JP2017114799A - High internal phase emulsion composition for improving Spf and rheology - Google Patents

High internal phase emulsion composition for improving Spf and rheology Download PDF

Info

Publication number
JP2017114799A
JP2017114799A JP2015250447A JP2015250447A JP2017114799A JP 2017114799 A JP2017114799 A JP 2017114799A JP 2015250447 A JP2015250447 A JP 2015250447A JP 2015250447 A JP2015250447 A JP 2015250447A JP 2017114799 A JP2017114799 A JP 2017114799A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
preferably
oil
wt
weight
composition
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2015250447A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
モハメド・マイドゥル・アラム
Mydul Alam Mohammad
類 新美
Rui Niimi
類 新美
リテシュ・シンハ
Sinha Ritesh
Original Assignee
ロレアル
L'oreal Sa
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61QSPECIFIC USE OF COSMETICS OR SIMILAR TOILET PREPARATIONS
    • A61Q17/00Barrier preparations; Preparations brought into direct contact with the skin for affording protection against external influences, e.g. sunlight, X-rays or other harmful rays, corrosive materials, bacteria or insect stings
    • A61Q17/04Topical preparations for affording protection against sunlight or other radiation; Topical sun tanning preparations
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toilet preparations
    • A61K8/02Cosmetics or similar toilet preparations characterised by special physical form
    • A61K8/04Dispersions; Emulsions
    • A61K8/06Emulsions
    • A61K8/066Multiple emulsions, e.g. water-in-oil-in-water
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toilet preparations
    • A61K8/18Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition
    • A61K8/30Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing organic compounds
    • A61K8/31Hydrocarbons
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toilet preparations
    • A61K8/18Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition
    • A61K8/30Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing organic compounds
    • A61K8/33Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing organic compounds containing oxygen
    • A61K8/37Esters of carboxylic acids
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toilet preparations
    • A61K8/18Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition
    • A61K8/30Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing organic compounds
    • A61K8/33Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing organic compounds containing oxygen
    • A61K8/37Esters of carboxylic acids
    • A61K8/375Esters of carboxylic acids the alcohol moiety containing more than one hydroxy group
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toilet preparations
    • A61K8/18Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition
    • A61K8/30Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing organic compounds
    • A61K8/46Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing organic compounds containing sulfur
    • A61K8/466Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing organic compounds containing sulfur containing sulfonic acid derivatives; Salts
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toilet preparations
    • A61K8/18Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition
    • A61K8/30Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing organic compounds
    • A61K8/49Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing organic compounds containing heterocyclic compounds
    • A61K8/494Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing organic compounds containing heterocyclic compounds with more than one nitrogen as the only hetero atom
    • A61K8/4946Imidazoles or their condensed derivatives, e.g. benzimidazoles
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toilet preparations
    • A61K8/18Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition
    • A61K8/72Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing organic macromolecular compounds
    • A61K8/84Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing organic macromolecular compounds obtained by reactions otherwise than those involving only carbon-carbon unsaturated bonds
    • A61K8/86Polyethers
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toilet preparations
    • A61K8/18Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition
    • A61K8/72Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing organic macromolecular compounds
    • A61K8/84Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing organic macromolecular compounds obtained by reactions otherwise than those involving only carbon-carbon unsaturated bonds
    • A61K8/89Polysiloxanes
    • A61K8/891Polysiloxanes saturated, e.g. dimethicone, phenyl trimethicone, C24-C28 methicone or stearyl dimethicone
    • A61K8/894Polysiloxanes saturated, e.g. dimethicone, phenyl trimethicone, C24-C28 methicone or stearyl dimethicone modified by a polyoxyalkylene group, e.g. cetyl dimethicone copolyol
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61QSPECIFIC USE OF COSMETICS OR SIMILAR TOILET PREPARATIONS
    • A61Q19/00Preparations for care of the skin

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide O/W/O multiphase emulsion compositions for keratin substances, such as skin, with improved UV protection effect, preferably sun care O/W/O multiphase emulsion compositions.SOLUTION: The present invention provides a sun care composition for makeup in oil-in-water-in-oil (O/W/O) multiphase emulsion form of water-in-oil middle oil which has an external oil phase, a large quantity interior aqueous phase in the external oil phase, and an internal oil phase dispersed in the large quantity interior aqueous phase as a droplet, the sun care composition comprising (a) at least one surfactant whose HLB is less than 13, (b) at least one oil, (c) at least one UV shielding agent, and (d) water, the amount of the large quantity interior aqueous phase being 60 mass% or more to the total mass of the composition, and the droplet diameter of the internal oil phase being less than 200 nm.SELECTED DRAWING: Figure 1

Description

本発明は、皮膚等のケラチン物質のための化粧用組成物、詳細には油中水中油(O/W/O)多相エマルションの形態の化粧用組成物に関する。 The present invention relates to cosmetic compositions, oil-in-water-oil in particular (O / W / O) cosmetic composition in the form of a multiple emulsion for keratin substances such as the skin.

エマルション組成物は、それらが、水性相がもたらすことができる爽快感のために使用して快いので、化粧料分野及び皮膚科分野において一般に使用されている。 The emulsion composition, they are, so pleasant to use for refreshing feeling can be aqueous phase results, are commonly used in cosmetics field and dermatological fields. エマルションは、水中油エマルション(O/W型エマルション)、油中水エマルション(W/O型エマルション)、水中油中水の多相エマルション(W/O/W型エマルション)、及び油中水中油の多相エマルション(O/W/O型エマルション)の形態を取ることができる。 Emulsions, oil in water emulsions (O / W emulsion), water-in-oil emulsion (W / O emulsion), a multiple emulsion (W / O / W emulsion) of oil-in-water, and oil-in-water-in oil it can take the form of a multi-phase emulsion (O / W / O type emulsion). 今日まで、幾つかの先行技術文献が、多相エマルションの形態の組成物を開示している。 To date, several prior art documents discloses a composition in the form of a multiple emulsion.

例えば、US-A-5,814,321は、30〜90質量%の油相A)、非イオン性界面活性剤B)(少なくとも3つのヒドロキシル基を保持する多価アルコール及び脂肪酸に由来する部分的なエステルである)を含む0.5〜30質量%の乳化剤、及びヒドロキシ脂肪酸トリグリセリドC)(そこで脂肪酸のヒドロキシ基は20〜60個のエチレンオキシド単位でポリオキシエチレン化されている)、E)0.01〜10質量%のアミノ酸又はその塩、及び分子中に少なくとも5つのヒドロキシル基を有する0.01〜10質量%の非還元糖又は糖アルコール、並びに5〜65質量%の水性相D)(生物学的に許容され且つ有効な量の抗原を含有している)を含む油中水型の油性アジュバント相と;非イオン性界面活性剤を含む0.2〜20質量%の乳化剤を含む外側の水性相F)とを含む、水中油中水型の油性アジュバントワクチンを開示して For example, US-A-5,814,321, the oil phase A of 30 to 90 wt%), a nonionic surfactant B) (partial esters derived from polyhydric alcohols and fatty acids that retain at least three hydroxyl groups 0.5 to 30 wt% of an emulsifier containing certain), and hydroxy group of the hydroxy fatty acid triglyceride C) (where the fatty acid is polyoxyethylenated with 20 to 60 ethylene oxide units), E) from 0.01 to 10 wt% amino acid or a salt thereof, and at least five 0.01 to 10 wt% of non-reducing sugars or sugar alcohols having a hydroxyl group, and the aqueous phase D of 5 to 65 wt%) (and effective biologically acceptable in the molecule the amount of oil adjuvant phase and water-in-oil containing a contains) antigen; and an outer aqueous phase F of) containing 0.2 to 20 wt% of an emulsifier comprising a nonionic surfactant, an oil-in-water disclose in water type oil adjuvant vaccine る。 That.

更に、大量の水からなる高内部水性相のW/Oエマルションもまた、化粧料分野及び皮膚科分野において既知である。 Furthermore, W / O emulsion of the high internal aqueous phase consisting large amounts of water are also known in the cosmetic art and dermatological fields.

例えば、US-A-2003/0064046は、高内部水性相の油中水型のエマルション化粧用組成物を開示しており、これは、(A)1種又は複数の、0.1〜10.0質量%の量にある特定の構造を有する架橋性ポリエーテル変性シリコーンと、(B)1種又は複数の、特定の構造を有して水性相成分の含有量が少なくとも50質量%であるポリエーテル変性シリコーンとを含む。 For example, US-A-2003/0064046 discloses an emulsion cosmetic composition of the water-in-oil high internal aqueous phase, which is (A) of one or more of 0.1 to 10.0 wt% linkable polyether-modified silicone having a specific structure in an amount, (B) one or more, and a polyether-modified silicone is a content of the aqueous phase component has a specific structure at least 50 wt% including.

加えて、JP-A-2010-132620は、油中水型の乳化された化粧料を開示しており、これは、以下の成分(A)、(B)、(C)及び(D)を含有し、且つ以下の要件(1)及び(2)を満たす。 In addition, JP-A-2010-132620 discloses an emulsified cosmetic water-in-oil, which can include the following components (A), the (B), (C) and (D) contained, and satisfies the following requirements (1) and (2). 成分:(A)1種又は2種以上の、モノオレイン酸グリセリン、モノイソステアリン酸グリセリン及びモノステアリン酸ポリオキシエチレングリセリルの中から選択されるもの;(B)水性成分;(C)油性成分;及び(D)粉末。 Component: (A) 1 kind or 2 or more, glyceryl monooleate, those selected from among glycerol monoisostearate and polyoxyethylene monostearate glyceryl; (B) an aqueous component; (C) an oil component; and (D) powder. 要件:(1)成分(B)の水性成分の質量の和を、成分(A)及び成分(B)の水性成分並びに成分(C)の油性成分の質量の和で割って得られる内部水相の比が、少なくとも50%である;(2)成分(A)について、モノオレイン酸グリセリンの純度は、モノオレイン酸グリセリン、ジオレイン酸グリセリン及びトリオレイン酸グリセリンの総量に対して少なくとも90質量%であり;モノイソステアリン酸グリセリンの純度は、モノイソステアリン酸グリセリン、ジイソステアリン酸グリセリン及びトリイソステアリン酸グリセリンの総量に対して少なくとも90質量%であり;且つモノステアリン酸ポリオキシエチレングリセリルの純度は、モノイソステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル、ジステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル及びトリステアリン酸ポリオキシエチレ Requirements: (1) component the sum of the weight of the aqueous components of (B), components (A) and (B) an aqueous component and an internal aqueous phase obtained by dividing the sum of the mass of the oil component of the component (C) of ratio is at least 50%; for (2) the component (a), purity of glyceryl monooleate are glycerin monooleate, at least 90% by weight relative to the total amount of dioleate glycerin and trioleate glyceryl There; purity of glycerol monoisostearate is glycerol monoisostearate, at least 90% by weight relative to the total amount of diisostearate glycerin and triisostearate glycerin; and purity of polyoxyethylene monostearate glyceryl is monoisostearate polyoxyethylene glyceryl distearate, polyoxyethylene glyceryl and tristearate polyoxyethylene ングリセリルの総量に対して少なくとも90質量%である。 At least 90% by mass of the total amount of Nguriseriru.

皮膚等のケラチン物質のためのサンケア化粧料において、これらのエマルション組成物が一般に使用される。 In sun care cosmetics for keratin materials such as skin, these emulsion composition are commonly used. サンケア製品については、良好なUV防護効果は、キー機能の一つである。 For sun care products, good UV protective effect is one of the key functions.

US-A-5,814,321 US-A-5,814,321 US-A-2003/0064046 US-A-2003/0064046 JP-A-2010-132620 JP-A-2010-132620 US-A-5364633 US-A-5364633 US-A-5411744 US-A-5411744 EP669323 EP669323 US2,463,264 US2,463,264

本発明の目的は、UV防護効果が改善された、皮膚等のケラチン物質のためのO/W/O多相エマルション組成物、好ましくは化粧用サンケアO/W/O多相エマルション組成物を提供することである。 An object of the present invention, UV protective effect is improved, O / W / O multiple emulsion composition for keratin materials such as skin, preferably provides a cosmetic suncare O / W / O multiple emulsion composition It is to be.

本発明の上記の目的は、外部油相と、外部油相中の多量内部水性相と、多量内部水性相中に液滴として分散した内部油相とを有する、油中水中油の多相エマルション(O/W/O型エマルション)の形態の組成物であって、 The above object of the present invention includes an external oil phase, having a large amount internal aqueous phase of the outer oil phase, and an internal oil phase dispersed as droplets into a large amount internal aqueous phase, multi-phase emulsions of oil-in-water-oil a composition in the form of (O / W / O type emulsion),
(a)少なくとも1種の、HLBが13未満である界面活性剤と、 (A) a surfactant which is at least one, HLB less than 13,
(b)少なくとも1種の油と、 (B) at least one oil,
(c)少なくとも1種のUV遮蔽剤と、 (C) at least one UV screening agent,
(d)水とを含み、 (D) and a water,
多量内部水性相の量が、組成物の総質量に対して60質量%以上であり、内部油相の液滴径が、200nm未満である、組成物によって達成することができる。 The amount of multimeric inner aqueous phase is not less than 60% by weight relative to the total weight of the composition, droplet size of the internal oil phase is less than 200 nm, it can be achieved by the composition.

内部油相の液滴径は、150nm未満、好ましくは120nm未満とすることができる。 The droplet size of the internal oil phase is less than 150 nm, preferably to less than 120 nm.

多量内部水性相の量は、組成物の総質量に対して、60〜99質量%、好ましくは70〜95質量%、より好ましくは80〜90質量%の範囲とすることができる。 The amount of multimeric inner aqueous phase, based on the total weight of the composition, 60 to 99 wt%, preferably from 70 to 95 wt%, more preferably in the range of 80 to 90 wt%.

(a)界面活性剤のHLB値は、12未満、好ましくは10未満とすることができる。 (A) HLB value of surfactants is less than 12, preferably to less than 10.

該組成物の粘度は、25℃で、1〜500Pa・s、好ましくは10〜400Pa・s、より好ましくは50〜350Pa・s、更により好ましくは100〜300Pa・sとすることができる。 The viscosity of the composition at 25 ° C., 1 to 500 Pa · s, preferably 10~400Pa · s, more preferably 50~350Pa · s, even more preferably may be a 100~300Pa · s.

内部油相の量は、組成物の総質量に対して、0.5質量%〜15質量%、好ましくは1質量%〜10質量%、より好ましくは2質量%〜5質量%の範囲とすることができる。 The amount of the internal oil phase, by weight, 0.5% by weight to 15% by weight, preferably from 1 wt% to 10 wt%, more preferably in the range of 2% to 5 wt% it can.

外部油相中の(b)油は、ミリスチン酸イソプロピル、パルミチン酸イソプロピル、パルミチン酸エチルヘキシル等のエステル油、カプリルカプリリルグリセリド等のトリグリセリド、ラウロイルサルコシン酸イソプロピル等のサルコシネート、イソヘキサデカン等の炭化水素油、及びパラフィン等の鉱油から選択することができる。 (B) an oil external oil phase is isopropyl myristate, isopropyl palmitate, ester oils ethylhexyl palmitate, triglycerides such as capryl Luke Puriri glyceride, lauroyl sarcosinate isopropyl etc. sarcosinate, hydrocarbon oils such as isohexadecane , and it can be selected from mineral oils such as paraffin.

(a)界面活性剤は、好ましくはグリセロール、ソルビタン及びジグリセロールから選択されるポリオールと、好ましくはイソラウリン酸及びオレイン酸から選択される、8〜24個の炭素原子を含む脂肪酸とのモノエステル、具体的にはラウリン酸ポリグリセリル-2、ラウリン酸グリセリル、オレイン酸ソルビタン及びオレイン酸グリセリルの各エステルであり、好ましくはPEG/PPG-18/18ジメチコン等のポリエーテル変性ジメチコン並びにPEG-15/ラウリルジメチコンクロスポリマー等のポリエーテル及びアルキル変性ジメチコンクロスポリマーであるシリコーン界面活性剤である、非イオン性界面活性剤、並びにポリオキシエチレン(3)〜(17)ラウリルエーテルカルボン酸等のポリオキシエチレンアルキルエーテルカルボン酸であるアニオン性界面活性剤か (A) surfactant, monoesters preferably glycerol, a polyol selected from sorbitan and diglycerol, and the fatty acid preferably selected from isolauric acid and oleic acid, containing 8 to 24 carbon atoms, Specifically polyglyceryl laurate -2, glyceryl laurate, a sorbitan oleate and the ester of oleic acid glyceryl, preferably polyether-modified dimethicone and PEG-15 / lauryl dimethicone such as PEG / PPG-18/18 dimethicone silicone surfactant is a polyether and alkyl-modified dimethicone crosspolymer etc. crosspolymer, nonionic surfactants, and polyoxyethylene (3) to (17) polyoxyethylene alkyl ethers such as lauryl ether carboxylic acid or anionic surfactant is a carboxylic acid 選択することができる。 It can be selected.

(a)界面活性剤の量は、組成物の総質量に対して、0.1〜20質量%、好ましくは0.5〜15質量%、より好ましくは1〜10質量%の範囲とすることができる。 (A) the amount of surfactant, by weight, 0.1 to 20% by weight, preferably from 0.5 to 15 wt%, more preferably in the range of 1 to 10 mass%.

外部油相の量は、組成物の総質量に対して、1質量%〜40質量%、好ましくは2質量%〜30質量%、より好ましくは5質量%〜20質量%の範囲とすることができる。 The amount of the external oil phase, by weight, 1% to 40% by weight, preferably from 2% to 30% by weight, more preferably in a range of 5% to 20% by weight it can.

外部油相中の(b)油は、ミリスチン酸イソプロピル、パルミチン酸イソプロピル、パルミチン酸エチルヘキシル等のエステル油、カプリルカプリリルグリセリド等のトリグリセリド、ラウロイルサルコシン酸イソプロピル等のサルコシネート、イソヘキサデカン等の炭化水素油、パラフィン等の鉱油、及びシリコーン油から選択することができる。 (B) an oil external oil phase is isopropyl myristate, isopropyl palmitate, ester oils ethylhexyl palmitate, triglycerides such as capryl Luke Puriri glyceride, lauroyl sarcosinate isopropyl etc. sarcosinate, hydrocarbon oils such as isohexadecane it can be selected from mineral oils such as paraffin, and silicone oils.

該組成物は、組成物の総質量に対して10質量%未満、好ましくは5質量%未満の水溶性溶媒を含んでもよい。 The composition, less than 10% by weight relative to the total weight of the composition may preferably comprise a water-soluble solvent is less than 5 wt%.

(c)UV遮蔽剤としては、親水性及び疎水性双方のUV遮蔽剤を挙げることができ、(c)UV遮蔽剤の量は、組成物の総質量に対して、1〜40質量%、好ましくは2〜30質量%、より好ましくは5〜20質量%の範囲とすることができる。 The (c) UV-screening agents, mention may be made of hydrophilic and hydrophobic both UV screening agent, (c) the amount of UV screening agents, by weight, 1 to 40 wt%, preferably 2 to 30 wt%, more preferably in the range of 5 to 20 wt%.

本発明はまた、皮膚等のケラチン物質のための化粧方法にも関し、ケラチン物質へ本発明による組成物を塗布する工程を含む。 The present invention also relates to a cosmetic process for keratin substances such as the skin, comprising the step of applying a composition according to the invention to the keratin materials.

本発明はまた、ケラチン物質を紫外線から防護する方法にも関し、ケラチン物質へ本発明による組成物を塗布する工程を含む。 The present invention also relates to a method of protecting keratinous material from ultraviolet, comprises applying a composition according to the invention to the keratin materials.

本発明のO/W/Oエマルションの模式図の例である。 It is an example of a schematic view of O / W / O emulsions of the present invention.

鋭意検討した結果、本発明者らは、O/W/Oエマルションのサンケア組成物では、ナノサイズの油相の、水性相中への導入が、驚くほどUV防護効果を改善させうることを見出した。 As a result of intensive studies, the present inventors found that the sun care composition of O / W / O emulsions, the oil phase of the nano-sized, introduced into the aqueous phase is found that which are capable of surprisingly improved UV protective effect It was.

加えて、本発明者らはまた、ナノサイズの油相をO/W/Oエマルション中に採り入れることが、その安定性を改善させうることも見出した。 In addition, the present inventors also be adopt oil phase of the nano-size in O / W / O emulsion, has been found also that capable of improving its stability.

そのため、本発明による、組成物、好ましくは、ケラチン物質のための、好ましくは皮膚のための化粧用組成物は、外部油相と、外部油相中の多量内部水性相と、多量内部水性相中に分散した内部油相とを有するO/W/O型エマルションであって、 Therefore, according to the present invention, the composition, preferably, for keratin materials, preferably the cosmetic composition for skin, an external oil phase, and a large amount internal aqueous phase of the external oil phase, a large amount internal aqueous phase a O / W / O type emulsion having an internal oil phase dispersed in,
(a)少なくとも1種の、HLBが13未満である界面活性剤と、 (A) a surfactant which is at least one, HLB less than 13,
(b)少なくとも1種の油と、 (B) at least one oil,
(c)少なくとも1種のUV遮蔽剤と、 (C) at least one UV screening agent,
(d)水とを含み、 (D) and a water,
多量内部水性相の量が組成物の総質量に対して60質量%以上であり、内部油相の粒径が200nm未満である、O/W/O型エマルションである。 And the amount of multimeric inner aqueous phase is more than 60% by weight relative to the total weight of the composition, the particle size of the internal oil phase is less than 200 nm, an O / W / O type emulsion.

本発明による組成物は、改善されたUV防護効果を呈することができる。 The composition according to the invention can exhibit improved UV protective effect.

以下では、本発明による組成物を詳細に説明する。 The following describes a composition according to the present invention in detail.

[組成物] [Composition]
本発明による組成物は、外部油相と、外部油相中の多量内部水性相と、多量内部水性相中に分散した内部油相とを有するO/W/Oエマルションの形態を取る。 The compositions according to the invention takes an external oil phase, and a large amount internal aqueous phase of the external oil phase, in the form of O / W / O emulsions having an internal oil phase dispersed in a large amount inside the aqueous phase. 外部油相は、連続した油相を形成する。 External oil phase forms a continuous oil phase. 多量内部水性相は、組成物の総質量に対して60質量%以上の量にある。 Multimeric inner aqueous phase is in an amount of more than 60% by weight relative to the total weight of the composition. 内部油相は、200nm未満のサイズを有するナノサイズの液滴を形成する。 Internal oil phase forms droplets of nano-sized with a size less than 200 nm. 該組成物は、(a)少なくとも1種の、HLBが13未満である界面活性剤と、(b)少なくとも1種の油と、(c)少なくとも1種のUV遮蔽剤と、(d)水とを含む。 The composition contains (a) at least one, and the surfactant HLB is less than 13, (b) at least one oil, (c) at least one UV screening agent, (d) water including the door.

本発明による組成物が、化粧用組成物、詳細には皮膚等のケラチン物質のための化粧用サンケア組成物であることが好ましい。 The composition according to the invention, the cosmetic composition, it is preferable in particular a cosmetic sun care composition for keratin materials such as skin.

本発明による組成物は、改善されたUV防護効果を呈することができる。 The composition according to the invention can exhibit improved UV protective effect. 加えて、本発明による組成物は、増粘剤を一切含まないときでさえ、又はごくわずかな量の増粘剤を含むときでさえ、良好な安定性を有することができる。 In addition, the compositions according to the invention, even when containing no thickener, or even when containing a negligible amount of thickener can have a good stability.

最初に、本発明による組成物のO/W/Oの構造を、以下に説明する。 First, the structure of the O / W / O of the composition according to the present invention will be described below.

(外部油相) (External oil phase)
本発明のO/W/Oエマルション中の外部油相は、連続した油相であり、(b)少なくとも1種の油を含む。 External oil phase of the O / W / O emulsion of the present invention is a continuous oil phase, comprising at least one oil (b). (b)油に加えて、外部油相は、他の疎水性/脂溶性の成分、例えば疎水性のUV遮蔽剤、及び脂溶性の化粧用活性成分を含んでもよい。 (B) in addition to the oil, the external oil phase, components of other hydrophobic / lipophilic, e.g. hydrophobic UV screening agent, and may contain cosmetic active ingredient lipophilic.

外部油相の量は限定されないが、組成物の総質量に対して、一般に、1質量%〜40質量%、好ましくは2質量%〜30質量%、より好ましくは5質量%〜20質量%の範囲である。 The amount of the external oil phase is not limited, relative to the total weight of the composition, generally 1% to 40% by weight, preferably from 2% to 30% by weight, more preferably 5% by mass to 20% it is in the range.

(多量内部水性相) (Large amount of internal aqueous phase)
本発明のO/W/Oエマルション中の多量内部水性相は、(d)水、及び他の親水性/水溶性の成分、例えば親水性のUV遮蔽剤、化粧料として許容される親水性有機溶媒(水溶性溶媒)、増粘剤及び中和剤を含む。 Multimeric inner aqueous phase of the O / W / O emulsion of the present invention, (d) water, and other hydrophilic / water soluble ingredients, for example, hydrophilic UV screening agents, hydrophilic acceptable organic cosmetics the solvent (aqueous solvent), thickening agents and neutralizing agents.

多量内部水性相は、高内相のエマルション(HIPE)をもたらす。 Multimeric inner aqueous phase, resulting in a high internal phase emulsion (HIPE). 多量の水性相のために、一般に、水性相の液滴の形は、多面体になる。 For a large amount of aqueous phase, generally, the shape of the droplets of the aqueous phase will polyhedron. 加えて、多量の水性相は、多量の水を含むことができ、そのため、皮膚へ塗布されたとき、本発明による組成物に、爽快感を付与することができる。 In addition, a large amount of aqueous phase may contain a large amount of water, therefore, when applied to the skin, the compositions according to the invention, it is possible to impart refreshing feeling.

多量内部水性相は、マイクロサイズの液滴を形成する。 Multimeric inner aqueous phase forms droplets of micro size. 内部水性相のサイズは、1μm以上、好ましくは20μm未満、より好ましくは10μm未満とすることができる。 The size of the internal aqueous phase, 1 [mu] m or more, preferably less than 20 [mu] m, more preferably be less than 10 [mu] m. 水性の液滴径は、例えば、粒径分布測定装置(VASCO、Cordouan Technologies社)を用いて測定することができる。 Droplet diameter of the aqueous, for example, can be measured using a particle size distribution measuring apparatus (VASCO, Cordouan Technologies, Inc.).

多量内部水性相の量は、組成物の総質量に対して60質量%以上、好ましくは70質量%以上、より好ましくは80質量%以上である。 The amount of multimeric internal aqueous phase, 60 mass% or more relative to the total weight of the composition, preferably 70 wt%, and more preferably at least 80 wt%. 多量内部水性相の量の上限は限定されないが、一般に、組成物の総質量に対して99質量%未満、好ましくは95質量%未満、より好ましくは90質量%未満とすることができる。 The upper limit of the amount of multimeric inner aqueous phase is not limited, generally less than 99% by weight relative to the total weight of the composition, preferably less than 95 wt%, more preferably be less than 90 wt%.

(内部油相) (Internal oil phase)
本発明のO/W/Oエマルション中の内部油相は、多量内部水性相中に分散した液滴を形成し、且つ(b)少なくとも1種の油を含む。 Internal oil phase of the O / W / O emulsion of the present invention, contains a large amount internal aqueous phase droplets dispersed in the form, and (b) at least one oil. (b)油に加えて、内部油相は、他の疎水性/脂溶性の成分、例えば疎水性のUV遮蔽剤、及び脂溶性の化粧用活性成分を含んでもよい。 (B) in addition to the oil, the internal oil phase, components of other hydrophobic / lipophilic, e.g. hydrophobic UV screening agent, and may contain cosmetic active ingredient lipophilic.

内部油相は、ナノサイズの液滴を形成する。 Internal oil phase forms droplets of nanosize. 内部油相の液滴径は、200nm未満、好ましくは150nm未満、より好ましくは120nm未満である。 The droplet size of the internal oil phase is less than 200 nm, preferably less than 150 nm, more preferably less than 120 nm. 一般に、内部油相の液滴径は、1nm超、好ましくは5nm超、より好ましくは10nm超である。 In general, droplet size of the internal oil phase, 1 nm, preferably above 5nm greater, more preferably 10nm greater. 該油相の液滴径は、数平均粒径であり、例えば粒径分布測定装置(VASCO、Cordouan Technologies社)を用いて測定することができる。 The droplet size of the oil phase is the number average particle size, for example, can be measured using a particle size distribution measuring apparatus (VASCO, Cordouan Technologies, Inc.).

内部油相の量は限定されないが、一般に、組成物の総質量に対して、0.5質量%〜15質量%、好ましくは1質量%〜10質量%、より好ましくは2質量%〜5質量%の範囲である。 The amount of the internal oil phase is not limited, generally, by weight, 0.5% by weight to 15% by weight, preferably from 1 wt% to 10 wt%, more preferably of 2% to 5 wt% it is in the range.

驚くべきことに、本発明者らは、O/W/Oエマルション中のナノサイズの内部油滴が、本発明による組成物のUV防護効果を改善できることを見出した。 Surprisingly, the present inventors have found that internal oil nanosize in O / W / O emulsion were found to be improved UV protective effect of the composition according to the invention.

加えて、本発明者らは、O/W/Oエマルション中のナノサイズの内部油滴が、組成物に粘度を付与できるので、組成物の安定性を改善できることを見出した。 In addition, the present inventors have found that internal oil nanosize in O / W / O emulsion, it is possible to impart viscosity to the composition, it was found to be able to improve the stability of the composition. したがって、本発明による組成物は、増粘剤を実質的に一切含まない場合でさえ、又はごくわずかな量の増粘剤を含む場合でさえ、安定である。 Accordingly, the compositions according to the present invention, even when substantially free of any thickening agent, or even if it contains a negligible amount of thickener are stable.

本発明の一実施形態では、本発明による組成物は、実質的に増粘剤を含まず、好ましくは、組成物の総質量に対して5質量%未満、より好ましくは1質量%未満の増粘剤を含む。 In one embodiment of the present invention, the composition according to the invention is substantially free of thickening agent, preferably less than 5% by weight relative to the total weight of the composition, more preferably increased less than 1 wt% including the Nebazai.

本発明による組成物の粘度は、特に限定されない。 The viscosity of the compositions according to the present invention is not particularly limited. 該粘度は、レオメーター、例えば平行平板配置のDHR2レオメーター(TA instrument社)を用いて25℃にて測定することができる。 The viscosity can be measured at 25 ° C. with a rheometer, for example DHR2 rheometer parallel plate geometry (TA instrument Co.). 好ましくは、増粘剤を一切含まない組成物の粘度は、例えば、25℃及び0.01〜1000 1/sで、1〜500Pa・s、好ましくは10〜400Pa・s、より好ましくは50〜350Pa・s、更により好ましくは100〜300Pa・sの範囲とすることができる。 Preferably, the viscosity of the composition containing no thickener, for example, at 25 ° C. and 0.01~1000 1 / s, 1~500Pa · s, preferably 10~400Pa · s, more preferably 50~350Pa · s, even more preferably be in the range of 100~300Pa · s. 加えて、該組成物は、ニュートン流体の性質を有することができる。 In addition, the composition can have the properties of a Newtonian fluid.

更に、本発明による組成物の安定性は、その高い降伏応力値によって特徴づけることができる。 Furthermore, the stability of the composition according to the invention can be characterized by their high yield stress value. 降伏応力は、本明細書では、その材料がその構造を維持するまでの最大応力を意味する。 Yield stress, as used herein, means the maximum stress until the material maintains its structure. この応力を超えると、材料は、流れる又は不安定化する傾向にある。 Above this stress, the material will tend to flow or destabilization. 換言すれば、高い降伏応力は、安定性を改善させるのに役立つ。 In other words, high yield stress helps to improve stability. 高い降伏応力値は、例えば、レオメーター、例えば平行平板配置のDHR2レオメーター(TA instrument社)を用いて25℃にて測定される、せん断速度対応力曲線から計算することができる。 High yield stress values, for example, can be calculated rheometer, for example as measured at 25 ° C. using a DHR2 rheometer parallel plate geometry (TA instrument Co.), the shear rate corresponding force curve. 好ましくは、本発明によるO/W/O多相エマルションの降伏応力値は、例えば、25℃及び0.01〜1000 1/sで、30Pa超、好ましくは50Pa超、より好ましくは70Pa超とすることができる。 Preferably, the yield stress value of the O / W / O multiple emulsions according to the invention, for example, at 25 ° C. and 0.01 to 1000 1 / s, 30 Pa, preferably above 50Pa greater, more preferably in a 70Pa than it can.

図1は、本発明のO/W/Oエマルションの模式図の例を示す。 Figure 1 shows an example of a schematic diagram of O / W / O emulsions of the present invention. この図は、参照用のためのみのものであり、本発明の範囲を限定するものではない。 The figure for the reference is intended only and are not intended to limit the scope of the present invention. 図1に示すように、本発明のエマルションは、多相の構築体を有し、外部油相がエマルション中の連続した油相を形成し、多量内部水性相が外部油相中に多面体の液滴を形成することができ、内部油相が多量内部水性相中に分散したナノサイズの液滴を形成する。 As shown in FIG. 1, the emulsion of the present invention has a multi-phase construct, external oil phase forms a continuous oil phase in the emulsion, the liquid of the polyhedron a large amount inside the aqueous phase is external oil phase droplets can form, internal oil phase forms droplets of nano-sized dispersed in a large amount inside the aqueous phase.

次に、本発明による組成物の成分を、以下に説明する。 Next, the components of the composition according to the present invention will be described below.

(a)界面活性剤 本発明による組成物は、(a)少なくとも1種の、HLB(親水性親油性バランス)が13未満である界面活性剤を含む。 (A) surfactant composition according to the invention comprises (a) at least one, HLB (hydrophilic-lipophilic balance) surfactant is less than 13. 2種以上の(a)界面活性剤を組み合わせて使用してもよい。 A combination of two or more of (a) a surfactant may be used. そのため、単一種の界面活性剤、又は異種の界面活性剤の組合せを使用することができる。 Therefore, it is possible to use a combination of single type of surfactant, or different surfactants.

用語HLB(「親水性親油性バランス」)は、当業者には周知であり、界面活性剤の親水性親油性バランスを示す。 The term HLB ( "hydrophilic-lipophilic balance") are well known to those skilled in the art, showing a hydrophilic-lipophilic balance of the surfactant. 本発明に従って使用される界面活性剤のHLB又は親水性親油性バランスは、刊行物J. Soc. Cosm. Chem.、1954(第5巻)、249〜256頁に定義されているグリフィンによるHLBであるか、又は実験によって定義され、且つF. Puisieux及びM. Seiller著の以下の題名の刊行物、Galenica 5:Les systemes disperses [Dispersed systems] - Volume I - Agents de surface et emulsions [Surface agents and emulsions] - Chapter IV - Notions de HLB et de HLB critique [Notions of HLB and of critical HLB]、153〜194頁、1.1.2.章、Determination de HLB par voie experimentale [Experimental determination of HLB]、164〜180頁に記載されているHLBである。 HLB or hydrophilic-lipophilic balance of the surfactant used according to the present invention, publication J. Soc. Cosm. Chem., 1954 (Volume 5), in HLB by Griffin defined in pages 249-256 there or defined by empirical and publications following the title of F. Puisieux and M. Seiller al, Galenica 5: Les systemes disperses [Dispersed systems] - Volume I - Agents de surface et emulsions [Surface agents and emulsions ] - Chapter IV -. Notions de HLB et de HLB critique [Notions of HLB and of critical HLB], pp. 153-194, 1.1.2 Chapter, Determination de HLB par voie experimentale [Experimental determination of HLB], pp. 164-180 a HLB described in.

好ましくは、該組成物中で使用される(a)界面活性剤は、HLB値が、12未満、より好ましくは10未満である。 Preferably used in the composition (a) surfactant, HLB value of less than 12, more preferably less than 10. 2種以上の界面活性剤が使用される場合、そのHLB値は、全ての界面活性剤のHLB値の質量平均によって求めることができる。 If more than one surfactant is used, the HLB value can be determined by the weight average of the HLB values ​​of all surfactants.

計算されたHLB値を考慮することが好ましい。 It is preferable to consider the calculated HLB values. 計算されたHLBは、以下の係数であると定義される: Calculated HLB is defined as the coefficient of the following:
計算されたHLB=20×親水性部分のモル質量/総モル質量。 Molar mass / total molar mass of the calculated HLB = 20 × hydrophilic moiety.

好ましくは、界面活性剤の親油性部分は、炭素原子と水素原子、又はケイ素原子と水素原子のいずれかからなる。 Preferably, the lipophilic part of the surfactant is composed of one carbon atom and hydrogen atom, or a silicon atom and a hydrogen atom.

本発明による組成物中で使用される界面活性剤は、非イオン性界面活性剤、アニオン性界面活性剤、カチオン性界面活性剤及び両性界面活性剤から選択することができる。 Surfactants used in the compositions according to the invention, nonionic surfactants, anionic surfactants, may be selected from cationic surfactants and amphoteric surfactants. 好ましくは、(a)界面活性剤は、非イオン性界面活性剤及びアニオン性界面活性剤から選択される。 Preferably, (a) the surfactant is selected from nonionic surfactants and anionic surfactants.

非イオン性界面活性剤 非イオン性界面活性剤は、元来よく知られている化合物である[例えばこの点に関しては、「Handbook of Surfactants」、MRPorter著、Blackie & Son出版社(Glasgow及びLondon)、1991年、116〜178頁を参照されたい]。 Nonionic surfactants Nonionic surfactants, a is [example in this respect compounds which are originally known, "Handbook of Surfactants", MRPorter al, Blackie & Son publishers (Glasgow and London) , 1991, pp. 116-178].

そのため、(a)界面活性剤は、例えば、アルコール、α-ジオール、アルキルフェノール、及び脂肪酸のエステルから選択することができ、これらの化合物は、エトキシル化、プロポキシル化又はグリセロール化されており、例えば少なくとも1つの、8〜30個の炭素原子を含む脂肪鎖を有し、エチレンオキシド基又はプロピレンオキシド基の数が2〜50の範囲であり、グリセロール基の数が1〜30の範囲であることが可能である。 Therefore, (a) surfactant, for example, alcohols, alpha-diols, can be selected alkylphenols, and esters of fatty acids, these compounds, ethoxylated, and propoxylated or glycerolated, e.g. at least one has a fatty chain containing 8 to 30 carbon atoms in the range number of 2 to 50 ethylene oxide groups or propylene oxide groups, that the number of glycerol groups is in the range of 1 to 30 possible it is.

(a)界面活性剤は、好ましくは、モノオキシアルキレン化、ポリオキシアルキレン化、モノグリセロール化又はポリグリセロール化された非イオン性界面活性剤から選ぶことができる。 (A) a surfactant can preferably be selected mono oxyalkylenated, polyoxyalkylenated from monoglycerolated or polyglycerolated nonionic surfactant. オキシアルキレン単位は、より詳細には、オキシエチレン単位若しくはオキシプロピレン単位、又はこれらの組合せであり、好ましくはオキシエチレン単位である。 Oxyalkylene units, more particularly, an oxyethylene unit or oxypropylene units, or a combination thereof, preferably oxyethylene units.

挙げることができるモノオキシアルキレン化又はポリオキシアルキレン化された非イオン性界面活性剤の例としては、 Examples of mono-oxyalkylenated or polyoxyalkylated nonionic surfactants may be mentioned,
モノオキシアルキレン化又はポリオキシアルキレン化(C 8 〜C 24 )アルキルフェノール、 Mono oxyalkylenated or polyoxyalkylenated (C 8 ~C 24) alkylphenols,
飽和又は不飽和の、直鎖状又は分枝状の、モノオキシアルキレン化又はポリオキシアルキレン化C 8 〜C 30アルコール、 Saturated or unsaturated, linear or branched, mono oxyalkylenated or polyoxyalkylenated C 8 -C 30 alcohol,
飽和又は不飽和の、直鎖状又は分枝状の、モノオキシアルキレン化又はポリオキシアルキレン化C 8 〜C 30アミド、 Saturated or unsaturated, linear or branched, mono oxyalkylenated or polyoxyalkylenated C 8 -C 30 amides,
飽和又は不飽和の、直鎖状又は分枝状の、C 8 〜C 30酸とポリアルキレングリコールとのエステル、 Saturated or unsaturated, esters of linear or branched, C 8 -C 30 acid with polyalkylene glycols,
飽和又は不飽和の、直鎖状又は分枝状の、C 8 〜C 30酸とソルビトールとのモノオキシアルキレン化又はポリオキシアルキレン化エステル、 Saturated or unsaturated, mono-oxyalkylenated or polyoxyalkylenated esters of linear or branched, C 8 -C 30 acids and sorbitol,
飽和又は不飽和の、モノオキシアルキレン化又はポリオキシアルキレン化植物油、 Saturated or unsaturated, mono-oxyalkylenated or a polyoxyalkylene vegetable oil,
とりわけ単独又は混合物としての、エチレンオキシド及び/又はプロピレンオキシドの縮合物。 Especially alone or as a mixture, a condensation product of ethylene oxide and / or propylene oxide.

界面活性剤は、好ましくは、1から100の間、最も好ましくは2から50の間のモル数のエチレンオキシド及び/又はプロピレンオキシドを含有する。 The surfactant is preferably between 1 and 100, and most preferably contains the number of moles of ethylene oxide and / or propylene oxide between 2 and 50. 有利には、非イオン性界面活性剤は、オキシプロピレン単位を一切含まない。 Advantageously, the nonionic surfactant, contains no oxypropylene units.

本発明の実施形態のうちの1つによれば、ポリオキシアルキレン化非イオン性界面活性剤は、ポリオキシエチレン化脂肪アルコール(脂肪アルコールのポリエチレングリコールエーテル)、及びポリオキシエチレン化脂肪酸エステル(脂肪酸のポリエチレングリコールエステル)から選ばれる。 According to one embodiment of the present invention, the polyoxyalkylenated nonionic surfactants include polyoxyethylene fatty alcohols (polyethylene glycol ethers of fatty alcohols), and polyoxyethylene fatty acid esters (fatty acid selected from polyethylene glycol esters).

挙げることができるポリオキシエチレン化脂肪アルコール(又はC 8 〜C 30アルコール)の例としては、ラウリルアルコールのエチレンオキシド付加物、とりわけ7〜50個のオキシエチレン単位を含有するもの、より具体的には6〜12個のオキシエチレン単位を含有するもの(CTFA名ではラウレス-7からラウレス-12);ベヘニルアルコールのエチレンオキシド付加物、とりわけ5〜50個のオキシエチレン単位を含有するもの(CTFA名ではベヘネス-5からベヘネス-50);セテアリルアルコール(セチルアルコールとステアリルアルコールとの混合物)のエチレンオキシド付加物、とりわけ7〜30個のオキシエチレン単位を含有するもの(CTFA名ではセテアレス-7からセテアレス-30)、セチルアルコールのエチレンオキシド付加物、とりわけ7〜30個のオキシエチレン単位を含有する Examples of the polyoxyethylene fatty alcohols which may be mentioned (or C 8 -C 30 alcohol), ethylene oxide adducts of lauryl alcohol, especially those containing 7 to 50 oxyethylene units, more specifically, those containing 6 to 12 oxyethylene units (laureth -12 laureth-7 is a CTFA name); ethylene oxide adducts of behenyl alcohol, especially those containing 5 to 50 oxyethylene units (the CTFA name beheneth - 5 beheneth -50 from); cetearyl alcohol (ethylene oxide adduct of a mixture) of cetyl alcohol and stearyl alcohol, especially those containing from 7 to 30 oxyethylene units (ceteareth -30 from ceteareth -7 in CTFA name) , ethylene oxide adducts of cetyl alcohol, especially containing from 7 to 30 oxyethylene units の(CTFA名ではセテス-7からセテス-30);ステアリルアルコールのエチレンオキシド付加物、とりわけ7〜30個のオキシエチレン単位を含有するもの(CTFA名ではステアレス-7からステアレス-30)、イソステアリルアルコールのエチレンオキシド付加物、とりわけ8〜50個のオキシエチレン単位を含有するもの(CTFA名ではイソステアレス-8からイソステアレス-50)、及びこれらの混合物が挙げられる。 Of (ceteth -30 from ceteth -7 in CTFA name); ethylene oxide adduct of stearyl alcohol, especially those containing from 7 to 30 oxyethylene units (steareth -30 from steareth-7 under the CTFA name), isostearyl alcohol ethylene oxide adducts of, especially those containing 8 to 50 oxyethylene units (isosteareth -50 isosteareth -8 in CTFA name), and mixtures thereof.

モノグリセロール化又はポリグリセロール化非イオン性界面活性剤の例として、モノグリセロール化又はポリグリセロール化C 8 〜C 40アルコールが好ましくは使用される。 Examples of mono- or polyglycerolated nonionic surfactants, mono- or polyglycerolated C 8 -C 40 alcohol is preferably used.

詳細には、モノグリセロール化又はポリグリセロール化C 8 〜C 40アルコールは、次式: Specifically, mono- or polyglycerolated C 8 -C 40 alcohol has the formula:
RO-[CH 2 -CH(CH 2 OH)-O] m -H又はRO-[CH(CH 2 OH)-CH 2 O] m -H RO- [CH 2 -CH (CH 2 OH) -O] m -H or RO- [CH (CH 2 OH) -CH 2 O] m -H
(式中、 (In the formula,
Rは、直鎖状又は分枝状C 8 〜C 40 、好ましくはC 8 〜C 30アルキル基又はアルケニル基を表し、 R represents a linear or branched C 8 -C 40, preferably represents C 8 -C 30 alkyl or alkenyl group,
mは、1〜30、好ましくは1.5〜10の範囲の数を表す) m is 1 to 30, preferably a number in the range of 1.5 to 10)
に相当する。 It corresponds to.

本発明との関連で好適な化合物の例として挙げることができるのは、4モルのグリセロールを含有するラウリルアルコール(INCI名:ポリグリセリル-4ラウリルエーテル)、2モルのグリセロールを含有するラウリルアルコール(INCI名:ポリグリセリル-2ラウリルエーテル)、1.5モルのグリセロールを含有するラウリルアルコール、4モルのグリセロールを含有するオレイルアルコール(INCI名:ポリグリセリル-4オレイルエーテル)、2モルのグリセロールを含有するオレイルアルコール(INCI名:ポリグリセリル-2オレイルエーテル)、2モルのグリセロールを含有するセテアリルアルコール、6モルのグリセロールを含有するセテアリルアルコール、6モルのグリセロールを含有するオレオセチルアルコール、及び6モルのグリセロールを含有するオクタデカノールであ Mention may be made, as examples of suitable compounds in the context of the present invention are lauryl alcohol containing 4 mol of glycerol (INCI name: Polyglyceryl-4 Lauryl ether), lauryl alcohol (INCI containing 2 mol of glycerol name: polyglyceryl-2 lauryl ether), lauryl alcohol containing 1.5 mol of glycerol, oleyl alcohol (INCI name containing 4 mol of glycerol: polyglyceryl-4 oleyl ether), oleyl alcohol containing 2 mol of glycerol (INCI name: polyglyceryl-2 oleyl ether), cetearyl alcohol containing 2 mol of glycerol, containing cetearyl alcohol containing 6 mol of glycerol, oleo cetyl alcohol containing 6 mol of glycerol, and 6 mol of glycerol Oh in octadecanol .

mの値が統計値を表すのと同様に、アルコールは、アルコールの混合物を表してもよく、このことは、市販品において、複数種のポリグリセロール化脂肪アルコールが混合物の形態で共存してもよいことを意味する。 Like the value of m represent statistics, alcohol may represent a mixture of alcohols, this is, in commercial products, even coexist in the form of a plurality of types of polyglycerolated fatty alcohol mixture which means that good.

モノグリセロール化又はポリグリセロール化アルコールの中で、1molのグリセロールを含有するC 8 /C 10アルコール、1molのグリセロールを含有するC 10 /C 12アルコール、及び1.5molのグリセロールを含有するC 12アルコールを使用することが好ましい。 Among the mono- or polyglycerolated alcohols, C 8 / C 10 alcohol containing glycerol 1 mol, C 10 / C 12 alcohol containing glycerol 1 mol, and the C 12 alcohol containing glycerol 1.5mol it is preferable to use.

モノグリセロール化又はポリグリセロール化C 8 〜C 40脂肪酸エステルは、次式: Mono- or polyglycerolated C 8 -C 40 fatty acid ester has the formula:
R'O-[CH 2 -CH(CH 2 OR''')-O] m -R''又はR'O-[CH(CH 2 OR''')-CH 2 O] m -R'' R'O- [CH 2 -CH (CH 2 OR '' ') - O] m -R' ' or R'O- [CH (CH 2 OR' '') - CH 2 O] m -R ''
(式中、 (In the formula,
R'、R''及びR'''のそれぞれは、独立に、水素原子、又は直鎖状若しくは分枝状のC 8 〜C 40 、好ましくはC 8 〜C 30アルキル-CO-基若しくはアルケニル-CO-基を表し、但しR'、R''及びR'''のうちの少なくとも1つは水素原子ではなく、 R ', R' each 'and R' '', independently, a hydrogen atom, or a linear or branched C 8 -C 40, preferably C 8 -C 30 alkyl -CO- group or alkenyl represents a -CO- group, provided that R ', R' that at least one hydrogen atom of the 'and R' '',
mは、1〜30、好ましくは1.5〜10の範囲の数を表す) m is 1 to 30, preferably a number in the range of 1.5 to 10)
に相当することができる。 It can correspond to.

挙げることができるポリオキシエチレン化脂肪酸エステルの例としては、ラウリン酸、パルミチン酸、ステアリン酸又はベヘン酸のエステルとのエチレンオキシドの付加物、及びこれらの混合物、特に9〜100個のオキシエチレン単位を含むもの、例えばラウレートPEG-9からPEG-50のラウレート(CTFA名としては:PEG-9ラウレートからPEG-50ラウレート);PEG-9からPEG-50のパルミテート(CTFA名としては:PEG-9パルミテートからPEG-50パルミテート);PEG-9からPEG-50のステアレート(CTFA名としては:PEG-9ステアレートからPEG-50ステアレート);PEG-9からPEG-50のパルミトステアレート; PEG-9からPEG-50のベヘネート(CTFA名としては:PEG-9ベヘネートからPEG-50ベヘネート);ポリエチレングリコール100 EOモノステアレート(CTFA名:PEG-100ステアレート);及びこれらの混合物がある。 Examples of the polyoxyethylene fatty acid esters which may be mentioned lauric acid, palmitic acid, adducts of ethylene oxide with an ester of stearic acid or behenic acid, and mixtures thereof, in particular 9 to 100 oxyethylene units those containing, for example (as CTFA name: PEG-9 PEG-50 laurate from laurate) from laurate PEG-9 laurate PEG-50; the PEG-50 palmitate (CTFA name from PEG-9: PEG-9 palmitate PEG-50 palmitate) from; the stearate (CTFA name PEG-50 from PEG-9: PEG-50 stearate from PEG-9 stearate); palmitostearate of PEG-50 from PEG-9; PEG (the CTFA name: PEG-50 behenate from PEG-9 behenate) behenate PEG-50 -9; polyethylene glycol 100 EO monostearate (CTFA name: PEG-100 stearate); there is, and mixtures thereof.

本発明による実施形態のうちの1つによれば、非イオン性界面活性剤は、ポリオールと、例えば8〜24個の炭素原子、好ましくは12〜22個の炭素原子を含む飽和又は不飽和の鎖を有する脂肪酸とのエステル、及び好ましくは10〜200個、より好ましくは10〜100個のオキシアルキレン単位を含むそのポリオキシアルキレン化誘導体、例えば、C 8 〜C 24 、好ましくはC 12 〜C 22の1種又は複数の脂肪酸のモノグリセリルエステル又はポリグリセリルエステル、及び好ましくは10〜200個、より好ましくは10〜100個のオキシアルキレン単位を含むそのポリオキシアルキレン化誘導体;C 8 〜C 24 、好ましくはC 12 〜C 22の1種又は複数の脂肪酸のソルビトールエステル、及び好ましくは10〜200個、より好ましくは10〜100個のオキシアルキレン単位を含むそのポリオキシアル According to one embodiment of the present invention, non-ionic surfactants, polyols and, for example 8 to 24 carbon atoms, preferably a saturated or unsaturated containing 12 to 22 carbon atoms esters of fatty acids having a chain, and preferably 10 to 200, more preferably the polyoxyalkylenated derivatives, including 10 to 100 oxyalkylene units, e.g., C 8 -C 24, preferably C 12 -C one or more mono-glyceryl ester or polyglyceryl esters of fatty acids 22, and preferably 10 to 200 pieces, the polyoxyalkylenated derivatives more preferably 10 to 100 oxyalkylene units; C 8 -C 24, preferably sorbitol esters of one or more fatty acids of C 12 -C 22, and preferably 10 to 200 pieces, the Poriokishiaru more preferably containing 10 to 100 oxyalkylene units レン化誘導体;C 8 〜C 24 、好ましくはC 12 〜C 22の1種又は複数の脂肪酸の糖(スクロース、マルトース、グルコース、フルクトース、ソルビトール、ソルビタン及び/又はアルキルグリコース)エステル、及び好ましくは10〜200個、より好ましくは10〜100個のオキシアルキレン単位を含むそのポリオキシアルキレン化誘導体;脂肪アルコールのエーテル;糖と、C 8 〜C 24 、好ましくはC 12 〜C 22の脂肪アルコールとのエーテル;並びにこれらの混合物から選択することができる。 Ren derivatives; C 8 -C 24, preferably one or more fatty acids of sugars (sucrose, maltose, glucose, fructose, sorbitol, sorbitan and / or alkyl glycose) esters of C 12 -C 22, and preferably 10 200, more preferably the polyoxyalkylenated derivatives containing 10 to 100 oxyalkylene units; ethers of fatty alcohols; and sugar, C 8 -C 24, preferably with fatty alcohols C 12 -C 22 ether; as well as mixtures thereof.

脂肪酸のグリセリルエステルとして、ラウリン酸グリセリル(モノ-、ジ-及び/又はトリ-ラウリン酸グリセリル)、特にモノラウリン酸グリセリル(CTFA名:ラウリン酸グリセリル、太陽化学株式会社により販売されている)、ステアリン酸グリセリル(モノ-、ジ-及び/又はトリ-ステアリン酸グリセリル)(CTFA名:ステアリン酸グリセリル)、モノオレイン酸グリセリル(CTFA名:オレイン酸グリセリル、太陽化学株式会社により販売されている)又はリシノール酸グリセリル、並びにこれらの混合物を引用することができ、それらのポリオキシアルキレン化誘導体として、脂肪酸の、ポリオキシアルキレン化グリセロールとの、モノ-、ジ-又はトリエステル(脂肪酸の、グリセロールのポリアルキレングリコールエーテルとの、モノ-、ジ-又はトリエステル)、好ま As glyceryl esters of fatty acids, glyceryl laurate (mono -, di - and / or tri - glyceryl laurate), particularly glyceryl monolaurate (CTFA name: glyceryl laurate, sold by Taiyo Kagaku Co., Ltd.), stearic acid glyceryl (mono -, di - and / or tri - glyceryl stearate) (CTFA name: glyceryl stearate), glyceryl monooleate (CTFA name: glyceryl oleate, sold by Taiyo Kagaku Co., Ltd.) or ricinoleic acid glyceryl, and can quote these mixtures, as their polyoxyalkylene derivatives of fatty acids, and polyoxyalkylene glycerol, mono -, di - or tri ester (fatty acid, polyalkylene glycol glycerol of ether, mono, - di - or triesters), preferred くはポリオキシエチレン化ステアリン酸(モノ-、ジ-及び/又はトリステアリン酸)グリセリル、例えばPEG-20ステアリン酸(モノ-、ジ-及び/又はトリステアリン酸)グリセリルを引用することができる。 Ku polyoxyethylenated stearic acid (mono -, di - and / or tristearate) glyceryl, for example PEG-20 stearate (mono -, di - and / or tristearate) may be cited glyceryl.

これらの界面活性剤の混合物、例えばUniqema社によって名称ARLACEL 165で市販されているステアリン酸グリセリル及びPEG-100ステアレートを含有する製品、並びにGoldschmidt社によって名称TEGINで市販されているステアリン酸グリセリル(モノステアリン酸グリセリル及びジステアリン酸グリセリル)及びステアリン酸カリウムを含有する製品(CTFA名:ステアリン酸グリセリルSE)等もまた使用することができる。 Mixtures of these surfactants, for example, products containing glyceryl stearate and PEG-100 stearate sold under the name ARLACEL 165 by the company Uniqema, and glyceryl stearate sold under the name TEGIN by the company Goldschmidt (mono products containing glyceryl stearate and glyceryl distearate) and potassium stearate (CTFA name: glyceryl stearate SE) or the like can also be used.

脂肪酸のポリグリセリルエステルとして挙げることができるのは、2〜10個のグリセロール単位を含む製品、例えばモノラウリン酸ポリグリセリル、具体的にはモノラウリン酸ジグリセリル(CTFA名:ラウリン酸ポリグリセリル-2、太陽化学株式会社によって販売されている)、2〜10個のグリセロール単位を含む、オレイン酸エステル、ミリスチン酸エステル、カプリル酸エステル若しくはステアリン酸エステル、2〜10個のグリセロール単位を含むモノ(イソ)ステアリン酸ポリグリセリル、2〜10個のグリセロール単位を含むジオレイン酸ポリグリセリル、2〜10個のグリセロール単位を含むジラウリン酸ポリグリセリル、2〜10個のグリセロール単位を含むジミリスチン酸ポリグリセリル、2〜10個のグリセロール単位を含むトリミリスチン酸ポリグリセリ Mention may be made, as polyglyceryl esters of fatty acids, products containing from 2 to 10 glycerol units, for example, polyglyceryl monolaurate, specifically monolaurate diglyceryl (CTFA name: polyglyceryl laurate -2, Taiyo Kagaku Co., Ltd. sold) by including 2-10 glycerol units, oleic acid ester, myristic acid ester, caprylic acid ester or stearic acid ester, 2 to 10 mono (iso) polyglyceryl stearate containing glycerol units, dioleate polyglyceryl containing from 2 to 10 glycerol units, dilaurate polyglyceryl containing from 2 to 10 glycerol units, dimyristate polyglyceryl containing from 2 to 10 glycerol units, birds including 2-10 glycerol units myristic acid Poriguriseri 、2〜10個のグリセロール単位を含むトリオレイン酸ポリグリセリル、及び2〜10個のグリセロール単位を含むトリカプリル酸ポリグリセリルである。 A tricaprylate polyglyceryl including trioleate polyglyceryl, and 2 to 10 glycerol units containing from 2 to 10 glycerol units.

C 8 〜C 24脂肪酸のソルビトールエステル及びそのポリオキシアルキレン化誘導体は、パルミチン酸ソルビタン、イソステアリン酸ソルビタン、オレイン酸ソルビタン、ステアリン酸ソルビタン、セスキオレイン酸ソルビタン、ラウリン酸ソルビタン、カプリル酸ソルビタン及びトリオレイン酸ソルビタン、並びに脂肪酸と、例えば20〜100個のEOを含むアルコキシル化ソルビタンとのエステル、例えばモノオレイン酸ソルビタン(CTFA名:オレイン酸ソルビタン、Croda社によって販売されている)、ICI社によって名称Span 60で販売されているモノステアリン酸ソルビタン(CTFA名:ステアリン酸ソルビタン)、ICI社によって名称Span 40で販売されているモノパルミチン酸ソルビタン(CTFA名:パルミチン酸ソルビタン)、及びICI社によって名称Tween 65で販売されている Sorbitol esters and polyoxyalkylene derivatives of C 8 -C 24 fatty acids, sorbitan palmitate, sorbitan isostearate, sorbitan oleate, sorbitan stearate, sorbitan sesquioleate, sorbitan laurate, caprylic acid sorbitan and trioleate sorbitan, and fatty acids and, for example, esters of alkoxylated sorbitan containing 20 to 100 of EO, such as sorbitan monooleate (CTFA name: sorbitan oleate, sold by Croda Inc.), the name Span 60 by ICI Ltd. in sorbitan monostearate sold (CTFA name: sorbitan stearate), ICI, sorbitan monopalmitate, sold under the name Span 40 by (CTFA name: palmitic acid sorbitan), and under the name Tween 65 by ICI Ltd. It has been sold リステアリン酸ソルビタン20 EO(CTFA名:ポリソルベート65)、トリオレイン酸ポリエチレンソルビタン(ポリソルベート85)、又はUniqema社によって商品名Tween 20若しくはTween 60で市販されている化合物から選択することができる。 Risutearin sorbitan 20 EO (CTFA name: Polysorbate 65), trioleate polyethylene sorbitan (Polysorbate 85), or may be selected from compounds that are commercially available under the tradename Tween 20 or Tween 60 by Uniqema company.

脂肪酸と、グルコース又はアルキルグルコースとのエステルとして、パルミチン酸グルコース、セスキステアリン酸アルキルグルコース、例えばセスキステアリン酸メチルグルコース、パルミチン酸アルキルグルコース、例えばパルミチン酸メチルグルコース又はパルミチン酸エチルグルコース、メチルグルコシド脂肪酸エステル、メチルグルコシドとオレイン酸とのジエステル(CTFA名:ジオレイン酸メチルグルコース)、メチルグルコシドと、オレイン酸/ヒドロキシステアリン酸の混合物との混合エステル(CTFA名:ジオレイン酸/ヒドロキシステアリン酸メチルグルコース)、メチルグルコシドとイソステアリン酸とのエステル(CTFA名:イソステアリン酸メチルグルコース)、メチルグルコシドとラウリン酸とのエステル(CTFA名:ラウリン酸メチルグル As esters of fatty acids, glucose or alkylglucose, palmitic acid glucose sesquistearate alkyl glucose, for example, methyl sesquistearate glucose, alkyl palmitate glucose, for example, methyl palmitate glucose or ethyl palmitate glucose, methyl glucoside fatty acid esters, diester of methylglucoside and of oleic acid (CTFA name: dioleate methyl glucose), and methyl glucoside, mixed esters of a mixture of oleic acid / hydroxystearic acid (CTFA name: dioleate / hydroxystearic acid methyl glucose), methyl glucoside and esters of isostearic acid (CTFA name: methyl isostearate glucose), ester (CTFA name of methyl glucoside laurate: Mechiruguru laurate ース)、メチルグルコシドとイソステアリン酸との、モノエステルとジエステルとの混合物(CTFA名:セスキイソステアリン酸メチルグルコース)、メチルグルコシドとステアリン酸との、モノエステルとジエステルとの混合物(CTFA名:セスキステアリン酸メチルグルコース)、及び特にAMERCHOL社によって名称Glucate SSで市販されている製品、並びにこれらの混合物を引用することができる。 Over scan), the methyl glucoside and isostearic acid, mixtures of mono- and diesters (CTFA name: sesquiisostearate methyl glucose), and methyl glucoside and stearic acid, mixtures of mono- and diesters (CTFA name: sesqui methyl stearate glucose), and may be cited products, and mixtures thereof that are commercially available under the name Glucate SS particular by AMERCHOL Corporation.

脂肪酸と、グルコース又はアルキルグルコースとのエトキシル化エーテルとして、脂肪酸とメチルグルコースとのエトキシル化エーテル、特にAMERCHOL社によって名称Glucam E-20 distearateで市販されている製品等の、メチルグルコースとステアリン酸とのジエステルの、約20モルのエチレンオキシドとのポリエチレングリコールエーテル(CTFA名:PEG-20ジステアリン酸メチルグルコース)、メチル-グルコースとステアリン酸とのモノエステルとジエステルとの混合物の、約20モルのエチレンオキシドとのポリエチレングリコールエーテル(CTFA名:PEG-20セスキステアリン酸メチルグルコース)、具体的には、AMERCHOL社によって名称Glucamate SSE-20で市販されている製品、及びGOLDSCHMIDT社によって名称Grillocose PSE-20で市販されている製品、並びにこれらの混合物を、例 And a fatty acid, as ethoxylated ethers of glucose or alkylglucose, ethoxylated ethers of fatty acid and methyl glucose, such as the product marketed under the name Glucam E-20 distearate particular by AMERCHOL Inc., of methyl glucose and stearic acid diester, polyethylene glycol ethers and about 20 moles of ethylene oxide (CTFA name: PEG-20 methyl distearate glucose), methyl - the mixture of monoester and diester of glucose and of stearic acid, with about 20 moles of ethylene oxide polyethylene glycol ether (CTFA name: PEG-20 sesquistearate methyl glucose), specifically, is marketed under the name Grillocose PSE-20 as the product sold under the name Glucamate SSE-20 by AMERCHOL Corporation, and by GOLDSCHMIDT Co. the are products, and mixtures thereof, examples ば、引用することができる。 If, it can be cited.

スクロースエステルとして、パルミト-ステアリン酸サッカロース、ステアリン酸サッカロース及びモノラウリン酸サッカロースを、例えば引用することができる。 As sucrose esters, palmito - saccharose stearate, stearic acid sucrose and monolaurate sucrose, for example, it can be cited.

糖エーテルとして、アルキルポリグルコシドを使用することができ、例えば、花王ケミカル社によって名称MYDOL 10で市販されている製品、Henkel社によって名称PLANTAREN 2000で市販されている製品、及びSeppic社によって名称ORAMIX NS 10で市販されている製品等の、デシルグルコシドを含む、糖とC 8 〜C 24脂肪アルコールとのエーテル、Seppic社によって名称ORAMIX CG 110で、又はBASF社によって名称LUTENSOL GD 70で市販されている製品等のカプリリル/カプリルグルコシド、Henkel社によって名称PLANTAREN 1200 N及びPLANTACARE 1200で市販されている製品等のラウリルグルコシド、Henkel社によって名称PLANTACARE 818/UPで市販されている製品等のココ-グルコシド、例えばSeppic社によって名称MONTANOV 68で、Goldschmidt社によって名称TEGO-CARE CG90で、及びHenkel社によって名称EMULGADE KE3302 As sugar ethers, alkyl polyglucosides and can be used, for example, the product sold under the name MYDOL 10 by Kao Chemicals Co., the product sold under the name PLANTAREN 2000 by the company Henkel, and name by the company Seppic Oramix NS such as the product marketed under 10, including decyl glucoside, sold under the name LUTENSOL GD 70 ethers of sugar and C 8 -C 24 fatty alcohols, under the name Oramix CG 110 by the company Seppic, or by the company BASF products such as caprylyl / capryl glucoside, Henkel Corporation by the name PLANTAREN 1200 N and PLANTACARE lauryl glucoside, such as the product marketed under 1200, such as the product sold under the name PLANTACARE 818 / UP by the company Henkel coco - glucoside, e.g. the name MONTANOV 68 by the company Seppic, name by the name TEGO-CARE CG90 by the company Goldschmidt, and Henkel Corp. EMULGADE KE3302 市販されている、場合によりセトステアリルアルコールと混合されているセトステアリルグルコシド、Seppic社によって名称MONTANOV 202で市販されている、例えばアラキジル及びベヘニルアルコールとアラキジルグルコシドとの混合物の形態のアラキジルグルコシド、Seppic社によって名称MONTANOV 82で市販されている、例えばセチル及びステアリルアルコールとの混合物(35/65)の形態のココイルエチルグルコシド、並びにこれらの混合物を、特に引用することができる。 Are commercially available, cetostearyl glucoside, which is mixed with cetostearyl alcohol optionally sold under the name MONTANOV 202 by the company Seppic, e.g. arachidyl glucoside in the form of a mixture of arachidyl and behenyl alcohols and arachidyl glucoside, Seppic company sold under the name MONTANOV 82 by, for example, cetyl and form of cocoyl ethyl glucoside mixture of stearyl alcohol (35/65), and mixtures thereof, can be especially cited.

アルコキシル化植物油のグリセリド混合物、例えばエトキシル化(200 EO)パームグリセリドとコプラ(7 EO)グリセリドとの混合物もまた、引用することができる。 Glyceride mixtures of alkoxylated vegetable oils, for example mixtures of ethoxylated (200 EO) Pamuguriserido and copra (7 EO) glycerides can also be cited.

本発明による非イオン性界面活性剤は、好ましくは、アルケニル又は分枝状のC 12 〜C 22アシル鎖、例えばオレイル基又はイソステアリル基を含有する。 Non-ionic surfactants according to the invention preferably contains an alkenyl or branched C 12 -C 22 acyl chain, e.g., an oleyl group or an isostearyl group. より好ましくは、本発明による非イオン性界面活性剤は、PEG-20トリイソステアリン酸グリセリルである。 More preferably, the nonionic surfactant according to the invention is PEG-20 glyceryl triisostearate.

本発明による実施形態のうちの1つによれば、非イオン性界面活性剤は、エチレンオキシドとプロピレンオキシドとのコポリマー、特に次式: According to one embodiment of the present invention, the nonionic surfactant is a copolymer of ethylene oxide and propylene oxide, particularly the following formula:
HO(C 2 H 4 O) a (C 3 H 6 O) b (C 2 H 4 O) c H HO (C 2 H 4 O) a (C 3 H 6 O) b (C 2 H 4 O) c H
(式中、 (In the formula,
a、b及びcは、a+cが2〜100の範囲であり、bが14〜60の範囲であるような整数である) a, b and c is in the range of a + c is 2 to 100, b is an integer such that the range of 14 to 60)
のコポリマー、並びにこれらの混合物から選択することができる。 Copolymers, as well as mixtures thereof.

具体的には、これらの非イオン性界面活性剤の中で、ポリオールと脂肪酸とのモノエステルが、本発明において好ましくは使用される。 Specifically, among these nonionic surfactants, monoester of a polyol and a fatty acid is preferably in the present invention is used. ポリオールとして、グリセロール、ソルビタン及びジグリセロールが特に好ましく、脂肪酸として、ラウリン酸及びオレイン酸が特に好ましい。 As polyols, glycerol, are particularly preferred sorbitan and diglycerol, as the fatty acid, lauric acid and oleic acid are particularly preferred. 最も好ましいエステルは、ラウリン酸ポリグリセリル-2、ラウリン酸グリセリル、オレイン酸ソルビタン及びオレイン酸グリセリルである。 The most preferred esters are polyglyceryl laurate -2 glyceryl laurate, sorbitan oleate and glyceryl oleate.

本発明による実施形態のうちの1つによれば、非イオン性界面活性剤は、エチレンオキシドとプロピレンオキシドとのコポリマー、特に次式: According to one embodiment of the present invention, the nonionic surfactant is a copolymer of ethylene oxide and propylene oxide, particularly the following formula:
HO(C 2 H 4 O) a (C 3 H 6 O) b (C 2 H 4 O) c H HO (C 2 H 4 O) a (C 3 H 6 O) b (C 2 H 4 O) c H
(式中、 (In the formula,
a、b及びcは、a+cが2〜100の範囲であり、bが14〜60の範囲であるような整数である) a, b and c is in the range of a + c is 2 to 100, b is an integer such that the range of 14 to 60)
のコポリマー、並びにこれらの混合物から選択することができる。 Copolymers, as well as mixtures thereof.

本発明の実施形態のうちの1つによれば、非イオン性界面活性剤は、シリコーン界面活性剤から選択することができる。 According to one embodiment of the present invention, non-ionic surfactants may be selected from silicone surfactants. 非限定的に挙げられるのは、特許文献、US-A-5364633及びUS-A-5411744に開示されているものである。 Be mentioned without limitation are those disclosed in JP, US-A-5364633 and US-A-5411744.

シリコーン界面活性剤は、好ましくは、次式(I): Silicone surfactants are preferably the following formula (I):

[式中、 [In the formula,
R 1 、R 2及びR 3は、互いに独立に、C 1 〜C 6アルキル基又は-(CH 2 ) x -(OCH 2 CH 2 ) y -(OCH 2 CH 2 CH 2 ) z -OR 4基を表し、R 1 、R 2又はR 3のうちの少なくとも1つの基はアルキル基ではなく、 R 1, R 2 and R 3, independently of one another, C 1 -C 6 alkyl or - (CH 2) x - ( OCH 2 CH 2) y - (OCH 2 CH 2 CH 2) z -OR 4 radical the stands, at least one of the radicals R 1, R 2 or R 3 is not an alkyl group,
R 4は、水素、アルキル基又はアシル基であり; R 4 is hydrogen, alkyl or acyl group;
Aは、0〜200の範囲の整数であり、 A is an integer in the range of 0 to 200,
Bは、0〜50の範囲の整数であり、但しAとBとが同時に0に等しいことはなく、 B is an integer ranging from 0 to 50, provided that A and B not equal to 0 at the same time,
xは、1〜6の範囲の整数であり、 x is an integer ranging from 1 to 6,
yは、1〜30の範囲の整数であり; y is an integer ranging from 1 to 30;
zは、0〜5の範囲の整数である] z is an integer ranging from 0 to 5]
の化合物とすることができる。 It may be a compound.

本発明の好ましい一実施形態によれば、式(I)の化合物中で、アルキル基は、メチル基であり、xは、2〜6の範囲の整数であり、yは、4〜30の範囲の整数である。 According to one preferred embodiment of the present invention, a compound of formula (I), the alkyl group is a methyl group, x is an integer ranging from 2 to 6, y is 4 to 30 range of an integer.

式(I)のシリコーン界面活性剤の例として挙げることができるのは、次式(II): Mention may be made, as examples of silicone surfactants of formula (I) has the formula (II):

(式中、 (In the formula,
Aは、20〜105の範囲の整数であり、Bは、2〜10の範囲の整数であり、yは、10〜20の範囲の整数である) A is an integer in the range of 20 to 105, B is an integer ranging from 2 to 10, y is an integer in the range of 10 to 20)
の化合物である。 Which is a compound.

式(I)のシリコーン界面活性剤の例として更に挙げることができるのは、式(III): It can be further mentioned as examples of silicone surfactants of formula (I) (III):
H-(OCH 2 CH 2 ) y -(CH 2 ) 3 -[(CH 3 ) 2 SiO] A' -(CH 2 ) 3 -(OCH 2 CH 2 ) y -OH (III) H- (OCH 2 CH 2) y - (CH 2) 3 - [(CH 3) 2 SiO] A '- (CH 2) 3 - (OCH 2 CH 2) y -OH (III)
(式中、 (In the formula,
A'及びyは、10〜20の範囲の整数である) A 'and y are integers ranging from 10 to 20)
の化合物である。 Which is a compound.

使用されてもよい本発明の化合物は、Dow Corning社によって名称DC5329、DC7439-146、DC2-5695及びQ4-3667で販売されているものである。 The compounds of the present invention, which may be used, the name by the company Dow Corning DC 5329, DC7439-146, those sold under DC2-5695 and Q4-3667. 化合物DC5329、DC7439-146及びDC2-5695は、式(III)の化合物であり、式中、それぞれ、Aは22であり、Bは2であり、yは12である;Aは103であり、Bは10であり、yは12である;Aは27であり、Bは3であり、yは12である。 Compounds DC 5329, DC7439-146 and DC2-5695 is a compound of formula (III), wherein each, A is 22, B is 2, y is a 12; A is 103, B is 10, y is a 12; a is 27, B is 3, y is 12. 化合物Q4-3667は、式(III)の化合物であり、式中、Aは15であり、yは13である。 Compound Q4-3667 is a compound of formula (III), wherein, A is 15, y is 13.

具体的には、シリコーン界面活性剤としては、アルキルジメチコンコポリオール、とりわけ10〜22個の炭素原子を有するアルキル基、及び2〜50個のオキシエチレン基、及び2〜50個のオキシプロピレン基を有するもの、例えばGoldschmidt社によって呼称Abil EM-90で市販されている製品等のセチルジメチコンコポリオール(INCI名:セチルPEG/PPG-10/1ジメチコン);ラウリルジメチコンコポリオール(INCI名:ラウリルPEG/PPG-18/18メチコン)、及び例えばDow Corning社によって呼称DOW CORNING 5200 FORMULATION AIDで市販されている、約91%のラウリルジメチコンコポリオールと約9%のイソステアリルアルコールとの混合物;ジメチコンコポリオール、とりわけ2〜50のオキシエチレン基及び2〜50のオキシプロピレン基を有するものの中で、例えば18のオキシエチレン基及び18のオキシプロ Specifically, as the silicone surfactants, alkyl dimethicone copolyols, especially alkyl group having 10 to 22 carbon atoms, and 2 to 50 oxyethylene groups, and 2 to 50 oxypropylene groups those having, for example cetyl dimethicone copolyol such as the product sold under the designation Abil EM-90 by the company Goldschmidt (INCI name: cetyl PEG / PPG-10/1 dimethicone); lauryl dimethicone copolyol (INCI name: lauryl PEG / PPG-18/18 methicone), and for example, Dow Corning Corporation by designation DOW CORNING 5200 Formulation sold under the AID, a mixture of about 91% lauryl dimethicone copolyol and about 9% isostearyl alcohol; dimethicone copolyol, especially among those having an oxyethylene group and 2 to 50 oxypropylene groups of 2 to 50, e.g. 18 Okishipuro oxyethylene groups and 18 ピレン基を有する、ポリエーテル変性の、直鎖状又は分枝状のポリシロキサンポリマーであるもの(信越化学工業株式会社によって販売されているPEG/PPG-18/18ジメチコン)、例えばDow Corning社によって呼称DC-3225C又はDC2-5225C(INCI名:シクロペンタシロキサン/PEG/PPG-18/18ジメチコン)で市販されている、18のオキシエチレン基及び18のオキシプロピレン基と、シクロペンタシロキサンと、水と(10/88/2)を有する、ジメチコンコポリオールの混合物、又は14のオキシエチレン基及び14のオキシプロピレン基を有するもの(PEG/PPG-14/14ジメチコン)、例えば、とりわけ、Goldschmidt社によって呼称Abil EM-97で市販されている、14のオキシエチレン基及び14のオキシプロピレン基と、シクロペンタシロキサンと(85/15)を有するジメチコンコポリオールの混合物(INCI名:ビス-PEG/PPG-14 Having a pyrene group, polyether-modified, by linear or those branched polysiloxane polymer (manufactured by Shin-Etsu Chemical sold by LTD PEG / PPG-18/18 dimethicone), for example, Dow Corning Corporation designation DC-3225C or DC2-5225C (INCI name: cyclopentasiloxane / PEG / PPG-18/18 dimethicone) and oxypropylene groups having a commercial 18 oxyethylene groups and 18, and cyclopentasiloxane, water and having a (10/88/2), a mixture of dimethicone copolyol, or those having 14 oxyethylene groups and 14 oxypropylene groups of (PEG / PPG-14/14 dimethicone), for example, among others, by the company Goldschmidt designation are commercially available in Abil EM-97, oxyethylene groups and 14 oxypropylene group of 14, a mixture of dimethicone copolyol having a cyclopentasiloxane a (85/15) (INCI name: bis -PEG / PPG- 14 /14ジメチコン/シクロペンタシロキサン)が挙げられる。 / 14 dimethicone / cyclopentasiloxane) and the like.

更に、シリコーン界面活性剤としては、架橋シロキサンエラストマー、例えばポリエーテルで置換された、又は非置換の、ジメチコン/コポリオールクロスポリマー、ジメチコン及びジメチコン/PEG-10/15クロスポリマー、置換又は非置換のジメチコン/ポリグリセリルクロスポリマー、ジメチコン及びジメチコン/ポリグリセリン-3クロスポリマーが挙げられる。 Further, as the silicone surfactants, crosslinked siloxane elastomers such as substituted with polyethers, or unsubstituted, dimethicone / copolyol crosspolymer, dimethicone and dimethicone / PEG-10/15 Crosspolymer, substituted or unsubstituted dimethicone / polyglyceryl crosspolymer, dimethicone and dimethicone / polyglycerin -3 crosspolymer. こうした好適な乳化性の架橋シロキサンエラストマーは、例えば、名称「KSG-210」のポリエーテル変性ジメチコンクロスポリマー[INCI名はジメチコン(及び)ジメチコン/PEG-10/15クロスポリマー]、及び名称「KSG-710」のポリグリセリン変性ジメチコンクロスポリマー[INCI名はジメチコン(及び)ジメチコン/ポリグリセリン-3クロスポリマー]で販売又は作製され、双方ともShinEtsu Silicones of America, Inc.社(オハイオ州アクロン)から入手できる。 These preferred emulsifying crosslinked siloxane elastomers are, for example, polyether-modified dimethicone crosspolymer entitled "KSG-210" [INCI name dimethicone (and) dimethicone / PEG-10/15 crosspolymer, and entitled "KSG- 710 polyglycerin-modified dimethicone crosspolymer "[INCI name dimethicone (and) dimethicone / polyglycerin -3 crosspolymer] sold or manufactured in, available from both ShinEtsu Silicones of America, Inc. Company (Akron, Ohio) . ポリエーテルで変性された架橋シロキサンエラストマーの中で、ポリエーテル及びアルキル鎖で変性された架橋シロキサンエラストマー、例えばPEG-10/ラウリルジメチコンクロスポリマー及びPEG-15/ラウリルジメチコンクロスポリマー(信越化学工業株式会社によって名称「KSG-310」、「KSG-320」、「KSG-330」又は「KSG-340」で販売されている)が、本発明において好ましくは使用される。 Among the crosslinked siloxane elastomer modified with a polyether, modified cross-linked siloxane elastomer polyether and alkyl chains, for example PEG-10 / lauryl dimethicone crosspolymer and PEG-15 / lauryl dimethicone crosspolymer (Shin-Etsu Chemical Co., Ltd. entitled "KSG-310" by the "KSG-320", sold by "KSG-330" or "KSG-340") is preferably in the present invention is used. ポリエーテル及びアルキル鎖で変性された架橋シロキサンエラストマーでは、ポリエーテル単位は、2〜50個、好ましくは5〜20個とすることができ、アルキル鎖は、8〜24個、好ましくは12〜22個の炭素原子を含む。 The crosslinked siloxane elastomer modified with polyether and alkyl chains, polyether units, 2 to 50, and preferably, to 5 to 20, the alkyl chain, 8 to 24 carbon atoms, preferably 12 to 22 including the carbon atoms.

アニオン性界面活性剤 アニオン性界面活性剤は、具体的には、リン酸塩及びアルキルリン酸塩、カルボン酸塩、スルホコハク酸塩、アミノ酸誘導体、アルキル硫酸塩、アルキルエーテル硫酸塩、スルホン酸塩、イセチオン酸塩、タウリン酸塩、ポリオキシエチレンアルキルエーテルカルボン酸、アルキルスルホ酢酸塩、ポリペプチド、及びこれらの混合物から選ぶことができる。 Anionic surfactants Anionic surfactants are, in particular, phosphates and alkyl phosphates, carboxylates, sulfosuccinates, amino acid derivatives, alkyl sulfates, alkyl ether sulfates, sulfonates, isethionate, taurates, polyoxyethylene alkyl ether carboxylic acids, alkyl sulfoacetates, polypeptides, and may be selected from a mixture thereof.

1)リン酸塩及びアルキルリン酸塩として挙げることができるのは、例えばモノアルキルリン酸塩及びジアルキルリン酸塩であり、例えば花王ケミカル株式会社によって名称MAP 20(登録商標)で販売されているラウリル一リン酸塩、Cognis社によって名称Crafol AP-31(登録商標)で販売されているモノエステルとジエステルとの混合物(主としてジエステル)としてのリン酸ドデシルのカリウム塩、Cognis社によって名称Crafol AP-20(登録商標)で販売されているリン酸オクチルのモノエステルとジエステルとの混合物、Condea社によって名称Isofol 12 7 EO-Phosphate Ester(登録商標)で販売されているエトキシル化(7molのEO)リン酸2-ブチルオクチルのモノエステルとジエステルとの混合物、Uniqema社によって参照番号Arlatone MAP 230K-40(登録商標)及びArlatone MAP 230T-60(登録商標)で販売 1) can be mentioned as phosphates and alkyl phosphates, for example, monoalkyl phosphates and dialkyl phosphates, sold under the name MAP 20 (registered trademark), for example, by Kao Chemicals, Inc. lauryl monophosphate, the company Cognis by the name Crafol AP-31 (R) mixture of monoester and diester sold under (mainly diester) potassium phosphate dodecyl salt as the name by the company Cognis Crafol AP- 20 mixture of monoester and diester of phosphoric acid octyl sold (R), Condea company ethoxylation, sold under the name Isofol 12 7 EO-phosphate ester (R) by (EO of 7 mol) of phosphorus mixtures of mono- and diesters of acid 2-butyl octyl, sold under the reference by the company Uniqema number Arlatone MAP 230K-40 (R) and Arlatone MAP 230T-60 (R) されているモノ(C 12 〜C 13 )リン酸アルキルのカリウム塩又はトリエタノールアミン塩、Rhodia Chimie社によって名称Dermalcare MAP XC-99/09(登録商標)で販売されているラウリルリン酸カリウム、及びUniqema社によって名称Arlatone MAP 160Kで販売されているセチルリン酸カリウムである。 Has been is mono (C 12 -C 13) potassium alkyl phosphate salt or triethanolamine salt, potassium lauryl phosphate sold under the name Dermalcare MAP XC-99/09 (R) by the company Rhodia Chimie, and, potassium cetyl phosphate sold under the name Arlatone MAP 160K by the company Uniqema.

2)カルボン酸塩として、以下のものを挙げることができる: As 2) carboxylate, it may be mentioned the following:
- アミドエーテルカルボン酸塩(AEC)、例えば花王ケミカル社によって名称Akypo Foam 30(登録商標)で販売されているラウリルアミドエーテルカルボン酸ナトリウム(3 EO)、 - amide ether carboxylates (AEC), for example, Kao Chemical Company by the name Akypo Foam 30 lauryl amide ether carboxylate sold under the (R) (3 EO),
- ポリオキシエチレン化カルボン酸塩、例えば花王ケミカル社によって名称Akypo Soft 45 NV(登録商標)で販売されているオキシエチレン化(6 EO)ラウリルエーテルカルボン酸ナトリウム(65/25/10、C 12 〜C 14 〜C 16 )、Biologia E Tecnologia社によって名称Olivem 400(登録商標)で販売されているオリーブ油起源のポリオキシエチレン化脂肪酸及びカルボキシメチル化脂肪酸、又は日光ケミカルズ株式会社によって名称Nikkol ECTD-6 NEX(登録商標)で販売されているオキシエチレン化(6 EO)トリデシルエーテルカルボン酸ナトリウム、並びに - polyoxyethylenated carboxylic acid salts, for example by Kao Chemical Company by the name Akypo Soft 45 NV (R) oxyethylenated sold by (6 EO) sodium lauryl ether carboxylate (65/25/10, C 12 ~ C 14 ~C 16), Biologia E Tecnologia company by the name Olivem 400 (TM) polyoxyethylene fatty acid and carboxymethylated fatty olive oil origin sold, or the name by Nikko Chemicals Nikkol ECTD-6 NEX (R) oxyethylenated sold by (6 EO) sodium tridecyl ether carboxylic acid, and
- 有機塩基又は無機塩基、例えば水酸化カリウム、水酸化ナトリウム、トリエタノールアミン、N-メチルグルカミン、リジン及びアルギニンで中和された、C 6 〜C 22アルキル鎖を有する脂肪酸の塩(石けん)。 - organic or inorganic base, such as potassium hydroxide, sodium hydroxide, triethanolamine, N- methylglucamine, neutralized with lysine and arginine, fatty acids salts (soaps) having a C 6 -C 22 alkyl chain .

3)アミノ酸のアルカリ塩のアミノ酸誘導体として、具体的に、例えば以下のものを挙げることができる: 3) as an amino acid derivative of alkali salts of amino acids, specifically, for example, you can include the following:
- サルコシン酸塩、例えばCiba社によって名称Sarkosyl NL 97(登録商標)で、又はSeppic社によって名称Oramix L30(登録商標)で販売されているラウロイルサルコシン酸ナトリウム、日光ケミカルズ株式会社によって名称Nikkol Sarcosinate MN(登録商標)で販売されているミリストイルサルコシン酸ナトリウム、又は日光ケミカルズ株式会社によって名称Nikkol Sarcosinate PN(登録商標)で販売されているパルミトイルサルコシン酸ナトリウム、 - sarcosinates, e.g. under the name Sarkosyl NL 97 (R) by the company Ciba or sodium lauroyl sarcosinate, sold under the name Oramix L30 (R) by Seppic company, the name by Nikko Chemicals Nikkol Sarcosinate MN ( myristoyl sarcosinate, sodium Shin acid sold under the registered trademark), or sunlight sodium palmitoyl sarcosinate sold by Chemicals Corporation under the name Nikkol sarcosinate PN (R),
- アラニン酸塩、例えば日光ケミカルズ株式会社によって名称Sodium Nikkol Alaninate LN 30(登録商標)で、又は川研ファインケミカル株式会社によって名称Alanone ALE(登録商標)で販売されているN-ラウロイル-N-メチルアミドプロピオン酸ナトリウム、又は川研ファインケミカル株式会社によって名称Alanone ALTA(登録商標)で販売されているトリエタノールアミンN-ラウロイル-N-メチルアラニン、 - alanine salt, for example, under the name by Nikko Chemicals Co., Ltd. Sodium Nikkol Alaninate LN 30 (registered trademark), or by Kawaken sold under the name Alanone ALE (R) by Fine Chemical Co. N- lauroyl -N- methylamide sodium propionate, or names by Kawaken Fine Chemicals Co., Ltd. Alanone ALTA triethanolamine sold (R) N- lauroyl -N- methylalanine,
- グルタミン酸塩、例えば味の素株式会社によって名称Acylglutamate CT-12(登録商標)で販売されているモノココイルグルタミン酸トリエタノールアミン、味の素株式会社によって名称Acylglutamate LT-12(登録商標)で販売されているラウロイルグルタミン酸トリエタノールアミン、 - glutamate, for example, Ajinomoto name Acylglutamate CT-12 (TM) sold by Monoko coil glutamate triethanolamine by Ltd., Ajinomoto lauroyl glutamate sold under the name Acylglutamate LT-12 (R) by Co. triethanolamine,
- アスパラギン酸塩、例えば三菱化学株式会社によって名称Asparack(登録商標)で販売されているN-ラウロイルアスパラギン酸トリエタノールアミンとN-ミリストイルアスパラギン酸トリエタノールアミンとの混合物、 - aspartate, for example Mitsubishi mixture of name Asparack sold (R) N- lauroyl aspartate triethanolamine and N- myristoyl aspartic acid triethanolamine by Co.,
- グリシン誘導体(グリシン酸塩)、例えば味の素株式会社によって名称Amilite GCS-12(登録商標)及びAmilite GCK 12で販売されているN-ココイルグリシン酸ナトリウム、 - glycine derivatives (glycinates), for example, Ajinomoto N- sodium cocoyl glycinate sold under the name Amilite GCS-12 (R) and Amilite GCK 12 by Co.,
- クエン酸塩、例えばGoldschmidt社によって名称Witconol EC 1129で販売されているオキシエチレン化(9mol)ココアルコールのクエン酸モノエステル、 - citrates, such as citric acid mono-esters of oxyethylenated (9 mol) coco alcohols sold under the name Witconol EC 1129 by the company Goldschmidt,
- ガラクツロン酸塩、例えばSoliance社によって販売されているドデシルD-ガラクトシドウロン酸ナトリウム。 - galacturonate, such as dodecyl D- galacto guidance sodium Ron acid sold by Soliance company.

4)スルホコハク酸塩として挙げることができるのは、例えば、Witco社によって名称Setacin 103 Special(登録商標)及びRewopol SB-FA 30 K 4(登録商標)で販売されているオキシエチレン化(3 EO)ラウリル(70/30、C 12 /C 14 )アルコールモノスルホコハク酸塩、Zschimmer Schwarz社によって名称Setacin F Special Paste(登録商標)で販売されているC 12 〜C 14アルコールのヘミスルホコハク酸の二ナトリウム塩、Cognis社によって名称Standapol SH 135(登録商標)で販売されているオキシエチレン化(2 EO)オレアミドスルホコハク酸二ナトリウム、三洋化成工業株式会社によって名称Lebon A-5000(登録商標)で販売されているオキシエチレン化(5 EO)ラウラミドモノスルホコハク酸塩、Witco社によって名称Rewopol SB CS 50(登録商標)で販売されているオキシエチレン化(10 EO)ラウリルクエン酸モノスルホコハ 4) can be mentioned as sulfosuccinates, for example, the name by the company Witco Setacin 103 Special (R) and Rewopol SB-FA 30 K 4 (oxyethylenated sold under the registered trademark) (3 EO) lauryl (70/30, C 12 / C 14) alcohol mono sulfosuccinates, C 12 -C 14 disodium salt of alcohol Hemisuruhokohaku acid sold under the name Setacin F Special Paste (R) by the company Zschimmer Schwarz , sold under the name Standapol SH 135 by the company Cognis ® oxyethylenated sold by (2 EO) oleamido sulfosuccinate disodium, name by Sanyo Chemical Industries, Ltd. Lebon A-5000 (registered trademark) oxyethylenated which are (5 EO) lauramide mono sulfosuccinates, Witco Corporation by the name Rewopol SB CS 50 oxyethylenated sold (R) (10 EO) Monosuruhokoha lauryl citrate ク酸の二ナトリウム塩、又はWitco社によって名称Rewoderm S 1333(登録商標)で販売されているリシノール酸モノエタノールアミドモノスルホコハク酸塩である。 Disodium salt of click acid, or a name Rewoderm S 1333 (R) ricinoleic monoethanolamide sulfosuccinate sold under the company Witco. 更に使用できるのは、MacIntyre社によって名称Mackanate-DC 30で販売されているPEG-12ジメチコンスルホコハク酸二ナトリウム等のポリジメチルシロキサンスルホコハク酸塩である。 Further can be used is a polydimethylsiloxane sulfosuccinate salts such as PEG-12 dimethicone sulfosuccinate disodium sold under the name Mackanate-DC 30 by MacIntyre Corporation.

5)アルキル硫酸塩として挙げることができるのは、例えばラウリル硫酸トリエタノールアミン(CTFA名:ラウリル硫酸TEA)、例えばHuntsman社によって名称Empicol TL40 FLで販売されている製品、又はCognis社によって名称Texapon T42で販売されている製品であり、これらの製品は40%水性溶液である。 5) can be mentioned as the alkyl sulfates, for example lauryl sulfate triethanolamine (CTFA name: Lauryl sulfate TEA), such as the product sold under the name Empicol TL40 FL by Huntsman Corporation, or trade name by the company Cognis Texapon T42 in a product sold, these products is 40% aqueous solution. 更に挙げることができるのは、Huntsman社によって名称Empicol AL 30FLで販売されている製品等のラウリル硫酸アンモニウム(CTFA名:ラウリル硫酸アンモニウム)であり、これは30%水性溶液である。 It can be further mentioned are ammonium lauryl sulfate such as the product sold under the name Empicol AL 30FL by Huntsman Corporation: a (CTFA name lauryl sulfate), which is 30% aqueous solution.

6)アルキルエーテル硫酸塩として挙げることができるのは、例えば、Cognis社によって名称Texapon N40及びTexapon AOS 225 UPで販売されているもの等のラウリルエーテル硫酸ナトリウム(CTFA名:ラウレス硫酸ナトリウム)、又はCognis社によって名称Standapol EA-2で販売されているもの等のラウリルエーテル硫酸アンモニウム(CTFA名:ラウレス硫酸アンモニウム)である。 6) can be mentioned as alkyl ether sulfates, for example, sodium lauryl ether sulfate, such as those sold under the name Texapon N40 and Texapon AOS 225 UP by the company Cognis (CTFA name: Sodium Laureth Sulfate), or Cognis lauryl ether sulphate, such as those sold under the name Standapol EA-2 by company: a (CTFA name laureth sulfate).

7)スルホン酸塩として挙げることができるのは、例えばα-オレフィンスルホン酸塩、例えば、Stepan社によって名称Bio-Terge AS-40(登録商標)で販売されている、Witco社によって名称Witconate AOS Protege(登録商標)及びSulframine AOS PH 12(登録商標)で販売されている、若しくはStepan社によって名称Bio-Terge AS-40 CG(登録商標)で販売されているα-オレフィンスルホン酸ナトリウム(C 14 〜C 16 )、Clariant社によって名称Hostapur SAS 30(登録商標)で販売されている第二級オレフィンスルホン酸ナトリウムであり;又は直鎖状アルキルアリールスルホン酸塩、例えばManro社によって名称Manrosol SXS30(登録商標)、Manrosol SXS40(登録商標)及びManrosol SXS93(登録商標)で販売されているキシレンスルホン酸ナトリウムである。 7) can be mentioned as sulfonate, for example α- olefin sulfonate, for example, sold under the name Bio-Terge AS-40 (R) by Stepan Company, the name Witconate AOS Protege by Witco Corp. (R) and Sulframine AOS PH 12 (R) sold by, or Stepan Company name Bio-Terge AS-40 CG sold (R) alpha-olefin sodium sulfonate by (C 14 ~ C 16), be a secondary sodium olefin sulfonate sold under the name Hostapur SAS 30 (registered trademark) by the company Clariant; or linear alkyl aryl sulfonates, for example, a name Manrosol SXS30 by Manro Corporation (registered trademark ), a sodium xylene sulfonate, sold in Manrosol SXS40 (R) and Manrosol SXS93 (registered trademark).

8)イセチオン酸塩として挙げることができるのは、アシルイセチオン酸塩、例えばJordan社によって名称Jordapon CI P(登録商標)で販売されている製品等のココイルイセチオン酸ナトリウムである。 8) can be mentioned as isethionate salt, acyl isethionates, such as sodium cocoyl isethionate, such as the product sold under the name Jordapon CI P (R) by the company Jordan.

9)タウリン酸塩として挙げることができるのは、Clariant社によって名称Hostapon CT Pate(登録商標)で販売されているパーム核油メチルタウレートのナトリウム塩;N-アシル-N-メチルタウレート、例えばClariant社によって名称Hostapon LT-SF(登録商標)で販売されている、若しくは日光ケミカルズ株式会社によって名称Nikkol CMT-30-T(登録商標)で販売されているN-ココイル-N-メチルタウリン酸ナトリウム、日光ケミカルズ株式会社によって名称Nikkol PMT(登録商標)で販売されているパルミトイルメチルタウリン酸ナトリウム、又は太陽化学株式会社によって名称Sunsoft O-30Sで販売されているステアロイルメチルタウリン酸ナトリウムである。 9) can be mentioned as taurine salt, Clariant Corporation by the name Hostapon CT Pate (sodium salt of palm kernel oil methyl taurate sold under the registered trademark); N-acyl -N- methyl taurate, e.g. sold under the name Hostapon LT-SF (R) by the company Clariant, or by Nikko Chemicals Co., Ltd. sold under the name Nikkol CMT-30-T (R) N- cocoyl -N- sodium methyl taurate a sodium stearoyl methyl taurate sold under the name Sunsoft O-30S by the name Nikkol PMT palmitoyl sodium methyl taurate sold under the (R) or Taiyo Kagaku Co., Ltd. by Nikko Chemicals.

10)ポリオキシエチレンアルキルエーテルカルボン酸を挙げることができ、例えば式(IV): 10) can be exemplified polyoxyethylene alkyl ether carboxylic acids, for example, the formula (IV):
RO[CH 2 O] u [(CH 2 ) x CH(R')(CH 2 ) y (CH 2 ) z O] v [CH 2 CH 2 O] w CH 2 COOH (IV) RO [CH 2 O] u [ (CH 2) x CH (R ') (CH 2) y (CH 2) z O] v [CH 2 CH 2 O] w CH 2 COOH (IV)
(式中、 (In the formula,
Rは、6〜40個の炭素原子を含む炭化水素基であり、 R is a hydrocarbon group containing 6 to 40 carbon atoms,
u、v及びwは、互いに独立して、0〜60の範囲の数を表し、 u, v and w, independently of one another, represents a number of 0 to 60,
x、y及びzは、互いに独立して、0〜13の数を表し、 x, y and z, independently of one another, a number from 0 to 13,
R'は、水素、アルキル、好ましくはC 1 〜C 12アルキルを表し; R 'represents hydrogen, alkyl, preferably C 1 -C 12 alkyl;
x+y+zの和は、0以上である) The sum of x + y + z is greater than or equal to 0)
に相当する化合物である。 It is a compound corresponding to the.

式(IV)中、Rは、直鎖状又は分枝状であり、非環状又は環状であり、飽和又は不飽和であり、脂肪族又は芳香族であり、置換又は非置換である。 In formula (IV), R is a linear or branched, non-cyclic or cyclic, saturated or unsaturated, aliphatic or aromatic, substituted or unsubstituted. 置換基の例として挙げることができるのは、一価の官能基、例えばハロゲン原子、ヒドロキシル基、C 1 〜C 6アルコキシ基、アミノ基、C 1 〜C 6アルキルアミノ基、C 1 〜C 6ジアルキルアミノ基、ニトロ基、カルボニル基、アシル基、カルボキシル基、シアノ基等である。 Mention may be made, as examples of the substituent is a monovalent functional group, for example a halogen atom, a hydroxyl group, C 1 -C 6 alkoxy group, amino group, C 1 -C 6 alkylamino group, C 1 -C 6 dialkylamino group, a nitro group, a carbonyl group, an acyl group, a carboxyl group, a cyano group or the like. 典型的には、Rは、直鎖状又は分枝状の、非環状のC 6 〜C 40アルキル基若しくはアルケニル基、又はC 1 〜C 40アルキルフェニル基であり、より典型的にはC 8 〜C 24アルキル基若しくはアルケニル基、又はC 4 〜C 20アルキルフェニル基であり、更により典型的にはC 10 〜C 18アルキル基若しくはアルケニル基、又はC 6 〜C 16アルキルフェニル基であり、これは、置換されていてもよく;u、v、wは、互いに独立に、典型的には2〜20の数、より典型的には3〜17の数、最も典型的には5〜15の数であり;x、y、zは、互いに独立に、典型的には2〜13の数、より典型的には1〜10の数、最も典型的には0〜8の数である。 Typically, R is a linear or branched, C 6 -C 40 alkyl or alkenyl group of non-cyclic, or a C 1 -C 40 alkyl phenyl group, more typically C 8 -C 24 alkyl or alkenyl group, or a C 4 -C 20 alkylphenyl group, a still more typically C 10 -C 18 alkyl or alkenyl group, or a C 6 -C 16 alkyl phenyl group, This may be substituted; u, v, w, independently of one another, the number of typically 2-20, more typically the number of 3 to 17, most typically from 5 to 15 in is a number; the x, y, z, independently of one another, typically the number of 2 to 13, more typically the number of 1 to 10, the most typically a number from 0 to 8.

式(IV)に相当するポリオキシエチレンアルキルエーテルカルボン酸は、アルコールROHの、単一のアルコキシドとしてのエチレンオキシドとのアルコキシル化によって、又は幾つかのアルコキシドとのアルコキシル化及びそれに続く酸化によって、得ることができる。 Polyoxyethylene alkyl ether carboxylic acid corresponding to formula (IV), an alcohol ROH, by alkoxylation with ethylene oxide as a single alkoxide, or by alkoxylation and oxidation subsequent to the several alkoxide, to obtain can. 数u、v及びwは、それぞれ、アルコキシル化度を表す。 The number u, v and w each represent the degree of alkoxylation. 分子レベルでは、数u、v及びw、並びに総アルコキシル化度は、ゼロを含む整数にしかなり得ないが、巨視的レベルでは、それらは分数の形態の平均値である。 At the molecular level, the number u, v and w, and the total degree of alkoxylation, but not be only an integer including zero, at a macroscopic level, they are average values ​​in the form of a fraction. 脂肪エーテルカルボン酸としては、ポリオキシアルキレン化(C 6 〜C 30 )アルキルエーテルカルボン酸及びこれらの塩、より特定するとポリオキシエチレン化(C 6 〜C 30 )アルキルエーテルカルボン酸及びこれらの塩;ポリオキシアルキレン化(C 6 〜C 30 )アルキルアリールエーテルカルボン酸及びこれらの塩;並びにポリオキシアルキレン化(C 6 〜C 30 )アルキルアミドエーテルカルボン酸を挙げることができる。 The fatty ether carboxylic acids, polyoxyalkylenated (C 6 ~C 30) alkyl ether carboxylic acids and salts thereof, more particularly the polyoxyethylenated (C 6 ~C 30) alkyl ether carboxylic acids and salts thereof; can be mentioned as well as polyoxyalkylenated (C 6 ~C 30) alkylamido ether carboxylic acids; polyoxyalkylenated (C 6 ~C 30) alkylaryl ether carboxylic acids and salts thereof. 好ましくは、脂肪エーテルカルボン酸は、ポリオキシエチレン(3)〜(17)ラウリルエーテルカルボン酸である。 Preferably, fatty ether carboxylic acid, polyoxyethylene (3) to (17) lauryl ether carboxylic acid.

好適なポリオキシエチレンアルキルエーテルカルボン酸としては、それらのINCI名によって称される以下の代表例が挙げられるがこれらに限定されない:ブトキシノール-5〜19カルボン酸、カプリレス-4〜25カルボン酸、コセス-7カルボン酸、C 9〜15パレス-6〜8カルボン酸、デセス-7カルボン酸、ラウレス-3〜17カルボン酸、例えばラウレス-5カルボン酸、PPG-6-ラウレス-6カルボン酸、PPG-8-ステアレス-7カルボン酸、ミレス-3〜5カルボン酸、ノンオキシノール-5〜10カルボン酸、オクテス-3カルボン酸、オクトキシノール-20カルボン酸、オレス-3〜10カルボン酸、PPG-3-デセス-2カルボン酸、カプリレス-2カルボン酸、セテス-13カルボン酸、デセス-2カルボン酸、ヘキセス-4カルボン酸、イソステアレス-6〜11カルボン酸、トルデセス-3〜12カルボン酸、トリデセス Suitable polyoxyethylene alkyl ether carboxylic acid, the following representative examples referred by their INCI names include, but are not limited to: Butokishinoru -5~19 carboxylic acid, Kapuriresu -4~25 carboxylic acid, coceth -7 carboxylic acid, C 9 to 15 Palace -6~8 carboxylic acid, Desesu -7 carboxylic acid, laureth -3~17 carboxylic acids, for example laureth -5 carboxylic acids, PPG-6- laureth -6 carboxylic acid, PPG 8 steareth -7 carboxylic acid, myreth -3~5 carboxylic acid, nonoxynol -5~10 acid, Okutesu -3 carboxylic acid, octoxynol -20 carboxylic acid, oleth -3~10 carboxylic acids, PPG 3 Desesu -2-carboxylic acid, Kapuriresu -2 carboxylic acid, ceteth -13 carboxylic acids, Desesu -2 carboxylic acid, Hekisesu -4 carboxylic acid, isosteareth -6~11 carboxylic acid, Torudesesu -3~12 carboxylic acid, trideceth -3〜19カルボン酸、ウンデセス-5カルボン酸、及びこれらの混合物。 -3~19 carboxylic acid, undeceth -5 carboxylic acids, and mixtures thereof.

好ましくは、本発明による組成物中で使用される(a)界面活性剤は、好ましくはグリセロール、ソルビタン及びジグリセロールから選択されるポリオールと、好ましくは、イソラウリン酸及びオレイン酸から選択される、8〜24個の炭素原子を含む脂肪酸とのモノエステル、具体的にはラウリン酸ポリグリセリル-2、ラウリン酸グリセリル、オレイン酸ソルビタン及びオレイン酸グリセリルの各エステルであり、好ましくはPEG/PPG-18/18ジメチコン等のポリエーテル変性ジメチコン並びにPEG-15/ラウリルジメチコンクロスポリマー等のポリエーテル及びアルキル変性ジメチコンクロスポリマーであるシリコーン界面活性剤である、非イオン性界面活性剤並びにポリオキシエチレン(3)〜(17)ラウリルエーテルカルボン酸等のポリオキシエチレンアルキルエ Preferably used in the compositions according to the invention (a) surfactant, preferably glycerol, a polyol selected from sorbitan and diglycerol, preferably selected from isolauric acid and oleic acid, 8 monoesters of fatty acids containing 24 carbon atoms, specifically lauric acid polyglyceryl-2 is the glyceryl laurate, by the esters of sorbitan oleate and glyceryl oleate, preferably PEG / PPG-18/18 silicone surfactant is a polyether and alkyl-modified dimethicone crosspolymer etc. polyether-modified dimethicone and PEG-15 / lauryl dimethicone crosspolymer dimethicone like, nonionic surface active agents and polyoxyethylene (3) - ( 17) polyoxyethylene alkyl eT and lauryl ether carboxylic acid テルカルボン酸であるアニオン性界面活性剤から選択することができる。 It can be selected from anionic surfactants which are Terukarubon acid.

本発明において使用される界面活性剤の代表的な例、及びそれらのHLV値を、以下に示す。 Representative examples of surfactant used in the present invention, and their HLV values, shown below.

本発明による組成物中の(a)界面活性剤の量は限定されず、組成物の総質量に対して0.1〜20質量%、好ましくは0.5〜15質量%、より好ましくは1〜10質量%の範囲とすることができる。 The amount of surfactant (a) in the composition according to the invention is not limited, 0.1 to 20% by weight relative to the total weight of the composition, preferably from 0.5 to 15 wt%, more preferably 1 to 10 mass% it can be in the range.

(b)油 本発明による組成物は、(b)少なくとも1種の油を含む。 (B) a composition according to the oil present invention comprises at least one oil (b). 2種以上の(b)油を組み合わせて使用してもよい。 A combination of two or more of (b) oil may be used. そのため、単一種の油、又は異種の油の組合せを使用することができる。 Therefore, it is possible to use a combination of oil of a single type of oil, or heterologous. 本発明において、(b)油は、外部油相及び内部油相双方の中に含まれうる。 In the present invention, (b) oil may be included in both the outer oil phase and inner oil phase.

本明細書では、「油」という表現は、大気圧(760mmHg)下の室温(25℃)で、液体又はペースト(非固体)の形態の脂肪化合物又は脂肪物質を意味する。 As used herein, the term "oil", at atmospheric pressure (760 mmHg) below the room temperature (25 ° C.), means a fatty compound or fatty material in the form of a liquid or paste (non-solid). これらの油は、揮発性であっても不揮発性であってもよく、好ましくは不揮発性である。 These oils may be a volatile may be non-volatile, preferably non-volatile.

(b)油は、炭化水素油、シリコーン油等の非極性油;植物性油若しくは動物性油等の極性油、及びエステル油若しくはエーテル油;又はこれらの混合物とすることができる。 (B) oil, hydrocarbon oils, non-polar oils such as silicone oil; can be a, or a mixture thereof; polar oil such as a vegetable oil or animal oil, and ester oil or ether oil.

炭化水素油は、以下から選ぶことができる: Hydrocarbon oils may be selected from the following:
- 直鎖状又は分枝状の、任意選択で環状の、C 6 〜C 16低級アルカン。 - linear or branched, cyclic, optionally, C 6 -C 16 lower alkanes. 挙げることができる例としては、ヘキサン、ウンデカン、ドデカン、トリデカン及びイソパラフィン、例としてはイソヘキサデカン、イソドデカン及びイソデカン、並びに Examples which may be mentioned, hexane, undecane, dodecane, tridecane and isoparaffins, isohexadecane Examples, isododecane and isodecane, and
- 16個超の炭素原子を含む直鎖状又は分枝状の炭化水素、例えば流動パラフィン、流動ワセリン、ポリデセン及び水添ポリイソブテン、例えばParleam(登録商標)、並びにスクアラン。 - straight-chain or branched hydrocarbon containing 16 than carbon atoms, such as liquid paraffin, liquid petroleum jelly, polydecenes, and hydrogenated polyisobutene, for example Parleam (registered trademark), and squalane.

炭化水素油の好ましい例として挙げることができるのは、例えば、直鎖状又は分枝状の炭化水素、例えばイソヘキサデカン、イソドデカン、スクアラン、鉱油(例えば流動パラフィン)、パラフィン、ワセリン又はペトロラタム、ナフタレン等;水添ポリイソブテン、イソエイコサン、及びデセン/ブテンコポリマー;並びにこれらの混合物である。 Mention may be made, as preferred examples of hydrocarbon oils are, for example, linear or branched hydrocarbons such as isohexadecane, isododecane squalane, mineral oil (such as liquid paraffin), paraffin, vaseline or petrolatum, naphthalene ; a and mixtures thereof; hydrogenated polyisobutene, isoeicosane, and decene / butene copolymers.

シリコーン油の例として挙げることができるのは、例えば、直鎖状のオルガノポリシロキサン、例えばジメチルポリシロキサン、メチルフェニルポリシロキサン、メチルヒドロゲンポリシロキサン等;環状のオルガノポリシロキサン、例えばオクタメチルシクロテトラシロキサン、デカメチルシクロペンタシロキサン、ドデカメチルシクロヘキサシロキサン等;及びこれらの混合物である。 Mention may be made, as examples of silicone oils include, for example, straight-chain organopolysiloxane, such as dimethylpolysiloxane, methylphenyl polysiloxane, methylhydrogen polysiloxane, cyclic organopolysiloxanes, for example, octamethylcyclotetrasiloxane it is and mixtures thereof; siloxane, decamethylcyclopentasiloxane, dodecamethylcyclohexasiloxane or the like.

好ましくは、シリコーン油は、液状ポリジアルキルシロキサン、特に液状ポリジメチルシロキサン(PDMS)、及び少なくとも1つのアリール基を含む液状ポリオルガノシロキサンから選ばれる。 Preferably, silicone oils, liquid polydialkylsiloxane, in particular selected from liquid polyorganosiloxanes containing liquid polydimethylsiloxane (PDMS), and at least one aryl group.

これらのシリコーン油はまた、有機変性されていてもよい。 These silicone oils may also have been organically modified. 本発明により使用することができる有機変性シリコーンは、上に定義した通りであり、構造中に、炭化水素系の基を介して結合した1つ又は複数の有機官能基を含むシリコーン油である。 Organomodified silicones which may be used according to the invention are as defined above, in the structure, a silicone oil comprising one or more organofunctional groups attached via a hydrocarbon-based group.

オルガノポリシロキサンは、Walter NollのChemistry and Technology of Silicones(1968)、Academic Pressにおいて、非常に詳細に定義されている。 Organopolysiloxane, Chemistry and Technology of Silicones of Walter Noll (1968), in Academic Press, are very detailed definition. それらは、揮発性であっても不揮発性であってもよい。 They may be a volatile or a nonvolatile.

それらが揮発性であるとき、シリコーンは、より詳細には、沸点が60℃から260℃の間であるものから選ばれ、更により詳細には、以下のものから選ばれる: When they are volatile, silicones, and more particularly, the boiling point is selected from those which are between 260 ° C. from 60 ° C., even more particularly, chosen from:
(i)3〜7個、好ましくは4〜5個のケイ素原子を含む環式のポリジアルキルシロキサン。 (I) 3 to 7, preferably cyclic polydialkylsiloxanes containing 4-5 silicon atoms. これらは、例えば、特にUnion Carbide社によって名称Volatile Silicone(登録商標)7207で、又はRhodia社によって名称Silbione(登録商標)70045 V2で販売されているオクタメチルシクロテトラシロキサン、Union Carbide社によって名称Volatile Silicone(登録商標)7158で、Rhodia社によって名称Silbione(登録商標)70045 V5で販売されているデカメチルシクロペンタシロキサン、及びMomentive Performance Materials社によって名称Silsoft 1217で販売されているドデカメチルシクロペンタシロキサン、並びにこれらの混合物である。 These are, for example, in particular under the name Volatile Silicone (TM) 7207 by the company Union Carbide, or the name Silbione (R) by Rhodia Inc. 70045 octamethylcyclotetrasiloxane sold in V2, Union Carbide Corporation by the name Volatile Silicone (R) 7158, the name Silbione (R) by Rhodia Inc. 70045 decamethylcyclopentasiloxane sold under V5, and Momentive Performance Materials Inc. dodecamethyl cyclopentasiloxane sold under the name Silsoft 1217 by, and mixtures thereof. 更に挙げることができるのは、次式のものである、Union Carbide社によって販売されているSilicone Volatile(登録商標)FZ 3109等のジメチルシロキサン/メチルアルキルシロキサン等のタイプのシクロコポリマーである。 Can be further mentioned are those of the formula: is cyclo copolymer type, such as dimethylsiloxane / methylalkylsiloxane, such as Silicone Volatile (R) FZ 3109 sold by Union Carbide Corporation.

式中D''は Wherein D '' is

であり、D'は In it, D 'is

である。 It is.

更に挙げることができるのは、環状ポリジアルキルシロキサンと有機ケイ素化合物との混合物、例えばオクタメチルシクロテトラシロキサンとテトラトリメチルシリルペンタエリスリトールとの混合物(50/50)、及びオクタメチルシクロテトラシロキサンとオキシ-1,1'-ビス(2,2,2',2',3,3'-ヘキサトリメチルシリルオキシ)ネオペンタンとの混合物である。 Can be further mentioned are mixtures of cyclic polydialkylsiloxanes with organosilicon compounds, for example octamethylcyclotetrasiloxane and a mixture of tetratrimethylsilylpentaerythritol (50/50), and octamethylcyclotetrasiloxane and oxy -1 , 1'-bis (2,2,2 ', 2', 3,3'-hexa trimethylsilyloxy) is a mixture of neopentane.
(ii)2〜9個のケイ素原子を含み、粘度が25℃にて5×10 -6 m 2 /s以下である直鎖状の揮発性ポリジアルキルシロキサン。 (ii) comprises 2 to 9 silicon atoms, volatile linear polydialkylsiloxanes which viscosity is less than 5 × 10 -6 m 2 / s at 25 ° C.. 例は、特に東レシリコーン社によって名称SH 200で販売されているデカメチルテトラシロキサンである。 Examples are decamethyltetrasiloxane sold under the name SH 200 in particular by Toray Silicone Co.. この分類に属するシリコーン類はまた、Cosmetics and Toiletries、第91巻、1976年1月、27〜32頁、Todd & Byers、Volatile Silicone Fluids for Cosmeticsにおいて公表されている論文にも記載されている。 Silicones belonging to this category also, Cosmetics and Toiletries Toiletries, Vol. 91, January 1976, pp. 27 to 32, Todd & Byers, is also described in the articles published in Volatile Silicone Fluids for Cosmetics. 該シリコーンの粘度は、ASTM規格445付録Cに従って25℃にて測定されている。 The viscosity of the silicone is measured at 25 ° C. according to ASTM Standard 445 Appendix C.

不揮発性ポリジアルキルシロキサンもまた、使用することができる。 Volatile polydialkylsiloxanes can also be used. これらの不揮発性シリコーンは、より具体的にはポリジアルキルシロキサンから選ばれ、その中で主に挙げることができるのは、トリメチルシリル末端基を含むポリジメチルシロキサンである。 These non-volatile silicone is more particularly chosen from polydialkylsiloxanes, what can be mentioned mainly therein, a polydimethylsiloxanes containing trimethylsilyl end groups.

これらのポリジアルキルシロキサンの中では、非限定的に、以下の市販製品を挙げることができる: Among these polydialkylsiloxanes, without limitation, mention may be made of the following commercial products:
- Rhodia社によって販売されているSilbione(登録商標)油の47及び70 047シリーズ又はMirasil(登録商標)油、例としては油70 047 V 500 000、 - Silbione sold by Rhodia, Inc. (TM) oil 47 and 70 047 series or Mirasil (TM) oil, oil 70 047 V 500 000 As an example,
- Rhodia社によって販売されているMirasil(登録商標)シリーズの油、 - Rhodia sold by the company by Mirasil (registered trademark) series oil,
- Dow Corning社からの200シリーズの油、例えば粘度が60000mm 2 /sであるDC200、 - 200 Series oils from Dow Corning Corporation, for example, a viscosity of 60000mm 2 / s DC200,
- General Electric社からのViscasil(登録商標)油、及びGeneral Electric社からのSFシリーズの特定の油(SF 96、SF 18)。 - Viscasil (TM) from General Electric Co. oil, and SF series particular oil from General Electric Company (SF 96, SF 18).

更に挙げることができるのは、Rhodia社からの48シリーズの油等の、名称ジメチコノール(CTFA)で知られる、ジメチルシラノール末端基を含むポリジメチルシロキサンである。 Can be further mentioned, such as oils of the 48 series from Rhodia Inc., known by the name dimethiconol (CTFA), a polydimethylsiloxane containing dimethylsilanol end groups.

アリール基を含むシリコーンの中では、ポリジアリールシロキサン、特にポリジフェニルシロキサン及びポリアルキルアリールシロキサンがある。 Among the silicones containing aryl groups, polydiene siloxanes, are particularly polydiphenylsiloxanes and polyalkylarylsiloxanes. 挙げることができる例には、以下の名称で販売されている製品がある: Examples that may be mentioned include the products sold under the following names:
- Rhodia社からのSilbione(登録商標)油の70 641シリーズ、 - Silbione from Rhodia Inc. (registered trademark) oil of 70 641 series,
- Rhodia社からのRhodorsil(登録商標)70 633及び763シリーズの油、 - Rhodorsil from Rhodia Inc. (registered trademark) 70 633 and 763 series oil,
- Dow Corning社からの油Dow Corning 556 Cosmetic Grade Fluid、 - oil from the company Dow Corning Dow Corning 556 Cosmetic Grade Fluid,
- Bayer社からのPKシリーズのシリコーン、例えば製品PK20、 - PK series of silicone from Bayer, such as the product PK20,
- General Electric社からのSFシリーズの特定の油、例えばSF 1023、SF 1154、SF 1250及びSF 1265。 - SF series particular oil from the General Electric Company, for example, SF 1023, SF 1154, SF 1250 and SF 1265.

植物油の例として挙げることができるのは、例えば、亜麻仁油、ツバキ油、マカダミアナッツ油、トウモロコシ油、ミンク油、オリーブ油、アボカド油、サザンカ油、ヒマシ油、紅花油、ホホバ油、ヒマワリ油、アーモンド油、菜種油、ゴマ油、大豆油、ピーナッツ油、及びこれらの混合物である。 Mention may be made, as examples of vegetable oils include, for example, linseed oil, camellia oil, macadamia nut oil, corn oil, mink oil, olive oil, avocado oil, sasanqua oil, castor oil, safflower oil, jojoba oil, sunflower oil, almond oil, rapeseed oil, sesame oil, soybean oil, a peanut oil, and mixtures thereof.

動物油の例として挙げることができるのは、例えば、スクアレン及びスクアランである。 Mention may be made, as examples of animal oils are, for example, squalene and squalane.

合成油の例として挙げることができるのは、アルカン油、例えばイソデカン及びイソヘキサデカン、エステル油、エーテル油、並びに人工トリグリセリドである。 Mention may be made, as examples of synthetic oils, alkanes oils such isodecane and isohexadecane, ester oil, ether oil, and an artificial triglyceride.

エステル油は、好ましくは、飽和又は不飽和の、直鎖状又は分枝状の、C 1 〜C 26脂肪族一酸又はポリ酸の液体エステル、及び飽和又は不飽和の、直鎖状又は分枝状の、C 1 〜C 26脂肪族モノアルコール又はポリアルコールの液体エステルであり、これらのエステルの炭素原子の総数は10以上である。 Ester oil, preferably a saturated or unsaturated, liquid esters of linear or branched, C 1 -C 26 aliphatic monoacid or polyacid, and a saturated or unsaturated, linear or branched ramified, a C 1 -C 26 aliphatic monoalcohol or liquid esters of polyalcohols, the total number of carbon atoms of these esters is 10 or more.

好ましくは、モノアルコールのエステルでは、本発明のエステルが由来するアルコール及び酸のうちの少なくとも1種は、分枝状である。 Preferably, the esters of monoalcohols, at least one of alcohols and acids derived from esters of the present invention are branched.

一酸及びモノアルコールのモノエステルの中で挙げることができるのは、パルミチン酸エチル、パルミチン酸エチルヘキシル、パルミチン酸イソプロピル、カルボン酸ジカプリリル、ミリスチン酸アルキル、例えばミリスチン酸イソプロピル又はミリスチン酸エチル、ステアリン酸イソセチル、イソノナン酸2-エチルヘキシル、イソノナン酸イソノニル、ネオペンタン酸イソデシル及びネオペンタン酸イソステアリルである。 It can be mentioned in one acid and monoesters of monoalcohols, ethyl palmitate, ethylhexyl palmitate, isopropyl palmitate, dicaprylyl carboxylic acid, alkyl myristate, such as isopropyl myristate or ethyl myristate, isocetyl stearate isononanoic acid, 2-ethylhexyl, isononyl isononanoate, an isodecyl neopentanoate and isostearyl neopentanoate.

C 4 〜C 22のジカルボン酸又はトリカルボン酸と、C 1 〜C 22アルコールとのエステル、及びモノカルボン酸、ジカルボン酸又はトリカルボン酸と、非糖C 4 〜C 26ジヒドロキシ、トリヒドロキシ、テトラヒドロキシ又はペンタヒドロキシアルコールとのエステルもまた、使用することができる。 A dicarboxylic acid or tricarboxylic acid C 4 -C 22, esters of C 1 -C 22 alcohol, and a monocarboxylic acid, a dicarboxylic acid or tricarboxylic acid, a non-sugar C 4 -C 26 dihydroxy, trihydroxy, tetrahydroxy or esters of penta-hydroxy alcohols can also be used.

特に挙げることができるのは、セバシン酸ジエチル、ラウロイルサルコシン酸イソプロピル、セバシン酸ジイソプロピル、セバシン酸ビス(2-エチルヘキシル)、アジピン酸ジイソプロピル、アジピン酸ジ-n-プロピル、アジピン酸ジオクチル、アジピン酸ビス(2-エチルヘキシル)、アジピン酸ジイソステアリル、マレイン酸ビス(2-エチルヘキシル)、クエン酸トリイソプロピル、クエン酸トリイソセチル、クエン酸トリイソステアリル、トリ乳酸グリセリル、トリオクタン酸グリセリル、クエン酸トリオクチルドデシル、クエン酸トリオレイル、ジヘプタン酸ネオペンチルグリコール、ジイソノナン酸ジエチレングリコールである。 The can be mentioned in particular, diethyl sebacate, lauroyl sarcosinate isopropyl, diisopropyl sebacate, sebacic acid bis (2-ethylhexyl), diisopropyl adipate, di -n- propyl, dioctyl adipate, adipic acid bis ( 2-ethylhexyl), diisostearyl adipic acid, maleic acid bis (2-ethylhexyl), triisopropyl citrate, triisocetyl citric acid, citric acid triisostearyl, tri lactate, glyceryl trioctanoate, glyceryl trioctyldodecyl citrate, citric trioleyl, diheptanoate neopentyl glycol, Jiisononan diethylene.

エステル油として、C 6 〜C 30 、好ましくはC 12 〜C 22脂肪酸の糖エステル及びジエステルを使用することができる。 As ester oils, C 6 ~C 30, can be preferably used sugar esters and diesters of C 12 -C 22 fatty acids. 用語「糖」が、幾つかのアルコール官能基を含んで、アルデヒド官能基又はケトン官能基を含み又は含まず、少なくとも4個の炭素原子を含む、酸素を保持する炭化水素系化合物を意味することが想起される。 The term "sugar" is includes several alcohol functions, or without including an aldehyde functional group or ketone functional group, to mean including at least 4 carbon atoms, hydrocarbon compounds to keep the oxygen There is recalled. これらの糖は、単糖、オリゴ糖又は多糖とすることができる。 These sugars can be monosaccharides, oligosaccharides or polysaccharides.

挙げることができる好適な糖の例としては、スクロース(又はショ糖)、グルコース、ガラクトース、リボース、フコース、マルトース、フルクトース、マンノース、アラビノース、キシロース及びラクトース、並びにこれらの誘導体、特にアルキル誘導体、例えばメチル誘導体、例としてはメチルグルコースがある。 Examples of suitable sugars that may be mentioned include sucrose (or saccharose), glucose, galactose, ribose, fucose, maltose, fructose, mannose, arabinose, xylose and lactose, and derivatives thereof, particularly alkyl derivatives, such as methyl derivatives, examples have methylglucose.

脂肪酸の糖エステルは、先に記載した糖と、直鎖状又は分岐状で飽和又は不飽和のC 6 〜C 30好ましくはC 12 〜C 22脂肪酸とのエステル又はエステル混合物を含む群から、特に選択することができる。 Sugar esters of fatty acids, sugar previously described, from the group C 6 -C 30 and preferably a saturated or unsaturated, linear or branched containing esters or ester mixtures of C 12 -C 22 fatty acids, in particular it can be selected. それらが不飽和である場合、これらの化合物は、1〜3個の共役又は非共役の炭素-炭素二重結合を有することができる。 If they are unsaturated, these compounds are one to three conjugated or non-conjugated carbon - can have a double bond carbons.

この変形形態によるエステルはまた、モノエステル、ジエステル、トリエステル、テトラエステル及びポリエステル、並びにこれらの混合物からも選択することができる。 This variant ester according also monoesters, diesters, triesters, tetraesters and polyesters, as well as also mixtures thereof.

これらのエステルは、例えば、オレイン酸エステル、ラウリン酸エステル、パルミチン酸エステル、ミリスチン酸エステル、ベヘン酸エステル、ヤシ油脂肪酸エステル、ステアリン酸エステル、リノール酸エステル、リノレン酸エステル、カプリン酸エステル及びアラキドン酸エステル、又はこれらの混合物、例えば、特に、オレオパルミチン酸エステルとオレオステアリン酸エステルとパルミトステアリン酸エステルとの混合エステル、並びにテトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチルでもよい。 These esters are, for example, oleic acid ester, lauric acid ester, palmitic acid ester, myristic acid ester, behenic acid ester, coconut oil fatty acid esters, stearic acid esters, linoleic acid esters, linolenic acid esters, capric acid esters, and arachidonic acid esters, or mixtures thereof, such as, in particular, mixed esters of Oreoparumichin ester and oleostearic ester and palmitostearate esters, and may be a tetra-ethylhexanoate pentaerythrityl.

より詳細には、使用されるのは、モノエステル及びジエステル、特にスクロース、グルコース又はメチルグルコースのモノオレイン酸エステル又はジオレイン酸エステル、ステアリン酸エステル、ベヘン酸エステル、オレオパルミチン酸エステル、リノール酸エステル、リノレン酸エステル及びオレオステアリン酸エステルである。 More specifically, what is used is mono and diesters, in particular sucrose, monooleate or dioleate ester of glucose or methyl glucose, stearic acid esters, behenic acid esters, Oreoparumichin acid esters, linoleic acid esters, linolenic acid esters and oleostearic ester.

挙げることができる例は、Amerchol社によって名称Glucate(登録商標)DOで販売されている製品であり、これは、ジオレイン酸メチルグルコースである。 Examples which may be mentioned is the product sold under the name Glucate (R) DO by the company Amerchol, which is a methyl dioleate.

好ましいエステル油の例として挙げることができるのは、例えば、アジピン酸ジイソプロピル、アジピン酸ジオクチル、ヘキサン酸2-エチルヘキシル、ラウリン酸エチル、オクタン酸セチル、オクタン酸オクチルドデシル、ネオペンタン酸イソデシル、プロピオン酸ミリスチル、2-エチルヘキサン酸2-エチルヘキシル、オクタン酸2-エチルヘキシル、カプリル酸/カプリン酸2-エチルヘキシル、パルミチン酸メチル、パルミチン酸エチル、パルミチン酸イソプロピル、炭酸ジカプリリル、ラウロイルサルコシン酸イソプロピル、イソノナン酸イソノニル、パルミチン酸エチルヘキシル、ラウリン酸イソヘキシル、ラウリン酸ヘキシル、ステアリン酸イソセチル、イソステアリン酸イソプロピル、ミリスチン酸イソプロピル、オレイン酸イソデシル Mention may be made, as examples of preferred ester oil, for example, diisopropyl adipate, dioctyl adipate, 2-ethylhexyl hexanoate, ethyl laurate, cetyl octanoate, octanoic acid octyldodecyl, isodecyl neopentanoate, myristyl propionate, 2-ethylhexyl 2-ethylhexanoate, octanoate, 2-ethylhexyl, caprylic / capric acid 2-ethylhexyl, methyl palmitate, ethyl palmitate, isopropyl palmitate, dicaprylyl carbonate, lauroyl sarcosinate isopropyl, isononyl isononanoate, palmitic acid ethylhexyl, isohexyl laurate, hexyl laurate, isocetyl stearate, isopropyl isostearate, isopropyl myristate, isodecyl oleate トリ(2-エチルヘキサン酸)グリセリル、テトラ(2-エチルヘキサン酸)ペンタエリスリチル、コハク酸2-エチルヘキシル、セバシン酸ジエチル、及びこれらの混合物である。 Tri (2-ethylhexanoate), glyceryl tetra (2-ethylhexanoate) pentaerythrityl a 2-ethylhexyl succinate, diethyl sebacate, and mixtures thereof.

人工トリグリセリドの例として挙げることができるのは、例えば、カプリルカプリリルグリセリド、トリミリスチン酸グリセリル、トリパルミチン酸グリセリル、トリリノレン酸グリセリル、トリラウリン酸グリセリル、トリカプリン酸グリセリル、トリカプリル酸グリセリル、トリ(カプリン酸/カプリル酸)グリセリル、及びトリ(カプリン酸/カプリル酸/リノレン酸)グリセリルである。 Mention may be made, as examples of artificial triglycerides, for example, capryl Luke Puriri glyceride, glyceryl trimyristate, tripalmitate, glyceryl tri-linolenic acid, glyceryl trilaurate, glyceryl capric triglyceride, glyceryl tricaprylate, tri (caprate / caprylic acid) glyceryl, and tri (capric / caprylic acid / linolenic acid) is glyceryl.

(b)油が、室温で液状の非極性炭化水素油、詳細にはパラフィン等の鉱油から選ばれることが好ましい。 (B) oil, non-polar hydrocarbon oils are liquid at room temperature, preferably selected from mineral oils such as paraffin in detail.

(b)油が、分子量が600g/mol未満である油から選ばれることもまた、好ましい。 (B) oil, also has a molecular weight selected from the oil is less than 600 g / mol, preferably.

好ましくは、(b)油は、600g/mol未満、より好ましくは500g/mol未満、特定すると400g/mol未満等の低分子量を有し、短鎖の炭化水素を有するエステル油又はエーテル油(C 1 〜C 18 、例えばミリスチン酸イソプロピル、パルミチン酸イソプロピル、イソノナン酸イソノニル、炭酸ジカプリリル、パルミチン酸エチルヘキシル、ジカプリリルエーテル、特にラウロイルサルコシン酸イソプロピル等のサルコシネート)、短鎖のアルキルを有する炭化水素油(C 1 〜C 18 、例えばイソドデカン、イソヘキサデカン及びスクアラン)、並びに短鎖アルコール型の油、例えばオクチルドデカノールの中から選ばれる。 Preferably, (b) oil is less than 600 g / mol, more preferably less than 500 g / mol, having a low molecular weight, such as less than when particular 400 g / mol, ester oil or ether oil having a short-chain hydrocarbons (C 1 -C 18, such as isopropyl myristate, isopropyl palmitate, isononyl isononanoate, dicaprylyl carbonate, ethylhexyl palmitate, dicaprylyl ether, in particular lauroyl sarcosinate sarcosinates isopropyl, etc.), hydrocarbon oils having an alkyl of short chain (C 1 -C 18, such as isododecane, isohexadecane and squalane), and oils of the short chain alcohol type, selected for example from among octyldodecanol.

(b)油が、炭化水素油、C 4 〜C 22ジカルボン酸又はトリカルボン酸と、C 1 〜C 22アルコールとのエステル、及びC 4 〜C 22モノカルボン酸、ジカルボン酸又はトリカルボン酸と、非糖C 4 〜C 26ジヒドロキシ、C 4 〜C 15トリヒドロキシ、テトラヒドロキシ又はペンタヒドロキシアルコールとのエステル、並びにこれらの混合物からなる群から選択されることもまた、好ましい。 (b) oil, hydrocarbon oil, and C 4 -C 22 dicarboxylic or tricarboxylic acids, and C 1 ester of -C 22 alcohol, and C 4 -C 22 monocarboxylic acids, dicarboxylic acids or tricarboxylic acids, non sugar C 4 -C 26 dihydroxy, C 4 -C 15 trihydroxy, esters of tetra hydroxy or pentahydroxy alcohol, and also selected from the group consisting of mixtures is also preferred.

(b)油が、ミリスチン酸イソプロピル、パルミチン酸イソプロピル、イソノナン酸イソノニル、炭酸ジカプリリル、パルミチン酸エチルヘキシル等のエステル油、ジカプリリルエーテル、及び特にラウロイルサルコシン酸イロプロピル等のサルコシネート、カプリルカプリリルグリセリド等の人工トリグリセリド、並びにシリコーン油から選ばれることもまた、好ましい。 (B) oil, isopropyl myristate, isopropyl palmitate, isononyl isononanoate, dicaprylyl carbonate, ester oils ethylhexyl palmitate, dicaprylyl ether, and in particular lauroyl sarcosinate Iropuropiru like sarcosinate, artificial, such as Capri Luke Puriri glyceride triglycerides, and it is selected from silicone oils are also preferred.

本発明による組成物中の(b)油の量は限定されないが、組成物の総質量に対して、1〜40質量%、好ましくは2〜30質量%、より好ましくは5〜20質量%の範囲とすることができる。 The amount of (b) oil in the composition according to the present invention is not limited, by weight, 1 to 40 wt%, preferably 2 to 30 wt%, more preferably 5 to 20 wt% it can be in the range.

好ましくは、内部油相を構成する(b)油は、ミリスチン酸イソプロピル、パルミチン酸イソプロピル、パルミチン酸エチルヘキシル等のエステル油、カプリルカプリリルグリセリド等のトリグリセリド、ラウロイルサルコシン酸イソプロピル等のサルコシネート、イソヘキサデカン等の炭化水素油、パラフィン等の鉱油からなる群から選択される。 Preferably, constituting the internal oil phase (b) oil, isopropyl myristate, isopropyl palmitate, ester oils ethylhexyl palmitate, triglycerides such as capryl Luke Puriri glyceride, lauroyl sarcosinate isopropyl etc. sarcosinate, isohexadecane, etc. hydrocarbon oils, is selected from the group consisting of mineral oil such as paraffin.

本発明の内部油相中の(b)油の量は、好ましくは、70質量%以上、より好ましくは80質量%以上、より好ましくは90質量%以上である。 The amount of (b) oil of the internal oil phase of the present invention, preferably, 70 mass% or more, more preferably 80 wt% or more, more preferably 90 mass% or more.

好ましくは、外部油相を構成している(b)油は、ミリスチン酸イソプロピル、パルミチン酸イソプロピル、パルミチン酸エチルヘキシル等のエステル油、カプリルカプリリルグリセリド等のトリグリセリド、ラウロイルサルコシン酸イソプロピル等のサルコシネート、イソヘキサデカン等の炭化水素油、パラフィン等の鉱油、及びシリコーン油からなる群から選択される。 Preferably, configured to have (b) oil external oil phase, isopropyl myristate, isopropyl palmitate, ester oils such as ethylhexyl palmitate, capryl Luke Puriri glyceride such triglycerides, lauroyl sarcosinate isopropyl etc. sarcosinate, iso hydrocarbon oils hexadecane, is selected from the group consisting of mineral oil, and silicone oils such as paraffin.

本発明の外部油相中の(b)油の量は、好ましくは、70質量%以上、より好ましくは80質量%以上、より好ましくは90質量%以上である。 The amount of (b) an oil external oil phase of the present invention, preferably, 70 mass% or more, more preferably 80 wt% or more, more preferably 90 mass% or more.

(c)UV遮蔽剤 本発明による組成物は、(c)少なくとも1種のUV遮蔽剤を含む。 (C) the composition according to UV-screening agents present invention comprises at least one UV screening agent (c). 2種以上のUV遮蔽剤を組み合わせて使用してもよい。 It may be used in combination of two or more of the UV screening agent. そのため、単一種のUV遮蔽剤、又は異種のUV遮蔽剤の組合せを使用することができる。 Therefore, it is possible to use a combination of single type of UV screening agents, or different UV screening agent.

用語「UV」は、本明細書では、UV-Bの領域(波長260〜320nm)及びUV-Aの領域(波長320〜400nm)を含む。 The term "UV" as used herein, includes a region (wavelength 320-400 nm) region (wavelength 260~320Nm) and UV-A for UV-B. したがって、UV遮蔽剤は、UV-A及び/又はUV-Bの領域の波長における遮蔽効果を有する任意の材料を意味する。 Therefore, UV screening agents means any material having a shielding effect in the wavelength region of UV-A and / or UV-B. 好ましくは、本発明による組成物は、UV-A及びUV-B双方の領域に及ぶことができる。 Preferably, the composition according to the invention may range in UV-A and UV-B both regions.

本発明では、UV遮蔽剤は、有機UV遮蔽剤とすることができる。 In the present invention, UV screening agents, can be an organic UV screening agents. 親水性のUV遮蔽剤及び疎水性のUV遮蔽剤の双方が、本発明による組成物中で使用されうる。 Both hydrophilic UV screening agent and a hydrophobic UV shielding agent may be used in the compositions according to the invention.

用語「親水性のUV遮蔽剤」は、本明細書では、紫外線を遮断し、且つ水性相中に分子状態で完全に溶解することが可能な、又はO/W/Oエマルションの水性相中にコロイド形態で(例えばミセル形態で)分散することが可能な、任意の作用剤を意味すると理解される。 The term "hydrophilic UV screening agent", as used herein, ultraviolet blocking the, and capable of completely dissolving in a molecular state in the aqueous phase, or in the aqueous phase of O / W / O emulsions in colloidal form (for example in micellar form) which can be dispersed, it is understood to mean any agent. したがって、親水性のUV遮蔽剤は、本発明の内部水性相中に配合することができる。 Thus, hydrophilic UV screening agents can be incorporated within the aqueous phase of the present invention.

用語「疎水性のUV遮蔽剤」は、本明細書では、紫外線を遮断し、且つ油相中に分子状態で完全に溶解することが可能な、又はO/W/Oエマルションの油相中にコロイド形態で(例えばミセル形態で)分散することが可能な、任意の作用剤を意味すると理解される。 The term "hydrophobic UV screening agent", as used herein, ultraviolet blocking the, and in the oil phase that can be completely dissolved in a molecular state, or in the oil phase of O / W / O emulsions in colloidal form (for example in micellar form) which can be dispersed, it is understood to mean any agent. したがって、疎水性のUV遮蔽剤は、本発明の外部及び内部油性相中に配合することができる。 Thus, hydrophobic UV screening agents can be incorporated into external and internal oil phase of the present invention.

(親水性のUV遮蔽剤) (Hydrophilic UV screening agent)
本発明のために使用される親水性のUV遮蔽剤は、UV-A及び/又はUV-Bの領域において、好ましくはUV-A及びUV-B双方の領域において、単独で又は組合せで、活性であることができる。 Hydrophilic UV screening agents used for the present invention, in the region of UV-A and / or UV-B, preferably at UV-A and UV-B both regions, alone or in combination, activity it can be.

親水性のUV-A遮蔽剤として以下を挙げることができるがこれらに限定されない: May be mentioned the following as hydrophilic UV-A screening agents are not limited to:
ベンジリデンカンファー誘導体、例えばテレフタリリデンジカンファースルホン酸、例えばChimex社によって名称「Mexoryl SX」で製造されているもの、 Benzylidenecamphor derivatives, such as terephthalylidene dicamphor sulfonic acid, such as those manufactured under the name "Mexoryl SX" by the company Chimex,
ビスベンゾオキサゾリル誘導体、例えばEP669323及びUS2,463,264に記載のもの、より具体的にはHaarmann & Reimer社によって商品名「Neo Heliopan AP」で販売されている化合物フェニルジベンズイミダゾールテトラスルホン酸二ナトリウム。 Bis benzoxazolyl derivatives, such as those described in EP669323 and US2,463,264, tradename compounds phenyl dibenzimidazole tetrasulfonate Disodium sold in "Neo Heliopan AP" by more specifically Haarmann & Reimer Corp. .

親水性のUV-B遮蔽剤として以下を挙げることができるがこれらに限定されない: It may be mentioned the following as hydrophilic UV-B screening agents are not limited to:
p-アミノ安息香酸(PABA)誘導体、例えばPABA、PABAグリセリル及びPABA PEG-25、例えばBASF社によって名称「Uvinul P25」で販売されているもの、 p- aminobenzoic acid (PABA) derivatives, e.g. PABA, PABA glyceryl and PABA PEG-25, such as those sold under the name "Uvinul P25" by BASF Corporation,
フェニルベンズイミダゾール誘導体、例えばフェニルベンズイミダゾールスルホン酸、Merck社によって名称「Eusolex 232」で市販されているもの、及びフェニルジベンズイミダゾールテトラスルホン酸二ナトリウム、Haarmann & Reimer社によって名称「Neo Heliopan AP」で市販されているもの、フェニルベンズイミダゾールスルホン酸、例えば特にMerck社によって商品名「Eusolex 232」で販売されているもの、 Phenylbenzimidazole derivatives such as phenylbenzimidazole sulfonic acid, those sold under the name "Eusolex 232" by the company Merck, and phenyl dibenzimidazole tetrasulfonate disodium, under the name "Neo Heliopan AP" by Haarmann & Reimer Corp. those commercially available include those sold under the trade name "Eusolex 232" by the phenylbenzimidazole sulfonic acid, such as, in particular, from Merck,
フェルラ酸、 Ferulic acid,
サリチル酸、 Salicylic acid,
メトキシケイ皮酸DEA、 Methoxy cinnamic acid DEA,
ベンジリデンカンファースルホン酸、例えばChimex社によって名称「Mexoryl SL」で製造されているもの、 Benzylidene camphor sulfonic acid, such as those manufactured under the name "Mexoryl SL" by the company Chimex,
メト硫酸カンファーベンザルコニウム、例えばChimex社によって名称「Mexoryl SO」で製造されているもの。 Methosulfate camphor benzalkonium, such as those manufactured under the name "Mexoryl SO" by the company Chimex.

親水性のUV-A及びUV-B遮蔽剤としては、以下を挙げることができるがこれらに限定されない: As hydrophilic UV-A and UV-B screening agents, there may be mentioned, but not limited to:
ベンゾフェノン-4、例えばBASF社によって商品名「Uvinul MS40」で販売されているもの、ベンゾフェノン-5、及びベンゾフェノン-9。 Benzophenone-4, such as those sold under the trade name "Uvinul MS 40" by the company BASF, Benzophenone -5, and benzophenone -9.

好ましくは、親水性のUV遮蔽剤は、ベンジリデンカンファー誘導体、例えばテレフタリリデンジカンファースルホン酸、及びフェニルベンズイミダゾール誘導体、例えばフェニルベンズイミダゾールスルホン酸からなる群から選択される。 Preferably, hydrophilic UV screening agents, benzylidenecamphor derivatives, such as terephthalylidene dicamphor sulfonic acid, and phenyl benzimidazole derivatives, for example, selected from the group consisting of phenyl benzimidazole sulfonic acid.

該組成物中の親水性のUV遮蔽剤の量は、組成物の総質量に対して、1質量%〜40質量%、好ましくは3質量%〜30質量%、より好ましくは5質量%〜20質量%とすることができる。 The amount of hydrophilic UV screening agent in the composition, by weight, 1% to 40% by weight, preferably from 3% to 30% by weight, more preferably from 5% to 20 it can be mass%.

(疎水性のUV遮蔽剤) (Hydrophobic of UV screening agent)
本発明の疎水性の遮蔽剤は、外部油相及び内部油相双方の中に、又は外部油相若しくは内部油相のいずれかの中に、配合することができる。 Hydrophobic screening agents of the present invention, in both the outer oil phase and inner oil phase, or into either of the outer oil phase or the internal oil phase can be formulated.

本発明のために使用される疎水性のUV遮蔽剤は、UV-A及び/又はUV-Bの領域において、好ましくはUV-A及びUV-B双方の領域において、単独で又は組合せで、活性であることができる。 Hydrophobic UV screening agents used for the present invention, in the region of UV-A and / or UV-B, preferably at UV-A and UV-B both regions, alone or in combination, activity it can be.

本発明において使用される疎水性のUV-A遮蔽剤としては、アミノベンゾフェノン化合物、ジベンゾイルメタン化合物、アントラニル酸化合物及び4,4-ジアリールブタジエン化合物が挙げられるがこれらに限定されない。 The hydrophobic UV-A blocking agent used in the present invention, aminobenzophenone compounds, dibenzoylmethane compound, anthranilic acid compounds and 4,4-diaryl-butadiene compounds without limitation.

アミノベンゾフェノン化合物として挙げることができるのは、n-ヘキシル2-(4-ジエチルアミノ-2-ヒドロキシベンゾイル)ベンゾエートであり、この代替名は、BASF社から商品名「Uvinul A+」で販売されているジエチルアミノヒドロキシベンゾイルヘキシルベンゾエート(DHHB)である。 Diethylamino Mention may be made, as aminobenzophenone compound is n- hexyl 2- (4-diethylamino-2-hydroxybenzoyl) benzoate, this alternative names sold under the trade name "Uvinul A +" by BASF it is hydroxybenzoyl hexyl benzoate (DHHB).

ジベンゾイルメタン化合物として挙げることができるのは、Merck社から名称「Eusolex 8020」で販売されている4-イソプロピルジベンゾイルメタン、Quest社から名称「Pongamol」で販売されている1-(4-メトキシ-1-ベンゾフラン-5-イル)-3-フェニルプロパン-1,3-ジオン、1-(4-(tert-ブチル)フェニル)-3-(2-ヒドロキシフェニル)プロパン-1,3-ジオン、及びHoffmann-La Roche社から商品名「Parsol 1789」で販売されているブチルメトキシジベンゾイルメタンである。 Mention may be made, as dibenzoylmethane compound is sold under the name "Eusolex 8020" by Merck Co. 4-isopropyl dibenzoylmethane, sold under the name "Pongamol" from Quest, Inc. 1- (4-methoxy 1-benzofuran-5-yl) -3-phenylpropane-1,3-dione, 1-(4-(tert-butyl) phenyl) -3- (2-hydroxyphenyl) propane-1,3-dione, and butyl methoxydibenzoylmethane sold under the trade name "Parsol 1789" from Hoffmann-La Roche Corporation.

アントラニル酸化合物として挙げることができるのは、Symrise社によって名称「NEO HELIPAN MA」で市販されているアントラニル酸メンチルである。 Mention may be made, as anthranilic acid compound is a Menthyl anthranilate sold under the name "NEO HELIPAN MA" by Symrise company.

4,4-ジアリールブタジエン化合物として挙げることができるのは、1,1-ジカルボキシ(2,2'-ジメチルプロピル)-4,4-ジフェニルブタジエン、及びジフェニルブタジエンマロネート及びマロノニトリルである。 Mention may be made, as 4,4-diarylbutadiene compound is 1,1-dicarboxy (2,2'-dimethylpropyl) -4,4-diphenyl butadiene, and diphenyl butadiene malonate and malononitrile.

本発明において使用される疎水性のUV-B遮蔽剤としては、トリアジン化合物、パラ-アミノ安息香酸化合物、サリチル酸系化合物、ケイ皮酸エステル化合物、β,β-ジフェニルアクリレート化合物、ベンジリデンカンファー化合物、イミダゾリン化合物、ベンザルマロネート化合物及びメコシアニン化合物が挙げられるがこれらに限定されない。 The hydrophobic UV-B blocking agents used in the present invention, triazine compounds, para - aminobenzoic acid compounds, salicylic acid compounds, cinnamic acid ester compounds, beta, beta-diphenylacrylate compound, benzylidenecamphor compounds, imidazoline compound, benzalmalonate compound and Mekoshianin compounds without limitation.

トリアジン化合物として挙げることができるのは、BASF社によって名称「UVINUL T-150」で市販されているエチルヘキシルトリアゾン、SIGMA 2V社によって名称「UVASORB HEB」で市販されているジエチルヘキシルブタミドトリアゾン、2,4,6-トリス(ジネオペンチル4'-アミノベンザルマロネート)-s-トリアジン、2,4,6-トリス(ジイソブチル4'-アミノベンザルマロネート)-s-トリアジン、2,4-ビス(ジネオペンチル4'-アミノベンザルマロネート)-6-(n-ブチル4'-アミノベンゾエート)-s-トリアジン、2,4-ビス(n-ブチル4'-アミノベンゾエート)-6-(アミノプロピルトリシロキサン)-s-トリアジンである。 Mention may be made, as the triazine compound, diethylhexyl butamido triazone commercially available Ethylhexyl Triazone sold under the name "UVINUL T-0.99", by SIGMA 2V under the name "UVASORB HEB" by the company BASF, 2,4,6-tris (dineopentyl 4'-aminobenzalmalonate) -s-triazine, 2,4,6-tris (diisobutyl 4'-aminobenzalmalonate) -s-triazine, 2,4 bis (dineopentyl 4'aminobenzalmalonate) -6- (n- butyl 4'-aminobenzoate) -s-triazine, 2,4-bis (n- butyl 4'-aminobenzoate) -6- (amino propyl trisiloxane) -s-triazine.

パラ-アミノ安息香酸誘導体として挙げることができるのは、パラ-アミノ安息香酸(PABA)、例えば、PABA(パラ-アミノ安息香酸)エチル、PABAエチルジヒドロキシプロピル、及びISP社から名称「ESCALOL 5972」で市販されているPABAエチルヘキシルジメチルである。 Para - can be exemplified as the amino acid derivatives, para - aminobenzoic acid (PABA), for example, PABA - with (p-aminobenzoate) ethyl, entitled "Escalol 5972" from PABA ethyl dihydroxypropyl, and the company ISP a PABA ethyl hexyl dimethyl commercially available.

サリチル酸系化合物として挙げることができるのは、Rona/EM industries社によって名称「Eusolex HMS」で市販されているホモサレート、及びSymrise社により名称「NEO HELIOPAN OS」で市販されているサリチル酸エチルヘキシルである。 Mention may be made, as salicylic acid compound is a Ethylhexyl salicylate sold under the name "NEO HELIOPAN OS" by homosalate, and Symrise Inc. sold under the name "Eusolex HMS" by Rona / EM industries Corporation.

ケイ皮酸エステル化合物として挙げることができるのは、DSM NUTRITIONAL PRODUCTS社によって名称「PARSOL MCX」で市販されているメトキシケイ皮酸エチルヘキシル、エトキシケイ皮酸イソプロピル、Symrise社によって名称「NEO HELIOPAN E 1000」で市販されているメトキシケイ皮酸イソアミル、メチルケイ皮酸ジイソプロピル、シノキセート、及びジメトキシケイ皮酸エチルヘキサン酸グリセリルである。 Mention may be made, as cinnamic acid ester compounds, DSM Nutritional PRODUCTS by the company name "PARSOL MCX" Ethylhexyl methoxycinnamate sold under, Etokishikei cinnamic acid isopropyl, under the name "NEO HELIOPAN E 1000" by Symrise Inc. methoxycinnamic acid isoamyl commercially available, methylcinnamic acid diisopropyl, cinoxate, and dimethoxy cinnamate ethylhexanoate glyceryl.

β,β-ジフェニルアクリレート化合物として挙げることができるのは、BASF社によって名称「UVINUL N539」で市販されているオクトクリレン、及びBASF社によって名称「UNIVUL N35」で市販されているエトクリレンである。 beta, can be mentioned as β- diphenylacrylate compound is etocrylene sold under the name "UNIVUL N35" by octocrylene, and BASF Corporation sold under the name "UVINUL N539" by BASF Corporation.

ベンジリデンカンファー化合物として挙げることができるのは、CHIMEX社から名称「MEXORYL SD」で市販されている3-ベンジリデンカンファー、MERCK社によって名称「EUSOLEX 6300」で市販されているメチルベンジリデンカンファー、CHIMEX社によって名称「MEXORYL SW」で市販されているポリアクリルアミドメチルベンジリデンカンファーである。 Mention may be made, as camphor compound is commercially available under the name "MEXORYL SD 'from CHIMEX Corporation 3-benzylidenecamphor, methyl benzylidene camphor, sold under the name" EUSOLEX 6300 "by MERCK Co., name by CHIMEX Inc. polyacrylamide methylbenzylidene camphor sold under the "MEXORYL SW".

イミダゾリン化合物として挙げることができるのは、ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリンプロピオン酸エチルヘキシルである。 Mention may be made, as imidazoline compounds are dimethoxybenzylidene ethylidenedioxy oxoimidazo limp propionate ethylhexyl.

ベンザルマロネート化合物として挙げることができるのは、ベンザルマロネート部分を含有するポリオルガノシロキサン、例えばDSM NUTRITIONAL PRODUCTS社によって名称「Parsol SLX」で市販されているポリシリコーン-15、及びジ-ネオペンチル4'-メトキシベンザルマロネートである。 Mention may be made, as Benzalmalonate compound benzal polyorganosiloxanes containing malonate moiety, e.g. DSM Nutritional PRODUCTS Inc. and polysilicone-15, marketed under the name "Parsol SLX" by di - neopentyl 4'-methoxy benzalmalonate.

本発明において使用される疎水性のUV-A及びUV-B遮蔽剤としては、以下を挙げることができるがこれらに限定されない: The hydrophobicity of UV-A and UV-B screening agents for use in the present invention, there may be mentioned, but not limited to:
- ベンゾフェノン化合物、例えばBASF社によって名称「UVINUL 400」で市販されているベンゾフェノン-1、BASF社によって名称「UNIVUL 500」で市販されているベンゾフェノン-2、BASF社によって名称「UVINUL M40」で市販されているベンゾフェノン-3又はオキシベンゾン、norquay社によって名称「Helisorb 11」で市販されているベンゾフェノン-6、American Cyanamid社によって名称「Spectra-Sorb UV-24」で市販されているベンゾフェノン-8、ベンゾフェノン-10、ベンゾフェノン-11、及びベンゾフェノン-12、 - benzophenone compounds, marketed under the name "UVINUL M40" such as benzophenone are commercially available under the name "UVINUL 400" by the company BASF -1, benzophenone are commercially available under the name "UNIVUL 500" by the company BASF -2 by BASF Corp. and that benzophenone-3 or oxybenzone, benzophenone -6 commercially available under the name "Helisorb 11" by norquay Co., benzophenone are commercially available under the name "Spectra-Sorb UV-24" by American Cyanamid Co. -8, benzophenone -10 , benzophenone -11, and benzophenone-12,
- ベンゾトリアゾール化合物、例えばRhodia Chimie社によって名称「Silatrizole」で市販されているドロメトリゾールトリシロキサン、及びCIBA-GEIGY社によって名称「TINOGUARTD AS」で市販されているブメトリゾール、 - benzotriazole compounds, for example by the company Rhodia Chimie sold under the name "TINOGUARTD AS" by the name drometrizole trisiloxane sold under the "Silatrizole", and CIBA-GEIGY Corp. by Bumetorizoru,
- ビス-レゾルシニルトリアジン、例えば、CIBA-GEIGY社によって名称「TINOSORB S」で市販されているビス-エチルヘキシルオキシフェニルメトキシフェニルトリアジン、並びに - bis - resorcinol alkenyl triazines, for example, bis marketed under the name "TINOSORB S" by the CIBA-GEIGY Corporation - ethylhexyl oxyphenyl methoxyphenyl triazine, and
- ベンゾオキサゾール化合物、例えばSigma 3V社によって名称「Uvasorb K2A」で市販されている2,4-ビス[5-(1-ジメチルプロピル)ベンゾオキサゾール-2-イル(4-フェニル)イミノ]-6-(2-エチルヘキシル)イミノ-1,3,5-トリアジン。 - benzoxazole compounds, e.g., Sigma 3V Inc. and sold under the name "Uvasorb K2A" by 2,4-bis [5- (1-dimethylpropyl) benzoxazol-2-yl (4-phenyl) imino] -6- (2-ethylhexyl) imino-1,3,5-triazine.

好ましくは、疎水性のUV遮蔽剤は、ケイ皮酸エステル化合物、例えばメトキシケイ皮酸エチルヘキシル、エトキシケイ皮酸イソプロピル、メトキシケイ皮酸イソアミル、メチルケイ皮酸ジイソプロピル、シノキセート、及びジメトキシケイ皮酸エチルヘキサン酸グリセリルから選択される。 Preferably, hydrophobic UV screening agents, cinnamic acid ester compounds, such as ethylhexyl methoxycinnamate, Etokishikei cinnamic acid isopropyl methoxycinnamate, isoamyl, methylcinnamic acid diisopropyl, cinoxate, and dimethoxy cinnamate ethylhexanoic acid It is selected from glyceryl.

内部油相中の疎水性のUV遮蔽剤の量は限定されないが、組成物の総質量に対して0.1〜5質量%、好ましくは2質量%未満とすることができる。 The amount of hydrophobic UV screening agents of the internal oil phase is not limited, 0.1 to 5% by weight relative to the total weight of the composition, preferably to less than 2 wt%. 外部油相中の疎水性のUV遮蔽剤の量は限定されないが、組成物の総質量に対して1〜15質量%、好ましくは5質量%未満とすることができる。 The amount of hydrophobic UV screening agent of the external oil phase is not limited, 1 to 15% by weight relative to the total weight of the composition, preferably to less than 5 wt%.

一般に、親水性及び疎水性のUV遮蔽剤を含む(c)UV遮蔽剤の量は、組成物の総質量に対して、1〜40質量%、好ましくは2〜30質量%、より好ましくは5〜20質量%とすることができる。 Generally, the amount of hydrophilic and hydrophobic including UV shielding agent (c) UV-screening agent, relative to the total weight of the composition, 1 to 40 wt%, preferably 2 to 30 wt%, more preferably 5 It may be 20 mass%.

(d)水 本発明による組成物は、(d)水を含む。 (D) a composition with water present invention comprises (d) is water. (d)水は、本発明の多量内部水性相を構成する。 (D) water constitutes a large internal aqueous phase of the present invention.

(d)水の量は限定されず、組成物の総質量に対して40〜99質量%、好ましくは50〜95質量%、より好ましくは60〜90質量%とすることができる。 (D) the amount of water is not limited, 40 to 99% by weight relative to the total weight of the composition, preferably from 50 to 95 wt%, and more preferably 60 to 90 mass%. 多量内部水性相中の(d)水の量は、該水性相の総質量に対して、60質量%超、好ましくは70質量%超、より好ましくは80質量%超とすることができる。 The amount of (d) water multimeric inner aqueous phase, based on the total weight of the aqueous phase, 60 wt%, preferably more than 70 mass percent, more preferably, to 80 mass percent.

(他の成分) (Other ingredients)
本発明による組成物はまた、少なくとも1種の追加の成分も含んでもよい。 The compositions according to the invention may also comprise also at least one additional component.

本発明による組成物は、少なくとも1種の増粘剤を含んでもよい。 The compositions according to the invention may comprise at least one thickener. 本発明による組成物中で使用される増粘剤としては、水溶性ポリマー、例えばアクリル酸の高分子量の架橋ホモポリマー、及びアクリレート/C 10〜30アクリル酸アルキルクロスポリマー、例えばCarbopol(登録商標)及びPemulen(登録商標);アニオン性アクリレートポリマー、例えばSalcare(登録商標)AST、及びカチオン性アクリレートポリマー、例えばSalcare(登録商標)SC96;アクリルアミドプロピルトリモニウムクロリド/アクリルアミド;ヒドロキシエチルメタクリレートポリマー、ステアレス-10アリルエーテル/アクリレートコポリマー;Aculyn(登録商標)28として知られるアクリレート/ベヘネス-25メタクリレートコポリマー;ポリメタクリル酸グリセリル、アクリレート/ステアレス-20メタクリレートコポリマー;ベントナイト;ガム、例えばアルギネート、カラゲ Thickeners used in the compositions according to the present invention, water-soluble polymers such as high molecular weight crosslinked homopolymers of acrylic acid, and acrylate / C 10 to 30 alkyl acrylate cross polymers, e.g. Carbopol (R) and Pemulen (TM); anionic acrylate polymers such as Salcare (R) AST, and cationic acrylate polymers such as Salcare (R) SC96; acrylamide trimonium chloride / acrylamide; hydroxyethyl methacrylate polymers, steareth -10 allyl ether / acrylate copolymer; Aculyn (TM) acrylate / beheneth-25 methacrylate copolymer, known as 28; polymethacrylic acid glyceryl, acrylates / steareth-20 methacrylate copolymer; bentonites; gums such alginates, entwined ン、アカシアガム、アラビアゴム、ガッティガム、カラヤガム、トラガカントガム、グアーガム;グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、キサンタンガム又はゲランガム;セルロース誘導体、例えばカルボキシメチルセルロースナトリウム、ヒドロキシエチルセルロース、ヒドロキシメチルカルボキシエチルセルロース、ヒドロキシメチルカルボキシプロピルセルロース、エチルセルロース、硫酸化セルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、メチルセルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、微結晶セルロース;寒天;ペクチン;ゼラチン;デンプン及びその誘導体;キトサン及びその誘導体、例えばヒドロキシエチルキトサン;ポリビニルアルコール、PVM/MAコポリマー、PVM/MAデカジエンクロスポリマー、ポリ(エチレンオキシ Emissions, acacia gum, arabic gum, ghatti gum, karaya gum, gum tragacanth, guar gum; guar hydroxypropyltrimonium chloride, xanthan gum or gellan gum; cellulose derivatives, such as sodium carboxymethyl cellulose, hydroxyethyl cellulose, hydroxymethyl carboxyethyl cellulose, hydroxymethyl carboxypropyl cellulose, ethyl cellulose , sulfated cellulose, hydroxypropyl cellulose, methylcellulose, hydroxypropylmethylcellulose, microcrystalline cellulose, agar, pectin, gelatin; starch and its derivatives; chitosan and its derivatives such as hydroxyethyl chitosan; polyvinyl alcohol, PVM / MA copolymer, PVM / MA decadiene crosspolymer, poly (ethyleneoxy )系ゲル化剤、ナトリウムカルボマー、及びその混合物を挙げることができる。 ) Based gelling agents include sodium carbomer, and mixtures thereof.

好ましくは、本発明の組成物は、増粘剤を実質的に含まない。 Preferably, the compositions of the present invention does not contain a thickener substantially. 優先的には、本発明による組成物は、組成物の総質量に対して5質量%未満、好ましくは2質量%未満、より好ましくは1質量%未満の増粘剤を含む。 Preferentially, the compositions according to the present invention is less than 5% by weight relative to the total weight of the composition, preferably less than 2 wt%, more preferably thickener of less than 1 wt%.

本発明による組成物は、少なくとも1種の化粧用活性成分を含んでもよい。 The compositions according to the invention may comprise at least one cosmetic active ingredient. 用語「活性成分」は、本明細書では、化粧上又は皮膚科上の任意の効果を有する有機化合物を意味する。 The term "active ingredient" as used herein means an organic compound having any effect on the cosmetic or dermatological. 好ましくは、該組成物中で使用される活性成分は、皮膚美白成分、抗老化成分、抗酸化成分及び香料から選択される。 Preferably, the active ingredient used in the composition, the skin whitening ingredients, anti-aging ingredients, selected from antioxidants and fragrances.

皮膚美白成分として挙げることができるのは、例えば、L-アスコルビン酸及びその誘導体、例えばテトライソパルミチン酸アスコルビル、アルコキシサリチル酸、ヒドロキノングリコシド及びその誘導体、トラネキサム酸及びその誘導体、レゾルシノール又はレゾルシノール誘導体、例えばフェニルエチルレゾルシノール、コウジ酸及びその誘導体、エラグ酸、及びレスベラトロールである。 Mention may be made as a skin whitening ingredient, for example, L- ascorbic acid and its derivatives, such as ascorbyl tetraisopalmitate, alkoxy salicylic acid, hydroquinone glycosides and derivatives thereof, tranexamic acid and its derivatives, resorcinol or resorcinol derivative, such as phenyl ethyl resorcinol, kojic acid and its derivatives, ellagic acid, and resveratrol. 好ましくは、皮膚美白成分は、レゾルシノール又はレゾルシノール誘導体から選択される。 Preferably, the skin whitening component is selected from resorcinol or resorcinol derivative.

抗老化成分として挙げることができるのは、例えばレチノール、及びサポニン、及びアラントイン等のビタミンである。 As it can be mentioned the anti-aging ingredient, a vitamin, for example retinol, and saponins, and allantoin.

抗酸化成分として挙げることができるのは、例えばβ-クリプトキサンチン等のカロテノイド、並びにトコフェロール及びその誘導体、並びにフラボノイドである。 As can be mentioned are antioxidants, for example, β- carotenoid cryptoxanthin, etc., as well as tocopherol and its derivatives, as well as flavonoids.

これらの化粧用活性成分は、外部油相及び/又は内部油相の中に配合することができる。 These cosmetic active ingredient can be blended into the outer oil phase and / or internal oil phase. 内部油相中の化粧用活性成分の量は限定されないが、組成物の総質量に対して0.1〜5質量%、好ましくは2質量%未満とすることができる。 Although not limited amount of the cosmetic active ingredient of the internal oil phase, 0.1 to 5% by weight relative to the total weight of the composition, preferably to less than 2 wt%. 外部油相中の化粧用活性成分の量は限定されないが、組成物の総質量に対して1〜15質量%、好ましくは5質量%未満とすることができる。 The amount of the cosmetic active ingredient of the external oil phase is not limited, 1 to 15% by weight relative to the total weight of the composition, preferably to less than 5 wt%.

油相中のこれらの化粧用活性成分の飽和度は、好ましくは0.7〜1である。 Saturation of these cosmetic active ingredient in the oil phase is preferably 0.7 to 1. 該飽和度は、本明細書では、室温及び大気圧下で測定される、油相中の活性成分の濃度と、油相中の活性成分の最大溶解度との比であると定義される。 The saturated Wado is herein are measured at room temperature and atmospheric pressure, it is defined as the concentration of the active ingredient in the oil phase, and the ratio of the maximum solubility of the active ingredient in the oil phase.

本発明による組成物は、多量内部水性相中に、少なくとも1種の、化粧料として許容される親水性有機溶媒(水溶性溶媒)を含んでもよい。 The composition according to the invention, into a large amount inner aqueous phase, at least one, and may include a hydrophilic organic solvent which is cosmetically acceptable (aqueous solvent). 本発明による組成物中で使用される親水性溶媒としては、例えば1〜8個の炭素原子を有する実質的に直鎖状又は分枝状の低級モノアルコール、例えばエタノール、プロパノール、ブタノール、イソプロパノール及びイソブタノール;芳香族アルコール、例えばアスベンジルアルコール及びフェニルエチルアルコール;ポリオール又はポリオールエーテル、例えばプロピレングリコール、ジプロピレングリコール、イソプレングリコール、ブチレングリコール、グリセロール、ソルビトール、エチレングリコールのモノメチルエーテル、モノエチルエーテル及びモノブチルエーテル、プロピレングリコールエーテル、例えばプロピレングリコールモノメチルエーテル、ジエチレングリコールアルキルエーテル、例えばジエチレングリコールモノエチ The hydrophilic solvent used in the compositions according to the present invention, for example, substantially linear or branched lower monoalcohols having from 1 to 8 carbon atoms, such as ethanol, propanol, butanol, isopropanol and isobutanol; aromatic alcohols such as astigmatism benzyl alcohol and phenylethyl alcohol; polyols or polyol ethers such as propylene glycol, dipropylene glycol, isoprene glycol, butylene glycol, glycerol, sorbitol, monomethyl ether of ethylene glycol, monoethyl ether and monomethyl butyl ether, propylene glycol ethers, such as propylene glycol monomethyl ether, diethylene glycol alkyl ethers, such as diethylene glycol mono ethyl ルエーテル又はモノブチルエーテル;ポリエチレングリコール、例えばPEG-4、PEG-6及びPEG-8、並びにこれらの誘導体が挙げられる。 Ether or monobutyl ether, polyethylene glycol, for example PEG-4, PEG-6 and PEG-8, as well as derivatives thereof.

該組成物中の親水性有機溶媒の量は、組成物の総質量に対して、10質量%未満、好ましくは5質量%未満とすることができる。 The amount of the hydrophilic organic solvent in the composition, by weight, less than 10 wt%, preferably to less than 5 wt%. 本発明の一実施形態では、組成物は、親水性有機溶媒を含まない。 In one embodiment of the present invention, the composition is free of hydrophilic organic solvent.

加えて、本発明による組成物は、多量内部水性相中に、中和剤、例えばエタノールアミンを含んでもよい。 In addition, the compositions according to the invention, into a large amount internal aqueous phase, a neutralizing agent may include, for example, ethanolamine. 中和剤の量は限定されないが、組成物の総質量に対して1質量%〜10質量%とすることができる。 The amount of neutralizing agent is not limited and can be a 1% to 10% by weight relative to the total weight of the composition.

本発明による組成物は、化粧料中で一般に使用される他の添加剤を含んでもよい。 The composition according to the invention may contain other additives commonly used in cosmetics. 添加剤は、アニオン性、カチオン性、非イオン性又は両性のポリマー;ペプチド及びそれらの誘導体;タンパク質加水分解物;膨張剤及び浸透剤;(b)油のための天然又は合成の増粘剤;酸性化剤;無機又は有機のフィラー;抗酸化剤;保存剤;抗菌剤;懸濁剤;金属イオン封鎖剤;不透明化剤;染料;無機UV遮蔽剤;ビタミン又はプロビタミン;保湿剤;セルフタンニング化合物;抗しわ活性成分;保存剤;安定剤;及びこれらの混合物からなる群から選択することができる。 Additive, anionic, cationic, nonionic or amphoteric polymers; peptides and derivatives thereof; protein hydrolysates; swelling agent and a penetrating agent; (b) natural or synthetic thickeners for the oil; acidifying agents; inorganic or organic fillers; antioxidants; preservatives; antimicrobial agents; suspending agents; sequestering agents; opacifiers; dyes; inorganic UV-screening agents; vitamins or provitamins; moisturizers; self-tanning compounds; anti-wrinkle active ingredients, preservatives, stabilizers; and it can be selected from the group consisting of mixtures.

追加の成分の量は限定されないが、本発明による組成物の総質量に対して0.1質量%〜30質量%とすることができる。 The amount of additional components is not limited, it may be 0.1% to 30% by weight relative to the total weight of the composition according to the invention.

該組成物は、ローション、ミルキーローション、クリーム、ジェル、ペースト又はセラムの形態を取ることができる。 The compositions may take lotions, milky lotions, creams, gels, in the form of paste or serum.

該組成物は、皮膚を大事にするpH、一般に3〜8、好ましくは4.5〜7の範囲のpHを呈する。 The composition, pH to take care of the skin, generally 3-8, preferably exhibits a pH in the range of 4.5 to 7.

本発明による組成物は、ナノエマルションを調製する工程と、多量内相エマルションを調製する工程とを含む、2つの工程によって製造することができる。 The composition according to the invention comprises preparing a nanoemulsion, and a step of preparing a large amount internal phase emulsion can be prepared by two processes. ナノエマルションを調製する工程は、当技術分野で既知である低エネルギー法によって実施することができる。 Preparing a nanoemulsion can be carried out by low-energy methods known in the art. 具体的には、ナノエマルションを調製する工程は、(a)界面活性剤と(b)油と(d)水との成分を、(c)UV遮蔽剤及び他の成分と一緒に又は一緒にではなく、例えば室温(25℃)にて優しく混合することによって実施することができる。 Specifically, the step of preparing the nanoemulsion, (a) and surfactant (b) component of the oil and (d) water, or together with (c) UV-screening agents and other components rather, for example, it can be carried out by mixing gently at room temperature (25 ° C.). 多量内相エマルションを調製する工程は、得られたナノエマルションと(b)油と(a)界面活性剤とを、(c)UV遮蔽剤ありで又はなしで、高速で、例えば高速ミキサー(DAC 400 FVZ、Hauschild Engineering社)を用いて2750rpmで、2〜4分間、室温にて混合することによって実施することができる。 The step of preparing a large amount internal phase emulsion obtained and nanoemulsions (b) the oil and surfactant (a), without or in Yes (c) UV screening agent, at high speed, for example, high-speed mixer (DAC 400 FVZ, at 2750rpm using a Hauschild Engineering Co.), 2-4 minutes, can be carried out by mixing at room temperature.

[化粧方法] [Cosmetic process]
本発明による組成物は、好ましくは、サンケア組成物として使用することができる。 The compositions according to the invention can preferably be used as a sun care composition. 詳細には、本発明による組成物は、皮膚、頭皮及び/又は唇、好ましくは皮膚等のケラチン物質への塗布を意図することができる。 In particular, the composition according to the invention, the skin, the scalp and / or the lips, preferably intended for application to keratin materials such as skin. そのため、本発明による組成物は、皮膚のための化粧方法で使用することができる。 Therefore, the composition according to the invention can be used in cosmetic method for skin.

本発明による、皮膚等のケラチン物質のための化粧方法又は化粧料の使用は、少なくとも、本発明による組成物をケラチン物質へ塗布する工程を含む。 According to the invention, the use of cosmetic process or cosmetics for keratin substances such as the skin, comprising at least the step of applying a composition according to the invention to the keratin materials. 本発明はまた、ケラチン物質を紫外線から防護する方法にも関し、ケラチン物質へ本発明による組成物を塗布する工程を含み、並びに紫外線光を吸収させる方法にも関し、本発明による組成物を塗布してケラチン物質を紫外線光へ供する工程を含む。 The present invention also relates to a method of protecting keratinous material from ultraviolet, comprising the step of applying a composition according to the invention to the keratin materials, and also relates to a method of absorbing ultraviolet light, the composition according to the invention applied comprising the step of subjecting the keratin material to ultraviolet light in. これらの方法は、非治療的方法であると定義することができる。 These methods can be defined as a non-therapeutic method.

本発明による組成物は、ローション、ミルキーローション、クリーム、ジェル、ペースト又はセラムの形態の局所用サンケア組成物中で使用することができる。 The compositions according to the invention can be used lotion, milky lotion, cream, gel, in topical sun care composition in the form of a paste or serum.

本発明を、実施例によって、より詳細に説明する。 The present invention, examples will be described in more detail. しかしながら、これら実施例が本発明の範囲を限定するものとは解釈すべきでない。 However, these examples should not be construed as limiting the scope of the present invention.

(実施例1及び比較例1) (Example 1 and Comparative Example 1)
Table 1(表2)に示す、実施例1による以下の組成物を、以下の通り調製した。 Table shown in 1 (Table 2), the following composition according to Example 1, was prepared as follows. 成分の量の数値は、全て、Table 1(表2)中の活性原料としての「質量%」に基づく。 Numerical quantities of ingredients are all based on the "% by weight" as active material in Table 1 (Table 2).

最初に、O/Wナノエマルションを、以下の方法で調製した: First, the O / W nanoemulsion was prepared in the following manner:
パルミチン酸エチルヘキシル20g、メトキシケイ皮酸エチルヘキシル10g、ラウレス-5カルボン酸30g(HLB=9.5、花王ケミカル株式会社から得た)及び水40gを、磁気撹拌機を用いて混合した。 Ethylhexyl palmitate 20g, ethylhexyl methoxycinnamate 10 g, laureth -5 carboxylic acid 30g (HLB = 9.5, were obtained from Kao Chemicals, Ltd.) and water 40 g, and mixed using a magnetic stirrer. この予混合物を、フェニルベンズイミダゾールスルホン酸3g、テレフタリリデンジカンファースルホン酸13g、トリエタノールアミン4g及び水75gを含有する水性相で、20倍に希釈した。 The premix, phenyl benzimidazole sulfonic acid 3g, terephthalylidene dicamphor sulfonic acid 13 g, an aqueous phase containing triethanolamine 4g and water 75 g, was diluted 20-fold. ナノエマルションの最終組成物は、パルミチン酸エチルヘキシル1g、メトキシケイ皮酸エチルヘキシル0.5g、ラウレス-5カルボン酸1.5g、フェニルベンズイミダゾールスルホン酸2.85g、テレフタリリデンジカンファースルホン酸12.35g、トリエタノールアミン3.8g及び水78gから構成される。 The final composition of the nanoemulsions, ethylhexyl palmitate 1g, ethylhexyl methoxycinnamate 0.5g, laureth -5 carboxylic acid 1.5 g, 2.85 g phenyl benzimidazole sulfonic acid, terephthalylidene dicamphor sulfonic acid 12.35 g, triethanolamine consisting of 3.8g and water 78g.

第2に、O/W/O多相エマルションを、以下の方法で調製した: Second, the O / W / O multiple emulsion was prepared in the following manner:
O/Wナノエマルション85gを、イソヘキサデカン10g及びPEG-15/ラウリルジメチコンクロスポリマー(HLB<8、信越化学工業株式会社から得た)5gと、予混合した。 The O / W nanoemulsion 85 g, isohexadecane 10g and PEG-15 / lauryl dimethicone crosspolymer (HLB <8, obtained from Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.) and 5g, were premixed. 得られた予混合物を、高速ミキサー(DAC 400 FVZ、Hauschild Engineering社)を用いて2750rpmで3分間、更に混合して、O/W/O多相エマルションを得た。 The resulting premix, high-speed mixer (DAC 400 FVZ, Hauschild Engineering Co.) for 3 minutes at 2750rpm using a further mixing to obtain O / W / O multiple emulsion.

Table 1(表2)中の比較例1のために、O/Wエマルションを、以下の方法で調製した: Table 1 For (Table 2) Comparison of in Example 1, the O / W emulsion was prepared in the following manner:

パルミチン酸エチルヘキシル1g、メトキシケイ皮酸エチルヘキシル0.5g、ラウレス-5カルボン酸1.5g、フェニルベンズイミダゾールスルホン酸2.85g、テレフタリリデンジカンファースルホン酸12.35g、トリエタノールアミン3.8g及び水78gを、磁気撹拌機を用いて一緒に混合して、乳状のO/Wエマルションを調製した。 Ethylhexyl palmitate 1g, ethylhexyl methoxycinnamate 0.5g, laureth -5 carboxylic acid 1.5g, phenylbenzimidazole sulfonic acid 2.85 g, terephthalylidene dicamphor sulfonic acid 12.35 g, triethanolamine 3.8g and water 78 g, the magnetic They were mixed together using a stirrer, to prepare an O / W emulsion of milky.

第2に、O/Wエマルション85gを、イソヘキサデカン10g及びPEG-15/ラウリルジメチコンクロスポリマー(HLB<8、信越ケミカル株式会社から得た)5gと、予混合した。 Second, an O / W emulsion 85 g, isohexadecane 10g and PEG-15 / lauryl dimethicone crosspolymer (HLB <8, were obtained from Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.) and 5g, were premixed. 得られた予混合物を、高速ミキサー(DAC 400 FVZ、Hauschild Engineering社)を用いて2750rpmで3分間、更に混合して、O/W/O多相エマルションを得た。 The resulting premix, high-speed mixer (DAC 400 FVZ, Hauschild Engineering Co.) for 3 minutes at 2750rpm using a further mixing to obtain O / W / O multiple emulsion.

[評価] [Evaluation]
実施例1及び比較例1による組成物を、以下の通り評価した。 The composition according to Example 1 and Comparative Example 1 were evaluated as follows.

(液滴径) (Droplet diameter)
粒径分布測定装置(Vasco、Cordouan Technologies社)を用いて、実施例1のO/Wナノエマルション及び比較例1のO/Wエマルションの油相の液滴径を測定し、これらは、O/W/Oエマルションの調製工程中に得た。 With a particle size distribution measuring apparatus (Vasco, Cordouan Technologies, Inc.) to measure the droplet size of the oil phase of the O / W emulsion of the O / W nanoemulsion and Comparative Example 1 Example 1, these, O / obtained during the preparation process of the W / O emulsion. 25℃にて、水の屈折率は1.33であり、粘度は0.89cpであった。 At 25 ° C., the refractive index of water is 1.33, the viscosity was 0.89Cp.

O/W/O多相エマルションの内部水性相の液滴径を、OLYMPUS GX 71(オリンパス光学工業株式会社)顕微鏡を用いて求めた。 The droplet size of the internal aqueous phase of the O / W / O multiple emulsion, OLYMPUS GX 71 (Olympus) was determined using a microscope.

(SPF) (SPF)
SPF値の測定のためのサンプルを、実施例1及び比較例1による組成物のそれぞれ20mgを、プレート(Helio plate HD 6、PMMA、50mmx50mm)上に点状に置いて、次いでそれらを3回、指でプレート上に広げることによって用意した。 Samples for determination of SPF values, respectively 20mg of composition according to Example 1 and Comparative Example 1, placed on the plate (Helio plate HD 6, PMMA, 50mmx50mm) on the point-like, then 3 times them, It was prepared by spreading on the plate with a finger. インビトロSPF値を、UV分光光度計(UV-2000S、Labsphere Inc社)で、250〜450nmの範囲の波長にあるサンプルの拡散透過率について測定したUV吸収データから計算した。 In vitro SPF value, a UV spectrophotometer (UV-2000S, Labsphere Inc Co.) was calculated from the UV absorbance data measured for diffuse transmittance of the sample in the wavelength range of 250 to 450 nm.

(粘度) (viscosity)
定常せん断粘度を、平行平板配置(40mm)のDHR2レオメーター(TA instrument社)を用いてセットギャップ0.2mmで、25℃にて測定した。 The steady shear viscosity, at a set gap 0.2mm using DHR2 rheometer (TA instrument Co.) parallel plate geometry (40 mm), was measured at 25 ° C.. サンプル量は2gとし、せん断速度0.01〜1000 1/sを適用した。 Sample size and 2g, was applied shear rate 0.01 to 1000 1 / s.

(降伏応力) (Yield stress)
実施例1及び比較例1による組成物の降伏応力値を、せん断速度対応力曲線から計算し、そこでこれらのパラメータは、平行平板配置(40mm)のDHR2レオメーター(TA instrument社)を用いてセットギャップ0.2mmで、25℃にて測定した。 The yield stress value of the composition according to Example 1 and Comparative Example 1, were calculated from the shear rate corresponding force curve, where set using DHR2 rheometer (TA instrument Co.) of these parameters, a parallel plate geometry (40 mm) a gap of 0.2mm, was measured at 25 ℃. サンプル量は2gとし、せん断速度0.01〜1000 1/sを適用した。 Sample size and 2g, was applied shear rate 0.01 to 1000 1 / s.

実施例1及び比較例1の組成物、並びにこれらの評価の結果を、Table 1(表2)に示す。 The composition of Example 1 and Comparative Example 1, and the results of these evaluation are shown in Table 1 (Table 2).

Table 1(表2)に示す通り、実施例1による組成物は、その高いSPF値に起因して、改善したUV防護効果を呈した。 Table 1 As shown in (Table 2), the composition according to Example 1, due to their high SPF values, exhibited improved UV protective effect. 加えて、それはまた、高い粘度による良好な安定性も呈した。 In addition, it also exhibited also good stability due to high viscosity. 対照的に、内部油相としてマクロサイズの油滴を含む比較例1による組成物は、劣ったUV防護効果及びより低い粘度を呈した。 In contrast, the composition according to Comparative Example 1 containing oil droplets macro size as the internal oil phase, exhibited UV protective effect and lower viscosity inferior.

更に、内部油相としてナノサイズの油滴を含む実施例1による組成物は、その高い降伏応力値による、より良好な安定性を呈した。 Furthermore, the composition according to Example 1 containing oil droplets of nano-sized as the internal oil phase, due to the high yield stress value exhibited better stability. 対照的に、内部油相としてマクロサイズの油滴を含む比較例2による組成物は、より低い安定性を呈した。 In contrast, the composition according to Comparative Example 2 containing oil droplets macro size as the internal oil phase, exhibited lower stability.

(実施例2から3及び比較例2) (Examples 2 3 and Comparative Example 2)
Table 2(表3)に示す実施例2から3及び比較例2による以下の組成物を、PEG-15/ラウリルジメチコンクロスポリマーの代わりに、実施例2ではオレイン酸グリセリル(HLB=2.8、太陽化学株式会社から得た)を使用し、実施例3ではラウリン酸ポリグリセリル-2(HLB=8.5、太陽化学株式会社から得た)を使用し、且つ比較例2ではポリソルベート80(HLB=15、Croda社から得た)を使用した以外は上記の実施例1と同じように調製した。 The Table 2 (Table 3) from the second embodiment shown in 3 and Comparison The following composition according to Example 2, in place of the PEG-15 / Lauryl Dimethicone Crosspolymer, Example 2, glyceryl oleate (HLB = 2.8, Taiyo Kagaku use was) from Inc., example 3, laurate polyglyceryl -2 (HLB = 8.5, using the) obtained from Taiyo Kagaku Co., and Comparative example 2, polysorbate 80 (HLB = 15, Croda, Inc. except for using obtained) from was prepared in the same manner as in example 1 above.

[評価] [Evaluation]
実施例2から3及び比較例2による組成物を、以下の通り評価した。 The composition from Example 2 by 3 and Comparative Example 2 were evaluated as follows.

(外観の観察) (Appearance of observation)
実施例2から3及び比較例2によるO/W/O多相エマルションの外観を、肉眼で観察して、多相エマルションの形成を確認した。 The appearance of the O / W / O multiple emulsion by Examples 2 to 3 and Comparative Example 2, was observed with the naked eye, to confirm the formation of the multiple emulsion.

実施例2から3及び比較例2の組成物、並びに外観の観察の結果を、Table 2(表3)に示す。 The composition from Example 2 3 and Comparative Example 2, as well as the results of appearance observation, are shown in Table 2 (Table 3).

Table 2(表3)に示す通り、HLBが13未満である界面活性剤を含む実施例2及び3のそれぞれによる組成物は、多相エマルションを形成することができた。 Table 2 (Table 3) as shown in, the compositions according to each of Examples 2 and 3 containing a surfactant having an HLB less than 13, it was possible to form a multiple emulsion. 対照的に、HLBが13である界面活性剤を含む比較例2による組成物は、多相エマルションを形成することができなかった。 In contrast, the composition according to Comparative Example 2 containing a surfactant is HLB of 13, it was unable to form a multiple emulsion.

Claims (15)

  1. 外部油相と、前記外部油相中の多量内部水性相と、前記多量内部水性相中に液滴として分散した内部油相とを有する、油中水中油の多相エマルションの形態の組成物であって、 And an external oil phase, and a large amount internal aqueous phase of the outer oil phase, and an internal oil phase dispersed as droplets in said multimeric inner aqueous phase, in a composition in the form of a multiple emulsion of the oil-in-water-oil there,
    (a)少なくとも1種の、HLBが13未満である界面活性剤と、 (A) a surfactant which is at least one, HLB less than 13,
    (b)少なくとも1種の油と、 (B) at least one oil,
    (c)少なくとも1種のUV遮蔽剤と、 (C) at least one UV screening agent,
    (D)水とを含み、 (D) and a water
    前記多量内部水性相の量が、組成物の総質量に対して60質量%以上であり、前記内部油相の液滴径が、200nm未満である、組成物。 Wherein the amount of multimeric inner aqueous phase is not less than 60% by weight relative to the total weight of the composition, droplet size of the internal oil phase is less than 200 nm, the composition.
  2. 前記内部油相の液滴径が、150nm未満、好ましくは120nm未満である、請求項1に記載の組成物。 Droplet size of the internal oil phase is less than 150 nm, preferably less than 120 nm, the composition of claim 1.
  3. 前記多量内部水性相の量が、組成物の総質量に対して60〜99質量%、好ましくは70〜95質量%、より好ましくは80〜90質量%の範囲である、請求項1又は2に記載の組成物。 The amount of said multimeric internal aqueous phase, 60 to 99% by weight relative to the total weight of the composition, preferably from 70 to 95 wt%, more preferably from 80 to 90 wt%, to claim 1 or 2 composition.
  4. (a)界面活性剤のHLBが、12未満、好ましくは10未満である、請求項1から3のいずれか一項に記載の組成物。 (A) HLB of the surfactant is less than 12, preferably less than 10, the composition according to any one of claims 1 to 3.
  5. 粘度が、25℃にて、1〜500Pa・s、好ましくは10〜400Pa・s、より好ましくは50〜350Pa・s、更により好ましくは100〜300Pa・sである、請求項1から4のいずれか一項に記載の組成物。 Viscosity, at 25 ° C., 1 to 500 Pa · s, preferably 10~400Pa · s, more preferably 50~350Pa · s, even more preferably 100~300Pa · s, any of claims 1 to 4 composition according to one or.
  6. 前記内部油相の量が、組成物の総質量に対して、0.5質量%〜15質量%、好ましくは1質量%〜10質量%、より好ましくは2質量%〜5質量%の範囲である、請求項1から5のいずれか一項に記載の組成物。 The amount of the internal oil phase, by weight, 0.5% by weight to 15% by weight, preferably from 1 wt% to 10 wt%, more preferably from 2% to 5% by weight, the composition according to any one of claims 1 to 5.
  7. 前記内部油相中の(b)油が、ミリスチン酸イソプロピル、パルミチン酸イソプロピル、パルミチン酸エチルヘキシル等のエステル油、カプリルカプリリルグリセリド等のトリグリセリド、ラウロイルサルコシン酸イソプロピル等のサルコシネート、イソヘキサデカン等の炭化水素油、及びパラフィン等の鉱油から選択される、請求項1から6のいずれか一項に記載の組成物。 (B) oil of the internal oil phase is isopropyl myristate, isopropyl palmitate, ester oils ethylhexyl palmitate, triglycerides such as capryl Luke Puriri glyceride, lauroyl sarcosinate isopropyl etc. sarcosinate, hydrocarbons such as isohexadecane oil, and is selected from mineral oils such as paraffin, composition according to any one of claims 1 to 6.
  8. (a)界面活性剤が、好ましくはグリセロール、ソルビタン及びジグリセロールから選択されるポリオールと、好ましくはイソラウリン酸及びオレイン酸から選択される、8〜24個の炭素原子を含む脂肪酸とのモノエステル、具体的にはラウリン酸ポリグリセリル-2、ラウリン酸グリセリル、オレイン酸ソルビタン若しくはオレイン酸グリセリルの各エステル、又は好ましくはPEG/PPG-18/18ジメチコン等のポリエーテル変性ジメチコン若しくはPEG-15/ラウリルジメチコンクロスポリマー等のポリエーテル及びアルキル変性ジメチコンクロスポリマーであるシリコーン界面活性剤である、非イオン性界面活性剤、並びにポリオキシエチレン(3)〜(17)ラウリルエーテルカルボン酸等のポリオキシエチレンアルキルエーテルカルボン酸であるアニオン性界面活性 (A) surfactant, monoesters preferably glycerol, a polyol selected from sorbitan and diglycerol, and the fatty acid preferably selected from isolauric acid and oleic acid, containing 8 to 24 carbon atoms, Specifically polyglyceryl laurate -2, glyceryl laurate, by the esters of sorbitan or glyceryl oleate, or preferably PEG / PPG-18/18 polyether such as dimethicone modified dimethicone or PEG-15 / lauryl dimethicone Crosspolymer silicone surfactant is a polyether and alkyl-modified dimethicone crosspolymer such as polymers, non-ionic surfactants, and polyoxyethylene (3) to (17) polyoxyethylene alkyl ether carboxylic and lauryl ether carboxylic acid it is an acid anionic surfactant から選択される、請求項1から7のいずれか一項に記載の組成物。 It is selected from A composition according to any one of claims 1 to 7.
  9. (a)界面活性剤の量が、組成物の総質量に対して、0.1〜20質量%、好ましくは0.5〜15質量%、より好ましくは1〜10質量%の範囲である、請求項1から8のいずれか一項に記載の組成物。 (A) The amount of surfactant, by weight, 0.1 to 20 wt%, preferably from 0.5 to 15 wt%, more preferably from 1 to 10 wt%, from claim 1 the composition according to any one of 8.
  10. 前記外部油相の量が、組成物の総質量に対して、1質量%〜40質量%、好ましくは2質量%〜30質量%、より好ましくは5質量%〜20質量%の範囲である、請求項1から9のいずれか一項に記載の組成物。 The amount of the external oil phase, by weight, 1% to 40% by weight, preferably from 2% to 30% by weight, more preferably from 5% to 20% by weight, the composition according to any one of claims 1 to 9.
  11. 前記外部油相中の(b)油が、ミリスチン酸イソプロピル、パルミチン酸イソプロピル、パルミチン酸エチルヘキシル等のエステル油、カプリルカプリリルグリセリド等のトリグリセリド、ラウロイルサルコシン酸イソプロピル等のサルコシネート、イソヘキサデカン等の炭化水素油、パラフィン等の鉱油、及びシリコーン油から選択される、請求項1から10のいずれか一項に記載の組成物。 (B) oil of the outer oil phase is isopropyl myristate, isopropyl palmitate, ester oils ethylhexyl palmitate, triglycerides such as capryl Luke Puriri glyceride, lauroyl sarcosinate isopropyl etc. sarcosinate, hydrocarbons such as isohexadecane oil, mineral oils such as paraffin, and is selected from silicone oil, composition according to any one of claims 1 to 10.
  12. 組成物の総質量に対して、10質量%未満、好ましくは5質量%未満の水溶性溶媒を含む、請求項1から11のいずれか一項に記載の組成物。 By weight, less than 10 wt%, preferably a water-soluble solvent is less than 5 wt%, the composition according to any one of claims 1 to 11.
  13. 親水性及び疎水性双方のUV遮蔽剤を含む(c)UV遮蔽剤の量が、組成物の総質量に対して、1〜40質量%、好ましくは2〜30質量%、より好ましくは5〜20質量%の範囲である、請求項1から12のいずれか一項に記載の組成物。 The amount of the hydrophilic and hydrophobic both including UV shielding agent (c) UV-screening agent, relative to the total weight of the composition, 1 to 40 wt%, preferably 2 to 30 wt%, more preferably 5 to in the range of 20 wt%, the composition according to any one of claims 1 to 12.
  14. ケラチン物質へ、請求項1から13のいずれか一項に記載の組成物を塗布する工程を含む、皮膚等のケラチン物質のための化粧方法。 To keratin materials, comprising the step of applying a composition according to any one of claims 1 to 13, cosmetic process for keratin substances such as the skin.
  15. ケラチン物質へ、請求項1から13のいずれか一項に記載の組成物を塗布する工程を含む、ケラチン物質を紫外線から防護する方法。 To keratin materials, comprising the step of applying a composition according to any one of claims 1 to 13, a method of protecting keratinous material from ultraviolet radiation.
JP2015250447A 2015-12-22 2015-12-22 High internal phase emulsion composition for improving Spf and rheology Pending JP2017114799A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2015250447A JP2017114799A (en) 2015-12-22 2015-12-22 High internal phase emulsion composition for improving Spf and rheology

Applications Claiming Priority (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2015250447A JP2017114799A (en) 2015-12-22 2015-12-22 High internal phase emulsion composition for improving Spf and rheology
CN 201680074725 CN108367177A (en) 2015-12-22 2016-08-26 High internal phase emulsion composition for improving its spf and rheology
EP20160774718 EP3393599A1 (en) 2015-12-22 2016-08-26 High internal phase emulsion composition for improving its spf and rheology
PCT/JP2016/075741 WO2017110152A1 (en) 2015-12-22 2016-08-26 High internal phase emulsion composition for improving its spf and rheology

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2017114799A true true JP2017114799A (en) 2017-06-29

Family

ID=57042916

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2015250447A Pending JP2017114799A (en) 2015-12-22 2015-12-22 High internal phase emulsion composition for improving Spf and rheology

Country Status (4)

Country Link
EP (1) EP3393599A1 (en)
JP (1) JP2017114799A (en)
CN (1) CN108367177A (en)
WO (1) WO2017110152A1 (en)

Family Cites Families (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US2463264A (en) 1942-12-23 1949-03-01 Ciba Ltd Derivatives of cyclic amidines and process of making same
ES2157268T5 (en) 1994-02-24 2004-12-01 SYMRISE GMBH &amp; CO KG Cosmetic and dermatological preparations containing phenylene-1,4-acids bisbencimidazolsulfonicos.
US5364633A (en) 1994-03-14 1994-11-15 Dow Corning Corporation Silicone vesicles and entrapment
DE19548016A1 (en) * 1995-12-21 1997-06-26 Beiersdorf Ag Cosmetic and dermatological light protection formulations in the form of O / W macroemulsions, O / W microemulsions or O / W / O emulsions with a content present in dissolved form, the sparingly soluble per se UV filter substances, in particular triazine derivatives
DE19638729B4 (en) * 1996-09-13 2004-09-23 Lancaster Group Gmbh Stable multiple phase emulsion of the type 01 / W / O2, to processes for their preparation and their use
DE69839479D1 (en) * 1997-07-17 2008-06-26 Shiseido Co Ltd Multiphase emulsion of type o / w / o
EP1064909B1 (en) 1999-06-21 2016-02-03 Shiseido Company Limited High internal aqueous phase water-in-oil type emulsion cosmetic composition
KR100541753B1 (en) * 1999-07-27 2006-01-10 가부시키가이샤 시세이도 microcapsule and a process for its preparation
JP4866066B2 (en) * 2005-11-18 2012-02-01 花王株式会社 Cosmetics
JP2010512388A (en) * 2006-12-12 2010-04-22 ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー Composite emulsion composition
JP2010132620A (en) 2008-12-05 2010-06-17 Shiseido Co Ltd Water-in-oil type emulsified cosmetic

Also Published As

Publication number Publication date Type
EP3393599A1 (en) 2018-10-31 application
CN108367177A (en) 2018-08-03 application
WO2017110152A1 (en) 2017-06-29 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20080097070A1 (en) Aqueous polyamine-containing systems for water-insoluble materials
US20040076652A1 (en) Vesicle forming skin oils comprising w/o-emusifiers with an hydrophilic-lipophilic balance of 2-6, method for the production and the use thereof
US20040137025A1 (en) Water-in-oil emulsion cosmetic composition
US20140105845A1 (en) Cosmetic compositions comprising wax dispersions
US20040228888A1 (en) Cosmetic or dermatological formulations of improved pearlescence
US20080095726A1 (en) Aqueous fatty monoamine-containing systems for water-insoluble materials
US20130243835A1 (en) Superabsorbent polymers and silicone elastomer for use in skin care compositions
US20130129650A1 (en) Sunscreen compositions having synergistic combination of uv filters
EP1391193A1 (en) Silicone-in-water emulsion comprising specific polyether-polydimethylsiloxane copolymer
JP2007204459A (en) Water-in-oil type emulsion sunscreen cosmetic material
JP2010222349A (en) Sunscreen cosmetic
WO2002094209A2 (en) Lipoprotein creams with uv filters
US20050036971A1 (en) Pearlescent cosmetic or dermatological formulations
US20040067206A1 (en) Skin oils consisting of oil-soluble constituents and w/o-emulsifiers having an hlb value of between 2 and 6 and optionally at least one standard additive, method for the production thereof and use of the same
WO2003041676A1 (en) Cosmetic preparation containing polycarbonates
EP1557160A1 (en) Foamable cosmetic o/w-emulsion
EP1955691A1 (en) External preparation for skin
EP1800715A1 (en) Cosmetic kit for the treatment of hair and scalp
DE10223693A1 (en) Cosmetic or dermatological sun protection formulation contains polyurethane obtained by polyaddition of isophorone diisocyanate and polyhydric alcohol, glyceride, hydroxy-ester, silicone derivative and/or amine
US20130129649A1 (en) Sunscreen compositions having synergistic combination fo uv filters
JP2005145972A (en) Solid photoprotective composition obtained by using octenylsuccinic anhydride-esterified starch salt as base and use of the same
US20050002888A1 (en) Water-in-silicone emulsions
EP1013262A2 (en) Cosmetic and dermatologic o/w-emulsions containing boron nitride
DE10154547A1 (en) Low-viscosity, sprayable W / O emulsions
FR2924020A1 (en) Cosmetic/dermatological oil-in-water emulsion, useful for care and/or make-up of e.g. skin, comprises solid surfactant having e.g. ethoxylated fatty ethers and glycerol fatty ester and oil having lipophilic organic UV filter