JP2018524074A - Medical access port, transport device and methods of use thereof - Google Patents

Medical access port, transport device and methods of use thereof Download PDF

Info

Publication number
JP2018524074A
JP2018524074A JP2017565905A JP2017565905A JP2018524074A JP 2018524074 A JP2018524074 A JP 2018524074A JP 2017565905 A JP2017565905 A JP 2017565905A JP 2017565905 A JP2017565905 A JP 2017565905A JP 2018524074 A JP2018524074 A JP 2018524074A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
needle
access port
body
fluid
needle tip
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2017565905A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
エム. バッチガー,ジョン
エム. バッチガー,ジョン
ジェイ. タラリダ,スティーブン
ジェイ. タラリダ,スティーブン
ピー. マーフィー,ロナルド
ピー. マーフィー,ロナルド
Original Assignee
ヴェルサゴ ヴァスキュラー アクセス インコーポレイテッド
ヴェルサゴ ヴァスキュラー アクセス インコーポレイテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US201562192386P priority Critical
Priority to US62/192,386 priority
Application filed by ヴェルサゴ ヴァスキュラー アクセス インコーポレイテッド, ヴェルサゴ ヴァスキュラー アクセス インコーポレイテッド filed Critical ヴェルサゴ ヴァスキュラー アクセス インコーポレイテッド
Priority to PCT/US2016/042272 priority patent/WO2017011652A1/en
Publication of JP2018524074A publication Critical patent/JP2018524074A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M39/00Tubes, tube connectors, tube couplings, valves, access sites or the like, specially adapted for medical use
    • A61M39/02Access sites
    • A61M39/0208Subcutaneous access sites for injecting or removing fluids
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M1/00Suction or pumping devices for medical purposes; Devices for carrying-off, for treatment of, or for carrying-over, body-liquids; Drainage systems
    • A61M1/36Other treatment of blood in a by-pass of the natural circulatory system, e.g. temperature adaptation, irradiation ; Extra-corporeal blood circuits
    • A61M1/3621Extra-corporeal blood circuits
    • A61M1/3653Interfaces between patient blood circulation and extra-corporal blood circuit
    • A61M1/3659Cannulae pertaining to extracorporeal circulation
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M39/00Tubes, tube connectors, tube couplings, valves, access sites or the like, specially adapted for medical use
    • A61M39/02Access sites
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M5/00Devices for bringing media into the body in a subcutaneous, intra-vascular or intramuscular way; Accessories therefor, e.g. filling or cleaning devices, arm-rests
    • A61M5/14Infusion devices, e.g. infusing by gravity; Blood infusion; Accessories therefor
    • A61M5/158Needles for infusions; Accessories therefor, e.g. for inserting infusion needles, or for holding them on the body
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M1/00Suction or pumping devices for medical purposes; Devices for carrying-off, for treatment of, or for carrying-over, body-liquids; Drainage systems
    • A61M1/36Other treatment of blood in a by-pass of the natural circulatory system, e.g. temperature adaptation, irradiation ; Extra-corporeal blood circuits
    • A61M1/3621Extra-corporeal blood circuits
    • A61M1/3653Interfaces between patient blood circulation and extra-corporal blood circuit
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M5/00Devices for bringing media into the body in a subcutaneous, intra-vascular or intramuscular way; Accessories therefor, e.g. filling or cleaning devices, arm-rests
    • A61M5/14Infusion devices, e.g. infusing by gravity; Blood infusion; Accessories therefor
    • A61M5/142Pressure infusion, e.g. using pumps
    • A61M5/14244Pressure infusion, e.g. using pumps adapted to be carried by the patient, e.g. portable on the body
    • A61M5/14276Pressure infusion, e.g. using pumps adapted to be carried by the patient, e.g. portable on the body specially adapted for implantation
    • A61M2005/14284Pressure infusion, e.g. using pumps adapted to be carried by the patient, e.g. portable on the body specially adapted for implantation with needle insertion means
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M5/00Devices for bringing media into the body in a subcutaneous, intra-vascular or intramuscular way; Accessories therefor, e.g. filling or cleaning devices, arm-rests
    • A61M5/14Infusion devices, e.g. infusing by gravity; Blood infusion; Accessories therefor
    • A61M5/158Needles for infusions; Accessories therefor, e.g. for inserting infusion needles, or for holding them on the body
    • A61M2005/1587Needles for infusions; Accessories therefor, e.g. for inserting infusion needles, or for holding them on the body suitable for being connected to an infusion line after insertion into a patient
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M39/00Tubes, tube connectors, tube couplings, valves, access sites or the like, specially adapted for medical use
    • A61M39/02Access sites
    • A61M2039/0202Access sites for taking samples
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M39/00Tubes, tube connectors, tube couplings, valves, access sites or the like, specially adapted for medical use
    • A61M39/02Access sites
    • A61M2039/0205Access sites for injecting media
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M39/00Tubes, tube connectors, tube couplings, valves, access sites or the like, specially adapted for medical use
    • A61M39/02Access sites
    • A61M39/0208Subcutaneous access sites for injecting or removing fluids
    • A61M2039/0241Subcutaneous access sites for injecting or removing fluids having means for filtering
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M5/00Devices for bringing media into the body in a subcutaneous, intra-vascular or intramuscular way; Accessories therefor, e.g. filling or cleaning devices, arm-rests
    • A61M5/14Infusion devices, e.g. infusing by gravity; Blood infusion; Accessories therefor

Abstract

埋込型アクセスポート本体と、少なくとも1つの埋込型アクセスポート針と、を含む埋込型アクセスポートであって、少なくとも1つの針が、隠蔽位置ではアクセスポート本体の内部において隠蔽可能であり、露出位置ではアクセスポート本体の外部において露出可能であり、少なくとも1つの針が、アクセスポート本体内に、アクセスポートが対象の体内に埋め込まれるときに対象の体内から対象の皮膚を通って外向きに貫通するように配置される、埋込型アクセスポートと、アクセスポートの少なくとも1つの針に結合された移送デバイスであって、アクセスポートに及び/又はアクセスポートから流体を移送するように構成され、アクセスポートと閉鎖治療系を形成するように構成され、アクセスポートに及び/又はアクセスポートか And implantable access port body, an implantable access port comprising at least one implantable access port needle, the at least one needle, the concealed position is possible concealed in the interior of the access port body, the exposed position is capable exposed outside the access port body, at least one needle, the access port within the body, outwardly through the skin from the body of the target object when the access port is implanted in the body of a subject are arranged so as to penetrate, the implantable access port, a transport device coupled to at least one needle access ports are constructed from and / or access port to access port to transfer fluid, It is configured to form a closed treatment system and access port, either and / or access port in the access port 流体を移送するように構成された流体流路を含む移送デバイスと、を含む、医療システム。 Including a transfer device comprising a fluid flow path configured to transport the fluid, a medical system. 【選択図】図11d .FIELD 11d

Description

関連出願の相互参照 本出願は、2015年7月14日に出願された米国仮特許出願第62/192,386号の利益を主張する。 CROSS-REFERENCE TO RELATED APPLICATIONS This application claims the benefit of U.S. Provisional Patent Application No. 62 / 192,386, filed July 14, 2015.

本開示は、概して、医療デバイス、システム及び方法に関し、より詳細には、体内、特に人体内で少なくとも1つの埋込型(皮下)留置カテーテルに結合されることができる、埋込型(皮下)留置アクセスポートを備えることができる、留置アクセスデバイス、システム及び方法に関する。 The present disclosure generally medical device, relates to a system and method, and more particularly, can body, in particular coupled to at least one implantable sc indwelling catheter in the human body, implantable (sc) It may comprise an indwelling access ports, indwelling access devices, systems and methods.

腫瘍患者、血液透析患者及び血液患者等の内科患者は、流体注入治療及び/又は流体抽出治療を頻繁に受ける可能性がある。 Tumor patients, medical patients, such as hemodialysis patients and blood patients may experience frequent fluid infusion therapy and / or fluid extraction treatment. 流体注入治療は、薬剤(例えば、医薬品、治療薬)、体液(例えば、血液)、栄養分、造影剤、透析液及び他の液体組成物を体内に送達する場合があり、流体抽出治療は、透析液、体液(例えば、静脈切開術の一部として血液)及び他の液体組成物等の流体を体内から取り出す場合がある。 Fluid injection therapy agents (e.g., drugs, therapeutic agents), body fluids (e.g., blood), nutrients, may be delivered contrast agent, the dialysate and other liquid composition into the body, the fluid extraction treatment, dialysis liquid, body fluid (e.g., as part of the phlebotomy blood) which may retrieve the fluid and other liquid compositions, such as from the body. 流体注入治療及び流体抽出治療は、透析等、流体交換治療の一部である場合がある。 Fluid infusion therapy and fluid extraction treatment may dialysis, which is part of the fluid replacement therapy.

多くの流体治療では、体外に逸脱する留置カテーテルの使用を伴う。 In many fluid treatment involves the use of indwelling catheters to deviate outside. しかしながら、カテーテルが身体を貫通する場所において、内部及び外部の両方に広がる可能性がある感染の開始のリスクが増大する可能性がある。 However, in a place where the catheter penetrates the body, there is a possibility that the risk of starting of which may spread to both internal and external infection increases.

上述した経皮カテーテルに関連する感染の可能性を低減させるために、いくつかの医療応用は、患者/身体の皮膚組織(cutaneous tissue)(皮膚(skin))の下に埋め込まれるアクセスポートを利用することが可能であり得る。 To reduce the likelihood of infections associated with percutaneous catheter described above, some medical applications, which are accessible port implanted under the patient / body skin tissue (cutaneous tissue) (skin (skin)) it may be possible to.

埋め込まれるアクセスポートは、セプタム(隔壁)等のアクセスポイントを含むことができ、その中に、外部皮下注射針を挿入することができる。 Access ports to be embedded may include an access point such as a septum (septum) therein, it is possible to insert the external hypodermic needle. アクセスポートは、頸静脈、鎖骨下静脈又は上大静脈等の静脈に挿入される留置カテーテルに結合される。 Access ports are coupled to indwelling catheter inserted jugular vein, the vein such as the subclavian vein or the superior vena cava. セプタムは、完全性の損失が比較的低く小ゲージ針(例えば、20ゲージ〜21ゲージ)で複数回穿刺することができる、自己修復(self-healing)シリコーン材料から形成されることができる。 Septum, the integrity of the loss is relatively low small gauge needles (e.g., 20 gauge to 21 gauge) can be multiple puncturing with it, is formed from a self-healing (self-healing) silicone material.

埋め込まれる血管アクセスポートへの外部アクセスは、患者の皮膚を通してかつ埋め込まれたポートのセプタムを通して皮下注射針を挿入することによって、達成することができる。 External access to the vascular access port to be embedded by inserting a hypodermic needle through the septum of the port implanted and through the patient's skin, can be achieved. しかしながら、臨床医は、アクセスポートに対して適切に目標を定める必要があり、その結果、適切にアクセスポートの位置を特定しかつそれにアクセスするために、複数回の針刺しが必要となる可能性があり、それは、患者に対して不快感を与える可能性がある。 However, the clinician must determine the appropriate target for the access port, as a result, in order to properly identify and and access it the position of the access port, may be required multiple needle sticks Yes, it is, there is a possibility that the discomfort to the patient.

さらに、医療応用によっては、流体に対して好適な流量を容易にするために、大ゲージ針(例えば、14ゲージ〜17ゲージ)が必要となる可能性がある。 Further, in some medical applications, in order to facilitate a suitable flow rate to the fluid, a large gauge needle (e.g., 14 gauge to 17 gauge) may become necessary. しかしながら、大ゲージ皮下注射針は、埋め込まれたポートのセプタムに損傷を与える可能性があり、その結果セプタムが漏れる可能性があるとともに、この場合もまた患者に対して不快感を与える可能性がある。 However, large-gauge hypodermic needle, may damage the septum of the implanted port, with which may result septum leakage, may give an unpleasant feeling to also patients in this case is is there. さらに、外部皮下注射針は、入口部位内に細菌を持ち込む可能性があり、それにより、感染のリスクが増大する可能性がある。 Furthermore, the external hypodermic needle may introduce bacteria into the inlet portion, whereby there is a possibility that the risk of infection is increased.

全体的な概要として、本開示は、医療デバイス、システム及び方法を提供し、より詳細には、体内、特に人体内で1つ又は複数の埋込型の皮下留置カテーテルに結合されることができる、埋込型の皮下留置アクセスポートとともに、移送デバイスを含むことができる、留置アクセスデバイス、システム及び方法を提供する。 Overall overview, the present disclosure provides a medical device, system and method, and more particularly, can body, in particular coupled to one or more of the implantable subcutaneous indwelling catheter in the human body , together with the implantable subcutaneous indwelling access ports can include a transfer device, indwelling access device, a system and method.

アクセスポートは、少なくとも1つの露出可能/隠蔽可能(例えば、伸長可能/後退可能)内部針を収容するアクセスポート本体を含むことができ、内部針は、内部針を露出/隠蔽するようにアクセスポート本体に対して伸長/後退することができる。 Access port, at least one exposable / hiding possible (e.g., extendable / retractable) can include an access port body housing the inner needle, the inner needle, access to expose / hide the internal needle port It may be extended / retracted relative to the body. アクセスポートはまた、少なくとも1つの露出可能/隠蔽可能内部針を収容し、かつ内部針を露出させるように圧縮される(つぶれる)ように構成され、かつ、内部針を露出させるように減圧され(膨張する)ように構成されるアクセスポート本体を有する、アクセスポート本体も含むことができる。 The access port also houses at least one exposable / hiding possible internal needle and inner needle is compressed to expose the (crushed) is configured, and is depressurized so as to expose the inner needle ( expanding) so as to have a configured access port body may also include access port body.

内部針は、内腔を含み、それは、針と、アクセスポート本体と、受容者(host)の体内に完全に埋め込まれる隣接したカテーテルと、を通って延在する流体通路の一部分を提供する。 Internal needle includes a lumen, which provides a needle, and the access port body, and the catheter adjacent embedded entirely within the body of the recipient (host), a portion of the fluid passage extending through the. 流体通路を用いて、特に流体注入治療により受容者に流体を送達し、及び/又は、特に流体抽出治療により受容者から流体を抽出することができる。 Using a fluid passage, in particular the fluid delivered to the recipient by the fluid injection therapy, and / or can be extracted fluid from particular fluid extraction treated by the recipient.

内部針は、本明細書に開示するような機械的機構、磁気的機構、電気的機構及び電気機械的機構を含むことができる種々の機構によって、アクセスポート本体内に隠蔽可能でありかつアクセスポート本体から露出可能であり得る。 Internal needle, mechanical mechanism as disclosed herein, magnetic mechanism, by a variety of mechanisms that can include electrical mechanisms and electromechanical mechanisms are possible hiding the access port within the body and the access port It may be exposed from the body.

いくつかの特定の医療応用として、本明細書におけるアクセスポートを用いて、腎臓病/腎不全のための治療の一部として腹膜透析及び/又は血液透析を提供し、腹水を治療するために腹膜腔から流体を取り除き、摂食障害及び消化障害を治療するために完全非経口栄養の一部として受容者に栄養を提供し、がんを治療するために受容者に細胞を送達し、ヘモクロマトーシスを治療するために受容者から血液を取り出し、鎌状赤血球症及びベータサラセミアを治療するために受容者に血液を送達することができる。 Some particular medical applications, the peritoneum in order to use the access port in the specification, to provide a peritoneal dialysis and / or hemodialysis as part of a treatment for kidney disease / renal failure, treating ascites removing the fluid from the cavity to provide nutrients to the recipient as part of the total parenteral nutrition for treating eating disorders and digestive disorders, the cells were delivered to the recipient to treat the cancer, Hemokuroma taking out blood from the recipient to treat Toshisu, it can deliver blood to the recipient to treat sickle cell disease and beta thalassemia.

少なくとも1つの実施形態では、対象の体内に埋め込まれるように構成された埋込型アクセスポートであって、埋込型アクセスポート本体と、少なくとも1つの埋込型アクセスポート針と、を含み、少なくとも1つの針が、隠蔽位置ではアクセスポート本体の内部において隠蔽可能であり、露出位置ではアクセスポート本体の外部において露出可能であり、少なくとも1つの針が、アクセスポート本体内に、アクセスポートが対象の体内に埋め込まれるときに対象の体内から対象の皮膚を通って外向きに貫通するように配置される、埋込型アクセスポートと、アクセスポートの少なくとも1つの針に結合された移送デバイスであって、アクセスポートに及び/又はアクセスポートから流体を移送するように構成され、アクセスポートと閉鎖治 In at least one embodiment, includes a configured implantable access port so as to be embedded in the body of a subject, and implantable access port body, at least one of the implantable access port needle, the at least one needle is in the concealed position is possible concealed in the interior of the access port body, the exposed position is capable exposed outside the access port body, at least one needle, the access port within the body, the access port of the target It is arranged so as to penetrate outwardly through the skin of a subject from the body of the subject when it is implanted in the body, the implantable access port, a transport device coupled to at least one needle access ports , it is composed and / or from the access port to access port to transfer fluid, closed jig and access port 系を形成するように構成され、アクセスポートに及び/又はアクセスポートから流体を移送するように構成された流体流路を含む移送デバイスとを含む医療システムを提供することができる。 Is configured to form a system, it is possible to provide a medical system including a transfer device comprising a fluid flow path configured to transport the fluid to and / or access port in the access port.

少なくとも1つの実施形態では、移送デバイスは、環境汚染物質の治療系内への移送と治療系の外側への有害物質の漏出とを阻止するように構成されることができる。 In at least one embodiment, the transfer device may be configured to prevent the leakage of harmful substances into transported outside the treatment system into the treatment system for environmental pollutants.

少なくとも1つの実施形態では、少なくとも1つの針は、取外し可能な針チップを含むことができ、移送デバイスは、針チップを保持するように構成された針チップホルダを含むことができる。 In at least one embodiment, at least one needle may include a detachable needle tip, transfer device may include a needle tip holder configured to hold the needle tip.

少なくとも1つの実施形態では、針チップホルダは、針チップと締まり嵌めを形成するように構成され、及び/又は、針チップと押込み式(positive)機械的係合を形成するように構成されることができる。 In at least one embodiment, the needle tip holder is configured to form an interference fit with the needle tip, and / or the needle tip and the push-fit (positives) being configured to form a mechanical engagement can.

少なくとも1つの実施形態では、少なくとも1つの針は、針軸と、針軸から取外し可能な針チップと、を含むことができ、移送デバイスは、針軸から針チップを、特に針チップを回転させるか又は針チップに引張力を加えることによって取り外すように構成されることができる。 In at least one embodiment, at least one needle, and the needle shaft may include a needle tip that can be removed from the needle shaft, a transfer device, the needle tip from the needle axis, is especially rotating the needle tip it can be configured to remove, or by applying a tensile force to the needle tip.

少なくとも1つの実施形態では、少なくとも1つの針は、針軸と、針軸の上に設置可能な針チップと、を含むことができ、移送デバイスは、針軸の上に針チップを、特に針チップを回転させるか又は針チップに押圧力を加えることによって設置するように構成されることができる。 In at least one embodiment, at least one needle, and the needle shaft may include a needle tip that can be placed over the needle shaft, the transfer device, the needle tip on the needle shaft, in particular a needle it can be configured to be installed by applying a pressing force to the or needle tip to rotate the chip.

少なくとも1つの実施形態では、少なくとも1つの針は、針軸と、針軸から取外し可能な第1針チップと、を含むことができ、移送デバイスは、針軸から第1針チップを取り外すように構成されることができ、移送デバイスは、針軸の上に第2針チップを設置するように構成されることができる。 In at least one embodiment, at least one needle, and the needle shaft, and a first needle tip removable from the needle axis, can include, transport device, as detached first needle tip from the needle shaft can be configured, the transfer device may be configured to set up the second needle tip on the needle shaft.

少なくとも1つの実施形態では、移送デバイスは、針に対する流体密封シールを形成するように構成されることができる。 In at least one embodiment, the transfer device may be configured to form a fluid tight seal against the needle.

少なくとも1つの実施形態では、流体流路は、流体注入通路及び/又は流体抽出通路を含むことができる。 In at least one embodiment, the fluid flow path may include a fluid injection passages and / or fluid extraction passageways.

少なくとも1つの実施形態では、流体流路は、その内部に針を受け入れるように構成されることができる。 In at least one embodiment, the fluid flow path may be configured to receive the needle therein. さらに、少なくとも1つの針は、取外し可能な針チップを含むことができ、移送デバイスは、針チップを保持するように構成された針チップホルダを含むことができ、流体流路は、内部に針チップホルダを受け入れるように構成されることができる。 Furthermore, at least one needle may include a detachable needle tip, transfer device may include a needle tip holder configured to hold a needle tip, the fluid flow path, a needle therein It may be configured to receive the tip holder.

少なくとも1つの実施形態では、移送デバイスは、流体注入ポート及び/又は流体抽出ポートと、針チップ取外しポート及び/又は針チップ設置ポートと、針受入れポートと、を含む。 In at least one embodiment, the transfer device includes a fluid injection port and / or fluid extraction port, and the needle tip removal port and / or the needle tip installed ports, a needle receiving port, a. さらに、流体流路は、流体注入ポート及び/又は流体抽出ポート、針チップ取外しポート及び/又は針先端設置ポート、並びに、針保持ポートと流体連通することができる。 Further, the fluid flow path, the fluid injection port and / or fluid extraction port, needle chip removal port and / or the needle tip installed ports, as well, can be in fluid communication with the needle holding port.

少なくとも1つの実施形態では、対象を治療する方法を提供することができ、その方法は、対象の皮膚の下に埋め込まれたアクセスポートから対象の皮膚を通して針を伸長させて、針が、対象の体内から外向きに皮膚を貫通して、対象の外側に露出した針部分を提供するようにすることと、露出した針部分に移送デバイスを結合することであって、移送デバイスが、アクセスポートとともに閉鎖治療系を形成し、閉鎖治療系が、治療系内への環境汚染物の移送と治療系の外側への有害物質の漏出とを阻止する、結合することと、を含む。 In at least one embodiment, it is possible to provide a method of treating a subject, the method, and the needle is the extension through the skin of a subject from the access port implanted under the skin of a subject, the needle is, the subject from the body through the skin outwardly, and be adapted to provide an exposed needle portion outside of the subject, the method comprising: coupling a transport device to the exposed needle portion, the transfer device, with the access port closed treatment system to form a closed treatment system, which prevents the leakage of harmful substances to the outside of the treatment system and the transfer of environmental contaminants into the treatment system in includes and coupling, the.

少なくとも1つの実施形態では、身体を医学的に治療する方法を提供することができ、方法は、身体の皮膚の下に埋め込まれた医療デバイスから身体の皮膚を通して針を突き刺すことであって、医療デバイスがアクセスポートとアクセスポートに結合されたカテーテルと、を含み、アクセスポートが針を収容し、カテーテルが身体の体腔内に位置する、突き刺すことと、医療デバイスの流体通路によって体腔内に流体を導入することと、医療デバイスの流体通路により体腔から流体を取り出すこととのうちの少なくとも一方とを含む。 In at least one embodiment, it is possible to provide a method of medically treating a body, method can include piercing the needle through the skin of the body from a medical device implanted under the skin of the body, the medical wherein a catheter device is coupled to the access port and the access port, the access port housing a needle, catheter is positioned within the body cavity of the body, and be pierced, a fluid into a body cavity by the fluid passage of a medical device includes introducing, and at least one of the taking out the fluid from the body cavity through the fluid passage of the medical device.

少なくとも1つの実施形態では、方法は、針が体内で隠蔽されるように、身体の皮膚の下に針を戻すことをさらに含むことができる。 In at least one embodiment, the method is such that the needle is concealed in the body may further include returning the needle under the skin of the body.

少なくとも1つの実施形態では、流体通路は、針、アクセスポート及びカテーテルを通って延在することができる。 In at least one embodiment, the fluid passage may extend through the needle, the access port and catheter.

少なくとも1つの実施形態では、方法は、身体の皮膚の下に埋め込まれた医療デバイスから身体の皮膚を通して針を突き刺すステップの後に、針の上の取外し可能なチップを取り外して流体通路へのアクセスを開放することをさらに含むことができる。 In at least one embodiment, the method, after the medical device implanted under the skin of the body of step piercing the needle through the skin of the body, remove the removable tip on the needle access to the fluid passageway by opening it may further include a.

少なくとも1つの実施形態では、方法は、針の上の取外し可能なチップを取り外して流体通路へのアクセスを開放するステップの後に、医療デバイスの流体通路によって体腔内に流体を導入するステップと、医療デバイスの流体通路によって体腔から流体を取り出すステップとのうちの少なくとも一方を行うことをさらに含むことができる。 In at least one embodiment, the method, after the step of opening the access to the fluid path and remove the removable tip on the needle, introducing a fluid into a body cavity by the fluid passage of a medical device, medical it can be the fluid passage of the device further comprising: performing at least one of the retrieving fluid from the body cavity.

少なくとも1つの実施形態では、方法は、医療デバイスの流体通路によって体腔内に流体を導入するステップと、医療デバイスの流体通路によって体腔から流体を取り出すステップとのうちの少なくとも一方を行なった後に、取外し可能なチップを針の上に戻して流体通路へのアクセスを閉鎖することをさらに含むことができる。 In at least one embodiment, the method after performing the step of introducing a fluid into a body cavity by the fluid passage of a medical device, at least one of the retrieving fluid from the body cavity through the fluid passage of a medical device, remove possible chip may further include closing the access to the fluid path back to the top of the needle.

少なくとも1つの実施形態では、方法は、医療デバイスの流体通路によって体腔内に流体を導入することと、医療デバイスの流体通路により体腔から流体を取り出すこととをさらに含むことができる。 In at least one embodiment, the method may further comprise introducing a fluid into a body cavity by the fluid passage of a medical device, and retrieving fluid from the body cavity through the fluid passage of the medical device.

少なくとも1つの実施形態では、医療デバイスの流体通路により体腔から流体を取り出すステップと、医療デバイスの流体通路によって体腔内に流体を導入するステップとは、透析処置の間に行うことができる。 In at least one embodiment, retrieving the fluid from the body cavity through the fluid passage of the medical device, the step of introducing a fluid into a body cavity by the fluid passage of a medical device, can be performed during the dialysis treatment. さらに、体腔は腹膜腔とすることができ、透析処置は腹膜透析処置とすることができる。 Furthermore, the body cavity may be a peritoneal cavity, dialysis treatment may be a peritoneal dialysis treatment.

少なくとも1つの実施形態では、医療デバイスの流体通路により体腔から流体を取り出すステップは、医療デバイスの流体通路によって体腔内に流体を導入するステップの前に行うことができる。 In at least one embodiment, retrieving fluid from the body cavity through the fluid passage of the medical device may be performed prior to the step of introducing a fluid into a body cavity by the fluid passage of a medical device.

少なくとも1つの実施形態では、医療デバイスの流体通路により体腔から流体を取り出すステップは、医療デバイスの流体通路によって体腔から使用済み透析液を取り除くことをさらに含むことができ、医療デバイスの流体通路によって体腔内に流体を導入するステップは、医療デバイスの流体通路によって体腔内に新鮮な透析液を導入することをさらに含むことができる。 In at least one embodiment, retrieving fluid from the body cavity by the fluid passage of the medical device, the fluid path of the medical device can further include removing the spent dialysate from the body cavity, the body cavity by the fluid passage of a medical device introducing a fluid within may be by a fluid passage of a medical device further comprising introducing fresh dialysate into the body cavity.

少なくとも1つの実施形態では、アクセスポートはアクセスポート本体を含むことができ、アクセスポート本体から針を伸長させる間に、身体の皮膚の下に埋め込まれた医療デバイスから身体の皮膚を通して針を突き刺すステップを行うことができる。 Step In at least one embodiment, the access port may include an access port body, while extending the needle from the access port body, piercing the needle through the skin of the body from a medical device implanted under the skin of the body It can be performed.

少なくとも1つの実施形態では、アクセスポート本体から針を伸長させるステップは、アクセスポート本体に対して針を移動させることによって行うことができる。 In at least one embodiment, the step of extending a needle from the access port body can be performed by moving the needle relative to the access port body.

少なくとも1つの実施形態では、アクセスポート本体に対して針を移動させるステップは、磁気的作動、機械的作動及び電気機械的作動のうちの少なくとも1つによって行うことができる。 In at least one embodiment, the step of moving the needle relative to the access port body can be performed magnetically actuated by at least one of the mechanical actuation and electromechanical actuation.

少なくとも1つの実施形態では、アクセスポート本体から針を伸長させるステップは、針に対してアクセスポート本体を移動させることによって行うことができる。 In at least one embodiment, the step of extending a needle from the access port body can be performed by moving the access port body relative to the needle.

少なくとも1つの実施形態では、針に対してアクセスポート本体を移動させるステップは、アクセスポート本体を圧縮することによって行うことができる。 In at least one embodiment, the step of moving the access port body relative to the needle can be carried out by compressing the access port body.

少なくとも1つの実施形態では、アクセスポート本体は、アクセスポート本体第1部材とアクセスポート本体第2部材とを含むことができ、アクセスポート本体を圧縮するステップは、アクセスポート本体第1部材及びアクセスポート第2部材のうちの少なくとも一方を他方のアクセスポート本体部材に対して移動させることによって行うことができる。 In at least one embodiment, the access port body may include an access port body first member and the access port body second member, the step of compressing the access port body, the access port body first member and the access port at least one of the second member can be performed by moving relative to the other access port body member.

少なくとも1つの実施形態では、アクセスポート本体を圧縮するステップは、アクセスポート本体を変形させることによって行うことができる。 In at least one embodiment, the step of compressing the access port body can be performed by deforming the access port body.

少なくとも1つの実施形態では、アクセスポートはアクセスポート本体を含むことができ、針が体内で隠蔽されるように身体の皮膚の下に針を戻すステップは、針をアクセスポート本体内に後退させる間に行うことができる。 During at least one embodiment, the access port may include an access port body, returning the needle under the skin of the body such that the needle is concealed in the body, to retract the needle into the access port within the body it can be carried out in.

少なくとも1つの実施形態では、アクセスポート本体内に針を後退させるステップは、アクセスポート本体に対して針を移動させることによって行うことができる。 In at least one embodiment, the step of retracting the needle into the access port within the body can be performed by moving the needle relative to the access port body.

少なくとも1つの実施形態では、アクセスポート本体に対して針を移動させるステップは、磁気的作動、機械的作動及び電気機械的作動のうちの少なくとも1つによって行われる。 In at least one embodiment, the step of moving the needle relative to the access port body, magnetic actuation is carried out by at least one of the mechanical actuation and electromechanical actuation.

少なくとも1つの実施形態では、アクセスポート本体内に針を後退させるステップは、針に対してアクセスポート本体を移動させることによって行うことができる。 In at least one embodiment, the step of retracting the needle into the access port within the body can be performed by moving the access port body relative to the needle.

少なくとも1つの実施形態では、針に対してアクセスポート本体を移動させるステップは、アクセスポート本体を減圧することによって行うことができる。 In at least one embodiment, the step of moving the access port body relative to the needle can be carried out by reducing the pressure of the access port body.

少なくとも1つの実施形態では、アクセスポート本体は、アクセスポート本体第1部材及びアクセスポート本体第2部材を含むことができ、アクセスポート本体を減圧するステップは、アクセスポート本体第1部材及びアクセスポート本体第2部材のうちの少なくとも一方を他方のアクセスポート本体部材に対して移動させることによって行うことができる。 In at least one embodiment, the access port body may include an access port body first member and the access port body second member, the step of depressurizing the access port body, the access port body first member and the access port body at least one of the second member can be performed by moving relative to the other access port body member.

少なくとも1つの実施形態では、アクセスポート本体を減圧するステップは、アクセスポート本体を変形させることによって行うことができる。 In at least one embodiment, the step of depressurizing the access port body can be performed by deforming the access port body.

図面 本開示の上述した特徴及び他の特徴、並びにそれらを達成する方法は、添付図面に関連して本明細書に記載する実施形態の以下の説明を参照することによって、より明らかとなりかつより理解され得る。 Foregoing and other features of the drawings the present disclosure, as well as the manner of attaining them, by reference to the following description of the embodiments described herein in connection with the accompanying drawings, become more apparent and better understood It may be.

本開示による、アクセスポート及びカテーテルを含む医療デバイスの第1実施形態の断面図を示し、アクセスポートの針はアクセスポート本体に対して隠蔽位置にありカテーテルは血管内にある。 According to the present disclosure, it shows a cross-sectional view of a first embodiment of a medical device, including an access port and catheter, the needle of the access port is in concealed position with respect to the access port body catheter is within the blood vessel. 図1aの医療デバイスの実施形態の断面図を示し、アクセスポートの針はアクセスポート本体に対して露出位置にあり針チップは取り外されている。 Shows a cross-sectional view of an embodiment of the medical device of FIG. 1a, the needle of the access ports are located needle chip is removed in the exposed position with respect to the access port body. 図1aの医療デバイスの実施形態の断面図を示し、アクセスポートの針はアクセスポート本体に対して露出位置にありカテーテルは体腔内にある。 Shows a cross-sectional view of an embodiment of the medical device of FIG. 1a, the needle of the access port is in an exposed position relative to the access port body catheter is in the body cavity. 図1aの医療デバイスの実施形態の断面図を示し、アクセスポートの針はアクセスポート本体に対して露出位置にありピッグテールカテーテルが体腔内にある。 Shows a cross-sectional view of an embodiment of the medical device of FIG. 1a, the needle of the access port pigtail catheter is in an exposed position relative to the access port body is in the body cavity. 図1aの実施形態と同様に動作する、本開示による、アクセスポート及びカテーテルを含む医療デバイスの別の実施形態の断面図を示し、アクセスポートの針はアクセスポート本体に対して隠蔽位置にありカテーテルは血管内にある。 Operates similarly to the embodiment of FIG. 1a, in accordance with the present disclosure, shows a cross-sectional view of another embodiment of a medical device, including an access port and catheter, the needle of the access port is in concealed position with respect to the access port body catheter It is in the blood vessel. 本開示による、アクセスポート及びカテーテルを含む医療デバイスの別の実施形態の断面図を示し、アクセスポートの針はアクセスポート本体に対して隠蔽位置にある。 According to the present disclosure, it shows a cross-sectional view of another embodiment of a medical device, including an access port and catheter, a needle access port is in concealed position with respect to the access port body. 図3aの医療デバイスの実施形態の断面図を示し、アクセスポートの針はアクセスポート本体に対して露出位置にあり針チップは取り外されている。 Shows a cross-sectional view of an embodiment of the medical device of FIG. 3a, the needle of the access ports are located needle chip is removed in the exposed position with respect to the access port body. 本開示による、アクセスポート及びカテーテルを含む医療デバイスの別の実施形態の断面図を示し、アクセスポートの針はアクセスポート本体に対して隠蔽位置にある。 According to the present disclosure, it shows a cross-sectional view of another embodiment of a medical device, including an access port and catheter, a needle access port is in concealed position with respect to the access port body. 図4aの医療デバイスの実施形態の断面図を示し、アクセスポートの針はアクセスポート本体に対して露出位置にあり針チップは取り外されている。 Shows a cross-sectional view of an embodiment of the medical device of Figure 4a, needle access ports are located needle chip is removed in the exposed position with respect to the access port body. 本開示による、アクセスポートを含む医療デバイス用の制御システムの概略図を示す。 According to the present disclosure shows a schematic diagram of a control system for a medical device that includes an access port. 本開示による、アクセスポート及びカテーテルを含む医療デバイスの別の実施形態の断面図を示し、アクセスポートの針はアクセスポート本体に対して隠蔽位置にある。 According to the present disclosure, it shows a cross-sectional view of another embodiment of a medical device, including an access port and catheter, a needle access port is in concealed position with respect to the access port body. 図6aの医療デバイスの実施形態の断面図を示し、アクセスポートの針はアクセスポート本体に対して露出位置にあり針チップは取り外されている。 Shows a cross-sectional view of an embodiment of the medical device of Figure 6a, the needle of the access ports are located needle chip is removed in the exposed position with respect to the access port body. 本開示による、アクセスポート及びカテーテルを含む医療デバイスの別の実施形態の断面図を示し、アクセスポートの針はアクセスポート本体に対して隠蔽位置にある。 According to the present disclosure, it shows a cross-sectional view of another embodiment of a medical device, including an access port and catheter, a needle access port is in concealed position with respect to the access port body. 図7aの医療デバイスの実施形態の断面図を示し、アクセスポートの針はアクセスポート本体に対して露出位置にあり針チップは取り外されている。 Shows a cross-sectional view of an embodiment of the medical device of FIG. 7a, the needle of the access ports are located needle chip is removed in the exposed position with respect to the access port body. 本開示による、アクセスポート及びカテーテルを含む医療デバイスの別の実施形態の断面図を示し、アクセスポートの針はアクセスポート本体に対して隠蔽位置にある。 According to the present disclosure, it shows a cross-sectional view of another embodiment of a medical device, including an access port and catheter, a needle access port is in concealed position with respect to the access port body. 図8aの医療デバイスの実施形態の断面図を示し、アクセスポートの針はアクセスポート本体に対して露出位置にあり針チップは取り外されている。 Shows a cross-sectional view of an embodiment of the medical device of FIG. 8a, the needle of the access ports are located needle chip is removed in the exposed position with respect to the access port body. 本開示による、アクセスポート及び2つのカテーテルを含む医療デバイスの別の実施形態の断面図を示し、アクセスポートの2つの針はアクセスポート本体に対して隠蔽位置にある。 According to the present disclosure, shows a cross-sectional view of another embodiment of a medical device, including an access port and two catheters, the two needle access port is in concealed position with respect to the access port body. 図9aの医療デバイスの実施形態の断面図を示し、アクセスポートの針はアクセスポート本体に対して露出位置にあり針チップは取り外されている。 Shows a cross-sectional view of an embodiment of the medical device of FIG. 9a, needle access ports are located needle chip is removed in the exposed position with respect to the access port body. 図9aの医療デバイスの実施形態の断面図を示し、アクセスポートの針はアクセスポート本体に対して露出位置にあり、かつ流体注入及び/又は抽出装置に結合されて受容者と体外回路を形成している。 Shows a cross-sectional view of an embodiment of the medical device of FIG. 9a, the needle of the access port is in an exposed position relative to the access port body, and is coupled to a fluid injection and / or extraction device to form a recipient and extracorporeal circuit ing. 本開示の実施形態による、アクセスポート及び2つのカテーテルを含む、医療デバイス、より詳細には閉鎖系(薬物)移送デバイスの別の実施形態の断面図を示し、アクセスポートの2つの針はアクセスポート本体に対して露出位置にあり、針が流体注入及び/又は抽出装置に結合される前に針チップは取り外されている。 According to embodiments of the present disclosure includes an access port and two catheters, medical devices, and more particularly shows a cross-sectional view of another embodiment of a closed system (drug) transport device, the two needle access port access port located exposed position relative to the body, the needle tip is removed before the needle is coupled to a fluid injection and / or extraction device. 図9dの医療デバイス、より詳細には閉鎖系(薬物)移送デバイスの断面図を示し、アクセスポートの針は流体注入及び/又は抽出装置に結合されており、流体注入及び/又は抽出装置の針は後退位置にある。 Figure 9d of the medical device, and more particularly shows a cross-sectional view of a closed system (drug) transport device, the needle of the access port is coupled to fluid injection and / or extraction device, the needle of the fluid injection and / or extraction device It is in the retracted position. 図9dの医療デバイス、より詳細には閉鎖系(薬物)移送デバイスの断面図を示し、アクセスポートの針は流体注入及び/又は抽出装置に結合されており、流体注入及び/又は抽出装置の針は伸長位置にあり、受容者と体外回路を形成している。 Figure 9d of the medical device, and more particularly shows a cross-sectional view of a closed system (drug) transport device, the needle of the access port is coupled to fluid injection and / or extraction device, the needle of the fluid injection and / or extraction device is in the extended position, it forms a recipient and the extracorporeal circuit. 図9aの医療デバイスの実施形態の断面図を示し、アクセスポートの針はアクセスポート本体に対して露出位置にあり、かつ洗浄装置を含む流体注入及び/又は抽出装置に結合されている。 Shows a cross-sectional view of an embodiment of the medical device of FIG. 9a, a needle access port is coupled to fluid injection and / or extraction device including a is in an exposed position relative to the access port body, and the cleaning device. 円9hによって囲まれているように、図9gの医療デバイスの拡大図を示す。 As enclosed by a circle 9h, it shows an enlarged view of the medical device of FIG. 9g. 図9hの線9i−9iに沿った図9gの医療デバイスの断面図を示す。 It shows a cross-sectional view of the medical device of Figure 9g along line 9i-9i in FIG 9h. 本開示による、アクセスポート及び2つのカテーテルを含む医療デバイス、より詳細には閉鎖系(薬物)移動デバイスの別の実施形態の断面図を示し、アクセスポートの2つの針は、流体注入及び/又は抽出装置に結合される前にアクセスポート本体に対して隠蔽位置にある。 According to the present disclosure, an access port and a medical device comprising two catheters, and more particularly shows a cross-sectional view of another embodiment of a closed system (drug) mobile devices, two needle access port, fluid injection and / or in concealed position with respect to the access port body before being coupled to the extractor. 図10aの線10b−10bに沿った断面図である。 It is a sectional view taken along line 10b-10b of Figure 10a. アクセスポートの2つの針が流体注入及び/又は抽出装置に結合された後、かつ針チップが取り外される前の、図10aの医療デバイス、より詳細には閉鎖系(薬物)移送デバイスの実施形態の断面図を示し、アクセスポートの2つの針はアクセスポート本体に対して露出位置にある。 After two needle access port coupled to the fluid injection and / or extraction device, and before the needle tip is removed, the medical device of Figure 10a, a closed system is more (drug) embodiment of the transport device shows a cross-sectional view, two needle access port is in an exposed position relative to the access port body. アクセスポートの2つの針が流体注入及び/又は抽出装置に結合された後、かつ針チップが取り外された後の、図10aの医療デバイス、より詳細には閉鎖系(薬物)移送デバイスの実施形態の断面図を示し、アクセスポートの2つの針はアクセスポート本体に対して露出位置にある。 After two needle access port coupled to the fluid injection and / or extraction device, and after the needle tip has been removed, the embodiment of a medical device, more closed system in detail (drug) transport device of FIG. 10a shows a cross-sectional view, two needle access port is in an exposed position relative to the access port body. アクセスポートの2つの針が流体注入及び/又は抽出装置に結合された後、針チップが取り外された後、かつ針が流体注入及び/又は抽出部材に結合される前の、図10aの医療デバイス、より詳細には閉鎖系(薬物)移送デバイスの実施形態の断面図を示し、アクセスポートの2つの針はアクセスポート本体に対して露出位置にある。 After the two needle access port coupled to the fluid injection and / or extraction device after the needle tip has been removed, and before the needle is coupled to a fluid injection and / or extraction member, the medical device of FIG. 10a , more particularly shows a cross-sectional view of an embodiment of a closed system (drug) transport device, the two needle access port is in an exposed position relative to the access port body. 図10eの線10f−10fに沿った断面図である。 Is a sectional view taken along line 10f-10f in FIG. 10e. アクセスポートの2つの針が流体注入及び/又は抽出装置に結合された後、針チップが取り外された後、かつ針が流体注入及び/又は抽出部材に結合されて受容者と体外回路を形成した後の、図10aの医療デバイス、より詳細には閉鎖系(薬物)移送デバイスの実施形態の断面図を示し、アクセスポートの2つの針はアクセスポート本体に対して露出位置にある。 After the two needle access port coupled to the fluid injection and / or extraction device after the needle tip has been removed, and the needle to form a recipient and the extracorporeal circuit is coupled to the fluid injection and / or extraction member after the medical device of FIG. 10a, more specifically shows a sectional view of an embodiment of a closed system (drug) transport device, the two needle access port is in an exposed position relative to the access port body. 本開示による、アクセスポート及び2つのカテーテルを含む、医療デバイス、より詳細には閉鎖系(薬物)移送デバイスの別の実施形態の断面図を示し、アクセスポートの2つの針はアクセスポート本体に対して隠蔽位置にある。 According to the present disclosure includes an access port and two catheters, medical devices, and more particularly shows a cross-sectional view of another embodiment of a closed system (drug) transport device, the two needle access port to access port body in the concealment position Te. 図11aの医療デバイス、より詳細には閉鎖系(薬物)移送デバイスの実施形態の断面図を示し、アクセスポートの針はアクセスポート本体に対して露出位置にある。 Figure 11a of the medical device, and more particularly shows a cross-sectional view of an embodiment of a closed system (drug) transport device, the needle of the access port is in an exposed position relative to the access port body. 本開示による、アクセスポート及び2つのカテーテルを含む、医療デバイス、より詳細には閉鎖系(薬物)移送デバイスの別の実施形態の断面図を示し、アクセスポートの2つの針は、流体注入及び/又は抽出装置に結合される前にアクセスポート本体に対して隠蔽位置にある。 According to the present disclosure includes an access port and two catheters, medical devices, and more particularly shows a cross-sectional view of another embodiment of a closed system (drug) transport device, the two needle access port, fluid injection and / or concealing position the access port body before being coupled to the extractor. アクセスポートの2つの針が流体注入及び/又は抽出装置に結合されて受容者と体外回路を形成した後の、本開示による、アクセスポート及び2つのカテーテルを含む、図10cの医療デバイス、より詳細には閉鎖系(薬物)移送デバイスの実施形態の断面図を示し、アクセスポートの2つの針はアクセスポート本体に対して露出位置にある。 Two needle access port is coupled to a fluid injection and / or extraction device after the formation of the recipient and the extracorporeal circuit, according to the present disclosure includes an access port and two catheters, medical device of FIG. 10c, more shows a cross-sectional view of an embodiment of the closed system (drug) transport device, the two needle access port is in an exposed position relative to the access port body. 医療デバイス、より詳細にはアクセスポート及び閉鎖系(薬物)移送デバイスの別の実施形態の斜視図を示す。 Medical device, shows a perspective view of another embodiment of an access port and a closed system (drug) transport device is more. 図12aの医療デバイス、より詳細にはアクセスポート及び閉鎖系(薬物)移送デバイスの拡大断面斜視図を示す。 Figure 12a of the medical device is an enlarged cross-sectional perspective view of the access port and closure system (drug) transport device is more.

本開示は、その応用において、以下の説明に示すか又は図面に例示する構成要素の構造及び配置の詳細に限定されないことが理解されるべきである。 The present disclosure, in its application, it should not be limited to the details the following components illustrated in or drawings shown in the explanatory construction and arrangement of the understanding. 本明細書における本発明は、他の実施形態が可能であり、さまざまな方法で実施されるか又は実行されることが可能である。 The invention herein is capable of other embodiments, it can be or run carried out in various ways. また、本明細書で用いる表現及び用語は、説明を目的とするものであり、限定するものとしてみなされるべきではないことが理解されるべきである。 Also, the phraseology and terminology used herein is described are intended for purposes of and should not to be considered as limiting is understood. 本明細書における「含む」、「備える」又は「有する」及びそれらの変形は、その前に列挙する項目及びその均等物とともに追加の項目を包含することが意図されている。 "Comprising" herein, "comprising" or "having" and variations thereof, are intended to encompass additional items along with items and equivalents thereof are listed before it. 別段限定しない限り、本明細書における「接続され」、「結合され」及び「取り付けられ」という用語並びにそれらの変形は、広義で使用され、直接的及び間接的な接続、結合及び取付を包含する。 Unless otherwise limited, "connected" herein, "coupled" and "attached" as terms and variations thereof are used in a broad sense, direct and indirect connections, including binding and mounting . さらに、「接続され」及び「結合され」という用語並びにそれらの変形は、物理的又は機械的な接続又は結合に限定されない。 Furthermore, the term "connected" and "coupled" and variations thereof are not restricted to physical or mechanical connections or couplings.

全体的な概要として、本開示は、医療デバイス、システム及び方法を提供し、より詳細には、体内、特に人体内で1つ又は複数の埋込型、皮下、留置カテーテルに結合することができる、埋込型、皮下、留置アクセスポートとともに、移送デバイスを含むことができる、留置アクセスデバイス、システム及び方法を提供する。 Overall overview, the present disclosure provides a medical device, system and method, and more particularly, capable of binding the body, in particular one or more implantable in the human body, subcutaneously, indwelling catheter implantable, subcutaneous, together with indwelling access ports can include a transfer device, indwelling access device, a system and method.

アクセスポートは、少なくとも1つの露出可能/隠蔽可能(例えば、伸長可能/後退可能)内部針を収容するアクセスポート本体を含むことができ、内部針は、内部針を露出/隠蔽するようにアクセスポート本体に対して伸長/後退することができる。 Access port, at least one exposable / hiding possible (e.g., extendable / retractable) can include an access port body housing the inner needle, the inner needle, access to expose / hide the internal needle port It may be extended / retracted relative to the body. アクセスポートはまた、少なくとも1つの露出可能/隠蔽可能内部針を収容し、かつ、内部針を露出させるように圧縮される(つぶれる)ように構成され、かつ内部針を露出させるように減圧され(膨張する)ように構成されるアクセスポート本体を有する、アクセスポート本体も含むことができる。 Access ports also houses at least one exposable / hiding possible internal needle, and is compressed to expose the internal needle (crushed) is configured, and pressure is reduced so as to expose the inner needle ( expanding) so as to have a configured access port body may also include access port body.

人体内にアクセスポートを埋め込む際、内部針は、特に、身体の皮膚を通して皮膚の下から穿刺して、ポートへのアクセスを提供するように構成されることができる。 When embedding an access port into the human body, the internal needle, in particular, it is possible to puncture from beneath the skin through the skin of the body, is configured to provide access to the port. いくつかの実施形態では、カテーテル又は他のデバイスは、針が皮膚を通して露出したとき針と結合して、受容者(例えば、患者又は他の対象)の身体に流体(液体)を注入し及び/又は受容者の体内から流体を抽出することができる。 In some embodiments, a catheter or other device, the needle is coupled with the needle when exposed through the skin, the recipient (e.g., a patient or other object) injecting a fluid (liquid) to the body and / or to extract fluid from the body of the recipient. 例えば、針は、バイアルのストッパ、又は別の流体源の他のシールを穿刺することができ、バイアル又は他の流体源に貯蔵された流体は、流体源から針を通って体内に流れ込むことができる。 For example, needles, vials stopper, or another can puncture the other sealing fluid source, fluid stored in a vial or other fluid source can flow into the body through the needle from a fluid source it can.

本明細書では、医療デバイス、システム及び方法の複数の実施形態について開示する場合があるが、特定の例示的な実施形態の任意の特定の特徴を、好適である場合は本明細書の他の任意の例示的な実施形態に等しく適用することができることが理解されるべきである。 As used herein, medical device, there is a case where discloses several embodiments of a system and method, any particular feature of a particular illustrative embodiment, if it is preferred to another herein it should be understood that it can be equally applied to any exemplary embodiment. 言い換えれば、本明細書に記載するさまざまな例示的な実施形態の間の特徴は、好適である場合は交換可能であり、排他的ではない。 In other words, it features between the various exemplary embodiments described herein, if suitable are interchangeable, not exclusive.

ここで、図、特に図1a及び図1bを参照すると、医学的治療又は診断を受けている可能性がある、患者又は他の対象等の受容者58の体内に埋め込まれた、本開示による医療デバイス10の第1実施形態が示されている。 Here, FIG, particularly with reference to FIGS. 1a and 1b, the potentially undergoing medical treatment or diagnosis, embedded in the body of the recipient 58, such as a patient or other subject, a healthcare according to the present disclosure first embodiment of the device 10 is shown. 医療デバイス10は、埋込型(皮下)、留置アクセスポート20aと、アクセスポート20aに結合された埋込型(皮下)、留置カテーテル30aとを含むことができる。 The medical device 10 may include embedded (subcutaneous), and the indwelling access ports 20a, coupled implantable access port 20a (subcutaneous), and indwelling catheter 30a.

図示するように、医療デバイス10は、皮膚組織等の組織60の表面62の下に埋め込まれ、留置カテーテル30aは、アクセスポート20aから血管壁64を通って受容者58の組織60の血管68の管腔66内に延在することができる。 As shown, the medical device 10 is implanted beneath the surface 62 of the tissue 60 in the skin tissue, such as indwelling catheters 30a from the access port 20a through the blood vessel wall 64 of the vessel 68 of the tissue 60 of the recipient 58 It may extend into the lumen 66. このように、カテーテル本体144の内腔145及び血管68の管腔66は流体連通する。 Thus, the lumen 66 of the lumen 145 and the vessel 68 of the catheter body 144 is in fluid communication. こうした応用では、アクセスポート20aは、血管アクセスポートを含むように理解することができる。 In such applications, access port 20a may be understood to include the vascular access port.

図1aに示すように、アクセスポート20aは、アクセスポート本体100内に収容されかつ収納された針110、特に尖った、先端が閉鎖した、中空の針を含む。 As shown in FIG. 1a, the access port 20a is housed in the access port body 100 and housed needle 110, in particular pointed tip is closed, including a hollow needle. 図1aに示すように、針110は、アクセスポート本体100に対して隠蔽/後退位置にあり、針軸112の先端部分114に取外し可能に結合された、尖った、取外し可能な針(拡張器)チップ111を含み、それは、軸内腔113の先端部を閉鎖する。 As shown in FIG. 1a, the needle 110 is in the concealed / retracted position relative to the access port body 100, which is removably coupled to the distal portion 114 of the needle shaft 112, pointed, removable needle (dilator ) a chip 111, which closes the front end portion of the shaft lumen 113. 図1bに示すように、針110は、アクセスポート本体100に対して露出/伸長位置にあり、内腔113を露出させて内腔113へのアクセスを可能にするように、取外し可能な尖ったチップ111は取り外されている。 1b, the needle 110 is in the exposed / extended position with respect to the access port body 100, so as to expose the lumen 113 to permit access to the lumen 113, removable pointed chip 111 is removed.

本明細書で企図する針110は、任意の中空円柱又は軸112を含むことができる。 Needle 110 contemplated herein may comprise any hollow cylindrical or shaft 112. さらに、針110は、0.1mm〜4.6mmの範囲(その範囲のすべての値及び増分を含む)の外径を示すことができる。 Furthermore, the needle 110 may indicate the outer diameter in the range of 0.1Mm~4.6Mm (including all values ​​and increments of the range). さらに、針110は、0.08mm〜4.0mmの範囲(その範囲のすべての値及び増分を含む)の内径を示すことができる。 Furthermore, the needle 110 may indicate the inner diameter in the range of 0.08Mm~4.0Mm (including all values ​​and increments of the range). さらに、針110は、0.002mm〜0.4mmの範囲(その範囲のすべての値及び増分を含む)の公称壁厚さを示すことができる。 Furthermore, the needle 110 may indicate the nominal wall thickness in the range of 0.002Mm~0.4Mm (including all values ​​and increments of the range). 針110は、ステンレス鋼、セラミック複合材、又は他の材料から形成されることができる。 Needle 110 is stainless steel, it may be formed ceramic composite, or other material. さらに、針110又は針チップ111は、鈍くなると交換可能であり得る。 Furthermore, the needle 110 or needle chip 111 can be interchangeable and dull. 針110は、7ゲージ〜34ゲージの範囲(例えば、7、8、9、10、11、12、13、14、15、16、17、18、19、20、21、22、23、24、25、26、27、28、29、30、31、32、33、34ゲージ)(その範囲のすべての値及び増分を含む)のゲージサイズを有することができ、ゲージサイズは、Stubs(別名Birmingham)ゲージから導出される。 Needle 110, 7 gauge to 34 gauge range (e.g., 7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24, 25,26,27,28,29,30,31,32,33,34 gauge) (that can have a gauge size including) all values ​​and increments in the range, gauge sizes, Stubs (aka Birmingham ) is derived from the gauge. より詳細には、針110は、11ゲージ〜23ゲージの範囲、特に、14ゲージ〜17ゲージの範囲のゲージサイズを有することができる。 More specifically, the needle 110 is 11 gauge to 23 gauge, especially in the range may have a gauge size in the range of 14 gauge to 17 gauge. 針軸112は、取外し可能なチップ111を受け入れることができる鈍い(正方形)先端部であるか、又は、いくつかの例では、取外し可能なチップ111を受け入れない、標準的な斜角(スタンダードベベル)、短い斜角(ショートベベル)、非常に短い斜角(トゥルーショートベベル)等を含むことができる。 Needle shaft 112 is either a dull can accept removable chip 111 (square) tip, or, in some instances, do not accept a removable chip 111, standard bevel (Standard Bevel ) can include a short bevel (short bevel), very short oblique (true short bevel) and the like.

取外し可能チップ111は、各構成要素の対応するねじ山のねじ式係合により、又は締まり(プレス)嵌めによる等、軸112に取外し可能に固定されることができる。 The removable tip 111, by threaded engagement of a corresponding thread of each component, or interference (press) or the like by fitting, can be removably secured to the shaft 112. 針軸112の基端部分116は、アクセスポート本体100内でアクセスポート20aからの不注意の取外しに抗して固定されることができる。 Proximal portion 116 of the needle shaft 112 can be secured against inadvertent removal from the access port 20a in the access port body 100. 針110は、強磁性材料から作製されることができ、又は先端部分114に強磁性材料を含むことができる。 Needle 110 may be made of a ferromagnetic material, or may comprise a ferromagnetic material to the tip portion 114. 強磁性材料の例としては、鉄、ニッケル及び/又はコバルトが挙げられる。 Examples of ferromagnetic materials are iron, nickel and / or cobalt.

アクセスポート本体100は、外面104及び内部流体流路101を含むことができ、内部流体流路101は、本明細書に記載するように、流体がいずれかの方向においてアクセスポート20aを通って流れるのを可能にすることができる。 Access port body 100 may include an outer surface 104 and an internal fluid flow path 101, the internal fluid flow path 101, as described herein, fluid flows through the access port 20a in either direction it is possible to allow the. アクセスポート本体100は、流体格納チャンバ102を含むことができ、それは、任意選択的に、流体がアクセスポート20a内に貯蔵されるためのリザーバを提供することができる。 Access port body 100 can include a fluid storage chamber 102, it may optionally can provide a reservoir for the fluid is stored within the access port 20a.

アクセスポート20aはまた、チャンバ102の異なる面に第1ボア106及び第2ボア107も含むことができ、それらは、それぞれ、チャンバ102とアクセスポート20aの外面104との間を接続するか又はそれらの間に流体連通を提供する、管状通路108、109を提供する。 Access port 20a can also comprise also a first bore 106 and second bore 107 on different surfaces of the chamber 102, they each, or they connecting between the outer surface 104 of the chamber 102 and the access port 20a providing fluid communication between, providing a tubular passage 108 and 109. 針110は、ボア107/通路109内に配置されることができ、後述する「自己修復」シリコーンセプタム等、外部自己閉鎖シール132に対して、アクセスポート本体100から伸長し及び/又はアクセスポート本体100内に後退することができる。 Needle 110 may be disposed in the bore 107 / passage 109, "self-healing" silicone septum or the like to be described later, the external self-closing seal 132, extends from the access port body 100 and / or access port body it can be retracted into the 100. 従って、アクセスポート本体100内では、流体がアクセスポート20aを通過するのを可能にする内部流体流路101は、チャンバ102、管状通路108及び針110の内腔113によって形成されるように理解することができる。 Thus, the access port body 100, internal fluid flow path 101 that allows the fluid to pass through the access port 20a may understand as being formed by the chamber 102, lumen 113 of tubular passageway 108 and the needle 110 be able to.

図1bに示すように、針110を伸長させるために、針110の上方に近接して(約10mm以内で、より詳細には約5mm以内で隣接して)若しくは針110の上に、電磁石等の磁石41を含むアクチュエータ40を配置することができ、又は、針110を取り付けることができるデバイスの上方に近接して若しくはデバイスの上に配置されることができる。 As shown in Figure 1b, in order to extend the needle 110, in close proximity above the needle 110 (within about 10 mm, and more particularly adjacent to within about 5mm) or on the needle 110, the electromagnet, etc. that it is to place the actuator 40 including the magnet 41, or can be disposed on the proximate above the device that can be attached to needle 110 or device. 磁石41に第1極性の電流が提供されると、磁石41は、針110を吸引する第1極性で配置された電磁場を放出することができる。 When the first polarity current is provided to the magnet 41, the magnet 41 is capable of releasing the placed electromagnetic field at a first polarity for attracting the needle 110. 電磁場の電磁力によって磁石41に向かって吸引されている(引き寄せられている)針110は、組織60内から皮膚表面62を貫通することにより、アクセスポート20aのアクセスポート本体100から外側に磁石41に向かって受容者58の体内から出るように伸長することによって、露出することができる。 They are sucked toward the magnet 41 by the electromagnetic force of the electromagnetic field (as drawn) a needle 110, by penetrating the skin surface 62 from within the tissue 60, the magnet 41 from the access port body 100 of access port 20a to the outside by extending to exit from the body of the recipient 58 towards, it can be exposed.

針110のチップ111は、(ペンシルチップと呼ぶことができる)チップ111の先端(末端)尖端部が組織60を貫通する間かつ貫通した後、拡張器として動作するように設計されている。 Chip 111 of the needle 110 is designed (which may be referred to as a pencil tip) was between and piercing tip (distal) apex of the chip 111 penetrates the tissue 60, to act as a dilator. 図示するような構成により、針のチップ111は、大径の尖った皮下注射針で起こる可能性があるように組織60を切り開くのではなく組織60を拡張させ、損傷を低減させる。 By as illustrated arrangement, the needle tip 111, the tissue 60 to expand rather than cut through tissue 60 so as might occur in a sharp hypodermic needle having a larger diameter, thereby reducing damage.

別法として、針110をアクセスポート20aのアクセスポート本体100内に戻るように後退させることが望ましくなると、チップ111が針軸112の上に配置された後、第1極性とは反対の第2極性(すなわち、逆極性)の電流が磁石41に提供される。 Alternatively, when it is retracted back needle 110 to the access port 20a of the access port body 100 is desirable, after the chip 111 is positioned over the needle shaft 112, opposite to the first polarity second polar (i.e., reverse polarity) current is provided to the magnet 41. そして、磁石41は、磁石41から針110を反発する第2極性で配置された電磁場を放出することができ、その場合、針110は、電磁場の力によって磁石41から押し離され、アクセスポート本体100及び受容者58に対して内向きに後退して隠蔽される。 Then, the magnet 41, it can be released electromagnetic fields which are arranged in a second polarity to repel the needle 110 from the magnet 41, in which case the needle 110 is pushed away from the magnet 41 by the force of the electromagnetic field, the access port body It is hidden retreats inward with respect to 100 and the recipient 58. 針110がアクセスポート本体100内で内向きに移動する際、それに応じて、針110が後退し、皮膚組織60内に引っ込む。 When the needle 110 is moved inwardly in the access port body 100, accordingly, the needle 110 is retracted, retracting into the skin tissue 60.

永久磁石41を用いて、磁石41の使用中に針110の伸長及び後退に対応するように極性を再配向することにより、針110を伸長させかつ後退させることも可能であり得る。 Using a permanent magnet 41, by reorienting the polarity so as to correspond to the extension and retraction of the needle 110 during use of the magnet 41, it may be possible to so extend the needle 110 and retraction.

いくつかの実施形態では、針110が伸長した後、針110の回転により、針110を後退に抗して適所に係止することができる。 In some embodiments, after the needle 110 is extended, by the rotation of the needle 110 can be locked in place against the needle 110 to retract. 例えば、針110の基端部分116は、突起120を含むことができ、突起120は、チャンバ102内の所定位置に設けられた針ロック機構122と、留め具の上で又はチャネル内に回転すること等により、係合するか又は他の方法で協働することができる。 For example, proximal portion 116 of the needle 110, the projection 120 can include, protrusion 120 includes a needle locking mechanism 122 provided at a predetermined position in the chamber 102, to rotate on the or a channel of the fastener the Coto like, can cooperate or otherwise engaged.

さらに、いくつかの実施形態では、所与の流体(液体)組成を投与するために針110を取り付けることができるデバイスの上又は中に、磁石41を配置することができる。 Furthermore, in some embodiments, may be on or in the device that can be attached to needle 110 in order to administer a given fluid (liquid) composition, placing the magnet 41. 例えば、磁石41は、バイアルの口縁に近接して、バイアルストッパの近くに、又は針110の先端部分114をアサートすることができるカテーテルのチップ内に配置されることができる。 For example, the magnet 41 is close to the rim of the vial, close the vial stopper, or the tip portion 114 of the needle 110 can assert may be disposed in the chip of the catheter.

いくつかの実施形態では、針110を後退位置で保持するために、針110の基端部分116とチャンバ壁126との間に、ばね等、針伸長付勢機構124を配置することができる。 In some embodiments, to hold the needle 110 in a retracted position, between the proximal portion 116 and the chamber walls 126 of the needle 110, a spring or the like, it may be disposed a needle extension biasing mechanism 124. 理解することができるように、針伸長付勢機構124によって針110に対して後退位置に向かってかけられる力F(s)は、磁石41によってかけられる力F(m)より小さくすることができ、又は言い換えれば、力F(m)は力F(s)より大きい。 As can be appreciated, the force exerted toward the retracted position relative to the needle 110 by a needle extension biasing mechanism 124 F (s) may be smaller than the force exerted by the magnet 41 F (m) , or in other words, greater than the force F (m) is the force F (s).

いくつかの実施形態では、針110は、ばね124が圧縮され針110が伸長位置にあるときにばね124が抗して付勢する基端部分116に、フレア128を含むことができる。 In some embodiments, the needle 110, the proximal portion 116 spring 124 biases and anti when the needle 110 spring 124 is compressed is in the extended position may include a flare 128. さらに、いくつかの実施形態では、針110の後退の衝撃を吸収するために、後退位置にある針110の基端部分116を受け入れるように、バンパシール130を設けることができる。 Furthermore, in some embodiments, in order to absorb the impact of the retraction of the needle 110, to receive the proximal portion 116 of the needle 110 in a retracted position, it may be provided Banpashiru 130. バンパシール130はまた、特に、針110が閉鎖チップ111を含まない場合、針110が後退したときに流体の針110を通る逆流を防止するように、針内腔113の基端部分116を閉鎖するようにも機能することができる。 Banpashiru 130 also, especially, if the needle 110 does not include a closed tip 111, so as to prevent back flow through the needle 110 of the fluid when the needle 110 is retracted, closing the proximal portion 116 of the needle lumen 113 it can also function as. バンパシール130は、チャンバ126内に形成することができ、又はチャンバ壁に付着させることができる。 Banpashiru 130 may be attached to be formed in the chamber 126, or chamber walls.

いくつかの実施形態では、管状通路109の外端部140に、「自己修復」シリコーンセプタム又はダックビル弁等の自己閉鎖シール132を設けることができる。 In some embodiments, the outer end 140 of tubular passageway 109 can be provided with a self-closing seal 132, such as "self-healing" silicone septum or duckbill valves. この自己閉鎖シール132は、単独で設けるか、又はバンパシール130に加えて、チャンバ102内に設けることができる。 The self-closing seal 132, either alone provided, or in addition to Banpashiru 130 may be provided in the chamber 102. 自己閉鎖シール132は、細長い穿孔134を含むことができ、それは、自己閉鎖シール132の厚さを通して延在して、アクチュエータ40、又は本明細書に開示する他のアクチュエータの磁石41による磁力の印加時に、針110がより容易に通過することができるようにする。 Self-closing seal 132, it can include an elongated perforations 134, it extends through the thickness of the self-closing seal 132, the application of force by the actuator 40 other magnet 41 of the actuator or disclosed herein, sometimes, to allow the needle 110 to pass more readily.

さらに、いくつかの実施形態では、チャンバ102内の流体の管状通路109内への逆流を防止するために、管状通路109の内端部138に、追加のシール136(例えば、Oリングシール)を設けることができる。 Furthermore, in some embodiments, in order to prevent backflow into the tubular passageway 109 of the fluid in the chamber 102, the inner end 138 of the tubular passageway 109, additional seals 136 (eg, O-ring seal) it can be provided. 管状通路109の内端部138と管状通路109の外端部140との間に、さらなるシールを設けることができることを理解することができる。 Between the outer end 140 of the inner end portion 138 and the tubular passageway 109 of tubular passageway 109, it can be appreciated that it is possible to provide an additional seal. 他の実施形態では、針伸長付勢機構124及び/又は針110の上方に伸張可能及び/又は折畳み可能スリーブ142を設けて、ポート内の流体のばね面又は針110の外面との接触を防止することができる。 In other embodiments, prevented the extensible and / or foldable sleeve 142 above the needle extension biasing mechanism 124 and / or the needle 110 is provided, the contact between the spring surface or the outer surface of the needle 110 of fluid in the ports can do. スリーブ142は、アコーディオン状であるか又はベローズの形状であり得る。 The sleeve 142 may be in the form of or bellows is accordion.

留置カテーテル30a、より詳細にはカテーテル本体144は、アクセスポート20aのカテーテルコネクタ146(例えば、かえし付きステムコネクタ(barbed stem connector))によってアクセスポート20aに取外し可能に取り付けるか、又は、接着剤、超音波溶接、プレス嵌め等を含む化学的又は機械的手段によって、アクセスポート20aに永久的に取り付けることができる。 The catheter body 144 indwelling catheter 30a, more specifically, the catheter connector 146 of the access port 20a (e.g., barbed stem connector (barbed stem connector)) depending removably attached to the access port 20a, or, adhesives, ultrasonic sonic welding, by chemical or mechanical means including a press-fit or the like, can be permanently attached to the access port 20a. カテーテル本体144は、相対的に可撓性があり、シリコーン、ポリウレタン又は他の熱可塑性エラストマー等の組成物から形成することができる。 The catheter body 144 has a relatively flexible, may be formed silicone, a composition such as polyurethane or other thermoplastic elastomer.

さらに、いくつかの実施形態では、アクセスポート20aのチャンバ102とカテーテル30aとの間に流量調節装置150を設けることができる。 Furthermore, in some embodiments, it may be provided a flow control device 150 between the chamber 102 and the catheter 30a of the access port 20a. 流量調節装置150は、弁を含み、アクセスポート20aを通る流体の流量の制御を可能にすることができる。 Flow rate control device 150 includes a valve, it is possible to enable control of the flow rate of fluid through the access port 20a.

ここで図1cを参照すると、カテーテル30aは、血管68内に挿入されているのではなく、体腔70内に挿入されるように示されている。 Referring now to FIG. 1c, the catheter 30a, rather than being inserted into a blood vessel 68 is shown to be inserted into a body cavity 70. アクセスポートの針110は、チップ111が取り外されて、その伸長位置にあるように示され、流体源43及び流体容器44と流体連通している。 Needle 110 of the access port is the chip 111 is removed, shown as being in its extended position, in fluid communication with the fluid source 43 and fluid containers 44. 従って、流体は、針の内腔113を通り、流体チャンバ102内に、管状通路108及びカテーテル30aの内腔145を通り、体腔70内に、かつ、その逆に流れることができる。 Therefore, the fluid passes through the needle lumen 113, a fluid chamber 102, through lumen 145 of tubular passageway 108 and the catheter 30a, into the body cavity 70, and can flow to the opposite. 図1dを参照すると、カテーテル30aは、直線状カテーテルではなく、ピッグテールカテーテルとされることができ、それは、遠位端開口部に加えて側壁に複数の流体流開口部31を含むことができる。 Referring to FIG. 1d, the catheter 30a is not a straight catheter, can be a pigtail catheter, it may include a plurality of fluid flow openings 31 in the side wall in addition to the distal end opening.

体腔70は、より詳細には、腹(腹膜)腔とすることができ、医療デバイス10は、腹膜透析を行うために、受容者58内に植え込むことができる。 Cavity 70 is more particularly, may be a belly (peritoneal) cavity, the medical device 10 in order to perform peritoneal dialysis can be implanted into the recipient 58. 腹膜透析は、慢性腎臓病及び腎不全を患う患者に利用可能な治療であり得る。 Peritoneal dialysis may be available treatments for patients suffering from chronic kidney disease and renal insufficiency.

人体の漿膜腔の1つである腹膜腔は、漿膜(serous membrane)(又は漿膜(serosa))である腹膜によって内側が覆われている。 Peritoneal cavity, which is one of the human serous cavities, the inside is covered by the peritoneum is serosa (serous membrane) (or serosal (serosa)). 腹膜腔は、壁側腹膜と臓側腹膜との間の潜在空隙として理解することができ、2つの膜は、腹壁から腹腔内の器官を分離する。 Peritoneal cavity can be understood as a potential gap between the parietal peritoneum and visceral peritoneum, two film separates the organs in the abdominal cavity from the abdominal wall.

腹膜腔は腹膜液を収容し、腹膜液は、腹膜によって分泌される漿液(又は、漿膜液)であるとより広く理解することができる。 Peritoneal cavity houses a peritoneal fluid, peritoneal fluid, serum secreted by peritoneal (or serosal fluid) can be understood more widely if there in. 腹膜液は、腹腔内で潤滑剤として作用する液体であり、それは、壁側腹膜と臓側腹膜との間で少量見られる。 Peritoneal fluid is a liquid that acts as a lubricant in the abdominal cavity, it is seen a small amount between the parietal peritoneum and visceral peritoneum.

腹膜透析中、透析物としても知られる透析液は、流体源43からアクセスポート20a及びカテーテル30aを通して腹膜腔内に導入される。 During peritoneal dialysis, dialysis fluid, also known as dialysate is introduced from the fluid source 43 into the peritoneal cavity through the access port 20a and catheter 30a. この処置の間、老廃物は腹膜を通過することによって血液から取り除かれるという点で、腹膜はフィルタとして使用される。 During this treatment, waste in terms removed from the blood by passing through the peritoneum, the peritoneum is used as a filter. しかしながら、血液自体は、腹膜を通過しない。 However, blood itself, does not pass through the peritoneum. 注入中、透析装置45を含むことができる流体注入及び/又は抽出装置42の一部であるポンプ46を用いて、腹膜腔内に透析液を圧送することができる。 During injection, by means of a pump 46 which is a part of the fluid injection and / or extraction device 42 may include a dialyzer 45, it is possible to pump dialysate into the peritoneal cavity.

腹膜腔内である期間の後、腹膜腔から、特に腹膜腔から排出されることによって、新たな汚染された透析液を取り除くことができる。 After a period which is the peritoneal cavity, from the peritoneal cavity, in particular by being discharged from the peritoneal cavity, can be removed is new pollution dialysate. 透析液は、カテーテル30a及びアクセスポート20aを通って流れ、流体容器44に収容され得る。 Dialysate flow through the catheter 30a and an access port 20a, can be accommodated in the fluid container 44. 抽出中、透析液は、ポンプ46を用いて腹膜腔から圧送することができる。 During the extraction, the dialysate can be pumped from the peritoneal cavity by means of a pump 46.

さらに、アクセスポート20aを付随して使用して、腹膜腔内にカテーテル30aを挿入して、腹膜腔からその中に蓄積した流体を取り除くことも可能である。 Furthermore, by using concomitantly an access port 20a, by inserting a catheter 30a into the peritoneal cavity, it is also possible to remove the fluid that has accumulated therein from the peritoneal cavity. こうした医学的状態は、腹水(ascites、peritoneal cavity fluid、peritoneal fluid excess、hydroperitoneum、abdominal dropsy)と呼ぶことができる。 Such a medical condition may be referred to as ascites (ascites, peritoneal cavity fluid, peritoneal fluid excess, hydroperitoneum, abdominal dropsy) and. 最も一般的には肝硬変(肝硬変腹水)、重度の肝疾患又は転位性がんによるが、その存在は、バッド・キアリ症候群等、他の重大な医学的問題の前兆になる可能性がある。 Most commonly cirrhosis (cirrhosis ascites), depending on the severity of the liver disease or metastatic cancer, its presence is likely to be bad Chiari syndrome, the precursor to other serious medical problems. 流体の取出しは、一般的には、2リットル〜4リットルの範囲であり得るが、1回の処置の間、5リットルを超えて取り出す必要のある場合がある。 Extraction fluid, generally, but can range from 2 liters to 4 liters, during a single treatment, it may be necessary to take out more than 5 liters.

本開示のアクセスポート20aを使用する前に、腹膜透析を行うか又は他の方法で腹膜腔から流体を取り除くために、腹壁を通して、およそ12インチの長さを有する腹膜透析カテーテルが挿入される腹膜腔に、切開部が形成されている。 Before using the access port 20a of the present disclosure, in order to remove the fluid from the peritoneal cavity or otherwise performing peritoneal dialysis, through the abdominal wall, the peritoneum of a peritoneal dialysis catheter having a length of approximately 12 inches is inserted the cavity, the incision is formed. カテーテルの長さのおよそ半分が、腹膜腔内部に配置され、残りの6インチは、腹壁を通過してへその一方の側の下で腹膜腔から出る。 Approximately half of the length of the catheter is positioned within the peritoneal cavity portion, and the remaining six inches, leaving the peritoneal cavity under one side of the navel through the abdominal wall. カテーテルには、典型的には、腹壁内に形成された切開部/皮下通路内に位置するカテーテルの部分を包囲する少なくとも1つのダクロン(dacron)又はフェルトカフが備えられている。 The catheter typically comprises at least one Dacron surrounding a portion of the catheter located in the incision / subcutaneous passage formed in the abdominal wall (dacron) or Ferutokafu is provided. 切開部の治癒の間、患者の体内組織は、カフと、特にその隙間内で接触し、カフは、カテーテルのためのアンカを生成することができるとともに、感染バリアを提供することができる。 During the healing of the incision, the patient's body tissue, a cuff, contact especially in the gap, the cuff, it is possible to generate an anchor for the catheter, it is possible to provide an infection barrier. それにも関わらず、ダクロン又はフェルトカフの使用は、出口部位において感染を防止する完全な証明ではなかった。 Nevertheless, the use of Dacron or Ferutokafu was not a complete proof to prevent infection at the exit site. 本開示は、前述の部分的に埋め込まれたカテーテルの使用の代替物を提供し、感染率を低減させることができる。 The present disclosure provides an alternative to use of a catheter implanted in the foregoing part of, it is possible to reduce the rate of infection.

さらに、アクセスポート20aを付随して使用してカテーテル30aを他の腔内に挿入して、他の腔からその中に蓄積した流体を取り出すことも可能である。 Further, by inserting a catheter 30a to the other cavity using concomitantly an access port 20a, it is possible to take out the fluid accumulated therein from other cavities. 例えば、アクセスポート20aを付随して使用してカテーテル30aを胸膜腔内に挿入して、胸膜腔からその中に蓄積した流体を取り出すことも可能である(すなわち、胸膜穿刺術)。 For example, by inserting the catheter 30a into the pleural space using concomitantly an access port 20a, it is possible to take out the fluid accumulated therein from the pleural space (i.e., pleural paracentesis).

人体の漿膜腔である、2つの胸膜腔は、漿膜である胸膜によって内側が覆われている。 It is a human serous cavities, two pleural cavity, inside is covered with pleural a serosa. 胸膜腔は、外側胸膜(壁側胸膜)と内側胸膜(臓側胸膜)との間の潜在空隙として理解することができる。 Pleural cavity can be understood as a potential gap between the outer pleural (parietal pleura) and the inner pleura (visceral pleura).

各胸膜腔は胸膜液を収容し、胸膜液は、正常な胸膜を覆う漿膜によって分泌される漿液(又は、漿膜液)であるとより広く理解することができる。 Each pleural cavity houses a pleural fluid, pleural fluid, serum secreted by serosa covering the normal pleural (or serosal fluid) can be understood more widely if there in. 胸膜液は、連続的に生成されて再吸収されるが、過剰な液体は胸膜腔内に蓄積する可能性がある(すなわち、胸膜滲出)。 Pleural fluid is reabsorbed is produced continuously, excess liquid is likely to accumulate in the pleural space (i.e., pleural effusion). この過剰な液体は、肺の拡張を制限することにより呼吸に障害を生じさせる可能性がある。 The excess liquid is likely to cause damage to the respiratory by limiting the expansion of the lungs. 液体の性質と、それが胸膜空間に入る原因とに応じて、さまざまな種類の胸膜滲出は、水胸(漿液)、血胸(血液)、尿胸(尿)、乳び胸(乳び)又は膿胸(膿)である。 The nature of the liquid, it is in accordance with the cause of entering the pleural space, various types of pleural effusion, hydrothorax (serum), hemothorax (blood), urine Chest (urine), chylothorax (chyle) or empyema (pus). 気胸は、胸膜空間内の空気の蓄積である。 Pneumothorax is the accumulation of air in the pleural space.

例えば、アクセスポート20aを付随して使用してカテーテル30aを頭蓋(cranial)(頭蓋(skull))腔内に挿入して、特に外水頭症を治療するために頭蓋腔から、又は、特に内水頭症を治療するために脳室から、その中に蓄積した髄液を取り除くことも可能である。 For example, the catheter 30a using concomitantly an access port 20a is inserted into the skull (cranial) (cranial (skull)) lumen, the cranial cavity in particular for treating external hydrocephalus, or, in particular, internal water head diseases from the ventricle to treat, it is also possible to remove the cerebrospinal fluid accumulated therein.

ここで図2を参照すると、図1aの実施形態と同様に動作する医療デバイス10の実施形態が示されており、アクセスポート20bの針110はアクセスポート本体100に対して隠蔽(後退)位置にあり、カテーテル30bは血管68内にある。 Referring now to FIG. 2, there is shown an embodiment of a medical device 10 which operates similarly to the embodiment of FIG. 1a, the needle 110 of the access port 20b to conceal (retracted) position relative to the access port body 100 There, the catheter 30b is in the blood vessel 68. 本実施形態は、上部(円筒状ディスク)本体部分100aと下部(円筒状ディスク)本体部分110bとを含むアクセスポート本体100を有する。 This embodiment has an access port body 100 includes an upper (cylindrical discs) body portion 100a and a lower (cylindrical discs) body portion 110b. 図示するように、上部(円筒状ディスク)本体部分100aは、下部(円筒状ディスク)本体部分110bより小さい断面高さを有し、上部(円筒状ディスク)本体部分100aの直径は、下部(円筒状ディスク)本体部分110bより大きい。 As shown, the upper (cylindrical discs) body portion 100a has a lower (cylindrical discs) body portion 110b smaller cross-sectional height, the diameter of the upper (cylindrical discs) body portion 100a, a lower (cylindrical greater than Jo disk) body portion 110b. 図示するように、上部(円筒状ディスク)本体部分100aは、特に、組織60の皮下領域60aにあるように構成され、下部(円筒状ディスク)本体部分110bは、筋組織60b内にあるように構成されている。 As shown, the upper (cylindrical discs) body portion 100a, in particular, be configured to be subcutaneously region 60a of the tissue 60, the bottom (cylindrical discs) body portion 110b, as in the muscle tissue 60b It is configured. 挿入されている時、下部(円筒状ディスク)本体部分110bは、本体100に対して、本体100を所望の位置及び向きで保持する取付キールを提供することができる。 When being inserted, the lower (cylindrical discs) body portion 110b, to the main body 100, it is possible to provide a mounting keel to hold the body 100 in a desired position and orientation.

ここで図3a及び図3bを参照すると、本開示による医療デバイス10の別の実施形態が示されており、それは、埋込型(皮下)留置アクセスポート20cと、アクセスポート20cに結合された埋込型(皮下)留置カテーテル30cと、を含む。 Referring now to FIGS. 3a and 3b, there is shown another embodiment of a medical device 10 according to the present disclosure, it is embedded (sc) and the indwelling access ports 20c, buried coupled to the access port 20c write type (subcutaneous) including a deployment catheter 30c, the. 図3aは、アクセスポート本体100に対して隠蔽(後退)位置にあるアクセスポート20cの針110を示し、図2bは、アクセスポート本体100に対して露出(伸長)位置にあるアクセスポート20cの針110を示す。 Figure 3a is hidden from the access port body 100 (backward) shows the needle 110 of the access port 20c in position, Figure 2b exposed to the access port body 100 (elongation) needle access port 20c at the position shows the 110. 第1実施形態とは対照的に、針110は、磁気アクチュエータではなく機械式アクチュエータ180を含むアクチュエータ40によって後退し伸長する。 In contrast to the first embodiment, the needle 110 is retracted to extended by an actuator 40 which includes a mechanical actuator 180 rather than the magnetic actuator. さらに、機械式アクチュエータ180は、アクセスポート20cに完全に組み込まれている。 Furthermore, the mechanical actuator 180 is fully integrated into the access port 20c.

アクセスポート本体100は、この場合もまた概して、一部規定されているチャンバ102と外面104とを含むことができる。 Access port body 100, in this case also generally may include a chamber 102 and an outer surface 104 that is defined in part. アクセスポートは、チャンバ102とアクセスポート20cの外面104とを接続するか又はそれらの間に流体連通を提供する管状通路108を提供するボア106を含むことができる。 Access port can include a bore 106 which provides a tubular passageway 108 to provide fluid communication to the chamber 102 and the access port 20c connecting the outer surface 104 of or between them. チャンバとポートの外面との間に、針110の移動に対応する管状通路109を設けることができる。 Between the chamber and the port of the outer surface can be provided with tubular passages 109 corresponding to the movement of the needle 110. 先の実施形態と同様に、針110は、軸112と、内腔113と、先端部分114と、基端部分116と、先の実施形態と同じである取外し可能な尖ったチップ111と、を含むことができる。 Similar to the previous embodiment, the needle 110 has a shaft 112, with the lumen 113, the distal end portion 114, a proximal portion 116, a removable pointed tip 111 is the same as the previous embodiment, the it can be included. 第1実施形態に示したものと同様のいくつかの構成要素については、ここでは又は本明細書における他の実施形態ではこれ以上考察しない。 For some components similar to those shown in the first embodiment, it will not be discussed further in other embodiments in here or described herein.

機械式アクチュエータ180は、機械式連結機構を含むことができる。 Mechanical actuator 180 can include a mechanical linkage. 一実施形態では、押しボタン182を、針に取り付けられているレバー184に、第1連結機構186によって機械式に取り付けることができる。 In one embodiment, the push button 182, the lever 184 attached to the needle, can be attached mechanically by the first connecting mechanism 186. ボタン182を内向きに押すと、レバー184は、ピボット点を中心に回転し、受容者の皮膚を通して針110を上昇させることができる。 If the button 182 inwardly, the lever 184 rotates about the pivot point, the needle 110 can be increased through the skin of the recipient. 他の連結機構を構想することができ、それは、本明細書における連結機構に限定されない。 Can envision other coupling mechanism, it is not limited to the coupling mechanism in this specification. さらに、ボタン182の下等にばね188を設けることができ、それは、ボタン182を上昇させ(ボタン182の内向きの移動を付勢し)、それにより、針110を後退させ引っ込める。 Furthermore, it is possible to provide a subhuman the spring 188 of the button 182, it is (biases the inward movement of the button 182) is raised the button 182, thereby retracting retracting the needle 110. ばね188は、コイル(らせん)ばね、ねじりばね、円錐ばね、線形ばね又は他の任意の好適なばねであり得る。 The spring 188 is a coil (helical) spring may be a torsion spring, a conical spring, a linear spring or any other suitable spring.

他の実施形態では、第1実施形態と同様に、針110は、針110を後退位置に付勢するばね式であり得る。 In another embodiment, like the first embodiment, the needle 110 may be a spring for biasing the needle 110 in a retracted position. ボタン182は、アクセスポート20c内に流体組成物を提供するか又はアクセスポート20cから流体組成物を取り除く臨床医又は他の人が、直接押すことができる。 Button 182, clinician or other person removes the fluid composition or from the access port 20c to provide a fluid composition into the access port 20c is, can be pressed directly. しかしながら、受容者に提供される組成物を含むバイアル又は他の容器で押し付けることによってボタンを押すか、又は外部アクチュエータによって押すことができることも構想することができる。 However, it can also be envisioned that can press either button by pressing in a vial or other container containing the composition provided to the recipient, or by an external actuator.

ここで図4a及び図4bを参照すると、本開示による医療デバイス10の別の実施形態が示されており、それは、埋込型(皮下)留置アクセスポート20dと、アクセスポート20dに結合された埋込型(皮下)留置カテーテル30dと、を含む。 Referring now to FIGS. 4a and 4b, there is shown another embodiment of a medical device 10 according to the present disclosure, it is embedded (sc) and the indwelling access ports 20d, buried coupled to the access port 20d write type (subcutaneous) including a deployment catheter 30d, a. 図4aは、アクセスポート本体100に対して隠蔽(後退)位置にあるアクセスポート20dの針110を示し、図4bは、アクセスポート本体100に対して露出(伸長)位置にあるアクセスポート20dの針110を示す。 Figure 4a is hidden from the access port body 100 (backward) shows the needle 110 of the access port 20d in the position, FIG. 4b, the exposure to the access port body 100 (elongation) needle access port 20d at the position shows the 110. 第2実施形態とは対照的に、針110は、単なる機械式アクチュエータではなく電気機械式アクチュエータによって後退し伸長する。 In contrast to the second embodiment, the needle 110 is retracted extended by an electromechanical actuator not just mechanical actuator.

図4a及び図4bに示すように、アクセスポート20dは、電気/機械装置を含むアクチュエータによって伸長させるか又は後退させることができる針110を含むことができる。 As shown in FIGS. 4a and 4b, the access port 20d can include a needle 110 which can be or retracted is extended by an actuator comprising an electric / mechanical devices. アクセスポート本体100は、内部に規定されたチャンバ102とともに、チャンバ102からアクセスポート20dの外面104まで延在して、アクセスポート20dの内部(チャンバ)と外部環境との間の連通を提供する管状通路108を提供するボア106を含むことができる。 Access port body 100 provided with a chamber 102 defined therein, extends from the chamber 102 to the outer surface 104 of the access port 20d, the communication between the interior of the access port 20d (chamber) with the external environment tubular it can include a bore 106 that provides a passageway 108. さらに、アクセスポート20dは、アクセスポート20dの本体100の上の表面104に対して伸長するか又は後退する際の針110を収容することができる通路109を含むことができる。 Further, the access port 20d may include a passage 109 which can accommodate the needle 110 at the time of or retracted extending to the surface 104 on the body 100 of access port 20d.

アクセスポート20dはまた、針110を伸長させるか又は後退させることができるモータ又は他の電気装置200も含むことができる。 Access port 20d is also a motor or other electrical device 200 can be or backward to extend the needle 110 can also be included. モータ200は、リニア圧電モータ又は電磁モータを含むことができる。 Motor 200 may include a linear piezoelectric motor or an electromagnetic motor. いくつかの実施形態では、モータ200は、圧電マイクロモータであり得る。 In some embodiments, the motor 200 may be a piezoelectric micromotor. モータ200は、シャフト又はトランスレータ等、リニアトラベラ(linear traveler)を含むことができる。 Motor 200, a shaft or a translator, etc., may include Riniatorabera (linear traveler). いくつかの実施形態では、シャフト又はトランスレータは針110と相互作用して、針110をポート本体100に対して上下に並進させることができる。 In some embodiments, shaft or translator needle 110 interacts with, can be translated up and down the needle 110 relative to the port body 100. 他の実施形態では、シャフト又はリニアトランスレータは、内部に規定された中空シリンダを有する針110であり得る。 In other embodiments, the shaft or the linear translator may be a needle 110 having a hollow cylinder defined therein.

いくつかの実施形態では、モータ200に電力を供給しかつ針移動の方向を制御するコンピュータプロセッサ202を設けることができる。 In some embodiments, it may be provided a computer processor 202 to control the direction of the supply power and the needle moves to the motor 200. プロセッサ202及びモータ200に対して、電源204によって電力を供給することができる。 To the processor 202 and the motor 200 may be powered by power supply 204. 電源204は、プロセッサ202及び/又はモータ200と直接又は間接的に電気的に通信することができる。 Power 204 can communicate directly or indirectly electrically with processor 202 and / or motor 200. 例えば、いくつかの場合では、プロセッサ202は、モータ200に電力を提供することができ、他の場合では、電源204とプロセッサ202との間に及び/又は電源202とモータ200との間に、変圧器を設けることができる。 For example, in some cases, the processor 202 may provide power to the motor 200, in other cases, between and / or power supply 202 and the motor 200 between the power source 204 and the processor 202, it can be provided with a transformer.

プロセッサ202は、アクチュエータによって作動させることができる。 Processor 202 may be actuated by an actuator. いくつかの実施形態では、ボタン182又は他の作動装置を設けることができ、それは、押されるか又は他の方法で起動されると、針110を作動させるようにプロセッサ202に信号を送信することができる。 In some embodiments, it can be provided a button 182 or other actuation device, which is activated by pressing the or otherwise, sending a signal to the processor 202 to actuate the needle 110 can. いくつかの実施形態では、アクセスポート20dは、受信器を含むことができる、受信器又は送受信器等の通信デバイス206を含むことができる。 In some embodiments, the access port 20d can include a receiver may include a communication device 206, such as a receiver or transceiver. 通信デバイス206は、無線アクチュエータから受信される、電波又は光波等の電磁波又は信号等、電磁インジケータを受信又は送信するように構成することができる。 Communication device 206 is received from the wireless actuator, electromagnetic waves or signals, such as radio or optical waves and the like can be configured to receive or transmit electromagnetic indicator.

例えば、通信デバイス206は、RFID(無線周波数識別)デバイスから電波を受信することができる。 For example, communication device 206 may receive radio waves from the RFID (radio frequency identification) device. RFIDデバイスはタグ又はカードに組み込むことができ、それは、アクセスポート20dに近接すると、アクチュエータ(すなわち、プロセッサ)を起動し針110をアクセスポート本体100から伸長させることができる。 RFID device may be incorporated into the tag or card, it is the proximity to the access port 20d, an actuator (i.e., processor) can be extended to start the needle 110 from the access port body 100. 他の実施形態では、通信デバイス206は、光信号を検出するか又は受信することができる。 In other embodiments, the communication device 206, or can be received to detect an optical signal. こうした信号は、200nm〜400nm(紫外線)、380nm〜750nm(可視光)、750nm〜1400nm(赤外線)等、200nm〜900nmの範囲(その範囲のすべての値及び増分を含む)であり得る。 These signals, 200 nm to 400 nm (UV), 380Nm~750nm (visible light), 750 nm to 1400 nm (infrared), etc. can range from 200Nm~900nm (including all values ​​and increments of the range). いくつかの実施形態では、光波は、フラウンホーファー波長、すなわち、日光によって放出されない波長を示し、日光に暴露したときにデバイスの偶発的な起動を防止することができる。 In some embodiments, light waves, Fraunhofer wavelength, i.e., indicates a wavelength that is not emitted by the sun, it is possible to prevent the accidental activation of the device when exposed to sunlight. 無線信号又は光信号は、単一波長で、又は1波長〜20波長並びにその範囲のすべての値及び増分を含む複数の波長で、受信するか又は検出することができることを理解することができる。 Radio signals or optical signals, a single wavelength, or one of a plurality of wavelengths including all values ​​and increments of wavelengths to 20 wavelengths and the range, it is possible to understand that it can be or detecting received. プロセッサ202にモータ200を作動させるために使用することができる他のデバイスは、wi−fi(登録商標)、Bluetooth(登録商標)、又は他の送信器若しくは送信器を含む送受信器、光を含むことができる。 Other devices that can be used to actuate the motor 200 to the processor 202, wi-fi (registered trademark), Bluetooth (registered trademark), or other transmitter or transceiver including a transmitter, comprising a light be able to. さらに、ライトペン又は他の光源が、プロセッサ202に対してモータ200を作動させるアクチュエータであり得る。 Furthermore, light pen, or other light sources may be an actuator for actuating the motor 200 to the processor 202.

電磁インジケータは、アクチュエータにおける送信器又は送信器を含むことができる送受信器によって提供することができる。 Electromagnetic indicator may be provided by the transceiver may include a transmitter or a transmitter in the actuator. 電磁インジケータは、方向又は命令を提供するようにパルス状にするか又は他の方法で操作することができる。 Electromagnetic indicator, can be operated or otherwise pulsed to provide direction or instruction. 例えば、インジケータは、プロセッサ202が針110を伸長させるか又は針110を後退させる信号であり得る。 For example, the indicator may be a signal to retract or needle 110 processor 202 to extend the needle 110. 他の実施形態では、インジケータは、デバイス間のクロストークを防止するか、又は、針110の偶発的な伸長又は後退を防止するように識別子を提供することができる。 In other embodiments, the indicator, either to prevent crosstalk between devices, or may provide identifiers to prevent inadvertent extension or retraction of the needle 110. アクチュエータはまた、プロセッサ202と電気通信することができる、送信器からの信号を調節するプロセッサも含むことができる。 The actuator may also be processor 202 in electrical communication can also include a processor to adjust the signal from the transmitter.

従って、アクセスポート20及びアクチュエータ40を含むシステムを提供することができることを理解することができる。 Therefore, it is possible to understand that it is possible to provide a system that includes an access port 20 and the actuator 40. 図5に、こうしたシステムの実施形態を示し、そこでは、アクチュエータ40が、さまざまな電磁信号又は電磁波を放出することができる。 Figure 5 shows an embodiment of such a system, where the actuator 40 is able to emit various electromagnetic signals or electromagnetic waves. 電磁波を受信すると、通信デバイス206は、電磁波を、プロセッサ202に通信することができる電気パルスに変換することができる。 Upon receiving the electromagnetic wave, communication device 206, electromagnetic waves can be converted into electrical pulses that can be communicated to the processor 202. 受信する信号に応じて、プロセッサ202は、複数の機能を実行することができる。 Depending on the incoming signal, the processor 202 may perform multiple functions. いくつかの実施形態では、プロセッサ202は、針110を伸長させるか又は後退させるようにモータ200を作動させることができる。 In some embodiments, the processor 202 may operate the motor 200 so as to or retracted to extend the needle 110. 他の実施形態では、プロセッサ202は、アクチュエータ40をアクセスポート20と相関させる識別情報であるものとして受信信号を識別することができる。 In other embodiments, the processor 202 may identify the received signal as being identification information that correlates the actuator 40 and the access port 20. プロセッサ202は、識別情報を、メモリデバイス210に格納されたルックアップテーブル又は識別情報と比較することができる。 Processor 202, the identification information can be compared with the look-up table or the identification information stored in the memory device 210. 識別情報が正しい場合、プロセッサ202は、そのデバイスから受け取ることができる任意のコマンドを使用して針110を伸長させるか又は後退させることができる。 If the identification information is correct, the processor 202 may be or backward to extend the needle 110 using any commands that may be received from the device. 識別情報は、1回、又は各コマンドとともに等、複数回、送信することができることを理解することができる。 Identification information once, or equal with each command, a plurality of times, it can be understood that it is possible to transmit. モータ200を作動させる、すなわち針110を伸長させるか又は後退させる信号を受信すると、プロセッサ202は、モータ200に電気信号を送信するか、又は、電源204からモータ200に電力を提供して、モータ200がリニアトラベラを変位させて、針110を伸長させるか又は後退させるようにすることができる。 Actuating the motor 200, i.e. when receiving a signal to or retracted to extend the needle 110, the processor 202, or transmits an electric signal to the motor 200, or, providing power from a power source 204 to the motor 200, the motor 200 can be adapted to displace the Riniatorabera causes or backward to extend the needle 110.

ここでまた図4a及び図4bに戻ると、本体100は、チャンバと針110の内部とを隔離することができる複数のシールを含むことができる。 Turning now again back to FIG. 4a and 4b, the body 100 may include a plurality of seals which can be isolated and internal chamber and the needle 110. 例えば、第1シール又はシールのセット136を設けることができ、そこで、針110はチャンバ102内に延在する。 For example, it is possible to provide a first seal or sealing of the set 136, where the needle 110 extends into chamber 102. シール136は、アクセスポート20d内に注入されている流体組成物が通路109内に逆流するのを防止することができる。 Seal 136 may be a fluid composition that is injected into the access port 20d is prevented from flowing back into the passageway 109. いくつかの実施形態では、本体100の表面104に自己閉鎖シール132を設けることができる。 In some embodiments, it can be provided a self-closing seal 132 on the surface 104 of the body 100. 針110は、伸長するとき自己閉鎖シール132を貫通することができ、自己閉鎖シール132は、流体又は他の汚染物質がアクセスポート20dに入るのを防止することができる。 Needle 110 can penetrate the self-closing seal 132 when extended, self-closing seal 132 may prevent fluid or other contaminants from entering the access port 20d. さらに、シリコーン又は天然ゴムなどの自己修復組成物から自己閉鎖シール132を形成することができる。 Furthermore, it is possible to form a self-closing seal 132 from the self-healing compositions, such as silicone or natural rubber. いくつかの実施形態では、本体100の表面104の近くに別のシール133(例えば、Oリング)を設けることができ、そこでは、セプタムのようなシール133は、流体又は他の汚染物質がアクセスポート20dに入るのを防止することができる。 In some embodiments, a separate seal 133 near the surface 104 of the body 100 (eg, O-ring) may be provided, where the seal 133, such as a septum, fluid or other contaminants access it is possible to prevent from entering the port 20d.

ポート20dはまた、ボア106に接続することができるコネクタ146も含むことができ、ボア106は、カテーテル30dのカテーテル本体144とともにチャンバ102内に通じる管状通路108を提供する。 Port 20d is also a connector 146 which can be connected to the bore 106 may also include a bore 106 provides a tubular passageway 108 leading to the chamber 102 with the catheter body 144 of the catheter 30d. コネクタ146は、ポート20dにカテーテル本体144を保持するようにかえし146a又は他の機械式インターロックを含むことができる。 Connector 146 may include barbs 146a, or other mechanical interlock to hold the catheter body 144 to the port 20d. しかしながら、いくつかの実施形態では、コネクタ146からカテーテル20dを取り除くことができることを理解することができる。 However, in some embodiments, it can be understood that it is possible to remove the catheter 20d from the connector 146. 他の実施形態では、カテーテル20dをポートに溶接して、カテーテルをポートに永久的に取り付けることができる。 In other embodiments, by welding a catheter 20d to the port, it can be permanently attached to the catheter port.

さらに、上記実施形態に示すように、チャンバ102は、異なる形状を呈するように規定することができる。 Furthermore, as shown in the above embodiment, the chamber 102 may be defined to exhibit different shapes. 従って、幾分か矩形のリザーバの形状を呈するのではなく、チャンバ102は、楕円形、卵形、円形、シャフト又は他の幾何学的形態の形状を呈することができる。 Thus, rather than exhibiting a shape of somewhat rectangular reservoir, chamber 102 may exhibit an oval, ovoid, circular, shaft or other geometry shape. さらに、針110は、後退位置でストッパ130の上に配置されているように示されているが、別の物体に抗して戻る必要はなく、又はチャンバ102の壁に抗して戻ることができることを理解することができる。 Furthermore, the needle 110 is shown as being disposed on the stopper 130 in the retracted position, it is not necessary to back against another object, or to return against the walls of the chamber 102 it is possible to understand that you can.

さらに、図4a及び図4bを参照すると、ボア106/流体通路108はシール137を含むことができることを理解することができる。 Still referring to FIGS. 4a and 4b, the bore 106 / fluid passages 108 may be appreciated that may include a sealing 137. シール137は、流体が、チャンバ102からボア106/通路108を出てコネクタ146及び/又はカテーテル30d内に流れ込むのを可能にすることができる。 Seal 137, fluid is able to allow the flow from the chamber 102 into the bore 106 / passageway 108 out connectors 146 and / or catheter 30d. しかしながら、いくつかの実施形態では、シール137は、コネクタ146及び/又はカテーテル30dからの逆流を防止することができる。 However, in some embodiments, the seal 137 may prevent the backflow from the connector 146 and / or catheter 30d. 例えば、一実施形態では、シール137は、ダックビル弁を含むことができる。 For example, in one embodiment, seal 137 may include a duckbill valve.

ここで図6a及び図6bを参照すると、本開示の医療デバイス10の別の実施形態が示されており、それは、アクセスポート20e及びカテーテル30eを含む。 Referring to FIGS. 6a and 6b, where is another embodiment of a medical device 10 of the present disclosure is shown and includes an access port 20e and the catheter 30e. 図6aは、アクセスポート本体100に対して隠蔽(後退)位置にあるアクセスポート20eの針110を示し、図6bは、アクセスポート本体100に対して露出(伸長)位置にあるアクセスポート20eの針110を示す。 Figure 6a is hidden from the access port body 100 (backward) shows the needle 110 of the access port 20e in position, Figure 6b is exposed to the access port body 100 (elongation) needle access port 20e at the position shows the 110.

図示するように、アクセスポート本体100の少なくとも一部は、針110に対して移動することができ、それにより、チャンバ102に対して針110を固定することができるが、自己閉鎖シール132は針110に対して移動することができる。 As shown, at least a portion of the access port body 100 can move relative to the needle 110, but it makes it possible to fix the needle 110 relative to the chamber 102, self-closing seal 132 needles it can move relative to 110. 従って、本体100は、圧縮されて(つぶれて)針110を露出させるか、又は減圧されて(膨張して)針110を覆って隠蔽することができる。 Thus, the body 100 is compressed (crushed) or to expose the needle 110, or is depressurized (expanded to) can be concealed by covering the needle 110. 図6a及び図6bに示す一実施形態では、本体100は、第1部分250及び第2部分252を含むことができる。 In one embodiment shown in FIGS. 6a and 6b, the main body 100 may include a first portion 250 and second portion 252. より詳細には、第1部分250は第1本体部材によって提供され、第2部分252は第2本体部材によって提供される。 More specifically, first portion 250 is provided by the first body member, the second portion 252 is provided by the second body member.

本体100の第2部分252に対して本体100の第1部分250を位置決めするために、本体100の第1部分250は、本体100の第1部分250の上部主セグメント256から延在する第1壁254を含むことができる。 To position the first portion 250 of the body 100 relative to the second portion 252 of the body 100, first portion 250 of the body 100, first extends from the upper major segment 256 of first portion 250 of the body 100 1 it can include a wall 254. さらに、本体100の第2部分252は、第2壁260及び支持部材262を含むことができる。 Moreover, second portion 252 of the body 100 may include a second wall 260 and the support member 262. 第2壁260と支持部材262との間に、第1壁254を摺動式に受け入れることができる。 Between the second wall 260 and the support member 262 can accept the first wall 254 slidingly.

第1部分250はまた、第1部分250の上部主セグメント256から本体100の周囲にも延在する1つ又は複数のタブ付きラッチ264も含むことができ、それは、図6aに示すように本体100を第1減圧(膨張)状態に保持することができる。 The first portion 250 also includes one or more tabbed latch 264 extending from the upper major segment 256 of first portion 250 around the body 100 can also contain, it is the body as shown in Figure 6a can hold 100 to a first reduced pressure (inflated) state. タブ付きラッチ264は、本体100の第2部分252に見られる支持部材262によって提供される凹部266内に受け入れることができる。 Tabbed latch 264 can be received within the recess 266 provided by the support member 262 can be seen in the second portion 252 of the body 100. アクセスポート本体100が第1減圧(膨張)位置で保持されるとき、アクセスポート本体100内に針110を完全に又は実質的に収容することができる。 When the access port body 100 is held by the first reduced pressure (expansion) position, the needle 110 can be completely or substantially contained access port body 100.

本体100に対して力を加えることにより、圧縮される(つぶされる)と、図6bに示すように、本体100の第2部分252に対して固定位置に保持することができる針110は、自己閉鎖シール132を穿孔しそこを通って延在することができる。 By applying a force against the body 100, is compressed (collapsed), as shown in FIG. 6b, a needle 110 can be held in a fixed position relative to the second portion 252 of the body 100, self it can extend therethrough to pierce the closure seal 132. さらに、第1部分250の第1壁254は、第2壁260と支持部材262との間で第2部分252の下部主セグメント268に向かって摺動することができる。 Further, first wall 254 of the first portion 250 can be slid toward the lower main segment 268 of the second portion 252 between the second wall 260 and the support member 262. 本体100は、圧力を連続的に加えることによってつぶれ位置で維持することができる。 Body 100 can be maintained in position collapsed by applying pressure continuously. 図6aに示すように、本体100の第1部分250を第1減圧(膨張)位置に戻るように上昇させることができるばね124もまた設けることができる。 As shown in Figure 6a, the spring 124 can be raised so as to return the first portion 250 of the body 100 to the first pressure reduction (expansion) position may also be provided.

アクセスポート本体100内にチャンバ102を設け、例えば、本体252の第2部分に取り付けるか又はその中に設けることができる。 The chamber 102 is provided to the access port body 100, for example, it may be provided in either or attached to a second portion of the body 252. いくつかの実施形態では、チャンバ102に針110を固定して取り付けることができる。 In some embodiments, it can be fixedly attached to the needle 110 to chamber 102. 図6a及び図6bでは、針110はチャンバ102内に延在することができるように示されているが、針110はまた、チャンバ102と同一平面に設けることも可能である。 In Figure 6a and 6b, the Needle 110 is shown to be able to extend into the chamber 102, the needle 110 is also can be provided in the chamber 102 in the same plane. いくつかの実施形態では、針110はチャンバ102又はアクセスポート本体100内に組み込むことができる。 In some embodiments, the needle 110 can be incorporated into the chamber 102 or access port body 100. さらに、いくつかの実施形態では、針110は、針110を交換のためにチャンバ102又はアクセスポート本体100から取り外すのを可能にするねじ又は別の機械式インターロックを含むことができる。 Furthermore, in some embodiments, the needle 110, the needle 110 may a comprise a screw or another mechanical interlock to allow the removal from the chamber 102 or access port body 100 for replacement.

ここで図7a及び図7bを参照すると、本開示の医療デバイス10の別の実施形態が示されており、それは、アクセスポート20f及びカテーテル30fを含む。 Referring to Figures 7a and 7b herein, and another embodiment of a medical device 10 of the present disclosure is shown and includes an access port 20f and the catheter 30f. 図7aは、アクセスポート本体100に対して隠蔽(後退)位置にあるアクセスポート20fの針110を示し、図7bは、アクセスポート本体100に対して露出(伸長)位置にあるアクセスポート20fの針110を示す。 Figure 7a is concealed to the access port body 100 (backward) shows the needle 110 of the access port 20f in the position, FIG. 7b, the exposure to the access port body 100 (elongation) needle access port 20f at the position shows the 110.

図示するように、アクセスポート本体100の第1部分250及び第2部分252は、電気/機械装置を含むアクチュエータによって伸長させるか又は後退させることができる。 As shown, the first portion 250 and second portion 252 of the access port body 100 can be or retracted is extended by an actuator comprising an electric / mechanical devices. アクセスポート20fは、本体100を減圧する(膨張させる)か又は圧縮する(つぶす)ことができるモータ又は他の電気装置200を含むことができる。 Access port 20f can include a motor or other electrical device 200 that is capable of depressurizing the body 100 (inflate) or compressed (crushed). いくつかの例では、モータ200は、圧電マイクロモータを含むことができる。 In some examples, the motor 200 may include a piezoelectric micromotor. モータ200は、本体100に設けられたシリンダ272と相互作用することができるシャフト又はトランスレータ等、本体半体250、252を互いに対して移動させることができるリニアトラベラ270を含むことができる。 Motor 200 may include a Riniatorabera 270 shafts or translator, etc., the body halves 250, 252 can be moved relative to each other which can interact with a cylinder 272 provided on the main body 100. シリンダ272は、完全な壁を有するチューブである必要はなく、例えば、壁にスロットを設けることができることを理解することができる。 Cylinder 272 need not be a tube having a full wall, for example, it can be understood that it is possible to provide a slot in the wall. リニアトラベラ270は、例えば、シリンダ272に設けられた一組の雌ねじと相互作用することができる一組の雄ねじを含むことができる。 Riniatorabera 270, for example, can include a set of external thread which can interact with a set of internal threads provided in the cylinder 272.

リニアトラベラが回転すると、シリンダ272とシリンダ272が取り付けられている部分のうちの一方が、他方の部分に対して移動することができる。 When Riniatorabera rotates, can be one of the portions cylinder 272 and the cylinder 272 is mounted is moved relative to the other portion. リニアトラベラが一方向に回転すると、本体100は圧縮される(つぶれる)ことができ、針110は、自己閉鎖シール132を通過することができ、露出することができる。 When Riniatorabera is rotated in one direction, body 100 is compressed (crushed) it can, the needle 110 may pass through the self-closing seal 132 can be exposed. トラベラが他方向に回転すると、本体100は減圧される(膨張する)ことができ、針110は、自己閉鎖シール132を通って引き戻して覆うことができる。 When the traveler rotates in the other direction, the main body 100 is depressurized (expanded) that can, needle 110 can be covered pulled back through the self-closing seal 132. 図示するように、モータ200は第2部分252に取り付けられ、シリンダ272は第1部分250に取り付けられているが、モータ200が第1部分250に取付られ、シリンダ272が第2部分252に取り付けられる反対の状況を同様に提供することができることを理解することができる。 As shown, the motor 200 is attached to second portion 252, but the cylinder 272 is attached to the first portion 250, the motor 200 is mounted to the first portion 250, the cylinder 272 to the second portion 252 attached the opposite situation to be able to understand that it is possible to provide similarly. モータ200は、「ボタン」等のアクチュエータにより、又は上述したような無線デバイス等の別のデバイスにより、作動させることができる。 Motor 200, by an actuator such as a "button", or by another device in a wireless device such as described above, can be operated. この場合もまた、一実施形態では、本体100の第2部分252に対して本体100の第1部分250を位置決めするために、本体100の第1部分250は、本体100の第1部分250の上部主セグメント256から延在する第1壁254を含むことができる。 Again, in one embodiment, to position the first portion 250 of the body 100 relative to the second portion 252 of the body 100, first portion 250 of the body 100, the first portion 250 of the body 100 It may include a first wall 254 extending from the upper major segment 256. さらに、本体100の第2部分252は、第2壁260及び支持部材262を含むことができる。 Moreover, second portion 252 of the body 100 may include a second wall 260 and the support member 262. 第2壁260と支持部材262との間に、第1壁254を摺動式に受け入れることができる。 Between the second wall 260 and the support member 262 can accept the first wall 254 slidingly.

上述したように、針110は、チャンバ102に対して移動関係で、又は、チャンバ102に対して固定関係で、アクセスポート本体100内に配置することができる。 As described above, the needle 110 is a transfer relationship relative to the chamber 102, or may be in a fixed relationship to the chamber 102 is placed in the access port body 100. 例えば、図8a及び図8bに示す実施形態では、針110は、チャンバ102に対して移動関係で設けることができる。 For example, in the embodiment shown in FIGS. 8a and 8b, the needle 110 may be provided in transfer relationship with respect to the chamber 102. 針110は、針110をチャンバ102に対して移動しないようにするラッチ機構を含むことができ、アクチュエータによって、針110を起動することができる。 Needle 110, the needle 110 may include a latch mechanism to prevent movement relative to the chamber 102, the actuator may be activated needle 110. 作動時、針110を、アクセスポート本体100から出るように(磁石の作用等により)持ち上げて、ばね式カム125によって開放位置に保持することができる。 In operation, the needle 110, to exit from the access port body 100 lifted (by the action of the magnet or the like) can be held in the open position by spring cam 125. 針110は、ばね124によって閉鎖又は後退位置で保持して、針110をアクセスポートから滑り出ないようにすることができる。 Needle 110 is held in the closed or retracted position by the spring 124, it is possible to prevent slipping out of the needle 110 from the access port. 図4a及び図4bに示すような他の実施形態では、モータ200内に設けられるリニアトラベラは、針110を適所に保持することができる歯又はねじ山を含むことができる。 In other embodiments, such as shown in FIGS. 4a and 4b, Riniatorabera provided motor 200 may include teeth or threads can hold the needle 110 in place.

ここで図9a〜図9iを参照すると、本開示による医療デバイス10の別の実施形態が示されており、それは、埋込型(皮下)留置アクセスポート20hと、アクセスポート20hに結合された少なくとも1つの埋込型(皮下)留置カテーテル30hとを含む。 Referring now to FIG. 9a~ Figure 9i, there is shown another embodiment of a medical device 10 according to the present disclosure, it is a implantable sc indwelling access ports 20h, at least coupled to the access port 20h one implantable (sc) and a deployment catheter 30h. より詳細には、アクセスポート20hは、2つのカテーテル30hに結合されるように示されている。 More specifically, the access port 20h is shown coupled to two catheters 30h.

図示するように、アクセスポート20hは、少なくとも1つの尖った、先端が閉鎖した、中空針110、より詳細には、アクセスポート本体100内のチャンバ(空洞)102内に収容されかつ収納される2つの針110を含み、針110の各々はカテーテル30hと流体連通しており、針110は体外回路の一部であり得る。 As shown, the access port 20h is at least one pointed tip is closed, second hollow needle 110, and more particularly, to be housed in the access port body 100 in the chamber (cavity) 102 and housing One of comprises needle 110, each needle 110 is in communication catheter 30h fluid communication, the needle 110 may be part of the extracorporeal circuit. 図9aに示すように、針110は、アクセスポート本体100に対して隠蔽(後退)隠蔽位置にあり、各々、針軸112の先端部114に取外し可能に結合された、軸内腔113の先端部を閉鎖する、尖った取外し可能なチップ111を含む。 As shown in FIG. 9a, the needle 110 is in a concealed (retracted) concealed position with respect to the access port body 100, respectively, to the tip 114 of the needle shaft 112 is detachably coupled, the tip of the shaft lumen 113 part closing, comprises a pointed removable chip 111. 図9bに示すように、各針110は、アクセスポート本体100に対して露出(伸長)位置にあり、取外し可能なチップは、内腔113を露出させるように取り外されている。 As shown in Figure 9b, each needle 110 is in exposed to the access port body 100 (extended) position, removable chip is removed to expose the lumen 113.

アクセスポート20eと同様に、アクセスポート20hの各針110は不動/固定とすることができるが、自己閉鎖シール(例えば、自己修復セプタム)132を含むアクセスポート本体100の少なくとも一部は、各針110に対して移動することができる。 Similar to the access port 20e, the needle 110 of the access port 20h is able to immovable / fixed, self-closing seal (e.g., self-healing septum) at least a portion of the access port body 100 including 132, each needle it can move relative to 110. 各針110を露出させるために、この場合もまたアクセスポート20eと同様に、アクセスポート本体100は、受容者の身体の外側から(皮膚の上方で)アクセスポート本体100に加えられる力に応じて、圧縮され得る。 To expose the needle 110, also similar to the access port 20e In this case, the access port body 100, from outside the recipient's body (above the skin) in response to force applied to the access port body 100 , it may be compressed. 別法として、アクセスポート本体100は、力が取り除かれることに応じて、減圧されて各針110を隠蔽することができる。 Alternatively, the access port body 100 can be in response to the force is removed, to conceal the decompressed by the needle 110.

またアクセスポート20eと同様に、アクセスポート本体100は、第1本体部材250及び第2本体部材252を含むことができる。 Also similar to the access port 20e, the access port body 100 may include a first body member 250 and the second body member 252. しかしながら、アクセスポート20eと同様に第1本体部材250及び第2本体部材252が互いに対して摺動して針110の各々を露出させ隠蔽するのではなく、アクセスポート本体100の圧縮及び減圧は、各針110の長さに沿って第2本体部材252に向かって第1本体部材250の上部壁部分251を弾性変形させることによって達成される。 However, rather than first body member 250 and the second body member 252 similar to the access port 20e is to conceal expose the respective slide to the needle 110 relative to one another, the compression and decompression of the access port body 100, an upper wall portion 251 of the first body member 250 toward the second body member 252 along the length of each needle 110 is achieved by elastic deformation. 従って、第1本体部材250は、可撓性プラスチックエラストマーから形成されることができる。 Therefore, the first body member 250 may be formed from a flexible plastic elastomer.

本明細書で用いるエラストマーは、23℃で少なくとも100%の伸びを有する材料であって、その元の長さの2倍まで引き伸ばされかつその状態で1分間保持された後、応力から解放された後の1分間以内に50%〜100%の範囲で回復することができる材料として、特徴付けることができる。 Elastomer used herein is a material having at least 100% elongation at 23 ° C., after being held for 1 minute up to 2-fold stretched and its state of its original length, were released from the stress as materials that can be recovered in a range of 50% to 100% within 1 minute after, it can be characterized. より詳細には、エラストマーは、応力から解放された後の1分間以内に75%〜100%の範囲で回復し、さらにより詳細には、応力から解放された後の1分間以内に90%〜100%の範囲で回復することができる。 More particularly, the elastomer recovers in the range of 75% to 100% within 1 minute after being released from stress, even more particularly, 90% within one minute after being released from the stress- it is possible to recover 100% of the range.

エラストマーは、天然ポリマー又は合成ポリマー、及び熱可塑性ポリマー又は熱硬化性ポリマーを含む、任意のポリマーから構成することができる。 Elastomers, natural or synthetic polymers, and a thermoplastic polymer or thermosetting polymer can be composed of any polymer. 従って、エラストマーは、天然エラストマー又は合成エラストマーのいずれでもあり得る。 Therefore, the elastomer may be either natural elastomer or synthetic elastomer. エラストマーは、アクリルゴム、ブタジエンゴム、ブチルゴム、エチレンプロピレンゴム、エチレンプロピレンゴムジエンモノマーゴム、フルオロカーボンゴム、イソプレンゴム、水素化ニトリルゴムを含むニトリルゴム、ポリウレタンゴム、シリコーンゴム及びスチレングロックコポリマー(例えば、スチレンブタジエンゴム、スチレンエチレン/ブチレンスチレンゴム)を含むことができる、天然ゴム又は合成ゴムを含み、それから本質的に構成され、又は構成され得る。 Elastomer, acrylic rubber, butadiene rubber, butyl rubber, ethylene propylene rubber, ethylene propylene rubber diene monomer rubber, fluorocarbon rubber, isoprene rubber, nitrile rubber comprising hydrogenated nitrile rubbers, polyurethane rubbers, silicone rubbers and styrene Glock copolymers (e.g., styrene butadiene rubber, can include styrene ethylene / butylene styrene rubber), it includes a natural or synthetic rubber, then consist essentially, or may be configured.

さらに、アクセスポート本体100は、針110の間に位置することができるばね124を含むことができる。 Further, the access port body 100 may include a spring 124 which may be located between the needle 110. ばね124の付勢力に打ち勝つのに十分大きい力で、受容者の体外から(皮膚の上方で)第1本体部材250に力を加えることにより、アクセスポート本体100が圧縮されると、第1本体部材250の部分251は、各針110の長さに沿って第2本体部材252に向かって内向きに変形する。 In large enough force to overcome the biasing force of the spring 124, by adding a recipient outside the body (the upper in the skin) force to the first body member 250, the access port body 100 is compressed, the first body portion 251 of the member 250 is deformed inwardly toward the second body member 252 along the length of each needle 110. こうした圧縮時、各針110は、アクセスポート本体100内から露出するように各自己閉鎖シール132を通って延在することができ、ばね124は圧縮される。 During this compression, the needle 110 can extend through the self-closing seal 132 so as to be exposed from the access port body 100 inside, the spring 124 is compressed. 受容者の体外からの第1本体部材250に対する力が取り除かれることにより、アクセスポート本体100が減圧されると、ばね124の付勢(減圧)力により、第1本体部材250の部分251は、強制的に、第2本体部材252から離れるように各針110の長さに沿って外向きに変形する。 By the force with respect to the first body member 250 from the recipient's body is removed, the access port body 100 is reduced by urging (vacuum) force of the spring 124, portion 251 of the first body member 250, forcibly deformed outwardly along away from the second body member 252 to the length of each needle 110. こうした減圧時、各針110は、アクセスポート本体100内で隠蔽されるように、各自己閉鎖シール132を通って後退することができ、ばね124は復元する。 During such a reduced pressure, the needle 110 so as to be concealed in the access port body 100, can be retracted through the self-closing seal 132, spring 124 restores.

アクセスポート20hの2重針・カテーテル配置により、アクセスポート20hは、血液透析に使用することができ、一方の針110/カテーテル30は受容者の動脈と透析装置との間に(流体連通して)結合され、他方の針110/カテーテル30hは、受容者の静脈と透析装置との間に(流体連通して)結合される。 The double needle catheter placement of an access port 20h, the access port 20h may be used in hemodialysis, one needle 110 / catheter 30 through (fluid communication between the dialyzer and the artery of the recipient ) are combined, the other needle 110 / catheter 30h is (fluid communication) is coupled between the vein and the dialyzer of the recipient.

流体注入治療及び/又は流体抽出治療の後、本明細書に開示するアクセスポート及びカテーテルのうちの任意のもの、まとめてアクセスポート20及びカテーテル30は、生理食塩水でフラッシングして、抗菌性及び/又は抗凝血性ロック液でロックして(カテーテルロックと呼ぶことができる)、ポート20又はカテーテル30内での血塊及び微生物の発生を阻止することができる。 After fluid injection treatment and / or fluid extraction treatment, any of the access port and catheter disclosed herein, collectively access port 20 and catheter 30 is flushed with saline, antibacterial and / or locked in anticoagulant lock solution (may be referred to as catheter lock), the occurrence of blood clots and microorganisms in the port 20 or the catheter 30 within can be prevented.

本開示の目的で、「ロックする」プロセスは、アクセスポート20及び/又はカテーテル30を、抗凝血薬及び/又は抗菌薬であるロック液で充填した後、アクセスポート20及び/カテーテル30が流体注入治療及び/又は流体抽出治療に再度使用されるまでアクセスポート20及び/又はカテーテル30内にロック液を保持し、再度使用される時点で、シリンジ等により、アクセスポート20及び/又はカテーテル30からロック液を引き出すことができることとして理解されるべきである。 For purposes of this disclosure, "Lock" process, the access port 20 and / or catheter 30, after filling with the lock solution in which anticoagulants and / or antibacterial agents, access ports 20 and / catheter 30 is fluid infusion treatment and / or the lock solution was maintained until the access ports 20 and / or catheter 30 is used again to fluid extraction treatment, when used again, by a syringe or the like, from the access port 20 and / or catheter 30 It should be understood as being able to draw the lock solution. アクセスポート20及び/又はカテーテル30は、アクセスポート通路及びカテーテル内腔の内部容積に近似する体積のロック液でロックするべきである。 Access ports 20 and / or catheter 30 should be locked with a lock solution volume which approximates the interior volume of the access port passage and catheter lumen. ロック液は、カテーテル30hの遠位端に位置する弁290(例えば、一方弁又は二方弁)(図9gを参照)によってカテーテル30hの内腔145内に閉じ込めることができる。 Lock solution, the valve 290 located at the distal end of the catheter 30h (e.g., one-way valve or two-way valve) can be confined within the lumen 145 of the catheter 30h (refer to FIG. 9 g). 弁290はまた、患者の血流内への空気の導入及びそれに続く空気塞栓症も防止することができる。 The valve 290 can also be prevented introduction of air into the patient's bloodstream and air embolism that follows. 弁290は、カテーテル30h内に位置しているように示され得るが、アクセスポート20h内、特に、針110のうちの一方又は両方の中、又は流路の他の任意の部分に位置することができる。 The valve 290 is may be shown as being located within the catheter 30h, the access port 20h, in particular, in one or both of the needle 110, or be located in any other portion of the flow path can.

抗菌性組成物の例としては、タウロリジン並びに/又はタウリンアミド及びタウリンアミド誘導体が挙げられる。 Examples of antimicrobial compositions include taurolidine and / or taurine amides and taurine derivatives.

抗凝血性組成物の例としては、ヘパリン、クエン酸塩、クエン酸、エチレンジアミン四酢(EDTA)酸、エノキサパリンナトリウム、クマリン、インダンジオン誘導体、アニシンジオン、ワルファリン、プロタミン硫酸塩、ストレプトキナーゼ及びウロキナーゼが挙げられる。 Examples of anticoagulant compositions, include heparin, citrate, citric acid, ethylenediamine tetraacetic (EDTA) acid, enoxaparin sodium, coumarin, indandione derivatives, anisindione, warfarin, protamine sulfate, streptokinase and urokinase It is.

ロック液は、ニュートン流体である場合もあれば非ニューロン流体である場合もあり、さらに、チクソトロピーゲル、より詳細にはヒドロゲル等のゲルであり得る。 Lock solution, sometimes also if any non-neuronal fluid if a Newtonian fluid, further, thixotropic gel, and more particularly may be a gel such as hydrogels.

従って、本明細書に記載するアクセスポートを用いて、受容者の体内に流体(液体)組成物を注入する方法を提供することができる。 Therefore, it is possible to provide a method for using the access port described herein, injecting a fluid (liquid) composition into the body of the recipient. 上述したように、組成物としては、医薬品、治療薬、体液、栄養分、造影剤、透析液及び他の流体を挙げることができる。 As mentioned above, the compositions can include pharmaceutical, therapeutic, body fluids, nutrients, imaging agents, the dialysate and other fluids. さらに、受容者(例えば、患者又は他の対象)は、ヒト、他の哺乳動物、鳥類、爬虫類等を含む、任意の脊椎動物又は無脊椎動物を含むことができる。 Furthermore, the recipient (e.g., a patient or other subject) may include humans, other mammals, birds, reptiles and the like, any vertebrate or invertebrate. 受容者の体内にアクセスポートを埋め込むことができ、静脈内にカテーテルを挿入することができる。 Recipient can be embedded access port into the body, it can be inserted a catheter into a vein. 針は、作動時にポートから露出(伸長)することができ、皮膚を穿刺することができる。 Needle port can be exposed (extended) from the operation, it is possible to puncture the skin. 針内に組成物を注入するか、又はバイアルストッパ等を通して他の方法で容器内に針を導入することにより、受容者の体内に組成物を導入することができる。 Or injecting the composition into the needle, or by introducing a needle into the container in other ways through the vial stopper and the like, can be introduced composition into the body of the recipient. 組成物の投与が終了すると、皮膚を通してポート内に針を隠蔽する(後退させる)か又は他の方法で戻るように配置することができる。 When administration of the composition is completed, it can be arranged to return at needle the hides (retracted to) or otherwise within the port through the skin.

本明細書で企図される血管アクセスポートを利用して組成物を送達する方法の別の例では、受信器が、アクチュエータ等の送信器からの第1電磁インジケータを受信するか又は他の方法で検出することができる。 In another embodiment of a method for delivering the vascular access ports composition utilizing contemplated herein, receiver, or otherwise receiving a first electromagnetic indicator from the transmitter, such as actuator it is possible to detect. インジケータは、受信器により、受信器と電気通信するプロセッサに電気信号を提供するように処理することができる。 Indicator, the receiver may be processed to provide an electrical signal to the processor to the telecommunications receiver. プロセッサがモータを起動する信号を受け取ると、プロセッサによりモータを起動することができ、モータは、血管アクセスポートの本体に対して針を伸長させるか又は後退させることができ、又は、モータは、針に対して血管アクセスポートをつぶすか又は膨張させることができる。 When the processor receives a signal to start the motor, motor can be activated by the processor, the motor may be or backward to extend the needle with respect to the main body of the vascular access port, or the motor, the needle it can be or expanded crush vascular access ports for.

さらに、本明細書において理解することができるように、アクチュエータは、針と直接連通するか又は間接的に連通するように設けることができ、アクセスポート本体に対して針を移動させるか、又は針に対してアクセスポート本体を移動させるように構成される。 Moreover, as can be appreciated herein, or actuator, directly with needle communicating or indirectly can be provided so as to communicate, to move the needle relative to the access port body, or needle configured to move the access port body relative. 連通は、磁場、電気信号、機械式連結機構、又はレバー、ばね等によって提供される力によって提供されるもの等、電気的及び/又は機械的であり得る。 Communicating, the magnetic field, an electric signal, a mechanical linkage, or lever, those such as provided by the force provided by a spring or the like, may be electrically and / or mechanically. さらに、本体が針に対して移動することができる場合では、連通は間接的とみなすことができる。 Furthermore, if it can body is moved relative to the needle can be communicated is considered as indirect. アクチュエータをハウジング本体の外側に配置するか、少なくとも部分的にハウジング本体内に配置するか、又は完全にハウジング本体内に配置することができることも理解することができる。 Or the actuator is located outside of the housing body, it can also be understood to be able to at least partially positioned or disposed within the housing body, or entirely housing body.

本開示の他の実施形態では、本明細書に開示する、留置アクセスポート20h等の留置アクセスポート20はまた、血液透析及び/又は血液ろ過処置中に使用することも可能である。 In another embodiment of the present disclosure, disclosed herein, the indwelling access ports 20 such as indwelling access ports 20h are also can be used in hemodialysis and / or hemofiltration treatment. 図9cに示すように、針110の各々は、円筒状管セグメント等、中空管状流体注入及び/又は抽出部材47により、透析装置45等の流体注入及び/又は抽出装置42(医療デバイス10の一部であると理解することができる)に結合することができる。 As shown in FIG. 9c, each needle 110 is cylindrical pipe segment, etc., by a hollow tubular fluid injection and / or extraction member 47, the fluid injection and / or extraction device 42 (medical device 10 such as a dialyzer 45 one it can be conjugated to can) be understood to be a part. 図示するように、各針110の軸112は、管状流体注入及び/又は抽出部材47と嵌合するように構成することができ、特に、軸112の外径は、管状流体注入及び/又は抽出部材47の内腔48の内径に近似する。 As shown, the shaft 112 of the needle 110 may be configured to mate with the tubular fluid injection and / or extraction member 47, in particular, the outer diameter of the shaft 112, the tubular fluid injection and / or extraction It approximates the inner diameter of the lumen 48 of the member 47. 図示するような体外回路により、血液が、受容者58から留置カテーテル30h、針110及び管状流体注入及び/又は抽出部材47を通り、流体注入及び/又は抽出装置42内に流れ込み、そこで、特に、血液からクレアチニン、尿及び自由水等の老廃物を除去することにより処置されることによって、血液の体外分離を行うことができる。 The extracorporeal circuit as shown, blood, indwelling catheter 30h from recipient 58, through the needle 110 and the tubular fluid injection and / or extraction member 47, flows into the fluid injection and / or extraction device 42, where, in particular, by being treated by removing creatinine, waste products such as urine and free water from the blood, it is possible to perform extracorporeal blood separation. その後、洗浄された血液は、他方の管状流体注入及び/又は抽出部材47、他方の針110及び留置カテーテル30hを通って流れることにより、受容者58の体内に戻される。 Thereafter, the washed blood, other tubular fluid injection and / or extraction member 47, the flow through the other needle 110 and indwelling catheters 30h, then returned to the body of the recipient 58. いずれの方向における血流も、流体注入及び/又は抽出装置45のポンプ46によって補助することができる。 Blood flow in either direction, may be assisted by a pump 46 of the fluid injection and / or extraction device 45.

留置アクセスポート20を含む医療デバイス10は、閉鎖系(薬物)移送デバイスを含むことができる。 Medical device 10 including the indwelling access ports 20 may include a closed system (drug) delivery device. 閉鎖系(薬物)移送デバイスは、環境汚染物質の系内への移送と系の外部の有害薬物又は蒸気濃縮物の漏出を阻止する(薬物)移送デバイスとして理解することができる。 Closed system (drug) transport device may be understood as a (drug) delivery device to prevent the leakage of the transfer and external harmful drug or vapor concentrate system to the system of environmental pollutants.

ここで、図9d〜図9fを参照すると、留置アクセスポート20h等の留置アクセスポート20のいくつかの実施形態では、各針110の各内腔113の先端部分114は、針チップ114を取り外すとアクセスすることができる、「自己修復」シリコーンセプタム等の自己閉鎖シール280を含むことができる。 Referring now to FIG. 9d~ Figure 9f, in some embodiments of the indwelling access ports 20 such as indwelling access ports 20h, the tip portion 114 of each lumen 113 of the needle 110, when removing the needle tip 114 it can be accessed can comprise a self-closing seal 280, such as "self-healing" silicone septum. 先の実施形態と同様に、針110の各々は、管状流体注入及び/又は抽出部材47により、透析装置45等の流体注入及び/又は抽出装置42(医療デバイス10の一部であると理解することができる)に結合することができる。 As with the previous embodiments, each of the needle 110, the tubular fluid injection and / or extraction member 47 is understood to be part of the fluid injection and / or extraction device 42 (medical device 10 such as a dialyzer 45 can be attached to the can) be. 図示するように、各針110の軸112は、管状流体注入及び/又は抽出部材47と嵌合するように構成されることができ、特に、軸112の外径は中空管47の内腔48の内径に近似する。 As shown, the shaft 112 of the needle 110 can be configured to mate with the tubular fluid injection and / or extraction member 47, in particular, the outer diameter of the shaft 112 lumen of the hollow tube 47 to approximate to 48 the inner diameter of.

図示するように、各管状流体注入及び/又は抽出部材47の各内腔48の先端部分は、「自己修復」シリコーンセプタム等の自己閉鎖シール49を含むことができる。 As shown, the tip portion of each lumen 48 of the tubular fluid injection and / or extraction member 47 can include a self-closing seal 49, such as a "self-healing" silicone septum. さらに、各内腔48は、流体源43から受容者58に流体を送達し、及び/又は受容者58から流体を流体容器44まで抽出する、先端の尖った(皮下注射)針50を含むことができる。 In addition, each lumen 48, the fluid delivered to the recipient 58 from the fluid source 43, and / or extracting fluid to the fluid container 44 from the recipient 58, the pointed tip (subcutaneous injection) include a needle 50 can.

動作中、針軸112の先端部分114は、管状流体注入及び/又は抽出部材47の内腔48の先端部分内に受け入れられ、それにより、自己閉鎖シール280及び49の間にシールが形成される。 In operation, the distal end portion 114 of the needle shaft 112 is received within the distal portion of the lumen 48 of the tubular fluid injection and / or extraction member 47, whereby the seal is formed between the self-closing seal 280 and 49 . 上述したように、アクセスポート20hと流体注入及び/又は抽出装置42との間に、閉鎖系移送デバイスが形成される。 As described above, between the access ports 20h and fluid injection and / or extraction device 42, closed system transfer device is formed.

図9fに示すように、2つの自己閉鎖シール280及び49が互いに接触して体外回路を形成した後、自己閉鎖シール280及び49を通して、尖った先端の開放した中空針50を伸長させることができる。 As shown in FIG. 9f, after the two self-closing seal 280 and 49 to form an extracorporeal circuit in contact with each other, through the self-closing seal 280 and 49 can be extended an open hollow needle 50 of the pointed end .

いくつかの実施形態では、留置カテーテル30h等の留置カテーテル30を洗浄して、(例えば、凝塊、フィブリン又は他の生物学的物質の)蓄積物を除去することが望ましくなる場合がある。 In some embodiments, washing the indwelling catheter 30, such as indwelling catheters 30h, in some cases (e.g., clot, fibrin or other biological materials) be used to remove buildup becomes desirable. ここで図9g〜図9iを参照すると、洗浄装置74をさらに含むことができる流体注入及び/又は抽出装置42が示されている。 Referring to FIG. 9g~ view 9i, where the fluid injection and / or extraction device 42 may further include a cleaning device 74 is shown. 洗浄装置74は、多腔カテーテル75を含むことができ、それは、流体注入内腔77aと、流体抽出内腔77bと、洗浄ヘッド79を回転させる円筒状可撓性回転式駆動軸78を収容する中心に配置された駆動内腔77cとを有する、カテーテル本体76を含む。 Cleaning device 74 may comprise a multi-lumen catheter 75, which houses a fluid infusion lumen 77a, the fluid extraction lumen 77b, a cylindrical flexible rotary drive shaft 78 which rotates the cleaning head 79 and a drive lumen 77c disposed at the center, including the catheter body 76.

動作中、洗浄装置74の回転駆動機構80は、可撓性駆動軸78を回転させることができ、それにより、可撓性駆動軸78は、ブラシを含むことができる洗浄ヘッド79を回転させる。 During operation, rotation driving mechanism 80 of the cleaning device 74, can rotate the flexible drive shaft 78, whereby the flexible drive shaft 78 rotates the cleaning head 79 may include a brush. そして、洗浄ヘッド79は、内腔145を規定するカテーテル本体144の内面147に対して回転することにより、カテーテル本体144の内腔145の内側から生物学的物質を除去することができる。 The cleaning head 79 by rotating relative to the inner surface 147 of the catheter body 144 defining a lumen 145, it is possible to remove the biological material from the inside of the lumen 145 of the catheter body 144. 洗浄ヘッドを用いて、アクセスポート20hの針110の内腔113とともに、流体流路の他の任意の部分を洗浄することも可能である。 Using the cleaning head, with the lumen 113 of the needle 110 of the access port 20h, it is also possible to clean other any portion of the fluid flow path.

洗浄ヘッド79の使用の前、使用中又は使用の後、流体源43からの流体は、流体注入内腔77aを通ってカテーテル30hの内腔145内に流れ、洗浄部位をフラッシングすることができる。 Prior to use of the cleaning head 79, after being used or use, fluid from the fluid source 43 may be through a fluid infusion lumen 77a flows into the lumen 145 of the catheter 30h, flushing the cleaning site. 流体は、蠕動ポンプを含むことができるポンプ46を用いて送達することができる。 Fluid may be delivered using the pump 46 which may include a peristaltic pump.

一方弁(例えば、ダックビル弁)又は二方弁等、カテーテル30hの遠位端に位置する弁148によって、カテーテル30hの内腔145内に流体を閉じ込めることができる。 One-way valve (e.g., duckbill valve) or the like, or two-way valve, the valve 148 located at the distal end of the catheter 30h, it is possible to confine the fluid within lumen 145 of the catheter 30h. 弁148はまた、患者の血流内への空気の導入及びそれに続く空気塞栓症も防止することができる。 The valve 148 can also be prevented introduction of air into the patient's bloodstream and air embolism that follows.

カテーテル30hの内腔145から流体抽出内腔77bを通って流体容器44まで流体を抽出することができる。 It is possible to extract fluid from the lumen 145 of the catheter 30h to the fluid container 44 through the fluid extraction lumen 77b. 流体抽出は、流体送達と同時に、又は流体送達が停止した後に、又は繰り返される流体送達と繰り返される流体抽出との間で断続的に交互に行うことができる。 Fluid extraction, simultaneously with the fluid delivery, or after the fluid delivery is stopped, or between the fluid extraction repeated with the fluid delivery repeated intermittently can alternate. 流体抽出は、ポンプ46及び/又は真空部52及び/又は重力によって補助することができる。 Fluid extraction can be assisted by the pump 46 and / or vacuum unit 52 and / or gravity.

アクセスポート20h及びカテーテル30hを洗浄するために使用される流体は、通常の(生理)食塩水であり得る。 Fluid used to wash the access port 20h and catheter 30h may be normal (physiological) saline. また、カテーテル75を介してアクセスポート20h及びカテーテル30hの流体通路に流体を注入するとともに、カテーテル75によりアクセスポート20h及びカテーテル30hの流体通路から流体を抽出する方法は、同様に、アクセスポート20h及びカテーテル30hにロック液を注入しかつそこから抽出するために使用することができる。 Further, a method of extracting with injecting fluid into the fluid path access port 20h and the catheter 30h through the catheter 75, the fluid from the fluid passageway of the access port 20h and catheter 30h by catheter 75, in turn, access ports 20h and can be used to extract the lock solution injected and from which the catheter 30h.

ここで図10a〜図10fを参照すると、本開示による医療デバイス10の別の実施形態が示されており、それは、埋込型(皮下)留置アクセスポート20iと、アクセスポート20iに結合された少なくとも1つの埋込型(皮下)留置カテーテル30iとを含む。 Referring now to FIG. 10a~ Figure 10f, there is shown another embodiment of a medical device 10 according to the present disclosure, it is implantable and (subcutaneous) indwelling access ports 20i, at least coupled to the access port 20i one implantable (sc) and a deployment catheter 30i. より詳細には、アクセスポート20iは、2つのカテーテル30iに結合されるように示されている。 More specifically, the access port 20i is shown coupled to two catheter 30i.

先の実施形態と同様に、留置アクセスポート20iを含む医療デバイス10は、閉鎖系(薬物)移送デバイスを含むことができる。 Similar to the previous embodiments, the medical device 10 including the indwelling access ports 20i is closed system (drug) may include a transfer device. しかしながら、先の実施形態とは対照的に、本実施形態の閉鎖系は、異なる方法で生成される。 However, in contrast to the previous embodiment, the closure system of the present embodiment is generated in different ways.

図9d〜図9fの先の実施形態では、流体注入及び/又は抽出装置42は、針110が組織60を突き刺した後に針110に結合される。 In the previous embodiment of FIG 9d~ Figure 9f, fluid injection and / or extraction device 42 is coupled to the needle 110 after the needle 110 has pierced the tissue 60. さらに、取外し可能な針チップ111はまた、流体注入及び/又は抽出装置42が針110と結合される前に、取り外される。 Furthermore, removable needle chip 111 also before the fluid injection and / or extraction device 42 is coupled with the needle 110 is removed. こうしたことは、少なくとも一部には、針110内に自己閉鎖シール280が存在することによって達成することができる。 These things, at least in part, can be achieved by self-closing seal 280 is present in the needle 110. しかしながら、本実施形態では、自己閉鎖シール280は排除されている。 However, in the present embodiment, self-closing seal 280 is eliminated.

ここで図10aを参照すると、閉鎖系を提供するために、流体注入及び/又は抽出装置42は、細長い管状(円筒状)ハウジング部材51を含む。 Referring now to FIG. 10a, in order to provide a closed system, fluid injection and / or extraction device 42 includes an elongated tubular (cylindrical) housing member 51. 管状ハウジングの端部に、丸い円盤状の自己閉鎖シール(例えば、自己修復セプタム)53が位置している。 The end of the tubular housing, a round disc-shaped self-closing seal (e.g., self-healing septum) 53 is positioned.

管状ハウジング部材51内に、針チップホルダ54が位置しており、それらは、針軸112における針チップ111の設置、又は針軸112からの針チップ111の取外しの間、特に、針軸112のねじ山と針チップ111のねじ山とが針チップ111の設置又は取外し中に係合解除するとき、針チップ111を取外し可能に保持するように構成されている。 The tubular housing member 51 is positioned a needle tip holder 54, they are placed in the needle tip 111 at the needle shaft 112, or during removal of the needle tip 111 from the needle axis 112, in particular, the needle shaft 112 when the threads of the screw thread and the needle tip 111 to be installed or disengage during removal of the needle tip 111, and is configured to releasably retaining the needle tip 111. 少なくとも1つの実施形態では、針チップホルダ54は、針チップ(管状)支持部材56の先端部に位置することができる。 In at least one embodiment, the needle tip holder 54 may be located at the distal end of the needle tip (tubular) support member 56.

針チップホルダ54は、針チップ受け54aを含むことができ、それは、その嵌合部分54b内に針チップ111を種々の方法で保持するように構成されている。 Needle tip holder 54 may include a needle tip receiving 54a, which is configured to hold the needle tip 111 in a variety of ways in the mating portion within 54b. 少なくとも1つの実施形態では、針チップホルダ54の少なくとも一部、より詳細には、針チップ受け54aの嵌合部分54bは、針チップ111との摩擦嵌め(締まり嵌め又は圧力握り嵌め(pressure grip fit)としても知られ得る)接続を形成することができる。 In at least one embodiment, at least a portion of the needle tip holder 54, and more particularly, mating portion 54b of the needle tip receiving 54a is friction fit between the needle tip 111 (interference fit or pressure grip fitting (pressure grip fit ) it may also be known as) to form a connection. 本明細書では、摩擦嵌め接続は、2つの構成要素に形成された、構成要素の分離を阻止するために摩擦にのみ頼る接続であって、例えば、それらの構成要素のうちの少なくとも一方が他方の構成要素に圧入され、それにより、構成要素の少なくとも一方が互いに対して圧縮される(変形する)ことによる接続として理解することができる。 In this specification, friction fit connections, formed in two components, a only rely connected to the friction to prevent the separation of the components, for example, at least one of the other of those components is pressed into the component, thereby making it possible to at least one of the components are understood as connection by being compressed against each other (deformation).

摩擦嵌め接続を提供するために、針チップ受け54aの一部、より詳細には嵌合部分54bは、針チップ111の嵌合部分より小さい寸法で形成されて、摩擦嵌め接続を形成することができる。 In order to provide a friction fit connection, a portion of the needle tip receiving 54a, mating portion 54b is more, be formed with a smaller dimension than the mating portion of the needle tip 111 to form a friction fit connection it can. こうした場合、針チップホルダ54、より詳細には針チップ受け54aの嵌合部分54bは、ゴム等、弾性的に圧縮可能/変形可能な材料から形成することができ、それは、針チップ111がその中に配置されると変形して(拡大するため等)針チップ111を保持することができる。 In such cases, the fitting portion 54b of the needle tip holder 54, more particularly needle tip receiving 54a may be formed rubber or the like, from the resiliently compressible / deformable material, it is the needle tip 111 thereof the needle chip 111 (for such enlarge) which is deformed to be located in can be maintained.

別法として、又は摩擦嵌め接続と組み合わせて、針チップホルダ54は、押込み式機械的接続によって針チップ111を保持することができる。 Alternatively, or in combination with friction-fit connection, the needle tip holder 54 can hold the needle tip 111 by push-fit mechanical connection. 本明細書では、押込み式機械的係合接続は、構成要素の間に形成された接続であって、構成要素の分離を阻止するために摩擦のみに頼るのではなく、構成要素の分離を阻止するために機械的インターロック(例えば、オーバーラップする面)を含む接続として理解することができる。 In this specification, push-fit mechanical engagement connection is a formed between the component connection, rather than relying on only friction to prevent the separation of the components, preventing the separation of the components mechanical interlock to (e.g., overlapping surfaces) can be understood as a connection comprising a.

こうした場合、針チップホルダ54は、この場合もまた、ゴム等の弾性的に圧縮可能/変形可能な材料から形成することができる。 In such cases, the needle tip holder 54 in this case can also be formed from a resiliently compressible / deformable material such as rubber. さらに、針チップホルダ54の先端部に、弾性的に圧縮可能/変形可能な環状リング54cを設けることができ、それは、針チップ111が針チップ受け54a内に挿入されているとき及びそこから取り除かれているときに外向きに変形する。 Further, the tip portion of the needle tip holder 54 may be provided with a resiliently compressible / deformable annular ring 54c, it is removed when and from which the needle tip 111 is inserted into the needle tip receiving the 54a It deforms outwardly when being. 押込み式機械的接続は、針チップ111が針チップ受け54a内に完全に嵌ったときに形成することができ、弾性的に圧縮可能/変形可能な環状リング54cは、それらの最初の(変形前の)向きに戻ることができ、それにより、針チップ受け54a内で針チップ111を機械的に保持する。 Push-fit mechanical connection may be formed when the needle tip 111 is fitted completely into the needle tip receiving in 54a, is resiliently compressible / deformable annular ring 54c, before their first (deformation You can return to the) direction, thereby mechanically holding the needle tip 111 at the needle tip receiving 54a.

別法として、又は上記のうちの少なくとも一方又は両方と組み合わせて、針チップホルダ54は、真空部52から針チップホルダ(管状)支持部材56の内腔を通して引かれる真空に対して多孔質であり、それにより、針チップホルダ54内で針チップ111を真空力によって取外し可能に保持することができる材料から形成することができる。 Alternatively, or in combination with at least one or both of the above, the needle tip holder 54 be porous to the vacuum from the vacuum unit 52 is pulled through the lumen of the needle tip holder (tubular) support member 56 , whereby it is possible to form the needle tip 111 in the needle tip holder 54 of a material capable of releasably retaining the vacuum force.

別法として、又は上記のうちの少なくとも1つ又はすべてと組み合わせて、針チップホルダ54は、磁性を有する材料から形成することができ、それにより、強磁性材料から作製することができる針チップ111を磁力によって針チップホルダ54内に取外し可能に保持することができる。 Alternatively, or in combination with at least one or all of the above, the needle tip holder 54 may be formed of a material having magnetism, whereby needle chip 111 which can be made of a ferromagnetic material the can be removably held in a needle tip holder 54 by a magnetic force.

本明細書に示すように、針チップ111及び針軸112は、螺合によって接合することができる。 As shown herein, the needle tip 111 and needle shaft 112 may be joined by screwing. ねじ山の係合及び係合解除を容易にするのに役立つために、針チップホルダ(管状)支持部材56は、回転駆動機構の一部を形成し、それは、針チップホルダ(管状)支持部材56/チップホルダ54を右回り方向又は左回り方向に回転させることができ、針チップホルダ(管状)支持部材56/チップホルダ54は、針チップ111に結合されると、対応して針チップ111を回転させて針チップ111をそれぞれ設置するか又は取り外すことができる。 To help facilitate engagement and disengagement of the thread, the needle tip holder (tubular) support member 56 forms part of the rotary drive mechanism, it is the needle tip holder (tubular) support 56 / tip holder 54 can be rotated in the clockwise direction or counterclockwise direction, the needle tip holder (tubular) supporting member 56 / tip holder 54, when coupled to the needle tip 111, corresponding to the needle tip 111 it can be a rotate remove or install the needle tip 111, respectively.

さらに、図10a及び図10cにもっともよく示すように、針チップ受け54aの嵌合部分54bの内部側壁と、針チップ911の嵌合部分111bの外部側壁とは、各々、複数の平面嵌合セクション54d及び111dをそれぞれ含むことができる。 Further, as shown best in Figures 10a and 10c, and the inner side wall of the fitting portion 54b of the needle tip receiving 54a, and the outer side wall of the fitting portion 111b of the needle tip 911, respectively, a plurality of planar engagement section It may include 54d and 111d, respectively. 針チップ911の嵌合部分111bの複数の平面セクション111dは、嵌合部分111bの周縁部の周囲に配置されて多角形状を形成することができる。 A plurality of planar section 111d of the fitting portion 111b of the needle tip 911 can be disposed around the periphery of the fitting portion 111b to form a polygonal shape. 図示するように、針チップ111の嵌合部分111bの複数の平面セクション111dは、より詳細には、6つの辺を有する(雄)多角形、すなわち六角形を形成することができる。 As shown, a plurality of planar section 111d of the fitting portion 111b of the needle tip 111 and, more particularly, having six sides (male) polygon, that is, to form a hexagon. 同様に、針チップ受け54aの嵌合部分54bの複数の平面セクション54dは、より詳細には、6つの辺を有する(雌)多角形、すなわち六角形を形成することができ、それは、ソケットと呼ぶことも可能である。 Similarly, a plurality of planar section 54d of the fitting portion 54b of the needle tip receiving 54a is more particularly, having six sides (female) polygons, i.e. can form hexagonal, it comprises a socket it is also possible to call.

針チップホルダ54が針チップ111と結合すると、各針チップホルダ(管状)支持部材56/チップホルダ54に対する回転駆動機構を左回りに回転させて、軸112から針チップ111を取り外すことができる。 When the needle tip holder 54 is coupled with the needle tip 111, can be removed rotary drive mechanism for each needle tip holder (tubular) supporting member 56 / the tip holder 54 is rotated counterclockwise, the needle tip 111 from the shaft 112. 図10dに示すように、針チップ111が軸112から分離すると、軸112から針チップホルダ(管状)支持部材56/チップホルダ54を後退させることができる。 As shown in FIG. 10d, the needle tip 111 is separated from the shaft 112, it is possible to retract the needle tip holder (tubular) supporting member 56 / tip holder 54 from the shaft 112.

この時点で、図10bによって示すように、2つの針チップホルダ(管状)支持部材56/チップホルダ54並びに2つの管状流体注入及び/又は抽出部材47をおよそ90度(例えば、右回りに)回転させることができ、それにより、図10e及び図10fに示すように、2つの管状流体注入及び/又は抽出部材47は、針軸112と位置合わせされる。 At this point, as illustrated by Figure 10b, and two needle tip holder (tubular) supporting member 56 / the tip holder 54 and two tubular fluid injection and / or extraction member 47 approximately 90 degrees (e.g., clockwise) rotation can be, thereby, as shown in FIG. 10e and Fig. 10f, 2 one tubular fluid injection and / or extraction member 47 is aligned with the needle axis 112. 図10gによって示すように、2つの管状流体注入及び/又は抽出部材47は、その後、伸長することができ、それにより、2つの針110は、自己閉鎖シール49を通って管状流体注入及び/又は抽出部材47の内腔48内に進むか又は伸長して、体外回路を形成する。 As shown by Figure 10 g, the two tubular fluid injection and / or extraction member 47, then, can be extended, whereby the two needles 110, tubular fluid injection through a self-closing seal 49 and / or to proceed to the lumen 48 of the extraction member 47 or extension to form an extracorporeal circuit.

流体注入及び/又は抽出が完了すると、その後、2つの管状流体注入及び/又は抽出部材47を後退させることができる。 When the fluid injection and / or extraction is complete, then the two tubular fluid injection and / or extraction member 47 can be retracted. 図10fによって示すように、2つの針チップホルダ(管状)支持部材56/チップホルダ54並びに2つの管状流体注入及び/又は抽出部材47をおよそ90度(例えば、左回りに)回転させることができ、それにより、図10cに示すように2つの針チップホルダ(管状)支持部材56/チップホルダ54は針軸912と再度位置合わせされる。 As shown by Figure 10f, the two needle tip holder (tubular) supporting member 56 / the tip holder 54 and two tubular fluid injection and / or extraction member 47 approximately 90 degrees (e.g., counterclockwise) can be rotated so that the two needle tip holder (tubular) supporting member 56 / the tip holder 54 as shown in Figure 10c is aligned again with the needle shaft 912. そして、図10cに示すように、2つの針チップホルダ(管状)支持部材56/チップホルダ54を伸長させることができる。 Then, as shown in FIG. 10c, it is possible to extend the two needle tip holder (tubular) supporting member 56 / tip holder 54. 各針チップホルダ(管状)支持部材56/チップホルダ54に対する回転駆動機構を右回りに回転させて、ねじ山を係合させ針チップ111を軸112に設置することができる。 Each needle chip rotational driving mechanism is rotated clockwise relative to the holder (tubular) supporting member 56 / the chip holder 54, the needle tip 111 to engage the threads can be placed on the shaft 112. その後、2つの針チップホルダ(管状)支持部材56/チップホルダ54を後退させることができ、その後、流体注入及び/又は抽出装置42を取り除くことができる。 Then, it is possible to retract the two needle tip holder (tubular) supporting member 56 / tip holder 54, then, it can be removed fluid injection and / or extraction device 42.

ここで図11a〜図11dを参照すると、本開示による医療デバイス10の別の実施形態が示されており、それは、埋込型(皮下)留置アクセスポート20jと、アクセスポート20jに結合された少なくとも1つの埋込型(皮下)留置カテーテル30jとを含む。 Referring now to FIG. 11a~ Figure 11d, there is shown another embodiment of a medical device 10 according to the present disclosure, it is implantable and (subcutaneous) indwelling access ports 20j, at least coupled to the access port 20j one implantable (sc) and a deployment catheter 30j. より詳細には、アクセスポート20jは、2つのカテーテル30jに結合されるように示されている。 More specifically, the access port 20j is shown coupled to two catheters 30j.

先の実施形態と同様に、留置アクセスポート20jを含む医療デバイス10は、閉鎖系(薬物)移送デバイスを含むことができる。 Similar to the previous embodiments, the medical device 10 including the indwelling access ports 20j is closed system (drug) may include a transfer device. しかしながら、先の実施形態とは対照的に、本実施形態の閉鎖系は異なる方法で生成され、特に、針110は、尖った閉鎖チップではなく、尖った開放チップ111を有する。 However, in contrast to the previous embodiment, the closure system of the present invention are produced in different ways, in particular, the needle 110 is not a sharp closed tip, with a sharpened open tip 111. さらに、尖った開放チップは、針軸112と一体的に(一部品として)形成されているため。 Further, since the sharp opening chip (one piece) needle shaft 112 integrally with are formed. 従って、針チップ111は永久的であって取外し可能ではない。 Accordingly, the needle tip 111 is not removable by a permanent.

ここで図11c及び図11dを参照すると、流体注入及び/又は抽出装置42は、中空管47を収容する外側管状ハウジング部材51を含む。 Referring now to FIGS. 11c and Fig. 11d, fluid injection and / or extraction device 42 includes an outer tubular housing member 51 that houses the hollow tube 47. 図示するように、先の実施形態と同様に、各中空管47の各内腔48の先端部分は、「自己修復」シリコーンセプタム等の自己閉鎖シール49を含むことができる。 As shown, as in the previous embodiment, the tip portion of each lumen 48 of the hollow tube 47 can include a self-closing seal 49, such as a "self-healing" silicone septum. さらに、管状ハウジング部材51の先端部は、環状封止要素53を含む。 Further, the distal end portion of the tubular housing member 51 includes an annular sealing element 53.

図11cに示すように、組織(皮膚)表面62を通って針110が伸長する前に、管状封止要素53は、皮膚表面に対して封止して、閉鎖系、すなわち、環境汚染物質が入ることが阻止され、有害な薬物又は蒸気の濃縮物が漏出することが阻止される系を提供する。 As shown in FIG. 11c, before through tissue (skin) surface 62 needle 110 is extended, tubular sealing element 53 seals against the skin surface, closed system, i.e., environmental pollutants it is prevented to enter, concentrate adverse drug or vapor to provide a system that leakage is prevented.

図11dに示すように、流体注入及び/又は抽出装置42が組織の上60に押し下げられると、組織60の表面62は内向きに変形し、第1本体部材250の弾性変形部分251が圧縮され、それにより、針110が組織(皮膚)表面62を通って伸長し、自己閉鎖シール49を貫通し、各中空管47の内腔48に入って体外回路を形成する。 As shown in FIG. 11d, the fluid injection and / or extraction device 42 is pushed 60 over the tissue surface 62 of tissue 60 is deformed inwardly, the elastic deformation portion 251 of the first body member 250 is compressed thereby, the needle 110 is extended through the tissue (skin) surface 62, through the self-closing seal 49, to form the extracorporeal circuit enters the lumen 48 of the hollow tube 47.

ここで図12a及び図12bを参照すると、本開示による医療デバイス10の別の実施形態が示されており、それは、埋込型(皮下)留置アクセスポート20kを含む。 Referring now to Figures 12a and 12b, there is shown another embodiment of a medical device 10 according to the present disclosure, it is embedded (sc) including an indwelling access ports 20k. 先の実施形態と同様に留置アクセスポート20kに留置カテーテルを結合することができるが、カテーテルは図示されていない。 Can bind an indwelling catheter indwelling access ports 20k as in the previous embodiment, the catheter is not shown.

先の実施形態と同様に、留置アクセスポート20kを含む医療デバイス10は、閉鎖系(薬物)移送デバイスを含むことができる。 Similar to the previous embodiments, the medical device 10 including the indwelling access ports 20k are closed systems (drug) may include a transfer device. しかしながら、先の実施形態とは対照的に、本実施形態の閉鎖系は、異なる方法で生成され、特に、留置アクセスポート20kは単一の針110のみを有する。 However, in contrast to the previous embodiment, the closure system of the present embodiment is produced in different ways, in particular, the indwelling access ports 20k has only a single needle 110.

流体注入及び/又は抽出装置42は、第1ポート83、第2ポート84及び第3ポート85を有する多ポートハウジング82を含む。 Fluid injection and / or extraction device 42 includes a first port 83, a multi-port housing 82 having a second port 84 and third port 85. 第1ポート83は、流体注入及び/又は流体抽出ポートと呼ぶことができ、第2ポート84は、針チップ取外し及び/又は設置ポートと呼ぶことができ、第3ポート85は、針保持ポートと呼ぶことができる。 The first port 83 may be referred to as fluid injection and / or fluid extraction port, the second port 84 may be referred to as a needle chip removal and / or installation port, the third port 85 includes a needle holder port it can be called. 3つのポート83、84、85はすべて、ハウジング82内でY字形(管状)通路85のセグメントを介して流体連通している。 Three ports 83, 84, 85 are all in fluid communication through a segment of Y-shaped (tubular) passage 85 in the housing 82.

動作中、針110は、針保持ポート85によってかつ通路86内に受け入れられる。 During operation, the needle 110 is received in and passage 86 by a needle holding port 85. 多ポートハウジング82は、針110の軸112に対して封止する自己閉鎖シール49を含むことができる。 Multi port housing 82 can include a self-closing seal 49 for sealing against the shaft 112 of the needle 110. 多ポートハウジング82は、特に環状リングの形態である安定化リング87をさらに含むことができ、それは、針保持ポート85を包囲し、組織60の表面62の上に重なりかつその上に載るように構成されている。 Multi port housing 82, in particular may further include a stabilizer ring 87 in the form of circular rings, which, the needle holding port 85 surrounds overlies the surface 62 of the tissue 60 and to rest thereon It is configured. 回転式カラー88によって安定化リング87を包囲することができ、回転式カラー88は、安定化リング87と協働して、既知の方法で、特に針軸112を把握するように右回りに回転しかつ針軸112を解放するように左回りに回転することにより、針軸112を締め付ける。 Rotating can surround the stabilization ring 87 by the collar 88, the rotary collar 88 cooperates with the stabilizing ring 87 rotate, in a known manner, clockwise as particular grasp the needle shaft 112 by rotating counterclockwise so as to release the vital needle shaft 112, tightening the needle shaft 112.

第1針チップホルダ支持部材56を通路86内で針チップ取外し及び/又は設置ポート84から針チップ111に向かって伸長させて、針チップホルダ54が針チップ111と結合するようにすることによって、針軸112から針チップ111を取り外すことができる。 By allowing the first needle tip holder support member 56 from the needle tip removal and / or installation port 84 in passage 86 is extended toward the needle tip 111, needle tip holder 54 is coupled with the needle tip 111, it can be removed needle tip 111 from the needle axis 112. 針チップホルダ54が針チップ111と結合すると、上述したように(例えば、左回り回転、引張力等)、針軸112から針チップ111を取り外すことができる。 When the needle tip holder 54 is coupled with the needle tip 111, as described above (e.g., counterclockwise rotation, tension, etc.) can be removed needle chip 111, from the needle axis 112. 針チップ111が軸112から離れると、図12bに示すように、針チップホルダ支持部材56/チップホルダ54を軸112から離れて、針チップ取外し及び/又は設置ポート84の入口に戻るように後退させることができる。 When the needle tip 111 moves away from the axis 112, as shown in Figure 12b, retraction away needle tip holder support member 56 / tip holder 54 from the axis 112, to return to the inlet of the needle tip removal and / or installation port 84 it can be.

その後、針内腔113が露出すると、治療流体を、流体注入及び/又は流体抽出ポート83に結合された流体源43から送達し(例えば、化学療法処置の場合は薬物送達)、及び/又は、受容者58から流体注入及び/又は流体抽出ポート83に結合された流体容器44に抽出する(例えば、静脈切開術処置)ことができる。 Thereafter, the needle lumen 113 is exposed, the treatment fluid, delivered from the fluid source 43 coupled to the fluid injection and / or fluid extraction port 83 (e.g., in the case of chemotherapeutic treatment drug delivery), and / or, extracted from recipient 58 to the fluid injection and / or fluid extraction port 83 fluid container 44 coupled to (e.g., phlebotomy treatment) it may. 図示するように、流体源43は、注射器、又は静脈内注射(IV)バッグであり得る。 As illustrated, the fluid source 43 may be a syringe, or intravenous injection (IV) bag.

流体注入治療及び/又は流体抽出治療の後、アクセスポート20k及びカテーテル30を、生理食塩水でフラッシングし、抗菌性及び/又は抗凝血性ロック液でロックして(カテーテルロックと呼ぶことができる)、ポート20k又はカテーテル30内の血塊及び微生物の発生を阻止することができる。 After fluid injection treatment and / or fluid extraction treatment, the access port 20k and catheter 30, flushed with saline, (it may be referred to as catheter lock) to lock in antimicrobial and / or anticoagulant lock solution , it is possible to prevent the occurrence of blood clots and microbial port 20k or catheter 30.

その後、第1針チップホルダ支持部材56を通路86内で針チップ取外し及び/又は設置ポート84から針チップ111に向かって再度伸長させることにより、第1(元の)チップ111を元の場所に戻すことができる。 Then, the first needle tip holder support member 56 by extending again toward the needle tip 111 from the needle tip removal and / or installation port 84 in passage 86, the first (original) original locations chip 111 it can be returned. そして、針チップ111は、上述したように(例えば、右回り回転、押圧力等)針軸112と係合することができる。 Then, the needle tip 111, as described above (e.g., clockwise rotation, the pressing force and the like) can engage the needle shaft 112. 針チップ111が軸112と係合すると、図12bに示すように、軸112から離れて、針チップ取外し及び/又は設置ポート84の入口に戻るように、針チップホルダ支持部材56/チップホルダ54を後退させることができる。 When the needle tip 111 is engaged with the shaft 112, as shown in Figure 12b, away from the axis 112, to return to the inlet of the needle tip removal and / or installation port 84, the needle tip holder support member 56 / tip holder 54 it is possible to retract the.

別法として、元の針チップ111を再度設置するのではなく、針軸112に新たな滅菌済み針チップ111を設置することができる。 Alternatively, rather than installing a original needle chip 111 again, it is possible to install a new sterile needle chip 111 on the needle shaft 112. 図示するように、多ポートハウジング82は、新たな滅菌済み針チップ111を保持する第2針チップホルダ54をさらに含むことができる。 As shown, the multi-port housing 82 can further include a second needle tip holder 54 for holding a new sterile needle chip 111. 新たな滅菌済み針チップ111を針チップ取外し及び/又は設置ポート84と位置合わせするために、元の及び新たな針チップ111両方のための針チップホルダ54は、針チップ取外し及び/又は設置ポート84の上に重なるプラットフォーム部材92の円形凹部91内に配置される円形回転式位置決め部材90の上に保持することができる。 A new sterile needle chip 111 to align with the needle tip removal and / or installation port 84, the needle tip holder 54 for both the original and new needle chip 111, needle chip removal and / or installation port it is disposed within the circular recess 91 of the platform member 92 overlying the 84 can be held on a circular rotary positioning member 90. そして、新たな針チップ111を収容する針チップホルダ54を、およそ180度、プラットフォーム部材92の円形凹部91内に配置された円形回転式位置決め部材90の上で回転させて、元の(使用済み)針チップ111が新たな滅菌済み針チップ111と位置を切り替え、この時、新たな滅菌済み針チップ111が針チップ取外し及び/又は設置ポート84と位置合わせされるようにすることができる。 Then, the needle tip holder 54 for housing the new needle chip 111, approximately 180 degrees, the platform member 92 is rotated on a circular rotary positioning member 90 disposed within the circular recess 91, the original (used ) needle chip 111 is switched to position a new sterile needle chip 111, this time, it is possible to make a new sterile needle chip 111 is aligned with the needle tip removal and / or installation port 84. そして、第2針チップホルダ54を第1針チップホルダ54と同様に操作して、針チップ111を針軸112と係合させることができる。 Then, the second needle tip holder 54 using the same method as the first needle tip holder 54, the needle tip 111 can be engaged with the needle shaft 112.

本開示の他の実施形態では、本明細書に開示する留置アクセスポート20a等の留置アクセスポート20はまた、化学療法処置中に使用することも可能である。 In another embodiment of the present disclosure, the indwelling access ports 20 such as indwelling access ports 20a disclosed herein also can be used in chemotherapy treatments. 化学療法処置中、流体源32は、1種又は複数の化学療法剤を含むことができ、それは、ポンプ46を用いて、留置アクセスポート20aを通して受容者58に投与される。 During chemotherapy treatments, the fluid source 32 may include one or more chemotherapeutic agents, it is by means of a pump 46, is administered to the recipient 58 through the indwelling access ports 20a.

本開示の他の実施形態では、本明細書に開示する留置アクセスポート20及び留置カテーテル30はまた、アフェレーシス処置中に使用することも可能である。 In another embodiment of the present disclosure, the indwelling access ports 20 and the indwelling catheter 30 disclosed herein also can be used during apheresis treatment. アフェレーシスは、概して、受容者(例えば、患者、ドナー)の血液が受容者から取り出され、アフェレーシス装置を通過して血液から少なくとも1種の成分が分離され、その後、血液の残りを受容者の循環に戻す処置として理解することができる。 Apheresis generally recipient (e.g., a patient, a donor) blood is withdrawn from the recipient, at least one component from the blood is separated through the apheresis device, then circulating the remaining blood of the recipient it can be understood as a treatment to return to. アフェレーシス処置のタイプに応じて、1つの針又は2つの針を備えたアクセスポートを利用することができる。 Depending on the type of apheresis treatment can utilize access port with a single needle or two needles. 例えば、2つの針(例えば、20h)を備えたアクセスポートは、通常、2つの別個の針によって提供される2つの静脈穿刺を必要とする、連続的遠心分離法(CFC)を利用するアフェレーシス処置に好適であり得る。 For example, the access port with two needles (e.g., 20h), typically require two venipuncture provided by two separate needles, apheresis procedures utilizing continuous centrifugation (CFC) It may be suitable for. 従って、2つの針が各々静脈血管内に直接挿入されるのではなく、図9a及び図9bに示すように、留置アクセスポート、より詳細には針に結合された、2つの留置カテーテルの遠位端を、各々、静脈血管内に直接挿入することができる。 Thus, instead of two needles are inserted respectively directly into the vein, as shown in Figures 9a and 9b, the indwelling access ports, and more particularly coupled to the needle, the distal two indwelling catheters end, respectively, can be directly inserted into the vein.

連続的遠心分離法(CFC)は、同時に、受容者から血液を収集し、遠心分離機内で血液を回転させ/処理して血液の成分を分離しかつ血液から1種又は複数種の成分を取り除き、血液の未使用成分を、取り除かれた成分なしに受容者に戻すことを含むように理解することができる。 Continuous centrifugation (CFC) at the same time blood was collected from the recipient blood is rotated / processed to separate the components of blood and remove one or more components from the blood in the centrifugal separator , unused components of blood, can be understood to include returning to the removed without component recipient.

別法として、1つの針を備えたアクセスポートは、通常1回の静脈穿刺を必要とする、間欠的遠心分離法(IFC)を利用するアフェレーシス処置に好適であり得る。 Alternatively, the access port with one needle, typically require one venipuncture may be suitable for apheresis procedures utilizing intermittent centrifugation method (IFC). 連続的遠心分離法(CFC)とは対照的に、間欠的遠心分離法(IFC)は、サイクルで作動し、すなわち、受容者から血液を収集し、遠心分離機内で血液を回転させ/処理して血液の成分を分離しかつ血液から1種又は複数種の成分を取り除き、その後、ボーラスで取り除かれた成分なしに、血液の未使用成分を受容者に戻す。 In contrast to continuous centrifugation (CFC), intermittent centrifugation (IFC) is operated in cycles, i.e., blood was collected from the recipient, it rotates the blood within centrifuge / treated separating the components of the blood Te to and remove one or more components from blood, then, without the removed components by bolus, returning unused blood components to the recipient.

アフェレーシスは、より詳細には、血漿交換(血液からの血漿の分離及び除去)、赤血球アフェレーシス(血液からの赤血球(erythrocyte)(赤血球(red blood cell))の分離及び除去のため)、血小板フェレーシス(赤血球(RBC)、白血球(WBC)及び血漿を戻す一方で、血小板の分離及び除去のため)、白血球アフェレーシス(好中性顆粒球、好酸性顆粒球、好塩基性顆粒球、リンパ球(ナチュラルキラー細胞、T細胞及びB細胞)及び単球等、血液からの白血球(leukocyte)(白血球(white blood cell))の分離及び除去のため)を含むことができる。 Apheresis, more particularly, (separation and removal of plasma from the blood) plasma exchange, (for separation and removal of red blood cells from the blood (erythrocyte) (erythrocytes (red blood cell))) red blood apheresis, plateletpheresis ( of red blood cells (RBC), while returning the white blood cell (WBC) and plasma, for the separation and removal of platelets), leukapheresis (neutrophilic granulocytes, eosinophilic granulocytes, basophilic granulocytes, lymphocytes (natural killer cells, T cells and B cells) and monocytes, etc., may include leukocytes from blood (leukocyte) (white blood cells (white blood cell) for) the separation and removal).

本開示の他の実施形態では、本明細書に開示する留置アクセスポート20a等の留置アクセスポート20はまた、非経口栄養処置、より詳細には、完全非経口栄養処置中に、カテーテル30aとともに用いることも可能である。 In another embodiment of the present disclosure, the indwelling access ports 20 such as indwelling access ports 20a disclosed herein can also be parenteral nutrition treatment, and more particularly, complete parenteral nutrition during the procedure, is used with a catheter 30a it is also possible. 非経口栄養は、受容者に対して静脈内に栄養を与え、そうする際、通常の食事及び消化のプロセスをバイパスするものとして理解することができる。 Parenteral nutrition, nourish intravenously to the recipient, doing so can be understood as to bypass the process of normal diet and digestion. 非経口栄養は、中心非経口栄養(CPN)及び末梢非経口栄養(PPN)に分割することができる。 Parenteral nutrition, can be divided into central parenteral nutrition (CPN) and peripheral parenteral nutrition (PPN). こうしたことはまた、中心静脈栄養(CVN)及び末梢静脈栄養(PVN)と呼ぶ場合もある。 These things also sometimes referred to as a parenteral nutrition (CVN) and peripheral venous nutrition (PVN). 中心非経口栄養(CPN)又は中心静脈栄養(CVN)は、鎖骨下静脈、頸静脈及び大腿静脈等の一次静脈を通して投与される。 Central parenteral nutrition (CPN) or parenteral nutrition (CVN) is administered through the subclavian vein, jugular vein and primary vein femoral vein or the like. 末梢非経口栄養(PPN)又は末梢静脈栄養(PVN)は、腕の二次(末梢)静脈を通して投与される。 Peripheral parenteral nutrition (PPN) or peripheral venous nutrition (PVN) is administered through the arm of the secondary (peripheral) vein. こうしたことは、他の経路を通して受容者58によって著しい栄養が得られない場合、完全非経口栄養とさらに呼ぶことができる。 These can, if not significant nutrient obtained by recipient 58 through other routes, can be further referred to as total parenteral nutrition. 非経口栄養処置中、流体源32は、ポンプ46を用いて、受容者58に留置アクセスポート20aを通して受容者58に投与されるブドウ糖、アミノ酸、脂質並びに追加のビタミン及び栄養素のミネラル等の栄養分を含む、栄養処方を含むことができる。 Parenteral nutrition during the procedure, the fluid source 32 by means of a pump 46, glucose is administered to the recipient 58 through the indwelling access ports 20a to the recipient 58, amino acids, nutrients minerals such lipids as well as additional vitamins and nutrients including, it may include nutritional formula.

非経口栄養は、機能している消化管を有していないか、又は、腸閉塞症、短腸症候群、腹膜破裂、持続する下痢、ろう、クローン病及び潰瘍性結腸炎を含む、完全な腸管安静を必要とする疾患、並びに先天性GI異常及び新生児壊死性腸炎を含むいくつかの小児科GI疾患を有する受容者58に対して、必要とされる場合がある。 Parenteral nutrition either do not have a gut functioning, or, ileus, short bowel syndrome, peritoneal rupture, persistent diarrhea, including waxes, Crohn's disease and ulcerative colitis, complete bowel rest diseases requiring, and to the recipient 58 having a number of pediatric GI diseases, including congenital GI abnormalities and neonatal necrotizing enterocolitis, it may be required. 非経口栄養はまた、昏睡状態にある可能性がある受容者等、自身で栄養を摂ることができない可能性がある受容者に対しても必要であり得る。 Parenteral nutrition is also recipient like that may be in a coma, may be necessary also to the recipient that may not be able to take nutrition by itself.

本開示の他の実施形態では、本明細書に開示する留置アクセスポート20a等の留置アクセスポート20はまた、腹膜腔以外の体腔70内に挿入されるカテーテル30aとも使用することも可能である。 In another embodiment of the present disclosure, the indwelling access ports 20 such as indwelling access ports 20a disclosed herein also can be used with catheter 30a to be inserted into a body cavity 70 outside the peritoneum 腔以. 例えば、本明細書に開示する留置アクセスポート20a等の留置アクセスポート20はまた、長期経腸栄養のために胃の中に挿入されているカテーテル30aとともに使用することも可能である、カテーテル30aは、経胃栄養チューブ(G−チューブ)として動作する。 For example, indwelling access ports 20 such as indwelling access ports 20a disclosed herein also can be used with a catheter 30a which is inserted into the stomach for long-term enteral nutrition catheter 30a is operates as a gastric feeding tube (G-tube). カテーテル30aはまた、空腸内に挿入され、従って、経空腸チューブ(J−チューブ)として動作し、又は、胃及び空腸の両方に挿入され、従って経胃空腸チューブ(GJ−チューブ)として動作することも可能である。 The catheter 30a can also be inserted into the jejunum, thus, operate as Keisoracho tube (J-tube), or is inserted into both the stomach and jejunum, thus operate as Keiisoracho tube (GJ- tube) it is also possible.

本開示の他の実施形態では、本明細書に開示する留置アクセスポート20a等の留置アクセスポート20はまた、他のがん治療(すなわち、化学療法以外)の注入中に使用することも可能である。 In another embodiment of the present disclosure, the indwelling access ports 20 such as indwelling access ports 20a disclosed herein may also contain other cancer therapy (i.e., other than chemotherapy) it is also possible to use during the injection of is there. 例えば、本明細書に開示する留置アクセスポート20a等の留置アクセスポート20はまた、CAR−T処置中にカテーテル30aとともに使用することも可能である。 For example, indwelling access ports 20 such as indwelling access ports 20a disclosed herein also can be used with the catheter 30a into the CAR-T treatment. この免疫療法は、受容者自身のT細胞を用いてがんを特異的に攻撃する。 The immunotherapy specifically attack the cancer using T cells of the recipient himself. T細胞は、アフェレーシスを用いて受容者の血液から収集され、その後、それらの表面において、キメラ抗原受容体すなわち「CAR」として知られる特別な受容体を生成するように遺伝子操作される。 T cells are collected from the blood of the recipient using apheresis, then, at their surface, it is genetically engineered to produce a special receptor known as a chimeric antigen receptor or "CAR". CARタンパク質により、T細胞は、がん細胞における特異抗原を認識することができる。 The CAR protein, T cells can recognize a specific antigen in cancer cells.

操作されたCAR−T細胞は、何十億に達するまで研究所で成長し、その後、患者の体内に注入される。 Engineered CAR-T cells, grown in the laboratory until it reaches the billions, then, is injected into the patient's body. T細胞は、患者の体内で増加し、それらの操作された受容体からの案内により、表面に抗原を持つがん細胞を認識して死滅させる。 T cells increased in a patient by guidance from their engineered receptors, kill recognize cancer cells having an antigen on the surface.

しかしながら、CAR−T細胞の再導入は、小ゲージ針(例えば、20ゲージ〜21ゲージ)を用いると問題がある。 However, the reintroduction of the CAR-T cells, small gauge needles (e.g., 20 gauge to 21 gauge) is a problem when used. 小ゲージ針を用いる再注入により、再注入されたCAR−T細胞の最大50%に対して損傷を与えるか又は死滅させる(溶解させる)可能性がある。 The reinjection using small gauge needle, or give damage to up to 50 percent of the re-injected CAR-T cells kill (lyse) it is likely. この細胞破壊は、特に標的腫瘍又は脳の応用において、単に、小ゲージ針を通して多すぎる細胞を押し込むことによってもたらされる。 The cell disruption, especially in applications of target tumor or brain, simply brought about by pushing too much cell through a small gauge needle. その結果、留置アクセスポート20a等の留置アクセスポート20は、より大きいゲージの針(例えば、14ゲージ〜17ゲージ)を利用して、大きいボアを通して細胞を再注入して、細胞破壊(加えられる外圧によってもたらされる細胞膜の機械的圧力崩壊のために発生する溶解として理解することができる)を緩和することができる。 As a result, external pressure indwelling access ports 20 such as indwelling access ports 20a, the needle of a larger gauge (e.g., 14 gauge to 17 gauge) utilizing, for by re-injecting the cells through large bore, cell destruction (in addition it is possible to mitigate the can be understood as the dissolution occur because the mechanical pressure disruption of the cell membrane) caused by. 言い換えれば、小ゲージ針の使用により、導入中のCAR−T細胞に与えられるせん断率/圧力を低減させ、従って、細胞破壊のレベルを低下させることができる。 In other words, the use of small gauge needle, reduces the shear rate / pressure applied to CAR-T cells in the introduction, therefore, it is possible to reduce the level of cell destruction.

本開示の他の実施形態では、本明細書に開示する留置アクセスポート20a等の留置アクセスポート20はまた、ヘモクロマトーシスを治療するために血管68内に挿入されるカテーテル30aとともに使用することも可能である。 In another embodiment of the present disclosure, the indwelling access ports 20 such as indwelling access ports 20a disclosed herein also may be used with catheter 30a which is inserted into the blood vessel 68 to treat hemochromatosis possible it is. ヘモクロマトーシス、すなわち鉄過剰は、何らかの原因からの体内の鉄の蓄積を示す。 Hemochromatosis, i.e. iron overload shows accumulation in the body of iron from any cause. ヘモクロマトーシスを治療するために、静脈切開術を介して受容者から血液を取り出すことができる。 To treat hemochromatosis, it can be taken out blood from the recipient through the phlebotomy.

本明細書に開示する留置アクセスポート20a等の留置アクセスポート20は、体内に血液を送達するために血管68に挿入されるカテーテル30aとともに使用することも可能である。 Indwelling access ports 20 such as indwelling access ports 20a disclosed herein can also be used with catheter 30a which is inserted into a blood vessel 68 to deliver blood to the body. 例えば、本明細書に開示する留置アクセスポート20aはまた、鎌状赤血球(貧血)症を治療するために血管68に挿入されるカテーテル30aとともに使用することも可能である。 For example, indwelling access ports 20a disclosed herein also can be used with a catheter 30a which is inserted into a blood vessel 68 to treat sickle cell (anemia) disease. 鎌状赤血球症は、正常な丸い赤血球を三日月のような形状、すなわち、鎌の三日月状の刃に関連する形状になる可能性がある細胞に変化させる。 Sickle cell disease is shaped like a crescent normal round red blood cells, i.e., altering the cell that may be a shape associated with crescent-shaped blades sickle. 鎌状赤血球症を治療するために、輸血を介して受容者に血液を送達することができる。 To treat sickle cell disease, it is possible to deliver blood to the recipient via a blood transfusion. 輸血により、体内のヘモグロビンS赤血球の量が低下する。 Transfusions, the amount of hemoglobin S erythrocytes in the body is reduced. 血流における鎌状ヘモグロビンSの数が少なくなると、それらは、蓄積して血管を閉塞させる可能性が低くなる。 When the number of sickle hemoglobin S is reduced in the bloodstream, they can lead to accumulation to occlude a blood vessel is low. 受容者から血液及び鎌状赤血球を取り出す静脈切開術の直後に、輸血をまた行うことができる。 Immediately after the phlebotomy taking out blood and sickle cell from recipient transfusion can also perform.

本明細書に開示する留置アクセスポート20a等の留置アクセスポート20はまた、輸血を介してベータサラセミアを治療するためにも体内に血液を送達するように血管68に挿入されるカテーテル30aと使用することも可能である。 Indwelling access ports 20 such as indwelling access ports 20a disclosed herein also be used with the catheter 30a to be inserted into a blood vessel 68 to deliver blood to the body in order to treat beta-thalassemia through blood transfusion it is also possible. ベータサラセミアは、ヘモグロビンの生成を低下させる血液疾患である。 Beta thalassemia is a blood disorder that lowers the production of hemoglobin.

上述したことを鑑みて、本明細書に開示する留置アクセスポート20a等の留置アクセスポート20はまた、輸血用のカテーテル30aとともに用いて、それによって治療可能な任意の疾患を治療することも可能である。 In view of the above, the indwelling access ports 20 such as indwelling access ports 20a disclosed herein may also be used with catheter 30a for transfusion, it is also possible to treat the treatable any disease whereby is there.

いくつかの方法及び実施形態の上述した説明は、例示の目的で提示されている。 The foregoing description of several methods and embodiments has been presented for purposes of illustration. 網羅的であるように、又は、特許請求の範囲を開示する正確なステップ及び/又は形態に限定するようには意図されておらず、上記教示に鑑みて、明らかに多くの変更及び変形が可能である。 As is exhaustive or not intended to be limited to the precise steps and / or forms disclosed the claims, in light of the above teachings can obviously many modifications and variations it is. 本発明の範囲は、本明細書に添付の特許請求の範囲によって定義されるように意図されている。 The scope of the invention is intended to be defined by the claims appended hereto.

Claims (20)

  1. 対象の体内に埋め込まれるように構成された埋込型アクセスポートであって、埋込型アクセスポート本体と、少なくとも1つの埋込型アクセスポート針と、を含み、 A configured implantable access port so as to be embedded in the body of a subject, comprising: a implantable access port body, at least one of the implantable access port needle, a,
    前記少なくとも1つの針が、隠蔽位置では前記アクセスポート本体の内部において隠蔽可能であり、露出位置では前記アクセスポート本体の外部において露出可能であり、 Wherein said at least one needle, the concealed position is possible concealed in the interior of the access port body, the exposed position is capable exposed outside of the access port body,
    前記少なくとも1つの針が、前記アクセスポート本体内に、前記アクセスポートが前記対象の体内に埋め込まれるときに前記対象の体内から前記対象の皮膚を通って外向きに貫通するように配置される、埋込型アクセスポートと、 Wherein said at least one needle, into the access port body, wherein the access port is arranged so as to penetrate outwardly through the skin of the subject from the body of the subject when it is implanted in the body of the subject, and an implantable access port,
    前記アクセスポートの前記少なくとも1つの針に結合された移送デバイスであって、前記アクセスポートに及び/又は前記アクセスポートから流体を移送するように構成され、 Wherein a said at least one transfer device coupled to the needle access port is configured to transfer fluid from said access port and / or to said access port,
    前記アクセスポートと閉鎖治療系を形成するように構成され、前記アクセスポートに及び/又は前記アクセスポートから前記流体を移送するように構成された流体流路を含む、移送デバイスと、を備える医療システム。 Is configured to form a closed treatment system and the access port, a medical system comprising from the access port and / or to the access port includes a fluid flow path configured to transport the fluid, a transfer device, the .
  2. 前記移送デバイスが、環境汚染物質の前記治療系内への移送と前記治療系の外側への有害物質の漏出とを阻止するように構成されている、請求項1に記載の医療システム。 Said transfer device, wherein the transfer into the treatment system in configured to prevent the leakage of harmful substances to the outside of the treatment system, medical system according to claim 1 of the environmental pollutants.
  3. 前記少なくとも1つの針が、取外し可能な針チップを含み、 Wherein said at least one needle comprises a removable needle tip,
    前記移送デバイスが、前記針チップを保持するように構成された針チップホルダを含む、請求項1に記載の医療システム。 It said transfer device comprises a needle tip holder configured to hold the needle tip, the medical system according to claim 1.
  4. 前記針チップホルダが、前記針チップと締まり嵌めを形成するように構成されている、請求項3に記載の医療システム。 Said needle tip holder, the needle tip and are configured to form an interference fit, medical system of claim 3.
  5. 前記針チップホルダが、前記針チップと押込み式機械的係合を形成するように構成されている、請求項3に記載の医療システム。 It said needle tip holder is configured to form the needle tip and the push-in mechanical engagement, medical system of claim 3.
  6. 前記少なくとも1つの針が、針軸と、前記針軸から取外し可能な針チップと、を含み、 Wherein comprises at least one needle, and the needle shaft, and a removable needle tip from the needle shaft,
    前記移送デバイスが、前記針軸から前記針チップを取り外すように構成されている、請求項1に記載の医療システム。 It said transfer device is configured to remove the needle tip from the needle axis, medical system according to claim 1.
  7. 前記移送デバイスが、前記針チップを回転させることによって前記針チップを取り外すように構成されている、請求項6に記載の医療システム。 It said transfer device, the needle tip is configured to detach the needle tip by rotating the medical system of claim 6.
  8. 前記移送デバイスが、前記針チップに引張力を加えることによって前記針チップを取り外すように構成されている、請求項6に記載の医療システム。 It said transfer device, the needle tip is configured to detach the needle tip by applying a tensile force, the medical system according to claim 6.
  9. 前記少なくとも1つの針が、針軸と、前記針軸の上に設置可能な針チップとを含み、 Wherein comprises at least one needle, and the needle shaft, and a locatable needle tip on the needle shaft,
    前記移送デバイスが、前記針軸の上に前記針チップを設置するように構成されている、請求項1に記載の医療システム。 Said transfer device, wherein on the needle shaft needle chip is configured to install the medical system according to claim 1.
  10. 前記移送デバイスが、前記針チップを回転させることによって前記針チップを設置するように構成されている、請求項9に記載の医療システム。 It said transfer device, the needle tip is configured to install the needle tip by rotating the medical system of claim 9.
  11. 前記移送デバイスが、前記針チップに押圧力を加えることによって前記針チップを設置するように構成されている、請求項9に記載の医療システム。 It said transfer device, the needle tip is configured to install the needle tip by applying a pressing force to, medical system of claim 9.
  12. 前記少なくとも1つの針が、針軸と、前記針軸から取外し可能な第1針チップと、を含み、 Wherein comprises at least one needle, and the needle shaft, and a first needle tip removable from said needle shaft,
    前記移送デバイスが、前記針軸から前記第1針チップを取り外すように構成され、 It said transfer device is constituted from the needle axis so as removing said first needle tip,
    前記移送デバイスが、前記針軸の上に第2針チップを設置するように構成されている、請求項1に記載の医療システム。 It said transfer device, wherein on the needle shaft is configured to install the second needle tip, the medical system according to claim 1.
  13. 前記移送デバイスが、前記針に対する流体密封シールを形成するように構成されている、請求項1に記載の医療システム。 It said transfer device is configured to form a fluid tight seal with respect to the needle, the medical system according to claim 1.
  14. 前記流体流路が、流体注入通路及び/又は流体抽出通路を含む、請求項1に記載の医療システム。 The fluid flow path includes a fluid injection passages and / or fluid extraction passageways, medical system according to claim 1.
  15. 前記流体流路が、前記流体注入通路及び前記流体抽出通路の両方を含む、請求項14に記載の医療システム。 The fluid flow path includes both the fluid injection passage and the fluid extraction passageway, medical system of claim 14.
  16. 前記流体流路が、その内部に前記針を受け入れるように構成されている、請求項1に記載の医療システム。 The fluid flow path is configured to receive the needle therein, a medical system according to claim 1.
  17. 前記少なくとも1つの針が、取外し可能な針チップを含み、 Wherein said at least one needle comprises a removable needle tip,
    前記移送デバイスが、前記針チップを保持するように構成された針チップホルダを含み、 It said transfer device includes a needle tip holder configured to hold the needle tip,
    前記流体流路が、内部に前記針チップホルダを受け入れるように構成されている、請求項16に記載の医療システム。 The fluid flow path is configured to receive the needle tip holder therein, medical system of claim 16.
  18. 前記移送デバイスが、流体注入ポート及び/又は流体抽出ポートと、針チップ取外しポート及び/又は針チップ設置ポートと、針受入れポートと、を含む、請求項1に記載の医療システム。 It said transfer device comprises a fluid infusion port and / or fluid extraction port, and the needle tip removal port and / or the needle tip installed ports, a needle receiving port, a medical system according to claim 1.
  19. 前記流体流路が、前記流体注入ポート及び/又は前記流体抽出ポート、前記針チップ取外しポート及び/又は針先端設置ポート、並びに、前記針保持ポートと流体連通している、請求項18に記載の医療システム。 Wherein the fluid flow path, the fluid injection port and / or the fluid extraction port, said needle tip removal port and / or the needle tip installed ports, and are in communication the needle holder port in fluid communication, according to claim 18 medical system.
  20. 対象を治療する方法であって、 A method of treating a subject,
    前記対象の皮膚の下に埋め込まれたアクセスポートから前記対象の前記皮膚を通して針を伸長させて、前記針が、前記対象の体内から外向きに前記皮膚を貫通して、前記対象の外側に露出した針部分を提供するようにすることと、 And needle to an extended through the skin of the subject from the access port implanted under the skin of the subject, the needle penetrates the skin outwardly from the body of the subject, exposed to the outside of the object and it is adapted to provide a needle portion,
    前記露出した針部分に移送デバイスを結合することであって、前記移送デバイスが、前記アクセスポートとともに閉鎖治療系を形成し、前記閉鎖治療系が、前記治療系内への環境汚染物の移送と前記治療系の外側への有害物質の漏出とを阻止する、結合することと、 The method comprising coupling a transport device to the exposed needle portion, said transfer device, said to form a closed treatment system with the access port, the closure therapy system, the transfer of environmental contaminants into the treatment system in prevents the leakage of harmful substances to the outside of the treatment system, and coupling,
    を含む方法。 The method comprising.
JP2017565905A 2015-07-14 2016-07-14 Medical access port, transport device and methods of use thereof Pending JP2018524074A (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US201562192386P true 2015-07-14 2015-07-14
US62/192,386 2015-07-14
PCT/US2016/042272 WO2017011652A1 (en) 2015-07-14 2016-07-14 Medical access ports, transfer devices and methods of use thereof

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2018524074A true JP2018524074A (en) 2018-08-30

Family

ID=57758297

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2017565905A Pending JP2018524074A (en) 2015-07-14 2016-07-14 Medical access port, transport device and methods of use thereof

Country Status (6)

Country Link
US (1) US10238851B2 (en)
EP (1) EP3322460A4 (en)
JP (1) JP2018524074A (en)
AU (1) AU2016294584A1 (en)
CA (1) CA2992455A1 (en)
WO (1) WO2017011652A1 (en)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9764124B2 (en) 2014-03-31 2017-09-19 Versago Vascular Access, Inc. Vascular access port
JP2018524074A (en) 2015-07-14 2018-08-30 ヴェルサゴ ヴァスキュラー アクセス インコーポレイテッド Medical access port, transport device and methods of use thereof

Family Cites Families (132)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3819282A (en) 1972-11-02 1974-06-25 Penn Corp Retractable pen
US4181132A (en) 1977-05-31 1980-01-01 Parks Leon C Method and apparatus for effecting hyperthermic treatment
US4228802A (en) 1977-06-15 1980-10-21 Medical Products Institute Incorporated Self-inflating and self-cleaning catheter assembly
US4190040A (en) 1978-07-03 1980-02-26 American Hospital Supply Corporation Resealable puncture housing for surgical implantation
JPS5565009A (en) 1978-10-31 1980-05-16 Mitsubishi Heavy Ind Ltd Thrust generator at rotary shaft
DK148782C (en) 1980-10-31 1986-04-21 Radiometer As Method and lukkehaette for anaerobic sealing a blodproevekapillarroer
US4445896A (en) 1982-03-18 1984-05-01 Cook, Inc. Catheter plug
US4543088A (en) 1983-11-07 1985-09-24 American Hospital Supply Corporation Self-sealing subcutaneous injection site
US5295658A (en) 1987-04-27 1994-03-22 Vernay Laboratories, Inc. Medical coupling site including slit reinforcing members
CA1245931A (en) 1984-09-21 1988-12-06 Sophia Pesotchinsky Positionable tissue interfacing device for the management of percutaneous conduits
FR2582221B1 (en) 1985-05-21 1987-09-25 Applied Precision Ltd Chronic injection of implantable device of a substance, including therapeutic
US4840615A (en) 1985-09-30 1989-06-20 Mcghan Medical Corporation Self-sealing injection reservoir
US4692146A (en) 1985-10-24 1987-09-08 Cormed, Inc. Multiple vascular access port
US4673394A (en) 1986-01-17 1987-06-16 Strato Medical Corporation Implantable treatment reservoir
US4802885A (en) 1986-06-17 1989-02-07 Medical Engineering Corporation Self sealing subcutaneous infusion and withdrawal device
US4904241A (en) 1986-10-16 1990-02-27 Medical Engineering Corp. Septum with a needle stop at the fluid transfer port
US4760837A (en) 1987-02-19 1988-08-02 Inamed Development Company Apparatus for verifying the position of needle tip within the injection reservoir of an implantable medical device
US4781680A (en) 1987-03-02 1988-11-01 Vir Engineering Resealable injection site
ES2007667A6 (en) 1987-07-28 1989-07-01 Espejo Martinez Antonio Locator device epidural space
US4892518A (en) 1987-12-04 1990-01-09 Biocontrol Technology, Inc. Hemodialysis
DE68911651T2 (en) 1988-05-16 1994-05-19 Terumo Corp Subcutaneously implanted catheter assembling.
US4929236A (en) 1988-05-26 1990-05-29 Shiley Infusaid, Inc. Snap-lock fitting catheter for an implantable device
US5522817A (en) 1989-03-31 1996-06-04 United States Surgical Corporation Absorbable surgical fastener with bone penetrating elements
US5041098A (en) 1989-05-19 1991-08-20 Strato Medical Corporation Vascular access system for extracorporeal treatment of blood
US5135492A (en) 1989-06-26 1992-08-04 University Of Florida Arterial/venous fluid transfer system
US5006115A (en) 1989-07-25 1991-04-09 Medtronic, Inc. Needle placement sensor
US5137529A (en) 1990-02-20 1992-08-11 Pudenz-Schulte Medical Research Corporation Injection port
US5352204A (en) 1990-03-01 1994-10-04 Ensminger William D Implantable access devices
US5554117A (en) 1990-03-01 1996-09-10 Michigan Transtech Corporation Implantable access devices
US5057084A (en) 1990-03-01 1991-10-15 The Regents Of The University Of Michigan Implantable infusion device
US5350360A (en) 1990-03-01 1994-09-27 Michigan Transtech Corporation Implantable access devices
US5281199A (en) 1990-03-01 1994-01-25 Michigan Transtech Corporation Implantable access devices
US5338398A (en) 1991-03-28 1994-08-16 Applied Materials, Inc. Tungsten silicide etch process selective to photoresist and oxide
TW213465B (en) 1991-06-11 1993-09-21 Mitsubishi Chemicals Co Ltd
US5215530A (en) 1991-07-11 1993-06-01 City Of Hope Sleeved extension and anchoring system for percutaneous catheters
US5360407A (en) 1991-08-29 1994-11-01 C. R. Bard, Inc. Implantable dual access port with tactile ridge for position sensing
US5399168A (en) 1991-08-29 1995-03-21 C. R. Bard, Inc. Implantable plural fluid cavity port
US5318545A (en) 1991-09-06 1994-06-07 Device Labs, Inc. Composite implantable biocompatible vascular access port device
US5213574A (en) 1991-09-06 1993-05-25 Device Labs, Inc. Composite implantable biocompatible vascular access port device
DE4129782C1 (en) 1991-09-07 1992-10-08 Hans Dipl.-Ing. Dr.Med. 3015 Wennigsen De Haindl
FR2686242B1 (en) 1992-01-22 1995-03-24 Georges Barbier
US5332398A (en) 1992-02-01 1994-07-26 Board Of Regents, The University Of Texas System Intramedullary catheter
US5234406A (en) 1992-04-06 1993-08-10 The Regents Of The University Of California Method and system for continuous spinal delivery of anesthetics
US5647855A (en) 1992-05-06 1997-07-15 Trooskin; Stanley Z. Self-healing diaphragm in a subcutaneous infusion port
US5405328A (en) 1992-06-17 1995-04-11 Minnesota Mining And Manufacturing Company Trocar with replaceable obturator
US5423334A (en) 1993-02-01 1995-06-13 C. R. Bard, Inc. Implantable medical device characterization system
US5562617A (en) 1994-01-18 1996-10-08 Finch, Jr.; Charles D. Implantable vascular device
US5562618A (en) 1994-01-21 1996-10-08 Sims Deltec, Inc. Portal assembly and catheter connector
US5387192A (en) 1994-01-24 1995-02-07 Sims Deltec, Inc. Hybrid portal and method
US5476460A (en) 1994-04-29 1995-12-19 Minimed Inc. Implantable infusion port with reduced internal volume
AU708529B2 (en) 1994-11-10 1999-08-05 University Of Kentucky Research Foundation, The Implantable refillable controlled release device to deliver drugs directly to an internal portion of the body
US5704915A (en) 1995-02-14 1998-01-06 Therex Limited Partnership Hemodialysis access device
US6113572A (en) 1995-05-24 2000-09-05 C. R. Bard, Inc. Multiple-type catheter connection systems
US5718692A (en) 1995-06-06 1998-02-17 Twineath, L.L.C. Self-retaining single insertion double catheter assembly and method for making double catheter systems
DE69630266D1 (en) 1995-06-07 2003-11-13 Gore Hybrid Technologies Inc Implantable cradle for a therapeutic device
US5695490A (en) 1995-06-07 1997-12-09 Strato/Infusaid, Inc. Implantable treatment material device
US5954691A (en) 1995-06-07 1999-09-21 Biolink Corporation Hemodialysis access apparatus
US5989216A (en) 1995-06-29 1999-11-23 Sims Deltec, Inc. Access portal and method
US5637088A (en) * 1995-09-14 1997-06-10 Wenner; Donald E. System for preventing needle displacement in subcutaneous venous access ports
US5702413A (en) 1996-01-11 1997-12-30 Scimed Life Systems, Inc. Curved bristle atherectomy device and method
US5951512A (en) 1996-05-28 1999-09-14 Horizon Medical Products, Inc. Infusion port with modified drug reservoir
US7131962B1 (en) 1996-06-12 2006-11-07 Nd Partners Llc Port device for subcutaneous access to the vascular system of a patient
US5718682A (en) 1996-06-28 1998-02-17 United States Surgical Corporation Access port device and method of manufacture
US5797879A (en) 1996-08-26 1998-08-25 Decampli; William M. Apparatus and methods for providing selectively adjustable blood flow through a vascular graft
US5792104A (en) 1996-12-10 1998-08-11 Medtronic, Inc. Dual-reservoir vascular access port
US5833654A (en) 1997-01-17 1998-11-10 C. R. Bard, Inc. Longitudinally aligned dual reservoir access port
US6007516A (en) 1997-01-21 1999-12-28 Vasca, Inc. Valve port and method for vascular access
US5931801A (en) 1997-01-21 1999-08-03 Vasca, Inc. Valve port assembly with interlock
US7056316B1 (en) 1997-01-21 2006-06-06 Vasca, Inc. Valve port and method for vascular access
US5848989A (en) 1997-06-05 1998-12-15 Davinci Biomedical Research Products, Inc. Implantable port with low profile housing for delivery/collection of fluids and implantation method
US6190352B1 (en) 1997-10-01 2001-02-20 Boston Scientific Corporation Guidewire compatible port and method for inserting same
US5989206A (en) 1997-10-31 1999-11-23 Biolink Corporation Apparatus and method for the dialysis of blood
US6039712A (en) 1997-11-04 2000-03-21 Terence M. Fogarty Implantable injection port
US6213973B1 (en) 1998-01-12 2001-04-10 C. R. Bard, Inc. Vascular access port with elongated septum
US20030109837A1 (en) 1998-03-13 2003-06-12 Mcbride-Sakal Marcia Brush to clear occluded stents
US8177762B2 (en) 1998-12-07 2012-05-15 C. R. Bard, Inc. Septum including at least one identifiable feature, access ports including same, and related methods
WO2000033901A1 (en) 1998-12-07 2000-06-15 Std Manufacturing, Inc. Implantable vascular access device
CA2256131A1 (en) 1998-12-16 2000-06-16 Micro Therapeutics, Inc. Miniaturized medical brush
WO2000078231A1 (en) 1999-06-17 2000-12-28 Biolink Corporation Hemodialysis access system including subcutaneous port and catheter and associated cleaning apparatus
US20020095122A1 (en) 1999-07-02 2002-07-18 Shaffer Terry M. Accessing and deaccessing tool with elastomeric needle retainer & method
JP2001231857A (en) * 2000-02-21 2001-08-28 Mitsubishi Pencil Co Ltd Indwelling needle with inner needle storage mechanism
AU5162601A (en) 2000-04-14 2001-10-30 Alphaport Llc Subcutaneous access port
US6962577B2 (en) 2000-04-26 2005-11-08 Std Manufacturing, Inc. Implantable hemodialysis access device
US6478783B1 (en) 2000-05-26 2002-11-12 H. Robert Moorehead Anti-sludge medication ports and related methods
JP4450556B2 (en) 2001-04-06 2010-04-14 ディセトロニック・ライセンシング・アクチェンゲゼルシャフト Injection device
US6981977B2 (en) * 2001-10-26 2006-01-03 Atrium Medical Corporation Body fluid cartridge exchange platform device
US7452354B2 (en) 2002-06-26 2008-11-18 Inset Technologies Incorporated Implantable pump connector for catheter attachment
EP1536743A2 (en) 2002-08-27 2005-06-08 SDGI Holdings, Inc. Systems and methods for intravertebral reduction
WO2004096316A2 (en) 2003-04-24 2004-11-11 Medical Research Products-A, Inc. Implantable medication delivery device having needle receiving slot
CA2565303C (en) 2003-05-02 2011-11-01 Metolius Biomedical, Llc Body-space drainage-tube debris removal
US7390296B2 (en) 2003-06-06 2008-06-24 Ams Research Corporation Inflatable penile prosthesis with volume displacement materials and devices
WO2005025665A1 (en) 2003-09-17 2005-03-24 Prostalund Operations Ab Partial-length, indwelling prostatic catheter with inflation tube anchor and obstruction resistance and clearing
US7351233B2 (en) 2003-10-14 2008-04-01 Parks Robert A Subcutaneous vascular access port, needle and kit, and methods of using same
US20050124980A1 (en) 2003-12-03 2005-06-09 Sanders Scott W. Port stem marking for catheter placement
GB0402249D0 (en) 2004-02-02 2004-03-03 Idi Technologies Ltd Brush
US8007477B2 (en) 2004-03-22 2011-08-30 Applied Medical Resources Corporation Surgical access port and method of using same
US20050267421A1 (en) 2004-05-28 2005-12-01 Wing Thomas W Catheter cleaner
US8323227B2 (en) 2004-07-02 2012-12-04 C. R. Bard, Inc. Tip configurations for a multi-lumen catheter
US7811266B2 (en) 2004-07-13 2010-10-12 Std Med, Inc. Volume reducing reservoir insert for an infusion port
WO2006066023A2 (en) 2004-12-14 2006-06-22 C. R. Bard, Inc. Fast clear port
US8147455B2 (en) 2005-04-27 2012-04-03 C. R. Bard, Inc. Infusion apparatuses and methods of use
US20070078432A1 (en) 2005-09-06 2007-04-05 Halseth Thor R Adjustable medication infusion injection apparatus
US7722580B2 (en) 2005-11-02 2010-05-25 Navilyst Medical, Inc. Percutaneous access port
ES2542745T3 (en) 2005-11-02 2015-08-11 Injectica Ag implantable infuser device
JP5448460B2 (en) 2006-02-09 2014-03-19 デカ・プロダクツ・リミテッド・パートナーシップ Apparatus and method according to the adhesive for medical devices and peripheral devices and methods,
US20070265595A1 (en) 2006-05-09 2007-11-15 Olympus Medical Systems Corp. Treatment tool inserting/withdrawing auxiliary device and medical procedure through endoscope
US20080039820A1 (en) 2006-08-10 2008-02-14 Jeff Sommers Medical Device With Septum
EP2068743B1 (en) 2006-09-12 2017-03-15 Vidacare LLC Medical procedures trays, kits and related methods
US20080114308A1 (en) 2006-11-13 2008-05-15 Di Palma Giorgio Vascular Access Port with Catheter Connector
US8377044B2 (en) 2007-03-30 2013-02-19 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Detachable end effectors
KR100876650B1 (en) * 2007-04-13 2009-01-09 (주) 비에이치케이 Apparatus for vascular access
US20080262475A1 (en) 2007-04-20 2008-10-23 Radi Medical Systems Ab Adapter for an introducer
JP4598199B2 (en) 2008-05-13 2010-12-15 ユフ精器株式会社 Neurosurgery screw kit and an electric drill used to it
WO2009148587A1 (en) 2008-06-05 2009-12-10 Jones Allan C Orally implantable intraosseous port
US9750874B2 (en) * 2008-10-10 2017-09-05 Peter Forsell Stimulation of penis erection
US9072296B2 (en) 2009-03-26 2015-07-07 Organic Medical Ventures, L.L.C. Transdermal venous access locking solutions
US8377034B2 (en) 2009-12-04 2013-02-19 Std Med, Inc. Vascular access port
US8562589B2 (en) 2009-12-24 2013-10-22 Rani Therapeutics, Llc Swallowable drug delivery device and method of delivery
EP2560726A4 (en) 2010-04-23 2014-11-26 Medical Components Inc Implantable dual reservoir access port
US8932258B2 (en) 2010-05-14 2015-01-13 C. R. Bard, Inc. Catheter placement device and method
US9072564B2 (en) 2010-06-02 2015-07-07 Wright Medical Technology, Inc. Hammer toe implant and method
US20120035585A1 (en) 2010-08-03 2012-02-09 Cook Incorporated Tapered venous access introducer
CA2817327A1 (en) 2010-11-09 2012-05-18 Frank Prosl Hemodialysis access system
US8529525B2 (en) 2011-03-22 2013-09-10 Medtronic, Inc. Implantable vascular access system
US8591482B2 (en) 2012-02-28 2013-11-26 Mark Westcott Huber needle safety apparatus
US9561337B2 (en) 2012-10-11 2017-02-07 Actuated Medical, Inc. Active system for in-situ clearing of secretions and occlusions in tubes
US20150051584A1 (en) 2013-08-14 2015-02-19 Teleflex Medical Incorporated Catheter insertion device
US9764124B2 (en) 2014-03-31 2017-09-19 Versago Vascular Access, Inc. Vascular access port
EP3125985A4 (en) 2014-04-03 2017-12-27 Versago Vascular Access, Inc. Devices and methods for installation and removal of a needle tip of a needle
AU2015364382A1 (en) 2014-12-18 2017-07-06 Versago Vascular Access, Inc. Catheter patency systems and methods
JP2018502635A (en) 2014-12-18 2018-02-01 ヴェルサゴ ヴァスキュラー アクセス インコーポレイテッド Device for the removal and replacement of the catheter for implantable access port, system, and method
JP2018524074A (en) 2015-07-14 2018-08-30 ヴェルサゴ ヴァスキュラー アクセス インコーポレイテッド Medical access port, transport device and methods of use thereof

Also Published As

Publication number Publication date
WO2017011652A1 (en) 2017-01-19
US20170014611A1 (en) 2017-01-19
EP3322460A1 (en) 2018-05-23
AU2016294584A1 (en) 2018-01-18
US10238851B2 (en) 2019-03-26
EP3322460A4 (en) 2019-04-03
CA2992455A1 (en) 2017-01-19

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5620419A (en) Port stabilizer ring
EP1622675B1 (en) Self-sealing male connector
ES2341173T3 (en) Valved catheter.
CN101316621B (en) Iv catheter with in-line valve and methods related thereto
US5290263A (en) Bidirectional check valve catheter
US7815168B2 (en) Medical valve with rotating member and method
JP4362015B2 (en) Wiping possible and needleless low reflux injectable port system
US6206851B1 (en) Hemodialysis access apparatus
CA2524008C (en) Arteriovenous access valve system and process
US5683640A (en) Method of making dual lumen catheters
US5713859A (en) Implantable vascular device
US6723084B1 (en) Catheter systems having multilumen guide catheter and retractable working catheter positioned in at least one lumen thereof
US6585705B1 (en) Retractable catheter systems
JP4870927B2 (en) The system and method of the safety catheter
US20090118683A1 (en) Dual reservoir implantable access port
EP1476213B1 (en) A multilumen catheter for minimizing limb ischemia
US20180185615A1 (en) Valved Catheters Including High Flow Rate Catheters
US6190371B1 (en) Catheter system having retractable working catheter and associated method
US20040193119A1 (en) Catheter port assembly for extracorporeal treatment
US7578803B2 (en) Multifunction adaptor for an open-ended catheter
US5637088A (en) System for preventing needle displacement in subcutaneous venous access ports
ES2364378T3 (en) Antireflux port blocking fluid.
ES2671333T3 (en) Rinse syringe positive displacement
EP1838382B1 (en) Catheter infusion port
US6050978A (en) Needleless valve connector