JP2016182356A - Golf club head with flexure - Google Patents

Golf club head with flexure Download PDF

Info

Publication number
JP2016182356A
JP2016182356A JP2016117697A JP2016117697A JP2016182356A JP 2016182356 A JP2016182356 A JP 2016182356A JP 2016117697 A JP2016117697 A JP 2016117697A JP 2016117697 A JP2016117697 A JP 2016117697A JP 2016182356 A JP2016182356 A JP 2016182356A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
portion
club head
golf club
sole
face
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2016117697A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP6378253B2 (en
Inventor
オリン ベネット トーマス
Thomas O Bennett
オリン ベネット トーマス
ベジーラ ステファニー
Stephanie Bezilla
ベジーラ ステファニー
エル. クレグホーン リチャード
l cleghorn Richard
エル. クレグホーン リチャード
ブイ. デシムク ウデイ
V Deshmukh Uday
ブイ. デシムク ウデイ
デラクルス ノア
La Cruz Noah De
デラクルス ノア
シー. ガルバン ダリル
C Galvan Darryl
シー. ガルバン ダリル
イー. ゴールデン チャールズ
Charles E Golden
イー. ゴールデン チャールズ
イネス マーニ
Ines Marni
イネス マーニ
モリン ジョン
John Morin
モリン ジョン
エス. マーフィ ステファン
Stephen S Murphy
エス. マーフィ ステファン
シー. ミルハム マーク
Mark C Myrhum
シー. ミルハム マーク
ジマーマン ゲリー
Zimmerman Gery
ジマーマン ゲリー
Original Assignee
アクシュネット カンパニーAcushnet Company
Acushnet Co
アクシュネット カンパニーAcushnet Company
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US13/844,954 priority Critical patent/US8986133B2/en
Priority to US13/844,954 priority
Application filed by アクシュネット カンパニーAcushnet Company, Acushnet Co, アクシュネット カンパニーAcushnet Company filed Critical アクシュネット カンパニーAcushnet Company
Publication of JP2016182356A publication Critical patent/JP2016182356A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP6378253B2 publication Critical patent/JP6378253B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a novel manner for providing a face of a club with desired flexure and rebound at impact, thereby maximizing COR (a Coefficient Of Restitution).SOLUTION: A flexure 882 provides compliance during an impact between a golf club head 880 and a golf ball, and is adjusted to vibrate, immediately after impact, at a predetermined frequency. The flexure 882 is formed of a front wall and a rear wall that are coupled at an apex, the front wall and the rear wall extend in the inside of an internal cavity, and a rear part of a sole 888 is located rearward the flexure 882. A weight storage part 892 configured to store a weight 884 is fixed to a rear part of the sole 888, a wall member of the weight storage part 892 is positioned in the internal cavity, the wall member is fixed to an access hole 896 of a hosel 890, and further the wall member is fixed to a rear part of the sole 888.SELECTED DRAWING: Figure 57

Description

この出願は2012年12月19日に提出されて係属中の米国特許出願第13/720,885号の部分継続出願であり、これは、2012年9月14日に提出されて係属中の米国特許出願第13/618,963号の部分継続出願であり、それらの内容は参照してここに組み入れる。 This application is U.S. Patent Application No. 13 / 720,885 No. of partial continuation pending application is filed on December 19, 2012, which is the US pending and is filed September 14, 2012 and a continuation-in-part application of patent application Ser. No. 13 / 618,963, the contents are incorporated herein by reference.

この発明は一般的には改良されたゴルフクラブヘッドに関する。 This invention relates generally to an improved golf club head. より詳細には、この発明は、柔軟部分を具備するゴルフクラブヘッドに関する。 More particularly, this invention relates to a golf club head having a flexible portion.

ゴルフクラブの設計が複雑なことは良く知られている。 Golf club design has been well known that complicated. クラブの部品(すなわちクラブヘッド、シャフト、グリップ、および、これらの部品)の各々の仕様がクラブの性能に直接に影響する。 Club component (i.e. the club head, shaft, grip, and these components) each specification affects directly the performance of the club. したがって、設計仕様を可変させて、ゴルフクラブを特別の性能特性を持つように仕上げることができる。 Therefore, it is possible to finish by varying the design specifications, to have a special performance characteristics of the golf club.

クラブヘッドの設計は長い間検討されてきた。 The design of the club head has long been considered. クラブヘッドの設計においてより重要なものは、ロフト、ライ、フェース角、水平フェースバルジ、垂直フェースロール、重心(CG)、慣性、材料選択、および全体のヘッド重量である。 More important in the design of the club head loft, lie, face angle, horizontal face bulge, vertical face roll, the center of gravity (CG), inertia, material selection, and a head weight of the total. この基本的な基準の組が一般的にはクラブヘッドの設計の焦点であるけれども、他のいくつかの設計側面も考慮されるべきである。 Although this set of basic criteria will generally be the focus of the design of the club head, several design aspects of other it should also be considered. クラブヘッドの内部設計を調整して、ホーゼルやシャフト連結手段の封入、クラブヘッドの周囲ウエイト、および空洞クラブヘッド内のフィラーのような具体的な特徴を実現してよい。 By adjusting the internal design of the club head, inclusion of the hosel and the shaft coupling means, around the weight of the club head, and may implement specific features, such as filler in the cavity club head.

ゴルフクラブヘッドは、また、ゴルフクラブおよびゴルフボールの間の衝突時の繰り返しの衝撃に耐えるように強くなければならない。 Golf club head is, also, must be strong to withstand the repeated impact of a collision between the golf club and golf ball. この過渡的な事象の際に生じる負荷は2000ポンドを越えるピーク力を形成できる。 Load occurring during the transient events can form a peak power in excess of 2000 pounds. このため、主たる試みは、クラブフェースおよび本体を、材料イールドまたは破砕による永久的な変形または故障に抗するように設計することである。 Therefore, the main attempts to club face and body, is to design to resist permanent deformation or failure due to material yield or fracture. 典型的にはチタンから製造される慣用的な空洞メタルウッドドライバーは、クラブヘッドの強度の一貫性を確実にするために2.5mmを越えるフェース厚さを伴う。 Conventional cavity metalwood driver typically made from titanium involves face thickness exceeding 2.5mm in order to ensure consistency of the intensity of the club head.

競技者は、最大距離および最大着陸精度を実現するメタルウッドドライバーおよびゴルフボールの組み合わせを追求する。 Competitors, to pursue a combination of the metal wood driver and golf ball to achieve the maximum distance and maximum landing accuracy. ボールが衝撃後に移動する距離は、ボールの並進速度およびボールの回転速度すなわちスピンの大きさおよび方向により決定される。 Distance the ball travels after impact is determined by the translation speed and the magnitude and direction of the rotational speed, that the spin of the ball of the ball. 環境圧力、湿度、温度、および風速を含む、環境条件がさらにボールの飛行に影響する。 Environment including pressure, humidity, temperature, and wind speed, environmental conditions further affect the flight of the ball. しかしながら、これら環境効果は、ゴルフ道具製造業者の制御を越えている。 However, these environmental effects are beyond the control of the golf equipment manufacturer. ゴルフボールの着地精度は多くの要因にも左右される。 Landing accuracy of the golf ball also depends on a number of factors. これら要因のいくつかは、重心およびクラブフェースの柔軟性のようなクラブヘッド設計に起因する。 Some of these factors is due to the club head design, such as the flexibility of the center of gravity and the club face.

合衆国ゴルフ協会(USGA)、すなわち、合衆国においてゴルフの規則を管理する団体は、ゴルフボールの性能についての仕様を有する。 United States Golf Association (USGA), the In other words, the organization that manages the golf rules in the United States, has a specification for the performance of the golf ball. これら性能仕様は、適合ボールの寸法および重量を規定する。 These performance specifications define the size and weight of the fit ball. 1つのUSGA規則は所定の衝突後のゴルフボールの初速度を250フィート・パー・秒+2%(または255フィート・パー・秒の最大初速度)に限界付ける。 One USGA rules put limits the initial velocity of a golf ball after a predetermined collision 250 foot per-sec + 2% (or maximum initial velocity of 255 feet-per-second). ゴルフボールの移動距離をより大きくするために、衝突後のボール速度およびボール−クラブの衝突の反発係数をこの規則を守りながら最大化しなければならない。 For greater movement distance of the golf ball, the ball speed and ball after impact - must be maximized while preserving the rule coefficient of restitution of the club of the collision.

一般的には、環境による影響を無視すれば、ゴルフボールの飛距離はクラブヘッドによる衝撃の間にボールに加えられた全運動エネルギに左右される。 In general, neglecting the influence of the environment, the flight distance of the golf ball is dependent on the total kinetic energy applied to the ball during the impact caused by the club head. 衝突の際、運動エネルギはクラブから伝達されクラブヘッド中の弾性歪みエネルギとして、また、ボールの粘弾性歪みエネルギとして蓄積される。 The event of a collision, kinetic energy as the elastic strain energy in the club head is transmitted from the club, also stored as viscoelastic strain energy of the ball. 衝撃後、ボールおよびクラブに蓄積されたエネルギはボールおよびクラブの並進速度および回転速度の形で運動エネルギに変換されて戻される。 After impact, the energy stored in the ball and the club is returned is converted into kinetic energy in the form of translation speed and rotational speed of the ball and club. 衝突は完全には弾性的ではないので、エネルギの一部はクラブヘッドの振動やボールの粘弾性緩和に消費される。 Since the collision is not completely elastic, part of the energy is consumed to viscoelastic relaxation of vibration and ball of the club head. 粘弾性緩和は、ゴルフボールに用いられるポリマー材料の材料特性である。 Viscoelastic relaxation is the material properties of the polymeric material used in the golf ball.

ボールの粘弾性緩和は寄生エネルギ源であり、これは変形率に依存する。 Viscoelastic Relaxation of the ball is parasitic energy source, which is dependent on the deformation rate. この効果を最小化するために変形率を小さくする必要がある。 It is necessary to reduce the deformation rate in order to minimize this effect. これは、クラブフェースの衝突時の変形をより大きくすることにより実現できる。 This can be achieved by a larger deformation during the club face impact. 金属の変形は純粋に弾性的であろうから、クラブフェースに蓄えられた歪みエネルギは衝突の後にボールに戻り、この結果衝突後のボールの飛び出し速度を増加させる。 Since deformation of the metal will be purely elastically, strain energy stored in the club face back to the ball after the collision, thereby increasing the outgoing velocity of the ball after a result collisions.

クラブフェースの変形を可変するために種々の手法を採用でき、これには、均一フェース肉薄化、剛性部材をリブとする薄肉フェース、可変厚さ、その他が含まれる。 Can employ various techniques to vary the deformation of the club face, the this, uniform face thinning, thin faces the rigid member and the rib, variable thickness, and other. こられの設計は、十分な構造上の一体性を有して繰り返しの衝突にクラブフェースの永久的な変形を伴うことなく耐えるものでなくてはならない。 Korare design, must be able to withstand without permanent deformation of the club face to collisions repeatedly have integrity sufficient structural. 一般に、慣用的なクラブヘッドでは、クラブのフェースの衝突位置に応じて衝突後の初期ボール速度が変化する。 In general, a conventional club head, the initial ball speed after collision is changed according to the collision position of the club face. したがって、この分野において、より大きな「スイートスポット」すなわち実質的に均一な大きな初期ボール速度のゾーンを伴うクラブヘッドに対する要請が依然として存在する。 Accordingly, in this field, we demand more for large "sweet spot" or club head with a substantially uniform zones of high initial ball speed still exists.

近年の技術的なブレークスルーによりアベレージゴルファーがより長い距離を実現でき、例えば、一貫性をもってシェルをより薄く成型し、チタンのようなより軽量な材料を使用することにより、重量を今までと同じにし、さらにはより形容に維持しながら、より距離を大きなゴルフクラブが提供されている。 Recent technological breakthroughs can achieve longer distances average golfer, for example, molded thinner shell with consistency, by using light materials from such as titanium, the same as ever weight to, and further while maintaining a more adjectives, big golf club the more distance is provided. また、クラブのフェースも確実に極めて薄いものになってきている。 In addition, it has become to ensure that extremely thin also the face of the club. フェースが薄くなればなるほど、反発係数(COR)がより最大化される。 The thinner face is, the coefficient of restitution (COR) is more maximized. フェースが衝突時により跳ね返れば、ボールに加わるエネルギがより増大して、これにより距離が増大する。 If the face is Hanekaere more collision energy applied to the ball it is more increased, thereby the distance increases. フェースをより薄くするに、製造業者は、鍛造、スタンピング、または機械加工したフェースへと移行してきており、これは一般的には鋳造フェースより強固である。 It faces into thinner, manufacturers, forging, stamping or have been shifted to the machined face, which is generally a stronger than cast face. 一般的な慣行では、鍛造、またはスタンピングのフェースは本体またはソールに溶接して連結される。 In common practice, forging or face of stamping, is linked by welding to the body or the sole. フェースが薄くなるとそれだけ脆弱になり故障しやすい。 Face becomes and the more prone to failure becomes vulnerable thin. この発明は、クラブのフェースに所望の衝突時の屈曲および跳ね返りを付与して、もってCORを最大化する新しい手法を提供する。 The present invention, by giving flexibility and rebound when desired collide with the face of the club, to provide a new approach to maximize COR have.

特開2003−093554号公報 JP 2003-093554 JP

この発明はコンプライアンス(柔軟性)特性を既知のゴルフクラブヘッドに較べて異なるものにする屈曲部を含むゴルフクラブヘッドに関する。 This invention relates to a golf club head including a bend to differ compared compliance (flexibility) properties to known golf club head.

1実施例において、ゴルフクラブヘッドは、クラウン、ソール、側壁、ホーゼル、および、フェースを含む。 In one embodiment, the golf club head includes a crown, a sole, side walls, a hosel, and a face. クラウンは、ゴルフクラブヘッドの上側表面を形成し、ソールはゴルフクラブヘッドの下側表面を形成し、側壁はクラウンおよびソールの間を伸びる。 Crown forms the upper surface of the golf club head, sole forms a lower surface of the golf club head, the sidewalls extending between the crown and sole. ソールは、案内部分、屈曲部、および後方部分を含む。 Sole, includes a guide portion, the bent portion, and a rear portion. フェースはボール打撃表面を形成し、リーディングエッジにおいて案内部分と交差する。 Face forms a ball striking surface, intersect the guide portion in the leading edge. 屈曲部は案内部分によってボール打撃表面の後方に離間される。 The bent portion is spaced behind the ball striking surface by the guide portion. 屈曲部は、前面壁部、頂部、および、後方壁部を有し、前面壁部は当該ゴルフクラブヘッドにより形成されるキャビティ内に伸び、後方壁部はそのキャビティ内に伸び、前面壁部および後方壁部は頂部で結合される。 The bent portion includes a front wall, a top, and includes a rear wall portion, the front wall extends into the cavity formed by the golf club head, the rear wall extending into the cavity, the front wall and rear wall are joined at the top. 屈曲部はボール打撃表面から、ゴルフクラブヘッドの幾何フェース中心と、ゴルフクラブヘッドの前方から後方に伸びる水平Z−軸に沿うゴルフクラブヘッドの重心との間のCG−Z−fcの距離の20%および50%の間の距離だけ離間される。 From the bent portion is a ball striking surface, and the geometric face center of the golf club head, the distance between the CG-Z-fc between the center of gravity of the golf club head along a horizontal Z- axis extending from front to rear of the golf club head 20 distance between% and 50% are separated.

添付図面は明細書の一部を構成し、明細書との関連において理解されなければならず、この図面において、種々の図における類似の参照番号は類似の部分を示す。 The drawings constitute a part of the specification, it must be understood in the context of the specification, in the drawings, like reference numerals in the various figures indicate like parts.

この発明のクラブヘッドの実施例の側面図である。 It is a side view of an embodiment of a club head of the present invention. 図1のクラブヘッドの実施例の底面図である。 It is a bottom view of the club head of FIG. 1 embodiment. 図2の3−3線に対応する断面図である。 It is a sectional view corresponding to line 3-3 of FIG. 図1のゴルフクラブヘッドの図3に詳細Aで示す部分の断面図である。 It is a cross-sectional view of a portion indicated by detail A golf club head 3 in Figure 1. この発明のクラブヘッドの他の実施例の一部の斜視図である。 It is a fragmentary perspective view of another embodiment of a club head of the present invention. 図5の線6−6に対応する断面図である。 Is a cross-sectional view corresponding to line 6-6 of FIG. ゴルフクラブヘッドのウエイト部材の背面斜視図である。 Golf is a rear perspective view of the weight member of the club head. この発明のゴルフクラブヘッドの他の実施例の側面図である。 It is a side view of another embodiment of a golf club head of the present invention. 図7のゴルフクラブヘッドの他の側面図である。 Is another side view of the golf club head of FIG. 7. この発明のゴルフクラブヘッドの他の実施例の側面図である。 It is a side view of another embodiment of a golf club head of the present invention. 図9のゴルフクラブヘッドの他の側面図である。 Is another side view of the golf club head of FIG. 9. この発明のゴルフクラブヘッドの他の実施例の側面図である。 It is a side view of another embodiment of a golf club head of the present invention. 図11のゴルフクラブヘッドの底面図である。 It is a bottom view of the golf club head of FIG. 11. 図12の線13−13に対応する断面図である。 Is a cross-sectional view corresponding to line 13-13 of Figure 12. この発明のゴルフクラブヘッドの他の実施例の側面図である。 It is a side view of another embodiment of a golf club head of the present invention. 図14のゴルフクラブヘッドの底面図である。 It is a bottom view of the golf club head of FIG. 14. この発明の他の実施例のゴルフクラブヘッドの斜視図である。 It is a perspective view of a golf club head of another embodiment of the present invention. 図16のゴルフクラブの分解図である。 It is an exploded view of the golf club of FIG. 16. 図16のゴルフクラブヘッドの断面図である。 It is a cross-sectional view of the golf club head of FIG. 16. 図16のゴルフクラブヘッドの代替的な構成の断面図である。 It is a cross-sectional view of an alternative construction of the golf club head of FIG. 16. この発明の他の実施例のゴルフクラブヘッドの斜視図である。 It is a perspective view of a golf club head of another embodiment of the present invention. 図20のゴルフクラブの分解図である。 It is an exploded view of the golf club of FIG. 20. この発明のゴルフクラブヘッドの実施例の断面図である。 It is a cross-sectional view of an embodiment of a golf club head of the present invention. この発明のゴルフクラブヘッドの実施例の断面図である。 It is a cross-sectional view of an embodiment of a golf club head of the present invention. この発明のゴルフクラブヘッドの実施例の断面図である。 It is a cross-sectional view of an embodiment of a golf club head of the present invention. この発明のゴルフクラブヘッドの実施例の断面図である。 It is a cross-sectional view of an embodiment of a golf club head of the present invention. この発明のゴルフクラブヘッドの実施例の断面図である。 It is a cross-sectional view of an embodiment of a golf club head of the present invention. この発明のゴルフクラブヘッドの実施例の断面図である。 It is a cross-sectional view of an embodiment of a golf club head of the present invention. この発明のゴルフクラブヘッドの実施例の断面図である。 It is a cross-sectional view of an embodiment of a golf club head of the present invention. この発明のゴルフクラブヘッドの実施例の一部の断面図である。 It is a partial sectional view of an embodiment of a golf club head of the present invention. この発明のゴルフクラブヘッドの実施例の一部の断面図である。 It is a partial sectional view of an embodiment of a golf club head of the present invention. この発明のゴルフクラブヘッドの実施例の一部の断面図である。 It is a partial sectional view of an embodiment of a golf club head of the present invention. この発明のゴルフクラブヘッドの実施例の一部の断面図である。 It is a partial sectional view of an embodiment of a golf club head of the present invention. この発明のゴルフクラブヘッドの実施例の一部の断面図である。 It is a partial sectional view of an embodiment of a golf club head of the present invention. この発明のゴルフクラブヘッドの実施例の一部の断面図である。 It is a partial sectional view of an embodiment of a golf club head of the present invention. この発明のゴルフクラブヘッドの実施例の一部の断面図である。 It is a partial sectional view of an embodiment of a golf club head of the present invention. この発明のゴルフクラブヘッドの実施例の一部の断面図である。 It is a partial sectional view of an embodiment of a golf club head of the present invention. この発明のゴルフクラブヘッドの実施例の一部の断面図である。 It is a partial sectional view of an embodiment of a golf club head of the present invention. この発明のゴルフクラブヘッドの他の実施例の底面図である。 It is a bottom view of another embodiment of a golf club head of the present invention. 図38のゴルフクラブヘッドの側面図である。 It is a side view of the golf club head of FIG. 38. 図38のゴルフクラブヘッドの線40−40に沿う断面図である。 It is a sectional view taken along the golf club head of the line 40-40 of Figure 38. この発明のゴルフクラブヘッドの1実施例の正面図である、 Is a front view of one embodiment of a golf club head of the present invention, 図41のゴルフクラブヘッドの側面図である。 It is a side view of the golf club head of FIG. 41. 図41のゴルフクラブヘッドの線41−41に沿う断面図である。 It is a sectional view taken along the golf club head of the line 41-41 of Figure 41. この発明のゴルフクラブヘッドの一部の断面図である。 Sectional view of a portion of the golf club head of the present invention. この発明のゴルフクラブヘッドの一部の断面図である。 Sectional view of a portion of the golf club head of the present invention. この発明のゴルフクラブヘッドの一部の断面図である。 Sectional view of a portion of the golf club head of the present invention. この発明のゴルフクラブヘッドの一部の断面図である。 Sectional view of a portion of the golf club head of the present invention. この発明のゴルフクラブヘッドの一部の断面図である。 Sectional view of a portion of the golf club head of the present invention. この発明のゴルフクラブヘッドの一部の断面図である。 Sectional view of a portion of the golf club head of the present invention. この発明のゴルフクラブヘッドの一部の断面図である。 Sectional view of a portion of the golf club head of the present invention. この発明のゴルフクラブヘッドの一部の断面図である。 Sectional view of a portion of the golf club head of the present invention. この発明のゴルフクラブヘッドの一部の断面図である。 Sectional view of a portion of the golf club head of the present invention. この発明のゴルフクラブヘッドの一部の断面図である。 Sectional view of a portion of the golf club head of the present invention. この発明のゴルフクラブヘッドの一部の断面図である。 Sectional view of a portion of the golf club head of the present invention. この発明のゴルフクラブヘッドの一部の断面図である。 Sectional view of a portion of the golf club head of the present invention. 図55のゴルフクラブヘッドの底面図である。 It is a bottom view of the golf club head of FIG. 55. この発明のゴルフクラブヘッドの他の実施例の底面図である。 It is a bottom view of another embodiment of a golf club head of the present invention. 寸法特徴、および、ここで使用される座標系を説明する、ゴルフクラブヘッドの正面図である。 Dimensional characteristics, and will be described coordinate system used herein, it is a front view of the golf club head. 図58のゴルフクラブヘッドの平面図である。 It is a plan view of the golf club head of FIG. 58. 図58のゴルフクラブヘッドの一部の断面図である。 Which is a part of a cross-sectional view of the golf club head of FIG. 58.

そうでないと明示されない限り、すべての数値範囲、量、値、百分率、例えば材料の量、慣性モーメント、重心位置、ロフト、ドラフト角、および明細書中の以下の部分の他のものは、たとえ、その値、量または範囲に関連して用語「約」が表示されていなくとも、「約」がその前に配置されているように読むことができる。 Unless expressly otherwise, all numerical ranges, amounts, for example amounts of materials, moment of inertia, center of gravity position, loft, draft angles, and others in the following portion of the specification, for example, its value, need not be "about" the terms related to the amount or range is displayed, it can be read as "about" is placed before it. したがって、そうでないと示されていない限り、明細書および特許請求の範囲に表される数のパラメータは近似的であり、これは、この発明により得られることが企図される所望の特性に応じて変化する。 Accordingly, unless indicated to the contrary, specification and number of parameters represented in the claims are approximations that may, depending on the desired properties sought to be obtained by the present invention are contemplated Change. 最低限でも、もちろん均等論の適用を制約するものではないが、各数のパラメータは記録されている有効数字の数や通常の丸め処理に照らして解釈されるべきである。 At the very least, and not as an attempt to limit the application of the doctrine of equivalents, the parameters of each number should be interpreted in light of the number and the normal rounding significant figures being recorded.

この発明の広範な範囲を示す数的範囲およびパラメータは近似的であるけれども、具体例において示された数値は可能な限り正確に記録した。 Notwithstanding that the numerical ranges and parameters setting forth the broad scope of the invention are approximations, the numerical values ​​set forth in the specific examples are reported as precisely as possible. 任意の数値は、それでも、それぞれのテスト計測に見いだされる標準偏差に必然的に起因する誤差を含む。 Any numerical value, however, inherently contain certain errors necessarily resulting from the standard deviation found in their respective testing measurements. さらに、種々のスコープの数値範囲が示される場合には、例示された値を含めた値の任意の組み合わせが利用できると理解されたい。 Furthermore, when numerical ranges of varying scope are set forth herein, it is to be understood that any combination of these values ​​inclusive of the recited values ​​may be used.

反発係数、すなわち、「COR」は衝突効率の測定度合いである。 The coefficient of restitution, i.e., "COR" is a measure the degree of the collision efficiency. CORは到来時の速度に対する分離時の速度の比である。 COR is the speed ratio of the time separation for speed during arrival. ゴルフティーから打撃されるゴルフボールに例では、CORは以下の式を用いて決定されて良い。 In the example to a golf ball is struck from the golf tee, COR can be determined using the following equation.
(M ball (V ball−post −V ball−pre )+M club (V ball−post −V ball−pre ))/M club (V club−pre −V ball−pre (M ball (V ball-post -V ball-pre) + M club (V ball-post -V ball-pre)) / M club (V club-pre -V ball-pre)
ここで、 here,
club−postは、衝突後のクラブの速度を示し; V club-post indicates the club of speed after the collision;
ball−postは、衝突後のボールの速度を示し; V ball-post indicates the speed of the ball after impact;
club−preは、衝突前のクラブの速度を示し(USGAのCOR条件ではゼロの値である); V club-pre represents the speed of the front collision club (in COR conditions USGA a value of zero);
ball−preは、衝突前のボールの速度を示す。 V ball-pre indicates the speed of the ball before the collision.
ボールが衝突前にはゴルフティー上に静止しており、衝突時のボールの初期速度は0.0であるので、この式は以下のように変換される。 Ball before the collision is resting on a golf tee, the initial velocity of the ball at impact is 0.0, the formula is transformed as follows.
(M ballball−post +M club (V ball−post −V ball−pre ))/M clubclub−pre (M ball V ball-post + M club (V ball-post -V ball-pre)) / M club V club-pre
CORは、一般的に衝突体の形状および材料特性に左右される。 COR is dependent on the shape and material properties of commonly impactor. 完全弾性生得のCORは1(1.0)であり、エネルギ損失がないことを示し、他方、完全非弾性すなわち完全可塑衝突のCORはゼロ(0.0)であり、衝突体が衝突後に分離せずエネルギ損失が最大となることを示す。 A is COR fully elastic innate 1 (1.0), indicates that there is no energy loss, while the COR fully inelastic i.e. completely plasticized collision is zero (0.0), minute collision body after a collision energy loss without isolation indicates that the maximum. この結果、CORが大きいとボール速度およびボール距離が大きくなることを示す。 The results show that the COR is as large as ball speed and ball distance increases.

図1〜図4を参照すると、この発明のゴルフクラブヘッド10の実施例が示される。 Referring to FIGS. 1-4, an embodiment of a golf club head 10 of the present invention is shown. クラブヘッド10は、ゴルフボールにより打撃されたとき、とくに、フェースの下方部分を打撃されたときのクラブの振る舞いを改善する構造を含む。 Club head 10, when it is hit by a golf ball, in particular, including the structure to improve the club of behavior when being hit the lower part of the face. クラブヘッド10は、クラウン12、ソール14、スカート16すなわちクラウン12およびソール14の間を伸びる側壁、ボール打撃フェースを実現するフェース、および、ホーゼル22を含む空洞体である。 Club head 10, the crown 12, a sole 14, a side wall extending between the skirt 16 or crown 12 and sole 14, the face to achieve a ball striking face, and a hollow body including a hosel 22. なお、スカート16は、相互に向かって曲がりゴルフクラブヘッドの上側表面および下側表面の遷移部分を形成する、クラウン12およびソール14の周囲部分を有して良いことに留意されたい。 Incidentally, the skirt 16 is noted to form a transition portion of the upper surface and the lower surface of the golf club head bent towards each other, may have a peripheral portion of the crown 12 and sole 14 it. 空洞体は内側キャビティ24を形成し、これは空のままでも部分的に充填されても良い。 Cavity body forms the inner cavity 24, which may be partially filled be left empty. 充填される場合には、内側キャビティ24は発泡体または他の低比重材料で充填されることが好ましい。 If it is filled, the inner cavity 24 is preferably filled with foam or other low density materials.

クラブヘッド10がアドレス位置にあるとき、クラウン12はゴルフクラブヘッドの上側表面を構成し、ソール14は下側表面を構成する。 When the club head 10 is in the address position, the crown 12 constitutes an upper surface of the golf club head, sole 14 constitutes the lower surface. スカート16はクラウン12およびソール14の間を延びてクラブヘッドの周囲を形成する。 Skirt 16 forms the periphery of the club head and extends between the crown 12 and sole 14. フェース18は最も前面のボール打撃表面20を実現し、また、クラウン12、ソール14、およびスカート16と連結されてキャビティ24を包囲する周囲部を含む。 Face 18 achieves the most front surface of the ball striking surface 20 also includes a perimeter that crown 12, is connected to the sole 14, and a skirt 16 surrounding the cavity 24. フェース18はフェース18の幾何中心の両対面側にトウ部分26およびヒール部分28を含む。 Face 18 includes a toe portion 26 and heel portion 28 on both opposite side of the geometric center of the face 18. ホーゼル22は、フェース18のヒール部分28に隣接してクラウン12およびスカート16から外側に伸び、ゴルフクラブシャフト(図示しない)用の連結構造を実現する。 Hosel 22 extends outwardly from the crown 12 and the skirt 16 adjacent to the heel portion 28 of the face 18, to achieve a connection structure for a golf club shaft (not shown).

ホーゼル22は、貫通穴またはブラインドホーゼル構造を伴って良い。 Hosel 22 may with a through hole or blind hosel structure. 具体的には、ホーゼル22は全般的には筒状部材であり、これはキャビティ24を通じてクラウン12からクラブヘッド10のソール14における底部まで伸びてよく、またはクラウン12およびソール14の間の位置で終端してよい。 Specifically, the hosel 22 is generally is a cylindrical member, which is positioned between the bottom may extend to part or crown 12 and sole 14, in the sole 14 of the club head 10 from the crown 12 through the cavity 24 it may be terminated. さらに、ホーゼル22の基部は、図1または図2に示すようにクラブヘッドから、クラウン12から遠ざかるように外側に伸びるのでなく、クラウン12と面一であってもよい。 Moreover, the base of the hosel 22, the club head as shown in FIG. 1 or FIG. 2, rather than extending outwardly away from the crown 12 may be crown 12 flush.

内側キャビティ24の容積は任意で良いけれども、好ましくは100立方cmより大きく、また、ゴルフクラブヘッドはハイブリッド、フェアウェイ、またはドライバー型の構造を有して良い。 Although the inner volume of the cavity 24 may be arbitrary, preferably greater than 100 cubic cm, The golf club head hybrid may have a structure of fairway or driver type. 好ましくは、この発明のクラブヘッド10の質量は約150グラムより大きいけれども、約220グラムより小さい。 Preferably, although the mass of the club head 10 of the present invention is greater than about 150 grams, about 220 grams less. ただし、クラブヘッドは所与の長さに適した重量を有して所望の全体重量およびスイング重量を実現して良い。 However, the club head may achieve the desired total weight and swing weight have a weight that is suitable for a given length. 本体は、スタンピング、鍛造、鋳造、および/または成型された部品から製造されて良く、これら部品は溶接、ロウ付け、接着剤により一体にされる。 Body, stamping, forging, casting, and / or may be made from molded parts, these parts are welded, brazed, is together by adhesive. ゴルフクラブヘッド10は、チタン合金、任意の他の適切な材料、または異なる材料の組み合わせから構築されて良い。 The golf club head 10 may be constructed from a combination of titanium alloy, any other suitable material or different materials. さらに、タングステンのような高密度材料から構築されたウエイト部材がゴルフクラブヘッドの任意の部分、例えばソールに結合されて良い。 Further, the weight member that is constructed from a high density material such as tungsten any portion of the golf club head, may be coupled to the sole.

フェース18は、フェースフランジのようなフェース周囲32に結合される、フェースインサート30を含んで良い。 Face 18 is coupled to the face around 32, such as the face flange may include a face insert 30. フェース周囲32は、フェースインサート30を収容するために開口を形成する。 Face periphery 32 to form an opening for receiving the face insert 30. フェースインサート30は好ましくは溶接によって周囲32に結合される。 Face insert 30 is preferably coupled to the periphery 32 by welding. 例えば、複数のチャッド(穴)またはタブ(ツメ)が設けられ(図示しない)フェースインサート30を位置決めする支持部を形成して良く、または、フェースインサート30は、所与の位置にタック(鋲)溶接され、その後、フェースインサート30および周囲32がレーザまたはプラズマ溶接により一体に結合されて良い。 For example, a plurality of Chad (holes) or tab (claw) is provided may form a support for positioning the (non shown) face insert 30, or face insert 30, tack the given position (tack) welded, then the face insert 30 and the surrounding 32 may be coupled together by laser or plasma welding. フェースインサート30は、機械加工、鋳造、またはスタンピングにより製造されて良く、チタン、チタン合金、炭素鋼、ステンレス鋼、ベリリウム銅、および炭素遷移複合材、ならびにこれらの組み合わせのような任意の適切な材料から製造されてよい。 Face insert 30 is machined, cast, or may be manufactured by stamping, titanium, titanium alloy, carbon steel, stainless steel, beryllium copper, and carbon transition composites, and any suitable material such as a combination thereof it may be made from. さらに、クラウン12またはソール14は別体に製造されて本体の残りの部分に結合されて良い。 Further, the crown 12 or sole 14 may be attached to the rest of the body are manufactured separately.

フェースインサート30の厚さは好ましくは約0.5mmおよび約4.0mmの間である。 The thickness of the face insert 30 is preferably between about 0.5mm and about 4.0 mm. さらに、インサート30は均一厚さでも、可変厚さでもよい。 Furthermore, the insert 30 is also a uniform thickness, it may be variable thickness. 例えば、フェースインサート30は厚い中央部分および薄い外側部分を有して良い。 For example, the face insert 30 may have a thicker central portion and thinner outer portion. 他の実施例では、フェース30は、2または複数の異なる厚さを伴って良く、異なる厚さの間の遷移は、アール状であっても、ステップ状であっても良い。 In another embodiment, the face 30 may involve two or more different thicknesses, the transition between the different thicknesses, even round shape, may be a stepwise. 代替的には、フェースインサート30の厚さは、トウ部分26、ヒール部分28、クラウン部分12、および/またはソール部分14に向かって増大し、または減少して良い。 Alternatively, the thickness of the face insert 30, toe portion 26, heel portion 28, increasing the crown portion 12, and / or towards the sole portion 14, or may be decreased. フェース18のボール打撃表面または背面表面の一方または双方はフェースインサート30の厚さを可変するために曲げられ、ステップ状にされ、または平坦とされる少なくとも一部を有して良い。 One or both of the ball striking surface or back surface of the face 18 is bent in order to vary the thickness of the face insert 30 is stepwise, or may have at least a part is flat.

上述したように、クラブヘッド10は、ゴルフボールにより打撃されたとき、とくに、フェースの下方部分を打撃されたときのクラブの振る舞いを改善する構造を含む。 As described above, the club head 10, when it is hit by a golf ball, in particular, comprises a structure for improving the club behavior when being hit the lower part of the face. 屈曲部36がクラウン、ソール、および/またはスカートの前方部分に形成される。 The bent portion 36 crown, is formed in the front portion of the sole, and / or the skirt. 屈曲部36は、長尺のひだ(corrugation)であり、これは全体としてヒールからトウへの方向に伸び、ソール14の前方部分に形成される。 The bent portion 36 is a long folds (corrugation), which extends in the direction from the heel as a whole to the toe, is formed in the front portion of the sole 14.

屈曲部36は、前方/後方の方向に全般的に柔軟であり、クラブヘッド10においてフェース18から離れた位置に柔軟性部分を実現して、フェース18がゴルフボールに衝突するときに局所的に屈曲するのに加えて、フェース18の少なくとも一部が、ユニットとして往復動し、回転することを可能にするようになっている、クラブヘッドは約3000Hzおよび約6000Hzの間でフェースの2つの個別の振動モードを有するように設計され、屈曲部は全般的にはフェースの第2の振動モードを付加するように構築される。 The bent portion 36 is a flexible generally in the direction of forward / backward, to achieve flexibility portion at a position away from the face 18 in the club head 10, locally when the face 18 strikes the golf ball in addition to bending, the face 18 at least part of, it reciprocates as a unit, so as to allow the rotation, the club head is about 3000Hz and about 6000Hz face two separate between is designed to have a vibration mode of the bending portion is generally is constructed so as to add a second vibration mode of the face. 第1のフェース振動モードは主にゴルフボールの中心フェース衝突の際のフェースの局所偏向を含む。 The first face vibration mode mainly includes the local deflection of the face at the time of the center face collision of a golf ball. 第2フェース振動モードの偏向プロフィールは、全般的には、アコーディオンに類似したフェース全体の偏向を含み、フェースおよびゴルフボールの中心から外れた衝突の際の性能改善を実現する。 Deflection profile of the second face vibration mode generally includes a deflection of the entire face, similar to an accordion, to achieve improved performance during a collision off the center of the face and the golf ball.

屈曲部36は、また、全般的に、クラウン/ソール方向のソール14の剛性を維持してゴルフクラブヘッドの音が顕著に悪影響を受けないように構成される。 The bent portion 36 is also generally, to maintain the rigidity of the crown / sole direction of the sole 14 is the sound of the golf club head configured not significantly adversely affected. ソールのクラウン/ソール方向の剛性が小さくなると、一般的に、クラブヘッドから生じる音響のピッチが小さくなり、ピッチが小さくなることは一般的に好ましくない。 The rigidity of the crown / sole direction of the sole is small, generally, the pitch of the sound is reduced resulting from the club head, the pitch is small generally objectionable.

屈曲部36は、フェース18を含むクラブの前方部分が、そうでなければ起こるであろう態様と異なって屈曲することを、フェース18の寸法および/または形状を変更すること無しに、可能にする。 The bent portion 36 has a front portion of the club, including the face 18, that bends different from would occur otherwise embodiment, without altering the size and / or shape of the face 18, allowing . 具体的には、フェースに近接した、ゴルフクラブヘッドの一部が、衝突時に弾性的に屈曲するようになっている。 More specifically, close to the face, part of the golf club head is adapted to elastically bent in the event of a collision. この屈曲性により、ボール速度の減殺を抑制し、バックスピンを抑制し、これは、そうでなければ、理想的な衝突位置の下側のボール衝突により経験されることである。 This flexibility, to suppress attenuation of ball speed, suppressing backspin, which, otherwise, is to be experienced by the lower ball collisions ideal impact location. 理想的な衝突位置は、ボール打撃表面に対して鉛直な軸でゴルフクラブヘッドの重心を通って伸びる軸と交差する打撃フェース表面上の位置であり、その結果、理想的な衝突位置は一般的には幾何的なフェース中心より約0.5mmおよび5.0mmの間の距離だけ上方に位置づけられる。 The ideal collision position is a position on the striking face surface which intersects the axis extending through the center of gravity of the golf club head with a vertical axis relative to the ball striking surface, as a result, ideal impact location generally It is positioned over a distance of between about 0.5mm and 5.0mm from the geometric face center to. 屈曲部36をソール14中にフェース18と近接させて設けることにより、フェース18がゴルフボールの理想的な衝突位置の下方の位置で衝突するときに、クラブヘッドはボール速度の減殺をより少なくし、バックスピンを少なくする。 By providing the bent portion 36 in proximity to the face 18 in the sole 14, the face 18 when impacting at a position below the ideal impact location of the golf ball, the club head is less the attenuation of the ball speed , to reduce the backspin. このため、この発明のクラブヘッドでボールが理想的な衝突位置、およびこれより下の位置で衝突すると、同一のスイング特性の慣用的なクラブヘッドで、同一位置で衝突した場合に較べてより遠くに飛ぶことになる。 Accordingly, ball club head of the present invention is ideal impact location, and than this when impacting at the lower position in a conventional club heads of the same swing characteristics, far more compared with the case of a collision at the same position It will be flying to. 屈曲部36をソールに位置づけることは、とくに有益である。 Positioning the bent portion 36 to the sole is particularly beneficial. なぜならば、理想的な衝突位置は一般的にはメタルウッド型ゴルフクラブにおいて幾何的なフェース中心より高く位置決めされるからである。 This is because, the ideal collision position is generally because is positioned higher than the geometric face center in the metal wood type golf club. したがって、フェース面積の多くの部分が一般的には理想衝突位置の下に位置づけられる。 Thus, many parts of the face area is generally located below the ideal impact location. さらに、ゴルファーはフェースの下側でゴルフボールを打撃する傾向がある。 In addition, golfers tend to hit a golf ball on the lower side of the face. しかしながら、類似した効果は、クラブヘッド10の他の部分に屈曲部を設け、幾何的なフェース中心から屈曲部に向かって位置づけられる衝突に対しても、見いだすことができる。 However, similar effects are bent portions provided on the other portion of the club head 10, even for the collision to be positioned from the geometric face center toward the bent portion, can be found. 例えば、屈曲部をクラウンに設けたクラブでは、クラウンおよび幾何的なフェース中心の間のボール衝突に対して性能を改善できる。 For example, the club having a bent portion to the crown, can improve performance relative to the ball collisions between the crown and the geometric face center.

実施例において、屈曲部36は、クラブヘッド10のリーディングエッジ38の少なくとも一部と実質的に平行になるように設けられ、そのため、これは全体としてリーディングエッジとともに曲げられ、ボール打撃表面20から選択された距離D内に設けられている。 Selection In an embodiment, the bent portion 36, at least a portion of the leading edge 38 of the club head 10 substantially arranged in parallel, therefore, it is bent along with the leading edge as a whole, from the ball striking surface 20 It provided the distance in D. 好ましくは、屈曲部36はボール打撃表面20から30mm以内の距離Dで設けられ、より好ましくはボール打撃表面20から20mm以内に、さらに好ましくは、約5.0mmおよび20.00mmの間に設けられる。 Preferably, the bent portion 36 is provided at a distance D within 30mm from the ball striking surface 20, and more preferably within 20mm from the ball striking surface 20, more preferably, is provided between about 5.0mm and 20.00mm . フェアウェイウッドまたはハイブリッド構造のゴルフクラブヘッドのように、小さなゴルフクラブヘッドの場合には、屈曲部36はボール打撃表面20から10mm以内に設けられることが好ましい。 As the golf club head of fairway wood or hybrid structures, for small golf club head, the bent portion 36 is preferably provided within 10mm from the ball striking surface 20.

屈曲部36は第1部材40および第2部材42から構築される。 The bent portion 36 is constructed from the first member 40 and second member 42. 第1部材40はソール14の前方伝達部分46の後方エッジに結合され、ソール14から内側キャビティ24へと曲がっている。 The first member 40 is coupled to the rear edge of the front transmission part 46 of the sole 14 is bent from the sole 14 to the inside cavity 24. 第2部材42はソール14の後方部分の前方エッジに結合され、これもソール14から内側キャビティ24へと曲がっている。 The second member 42 is coupled to the front edge of the rear portion of the sole 14, which is also bent from the sole 14 to the inside cavity 24. 第1部材40の端部および第2部材42の端部はソール14から離間され、頂部44で相互に結合される。 End end and a second member 42 of the first member 40 is spaced from the sole 14, it is coupled to each other at the top 44. 好ましくは、屈曲部は長尺であり、全般的にヒールからトウの方向に伸びる。 Preferably, the bent portion is elongated, extending in the direction of the toe from the overall heel.

屈曲部36の寸法は、ボール衝突時に所望の柔軟性を実現するように選択される。 The dimensions of the bent portion 36 is selected to achieve a desired flexibility at the ball impact. 屈曲部36は、図4に示すように、高さH、幅W、およびカール長Cを伴う。 The bent portion 36, as shown in FIG. 4, involves the height H, width W, and the curl length C. 高さHは、Y軸の方向に頂部44およびソール14の外側表面の間で伸びる。 The height H extends between an outer surface of the top portion 44 and the sole 14 in the direction of the Y-axis. 幅Wは、屈曲部36によってソール中に形成された開口の幅であり、屈曲部36およびソール14の連結部の間をZ軸に沿って伸びる。 Width W is the width of the opening formed in the sole by the bent portion 36, extending along between the coupling portion of the bending portion 36 and the sole 14 to the Z axis. カール長CはZ軸方向に伸び、屈曲部36とソールとの前方連結部と頂部44との間を伸びる。 Carl length C extends in the Z-axis direction, extending between the bent portion 36 and the front connecting portion and the top portion 44 of the sole. 好ましくは、屈曲部36の高さは4.0mmより大きく、好ましくは約5.0mmから約15.0mmであり、より好ましくは約6.0mmから約11.0mmである。 Preferably, the height of the bent portion 36 is larger than 4.0 mm, preferably from about 5.0mm to about 15.0 mm, more preferably from about 6.0mm to about 11.0 mm. さらに、屈曲部36の幅は4.0mmより大きく、好ましくは約5.0mmから約12.0mmであり、より好ましくは約7.0mmから約11.0mmである。 Furthermore, the width of the bent portion 36 is larger than 4.0 mm, preferably from about 5.0mm to about 12.0 mm, more preferably from about 7.0mm to about 11.0 mm. また、屈曲部の壁の厚さは約0.8mmおよび約2.0mmの間であり、これらの寸法は、好ましくは、X軸に沿う全体のクラブヘッド長の少なくとも25%の長さだけ伸びる。 The thickness of the wall of the bent portion is between about 0.8mm and about 2.0 mm, these dimensions are preferably extends by at least 25% of the length of the club head length of the whole along the X-axis . さらに、第1部材40は内側キャビティに向かって、ソールから、内側に曲げられ、好ましくは約20.0mmおよび約45.00mmの間の曲率半径を有する。 Further, the first member 40 toward the inside cavity, from the sole, bent inward, preferably having a radius of curvature between about 20.0mm and about 45.00 mm. 以下の表1は、ゴルフクラブヘッドの理想的な衝突位置より下側のボール衝突に対して、より効率的なエネルギ伝達を実現し、このため大きなCORを実現する、この発明の例における寸法を示す。 Table 1, below, with respect to an ideal crash lower ball collision from the position of the golf club head, to achieve a more efficient energy transfer, to achieve a large COR Therefore, the dimensions in the example of the invention show.

上述のこの発明の例は有限要素解析を用いて解説されてゴルフクラブヘッドのCORおよび振動応答に対する効果を決定した。 Examples of the present invention described above to determine the effect on COR and vibration response of the golf club head is commentary using finite element analysis. 具体的には、屈曲部を欠くクラブヘッド(すなわちベースライン)を発明の例と比較した。 Specifically, the club head lacking the bent portion (i.e., baseline) compared with examples of the invention. 表2はこの比較をまとめたものである。 Table 2 summarizes the comparison.

上の表において、「追加モード」(extra mode)は、屈曲部が存在しないならば存在しないモード形状、または振動の自然モードを指す。 In the table above, "Adding mode" (extra in mode) refers to a mode shape no if the bent portion does not exist or natural mode of vibration. 追加モードは一般的にはフェース部分がゴルフクラブ本体の残りの部分に対して回転し、屈曲するときに存在する。 Add mode is generally rotated face portion relative to the rest of the golf club body exists when bent. 具体的には、この発明の例は、フェースおよびクラウンのインターフェースの回りを回転して屈曲部が屈曲するようにするフェースを含む。 Specifically, examples of the present invention includes a face the bent portion to rotate around the face and crown of the interface is to be bent. 屈曲部を調整して追加モードが約2900Hzから約4000Hzの周波数範囲で起こるようになす。 Additional modes by adjusting the bent portion forms as from about 2900Hz occurs in the frequency range of about 4000 Hz. この範囲は、衝突後のボール速度を増加させるのに最も有効なものと解析されてきたものである。 This range is one that has been analyzed and most effective for increasing the ball speed after collision. 実務的にいえば、この調整の結果、屈曲部の幅Wが、衝突の直後に、約2900Hzから約4000Hzの周波数で正弦波状に変化するようになる。 Speaking practical, result of this adjustment, the width W of the bent portion, immediately after the collision, so varies sinusoidally at a frequency of about 2900Hz to about 4000 Hz. 追加モードが、この範囲より大きな、または、小さな周波数で起こると、屈曲部を含まないベースラインの例と較べてボール速度が実際に小さくなるであろう。 Additional modes, greater than this range, or, if occurring at small frequency, ball speed compared with the example of the baseline without the bent portions will actually decrease. この発明の例1のFEA分析を使用して、2900Hzより下の周波数、具体的には約2157Hzで追加モードが実現されるように調整した屈曲部では、ボール速度が、屈曲部を含まないベースラインゴルフクラブヘッドに較べて小さなものに減少することがわかった。 Base using FEA analysis of Example 1 of the present invention, frequencies below 2900Hz, the adjusted bent portion as added specifically about 2157Hz mode is achieved, the ball speed, does not include the bent portion It was found to be reduced to a small thing in comparison with the line golf club head. さらに、固すぎて屈曲部を含むと、この発明の例5により示されるように、追加モードをゴルフクラブヘッドに付与せず、ただ衝突後のボールスピードの最小限の増加のみもたらす。 Moreover, to include a bent portion too solid, as shown by Example 5 of the present invention results in additional modes not assigned to a golf club head, just only minimal increase in ball speed after collision.

ソール14の伝達部分46は、屈曲部36およびリーディングエッジ38の間を伸びる。 Transmitting portion 46 of the sole 14, extending between the bent portion 36 and the leading edge 38. 伝達部分46は、好ましくは、ゴルフボールの衝撃の力が、伝達部分46自体は顕著に屈曲すること無しに、屈曲部18に伝達されるように構築される。 Transmitting portion 46, preferably, the impact force of the golf ball, transfer portion 46 itself without to significantly bend, is constructed so as to be transmitted to the bent portion 18. 例えば、伝達部は曲がりやすくないように方向づけられている。 For example, the transmission portion is oriented so as not bend easily. 具体的には、ソール14の伝達部分46(前方/後方およびヒール/トウの双方の方向において)の中心と正接関係にある伝達平面が大地平面に対して角度αだけ角度付けられている。 Specifically, the center and transmission plane which is tangent relationship transfer portion 46 of the sole 14 (in both directions of forward / backward and heel / toe) is attached by an angle α angle to the ground plane. 角度αは好ましくは、アドレス時のゴルフクラブヘッドのロフト角以下であり、このため、伝達平面およびボール打撃平面の間の角度は一般的に90°以下であり伝達平面がボール衝突時に曲がりにくいようになっている。 The angle α is preferably not less loft angle of the golf club head during address, as Therefore, the angle between the transmission plane and the ball striking plane is generally 90 ° or less and transmission plane hardly bend when the ball collides It has become.

屈曲部36は任意の適切な態様で製造されて良い。 The bent portion 36 may be manufactured in any suitable manner. 例えば、屈曲部36はソール14の一体的な部分として鋳造されて良い。 For example, the bent portion 36 may be cast as an integral part of the sole 14. 代替的には、屈曲部36はスタンピングされ、または鍛造されて単一の部品とされて良い。 Alternatively, the bent portion 36 is stamped or forged in may be a single component. さらに、屈曲部は、肉厚領域を含ませ、この肉厚領域にリセスを機械加工して形成されて良い。 Further, the bent portion is included the thickened region may recesses in the thickened region is formed by machining. 例えば、スピンミリングプロセスを用いて所望のリセスを実現して良く、このスピンミリングプロセスは、2012年8月14日に発行された米国特許第8,240,021号に、全般的に説明され、ここではフェース溝に適用されているけれども、スピンミルツールの寸法を大きくし、カッターのプロフィールを変更してこのプロセスを用いて所望のプロフィールを伴う屈曲部を機械加工して形成して良い。 For example, it achieves the desired recess using a spin milling process, the spin milling process, in U.S. Patent No. 8,240,021, issued August 14, 2012, it is generally described, Although here is applied to the face groove, increasing the size of the spin mill tool may bend portion with the desired profile using the process by changing the profile of the cutter and formed by machining. 全般的には、このプロセスは、ゴルフクラブヘッドのソールと平行し、そのリーディングエッジと直交する回転軸と、屈曲部の所望のプロフィールを形成するようにされた切断端部とを伴うツールを利用する。 Overall, this process, in parallel with the sole of the golf club head, utilizing a rotary shaft perpendicular to the leading edge, a tool with a cutting edge which is adapted to form a desired profile of the bent portion to. 以下により詳細に説明される他の代替例のように、個別の屈曲部品をソールの屈曲部に付加してもよく、これは図5および図6に示される。 As another alternative, which is described in more detail below, it may be added to separate bent parts bent portion of the sole, which is shown in FIGS.

図1の実施例に示されるように、ゴルフクラブヘッドのフェースはフェースインサートを含んで良く、これはスタンピング、鍛造、および/または機械加工により個別に形成され、ゴルフクラブヘッドの本体に結合される。 As shown in the embodiment of FIG. 1, the face of the golf club head may include a face insert, which stamping, forging, and / or formed separately by machining, is coupled to the body of the golf club head . 代替的には、フェース全体が、スタンピング、鍛造、または鋳造により均一なシェルの一部として形成されて良く、これを図5および図6に示す。 Alternatively, the entire face is stamping, forging, or may be formed as part of a uniform shell by casting, which is shown in FIGS. これによって、個別のフェースインサートを本体にボンディングし、あるいは、他の手法で永久的に取り付ける必要がなくなる。 Thus, bonding the individual face insert to the body, or permanently attached need not in other ways. さらに他の代替例として、フェースは、図12に示すように、ソール、クラウン、および/またはスカートのそれぞれの一部を含むフェースカップのような、スタンピングまたは鍛造されたフェース部品の一部であって良い。 As yet another alternative, the face, as shown in FIG. 12, a sole, a crown, and / or as a face cup containing the respective portion of the skirt, in some stamping or forged face parts in may. このような実施例において、フェース部品はクラブヘッド本体の残りの部分と、フェースから約0.2インチから約1.5インチだけ離間して連結される。 In such an embodiment, the face component and the rest of the club head body are linked spaced from about 0.2 inches to about 1.5 inches from the face. 好ましくは、フェース部品は、屈曲部へ伸びる、ソールの伝達部分を含み、あるいは、フェース部品は伝達部分および屈曲部を含む。 Preferably, the face component extends to the bent portion includes a transmission portion of the sole, or face component includes a transmission portion and a bent portion.

図5および図6に示される他の実施例において、ゴルフクラブヘッド60は、クラウン62、ソール64、クラウン62およびソール64の間を伸びるスカート66、ボール打撃表面70を形成するフェース68、およびホーゼル69を含む空洞体である。 In another embodiment shown in FIGS. 5 and 6, the golf club head 60, the crown 62, a sole 64, a crown 62 and the skirt 66 extending between the sole 64, a face 68 for forming the ball striking surface 70, and hosel 69 is a hollow body comprising a. 空洞体は、空のままでもよく、また完全にまたは部分的に充填されてもよい内側キャビティ74を形成する。 Cavity body may be left empty, also forms a good inner cavity 74 be completely or partially filled.

屈曲部76はソールの前方部分に形成されるけれども、代替的にはクラウンおよび/またはスカートに形成されて良い。 Although the bent portion 76 is formed in the front portion of the sole, alternatively it may be formed in the crown and / or skirt. 好ましくは、屈曲部76は、長尺のひだであり、これは全体としてヒールからトウへの方向に伸び、ゴルフクラブヘッド60の本体のソール64の前方部分に形成される。 Preferably, the bent portion 76 is a fold of a long, which extends in the direction from the heel as a whole to the toe, is formed in the front portion of the sole 64 of the body of the golf club head 60. 屈曲部76は、ゴルフクラブヘッド60においてフェース68から後方に屈曲可能な部分を実現してフェース68の少なくとも一部が、フェース68がゴルフボールと衝突するときに、局所的に屈曲するのに加えて、1つのユニットとして平行移動または回転することを可能にする。 The bent portion 76, at least a portion of the face 68 from the face 68 to achieve a moiety bent rearward in the golf club head 60, when the face 68 collides with the golf ball, in addition to locally bend Te, it makes it possible to move or rotate parallel as a unit.

屈曲部76は、フェース68を含むクラブの前方部分が、そうでなければ起こるであろう態様と異なって屈曲することを、フェース68の寸法および/または形状を変更すること無しに、可能にする。 The bent portion 76, the front portion of the club, including the face 68, that bends different from would occur otherwise embodiment, without altering the size and / or shape of the face 68, allowing . 具体的には、フェースに近接した、ゴルフクラブヘッドの一部が、衝突時に弾性的に屈曲するようになっている。 More specifically, close to the face, part of the golf club head is adapted to elastically bent in the event of a collision. この屈曲性により、ボール速度の減殺を抑制し、バックスピンを抑制し、これは、そうでなければ、ミスヒット、すなわち、理想的な衝突位置の下側のボール衝突により経験されることである。 This flexibility, to suppress attenuation of ball speed, suppressing backspin, which, otherwise, miss, that is, to be experienced by the lower ball collision ideal collision position . 例えば、屈曲部76をソール14中にフェース68と近接させて設けることにより、フェース68がゴルフボールの理想的な衝突位置の下方の位置で衝突するときに、クラブヘッドはボール速度の減殺をより少なくし、バックスピンを少なくする。 For example, by providing the bent portion 76 in proximity to the face 68 in the sole 14, when the face 68 impinges at a position below the ideal impact location of the golf ball, the club head is more the attenuation of the ball speed less, to reduce the backspin. このため、これを利用する間、この発明のクラブヘッドでボールが理想的な衝突位置、およびこれより下の位置で衝突すると、同一のスイング特性の慣用的なクラブヘッドで、同一位置で衝突した場合に較べてより遠くに飛ぶことになる。 Therefore, during the use of this, the ball in the club head of the present invention collide in an ideal impact location, and this the position of the lower, in a conventional club heads of the same swing characteristics, collided at the same position It will be flying to more distant in comparison with the case.

実施例において、屈曲部76は、クラブヘッド60のリーディングエッジ78の少なくとも一部と実質的に平行になるように設けられ、ボール打撃表面70から選択された距離D内に設けられている。 In an embodiment, the bent portion 76, at least a portion of the leading edge 78 of the club head 60 substantially arranged in parallel, are provided within a distance D that is selected from the ball striking surface 70. 好ましくは、屈曲部76はボール打撃表面20から30mm以内の距離Dで設けられ、より好ましくはボール打撃表面20から20mm以内に、最も好ましくは、20mm以内に設けられる。 Preferably, the bent portion 76 is provided at a distance D within 30mm from the ball striking surface 20, and more preferably within 20mm from the ball striking surface 20, and most preferably, is provided within 20mm.

この実施例において、屈曲部76は第1部材80、第2部材82、および第3部材83から構築される、ソール64と連結される個別部品として全体として構築される。 In this embodiment, first member 80 is bent section 76, second member 82, and is constructed from the third member 83 is constructed as a whole as an individual component to be connected to the sole 64. 第1部材80はソール64の前方伝達部分65の後方エッジに結合され、伝達部分65から内側キャビティ74へと曲がっている。 The first member 80 is coupled to the rear edge of the forward transfer portion 65 of the sole 64 is bent from the transmitting portion 65 to the inner cavity 74. 第2部材82はソール64の後方部分の前方エッジに結合され、これもソール64から内側キャビティ74へと曲がっている。 The second member 82 is coupled to the front edge of the rear portion of the sole 64, which is also bent from the sole 64 to the inside cavity 74. 第1部材80の端部および第2部材82の端部はソール64から離間され、頂部84で相互に結合される。 End end and a second member 82 of the first member 80 is spaced from the sole 64, it is coupled to each other at the top 84. 好ましくは、屈曲部は長尺であり、全般的にヒールからトウの方向に伸びる。 Preferably, the bent portion is elongated, extending in the direction of the toe from the overall heel.

先の実施例と同様に、屈曲部76の寸法は、ボール衝突に応答して所望の柔軟性を実現するように選択される。 As with the previous embodiment, the dimensions of the bent portion 76 is selected to achieve a desired flexibility in response to ball impact. 屈曲部76は、高さH、幅W、およびカール長Cを形成する。 The bent portion 76 forms a height H, width W, and curls length C. 好ましくは、屈曲部76の高さは4.0mmより大きく、好ましくは約5.0mmから約15.0mmであり、より好ましくは約6.0mmから約11.0mmでありその幅は4.0mmより大きく、好ましくは約5.0mmから約10.0mmであり、その壁の厚さは約0.8mmおよび約2.0mmの間であり、これらの寸法は、好ましくは、X軸に沿う全体のクラブヘッド長の少なくとも25%の長さだけ伸びる。 Preferably, the height of the bent portion 76 is greater than 4.0mm, preferably from about 5.0mm to about 15.0 mm, more preferably from about 6.0mm to about 11.0mm and the width 4.0mm whole larger, preferably from about 5.0mm to about 10.0 mm, the thickness of the walls is between about 0.8mm and about 2.0 mm, these dimensions, preferably, along the X-axis extend by at least 25% of the length of the club head length.

屈曲部78は、屈曲部76の柔軟性を調整するために使用できる第3部材83を含む。 The bent portion 78 includes a third member 83 which can be used to adjust the flexibility of the bent portion 76. 第3部材83は屈曲部76の内側表面(図示しない)または外側表面に結合されて良く、局所的に屈曲部76の剛性を増加させる。 The third member 83 may be coupled to the inner surface (not shown) or outer surface of the bent portion 76 increases the rigidity of locally bent portions 76. 第3部材83は好ましくは第1部材80および第2部材82の少なくとも一方の材料より比重が小さな材料から構築される。 The third member 83 is preferably a specific gravity of at least one material of the first member 80 and second member 82 is constructed from a small material. 第3部材83は第1部材80および第2部材82と、例えば接着剤を用いてボンディングされ、例えばファスナ、溶接、またはロウ付けにより機械的に結合されて良い。 The third member 83 and the first member 80 and second member 82, for example, is bonded using an adhesive, for example fasteners, welding, or may be mechanically coupled by brazing. 第3部材は任意の金属、例えば、アルミニウム、または非金属材料、例えば、炭素繊維複合材またはポリウレタンから構築して良い。 The third member is any metal, e.g., aluminum or non-metallic material, for example, may be constructed from a carbon fiber composite material or polyurethane.

ゴルフクラブ中の屈曲部の位置、寸法、および個数は所望の振る舞いを実現するように選択される。 Position of the bent portion in the golf club, the dimensions, and the number is selected to achieve the desired behavior. 例えば、図7および図8のゴルフクラブヘッドに示されるように複数の屈曲部が含まれて良い。 For example, it may include a plurality of bent portions as shown in the golf club head of FIG. 7 and FIG. 8. ゴルフクラブヘッド90は、全般的にはソール92、クラウン94、スカート96、フェース98、およびホーゼル100から形成される空洞体構造を具備する。 Golf club head 90 generally includes a sole 92, a crown 94, a skirt 96 comprises a hollow structure formed from the face 98, and a hosel 100. クラウン屈曲部102はクラウン94の前方部分に配置され、ソール屈曲部104がソール92の前方部分に配置される。 Crown bent portion 102 is disposed in the front portion of the crown 94, sole bent portion 104 is disposed in the front portion of the sole 92. 屈曲部102、104の各々は好ましくは先に説明した屈曲部のような形状および寸法を有する。 Each of the bent portions 102, 104 preferably has a shape and dimensions such as bent portion described above.

他の実施例において、ゴルフクラブヘッド本体の一部の回りを包囲する、またはゴルフクラブヘッド本体の回りを全体的に包囲する屈曲部を含んで良い。 In another embodiment, surrounds the portion around the golf club head body, or around the golf club head body may include a bent portion for generally surrounding. 図9および図10に示すように、ゴルフクラブヘッド110は、ソール112、クラウン114、スカート116、フェース118、およびホーゼル120から形成される空洞体構造を具備する。 As shown in FIGS. 9 and 10, the golf club head 110, a sole 112, a crown 114, a skirt 116, comprising a cavity structure which is formed from the face 118, and a hosel 120. 屈曲部122はゴルフクラブヘッドの前方部分に形成され、ゴルフクラブヘッドの周囲を包囲する。 The bent portion 122 is formed in the front portion of the golf club head, it surrounds the periphery of the golf club head. 屈曲部122は、全般的には、ゴルフクラブヘッド110のフェース平面と平行な平面に形成される。 The bent portion 122, generally, is formed on the face plane parallel to the plane of a golf club head 110. 屈曲部122およびフェース118のその長さ方向に沿う距離は可変されて、屈曲部122がゴルフクラブヘッドの柔軟性に付与する局所的な効果を調整して良い。 The distance along its length direction of the bent portion 122 and the face 118 is variable, the bent portion 122 may adjust the local effect of imparting flexibility of a golf club head. 例えば、屈曲部122の部分が他の部分に較べてフェース118からさらに離間されて良い。 For example, portions of the bent portion 122 may be spaced further apart from the face 118 as compared to other portions. 図示のとおり、実施例において、屈曲部122のヒール部分およびトウ部分は、屈曲部122のソール部分およびクラウン部分に較べてフェース118からより遠くに離間されている。 As illustrated, in the embodiment, heel portion and toe portion of the bent portion 122 is spaced further away from the face 118 as compared to the sole portion and a crown portion of the bent portion 122. さらに、屈曲部122の寸法も屈曲部122がゴルフクラブヘッドの柔軟性に付与する局所的な効果を可変させるために調整されて良い。 Furthermore, the dimensions of the bent portion 122 bent portion 122 may be adjusted to vary the local effect of imparting flexibility of a golf club head. 図示のとおり、屈曲部122の各部分は異なる高さ、幅、および/またはカール長を具備して屈曲部122の各部分の振る舞いを変更して良い。 As shown, each portion of the bent portion 122 may change the behavior of each part of the bending portion 122 and includes different height, width, and / or curl length.

付加的な実施例において、柔軟な屈曲部は多材料、低密度のカバー部材と組み合わされて良く、これを図11〜図13に示す。 In an additional embodiment, the flexible bending portion multimaterial may be combined with the cover member of the low density, which is shown in FIGS. 11 to 13. 例えば、ゴルフクラブヘッド130は、全般的にはソール132、クラウン134、スカート136、フェース138、およびホーゼル140から形成される空洞体構造を具備する。 For example, a golf club head 130 may generally to a sole 132, a crown 134, a skirt 136, comprising a cavity structure which is formed from the face 138, and a hosel 140. ゴルフクラブヘッド130は、ゴルフクラブヘッド130のソール132の前方部分に形成された屈曲部142も含む。 Golf club head 130 also includes a bent portion 142 formed in the front portion of the sole 132 of the golf club head 130. カバー144もゴルフクラブヘッド130に含まれ、屈曲部の外側表面を被覆するように構成される。 Cover 144 is also included in the golf club head 130 is configured to cover the outer surface of the bent portion.

カバー144は全般的には屈曲部142を横切って配置されて全体として屈曲部142を包囲する、線条材料である。 Cover 144 generally surrounds the bent portion 142 as a whole is disposed across the bent portion 142, a streak material. カバー144は屈曲部142を部分的にまたはそのすべてを被覆するような寸法を有して良く、屈曲部を含まないゴルフクラブヘッド130の部分に延びて良い。 Cover 144 may have dimensions such as to cover partially or all of the bent portion 142 may extend to a portion of the golf club head 130 that does not include the bent portion. 例えば、図11および図12に示すように、カバー144はソール132に配置される屈曲部142を横切って伸び屈曲部142を被覆する。 For example, as shown in FIGS. 11 and 12, the cover 144 covers the bent portion 142 extends across the bent portion 142 which is disposed in the sole 132. さらに、カバー144はスカート136およびクラウン134の一部を形成する。 Further, the cover 144 forms part of the skirt 136 and crown 134. 好ましくは、カバー144はソール132、クラウン134、およびスカート136の材料と異なる材料から構築される。 Preferably, the cover 144 is constructed from a material different from the material of the sole 132, a crown 134, and the skirt 136. カバー144はゴルフクラブヘッド130におけるその隣接部分と、当該隣接部分との溶接、ロウ付け、または接着により、結合される。 Cover 144 and its adjacent portions of the golf club head 130, the welding between said adjacent portions, brazing, or adhesive, is bonded. 好ましくは、屈曲部およびカバーは、ベータチタン合金のようなチタン合金から構築され、約2.0mmから約20.0mmの間の幅を有し、約0.35mmから約2.0mmの厚さを有する。 Preferably, the bent portion and the cover is constructed of a titanium alloy, such as beta titanium alloy has a width of between about 2.0mm to about 20.0 mm, a thickness of from about 0.35mm to about 2.0mm having.

カバーは、ソールを競技表面に配置するときにゴルフクラブヘッドのアドレス位置の制御を支援するため、かつ、屈曲部の好ましくない外観を除去するために、その双方の目的で、設けられて良い。 Cover, for supporting the control of the address position of the golf club head when placed in competition surface sole and to eliminate the undesirable appearance of the bent portion, in that both the purpose may be provided. 具体的には、ゴルフクラブヘッドの接触表面を変更することにより、ヘッドを競技表面に配置した時のゴルフクラブヘッドの視覚的なフェース各を調整するために、カバーを設けて良い。 Specifically, by changing the contact surface of the golf club head, in order to adjust the respective visual face of the golf club head when placing the head on the competition surface, it may be provided the cover. カバーは、ゴルフクラブヘッドの周囲をクラウンまで包囲するように構成して良く、周囲の材料の一部を置き換えて低比重本体構造を形成して付加的な裁量質量を実現し、また、低く、かつ/または深い重心位置を実現し、大きな慣性モーメントを実現し、これによって性能および距離ポテンシャルを改善して良い。 The cover may be configured to surround the periphery of the golf club head to the crown, to achieve additional discretionary mass to form a low density body structure by replacing a part of the surrounding material, also, low, and to achieve / or deep center of gravity position, and realize a large moment of inertia, thereby may improve performance and distance potential.

実際、カバーはクラウン側柔軟性を実現し、屈曲部はソール側柔軟性を実現する。 In fact, the cover will realize crown side flexibility, bend to realize a sole side flexibility. さらに他の代替例として、カバーを屈曲部から除去してソールから離れた、ゴルフクラブヘッドの部分において柔軟性を実現するだけであるようにする。 As yet another alternative, away from the sole by removing the cover from the bending portion, so that it only provides flexibility in the portion of the golf club head. そのような例においては、部品の寸法は好ましくは図11〜13に関連して説明した範囲である。 In such instances, the dimensions of the component is in the range of preferably has been described in relation to FIG. 11-13.

図14および図15を参照して、フェース平面に対する空間的な関係がヒールからトウへの長さ方向に沿って変化する屈曲部162を具備するゴルフクラブヘッド150が説明される。 With reference to FIGS. 14 and 15, a golf club head 150 of the spatial relationship to the face plane comprises a bent portion 162 that varies along the length of the toe from the heel will be described. ゴルフクラブヘッドフェースの幾何形状が、ボール衝突時に加えられるストレスの円形形状と関係付けられるので、フェースの下側部分は全般的にヒールからトウへの方向の異なる位置で異なる大きさのストレスを受ける。 The geometry of the golf club head face is, because it is associated with a circular shape of the stress applied during the ball collision, the lower portion of the face receives the magnitude of the stress different directions at different positions in the toe from generally heel . 一般的に、ゴルフクラブヘッドの各部は、ヒール端およびトウ端で、フェースの幾何中心の直下のゴルフクラブヘッドの部分より小さなストレスを受け、このストレス勾配が屈曲部162の領域においてソールのストレスに対応する。 Generally, each part of the golf club head is a heel end and a toe end, receives a smaller stress than the portion of the golf club head just below the geometric center of the face, the stress of the sole in the region of this stress gradient bending portion 162 corresponding. フェース平面、および/または、フェース/ソールの交差部のリーディングエッジに対する、屈曲部の距離が変更されて種々の部分のストレスの相対量に対応するようになっている。 Face planes, and / or so that the relative leading edge of the intersection of the face / sole and the distance of the bending portion is changed corresponding to the relative amount of stress of the various parts. 例えば、屈曲部のヒール部分およびトウ部分は好ましくはゴルフクラブヘッドのフェース平面およびリーディングエッジの近くに配置され、これらの部分が、より小さなストレスの条件下でもより屈曲しやすくなるようになされ、とくに、芯から外れたボール衝突時にそのようになるようになされる。 For example, heel portion and toe portion of the bent portion is preferably disposed near the face plane and the leading edge of the golf club head, these portions, is made to be more easily bent even more under a small stress, particularly is done so that way when the ball collides deviating from the core.

ゴルフクラブヘッド150は、ソール152、クラウン154、スカート156、フェース158、およびホーゼル160から形成される空洞体構造を具備する。 Golf club head 150, a sole 152, a crown 154, a skirt 156, comprising a cavity structure which is formed from the face 158, and hosel 160. 屈曲部162はゴルフクラブヘッドの前方部分に形成され、全般的にはヒールからトウの方向にゴルフクラブヘッドを横切ってソールおよびスカートを通り抜ける。 The bent portion 162 is formed in the front portion of the golf club head, generally goes through the sole and the skirt across a golf club head from the heel to toe direction. 屈曲部162は全般的に中央部分164、トウ部分166、およびヒール部分168を含む。 The bent portion 162 includes a generally central portion 164, toe portion 166 and heel portion 168,. 上述のとおり、屈曲部162の各部は、フェース平面に対して変化する空間関係で配置され、中央部分164がトウ部分166およびヒール部分168に較べてフェース平面からさらに後方になるようになっている。 As described above, each part of the bent portion 162 is disposed in a spatial relationship that varies with respect to the face plane, so as become more rearward from the face plane central portion 164 is compared with the toe portion 166 and heel portion 168 . さらに、屈曲部162は、ヒール延長部170およびトウ延長部172を含み、これらはそれぞれヒール部分168およびトウ部分166からスカート156に沿って後方に延びている。 Further, the bent portion 162 may include a heel extension 170 and the toe extension 172, which are respectively extended rearwardly along the heel 168 and toe portion 166 to the skirt 156. ヒール延長部170およびトウ延長部172は後方に延びてスカート上またはソール上の点で結合しても良い。 Heel extension 170 and the toe extension 172 may be attached at a point on the skirt or on the sole extends rearward.

付加的な実施例において、屈曲部は多材料構造によって主に実現される。 In additional embodiments, the bent portion is mainly realized by the multi-material structure. 図16〜図18を参照すると、ゴルフクラブヘッド180は全体として、ソール182、クラウン184、スカート186、フェース188およびホーゼル190により形成される空洞体構造を有し、屈曲部192を含む。 Referring to FIGS. 16 to 18, as a whole golf club head 180, a sole 182, a crown 184, a skirt 186 has a cavity structure which is formed by a face 188 and hosel 190 includes a bend 192. 屈曲部192はゴルフクラブヘッド180の前方の部分に含まれ、筒状部材として構築されて良く、これは図示のとおりであり、フェース部分194および後方本体部分196の間に介挿されて中間的なリングを形成するようになっていて良い。 The bent portion 192 is included in the forward section of the golf club head 180 may be constructed as a tubular member, which is as shown, intermediate interposed between the face portion 194 and the rear body portion 196 it may be adapted to form a ring. リングは選択された剛性を有し、衝撃点に局所的に起こる撓みと調和してフェースが全体として変位することができるようにしている。 Ring has a selected rigidity, a face in harmony with deflection occurs locally impact point is to be able to be displaced as a whole. 先の実施例の同様に、屈曲部192は、衝突が、約2900Hzから約4000Hzである周波数の振動を屈曲部に渡って付与するように調整されている。 Likewise in the previous embodiment, the bent portion 192, a collision has been adjusted so as to apply across the vibration of about 2900Hz frequency is about 4000Hz to bend. リングの特性は、フェースを渡って、とくに、理想的な衝突位置からはずれたボール衝突に対して、CORおよび対応する特性時間(CT)の値を制御し最適化する付加的な手段として選択される。 Characteristics of the ring, across the face, in particular, selected relative to the ball collision deviated from the ideal collision position, as an additional means of controlling optimizing the values ​​of COR and corresponding characteristic time (CT) that.

屈曲部192はフェース194および後方本体部分196の隣接部分より小さなヤング率を実現する材料から構築される。 The bent portion 192 is constructed from a material to achieve a smaller Young's modulus than the adjacent part of the face 194 and the rear body portion 196. 好ましくは、屈曲部192、フェース部分194、および後方本体部分196は例えば溶接によって容易に結合させることができる材料から構築される。 Preferably, the bent portion 192, the face portion 194 and the rear body portion 196, is constructed of a material that can be easily coupled by welding, for example. 例えば、フェース部分194および後方本体部分196は好ましくは第1のチタン合金から構築され、屈曲部192は、以下により詳細に説明するベータチタン合金から構築される。 For example, the face portion 194 and the rear body portion 196 is preferably constructed from a first titanium alloy, the bent portion 192 is constructed from a beta titanium alloy to be described in more detail below. 屈曲部192は隣接部分とほぼ等しい厚さとなるようにされ、屈曲部の外側表面が隣接部分の外側表面と面一になるように構築されて良く、これを図18に示す。 The bent portion 192 is such that a substantially equal thickness as the adjacent portion may outer surface of the bent portion is constructed such that the outer surface flush with the adjacent portions, which is shown in Figure 18. 代替的には、図19に示すように、屈曲部192aは、隣接部分と異なる厚さを有し、屈曲部192aの外側表面が隣接部分から後退するように、構築して良い。 Alternatively, as shown in FIG. 19, the bent portion 192a has a thickness different from that of the adjacent portion, the outer surface of the bent portion 192a is to be retracted from the adjacent portions, may be constructed. 他の代替例として、屈曲部の外側表面が、隣接部分と比較して、突出し、または盛り上がるように構築されて良い。 As another alternative, the outer surface of the bent portion, as compared to the adjacent portions, protrude or may be constructed as rise.

代替的には、より小さな剛性を実現するカーボン複合材料のリングを屈曲部192に対して組み込んで良い。 Alternatively, the carbon ring of the composite material to achieve a smaller rigidity may be incorporated with respect to the bent portion 192. 結合構造、リング幾何形状(例えば、リング中の位置により変わるリングの幅および厚さ)、リング位置、繊維方向、樹脂タイプおよび樹脂内容物のパーセンテージは、屈曲部192の柔軟性を最適化するために選択されるすべてのパラメータであり、もって、ゴルフクラブヘッドの耐久性を維持しつつドライバのフェースに渡って、出て行くボールの速度を改善するようになっている。 Coupling structure, a ring geometry (e.g., ring width and thickness of which varies according to the position in the ring), the ring position, the percentage of the fiber direction, resin type and resin content, in order to optimize the flexibility of the bent portion 192 are all parameters that are selected to, have to, over the driver's face while maintaining the durability of the golf club head, so as to improve the speed of the outgoing ball. 好ましくは、カーボン複合材料屈曲部は隣接する金属製フェース部分および隣接する金属製後方本体部分と結合される。 Preferably, the carbon composite material bent portion is coupled to the metallic face portion and adjacent metallic rear body portion adjacent. 一例として、屈曲部は、約12.0mmから約20.0mmの範囲の幅で約0.5mmから約3.0mmの厚さのリングを有して良く、厚さは周囲に沿う位置に応じて変化して良い。 As an example, the bent portion may approximately 0.5mm in width in the range of from about 12.0mm to about 20.0mm and a thickness of the ring of about 3.0 mm, the thickness depending on the position along the periphery it may vary Te.

多材料屈曲部は図20および図21のゴルフクラブヘッドに組み込まれる。 Multi-material bent portion is incorporated in a golf club head of FIG. 20 and FIG. 21. ゴルフクラブヘッド200は、屈曲部192と同様に主に材料特性に依拠して剛性を変化させるけれども、多材料構造を組み入れた屈曲部202を含む。 Golf club head 200, but changes the stiffness relies primarily on the material properties like the bent portion 192 includes a bent portion 202 that incorporates a multi-material structure. ゴルフクラブヘッド200は一般的には空洞体として構築され、これはフェース部分204、屈曲部202、および後方本体部分206により形成される。 Golf club head 200 is generally constructed as a hollow body, which is formed by a face portion 204, the bent portion 202 and the rear body portion 206,. フェース部分204、屈曲部202、および後方本体部分206が結合されたとき、これらは全般的にはフェース208、クラウン210、ソール212、スカート214、およびホーゼル216を形成する。 When the face portion 204, the bent portion 202 and the rear body portion 206, is coupled, they generally to the face 208, a crown 210, a sole 212, forming a skirt 214, and hosel 216.

屈曲部202は、前面部材218、中央部材220、および後方部材222を含む。 The bent portion 202 includes a front member 218, the central member 220 and the rear member 222,. 好ましくは、前方部材218および後方部材222がフェース部分204および後方本体部分206に用いき結合され、かつ、中央部材220が充分に薄くて柔軟性があり約2900Hzから約400Hzの範囲の周波数の追加の振動モードを実現するように、材料が選択される。 Preferably, the front member 218 and the rear member 222 is coupled Ki using the face portion 204 and a rear body portion 206, and an additional frequency in the range from about 2900Hz to about 400Hz is flexible central member 220 is sufficiently thin so as to achieve the vibration modes of the material is selected. 実施例において、前方部分218および後方部分222は金属性であり、中央部分220は前方部分218および後方部分222の間に介挿され、カーボン繊維複合材から構築される。 In embodiments, the front portion 218 and rear portion 222 is metallic, the central portion 220 is interposed between the front portion 218 and rear portion 222 is constructed from a carbon fiber composite material. 好ましくは、後方部材222はフェース208および前方部分218のインターフェースから少なくとも6.0mm離れ、より好ましくは少なくとも12.0mm離れている。 Preferably, the rear member 222 is separated by at least 6.0mm from the interface of the face 208 and the front portion 218, and more preferably separated by at least 12.0 mm. ホーゼル216は金属性および/または非金属性の材料から構築されて良い。 Hosel 216 may be constructed from metallic and / or non-metallic material. 実施例において、フェース部分204および後方本体部分206はチタン合金から構築され、前方部材218および後方部材222は、チタンより低密度で好ましくは低モジュラスの材料、例えば、アルミニウムまたはマグネシウムの合金から構築され、中央部材220は所望の周波数特性を実現するのに充分なだけ薄く、柔軟性があるカーボン繊維複合材から構築される。 In embodiments, face portion 204 and a rear body portion 206 is constructed of a titanium alloy, the front member 218 and the rear member 222 is preferably a low density of titanium is constructed from a low modulus material, e.g., aluminum or magnesium alloy the central member 220 is constructed from a desired only enough thin to achieve the frequency characteristics, is flexible carbon fiber composite material. さらに、前面部材および/または後方部材は複合材中央部材とコモールドにより製造されてよい。 Further, the front member and / or the rear member may be manufactured by a composite central member and Komorudo. 一般的には、慣用的な手法、例えば接着剤結合により部品の間に適切な結合強度を実現するように材料が選択される。 In general, conventional techniques, materials to achieve adequate bond strength between the component is selected for example by adhesive bonding.

この発明のゴルフクラブヘッドは、図22および図23に示すように、ゴルフクラブヘッドの後方部分およびフェースの間のインターフェースに渡って伸びる屈曲部を含んでもよい。 The golf club head of the invention, as shown in FIGS. 22 and 23 may include a bent portion extending over the interface between the rear portion and the face of the golf club head. ゴルフクラブヘッド230は一般的には空洞体構造を有し、これはソール232、クラウン234、スカート236、フェース238、およびホーゼル240により形成され、屈曲部242を含む。 Golf club head 230 generally has a hollow structure, which is the sole 232, the crown 234, a skirt 236, formed by a face 238, and hosel 240 includes a bend 242. 屈曲部242はゴルフクラブヘッド230の前方部分に含まれ、フェース238と、ソール232、クラウン234、およびスカート236との間に介挿される。 The bent portion 242 is included in the front portion of the golf club head 230, the face 238 is interposed between the sole 232, crown 234, and the skirt 236.

屈曲部は、衝突点に局所的に起こる変形と調和してフェースが全体として変形するのを可能にするように選択された剛性を有する。 The bent portion has a selected rigidity as a face in harmony with locally occurring variations in the collision point to allow the deformation as a whole. 先の実施例と同様に、屈曲部242は、衝突が、約2900Hzから約4000Hzの屈曲部に渡る振動周波数を付与するように調整される。 As with the previous embodiment, the bent portion 242, a collision is adjusted to impart vibration frequency ranging from about 2900Hz to bend of approximately 4000 Hz. リングの特性は、フェースを渡って、とくに、理想的な衝突位置からはずれたボール衝突に対して、CORおよび対応する特性時間(CT)の値を制御し最適化する付加的な手段として選択される。 Characteristics of the ring, across the face, in particular, selected relative to the ball collision deviated from the ideal collision position, as an additional means of controlling optimizing the values ​​of COR and corresponding characteristic time (CT) that.

屈曲部242は全般的にはフェース238の周囲のまわりに位置決めされ、かつ、屈曲部242自体がクラブヘッド230のフェースからクラブヘッドの後方部分、例えばソール232、クラウン234、およびスカート236への遷移的な湾曲部に渡って伸びるように位置づけられる。 The bent portion 242 is generally is positioned around the perimeter of the face 238 and transitions from the face of the bent portion 242 itself club head 230 rear portion of the club head, for example to the sole 232, crown 234, and the skirt 236 positioned as extending over a specific curvature. 屈曲部242は図示のとおり不連続であっても良く、もって、ゴルフクラブヘッドのホーゼル部分により中断されるようになっている。 The bent portion 242 may be discontinuous as shown, has, and is interrupted by the hosel portion of a golf club head. 屈曲部242は、フランジで終端しており、これが、ゴルフクラブヘッド中に屈曲部242を実装するために結合機構を実現する。 The bent portion 242 is terminated at the flange, which is, to realize the coupling mechanism to implement the bent portion 242 in the golf club head. 結合機構は、突き合わせ継手、重ね継手、さね継ぎ等を形成するための表面であってよい。 The coupling mechanism, butt joint, lap joint, may be a surface for forming a tongue and groove like. 屈曲部242はフェースフランジ244および後方フランジ246を含む。 The bent portion 242 includes a face flange 244 and rear flange 246. フェースフランジ244はフェース238の周囲エッジ248に連結される。 Face flange 244 is connected to the peripheral edge 248 of the face 238. 後方フランジ246の部分はソール232、クラウン234、スカート236の周囲エッジの部分と、例えば、クラウンフランジ250およびソールフランジ252に連結されることによって、連結される。 Moiety sole 232 of the rear flange 246, a crown 234, a portion of the peripheral edge of the skirt 236, for example, by being connected to the crown flanges 250 and sole flange 252 is connected. 好ましくは、フェースおよび後方ウラン時は約2.0mmおよび約12.0mmの間である。 Preferably, when the face and rear uranium is between about 2.0mm and about 12.0 mm.

屈曲部242は好ましくはゴルフクラブヘッドの隣接部分より小さなヤング率を実現する材料から構築される。 The bent portion 242 is preferably constructed from a material to achieve a smaller Young's modulus than the adjacent portion of the golf club head. 好ましくは、屈曲部242、フェース238、およびゴルフクラブヘッド230の後方部分は例えば溶接によって容易に結合させることができる材料から構築される。 Preferably, the bent portion 242, the rear portion of the face 238 and golf club head 230, is constructed of a material that can be easily coupled by welding, for example. 例えば、フェース238および後方部分は好ましくは第1のチタン合金から構築され、屈曲部242は、以下により詳細に説明するベータチタン合金から構築される。 For example, the face 238 and the rear portion is preferably constructed from a first titanium alloy, the bent portion 242 is constructed from a beta titanium alloy to be described in more detail below.

代替的には、屈曲部242は、低剛性を実現するカーボン遷移複合材のリングから構築されて良い。 Alternatively, the bent portion 242 may be constructed from a ring carbon transition composites to achieve low rigidity. 結合構造、リング幾何形状、リング位置、繊維方向、樹脂タイプおよび樹脂内容物のパーセンテージは、屈曲部242の柔軟性を最適化するために選択されるすべてのパラメータであり、もって、ゴルフクラブヘッドの耐久性を維持しつつドライバのフェースに渡って、出て行くボールの速度を改善するようになっている。 Coupling structure, the ring geometry, ring position, the fiber direction, the percentage of resin type and resin content are all parameters that are selected to optimize the flexibility of the bent portion 242, it has been, the golf club head over to the driver of the face while maintaining the durability, so as to improve the speed of the outgoing ball. 好ましくは、カーボン複合材料屈曲部は隣接する金属製フェースおよび隣接する金属製後方部分と結合される。 Preferably, the carbon composite material bent portion is coupled to the metal face and the adjacent metallic rear section adjacent.

他の実施例において、図24に示すように、屈曲部はフェースとゴルフクラブヘッドの後方部分との間の遷移においてフェースと結合される。 In another embodiment, as shown in FIG. 24, the bent portion is coupled to the face in the transition between the rear portion of the face and the golf club head. 例えば、ゴルフクラブヘッド260は、全般的には空洞体構造を有し、これがソール262、クラウン264、スカート266、フェース268、ホーゼル、および屈曲部272により形成される。 For example, a golf club head 260 may generally have a hollow structure, which is formed by a sole 262, a crown 264, a skirt 266, the face 268, the hosel and the bending portion 272,. 屈曲部272はゴルフクラブヘッド260の前方部分に含まれ、全般的には、環状部材により構築され、この環状部材がフェース268とソール262、クラウン264、およびスカート266との間に介挿される。 The bent portion 272 is included in the front portion of the golf club head 260 generally is constructed by the annular member, the annular member is interposed between the face 268 and the sole 262, crown 264, and the skirt 266.

先の実施例と同様に、屈曲部272は、屈曲部に渡って約2900Hzから約4000Hzの振動周波数を付与するように調整される。 As with the previous embodiment, the bent portion 272 is adjusted to about 2900Hz over the bent portion so as to impart the vibration frequency of approximately 4000 Hz. 屈曲部272は全般的にはフェース268の周囲のまわりに位置決めされ、かつ、屈曲部242自体がクラブヘッド260のフェースからクラブヘッドの後方部分、例えばソール262、クラウン264、およびスカート266への遷移的な湾曲部に渡って伸びるように位置づけられる。 The bent portion 272 is generally is positioned around the perimeter of the face 268 and transitions from the face of the bent portion 242 itself club head 260 rear portion of the club head, for example to the sole 262, crown 264, and the skirt 266 positioned as extending over a specific curvature. 屈曲部242は、フランジで終端しており、これが、ゴルフクラブヘッド中に屈曲部272を実装するために結合機構の例を実現する。 The bent portion 242 is terminated at the flange, which is, to realize the example of coupling mechanism to implement the bent portion 272 in the golf club head. 具体的には、屈曲部272は、フェースフランジ274および後方フランジ276を含む。 Specifically, the bent portion 272 includes a face flange 274 and rear flange 276. フェースフランジ274はフェース268の周囲フランジ278に連結される。 Face flange 274 is connected to the peripheral flange 278 of the face 268. 後方フランジ276の部分はソール262、クラウン264、スカート266の周囲エッジの部分と、例えば、クラウンフランジ280およびソールフランジ282に連結されることによって、連結される。 Moiety sole 262 of the rear flange 276, a crown 264, a portion of the peripheral edge of the skirt 266, for example, by being connected to the crown flanges 280 and sole flange 282 is connected.

屈曲部272は好ましくはゴルフクラブヘッドの隣接部分より小さなヤング率を実現する材料から構築される。 The bent portion 272 is preferably constructed from a material to achieve a smaller Young's modulus than the adjacent portion of the golf club head. 好ましくは、屈曲部272、フェース268、およびゴルフクラブヘッド260の後方部分は例えば溶接によって容易に結合させることができる材料から構築される。 Preferably, the bent portion 272, the rear portion of the face 268 and golf club head 260, is constructed of a material that can be easily coupled by welding, for example. 例えば、フェース268および後方部分は好ましくは第1のチタン合金から構築され、屈曲部272は、以下により詳細に説明するベータチタン合金から構築される。 For example, the face 268 and the rear portion is preferably constructed from a first titanium alloy, the bent portion 272 is constructed from a beta titanium alloy to be described in more detail below.

他の実施例において、図25に示すように、ゴルフクラブヘッド290は、ゴルフクラブヘッド290の隣接部分に含まれ、屈曲部292をこれら隣接部分に結合するのに用いるインターフェース部材を含む。 In another embodiment, as shown in FIG. 25, a golf club head 290 is included in the adjacent portion of the golf club head 290 includes an interface member used a bent portion 292 to bind to these adjacent parts. 前方インターフェース部材294が屈曲部292およびフェース部材296の間に介挿される。 Forward interface member 294 is interposed between the bent portion 292 and the face member 296. 同様に、後方インターフェース部材298が屈曲部292および後方本体部材300の間に介挿される。 Similarly, the rear interface member 298 is interposed between the bent portion 292 and the rear body member 300.

現行の実施例において、前方インターフェース部材294および後方インターフェース部材298は、双方とも、隣接部品の間に介挿される環状部材として構築される。 In the current embodiment, the front interface member 294 and the rear interface members 298, both are constructed as an annular member which is interposed between adjacent components. 前方インターフェース部材294はフェースフランジ302および屈曲部フランジ304を含み、このフェースフランジ302が重ね継手でフェース部材296に結合され、屈曲部フランジ304が重ね継手で屈曲部292に結合される。 Forward interface member 294 includes a face flange 302 and the bent flange 304, the face flange 302 is coupled to the face member 296 in lap joint, bent flange 304 is coupled to the bent portion 292 in the lap joint. 前方インターフェース部材294の一部は露出されて、ゴルフクラブヘッド290の前方表面を形成する。 Some of the forward interface member 294 is exposed, to form a front surface of the golf club head 290. インターフェース部材294は屈曲部292の前方エッジをフェース部材296の周囲エッジから離間させる。 Interface member 294 to separate the front edge of the bent portion 292 from the peripheral edge of the face member 296. 後方インターフェース部材298は後方本体フランジ306および屈曲部フランジ308を含み、この後方本体フランジ306は後方本体部材300に結合され、屈曲部フランジ308は屈曲部292に結合される。 Rear interface member 298 includes a rear body flange 306 and the bent flange 308, the rear body flange 306 is coupled to the rear body member 300, the bent flange 308 is coupled to the bent portion 292. 後方インターフェース部材298は後方本体部材300および屈曲部292を離間させる。 Rear interface member 298 to separate the rear body member 300 and the bent portion 292.

ゴルフクラブヘッド290は多材料構造を有する。 Golf club head 290 has a multi-material structure. 一例において、後方本体部材300およびフェース部材296はチタン合金から構築され、両者は同一のチタン合金、例えばTi6−4から構築されて良い。 In one example, the rear body member 300 and face member 296 is constructed of a titanium alloy, both may be constructed the same titanium alloy, for example from Ti 6-4. 前方インターフェース部材294は、フェース部材296、屈曲部292、および後方本体部材300の材料と結合するように選択される材料から構築される。 Forward interface member 294, face member 296 is constructed from a material selected to bind with the material of the bent portion 292 and the rear body member 300. 一例において、インターフェース部材はアルミニウム合金から構築され、屈曲部はカーボン繊維複合材から構築される。 In one example, the interface member is constructed from an aluminum alloy, the bent portion is constructed from a carbon fiber composite material. インターフェース部材298は一定の断面形状で構築される必要がないことに留意されたい。 Interface member 298 It should be noted that there is no need to be built with a constant cross-sectional shape.

ゴルフクラブヘッド320は、図26に示すとおり、屈曲部322をゴルフクラブヘッド320の隣接部分に結合するために使用されるインターフェース部材を含む。 Golf club head 320, as shown in FIG. 26, including an interface member that is used to bind the bent portion 322 to the adjacent portion of the golf club head 320. 前方インターフェース部材324は屈曲部322およびフェース部材326の間に介挿される。 Forward the interface member 324 is interposed between the bent portion 322 and the face member 326. 同様に、後方インターフェース部材328は屈曲部322および後方本体部材330の間に介挿される。 Similarly, the rear interface member 328 is interposed between the bent portion 322 and the rear body member 330.

前方インターフェース部材324および後方インターフェース部材328は、双方とも、隣接部品の間に介挿される環状部材として構築される。 Forward interface member 324 and the rear interface members 328, both are constructed as an annular member which is interposed between adjacent components. 前方インターフェース部材324はフェースフランジ332を含み、これが重ね継手でフェース部材326に結合される。 Forward interface member 324 includes a face flange 332, which is coupled to the face member 326 in lap joint. 前方インターフェース部材324も屈曲部フランジ334を含み、これが重ね継手で屈曲部322の前方フランジ340に結合される。 Forward interface member 324 also includes a bent flange 334, which is coupled to the front flange 340 of the bent portion 322 in the lap joint. 前方インターフェース部材324の一部は露出されて、ゴルフクラブヘッド320の前方表面を形成する。 Some of the forward interface member 324 is exposed, to form a front surface of the golf club head 320. インターフェース部材324は屈曲部332の前方エッジをフェース部材326の周囲エッジから離間させる。 Interface member 324 to separate the front edge of the bent portion 332 from the peripheral edge of the face member 326. 後方インターフェース部材328は後方本体フランジ336および屈曲部フランジ330を含み、この後方本体フランジ336は後方本体部材330に結合され、屈曲部フランジ338は屈曲部322に結合される。 Rear interface member 328 includes a rear body flange 336 and the bent flange 330, the rear body flange 336 is coupled to the rear body member 330, the bent flange 338 is coupled to the bent portion 322. 後方インターフェース部材328は後方本体部材330および屈曲部322を離間させる。 Rear interface member 328 to separate the rear body member 330 and the bent portion 322.

ゴルフクラブヘッド320は多材料構造を有する。 Golf club head 320 has a multi-material structure. 一例において、後方本体部材330およびフェース部材326はチタン合金から構築され、両者は同一のチタン合金、例えばTi6−4から構築されて良い。 In one example, the rear body member 330 and face member 326 is constructed of a titanium alloy, both may be constructed the same titanium alloy, for example from Ti 6-4. 前方インターフェース部材324および後方インターフェース部材328は、フェース部材326、屈曲部322、および後方本体部材330の材料と結合するように選択される材料から構築される。 Forward interface member 324 and the rear interface member 328, face member 326 is constructed from a material selected to bind with the material of the bent portion 322 and the rear body member 330. 一例において、インターフェース部材はアルミニウム合金から構築され、屈曲部はカーボン繊維複合材から構築される。 In one example, the interface member is constructed from an aluminum alloy, the bent portion is constructed from a carbon fiber composite material.

図27を参照すると、ゴルフクラブヘッド350は、屈曲部352を含み、これが、ゴルフクラブの後方部分およびフェース354の間の遷移から離間されている。 Referring to FIG. 27, a golf club head 350 includes a bend 352, which is spaced from the transition between the rear portion and the face 354 of the golf club. 一般的には、ゴルフクラブヘッド350は空洞体構造を有し、これはソール356、クラウン358、スカート360、フェース354、ホーゼル、および屈曲部352から形成される。 In general, the golf club head 350 has a cavity structure, which is formed from the sole 356, the crown 358, a skirt 360, the face 354, a hosel, and the bent portion 352.

屈曲部352はフェース354とゴルフクラブヘッド350の後方部分との間に介挿される。 The bent portion 352 is interposed between the rear portion of the face 354 and the golf club head 350. 屈曲部は全般的にはU字型の断面形状を伴う環状部材であり、前方フランジ362および後方フランジ364を伴うようになっている。 Bend generally is an annular member with a U-shaped cross section, so that the associated forward flange 362 and rear flange 364. 前方フランジ362はフェース354のフェースフランジ366に結合され、後方フランジ364はゴルフクラブヘッドの後方部分のフランジに結合され、このフランジはクラウンフランジ368およびソールフランジ370を含む。 Forward flange 362 is coupled to the face flange 366 of the face 354, rear flange 364 is coupled to the flange of the rear portion of the golf club head, the flange comprises a crown flange 368 and sole flange 370.

図28および図29でそれぞれ図説する実施例は図27の実施例と同様であるけれども、代替的なフランジ構造を含む。 Although embodiments of Illustrated respectively in FIGS. 28 and 29 is similar to the embodiment of FIG. 27, including alternative flange structure. 図28に示すように、ゴルフクラブヘッド380は、ソール382、クラウン384、スカート386、ホーゼル、および屈曲部390により形成される空洞体構造を有する。 As shown in FIG. 28, a golf club head 380 has a cavity structure which is formed a sole 382, ​​a crown 384, a skirt 386, a hosel, and the bent portion 390. 屈曲部390はフェース388およびゴルフクラブヘッドの後方部分の間に介挿され、これは、ソール382およびクラウン384を含む。 The bent portion 390 is interposed between the rear portion of the face 388 and golf club head, which includes a sole 382 and crown 384. 屈曲部390は全般的には環状部材であり、前方結合部分392および後方フランジ394を含む。 The bent portion 390 generally has an annular member including a front binding moiety 392 and rear flange 394. 前方結合部分392はフェースフランジ396を包みこんで結合される屈曲部390の部分であり、フェースフランジ396の少なくとも一部を収容するようになっている。 Front binding moiety 392 is a portion of the bent portion 390 that is coupled elaborate wrapped face flange 396, adapted to receive at least a portion of the face flange 396. 後方フランジ394の部分はソールフランジ398およびクラウンフランジ400に突き当たって連結されている。 Portion of the rear flange 394 is connected hits the sole flange 398 and crown flange 400.

図29に示すように、ゴルフクラブヘッド410は、ソール412、クラウン414、スカート416、ホーゼル、および屈曲部420により形成される空洞体構造を有する。 As shown in FIG. 29, a golf club head 410 has a cavity structure which is formed by a sole 412, a crown 414, a skirt 416, the hosel and the bending portion 420,. 屈曲部420はフェース418およびゴルフクラブヘッドの後方部分の間に介挿され、これは、ソール412およびクラウン414を含む。 The bent portion 420 is interposed between the rear portion of the face 418 and golf club head, which includes a sole 412 and crown 414. 屈曲部420は全般的には環状部材であり、前方フランジ422および後方フランジ424を含む。 The bent portion 420 generally is an annular member, including the front flange 422 and rear flange 424. 前方フランジ422はフェースフランジ426に突き当たって連結される。 Forward flange 422 is connected hits the face flange 426. 後方フランジ424の部分はソールフランジ428およびクラウンフランジ430に突き当たって連結されている。 Portion of the rear flange 424 is connected hits the sole flange 428 and crown flange 430.

実施例の各々の屈曲部の構造は、種々の代替構成から選択されてゴルフボールの衝突時の調整挙動を実現するようにしてよい。 Structure of the bent portion of each of the embodiments may be configured to implement the adjustment behavior during the golf ball collisions are selected from a variety of alternative configurations. 図30〜図34は屈曲部の種々の代替的なマルチピース構造を図説する。 FIGS. 30 34 Illustrated various alternative multi-piece structure of the bent portion. 具体的には、図説の屈曲部は種々の代替的な機器形状を伴う複数の屈曲部品を含む。 Specifically, the bent portion of the Illustrated includes a plurality of bent parts with various alternative equipment configuration. 例えば、図30の屈曲部440は、全体的にはL形状部材として形成される屈曲部品442を含む環の断面形状を含む。 For example, the bent portion 440 of FIG. 30, includes a ring-sectional shape including a bent part 442 as a whole is formed as an L-shaped member. 屈曲部品442はゴルフクラブ本体448の前方フランジ444および後方フランジ446に連結される。 Bent parts 442 are connected to the front flange 444 and rear flange 446 of the golf club body 448. 図示のとおり、前方フランジ444および後方フランジ446は収束型のフランジであり相互に角度付けられている。 As shown, the forward flange 444 and rear flange 446 are angled to each other are convergent in the flange. 前方フランジ444および後方フランジ446は、全般的には、ゴルフクラブヘッドのフェース452に近い位置で、ゴルフクラブヘッド本体448のソール450に一体化される。 Forward flange 444 and rear flange 446 generally is at a position near the face 452 of the golf club head is integrated into the sole 450 of the golf club head body 448. 先に述べたように、屈曲部440は好ましくはフェース452のボール打撃表面から約20mm以内に位置づけられ、より好ましくは約5.0mmおよび約20.0mmの間に位置づけられる。 As mentioned earlier, the bent portion 440 is preferably located within about 20mm from the ball striking surface of the face 452, and more preferably positioned between about 5.0mm and about 20.0 mm. 屈曲部品442は、任意の機械的な結合プロセス、例えば、溶接、ロウ付け、機構的なファスナ、拡散ボンディング、液体インターフェース拡散ボンディング、スーパープラスチック形成、および拡散ボンディングおよび/または、接着剤を用いて、前方フランジ444および後方フランジ446に結合されて良い。 Bent parts 442, any mechanical bonding process, for example, welding, brazing, mechanical fasteners, diffusion bonding, liquid interface diffusion bonding, super plastic forming, and diffusion bonding and / or by using an adhesive, it may be coupled to the front flange 444 and rear flange 446. 製造時にゴルフクラブヘッドの内部キャビティで細工するための構造、例えばクラウンプル構造またはフェースプル構造により、結合プロセスが容易に達成できる。 Structure for crafted internal cavity of the golf club head at the time of manufacture, for example by a crown-pull structure or face-pull structure, the bonding process can easily be achieved.

他の実施例においては、図31に示すように、屈曲部460は波形または皺寄せした断面形状を有し、ゴルフクラブヘッド462に含まれる。 In another embodiment, as shown in FIG. 31, the bent portion 460 has a corrugated or wrinkled sectional shape, it is included in the golf club head 462. 屈曲部品464はゴルフクラブ462の前方フランジ466および後方フランジ468に連結される。 Bent parts 464 are connected to the front flange 466 and rear flange 468 of the golf club 462. 前方フランジ466および後方フランジ468は、全般的には、ゴルフクラブヘッドのフェース470に近い位置で、ゴルフクラブヘッド本体462のソール472に一体化される。 Forward flange 466 and rear flange 468 generally is at a position near the face 470 of the golf club head is integrated into the sole 472 of the golf club head body 462. 先に述べたように、屈曲部460は好ましくはフェース470のボール打撃表面から約20mm以内に位置づけられ、より好ましくは約5.0mmおよび約20.0mmの間に位置づけられる。 As mentioned earlier, the bent portion 460 is preferably located within about 20mm from the ball striking surface of the face 470, and more preferably positioned between about 5.0mm and about 20.0 mm. 屈曲部品464は、任意の機械的な結合プロセス、例えば、溶接、ロウ付け、機構的なファスナおよび/または、接着剤を用いて、前方フランジ466および後方フランジ468に結合されて良い。 Bent parts 464, any mechanical bonding process, for example, welding, brazing, mechanical fasteners and / or by using an adhesive, may be coupled to the front flange 466 and rear flange 468.

付加的な実施例においては、屈曲部は、フランジ(複数)と全般的に溝形状の屈曲部品とから形成される。 In additional embodiments, the bent portion is formed of a flange (s) and generally channel-shaped bent parts. 図32を参照すると、ゴルフクラブヘッド480は屈曲部482を含み、この屈曲部482は屈曲部品484により形成され、屈曲部482は好ましくはフェース494のボール打撃表面から約20mm以内に位置づけられ、より屈曲部品484は例えば溶接、ロウ付け、および/または接着剤によりゴルフクラブヘッド480のソール492のフランジに結合される。 Referring to FIG. 32, a golf club head 480 includes a bend 482, the bent portion 482 is formed by bending part 484, the bent portion 482 are preferably located within about 20mm from the ball striking surface of the face 494, more bent parts 484, for example welded, is coupled to the flange of the sole 492 of the golf club head 480 by brazing, and / or adhesive. 好ましくは約5.0mmおよび約20.0mmの間に位置づけられる。 Preferably positioned between about 5.0mm and about 20.0 mm. 具体的には、屈曲部品484は、全体として溝形状の部材であり、これは前方フランジ488および後方フランジ490の部分を収容する後退部486(複数)を含む。 Specifically, the bent part 484 is a member of the overall groove shape, which includes a setback 486 (s) for accommodating a portion of the front flange 488 and rear flange 490. 後退部486は、屈曲部品484の一部により離間され、これは、前方フランジ488および後方フランジ490の間に所望の間隔を形成するように選択される。 Retreating section 486 are spaced by a portion of the bent parts 484, which are selected to form the desired spacing between the front flange 488 and rear flange 490.

類似の実施例においては、図33に示すように、ゴルフクラブヘッド500は屈曲部502を含み、この屈曲部502が、溝形状断面を有する屈曲部品504から形成される。 In a similar embodiment, as shown in FIG. 33, a golf club head 500 includes a bent portion 502, the bent portion 502 is formed from the bent part 504 having a groove-shaped cross-section. 屈曲部品504はゴルフクラブ500のソール506上に形成されるフランジ(複数)に例えば溶接、ロウ付け、および/または接着剤により連結される。 Bent parts 504, for example, welding the flange (s) formed on the sole 506 of the golf club 500, is connected by brazing, and / or adhesive. 屈曲部502は好ましくはフェース508のボール打撃表面から約20mm以内に位置づけられ、より好ましくは約5.0mmおよび約20.0mmの間に位置づけられる。 The bent portion 502 is preferably located within about 20mm from the ball striking surface of the face 508, and more preferably positioned between about 5.0mm and about 20.0 mm. 具体的には、屈曲部品504は、全体として溝形状の部材であり、これは前方フランジ510および後方フランジ512の部分を収容するスロットを形成する。 Specifically, the bent part 504 is a member of the overall groove shape, which forms a slot for accommodating a portion of the front flange 510 and rear flange 512.

他の実施例においては、図34に示すように、ゴルフクラブヘッド520は屈曲部522を含み、この屈曲部522が、溝形状断面を有する屈曲部品524から形成される。 In another embodiment, as shown in FIG. 34, a golf club head 520 includes a bend 522, the bent portion 522 is formed from the bent part 524 having a groove-shaped cross-section. 屈曲部品524は全般的には鮫歯形状断面を有するように構築され、具体的には、第1の曲がった部分と全体として平坦で頂点にぶつかる部分とを有する。 Bent parts 524 generally are constructed to have Sameha shaped cross-section, in particular, has a portion that hits the flat apex as a whole a first crooked portion. 屈曲部品524はゴルフクラブ520のソール526上に形成されるフランジ(複数)に例えば溶接、ロウ付け、および/または接着剤により連結される。 Bent parts 524, for example, welding the flange (s) formed on the sole 526 of the golf club 520, is connected by brazing, and / or adhesive. 屈曲部522は好ましくはフェース528のボール打撃表面から約20mm以内に位置づけられ、より好ましくは約5.0mmおよび約20.0mmの間に位置づけられる。 The bent portion 522 is preferably located within about 20mm from the ball striking surface of the face 528, and more preferably positioned between about 5.0mm and about 20.0 mm. 具体的には、屈曲部品524は、全体として溝形状の部材であり、これは前方フランジ530および後方フランジ532の部分を収容するスロットを形成する。 Specifically, the bent part 524 is a member of the overall groove shape, which forms a slot for accommodating a portion of the front flange 530 and rear flange 532.

図35を参照すると、ゴルフクラブヘッド540の他の実施例は、図34に図説された実施例と形状が類似した屈曲部542を含むけれども、この屈曲部542はゴルフクラブヘッドのソール546から外側に延びている。 Referring to FIG. 35, another embodiment of a golf club head 540, but includes a bend 542 Illustrated been embodiment and the shape is similar to Figure 34, the bent portion 542 outwardly from the sole 546 of the golf club head and it extends to. この屈曲部542は、溝を形成する断面を有する屈曲部品544から形成される。 The bent portion 542 is formed from the bent part 544 having a cross section forming a groove. 屈曲部品544は全般的には鮫歯形状断面を有するように構築され、具体的には、第1の曲がった部分と全体として平坦で頂点にぶつかる部分とを有する。 Bent parts 544 generally are constructed to have Sameha shaped cross-section, in particular, has a portion that hits the flat apex as a whole a first crooked portion. 屈曲部品544はゴルフクラブ540のソール546上に形成されるフランジ(複数)に例えば溶接、ロウ付け、および/または接着剤により連結される。 Bent parts 544, for example, welding the flange (s) formed on the sole 546 of the golf club 540, is connected by brazing, and / or adhesive. 屈曲部542は好ましくはフェース548のボール打撃表面から約20mm以内に位置づけられ、より好ましくは約5.0mmおよび約20.0mmの間に位置づけられる。 The bent portion 542 is preferably located within about 20mm from the ball striking surface of the face 548, and more preferably positioned between about 5.0mm and about 20.0 mm.

他の実施例において、図36に図説されるように、ゴルフクラブヘッド560は屈曲部562を含む。 In another embodiment, as Illustrated in FIG. 36, a golf club head 560 includes a bend 562. この屈曲部562は全般的には筒状断面を有する屈曲部品564から形成される。 The bent portion 562 is generally is formed from a bent part 564 having a cylindrical cross-section. 屈曲部品564は、全般的に筒状の断面形状を有するように構築され、これは環状の断面形状を有するように図説されるけれども、任意の断面形状を伴って良いことに留意されたい。 Bent parts 564 is constructed to have a generally cylindrical cross-sectional shape, which although is Illustrated to have a circular cross-sectional shape, it should be noted that good with any cross-sectional shape. 屈曲部品564はゴルフクラブ560のソール566上に形成されるフランジ568(複数)に例えば溶接、ロウ付け、および/または接着剤により連結される。 Bent parts 564, for example, welding the flange 568 (s) formed on the sole 566 of the golf club 560, is connected by brazing, and / or adhesive. 屈曲部品564は、フランジ568と相補的な外形形状を有し、結合表面を形成して屈曲部品564がフランジ568と結合できるようになっている。 Bent parts 564 has a complementary outer shape to the flange 568, the bending part 564 is adapted to be coupled to the flange 568 to form a binding surface. 屈曲部562は好ましくはフェース568のボール打撃表面から約20mm以内に位置づけられ、より好ましくは約5.0mmおよび約20.0mmの間に位置づけられる。 The bent portion 562 is preferably located within about 20mm from the ball striking surface of the face 568, and more preferably positioned between about 5.0mm and about 20.0 mm.

図37を参照すると、付加的な実施例において、ゴルフクラブヘッド580が屈曲部582を有する。 Referring to FIG. 37, in an additional embodiment, a golf club head 580 has a bent portion 582. この屈曲部582は図34に図説される実施例と形状において類似しているけれども、屈曲部582は、全体として鮫歯形状の断面が反転されるように配向している。 Although the bent portion 582 is similar in the examples and shapes are Illustrated in Figure 34, the bent portion 582 are oriented so that the cross section of shark teeth shape is reversed as a whole. 具体的には、屈曲部582の曲がった部分が他の図説の実施例と違ってより後方になっている。 Specifically, bent portion of the bent portion 582 is becoming more rearward unlike the example of other Illustrated. 図示のとおり、屈曲部582は、溝を形成する断面を有する屈曲部品584から形成されているけれども、屈曲部582は、ゴルフクラブヘッド580のソール586と一体構造として形成されて良いことに留意されたい。 As illustrated, the bent portion 582, but is formed from the bent part 584 having a cross section forming a groove, the bent portion 582, be noted that the sole 586 of the golf club head 580 may be formed as a unitary structure Thailand. ゴルフクラブヘッドの他の部分に対する屈曲部の配向を変更することにより、屈曲部に加わる応力の逆の方向に印加され、屈曲部の挙動が異なり屈曲部が実効的により硬くなる。 By changing the orientation of the bent portion relative to other portions of the golf club head, is applied in the opposite direction of the stress applied to the bent portion, the bent portion different behavior of the bent portion becomes harder effectively. この結果、配向を変えることにより、屈曲部がゴルフクラブヘッドに対して調整できる。 As a result, by changing the orientation, the bent portion can be adjusted relative to the golf club head. 屈曲部品584はゴルフクラブ580のソール586上に形成されるフランジ(複数)に例えば溶接、ロウ付け、および/または接着剤により連結される。 Bent parts 584, for example, welding the flange (s) formed on the sole 586 of the golf club 580, is connected by brazing, and / or adhesive. 屈曲部582は好ましくはフェース588のボール打撃表面から約20mm以内に位置づけられ、より好ましくは約5.0mmおよび約20.0mmの間に位置づけられ、その厚さは好ましくは約0.35mmおよび約2.0mmの間である。 The bent portion 582 are preferably located within about 20mm from the ball striking surface of the face 588, and more preferably positioned between about 5.0mm and about 20.0 mm, its thickness is preferably about 0.35mm and about 2.0mm is between.

図38〜図40を参照すると、ゴルフクラブヘッド600は、所望のコンプライアンスを実現するように調整できる屈曲部602を実現する長尺のキャビティを含む。 Referring to FIGS. 38 to 40, the golf club head 600 includes a cavity elongated to realize a bend 602 that can be adjusted to achieve the desired compliance. 例えば、ゴルフクラブヘッドは、柔軟なチューブを含み、このチューブは柔軟な材料で満たされ、または部分的に満たされて音響、フィーリング、および柔軟性を調整し、または空にままとされる。 For example, a golf club head includes a flexible tube, the tube is filled with a flexible material, or partially filled by adjusting acoustic, feeling, and flexibility, or are mom emptied. ゴルフクラブヘッド600は、クラウン604、ソール606、スカート608、ボール打撃表面611を形成するフェース610、および、内部キャビティ614を形成する空洞本体のゴルフクラブヘッド構造を形成するために結合するホーゼル612を含む。 Golf club head 600, a crown 604, a sole 606, a skirt 608, the face 610 to form a ball striking surface 611, and a hosel 612 which combine to form a golf club head structure of the cavity body defining an interior cavity 614 including. 屈曲部602は長尺の管状構造であり、これは全般的にヒールからトウの芳香に伸び、屈曲キャビティを形成613する。 The bent portion 602 is a tubular structure of long, which extends to an aromatic toe from generally the heel, the bending cavity formation 613. 実施例において、屈曲部602は、ゴルフクラブヘッド600がアドレス位置にあるときのゴルフクラブヘッド600のフェースの幾何中心を通り、垂直な前後平面と交差するようにゴルフクラブ600に渡って伸びる。 In an embodiment, the bent portion 602, the golf club head 600 passes through the geometric center of the face of the golf club head 600 when it is in the address position, extends over the golf club 600 so as to intersect with the vertical longitudinal plane.

開口616が設けられ、これは屈曲部602の内部への操作を実現し、カバー618により閉止されてよく、これは好ましくは開口616において屈曲部602と取り外し可能に結合される。 Opening 616 is provided, which realizes the operation of the interior of the bent portion 602 may be closed by a cover 618, which is preferably detachably coupled with the bent portion 602 in the opening 616. 一例として、開口616はネジ切りされて良く、カバー618は開口616中にねじ込まれ、また、開口616はカバー618を装着、取り外し可能にするツール係合機構を含む。 As an example, opening 616 may be threaded, including cover 618 is screwed into the opening 616, The opening 616 is fitted with a cover 618, a tool engagement mechanism allowing removal.

他の代替的例として、屈曲部602は、完全にまたは部分的にインサート603、例えば、高密度弾性インサートで満たされて良い。 As another alternative example, the bent portion 602, completely or partially insert 603, for example, may be filled with high density elastic insert. 例えば、タングステンのような高密度材料が高密度インサートを形成するために注入された弾性材料を、筒状の屈曲部に、または、開放スロットを含む、ここに説明される他の実施例の1つに、フェースの後方で、挿入される。 For example, an elastic material injected to high density material such as tungsten to form a dense insert, the cylindrical bent portion, or includes an open slot, in other embodiments described herein 1 One, in the rear of the face, is inserted. インサートは屈曲部に充填し、または部分点に充填してゴルフクラブヘッドの音響挙動を変更するのに使用されて良い。 Insert filled into the bent portion, or by filling the portion point may be used to change the acoustic behavior of the golf club head. 種々の密度で構築され、および/または、種々の重量分布を具備する複数のインサートを実現して、ゴルフクラブヘッドの最終的な重量および質量分布を選択して良いように、種々の質量および重量分布で屈曲部に適合するインサートを作成して良い。 It is constructed in various densities, and / or to achieve a plurality of inserts having a variety of weight distribution, as may select the final weight and weight distribution of the golf club head, a variety of mass and weight may create the insert fits the bent portion in the distribution. さらに、屈曲部は内部キャビティへと伸びる開口を含んで良く、インサートを開口を塞ぐプラグとして使用し、内部キャビティが環境に露出されずにゴミや水がキャビティに入らないようにして良い。 Further, the bent portion may include openings extending into the interior cavity, and used as a plug for closing the opening of the insert, dust and water without internal cavity is exposed to the environment may be prevented from entering the cavity. 事例的で適切な材料は、ポリウレタン、ゴム、熱硬化性ポリマー、熱可塑性ポリマー、エポキシ、フォーム、およびネオプレンを含む。 Case suitable material include polyurethane, rubber, thermoset polymers, thermoplastic polymers, epoxy, foam, and neoprene. 選択された材料は、屈曲部と結合するように選択され、組み合わされて柔軟性を実現する硬度を有する。 The selected material is selected to bind the bent portion has a hardness to realize combined to flexibility. 好ましくは、選択された材料の硬度は一般的には30〜95のデュロメータAの範囲、または45〜85のデュロメータDの範囲である。 Preferably, the hardness of the material selected is generally in the range of Durometer D durometer range A or 45 to 85, 30 to 95.

図41〜図43を参照すると、他の実施例のゴルフクラブヘッド620が説明され、これは、ゴルフクラブヘッドのソール624から外側に伸びる屈曲部622を含む。 Referring to FIGS. 41 43, is a golf club head 620 described in other embodiments, this includes the bent portion 622 extending outwardly from the sole 624 of the golf club head. ゴルフクラブヘッド620は、クラウン626、ソール624、スカート628、ボール打撃表面631を形成するフェース630、および、内部キャビティ634を形成し、また空洞本体構造を形成するために結合するホーゼル632を含む。 The golf club head 620 includes a hosel 632 face 630, and forms an internal cavity 634, also be combined to form a cavity body structure to form a crown 626, a sole 624, a skirt 628, the ball striking surface 631. この実施例において、屈曲部622はソール624を横切って、スカート628を横切って、さらにクラウン626を横切って、連続して伸び、ゴルフクラブヘッド620のスカート628のトウ部分を包み込むようになっている。 In this embodiment, the bent portion 622 across the sole 624, across the skirt 628, further across the crown 626 extends continuously, so that the wrap around the toe portion of the skirt 628 of the golf club head 620 .

追加的な実施例において、ソール板がゴルフクラブヘッドと一体になり、少なくとも部分的には屈曲部と一体になる。 In additional embodiments, the sole plate is integral with the golf club head, becomes integral with the bent portion at least partially. 図44に示すように、ゴルフクラブヘッド640は、クラウン642、ソール644、フェース646、スカート648、および、内側キャビティ651を形成する空洞本体を構築するように結合するソール板650を含む。 As shown in FIG. 44, a golf club head 640 includes a crown 642, a sole 644, the face 646, the skirt 648 and, the sole plate 650 to bind to construct a cavity body defining an inner cavity 651. ソール644およびソール板650は組合わさって屈曲部652を形成する。 Sole 644 and the sole plate 650 forms a bent portion 652 combine to. 屈曲部652は、溝形状の機構であり、これは全般的にヒールからトウの方向に伸び第一部材654、第二部材656、およびソール板650から形成される。 The bent portion 652 is a mechanism groove shape, which is the first member 654 extends from generally the heel toward the toe, the second member 656, and is formed from the sole plate 650. 第一部材654はソール644の前方連絡部分658の後方端に結合され、ソール644から内側キャビティ651へと曲がる。 The first member 654 is coupled to the rear end of the front contact portion 658 of the sole 644, bent from the sole 644 to the inner cavity 651. 第二部材656はソール644の後方部分の前方端と結合してソール644から内側キャビティ651へと曲がる。 The second member 656 is coupled with the front end of the rear portion of the sole 644 bends from the sole 644 to the inner cavity 651. 第一部材654および第二部材656の端部は、ソール644から離間して、頂部660において相互に結合される。 End of the first member 654 and second member 656, spaced from the sole 644, is coupled to each other at the top 660. 第二部材656の他の下側端はソール板650の前方部分と一緒になって、屈曲部652の後方部分を完成させ、これが、頂部660からゴルフクラブヘッド640の下側、かつ外側のソール表面へと伸び、屈曲部652の深さがソール板650の厚さより大きくなるようになっている。 Other lower end of the second member 656 together with the front part of the sole plate 650, to complete the rear section of the bent portion 652, which is lower, and the outer sole of the golf club head 640 from the top 660 elongation to the surface, the depth of the bent portion 652 is adapted to be larger than the thickness of the sole plate 650.

フェアウェイウッドまたはハイブリッドの実施例は一般的には地面接触表面を実現するように構築され、この実施例において、ソール644は全体としてステップ状の構造を具備し、ソール644の前方連絡部分のみが地面接触表面を形成するようになっており、地面接触表面の残りの部分はソール板650の下側表面により実現される。 Example fairway wood or hybrid are generally constructed so as to realize the ground contact surface, in this embodiment, the sole 644 comprises a step-like structure as a whole, only the front contact portion of the sole 644 is ground being adapted to form a contact surface, the remaining portion of the ground contact surface is realized by the lower surface of the sole plate 650. 好ましくは、屈曲部は長尺であり、全般的にはヒールからトウの方向に伸びる。 Preferably, the bent portion is elongated, generally extends in the direction of the toe from the heel.

さらに、この実施例、および以下の例においては、ソール板の材料を選択してゴルフクラブヘッドにおける所望の質量分布を実現し、また、材料は本体材料の他の部分より大きな、または小さな密度を有して良い。 Further, this embodiment, and in the following examples, to achieve the desired mass distribution in the golf club head by selecting the material of the sole plate, also material larger than other portions of the body material, or a small density it may have. 例えば、ソール板は、一般的には、ゴルフクラブヘッドのフェースに比較的近い屈曲部と一体であるので、フェアウェイまたはハイブリッドの実施例に対しては高密度の材料を採用してゴルフクラブヘッドの重心を低く維持することが有益であり、他方、低密度の材料はドライバの実施例において有益である。 For example, the sole plate is generally, since it is integral with the relatively close bent portion to the face of the golf club head, the golf club head employs a high-density material for the embodiment of the fairway or hybrid it is beneficial to maintain a low center of gravity, while the low density of the material is beneficial in embodiments of the driver. なぜならば、材料質量がそうでなければソール構造に集中してしまうけれども、この材料質量をゴルフクラブヘッドの周囲に分散させることができるからである。 This is because, although the material mass is concentrated in the sole structure otherwise, is because it is possible to disperse the material mass around the golf club head. ソール板の材料は好ましくはアルミニウム、チタン、マグネシウム、ジルコニウム、スチール、タングステンから選択され、またソール板は、ファスナ、ロウ付け、溶接、接着、または任意の他の適切な結合方法により、ゴルフクラブヘッド本体に結合させて良い。 Material of the sole plate is selected preferably aluminum, titanium, magnesium, zirconium, steel, tungsten, or sole plate, fasteners, brazing, welding, adhesive, or by any other suitable coupling method, the golf club head it may be coupled to the body. 1例において、フェアウェイウッドは本体の主たる部分としてチタンを用いて良く、他方、スチールまたはタングステンのソール板がチタン本体にロウ付けされる。 In one example, fairway woods may using titanium as the main portion of the body, while the sole plate of steel or tungsten is brazed to the titanium body.

他の実施例において、図45に示すように、ゴルフクラブヘッド670は図44のものと同様に構築され、もって、ゴルフクラブヘッド670は屈曲部674の一部を形成するソール板672を含み、それでいて、この実施例では、ソール板672は、ゴルフクラブヘッド670のソール676のリセス部分に収容される。 In another embodiment, as shown in FIG. 45, a golf club head 670 is constructed similar to that of FIG. 44, with the golf club head 670 includes a sole plate 672 which forms part of the bent portion 674, yet, in this embodiment, the sole plate 672 is accommodated in the recess portion of the sole 676 of the golf club head 670. ゴルフクラブヘッド670は全般的には空洞であり、クラウン678、ソール676、フェース680、スカート682、およびソール板672から構築され、これらが組合わさって内側キャビティ684を形成する空洞本体を形成する。 Golf club head 670 generally is hollow, the crown 678, the sole 676 is constructed from the face 680, the skirt 682 and the sole plate 672, form a cavity body defining an inner cavity 684 combine to.

屈曲部674は、全般的には、第一部材686、第二部材688、およびソール板672から形成される。 The bent portion 674 generally includes a first member 686, it is formed from the second member 688 and sole plates 672,. 第一部材686はソール676の前方連絡部分690の後方端に結合され、ソール676から内側キャビティ684へと曲がる。 The first member 686 is coupled to the rear end of the front contact portion 690 of the sole 676, bent from the sole 676 to the inner cavity 684. 第二部材688はソール676の後方部分の前方端と結合してソール676から内側キャビティ684へと曲がる。 The second member 688 is coupled with the front end of the rear portion of the sole 676 bends from the sole 676 to the inner cavity 684. 第一部材686および第二部材688の端部は、ソール676から離間して、頂部692において相互に結合される。 End of the first member 686 and second member 688, spaced from the sole 676, is coupled to each other at the top 692. 第二部材688の他の下側端はソール板672の前方部分と一緒になって、屈曲部674の後方部分を完成させ、これが、頂部692からゴルフクラブヘッド670の下側、かつ外側のソール表面へと伸び。 Other lower end of the second member 688 together with the front part of the sole plate 672, to complete the rear section of the bent portion 674, which is lower, and the outer sole of the golf club head 670 from the top 692 It extends to the surface.

ソール676および第二部材672は組合わさってゴルフクラブヘッド670の下側壁部にリセスを形成し、これがソール板672を収容する。 Sole 676 and second member 672 form a recess in the lower wall portion of the golf club head 670 associated therewith, which accommodates the sole plate 672. 具体的には、第二部材688の下側端が、第二部材688およびソール676の間の連結部の下に伸び、タブ689のような肩部を形成し、これが、ソール676の隣接する下側表面に下に伸びる。 Specifically, the lower end of the second member 688 extends below the connection between the second member 688 and the sole 676 to form a shoulder, such as a tab 689, which is adjacent the sole 676 extending below the lower surface. この結果、下側表面を地面接触に用いるフェアウェイウッドおよびハイブリッドの実施例において、前方連絡部分658、ソール板650、およびソール676の後方部分がゴルフクラブヘッド670の地面接触下側表面を実現する。 As a result, in the embodiment of fairway wood and hybrid using lower surface to the ground contact, the front contact portion 658, the rear portion of the sole plate 650, and the sole 676 to realize a ground-contacting lower surface of the golf club head 670.

図46を参照すると、ソール板を含む他の実施例のゴルフクラブヘッドが示される。 Referring to FIG. 46, the golf club head is shown in another embodiment that includes a sole plate. ゴルフクラブヘッド700は、ソール704に結合され、屈曲部706の一部を形成するソール板702を含む。 The golf club head 700 includes a sole plate 702 that is coupled to the sole 704, forming part of the bent portion 706. 屈曲部706は、第一部材708、第二部材710、およびソール板702の一部から構築される。 The bent portion 706, the first member 708 is constructed from a portion of the second member 710, and the sole plate 702. 第一部材708および第二部材710はゴルフクラブヘッド700の内部キャビティへと伸び、頂部712で合流する。 The first member 708 and second member 710 extends into the interior cavity of the golf club head 700, meet at apex 712. 第二部材710の下側端は第二部材710およびソール704の結合部の下に伸び、肩部、すなわち、タブ689を形成し、これが、ソール板702の肩部716と相補って係合しする。 Lower end of the second member 710 extends below the coupling portion of the second member 710 and the sole 704, the shoulder, i.e., to form a tab 689, which is engaged I complementary to a shoulder portion 716 of the sole plate 702 teeth. ソール704はステップ状の構造を有し、もって、ソール板702がゴルフクラブヘッド700の最も下側の表面を実現する。 Sole 704 has a step-like structure, with it, the sole plate 702 to realize the lowermost surface of the golf club head 700.

他の実施例において、図47に示すように、ゴルフクラブヘッド720は、ゴルフクラブヘッド720のソール726に含まれ開口724を覆い、屈曲部730の一部を形成する、ソール板722を含む。 In another embodiment, as shown in FIG. 47, a golf club head 720 covers the opening 724 is included in the sole 726 of the golf club head 720, forming part of the bent portion 730 includes a sole plate 722. 開口724は、ゴルフクラブヘッドの内側キャビティにアクセスするために、また、ソール板722を位置決めするために、および/または、ゴルフクラブヘッド720の全体の外側形状を維持したままで、ソール板722の質量を大幅に調整可能とするために採用されて良い。 Opening 724, in order to access the interior cavity of the golf club head, and in order to position the sole plate 722, and / or, while maintaining the overall outer shape of a golf club head 720, the sole plate 722 mass may be employed in order to greatly adjustable to. 例えば、ソール板722は、ソール板722の質量を増加させ、開口724および/または内側キャビティの内部に伸びる凸部728を含んで良い。 For example, the sole plate 722 increases the mass of the sole plate 722 may include a protrusion 728 extending within the opening 724 and / or inner cavity.

他の実施例において、図48に示されるように、ゴルフクラブヘッド740は、ゴルフクラブヘッド740のソール746に含まれる開口744を覆い、ゴルフクラブヘッドにウエイト部材748を結合させるためのウエイトポートを実現するソール板742を含む。 In another embodiment, as shown in FIG. 48, a golf club head 740 covers the opening 744 contained in the sole 746 of the golf club head 740, a weight port for coupling the weight member 748 to the golf club head including a sole plate 742 to achieve. 好ましくは、ウエイトポートは、ウエイトポートは、ウエイト部材748を変更し、取り外しても、ソール板742およびウエイト部材748の組み合わせの重心を変化させないように、位置づけられ、ゴルフクラブヘッド740を含むクラブのスイングウエイトを変更するより有効な機構を実現する。 Preferably, the weight ports, weights port, change the weight member 748, be removed, so as not to change the center of gravity of the combination of the sole plate 742 and the weight member 748 is positioned, the club comprising a golf club head 740 to achieve an effective mechanism than changing the swing weight. 具体的には、ソール板742はネジ穴のような実装機構を含み、これが取り外し可能なウエイト部材748に結合される。 Specifically, the sole plate 742 includes a mounting mechanism such as screw holes, which is coupled to the removable weight member 748.

他の代替的例として、ここに説明される開放屈曲部のいずれも、完全にまたは部分的にインサート、例えばインサート743により満たされて良く、こらは、高密度弾性インサートであって良い。 As another alternative example, both of the open bend described herein, fully or partially the insert, for example, may be filled by the insert 743, Hey it may be a high-density elastic insert. 例えば、タングステンのような高密度材料が高密度インサートを形成するために注入された弾性材料を、筒状の屈曲部に、または、開放スロットを含む、ここに説明される他の実施例の1つに、フェースの後方で、挿入される。 For example, an elastic material injected to high density material such as tungsten to form a dense insert, the cylindrical bent portion, or includes an open slot, in other embodiments described herein 1 One, in the rear of the face, is inserted. インサートは屈曲部に充填し、または部分点に充填してゴルフクラブヘッドの音響挙動を変更するのに使用されて良い。 Insert filled into the bent portion, or by filling the portion point may be used to change the acoustic behavior of the golf club head. 種々の密度で構築され、および/または、種々の重量分布を具備する複数のインサートを実現して、ゴルフクラブヘッドの最終的な重量および質量分布を選択して良いように、種々の質量および重量分布で屈曲部に適合するインサートを作成して良い。 It is constructed in various densities, and / or to achieve a plurality of inserts having a variety of weight distribution, as may select the final weight and weight distribution of the golf club head, a variety of mass and weight may create the insert fits the bent portion in the distribution. さらに、屈曲部は内部キャビティへと伸びる開口を含んで良く、インサートを、開口を塞ぐプラグとして使用し、内部キャビティが環境に露出されずにゴミや水がキャビティに入らないようにして良い。 Further, the bent portion may include openings extending into the interior cavity, the insert, used as a plug for closing the opening, dust or water inside the cavity is not exposed to the environment may be prevented from entering the cavity. 事例的で適切な材料は、ポリウレタン、ゴム、熱硬化性ポリマー、熱可塑性ポリマー、エポキシ、フォーム、およびネオプレンを含む。 Case suitable material include polyurethane, rubber, thermoset polymers, thermoplastic polymers, epoxy, foam, and neoprene. 選択された材料は、屈曲部と結合するように選択され、組み合わされて柔軟性を実現する硬度を有する。 The selected material is selected to bind the bent portion has a hardness to realize combined to flexibility. 好ましくは、選択された材料の硬度は一般的には30〜95のデュロメータAの範囲、または45〜85のデュロメータDの範囲である。 Preferably, the hardness of the material selected is generally in the range of Durometer D durometer range A or 45 to 85, 30 to 95.

図49を参照すると、ソール板および屈曲部を含むゴルフクラブヘッドの実施例が説明される。 Referring to FIG 49, an embodiment of a golf club head including a sole plate and the bent portion is described. ゴルフクラブヘッド750は、クラウン752、ソール754、スカート756、フェース758、およびソール板760を含む。 Golf club head 750 includes a crown 752, a sole 754, skirt 756, face 758 and a sole plate 760,. リセス762がソール754に含まれ、これがソール板760を収容し、ただし、リセス762は、ソール板760が装着されたときに、リセス760の前方壁部とソール板760の前方端の間にギャップができるような形状とされる。 Recess 762 is included in the sole 754, which houses a sole plate 760, however, recess 762, when the sole plate 760 is mounted, the gap between the forward end of the front wall and the sole plate 760 of the recess 760 it is shaped as may. この結果、ギャップが、フェース758の近くでゴルフクラブヘッドの下側部分に屈曲部766を形成する。 As a result, the gap forms a bent portion 766 in the lower portion of the golf club head near the face 758.

他の実施例において、図50に示すように、ゴルフクラブヘッド770は、組合わさって屈曲部775を形成する、ステップ状のソール772およびソール板774を含む。 In another embodiment, as shown in FIG. 50, a golf club head 770 combine to form a bent portion 775 includes a stepped sole 772 and a sole plate 774. ソール772は前面案内部分778を含み、これはフェース776から後方へソール772の遷移壁部780に向かって伸び、これが屈曲部775の前方壁部を形成する。 Sole 772 includes a front guide portion 778, which extends toward the transition wall portion 780 of the sole 772 from the face 776 to the rear, which forms a front wall of the bent portion 775. ソール板774はソール772と連結され、もって、このソール板774が遷移壁部780から離間されて屈曲部775を形成する。 Sole plate 774 is connected to the sole 772, with it, the sole plate 774 to form a bent portion 775 is spaced from the transition wall portion 780. ソール板774は遷移壁部780から後方に所望の距離だけ伸び、これの距離は点線で示される。 Sole plate 774 extends a desired distance rearward from the transition wall portion 780, which distance is indicated by a dotted line.

ゴルフクラブヘッドの他の実施例は、組合わさって屈曲部を形成する、リセス上のソールおよびソール板を含み、このゴルフクラブの一部を図51に示す。 Another embodiment of the golf club head to form the bent portion combine to comprise a sole and a sole plate on the recess, showing a portion of the golf club in FIG 51. ゴルフクラブヘッド790は、ソール板796を収容するリセス794を形成するソール792を含み、それらソールおよびソール板は組合わさって屈曲部800を形成する。 The golf club head 790 includes a sole 792 to form a recess 794 for accommodating a sole plate 796, they sole and sole plate to form a bent portion 800 combine to. 具体的には、ソール792は前方案内部分798を含み、これがゴルフクラブヘッドのフェース802と遷移壁部804との間で伸び、遷移壁部804は前方あんなイブ798から内側に延びてリセス794の一部を形成する。 Specifically, the sole 792 includes a front guide portion 798, which extends between the face 802 and the transition wall portion 804 of the golf club head, the transition wall portion 804 of the recess 794 extending from the front Anna Eve 798 inwardly to form a part. ソール板796はリセス794に収容され、ソール792に結合され、もって、ソール板796の前方部が案内部分798から離間され、全般的にV形状のギャップが屈曲部800に形成される。 Sole plate 796 is accommodated in the recess 794, is coupled to the sole 792, with it, the front portion of the sole plate 796 is spaced from the guide portion 798, a gap of generally V shape is formed in the bent portion 800.

図52を参照すると、実施例のゴルフクラブヘッド810は屈曲部812および屈曲部調整機構を含む。 Referring to FIG. 52, the golf club head 810 of the embodiment includes a bend 812 and the bent portion adjusting mechanism. ゴルフクラブヘッド810は、クラウン814、ソール816、スカート818、及びボール打撃表面を形成するフェース820を含む。 Golf club head 810 includes a crown 814, a sole 816, skirt 818 and the face 820 for forming the ball striking surface,. ソール816は前面案内部分824を含み、この前面案内部分824がフェース820から屈曲部812の前面壁部826へと後方に伸びる。 Sole 816 includes a front guide portion 824, the front guide portion 824 extending rearwardly from the face 820 to the front wall portion 826 of the bent portion 812. 前面壁部826は頂部830において後方壁部828と結合して屈曲部812を形成する。 Front wall portion 826 forms a bent portion 812 bonded to the rear wall portion 828 at the top 830. ソール816の後方部分は後方壁部828から後方へ伸びソール816の残りの部分を形成する。 Rear portion of the sole 816 to form the remainder of the sole 816 extends from the rear wall 828 to the rear. 図示のとおり、ソール816の後方部分は厚さを変化させて良く、たとえば、隔離部分834により屈曲部812から後方に離間させた肉厚部分832を含んで厚さを変化させて良い。 As shown, the rear portion of the sole 816 may be varied thickness, for example, may be varied thickness include thick portion 832 is separated from the bent portion 812 to the rear by the isolated portion 834.

屈曲部812は長尺でありヒールからトウの方向に伸び、ソール816において外側溝を形成する。 The bent portion 812 extends in the direction of the toe from the heel is elongated to form an outer groove in the sole 816. 案内部分824、前面壁部826、頂部830、後方壁部828、および隔離部分834の厚さを選択して、ゴルフボールの衝突時に所望の振動周波数になるように屈曲部812を調整する。 Guiding portion 824, the front wall portion 826, top portion 830, by selecting the thickness of the rear wall portion 828, and the isolated portion 834 adjusts the bent portion 812 to a desired oscillation frequency when the golf ball impact. 厚さt1〜t7は特別の関係を有するように定義され、もって、案内部分824が、フェースに隣接する第1の厚さt1から前面壁部826に隣接する第2の厚さt2へと遷移する。 The thickness t1~t7 is defined to have a special relationship, with, the transition guide portion 824, from a first thickness t1 adjacent the face to the second thickness t2 adjacent the front wall portion 826 to. 前面壁部826は、その厚さを、案内部分824と結合する部分の約t2から中央厚さt3へと変化させ、さらに頂部830の厚さt4とほぼ等しい厚さへと変化させる。 Front wall portion 826, its thickness, varying from about t2 of the portion that binds to the guide portion 824 to the central thickness t3, is further changed to approximately equal to the thickness t4 of the top 830. 同様に、後方壁部828は、その厚さを、それが頂部830と結合する位置の約t4から中央部分の厚さt5へと変化させ、さらに、隔離部分834の厚さt6とほぼ等しい厚さへと変化させる。 Similarly, the rear wall portion 828, its thickness, it is changed from about t4 position to bind with the top 830 to the thickness t5 of the central portion, further thickness substantially equal to the thickness t6 of the isolated portion 834 to the changing of. 隔離部分834の後方では、ソール816の厚さは、隔離部分の厚さt6から厚さt7へと変化する。 The rear of the isolated portion 834, the thickness of the sole 816 is changed to a thickness t7 thick t6 isolated portion.

上述のとおり、屈曲部をソールに配置した、この発明のゴルフクラブヘッドでは柔軟性が付加されるので、理想的な衝撃位置より下に位置決めされるボール衝撃に対してバックスピンを減少させる。 As described above, the bent portion is arranged in the sole, so flexibility in the golf club head is added in the present invention reduces the backspin against ball impact is positioned below the ideal impact location. バックスピンが減少するので、ゴルフクラブヘッドのボール打撃表面の曲率は、理想的な衝撃位置の上下で異なり、ゴルフボールの打ち上げがバックスピンの減少に適合化されて良い。 Since the back spin is reduced, the curvature of the ball striking surface of the golf club head is different above and below the ideal impact position, the launch of the golf ball may be adapted to the reduction of back spin. ゴルフクラブヘッドのフェースのトップエッジおよびゴルフクラブのリーディングエッジの間のボール打撃表面の曲率はフェースの「ロール」として定義される。 Curvature of the ball striking surface between the face top edge and the golf club leading edge of the golf club head is defined as the "role" of the face. この発明のゴルフクラブヘッドでは、好ましくは、理想的な衝撃位置より上のロール半径は理想的な衝撃位置より下のロール半径と異なる。 In the golf club head of the present invention, preferably, roll radius above the ideal impact position is different from the ideal shock under roll radius from the position. 代替的には、ゴルフクラブヘッドの幾何的なフェース中心より上のロール半径は、ゴルフクラブヘッドの幾何的なフェース中心より下のロール半径と異なる。 Alternatively, roll radius above the geometric face center of the golf club head is different from the roll radius below the geometric face center of the golf club head. さらに代替的には、ゴルフクラブヘッドのフェースの上側2/3のロール半径はフェースの下側1/3のロール半径と異なる。 More alternatively, the roll radius of the upper 2/3 of the face of the golf club head is different from the roll radius of the lower third of the face. 好ましくは、屈曲部に近い、ボール打撃表面の部分のロール半径は、屈曲部から遠いフェースの部分より大きく、もって、屈曲部に近いボール打撃表面の部分は、他の部分よりより平坦になっている。 Preferably, close to the bent portion, the roll radius of the portion of the ball striking surface is greater than the portion of the far face from the bent portion, with the portion of the ball striking surface close to the bent portion becomes flatter than the other portion there. 例えば、ゴルフクラブヘッド810において、屈曲部812はゴルフクラブヘッドの下側表面に位置し、ボール打撃表面の、理想的な衝撃位置より下の部分のロール半径R1は、理想的な衝撃位置より上の、ボール打撃表面の部分のロール半径R2より大きい。 For example, in a golf club head 810, the bent portion 812 is located below the surface of the golf club head, the ball striking surface, roll radius R1 of the portion below the ideal impact position, above the ideal impact location of, roll larger than the radius R2 of the portion of the ball striking surface. 好ましくは、屈曲部の近くのボール打撃表面の部分のロール半径は約12.0インチより大きく、より好ましくは12.5インチより大きい。 Preferably, roll radius portions near the ball striking surface of the bent portion is greater than about 12.0 inches, more preferably greater than 12.5 inches.

同様に、フェースのヒールおよびトウの間のゴルフクラブのボール打撃表面の曲率はフェースの「バルジ」として定義される。 Similarly, the curvature of the ball striking surface of golf club between the heel and toe of the face is defined as the "bulge" of the face. この発明のゴルフクラブヘッドは、ゴルフクラブヘッドのスカートへと伸びる屈曲部を含み、芯から外れた打撃に対して打撃されたゴルフボールのサイドスピンは同様に減少し、したがって、スカートに屈曲部を持たないゴルフクラブヘッドに較べて大きいバルジ半径を有する。 The golf club head of the invention comprises a bent portion extending into the skirt of the golf club head, the side spin of the golf ball hit against hit deviated from the core decreases as well, therefore, the bent portion to the skirt has a larger bulge radius compared to the golf club head that does not have. バルジ半径が大きいとフェースがより平坦になり、芯から外れた打撃に対して傾きを減少させて、ゴルフクラブヘッドとボールとの間のより効率的なエネルギー伝達を実現し、もって、ゴルフクラブフェースのホットスポット面積を増大させる。 Bulge radius and face becomes flatter larger, to reduce the inclination to blow off from the core, to achieve a more efficient energy transfer between the golf club head and the ball, with a golf club face increase the hot spot area. 好ましくは、ゴルフクラブヘッドのスカートにおいて最も屈曲部に近いボール打撃表面の部分のバルジ半径は約12.0インチより大きく、より好ましくは12.5インチより大きい。 Preferably, most bulge radius portion of the ball striking surface close to the bent portion is greater than about 12.0 inches at the skirt of the golf club head, and more preferably greater than 12.5 inches.

厚さ遷移の代替的な実施例が図52〜図54に示される。 Alternative embodiments of the thickness transition is illustrated in FIGS. 52 to 54. ここで採用される厚さ関係は、屈曲部と、屈曲部に隣接するゴルフクラブヘッドの部分とを通じた所望の屈曲分布を実現するために使用される。 The thickness relationship employed herein is used for implementing a bent portion, the desired bending profile through the portion of the golf club head that is adjacent to the bent portion. 図52に示される実施例において、案内部分の厚さt1およびt2は、最小フェース厚さの少なくとも50%であり、より好ましくは最小フェース厚さの少なくとも60%であり、また、好ましくは厚さt1はt2より大きい(t1>t2)。 In the embodiment shown in FIG. 52, the thickness t1 and t2 of the guide portion is at least 50% of the minimum face thickness, more preferably at least 60% of the minimum face thickness, also preferably thick t1 is greater than t2 (t1> t2). さらに、屈曲部の前面壁部の厚さt3と後方壁部の厚さt5は40%未満だけ異なり、より好ましくは30%未満だけ異なり、さらに好ましくは20%未満だけ異なる。 Furthermore, unlike by the thickness t5 is less than 40% of the thickness t3 and the rear wall portion of the front wall portion of the bent portion differ by more preferably less than 30%, more preferably differ by less than 20%. さらに、屈曲部の前面壁部の厚さt3および後方壁部の厚さt5は好ましくはフェースの最小厚さの90%より小さく、また、屈曲部のこれた壁部の厚さは好ましくは案内部分の厚さt1、t2より小さいか、または等しい。 Furthermore, the thickness t5 of the thickness t3, and the rear wall portion of the front wall portion of the bent portion is preferably less than 90% of the minimum thickness of the face, also, the thickness of this wall portion of the bent portion preferably guides the thickness of the portion t1, t2 less than or equal to. 屈曲部の頂部の厚さは好ましくは屈曲部の前面壁部の厚さt3および後方壁部の厚さt5の最小厚さより大きいか、等しい。 Or the thickness of the top portion of the bent portion is preferably greater than the minimum thickness of the thickness t5 of the thickness t3, and the rear wall portion of the front wall portion of the bent portion is equal. さらに、頂部の厚さt4は好ましくは前方壁部の厚さt3および後方壁部の厚さt5の中の大きい方の30%の範囲内であり、より好ましくはこれら厚さの大きい方の15%の範囲内である。 Further, the thickness t4 is preferably the top is in the larger range of 30% in the thickness t5 of the thickness t3, and the rear wall portion of the front wall, and more preferably of greater These thicknesses 15 % is within the range of.

屈曲部の後方壁部から30.0mmの範囲内のソールの部分の厚さが屈曲部の前面壁部の前の案内部分の厚さより大きければ、屈曲部の後方壁部に隣接するソールの厚さは、好ましくは薄くされる。 If the thickness of the portion of the sole in the range of 30.0mm from the rear wall portion of the bent portion is larger than the thickness of the guide portion of the front of the front wall portion of the bent portion, the thickness of the sole adjacent to the rear wall portion of the bent portion is is preferably thin. 例えば、ソールの厚さt7が屈曲部の後方壁部から30.0mmの範囲内において案内部分の最小厚さより大きければ、屈曲部の直後のソールの部分の厚さは、好ましくは、案内部分の最小厚さより薄く、かつ、最小フェース厚さより薄い。 For example, if the thickness t7 of the sole is greater than the minimum thickness of the guide portion in the range of 30.0mm from the rear wall portion of the bent portion, the thickness of the portion immediately of the sole of the bent portion is preferably the guide portion thinner than the minimum thickness, and thinner than the minimum face thickness. 好ましくは、厚さt6は最小フェース厚さの60%より薄く、より好ましくは最小フェース厚さの50%より薄い。 Preferably, the thickness t6 is thinner than 60% of the minimum face thickness, more preferably less than 50% of the minimum face thickness.

他の実施例において、図53に示すように、案内部分はその長さLに渡って厚さを変化させる部分を含むように変更される。 In another embodiment, as shown in FIG. 53, the guide portion is changed so as to include a portion to vary the thickness over its length L. 先に説明した屈曲部およびソールの他の部分の厚さに関する関係は先の実施例と同様であり、繰り返さない。 Bent section described above and the relationship regarding the thickness of the other portion of the sole is the same as the previous embodiment will not be repeated. 案内部分において、その長さLの少なくとも60%に渡って厚さがほど一定であり、より好ましくは、案内部分の長さLの少なくとも70%に渡ってほぼ一定である。 In the guide portion, a uniform thickness over at least 60% of its length L is about, more preferably, is substantially constant over at least 70% of the length L of the guiding portion. さらに、案内部分の最大厚さは、ゴルフクラブヘッドのフェースの近くであり、屈曲部の前面壁部の近くではない。 In addition, the maximum thickness of the guide portion is close to the face of the golf club head, not in the vicinity of the front wall of the bent portion. 最大厚さは、全般的には厚さt1の部分にあり、最小厚さは全般的には厚さt2の部分にあり、これは図53に示すとおりである。 The maximum thickness is generally is in the portion of the thickness t1, the minimum thickness is generally is in the portion of the thickness t2, which is shown in Figure 53. 好ましくは、案内部分の最小厚さはゴルフクラブヘッドのソールの最小厚さより大きいか等しい。 Preferably, the minimum thickness of the guide portion is greater than or equal to the minimum thickness of the sole of the golf club head. 案内部分の最小厚さは好ましくは案内部分の最大厚さの70%より小さく、より好ましくは案内部分の最大厚さの60%より小さい。 The minimum thickness of the guide portion is preferably less than 70% of the maximum thickness of the guiding portion, more preferably less than 60% of the maximum thickness of the guide portion.

他の実施例にお手、図54に示すように、案内部分はその長さLに渡って厚さを変化させる部分を含むように変更され、図説のように、頂部の厚さが前面非基部の最小厚さt3および後方壁部の厚さt5より厚く、屈曲部の後方のソールの厚さは図説のとおりほぼ一定であり、全般的には案内部分の最大厚さより小さい。 Contact hand to another embodiment, as shown in FIG. 54, the guide portion is changed so as to include a portion to vary the thickness over its length L, a way of Illustrated, the thickness of the top portion front non greater than the thickness t5 of the minimum thickness t3 and the rear wall portion of the base portion, the thickness of the rear of the sole of the bent portion is substantially constant as Illustrated generally is less than the maximum thickness of the guide portion. この実施例において、案内部分の厚さは、フェースの隣接部から屈曲部の前面壁部に向かう全体として線形なテーパである。 In this embodiment, the thickness of the guide portion is a linear taper as a whole extending from the adjacent portion of the face in the front wall portion of the bent portion. この線形なテーパまたは厚さの線形な減少は、好ましくは約4%より大きく(すなわち、10.0mmの長さに渡って0.4mmの厚さの減少)、より好ましくは、フェースの隣接部から屈曲部へ約5%より大きい。 Linear decrease in the linear taper or thickness is preferably greater than about 4% (i.e., reduction in the thickness of 0.4mm over a length of 10.0 mm), more preferably, the face of the adjacent section greater than about 5 percent to the bent portion from. この実施例において、屈曲部の後方壁部に連接するソールの部分の厚さt6、および、屈曲部からさらに後方のソールの部分の厚さt7は、案内部分の最大厚さとほぼ等しいか、薄い。 In this embodiment, the thickness t6 of the portion of the sole which connects the rear wall portion of the bent portion, and the thickness t7 of the portion of the further rear of the sole from the bent portion is either substantially equal to the maximum thickness of the guide portion, the thin .

フェアウェイウッドおよびハイブリッドタイプのゴルフクラブヘッドの場合にように、ロフト角が約13°〜30°の範囲である、この発明に従うゴルフクラブヘッドの実施例において、厚さは全般的には以下のとおりである。 As in the case of the fairway wood and hybrid type golf club head, the loft angle is in the range of about 13 ° to 30 °, in the embodiment of a golf club head according to the present invention, generally to the following thickness it is. t1/1.4〜2.0mm;t2/1.2〜1.6mm;t3/1.2〜1.7mm;t4/1.2〜2.0mm;t5/1.2〜1.7mm;t6/0.6〜1.2mm;およびt7/0.6〜4.0mmである。 t1 / 1.4~2.0mm; t2 / 1.2~1.6mm; t3 / 1.2~1.7mm; t4 / 1.2~2.0mm; t5 / 1.2~1.7mm; a and t7 / 0.6~4.0mm; t6 / 0.6~1.2mm. 同様に、ドライバータイプのゴルフクラブヘッドの場合にように、ロフト角が約6°〜12°の範囲である、この発明に従うゴルフクラブヘッドの実施例において、厚さは全般的には以下のとおりである。 Similarly, as in the case of a driver type golf club head, the loft angle is in the range of about 6 ° to 12 °, in the embodiment of a golf club head according to the present invention, generally to the following thickness it is. t1/1.4〜2.0mm;t2/0.6〜1.6mm;t3/0.5〜1.7mm;t4/0.5〜2.0mm;t5/0.5〜1.7mm;t6/0.5〜1.2mm;およびt7/0.5〜3.0mmである。 t1 / 1.4~2.0mm; t2 / 0.6~1.6mm; t3 / 0.5~1.7mm; t4 / 0.5~2.0mm; t5 / 0.5~1.7mm; a and t7 / 0.5~3.0mm; t6 / 0.5~1.2mm.

ここで、図55および図56を参照すると、ゴルフクラブヘッド840は屈曲部842を含み、この屈曲部842が少なくとも部分的に取り外し可能部材844に覆われている。 Referring now to FIGS. 55 and 56, a golf club head 840 includes a bend 842, the bent portion 842 is covered at least partially detachable member 844. ゴルフクラブヘッド840はクラウン846、ソール848、スカート850、ボール打撃表面を形成するフェース852、および、組付けられたゴルフクラブにおいては長尺のゴルフクラブシャフトおよびグリップの結合されるホーゼル856を含む。 Golf club head 840 crown 846, a sole 848, skirt 850, face 852 to form a ball striking surface, and, in the golf club that has been assembled including a hosel 856 that is coupled to a golf club shaft and the grip of the long.

屈曲部842はソール848の前方部分、全般的にはフェース852に隣接して位置づけられ、取り外し可能部材844用の実装部分を含む。 Forward portion of the bent portion 842 sole 848 generally is positioned adjacent to the face 852, including mounting portions for detachable member 844. 屈曲部842は、前面壁部858を含み、これが頂部862において後方壁部860と結合する。 The bent portion 842 includes a front wall portion 858, which is coupled with the rear wall portion 860 at the top 862. マウント864は、後退した支持部分866を含み、この支持部分866が取り外し可能部材864を収容し、取り外し可能部材844の下側表面がソール848の隣接外部表面に較べて面一になり、または後退するように、取り外し可能部材844を位置づける。 Mount 864 includes a support portion 866 retracted, the support portion 866 houses a removable member 864, the lower surface of the removable member 844 becomes flush compared to the adjacent outer surface of the sole 848, or retracted to so position the detachable member 844. 結合機構868が含まれて、もって、取り外し可能部材864がゴルフクラブヘッド840に取り外し可能に結合できるようになす。 Contains binding mechanism 868, it has been, is detachable member 864 formed so as to be removably coupled to a golf club head 840. 例えば、結合機構868は、ネジ穴であり、取り外し可能部材844は重み付けされたソール板であり、これがネジファスナを用いてネジ穴に結合される。 For example, binding mechanism 868 is threaded hole, removable member 844 is a sole plate which is weighted, which is coupled to the screw hole with Nejifasuna.

取り外し可能部材844は、後退したマウント864内に丁度入るような寸法とされ、屈曲部842の前面壁部858から離間されてギャップ870を形成するようになっている。 The removable member 844 is exactly enter such dimensions within mount 864 retracted, so as to form a gap 870 is spaced from the front wall portion 858 of the bent portion 842. ギャップ870は屈曲部842への開口を形成し、この開口が、取り外し可能部材844および屈曲部により形成されるキャビティ872への経路を形成する。 Gap 870 forms an opening to the bent portion 842, the opening forms a path into the cavity 872 formed by a removable member 844 and the bent portion. ギャップ870は空間を形成し、もって、ゴルフボールとの衝撃の間、屈曲部842が屈曲可能なようになし、また、ギャップ870は、前面壁部858が取り外し可能部材844に対して前後方向に移動可能なようにしている。 Gap 870 forms a space, with, between the impact with the golf ball, no such bent portion 842 is bendable and the gap 870, in the longitudinal direction relative to the front wall portion 858 is detachable member 844 so that can be moved.

図57を参照すると、ゴルフクラブヘッド880は、屈曲部882を含み、この屈曲部882が取り外し可能部材884のマウントおよび交換可能なシャフトシステム886と交差する。 Referring to FIG. 57, a golf club head 880 includes a bend 882, the bent portion 882 crosses the mount and interchangeable shaft system 886 of the removable member 884. この実施例において、ゴルフクラブヘッド880は空洞本体構造を含み、これはクラウン、ソール888、スカート、およびホーゼル894によって形成される。 In this embodiment, a golf club head 880 includes a cavity body structure, which crown is formed by a sole 888, a skirt, and a hosel 894. ゴルフクラブヘッド880は、ウエイト部材のような取り外し可能部材884を含み、ソール888の一部がウエイト部材用の実装機構を含む。 The golf club head 880 includes a removable member 884, such as a weight member, a portion of the sole 888 includes a mounting mechanism for the weight member. この実施例において、実装機構は全般的に筒状のレシーバ892を含み、これが、ソール888の外側表面からゴルフクラブヘッド880の内部へと伸びる。 In this embodiment, mounting mechanism includes a generally cylindrical receiver 892, which extend from the outer surface of the sole 888 to the interior of the golf club head 880.

ゴルフクラブヘッド880は、屈曲部882も含み、これが、ソール888の前方部分を横切ってヒールからトウの方向に伸びる。 Golf club head 880 also includes bent portion 882, which extends in the direction of the toe from the heel across the forward portion of the sole 888. 屈曲部882はここに説明した他の実施例に関連して説明した具体的な構造のうちの任意の構造を伴って良い。 The bent portion 882 may involve any structure of concrete structure as described in relation to other embodiments described herein.

ゴルフクラブヘッド880は交換可能なシャフトシステム886を含み、これが、ソール側からヘッドと係合するファスナ894を含む。 The golf club head 880 includes an interchangeable shaft system 886, which includes a fastener 894 to the head engaging the sole side. アクセス穴896が設けられ、これがファスナ894を収容し、ソール888からホーゼル890へと伸びる。 Access hole 896 is provided, which accommodates the fastener 894 extends from the sole 888 to the hosel 890.

レシーバ892、屈曲部882、およびアクセス穴896からなるソール構造体は交差して、もって、この構造が共通部分によって形成されるようになす。 Receiver 892, the sole structure comprising the bent part 882 and access hole 896, is crossed, with, eggplant so this structure is formed by the intersection. 具体的には、レシーバ892の側壁が屈曲部882の側壁と交差し、もって、構造体がゴルフクラブヘッド880のトウ部分において結合される。 Specifically, the side wall of the receiver 892 crosses the side wall of the bent portion 882, with the structure are combined in the toe portion of the golf club head 880. 同様に、ホーゼル890のアクセス穴896の側壁が屈曲部882の側壁と交差して、もって、構造体がゴルフクラブヘッド880のヒール部分において結合される。 Similarly, the side wall of the access hole 896 of the hosel 890 intersects the side wall of the bent portion 882, have been, structures are combined in a heel portion of the golf club head 880. レシーバ892、屈曲部882、およびアクセス穴896からなるソール構造体は、構造体を結合することにより、余分な構造にもっぱら必要となる質量を減少させる。 Receiver 892, the sole structure comprising the bent part 882 and access hole 896, by binding the structure, reducing the mass to be exclusively required extra structure.

ゴルフクラブヘッドの物理的な特性は、全般的には、ゴルフクラブヘッドの衝撃時に必要な挙動を実現するように制御される。 The physical properties of the golf club head is generally is controlled so that the behavior required for an impact of the golf club head. メタルウッドゴルフクラブヘッドにおいて、質量分布は、重心を所望の位置となし、所望の慣性モーメントを実現するように制御される。 In the metal wood golf club head, the mass distribution, without the center of gravity to a desired position is controlled so as to achieve a desired moment of inertia. 図58〜図60に図説されるように、ゴルフクラブヘッドの重心は、ゴルフクラブヘッドの任意個数の機構を、寸法上、関係付けられて良い。 As Illustrated in FIG. 58 to FIG. 60, the center of gravity of the golf club head, the mechanism of any number of golf club heads, the dimensions, may be implicated. この発明のゴルフクラブの所望の寸法範囲は、以下の表に示され、ここで括弧により括られて示される負の値は、参照機構に対する方向を示す(例えば、fcはフェース、gは地面)。 Desired size range of the golf club of the present invention is shown in the following table, where negative values ​​enclosed is shown with a parenthesis indicates a direction with respect to the reference system (e.g., fc is the face, g is the ground) .

この発明の屈曲部は、また、ゴルフクラブヘッドの重心の位置に応じた寸法とされ、もって所望の挙動を実現する。 The bent portion of the invention can also be sized according to the position of the center of gravity of the golf club head, has been to achieve a desired behavior. 幅W、高さH、およびボール打撃表面までの距離Dは、ここで説明される全ての実施例において、図1および図4に図説されるように測定されることにも留意されたい。 Width W, the distance D to the height H, and the ball striking surface, in all of the embodiments described herein, should also be noted that being measured as Illustrated in FIGS. 1 and 4. 好ましくは、ボール打撃表面から屈曲部への距離Dは、30.0mmより小さいか、等しく、より好ましくは、20.0mmより小さいか、等しく、最も好ましくは、5.00mmおよび20.00mmの間である。 Preferably, the distance D from the ball striking surface to bend, or 30.0mm smaller, equal, more preferably, either 20.0mm smaller, equal, and most preferably, between 5.00mm and 20.00mm it is. さらに、距離Dは、好ましくは、CG−Z−fcの距離の20%および50%の間であり、より好ましくは、CG−Z−fcの距離の25%および45%の間である。 Further, the distance D is preferably between 20% of the distance CG-Z-fc and 50%, more preferably between 25% of the distance CG-Z-fc and 45%. さらに、屈曲部の高さおよび幅の合計は、好ましくは、CG−Y−gの距離の+/−30%内であり、より好ましくは、CG−Y−gの距離の+/−20%内である。 Moreover, the total height and width of the bent portion is preferably a +/- 30% of the distance CG-Y-g, and more preferably, the distance of CG-Y-g +/- 20% is an internal.

この発明の屈曲部により実現されるバックスピンの削減は、質量分布の柔軟性を付与しゴルフクラブヘッドの慣性モーメントを増加させる。 Reduction of backspin realized by bent portions of the present invention is to impart flexibility of mass distribution increases the moment of inertia of the golf club head. 具体的には、この発明の屈曲部をゴルフクラブヘッドのソールに組み込むと、重心が低く、屈曲部無しのゴルフクラブヘッドの打ち上げ条件をエミュレートするボールインパクトを実現する。 Specifically, incorporation of the bent portion of the present invention the sole of the golf club head, the center of gravity is low, to realize a ball impact to emulate launch conditions of the golf club head without the bent portion. 分析によれば、この発明の屈曲部を組み込むと、屈曲部無しのゴルフクラブの重心をほぼ3.0mmだけ低くした場合と同一の効果が得られた。 According to analysis, the incorporation of the bent portion of the present invention, the same effect as if the center of gravity of the golf club without the bent portion is almost 3.0mm as low were obtained. ただし、重心を低くするには、ゴルフクラブヘッドにおいて質量をより低く配置する必要があり、ゴルフクラブヘッドの形状の制約ゆえに、慣性モーメントを増大させるために周囲に配置可能な質量が制約される。 However, to lower the center of gravity, it is necessary to place lower mass at the golf club head, the constraints because of the shape of a golf club head, positionable mass is constrained around in order to increase the moment of inertia. したがって、この発明の屈曲部を採用して重心がより低いゴルフクラブヘッドの挙動を実現し、その上で、付加的な質量をゴルフクラブヘッドの周囲に配置して慣性モーメントを増大させ、重心を後方に移動させることができる。 Therefore, to achieve adopted by the behavior of the lower golf club head center of gravity of the bent portion of the present invention, thereon, to increase the moment of inertia of the additional mass disposed on the periphery of the golf club head, the center of gravity it can be moved backward.

上述のとおり、この発明の屈曲部は、ゴルフクラブヘッドの一部において局所的に剛性を小さくする。 As described above, the bent portion of the invention, to reduce the local rigidity in some of the golf club head. 一般的に、屈曲部の形状、および/または断面厚さを変更して、および/または、屈曲部の各部の材料を選択する等、屈曲部の幾何形状を選択して、剛性を小さくすることができる。 Generally, the shape of the bent portion, and / or cross-section by changing the thickness and / or the like to select a material of each part of the bent portion, by selecting the geometry of the bent portion, reducing the stiffness can. 小さな剛性を実現するために選択してよい材料には低ヤング率ベータ(β)、または準βベータ(near β)、チタン合金が含まれる。 The materials that may be selected to achieve a small rigidity low Young's modulus beta (beta), or semi-beta beta (near β), include titanium alloys.

ベータチタン合金は比較的小さなヤング率の材料を実現するので、このベータチタン合金が好ましい。 Since beta titanium alloy to realize a relatively small Young's modulus material, the beta titanium alloy. 周囲で支持された板の偏向は印加ストレスの下で板の剛性の関数である。 Deflection of the supported plate at ambient is a function of the stiffness of the plate under an applied stress. 板の剛性はヤング率および厚さの立方(すなわちt )に直接に比例する。 Stiffness of the plate is directly proportional to the Young's modulus and thickness of the cubic (i.e. t 3). したがって、同一の厚さでヤング率が異なる2つの材料サンプルを比較すると、ヤング利率が小さい材料は同一の力を加えた場合より多く偏向する。 Therefore, the Young's modulus of the same thickness comparing two materials different samples, materials Young rate is small to increase deflection than plus same force. 材料が弾性的に振る舞い、蓄積されたエネルギが印加ストレス解除後すぐに開放される限り、板に蓄積されたエネルギは板の偏向に直接に比例する。 Material behaves elastically, unless stored energy is released immediately after application stress release, the energy stored in the plate is directly proportional to the deflection of the plate. したがって、より変更してその結果より弾性エネルギを蓄積する材料を使用することが望まれる。 Therefore, it is desirable to use a material for storing elastic energy than the results in more changes.

屈曲部の構造は一般的には材料をゴルフクラブのキャビティに伸ばすことになり、屈曲部がゴルフクラブヘッドのソールまたはクラウンに位置づけられるときには一般的にはCGを上昇させる。 Structure of the bent portion is generally results in stretching the material to a golf club of the cavity, typically raising the CG when the bent portion is positioned in the sole or crown of the golf club head. CGの高さの上昇は、屈曲部がクラウンに含まれる場合に、より重要である。 Increase in the height of the CG, when the bent portion is included in the crown, it is more important. 好ましくは、クラウン屈曲部を採用する実施例において、屈曲部の後方のクラウンの部分は屈曲部の前方のクラウンの部分に較べて低くなるようにし、ゴルフクラブヘッドの全体のCGが下げられるようになす。 Preferably, in embodiments employing a crown bent portion, the rear of the crown portion of the bent portion is set to be lower than in front of the crown portion of the bent portion, so that the entire CG of the golf club head is lowered eggplant. 具体的には、クラウン屈曲部の前方端の高さをクラウン屈曲部の後方端の高さより高くする。 Specifically, increasing the height of the forward end of the crown bent portion than the height of the rear end of the crown bend. 好ましくは、高さの差異は1.0mmより大きく、より好ましくは2.0mmより大きく、また、地面からの最大高さを伴うクラウンの位置は、ゴルフクラブヘッドのフェースおよび屈曲部の間である。 Preferably, the difference in height is greater than 1.0 mm, more preferably greater than 2.0 mm, also, the position of the crown with a maximum height from the ground is between the face and the bent portion of the golf club head .

先の実施例に示すように、ゴルフクラブヘッドは、屈曲部に加えて、1またはそれ以上の、取り外し可能なウエイト用の実装機構を具備して行使腐れてゴルフクラブヘッドの全体の重量、および/または重心の位置を変化させるようにして良い。 As shown in the previous embodiment, a golf club head, in addition to the bent portion, one or more of the overall weight of rot exercise comprises a mounting mechanism for removable weights golf club head, and / or it may be so as to change the position of the center of gravity. 実施例において、そのソールに屈曲部を有するゴルフクラブヘッドのCG−C−saの値はシャフト軸の後方18.0mmより大きく、好ましくは、CG−Z−fcの値はフェース中心の後方33.0mmより大きく、および/または、ゴルフクラブヘッドのY−軸の回りの慣性モーメントの値は少なくとも450kg−mm である。 In embodiments, greater than the rear 18.0mm of CG-C-sa values ​​shaft axis of the golf club head having a bent portion at its sole, preferably, CG-Z-fc values ​​face center of the rear 33. greater than 0 mm, and / or the value of the moment of inertia about Y- axis of the golf club head is at least 450 kg-mm 2. さらに、ゴルフクラブヘッドは少なくとも1つのウエイト実装機構および少なくとも1つの取り外し可能なウエイトを具備し、これによりゴルフクラブヘッドのCGを一の方向に少なくとも2.0mm変更させることができる。 Furthermore, the golf club head is provided with at least one weight mounting mechanism and at least one removable weight, thereby making it possible to at least 2.0mm change in one direction the CG of the golf club head.

さらに、衝突後にフェースから離れたときのゴルフボール速度を最大にするために、ゴルフクラブフェースの振動周波数をゴルフボールの振動周波数に合致させることが好ましい。 Furthermore, in order to maximize the golf ball speed when away from the face after a collision, it is preferable to match the oscillation frequency of the golf club face to the vibration frequency of the golf ball. フェースの振動周波数は、材料のヤング率およびポアソン比、およびフェース幾何形状のようなフェースパラメータに左右される。 Oscillation frequency of the face, the Young's modulus and Poisson's ratio of the material, and depends on the face parameters, such as the face geometry. アルファ−ベータ(α−β)Ti合金は典型的には105〜120GPaの範囲の率(係数)を有する。 Alpha - beta (α-β) Ti alloys typically have a ratio in the range of 105~120GPa (coefficient). 他方、現行のβ−Ti合金は48〜100GPaの範囲のヤング率を有する。 On the other hand, the current beta-Ti alloy has a Young's modulus in the range of 48~100GPa.

ゴルフクラブヘッドの材料選定にはゴルフボールとの多くの衝突に対するゴルフクラブヘッドの耐久性も考慮しなければならない。 The material selection of the golf club head must take into account the durability of the golf club head for a number of collision with a golf ball. この結果、フェースの疲労寿命を考慮しなくてはならず、そして、この疲労寿命は選択材料の強度に左右される。 As a result, not be taken into account the fatigue life of the face, and this fatigue life is dependent on the strength of the selected material. したがって、ゴルフクラブヘッド用には、フェース衝突から最大ボール速度を実現し、受容可能な疲労寿命を実現するのに適した強度をもたらす材料を選択しなければならない。 Therefore, the golf club head, to achieve the maximum ball speed from the face collision, must be selected materials that provide strength suitable to achieve acceptable fatigue life.

β−Ti合金は一般的には低ヤング率を実現するけれども、通常は低材料強度を伴う。 Though beta-Ti alloy is generally to achieve a low Young's modulus, typically with low material strength. β−Ti合金は一般的には加熱処理して剛性を大きくすることが可能であるけれども、加熱処理は一般的にはヤング率の増大をももたらす。 Though beta-Ti alloy is generally possible to increase the rigidity and heat treatment, heat treatment is generally also leads to an increase in Young's modulus. しかしながら、β−Ti合金は冷間加工して顕著なヤング率の増加を伴うことなく強度を増大させることができ、また、合金は一般的には体心立方結晶構造を有するので一般的には広範に冷間加工することが可能である。 However, beta-Ti alloy can increase the strength without significant increase in Young's modulus and cold working, also, generally because alloys generally have a body-centered cubic crystal structure it is possible to extensively cold worked.

好ましくは、約900〜1200MPaの範囲の強度で約48〜100GPaの範囲のヤング率を有する材料がゴルフクラブヘッドの各部のために採用される。 Preferably, a material having a Young's modulus in the range of about 48~100GPa in strength in the range of about 900~1200MPa is employed for each part of the golf club head. 例えば、そのような材料を、ゴルフクラブヘッドのフェース、および/または、屈曲部、および/または屈曲部カバーに使用することが好ましいであろう。 For example, such materials, the golf club head face, and / or bent portions, and / or it may be preferred to use the bent cover. このような範囲の特性を伴う材料は、一般的にはゴムメタル(Gum Metal)と呼ばれているチタン合金を含む。 Material with the characteristics of this range, typically comprising a titanium alloy called a Gomumetaru (Gum Metal).

好ましくはないけれども、熱処理(heat treatment)をβ−Tiに採用して材料における受容可能な強度およびヤング率のバランスを実現して良い。 Although not preferred, a heat treatment (heat Treatment) The may be achieved a balance between acceptable strength and Young's modulus in the material employed in the beta-Ti. β−チタン合金における、いままでの用途は、一般的に、ヤング率を制御すること無しに材料の強度を最大化するために熱処理を要求してきた。 In β- titanium alloy, applications up to now, in general, and the strength of the material without controlling the Young's modulus has requested a heat treatment to maximize. チタン合金は、加熱されると、六方最密結晶構造のα沿うから体心立方のβ相へと相転移を行う。 Titanium alloy is conducted when heated, because along α of hexagonal close-packed crystal structure to the body centered cubic β-phase phase transition. この転換が起こる温度はβ転移温度を呼ばれる。 The temperature at which this transformation takes place is called the β transition temperature. チタンに添加される合金元素はα相またはβ相を安定化させるいずれかの傾向を一般的に示し、このためα安定化剤またはβ安定化剤と呼ばれる。 Alloy elements added to titanium typically indicates either tends to stabilize the α phase or β phase, called Therefore α stabilizers or β stabilizers. チタンを所定の量のβ安定化剤で合金化することにより室温でもβ相に安定化させることが可能である。 It is possible to stabilize the β-phase at room temperature by alloying titanium with a predetermined amount of β stabilizing agent. しかしながら、そのような合金を、β転移温度より低い、高温度まで最加熱すると、熱力学の法則に従って、β相が分解してα相に変形する。 However, such alloys, less than beta transition temperature, when most heated to a high temperature, according to the laws of thermodynamics, beta phase is deformed α phase decomposes. これらの合金は準安定βチタン合金と呼ばれる。 These alloys are referred to as metastable β titanium alloy.

熱力学の法則はα相の形成を予測するだけであるけれども、実際には、β相の分解時に、多くの非平衡相が表れる。 Although law of thermodynamics is only to predict the formation of α phase, in fact, when the degradation of β-phase, a number of non-equilibrium phase appears. これら非平衡相は、α'、α"、およびωと名付けられる。これらの相の各々は異なるヤング率を有すること、またヤング率の大きさは一般的にはβ<α"<α<ωを満たすことが報告されてきた。 These non-equilibrium phases, alpha ', alpha ", and named omega. Each of these phases can have different Young's modulus, also the magnitude of the Young's modulus is generally β <α" <α <ω It has been reported to meet. したがって、熱処理を通じてβ−チタンの強度を増大させたいのであれば、材料が、好ましい分解を伴う分解製品としてα"を含み、αおよびω相の形成を除去し、最小化するような態様で、熱処理を行うことが有益であると推測される。α"相の形成は、材料相ダイアグラムに基づいて、α+β領域から急冷することにより促進され、これは、合金をβ転移温度より低温から急冷させるべきであることを意味する。 Therefore, if you want to increase the strength of β- titanium through heat treatment, the material comprises a alpha "as degradation products with a preferred decomposition, to eliminate the formation of alpha and ω phases, in such a manner as to minimize, formation of .Arufa "phase in which the heat treatment is performed is presumed to be beneficial based on the material phase diagram is facilitated by rapidly cooling from alpha + beta region, which is quenched from low temperature alloy from beta transition temperature which means that it should. したがって、好ましくは、熱処理してβ相からα"相への形成が最大化されたβ−Ti合金をゴルフクラブヘッドの部分に使用する。 Thus, preferably, the formation of the alpha "phase from the beta phase to heat treatment using a maximized beta-Ti alloy portion of the golf club head.

熱処理プロセスを選択して所望の相転移を実現する。 Select the heat treatment process to achieve the desired phase transition. 最大温度、意地時間、加熱速度、急冷速度のような熱処理変数を選択して所望の材料組成を形成する。 Maximum temperature, meaner time, heating rate, and select the heat treatment variables such as quench rate to form the desired material composition. さらに、異ななるβ安定化元素の効果が同一でないので、急冷速度は合金に特有のものとなる。 Furthermore, the effect of different becomes β stabilizing elements is not identical, quench rate will be specific to the alloy. 例えば、Ti−Mo合金は、Ti−Nb合金、またはTi−V合金、またはTi−Cr合金と異なる態様で振る舞う。 For example, Ti-Mo alloy behaves in a different manner and Ti-Nb alloy or Ti-V alloy, or Ti-Cr alloy. Mo、Nb、V、およびCrはすべてα安定化剤であるけれどもその効果の程度は異なっている。 Mo, Nb, degree of effect V, and although Cr are all α stabilizer is different. 準安定β−Ti合金のβ転移温度範囲は、約700°Cから約800°Cである。 beta transition temperature range of the metastable beta-Ti alloy is from about 700 ° C to about 800 ° C. そのような合金に対しては、溶解処理温度範囲はβ転移温度より約25°C〜50°C低いものであり、実務的には、合金は約650°Cから約750°Cの範囲で溶解処理される。 For such alloys, dissolution treatment temperature range are those about 25 ° C~50 ° C lower than the β transition temperature, the practical, the alloy in the range of about 650 ° C to about 750 ° C It is dissolved processing. 水急冷に続けて、β−Ti合金を低温度で熟成させて強度をさらに増加させることができる。 Following the water quench, beta-Ti alloy can be further increased the strength by aging at low temperature. 溶解処理材料の強度を測定すると約650MPaであり、これに対して熱処理合金の強度は1050MPaであった。 When measuring the strength of the dissolution process material is approximately 650 MPa, the strength of the heat-treated alloy contrast was 1050 MPa.

適切なベータチタン合金の例は、Ti−15Mo−3Al、Ti−15Mo−3Nb−0.3O、Ti−15Mo−5Zr−3Al、Ti−13Mo−7Zr−Fe、Ti−13Mo、Ti−12Mo−6Zr−2Fe、Ti−Mo、Ti−35Nb−5Ta−7Zr、Ti−34N−9Zr−8Ta、Ti−29Nb−13Zr−2Cr、Ti−29Nb−15Zr−1.5Fe、Ti−29Nb−10Zr−0.5Si、Ti−29Nb−10Zr−0.5Fe−0.5Cr、Ti−29Nb−18Zr−Cr−0.5Si、Ti−29Nb−13Ta−4.6Zr、Ti−Nb、Ti−22V−4Al、Ti−15V−6Cr−4Al、Ti−15V−3Cr−3Al−3Sn、Ti−13V−11Cr、Ti−10V−2Fe−3A Examples of suitable beta titanium alloy, Ti-15Mo-3Al, Ti-15Mo-3Nb-0.3O, Ti-15Mo-5Zr-3Al, Ti-13Mo-7Zr-Fe, Ti-13Mo, Ti-12Mo-6Zr -2Fe, Ti-Mo, Ti-35Nb-5Ta-7Zr, Ti-34N-9Zr-8Ta, Ti-29Nb-13Zr-2Cr, Ti-29Nb-15Zr-1.5Fe, Ti-29Nb-10Zr-0.5Si , Ti-29Nb-10Zr-0.5Fe-0.5Cr, Ti-29Nb-18Zr-Cr-0.5Si, Ti-29Nb-13Ta-4.6Zr, Ti-Nb, Ti-22V-4Al, Ti-15V -6Cr-4Al, Ti-15V-3Cr-3Al-3Sn, Ti-13V-11Cr, Ti-10V-2Fe-3A 、Ti−5Al−5V−5Mo−3Cr、Ti−3Al−8V−6Cr−4Mo−4Zr、Ti−1.5Al−5.5Fe−6.8Mo、Ti−13Cr−1Fe−3Al、Ti−6.3Cr−5.5Mo−4.0Al−0.2Si、Ti−Cr、Ti−Taの合金、ガムメタルファミリーの合金を含み、ガムメタルファミリーの合金はTi+25モル%(Ta、Nb、V)+(Zr、Hf、O)で表され、例えばTi−36Nb−2Ta−3Zr−0.35O等である(重量%)。 , Ti-5Al-5V-5Mo-3Cr, Ti-3Al-8V-6Cr-4Mo-4Zr, Ti-1.5Al-5.5Fe-6.8Mo, Ti-13Cr-1Fe-3Al, Ti-6.3Cr -5.5Mo-4.0Al-0.2Si, Ti-Cr, an alloy of Ti-Ta, comprise gum metal family alloy, the alloy gum metal family Ti + 25 mol% (Ta, Nb, V) + (Zr , Hf, represented by O), for example, Ti-36Nb-2Ta-3Zr-0.35O like (wt%). 準βチタン合金はSP−700、TIMET 18等を含んで良い。 Quasi β titanium alloy may include SP-700, TIMET 18 or the like.

一般的に、この発明のゴルフクラブヘッドのフェースカップまたはフェースインサートは、その高強度ゆえに、Ti−64、Ti−17、ATI425、TIMET 54、Ti−9、TIMET 639、VL−Ti、KS ELF、SP−700等のような、α−βまたは準βチタン合金から構築されることが好ましい。 Generally, the face cup or face insert of the golf club head of the present invention, the high strength due, Ti-64, Ti-17, ATI425, TIMET 54, Ti-9, TIMET 639, VL-Ti, KS ELF, SP-700 and the like such as is preferably constructed from alpha-beta or quasi beta titanium alloy. さらに、ゴルフクラブ本体の後方部分、すなわち、フェースカップ、フェースインサート、屈曲部、および屈曲部カバー以外の部分は、好ましくは、Ti−8Al−1V−1Mo、Ti−8Al−1Fe、Ti−5Al−1Sn−1Zr−1V−0.8Mo、Ti−3Al−2.5Sn、Ti−3Al−2V等のようなα、α−β、またはβチタン合金から製造される。 Further, the rear portion of the golf club body, i.e., the face cup, the face insert, the bent portion, and the portion other than the bent portion cover, preferably, Ti-8Al-1V-1Mo, Ti-8Al-1Fe, Ti-5Al- 1Sn-1Zr-1V-0.8Mo, Ti-3Al-2.5Sn, such as Ti-3Al-2V α, produced from alpha-beta, or beta titanium alloys.

先に説明したとおり、屈曲部は個別の部品として構築されてゴルフクラブヘッド本体の残りの部分と結合されて良い。 As described above, the bent portion may be bonded to the remainder of the golf club head body is constructed as a separate component. 例えば、屈曲部品はスタンピングされて良く、鍛造(wrough)シートから形成されて良く、本体の残りの部分は1または複数の鋳造部品として構築されて良い。 For example, the bent part may be stamped, forged (Wrough) may be formed from a sheet, the rest of the body may be constructed as one or more castings. 屈曲部品のスタンピングは、屈曲部の鋳造より好ましい。 Stamping bending part is preferred over casting of the bent portion. なぜならば、鋳造は機械的な欠点を招来するからである。 This is because, casting is because the lead to mechanical disadvantage. 例えば、鋳造材料は、鍛造形態の同一の材料と較べたときにしばしばより機械的特性が引くという欠点がある。 For example, the casting material has the disadvantage of often mechanical properties pulls than when compared to the same material forging forms. 例えば、鋳造形態のTi−64の機械特性は鍛造のTi−64と較べて約10%〜20%低い。 For example, the mechanical properties of Ti-64 casting forms about 10% to 20% lower compared to the Ti-64 of forging. これは、鋳造の粒子寸法が鍛造形態に較べて顕著に大きいからであり、一般的に粒子寸法が細かくなればなるほど金属材料における機械特性は大きくなる。 This particle size of the cast is because significantly higher compared to forging form, mechanical properties in general the more metallic material if a fine particle size increases.

さらに、チタンの鋳造は「アルファケーシング」と呼ばれる表面層を形成し、すなわち、格子(intersititial)間酸素が豊富なチタンに由来するチタンのアルファ相を主に伴う領域を表面に形成する。 Furthermore, the casting of the titanium to form a surface layer called "alpha casing", ie, to form a predominantly involve regions alpha phase of titanium grating (intersititial) while oxygen is derived from a rich titanium on the surface. アルファ相自体は有害ではないけれども、これは、疲労性の用途、例えば、屈曲を繰り返すゴルフボールの衝突の繰り返しには、非常に硬くてもろいという傾向があり、アルファケースは部品の耐久性を損ないがちである。 Although the alpha phase itself is not harmful, this is, fatigue of the application, for example, the repetition of the collision of a golf ball to repeat the bend, there is a tendency to brittle and very hard, alpha case impair the durability of the parts tend.

ほとんどのチタン合金は室温では形成することがほぼ不可能である。 Most titanium alloys is almost impossible to form at room temperature. そのため、チタン合金はそれを形成するために高温へと加熱される必要がある。 Therefore, the titanium alloy must be heated to a high temperature to form it. 合金を形成するために必要な温度は合金の組成に左右され、ベータ相転移(transus)温度が高い合金は典型的に高い形成温度を必要とする。 Temperature required to form an alloy is dependent on the composition of the alloy, the beta phase transition (transus) temperature is high alloys typically require higher forming temperatures. 高い温度への露出は、材料が周囲温度へと下げられたときに、機械特性を低下させる。 Exposure to high temperatures, when the material is lowered to ambient temperature, to lower the mechanical properties. さらに、高い温度への露出は、表面に酸化物層を形成させる。 Furthermore, exposure to high temperatures, to form the oxide layer on the surface. この酸化物層は、材料中に深くまでは典型的には延びないという点を除いて、先に検討した「アルファケース」とほぼ似ている。 This oxide layer, except that the deep in the material does not extend typically are substantially similar to previously discussed "alpha case". このため、形成温度を低下させることができれば有益である。 Therefore, it is beneficial if it is possible to lower the formation temperature.

一般的に、Ti−64はメタルウッド型のゴルフクラブヘッドを構築するのに広く使用されているのでこれを基本に使用すると、ベータ相転移温度がTi−64より小さい合金は顕著に有益である。 Generally, Ti-64, upon use this basic so widely used to construct the golf club head of the metal wood type, the beta phase transition temperature Ti-64 is less than the alloy is significantly beneficial . 例えば、そのような合金の1つはATI425であり、このベータ相転移温度は約957°〜971°の範囲であり、他方、Ti−64の相転移温度は約995°である。 For example, a one ATI425 of such alloys, the beta phase transition temperature is in the range of about 957 ° ~971 °, while the phase transition temperature of Ti-64 is about 995 °. このため、ATI425はTi−64と較べて低い温度で形成できると考えられる。 Therefore, ATI425 is considered to be formed at a temperature lower than the Ti-64. ATI425の機械特性はTi−64と同等であるので、ATI425合金から製造されたソールは、Ti−64から製造されたソールに較べてより強いと考えられる。 The mechanical properties of ATI425 is equivalent to Ti-64, a sole made from ATI425 alloy is considered stronger compared to sole made from Ti-64. さらに、ATI425は一般的にはTi−64と較べて形成性が良好であり、一例においては、屈曲部をATI425のシート材料から形成し、Ti−64のシート材料から形成した屈曲部に較べて断面細線化を受けにくい。 Furthermore, ATI425 is generally a good formability as compared with Ti-64, in one example, the bent portion is formed from a sheet material ATI425, compared to the bent portion formed from a sheet material of Ti-64 less susceptible to cross-sectional thinning. さらに、ATI425は冷間形成が可能であり、より強い部品を形成できる。 Furthermore, ATI425 is capable of cold-formed to form a stronger part.

一例において、多材料ゴルフクラブヘッドは、Ti−64およびATI425から構築された複数部品から構築される。 In one example, multi-material golf club head is constructed from multi-part built from Ti-64 and ATI425. クラウン、ソールまたは部分ソール、スカート、ホーゼル、およびフェースフランジを含む本体はTi−64から鋳造されて良い。 Crown, sole or partial sole, a skirt, a hosel, and a body comprising a face flange may cast from Ti-64. そして、ソールの一部が、ATI425のシート材料から構築されたふっ局部品により形成されて良く、これが、鋳造のTi−64本体に、スロットまたはリセス、例えば図5および6に示す構造となるように、溶接される。 A part of the sole may be formed by hydrofluoric local products constructed from sheet material ATI425, which, in the Ti-64 body casting, slot or recess, for example so that the structure shown in FIGS. 5 and 6 to be welded. つぎに鍛造フェースインサートが、鋳造のTi−64のフェースフランジに溶接されヘッドを完成させる。 Then forged face insert, to complete the head is welded to the face flange of the Ti-64 casting.

種々の製造方法を採用してこの発明のゴルフクラブヘッドの種々の部分を構築して良い。 Employ various manufacturing methods may be constructed of various parts of the golf club head of the present invention. 好ましくは部品のすべてを溶接により連結する。 Preferably connected by welding all the parts. 溶接は、TIGまたはMIGのような手作業でも良く、レーザ、プラズマ、e−ビーム、イオンビーム、またはこれらの組み合わせのような自動化されたものでもよい。 Welding may be by hand, such as TIG or MIG, laser, plasma, e- beam, ion beam or may be one which is automated as combinations thereof. 必要であれば、または材料選択に起因して、ロウ付けおよび接着ボンディングのような他の結合プロセスを採用しても良い。 If necessary, or due to material selection, it may be employed other bonding processes such as brazing and adhesive bonding.

部品は、スタンピングおよびフォーミングプロセス、鋳造プロセス、成型プロセス、および/または鍛造プロセスを用いて製造してよい。 Parts, stamping and forming process, the casting process, may be manufactured using molding processes, and / or forging process. ここで使用されるように、鍛造は、試料の形状を実質的に変化させるプロセスであり、例えば、バーから始まって、シートへと変換し、特徴的には寸法および形状の双方の変化を含む。 As used herein, the forging is a process that substantially changes the shape of the sample, for example, starting from the bar, and converted into sheet, characteristically including changes in both size and shape . さらに、鍛造は、一般的には高い温度で行われ、材料に微細構造の変化、例えば粒子形状の変化を含んで良い。 Furthermore, the forging is generally carried out at high temperatures, changes in the microstructure of the material, for example, may include a change in the particle shape. フォーミングは、一般的には、材料に寸法を全般的には維持しつつ材料を形作るプロセスを説明するのに使用され、これは、例えば、シート材料から始まり、厚さを顕著には変更しないでシートを形作るものである。 Forming, in general, overall dimensions in the material is used to describe the process of shaping the material while maintaining this is, for example, begins with a sheet material, without significantly changing the thickness it is intended to form the sheet. 以下は、スタンピングおよびフォーミングプロセスを採用したゴルフクラブヘッドの部分の材料選択の例である。 The following is an example of a material selected portions of the golf club head which employs the stamping and forming process.
(a)α−βフェース部材+β屈曲部+α−β後方本体(b)βフェース部材+α−βフェースインサート+β屈曲部+α−β後方本体(c)βフェース部材+α−βフェースインサート+β屈曲部+β後方本体(d)βフェース部材+α−βフェースインサート+β屈曲部+α−β後方本体(熱処理) (A) α-β face member + beta bent portion + alpha-beta rear body (b) beta face member + alpha-beta face insert + beta bent portion + alpha-beta rear body (c) beta face member + alpha-beta face insert + beta bent portion + beta rear body (d) beta face member + alpha-beta face insert + beta bent portion + alpha-beta rear body (heat treatment)
以下は、鋳造部品を採用したゴルフクラブヘッドの部分の材料選択の例である。 The following is an example of a material selected portions of the golf club head that employs a cast component.
(a)鋳造α−βフェース部材+鋳造β屈曲部+鋳造α−β後方本体(b)フォーミングα−βフェース部材+鋳造β屈曲部+鋳造α−β後方本体(c)フォーミングα−βフェース部材+鋳造β屈曲部+フォーミングα−β後方本体(d)鋳造α−βフェース部材+鋳造β屈曲部+フォーミングα−β後方本体以下は、鍛造部品を採用したゴルフクラブヘッドの部分の材料選択の例である。 (A) casting alpha-beta face member + casting beta bent portion + cast alpha-beta rear body (b) forming alpha-beta face member + casting beta bent portion + cast alpha-beta rear body (c) forming alpha-beta face member + casting beta bent portion + forming alpha-beta rear body (d) casting alpha-beta face member + casting beta bent portion + forming alpha-beta rear body below the material selection of the portion of the golf club head that employs a forged part an example of a.
(a)鍛造α−βフェース部材+鋳造β屈曲部+鋳造α−β後方本体(b)鍛造α−βフェース部材+鋳造β屈曲部+フォーミングα−β後方本体 (A) forging alpha-beta face member + casting beta bent portion + cast alpha-beta rear body (b) forging alpha-beta face member + casting beta bent portion + forming alpha-beta rear body

β合金の密度は一般にα−β合金またはα合金の密度より大きい。 The density of beta alloy is greater than the density of generally alpha-beta alloy or alpha alloy. この結果、β合金をゴルフクラブヘッドの種々の部分に使用するとそれらの部分の質量が大きくなる。 As a result, the mass of those parts Using β alloy to various parts of the golf club head increases. 本愛の後方部分に軽量合金を使用して全体のゴルフクラブヘッドの質量が所望の範囲、例えば、ドライブタイプのゴルフクラブヘッドに対しては約170gおよび約210gの間に維持されるようにして良い。 Mass desired range of the entire golf club head using a light alloy in the rear portion of the love, for example, as is the drive-type golf club head is maintained between about 170g and about 210g good. アルミニウム合金、マグネシウム合金、炭素繊維複合材、炭素ナノチューブ複合材、ガラス繊維複合材、強化プラスチック、および、これら材料の組み合わせのような材料を用いて良い。 Aluminum alloy, magnesium alloy, carbon fiber composite materials, carbon nanotube composites, fiberglass composites, reinforced plastics, and may be a material such as a combination of these materials.

この発明の種々の詳細が先に記述されたけれども、各実施例の種々の特徴は単独でも任意の組み合わせでも利用できることに留意されたい。 While various details of the invention have been described above, various features of each embodiment should be noted that available in any combination even alone. したがって、この発明は、ここで示した具体的な好ましい実施例のみに限定されるべきではない。 Accordingly, the invention should not be limited to the specific preferred embodiment shown herein. さらに、この発明の趣旨および範囲から逸脱しない種々の変形および修正がこの発明の属する分野の当業者に可能であることに留意されたい。 Furthermore, it is various changes and modifications which do not depart from the spirit and scope of the invention be noted that it is possible to those skilled in the art to which this invention belongs. 例えば、フェースインサートはステップ状の連続態様で厚さを変化させてよい。 For example, the face insert may alter the thickness in stepwise continuous manner. さらにスロットの形状および位置は開示されたものに限定されない。 Furthermore the shape and position of the slots is not limited to those disclosed. したがって、この発明の趣旨および範囲から逸脱せずに、ここで開示された内容から当業者が容易に行うことができる便宜的な修正は、この発明の他の実施例に含まれることになる。 Therefore, without departing from the spirit and scope of the invention, conveniently fix the individual person skilled in the art from the disclosed contents can be easily performed will be included in another embodiment of the present invention. この発明の範囲は添付の特許請求の範囲に定義されるところである。 The scope of the invention is where as defined in the appended claims.
以下、ここで説明した技術的特徴についてまとめておく。 Hereinafter, it will be summarized technical features described herein.
[技術的特徴1] [Technical features 1]
ゴルフクラブヘッドであって、 A golf club head,
当該ゴルフクラブヘッドの上側表面を形成するクラウンと、 A crown forming the upper surface of the golf club head,
上記ゴルフクラブヘッドの下側表面を形成するソールであって、案内部分、屈曲部、および後方部分を有する上記ソールと、 A sole that forms the lower surface of the golf club head, and the sole having a guide portion, the bent portion, and a rear portion,
上記クラウンおよび上記ソールの間を伸びる側壁と、 A side wall extending between the crown and the sole,
上記クラウンから伸び、シャフト穴を含むホーゼルと、 Extending from the crown, and hosel includes a shaft hole,
ボール打撃表面を形成しリーディングエッジにおいて上記案内部分と交差するフェースとを有し、 And a face that intersects with the guide portion in the formed leading edge of the ball striking surface,
上記屈曲部は上記案内部分によって上記ボール打撃表面の後方に離間され、上記屈曲部は、前面壁部、頂部、および、後方壁部を有し、上記前面壁部は当該ゴルフクラブヘッドにより形成されるキャビティ内に伸び、上記後方壁部は上記キャビティ内に伸び、上記前面壁部および上記後方壁部は上記頂部で結合され、 The bending portion is spaced rearward of the ball striking surface by the guide portion, the bending portion includes a front wall, a top, and includes a rear wall portion, the front wall portion is formed by the golf club head extends into that cavity, the rear wall extending into the cavity, the front wall portion and the rear wall portion is coupled with the top,
上記屈曲部は上記ボール打撃表面から、上記ゴルフクラブヘッドの幾何フェース中心と、上記ゴルフクラブヘッドの前方から後方に伸びる水平Z−軸に沿う上記ゴルフクラブヘッドの重心との間のCG−Z−fcの距離の20%および50%の間の距離だけ離間されることを特徴とするゴルフクラブヘッド。 From the bend the ball striking surface, and the geometric face center of the golf club head, CG-Z- between the center of gravity of the golf club head along a horizontal Z- axis extending from front to rear of the golf club head golf club head characterized in that it is spaced by a distance of between 20% and 50% of the distance fc.
[技術的特徴2] [Technical features 2]
上記屈曲部は上記ボール打撃表面から、上記ゴルフクラブヘッドの幾何フェース中心と、上記ゴルフクラブヘッドの前方から後方に伸びる水平Z−軸に沿う上記ゴルフクラブヘッドの重心との間のCG−Z−fcの距離の25%および45%の間の距離だけ離間される技術的特徴1記載のゴルフクラブヘッド。 From the bend the ball striking surface, and the geometric face center of the golf club head, CG-Z- between the center of gravity of the golf club head along a horizontal Z- axis extending from front to rear of the golf club head fc 25% and 45% distance spaced the technical features 1 golf club head according between the distances.
[技術的特徴3] [Technical features 3]
上記屈曲部の高さおよび幅の合計が、地面平面と、垂直Y−軸に沿う上記ゴルフクラブヘッドの重心との間のCG−Y−gの距離の30%内である技術的特徴1記載のゴルフクラブヘッド。 Total height and width of the bent portion, and the ground plane, CG-Y-g and 30 percent technical feature 1, wherein the distance between the center of gravity of the golf club head along a vertical Y- axis the golf club head of.
[技術的特徴4] [Technical features 4]
上記屈曲部の高さおよび幅の合計が、地面平面と、垂直Y−軸に沿う上記ゴルフクラブヘッドの重心との間のCG−Y−gの距離の20%内である技術的特徴3記載のゴルフクラブヘッド。 Total height and width of the bent portion, and the ground plane, CG-Y-g and 20 percent technical feature 3, wherein the distance between the center of gravity of the golf club head along a vertical Y- axis the golf club head of.
[技術的特徴5] [Technical features 5]
上記案内部分の厚さは少なくとも最小フェース厚さの50%である技術的特徴1記載のゴルフクラブヘッド。 The thickness of the guide portion is at least 50% of the minimum face thickness technical features 1 golf club head according.
[技術的特徴6] [Technical features 6]
上記案内部分の厚さは、上記フェースに隣接する箇所から上記屈曲部に向けて減少する技術的特徴1記載のゴルフクラブヘッド。 The thickness of the guide portion, technical features 1 golf club head according to decrease toward the bent portion from the point adjacent to the face.
[技術的特徴7] [Technical features 7]
上記案内部分の厚さは少なくとも4%だけテーパ状に減少する技術的特徴6記載のゴルフクラブヘッド。 The golf club head of technical features 6, wherein the thickness of the guide portion is reduced to at least 4% by tapered.
[技術的特徴8] [Technical features 8]
上記案内部分の厚さは当該案内部分の長さの少なくとも60%に渡ってほぼ一定である技術的特徴1記載のゴルフクラブヘッド。 The thickness is substantially constant over at least 60% of the length of the guide part technical features 1 golf club head according to the guide portion.
[技術的特徴9] [Technical features 9]
上記前面壁部の厚さ、および、上記後方壁部の厚さは上記前面壁部の厚さの40%より少ない厚さしか異ならない技術的特徴1記載のゴルフクラブヘッド。 The front wall portion thickness, and, the rear wall thickness differs only less than 40% of the thickness of the front wall portion thickness technical features 1 golf club head according to.
[技術的特徴10] [Technical features 10]
上記前面壁部の厚さ、および、上記後方壁部の厚さの各々は上記最小フェース厚さの90%より薄い技術的特徴1記載のゴルフクラブヘッド。 The front wall portion thickness, and said rear wall portion of the thickness of each the minimum face thickness golf club head of thin technical features 1, wherein from 90%.
[技術的特徴11] [Technical feature 11]
上記頂部の厚さは、上記前方壁部の厚さ、および上記後方壁部の厚さのうちの厚いものから30%より少ない厚さしか異ならない技術的特徴1記載のゴルフクラブヘッド。 The thickness of the top portion, the front wall thicknesses, and the rear wall portion of the differ only thickness thicker from less than 30% the thickness ones of technical features 1 golf club head according.
[技術的特徴12] [Technical feature 12]
上記案内部分の最小厚さは、上記案内部分の最大厚さの70%より薄い技術的特徴1記載のゴルフクラブヘッド。 The minimum thickness of the guide portion has a maximum thickness of the thin technical features 1 golf club head according than 70% of the of the guide portion.
[技術的特徴13] [Technical feature 13]
上記屈曲部より後方に30.0mm以内の上記ソールの部分の厚さは上記案内部分の最小厚さより厚く、上記屈曲部の上記後方壁部の直後のソールの厚さは上記案内部分の最小厚さより薄い技術的特徴1記載のゴルフクラブヘッド。 The thickness of the portion of the sole within 30.0mm behind the above bending portion is thicker than the minimum thickness of the guide portion, the thickness of the immediately following sole of the rear wall portion of the bent portion minimum thickness of the guide portion thin technical features 1 golf club head according than of.
[技術的特徴14] [Technical feature 14]
上記屈曲部の上記後方壁部の直後のソールの厚さは上記案内部分の最小厚さの70%より薄い技術的特徴1記載のゴルフクラブヘッド。 The bent portion of the rear wall portion right after the golf club head of the thickness is a minimum thickness 70% thinner than technical features 1, wherein the guide portion of the sole.
[技術的特徴15] [Technical feature 15]
上記屈曲部の上記後方壁部の直後のソールの厚さは上記案内部分の最小厚さの60%より薄い技術的特徴14記載のゴルフクラブヘッド。 The bent portion of the rear wall portion right after the golf club head of the thickness of the sole minimum thickness 60% thinner than technical features 14 described in the guide portion.
[技術的特徴16] [Technical feature 16]
上記ボール打撃表面は、第1のロール半径を形成する上側部分と、上記第1のロール半径より大きな第2のロール半径を形成する下側部分とを含む技術的特徴1記載のゴルフクラブヘッド。 The ball striking surface includes an upper portion and, the first technical feature 1 golf club head further comprising a lower portion forming a large second roll radius than roller radius to form a first roll radius.
[技術的特徴17] [Technical feature 17]
上記屈曲部は柔軟性インサートを少なくとも部分的に充填し、上記柔軟性インサートは密度が少なくとも12.0g/ccである材料を有する技術的特徴1記載のゴルフクラブヘッド。 The bending portion is at least partially filled with a flexible insert, the flexible insert technical features 1 golf club head further comprising a material density of at least 12.0 g / cc.
[技術的特徴18] [Technical feature 18]
後退部において上記ソールと結合されるソール板をさらに有し、上記後退部は少なくとも部分的に屈曲部により形成される技術的特徴1記載のゴルフクラブヘッド。 In the retracted portion further includes a sole plate that is coupled with the sole, technical features 1 golf club head, wherein the receding portion is formed at least partially bend.
[技術的特徴19] [Technical feature 19]
上記ゴルフクラブヘッドに結合されて上記屈曲部と交差するウエイト部材をさらに有する技術的特徴1記載のゴルフクラブヘッド。 The golf club head of technical features 1, further comprising a weight member that is coupled to said golf club head crossing the bent portion.
[技術的特徴20] [Technical feature 20]
上記CG−Z−fcの距離は少なくとも33.0mmであり、上記重心を通り抜ける垂直軸の回りの慣性モーメントは少なくとも450kg−mm である技術的特徴1記載のゴルフクラブヘッド。 The distance CG-Z-fc is at least 33.0 mm, the moment of inertia about a vertical axis passing through the center of gravity of at least 450 kg-mm 2 at a technical feature 1 golf club head according.

10 ゴルフクラブヘッド12 クラウン14 ソール16 スカート18 フェース20 ボール打撃表面22 ホーゼル24 内側キャビティ26 トウ部分28 ヒール部分30 フェースインサート36 屈曲部38 リーディングエッジ40 第1部材42 第2部材44 頂部880 ゴルフクラブヘッド882 屈曲部884 取り外し可能部材(ウエイト部材) 10 The golf club head 12 Crown 14 sole 16 the skirt 18 face 20 ball striking surface 22 hosel 24 inside cavity 26 toe portion 28 heel 30 face insert 36 bent portion 38 leading edge 40 first member 42 second member 44 top 880 golf club head 882 bent portion 884 removable member (weight member)
886 シャフトシステム888 ソール890 ホーゼル892 レシーバ894 ファスナ896 アクセス穴 886 shaft system 888 soles 890 hosel 892 receiver 894 fasteners 896 access hole

Claims (6)

  1. ゴルフクラブヘッドであって、 A golf club head,
    当該ゴルフクラブヘッドの上側表面を形成するクラウンと、 A crown forming the upper surface of the golf club head,
    上記ゴルフクラブヘッドの下側表面を形成するソールであって、案内部分、屈曲部、および後方部分を有する上記ソールと、 A sole that forms the lower surface of the golf club head, and the sole having a guide portion, the bent portion, and a rear portion,
    上記クラウンおよび上記ソールの間を伸びる側壁と、 A side wall extending between the crown and the sole,
    上記クラウンから伸び、シャフト穴を含むホーゼルと、 Extending from the crown, and hosel includes a shaft hole,
    ボール打撃表面を形成しリーディングエッジにおいて上記案内部分と交差するフェースと、 A face that intersects with the guide portion in the formed leading edge of the ball striking surface,
    上記クラウン、ソール、スカート、およびフェースによって形成される内部キャビティとを有し、 Above a crown, a sole, a skirt, and an internal cavity formed by the face,
    上記屈曲部は上記案内部分によって上記ボール打撃表面の後方に離間され、全体としてヒール・トウ方向に伸び、実質的に上記ゴルフクラブヘッドの上記リーディングエッジと平行であり、 The bending portion is spaced rearward of the ball striking surface by the guide portion, as a whole extends to heel toe direction is parallel to the leading edge of the substantially the golf club head,
    上記屈曲部は、頂部によって連結された前面壁部、および、後方壁部により形成され、上記前面壁部および後方壁部は上記内部キャビティの内部に伸び、上記ソールの上記後方部分は上記屈曲部の後方に位置づけられ、 The bent portion includes a front wall portion connected by a top, and are formed by the rear wall, the front wall portion and rear wall portion extends inside said inner cavity, said rear portion of said sole is the bent portion positioned in the rear,
    さらに、上記ソールの上記後方部分に固着され、ウエイトを収容可能に構成されたウエイト収容部を有し、 Furthermore, fixed to the rear portion of the sole, it has a weight housing which configured to accommodate the weight,
    上記ウエイト収容部の壁部材が上記内部キャビティ内に位置決めされ、上記壁部材は上記ホーゼルに固着され、さらに、上記壁部材は上記ソールの上記後方部分に固着されることを特徴とするゴルフクラブヘッド。 Wall member of the weight housing is positioned within the internal cavity, said wall member is secured to the hosel, further golf club head above the wall member, characterized in that it is secured to the rear portion of the sole .
  2. 上記壁部材は上記屈曲部の上記後方壁部に固着される請求項1記載のゴルフクラブヘッド。 It said wall member is a golf club head of claim 1, wherein is fixed to the rear wall of the bend.
  3. 上記壁部材および上記ソールは共通部分として一緒に形成される請求項1または2記載のゴルフクラブヘッド。 The wall member and the sole claim 1 or 2 golf club head according formed together as a common part.
  4. ゴルフクラブヘッドであって、 A golf club head,
    当該ゴルフクラブヘッドの上側表面を形成するクラウンと、 A crown forming the upper surface of the golf club head,
    上記ゴルフクラブヘッドの下側表面を形成するソールであって、内部表面および外側表面を有する上記ソールと、 A sole that forms the lower surface of the golf club head, and the sole having an inner surface and an outer surface,
    上記クラウンおよび上記ソールの間を伸びる側壁と、 A side wall extending between the crown and the sole,
    上記クラウンから伸び、シャフト穴を含むホーゼルと、 Extending from the crown, and hosel includes a shaft hole,
    ボール打撃表面を形成しリーディングエッジにおいて上記案内部分と交差するフェースと、 A face that intersects with the guide portion in the formed leading edge of the ball striking surface,
    上記クラウン、ソール、スカート、およびフェースによって形成される内部キャビティと、 An internal cavity formed by the crown, sole, skirts, and face,
    上記ソールの上記後方部分に固着され、ウエイトを収容可能に上記ソールの上記外側表面に構成された後退部を形成するウエイト収容部とを有し、 It said fixed to the rear portion of the sole, and a weight housing which forms a setback configured to capable of accommodating the outer surface of the sole weights,
    上記ウエイト収容部の壁部材が上記内部キャビティ内に位置決めされ、上記壁部材は上記ホーゼルに固着され、さらに、上記壁部材は上記ソールの上記後方部分に固着されることを特徴とするゴルフクラブヘッド。 Wall member of the weight housing is positioned within the internal cavity, said wall member is secured to the hosel, further golf club head above the wall member, characterized in that it is secured to the rear portion of the sole .
  5. 上記ソールは案内部分、屈曲部、および後方部分を有し、上記屈曲部は上記案内部分によって上記ボール打撃表面の後方に離間され、全体としてヒール・トウ方向に伸び、実質的に上記ゴルフクラブヘッドの上記リーディングエッジと平行であり、上記屈曲部は、頂部によって連結された前面壁部、および、後方壁部により形成され、上記前面壁部および後方壁部は上記内部キャビティの内部に伸び、上記ソールの上記後方部分は上記屈曲部の後方に位置づけられ、上記壁部材は上記屈曲部の上記後方壁部に取り外し不可能な態様で固着される請求項4記載のゴルフクラブヘッド。 Said sole guide portion, the bent portion, and has a rearward portion, the bending portion is spaced rearward of the ball striking surface by the guide portion, as a whole extends to heel toe direction, substantially the golf club head a parallel to the said leading edge, the bending portion includes a front wall portion connected by a top, and are formed by the rear wall, the front wall portion and rear wall portion extends inside said internal cavity, said the rear portion of the sole is positioned in the rear of the bending portion, the wall member is a golf club head of claim 4, wherein the fixed in non embodiments removably to the rear wall of the bend.
  6. 上記ウエイトは取り外し可能である請求項1〜5のいずれかに記載のゴルフクラブヘッド。 The weights golf club head according to claim 1 is removable.
JP2016117697A 2012-09-14 2016-06-14 Golf club head with a bending member Active JP6378253B2 (en)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US13/844,954 US8986133B2 (en) 2012-09-14 2013-03-16 Golf club head with flexure
US13/844,954 2013-03-16

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014036280 Division 2014-02-27

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2016182356A true JP2016182356A (en) 2016-10-20
JP6378253B2 JP6378253B2 (en) 2018-08-22

Family

ID=51496939

Family Applications (2)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014036280A Active JP6027993B2 (en) 2012-09-14 2014-02-27 Golf club head with a bent portion
JP2016117697A Active JP6378253B2 (en) 2012-09-14 2016-06-14 Golf club head with a bending member

Family Applications Before (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014036280A Active JP6027993B2 (en) 2012-09-14 2014-02-27 Golf club head with a bent portion

Country Status (3)

Country Link
JP (2) JP6027993B2 (en)
KR (1) KR20140113414A (en)
CN (1) CN104043235B (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US10286265B2 (en) 2017-03-06 2019-05-14 Sumitomo Rubber Industries, Ltd. Golf club head

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6301389B2 (en) * 2015-04-13 2018-03-28 アクシュネット カンパニーAcushnet Company Golf club head with a bending member
JP6027993B2 (en) * 2013-03-16 2016-11-16 アクシュネット カンパニーAcushnet Company Golf club head with a bent portion
JP6256556B2 (en) * 2016-03-03 2018-01-10 株式会社プロギア Hollow golf club head
JP6502886B2 (en) * 2016-03-31 2019-04-17 グローブライド株式会社 Wood type golf club

Citations (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH1147318A (en) * 1997-07-29 1999-02-23 Honma Golf:Kk Head for golf club
JP2002052099A (en) * 2000-08-04 2002-02-19 Daiwa Seiko Inc Golf club head
US20110294599A1 (en) * 2010-06-01 2011-12-01 Albertsen Jeffrey J Hollow golf club head
US20120135821A1 (en) * 2010-11-30 2012-05-31 Nike, Inc. Golf Club Heads Or Other Ball Striking Devices Having Distributed Impact Response
US20120196701A1 (en) * 2011-01-27 2012-08-02 Nike, Inc. Golf Club Head or Other Ball Striking Device Having Impact-Influencing Body Features
US20120202615A1 (en) * 2010-12-28 2012-08-09 Taylor Made Golf Company, Inc. Fairway wood center of gravity projection
WO2013181551A2 (en) * 2012-05-31 2013-12-05 Nike International Ltd. Golf club head or other ball striking device having impact-influencing body features
JP2014090956A (en) * 2012-11-06 2014-05-19 Yamaha Corp Golf club
JP2014180540A (en) * 2013-03-16 2014-09-29 Acushnet Co Golf club head with flexure

Family Cites Families (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003093554A (en) * 2001-09-21 2003-04-02 Sumitomo Rubber Ind Ltd Golf club head
JP4261785B2 (en) * 2001-09-21 2009-04-30 ソフトバンクモバイル株式会社 Portable information terminals, and medical diagnostic system
JP3819409B2 (en) * 2002-12-06 2006-09-06 横浜ゴム株式会社 Hollow golf club head
JP2005160947A (en) * 2003-12-05 2005-06-23 Bridgestone Sports Co Ltd Golf club head
US20070049417A1 (en) * 2005-08-31 2007-03-01 Shear David A Metal wood club
JP2007136069A (en) * 2005-11-22 2007-06-07 Sri Sports Ltd Golf club head
JP5404921B2 (en) * 2009-05-13 2014-02-05 ナイキ インターナショナル リミテッド Golf assembly and golf club made from the club head of specific shape has aerodynamic features
CN102625723B (en) * 2009-07-24 2015-01-14 耐克创新有限合伙公司 Golf club head or other ball striking device having impact-influence body features

Patent Citations (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH1147318A (en) * 1997-07-29 1999-02-23 Honma Golf:Kk Head for golf club
JP2002052099A (en) * 2000-08-04 2002-02-19 Daiwa Seiko Inc Golf club head
US20110294599A1 (en) * 2010-06-01 2011-12-01 Albertsen Jeffrey J Hollow golf club head
US20120135821A1 (en) * 2010-11-30 2012-05-31 Nike, Inc. Golf Club Heads Or Other Ball Striking Devices Having Distributed Impact Response
US20120202615A1 (en) * 2010-12-28 2012-08-09 Taylor Made Golf Company, Inc. Fairway wood center of gravity projection
US20120196701A1 (en) * 2011-01-27 2012-08-02 Nike, Inc. Golf Club Head or Other Ball Striking Device Having Impact-Influencing Body Features
WO2013181551A2 (en) * 2012-05-31 2013-12-05 Nike International Ltd. Golf club head or other ball striking device having impact-influencing body features
JP2014090956A (en) * 2012-11-06 2014-05-19 Yamaha Corp Golf club
JP2014180540A (en) * 2013-03-16 2014-09-29 Acushnet Co Golf club head with flexure

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US10286265B2 (en) 2017-03-06 2019-05-14 Sumitomo Rubber Industries, Ltd. Golf club head

Also Published As

Publication number Publication date
JP6378253B2 (en) 2018-08-22
CN104043235A (en) 2014-09-17
CN104043235B (en) 2018-10-16
JP2014180540A (en) 2014-09-29
KR20140113414A (en) 2014-09-24
JP6027993B2 (en) 2016-11-16

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7163468B2 (en) Golf club head
EP1364683B1 (en) Multiple material golf club head with face insert
US7186188B2 (en) Iron-type golf clubs
US7118493B2 (en) Multiple material golf club head
CN1310690C (en) Golf club head
US7938742B2 (en) Golf club head
JP4481308B2 (en) Iron golf club head
US7070517B2 (en) Golf club head (Corporate Docket PU2150)
US7455598B2 (en) Golf club head
KR100878200B1 (en) Multiple material golf club head
US8734265B2 (en) Golf club with multi-component construction
US6663504B2 (en) Multiple material golf club head
US6860823B2 (en) Golf club head
JP4729086B2 (en) Golf club
JP4326559B2 (en) Golf club head
US6875129B2 (en) Golf club head
US6669577B1 (en) Golf club head with a face insert
US7413520B1 (en) Golf club head with high moment of inertia
US7281985B2 (en) Golf club head
KR100482794B1 (en) Multiple material golf club head
US8523705B2 (en) Golf club head
US6769998B2 (en) Iron golf club head
US6824475B2 (en) Golf club head
US7407448B2 (en) Golf club head
JP4410606B2 (en) Golf club head

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20170822

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20171116

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20171120

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20180213

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20180213

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20180703

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20180726

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6378253

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150