JP2016509881A - 食品処理機 - Google Patents

食品処理機 Download PDF

Info

Publication number
JP2016509881A
JP2016509881A JP2015560165A JP2015560165A JP2016509881A JP 2016509881 A JP2016509881 A JP 2016509881A JP 2015560165 A JP2015560165 A JP 2015560165A JP 2015560165 A JP2015560165 A JP 2015560165A JP 2016509881 A JP2016509881 A JP 2016509881A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
lid
container
processing
power transmission
food
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2015560165A
Other languages
English (en)
Other versions
JP6272362B2 (ja
Inventor
オーデット,デヴィッド,エム.
Original Assignee
シャークニンジャ オペレーティング エルエルシー
シャークニンジャ オペレーティング エルエルシー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US13/781,743 priority Critical patent/US9107539B2/en
Priority to US13/780,730 priority patent/US9149156B2/en
Priority to US13/780,730 priority
Priority to US13/780,783 priority patent/US20130264405A1/en
Priority to US13/780,783 priority
Priority to US13/781,743 priority
Priority to PCT/US2013/057210 priority patent/WO2014133583A1/en
Application filed by シャークニンジャ オペレーティング エルエルシー, シャークニンジャ オペレーティング エルエルシー filed Critical シャークニンジャ オペレーティング エルエルシー
Publication of JP2016509881A publication Critical patent/JP2016509881A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6272362B2 publication Critical patent/JP6272362B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A47FURNITURE; DOMESTIC ARTICLES OR APPLIANCES; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47JKITCHEN EQUIPMENT; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; APPARATUS FOR MAKING BEVERAGES
    • A47J43/00Miscellaneous implements for preparing or holding food
    • A47J43/04Machines for domestic use not covered elsewhere, e.g. for grinding, mixing, stirring, kneading, emulsifying, whipping or beating foodstuffs, e.g. power-driven
    • A47J43/07Parts or details, e.g. mixing tools, whipping tools
    • A47J43/0716Parts or details, e.g. mixing tools, whipping tools for machines with tools driven from the lower side
    • A47J43/0722Mixing, whipping or cutting tools
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A47FURNITURE; DOMESTIC ARTICLES OR APPLIANCES; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47JKITCHEN EQUIPMENT; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; APPARATUS FOR MAKING BEVERAGES
    • A47J43/00Miscellaneous implements for preparing or holding food
    • A47J43/04Machines for domestic use not covered elsewhere, e.g. for grinding, mixing, stirring, kneading, emulsifying, whipping or beating foodstuffs, e.g. power-driven
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A47FURNITURE; DOMESTIC ARTICLES OR APPLIANCES; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47JKITCHEN EQUIPMENT; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; APPARATUS FOR MAKING BEVERAGES
    • A47J43/00Miscellaneous implements for preparing or holding food
    • A47J43/04Machines for domestic use not covered elsewhere, e.g. for grinding, mixing, stirring, kneading, emulsifying, whipping or beating foodstuffs, e.g. power-driven
    • A47J43/046Machines for domestic use not covered elsewhere, e.g. for grinding, mixing, stirring, kneading, emulsifying, whipping or beating foodstuffs, e.g. power-driven with tools driven from the bottom side
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A47FURNITURE; DOMESTIC ARTICLES OR APPLIANCES; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47JKITCHEN EQUIPMENT; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; APPARATUS FOR MAKING BEVERAGES
    • A47J43/00Miscellaneous implements for preparing or holding food
    • A47J43/04Machines for domestic use not covered elsewhere, e.g. for grinding, mixing, stirring, kneading, emulsifying, whipping or beating foodstuffs, e.g. power-driven
    • A47J43/07Parts or details, e.g. mixing tools, whipping tools
    • A47J43/08Driving mechanisms
    • A47J43/085Driving mechanisms for machines with tools driven from the lower side
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01FMIXING, e.g. DISSOLVING, EMULSIFYING, DISPERSING
    • B01F13/00Other mixers; Mixing plant, including combinations of mixers, e.g. of dissimilar mixers
    • B01F13/10Mixing plant, including combinations of mixers, e.g. of dissimilar mixers
    • B01F13/1041Mixing plant, including combinations of mixers, e.g. of dissimilar mixers comprising mixers specially adapted for mixing in combination with disintegrating
    • B01F13/1044Devices with one shaft, provided with mixing and milling tools, e.g. using balls or rollers as working tools; Devices with two or more tools rotating about the same axis
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01FMIXING, e.g. DISSOLVING, EMULSIFYING, DISPERSING
    • B01F15/00Accessories for mixers ; Auxiliary operations or auxiliary devices; Parts or details of general application
    • B01F15/00435Drives, e.g. for reciprocating motion; Transmissions; Brakes; Couplings
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01FMIXING, e.g. DISSOLVING, EMULSIFYING, DISPERSING
    • B01F7/00Mixers with rotary stirring devices in fixed receptacles, i.e. movement of the receptacle not being meant to effect the mixing; Kneaders
    • B01F7/00008Stirrers, i.e. rotary stirring devices
    • B01F7/00233Configuration of the rotating mixing element
    • B01F7/0025Configuration of the rotating mixing element with arms, paddles, vanes or blades
    • B01F7/00275Configuration of the rotating mixing element with arms, paddles, vanes or blades sickle shaped, i.e. curved in at least one direction
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01FMIXING, e.g. DISSOLVING, EMULSIFYING, DISPERSING
    • B01F7/00Mixers with rotary stirring devices in fixed receptacles, i.e. movement of the receptacle not being meant to effect the mixing; Kneaders
    • B01F7/00008Stirrers, i.e. rotary stirring devices
    • B01F7/00233Configuration of the rotating mixing element
    • B01F7/00625Multistage systems, i.e. with a plurality of mixing elements mounted in sequence on the same axis
    • B01F7/00641Multistage systems, i.e. with a plurality of mixing elements mounted in sequence on the same axis provided with a plurality of dissimilar elements
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01FMIXING, e.g. DISSOLVING, EMULSIFYING, DISPERSING
    • B01F7/00Mixers with rotary stirring devices in fixed receptacles, i.e. movement of the receptacle not being meant to effect the mixing; Kneaders
    • B01F7/16Mixers with rotary stirring devices in fixed receptacles, i.e. movement of the receptacle not being meant to effect the mixing; Kneaders with stirrers rotating about a substantially vertical axis
    • B01F7/162Mixers with rotary stirring devices in fixed receptacles, i.e. movement of the receptacle not being meant to effect the mixing; Kneaders with stirrers rotating about a substantially vertical axis the stirrers being driven from the bottom of the receptacle
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01FMIXING, e.g. DISSOLVING, EMULSIFYING, DISPERSING
    • B01F13/00Other mixers; Mixing plant, including combinations of mixers, e.g. of dissimilar mixers
    • B01F13/10Mixing plant, including combinations of mixers, e.g. of dissimilar mixers
    • B01F2013/1075Mixing plant, including combinations of mixers, e.g. of dissimilar mixers combining mixing with other treatments
    • B01F2013/1077Mixing plant, including combinations of mixers, e.g. of dissimilar mixers combining mixing with other treatments with disintegrating
    • B01F2013/108Mixing plant, including combinations of mixers, e.g. of dissimilar mixers combining mixing with other treatments with disintegrating by cutting
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T29/00Metal working
    • Y10T29/49Method of mechanical manufacture
    • Y10T29/49826Assembling or joining
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T29/00Metal working
    • Y10T29/49Method of mechanical manufacture
    • Y10T29/49826Assembling or joining
    • Y10T29/49828Progressively advancing of work assembly station or assembled portion of work

Abstract

容器内部で処理ツールを回転させる食品処理アセンブリを開示する。処理アセンブリが駆動されている間、処理アセンブリの一部分が、容器に対して少なくとも1つの回転方向において回転可能に固定されている。いくつかの実施形態では、食品処理アセンブリの一端は、少なくとも1つの回転方向において回転可能に容器蓋に固定されてもよい。処理ツールは動力伝達系を含んでもよく、動力伝達装置の一部分は、少なくとも1つの回転方向において回転可能に容器に固定されている。【選択図】図1B

Description

本明細書の態様は、概して、食品処理装置用の処理アセンブリ及び処理アセンブリを用いて食品を処理する方法に関する。より具体的には、本明細書中に開示される態様は、食品処理アセンブリを備える食品処理装置に関する。食品処理アセンブリの一部分は、処理アセンブリが駆動される際、少なくとも1つの回転方向において回転可能に容器に固定されている。
ブレンダなどの食品処理機では食品を処理するために回転ブレードを使用している。一部の食品処理機においては、回転ブレードは、上端部にある容器蓋によって支持された回転処理アセンブリの一部分である。処理アセンブリの上端部は、容器蓋の下面にある凹部に嵌合し、処理アセンブリが駆動される際、上端部は凹部内において自由に回転する。
本発明の一実施形態によれば、食品処理装置は、食品収容容積を有する容器と、容器用の蓋と、蓋に係合可能な部分を有する回転可能な処理アセンブリと、を含む。蓋が容器に係合し、かつ、処理アセンブリの部分が蓋に係合している場合、処理アセンブリの部分と蓋とは、互いに対して少なくとも1つの回転方向において回転可能に固定されている。
本発明の別の実施形態によれば、食品処理装置は、食品収容容積を有する容器と、容器用の蓋と、回転可能な処理アセンブリと、を含む。処理アセンブリが駆動カプラーによって駆動されている際、処理アセンブリの一部分は、容器に対して少なくとも1つの回転方向において回転可能に固定されている。
本発明のさらに別の実施形態によれば、方法は、蓋が回転可能な処理アセンブリの第1部分に着脱可能に係合するように、食品収容容積を有する容器に蓋を着脱可能に係合するステップを含む。当該方法は、また、食品を処理するために処理アセンブリの第2部分を回転させるステップを含む。処理アセンブリの第2部分が回転する際、蓋に係合した処理アセンブリの第1部分は、蓋に対して少なくとも1つの回転方向において回転することができない。
添付の図面は一定の縮尺とすることを意図していない。図面においては、種々の図に示される各同一又はほぼ同一の構成要素は同一の符号によって示される。明確にするため、全ての図面において全ての構成要素に符号を付すわけではない。ここで、本発明の種々の実施形態について添付の図面を例として参照し記載する。
本発明の一態様による動力伝達系を備えた処理アセンブリを示す断面図である。 本発明の一態様による動力伝達系を備えた処理アセンブリを示す断面図である。 図1A〜図1Bに示される処理アセンブリを示す側面図である。 本発明の一態様による駆動カプラーと従動カプラーとの間のインターフェースを示す拡大図である。 図1A〜図1Bに示した動力伝達系を示す拡大断面図である。 本発明の一態様による蓋用カップリングを示す拡大斜視図である。 本発明の一態様による蓋の下面を示す拡大斜視図である。 本発明の一態様による第1ブレードアセンブリを示す斜視図である。 本発明の一態様による第2ブレードアセンブリを示す頂面図である。 図8に示した第2ブレードアセンブリを示す側面図である。 図8に示した第2ブレードアセンブリを示す斜視図である。 別の実施形態の上部断面図である。 本発明の一態様による容器基部に組み込まれた動力伝達系を示す断面図である。
ブレンダ及び食品処理機は、1以上の処理ツールを回転させて食品を処理するように構成されうる。いくつかの従来のデバイスにおいては、処理ツールは、容器蓋によって支持された上端部を有する処理アセンブリの一部分であり、上端部は容器蓋に対して自由に回転する。
本明細書中には、処理アセンブリが駆動される際、処理アセンブリの一部分が、容器に対して少なくとも1つの回転方向において回転可能に固定されたままの実施形態を記載する。一態様によれば、処理アセンブリは動力伝達系を含み、動力伝達系の一部は、容器に対して少なくとも1つの回転方向において回転可能に固定されている。
処理アセンブリの端部が、容器に対して少なくとも1つの回転方向において回転可能に固定されうる配置構成を提供することによって、処理ツールの回転中、処理アセンブリの一部分は静止状態に維持されうる。場合によっては、そのような配置構成により、処理アセンブリが、容器内に配置された動力伝達系を含むことを可能としてもよい。動力伝達系では、動力伝達系が駆動される際、動力伝達系のある部分が静止状態に維持されることが求められる。
動力伝達装置が容器の内部にある状態において、種々の速度比を有する動力伝達装置を種々の処理アセンブリを使用することにより容易に交換してもよい。例えば、第1処理アセンブリは、4:1の速度比を有する動力伝達装置を有してもよく、第2処理アセンブリは、3:1の速度比を有する動力伝達装置を有してもよい。使用者は、どの処理アセンブリを容器内に配置するかを単に選択することによってどの比を用いるかを決定することができる。
加えて、いくつかの実施形態においては、動力伝達装置が処理アセンブリの一部分であり、かつ処理アセンブリが容器から取り外し可能な状態において、動力伝達装置が破損した場合には、新たな処理アセンブリに単に交換することにより動力伝達装置を簡単に交換することができる。
場合によっては、処理アセンブリの端部が、容器蓋に対して回転可能に固定された配置構成を提供することによって、処理アセンブリと蓋との間の回転による摩耗を防止又は低減してもよい。
いくつかの実施形態では、容器蓋及び処理アセンブリは、蓋が容器に係合している際、処理アセンブリの上端部は蓋に対して回転可能に固定されているが、蓋が容器から取り外されると蓋を上端部から切り離すことができるように構成してもよい。
本明細書で使用する場合、用語「処理ツール(processing tool)」は、食品及びその他の材料を処理するために使用される任意のツールを意味する。処理ツールとしては、ブレードアセンブリ、ブラシ、砕氷アセンブリ、ダイシングアセンブリ、グレーター、シュレッダー、シュレッダー/スライサアセンブリ、キュービング用アタッチメント、練粉用フック、泡立て用アタッチメント、スライサアタッチメント及びフレンチフライカッターが挙げられうるが、これらに限定されない。場合によっては、処理ツールは、食品処理機容器を清掃するために使用されるツールであってもよい。ブレードアセンブリは単一のブレード又は2つ以上のブレードを含んでもよい。本明細書で使用する場合、用語「食品(food)」は、任意の固体又は液体食料品及び固体と液体の任意の混合物を含む。
本明細書で使用する場合、用語「連結された(connected)」、「取り付けられた(attached)」又は「結合された(coupled)」は直接的な連結、取り付け又は結合に限定されず、2つの構成要素は、互いに対して中間部品を介して連結されても取り付けられても結合されてもよい。
一実施形態によれば、図1Aに示すように、食品処理装置1は、蓋400と、容器200と、基部100と、を含む。容器200は、基部100及び容器200上の突起物及び凹みの集合体を含むロック機構105を介して基部100に着脱可能に係合する。周知のように、容器は、容器200を基部100上に配置して容器200を基部100に対して回し、容器200と基部100との間の機械的なロック機構105に係合させることによって基部に着脱可能に固定されうる。任意の適切なロック機構が使用されうるが、この態様はそのようには限定されない。例えば、容器は、容器を基部上へと下方に押すことよって又は容器を基部上へと側方に摺動させることによって基部に係合させてもよい。
いくつかの実施形態では、容器は、基部に係止又は係合しないが、その代わり、例えば、基部から回転力を受け取るために、単に基部と動作的に相互作用する。
容器200は任意の適切な容量及び設計のものであってもよい。場合によっては、容器は、処理アセンブリをジャーから取り外した後に飲料カップとして使用してもよい小型の単回使用式ジャーである。場合によっては、容器は複数回使用分を保持可能なより大型のピッチャーである。容器は、内容物を注ぐこと並びに/又は容器を持ち上げること及び移動することを容易にするためのハンドル及びスパウトを含んでもよい。蓋400は、蓋400を容器200から取り外すことなく食品を食品収容容積205に追加することができる又は食品収容容積205から取り出すことができるように食品が通過することができる穴を含んでもよい。そのような蓋の穴を覆う又は露出させるためにキャップを使用してもよい。キャップは蓋に任意の適切な手法で、例えば、キャップを蓋上にねじ止めすることを可能にするねじ山によって、キャップを蓋に連結するヒンジによって、又は締まり嵌めによって取り付けてもよいが、この態様はこの点に関して限定されない。
図1Aに示すように、食品処理装置1は、食品収容容積205の内部に配置された動力伝達系300を含む。本明細書で使用する場合、「食品収容容積(food−containing volume)」とは、食品処理時に食品が配置される容器内の容積である。例えば、図1Bに示すように、食品収容容積205は、蓋400の最下面401と、容器200の底部内面203と、容器200の側面との間の空間である。図2に示すように、第1処理ツール250は第2処理ツール370から処理アセンブリ215の長手方向217に沿って垂直方向に間隔を空けて配置されている。
動力伝達系は、第1処理ツールの垂直位置と第2処理ツールの垂直位置との間に垂直方向に配置されてもよい。図1Aに示すように、動力伝達系300は、第1処理ツール250の垂直位置と第2処理ツール370の垂直位置との間に垂直方向に配置される。つまり、動力伝達系は、第1処理ツールを含む水平面と、第2処理ツールを含む水平面との間にある。仮に動力伝達系300を第1及び第2処理ツールの回転軸線からずれるように水平に移動させた場合、動力伝達系300はなお、第1処理ツール250の高さと第2処理ツール370の高さとの間に垂直方向に配置されているとみなされる。いくつかの実施形態では、例えば、図1A及び図1Bに示す実施形態においては、動力伝達系は第1処理ツールと第2処理ツールとの間に直に配置されてもよい。つまり、ツールと動力伝達装置とが同一の軸線に沿って整列している場合においては、動力伝達系は処理ツール間に水平方向及び垂直方向の両方において配置される。本明細書で使用する場合、用語「間に配置される(positioned between)」は、動力伝達経路(path of power delivery)内の相対的な動作位置というよりもむしろ相対的な物理的位置を意味する。例えば、図1Aに示すように、動力伝達系300は第1処理ツール250と第2処理ツール370との間に物理的に位置する。図1Aに示す実施形態においては、動力伝達系300の長手方向の軸線と、第1処理ツール250の長手方向の軸線と、第2処理ツール370の長手方向の軸線とは、処理アセンブリの長手方向の軸線217と同一線上にある。動力伝達系は第1及び第2処理ツールの回転軸線と同一線上にあるが、動力伝達系が、第1及び第2処理ツールが取り付けられている軸よりも小さな直径を有する実施形態では、動力伝達系はなお第1処理ツールと第2処理ツールとの間に直に配置されているとみなされる。つまり、いくつかの実施形態では、処理ツールはツールが回転軸線に到達するまで内方に延出しないように軸に取り付けられた内径を有してもよい。動力伝達装置が小さな直径を有する場合、動力伝達装置から延出する仮想垂直突起物は処理ツールに直に交差しない。しかしながら、そのような動力伝達装置の配置構成は第1処理ツールと第2処理ツールとの間に直に配置されているとみなされる。
基部100は、駆動軸120に連結されたモータ110を含み、駆動軸120はさらに駆動カプラー130に連結されている。図2に示すように、駆動カプラー130は処理アセンブリ215の従動カプラー210に接続している。いくつかの実施形態では、駆動カプラー130及び従動カプラー210は互いに対して着脱可能に結合されうる。一実施形態においては、従動カプラー210は、容器200が基部100から持ち上げられると、従動カプラー210が駆動カプラー130から取り外されるように容器210に取り付けられている。他の実施形態においては、駆動カプラー130は従動カプラー210に永久的に取り付けられてもよい。
図3は、駆動カプラー130と従動カプラー210との間のインターフェースの拡大図を示す。駆動カプラー130は、複数の突出歯131を備えた凹部を含んでもよい。任意の適切な数の歯131を使用してもよい。駆動カプラー130の凹部が従動カプラー210を受け入れると、モータ110は処理アセンブリ215に連結される。
図1Aに示すように、モータ110は駆動軸120を回転させ、駆動軸120は駆動カプラー130を回転させ、さらに駆動カプラー130は従動カプラー210を駆動する。従動カプラー210の回転により第1ブレード軸220が回転し、この回転によりさらに第1ブレードホルダ260及び第1ブレードアセンブリ250が回転する。図1Aに示す実施形態においては、第1ブレード軸220の回転軸線と、出力軸366の回転軸線と、駆動カプラー130の回転軸線とは同一線上にある。容器200の底部開口部201内における第1ブレード軸220の回転を容易にするために玉軸受230又はその他の軸受が含まれてもよく、かつ底部開口部201を流体が流れることができないように容器200の底部開口部201を密閉するためのリップシール240が使用されてもよい。玉軸受230は、また、第1ブレード軸220を容器200に取り付けるように機能してもよい。
図1A及び図4に示すように、動力伝達装置用カップリング270が第1ブレードホルダ260の上部に着脱可能に取り付けられており、動力伝達系300の入力軸280を第1ブレードホルダ260へと結合している。動力伝達装置用カップリング270、ブレードホルダ260及び第1ブレード軸220は動力伝達系300の入力軸280を駆動軸120に連結する中間部品として機能し、これによって、動力伝達系300をモータ110により駆動することが可能になる。
動力伝達系は、入力軸から動力を受け取り、出力軸を駆動する。入力軸はモータにより特定速度及び方向にて駆動される。場合によっては、入力軸はモータと同じ速度で直接駆動され、場合によっては、入力軸が、モータの速度及び/又は方向とは異なる速度及び/又は方向で回転するようにギヤ減速、増速又はその他の適切な動力伝達系を使用してもよい。動力伝達系は、入力軸から第1速度及び方向にて動力を受け取り、出力軸を異なる速度及び/又は方向にて駆動する。いくつかの実施形態では、動力伝達系は、動力伝達系が入力軸の速度よりも低い速度であるが入力軸よりも高いトルクにて出力軸を駆動する減速型動力伝達装置であってもよい。他の実施形態においては、動力伝達系は、動力伝達系が入力軸の速度よりも高い速度であるが入力軸よりも低いトルクにて出力軸を駆動する増速型動力伝達装置であってもよい。
いくつかの実施形態では、動力伝達系は、2つ以上の処理ツールを、互いに対しては同じ速度であるが、モータの速度とは異なる速度で駆動する。場合によっては、処理ツールは出力軸によって駆動される。
図1A及び図4に示すいくつかの実施形態では、動力伝達系300は、動力伝達系300が入力軸280の速度よりも低い速度にて出力軸366を駆動する減速型動力伝達装置である。当然、この態様は減速型動力伝達装置に限定されるものではないため、任意の種類の動力伝達系が可能であることは認識すべきである。
一実施形態においては、動力伝達系300は、太陽歯車320と、太陽歯車320を取り囲む複数の遊星歯車330と、を備える遊星歯車システムである。この態様はこの点に関して限定されないため、遊星歯車システムは、2、3、4、5、6、7、8、9、10又はそれを超える数の遊星歯車を含む任意の数の遊星歯車を有してもよい。図4に最も良く示すように、動力伝達系300の入力軸280は太陽歯車用カップリング310を介して太陽歯車320に結合されている。この実施形態においては、太陽歯車軸線は処理アセンブリの長手方向217の軸線と同一線上にある。太陽歯車軸線217の周りの太陽歯車320の回転により、遊星歯車330は自身の個々の遊星歯車軸線の周りを回転し、かつリングギヤ380内の太陽歯車320の周りを回転する。以下に詳細に記載するように、リングギヤ380は静止軸390によって蓋400に固定された状態に維持される。
遊星歯車キャリアは2つのプレート、上部プレート341及び下部プレート340を含む。各遊星歯車は遊星歯車内を遊星歯車の長手方向の軸線に沿って通る心棒の周りを回転する。各心棒の上端部は上部プレート341に取り付けられ、各心棒の下端部は下部プレート340に取り付けられる。太陽歯車320の周りにおける遊星歯車330の回転により、上部及び下部プレート341、340が太陽歯車軸線217の周りを回転する。下部プレート340は遊星歯車駆動用カップリング350に回転可能に固定されており、遊星歯車駆動用カップリング350はさらに下部キャップ360に回転可能に固定されている。従って、太陽歯車軸線217の周りにおける下部プレート340の回転により、遊星歯車駆動用カップリング350及び下部キャップ360もまた太陽歯車軸線217の周りを回転する。下部キャップ360は動力伝達装置用ハウジング362に固定されており、動力伝達装置用ハウジング362は出力軸366に固定されている又は出力軸366と一体に形成されている。従って、太陽歯車軸線217の周りにおける下部キャップ360の回転は、太陽歯車軸線217の周りにおける動力伝達装置用ハウジング362、出力軸366及び第2ブレードアセンブリ370の回転も発生させる。図1Aに示すように、軸受368及び軸受396により、静止軸390が蓋400に対し回転可能に固定された状態に維持される一方で、出力軸366及び第2ブレードアセンブリ370は静止軸390の周りを回転することが可能となる。
いくつかの実施形態では、図4に示すように、出力軸366と動力伝達装置用ハウジング362とは互いに一体形成される。他の実施形態においては、出力軸及び動力伝達装置用ハウジングは、直接又は中間部品を介してのいずれにおいて互いに取り付けられる別個の構成要素であってもよい。
図1A及び図4に示す実施形態においては、動力伝達系300は減速型動力伝達装置である。太陽歯車320の1回の回転により、太陽歯車320の周りにおいて遊星歯車330が1回未満回転し、従って、下部プレート340、遊星歯車駆動用カップリング350、下部キャップ360及び出力軸366が1回未満回転する。従って、動力伝達系300は、第2ブレードアセンブリ370に対して、入力軸280の入力回転速度よりも低い回転速度を出力する。動力伝達系300の入力対出力回転速度比は、太陽歯車320とリングギヤ380との間の歯数比によって決定される。一実施形態においては、遊星歯車システムは約4.8対1の入力対出力回転速度比を提供する。いくつかの実施形態では、第1処理アセンブリ250は24,000RPMで回転し、第2処理アセンブリは5,000RPMで回転する。この態様はこの点に関して限定されないため、任意の適切な入力対出力回転速度比を使用してもよく、かつ、第1及び第2処理アセンブリは任意の適切な回転速度で回転してもよいことは認識すべきである。いくつかの実施形態では、ステップギアシステム、ウォームギヤ、ベベルギヤ及び/又は平歯車などの遊星歯車システム以外の歯車システムを使用してもよい。
別の態様によれば、動力伝達系の一部分は容器に対して少なくとも1つの回転方向において回転可能に固定されている。いくつかの実施形態では、処理アセンブリの一部分は、蓋に対して、1つの回転方向においてのみ、すなわち、処理アセンブリの回転軸線の周りにおいて時計回り方向又は反時計回り方向のいずれかに回転可能に固定されるように配置されている。他の実施形態においては、処理アセンブリの一部分は、蓋に対して、両回転方向において、すなわち、時計回り方向及び反時計回り方向の両方に回転可能に固定されるように配置されている。本明細書で使用する場合、「回転可能に固定される(rotationally fixed)」とは、少なくとも1つの回転方向、すなわち、処理アセンブリの回転軸線の周りにおいて時計回り方向のみ、反時計回り方向のみ、又は時計回り方向及び反時計回り方向の両方において回転可能に固定されることを意味している。さらに、「回転可能に固定される」は、小さな回転運動が起こりうる配置構成を含む。例えば、蓋と処理アセンブリとの間の回転相互作用により、さらなる回転が妨げられないうちに、処理アセンブリの一部分がまず、場合によっては1回転未満などのわずかな量回転することを可能としてもよい。そのような配置構成においては、当該配置構成はなお回転可能にロックされているとみなされる。
遊星歯車システムでは、太陽歯車、遊星歯車キャリア又はリングギヤの1つが静止状態に維持され、入力とは異なる出力を生成する。図1A及び図4に示す実施形態においては、リングギヤは容器に対して回転可能に固定されている。そのような配置構成においては、遊星歯車システムは減速型動力伝達装置として機能する。リングギヤは、任意の適切な手法で容器に対し静止状態に維持されてもよい。いくつかの実施形態では、リングギヤは容器の蓋に中間部品を介して固定されてもよい。一実施形態においては、図1Aに最も良く示すように、リングギヤ380は静止軸390に対して固定されている。静止軸390は蓋用カップリング392に連結されており、蓋用カップリング392は蓋400に対して回転可能に固定されている(しかしながら、ブレンダが動作していない場合、蓋400は蓋用カップリング392から取り外されてもよい)。いくつかの実施形態では、蓋用カップリングは、蓋用カップリングが図1Aに示すものよりも蓋内のさらに奥まった場所に位置するように配置されてもよい。
いくつかの実施形態では、処理アセンブリの端部と蓋の下面とは互いに協働し、処理アセンブリの端部を蓋に対して回転可能に固定する。場合によっては、処理アセンブリの端部に配置された要素は、蓋の下面に配置された要素と協働し、処理アセンブリと蓋との間の相互作用を促進する。いくつかの実施形態では、これら要素は、蓋が処理アセンブリから取り外し可能となるように着脱可能に係合可能である。いくつかの実施形態では、蓋が容器上に配置されると蓋が処理アセンブリと係合するように、自己着座配置(self-seating arrangement)を使用してもよい。例えば、蓋は容器上に下方に押されるため、蓋は、処理アセンブリの端部と蓋とが動作的に係合するまで処理アセンブリ上の相補的な傾斜要素を回転させる傾斜要素を含んでもよい。
蓋との直接係合に対し、処理アセンブリの一部分は、1以上の中間部品を介して蓋に対して回転可能に固定されてもよいことを認識すべきである。例えば、処理アセンブリの一部分は、蓋と一体のもしくは蓋に連結された伸張部もしくは突起物又は蓋に対し回転可能に固定された部品に対し回転可能に固定されてもよく、その結果、処理アセンブリの一部分もまた蓋に対して回転可能に固定されてもよい。
蓋用カップリング392の拡大図を示す一実施形態を図5に示す。蓋用カップリング392はブルノーズ型先端393及び一連の傾斜ファンブレード突起物395を含む。図6は、蓋用カップリング392のブルノーズ型先端393を受け入れる凹部493を含む蓋400の下面の拡大図を示す。蓋400の下面は、また、蓋用カップリング392の突起物395と協働する一連の傾斜ファンブレード用くぼみ495を含む。容器200が基部100に係合し、かつ、処理アセンブリ215の従動カプラー210が駆動カプラー130に係合する場合、蓋400は容器200の上部開口部202へと蓋400を押し下げることによって蓋用カップリング392に係合する。蓋400が下方に押されて容器200に係合するため、蓋用カップリング392は、蓋用カップリング392のファンブレード突起物395が蓋の下面の傾斜くぼみ495内に摺動するまで軸線217の周りを回転する。従って、蓋用カップリング392は、カップリング392が蓋凹部493内に受け入れられうる位置に自己着座する。蓋用カップリング392が蓋凹部493内に受け入れられ、蓋400が容器の上部開口部202に係合すると、蓋下面のくぼみ495内への蓋用カップリング突起物395の受け入れにより、蓋用カップリング392は蓋400及び容器200に対し回転可能に固定され、従って、蓋用カップリング392はそれ以上回転することができない。結果として、蓋用カップリング392に対して固定された静止軸390及びリングギヤ380は蓋400及び容器200に対しても回転可能に固定される。
図5及び図6は、蓋用カップリング392を一連の突起物395を有するものとして示し、蓋400の下面を一連のくぼみ495を有するものとして示すが、この態様はこの点に関して限定されないため、任意の数の突起物及びくぼみを用いてもよいことは認識すべきである。1つの突起物及びくぼみを用いてもよく、複数の突起物及びくぼみを用いてもよい。別の実施形態においては、蓋用カップリング上の要素と蓋下面上の要素は逆にしてもよい。つまり、この態様はこの点に関して限定されないため、蓋用カップリングはくぼみを有してもよく、蓋下面は突起物を有してもよい。
蓋用カップリング及び蓋下面の種々の態様は、互いに協働するための任意の適切な形状及び配置構成のものであってもよい。一実施形態においては、鍵と錠型との配置構成を使用してもよく、この場合、処理アセンブリの端部は蓋下面と1つの向きにおいてのみ係合する。別の例として、蓋を容器に係合させるプロセスにより蓋が容器に完全に係合するまで処理アセンブリ上の突出タブが螺旋溝に沿って移動することから処理アセンブリが回転するように、蓋下面は、処理アセンブリの端部にある突出タブと協働する螺旋溝又はねじ山を含んでもよい。当然、当該特徴部は螺旋溝が処理アセンブリ上にあり、突出タブが蓋下面にあるというように逆にしてもよいことは認識すべきである。別の例として、螺旋溝の代わりに、傾斜部が蓋下面にあってもよく、突出タブが処理アセンブリ上にあってもよく、その逆であってもよい。傾斜部は、蓋が容器に完全に係合するまで突出タブと協働して処理アセンブリを回転させる。場合によっては、突出タブが凹部内へと下方に摺動して蓋に対する処理アセンブリの端部のさらなる回転を阻止するように螺旋溝又は傾斜部の端部に垂直凹部又はポケットなどの停止特徴部を配置してもよい。さらに別の例としては、1つが蓋下面に、1つが処理アセンブリの端部にある、2つの協働する螺旋体又は傾斜部を用いてもよい。
リングギヤは、蓋に取り付けることなく容器に対して回転可能に固定されうることを認識すべきである。いくつかの実施形態では、蓋に取り付ける代わりに、リングギヤは、壁又は容器のその他の内部部分に押し付けられてもよい。例えば、図11に示すように、いくつかの実施形態では、リングギヤ380は、処理アセンブリから外側に延出して容器の内壁に接触する側方延出アーム410に取り付けられてもよい。容器は、容器の2つの隣接する壁が頂点204において接する正方形、矩形又はそうでなければ多角形形状を有してもよい。アームと容器の頂点との間の当接によりリングギヤが容器内において回転することができないように、アームは、容器の内部から外側に延出し、容器の頂点204に当接する。このような配置構成においては、処理アセンブリの上端部は蓋に対して回転可能に固定される必要はない。その代わりに、処理アセンブリの上端部は蓋に対して自由に回転してもよい。
図示される実施形態においては、リングギヤは、動力伝達装置用ハウジング362から互いに対して180度の角度にて延出する2つのアームに取り付けられており、かつ容器の食品収容容積の断面はほぼ正方形である。リングギヤが容器内に配置されると、アームは、同様に互いに対して180度の角度にある容器の2つの頂点を下方に摺動させる。2つのアームの長さ及びリングギヤの直径は食品収容容積の断面の対角線に等しい。リングギヤ及びアームは食品収容容積の最長局所寸法に及ぶため、リングギヤは食品収容容積内において回転することはできない。当然、この態様はこのように限定されないため、任意の適切な食品収容容積断面形状を用いることができ、かつ任意の数のアームを用いてもよいことは認識すべきである。
他の実施形態においては、遊星歯車システムは、遊星歯車システムのどの部分を静止状態に維持するかを変更することによって入力軸の方向とは逆の方向に出力軸を駆動するように構成してもよい。1つの配置構成においては、リングギヤが静止状態に維持される代わりに、遊星歯車キャリアが静止状態に維持され、リングギヤが出力軸として機能し、太陽歯車が入力軸とともに回転する。このような配置構成においては、遊星歯車システムは入力軸の方向とは逆の方向にかつ入力軸の速度よりも低い速度にて出力軸を駆動する。
さらに別の実施形態では、遊星歯車システムは、出力速度が入力速度よりも高い増速型動力伝達装置として構成されうる。この結果を得るため、1つの配置構成においては、太陽歯車は静止状態に維持され、遊星歯車キャリアは入力軸とともに回転し、リングギヤは出力軸として機能する。このような配置構成においては、動力伝達系の出力軸は、入力軸の速度よりも高速で回転する。
当然、この態様はこの点に関して限定されないため、動力伝達系は遊星歯車システムに限定されないことを認識すべきである。例えば、いくつかの実施形態では、動力伝達系はステップギヤ配置構成を用いてもよい。いくつかの実施形態においては、動力伝達系はクラッチ及び圧力プレート配置構成を用いてもよい。
一態様によれば、動力伝達系が食品収容容積内に配置された状態において、動力伝達系は、動力伝達系ハウジング内に食品が入ることを防止する配置構成において動力伝達系ハウジング内に収容される。
いくつかの実施形態では、図1A及び図4に示すように、動力伝達系300は、下部キャップ360と、動力伝達装置用ハウジング362と、上部キャップ394と、によって囲まれている。上部キャップ394は動力伝達装置用ハウジング362に取り付けられており、動力伝達装置用ハウジング362は下部キャップ360に取り付けられている。リップシール365が動力伝達装置用ハウジング362内に配置され、上部キャップ394と静止軸390との間にシールを形成し、動力伝達装置用ハウジング362内への流体の侵入を防止する。下部キャップ360は動力伝達装置用ハウジング362に固定されている。入力軸280及び下部キャップ360が、互いに対して異なる速度で回転することができるように軸受231が入力軸280と下部キャップ360との間に配置されている。リップシール364は、下部キャップ360及び入力軸280を密閉して動力伝達装置用ハウジング362内への流体の侵入を防止する。
図1A及び図4に示すように、下部キャップ360及び上部キャップ394は一連のねじ山により動力伝達装置用ハウジング362にねじ止めされている。場合によっては、上部及び下部キャップ360、394は、動力伝達装置用ハウジング362から取り外すことができ、部品交換又は保守のために動力伝達系300へのアクセスを可能にする。いくつかの実施形態では、上部及び下部キャップ360、394は動力伝達装置用ハウジング362に永久的に取り付けられる。上部及び下部キャップ360、394は、動力伝達装置用ハウジング362に締まり嵌め、機械的な締結具、接着剤又は超音波溶接などによる任意の適切な手法で取り付けられてもよい。上部及び/又は下部キャップ360、394は、また、動力伝達装置用ハウジング362と一体形成されてもよい。
さらに別の態様によれば、ピューレ化又は液化などのより高い回転速度から利する処理方法に対してはより高速で回転する処理ツールを用いてもよい。細断、すりおろし、スライシング又はチョッピングなどのより低い回転速度を使用する処理方法に対してはより低速で回転する処理ツールを用いてもよい。
いくつかの実施形態では、より高速で回転する処理ツールは、上方及び/又は下方ブレードピッチを有するブレードを含んでもよい。そのような配置構成により、食品の混合及び循環を向上させるための渦効果を食品収容容積内に発生させてもよく、それによって、より効果的な食品のピューレ化を促進する。一実施形態においては、図7に示すように、第1ブレードアセンブリ250は、2つの上向きに角度をなしたブレード252及び2つの下向きに角度をなしたブレード254を含む。場合によっては、図7に示すように、ブレード252及びブレード254は1つの単体から形成してもよい。他の場合においては、ブレード252及びブレード254は、溶接、接着剤又はその他の適切な配置構成により互いに接合してもよい。
いくつかの実施形態では、より低速で回転する処理ツールのブレードは、より高速で回転する処理ツールのブレードのブレードピッチよりも小さなブレードピッチを有してもよい。より小さなブレードピッチは、処理ツールがより容易に刻む、細断する、すりおろす及び/又はスライスすることを可能にしてもよい。場合によっては、チョッピング及びスライシング用の小さなブレードピッチを有する鋭利な薄いブレードは、高回転速度において破断したり折れたりしやすい場合があるため、より低い回転速度によりこのリスクを軽減することができる。他の場合においては、しかしながら、小さなブレードピッチを有するブレードはそのような破断又は折れが生じにくくてもよく、かつ高速で回転してもよい。一実施形態においては、図8に示すように、第2ブレードアセンブリ370はブレード372〜375を含む。図9に示すように、各ブレード372〜375はブレードピッチがほとんどなくてもよく、従って、ほぼ又は実質的に平坦であってもよい。場合によっては、第1ブレード372と第2ブレード373とは1つの単一部品から形成されてもよい。他の場合においては、第1ブレード372と第2ブレード373とは別個のブレードであってもよい。第1及び第2ブレード372、373は、出力軸366及び/又は動力伝達装置用ハウジング362に、重ね成形、締結具、機械的なロック装置、接着剤又は他の適切な手法などによる任意の適切な手法で取り付けられてもよい。同様に、場合によっては、第3のブレード374及び第4のブレード375は、1つの単一部品から形成されても、別個のブレードであってもよい。第3及び第4ブレード374、375は、出力軸366及び/又は動力伝達装置用ハウジング362に、重ね成形、締結具、機械的なロック装置、接着剤又は他の適切な手法によって取り付けられてもよい。場合によっては、ブレード372〜375は、清掃、研磨又は交換のためその対応する軸から取り外し可能であってもよい。
いくつかの実施形態では、容器は、また、容器の底部の、食品収容容積の外部に動力伝達系を含んでもよい。図12に示すように、動力伝達系301は容器200の基部375に組み込んでもよく、その場合、動力伝達系301は食品収容容積205の外部に配置される。動力伝達系301は軸221の速度及び/又は方向を、従動カプラー210の速度及び/又は方向に対して変化させてもよい。軸221は、従って、図2に示す第1ブレード軸220として機能しても第1ブレード軸220に結合されてもよい。このようにして、図2の処理アセンブリ215に追加の動力伝達系301を組み込んでもよい。
動力伝達系301は減速型動力伝達装置又は増速型動力伝達装置として機能してもよい。動力伝達系301が減速型動力伝達装置の場合、この態様はこの点に関して限定されないため、動力伝達系301は任意の適切なギヤ減速を有してもよい。例えば、動力伝達系301は、2:1、3:1、4:1、5:1、6:1、7:1、8:1、9:1又は10:1の歯車減速比を有してもよい。動力伝達系301が増速型動力伝達装置の場合、この態様はこの点に関して限定されないため、動力伝達系301は任意の適切な増速比を有してもよい。例えば、動力伝達系301は1:2、1:3、1:4、1:5、1:6、1:7、1:8、1:9又は1:10の増速比を有してもよい。動力伝達系301は遊星歯車システム、ステップギアシステム、ウォームギヤ、ベベルギヤ及び/又は平歯車などであるがこれらに限定されない任意の適切な動力伝達系であってもよい。
いくつかの実施形態においては、容器はガラス及び/又はプラスチック製であってもよい。いくつかの実施形態では、容器は透明である。
本発明は必ずしも限定されないため、上記構成要素は種々の材料で作製してもよい。
本発明はこの点において限定されないため、上記態様は任意の適切な組み合わせにおいて用いてもよい。さらに、上記態様の一部又は全部を食品処理装置において用いてもよいが、上記態様は食品以外の材料の処理に用いてもよいため、この点において本発明は限定されない。
このように本発明の少なくとも1つの実施形態のいくつかの態様を記載してきたが、種々の変更形態、修正形態及び改良形態が当業者には容易に想起されることを認識すべきである。そのような変更形態、修正形態及び改良形態は本開示の一部を成し、かつ本発明の趣旨及び範囲内であるものとする。従って、前述の記載及び図面は単に例である。

Claims (37)

  1. 食品収容容積を有する容器と、
    前記容器用の蓋と、
    前記蓋に係合可能な部分を有する回転可能な処理アセンブリであって、前記蓋が前記容器に係合し、かつ、前記処理アセンブリの前記部分が前記蓋に係合する時、前記処理アセンブリの前記部分と前記蓋とが互いに対して少なくとも1つの回転方向において回転可能に固定される、処理アセンブリと、を備える食品処理装置。
  2. 前記駆動カプラーが前記食品収容容積の外部にある、請求項1に記載の食品処理装置。
  3. 駆動カプラーを備えた基部をさらに備え、
    前記容器が前記基部に動作的に相互作用し、
    前記処理アセンブリの従動カプラーが前記基部の前記駆動カプラーに動作的に相互作用する、請求項1に記載の食品処理装置。
  4. 前記従動カプラーが前記駆動カプラーに着脱可能に結合する、請求項3に記載の食品処理装置。
  5. 駆動軸に連結されたモータをさらに備え、前記駆動軸が前記駆動カプラーに連結される、請求項3に記載の食品処理装置。
  6. 前記処理アセンブリが動力伝達系を備える、請求項1に記載の食品処理装置。
  7. 前記動力伝達系が遊星歯車システムを備える、請求項6に記載の食品処理装置。
  8. 前記処理アセンブリが駆動される時、前記動力伝達系の一部が前記容器に対して回転可能に固定されたままである、請求項6に記載の食品処理装置。
  9. 前記容器に対して回転可能に固定されたままである前記動力伝達系の前記一部がリングギヤを含む、請求項8に記載の食品処理装置。
  10. 前記処理アセンブリが駆動される時、前記リングギヤが前記処理アセンブリの第2端部及び前記蓋に対して回転可能に固定されている、請求項9に記載の食品処理装置。
  11. 前記処理アセンブリの前記第2端部が少なくとも1つの突起物を備える蓋用カップリングを含み、前記蓋の下面が、前記少なくとも1つの突起物を受け入れるように構成された少なくとも1つのくぼみを含む、請求項1に記載の食品処理装置。
  12. 前記少なくとも1つの突起物及び前記少なくとも1つのくぼみが前記処理アセンブリの長手方向の軸線に対して傾斜している、請求項11に記載の食品処理装置。
  13. 前記蓋用カップリングが複数の突起物を備え、前記蓋の前記下面が、前記突起物を受け入れるように構成された複数のくぼみを含む、請求項11に記載の食品処理装置。
  14. 前記処理アセンブリの前記第2端部が、丸みのある先端を備え、前記蓋の下面が、前記丸みのある先端を受け入れるように構成された凹部をさらに備える、請求項1に記載の食品処理装置。
  15. 前記処理アセンブリが前記駆動カプラーに係合した状態において、前記蓋を前記容器に係合させることにより、前記第2端部が前記蓋の下面に受け入れられるまで前記処理アセンブリの前記第2端部が回転する、請求項1に記載の食品処理装置。
  16. 前記蓋に係合可能な前記処理アセンブリの前記部分が前記蓋に着脱可能に係合可能である、請求項1に記載の食品処理用装置。
  17. 前記蓋に着脱可能に係合可能な前記処理アセンブリの前記部分が前記処理アセンブリの端部を備える、請求項1に記載の食品処理装置。
  18. 前記処理アセンブリの前記部分と前記蓋とが互いに対して2つの回転方向において回転可能に固定されている、請求項1に記載の食品処理装置。
  19. 前記容器がガラスを含む、請求項1に記載の食品処理装置。
  20. 前記容器がプラスチックを含む、請求項1に記載の食品処理装置。
  21. 前記容器が透明である、請求項1に記載の食品処理装置。
  22. 食品収容容積を有する容器と、
    前記容器用の蓋と、
    回転可能な処理アセンブリと、を備え、
    前記処理アセンブリが駆動カプラーによって駆動される時、前記処理アセンブリの一部が前記容器に対して少なくとも1つの回転方向において回転可能に固定されている、食品処理装置。
  23. 前記食品処理アセンブリが動力伝達系を含み、
    前記処理アセンブリが駆動される時、前記動力伝達系の一部が前記容器に対し少なくとも1つの回転方向において回転可能に固定されたままである、請求項22に記載の食品処理装置。
  24. 前記動力伝達系が遊星歯車システムを備える、請求項23に記載の食品処理装置。
  25. 前記容器に対して回転可能に固定されたままである前記動力伝達系の前記一部がリングギヤを含む、請求項24に記載の食品処理装置。
  26. 前記リングギヤが中間部品を介して前記蓋に対して回転可能に固定されている、請求項25に記載の食品処理装置。
  27. 前記動力伝達系が、動力伝達装置用ハウジング内への流体の侵入を防止する配置構成において前記動力伝達装置用ハウジング内に配置されている、請求項23に記載の食品処理装置。
  28. 前記容器に対して回転可能に固定されたままである前記処理アセンブリの前記一部が前記蓋に着脱可能に連結されている、請求項22に記載の食品処理装置。
  29. 前記容器に対して回転可能に固定されたままである前記処理アセンブリの前記一部が、前記蓋から延出する部材に着脱可能に連結されている、請求項28に記載の食品処理装置。
  30. 前記処理アセンブリの前記一部が前記容器に対して2つの回転方向において回転可能に固定されている、請求項22に記載の食品処理装置。
  31. 駆動カプラーを備えた基部をさらに備え、
    前記容器が前記基部に係合し、
    前記処理アセンブリの従動カプラーが前記基部の前記駆動カプラーに係合する、請求項22に記載の食品処理装置。
  32. 前記基部がモータ及び駆動軸を含み、前記駆動軸が前記駆動カプラーを回転させる、請求項31に記載の食品処理装置。
  33. 食品収容容積を有する容器に蓋を着脱可能に係合するステップであって、前記蓋が、回転可能な処理アセンブリの第1部分に着脱可能に係合するように前記蓋を着脱可能に係合するステップと、
    食品を処理するために前記処理アセンブリの第2部分を回転させるステップであって、前記処理アセンブリの前記第2部分が回転する時、前記蓋に係合した前記処理アセンブリの前記第1部分が前記蓋に対し少なくとも1つの回転方向において回転することができない、ステップと、を含む、方法。
  34. 前記容器に蓋を着脱可能に係合する前記ステップにより、前記第1部分が前記蓋に対して少なくとも1つの回転方向において回転することができない位置に前記第1部分が配置されるまで前記処理アセンブリの前記第1部分が回転する、請求項33に記載の方法。
  35. 前記第1部分が前記蓋に対して2つの回転方向において回転することができない、請求項34に記載の方法。
  36. 容器に蓋を着脱可能に係合するステップが、プラスチック容器に蓋を着脱可能に係合するステップを含む、請求項33に記載の方法。
  37. 容器に蓋を着脱可能に係合するステップが、ガラス容器に蓋を着脱可能に係合するステップを含む、請求項33に記載の方法。
JP2015560165A 2012-04-09 2013-08-29 食品処理機 Active JP6272362B2 (ja)

Priority Applications (7)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US13/780,730 US9149156B2 (en) 2012-04-09 2013-02-28 Food processor
US13/780,730 2013-02-28
US13/780,783 US20130264405A1 (en) 2012-04-09 2013-02-28 Food processor
US13/780,783 2013-02-28
US13/781,743 2013-02-28
US13/781,743 US9107539B2 (en) 2012-04-09 2013-02-28 Food processor
PCT/US2013/057210 WO2014133583A1 (en) 2013-02-28 2013-08-29 Food processor

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2016509881A true JP2016509881A (ja) 2016-04-04
JP6272362B2 JP6272362B2 (ja) 2018-01-31

Family

ID=51293375

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2015560165A Active JP6272362B2 (ja) 2012-04-09 2013-08-29 食品処理機

Country Status (10)

Country Link
US (1) US9149156B2 (ja)
EP (1) EP2961301B1 (ja)
JP (1) JP6272362B2 (ja)
KR (1) KR102090500B1 (ja)
CN (6) CN203762934U (ja)
AU (1) AU2013379788A1 (ja)
CA (1) CA2901988C (ja)
ES (1) ES2710549T3 (ja)
GB (2) GB2586554B (ja)
WO (2) WO2014133582A1 (ja)

Families Citing this family (22)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9149156B2 (en) * 2012-04-09 2015-10-06 Sharkninja Operating Llc Food processor
US20130264405A1 (en) 2012-04-09 2013-10-10 David M. Audette Food processor
WO2014172743A2 (en) * 2013-04-23 2014-10-30 Breville Pty Limited Dual drive juicer
US20150254740A1 (en) * 2014-03-06 2015-09-10 International Business Machines Corporation Non-Intrusive Cloud Services Billing
US20170208997A1 (en) * 2014-07-18 2017-07-27 Pi-Design Ag Kitchen appliance for processing foodstuff
CN205073906U (zh) * 2015-05-01 2016-03-09 阳光产品公司 用于搅拌机的螺旋系统
US9968223B2 (en) 2015-06-12 2018-05-15 Sunbeam Products, Inc. Blending appliance with paddle blade
EP3130264B1 (en) 2015-07-23 2020-02-05 Sunbeam Products, Inc. Food processor with slice selector disc
TWI552707B (zh) * 2015-08-17 2016-10-11 陳建榮 渣汁分離裝置
CN205006710U (zh) * 2015-09-23 2016-02-03 青岛互沃滋电器有限公司 料理设备
CN105078293A (zh) * 2015-09-23 2015-11-25 青岛互沃滋电器有限公司 料理设备
CA3002806A1 (en) * 2015-10-20 2017-04-27 Sharkninja Operating Llc Drive assembly for home appliance
CN105289402A (zh) * 2015-12-03 2016-02-03 赵炳荣 一种中药材搅拌片
CN106510495A (zh) * 2015-12-30 2017-03-22 九阳股份有限公司 一种多功能食品加工平台
GB2548082A (en) * 2016-02-24 2017-09-13 Kenwood Ltd Processing tool
CN105640367A (zh) * 2016-03-24 2016-06-08 主力智业(深圳)电器实业有限公司 一种智能食物处理器及智能食物处理方法
WO2018213995A1 (zh) * 2017-05-22 2018-11-29 唐锋机电科技(深圳)有限公司 搅拌机构以及炒菜机
CN107088004A (zh) * 2017-05-25 2017-08-25 胡祥丽 一种食物粉碎机
US20180344093A1 (en) * 2017-06-01 2018-12-06 Lifetime Brands, Inc. Rolling multi-use food processor and methods to use the same
CN107335363B (zh) * 2017-06-15 2020-06-12 安徽欧通机电科技股份有限公司 一种搅拌机叶片组件
US10874257B2 (en) * 2017-08-11 2020-12-29 Sinsion Technology Industrial Co., Ltd. Blender
CN107373536A (zh) * 2017-08-25 2017-11-24 遵义市农林源食品有限公司 工业化糟辣椒生产设备

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
FR2787311A1 (fr) * 1998-12-21 2000-06-23 Seb Sa Robot menager multifonctions
US20120129643A1 (en) * 2010-11-24 2012-05-24 Huiyang Allan Plastic & Electric Industries Co., Limited Multiple Drive System for Food Processor and Mixer

Family Cites Families (75)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US2209287A (en) 1938-04-07 1940-07-23 Wilbur L Simpson Apparatus for mixing
US2546949A (en) 1949-09-21 1951-03-27 Magnetic Power Inc Magnetic power unit power take-off
US2798700A (en) 1954-02-10 1957-07-09 Nutone Inc Culinary mixer
US2807447A (en) 1954-11-09 1957-09-24 Dormeyer Corp Food mixer
US2930596A (en) 1958-06-27 1960-03-29 Westinghouse Electric Corp Blender jar assembly
US3603364A (en) * 1969-10-29 1971-09-07 Dynamics Corp America Liquidizer jar with removable cutter unit
US3951351A (en) 1974-06-13 1976-04-20 Oster Corporation Multi-purpose kitchen appliance
GB1447430A (en) 1974-10-02 1976-08-25 Elba Werk Maschinen Ges Mbh Co Apparatus for mixing building materials
US4256407A (en) 1975-12-16 1981-03-17 Maurice Seiderman Culinary mixer and disintegrator
US4076180A (en) * 1976-03-09 1978-02-28 Liu William Y Food shredding and dicing machine
CA1071982A (en) * 1976-12-16 1980-02-19 General Electric Company Food processing appliance
US4274023A (en) 1979-05-10 1981-06-16 Lamprey Donald F Compact variable speed drive for electric motor
JPS589633Y2 (ja) 1979-06-19 1983-02-22
DE2928787C2 (ja) 1979-07-17 1981-01-08 Zyliss Zysset Ag, Lyss (Schweiz)
DE3027567A1 (de) 1980-07-21 1982-02-25 Dieter Kupka Ruehrwerk mit zwei um dieselbe geometrische achse gegenlaeufig angetriebenen ruehrorganen
US4509860A (en) 1983-05-03 1985-04-09 Lasar Manufacturing Co. Dual action mixer
US4480926A (en) 1983-05-13 1984-11-06 Lattery Jr William F Powdered food product mixing device
US4854720A (en) 1983-07-15 1989-08-08 Schold George R Disperser apparatus with two coaxial drive shafts
AT54400T (de) * 1986-06-05 1990-07-15 Philips Spa Automatische elektrische haushaltsmaschine zum herstellen von kaese und dessen nebenprodukten.
US4911557A (en) 1988-10-24 1990-03-27 Black & Decker, Inc. Dual-spindle blender with provision for small charge
JPH0265743U (ja) 1988-11-04 1990-05-17
KR0138253B1 (ko) 1989-08-21 1998-04-27 니시오카 시게루 교반장치
DE4128456A1 (de) 1991-08-28 1993-03-04 Braun Ag Zerkleinerungsgeraet fuer eine elektrische kuechenmaschine
DE4204942A1 (de) * 1992-02-19 1993-08-26 Braun Ag Vielzweckkuechenmaschine
DE4205422C1 (ja) * 1992-02-22 1993-03-04 Braun Ag, 6000 Frankfurt, De
DE4215399A1 (de) * 1992-05-11 1993-11-18 Braun Ag Küchenmaschine, insbesondere Mehrzweckküchenmaschine
DE4215882A1 (de) 1992-05-14 1993-11-18 Braun Ag Küchenmaschine
US5460444A (en) 1993-04-28 1995-10-24 Howorka; Franz Apparatus for the treatment of solid, liquid and/or gaseous materials
US5350235A (en) 1994-01-21 1994-09-27 Sealex, Inc. In line dynamic mixer with folding elements and perforated plates
DE4414415C1 (de) 1994-04-25 1995-04-06 Braun Ag Zusatzgerät für einen elektrisch betriebenen Handrührer
DE4433039B4 (de) 1994-09-16 2006-11-16 Richard Frisse Gmbh Vorrichtungen zum Bearbeiten von Dispersionen
GB2303537A (en) 1995-07-28 1997-02-26 Kenwood Marks Ltd Apparatus for food preparation
AUPN864396A0 (en) 1996-03-13 1996-04-04 Breville Pty Ltd Food blender
FR2759273B1 (fr) 1997-02-11 1999-04-23 Moulinex Sa Robot de cuisine a deux sorties de reception d'accessoires de travail amovibles
DE19721978C2 (de) 1997-05-26 2003-03-13 Bsh Bosch Siemens Hausgeraete Elektrische Küchenmaschine
JPH1176783A (ja) 1997-09-04 1999-03-23 Fuji Photo Film Co Ltd 撹拌装置
US6012837A (en) 1999-01-13 2000-01-11 Thuma; Michael C. Integrated dual mixing action stirring blender
GB9906926D0 (en) 1999-03-26 1999-05-19 Kenwood Marks Ltd Drive system for domestic appliances
US6255751B1 (en) 1999-09-09 2001-07-03 Torex Corporation Integrated rotary servo actuator
DE10016300A1 (de) 2000-03-31 2001-10-04 Bsh Bosch Siemens Hausgeraete Saftzentrifuge
DE10016293A1 (de) 2000-03-31 2001-10-04 Bsh Bosch Siemens Hausgeraete Küchengerät
DE10016297A1 (de) 2000-03-31 2001-10-04 Bsh Bosch Siemens Hausgeraete Küchenmaschine
DE10016302A1 (de) 2000-03-31 2001-10-04 Bsh Bosch Siemens Hausgeraete Küchenmaschine
US6364226B1 (en) 2000-05-01 2002-04-02 Conair Corporation Food processor with reversible motor feature
CN2472624Y (zh) * 2001-04-12 2002-01-23 广东天际电器有限公司 一种家用食品搅拌机
AT410298B (de) 2001-06-11 2003-03-25 Bacher Helmut Vorrichtung zur befüllung einer in einem gehäuse gelagerten schnecke und verfahren zum betrieb einer solchen vorrichtung
WO2003017814A1 (en) 2001-08-21 2003-03-06 Koninklijke Philips Electronics N.V. Food processor with different tools
US7419111B2 (en) 2002-09-23 2008-09-02 Euro-Pro Operating, Llp Multi-blade food processing apparatus
CN2571314Y (zh) * 2002-10-17 2003-09-10 深圳市宝安区西乡镇臣田唐锋电器厂 具有安全开关的搅拌机
DE50300442D1 (de) 2003-02-19 2005-05-19 Betty Bossi Verlag Ag Zuerich Handentreibbares Gerät zum Zerkleinern von Lebensmitteln
US6981795B2 (en) 2003-07-25 2006-01-03 Sylmark Holdings Limited Multiple blade blender apparatus
US7395751B2 (en) 2004-02-27 2008-07-08 Main Power Electrical Factory Ltd. Beverage-making appliance
US20060158958A1 (en) 2005-01-15 2006-07-20 Philip Romanik Beverage Container With Integrated Mixing Device
CN2787112Y (zh) 2005-01-21 2006-06-14 深圳市宝安区西乡镇臣田唐锋电器厂 正反转差速刀具切削式果汁机
US7350963B2 (en) 2005-02-04 2008-04-01 Hamilton Beach Brands, Inc. Blender jar
FR2887422B1 (fr) 2005-06-24 2007-08-24 Hameur Sa Dispositif de traitement des aliments multi-vitesses a moteur electrique
USD535523S1 (en) 2005-09-07 2007-01-23 Mcgill Technology Limited Dog drive for blender
US7318375B2 (en) 2005-12-23 2008-01-15 Ching-Chi Huang Food stirrer
BRPI0711566B1 (pt) 2006-05-04 2018-03-06 Swizzzprozzz Ag Unidade de trabalho para um dispositivo para processamento de alimentos e dispositivo para processamento de alimentos
CN2933211Y (zh) 2006-08-03 2007-08-15 深圳市宝安区西乡镇臣田唐锋电器厂 果汁机的切削刀具
CN201055297Y (zh) * 2007-06-19 2008-05-07 严嘉欢 一种碎冰果汁机
DE102007038371B4 (de) 2007-08-14 2014-05-28 BSH Bosch und Siemens Hausgeräte GmbH System zum Lagern der Antriebswelle einer Küchenmaschine
US20090109793A1 (en) 2007-10-28 2009-04-30 Xue Hua J Juice apparatus and disposable juicer cups
US20090190439A1 (en) 2008-01-28 2009-07-30 Yan Hoi Yeung blender
FR2926969B1 (fr) * 2008-01-31 2012-11-02 Seb Sa Appareil electromenager de preparation culinaire comprenant un boitier renfermant un moteur et un recipient recevant un outil rotatif
EP2127577A1 (en) 2008-05-30 2009-12-02 Koninklijke Philips Electronics N.V. A blender system having a cutter assembly
US8197121B2 (en) 2009-03-30 2012-06-12 Bullet Express, Llc Blender blade assembly
CN201641728U (zh) * 2010-03-02 2010-11-24 优威电器(深圳)有限公司 一种双速同心驱动的食物加工机
CN201755125U (zh) * 2010-06-10 2011-03-09 新力康国际有限公司 果汁机刀具装置
CN201996377U (zh) 2011-01-28 2011-10-05 深圳市宝安唐锋电器厂 一种刀片组和搅拌机
DE102011004483A1 (de) 2011-02-21 2012-08-23 BSH Bosch und Siemens Hausgeräte GmbH Werkzeug und Antriebseinrichtung für ein motorbetriebenes Küchengerät
CN202146240U (zh) * 2011-07-01 2012-02-22 佛山市科嘉霖电器制造有限公司 一种组合式可拆卸搅拌刀结构
CN202365651U (zh) * 2011-12-23 2012-08-08 王勇 一种用于食物加工的搅碎机
US9149156B2 (en) * 2012-04-09 2015-10-06 Sharkninja Operating Llc Food processor
US20130264405A1 (en) 2012-04-09 2013-10-10 David M. Audette Food processor

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
FR2787311A1 (fr) * 1998-12-21 2000-06-23 Seb Sa Robot menager multifonctions
US20120129643A1 (en) * 2010-11-24 2012-05-24 Huiyang Allan Plastic & Electric Industries Co., Limited Multiple Drive System for Food Processor and Mixer

Also Published As

Publication number Publication date
GB2527434B (en) 2021-01-20
EP2961301B1 (en) 2018-11-07
CN203762935U (zh) 2014-08-13
CN104013317A (zh) 2014-09-03
JP6272362B2 (ja) 2018-01-31
CN104013315A (zh) 2014-09-03
US9149156B2 (en) 2015-10-06
EP2961301A1 (en) 2016-01-06
KR20150122205A (ko) 2015-10-30
CA2901988A1 (en) 2014-09-04
WO2014133582A1 (en) 2014-09-04
CN203762934U (zh) 2014-08-13
KR102090500B1 (ko) 2020-03-18
GB2586554B (en) 2021-05-19
GB202017976D0 (en) 2020-12-30
AU2013379788A1 (en) 2015-09-03
EP2961301A4 (en) 2016-10-26
GB2527434A (en) 2015-12-23
CN104013315B (zh) 2018-03-23
US20130264404A1 (en) 2013-10-10
GB2586554A (en) 2021-02-24
ES2710549T3 (es) 2019-04-25
CA2901988C (en) 2021-01-19
WO2014133583A1 (en) 2014-09-04
CN203762936U (zh) 2014-08-13
CN104013316A (zh) 2014-09-03
GB201514573D0 (en) 2015-09-30

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6272362B2 (ja) 食品処理機
US20130264405A1 (en) Food processor
US20210219784A1 (en) Blender system with rotatable blade assembly
JP5833174B2 (ja) 食品用ホモジナイザ
US10869577B2 (en) Food processing apparatus and method
JP2008245786A (ja) 電動式食材おろし器
KR101207231B1 (ko) 식품가공장치
US20070292578A1 (en) Personal drink blender system with a single use ribbed interlocking drink container
US20070291583A1 (en) Drink blender system with a single use disposable lid
JP2004275219A (ja) ミキサー
KR101760033B1 (ko) 하이브리드 조립세트
JP2004180508A (ja) ソフトアイス飲料製造装置
CN111374574A (zh) 包括具有角传动件的附件组件的烹饪制备家电系统以及用于其的附件组件和附件架

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20160824

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20170605

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20170609

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20170904

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20171205

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20171228

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6272362

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250