JP2016161756A - Lens array and method of forming lens array - Google Patents

Lens array and method of forming lens array Download PDF

Info

Publication number
JP2016161756A
JP2016161756A JP2015040079A JP2015040079A JP2016161756A JP 2016161756 A JP2016161756 A JP 2016161756A JP 2015040079 A JP2015040079 A JP 2015040079A JP 2015040079 A JP2015040079 A JP 2015040079A JP 2016161756 A JP2016161756 A JP 2016161756A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
lens
lens array
convex
formed
resin
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2015040079A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
安田 晋
Susumu Yasuda
晋 安田
清水 敬司
Takashi Shimizu
敬司 清水
Original Assignee
富士ゼロックス株式会社
Fuji Xerox Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 富士ゼロックス株式会社, Fuji Xerox Co Ltd filed Critical 富士ゼロックス株式会社
Priority to JP2015040079A priority Critical patent/JP2016161756A/en
Publication of JP2016161756A publication Critical patent/JP2016161756A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Images

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a lens array with a lens pitch different from a lens array substrate.SOLUTION: A lens array includes a plurality of partition walls formed on first convex lenses extending linearly on a lens array substrate, the partition walls being formed along a direction where the first convex lens extends, and a second convex lens formed between the partition walls on the first convex lens of the lens array substrate.SELECTED DRAWING: Figure 1

Description

本発明は、レンズアレイ及びレンズアレイ形成方法に関する。 The present invention relates to a lens array and a lens array forming method.

特許文献1には、予め定めた方向に異方性を有するレンズを製造することができる、レンズ製造装置を提供することを課題とし、加工対象物の表面に切り込みを入れて凹凸部を形成する凹凸形成手段と、加工対象物の表面上にレンズ用樹脂を供給する樹脂供給手段と、供給されたレンズ用樹脂を硬化させる樹脂硬化手段と、凹凸形成手段、樹脂供給手段及び樹脂硬化手段の各々を加工対象物に対して相対移動する移動手段と、予め定めた方向に延びる凹凸部を形成し、隣接する凹凸部間にレンズ用樹脂を供給し、供給されたレンズ用樹脂を硬化させるように、凹凸形成手段、樹脂供給手段、樹脂硬化手段及び移動手段を駆動制御する制御手段と、を有することが開示されている。 Patent Document 1, it is possible to produce a lens having anisotropy in a predetermined direction, and an object thereof is to provide a lens manufacturing device, to form a concavo-convex portion by an incision on the surface of the workpiece and roughening means, each of the resin supply means for supplying a lens resin on the surface of the workpiece, and resin curing means for curing the supplied resin for a lens, unevenness forming unit, the resin supply means and resin curing means and moving means for relatively moving the relative workpiece to form an uneven portion that extends in a predetermined direction, the lens resin was supplied between adjacent uneven portion, so as to cure the supplied lens resin , unevenness forming unit, the resin supply means, to have a control means for driving and controlling the resin curing means and moving means, the disclosed.

特許文献2には、製造時に、液状の材料が隔壁間に浸入することを阻止することを課題とし、画像を形成した第1媒体と、この第1媒体上に積層されて、第1媒体の画像を屈折させて透過させる三次元領域を有する第2媒体と、を含み、この第2媒体の三次元領域には、それぞれ液状の材料を固化して形成された複数の半円筒形状の凸部を有し、当該半円筒形状の長手方向端部の少なくとも一方側に、製造時における液状の材料の流動を阻止する部分が設けられている画像記録媒体であることが開示されている。 Patent Document 2, at the time of manufacture, the liquid material is an object to prevent the entering between the barrier ribs, the first medium having an image formed, is stacked on the first medium, the first medium includes a second medium having a three-dimensional area that transmits and refracts the image, the convex portion of this three-dimensional area of ​​the second medium, a plurality of semi-cylindrical shape formed by solidifying the liquid material, respectively the a, on at least one side of the longitudinal ends of the semi-cylindrical shape, it is disclosed that portion to prevent the flow of liquid material at the time of manufacture is an image recording medium are provided.

特開2013−125044号公報 JP 2013-125044 JP 特開2013−178362号公報 JP 2013-178362 JP

本発明は、レンズアレイ基板とは異なるレンズピッチのレンズアレイ及びレンズアレイ形成方法を提供することを目的としている。 The present invention aims to provide a lens array and a lens array forming method different lens pitch and the lens array substrate.

かかる目的を達成するための本発明の要旨とするところは、次の各項の発明に存する。 It is a gist of the present invention for achieving the above object resides in the invention in the following sections.
請求項1の発明は、それぞれが直線状に伸びる第1の凸型のレンズを複数有するレンズアレイ基板に対し、前記第1の凸型のレンズが伸びる方向に沿って前記第1の凸型のレンズ上に形成された複数の隔壁と、前記レンズアレイ基板の前記第1の凸型のレンズ上であって、前記複数の隔壁間に形成された第2の凸型のレンズを有することを特徴とするレンズアレイである。 The invention of claim 1, causes the lens array substrate, each having a plurality of first convex lens extending linearly, said first convex along the direction in which the first convex lens extends wherein a plurality of barrier ribs formed on the lens, even on the first convex lens of the lens array substrate, further comprising a second convex lens formed between the plurality of partition walls a lens array to.

請求項2の発明は、前記隔壁は、前記レンズアレイ基板の頂点部に形成されていることを特徴とする請求項1に記載のレンズアレイである。 The invention of claim 2, wherein the partition wall is a lens array according to claim 1, characterized in that it is formed in the apex portion of the lens array substrate.

請求項3の発明は、前記隔壁は、前記レンズアレイ基板の谷部に形成されていることを特徴とする請求項1に記載のレンズアレイである。 The invention according to claim 3, wherein the partition wall is a lens array according to claim 1, characterized in that it is formed in the valleys of the lens array substrate.

請求項4の発明は、前記隔壁は、前記レンズアレイ基板の谷部と頂点部の間に形成されていることを特徴とする請求項1に記載のレンズアレイである。 The invention of claim 4, wherein the partition wall is a lens array according to claim 1, characterized in that formed between the valley and the vertex portion of the lens array substrate.

請求項5の発明は、前記第2の凸型のレンズは、前記レンズアレイ基板の一部の領域に形成されていることを特徴とする請求項1から4のいずれか一項に記載のレンズアレイである。 The invention of claim 5, wherein the second convex lens, a lens according to claim 1, any one of 4, characterized in that it is formed in a partial region of the lens array substrate it is an array.

請求項6の発明は、それぞれが直線状に伸びる凸型のレンズを複数有するレンズアレイ基板に対し、前記凸型のレンズが伸びる方向に沿って前記凸型のレンズ上に複数の隔壁を形成し、前記レンズアレイ基板の前記凸型のレンズ上であって、前記複数の隔壁間に樹脂を吐出し、吐出された前記樹脂を硬化させることを特徴とするレンズアレイ形成方法である。 The invention of claim 6, causes the lens array substrate, each having a plurality of convex lenses extending in a straight line, a plurality of partition walls formed on the convex lens along the direction in which the convex lens extends , even on the convex lens of the lens array substrate, discharging the resin between the plurality of partition walls, a lens array forming method comprising curing the discharged the resin.

請求項1のレンズアレイによれば、レンズアレイ基板とは異なるレンズピッチのレンズアレイとすることができる。 According to the lens array of claim 1 can be a lens array of different lens pitch and the lens array substrate.

請求項2のレンズアレイによれば、レンズアレイの頂点部に形成されている隔壁によってレンズを形成できる。 According to the lens array according to claim 2, capable of forming a lens by a partition wall formed in the apex portion of the lens array.

請求項3のレンズアレイによれば、レンズアレイの谷部に形成されている隔壁によってレンズを形成できる。 According to the lens array according to claim 3, to form a lens by a partition wall formed in the valleys of the lens array.

請求項4のレンズアレイによれば、レンズアレイの谷部と頂点部の間に形成されている隔壁によってレンズを形成できる。 According to the lens array according to claim 4, to form a lens by a partition wall formed between the valley and the vertex of the lens array.

請求項5のレンズアレイによれば、レンズアレイ基板内でレンズピッチが異なるレンズアレイを形成することができる。 According to the lens array according to claim 5, it can be the lens pitch in the lens array substrate to form the different lens arrays.

請求項6のレンズアレイ形成方法によれば、レンズアレイ基板とは異なるレンズピッチのレンズアレイを形成することができる。 According to the lens array forming method according to claim 6, it is possible to form a lens array having different lens pitch and the lens array substrate.

本実施の形態のレンズアレイを製造する方法の例を示す説明図である。 An example of a method of manufacturing the lens array of the present embodiment is an explanatory diagram showing. 本実施の形態のレンズアレイの形態(1)の例を示す説明図である。 An example of embodiment of a lens array of the present embodiment (1) is an explanatory diagram showing. 本実施の形態のレンズアレイの形態(2)の例を示す説明図である。 An example of embodiment of a lens array of the present embodiment (2) is an explanatory diagram showing. 本実施の形態のレンズアレイの第2レンズの形態(1)の例を示す説明図である。 Examples of the second lens in the form of a lens array of the present embodiment (1) is an explanatory diagram showing. 本実施の形態のレンズアレイの第2レンズの形態(2)の例を示す説明図である。 Examples of the second lens in the form of a lens array of the present embodiment (2) is an explanatory diagram showing. 本実施の形態のレンズアレイの第2レンズの形態(3)の例を示す説明図である。 Examples of the second lens in the form of a lens array of the present embodiment (3) is an explanatory diagram showing. 隔壁を形成して、レンズアレイを製造する方法の例を示す説明図である。 Forming a partition wall is an explanatory diagram showing an example of a method of manufacturing the lens array. 曲率制御の例を示す説明図である。 Is an explanatory diagram showing an example of a curvature control.

まず、本実施の形態を説明する前に、その前提となる技術について説明する。 First, before describing the embodiments, it will be described technologies that are a prerequisite. なお、この説明は、本実施の形態の理解を容易にすることを目的とするものである。 Note that this description is for the purpose of facilitating the understanding of the present embodiment.
レンズアレイとは、正立像あるいは倒立像を形成する要素レンズ(レンズエレメント)を複数並列的に配列し、像を重ね合わせて全体で1個の連続像を形成する光学系であり、半円柱のレンズを並べたレンチキュラーレンズ、シリンドリカルレンズ等を含む。 The lens array, the element lenses forming the erected or inverted image (lens element) and multiple parallel sequences, an optical system that forms one continuous image across the superimposed image, the semi-cylindrical lens lenticular lens arranged, including a cylindrical lens or the like. 例えば、3次元画像(以下、3Dともいう)を表現すること、視線を換えることによって複数の画像を表示すること(以下、チェンジングともいう)ができる。 For example, 3-dimensional images to express (hereinafter, also referred to as 3D), displaying a plurality of images by changing the line of sight (hereinafter, also referred to as Changing) can be. 以下、レンズは凸型のレンズとする。 Hereinafter, the lens is a convex lens.
レンチキュラー画像(3D、チェンジングで表示する画像)では、レンズアレイを構成する個々のレンズ(要素レンズ)が担う領域に複数の視点画像を配置する。 In the lenticular image (3D, image display in Changing), arranging a plurality of viewpoint images in an area where the individual lenses of the lens array (element lens) plays. 複数の画像とは、例えば、3D表示であれば異なる視点から見た画像(視差画像)であり、チェンジングであれば表示したい画像(色違いの画像、象とキリンのように相関のない画像(相関がある画像であってもよい)など)である。 The plurality of images, for example, an image viewed from different viewpoints If 3D display (parallax images), images of the image (different colors to be displayed if Changing, uncorrelated as elephants and giraffe image ( an image having correlation is also be), etc.). 1本の要素レンズに収容可能な画像数はプリンタの性能に依存する。 Number of images that can be accommodated in a single element lens is dependent on the performance of the printer.
通常、要素レンズに収容できる画像数が多いほど、表示できる画像が増えるというメリットがある(3D表示であれば立体感が増す)。 Usually, the more number of images that can be accommodated in the element lenses, (increased stereoscopic effect if the 3D display) in which there is an advantage that the image that can be displayed is increased. 一方、プリンタの解像度には限界があるため、収容できる画像数を多くするためにレンズピッチを大きくすると、解像度が劣化するというデメリットもある。 On the other hand, the printer resolution because there is a limit, increasing the lens pitch in order to increase the number of images that can be accommodated, there is also a disadvantage that resolution is degraded. よって、表現したい画像やデザイナーの趣向によって、表示画像数と解像度のどちらを優先して選択するかという自由度があることが望ましい。 Thus, the taste of the image and designers want to express, it is desirable to have freedom of whether preferentially selects either of the display image depth and resolution.
一般的なレンチキュラー画像の作製では、レンズピッチが固定である型成型されたレンズシートと紙に印刷された画像とを貼り合わせて作製される。 In the production of common lenticular image, the lens pitch is produced by bonding the mold molded lens sheet and printed image on the paper is fixed. あるいは、レンズシートの裏面(平面部)にUVオフセット印刷機などにより、直接印刷されて作製される。 Alternatively, due UV offset printing machine on the rear surface of the lens sheet (flat portion) are produced directly printed. いずれにしても、レンズピッチは固定であるため、上記の選択肢の自由度はない。 In any case, because the lens pitch is fixed, there is no degree of freedom of the choice. つまり、レンズシートの局所的な領域だけレンズピッチを変えて、表示画像数を多くするという処理ができない。 That is, by changing the lens pitch only a local region of the lens sheet can not processing for increasing the number of display images.

また、レンズピッチや曲率(焦点距離)を任意に設定できるレンチキュラーレンズ作製方法として、我々は特開2013−125044(特許文献1)にて隔壁ピン止め方法を提案した。 Further, as the lenticular lens manufacturing method capable of setting the lens pitch and the curvature (the focal length) optionally, we proposed a partition wall pinning method at JP 2013-125044 (Patent Document 1). 図7、図8の例を用いて、隔壁ピン止め方法、そして、その隔壁ピン止め方法によるレンズ幅、曲率制御について説明する。 7, using the example of FIG. 8, the partition wall pinning method, and the lens width due to the partition wall pinning method, the curvature control will be described.
図7は、隔壁を形成して、レンズアレイを製造する方法(隔壁ピン止め方法の原理)の一例を示す説明図である。 7, by forming the partition wall is an explanatory diagram showing an example of a method (principle of partition wall pinning method) of manufacturing a lens array. ここでは、説明を簡単にするために、基板100(例えば、樹脂基板)に対して1つの刃110で隔壁を形成し、1つの樹脂滴下装置144で樹脂を滴下している。 Here, in order to simplify the description, the substrate 100 (e.g., a resin substrate) to form a partition wall with one blade 110 with respect to, and dropping the resin in one resin dropping device 144. 複数の刃、複数の樹脂滴下装置を用いるようにしてもよいし、刃と樹脂滴下装置を一体化させた装置を用いるようにしてもよいし、その一体化させた装置を複数用いるようにしてもよい。 A plurality of blades, may be used a plurality of resin dropping device, it may be used a device with integrated blade and resin dripping device, so as to use a plurality of device with its integrated it may be.
図7(a1)に例示するように、基板100に対して刃110で切削させる走査を行って溝732を形成し(基板100に溝732の切り込みを入れ)、溝732の両端に隔壁732a、隔壁732bを形成する。 As illustrated in FIG. 7 (a1), performing scanning for cutting by the blade 110 relative to substrate 100 to form a groove 732 (cut put of the groove 732 in the substrate 100), the partition wall 732a on both ends of the groove 732, forming the partition wall 732b. 図7(a2)の例は、刃110が基板100に切り込みを入れた場面の断面を示したものである。 Example of FIG. 7 (a2) are those in which the blade 110 is showing a cross section of the scenes which cuts the substrate 100.
次に、図7(b)に例示するように、刃110をピッチ143の距離だけ移動させ、切り込みを入れ(溝734、溝736)、隔壁734a、734b、736a、736b等を形成する。 Next, as illustrated in FIG. 7 (b), moves the blade 110 by a distance of a pitch 143, cuts (grooves 734, the groove 736), the partition walls 734a, 734b, 736a, to form the 736b, and the like. ピッチ143は、隔壁間の距離であり、レンズ幅となる。 Pitch 143 is the distance between the partition walls, the lens width. つまり、ピッチ143を制御することによって、レンズ幅を制御する。 That is, by controlling the pitch 143, controls the lens width.
図7(c)に例示するように、隔壁間(例えば、隔壁732bと隔壁734aの間)に、樹脂滴下装置144によってUV硬化樹脂762等を吐出(Ejection)する。 As illustrated in FIG. 7 (c), between the barrier ribs (e.g., between the partition wall 732b and the partition 734a) to be discharged (Ejection) the UV curing resin 762 or the like by the resin dropping unit 144. 樹脂の吐出量により曲率制御をする。 The curvature controlled by the discharge amount of the resin. 液状の樹脂として、例えば、UV(UltraViolet radiation)硬化樹脂であるNOA65(Norland Products社製)等がある。 As the liquid resin, for example, and the like UV (UltraViolet radiation) is a cured resin NOA65 (Norland Products, Inc.). なお、UV硬化樹脂とは、紫外線の光エネルギーに反応して液体から固体に化学的に変化する合成樹脂である。 Note that the UV curable resin is chemically changed to the synthetic resin in response to light energy of the ultraviolet from a liquid to a solid. また、熱溶融させた高分子(熱可塑性樹脂)や熱硬化性樹脂であってもよい。 Further, it may be a was thermally molten polymer (thermoplastic resin) and thermosetting resins.
図7(d)に例示するように、図7(c)の例のように吐出又は塗布された液状の樹脂を硬化させることによってレンズを形成する。 As illustrated in FIG. 7 (d), to form a lens by curing the discharged or applied liquid resin as in the example of FIG. 7 (c). 具体的には、UV硬化樹脂であれば、UV光源119のUV光照射により硬化させる。 More specifically, if the UV curable resin is cured by UV irradiation of the UV light source 119. 熱溶融させた熱可塑性樹脂を用いる場合は、冷却することにより硬化させる。 When a thermoplastic resin is thermally melted, is cured by cooling. 熱硬化性樹脂を用いる場合は加熱することで硬化させる。 When using a thermosetting resin is cured by heating. もちろんのことながら、液状の樹脂は硬化させた状態で透明である。 While of course, the liquid resin is transparent in a state of being cured.
図8は、曲率制御(屈曲面によるピン止め効果)の例を示す説明図である。 Figure 8 is an explanatory diagram showing an example of a curvature control (pinning effect caused by the bending plane). 図8(a)の例に示すように、板状の平らな表面(基板100)にある液体(UV硬化樹脂等)の液体界面の接触角をθとする。 As shown in the example of FIG. 8 (a), the contact angle of the liquid interface of the liquid in the plate-like flat surface (substrate 100) (UV curable resin) and theta. 図8(b)の例に示すように、板状の角(平面となす角の角度α)に液体がある場合は、ピッチ制御によって「接触角>θ+α」を満たすまで移動できない。 As shown in the example of FIG. 8 (b), when there is liquid in the plate-shaped angle (angle of the plane and the angle alpha), you can not move to meet the "contact angle> theta + alpha" by the pitch control. したがって、基板100の隔壁頂点部の役割として、接触角はθからθ+αまでの任意の角度をとれることとなり、液滴の量により曲率制御を行うことができる(例えば、「J.F.Oliver et al, J.Colloids and interface Sci,59,568(1977)」を参照)。 Therefore, the role of the partition apex portion of the substrate 100, the contact angle becomes to take any angle from theta to theta + alpha, it is possible to perform a curvature controlled by the amount of liquid droplets (e.g., "J.F.Oliver et see al, J.Colloids and interface Sci, the 59,568 (1977) ").
つまり、この隔壁ピン止め方法は、レンズ基板(樹脂基板)を鋭利な刃で引っ掻くことで隔壁(屈曲部)を形成し、その隔壁のピン止め効果により流動性樹脂(UV硬化樹脂など)の流動を抑制する。 That is, the partition wall pinning method, the flow of the lens substrate (resin substrate) to form a partition wall (bent portion) by scratching with a sharp blade, (such as UV curable resin) fluid resin by pinning effect of the partition wall to suppress. したがって、所望のレンズピッチで隔壁を形成することで、レンズピッチを規定できる。 Therefore, by forming the partition wall in the desired lens pitch can define a lens pitch. さらに、その隔壁間に流動性樹脂を吐出することで所望の形状のレンズを形成できる。 Furthermore, it is possible to form a desired shape of the lens by ejecting fluid resin between the barrier ribs. レンズの曲率(焦点距離)は吐出する流動性樹脂の体積で制御する。 The curvature of the lens (focal length) is controlled by the volume of fluid resin to be discharged.
このレンズ作製方法はレンズピッチや焦点距離、さらに、レンズサイズを柔軟に変更できるという利点を有する。 The lens manufacturing method lens pitch and focal length, further has the advantage that the lens size can be flexibly changed.

以下、図面に基づき本発明を実現するにあたっての好適な一実施の形態の例を説明する。 Hereinafter, an example of a preferred embodiment for realizing the invention with reference to the drawings.
本実施の形態は、レンズピッチが固定であるレンズアレイ基板のレンズ面側を刃で引っ掻いて、隔壁ピン止め方法によってレンズを形成する。 This embodiment, the lens pitch is scratched lens surface of the lens array substrate is fixed blade, to form a lens by a partition wall pinning method. つまり、既に作製されたレンズアレイ基板上に、さらにレンズ(以下、第2レンズともいう)を形成するものである。 In other words, the already fabricated lens array substrate, further lenses are those (hereinafter, also referred to as the second lens) is formed. また、レンズアレイ基板の局所的に隔壁ピン止め方法によってレンズを形成してもよい。 It is also possible to form a lens by locally partition wall pinning method of the lens array substrate. なお、以下に示す通り、ピン止めレンズのピッチPは、ピッチ固定レンズのピッチpよりも大きい。 Incidentally, as shown below, the pitch P of the pinning lens is greater than the pitch p of the pitch fixed lens.

図1(a0)は、レンズアレイ基板の例を示している。 Figure 1 (a0) shows an example of the lens array substrate. これは、基板100の上に複数のレンズ(レンズ130、134、・・・)が形成されているものである。 This plurality of lenses on the substrate 100 (lens 130, 134, ...) in which are formed. つまり、このレンズアレイ基板は、それぞれが直線状に伸びる第1の凸型のレンズを複数有する。 In other words, the lens array substrate, each of which plurality have a first convex lens extending linearly. また、このレンズアレイ基板は、前述の隔壁ピン止め方法によって作製されたものであってもよいし、型成型されたレンズシートであってもよい。 Further, this lens array substrate may be one that is produced by the partition wall pinning methods described above, or may be a lens sheet which is die forming. もちろんのことながら、この状態でのレンズアレイ基板では、レンズピッチは固定である。 While of course, the lens array substrate in this state, the lens pitch is fixed.

図1(a1)は、図1(a0)の例に示したレンズアレイ基板のレンズ130に隔壁を生成する過程を示したものである。 Figure 1 (a1) is a diagram illustrating a process of generating a partition wall on the lens array substrate of the lens 130 shown in the example of FIG. 1 (a0). 前述の隔壁ピン止め方法と同様に、レンズアレイ基板に対して刃110で切削させる走査(切削方向190)を行って、溝132を形成し(レンズアレイ基板のレンズ130に溝132の切り込みを入れ)、溝132の両端に隔壁132a、隔壁132bを形成する。 As in the previous partition wall pinning method, by performing scanning (cutting direction 190) for cutting at edge 110 to the lens array substrate, an incision of grooves 132 to form a groove 132 (the lens array substrate of lenses 130 ), forming the partition wall 132a, the partition wall 132b at both ends of the groove 132. したがって、この隔壁は、第1の凸型のレンズが伸びる方向に沿って前記第1の凸型のレンズ上に形成されており、複数の隔壁となる。 Thus, the partition wall is formed on the first convex lens along the direction in which the first convex lens extends, a plurality of partition walls.
図1(a2)の例は、刃110が基板100に切り込みを入れた場面の断面を示したものである。 Example of FIG. 1 (a2) are those in which the blade 110 is showing a cross section of the scenes which cuts the substrate 100.
図1(a3)の例は、他のレンズにも溝を形成し、その溝の両端に隔壁を形成した例を示したものである。 Example of FIG. 1 (a3) ​​can also form a groove on the other lens, and shows an example of forming a partition wall on both ends of the groove. つまり、レンズアレイ基板に複数の隔壁を形成している。 That is, by forming a plurality of partition walls in the lens array substrate. この例では、1つおきのレンズに切り込みを入れているが、隣のレンズ、2つ以上離れたレンズを対象としてもよい。 In this example, although incised every other lens, next to the lens, or may be directed to two or more distant lenses. この切り込みによって生じる隔壁間の距離が、レンズ幅となる。 The distance between the partition walls produced by the incision, the lens width.

図1(b)に例示するように、隔壁間(隣り合う溝によって生じる2つの隔壁の間)に、樹脂滴下装置144によってUV硬化樹脂等をノズル145から吐出(Ejection)する。 As illustrated in FIG. 1 (b), between the barrier ribs (between two partition walls caused by adjacent grooves) and discharges (Ejection) a UV curable resin or the like from the nozzle 145 by the resin dropping unit 144. 樹脂の吐出量により、レンズ160の曲率制御をする。 The discharge rate of the resin, the curvature control of the lens 160. 液状の樹脂として、例えば、前述したものと同様に、UV硬化樹脂であるNOA65(Norland Products社製)等がある。 As the liquid resin, for example, in the same manner as described above, there are NOA65 (Norland Products, Inc.) and the like is a UV curable resin. なお、熱溶融させた高分子(熱可塑性樹脂)や熱硬化性樹脂であってもよい。 It may be obtained by heat-melting a polymer (thermoplastic resin) and thermosetting resins. ここで形成するレンズは、レンズアレイ基板100の前記第1の凸型のレンズ上であって、前記複数の隔壁間に形成された第2の凸型のレンズである。 Lens formed here, even on the first convex lens of the lens array substrate 100, a second convex lens formed between the plurality of partition walls.

図1(c)に例示するように、図1(b)の例のように吐出又は塗布された液状の樹脂を硬化させることによって第2レンズであるレンズ160、162等を形成する。 As illustrated in FIG. 1 (c), to form a lens 160, 162, etc. which is the second lens by curing the discharged or applied liquid resin as in the example of FIG. 1 (b). 具体的には、UV硬化樹脂であれば、UV光源119のUV光照射により硬化させる。 More specifically, if the UV curable resin is cured by UV irradiation of the UV light source 119. 熱溶融させた熱可塑性樹脂を用いる場合は、冷却することにより硬化させる。 When a thermoplastic resin is thermally melted, is cured by cooling. 熱硬化性樹脂を用いる場合は加熱することで硬化させる。 When using a thermosetting resin is cured by heating. もちろんのことながら、液状の樹脂は硬化させた状態で透明である。 While of course, the liquid resin is transparent in a state of being cured.

図2の例は、図1に例示した作製方法をレンズアレイ基板の第2レンズ形成領域210に適用したものである。 The example of FIG. 2, is obtained by applying the manufacturing method illustrated in FIG. 1 the second lens forming region 210 of the lens array substrate. 第2レンズ形成領域210は、レンズアレイ基板上のレンズの一方の端から他方の端まで第2レンズがある例である。 The second lens forming region 210, an example in which there is a second lens from one end of the lens of the lens array substrate to the other end. したがって、第2レンズ形成領域210とそれ以外の領域では、曲率の異なるレンズとなり、第2レンズ形成領域210内では、それ以外の領域と比較して、表示できる画像を増やすことができる。 Accordingly, and in the other regions and the second lens forming region 210 becomes a different lens curvature, in the second lens forming region 210., as compared to other regions, it is possible to increase the image that can be displayed.
図3の例は、図1に例示した作製方法をレンズアレイ基板の第2レンズ形成領域310に適用したものである。 The example of FIG. 3, is obtained by applying the manufacturing method illustrated in FIG. 1 in the lens array second lens forming region 310 of the substrate. 第2レンズ形成領域310は、レンズアレイ基板上の切込位置320bから切込位置320aまでの間にあるレンズに切り込みを入れ、第2レンズを形成した例である。 The second lens forming region 310, an incision on the lens that is until cutting position 320a from notch position 320b of the lens array substrate, an example of forming the second lens. なお、図3の例に示す切込位置320a、切込位置320bの矢印方向のように、レンズの長手方向を横切る方向に切り込みを入れる場合、切り込みがレンズ凹部(谷の部分)にも形成されるように、切り込み時の荷重を大きくしたり、又は、細い刃を使用したりする。 As in the arrow direction of cutting-in position 320a, cutting-in position 320b shown in the example of FIG. 3, when an incision in a direction transverse to the longitudinal direction of the lens, notches are also formed in the lens recess (part of the valley) in so that, or to increase the load at the time of cut, or, or use a thin blade.

図4、図5、図6を用いて、パラメータ設計の例を示す。 4, 5, with reference to FIG. 6 shows an example of a parameter design.
なお、ピッチ固定のレンズ(元のレンズアレイ基板上のレンズ(図1の例では、レンズ130))におけるピッチをp、曲率半径をr、サグをsとし、ピン止めレンズ(第2レンズ(図1の例では、レンズ160))におけるピッチをP、曲率半径をR、サグをSとする。 Incidentally, (in the example of the original lens array substrate of the lens (Fig. 1, the lens 130)) pitch fixing the lens pitch in to p, the radius of curvature r, the sag and s, pinning lens (second lens (FIG. in one example, the pitch of the lens 160)) P, the radius of curvature R, the sag and S. なお、サグ(sag)とは、レンズ凸部の高さをいう。 Note that the sag (sag), refers to the height of the lens convex portions.

図4の例は、ピッチ固定レンズの谷部に切り込みを入れる場合を示している。 Example of FIG. 4 shows a case where a cut into the valleys of the pitch fixed lens. 図4の例では、切り込みの位置は、レンズ130とレンズ134の間、レンズ138とレンズ142の間である。 In the example of FIG. 4, the position of the cuts, between the lens 130 and the lens 134, which is between the lens 138 and the lens 142. レンズ134は焦点432、レンズ138は焦点434、レンズ410は焦点412をそれぞれ有している。 Lens 134 has a focal 432, the lens 138 is focus 434, the lens 410 is a focus 412 respectively.
レンチキュラー画像用途の場合、視差画像はレンズの焦点面に配置する。 For lenticular imaging applications, parallax images are arranged in the focal plane of the lens. レンズ間の谷部に切り込みを入れる場合、両レンズ(元のレンズと第2レンズ)ともペデスタル(Pedestal)は同じであるため、両レンズの焦点距離fは同じである。 If an incision in the valleys between lenses, since the pedestal (Pedestal) is the same for both lens (original lens and the second lens), the focal length f of the two lenses is the same. つまり、 That is,
r=R (∵f=r/(n−1),n:屈折率) r = R (∵f = r / (n-1), n: refractive index)
となる。 To become.
また、ピッチに関して、「P>p」の関係を有している。 In addition, with regard to pitch, we have a relationship of "P> p". さらに、曲率半径の最小値はピッチの半分であるため(式(1)、式(2)内の√の中は0以上)、「2r≧P」となる。 Further, since the minimum value of the radius of curvature is half the pitch (Equation (1), zero or more Of √ in equation (2)), a "2r ≧ P". よって、「2r≧P>p」となる。 Therefore, it is "2r ≧ P> p".
また、レンズの断面形状を対称的にするため、 Further, since the cross-sectional shape of the lens symmetrically,
P=m×p(m:2以上の整数) P = m × p (m: 2 or more integer)
となる。 To become.
よって、関係式「2r/p≧m>1」より、整数mの取り得る範囲が定まる。 Therefore, from the equation "2r / p ≧ m> 1", determined is the possible range of the integer m.
ところで、サグについては、式(1)、式(2)より、「S>s」となる。 By the way, for the sag, equation (1), the equation (2), the "S> s".
望ましくは、「P=m×p(m:2以上の整数)」とすればよい。 Desirably, "P = m × p (m: 2 or more integer)" may be set. なぜならば、流量(単位時間当たりの吐出量)を一定にすればよく、制御が容易となるからである。 The reason may be the flow rate (discharge amount per unit time) constant, because the control is facilitated. この整数mを定めると、解像度に応じて、いくつの画像を入れることができるかが決定する。 When determining this integer m, in accordance with the resolution, or determines it is possible to put a number of images. 例えば、m=2ならば、2倍の画像を入れることができることになる。 For example, if m = 2, will be able to put the double images.

図5の例は、ピッチ固定レンズの頂点部に切り込みを入れる場合を示している。 Example of FIG. 5 shows a case where a cut in the top portion of the pitch fixed lens. 図5の例では、切り込みの位置は、レンズ130の頂点部であるスクラッチ位置510a、レンズ138の頂点部であるスクラッチ位置510bである。 In the example of FIG. 5, the position of the cut is a scratch position 510b is scratch position 510a, the apex portion of the lens 138 is a top portion of the lens 130. レンズ510は焦点512(レンズ134の焦点432と同じ位置)を有している。 Lens 510 has a (same position as the focal point 432 of lens 134) focus 512.
レンチキュラー画像用途の場合、視差画像はレンズの焦点面に配置する。 For lenticular imaging applications, parallax images are arranged in the focal plane of the lens.
頂点部に切り込みを入れる場合、新たに作成される第2レンズのペデスタルは固定レンズのサグsの分だけ大きくなる。 If a cut in the top portion, the pedestal of the second lens to be newly created is increased by the amount of sag s fixed lens. つまり、焦点距離Fはf+sとなる。 That is, the focal length F is the f + s. つまり、式(3)を得る。 In other words, to obtain a formula (3).
また、2R≧P、P=m×p(m:2以上の整数)より、式(4)を得る。 Further, 2R ≧ P, P = m × p: from (m 2 or more integer) to obtain equation (4).
式(4)より、整数mの取り得る範囲が定まる。 From equation (4), determined the range of possible integer m.

図6の例は、ピッチ固定レンズの谷部と頂点部の間に切り込みを入れる場合を示している。 Example 6 shows the case where a cut between the valley and the vertex portion of the pitch fixed lens. 図6の例では、切り込みの位置は、レンズ130、レンズ138の谷部からの高さhの位置であるスクラッチ位置610a、スクラッチ位置610bである。 In the example of FIG. 6, the position of the incision, the lens 130, the position of height h from the valley is scratch position 610a of the lens 138, a scratch position 610b. レンズ610は焦点612を有している。 Lens 610 has a focal point 612.
前述の高さhから、 Of the above-mentioned from the height h,
F=f+hであり、 Is F = f + h,
したがって、 Therefore,
R=r+(n−1)h R = r + (n-1) h
となる。 To become.
また、P=m×p(m:2以上の整数)より、 Further, P = m × p: from (m 2 or more integer),
となる。 To become.
この式(5)より、整数mの取り得る範囲が定まる。 From this equation (5), defined range of possible integer m.

前述したように、切り込み位置は任意である。 As described above, the cut position is arbitrary. ただし、図5の例に示すように、レンズの頂点部に形成することが望ましい。 However, as shown in the example of FIG. 5, it is desirable to form the apex of the lens. なぜなら、刃の加圧時に刃先の滑りによる位置ずれが起きにくいからである。 This is because it hardly occurs positional displacement due to slippage of the blade edge during pressing of the blade.
上述した実施の形態は、本発明の実施の形態の一部である。 The above-described embodiment, a part of the embodiment of the present invention. ただし、これに限定されるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲内において種々変形実施可能である。 However, the invention is not limited thereto, and various modifications may be practiced within the scope not departing from the gist of the present invention.

100…基板 110…刃 119…UV光源 130…レンズ 132…溝 132a…隔壁 132b…隔壁 134…レンズ 144…樹脂滴下装置 145…ノズル 100 ... substrate 110 ... blade 119 ... UV light source 130 ... lens 132 ... groove 132a ... partition wall 132b ... partition wall 134 ... lens 144 ... resin dropping unit 145 ... nozzle

Claims (6)

  1. それぞれが直線状に伸びる第1の凸型のレンズを複数有するレンズアレイ基板に対し、前記第1の凸型のレンズが伸びる方向に沿って前記第1の凸型のレンズ上に形成された複数の隔壁と、 Plurality, each with respect to the first lens array substrate having a plurality of convex lenses extending in a straight line, formed on the first convex lens along the direction in which the first convex lens extends and the partition wall,
    前記レンズアレイ基板の前記第1の凸型のレンズ上であって、前記複数の隔壁間に形成された第2の凸型のレンズ を有することを特徴とするレンズアレイ。 Wherein a lens array on said first convex lens substrate, a lens array, characterized in that it comprises a second convex lens formed between the plurality of partition walls.
  2. 前記隔壁は、前記レンズアレイ基板の頂点部に形成されている ことを特徴とする請求項1に記載のレンズアレイ。 The septum lens array according to claim 1, characterized in that it is formed in the apex portion of the lens array substrate.
  3. 前記隔壁は、前記レンズアレイ基板の谷部に形成されている ことを特徴とする請求項1に記載のレンズアレイ。 The septum lens array according to claim 1, characterized in that it is formed in the valleys of the lens array substrate.
  4. 前記隔壁は、前記レンズアレイ基板の谷部と頂点部の間に形成されている ことを特徴とする請求項1に記載のレンズアレイ。 The septum lens array according to claim 1, characterized in that formed between the valley and the vertex portion of the lens array substrate.
  5. 前記第2の凸型のレンズは、前記レンズアレイ基板の一部の領域に形成されている ことを特徴とする請求項1から4のいずれか一項に記載のレンズアレイ。 The second convex lens, the lens array lens array according to claim 1, any one of 4, characterized in that it is formed in a partial region of the substrate.
  6. それぞれが直線状に伸びる凸型のレンズを複数有するレンズアレイ基板に対し、前記凸型のレンズが伸びる方向に沿って前記凸型のレンズ上に複数の隔壁を形成し、 Causes the lens array substrate, each having a plurality of convex lenses extending in a straight line, a plurality of partition walls formed on the convex lens along the direction in which the convex lens extends,
    前記レンズアレイ基板の前記凸型のレンズ上であって、前記複数の隔壁間に樹脂を吐出し、 A on the convex lens of the lens array substrate, discharging the resin between the plurality of partition walls,
    吐出された前記樹脂を硬化させる ことを特徴とするレンズアレイ形成方法。 Lens array forming method comprising curing the discharged the resin.
JP2015040079A 2015-03-02 2015-03-02 Lens array and method of forming lens array Pending JP2016161756A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2015040079A JP2016161756A (en) 2015-03-02 2015-03-02 Lens array and method of forming lens array

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2015040079A JP2016161756A (en) 2015-03-02 2015-03-02 Lens array and method of forming lens array

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2016161756A true JP2016161756A (en) 2016-09-05

Family

ID=56846796

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2015040079A Pending JP2016161756A (en) 2015-03-02 2015-03-02 Lens array and method of forming lens array

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2016161756A (en)

Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0772808A (en) * 1993-09-02 1995-03-17 Toray Ind Inc Microlens array sheet and liquid crystal display formed by using the same
JPH09159805A (en) * 1995-12-07 1997-06-20 Toray Ind Inc Microlens array sheet and liquid crystal display device formed by using the same
US20010030805A1 (en) * 1998-09-16 2001-10-18 Fujitsu Limited Optical device and display device using the same
JP2006343449A (en) * 2005-06-08 2006-12-21 Seiko Epson Corp Method for manufacturing microlens, microlens, optical film, screen for projection, projector system, electrooptical device and electronic equipment
JP2014228836A (en) * 2013-05-27 2014-12-08 富士ゼロックス株式会社 Lens array manufacturing apparatus and lens array manufacturing method

Patent Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0772808A (en) * 1993-09-02 1995-03-17 Toray Ind Inc Microlens array sheet and liquid crystal display formed by using the same
JPH09159805A (en) * 1995-12-07 1997-06-20 Toray Ind Inc Microlens array sheet and liquid crystal display device formed by using the same
US20010030805A1 (en) * 1998-09-16 2001-10-18 Fujitsu Limited Optical device and display device using the same
JP2006343449A (en) * 2005-06-08 2006-12-21 Seiko Epson Corp Method for manufacturing microlens, microlens, optical film, screen for projection, projector system, electrooptical device and electronic equipment
JP2014228836A (en) * 2013-05-27 2014-12-08 富士ゼロックス株式会社 Lens array manufacturing apparatus and lens array manufacturing method

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6256150B1 (en) Lenticular optical system having parallel fresnel lenses
US7261541B2 (en) Cooling techniques in solid freeform fabrication
RU2495748C1 (en) Perfected stereo lithographic machine
CN1172199C (en) Lens array and its producing method
US6989931B2 (en) Lenticular optical system
EP2292413A2 (en) Rapid prototyping apparatus
US20160107383A1 (en) Solid freeform fabrication of shelled objects
KR101429325B1 (en) Printed article for displaying images having improved definition and depth
US6751024B1 (en) Lenticular optical system
US6856462B1 (en) Lenticular imaging system and method of manufacturing same
US20120019936A1 (en) Device for directing light beams, illustration device, method for producing a device and an illustration device
KR101765359B1 (en) Optical films enabling autostereoscopy
US20020113829A1 (en) Method and apparatus for direct printing on a lenticular foil
US6256149B1 (en) Lenticular lens sheet and method of making
EP1327166A2 (en) High definition lenticular lens
US20080192342A1 (en) Microlens Sheets Having Multiple Interspersed Anamorphic Microlens Arrays
US6833960B1 (en) Lenticular imaging system
Che-Ping et al. A new microlens array fabrication method using UV proximity printing
JP2011175297A (en) Method of manufacturing light control panel for use in optical imaging device
US6369949B1 (en) Optically anisotropic micro lens window
US20090168187A1 (en) Lenticular Lens Array Element
US20110051238A1 (en) Stereoscopic sheet structure
JP2006272916A (en) Optical shaping method
CN104582971B (en) A print head nozzles for use with additive manufacturing system
US3498864A (en) Method of producing a fiber optical article by molding and laminating

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20180129

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20180926

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20181009

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20190402