JP2017528083A - Audio processing algorithms and database - Google Patents

Audio processing algorithms and database Download PDF

Info

Publication number
JP2017528083A
JP2017528083A JP2017513241A JP2017513241A JP2017528083A JP 2017528083 A JP2017528083 A JP 2017528083A JP 2017513241 A JP2017513241 A JP 2017513241A JP 2017513241 A JP2017513241 A JP 2017513241A JP 2017528083 A JP2017528083 A JP 2017528083A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
regeneration zone
audio
device
audio signal
audio processing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2017513241A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
ティモシー・シーン
サイモン・ジャービス
Original Assignee
ソノズ インコーポレイテッド
ソノズ インコーポレイテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US14/481,514 priority Critical patent/US9891881B2/en
Priority to US14/481,505 priority
Priority to US14/481,514 priority
Priority to US14/481,505 priority patent/US9952825B2/en
Application filed by ソノズ インコーポレイテッド, ソノズ インコーポレイテッド filed Critical ソノズ インコーポレイテッド
Priority to PCT/US2015/048942 priority patent/WO2016040324A1/en
Publication of JP2017528083A publication Critical patent/JP2017528083A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04SSTEREOPHONIC SYSTEMS 
    • H04S7/00Indicating arrangements; Control arrangements, e.g. balance control
    • H04S7/30Control circuits for electronic adaptation of the sound field
    • H04S7/301Automatic calibration of stereophonic sound system, e.g. with test microphone
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04RLOUDSPEAKERS, MICROPHONES, GRAMOPHONE PICK-UPS OR LIKE ACOUSTIC ELECTROMECHANICAL TRANSDUCERS; DEAF-AID SETS; PUBLIC ADDRESS SYSTEMS
    • H04R27/00Public address systems
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04RLOUDSPEAKERS, MICROPHONES, GRAMOPHONE PICK-UPS OR LIKE ACOUSTIC ELECTROMECHANICAL TRANSDUCERS; DEAF-AID SETS; PUBLIC ADDRESS SYSTEMS
    • H04R2227/00Details of public address [PA] systems covered by H04R27/00 but not provided for in any of its subgroups
    • H04R2227/005Audio distribution systems for home, i.e. multi-room use
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04SSTEREOPHONIC SYSTEMS 
    • H04S2400/00Details of stereophonic systems covered by H04S but not provided for in its groups
    • H04S2400/09Electronic reduction of distortion of stereophonic sound systems
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04SSTEREOPHONIC SYSTEMS 
    • H04S2400/00Details of stereophonic systems covered by H04S but not provided for in its groups
    • H04S2400/13Aspects of volume control, not necessarily automatic, in stereophonic sound systems
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04SSTEREOPHONIC SYSTEMS 
    • H04S2400/00Details of stereophonic systems covered by H04S but not provided for in its groups
    • H04S2400/15Aspects of sound capture and related signal processing for recording or reproduction
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04SSTEREOPHONIC SYSTEMS 
    • H04S7/00Indicating arrangements; Control arrangements, e.g. balance control
    • H04S7/30Control circuits for electronic adaptation of the sound field
    • H04S7/305Electronic adaptation of stereophonic audio signals to reverberation of the listening space

Abstract

本開示の例は、再生ゾーン内でオーディオコンテンツを再生するときに、再生デバイスが適用するオーディオ処理アルゴリズムを決定することを含む。 Examples of the present disclosure, when playing audio content within the regeneration zone comprises determining the audio processing algorithms to be applied playback device. オーディオ処理アルゴリズムを決定することは、再生ゾーンにおいて再生デバイスに第1のオーディオ信号を再生させること、及び再生デバイスのマイクロホンによって検出された第2のオーディオ信号を示すデータを受信することを含む。 Determining the audio processing algorithm includes receiving possible to reproduce the first audio signal to the playback device, and data indicating a second audio signal detected by the microphone of the playback device in the regeneration zone. オーディオ処理アルゴリズムは、第2のオーディオ信号及び再生デバイスの特性に基づいて、決定される。 Audio processing algorithms, based on characteristics of the second audio signal and reproducing device is determined. オーディオ処理アルゴリズムは、計算されるか、又は再生ゾーンの音響特性に基づいてデータベース内で特定される。 Audio processing algorithms can either be calculated or identified in the database based on the acoustic characteristics of the regeneration zone. 再生ゾーンの音響特性は、第2のオーディオ信号と再生デバイスの特性とに基づいて決定される。 Acoustic properties of the regeneration zone is determined based on a second audio signal and characteristics of the playback device. その後、オーディオ処理アルゴリズムは、再生デバイスによって適用される。 Then, audio processing algorithm is applied by the playback device.

Description

関連出願の相互参照 CROSS-REFERENCE TO RELATED APPLICATIONS

本願は、2014年9月9日に出願された米国特許出願第14/481,505号及び2014年9月9日に出願された米国特許出願第14/481,514号の優先権を主張しており、その全体が参照されることにより本明細書に組み込まれる。 This application claims priority of filed September 9, filed Sep. 9, 2014 U.S. Patent Application No. 14 / 481,505 and 2014 U.S. Patent Application Serial No. 14 / 481,514 and it is incorporated herein by its entirety is referred to.

本願は、コンシューマ製品に関するものであり、特に、メディア再生に向けられた方法、システム、製品、機能、サービス、および他の要素に関するものや、それらのいくつかの態様に関する。 This application relates to a consumer product, in particular, a method directed to the media playback system, products, features, services, and and those for other elements, to their several aspects.

2003年に、ソノズ・インコーポレイテッドが最初の特許出願のうちの1つである「複数のネットワークデバイス間のオーディオ再生を同期する方法」と題する特許出願をし、2005年にメディア再生システムの販売を開始するまで、アウトラウド設定におけるデジタルオーディオへのアクセスおよび試聴のオプションは制限されていた。 In 2003, a patent application entitled "How to synchronize audio playback between multiple network devices" which is one of the first patent application Sonozu Inc., selling media playback system 2005 until the start, options of access and listen to digital audio in out loud setting has been limited. 人々は、ソノズ無線HiFiシステムによって、1つ又は複数のネットワーク再生デバイスを介して多数のソースから音楽を体験できるようになっている。 People, by Sonozu wireless HiFi system, so that the experience music from multiple sources through one or more network playback device. スマートフォン、タブレット、又はコンピュータにインストールされたソフトウェアコントロールアプリケーションを通じて、ネットワーク再生デバイスを備えたいずれの部屋においても、人々は自分が望む音楽を再生することができる。 Smartphone, tablet, or through installed software control application on your computer, in any room with a network playback device, people will be able to play the music he wants. また、例えばコントローラを用いて、再生デバイスを備えた各部屋に異なる歌をストリーミングすることもできるし、同期再生のために複数の部屋をグループ化することもできるし、全ての部屋において同期して同じ歌を聞くこともできる。 Further, for example, using a controller, can either be streamed different song in each room provided with a playback device, it can either be grouped multiple room for synchronized playback in synchronization in all the rooms it is also possible to listen to the same song.

これまでのデジタルメディアに対する関心の高まりを考えると、試聴体験を更に向上させることができるコンシューマアクセス可能な技術を更に開発することにニーズがある。 Given the growing interest in digital media to date, there is a need to further develop the consumer accessible technology capable of further Listen experience improved.

本明細書で開示されている技術の特徴、態様、および利点は、以下の記載、添付の特許請求の範囲、および添付の図面を参照するとより理解しやすい。 Features of the technology disclosed herein, aspects, and advantages, the following description, appended claims, and accompanying easier to understand with reference to the drawings in.

ある実施形態で実施可能な例示的なメデイア再生システムの構成を示す図 Diagram illustrating the configuration of possible exemplary media playback system in an embodiment 例示的な再生デバイスの機能ブロック図 Functional block diagram of an exemplary playback device 例示的な制御デバイスの機能ブロック図 Functional block diagram of an exemplary control device 例示的なコントローラインタフェースを示す図 It shows an exemplary controller interface オーディオ処理アルゴリズムのデータベースを保守する第1の方法の例示的なフロー図 Exemplary flow diagram of a first method for maintaining a database of audio processing algorithms オーディオ処理アルゴリズムの第1のデータベースの例示的な部分を示す図 It shows an exemplary portion of the first database of audio processing algorithms オーディオ処理アルゴリズムの第2のデータベースの例示的な部分を示す図 It shows an exemplary portion of a second database of audio processing algorithms オーディオ処理アルゴリズムのデータベースを保守する第2の方法の例示的なフロー図 Exemplary flow diagram of a second method of maintaining a database of audio processing algorithms 再生デバイスが校正されうる例示的な再生ゾーンを示す図 It shows an exemplary regeneration zone the playback device may be calibrated 1つ又は複数の再生ゾーン特性に基づいてオーディオ処理アルゴリズムを決定する第1の方法の例示的なフロー図 Exemplary flow diagram of a first method for determining the audio processing algorithm based on one or more of the regeneration zone characteristics 1つ又は複数の再生ゾーン特性に基づいてオーディオ処理アルゴリズムを決定する第2の方法の例示的なフロー図 Exemplary flow diagram of a second method of determining the audio processing algorithm based on one or more of the regeneration zone characteristics オーディオ処理アルゴリズムのデータベースからオーディオ処理アルゴリズムを特定する例示的なフロー図 Exemplary flow diagram for identifying the audio processing algorithm from a database of audio processing algorithms

図面は、いくつかの例示的な実施形態を説明することを目的としているが、本発明が、図面に示した配置および手段に限定されるものではないことは理解される。 Although the drawings are intended to illustrate several exemplary embodiments, the present invention is not limited to the arrangements and instrumentality shown in the drawings will be understood.

I. I. 概要 再生デバイスが再生ゾーンにおいてオーディオコンテンツを再生するとき、再生の品質は、再生ゾーンの音響特性に依存することがある。 SUMMARY When a reproducing device for reproducing the audio content in the regeneration zone, the quality of reproduction may depend on the acoustic properties of the regeneration zone. 本明細書の説明において、再生ゾーンは、1つ又は複数の再生デバイス又は再生デバイスのグループを含むことができる。 In the description of this specification, the regeneration zone may include one or a group of a plurality of playback devices or playback device. 再生ゾーンの音響特性は、再生ゾーンの寸法、再生ゾーン内の家具の種類、及び再生ゾーン内の家具の配置などに依存することがある。 Acoustic properties of the regeneration zone may be dependent dimensions of the regeneration zone, the kind of furniture in the regeneration zone, and like the arrangement of furniture within the regeneration zone. そのため、異なる再生ゾーンは、異なる音響特性を有する場合がある。 Therefore, different regeneration zone may have different acoustic characteristics. 再生デバイスの所定のモデルは、異なる音響特性を有する様々な異なる再生ゾーンにおいて使用されうるため、単一のオーディオ処理アルゴリズムは、異なる再生ゾーンのそれぞれにおける再生デバイスによる一貫したオーディオ再生品質を提供しないことがある。 Predetermined model of the playback device, since that can be used in a variety of different regeneration zone having a different acoustic characteristics, a single audio processing algorithms, that do not provide a consistent audio playback quality by the playback devices in each of the different regeneration zone there is.

本明細書において記載される例は、再生ゾーン内に再生デバイスが存在するような再生ゾーンの音響特性に基づいて、再生デバイスが適用するオーディオ処理アルゴリズムを決定することに関する。 The examples described herein, based on the acoustic properties of the regeneration zone such that there playback device in the regeneration zone, relates to determining the audio processing algorithms to be applied playback device. 再生ゾーンにおいてオーディオコンテンツを再生するときの、決定したオーディオ処理アルゴリズムの再生デバイスによる適用は、再生ゾーンにおいて再生デバイスによってレンダリングされたオーディオコンテンツに、少なくともある程度、所定のオーディオ特性を持たせることができる。 Applied by the playback device, the determined audio processing algorithms when playing audio content in the regeneration zone is, the rendered audio content by the playback device in the regeneration zone, at least to some extent, it is possible to provide a predetermined audio characteristics. ある場合では、オーディオ処理アルゴリズムの適用は、オーディオコンテンツの1つ又は複数のオーディオ周波数におけるオーディオ増幅を変更することである。 In some cases, the application of audio processing algorithm is to change the audio amplification in one or more of audio frequencies of the audio content. 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible.

ある例では、オーディオ処理アルゴリズムのデータベースは保守されてもよく、データベース内のオーディオ処理アルゴリズムは、再生ゾーンの1つ又は複数の特性に基づいて特定されてもよい。 In one example, a database of audio processing algorithms may be maintained, audio processing algorithms in the database, may be identified based on one or more characteristics of the regeneration zone. 再生ゾーンの1つ又は複数の特性は、再生ゾーンの音響特性、及び/又は再生ゾーンの寸法、再生ゾーンの床材及び/又は壁材、並びに再生ゾーン内の家具の数及び/又は種類などのうちの1つ又は複数を含んでもよい。 One or more characteristics of the regeneration zone, the acoustic properties, and / or regeneration zone of the regeneration zone dimensions, the regeneration zone flooring and / or wall coverings, as well as such as the number and / or type of furniture in the regeneration zone it may include one or more out.

オーディオ処理アルゴリズムのデータベースを保守することは、再生ゾーンの1つ又は複数の特性に対応する少なくとも1つのオーディオ処理アルゴリズムを決定すること、及び決定したオーディオ処理アルゴリズムをデータベースに追加することを含んでもよい。 To maintain a database of audio processing algorithms, determining at least one audio processing algorithm corresponding to one or more characteristics of the regeneration zone, and the determined audio processing algorithms may include adding to the database . ある例では、データベースは、データベースを保守する1つ又は複数のデバイス又は1つ又は複数の他のデバイスに格納されうる。 In one example, the database may be stored in one or more devices or one or more other devices to maintain the database. 本明細書における説明において、別段の記載がない限り、データベースを保守するための機能は、とりわけ、1つ又は複数のコンピューティングデバイス(すなわち、サーバ)、1つ又は複数の再生デバイス、又は1つ又は複数のコントローラデバイスによって実行されうる。 In the description herein, unless otherwise stated, the function for maintaining the database, among other things, one or more computing devices (i.e., server), one or more playback devices, or one or it may be executed by a plurality of controller device. しかしながら、単純化のために、機能を実行する1つ又は複数のデバイスは、一般に、コンピューティングデバイスと称されてもよい。 However, for simplicity, one or more devices to perform a function, generally, may be referred to as a computing device.

ある例では、そのようなオーディオ処理アルゴリズムを決定することは、コンピューティングデバイスが再生ゾーンの音響特性を決定することを含んでもよい。 In one example, to determine such an audio processing algorithms may include computing device to determine the acoustic properties of the regeneration zone. ある場合では、再生ゾーンは、再生デバイスがオーディオコンテンツを再生することができる再生ゾーンをシミュレートするために使用されるモデルルームであってもよい。 In some cases, the regeneration zone may be a model room that is used to simulate the regeneration zone capable playback device to reproduce the audio content. そのような場合、モデルルームの1つ又は複数の物理的特性(すなわち、寸法、床材及び壁材など)が予め決定されてもよい。 In such a case, one or more physical properties of a model room (i.e., dimension, such as a floor material and wall material) may be pre-determined. 別の場合では、再生ゾーンは、再生デバイスのユーザの自宅内の部屋であってもよい。 In another case, the regeneration zone may be a room in the home of a user of the playback device. そのような場合、再生ゾーンの物理的特性は、ユーザによって提供されてもよく又は未知であってもよい。 In such a case, the physical properties of the regeneration zone may be a good or unknown be provided by the user.

ある例では、コンピューティングデバイスは、再生ゾーン内の再生デバイスにオーディオ信号を再生させてもよい。 In one example, the computing device may be reproduced audio signal to the playback device in the regeneration zone. ある場合では、再生されたオーディオ信号は、再生デバイスによってレンダリング可能な全周波数レンジを実質的にカバーする周波数を有するオーディオコンテンツを含んでもよい。 In some case, the reproduced audio signal may include audio content having a frequency substantially covering renderable entire frequency range by the playback device. その後、再生デバイスは、再生デバイスのマイクロホンを使用してオーディオ信号を検出してもよい。 Thereafter, the playback device may detect the audio signal using a microphone of the playback device. 再生デバイスのマイクロホンは、再生デバイスの内蔵マイクロホンであってもよい。 Microphone playback device may be a built-in microphone of the playback device. ある場合では、検出されたオーディオ信号は、再生されたオーディオ信号に対応する部分を含んでもよい。 In some cases, the detected audio signal may include a portion corresponding to the reproduced audio signal. 例えば、検出されたオーディオ信号は、再生ゾーン内で反射された再生されたオーディオ信号の成分を含んでもよい。 For example, it detected audio signal may include a component of the audio signal reproduced reflected in the regeneration zone. コンピューティングデバイスは、検出されたオーディオ信号を再生デバイスから受信し、検出されたオーディオ信号に基づいて再生ゾーンの音響応答を決定してもよい。 Computing device receives the detected audio signal from the playback device may determine the acoustic response of the regeneration zone on the basis of the detected audio signal.

そして、コンピューティングデバイスは、再生ゾーンの音響応答から再生デバイスの音響特性を除去することによって再生ゾーンの音響特性を決定してもよい。 Then, the computing device may determine the acoustic properties of the regeneration zone by removing the acoustic characteristics of the reproduction device from the acoustic response of the regeneration zone. 再生デバイスの音響特性は、再生デバイスのモデルに対応する音響特性であってもよい。 Acoustic characteristics of the reproduction device may be a sound characteristic corresponding to the model of the playback device. ある場合では、再生デバイスのモデルに対応する音響特性は、無響室におけるモデルの代表的な再生デバイスによって再生されて検出されたオーディオ信号に基づいて決定されてもよい。 In some cases, acoustic characteristics corresponding to the model of the playback device may be determined based on the audio signal detected is reproduced by the model representative playback device in an anechoic chamber.

そして、コンピューティングデバイスは、決定した再生ゾーンの音響特性及び所定のオーディオ特性に基づいて、対応するオーディオ処理アルゴリズムを決定してもよい。 Then, the computing device based on the determined acoustic properties and a predetermined audio characteristics of the regeneration zone may be used to determine the corresponding audio processing algorithms. 所定のオーディオ特性は、良好なサウンディングとみなされる特定の周波数等化を含んでもよい。 Predetermined audio characteristics may include a particular frequency equalization is considered a good sounding. 対応するオーディオ処理アルゴリズムが決定されて、再生ゾーンにおいてオーディオコンテンツを再生するときの再生デバイスによる対応するオーディオ処理アルゴリズムの適用は、再生ゾーンにおいて再生デバイスによってレンダリングされたオーディオコンテンツに、少なくともある程度、所定のオーディオ特性を持たせてもよい。 It is determined corresponding audio processing algorithms, application of corresponding audio processing algorithms performed by the playback device for reproducing the audio content in the regeneration zone is, the rendered audio content by the playback device in the regeneration zone, at least to some extent, predetermined audio characteristics may be provided with. 例えば、再生ゾーンの音響特性が特定のオーディオ周波数が他の周波数よりも減衰されたものである場合、対応するオーディオ処理アルゴリズムは、特定のオーディオ周波数の強めた増幅を含んでもよい。 For example, if the acoustic characteristics of the reproduction zone in which the particular audio frequencies are attenuated more than other frequencies, corresponding audio processing algorithms may include amplification strengthened the particular audio frequencies. 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible.

そして、決定されたオーディオ処理アルゴリズムと再生ゾーンの音響特性との関連付けは、データベース内のエントリとして記憶されてもよい。 The association between the acoustic properties of the regeneration zone the determined audio processing algorithms may be stored as an entry in the database. 幾つかの場合では、オーディオ処理アルゴリズムと再生ゾーンの1つ又は複数の他の特性との関連付けが追加的に又は代替的にデータベースに記憶されてもよい。 In some cases, audio processing algorithms and association of one or more other characteristics of the regeneration zone may be stored in addition or alternatively the database. 例えば、再生ゾーンが特定の寸法からなる場合、オーディオ処理アルゴリズムと特定の部屋寸法との関連付けがデータベースに記憶されてもよい。 For example, if the regeneration zone consists of specific dimensions, association with a particular room size and audio processing algorithms may be stored in a database. 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible.

ある例では、データベースが、コンピューティングデバイスによってアクセスされることによって、再生デバイスが再生ゾーンに適用するためのオーディオ処理アルゴリズムが特定されてもよい。 In one example, the database is, by being accessed by a computing device, the reproduction device may be identified audio processing algorithms to be applied to the regeneration zone. ある例では、データベースにアクセスしてオーディオ処理アルゴリズムを特定するコンピューティングデバイスは、上述したように、データベースを保守する同一のコンピューティングデバイスであってもよい。 In one example, a computing device for identifying the audio processing algorithm to access the database, as described above, may be the same computing device to maintain the database. 別の例では、コンピューティングデバイスは、異なるコンピューティングデバイスであってもよい。 In another example, the computing device may be a different computing device.

幾つかの場合では、データベースにアクセスして、再生デバイスが再生ゾーンに適用するためのオーディオ処理アルゴリズムを特定することは、再生デバイスの校正の一部であってもよい。 In some cases, access to the database, the playback device to identify the audio processing algorithms to be applied to the regeneration zone may be a part of the calibration of the reproducing device. そのような再生デバイスの校正は、再生デバイス自体によって、再生デバイスと通信するサーバによって、又はコントローラデバイスによって開始されてもよい。 Calibration of such playback device, the playback device itself, by a server that communicates with the playback device, or may be initiated by the controller device. ある場合では、再生デバイスが新規であり且つ校正が再生デバイスの初期設定の一部であるため、校正が開始されてもよい。 In some cases, since the reproduction device is a new and calibration is part of the initialization of the playback device may be calibrated is started. 別の場合では、再生デバイスは、同一の再生ゾーン内に又はある再生ゾーンから別の再生ゾーンに再配置されてもよい。 In another case, the playback device may be relocated from or regeneration zone in the same regeneration zone to another regeneration zone. さらなる場合では、校正は、コントローラデバイスを介してなど、再生デバイスのユーザによって開始されてもよい。 In a further case, calibration, etc. via the controller device may be initiated by a user of the playback device.

ある例では、再生デバイスの校正は、他の可能性の中でも特に、コンピューティングデバイスが、再生デバイスのユーザに、再生ゾーンの近似寸法、床材又は壁材、家具の量などの再生ゾーンの1つ又は複数の特性を示すように促すことを含んでもよい。 In one example, the calibration of the playback device, among other possibilities, a computing device, the user of the playback device, the approximate dimensions of the regeneration zone, flooring or wall material, the regeneration zone, such as the amount of furniture 1 One or may comprise prompting more properties to show. コンピューティングデバイスは、コントローラデバイス上のユーザインタフェースを介してユーザに促すことができる。 Computing device may prompt the user via the user interface on the controller device. ユーザによって提供される再生ゾーンの1つ又は複数の特性に基づいて、再生ゾーンの1つ又は複数の特性に対応するオーディオ処理アルゴリズムがデータベースにおいて特定されてもよく、したがって、再生デバイスは、再生ゾーンにおいてオーディオコンテンツを再生するときに特定されたオーディオ処理アルゴリズムを適用してもよい。 Based on one or more characteristics of a regeneration zone provided by the user, the audio processing algorithm corresponding to one or more characteristics of the reproduction zone may be identified in the database, therefore, playback device, playback zone it may be applied to specified audio processing algorithms when playing audio content in.

別の例では、再生デバイスの校正は、再生ゾーンの音響特性を決定すること、及び再生ゾーンの音響特性に基づいて対応するオーディオ処理アルゴリズムを特定することを含んでもよい。 In another example, the calibration of the reproducing device, determining the acoustic properties of the regeneration zone, and the audio processing algorithm corresponding based on the acoustic properties of the regeneration zone may include identifying. 再生ゾーンの音響特性の決定は、上述したものと同様であってもよい。 Determining acoustic characteristics of the regeneration zone may be similar to those described above. 例えば、再生デバイスが校正されている再生ゾーン内の再生デバイスは、第1のオーディオ信号を再生した後に、再生デバイスのマイクロホンを使用して第2のオーディオ信号を検出してもよい。 For example, the playback device in the regeneration zone the playback device is calibrated, after playing the first audio signal, may detect the second audio signal using a microphone of the playback device. そして、第2のオーディオ信号は、再生ゾーンの音響特性を決定することに基づいてもよい。 Then, the second audio signal may be based on determining the acoustic properties of the regeneration zone. 決定された音響特性に基づいて、対応するオーディオ処理アルゴリズムがデータベース内で特定されてもよく、したがって、再生デバイスは、再生ゾーンにおいてオーディオコンテンツを再生するときに、特定されたオーディオ処理アルゴリズムを適用してもよい。 Based on the determined acoustic characteristics may corresponding audio processing algorithm is specified in the database, therefore, playback device, when playing the audio content in a regeneration zone, and applying a particular audio processing algorithm it may be. 上述したように、再生ゾーンにおいてオーディオコンテンツを再生するときの再生デバイスによる対応するオーディオ処理アルゴリズムの適用は、再生ゾーンにおいて再生デバイスによってレンダリングされたオーディオコンテンツに、少なくともある程度、所定のオーディオ特性を持たせることができる。 As described above, the application of the corresponding audio processing algorithms performed by the playback device for reproducing the audio content in the regeneration zone is, the rendered audio content by the playback device in the playback zone, to at least some extent, have a predetermined audio characteristics be able to.

上述した再生デバイスの校正についての説明は、一般に、オーディオ処理アルゴリズムのデータベースを含むが、当業者は、コンピューティングデバイスがデータベースにアクセスすることなく再生ゾーンについてのオーディオ処理アルゴリズムを決定することができることを理解するであろう。 The description of the calibration of the above-described playback device, generally includes a database of audio processing algorithms, those skilled in the art, that can be a computing device to determine the audio processing algorithm for regeneration zone without accessing the database They will understand. 例えば、データベース内の対応するオーディオ処理アルゴリズムを特定する代わりに、コンピューティングデバイスは、(検出されたオーディオ信号からの)再生ゾーンの音響特性と、データベースについてのオーディオ処理アルゴリズムエントリの保守及び生成に関連して上述したものと同様の所定のオーディオ特性とに基づいて、オーディオ処理アルゴリズムを計算することによってオーディオ処理アルゴリズムを決定することができる。 For example, instead of specifying a corresponding audio processing algorithms in the database, computing device, (from the detected audio signal) and the acoustic properties of the regeneration zone, associated with maintenance and generation of audio processing algorithms entry for the database on the basis of the predetermined audio characteristics similar to that described above with, it is possible to determine the audio processing algorithm by computing the audio processing algorithms. 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible.

ある場合では、校正されるべき再生デバイスは、再生ゾーンにおいてオーディオコンテンツを同期して再生するように構成された複数の再生デバイスのうちの1つであってもよい。 In some cases, the playback device to be calibrated may be one of a plurality of playback devices that are configured to synchronously reproduce the audio content in the regeneration zone. そのような場合、再生ゾーンの音響特性の決定は、再生ゾーン内の他の再生デバイスによって再生されたオーディオ信号を含むこともできる。 In such a case, the determination of the acoustic properties of the regeneration zone can also include an audio signal reproduced by other reproduction devices in the regeneration zone. ある例では、オーディオ処理アルゴリズムを決定している間、再生ゾーンにおける複数の再生デバイスのそれぞれは、同時にオーディオ信号を再生することができ、再生デバイスのマイクロホンによって検出されたオーディオ信号は、再生デバイスによって再生されたオーディオ信号に対応する部分とともに、再生ゾーン内の他の再生デバイスによって再生されたオーディオ信号の部分を含んでもよい。 In one example, while determining the audio processing algorithms, each of the plurality of reproducing devices in the regeneration zone, it is possible to reproduce the audio signal at the same time, the audio signal detected by the microphone of the playback device, by the playback device with the portion corresponding to the reproduced audio signal may include a portion of the audio signal reproduced by other reproduction devices in the regeneration zone. 検出されたオーディオ信号に基づいて、再生ゾーンの音響応答を決定することができ、再生ゾーンの音響応答から校正されている再生デバイスの音響特性を除去することによって、他の再生デバイスを含む再生ゾーンの音響特性を決定することができる。 Based on the detected audio signal, it is possible to determine the acoustic response of the regeneration zone, by removing the acoustic characteristics of the reproduction device that is calibrated from the acoustic response of the regeneration zone, the regeneration zone containing the other playback devices You can determine the acoustic properties. そして、オーディオ処理アルゴリズムは、再生ゾーンの音響特性に基づいてデータベース内で計算又は特定され、再生デバイスによって適用されうる。 Then, audio processing algorithms is calculated or identified in the database based on the acoustic properties of the regeneration zone can be applied by the playback device.

別の場合では、再生ゾーン内の複数の再生デバイスにおける2つ以上の再生デバイスは、各内蔵マイクロホンをそれぞれ有することができ、上記記載にしたがってそれぞれ個別に校正されうる。 In another case, two or more playback devices in a plurality of playback devices in the regeneration zone, each built-in microphone may have respectively, may be respectively individually calibrated in accordance with the above described. 1つの例において、2つ以上の再生デバイスのそれぞれのマイクロホンによって検出されたオーディオ信号の集合に基づいて、再生ゾーンの音響特性が決定されてもよく、音響特性に対応するオーディオ処理アルゴリズムは、2つ以上の再生デバイスのそれぞれについて特定されてもよい。 In one example, based on a set of detected audio signals by two or more respective microphones playback device may be acoustic characteristics of the regeneration zone is determined, the audio processing algorithm corresponding to the acoustic characteristics, 2 One or more may be specified for each of the playback device. 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible.

上述したように、本開示は、再生デバイスを含む特定の再生ゾーンの音響特性に基づいて、再生デバイスが適用するオーディオ処理アルゴリズムを決定することを含む。 As described above, the present disclosure is based on the acoustic properties of the particular regeneration zone including the reproduction device includes determining the audio processing algorithms to be applied playback device. 1つの態様において、コンピューティングデバイスが提供される。 In one aspect, a computing device is provided. コンピューティングデバイスは、プロセッサと、プロセッサによって実行可能であってコンピューティングデバイスに機能を実行させる命令を格納したメモリとを含む。 Computing device includes a processor, and a memory storing instructions for executing the function to be in a computing device executable by the processor. 本機能は、再生ゾーン内の再生デバイスに第1のオーディオ信号を再生させること、及び再生デバイスのマイクロホンによって検出された第2のオーディオ信号を示すデータを再生デバイスから受信することを含む。 This function includes receiving possible to reproduce the first audio signal to the playback device in the regeneration zone, and the data representing the second audio signal detected by the microphone of the playback device from the playback device. 第2のオーディオ信号は、第1のオーディオ信号に対応する部分を含む。 Second audio signal includes a portion corresponding to the first audio signal. 本機能は、さらに、第2のオーディオ信号及び再生デバイスの音響特性に基づいて、オーディオ処理アルゴリズムを決定すること、及び決定したオーディオ処理アルゴリズムを示すデータを再生デバイスに送信することを含む。 This function further comprises based on the acoustic properties of the second audio signal and reproducing device, which transmits it to determine the audio processing algorithms, and data indicating the audio processing algorithm determined the playback device.

別の態様において、コンピューティングデバイスが提供される。 In another embodiment, a computing device is provided. コンピューティングデバイスは、プロセッサと、プロセッサによって実行可能であってコンピューティングデバイスに機能を実行させる命令を格納したメモリとを含む。 Computing device includes a processor, and a memory storing instructions for executing the function to be in a computing device executable by the processor. 本機能は、第1の再生デバイスに再生ゾーンにおいて第1のオーディオ信号を再生させること、第2の再生デバイスに再生ゾーンにおいて第2のオーディオ信号を再生させること、及び第1の再生デバイスのマイクロホンによって検出された第3のオーディオ信号を示すデータを第1の再生デバイスから受信することを含む。 This function is possible to reproduce the first audio signal in the regeneration zone to the first reproduction device, thereby reproducing the second audio signal in the regeneration zone to a second playback device, and a microphone of the first reproduction device data indicating the third audio signal detected by comprising receiving from the first reproduction device. 第3のオーディオ信号は、(i)第1のオーディオ信号に対応する部分と、(ii)第2の再生デバイスによって再生された第2のオーディオ信号に対応する部分とを含む。 Third audio signal includes a portion corresponding to (i) the portion corresponding to the first audio signal, (ii) a second audio signal reproduced by the second reproducing device. また、本機能は、第3のオーディオ信号及び第1の再生デバイスの音響特性に基づいて、オーディオ処理アルゴリズムを決定すること、及び決定したオーディオ処理アルゴリズムを示すデータを第1の再生デバイスに送信することを含む。 Moreover, this function is based on the acoustic properties of the third audio signal and the first playback device transmits determining the audio processing algorithms, and data indicating the audio processing algorithms to determine the first reproduction device including that.

別の態様において、再生デバイスが提供される。 In another embodiment, the reproduction device is provided. 再生デバイスは、プロセッサと、マイクロホンと、プロセッサによって実行可能であって再生デバイスに機能を実行させる命令を格納したメモリとを含む。 Reproducing device includes a processor, a microphone, and a memory storing instructions to perform functions in the playback device be executable by the processor. 本機能は、再生ゾーンにおいて第1のオーディオ信号を再生しながら、マイクロホンによって第2のオーディオ信号を検出することを含む。 This function, while playing the first audio signal in the playback zone, and detecting a second audio signal by the microphone. 第2のオーディオ信号は、第1のオーディオ信号に対応する部分を含む。 Second audio signal includes a portion corresponding to the first audio signal. また、本機能は、第2のオーディオ信号及び再生デバイスの音響特性に基づいて、オーディオ処理アルゴリズムを決定すること、及び再生ゾーンにおいてメディアアイテムを再生するときに、決定されたオーディオ処理アルゴリズムをメディアアイテムに対応するオーディオデータに適用することを含む。 Moreover, this function is based on the acoustic properties of the second audio signal and playback device, determining the audio processing algorithms, and when playing media item in the regeneration zone, the media items determined audio processing algorithm comprising applying to the audio data corresponding to.

別の態様において、コンピューティングデバイスが提供される。 In another embodiment, a computing device is provided. コンピューティングデバイスは、プロセッサと、プロセッサによって実行可能であってコンピューティングデバイスに機能を実行させる命令を格納したメモリとを含む。 Computing device includes a processor, and a memory storing instructions for executing the function to be in a computing device executable by the processor. 本機能は、再生ゾーン内の再生デバイスに第1のオーディオ信号を再生させること、及び再生デバイスのマイクロホンによって検出された第2のオーディオ信号を示すデータを受信することを含む。 This function includes receiving possible to reproduce the first audio signal to the playback device in the regeneration zone, and the data representing the second audio signal detected by the microphone of the playback device. 第2のオーディオ信号は、再生デバイスによって再生された第1のオーディオ信号に対応する部分を含む。 Second audio signal includes a portion corresponding to the first audio signal reproduced by the reproducing device. また、本機能は、第2のオーディオ信号及び再生デバイスの特性に基づいて再生ゾーンの音響特性を決定すること、再生ゾーンの音響特性に基づいてオーディオ処理アルゴリズムを決定すること、及びオーディオ処理アルゴリズムと再生ゾーンの音響特性との関連付けをデータベースに記憶させることを含む。 Moreover, this function is to determine the acoustic properties of the regeneration zone on the basis of the characteristics of the second audio signal and playback device, determining the audio processing algorithm based on the acoustic properties of the regeneration zone, and an audio processing algorithm comprising storing the association between the acoustic properties of the regeneration zone to the database.

別の態様において、コンピューティングデバイスが提供される。 In another embodiment, a computing device is provided. コンピューティングデバイスは、プロセッサと、プロセッサによって実行可能であってコンピューティングデバイスに機能を実行させる命令を格納したメモリとを含む。 Computing device includes a processor, and a memory storing instructions for executing the function to be in a computing device executable by the processor. 本機能は、再生ゾーン内の再生デバイスに第1のオーディオ信号を再生させること、及び(i)再生ゾーンの1つ又は複数の特性を示すデータと、(ii)再生デバイスのマイクロホンによって検出された第2のオーディオ信号を示すデータとを受信することを含む。 This function is possible to reproduce the first audio signal to the playback device in the regeneration zone, and a (i) data indicating one or more characteristics of the regeneration zone, detected by (ii) playback device microphone It includes receiving the data indicating the second audio signal. 第2のオーディオ信号は、再生デバイスによって再生されたオーディオ信号に対応する部分を含む。 Second audio signal includes a portion corresponding to the audio signal reproduced by the reproducing device. また、本機能は、第2のオーディオ信号及び再生デバイスの特性に基づいてオーディオ処理アルゴリズムを決定すること、及び決定したオーディオ処理アルゴリズムと再生ゾーンの1つ又は複数の特性のうちの少なくとも1つとの関連付けをデータベースに記憶させることを含む。 Moreover, this function is to determine the audio processing algorithm based on the characteristics of the second audio signal and playback device, and the determined audio processing algorithm of the one or more characteristics of the regeneration zone at least one of comprising to store associations in the database.

別の態様において、コンピューティングデバイスが提供される。 In another embodiment, a computing device is provided. コンピューティングデバイスは、プロセッサと、プロセッサによって実行可能であって再生デバイスに機能を実行させる命令を格納したメモリとを含む。 Computing device includes a processor, and a memory storing instructions to perform functions in the playback device be executable by the processor. 本機能は、(i)複数のオーディオ処理アルゴリズム及び(ii)複数の再生ゾーン特性のデータベースを保守することを含む。 This function involves maintaining a database of (i) a plurality of audio processing algorithms and (ii) a plurality of regeneration zone characteristics. 複数のオーディオ処理アルゴリズムのうちの各オーディオ処理アルゴリズムは、複数の再生ゾーン特性のうちの少なくとも1つの再生ゾーン特性に対応する。 Each audio processing algorithms of a plurality of audio processing algorithm corresponding to at least one regeneration zone characteristics of a plurality of playback zone characteristics. また、本機能は、再生ゾーンの1つ又は複数の特性を示すデータを受信すること、データに基づいてオーディオ処理アルゴリズムをデータベースにおいて特定すること、及び特定したオーディオ処理アルゴリズムを示すデータを送信することを含む。 Moreover, this function is to receive data indicative of one or more characteristics of the regeneration zone, sending identifying the audio processing algorithms in the database based on the data, and data indicating the specified audio processing algorithm including.

本明細書に記載の幾つかの例は、「ユーザ」及び/又は他の実体のような任意の主体によって行われる機能について言及するが、このことは単に例示目的であると理解されるべきである。 Some examples described herein, reference will be made functions performed by any entity, such as "user" and / or other entities, to be understood that this is merely illustrative purposes is there. 特許請求の範囲は、特許請求の範囲自体の記載によって明示的に要請されない限り、そのような例示の主体の動作であることを要請するものと解釈されてはならない。 Claims, unless explicitly requested by the description of claims themselves, should not be interpreted as requesting that the operation of such exemplary entity. 当業者にとって、本開示には他の複数の実施形態が含まれることは理解されるであろう。 Those skilled in the art, that the present disclosure includes several other embodiments will be understood.

II. II. 動作環境の例 図1は、本明細書で開示されている1つ又は複数の実施形態で実施可能又は実装可能なメディア再生システム100の例示的な構成を示す。 Example Operating Environment Figure 1 illustrates an exemplary configuration of possible or mountable media playback system 100 in one or more embodiments disclosed herein. 図示されるように、メディア再生システム100は、複数の部屋および空間、例えば、主寝室、オフィス、ダイニングルーム、およびリビングルームを有する例示的なホーム環境と関連付けられている。 As shown, the media playback system 100 includes a plurality of rooms and spaces, for example, are associated with the master bedroom, the exemplary home environment with offices, dining room, and a living room. 図1の例に示されるように、メディア再生システム100は、再生デバイス102−124、制御デバイス126および128、有線又は無線のネットワークルータ130を含む。 As shown in the example of FIG. 1, the media playback system 100 includes a playback device 102-124, the control device 126 and 128, a wired or wireless network router 130.

更に、例示的なメディア再生システム100の異なる構成要素、および異なる構成要素がどのように作用してユーザにメディア体験を提供するかに関しての説明は、以下のセクションで述べられている。 Furthermore, the description regarding or provides exemplary media playback system 100 different components, and different components act how media experience to the user, are described in the following sections. 本明細書における説明は、概してメディア再生システム100を参照しているが、本明細書で述べられている技術は、図1に示されるホーム環境の用途に限定されるものではない。 The description herein is generally refers to media playback system 100, the technology described herein is not limited to the home environment of application shown in Figure 1. 例えば、本明細書で述べられている技術は、マルチゾーンオーディオが望まれる環境、例えば、レストラン、モール、又は空港のような商業的環境、スポーツ用多目的車(SUV)、バス又は車のような車両、船、若しくはボード、飛行機などの環境において有益である。 For example, the techniques are described herein, the environment in which the multi-zone audio is desired, for example, restaurants, malls, or commercial environment, sport utility vehicles, such as the airport (SUV), such as a bus or car vehicle, ship or board, is beneficial in an environment such as an airplane.

a. a. 例示的な再生デバイス 図2は、図1のメディア再生システム100の再生デバイス102−124の1つ又は複数を構成する例示的な再生デバイス200の機能ブロック図を示す。 Exemplary reproduction device Figure 2 shows a functional block diagram of an exemplary playback device 200 constituting the one or more playback devices 102-124 of the media playback system 100 of FIG. 再生デバイス200は、プロセッサ202、ソフトウェアコンポーネント204、メモリ206、オーディオ処理コンポーネント208、オーディオアンプ210、スピーカー212、マイクロホン220、およびネットワークインタフェース214を含んでもよい。 Playback device 200 includes a processor 202, software component 204, a memory 206, an audio processing component 208, audio amplifier 210, speaker 212 may include a microphone 220 and a network interface 214,. ネットワークインタフェース214は、無線インタフェース216および有線インタフェース218を含む。 Network interface 214 includes a wireless interface 216 and a wired interface 218. ある場合では、再生デバイス200は、スピーカー212を含まないが、再生デバイス200を外部スピーカーに接続するためのスピーカーインタフェースを含んでいてもよい。 In some cases, the playback device 200 does not include the speaker 212 may include a speaker interface for connecting the playback device 200 to external speakers. 別の場合では、再生デバイス200は、スピーカー212もオーディオアンプ210も含まないが、再生デバイス200を外部オーディオアンプ又はオーディオビジュアルレシーバーに接続するためのオーディオインタフェースを含んでもよい。 In another case, the playback device 200, the speaker 212 may not include an audio amplifier 210 may include an audio interface for connecting the playback device 200 to an external audio amplifier or audiovisual receiver.

ある例では、プロセッサ202は、メモリ206に記憶された命令に基づいて、入力データを処理するように構成されたクロック駆動コンピュータコンポーネントであってもよい。 In one example, the processor 202, based on instructions stored in memory 206 may be clocked computer components configured to process the input data. メモリ206は、プロセッサ202によって実行可能な命令を記憶するように構成された非一時的なコンピュータ読み取り可能記録媒体であってもよい。 Memory 206 may be a non-transitory computer-readable recording medium configured to store instructions executable by the processor 202. 例えば、メモリ206は、ある機能を実行するためにプロセッサ202によって実行可能なソフトウェアコンポーネント204の1つ又は複数をロードすることができるデータストレージであってもよい。 For example, memory 206 may be a data storage that can be loaded with one or more executable software component 204 by processor 202 to perform certain functions. ある例では、機能は、再生デバイス200がオーディオソース又は別の再生デバイスからオーディオデータを読み出すステップを含んでもよい。 In one example, the function, the playback device 200 may include a step of reading the audio data from the audio source or another playback device. 別の例では、機能は、再生デバイス200がネットワーク上の別のデバイス又は再生デバイスにオーディオデータを送信するステップを含んでもよい。 In another example, functions may include the step of transmitting the audio data reproduction device 200 to another device or playback device on the network. 更に別の例では、機能は、マルチチャンネルオーディオ環境を作るために、再生デバイス200と1つ又は複数の再生デバイスとをペアリングするステップを含んでもよい。 In yet another example, the function to make a multi-channel audio environment, may include the step of pairing the playback device 200 and the one or more playback devices.

ある機能は、再生デバイス200が、1つ又は複数の他の再生デバイスと、オーディオコンテンツの再生を同期するステップを含む。 Some functions, the playback device 200 includes one or more other playback devices, the step of synchronizing the playback of audio content. 再生を同期している間、再生デバイス200によるオーディオコンテンツの再生と1つ又は複数の他の再生デバイスによる再生との間の遅延を、リスナーが気づかないことが好ましい。 While synchronous playback, the delay between the playback by the playback and one or more other playback devices for audio content by the playback device 200, it is preferred that the listener does not notice. 「複数の独立クロックデジタルデータ処理デバイス間の動作を同期するシステムおよび方法」と題する米国特許第8,234,395号が本明細書に参照として援用されており、それは再生デバイス間のオーディオ再生を同期することが述べられたより詳細な例を提供している。 U.S. Patent No. 8,234,395, entitled "Multiple independent clocks digital data processing system and method for synchronizing the operation between devices" are incorporated by reference herein, it is the audio reproduction between playback devices that synchronization is provided a more detailed example set forth.

更に、メモリ206は、データを記憶するように構成されていてもよい。 Furthermore, memory 206 may be configured to store data. データは、例えば、1つ又は複数のゾーンおよび/又はゾーングループに一部として含まれる再生デバイス200などの再生デバイス200、再生デバイス200によりアクセス可能なオーディオソース、又は再生デバイス200(又は他の再生デバイス)と関連付け可能な再生キュー、に関連付けられている。 Data, for example, the playback device 200, such as a playback device 200 included as part of one or more zones and / or zone group, accessible audio source by the reproduction device 200, or playback device 200 (or other playback device) and associable playback queue, the associated. データは、定期的に更新され、再生デバイス200の状態を示す1つ又は複数の状態変数として記憶されてもよい。 Data is updated regularly, may be stored as one or more state variables indicating the state of the playback device 200. また、メモリ206は、メディアシステムの他のデバイスの状態と関連付けられたデータを含んでもよく、デバイス間で随時共有することによって、1つ又は複数のデバイスが、システムと関連するほぼ直近のデータを有してもよい。 The memory 206 may include data associated with the state of other devices of the media system, by any time shared between devices, one or more devices, almost immediate data associated with the system it may have. 他の実施形態も可能である。 Other embodiments are possible.

オーディオ処理コンポーネント208は、とりわけ、1つ又は複数のデジタル−アナログ変換器(DAC)、アナログ−デジタル変換器(ADC)、オーディオ処理コンポーネント、オーディオ強化コンポーネント、及びデジタルシグナルプロセッサ(DSP)を含んでいてもよい。 Audio processing component 208, among other things, one or more digital - analog converter (DAC), an analog - digital converter (ADC), audio processing components, include audio enhancement component, and a digital signal processor (DSP) it may be. ある実施形態では、1つ又は複数のオーディオ処理コンポーネント208は、プロセッサ202のサブコンポーネントであってもよい。 In some embodiments, one or more audio processing component 208 may be sub-components of the processor 202. ある実施形態では、オーディオコンテンツが、オーディオ処理コンポーネント208によって処理および/又は意図的に変更されることによって、オーディオ信号を生成してもよい。 In some embodiments, the audio content, by being changed processed and / or intentionally by an audio processing components 208 may generate an audio signal. 生成されたオーディオ信号は、オーディオアンプ210に送信され、増幅され、スピーカー212を通じて再生される。 The generated audio signal is transmitted to the audio amplifier 210, amplified and reproduced through a speaker 212. 特に、オーディオアンプ210は、1つ又は複数のスピーカー212を駆動できるレベルまでオーディオ信号を増幅するように構成されたデバイスを含んでもよい。 In particular, the audio amplifier 210 may comprise a device configured to amplify the audio signal to one or more levels of the speaker 212 can be driven. スピーカー212は、独立した変換器(例えば、「ドライバ」)又は1つ又は複数のドライバを内包する筐体を含む完全なスピーカーシステムを備えてもよい。 Speaker 212, independent transducers (eg, "driver") may comprise a complete loudspeaker system comprising a housing containing the or one or more drivers. スピーカー212に備えられたあるドライバは、例えば、サブウーファー(例えば、低周波用)、ミドルレンジドライバ(例えば、中間周波用)、および/又はツイーター(高周波用)を含んでもよい。 Drivers provided to the speaker 212, for example, the subwoofer (e.g., low-frequency), middle range drivers (e.g., for intermediate frequency), and / or tweeter may include (for high frequency). ある場合では、1つ又は複数のスピーカー212のそれぞれの変換器は、オーディオアンプ210の対応する個々のオーディオアンプによって駆動されてもよい。 In some cases, each transducer of one or more speakers 212 may be driven by a corresponding individual audio amplifier of the audio amplifier 210. 再生デバイス200で再生するアナログ信号を生成することに加えて、オーディオ処理コンポーネント208は、オーディオコンテンツを処理し、そのオーディオコンテンツを1つ又は複数の他の再生デバイスに再生させるために送信する。 In addition to generating an analog signal reproduced by the reproducing device 200, an audio processing component 208 processes the audio content, and transmits the order to reproduce the audio content to one or more other playback devices.

再生デバイス200によって処理および/又は再生されるオーディオコンテンツは、外部ソース、例えば、オーディオライン−イン入力接続(例えば、オートディテクティング3.5mmオーディオラインイン接続)又はネットワークインタフェース214を介して、受信されてもよい。 Audio content to be processed and / or reproduced by the reproduction device 200, an external source, for example, audio line - in input connection (e.g., auto de Tech computing 3.5mm audio line-in connection) or via the network interface 214 is received it may be.

マイクロホン220は、検出されたサウンドを電気信号に変換するように構成されたオーディオセンサを含んでもよい。 Microphone 220 may include an audio sensor configured to convert the detected sound to an electrical signal. 電気信号は、オーディオ処理コンポーネント208及び/又はプロセッサ202によって処理されうる。 Electrical signals may be processed by the audio processing component 208 and / or processor 202. マイクロホン220は、再生デバイス200における1つ又は複数の位置において1つ又は複数の向きに配置されうる。 Microphone 220 may be located in one or more orientations in one or more positions in the playback device 200. マイクロホン220は、1つ又は複数の周波数レンジ内のサウンドを検出するように構成されうる。 Microphone 220 may be configured to detect sound in the one or more frequency ranges. ある場合では、1つ又は複数のマイクロホン220は、再生デバイス200が可能であるか又はレンダリングしているオーディオの周波数レンジ内のサウンドを検出するように構成されうる。 In some cases, one or more microphones 220 may be configured to detect a sound within the frequency range of the audio that are or rendering or reproduction is possible devices 200. 別の場合では、1つ又は複数のマイクロホン220は、人間の可聴周波数レンジ内のサウンドを検出するように構成されてもよい。 In other cases, one or more microphones 220 may be configured to detect the sound of the human audible frequency range. 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible.

ネットワークインタフェース214は、データネットワーク上で再生デバイス200と1つ又は複数の他のデバイスとの間のデータフローを可能にするように構成されてもよい。 Network interface 214 may be configured to allow data flow between the playback device 200 and one or more other devices over the data network. このように、再生デバイス200は、再生デバイスと通信する1つ又は複数の他の再生デバイス、ローカルエリアネットワーク内のネットワークデバイス、又は例えば、インターネット等のワイドエリアネットワーク上のオーディオコンテンツソースから、データネットワークを介してオーディオコンテンツを受信するように構成されていてもよい。 Thus, the playback device 200, one or more other playback devices communicating with the playback device, a network device in a local area network, or for example, from the audio content source on a wide area network such as the Internet, a data network it may be configured to receive the audio content through. ある例では、再生デバイス200によって送信および受信されたオーディオコンテンツおよび他の信号は、インターネットプロトコル(IP)に基づくソースアドレスおよびIPに基づく宛先アドレスを含むデジタルパケットの形で送信されてもよい。 In one example, audio content and other signal transmitted and received by the playback device 200 may be transmitted in the form of digital packets containing a destination address based on the source address and the IP-based Internet Protocol (IP). そのような場合、ネットワークインタフェース214は、デジタルパケットデータを解析することによって、再生デバイス200宛てのデータを、再生デバイス200によって適切に受信して処理することができる。 In such a case, the network interface 214, by analyzing the digital packet data, the data reproducing device 200 destined can be processed properly received by the playback device 200.

図示されるように、ネットワークインタフェース214は、無線インタフェース216と有線インタフェース218とを含んでもよい。 As shown, the network interface 214 may include a wireless interface 216 and the wired interface 218. 無線インタフェース216は、再生デバイス200用のネットワークインタフェース機能を提供し、通信プロトコル(例えば、無線規格IEEE802.11a、802.11b、802.11g、802.11n、802.11ac、802.15、4Gモバイル通信基準などを含む無線基準(規格)のいずれか)に基づいて、他のデバイス(例えば、再生デバイス200に関連付けられたデータネットワーク内の他の再生デバイス、スピーカー、レシーバー、ネットワークデバイス、制御デバイス)と無線通信してもよい。 Wireless interface 216 provides a network interface function for reproducing device 200, a communication protocol (e.g., a wireless standard IEEE802.11a, 802.11b, 802.11g, 802.11n, 802.11ac, 802.15,4G mobile based on either) wireless standards, including communication standard (standard), other devices (e.g., other playback devices in data networks associated with the playback device 200, speakers, receivers, network device, control device) and it may be wireless communication. 有線インタフェース218は、再生デバイス200用のネットワークインタフェース機能を提供し、通信プロトコル(例えば、IEEE802.3)に基づいて他のデバイスとの有線接続を介して通信してもよい。 Wired interface 218 provides a network interface function for reproducing device 200, a communication protocol (e.g., IEEE802.3) may communicate via a wired connection to another device based on. 図2に示されるネットワークインタフェース214は、無線インタフェース216と有線インタフェース218との両方を含んでいるが、ネットワークインタフェース214は、ある実施形態において、無線インタフェースのみか、又は有線インタフェースのみを含んでいてもよい。 Network interface 214 shown in FIG. 2, but includes both the radio interface 216 and the wired interface 218, network interface 214, in some embodiments, radio interface only, or also include a wired interface only good.

ある例では、再生デバイス200と他の再生デバイスとは、ペアにされて、オーディオコンテンツの2つの別々のオーディオコンポーネントを再生してもよい。 In one example, the playback device 200 and the other playback device and can be paired, may play two separate audio component of the audio content. 例えば、再生デバイス200は、左チャンネルオーディオコンポーネントを再生するように構成される一方、他の再生デバイスは、右チャンネルオーディオコンポーネントを再生するように構成されてもよい。 For example, the playback device 200, while being configured to play the left-channel audio component, other playback device may be configured to play the right channel audio component. これにより、オーディオコンテンツのステレオ効果を生成するか、又は強化することができる。 Thus, either to produce a stereo effect of the audio content, or may be enhanced. ペアにされた再生デバイス(「結合再生デバイス」とも言う)は、更に、他の再生デバイスと同期してオーディオコンテンツを再生してもよい。 (Also referred to as "binding playback device") pair reproduction device further may play the audio content in synchronization with the other playback device.

別の例では、再生デバイス200は、1つ又は複数の他の再生デバイスと音響的に統合され、単一の統合された再生デバイス(統合再生デバイス)を形成してもよい。 In another example, the playback device 200 is one or more other playback devices and acoustically integrated, may form a single integrated playback device (integrated reproduction device). 統合再生デバイスは、統合されていない再生デバイス又はペアにされた再生デバイスと比べて、サウンドの処理や再現を異なるように構成することができる。 Integrated reproduction device may be compared with the non-integrated reproducing device or reproduction device paired to form a processing or reproduction of sound differently. なぜならば、統合再生デバイスは、オーディオコンテンツを再生するスピーカー追加することができるからである。 This is because, integrated reproduction device is, is because it is possible to speakers add to reproduce the audio content. 例えば、再生デバイス200が、低周波レンジのオーディオコンテンツを再生するように設計されている場合(例えば、サブウーファー)、再生デバイス200は、全周波数レンジのオーディオコンテンツを再生するように設計された再生デバイスと統合されてもよい。 For example, the playback device 200, if it is designed to reproduce the audio content of the low-frequency range (e.g., subwoofer), the playback device 200 is designed to reproduce the audio content of the total frequency range reproduction devices and may be integrated. この場合、全周波数レンジの再生デバイスは、低周波の再生デバイス200と統合されたとき、オーディオコンテンツの中高周波コンポーネントのみを再生するように構成されてもよい。 In this case, the playback device for all frequency range, when it is integrated with the reproduction device 200 of the low frequency, may be configured to reproduce only the high-frequency components in the audio content. 一方で低周波レンジの再生デバイス200は、オーディオコンテンツの低周波コンポーネントを再生する。 Meanwhile playback device 200 in the low frequency range, to reproduce the low-frequency components of the audio content. 更に、統合再生デバイスは、単一の再生デバイス、又は更に他の統合再生デバイスとペアにされてもよい。 Furthermore, integrated reproduction device, a single playback device, or even may be to other integrated reproduction device paired.

例として、現在、ソノズ・インコーポレイテッドは、「PLAY:1」、「PLAY:3」、「PLAY:5」、「PLAYBAR」、「CONNECT:AMP」、「CONNECT」、および「SUB」を含む再生デバイスを販売提供している。 As an example, currently, Sonozu Inc. is "PLAY: 1", "PLAY: 3", "PLAY: 5", "PLAYBAR", "CONNECT: AMP", reproduction including "CONNECT", and "SUB" It sells provide the device. 他の過去、現在、および/又は将来のいずれの再生デバイスにおいても、追加的に又は代替的に本明細書で開示された実施例の再生デバイスに実装して使用することができる。 Other past, present, and / or in any of the playback devices in the future, can be used and mounted on additionally or alternatively playback device disclosed embodiments herein. 更に、再生デバイスは、図2に示された特定の例又は提供されるソノズ製品に限定されないことは理解される。 Furthermore, the playback device is not limited to Sonozu products are specific examples or provided as shown in FIG. 2 will be appreciated. 例えば、再生デバイスは、有線又は無線のヘッドホンを含んでもよい。 For example, the playback device may include a wired or wireless headphones. 別の例では、再生デバイスは、パーソナルモバイルメディア再生デバイス用のドッキングステーションを含むか、又は、それらと対話してもよい。 In another example, the playback device includes or docking station for personal mobile media playback device, or may interact with them. 更に別の例では、再生デバイスは、別のデバイス又はコンポーネント、例えば、テレビ、照明器具、又は屋内又は屋外で使用するためのいくつかの他のデバイスと一体化されてもよい。 In yet another example, playback device, another device or component, for example, television, luminaire, or may be integrated with some other device for use indoors or outdoors.

b. b. 例示的な再生ゾーン構成 図1のメディア再生システム100に戻って、環境は、1つ又は複数の再生ゾーンを有しており、それぞれの再生ゾーンは1つ又は複数の再生デバイスを含んでいる。 Returning to the exemplary regeneration zone configuration diagram 1 of a media playback system 100, environment has one or more regeneration zones, each regeneration zone includes one or more playback devices. メディア再生システム100は、1つ又は複数の再生ゾーンで形成されており、後で1つ又は複数のゾーンが追加又は削除して、図1に示す例示的な構成としてもよい。 Media playback system 100, one or more are formed in the regeneration zone, one or more zones are added or deleted later, may be the exemplary configuration illustrated in FIG. それぞれのゾーンは、異なる部屋又は空間、例えば、オフィス、浴室、主寝室、寝室、キッチン、ダイニングルーム、リビングルーム、および/又はバルコニーに基づく名前が与えられてもよい。 Each of the zones, a different room or space, for example, office, bathroom, master bedroom, bedroom, kitchen, dining room, living room, and / or may be given a name based on the balcony. ある場合では、単一の再生ゾーンは複数の部屋又は空間を含んでいてもよい。 In some cases, a single regeneration zone may include a plurality of rooms or spaces. 別の場合では、単一の部屋又は空間は、複数の再生ゾーンを含んでいてもよい。 In other cases, a single room or space may include a plurality of regeneration zone.

図1に示されるように、バルコニー、ダイニングルーム、キッチン、浴室、オフィス、および寝室のゾーンのそれぞれは、1つの再生デバイスを有する一方、リビングルームおよび主寝室のゾーンのそれぞれは、複数の再生デバイスを有する。 As shown in FIG. 1, a balcony, a dining room, kitchen, bathroom, the office, and each of the zones of the bedroom, while having a single playback device, each of the zones in the living room and the master bedroom, a plurality of playback devices having. リビングルームゾーンは、再生デバイス104、106、108、および110が、別々の再生デバイスとしてか、1つ又は複数の結合再生デバイスとしてか、1つ又は複数の統合再生デバイスとしてか、又はこれらのいずれかの組み合わせで、オーディオコンテンツを同期して再生するように構成されてもよい。 Living room zone, the playback device 104, 106, 108, and 110, or as separate playback device, or as one or more binding playback device, or as one or more integrated reproduction device, or any of these in Kano combination may be configured to synchronously reproduce audio content. 同様に、主寝室の場合では、再生デバイス122および124が、別々の再生デバイスとしてか、結合再生デバイスとしてか、又は統合再生デバイスとして、オーディオコンテンツを同期して再生するように構成されてもよい。 Similarly, in the case of the master bedroom, the playback device 122 and 124, or as separate playback device, or as a binding playback device, or as an integrated reproducing device, may be configured to synchronously reproduce audio content .

ある例では、図1の環境における1つ又は複数の再生ゾーンは、それぞれ異なるオーディオコンテンツを再生している。 In one example, one or more of the regeneration zone in the environment of FIG 1 is playing back different audio content, respectively. 例えば、ユーザは、バルコニーゾーンでグリルしながら、再生デバイス102によって再生されるヒップホップ音楽を聞くことができる。 For example, the user, while the grill on the balcony zone, it is possible to listen to hip-hop music to be reproduced by the reproduction device 102. 一方、別のユーザは、キッチンゾーンで食事を準備しながら、再生デバイス114によって再生されるクラシック音楽を聞くことができる。 On the other hand, another user, while preparing a meal in the kitchen zone, it is possible to listen to classical music to be played by the playback device 114. 別の例では、再生ゾーンは、同じオーディオコンテンツを別の再生ゾーンと同期して再生してもよい。 In another example, the regeneration zone may be reproduced in synchronization with the same audio content as another regeneration zone. 例えば、ユーザがオフィスゾーンにいる場合、オフィスゾーンの再生デバイス118が、バルコニーの再生デバイス102で再生されている音楽と同じ音楽を再生してもよい。 For example, if the user is in the office zone, playback device 118 of office zones may play the same music as the music being played back on the playback device 102 balcony. そのような場合、再生デバイス102および118は、ロック音楽を同期して再生しているため、ユーザは、異なる再生ゾーン間を移動してもアウト−ラウドで再生されるオーディオコンテンツをシームレス(又は少なくともほぼシームレス)に楽しむことができる。 In such a case, the playback device 102 and 118, since the reproduced synchronously rock music, the user can be moved between different regeneration zone out - seamless audio content reproduced by the loud (or at least it is possible to enjoy almost seamless). 再生ゾーン間の同期は、前述の米国特許第8,234,395号で述べられているような再生デバイス間の同期と同様の方法で行ってもよい。 Synchronization between the regeneration zone may be performed in synchronization with the same method between reproduction devices as described in U.S. Patent No. 8,234,395 described above.

上述したように、メディア再生システム100のゾーン構成は、動的に変更してもよく、ある実施形態では、メディア再生システム100は、複数の構成をサポートする。 As described above, the zone configuration of the media playback system 100 may be dynamically changed, in some embodiments, the media playback system 100 supports multiple configurations. 例えば、ユーザが1つ又は複数の再生デバイスを、物理的にゾーンに移動させるか、又はゾーンから移動させる場合、メディア再生システム100は変更に対応するように再構成されてもよい。 For example, a user of one or more playback devices, if either physically move to the zone, or to move from the zone, the media playback system 100 may be reconfigured to accommodate changes. 例えば、ユーザが再生デバイス102をバルコニーゾーンからオフィスゾーンに物理的に移動させる場合、オフィスゾーンは、再生デバイス118と再生デバイス102との両方を含んでもよい。 For example, if the user moves the playback device 102 from the balcony zone physically office zone, Office zone may comprise both a playback device 118 and playback device 102. 必要に応じて、制御デバイス、例えば制御デバイス126と128とを介して、再生デバイス102が、ペアにされるか、又はオフィスゾーンにグループ化されるか、および/又はリネームされてもよい。 If necessary, the control device, for example via the control device 126 and 128, the playback device 102, either in pairs or are grouped into office zone, and / or may be renamed. 一方、1つ又は複数の再生デバイスが、再生ゾーンを未だ設定していないホーム環境において、ある領域に移動させられた場合、新しい再生ゾーンがその領域に形成されてもよい。 Meanwhile, one or more playback device, in a home environment have not yet set the regeneration zone, when moved to a region, a new regeneration zone may be formed in that region.

更に、メディア再生システム100の異なる再生ゾーンは、動的にゾーングループに組み合わされてもよいし、又は別々の再生ゾーンに分割されてもよい。 Furthermore, the media playback system 100 different regeneration zone may be combined into dynamically zone group, or may be divided into separate regeneration zone. 例えば、ダイニングルームゾーンとキッチンゾーン114とがディナーパーティ用のゾーングループに組み合わされることによって、再生デバイス112と114とがオーディオコンテンツを同期して再生することができる。 For example, by the dining room zone and kitchen zone 114 are combined in the zone group for a dinner party, it is possible to the playback device 112 and 114 are reproduced in synchronization with audio content. 一方、あるユーザがテレビを見たい一方、他のユーザがリビングルーム空間の音楽を聞きたい場合、リビングルームゾーンが、再生デバイス104を含むテレビゾーンと、再生デバイス106、108および110を含むリスニングゾーンと、に分けられてもよい。 On the other hand, listening zone that includes one wants to see certain user television, if another user wants to hear music in the living room space, a living room zone, and TV zone including a playback device 104, the playback device 106, 108 and 110 and, it may be divided into.

c. c. 例示的な制御デバイス 図3は、メディア再生システム100の制御デバイス126と128とうちの一方又は両方を構成する例示的な制御デバイス300の機能ブロック図を示す。 Exemplary control device Figure 3 shows a functional block diagram of an exemplary control device 300 constituting one or both of which the control device 126 and 128 of the media playback system 100. 図示されるように、制御デバイス300は、プロセッサ302、メモリ304、ネットワークインタフェース306、ユーザインタフェース308、及びマイクロホン310を含んでもよい。 As shown, the control device 300 includes a processor 302, memory 304, network interface 306, user interface 308, and may include a microphone 310. ある例では、制御デバイス300は、メディア再生システム100専用の制御デバイスであってもよい。 In one example, the control device 300 may be a media playback system 100 dedicated control device. 別の例では、制御デバイス300は、メディア再生システムコントローラアプリケーションソフトウェアをインストールされたネットワークデバイス、例えば、iPhone(登録商標)、iPad(登録商標)、又は任意の他のスマートフォン、タブレットあるいはネットワークデバイス(例えば、PC又はMac(登録商標)などのネットワークコンピュータ)であってもよい。 In another example, the control device 300, a media playback system controller application software installed network devices, for example, iPhone (TM), iPad (registered trademark), or any other phone, tablet or a network device (e.g. , it may be a PC or Mac (registered trademark) network computer, such as a).

プロセッサ302は、メディア再生システム100のユーザアクセス、コントロール、および構成を可能にすることに関する機能を実行するように構成されてもよい。 Processor 302, the media playback system 100 user access, control, and may be configured to perform functions related to enabling configuration. メモリ304は、プロセッサ302によって実行可能な命令を記憶し、それらの機能を実行するように構成されていてもよい。 Memory 304 stores instructions executable by processor 302, may be configured so as to perform their function. また、メモリ304は、メディア再生システムコントローラアプリケーションソフトウェアと、メディア再生システム100とユーザとに関連付けられた他のデータを記憶するように構成されていてもよい。 The memory 304 includes a media playback system controller application software may be configured to store other data associated with the media playback system 100 and the user.

マイクロホン310は、検出されたサウンドを電気信号に変換するように構成されたオーディオセンサを含んでもよい。 Microphone 310 may include an audio sensor configured to convert the detected sound to an electrical signal. 電気信号は、プロセッサ302によって処理されうる。 Electrical signals may be processed by processor 302. ある場合では、制御デバイス300が音声通信又は音声録音のための手段として使用されることもできるデバイスである場合、1つ又は複数のマイクロホン310は、それらの機能を容易にするマイクロホンであってもよい。 In some cases, when the control device 300 is a device that can also be used as a means for voice communication or voice recording, one or more microphones 310 may be a microphone to facilitate their function good. 例えば、1つ又は複数のマイクロホン310は、人間が生成可能な周波数レンジ及び/又は人間の可聴周波数レンジ内のサウンドを検出するように構成されうる。 For example, one or more microphones 310, a human can be configured to detect sounds that can be generated frequency range and / or human audible frequency range. 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible.

ある例では、ネットワークインタフェース306は、工業規格(例えば、赤外線、無線、IEEE802.3などの有線規格、IEEE802.11a、802.11b、802.11g、802.11n、802.11ac、802.15などの無線規格、4G通信規格など)に基づいてもよい。 In one example, the network interface 306, an industry standard (e.g., infrared, radio, wired standard such as IEEE802.3, IEEE802.11a, 802.11b, 802.11g, 802.11n, 802.11ac, etc. 802.15 wireless standards may be based on 4G and communication standards). ネットワークインタフェース306においては、制御デバイス300がメディア再生システム100内の他のデバイスと通信するための手段を提供してもよい。 In the network interface 306, the control device 300 may provide a means for communicating with other devices in the media playback system 100. ある例では、データおよび情報(例えば、状態変数)は、ネットワークインタフェース306を介して制御デバイス300と他のデバイスとの間で通信されてもよい。 In one example, data and information (e.g., state variables) may be communicated between the control device 300 via the network interface 306 with other devices. 例えば、メディア再生システム100における再生ゾーンおよびゾーングループの構成は、制御デバイス300によって、再生デバイス又は別のネットワークデバイスから受信されてもよいし、あるいは制御デバイス300によって、ネットワークインタフェース306を介して別の再生デバイス又はネットワークデバイスに送信されてもよい。 For example, construction of the regeneration zone and zone group in the media playback system 100, the control device 300, by may be received from the playback device or another network device or control device 300, another via the network interface 306 it may be transmitted to the playback device or a network device. ある場合では、他のネットワークデバイスは、別の制御デバイスであってもよい。 In some cases, other network devices may be a separate control device.

ボリュームコントロールおよびオーディオ再生コントロールなどの再生デバイス制御コマンドは、ネットワークインタフェース306を介して制御デバイス300から再生デバイスに通信されてもよい。 Reproduction device control commands such as volume control and audio playback controls, the control device 300 via the network interface 306 may be communicated to the playback device. 上述したように、メディア再生システム100の構成の変更は、ユーザにより制御デバイス300を用いて行うことができる。 As described above, configuration changes media playback system 100 can be performed by using the control device 300 by the user. 構成の変更は、1つ又は複数の再生デバイスをゾーンに追加すること、1つ又は複数の再生デバイスをゾーンから取り除くこと、1つ又は複数のゾーンをゾーングループに追加すること、1つ又は複数のゾーンをゾーングループから取り除くこと、結合プレーヤー又は統合プレーヤーを形成すること、結合プレーヤー又は統合プレーヤーから1つ又は複数の再生デバイスに分けることなどを含んでもよい。 The configuration changes, adding one or more playback devices in the zone, the removal of one or more playback devices from the zone, adding one or more zones in the zone group, one or more removing from one zone group, to form a bond player or integrated player may include such be divided into one or more playback devices from the coupling player or integrated player. このように、制御デバイス300は、コントローラと呼ばれてもよく、制御デバイス300は、メディア再生システムコントローラアプリケーションソフトウェアをインストールした専用のコントローラか、又はネットワークデバイスであってもよい。 Thus, the control device 300 may be referred to as a controller, the control device 300, a media playback system controller application software dedicated controller or that have installed or may be a network device.

制御デバイス300のユーザインタフェース308は、図4に示されるコントローラインタフェース400などのようなコントローラインタフェースを提供することによって、メディア再生システム100のユーザアクセスおよび制御を可能にするように構成されていてもよい。 User interface 308 of the control device 300, by providing a controller interface such as a controller interface 400 shown in FIG. 4, may be configured to allow user access and control of the media playback system 100 . コントローラインタフェース400は、再生制御領域410、再生ゾーン領域420、再生ステータス領域430、再生キュー領域440、およびオーディオコンテンツソース領域450を含む。 The controller interface 400 includes a reproduction control area 410, regeneration zone area 420, the reproduction status area 430, the reproduction queue area 440 and audio content source region 450,. 図示されるユーザインタフェース400は、図3の制御デバイス300などのようなネットワークデバイス(および/又は図1の制御デバイス126および128)を設けられたユーザインタフェースの単なる一例であって、ユーザによってメディア再生システム100などのようなメディア再生システムを制御するためにアクセスされるものである。 The user interface 400 illustrated is only one example of a user interface of the network device (control device 126 and 128 and / or FIG. 1) is provided, such as the control device 300 of FIG. 3, the media reproduction by the user it is intended to be accessed in order to control the media playback system such as system 100. あるいは、様々なフォーマット、スタイル、および対話型シーケンスを他のユーザのインタフェースを1つ又は複数のネットワークデバイスに実装し、メディア再生システムへ類似の制御アクセスを提供してもよい。 Alternatively, a variety of formats, styles, and interactive sequence implements the interface of another user to one or more network devices may provide similar control access to the media playback system.

再生制御領域410は、(例えば、タッチ又はカーソルを用いることで)選択可能なアイコンを含んでもよい。 Reproduction control region 410 (e.g., by using a touch or cursor) may include selectable icons. このアイコンによって、選択された再生ゾーン又はゾーングループ内の再生デバイスが、再生又は停止、早送り、巻き戻し、次にスキップ、前にスキップ、シャッフルモードのオン/オフ、リピートモードのオン/オフ、クロスフェードモードのオン/オフを行う。 This icon, playback devices in the selected reproduction zone or zone group, playback or stop, fast forward, rewind, then skip, skip before, the shuffle mode on / off, repeat mode on / off, cross perform a fade mode on / off. 再生制御領域410は、別の選択可能なアイコンを含んでもよい。 Reproduction control region 410 may include another selectable icons. 別の選択可能なアイコンは、イコライゼーション設定、再生ボリュームなど他の設定などを変更してもよい。 Another selectable icons, equalization settings may be changed and other settings such as playback volume.

再生ゾーン領域420は、メディア再生システム100内の再生ゾーンの表示を含んでもよい。 Regeneration zone area 420 may include an indication of the regeneration zone of the media playback system 100. ある実施形態では、再生ゾーンのグラフィック表示が選択可能であってもよい。 In some embodiments, the graphical display of the regeneration zone may be selectable. 追加の選択可能なアイコンを移動させることによって、メディア再生システム内の再生ゾーンを管理又は構成することができる。 By moving additional selectable icons may manage or configure the regeneration zone in the media playback system. 例えば、結合ゾーンの作成、ゾーングループの作成、ゾーングループの分割、およびゾーングループのリネームなど他の管理又は構成を行うことができる。 For example, creating a bond zone, creating a zone group, divided zone group, and it is possible to perform other management or configuration such as rename zone groups.

例えば、図示されるように、「グループ」アイコンは、再生ゾーンのグラフィック表示のそれぞれに設けられてもよい。 For example, as illustrated, "Group" icon may be provided in each of the graphic display of the regeneration zone. あるゾーンのグラフィック表示内の「グループ」アイコンは、メディア再生システム内の1つ又は複数のゾーンを選択して、あるゾーンとグループ化するオプションを出せるように選択可能であってもよい。 "Group" icon graphics in the display of a certain zone, select the one or more zones of the media playback system may be selectable to put out the option of a zone and grouping. 一度グループ化すると、あるゾーンとグループ化されたゾーン内の再生デバイスは、あるゾーン内の再生デバイスと同期してオーディオコンテンツを再生するように構成される。 Once you grouping, playback devices in one zone and grouped zone is configured to play audio content in synchronization with the playback device in a zone. 同様に、「グループ」アイコンは、ゾーングループのグラフィック表示内に設けられてもよい。 Similarly, the "group" icon may be provided within the graphic display of the zone group. この場合、「グループ」アイコンは、ゾーングループ内の1つ又は複数のゾーンをゾーングループから取り除くために、ゾーングループ内の1つ又は複数のゾーンを選択から外すというオプションを出すように選択可能であってもよい。 In this case, the "group" icon, in order to remove one or more of the zones in the zone group from the zone group, can be selected so as to give the option of removing from the selected one or more of the zones in the zone group it may be. ユーザインタフェース400等のユーザインタフェースを介してゾーンをグループ化およびグループ解除するための他の対話をすることも可能であるし、実施することも可能である。 It is also possible to other dialogue for grouping and ungrouping zone via a user interface such as user interface 400, it is also possible to implement. 再生ゾーン領域420内の再生ゾーンの表示は、再生ゾーン又はゾーングループ構成が変更されると、動的に更新されてもよい。 Viewing regeneration zone in the regeneration zone region 420, when the regeneration zone or zone group configuration is changed, it may be dynamically updated.

再生ステータス領域430は、現在再生されているオーディオコンテンツ、前に再生されたオーディオコンテンツ、又は選択された再生ゾーン又はゾーングループ内で次に再生するように予定されているオーディオコンテンツ、のグラフィック表示を含んでもよい。 Play status area 430, the audio content currently being played back, previously reproduced audio content, or selected the regeneration zone or next audio content that is scheduled to play in the zone group, the graphic display it may also include a. 選択可能な再生ゾーン又は再生グループは、ユーザインタフェース上で、例えば、再生ゾーン領域420および/又は再生ステータス領域430内で視覚的に区別されてもよい。 Selectable regeneration zone or reproducing group, on the user interface, for example, may be visually distinguished regeneration zone area 420 and / or reproducing status area within 430. グラフィック表示は、トラックタイトル、アーティスト名、アルバム名、アルバム年、トラックの長さ、およびメディア再生システムを、ユーザインタフェース400を介して制御するときに、ユーザにとって有益な他の関連情報を含んでいてもよい。 Graphical representation, track title, artist name, album name, album year, the length of the track, and a media playback system, when controlling through the user interface 400, contain other relevant information useful for the user it may be.

再生キュー領域440は、選択された再生ゾーン又はゾーングループと関連付けられた再生キュー内のオーディオコンテンツのグラフィック表示を含んでもよい。 Play queue area 440 may include a graphical representation of the audio content associated with the selected reproduction zone or zone group in the playback queue. ある実施形態では、それぞれの再生ゾーン又はゾーングループは、再生ゾーン又は再生グループによって再生される0以上のオーディオアイテムに対応する情報を含む再生キューと関連付けられていてもよい。 In some embodiments, each of the regeneration zone or zone group may be associated with reproduction queue that contains information corresponding to 0 or more audio items to be reproduced by the reproduction zone or regeneration group. 例えば、再生キュー内のそれぞれのオーディオアイテムは、ユー・アール・アイ(URI)、ユー・アール・エル(URL)、又は再生ゾーン又はゾーングループ内の再生デバイスによって使用可能な他の識別子を含んでいてもよい。 For example, each of the audio items in playback queue, Yu R. Eye (URI), Yu R. El (URL), or include other identifiers usable by the reproduction device in the regeneration zone or zone group It can have. これらによって、ローカルオーディオコンテンツソース又はネットワークオーディオコンテンツソース、からオーディオアイテムを見つけ、および/又は取り出し、再生デバイスによって再生することができる。 These by finding the audio item from the local audio content source or network audio content source, and / or extraction, it can be reproduced by the reproduction device.

ある例では、プレイリストが再生キューに追加されてもよい。 In one example, a play list may be added to the play queue. この場合、プレイリスト内のそれぞれのオーディオアイテムに対応する情報が再生キューに追加されてもよい。 In this case, the information corresponding to each of the audio items in the playlist may be added to the playback queue. 別の例では、再生キュー内のオーディオアイテムは、プレイリストとして保存されてもよい。 In another example, the audio items in the playback queue, may be stored as a playlist. 更に別の例では、再生デバイスがストリーミングオーディオコンテンツ、例えば、再生時間を有することで連続して再生されないオーディオアイテムよりも、停止しない限り連続して再生されるインターネットラジオを再生し続けているとき、再生キューは、空であってもよいし、又は「未使用」であるが埋められていてもよい。 In yet another example, playback device streaming audio content, for example, than audio items in succession not reproduced by having the playback time, when continue playing Internet radio to be reproduced continuously unless stopped, playback queue, may be empty, or is a "non-use" may be buried. 別の実施形態では、再生キューは、インターネットラジオおよび/又は他のストリーミングオーディオコンテンツアイテムを含むことができ、且つ再生ゾーン又はゾーングループがそれらのアイテムを再生しているとき「未使用」とすることができる。 In another embodiment, playback queue, be an "unused" when Internet radio and / or other streaming audio content items can include, and regeneration zone or zone group is playing those items can. 他の例も可能である。 Other examples are also possible.

再生ゾーン又はゾーングループが「グループ化される」か、又は「グループ解除」されるとき、影響を受ける再生ゾーン又はゾーングループに関連付けられた再生キューは、クリアされてもよいし、又は再び関連付けられてもよい。 When the regeneration zone or the zone group is "grouped" or "ungroup", playback queue associated with the regeneration zone or zone group affected, may be cleared, or associated again it may be. 例えば、第1再生キューを含む第1再生ゾーンが、第2再生キューを含む第2再生ゾーンとグループ化された場合、形成されたゾーングループは、関連付けられた再生キューを有していてもよい。 For example, a first regeneration zone comprising a first replay queue, if it is the second regeneration zone and grouping comprising second reproduction queue formed zone group may have an associated playback queue . 関連付けられた再生キューは、最初は空であるか、(例えば、第2再生ゾーンが第1再生ゾーンに追加された場合、)第1再生キューのオーディオアイテムを含むか、(例えば、第1再生ゾーンが第2再生ゾーンに追加された場合、)第2再生キューのオーディオアイテムを含むか、又は第1再生キューと第2再生キューとの両方のオーディオアイテムを組み合わせられる。 The associated playback queue, whether initially empty, (e.g., if the second regeneration zone is added to the first regeneration zone,) or includes an audio item of the first reproduction queue (e.g., the first regeneration If the zone is added to the second regeneration zone,) or includes an audio item of the second replay queue, or first combined both audio item of the reproduction queue and a second replay queue. その後、形成されたゾーングループがグループ解除された場合、グループ解除された第1再生ゾーンは、前の第1再生キューと再び関連付けられてもよいし、空の新しい再生キューと関連付けられてもよいし、あるいはゾーングループがグループ解除される前にゾーングループと関連付けられていた再生キューのオーディオアイテムを含む新しい再生キューと関連付けられてもよい。 Thereafter, when the forming zone group is ungrouped, the first regeneration zone which is ungrouped, the first may be associated again with the replay queue before, it may be associated with an empty new playback queue and, or zone group may be associated with the new playback queue that contains audio item playback queue associated with the zone group before being ungrouped. 同様に、グループ解除された第2再生ゾーンは、前の第2再生キューと再び関連付けられてもよいし、空の新しい再生キューと関連付けられてもよいし、あるいはゾーングループがグループ解除される前にゾーングループと関連付けられていた再生キューのオーディオアイテムを含む新しい再生キューと関連付けられてもよい。 Similarly, before the second regeneration zone which is ungrouped may be associated again to the previous second reproduction queue may be associated with an empty new playback queue, or the zone group is ungrouped it may be associated with the new Play queue that contains the audio item of the playback queue that has been associated with the zone group.

図4のユーザインタフェース400に戻って、再生キュー領域440内のオーディオコンテンツのグラフィック表示は、トラックタイトル、アーティスト名、トラックの長さ、および再生キュー内のオーディオコンテンツと関連付けられた他の関連情報を含んでいてもよい。 Returning to the user interface 400 of FIG. 4, the graphic representation of the audio content in the playback queue area 440, track title, artist name, length of the track, and other relevant information associated with the audio content in the playback queue it may comprise. ある例では、オーディオコンテンツのグラフィック表示は、追加の選択可能なアイコンを選択して移動させることができる。 In one example, the graphic display of the audio content can be moved by selecting additional selectable icons. これにより、再生キューおよび/又は再生キューに表示されたオーディオコンテンツを管理および/又は操作することができる。 This makes it possible to manage and / or operate the audio content that is displayed in the reproduction queue and / or reproducing queue. 例えば、表示されたオーディオコンテンツは、再生キューから取り除いてもよいし、再生キュー内の異なる位置に移動させてもよいし、すぐに再生させるか若しくは現在再生しているオーディオコンテンツの後に再生するように選択されてもよいし、あるいは他の動作を実行してもよい。 For example, audio content displayed may be removed from the playback queue, it may be moved to different positions in the playback queue, to reproduce after the audio content being reproduced immediately or to reproduce or present it may be selected, or may perform other operations. 再生ゾーン又はゾーングループに関連付けられた再生キューは、再生ゾーン又はゾーングループ内の1つ又は複数の再生デバイスのメモリ、再生ゾーン又はゾーングループに入っていない再生デバイスのメモリ、および/又は他の指定のデバイスのメモリに記憶されていてもよい。 Play queues associated with the regeneration zone or zone group, one or more playback device memory in the regeneration zone or zone group, the playback devices that are not in the regeneration zone or zone group memory, and / or other designated it may be stored in the memory of the device.

オーディオコンテンツソース領域450は、選択可能なオーディオコンテンツソースのグラフィック表示を含んでいてもよい。 Audio content source region 450 may include a graphical display of selectable audio content source. このオーディオコンテンツソースにおいては、オーディオコンテンツが選択された再生ゾーン又はゾーングループによって取り出され、再生されてもよい。 In this audio content source, taken out by the regeneration zone or zone group audio content is selected, it may be played. オーディオコンテンツソースに関する説明は、以降のセクションを参照することができる。 Description of the audio content source is capable of referring to the following sections.

d. d. 例示的なオーディオコンテンツソース 前回図示したように、ゾーン又はゾーングループ内の1つ又は複数の再生デバイスは、再生するオーディオコンテンツを、(例えば、オーディオコンテンツの対応するURI又はURLに基づいて、)複数の入手可能なオーディオコンテンツソースから取り出すように構成されていてもよい。 As exemplary audio content source last shown, one or more playback devices in the zone or zone group, the audio content to be reproduced, (e.g., based on the corresponding URI or URL of the audio content,) more it may be configured to retrieve from the available audio content source. ある例では、オーディオコンテンツは、再生デバイスによって、対応するオーディオコンテンツソース(例えば、ライン−イン接続)から直接取り出されてもよい。 In one example, the audio content, the playback device, the corresponding audio content source (e.g., a line - in connection) may be retrieved directly from. 別の例では、オーディオコンテンツは、1つ又は複数の他の再生デバイス若しくはネットワークデバイスを介してネットワーク上の再生デバイスに提供されてもよい。 In another example, the audio content may be provided to the playback device on the network via one or more other playback device or a network device.

例示的なオーディオコンテンツソースは、メディア再生システム内の1つ又は複数の再生デバイスのメモリを含んでもよい。 Exemplary audio content source may include a memory for one or more playback devices in the media playback system. メディア再生システムとしては、例えば、図1のメディア再生システム100、1つ又は複数のネットワークデバイス上のローカルミュージックライブラリ(例えば、制御デバイス、ネットワーク対応のパーソナルコンピュータ、又はネットワーク接続ストレージ(NAS)など)、インターネット(例えば、クラウド)を介してオーディオコンテンツを提供するストリーミングオーディオサービス、あるいは再生デバイス又はネットワークデバイスのライン−イン入力接続を介してメディア再生システムに接続されるオーディオソース、他の可能なシステムであってもよい。 The media playback system, for example, the media playback system 100, one or more local music library on a network device of FIG 1 (e.g., control devices, network-enabled personal computer, or network attached storage (NAS), etc.), a audio source connected to the media playback system through an in-input connection, other possible system - Internet (e.g., a cloud) streaming audio service or reproducing device or a network device of the line, providing audio content via the it may be.

ある実施形態では、オーディオコンテンツソースは、図1のメディア再生システム100などのようなメディア再生システムに定期的に追加されてもよいし、定期的に取り除かれてもよい。 In some embodiments, the audio content source may be added periodically to the media playback system such as a media playback system 100 of FIG. 1, may be removed periodically. ある例では、1つ又は複数のオーディオコンテンツソースが追加される、取り除かれる、又は更新される度に、オーディオアイテムのインデックス付けが行われてもよい。 In one example, one or more audio content source is added, removed, or each time it is updated, indexed audio items may be performed. オーディオアイテムのインデックス付けは、ネットワーク上で共有される全てのフォルダ/ディレクトリ内の識別可能なオーディオアイテムをスキャンすることを含んでもよい。 Indexing audio items may include scanning a discernible audio items in all folders / directories that are shared across the network. ここで、ネットワークは、メディア再生システム内の再生デバイスによってアクセス可能である。 Here, the network is accessible by the playback device in the media playback system. また、オーディオアイテムのインデックス付けは、メタデータ(例えば、タイトル、アーティスト、アルバム、トラックの長さなど)と他の関連情報とを含むオーディオコンテンツデータベースを作成すること、又は更新すること、を含んでもよい。 Further, indexing of the audio item, the metadata (e.g., title, artist, album, track length, etc.) to create an audio content database that contains the the other relevant information, or update it, also include good. 他の関連情報とは、例えば、それぞれの識別可能なオーディオアイテムを見つけるためのURI又はURLを含んでもよい。 And other related information, for example, may include a URI or URL for locating each of the identifiable audio items. オーディオコンテンツソースを管理し、且つ維持するための他の例も可能である。 Manage audio content sources, it is and can be other examples to maintain.

再生デバイス、制御デバイス、再生ゾーン構成、およびメディアコンテンツソースに関しての上述した説明は、以降で述べられている機能および方法を実施可能ないくつかの例示的な動作環境のみを提供している。 Playback device, the control device, the regeneration zone configuration, and the above description regarding the media content source and provides only a few exemplary operating environment stated Functionality and method capable of performing the later. 本発明は、本明細書で明示的に述べられていないメディア再生システム、再生デバイス、およびネットワークデバイスの他の動作環境および構成であっても適用可能であり、その機能および方法を実施するのに適している。 The present invention is a media playback system not expressly stated herein, playback device, and even other operating environments and configurations of the network devices can be applied, for carrying out its functions and methods Is suitable.

III. III. 信号処理アルゴリズムのデータベースの保守 上述したように、本明細書で説明される幾つかの例は、オーディオ処理アルゴリズムのデータベースを保守することに関連する。 As maintenance aforementioned database of the signal processing algorithms, some examples described herein is related to the maintenance database of audio processing algorithms. 幾つかの場合において、データベースの保守は、さらに、データベースについてのオーディオ処理アルゴリズムのエントリを生成及び/又は更新することを含んでもよい。 In some cases, the maintenance of the database may further include generating and / or updating an entry of the audio processing algorithm for the database. データベースにおけるオーディオ処理アルゴリズムのそれぞれは、再生ゾーンの1つ又は複数の特性に対応することができる。 Each audio processing algorithms in the database, may correspond to one or more characteristics of the regeneration zone. ある例では、再生ゾーンの1つ又は複数の特性は、再生ゾーンの音響特性を含んでもよい。 In one example, one or more characteristics of the regeneration zone may include the acoustic characteristics of the regeneration zone. 以下の説明は、一般に、データベース内のエントリとして記憶されるオーディオ処理アルゴリズムを決定することに関する。 The following description relates generally to determining the audio processing algorithm stored as entries in the database. しかし、当業者は、類似の機能がデータベース内の既存のエントリを更新するために実行されてもよいことを理解するであろう。 However, those skilled in the art, similar function would understand that may be performed to update the existing entries in the database. データベースにアクセスして、特定の再生ゾーンにおけるオーディオコンテンツを再生するときに、再生デバイスが適用するオーディオ処理アルゴリズムを特定することができる。 To access the database, when reproducing the audio content in a specific regeneration zone, it is possible to identify the audio processing algorithms to be applied playback device.

a. a. オーディオ処理アルゴリズム及び再生ゾーンの対応する音響特性の例示的データベース 図5は、オーディオ処理アルゴリズム及び再生ゾーン音響特性のデータベースを保守する方法500の例示的なフロー図を示している。 Exemplary database diagram corresponding acoustic characteristics of the audio processing algorithms and regeneration zone 5 illustrates an exemplary flow diagram of a method 500 for maintaining a database of audio processing algorithms and regeneration zone acoustic properties. 上述したように、オーディオ処理アルゴリズムのデータベースを保守することは、データベースに記憶されるオーディオ処理アルゴリズムを決定することを含んでもよい。 As described above, to maintain a database of audio processing algorithms may include determining an audio processing algorithm stored in the database. 図5に示される方法500は、例えば、図1のメディア再生システム100、図2の1つ又は複数の再生デバイス200、及び図3の1つ又は複数の制御デバイス300を含む動作環境内で実施されうる方法の実施形態を表している。 The method 500 shown in FIG. 5, for example, carried out within the operating environment including a media playback system 100, one or more of the playback devices 200, and one or more control devices 300 of FIG. 3 in FIG. 2 in FIG. 1 it represents an embodiment of a method that may be be. ある例では、方法500は、メディア再生システム100などのメディア再生システムと通信するコンピューティングデバイスによって実行されうる。 In one example, method 500 may be performed by a computing device in communication with the media playback system, such as media playback system 100. 別の例では、方法500の幾つか又は全ての機能は、代替的に、1つ又は複数のサーバ、1つ又は複数の再生デバイス、及び/又は1つ又は複数のコントローラデバイスなどの1つ又は複数の他のコンピューティングデバイスによって実行されてもよい。 In another example, some or all of the functions of the method 500 may alternatively, one or more servers, one such as one or more playback devices, and / or one or more controller device or it may be performed by a plurality of other computing devices.

方法500は、ブロック502−510の1つ又は複数によって構成されるように、1つ又は複数の操作、機能、又は動作を含んでもよい。 The method 500, as will be constituted by one or more blocks 502-510, one or more operations, functions, or may include operation. ブロックはそれぞれ順番に示されているが、これらのブロックは並行して行われてもよいし、および/又は、本明細書で述べられている順番と異なる順番で行われてもよい。 Although shown in each block order may be these blocks are performed in parallel, and / or may be performed in an order different from the order set forth herein. また、所望の実施内容に応じて、ブロックを少なくしてもよいし、増やして分割してもよいし、および/又は取り除いてもよい。 Also, depending on the desired implementation details, it may be fewer blocks may be split to increase, and / or may be removed. さらに、フローチャートは、方法500並びに本明細書で開示されている他の処理および方法に関して、本実施形態の実施可能な機能および動作の例を示している。 Further, the flowchart for the other processes and methods disclosed in method 500, as well as herein, illustrates an example of possible functions and operations of the present embodiment. これに関して、各ブロックは、プロセッサによって実行されるとプロセスにおける特定のロジカル機能又はステップを実行させる1つ又は複数の命令を記憶した、モジュール、セグメント、あるいはプログラムコードの一部を示していてもよい。 In this regard, each block storing one or more instructions to execute a specific logical functions or steps in which when executed process by the processor, module, segment, or may indicate a portion of the program code . プログラムコードは例えば、ディスク又はハードドライブを含む記憶デバイスなど、任意のタイプのコンピュータ読み取り可能記録媒体に記憶されてもよい。 Program code for example, such as a storage device including a disk or hard drive may be stored in any type of computer-readable recording medium.

コンピュータ読み取り可能記録媒体は、非一時的なコンピュータ読み取り可能記録媒体、例えば、レジスタメモリ、プロセッサキャッシュ、およびランダム・アクセス・メモリ(RAM)などのように短時間データを記憶するコンピュータ読み取り可能媒体を含んでもよい。 Computer readable recording medium is non-transitory computer-readable recording medium, for example, include a register memory, processor cache, and a computer readable medium for storing a short time data, such as random access memory (RAM) But good. コンピュータ読み取り可能媒体は、非一時的なメディア、例えば、リード・オンリ・メモリ(ROM)、光ディスク、磁気ディスク、コンパクトディスク・リード・オンリ・メモリ(CD−ROM)等の長期間の記憶が可能な二次記憶装置又は永続記憶装置を含んでもよい。 Computer readable media, non-transitory medium, e.g., capable of long term storage, such as read only memory (ROM), an optical disk, a magnetic disk, a compact disk read only memory (CD-ROM) it may also include a secondary storage device or permanent storage. コンピュータ読み取り可能媒体は、その他の任意の揮発性記憶システム又は不揮発性記憶システムであってもよい。 Computer readable medium may be any other volatile storage system or non-volatile storage system. コンピュータ読み取り可能媒体は例えば、コンピュータ読み取り可能記録媒体、即ち、有形の記憶デバイスとみなされてもよい。 Computer readable media for example, a computer-readable recording medium, i.e., may be considered a tangible storage device. また、方法500並びに本明細書に開示されたその他の処理および方法において、各ブロックは回路を示していてもよく、その回路は処理において、ある論理機能を実行するために有線接続されている。 Also, in other processes and methods disclosed in method 500, as well as herein, each block may indicate a circuit, the circuit is in the process are wire connected to perform a logic function.

図5に示されるように、方法500は、コンピューティングデバイスにより、再生ゾーン内の再生デバイスに、第1のオーディオ信号を再生させ(ブロック502)、再生デバイスのマイクロホンによって検出された第2のオーディオ信号を示すデータを受信し(ブロック504)、第2のオーディオ信号及び再生デバイスの特性に基づいて、再生ゾーンの音響特性を決定し(ブロック506)、再生ゾーンの音響特性に基づいて、オーディオ処理アルゴリズムを決定し(ブロック508)、オーディオ処理アルゴリズムと再生ゾーンの音響特性との関連付けをデータベースに記憶させる(ブロック510)。 As shown in FIG. 5, method 500, the computing device, the playback device in the regeneration zone, to reproduce a first audio signal (block 502), a second audio detected by the microphone of the playback device receiving data indicating a signal (block 504), based on characteristics of the second audio signal and reproducing device to determine the acoustic properties of the regeneration zone (block 506), based on the acoustic properties of the regeneration zone, the audio processing determine the algorithm (block 508), and stores the association between the acoustic properties of the regeneration zone and the audio processing algorithms to the database (block 510).

前述したように、データベースにアクセスして、再生ゾーンにおけるオーディオコンテンツの再生時に再生デバイスが適用するオーディオ処理アルゴリズムを、特定することができる。 As described above, by accessing the database, the audio processing algorithms to be applied playback device during playback of the audio content in the regeneration zone can be specified. そのため、ある例では、方法500は、様々な異なる再生ゾーンについて実行されて、様々な異なる再生環境に対応するオーディオ処理アルゴリズムのデータベースが構築される。 Therefore, in one example, method 500 may be performed for a variety of different regeneration zone, a database of audio processing algorithm corresponding to a variety of different reproduction environment is constructed.

方法500は、ブロック502において、再生ゾーン内の再生デバイスに、第1のオーディオ信号を再生させることを含む。 The method 500, at block 502, the playback device in the regeneration zone, regenerating a first audio signal. 再生デバイスは、図2に示される再生デバイス200と同様の再生デバイスであってもよい。 Playback device may be a similar reproduction and playback devices 200 shown in FIG. ある場合では、コンピューティングデバイスは、第1のオーディオ信号を再生させるコマンドを送信することによって、再生デバイスに第1のオーディオ信号を再生させてもよい。 In some cases, the computing device by sending a command to reproduce a first audio signal, may be reproduced a first audio signal to the playback device. 別の場合では、コンピューティングデバイスは、再生されるべき第1のオーディオ信号を再生デバイスに提供してもよい。 In another case, the computing device may provide a first audio signal to be reproduced to the reproduction device.

ある例では、第1のオーディオ信号は、再生ゾーンの音響応答を決定するために使用されてもよい。 In one example, the first audio signal may be used to determine the acoustic response of the regeneration zone. そのため、第1のオーディオ信号は、ユーザによる通常使用中に再生デバイスによって再生されうるオーディオコンテンツを表す検査信号又は測定信号であってもよい。 Therefore, the first audio signal may be a test signal or measuring signals representing audio content that can be reproduced by the reproduction device during normal use by the user. したがって、第1のオーディオ信号は、再生デバイスのレンダリング可能な周波数レンジ又は人間の可聴周波数レンジを実質的にカバーする周波数を有するオーディオコンテンツを含んでもよい。 Therefore, the first audio signal may include audio content having a frequency substantially covering renderable frequency range or human audible frequency range of the playback device.

ある例では、再生ゾーンは、再生デバイスがユーザによる通常使用中にオーディオコンテンツを再生することができる複数の再生環境のうちの1つを表す再生ゾーンであってもよい。 In one example, the regeneration zone may be a regeneration zone representing one of a plurality of reproduction environments that can playback device to reproduce the audio content during normal use by the user. 図1を参照すると、再生ゾーンは、メディア再生システム100における異なる部屋及びゾーングループのうちのいずれか1つを表すことができる。 Referring to FIG. 1, the regeneration zone can represent any one of a different room and zone group in the media playback system 100. 例えば、再生ゾーンは、ダイニングルームを表していてもよい。 For example, the regeneration zone may represent the dining room.

ある例では、再生ゾーンは、再生デバイスがオーディオコンテンツを再生することができるリスニング環境をシミュレートするために構築されたモデル再生ゾーンであってもよい。 In one example, the regeneration zone may be a model regeneration zone which has been constructed to simulate the listening environment capable of reproducing device for reproducing the audio content. ある例では、再生ゾーンは、複数の再生環境をシミュレートするために構築された複数の再生ゾーンのうちの1つであってもよい。 In one example, the regeneration zone may be one of a plurality of reproduction zones built to simulate a plurality of reproduction environments. 複数の再生ゾーンは、そのようなオーディオ処理アルゴリズムのデータベースを作成する目的のために構築されてもよい。 A plurality of playback zone may be constructed for the purpose of creating a database of such audio processing algorithms. そのような場合、再生ゾーンの特定の特性は、予め決められていてもよいし及び/又は公知のものであってもよい。 In such a case, the particular characteristics of the regeneration zone may be one or may be predetermined and / or known ones. 例えば、いくつかある可能性の中でも特に、再生ゾーンの寸法、再生ゾーンの床材若しくは壁材(又は再生ゾーンのオーディオ反射特性に影響を与えることがある他の特徴)、再生ゾーン内の家具の数、又は再生ゾーン内の家具のサイズ及び種類は、予め決められた及び/又は公知の再生ゾーンの特性であってもよい。 For example, among other possible that some dimensions of the regeneration zone, (other characteristics that may affect the audio reflection characteristic or the regeneration zone) flooring or wall material of the regeneration zone, the furniture in the regeneration zone number, or the size and type of furniture in the regeneration zone may be a characteristic of the predetermined and / or known regeneration zone.

別の場合では、再生ゾーンは、再生デバイスのユーザの家庭内の部屋であってもよい。 In another case, the regeneration zone may be a room in the home of a user of the playback device. 例えば、データベースの構築の一部として、顧客及び/又は試験者などの再生デバイスのユーザは、ユーザの再生デバイスを使用して、方法500の機能を実行してデータベースを構築するように要請されることがある。 For example, as part of the construction of the database, the user of the playback device such as a customer and / or the tester, using a playback device user, is asked to build a database by executing the functions of the method 500 Sometimes. 幾つかの場合において、ユーザ再生ゾーンの特定の特性は不明であってもよい。 In some cases, certain characteristics of the user regeneration zone may be unknown. 幾つかの他の場合において、ユーザ再生ゾーンの特定の特性の一部又は全てがユーザによって提供されてもよい。 In the case of some other, some or all of the specific characteristics of the user regeneration zone may be provided by the user. 方法500の機能を実行することによって作成されたデータベースは、シミュレートされた再生ゾーン及び/又はユーザ再生ゾーンに基づくエントリを含んでもよい。 Database created by executing the functions of the method 500 may include an entry based on the regeneration zone and / or user playback zones were simulated.

ブロック502はコンピューティングデバイスを含み、そのコンピューティングデバイスは、再生デバイスに第1のオーディオ信号を再生させる。 Block 502 includes a computing device, the computing device, to reproduce the first audio signal to the playback device. しかし、当業者は、再生デバイスによる第1のオーディオ信号の再生が、必ずしもコンピューティングデバイスによって引き起こされるか又は開始されなくてもよいことを理解するであろう。 However, those skilled in the art, the reproduction of the first audio signal by the reproduction device, will necessarily understand that may not be or initiated caused by a computing device. 例えば、コントローラデバイスは、再生デバイスにコマンドを送信して、再生デバイスに第1のオーディオ信号を再生させてもよい。 For example, the controller device sends a command to the playback device, may be reproduced a first audio signal to the playback device. 別の例において、再生デバイスは、コンピューティングデバイス又はコントローラからコマンドを受信することなく、第1のオーディオ信号を再生してもよい。 In another example, the playback device does not receive the command from the computing device or controller may play the first audio signal. 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible.

方法500は、ブロック504において、再生デバイスのマイクロホンによって検出された第2のオーディオ信号を示すデータを受信することを含む。 The method 500, at block 504, includes receiving data indicating a second audio signal detected by the microphone of the playback device. 上述したように、再生デバイスは、図2に示される再生デバイス200と同様の再生デバイスであってもよい。 As described above, the playback device may be the same as the playback device and playback device 200 shown in FIG. そのため、マイクロホンは、マイクロホン220であってもよい。 Therefore, the microphone may be a microphone 220. ある例では、コンピューティングデバイスは、再生デバイスからデータを受信してもよい。 In one example, the computing device may receive the data from the playback device. 別の例において、コンピューティングデバイスは、他の再生デバイス、コントローラデバイス又は他のサーバを介してデータを受信してもよい。 In another example, computing device, other playback devices, may receive data via a controller device, or other server.

再生デバイスが第1のオーディオ信号を再生しているとき又はその後まもなく、再生デバイスのマイクロホンは、第2のオーディオ信号を検出してもよい。 When the playback device is playing a first audio signal or soon thereafter, microphone playback device may detect the second audio signal. 第2のオーディオ信号は、再生ゾーン内に存在する検出可能なオーディオ信号を含んでもよい。 Second audio signal may include a detectable audio signal present in the regeneration zone. 例えば、第2のオーディオ信号は、再生デバイスによって再生された第1のオーディオ信号に対応する部分を含んでもよい。 For example, the second audio signal may include a portion corresponding to the first audio signal reproduced by the reproducing device.

ある例では、マイクロホンが第2のオーディオ信号を検出するとき、コンピューティングデバイスは、メディアストリームとして、再生デバイスから検出された第2のオーディオ信号を示すデータを受信してもよい。 In one example, when the microphone detects the second audio signal, the computing device, a media stream, it may receive data indicating a second audio signal detected from the playback device. 別の例では、コンピューティングデバイスは、再生デバイスのマイクロホンによる第1のオーディオ信号の検出が完了すると、第2のオーディオ信号を示すデータを再生デバイスから受信してもよい。 In another example, the computing device has completed the detection of the first audio signal by a microphone of the playback device may be a data indicating a second audio signal received from the playback device. いずれの場合においても、再生デバイスは、(再生デバイス200のオーディオ処理コンポーネント208などのオーディオ処理コンポーネントを介して)検出された第2のオーディオ信号を処理して、第2のオーディオ信号を示すデータを生成し、コンピューティングデバイスにそのデータを送信してもよい。 In either case, the playback device (the playback device 200 via the audio processing components, such as audio processing components 208) to process the second audio signal is detected, data indicating the second audio signal produced may transmit the data to the computing device. ある例では、第2のオーディオ信号を示すデータを生成することは、アナログ信号からデジタル信号に第2のオーディオ信号を変換することを含んでもよい。 In one example, to generate data representing a second audio signal may include converting the second audio signal from an analog signal to a digital signal. 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible.

方法500は、ブロック506において、第2のオーディオ信号及び再生デバイスの特性に基づいて、再生ゾーンの音響特性を決定することを含む。 The method 500, at block 506, based on characteristics of the second audio signal and reproducing device includes determining the acoustic properties of the regeneration zone. 上述したように、第2のオーディオ信号は、再生ゾーンにおいて再生デバイスによって再生された第1のオーディオ信号に対応する部分を含んでもよい。 As described above, the second audio signal may include a portion corresponding to the first audio signal reproduced by the playback device in the regeneration zone.

再生デバイスの特性は、再生デバイスの音響特性、再生デバイスの仕様(すなわち、トランスデューサの数、周波数レンジ、増幅器ワット数など)、及び再生デバイスのモデルのうちの1つ又は複数を含んでもよい。 Characteristic of the reproduction device, the acoustic characteristics of the reproduction device, the reproduction device specifications (i.e., the number of transducers, the frequency range, an amplifier wattage etc.), and may include one or more of the model of the playback device. 幾つかの場合において、再生デバイスの音響特性及び/又は再生デバイスの仕様は、再生デバイスのモデルと関連付けられてもよい。 In some cases, the specifications of the acoustic characteristics and / or reproducing device of the reproduction device may be associated with a model of the playback device. 例えば、再生デバイスの特定のモデルは、実質的に同一の仕様及び音響特性を有してもよい。 For example, a particular model of the playback device may have substantially the same specifications and acoustic properties. ある例では、再生デバイスのモデルのデータベース、再生デバイスのモデルの音響特性、及び/又は再生デバイスのモデルの仕様は、コンピューティングデバイス又はコンピューティングデバイスと通信する他のデバイス上で保守されうる。 In one example, a database model of the playback device, the acoustic characteristics of the model of the playback device, and / or model specification of the playback device may be maintained on another device communicating with a computing device or computing device.

ある例では、再生ゾーン内で第1のオーディオ信号を再生する再生デバイスからの音響応答は、第1のオーディオ信号と第2のオーディオ信号との間の関係によって表すことができる。 In one example, the acoustic response from the playback device for reproducing a first audio signal in the regeneration zone can be represented by the relationship between the first audio signal and second audio signal. 数学的に、第1のオーディオ信号がf(t)であり、第2のオーディオ信号がs(t)であり、且つ再生ゾーン内で第1のオーディオ信号を再生する再生デバイスの音響応答がh (t)である場合、下記式(1)になる。 Mathematically, the first audio signal is f (t), the second audio signal is the s (t), and the acoustic response of the playback device for reproducing a first audio signal in the regeneration zone is h If it is r (t), consisting of the following formula (1).

そのため、再生デバイスのマイクロホンによって検出される第2のオーディオ信号s(t)及び再生デバイスによって再生された第1の信号f(t)が与えられると、h (t)を計算することができる。 Therefore, when the first signal f reproduced by a second audio signal s (t) and playback device that is detected by the microphone of the playback device (t) is given, it is possible to calculate the h r (t) .

ある場合では、第1のオーディオ信号f(t)が再生デバイスによって再生されることから、音響応答h (t)は、(i)再生デバイスの音響特性及び(ii)再生デバイスとは独立した再生ゾーンの音響特性を含んでもよい。 In some cases, since the first audio signal f (t) is reproduced by the reproducing device, the acoustic response h r (t) is independent of the acoustic properties and (ii) playback device (i) playback device it may include acoustic properties of the regeneration zone. 数学的に、この関係は、下記式(2)として表すことができる。 Mathematically, this relationship can be expressed as the following equation (2).

ここで、h (t)は、再生デバイスの音響特性であり、h room (t)は、再生デバイスとは独立した再生ゾーンの音響特性である。 Here, h p (t) is the acoustic characteristics of the reproduction device, h room (t) is an independent acoustic characteristics of the reproduction zones and playback device. そのため、再生デバイスとは独立した再生ゾーンの音響特性は、再生ゾーンの音響応答から再生デバイスによって再生された第1のオーディオ信号へと再生デバイスの音響特性を除去することによって決定されうる。 Therefore, the acoustic characteristics of the regeneration zone independent of the playback device may be determined by removing the acoustic characteristics of the reproduction device from the acoustic response of the regeneration zone to the first audio signal reproduced by the reproducing device. 換言すれば、下記式(3)になる。 In other words, the following equation (3).

ある例では、再生デバイスの音響特性h (t)は、無響室において再生デバイス又は同一のモデルの代表的な再生デバイスを配置し、再生デバイスに無響室内で測定信号を再生させ、再生デバイスのマイクロホンによって応答信号を検出することによって、決定されうる。 In one example, playback devices acoustic characteristics h p (t) is to place a typical playback device playback device or same model in an anechoic chamber, to regenerate the measurement signal in an anechoic chamber to the playback device, playback by detecting the response signal by the device of the microphone can be determined. 無響室において再生デバイスによって再生された測定信号は、上述した第1のオーディオ信号f(t)に類似していてもよい。 Measurements signal reproduced by the reproducing device in an anechoic chamber, may be similar to the first audio signal f described above (t). 例えば、測定信号は、再生デバイスのレンダリング可能な周波数レンジ又は人間の可聴周波数レンジを実質的にカバーする周波数を有するオーディオコンテンツを含むことができる。 For example, the measurement signal may include audio content having a frequency substantially covering renderable frequency range or human audible frequency range of the playback device.

再生デバイスの音響特性h (t)は、再生された測定信号と検出された応答信号との間の関係を表すことができる。 Playback devices acoustic characteristics h p (t) may represent the relationship between the response signals detected and regenerated measured signal. 例えば、測定信号が特定の周波数において第1の信号の大きさを有し且つ検出された応答信号がその特定の周波数において第1の信号の大きさとは異なる第2の信号の大きさを有する場合、再生デバイスの音響特性h (t)は、特定の周波数において信号の増幅又は減衰を示すことができる。 For example, when the measurement signal has a magnitude of different second signals first and the detected response signal having a magnitude of the signal at a particular frequency is the magnitude of the first signal at that particular frequency , the playback device acoustic characteristics h p (t) may indicate the amplification or attenuation of the signal at a particular frequency.

数学的に、測定信号がx(t)であり、検出された応答信号がy(t)であり且つ無響室における再生デバイスの音響特性がh (t)である場合、下記式(4)になる。 Mathematically, the measurement signal is x (t), when the acoustic characteristics of the reproduction device in the detected response signal is y (t) and anechoic chamber is h p (t), the following equation (4 )become.

したがって、h (t)は、測定信号x(t)及び検出された応答信号y(t)に基づいて計算されうる。 Therefore, h p (t) can be calculated based on the measured signal x (t) and the detected response signal y (t). 上述したように、h (t)は、無響室において使用されたものと同一のモデルの再生デバイスについての代表的な音響特性であってもよい。 As described above, h p (t) may be a typical acoustic characteristics of the reproduction device of the same model as that used in the anechoic chamber.

ある例では、上述したように、基準音響特性h (t)は、再生デバイスのモデル及び/又は再生デバイスの仕様と関連付けて記憶されてもよい。 In one example, as described above, the reference acoustic characteristic h P (t) may be stored in association with the specification of the model and / or reproducing device of the reproduction device. ある例では、h (t)は、コンピューティングデバイス上に格納されてもよい。 In one example, h P (t) may be stored on a computing device. 別の例では、h (t)は、再生デバイス及び同一のモデルの他の再生デバイス上に格納されてもよい。 In another example, h p (t) may be stored on the other playback device playback device and the same model. さらなる場合において、h −1 (t)として表されるh (t)の逆数は、h (t)の代わりに記憶されてもよい。 In a further case, the inverse of h p (t), expressed as h p -1 (t) may be stored instead of h p (t).

したがって、ブロック506に戻って参照すると、再生ゾーンの音響特性h room (t)は、第1のオーディオ信号f(t)、第2のオーディオ信号s(t)、及び再生デバイスの音響特性h (t)に基づいて決定されうる。 Thus, referring back to block 506, the regeneration zone of the acoustic characteristics h room (t) is a first audio signal f (t), the second audio signal s (t), and the acoustic characteristics h p of the playback device It may be determined based on (t). ある例では、再生デバイスの音響特性の逆数h −1 (t)を、式(2)に適用することができる。 In one example, the inverse of the acoustic characteristics of the reproduction device h p -1 a (t), can be applied to Equation (2). 換言すれば、下記式(5)になる。 In other words, the following equation (5).

ここで、I(t)は、インパルス信号である。 Here, I (t) is an impulse signal. そして、再生ゾーン時間の音響特性h room (t)は、下記式(6)のように簡略化されうる。 Then, the regeneration zone times the acoustic characteristic h room room (t) may be simplified as the following equation (6).

方法500は、ブロック506において、再生ゾーンの音響特性及び所定のオーディオ信号に基づいて、オーディオ処理アルゴリズムを決定することを含む。 The method 500, at block 506, based on the acoustic properties and a predetermined audio signal regeneration zone comprises determining the audio processing algorithms. ある例では、オーディオ処理アルゴリズムが決定されて、再生ゾーンにおいて第1のオーディオ信号を再生するときの、決定したオーディオ処理アルゴリズムの再生デバイスによる適用により、所定のオーディオ特性と実質的に同一のオーディオ特性を有するか又は少なくともある程度所定のオーディオ特性を持つ第3のオーディオ信号が生成されうる。 In one example, is determined audio processing algorithms, for reproducing a first audio signal in the regeneration zone, the application by the reproducing device of the determined audio processing algorithms, predetermined audio characteristics substantially the same audio properties third audio signal having one or at least some predetermined audio characteristics having may be generated.

ある例では、所定のオーディオ特性は、良好なサウンディングとみなされるオーディオ周波数等化であってもよい。 In one example, the predetermined audio characteristics may be an audio frequency equalization is considered a good sounding. ある場合では、所定のオーディオ特性は、再生デバイスのレンダリング可能な周波数レンジにわたって実質的に均等な等化を含んでもよい。 In some cases, the predetermined audio characteristics may include a substantially uniform equalization across renderable frequency range of the playback device. 別の場合では、所定のオーディオ特性は、一般的なリスナーに心地よいと考えられる等化を含んでもよい。 In other cases, the predetermined audio characteristics may include equalization considered pleasing to the general listener. さらなる場合において、所定のオーディオ特性は、特定の音楽ジャンルに適していると考えられる周波数応答を含んでもよい。 In a further case, the predetermined audio characteristics may include frequency response that may be suitable for a particular musical genre.

いずれの場合にも、コンピューティングデバイスは、音響特性及び所定のオーディオ特性に基づいて、オーディオ処理アルゴリズムを決定することができる。 In either case, the computing device based on the acoustic properties and a predetermined audio characteristics, it is possible to determine the audio processing algorithms. ある例では、再生ゾーンの音響特性が、特定のオーディオ周波数が他の周波数よりも減衰されたものであり、且つ、所定のオーディオ特性が、特定のオーディオ周波数が最小限に減衰された等化を含む場合、対応するオーディオ処理アルゴリズムは、特定のオーディオ周波数において強めた増幅を含んでもよい。 In one example, the acoustic characteristics of the reproduction zone, which is a particular audio frequencies are attenuated more than other frequencies, and, given audio characteristic, the equalization certain audio frequencies are attenuated to the minimum may include corresponding audio processing algorithms may include amplification strengthened in a particular audio frequencies.

所定のオーディオ特性が所定のオーディオ信号z(t)によって表され且つオーディオ処理アルゴリズムがp(t)によって表される場合、所定のオーディオ信号z(t)、オーディオ処理アルゴリズム及び再生ゾーンの音響特性h room (t)との間の関係を、下記式(7)のように数学的に記述することができる。 When the predetermined audio characteristics and the audio processing algorithm is represented by a given audio signal z (t) is represented by p (t), a predetermined audio signal z (t), audio processing algorithms and regeneration zone of acoustic characteristics h the relationship between the room room (t), can be described mathematically by the following equation (7).

したがって、オーディオ処理アルゴリズムp(t)を、下記式(8)のように数学的に記述することができる。 Therefore, the audio processing algorithms p a (t), can be described mathematically by the following equation (8).

幾つかの場合において、オーディオ処理アルゴリズムを決定することは、オーディオ処理アルゴリズムについての1つ又は複数のパラメータ(すなわち、p(t)についての係数)を決定することを含んでもよい。 In some cases, determining the audio processing algorithms, one or more parameters of the audio processing algorithms (i.e., coefficients for p (t)) may include determining a. 例えば、オーディオ処理アルゴリズムは、オーディオ信号の特定の対応する周波数における特定の信号増幅利得を含んでもよい。 For example, audio processing algorithms may include a specific signal amplification gain at a particular corresponding frequency of the audio signal. そのため、特定の信号増幅及び/又はオーディオ信号の特定の対応する周波数を示すパラメータが、オーディオ処理アルゴリズムp(t)を決定するために特定されてもよい。 Therefore, a parameter that indicates a particular corresponding frequency of the particular signal amplification and / or audio signal, may be identified in order to determine the audio processing algorithms p (t).

方法500は、ブロック510において、オーディオ処理アルゴリズムと再生ゾーンの音響特性との関連付けをデータベースに記憶させることを含む。 The method 500, at block 510, includes storing the association between the acoustic properties of the regeneration zone and the audio processing algorithms to the database. そのため、ブロック504及び506において決定した再生ゾーンの音響特性h room (t)及び対応するオーディオ処理アルゴリズムp(t)を含むエントリを、データベースに追加してもよい。 Therefore, the entry including the acoustic characteristics of the reproduction zone determined at block 504 and 506 h room (t) and the corresponding audio processing algorithms p (t), may be added to the database. ある例では、データベースは、コンピューティングデバイスのローカルのメモリストレージに格納されてもよい。 In one example, the database may be stored locally in the memory storage of the computing device. 別の例において、データベースが他のデバイスに格納されている場合、コンピューティングデバイスは、オーディオ処理アルゴリズム及び再生ゾーンの音響特性を他のデバイスに送信して、データベースに記憶されるようにしてもよい。 In another example, if the database is stored on another device, the computing device sends the acoustic characteristics of the audio processing algorithms and regeneration zone to other devices, it may be stored in a database . 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible.

上述したように、オーディオ処理アルゴリズムが決定された再生ゾーンは、再生デバイスがオーディオコンテンツを再生することができるリスニング環境をシミュレートするために使用されるモデル再生ゾーン、又は再生デバイスのユーザの部屋であってもよい。 As described above, the regeneration zone of the audio processing algorithms have been determined, the model regeneration zone playback device is used to simulate the listening environment capable of reproducing audio content, or the user of the room playback device it may be. 幾つかの場合において、データベースは、モデル再生ゾーン内で再生されて検出されたオーディオ信号に基づいて生成されたエントリとともに、再生デバイスのユーザの部屋内で再生されて検出されたオーディオ信号に基づいて生成されたエントリを含んでもよい。 In some cases, the database, along with the entries generated based on the audio signal detected is reproduced by the model regeneration zone, based on the room audio signal detected being played in the user's playback device it may include the generated entry.

図6Aは、オーディオ処理アルゴリズムのデータベース600の例示的な部分を示していて、上記説明において決定されたオーディオ処理アルゴリズムp(t)がデータベース600に格納されている。 Figure 6A is illustrates an exemplary portion of a database 600 of audio processing algorithms, audio processing algorithms have been determined in the above described p (t) is stored in the database 600. 示されるように、データベース600の一部は、複数のエントリ602−608を含んでもよい。 As shown, a portion of the database 600 may include a plurality of entries 602-608. エントリ602は、再生ゾーン音響特性h room −1 (t)−1を含んでもよい。 Entry 602 may include a regeneration zone acoustic characteristics h room -1 (t) -1. 音響特性h room −1 (t)−1は、上述したように再生デバイスによって検出されたオーディオ信号及び再生デバイスの特性に基づいて計算されるように、再生ゾーンの音響特性の数学的表現であってもよい。 Acoustic characteristics h room -1 (t) -1, as calculated based on the characteristics of the detected audio signal and reproducing device by the playback device, as described above, there a mathematical representation of the acoustic properties of the regeneration zone it may be. エントリ602における音響特性h room −1 (t)−1に対応するものは、上述したように、音響特性h room −1 (t)−1及び所定のオーディオ特性に基づいて決定されたオーディオ処理アルゴリズムについての係数w 、x 、y 及びz であってもよい。 It corresponds to the acoustic characteristics h room -1 (t) -1 in the entry 602, as described above, acoustic characteristics h room -1 (t) -1 and audio processing algorithm determined based on predetermined audio characteristics coefficient for w 1, x 1, may be y 1 and z 1.

さらに示されるように、データベース600のエントリ604は、再生ゾーン音響特性h room −1 (t)−2及び処理アルゴリズム係数w 、x 、y 及びz を含んでもよい。 As further shown, entry 604 of the database 600 may include a regeneration zone acoustic characteristics h room -1 (t) -2 and processing algorithm coefficients w 2, x 2, y 2 and z 2. データベース600のエントリ606は、再生ゾーン音響特性h room −1 (t)−3及び処理アルゴリズム係数w 、x 、y 及びz を含んでもよい。 Entries 606 in the database 600, the regeneration zone acoustic characteristics h room -1 (t) -3, and processing algorithm coefficient w 3, x 3, may include a y 3 and z 3. データベース600のエントリ608は、再生ゾーン音響特性h room −1 (t)−4及び処理アルゴリズム係数w 、x 、y 及びz を含んでもよい。 Entries 608 in the database 600, the regeneration zone acoustic characteristics h room -1 (t) -4 and processing algorithm coefficients w 4, x 4, may include a y 4 and z 4.

当業者は、データベース600が方法500の機能を実行することによって作成されて保守されうるデータベースの単なる一例であることを理解するであろう。 Those skilled in the art will appreciate that database 600 is merely an example of a database that may be maintained is created by executing the functions of the method 500. ある例では、再生ゾーン音響特性は、異なる形式又は数学的状態(すなわち、反転対非反転関数)で記憶されうる。 In one example, the regeneration zone acoustic characteristics may be stored in different formats or mathematical conditions (i.e., inverting vs. non-inverting function). 別の例では、オーディオ処理アルゴリズムは、関数及び/又は等化関数として記憶されてもよい。 In another example, the audio processing algorithms may be stored as a function and / or equalization function. 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible.

ある例では、上述した機能の一部が、同一の再生ゾーンにおいて同一の再生デバイスについて複数回実行されて、再生ゾーンの音響特性h room (t)及び対応する処理アルゴリズムp(t)が決定されうる。 In some instances, some features described above, in the same regeneration zone is performed a plurality of times for the same playback device, the acoustic properties of the regeneration zone h room (t) and the corresponding processing algorithms p (t) is determined sell. 例えば、複数回、ブロック502−506を実行することによって、再生ゾーンの複数の音響特性を決定することができる。 For example, a plurality of times, by executing the block 502-506 can be used to determine the plurality of acoustic characteristics of the regeneration zone. 再生ゾーンの合成(すなわち、平均)音響特性は、複数の音響特性から決定されてもよく、対応する処理アルゴリズムp(t)は、再生ゾーンの合成音響特性に基づいて決定されてもよい。 Synthesis of the regeneration zone (i.e., average) acoustic properties may be determined from a plurality of acoustic properties, the corresponding processing algorithms p (t) may be determined based on the synthesized acoustic properties of the regeneration zone. そして、対応する処理アルゴリズムp(t)と再生ゾーンの音響特性h room (t)又はh room −1 (t)との関連付けは、データベースに記憶されてもよい。 The association with the corresponding processing algorithms p (t) and the regeneration zone of the acoustic characteristics h room (t) or h room -1 (t) may be stored in a database. 幾つかの場合において、再生ゾーン内の再生デバイスによって再生される第1のオーディオ信号は、関数の反復のそれぞれにおいて実質的に同一のオーディオ信号であってもよい。 In some cases, the first audio signal reproduced by the reproducing device in the regeneration zone may be a substantially identical audio signals at each iteration of the function. 幾つかの他の場合において、再生ゾーン内の再生デバイスによって再生される第1のオーディオ信号は、関数の反復の一部又はそれぞれについて異なるオーディオ信号であってもよい。 In some cases other, the first audio signal reproduced by the reproducing device in the regeneration zone may be a different audio signal for some or each iteration of the function. 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible.

上述した方法500(又は、方法500の幾つかの変形例)は、さらに、データベース内の他のエントリを生成するために実行されうる。 The method described above 500 (or, some variants of the method 500) may further be performed to generate other entries in the database. 例えば、再生デバイスが第1の再生デバイスであり、再生ゾーンが第1の再生ゾーンであり、オーディオ処理アルゴリズムが第1のオーディオ処理アルゴリズムであることを考えると、方法500は、追加的に又は代替的に、第2の再生ゾーンにおいて第2の再生デバイスを使用して実行されうる。 For example, the playback device is the first playback device, the regeneration zone is a first regeneration zone, considering that the audio processing algorithms is a first audio processing algorithms, the method 500 additionally or alternatively manner, it can be performed using the second playback device in the second regeneration zone. ある例では、第2の再生デバイスは、第2の再生ゾーンにおいて第4のオーディオ信号を再生することができ、第2の再生デバイスのマイクロホンは、第2の再生デバイスによって再生された第4のオーディオ信号の一部を含む第5のオーディオ信号を検出することができる。 In one example, the second reproduction device, in the second regeneration zone can play fourth audio signals, a microphone of the second playback device, the fourth reproduced by the second reproducing device it is possible to detect the fifth audio signal including a part of the audio signal. そして、コンピューティングデバイスは、第5のオーディオ信号を示すデータを受信し、第5のオーディオ信号及び第2の再生デバイスの特性に基づいて、第2の再生ゾーンの音響特性を決定することができる。 Then, the computing device may receive the data of a fifth audio signal, based on the characteristics of the fifth audio signal and the second reproduction device, to determine the acoustic properties of the second regeneration zone .

コンピューティングデバイスは、第2の再生ゾーンの音響特性に基づいて、第2のオーディオ処理アルゴリズムを決定することができる。 Computing device based on the acoustic characteristics of the second regeneration zone, it is possible to determine a second audio processing algorithms. ここで、再生ゾーンにおいて第4のオーディオ信号を再生するときの、決定した第2のオーディオ処理アルゴリズムの第2の再生デバイスによる適用により、第6のオーディオ信号が生成される。 Here, when playing the fourth audio signal in the regeneration zone, the application by the second playback device of the second audio processing algorithms to determine the audio signal of the sixth is generated. 第6のオーディオ信号は、式(7)及び(8)において示される、所定のオーディオ信号z(t)によって表される所定のオーディオ特性と実質的に同一のオーディオ特性を有する。 Audio signal of the 6 are shown in equation (7) and (8), having a predetermined audio characteristics substantially the same audio properties as represented by a given audio signal z (t). そして、コンピューティングデバイスは、第2のオーディオ処理アルゴリズムと第2の再生ゾーンの音響特性との関連付けをデータベースに記憶させることができる。 Then, the computing device may be stored and a second audio processing algorithms association with the acoustic characteristics of the second regeneration zone to the database.

多くの再生ゾーンは、寸法、構築材料、及び/又は家具の種類及び配置において類似している場合もあるけれども、2つの再生ゾーンが全く同一の再生ゾーン音響特性を有することになるとは考えにくい。 Many regeneration zone, the dimensions, but if also be similar in type and arrangement of building materials, and / or furniture, two regeneration zone is unlikely that exactly will have the same regeneration zone acoustic characteristics. そのため、各固有の再生ゾーン音響特性及びそれらの各対応するオーディオ処理アルゴリズムについての個々のエントリを記憶すると、非現実的な量のメモリストレージを必要とすることがあるため、むしろ、類似の又は実質的に同一の再生ゾーン音響特性についてのエントリは組み合わせたほうがよい。 Therefore, when storing the individual entries for each unique regeneration zone acoustic characteristics and the corresponding audio processing algorithms thereof, because it may require unrealistic amount of memory storage, rather, similar or substantially manner is better entries in combination for the same regeneration zone acoustic characteristics.

ある場合では、2つの再生ゾーンが実質的に類似の部屋であるとき、2つの再生ゾーンの音響特性は類似している場合がある。 In some cases, when the two regeneration zone are substantially similar room, the acoustic properties of the two regeneration zone may reflect similar. 別の場合では、コンピューティングデバイスは、上記示唆したように、同一の再生ゾーンにおいて、複数回、同一の再生デバイスについて、方法500を実行してもよい。 In another case, the computing device, as described above suggested, in the same regeneration zone, a plurality of times, the same playback device may perform the method 500. さらなる場合において、コンピューティングデバイスは、同一の再生ゾーンにおいて、異なる再生デバイスについて、方法500を実行してもよい。 In a further case, the computing device, the same regeneration zone for different playback device may perform the method 500. さらに他の場合において、コンピューティングデバイスは、同一の再生ゾーンであるが再生ゾーン内の他の場所において、再生デバイスについて方法500を実行してもよい。 In still other cases, the computing device, at the same elsewhere in but a regeneration zone is the regeneration zone may perform the method 500 for reproducing device. 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible.

いずれの場合にも、再生ゾーン音響特性及び対応するオーディオ処理アルゴリズムのエントリを生成する過程において、コンピューティングデバイスは、2つの再生ゾーンが実質的に同一の再生ゾーン音響特性を有することを決定してもよい。 In either case, the process of generating an entry for regeneration zone acoustic properties and corresponding audio processing algorithms, the computing device may determine that the two regeneration zone have substantially the same regeneration zone acoustic characteristics it may be. そして、コンピューティングデバイスは、それに応答して、第1のオーディオ処理アルゴリズム及び第2のオーディオ処理アルゴリズムに基づいて、第3のオーディオ処理アルゴリズムを決定してもよい。 Then, the computing device, in response, based on a first audio processing algorithm and the second audio processing algorithm, may determine the third audio processing algorithms. 例えば、コンピューティングデバイスは、第1及び第2のオーディオ処理アルゴリズムのパラメータの平均をとることによって、第3のオーディオ処理アルゴリズムを決定してもよい。 For example, computing device, by taking the average of the parameters of the first and second audio processing algorithm, may determine the third audio processing algorithms.

そして、コンピューティングデバイスは、第3のオーディオ処理アルゴリズムと実質的に同一の音響特性との関連付けをデータベースに記憶してもよい。 Then, the computing device may store the association between substantially identical acoustic properties and the third audio processing algorithms in the database. ある例では、第3のオーディオ処理アルゴリズムについてのデータベースエントリは、2つの実質的に同一の音響特性の平均値に基づいて決定された対応する音響特性を有してもよい。 In one example, database entries for the third audio processing algorithms may have a corresponding sound characteristic is determined based on the average value of the two substantially identical acoustic characteristics. 幾つかの場合において、上記示唆したように、データベースは、ストレージメモリを節約する目的で、実質的に同一の音響特性について1つのエントリのみを有してもよい。 In some cases, as described above suggested, database, in order to save storage memory may have only one entry for substantially the same acoustic characteristics. そのため、第3のオーディオ処理アルゴリズムについてのエントリを優先して、第1の再生ゾーン及び第2の再生ゾーンの音響特性のエントリは廃棄してもよい。 Therefore, by giving priority to an entry for a third audio processing algorithms, the entry of the acoustic properties of the first regeneration zone and the second regeneration zone can be discarded. 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible.

上記説明は、全体的に、コンピューティングデバイスによって実行されるものとして方法500について言及しているが、当業者は、上述したように、方法500の機能が、代替的に、1つ又は複数のサーバ、1つ又は複数の再生デバイス、及び/又は1つ又は複数のコントローラデバイスなどの1つ又は複数の他のデバイスによって実行されてもよいことを理解するであろう。 The above description, in whole, but mentions the method 500 as being performed by a computing device, one skilled in the art, as described above, functions of the method 500, alternatively, one or more server, it will appreciate that may be performed by one or more playback devices, and / or one or one or more other devices such as a plurality of controller device. 換言すれば、ブロック502−510のうちの1つ又は複数は、コンピューティングデバイスによって実行されてもよい一方で、ブロック502−510のうちの1つ又は複数の他のブロックは、1つ又は複数の他のコンピューティングデバイスによって実行されてもよい。 In other words, one or more of the blocks 502-510, while that may be executed by a computing device, one or more other blocks of the blocks 502-510, one or more the other computing device may be performed.

ある例では、上述したように、ブロック502における再生デバイスによる第1のオーディオ信号の再生は、いかなる外部コマンドもなしに再生デバイスによって実行されてもよい。 In one example, as described above, reproduction of the first audio signal by the reproduction device at block 502 may be performed by the playback device without any external command. あるいは、再生デバイスは、コントローラデバイス及び/又は他の再生デバイスからのコマンドに応答して第1のオーディオ信号を再生してもよい。 Alternatively, the playback device may play the first audio signal in response to commands from the controller device, and / or other playback device. 別の例では、ブロック502−506は、1つ又は複数の再生デバイス又は1つ又は複数のコントローラデバイスによって実行されてもよく、コンピューティングデバイスは、ブロック508及び510を実行してもよい。 In another example, blocks 502-506 may be performed by one or more playback devices or one or more controller device, the computing device may perform the blocks 508 and 510. さらに別の例では、ブロック502−508は、1つ又は複数の再生デバイス又は1つ又は複数のコントローラデバイスによって実行されてもよく、コンピューティングデバイスは、ブロック510においてオーディオ処理アルゴリズムを記憶する機能を実行するだけであってもよい。 In yet another example, blocks 502-508 may be performed by one or more playback devices or one or more controller device, computing device, a function of storing the audio processing algorithm in block 510 it may only be executed. 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible.

b. b. オーディオ処理アルゴリズム及び再生ゾーンの対応する1つ又は複数の特性の例示的データベース 先に示したように、再生ゾーンは、1つ又は複数の再生ゾーン特性を有してもよい。 As shown in the exemplary database destination corresponding one or more characteristics of the audio processing algorithms and regeneration zone, the regeneration zone may have one or more of the regeneration zone characteristics. 1つ又は複数の再生ゾーン特性は、上述したように、再生ゾーンの音響特性を含んでもよい。 One or more of the regeneration zone properties, as described above, may include acoustic properties of the regeneration zone. また、再生ゾーンの1つ又は複数の特性は、(a)再生ゾーンの寸法、(b)再生ゾーンのオーディオ反射特性、(c)再生ゾーンの使用目的、(d)再生ゾーン内の家具の数、(e)再生ゾーン内の家具のサイズ、及び(f)再生ゾーン内の家具の種類のうちの1つ又は複数を含んでもよい。 Also, one or more characteristics of the regeneration zone is, (a) the size of the regeneration zone, (b) audio reflection characteristics of the regeneration zone, (c) use of the regeneration zone purposes, (d) the number of furniture in the regeneration zone , (e) the size of the furniture in the regeneration zone, and (f) may include one or more of the types of furniture in the regeneration zone. ある場合では、再生ゾーンのオーディオ反射特性は、再生ゾーンの床材及び/又は壁材に関連してもよい。 In some cases, audio reflection characteristics of the regeneration zone may be associated with flooring and / or wall coverings of the regeneration zone.

幾つかの例において、上述したp(t)などの決定されたオーディオ処理アルゴリズムと再生ゾーンの追加の1つ又は複数の特性との関連付けがデータベースに記憶されうる。 In some instances, the association between the addition of one or more characteristics of the regeneration zone determined audio processing algorithms, such as p (t) described above may be stored in a database. 図7は、オーディオ処理アルゴリズム及び再生ゾーンの1つ又は複数の特性のデータベースを保守する方法700の例示的なフロー図を示している。 Figure 7 illustrates an exemplary flow diagram of a method 700 for maintaining a database of one or more characteristics of the audio processing algorithms and regeneration zone. 図7に示される方法700は、例えば、図1のメディア再生システム100、図2の1つ又は複数の再生デバイス200、及び図3の1つ又は複数の制御デバイス300を含む動作環境内で実施されうる方法の実施形態を表している。 The method 700 shown in FIG. 7, for example, the media playback system 100 of FIG. 1, carried out in operating environment that includes one or more playback devices 200, and one or more control devices 300 of FIG. 3 in FIG. 2 it represents an embodiment of a method that may be be. ある例では、方法700は、メディア再生システム100などのメディア再生システムと通信するコンピューティングデバイスによって実行されてもよい。 In one example, method 700 may be executed by a computing device in communication with the media playback system, such as media playback system 100. これに代えて、別の例では、方法700の幾つか又は全ての機能は、1つ又は複数のサーバ、1つ又は複数の再生デバイス、及び/又は1つ又は複数のコントローラデバイスなどの1つ又は複数の他のコンピューティングデバイスによって実行されてもよい。 Alternatively, in another example, some or all of the functions of the method 700, one or more servers, one such as one or more playback devices, and / or one or more controller device or it may be executed by a plurality of other computing devices.

方法700は、ブロック702−708のうちの1つ又は複数によって示されるように1つ又は複数の操作、機能又は動作を含んでもよい。 The method 700, one or more operations as indicated by one or more of the blocks 702-708 may include the functionality or operation. ブロックは順番に示されているが、これらのブロックは、並列に及び/又は本明細書に記載されたものとは異なる順序で実行されてもよい。 While blocks are shown in order, these blocks may be performed in a different order than those described in and / or described herein in parallel. また、様々なブロックは、所望の実装に基づいて、より少数のブロックに組み合わせられてもよく、さらなるブロックに分割されてもよく、及び/又は除去されてもよい。 Further, various blocks, based on the desired implementation, may be combined into fewer blocks may be further divided into blocks, and / or may be removed.

図7に示されるように、方法700は、再生ゾーン内の再生デバイスに第1のオーディオ信号を再生させるステップ(ブロック702)、(i)再生ゾーンの1つ又は複数の特性を示すデータ及び(ii)再生デバイスのマイクロホンによって検出された第2のオーディオ信号を示すデータを受信するステップ(ブロック704)、第2のオーディオ信号及び再生デバイスの特性に基づいてオーディオ処理アルゴリズムを決定するステップ(ブロック706)、決定したオーディオ処理アルゴリズムと再生ゾーンの1つ又は複数の特性のうちの少なくとも1つとの関連付けをデータベースに記憶させるステップ(ブロック708)を含む。 As shown in FIG. 7, the method 700, the step of reproducing the first audio signal to the playback device in the regeneration zone (block 702), and data indicative of one or more properties of (i) regeneration zone ( ii) receiving data indicating a second audio signal detected by the microphone of the playback device (block 704), determining the audio processing algorithm based on the characteristics of the second audio signal and playback device (block 706 ), comprising at least one association step of storing in a database of one or more characteristics of the determined audio processing algorithms regeneration zone (block 708).

方法700は、ブロック702において、コンピューティングデバイスにより、再生ゾーン内の再生デバイスに第1のオーディオ信号を再生させる。 The method 700, at block 702, the computing device, to reproduce the first audio signal to the playback device in the regeneration zone. ある例では、ブロック702は、図5に関連して記載されたブロック502のものと同一の又は実質的に同一の機能を含んでもよい。 In one example, block 702 is identical or substantially include the same functions as those of block 502 described in connection with FIG. 例えば、第1のオーディオ信号は、再生デバイスのレンダリング可能な周波数レンジ又は人間の可聴周波数レンジを実質的にカバーする周波数を有するオーディオコンテンツを含んでもよい。 For example, the first audio signal may include audio content having a frequency substantially covering renderable frequency range or human audible frequency range of the playback device. そのため、ブロック502に関連した上記説明は、ブロック702に適用することができる。 Therefore, the above description related to the block 502 can be applied to the block 702.

方法700は、ブロック704において、(i)再生ゾーンの1つ又は複数の特性を示すデータ、及び(ii)再生デバイスのマイクロホンによって検出された第2のオーディオ信号を示すデータを受信することを含む。 The method 700 includes at block 704, to receive data of a second audio signal detected by (i) data indicative of one or more characteristics of the regeneration zone, and (ii) reproducing device microphone . ある例では、ブロック704は、図5に関連して記載されたブロック504のものと同一の又は実質的に同一の機能を含んでもよい。 In one example, block 704 is identical or substantially include the same functions as those of block 504 described in connection with FIG. 例えば、第2のオーディオ信号は、再生デバイスによって再生された第1のオーディオ信号に対応する部分を含んでもよい。 For example, the second audio signal may include a portion corresponding to the first audio signal reproduced by the reproducing device. そのため、ブロック504に関連した上記説明は、ブロック704に適用することができる。 Therefore, the above description related to the block 504 can be applied to the block 704.

ブロック504に関連して上述したものに加えて、ブロック704は、再生ゾーンの1つ又は複数の特性を示すデータを受信することを含む。 In addition to those described above in conjunction with block 504, block 704 includes receiving data indicative of one or more characteristics of the regeneration zone. 上述したように、再生ゾーンは、再生デバイスがオーディオコンテンツを再生することができるリスニング環境をシミュレートするために使用されるモデル再生ゾーンであってもよい。 As described above, the regeneration zone may be a model regeneration zone the playback device is used to simulate the listening environment capable of reproducing audio content. そのような場合、再生ゾーンについての1つ又は複数の再生ゾーン特性の一部は公知であってもよい。 In such a case, a portion of one or more of the regeneration zone characteristics for regeneration zone may be known. 例えば、再生ゾーンについての寸法、フロアプラン、構築材料、及び家具が公知であってもよい。 For example, the dimensions of the regeneration zone, the floor plan, building materials, and furniture may be known. ある場合では、モデル再生ゾーンは、データベースについてのオーディオ処理アルゴリズムを決定するという目的のために構築されてもよく、その場合、1つ又は複数の再生ゾーン特性の一部は予め決められていてもよい。 In some cases, the model regeneration zone may be constructed for the purpose of determining the audio processing algorithm for the database, in which case, a portion of one or more of the regeneration zone characteristics be predetermined good. 別の場合では、再生ゾーンは、再生デバイスのユーザの部屋であってもよい。 In another case, the regeneration zone may be a user of the room of the playback device. 上述したように、そのような再生ゾーンの特性は、再生ゾーンの音響特性に寄与することができる。 As described above, the characteristics of such regeneration zone may contribute to the acoustic characteristics of the regeneration zone.

ある例では、コンピューティングデバイスは、ユーザ又は音響エンジニアによって使用されるコントローラデバイスのコントローラインタフェースを介して、1つ又は複数の再生ゾーン特性を示すデータを受信してもよい。 In one example, the computing device, via the controller interface of the controller device used by a user or an acoustic engineer, may receive data indicative of one or more of the regeneration zone characteristics. 別の例では、コンピューティングデバイスは、再生ゾーン内の再生デバイスから再生ゾーンの1つ又は複数の特性を示すデータを受信してもよい。 In another example, the computing device may receive data indicative of one or more characteristics of the regeneration zone from the playback devices in the regeneration zone. 例えば、1つ又は複数の特性を示すデータは、第2のオーディオ信号を示すデータとともに受信されてもよい。 For example, the data indicative of one or more properties may be received together with the data representing the second audio signal. 1つ又は複数の再生ゾーン特性を示すデータは、ブロック702における再生デバイスによる第1のオーディオ信号の再生前、再生中又は再生後に受信されてもよい。 Data indicative of one or more of the regeneration zone characteristics, before playback of the first audio signal by the reproduction device at block 702 may be received during or after playing playback. 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible.

方法700は、ブロック706において、第2のオーディオ信号及び再生デバイスの特性に基づいて、オーディオ処理アルゴリズムを決定することを含む。 The method 700, at block 706, includes on the basis of the characteristics of the second audio signal and reproducing device to determine the audio processing algorithms. ある例では、ブロック706は、図5のブロック506及び508において上述したものと同一又は類似の機能を含んでもよい。 In one example, block 706 may include the same or similar function to that described above in block 506 and 508 of FIG. 例えば、オーディオ処理アルゴリズムを決定することは、第2のオーディオ信号及び再生デバイスの特性に基づいて再生ゾーンの音響特性を決定すること、及びその後に再生ゾーンの音響特性に基づいてオーディオ処理アルゴリズムを決定することを含んでもよい。 For example, determining the audio processing algorithms to determine the acoustic properties of the regeneration zone on the basis of the characteristics of the second audio signal and reproducing device, and then determining the audio processing algorithm based on the acoustic properties of the regeneration zone it may involve. 再生デバイスの特性は、上述したように、再生デバイスの音響特性、再生デバイスの仕様、及び再生デバイスのモデルのうちの1つ又は複数を含んでもよい。 Characteristic of the reproduction device, as described above, acoustic characteristics of the reproduction device, the specification of the playback device, and may include one or more of the model of the playback device.

上述したように、再生ゾーン内で第1のオーディオ信号を再生するときの、決定したオーディオ処理アルゴリズムの再生デバイスによる適用により、第3のオーディオ信号が生成されうる。 As described above, when reproducing the first audio signal in the regeneration zone, the application by the reproducing device of the determined audio processing algorithm, the third audio signal may be generated. 第3のオーディオ信号は、所定のオーディオ特性と実質的に同一のオーディオ特性を有するか、又は少なくともある程度所定のオーディオ特性を持つ。 Third audio signal may have a predetermined audio characteristics substantially the same audio properties, or at least to some extent with a predetermined audio characteristics. ある場合では、所定のオーディオ特性は、上述した所定のオーディオ信号p(t)として表される所定のオーディオ特性と同一か又は実質的に同一であってもよい。 In some cases, the predetermined audio characteristics may be the same or substantially the same as the predetermined audio characteristic expressed as a predetermined audio signal p as described above (t). 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible.

方法800は、ブロック708において、決定したオーディオ処理アルゴリズムと再生ゾーンの1つ又は複数の特性のうちの少なくとも1つとの関連付けをデータベースに記憶させることを含む。 Method 800, at block 708, includes storing the at least one association of a determined audio processing algorithms one or more characteristics of the regeneration zone to the database. ある例では、ブロック708は、ブロック501において上述したものと同一又は類似の機能を含んでもよい。 In one example, block 708 may include the same or similar function to that described above in block 501. しかしながら、この場合において、コンピューティングデバイスは、再生ゾーンの音響特性に加えて又はその代わりに、オーディオ処理アルゴリズムと1つ又は複数の特性のうちの少なくとも1つとの関連付けをデータベースに記憶させてもよい。 However, in this case, the computing device in addition to or instead of the acoustic properties of the regeneration zone may be at least one of the associations are stored in a database of audio processing algorithms and one or more characteristics .

上述したように、オーディオ処理アルゴリズムが決定された再生ゾーンは、再生デバイスがオーディオコンテンツを再生することができるリスニング環境をシミュレートするために使用されるモデル再生ゾーン、又は再生デバイスのユーザの部屋であってもよい。 As described above, the regeneration zone of the audio processing algorithms have been determined, the model regeneration zone playback device is used to simulate the listening environment capable of reproducing audio content, or the user of the room playback device it may be. 幾つかの場合において、データベースは、モデル再生ゾーン内で再生されて検出されたオーディオ信号に基づいて生成されたエントリとともに、再生デバイスのユーザの部屋内で再生されて検出されたオーディオ信号に基づいて生成されたエントリを含んでもよい。 In some cases, the database, along with the entries generated based on the audio signal detected is reproduced by the model regeneration zone, based on the room audio signal detected being played in the user's playback device it may include the generated entry.

図6Bは、オーディオ処理アルゴリズムのデータベース650の例示的な部分を示している。 Figure 6B illustrates an exemplary portion of a database 650 of audio processing algorithms. データベース650には、上記説明において決定したオーディオ処理アルゴリズム及びオーディオ処理アルゴリズムと再生ゾーン音響特性との関連付けが格納されている。 The database 650, associations between the audio processing algorithm and audio processing algorithm determined in the above description and the regeneration zone acoustic characteristics is stored. 示されるように、データベース650の一部は、データベース600のエントリ602−608と類似の複数のエントリ652−658を含んでもよい。 As shown, a portion of the database 650 may include a plurality of entries 652-658 similar to entries 602-608 of database 600. 例えば、エントリ652及び602は、同一の再生ゾーン音響特性、及び同一のオーディオ処理アルゴリズム係数を有してもよい。 For example, entries 652 and 602 may have the same regeneration zone acoustic properties, and the same audio processing algorithm coefficients. エントリ654及び604は、同一の再生ゾーン音響特性、及び同一のオーディオ処理アルゴリズム係数を有してもよい。 Entries 654 and 604 may have the same regeneration zone acoustic properties, and the same audio processing algorithm coefficients. エントリ656及び606は、同一の再生ゾーン音響特性、及び同一のオーディオ処理アルゴリズム係数を有してもよい。 Entries 656 and 606 may have the same regeneration zone acoustic properties, and the same audio processing algorithm coefficients. エントリ658及び608は、同一の再生ゾーン音響特性、及び同一のオーディオ処理アルゴリズム係数を有してもよい。 Entries 658 and 608 may have the same regeneration zone acoustic properties, and the same audio processing algorithm coefficients.

再生ゾーン音響特性に加えて、データベース650は、対応する再生ゾーン音響特性を有する再生ゾーンの寸法を示すゾーン寸法情報及び対応する再生ゾーン音響特性に基づいて決定されたオーディオ処理アルゴリズムを含んでもよい。 In addition to the regeneration zone acoustic characteristics, the database 650 may include audio processing algorithm determined based on the regeneration zone acoustic properties zone size information and the corresponding indicating the size of the regeneration zone with a corresponding regeneration zone acoustic characteristics. 例えば、示されるように、エントリ652は、a ×b ×c のゾーン寸法を有してもよく、エントリ654は、a ×b ×c のゾーン寸法を有してもよく、エントリ656は、a ×b ×c のゾーン寸法を有してもよく、エントリ654は、a ×b ×c のゾーン寸法を有してもよい。 For example, as shown, entries 652 may have a zone dimension of a 1 × b 1 × c 1 , entry 654 may have a zone dimension of a 2 × b 2 × c 2 , entries 656 may have a zone dimension of a 3 × b 3 × c 3 , entry 654 may have a zone dimension of a 4 × b 4 × c 4 . そのため、この例において、決定されたオーディオ処理アルゴリズムに関連付けて記憶された1つ又は複数の特性は、再生ゾーンの音響特性及び再生ゾーンの寸法を含む。 Therefore, in this example, one or more characteristics stored in association with the determined audio processing algorithms, including the dimensions of the acoustic characteristics and regeneration zone of the regeneration zone. 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible.

当業者は、データベース650が方法700の機能を実行することによって作成されて保守されうるデータベースの単なる一例であることを理解するであろう。 Those skilled in the art will appreciate that database 650 is merely an example of a database that may be maintained is created by executing the functions of the method 700. ある例では、再生ゾーン音響特性は、異なる形式又は数学的状態(すなわち、反転対非反転関数)で記憶されてもよい。 In one example, the regeneration zone acoustic characteristics, different types or mathematical conditions (i.e., inverting vs. non-inverting function) may be stored in. 別の例では、オーディオ処理アルゴリズムは、関数及び/又は等化関数として記憶されてもよい。 In another example, the audio processing algorithms may be stored as a function and / or equalization function. さらに別の例では、データベース650は、ゾーン寸法及び対応するオーディオ処理アルゴリズムのみを含むことができ、再生ゾーンの対応する音響特性を含まないことができる。 In yet another example, the database 650 may include only the zone size and the corresponding audio processing algorithms, can be free of the corresponding acoustic characteristics of the regeneration zone. 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible.

方法500と同様に、上述した方法700(又は方法700の幾つかの変形例)は、さらに、データベース内の他のエントリを生成するために実行されてもよい。 Like method 500, (some variants of or method 700) the method 700 described above, further, may be performed to generate other entries in the database. 例えば、再生デバイスが第1の再生デバイスであり、再生ゾーンが第1の再生ゾーンであり、オーディオ処理アルゴリズムが第1のオーディオ処理アルゴリズムであることを考えると、方法600は、追加的に又は代替的に、第2の再生ゾーンにおいて第2の再生デバイスを使用して実行されてもよい。 For example, the playback device is the first playback device, the regeneration zone is a first regeneration zone, considering that the audio processing algorithms is a first audio processing algorithms, the method 600 additionally or alternatively manner may be performed by using the second playback device in the second regeneration zone. ある例では、第2の再生デバイスは、第2の再生ゾーンにおいて第4のオーディオ信号を再生することができ、第2の再生デバイスのマイクロホンは、第2の再生デバイスによって再生された第4のオーディオ信号の一部を含む第5のオーディオ信号を検出することができる。 In one example, the second reproduction device, in the second regeneration zone can play fourth audio signals, a microphone of the second playback device, the fourth reproduced by the second reproducing device it is possible to detect the fifth audio signal including a part of the audio signal. そして、コンピューティングデバイスは、(i)第2の再生ゾーンの1つ又は複数の特性を示すデータ及び(ii)第2の再生ゾーン内の第2の再生デバイスのマイクロホンによって検出された第5のオーディオ信号を示すデータを受信してもよい。 Then, the computing device, (i) Fifth detected by the second of the second reproduction device of the microphone in one or more characteristics and data indicating the (ii) second regeneration zone of the regeneration zone it may receive data indicating the audio signal.

そして、コンピューティングデバイスは、第5のオーディオ信号及び第2の再生デバイスの特性に基づいて、第2の再生ゾーンの音響特性を決定してもよい。 Then, the computing device based on the characteristics of the fifth audio signal and the second reproduction device may determine the acoustic characteristics of the second regeneration zone. コンピューティングデバイスは、第2の再生ゾーンの音響特性に基づいて、第2のオーディオ処理アルゴリズムを決定してもよい。 Computing device based on the acoustic characteristics of the second regeneration zone, it may determine the second audio processing algorithms. ここで、再生ゾーンにおいて第4のオーディオ信号を再生するときの、決定した第2のオーディオ処理アルゴリズムの第2の再生デバイスによる適用により、第6のオーディオ信号が生成される。 Here, when playing the fourth audio signal in the regeneration zone, the application by the second playback device of the second audio processing algorithms to determine the audio signal of the sixth is generated. 第6のオーディオ信号は、式(7)及び(8)において示される、所定のオーディオ信号z(t)によって表される所定のオーディオ特性と実質的に同一のオーディオ特性を有する。 Audio signal of the 6 are shown in equation (7) and (8), having a predetermined audio characteristics substantially the same audio properties as represented by a given audio signal z (t). そして、コンピューティングデバイスは、第2のオーディオ処理アルゴリズムと第2の再生ゾーンの1つ又は複数の特性のうちの少なくとも1つとの関連付けをデータベースに記憶させてもよい。 Then, the computing device, at least one of association may be allowed to store in the database of the second audio processing algorithms one or more characteristics of the second regeneration zone.

方法500に関連して上述したものと同様に、データベースについてのエントリを生成する過程において、コンピューティングデバイスは、2つの再生ゾーンが類似の又は実質的に同一の再生ゾーン音響特性を有することを決定してもよい。 Similar to that described above in connection with the method 500, in the process of generating an entry for a database, computing device determines that the two regeneration zone have similar or substantially the same regeneration zone acoustic characteristics it may be. したがって、上述したように、コンピューティングデバイスは、再生ゾーン音響特性と再生ゾーン音響特性に対応する決定したオーディオ処理アルゴリズムとを合成(すなわち、平均化)することができ、データベース内の1つのエントリとして合成された再生ゾーン音響特性及び合成したオーディオ処理アルゴリズムを記憶してもよい。 Therefore, as described above, the computing device combines the audio processing algorithm determined corresponding to the regeneration zone acoustic characteristics and the regeneration zone acoustic properties (i.e., averaging) can be, as one entry in the database the synthesized regeneration zone acoustic properties and synthesized audio processing algorithms may be stored. 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible.

方法500の場合と同様に、上記説明は、全体的に、コンピューティングデバイスによって実行されるものとして方法700について言及しているが、当業者は、方法700の機能が、代替的に、1つ又は複数のサーバ、1つ又は複数の再生デバイス、及び/又は1つ又は複数のコントローラデバイスなどの1つ又は複数の他のコンピューティングデバイスによって実行されてもよいことを理解するであろう。 As with the method 500, described above, in whole, but mentions the method 700 as being performed by a computing device, one skilled in the art, functions of the method 700, alternatively, one or more servers, will appreciate that may be performed by one or more playback devices, and / or one or more controller device one such or more other computing devices. 換言すれば、ブロック702−708のうちの1つ又は複数は、コンピューティングデバイスによって実行されてもよい一方で、ブロック702−708のうちの1つ又は複数の他のブロックは、1つ又は複数の他のコンピューティングデバイスによって実行されてもよい。 In other words, one or more of the blocks 702-708, while that may be executed by a computing device, one or more other blocks of the blocks 702-708, one or more the other computing device may be performed. 他のコンピューティングデバイスは、1つ又は複数の再生デバイス、1つ又は複数のコントローラデバイス、及び/又は1つ又は複数のサーバを含んでもよい。 Other computing devices may include one or more of the playback devices may include one or more of the controller device, and / or one or more servers.

ある例では、上述したように、ブロック702における再生デバイスによる第1のオーディオ信号の再生は、いかなる外部コマンドもなしに再生デバイスによって実行されうる。 In one example, as described above, reproduction of the first audio signal by the reproduction device at block 702 may be performed by the playback device without any external command. あるいは、再生デバイスは、コントローラデバイス及び/又は他の再生デバイスからのコマンドに応答して、第1のオーディオ信号を再生してもよい。 Alternatively, playback device, in response to commands from the controller device, and / or other playback devices may be playing the first audio signal. 別の例では、ブロック702−706は、1つ又は複数の再生デバイス又は1つ又は複数のコントローラデバイスによって実行されてもよく、コンピューティングデバイスは、ブロック708を実行してもよい。 In another example, blocks 702-706 may be performed by one or more playback devices or one or more controller device, the computing device may perform block 708. 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible.

IV. IV. 再生ゾーン特性に基づく再生デバイスの校正 上述したように、本明細書に記載された幾つかの例は、再生ゾーンについての再生デバイスの校正を含む。 As calibration aforementioned playback device based on the reproduction zone characteristics, some examples described herein, including the calibration of the reproducing device for regeneration zone. 幾つかの場合において、再生デバイスの校正は、再生ゾーンにおけるオーディオコンテンツの再生時に再生デバイスが適用するオーディオ処理アルゴリズムを決定することを含んでもよい。 In some cases, the calibration of the playback device may include determining the audio processing algorithms to be applied playback device during playback of the audio content in the regeneration zone is.

図8は、再生デバイスを校正することができる例示的な再生環境800を示している。 Figure 8 shows an exemplary reproduction environment 800 which can be calibrated playback device. 示されるように、再生環境800は、コンピューティングデバイス802と、再生デバイス804及び806と、コントローラデバイス808と、再生ゾーン810とを含む。 As shown, the reproduction environment 800 includes a computing device 802, the playback device 804 and 806, the controller device 808, and a regeneration zone 810. 再生デバイス804及び806は、図2に示される再生デバイス200に類似していてもよい。 Playback device 804 and 806 may be similar to the playback device 200 shown in FIG. そのため、再生デバイス804及び806は、それぞれ、マイクロホン220などのマイクロホンを有してもよい。 Therefore, the playback device 804 and 806, respectively, may have a microphone and a microphone 220. 幾つかの場合において、再生デバイス804及び806のうちの一方のみがマイクロホンを有していてもよい。 In some cases, only one of the playback devices 804 and 806 may have a microphone.

ある例では、再生デバイス804及び806は、メディア再生システムの一部とすることができ、図1のメディア再生システム100に関連して示されて上述されたもののように、オーディオコンテンツを同期して再生するように構成されうる。 In one example, the playback device 804 and 806 may be part of a media playback system, as illustrated in connection with the media playback system 100 of FIG. 1 those described above, in synchronization with audio content It can be configured to play. ある場合では、再生デバイス804及び806は、再生ゾーン810内で同期してオーディオコンテンツを再生するためにともにグループ化されうる。 In some cases, the playback device 804 and 806 may be grouped together in order to reproduce the audio content in synchronization in the regeneration zone 810. 図1を再度参照すると、再生ゾーン810は、メディア再生システム100において異なる部屋及びゾーングループのいずれか1つ又は複数であってもよい。 Referring again to FIG. 1, the regeneration zone 810 may be any one or more different rooms and zone group in the media playback system 100. 例えば、再生ゾーン810は、主寝室であってもよい。 For example, the regeneration zone 810, may be a master bedroom. そのような場合、再生デバイス804及び806は、それぞれ、再生デバイス122及び124に対応していてもよい。 In such a case, the playback device 804 and 806, respectively, may correspond to the playback device 122 and 124.

ある例では、コントローラデバイス808は、メディア再生システムを制御するために使用されうるデバイスであってもよい。 In one example, the controller device 808 may be a device that may be used to control media playback system. ある場合では、コントローラデバイス808は、図3の制御デバイス300に類似していてもよい。 In some cases, the controller device 808 may be similar to the control device 300 of FIG. 図8のコントローラデバイス808は、再生ゾーン810の内部にあるように示されているが、コントローラデバイス808は、再生ゾーン810の外部にあってもよいし、又は、再生デバイス804、再生デバイス806、及び/又はメディア再生システム内の他のデバイスと通信しながら再生ゾーン810の内外に移動してもよい。 Controller device 808 of FIG. 8, have been shown to be inside the regeneration zone 810, the controller device 808 may be external to the regeneration zone 810, or playback device 804, the playback device 806, and / or it may move in and out of the regeneration zone 810 while communicating with other devices in the media playback system.

ある例では、コンピューティングデバイス802は、メディア再生システムと通信するサーバであってもよい。 In one example, the computing device 802 may be a server that communicates with the media playback system. コンピューティングデバイス802は、メディア再生システムに関連する情報(再生デバイス804及び806に関連付けられた登録番号など)のデータベースを保守するように構成されうる。 Computing device 802 may be configured to maintain a database of information (such as the registration number associated with the playback device 804 and 806) associated with the media playback system. また、コンピューティングデバイス802は、前のセクションにおいて記載されたようにオーディオ処理アルゴリズムのデータベースを保守するように構成されうる。 Further, computing device 802 may be configured to maintain a database of audio processing algorithm as described in the previous section. 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible.

方法900、1000及び1100は、後述するように、再生ゾーン810における再生デバイス804及び806などの再生ゾーンにおける再生デバイスの校正のために実行されうる機能を提供する。 METHOD 900, 1000 and 1100, as described below, provides a function that may be performed for the calibration of the reproducing device in the regeneration zone, such as playback devices 804 and 806 in the regeneration zone 810.

a. a. 検出されたオーディオ信号に基づいてオーディオ処理アルゴリズムを決定する第1の例示的な方法 図9は、1つ又は複数の再生ゾーン特性に基づいてオーディオ処理アルゴリズムを決定する方法900の例示的なフロー図を示している。 The first exemplary method Figure 9 for determining the audio processing algorithm based on the detected audio signal, the exemplary flow diagram of a method 900 of determining the audio processing algorithm based on one or more of the regeneration zone characteristics the shows. 図9に示される方法900は、例えば、図1のメディア再生システム100、図2の1つ又は複数の再生デバイス200、図3の1つ又は複数の制御デバイス300、及び図8の再生環境800を含む動作環境内で実施されうる方法の実施形態を表している。 The method 900 shown in FIG. 9, for example, the media playback system 100 of FIG. 1, one or more playback device 200 of FIG. 2, the reproduction environment 800 of one or more control devices 300, and 8 in FIG. 3 it represents an embodiment of a method that may be implemented within the operating environment including. ある例では、方法900は、メディア再生システムと通信するコンピューティングデバイスによって実行されうる。 In one example, method 900 may be performed by a computing device in communication with the media playback system. これに代えて、別の例では、方法900の機能の一部又は全ては、1つ又は複数のサーバ、1つ又は複数の再生デバイス、及び/又はメディア再生システムに関連する1つ又は複数のコントローラデバイスなどの、1つ又は複数の他のコンピューティングデバイスによって実行されてもよい。 Alternatively, in another example, some or all of the functions of the method 900, one or more servers, one or more playback devices, and / or media playback system to one associated or more such as a controller device may be performed by one or more other computing devices.

方法900は、ブロック902−908のうちの1つ又は複数によって示されるように1つ又は複数の操作、機能又は動作を含んでもよい。 Method 900, one or more operations as indicated by one or more of the blocks 902-908 may include the functionality or operation. ブロックは順番に示されているが、これらのブロックは、並列に及び/又は本明細書に記載されたものとは異なる順序で実行されてもよい。 While blocks are shown in order, these blocks may be performed in a different order than those described in and / or described herein in parallel. また、様々なブロックは、所望の実装に基づいて、より少数のブロックに組み合わせられてもよく、さらなるブロックに分割されてもよく、及び/又は除去されてもよい。 Further, various blocks, based on the desired implementation, may be combined into fewer blocks may be further divided into blocks, and / or may be removed.

図9に示されるように、方法900は、再生ゾーン内の再生デバイスに第1のオーディオ信号を再生させるステップ(ブロック902)、再生デバイスのマイクロホンによって検出された第2のオーディオ信号を示すデータを再生デバイスから受信するステップ(ブロック904)、第2のオーディオ信号及び再生デバイスの音響特性に基づいてオーディオ処理アルゴリズムを決定するステップ(ブロック906)、及び決定したオーディオ処理アルゴリズムを示すデータを再生デバイスに送信するステップ(ブロック908)を含む。 As shown in FIG. 9, the method 900, the step of reproducing the first audio signal to the playback device in the regeneration zone (block 902), data indicating the second audio signal detected by the microphone of the playback device receiving from the playback device (block 904), determining the audio processing algorithm based on the acoustic properties of the second audio signal and playback device (block 906), and data indicating the audio processing algorithm determined the playback device comprising the step of transmitting (block 908).

方法900は、ブロック902において、再生ゾーン内の再生デバイスに第1のオーディオ信号を再生させることを含む。 Method 900, at block 902, including the ability to reproduce a first audio signal to the playback device in the regeneration zone. 図8を参照し、再生デバイスは再生デバイス804であってもよく、再生ゾーンは再生ゾーン810であってもよい。 Referring to FIG. 8, the playback device may be a playback device 804, the regeneration zone may be a regeneration zone 810. そのため、再生デバイスは、図2に示される再生デバイス200と同様の再生デバイスであってもよい。 Therefore, the reproduction device may be a similar reproduction and playback devices 200 shown in FIG.

ある例では、コンピューティングデバイス802は、再生デバイス804が再生ゾーン810について校正されるべきであることを決定してもよく、それに応答して再生ゾーン810内の再生デバイス804に第1のオーディオ信号を再生させてもよい。 In one example, the computing device 802 may determine that the playback device 804 should be calibrated for the regeneration zone 810, a first audio signal in response to the playback device 804 in the regeneration zone 810 to it it may be allowed to play. ある場合では、コンピューティングデバイス802は、ユーザから受信した、再生デバイス804が校正されるべきであることを示す入力に基づいて、再生デバイス804が校正されるべきであることを決定してもよい。 In some cases, the computing device 802, received from the user, based on an input indicating that the playback device 804 is to be calibrated, it may determine that the playback device 804 should be calibrated . ある例では、入力は、コントローラデバイス808を介してユーザから受信されてもよい。 In one example, the input may be received from the user via the controller device 808. 別の場合では、コンピューティングデバイス802は、再生デバイス804が新たな再生デバイスであることから又は再生ゾーン810へと新たに移動したことから、再生デバイス804が校正されるべきであることを決定してもよい。 In another case, the computing device 802, since the newly moved since playback device 804 is a new playback device or to the regeneration zone 810, determines that the playback device 804 should be calibrated it may be. さらなる場合において、再生デバイス804(又はメディア再生システム内の任意の他の再生デバイス)の校正が定期的に実行されてもよい。 In a further case, the calibration of the playback device 804 (or any other playback devices in the media playback system) may be performed periodically. そのため、コンピューティングデバイス802は、再生デバイス804が再生デバイス804の校正スケジュールに基づいて校正されるべきであることを決定してもよい。 Therefore, the computing device 802 may determine that the playback device 804 should be calibrated based on the calibration schedule playback device 804. 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible. 再生デバイス804が校正されるべきであることを決定するのに応答して、コンピューティングデバイス802は、その後、再生デバイス804に第1のオーディオ信号を再生させてもよい。 In response to determining that the playback device 804 is to be calibrated, the computing device 802, then, may be reproduced a first audio signal to the playback device 804.

ブロック902は、コンピューティングデバイス802が再生デバイス804に第1のオーディオ信号を再生させることを含むが、当業者は、再生デバイス804による第1のオーディオ信号の再生が必ずしもコンピューティングデバイス802によって生じなくてもよい又は開始されなくてもよいことを理解するであろう。 Block 902, including the computing device 802 to reproduce the first audio signal to the playback device 804, those skilled in the art will not occur by the first audio signal playback necessarily computing device 802 by the playback device 804 will appreciate that it may or may not be or initiated. 例えば、コントローラデバイス808は、再生デバイス804にコマンドを送信して、再生デバイス804に第1のオーディオ信号を再生させてもよい。 For example, the controller device 808 sends a command to the playback device 804, may be reproduced a first audio signal to the playback device 804. 別の例では、再生デバイス806は、再生デバイス804に第1のオーディオ信号を再生させてもよい。 In another example, the playback device 806 may be playing the first audio signal to the playback device 804. さらなる例において、再生デバイス804は、コンピューティングデバイス802、再生デバイス806又はコントローラデバイス808からのコマンドを受信することなく、第1のオーディオ信号を再生してもよい。 In a further example, the playback device 804, computing device 802, without receiving a command from the playback device 806 or the controller device 808 may play the first audio signal. ある例では、再生デバイス804は、再生デバイス804の動き又は再生デバイス804の再生ゾーンの変化に基づいて、校正が実行されるべきであることを決定してもよく、それに応答して、第1のオーディオ信号を再生してもよい。 In one example, the playback device 804, based on the change in the regeneration zone of movement or playback device 804 of the playback device 804 may determine that the calibration is to be executed, in response thereto, the first the audio signal may be reproduced. 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible.

示唆されるように、第1のオーディオ信号は、再生ゾーン810についての再生デバイス804を校正するための検査信号又は測定信号であってもよい。 As suggested, the first audio signal may be a test signal or measurement signals for calibrating the playback device 804 for regeneration zone 810. そのため、第1のオーディオ信号は、ユーザによる通常使用中に再生デバイスによって再生されうるオーディオコンテンツを表してもよい。 Therefore, the first audio signal may represent audio content that can be reproduced by the reproduction device during normal use by the user. したがって、第1のオーディオ信号は、再生デバイスのレンダリング可能な周波数レンジ又は人間の可聴周波数レンジを実質的にカバーする周波数を有するオーディオコンテンツを含んでもよい。 Therefore, the first audio signal may include audio content having a frequency substantially covering renderable frequency range or human audible frequency range of the playback device. 別の例では、第1のオーディオ信号は、再生デバイスのユーザのお気に入りの又は一般に再生されるオーディオトラックであってもよい。 In another example, the first audio signal may be an audio track to be played to the user's favorite or general playback devices.

方法900は、ブロック904において、再生デバイスのマイクロホンによって検出された第2のオーディオ信号を再生デバイスから受信することを含む。 Method 900, at block 904, includes receiving a second audio signal detected by the microphone of the playback device from the playback device. 上記例を続けると、再生デバイス804が図2の再生デバイス200と同様であることを考慮すると、再生デバイス804のマイクロホンは、再生デバイス200のマイクロホン220に類似していてもよい。 Continuing the above example, considering that the playback device 804 is similar to the playback device 200 in FIG. 2, a microphone playback device 804 may be similar to the microphone 220 of the playback device 200. ある例では、コンピューティングデバイス802は、再生デバイス804からデータを受信してもよい。 In one example, the computing device 802 may receive data from the playback device 804. 別の例では、コンピューティングデバイス804は、再生デバイス806などの他の再生デバイス、コントローラデバイス808などのコントローラデバイス、又は他のサーバなどの他のコンピューティングデバイスを介して、データを受信してもよい。 In another example, the computing device 804, other playback devices, such as a playback device 806, the controller device such as controller device 808, or other via other computing devices, such as a server, also receive data good.

再生デバイス804が第1のオーディオ信号を再生しているとき又はその直後まもなく、再生デバイス804のマイクロホンは、第2のオーディオ信号を検出することができる。 Soon when or immediately after playback device 804 is playing a first audio signal, microphone playback device 804 can detect the second audio signal. 第2のオーディオ信号は、再生ゾーン内に存在するサウンドを含んでもよい。 Second audio signal may comprise a sound present in the regeneration zone. 例えば、第2のオーディオ信号は、再生デバイス804によって再生された第1のオーディオ信号に対応する部分を含んでもよい。 For example, the second audio signal may include a portion corresponding to the first audio signal reproduced by the playback device 804.

ある例では、コンピューティングデバイス802は、マイクロホンが第2のオーディオ信号を検出するとき、メディアストリームとして再生デバイス804から第1のオーディオ信号を示すデータを受信してもよい。 In one example, the computing device 802, when the microphone detects the second audio signal, may receive data indicating a first audio signal from the playback device 804 as a media stream. 別の例では、コンピューティングデバイス802は、再生デバイス804のマイクロホンによる第2のオーディオ信号の検出が完了すると、第2のオーディオ信号を示すデータを再生デバイス804から受信してもよい。 In another example, the computing device 802, upon completion of detection of the second audio signal by microphone playback device 804 may be a data indicating a second audio signal received from the playback device 804. いずれの場合も、再生デバイス804は、(再生デバイス200のオーディオ処理コンポーネント208などのオーディオ処理コンポーネントを介して)検出された第2のオーディオ信号を処理して、第2のオーディオ信号を示すデータを生成してコンピューティングデバイス802にデータを送信してもよい。 In either case, the playback device 804, the (playback device 200 via the audio processing components, such as audio processing components 208) to process the second audio signal is detected, data indicating the second audio signal generating and may transmit data to the computing device 802. ある例では、第2のオーディオ信号を示すデータを生成することは、アナログ信号からデジタル信号に第2のオーディオ信号を変換することを含んでもよい。 In one example, to generate data representing a second audio signal may include converting the second audio signal from an analog signal to a digital signal. 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible.

方法900は、ブロック906において、第2のオーディオ信号及び再生デバイスの音響特性に基づいて、オーディオ処理アルゴリズムを決定することを含む。 Method 900, at block 906, based on the acoustic properties of the second audio signal and reproducing device, and determining the audio processing algorithms. ある例では、再生デバイスの音響特性は、図5に示される方法500のブロック506に関連して上述したように、h (t)であってもよい。 In one example, the acoustic characteristics of the reproduction device, as described above in conjunction with block 506 of the method 500 shown in FIG. 5, may be a h p (t). 例えば、上述したように、無響室内の基準再生デバイスに測定信号を再生させ、基準再生デバイスのマイクロホンによって検出されたオーディオ信号を示すデータを基準再生デバイスから受信し、検出されたオーディオ信号と測定信号との比較に基づいて再生デバイスの音響特性を決定することにより、再生デバイスの音響特性を決定することができる。 For example, as described above, to reproduce the measurement signal to the reference reproducing device anechoic chamber, the data indicative of the detected audio signal by the reference reproducing device microphone received from the reference playback device, measuring the detected audio signal by determining the acoustic characteristics of the reproduction device based on a comparison of the signal, it is possible to determine the acoustic properties of the playback device.

上記示唆したように、基準再生デバイスは、再生ゾーン810について校正されている再生デバイス804と同じモデルであってもよい。 As mentioned above suggest, reference reproduction device may be the same model as the playback device 804 being calibrated for regeneration zone 810. また、ブロック506に関連して上述したものと同様に、コンピューティングデバイスは、それに応じて、再生デバイスの音響特性及び第2のオーディオ信号に基づいて、再生ゾーンの音響特性を決定してもよい。 Further, in the same manner as described above in conjunction with block 506, the computing device, accordingly, based on the acoustic properties and a second audio signal reproduction device may determine the acoustic characteristics of the regeneration zone .

ある例では、コンピューティングデバイス802は、ブロック508に関連して上述したものと同様の再生ゾーンの音響特性に基づいて、オーディオ処理アルゴリズムを決定してもよい。 In one example, the computing device 802, based on the acoustic characteristics of the reproduction zone similar to that described above in conjunction with block 508 may determine the audio processing algorithms. そのため、コンピューティングデバイス802は、再生ゾーンの音響特性及び所定のオーディオ特性に基づいて、オーディオ処理アルゴリズムを決定してもよい。 Therefore, the computing device 802, based on the acoustic properties and a predetermined audio characteristics of the regeneration zone, may determine the audio processing algorithms. ここで、再生ゾーン810内で第1のオーディオ信号を再生するときの、決定したオーディオ処理アルゴリズムの再生デバイス804による適用は、第3のオーディオ信号を生成する。 Here, applied by the reproducing device 804 of the determined audio processing algorithms when playing a first audio signal in the regeneration zone 810 to produce a third audio signal. 第3のオーディオ信号は、所定のオーディオ特性と実質的に同一のオーディオ特性を有するか、又は少なくともある程度、所定のオーディオ特性を持つ。 Third audio signal may have a predetermined audio characteristics substantially the same audio properties, or at least to some extent, with the given audio characteristics.

別の例では、コンピューティングデバイス802は、再生ゾーン810の音響特性に対応するオーディオ処理アルゴリズムを複数のオーディオ処理アルゴリズムの中から選択してもよい。 In another example, computing device 802 may select an audio processing algorithm corresponding to the acoustic characteristics of the regeneration zone 810 from a plurality of audio processing algorithms. 例えば、コンピューティングデバイスは、図6A及び図6Bそれぞれのデータベース600及び650などのデータベースにアクセスすることができ、再生ゾーン810の音響特性に基づいてオーディオ処理アルゴリズムを特定してもよい。 For example, the computing device can access the database, such as database 600 and 650 in Figures 6A and 6B, may identify the audio processing algorithm based on acoustic characteristics of the regeneration zone 810. 例えば、図6Aのデータベース600を参照すると、再生ゾーン810の音響特性がh room −1 (t)−3として決定された場合、データベースエントリ606の係数w 、x 、y 及びz を有するオーディオ処理アルゴリズムを特定することができる。 For example, referring to the database 600 of FIG. 6A, when the acoustic characteristics of the regeneration zone 810 is determined as h room -1 (t) -3, the coefficient w 3, x 3, y 3 and z 3 of the database entry 606 the audio processing algorithm with can be identified.

幾つかの場合において、再生ゾーン810の決定された音響特性に完全に一致する音響特性は、データベースにおいてみつからないことがある。 In some cases, the acoustic characteristics exactly match the acoustic characteristics determined in the regeneration zone 810 may not found in the database. そのような場合、再生ゾーン810の音響特性に最も類似しているデータベース内の音響特性に対応するオーディオ処理アルゴリズムが特定されてもよい。 In such a case, it may be identified audio processing algorithm corresponding to the acoustic characteristics in the database that are most similar to the acoustic properties of the regeneration zone 810. 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible.

方法900は、ブロック908において、決定したオーディオ処理アルゴリズムを示すデータを再生デバイスに送信することを含む。 The method 900 includes transmitting at block 908, the data indicating the determined audio processing algorithms playback device. 上記例を続けると、コンピューティングデバイス802(又は1つ又は複数の他のデバイス)は、決定したオーディオ処理アルゴリズムを示すデータを再生デバイス804に送信してもよい。 Continuing the above example, the computing device 802 (or one or more other device), the data indicating the determined audio processing algorithm may be transmitted to the playback device 804. また、決定されたオーディオ処理アルゴリズムを示すデータは、再生ゾーン810においてオーディオコンテンツを再生するときに、決定されたオーディオ処理アルゴリズムを再生デバイス804に適用させるためのコマンドを含んでもよい。 Further, data indicating the determined audio processing algorithms, when playing the audio content in the regeneration zone 810, the command may include for apply the determined audio processing algorithms playback device 804. ある例では、オーディオコンテンツにオーディオ処理アルゴリズムを適用することは、オーディオコンテンツの周波数等化を変更してもよい。 In one example, applying the audio processing algorithm to the audio content, it may change the frequency equalization of the audio content. 別の例では、オーディオコンテンツにオーディオ処理アルゴリズムを適用することは、オーディオコンテンツの音量域を変更してもよい。 In another example, applying the audio processing algorithm to the audio content may change the volume range of the audio content. 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible.

幾つかの場合において、再生ゾーンは、同期してオーディオコンテンツを再生するように構成された複数の再生デバイスを含んでもよい。 In some cases, the regeneration zone may include a plurality of playback device configured to play audio content in synchronization. 例えば、上述したように、再生デバイス804及び806は、再生ゾーン810において同期してオーディオコンテンツを再生するように構成されてもよい。 For example, as described above, the playback device 804 and 806 may be configured to play audio content in synchronization in the regeneration zone 810. そのような場合、再生デバイスのうちの1つの校正は、他の再生デバイスを含んでもよい。 In such a case, one calibration of the playback device may include other playback devices.

ある例では、再生ゾーン810などの再生ゾーンは、同期してオーディオコンテンツを再生するように構成された、再生デバイス804などの第1の再生デバイス及び再生デバイス806などの第2の再生デバイスを含んでもよい。 In one example, regeneration zone, such as the regeneration zone 810, is configured to play audio content in synchronization, include a second playback device such as a first playback device and playback device 806, such as a playback device 804 But good. コンピューティングデバイス802によって協調されて実行されるのにともない、再生デバイス804の校正は、再生デバイス804に第1のオーディオ信号を再生させ且つ再生デバイス806に第2のオーディオ信号を再生させることを含んでもよい。 Is coordinated by the computing device 802 due to be executed, the calibration of the reproducing device 804 includes regenerating a second audio signal into a first audio signal is allowed and reproducing device 806 reproduces the playback device 804 But good.

ある場合では、コンピューティングデバイス802は、再生デバイス804による第1のオーディオ信号の再生と同期して、再生デバイス806に第2のオーディオ信号を再生させてもよい。 In some cases, the computing device 802, in synchronism with the reproduction of the first audio signal by the reproducing device 804 may be a second audio signal is reproduced in the reproduction device 806. ある例では、再生デバイス804及び806のいずれかによって同期して再生されるオーディオコンテンツの成分が識別可能とすることができるように、第2のオーディオ信号は第1のオーディオ信号に直交していてもよい。 In one example, as can be components of the audio content to be reproduced in synchronization with one of the playback devices 804 and 806 can be identified, the second audio signal are not orthogonal to the first audio signal it may be. 別の場合では、コンピューティングデバイスは、再生デバイス804による第1のオーディオ信号の再生が終了した後に再生デバイス806に第2のオーディオ信号を再生させてもよい。 In another case, the computing device may the second audio signal is reproduced in the reproduction device 806 after reproduction of the first audio signal by the playback device 804 has been completed. 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible.

そして、コンピューティングデバイス802は、ブロック904に関連して記載されたものと同様に、再生デバイス804のマイクロホンによって検出された第3のオーディオ信号を再生デバイス804から受信してもよい。 Then, the computing device 802, similar to those described in conjunction with block 904 may receive the third audio signal detected by the microphone of the playback device 804 from the playback device 804. しかしながら、この場合、第3のオーディオ信号は、再生デバイス804によって再生された第1のオーディオ信号に対応する部分及び再生デバイス806によって再生された第2のオーディオ信号に対応する部分の双方を含んでもよい。 However, in this case, the third audio signal, also include both of the portion corresponding to the second audio signal reproduced by the partial and playback device 806 corresponding to the first audio signal reproduced by the playback device 804 good.

その後、コンピューティングデバイス802は、第3のオーディオ信号及び再生デバイス804の音響特性に基づいて、オーディオ処理アルゴリズムを決定して、決定したオーディオ処理アルゴリズムを示すデータを再生デバイス804に送信してもよい。 Thereafter, the computing device 802, based on the acoustic properties of the third audio signal and reproducing device 804, to determine the audio processing algorithms, data indicating the determined audio processing algorithm may be transmitted to the playback device 804 . 決定されたオーディオ処理アルゴリズムは、ブロック906及び908に関連して上述したものと同様に、再生ゾーン810においてオーディオコンテンツを再生するときに、再生デバイス804が適用するものである。 Determined audio processing algorithms, in a manner similar to that described above in conjunction with block 906 and 908, when reproducing the audio content in the regeneration zone 810, in which the playback device 804 is applied.

ある場合では、上述したように、再生デバイス806は、マイクロホンを有してもよく、また、上述したものと同様に校正されてもよい。 In some cases, as described above, the playback device 806 may have a microphone, or may be calibrated in a manner similar to that described above. 示されるように、再生デバイス804によって再生される第1のオーディオ信号及び再生デバイス806によって再生される第2のオーディオ信号は、直交していてもよく又は識別可能であってもよい。 As shown, the second audio signal reproduced by the first audio signal and the playback device 806 to be reproduced by the reproducing device 804 may be a well or identifiable be orthogonal. 例えば、また上述したように、再生デバイス806は、再生デバイス804による第1のオーディオ信号の再生が終了した後に、第2のオーディオ信号を再生してもよい。 For example, and as described above, the playback device 806, after the reproduction of the first audio signal by the playback device 804 is completed may play the second audio signal. 別の例において、第2のオーディオ信号は、第1のオーディオ信号の位相に直交する位相を有してもよい。 In another example, the second audio signal may have a phase orthogonal to the phase of the first audio signal. さらに別の例において、第2のオーディオ信号は、第1のオーディオ信号とは異なる及び/又は変化する周波数レンジを有してもよい。 In yet another example, the second audio signal may have a different and / or varying frequency range than the first audio signal. 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible.

いずれの場合にも、識別可能な第1及び第2のオーディオ信号により、コンピューティングデバイス802は、再生デバイス804によって検出された第3のオーディオ信号から、検出された第3のオーディオ信号に対する再生デバイス804の寄与及び検出された第3のオーディオ信号に対する再生デバイス806の寄与を解析することができる。 In either case, the first and second audio signal can be identified, a computing device 802, the third audio signal detected by the reproducing device 804, reproducing for the detected third audio signal device for 804 contribution and the detected third audio signal can be analyzed the contribution of the playback device 806. そして、各オーディオ処理アルゴリズムは、再生デバイス804及び再生デバイス806について決定されうる。 Each audio processing algorithms can be determined for the playback device 804 and playback device 806.

各オーディオ処理アルゴリズムは、ブロック508に関連して上述したものと同様に、決定されうる。 Each audio processing algorithms, in a manner similar to that described above in conjunction with block 508 can be determined. ある場合では、再生ゾーンの第1の音響特性は、再生デバイス604によって検出された第3のオーディオ信号に基づいて決定されてもよく、再生ゾーンの第2の音響特性は、再生デバイス806によって検出された第4のオーディオ信号に基づいて決定されてもよい。 In some cases, the first acoustic characteristic of the regeneration zone may be determined based on the third audio signal detected by the playback device 604, a second acoustic characteristic of the reproduction zone, detected by the playback device 806 it may be determined based on the fourth audio signal. 第3のオーディオ信号と同様に、第4のオーディオ信号は、再生デバイス804によって再生された第1のオーディオ信号に対応する部分及び再生デバイス806によって再生された第2のオーディオ信号に対応する部分を含んでもよい。 Similar to the third audio signal, the fourth audio signal, a portion corresponding to the second audio signal reproduced by the partial and playback device 806 corresponding to the first audio signal reproduced by the playback device 804 it may also include a.

そして、再生デバイス804及び再生デバイス806についての各オーディオ処理アルゴリズムは、再生ゾーンの第1の音響特性及び再生ゾーンの第2の音響特性の個々に又はそれらの組み合わせに基づいて、決定されうる。 Each audio processing algorithm for reproducing device 804 and playback device 806, based on individually or in combination thereof of the second acoustic characteristics of the first acoustic characteristic and regeneration zone of the regeneration zone can be determined. 幾つかの場合において、再生ゾーンの第1の音響特性及び再生ゾーンの第2の音響特性の組み合わせは、再生ゾーンの個別の第1又は第2の音響特性のいずれかよりも、再生ゾーンのより包括的な音響特性を表すことができる。 In some cases, a combination of the second acoustic characteristic of the first acoustic characteristic and regeneration zone of the regeneration zone, rather than one individual first or second acoustic characteristics of the reproduction zone, more of the regeneration zone it can represent a comprehensive acoustic characteristics. そして、各オーディオ処理アルゴリズムは、再生デバイス804及び再生デバイス806に送信されて、再生ゾーン810においてオーディオコンテンツを再生するときに適用される。 Each audio processing algorithms, are transmitted to the playback device 804 and playback device 806, it is applied when playing the audio content in the regeneration zone 810. 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible.

上記説明は、全体的に、図8のコンピューティングデバイス802によって実行されるものとして、方法900ついて言及しているが、当業者は、上述したように、方法900の機能が、代替的に、1つ又は複数のサーバ、1つ又は複数の再生デバイス及び/又は1つ又は複数のコントローラデバイスなどの、1つ又は複数の他のコンピューティングデバイスよって実行されてもよいことを理解するであろう。 The above description, in whole, as being performed by a computing device 802 of FIG. 8, but mentions with method 900, one skilled in the art, as described above, functions of the method 900, alternatively, one or more servers, such as one or more playback devices and / or one or more controller device, will understand that may be performed by one or more other computing devices . 例えば、再生ゾーン810についての再生デバイス804を校正するための方法900の機能は、再生デバイス804、再生デバイス806、コントローラデバイス808、又は図8には示されていないが再生デバイス804と通信する他のデバイスによって実行されてもよい。 For example, other functions of the method 900 for calibrating the playback device 804 for regeneration zone 810, the playback device 804, the playback device 806, the controller device 808, or although not shown in FIG. 8 that communicates with the playback device 804 it may be performed by the device.

さらに、幾つかの場合において、ブロック902−908のうちの1つ又は複数は、コンピューティングデバイス802によって実行されうる一方で、ブロック902−908のうちの1つ又は複数の他のブロックは、1つ又は複数の他のデバイスによって実行されてもよい。 Furthermore, in some cases, one or more of the blocks 902-908, while that may be performed by a computing device 802, one or more other blocks of the blocks 902-908, 1 it may be performed by One or more other devices. 例えば、ブロック902及び904は、再生デバイス804、再生デバイス806及び再生デバイス808のうちの1つ又は複数によって実行されうる。 For example, blocks 902 and 904, the playback device 804 may be performed by one or more of the playback device 806 and playback device 808. 換言すれば、コンピューティングデバイス802以外の調整デバイスは、再生ゾーン810についての再生デバイス804の校正を調整することができる。 In other words, the adjustment device other than the computing device 802 can adjust the calibration of the reproducing device 804 for regeneration zone 810.

幾つかの場合において、ブロック906において、調整デバイスは、第2のオーディオ信号をコンピューティングデバイス802に送信して、コンピューティングデバイス802が第2のオーディオ信号及び再生デバイスの音響特性に基づいてオーディオ処理アルゴリズムを決定してもよい。 In some cases, at block 906, the adjustment device sends a second audio signal to the computing device 802, audio processing computing device 802 based on the acoustic properties of the second audio signal and playback device algorithm may be determined. 再生デバイスの音響特性は、調整デバイスによってコンピューティングデバイス802に提供されてもよいし、又は再生デバイスの特性が格納されている他のデバイスから提供されてもよい。 Acoustic characteristics of the reproduction device may be provided to the computing device 802 by the adjustment device, or characteristics of the playback device may be provided from other devices are stored. ある場合では、コンピューティングデバイス802は調整デバイスよりも多くの処理能力を有するため、コンピューティングデバイス802がブロック906の計算を実行してもよい。 In some cases, because the computing device 802 with more processing power than adjusting device, the computing device 802 may perform the calculation of block 906.

ある例では、コンピューティングデバイス802は、オーディオ処理アルゴリズムを決定すると、決定したオーディオ処理アルゴリズムを直接再生デバイス804に送信して、再生ゾーン810でオーディオコンテンツを再生するときに再生デバイス804が適用できるようにしてもよい。 In one example, the computing device 802 has determined the audio processing algorithm, and transmits the determined audio processing algorithm directly playback device 804, so that the playback device 804 can be applied when playing the audio content in the regeneration zone 810 it may be. 別の例では、コンピューティングデバイス802は、オーディオ処理アルゴリズムを決定すると、決定したオーディオ処理アルゴリズムを調整デバイスに送信してもよく、調整デバイスはブロック908を実行して、(調整デバイスが再生デバイス804ではない場合は)決定したオーディオ処理アルゴリズムを再生デバイス804に送信してもよい。 In another example, the computing device 802 has determined the audio processing algorithm may transmit the determined audio processing algorithms to adjust the device, the adjustment device to perform block 908, (adjustment device reproducing device 804 audio processing algorithms are) determined if it is not the may be sent to playback devices 804. 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible.

b. b. 検出されたオーディオ信号に基づいてオーディオ処理アルゴリズムを決定する第2の例示的な方法 幾つかの場合において、上述したように、再生ゾーンにおける再生デバイスの校正は、サーバ又はコントーラデバイスなどのコンピューティングデバイスによって調整されて実行されてもよい。 In the case of a second exemplary method some of determining the audio processing algorithm based on the detected audio signal, as described above, calibration of the playback device in the regeneration zone, the server or configuration torus computing device, such as device or it may be executed after being adjusted by. 幾つかの他の場合において、上述したように、再生デバイスの校正は、校正されている再生デバイスによって調整及び/又は実行されてもよい。 In the case of some other, as described above, calibration of the playback device may be adjusted and / or executed by the playback device being calibrated.

図10は、校正されている再生デバイスによって実行されるような、1つ又は複数の再生ゾーン特性に基づいて、オーディオ処理アルゴリズムを決定する方法1000の例示的なフロー図を示している。 10, as performed by the playback device being calibrated, based on one or more of the regeneration zone characteristics shows an exemplary flow diagram of a method 1000 for determining the audio processing algorithms. 図10に示される方法1000は、例えば、図1のメディア再生システム100、図2の1つ又は複数の再生デバイス200、図3の1つ又は複数の制御デバイス300、及び図8の再生環境800を含む動作環境内で実施されうる方法の実施形態を表している。 The method 1000 shown in Figure 10, for example, the media playback system 100 of FIG. 1, one or more playback device 200 of FIG. 2, the reproduction environment 800 of one or more control devices 300, and 8 in FIG. 3 it represents an embodiment of a method that may be implemented within the operating environment including. 示されるように、方法800は、再生ゾーンのために校正されるべき再生デバイスによって実行されうる。 As shown, method 800 may be performed by the reproducing device to be calibrated for the regeneration zone. 幾つかの場合において、方法1000の機能の一部は、代替的に、1つ又は複数のサーバ、1つ又は複数の他の再生デバイス、及び/又は1つ又は複数のコントローラデバイスなどの1つ又は複数の他のコンピューティングデバイスによって実行されてもよい。 In some cases, some of the functions of the method 1000, alternatively, one of such one or more servers, one or more other playback devices, and / or one or more controller device or it may be executed by a plurality of other computing devices.

方法1000は、ブロック1002−1008のうちの1つ又は複数によって示されるように1つ又は複数の操作、機能又は動作を含んでもよい。 Method 1000, one or more operations as indicated by one or more of the blocks 1002-1008 may include the functionality or operation. ブロックは順番に示されているが、これらのブロックは、並列に及び/又は本明細書に記載されたものとは異なる順序で実行されてもよい。 While blocks are shown in order, these blocks may be performed in a different order than those described in and / or described herein in parallel. また、様々なブロックは、所望の実装に基づいて、より少数のブロックに組み合わせられてもよく、さらなるブロックに分割されてもよく、及び/又は除去されてもよい。 Further, various blocks, based on the desired implementation, may be combined into fewer blocks may be further divided into blocks, and / or may be removed.

図10に示されるように、方法1000は、再生ゾーン内で第1のオーディオ信号を再生するステップ(ブロック1002)、マイクロホンによって第2のオーディオ信号を検出するステップ(ブロック1004)、第2のオーディオ信号及び再生デバイスの音響特性に基づいてオーディオ処理アルゴリズムを決定するステップ(ブロック1006)、決定したオーディオ処理アルゴリズムを、メディアアイテムを再生するときにメディアアイテムに対応するオーディオデータに適用するステップ(ブロック1008)を含む。 As shown in FIG. 10, method 1000 (block 1002) for reproducing the first audio signal in the regeneration zone, the step (block 1004) for detecting a second audio signal by the microphone, a second audio signal and determining the audio processing algorithm based on acoustic characteristics of the reproduction device (block 1006), the determined audio processing algorithms (block 1008 to be applied to the audio data corresponding to the media item to play media items )including.

方法1000は、ブロック1002において、再生ゾーンにおいて、第1のオーディオ信号を再生することを含む。 Method 1000, at block 1002, including to play in the regeneration zone, the first audio signal. 図8を参照すると、再生デバイス804が再生ゾーン810内にある間、方法1000を実行する再生デバイスは、再生デバイス804であってもよい。 Referring to FIG. 8, while the playback device 804 is in the regeneration zone 810, the playback device to perform the method 1000 may be a playback device 804. ある例では、ブロック1002はブロック902に類似しているが、コンピューティングデバイス802よりもむしろ校正されている再生デバイス804によって実行されてもよい。 In one example, block 1002 is similar to block 902 may be performed by the playback device 804 is calibrated rather than the computing device 802. それにもかかわらず、ブロック902に関連した上記説明が、時にはいくらか変形して、ブロック1002に適用可能である。 Nevertheless, the above description related to the block 902, sometimes somewhat deformed, is applicable to the block 1002.

方法1000は、ブロック1004において、マイクロホンによって、第2のオーディオ信号を検出することを含む。 Method 1000, at block 1004 includes a microphone by detecting a second audio signal. 第2のオーディオ信号は、再生デバイスによって再生された第1のオーディオ信号に対応する部分を含んでもよい。 Second audio signal may include a portion corresponding to the first audio signal reproduced by the reproducing device. ある例では、ブロック1004はブロック904に類似しているが、コンピューティングデバイス802よりもむしろ校正されている再生デバイス804によって実行されてもよい。 In one example, block 1004 is similar to block 904 may be performed by the playback device 804 is calibrated rather than the computing device 802. それにもかかわらず、ブロック904に関連した上記説明が、時にはいくらか変形して、ブロック1004に適用可能である。 Nevertheless, the above description related to the block 904, sometimes somewhat deformed, is applicable to the block 1004.

方法1000は、ブロック1006において、第2のオーディオ信号及び再生デバイスの音響特性に基づいて、オーディオ処理アルゴリズムを決定することを含む。 Method 1000, at block 1006, based on the acoustic properties of the second audio signal and reproducing device, and determining the audio processing algorithms. ある例では、ブロック1006はブロック906に類似しているが、コンピューティングデバイス802よりもむしろ校正されている再生デバイス804によって実行されてもよい。 In one example, block 1006 is similar to block 906 may be performed by the playback device 804 is calibrated rather than the computing device 802. それにもかかわらず、ブロック906に関連した上記説明が、時にはいくらか変形して、ブロック1006に適用可能である。 Nevertheless, the above description related to the block 906, sometimes somewhat deformed, is applicable to the block 1006.

ある場合では、オーディオ処理アルゴリズムを決定する機能は、ブロック906に関連して記載されたように、再生ゾーン810のために校正されている再生デバイス804によって全体的に実行されてもよい。 In some cases, the ability to determine the audio processing algorithms, as described in conjunction with block 906, may be entirely performed by the playback device 804 that is calibrated for the regeneration zone 810. 例えば、再生デバイス804が、第2のオーディオ信号及び再生デバイス804の音響特性に基づいて、再生ゾーン610の音響特性を決定してもよい。 For example, the playback device 804, based on the acoustic properties of the second audio signal and the playback device 804 may determine the acoustic properties of the regeneration zone 610. ある場合では、再生デバイス804は、再生デバイス804の音響特性をローカルに格納していてもよい。 In some cases, the playback device 804 may store the acoustic characteristics of the reproduction device 804 locally. 別の場合では、再生デバイス804は、他のデバイスから、再生デバイス804の音響特性を受信してもよい。 In other cases, the playback device 804 from other devices, may receive the acoustic characteristics of the reproduction device 804.

ある例では、その後、再生デバイス804は、再生ゾーン610の音響特性に対応するオーディオ処理アルゴリズムを複数のオーディオ処理アルゴリズムの中から選択してもよい。 In some instances, then, the playback device 804 may select an audio processing algorithm corresponding to the acoustic characteristics of the regeneration zone 610 from a plurality of audio processing algorithms. 例えば、再生デバイス804は、それぞれ、図6A及び図6Bに関連して示されて上述されたデータベース600及び650などのデータベースにアクセスして、再生ゾーン610の音響特性と実質的に同様の音響特性に対応するオーディオ処理アルゴリズムをデータベースにおいて特定してもよい。 For example, the playback device 804, respectively, to access the database, such as FIGS. 6A and database 600 and 650 described above is shown in connection with Figure 6B, the acoustic characteristics of the regeneration zone 610 substantially similar acoustic characteristics it may be identified in the audio processing algorithm corresponding to the database.

他の例において、方法900のブロック906及び/又は方法500のブロック508に関連して上述した機能と同様に、再生デバイス804は、再生ゾーン610の音響特性及び所定のオーディオ特性に基づいて、オーディオ処理アルゴリズムを計算してもよい。 In another example, similar to the function described above in conjunction with block 508 of the block 906 and / or method 500 of method 900, the playback device 804, based on the acoustic properties and a predetermined audio characteristics of the regeneration zone 610, the audio the processing algorithm may be calculated. ここで、再生ゾーン810において第1のオーディオ信号を再生するときの、決定したオーディオ処理アルゴリズムの再生デバイス804による適用は、第3のオーディオ信号を生成する。 Here, applied by the reproducing device 804, the determined audio processing algorithm for reproducing a first audio signal in the regeneration zone 810 to produce a third audio signal. 第3のオーディオ信号は、所定のオーディオ特性と実質的に同一のオーディオ特性を有するか又は少なくともある程度の所定のオーディオ特性を持つ。 Third audio signal has a or at least some predetermined audio characteristics having a predetermined audio characteristics substantially the same audio properties.

さらなる例において、前のセクションにおいて記載されたように、再生デバイス804以外の他のデバイスが、ブロック1006の機能の一部又は全てを実行してもよい。 In a further example, as described in the previous section, other devices other than the playback device 804 may perform some or all of the functions of blocks 1006. 例えば、再生デバイス804は、コンピューティングデバイス802などのコンピューティングデバイス、再生デバイス806などの他の再生デバイス、コントローラデバイス808などのコントローラデバイス、及び/又は再生デバイス804と通信する幾つかの他のデバイスに対して、検出された第2のオーディオ信号を示すデータを送信して、オーディオ処理アルゴリズムを要求してもよい。 For example, the playback device 804, a computing device, such as computing device 802, some other devices that communicate other playback device such as a playback device 806, the controller device, and / or reproducing device 804, such as controller device 808 respect, and transmits data indicating the second audio signal is detected, may request an audio processing algorithms. 別の例において、再生デバイス804は、検出されたオーディオ信号に基づいて再生ゾーン810の音響特性を決定し、再生ゾーン810の決定した音響特性に基づいたオーディオ処理アルゴリズムについての要求に応じて、再生ゾーン810の決定した音響特性を示すデータを他のデバイスに送信してもよい。 In another example, the playback device 804, based on the detected audio signal to determine the acoustic properties of the regeneration zone 810, in response to a request for audio processing algorithm based on the determined acoustic characteristics of the regeneration zone 810, regeneration data indicating the determined acoustic properties of the zone 810 may be transmitted to another device.

換言すれば、1つの態様において、再生デバイス804は、検出された第2のオーディオ信号及び/又は再生デバイス804によって他のデバイスに提供された再生ゾーン810の音響特性に基づいて、他のデバイスからオーディオ処理アルゴリズムを要求することによって、オーディオ処理アルゴリズムを決定してもよい。 In other words, in one embodiment, the playback device 804, based on the detected acoustic characteristics of the second audio signal and / or the playback device 804 is provided to another device regeneration zone 810 from other devices by requesting an audio processing algorithm may determine the audio processing algorithms.

再生デバイス804が再生ゾーン810の音響特性ではなく、検出された第2のオーディオ信号を示すデータを提供する場合、再生デバイス804は、他のデバイスが再生ゾーン810の音響特性を決定することができるように、検出された第2のオーディオ信号を示すデータとともに再生デバイス804の音響特性を送信してもよい。 Rather than acoustic characteristics of the reproduction device 804 is the regeneration zone 810, when providing data indicative of the second audio signal is detected, the playback device 804, other devices may determine the acoustic properties of the regeneration zone 810 as such, together with data indicating the second audio signal detected it may transmit the acoustic characteristics of the reproduction device 804. 別の場合では、検出された第2のオーディオ信号を示すデータを受信するデバイスは、データに基づいて、データを送信する再生デバイス804のモデルを決定し、再生デバイス804のモデル(すなわち、再生デバイス音響特性データベース)に基づいて、再生デバイス804の音響特性を決定してもよい。 In another case, the device that receives the data indicating the second audio signal is detected, based on the data, to determine the model of the playback device 804 that transmits data, a model of the playback device 804 (i.e., the playback device based on the acoustic characteristics database), it may determine the acoustic characteristics of the reproduction device 804. 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible.

そして、再生デバイス804は、決定されたオーディオ処理アルゴリズムを受信してもよい。 The playback device 804 may receive the determined audio processing algorithms. ある場合では、再生デバイス804は、他のデバイスが再生デバイス804よりも多くの処理能力を有することから、第2のオーディオ信号を他のデバイスに送信してもよい。 In some cases, the playback device 804, other devices because it has a lot of processing power than the reproduction device 804 may transmit the second audio signal to other devices. 別の場合では、再生デバイス804及び1つ又は複数の他のデバイスは、処理能力の効率的な使用のために、計算及び機能を並列に実行してもよい。 In other cases, the playback device 804 and one or more other devices, for efficient use of processing power, may perform the calculations and functions in parallel. 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible.

方法800は、ブロック1008において、決定したオーディオ処理アルゴリズムを、メディアアイテムを再生するときにメディアアイテムに対応するオーディオデータに対して適用することを含む。 The method 800, at block 1008, the determined audio processing algorithms, comprising applying to the audio data corresponding to the media items to play media items. ある例では、再生ゾーン810内でメディアアイテムを再生するときの再生デバイス804によるメディアアイテムのオーディオデータに対するオーディオ処理アルゴリズムの適用は、メディアアイテムの周波数等化を変更してもよい。 In one example, the application of audio processing algorithms for audio data of media items by the reproducing device 804 for reproducing media items in the regeneration zone 810 may change the frequency equalization of media items. 別の例では、再生ゾーン810内でメディアアイテムを再生するときの再生デバイス804によるメディアアイテムのオーディオデータに対するオーディオ処理アルゴリズムの適用は、メディアアイテムの音量域を変更してもよい。 In another example, the application of audio processing algorithms for audio data of media items by the reproducing device 804 for reproducing media items in the regeneration zone 810 may change the volume range of media items. ある例では、再生デバイス804は、決定されたオーディオ処理アルゴリズムをローカルメモリストレージに格納することができ、再生ゾーン810においてオーディオコンテンツを再生するときにオーディオ処理アルゴリズムを適用してもよい。 In one example, the playback device 804, the determined audio processing algorithms can be stored in the local memory storage, it may be applied audio processing algorithms when playing audio content in the regeneration zone 810.

ある例では、再生デバイス804は、再生デバイス804の異なる構成のために校正されてもよい。 In one example, the playback device 804 may be calibrated for different configurations of the playback device 804. 例えば、再生デバイス804は、再生ゾーン810における個々の再生を含む第1の構成、並びに再生ゾーン810における再生デバイス806との同期再生を含む第2の構成のために、校正されてもよい。 For example, the playback device 804, a first structure comprising individual regeneration in the regeneration zone 810, and for a second configuration including a sync reproduction between the reproduction device 806 in the regeneration zone 810 may be calibrated. そのような場合、第1のオーディオ処理アルゴリズムが、再生デバイスの第1の再生構成のために、決定、格納、及び適用され、第2のオーディオ処理アルゴリズムが、再生デバイスの第2の再生構成のために、決定、格納、及び適用される。 In such a case, the first audio processing algorithms, for the first reproduction structure of the playback device, determining, storing, and apply the second audio processing algorithms, the second reproduction structure of the playback device for determination, storage, and is applied.

そして、再生デバイス804は、再生デバイス804の所定時間における再生構成に基づいて、オーディオ処理アルゴリズムを決定して、再生ゾーン810におけるオーディオコンテンツの再生時に適用してもよい。 Then, the playback device 804, based on the play structure in a predetermined time of the playback device 804, to determine the audio processing algorithm may be applied during playback of the audio content in the regeneration zone 810. 例えば、再生デバイス804が再生デバイス806なしで再生ゾーン810においてオーディオコンテンツを再生しているとき、再生デバイス804は、第1のオーディオ処理アルゴリズムを適用してもよい。 For example, when the playback device 804 is playing the audio content in the regeneration zone 810 without regeneration device 806, the playback device 804 may apply a first audio processing algorithms. 一方、再生デバイス804が再生デバイス806と同期して再生ゾーン810においてオーディオコンテンツを再生しているとき、再生デバイス804は、第2のオーディオ処理アルゴリズムを適用してもよい。 Meanwhile, when the playback device 804 is playing an audio content in a regeneration zone 810 in synchronization with the playback device 806, the playback device 804 may apply the second audio processing algorithms. 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible.

c. c. 再生ゾーン特性に基づいてオーディオ処理アルゴリズムを決定する例示的な方法 上記説明において、オーディオ処理アルゴリズムの決定は、一般に、再生ゾーン内の再生デバイスによって検出されたオーディオ信号に基づいて決定されるように、再生ゾーンの音響特性を決定することに基づくことができる。 In the exemplary method described above for determining the audio processing algorithm based on the regeneration zone characteristics, determination of audio processing algorithms generally, as determined on the basis of the audio signal detected by the playback device in the regeneration zone, it can be based on determining the acoustic properties of the regeneration zone. 幾つかの場合において、オーディオ処理アルゴリズムは、再生ゾーンの音響特性に加えて又はその代わりに、再生ゾーンの他の特性に基づいて特定されてもよい。 In some cases, the audio processing algorithms in addition to or instead of the acoustic properties of the regeneration zone may be identified based on other characteristics of the regeneration zone.

図11は、再生ゾーンの1つ又は複数の特性に基づいて、オーディオ処理アルゴリズムのデータベースから、オーディオ処理アルゴリズムを提供する例示的なフロー図を示している。 Figure 11 is based on one or more characteristics of the regeneration zone, from a database of audio processing algorithms, illustrates an exemplary flow diagram providing an audio processing algorithms. 図11に示される方法1100は、例えば、図1のメディア再生システム100、図2の1つ又は複数の再生デバイス200、図3の1つ又は複数の制御デバイス300、及び図8の再生環境800を含む動作環境内で実施されうる方法の実施形態を表している。 The method 1100 shown in Figure 11, for example, the media playback system 100 of FIG. 1, one or more playback device 200 of FIG. 2, the reproduction environment 800 of one or more control devices 300, and 8 in FIG. 3 it represents an embodiment of a method that may be implemented within the operating environment including. ある例では、方法1100は、再生ゾーンのために校正されるべきである再生デバイスと通信する、1つ又は複数の再生デバイス、1つ又は複数のコントローラデバイス、1つ又は複数のサーバ、又は1つ又は複数のコンピューティングデバイスによって、個別に又はまとめて実行されてもよい。 In one example, method 1100 is to be calibrated to communicate with playback device for playback zone, one or more playback devices, one or more of the controller device, one or more servers, or 1 One or a plurality of computing devices may be performed individually or collectively.

方法1100は、ブロック1102−1108のうちの1つ又は複数によって示されるように、1つ又は複数の操作、機能又は動作を含んでもよい。 Method 1100, as indicated by one or more of the blocks 1102-1108 may include one or more operations, functions or operations. ブロックは順番に示されているが、これらのブロックは、並列に及び/又は本明細書に記載されたものとは異なる順序で実行されてもよい。 While blocks are shown in order, these blocks may be performed in a different order than those described in and / or described herein in parallel. また、様々なブロックは、所望の実装に基づいて、より少数のブロックに組み合わせられてもよく、さらなるブロックに分割されてもよく、及び/又は除去されてもよい。 Further, various blocks, based on the desired implementation, may be combined into fewer blocks may be further divided into blocks, and / or may be removed.

図11に示されるように、方法1100は、(i)複数のオーディオ処理アルゴリズム及び(ii)複数の再生ゾーン特性のデータベースを保守するステップ(ブロック1102)、再生ゾーンの1つ又は複数の特性を示すデータを受信するステップ(ブロック1104)、データに基づいてオーディオ処理アルゴリズムをデータベース内で特定するステップ(ブロック1106)、及び特定したオーディオ処理アルゴリズムを示すデータを送信するステップ(ブロック1108)を含む。 As shown in FIG. 11, the method 1100, the (i) a plurality of audio processing algorithms and (ii) the step of maintaining a database of a plurality of playback zone characteristics (block 1102), one or more characteristics of the regeneration zone (block 1104) for receiving data indicating comprises the step of transmitting audio processing algorithms identified in the database (block 1106), and data indicating the specified audio processing algorithm based on the data (block 1108).

方法1100は、ブロック1102において、(i)複数のオーディオ処理アルゴリズム及び(ii)複数の再生ゾーン特性のデータベースを保守することを含む。 Method 1100, at block 1102, comprising maintaining a database of (i) a plurality of audio processing algorithms and (ii) a plurality of regeneration zone characteristics. ある例では、データベースは、図6A及び図6Bそれぞれに関連して示されて上述されたようなデータベース600及び650に類似していてもよい。 In one example, the database may be similar to the database 600 and 650 as described above is shown in connection with Figures 6A and 6B. そのため、複数のオーディオ処理アルゴリズムのうちの各オーディオ処理アルゴリズムは、複数の再生ゾーン特性のうちの1つ又は複数の再生ゾーン特性に対応してもよい。 Therefore, the audio processing algorithm of a plurality of audio processing algorithms may correspond to one or more regeneration zones characteristics of a plurality of playback zone characteristics. データベースの保守は、図5及び図7それぞれの方法500及び700に関連して上述したようなものとしてもよい。 Database maintenance may be those as described above with respect to FIGS. 5 and 7 respectively of the methods 500 and 700. 上述したように、データベースは、データベースを保守するデバイス上にローカルに格納されていてもよいし、格納されていなくてもよい。 As described above, the database may be stored locally on the device to maintain the database may not be stored.

方法1100は、ブロック1104において、再生ゾーンの1つ又は複数の特性を示すデータを受信することを含む。 Method 1100, at block 1104, includes receiving data indicative of one or more characteristics of the regeneration zone. ある例では、再生ゾーンの1つ又は複数の特性は、再生ゾーンの音響特性を含んでもよい。 In one example, one or more characteristics of the regeneration zone may include the acoustic characteristics of the regeneration zone. 別の例では、再生ゾーンの1つ又は複数の特性は、他の可能性のうち、再生ゾーンの寸法、再生ゾーンの床材、再生ゾーンの壁材、再生ゾーンの使用目的、再生ゾーン内の家具の数、再生ゾーン内の家具の大きさ及び再生ゾーン内の家具の種類を含んでもよい。 In another example, one or more characteristics of the regeneration zone, among other possibilities, the dimensions of the regeneration zone, flooring regeneration zone, the wall material of the regeneration zone, the use of the regeneration zone purposes, in the regeneration zone the number of furniture may include a kind of furniture in furniture size and regeneration zone in the regeneration zone.

ある例では、図8を再度参照すると、再生デバイス804は、再生ゾーン810のために校正されてもよい。 In one example, referring again to FIG. 8, the playback device 804 may be calibrated for regeneration zone 810. 上述したように、方法1100は、校正されている再生デバイス804、再生デバイス806、コントローラデバイス808、コンピューティングデバイス802、又は再生デバイス804と通信する他のデバイスによって、個別に又はまとめて実行されてもよい。 As described above, the method 1100, the reproduction device 804 is calibrated, the playback device 806, the controller device 808, by another device in communication with the computing device 802 or reproducing device 804, and executed individually or collectively it may be.

ある場合では、1つ又は複数の特性は、再生ゾーン810の音響特性を含んでもよい。 In some cases, one or more characteristics may include the acoustic characteristics of the regeneration zone 810. そのような場合、再生ゾーン810内の再生デバイス804は、第1のオーディオ信号を再生し、第1のオーディオ信号に対応する部分を含む第2のオーディオ信号を再生デバイス804のマイクロホンによって検出してもよい。 In such a case, the playback device 804 in the regeneration zone 810 reproduces the first audio signal, detected by the second audio signal a microphone playback device 804 that includes a portion corresponding to the first audio signal it may be. ある例では、1つ又は複数の特性を示すデータは、検出された第2のオーディオ信号を示すデータであってもよい。 In one example, the data indicative of one or more characteristics may be data indicating a second audio signal detected. 別の例において、検出された第2のオーディオ信号及び再生デバイス804の音響特性に基づいて、再生ゾーン810の音響特性は、先に記載されたものと同様に決定されてもよい。 In another example, based on the acoustic properties of the second audio signal and the playback device 804 is detected, the acoustic characteristics of the regeneration zone 810 may be determined in a manner similar to that previously described. そして、1つ又は複数の特性を示すデータは、再生ゾーンの音響特性を示してもよい。 Then, the data indicative of one or more characteristics may indicate the acoustic characteristics of the regeneration zone. いずれの場合にも、1つ又は複数の特性を示すデータは、その後、方法1100を実行する1つ又は複数のデバイスのうちの少なくとも1つによって受信されてもよい。 In either case, the data indicative of one or more characteristics may then be received by at least one of the one or more devices to perform the method 1100.

別の場合では、1つ又は複数の特性は、再生ゾーンの寸法、再生ゾーンの床材、及び再生ゾーンの壁材などを含んでもよい。 In other cases, one or more characteristics, the dimensions of the regeneration zone may include flooring regeneration zone, and regeneration zone of the wall material and the like. そのような場合、ユーザは、コントローラデバイス808などのコントローラデバイスによって提供されるコントローラインタフェースを介して、再生ゾーン810の1つ又は複数の特性を入力又は選択するように促されてもよい。 In such a case, the user, via the controller interface provided by a controller device such as controller device 808, may be prompted to enter or select one or more characteristics of the regeneration zone 810. 例えば、コントローラインタフェースは、ユーザが選択できるように、他の可能性のうち、再生ゾーン寸法のリスト及び/又は家具配置のリストを提供してもよい。 For example, the controller interface, so that the user can select, among other possibilities, may provide a list of regeneration zone dimensions and / or a list of furniture arrangement. そして、ユーザによって提供されるような再生ゾーン810の1つ又は複数の特性を示すデータは、方法1100を実行する1つ又は複数のデバイスのうちの少なくとも1つによって受信されてもよい。 Then, the data indicative of one or more characteristics of the regeneration zone 810 as provided by the user may be received by at least one of the one or more devices to perform the method 1100.

方法1100は、ブロック1106において、データに基づいて、データベース内でオーディオ処理アルゴリズムを特定することを含む。 Method 1100, at block 1106, based on data includes identifying audio processing algorithms in the database. 1つ又は複数の特性が再生ゾーン810の音響特性を含む場合を参照すると、オーディオ処理アルゴリズムは、再生ゾーン810の音響特性に基づいて、データベース内で特定されうる。 If one or more characteristics refers to the case including the acoustic characteristics of the regeneration zone 810, audio processing algorithms, based on the acoustic properties of the regeneration zone 810 can be identified within the database. 例えば、図6Aのデータベース600を参照すると、受信したデータが、h room −1 (t)−3又はh room −1 (t)−3と実質的に同一の、再生ゾーン810の音響特性を示す場合、係数w 、x 、y 及びz を有するデータベースエントリ606のオーディオ処理アルゴリズムが特定されうる。 Shown example, referring to the database 600 of FIG. 6A, the received data is, h room -1 (t) -3, or h room -1 (t) -3 substantially the same, the acoustic characteristics of the regeneration zone 810 If, audio processing algorithms database entry 606 having a coefficient w 3, x 3, y 3 and z 3 may be identified. 例えば、再生ゾーンの1つ又は複数の特性を示すデータは、検出された第2のオーディオ信号を示すデータを単に含み、再生ゾーンの音響特性は、さらに、オーディオ処理アルゴリズムを特定する前に、上述したように決定されうる。 For example, the data indicative of one or more characteristics of the regeneration zone may simply include data indicating the second audio signal is detected, the acoustic characteristics of the reproduction zone, further comprising, prior to identifying the audio processing algorithm, above It can be determined as described. 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible.

1つ又は複数の特性が、数ある特性の中でも特に、再生ゾーンの寸法を含む場合を参照すると、オーディオ処理アルゴリズムは、再生ゾーンの寸法に基づいて、データベース内で特定されてもよい。 One or more properties, among other properties, referring to the case including the dimensions of the regeneration zone, the audio processing algorithms, based on the dimensions of the regeneration zone may be identified in the database. 例えば、図6Bのデータベース650を参照すると、受信データがa ×b ×c として又はa ×b ×c と実質的に同一の、再生ゾーン810の寸法を示す場合、係数w 、x 、y 及びz を有するデータベースエントリ658のオーディオ処理アルゴリズムエントリが特定されうる。 For example, in the case shown with reference to the database 650 of FIG. 6B, the received data is a 4 × b 4 × c 4 and with or a 4 × b 4 × c 4 substantially the same, the size of the regeneration zone 810, the coefficient w 4, x 4, audio processing algorithms entry database entry 658 having a y 4 and z 4 may be identified. 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible.

幾つかの場合において、複数のオーディオ処理アルゴリズムは、受信データに示される再生ゾーンの1つ又は複数の特性に基づいて特定されてもよい。 In some cases, a plurality of audio processing algorithms can be identified based on one or more characteristics of a regeneration zone indicated in the received data. 例えば、再生ゾーン810の音響特性が、h room −1 (t)−3として決定される一方で、再生ゾーン810についてユーザによって提供される寸法が、a ×b ×c であってもよい。 For example, the acoustic properties of the regeneration zone 810, while being determined as h room -1 (t) -3, dimensions provided by the user for regeneration zone 810, even a 4 × b 4 × c 4 good. ここで、h room −1 (t)−3は、図6のデータベース650のエントリ656において提供されるようなオーディオ処理アルゴリズムパラメータw 、x 、y 及びz に対応し、a ×b ×c は、エントリ658において提供されるようなオーディオ処理アルゴリズムパラメータw 、x 、y 及びz に対応する。 Here, h room -1 (t) -3 corresponds to an audio processing algorithm parameter w 3, x 3, y 3 and z 3 as provided in the entry 656 in the database 650 of FIG. 6, a 4 × b 4 × c 4, the audio processing algorithm parameter w 4 as provided in the entry 658, x 4, corresponding to y 4 and z 4.

ある例では、一致又は実質的に一致する音響特性に対応するオーディオ処理アルゴリズムが優先されてもよい。 In one example, an audio processing algorithm corresponding to the matching or substantially matching the acoustic properties may be given priority. 別の例では、オーディオ処理アルゴリズムの平均(すなわち、パラメータの平均)が計算されてもよく、平均オーディオ処理アルゴリズムが、特定されたオーディオ処理アルゴリズムであってもよい。 In another example, the average of the audio processing algorithms (i.e., the average of the parameters) may be the calculated average audio processing algorithm may be a particular audio processing algorithms. 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible.

方法1100は、ブロック1108において、特定したオーディオ処理アルゴリズムを示すデータを送信することを含む。 Method 1100, at block 1108, includes transmitting the data indicating the specified audio processing algorithms. 上記例を続けると、特定したオーディオ処理アルゴリズムを示すデータは、再生ゾーン810用に校正されている再生デバイス804に送信されてもよい。 Continuing the above example, the data indicating the specified audio processing algorithm may be transmitted to the playback device 804 that is calibrated for regeneration zone 810. ある場合では、特定したオーディオ処理アルゴリズムを示すデータは、再生デバイス804に直接送信されてもよい。 In some cases, the data indicating the specified audio processing algorithms, may be directly transmitted to the playback device 804. 別の場合では、再生デバイス804の校正がコントローラデバイス808によって調整される場合、及びオーディオ処理アルゴリズムがコンピューティングデバイス802によって特定された場合、特定されたオーディオ処理アルゴリズムを示すデータは、コントローラデバイス808を介してコンピューティングデバイス802から再生デバイス804に対して送信されてもよい。 In another case, if the calibration of the reproducing device 804 is adjusted by the controller device 808, and when the audio processing algorithms have been identified by the computing device 802, data indicating the specified audio processing algorithms, the controller device 808 it may be transmitted to the playback device 804 from the computing device 802 through. 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible.

上述したように、方法1100の機能は、1つ又は複数のサーバ、1つ又は複数の再生デバイス、及び/又は1つ又は複数のコントローラデバイスのうちの1つ又は複数によって実行されうる。 As described above, functions of the method 1100, one or more servers may be performed by one or more of the one or more playback devices, and / or one or more controller device. ある例では、ブロック1102におけるデータベースの保守は、コンピューティングデバイス802によって実行される。 In one example, database maintenance at block 1102 is executed by the computing device 802. ブロック1104における再生ゾーンの1つ又は複数の特性を示すデータの受信は、コントローラデバイス808によって実行される(データは、再生ゾーン810において校正されている再生デバイス804によってコントローラデバイス808に提供される)。 Receiving data indicative of one or more characteristics of the regeneration zone at block 1104 is performed by controller device 808 (data is provided to the controller device 808 by the playback device 804 being calibrated in the regeneration zone 810) . ブロック1106は、コンピューティングデバイス802と通信するコントローラデバイス808によって実行され、コンピューティングデバイス802によって保守されるデータベースにアクセスして、オーディオ信号処理が特定される。 Block 1106 is performed by the controller device 808 in communication with the computing device 802, access a database that is maintained by the computing device 802, an audio signal processing is identified. ブロック1108は、コンピューティングデバイス802が、特定されたオーディオ処理アルゴリズムを示すデータを、直接又はコントローラデバイス808を介して、再生デバイス804に送信することを含む。 Block 1108 includes computing device 802, the data indicating the specified audio processing algorithms, directly or via a controller device 808, and transmits to the playback device 804.

別の例では、方法1100の機能は、1つのデバイスによって完全に又は実質的完全に実行されてもよい。 In another example, functions of the method 1100 may be completely or substantially completely performed by a single device. 例えば、コンピューティングデバイス802は、ブロック1102に関連して記載されたようにデータベースを保守してもよい。 For example, computing device 802 may maintain a database, as described in conjunction with block 1102.

そして、コンピューティングデバイス802は、再生デバイス804の校正を調整してもよい。 Then, the computing device 802 may adjust the calibration of the playback device 804. 例えば、コンピューティングデバイス802は、再生デバイス804に第1のオーディオ信号を再生させて第2のオーディオ信号を検出させ、検出された第2のオーディオ信号を示すデータを再生デバイス804から受信し、再生デバイス804からのデータに基づいて再生ゾーン810の音響特性を決定してもよい。 For example, computing device 802 may receive from detecting second audio signals by reproducing the first audio signal to the playback device 804, the data indicating the second audio signal detected from the reproduction device 804, reproduction it may determine the acoustic properties of the regeneration zone 810 based on the data from the device 804. 別の場合において、コンピューティングデバイス802は、コントローラデバイス808に再生ゾーン810の1つ又は複数の特性(すなわち、上述したように寸法など)を提供するようにユーザを促させ、再生ゾーン810のユーザによって提供された特性を示すデータを受信してもよい。 In another case, the computing device 802, one or more characteristics of the regeneration zone 810 to the controller device 808 so prompted the user to provide (i.e., dimensions, etc. as described above), the user of the regeneration zone 810 it may receive data indicating the properties provided by.

そして、コンピューティングデバイスは、ブロック1106において、受信データに基づいてオーディオ処理アルゴリズムを特定することができ、ブロック1108において、特定したオーディオ処理アルゴリズムを示すデータを再生デバイス804に対して送信してもよい。 Then, the computing device, at block 1106, it is possible to identify the audio processing algorithm based on the received data, at block 1108, may transmit data indicating the specified audio processing algorithm for reproducing device 804 . また、コンピューティングデバイス802は、再生デバイス804のためにコマンドを送信して、再生ゾーン810内でオーディオコンテンツを再生するときに、特定されたオーディオ処理アルゴリズムを適用してもよい。 Further, computing device 802 may send a command to the playback device 804, when reproducing the audio content in the regeneration zone 810, may be applied to specified audio processing algorithms. 他の例もまた可能である。 Other examples are also possible.

IV. IV. 結論 本明細書は、様々な例示のシステム、方法、装置、および製品などを開示しており、それらは、他のコンポーネントの中で、ハードウェア上で実行されるファームウェアおよび/又はソフトウェアを含む。 Conclusion herein, various exemplary systems, methods, apparatus, and discloses such products, they, among other components, including firmware and / or software executed on hardware. そのような例は、単なる例示であり、限定されるものとみなすべきではないと理解される。 Such examples are illustrative only, and is understood not to be regarded as limited. 例えば、これらのファームウェア、ハードウェア、および/又はソフトウェアの態様又はコンポーネントのいくつか又はすべてが、専らハードウェアに、専らソフトウェアに、専らファームウェアに、又はハードウェア、ソフトウェア、および/又はファームウェアの任意の組み合わせを実施することができることが意図されている。 For example, these firmware, hardware, and / or software aspects or some or all components of exclusively hardware, exclusively software, exclusively in firmware, or hardware, software, and / or any firmware it is contemplated that can be implemented combining. したがって、提供されているそれらの例は、それらのシステム、方法、装置、および/又は生産物を実施する唯一の方法ではない。 Therefore, those examples are provided, those systems, methods, devices, and / or not the only way to implement the product.

更に、本明細書において「実施形態」は、実施形態に関連して述べられた特定の特徴、構造、又は特性が、本発明の少なくとも1つの実施例に含まれ得ることを示している。 Furthermore, "an embodiment" in this specification, the specific features described in connection with the embodiment, the structure, or characteristic, indicating that that may be included in at least one embodiment of the present invention. 本明細書の様々な場所でこの語句が用いられているが、すべてが同じ実施形態を言及するものではなく、又、他の実施形態を除いた別個の実施形態又は代替の実施形態でもない。 This phrase is used in various places in the specification are not all referring to the same embodiment, nor in the context of separate embodiments or alternative embodiments, except for the other embodiments. このように、本明細書で述べられた実施形態は、明示的におよび暗黙的に、当業者によって、他の実施形態砥組み合わせることができることが理解される。 Thus, embodiments described herein, the explicitly and implicitly, by those skilled in the art, it is understood that it is possible to combine other embodiments the abrasive.

以下の例は、本開示のさらなる又は代替的な態様を記載している。 The following example describes the further or alternative aspect of the present disclosure. 以下の例のいずれかにおけるデバイスは、本明細書に記載されたデバイスのうちのいずれかのデバイスの要素又は本明細書に記載されたデバイスの任意の構成とすることができる。 Device may be any configuration of the device described in any of the device elements or herein of the devices described herein in any of the following examples.
(特徴1) (Feature 1)
プロセッサ、及び前記プロセッサによって実行可能であってコンピューティングデバイスに機能を実行させる命令を格納したメモリを備えたコンピューティングデバイスであって、 Processor, and a computing device having a memory storing instructions for executing the function to be in a computing device executable by the processor,
前記機能は、 The function is,
再生ゾーン内の再生デバイスに第1のオーディオ信号を再生させること、 Thereby reproducing the first audio signal to the playback device in the regeneration zone,
前記再生デバイスのマイクロホンによって検出された第2のオーディオ信号を示すデータを前記再生デバイスから受信すること、ここで、前記第2のオーディオ信号は前記第1のオーディオ信号に対応する部分を含む、 Receiving data indicating a second audio signal detected by the microphone of the playback device from the playback device, wherein said second audio signal includes a portion corresponding to the first audio signal,
前記第2のオーディオ信号及び前記再生デバイスの音響特性に基づいて、オーディオ処理アルゴリズムを決定すること、及び 決定した前記オーディオ処理アルゴリズムを示すデータを前記再生デバイスに送信すること、 Based on the acoustic properties of the second audio signal and the reproducing device, determining the audio processing algorithms, and data indicating the audio processing algorithm decided to send to the playback device,
を有する、コンピューティングデバイス。 The a computing device.
(特徴2) (Feature 2)
前記再生ゾーン内で前記第1のオーディオ信号を再生するときに前記決定したオーディオ処理アルゴリズムを前記再生デバイスによって適用することにより、所定のオーディオ特性と実質的に同一のオーディオ特性を有する第3のオーディオ信号が生成される、いずれかの先行する特徴のコンピューティングデバイス。 Third audio with the by the determined audio processing algorithms can be applied by the playback device, a predetermined audio characteristics substantially the same audio properties when reproducing the first audio signal within the regeneration zone signal is generated, any preceding computing device features.
(特徴3) (Feature 3)
前記オーディオ処理アルゴリズムを決定することが、さらに、 Determining the audio processing algorithms, further
前記第2のオーディオ信号及び前記再生デバイスの音響特性に基づいて、前記再生ゾーンの音響特性を決定すること、及び 前記再生ゾーンの決定した前記音響特性に対応するオーディオ処理アルゴリズムを複数のオーディオ処理アルゴリズムから選択すること、 The second audio signal and based on the acoustic characteristics of the reproduction device, wherein the determining the acoustic properties of the regeneration zone, and the regeneration zone audio processing algorithms a plurality of audio processing algorithm corresponding to the acoustic properties determined of to choose from,
を含む、いずれかの先行する特徴のコンピューティングデバイス。 Including, any of the preceding computing device features.
(特徴4) (Feature 4)
前記オーディオ処理アルゴリズムを決定することが、さらに、 Determining the audio processing algorithms, further
前記第2のオーディオ信号及び前記再生デバイスの音響特性に基づいて、前記再生ゾーンの音響特性を決定すること、及び 前記再生ゾーンの音響特性及び所定のオーディオ特性に基づいて、前記オーディオ処理アルゴリズムを計算すること、 Based on the acoustic properties of the second audio signal and the reproducing device, determining the acoustic properties of the regeneration zone, and based on the acoustic properties and a predetermined audio characteristics of the regeneration zone, calculating the audio processing algorithm It is,
を含む、いずれかの先行する特徴のコンピューティングデバイス。 Including, any of the preceding computing device features.
(特徴5) (Feature 5)
前記オーディオ処理アルゴリズムを決定することが、前記オーディオ処理アルゴリズムについての1つ又は複数のパラメータを決定することを含む、いずれかの先行する特徴のコンピューティングデバイス。 Wherein determining the audio processing algorithms, one or includes determining a plurality of parameters, one of preceding computing device features for the audio processing algorithms.
(特徴6) (Feature 6)
前記機能が、さらに、 The function is, further,
無響室内の基準再生デバイスに測定信号を再生させること、 Regenerating a measured signal to the reference reproducing device anechoic chamber,
前記基準再生デバイスのマイクロホンによって検出されたオーディオ信号を示すデータを前記基準再生デバイスから受信すること、ここで、前記検出されたオーディオ信号は前記無響室内で再生された測定信号に対応する部分を含む、及び 前記検出されたオーディオ信号と前記測定信号との比較に基づいて、前記再生デバイスの音響特性を決定すること、 Receiving data indicating the audio signal detected by said reference reproduction device of the microphone from the reference reproduction device, wherein said detected audio signal is a portion corresponding to the measured signal reproduced by the anechoic chamber including, and on the basis of the comparison between the detected audio signal and the measurement signal, determining the acoustic characteristics of the reproduction device,
を有する、いずれかの先行する特徴のコンピューティングデバイス。 The possessed any of the preceding computing device features.
(特徴7) (Feature 7)
プロセッサ、及び前記プロセッサによって実行可能であってコンピューティングデバイスに機能を実行させる命令を格納したメモリを備えたコンピューティングデバイスであって、 Processor, and a computing device having a memory storing instructions for executing the function to be in a computing device executable by the processor,
前記機能は、 The function is,
再生ゾーンにおいて、第1の再生デバイスに第1のオーディオ信号を再生させること、 In regeneration zone, regenerating a first audio signal to the first reproduction device,
前記再生ゾーンにおいて、第2の再生デバイスに第2のオーディオ信号を再生させること、 In the regeneration zone, regenerating a second audio signal to the second reproduction device,
前記第1の再生デバイスのマイクロホンによって検出された第3のオーディオ信号を示すデータを前記第1の再生デバイスから受信すること、ここで、前記第3のオーディオ信号は、(i)前記第1のオーディオ信号に対応する部分及び(ii)第2の再生デバイスによって再生された前記第2のオーディオ信号に対応する部分を含む、 Receiving data indicating a third audio signal detected by said first playback device microphone from the first playback device, wherein the third audio signal, (i) the first containing moiety and (ii) portion corresponding to the second audio signal reproduced by the second reproducing device corresponding to the audio signal,
前記第3のオーディオ信号及び前記第1の再生デバイスの音響特性に基づいて、オーディオ処理アルゴリズムを決定すること、及び 前記決定したオーディオ処理アルゴリズムを示すデータを前記第1の再生デバイスに送信すること、 Based on the acoustic properties of the third audio signal and the first playback device, determining the audio processing algorithms, and transmitting the data of an audio processing algorithm the determined to the first reproduction device,
を有する、コンピューティングデバイス。 The a computing device.
(特徴8) (Feature 8)
前記再生ゾーンにおいて前記第1のオーディオ信号を再生するときに前記決定したオーディオ処理アルゴリズムを前記第1の再生デバイスによって適用することにより、所定のオーディオ特性と実質的に同一のオーディオ特性を有する第4のオーディオ信号が生成される、特徴7のコンピューティングデバイス。 4 with the by the determined audio processing algorithms can be applied by the first playback device, a predetermined audio characteristics substantially the same audio properties when reproducing the first audio signal in said regeneration zone the audio signal is generated, the computing device features 7.
(特徴9) (Feature 9)
前記オーディオ処理アルゴリズムを決定することは、さらに、 Determining the audio processing algorithms, further
前記第3のオーディオ信号及び前記第1の再生デバイスの音響特性に基づいて、前記再生ゾーンの音響特性を決定すること、及び 前記再生ゾーンの音響特性に対応するオーディオ処理アルゴリズムを複数のオーディオ処理アルゴリズムから選択すること を含む、特徴7又は特徴8のコンピューティングデバイス。 Said third audio signal and based on the acoustic characteristics of the first playback device, said determining the acoustic properties of the regeneration zone, and an audio processing algorithms a plurality of audio processing algorithm corresponding to the acoustic characteristics of the reproduction zone including selecting the computing device of feature 7 or feature 8.
(特徴10) (Feature 10)
第2の再生デバイスに第2のオーディオ信号を再生させることは、前記第1の再生デバイスによる前記第1のオーディオ信号の再生と同期して、前記第2の再生デバイスに前記第2のオーディオ信号を再生させることを含む、特徴7から特徴9のいずれかのコンピューティングデバイス。 Thereby reproducing the second audio signal to the second reproduction device, the first synchronization with the reproduction of the first audio signal by the reproducing device, the second audio signal to the second reproduction device the comprising regenerating, any computing device feature 9 wherein 7.
(特徴11) (Feature 11)
第2の再生デバイスに第2のオーディオ信号を再生させることは、前記第1の再生デバイスによる前記第1のオーディオ信号の再生が終了した後に前記第2の再生デバイスに前記第2のオーディオ信号を再生させることを含む、特徴7から特徴10のいずれかのコンピューティングデバイス。 Thereby reproducing the second audio signal to the second reproduction device, the second audio signal to the second reproduction device after playback of the first audio signal by the first playback device has finished comprising regenerating, any computing device features 10 from the feature 7.
(特徴12) (Feature 12)
前記第1のオーディオ信号は前記第2のオーディオ信号に直交している、特徴7から特徴11のいずれかのコンピューティングデバイス。 The first audio signal is orthogonal to said second audio signal, any of the computing devices feature 11 from the feature 7.
(特徴13) (Feature 13)
前記第1の再生デバイス及び前記第2の再生デバイスは、同期してオーディオコンテンツを再生するように構成された再生デバイスのゾーングループに含まれる、特徴7から特徴12のいずれかのコンピューティングデバイス。 The first reproduction device and the second reproduction device, in synchronization included in the zone group playback device configured to play audio content, any of the computing devices feature 12 from the feature 7.
(特徴14) (Feature 14)
プロセッサ、マイクロホン、及び前記プロセッサによって実行可能であって再生デバイスに機能を実行させる命令を格納したメモリを備えた再生デバイスであって、 Processor, a playback device that includes a microphone, and a memory storing instructions to perform functions in the playback device be executable by the processor,
前記機能は、 The function is,
再生ゾーン内で第1のオーディオ信号を再生すること、 Reproducing the first audio signal in the regeneration zone,
第2のオーディオ信号を前記マイクロホンによって検出すること、ここで、前記第2のオーディオ信号は前記第1のオーディオ信号に対応する部分を含む、 Detecting a second audio signal by the microphone, wherein the second audio signal includes a portion corresponding to the first audio signal,
前記第2のオーディオ信号及び前記再生デバイスの音響特性に基づいて、オーディオ処理アルゴリズムを決定すること、 Based on the acoustic properties of the second audio signal and the reproducing device, determining the audio processing algorithms,
前記再生ゾーン内でメディアアイテムを再生するときに前記メディアアイテムに対応するオーディオデータに対して、前記決定したオーディオ処理アルゴリズムを適用すること、 Wherein the audio data corresponding to the media item, applying the audio processing algorithm the determined when playing media item in said regeneration zone,
を有する、再生デバイス。 The having, playback device.
(特徴15) (Feature 15)
前記再生ゾーン内で前記第1のオーディオ信号を再生するときに前記決定したオーディオ処理アルゴリズムを適用することにより、所定のオーディオ特性と実質的に同一のオーディオ特性を有する第3のオーディオ信号を生成する、特徴14のコンピューティングデバイス。 Wherein by applying the determined audio processing algorithm to generate a third audio signal having a predetermined audio characteristics substantially the same audio properties when reproducing the first audio signal in said regeneration zone the computing device of feature 14.
(特徴16) (Feature 16)
前記オーディオ処理アルゴリズムを決定することは、さらに、 Determining the audio processing algorithms, further
前記第2のオーディオ信号及び前記再生デバイスの音響特性に基づいて、前記再生ゾーンの1つ又は複数の特性を決定すること、及び 前記再生ゾーンの1つ又は複数の特性に対応するオーディオ処理アルゴリズムを複数のオーディオ処理アルゴリズムから選択すること、 Based on the acoustic properties of the second audio signal and the reproducing device, determining one or more characteristics of said regeneration zone, and the audio processing algorithm corresponding to one or more characteristics of the regeneration zone selecting from a plurality of audio processing algorithms,
を含む、特徴14又は特徴15のコンピューティングデバイス。 Computing devices that feature 14 or feature 15 comprising a.
(特徴17) (Feature 17)
前記オーディオ処理アルゴリズムを決定することは、 Determining the audio processing algorithms,
(i)前記第2のオーディオ信号及び(ii)前記再生デバイスの特性を示す送信データをコンピューティングデバイスに送信すること、及び 前記オーディオ処理アルゴリズムを示すデータを前記コンピューティングデバイスから受信すること、 (I) transmitting the transmission data indicating the second audio signal and (ii) characteristics of the playback device to the computing device, and receiving a data indicative of the audio processing algorithm from the computing device,
を含む、特徴14から特徴16のいずれかのコンピューティングデバイス。 Including any of the computing devices feature 16 from the feature 14.
(特徴18) (Feature 18)
前記機能は、さらに、前記決定したオーディオ処理アルゴリズムを前記メモリに格納することを含む、特徴14から特徴17のいずれかのコンピューティングデバイス。 The function further includes storing the audio processing algorithm described above determined the memory, any of the computing devices feature 17 from the feature 14.
(特徴19) (Feature 19)
前記オーディオデータに対して前記オーディオ処理アルゴリズムを適用することは、前記メディアアイテムの周波数等化を変更することを含む、特徴14から特徴18のいずれかのコンピューティングデバイス。 It said applying said audio processing algorithms with respect to the audio data includes changing the frequency equalization of the media item, any of the computing device of feature 18 from the feature 14.
(特徴20) (Feature 20)
前記オーディオデータに対して前記オーディオ処理アルゴリズムを適用することは、前記メディアアイテムの音量域を変更することを含む、特徴14から特徴19のいずれかのコンピューティングデバイス。 It said applying said audio processing algorithms with respect to the audio data includes altering the volume area of ​​the media item, any of the computing devices feature 19 from the feature 14.
(特徴21) (Feature 21)
プロセッサ、及び 前記プロセッサによって実行可能であってコンピューティングデバイスに機能を実行させる命令を格納したメモリ、 Processor, and memory storing instructions for executing the function to be in a computing device executable by the processor,
を備えたコンピューティングデバイスであって、 A computing device comprising a,
前記機能は、 The function is,
再生ゾーン内の再生デバイスに第1のオーディオ信号を再生させること、 Thereby reproducing the first audio signal to the playback device in the regeneration zone,
前記再生デバイスのマイクロホンによって検出された第2のオーディオ信号を示すデータを受信すること、ここで、前記第2のオーディオ信号は、前記再生デバイスによって再生された前記第1のオーディオ信号に対応する部分を含む、 Receiving data indicating a second audio signal detected by the microphone of the playback device, wherein said second audio signal, corresponding to the first audio signal reproduced by said reproducing device portion including,
前記第2のオーディオ信号及び前記再生デバイスの特性に基づいて、前記再生ゾーンの音響特性を決定すること、 Based on characteristics of the second audio signal and the reproducing device, determining the acoustic properties of the regeneration zone,
前記再生ゾーンの音響特性に基づいて、オーディオ処理アルゴリズムを決定すること、及び 前記オーディオ処理アルゴリズムと前記再生ゾーンの音響特性との関連付けをデータベースに記憶させること、 Based on the acoustic characteristics of the reproduction zone, determining the audio processing algorithms, and by storing the association between the acoustic properties of the regeneration zone and the audio processing algorithms to the database,
を有する、コンピューティングデバイス。 The a computing device.
(特徴22) (Feature 22)
前記再生ゾーン内で前記第1のオーディオ信号を再生するときに前記決定したオーディオ処理アルゴリズムを前記再生デバイスによって適用することにより、所定のオーディオ特性と実質的に同一のオーディオ特性を有する第3のオーディオ信号が生成される、いずれかの先行する特徴のコンピューティングデバイス。 Third audio with the by the determined audio processing algorithms can be applied by the playback device, a predetermined audio characteristics substantially the same audio properties when reproducing the first audio signal within the regeneration zone signal is generated, any preceding computing device features.
(特徴23) (Feature 23)
前記再生デバイスは、第1の再生デバイスである、 The playback device is a first reproduction device,
前記再生ゾーンは、第1の再生ゾーンである、 The regeneration zone is a first regeneration zone,
前記オーディオ処理アルゴリズムは、第1のオーディオ処理アルゴリズムである、 The audio processing algorithms is a first audio processing algorithms,
前記機能は、さらに、 The function further,
第2の再生ゾーン内の第2の再生デバイスに第4のオーディオ信号を再生させること、 Thereby reproducing the fourth audio signal to the second reproduction device in the second regeneration zone,
前記第2の再生デバイスのマイクロホンによって検出された第5のオーディオ信号を示すデータを受信すること、ここで、前記第5のオーディオ信号は、前記第2の再生デバイスによって再生された前記第4のオーディオ信号に対応する部分を含む、 Receiving data showing a fifth audio signal detected by the second playback device microphone, wherein said fifth audio signal is been said fourth reproduced by the second reproducing device includes a portion corresponding to the audio signal,
前記第5のオーディオ信号及び前記第2の再生デバイスの特性に基づいて、前記第2の再生ゾーンの音響特性を決定すること、 Based on the characteristics of the fifth audio signal and the second reproduction device, determining the acoustic properties of the second regeneration zone,
前記第2の再生ゾーンの音響特性に基づいて、第2のオーディオ処理アルゴリズムを決定すること、及び 前記第2のオーディオ処理アルゴリズム及び前記第2の再生ゾーンの音響特性との関連付けをデータベースに記憶させること、 Based on the acoustic characteristics of the second regeneration zone, determining a second audio processing algorithms, and stores the association between the acoustic properties of the second audio processing algorithm and the second regeneration zone to the database about,
を有する、いずれかの先行する特徴のコンピューティングデバイス。 The possessed any of the preceding computing device features.
(特徴24) (Feature 24)
第1の再生ゾーン内で前記第1のオーディオ信号を再生するときに前記第1の決定されたオーディオ処理アルゴリズムを前記第1の再生デバイスによって適用することにより、所定のオーディオ特性と実質的に同一のオーディオ特性を有する第3のオーディオ信号が生成される、 By applying by said first determined audio processing algorithms the first reproduction device when reproducing the first audio signal within a first regeneration zone, substantially identical to the predetermined audio characteristics third audio signal having audio characteristics of is generated,
前記第2の再生ゾーン内で前記第4のオーディオ信号を再生するときに前記第2の決定されたオーディオ処理アルゴリズムを前記第2の再生デバイスによって適用することにより、前記所定のオーディオ特性と実質的に同一のオーディオ特性を有する第6のオーディオ信号が生成される、 By applying the second determined audio processing algorithms when playing the fourth audio signal within the second regeneration zone by the second playback device, substantially said predetermined audio characteristics sixth audio signal is generated having the same audio properties,
特徴3のコンピューティングデバイス。 Computing device features 3.
(特徴25) (Feature 25)
前記機能は、さらに、 The function further,
前記第2の再生ゾーンの音響特性が前記第1の再生ゾーンの音響特性と実質的に同一であることを決定すること、 Determining that acoustic characteristics of the second regeneration zone is substantially identical to the acoustic characteristics of the first regeneration zone,
それに応答して、前記第1のオーディオ処理アルゴリズム及び前記第2のオーディオ処理アルゴリズムに基づいて、第3のオーディオ処理アルゴリズムを決定すること、及び 前記第3のオーディオ処理アルゴリズムと前記第1の再生ゾーンの音響特性との関連付けをデータベースに記憶させること、 In response, on the basis of the first audio processing algorithm and the second audio processing algorithms, a third determining the audio processing algorithms, and the third audio processing algorithm and the first regeneration zone of possible to store the association in a database of the acoustic characteristics,
を有する、特徴3のコンピューティングデバイス。 The a feature 3 of the computing device.
(特徴26) (Feature 26)
前記オーディオ処理アルゴリズムを決定することは、前記オーディオ処理アルゴリズムについての1つ又は複数のパラメータを決定することを含む、特徴21から特徴25のいずれかのコンピューティングデバイス。 The audio processing algorithms to determine the is one of the computing devices of the includes determining one or more parameters of the audio processing algorithms, wherein 25 from the feature 21.
(特徴27) (Feature 27)
前記機能は、さらに、 The function further,
前記再生ゾーンの1つ又は複数の特性を示すデータを受信すること、及び 前記再生ゾーンの1つ又は複数の特性と前記第2のオーディオ処理アルゴリズムとの関連付けをデータベースに記憶させること、 Wherein receiving data indicative of one or more characteristics of the regeneration zone, and by storing the association in a database with one or more characteristics to the second audio processing algorithms of said regeneration zone,
を有する、特徴21から特徴26のいずれかのコンピューティングデバイス。 The a, any of the computing devices feature 26 from the feature 21.
(特徴28) (Feature 28)
前記再生ゾーンの1つ又は複数の特性は、(a)前記再生ゾーンの寸法、(b)前記再生ゾーンのオーディオ反射特性、(c)再生ゾーンの使用目的、(d)再生ゾーン内の家具の数、(e)再生ゾーン内の家具の大きさ、及び(f)再生ゾーン内の家具の種類のうちの1つ又は複数を含む、特徴27のコンピューティングデバイス。 One or more characteristics of the regeneration zone is, (a) the size of the regeneration zone, (b) audio reflection characteristics of the regeneration zone, (c) use of the regeneration zone purpose furniture in (d) regeneration zone the number, (e) furniture size, and (f) including one or more of the types of furniture in the regeneration zone, the computing device features 27 in the regeneration zone.
(特徴29) (Feature 29)
プロセッサ、及び 前記プロセッサによって実行可能であってコンピューティングデバイスに機能を実行させる命令を格納したメモリ、 Processor, and memory storing instructions for executing the function to be in a computing device executable by the processor,
を備えたコンピューティングデバイスであって、 A computing device comprising a,
前記機能は、 The function is,
再生ゾーン内の再生デバイスに第1のオーディオ信号を再生させること、 Thereby reproducing the first audio signal to the playback device in the regeneration zone,
(i)前記再生ゾーンの1つ又は複数の特性を示すデータ及び(ii)前記再生デバイスのマイクロホンによって検出された第2のオーディオ信号を示すデータを受信すること、ここで、前記第2のオーディオ信号は、前記再生デバイスによって再生された前記オーディオ信号に対応する部分を含む、 (I) the receiving data of a second audio signal detected by one or more characteristics and data indicating the (ii) the playback device microphone regeneration zone, wherein said second audio signal includes a portion corresponding to the audio signal reproduced by said reproduction device,
前記第2のオーディオ信号及び前記再生デバイスの特性に基づいて、オーディオ処理アルゴリズムを決定すること、及び 前記決定したオーディオ処理アルゴリズムと前記再生ゾーンの1つ又は複数の特性のうちの少なくとも1つとの関連付けをデータベースに記憶させること、 Based on characteristics of the second audio signal and the reproducing device, determining the audio processing algorithms, and at least one association of the one or more characteristics of the regeneration zone and the determined audio processing algorithm be stored in a database,
を備える、コンピューティングデバイス。 The provided, the computing device.
(特徴30) (Feature 30)
前記オーディオ処理アルゴリズムを決定することは、さらに、 Determining the audio processing algorithms, further
前記第2のオーディオ信号及び前記再生デバイスの特性に基づいて、前記再生ゾーンの音響特性を決定すること、及び 前記再生ゾーンの音響特性に基づいてオーディオ処理アルゴリズムを決定すること、を含み、前記再生ゾーン内で前記第2のオーディオ信号を再生するときに前記決定したオーディオ処理アルゴリズムを前記再生デバイスによって適用することにより、所定のオーディオ特性と実質的に同一のオーディオ特性を有する第3のオーディオ信号が生成されるようにする、 Based on characteristics of the second audio signal and the reproducing device, determining the acoustic properties of the regeneration zone, and determining the audio processing algorithm based on acoustic characteristics of the regeneration zone, wherein the said reproduction by the determined audio processing algorithms can be applied by the reproduction device when reproducing the second audio signal in the zone, the third audio signal having a predetermined audio characteristics substantially the same audio properties to be generated,
特徴29のコンピューティングデバイス。 Computing device features 29.
(特徴31) (Feature 31)
前記再生デバイスは、第1の再生デバイスである、 The playback device is a first reproduction device,
前記再生ゾーンは、第1の再生ゾーンである、 The regeneration zone is a first regeneration zone,
前記オーディオ処理アルゴリズムは、第1のオーディオ処理アルゴリズムである、 The audio processing algorithms is a first audio processing algorithms,
前記機能は、さらに、 The function further,
第2の再生ゾーン内の第2の再生デバイスに第3のオーディオ信号を再生させること、 Thereby reproducing the third audio signal to the second reproduction device in the second regeneration zone,
(i)前記第2の再生ゾーンの1つ又は複数の特性を示すデータ及び(ii)前記第2の再生ゾーン内の第2の再生デバイスのマイクロホンによって検出された第4のオーディオ信号を示すデータを受信すること、ここで、前記第4のオーディオ信号は、前記再生デバイスによって再生された前記第3のオーディオ信号に対応する部分を含む、 (I) data showing a fourth audio signal detected by said second regeneration zone one or second playback device microphone in multiple data indicating the characteristics and (ii) said second regeneration zone receiving a, wherein said fourth audio signal includes a portion corresponding to the third audio signal reproduced by said reproduction device,
前記第4のオーディオ信号及び前記第2の再生デバイスの特性に基づいて、オーディオ処理アルゴリズムを決定すること、及び 前記第2のオーディオ処理アルゴリズムと前記第2の再生ゾーンの1つ又は複数の特性のうちの少なくとも1つとの関連付けをデータベースに記憶させること、 Based on the characteristics of the fourth audio signal and the second reproduction device, determining the audio processing algorithms, and the one or more characteristics of the second regeneration zone and the second audio processing algorithms among the possible to store at least one of the association in a database,
を有する、特徴29又は特徴30のコンピューティングデバイス。 The a computing device of feature 29 or feature 30.
(特徴32) (Feature 32)
前記第2のオーディオ処理アルゴリズムを決定することは、さらに、 Wherein determining the second audio processing algorithms, further
前記第4のオーディオ信号及び前記再生デバイスの特性に基づいて、前記再生ゾーンの音響特性を決定すること、及び 前記再生ゾーンの音響特性に基づいて、オーディオ処理アルゴリズムを決定すること、を含み、前記再生ゾーン内で前記第3のオーディオ信号を再生するときに前記決定したオーディオ処理アルゴリズムを前記第2の再生デバイスによって適用することにより、所定のオーディオ特性と実質的に同一のオーディオ特性を有する第5のオーディオ信号が生成されるようにする、 Based on the characteristics of the fourth audio signal and the reproducing device, determining the acoustic properties of the regeneration zone, and on the basis of the acoustic characteristics of the regeneration zone, said method comprising, determining the audio processing algorithms, the 5 with the by the determined audio processing algorithms can be applied by the second playback device, a predetermined audio characteristics substantially the same audio properties when reproducing the third audio signal in the regeneration zone so that the audio signal is generated,
特徴29のコンピューティングデバイス。 Computing device features 29.
(特徴33) (Feature 33)
前記機能は、さらに、 The function further,
前記第2の再生ゾーンの音響特性が前記第1の再生ゾーンの音響特性と実質的に同一であることを決定すること、 Determining that acoustic characteristics of the second regeneration zone is substantially identical to the acoustic characteristics of the first regeneration zone,
それに応答して、前記第1のオーディオ処理アルゴリズム及び前記第2のオーディオ処理アルゴリズムに基づいて、第3のオーディオ処理アルゴリズムを決定すること、及び 前記第3のオーディオ処理アルゴリズムと前記第1の再生ゾーンの1つ又は複数の特性のうちの少なくとも1つとの関連付けをデータベースに記憶させること、 In response, on the basis of the first audio processing algorithm and the second audio processing algorithms, a third determining the audio processing algorithms, and the third audio processing algorithm and the first regeneration zone one or more of the at least association with one of the characteristics that are stored in the database,
を有する、特徴32のコンピューティングデバイス。 The a computing device of feature 32.
(特徴34) (Feature 34)
前記再生ゾーンの1つ又は複数の特性は、(a)前記再生ゾーンの寸法、(b)前記再生ゾーンのオーディオ反射特性、(c)再生ゾーンの使用目的、(d)再生ゾーン内の家具の数、(e)再生ゾーン内の家具の大きさ、(f)再生ゾーン内の家具の種類、及び(g)前記再生ゾーンの音響特性のうちの1つ又は複数を含む、特徴29から特徴33のいずれかのコンピューティングデバイス。 One or more characteristics of the regeneration zone is, (a) the size of the regeneration zone, (b) audio reflection characteristics of the regeneration zone, (c) use of the regeneration zone purpose furniture in (d) regeneration zone the number, (e) the size of the furniture in the regeneration zone, (f) type of furniture in the regeneration zone, and (g) comprises one or more of the acoustic characteristics of the regeneration zone, wherein the characteristic 29 33 either computing device.
(特徴35) (Feature 35)
プロセッサ、及び 前記プロセッサによって実行可能であって再生デバイスに機能を実行させる命令を格納したメモリ、 Processor, and memory storing instructions for executing the function to the playback device be executable by the processor,
を備えたコンピューティングデバイスであって、 A computing device comprising a,
前記機能は、 The function is,
(i)複数のオーディオ処理アルゴリズム及び(ii)複数の再生ゾーン特性のデータベースを保守すること、ここで、前記複数のオーディオ処理アルゴリズムのうちの各オーディオ処理アルゴリズムは、前記複数の再生ゾーン特性のうちの少なくとも1つの再生ゾーン特性に対応している、 (I) to maintain a database of a plurality of audio processing algorithms and (ii) a plurality of regeneration zone characteristics, wherein each audio processing algorithms of the plurality of audio processing algorithms, among the plurality of playback zone characteristics and it corresponds to at least one regeneration zone characteristics of,
前記再生ゾーンの1つ又は複数の特性を示すデータを受信すること、 Receiving data indicative of one or more characteristics of said regeneration zone,
前記データに基づいて、オーディオ処理アルゴリズムを前記データベースにおいて特定すること、及び 前記特定したオーディオ処理アルゴリズムを示すデータを送信すること、 Based on the data, to identify the audio processing algorithm in said database, and transmitting the data of an audio processing algorithm described above identified,
を有する、コンピューティングデバイス。 The a computing device.
(特徴36) (Feature 36)
前記データは、さらに、前記再生ゾーン内の再生デバイスのマイクロホンによって検出されたオーディオ信号を示す、特徴35のコンピューティングデバイス。 The data further indicates the audio signal detected by the microphone of the playback device in the regeneration zone, the computing device features 35.
(特徴37) (Feature 37)
前記オーディオ処理アルゴリズムを前記データベースにおいて特定することは、さらに、 Wherein identifying the audio processing algorithm in said database further,
前記検出されたオーディオ信号及び前記再生デバイスの特性に基づいて、前記再生ゾーンの音響特性を決定すること、及び 前記再生ゾーンの決定した前記音響特性に基づいて、オーディオ処理アルゴリズムを前記データベースにおいて特定すること、 Based on the characteristics of the detected audio signal and the reproducing device, determining the acoustic properties of the regeneration zone, and based on the acoustic properties determined of the regeneration zone, to identify the audio processing algorithm in said database about,
を含む、特徴36のコンピューティングデバイス。 Including, computing device features 36.
(特徴38) (Feature 38)
前記複数の再生ゾーン特性は、(a)前記再生ゾーンの寸法、(b)前記再生ゾーンのオーディオ反射特性、(c)再生ゾーンの使用目的、(d)再生ゾーン内の家具の数、(e)再生ゾーン内の家具の大きさ、(f)再生ゾーン内の家具の種類、及び(g)前記再生ゾーンの音響特性のうちの1つ又は複数を含む、特徴35のコンピューティングデバイス。 Wherein the plurality of playback zone characteristics, (a) the size of the regeneration zone, (b) audio reflection characteristics of the regeneration zone, (c) use of the regeneration zone purposes, (d) the number of furniture in the regeneration zone, (e ) furniture size within the regeneration zone, (f) type of furniture in the regeneration zone, and (g) 1 one or a plurality, computing device features 35 of the acoustic characteristics of the regeneration zone.
(特徴39) (Feature 39)
前記再生ゾーンの1つ又は複数の特性を示すデータは、コントローラデバイスから受信される、特徴35のコンピューティングデバイス。 It said data indicative of one or more characteristics of the regeneration zone is received from the controller device, the computing device features 35.
(特徴40) (Feature 40)
前記再生ゾーンの1つ又は複数の特性を示すデータは、前記再生ゾーン内の再生デバイスから受信される、特徴35のコンピューティングデバイス。 It said data indicative of one or more characteristics of the regeneration zone is received from the playback devices in the regeneration zone, the computing device features 35.

本明細書は、例示的な環境、システム、手順、ステップ、論理ブロック、処理、および他のシンボル表現に関して広く示されており、それらは直接又は間接的にネットワークに接続されるデータ処理デバイスの動作に類似するものである。 Herein, exemplary environment, systems, procedures, steps, logic blocks, processing, and are shown widely for other symbolic representations, they operation of the data processing device connected directly or indirectly to the network it is to similar to. これらの処理説明および表現は、一般的に当業者によって使用され、それらの仕事の内容を他の当業者に最も効率良く伝えることができる。 These processes descriptions and representations are commonly used by those skilled in the art, it is possible to most contents of their work to others skilled in the art effectively convey. 多くの具体的な内容が、本開示を理解するために提供されている。 Numerous specific details are provided in order to understand the present disclosure. しかしながら、当業者にとって、本開示の特定の実施形態が特定の、具体的な詳細なしに実施され得ることは理解される。 However, those skilled in the art, that certain embodiments of the present disclosure is given, may be practiced without specific details being understood. 他の例では、周知の方法、手順、コンポーネント、および回路が、実施形態を不必要に曖昧にすることを避けるため、詳細に説明していない。 In other instances, well-known methods, procedures, components, and circuits, to avoid obscuring the embodiments unnecessarily have not been described in detail. したがって、本開示の範囲は、上記した実施形態よりむしろ添付された特許請求の範囲によって定義される。 Accordingly, the scope of the present disclosure is defined by the claims attached rather than the embodiments described above.

添付の特許請求の範囲のいずれかが単にソフトウェアおよび/又はファームウェアへの実装をカバーするように読み取ると、少なくとも1つの例における要素の1つ又は複数は、本明細書では、ソフトウェアおよび/又はファームウェアを記憶する有形の非一時的な記憶媒体、例えば、メモリ、DVD、CD、Blu−ray(登録商標)等を含むことが明確に定められている。 When any of the appended claims are merely read to cover the implementation of the software and / or firmware, one or more elements in at least one embodiment, as used herein, software and / or firmware tangible non-transitory storage medium for storing, for example, a memory, DVD, CD, and is clearly defined to include a Blu-ray (registered trademark) or the like.

Claims (20)

  1. 再生ゾーン内の再生デバイス(200)に第1のオーディオ信号を再生させる、 To reproduce a first audio signal to the playback device in the regeneration zone (200),
    前記再生デバイスのマイクロホン(220)によって検出された第2のオーディオ信号を示すデータを受信する、ここで、前記第2のオーディオ信号は前記第1のオーディオ信号に対応する部分を含む、 Receiving data indicating a second audio signal detected by the microphone (220) of the playback device, wherein said second audio signal includes a portion corresponding to the first audio signal,
    前記第2のオーディオ信号及び前記再生デバイスの音響特性に基づいて、オーディオ処理アルゴリズムを決定する、及び 決定した前記オーディオ処理アルゴリズムを示すデータを前記再生デバイス(200)に送信する、及び/又は、前記オーディオ処理アルゴリズムと前記再生ゾーンの音響特性との関連付けをデータベースに記憶させる、 Based on the acoustic properties of the second audio signal and the reproducing device, determining the audio processing algorithms, and transmits the data indicating the audio processing algorithms to determine the playback device (200), and / or, wherein and stores the association between the acoustic properties of the regeneration zone and the audio processing algorithms to the database,
    コンピューティングデバイス(300)。 The computing device (300).
  2. 前記再生ゾーン内で前記第1のオーディオ信号を再生するときに、決定した前記オーディオ処理アルゴリズムを前記再生デバイス(200)によって適用することにより、所定のオーディオ特性と実質的に同一のオーディオ特性を有する第3のオーディオ信号が生成される、請求項1に記載のコンピューティングデバイス。 When reproducing the first audio signal within the regeneration zone, by applying by the playback device to the audio processing algorithms to determine (200), having a predetermined audio characteristics substantially the same audio properties third audio signal is generated, the computing device according to claim 1.
  3. 前記オーディオ処理アルゴリズムを決定することは、さらに、 Determining the audio processing algorithms, further
    前記第2のオーディオ信号及び前記再生デバイス(200)の音響特性に基づいて、前記再生ゾーンの音響特性を決定すること、及び 前記再生ゾーンの決定した前記音響特性に基づいて、オーディオ処理アルゴリズムを決定すること、 Based on the acoustic properties of the second audio signal and the reproducing device (200), determining the acoustic properties of the regeneration zone, and based on the determined the acoustic characteristics of the reproduction zone, determining the audio processing algorithm It is,
    を含む、請求項1又は請求項2に記載のコンピューティングデバイス。 Including computing device of claim 1 or claim 2.
  4. 前記再生ゾーンの決定した前記音響特性に基づいて、前記オーディオ処理アルゴリズムを決定することは、 On the basis of the acoustic properties determined of the regeneration zone, wherein determining the audio processing algorithms,
    前記再生ゾーンの決定した前記音響特性に対応するオーディオ処理アルゴリズムを複数のオーディオ処理アルゴリズムから選択すること、又は 前記再生ゾーンの音響特性及び所定のオーディオ特性に基づいて、前記オーディオ処理アルゴリズムを計算すること、 Selecting an audio processing algorithm corresponding to the acoustic properties determined of the regeneration zone from a plurality of audio processing algorithms, or based on the acoustic properties and a predetermined audio characteristics of the regeneration zone, calculating the audio processing algorithm ,
    を含む、請求項3に記載のコンピューティングデバイス。 Including computing device of claim 3.
  5. 前記オーディオ処理アルゴリズムを決定することは、前記オーディオ処理アルゴリズムについての1つ又は複数のパラメータを決定することを含む、請求項1から請求項4のうちいずれか1項に記載のコンピューティングデバイス。 Wherein determining the audio processing algorithms, the includes determining one or more parameters of the audio processing algorithm, the computing device as claimed in any one of claims 1 to 4.
  6. 無響室内の基準再生デバイス(200)に測定信号を再生させる、 Regenerating a measurement signal to the reference reproducing device anechoic chamber (200),
    前記基準再生デバイス(220)のマイクロホン(220)によって検出されたオーディオ信号を示すデータを前記基準再生デバイス(200)から受信する、ここで、前記検出されたオーディオ信号は、前記無響室内で再生された前記測定信号に対応する部分を含む、 Receives data of an audio signal detected by the microphone (220) of said reference reproduction device (220) from said reference reproduction device (200), wherein said detected audio signal, the reproduction in an anechoic chamber includes a portion corresponding to the measurement signal,
    前記検出されたオーディオ信号と前記測定信号との比較に基づいて、前記再生デバイス(200)の音響特性を決定する、 Based on a comparison between the measurement signal and the detected audio signal to determine the acoustic characteristics of the reproduction device (200),
    請求項1から請求項5のうちいずれか1項に記載のコンピューティングデバイス。 The computing device as claimed in any one of claims 1 to 5.
  7. さらに、 further,
    前記第2のオーディオ信号を示すデータを受信する前に、第2の再生デバイス(200)に前記再生ゾーン内で第4のオーディオ信号を再生させる、 Before receiving the data indicating the second audio signal, wherein to regenerate the fourth audio signal in the regeneration zone to the second reproduction device (200),
    ここで、前記第2のオーディオ信号は、さらに、第2の再生デバイス(200)によって再生された前記第4のオーディオ信号に対応する部分を含む、 Here, the second audio signal further includes a portion corresponding to a second of said fourth audio signal reproduced by the reproducing device (200),
    請求項1から請求項6のうちいずれか1項に記載のコンピューティングデバイス。 The computing device as claimed in any one of claims 1 to 6.
  8. 前記第2の再生デバイス(200)による前記第4のオーディオ信号の再生は、前記第1の再生デバイス(200)による前記第1のオーディオ信号の再生と同期して、又は前記第1の再生デバイス(200)による前記第1のオーディオ信号の再生が終了した後に、行わせる、請求項7に記載のコンピューティングデバイス。 The reproduction of the second and the fourth audio signal by the reproducing device (200), the first playback device (200) in synchronism with the reproduction of the first audio signal by, or the first playback device after the reproduction of the first audio signal is completed by (200), causes the computing device of claim 7.
  9. 前記第1のオーディオ信号は、前記第3のオーディオ信号に対して直交している、請求項7又は請求項8に記載のコンピューティングデバイス。 The first audio signal is orthogonal to the third audio signal, computing device according to claim 7 or claim 8.
  10. 前記第1の再生デバイス(200)及び前記第2の再生デバイス(200)は、同期してオーディオコンテンツを再生するように構成された再生デバイス(200)のゾーングループに含まれる、請求項7から請求項9のうちいずれか1項に記載のコンピューティングデバイス。 The first reproduction device (200) and said second playback device (200) is included in the zone group configuration reproduction device (200) so as to reproduce the audio content in synchronization, the claims 7 the computing device according to any one of claims 9.
  11. 前記オーディオ処理アルゴリズムを決定することは、さらに、 Determining the audio processing algorithms, further
    前記再生ゾーンの1つ又は複数の特性を示すデータを受信すること、 Receiving data indicative of one or more characteristics of said regeneration zone,
    前記再生ゾーンの1つ又は複数の特性と前記オーディオ処理アルゴリズムとの関連付けをデータベースに記憶させること、 Possible to store the association between the audio processing algorithms and one or more characteristics of the regeneration zone in a database,
    を含む、請求項1から請求項2及び請求項5から請求項10のうちいずれか1項に記載のコンピューティングデバイス。 Including, computing device according to any one of claims 10 to claims 2 and claims 1-5.
  12. 前記再生デバイスは、第1の再生デバイスである、 The playback device is a first reproduction device,
    前記再生ゾーンは、第1の再生ゾーンである、 The regeneration zone is a first regeneration zone,
    前記オーディオ処理アルゴリズムは、第1のオーディオ処理アルゴリズムである、 The audio processing algorithms is a first audio processing algorithms,
    前記機能は、さらに、 The function further,
    第2の再生ゾーン内の第2の再生デバイスに第4のオーディオ信号を再生させること、 Thereby reproducing the fourth audio signal to the second reproduction device in the second regeneration zone,
    前記第2の再生デバイスのマイクロホンによって検出された第5のオーディオ信号を示すデータを受信すること、ここで、前記第5のオーディオ信号は、前記第2の再生デバイスによって再生された前記第4のオーディオ信号に対応する部分を含む、 Receiving data showing a fifth audio signal detected by the second playback device microphone, wherein said fifth audio signal is been said fourth reproduced by the second reproducing device includes a portion corresponding to the audio signal,
    前記第5のオーディオ信号及び前記第2の再生デバイスの特性に基づいて、前記第2の再生ゾーンの音響特性を決定すること、 Based on the characteristics of the fifth audio signal and the second reproduction device, determining the acoustic properties of the second regeneration zone,
    前記第2の再生ゾーンの音響特性に基づいて、第2のオーディオ処理アルゴリズムを決定すること、 Based on the acoustic characteristics of the second regeneration zone, determining a second audio processing algorithms,
    前記第2のオーディオ処理アルゴリズム及び前記第2の再生ゾーンの音響特性との関連付けをデータベースに記憶させること、 Possible to store the association between the acoustic characteristics of the second audio processing algorithm and the second regeneration zone to the database,
    を含む、請求項1から請求項6及び請求項9から請求項11のうちいずれか1項に記載のコンピューティングデバイス。 The containing, computing device according to any one of claims 1 to 11 claim 6 and claim 9.
  13. 前記機能は、さらに、 The function further,
    前記第2の再生ゾーンの音響特性が、前記第1の再生ゾーンの音響特性と実質的に同一であることを決定すること、 The acoustic characteristics of the second regeneration zone is, determines that the first is substantially the same as the acoustic characteristics of the regeneration zone,
    それに応答して、前記第1のオーディオ処理アルゴリズム及び前記第2のオーディオ処理アルゴリズムに基づいて、第3のオーディオ処理アルゴリズムを決定すること、 In response, on the basis of the first audio processing algorithm and the second audio processing algorithms to determine the third audio processing algorithms,
    前記第3のオーディオ処理アルゴリズムと前記第1の再生ゾーンの音響特性との関連付けをデータベースに記憶させること、 Possible to store the association between the acoustic characteristics of the third audio processing algorithm of the first regeneration zone to the database,
    を含む、請求項12に記載のコンピューティングデバイス。 Including computing device of claim 12.
  14. 前記再生ゾーンの1つ又は複数の特性を示すデータは、コントローラデバイス及び前記再生ゾーン内の再生デバイスのうちの一方から受信される、請求項11から請求項13のうちいずれか1項に記載のコンピューティングデバイス。 Said data indicative of one or more characteristics of the regeneration zone is received from one of the playback devices in the controller device and the regeneration zone, according to claims 11 to any one of claims 13 computing device.
  15. 前記再生ゾーンの1つ又は複数の特性は、(a)前記再生ゾーンの寸法、(b)前記再生ゾーンのオーディオ反射特性、(c)前記再生ゾーンの使用目的、(d)前記再生ゾーン内の家具の数、(e)前記再生ゾーン内の家具の大きさ、及び(f)前記再生ゾーン内の家具の種類のうちの1つ又は複数を含む、請求項1から請求項14のうちいずれか1項に記載のコンピューティングデバイス。 One or more characteristics of the regeneration zone is, (a) the size of the regeneration zone, (b) audio reflection characteristics of the regeneration zone, (c) the intended use of the regeneration zone, (d) in the regeneration zone number of furniture, (e) the size of the furniture in the regeneration zone, and (f) comprising said one or more of the types of furniture in the regeneration zone, any one of claims 14 claim 1 the computing device according to item 1.
  16. 再生ゾーン内の再生デバイス(200)であって、 A playback device in the regeneration zone (200),
    マイクロホン(220)、及び プロセッサ(202)、 Microphone (220), and a processor (202),
    を有し、 Have,
    前記プロセッサ(202)は、 Said processor (202),
    第1のオーディオ信号を再生する、 Reproducing the first audio signal,
    前記第1のオーディオ信号に対応する部分を含む第2のオーディオ信号を前記マイクロホン(220)によって検出する、 A second audio signal including a portion corresponding to the first audio signal detected by said microphone (220),
    前記第2のオーディオ信号及び前記再生デバイス(200)の音響特性に基づいて、オーディオ処理アルゴリズムを決定する、 Based on the acoustic properties of the second audio signal and the reproducing device (200), to determine the audio processing algorithms,
    決定した前記オーディオ処理アルゴリズムを、前記再生ゾーン内でメディアアイテムを再生するときに、前記メディアアイテムに対応するオーディオデータに対して適用する、 The determined said audio processing algorithms, when playing media items within the regeneration zone, applied to the audio data corresponding to the media item,
    再生デバイス。 Playback device.
  17. 前記オーディオ処理アルゴリズムを決定することは、 Determining the audio processing algorithms,
    さらに、 further,
    前記第2のオーディオ信号及び前記再生デバイス(200)の音響特性に基づいて、前記再生ゾーンの1つ又は複数の特性を決定すること、及び 前記再生ゾーンの1つ又は複数の特性に対応するオーディオ処理アルゴリズムを複数のオーディオ処理アルゴリズムから選択すること、 Based on the acoustic properties of the second audio signal and the reproducing device (200), determining one or more characteristics of said regeneration zone, and audio corresponding to one or more characteristics of the regeneration zone selecting a processing algorithm from a plurality of audio processing algorithms,
    を含む、請求項16に記載の再生デバイス。 Including, playback device of claim 16.
  18. 前記オーディオ処理アルゴリズムを決定することは、 Determining the audio processing algorithms,
    (i)前記第2のオーディオ信号及び(ii)前記再生デバイス(200)の特性を示す送信データをコンピューティングデバイス(300)に送信すること、及び 前記オーディオ処理アルゴリズムを示すデータを前記コンピューティングデバイス(300)から受信すること、 (I) the second audio signal and (ii) the playback device (200) to transmit data indicating the characteristics of transmitting to the computing device (300), and the computing device data indicating the audio processing algorithm receiving from (300),
    を含む、請求項16に記載の再生デバイス。 Including, playback device of claim 16.
  19. さらに、 further,
    決定した前記オーディオ処理アルゴリズムを格納するように構成されたメモリ(206)を有する、請求項16から請求項18のうちいずれか1項に記載の再生デバイス。 Determined with a memory (206) configured to store the audio processing algorithm, the playback device according to any one of claims 18 claim 16.
  20. 前記オーディオデータに対して前記オーディオ処理アルゴリズムを適用することは、 Applying said audio processing algorithm to the audio data,
    前記メディアアイテムの周波数等化と前記メディアアイテムの音量域のうちの少なくとも1つを変更することを含む、請求項16から請求項19のうちいずれか1項に記載の再生デバイス。 At least one comprises changing a playback device according to any one of claims 19 claim 16 of the volume range of the frequency equalization and the media items of the media item.
JP2017513241A 2014-09-09 2015-09-08 Audio processing algorithms and database Pending JP2017528083A (en)

Priority Applications (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US14/481,514 US9891881B2 (en) 2014-09-09 2014-09-09 Audio processing algorithm database
US14/481,505 2014-09-09
US14/481,514 2014-09-09
US14/481,505 US9952825B2 (en) 2014-09-09 2014-09-09 Audio processing algorithms
PCT/US2015/048942 WO2016040324A1 (en) 2014-09-09 2015-09-08 Audio processing algorithms and databases

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2017528083A true JP2017528083A (en) 2017-09-21

Family

ID=54292894

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2017513241A Pending JP2017528083A (en) 2014-09-09 2015-09-08 Audio processing algorithms and database

Country Status (4)

Country Link
EP (1) EP3111678A1 (en)
JP (1) JP2017528083A (en)
CN (1) CN106688248A (en)
WO (1) WO2016040324A1 (en)

Families Citing this family (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9106192B2 (en) 2012-06-28 2015-08-11 Sonos, Inc. System and method for device playback calibration
US10127006B2 (en) 2014-09-09 2018-11-13 Sonos, Inc. Facilitating calibration of an audio playback device
US9219460B2 (en) 2014-03-17 2015-12-22 Sonos, Inc. Audio settings based on environment
US9264839B2 (en) 2014-03-17 2016-02-16 Sonos, Inc. Playback device configuration based on proximity detection
US9910634B2 (en) 2014-09-09 2018-03-06 Sonos, Inc. Microphone calibration
US9706323B2 (en) 2014-09-09 2017-07-11 Sonos, Inc. Playback device calibration
US9891881B2 (en) 2014-09-09 2018-02-13 Sonos, Inc. Audio processing algorithm database
US9538305B2 (en) 2015-07-28 2017-01-03 Sonos, Inc. Calibration error conditions
US9693165B2 (en) 2015-09-17 2017-06-27 Sonos, Inc. Validation of audio calibration using multi-dimensional motion check
US9743207B1 (en) 2016-01-18 2017-08-22 Sonos, Inc. Calibration using multiple recording devices
US10003899B2 (en) 2016-01-25 2018-06-19 Sonos, Inc. Calibration with particular locations
US9860662B2 (en) 2016-04-01 2018-01-02 Sonos, Inc. Updating playback device configuration information based on calibration data
US9864574B2 (en) 2016-04-01 2018-01-09 Sonos, Inc. Playback device calibration based on representation spectral characteristics
EP3226575A1 (en) * 2016-04-01 2017-10-04 Sonos, Inc. Updating playback device configuration information based on calibration data
US9763018B1 (en) 2016-04-12 2017-09-12 Sonos, Inc. Calibration of audio playback devices
US9860670B1 (en) 2016-07-15 2018-01-02 Sonos, Inc. Spectral correction using spatial calibration
US9794710B1 (en) 2016-07-15 2017-10-17 Sonos, Inc. Spatial audio correction

Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH05199593A (en) * 1992-01-20 1993-08-06 Matsushita Electric Ind Co Ltd Speaker measuring instrument
JPH06327089A (en) * 1993-05-11 1994-11-25 Yamaha Corp Acoustic characteristic correcting device
JP2004159037A (en) * 2002-11-06 2004-06-03 Sony Corp Automatic sound adjustment system, sound adjusting device, sound analyzer, and sound analysis processing program
JP2005086686A (en) * 2003-09-10 2005-03-31 Fujitsu Ten Ltd Electronic equipment
JP2007271802A (en) * 2006-03-30 2007-10-18 Kenwood Corp Content reproduction system and computer program
JP2008228133A (en) * 2007-03-15 2008-09-25 Matsushita Electric Ind Co Ltd Acoustic system
JP2011164166A (en) * 2010-02-05 2011-08-25 D&M Holdings Inc Audio signal amplifying apparatus
US20120243697A1 (en) * 2009-02-10 2012-09-27 Frye Electronics, Inc. Multiple superimposed audio frequency test system and sound chamber with attenuated echo properties

Family Cites Families (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7483540B2 (en) * 2002-03-25 2009-01-27 Bose Corporation Automatic audio system equalizing
US8234395B2 (en) 2003-07-28 2012-07-31 Sonos, Inc. System and method for synchronizing operations among a plurality of independently clocked digital data processing devices
US8819554B2 (en) * 2008-12-23 2014-08-26 At&T Intellectual Property I, L.P. System and method for playing media
CN102318325B (en) * 2009-02-11 2015-02-04 Nxp股份有限公司 Controlling an adaptation of a behavior of an audio device to a current acoustic environmental condition
CN102893633B (en) * 2010-05-06 2015-04-15 杜比实验室特许公司 Audio system equalization for portable media playback devices
US9307340B2 (en) * 2010-05-06 2016-04-05 Dolby Laboratories Licensing Corporation Audio system equalization for portable media playback devices
US9106192B2 (en) * 2012-06-28 2015-08-11 Sonos, Inc. System and method for device playback calibration

Patent Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH05199593A (en) * 1992-01-20 1993-08-06 Matsushita Electric Ind Co Ltd Speaker measuring instrument
JPH06327089A (en) * 1993-05-11 1994-11-25 Yamaha Corp Acoustic characteristic correcting device
JP2004159037A (en) * 2002-11-06 2004-06-03 Sony Corp Automatic sound adjustment system, sound adjusting device, sound analyzer, and sound analysis processing program
JP2005086686A (en) * 2003-09-10 2005-03-31 Fujitsu Ten Ltd Electronic equipment
JP2007271802A (en) * 2006-03-30 2007-10-18 Kenwood Corp Content reproduction system and computer program
JP2008228133A (en) * 2007-03-15 2008-09-25 Matsushita Electric Ind Co Ltd Acoustic system
US20120243697A1 (en) * 2009-02-10 2012-09-27 Frye Electronics, Inc. Multiple superimposed audio frequency test system and sound chamber with attenuated echo properties
JP2011164166A (en) * 2010-02-05 2011-08-25 D&M Holdings Inc Audio signal amplifying apparatus

Also Published As

Publication number Publication date
WO2016040324A1 (en) 2016-03-17
CN106688248A (en) 2017-05-17
EP3111678A1 (en) 2017-01-04

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9699555B2 (en) Calibration of multiple playback devices
EP2859550B1 (en) Device playback failure recovery and redistribution
US9917364B2 (en) Antenna selection
US9930470B2 (en) Sound field calibration using listener localization
JP6082808B2 (en) Listen to the audio content
JP6486833B2 (en) System and method for providing a three-dimensional extended audio
CN106105271B (en) Configuring the playback device based on proximity detection
US9690539B2 (en) Speaker calibration user interface
US10129675B2 (en) Audio settings of multiple speakers in a playback device
JP2015513832A (en) Audio playback system and method
EP3085112B1 (en) Playback device calibration
US10212512B2 (en) Default playback devices
US9690271B2 (en) Speaker calibration
JP6193515B1 (en) Management of cloud queue
EP3081012B1 (en) Playback device calibration
US9538305B2 (en) Calibration error conditions
JP6328261B2 (en) Web page media playback
US9715367B2 (en) Audio processing algorithms
JP6215444B2 (en) Media playback system controller having a plurality of graphical interface
JP2017028679A (en) Systems and methods for delivery of personalized audio
JP2018517926A (en) Volume limit
US20140331133A1 (en) Policies for Media Playback
EP3111678A1 (en) Audio processing algorithms and databases
US20190073192A1 (en) Facilitating Calibration of an Audio Playback Device
US10063983B2 (en) Calibration using multiple recording devices

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20170502

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20170502

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20180413

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20180508

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20180806

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20181005

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20181107

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20190226