (en) 1972-08-01 1975-10-01 Procter & Gamble Controlled sudsing detergent compositions
CA1018893A (en) 1972-12-11 1977-10-11 Roger C. Birkofer Mild thickened shampoo compositions with conditioning properties
US3964500A (en) 1973-12-26 1976-06-22 Lever Brothers Company Lusterizing shampoo containing a polysiloxane and a hair-bodying agent
US4422853A (en) 1974-05-16 1983-12-27 L'oreal Hair dyeing compositions containing quaternized polymer
US4217914A (en) 1974-05-16 1980-08-19 L'oreal Quaternized polymer for use as a cosmetic agent in cosmetic compositions for the hair and skin
AT365448B (en) 1975-07-04 1982-01-11 Oreal cosmetic preparation
US4197865A (en) 1975-07-04 1980-04-15 L'oreal Treating hair with quaternized polymers
US4075118A (en) 1975-10-14 1978-02-21 The Procter & Gamble Company Liquid detergent compositions containing a self-emulsified silicone suds controlling agent
US4152416A (en) 1976-09-17 1979-05-01 Marra Dorothea C Aerosol antiperspirant compositions delivering astringent salt with low mistiness and dustiness
EP0008830A1 (en) 1978-09-09 1980-03-19 THE PROCTER &amp; GAMBLE COMPANY Suds-suppressing compositions and detergents containing them
US4507280A (en) 1979-07-02 1985-03-26 Clairol Incorporated Hair conditioning composition and method for use
US4663158A (en) 1979-07-02 1987-05-05 Clairol Incorporated Hair conditioning composition containing cationic polymer and amphoteric surfactant and method for use
US4529586A (en) 1980-07-11 1985-07-16 Clairol Incorporated Hair conditioning composition and process
GR76237B (en) 1981-08-08 1984-08-04 Procter & Gamble
US4364837A (en) 1981-09-08 1982-12-21 Lever Brothers Company Shampoo compositions comprising saccharides
US4489455A (en) 1982-10-28 1984-12-25 The Procter & Gamble Company Method for highly efficient laundering of textiles
US4489574A (en) 1981-11-10 1984-12-25 The Procter & Gamble Company Apparatus for highly efficient laundering of textiles
GB8401875D0 (en) 1984-01-25 1984-02-29 Procter & Gamble Liquid detergent compositions
US4760025A (en) 1984-05-29 1988-07-26 Genencor, Inc. Modified enzymes and methods for making same
JPH0314481B2 (en) 1984-05-30 1991-02-26 Dow Corning Kk
USRE34584E (en) 1984-11-09 1994-04-12 The Procter & Gamble Company Shampoo compositions
US4652392A (en) 1985-07-30 1987-03-24 The Procter & Gamble Company Controlled sudsing detergent compositions
US4762636A (en) 1986-02-28 1988-08-09 Ciba-Geigy Corporation Process for the preparation of granules containing an active substance and to the use thereof as speckles for treating substrates
GB8618635D0 (en) 1986-07-30 1986-09-10 Unilever Plc Detergent composition
US4954292A (en) 1986-10-01 1990-09-04 Lever Brothers Co. Detergent composition containing PVP and process of using same
US4798679A (en) 1987-05-11 1989-01-17 The Procter & Gamble Co. Controlled sudsing stable isotropic liquid detergent compositions
EP0394352B1 (en) 1988-01-07 1992-03-11 Novo Nordisk A/S Enzymatic detergent
GB8806016D0 (en) 1988-03-14 1988-04-13 Danochemo As Encapsulated photoactivator dyes for detergent use
US4983316A (en) 1988-08-04 1991-01-08 Dow Corning Corporation Dispersible silicone antifoam formulations
US4978471A (en) 1988-08-04 1990-12-18 Dow Corning Corporation Dispersible silicone wash and rinse cycle antifoam formulations
DE3826670C2 (en) 1988-08-05 1994-11-17 Framatome Connectors Int Flat Receptacle
US5104646A (en) 1989-08-07 1992-04-14 The Procter & Gamble Company Vehicle systems for use in cosmetic compositions
DK0493398T3 (en) 1989-08-25 2000-05-22 Henkel Research Corp Alkaline proteolytic enzyme and process for production thereof
GB8927361D0 (en) 1989-12-04 1990-01-31 Unilever Plc Liquid detergents
US5106609A (en) 1990-05-01 1992-04-21 The Procter & Gamble Company Vehicle systems for use in cosmetic compositions
JPH07508544A (en) 1992-06-15 1995-09-21
DE69334295D1 (en) 1992-07-23 2009-11-12 Novo Nordisk As MUTANT -g (a) amylase, WASH AND DISHES DETERGENT
PT867504E (en) 1993-02-11 2003-08-29 Genencor Int Alpha-amylase stable to oxidation
US5679630A (en) 1993-10-14 1997-10-21 The Procter & Gamble Company Protease-containing cleaning compositions
US5486307A (en) 1993-11-22 1996-01-23 Colgate-Palmolive Co. Liquid cleaning compositions with grease release agent
AT305031T (en) 1994-03-29 2005-10-15 Novozymes As Alkaline amylase from bacellus
US5879584A (en) 1994-09-10 1999-03-09 The Procter & Gamble Company Process for manufacturing aqueous compositions comprising peracids
US5516448A (en) 1994-09-20 1996-05-14 The Procter & Gamble Company Process for making a high density detergent composition which includes selected recycle streams for improved agglomerate
US5691297A (en) 1994-09-20 1997-11-25 The Procter & Gamble Company Process for making a high density detergent composition by controlling agglomeration within a dispersion index
US5489392A (en) 1994-09-20 1996-02-06 The Procter & Gamble Company Process for making a high density detergent composition in a single mixer/densifier with selected recycle streams for improved agglomerate properties
AT432342T (en) 1995-02-03 2009-06-15 Novozymes As A method for the design of alpha-amylase mutant having predetermined characteristics
US6093562A (en) 1996-02-05 2000-07-25 Novo Nordisk A/S Amylase variants
AR000862A1 (en) 1995-02-03 1997-08-06 Novozymes As Variants of an O-amylase, a method for producing the same, a DNA and an expression vector, a cell transformed by dichaestructura DNA and vector, a detergent additive, detergent composition, a composition for laundry and a composition for the removal of
US5534179A (en) 1995-02-03 1996-07-09 Procter & Gamble Detergent compositions comprising multiperacid-forming bleach activators
US5574005A (en) 1995-03-07 1996-11-12 The Procter & Gamble Company Process for producing detergent agglomerates from high active surfactant pastes having non-linear viscoelastic properties
US5569645A (en) 1995-04-24 1996-10-29 The Procter & Gamble Company Low dosage detergent composition containing optimum proportions of agglomerates and spray dried granules for improved flow properties
JP3025627B2 (en) 1995-06-14 2000-03-27 花王株式会社 Alkaline liquefying α- amylase gene
US5597936A (en) 1995-06-16 1997-01-28 The Procter & Gamble Company Method for manufacturing cobalt catalysts
US5565422A (en) 1995-06-23 1996-10-15 The Procter & Gamble Company Process for preparing a free-flowing particulate detergent composition having improved solubility
US5576282A (en) 1995-09-11 1996-11-19 The Procter & Gamble Company Color-safe bleach boosters, compositions and laundry methods employing same
US5674478A (en) 1996-01-12 1997-10-07 The Procter & Gamble Company Hair conditioning compositions
US5750122A (en) 1996-01-16 1998-05-12 The Procter & Gamble Company Compositions for treating hair or skin
JP3810847B2 (en) * 1996-01-22 2006-08-16 花王株式会社 High-density powdered detergent composition
DE69733519T2 (en) 1996-03-04 2005-11-03 General Electric Co. Block copolymers on the basis of silicones and aminopolyalkylenoxiden
MA24136A1 (en) 1996-04-16 1997-12-31 Procter & Gamble Manufacturing surfactants.
US5763385A (en) 1996-05-14 1998-06-09 Genencor International, Inc. Modified α-amylases having altered calcium binding properties
WO1998017767A1 (en) 1996-10-18 1998-04-30 The Procter & Gamble Company Detergent compositions
CN1263759C (en) 1997-03-07 2006-07-12 宝洁公司 Improving method for preparing cross-bridge macrocylic compound
DE69816981T2 (en) 1997-03-07 2004-06-03 The Procter & Gamble Company, Cincinnati Bleaching compositions containing metal bleach catalysts, as well as bleach activators and / or organischepercarbonsäure
CN1259934A (en) 1997-05-19 2000-07-12 普罗格特-甘布尔公司 Quaternary fatty acid triethanolamine ester salts and their use as fabrics softeners
DE69801547T2 (en) 1997-06-11 2002-04-18 Kuraray Co water-soluble film
EP2011864B1 (en) 1999-03-31 2014-12-31 Novozymes A/S Polypeptides having alkaline alpha-amylase activity and nucleic acids encoding same
AR015977A1 (en) 1997-10-23 2001-05-30 Genencor Int Multiply-substituted protease variants with altered net charge for use in detergents
AU9737398A (en) 1997-10-30 1999-05-24 Novo Nordisk A/S Alpha-amylase mutants
GB9807477D0 (en) 1998-04-07 1998-06-10 Unilever Plc Coloured granular composition for use in particulate detergent compositions
ES2226324T3 (en) 1998-05-18 2005-03-16 Ciba Specialty Chemicals Holding Inc. Water-soluble granules of phthalocyanine compounds.
US6207782B1 (en) 1998-05-28 2001-03-27 Cromption Corporation Hydrophilic siloxane latex emulsions
JP2002531457A (en) 1998-11-30 2002-09-24 ザ、プロクター、エンド、ギャンブル、カンパニー Method of manufacturing a cross-linked tetra-aza macrocycles such
US6403355B1 (en) 1998-12-21 2002-06-11 Kao Corporation Amylases
US6939702B1 (en) 1999-03-31 2005-09-06 Novozymes A/S Lipase variant
EP1309649B1 (en) 2000-07-27 2004-07-07 GE Bayer Silicones GmbH &amp; Co. KG Polyammonium-polysiloxane compounds, methods for the production and use thereof
DE10036533B4 (en) 2000-07-27 2005-02-03 Ge Bayer Silicones Gmbh & Co. Kg Use of polyquaternary polysiloxanes as wash-resistant hydrophilic softeners
US7041767B2 (en) 2000-07-27 2006-05-09 Ge Bayer Silicones Gmbh & Co. Kg Polysiloxane polymers, method for their production and the use thereof
WO2002010356A2 (en) 2000-07-28 2002-02-07 Henkel Kommanditgesellschaft Auf Aktien Novel amylolytic enzyme extracted from bacillus sp. a 7-7 (dsm 12368) and washing and cleaning agents containing this novel amylolytic enzyme
AU3947502A (en) 2000-10-27 2002-05-27 Procter & Gamble Stabilized liquid compositions
US7041488B2 (en) 2001-06-06 2006-05-09 Novozymes A/S Endo-beta-1,4-glucanase from bacillus
ES2254776T3 (en) 2001-08-20 2006-06-16 Unilever N.V. Mota photobleach and laundry detergent compositions containing it.
GB0120160D0 (en) 2001-08-20 2001-10-10 Unilever Plc Photobleach speckle and laundry detergent compositions containing it
US6482969B1 (en) 2001-10-24 2002-11-19 Dow Corning Corporation Silicon based quaternary ammonium functional compositions and methods for making them
US6607717B1 (en) 2001-10-24 2003-08-19 Dow Corning Corporation Silicon based quaternary ammonium functional compositions and their applications
DE10162728A1 (en) 2001-12-20 2003-07-10 Henkel Kgaa New alkaline protease from Bacillus gibsonii (DSM 14393) and detergents and cleaning compositions comprising these novel alkaline protease
ES2263996T3 (en) 2002-09-04 2006-12-16 Ciba Specialty Chemicals Holding Inc. Formulations containing water soluble granules.
AT284942T (en) 2002-09-05 2005-01-15 Procter & Gamble Structured liquid softener compositions
EP1396536B1 (en) 2002-09-05 2005-10-19 THE PROCTER &amp; GAMBLE COMPANY Structuring systems for fabric treatment compostions
KR100554479B1 (en) 2002-09-11 2006-03-03 씨제이라이온 주식회사 Complex salt for detergent to prevent spotting
GB0300808D0 (en) 2003-01-14 2003-02-12 Unilever Plc Home and personal care compositions with lubricants
US9068234B2 (en) 2003-01-21 2015-06-30 Ptc Therapeutics, Inc. Methods and agents for screening for compounds capable of modulating gene expression
US7022656B2 (en) 2003-03-19 2006-04-04 Monosol, Llc. Water-soluble copolymer film packet
EP1502943A1 (en) 2003-08-01 2005-02-02 The Procter &amp; Gamble Company Aqueous liquid cleaning composition comprising visible beads
GB0325432D0 (en) 2003-10-31 2003-12-03 Unilever Plc Ligand and complex for catalytically bleaching a substrate
AU2004293826B2 (en) 2003-11-19 2009-09-17 Danisco Us Inc. Serine proteases, nucleic acids encoding serine enzymes and vectors and host cells incorporating same
US7208459B2 (en) 2004-06-29 2007-04-24 The Procter & Gamble Company Laundry detergent compositions with efficient hueing dye
AU2005259686B2 (en) 2004-07-05 2010-12-23 Novozymes A/S Alpha-amylase variants with altered properties
GB0420203D0 (en) 2004-09-11 2004-10-13 Unilever Plc Laundry treatment compositions
DE602005019640D1 (en) 2004-09-23 2010-04-08 Unilever Nv Compositions for treating laundry
EP1794276B1 (en) 2004-09-23 2009-04-29 Unilever PLC Laundry treatment compositions
US7686892B2 (en) 2004-11-19 2010-03-30 The Procter & Gamble Company Whiteness perception compositions
US20070041929A1 (en) 2005-06-16 2007-02-22 Torgerson Peter M Hair conditioning composition comprising silicone polymers containing quaternary groups
KR20080066921A (en) 2005-10-12 2008-07-17 더 프록터 앤드 갬블 캄파니 Use and production of storage-stable neutral metalloprotease
US7585376B2 (en) 2005-10-28 2009-09-08 The Procter & Gamble Company Composition containing an esterified substituted benzene sulfonate
JP2009511656A (en) 2005-10-28 2009-03-19 ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー Anionic modified catechol, and compositions containing soil suspending polymers
US9427391B2 (en) 2006-01-09 2016-08-30 The Procter & Gamble Company Personal care compositions containing cationic synthetic copolymer and a detersive surfactant
WO2007087242A2 (en) 2006-01-23 2007-08-02 The Procter & Gamble Company A composition comprising a lipase and a bleach catalyst
US20070286837A1 (en) 2006-05-17 2007-12-13 Torgerson Peter M Hair care composition comprising an aminosilicone and a high viscosity silicone copolymer emulsion
GB0615487D0 (en) 2006-08-04 2006-09-13 Reckitt Benckiser Nv Detergent composition
DE102006036889A1 (en) 2006-08-04 2008-02-07 Clariant International Limited Using aminoacetones and salts thereof as bleaching efficiency boosters for peroxygen compounds
US7642282B2 (en) 2007-01-19 2010-01-05 Milliken & Company Whitening agents for cellulosic substrates
EP2104729B1 (en) 2007-01-19 2010-11-03 The Procter & Gamble Company Laundry care composition comprising a whitening agent for cellulosic substrates
ES2372328T3 (en) 2007-01-26 2012-01-18 Unilever N.V. Shading composition.
WO2008153882A1 (en) 2007-06-11 2008-12-18 Appleton Papers Inc. Benefit agent containing delivery particle
DE102007038031A1 (en) 2007-08-10 2009-06-04 Henkel Ag & Co. Kgaa Compositions comprising proteases
GB0719161D0 (en) 2007-10-01 2007-11-07 Unilever Plc Improvements relating to fabrick treatment compositions
CA2702883A1 (en) 2007-11-26 2009-06-04 The Procter & Gamble Company Detergent compositions
CN101910389A (en) 2008-01-07 2010-12-08 宝洁公司 Detergents having acceptable color
MX2010008359A (en) 2008-02-04 2010-08-30 Danisco Us Inc Ts23 alpha-amylase variants with altered properties.
US20090217464A1 (en) 2008-02-29 2009-09-03 Philip Frank Souter Detergent composition comprising lipase
WO2009120526A1 (en) 2008-03-26 2009-10-01 The Procter & Gamble Company Delivery particle
DE102008018503A1 (en) 2008-04-10 2009-10-15 Henkel Ag & Co. Kgaa Color Protective washing or cleaning agent
DE102008019443A1 (en) 2008-04-17 2009-10-29 Henkel Ag & Co. Kgaa Color Protective washing or cleaning agent
CA2726450A1 (en) 2008-06-06 2009-12-10 Danisco Us Inc. Compositions and methods comprising variant microbial proteases
CN105483099A (en) 2008-06-06 2016-04-13 丹尼斯科美国公司 Geobacillus stearothermophilus [alpha]-amylase (AMYS) variants with improved properties
EP2133410B1 (en) 2008-06-13 2011-12-28 The Procter and Gamble Company Multi-compartment pouch
CN102224233A (en) 2008-09-25 2011-10-19 荷兰联合利华有限公司 Liquid detergents
US9139798B2 (en) * 2008-10-15 2015-09-22 Method Products, Pbc Liquid cleaning compositions
CN103396904B (en) 2008-11-11 2015-12-23 宝洁公司 The compositions and methods comprising the serine protease variant
KR20110095260A (en) 2008-11-11 2011-08-24 다니스코 유에스 인크. Bacillus subtilisin comprising one or more combinable mutations
DE102009001144A1 (en) 2009-02-25 2010-08-26 Henkel Ag & Co. Kgaa Use of polymers, obtainable by polymerization of tetrazole substituted vinyl monomers, for preventing e.g. transfer of textile dyes from dyed textiles on e.g. undyed in their washing, preferably a surfactant-containing aqueous solution
DK2414514T3 (en) 2009-04-01 2015-08-24 Danisco Us Inc FORMATIONS AND PROCEDURES COMPREHENSIVE Alpha- amylase variants WITH CHANGED PROPERTIES
DE102009003034A1 (en) 2009-05-12 2010-11-18 Henkel Ag & Co. Kgaa Color Protective washing or cleaning agent
CN102803459B (en) 2009-06-12 2016-04-06 荷兰联合利华有限公司 Cationic dye polymer
CN102482622A (en) 2009-06-15 2012-05-30 荷兰联合利华有限公司 Anionic dye polymers
WO2011015327A1 (en) 2009-08-03 2011-02-10 C-Lecta Gmbh Method for producing nucleases of a gram negative bacterium while using a gram positive expression host
MX311859B (en) 2009-10-23 2013-07-31 Unilever Nv Dye polymers.
EP3434764A3 (en) 2009-12-09 2019-04-03 The Procter & Gamble Company Fabric and home care products
EP2534206B1 (en) 2010-02-09 2014-04-02 Unilever PLC Dye polymers
EP2357220A1 (en) 2010-02-10 2011-08-17 The Procter and Gamble Company Cleaning composition comprising amylase variants with high stability in the presence of a chelating agent
RU2663114C2 (en) 2011-05-05 2018-08-01 Дзе Проктер Энд Гэмбл Компани Methods and compositions comprising serine protease variants
EP3095861B1 (en) 2010-05-06 2019-06-26 The Procter and Gamble Company Consumer products with protease variants
EP2585573A1 (en) 2010-06-23 2013-05-01 The Procter and Gamble Company Product for pre-treatment and laundering of stained fabric
CA2801513A1 (en) 2010-06-28 2012-01-05 Basf Se Metal free bleaching composition
GB201011511D0 (en) 2010-07-08 2010-08-25 Unilever Plc Composions comprising optical benefits agents
US20120101018A1 (en) 2010-10-22 2012-04-26 Gregory Scot Miracle Bis-azo colorants for use as bluing agents
EP2638142B1 (en) 2010-11-12 2017-05-10 The Procter and Gamble Company Thiophene azo dyes and laundry care compositions containing the same
DE102011008526A1 (en) 2011-01-13 2012-07-19 Henkel Ag & Co. Kgaa Color Protective detergent
MX2013014021A (en) 2011-06-03 2014-01-23 Procter & Gamble Laundry care compositions containing dyes.
EP2540824A1 (en) 2011-06-30 2013-01-02 The Procter and Gamble Company Cleaning compositions comprising amylase variants reference to a sequence listing
US20130072413A1 (en) * 2011-09-20 2013-03-21 The Procter & Gamble Company DETERGENT COMPOSITIONS COMPRISING PRIMARY SURFACTANT SYSTEMS COMPRISING HIGHLY BRANCHED ISOPRENOID-BASED and OTHER SURFACTANTS
WO2013116261A2 (en) 2012-02-03 2013-08-08 The Procter & Gamble Company Compositions and methods for surface treatment with lipases

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002513808A (en) * 1998-05-01 2002-05-14 ザ、プロクター、エンド、ギャンブル、カンパニー Modified laundry detergent and / or fabric care compositions containing an anti-microbial protein
WO2014087011A1 (en) * 2012-12-07 2014-06-12 Novozymes A/S Preventing adhesion of bacteria

Non-Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Title
東昇監修,クリーニングの知識,昭和57年,(株)幸書房,P.37, JPN6018039504 *

Also Published As

Publication number Publication date
ES2683906T3 (en) 2018-09-28
DK3088502T3 (en) 2018-08-13
WO2016176280A1 (en) 2016-11-03
PL3088502T3 (en) 2018-10-31
US20160319226A1 (en) 2016-11-03
EP3088502B1 (en) 2018-05-23
CN107667166A (en) 2018-02-06
HUE039080T2 (en) 2018-12-28
EP3088502A1 (en) 2016-11-02

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP2491105B2 (en) Dye polymers
US9193939B2 (en) Cleaning compositions containing a polyetheramine, a soil release polymer, and a carboxymethylcellulose
ES2699751T3 (en) Diazo dyes for use as bluing agents
CN102741357B (en) Dye polymers
US10174274B2 (en) Cleaning compositions containing a polyetheramine
ES2412683T3 (en) Compositions containing an enzyme and a fabric hueing agent
US9550965B2 (en) Cleaning compositions containing a polyetheramine
CA2867361C (en) Carboxylate dyes
CN103582696B (en) Dye-containing washing laundry care composition
US9982221B2 (en) Leuco triphenylmethane colorants as bluing agents in laundry care compositions
CN104105787B (en) Dye-containing laundry care composition
CN102573778A (en) Dye polymers
EP2683775B1 (en) Dye polymer
WO2012126665A1 (en) Dye polymer
US20110306536A1 (en) Compacted Liquid Laundry Detergent Composition Comprising Lipase of Bacterial Origin
JP6105057B2 (en) Laundry detergent composition comprising particles having a color agent and clays
CN105637078B (en) Composition comprising the alkoxylated polyalkyleneimine with low melting point
US20150275142A1 (en) Cleaning compositions containing a polyetheramine
CN104508103A (en) Low PH liquid cleaning compositions with enzymes
US20110257060A1 (en) Laundry detergent composition comprising bleach particles that are suspended within a continuous liquid phase
EP2551336B1 (en) Detergent composition with stabilized enzyme
EP2694635B1 (en) Method of laundering fabric
US9771547B2 (en) Cleaning compositions containing a polyetheramine
EP3140384A1 (en) Laundry care compositions
EP2734610B1 (en) Liquid laundry composition

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20181005

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20181228

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20190118

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20190412

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20190521