JP2016505126A - 太陽エネルギ・バイオマスエネルギ補完的熱パワーシステム - Google Patents

太陽エネルギ・バイオマスエネルギ補完的熱パワーシステム Download PDF

Info

Publication number
JP2016505126A
JP2016505126A JP2015545653A JP2015545653A JP2016505126A JP 2016505126 A JP2016505126 A JP 2016505126A JP 2015545653 A JP2015545653 A JP 2015545653A JP 2015545653 A JP2015545653 A JP 2015545653A JP 2016505126 A JP2016505126 A JP 2016505126A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
solar energy
heat
biomass
storage tank
energy
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2015545653A
Other languages
English (en)
Other versions
JP6035431B2 (ja
Inventor
▲陳▼▲義▼▲龍▼
▲楊▼清萍
▲張▼岩▲豊▼
▲劉▼文▲エン▼
Original Assignee
中▲イン長▼江国▲際▼新能源投▲資▼有限公司
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to CN201210520274.4 priority Critical
Priority to CN201210520274.4A priority patent/CN102967080B/zh
Application filed by 中▲イン長▼江国▲際▼新能源投▲資▼有限公司 filed Critical 中▲イン長▼江国▲際▼新能源投▲資▼有限公司
Priority to PCT/CN2013/088570 priority patent/WO2014086295A1/zh
Publication of JP2016505126A publication Critical patent/JP2016505126A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6035431B2 publication Critical patent/JP6035431B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25BREFRIGERATION MACHINES, PLANTS OR SYSTEMS; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT-PUMP SYSTEMS
    • F25B27/00Machines, plant, or systems, using particular sources of energy
    • F25B27/002Machines, plant, or systems, using particular sources of energy using solar energy
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F03MACHINES OR ENGINES FOR LIQUIDS; WIND, SPRING, OR WEIGHT MOTORS; PRODUCING MECHANICAL POWER OR A REACTIVE PROPULSIVE THRUST, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • F03GSPRING, WEIGHT, INERTIA OR LIKE MOTORS; MECHANICAL-POWER PRODUCING DEVICES OR MECHANISMS, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR OR USING ENERGY SOURCES NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • F03G6/00Devices for producing mechanical power from solar energy
    • F03G6/06Devices for producing mechanical power from solar energy with means for concentrating solar rays
    • F03G6/064Devices for producing mechanical power from solar energy with means for concentrating solar rays having a gas turbine cycle, i.e. compressor and gas turbine combination
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F03MACHINES OR ENGINES FOR LIQUIDS; WIND, SPRING, OR WEIGHT MOTORS; PRODUCING MECHANICAL POWER OR A REACTIVE PROPULSIVE THRUST, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • F03GSPRING, WEIGHT, INERTIA OR LIKE MOTORS; MECHANICAL-POWER PRODUCING DEVICES OR MECHANISMS, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR OR USING ENERGY SOURCES NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • F03G6/00Devices for producing mechanical power from solar energy
    • F03G6/06Devices for producing mechanical power from solar energy with means for concentrating solar rays
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F03MACHINES OR ENGINES FOR LIQUIDS; WIND, SPRING, OR WEIGHT MOTORS; PRODUCING MECHANICAL POWER OR A REACTIVE PROPULSIVE THRUST, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • F03GSPRING, WEIGHT, INERTIA OR LIKE MOTORS; MECHANICAL-POWER PRODUCING DEVICES OR MECHANISMS, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR OR USING ENERGY SOURCES NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • F03G6/00Devices for producing mechanical power from solar energy
    • F03G6/06Devices for producing mechanical power from solar energy with means for concentrating solar rays
    • F03G6/065Devices for producing mechanical power from solar energy with means for concentrating solar rays having a Rankine cycle
    • F03G6/067Devices for producing mechanical power from solar energy with means for concentrating solar rays having a Rankine cycle using an intermediate fluid for heat transfer
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F24HEATING; RANGES; VENTILATING
    • F24DDOMESTIC- OR SPACE-HEATING SYSTEMS, e.g. CENTRAL HEATING SYSTEMS; DOMESTIC HOT-WATER SUPPLY SYSTEMS; ELEMENTS OR COMPONENTS THEREFOR
    • F24D11/00Central heating systems using heat accumulated in storage masses
    • F24D11/002Central heating systems using heat accumulated in storage masses water heating system
    • F24D11/003Central heating systems using heat accumulated in storage masses water heating system combined with solar energy
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F24HEATING; RANGES; VENTILATING
    • F24DDOMESTIC- OR SPACE-HEATING SYSTEMS, e.g. CENTRAL HEATING SYSTEMS; DOMESTIC HOT-WATER SUPPLY SYSTEMS; ELEMENTS OR COMPONENTS THEREFOR
    • F24D11/00Central heating systems using heat accumulated in storage masses
    • F24D11/002Central heating systems using heat accumulated in storage masses water heating system
    • F24D11/005Central heating systems using heat accumulated in storage masses water heating system with recuperation of waste heat
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25CPRODUCING, WORKING OR HANDLING ICE
    • F25C1/00Producing ice
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F02COMBUSTION ENGINES; HOT-GAS OR COMBUSTION-PRODUCT ENGINE PLANTS
    • F02CGAS-TURBINE PLANTS; AIR INTAKES FOR JET-PROPULSION PLANTS; CONTROLLING FUEL SUPPLY IN AIR-BREATHING JET-PROPULSION PLANTS
    • F02C1/00Gas-turbine plants characterised by the use of hot gases or unheated pressurised gases, as the working fluid
    • F02C1/04Gas-turbine plants characterised by the use of hot gases or unheated pressurised gases, as the working fluid the working fluid being heated indirectly
    • F02C1/05Gas-turbine plants characterised by the use of hot gases or unheated pressurised gases, as the working fluid the working fluid being heated indirectly characterised by the type or source of heat, e.g. using nuclear or solar energy
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F24HEATING; RANGES; VENTILATING
    • F24DDOMESTIC- OR SPACE-HEATING SYSTEMS, e.g. CENTRAL HEATING SYSTEMS; DOMESTIC HOT-WATER SUPPLY SYSTEMS; ELEMENTS OR COMPONENTS THEREFOR
    • F24D2200/00Heat sources or energy sources
    • F24D2200/16Waste heat
    • F24D2200/28Biological processes
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25BREFRIGERATION MACHINES, PLANTS OR SYSTEMS; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT-PUMP SYSTEMS
    • F25B15/00Sorption machines, plant, or systems, operating continuously, e.g. absorption type
    • F25B15/02Sorption machines, plant, or systems, operating continuously, e.g. absorption type without inert gas
    • F25B15/06Sorption machines, plant, or systems, operating continuously, e.g. absorption type without inert gas the refrigerant being water vapour evaporated from a salt solution, e.g. lithium bromide
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25BREFRIGERATION MACHINES, PLANTS OR SYSTEMS; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT-PUMP SYSTEMS
    • F25B27/00Machines, plant, or systems, using particular sources of energy
    • F25B27/002Machines, plant, or systems, using particular sources of energy using solar energy
    • F25B27/007Machines, plant, or systems, using particular sources of energy using solar energy in sorption type systems
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F28HEAT EXCHANGE IN GENERAL
    • F28DHEAT-EXCHANGE APPARATUS, NOT PROVIDED FOR IN ANOTHER SUBCLASS, IN WHICH THE HEAT-EXCHANGE MEDIA DO NOT COME INTO DIRECT CONTACT
    • F28D20/00Heat storage plants or apparatus in general; Regenerative heat-exchange apparatus not covered by groups F28D17/00 or F28D19/00
    • F28D2020/0065Details, e.g. particular heat storage tanks, auxiliary members within tanks
    • F28D2020/0078Heat exchanger arrangements
    • HELECTRICITY
    • H02GENERATION; CONVERSION OR DISTRIBUTION OF ELECTRIC POWER
    • H02SGENERATION OF ELECTRIC POWER BY CONVERSION OF INFRA-RED RADIATION, VISIBLE LIGHT OR ULTRAVIOLET LIGHT, e.g. USING PHOTOVOLTAIC [PV] MODULES
    • H02S10/00PV power plants; Combinations of PV energy systems with other systems for the generation of electric power
    • H02S10/30Thermophotovoltaic systems
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02BCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES RELATED TO BUILDINGS, e.g. HOUSING, HOUSE APPLIANCES OR RELATED END-USER APPLICATIONS
    • Y02B10/00Integration of renewable energy sources in buildings
    • Y02B10/20Solar thermal
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
    • Y02E10/00Energy generation through renewable energy sources
    • Y02E10/40Solar thermal energy, e.g. solar towers
    • Y02E10/46Conversion of thermal power into mechanical power, e.g. Rankine, Stirling or solar thermal engines
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
    • Y02E10/00Energy generation through renewable energy sources
    • Y02E10/50Photovoltaic [PV] energy
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02PCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES IN THE PRODUCTION OR PROCESSING OF GOODS
    • Y02P80/00Climate change mitigation technologies for sector-wide applications
    • Y02P80/10Efficient use of energy, e.g. using compressed air or pressurized fluid as energy carrier
    • Y02P80/15On-site combined power, heat or cool generation or distribution, e.g. combined heat and power [CHP] supply

Abstract

【課題】 太陽・バイオマス補完的熱パワーシステムを提供する。【解決手段】 太陽エネルギ・バイオマスエネルギ補完的熱パワーシステムは、太陽エネルギ集光装置と、太陽エネルギ蓄熱タンク(1)と、バイオマス熱エネルギ発電ステーションと、集中冷却用結合型冷却製氷装置と、集中加熱用温水システムとを含む。太陽エネルギ集光装置は配管を介して太陽エネルギ蓄熱タンク(1)と連結され、太陽エネルギ蓄熱タンクの第一熱交換器(B1)の入口はバイオマスボイラの給水ポンプ(3a)の出口と連結され、第一熱交換器(B1)の出口はバイオマスボイラの給水システム入口と連結される。太陽エネルギ蓄熱タンク(1)の第二熱交換器(B2)の入口管は浄水プラントの出口管と連結され、第二熱交換器(B2)の出口は冷却製氷装置の熱エネルギ導入管と連結される。結合型冷却製氷装置の作動冷却水は温水システムの温水タンクに流入して、セントラルヒーティングのユーザに供給される。太陽エネルギ蓄熱タンク(1)は2媒体または3媒体2循環蓄熱タンクであり、蓄熱媒体(1a)は熱媒体油または溶融塩である。【選択図】図1

Description

本発明は、太陽エネルギ・バイオマスエネルギ補完的熱パワーシステムに関し、これはクリーンエネルギの技術分野に属する。
伝統的な化石燃料(石炭、石油、天然ガス)の埋蔵量の減少、並びに化石燃料の使用により生じる環境汚染問題は、人類の生存や発展に直接的な脅威となっており、再生可能且つ環境にやさしいエネルギを重視し、発展させることにより、CO2の排出量を減少させることが、各国政府の総意となっている。
バイオマスは植物の光合成により生成される有機物であり、広く分布し、利用量が多く、廃棄物であるわらをエネルギ源として利用でき、化石燃料よりもずっとクリーンであり、CO2の排出量がゼロであることを特徴とする。したがって、極めて重要な再生可能エネルギである。広く言えば、バイオマスエネルギは太陽エネルギから生じるものであり、即ち、植物は葉緑素の光合成により太陽エネルギを回収することから、人類にとって有益である。
太陽エネルギは広く分布し、埋蔵量に限りがなく、回収や利用がクリーンに行われ、且つCO2の排出量がゼロである。したがって、再生可能エネルギの利点を備え、一層多くの人々によって関心が寄せられている。しかし、太陽エネルギの大規模開発は、太陽エネルギの分散性、天気への依存性の高さ、エネルギ量の回収の不安定性や非連続性といった様々な問題に起因して、長い間大きく制限されてきた。
昨今では、人々がエネルギを利用する際には、非合理的なエネルギ利用状況が生じており、これにより多大なエネルギの浪費が生じている。例えば、家庭用の電力を供給するために発電所が建設されている。快適な生活環境を作り出すために、各家庭には空調装置が取り付けられている。また、電力が消費して、夏の間は室温を低下させるとともに熱エネルギを大気へ排出する一方、冬の間は室温を上昇させる。様々な種類の温水器(太陽エネルギ、電気加熱、ガス加熱)を利用して、温水が供給される。氷を用いて(食品中を循環させて鮮度保つために)電気を消費して製氷する。電力は既存の技術態様に適合しているように思われるが、大量のエネルギが浪費されている。
したがって、技術的な方策を見出すために、バイオマスの熱エネルギと太陽エネルギが組み合わされるとともに、発電、冷蔵、製氷、温水が一体化させられてユーザに提供されることにより、相互の欠点が相殺され、電気、加熱、冷却の3つのパワーセンタを形成して、エネルギの浪費問題を解消するための有効策が提供される。
本発明の目的の一つは、太陽エネルギ・バイオマスエネルギ補完的熱パワーシステムを提供することにあり、クリーンな太陽エネルギとバイオマスエネルギを完全に利用して、太陽エネルギ熱パワーの補完作用により、太陽エネルギとバイオマスエネルギの複数回循環利用が最大限に行われる。発電、冷気供給、製氷、および温水供給が一体化して行われる。低炭素工業団地の建築の際に電気、加熱、冷却の3つのパワーセンタが提供される。
本発明の太陽エネルギ・バイオマスエネルギ補完的熱パワーシステムは、太陽エネルギ集光装置と、太陽エネルギ蓄熱タンクと、バイオマス直燃発電ステーションと、集中冷却用結合型冷却製氷装置と、集中加熱用温水システムとを含む。太陽エネルギ集光集熱装置は、配管を介して太陽エネルギ蓄熱タンクと連結され、太陽エネルギ蓄熱タンクの第一熱交換器B1の入口は、バイオマスボイラの給水ポンプ出口と連結される。B1の出口はバイオマスボイラの給水システム入口と連結される。太陽エネルギ蓄熱タンクの第二熱交換器B2の入口管は浄水プラントの出口管と連結される。B2の出口は結合型冷却製氷装置に熱エネルギを供給するために冷却製氷装置の熱エネルギ導入管と連結される。結合型冷却製氷装置の作動冷却水は冷却製氷装置により放出される熱エネルギを吸収するとともに、バイオマス直燃ボイラの煙道内に設置された余熱回収器からの温水と合流して、熱供給システムの温水タンクに流入し、家庭用セントラルヒーティングに利用される。
前述の太陽エネルギ蓄熱タンクは、2媒体2循環蓄熱タンクである。太陽エネルギ蓄熱タンク中の蓄熱媒体は、熱媒体油または溶融塩である。熱媒体油または溶融塩は高温ポンプにより太陽エネルギ集光装置へ送られ、太陽エネルギによって加熱される。加熱された熱媒体油または溶融塩は蓄熱タンクに戻されて放熱し、第一熱交換器B1を通る給水ポンプからの水を加熱してバイオマスボイラに供給するとともに、第二熱交換器B2を通る浄水プラントからの水を加熱し結合型冷却製氷装置に供給して、冷却、製氷を行なう。
前述の太陽エネルギ蓄熱タンクは、3媒体2循環蓄熱タンクである。太陽エネルギ蓄熱タンク中の蓄熱媒体は溶融塩である。太陽エネルギ熱交換器A中の熱伝達媒体は熱媒体油である。熱媒体油が太陽エネルギ集光装置を流れて熱を吸収した後、熱媒体油は熱交換器Aを通り、太陽エネルギ蓄熱タンク中の蓄熱媒体である溶融塩が放熱し、蓄熱媒体である溶融塩が再度第一熱交換B1を通り、給水ポンプの水を加熱してバイオマスボイラに供給するとともに、第二熱交換器B2を通る浄水プラントからの水を加熱し結合型冷却製氷装置へ供給して、冷却、製氷を行なう。
前記バイオマスボイラの煙道にはガス余熱回収器が設置され、ガス余熱回収器の温水出口管は加熱システムの温水タンクに連結される。
前記加熱システムの温水タンクは、配管、弁、およびバックポンプを介して、太陽エネルギ蓄熱タンクと連結される。
前記結合型冷却製氷装置は臭化リチウム吸収型冷蔵機または蒸発型冷蔵機である。
前記太陽エネルギ集光集熱装置の熱伝達媒体は熱媒体油または溶融塩である。
前記溶融塩はニ成分硝酸塩系であり、例えばNaNO3およびKNO3の混合塩であり、二成分硝酸塩系は90〜40%(重量)のNaNO3と、10〜60%(重量)のKNO3を含む混合塩組成を有する。
または、前記溶融塩は三成分硝酸塩系であり、例えばNaNO2、NaNo3、KNO3の混合塩であり、三成分硝酸塩系は5〜10%(重量)のNaNO2と、30〜70%(重量)のNaNO3と、20〜65%(重量)のKNO3を含む混合塩組成を有する。
好適には、前記ニ成分硝酸塩系は、重量部が60〜40%のNaNO3と、40〜60%のKNO3の混合塩である。
好適には、前記三成分硝酸塩系は、重量部が7%のNaNO2と、40%のNaNO3と、53%のKNO3の混合塩である。
本発明のシステムは、太陽エネルギおよびバイオマスエネルギの補完的パワーを利用するものであり、また、集中冷却(空調)、製氷(鮮度維持)、集中温水方式である。クリーンエネルギである太陽エネルギとバイオマスエネルギの一部分を連続して3回再利用している。従来のエネルギ利用技術と比べて、よりエネルギ効率がよく、環境にやさしいエネルギモードを使用するものである。
本発明において、太陽エネルギ蓄熱タンク内の蓄熱媒体は高温ポンプにより送られて、太陽エネルギ集光集熱装置を通り、熱エネルギを吸収して温度を上昇させ、次に、蓄熱タンクの保温層を流れて熱エネルギが蓄積される。バイオマス直燃発電ステーションのバイオマスボイラに水が供給され、ボイラ給水ポンプによって送られ、蓄熱タンクの熱交換器を使用して水の温度が上昇し、再度ボイラに流入させられて、過熱蒸気が生成される。生成された蒸気は発電用タービンに送られる。合理的な蓄熱媒体および合理的な熱エネルギ回収装置を利用している。太陽エネルギを使用する場合の熱量の不安定さといった問題を解消する。昼間晴れているときには少しの燃料だけでよく、タービン発電の正常な運転を確実にする。また、使用する太陽エネルギはクリーンなエネルギ源であり、夏季は太陽光が十分な季節であり、冷却用の氷が高負荷な季節である夏季の主要な電力エネルギとなる。発電および冷却製氷の余熱、または生産時の温水を夏季には入浴用に、またはその熱を(例えば食品加工、紡織、印刷や染色に)使用することにより、エネルギが繰り返し再利用される。
従来のエネルギ利用技術と比べて、本発明は著しくエネルギが節約され、消費量が低く、生じる塵はわずかであり、SO2の排出による大気汚染がなく、CO2の排出はゼロである。一次エネルギ源である。繰り返し使用できる。低炭素循環経済的に冷却、加熱、発電の3つを集中させた熱パワーシステムである。
上述のシステムにおいて、太陽エネルギ蓄熱タンクは複数の媒体が複数回循環させられてよく、蓄熱媒体を溶融塩とすることにより更に経済的になり、より安価となって、本発明は更に実用性を備えたものとなる。
本発明システムの概略ブロック図。 本発明の2媒体2循環蓄熱タンクシステムの概略ブロック図。 本発明の3媒体2循環蓄熱タンクシステムの概略ブロック図。
本発明の最適な実施形態を以下の図面と併せて、以下に詳細に記載する。
図1に示すように、太陽エネルギ集光装置と、太陽エネルギ蓄熱タンクと、バイオマス熱エネルギ発電ステーションと、集中冷却用結合型冷却製氷装置と、集中加熱用温水システムを含む。太陽エネルギ集光集熱装置は、配管を介して太陽エネルギ蓄熱タンクと連結される。太陽エネルギ蓄熱タンクの第一熱交換器B1の入口はバイオマスボイラ給水ポンプ出口と連結される。B1の出口はバイオマスボイラ給水システム入口と連結される。太陽エネルギ蓄熱タンクの第二熱交換器B2の入口管は浄水プラントの出口管と連結される。B2の出口は結合型冷却製氷装置に熱エネルギを供給するために冷却製氷装置の熱エネルギ導入管と連結される。結合型冷却製氷装置の作動冷却水は冷却製氷装置により放出される熱エネルギを吸収するとともに、バイオマス直燃ボイラの煙道内に設置された余熱回収器からの温水と合流して、熱供給システムの温水タンクに流入し、家庭用セントラルヒーティングに利用される
図2は、本発明の2媒体2循環蓄熱タンクシステムの概略ブロック図である。
太陽エネルギ蓄熱タンク1内の蓄熱媒体1aは、熱媒体油(または溶融塩)である。熱媒体油(または溶融塩)は高温ポンプ2aによって高温弁2bを通り、太陽エネルギ集光装置へ送られて太陽エネルギによって加熱される。第一熱交換器B1はボイラ給水ポンプからの水を加熱してバイオマスボイラに供給する。3aはバイオマスボイラの給水ポンプを表し、3bは給水ポンプの出口弁を表す。
第二熱交換器B2は浄水プラントからの水を加熱して結合型冷却製氷装置に供給し、冷却、製氷を行なう。結合型冷却製氷装置は臭化リチウム吸収型冷蔵機または蒸発型冷蔵機である。熱媒体油は、重量が23.5%のビフェニルと72.5%のジフェニル酸化物の混合液である。溶融塩はNaNO3とKNO3の混合塩や、NaNO2、NaNO3およびKNO3の混合塩である。
図3は、本発明の3媒体2循環蓄熱タンクシステムの概略ブロック図である。
太陽エネルギ蓄熱タンク1内の蓄熱媒体1aは溶融塩である。熱媒体油熱交換器Aにおいて熱伝達媒体は熱媒体油である。熱媒体油は高温ポンプ2aによって、高温弁2bを通り太陽エネルギ集中装置へ送られて太陽エネルギによって加熱され、再び熱媒体油熱交換器Aを通り太陽エネルギ蓄熱タンク中の蓄熱媒体1aである溶融塩が放熱する。第一熱交換器B1を通るボイラ給水ポンプからの水が加熱されてバイオマスボイラへ供給される。図3において、3aはバイオマスボイラの給水ポンプを表し、3bは給水ポンプの出口弁を表す。
図3に示す正常運転時には、第二熱交換器B2を通る浄水プラントからの水が加熱され、結合型冷却製氷装置に供給されて、冷却、製氷が行われる。装置が故障して長期間停止した場合には、蓄熱タンク中の溶融塩が凍結して配管を閉塞させてしまうので、B2に過熱蒸気を導入して(水と蒸気で媒体間の配管の切換を容易に行なう、図示なし)、蓄熱媒体の温度を上昇させて、凍結や閉塞の問題を解消する。
バイオマスエネルギを使用して、太陽エネルギ熱パワーの補完効果を最大限にするとともに、システムの余熱廃棄を低減させるために、バイオマスボイラの煙道にガス余熱回収器が置かれる。ガス余熱回収器の温水出口管は加熱システムの温水タンクに連結される。冷水がバイオマスボイラのガス余熱と冷却製氷センターの放出熱を吸収し、生成された温水は温水タンク中に貯蔵されて、低炭素工業パークのセントラルヒーティングに供給される。
太陽エネルギ集光装置の太陽光集熱器(パラボラトラフ型真空集熱管、フレネル型真空集熱管、またはタワー型太陽エネルギ吸熱ボイラを利用)は、集熱器内に熱伝達媒体を含み、集熱器内で太陽エネルギを吸収して温度を上昇させてから蓄熱タンクに流入する。蓄熱タンクで熱交換を行い低温になった後、高温ポンプによって送られて、太陽エネルギの熱量が循環させられる。別の経路でタービンから送られる作動流体は水−蒸気の循環を行い、タービンの凝縮水は脱気装置中に入れられて、化学的水作業場から補給される軟水と混合される。溶解した酸素が除去されてから、給水ポンプによって送り出され、太陽エネルギ蓄熱タンク内で熱交換を行なう。熱エネルギを吸収して温度を上昇させた後、バイオマスボイラのドラムに入れられ、発電機用蒸気が生成される。
太陽エネルギ集光集熱装置を流れる熱伝達媒体は熱媒体油である。
使用する熱伝達媒体は、23.5%のビフェニルと72.5%のジフェニル酸化物の混合液であり、12℃未満の温度で固体状になり、12〜50℃の温度で液体状であるが高い粘性と低い流動性を備えており、405℃を超える温度で熱分解する。一般的な熱伝達蓄熱システムにおいて、使用温度は50〜395℃に制御される。
上述の溶融塩はニ成分硝酸塩系であり、例えばNaNO3とKNO3の混合物である。
ニ成分硝酸塩系は、90%〜40%(重量)のNaNO3と10〜60%(重量)のKNO3の混合塩組成である。
上述の重量部において、60%のNaNO3と40%のKNO3の混合物の場合では、その物理的属性により、295℃未満の温度で固体状となり、295〜565℃の温度で液体状となり、また、565℃を超える温度で熱分解し易い。一般的に、正常運転で使用するときには、温度は295〜550℃に制御される。
ニ成分硝酸塩系のNaNO3とKNO3の重量比が変わると、その温度特性も変化する。
或いは、上述の溶融塩は三成分硝酸塩系であり、例えばNaNO2、NaNO3、KNO3の混合物である。
三成分硝酸塩系は、5〜10%(重量)のNaNO2と、30〜70%(重量)のNaNO3と、20〜65%(重量)のKNO3の混合塩組成である。
上述の重量部において、7%のNaNO2と40%のNaNO3と53%のKNO3の混合物の場合では、その物理的属性により、180℃未満の温度で固体状となり、180〜500℃の温度で液体状となり、また、500℃を超える温度で緩やかに熱分解し、550℃を超える温度では急速に分解する。通常の正常運転で使用されるときには、温度は180〜550℃に制御される。
三成分硝酸塩系のNaNO3とKNO3の重量比が変わると、その温度特性も変化する。
上述したとおり、本発明の核心である、クリーンなエネルギ源であるバイオマスエネルギと、太陽エネルギの熱パワーの補完作用が完全に発揮される。集中冷却、製氷、および集中温水方式を採用することにより、クリーンなエネルギ源である太陽エネルギとバイオマスエネルギを最大限に利用して、連続3回再利用される。発電、冷却製氷、および温水を一体化して、低炭素工業団地の建築の際に電気、熱、冷気の3つのパワーセンタが提供される。従って、本発明の思想に基づいて行われるいずれの変更であっても、本発明の保護範囲に属する。
1 太陽エネルギ蓄熱タンク
1a 蓄熱媒体
2a 高温ポンプ
2b 高温弁
3 バイオマスボイラ
3a バイオマスボイラの給水ポンプ
3b バイオマスボイラの出口弁
B1 第一熱交換器
B2 第二熱交換器

Claims (9)

  1. 太陽エネルギ・バイオマスエネルギ補完的熱パワーシステムであって、太陽エネルギ集光装置と、太陽エネルギ蓄熱タンクと、バイオマス直燃発電ステーションと、集中冷却用結合型冷却製氷装置と、集中加熱用温水システムとを含み、太陽エネルギ集光集熱装置は、配管を介して太陽エネルギ蓄熱タンクと連結され、太陽エネルギ蓄熱タンクの第一熱交換器B1の入口は、バイオマスボイラの給水ポンプ出口と連結され、B1の出口はバイオマスボイラの給水システム入口と連結され、太陽エネルギ蓄熱タンクの第二熱交換器B2の入口管は浄水プラントの出口管と連結され、B2の出口は結合型冷却製氷装置に熱エネルギを供給するために冷却製氷装置の熱エネルギ導入管と連結され、結合型冷却製氷装置の作動冷却水は冷却製氷装置により放出される熱を吸収した後、バイオマス直燃ボイラの煙道内に設置された余熱回収器からの温水と合流し、加熱システムの温水タンクに流入して、セントラルヒーティングのユーザに供給される、太陽エネルギ・バイオマスエネルギ補完的熱パワーシステム。
  2. 太陽エネルギ蓄熱タンクは、2媒体2循環蓄熱タンクであり、太陽エネルギ蓄熱タンク中の蓄熱媒体は、熱媒体油または溶融塩であり、熱媒体油または溶融塩は高温ポンプにより太陽エネルギ集光装置へ送られて、太陽エネルギによって加熱されてから、加熱された熱媒体油または溶融塩は蓄熱タンクに戻されて放熱し、第一熱交換器B1を通る給水ポンプからの水を加熱してバイオマスボイラに供給するとともに、第二熱交換器B2を通る浄水プラントからの水を加熱し結合型冷却製氷装置に供給して、冷却、製氷を行なう、請求項1に記載の太陽エネルギ・バイオマスエネルギ補完的熱パワーシステム。
  3. 太陽エネルギ蓄熱タンクは、3媒体2循環蓄熱タンクであり、太陽エネルギ蓄熱タンク中の蓄熱媒体は溶融塩であり、太陽エネルギ熱交換器A中の熱伝達媒体は熱媒体油であり、熱媒体油が太陽エネルギ集光装置を流れて熱を吸収した後、熱媒体油は熱交換器Aを通り、太陽エネルギ蓄熱タンク中の蓄熱媒体である溶融塩に放熱し、蓄熱媒体である溶融塩が再度第一熱交換B1を通り、給水ポンプからの水を加熱してバイオマスボイラに供給するとともに、第二熱交換器B2を通る浄水プラントからの水を加熱し結合型冷却製氷装置へ供給して、冷却、製氷を行なう、請求項1に記載の太陽エネルギ・バイオマスエネルギ補完的熱パワーシステム。
  4. 前記バイオマスボイラの煙道にはガス余熱回収器が設置され、ガス余熱回収器の温水導出管は加熱システムの温水タンクに連結される、請求項1または2または3に記載の太陽エネルギ・バイオマスエネルギ補完的熱パワーシステム。
  5. 前記結合型冷却製氷装置は臭化リチウム吸収型冷蔵機または蒸発型冷蔵機である、請求項1または2または3に記載の太陽エネルギ・バイオマスエネルギ補完的熱パワーシステム。
  6. 前記溶融塩はニ成分硝酸塩系である、請求項2または3に記載の太陽エネルギ・バイオマスエネルギ補完的熱パワーシステム。
  7. 前記溶融塩は三成分硝酸塩系である、請求項2または3に記載の太陽エネルギ・バイオマスエネルギ補完的熱パワーシステム。
  8. 前記ニ成分硝酸塩系は、重量が90〜40%のNaNO3と、10〜60%のKNO3の混合塩組成を有する、請求項6に記載の太陽エネルギ・バイオマスエネルギ補完的熱パワーシステム。
  9. 前記三成分硝酸塩系は、重量が5〜10%のNaNO2と、30〜70%のNaNO3と、20〜65%のKNO3の混合塩組成を有する、請求項7に記載の太陽エネルギ・バイオマスエネルギ補完的熱パワーシステム。
JP2015545653A 2012-12-06 2013-12-05 太陽エネルギ・バイオマスエネルギ補完的熱パワーシステム Active JP6035431B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
CN201210520274.4 2012-12-06
CN201210520274.4A CN102967080B (zh) 2012-12-06 2012-12-06 太阳能与生物质能互补的热能动力系统
PCT/CN2013/088570 WO2014086295A1 (zh) 2012-12-06 2013-12-05 太阳能与生物质能互补的热能动力系统

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2016505126A true JP2016505126A (ja) 2016-02-18
JP6035431B2 JP6035431B2 (ja) 2016-11-30

Family

ID=47797390

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2015545653A Active JP6035431B2 (ja) 2012-12-06 2013-12-05 太陽エネルギ・バイオマスエネルギ補完的熱パワーシステム

Country Status (14)

Country Link
US (1) US9657972B2 (ja)
EP (1) EP2933484B1 (ja)
JP (1) JP6035431B2 (ja)
KR (1) KR101647749B1 (ja)
CN (1) CN102967080B (ja)
AU (2) AU2013354612A1 (ja)
CA (1) CA2893602C (ja)
DK (1) DK2933484T3 (ja)
HR (1) HRP20181402T1 (ja)
HU (1) HUE040442T2 (ja)
LT (1) LT2933484T (ja)
RU (1) RU2599697C1 (ja)
SI (1) SI2933484T1 (ja)
WO (1) WO2014086295A1 (ja)

Families Citing this family (19)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102967080B (zh) * 2012-12-06 2015-03-18 中盈长江国际新能源投资有限公司 太阳能与生物质能互补的热能动力系统
CN103234278A (zh) * 2013-05-29 2013-08-07 湖南远健光能科技有限公司 一种太阳能锅炉持续加热系统
CN103742374A (zh) * 2013-12-27 2014-04-23 陕西大唐新能电力设计有限公司 一种聚光太阳能热分布式能源综合利用方法
US20190003341A1 (en) * 2014-03-04 2019-01-03 Apollo Hybrid, Inc. Hybrid energy system
CN103953402B (zh) * 2014-04-11 2015-07-29 武汉凯迪工程技术研究总院有限公司 一种太阳能与生物质能联合发电的优化集成系统
CN103925635B (zh) * 2014-04-28 2016-12-07 中国建筑股份有限公司 一种全天候太阳能供能系统
CN104197310B (zh) * 2014-08-22 2016-04-13 中盈长江国际新能源投资有限公司 太阳能热水辅助蓄热装置及由其构成的电厂锅炉太阳能热水供给系统
CN104403642B (zh) * 2014-10-13 2017-06-23 赵家春 太阳能光热发电用的熔盐及其制备方法
US20170370250A1 (en) * 2014-12-31 2017-12-28 Shenzhen Enesoon Science & Technology Co., Ltd. Combined energy supply system of wind, photovoltaic, solar thermal power and medium-based heat storage
CN104864630B (zh) * 2015-06-01 2017-07-28 东南大学 一种采用太阳能集热的多温度梯度利用系统
US20170120725A1 (en) * 2015-11-04 2017-05-04 Toyota Motor Engineering & Manufacturing North America, Inc. Absorption-based system for automotive waste heat recovery
CN106014511A (zh) * 2016-06-14 2016-10-12 周连惠 一种生物质能发电系统
CN106352596B (zh) * 2016-08-19 2019-01-11 上海交通大学 基于pvt的制冷与发电系统
CN106322822B (zh) * 2016-10-08 2019-03-08 国核电力规划设计研究院 消纳弃风弃光的冷热联供系统及方法
CN107120824B (zh) * 2017-06-02 2019-08-09 清华大学 一种生物质成型燃料热水锅炉系统
CN108036544B (zh) * 2017-10-24 2019-10-22 山东科技大学 太阳能/生物质能集成驱动的复合能量系统
CN108518324B (zh) * 2018-03-20 2021-01-05 华北电力大学 一种带蓄能的塔式太阳能光热耦合燃煤发电系统
CN109654631B (zh) * 2018-12-02 2020-12-25 吴联凯 一种多能互补综合能量管理方法
CN110594839A (zh) * 2019-09-17 2019-12-20 北方工业大学 热电联供式供热系统及供热方法

Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20050279095A1 (en) * 2003-01-21 2005-12-22 Goldman Arnold J Hybrid generation with alternative fuel sources
GB2449181A (en) * 2007-05-10 2008-11-12 Alstom Technology Ltd Solar hybrid combined cycle power plant
WO2009129233A2 (en) * 2008-04-15 2009-10-22 Combined Solar Technologies, Llc Water reclamation system and method
CN101586879A (zh) * 2008-10-08 2009-11-25 中国华电工程(集团)有限公司 一种与燃气-蒸汽联合循环结合的太阳能热利用的系统
CN101769594A (zh) * 2008-12-29 2010-07-07 苏桐梅 一种燃气锅炉烟气全热回收的装置
CN101876299A (zh) * 2010-05-24 2010-11-03 北京京仪仪器仪表研究总院有限公司 一种将太阳能热发电与生物质发电相结合的方法及系统
WO2012003508A2 (en) * 2010-07-02 2012-01-05 Solar Logic Incorporated Bladeless turbine
CN102533226A (zh) * 2011-12-15 2012-07-04 中山大学 一种硝酸熔融盐传热蓄热介质及其制备方法与应用

Family Cites Families (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
SU1236270A1 (ru) * 1984-12-29 1986-06-07 Всесоюзный Дважды Ордена Трудового Красного Знамени Теплотехнический Научно-Исследовательский Институт Им.Ф.Э.Дзержинского Котельна установка
RU2249162C1 (ru) * 2003-09-25 2005-03-27 Гаврил Захарович Марко Солнечная паротурбинная установка
CN101196305A (zh) * 2007-12-28 2008-06-11 沈阳润昇食用菌研究所 太阳能与生物质锅炉结合取暖装置
US7735323B2 (en) * 2008-02-12 2010-06-15 Lawrence Livermore National Security, Llc Solar thermal power system
CN101392736B (zh) * 2008-05-29 2011-09-14 中国科学技术大学 太阳能低温热发电及冷热联供系统
CN201706579U (zh) * 2010-04-29 2011-01-12 北京盛昌绿能科技有限公司 生物质能与太阳能全自动互补采暖热水系统
CN102252545A (zh) * 2011-05-23 2011-11-23 武汉理工大学 一种应用于太阳能空调的熔融盐相变蓄热装置
RU2459157C1 (ru) * 2011-05-24 2012-08-20 Общество с ограниченной ответственностью "Промышленные технологии" Гелио-геотермическая станция и способ ее эксплуатации
CN202132193U (zh) * 2011-06-09 2012-02-01 武汉凯迪工程技术研究总院有限公司 一种太阳能生物质能互补发电系统
CN203216148U (zh) * 2012-12-06 2013-09-25 中盈长江国际新能源投资有限公司 太阳能与生物质能互补的热能动力系统
CN102967080B (zh) * 2012-12-06 2015-03-18 中盈长江国际新能源投资有限公司 太阳能与生物质能互补的热能动力系统

Patent Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20050279095A1 (en) * 2003-01-21 2005-12-22 Goldman Arnold J Hybrid generation with alternative fuel sources
GB2449181A (en) * 2007-05-10 2008-11-12 Alstom Technology Ltd Solar hybrid combined cycle power plant
WO2009129233A2 (en) * 2008-04-15 2009-10-22 Combined Solar Technologies, Llc Water reclamation system and method
CN101586879A (zh) * 2008-10-08 2009-11-25 中国华电工程(集团)有限公司 一种与燃气-蒸汽联合循环结合的太阳能热利用的系统
CN101769594A (zh) * 2008-12-29 2010-07-07 苏桐梅 一种燃气锅炉烟气全热回收的装置
CN101876299A (zh) * 2010-05-24 2010-11-03 北京京仪仪器仪表研究总院有限公司 一种将太阳能热发电与生物质发电相结合的方法及系统
WO2012003508A2 (en) * 2010-07-02 2012-01-05 Solar Logic Incorporated Bladeless turbine
CN102533226A (zh) * 2011-12-15 2012-07-04 中山大学 一种硝酸熔融盐传热蓄热介质及其制备方法与应用

Also Published As

Publication number Publication date
KR20150089072A (ko) 2015-08-04
JP6035431B2 (ja) 2016-11-30
AU2016253561A1 (en) 2016-11-17
RU2599697C1 (ru) 2016-10-10
WO2014086295A1 (zh) 2014-06-12
AU2013354612A1 (en) 2015-07-16
KR101647749B1 (ko) 2016-08-11
LT2933484T (lt) 2018-08-27
CN102967080B (zh) 2015-03-18
EP2933484A1 (en) 2015-10-21
EP2933484A4 (en) 2016-07-20
SI2933484T1 (sl) 2018-10-30
EP2933484B1 (en) 2018-05-30
CA2893602A1 (en) 2014-06-12
DK2933484T3 (en) 2018-08-13
HUE040442T2 (hu) 2019-03-28
US20150267945A1 (en) 2015-09-24
CA2893602C (en) 2019-03-05
CN102967080A (zh) 2013-03-13
US9657972B2 (en) 2017-05-23
HRP20181402T1 (hr) 2018-10-19
AU2016253561B2 (en) 2018-04-12

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Murugan et al. Tri and polygeneration systems-A review
Wu et al. Absorption heating technologies: A review and perspective
Leonzio Solar systems integrated with absorption heat pumps and thermal energy storages: state of art
Ozturk et al. Thermodynamic analysis of a solar-based multi-generation system with hydrogen production
JP6267368B2 (ja) 電力ピーキング熱電併給(chp)廃熱回収装置、及びその稼働方法
Hassan et al. A review on solar cold production through absorption technology
CN204420979U (zh) 一种采用导热油传热的储能式清洁能源过热蒸汽锅炉
Xu et al. Research, development and the prospect of combined cooling, heating, and power systems
CN204043049U (zh) 一种蓄热型太阳能地源热泵耦合系统
Liu et al. Performance prediction of a solar/gas driving double effect LiBr–H2O absorption system
CN101769594B (zh) 一种燃气锅炉烟气全热回收的装置
Raja et al. A review and new approach to minimize the cost of solar assisted absorption cooling system
CN103776079B (zh) 一种电力调峰热电联产余热回收装置及其运行方法
KR100975276B1 (ko) 흡수식 히트펌프를 이용한 지역난방수 공급 시스템
CN102359739B (zh) 零能源损耗率热电厂的燃蒸循环热电冷三联供系统与方法
KR100893828B1 (ko) 복합 발전을 연계한 복합 열원 히트 펌프 냉난방 방법
JP5541603B2 (ja) 多機能太陽エネルギーコージェネレーションシステム
US9657972B2 (en) Solar-biomass complementary thermal energy supply system
CN201486603U (zh) 一种太阳能与生物质联合发电装置
CN100432547C (zh) 太阳能-地源联合供暖供热水供电制冷系统及其操作方法
CN103629857A (zh) 基于热泵的热电联产集中供热系统
US20170131037A1 (en) Combined heating power and cooling apparatus with energy storage type adapted to an active distribution network and its method
CN204254930U (zh) 耦合多种可再生能源的城市污水冷热电联供系统
Zhang et al. Comparison of combined cooling, heating and power (CCHP) systems with different cooling modes based on energetic, environmental and economic criteria
CN104420906B (zh) 蒸汽轮机设备

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20160713

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20160715

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20160726

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20161020

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20161031

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6035431

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250