JP2017514682A - クリーニング装置及び関連する運転方法 - Google Patents

クリーニング装置及び関連する運転方法 Download PDF

Info

Publication number
JP2017514682A
JP2017514682A JP2016566947A JP2016566947A JP2017514682A JP 2017514682 A JP2017514682 A JP 2017514682A JP 2016566947 A JP2016566947 A JP 2016566947A JP 2016566947 A JP2016566947 A JP 2016566947A JP 2017514682 A JP2017514682 A JP 2017514682A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
cleaning
sprayer
snout
nozzle
air
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2016566947A
Other languages
English (en)
Other versions
JP6812242B2 (ja
Inventor
バウマン、ミヒャエル
ブラウフレ、ゾーニャ
ブック、トーマス
ヘルレ、フランク
エム ゾンマー、ゲオルク
エム ゾンマー、ゲオルク
シュトレッカート、サンドラ
フィッシャー、アンドレアス
マルクアルト、ペーター
Original Assignee
デュール システムズ アーゲーDurr Systems AG
デュール システムズ アーゲー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to DE102014006647.9A priority Critical patent/DE102014006647A1/de
Priority to DE102014006647.9 priority
Application filed by デュール システムズ アーゲーDurr Systems AG, デュール システムズ アーゲー filed Critical デュール システムズ アーゲーDurr Systems AG
Priority to PCT/EP2015/000907 priority patent/WO2015169432A1/de
Publication of JP2017514682A publication Critical patent/JP2017514682A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6812242B2 publication Critical patent/JP6812242B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A46BRUSHWARE
    • A46BBRUSHES
    • A46B13/00Brushes with driven brush bodies or carriers
    • A46B13/001Cylindrical or annular brush bodies
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B05SPRAYING OR ATOMISING IN GENERAL; APPLYING FLUENT MATERIALS TO SURFACES, IN GENERAL
    • B05BSPRAYING APPARATUS; ATOMISING APPARATUS; NOZZLES
    • B05B15/00Details of spraying plant or spraying apparatus not otherwise provided for; Accessories
    • B05B15/50Arrangements for cleaning; Arrangements for preventing deposits, drying-out or blockage; Arrangements for detecting improper discharge caused by the presence of foreign matter
    • B05B15/55Arrangements for cleaning; Arrangements for preventing deposits, drying-out or blockage; Arrangements for detecting improper discharge caused by the presence of foreign matter using cleaning fluids
    • B05B15/555Arrangements for cleaning; Arrangements for preventing deposits, drying-out or blockage; Arrangements for detecting improper discharge caused by the presence of foreign matter using cleaning fluids discharged by cleaning nozzles
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A46BRUSHWARE
    • A46BBRUSHES
    • A46B17/00Accessories for brushes
    • A46B17/06Devices for cleaning brushes after use
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B05SPRAYING OR ATOMISING IN GENERAL; APPLYING FLUENT MATERIALS TO SURFACES, IN GENERAL
    • B05BSPRAYING APPARATUS; ATOMISING APPARATUS; NOZZLES
    • B05B13/00Machines or plants for applying liquids or other fluent materials to surfaces of objects or other work by spraying, not covered by groups B05B1/00 - B05B11/00
    • B05B13/02Means for supporting work; Arrangement or mounting of spray heads; Adaptation or arrangement of means for feeding work
    • B05B13/04Means for supporting work; Arrangement or mounting of spray heads; Adaptation or arrangement of means for feeding work the spray heads being moved during spraying operation
    • B05B13/0421Means for supporting work; Arrangement or mounting of spray heads; Adaptation or arrangement of means for feeding work the spray heads being moved during spraying operation with rotating spray heads
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B05SPRAYING OR ATOMISING IN GENERAL; APPLYING FLUENT MATERIALS TO SURFACES, IN GENERAL
    • B05BSPRAYING APPARATUS; ATOMISING APPARATUS; NOZZLES
    • B05B15/00Details of spraying plant or spraying apparatus not otherwise provided for; Accessories
    • B05B15/14Arrangements for preventing or controlling structural damage to spraying apparatus or its outlets, e.g. for breaking at desired places; Arrangements for handling or replacing damaged parts
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B05SPRAYING OR ATOMISING IN GENERAL; APPLYING FLUENT MATERIALS TO SURFACES, IN GENERAL
    • B05BSPRAYING APPARATUS; ATOMISING APPARATUS; NOZZLES
    • B05B15/00Details of spraying plant or spraying apparatus not otherwise provided for; Accessories
    • B05B15/50Arrangements for cleaning; Arrangements for preventing deposits, drying-out or blockage; Arrangements for detecting improper discharge caused by the presence of foreign matter
    • B05B15/52Arrangements for cleaning; Arrangements for preventing deposits, drying-out or blockage; Arrangements for detecting improper discharge caused by the presence of foreign matter for removal of clogging particles
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B05SPRAYING OR ATOMISING IN GENERAL; APPLYING FLUENT MATERIALS TO SURFACES, IN GENERAL
    • B05BSPRAYING APPARATUS; ATOMISING APPARATUS; NOZZLES
    • B05B3/00Spraying or sprinkling apparatus with moving outlet elements or moving deflecting elements ; Spraying or sprinkling heads with rotating elements located upstream the outlet
    • B05B3/02Spraying or sprinkling apparatus with moving outlet elements or moving deflecting elements ; Spraying or sprinkling heads with rotating elements located upstream the outlet with rotating elements
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B05SPRAYING OR ATOMISING IN GENERAL; APPLYING FLUENT MATERIALS TO SURFACES, IN GENERAL
    • B05BSPRAYING APPARATUS; ATOMISING APPARATUS; NOZZLES
    • B05B7/00Spraying apparatus for discharge of liquids or other fluent materials from two or more sources, e.g. of liquid and air, of powder and gas
    • B05B7/02Spray pistols; Apparatus for discharge
    • B05B7/06Spray pistols; Apparatus for discharge with at least one outlet orifice surrounding another approximately in the same plane
    • B05B7/062Spray pistols; Apparatus for discharge with at least one outlet orifice surrounding another approximately in the same plane with only one liquid outlet and at least one gas outlet
    • B05B7/066Spray pistols; Apparatus for discharge with at least one outlet orifice surrounding another approximately in the same plane with only one liquid outlet and at least one gas outlet with an inner liquid outlet surrounded by at least one annular gas outlet
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B08CLEANING
    • B08BCLEANING IN GENERAL; PREVENTION OF FOULING IN GENERAL
    • B08B1/00Cleaning by methods involving the use of tools, brushes, or analogous members
    • B08B1/001Cleaning by methods involving the use of tools, brushes, or analogous members characterised by the type of cleaning tool
    • B08B1/002Brushes
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B08CLEANING
    • B08BCLEANING IN GENERAL; PREVENTION OF FOULING IN GENERAL
    • B08B1/00Cleaning by methods involving the use of tools, brushes, or analogous members
    • B08B1/04Cleaning by methods involving the use of tools, brushes, or analogous members using rotary operative members
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B08CLEANING
    • B08BCLEANING IN GENERAL; PREVENTION OF FOULING IN GENERAL
    • B08B3/00Cleaning by methods involving the use or presence of liquid or steam
    • B08B3/02Cleaning by the force of jets or sprays

Abstract

本発明は、噴霧器(1)、特に、回転式噴霧器(1)をクリーニングするためのクリーニング装置に関する。このクリーニング装置は、クリーニング液を吹き付けて噴霧器(1)をウェットクリーニングするための少なくとも1つのクリーニングノズル(14)を有するウェットクリーニングステーション(4)を備える。ウェットクリーニングステーション(4)はある導入方向でその中に噴霧器(1)をクリーニングのために導入することができるものである。クリーニングノズル(14)をクリーニング液を吐出するための回転するクリーニング吻部を有するものとすることを提案する。また、本発明は、対応する運転方法に関する。【選択図】図4

Description

本発明は、噴霧器、特に、回転式噴霧器をクリーニングするためのクリーニング装置に関する。本発明は、さらに、この種のクリーニング装置の運転方法に関する。
車体部品を塗装するために、通常、回転式噴霧器が用いられるが、余分な塗料スプレー(オーバースプレー)の堆積物が噴霧器の外部に積み重なりかねないので、時々クリーニングしてやる必要がある。このため、特許文献1、特許文献2、特許文献3、特許文献4などから既知であるクリーニング装置が通常用いられる。こうした既知のクリーニング装置は筐体を備えており、この筐体内にクリーニングのために噴霧器が導入され、その後、筐体内部のクリーニングノズルからクリーニング剤が噴霧器に吹き付けられる。クリーニング剤は圧縮空気とクリーニング液の混合物であり得る。
しかし、既知のクリーニング装置の欠点として、塗装施設の移送時間(例えば、15秒)とそぐわない比較的長いクリーニング時間が挙げられる。塗装施設の移送時間とは、言い換えると、塗装ブースから塗装済みの車体を運び出し、新たな未塗装の車体を塗装ブースに運び入れるために、塗装対象の車体を切り替える間に必要な時間のことである。このようにして、例えば、15秒の車体の切替時間で、塗装を必要とする車体が連続して塗装される。切替時間の間、噴霧器はまったく運転できないので、運転を止めずに噴霧器をクリーニングするためにこの切替時間を利用できる。そのため、必要なクリーニング時間が短い、理想的には、連続した車体間の切替時間よりも短い、クリーニング装置を作ることが望ましい。
先行技術として、特許文献5、特許文献6、特許文献7、特許文献8、特許文献9、特許文献10にも触れるべきだろう。
最後に、特許文献11は、クリーニング液を吐出するための回転可能なクリーニング吻部を備えた移動式クリーニング装置を開示している。しかし、これは、表面のクリーニングのために用いられる移動式の持ち運び可能なクリーニング装置に過ぎない。
独国特許出願公開第102010052698号明細書 欧州特許出願公開第1671706号明細書 国際公開第97/18903号 独国特許出願公開第102006039641号明細書 欧州特許出願公開第1367302号明細書 独国特許出願公開第10129667号明細書 英国特許出願公開第2198033号明細書 独国特許出願公開第102007033036号明細書 米国特許出願公開第2014/008457号明細書 独国特許出願公開第19508725号明細書 独国実用新案第202012103426号明細書
そこで、本発明の目的は、相応に改善されたクリーニング装置を提供することである。
この目的は、主請求項に係る発明のクリーニング装置及び/又はこれに対応した独立請求項に係る運転方法により達成される。
上述の既知のクリーニング装置と同様に、本発明は、クリーニングのためにウェットクリーニングステーション内に導入された噴霧器にクリーニング液を吹き付けるための少なくとも1つのクリーニングノズルを有するウェットクリーニングステーションを提供する。
しかし、先行技術とは対照的に、本発明のクリーニング装置のクリーニングノズルは、固定式ではなく、細長く回転可能なクリーニング吻部を備えている。このクリーニング吻部は、運転中に回転するもので、自由端にノズル開口を有しており、これを介してクリーニング液が吐出される。
クリーニング吻部は、その上流端において、その回転軸と実質的に同軸に延びていることが好ましい。一方、クリーニング吻部の自由端は、クリーニング吻部の回転位置に応じて異なる方向にクリーニング液を吹き付けることができるように、クリーニング吻部の回転軸に対して若干曲がっていることが好ましい。このようにすると、クリーニング液の衝突点は、クリーニング対象の部品の表面上に円軌道を描く。クリーニング吻部が回転運動することや付随するクリーニング液の方向が常時変化することによって、クリーニング作用が改善されることとなり、これにより、クリーニング時間を短縮することが可能となる。例えば、本発明に係るクリーニング装置によれば、クリーニング時間を、クリーニングの質を損なわずに、30秒、20秒、15秒、又は10秒未満とすることができる。
クリーニング吻部の不可避的な不均衡のせいで、運転中のクリーニング吻部の回転は相応の振動を生じるが、これは望ましくない。そこで、本発明に係るクリーニング吻部は、クリーニング吻部の回転により生じる振動を低減するため、クリーニング吻部の回転軸について回転対称な、質量分布及び/又は外形を呈していることが好ましい。このように、回転対称な質量分布がもたらされる設計により不均衡を抑制することができる。
しかし、クリーニング吻部に適切なトリムウェイトを、トリムウェイトの質量及び取り付け点をクリーニング吻部が静的及び/又は動的に均衡を取れるように選択して、取り付けることで、クリーニング吻部の均衡を保つことも本発明の範囲で可能である。
さらに、本発明に係るクリーニング装置は、クリーニング吻部の回転速度を制御するための速度制御器を備えることが好ましい。例えば、速度制御器は、タービンホイールを駆動するためのドライブエアの一部を消散させる遠心調速機であってもよい。このとき、クリーニング吻部は、ドライブエアから空気供給されるタービンホイールにより空気圧式に駆動される。そして、遠心調速機は、クリーニング吻部の回転速度に応じて入口側に送り込まれたクリーニングエアの一部をそらして、分離されたクリーニングエアの一部がタービンホイールを駆動するのに働かないようにする。これにより、タービンホイールの駆動トルクが相応に減り、そして、速度が制限されることとなる。遠心調速機のアイデアは、以下に詳細を記載するように、クリーニング吻部のジェット推進によっても実装できる。
ドライブエアの一部は、例えば、カラーによりそらすことができる。このカラーは、ドライブエアの流れるドライブシャフト外部にぴったり適合し、回転速度が増加すると、ドライブシャフトの壁面に放射状に配置された穴を露わにし、これにより、駆動のために利用できないようにドライブエアの一部を消散させるものである。そこで、この場合、カラーはドライブシャフトと回転接続されることが好ましい。クリーニング吻部の速度が低い時、カラーはドライブシャフトの壁面の放射状の穴に密着して押し当てられており、放射状の穴からドライブエアが漏れないようにそれらを封止している。しかし、クリーニング吻部の回転速度が上昇すると、遠心力の効果でドライブシャフトの壁面からカラーは浮き上がり、これにより、ドライブシャフトの壁面の放射状の穴が開き、ドライブエアの一部が、放射状の穴から漏れ出し得るようになり、駆動のために利用できなくなる。
遠心調速機のカラーは、例えば、ドライブシャフトの円周表面に弾性Oリングで外部から押し付けられるものをはじめとした複数のセグメントから構成できる。この場合、弾性Oリングが遠心力に抗してセグメントをドライブシャフトの外壁面に半径方向内向きに押さえ付けるので、ドライブシャフトの外壁面の放射状の穴が封鎖される。
代わりに、遠心調速機が、回転速度に応じて変形する制動要素を有し、これにより、制動トルクを生じるものであってもよい。回転速度の上昇につれて、制動要素が固定制動表面に接触するように制動要素は変形し、これにより、制動トルクが生じる。
遠心調速機の技術的実装の別案として、クリーニング吻部のジェット推進も挙げられる。この場合、周方向にクランク状に曲げられているパイプを介して液体が放出され、この推進作用の結果、液体は相応の駆動トルクを生み出す。パイプは、弾性のものであってもよく、クリーニング吻部の回転速度とその結果生じる遠心力とに応じて変形するので、放出方向は速度依存的となる。回転速度が低い時、放出パイプは殆ど変形せず液体を周方向に正確に吐出するので、最大推力と最大駆動トルクが達成される。しかし、速度が上昇し、それに応じて遠心力が高まると、放出パイプは放出方向がだんだんと半径方向になるように変形し、これにより、推進作用が小さくなり、僅かな駆動トルクのみが生じるようになるので、相応に速度が制限されることとなる。
本発明の好ましい例示的実施形態では、クリーニングノズルは、例えば欧州特許出願公開第2522435号明細書などに記載されている既知のクリーニングノズルと同様の構造を有している。そこで、クリーニングノズルの構造設計と機能原則について上記出願の内容を本願明細書で援用する。
そこで、クリーニングノズルは、回転クリーニング吻部を取り囲む固定ファンネルを有することが好ましい。本発明の文脈で用いられるファンネルの概念は、前部が開き、前面に向けて拡がり、好ましくは、円錐形状又は凸形状である筐体に関することが好ましい。しかし、本発明の文脈で用いられるファンネルの概念は、より広い意味で理解されるべきであり、例えば、クリーニングノズルの円筒状外部筐体も包含する。
回転クリーニング吻部が運転中に実質的に変形しないように回転クリーニング吻部が剛性材料から構成されることが好ましいことも特筆に値する。これは、回転速度やその結果生じる遠心力にかかわらず、クリーニング吻部がファンネルの内壁面にぶつからないため、有利である。
回転可能なクリーニング吻部は、その自由端に向けて、特に、円錐状に、広がっていることが好ましい。例えば、クリーニング吻部は、その自由端に向けて5°−20°又は10°−15°の円錐角で円錐状に広がっていてもよい。このように円錐状に拡がっていることで、クリーニング液を非対称に吐出しつつ、回転対称な質量分布が可能となる。
クリーニング吻部は、外側ホースと内側ホースが内部で同軸に延びる長手方向の空洞を含むことが好ましい。
内側ホースはクリーニング液(例えば、クリーニング流体)を伝える役割を果たし、一方、内側ホースと外側ホースとの間の環状間隙は圧縮空気を輸送する役割を果たすことが好ましい。そこで、内側ホースは、上流でクリーニング剤供給ラインと、下流でクリーニング吻部の自由端においてノズル開口(排出開口)と接続されていることが好ましい。一方、内側ホースと外側ホースとの間の環状間隙は、上流で空気供給ラインと、下流でクリーニング吻部の自由端においてノズル開口(排出開口)とに接続されていることが好ましい。この結果、本発明の好ましい例示的実施形態では、クリーニング液と圧縮空気の混合物が、クリーニング吻部の自由端で吐出され、良好なクリーニング作用がもたらされる。
内側ホースは、回転できないように、その上流端で固定されていることが好ましい。一方、外側ホースは、回転クリーニング吻部と共に回転し、これにより、内側ホースと外側ホースとの間に相対運動が生じることが好ましい。そこで、外側ホースは内側ホースよりも固いことが好ましい。
既に上で簡単に触れた通りクリーニング吻部の回転が常に放出角度を変えて起こるように、クリーニング吻部のノズル開口はクリーニング吻部の回転軸に対して特定の角度で傾けられていることも特筆に値する。クリーニング吻部の回転軸に対する傾きは、数例を挙げれば、2°−30°、4°−20°、又は5°−10°の範囲にあることが好ましい。
既に上で簡単に触れたが、運転中に内側ホースと外側ホースとの間で相対運動が生じ、これに付随して、内側ホースと外側ホースの摩耗が起きるため、これらのホースを時折り交換する必要がある。
そこで、本発明に係るクリーニングノズルは、内側ホース(及び、可能なら外側ホース)と、内側ホースを固定しており、ねじ込み式接続でクリーニングノズルにきつくねじ込まれている固定要素とを含む交換可能なホースアセンブリを備えることが好ましい。その結果、ホースアセンブリは迅速簡便に交換できるので、本発明に係るクリーニング装置の維持管理は大幅に簡略化される。
本発明に係るクリーニング装置は、噴霧器の導入方向に対して外周を囲むように割り振られ、好ましくは、互いに等距離で配置されている複数のクリーニングノズルを含むことが好ましいことも特筆に値する。例えば、3つのクリーニングノズルが、互いに120°の角距離で外周を囲むように割り振られていてもよい。しかし、クリーニングノズルの数に関して、本発明は、3つに限るものではなく、クリーニングノズルをその他の数で実現することもできる。例えば、4つのクリーニングノズルが、互いに90°の角距離で外周を囲むように配置されてもよい。
本発明の好ましい例示的実施形態では、クリーニングノズルは導入方向に直角な共通平面内に配置されている。しかし、代替的に、軸方向に前後に並んで配置された複数の平面内にクリーニングノズルを配置することも可能である。例えば、3つのクリーニングノズルが、2つの平行な平面内にそれぞれ配置されていてもよい。クリーニングノズルを複数の連続した平面内に配置する場合、個々の平面内のクリーニングノズルが隣接する平面内のクリーニングノズルに対して円周方向にオフセットされていることが有利である。このオフセットにより、クリーニング対象の噴霧器の外側表面への均一な吹き付けがもたらされる。例えば、ある平面内のクリーニングノズルが、隣接するある平面内のクリーニングノズル間の中心に配置されていてもよい。例えば、第1の平面内に3つのクリーニングノズルが0°、120°、及び240°で配置され、第2の平面内に3つのクリーニングノズルが60°、180°、及び300°で配置されてもよい。
既に上で触れたが、ウェットクリーニングステーションは筐体を備えており、この筐体はクリーニング対象の噴霧器を筐体に導入方向で導入するための導入開口を有する。本発明の好ましい例示的実施形態では、筐体の導入開口はシール(例えば、シールリング、Oリング)で密閉される。代替的に、導入開口は、導入開口全体にシーリングエアを吹き付けるエアシールにより密閉されてもよい。この種のエアシール自体は先行技術から既知であり、例えば、特許文献5などに記載されている。そこで、エアシールの構造と機能原則について上記出願の内容を本願明細書で援用する。
さらに、導入方向と同軸方向を向いた内側チューブが、ウェットクリーニングステーションの筐体内で、導入開口の下に、そこから距離を置いて配置されていることが好ましい。この内側チューブは、ベルカップの内部洗浄のために、クリーニング対象の噴霧器のベルカップを受け入れる役割を果たす。洗剤は、噴霧器を経てベルカップ上に辿り着き、余分な汚れと共に内側チューブに集められる。
本発明の好ましい例示的実施形態では、個々のクリーニングノズルは、放出方向を噴霧器の導入方向に対して特定の角度に向けるよう傾けられている。この傾きは、好ましくは、20°−80°の範囲であり、60°の値が特に有利であることが判明している。一方、クリーニング対象の噴霧器の表面に対する個々のクリーニングノズルの傾きは90°であることが好ましい。
個々のクリーニングノズルの傾きの角度は、異なるノズルマウントに実装することで容易に変えることができる。
クリーニングノズルの異なる平面内でのクリーニングノズルの傾きの角度が、クリーニング作用を最適化するため、異なり得ることも特筆に値する。
クリーニングノズルの排出開口とクリーニング対象の噴霧器の表面との間に特定のクリーニング距離があることも特筆に値する。本発明に係るクリーニング装置は、好ましくは、クリーニング距離が10mm−50mmの範囲となるよう構成されており、30mmの値がクリーニング距離として特に有利であることが判明している。
本発明に係るクリーニングノズルは、好ましくは、ウェットクリーニングステーションに取り付けられており、より正確には、ノズルマウントによってウェットクリーニングステーションの筐体内に取り付けられている。ノズルマウントは個々のクリーニングノズルの交換可能な取り付けを可能とするものであることが好ましい。ノズルマウントは、クリーニングノズルからの振動の伝達を減らすために、振動減衰性であることが好ましい。これは、クリーニングノズルの回転クリーニング吻部が、通常は完全に均衡を保っているわけではなく、ウェットクリーニングステーションの筐体へ相応の振動を伝達するため、有利である。この場合、ノズルマウントの振動減衰性設計は、クリーニングノズルからウェットクリーニングステーションの筐体への振動の伝達を減らす。こうした目的のために、例えば、振動減衰性エラストマー部品、例えば、Oリングなどを、ノズルマウントに設けてもよい。
ノズルマウントは、形状嵌合式にクリーニングノズルを固定し、また、クリーニングノズルを固定するための少なくとも1つのネジを有することが好ましいことも特筆に値する。このネジは、クリーニングノズルから生じる振動にもかかわらず、ねじ込み式接続が緩むことを防ぐために、脱落防止式(戻り止め式)であることが好ましい。そのため、ノズルマウントは2つの脱落防止ネジによりクリーニングノズルの迅速な交換を可能とすることが好ましい。
既に上で簡単に触れたが、回転クリーニング吻部のための回転駆動は、少なくとも1つの空気駆動回転タービンホイールにより提供することができる。
タービンホイールは内部から外部への放射状流を有することが好ましいが、他の設計のタービンホイールも可能である。
本発明の好ましい例示的実施形態では、タービンホイールは、内側から送り込まれたドライブエアをタービンホイール内に受け入れるために、複数の開口を内側に覗かせている。タービンホイールの開口はそれぞれタービンホイール内のタービンチャンバに開口しており、個々のタービンチャンバはそれぞれ円周方向を向いた排出開口を有しており、この結果として相応の駆動トルクが生じる。個々のタービンチャンバの排出開口の断面積は、好ましくは、0.5mm−3mmの範囲である。
本発明の好ましい例示的実施形態では、ドライブエアはタービンホイールを抜けた後に外部に単に放出されるわけではない。ドライブエアは、タービンホイールを抜けた後、シーリングエアとしてシーリングエアノズルを介して固定ファンネルと回転クリーニング吻部との間の環状間隙に放出されることが好ましい。このシーリングエアは、謂わば、内側ローラーベアリングの環状保護シースを形成し、これにより、オーバースプレーやその他の汚れのローラーベアリングへの進入を防ぐ。
軸方向に交互に配置された複数のタービンホイールを回転クリーニング吻部を駆動するために設けてもよいことは特筆に値する。これは、例えば、駆動力を増加させるために役立ち得る。
回転クリーニング吻部を駆動する別案としては、放出されるクリーニング液による推力でクリーニング吻部を駆動するために、クリーニング吻部の自由端に円周方向を向いた排出開口を設けることが挙げられる。
この回転クリーニング吻部の駆動の変形例では、クリーニング吻部は羽根の流れ抵抗によりクリーニング吻部の回転速度を制限する少なくとも1つの羽根を備えていてもよい。しかし、代替的に、相応の空気供給があるなら、羽根を駆動のために用いてもよい。
本発明に係るクリーニング装置は、好ましくは、クリーニング剤接続と供給空気接続とを備えており、圧縮空気が供給空気接続を介して送り込まれ、クリーニング液(例えば、溶剤)がクリーニング剤接続を介して送り込まれる。そして、個々のクリーニングノズルで、供給空気は、クリーニングノズルのタービンホイールを駆動するためのドライブエアと、噴霧器をクリーニングするためのクリーニングエアとに別れる。ドライブエアは、タービンホイールを駆動し、そして、上で触れたように、シーリングエアとしての役割を果たす。一方、クリーニングエアは、もっぱら噴霧器をクリーニングするために用いられ、クリーニング液とともにクリーニング対象の噴霧器に吐出される。ドライブエアに対するクリーニングエアの比は、例えば、1:1、2:1、3:1、又は4:1であり、2:1の比が有利であることが判明している。
クリーニング液の体積流量(又は質量流量)と供給空気の体積流量(又は質量流量)とは互いに独立して調節可能であることが好ましいことも特筆に値する。これにより、クリーニング液の量を減らしつつ、クリーニング吻部のための駆動トルクとクリーニングエアのエネルギーとを維持することが可能となる。クリーニング液の量は、クリーニング装置の全てのクリーニングノズルについて、まとまって均一に設定されることが好ましい。この設定は、例えば、圧力制御弁、相互に置換可能な開口を有する絞り弁、又はニードル弁などにより行うことができる。クリーニング液の量を変えることとは別に、代替的に又は付加的に、サイクル時間(クリーニング時間)を変化させる(例えば、増加又は減少させる)ことも可能である。
クリーニング吻部の回転速度は、好ましくは、500回転/分から30000回転/分であり、2000回転/分から8000回転/分が有利であることが判明していることも特筆に値する。
クリーニング装置の種々の部品を生成的製造工程(ラピッドプロトタイピング)を用いて製造できることは注目に値する。この種のラピッドプロトタイピング工程は、例えば、国際公開第2010/028864号などから既知である。そこで、ラピッドプロトタイピングによる製造について上記出願の内容を本願明細書で援用する。
本発明の一態様では、クリーニング装置は、塗装プラントの固定位置に、例えば、塗装ブースの床面の格子上に、設置される。
一方、本発明の別態様では、クリーニング装置は、移動可能に、例えば、移動する塗装ロボット上に、設置される。クリーニング装置を移動可能に実装することの利点としては、塗装ロボットの位置によらずクリーニング装置が常に塗装ロボットに直近し、塗装ロボットを移動させる必要なくクリーニング処理を始めることができ、これにより、クリーニング時間が短縮されることが挙げられる。
本発明に係るクリーニング装置は、上述のウェットクリーニングステーションに加えて、噴霧器のドライクリーニング又はセミドライクリーニングのためのドライクリーニングステーションも有し得る。例えば、ドライクリーニングステーションは、噴霧器の外部を払うための少なくとも1つのクリーニングブラシを備えていてもよい。本発明に係る例示的実施形態では、クリーニングブラシは、環状であり、クリーニング中に噴霧器の周囲を回る。
本発明の文脈では、ドライクリーニングステーションはウェットクリーニングステーションの筐体の外部に配置されることが好ましいことも特筆に値する。この場合、ウェットクリーニングステーションは、導入方向に沿って、好ましくは、ウェットクリーニングステーションが噴霧器の前部をクリーニングし、ドライクリーニングステーションが噴霧器の後部をクリーニングするよう、ドライクリーニングステーションの下流に、配置される。
本発明の範囲内において、噴霧器に対するクリーニングブラシのクリーニング運動は様々な方法で実現できる。本発明の一態様では、クリーニングブラシは固定位置に設置され、噴霧器は、クリーニングブラシと噴霧器との間で相対運動が生じるよう、クリーニング処理中、その長手方向の周囲を回る。一方、本発明の別態様では、クリーニング処理中、噴霧器が固定され、クリーニングブラシが噴霧器の周囲を回る。また、本発明の別態様では、クリーニングブラシと噴霧器との間で相対運動が生じるよう、クリーニングブラシと噴霧器との両方がクリーニング処理中に移動する。
本発明の範囲内において、霧状となったクリーニング液を捕らえるため、ウェットクリーニングステーションの下に液滴分離器を配することも可能である。
この液滴分離器の下に、液滴分離器により分離されたクリーニング液と落とされた塗料とを集めるために、捕集装置を配置してもよい。
本発明に係るクリーニング装置の上述の記載に加えて、本発明は対応する運転方法をも包含するものである。この運転方法の詳細は既に上述の記載から明らかなので、繰り返しを避けるため、運転方法の再記載は省略する。
しかし、本発明に係る運転方法に特有の特徴として、噴霧器をクリーニング処理後にクリーニング装置から外したときに、噴霧器をクリーニングブラシにひと吹きしてそのシェーピングエアでクリーニングブラシに付着している塗料ダストを除去することを挙げることができる。例えば、シェーピングエアのスイッチを入れて、噴霧器をタンブリング運動させてもよい。
本発明のその他の変形例は、従属請求項に記載されているし、また、以下で、本発明の好ましい実施形態の記載とともに図面を参照しつつ記載されている。
ウェットクリーニングステーションとドライクリーニングステーションとを備えた本発明に係るクリーニング装置の模式側面図。 図1のウェットクリーニングステーションの斜視図。 図2のウェットクリーニングステーションの平面図。 図2及び3に示したウェットクリーニングステーションの、図3のA−A線に沿った断面図。 図2から4のウェットクリーニングステーションのクリーニングノズルの1つの斜視図。 図6に示したクリーニングノズルの長手方向断面図。 図6の拡大詳細図。 図5から7に示したクリーニングノズルの前面図。 図5から7に示したクリーニングノズルをファンネルを取り除いて示した図。
図面は、回転式噴霧器1をクリーニングするための本発明に係るクリーニング装置の例示的実施形態を示している。回転式噴霧器1はベルカップ2を備えている。また、クリーニング装置はドライクリーニングステーション3とウェットクリーニングステーション4とを備えている。
クリーニングのために、回転式噴霧器は、導入方向5に沿って、導入開口6を介して、ウェットクリーニングステーション4の筐体7内に導入される。
ドライクリーニングステーション3は、ウェットクリーニングステーション4の筐体7の外部に、即ち、ウェットクリーニングステーション4の上方に配されている。そこで、ドライクリーニングステーション3は回転式噴霧器1の後部をクリーニングし、ウェットクリーニングステーション4はベルカップ2を備える回転式噴霧器1の前部をクリーニングする。
回転式噴霧器1をクリーニングするために、ドライクリーニングステーション3は環状クリーニングブラシ8を有している。これはブラシ駆動により移動させることができるが、それについては模式的にのみ示す。ブラシ駆動9は、環状クリーニングブラシ8が回転式噴霧器1の外部をクリーニングするようクリーニングブラシ8を導入方向5の周りに回転させるものであってもよい。また、ブラシ駆動9は、環状クリーニングブラシ8が回転式噴霧器1の外側表面全体を殆どカバーするよう導入方向5に沿ってクリーニングブラシ8を移動させるものであってもよい。
クリーニング処理の終了時に、多軸塗装ロボットにより運ばれる回転式噴霧器をウェットクリーニングステーション4の筐体7から引き抜き、その後、この回転式噴霧器をタンブリング運動させ、そのシェーピングエアで環状クリーニングブラシ8を吹き払うことで、環状クリーニングブラシ8をクリーニングする。
ウェットクリーニングステーション4は、ポット状の筐体7の上側に、下側蓋部10と上側蓋部11の2つの要素からなる蓋を有している。これら2つの蓋部10、11は、例えば、ねじ込み式接続で、互いに固定されている。他方で、下側蓋部10は3つのクランプファスナー12で筐体7に接続されている。クランプファスナー12は、例えば、維持管理のためなどに、ウェットクリーニングステーション4を迅速に開けることを容易にする。
ウェットクリーニングステーション4の上側蓋部11には、ブロウエアノズルからなるノズルリング13があり、これは噴霧器を風乾できるよう半径方向内向きにブロウエアを吐出する。
ウェットクリーニングステーション4は、周囲を囲むように分散されている3つのクリーニングノズル14を有する。個々のクリーニングノズル14は、圧縮空気とクリーニング剤の混合物を、導入方向5に対して角度α≒60°で傾いている放出方向15に沿って、回転式噴霧器1の外部に吐出する。
この場合、個々のクリーニングノズル14はウェットクリーニングステーション4の筐体7の壁面に振動抑制式に実装されている。個々のクリーニングノズル14は筐体7の壁面の穴を通って突き出ており、アングルブラケット16により固定されている。アングルブラケット16の一方の腕はクリーニングノズル14の溝17に差し込まれており、これにより、形状嵌合式に固定されている。アングルブラケット16の他方の腕は弾性減衰要素18(グロメット)上に載っており、2つの脱落防止ネジ19により固定されている。こうして、アングルブラケット16とウェットクリーニングステーション4の筐体7との間にある減衰要素18は、振動の減衰をもたらし、クリーニングノズル14から生じる振動がウェットクリーニングステーション4の筐体7に限られた限度でのみ伝わることとなる。また、個別のクリーニングノズル14の取り付け形態は、クリーニングノズルを迅速かつ簡便に交換することを可能とする。
個々のクリーニングノズル14の構造と機能原則は、図4から9から具体的に見て取ることができるが、以下に説明する。
まず最初に、個々のクリーニングノズル14のそれぞれは、外部固定ファンネル20を有しており、これはその自由端に向けてファンネル状に広がっている。
ファンネル20内には、運転中に回転するクリーニング吻部21が配置されている。クリーニング吻部21は、回転式噴霧器1の外部をクリーニングするために、圧縮空気とクリーニング剤(例えば、溶剤)の混合物を吐出する。
長手方向空洞が、クリーニング吻部21の内部に沿って延び、内側ホース22及び外側ホース23が、前記長手方向空洞の内部に延びる。内側ホース22は、クリーニング剤接続24を介して送り込まれるクリーニング剤(例えば、溶剤)を供給する役割を果たす。対照的に、内側ホース22と外側ホース23との間にある環状間隙は、供給空気接続25を介して提供されるクリーニングエアを輸送する。
回転可能なクリーニング吻部21は、中空で内側ホース22と外側ホース23とを収容するドライブシャフト26にねじ込まれている。
サイドベアリング27が、ドライブシャフト26の上流端に配置されており、クリーニングエアは、サイドベアリング27を介して軸方向に流れ、且つ、ドライブシャフトの壁面の放射状の穴28を介してタービンホイール29に流出することができる。この結果、供給空気接続25を介して送り込まれた供給空気は、クリーニングエアとドライブエアとに分けられる。クリーニングエアは、内側ホース22と外側ホース23との間にある環状間隙を介して前方に流れ、クリーニング吻部21の自由端で吐出される。一方、ドライブエアは、放射状の穴28を介してタービンホイール29内に流出し、これにより、タービンホイールを駆動する。ドライブシャフト26は、筐体部32内で2つのローラーベアリング30、31に回転可能に支持されている。
次に、タービンホイール29から放出されたドライブエアは、ローラーベアリング30、31の外側の横を通り抜けて前方に流れ、穴を有する中空のグラブネジ33内の穴を通過して、最終的に、シーリングエアノズル34(図7参照)を通過して前方に排出される。こうして、シーリングエアノズル34は、固定ファンネル20と回転クリーニング吻部21との間にある環状間隙内にシーリングエアのカーテンをもたらす。これにより、ローラーベアリング30、31の汚染が抑制される。
この場合、筐体部32が、ファンネル20の近位端に挿入され、且つ、シールリング35によりファンネル20から密閉される。また、シールリング35は、ファンネル20が振動により緩むことを防ぐ。
筐体部32は、その近位端で、別の筐体部36に差し込まれており、筐体部32は追加のシールリング37により筐体部36から密閉されている。
最後に、クリーニングノズル14は、筐体部36内に締め付けネジ39により固定できる接ぎ38も有している。接ぎ38は、クリーニング剤接続24と供給空気接続25を備えている。
図6から、内側ホース22と外側ホース23とがクリーニング吻部21の自由端でノズル開口に開いており、このノズル開口がクリーニング剤と圧縮空気との混合物を特定の放出方向40に吐出することを見て取れる。この場合、クリーニング吻部21は回転軸41の周りを回転し、放出方向40は回転軸41に対して角度β≒10°で傾いている。傾きβの結果、放出方向40は、運転中、クリーニング吻部21の回転のため常に変化するので、より広範な区域をカバーする。
図6から、クリーニング吻部21がその自由端に向けて円錐角γ≒20°で広がっていることも見て取れる。この技術的目的は、クリーニング吻部21の回転があったとしても最小限の振動のみが生じるように、出来る限り回転対称なクリーニング吻部21の質量分布を達成することである。そのため、クリーニング吻部21において内側ホース22と外側ホース23の排出開口の反対側にある追加の質量が、クリーニング吻部21の不均衡を防ぐ役割を果たす。
本発明は、上述の例示的実施形態に限定されるわけではない。むしろ、本発明の概念を同様に利用する種々の変形例及び修正例が可能であり、これらも本発明の権利範囲に属する。特に、本発明に関し、従属請求項の主題及び特徴について、それらが引用する請求項とは独立して、特に、主クレームの特徴を含まない場合についても、権利を主張する。
[付記]
[付記1]
噴霧器(1)、特に、回転式噴霧器をクリーニングするためのクリーニング装置であって、
a)クリーニング液を吹き付けて前記噴霧器(1)をウェットクリーニングするための少なくとも1つのクリーニングノズル(14)を有し、クリーニングのため、前記噴霧器(1)をウェットクリーニングステーション(4)内に導入方向(5)に導入できるウェットクリーニングステーション(4)を備え、
b)前記クリーニングノズル(14)は、前記クリーニング液を吐出するための回転可能なクリーニング吻部(21)を有する、
ことを特徴とするクリーニング装置。
[付記2]
a)回転可能な前記クリーニング吻部(21)は、前記クリーニング吻部(21)の回転により生じる振動を減らすため、前記クリーニング吻部(21)の回転軸(41)に実質的に回転対称な、質量分布及び/又は外形を有し、及び/又は、
b)前記クリーニング吻部(21)は、静的及び/又は動的に前記クリーニング吻部(21)の均衡を保つための少なくとも1つのカウンターウェイトを有する、
付記1に記載のクリーニング装置。
[付記3]
a)前記クリーニング吻部(21)の回転速度を制御するために速度制御器が設けられ、及び/又は、
b)前記速度制御器は、前記クリーニング吻部(21)の回転速度に応じてタービンホイールを駆動するためのドライブエアの一部を消散させる遠心調速機であり、及び/又は、
c)外部上で前記ドライブエアが通過するドライブシャフトに隣接し、回転速度が増加すると、前記ドライブシャフトの壁面の放射状の穴を露わにし、これにより、駆動のために利用できないように前記ドライブエアの一部を消散させるカラーを前記遠心調速機は有し、及び/又は、
d)前記カラーは、Oリングにより前記ドライブシャフトに押し付けられている複数のセグメントから構成されており、又は、
e)前記遠心調速機は、回転速度に応じて変形する制動要素を有し、これにより制動トルクを生じるものであり、又は、
f)前記クリーニング吻部(21)は、回転速度に応じて排出開口が方向を変化させ、これにより、回転制御効果が得られるよう、前記クリーニング吻部(21)を漏れた液の推力で回転させるための円周方向を向いた排出開口を有する、
付記1又は2に記載のクリーニング装置。
[付記4]
a)前記クリーニングノズル(14)は固定ファンネル(20)を備え、及び/又は、
b)回転する前記クリーニング吻部(21)は前記ファンネル(20)内部に配置されており、及び/又は、
c)回転する前記クリーニング吻部(21)が運転中に実質的に変形しないように、回転する前記クリーニング吻部(21)は剛性材料から構成され、及び/又は、
d)前記クリーニング吻部(21)は、その自由端に向けて、特に、円錐状に、特に、5°−20°又は10°−15°のテーパー角(γ)で、広がっており、及び/又は、
e)前記クリーニング吻部(21)の回転端は、外側ホース(23)及び内側ホース(22)が同軸に延びる長手方向空洞を備え、及び/又は、
f)前記内側ホース(22)は、上流でクリーニング剤供給ライン(24)と接続されており、下流で前記クリーニング吻部(21)の自由端においてノズル開口に開いており、及び/又は、
g)前記外側ホース(23)と前記内側ホース(22)の間にある環状間隙は、上流で空気供給ライン(25)と、下流で前記クリーニング吻部(21)の自由端においてノズル開口とに接続されており、及び/又は、
h)運転中に前記外側ホース(23)が前記内側ホース(22)に対して回転しないようにするため、前記内側ホース(22)が回転できないよう、前記内側ホース(22)はその上流端で固定されており、及び/又は
i)前記外側ホース(23)は前記内側ホース(22)よりも固く、及び/又は、
j)前記クリーニング液を吐出するための前記ノズル開口は、前記クリーニング吻部(21)の回転が放出方向(40)の変化をもたらすよう、前記クリーニング吻部(21)の回転軸(41)に対して角度(β)で傾けられている、
付記1から3のいずれか1つに記載のクリーニング装置。
[付記5]
a)前記クリーニングノズル(14)は、前記内側ホース(22)、前記外側ホース(23)、及び固定要素を含む取替可能なホースアセンブリを有し、及び/又は、
b)前記固定要素は前記内側ホース(22)を固定し、及び/又は、
c)前記固定要素はねじ込み式接続により前記クリーニングノズル(14)にねじ込まれている、
付記1から4のいずれか1つに記載のクリーニング装置。
[付記6]
a)前記クリーニングノズル(14)は前記導入方向(5)に対して外周を囲むように分散されており、及び/又は、
b)前記クリーニングノズル(14)は、軸方向に前後に並んで配置された複数の平面内に配置されており、及び/又は、
c)個々の前記平面内の前記クリーニングノズル(14)は、隣接する前記平面内の前記クリーニングノズル(14)に対して周囲にオフセットされている、
付記1から5のいずれか1つに記載のクリーニング装置。
[付記7]
a)前記ウェットクリーニングステーション(4)は、クリーニング対象の前記噴霧器(1)を前記導入方向(5)に沿って筐体(7)内に導入するための導入開口(6)を有する筐体(7)を含み、及び/又は、
b)前記導入開口(6)はシールリングにより密閉されており、及び/又は、
c)前記導入開口(6)は前記導入開口(6)全体にシーリングエアを吹き付けるエアシールにより密閉されており、及び/又は、
d)ブロウエアリング(13)が、前記噴霧器(1)を風乾するために、前記導入開口(6)に配置されており、及び/又は、
e)内側チューブが、クリーニングのため前記噴霧器(1)のベルカップを受け入れるように、前記導入方向(5)に同軸に前記筐体(7)内に配置されており、及び/又は、
f)少なくとも1つの前記クリーニングノズル(14)が、その放出方向(15)が前記噴霧器(1)の前記導入方向(5)に所定の角度(α)で傾けられており、及び/又は、
g)前記少なくとも1つのクリーニングノズル(14)の傾き(α)は、20°、30°、40°、又は50°より大きく、及び/又は、
h)前記少なくとも1つのクリーニングノズル(14)の前記傾き(α)は、85°、80°、70°、又は65°より小さく、及び/又は、
i)前記傾き(α)はクリーニングノズル(14)の平面毎に異なり、及び/又は、
j)前記クリーニングノズル(14)の前記排出開口とクリーニング対象の前記噴霧器(1)の表面との間には特定のクリーニング距離があり、及び/又は、
k)前記少なくとも1つのクリーニングノズル(14)の前記クリーニング距離は、5mm、10mm、20mm、又は25mmより大きく、及び/又は、
l)前記少なくとも1つのクリーニングノズル(14)の前記クリーニング距離は、70mm、60mm、50mm、40mm、又は35mmより小さく、及び/又は、
m)前記筐体(7)は、その上側で、前記噴霧器(1)用の前記導入開口(6)が配置された蓋(10、11)により閉鎖されている、
付記1から6のいずれか1つに記載のクリーニング装置。
[付記8]
a)前記ウェットクリーニングステーション(4)は、前記少なくとも1つのクリーニングノズル(14)を取り付けるためのノズルマウント(16−19)を有し、及び/又は、
b)前記ノズルマウント(16−19)は、前記クリーニングノズル(14)の交換可能な取り付けを可能とし、及び/又は、
c)前記ノズルマウント(16−19)は、前記クリーニングノズル(14)からの振動の伝達を減らすために、特に、前記ノズルマウント内にある振動減衰性エラストマー部品(18)により、特に、Oリング(18)により、振動減衰性であり、及び/又は、
d)前記ノズルマウント(16−19)は、形状嵌合式に前記クリーニングノズル(14)を固定し、及び/又は、
e)前記ノズルマウント(16−19)は前記クリーニングノズル(14)を固定するための少なくとも1つのネジ(19)を有し、該ネジ(19)は、前記クリーニングノズル(14)から生じる振動にもかかわらず、ねじ込み式接続が緩むことを防ぐために、戻り止め式且つ脱落防止式である、
付記1から7のいずれか1つに記載のクリーニング装置。
[付記9]
a)前記クリーニングノズル(14)は、回転可能な前記クリーニング吻部(21)を空気圧式に駆動するための少なくとも1つの回転可能なタービンホイール(29)を有し、又は、
b)漏れた前記クリーニング液の推力により前記クリーニング吻部(21)を駆動するため、前記クリーニング吻部(21)は、その自由端に、円周方向を向いた排出開口を有し、好ましくは、前記クリーニング吻部(21)は、羽根の流れ抵抗により前記クリーニング吻部(21)の回転速度を制限するための少なくとも1つの羽根を有している、
付記1から8のいずれか1つに記載のクリーニング装置。
[付記10]
a)ドライブエアが前記タービンホイール(29)内に内部から外部へと流れ、及び/又は、
b)前記タービンホイール(29)は、前記タービンホイール(29)内への前記ドライブエアを受け入れるために内部に複数の開口を有し、及び/又は、
c)前記タービンホイール(29)内の前記開口はそれぞれタービンチャンバに開口しており、及び/又は、
d)前記タービンチャンバはそれぞれ円周方向を向いた排出開口を有しており、及び/又は、
e)前記排出開口の断面積は、0.5mmより大きく、及び/又は、3mmより小さく、及び/又は、
f)前記タービンホイールに流れ込んだ後、前記ドライブエアは、シーリングエアとしてシーリングエアノズルを介して固定ファンネル(20)と回転する前記クリーニング吻部(21)との間の環状間隙に放出され、該シーリングエアは前記クリーニング吻部(21)のローラーベアリング(30、31)の汚れを減らし、及び/又は、
g)複数のタービンホイール(29)が回転する吻部を駆動するために設けられている、
付記9に記載のクリーニング装置。
[付記11]
a)前記クリーニング液を送り出すためのクリーニング剤接続(24)を有し、及び、
b)供給空気を送り出すための供給空気接続(25)を有し、及び、
c)前記クリーニングノズル(14)において、前記供給空気が、
・前記クリーニング吻部(21)の回転駆動のための前記クリーニングノズル(14)内のタービンホイール(29)を駆動するためのドライブエアと、
・前記噴霧器(1)をクリーニングするためのクリーニングエアと、
に別れ、及び/又は、
d)前記供給空気でのドライブエアの割合が、10%、20%、30%、40%、又は50%より大きく、及び/又は、
e)前記供給空気でのドライブエアの割合が、70%、60%、50%、40%、又は35%より小さく、及び/又は、
f)ドライブエアに対するクリーニングエアの比は実質的に2:1であり、及び/又は、
g)前記クリーニング液の体積流量と前記供給空気の体積流量とは互いに独立して調整される、
付記1から10のいずれか1つに記載のクリーニング装置。
[付記12]
a)前記クリーニング吻部(21)は、500分−1、1000分−1、又は2000分−1以上、且つ、30000分−1、20000分−1、10000分−1、又は8000分−1以下の回転速度で回転し、及び/又は、
b)前記クリーニング装置の部品の少なくとも1つはラピッドプロトタイピングにより製造されている、
付記1から11のいずれか1つに記載のクリーニング装置。
[付記13]
a)前記クリーニング装置は、塗装プラントの固定位置に、特に、塗装ブースの床面の格子上に取り付けられており、又は、
b)前記クリーニング装置は、特に、移動する塗装ロボットを移動させるために、移動可能に取り付けられている、
付記1から12のいずれか1つに記載のクリーニング装置。
[付記14]
a)前記クリーニング装置は前記噴霧器(1)をドライクリーニングするためのドライクリーニングステーション(3)も備えており、及び/又は、
b)前記ドライクリーニングステーション(3)は少なくとも1つのクリーニングブラシ(8)を有し、及び/又は、
c)前記クリーニングブラシ(8)は、環状であり、クリーニング中に前記噴霧器(1)の周囲を回り、及び/又は、
d)前記ドライクリーニングステーション(3)は、前記ウェットクリーニングステーション(4)の前記筐体(7)の外部に配置されている、
付記1から13のいずれか1つに記載のクリーニング装置。
[付記15]
a)前記クリーニングブラシ(8)は、静的に取り付けられており、前記噴霧器(1)のクリーニング中に移動せず、前記噴霧器(1)に対する前記クリーニングブラシ(8)の相対運動が前記噴霧器(1)の回転により実行される、又は
b)前記クリーニングブラシ(8)は、回転可能に取り付けられており、前記噴霧器(1)のクリーニング中に回転し、前記噴霧器(1)に対する前記クリーニングブラシ(8)の相対運動が前記クリーニングブラシ(8)の回転により実行される、
付記14に記載のクリーニング装置。
[付記16]
a)クリーニング対象の前記噴霧器(1)は特定の導入方向(5)で前記クリーニング装置に導入され、
b)前記ウェットクリーニングステーション(4)が前記噴霧器(1)の前部をクリーニングし、前記ドライクリーニングステーション(3)が前記噴霧器(1)の後部をクリーニングするよう、前記ウェットクリーニングステーション(4)は前記ドライクリーニングステーション(3)の下流に前記導入方向(5)に沿って配置されている、
付記14又は15に記載のクリーニング装置。
[付記17]
a)霧状となった前記クリーニング液を分離するために前記ウェットクリーニングステーション(4)の下に配された液滴分離器、及び/又は、
b)前記液滴分離器により分離された前記クリーニング液を集めるために前記液滴分離器の下に配置された捕集装置を備える、
付記1から16のいずれか1つに記載のクリーニング装置。
[付記18]
噴霧器(1)のクリーニング用のクリーニング装置、特に、付記1から17のいずれか1つに記載のクリーニング装置の運転方法であって、
a)クリーニング対象の前記噴霧器(1)をウェットクリーニングステーション(4)内に導入する工程、
b)前記ウェットクリーニングステーション(4)内で前記噴霧器(1)にクリーニング液を吹き付ける工程、
を備え、
c)回転位置に応じて異なる吹き付け方向(15、40)に前記クリーニング液を吐出する前記ウェットクリーニングステーション(4)のクリーニング吻部(21)を回転させる工程を備える、
ことを特徴とする運転方法。
[付記19]
a)前記噴霧器(1)はドライクリーニング処理を受け、及び/又は、
b)前記噴霧器(1)のドライクリーニング中に、クリーニングブラシ(8)が前記噴霧器(1)に対して移動させられ、及び/又は、
c)ドライクリーニング中に、前記噴霧器(1)が動かず、前記クリーニングブラシ(8)のみが移動させられ、又は、
d)ドライクリーニング中に、前記噴霧器(1)が移動させられ、前記クリーニングブラシ(8)が動かず、又は、
e)ドライクリーニング中に、前記噴霧器(1)と前記クリーニングブラシ(8)が移動させられる、
付記18に記載の運転方法。
[付記20]
a)前記噴霧器(1)をひと吹きしてそのシェーピングエアで前記クリーニングブラシ(8)に付着している塗料ダストを除去する、及び/又は、
b)前記噴霧器(1)をタンブリング運動させて前記クリーニングブラシを吹き払う、及び/又は、
c)クリーニング処理後に前記噴霧器(1)で前記クリーニングブラシ(8)を吹き払う、
付記19に記載の運転方法。
[付記21]
a)回転する前記クリーニング吻部(21)の回転速度は、特に、遠心調速機により、制御されており、及び/又は、
b)前記ウェットクリーニングステーション(4)の回転する前記クリーニング吻部(21)を駆動し、且つ、前記噴霧器(1)をクリーニングするための供給空気が、
・50Nl/分、100Nl/分、又は200Nl/分より大きく、及び/又は、
・1500Nl/分、1000Nl/分、750Nl/分、又は50Nl/分より小さい、空気流量で供給される、
付記18から20のいずれか1つに記載の運転方法。
1 回転式噴霧器
2 ベルカップ
3 ドライクリーニングステーション
4 ウェットクリーニングステーション
5 導入方向
6 ウェットクリーニングステーションの導入開口
7 ウェットクリーニングステーションの筐体
8 クリーニングブラシ
9 ブラシ駆動
10 下側蓋部
11 上側蓋部
12 クランプファスナー
13 ブロウエア用ノズルリング
14 クリーニングノズル
15 クリーニングノズルの放出方向
16 アングルブラケット
17 クリーニングノズルの溝
18 クリーニングノズルの振動減衰性実装のための減衰要素
19 脱落防止ネジ
20 ファンネル
21 クリーニング吻部
22 内側ホース
23 外側ホース
24 クリーニング剤接続
25 供給空気接続
26 ドライブシャフト
27 スライドベアリング
28 ドライブシャフト内の放射状の穴
29 タービンホイール
30 ローラーベアリング
31 ローラーベアリング
32 筐体部
33 空洞を有するグラブネジ
34 シーリングエアノズル
35 シールリング
36 筐体部
37 シールリング
38 コネクタ
39 締めネジ
40 クリーニング吻部の放出方向
41 クリーニング吻部の回転軸
α 放出方向と導入方向の間の傾斜角
β 回転軸に対する放出方向の傾斜角
γ クリーニング分部のテーパー角

Claims (21)

  1. 噴霧器(1)、特に、回転式噴霧器をクリーニングするためのクリーニング装置であって、
    a)クリーニング液を吹き付けて前記噴霧器(1)をウェットクリーニングするための少なくとも1つのクリーニングノズル(14)を有し、クリーニングのため、前記噴霧器(1)をウェットクリーニングステーション(4)内に導入方向(5)に導入できるウェットクリーニングステーション(4)を備え、
    b)前記クリーニングノズル(14)は、前記クリーニング液を吐出するための回転可能なクリーニング吻部(21)を有する、
    ことを特徴とするクリーニング装置。
  2. a)回転可能な前記クリーニング吻部(21)は、前記クリーニング吻部(21)の回転により生じる振動を減らすため、前記クリーニング吻部(21)の回転軸(41)に実質的に回転対称な、質量分布及び/又は外形を有し、及び/又は、
    b)前記クリーニング吻部(21)は、静的及び/又は動的に前記クリーニング吻部(21)の均衡を保つための少なくとも1つのカウンターウェイトを有する、
    請求項1に記載のクリーニング装置。
  3. a)前記クリーニング吻部(21)の回転速度を制御するために速度制御器が設けられ、及び/又は、
    b)前記速度制御器は、前記クリーニング吻部(21)の回転速度に応じてタービンホイールを駆動するためのドライブエアの一部を消散させる遠心調速機であり、及び/又は、
    c)外部上で前記ドライブエアが通過するドライブシャフトに隣接し、回転速度が増加すると、前記ドライブシャフトの壁面の放射状の穴を露わにし、これにより、駆動のために利用できないように前記ドライブエアの一部を消散させるカラーを前記遠心調速機は有し、及び/又は、
    d)前記カラーは、Oリングにより前記ドライブシャフトに押し付けられている複数のセグメントから構成されており、又は、
    e)前記遠心調速機は、回転速度に応じて変形する制動要素を有し、これにより制動トルクを生じるものであり、又は、
    f)前記クリーニング吻部(21)は、回転速度に応じて排出開口が方向を変化させ、これにより、回転制御効果が得られるよう、前記クリーニング吻部(21)を漏れた液の推力で回転させるための円周方向を向いた排出開口を有する、
    請求項1又は2に記載のクリーニング装置。
  4. a)前記クリーニングノズル(14)は固定ファンネル(20)を備え、及び/又は、
    b)回転する前記クリーニング吻部(21)は前記ファンネル(20)内部に配置されており、及び/又は、
    c)回転する前記クリーニング吻部(21)が運転中に実質的に変形しないように、回転する前記クリーニング吻部(21)は剛性材料から構成され、及び/又は、
    d)前記クリーニング吻部(21)は、その自由端に向けて、特に、円錐状に、特に、5°−20°又は10°−15°のテーパー角(γ)で、広がっており、及び/又は、
    e)前記クリーニング吻部(21)の回転端は、外側ホース(23)及び内側ホース(22)が同軸に延びる長手方向空洞を備え、及び/又は、
    f)前記内側ホース(22)は、上流でクリーニング剤供給ライン(24)と接続されており、下流で前記クリーニング吻部(21)の自由端においてノズル開口に開いており、及び/又は、
    g)前記外側ホース(23)と前記内側ホース(22)の間にある環状間隙は、上流で空気供給ライン(25)と、下流で前記クリーニング吻部(21)の自由端においてノズル開口とに接続されており、及び/又は、
    h)運転中に前記外側ホース(23)が前記内側ホース(22)に対して回転しないようにするため、前記内側ホース(22)が回転できないよう、前記内側ホース(22)はその上流端で固定されており、及び/又は
    i)前記外側ホース(23)は前記内側ホース(22)よりも固く、及び/又は、
    j)前記クリーニング液を吐出するための前記ノズル開口は、前記クリーニング吻部(21)の回転が放出方向(40)の変化をもたらすよう、前記クリーニング吻部(21)の回転軸(41)に対して角度(β)で傾けられている、
    請求項1から3のいずれか1項に記載のクリーニング装置。
  5. a)前記クリーニングノズル(14)は、前記内側ホース(22)、前記外側ホース(23)、及び固定要素を含む取替可能なホースアセンブリを有し、及び/又は、
    b)前記固定要素は前記内側ホース(22)を固定し、及び/又は、
    c)前記固定要素はねじ込み式接続により前記クリーニングノズル(14)にねじ込まれている、
    請求項1から4のいずれか1項に記載のクリーニング装置。
  6. a)前記クリーニングノズル(14)は前記導入方向(5)に対して外周を囲むように分散されており、及び/又は、
    b)前記クリーニングノズル(14)は、軸方向に前後に並んで配置された複数の平面内に配置されており、及び/又は、
    c)個々の前記平面内の前記クリーニングノズル(14)は、隣接する前記平面内の前記クリーニングノズル(14)に対して周囲にオフセットされている、
    請求項1から5のいずれか1項に記載のクリーニング装置。
  7. a)前記ウェットクリーニングステーション(4)は、クリーニング対象の前記噴霧器(1)を前記導入方向(5)に沿って筐体(7)内に導入するための導入開口(6)を有する筐体(7)を含み、及び/又は、
    b)前記導入開口(6)はシールリングにより密閉されており、及び/又は、
    c)前記導入開口(6)は前記導入開口(6)全体にシーリングエアを吹き付けるエアシールにより密閉されており、及び/又は、
    d)ブロウエアリング(13)が、前記噴霧器(1)を風乾するために、前記導入開口(6)に配置されており、及び/又は、
    e)内側チューブが、クリーニングのため前記噴霧器(1)のベルカップを受け入れるように、前記導入方向(5)に同軸に前記筐体(7)内に配置されており、及び/又は、
    f)少なくとも1つの前記クリーニングノズル(14)が、その放出方向(15)が前記噴霧器(1)の前記導入方向(5)に所定の角度(α)で傾けられており、及び/又は、
    g)前記少なくとも1つのクリーニングノズル(14)の傾き(α)は、20°、30°、40°、又は50°より大きく、及び/又は、
    h)前記少なくとも1つのクリーニングノズル(14)の前記傾き(α)は、85°、80°、70°、又は65°より小さく、及び/又は、
    i)前記傾き(α)はクリーニングノズル(14)の平面毎に異なり、及び/又は、
    j)前記クリーニングノズル(14)の前記排出開口とクリーニング対象の前記噴霧器(1)の表面との間には特定のクリーニング距離があり、及び/又は、
    k)前記少なくとも1つのクリーニングノズル(14)の前記クリーニング距離は、5mm、10mm、20mm、又は25mmより大きく、及び/又は、
    l)前記少なくとも1つのクリーニングノズル(14)の前記クリーニング距離は、70mm、60mm、50mm、40mm、又は35mmより小さく、及び/又は、
    m)前記筐体(7)は、その上側で、前記噴霧器(1)用の前記導入開口(6)が配置された蓋(10、11)により閉鎖されている、
    請求項1から6のいずれか1項に記載のクリーニング装置。
  8. a)前記ウェットクリーニングステーション(4)は、前記少なくとも1つのクリーニングノズル(14)を取り付けるためのノズルマウント(16−19)を有し、及び/又は、
    b)前記ノズルマウント(16−19)は、前記クリーニングノズル(14)の交換可能な取り付けを可能とし、及び/又は、
    c)前記ノズルマウント(16−19)は、前記クリーニングノズル(14)からの振動の伝達を減らすために、特に、前記ノズルマウント内にある振動減衰性エラストマー部品(18)により、特に、Oリング(18)により、振動減衰性であり、及び/又は、
    d)前記ノズルマウント(16−19)は、形状嵌合式に前記クリーニングノズル(14)を固定し、及び/又は、
    e)前記ノズルマウント(16−19)は前記クリーニングノズル(14)を固定するための少なくとも1つのネジ(19)を有し、該ネジ(19)は、前記クリーニングノズル(14)から生じる振動にもかかわらず、ねじ込み式接続が緩むことを防ぐために、戻り止め式且つ脱落防止式である、
    請求項1から7のいずれか1項に記載のクリーニング装置。
  9. a)前記クリーニングノズル(14)は、回転可能な前記クリーニング吻部(21)を空気圧式に駆動するための少なくとも1つの回転可能なタービンホイール(29)を有し、又は、
    b)漏れた前記クリーニング液の推力により前記クリーニング吻部(21)を駆動するため、前記クリーニング吻部(21)は、その自由端に、円周方向を向いた排出開口を有し、好ましくは、前記クリーニング吻部(21)は、羽根の流れ抵抗により前記クリーニング吻部(21)の回転速度を制限するための少なくとも1つの羽根を有している、
    請求項1から8のいずれか1項に記載のクリーニング装置。
  10. a)ドライブエアが前記タービンホイール(29)内に内部から外部へと流れ、及び/又は、
    b)前記タービンホイール(29)は、前記タービンホイール(29)内への前記ドライブエアを受け入れるために内部に複数の開口を有し、及び/又は、
    c)前記タービンホイール(29)内の前記開口はそれぞれタービンチャンバに開口しており、及び/又は、
    d)前記タービンチャンバはそれぞれ円周方向を向いた排出開口を有しており、及び/又は、
    e)前記排出開口の断面積は、0.5mmより大きく、及び/又は、3mmより小さく、及び/又は、
    f)前記タービンホイールに流れ込んだ後、前記ドライブエアは、シーリングエアとしてシーリングエアノズルを介して固定ファンネル(20)と回転する前記クリーニング吻部(21)との間の環状間隙に放出され、該シーリングエアは前記クリーニング吻部(21)のローラーベアリング(30、31)の汚れを減らし、及び/又は、
    g)複数のタービンホイール(29)が回転する吻部を駆動するために設けられている、
    請求項9に記載のクリーニング装置。
  11. a)前記クリーニング液を送り出すためのクリーニング剤接続(24)を有し、及び、
    b)供給空気を送り出すための供給空気接続(25)を有し、及び、
    c)前記クリーニングノズル(14)において、前記供給空気が、
    ・前記クリーニング吻部(21)の回転駆動のための前記クリーニングノズル(14)内のタービンホイール(29)を駆動するためのドライブエアと、
    ・前記噴霧器(1)をクリーニングするためのクリーニングエアと、
    に別れ、及び/又は、
    d)前記供給空気でのドライブエアの割合が、10%、20%、30%、40%、又は50%より大きく、及び/又は、
    e)前記供給空気でのドライブエアの割合が、70%、60%、50%、40%、又は35%より小さく、及び/又は、
    f)ドライブエアに対するクリーニングエアの比は実質的に2:1であり、及び/又は、
    g)前記クリーニング液の体積流量と前記供給空気の体積流量とは互いに独立して調整される、
    請求項1から10のいずれか1項に記載のクリーニング装置。
  12. a)前記クリーニング吻部(21)は、500分−1、1000分−1、又は2000分−1以上、且つ、30000分−1、20000分−1、10000分−1、又は8000分−1以下の回転速度で回転し、及び/又は、
    b)前記クリーニング装置の部品の少なくとも1つはラピッドプロトタイピングにより製造されている、
    請求項1から11のいずれか1項に記載のクリーニング装置。
  13. a)前記クリーニング装置は、塗装プラントの固定位置に、特に、塗装ブースの床面の格子上に取り付けられており、又は、
    b)前記クリーニング装置は、特に、移動する塗装ロボットを移動させるために、移動可能に取り付けられている、
    請求項1から12のいずれか1項に記載のクリーニング装置。
  14. a)前記クリーニング装置は前記噴霧器(1)をドライクリーニングするためのドライクリーニングステーション(3)も備えており、及び/又は、
    b)前記ドライクリーニングステーション(3)は少なくとも1つのクリーニングブラシ(8)を有し、及び/又は、
    c)前記クリーニングブラシ(8)は、環状であり、クリーニング中に前記噴霧器(1)の周囲を回り、及び/又は、
    d)前記ドライクリーニングステーション(3)は、前記ウェットクリーニングステーション(4)の前記筐体(7)の外部に配置されている、
    請求項1から13のいずれか1項に記載のクリーニング装置。
  15. a)前記クリーニングブラシ(8)は、静的に取り付けられており、前記噴霧器(1)のクリーニング中に移動せず、前記噴霧器(1)に対する前記クリーニングブラシ(8)の相対運動が前記噴霧器(1)の回転により実行される、又は
    b)前記クリーニングブラシ(8)は、回転可能に取り付けられており、前記噴霧器(1)のクリーニング中に回転し、前記噴霧器(1)に対する前記クリーニングブラシ(8)の相対運動が前記クリーニングブラシ(8)の回転により実行される、
    請求項14に記載のクリーニング装置。
  16. a)クリーニング対象の前記噴霧器(1)は特定の導入方向(5)で前記クリーニング装置に導入され、
    b)前記ウェットクリーニングステーション(4)が前記噴霧器(1)の前部をクリーニングし、前記ドライクリーニングステーション(3)が前記噴霧器(1)の後部をクリーニングするよう、前記ウェットクリーニングステーション(4)は前記ドライクリーニングステーション(3)の下流に前記導入方向(5)に沿って配置されている、
    請求項14又は15に記載のクリーニング装置。
  17. a)霧状となった前記クリーニング液を分離するために前記ウェットクリーニングステーション(4)の下に配された液滴分離器、及び/又は、
    b)前記液滴分離器により分離された前記クリーニング液を集めるために前記液滴分離器の下に配置された捕集装置を備える、
    請求項1から16のいずれか1項に記載のクリーニング装置。
  18. 噴霧器(1)のクリーニング用のクリーニング装置、特に、請求項1から17のいずれか1項に記載のクリーニング装置の運転方法であって、
    a)クリーニング対象の前記噴霧器(1)をウェットクリーニングステーション(4)内に導入する工程、
    b)前記ウェットクリーニングステーション(4)内で前記噴霧器(1)にクリーニング液を吹き付ける工程、
    を備え、
    c)回転位置に応じて異なる吹き付け方向(15、40)に前記クリーニング液を吐出する前記ウェットクリーニングステーション(4)のクリーニング吻部(21)を回転させる工程を備える、
    ことを特徴とする運転方法。
  19. a)前記噴霧器(1)はドライクリーニング処理を受け、及び/又は、
    b)前記噴霧器(1)のドライクリーニング中に、クリーニングブラシ(8)が前記噴霧器(1)に対して移動させられ、及び/又は、
    c)ドライクリーニング中に、前記噴霧器(1)が動かず、前記クリーニングブラシ(8)のみが移動させられ、又は、
    d)ドライクリーニング中に、前記噴霧器(1)が移動させられ、前記クリーニングブラシ(8)が動かず、又は、
    e)ドライクリーニング中に、前記噴霧器(1)と前記クリーニングブラシ(8)が移動させられる、
    請求項18に記載の運転方法。
  20. a)前記噴霧器(1)をひと吹きしてそのシェーピングエアで前記クリーニングブラシ(8)に付着している塗料ダストを除去する、及び/又は、
    b)前記噴霧器(1)をタンブリング運動させて前記クリーニングブラシを吹き払う、及び/又は、
    c)クリーニング処理後に前記噴霧器(1)で前記クリーニングブラシ(8)を吹き払う、
    請求項19に記載の運転方法。
  21. a)回転する前記クリーニング吻部(21)の回転速度は、特に、遠心調速機により、制御されており、及び/又は、
    b)前記ウェットクリーニングステーション(4)の回転する前記クリーニング吻部(21)を駆動し、且つ、前記噴霧器(1)をクリーニングするための供給空気が、
    ・50Nl/分、100Nl/分、又は200Nl/分より大きく、及び/又は、
    ・1500Nl/分、1000Nl/分、750Nl/分、又は50Nl/分より小さい、空気流量で供給される、
    請求項18から20のいずれか1項に記載の運転方法。
JP2016566947A 2014-05-07 2015-05-04 クリーニング装置及び関連する運転方法 Active JP6812242B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
DE102014006647.9A DE102014006647A1 (de) 2014-05-07 2014-05-07 Reinigungsgerät für einen Zerstäuber und zugehöriges Betriebsverfahren
DE102014006647.9 2014-05-07
PCT/EP2015/000907 WO2015169432A1 (de) 2014-05-07 2015-05-04 Reinigungsgerät und zugehöriges betriebsverfahren

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2017514682A true JP2017514682A (ja) 2017-06-08
JP6812242B2 JP6812242B2 (ja) 2021-01-13

Family

ID=53189770

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2016566947A Active JP6812242B2 (ja) 2014-05-07 2015-05-04 クリーニング装置及び関連する運転方法

Country Status (14)

Country Link
US (1) US10426253B2 (ja)
EP (1) EP3140042B1 (ja)
JP (1) JP6812242B2 (ja)
KR (1) KR20170028304A (ja)
CN (1) CN106457275B (ja)
BR (1) BR112016024430B1 (ja)
DE (1) DE102014006647A1 (ja)
ES (1) ES2715092T3 (ja)
HU (1) HUE042596T2 (ja)
MX (1) MX2016014422A (ja)
PL (1) PL3140042T3 (ja)
PT (1) PT3140042T (ja)
TR (1) TR201901379T4 (ja)
WO (1) WO2015169432A1 (ja)

Families Citing this family (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2014110619A1 (en) * 2013-01-21 2014-07-24 Metzke Pty Ltd Drill sample particle distributor
KR20190085012A (ko) * 2016-11-17 2019-07-17 필립 제썹 페인트 도포기의 저압 비-접촉식 세척 장치
KR102042373B1 (ko) * 2016-11-22 2019-11-07 크리스탈 캡 클리너스 인코퍼레이티드 스프레이 건을 위한 클리너에 사용하기 위한 임펠러
CN107983710A (zh) * 2017-12-06 2018-05-04 衢州学院 一种秸秆综合利用中的秸秆清洗干燥机
DE102018131380A1 (de) 2018-12-07 2020-06-10 Dürr Systems Ag Reinigungsgerät für ein Applikationsgerät
CN109603014B (zh) * 2019-01-17 2021-02-19 河南科技大学第一附属医院 一种用于妇产科护理的具有清洁功能的红外线治疗仪
DE102019107847B4 (de) * 2019-03-27 2021-09-23 Dürr Systems Ag Glockenteller, Rotationszerstäuber, Lackierroboter, Zerstäuber-Reinigungsgerät und zugehörige Betriebsverfahren
CN111530812A (zh) * 2020-05-18 2020-08-14 庞莲青 一种塑料制品加工用清洗装置

Citations (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000500389A (ja) * 1995-11-17 2000-01-18 クリスタル キャップ クリーナーズ インコーポレーテッド スプレーガンの洗浄方法および装置
US20020066474A1 (en) * 1996-11-18 2002-06-06 White Kevin R. Method and apparatus for cleaning spray guns
JP2003154294A (ja) * 2001-02-27 2003-05-27 Kayoshi Hasegawa ノズル及び噴出装置。
JP2003275637A (ja) * 2002-03-22 2003-09-30 Fuji Heavy Ind Ltd 塗布ノズル用クリーニング装置
EP1367302A2 (de) * 2002-05-27 2003-12-03 Dürr Systems GmbH Dichtungsanordnung
JP2008307499A (ja) * 2007-06-18 2008-12-25 Seiji Endo スプレー用ノズルおよびこれを備えるスプレー装置
US20090057443A1 (en) * 2007-09-04 2009-03-05 Seiji Sendo Nozzle system and method
JP2009061354A (ja) * 2007-09-04 2009-03-26 Seiji Endo 噴射ノズルおよびこれを備える噴射装置
JP2012236185A (ja) * 2011-05-11 2012-12-06 Strong Fortress Tool Co Ltd 回転スプレー装置
JP2013071077A (ja) * 2011-09-28 2013-04-22 Honda Motor Co Ltd 塗装ガンの洗浄装置及び塗装ガンの洗浄方法
JP2013521110A (ja) * 2010-03-03 2013-06-10 デュール システムズ ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツング 単一成分および多成分コーティング剤を塗布するアトマイザーおよび方法

Family Cites Families (30)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US1287902A (en) * 1918-04-02 1918-12-17 John B Cyr Sectional breakwater.
US4191590A (en) * 1977-04-25 1980-03-04 The John J. Sundheim Family Estate Method and apparatus for cleaning carpets and surfaces using cleaning fluid
CA1300366C (en) * 1986-11-10 1992-05-12 Kiyohiro Ichinose Method of and apparatus for cleaning paint spray guns
JPH07246354A (ja) 1994-03-11 1995-09-26 Freunt Ind Co Ltd 造粒コーティング装置およびそれを用いた造粒コーティング方法
DE10049633C2 (de) * 2000-10-05 2002-10-31 Peter Imm Vorrichtung zum mechanischen Reinigen von Werkstücken unter Verwendung von Luft- und Gasströmen
US6883732B2 (en) 2001-02-27 2005-04-26 Need Brain Co., Ltd. Fluid spraying apparatus, method, and container
DE10129667A1 (de) * 2001-06-20 2003-01-02 Abb Patent Gmbh Reinigungsvorrichtung für Luftkappen an Lackierpistolen
DE20114257U1 (de) * 2001-08-29 2002-01-10 Herkules Hebetechnik Gmbh Reinigungsvorrichtung für Farbspritzgeräte, z.B. Farbspritzpistolen
US20030127046A1 (en) * 2002-01-09 2003-07-10 Harley-Davidson Motor Company Group, Inc. Paint spray gun cleaner
AU2003299278A1 (en) * 2002-12-19 2004-07-14 Guhring, Jorg Sintered blanks having coiled cooling channels
US7568635B2 (en) * 2004-09-28 2009-08-04 Illinois Tool Works Inc. Turbo spray nozzle and spray coating device incorporating same
DE102004061322A1 (de) 2004-12-20 2006-06-22 Dürr Systems GmbH Verfahren und Reinigungsgerät zum Reinigen einer Sprühvorrichtung
US7129748B1 (en) * 2004-12-29 2006-10-31 Actel Corporation Non-volatile look-up table for an FPGA
US7438705B2 (en) * 2005-07-14 2008-10-21 Boehringer Technologies, L.P. System for treating a wound with suction and method detecting loss of suction
US7785420B2 (en) * 2006-08-01 2010-08-31 Hedson Technologies Ab Method for cleaning a spray gun
DE102006039641A1 (de) 2006-08-24 2008-02-28 Volkswagen Ag Reinigungsvorrichtung für Zerstäuber, insbesondere Farbspritzpistolen, sowie Verfahren zur Reinigung eines Zerstäubers
US7691800B2 (en) * 2006-08-30 2010-04-06 B-Tech Ip Holdings, Llc Water-based cleaning agent and method for cleaning a spray gun
DE102007033036A1 (de) * 2007-07-16 2009-01-22 Jäger, Anton Vorrichtung zum Ausstoßen eines Fluids
DE102007052067B4 (de) * 2007-10-30 2014-08-21 Sata Gmbh & Co. Kg Reinigungsvorrichtung zur Reinigung von Spritzpistolen
US20100012654A1 (en) * 2008-07-16 2010-01-21 Apps William P Collapsible container
US8136548B2 (en) * 2008-08-08 2012-03-20 Watertite Products, Inc. Air admittance valve
DE102008047118A1 (de) 2008-09-15 2010-04-08 Dürr Systems GmbH Herstellungsverfahren für ein Lackieranlagenbauteil und entsprechendes Lackieranlagenbauteil
US8056830B1 (en) * 2009-01-02 2011-11-15 Jeff M Pedersen Spinner tip shower head
TWM380171U (en) * 2009-11-03 2010-05-11 Grain Point Entpr Ltd Structure of spraying gun
US8892136B2 (en) * 2010-07-27 2014-11-18 At&T Intellectual Property I, L.P. Identifying abusive mobile messages and associated mobile message senders
DE102010052698A1 (de) 2010-11-26 2012-05-31 Dürr Systems GmbH Reinigungsgerät und Reinigungsbürste für einen Zerstäuber und entsprechendes Reinigungsverfahren
DK2729259T3 (en) * 2011-07-06 2016-04-04 Gea Process Engineering As Pop up nozzle, cleaning unit and operating procedure
WO2014005229A1 (en) * 2012-07-04 2014-01-09 Kairama Inc. Temperature management in gas compression and expansion
US9144810B2 (en) * 2012-07-04 2015-09-29 Christopher John Bosua Atomizing nozzle assembly for pneumatically operated cleaning equipment
DE202012103426U1 (de) * 2012-09-10 2012-09-28 Strong Fortress Tool Co., Ltd. Drehsprühvorrichtung

Patent Citations (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000500389A (ja) * 1995-11-17 2000-01-18 クリスタル キャップ クリーナーズ インコーポレーテッド スプレーガンの洗浄方法および装置
US20020066474A1 (en) * 1996-11-18 2002-06-06 White Kevin R. Method and apparatus for cleaning spray guns
JP2003154294A (ja) * 2001-02-27 2003-05-27 Kayoshi Hasegawa ノズル及び噴出装置。
JP2003275637A (ja) * 2002-03-22 2003-09-30 Fuji Heavy Ind Ltd 塗布ノズル用クリーニング装置
EP1367302A2 (de) * 2002-05-27 2003-12-03 Dürr Systems GmbH Dichtungsanordnung
JP2008307499A (ja) * 2007-06-18 2008-12-25 Seiji Endo スプレー用ノズルおよびこれを備えるスプレー装置
US20090057443A1 (en) * 2007-09-04 2009-03-05 Seiji Sendo Nozzle system and method
JP2009061354A (ja) * 2007-09-04 2009-03-26 Seiji Endo 噴射ノズルおよびこれを備える噴射装置
JP2013521110A (ja) * 2010-03-03 2013-06-10 デュール システムズ ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツング 単一成分および多成分コーティング剤を塗布するアトマイザーおよび方法
JP2012236185A (ja) * 2011-05-11 2012-12-06 Strong Fortress Tool Co Ltd 回転スプレー装置
JP2013071077A (ja) * 2011-09-28 2013-04-22 Honda Motor Co Ltd 塗装ガンの洗浄装置及び塗装ガンの洗浄方法

Also Published As

Publication number Publication date
PL3140042T3 (pl) 2019-05-31
EP3140042B1 (de) 2018-12-19
KR20170028304A (ko) 2017-03-13
JP6812242B2 (ja) 2021-01-13
CN106457275A (zh) 2017-02-22
US10426253B2 (en) 2019-10-01
BR112016024430A2 (pt) 2017-08-15
ES2715092T3 (es) 2019-05-31
BR112016024430B1 (pt) 2021-03-30
US20170072421A1 (en) 2017-03-16
DE102014006647A1 (de) 2015-11-12
CN106457275B (zh) 2019-11-26
TR201901379T4 (tr) 2019-02-21
PT3140042T (pt) 2019-02-27
EP3140042A1 (de) 2017-03-15
WO2015169432A1 (de) 2015-11-12
MX2016014422A (es) 2017-03-30
HUE042596T2 (hu) 2019-07-29

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2017514682A (ja) クリーニング装置及び関連する運転方法
JP3940445B2 (ja) ロータリーアトマイザ
CA2928812C (en) Rotary bell cup atomizer having improved cleaning capability
JP2011524801A (ja) 汎用アトマイザ
RU2428260C2 (ru) Кольцо для подачи управляющего воздуха с кольцевой канавкой и соответствующая колоколообразная тарелка
MX2013005794A (es) Dispositivo de limpieza y cepillo de limpieza para un atomizador y metodo de limpieza correspondiente.
CN105709954B (zh) 喷头和具有这种喷头的旋转式喷雾器
WO2008146926A1 (ja) 回転霧化頭、回転霧化塗装装置および回転霧化塗装方法
JP6492225B2 (ja) 改良型スプレーガン洗浄装置
JP6022760B2 (ja) ノズルヘッドおよびそれを有する回転スプレイ
JP2007000826A (ja) ベル型塗装装置
CN202539010U (zh) 喷涂机反冲洗装置
US20080047591A1 (en) Bell cup cleaning system and method
US20200338583A1 (en) Method for cleaning paint spray gun
JP2013071049A (ja) 塗装装置及びそれを用いた塗装方法
US6913214B2 (en) Powder bell purge tube
JP4568631B2 (ja) 静電塗装機
JP4954488B2 (ja) 霧化塗装機
US2798766A (en) Spraying apparatus
JP2003236416A (ja) 回転霧化頭型塗装装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20180412

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20190513

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20190521

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20190821

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20191105

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20200205

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20200616

C60 Trial request (containing other claim documents, opposition documents)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: C60

Effective date: 20201014

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20201014

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20201022

C21 Notice of transfer of a case for reconsideration by examiners before appeal proceedings

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: C21

Effective date: 20201027

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20201124

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6812242

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20201216