JP2017521144A - 使用中の変形が制御される吸収性物品 - Google Patents

使用中の変形が制御される吸収性物品 Download PDF

Info

Publication number
JP2017521144A
JP2017521144A JP2016572760A JP2016572760A JP2017521144A JP 2017521144 A JP2017521144 A JP 2017521144A JP 2016572760 A JP2016572760 A JP 2016572760A JP 2016572760 A JP2016572760 A JP 2016572760A JP 2017521144 A JP2017521144 A JP 2017521144A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
longitudinal
layer
absorbent article
absorbent
article
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Ceased
Application number
JP2016572760A
Other languages
English (en)
Inventor
ハンナ・エスピン・エストリン
エドワード・ガイドッティ
Original Assignee
エスセーアー・ハイジーン・プロダクツ・アーベー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by エスセーアー・ハイジーン・プロダクツ・アーベー filed Critical エスセーアー・ハイジーン・プロダクツ・アーベー
Priority to PCT/SE2014/050717 priority Critical patent/WO2015190963A1/en
Publication of JP2017521144A publication Critical patent/JP2017521144A/ja
Application status is Ceased legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/53Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the absorbing medium
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/45Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the shape
    • A61F13/47Sanitary towels, incontinence pads or napkins
    • A61F13/4704Sanitary towels, incontinence pads or napkins having preferential bending zones, e.g. fold lines or grooves
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/45Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the shape
    • A61F13/49Absorbent articles specially adapted to be worn around the waist, e.g. diapers
    • A61F13/49001Absorbent articles specially adapted to be worn around the waist, e.g. diapers having preferential bending zones, e.g. fold lines or grooves
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/45Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the shape
    • A61F13/49Absorbent articles specially adapted to be worn around the waist, e.g. diapers
    • A61F13/494Absorbent articles specially adapted to be worn around the waist, e.g. diapers characterised by edge leakage prevention means
    • A61F13/49406Absorbent articles specially adapted to be worn around the waist, e.g. diapers characterised by edge leakage prevention means the edge leakage prevention means being at the crotch region
    • A61F13/49413Absorbent articles specially adapted to be worn around the waist, e.g. diapers characterised by edge leakage prevention means the edge leakage prevention means being at the crotch region the edge leakage prevention means being an upstanding barrier
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/53Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the absorbing medium
    • A61F2013/530007Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the absorbing medium being made from pulp
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/53Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the absorbing medium
    • A61F2013/530868Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the absorbing medium characterized by the liquid distribution or transport means other than wicking layer
    • A61F2013/530875Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the absorbing medium characterized by the liquid distribution or transport means other than wicking layer having holes

Abstract

本発明は、使用者に面して使用されるように意図された液体透過性の外皮層、及び、使用中に使用者から離れる方に向けられるように設けられた実質的に液体不透過性の裏面層、並びに、液体透過性の外皮層と実質的に液体不透過性の裏面層との間に配置された吸収体を備える使い捨て吸収性物品に関する。物品及び吸収体は、長手方向中心線、股下領域、前端領域、及び後端領域を備える。さらに、吸収体は、使用中に使用者の方を向くように意図された、長手方向縁を備える第1の吸収層と、使用中に使用者から離れる方を向くように意図された、長手方向縁を備える第2の吸収層と、を備える。第1の吸収層が、股下領域内に配置された第1の長手方向開口部を備え、第2の吸収層が、股下領域内に配置された第1の長手方向圧縮部を備える。説明された試験方法に従う物品の液体透過性の外皮層の親水性試験において付与された液滴の少なくとも70%が、物品の中にX秒以内に浸み込む。

Description

本発明は、使用者に面して使用されるように設けられた液体透過性の外皮層を備えると共に、使用中に使用者から離れる方に向けられて使用されるように設けられた実質的に液体不透過性の裏面層を備える使い捨て吸収性物品に関する。液体透過性の外皮層と実質的に液体不透過性の裏面層との間には、吸収体が配置される。

物品及び吸収体は、長手方向に延びた中心線、股下領域、前端領域、及び後端領域を備える。吸収体は、使用中に使用者に面して向けられるように設けられた、長手方向縁を備える第1の吸収層と、使用中に使用者から離れる方に向けられるように設けられた、長手方向縁を備える第2の吸収層と、を備える。

第1の吸収層は、股下領域に配置される第1の長手方向開口部を備え、第2の吸収層は、股下領域に配置される第1の長手方向圧縮部を備える。

さらに、物品の液体透過性の外皮層の親水性試験中に付与された液滴の少なくとも70%が、説明された試験方法に従って10秒以内に物品の中へ浸み込まれなければならない。

吸収性物品に使用されるように意図された吸収体は、例えば成人で失禁する物品の着用者が意図せず自身の膀胱をすっかり空けたときに、十分な吸収容量、及び、流出液体を速やかに受け取ることができる能力を有していなければならないことが知られている。

吸収性物品が対象としているものに基づいて、吸収容量は、広い範囲内で変化し、例えば、最小サイズの生理用ナプキンでは4gの容量で十分であるのに対して、成人の失禁者向けの最大の物品には1000gを超える容量が必要とされる。

十分に大きい吸収容量を備えた物品を製造することは、吸収性物品の吸収体の中に混合させるための、ゲルを形成する高吸収性粒子、いわゆる超吸収剤がある現今では、大きな問題ではない。

非常に薄くてしっかりと圧縮された現今の物品に伴う問題のタイプは、物品が、大流量で排泄されて物品に当たる液体を受け取ることができるように取り計らうことである。例えば、成人の失禁使用者のための吸収性物品は、10秒間に排泄される数百ミリリッターの尿を受け取ることができなければならない。吸収性物品の吸収体が、この大きな流れを受け取ってこれを吸収することができない場合、尿が物品の表面を流れて物品の縁から流れ出すおそれが高い。

排泄される体液を速やかに受け取るという問題の解決策は、吸収体が液体を吸収することに成功すると期待して、液体を受け取って一時的に貯蔵するように意図された特別な材料層を吸収体と使用者との間に配置することである。このような材料の例は、例えばポリエステル繊維などからなる弾力のあるパッドである。

別の既存の解決策は、薄くて幅広い現今の股下構造が着用者の腿の間にカップ形状構造を形成することであり、そのカップ形状構造において、液体が吸収体の中に入る前に一時的に収集され得る。物品の吸収体には、使用中に物品が着用者の腿の間で一緒に押し合わされるときに物品の成形を制御するために、圧縮部、スロット、収縮した弾性要素などが具備されている。

特許文献1では、吸収性物品が物品の長手方向に実質的に垂直な力を受けるときに、吸収性物品の成形がどのように制御され得るかが説明されている。

物品は、貫通スロットを備える吸収性層と、吸収性層の一方の表面を覆う第1の材料層と、吸収性層の反対の表面を覆う第2の材料層とを備えている。

一方の材料層が前記スロットに隣接させて吸収性層に連結される一方で、もう一方の材料層は前記スロットに隣接させて連結されていない。物品が、スロットに対して垂直に向けられた圧縮力を受けるときに、物品は、吸収性層の結合されていない側から離れる方向に曲げられたり回されたりすることを余儀なくされる。

特許文献2では、物品が使用されるときに使用者の腿の間で形作る吸収性体の洗練された変形品を説明している。

特許文献2の吸収性体は二層の構造になっており、その二層のうちの、使用者から離されて配置される層は、長手方向中心線に沿って股下領域の中央に配置された長手方向の開口部を備える。物品の着用者の最も近くに方向付けられたもう一方の吸収性層は、層の長手方向中心線と長手方向の各縁との間で対称的に置かれる側方開口部を備える。

両方の吸収層に長手方向開口部を備えた吸収性体の成形は、吸収性物品が使用者の腿の間で一緒に押し合わされるときに股下領域においてW字状の形になることを意味していると、文献には示されている。

しかしながら、物品が、使用中に、単純なカップ形、U字形もしくはV字形、または、より洗練されたカップ形、W字形を受け入れるように設計されるかどうかに拘わらず、物品が使用者に着用させたときに意図した形を呈しないという問題があることがわかった。

例えば、物品が使用者の腿からの押圧力を受けるときに物品が反転した形を呈することは珍しいことではなく、それは、例えば、U字形の代わりに反転したU字形(∩形)になったり、W字形が反転したW字形(M字形)になったりすることを意味する。

物品が使用者の腿の間で横方向に変形するときにU字形、V字形、またはW字形を受け入れるように意図された物品は、使用者の腿に対するスプリングバック力が小さすぎであり、物品が使用中に腿に対して効果的に封止できないこともわかった。

英国特許出願第2,296,437号明細書 国際特許出願公開第2011/105108号パンフレット

したがって、物品が使用者の腿の間に置かれて一緒に押し合わされるときに、より大きな安心をもって所望の様態で形作られることができる、改良された吸収性物品に対する要望がある。この要望は、吸収性物品が失禁する子どもを対象にしたものか、或いは失禁する成人を対象にしたものかを問わず、存在する。

さらに、前述による変形された状態において、使用中に、横方向において使用者の腿に対してより大きなスプリングバック力のある物品に対する要望がある。

しかしながら、本発明では、先に知られた吸収性物品に関連する問題を実質的に排除する、最初に挙げた種類の使い捨て吸収性物品が実現されている。

本発明による吸収性物品は、主に、第1の長手方向開口部と第1の長手方向圧縮部とが実質的に互いと重なり合うという特徴がある。

第1及び第2の吸収層を備える吸収体を備える吸収性物品を有し、第1の吸収層内の長手方向開口部と第2の吸収層内の長手方向圧縮部とを備え、長手方向開口部及び長手方向圧縮部が互いと重なり合う配置構成は、吸収性物品が使用者の腿の間で一緒に押し合わされるときに、先に知られた物品よりも実質的に予想可能である様態で変形されることを意味している。

本発明の一態様によれば、第1の吸収層内の第1の長手方向開口部と第2の吸収層内のの第1の長手方向圧縮部とは、長手方向中心線と実質的に一致する。

開口部と圧縮部とを中心に置くことで、吸収体を備える物品が使用者の腿の間で圧縮されるときに、中心に置かれたV字形が形成される。

本発明の別の態様によれば、第1の吸収層は、吸収層の長手方向中心線と一方の長手方向縁との間で股下領域に配置される第2の長手方向開口部を備え、第1の長手方向開口部は、長手方向中心線と反対側の長手方向縁との間に配置される。

さらに、第2の吸収層は、長手方向中心線と吸収層の前記一方の長手方向縁との間で股下領域に配置される第2の長手方向圧縮部を備え、第1の長手方向圧縮部は、長手方向中心線と反対側の長手方向縁との間に配置される。

第1の長手方向開口部と第1の長手方向圧縮部とが実質的に互いと重なり合うのと同じようにして、第2の長手方向開口部と第2の長手方向圧縮部とは実質的に互いと重なり合う。

重なり合う開口部及び圧縮部がそれぞれ、中心線のどちら側にも配置されることで、吸収体を備える物品が使用者の腿の間で圧縮されるときに対称的なU字形が形成される。

本発明のさらなる態様によれば、第1の吸収層は、股下領域に配置されると共に長手方向中心線と実質的に一致する第3の長手方向圧縮部を備え、第2の吸収層は、股下領域に配置されると共に長手方向中心線と実質的に一致する第3の長手方向開口部を備える。第3の長手方向圧縮部と第3の長手方向開口部とは互いと重なり合う。

吸収体を備える吸収性物品が使用者の腿の間で圧縮されるとき、対称的なW字形が形成される。

本発明の別の態様によれば、吸収性物品の吸収体は、長手方向縁を備える。

親水特性は、実質的に物品の長手方向にあり、その親水特性は、少なくとも、股下領域内における吸収体の各長手方向縁から少なくとも股下領域内における吸収体の長手方向中心線の方へ向かう横方向幅を持っている。

吸収体の縁から吸収体の中心線の方へ向かう親水性領域は、その領域に接触する液体が実際に表面材料に捕えられて物品の吸収体へ運ばれることを確実にする。

本発明の一態様によれば、吸収性物品は、第1の吸収層と液体透過性の外皮層との間に配置された入口材料を備える。本発明のこの態様によれば、入口材料は、少なくとも股下領域内において、吸収体の隣接する各長手方向縁から離されている。親水特性は、股下領域内の中心線から離れる方に向けられた入口材料の縁に対して横方向に延びている。

本発明に従う特別な入口材料は、入ってくる液体を速やかに受け取り、隣接する吸収性層が液体を受け取ることができる前に、液体を一時的に貯蔵することができる。

本発明の一態様によれば、吸収性物品は、2つの別々の部品に分割される入口材料を備える。2つの部品は、物品の長手方向中心線のそれぞれの側に配置されており、各部品は、実質的に物品の長手方向に延在すると共に、少なくとも股下領域内において長手方向中心線から離されている。

2つの部品に分割された入口材料は、使用中に吸収性物品がその長手方向中心線の周りで一緒に完全に折り畳まれるとき、つまり、吸収性物品の半分が、物品の反対側の長手方向の半分にもたれ掛かるとき、特に有利である。

本発明の更なる態様によれば、吸収性物品が内側漏れ障壁を有しており、親水特性が実質的に物品の長手方向にある。親水特性は、各内側漏れ障壁の、液体透過性の外皮層に対する、内方に向けられた取付部から少なくとも股下領域内における吸収体の長手方向中心線の方に向かって横方向に延びている。

内側漏れ障壁は、前記内側漏れ障壁の直ぐ内側の液体透過性の外皮材料の親水特性と相俟って、液体又は糞便が吸収性物品の縁から漏れ出すのを効果的に防止する。

本発明の一態様によれば、吸収性物品は、上記による内側漏れ障壁及び親水特性に加えて、第1の吸収層と液体透過性の外皮層との間に配置された入口材料を備える。

入口材料は、少なくとも股下領域内において、吸収体の隣接する各長手方向縁から離されている。親水特性は、少なくとも股下領域内の入口材料の各縁まで延びている。

本発明の一態様によれば、吸収性物品は、入口材料が、物品の長手方向中心線のそれぞれの側に配置された2つの別々の部品に分割されることを特徴としている。入口材料の各部品は、実質的に物品の長手方向に延在すると共に、少なくとも股下領域内における長手方向中心線から離されている。

上記による2つの部品に分割された入口材料は、入口材料が実際に必要とされている箇所にだけ配置され、吸収性物品の機能を低下させることなく材料費を可能な限り低く抑えることを意味している。

本発明の一態様によれば、吸収性物品は、吸収体の第1、第2の吸収層がそれぞれ、50g/mから1000g/mの間の坪量を有することを特徴としている。

別の態様によれば、吸収性物品の各吸収層はそれぞれ、いわゆるSAPと称される高吸収性高分子材料の含有量が0%から80%の間であり得る。

本発明の更なる態様によれば、吸収体の前端領域及び後端領域は、股下領域よりも大きい横方向幅を有している。

本発明の一態様によれば、吸収性物品は、成人の失禁者向けのおむつを形成し、別の態様によれば、吸収性物品は、幼児用おむつを形成する。

より明確にするために、吸収体の2つの吸収層を互いに分けて示したときの本発明の第1の態様に従う吸収体の斜視図である。 吸収体の2つの吸収層が重ねて配置されている、図1の吸収体の図である。 2つの部品に分割された特別な入口材料が吸収体上に配置されている、図2の吸収体の図である。 尿の吸収を目的とすると共に図1および図2に従う吸収体を備える吸収性物品を示す図である。 物品が使用者の腿から長手方向に垂直な横方向の力を受けるときに、図3aにおける断面A−Aがどのような形になるかを示す図である。 使用者の腿の間の間隔が狭い場合、物品が使用者の腿から長手方向に垂直な横方向の力を受けるときに、図3aにおける断面A−Aがどのような形になり得るかを示す図である。 より明確にするために、吸収体の2つの吸収層を互いに分けて示した、本発明の代替の態様に従う吸収体の斜視図である。 吸収体の2つの吸収層が重ねて配置されているときの図4aの吸収体の図である。 図4bにおける吸収体が、使用者の腿から長手方向に垂直な横方向の力を受ける吸収性物品内に配置されるときに、図4bの断面B−Bが使用中にどのような形になるかを示す図である。 より明確にするために、吸収体の2つの吸収層を互いに分けて示した、本発明の第3の態様に従う吸収体の斜視図である。 吸収体の2つの吸収層が重ねて配置されているときの図5の吸収体の図である。 図6における吸収体が、使用者の腿から長手方向に垂直な横方向の力を受ける吸収性物品内に配置されるときに、図6における断面C−Cがどのような形になるかを示す図である。 吸収性物品の液体透過性の外皮層の親水性を試験するときに液滴が吸収性物品にどのように付与されるかを示す図である。

本発明は、吸収性物品の一部を構成する吸収体を備える吸収性物品に関する。吸収体は少なくとも2つの吸収層を備え、一方の吸収層は、使用中に使用者の方に向けられ、他方の吸収層は、使用中に使用者から離れる方に向けられる。

少なくとも、使用者を方に配置された吸収層は、少なくとも1つの長手方向開口部を備え、使用者から離して配置された吸収層は、少なくとも1つの長手方向圧縮部を備える。

吸収体を備える吸収物品が、使用者に置かれて使用者の腿の間で横に一緒に押し合わされるときに所望の様態の形になるように、2つの吸収層は、2つの吸収層内の開口部および圧縮部が協働するようにして配置される。

本発明の第1の態様は、吸収性物品に内蔵され、物品が使用者の腿の間で横に一緒に押し合わされるときにカップ形(U字形)を呈する吸収体に関する。

また、本発明は、前述に従って形付けられた吸収体を備える吸収性物品にも関する。吸収性物品は、この点において複数の種類の吸収性物品を意味しており、例えば、一体式のおむつ、パンツ式のおむつ、ベルト式のおむつ、または、生理用品などがある。

いわゆる一体式のおむつは、留め付けフラップを備えることを特徴としており、おむつが使用者の腰の周りに付けられるときに、おむつの前方腰部と後方腰部とが留め付けフラップで連結される。通常、一体式のおむつは、腰部分の少なくとも一部が弾性部材を通常有する腰領域と関連している、脚の切り抜き部における弾性領域を備えている。多くの一体式のおむつでは、留め付けフラップが弾性領域を備える。また、留め付けフラップは接着表面を備えることができ、その接着表面は、接着体が留め付ける反対側の端部分上の表面に連結される。現在、面ファスナー(hook&loop)式の留め付けシステムが、慣行的に使用されている。

いわゆるパンツ式のおむつは、製造の間に、その股下部において実質的に横方向の折り目の周りで折り曲げられ、続いて、腰のところで互いに結合されていることを、特に特徴としている。これらの種類のおむつは、1着のブリーフのようにぴったりと使用者に適用される、つまり、使用者の脚にわたって引き寄せられるように、意図されている。パンツ式のおむつの腰部分における結合は、通常、引き離すことができ、パンツ式のおむつは、取り外そうとするときに使用者の足から引き下ろすことを必要とせずに、使用後に脱ぐことができる。この可能性は、パンツ式のおむつが使用後に糞便で汚れている場合に、特に高く評価される。パンツ式のおむつは、通常は、腰部内の弾性領域と、脚開口部の周りの弾性領域とを備えている。

開けて再び閉じることができるパンツ式のおむつも存在し得る。このようなパンツ式のおむつは、腰のところで一緒に折られて供給されるが、例えば物品の内容物を確認するために開けて、その後に再び閉じることができる。

ベルト式のおむつは、1つの、おむつの吸収性部分に比べて、横方向のベルトを備え、そのベルトは、おむつの前方または後方のいずれかの横方向の縁に連結されることを特徴とする。

このようなベルト式のおむつが適用されるとき、ベルトは、第1のステップにおいて、使用者の腰の周りに固定される。その後に、おむつの吸収性部分は、ベルトからゆったりとぶら下がっている。次に、おむつの吸収性部分が使用者の脚の間に導かれてベルトに留め付けられ、そのベルトには、その横方向の自由縁に沿っておむつの吸収性部分上に配置された固定部材にしっかりと把持するための固定表面が備えられている。ベルトおよび脚の切り抜き部は、通常、ベルト式のおむつでは伸縮性がある。

別の種類のベルト式のおむつは、2つの部品を有しており、分割したベルトと分割した吸収性構造体で構成される。使用中に、ベルトは使用者の腰の周りに留め付けられ、その後、吸収性構造体が、面ファスナー要素またはテープ要素によって、吸収性構造体の隅でベルトの外側に連結される。

一体式のおむつ、パンツ式のおむつ、またはベルト式のおむつは、まだトイレを使えない子供を対象としている幼児用おむつ、または、失禁の成人使用者を対象としている失禁防御で構成され得る。

図1および図2は、本発明の第1の態様に従う使い捨て吸収性物品内に設置されることを意図した吸収体15を示している。吸収体15は、第1の吸収層16と、とりわけセルロース軟毛パルプを含む第2の吸収層17とを備えている。

図1では、明確にするために、吸収体15の第1の吸収層16および第2の吸収層17が互いに分離されているが、図2aは、吸収体15が吸収性物品の中に適用されるときに配置されているように、吸収体15を示している。

あるいは、吸収体15は、追加の吸収層を備えることができる。

多くの吸収体では、セルロース軟毛パルプは、吸収中に大量の液体を化学的に結合させて液体含有ゲルを形成する種類の高吸収性高分子材料の繊維または粒子と混合されている。

各吸収層16、17はそれぞれ、50g/mから1000g/mまでの坪量を有することができ、いわゆるSAPと称される高吸収性高分子材料を0〜80%で含むことができる。

吸収体15は、さらに、吸収体15の様々な特性を向上させるための構成要素を備えることができる。このような構成要素の例は、結合繊維や、液体を広げる様々な種類の層または繊維、形を安定化させる構成要素、補強繊維などである。
このような構成要素は、いずれの図にも示されていない。

吸収性層16、17は、通常は、吸収性物品全体を製造する同じ機械においてインラインで製作されるが、吸収層16、17があらかじめ加工された吸収材料によって製作されてもよい。あらかじめ加工された吸収材料は、通常は、ロール状で供給され、材料が切断されて所定の構成へと折り曲げられる。あらかじめ加工された吸収材料は、インラインで製作される吸収体と同じ構成要素を含み得る。結合繊維は、原則的には、あらかじめ加工された吸収材料における必須の構成要素であり、それらは取り扱い中に一緒にとどまるようになっている。

吸収体15は、前端領域27、後端領域28、及び、前端領域27と後端領域28との間に配置された股下領域26を備える。吸収体15は砂時計形を有しており、股下領域26は、前端領域27および後端領域28より狭くなっている。

あるいは、吸収体15は、例えば、実質的に矩形の普通の吸収体であるといった、別の形を有してもよい。

吸収体15は長手方向中心線25を有している。

第1の吸収層16は長手方向縁31を有している。

長手方向開口部20は、第1の吸収層16の股下領域26に配置され、中心線25と一致している。開口部20は、股下領域26においてその主要な拡がりを有しているが、前端領域27と後端領域28との両方へと拡がっていてもよい。開口部20は、第1の吸収層16の長さの30%で長手方向に拡がっている。

本発明の代替の態様では、開口部20は、長手方向の向きで、第1の吸収層16の長さの10%と100%との間の拡がりを有してもよい。

開口部20は、長手方向に垂直な15mmの幅を有しているが、本発明の代替の態様では、2から30mmの間で、好ましくは5から20mmの間で、さらにより好ましくは8から15mmの間で、異なるものであってもよい。

第2の吸収層17は長手方向縁32を有している。長手方向圧縮部35は、第2の吸収層17の股下領域26に配置され、中心線25と一致している。圧縮部35は、吸収層17の周囲部分と比べてより明確に見ることができる。吸収層17の厚さは、圧縮部35の中心部分において20〜90%で、好ましくは50〜90%で、さらにより好ましくは70〜90%で低減されている。

圧縮部35は、股下領域26において、長手方向におけるその主要な拡がりを有しているが、前端領域27と後端領域28との両方へと拡がっていてもよい。

圧縮部35は、第2の吸収層17の長さの30%で長手方向に拡がっており、それは、第1の吸収層16の開口部20まで拡がっていることを意味している。

本発明の代替の態様では、圧縮部35は、長手方向において、第1の吸収層16内の開口部20の長さの30%から第2の吸収層17の全長までの拡がりを有してもよい。

圧縮部35は、長手方向に垂直な15mmの幅を有しているが、本発明の代替の態様では、2から30mmの間、好ましくは5から20mmの間、さらにより好ましくは8から15mmの間の幅を有してもよい。

吸収体15は、第1の吸収層16に配置された開口部20と、第2の吸収層17に配置された圧縮部35とが、実質的に互いと重なり合う点を、主な特徴としている。試験は、一方の層内の長手方向開口部と他方の層内の長手方向圧縮部とが互いと重なり合わせることができることによって、吸収体を備える物品が、長手方向に垂直な力を受けたときに実質的により大きな安心をもって所望の様態の形となることを示している。さらに、向上した戻る力が長手方向に対して垂直に得られ、これが使用者の腿に対して効果的に封止し、それによって、多くの漏れが回避される。

吸収体15の股下領域26は、長手方向中心線25に実質的に垂直な力に曝されるとき、圧縮部35を備えている第2の吸収層17がV字形の外側の方へ向けられ、開口部20を備えている第1の吸収層16がV字形の中へ内側に向けられた状態で、実質的にV字形のように成形される。

第2の吸収層17内の圧縮部35は、吸収体15が形成されるとき、折り曲げを表わす部分として機能する。第1の吸収層16内の開口部20の幅は成形中に縮小され、開口部20が、形成中に一緒に押し合わされることになる材料をまったく含まないため、形成も妨げられない。

図2bは、2つの部品に分割された特別な入口材料45が、どのように、吸収体15のうちの、吸収体15を備える吸収性物品の使用中に使用者に面して向けられるように意図された側に配置されるのかを示している。

入口材料45の2つの部品は、実質的に長手方向に延在しており、吸収体15の股下領域26に配置されているが、吸収体15の前端領域27や後端領域28の中まで延在してもよい。

入口材料45の2つの部品の各部分は、中心線25と吸収体15の長手方向縁30との間で横に配置されており、入口材料45の横方向の各部品それぞれの最も外側の縁46は、吸収体15の長手方向縁30から10〜30mm、好ましくは15〜30mmの間隔で配置されている。

あるいは、入口材料45は、より大きな中心開口部を有する材料で構成されており、入口材料45の長手方向外側の縁は、二部品の入口材料45のために上記で規定されている吸収体15の長手方向縁31,32から同じ距離に配置されている。縁が吸収体の長手方向縁30から離して配置される中央開口部を有さない入口材料45を考えることも可能である。

入口材料45は、入口材料45を載せた第1の吸収層16よりも大きな細孔を備える。例えば、入口材料45は、ポリエチレン、ポリプロピレン、またはポリエステルの合成繊維から成る。また、いわゆる2つの構成要素の繊維は、繊維品質のポリエチレン、ポリプロピレン、またはポリエステルのうちの少なくとも1つを含む。入口材料45は、続いてより遅い速度で吸収体15によって排出させるために、大きな流量で物品に突き当たる液体を受け取って一時的に貯蔵するという役割をもっている。

図3aは、本発明の第1の態様に従う、吸収体15を備えている吸収性物品6を示している。

物品6は、幼児用おむつ、または、成人の失禁する使用者向けのおむつであり得る。

図3aに示す吸収性物品6は、いわゆる一体式のおむつであるが、本発明のための特別なカップ形は、例えばパンツ式のおむつやベルト式のおむつなどの、尿吸収を目的とする代替の物品にも関連している。

物品6は、股下領域48、前端領域49、及び後端領域50を備える。さらに、吸収性物品は、長手方向縁44を備える。

物品6は、使用中に使用者の方を向くように意図された物品の表面にわたって配置される液体透過性の外皮層2を備え、且つ、物品6の表面にわたって配置されると共に使用中に使用者から離れる方に向けられるように意図された裏面層4を備えている。

本発明の第1の態様に従う吸収体15は、液体透過性の外皮層2と裏面層4との間に配置される。吸収体15は、上記した図1、図2a、および図2bと共に説明されている。

物品6が液体透過性の外皮層2の下でどのように構成されているかをより明確にするために、後述の領域が開けられている。開けられている領域は、上部から物品6を通って底部の方へ向かって、2つの部品の入口材料45、吸収体15、第1の吸収層16の長手方向開口部20、および、第2の吸収層17の長手方向圧縮部35を示している。さらに、開けられている領域は、吸収体15の長手方向縁30の1つを示してる。

液体透過性の外皮層2は、吸収体15の全周に沿って、吸収体15の外側に延在している。外皮層2は、目的に適した任意の材料で構成され得る。一般的に存在する液体透過性の外皮層の例には、不織布材料、多孔性プラスチック膜、プラスチックまたは織物の網、および、液体透過性の発泡層がある。

横方向において最も外側に配置された2つの部品の入口材料45の縁46と吸収体15の長手方向縁31、32との間の領域において、液体透過性の外皮層2は親水特性を有している。これらの2つの縁領域における親水特性は、液体透過性の外皮層2の上を流れる可能性が増大した液体が、閉じ込められて吸収体15へと運ばれることになることを意味する。親水特性は、例えば、液体透過性の外皮層2を界面活性剤で処理することによって、得ることができる。

内部の試験は、液体透過性の外皮層2の少なくとも一部の親水特性が、尿を確実に閉じ込めて液体が表面に上昇するのを回避するために、後述する試験方法に従った親水特性を要することを示した。

裏面層4も、その全周に沿って、吸収体15の外側に延在している。よく存在する裏面層は、通常は、液体非透過性であり、薄い液体非透過性のプラスチック膜で構成される。

液体非透過性だが蒸気透過性の材料から成る裏面層4は、現今、多くの種類の吸収性物品にとって原則的に標準である。蒸気透過性は物品が呼吸できることを意味し、それは、物品を使用するのに相当より快適にする。

液体障壁として機能する液体非透過性材料と、外方に向けられた表面を衣類物品のようにするための織物状材料とを備える積層物から成る裏面層も、現今では概ね標準として見なすことができる。

液体透過性の外皮層2と裏面層4とは、吸収体15の全周の外側で互いに連結されている。

吸収性物品6は、いわゆる脚弾性部を構成する弾性要素5を備える。脚弾性部の弾性要素5は、少なくとも股下領域48内で長手方向に延在しており、それらの弾性要素5は、吸収体15の長手方向縁30と吸収性物品6の長手方向縁44との間に配置されている。弾性要素5は、予め張力が付与された状態で適用され、液体透過性の外皮層2及び吸収体15の外側に配置された裏面層4を持ち上げて更なる直立形態にするように意図されており、それによって、使用者の腿に対する封止が達成され、液体が物品上の縁を越えて流出することが防止される。

脚弾性部は、液体透過性の外皮層2と裏面層4との間に配置された3つの弾性要素5を備えているが、代替の物品では、3つよりも多いいくつかの弾性要素、または、より少ない弾性要素を備えてもよい。

液体または糞便が吸収性物品の縁から漏れ出すのをさらに防止するために、物品6には、いわゆる立体ギャザーと称される内側漏れ障壁11が設けられている。内側漏れ障壁11は、吸収体15の長手方向縁の付近に配置されている。各内側漏れ障壁11はそれぞれ、それらの自由縁13に関連して、張力が付与された状態で内側漏れ障壁11に連結された弾性要素12を備えている(図3bを参照)。或いは、弾性要素12は、弾性糸、弾性バンド、弾性膜、弾性発泡体、または代替品のうちの1つ以上によって構成され得る。

内側漏れ障壁11は、個々に折られた別々の材料ストリップによって構成されており、材料ストリップのシャンクが液体透過性の外皮層2に連結されている。或いは、内側漏れ障壁11は、液体透過性の外皮層2における折り畳み部で構成することができる。

張力が付与された弾性要素12を自由にすると、弾性要素12が内側漏れ障壁11の内側自由縁と一緒に収縮し、内側漏れ障壁11は、少なくとも物品6の股下領域内で、液体透過性の外皮層2から離れて直立形態にさせられる。

吸収性物品6の後端領域には、物品6の後方の横方向の縁に沿って配置された弾性部材によって構成された、いわゆる腰弾性部8が設けられている。腰弾性部8は、吸収性物品6が使用者の腰の周りに柔らかく且つ柔軟に締めるように意図されている。記載した物品では、後方部だけに腰弾性部8が設けられている。代替の物品では、前方部にも腰弾性部が設けられてもよい。

特別な留め付け部材9は、物品が使用者に適用されるときに前端領域に連結するために、吸収性物品6の後端領域に配置されている。

図3bは、吸収性物品6が、使用中に、使用者の腿から横方向の力(F)を受けると図3aの断面A−Aがどのような形になるかを示している。

吸収体15は、上記の図1および図2と共に説明されているように、液体透過性の外皮層2と裏面層4との間に配置される。

吸収体15は、使用中に、第1の吸収層16が使用者の方に向けられ、第2の吸収層17が使用者から離れる方に向けられた状態で、配置される。

二部品の入口材料45は、第1の吸収層16と液体透過性の外皮層2との間に配置される。二部品の吸い取り材料45の横方向の最も外側に配置された縁46は、吸収体15の長手方向縁30の内側に間をあけて配置される。最も遠くに配置された縁30は、中心線25から最も遠く離れて配置された第1の吸収層16の縁31及び第2の吸収層17の縁32を意味する。

内側漏れ障壁11は、液体透過性の外皮層2のうちの、吸収体15から離れる方に向けられた側で、吸収体15の長手方向縁30に隣接させて配置されている。内側漏れ障壁11は、液体透過性の外皮層2に対する、内方に向けられた取付線47を備える。

図は、カップ形がどのように形成されるかを示しており、ここで、吸収体15が第2の吸収層17の長手方向圧縮部35の周りで折り畳まれ、圧縮部が、曲げを表わす印象的な部分を構成する。第1の吸収層16の開口部20の幅は、吸収体15が曲げられたり形成されたりするとき、同時に幅が縮小され、そして、一緒に押し合わされなければならない材料を開口部20がまったく備えていないことにより、曲げたり形成したりしている間に抵抗が生じない。

カップ形によって、尿が供給される速さで吸収体15によって吸収できない尿を、形成されたカップ形に一時的に貯蔵させることができる。

図が示すように、物品6の液体透過性の外皮層2と裏面層4との間に配置された弾性要素5が、張力が付与された状態で適用される結果、前記液体透過性の外皮層2及び裏面層4は、実質的な直立形態を受け入れ、それから、内側漏れ障壁11の弾性要素12も、予め張力が付与された状態で適用される結果、内側漏れ障壁11も使用中に直立形態を受け入れる。

図3cは、使用者の腿の間の距離が小さいとき、物品が使用者の腿から長手方向に垂直な角度で横方向の力を受けると、図3aの断面A−Aが使用中にどのように形成され得るかを示す図である。

物品の股下領域が横方向にかなり圧縮されたことによって、中心線25の一方の側に配置された二部品の入口材料45のうちの一方の部品が、中心線の反対側に配置された二部品の入口材料45のうちの第2の部品に、ほとんどもたれ掛かる。極端に言えば、二部品の入口材料45の両方の部品が互いに重ね合されることが起こる。

図4aおよび図4bは、本発明の代替の態様に従う使い捨て吸収性物品6内に設置することを意図した代替の吸収体15を示している。吸収体15は、第1の吸収層16と、少なくともセルロース軟毛パルプを含む第2の吸収層17とを備えている。

図4aでは、明確さを高めるため、吸収体15の第1の吸収層16および第2の吸収層17は互いから分離されている一方、図4bは、吸収体15が吸収性物品の中へ適用されるときに配置されるような吸収体15を示している。

吸収体15は、前端領域27、後端領域28、及び、前端領域27と後端領域28との間に配置された股下領域26を備え、且つ、長手方向中心線25を備える。

第1の吸収層16は長手方向縁31を有している。

さらに、第1の吸収層16は、第1の長手方向開口部20と第2の長手方向開口部21とを備える。

開口部20、21は、股下領域26において、長手方向においてそれらの主要な拡がりを有しているが、前端領域27と後端領域28との両方へと拡がっていてもよい。

開口部20、21は、前記中心線25と各長手方向縁31との間で中心線25の各側の横方向に配置されている。

開口部20、21は、第1の吸収層16の長さの30%にわたって長手方向に拡がっているが、本発明の代替の態様では、第1の吸収層16の長さの10%から100%の間の長手方向の拡がりを有してもよい。

開口部は、長手方向に垂直な幅が15mmであるが、本発明の代替の態様では、2から30mmの間、好ましくは5から20mmの間、さらにより好ましくは8から15mmの間で変更することができる。

第2の吸収層17は長手方向縁32を有している。

さらに、第2の吸収層17は、第1の長手方向圧縮部35と第2の長手方向圧縮部36とを有している。

圧縮部35、36は、股下領域26において、長手方向におけるその主要な拡がりを有しているが、前端領域27と後端領域28との両方へと拡がっていてもよい。
圧縮部35、36は、前記中心線25と各長手方向縁32との間で中心線25の各側の横方向に配置されている。

圧縮部35、36は、第2の吸収層17の長さの30%で長手方向に拡がり、これは、圧縮部35、36が第1の吸収層16の開口部20、21まで拡がっていることを意味している。

本発明の代替の態様では、圧縮部35、36は、長手方向の向きにおいて、第1の吸収層16内の開口部20、21の長さの30%から第2の吸収層17の全長までの拡がりを有してもよい。

圧縮部35、36は、長手方向に垂直な幅が15mmであるが、本発明の代替の態様では、2から30mmの間、好ましくは5から20mmの間、さらにより好ましくは8から15mmの間の幅を有することができる。

圧縮部35、36は、吸収層17の周囲部分と関連しているのを明確に見ることができ、吸収層17の厚さは、吸収層17の中心部分において20〜90%で、好ましくは50〜90%で、さらにより好ましくは70〜90%で低減されている。

吸収体15は、第1の吸収層16に配置された第1の開口部20が、第2の吸収層17に配置された第1の圧縮部35と実質的に重なり合う点と、第1の吸収層16に配置された第2の開口部21が、第2の吸収層17に配置された第2の圧縮部36と実質的に重なり合う点とを主な特徴としている。

吸収体15の股下領域26は、長手方向中心線25に実質的に垂直な力を受けると、第1の吸収層16がU字のような形となり、その第1の吸収層16は、U字形の内方へ向けられた開口部20、21を備える。圧縮部35、36を備えている第2の吸収層17は、U字形において外方へ向けられることになる。

本発明のこの態様に従う、吸収体15についての重なり合う開口部−圧縮部の組み合わせは、図1および図2と共に上記で説明されたのと同じようにして機能し、つまり、圧縮部は、曲げを表わす部分のように機能し、その部分は、いずれの材料によっても妨げられず、開口部内で圧縮されない。

図4cは、吸収体15が吸収性物品において液体透過性の外皮層2と液体非透過性の裏面層4との間に配置され、物品が使用中に使用者の腿から横方向の力(F)を受けるときに、図4bの断面B−Bがどのように形成されるかを示している。

吸収性物品は、好ましくは、尿吸収を目的としており、例えば、幼児用おむつ、または、成人使用者向けの失禁用品であり得る。

図4aおよび図4bと共に説明されるように、吸収体15は、物品の液体透過性の外皮層2と裏面層4との間に配置される。

吸収体15は、使用中に、第2の吸収層17が使用者から離れる方に向けられ、第1の吸収層16が使用者に面して向けられた状態で、配置される。

第2の吸収層17の長手方向圧縮部35、36は、第1の吸収層16の長手方向開口部20、21と協働し、U字形の2つの外方に向けられた側方折り畳み部40、41を形成する。

二部品の入口材料45は、第1の吸収層16と液体透過性の外皮層2との間に配置され、吸収体15の長手方向縁に隣接して内側漏れ障壁11が配置される。

2つの外方に向けられた側方折り畳み部40、41は、第2の吸収層17の各圧縮部35、36の周りに形成されており、それらの圧縮部は、曲げを表わす印象的な部分を構成する。第1の吸収層16の2つの長手方向開口部20、21は、側方折り畳み部40、41が曲げられたり形成されたりするときに、幅が縮小され、そして、開口部20、21が材料をまったく備えていないことによって、曲げたり形成したりしている間に抵抗が生じない。

図5および図6は、本発明のさらなる態様に従う使い捨て吸収性物品6内に設置されるように提供された吸収体15を示している。吸収体15は、図4aおよび図4bと共に上記で説明された吸収体と同じようにして実質的に構成されるが、第1の吸収層16が第3の長手方向圧縮部37を備え、第2の吸収層17が第3の長手方向開口部22を備える点が加えられている。

図5では、明確さを高めるために、吸収体15の第1の吸収層16および第2の吸収層17は互いから分離されている一方、図6は、吸収体15が吸収性物品の中へ適用されるときに配置されるような吸収体15を示している。

第3の圧縮部37は、中心線25と一致しており、股下領域26において長手方向にその主要な拡がりを有しているが、前端領域27と後端領域28との両方へと拡がっていてもよい。

圧縮部37は、第1の吸収層16の長さの30%で長手方向に拡がっているが、本発明の代替の態様では、圧縮部37は、第2の吸収層17内の開口部22の長さの30%から、第1の吸収層16の全長までで、長手方向の拡がりを有することができる。

さらに、圧縮部37は、長手方向に垂直な幅が15mmであるが、本発明の代替の態様では、2から30mmの間、好ましくは5から20mmの間、さらにより好ましくは8から15mmの間の幅を有することができる。

第3の長手方向開口部22は、中心線と一致しており、股下領域26において、長手方向におけるその主要な拡がりを有しているが、前端領域27と後端領域28との両方へと拡がっていてもよい。

開口部22は、第2の吸収層17の長さの30%で長手方向に拡がっているが、本発明の代替の態様では、開口部22は、第2の吸収層17の長さの10%と100%との間の長手方向の拡がりを有することができる。

開口部は、長手方向に垂直な幅が15mmであるが、本発明の代替の態様では、2から30mmの間で、好ましくは5から20mmの間で、さらにより好ましくは8から15mmの間で変更することができる。

吸収体15は、第2の吸収層17に配置された開口部22と第1の吸収層16に配置された第3の圧縮部37とが実質的に互いと重なり合う点、および、第1の吸収層16に配置された第1の開口部20が第2の吸収層17に配置された第1の圧縮部35と実質的に重なり合う点、並びに、第1の吸収層16に配置された第2の開口部21が第2の吸収層17に配置された第2の圧縮部36と実質的に重なり合う点を主な特徴としている。

吸収体15の股下領域26は、長手方向中心線25に実質的に垂直な力を受けると、第1の吸収層16がW字のような形となり、その第1の吸収層16は、圧縮部37及びW字形の内方へ向けられた開口部20、21を備える。開口部22と圧縮部35、36とを備えている第2の吸収層17は、ここでは、W字形において外方へと向けられることになる。

図7は、吸収体15が吸収性物品において液体透過性の外皮層2と液体非透過性の裏面層4との間に配置され、物品が使用中に使用者の腿から横方向の力(F)を受けると、図6の断面C−Cがどのように形成されるかを示している。

吸収体15は、図5および図6と共に上記で説明されているように、液体透過性の外皮層2と裏面層4との間に配置される。

吸収体15は、使用中に、第2の吸収層17が使用者から離れる方に向けられ、第1の吸収層16が使用者に面して向けられた状態で、配置される。

第2の吸収層17の長手方向圧縮部35、36は、第1の吸収層16の長手方向開口部20、21と協働し、W字形の2つの外方に向けられた側方折り畳み部40、41を形成する。

二部品の入口材料45は、第1の吸収層16と液体透過性の外皮層2との間に配置され、吸収体15の長手方向縁に隣接して内側漏れ障壁11が配置される。

2つの外方に向けられた側方折り畳み部40、41は、図4cと共に上記で説明されたのと同じようにして形成される。

第1の吸収層16の第3の長手方向圧縮部37は、第2の吸収層17の長手方向開口部22と協働し、W字形の内方に向けられた中央折り畳み部39を形成する。中央折り畳み部39は、第1の吸収層16の圧縮部37の周りに形成され、その圧縮部は、曲げを表わす印象的な部分を構成する。第2の吸収層の開口部22は、中央折り畳み部39が曲げられたり形成されたりするときに、幅が縮小され、そして、開口部22が材料をまったく備えていないことによって、曲げたり形成したりしている間に抵抗が生じない。

また、本発明は、本発明の記載した態様の考えられ得るすべての組み合わせも含む。

さらに、本発明は、本発明の上で挙げた態様に限定されず、当然に、以下の特許請求項の範囲内における他の組み合わせにも適している。

親水性試験

備品

吸収性物品の液体透過性の外皮層が特許に従って親水性であるかどうかを判定するために、以下が必要である。

− 親水性が判定される種類の5つの吸収性物品
− 液滴が0.03gから0.05gの間の重さとなる1つのピペット
− 下記の処方に従う人工的な尿:
脱イオン水で0.1%まで希釈したトリトンX−100、
1Lの0.9%NaCl溶液と混合された1gの上記に従う0.1%トリトン調合物、
(23°の調合物の表面張力が60±2nN/mとなる)
トリトンX−100は、ドイツ・ダルムシュタット64271のメルク社から購入可能、
− センチメートルの目盛りを有する定規
− マーキングペン
− ストップウォッチ
− (液滴重量を測定するための)0.001gの精度を有する分析スケール

準備

− 吸収性物品を、50%RHの相対空気湿度、且つ23℃で、少なくとも24時間の間、折り畳まれていない状態にする。
− ピペットが供給する液滴重量が上記で示された範囲内にあることを確認する。

試験

− 試験対象の吸収性物品6を引き伸ばし、それを、液体透過性の外皮層2が平らな支持物から離れる方に向けられた状態で、平らな支持物の上に置く。物品は、有利には、物品の伸ばされた角を支持物の上にテープでしっかりと留めることによって、或いは、他の適切な方法で、平置き状態で固定される。

− 物品の長手方向における中心51にマーキングペンで印を付け、それから、物品6の長手方向中心線25に対して垂直な横方向中心線52を付ける。横方向中心線52は、実質的に物品6の幅全体にわたって延在し、且つ、最初に付けられた中心の印51を通って延びている。

− 横方向の中心線51と物品の前端49との間に5つの線53を付ける。5つの線53は全て、横方向の中心線51と平行にしなくてはならない。横方向の中心線51からそれぞれ、2cm離して第1の線が、4cm離して第2の線が、6cm離して第3の線が、8cm離して第4の線が、10cm離して第5の線がある(図8を参照)。

− 30mm未満の長さを持った吸収体を有する吸収性物品については、横方向の中心線51からそれぞれ、1.5cm離して第1の線が、3cm離して第2の線が、4.5cm離して第3の線が、6cm離して第4の線が、7.5cm離して第5の線が付けられる。

− 5つの中間スペース56が、吸収性物品6の前側半分に画定され、横方向の中心線51と最も近くに位置する線53との間に第1の中間スペース56があり、物品の前側半分における平行線53の間に4つの中間スペース56がある。

− 横方向の中心線51と物品の後端50との間に別の5つの線54を付ける。5つの線54は全て、横方向の中心線51と平行にしなくてはならない。横方向の中心線51からそれぞれ、2cm離して第1の線が、4cm離して第2の線が、6cm離して第3の線が、8cm離して第4の線が、10cm離して第5の線がある(図8を参照)。

30mm未満の長さを持った吸収体を有する吸収性物品については、横方向の中心線51と物品の後端50との間にも、横方向の中心線51からそれぞれ、1.5cm離して第1の線が、3cm離して第2の線が、4.5cm離して第3の線が、6cm離して第4の線が、7.5cm離して第5の線が付けられる。

別の5つの中間スペース56が、吸収性物品6の後側半分に画定され、横方向の中心線51と最も近くに位置する線53との間に第1の中間スペース56があり、物品の後側半分における平行線53の間に4つの中間スペース56がある。

− 内側漏れ障壁が無い吸収性物品6については、液滴55が、吸収体15の各長手方向縁30の内側にそれぞれ、3〜5mmの間隔で、それぞれの中間スペース56における中心に滴下され、つまり、10滴の液滴55が吸収体15のそれぞれの縁に沿って滴下され、試験される吸収性物品6ごとに全部で20滴の液滴が滴下される。

− 吸収体15と重なり合う内方に向けられた取付線47を備える内側漏れ障壁11(図3bを参照)を有する吸収性物品6については、1滴の液滴55が、取付線47の内側に3〜5mmの間隔で、それぞれの中間スペース56における中心に滴下され、つまり、10滴の液滴がそれぞれの内側漏れ障壁11に沿って滴下され、試験される吸収性物品1つ当り全部で20滴の液滴が滴下される。

試験の実施を容易にするために、各内側漏れ障壁11の内方に向けられた取付線47が視認可能になるように、内側漏れ障壁11を強制的に位置付けることが有利であり得る。

− 内方に向けられた取付線47を備え(図3bを参照)、これらの取付線47が吸収体15の長手方向縁30と吸収性物品6の長手方向縁44との間、つまり吸収体15の外に配置される、内側漏れ障壁11を備える吸収性物品6については、1滴の液滴55が、吸収体15の各長手方向縁の内側に3〜5mmの間隔で、それぞれの中間スペース56における中心に滴下され、つまり、10滴の液滴55が吸収体のそれぞれの縁に沿って滴下され、試験される吸収性物品1つ当りで全部で20滴の液滴が滴下される。

− 部分的に吸収体6と重なり合って配置されると共に、部分的に吸収体6の外に配置される内方に向けられた取付線47を備える内側漏れ障壁11を有する吸収性物品6については、
内方に向けられた取付線47が吸収体6と重なり合う部分では、1滴の液滴55が、この接続線47(図3bを参照)の内側に3〜5mmの間隔で、それぞれの中間スペース56における中心に滴下され、
内方に向けられた取付線47(図3bを参照)が吸収体15の外に配置された部分では、1滴の液滴55が、吸収体15の各長手方向縁30の内側に3〜5mmの間隔で、それぞれの中間スペース56における中心に滴下され、
内方に向けられた取付線47(図3bを参照)が吸収体の長手方向縁30を横断する中間スペース56では、液滴55が、吸収体15の長手方向縁30の内側に3〜5mmの間隔で中心に滴下される。液滴は、中間スペース56における中心に滴下される。

上記で説明した試験方法における「中心に滴下され(る)」とは、各液滴が、吸収性物品6に、長手方向の向きで実質的に各中間スペースの中間に±2mmの許容偏差で当たることを意味している。

試験を完了させるために、同じ種類の5つの吸収性物品6が試験される。

ピペットは、物品の表面から1〜2cmの間隔をあけて吸収性物品6の液体透過性の外皮層2に対して直角に保持される。

液滴が吸収性物品6の表面に着滴してから、更なる影響を受けることなく物品6の液体透過性の外皮層2の中へ染み込むまでにかかった時間が、ストップウォッチで測定されて記録される。

吸収性物品が試験を通過するため、つまり、特許請求の範囲内にするため、試験された吸収性物品6の各々における液滴の少なくとも70%が、物品6の液体透過性の外皮層2の中に10秒以内に浸み込む必要があり、つまり、個々の物品に滴下された全部で20滴の液滴のうち、14滴が物品の中に10秒以内に浸み込まれなければならない。

1 吸収性物品
2 外皮層
4 裏面層
5 弾性要素
6 吸収性物品(物品)
8 腰弾性部
9 留め付け部材
11 障壁
12 弾性要素
13 自由縁
15 吸収体
16 第1の吸収層(吸収性層、吸収層)
17 第2の吸収層(吸収性層、吸収層)
20 第1の長手方向開口部(長手方向開口部、第1の開口部、開口部)
21 第2の長手方向開口部(長手方向開口部、第2の開口部、開口部)
22 第3の長手方向開口部(長手方向開口部、開口部)
25 長手方向中心線(中心線)
26 股下領域
27 前端領域
28 後端領域
30 長手方向縁(縁)
31 長手方向縁(縁)
32 長手方向縁(縁)
35 第1の長手方向圧縮部(長手方向圧縮部、第1の圧縮部、圧縮部)
36 第2の長手方向圧縮部(長手方向圧縮部、第2の圧縮部、圧縮部)
37 第3の長手方向圧縮部(第3の圧縮部、圧縮部)
39 中央折り畳み部
40 側方折り畳み部
41 側方折り畳み部
44 長手方向縁
45 入口材料(吸い取り材料)
46 縁
47 取付部(取付線、接続線)
48 股下領域
49 前端領域(前端)
50 後端領域(後端)
51 中心線(中心の印、中心)
52 横方向中心線
53 平行線(線)
54 線
55 液滴
56 第1の中間スペース(中間スペース)

Claims (15)

  1. 使用中に使用者の方を向くように意図された液体透過性の外皮層(2)と、使用中に使用者から離れる方に向けられるための実質的に液体不透過性の裏面層(4)と、前記液体透過性の外皮層(2)と前記実質的に液体不透過性の裏面層(4)との間に配置された吸収体(15)と、を備える使い捨て吸収性物品(6)であって、前記使い捨て吸収性物品(6)及び前記吸収体(15)が、長手方向中心線(25)、股下領域(26)、前端領域(27)、及び後端領域(28)を備え、前記吸収体(15)が、使用中に使用者の方を向くように意図された、長手方向縁(31)を備える第1の吸収層(16)と、使用中に使用者から離れる方に向けられるように意図された、長手方向縁(32)を備える第2の吸収層(17)と、を備え、前記第1の吸収層(16)が、前記股下領域(26)に配置された第1の長手方向開口部(20)を備え、前記第2の吸収層(17)が、前記股下領域(26)に配置された第1の長手方向圧縮部(35)を備えており、説明された試験方法に従う前記使い捨て吸収性物品(6)の前記液体透過性の外皮層(2)の親水性試験において付与された液滴の少なくとも70%が、前記使い捨て吸収性物品(6)の中に10秒以内に浸み込み、
    前記第1の長手方向開口部(20)及び前記第1の長手方向圧縮部(35)が実質的に互いと重なり合うことを特徴とする、使い捨て吸収性物品(6)。
  2. 前記吸収体(15)の前記第1の長手方向開口部(20)及び前記第1の長手方向圧縮部(35)が、前記長手方向中心線(25)と実質的に一致することを特徴とする、請求項1に記載の使い捨て吸収性物品(6)。
  3. 前記吸収体(15)の前記第1の吸収層(16)が、前記長手方向中心線(25)と前記第1の吸収層(16)の一方の長手方向縁(31)との間の前記股下領域(26)内に配置された第2の長手方向開口部(21)を備え、前記第1の長手方向開口部(20)が、前記長手方向中心線(25)と前記第1の吸収層(16)の反対側の長手方向縁(31)との間に配置され、前記第2の吸収層(17)が、前記長手方向中心線(25)と前記第2の吸収層(17)の一方の長手方向縁(32)との間の前記股下領域(26)内に配置された第2の長手方向圧縮部(36)を備え、前記第1の長手方向圧縮部(35)が、前記長手方向中心線(25)と前記第2の吸収層(17)の反対側の長手方向縁(32)との間に配置され、前記第2の長手方向開口部(21)及び前記第2の長手方向圧縮部(36)が実質的に互いと重なり合うことを特徴とする、請求項1に記載の使い捨て吸収性物品(6)。
  4. 前記第1の吸収層(16)が、前記長手方向中心線(25)と実質的に一致する前記股下領域(26)内に配置された第3の長手方向圧縮部(37)を備え、前記第2の吸収層(17)が、前記長手方向中心線(25)と実質的に一致する前記股下領域(26)に配置された第3の長手方向開口部(22)を備え、前記第3の長手方向圧縮部(37)及び前記第3の長手方向開口部(22)が互いと重なり合うことを特徴とする、請求項3に記載の使い捨て吸収性物品(6)。
  5. 前記吸収体(15)が長手方向縁(30)を備え、前記親水特性が、実質的に前記使い捨て吸収性物品(6)の長手方向にあり、前記親水特性が、少なくとも、前記股下領域(26)内における前記吸収体(15)の各長手方向縁(30)から少なくとも前記股下領域(26)内における前記吸収体(15)の前記長手方向中心線(25)の方へ向かう横方向の拡がりを有していることを特徴とする、請求項1から4の何れか一項に記載の使い捨て吸収性物品(6)。
  6. 前記使い捨て吸収性物品(6)が、前記第1の吸収層(16)と前記液体透過性の外皮層(2)との間に配置された入口材料(45)を備え、前記入口材料(45)が、少なくとも前記股下領域(26)内において、前記吸収体(15)の隣接する各長手方向縁から離されており、前記親水特性が、前記股下領域(26)内の前記長手方向中心線(25)から離れる方に向けられた前記入口材料(45)の縁(46)に対して横方向に延びていることを特徴とする、請求項5に記載の使い捨て吸収性物品(6)。
  7. 前記入口材料(45)が、前記使い捨て吸収性物品(6)の前記長手方向中心線(25)のそれぞれの側に配置された2つの別々の部品に分割され、各部品がそれぞれ、実質的に前記使い捨て吸収性物品(6)の長手方向に延在すると共に、少なくとも前記股下領域(26)内において前記長手方向中心線(25)から離されていることを特徴とする、請求項6に記載の使い捨て吸収性物品(6)。
  8. 前記使い捨て吸収性物品が内側漏れ障壁(11)を備え、前記親水特性が、実質的に前記使い捨て吸収性物品(6)の長手方向にあり、前記親水特性が、各内側漏れ障壁(11)の、前記液体透過性の外皮層(2)に対する、内方に向けられた取付部(47)から少なくとも前記股下領域(26)内における前記吸収体(15)の前記長手方向中心線(25)の方に向かって横方向に延びていることを特徴とする、請求項1から4の何れか一項に記載の使い捨て吸収性物品(6)。
  9. 前記使い捨て吸収性物品が、前記第1の吸収層(16)と前記液体透過性の外皮層(2)との間に配置された入口材料(45)を備え、前記入口材料(45)が、少なくとも前記股下領域(26)内において前記吸収体(15)の隣接する各長手方向縁(30)から離されており、前記親水特性が、少なくとも、前記股下領域(26)内の前記入口材料(45)の各縁(46)まで延びていることを特徴とする、請求項8に記載の使い捨て吸収性物品(6)。
  10. 前記入口材料(45)が、前記使い捨て吸収性物品(6)の前記長手方向中心線(25)のそれぞれの側に配置された2つの別々の部品に分割され、各部品がそれぞれ、実質的に前記使い捨て吸収性物品(6)の長手方向に延在すると共に、少なくとも前記股下領域(26)内において前記長手方向中心線(25)から離されていることを特徴とする、請求項9に記載の使い捨て吸収性物品(6)。
  11. 前記吸収体(15)の前記第1の吸収層(16)及び前記第2の吸収層(17)がそれぞれ、50g/mから1000g/mの間の表面重量を有することを特徴とする、請求項1から10の何れか一項に記載の使い捨て吸収性物品(6)。
  12. 前記吸収体(15)の前記第1の吸収層(16)及び前記第2の吸収層(17)はそれぞれ、いわゆるSAPと称される高吸収性高分子材料の含有量が0%から80%の間であることを特徴とする、請求項1から11の何れか一項に記載の使い捨て吸収性物品(6)。
  13. 前記吸収体(15)の前記前端領域(27)及び前記後端領域(28)が、前記股下領域(26)よりも横方向に大きい幅を有していることを特徴とする、請求項1から12の何れか一項に記載の使い捨て吸収性物品(6)。
  14. 前記使い捨て吸収性物品が成人の失禁者向けの失禁用品を構成することを特徴とする、請求項1から13の何れか一項に記載の使い捨て吸収性物品(6)。
  15. 前記使い捨て吸収性物品が幼児用おむつを構成することを特徴とする、請求項1から13の何れか一項に記載の使い捨て吸収性物品(6)。
JP2016572760A 2014-06-13 2014-06-13 使用中の変形が制御される吸収性物品 Ceased JP2017521144A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
PCT/SE2014/050717 WO2015190963A1 (en) 2014-06-13 2014-06-13 Absorbent article exhibiting controlled deformation in use

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2017521144A true JP2017521144A (ja) 2017-08-03

Family

ID=54833931

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2016572760A Ceased JP2017521144A (ja) 2014-06-13 2014-06-13 使用中の変形が制御される吸収性物品

Country Status (11)

Country Link
US (1) US20170112686A1 (ja)
EP (1) EP3154487A4 (ja)
JP (1) JP2017521144A (ja)
KR (1) KR20170018356A (ja)
CN (1) CN106413655A (ja)
AU (1) AU2014396897B2 (ja)
CA (1) CA2952003A1 (ja)
MX (1) MX2016016284A (ja)
RU (1) RU2655253C1 (ja)
TW (1) TW201601696A (ja)
WO (1) WO2015190963A1 (ja)

Citations (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH11506963A (ja) * 1996-03-22 1999-06-22 ザ、プロクター、エンド、ギャンブル、カンパニー 水性体液の多重排出を吸収する際に持続する獲得速度性能を有する吸収部材
JP2000170076A (ja) * 1998-12-04 2000-06-20 Oji Paper Co Ltd 親水性不織布およびこれを用いた吸収性物品
JP2002045398A (ja) * 2000-08-04 2002-02-12 Kao Corp 吸収性物品
JP2002513043A (ja) * 1998-04-28 2002-05-08 エスシーエー・ハイジーン・プロダクツ・アーベー 改良された吸収特性を有する吸収構造体
JP2003093442A (ja) * 2001-09-27 2003-04-02 Kao Corp 吸収性物品
JP2003325563A (ja) * 2002-05-10 2003-11-18 Uni Charm Corp 使い捨ておむつ
JP2004008325A (ja) * 2002-06-04 2004-01-15 Shiga Shokusan Kk おむつ
JP2007097954A (ja) * 2005-10-06 2007-04-19 Kao Corp 吸収体及びそれを用いた吸収性物品
JP2008173247A (ja) * 2007-01-17 2008-07-31 Kao Corp 吸収性物品
JP2011104021A (ja) * 2009-11-13 2011-06-02 Unicharm Corp 吸収性物品
JP2011518613A (ja) * 2008-04-29 2011-06-30 ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー 身体排出物の隔離を改善するために分布させた吸収性粒子状ポリマー材料を含む使い捨て吸収性物品
US8034991B2 (en) * 2009-04-29 2011-10-11 Johnson & Johnson Ind. E Com. Ltda Absorbent article including a plurality of longitudinally extending channels
JP2012016435A (ja) * 2010-07-07 2012-01-26 Kao Corp 使い捨ておむつ
JP2013017531A (ja) * 2011-07-07 2013-01-31 Livedo Corporation 吸収性物品

Family Cites Families (31)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US2952260A (en) * 1958-04-23 1960-09-13 Personal Products Corp Absorbent product
US3897784A (en) * 1974-07-24 1975-08-05 Colgate Palmolive Co Sanitary napkin
US5009653A (en) * 1988-03-31 1991-04-23 The Procter & Gamble Company Thin, flexible sanitary napkin
US4950264A (en) * 1988-03-31 1990-08-21 The Procter & Gamble Company Thin, flexible sanitary napkin
US5197959A (en) * 1988-03-31 1993-03-30 The Procter & Gamble Company Absorbent article
US5460622A (en) * 1991-01-03 1995-10-24 The Procter & Gamble Company Absorbent article having blended multi-layer absorbent structure with improved integrity
US5147345A (en) * 1991-08-12 1992-09-15 The Procter & Gamble Company High efficiency absorbent articles for incontinence management
US5234422A (en) * 1991-12-20 1993-08-10 The Procter & Gamble Company Elasticized sanitary napkin
AU661837B2 (en) * 1992-01-13 1995-08-10 Uni-Charm Co. Ltd Sanitary napkin
US5599335A (en) * 1994-03-29 1997-02-04 The Procter & Gamble Company Absorbent members for body fluids having good wet integrity and relatively high concentrations of hydrogel-forming absorbent polymer
SE508041C2 (sv) * 1994-12-30 1998-08-17 Moelnlycke Ab Absorberande alster
DE69716074D1 (de) * 1996-06-04 2002-11-07 Kao Corp Absorbierender artikel mit bei kontakt mit flüssigkeit schrumpfenden elementen
US5810800A (en) * 1996-06-27 1998-09-22 The Procter & Gamble Company Absorbent article having flexure resistant elasticized cuffs
US5843067A (en) * 1996-11-04 1998-12-01 The Procter & Gamble Company Absorbent article having a containment cuff
JP3859420B2 (ja) * 2000-03-13 2006-12-20 ユニ・チャーム株式会社 吸収性物品
US6605752B2 (en) * 2000-10-30 2003-08-12 Sca Hygiene Products Ab Absorbent product with improved instantaneous liquid adsorption, and improved fit
TW532150U (en) * 2001-02-15 2003-05-11 Uni Charm Corp Disposable diaper
US7402723B2 (en) * 2002-12-20 2008-07-22 The Procter & Gamble Company Polymeric web exhibiting a soft and silky tactile impression
JP4727494B2 (ja) * 2005-05-19 2011-07-20 ユニ・チャーム株式会社 パンツ型使い捨て着用物品
JP2008284190A (ja) * 2007-05-18 2008-11-27 Oji Nepia Kk 吸収性物品
BRPI0722201B1 (pt) * 2007-11-20 2018-11-13 Sca Hygiene Prod Ab núcleo absorvente para um artigo absorvente e artigo absorvente
JP5404379B2 (ja) * 2009-12-28 2014-01-29 ユニ・チャーム株式会社 吸収性物品
JP5486346B2 (ja) * 2010-02-27 2014-05-07 ユニ・チャーム株式会社 使い捨て着用物品
CN103002851B (zh) * 2010-07-07 2014-11-19 花王株式会社 一次性尿布
JP5623828B2 (ja) * 2010-08-31 2014-11-12 大王製紙株式会社 吸収性物品
CN103269669B (zh) * 2010-12-21 2016-05-18 花王株式会社 吸收性物品
JP5939773B2 (ja) * 2010-12-22 2016-06-22 ユニ・チャーム株式会社 使い捨て着用物品の吸収層
SG191351A1 (en) * 2010-12-27 2013-08-30 Kao Corp Underwear-type absorbent article
JP5939737B2 (ja) * 2011-03-02 2016-06-22 ユニ・チャーム株式会社 吸収性物品およびその製造方法
EP2726045B1 (en) * 2011-06-28 2016-03-23 Sca Hygiene Products AB Absorbent article having intake structure
MX342997B (es) * 2012-12-27 2016-10-21 Sca Hygiene Prod Ab Nucleo absorbente que exhibe deformacion controlada en uso y articulo absorbente que comprende ese nucleo.

Patent Citations (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH11506963A (ja) * 1996-03-22 1999-06-22 ザ、プロクター、エンド、ギャンブル、カンパニー 水性体液の多重排出を吸収する際に持続する獲得速度性能を有する吸収部材
JP2002513043A (ja) * 1998-04-28 2002-05-08 エスシーエー・ハイジーン・プロダクツ・アーベー 改良された吸収特性を有する吸収構造体
JP2000170076A (ja) * 1998-12-04 2000-06-20 Oji Paper Co Ltd 親水性不織布およびこれを用いた吸収性物品
JP2002045398A (ja) * 2000-08-04 2002-02-12 Kao Corp 吸収性物品
JP2003093442A (ja) * 2001-09-27 2003-04-02 Kao Corp 吸収性物品
JP2003325563A (ja) * 2002-05-10 2003-11-18 Uni Charm Corp 使い捨ておむつ
JP2004008325A (ja) * 2002-06-04 2004-01-15 Shiga Shokusan Kk おむつ
JP2007097954A (ja) * 2005-10-06 2007-04-19 Kao Corp 吸収体及びそれを用いた吸収性物品
JP2008173247A (ja) * 2007-01-17 2008-07-31 Kao Corp 吸収性物品
JP2011518613A (ja) * 2008-04-29 2011-06-30 ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー 身体排出物の隔離を改善するために分布させた吸収性粒子状ポリマー材料を含む使い捨て吸収性物品
US8034991B2 (en) * 2009-04-29 2011-10-11 Johnson & Johnson Ind. E Com. Ltda Absorbent article including a plurality of longitudinally extending channels
JP2011104021A (ja) * 2009-11-13 2011-06-02 Unicharm Corp 吸収性物品
JP2012016435A (ja) * 2010-07-07 2012-01-26 Kao Corp 使い捨ておむつ
JP2013017531A (ja) * 2011-07-07 2013-01-31 Livedo Corporation 吸収性物品

Also Published As

Publication number Publication date
MX2016016284A (es) 2017-03-31
AU2014396897B2 (en) 2017-03-30
AU2014396897A1 (en) 2017-01-12
CN106413655A (zh) 2017-02-15
US20170112686A1 (en) 2017-04-27
CA2952003A1 (en) 2015-12-17
EP3154487A4 (en) 2017-11-01
TW201601696A (zh) 2016-01-16
RU2655253C1 (ru) 2018-05-24
EP3154487A1 (en) 2017-04-19
KR20170018356A (ko) 2017-02-17
WO2015190963A1 (en) 2015-12-17

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP1551344B1 (en) Absorbent article with multiple core
FI70122B (fi) Engaongsbloeja
AU648211B2 (en) Conformable absorbent article
EP0360285B2 (en) Absorbent body having hydrophobic insert
US20040039363A1 (en) Absorber product
CN101340875B (zh) 包括透液材料层的吸收制品
DE69217817T3 (de) Saugfähiger Artikel
EP1782784A1 (en) Absorber and absorbent article
US4808177A (en) Absorbent article having floating inner cuffs
DE69517216T3 (de) Saugfähiger Artikel mit verbesserter Durchflusskontrolle
DE69629215T2 (de) Wegwerfbarer absorbierender artikel
FI111907B (fi) Absorboiva tuote, jossa on nopeasti toimiva monikerroksinen absorboiva ydin
JP3987094B2 (ja) 使い捨ておむつ
US7884259B2 (en) Absorbent article
KR100779931B1 (ko) 일회용 착용 물품
US20060229582A1 (en) Disposable absorbent articles having multiple replaceable absorbent core components
DE69722252T2 (de) Absorbierender hygieneartikel mit positionierklappen züm umhüllen der unterwäsche zwecks nässeschutz.
US4681579A (en) Absorbent article having reservoirs
US6478786B1 (en) Protective underwear
US20060271010A1 (en) Loincloth diaper
US6123692A (en) Absorbent article having a front urine-collecting part and a rear faeces-collecting part
EP2640331B1 (en) Absorbent article
RU2345749C2 (ru) Поглощающее изделие с улучшенной защитой от утечек и прилегаемостью
US20080038504A1 (en) Apparatus For Producing Absorbing Material, Aborbing Material And Absorbent Article
KR20040091129A (ko) 팬츠형의 일회용 기저귀

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20180411

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20180416

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20180703

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20180910

A045 Written measure of dismissal of application

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A045

Effective date: 20190128