JP2016514150A5 - - Google Patents

Download PDF

Info

Publication number
JP2016514150A5
JP2016514150A5 JP2016501898A JP2016501898A JP2016514150A5 JP 2016514150 A5 JP2016514150 A5 JP 2016514150A5 JP 2016501898 A JP2016501898 A JP 2016501898A JP 2016501898 A JP2016501898 A JP 2016501898A JP 2016514150 A5 JP2016514150 A5 JP 2016514150A5
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
composition
subject
tissue
acetylglucosamine
composition according
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2016501898A
Other languages
English (en)
Other versions
JP6532452B2 (ja
JP2016514150A (ja
Filing date
Publication date
Priority to US201361784765P priority Critical
Priority to US61/784,765 priority
Application filed filed Critical
Priority to PCT/US2014/025623 priority patent/WO2014165302A1/en
Publication of JP2016514150A publication Critical patent/JP2016514150A/ja
Publication of JP2016514150A5 publication Critical patent/JP2016514150A5/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6532452B2 publication Critical patent/JP6532452B2/ja
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Description

別の特定の実施形態において、被験体の皮膚におけるシワまたは窪みを処置および/または予防するための方法が、本明細書中に提供され、本方法は、本明細書中に記載されるsNAGナノファイバーを上記被験体に投与する工程を包含する。上記シワまたは窪みは、その深さに依存して粗いか微細であり得、数μmから数mmまで皮膚の内部へ伸びている。具体的には、粗いシワはしばしば表情線といわれ、額、目尻(例えばカラスの足跡)、および口のいずれかの側の縦線(例えば笑い皺)としてあらわれるが、微細なシワは、皮膚上に(特に顔の動く領域(例えば眼、口、上唇など)において)現れる線またはギザギザの、より浅いネットワークを含む。皮膚におけるシワまたは窪みは、筋肉質量および皮膚の厚みの減少、真皮におけるコラーゲンおよびエラスチンのクロスリンク、および角質層(SC)の感想の1つ以上の結果として生じる。皮膚におけるこれらの構造的な変化は、機械的強度および伸縮性の喪失を引き起こし、皮膚の表面への目に見えるシワの出現に至る。よって、本明細書中に記載されるsNAGナノファイバーまたはその組成物を局所的に適用して、皮膚における機械的強度および伸縮性の喪失を処置および/または予防し、その結果として、構造的な変化に関連する上記シワまたは窪みを処置および/または予防し得る。

Claims (27)

  1. ヒト被験体の皮膚表面におけるシワまたは窪みを処置または予防するための組成物であって、
    上記組成物は、ポリ−N−アセチルグルコサミンの短縮化されたファイバー(sNAGナノファイバー)を含有するとともに、上記ヒト被験体のシワまたは窪みへの直接的若しくは近接した局所投与、または直接的な局所注射のために処方され、
    上記sNAGナノファイバーは、70%以上のN−アセチルグルコサミン単糖類を含み、
    上記sNAGナノファイバーは、から15μm長さである組成物
  2. 前記皮膚表面におけるシワまたは窪みに対し近接した局所投与のために処方される、請求項1に記載の組成物
  3. 前記皮膚表面におけるシワまたは窪みに対する直接的な局所投与のために処方される、請求項1に記載の組成物
  4. 前記皮膚表面におけるシワまたは窪みに対する直接的な局所注射のために処方され、
    上記局所注射が、皮内注射、皮下注射または筋肉内注射である、請求項に記載の組成物
  5. 直接的な局所注射のために処方され、
    前記シワは、皮膚の内部へ数マイクロメートルから数ミリメートルまでである、請求項1に記載の組成物。
  6. ヒト被験体において組織を再生するかまたは組織にボリュームを加えるための組成物であって、
    上記組成物は、ポリ−N−アセチルグルコサミンの短縮化されたファイバー(sNAGナノファイバー)を含有するとともに、上記ヒト被験体の組織への局所投与または局所注射のために処方され、
    上記sNAGナノファイバーは、70%以上のN−アセチルグルコサミン単糖類を含み、
    上記sNAGナノファイバーは、から15μm長さである組成物
  7. 前記組織への局所注射のために処方され、上記局所注射が、皮内注射、皮下注射または筋肉内注射である、請求項に記載の組成物
  8. 上記被験体の粘膜表面への局所投与のために処方される、請求項7に記載の組成物。
  9. 口腔粘膜への局所投与のために処方される、請求項8に記載の組成物。
  10. 皮膚フィラーとして処方される、請求項6または7に記載の組成物。
  11. 上記組織は、結合組織である、請求項6〜10の何れか1項に記載の組成物。
  12. 上記組織は、骨である、請求項6〜10の何れか1項に記載の組成物。
  13. 前記sNAGナノファイバーの50%よりも多くが、2〜10μmの間の長さであるか、または4〜7μmの間の長さである、請求項1〜12のいずれか1項に記載の組成物
  14. 前記sNAGナノファイバーは、平均の長さが4〜7μmである、請求項1〜13の何れか1項に記載の組成物。
  15. 前記sNAGナノファイバーが、ポリ−N−アセチルグルコサミンのγ線照射によって生成され、
    ポリ−β−N−アセチルグルコサミンは、乾燥繊維の形態にて500〜2,000kgyで照射されるか、あるいは、上記ポリ−N−アセチルグルコサミンは、湿った繊維の形態にて100〜500kgyで照射される、請求項1〜14のいずれか1項に記載の組成物
  16. ポリ−β−N−アセチルグルコサミンは、乾燥繊維の形態にて750〜1,250kgyで照射されるか、あるいは、上記ポリ−N−アセチルグルコサミンは、湿った繊維の形態にて150〜250kgyで照射される、請求項15に記載の組成物。
  17. 前記sNAGナノファイバーが、放射線照射されていないポリ−β−N−アセチルグルコサミンファイバーの微細構造を有する、請求項1〜16の何れか1項に記載の組成物。
  18. 前記sNAGナノファイバーは、80%よりも多、90%よりも多い、95%よりも多い、または100%のN−アセチルグルコサミン単糖類を含む、請求項1〜17のいずれか1項に記載の組成物
  19. 上記sNAGナノファイバーの赤外線スペクトルは、放射線照射されていない、微細藻類のポリ−β−1→4−N−アセチルグルコサミンの赤外線スペクトルとおよそ同じである、または同等である、請求項1〜18の何れか1項に記載の組成物。
  20. 上記組成物は、クリーム、膜、フィルム、液体溶液、懸濁物、パウダー、ペースト、軟膏、噴霧剤、ゲルまたはスプレーとして処方されている、請求項1〜19の何れか1項に記載の組成物。
  21. 上記組成物は、1週間またはそれ以上に等しいかまたはそれよりも長い期間にわたって、一日に1回または2回、上記被験体に投与されるために、処方される、請求項1〜20の何れか1項に記載の組成物。
  22. 上記組成物は、(i)上記被験体への局所送達に好適な形態にて、組成物の用量/適用あたり、0.2〜20mg/cm 2 のsNAGナノファイバーを含むか、あるいは(ii)上記被験体へ患者への局所送達に好適な形態にて、組成物の用量/適用あたり、5〜50mg/mLのsNAGナノファイバーを含む、請求項1〜21の何れか1項に記載の組成物。
  23. 前記sNAGナノファイバーは、甲殻類のポリ−N−アセチルグルコサミンから生成さない、請求項1〜22のいずれか1項に記載の組成物。
  24. 前記sNAGナノファイバーは、微細藻類のポリ−N−アセチルグルコサミンから生成された、請求項1〜23のいずれか1項に記載の組成物
  25. 前記sNAGナノファイバーは、筋肉内への移植試験にて試験された場合に反応性でない、請求項1〜24のいずれか1項に記載の組成物
  26. 前記sNAGナノファイバーは、MTTアッセイにおいて、血清を枯渇させたヒト臍帯静脈内皮細胞の代謝速度を増加させる、および/または、トリパンブルー排除試験において、血清を枯渇させたヒト臍帯静脈内皮細胞のアポトーシスを救助しない、請求項1〜25のいずれか1項に記載の組成物
  27. 前記sNAGナノファイバーの投与は、以下の効果
    (a)被験体における組織の抗張力の向上、
    (b)被験体の組織における弾性の向上、
    (c)被験体の組織におけるエラスチン含量または生産の増加、
    (d)被験体の組織における総コラーゲン含量の減少、
    (e)被験体の組織におけるI型コラーゲン発現または含量の減少、
    (f)被験体の組織におけるIII型コラーゲン発現または含量の増加、
    (g)被験体の組織における、より整列したコラーゲンの誘導、
    (h)被験体の組織における平滑筋アクチン含量もしくは発現の減少、および
    (i)被験体の組織における筋線維芽細胞含量の減少、
    の少なくとも1つ以上を達成するために有効である、請求項1〜26のいずれか1項に記載の組成物
JP2016501898A 2013-03-14 2014-03-13 ポリ−n−アセチルグルコサミンナノファイバーを有する疾患の処置 Active JP6532452B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US201361784765P true 2013-03-14 2013-03-14
US61/784,765 2013-03-14
PCT/US2014/025623 WO2014165302A1 (en) 2013-03-14 2014-03-13 Treatment of disease with poly-n-acetylglucosamine nanofibers

Publications (3)

Publication Number Publication Date
JP2016514150A JP2016514150A (ja) 2016-05-19
JP2016514150A5 true JP2016514150A5 (ja) 2018-05-10
JP6532452B2 JP6532452B2 (ja) 2019-06-19

Family

ID=51659125

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2016501898A Active JP6532452B2 (ja) 2013-03-14 2014-03-13 ポリ−n−アセチルグルコサミンナノファイバーを有する疾患の処置

Country Status (10)

Country Link
US (4) US20160030465A1 (ja)
EP (2) EP3494791A1 (ja)
JP (1) JP6532452B2 (ja)
AU (1) AU2014248454B2 (ja)
CA (1) CA2901617A1 (ja)
ES (1) ES2704681T3 (ja)
IL (1) IL240222D0 (ja)
MX (1) MX2015011418A (ja)
NZ (2) NZ629513A (ja)
WO (1) WO2014165302A1 (ja)

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
ES2621018T3 (es) 2007-02-19 2017-06-30 Marine Polymer Technologies, Inc. Composiciones hemostáticas y regímenes terapéuticos
CN107412772A (zh) 2010-04-15 2017-12-01 海洋聚合物技术公司 聚‑n‑乙酰葡萄糖胺纳米纤维的抗菌应用
JP2015048436A (ja) * 2013-09-03 2015-03-16 公立大学法人福井県立大学 植物の耐病性を向上させる、生物由来キチン質含有物、その使用方法、及びその製造方法

Family Cites Families (24)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
FR2193634B1 (ja) 1972-07-20 1980-03-28 Du Pont
JPS6297624A (en) 1985-10-24 1987-05-07 Du Pont Gas separation method and membrane
US4705540A (en) 1986-04-17 1987-11-10 E. I. Du Pont De Nemours And Company Polyimide gas separation membranes
US4717394A (en) 1986-10-27 1988-01-05 E. I. Du Pont De Nemours And Company Polyimide gas separation membranes
US4717393A (en) 1986-10-27 1988-01-05 E. I. Du Pont De Nemours And Company Polyimide gas separation membranes
US4912197A (en) 1987-08-14 1990-03-27 E. I. Du Pont De Nemours And Company Highly soluble clear polyimides
US4880442A (en) 1987-12-22 1989-11-14 E. I. Du Pont De Nemours And Company Polyimide gas separation membranes
US4838900A (en) 1988-04-13 1989-06-13 E. I. Du Pont De Nemours And Company Polyimide gas separation membranes
US4935490A (en) 1988-04-13 1990-06-19 E. I. Dupont De Nemours And Company Highly soluble aromatic polyimides
US4863496A (en) 1988-04-13 1989-09-05 E. I. Du Pont De Nemours And Co. Reactive posttreatment for gas separation membranes
US4851505A (en) 1988-04-13 1989-07-25 E. I. Du Pont De Nemours And Company Highly soluble aromatic polyimides
US4961539A (en) 1989-08-01 1990-10-09 Deem K Michael Truck-mounted pallet chipper
DE4200080A1 (de) * 1992-01-03 1993-09-30 Reinmueller Johannes Pharmazeutische Zusammensetzung zur Wund-, Narben- und Keloidbehandlung
US5686115A (en) 1993-12-01 1997-11-11 Marine Polymer Technologies, Inc. Poly-β-1→4-N-acetylucosamine copolymer composition with collagen
US5622834A (en) * 1993-12-01 1997-04-22 Marine Polymer Technologies, Inc. Method of isolating poly-β-1-4-N-acetylglucosamine from microalgal culture
US5624679A (en) 1993-12-01 1997-04-29 Marine Polymer Technologies, Inc. Methods and compositions for poly-β-1-4-N-acetylglucosamine biological barriers
US5858350A (en) 1993-12-01 1999-01-12 Marine Polymer Technologies Methods and compositions for poly-β-1→4-N-acetylglucosamine cell therapy system
US7041657B2 (en) 2001-02-12 2006-05-09 Marine Polymer Technologies Inc. Compositions and methods for modulation of vascular structure and/or function
US20040008701A1 (en) * 2002-07-11 2004-01-15 Giacomini Peter J. Hierarchical finite-state machines
WO2005120795A1 (ja) * 2004-06-08 2005-12-22 Hoya Corporation プラスチックレンズの製造方法、プラスチックレンズ成形用ガスケット、プラスチックレンズ成形用成形型、プラスチックレンズ原料液注入治具、プラスチックレンズ成形型保持具、およびプラスチックレンズ製造装置
US8277849B2 (en) * 2006-01-19 2012-10-02 Solazyme, Inc. Microalgae-derived compositions for improving the health and appearance of skin
ES2621018T3 (es) * 2007-02-19 2017-06-30 Marine Polymer Technologies, Inc. Composiciones hemostáticas y regímenes terapéuticos
CN107412772A (zh) 2010-04-15 2017-12-01 海洋聚合物技术公司 聚‑n‑乙酰葡萄糖胺纳米纤维的抗菌应用
CA2832859A1 (en) * 2011-04-15 2012-10-18 Marine Polymer Technologies, Inc. Treatment of disease with poly-n-acetylglucosamine nanofibers

Similar Documents

Publication Publication Date Title
USD726926S1 (en) Cosmetic skin treatment apparatus
USD765914S1 (en) Abrasive skin treatment device
USD726927S1 (en) Cosmetic skin treatment apparatus
CA160599S (en) Car
EP3305249A3 (en) Systems and methods for planning hair transplantation
WO2015175986A3 (en) Keratin treatment formulations and methods
CA163255S (en) Abrasive skin treatment apparatus
MX2014011403A (es) Composicion para el cuidado del cabello que comprende esteres de poliol insaturados metatesizados.
USD758600S1 (en) Cosmetic skin treatment apparatus
BR112015007778A2 (pt) profármacos neutralizantes de vegf para o tratamento de condições oculares
AU366268S (en) Skin treatment articles
AU366267S (en) Skin treatment articles
BR112014029757A2 (pt) composição contendo tensoativos do tipo aminoácido, betaínas e n-metil-n-acilglucaminas e tendo qualidade de espuma melhorada e maior viscosidade
AR095854A1 (es) Método de tratamiento de un sustrato animal
WO2015117032A8 (en) Treatment systems and methods for affecting glands and other targeted structures
BR112015014359A2 (pt) composição com precursores de aminoácido de zinco/haleto de trimetilglicina
BR112014032699A2 (pt) métodos de tratamento de síndrome metabólica pediátrica
TR201905477T4 (tr) Nano-parçacık bileşimler.
BR112015014501A2 (pt) aminoácido de zinco/halogeneto de trimetilglicina
AR071239A1 (es) Microesferas que tienen una estructura de nucleo / recubrimiento que comprenden aripiprazol y uso
EA201490004A1 (ru) Применение bifidobacterium lactis bl-04 для лечения заболеваний дыхательных путей
BR112014009713A2 (pt) administração transdérmica de agentes bioativos de alta viscosidade
EA201591885A1 (ru) Титановая отливка для горячей прокатки и способ ее изготовления
NZ608380A (en) Pharmaceutical composition comprising deferasirox
BR112015020371A2 (pt) composição cosmética, processo para preparar uma composição cosmética, kit cosmético e dispositivos para maquiagem e/ou cuidados com materiais de queratina, em particular a pele e/ou os lábios.