JP2017159069A - Lamina arcus vertebrae reinforcement implant comprising cantilever shape bridge part - Google Patents

Lamina arcus vertebrae reinforcement implant comprising cantilever shape bridge part Download PDF

Info

Publication number
JP2017159069A
JP2017159069A JP2017083885A JP2017083885A JP2017159069A JP 2017159069 A JP2017159069 A JP 2017159069A JP 2017083885 A JP2017083885 A JP 2017083885A JP 2017083885 A JP2017083885 A JP 2017083885A JP 2017159069 A JP2017159069 A JP 2017159069A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
portion
lamina
reinforcing
thrust
surface
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2017083885A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
ハルム−イフェン・イェンゼン
Jensen Harm-Iven
ヘルムート・デー・リンク
Helmut D Link
Original Assignee
ファセット−リンク・インコーポレイテッドFacet−Link Inc.
Facet-Link Inc
ファセット−リンク・インコーポレイテッドFacet−Link Inc.
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by ファセット−リンク・インコーポレイテッドFacet−Link Inc., Facet-Link Inc, ファセット−リンク・インコーポレイテッドFacet−Link Inc. filed Critical ファセット−リンク・インコーポレイテッドFacet−Link Inc.
Priority to JP2017083885A priority Critical patent/JP2017159069A/en
Publication of JP2017159069A publication Critical patent/JP2017159069A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Images

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a reinforcement implant inserted into lamina arcus vertebrae of vertebra.SOLUTION: A reinforcement implant comprises a main body part including a seat surface against vertebra and a fixation device. A cantilever part 2 laid on an ablation part 92 of lamina arcus vertebrae 91 is provided. Anchor parts are arranged on each of opposing edges of the bridging part. The first anchor part is configured to have a pressure surface 30 sitting on spinous process 90 of the vertebra. The second anchor part is configured to have a thrust inclined surface 40 sitting on the outer surface of the lamina arcus vertebrae 91. An angle between the pressure surface 30 and the thrust inclined surface 40 is an obtuse angle α. A slide prevention device, specifically an intervertebral screw 50, is provided on the thrust inclined surface 40. One edge of the thrust inclined surface 40 is adjacent to an anti-load part 20 of the cantilever part 2 overlapping the ablation part 92 of the lamina arcus vertebrae 91.SELECTED DRAWING: Figure 1

Description

本発明は、カンチレバー状ブリッジ部を備える椎弓板補強用インプラントに関する。 The present invention relates to a laminar reinforcing implant comprising a cantilevered bridge.

人間や動物の脊柱は、相互に重なる複数の椎骨から構成されている。 Spine of humans and animals, is composed of a plurality of vertebrae overlap each other. これらは、耐荷重性と関節接合を実現できるように相互に連結されている。 These are connected to each other as possible to realize a load bearing and articulation. そのために、椎骨は、2つの骨突起(osseous projections)(椎弓根(pedicles))を備える固い椎体を備える。 Therefore, the vertebrae has a solid vertebral bodies comprising two bone projections (osseous projections) (pedicle (pedicles)). 2つの骨突起は、横方向に且つ後部側に向かって突出し、それらの後部において、骨弓(osseous arch)によって連結されている。 Two bone protrusion protrudes laterally and toward the rear side, at their rear, are connected by bone bow (osseous arch). その連結領域において、骨弓は、広がっており(椎弓板)、その中央に、後方に向かって突出する棘突起を備える。 In the connection region, Honeyumi is spread (lamina), at its center, includes a spinous process that projects backward. 椎弓根の側面上の棘突起および2つのさらなる横突起は、筋肉や靭帯の関節点を形成する。 Spinous process and two further transverse processes on the side of the pedicle forms the articulation point of the muscles and ligaments. 椎弓根が椎弓板に結合する領域において、上側および下側の関節突起が両側に配置されている。 In the region where the pedicle binds to the lamina, the upper and lower articular are arranged on both sides. これらは、隣接する上側および下側の椎骨に対する椎間関節の部分を形成する。 It forms part of the facet joint for adjacent upper and lower vertebrae. 隣接する上側および下側の椎骨に耐荷重連結するために、それぞれに設けられている椎間板は、椎体の底部側や頂部側の平坦な表面上に配置されている。 To load bearing connected to the adjacent upper and lower vertebrae, the intervertebral disc is provided on each of which is disposed on a flat surface of the bottom side and the top side of the vertebral body. 椎体の後部側および椎弓板によって囲まれたスペースは、脊柱に対して平行に延びる神経線維を収容する中空の空間(脊柱管)を形成する。 Space surrounded by the rear side and the vertebral arch plate of the vertebral body, to form a hollow space for accommodating the nerve fibers running parallel to the spine (spinal canal). 神経線維が、特に脊柱管領域での骨成長や椎間板の突出(いわゆる椎間板ヘルニア)を原因として挟まれるまたは捕えられると、神経線維に圧力がかかり、それにより耐え難い背痛が生じることが分かっている。 Nerve fibers, in particular is interposed between the or captured as a cause bone growth or protruding disc in the spinal canal area (so-called disc herniation), nerve fibers takes pressure, whereby it has been found that intolerable back pain occurs .

治療として、脊柱管にアクセス経路を形成するために、椎弓板を少なくとも部分的に開くことが知られている。 As therapeutic, in order to form an access path to the spinal canal, it is known to open the lamina at least partially. この問題を生じさせる成長は、例えば公知の器具によって抑えられ、それにより神経線維に作用する圧力が取り除かれる。 Growth causing this problem, for example, is suppressed by a known instrument, thereby pressure acting on nerve fibers is removed. 圧力によって生まれる痛みは、この方法によって、相応に低減される。 Pain born by pressure, by this method, is reduced correspondingly. 椎弓板切除術または減圧術として既に公知のこの方法の場合、椎弓板に形成されたアクセス部、すなわち椎弓板に存在する隙間は、ほとんどの場合において術後に閉じない。 Already known for this method as lamina resection or decompression, the access portion formed in the lamina, namely a space disposed lamina is not close to the surgery in most cases. これにより、椎骨の機械的安定性が低下することが示されている。 Thus, the mechanical stability of the vertebrae is shown to be reduced.

出願人は、先願特許出願において、様々なサイズの複数の補強用インプラントを有する利用可能なインプラントセットを提案している。 Applicant in the prior application Patent Application proposes implant set available having a plurality of reinforcing implant of varying sizes. これらは、椎弓板切除術によって形成された隙間に挿入されて充填されるひし形状のフィラー体を備える。 These includes a diamond-shaped filler material packed is inserted into the gap formed by the lamina resection. ひし形状のフィラー体は、椎弓板の切除部の対向し合う2つの側面に当接する。 Rhombic filler body abuts the two sides facing each other of the cutouts of the lamina. この方法により、フィラー体が挿入されることによって椎弓板は元の完全な状態に戻り、再び荷重に対して対抗することができ、特に圧縮荷重によって座屈することがなくなる。 In this way, the lamina by filler member is inserted back into the original intact, can again compete against a load, it is unnecessary to particularly buckling by the compression force. 切除部を可能な限り完全に且つ拡げることなく充填可能とするために、補強用インプラントについて、側面(左側または右側)ごとに相当な数の異なるサイズ(少なくとも7種類)を用意する必要がある。 To enable filling without spreading unless completely and possible ablation portion, for reinforcing implant, it is necessary to prepare the side (left or right) a substantial number of different sizes for each (at least 7). これにより、インプラントセットが相当複雑なものになる。 As a result, the implant set is of considerable complexity. さらに、圧力を伝えるための要求される機能に関して、椎弓板の切除面に当接するフィラー体の側面は、可能な限り平坦であることが重要である。 Further, with respect to required functions for communicating the pressure, side abutting filler body resected surface of the lamina, it is important that as even as possible. 実際には切除面は平面でないために、圧力は十分に伝わらない。 Actually ablation surface in order not flat, the pressure is not transmitted sufficiently. さらに別の考慮すべきこととして、切除面が面でない場合にはフィラー体の挿入が困難であり、それにより、さらに複雑な事態に陥ることがある。 Even more another consideration, if resection surface is not a surface is difficult to insert the filler body, thus, may fall into more complex situation.

本発明の目的は、これらの問題を解消することができる、利用可能な改良された補強用インプラントを提供することである。 An object of the present invention can solve these problems is to provide a reinforcing implants available improvements.

本発明に係る解決法は、独立請求項の特徴内に存在する。 Solution according to the invention is present in the features of the independent claims. 有利な変更は、従属項の対象を形成する。 Advantageous modifications, form the subject of the dependent claims.

椎骨の椎弓板に挿入される補強用インプラントは、椎骨に対する座面を備える本体部および固定デバイスを有する。 Reinforcing implant to be inserted into the lamina of the vertebra has a body portion and a fixation device comprising a seating surface for the vertebrae. 本発明によれば、切除部にまたがるカンチレバー部が備えられ、カンチレバー部の対向する端それぞれにアンカー部が設けられる。 According to the present invention, provided with a cantilever portion extending over the cut portion, the anchor portion is provided on each opposite ends of the cantilever portion. また、第1のアンカー部が椎骨の棘突起に着座するプレッシャ面を備えるように構成され、第2のアンカー部が椎弓板の外面に着座するスラスト斜面(transverse thrust surface)を備えるように構成されている。 Also be configured with a pressure surface which the first anchor portion is seated on the spinous process of a vertebra, configured with a thrust slope (transverse thrust surface) of the second anchor portion is seated on the outer surface of the lamina It is. さらに、プレッシャ面とスラスト斜面との間の角度は鈍角である。 Furthermore, the angle between the pressure surface and the thrust slope is an obtuse angle. さらにまた、ずれ防止デバイス、具体的には椎間ねじ(facet screw)がスラスト斜面に配置されている。 Furthermore, anti-displacement device, in particular intervertebral screw (facet screw) is arranged on the thrust slope. そして、スラスト斜面の1つのエッジは、椎弓板の切除部にまたがるカンチレバー部の耐荷重部に隣接している。 Then, one edge of the thrust slope is adjacent to the load bearing portion of the cantilever portion spanning the cutout of the lamina.

本発明は、実際に頑丈であって埋め込みが容易な永続的なブリッジを切除された椎弓板の部分に架けるために、特別なアンカー部を用いることに基づいている。 The present invention, in order to apply to the actual easy embedding a robust permanent bridge excised portion of the lamina, are based on the use of special anchor portion. 互いに対して鈍角になるように方向付けされた2つの座面、すなわち一方としてプレッシャ面を他方としてスラスト斜面を用いることにより、全ての空間的寸法について安定し、また制約がない保持構成が実現される。 Two seating surface which is oriented such that an obtuse angle relative to each other, by using a thrust slope i.e. the pressure surface as the other as one, stable for all spatial dimensions, also the holding arrangement there is no constraint is realized that. この構成により、実質的に互いに平行な対向し合う2つのプレッシャ面を備える従来のインプラント(とりわけフィラー体としてデザインされたインプラント)のような、静的な過剰決定(static overdetermination)が回避される。 This configuration, such as a conventional implant substantially comprises two pressure surfaces mutually parallel opposite one another (especially designed implants as a filler material), static overdetermination (Static Overdetermination) is avoided. 骨の本質的な弾性は、この方法では考慮され、それにより、制約によって制限されることなく維持される。 Essential elasticity of bone, the method is considered, and thereby are maintained without being limited by the constraints. したがって、このインプラントは、より生理学的に挙動する。 Therefore, this implant will be more physiologically behavior. これはまた、好ましく挙動するだけでなく、変性を避けることによってインプラントの使用寿命が増加することを意味する。 This also not only preferred behavior, the service life of the implant which means that the increase by avoiding denaturation. 非常に固いインプラントは、実際には、制約されるインプラントであって、現在ストレスを受けていない骨を容易に変性させることがわかっている。 Very stiff implants, in fact, a implants constraints, have been found to easily modify the bone is not currently stressed.

さらに、本発明に係るインプラントは、それ自体を埋め込むときに簡単に取り扱うことができる。 Further, the implant according to the present invention can be easily handled that when embedding itself. 椎弓板の切除によって形成された自由スペース内に挿入される必要がなく、代わりとして、その自由スペースに架かるように外側から適当な位置に取り付けられる。 Need not be inserted into the free space formed by the excision of the lamina, as an alternative, be mounted in place from the outside to span its free space. そのために、インプラントは、その一方側に、椎骨の棘突起の側面に対向配置されるプレッシャ面と、その他方側に、椎弓板の外面に対して配置されてずれ防止デバイスを介して固定されるスラスト斜面とを備える。 Therefore, the implant on one side, and the pressure surface disposed opposite to the side of the spinous process of the vertebra, the other side is fixed through the protection device displacement is disposed against the outer surface of the lamina that and a thrust slope. それにより、インプラントは、自由空間内に向かって押し進められる必要が全くない。 As a result, the implant, there is no need to be pushed towards the free space. そのため、椎弓板の切除によって形成された実際の切除面に対する荷重負荷がない。 Therefore, there is no applied load to the actual resection plane formed by the excision of the lamina. それゆえ、現実的には外科手術においてしばしば生じる好ましくない切除面の凹凸は、インプラントの位置決めや固定に影響しない。 Therefore, realistically often uneven unwanted resections resulting in surgery on does not affect the positioning and fixation of the implant.

補強用インプラントのカンチレバー部は、好ましくは、スラスト斜面からプレッシャ面に負荷を伝える部分がスラスト斜面によって定義される平面と交差しないように構成されている。 Cantilever portion of the reinforcing implant, preferably, a portion for transmitting the load from the thrust slope on the pressure surface is configured so as not to intersect the plane defined by the thrust slope. これは、カンチレバー部の耐荷重部が椎弓板の切除によって形成された自由スペース内に突出しせず、それによってそのブリッジ部が完全に外側に位置することを意味する。 This load bearing portion of the cantilever portion is not projected into the free space formed by the excision of the lamina, thereby meaning that the bridge portion is located entirely outside. したがって、スラスト斜面からプレッシャ面に負荷が伝わることによって生じ、とりわけ敏感な椎弓板の切除部に作用する刺激を著しく抑制することができる。 Therefore, it is possible to occur by transmitted load from the thrust slope on the pressure surface, significantly inhibit stimulation acts on especially cutouts sensitive lamina.

補強用インプラントは、便宜上、複数のアンカー部は、カンチレバー部を介して連結される第1および第2のリム状であるように構成されている。 Reinforcing implant for convenience, a plurality of anchor portions is configured such that first and second rim which is connected via a cantilever portion. このリム構造により、インプラントに使用される材料の量と、インプラントが占有するスペースを低減することができる。 The rim structure, it is possible to reduce the amount of material used in an implant, a space for implant occupied. スペースが低減されることにより、周囲の細胞に対する影響が最小化され、それにより、インプラントによって生じる炎症の可能性も最小化することができる。 By space is reduced, which minimizes the impact on the surrounding cells, thus the possibility of inflammation caused by the implant can also be minimized. 固定ピン用のピボットジョイントは、好ましくは、複数のリムの少なくとも一方に配置されている。 Pivot joint for fixing pins, preferably arranged in at least one of the plurality of rims. 固定ピンは、特にネジまたは骨びょうとして理解される。 Fixing pins are especially understood as a screw or bone tack. このピボットジョイントにより、固定ピンの軸は、所定の範囲内で自由に調整されることができる。 The pivot joint, the axis of the fixing pins can be freely adjusted within a predetermined range. 中心位置(”通常位置”)に対して各方向に15度の調整範囲が好ましいことが判明している。 It has been found that the adjustment range of 15 degrees in each direction is preferable with respect to the center position ( "normal position").

ピボットジョイントは、好ましくは、カップ状の受け座と、それに取り付けられ、固定プンをガイドするリングとを備える。 Pivot joint preferably comprises a cup-shaped seat, attached to it, and a ring for guiding the fixed Pung. カップ状の構成により、固定ピンが緩んでいる状態において低摩擦で無段階の旋回が可能になり、固定ピンが締結状態のときに自己ロックする。 The construction cup-shaped, allows stepless turning low friction in a state in which the fixing pin is loose, the fixed pin self-locking when in the engaged condition.

特に、リングが、ピボットジョイントの受け座に対して回転しないようにリングを保持する回転防止部を備えるのが好ましい。 In particular, the ring is preferably provided with anti-rotation portion for holding the ring against rotation relative to the seat of the pivot joint. ピボットジョイントにおける好ましくないリングの回転は、この種の回転防止部(rotation barrier)を用いることによって防止される。 Rotation of undesirable rings in the pivot joint is prevented by the use of a rotation stopper of this type (rotation barrier). 固定ピンがネジであってそのネジが締結されているときに、好ましくない回転が習慣的に起こる可能性がある。 When the screw fixing pin a screw is engaged, undesirable rotation may occur habitually. その際に、リングが回転しすぎることは好ましくない。 In this case, it is not preferable that the ring from rotating too far. 回転防止部を用いることにより、リングは、旋回ができることについては規制されていないけれども、固定ピンの軸を中心とする回転が抑制される。 By using the anti-rotation portion, a ring, although the turning is not regulated for being able, rotation is restrained around the axis of the fixing pin.

ピボットジョイントは、便宜上、固定ピンが通常位置を中心として各方向に少なくとも10°、最大でも20°移動できるように構成されている。 Pivot joint, for convenience, the fixing pin is at least 10 ° in each direction around the normal position, and is configured to be movable also 20 ° at maximum. 調整範囲の角度が大きすぎる場合、固定の信頼性や位置決めの精度が低下する可能性がある。 If the angle of the adjustment range is too large, reliability and positioning accuracy of the fixed may be reduced. 一方、調整の範囲が小さい場合、本発明に係る補強用インプラントの十分な汎用性についての要件を満足できないことがある。 On the other hand, if the range of adjustment is small, it may not be possible to satisfy the requirement for sufficient versatility of the reinforcing implant according to the present invention.

2つのリムのピボットジョイントは、好ましくは、通常位置の2つのリムの固定ピンが一平面上に位置するように構成されている。 Pivot joint of the two limbs, preferably, two fixed pins of the rim of the normal position is configured to be positioned on one plane. これにより、固定面が、両方のリムそれぞれに完全に同じようにおよぶ。 Thus, the fixed surface, extends completely similar to each both rims. 一方、共通平面の外側に固定ピンがねじれ配置された場合、静的な過剰決定が、制約につながる可能性がある。 On the other hand, when placed twist fixing pin to the outside of the common plane, static overdetermined, which may lead to restrictions. これは、共通平面に配置することによって効果的に防止することができる。 This can be effectively prevented by placing in a common plane.

ずれ防止デバイスは、好ましくは、通常位置において、スラスト斜面の垂線に対して最大で30°、好ましくは少なくとも10°ずれるように方向付けされたネジの形態である。 Anti-displacement device, preferably, in the normal position, up to 30 ° with respect to the perpendicular of the thrust slope, preferably in the form of a screw which is oriented so as to be offset at least 10 °. このような配置によれば、2つの目的が相互に関係することができるのは明らかである。 According to this arrangement, it is clear can be two objectives are interrelated. 一方の目的は、椎弓板に対して好ましくない位置を避けて本発明に係る補強用インプラントを十分に固定することである。 One objective is to sufficiently secure the reinforcing implant according to the present invention to avoid the undesirable position with respect to the lamina. 他方の目的は、仙骨方向(すなわち脊柱の基底部に向かう方向)に隣接する椎骨の椎間関節の部分と連結させるときに、機械的に強固な骨の部分に固定されるようにねじを方向付けすることである。 The other purpose is the direction the screws as when linking a facet portion of the joint of the vertebrae adjacent to the sacrum direction (i.e. the direction toward the base of the spine), is fixed to a portion of the mechanically strong bone it is to put. 隣接する下側の椎骨に到達する長いネジ、いわゆる椎間ネジを用いることにより、固定できるとともに、同時に椎間関節を結合することができる。 Long screw to reach the underside of the adjacent vertebrae, by using a so-called intervertebral screw, with can be fixed, it is possible to combine the facet joint at the same time. それにより、椎間関節は、こちら側で固定される。 Thereby, facet joints are fixed on this side. 固定を意図しない場合、隣接する下側の椎骨に到達しない短いネジで十分である。 If intended fixation is sufficient with a short screw which does not reach the adjacent lower vertebrae.

補強用インプラントのカンチレバー部には、スラスト斜面のエッジから突出する翼状の伸展部が設けられている。 The cantilever portion of the reinforcing implant extension portion of the wing-like protruding from the edge of the thrust slope is provided. 翼状伸展部は、好ましくは、プレッシャ面に対して平行である。 Wing extension section is preferably parallel to the pressure plane. 翼状伸展部は、それ自身は耐荷重性を備えておらず、切除によって椎弓板に形成された自由スペース内に突出している。 Wing extension section itself does not have a load-bearing and protrudes into free space formed in the lamina by ablation. これにより、困難な条件下でのインプラントの挿入が容易になる。 This facilitates the insertion of the implant in the difficult conditions. 翼状伸展部のサイズによっては、外部から椎骨の脊柱管内への骨の残留物や他の好ましくない物質の侵入を抑制することができる。 Depending on the size of the wing extension portion, it is possible to suppress the entry of residues or other undesirable material in the bone to the spinal canal of the vertebrae from the outside. そのために、翼状伸展部について、好ましくは、様々なサイズが用意される。 Therefore, the wing extension section, preferably, various sizes are prepared.

翼状伸展部は、プレッシャ面から遠い側に向いている平面状の外面を備えるように好ましくは構成され、また、好ましくは、プレッシャ面側に向いている内面上に補強リブを備えている。 Wing extension section, to comprise a planar outer surface facing the side farther from the pressure surface preferably consists also preferably includes a reinforcing rib on an inner surface facing the pressure surface side. 外面は、椎弓板の横側切除面の部分に着座するように構成されるが、椎弓板の切除面に対して圧力が作用する状態で着座する必要はない。 The outer surface is configured to seat a portion of the lateral resection plane of the lamina need not have pressure seated in a state of acting against resected surface of the lamina. この間のギャップが小さいほど、物質の侵入をより抑制することができる。 As during this period of the gap is small, it is possible to suppress the penetration of substances. 翼状伸展部は、便宜上、カンチレバー部に一体的に形成される。 Wing extension section expediently is integrally formed on the cantilever portion. さらに機械的に強固にするために、補強リブが内面に設けられている。 To further mechanically strong, reinforcing ribs are provided on the inner surface. 埋め込まれた状態において、この補強リブは、切除によって形成された自由スペース内に位置し、椎弓板に接触しない。 In implanted condition, the reinforcing rib is located in the free space formed by the cut, it does not contact the lamina.

翼状伸展部は、好ましくは、スラスト斜面からカンチレバー部への移行部に配置され、具体的には、最大でスラスト斜面の幅の半分までおよぶ。 Wing extension section is preferably located from the thrust slope at the transition to the cantilever unit, in particular, extend to half the width of the thrust slope at maximum. これにより、切除スペース内または神経線維が延在して椎弓板によって囲まれている脊柱管内に過度に侵入することなく、翼状伸展部による最大被覆(caverage)は達成される。 Thus, without penetrating excessively into the spinal canal ablation spaces within or nerve fibers is surrounded by lamina extends up coating with wing extension section (caverage) is achieved. 翼状伸展部は、好ましくは、その下側エッジはずれ防止デバイスの軸に対して傾くように構成されている。 Wing extension section is preferably configured to be inclined to the axis of the lower edge out prevention device. これは、その下側エッジが下方向に向かうにしたがってスラスト斜面から離れることを意味する。 This means that the lower edge thereof is separated from the thrust slope toward the downward direction. このような下方向に突出する構成を備える伸展部により、最適被覆(coverage)が達成される。 The extension portion having a configuration which protrudes to such downward, the optimum coating (coverage) is achieved.

翼状伸展部は、外面の平面構成のおかげで、また内面上に好ましくは設けられた補強リブのおかげで、緊急事態の発生に備えることができる。 Wing extension unit, thanks to the plane configuration of the outer surface, also thanks to the reinforcing ribs are preferably provided on the inner surface may be provided on the occurrence of an emergency. 例えばずれ防止デバイスの破損によってブリッジ部を介する固定がゆるくなると、切除面を備える椎弓板は、最大でも翼状伸展部の平面状の外面に着座する位置に移動するだけで、そこで支持される。 For example, when fixing is loose through the bridge portion by breakage of the displacement prevention device, lamina comprising a resected surface is only moved to a position seated on the planar outer surface of the wing extension section at maximum, where it is supported. これにより、椎弓の損傷やそれによる患者への劇的な影響が確実に回避される。 As a result, the dramatic impact to the patient by the vertebral arch damage and it is reliably avoided.

本発明はさらに、種々のサイズの本発明に係る複数の補強用インプラントを含み、椎骨の椎弓板に挿入されるインプラントセットに関する。 The present invention further includes a plurality of reinforcing implant according to the present invention of various sizes, to an implant set which is inserted into the lamina of the vertebra. 補強用インプラントそれぞれは、椎骨に対する座面を備える本体部および固定デバイスを有し、椎弓板の切除部に架けるカンチレバー部が設けられ、そのカンチレバー部の対向する端それぞれにアンカー部が設けられ、第1のアンカー部は、椎骨の棘突起に着座するプレッシャ面を備えるように構成され、第2のアンカー部は、椎弓板の外面に着座するスラスト斜面を備えるように構成され、プレッシャ面とスラスト斜面との間の角度が鈍角であって、ずれ防止デバイス、具体的には椎間ねじがスラスト斜面に配置され、スラスト斜面の一つのエッジが、椎弓板の切除部にまたがるカンチレバー部の耐荷重部に隣接する。 Each reinforcing implant has a body portion and a fixation device comprising a seating surface for the vertebrae, the cantilever portions over troubled excision of the lamina is provided, the anchor portion is provided in each opposing ends of the cantilever portion, first anchor portion is configured with a pressure surface to be seated to the spinous process of a vertebra, the second anchor portion is configured to include a thrust slope seated on the outer surface of the lamina, and the pressure surface the angle between the thrust slope a obtuse displacement prevention device, in particular intervertebral screws are arranged in the thrust slope, one edge of the thrust slope, the cantilever portion spanning the cutout of the lamina adjacent to the load-bearing part.

詳細な説明やさらなる選択的な実施の形態のために、上述の個々の補強用インプラントの説明は参照される。 For a detailed description and further alternative embodiment, description of the individual reinforcing implants described above it is referenced.

本発明は、一例の実施の形態に基づいて、また添付図面を参照しながら説明され、 The present invention is based on the embodiment of the example, also be described with reference to the accompanying drawings,
図1は、本発明に係る補強用インプラントの一例の実施の形態の底面図、 Figure 1 is a bottom view of an example embodiment of a reinforcing implant according to the present invention, 図2は、椎間ネジが挿入された状態の補強用インプラントの平面図(a)および側面図(b)、 Figure 2 is a plan view of a reinforcing implant state intervertebral screw is inserted (a) and side view (b), 様々なサイズの2種類の補強用インプラントの上面図。 Two top view of the reinforcing implants of varying sizes. 第2の実施の形態の補強用インプラントの側面図(a)および上面図(b)、 Side view of the reinforcing implant according to the second embodiment (a) and top view (b), 第3の実施の形態の補強用インプラントの側面図(a)および上面図(b)、 Side view of the reinforcing implant of the third embodiment (a) and top view (b), 椎弓板切除部を備える椎骨(a)と、図4の第2の実施の形態に係る補強用インプラントが挿入された椎骨(b)、(c)とを示す図 It shows a vertebra (a) comprising a lamina resection, vertebrae reinforcing implant has been inserted according to the second embodiment of FIG. 4 (b), and (c)

本発明に係る補強用インプラントの第1の実施の形態が、図1に示されている。 The first embodiment of the reinforcing implant according to the present invention is shown in Figure 1. それは、全体として、符号1によって指定されている。 It as a whole, is designated by reference numeral 1. それは、実質的にリム形状であって、第1のリム3と第2のリムとを備え、これらは相互にブリッジ部2によって連結されている。 It is substantially a rim shape, comprises a first rim 3 and a second rim, which are connected by a bridge portion 2 to each other.

本発明をより理解するために、以下において、椎骨の構造と、補強用インプラントと椎骨との間の本質的な相互作用とが詳細に説明される。 For a better understanding of the present invention, in the following, the structure of the vertebrae, and a substantial interaction between the reinforcing implant and vertebrae are described in detail. 特に図6a〜6cが参照される。 In particular, FIG. 6a~6c is referred to. 椎骨9は、横方向に突出する2つの骨突起(osseous projection)97を備える固い椎体98を備え、2つの骨突起97は、それらの後部領域において、骨アーチ(osseous arch)によって連結されている。 Vertebrae 9 comprises a rigid vertebral body 98 comprising two bone protrusions protruding laterally (osseous projection) 97, the two bone projections 97 in their rear area, is coupled by bone arch (osseous arch) there. 骨アーチは椎弓板91を有し、その中央に、後部側に延在する突起(棘突起)90を有する。 Bone arch has a lamina 91, in the center, has a projection (spinous process) 90 which extends to the rear side. 椎弓板91への移行領域において、上側および下側関節突起は、両側に配置され、隣接する下側椎骨9'に対する椎間関節95、95'の部分を形成する。 In the transition region to the lamina 91, the upper and lower articular, are arranged on both sides, which form part of the 'facet joints 95, 95' with respect to the adjacent lower vertebrae 9. 椎骨9はまた、椎間板99によって隣接する下側の椎骨に連結されている。 Vertebrae 9 is also connected to the underside of adjacent vertebrae by the disc 99. 椎間板99は、椎体98の下側表面と隣接する椎骨9'の対応する上側表面との間に、耐負荷の状態で配置されている。 Disc 99, between the corresponding upper surface of the vertebra 9 'adjacent to the lower surface of the vertebral body 98, are arranged in the form of load bearing.

図6(a)の後面図から明らかなように、椎弓板91の部分において、自由スペース92が棘突起90の右側に存在する。 6 As is apparent from the rear view of (a), in the portion of the lamina 91, the free space 92 is present on the right side of the spinous process 90. この自由スペースは切除によって形成され、その結果として、自由スペース92の左側および右側の椎弓板91上に、対応し合う切除面93、94が形成される。 The free space formed by the cut, as a result, on the left and right sides of the lamina 91 of the free space 92, resections 93 and 94 mutually corresponding are formed. この自由スペース92によって生じた隙間は、脊柱管96へのアクセス部を形成する。 Gap formed by the free space 92 to form an access portion to the spinal canal 96. それは、本発明に係る補強用インプラントを用いることによって閉じられ、機械的に安定する。 It is closed by using a reinforcing implant according to the present invention, mechanically stable.

図6(a)および6(b)に示すように、本発明に係る補強用インプラントは、後方から、例えば臀部方向から、椎弓板91の所定の位置に取り付けられる。 As shown in FIG. 6 (a) and 6 (b), a reinforcing implant according to the present invention, from the rear, for example, from hip direction, is attached to a predetermined position of the lamina 91. 具体的には、第1のリム3が棘突起90上に、且つ、第2のリム4が切除面94の右側の椎弓板91の部分の後面上に着座するように取り付けられる。 Specifically, the first rim 3 on spinous process 90, and the second rim 4 is attached to seat on the rear surface portion of the right lamina 91 of resected surface 94. 右側インプランテーションが図6(a)〜6(c)に図示されている。 Right implantation is shown in Figure 6 (a) ~6 (c). 好適な鏡像構造の構成(図3参照)を備える補強用インプラントを用いることにより、同様に、左側インプランテーションも可能である。 By using the reinforcing implant comprising a structure suitable mirror structure (see FIG. 3), similarly, the left implantation are possible.

椎骨9に補強用インプラント1を固定するために、第1のリム3の外面にプレッシャ面30が設けられている。 To fix the reinforcing implant 1 into the vertebra 9, the pressure surface 30 is provided on the outer surface of the first rim 3. プレッシャ面30は、実質的に平面状である。 The pressure surface 30 is substantially planar. スラスト斜面40が、第2のリム4の外面上に設けられ、椎骨9の椎弓板91の外面上に着座するように構成されている。 Thrust slope 40 is provided on the outer surface of the second rim 4, and is configured to seat on the outer surface of the lamina 91 of the vertebra 9. スラスト斜面40に、ずれ防止デバイス5が設けられている。 The thrust ramps 40, are provided displacement prevention device 5. 図示する一例の実施の形態において、それはスパイク51(2つしか図示されていないが、それ以下またはそれ以上の数でも可能である)および椎間ねじ50(図2参照)を有する。 In the embodiment example shown, it (not only two are shown, less or can be more number) spikes 51 having and intervertebral screws 50 (see FIG. 2). 椎間ねじ50は、通常位置において、その軸55とスラスト斜面40の垂線67との間の角度γが30°になるように方向付けされている。 Intervertebral screw 50 is in the normal position, the angle γ between the vertical line 67 of the shaft 55 and the thrust ramps 40 are oriented such that the 30 °.

椎間ねじ50は、頭部52と、ねじが形成されていないシャフト部53と、その先端の骨ねじ部(bone thread)54とを備える。 Intervertebral screw 50 includes a head 52, a shaft portion 53 which is not screw is formed, and a bone screw portion (bone thread) 54 of the tip. ねじが形成されていないシャフト部53の長さは、椎間ねじ50の後半部分が椎間関節95の近位側部分内に完全に存在するような、その一方で、隣接する下側椎骨9'上の向こう側の椎間関節の部分に骨ねじ部54を備えるシャフト部の部分のみが存在するような長さである。 Length of the shaft portion 53 which screws are not formed, the second half of the intervertebral screw 50 as present fully proximal the portion of the facet joint 95, while the adjacent lower vertebrae 9 across part of the facet joints on 'a length such that only a portion of the shaft portion including a bone screw portion 54 is present. これによる効果として、ねじ50が締結されたとき、向こう側の椎間関節95の部分が骨ねじ部54の力を受けてねじの頭部52に向かって引っ張られ、それにより椎間関節95の近位側部分に支持される。 As the effect of this, when the screw 50 is fastened, it is pulled toward the head 52 of the screw portion of the other side of the facet joint 95 under the force of the bone screw portion 54, whereby the facet joint 95 It is supported on the proximal portion. これにより、椎間関節95の信頼できる固定が実現される。 Thus, a reliable fixation of the facet joint 95 is realized.

第2の椎間ねじ50'が、第1のリム3に挿入されている。 The second is the facet screw 50 ', is inserted into the first rim 3. この椎間ねじ50'は、椎骨の向こう側に位置する椎間関節95'と一列に並ぶように方向付けされている。 The intervertebral screw 50 ', facet joint 95 located on the other side of the vertebra' are oriented so as to be aligned in a row with. 第2の椎間ねじ50'の構造は、原理上は、椎間ねじ50のものに対応する。 Structure of the second facet screws 50 ', in principle, corresponds to that of the intervertebral screw 50. それは、頭部52'と、ねじが形成されていないシャフト部53'と、骨ねじ部54'とを有する。 It has a head 52 and 'a, threaded shaft portion 53 is not formed', and a bone screw portion 54 '. ねじが形成されていないシャフト部53'の長さは、シャフト部53に比べて著しく長い。 Length of the shaft portion 53 which screws are not formed 'is significantly longer than the shaft portion 53. それは、向こう側の椎間関節95'までの距離が、著しく長いからである。 It distance to the other side of the facet joint 95 'is because significantly longer. 第2の椎間ねじ50'はまた、トランスラミナーねじ(translaminar screw)と呼ばれている。 The second facet screw 50 'is also called a translaminar screws (translaminar screw).

補強用インプラント1の固定をシンプルなものにする場合、椎間関節95、95'を固定する必要はなく、ネジ50、50'は、椎骨9内に完全に受け入れられる範囲において、すなわち隣接する下側の椎骨9'上の向こう側の椎間関節の部分に突き出ないように、短くされる(”短ねじ”)。 If the fixing reinforcement implant 1 into simple, 'there is no need to fix a screw 50, 50' facet joints 95 and 95 below, to the extent that is fully received in the vertebra 9, i.e. adjacent so as not projecting portion on the other side of the facet joint on the side of the vertebrae 9 ', is shortened ( "short thread"). 軸の全長にわたってねじが形成された特別なねじが用いられてもよい。 Special screws screw is formed over the entire length of the shaft may be used.

椎間ネジ50、50'は、第1および第2のリム3、4にしっかりと取り付けられておらず、ねじ軸を中心として、具体的には両方向に15°の角度で回転できるように取り付けられている。 Intervertebral screws 50, 50 'are not rigidly attached to the first and second rim 3 and 4 attached to the center of the screw shaft, in particular it can be rotated at an angle of 15 ° in both directions It is. そのために、椎間ねじ50、50'それぞれ用に、ピボットジョイント6がリム3、5に設けられている。 Therefore, for intervertebral screw 50, 50 ', respectively, pivot joint 6 is provided in the rim 3 and 5. ピボットジョイント6は、カップ状の座部60と、球状のジャケット面を備えて座部60に係合するリング61とを有する。 Pivot joint 6 includes a cup-shaped seat portion 60, and a ring 61 which engages the seat 60 comprises a spherical jacket surface.

2つのリム3、4の形状は、その外面同士が鈍角αになるように、またその上にプレッシャ面30とスラスト斜面40とが配置されるように構成されている。 The shape of the two rims 3 and 4, the outer surface each other is configured as an obtuse angle alpha, also has a pressure surface 30 and the thrust slope 40 thereon is arranged. 角度αは、好ましくは、95°から125°の間であり、図に示す一例の実施の形態においては110°である。 The angle alpha, preferably is between 125 ° from 95 °, 110 ° in the embodiment of the example shown in FIG. 鈍角のおかげで、補強用インプラントは、背中側から埋め込まれ、それにより椎弓板91の切除によって形成された自由スペース92を橋渡しすることができる。 Thanks to the obtuse angle, the reinforcing implant is implanted from the back side, thereby to bridge the free space 92 formed by the excision of the lamina 91. そのために、補強用インプラント1は、椎弓板91の後面に対するスラスト斜面を備える第2のリム4を有する。 Therefore, reinforcing implant 1 has a second rim 4 with a thrust slope against the rear surface of the lamina 91. これにより、一方のアンカー部が形成される。 Thus, one of the anchor portion. 他方のアンカー部は、第1のリム3によって形成され、第1のリム3はプレッシャ面を備える。 The other anchor portion is formed by a first rim 3, a first rim 3 comprises a pressure surface. プレッシャ面は、椎骨9の棘突起90の側面によって押圧される。 Pressure surface is pressed by the side of the spinous processes 90 of the vertebrae 9. したがって、2つのリム3、4の間に位置するカンチレバー部2は、切除によって形成された自由スペース92に架かるブリッジのように機能する。 Accordingly, the cantilever portion 2 which is located between the two rims 3 and 4, functions like a bridge across the free space 92 formed by the resection. 2つのリム3、4間の力伝達ライン(force transfer line)は、カンチレバー部2の耐荷重部20を通過し、具体的には、自由スペース92の完全に外側で負荷の流れが生じるように通過する。 Force transmission line between the two rims 3,4 (force transfer line) passes through the load bearing portion 20 of the cantilever portion 2, specifically, fully free space 92 as the flow of the load on the outside occurs pass. 構造上、これは、耐荷重部20内の力伝達ラインが、スラスト斜面40によって定義される平面24に交差しないように延在し、この領域の外側(すなわち後ろ側)のみで延在することを意味する。 Structurally this is that the load of the heavy portion 20 force transfer line, extend so as not to intersect the plane 24 defined by the thrust ramps 40, extends only in the outer (i.e., rear side) of the region It means.

スラスト斜面40を備える第2のリム4を椎弓板91に確実に固定するために、特に椎弓板91に対する好ましくないせん断方向の動作を防止するために、ずれ防止デバイス5が、スパイク51や固定ピンとしての椎間ねじ50の両形態で設けられている。 The second rim 4 with a thrust slope 40 in order to reliably fix the lamina 91, in particular to prevent unwanted shearing direction action for the lamina 91, the anti-displacement device 5, Ya spike 51 It is provided in both forms of the intervertebral screws 50 as fixing pins. 上述の2つのデバイスそれぞれは、それ自体、好ましくないせん断方向の動作を停止させるのには十分である。 Each two devices described above, it is sufficient to itself, stopping the undesirable shearing direction of movement. 固定の信頼性を向上させるために、また椎弓板91の外面からスラスト斜面40が持ち上がることを抑制するために、椎間ねじ50が設けられている。 To improve the reliability of fixing and in order to prevent the thrust ramps 40 is lifted from the outer surface of the lamina 91, intervertebral screw 50 is provided. 好ましくないせん断方向の動作を抑制するために、ねじ50は、図2に示す長さを備える必要はない。 To suppress undesirable shearing direction of movement, the screw 50 is not necessary to have a length shown in FIG. 椎骨9内に完全にとどまる短さである、より短いねじ50で十分である。 A short stay entirely within the vertebra 9 is sufficient with a shorter screw 50. ねじ50が椎間関節95の固定を目的としている場合、ねじ50の長さは、椎骨9からねじ部54が突出し、それが隣接する下部の椎骨9'に貫通し、それによって椎間関節95を固定するような長さにされる。 If the screw 50 is intended for fixation of the facet joint 95, the length of the screw 50, the screw portion 54 from the vertebra 9 protrudes, it penetrates the bottom of the vertebra 9 'adjacent, whereby the facet joints 95 It is a length such that secure the.

本発明に係る補強用インプラントの第2および第3の実施の形態において、図4および図5に示すように、翼状伸展部7が付加的に設けられる。 In the second and third embodiments of the reinforcing implant according to the present invention, as shown in FIGS. 4 and 5, wing extension portion 7 is provided additionally. 図4(a)および4(b)を参照する。 Figure 4 Referring to (a) and 4 (b). 翼状伸展部7は、スラスト斜面40から突出している。 Wing extension section 7 is projected from the thrust ramps 40. 特に、第2のリム4とカンチレバー部2の間の移行部における、すなわちスラスト斜面40とカンチレバー部2の間の移行部における、スラスト斜面40の下部3分の1に配置されている。 In particular, at the transition between the second rim 4 and the cantilever portion 2, i.e. at the transition between the thrust ramps 40 and the cantilever portion 2, it is arranged in the lower third of the thrust ramps 40. 翼状伸展部7は、第1のリム3のプレッシャ面30に対して平行になるように方向付けされている。 Wing extension section 7 is oriented in parallel with respect to the pressure face 30 of the first rim 3. 翼状伸展部7は、スラスト斜面40側に向いた外面70上に平面を備える。 Wing extension section 7 is provided with a flat on the outer surface 70 facing the thrust slope 40 side. プレッシャ面30側に向いた反対側の内面には、補強用リブ71が設けられている。 On the opposite side of the inner surface facing the pressure surface 30 side, it is provided reinforcing ribs 71. 翼状伸展部7は、第2のリム4の下部と一体に、おおむね斜め下方向に突出するように(補強用インプラント1'が埋め込まれた状態のとき)第2のリム4を有する。 Wing extension section 7, the lower portion integral with the second rim 4 roughly so as to protrude obliquely downward (a state where the reinforcing implant 1 'is embedded) having a second rim 4. 下側エッジ72は、第2のリム4に取り付けられた椎間ねじ50の軸55に対して外側に傾くように方向付けされている。 Lower edge 72 is oriented to be inclined outwardly relative to the axis 55 of the intervertebral screw 50 attached to the second rim 4. その傾き角βは、15°と20°との間であり、図示されている一例の実施の形態においては約18°である。 The inclination angle β is between 15 ° and 20 °, in the embodiment example shown is approximately 18 °. 斜め下方向に突出する翼状伸展部7により、椎弓板91によって境界される脊柱管96が、特に自由スペース90の切除中に形成された骨片の侵入から保護される。 The wing extension section 7 which protrudes obliquely downward, the spinal canal 96 is bounded by the lamina 91, are protected from particular bone pieces formed during ablation of the free space 90 penetration. 患者について言えば、この種の骨片の好ましくない侵入により、手術の功を奏する所望な結果を得ることができない結果として、脊柱管96内を延在する神経線維に対する圧縮負荷を再び引き起こす悪影響が起こる。 As for the patient, the undesirable intrusion of such bone pieces, as a result of the trick desired result can not be obtained surgery, again causing adverse compressive load on nerve fibers extending the spinal canal 96 Occur.

翼状伸展部7のさらなる機能は、機械的に剛性を高める負荷的な役割をすることである。 A further feature of the wing extension section 7 is to load role to enhance the mechanical rigidity. その一方で、機械的な安定性を向上させるためにブリッジ部20も設けられる。 On the other hand, the bridge portion 20 is also provided to improve the mechanical stability. 翼状伸展部7は、ブリッジ部20と一体的に構成されている。 Wing extension section 7 is integrally formed with the bridge portion 20. その平面構成の外面70のおかげで、切除面94に着座することができる。 Thanks to the outer surface 70 of the planar configuration can be seated resection plane 94. 圧力が作用する状態で着座する必要はない。 Need not be seated in a state in which the pressure acts. しかしながら、この間のギャップが小さいほど、物質、特に上述したように骨片の侵入をより抑制することができる。 However, as during this period of the gap is small, it is possible to suppress the intrusion of the bone fragments so that the material, especially above. 可能か限りギャップを小さくすると、翼状伸展部7が非常時の座部として機能することができるという利点がある。 If possible or only to reduce the gap, can be advantageously wing extension section 7 functions as a seat for emergency. 第2のリム4のアンカー部上のブリッジ部20の固定がゆるくなると(例えば、椎間ねじ50が破損するなどしてずれ防止デバイス5が損傷すると)、切除面94を備える椎弓板91は、最大でも翼状伸展部7の平面状の外面70に着座する位置に移動するだけであり、それによって翼状伸展部7に支持され、それにより損傷が抑制される。 When fixing of the bridge portion 20 on the anchor portion of the second rim 4 is loose (e.g., when the protection device 5 displaced to such an intervertebral screw 50 is broken to damage), lamina 91 comprises a cutting surface 94 , at most it only moves to a position seated on the planar outer surface 70 of the wing extension section 7, thereby being supported by the wing extension section 7, whereby damage is prevented.

図5(a)および5(b)は、第3の実施の形態を示している。 FIGS. 5 (a) and 5 (b) shows a third embodiment. 図4(a)および4(b)に示す第2の実施の形態と比較した場合、その違いは、より大きい翼状伸展部7'が使用されていることのみである。 Figure 4 when compared to the second embodiment shown in (a) and 4 (b), the difference is only that the larger wing extension section 7 'is used. したがって、第2の実施の形態に対して上述した説明が適用される。 Accordingly, the description is applied as described above with respect to the second embodiment.

本発明に係る補強用インプラント1は、好ましくは、図3に示すようなインプラントセットの一部である。 Reinforcing implant 1 according to the present invention are preferably part of the implant set as shown in FIG. サイズに関して異なる様々な種類が列に並んだ状態で示されている。 Various types differ with respect to size is shown in a state of being aligned in the column. 各サイズについて、補強用インプラントは、右側埋め込み用(図3の右手側半分)バージョンと左側埋め込み用(図3の左手側半分)バージョンの両方が存在する。 For each size, reinforcing implant for the right implantation (right-hand half of Figure 3) version and left for implantation (left-hand half of Figure 3) both versions are present. 各バージョンについて、翼状伸展部がないもの、小さい翼状伸展部を備えるもの、そして大きい翼状伸展部を備えるものとが存在する。 For each version, as there is no wing extension section, those provided with a small wing extension portion, and the there those with a large wing extension section.

Claims (20)

  1. 椎骨(9)の椎弓板(91)に挿入される補強用インプラントであって、 A reinforcing implant to be inserted into the lamina of the vertebra (9) (91),
    椎骨に対する座面を備える本体部および固定デバイスを有し、 Has a body portion and a fixation device comprising a seating surface for the vertebrae,
    椎弓板(91)の切除部(92)に架けるカンチレバー部(2)が設けられ、 Cantilever portion over troubled cutouts (92) of the lamina (91) (2) is provided,
    その橋渡し部の対向する端それぞれにアンカー部が設けられ、 Anchor portion is provided in each opposite ends of the bridging portion,
    第1のアンカー部は、椎骨(9)の棘突起(90)に着座するプレッシャ面(40)を備えるように構成され、 First anchor portion is configured with a vertebra (9) pressure surfaces seated on spinous processes (90) (40),
    第2のアンカー部は、椎弓板(91)の外面に着座するスラスト斜面(40)を備えるように構成され、 Second anchor portion is configured to include a thrust slope (40) seated on the outer surface of the lamina (91),
    プレッシャ面(30)とスラスト斜面(40)との間の角度が鈍角(α)であって、 The angle between the pressure surface (30) and the thrust slope (40) an obtuse angle (alpha),
    ずれ防止デバイス(5)、具体的には椎間ねじ(50)がスラスト斜面(40)に配置され、 Shift prevention device (5), in particular intervertebral screw (50) is arranged on the thrust slope (40),
    スラスト斜面(40)の一つのエッジが、椎弓板(91)の切除部(92)にまたがるカンチレバー部(2)の耐荷重部(20)に隣接する、補強用インプラント。 One edge of the thrust slope (40), adjacent to the load bearing portion (20) of the cantilever portion spanning the cutout of the lamina (91) (92) (2), reinforcing implant.
  2. スラスト斜面からプレッシャ面に負荷を伝えるカンチレバー部(2)の部分(20)は、スラスト斜面(40)によって定義される平面(24)に対して交差していない、請求項1に記載の補強用インプラント。 Cantilever portion for transmitting the load to the pressure surface from the thrust slope portion (2) (20) does not intersect the plane (24) defined by the thrust slope (40), for reinforcing according to claim 1 implant.
  3. 本体部は、プレッシャ面(30)が配置されている第1のリム(3)と、スラスト斜面(40)が配置されている第2のリム(4)とを備える、請求項1または2に記載の補強用インプラント。 Body portion, a first rim pressure surface (30) is located (3), and a second rim thrust slope (40) is arranged (4), in claim 1 or 2 reinforcing implant as claimed.
  4. 固定ピン用のピボットジョイント(6)が、リム(3、4)の少なくとも一方に配置されている、請求項3に記載の補強用インプラント。 Pivot joint for fixing pin (6) is disposed on at least one of the rim (3, 4), reinforcing implant according to claim 3.
  5. ピボットジョイント(6)は、カップ状の受け座(60)と、それに取り付けられ、固定ピンをガイドするリング(61)とを備える、請求項4に記載の補強用インプラント。 Pivot joint (6) is cup-shaped seat (60), attached to it, and a ring (61) for guiding the fixing pin, reinforcing implant according to claim 4.
  6. リング(61)は、受け座(60)に対して回転しないようにリングを保持する回転防止部を備える、請求項5に記載の補強用インプラント。 Ring (61) is provided with a rotation preventing portion for holding the ring against rotation relative to the seat (60), a reinforcing implant according to claim 5.
  7. ピボットジョイント(6)は、固定ピンが通常位置を中心として各方向に10°から20°の範囲で移動できるように構成されている、請求項3から6のいずれか一項に記載の補強用インプラント。 Pivot joint (6), the fixing pin is configured to be moved in the range of 10 ° to 20 ° in each direction around the normal position, reinforcing according to any one of claims 3 6 implant.
  8. ピボットジョイント(6)は、通常位置の2つのリム(3、4)の固定ピンが一平面上に位置するように構成されている、請求項7に記載の補強用インプラント。 Pivot joint (6), two fixed pins of the rim (3, 4) of the normal position is configured to be positioned on one plane, the reinforcement implant according to claim 7.
  9. 固定ピンは、通常位置において、スラスト斜面(40)の垂線に対して最大で30°、好ましくは少なくとも10°ずれている、請求項7または8に記載の補強用インプラント。 Fixing pin is in the normal position, up to 30 ° relative to the perpendicular of the thrust slope (40), preferably is offset at least 10 °, reinforcing implant according to claim 7 or 8.
  10. プレッシャ面(40)内の固定ピンは、通常位置において、埋め込まれた状態において、椎骨(9)の反対側の椎間関節(95')に向くように方向付けされている、請求項7から9のいずれか一項に記載の補強用インプラント。 Fixing pin in the pressure surface (40) is in the normal position, the implanted state, is oriented to face the opposite side of the facet joint of the vertebrae (9) (95 '), claims 7 reinforcing implant according to any one of 9.
  11. スラスト斜面(40)から突出する翼状伸展部(7)を備える、請求項1から10のいずれか一項に記載の補強用インプラント。 Comprising wing extension portion projecting from the thrust slope (40) (7), reinforcing implant according to any one of claims 1 to 10.
  12. 翼状伸展部(7)は、プレッシャ面(30)に対して平行である、請求項11に記載の補強用インプラント。 Wing extension section (7) is parallel to the pressure surface (30), a reinforcing implant of claim 11.
  13. 翼状伸展部(7)は、プレッシャ面(30)から遠い側に向いている平面状の外面(70)を備え、また好ましくは、プレッシャ面(30)側に向いている内面に補強リブ(71)を備える、請求項11または12に記載の補強用インプラント Wing extension section (7) is provided with an outer surface (70) planar facing side farther from the pressure surface (30), and preferably, reinforcing ribs on the inner surface facing the pressure surface (30) side (71 ) comprising a reinforcing implant according to claim 11 or 12
  14. 翼状伸展部(7)は、スラスト斜面(40)からカンチレバー部(2)への移行部に配置されている、請求項11から13のいずれか一項に記載の補強用インプラント。 Wing extension section (7) is arranged at the transition from the thrust slope (40) cantilever unit (2), reinforcing implant according to any one of claims 11-13.
  15. 翼状伸展部(7)は、最大でスラスト斜面(40)の幅の半分までおよぶ、請求項11から14のいずれか一項に記載の補強用インプラント。 Wing extension portion (7) extends to half the width of a maximum thrust slope (40), reinforcing implant according to any one of claims 11 14.
  16. 翼状伸展部(7)の下側エッジ(72)は、すれ防止デバイスの軸(55)に対して傾いている、請求項11に記載の補強用インプラント。 Lower edge of the wing extension portion (7) (72) is inclined with respect to the axis (55) of the thread protection device, reinforcing implant according to claim 11.
  17. 固定ピンは、長いまたは短いねじ(50、50')であって、 Fixing pin, a longer or shorter screws (50, 50 '),
    長いねじは、隣接する下側の椎骨(9')内に到達し、 Long screw reaches into the adjacent lower vertebrae (9 '),
    短いねじは、到達することなく、その端が椎骨(9)内に位置する、請求項7から16のいずれか一項に記載の補強用インプラント。 Short screws, without reaching, its end is located within the vertebra (9), reinforcing implant according to any one of claims 7 16.
  18. 長いネジのシャフト部は、頭部側にねじが形成されていない部分(53、53')と、先端側にねじ部(54、54')とを備え、 Shaft portion of the long screw includes 'and a threaded portion on the distal end side (54, 54 parts screw head side are not formed (53, 53') and a),
    ねじが形成されていない部分は、隣接する下部の椎骨(9')まで到達するような大きさである、請求項17に記載の補強用インプラント。 Part screw is not formed, it is sized to reach adjacent lower vertebrae (9 '), reinforcing implant according to claim 17.
  19. 椎骨(9)の椎弓板(91)に挿入されるインプラントセットであって、 The implant set which is inserted into the lamina (91) of the vertebra (9),
    種々のサイズの複数の補強用インプラントを含み、 It includes a plurality of reinforcing implant of various sizes,
    補強用インプラントそれぞれは、 Each reinforcing implants,
    椎骨に対する座面を備える本体部および固定デバイスを有し、 Has a body portion and a fixation device comprising a seating surface for the vertebrae,
    椎弓板(91)の切除部(92)に架けるカンチレバー部(2)が設けられ、 Cantilever portion over troubled cutouts (92) of the lamina (91) (2) is provided,
    その橋渡し部の対向する端それぞれにアンカー部が設けられ、 Anchor portion is provided in each opposite ends of the bridging portion,
    第1のアンカー部は、椎骨(9)の棘突起(90)に着座するプレッシャ面(40)を備えるように構成され、 First anchor portion is configured with a vertebra (9) pressure surfaces seated on spinous processes (90) (40),
    第2のアンカー部は、椎弓板(91)の外面に着座するスラスト斜面(40)を備えるように構成され、 Second anchor portion is configured to include a thrust slope (40) seated on the outer surface of the lamina (91),
    プレッシャ面(30)とスラスト斜面(40)との間の角度が鈍角(α)であって、 The angle between the pressure surface (30) and the thrust slope (40) an obtuse angle (alpha),
    ずれ防止デバイス(5)、具体的には椎間ねじ(50)がスラスト斜面(40)に配置され、 Shift prevention device (5), in particular intervertebral screw (50) is arranged on the thrust slope (40),
    スラスト斜面(40)の一つのエッジが、椎弓板(91)の切除部(92)にまたがるカンチレバー部(2)の耐荷重部(20)に隣接する、インプラントセット。 One edge of the thrust slope (40), adjacent to the load bearing portion (20) of the cantilever portion spanning the cutout of the lamina (91) (92) (2), implant set.
  20. 補強用インプラントが、請求項1から18のいずれか一項に記載の補強用インプラントである、請求項19に記載のインプラントセット。 Reinforcing implant, a reinforcing implant according to any one of claims 1 18, implant set according to claim 19.
JP2017083885A 2017-04-20 2017-04-20 Lamina arcus vertebrae reinforcement implant comprising cantilever shape bridge part Pending JP2017159069A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2017083885A JP2017159069A (en) 2017-04-20 2017-04-20 Lamina arcus vertebrae reinforcement implant comprising cantilever shape bridge part

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2017083885A JP2017159069A (en) 2017-04-20 2017-04-20 Lamina arcus vertebrae reinforcement implant comprising cantilever shape bridge part

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2015502100 Division 2012-03-28

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2017159069A true JP2017159069A (en) 2017-09-14

Family

ID=59852937

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2017083885A Pending JP2017159069A (en) 2017-04-20 2017-04-20 Lamina arcus vertebrae reinforcement implant comprising cantilever shape bridge part

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2017159069A (en)

Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007105477A (en) * 2005-10-12 2007-04-26 Rsb Spine Llc Interbody device for fixation and support of adjacent bone bodies
US20080215096A1 (en) * 2004-04-07 2008-09-04 Lance Nash Devices to Stabilise the Lamina
JP2008537498A (en) * 2005-03-17 2008-09-18 スパイナル・エレメンツ・インコーポレーテッド Flanged interbody fusion device
US20110172666A1 (en) * 2010-01-08 2011-07-14 Heilman Benjamin P Variable angle locking screw
US20120071923A1 (en) * 2010-09-16 2012-03-22 Mi4Spine, Llc Minimally invasive vertebral laminar reconstructive plate

Patent Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20080215096A1 (en) * 2004-04-07 2008-09-04 Lance Nash Devices to Stabilise the Lamina
JP2008537498A (en) * 2005-03-17 2008-09-18 スパイナル・エレメンツ・インコーポレーテッド Flanged interbody fusion device
JP2007105477A (en) * 2005-10-12 2007-04-26 Rsb Spine Llc Interbody device for fixation and support of adjacent bone bodies
US20110172666A1 (en) * 2010-01-08 2011-07-14 Heilman Benjamin P Variable angle locking screw
US20120071923A1 (en) * 2010-09-16 2012-03-22 Mi4Spine, Llc Minimally invasive vertebral laminar reconstructive plate

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9339297B2 (en) Flexible spine stabilization system
JP5161064B2 (en) Flanged interbody fusion device
US8236056B2 (en) Intervertebral implant for the lumbrosacral articulation
US8591588B2 (en) Spinal fixation plate
US6440168B1 (en) Articulating spinal implant
US8864832B2 (en) Posterior total joint replacement
CA2536336C (en) Multi-axial orthopedic device and system, e.g. for spinal surgery
JP5379305B2 (en) System and method for facet joint treatment
ES2297868T3 (en) Distraction implant spine.
EP2666442B1 (en) Spinous process implants and associated methods
US8100944B2 (en) Inter-cervical facet implant and method for preserving the tissues surrounding the facet joint
US6685742B1 (en) Articulated anterior expandable spinal fusion cage system
US7922750B2 (en) Interlaminar-interspinous vertebral stabilization system
ES2465568T3 (en) Interspinous vertebral stabilization devices
JP5166764B2 (en) Spinal implant
CA2711955C (en) Interspinous spacer
AU2005231362B2 (en) Head-to-head connector spinal fixation system
US8709043B2 (en) Artificial facet joint
JP4227020B2 (en) For bone fixation implant comprises a multi-axis head
US6679915B1 (en) Articulating spinal implant
ES2235045T3 (en) Estabiliacion set for vertebral bodies of the spine.
EP2242437B1 (en) Facet fixation prosthesis
US7935136B2 (en) Facet joint fusion devices and methods
US20020133155A1 (en) Cross-coupled vertebral stabilizers incorporating spinal motion restriction
EP1885266B1 (en) Spinous process stabilization devices

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20180314

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20180403

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20180702

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20180918

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20190409