JP2016535112A - 組成物、ワイプ、及び方法 - Google Patents

組成物、ワイプ、及び方法 Download PDF

Info

Publication number
JP2016535112A
JP2016535112A JP2016518109A JP2016518109A JP2016535112A JP 2016535112 A JP2016535112 A JP 2016535112A JP 2016518109 A JP2016518109 A JP 2016518109A JP 2016518109 A JP2016518109 A JP 2016518109A JP 2016535112 A JP2016535112 A JP 2016535112A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
composition
weight
fatty ester
epoxidized fatty
poly
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2016518109A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2016535112A5 (ja
Inventor
ザイミン チウ,
ザイミン チウ,
イーファン チャン,
イーファン チャン,
リーミン ソン,
リーミン ソン,
Original Assignee
スリーエム イノベイティブ プロパティズ カンパニー
スリーエム イノベイティブ プロパティズ カンパニー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US201361884305P priority Critical
Priority to US61/884,305 priority
Application filed by スリーエム イノベイティブ プロパティズ カンパニー, スリーエム イノベイティブ プロパティズ カンパニー filed Critical スリーエム イノベイティブ プロパティズ カンパニー
Priority to PCT/US2014/056906 priority patent/WO2015047988A1/en
Publication of JP2016535112A publication Critical patent/JP2016535112A/ja
Publication of JP2016535112A5 publication Critical patent/JP2016535112A5/ja
Application status is Withdrawn legal-status Critical

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A01AGRICULTURE; FORESTRY; ANIMAL HUSBANDRY; HUNTING; TRAPPING; FISHING
    • A01NPRESERVATION OF BODIES OF HUMANS OR ANIMALS OR PLANTS OR PARTS THEREOF; BIOCIDES, e.g. AS DISINFECTANTS, AS PESTICIDES, AS HERBICIDES; PEST REPELLANTS OR ATTRACTANTS; PLANT GROWTH REGULATORS
    • A01N25/00Biocides, pest repellants or attractants, or plant growth regulators, characterised by their forms, or by their non-active ingredients or by their methods of application, e.g. seed treatment or sequential application; Substances for reducing the noxious effect of the active ingredients to organisms other than pests
    • A01N25/08Biocides, pest repellants or attractants, or plant growth regulators, characterised by their forms, or by their non-active ingredients or by their methods of application, e.g. seed treatment or sequential application; Substances for reducing the noxious effect of the active ingredients to organisms other than pests containing solids as carriers or diluents
    • A01N25/10Macromolecular compounds
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A01AGRICULTURE; FORESTRY; ANIMAL HUSBANDRY; HUNTING; TRAPPING; FISHING
    • A01NPRESERVATION OF BODIES OF HUMANS OR ANIMALS OR PLANTS OR PARTS THEREOF; BIOCIDES, e.g. AS DISINFECTANTS, AS PESTICIDES, AS HERBICIDES; PEST REPELLANTS OR ATTRACTANTS; PLANT GROWTH REGULATORS
    • A01N25/00Biocides, pest repellants or attractants, or plant growth regulators, characterised by their forms, or by their non-active ingredients or by their methods of application, e.g. seed treatment or sequential application; Substances for reducing the noxious effect of the active ingredients to organisms other than pests
    • A01N25/34Shaped forms, e.g. sheets, not provided for in any other sub-group of this main group
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C08ORGANIC MACROMOLECULAR COMPOUNDS; THEIR PREPARATION OR CHEMICAL WORKING-UP; COMPOSITIONS BASED THEREON
    • C08KUse of inorganic or non-macromolecular organic substances as compounding ingredients
    • C08K5/00Use of organic ingredients
    • C08K5/04Oxygen-containing compounds
    • C08K5/15Heterocyclic compounds having oxygen in the ring
    • C08K5/151Heterocyclic compounds having oxygen in the ring having one oxygen atom in the ring
    • C08K5/1515Three-membered rings
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C08ORGANIC MACROMOLECULAR COMPOUNDS; THEIR PREPARATION OR CHEMICAL WORKING-UP; COMPOSITIONS BASED THEREON
    • C08LCOMPOSITIONS OF MACROMOLECULAR COMPOUNDS
    • C08L23/00Compositions of homopolymers or copolymers of unsaturated aliphatic hydrocarbons having only one carbon-to-carbon double bond; Compositions of derivatives of such polymers
    • C08L23/02Compositions of homopolymers or copolymers of unsaturated aliphatic hydrocarbons having only one carbon-to-carbon double bond; Compositions of derivatives of such polymers not modified by chemical after-treatment
    • C08L23/10Homopolymers or copolymers of propene
    • C08L23/12Polypropene
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C08ORGANIC MACROMOLECULAR COMPOUNDS; THEIR PREPARATION OR CHEMICAL WORKING-UP; COMPOSITIONS BASED THEREON
    • C08LCOMPOSITIONS OF MACROMOLECULAR COMPOUNDS
    • C08L67/00Compositions of polyesters obtained by reactions forming a carboxylic ester link in the main chain; Compositions of derivatives of such polymers
    • C08L67/04Polyesters derived from hydroxycarboxylic acids, e.g. lactones
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C11ANIMAL OR VEGETABLE OILS, FATS, FATTY SUBSTANCES OR WAXES; FATTY ACIDS THEREFROM; DETERGENTS; CANDLES
    • C11DDETERGENT COMPOSITIONS; USE OF SINGLE SUBSTANCES AS DETERGENTS; SOAP OR SOAP-MAKING; RESIN SOAPS; RECOVERY OF GLYCEROL
    • C11D17/00Detergent materials characterised by their shape or physical properties
    • C11D17/04Detergent materials characterised by their shape or physical properties combined with or containing other objects
    • C11D17/049Cleaning or scouring pads; Wipes
    • DTEXTILES; PAPER
    • D01NATURAL OR MAN-MADE THREADS OR FIBRES; SPINNING
    • D01FCHEMICAL FEATURES IN THE MANUFACTURE OF ARTIFICIAL FILAMENTS, THREADS, FIBRES, BRISTLES OR RIBBONS; APPARATUS SPECIALLY ADAPTED FOR THE MANUFACTURE OF CARBON FILAMENTS
    • D01F1/00General methods for the manufacture of artificial filaments or the like
    • D01F1/02Addition of substances to the spinning solution or to the melt
    • D01F1/10Other agents for modifying properties
    • DTEXTILES; PAPER
    • D01NATURAL OR MAN-MADE THREADS OR FIBRES; SPINNING
    • D01FCHEMICAL FEATURES IN THE MANUFACTURE OF ARTIFICIAL FILAMENTS, THREADS, FIBRES, BRISTLES OR RIBBONS; APPARATUS SPECIALLY ADAPTED FOR THE MANUFACTURE OF CARBON FILAMENTS
    • D01F6/00Monocomponent artificial filaments or the like of synthetic polymers; Manufacture thereof
    • D01F6/58Monocomponent artificial filaments or the like of synthetic polymers; Manufacture thereof from homopolycondensation products
    • D01F6/62Monocomponent artificial filaments or the like of synthetic polymers; Manufacture thereof from homopolycondensation products from polyesters
    • DTEXTILES; PAPER
    • D04BRAIDING; LACE-MAKING; KNITTING; TRIMMINGS; NON-WOVEN FABRICS
    • D04HMAKING TEXTILE FABRICS, e.g. FROM FIBRES OR FILAMENTARY MATERIAL; FABRICS MADE BY SUCH PROCESSES OR APPARATUS, e.g. FELTS, NON-WOVEN FABRICS; COTTON-WOOL; WADDING NON-WOVEN FABRICS FROM STAPLE FIBRES, FILAMENTS OR YARNS, BONDED WITH AT LEAST ONE WEB-LIKE MATERIAL DURING THEIR CONSOLIDATION
    • D04H3/00Non-woven fabrics formed wholly or mainly of yarns or like filamentary material of substantial length
    • D04H3/005Synthetic yarns or filaments
    • D04H3/009Condensation or reaction polymers
    • D04H3/011Polyesters

Abstract

脂肪族ポリエステルと、少なくとも2重量%の未反応エポキシ化脂肪エステルであって、該エポキシ化脂肪エステルは、該エポキシ化脂肪エステルの総重量に対して、4.7重量%を超えるオキシラン酸素を有する、未反応エポキシ化脂肪エステルと、0を超えかつ最大で10重量%の収縮低減添加剤と、を含む、組成物であって、該脂肪族ポリエステル、該エポキシ化脂肪エステル、及び該収縮低減添加剤は、混合物を形成し、該オキシラン酸素の重量パーセント以外の、各重量パーセントは、該混合物の総重量に対するものである、組成物。【選択図】なし

Description

地球環境保護のために再生可能資源から製品を製造しようとする傾向がある。再生可能資源由来のポリ(乳酸)などの脂肪族ポリエステルは、生分解可能かつコンポスト化可能であることから、材料としての用途が多く見出されているが、これらの材料は、特定用途では(具体的には、加水分解による分解が起こるため、含水率の高い環境下では)、好適な貯蔵寿命を有さない場合がある。これらの脂肪族ポリエステル類の加水分解安定性を向上させるための手法の1つとして、一般的には、反応性の添加剤を使用した、末端の−OH基及び/又は−COH基の架橋が行われる。これにより元の脂肪族ポリエステルの分子量が顕著に変化する場合があり、その脂肪族ポリエステルの加工性及び特性に影響が及ぶ場合がある。それ故、安定剤と脂肪族ポリエステルとの間で反応を起こすことなく、脂肪族ポリエステル類を加水分解安定性とすることに対する需要がある。

本開示は、フィルム、繊維、成型品などの作製において使用するための組成物、並びに該組成物及びワイプを使用及び作製する方法を提供する。具体的には、この繊維は、清掃用及び/又は消毒用のウェットワイプなど(例えば、抗微生物ワイプ)のワイプを作製するために使用できる。本組成物は、脂肪族ポリエステルと、本組成物の加水分解安定性を向上させ、この材料から作製されたウェブの収縮を低減する2種類以上の添加剤と、を含む。

一実施形態においては、脂肪族ポリエステルと、少なくとも2重量%の未反応エポキシ化脂肪エステルであって、該エポキシ化脂肪エステルは、該エポキシ化脂肪エステルの総重量に対して、4.7重量%を超えるオキシラン酸素を有する、未反応エポキシ化脂肪エステルと、0を超えかつ最大で10重量%の収縮低減添加剤と、を含む、組成物であって、該脂肪族ポリエステル、該エポキシ化脂肪エステル、及び該収縮低減添加剤は、混合物を形成し、該オキシラン酸素の重量パーセント以外の、各重量パーセントは、該混合物(即ち、脂肪族ポリエステルと、エポキシ化脂肪エステルと、収縮低減添加剤と、任意選択的な添加剤)の総重量に対するものである、組成物が提供される。

特定の実施形態においては、前記脂肪族ポリエステルは、ポリ(ラクチド)、ポリ(グリコリド)、ポリ(ラクチド−コ−グリコリド)、ポリ(L−ラクチド−コ−トリメチレンカーボネート)、ポリ(ジオキサノン)、ポリ(ブチレンサクシネート)、ポリ(ブチレンアジペート)、ポリ(エチレンアジペート)、ポリヒドロキシブチレート、ポリヒドロキシバレレート、並びに、これらのブレンド及びコポリマーからなる群から選択される。

本組成物は、フィルム形態又は繊維形態であってよく、この繊維が、不織布ウェブなどの繊維ウェブを形成していてもよい。

他の実施形態においては、本開示は、本明細書に記載されるような繊維のウェブ(即ち、繊維ウェブ)と、繊維のウェブと接触する水性組成物と、を含む、ウェットワイプであって、この水性組成物は、水と、(水中に溶解又は分散した)界面活性剤及び/又は殺生物剤と、を含む、ウェットワイプを提供する。また、この水性組成物は、水と共にアルコール類(例えば、イソプロパノール)などの1種類又は2種類以上の有機溶媒を含んでいてもよい。

更なる他の実施形態においては、本開示は、繊維を含む繊維ウェブであって、該繊維は、脂肪族ポリエステルと、少なくとも2重量%の未反応エポキシ化脂肪エステルであって、該エポキシ化脂肪エステルは、該エポキシ化脂肪エステルの総重量に対して、4.7重量%を超えるオキシラン酸素を有する、未反応エポキシ化脂肪エステルと、0を超えかつ最大で10重量%の収縮低減添加剤と、を含み、該脂肪族ポリエステル、該エポキシ化脂肪エステル、及び該収縮低減添加剤は、混合物を形成し、該オキシラン酸素の重量パーセント以外の、各重量パーセントは、該混合物の総重量に対するものである、繊維ウェブと、該繊維ウェブに接触する水性組成物であって、該水性組成物は、水と、(該水中に溶解又は分散した)界面活性剤及び/又は殺生物剤と、を含む、水性組成物と、を含む、ウェットワイプを提供する。

特定の実施形態においては、本水性組成物は、界面活性剤を含み、前記ウェットワイプは、清掃用ワイプである。

特定の実施形態においては、本水性組成物は、殺生物剤を含み、本ウェットワイプは、消毒用ワイプである。

特定の実施形態においては、本水性組成物は、殺生物剤と界面活性剤とを含み、本ウェットワイプは、清掃用/消毒用ワイプである。

特定の実施形態においては、本開示は、脂肪族ポリエステルを含む組成物の加水分解安定性を向上させるプロセスを提供する。本方法は、脂肪族ポリエステルと、未反応エポキシ化脂肪エステルと、収縮低減添加剤と、を含む、成分を混合することを含み、該収縮低減添加剤は、0を超えかつ最大で10重量%の量で存在し、該エポキシ化脂肪エステルは、少なくとも2重量%の量で存在し、かつ該エポキシ化脂肪エステルの総重量に対して、少なくとも4.7重量%のオキシラン酸素を有し、該オキシラン酸素の重量パーセント以外の、各重量パーセントは、該混合物の総重量に対するものである、方法。

用語「含む(comprise)」及びこの変形は、これらの用語が明細書及び請求項において現れた場合、制限的な意味を有していない。係る用語は、記載の工程若しくは要素、又は工程若しくは要素の群を包含することを意味するが、いかなる他の工程若しくは要素、又は工程若しくは要素の群を排除することを意味しないものと理解されよう。「からなる(consisting of)」とは、語句「からなる」に続くいかなるものも包含され、かつそれらに限定されることを意味する。したがって、語句「からなる」は、列挙された要素が必要又は必須であって、その他の要素が存在し得ないことを示す。「から本質的になる(consisting essentially of)」とは、この語句に続いて列挙された任意の要素を含むこと、及び列挙された要素に関して本開示で特定した活性又は作用に干渉しないか、又は寄与する他の要素に限定されることを意味する。したがって、語句「から本質的になる」は、列挙された要素は必要又は必須であるが、他の要素は任意選択的であって、列挙された要素の活性又は作用に実質的に影響を及ぼすか否かに応じて、存在しても、存在しなくてもよいことを意味する。

「好ましい(preferred)」及び「好ましくは(preferably)」という語は、特定の状況下で、特定の効果をもたらし得る本開示の請求項のことを指す。しかしながら、同一又は他の環境下で、他の請求項もまた、好ましい可能性がある。更に、1つ又は2つ以上の好ましい請求項の説明は、他の請求項が有用ではないことを示唆するものではなく、本開示の範囲から他の請求項を除外することを目的としたものではない。

本願では、「a」、「an」、及び「the」などの用語は、1つの実体のみを指すことを意図するものではなく、具体例を例示のために用いることができる一般分類を含む。「a」、「an」、及び「the」という用語は、「少なくとも1つの」という用語と同じ意味で使用される。列挙を伴った、「の少なくとも1つ(at least one of)」及び「の少なくとも1つを含む(comprises atleast one of)」という語句は、その列挙の項目の任意の1つ、又は、その列挙の項目の2つ以上の任意の組み合わせを指す。

本明細書で使用するとき、用語「又は」は、内容により、そうでないことが明確に指摘されていないかぎり、一般的に「及び/又は」を含む通常の意味で使用される。

用語「及び/又は」は、列挙された要素の1つ若しくは全てを、又は列挙された要素の任意の2つ以上の組み合わせを意味する。

また、本明細書においては、全ての数は「約」という用語で修飾されたとみなされ、好ましくは「厳密に」という用語で修飾されたとみなされる。本明細書で測定された量に関して使用されるところの用語「約」は、測定を行い、測定の目的及び使用した測定装置の精度に見合う注意を払った当業者によって期待される測定された量における変動を指す。

また本明細書において、端点による数値範囲への言及には、その範囲内に包含される全ての数値及び端点が含まれる(例えば、1〜5には、1、1.5、2、2.75、3、3.80、4、5などが含まれる)。

本願で使用するとき、「室温」という用語は、約20℃〜約25℃又は約22℃〜約25℃の温度を指す。

本開示の上記の概要は、開示される実施形態のそれぞれ、又は本開示の全ての実現形態を説明することを目的としたものではない。以下の説明は、例示的な実施形態をより具体的に例示するものである。本出願の全体を通じていくつかの箇所で、例の列挙によって指針が与えられるが、これらの例は様々な組み合わせで使用することができる。いずれの場合も、記載される列挙は、あくまで代表的な一群としてのみの役割を果たすものであって、排他的な列挙として解釈されるべきではない。

本開示は、フィルム、ビーズ、成型品、及び繊維(例えば、ウェットワイプなどのワイプの作製に使用する繊維)などの物品の作製に使用する組成物、及びその組成物を作製する方法を提供する。本ウェットワイプは、清掃用又は消毒用ワイプ(例えば、抗ウイルス及び/又は抗菌性及び/又は抗カビ性のワイプなどの抗微生物ワイプなど)として使用できる。重要なことに、本開示のウェットワイプは、貯蔵寿命安定性において有利である。

本開示の組成物は、脂肪族ポリエステルと、未反応エポキシ化脂肪エステルと、収縮低減添加剤と、を含む。特定の実施形態においては、本開示の組成物(即ち、物質の組成)は、少なくとも2重量%の未反応エポキシ化脂肪エステルであって、該エポキシ化脂肪エステルは、該エポキシ化脂肪エステルの総重量に対して、4.7重量%を超えるオキシラン酸素を有する、未反応エポキシ化脂肪エステルと、0を超えかつ最大で10重量%の収縮低減添加剤と、を含み、該オキシラン酸素の重量パーセント以外の、各重量パーセントは、該混合物(即ち、脂肪族ポリエステルと、エポキシ化脂肪エステルと、収縮低減添加剤と、任意選択的な添加剤)の総重量に対するものである。

このような組成物は、混合物(ブレンド、調合済混合物、などであってもよい)の形態であってよく、ここで、前記未反応エポキシ化脂肪エステルは、脂肪族ポリエステル内に均一に分配又は分散されている。即ち、未反応エポキシ化脂肪エステルと脂肪族ポリエステルは、化学結合が形成される形で、互いにあまり反応しない。即ち、脂肪族ポリエステルに対して、このエポキシ化脂肪エステルは、「未反応」である。

ここで、未反応エポキシ化脂肪エステルは、通常の熱処理の間は、脂肪族ポリエステルとあまり反応しないものであり、脂肪族ポリエステルの分子量、又は対応する混合物の粘度をあまり増加させない。この場合において、「未反応」エポキシ化脂肪エステルは、脂肪族ポリエステルとの混合物中にあるときに(熱処理の後であっても)、熱処理済混合物の溶液のゲル透過クロマトグラフィー(GPC)による分析に基づき、エポキシ化脂肪エステルの少なくとも80%、又は少なくとも90%、又は少なくとも95%が、「自由な」又は未反応状態のままである。

それ故、本開示は、脂肪族ポリエステルを含む組成物の加水分解安定性を向上させ、収縮を低減させるプロセスを提供し、ここで本方法は、脂肪族ポリエステルと、未反応エポキシ化脂肪エステルと、収縮低減添加剤と、を含む成分を混合することを含む。特定の実施形態において、収縮低減添加剤は、0を超えかつ最大で10重量%の量で存在し、この場合、未反応エポキシ化脂肪エステルは、少なくとも2重量%(又は少なくとも5重量%)の量で存在し、エポキシ化脂肪エステルの総重量に対して、少なくとも4.7重量%のオキシラン酸素を有し、オキシラン酸素の重量パーセント以外の、各重量パーセントは、混合物(例えば(ie. g.)、脂肪族ポリエステルと、エポキシ化脂肪エステルと、収縮低減添加剤と、任意選択的な添加剤)の総重量に対するものである。このような混合物を形成することにおいて、脂肪族ポリエステルとエポキシ化脂肪エステルとの間の反応はあまり起こらない。

混合物形態の本開示の組成物を、物品の作製に使用可能なコンパウンディング、共押出、又は溶媒ベースの方法によって、物品にすることができる。本開示の組成物を用いて作製した物品としては、成型ポリマー物品、ポリマーシート、フィルム、繊維、ビーズ、多孔性膜、ポリマーフォームなどが挙げられる。

特定の実施形態においては、本開示の組成物を使用して、ウェブ(即ち、シート様又は布地様構造を形成する絡みあった繊維のネットワーク)を形成する、連続的な繊維が形成され、このウェブは、特に、不織布ウェブ(即ち、機械的な係り合い、熱可塑性繊維の融着、天然又は合成ポリマー樹脂などの好適な結合物による結合、又はこれらの組み合わせにより、一体に保持される、(一方向に又はランダムに配向された)ポリマー繊維のアセンブリ)である。

この繊維は、様々な手法、特に溶融加工法にて作製することができる。例示的な繊維は、メルトブローン繊維及びスパンボンド繊維である。

この繊維から作製したウェブは、織布、不織布、編まれたウェブであってよい。繊維には、無限長さの繊維(例えばフィラメント)、不連続長さの繊維(例えばステープルファイバー)、及びマルチフィラメント糸が含まれる。不織布ウェブを作製する好適な製造プロセスとしては、カーディング、メルトブローン、ウェットレイド、エアレイド、又はスパンボンドなどが挙げられるが、これらに限定されない。ウェブは、単層構造であってもよいし、SMS(スパンボンド、メルトブローン、スパンボンド)又はSMMSウェブなどの複層構造であってもよい。

スパンボンド不織布生地を作製する一般的な方法は、当該技術分野で周知である。スパンボンド不織布ウェブを作製する例示的なプロセスが、米国特許第7,470,389号(Berrigan et al.)に記載されている。概ね、規則的なパターンに配列した複数のオリフィスを有し、加工チャンバを通って方向づけられた紡糸パックからフィラメント流を押し出す。続いて、このフィラメント流を冷却し、高速のエアージェットで引き伸ばして、ランダムに回収ベルト上に堆積させる。この回収ベルトは、一般的に多孔質である。回収ベルトの下方に真空装置を配置して、回収ベルト上へ繊維が堆積しやすいようにすることができる。(例えば、加熱したロールに適用するか、又は高温の空気を通すかによって)熱接着して、ポリマーを部分的に溶融させ、繊維を一体に融着させることで、回収された塊(ウェブ)に強度と一体性を付与することができる。例えば、米国特許第4,808,467号(Israel et al.)に記載されているように、水流交絡などの、機械的な結合プロセスにより、ウェブを更に結合させて、強度及び他の特性を向上させてもよい。

特定の実施形態においては、本開示の組成物を使用して作製する繊維は、微細繊維であり、このような繊維の集団では、メジアン繊維径が50μm以下、又は25μm以下、又は20μm以下、又は10μm以下、又は5μm以下となっている。特定の実施形態においては、この繊維は、極細繊維(microfiber)であり、このような繊維の集団では、メジアン繊維径が少なくとも1μmかつ100μm以下となっている。特定の実施形態においては、この繊維は、超極細繊維であり、このような繊維の集団では、メジアン繊維径が2μm以下となっている。特定の実施形態においては、この繊維は、サブマイクロメートル繊維であり、このような繊維の集団では、メジアン繊維径が1μm以下となっている。

本組成物は、脂肪族ポリエステルと、本組成物の加水分解安定性を(そして、それ故、本組成物の「貯蔵寿命」をも)向上させる未反応エポキシ化脂肪エステルなどの添加剤と、収縮低減剤(例えば、熱加工収率を向上させるもの)と、を含む。

脂肪族ポリエステルを含む組成物の加水分解安定性における向上は、ウェブを形成する繊維とした組成物の(特に水性媒体内でエージングした後の)引張り強度及び/又は寸法安定性の向上から実証することができる。

典型的には、引張り強度における向上とは、本開示の組成物の繊維で作製したウェブが、(実施例セクションで例示するような水性の清掃溶液及び/又は消毒溶液中で)温度135°F(57℃)にて少なくとも25日間に渡ってエージングした後の引張り強度において、このような添加剤を含まない同一の脂肪族ポリエステルの繊維から作製したウェブと比較して、10%を超える増加を示すことを意味する。

典型的には、寸法安定性における向上とは、本開示の組成物の繊維で作製したウェブが、無抑制(自由に動ける)条件で、繊維のガラス転移温度を超えるが繊維の融点よりは低い温度まで加熱されたときに、このような添加剤を含めずに作製した同一の脂肪族ポリエステルの繊維から作製したウェブと比較して、ウェブ平面において、10%以下(好ましくは、5%以下)だけ収縮した少なくとも1つの寸法を有することを意味する。

しかしながら、エポキシ化植物油などのエポキシ化脂肪エステルは、脂肪族ポリエステルの結晶化度を顕著に減少させ得る可塑剤であることが周知であることから、このような混合物は、収縮の問題を呈する場合がある。それ故、収縮低減添加剤を添加して、収縮を低減させることにより、各特性のバランスをとる。典型的には、収縮の低減とは、このような収縮低減添加剤を含めずに作製した同一の脂肪族ポリエステルとエポキシ化脂肪エステルの混合物の繊維から作製したウェブと比較して、収縮が5%を超えて減少することを意味する。

脂肪族ポリエステル
本開示の実施形態において有用な脂肪族ポリエステルとしては、ポリ(ヒドロキシアルカノエート)のホモポリマー及びコポリマー、並びに、1種類又は2種類以上のポリオールと1種類又は2種類以上のポリカルボン酸との反応生成物から誘導されるこれらの脂肪族ポリエステルのホモ及びコポリマーが挙げられ、これは典型的には、1種類又は2種類以上のアルカンジオールと1種類又は2種類以上のアルカンジカルボン酸(又はアシル誘導体)との反応生成物から形成される。脂肪族ポリエステルは、更に、分枝鎖、星型及びグラフトホモ及びコポリマーを形成するために、多官能性ポリオール、例えば、グリセリン、ソルビトール、ペンタエリスリトール及びこれらの組み合わせから誘導してもよい。

代表的な脂肪族ポリエステルは、ポリ(乳酸)、ポリ(グリコール酸)、ポリ(乳酸−コ−グリコール酸)、ポリブチレンサクシネート、ポリエチレンアジペート、ポリヒドロキシブチレート、ポリヒドロキシバレレート、これらのブレンド、及びこれらのコポリマーである。脂肪族ポリエステルの特に有用な一群は、ヒドロキシ酸の縮合又は開環重合により誘導されるポリ(ヒドロキシアルカノエート)又はその誘導体である。好適なポリ(ヒドロキシアルカノエート)は、式(I)
H(O−R−C(O)−)OH (I)
(式中、Rは、1〜20個の炭素原子、好ましくは1〜12個の炭素原子、より好ましくは1〜6個の炭素原子を有する直鎖又は分枝鎖であってよいアルキレン部分であり、nはこのエステルがポリマーとなるような数であり、好ましくは、この脂肪族ポリエステルの分子量が少なくとも8,000ダルトン(Da)となるような数である)で表すことができる。

式(I)において、Rは、1個又は2個以上のカテナリー(即ち、鎖内の)エーテル酸素原子を更に含んでよい。即ち、Rは、カテナリー(炭素鎖内の炭素原子に結合する)酸素原子によって、任意選択的に置換されていてもよい。一般に、ヒドロキシ酸のR基は、ペンダントヒドロキシル基が一級又は二級ヒドロキシル基であるようなものである。

有用なポリ(ヒドロキシアルカノエート)としては、例えば、ポリ(3−ヒドロキシブチレート)、ポリ(4−ヒドロキシブチレート)、ポリ(3−ヒドロキシバレレート)、ポリ(乳酸)(ポリラクチドとして知られる)、ポリ(3−ヒドロキシプロパノエート)、ポリ(4−ヒドロキシペンタノエート)、ポリ(3−ヒドロキシペンタノエート)、ポリ(3−ヒドロキシヘキサノエート)、ポリ(3−ヒドロキシヘプタノエート)、ポリ(3−ヒドロキシオクタノエート)、ポリジオキサノン、ポリカプロラクトン、及びポリグリコール酸(即ち、ポリグリコリド)のホモポリマー及びコポリマーが挙げられる。

2種類以上の上記ヒドロキシ酸のコポリマー、例えば、ポリ(3−ヒドロキシブチレート−コ−3−ヒドロキシバレレート)、ポリ(ラクテート−コ−3−ヒドロキシプロパノエート)、ポリ(グリコリド−コ−ジオキサノン)及びポリ(乳酸−コ−グリコール酸)を用いてもよい。

また、2種類以上のポリ(ヒドロキシアルカノエート)のブレンド、並びに1種類又は2種類以上の他のポリマー及び/又はコポリマーとのブレンド(混和性又は非混和性)も使用することができる。

本開示で有用な脂肪族ポリエステルとしては、ホモポリマー、ランダムコポリマー、ブロックコポリマー、星型分枝ランダムコポリマー、星型分枝ブロックコポリマー、樹状コポリマー、超分枝コポリマー、グラフトコポリマー及びこれらの組み合わせを挙げることができる。

脂肪族ポリエステル類の別の有用な一群として、1種類又は2種類以上のアルカンジオール類と1種類又は2種類以上のアルカンジカルボン酸類(若しくはアシル誘導体類)との反応生成物に由来する脂肪族ポリエステル類が挙げられる。係るポリエステル類は、次の式(II)を有する。
HO(−C(O)−R”−C(O)−)−[OR’O−C(O)−R”−C(O)−O]・(R’O)H (II)
式中、R’及びR”は、1〜20個の炭素原子、好ましくは1〜12個の炭素原子を有する直鎖又は分枝鎖であってよいアルキレン部分をそれぞれ表し、mはこのエステルがポリマーとなるような数であり、好ましくは、この脂肪族ポリエステルの分子量が少なくとも8,000ダルトン(Da)となるような数であり、各nは、独立して0又は1である。

式(II)において、R’及びR”は、1個又は2個以上のカテナリー(即ち、鎖内の)エーテル酸素原子を更に含んでよい。脂肪族ポリエステルの例としては、(a)以下の二塩基酸(又はその誘導体):コハク酸、アジピン酸、1,12ジカルボキシドデカン、フマル酸、グルタル酸(glutartic acid)、ジグリコール酸、及びマレイン酸のうちの1種類又は2種類以上と;(b)以下のジオール:エチレングリコール、30ポリエチレングリコール、1,2−プロパンジオール、1,3−プロパンジオール、1,2−プロパンジオール、1,2−ブタンジオール、1,3−ブタンジオール、1,4−ブタンジオール、2,3−ブタンジオール、1,6−ヘキサンジオール、5〜12個の炭素原子を有する1,2アルカンジオール、ジエチレングリコール、300〜10,000ダルトン、好ましくは400〜8,000ダルトンの分子量を有するポリエチレングリコール、300〜4000ダルトンの分子量を有するプロピレングリコール、エチレンオキシド、プロピレンオキシド又はブチレンオキシドから誘導されるブロック又はランダムコポリマー、ジプロピレングリコール及びポリプロピレングリコールのうちの1種類又は2種類以上と;(c)任意選択的に、少量(即ち0.5〜7.0モル%)の、グリセロール、ネオペンチルグリコール及びペンタエリスリトールのような2個を超える官能基を有するポリオール、から誘導されるホモ及びコポリマーが挙げられる。このようなポリマーとしては、ポリブチレンサクシネートホモポリマー、ポリブチレンアジペートホモポリマー、ポリブチレンアジペート−スクシネートコポリマー、ポリエチレンスクシネート−アジペートコポリマー、ポリエチレングリコールスクシネートホモポリマー、及びポリエチレンアジペートホモポリマーが挙げられる。

市販の脂肪族ポリエステルとしては、ポリ(ラクチド)、ポリ(グリコリド)、ポリ(ラクチド−コ−グリコリド)、ポリ(L−ラクチド−コ−トリメチレンカーボネート)、ポリ(ジオキサノン)、ポリ(ブチレンサクシネート)及びポリ(ブチレンアジペート)が挙げられる。

好ましい脂肪族ポリエステルとしては、半結晶質ポリ乳酸から誘導されるものが挙げられる。ポリ(乳酸)即ちポリラクチドは、その主要分解産物として乳酸を有しており、これは、一般に自然界に見られ、非毒性であり、食品、製薬、及び医療業界で広く使用されている。ポリマーは、乳酸二量体であるラクチドの開環重合によって調製され得る。任意選択で、乳酸は、光学活性を有し、L,L−ラクチド、D,D−ラクチド、D,L−ラクチド(メソラクチド)、及び、L,L−とD,D−のラセミ混合物の4つの異なる形態で現れる二量体である。これらのラクチドを純粋な化合物として、又はブレンドとして重合させることにより、立体化学的に様々な、また結晶化度などの物理特性において様々なポリ(ラクチド)ポリマーを得ることができる。L,L又はD,D−ラクチドからは半結晶質ポリ(ラクチド)が生じるが、D,L−ラクチドから誘導されるポリ(ラクチド)は非晶質である。ポリラクチドは、好ましくは、ポリマーの固有結晶化度を最大にする、高い鏡像異性体比を有する。ポリ(乳酸)の結晶化度の程度は、ポリマー主鎖の規則性及び他のポリマー鎖と結晶化する能力に基づく。比較的少量の片方の鏡像異性体(D−など)が反対の鏡像異性体(L−など)と共重合する場合、ポリマー鎖は、不規則な形状となり、結晶性が低下する。これらの理由から、結晶性が好ましい場合、結晶性を最大にするために、片方の異性体が少なくとも85%、より好ましくは片方の異性体が少なくとも90%、又は更に好ましくは片方の異性体が少なくとも95%であるポリ(乳酸)を有することが望ましい。D−ポリラクチドとL−ポリラクチドとの、およそ等モルのブレンドもまた有用である。このブレンドは、D−ポリ(ラクチド)及びL−ポリ(ラクチド)のいずれか単独(およそ160℃)より高い融点(およそ210℃)を有する固有の結晶構造を形成し、改善された熱安定性を有する(H.Tsuji et al.、Polymer,40(1999)6699〜6708を参照されたい)。

また、ポリ(乳酸)と他の脂肪族ポリエステルとの、ブロックコポリマー及びランダムコポリマーを含むコポリマーを使用してもよい。有用なコモノマーには、グリコリド、β−プロピオラクトン、テトラメチルグリコリド、β−ブチロラクトン、γ−ブチロラクトン、ピバロラクトン、2−ヒドロキシ酪酸、α−ヒドロキシイソ酪酸、α−ヒドロキシ吉草酸、α−ヒドロキシイソ吉草酸、α−ヒドロキシカプロン酸、α−ヒドロキシエチル酪酸、α−ヒドロキシイソカプロン酸、α−ヒドロキシ−β−メチル吉草酸、α−ヒドロキシオクタン酸、α−ヒドロキシデカン酸、α−ヒドロキシミリスチン酸、及びα−ヒドロキシステアリン酸が挙げられる。また、ポリ(乳酸)と、1種類又は2種類以上の他の脂肪族ポリエステル、又は1種類又は2種類以上の他のポリマーとのブレンドを使用してもよい。有用なブレンドの例としては、ポリ(ビニルアルコール)、ポリエチレングリコール、ポリスクシネート、ポリエチレンオキシド、ポリカプロラクトン、及びポリグリコリドから選択される第2のポリマーを含む、ポリ(乳酸)が挙げられる。

例えば、ポリ(ラクチド)は、米国特許第6,111,060号(Gruber et al.)、同第5,997,568号(Liu)、同第4,744,365号(Kaplan et al.)、同第5,475,063号(Kaplan et al.)、同第6,143,863号(Gruber et al.)、同第6,093,792号(Gross et al.)、同第6,075,118号(Wang et al.)、同第5,952,433号(Wang et al.)、同第6,117,928号(Hiltunen et al.)、及び同第5,883,199号(McCarthy et al.)、国際公開WO 98/124951号(Tsai et al.)、同第WO 00/112606号(Tsai et al.)、WO 84/04311号(Lin)、同第WO 99/50345号(Kolstad et al.)、同第WO99/06456号(Wang et al.)、WO 94/07949号(Gruber et al.)、同第WO 96/122330号(Randall et al.)、及び同第WO 98/50611号(Ryan et al.)に記載されているように調製することができる。また、J.W.Leenslag et al.,J.Appl.Polymer Science,vol.29(1984),pp 2829〜2842、及びH.R.Kricheldorf,Chemosphere,vol.43(2001)49〜54を参照してもよい。

ポリマーの分子量は、ポリマーが溶融体として加工され得るように選択すべきである。「溶融加工可能」とは、脂肪族ポリエステルが流体であるか、又は、物品を加工するのに(例えば、微細繊維を作製する)用いられる温度で汲み上げることができる若しくは押し出すことができ、その温度で物理的特性が目的とする用途には使用できない程乏しくなるまでは分解しない若しくはゲル化しないことを意味する。したがって、材料の多くは、スパンボンド、ブローンマイクロファイバーなどの溶融プロセスを使用して、不織布にすることができる。特定の実施形態はまた、射出成形することもできる。

特定の実施形態においては、好適な脂肪族ポリエステルの(数平均)分子量は、少なくとも8,000、又は少なくとも10,000、又は少なくとも30,000、又は少なくとも50,000ダルトンである。高分子量ポリマーは、一般に、溶融加工されたポリマー及び溶媒流延ポリマーの両方で、より良好な機械的特性を有するフィルムを生じるが、過剰な粘度は一般的に望ましくない。脂肪族ポリエステルの分子量は、典型的には、ゲル透過クロマトグラフィー(GPC)で測定して、1,000,000ダルトン(Da)以下、好ましくは500,000ダルトン以下、最も好ましくは300,000ダルトン以下である。

ポリ(ラクチド)については、例えば、分子量は、8,000〜1,000,000ダルトンであり得、好ましくは30,000〜300,000ダルトン(Da)である。

脂肪族ポリエステルは、他のポリマーとブレンドされてもよいが、典型的には本開示の組成物中に、本開示の組成物の少なくとも50重量パーセント、又は少なくとも60重量パーセント、又は少なくとも65重量パーセント、又は少なくとも80重量パーセント(重量%)の量で存在する。

エポキシ化脂肪エステル
エポキシ化植物油などのエポキシ化脂肪エステルは、ポリマーを熱処理しやすくするための可塑剤(又は加工助剤)として一般的に知られている。本開示の繊維で使用するために好適なエポキシ化脂肪エステルは、加水分解安定化剤として使用される。即ち、好適なエポキシ化脂肪エステルは、脂肪族ポリエステルを含む繊維の加水分解安定性を向上させることができる一方で、混合の際、更にはコンパウンディング及び押出加工などの熱処理の際であっても脂肪族ポリエステルとあまり反応することのないものである。即ち、エポキシ化脂肪エステルと脂肪族ポリエステルとの間で大いに反応が起こって、脂肪族ポリエステルの分子量及び対応する混合物の粘度が顕著に増加するといったことがない。具体的には、エポキシ化脂肪エステルと脂肪族ポリエステルの混合物(具体的には、熱処理されたもの)は、自由な(未反応)エポキシ化脂肪エステルを(GPC分析に基づいて)少なくとも80%、又は少なくとも90%、又は少なくとも95%含む。

特に熱処理の際において、脂肪族ポリエステルとエポキシ化脂肪エステルとの間の反応(例えば、架橋)がわずかであるか又は起こっていなかったとしても、脂肪族ポリエステルの存在において自由なエポキシ化脂肪エステルが存在することにより、調合した脂肪族ポリエステルがエージングさせられるか、又は水系媒体中に長期間に渡って分散させられた場合に、加水分解速度が低下する。これは、典型的には、未反応エポキシ化脂肪エステルによって脂肪族ポリエステルの加水分解速度が低下することで生じる。

本開示の組成物は、典型的には、エポキシ化脂肪エステルの総重量に対して、4.7重量%を超えるオキシラン酸素を有する、エポキシ化脂肪エステルを含む。特定の実施形態においては、オキシラン酸素の量は、エポキシ化脂肪エステルの総重量に対して、オキシラン酸素が少なくとも5.5重量%、少なくとも6重量%、又は少なくとも9重量%である。特定の実施形態においては、オキシラン酸素の量は、エポキシ化脂肪エステルの総重量に対して、オキシラン酸素が最大で23重量%、又は最大で11重量%である。特定の実施形態においては、オキシラン酸素の量は、エポキシ化脂肪エステルの総重量に対して、オキシラン酸素が6重量%〜11重量%である。

特定の実施形態においては、エポキシ化脂肪エステルは、エポキシ化ポリ(脂肪エステル)(即ち、ジ−若しくはトリ−エステル、又はそれ以上の官能化エステル)である。特定の実施形態においては、エポキシ化植物油は、ジ−エステル、トリ−エステル、又はこれらの組み合わせを含む。特定の実施形態においては、エポキシ化植物油は、トリ−エステル、又はそれ以上の官能化エステルを含む。

特定の実施形態においては、エポキシ化脂肪エステルは、エポキシ化多価不飽和脂肪酸のトリグリセリドである。エポキシ化多価不飽和脂肪酸は、多価不飽和脂肪酸のトリグリセリドのエポキシ化によって作製することができ、この多価不飽和脂肪酸のトリグリセリドは、グリセロール及び多価不飽和脂肪酸のエステル化により作製することができる。好ましくは、多価不飽和脂肪酸は、エポキシ化プロセスにより得られるオキシラン酸素を多くするため、2つ以上の不飽和二重結合を有する。特定の実施形態においては、多価不飽和脂肪酸は、リノール酸、リノールエライジン酸、α−リノレン酸、アラキドン酸、エイコサペンタエン酸、ドコサヘキサエン酸、及びこれらの組み合わせから選択される。このような好ましい多価不飽和脂肪酸の化学構造を次の表に示す。

特定の実施形態においては、エポキシ化脂肪エステルは、エポキシ化植物油である。特定の実施形態においては、エポキシ化植物油は、エポキシ化大豆油、エポキシ化綿実油、エポキシ化小麦胚芽油、エポキシ化ソヤオイル、エポキシ化トウモロコシ油、エポキシ化ひまわり油、エポキシ化ベニバナ油、エポキシ化大麻油、エポキシ化アマニ油、及びこれらの組み合わせからなる群から選択される。

特定の実施形態においては、エポキシ化植物油の調製に使用する植物油の多価不飽和値は、総油量100グラム当たり少なくとも50グラム、好ましくは、総油量100グラム当たり少なくとも60グラムである。多価不飽和値とは、総油量100グラム(飽和油+一不飽和油+多価不飽和油で100g)における多価不飽和油の重量である。エポキシ化植物油を作製するために有用な様々な油の多価不飽和値を次の表に示す。この表では、総油量100グラム当たり少なくともおよそ50グラムの多価不飽和値を有するエポキシ化植物油の例として、小麦胚芽、ひまわり油、ベニバナ油、及び大麻油が挙げられることが示されている。

特定の実施形態においては、本開示の組成物(即ち、混合物)は、典型的には、混合物(即ち、脂肪族ポリエステルと、エポキシ化脂肪エステルと、収縮低減添加剤と、任意選択的な添加剤)の総重量に対して、少なくとも2重量%、又は少なくとも3重量%、又は少なくとも5重量%のエポキシ化脂肪エステルを含む。特定の実施形態においては、本開示の組成物(即ち、混合物)は、典型的には、混合物の総重量に対して、最大で20重量%、又は最大で10重量%のエポキシ化脂肪エステルを含む。特定の実施形態においては、本開示の組成物(即ち、混合物)は、典型的には、混合物の総重量に対して、最大で7重量%(また、一部の実施形態においては、7重量%未満)、又は最大で6重量%のエポキシ化脂肪エステルを含む。

収縮低減添加剤
「収縮低減」又は「抗収縮(antishrink又はantishrinkage)」添加剤(即ち、薬剤)とは、均一な繊維ウェブの熱プロセスよる形成の際に好適な量で脂肪族ポリエステルに添加されると、無抑制(自由に動ける)状態で、繊維のガラス転移温度を超えるが繊維の融点よりは低い温度まで加熱されたときに、その収縮低減添加剤を含めずに同一の成分で同一の方法で作製したウェブと比較して、ウェブ平面において、10%以下だけ収縮した少なくとも1つの寸法を有するウェブをもたらす、熱可塑性ポリマー添加剤を指す。

好ましい収縮低減添加剤(即ち、収縮低減剤)は、この混合物を23〜25℃に冷却したときに、脂肪族ポリエステル内に分散相を形成する。また、好ましい収縮低減添加剤は、示差走査熱量測定法により決定した半結晶質熱可塑性ポリマーである。

有用であり得る半結晶質ポリマーとしては、ポリエチレン、直鎖低密度ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリオキシメチレン、ポリ(フッ化ビニリデン)、ポリ(メチルペンテン)、ポリ(エチレン−クロロトリフルオロエチレン)、ポリ(フッ化ビニル)、ポリ(エチレンオキシド)(PEO)、ポリ(エチレンテレフタレート)、ポリ(ブチレンテレフタレート)、ポリカプロラクトン(PCL)などの半結晶質脂肪族ポリエステル、ナイロン6及びナイロン66などの脂肪族ポリアミド、サーモトロピック液晶ポリマー、並びにこれらの組み合わせが挙げられる。特に好ましい半結晶質ポリマーとしては、ポリプロピレン、ナイロン6、ナイロン66、ポリカプロラクトン及びポリ(エチレンオキシド)が挙げられる。

これらの収縮低減添加剤は、PLA不織布の収縮を劇的に低減することが示されている。これらの添加剤の分子量(MW)は、収縮低減を促進できる能力に影響し得る。好ましくは、分子量は約10,000ダルトンを超え、好ましくは20,000ダルトンを超え、より好ましくは40,000ダルトンを超え、最も好ましくは50,000ダルトンを超える。

また、熱可塑性収縮低減ポリマーの誘導体も好適であり得る。好ましい誘導体は、ある程度の結晶化度を保持する傾向を有する。例えば、PCL及びPEOなどの反応性末端基を有するポリマーを反応させて、例えば、ポリエステル又はポリウレタンを形成させることができ、これにより、平均分子量を増加させることができる。

非常に好ましい収縮低減添加剤は、ポリオレフィンであり、特にポリプロピレンである。本開示の実施形態の実施において有用なポリプロピレンホモポリマー及びコポリマーは、ポリプロピレンホモポリマー、ポリプロピレンコポリマー、及びこれらのブレンド(総じてポリプロピレンポリマー)から選択され得る。ホモポリマーは、アタクチックポリプロピレン、アイソタクチックポリプロピレン、シンジオタクチックポリプロピレン、及びこれらのブレンドであり得る。コポリマーは、ランダムコポリマー、統計コポリマー、ブロックコポリマー、及びこれらのブレンドであり得る。特に、本明細書に記載のポリマーブレンドとしては、インパクトコポリマー、エラストマー及びプラストマーが挙げられ、これらの任意のものがポリプロピレンとの物理的なブレンド又はその場でのブレンドであり得る。

ポリプロピレンポリマーは、スラリー、溶液、気相、又は他の好適なプロセスによるものなどの当該技術分野で既知の任意の方法により製造することができ、ポリオレフィンの重合に好適な触媒系、例えばチーグラー・ナッタ触媒、メタロセン触媒、その他の好適な触媒系、又はこれらの組み合わせを用いることができる。好ましい実施形態では、このポリプロピレンポリマーは、米国特許第6,342,566号(Burkhardt et al.)、同第6,384,142号(Burkhardt et al.)、及び国際公開第03/040201号(Stevens et al.)、同第97/19991号(McAlpin et al.)並びに米国特許第5,741,563号(Mehta et al.)に記載されている触媒、活性化剤及びプロセスによって作製される。同様に、このポリプロピレンポリマーは、米国特許第6,342,566号及び同第6,384,142号に記載されているプロセスによって調製され得る。このような触媒は当該技術分野において周知であり、例えば、ZIEGLER CATALYSTS(Gerhard Fink、Rolf Mulhaupt及びHans H.Brintzinger編、Springer−Verlag 1995)、Resconi et al.、Selectivity in Propene Polymerization with Metallocene Catalysts,100 CHEM.REV.20 1253〜1345(2000)、及びI,II METALLOCENE−BASED POLYOLEFINS(Wiley & Sons 2000)に記載されている。

本開示の一部の実施形態の実施において有用なポリプロピレンポリマーには、Exxon−Mobil Chemical Company(Houston,TX)から商品名ACHIEVE及びESCORENEで販売されているもの、並びにTotal Petrochemicals(Hoston,TX)から販売されている様々なポリプロピレン(コ)ポリマーが挙げられる。

本開示において有用な、現在好ましいプロピレンホモポリマー及びコポリマーは、典型的には、1)ゲル透過クロマトグラフィー(GPC)により測定すると、少なくとも30,000Da、好ましくは少なくとも50,000Da、より好ましくは少なくとも90,000Da、かつ/若しくはゲル透過クロマトグラフィー(GPC)により測定すると、2,000,000 30Da以下、好ましくは1,000,000Da以下、より好ましくは500,000Da以下の重量平均分子量(Mw)、及び/又は、2)1、好ましくは1.6、より好ましくは1.8、かつ/若しくは40以下、好ましくは20以下、より好ましくは10以下、更により好ましくは3以下の多分散性(Mw/Mnとして定義され、式中、MnはGPCにより測定される数平均分子量である)、及び/又は、3)示差走査熱量測定法(DSC)を使用することにより測定すると、少なくとも30℃、好ましくは少なくとも50℃、より好ましくは少なくとも60℃、かつ/若しくは示差走査熱量測定法(DSC)を使用することにより測定すると、200℃以下、好ましくは185℃以下、より好ましくは175℃以下、更により好ましくは170℃以下の融解温度Tm(第2融解)、及び/又は、DSCを使用して測定すると、少なくとも5%、好ましくは少なくとも10%、より好ましくは少なくとも20%、かつ/若しくはDSCを使用して測定すると、80%以下、好ましくは70%以下、より好ましくは60%以下の結晶化度、及び/又は、5)動的機械熱分析(DMTA)により測定すると、少なくとも−40℃、好ましくは少なくとも−10℃、より好ましくは少なくとも−10℃、かつ/若しくは動的機械熱分析(DMTA)により測定すると、20℃以下、好ましくは10℃以下、より好ましくは5℃以下のガラス転移温度(Tg)、及び/又は、6)DSCにより測定すると、180J/g以下、好ましくは150J/g以下、より好ましくは120J/g以下、かつ/若しくはDSCにより測定すると、少なくとも20J/g、より好ましくは少なくとも40J/gの融解熱(Rf)、及び/又は、7)少なくとも15℃、好ましくは少なくとも20℃、より好ましくは少なくとも25℃、更により好ましくは少なくとも60℃、かつ/若しくは120℃以下、好ましくは115℃以下、より好ましくは110℃以下、更により好ましくは145℃以下の結晶化温度(Tc)、を有する。

本開示の組成物(即ち、混合物)は、混合物の総重量に対して、0を超えかつ最大で10重量%の収縮低減添加剤(好ましくは、プロピレンポリマー(ポリ(プロピレン)のホモポリマー及びコポリマーの両方を含む))を含む。特定の実施形態においては、本開示の組成物は、混合物の総重量に対して、少なくとも0.5重量%、又は少なくとも1重量%、又は少なくとも2重量%の収縮低減添加剤を含む。本開示の組成物は、混合物の総重量に対して、最大で5重量%の収縮低減添加剤(好ましくは、プロピレンポリマー(ポリ(プロピレン)のホモポリマー及びコポリマーの両方を含む))を含む。

任意選択的な添加剤
様々な任意選択的な添加剤を本開示の組成物に添加することができる。好適な添加剤は、微粒子、充填剤、安定剤、可塑剤、粘着付与剤、流動性調整剤、硬化速度遅延剤、接着促進剤(シラン、チタン酸塩など)、補助剤、衝撃改質剤、発泡性微小球、熱伝導性粒子、電気伝導性粒子、シリカ、ガラス、粘土、タルク、顔料、着色剤、ガラスビーズ又はバブル、酸化防止剤、蛍光増白剤、抗微生物剤、界面活性剤、湿潤剤、難燃剤、並びに撥水剤(炭化水素ワックス、シリコーン、及びフッ素性化学物質など)を含むが、これらに限定されない。しかしながら、一部の充填剤(即ち、例えば、費用低減のために、又は、あるいは、密度、色、付与質感、有効分解速度及びこれらに類するものなどの他の特性を付与するために、一般に添加されて重量、寸法を増補するか、あるいは、樹脂内の空間を埋める、不溶性有機又は無機材料)は、繊維特性に対して悪影響を及ぼす可能性がある。

使用する場合、充填剤は、微粒子非熱可塑性又は熱可塑性材料であってよい。また、充填剤は、デンプン、リグニン、及びセルロース系ポリマー、天然ゴム、及びこれらに類するものなどの、多くの場合、低費用であることから選択される非脂肪族ポリエステルポリマーであってもよい。これらの充填ポリマーは、ほとんど又は全く結晶化度を有さない傾向がある。

例えば、充填剤、可塑剤及び他の添加剤は、脂肪族ポリエステルに対して3重量%を超える、より確実には5重量%を超える濃度で使用されると、本開示の組成物の繊維のウェブの引張り強度などの物理的特性に顕著な負の影響を有し得る。脂肪族ポリエステル樹脂に対して10重量%を超えると、これらの任意選択的な添加剤は、物理的特性に劇的に負の影響を有し得る。したがって、任意選択的な添加剤の総量は、典型的には、脂肪族ポリエステルの重量に対して、10重量%以下、好ましくは5重量%以下、最も好ましくは3重量%以下である。

ウェットワイプ
本開示の組成物は、ワイプ(具体的には、ウェットワイプ)用の繊維の作製に使用することができる。

「ウェット」ワイプとは、典型的には繊維ウェブ(例えば、不織布ウェブ)である基材を、本水性組成物であらかじめ湿潤させたワイプである。即ち、本水性組成物は、繊維ウェブと接触している。ほとんどの場合、本ワイプは、本水性組成物で飽和(即ち、使用する基材の最大限の吸収能力)している。しかしながら、このことは必要条件ではない場合もある。飽和については、ワイプの吸収能力及び水性処方物次第となるであろう。本ワイプに十分な有効物質を仕込むことができているのであれば、完全に飽和している必要はない場合もある。一部の場合においては、本ワイプは、過飽和となっている(即ち、吸収能力を超える液体を有している)。過飽和は、例えば、過剰に液体組成物を有する容器により本ワイプを提供することで達成される。

典型的には、ウェットワイプは、大抵は過剰量の水性組成物と共に、封止された単回使用用又は複数回使用用の包装又はキャニスタ内に入れて販売される。また、「ウェット」ワイプには、後にユーザが水で湿らせるように、最大で固形分100%の濃縮物でコーティングされたワイプも含まれる。例えば、ワイプに穴をあけてロール状にしたものを容器に入れて提供し、ユーザがその容器に所定量の水を添加して該ワイプロール内へしみこませてもよい。特定の実施形態においては、本水性組成物は、繊維ウェブの重量の少なくとも2倍、又は少なくとも4倍の量で存在する。特定の実施形態においては、本水性組成物は、繊維ウェブの重量の最大で6倍の量で存在する。

ここで、ウェットワイプは、本明細書に記載されるような繊維ウェブと、水と、(該水中に溶解又は分散した)界面活性剤及び/又は殺生物剤と、を含む、水性組成物と、を含む。また、この水性組成物は、水と共にアルコール類(例えば、イソプロパノール)などの1種類又は2種類以上の有機溶媒を含んでいてもよい。本水性組成物は、繊維ウェブと接触している。

例えば、特定の実施形態においては、本開示のウェットワイプは、繊維を含む繊維ウェブであって、該繊維は、脂肪族ポリエステルと、少なくとも2重量%のエポキシ化脂肪エステルであって、このエポキシ化脂肪エステルは、エポキシ化脂肪エステルの総重量に対して、4.7重量%を超えるオキシラン酸素を有する、エポキシ化脂肪エステルと、0を超えかつ最大で10重量%のポリオレフィンと、を含み、ここで、脂肪族ポリエステル、エポキシ化脂肪エステル、及びポリオレフィンは、混合物を形成し、該オキシラン酸素の重量パーセント以外の、該重量パーセントは、該混合物(脂肪族ポリエステルと、エポキシ化脂肪エステルと、ポリオレフィンと、任意選択的な添加剤)の総重量に対するものである、繊維ウェブを含む。

また、本ウェットワイプは、水と界面活性剤及び/又は殺生物剤とを含む水性組成物を含む。本水性組成物のpHは、1〜14であってよい。特定の実施形態においては、本水性組成物は、本水性組成物の総重量に対して、少なくとも0.01重量%、又は少なくとも0.05重量%の界面活性剤及び/又は殺生物剤を含む。特定の実施形態においては、本水性組成物は、本水性組成物の総重量に対して、最大で0.5重量%の界面活性剤及び/又は殺生物剤を含む。

特定の実施形態においては、本水性組成物は、界面活性剤を含み、本ウェットワイプは、清掃用ワイプである。

特定の実施形態においては、本水性組成物は、殺生物剤を含み、本ウェットワイプは、消毒用ワイプである。

特定の実施形態においては、本水性組成物は、殺生物剤と界面活性剤とを含み、本ウェットワイプは、清掃用/消毒用ワイプである。

界面活性剤は、非イオン性、アニオン性、カチオン性、両性(即ち、双性)、又はこれらの組み合わせであってよい。特定の実施形態においては、界面活性剤は、非イオン性界面活性剤である。

アニオン性界面活性剤の例としては、アルコールサルフェート及びスルホネート、アルコールホスフェート及びホスホネート、アルキルサルフェート、アルキルエーテルサルフェート、アルキルフェノキシポリオキシエチレンエタノールの硫酸エステル、アルキルモノグリセリドサルフェート、アルキルスルホネート、アルキルベンゼンスルホネート、アルキルエーテルスルホネート、エトキシル化アルキルスルホネート、アルキルカルボキシレート、アルキルエーテルカルボキシレート、アルキルアルコキシカルボキシレート、アルカンスルホネート、アルキルベンゼンスルホネート、アルキルエステルスルホネート、アルキルサルフェート、アルキルアルコキシル化サルフェート(例えば、ラウリル硫酸ナトリウム)、アルキルカルボキシレート(例えば、ステアリン酸ソルビタン)、スルホネート化アルキルグルコシド(例えば、ナトリウムデシルグルコシド、ヒドロキシプロピルスルホン酸塩、デシルグルコシドヒドロキシプロピルスルホン酸ナトリウム、並びにラウリルグルコシドヒドロキシプロピルスルホン酸ナトリウム)などが挙げられる。

双性界面活性剤の例としては、ベタイン及びスルタイン(例えば、ココナッツベタインなどのC12〜18アルキルジメチルベタイン)、C10〜C16アルキルジメチルベタイン(ラウリルベタイン)、脂肪アシルアミドプロピレン(ヒドロキシルプロピレン)スルホベタイン、ラウリルジメチルカルボキシメチルベタイン、ココアミドプロピルモノナトリウムホスフィタイン(phosphitaine)、ココアミドジナトリウム3−ヒドロキシプロピルホスホベタイン、並びに両性アミンオキシド(例えば、アルキルジメチルアミンオキシド、及びアルキルアミドプロピルアミンオキシド)などが挙げられる。

非イオン性界面活性剤の例としては、エトキシル化アルキルフェノール、エトキシル化脂肪アルコール及びプロポキシル化脂肪アルコール、メチルグルコースのポリエチレングリコールエーテル、脂肪酸のエトキシル化エステル、アルキルポリグルコシド(例えば、カプリルグルコシド(Glucopon 215UPなど)、デシルグルコシド(Glucopon 225DKなど)、ココ−グルコシド(Glucopon 425Nなど)、ラウリルグルコシド(Glucopon 625UPなど)、C9〜C11脂肪酸アルコール系のアルキルグルコシド(APG 325Nなど)の水溶液、ラウレス硫酸ナトリウム&ラウリルグルコシド&ココアミドプロピルベタイン(Plantapon 611Lなど)、脂肪アルコールポリグリコールエーテル(例えば、Dephypon LS54、Dehypon LT104など)、脂肪アルコールエトキシレート(プロポキシレート)、並びにエトキシル化アルキルフェノールなどが挙げられる。

カチオン性界面活性剤の例としては、アミノアミド、4級アンモニウム塩、アミノアミド類(例えば、ステアラミドプロピルエチルジモニウムエトサルフェート、ステアラミドプロピルPG−ジモニウムクロリドホスフェート)、及び4級アンモニウム塩(例えば、セチルアンモニウムクロリド、ラウリルアンモニウムクロリド、ジタロウ(ditallow)ジメチルアンモニウムクロリド)などが挙げられる。

必要に応じて、様々な界面活性剤の組み合わせを使用することができる。

特定の実施形態においては、殺生物剤は、4級アンモニウム塩(例えば、ドデシルジメチルベンジルアンモニウムクロリド、トリデシルジメチルベンジルアンモニウムクロリド、テトラデシルジメチルベンジルアンモニウムクロリド、ペンタデシルジメチルベンジルアンモニウムクロリド、ヘキサデシルジメチルベンジルアンモニウムクロリド、(ブチル)(ドデシル)ジメチルアンモニウムクロリド、(ヘキシル)(デシル)ジメチルアンモニウムクロリド、ジオクチルジメチルアンモニウムクロリド)、ポリヘキサメチルビグアナイド(PHMB)、及びクロルヘキシジングルコナート)、アルデヒド類(例えば、ホルムアルデヒド、グルタルアルデヒド、パラベン)、フェノール性殺生物剤(例えば、米国特許第6,113,933号(Beerse et al.)に記載されているもの、チモール、トリコサン、0−フェニル−フェノール、p−クロロフェノール、ベンジルアルコールなど)、精油(例えば、タイム、レモングラス、シトラス、レモン、オレンジ、アニス、クローブ、ラベンダー、スギなどのハーブ、花、樹木、及び他の植物由来の油)、金属塩(例えば、アルミニウム、銀、亜鉛、銅、及び米国特許第6,113,933号に記載されているものなど)、並びに多価アルコールの(C8〜C12)飽和脂肪酸エステル、多価アルコールの(C12〜C22)不飽和脂肪酸エステル、多価アルコールの(C8〜C12)飽和脂肪エーテル、多価アルコールの(C12〜C22)不飽和脂肪エーテル、アルコキシル化したこれらの誘導体などの抗微生物脂質、(C5〜C12)1,2−飽和アルカンジオール、及び(C12〜C18)1,2−不飽和アルカンジオール、又はこれらの組み合わせ(例えば、米国特許出願公開第2005/0058673号(Scholz et al.)に記載されているものなど)、ペルオキシ酸(例えば、過酸化水素、過酢酸など)、及びアルコール類(例えば、エチルアルコール、プロピルアルコール)などのカチオン性殺生物剤である。

特定の実施形態においては、殺生物剤は、ブドウ球菌属、レンサ球菌属、エシェリキア属、エンテロコッカス属、シュードモナス属、又はこれらの組み合わせなどの細菌を殺菌するか、又はその濃度を減少させることができる化合物である。特定の実施形態においては、この殺生物剤は、黄色ブドウ球菌、表皮ブドウ球菌、大腸菌、緑膿菌、化膿レンサ球菌、又はこれらの組み合わせを殺菌するか、又はその濃度を減少させる抗菌剤である。

所望により様々な殺生物剤を組み合わせて使用してもよい。

例示的実施形態
1.脂肪族ポリエステルと、
少なくとも2重量%の未反応エポキシ化脂肪エステルであって、該エポキシ化脂肪エステルは、該エポキシ化脂肪エステルの総重量に対して、4.7重量%を超えるオキシラン酸素を有する、未反応エポキシ化脂肪エステルと、
0を超えかつ最大で10重量%の収縮低減添加剤と、を含む、組成物であって、
該脂肪族ポリエステル、該エポキシ化脂肪エステル、及び該収縮低減添加剤は、混合物を形成し、
該オキシラン酸素の重量パーセント以外の、各重量パーセントは、該混合物の総重量に対するものである、組成物。
2.前記エポキシ化脂肪エステルは、少なくとも5.5重量%のオキシラン酸素を有する、実施形態1に記載の組成物。
3.前記エポキシ化脂肪エステルは、少なくとも6重量%のオキシラン酸素を有する、実施形態2に記載の組成物。
4.前記エポキシ化脂肪エステルは、少なくとも9重量%のオキシラン酸素を有する、実施形態3に記載の組成物。
5.前記エポキシ化脂肪エステルは、最大で23重量%のオキシラン酸素を有する、実施形態1〜4のいずれか1つに記載の組成物。
6.前記エポキシ化脂肪エステルは、エポキシ化ポリ(脂肪エステル)である、実施形態1〜5のいずれか1つに記載の組成物。
7.前記エポキシ化ポリ(脂肪エステル)は、リノール酸、リノールエライジン酸、α−リノレン酸、アラキドン酸、エイコサペンタエン酸、ドコサヘキサエン酸、及びこれらの組み合わせから選択される不飽和脂肪酸由来のエポキシ化多価不飽和脂肪酸のトリグリセリドである、請求項6に記載の組成物。
8.前記エポキシ化ポリ(脂肪エステル)は、エポキシ化植物油である、実施形態6に記載の組成物。
9.前記エポキシ化植物油は、エポキシ化大豆油、エポキシ化綿実油、エポキシ化小麦胚芽油、エポキシ化ソヤオイル、エポキシ化トウモロコシ油、エポキシ化ひまわり油、エポキシ化ベニバナ油、エポキシ化大麻油、エポキシ化アマニ油、及びこれらの組み合わせからなる群から選択される、実施形態8に記載の組成物。
10.前記エポキシ化植物油は、総油量100グラム当たり少なくとも60グラムの多価不飽和値を有する、植物油由来である、実施形態9に記載の組成物。
11.前記エポキシ化植物油は、ジ−エステル、トリ−エステル、又はこれらの組み合わせを含む、実施形態8〜10のいずれか1つに記載の組成物。
12.前記エポキシ化脂肪エステルは、前記混合物中に、前記混合物の総重量に対して最大で20重量%の量で存在する、実施形態1〜11のいずれか1つに記載の組成物。
13.前記エポキシ化脂肪エステルは、前記混合物中に、前記混合物の総重量に対して最大で10重量%の量で存在する、実施形態12に記載の組成物。
14.前記エポキシ化脂肪エステルは、前記混合物中に、前記混合物の総重量に対して最大で7重量%の量で存在する、実施形態13に記載の組成物。
15.前記エポキシ化脂肪エステルは、前記混合物中に、前記混合物の総重量に対して少なくとも3重量%の量で存在する、実施形態1〜14のいずれか1つに記載の組成物。
16.前記脂肪族ポリエステルは、ポリ(ラクチド)、ポリ(グリコリド)、ポリ(ラクチド−コ−グリコリド)、ポリ(L−ラクチド−コ−トリメチレンカーボネート)、ポリ(ジオキサノン)、ポリ(ブチレンサクシネート)、ポリ(ブチレンアジペート)、ポリ(エチレンアジペート)、ポリヒドロキシブチレート、ポリヒドロキシバレレート、並びに、これらのブレンド及びコポリマーからなる群から選択される、実施形態1〜15のいずれか1つに記載の組成物。
17.前記脂肪族ポリエステルは、ポリ(ラクチド)である、実施形態16に記載の組成物。
18.前記脂肪族ポリエステルは、少なくとも8,000ダルトンの数平均分子量を有する、実施形態1〜17のいずれか1つに記載の組成物。
19.前記脂肪族ポリエステルは、少なくとも10,000ダルトンの数平均分子量を有する、実施形態18に記載の組成物。
20.前記脂肪族ポリエステルは、最大で1,000,000ダルトンの数平均分子量を有する、実施形態18又は19に記載の組成物。
21.前記脂肪族ポリエステルは、少なくとも80重量%の量で存在する、実施形態1〜20のいずれか1つに記載の組成物。
22.前記収縮低減添加剤は、ポリオレフィンである、実施形態1〜21のいずれか1つに記載の組成物。
23.前記ポリオレフィンは、ポリエチレン、直鎖低密度ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリオキシメチレン、ポリ(フッ化ビニリデン)、ポリ(メチルペンテン)、ポリ(エチレン−クロロトリフルオロエチレン)、ポリ(フッ化ビニル)、ポリ(エチレンオキシド)、ポリ(エチレンテレフタレート)、ポリ(ブチレンテレフタレート)、ポリカプロラクトンなどの半結晶質脂肪族ポリエステル、ナイロン6及びナイロン66などの脂肪族ポリアミド、サーモトロピック液晶ポリマー、並びにこれらの組み合わせから選択される、実施形態22に記載の組成物。
24.前記収縮低減添加剤は、ポリプロピレンである、実施形態23に記載の組成物。
25.フィルム形態である、実施形態1〜24のいずれか1つに記載の組成物。
26.繊維形態である、実施形態1〜24のいずれか1つに記載の組成物。
27.前記繊維は、不織布ウェブを形成する、実施形態26に記載の組成物。
28.実施形態27に記載の不織布ウェブと、
水と、(水中に溶解又は分散した)界面活性剤及び/又は殺生物剤と、を含む、水性組成物と、を含む、ウェットワイプであって、該水性組成物は、該不織布ウェブと接触する、ウェットワイプ。
29.繊維を含む繊維ウェブであって、該繊維は、
脂肪族ポリエステルと、
少なくとも2重量%の未反応エポキシ化脂肪エステルであって、該エポキシ化脂肪エステルは、該エポキシ化脂肪エステルの総重量に対して、4.7重量%を超えるオキシラン酸素を有する、未反応エポキシ化脂肪エステルと、
0を超えかつ最大で10重量%の収縮低減添加剤(例えば、ポリオレフィン)と、を含み、
該脂肪族ポリエステル、該エポキシ化脂肪エステル、及び該収縮低減添加剤は、混合物を形成し、
該オキシラン酸素の重量パーセント以外の、各重量パーセントは、該混合物の総重量に対するものである、繊維ウェブと、
該繊維ウェブに接触する水性組成物であって、該水性組成物は、
水と、
(水中に溶解又は分散した)界面活性剤及び/又は殺生物剤と、を含む、水性組成物と、を含む、ウェットワイプ。
30.前記水性組成物のpHは、1〜14である、実施形態28又は29に記載のウェットワイプ。
31.前記水性組成物は、前記水性組成物の総重量に対して、少なくとも0.01重量%の界面活性剤及び/又は殺生物剤を含む、実施形態28〜30のいずれか1つに記載のウェットワイプ。
32.前記水性組成物は、界面活性剤を含み、前記ウェットワイプは、清掃用ワイプである、実施形態28〜31のいずれか1つに記載のウェットワイプ。
33.前記界面活性剤は、非イオン性界面活性剤を含む、実施形態32に記載のウェットワイプ。
34.前記水性組成物は、殺生物剤を含み、前記ウェットワイプは、消毒用ワイプである、実施形態28〜31のいずれか1つに記載のウェットワイプ。
35.前記水性組成物は、殺生物剤と界面活性剤とを含み、前記ウェットワイプは、清掃用/消毒用ワイプである、実施形態28〜31のいずれか1つに記載のウェットワイプ。
36.前記水性組成物は、前記繊維ウェブの重量の少なくとも2倍の量で存在する、実施形態28〜35のいずれか1つに記載のウェットワイプ。
37.脂肪族ポリエステルを含む組成物の加水分解安定性を向上させるプロセスであって、該方法は、
脂肪族ポリエステルと、未反応エポキシ化脂肪エステルと、収縮低減添加剤と、を含む、成分を混合することを含み、
該収縮低減添加剤は、0を超えかつ最大で10重量%の量で存在し、
該エポキシ化脂肪エステルは、少なくとも2重量%の量で存在し、かつ該エポキシ化脂肪エステルの総重量に対して、少なくとも4.7重量%のオキシラン酸素を有し、
該オキシラン酸素の重量パーセント以外の、各重量パーセントは、該混合物の総重量に対するものである、プロセス。
38.前記混合物から繊維を形成することを更に含む、実施形態37に記載のプロセス。
39.前記混合物から繊維を形成することは、スパンボンド繊維を形成することを含む、実施形態38に記載のプロセス。

本発明の目的及び利点は、以下の実施例によって更に例示されるが、これらの実施例において列挙された特定の材料及びその量は、他の諸条件及び詳細と同様に、本発明を不当に制限するように解釈すべきではない。これらの実施例は、単に例示のみを目的とし、添付の請求項の範囲を限定する意図はない。

材料
特に記載のないかぎり、実施例及び本明細書の残りの部分における全ての部、百分率、及び比率などは、重量による。特に断らないかぎり、全ての化学物質は、Sigma−Aldrich Chemical Company(St.Louis、MO)などの化学薬品供給業者から入手したか、又は入手することが可能である。

NatureWorks PLA Polymer 6202D、(PLA)は、NatureWorks LLC(Minnetonka、MN)から入手可能なポリ(乳酸)であった。

ポリプロピレン3860X、(PP)は、Total Petrochemicals(Houston、TX)から入手可能なポリプロピレンホモポリマー(メルトインデックス=100グラム/10分)であった。

ParapleX G−60、(G−60)は、HallStar Company(Chicago、IL)から入手可能なエポキシ化大豆油であった。ParapleX G−60は、製造者によれば、5.5%のオキシラン酸素を有するとされていたが、以下に記載する方法を使用して試験を行った際には、オキシラン酸素含有量は6.75%であることがわかった。

Sterotex NF(ST−NF)は、Abitec(Columbus、OH)から入手可能な水素添加綿実油(CAS登録番号68334−00−9)であった。

VIKOFLEX 7170、(VK−7170)は、Arkema Inc.(King of Prussia、PA)から入手可能な、エポキシ化大豆油(製造者による最少オキシラン酸素含有量は7.0%)であった。VIKOFLEX 7170、(VK−7170)は、以下に記載する方法を使用して試験を行った際には、オキシラン酸素含有量は7.10%であることがわかった。

VIKOFLEX 7190、(VK−7190)は、Arkema Inc.(King of Prussia、PA)から入手可能な、エポキシ化アマニ油(製造者による最少オキシラン酸素含有量は9.0%)であった。

PHBVは、粉末ポリ(b−ヒドロキシブチレート−コ−ヒドロキシバレレート)であり、Zhejiang Biological Materials Company(Zhejiang、China)から市販されている。

CAPMUL 908P、プロピレングリコールモノカプリレートは、Abitec Corporation(Columbus、OH)から入手可能である。

GLUCOPON 425N、アルキルポリグリコシド界面活性剤は、BASF Chemical Company(Florham Park、NJ)から入手可能である。

EASY WET 20は、ISP Technologies Inc.(Wayne、NJ)から入手可能である。

DOW CORNING 7305 ANTIFOAM EMULSIONは、Dow Corning(Midland、MI)から入手可能である。

OMACIDE IPBC 30 DPG、Arch Chemical,Inc.(Atlanta、GA)から入手可能な、3−ヨードプロピニルブチルカルバメート(広く使用されている防カビ有効成分)系の汎用液体防カビ剤。

CITRUS FRAGRANCE Number 70331、Belle−Aire Fragrances(Mundelin、IL)から入手可能。

NAXOLATE AS−LG−85、ラウリル硫酸ナトリウム、Nease Corporation(Blue Ash、OH)から入手可能。

溶液1は、水性(水分約98.59重量パーセント)清掃溶液であり、GLUCOPON425N(1重量パーセント)、及びEASY WET 20(0.02重量パーセント)、DOW CORNING 7305 ANTIFOAM EMULSION(0.01重量パーセント(重量%))、ジメチロール−5,5−ジメチルヒダントイン(0.2重量パーセント)、OMACIDE IPBC 30 DPG(0.03重量パーセント)、CITRUS FRAGRANCE Number 70331(0.15重量パーセント)に基づいていた。この溶液のpHは、7.0であった。

溶液2は、Lonza LC−75の水溶液、即ち4級アンモニウム化合物系の水性消毒溶液(EPA登録番号:6836−334、Lonza Inc.(Allendale、NJ)から入手可能)であった。Lonza LC−75は、水で1:75に希釈して溶液2を調製した。この溶液のpHは、10.5であった。

溶液3は、水性(水分約97.73重量パーセント)消毒溶液であり、有効成分であるCAPMUL 908P(0.24重量パーセント)、及びクエン酸(0.3重量パーセント)、ソルビン酸(0.3重量パーセント)、プロピレングリコール(0.81重量パーセント)、NAXOLATE AS−LG−85(0.49重量パーセント)、水酸化ナトリウム(0.13重量パーセント)に基づいていた。この溶液のpHは、4.5であった。

試験方法
%収縮の決定方法
実施例及び比較例について、以下に記載するように生産したスパンボンド不織布ウェブに対し、収縮についての試験を行った。スルーエア接着(TAB)の前のウェブ試料の幅(W1)と、後の幅(W2)を測定し、以下の式を使用して%収縮(S)を計算した。
%収縮(S)=(W1−W2)/W1100

また、添加剤(PLAA)を含むPLA試料についての、純粋なPLAウェブに対する収縮低減率(SR)は、以下の式を使用して計算した。
%収縮低減(SR)=[S(PLA)−S(PLAA)]/S(PLA)100

引張り強度及び%保持についての方法
引張り強度測定は、引張試験機のLloyd LF Plus(Lloyd Instruments(Segensworth Fareham、England)から入手可能)を使用して行った。試験を行ったスパンボンド不織布ウェブ試料の大きさは、2.1インチ(5cm)×3インチ(7.62cm)(幅×長さ)であり、引張測定のためのギャップは1/8インチ(0.32cm)であった。測定は、特記した場合を除き、試験試料の長さの方向で行った。この実験における引張り強度は、不織布ウェブが1kgの負荷で破断するときの最大負荷として定義され、複製した8枚の不織布ウェブ試料の平均値であった。%引張り強度保持(即ち、%保持)は、消毒溶液中でのエージング後の引張り強度を、初期引張り強度で割り、100を掛けて計算された。

%伸びの測定方法
実施例及び比較例の不織布ウェブについての%伸びは、引張り強度測定の際に、以下の式を使用して決定した。
%伸び=(最大負荷時の伸び7.62)/100

PLA及び添加剤を含むPLAのスパンボンド不織布ウェブの調製方法
まず、エポキシ化植物油(EVO)(例えば、エポキシ化大豆油など)、及びポリプロピレン(PP)などの添加剤を調合したPLAのペレットを生産した。この生産は、40mmの二軸押出機(KraussMaffei Berstorff GmbH(Germany)から入手可能なラボラトリ用押出機Berstorff Ultra Glide)を使用して、368〜371°F(187〜188℃)の溶融温度において、事前乾燥させたPLA樹脂を添加剤と混合してから、60lb/時間(27kg/時間)(267N/時間)の速度で押し出すことによって行った。PLA樹脂の事前乾燥は、130°F(55℃)の熱風を用い、流速45〜55立法フィート毎分(CFM)(1275〜1550リットル毎分)、露点−34°F(−37℃)で、15時間に渡り、Conair乾燥機内で行った。この調合済の材料を、水浴中で急冷し、Conair USA(Franklin、PA)から入手可能なConair Model 304 Pelletizerを使用してペレット化した。続いて、直ちにこのペレットを、170°F(77℃)にしたConair乾燥機内で、乾燥気流の流速45〜55CFM(1275〜1550リットル毎分)、露点−34°F(−37℃)にて、一晩乾燥させた。

以下に記載する実施例及び比較例に係るスパンボンド不織布ウェブを、上述したように調製したPLAペレット及び調合済PLA/添加剤ペレットから作製した。これらのPLAスパンボンド不織布ウェブは、米国特許出願公開第2008/0038976号(Berrigan et al.)に記載されているスパンボンド不織布ウェブ用の装置及び加工法を使用した、実験的なスパンボンドラインで調製した。典型的には、上で調製したPLAペレットは、ホッパーから、2インチ(5cm)の単軸押出機(Davis Standard Corporation(Pawcatuck、CT)から入手可能なDavis−Standard BLUE RIBBON(DS−20))に供給された。押出機の温度は、230℃であった。溶融した樹脂を、ギヤポンプを介して小さなオリフィスの列を有する紡糸パックへと流し込んだ。これらのオリフィスは、矩形状に配列されており、0.014インチ(0.36mm)の直径を有しており、長さと直径の比(L/D)は、4であった。繊維は紡糸パックによって形成され、続いて急冷エアチャンバに通すことによって冷却した。繊維細径化の速さ及び程度は、アテニュエータ気流の細径化圧(AP)によって調節でき、細径化圧が高いほど、細径化の程度はより早くかつより大きくなる。真空による補助を使用して、細径化したPLA繊維を、従来の支持用スクリーン上に未結合の繊維マットとして回収し、続いて、少なくとも一部の繊維間を緩く自己接着(light autogeneous bonding)させるため、この繊維マットを温度147℃のスルーエア接着機(TAB)に通す。その後、このウェブを通常の水流交絡/スパンレースプロセスで処理してから、乾燥させた。これによりウェブ内の繊維が更に接着され、かつウェブに柔らかさがもたらされた。

エージングの調査のためのPLAスパンボンド不織布ウェブを用いたウェットワイプの調製方法
上述したように調製したPLAスパンボンド不織布ウェブを6インチ×5インチ(15.2cm×12.7cm)の試料に裁断し、テスト用に使用する過剰量の清掃/消毒溶液をウェブに仕込んだ(概ね、ウェブ重量の約6倍)。その後、仕込み済みのワイプをアルミニウム袋内に封入し、135°F又は158°F(57℃又は70℃)のいずれかに維持したオーブン内で、実施例に示した時間に渡ってエージングした。オーブンからウェブを取り出した後、ニップロール間にウェブを通すことにより、ウェブから過剰な清掃溶液を絞り出した。続いて、エージング済PLAスパンボンド不織布ウェブの引張り強度を測定して、エージングさせなかったPLAスパンボンド不織布ウェブに対して測定した引張り強度データと比較することによって、PLAスパンボンド不織布ウェブの加水分解安定性を調査した。

エポキシ当量重量(EEW)、及び%オキシラン酸素含有量の決定方法
各試料のエポキシ当量重量を次の手順に従って滴定法を用いて測定し、計算した。各試料(約0.5〜0.9ミリ当量のエポキシ)を、0.0001グラムに最も近くなるように計量し、続いて100mLビーカー内で50mLのクロロホルムに溶解させ、溶解するまで磁気的に攪拌した。酢酸(10mL)及び酢酸(20mL)中の、テトラブチルアンモニウムヨージドの10重量パーセント溶液を試料溶液に添加し、およそ15分間撹拌した。続いて、酢酸中の0.1重量パーセントのメチルバイオレット指示薬溶液を一滴添加した。この混合物に、酢酸中の過塩素酸の0.1N溶液を用いて、電位差終点まで滴定を行った。ポテンショメータは、Metrom AG(Switzerland)から入手した、電極としてMetrohm 6.0229.010 Solvotrodeを備えたMetrohm 751 Titrinoであった。試料のアリコートを含まない試料手順を使用して、ブランクの滴定を行った。ブランク滴定に対する分量を、上記手順からの総滴定分量から差し引いた。各試料について、3重に試験を行った。

計算は以下に示す通りに行った。
%エポキシ含有化合物=[100(V)(N)(Eq.Wt.)]÷[1000(SW)]
エポキシ当量重量(EEW)=[1000(SW)]÷[(V)(N)]
%オキシラン含有量=[1600(V)(N)]÷[1000(SW)]
式中、Vは、使用した滴定液の体積(ミリリットル)であり、Nは、滴定液の規定度であり、SWは、試料重量(グラム)であり、Eq.Wt.は、当量重量である。当量重量は、エポキシ含有化合物の分子量(グラム)を、グラム当たりの当量の数で割った値である。

実施例1〜3(EX1〜EX3)及び比較例1〜11(CE1〜CE11)
EX1〜EX3及びCE1〜CE11のウェブを、上述のPLA及び添加剤を含むPLAのスパンボンド不織布ウェブの調製方法を使用して調製した。以下の表1に、EX1〜EX3及びCE1〜CE11のそれぞれに対する処方(即ち、添加剤の種類及び量)及び細径化圧を記載する。


N/Aは、添加なしを示す

CE1〜CE4及びEX1〜EX2の不織布ウェブについて、それらの%収縮(S)、及び収縮低減率(SR)を決定するため試験を行った。この試験の結果を、以下の表2にまとめる。試料EX1のSRは、CE1ではなく、試料CE3に対して決定されている点に留意されたい。

上述の方法を使用して、CE1〜CE2及びEX1の不織布ウェブと溶液1からウェットワイプを調製した。これらのウェットワイプを、封止したアルミニウム袋内で135°F(57℃)にてエージングさせた。エージングの間に、各試料に対し、上述の方法を使用し、所定の間隔で、引張り強度及び%保持について試験を行った。この試験の結果を、以下の表3にまとめる。

これらのウェットワイプを158°F(70℃)でエージングさせた点を除いて、上述の実験を繰り返した。この試験の結果を、以下の表4にまとめる。

上述の方法を使用して、CE5〜CE11及びEX3の不織布ウェブと溶液1からウェットワイプを調製した。これらのウェットワイプを、封止したアルミニウム袋内で158°F(70℃)にてエージングさせた。エージングの間に、各試料に対し、上述の方法を使用し、所定の間隔で、引張り強度及び%保持について試験を行った。引張り強度(kgf(ニュートン))の結果と、%保持試験データをそれぞれ表5及び5aにまとめる。

上述の方法を使用して、CE5〜CE11及びEX3の不織布ウェブと溶液2からウェットワイプを調製した。これらのウェットワイプを、封止したアルミニウム袋内で158°F(70℃)にてエージングさせた。エージングの間に、各試料に対し、上述の方法を使用し、所定の間隔で、引張り強度及び%保持について試験を行った。引張り強度(kgf(ニュートン))の結果と、%保持試験データをそれぞれ表6及び6aにまとめる。

上述の方法を使用して、CE5〜CE11及びEX3の不織布ウェブと溶液3からウェットワイプを調製した。これらのウェットワイプを、封止したアルミニウム袋内で158°F(70℃)にてエージングさせた。エージングの間に、各試料に対し、上述の方法を使用し、所定の間隔で、引張り強度及び%保持について試験を行った。引張り強度(kgf(ニュートン))の結果と、%保持試験データをそれぞれ表7及び7aにまとめる。

上述の方法を使用して、CE5〜CE11及びEX3の不織布ウェブと溶液3からウェットワイプを調製した。これらのウェットワイプを、封止したアルミニウム袋内で135°F(57℃)にてエージングさせた。エージングの間に、各試料に対し、上述の方法を使用し、所定の間隔で、引張り強度及び%保持について試験を行った。引張り強度(kgf(ニュートン))の結果と、%保持試験データをそれぞれ表8及び8aにまとめる。

実施例4(EX4)
EX4は、G−60とPPを含有するPLAのスパンボンド不織布ウェブを、G−60とPP添加剤を含有するPHBVのスパンボンド不織布ウェブに置き換えた点を除いて、EX3と同様に調製した。G−60とPP添加剤を含有するPHBVのスパンボンド不織布ウェブを、上述のPLA及び添加剤を含むPLAのスパンボンド不織布ウェブの調製方法を使用して、同様に調製した。

本明細書に引用される特許、特許文献、及び刊行物の完全な開示内容は、あたかもそれぞれが個々に組み込まれたのと同様に、それら全体が参照により組み込まれる。本開示の範囲及び趣旨を逸脱することなく本開示に対する様々な改変及び変更が当業者には明らかであろう。本開示を本明細書に記載される例示的な実施形態及び実施例によって不当に制限する意図はない点、更にこうした実施例及び実施形態はあくまで例として示されるものであって、本開示の範囲は以下の特許請求の範囲によってのみ限定されることが意図されている点は理解されるはずである。

Claims (20)

  1. 脂肪族ポリエステルと、
    少なくとも2重量%の未反応エポキシ化脂肪エステルであって、該エポキシ化脂肪エステルは、該エポキシ化脂肪エステルの総重量に対して、4.7重量%を超えるオキシラン酸素を有する、未反応エポキシ化脂肪エステルと、
    0を超えかつ最大で10重量%の収縮低減添加剤と、を含む、組成物であって、
    該脂肪族ポリエステル、該エポキシ化脂肪エステル、及び該収縮低減添加剤は、混合物を形成し、
    該オキシラン酸素の重量パーセント以外の、各重量パーセントは、該混合物の総重量に対するものである、組成物。
  2. 前記エポキシ化脂肪エステルは、少なくとも5.5重量%のオキシラン酸素を有する、請求項1に記載の組成物。
  3. 前記エポキシ化脂肪エステルは、最大で23重量%のオキシラン酸素を有する、請求項1に記載の組成物。
  4. 前記エポキシ化脂肪エステルは、エポキシ化ポリ(脂肪エステル)である、請求項1に記載の組成物。
  5. 前記エポキシ化脂肪エステルは、前記混合物中に、前記混合物の総重量に対して最大で20重量%の量で存在する、請求項1に記載の組成物。
  6. 前記エポキシ化脂肪エステルは、前記混合物中に、前記混合物の総重量に対して少なくとも3重量%の量で存在する、請求項1に記載の組成物。
  7. 前記脂肪族ポリエステルは、ポリ(ラクチド)、ポリ(グリコリド)、ポリ(ラクチド−コ−グリコリド)、ポリ(L−ラクチド−コ−トリメチレンカーボネート)、ポリ(ジオキサノン)、ポリ(ブチレンサクシネート)、ポリ(ブチレンアジペート)、ポリ(エチレンアジペート)、ポリヒドロキシブチレート、ポリヒドロキシバレレート、並びに、これらのブレンド及びコポリマーからなる群から選択される、請求項1に記載の組成物。
  8. 前記脂肪族ポリエステルは、ポリ(ラクチド)である、請求項7に記載の組成物。
  9. 前記脂肪族ポリエステルは、少なくとも8,000ダルトンの数平均分子量を有する、請求項1に記載の組成物。
  10. 前記脂肪族ポリエステルは、少なくとも80重量%の量で存在する、請求項1に記載の組成物。
  11. 前記収縮低減添加剤は、ポリオレフィンである、請求項1に記載の組成物。
  12. フィルム形態である、請求項1に記載の組成物。
  13. 繊維形態である、請求項1に記載の組成物。
  14. 前記繊維は、不織布ウェブを形成する、請求項13に記載の組成物。
  15. 請求項14に記載の不織布ウェブと、
    水と界面活性剤及び/又は殺生物剤とを含む水性組成物と、
    を含む、ウェットワイプであって、該水性組成物は、該不織布ウェブと接触する、ウェットワイプ。
  16. 繊維を含む繊維ウェブであって、該繊維は、
    脂肪族ポリエステルと、
    少なくとも2重量%の未反応エポキシ化脂肪エステルであって、該エポキシ化脂肪エステルは、該エポキシ化脂肪エステルの総重量に対して、4.7重量%を超えるオキシラン酸素を有する、未反応エポキシ化脂肪エステルと、
    0を超えかつ最大で10重量%の収縮低減添加剤と、を含み、
    該脂肪族ポリエステル、該エポキシ化脂肪エステル、及び該収縮低減添加剤は、混合物を形成し、
    該オキシラン酸素の重量パーセント以外の、各重量パーセントは、該混合物の総重量に対するものである、繊維ウェブと、
    該繊維ウェブに接触する水性組成物であって、該水性組成物は、
    水と、
    界面活性剤及び/又は殺生物剤と、
    を含む、水性組成物と、
    を含む、ウェットワイプ。
  17. 前記水性組成物は、界面活性剤を含み、前記ウェットワイプは、清掃用ワイプである、請求項16に記載のウェットワイプ。
  18. 前記水性組成物は、殺生物剤を含み、前記ウェットワイプは、消毒用ワイプである、請求項16に記載のウェットワイプ。
  19. 前記水性組成物は、殺生物剤と界面活性剤とを含み、前記ウェットワイプは、清掃用/消毒用ワイプである、請求項16に記載のウェットワイプ。
  20. 脂肪族ポリエステルを含む組成物の加水分解安定性を向上させるプロセスであって、該方法は、
    脂肪族ポリエステルと、未反応エポキシ化脂肪エステルと、収縮低減添加剤と、を含む、成分を混合することを含み、
    該収縮低減添加剤は、0を超えかつ最大で10重量%の量で存在し、
    該エポキシ化脂肪エステルは、少なくとも2重量%の量で存在し、かつ該エポキシ化脂肪エステルの総重量に対して、少なくとも4.7重量%のオキシラン酸素を有し、
    該オキシラン酸素の重量パーセント以外の、各重量パーセントは、該混合物の総重量に対するものである、プロセス。
JP2016518109A 2013-09-30 2014-09-23 組成物、ワイプ、及び方法 Withdrawn JP2016535112A (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US201361884305P true 2013-09-30 2013-09-30
US61/884,305 2013-09-30
PCT/US2014/056906 WO2015047988A1 (en) 2013-09-30 2014-09-23 Compositions, wipes, and methods

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2016535112A true JP2016535112A (ja) 2016-11-10
JP2016535112A5 JP2016535112A5 (ja) 2017-10-26

Family

ID=51662339

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2016518109A Withdrawn JP2016535112A (ja) 2013-09-30 2014-09-23 組成物、ワイプ、及び方法

Country Status (5)

Country Link
US (1) US20160235057A1 (ja)
EP (1) EP3052567A1 (ja)
JP (1) JP2016535112A (ja)
CN (1) CN105593298A (ja)
WO (1) WO2015047988A1 (ja)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR20160058952A (ko) 2013-09-30 2016-05-25 쓰리엠 이노베이티브 프로퍼티즈 컴파니 에폭시화 지방 에스테르가 그 상에 배치된 섬유 및 와이프, 및 방법
KR20160062105A (ko) 2013-09-30 2016-06-01 쓰리엠 이노베이티브 프로퍼티즈 컴파니 섬유, 와이프, 및 방법

Family Cites Families (33)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4643734A (en) 1983-05-05 1987-02-17 Hexcel Corporation Lactide/caprolactone polymer, method of making the same, composites thereof, and prostheses produced therefrom
US4744365A (en) 1986-07-17 1988-05-17 United States Surgical Corporation Two-phase compositions for absorbable surgical devices
US4808467A (en) 1987-09-15 1989-02-28 James River Corporation Of Virginia High strength hydroentangled nonwoven fabric
US5320624A (en) 1991-02-12 1994-06-14 United States Surgical Corporation Blends of glycolide and/or lactide polymers and caprolactone and/or trimethylene carbonate polymers and absorbable surgical devices made therefrom
US5338822A (en) 1992-10-02 1994-08-16 Cargill, Incorporated Melt-stable lactide polymer composition and process for manufacture thereof
DK0615555T3 (da) 1992-10-02 2001-07-09 Cargill Inc Tekstilmateriale af smeltestabil lactidpolymer og fremgangsmåde til fremstilling deraf
US5714573A (en) 1995-01-19 1998-02-03 Cargill, Incorporated Impact modified melt-stable lactide polymer compositions and processes for manufacture thereof
US5741563A (en) 1995-09-18 1998-04-21 Exxon Chemical Patents Inc. Shrink films from propylene polymers
EP0863943A1 (en) 1995-11-30 1998-09-16 Exxon Chemical Patents Inc. Articles made from polypropylene, higher alpha-olefin copolymers
EP0786259B1 (en) 1996-01-19 2004-03-31 United States Surgical Corporation Absorbable polymer blends and surgical articles fabricated therefrom
FI105040B (fi) 1996-03-05 2000-05-31 Neste Oy Polylaktidikalvot
US5698322A (en) 1996-12-02 1997-12-16 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Multicomponent fiber
US5883199A (en) 1997-04-03 1999-03-16 University Of Massachusetts Polyactic acid-based blends
PT977912E (pt) 1997-05-02 2005-02-28 Cargill Inc Fibras de polimeros degradaveis; preparacao; produto; e metodos de uso
AU7604698A (en) 1997-06-04 1998-12-21 Procter & Gamble Company, The Mild, rinse-off antimicrobial liquid cleansing compositions containing acidic surfactants
MXPA02008854A (es) 1997-07-31 2003-02-10 Kimberly Clark Co Peliculas biodegradables que responden al agua y fibras que comprenden polilactido y poli(alcohol vinilico) y metodos para hacer las mismas.
US5952433A (en) 1997-07-31 1999-09-14 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Modified polyactide compositions and a reactive-extrusion process to make the same
US6075118A (en) 1997-07-31 2000-06-13 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Water-responsive, biodegradable film compositions comprising polylactide and polyvinyl alcohol, and a method for making the films
US6114495A (en) 1998-04-01 2000-09-05 Cargill Incorporated Lactic acid residue containing polymer composition and product having improved stability, and method for preparation and use thereof
US6225388B1 (en) 1998-08-31 2001-05-01 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Biodegradable thermoplastic composition with improved wettability
US6093792A (en) 1998-09-16 2000-07-25 University Of Massachusetts Bioresorbable copolymers
US6492465B1 (en) 2000-02-08 2002-12-10 Exxonmobil Chemical Patents, Inc. Propylene impact copolymers
CN1312327A (zh) * 2000-03-08 2001-09-12 财团法人工业技术研究院 一种耐水解聚酯组合物及其制备方法
US20030003834A1 (en) 2000-11-20 2003-01-02 3M Innovative Properties Company Method for forming spread nonwoven webs
SG147306A1 (en) 2001-11-06 2008-11-28 Dow Global Technologies Inc Isotactic propylene copolymers, their preparation and use
US20030216500A1 (en) * 2002-04-29 2003-11-20 Mckenna James Michael Hydrolysis resistant polyester elastomer compositions and related articles and methods
DE10304341A1 (de) * 2003-02-03 2004-08-12 Basf Ag Hydrolysebeständige Polyester
US20050058673A1 (en) 2003-09-09 2005-03-17 3M Innovative Properties Company Antimicrobial compositions and methods
DE10349168B4 (de) * 2003-10-22 2007-02-08 Kullmer-Schäfer, Barbara Hydrolyseschutzmittel, deren Verwendung und Herstellung
DE10359763B4 (de) * 2003-12-19 2007-11-22 Teijin Monofilament Germany Gmbh Polyesterfasern, Verfahren zu deren Herstellung und deren Verwendung
US9139940B2 (en) 2006-07-31 2015-09-22 3M Innovative Properties Company Bonded nonwoven fibrous webs comprising softenable oriented semicrystalline polymeric fibers and apparatus and methods for preparing such webs
WO2010117612A2 (en) * 2009-03-31 2010-10-14 3M Innovative Properties Company Dimensionally stable nonwoven fibrous webs and methods of making and using the same
US20110268777A1 (en) * 2010-04-30 2011-11-03 Randall Glenn Marsh Lotion Composition for Wet Wipes

Also Published As

Publication number Publication date
US20160235057A1 (en) 2016-08-18
WO2015047988A1 (en) 2015-04-02
EP3052567A1 (en) 2016-08-10
CN105593298A (zh) 2016-05-18

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7041369B1 (en) Melt processable starch composition
TWI414649B (zh) 具有提昇之可逆熱性質之多成分纖維及其織物
EP1036865B1 (en) Biodegradable complex fiber and method for producing the same
KR100404899B1 (ko) 생분해성 필라멘트 부직포 및 그의 제조방법
KR101526636B1 (ko) 폴리락트산 섬유
CN102439210B (zh) 尺寸上稳定的非织造纤维幅材及其制造和使用方法
JP5453102B2 (ja) 生体適合性抗微生物組成物
US8530557B2 (en) Water stable compositions and articles comprising starch and methods of making the same
ES2518216T3 (es) Sistemas de reticulación para polímeros de hidroxilo
CN102762370B (zh) 尺寸稳定的非织造纤维幅材及其制造和使用方法
EP2496644B1 (en) Mixtures of biodegradable polyesters with at least one polymer of natural origin
JP4655342B2 (ja) ポリ乳酸樹脂組成物および成形品
KR101321738B1 (ko) 설포폴리에스터 및 이를 포함하는 다성분 압출물 및 섬유 제품
TWI649476B (zh) 溫度調節纖維質纖維及其應用
US5593778A (en) Biodegradable copolyester, molded article produced therefrom and process for producing the molded article
JP4591206B2 (ja) 長繊維不織布
US9156980B2 (en) Biodegradable composition comprising polymers of natural origin and aliphatic-aromatic copolyesters
DE60221830T2 (de) Multikomponentfasern aus stärke und polymeren
JP4118879B2 (ja) 多構成成分繊維中のデンプン構成成分の水溶解度を減少するための組成物及び方法
US20060159918A1 (en) Biodegradable fibers exhibiting storage-stable tenacity
KR101397202B1 (ko) 폴리락트산 섬유 및 그 제조 방법
US6953622B2 (en) Biodegradable bicomponent fibers with improved thermal-dimensional stability
US8721943B2 (en) Process of making dimensionally stable nonwoven fibrous webs
DE60223022T2 (de) Fasern aus stärke und polymeren
JP3440915B2 (ja) ポリ乳酸樹脂および成形品

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20170915

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20170915

A761 Written withdrawal of application

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A761

Effective date: 20180322