JP2017503394A - 映像処理方法、映像処理装置および表示装置 - Google Patents

映像処理方法、映像処理装置および表示装置 Download PDF

Info

Publication number
JP2017503394A
JP2017503394A JP2016536920A JP2016536920A JP2017503394A JP 2017503394 A JP2017503394 A JP 2017503394A JP 2016536920 A JP2016536920 A JP 2016536920A JP 2016536920 A JP2016536920 A JP 2016536920A JP 2017503394 A JP2017503394 A JP 2017503394A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
video
mark
segment
video segment
editing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2016536920A
Other languages
English (en)
Inventor
リウ,ウェイフォン
ジェン,ヤーユン
リー,シュンニアン
Original Assignee
エスゼット ディージェイアイ テクノロジー カンパニー リミテッドSz Dji Technology Co.,Ltd
エスゼット ディージェイアイ テクノロジー カンパニー リミテッドSz Dji Technology Co.,Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by エスゼット ディージェイアイ テクノロジー カンパニー リミテッドSz Dji Technology Co.,Ltd, エスゼット ディージェイアイ テクノロジー カンパニー リミテッドSz Dji Technology Co.,Ltd filed Critical エスゼット ディージェイアイ テクノロジー カンパニー リミテッドSz Dji Technology Co.,Ltd
Priority to PCT/CN2014/093786 priority Critical patent/WO2016095072A1/zh
Publication of JP2017503394A publication Critical patent/JP2017503394A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N21/00Selective content distribution, e.g. interactive television or video on demand [VOD]
    • H04N21/40Client devices specifically adapted for the reception of or interaction with content, e.g. set-top-box [STB]; Operations thereof
    • H04N21/47End-user applications
    • H04N21/472End-user interface for requesting content, additional data or services; End-user interface for interacting with content, e.g. for content reservation or setting reminders, for requesting event notification, for manipulating displayed content
    • H04N21/47205End-user interface for requesting content, additional data or services; End-user interface for interacting with content, e.g. for content reservation or setting reminders, for requesting event notification, for manipulating displayed content for manipulating displayed content, e.g. interacting with MPEG-4 objects, editing locally
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N21/00Selective content distribution, e.g. interactive television or video on demand [VOD]
    • H04N21/20Servers specifically adapted for the distribution of content, e.g. VOD servers; Operations thereof
    • H04N21/23Processing of content or additional data; Elementary server operations; Server middleware
    • H04N21/234Processing of video elementary streams, e.g. splicing of video streams, manipulating MPEG-4 scene graphs
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N21/00Selective content distribution, e.g. interactive television or video on demand [VOD]
    • H04N21/20Servers specifically adapted for the distribution of content, e.g. VOD servers; Operations thereof
    • H04N21/27Server based end-user applications
    • H04N21/274Storing end-user multimedia data in response to end-user request, e.g. network recorder
    • H04N21/2743Video hosting of uploaded data from client
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N21/00Selective content distribution, e.g. interactive television or video on demand [VOD]
    • H04N21/40Client devices specifically adapted for the reception of or interaction with content, e.g. set-top-box [STB]; Operations thereof
    • H04N21/43Processing of content or additional data, e.g. demultiplexing additional data from a digital video stream; Elementary client operations, e.g. monitoring of home network or synchronising decoder's clock; Client middleware
    • H04N21/44Processing of video elementary streams, e.g. splicing a video clip retrieved from local storage with an incoming video stream, rendering scenes according to MPEG-4 scene graphs
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N21/00Selective content distribution, e.g. interactive television or video on demand [VOD]
    • H04N21/40Client devices specifically adapted for the reception of or interaction with content, e.g. set-top-box [STB]; Operations thereof
    • H04N21/43Processing of content or additional data, e.g. demultiplexing additional data from a digital video stream; Elementary client operations, e.g. monitoring of home network or synchronising decoder's clock; Client middleware
    • H04N21/44Processing of video elementary streams, e.g. splicing a video clip retrieved from local storage with an incoming video stream, rendering scenes according to MPEG-4 scene graphs
    • H04N21/44016Processing of video elementary streams, e.g. splicing a video clip retrieved from local storage with an incoming video stream, rendering scenes according to MPEG-4 scene graphs involving splicing one content stream with another content stream, e.g. for substituting a video clip
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N21/00Selective content distribution, e.g. interactive television or video on demand [VOD]
    • H04N21/40Client devices specifically adapted for the reception of or interaction with content, e.g. set-top-box [STB]; Operations thereof
    • H04N21/47End-user applications
    • H04N21/475End-user interface for inputting end-user data, e.g. personal identification number [PIN], preference data
    • H04N21/4756End-user interface for inputting end-user data, e.g. personal identification number [PIN], preference data for rating content, e.g. scoring a recommended movie

Abstract

本発明の実施形態は、映像処理方法、映像処理装置および表示装置を提供し、前記方法は、ユーザが配置した編集規則を取得するステップと、前記編集規則に含まれるマーク指示情報に基づき、各マーク指示情報によって指示された映像セグメントを映像セグメントライブラリから抽出するステップと、抽出された映像セグメントに対して編集処理を実行するステップとを含む。本発明は、マーク情報に基づき映像セグメントを抽出し編集することができ、操作が簡単である。【選択図】図1

Description

本発明は、マルチメディア技術分野に関し、特に映像処理方法、映像処理装置および表示装置に関する。
電子製品の普遍的な使用に伴い、デジタルスチルカメラおよびビデオカメラならびにスマートフォンなどの多くが撮影機能を有しており、映像の記録に広範に用いられている。また、映像の解像度および画質は高まっており、元の映像ファイルが必要とするスペースは大きくなっている。現在、映像の編集は、一般に、元の映像ストリームにおいて優れた映像セグメントを切り取り、複数の優れた映像を一つの組み合わせ映像としてつなぎ合わせ、映像に音楽、字幕を追加する編集を含む。
現在の映像編集方式は、比較的専門的なビデオ編集アプリケーションを用いて映像に対してフレームレベルの編集処理を行うものであり、普通のユーザにとっては操作が不便であり、根気と時間を費やす。
本発明の実施形態で主に解決する技術的課題は、映像に対する処理を便利かつ迅速に実現可能な映像処理方法、映像処理装置および表示装置を提供することである。
一態様において、本発明の実施形態は、
ユーザが配置した編集規則を取得するステップと、
前記編集規則に含まれるマーク指示情報に基づき、各マーク指示情報によって指示された映像セグメントを映像セグメントライブラリから抽出するステップと、
抽出された映像セグメントに対して編集処理を実行するステップと、
を含む映像処理方法を提供する。
もう一つの態様において、本発明の実施形態は、
ユーザが配置した編集規則を取得するための取得モジュールと、
前記編集規則に含まれるマーク指示に基づき、各マーク指示によって指示された映像セグメントを映像セグメントライブラリから抽出する抽出モジュールと、
抽出された映像セグメントに基づき編集処理を実行するための編集モジュールと、
を含む映像処理装置をさらに提供する。
さらにもう一つの態様において、本発明の実施形態は、ディスプレイとプロセッサとを含み、
前記ディスプレイは、前記映像セグメントおよび操作情報を表示するために用いられ、
前記プロセッサは、ユーザが配置した編集規則を取得し、前記編集規則に含まれるマーク指示に基づき、各マーク指示によって指示された映像セグメントを映像セグメントライブラリから抽出し、抽出された映像セグメントに基づき編集処理を実行するために用いられる表示装置をさらに提供する。
本発明の実施形態は、マークに基づき映像セグメントを抽出し、編集処理を行うことができ、操作は便利である。
本発明の実施形態の映像処理方法のフロー概略図である。 本発明の実施形態のもう一つの映像処理方法のフロー概略図である。 本発明の実施形態の映像処理装置の構造概略図である。 本発明の実施形態のもう一つの映像処理装置の構造概略図である。 図4または図5における映像処理装置の抽出モジュールの概略図である。 図4または図5における映像処理装置の編集モジュールの概略図である。 図5における映像処理装置の採取モジュールの概略図である。 図5における映像処理装置の選別モジュールの概略図である。 本発明の実施形態の表示装置の構造概略図である。
以下、本発明の実施形態における図面と合わせ、本発明の実施形態における技術手法について、明確かつ完全に記述するが、記述する実施形態は、本発明の一部の実施形態に過ぎず、すべての実施形態ではないことは明らかである。本発明における実施形態に基づき、当業者が進歩性を有する作業を行わない前提の下で得たその他すべての実施形態は、いずれも本発明の保護する範囲に属す。
抵触しない場合、下記の実施形態および実施形態における特徴は、互いに組み合わせてもよい。
図1は、本発明の実施形態の映像処理方法のフロー概略図であり、本発明の実施形態の前記方法は、空中撮影機、スチルカメラ、ビデオカメラ、スマートフォン、タブレットPCなどの映像を再生可能な電子装置において実現することができ、具体的には、前記方法は、次のステップを含む。
S101:ユーザが配置した編集規則を取得する。
前記ユーザが編集規則を配置する際に、デフォルトの編集規則を直接選択しても、ユーザが必要に応じて編集規則を自ら定義してもよい。
ユーザが配置した編集規則を取得する前に、映像セグメントを取得するために、空中撮影機から転送された映像データを受信して映像源してもよい。具体的には、空中撮影機で撮影された映像データをローカルで一時的に保存し、この映像データを、映像源とする、すなわち、映像セグメントを切り取る対象映像とすることができる。
また、ユーザが配置した編集規則を取得する前に、現在映している対象映像に対する編集操作を取得し、マーク操作で選定された映像セグメントを切り取り、前記選定された映像セグメントのためにマークを生成し、前記選定された映像セグメントを前記生成されたマークと関連づけし、映像セグメントライブラリに保存してもよい。または、対象映像から映像セグメントを切り取り、対象映像における映像セグメントの開始時刻、終了時刻、解像度などの、前記各映像セグメントに対応する記述情報を保存してもよい。その後に、保存した各映像セグメントに対応する記述情報に基づき、メモリカードなどの、前記空中撮影機上の保存媒体に記録された映像から対応する映像セグメントを抽出することができる。
前記対象映像において映像セグメントを切り取る際に、前記映像セグメントの解像度を調節してもよい。例えば、スペースを節約するために、前記映像セグメントの解像度を小さくするか、または補間技術などの方法を用いて映像セグメントの解像度を高めてもよい。
具体的には、前記現在映している対象映像に対する編集操作は、シングルクリック操作、ダブルクリック操作またはプレスアンドホールド操作などの、前記対象映像に対するマーク操作を含む。シングルクリック操作の場合には、シングルクリック操作の時刻において対象映像で所定の時間の長さ前後にそれぞれ拡張し、映像セグメントを選定する。本実施形態においては、前に2秒拡張し、後ろに3秒拡張して、長さ5秒の映像セグメントを得ているが、当然、ユーザの必要に応じて、その他の長さに設定してもよい。例えば、前後に各5秒拡張して、長さ10秒の映像セグメントを得る。前後2回のダブルクリック操作の場合には、対象映像で2回ダブルクリック操作した時刻の間の映像セグメントを選定する。プレスアンドホールド操作の場合には、このプレスアンドホールド操作の開始時刻および終了時刻に基づき、プレスアンドホールド操作の開始時刻と終了時刻との間の映像セグメントを対象映像で選定する。ユーザが機能ボタンを押す動作が映像の再生よりも遅れることを回避するため、機能ボタンが押された時刻を前に数秒間拡張して開始点とすることにより、切り取る映像セグメントがより完全なものになることを保証してもよい。本実施形態において、機能ボタンを押す際に、対象映像の開始方向に2秒拡張し、当然、その他の時間長拡張してもよく、また、対象映像の終了方向に所定時間長拡張してもよい。
映像セグメントを選定する際に、映像セグメントの撮影位置、撮影時刻および格付け情報のいずれか一つまたは複数を併せて生成してもよい。具体的には、前記選定された映像セグメントの撮影時刻に基づき、この選定された映像セグメントのために時刻マークを生成しても、前記選定された映像セグメントの撮影位置に基づき、この選定された映像セグメントのために位置マークを生成しても、前記映像セグメントが選定されたときの格付け情報に基づき、この選定された映像セグメントのために格付けマークを生成してもよい。その後の必要に応じて、映像セグメントに対して時刻マーク、位置マークおよび格付けマークのいずれか一種または複数種を生成してもよい。
映像セグメントを選定する際に等級マークを直接クリックまたはプレスアンドホールドし、前記映像セグメントを三つ星、四つ星またはその他の等級に設定するなど、映像セグメントを選定する際に映像セグメントに対する格付け情報をまとめて生成してもよい。等級マークをクリックまたはプレスアンドホールドすることによって映像セグメントを選定しない場合、選定された映像セグメントは、デフォルトの格付け情報を自動的に取得し、ユーザはこの格付け情報を後から修正することができる。
その後で、修正操作コマンドを取得した場合、修正操作コマンドに基づき、時刻マーク、位置マークおよび/または格付けマークなどの、映像セグメントに対応するマークを修正することができる。映像セグメントおよび映像セグメントに対応するマークを関連づけて映像セグメントライブラリに保存する。
デフォルトの編集規則は、映像セグメントの時刻マークに基づき編集する編集規則、映像セグメントの位置マークに基づき編集する編集規則、および格付けマークに基づき編集する編集規則のいずれか一種または複数種の組み合わせを含んでもよい。
ユーザが自ら定義した編集規則は、ユーザの必要に応じて設定した特定の格付け、時間および/または位置の組み合わせとしてもよい。
本実施形態において、現在映している対象映像は、録画中の映像であっても、録画が完了したプレビュー再生の映像であっても、再生された映像であってもよい。
S102:前記編集規則に含まれるマーク指示情報に基づき、各マーク指示情報によって指示された映像セグメントを映像セグメントライブラリから抽出する。
ユーザが配置した編集規則がデフォルトの編集規則である場合、デフォルトの編集規則におけるマーク指示情報に基づき、例えば、時刻マークが当日である映像セグメントを抽出するか、位置マークが海辺である映像セグメントを抽出するか、格付けマークがすべて三つ星である映像セグメントを抽出するか、または当日海辺で撮影したすべて四つ星の映像セグメントなどの、時刻マーク、位置マークおよび格付けマークのいずれかの組み合わせの映像セグメントを抽出する。また、編集規則は、1回の撮影プロセスにおいて選定された映像セグメントを抽出して映像ファイルを合成してもよく、例えば、航空機の1回の飛行撮影プロセスにおいてユーザが選定した映像セグメントを抽出して、映像ファイルを合成してもよい。
ユーザが配置した編集規則が自ら定義した編集規則である場合、自ら定義した編集規則におけるマーク指示情報に基づき、映像セグメントを抽出する。編集規則のマーク指示情報が、格付けマークが五つ星である2つの映像セグメント、位置マークが森林である1つの映像セグメント、および時刻マークが当日である1つの映像セグメントを抽出する必要があるものである場合、このマーク指示情報に基づき、対応するマークを有する映像セグメントを映像セグメントライブラリから抽出する。自ら定義した編集規則は、再生する対象映像に基づき、簡単な編集操作によって迅速に生成することができる。
S103:抽出された映像セグメントに対して編集処理を実行する。
S102におけるマーク指示情報に基づき、対応する映像セグメントを抽出した後、映像セグメントを映像ファイルとして合成する。
映像ファイルを合成する際に、抽出された映像セグメントを重ねて、映像ファイルを形成してもよい。テンプレートを取得し、前記抽出された映像セグメントを前記テンプレートに挿入して映像ファイルを得てもよい。この取得するテンプレートは、デフォルトのテンプレートをシステムが自動的に取得しても、ユーザが選択したテンプレートをユーザのコマンドに基づき取得してもよい。
前記テンプレートは、デフォルトの音声、字幕およびトランジションセグメントのいずれか一つまたは複数を含んでもよい。テンプレートがトランジションセグメントを含む場合、前記映像セグメントをトランジションセグメントの間に挿入してトランジションセグメントによって前記映像セグメントをつなぐなど、前記映像セグメントおよびトランジションセグメントをユーザコマンドに基づき配列する。テンプレートが音声および/または字幕を含む場合、直接前記映像セグメントをテンプレート中の音声および/または字幕と映像ファイルに合成する。テンプレートを選択して映像セグメントを挿入した後、完全な映像ファイルを作成し、ブラウズする人にブラウズを行わせることができる。
また、ユーザは、テンプレートにおいて配された音声、字幕およびトランジションセグメントのいずれか一つまたは複数を変更するなど、テンプレートを編集してもよい。
映像ファイルを合成した後、前記映像ファイルに対する修正コマンドを取得した場合、前記修正コマンドに基づき映像ファイルを修正することができる。具体的には、修正コマンドが、再並べ替えである場合、ユーザが指定した配列順序を受信して映像セグメントを再並べ替えし、映像ファイルを合成するか、またはシェイク、再合成機能ボタンのクリックなどの動作を実行して抽出された映像セグメントを無作為に再並べ替えし、映像ファイルを合成する。修正コマンドが、映像ファイルにおける映像セグメントの削除である場合、ユーザの削除コマンドを受信し、削除コマンドで指定された情報に基づき、対応する映像セグメントを削除する。修正コマンドが、前記映像ファイルへの新しい映像セグメントの追加である場合、ユーザの追加コマンドを受信し、追加コマンドで指定された追加位置および追加する映像セグメントのマークに基づき、対応するマークを有する映像セグメントを映像セグメントライブラリから抽出し、映像ファイルの指定位置に挿入する。また、修正コマンドが、素材の再抽出である場合、マーク指示情報に適合する映像セグメントを映像セグメントライブラリから再抽出し、映像ファイルを再合成する。
本発明の実施形態の映像処理方法は、操作が簡単で便利であり、専門的なビデオ編集の知識およびスキルを必要としない。
さらに、図2は、本発明の実施形態のもう一つの映像処理方法であり、具体的には次のステップを含む。
S201:ユーザが配置した編集規則を取得する。
ユーザが配置した編集規則を取得する前に、現在映している対象映像に対するマーク操作を取得し、前記マーク操作で指定された映像セグメントを抽出し、選定された映像セグメントのためにマークを生成し、前記選定された映像セグメントを前記生成されたマークと関連づけし、映像セグメントライブラリに保存する。
具体的には、シングルクリック操作、ダブルクリック操作またはプレスアンドホールド操作などのマーク操作によって、対象映像において映像セグメントを選定した後、選定された映像セグメントを切り取る。映像セグメントを選定する際に、映像セグメントの撮影位置、撮影時刻および格付け情報のいずれか一種または複数種を併せて生成することにより、位置マーク、時刻マークおよび/または格付けマークなどのマークを得て、映像セグメントおよび映像セグメントに対応するマークを関連づけて映像セグメントライブラリに保存してもよい。
前記ユーザが編集規則を配置する際に、デフォルトの編集規則を直接選択しても、ユーザが必要に応じて編集規則を自ら定義してもよい。
デフォルトの編集規則は、映像セグメントの時刻マークに基づき編集する編集規則、映像セグメントの位置マークに基づき編集する編集規則、および格付けマークに基づき編集する編集規則のいずれか一種または複数種の組み合わせを含んでもよい。
ユーザが自ら定義した編集規則は、ユーザの必要に応じて設定した特定の格付け、時間および/または位置の組み合わせとしてもよい。
S202:前記編集規則に含まれるマーク指示情報に基づき、各マーク指示情報によって指示された映像セグメントを映像セグメントライブラリから抽出する。
ユーザが配置した編集規則がデフォルトの編集規則である場合、デフォルトの編集規則におけるマーク指示情報に基づき、例えば、特定の格付けマーク、時刻マークまたは位置マークを有する映像セグメントを抽出するか、または1回の撮影プロセスにおいて選定した映像セグメントを抽出する。
ユーザが配置した編集規則が自ら定義した編集規則である場合、自ら定義した編集規則におけるマーク指示情報に基づき、映像セグメントを抽出する。
S203:前記映像セグメントを映像サンプルとして合成する。
編集規則におけるマーク指示情報に基づき、対応する映像セグメントを抽出した後、前記映像セグメントを複数の映像サンプルとして合成する。映像ファイルを合成する際に、抽出された映像セグメントを重ねて、映像ファイルを形成してもよい。テンプレートを取得し、前記抽出された映像セグメントを前記テンプレートに挿入して映像ファイルを得てもよい。この取得するテンプレートは、デフォルトのテンプレートをシステムが自動的に取得しても、ユーザが選択したテンプレートをユーザのコマンドに基づき取得してもよい。テンプレートは、デフォルトの音声、字幕およびトランジションセグメントのいずれか一つまたは複数を含んでもよい。
また、合成プロセスにおいて、前記映像セグメントに対して、再並べ替え、特定の映像セグメントの削除、映像セグメントの追加などの編集操作を行ってもよい。
マーク規則におけるマーク指示情報に基づき映像セグメントライブラリから抽出可能な映像セグメントの数が所定の値以上である場合、前記映像セグメントをグループ分けし、特定の数の対象映像セグメントを各グループから抽出し、複数の映像サンプルを合成する。抽出可能な映像セグメントの数が所定の値未満である場合、特定の数の対象映像セグメントを抽出し、複数の映像サンプルを合成する。
具体的には、例えば、時刻マークに基づき、時刻マークが当日撮影されたものである映像セグメントが計20個抽出された場合、この20個の映像セグメントから、10個、5個などの所定の数の対象映像セグメントを抽出し、複数の映像サンプルを合成する。時刻マークが当日撮影されたものである映像セグメントが計1000個抽出された場合、この1000個の映像セグメントを、1グループあたり100個の映像セグメントが含まれる10グループなど、特定のグループに分け、各グループから、20個の映像セグメントなど、特定の数を抽出し、複数の映像サンプルを合成する。前記グループ分けの数、各グループから選択する映像セグメントの数は、いずれもユーザが設定することができる。グループ分けするか否かを判断する所定の値も、ユーザが設定することができる。
また、選択した映像セグメントが最終的に必要な映像セグメントであることをユーザが確定した場合、1つの映像サンプルに合成することができる。
S204:前記映像サンプルを共有する。
前記合成された映像サンプルを、ネットワークにアップロードするなど、特定の共有プラットフォームにアップロードし、ブラウズする人が視聴できるようにする。
S205:前記映像サンプルの共有プロセスにおいて、前記映像サンプルの共有評価情報を取得する。
ブラウズする人が、前記映像サンプルをブラウズした際に、個人の好みに応じて映像に「いいね!」をするか、または評価することができるとともに、映像サンプルがクリックされた回数およびユーザが映像サンプルに留まった時間も記録することができる。前記共有プロセスにおいて、映像サンプルに対する「いいね!」、評価、留まった時間および/またはクリック回数などの共有情報を取得する。
S206:前記共有評価情報に基づき、合成された各映像サンプルについて対象サンプルの選別を行う。
「いいね!」の数、評価、クリック数および留まった時間などの前記共有評価情報に基づき、映像サンプルを選別し、対象サンプルを得る。
前記対象サンプルおよび前記対象サンプルに対する共有評価情報をマークとして前記対象サンプルと関連づけし、映像セグメントライブラリに保存する。
S207:さらなる合成が必要か否かを判断する。
映像サンプルを合成する前に、抽出された映像セグメントの数が所定の値以上である場合、映像サンプルは、グループ分けした後にグループごとに合成されたサブサンプルであるため、最終的な映像にさらに合成して編集する必要がある。映像サンプルを合成する前に、抽出された映像セグメントの数が所定の値未満である場合、選別された対象サンプルを映像ファイルとして残し、この映像ファイルを共有プラットフォームに残すことができる。
そのため、さらなる合成が必要な場合には、ステップS201からS203を繰り返し、前記ステップS203で合成された映像サンプルを最終的な映像ファイルとする。さらなる合成を必要としない場合には、対象サンプルを映像ファイルとする。
本発明の実施形態の映像処理方法は、操作が簡単で便利であり、専門的なビデオ編集の知識およびスキルを必要としない。
次に本発明の実施形態の映像処理装置および再生装置について説明する。
図3は、本発明の実施形態の映像処理装置の構造概略図であり、本発明の実施形態の前記装置は、空中撮影機、スチルカメラ、ビデオカメラ、スマートフォン、タブレットPCおよび航空機の表示装置に配置することができ、具体的には、前記装置は、
ユーザが配置した編集規則を取得するための取得モジュール1と、
前記編集規則に含まれるマーク指示に基づき、各マーク指示によって指示された映像セグメントを映像セグメントライブラリから抽出する抽出モジュール2と、
抽出された映像セグメントに基づき編集処理を実行するための編集モジュール3と、
を含んでもよい。
取得モジュール1は、具体的には、デフォルトの編集規則を取得するか、またはユーザが自ら定義した編集規則を取得するために用いられる。
前記デフォルトの編集規則は、映像セグメントの時刻マークに基づき編集する編集規則、映像セグメントの位置マークに基づき編集する編集規則、および格付けマークに基づき編集する編集規則のいずれか一種または複数種の組み合わせを含む。
ユーザが自ら定義した編集規則は、ユーザの必要に応じて設定した特定の格付け、時間および/または位置の組み合わせとしてもよい。
抽出モジュール2は、前記デフォルトの編集規則または自ら定義した編集規則におけるマーク指示に基づき、例えば、特定の位置マークに基づき選択し、特定の時刻マークに基づき選択し、特定の格付けマークに基づき選択するか、または共有評価による当月の最優秀映像または年度の映像に対応する映像セグメントを選択し、このマーク指示で指示された映像セグメントを映像セグメントライブラリから抽出する。
映像セグメントを抽出した後、編集モジュール3は、抽出された映像セグメントを映像ファイルとして合成する。
映像ファイルを合成する際に、抽出された映像セグメントを重ねて、映像ファイルを形成しても、テンプレートを取得し、前記抽出された映像セグメントを前記テンプレートに挿入して映像ファイルを得てもよい。この取得するテンプレートは、デフォルトのテンプレートをシステムが自動的に取得しても、ユーザが選択したテンプレートをユーザのコマンドに基づき取得してもよい。
映像ファイルを合成した後、前記映像ファイルに対する修正コマンドを取得した場合、前記修正コマンドに基づき前記映像ファイルを修正することができる。
さらに任意に、図4に示すように、前記映像処理装置は、保存モジュール4、採取モジュール5、選別モジュール6を含んでもよい。
前記保存モジュール4は、映像セグメントを取得するために、空中撮影機から転送された映像データを受信して映像源とするために用いられる。具体的には、前記保存モジュール4は、その後に、映像セグメントをこの対象映像から切り取ることができるように、空中撮影機で撮影された映像データをローカルで一時的に保存することができ、この映像データを、映像源とする、すなわち、映像セグメントを切り取る対象映像とすることができる。
前記採取モジュール5は、対象映像から映像セグメントを選定し、選定された映像セグメントのためにマークを生成するために用いられる。
前記選別モジュール6は、映像セグメントを映像セグメントライブラリから抽出し、複数の映像サンプルを合成し、かつ合成した映像サンプルをネットワークなどの共有プラットフォーム上で共有し、共有プロセスにおける前記映像サンプルに対する共有評価情報を取得し、前記共有評価情報に基づき、合成した各映像サンプルについて対象サンプルの選別を行い、対象サンプルを得るために用いられる。
図5に示すように、前記抽出モジュール2は、抽出ユニット21と、第1の修正ユニット22とを含む。
前記抽出ユニット21は、前記編集規則に含まれるマーク指示に基づき、各マーク指示によって指示された映像セグメントを映像セグメントライブラリから抽出するために用いられる。
第1の修正ユニット22は、修正操作コマンドを取得した際に、前記修正操作コマンドに基づき前記映像セグメントに対応するマークを修正するために用いられる。修正操作コマンドを取得した際に、修正操作コマンドに基づき、時刻マーク、位置マークおよび/または格付けマークなどの、映像セグメントに対応するマークを修正することができる。
図6に示すように、前記編集モジュール3は、合成ユニット31と、第2の修正ユニット32とを含む。
合成ユニット31は、前記抽出ユニット21が映像セグメントライブラリから抽出した映像セグメントを合成し、映像ファイルを得るために用いられる。
映像ファイルを合成する際に、合成ユニット31は、抽出された映像セグメントを重ねて、映像ファイルを形成しても、テンプレートを取得し、前記抽出された映像セグメントを前記テンプレートに挿入して映像ファイルを得てもよい。この取得するテンプレートは、デフォルトのテンプレートをシステムが自動的に取得しても、ユーザが選択したテンプレートをユーザのコマンドに基づき取得してもよい。
前記テンプレートは、デフォルトの音声、字幕およびトランジションセグメントのいずれか一つまたは複数を含んでもよい。テンプレートがトランジションセグメントを含む場合、前記映像セグメントをトランジションセグメントの間に挿入してトランジションセグメントによって前記映像セグメントをつなぐなど、前記映像セグメントおよびトランジションセグメントをユーザコマンドに基づき配列する。テンプレートが音声および/または字幕を含む場合、直接前記映像セグメントをテンプレート中の音声および/または字幕と映像ファイルに合成する。テンプレートを選択して映像セグメントを挿入した後、完全な映像ファイルを作成し、ブラウズする人にブラウズを行わせることができる。
第2の修正ユニット32は、前記映像ファイルに対する修正コマンドを取得した際に、前記修正コマンドに基づき前記映像ファイルを修正するために用いられる。
映像ファイルを合成した後、前記映像ファイルに対する修正コマンドを取得した場合、前記修正コマンドに基づき映像ファイルを修正することができる。具体的には、修正コマンドが、再並べ替えである場合、ユーザが指定した配列順序を受信して映像セグメントを再並べ替えし、映像ファイルを合成するか、またはシェイク、再合成機能ボタンのクリックなどの動作を実行して抽出された映像セグメントを無作為に再並べ替えし、映像ファイルを合成する。修正コマンドが、映像ファイルにおける映像セグメントの削除である場合、ユーザの削除コマンドを受信し、削除コマンドで指定された情報に基づき、対応する映像セグメントを削除する。修正コマンドが、前記映像ファイルへの新しい映像セグメントの追加である場合、ユーザの追加コマンドを受信し、追加コマンドで指定された追加位置および追加する映像セグメントのマークに基づき、対応するマークを有する映像セグメントを映像セグメントライブラリから抽出し、映像ファイルの指定位置に挿入する。また、修正コマンドが、素材の再抽出である場合、マーク指示情報に適合する映像セグメントを映像セグメントライブラリから再抽出し、映像ファイルを再合成する。
また、ユーザは、第2の修正ユニット32によって、テンプレートにおいて配された音声、字幕およびトランジションセグメントのいずれか一つまたは複数を変更するなど、テンプレートを編集してもよい。
図7に示すように、前記採取モジュール5は、マークユニット51と、保存ユニット52とを含む。
前記マークユニット51は、現在映している対象映像に対するマーク操作を取得し、前記マーク操作で選定された映像セグメントを切り取るために用いられ、保存ユニット52は、前記選定された映像セグメントのためにマークを生成し、前記選定された映像セグメントを前記生成されたマークと関連づけし、映像セグメントライブラリに保存するために用いられる。前記保存ユニット52は、具体的には、前記選定された映像セグメントの撮影時刻に基づき、この選定された映像セグメントのために時刻マークを生成すること、前記選定された映像セグメントの撮影位置に基づき、この選定された映像セグメントのために位置マークを生成すること、前記映像セグメントが選定されたときの格付けに基づき、この選定された映像セグメントのために格付けマークを生成することのいずれか一種または複数種に用いられる。
図8に示すように、前記選別モジュール6は、選択ユニット61と、サンプル生成ユニット62と、共有ユニット63と、マーク取得ユニット64と、選別ユニット65とを含む。
前記選択ユニット61は、前記映像セグメントのマークに基づき、所定の数の映像セグメントを抽出するために用いられる。特定の格付けマーク、時刻マークまたは位置マークを有する映像セグメントを抽出するか、または1回の撮影プロセスにおいて選定した映像セグメントを抽出する。
サンプル生成ユニット62は、前記抽出された映像セグメントを用いて映像サンプルを合成するために用いられる。マーク規則におけるマーク指示情報に基づき映像セグメントライブラリから抽出可能な映像セグメントの数が所定の値以上である場合、前記映像セグメントをグループ分けし、特定の数の対象映像セグメントを各グループから抽出し、複数の映像サンプルを合成する。抽出可能な映像セグメントの数が所定の値未満である場合、特定の数の対象映像セグメントを抽出し、複数の映像サンプルを合成する。グループ分けの数、各グループから選択する映像セグメントの数は、いずれもユーザが設定することができ、グループ分けするか否かを判断する所定の値も、ユーザが設定することができる。
共有ユニット63は、前記映像サンプルを共有するために用いられる。前記合成された映像サンプルを、ネットワークにアップロードするなど、特定の共有プラットフォームにアップロードし、ブラウズする人が視聴できるようにする。
マーク取得ユニット64は、前記映像サンプルの共有プロセスにおいて、前記映像サンプルの共有評価情報を取得するために用いられる。ブラウズする人が、前記映像サンプルをブラウズした際に、個人の好みに応じて映像に「いいね!」をするか、または評価することができるとともに、映像サンプルがクリックされた回数およびユーザが映像サンプルに留まった時間も記録することができる。前記共有プロセスにおいて、映像サンプルに対する「いいね!」、評価、留まった時間および/またはクリック回数などの共有情報を取得する。
選別ユニット65は、前記共有評価情報に基づき、合成された各映像サンプルについて対象サンプルの選別を行うために用いられる。「いいね!」の数、評価、クリック数および留まった時間などの前記共有評価情報に基づき、映像サンプルを選別し、対象サンプルを得る。これにより、当月の最優秀映像、年度の最優秀映像などを得る。
前記選別モジュール6は、サンプル保存ユニット66をさらに含む。サンプル保存ユニット66は、前記対象サンプルおよび前記対象サンプルに対する共有評価情報をマークとして前記対象サンプルと関連づけし、映像セグメントライブラリに保存することに用いられる。
本発明の実施形態の前記映像処理装置における各モジュールおよびユニットの具体的な実現は、図1および図2を参照することができ、対応する実施形態において説明する。
本発明の実施形態の映像処理装置は、操作が簡単で便利であり、専門的なビデオ編集の知識およびスキルを必要としない。
さらに、図10は、本発明の実施形態の表示装置の構造概略図であり、本発明の実施形態の表示装置は、空中撮影機、スチルカメラ、ビデオカメラ、スマートフォン、タブレットPCまたは航空機の表示装置などとすることができる。具体的には、本発明の実施形態の前記表示装置は、ディスプレイ100とプロセッサ200とを含む。
前記ディスプレイ100は、前記映像セグメントおよび操作情報を表示するために用いられる。
前記プロセッサ200は、ユーザが配置した編集規則を取得し、前記編集規則に含まれるマーク指示に基づき、各マーク指示によって指示された映像セグメントを映像セグメントライブラリから抽出し、抽出された映像セグメントに基づき編集処理を実行するために用いられる。
具体的には、前記プロセッサ200は、ユーザが配置した編集規則を取得する前に、現在映している対象映像に対するマーク操作を取得し、前記編集操作で選定された映像セグメントを切り取り、前記選定された映像セグメントのためにマークを生成し、前記選定された映像セグメントを前記生成されたマークと関連づけし、映像セグメントライブラリに保存するために用いられる。
さらに具体的には、前記プロセッサ200は、前記選定された映像セグメントの撮影時刻に基づき、この選定された映像セグメントのために時刻マークを生成すること、前記選定された映像セグメントの撮影位置に基づき、この選定された映像セグメントのために位置マークを生成すること、前記映像セグメントが選定されたときの格付けに基づき、この選定された映像セグメントのために格付けマークを生成することのいずれか一種または複数種に用いられる。
前記プロセッサ200は、具体的には、デフォルトの編集規則を取得するか、またはユーザが自ら定義した編集規則を取得するために用いられる。前記デフォルトの編集規則は、映像セグメントの時刻マークに基づき編集する編集規則、映像セグメントの位置マークに基づき編集する編集規則、および格付けマークに基づき編集する編集規則のいずれか一種または複数種の組み合わせを含む。
前記プロセッサ200は、具体的には、前記抽出された映像セグメントを前記生成されたマークと関連づけし、映像セグメントライブラリに保存するステップの後に、修正操作コマンドを取得し、前記修正操作コマンドに基づき前記映像セグメントに対応するマークを修正するために用いられる。例えば、前記映像セグメントの時刻マーク、位置マーク、格付けマークなどを修正する。
前記プロセッサ200は、具体的には、前記抽出された映像セグメントを結合して映像ファイルを得るために用いられる。
前記プロセッサ200は、前記映像ファイルにおける映像セグメントを再並べ替えすること、映像ファイルにおける映像セグメントを削除すること、および前記映像ファイルに新しい映像セグメントを追加することのいずれか一種または複数種の操作にさらに用いてもよい。
さらに、前記プロセッサ200は、前記映像セグメントのマーク情報に基づき、所定の数の対象映像セグメントを抽出し、前記抽出された映像セグメントを用いて映像サンプルを合成し、前記映像サンプルを共有し、前記映像サンプルの共有プロセスにおいて、前記映像サンプルの共有評価情報を取得し、前記共有評価情報に基づき、合成された各映像サンプルについて対象サンプルの選別を行うために用いられる。
前記プロセッサ200は、前記対象サンプルおよび前記対象サンプルに対する共有評価情報をマークとして前記対象サンプルと関連づけし、映像セグメントライブラリに保存する。
また、前記プロセッサ200は、テンプレートを取得し、前記映像ファイルを前記テンプレートに挿入して映像ファイルを得るためにさらに用いてもよい。前記取得したテンプレートは、デフォルトの音声および/または字幕などの情報を含んでもよいため、最終的に得られる映像ファイルは、ビデオ情報以外に、音声および/または字幕情報をさらに含んでもよく、ブラウズする人により完全にブラウズをさせることができる。
前記プロセッサ200は、ユーザコマンドを取得し、前記ユーザのコマンドに基づき、音声および/または字幕情報を修正するなど、前記テンプレートを修正するためにさらに用いてもよい。
本発明の実施形態は、便利に映像に対して、合成、修正などの操作などの編集操作を行うことができ、専門知識を必要とせず、操作は簡単で、便利である。
本発明で提供するいくつかの実施形態において、開示されている関連装置および方法は、その他の方式によって実現してもよいことを理解すべきである。例えば、上述した装置の実施形態は、概略的なものに過ぎず、例えば、前記モジュールまたはユニットの区分は、論理的な機能の区分に過ぎず、実際の実現の際には、別の区分方式を有してもよく、例えば、複数のユニットまたはアセンブリを組み合わせるか、または別のシステムに集積してもよく、または一部の特徴を省略しても、実行しなくてもよい。もう一点、示された、または考察された互いの間の結合または直接結合または通信接続は、いくつかのインターフェース、装置またはユニットの間接結合または通信接続としてもよく、電気的、機械またはその他の形式とすることができる。
前記分離部材の説明のユニットは、物理的に分けられたものであっても、または分けられていないものであってもよく、ユニットとして示された部材は、物理的なユニットであっても、またはそうでなくてもよく、すなわち、一つの場所に位置していても、または複数のネットワークユニットに分布していてもよい。実際の必要に応じて、一部または全部のユニットを選択し、本実施形態の手法の目的を実現してもよい。
また、本発明の各実施形態における各機能ユニットは、一つの処理ユニットの中に集積しても、各ユニットが単独で物理的に存在しても、複数のユニットを一つのユニットの中に集積してもよい。前記集積されたユニットは、ハードウェアの形式で実現しても、ソフトウェアの機能ユニットの形式で実現してもよい。
前記集積されたユニットをソフトウェアの機能ユニットの形式で実現し、独立した製品として販売または使用する場合、コンピュータで読み取り可能な記憶媒体に記憶してもよい。こうした理解に基づき、本発明の技術手法は、実質的に、あるいは従来技術に対して寄与する部分またはこの技術手法の全部もしくは一部に対して、ソフトウェア製品の形式で実現し、コンピュータプロセッサ(processor)に本発明の各実施形態の前記方法の全部または一部のステップを実行させる複数のコマンドを含むこのコンピュータソフトウェア製品を、記憶媒体に記憶してもよい。前記記憶媒体は、USBフラッシュドライブ、ポータブルハードディスクドライブ、リードオンリーメモリ(ROM,Read−Only Memory)、ランダムアクセスメモリ(RAM,Random Access Memory)、フロッピーディスクまたは光ディスクなどのプログラムコードを記憶可能な各種媒体を含む。
上述したものは、本発明の実施形態に過ぎず、これによって本発明の特許請求の範囲を限定するものではなく、本発明の明細書および図面の内容を用いて行われたすべての同等の構造もしくは同等のフローの変更、またはその他の関連する技術分野に直接もしくは間接的に用いたものは、本発明の特許保護範囲内にいずれも含まれる。

Claims (43)

  1. ユーザが配置した編集規則を取得するステップと、
    前記編集規則に含まれるマーク指示情報に基づき、各マーク指示情報によって指示された映像セグメントを映像セグメントライブラリから抽出するステップと、
    抽出された映像セグメントに対して編集処理を実行するステップと、
    を含むことを特徴とする映像処理方法。
  2. 前記ユーザが配置した編集規則を取得するステップの前に、
    映像セグメントを取得するために、空中撮影機から転送された映像データを受信して映像源とするステップをさらに含むことを特徴とする請求項1に記載の映像処理方法。
  3. 前記ユーザが配置した編集規則を取得するステップの前に、
    現在映している対象映像に対するマーク操作を取得し、前記マーク操作で選定された映像セグメントを切り取るステップと、
    前記選定された映像セグメントのためにマークを生成し、前記選定された映像セグメントを前記生成されたマークと関連づけし、映像セグメントライブラリに保存するステップと、
    をさらに含むことを特徴とする請求項1に記載の映像処理方法。
  4. 前記選定された映像セグメントのためにマークを生成するステップは、
    前記選定された映像セグメントの撮影時刻に基づき、前記選定された映像セグメントのために時刻マークを生成するステップ、
    前記選定された映像セグメントの撮影位置に基づき、前記選定された映像セグメントのために位置マークを生成するステップ、および
    前記映像セグメントが選定されたときの格付け情報に基づき、前記選定された映像セグメントのために格付けマークを生成するステップ、のいずれか一つまたは複数を含むことを特徴とする請求項3に記載の映像処理方法。
  5. 前記ユーザが配置した編集規則を取得するステップは、
    デフォルトの編集規則、またはユーザが自ら定義した編集規則を取得するステップを含むことを特徴とする請求項4に記載の映像処理方法。
  6. 前記デフォルトの編集規則は、
    映像セグメントの時刻マークに基づき編集する編集規則、映像セグメントの位置マークに基づき編集する編集規則、および格付けマークに基づき編集する編集規則のいずれか一つまたは複数の組み合わせを含むことを特徴とする請求項5に記載の映像処理方法。
  7. 前記選定された映像セグメントを前記生成されたマークと関連づけし、映像セグメントライブラリに保存するステップの後に、
    修正操作コマンドを取得した際に、前記修正操作コマンドに基づき前記映像セグメントに対応するマークを修正するステップをさらに含むことを特徴とする請求項3に記載の映像処理方法。
  8. 前記映像セグメントのマークに基づき、所定の数の映像セグメントを抽出するステップと、
    前記抽出された映像セグメントを用いて映像サンプルを合成するステップと、
    前記映像サンプルを共有するステップと、
    前記映像サンプルの共有プロセスにおいて、前記映像サンプルの共有評価情報を取得するステップと、
    前記共有評価情報に基づき、合成された各映像サンプルについて対象サンプルの選別を行うステップと、
    をさらに含むことを特徴とする請求項1に記載の映像処理方法。
  9. 前記共有評価情報に基づき、合成された各映像サンプルについて対象サンプルの選別を行うステップの後に、
    対象サンプルの選別の後に得られた対象サンプルおよびその共有評価情報をマークとして前記対象サンプルと関連づけし、映像セグメントライブラリに保存するステップをさらに含むことを特徴とする請求項8に記載の映像処理方法。
  10. 抽出された映像セグメントに対して編集処理を実行するステップは、
    前記抽出された映像セグメントを結合して映像ファイルを得るステップを含むことを特徴とする請求項1に記載の映像処理方法。
  11. 前記抽出された映像セグメントに対して編集処理を実行するステップは、
    前記映像ファイルに対する修正コマンドを取得した際に、前記修正コマンドに基づき前記映像ファイルを修正するステップをさらに含むことを特徴とする請求項10に記載の映像処理方法。
  12. 前記映像ファイルに対する修正コマンドは、
    前記映像ファイルにおける映像セグメントを再並べ替えすること、映像ファイルにおける映像セグメントを削除すること、または前記映像ファイルに新しい映像セグメントを追加することのいずれか一つまたは複数を含むことを特徴とする請求項11に記載の映像処理方法。
  13. 前記抽出された映像セグメントを結合して映像ファイルを得るステップは、
    テンプレートを取得し、前記抽出された映像セグメントを前記テンプレートに挿入して映像ファイルを得るステップを含むことを特徴とする請求項10に記載の映像処理方法。
  14. 前記テンプレートを取得し、前記抽出された映像セグメントを前記テンプレートに挿入して映像ファイルを得るステップは、
    デフォルトの音声および/または字幕を含むテンプレートを取得し、前記抽出された映像セグメントを前記デフォルトの音声および/または字幕を含むテンプレートに挿入して映像ファイルを得るステップを含むことを特徴とする請求項13に記載の映像処理方法。
  15. 前記テンプレートを取得し、前記抽出された映像セグメントを前記テンプレートに挿入して映像ファイルを得るステップは、
    デフォルトのトランジションセグメントを含むテンプレートを取得し、前記抽出された映像セグメントを、前記トランジションセグメントを含むテンプレートに挿入して映像ファイルを得るステップを含むことを特徴とする請求項13または14に記載の映像処理方法。
  16. ユーザが配置した編集規則を取得するための取得モジュールと、
    前記編集規則に含まれるマーク指示に基づき、各マーク指示によって指示された映像セグメントを映像セグメントライブラリから抽出する抽出モジュールと、
    抽出された映像セグメントに基づき編集処理を実行するための編集モジュールと、
    を含むことを特徴とする映像処理装置。
  17. 映像セグメントを取得するために、空中撮影機から転送された映像データを受信して映像源とする保存モジュールをさらに含むことを特徴とする請求項16に記載の映像処理装置。
  18. 採取モジュールをさらに含み、前記採取モジュールは、
    現在映している対象映像に対するマーク操作を取得し、前記マーク操作で選定された映像セグメントを切り取るためのマークユニットと、
    前記選定された映像セグメントのためにマークを生成し、前記選定された映像セグメントを前記生成されたマークと関連づけし、映像セグメントライブラリに保存するための保存ユニットと、
    を含むことを特徴とする請求項16に記載の映像処理装置。
  19. 前記保存ユニットは、
    前記選定された映像セグメントの撮影時刻に基づき、前記選定された映像セグメントのために時刻マークを生成するステップ、
    前記選定された映像セグメントの撮影位置に基づき、前記選定された映像セグメントのために位置マークを生成するステップ、
    および前記映像セグメントが選定されたときの格付けに基づき、前記選定された映像セグメントのために格付けマークを生成するステップのいずれか一つまたは複数を実行するために用いられることを特徴とする請求項18に記載の映像処理装置。
  20. 前記取得モジュールは、映像セグメントの時刻マークに基づき編集する編集規則、映像セグメントの位置マークに基づき編集する編集規則、および格付けマークに基づき編集する編集規則のいずれか一つもしくは複数の組み合わせを含むデフォルトの編集規則を取得するか、またはユーザが自ら定義した編集規則を取得するために用いられることを特徴とする請求項19に記載の映像処理装置。
  21. 前記抽出モジュールは、
    修正操作コマンドを取得した際に、前記修正操作コマンドに基づき前記映像セグメントに対応するマークを修正するための第1の修正ユニットを含むことを特徴とする請求項18に記載の映像処理装置。
  22. 選別モジュールをさらに含み、前記選別モジュールは、
    前記映像セグメントのマークに基づき、所定の数の映像セグメントを抽出するための選択ユニットと、
    前記抽出された映像セグメントを用いて映像サンプルを合成するためのサンプル生成ユニットと、
    前記映像サンプルを共有するための共有ユニットと、
    前記映像サンプルの共有プロセスにおいて、前記映像サンプルの共有評価情報を取得するためのマーク取得ユニットと、
    前記共有評価情報に基づき、合成された各映像サンプルについて対象サンプルの選別を行うための選別ユニットと、
    を含むことを特徴とする請求項16に記載の映像処理装置。
  23. 前記選別モジュールは、
    前記対象サンプルおよび前記対象サンプルに対する共有評価情報をマークとして前記対象サンプルと関連づけし、映像セグメントライブラリに保存するためのサンプル保存ユニットをさらに含むことを特徴とする請求項22に記載の映像処理装置。
  24. 前記編集モジュールは、
    前記抽出された映像セグメントを結合して映像ファイルを得るための合成ユニットを含むことを特徴とする請求項16に記載の映像処理装置。
  25. 前記編集モジュールは、
    前記映像ファイルに対する修正コマンドを取得した際に、前記修正コマンドに基づき前記映像ファイルを修正するための第2の修正ユニットをさらに含むことを特徴とする請求項24に記載の映像処理装置。
  26. 前記第2の修正ユニットは、前記映像ファイルにおける映像セグメントを再並べ替えすること、映像ファイルにおける映像セグメントを削除すること、および前記映像ファイルに新しい映像セグメントを追加することのいずれか一つまたは複数の操作に用いられることを特徴とする請求項25に記載の映像処理装置。
  27. 前記合成ユニットは、テンプレートを取得し、前記抽出された映像セグメントを前記テンプレートに挿入して映像ファイルを得るために用いられることを特徴とする請求項24に記載の映像処理装置。
  28. 前記合成ユニットは、デフォルトの音声および/または字幕を含むテンプレートを取得し、前記抽出された映像セグメントを前記デフォルトの音声および/または字幕を含むテンプレートに挿入して映像ファイルを得るために用いられることを特徴とする請求項27に記載の映像処理装置。
  29. 前記合成ユニットは、デフォルトのトランジションセグメントを含むテンプレートを取得し、前記抽出された映像セグメントを、前記トランジションセグメントを含むテンプレートに挿入して映像ファイルを得るために用いられることを特徴とする請求項27または28に記載の映像処理装置。
  30. ディスプレイとプロセッサとを含み、
    前記ディスプレイは、映像セグメントおよび操作情報を表示するために用いられ、
    前記プロセッサは、ユーザが配置した編集規則を取得し、前記編集規則に含まれるマーク指示に基づき、各マーク指示によって指示された映像セグメントを映像セグメントライブラリから抽出し、抽出された映像セグメントに基づき編集処理を実行するために用いられることを特徴とする表示装置。
  31. 前記プロセッサは、映像セグメントを取得するために、空中撮影機から転送された映像データを受信して映像源とするために用いられることを特徴とする請求項30に記載の表示装置。
  32. 前記プロセッサは、ユーザが配置した編集規則を取得する前に、現在映している対象映像に対するマーク操作を取得し、編集操作で選定された映像セグメントを切り取り、前記選定された映像セグメントのためにマークを生成し、前記選定された映像セグメントを前記生成されたマークと関連づけし、映像セグメントライブラリに保存するために用いられることを特徴とする請求項30に記載の表示装置。
  33. 前記プロセッサは、、
    前記選定された映像セグメントの撮影時刻に基づき、前記選定された映像セグメントのために時刻マークを生成するステップ、
    前記選定された映像セグメントの撮影位置に基づき、前記選定された映像セグメントのために位置マークを生成するステップ、
    および前記映像セグメントが選定されたときの格付けに基づき、前記選定された映像セグメントのために格付けマークを生成するステップのいずれか一つまたは複数を実行するために用いられることを特徴とする請求項32に記載の表示装置。
  34. 前記プロセッサは、デフォルトの編集規則を取得するか、またはユーザが自ら定義した編集規則を取得するために用いられることを特徴とする請求項33に記載の表示装置。
  35. 前記プロセッサは、映像セグメントの時刻マークに基づき編集すること、映像セグメントの位置マークに基づき編集すること、格付けマークに基づき編集することのいずれか一つまたは複数の組み合わせのために用いられることを特徴とする請求項34に記載の表示装置。
  36. 前記プロセッサは、前記抽出された映像セグメントを前記生成されたマークと関連づけし、映像セグメントライブラリに保存するステップの後に、修正操作コマンドを取得した際に、前記修正操作コマンドに基づき前記映像セグメントに対応するマークを修正するために用いられることを特徴とする請求項32に記載の表示装置。
  37. 前記プロセッサは、前記映像セグメントのマーク情報に基づき、所定の数の対象映像セグメントを抽出し、前記抽出された映像セグメントを用いて映像サンプルを合成し、前記映像サンプルを共有し、前記映像サンプルの共有プロセスにおいて、前記映像サンプルの共有評価情報を取得し、前記共有評価情報に基づき、合成された各映像サンプルについて対象サンプルの選別を行うために用いられることを特徴とする請求項30に記載の表示装置。
  38. 前記プロセッサは、対象サンプルの選別の後に得られた対象サンプルおよびその共有評価情報をマークとして前記対象サンプルと関連づけし、映像セグメントライブラリに保存するために用いられることを特徴とする請求項37に記載の表示装置。
  39. 前記プロセッサは、前記抽出された映像セグメントを結合して映像ファイルを得るために用いられることを特徴とする請求項30に記載の表示装置。
  40. 前記プロセッサは、前記映像ファイルに対する修正コマンドを取得した際に、前記修正コマンドに基づき前記映像ファイルを修正するために用いられ、前記修正コマンドは、前記映像ファイルにおける映像セグメントを再並べ替えすること、映像ファイルにおける映像セグメントを削除すること、および前記映像ファイルに新しい映像セグメントを追加することのいずれか一つまたは複数の操作を含むことを特徴とする請求項39に記載の表示装置。
  41. 前記プロセッサは、テンプレートを取得し、前記映像ファイルを前記テンプレートに挿入して映像ファイルを得るために用いられることを特徴とする請求項39に記載の表示装置。
  42. 前記プロセッサは、デフォルトの音声および/または字幕を含むテンプレートを取得し、前記抽出された映像セグメントを前記デフォルトの音声および/または字幕を含むテンプレートに挿入して映像ファイルを得るために用いられることを特徴とする請求項41に記載の表示装置。
  43. 前記プロセッサは、デフォルトのトランジションセグメントを含むテンプレートを取得し、前記抽出された映像セグメントを、前記トランジションセグメントを含むテンプレートに挿入して映像ファイルを得るために用いられることを特徴とする請求項41または42に記載の表示装置。
JP2016536920A 2014-12-14 2014-12-14 映像処理方法、映像処理装置および表示装置 Pending JP2017503394A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
PCT/CN2014/093786 WO2016095072A1 (zh) 2014-12-14 2014-12-14 一种视频处理方法、视频处理装置及显示装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2017503394A true JP2017503394A (ja) 2017-01-26

Family

ID=55678519

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2016536920A Pending JP2017503394A (ja) 2014-12-14 2014-12-14 映像処理方法、映像処理装置および表示装置

Country Status (3)

Country Link
JP (1) JP2017503394A (ja)
CN (1) CN105493512B (ja)
WO (1) WO2016095072A1 (ja)

Families Citing this family (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN106101844A (zh) * 2016-06-30 2016-11-09 北京奇艺世纪科技有限公司 一种视频分享方法及装置
CN106210541B (zh) * 2016-08-11 2019-05-14 由我互动(北京)科技有限公司 一种视频生成方法、装置及移动终端
CN106804000A (zh) * 2017-02-28 2017-06-06 北京小米移动软件有限公司 直播回放方法及装置
CN107529095A (zh) * 2017-08-24 2017-12-29 上海与德科技有限公司 一种视频拼接方法及装置
CN107613235B (zh) * 2017-09-25 2019-12-27 北京达佳互联信息技术有限公司 视频录制方法和装置
CN110121105A (zh) * 2018-02-06 2019-08-13 上海全土豆文化传播有限公司 剪辑视频生成方法及装置
CN110602560A (zh) * 2018-06-12 2019-12-20 优酷网络技术(北京)有限公司 视频处理方法及装置
CN110868631A (zh) * 2018-08-28 2020-03-06 腾讯科技(深圳)有限公司 视频剪辑方法、装置、终端及存储介质
CN109257649A (zh) * 2018-11-28 2019-01-22 维沃移动通信有限公司 一种多媒体文件生成方法及终端设备
CN109714644A (zh) * 2019-01-22 2019-05-03 广州虎牙信息科技有限公司 一种视频数据的处理方法、装置、计算机设备和存储介质
CN110139149B (zh) * 2019-06-21 2020-11-24 上海摩象网络科技有限公司 一种视频优化的方法、装置、电子设备
CN110381382B (zh) * 2019-07-23 2021-02-09 腾讯科技(深圳)有限公司 视频笔记生成方法、装置、存储介质和计算机设备
CN110719440A (zh) * 2019-09-26 2020-01-21 恒大智慧科技有限公司 一种视频回放方法、装置及存储介质

Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003256432A (ja) * 2002-03-06 2003-09-12 Sony Corp 映像素材情報記述方法、遠隔検索システム、遠隔検索方法、編集装置および遠隔検索端末、遠隔編集システム、遠隔編集方法、編集装置および遠隔編集端末、ならびに、映像素材情報記憶装置および方法
JP2004320233A (ja) * 2003-04-14 2004-11-11 Sony Corp 画像記録再生方法および画像記録再生装置
JP2005109566A (ja) * 2003-09-26 2005-04-21 Toshiba Corp 映像要約装置、説明文生成装置、映像要約方法、説明文生成方法及びプログラム
WO2008136466A1 (ja) * 2007-05-01 2008-11-13 Dep Co., Ltd. 動画編集装置
JP2009055152A (ja) * 2007-08-24 2009-03-12 Sony Corp 動画作成装置、動画作成方法、およびプログラム
JP2014059773A (ja) * 2012-09-18 2014-04-03 Canon Inc 画像表示装置及びその制御方法、プログラム、並びに記憶媒体

Family Cites Families (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7769819B2 (en) * 2005-04-20 2010-08-03 Videoegg, Inc. Video editing with timeline representations
EP1878019A1 (en) * 2005-04-22 2008-01-16 Thomson Licensing Method, apparatus and system for creating an edit manipulation list for previously recorded media content
US20090259944A1 (en) * 2008-04-10 2009-10-15 Industrial Technology Research Institute Methods and systems for generating a media program
CN101753941A (zh) * 2008-12-19 2010-06-23 康佳集团股份有限公司 一种成像设备中实现标注信息的方法及成像设备
CN101740082A (zh) * 2009-11-30 2010-06-16 孟智平 一种基于浏览器的视频剪辑方法及系统
CN103313122B (zh) * 2012-03-09 2018-02-27 联想(北京)有限公司 一种数据处理方法及电子设备
CN103096184B (zh) * 2013-01-18 2016-04-13 深圳市同洲电子股份有限公司 一种视频编辑方法及装置
CN103412746B (zh) * 2013-07-23 2017-06-06 华为技术有限公司 媒体内容分享方法和终端设备及内容分享系统
CN103761985B (zh) * 2014-01-24 2016-04-06 北京华科飞扬科技股份公司 一种多通道视音频在线式演播编辑系统

Patent Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003256432A (ja) * 2002-03-06 2003-09-12 Sony Corp 映像素材情報記述方法、遠隔検索システム、遠隔検索方法、編集装置および遠隔検索端末、遠隔編集システム、遠隔編集方法、編集装置および遠隔編集端末、ならびに、映像素材情報記憶装置および方法
JP2004320233A (ja) * 2003-04-14 2004-11-11 Sony Corp 画像記録再生方法および画像記録再生装置
JP2005109566A (ja) * 2003-09-26 2005-04-21 Toshiba Corp 映像要約装置、説明文生成装置、映像要約方法、説明文生成方法及びプログラム
WO2008136466A1 (ja) * 2007-05-01 2008-11-13 Dep Co., Ltd. 動画編集装置
JP2009055152A (ja) * 2007-08-24 2009-03-12 Sony Corp 動画作成装置、動画作成方法、およびプログラム
JP2014059773A (ja) * 2012-09-18 2014-04-03 Canon Inc 画像表示装置及びその制御方法、プログラム、並びに記憶媒体

Non-Patent Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Title
"「徹底比較 動画編集ソフト」", PCFAN, vol. 2008年8月1日号(第15巻第16号), JPN6016045972, 1 August 2008 (2008-08-01), JP, pages 176 - 181, ISSN: 0003451816 *
アスキー・ドット・ピーシー(アスキー・ドットPC), vol. No.81(2005年2月号), JPN6017010261, 1 February 2005 (2005-02-01), JP, pages 36 - 43, ISSN: 0003524286 *
山口良介(外1名), 「FINAL CUT PRO X スーパーリファレンス FOR MACINTOSH」, vol. 初版, JPN6016045973, 30 September 2011 (2011-09-30), JP, pages 64 - 65, ISSN: 0003451817 *
笹原隆基: "「Adobe CS3 Production Premiumアラカルト 第2回 Photoshop CS3 Extendedのビデオ編集機能」", ビデオΑ, vol. 2007年9月号(通巻第233号), JPN6016045970, 1 September 2007 (2007-09-01), JP, pages 78 - 82, ISSN: 0003451815 *
菅原聖嗣: "「Codex Digital非圧縮ディスクレコーディングシステムPortable」", ビデオΑ, vol. 通巻第245号(2008年9月号), JPN6017010256, 1 September 2008 (2008-09-01), JP, pages 55 - 58, ISSN: 0003524285 *

Also Published As

Publication number Publication date
CN105493512B (zh) 2018-07-06
CN105493512A (zh) 2016-04-13
WO2016095072A1 (zh) 2016-06-23

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9779775B2 (en) Automatic generation of compilation videos from an original video based on metadata associated with the original video
CN105765990B (zh) 通过分布式网络分布视频内容的方法、系统及计算机介质
US8717367B2 (en) Automatically generating audiovisual works
US10394877B2 (en) Method and system for storytelling on a computing device via social media
TWI579838B (zh) 編譯視訊的自動產生
US8860865B2 (en) Assisted video creation utilizing a camera
US10380773B2 (en) Information processing apparatus, information processing method, and computer readable medium
US9015590B2 (en) Multimedia comment system and multimedia comment method
CN100429660C (zh) 信息处理装置和方法
US5796428A (en) Electronic photography system
US9507506B2 (en) Automatic target box in methods and systems for editing content-rich layouts in media-based projects
JP4228320B2 (ja) 画像処理装置および方法、並びにプログラム
CN100498953C (zh) 信息处理设备及方法
US8126308B2 (en) Video signal processor, video signal recorder, video signal reproducer, video signal processor processing method, video signal recorder processing method, video signal reproducer processing method, recording medium
US8139919B2 (en) Light table editor for video snippets
US10068364B2 (en) Method and apparatus for making personalized dynamic emoticon
JP5180127B2 (ja) 画像作成装置および画像作成方法
US20150058709A1 (en) Method of creating a media composition and apparatus therefore
CN104703043A (zh) 一种添加视频特效的方法和装置
US9329762B1 (en) Methods and systems for reversing editing operations in media-rich projects
US8711228B2 (en) Collaborative image capture
KR20160055813A (ko) 스마트폰/카메라상에서 터치스크린을 통하여 비디오 편집을 하기 위한 제스처에 기초하여 상호작용하는 그래픽 사용자 인터페이스
TWI287399B (en) Information processing apparatus and method and recording medium storing program therefor
KR20140098009A (ko) 컨텍스트 기반 카메라 콜라주를 생성하는 방법 및 시스템
US7054508B2 (en) Data editing apparatus and method

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20160606

A871 Explanation of circumstances concerning accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A871

Effective date: 20160606

A975 Report on accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971005

Effective date: 20161122

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20161202

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20170301

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20170324