JP2017087315A - Machining device - Google Patents

Machining device Download PDF

Info

Publication number
JP2017087315A
JP2017087315A JP2015216772A JP2015216772A JP2017087315A JP 2017087315 A JP2017087315 A JP 2017087315A JP 2015216772 A JP2015216772 A JP 2015216772A JP 2015216772 A JP2015216772 A JP 2015216772A JP 2017087315 A JP2017087315 A JP 2017087315A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
rotation axis
spindle
processing
tip
chip
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2015216772A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP6654403B2 (en
Inventor
洋一郎 田村
Yoichiro Tamura
洋一郎 田村
俊次 林
Shunji Hayashi
俊次 林
Original Assignee
新明和工業株式会社
Shin Meiwa Ind Co Ltd
株式会社サンテック
Suntec Inc
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 新明和工業株式会社, Shin Meiwa Ind Co Ltd, 株式会社サンテック, Suntec Inc filed Critical 新明和工業株式会社
Priority to JP2015216772A priority Critical patent/JP6654403B2/en
Publication of JP2017087315A publication Critical patent/JP2017087315A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP6654403B2 publication Critical patent/JP6654403B2/en
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a machining device capable of performing both boring and facing even on a component having a complex shape.SOLUTION: A machining device 1 includes: a cylindrical spindle 20; a first driving device 11 that rotates the spindle; a tool holder 30 fixed to the spindle so as to rotate integrally with the spindle; a tip holder 40 that is attached to the tool holder and that holds a tip 41 so that the tip 41 is movable in a radial direction orthogonal to a rotary shaft; a cam mechanism 5 configured to move the tip 41 in the radial direction; a connection member 51 connected to the cam mechanism 5 and configured to extend to the other side across the spindle through the spindle 20 in the direction of the rotary shaft, and move the cam mechanism by reciprocating in the direction of the rotary shaft; and a second driving device 12 disposed on the other side across the spindle and configured to reciprocate the connection member.SELECTED DRAWING: Figure 1

Description

ここに開示する技術は、加工装置に関する。   The technology disclosed herein relates to a processing apparatus.
特許文献1には、加工対象物の孔の内周面を加工する加工装置が記載されている。この加工装置は、保持筒と、その保持筒内に軸線方向へ移動可能に嵌挿された作動軸と、保持筒に対し、その保持筒の径方向へ移動可能に支持されたバイトと、作動軸とバイトとの間に設けられ、作動軸の移動時にバイトを保持筒の径方向へ移動させるための変換機構とよりなる工具を備えている。この加工装置はまた、工具の軸線方向の一側方に同工具を装着して回転させるための主軸ヘッドを配設すると共に、工具の軸線方向の他側方に作動軸を移動させるための駆動機構を配設する。この加工装置では、保持筒をワークの孔に挿通した状態で、主軸ヘッドにより工具を回転する。それと共に、駆動機構により作動軸を移動することにより、変換機構を介してバイトを保持筒の径方向に移動する。これにより、バイトが保持筒の外周に突出されて、ワークの孔に内面加工を施すことになる。特許文献1に記載された加工装置は、汎用の加工装置を利用することを特徴とする。   Patent Document 1 describes a processing apparatus that processes an inner peripheral surface of a hole of a processing object. The processing apparatus includes a holding cylinder, an operating shaft that is inserted into the holding cylinder so as to be movable in the axial direction, a cutting tool that is supported so as to be movable in the radial direction of the holding cylinder, and an operating shaft. A tool provided with a conversion mechanism is provided between the shaft and the cutting tool and moves the cutting tool in the radial direction of the holding cylinder when the operating shaft is moved. The machining apparatus also includes a spindle head for mounting and rotating the tool on one side in the axial direction of the tool, and a drive for moving the operating shaft to the other side in the axial direction of the tool. Arrange the mechanism. In this processing apparatus, the tool is rotated by the spindle head while the holding cylinder is inserted into the hole of the workpiece. At the same time, the tool is moved in the radial direction of the holding cylinder via the conversion mechanism by moving the operating shaft by the drive mechanism. As a result, the cutting tool protrudes from the outer periphery of the holding cylinder, and the inner surface of the workpiece hole is processed. The processing apparatus described in Patent Document 1 uses a general-purpose processing apparatus.
特開平7−124806号公報JP-A-7-124806
ところで、例えば航空機の構造部材に取り付けられる部品の加工は、部品形状が複雑な形状になることが多いと共に、寸法精度も厳しいことから、構造部材に組み付けた後で、加工を行う場合がある。組み付け後に加工を行おうとすると、特許文献1に記載されているような加工装置では、加工することができない。なぜなら、特許文献1に記載されて加工装置は、テーブルを挟んだ一側方に主軸ヘッドを配置し、他側方に駆動機構を配置する構成であるため、加工対象物は、テーブルの上に、孔軸が水平となるように載置することができるような単純な形状のものに限定されるためである。   By the way, for example, processing of a part attached to a structural member of an aircraft often has a complicated shape, and since dimensional accuracy is severe, processing may be performed after the component is assembled to the structural member. If processing is to be performed after assembly, processing cannot be performed with the processing apparatus described in Patent Document 1. Because the processing apparatus described in Patent Document 1 has a configuration in which the spindle head is disposed on one side across the table and the drive mechanism is disposed on the other side, the workpiece is placed on the table. This is because it is limited to a simple shape that can be placed so that the hole axis is horizontal.
航空機の構造部材に取り付けられる部品の加工は、構造部材を含めた加工対象物の形状が複雑であるため、汎用の加工装置ではチップを加工箇所にまで近づけることが困難である。そのため、従来においては、こうした構造部材に取り付けられた部品の加工は、手作業で行っていた。しかしながら、手作業の加工は、加工時間が長くなると共に、加工品質が安定しないという問題を有している。   In the processing of parts attached to the structural member of an aircraft, the shape of the processing object including the structural member is complicated, so that it is difficult to bring the chip close to the processing position with a general-purpose processing device. For this reason, conventionally, processing of parts attached to such a structural member has been performed manually. However, manual processing has problems that the processing time becomes long and the processing quality is not stable.
さらに、構造部材に取り付けられる部品の加工として、部品に設けられた孔の内周面の切削加工(つまり、ボーリング加工)と、孔の周縁における平面(フランジ面)の切削加工(つまり、フェーシング加工)との2種類の加工、1つの部品に対して行う場合がある。従来においては、ボーリング加工のための加工ツールと、フェーシング加工のための加工ツールとをそれぞれ用意しておき、加工ツールを交換しながら、1つの部品についてボーリング加工とフェーシング加工とを行っていた。しかしながら、このやり方は、段取り時間が必要になるため、加工時間がさらに長くなってしまうという不都合がある。   Furthermore, as processing of the parts attached to the structural member, cutting of the inner peripheral surface of the hole provided in the part (that is, boring) and cutting of the plane (flange surface) at the periphery of the hole (that is, facing processing) ) And two types of processing and one part. Conventionally, a machining tool for boring and a machining tool for facing are prepared, and boring and facing are performed for one part while exchanging the machining tools. However, this method has the inconvenience that the processing time becomes longer because the setup time is required.
ここに開示する技術は、かかる点に鑑みてなされたものであり、その目的とするところは、複雑な形状の部品に対しても、ボーリング加工とフェーシング加工との双方を行うことが可能な加工装置を提供することにある。   The technology disclosed herein has been made in view of the above points, and the purpose of the technology is to allow both boring and facing to be performed on parts having complicated shapes. To provide an apparatus.
ここに開示する技術は、加工装置に係り、この加工装置は、以下の要素を備えている。つまり、
回転軸を中心に回転するよう構成された、筒状のスピンドルと、
前記スピンドルを回転させるよう構成された第1の駆動装置と、
前記スピンドルから前記回転軸に沿って一方側に延びると共に、前記スピンドルと一体に回転するよう前記スピンドルに固定されたツールホルダーと、
前記ツールホルダーに取り付けられかつ、前記回転軸からチップの先端までの距離が変化するように、前記回転軸に対して直交する径方向に前記チップを移動可能に保持するよう構成されたチップホルダーと、
前記チップホルダーに係合すると共に、前記チップを前記径方向に移動させるよう構成されたカム機構と、
前記カム機構に連結されかつ、前記スピンドルを前記回転軸方向に貫通して、前記スピンドルを挟んだ他方側にまで延びると共に、前記回転軸方向に往復移動することによって、前記カム機構を動かすよう構成された連結部材と、
前記スピンドルを挟んだ前記他方側に配設されかつ、前記連結部材を往復移動させるよう構成された第2の駆動装置と、
を備えている。
The technique disclosed here relates to a processing apparatus, and the processing apparatus includes the following elements. That means
A cylindrical spindle configured to rotate about a rotational axis;
A first drive configured to rotate the spindle;
A tool holder that extends from the spindle to one side along the rotational axis and is fixed to the spindle so as to rotate integrally with the spindle;
A chip holder attached to the tool holder and configured to hold the chip movably in a radial direction perpendicular to the rotation axis so that a distance from the rotation axis to the tip of the chip changes. ,
A cam mechanism configured to engage the tip holder and move the tip in the radial direction;
It is connected to the cam mechanism, extends through the spindle in the direction of the rotation axis, extends to the other side across the spindle, and is configured to move the cam mechanism by reciprocating in the direction of the rotation axis. A connected member,
A second drive device disposed on the other side across the spindle and configured to reciprocate the coupling member;
It has.
この構成によると、加工対象物の加工を行うためのチップは、チップホルダー及びツールホルダーによって保持される。ツールホルダーがスピンドルと一体に回転をすることによって、チップは、回転軸を中心に回転をし、それによって、加工対象物の切削加工を行う。   According to this configuration, the chip for processing the workpiece is held by the chip holder and the tool holder. When the tool holder rotates integrally with the spindle, the chip rotates about the rotation axis, thereby cutting the workpiece.
チップは、チップホルダーによって、回転軸からチップ先端までの距離が変化するように保持される。チップの位置を調整することによって、加工対象物に設けられた孔の内周面の加工(つまり、ボーリング加工)、及び、加工対象物の孔の周縁における平面の加工(つまり、フェーシング加工)の両方を行うことが可能になる。   The chip is held by the chip holder so that the distance from the rotation axis to the tip of the chip changes. By adjusting the position of the tip, processing of the inner peripheral surface of the hole provided in the workpiece (that is, boring) and processing of the plane at the periphery of the hole of the workpiece (that is, facing processing) It becomes possible to do both.
チップは、チップホルダーに係合するカム機構によって径方向に移動をする。詳細には、カム機構に連結された連結部材が、第2の駆動装置によって往復移動をすることによって、チップホルダーと共にチップが、径方向に往復移動をする。   The tip moves in the radial direction by a cam mechanism that engages with the tip holder. Specifically, the connecting member connected to the cam mechanism is reciprocated by the second driving device, so that the chip reciprocates in the radial direction together with the chip holder.
ここで、連結部材は、スピンドルを回転軸方向に貫通して、スピンドルを挟んだ他方側(つまり、ツールホルダー側とは逆側)にまで延びている。連結部材を往復移動させる第2の駆動装置は、スピンドルを挟んだ他方側に配設されている。   Here, the connecting member passes through the spindle in the direction of the rotation axis and extends to the other side (that is, the side opposite to the tool holder side) sandwiching the spindle. The second drive device that reciprocates the connecting member is disposed on the other side across the spindle.
このように、前記の構成の加工装置は、チップを径方向に移動させる第2の駆動装置が、加工対象物を挟んだ回転軸の方向について、スピンドル及びそれを回転させる第1の駆動装置と、同じ側に配置される。このため、この加工装置では、加工対象物に対し、回転軸方向の一方の側からチップを近づけることが可能である。このため、この加工装置は、複雑な形状の加工対象物に対しても、ボーリング加工及びフェーシング加工を行うことが可能になる。   As described above, the processing device having the above-described configuration includes the second driving device that moves the chip in the radial direction, the spindle and the first driving device that rotates the spindle in the direction of the rotation axis that sandwiches the workpiece. Placed on the same side. For this reason, in this processing apparatus, it is possible to bring the chip closer to the processing object from one side in the rotation axis direction. For this reason, this processing apparatus can perform boring processing and facing processing even on a processing object having a complicated shape.
前記チップホルダーは、前記回転軸方向に所定の間隔を空けて、前記ツールホルダーに2つ取り付けられており、前記2つのチップホルダーが保持するチップはそれぞれ、回転軸方向に向かいあっている、としてもよい。   Two tip holders are attached to the tool holder at a predetermined interval in the rotation axis direction, and the chips held by the two chip holders are facing each other in the rotation axis direction. Also good.
前述したように、この加工装置は、加工対象物に対し、回転軸方向の一方の側からチップを近づけて、加工対象物に対するボーリング加工及びフェーシング加工を行うことが可能である。   As described above, this processing apparatus can perform boring processing and facing processing on a processing target object by bringing the tip closer to the processing target object from one side in the rotation axis direction.
これに対し、加工対象物における加工箇所が、回転軸方向の一方の側と、他方の側とのそれぞれに存在する場合、ツールホルダーに、回転軸方向に向かい合うように、2つのチップを取り付けることによって、2つのチップの一方によって、加工対象物における、回転軸方向の一方側の箇所の加工が可能になると共に、他方のチップによって、加工対象物における回転軸方向の他方側の箇所の加工が可能になる。その結果、この加工装置は、加工時間をさらに短縮することが可能になる。   On the other hand, if there are machining points on the workpiece on one side and the other side in the direction of the rotation axis, attach two tips to the tool holder so as to face the direction of the rotation axis. Thus, one of the two chips enables processing of a portion on the one side in the rotation axis direction of the processing object, and processing of the other side portion of the processing target in the rotation axis direction can be performed by the other chip. It becomes possible. As a result, this processing apparatus can further reduce the processing time.
前記カム機構は、前記回転軸に対して所定の角度で傾いて前記連結部材に固定された傾斜ガイドレールと、前記チップホルダーに固定されると共に、前記傾斜ガイドレールに係合することによって、前記傾斜ガイドレールに沿って往復移動をするよう構成されたガイドブロックと、を有している、としてもよい。   The cam mechanism is tilted at a predetermined angle with respect to the rotation shaft and fixed to the connecting member, and is fixed to the tip holder and engaged with the tilt guide rail, thereby And a guide block configured to reciprocate along the inclined guide rail.
こうすることで、連結部材が回転軸方向に移動をすると、傾斜ガイドレールが回転軸方向に移動をする。傾斜ガイドレールの移動に伴い、傾斜ガイドレールに係合しているガイドブロックは、傾斜ガイドレールに沿って相対移動をする。これにより、ガイドブロックの回転軸に直交する径方向の位置が変化する。その結果、ガイドブロックが固定されたチップホルダーの径方向の位置が変化し、それに伴い、チップの先端と回転軸との距離が変化する。   Thus, when the connecting member moves in the rotation axis direction, the inclined guide rail moves in the rotation axis direction. With the movement of the inclined guide rail, the guide block engaged with the inclined guide rail relatively moves along the inclined guide rail. Thereby, the position of the radial direction orthogonal to the rotating shaft of a guide block changes. As a result, the radial position of the chip holder to which the guide block is fixed changes, and accordingly, the distance between the tip of the chip and the rotation shaft changes.
この構成のカム機構は、連結部材の回転軸方向の移動を、チップホルダーの径方向の移動に変換するよう構成されている。傾斜ガイドレールの回転軸方向に対する傾き角をαとすれば、連結部材が回転軸方向にLだけ移動したときに、チップの先端と回転軸との距離は、L×tanαだけ変化する。この構成のカム機構は、チップを径方向に微動送りすることが可能になり、加工精度の向上が図られる。   The cam mechanism having this configuration is configured to convert the movement of the connecting member in the rotation axis direction into the movement of the chip holder in the radial direction. If the inclination angle of the inclined guide rail with respect to the rotation axis direction is α, the distance between the tip of the tip and the rotation axis changes by L × tan α when the connecting member moves by L in the rotation axis direction. The cam mechanism having this configuration can finely feed the tip in the radial direction, thereby improving the processing accuracy.
ここで、回転軸に直交する径方向にチップを移動させる機構として、ピニオン及びラックを利用した機構が、従来から知られている。この従来の機構は、回転軸方向に移動をするラックの移動を、ピニオンを介して、径方向に移動するラックの移動に変換する機構であり、チップの移動量は、ラックとピニオンとのバックラッシュ、及び、ギヤの精度の制約を受ける。つまり、ピニオン及びラックを利用した従来の機構は、チップを径方向に微動送りすることができなかった。これに対し、ここに開示する傾斜ガイドレールを用いた前記のカム機構は、前述のように、チップを径方向に微動送りすることが可能になるという利点がある。   Here, a mechanism using a pinion and a rack is conventionally known as a mechanism for moving the chip in the radial direction orthogonal to the rotation axis. This conventional mechanism is a mechanism that converts the movement of the rack that moves in the direction of the rotation axis into the movement of the rack that moves in the radial direction via the pinion, and the amount of movement of the chip depends on the back and forth of the rack and the pinion. Limited by rush and gear accuracy. That is, the conventional mechanism using the pinion and the rack cannot finely feed the tip in the radial direction. On the other hand, the cam mechanism using the inclined guide rail disclosed herein has an advantage that the tip can be finely fed in the radial direction as described above.
また、傾斜ガイドレールを含むカム機構は、加工対象物を加工している際の、切削抵抗に対し高い剛性を得ることが可能になる。このこともまた、加工精度を高める上で有利になる。   In addition, the cam mechanism including the inclined guide rail can obtain high rigidity with respect to the cutting resistance when the workpiece is being processed. This is also advantageous in increasing the processing accuracy.
前記加工装置は、前記スピンドル、前記第1の駆動装置、及び、前記第2の駆動装置が少なくとも設置されたベースと、前記ベースを前記回転軸方向に往復動させるよう構成された第3の駆動装置と、をさらに備えている、としてもよい。   The processing device includes a base on which at least the spindle, the first drive device, and the second drive device are installed, and a third drive configured to reciprocate the base in the rotation axis direction. And a device.
こうすることで、ベースを回転軸方向に移動させることにより、チップを回転軸方向に移動させることが可能になる。その結果、複雑な形状の加工対象物に対する加工が可能になると共に、加工対象物に対する加工範囲が広がる。また、加工時間の短縮も図られる。   By doing so, it is possible to move the chip in the direction of the rotation axis by moving the base in the direction of the rotation axis. As a result, it is possible to process a workpiece having a complicated shape, and the processing range for the workpiece is expanded. In addition, the processing time can be shortened.
以上説明したように、前記の加工装置によると、カム機構を動かす連結部材が、スピンドルを回転軸方向に貫通して、スピンドルを挟んだ他方側にまで延びており、チップを径方向に移動させる第2の駆動装置が、加工対象物を挟んだ回転軸の方向について、スピンドル及びそれを回転させる第1の駆動装置と、同じ側に配置されるため、加工対象物に対し、回転軸方向の一方の側からチップを近づけて、ボーリング加工及びフェーシング加工を行うことが可能になる。従って、複雑な形状の部品に対しても、ボーリング加工とフェーシング加工との双方を行うことが可能になる。   As described above, according to the processing apparatus, the connecting member that moves the cam mechanism extends through the spindle in the direction of the rotation axis and extends to the other side across the spindle to move the tip in the radial direction. Since the second driving device is disposed on the same side as the spindle and the first driving device for rotating the spindle with respect to the direction of the rotation axis sandwiching the workpiece, the second driving device is arranged in the direction of the rotation axis with respect to the workpiece. It becomes possible to perform boring and facing by bringing the chip closer from one side. Therefore, it is possible to perform both boring and facing even for a component having a complicated shape.
図1は、加工装置の全体を示す平面断面図である。FIG. 1 is a plan sectional view showing the entire processing apparatus. 図2は、図1のII−II線断面図である。2 is a cross-sectional view taken along line II-II in FIG. 図3は、加工装置のツールホルダー部分を拡大して示す平面断面図である。FIG. 3 is an enlarged plan sectional view showing a tool holder portion of the processing apparatus. 図4は、図3のIV−IV線断面図である。4 is a cross-sectional view taken along line IV-IV in FIG. 図5は、図3のV−V線断面図である。5 is a cross-sectional view taken along line VV in FIG.
以下、ここに開示する加工装置の実施形態について、図を参照しながら説明する。尚、以下に示す加工装置は、一例である。図1及び図2は、加工装置1の全体を示している。この加工装置1は、加工対象物に予め設けられた孔の内周面を加工するボーリング加工、及び、その孔の周縁における平面の加工をするフェーシング加工の両方を行うことが可能に構成されている。   Hereinafter, an embodiment of a processing apparatus disclosed herein will be described with reference to the drawings. In addition, the processing apparatus shown below is an example. 1 and 2 show the entire processing apparatus 1. This processing apparatus 1 is configured to be capable of performing both boring processing for processing an inner peripheral surface of a hole provided in advance in a processing object and facing processing for processing a plane at the periphery of the hole. Yes.
加工装置1は、筒状のスピンドル20を備えている。筒状のスピンドル20は、回転軸Xと同軸になるように配設されている。スピンドル20はベアリングによって保持されている。これにより、スピンドル20は、回転軸Xを中心に回転する。スピンドル20は、ベースプレート81に載置されている。   The processing apparatus 1 includes a cylindrical spindle 20. The cylindrical spindle 20 is disposed so as to be coaxial with the rotation axis X. The spindle 20 is held by a bearing. As a result, the spindle 20 rotates about the rotation axis X. The spindle 20 is placed on the base plate 81.
スピンドル20において、回転軸X方向の他端部(つまり、図1、2における紙面右端部)には、歯付きプーリ21が取り付けられている。この歯付きプーリ21は、従動側のプーリである。プーリ21は、タイミングベルト23を介して、駆動側のプーリである第2の歯付きプーリ22に連結されている。第2の歯付きプーリ22は、モータ24の軸に固定されている。モータ24は、スピンドル20、つまり、回転軸Xに対してオフセットしている。   In the spindle 20, a toothed pulley 21 is attached to the other end portion in the direction of the rotation axis X (that is, the right end portion in FIG. 1 and FIG. 2). The toothed pulley 21 is a driven pulley. The pulley 21 is connected via a timing belt 23 to a second toothed pulley 22 that is a driving pulley. The second toothed pulley 22 is fixed to the shaft of the motor 24. The motor 24 is offset with respect to the spindle 20, that is, the rotation axis X.
モータ24の軸が回転をすると、タイミングベルト23によって、歯付きプーリ21が回転し、それに伴いスピンドル20が回転する。歯付きプーリ21、第2の歯付きプーリ22、タイミングベルト23、及びモータ24によって、スピンドル20を回転させる第1の駆動装置11が構成される。   When the shaft of the motor 24 rotates, the toothed pulley 21 is rotated by the timing belt 23, and the spindle 20 is rotated accordingly. The toothed pulley 21, the second toothed pulley 22, the timing belt 23, and the motor 24 constitute a first driving device 11 that rotates the spindle 20.
スピンドル20において、回転軸X方向の一端部(つまり、図1、2における紙面左端部)には、ツールホルダー30が固定されている。ツールホルダー30は、回転軸Xに沿って、一方側に延びている。スピンドル20に固定されたツールホルダー30は、スピンドル20と一体に、回転軸Xを中心に回転する。   In the spindle 20, a tool holder 30 is fixed to one end portion in the direction of the rotation axis X (that is, the left end portion in FIG. 1 and FIG. 2). The tool holder 30 extends to one side along the rotation axis X. The tool holder 30 fixed to the spindle 20 rotates around the rotation axis X integrally with the spindle 20.
ツールホルダー30は、図5に示すように、その横断面が、回転軸Xと同軸の円の一部をカットすることによって構成されるような、略半円状に形成されている。ツールホルダー30において、回転軸X方向の中央部には、図3、4に拡大して示すように、2つの凹部31、31が形成されている。2つの凹部31、31は、回転軸X方向に所定の間隔を空けている。各凹部31は、図2、4に示すように、回転軸X方向に直交する径方向に開口している。各凹部31にはチップ41を保持するチップホルダー40が取り付けられている。   As shown in FIG. 5, the tool holder 30 is formed in a substantially semicircular shape whose cross section is configured by cutting a part of a circle coaxial with the rotation axis X. In the tool holder 30, two concave portions 31, 31 are formed in the central portion in the direction of the rotation axis X as shown in an enlarged manner in FIGS. The two recesses 31, 31 are spaced apart from each other in the direction of the rotation axis X. As shown in FIGS. 2 and 4, each recess 31 opens in the radial direction orthogonal to the rotation axis X direction. A chip holder 40 that holds the chip 41 is attached to each recess 31.
チップホルダー40は、図3〜5に示すように、横断面が台形状の矩形板状に構成されている。チップ41は、チップホルダー40における径方向の先端に取り付けられている。回転軸X方向に間隔を空けて配設された2つのチップ41は、互いに向かい合うように、チップホルダー40に取り付けられている。   As shown in FIGS. 3 to 5, the chip holder 40 is configured as a rectangular plate having a trapezoidal cross section. The chip 41 is attached to the distal end of the chip holder 40 in the radial direction. Two chips 41 arranged with a gap in the direction of the rotation axis X are attached to a chip holder 40 so as to face each other.
ツールホルダー30の各凹部31内には、チップホルダー40を挟んだ回転軸X方向の両側で、チップホルダー40に係合する一対のガイド32、32が設けられている。一対のガイド32、32は、チップホルダー40を、径方向に往復移動するようにガイドする。チップホルダー40及びチップ41は、図3に二点鎖線で示すように、ツールホルダー30の凹部31から径方向の外方に突出した状態と、ツールホルダー30の凹部31内にほぼ収まる状態と、に切り替わる。   In each recess 31 of the tool holder 30, a pair of guides 32, 32 that engage with the chip holder 40 are provided on both sides in the direction of the rotation axis X across the chip holder 40. The pair of guides 32 and 32 guide the chip holder 40 so as to reciprocate in the radial direction. As shown by a two-dot chain line in FIG. 3, the tip holder 40 and the tip 41 protrude from the concave portion 31 of the tool holder 30 outward in the radial direction, and a state in which the tip holder 40 and the tip 41 substantially fit in the concave portion 31 of the tool holder 30. Switch to
チップホルダー40は、カム機構5によって径方向に往復移動をする。カム機構5は、連結部材51によって動かされる。連結部材51は、詳細は後述するが、回転軸X方向に延びている。   The tip holder 40 reciprocates in the radial direction by the cam mechanism 5. The cam mechanism 5 is moved by the connecting member 51. Although the connection member 51 will be described in detail later, it extends in the direction of the rotation axis X.
カム機構5は、連結部材51に固定された傾斜ガイドレール52と、各チップホルダー40に固定されかつ、傾斜ガイドレール52に係合するガイドブロック53と、を有している。傾斜ガイドレール52は、連結部材51に対し2つ固定されており、2つの傾斜ガイドレール52はそれぞれ、回転軸Xに対し所定の同じ角度で傾いている。傾斜ガイドレール52の傾斜の方向は、回転軸X方向の他方側(図1、3における紙面右側)が、一方側(図1、3における紙面左側)に対して、チップ41の突出方向に位置するような方向である。   The cam mechanism 5 includes an inclined guide rail 52 fixed to the connecting member 51, and a guide block 53 fixed to each chip holder 40 and engaged with the inclined guide rail 52. Two inclined guide rails 52 are fixed to the connecting member 51, and the two inclined guide rails 52 are inclined at the same predetermined angle with respect to the rotation axis X, respectively. The direction of inclination of the inclined guide rail 52 is such that the other side of the rotation axis X direction (the right side in FIG. 1 and 3) is located in the protruding direction of the chip 41 with respect to one side (the left side in FIG. 1 and 3). It is a direction to do.
ガイドブロック53は、各傾斜ガイドレール52に個別に係合している。各ガイドブロック53は、各傾斜ガイドレール52に沿って相対移動が可能に構成されている。傾斜ガイドレール52及びガイドブロック53は、例えば市販のスライドガイドを利用することが可能である。   The guide block 53 is engaged with each inclined guide rail 52 individually. Each guide block 53 is configured to be capable of relative movement along each inclined guide rail 52. As the inclined guide rail 52 and the guide block 53, for example, a commercially available slide guide can be used.
連結部材51は、回転軸X方向の他方に向かって延びている。図1、2に示すように、連結部材51の他端は、筒状のスピンドル20を貫通して、スピンドル20を挟んだ回転軸X方向の他方側に位置している。連結部材51は、スピンドル20よりも回転軸X方向の一方側に位置するプレート部511と、スピンドル20に内挿された部分を含みかつ、スピンドル20よりも回転軸X方向の他方側に位置する丸棒部512とから構成されている。プレート部511と丸棒部512とは、互いに結合している。   The connecting member 51 extends toward the other side in the rotation axis X direction. As shown in FIGS. 1 and 2, the other end of the connecting member 51 passes through the cylindrical spindle 20 and is located on the other side in the direction of the rotation axis X across the spindle 20. The connecting member 51 includes a plate portion 511 positioned on one side of the rotation axis X with respect to the spindle 20 and a portion inserted into the spindle 20, and is positioned on the other side of the rotation axis X with respect to the spindle 20. It is comprised from the round bar part 512. FIG. The plate portion 511 and the round bar portion 512 are coupled to each other.
プレート部511は、ツールホルダー30と平行に配設されている。ツールホルダー30には、2つの凹部31、31を挟むように、一端側(つまり、図1、2における紙面左端側)と、他端側(つまり、図1、2における紙面右端側)とのそれぞれに、回転軸X方向に延びるガイドレール33が取り付けられている。プレート部511には、2つのガイドレール33のそれぞれに係合する2つのガイドブロック54が取り付けられている。2つのガイドブロック54、54はそれぞれ、ツールホルダー30のガイドレール33に沿って、回転軸X方向に往復移動をする。ガイドレール33及びガイドブロック54も、例えば市販のスライドガイドを利用することが可能である。   The plate portion 511 is disposed in parallel with the tool holder 30. The tool holder 30 has one end side (that is, the left end side of the paper surface in FIGS. 1 and 2) and the other end side (that is, the right end side of the paper surface in FIGS. 1 and 2) so as to sandwich the two concave portions 31 and 31. A guide rail 33 extending in the direction of the rotation axis X is attached to each. Two guide blocks 54 that engage with the two guide rails 33 are attached to the plate portion 511. Each of the two guide blocks 54, 54 reciprocates in the direction of the rotation axis X along the guide rail 33 of the tool holder 30. As the guide rail 33 and the guide block 54, for example, a commercially available slide guide can be used.
スピンドル20の内部、及び、スピンドル20を挟んだ回転軸X方向の他方側において、連結部材51の丸棒部512は、回転軸Xと同軸に配設されている。丸棒部512の他端部は、ベアリングを有する軸受けホルダー55によって回転可能に支持されている。こうして、連結部材51は、スピンドル20及びツールホルダー30と共に回転軸Xを中心に回転すると共に、回転軸X方向に往復移動をすることが可能になる。ツールホルダー30は、回転軸X方向に往復移動をしないため、連結部材51は、ツールホルダー30に対して相対的に、回転軸X方向に移動をすることになる。   The round bar portion 512 of the connecting member 51 is disposed coaxially with the rotation axis X inside the spindle 20 and on the other side in the direction of the rotation axis X across the spindle 20. The other end portion of the round bar portion 512 is rotatably supported by a bearing holder 55 having a bearing. Thus, the connecting member 51 can rotate about the rotation axis X together with the spindle 20 and the tool holder 30 and can reciprocate in the direction of the rotation axis X. Since the tool holder 30 does not reciprocate in the rotation axis X direction, the connecting member 51 moves in the rotation axis X direction relative to the tool holder 30.
スピンドル20を挟んだ回転軸X方向の他方側には、連結部材51を回転軸X方向に往復移動させる第2の駆動装置12が配設されている。第2の駆動装置12は、サーボモータ61と、サーボモータ61の出力軸に取り付けられたボールねじ62を含むボールねじ機構63と、を備えている。第2の駆動装置12は、前述したベースプレート81に固定されている。   On the other side of the rotation axis X direction with the spindle 20 interposed therebetween, a second driving device 12 that reciprocates the connecting member 51 in the rotation axis X direction is disposed. The second drive device 12 includes a servo motor 61 and a ball screw mechanism 63 including a ball screw 62 attached to the output shaft of the servo motor 61. The second driving device 12 is fixed to the base plate 81 described above.
ボールねじ機構63は、回転軸X方向に往復移動をするボールねじベース64を有している。連結部材51の他端部を回転可能に支持する軸受けホルダー55は、ボールねじベース64に固定されている。サーボモータ61が駆動をすることによってボールねじ62を介して、ボールねじベース64が回転軸X方向に往復移動をする。このため、ボールねじベース64に支持されている連結部材51が、回転軸X方向に往復移動をする。   The ball screw mechanism 63 has a ball screw base 64 that reciprocates in the rotation axis X direction. A bearing holder 55 that rotatably supports the other end of the connecting member 51 is fixed to the ball screw base 64. When the servo motor 61 is driven, the ball screw base 64 reciprocates in the direction of the rotation axis X via the ball screw 62. For this reason, the connecting member 51 supported by the ball screw base 64 reciprocates in the rotation axis X direction.
連結部材51が回転軸X方向の一方側(つまり、図1〜4の紙面左側)に移動をしたときには、傾斜ガイドレール52が回転軸X方向の一方側に移動をする。傾斜ガイドレール52に係合しているガイドブロック53は、傾斜ガイドレール52に対して相対的に、回転軸X方向の他方側に移動をするようになるため、ガイドブロック53が径方向に移動するようになる。こうして、ガイドブロック53が固定されたチップホルダー40も、径方向の外方(図3における紙面上方)に移動をするようになり、図3に二点鎖線で示すように、チップ41の先端と回転軸Xとの距離が変更される(つまり、距離が長くなる)。   When the connecting member 51 moves to one side in the rotation axis X direction (that is, the left side in FIG. 1), the inclined guide rail 52 moves to one side in the rotation axis X direction. Since the guide block 53 engaged with the inclined guide rail 52 moves relative to the inclined guide rail 52 to the other side in the rotation axis X direction, the guide block 53 moves in the radial direction. To come. In this way, the chip holder 40 to which the guide block 53 is fixed also moves outward in the radial direction (above the paper surface in FIG. 3), and as shown by a two-dot chain line in FIG. The distance from the rotation axis X is changed (that is, the distance becomes longer).
逆に、連結部材51が回転軸X方向の他方側(つまり、図1〜4の紙面右側)に移動をしたときには、傾斜ガイドレール52が回転軸X方向の他方側に移動をする。傾斜ガイドレール52に係合しているガイドブロック53が、傾斜ガイドレール52に対して相対的に、回転軸X方向の一方側に移動をするようになるため、それに伴いガイドブロック53は径方向にも移動するようになる。こうして、ガイドブロック53が固定されたチップホルダー40も、径方向の内方(図3における紙面下方)に移動をするようになり、図3に実線で示すように、チップ41の先端と回転軸Xとの距離が変更される(つまり、距離が短くなる)。   On the contrary, when the connecting member 51 moves to the other side in the direction of the rotation axis X (that is, the right side in FIGS. 1 to 4), the inclined guide rail 52 moves to the other side in the direction of the rotation axis X. The guide block 53 engaged with the inclined guide rail 52 moves relative to the inclined guide rail 52 to one side in the rotation axis X direction. Will also move to. Thus, the chip holder 40 to which the guide block 53 is fixed also moves inward in the radial direction (downward in the drawing in FIG. 3), and as shown by the solid line in FIG. The distance to X is changed (that is, the distance is shortened).
スピンドル20には、円筒状のカバー70が取り付けられている。カバー70は、スピンドル20から、回転軸X方向の一方側に向かって延びている。カバー70は、ツールホルダー30、連結部材51のプレート部511、カム機構5を収容している。カバー70において、回転軸X方向の中央部には、開口71が形成されている。開口71は、チップホルダー40に対応して設けられている。前述したように、チップホルダー40が、径方向に往復移動をすることによって、チップ41は、この開口71を通じてカバー70の外に突出すると共に、開口71を通じてカバー70の内に収まる。   A cylindrical cover 70 is attached to the spindle 20. The cover 70 extends from the spindle 20 toward one side in the rotation axis X direction. The cover 70 accommodates the tool holder 30, the plate portion 511 of the connecting member 51, and the cam mechanism 5. In the cover 70, an opening 71 is formed at the center in the direction of the rotation axis X. The opening 71 is provided corresponding to the chip holder 40. As described above, when the chip holder 40 reciprocates in the radial direction, the chip 41 protrudes out of the cover 70 through the opening 71 and fits in the cover 70 through the opening 71.
図2に示すように、スピンドル20及び第2の駆動装置12が載置されたベースプレート81は、第3の駆動装置13によって、回転軸X方向に往復移動するよう構成されている。ベースプレート81が回転軸X方向に移動をすることによって、スピンドル20、ツールホルダー30、チップホルダー40、カム機構5、連結部材51等が回転軸X方向に移動をする。よって、チップ41が、回転軸X方向に往復移動可能になる。   As shown in FIG. 2, the base plate 81 on which the spindle 20 and the second driving device 12 are placed is configured to reciprocate in the direction of the rotation axis X by the third driving device 13. As the base plate 81 moves in the direction of the rotation axis X, the spindle 20, the tool holder 30, the chip holder 40, the cam mechanism 5, the connecting member 51, and the like move in the direction of the rotation axis X. Therefore, the tip 41 can reciprocate in the direction of the rotation axis X.
第3の駆動装置13は、ベースプレート81を回転軸X方向に往復移動させるスライド機構82と、ベースプレート81を移動させる駆動源としての第2のサーボモータ83とから構成されている。   The third driving device 13 includes a slide mechanism 82 that reciprocates the base plate 81 in the direction of the rotation axis X, and a second servo motor 83 that serves as a driving source for moving the base plate 81.
尚、図示は省略するが、前記サーボモータ61、第2のサーボモータ83、及びモータ24はそれぞれ、NC装置により、加工対象物に対応するNCデータに基づいて制御される。それによって、加工対象物に対し、所定のボーリング加工及び/又はフェーシング加工が行われることになる。   Although not shown, the servo motor 61, the second servo motor 83, and the motor 24 are each controlled by the NC device based on NC data corresponding to the workpiece. As a result, a predetermined boring process and / or facing process is performed on the workpiece.
以上説明したように、この加工装置1は、回転軸Xを中心に回転するよう構成された、筒状のスピンドル20と、スピンドル20を回転させるよう構成された第1の駆動装置11と、スピンドル20から回転軸Xに沿って一方側に延びると共に、スピンドル20と一体に回転するようスピンドル20に固定されたツールホルダー30と、ツールホルダー30に取り付けられかつ、回転軸Xからチップ41の先端までの距離が変化するように、回転軸Xに対して直交する径方向にチップ41を移動可能に保持するよう構成されたチップホルダー40と、チップホルダー40に係合すると共に、チップ41を径方向に移動させるよう構成されたカム機構5と、カム機構5に連結されかつ、スピンドル20を回転軸X方向に貫通して、スピンドル20を挟んだ他方側にまで延びると共に、回転軸X方向に往復移動することによって、カム機構5を動かすよう構成された連結部材51と、スピンドル20を挟んだ他方側に配設されかつ、連結部材51を往復移動させるよう構成された第2の駆動装置12と、を備えている。   As described above, the processing apparatus 1 includes the cylindrical spindle 20 configured to rotate around the rotation axis X, the first driving apparatus 11 configured to rotate the spindle 20, and the spindle. A tool holder 30 that extends to one side along the rotation axis X from 20 and is fixed to the spindle 20 so as to rotate integrally with the spindle 20, and is attached to the tool holder 30 and extends from the rotation axis X to the tip of the chip 41. The tip holder 40 is configured to hold the tip 41 movably in the radial direction orthogonal to the rotation axis X so that the distance of the tip 41 changes. A cam mechanism 5 configured to move the spindle 2 and the cam mechanism 5 connected to the cam mechanism 5 and penetrating the spindle 20 in the direction of the rotation axis X. And a connecting member 51 configured to move the cam mechanism 5 by reciprocating in the direction of the rotation axis X and extending to the other side across the spindle 20 and disposed on the other side across the spindle 20. And a second driving device 12 configured to reciprocate 51.
この構成により、チップ41は、チップホルダー40及びツールホルダー30によって保持される。ツールホルダー30がスピンドル20と一体に回転をすることによって、チップ41は、回転軸Xを中心に回転をし、それによって、加工対象物の切削加工を行う。   With this configuration, the chip 41 is held by the chip holder 40 and the tool holder 30. As the tool holder 30 rotates integrally with the spindle 20, the tip 41 rotates about the rotation axis X, thereby cutting the workpiece.
より詳細には、図3に示すように、加工対象物Wに設けられた孔内に、カバー70に覆われたツールホルダー30を挿入し、第2の駆動装置12により、カム機構5を介してチップ41の先端位置を調整すると共に、第3の駆動装置13により、チップ41の回転軸X方向の位置を調整する。それと共に、第1の駆動装置11により、スピンドル20と共にツールホルダー30を、回転軸Xを中心に回転させれば、チップ41により、加工対象物Wの内周面の加工を行うことが可能になる、また、同じチップ41により、加工対象物Wの孔の周縁における平面の加工も行うことが可能になる。このように、この加工装置1は、ボーリング加工と、フェーシング加工との両方を、同じチップ41によって行うことが可能であるから、1つの加工対象物Wに対してボーリング加工とフェーシング加工との両方を行う場合には、段取りに要する時間を省略して、加工時間の大幅な短縮が図られる。   More specifically, as shown in FIG. 3, the tool holder 30 covered with the cover 70 is inserted into the hole provided in the workpiece W, and the second drive device 12 passes the cam mechanism 5 through the cam mechanism 5. Thus, the tip position of the tip 41 is adjusted, and the position of the tip 41 in the direction of the rotation axis X is adjusted by the third driving device 13. At the same time, if the tool holder 30 together with the spindle 20 is rotated around the rotation axis X by the first driving device 11, the inner peripheral surface of the workpiece W can be processed by the tip 41. In addition, the same tip 41 can also process a plane at the periphery of the hole of the workpiece W. Thus, since this processing apparatus 1 can perform both boring and facing with the same chip 41, both boring and facing are performed on one workpiece W. When performing the above, the time required for setup is omitted, and the machining time can be greatly shortened.
この加工装置1はまた、連結部材51が、スピンドル20を回転軸方向に貫通して、スピンドル20を挟んだ他方側にまで延びており、連結部材51を往復移動させる第2の駆動装置12が、スピンドル20を挟んだ他方側に配設されている。これにより、第2の駆動装置12は、第1の駆動装置11と共に、加工対象物Wを挟んだ回転軸Xの方向について同じ側に配置される。このため、この加工装置1では、加工対象物Wに対し、回転軸X方向の一方の側からチップを近づけて(図3においては、紙面右側から加工対象物Wにチップ41を近づけて)、加工対象物Wに対し、ボーリング加工及びフェーシング加工を行うことが可能になる。   In the processing apparatus 1, the connecting member 51 extends through the spindle 20 in the rotation axis direction to the other side across the spindle 20, and a second driving device 12 that reciprocates the connecting member 51 is provided. The other side of the spindle 20 is disposed. Thereby, the 2nd drive device 12 is arrange | positioned with the 1st drive device 11 on the same side about the direction of the rotating shaft X which pinched | interposed the workpiece W. FIG. For this reason, in this processing apparatus 1, the tip is brought closer to the workpiece W from one side in the rotation axis X direction (in FIG. 3, the tip 41 is brought closer to the workpiece W from the right side of the drawing) Boring and facing can be performed on the workpiece W.
これにより、例えば、航空機の構造部品に取り付けられた部品といった、複雑な形状の加工対象物Wに対しても、加工装置1によって、ボーリング加工及びフェーシング加工を行うことが可能になる。   Thereby, for example, it is possible to perform boring processing and facing processing by the processing apparatus 1 even on a workpiece W having a complicated shape such as a component attached to a structural component of an aircraft.
また、この加工装置1では、ツールホルダー30に対して、回転軸X方向に所定の間隔を空けて、2つのチップホルダー40が取り付けられており、2つのチップホルダー40が保持するチップ41はそれぞれ、回転軸X方向に向かいあっている。   Further, in this processing apparatus 1, two chip holders 40 are attached to the tool holder 30 at a predetermined interval in the rotation axis X direction, and the chips 41 held by the two chip holders 40 are respectively , Facing the rotation axis X direction.
この構成により、2つのチップ41の一方のチップ41(図3における紙面左側のチップ41)によって、加工対象物Wにおける、回転軸X方向の一方側の箇所の加工が可能になると共に、他方のチップ41(図3における紙面右側のチップ41)によって、加工対象物Wにおける回転軸X方向の他方側の箇所の加工が可能になる。尚、前述の通り、チップ41の回転軸X方向の位置は、第3の駆動装置13によって調整される。   With this configuration, one chip 41 of the two chips 41 (the chip 41 on the left side of the paper in FIG. 3) enables processing of a portion on one side of the processing object W in the direction of the rotation axis X and the other of the other chips 41. The tip 41 (the tip 41 on the right side in FIG. 3) enables processing of the other side of the workpiece W in the direction of the rotation axis X. As described above, the position of the tip 41 in the direction of the rotation axis X is adjusted by the third driving device 13.
また、この加工装置1のカム機構5は、回転軸Xに対して所定の角度で傾いて連結部材51に固定された傾斜ガイドレール52と、チップホルダー40に固定されると共に、傾斜ガイドレール52に係合することによって、傾斜ガイドレール52に沿って往復移動をするよう構成されたガイドブロック53と、を有して構成されている。   In addition, the cam mechanism 5 of the processing apparatus 1 is tilted at a predetermined angle with respect to the rotation axis X and is fixed to the connecting member 51, and is fixed to the chip holder 40, and the tilt guide rail 52 is fixed. , And a guide block 53 configured to reciprocate along the inclined guide rail 52.
この構成により、連結部材51が回転軸X方向に移動をすると、傾斜ガイドレール52が回転軸X方向に移動をし、それに伴い、傾斜ガイドレール52に係合しているガイドブロック53が、傾斜ガイドレール52に沿って逆向きに相対移動をするから、ガイドブロック53の回転軸Xに直交する径方向の位置が変化する。その結果、ガイドブロック53が固定されたチップホルダー40の径方向の位置が変化し、それに伴い、チップ41の先端と回転軸Xとの距離が変化する。   With this configuration, when the connecting member 51 moves in the rotation axis X direction, the inclined guide rail 52 moves in the rotation axis X direction, and accordingly, the guide block 53 engaged with the inclined guide rail 52 is inclined. Since the relative movement is made in the opposite direction along the guide rail 52, the radial position of the guide block 53 perpendicular to the rotation axis X changes. As a result, the radial position of the chip holder 40 to which the guide block 53 is fixed changes, and accordingly, the distance between the tip of the chip 41 and the rotation axis X changes.
この構成のカム機構5は、連結部材51の回転軸X方向の移動を、チップホルダー40の径方向の移動に変換するよう構成されているから、傾斜ガイドレール52の回転軸X方向に対する傾き角をαとし、連結部材51が回転軸X方向に、Lだけ移動したときに、チップ41の先端と回転軸Xとの距離は、L×tanαだけ変化する。従って、サーボモータ61の制御によって、チップ41を径方向に微動送りすることが可能になり、加工精度の向上が図られる。これは、ピニオン及びラックを利用した公知の機構では実現することのできない有利な効果である。尚、チップ41の径方向の最大移動距離は、傾斜ガイドレール52の傾斜角度、及び、連結部材51の回転軸X方向の移動距離によって変化する。これら傾斜角度及び回転軸X方向の移動距離から、チップ41の径方向の最大移動距離を適宜設定すればよい。   Since the cam mechanism 5 having this configuration is configured to convert the movement of the connecting member 51 in the rotation axis X direction into the movement of the tip holder 40 in the radial direction, the inclination angle of the inclined guide rail 52 with respect to the rotation axis X direction. Is α, and the distance between the tip of the tip 41 and the rotation axis X changes by L × tanα when the connecting member 51 moves by L in the direction of the rotation axis X. Therefore, the tip 41 can be finely fed in the radial direction by the control of the servo motor 61, and the processing accuracy can be improved. This is an advantageous effect that cannot be realized by a known mechanism using a pinion and a rack. The maximum radial movement distance of the tip 41 varies depending on the inclination angle of the inclination guide rail 52 and the movement distance of the connecting member 51 in the direction of the rotation axis X. The maximum movement distance in the radial direction of the tip 41 may be set as appropriate from the inclination angle and the movement distance in the direction of the rotation axis X.
また、傾斜ガイドレールを含むカム機構は、加工対象物を加工している際の、切削抵抗に対し高い剛性を得ることが可能になる。このこともまた、加工精度を高める上で有利になる。   In addition, the cam mechanism including the inclined guide rail can obtain high rigidity with respect to the cutting resistance when the workpiece is being processed. This is also advantageous in increasing the processing accuracy.
さらに、この加工装置1は、スピンドル20、第1の駆動装置11、及び、第2の駆動装置12が少なくとも設置されたベースプレート81と、ベースプレート81を回転軸X方向に往復動させるよう構成された第3の駆動装置13と、を備えているため、チップ41を回転軸X方向に移動させることが可能になり、複雑な形状の加工対象物Wに対する加工が可能になると共に、加工対象物に対する加工範囲が広がる。また、加工時間の短縮が図られる。   Further, the processing apparatus 1 is configured to reciprocate the base plate 81 in the direction of the rotation axis X with a base plate 81 on which at least the spindle 20, the first driving device 11, and the second driving device 12 are installed. And the third driving device 13, the tip 41 can be moved in the direction of the rotation axis X, and the workpiece W having a complicated shape can be processed, and the workpiece can be processed. The processing range is expanded. Further, the processing time can be shortened.
尚、前記の構成では、加工装置1が2つのチップ41を備えているが、1つのチップ41のみを備えるように構成してもよい。   In the above configuration, the processing apparatus 1 includes the two chips 41, but the processing apparatus 1 may include only one chip 41.
1 加工装置
11 第1の駆動装置
12 第2の駆動装置
13 第3の駆動装置
20 スピンドル
30 ツールホルダー
40 チップホルダー
41 チップ
5 カム機構
51 連結部材
52 傾斜ガイドレール
53 ガイドブロック
81 ベースプレート(ベース)
X 回転軸
DESCRIPTION OF SYMBOLS 1 Processing apparatus 11 1st drive device 12 2nd drive device 13 3rd drive device 20 Spindle 30 Tool holder 40 Tip holder 41 Tip 5 Cam mechanism 51 Connecting member 52 Inclined guide rail 53 Guide block 81 Base plate (base)
X rotation axis

Claims (4)

  1. 回転軸を中心に回転するよう構成された、筒状のスピンドルと、
    前記スピンドルを回転させるよう構成された第1の駆動装置と、
    前記スピンドルから前記回転軸に沿って一方側に延びると共に、前記スピンドルと一体に回転するよう前記スピンドルに固定されたツールホルダーと、
    前記ツールホルダーに取り付けられかつ、前記回転軸からチップの先端までの距離が変化するように、前記回転軸に対して直交する径方向に前記チップを移動可能に保持するよう構成されたチップホルダーと、
    前記チップホルダーに係合すると共に、前記チップを前記径方向に移動させるよう構成されたカム機構と、
    前記カム機構に連結されかつ、前記スピンドルを前記回転軸方向に貫通して、前記スピンドルを挟んだ他方側にまで延びると共に、前記回転軸方向に往復移動することによって、前記カム機構を動かすよう構成された連結部材と、
    前記スピンドルを挟んだ前記他方側に配設されかつ、前記連結部材を往復移動させるよう構成された第2の駆動装置と、
    を備えている加工装置。
    A cylindrical spindle configured to rotate about a rotational axis;
    A first drive configured to rotate the spindle;
    A tool holder that extends from the spindle to one side along the rotational axis and is fixed to the spindle so as to rotate integrally with the spindle;
    A chip holder attached to the tool holder and configured to hold the chip movably in a radial direction perpendicular to the rotation axis so that a distance from the rotation axis to the tip of the chip changes. ,
    A cam mechanism configured to engage the tip holder and move the tip in the radial direction;
    It is connected to the cam mechanism, extends through the spindle in the direction of the rotation axis, extends to the other side across the spindle, and is configured to move the cam mechanism by reciprocating in the direction of the rotation axis. A connected member,
    A second drive device disposed on the other side across the spindle and configured to reciprocate the coupling member;
    A processing device equipped with.
  2. 請求項1に記載の加工装置において、
    前記チップホルダーは、前記回転軸方向に所定の間隔を空けて、前記ツールホルダーに2つ取り付けられており、
    前記2つのチップホルダーが保持するチップはそれぞれ、回転軸方向に向かいあっている加工装置。
    The processing apparatus according to claim 1,
    Two tip holders are attached to the tool holder at a predetermined interval in the rotation axis direction,
    A processing apparatus in which the chips held by the two chip holders face each other in the rotation axis direction.
  3. 請求項1又は2に記載の加工装置において、
    前記カム機構は、
    前記回転軸に対して所定の角度で傾いて前記連結部材に固定された傾斜ガイドレールと、
    前記チップホルダーに固定されると共に、前記傾斜ガイドレールに係合することによって、前記傾斜ガイドレールに沿って往復移動をするよう構成されたガイドブロックと、を有している加工装置。
    In the processing apparatus according to claim 1 or 2,
    The cam mechanism is
    An inclined guide rail that is inclined at a predetermined angle with respect to the rotation axis and fixed to the connecting member;
    And a guide block configured to reciprocate along the inclined guide rail by being fixed to the chip holder and engaging with the inclined guide rail.
  4. 請求項1〜3のいずれか1項に記載の加工装置において、
    前記スピンドル、前記第1の駆動装置、及び、前記第2の駆動装置が少なくとも設置されたベースと、
    前記ベースを前記回転軸方向に往復動させるよう構成された第3の駆動装置と、をさらに備えている加工装置。
    In the processing apparatus of any one of Claims 1-3,
    A base on which at least the spindle, the first driving device, and the second driving device are installed;
    And a third driving device configured to reciprocate the base in the direction of the rotation axis.
JP2015216772A 2015-11-04 2015-11-04 Processing equipment Active JP6654403B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2015216772A JP6654403B2 (en) 2015-11-04 2015-11-04 Processing equipment

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2015216772A JP6654403B2 (en) 2015-11-04 2015-11-04 Processing equipment

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2017087315A true JP2017087315A (en) 2017-05-25
JP6654403B2 JP6654403B2 (en) 2020-02-26

Family

ID=58771272

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2015216772A Active JP6654403B2 (en) 2015-11-04 2015-11-04 Processing equipment

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6654403B2 (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR102030808B1 (en) * 2018-04-12 2019-10-10 (주)티이엠 Borning machine

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR102030808B1 (en) * 2018-04-12 2019-10-10 (주)티이엠 Borning machine

Also Published As

Publication number Publication date
JP6654403B2 (en) 2020-02-26

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5094465B2 (en) Machine tool and method of machining inner surface of workpiece using the machine tool
KR101209826B1 (en) Milling machine jig for precision parts
TWI476069B (en) Lens processing device
TWI505886B (en) Method for making metallic member
TWI505887B (en) Method for making metallic member
JP6403944B2 (en) Curved surface turning method
JP2017087315A (en) Machining device
TWI642499B (en) Lathe-type lathe with multiple processing efficiency
WO2016013307A1 (en) Machine tool, tool unit, and machining method
JP5147317B2 (en) Laser punch combined processing machine
JP2017001123A (en) Machining device and machining method
KR20110060068A (en) Turning equipment for tool turret
JP4874673B2 (en) Machine Tools
TW201943983A (en) Machining tool
JP3204456U (en) Milling machine
JP5784410B2 (en) Five-sided processing machine and rotary table mechanism used therefor
KR100905079B1 (en) Index chuck for cnc lathe
US20130104706A1 (en) Method for processing an inner face of a housing having an opening
JP6484494B2 (en) Electric machining equipment with linear guide
KR101414024B1 (en) A indexing table apparatus
KR102254835B1 (en) Apparatus for cutting inside of an object
CN108907260B (en) Accessory of robot arm
KR20190019406A (en) Apparatus for cutting inside of an object
JP2007075937A (en) Method for machining inner periphery intersecting main spindle in lathe
JP2001129710A (en) Both end finishing machine

Legal Events

Date Code Title Description
RD01 Notification of change of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7426

Effective date: 20151120

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20151120

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20181026

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20190814

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20191008

A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A711

Effective date: 20191209

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20191209

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20191209

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20200121

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20200130

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6654403

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150