JP2016089615A - 作業機械 - Google Patents

作業機械 Download PDF

Info

Publication number
JP2016089615A
JP2016089615A JP2015211643A JP2015211643A JP2016089615A JP 2016089615 A JP2016089615 A JP 2016089615A JP 2015211643 A JP2015211643 A JP 2015211643A JP 2015211643 A JP2015211643 A JP 2015211643A JP 2016089615 A JP2016089615 A JP 2016089615A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
work machine
axle
prime mover
hydraulic
chassis
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2015211643A
Other languages
English (en)
Inventor
ジョン グリフィン、
Griffin John
ジョン グリフィン、
ジョナサン ライル、
Lyle Jonathan
ジョナサン ライル、
Original Assignee
ジェイ. シー. バンフォード エクスカヴェイターズ リミテッドJ.C. Bamford Excavators Limited
Jc Bamford Excavators Ltd
ジェイ. シー. バンフォード エクスカヴェイターズ リミテッドJ.C. Bamford Excavators Limited
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to GB1419276.9A priority Critical patent/GB2531767A/en
Priority to GB1419276.9 priority
Application filed by ジェイ. シー. バンフォード エクスカヴェイターズ リミテッドJ.C. Bamford Excavators Limited, Jc Bamford Excavators Ltd, ジェイ. シー. バンフォード エクスカヴェイターズ リミテッドJ.C. Bamford Excavators Limited filed Critical ジェイ. シー. バンフォード エクスカヴェイターズ リミテッドJ.C. Bamford Excavators Limited
Publication of JP2016089615A publication Critical patent/JP2016089615A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60KARRANGEMENT OR MOUNTING OF PROPULSION UNITS OR OF TRANSMISSIONS IN VEHICLES; ARRANGEMENT OR MOUNTING OF PLURAL DIVERSE PRIME-MOVERS IN VEHICLES; AUXILIARY DRIVES FOR VEHICLES; INSTRUMENTATION OR DASHBOARDS FOR VEHICLES; ARRANGEMENTS IN CONNECTION WITH COOLING, AIR INTAKE, GAS EXHAUST OR FUEL SUPPLY OF PROPULSION UNITS IN VEHICLES
    • B60K17/00Arrangement or mounting of transmissions in vehicles
    • B60K17/34Arrangement or mounting of transmissions in vehicles for driving both front and rear wheels, e.g. four wheel drive vehicles
    • B60K17/356Arrangement or mounting of transmissions in vehicles for driving both front and rear wheels, e.g. four wheel drive vehicles having fluid or electric motor, for driving one or more wheels
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60KARRANGEMENT OR MOUNTING OF PROPULSION UNITS OR OF TRANSMISSIONS IN VEHICLES; ARRANGEMENT OR MOUNTING OF PLURAL DIVERSE PRIME-MOVERS IN VEHICLES; AUXILIARY DRIVES FOR VEHICLES; INSTRUMENTATION OR DASHBOARDS FOR VEHICLES; ARRANGEMENTS IN CONNECTION WITH COOLING, AIR INTAKE, GAS EXHAUST OR FUEL SUPPLY OF PROPULSION UNITS IN VEHICLES
    • B60K23/00Arrangement or mounting of control devices for vehicle transmissions, or parts thereof, not otherwise provided for
    • B60K23/08Arrangement or mounting of control devices for vehicle transmissions, or parts thereof, not otherwise provided for for changing number of driven wheels, for switching from driving one axle to driving two or more axles
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60KARRANGEMENT OR MOUNTING OF PROPULSION UNITS OR OF TRANSMISSIONS IN VEHICLES; ARRANGEMENT OR MOUNTING OF PLURAL DIVERSE PRIME-MOVERS IN VEHICLES; AUXILIARY DRIVES FOR VEHICLES; INSTRUMENTATION OR DASHBOARDS FOR VEHICLES; ARRANGEMENTS IN CONNECTION WITH COOLING, AIR INTAKE, GAS EXHAUST OR FUEL SUPPLY OF PROPULSION UNITS IN VEHICLES
    • B60K25/00Auxiliary drives
    • B60K25/06Auxiliary drives from the transmission power take-off
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E02HYDRAULIC ENGINEERING; FOUNDATIONS; SOIL SHIFTING
    • E02FDREDGING; SOIL-SHIFTING
    • E02F3/00Dredgers; Soil-shifting machines
    • E02F3/04Dredgers; Soil-shifting machines mechanically-driven
    • E02F3/28Dredgers; Soil-shifting machines mechanically-driven with digging tools mounted on a dipper- or bucket-arm, i.e. there is either one arm or a pair of arms, e.g. dippers, buckets
    • E02F3/30Dredgers; Soil-shifting machines mechanically-driven with digging tools mounted on a dipper- or bucket-arm, i.e. there is either one arm or a pair of arms, e.g. dippers, buckets with a dipper-arm pivoted on a cantilever beam, i.e. boom
    • E02F3/32Dredgers; Soil-shifting machines mechanically-driven with digging tools mounted on a dipper- or bucket-arm, i.e. there is either one arm or a pair of arms, e.g. dippers, buckets with a dipper-arm pivoted on a cantilever beam, i.e. boom working downwardly and towards the machine, e.g. with backhoes
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E02HYDRAULIC ENGINEERING; FOUNDATIONS; SOIL SHIFTING
    • E02FDREDGING; SOIL-SHIFTING
    • E02F3/00Dredgers; Soil-shifting machines
    • E02F3/04Dredgers; Soil-shifting machines mechanically-driven
    • E02F3/28Dredgers; Soil-shifting machines mechanically-driven with digging tools mounted on a dipper- or bucket-arm, i.e. there is either one arm or a pair of arms, e.g. dippers, buckets
    • E02F3/30Dredgers; Soil-shifting machines mechanically-driven with digging tools mounted on a dipper- or bucket-arm, i.e. there is either one arm or a pair of arms, e.g. dippers, buckets with a dipper-arm pivoted on a cantilever beam, i.e. boom
    • E02F3/32Dredgers; Soil-shifting machines mechanically-driven with digging tools mounted on a dipper- or bucket-arm, i.e. there is either one arm or a pair of arms, e.g. dippers, buckets with a dipper-arm pivoted on a cantilever beam, i.e. boom working downwardly and towards the machine, e.g. with backhoes
    • E02F3/325Backhoes of the miniature type
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E02HYDRAULIC ENGINEERING; FOUNDATIONS; SOIL SHIFTING
    • E02FDREDGING; SOIL-SHIFTING
    • E02F9/00Component parts of dredgers or soil-shifting machines, not restricted to one of the kinds covered by groups E02F3/00 - E02F7/00
    • E02F9/006Pivot joint assemblies
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E02HYDRAULIC ENGINEERING; FOUNDATIONS; SOIL SHIFTING
    • E02FDREDGING; SOIL-SHIFTING
    • E02F9/00Component parts of dredgers or soil-shifting machines, not restricted to one of the kinds covered by groups E02F3/00 - E02F7/00
    • E02F9/02Travelling-gear, e.g. associated with slewing gears
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E02HYDRAULIC ENGINEERING; FOUNDATIONS; SOIL SHIFTING
    • E02FDREDGING; SOIL-SHIFTING
    • E02F9/00Component parts of dredgers or soil-shifting machines, not restricted to one of the kinds covered by groups E02F3/00 - E02F7/00
    • E02F9/08Superstructures; Supports for superstructures
    • E02F9/0858Arrangement of component parts installed on superstructures not otherwise provided for, e.g. electric components, fenders, air-conditioning units
    • E02F9/0866Engine compartment, e.g. heat exchangers, exhaust filters, cooling devices, silencers, mufflers, position of hydraulic pumps in the engine compartment
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E02HYDRAULIC ENGINEERING; FOUNDATIONS; SOIL SHIFTING
    • E02FDREDGING; SOIL-SHIFTING
    • E02F9/00Component parts of dredgers or soil-shifting machines, not restricted to one of the kinds covered by groups E02F3/00 - E02F7/00
    • E02F9/08Superstructures; Supports for superstructures
    • E02F9/0858Arrangement of component parts installed on superstructures not otherwise provided for, e.g. electric components, fenders, air-conditioning units
    • E02F9/0883Tanks, e.g. oil tank, urea tank, fuel tank
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E02HYDRAULIC ENGINEERING; FOUNDATIONS; SOIL SHIFTING
    • E02FDREDGING; SOIL-SHIFTING
    • E02F9/00Component parts of dredgers or soil-shifting machines, not restricted to one of the kinds covered by groups E02F3/00 - E02F7/00
    • E02F9/08Superstructures; Supports for superstructures
    • E02F9/10Supports for movable superstructures mounted on travelling or walking gears or on other superstructures
    • E02F9/12Slewing or traversing gears
    • E02F9/121Turntables, i.e. structure rotatable about 360°
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E02HYDRAULIC ENGINEERING; FOUNDATIONS; SOIL SHIFTING
    • E02FDREDGING; SOIL-SHIFTING
    • E02F9/00Component parts of dredgers or soil-shifting machines, not restricted to one of the kinds covered by groups E02F3/00 - E02F7/00
    • E02F9/20Drives; Control devices
    • E02F9/22Hydraulic or pneumatic drives
    • E02F9/2253Controlling the travelling speed of vehicles, e.g. adjusting travelling speed according to implement loads, control of hydrostatic transmission
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E02HYDRAULIC ENGINEERING; FOUNDATIONS; SOIL SHIFTING
    • E02FDREDGING; SOIL-SHIFTING
    • E02F9/00Component parts of dredgers or soil-shifting machines, not restricted to one of the kinds covered by groups E02F3/00 - E02F7/00
    • E02F9/20Drives; Control devices
    • E02F9/22Hydraulic or pneumatic drives
    • E02F9/2264Arrangements or adaptations of elements for hydraulic drives
    • E02F9/2275Hoses and supports therefor and protection therefor
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E02HYDRAULIC ENGINEERING; FOUNDATIONS; SOIL SHIFTING
    • E02FDREDGING; SOIL-SHIFTING
    • E02F9/00Component parts of dredgers or soil-shifting machines, not restricted to one of the kinds covered by groups E02F3/00 - E02F7/00
    • E02F9/20Drives; Control devices
    • E02F9/22Hydraulic or pneumatic drives
    • E02F9/2278Hydraulic circuits
    • E02F9/2292Systems with two or more pumps
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16HGEARING
    • F16H39/00Rotary fluid gearing using pumps and motors of the volumetric type, i.e. passing a predetermined volume of fluid per revolution
    • F16H39/04Rotary fluid gearing using pumps and motors of the volumetric type, i.e. passing a predetermined volume of fluid per revolution with liquid motor and pump combined in one unit
    • F16H39/06Rotary fluid gearing using pumps and motors of the volumetric type, i.e. passing a predetermined volume of fluid per revolution with liquid motor and pump combined in one unit pump and motor being of the same type
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16HGEARING
    • F16H61/00Control functions within control units of change-speed- or reversing-gearings for conveying rotary motion ; Control of exclusively fluid gearing, friction gearing, gearings with endless flexible members or other particular types of gearing
    • F16H61/38Control of exclusively fluid gearing
    • F16H61/40Control of exclusively fluid gearing hydrostatic
    • F16H61/44Control of exclusively fluid gearing hydrostatic with more than one pump or motor in operation
    • F16H61/444Control of exclusively fluid gearing hydrostatic with more than one pump or motor in operation by changing the number of pump or motor units in operation
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60KARRANGEMENT OR MOUNTING OF PROPULSION UNITS OR OF TRANSMISSIONS IN VEHICLES; ARRANGEMENT OR MOUNTING OF PLURAL DIVERSE PRIME-MOVERS IN VEHICLES; AUXILIARY DRIVES FOR VEHICLES; INSTRUMENTATION OR DASHBOARDS FOR VEHICLES; ARRANGEMENTS IN CONNECTION WITH COOLING, AIR INTAKE, GAS EXHAUST OR FUEL SUPPLY OF PROPULSION UNITS IN VEHICLES
    • B60K25/00Auxiliary drives
    • B60K25/06Auxiliary drives from the transmission power take-off
    • B60K2025/065Auxiliary drives from the transmission power take-off the transmission being fluidic, e.g. hydraulic
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60YINDEXING SCHEME RELATING TO ASPECTS CROSS-CUTTING VEHICLE TECHNOLOGY
    • B60Y2200/00Type of vehicle
    • B60Y2200/40Special vehicles
    • B60Y2200/41Construction vehicles, e.g. graders, excavators
    • B60Y2200/412Excavators

Abstract

【課題】複雑なギアボックスを必要とせず、2つのレンジと、選択可能な2WD/4WDトランスミッションを有する作業機械を提供する。【解決手段】作業機械は、各々が少なくとも2つの車輪を搭載する、第1と第2の車軸20a、bをもつ地面係合構造と、その上にサポートされた本体と、本体に搭載された作業アームと、作業機械を推進するための原動機64とトランスミッションを含むドライブ配置、とを含む。トランスミッションは、原動機64によって駆動される油圧ポンプ75と、作業機械が第1の二輪ドライブ動作モードにおいて比較的高速で駆動されることを許容するよう第1の車軸20aを駆動する第1の高速油圧モータ76と、第2の四輪ドライブ動作モードにおいて第1のモータ76との関係で駆動されるように構成され、比較的低速で第2の車軸20bを駆動するために油圧ポンプから油圧流体を供給される第2の低速油圧モータ77と、を含む。【選択図】図4

Description

本発明は、作業機械に関する。排他的にではないがより特定には、本発明は、作業機械のためのトランスミッションに関する。

様々なタイプの作業機械が知られている。そのような機械は典型的には、土砂移動動作(例えば、溝堀り、地ならし、荷積み)や材料取り扱い(例えば、溝への塊の堆積、材料の持上げと高くされたプラットフォーム上にそれらを置くこと)に使われる。

そのような機械は典型的には、1つのタイプの機械のために特定にデザインされたサブアッセンブリの組から製造されるが、エンジン、ギアボックス、油圧ポンプのようなある種の部品は、異なる機械タイプに跨って共有されても良い。

既知の機械の例は、以下のものを含む。

旋回式掘削機は、車台に対して無制限のやり方で回転可能な上部構造を含む。上部構造は、上に列挙されたタイプの作業動作を行うために、バケットのような付属物を操作するための作業アーム配置と、ディーゼルICエンジンのような原動機と、油圧ポンプと、運転室を含む。原動機は、作業アーム配置を動作させるために加圧された流体を提供するために、また掘削機を推進するための2つの無限軌道または4つの車輪(あるいはデュアルホイール構成では8つの車輪)のどちらかを選択的に駆動するのに使われる車台中に位置する1つ以上の油圧モータに動力を提供するために、油圧ポンプを駆動する。

旋回輪が、上部構造と車台を回転可能に接続し、中央のロータリージョイント配置が、上部構造と車台の相対的位置とは無関係に、油圧流体が上部構造中のポンプから油圧モータに通され、上部構造に戻ることを可能とする。もし旋回式掘削機が推進のために軌道を使うならば、車台の反対サイド上の軌道を差動的に駆動することによって操舵が果たされる。もし旋回式掘削機が推進のために車輪を使うならば、2つまたは4つの車輪のどちらかのためにステアリング配置が使われ、車台中にこれのために別の油圧制御が要求される。

旋回式掘削機は、幅広い範囲のサイズで利用可能である。マイクロ、ミニおよびミディ掘削機は、およそ750kgからおよそ12,000kgまでの重量範囲に渡り、上部構造への「キングポスト」インターフェースを使うことによって上部構造に対して実質的に垂直な軸の回りを枢動することが可能である作業アーム配置を典型的に有することで有名である。一般に、ミニおよびミディ掘削機は、およそ1,200kgより上の重量を有する。およそ12,000kgを超える重量をもつ大型の掘削機は、しばしば「Aフレーム」掘削機と呼ばれ、垂直軸の回りで固定された作業アーム配置を典型的には有し、従って上部構造と一緒に旋回することだけができる。これは、より小さな掘削機はより狭いスペースで動作することが期待され、例えば壁のような障害物の近くでの溝掘りのために2つの互いにオフセットした軸の回りを旋回する能力は、従ってマイクロ、ミニおよびミディ掘削機にとってより望ましいものである、という事実の働きである。

作業アーム配置は一般的に、ディッパーに枢接されたブームを含む。いくつかのタイプのブームが利用可能であり、2つの枢接されたセクションを有する三重関節ブームと、単一の全体的に湾曲した構造からしばしば作られるモノブームを含んでいる。ディッパーは、ブームに枢接され、付属物、例えばバケットのためのマウントがディッパー上に設けられている。油圧シリンダーが、所望の作業動作を行うべくブームとディッパーを動かしお互いに対してマウントするために設けられている。

軌道式掘削機は、低い最大速度とそれらの金属軌道が舗装された道路に引き起こす損傷のため、相当な距離についてそれら自体の推進の下に進行することが出来ない。但し、それらの軌道は、掘削機の安定性を強化する。車輪式掘削機は、より高い速度(典型的には40kphまで)で「道路走行」が可能であり、舗装された道路表面を感知できるほどに損傷することが無い。但し、作業アームアッセンブリは必然的に、道路走行中に上部構造を前方に伸長し、それは乗り心地と前方視認性を損なうことが出来る。作業動作を行う時には、空気タイヤは軌道よりも安定性の少ないプラットフォームを提供するので、追加のスタビライザ脚が安定性のために配備されることが出来る。

原動機、油圧ポンプ、貯油槽等は上部構造中に位置するので、旋回式掘削機のあらゆるタイプの重心は比較的高い。それらの部品は、作業動作中に誘発された力へのカウンターバランスとして働くように配置することができるが、パッケージングの制約が、そのような配置を準最適とすることを強制し得て、また例えば、機械の後方に渡る視線を制限し得る。

掘削機は一般的には採掘のような動作のために使われる。しかしながら、もし荷積みのような動作を行うことが望まれれば、代替的なタイプの機械が使われなければならない。荷積み動作が可能な機械は知られており、様々なフォーマットを有する。一般に「テレスコピックハンドラー」または「テレハンドラー」と呼ばれる1つのフォーマットでは、上部構造と車台はお互いに対して固定され、2つ以上の部分的に伸縮自在なブームの形の中央作業アームが、機械の前後に伸長する。ブームは、機械の後端部に向って水平軸の回りを枢動し、付属物がブームの前端部に開放可能に搭載され、第2の区別された水平軸の回りを枢動可能である。一般に使われる付属物は、パレットフォークとショベルを含む。テレハンドラーは、一般的な荷積み動作(例えば、塊を格納パイルから建設現場の要求された場所に搬送すること)と、建物材料を高くされたプラットフォーム上に持上げることのような持上げ動作のために使われても良い。

テレハンドラーは典型的には、推進のために2つの車軸上の4つの車輪を有し、車軸の一方または両方は操舵可能で駆動されている。原動機(典型的にはディーゼルICエンジン)が、前輪と後輪の間で機械の一方のサイドにオフセットされたポッド中に位置しても良く、静油圧式または機械的トランスミッションによって車輪に接続されている。運転席は、しばしば原動機に対するブームの他方のサイド上に位置し、車輪間では比較的低い。その意図された応用に依存して、機械は、配備可能なスタビライザ脚を設けられても良い。

テレハンドラーのサブセットは、追加の重量とより大きな高さを犠牲にして、持上げを旋回動作と組み合わせるために、回転可能な上部構造上に運転席とブームを搭載する。これらの機械は、荷積みの代わりに、主に持上げのために使われるので、それらはより長いブームを収容するために従来のテレハンドラーよりも長いホイールベースを有し、操作性に影響する。更には、機械に近い地面に向けた視線は、掘削のためよりも持上げのためにはより重要ではないので、それらは従って非常に悪い。

異なる作業応用のために上のもののような異なる機械を開発するためのコストは相当である。更には、1つのタイプの機械から別のものへ製造ラインを切り替えるためのコストと遅延も相当である。

作業機械が、与えられた使用燃料の量についての引き受けられた作業動作の量の見地から、動作においてより効率的になることが更に望ましい。これは、原動機、トランスミッション、ドライブライン、および油圧システムの燃料効率の働きであり得ると共に、オペレータが作業機械を眺めるべく不必要に頻繁に作業機械を再配置する必要があるか、動作をもっとはるかにゆっくりと行う必要があり、それにより効率性で妥協することを意味する、悪い視認性のような二次的なファクターによるものでもある。

発明の第1の側面は、各々が少なくとも2つの車輪を搭載する、少なくとも第1と第2の車軸を含む地面係合構造と、地面係合構造上にサポートされた本体と、作業動作を行うことが可能となるべく本体に搭載された作業アームと、作業機械を推進するために地面係合構造を動かすためのドライブ配置であって、ドライブ配置は、原動機とトランスミッションを含むものと、を含み、トランスミッションが、原動機によって駆動される第1の油圧ポンプと、作業機械が第1の二輪ドライブ動作モードにおいて比較的高速で駆動されることを許容するよう第1の車軸を駆動するために第1の油圧ポンプから油圧流体を供給される第1の高速油圧モータと、第2の四輪ドライブ動作モードにおいて第1のモータとの関係で駆動されるように構成され、比較的低速で第2の車軸を駆動するために第1の油圧ポンプから油圧流体を供給される第2の比較的低速な油圧モータと、を含む、作業機械を提供する。

これは、作業機械に、複雑なギアボックスを要求すること無しに、2つのレンジと、選択可能な2WD/4WDトランスミッションを提供する、単純で低コストなやり方を提供することが理解されるであろう。更には、配置は、モータからモータによって駆動される各車軸までの2つのドライブシャフトの必要を回避することによって重量を節約し得て、またドライブシャフトによって以前は占有されていたスペースを他の用途のために開放することによってパッケージングを向上し得る。

一実施形態では、第2の車軸は、正常な進行方向における後方車軸である。

一実施形態では、第1と第2の油圧モータの少なくとも1つは、そのそれぞれの車軸に近接して位置する。

そのそれぞれの車軸に近接して位置する油圧モータをもった作業機械を提供することは、それが長いドライブシャフトの必要を除去するので、有利である。

一実施形態では、前記少なくとも1つの油圧モータは、そのそれぞれの車軸に直接接続されている。

油圧モータを車軸に直接接続することは、それがドライブシャフトの必要を除去するので、有利である。

一実施形態では、両方のモータが、それらのそれぞれの車軸に直接接続されている。

一実施形態では、高速油圧モータは、例えば0から250cmの、比較的高い回転当りの容量を有する。

一実施形態では、作業機械は、更なる作業機械機能のための油圧流体を提供するために原動機によって駆動される第2のより低圧の油圧ポンプを含む。

作業機械に第2のより低圧の油圧ポンプを設けることは、それが特定の目的のために必要とされる特定の圧力における油圧流体のより効率的な供給に結果としてなるので、有利である。

一実施形態では、第1と第2のポンプへのドライブは直列である。

一実施形態では、第1と第2のポンプへのドライブは並列であり、例えばベベルギアボックスを介したものである。

一実施形態では、作業機械が、車台と、車台上で回転可能な上部構造を含む。

一実施形態では、原動機、第1の油圧ポンプ、および第1と第2の油圧モータは、車台に搭載されている。

原動機、第1の油圧ポンプ、および第1と第2の油圧モータを搭載することは、それがオペレータの視認性を向上するので、有利である。

一実施形態では、原動機の大半は、車輪の上方範囲と一致するレベルの下に配置されている。

一実施形態では、原動機は、前方車軸と後方車軸の間に配置されている。

原動機を前方車軸と後方車軸の間に配置することは、それが作業機械の全体のパッケージングを向上し、より小さな機械の設置面積に結果としてなるので、有利である。

一実施形態では、原動機は、作業機械の横方向から前後方向において搭載されている。

一実施形態では、原動機は、作業機械の前後方向に実質的に垂直に搭載されている。

一実施形態では、原動機は、ピストンを含んだレシプロエンジンであり、エンジンは、ピストンが直立した向きを有するように搭載されている。

一実施形態では、熱交換器と冷却ファンが、原動機に隣接して搭載され、ファンの回転軸が作業機械の前後方向と実質的に平行であるように配置されている。

熱交換器と冷却ファンを原動機に隣接して搭載し、ファンの回転軸が作業機械の前後方向と実質的に平行であるように配置することは、それが作業機械の全体のパッケージングを向上し、作業機械の冷却を提供するので、有利である。

一実施形態では、作業機械が、作業機械の前後方向に伸びる軸の一方のサイド上に配置された燃料タンクを含み、原動機が、作業機械の前後方向に伸びる軸の他方のサイド上に配置されている。

一実施形態では、作業機械が、作業機械の前後方向に伸びる軸の一方のサイド上に配置された油圧流体タンクを含み、エンジンが、作業機械の前後方向に伸びる軸の他方のサイド上に配置されている。

一実施形態では、上部構造と車台の間のロータリー接続は、電気信号および/または油圧流体が車台に対する上部構造の位置とは独立に上部構造にルーティングされることを許容するように構成されたロータリージョイント配置を含む。

一実施形態では、前方車軸と後方車軸は、少なくとも二輪のステアのために構成されている。

一実施形態では、前方車軸と後方車軸は、四輪のステアのために構成されている。

ここで発明の実施形態が、付随する図面を参照して、例としてだけ、記載される。

図1は、本発明の一実施形態による作業機械の側面図である。 図2は、図1の機械の平面図である。 図3は、図1の機械の正面図である。 図4は、図1の機械の車台部分の平面図である。 図5は、図1の機械の油圧および電子制御システムの概略図である。

全体的フォーマット
図1から3を参照すると、本発明の実施形態による作業機械10が、いくらか簡略化された形で描かれている。本実施形態では、作業機械は、ミディ掘削機(約6と12メータートンの間の動作重量)であると考えられても良い。他の実施形態では、作業機械は、ミニ掘削機(1.2と6トンの間の動作重量)であっても良い。機械は、旋回輪16の形の旋回機構によって連結された車台12と上部構造14を含む。旋回輪16は、この実施形態では車台12に対する上部構造の制約されない回転を許容する。そこからオペレータが作業機械を操作することができる運転席30は、上部構造に回転可能に搭載されている。作業アーム配置40は、上部構造に回転可能に搭載され、掘削動作を行うために設けられている。

車台
車台は、前後に伸長する間隔を空けられたシャーシレール18aと18bのペアから形成されており、常にではないが典型的には、平行であるかまたは実質的に平行である。レールは、車台12の強度の大半を提供する。車台は、地面係合構造に接続され、それはこの実施形態では、シャーシレール18a、18bに搭載された第1と第2のドライブ車軸20aと20bと、各車軸端部に回転可能に取り付けられた車輪を含む。この実施形態では、第2のドライブ車軸20bは、シャーシレール18a、18bに対して固定される一方、第1のドライブ車軸20aは、制限されたアーティキュレーションが可能であり、それにより仮に地面がでこぼこであったとしても、車輪が接地したまま留まることを許容する。車輪19a、19b、19c、19dは、典型的にはオフロード空気タイヤが設けられている。両車軸に接続された車輪は、ステアリングハブ17a、17b、17c、17dを介してステア可能である。この実施形態では、ホイールベースは2.65mであり、典型的なレンジは2.0mから3.5mである。

本出願の目的のために、前後方向Aは、シャーシレール18aと18bの全体的な方向と実質的に平行な方向として規定される。全体的に直立方向Uは、作業機械が平坦地にある時に実質的に垂直な方向として規定される。全体的に横方向Lは、作業機械が平坦地にある時に実質的に水平であり、前後方向Aと実質的に直角である方向として規定される。

この実施形態では、ドーザーブレード配置22が、シャーシレール18aと18bの一端部に枢着されており、それは既知の配置を使って油圧シリンダー21によって昇降されても良く、また掘削時に隣接する車輪を地面から持上げることにより機械のためのスタビライザとして働くが、これは他の実施形態では設けられなくても良い。

スタビライザ脚配置24は、シャーシレール18aと18bの反対の端部に枢着されており、それも既知の配置を使って油圧シリンダー23によって昇降されても良いが、他の実施形態ではそれは省略されても良い。

ドライブ
ここで図4を参照すると、既知の掘削機とは対照的に、原動機とトランスミッションを含むドライブ配置は、車台12中に収容される。本実施形態では、原動機はディーゼルICエンジン64である。

エンジン64は、前後方向に車台の中央を通して伸長する軸Bの一方のサイドに搭載される。エンジン64は、軸Bに対して横向きに搭載される、即ち、エンジンのクランクシャフトの回転軸Rは前後方向において軸Bに対して横向きである。エンジン64は更に、エンジンのピストンが実質的に直立した方向Uに伸びるように、向けられている。

熱交換器66と冷却ファン68が、エンジン64に隣接して車台中に収容される。冷却ファン68は、ファンの回転軸Qが前後方向Aに伸びるように向けられているが、他の実施形態ではそれは異なるように向けられていても良い。

エンジン64に燃料供給を提供する燃料タンク70が、エンジンに対して軸Bの反対のサイド上に配置されている。油圧タンク72が、エンジンに対して軸Bの反対のサイド上に燃料タンク70に隣接して設けられている。

エンジン64、熱交換器66、冷却ファン68、燃料タンク70および油圧タンク72は、車軸20aと20bの間の領域に全て収容されている。図1に見られるように、エンジン64は、上部構造14の下方範囲と一致するレベルの下に配置されている。実際、エンジン64の大半、この実施形態ではエンジン64全体が、車輪19a、19b、19c、19dの上方範囲と一致するレベルQの下に配置されている。本実施形態では、熱交換器66、冷却ファン68、燃料タンク70および油圧タンク72の大半は、車輪19a、19b、19c、19dの上方範囲と一致するレベルQの下にある。

図4と5を参照すると、本実施形態では、トランスミッションは、静油圧式トランスミッションである。トランスミッションは、高圧スワッシュプレート型油圧トランスミッションポンプ75bと共に関連付けられたチャージポンプ75aを含む。トランスミッションポンプは一方で、2つの油圧式モータ76と77を選択的に駆動することが可能である。トランスミッションポンプ75bは、およそ350−450bar(35−45MPa)の典型的動作圧を有する。

エンジン64は、チャージポンプ75aとトランスミッションポンプ75bを駆動するように構成されている。ポンプ75aと75bは、要求された通りに油圧流体タンク72から油圧流体を引き出し、専用のフィードおよび戻りホースを介して油圧モータ76と77に供給するように構成されている(即ち、フローは、要求された通りに油圧流体がタンク72から引き出されタンク72に戻される、本質的に閉じたループである)。モータ76と77は、それらのドライブ車軸が車台12の中央に沿った軸Bと揃えられて配置されている。本実施形態では、油圧モータ76と77は、横方向Lに車台の中央を通して伸長する軸Cのどちらかのサイドに配置されている。つまり、本実施形態では、油圧モータ76は、ドーザーブレード配置22に向けて配置されている。エンジン64、油圧ポンプ74および油圧モータ77は、スタビライザ配置24に向けて配置されている。

第1の油圧モータ76は、例えば0から250cm/回転の大きな容量レンジを有する高速スワッシュプレート型モータであり、正常な進行方向に第1の車軸20aを駆動する。モータの出力は前方に面し、ショートドライブシャフト78とディファレンシャル(図示せず)を介して第1の車軸20aを駆動する。第2の油圧モータ77は、例えば0から125cm/回転のより小さな容量レンジを有する比較的低速のスワッシュプレート型モータである。低速モータ77は、第2のディファレンシャル(図示せず)を介して第2の(後方)車軸20bを駆動するように第2のドライブシャフト80に接続する。

チャージポンプ75aとトランスミッションポンプ75bは、エンジン64に隣接して配置されており、エンジンからポンプへの入力がエンジンからポンプへの出力と軸方向で揃えられるように向けられている。

記載されたようなドライブ配置を車台中に配置することは、上部構造中に収容されるべき部品の容積の削減に結果としてなり、一方で機械の左手サイドにおけるオペレータ席に着席した時の185cmの身長を有するオペレータ(95%が男性)について、(このサイズの従来のミディ掘削機におけるおよそ22°と比較して)水平の下に30°を超える(この実施形態では33°)、機械の右手後方コーナーに渡る視線(図3の角度α)に結果としてなることが見つけられている。これは、上部構造の部分によって不明瞭にされる機械の周りの地面エリアの顕著な削減に結果としてなり、それにより機械を操作するための視認性を向上する。

ドライブ配置が全体的に上部構造中に配置される従来の掘削機と比較して、ドライブ配置を車台中に配置させることの更なる利点は、オペレータについての快適さと安全性を向上するように、エンジンと運転席の間でノイズ、振動および過酷さ(Noise, Vibration and Harshness:NVH)分離が向上されることである。加えて、メンテナンスと再給油のためのエンジン、燃料タンク、流体タンク等へのアクセスは地面レベルにおいてである。

上部構造
上部構造14は、旋回輪16に搭載された構造的プラットフォーム26を含む。図に見られるように、旋回輪16は、上部構造14を車台の中央に搭載するべく、前後方向Aおよび横方向Lにおいて車台12に対して実質的に中央にある。旋回輪16は、全体的に直立した軸Zの回りで車台に対する上部構造14の回転を許容する。

ロータリージョイント配置85が、旋回輪16の中央に設けられ、複数の油圧流体ライン、1つの戻り油圧流体ライン、および車台から上部構造14への1つの電気的−コントローラエリアネットワーク(CAN)−信号ラインを提供する一方で、車台に対する上部構造のフルな360°の回転を許容するように構成されている。そのようなロータリージョイント配置の構成は当該技術分野において既知である。

プラットフォーム26は、運転席30を搭載する。運転席は、オペレータ席と(下で記載する)機械コントロールを収容する。

上部構造14は、第1の油圧モータ32とブレーキを使って、車台12に対して回転する。

プラットフォームは更に、作業アーム配置40についてのキングポスト28を搭載する。キングポスト28配置は、当該技術分野において既知であり、全体的に直立した軸Xの回りと全体的に横向きの軸Wの回りで作業アームの回転を許容する。

上部構造は更に、キングポスト28に対して上部構造の反対のサイドにおいて配置された作業アーム配置についてのカウンターウェイト34を含む。

油圧サプライ
図5に描かれた実施形態では、エンジン64は追加的に、チャージポンプ75aとトランスミッションポンプ75bに直列で配置されたメインの、より低圧の油圧ポンプ74を駆動する。この実施形態では、メイン油圧ポンプは、およそ250−300bar(25−30MPa)の動作圧を有し、また可変容量型のものである。

メインポンプ74は、添え字「a」をもった同じ参照番号で表記された上部構造14中の関連付けられたバルブを介して作業アーム配置を動作させるために油圧シリンダー50、52、54、60、62に、パイロットフィードバルブ83を介して旋回ブレーキに、およびグラブ等(図示せず)のようなある種の付属物による使用のための補助油圧流体サプライに、油圧流体を供給する。メインポンプ74は追加的に、車台中のスタビライザ/ドーザーバルブ79を介してドーザーブレードおよびスタビライザ配置の油圧シリンダー21、23を供給する。但し、代替的な実施形態では、単一のポンプが、モータと油圧シリンダーに油圧流体を供給するために使われても良い。メインポンプは更に、図5に描かれているように、エアコン93のために油圧流体を提供するのに使われる。

この実施形態では、エンジンは追加的に、ステアリングシステムについての別のポンプ74’と、ファンモータ69bとパーキングブレーキ31bのためのパークブレーキバルブ31aを駆動するためのファンポンプ69aを駆動する。これらのポンプは、この実施形態では、ECU制御無しでおよそ200bar(20MPa)のより低い圧力で動作可能なギアポンプである。

更に、チャージポンプ75aは追加的に、前方車軸20aのアーティキュレーションを選択的に防止する車軸ロックバルブ33aに油圧流体を供給する。

作業アーム
本実施形態の作業アーム配置40は、掘削機アーム配置である。作業アーム配置は、ディッパー44に枢接された3重関節ブーム42を含む。3重関節ブーム42は、第2のセクション48に枢接された第1のセクション46を含む。油圧シリンダー50が、全体的に横向きの軸Wの回りでキングポスト28に対してブーム42の第1のセクション46を昇降するために設けられている。更なる油圧シリンダー52が、全体的に横向きの軸Tの回りでブームの第1のセクションに対してブーム42の第2のセクション48を枢動するために設けられている。もっと更なる油圧シリンダー54が、全体的に横向きの軸Sの回りでブーム42に対してディッパー44を回転するために設けられている。マウント56が、ディッパー44への付属物を枢着するために設けられており、本実施形態では付属物はバケット58である。油圧シリンダー60が、ディッパー44に対して付属物を回転するために設けられている。但し、代替的なブームシリンダー配置(例えば、ツインシリンダー)が、その他の実施形態では利用されても良い。

最も明瞭に図2に示されているように、もっと更なる油圧シリンダー62が、全体的に直立した軸Xの回りで作業アーム配置40を回転(スイング)するために設けられている。作業アーム配置を回転するための油圧シリンダー配置を使うことは、作業機械10の製造と動作を簡略化する。

機械コントロール
多数の機械コントロール入力が運転席30中に設けられている。この実施形態では、(ステアリングとブレーキングを例外として)入力は、入力を解釈し、作業アーム等の動きを制御するための様々なバルブに合図するために好適なマイクロプロセッサ、メモリ等を組み込んだ、1つ以上の上部構造電子制御ユニット(ECUs)86に、および/またはスタビライザ/ドーザーバルブ79、ファンモータ69b、パークブレーキバルブ31a、車軸ロックバルブ33a、メインポンプ74、トランスミッションポンプ75b、ステアモードバルブ97を含んだ、車台における油圧機能を最終的に制御するための1つ以上の更なる車台ECUs87に、CANバスを介して電子的に伝送される。

代替的な実施形態では、1つのECUだけが、(例えば、車台中に収容されて)ベースアッセンブリ中に設けられても良く、機械入力コントロールからの信号は、上部構造中のECU86を介しての代わりに、車台中のECU87へ直接送られても良い。そのような配置のための電気接続は、コントロール入力からECU87まで旋回輪とロータリージョイント配置を介してルーティングされることができる。

コントロール入力は、作業アーム40の動作を制御するためのジョイスティック88、様々な二次的機能のためのスイッチ89、作業動作のためにエンジン速度を設定するためのハンドスロットル90、道路走行/操作のためにエンジン速度を動的に設定するためのフットスロットル91、および所望の方向にドライブを係合するための前進/ニュートラル/後進(Forward/Neutral/Reverse;FNR)セレクタ92を含む。

ステアリングとブレーキングの安全性重視の性質のため、ブレーキペダルとステアリングは、ステアリングホイール(図示せず)に連結されたブレーキペダル94とステアバルブ95によって油圧的に制御される。油圧流体フィードは、専用のステアポンプ74’からロータリージョイント85と優先バルブ96を介してであり、それは、要求に依存して、油圧流体の適切なサプライがブレーキペダル94/ステアバルブ95に提供されることを確かなものとする。

ステアバルブ95はそれから、車台12中のステアモードバルブ97にフィードし、それは、ロータリージョイントを通した別のフィードを介して、機械が四輪ステア(オフロード)、二輪ステア(オンロード)またはクラブステアで動作しているかどうかを制御する。ステアモードバルブはそれから、選択されたモードに依存して、油圧流体を適切なステアリングシリンダー98にフィードする。

ブレーキペダル94は、これもまたロータリージョイントを通したフィードを介して、
車輪端部におけるサービスブレーキ99に流体を供給する。ファンポンプ69aからの別の油圧流体フィードが、上部構造ECU86と車台ECU87の制御下で、パーキングブレーキバルブ31aと共にファンモータ69bと車軸ロックバルブ33aに供給する。

他の実施形態では、ブレーキングとステアリングは、好適なレベルの耐故障性がシステム中に構築されているとすれば、電子制御を介して果たされても良い。

高速動作
オンロードで動作する(「道路走行」)かまたは例えば平らな/硬い表面上で操作する時には、機械10の動きの速度は、好ましくはトラクションまたはトルクよりまさっている。よって、第1の二輪ドライブ動作モードでは、車両オペレータは、2WD/4WDセレクタ(図示せず)上で2WDを選択して、適切な上部構造ECU86に合図し、それは一方で高速モータ76への油圧流体のフローを許容するように車台ECU87を介してトランスミッションポンプ75bに合図する。

その後、オペレータは、FNRセレクタ92から前進または後進を選択し、そのための信号が、所望の方向に高速モータ76と従って車輪19aと19をまわすために正しいフロー方向でそこを通して油圧流体を向けるように同様のやり方でトランスミッションポンプ75bに供給される。

オペレータはそれから、フットスロットル91を使ってエンジン速度を設定し、それは一方でトランスミッションポンプ75bを所望の速度で駆動する。車台ECU87は、ポンプ75bと高速モータ76のスワッシュ角を制御し、高速モータ76の回転と第1の車軸20a上での車輪19a、19bの駆動された回転に結果としてなる。

典型的には、これはおよそ40km/hの最大速度で進行することを可能とする。

低速動作
典型的には建設現場のようなオフロードロケーションにおける、低速、より高いトルク、より高いトラクションの操作については、オペレータは、2WD/4WDセレクタから第2の四輪ドライブ動作モードを選択する。これが一方で上部構造ECU86に合図し、それは一方で高速モータ76と低速モータ77の両方への油圧流体のフローを許容するように車台ECU87を介してトランスミッションポンプ75bに合図する。

その後、オペレータは、FNRセレクタ92から前進または後進を選択し、そのための信号が、高速モータ76と低速モータ77への油圧流体のフローの方向を決定するように同様のやり方でトランスミッションポンプ75bに供給される。

オペレータはそれから、フットスロットル91を使ってエンジン速度を設定し、それは一方でトランスミッションポンプ75bを所望の速度で駆動する。車台ECU87は、好ましくはポンプ75bと高速モータ76と低速モータ77のスワッシュ角を制御し、最終的には高速モータ76と低速モータ77の回転と、整合した速度での第1と第2の車軸20a、20b両方上での車輪19a、19b、19c、19dへのドライブに結果としてなる。

典型的には、この動作モードは、例えば10km/h以下のオフロード動作のためのより低い最大速度を提供する。

変形例
発明が1つ以上の好ましい実施形態を参照して上に記載されたが、様々な変更または変形が、添付の請求項で規定された通りの発明の範囲から逸脱すること無しになされてもよいことが理解されるであろう。

油圧流体の圧力および/またはフローは、どちらかのモータにパワーのバランスをシフトするために、低速動作モードにおいて高速および低速モータ76、77に向けられても良い。例えば、好適なセンサーの使用を通して1つの車軸上でのトラクションのロスを機械が感知したのに応答して、油圧フローは他の車軸にそらされても良い。

低速および/または高速モータは、それらが駆動する各車軸に直接接続されても良く、または高速モータのペアが1つの車軸上の個別の車輪を駆動し、低速モータのペアが第2の車軸上の個別の車輪を駆動しても良い。

その他の実施形態では、チャージ、トランスミッションおよびメインポンプは、例えばベベルギアボックスを介して直列にではなく、並列に駆動されても良く、もし特定の動作のために要求されていなければポンプへのドライブを脱係合するためにクラッチ機構が設けられていても良い。

本発明は、そのためにそれが特に有利であると考えられる特定の機械レイアウトの文脈で記載されたが、その上部構造中にエンジンと油圧ポンプを有する従来の車輪式旋回式掘削機のようなもっと従来の機械、または静油圧式トランスミッションを有するテレハンドラー、ラフテレンクレーン等において本発明が使われれば、本発明のある種の利点が達成されても良い。

ここで記載された実施形態では、エンジンは、本実施形態のエンジンとトランスミッションのパッケージングサイズを削減するべく、軸Bに直角に配置されるが、代替的な横方向の位置、例えば時計回り方向で測定された軸Bに対して30°と70°の間、にエンジンが配置されても良い代替的な実施形態においても、発明の利点は達成されることができる。

ここで記載された実施形態では、エンジンは、ピストンの縦軸が実質的に直立に向けられているように配置されるが、代替的な実施形態では、ピストンは、代替的に向けられていても良く、例えばピストンは実質的に水平でも良い。更なる代替的な実施形態では、原動機はディーゼルエンジンでなくても良く、例えばエンジンはガソリンエンジンでも良い。

本発明の燃料タンク、油圧流体タンク、熱交換器、ファンおよびエンジンの配置は、そのコンパクトな性質のために有利であるが、それらの部品が代替的な位置に配置されても良い、例えば燃料タンクと油圧流体タンクは車軸の間に配置されなくても良い、というような代替的な実施形態においても、発明の利点は達成されることができる。

記載された作業アームは、ディッパーと3重関節ブームを含むが、代替的な実施形態では、ブームは、上部構造とディッパーへの接続においてだけ関節をもっていても良い。更なる代替的な実施形態では、ブームまたはディッパーのセクションが伸縮自在であっても良い。もっと更なる代替的な実施形態では、作業機械は異なるタイプのもの、例えばテレハンドラー、ダンプトラック、クレーン、荷積みショベルなど、であっても良い。

作業機械は、手動、油圧式または電子油圧式コントロールを使って動作させられても良い。

本実施形態では、両車軸上の車輪は操舵可能である(即ち、作業機械は四輪ステアのために構成されている)が、代替的な実施形態では、車軸の1つ上の車輪だけが操舵可能である(即ち、作業機械は二輪ステアのために構成されている)ようになっていても良い。

Claims (23)

  1. 各々が少なくとも2つの車輪を搭載する、少なくとも第1と第2の車軸を含む地面係合構造と、
    地面係合構造上にサポートされた本体と、
    作業動作を行うことが可能となるべく本体に搭載された作業アームと、
    作業機械を推進するために地面係合構造を動かすためのドライブ配置であって、ドライブ配置は、原動機とトランスミッションを含むものと、を含み、
    トランスミッションが、原動機によって駆動される第1の油圧ポンプと、作業機械が第1の二輪ドライブ動作モードにおいて比較的高速で駆動されることを許容するよう第1の車軸を駆動するために第1の油圧ポンプから油圧流体を供給される第1の高速油圧モータと、第2の四輪ドライブ動作モードにおいて第1のモータとの関係で駆動されるように構成され、比較的低速で第2の車軸を駆動するために第1の油圧ポンプから油圧流体を供給される第2の比較的低速な油圧モータと、を含む、
    作業機械。
  2. 第2の車軸は、正常な進行方向における後方車軸である、請求項1による作業機械。
  3. 第1と第2の油圧モータの少なくとも1つは、そのそれぞれの車軸に近接して位置する、請求項1または2による作業機械。
  4. 前記少なくとも1つの油圧モータは、そのそれぞれの車軸に直接接続されている、請求項3による作業機械。
  5. 両方のモータが、それらのそれぞれの車軸に直接接続されている、請求項4による作業機械。
  6. 高速油圧モータは、0から250cmの、比較的高い回転当りの容量を有する、請求項1から5のいずれか1つによる作業機械。
  7. 更なる作業機械機能のための油圧流体を提供するために原動機によって駆動される第2のより低圧の油圧ポンプを更に含む、請求項1から6のいずれか1つによる作業機械。
  8. 第1と第2のポンプへのドライブは直列である、請求項7による作業機械。
  9. 第1と第2のポンプへのドライブは並列である、請求項7による作業機械。
  10. 作業機械が、車台と、車台上で回転可能な上部構造を含む、請求項1から9のいずれか1つによる作業機械。
  11. 原動機、第1の油圧ポンプ、および第1と第2の油圧モータは、車台に搭載されている、請求項10による作業機械。
  12. 原動機の大半は、車輪の上方範囲と一致するレベルの下に配置されている、請求項11による作業機械。
  13. 原動機は、前方車軸と後方車軸の間に配置されている、請求項11または12による作業機械。
  14. 原動機は、作業機械の横方向から前後方向において搭載されている、請求項1から13のいずれか1つによる作業機械。
  15. 原動機は、作業機械の前後方向に実質的に垂直に搭載されている、請求項14のよる作業機械。
  16. 原動機は、ピストンを含んだレシプロエンジンであり、エンジンは、ピストンが直立した向きを有するように搭載されている、請求項1から15のいずれか1つによる作業機械。
  17. 熱交換器と冷却ファンが、原動機に隣接して搭載され、ファンの回転軸が作業機械の前後方向と実質的に平行であるように配置されている、請求項1から16のいずれか1つによる作業機械。
  18. 作業機械が、作業機械の前後方向に伸びる軸の一方のサイド上に配置された燃料タンクを含み、原動機が、作業機械の前後方向に伸びる軸の他方のサイド上に配置されている、請求項1から17のいずれか1つによる作業機械。
  19. 作業機械が、作業機械の前後方向に伸びる軸の一方のサイド上に配置された油圧流体タンクを含み、エンジンが、作業機械の前後方向に伸びる軸の他方のサイド上に配置されている、請求項1から18のいずれか1つによる作業機械。
  20. 上部構造と車台の間のロータリー接続は、電気信号および/または油圧流体が車台に対する上部構造の位置とは独立に上部構造にルーティングされることを許容するように構成されたロータリージョイント配置を含む、請求項10から19のいずれか1つによる作業機械。
  21. 前方車軸と後方車軸は、少なくとも二輪のステアのために構成されている、請求項1から20のいずれか1つによる作業機械。
  22. 前方車軸と後方車軸は、四輪のステアのために構成されている、請求項21による作業機械。
  23. 実質的にここまでに付随する図面を参照して記載されたおよび/または付随する図面に示された作業機械。
JP2015211643A 2014-10-29 2015-10-28 作業機械 Pending JP2016089615A (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
GB1419276.9A GB2531767A (en) 2014-10-29 2014-10-29 Working Machine
GB1419276.9 2014-10-29

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2016089615A true JP2016089615A (ja) 2016-05-23

Family

ID=52118405

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2015211643A Pending JP2016089615A (ja) 2014-10-29 2015-10-28 作業機械

Country Status (6)

Country Link
US (1) US9592733B2 (ja)
EP (1) EP3023551A1 (ja)
JP (1) JP2016089615A (ja)
KR (1) KR20160052393A (ja)
CN (1) CN105569106A (ja)
GB (1) GB2531767A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2019059028A1 (ja) * 2017-09-21 2019-03-28 株式会社小松製作所 作業車両

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR20150136366A (ko) * 2014-05-27 2015-12-07 두산인프라코어 주식회사 건설기계를 위한 휠 구동 시스템
GB2531765B (en) * 2014-10-29 2017-09-13 Bamford Excavators Ltd An undercarriage for a working machine
US10688600B2 (en) 2016-12-13 2020-06-23 Caterpillar Inc. Structure having stress protected groove weld and structural members forming the same
US10549970B2 (en) 2017-08-02 2020-02-04 Jlg Industries, Inc. Telehandler with cantilever boom mounting
RU2692298C1 (ru) * 2018-06-27 2019-06-24 федеральное государственное автономное образовательное учреждение высшего образования "Казанский (Приволжский) федеральный университет" (ФГАОУ ВО КФУ) Гидрообъемная трансмиссия для многоприводного транспортного средства

Family Cites Families (47)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US2470209A (en) * 1945-10-08 1949-05-17 Int Harvester Co Fluid controlled vehicle changespeed steering apparatus
US3612202A (en) * 1969-06-02 1971-10-12 Sundstrand Corp Hydrostatic wheel assist
USRE28765E (en) * 1970-06-11 1976-04-13 Sargent Industries, Inc. Noise reduction apparatus and method
US3780820A (en) * 1971-04-23 1973-12-25 Hyster Co Hydrostatic auxiliary wheel motor assist drive system for vehicles
US3812676A (en) * 1972-07-24 1974-05-28 Sargent Industries Noise reduction apparatus and method
DE3216821C2 (ja) * 1982-05-05 1990-05-31 Zahnradfabrik Friedrichshafen Ag, 7990 Friedrichshafen, De
JPS6118524A (en) 1984-07-04 1986-01-27 Yanmar Diesel Engine Co Ltd Hydraulic driving apparatus for car tire
JPS61118524A (en) * 1984-11-14 1986-06-05 Kawasaki Heavy Ind Ltd Two cycle engine
DE4226453A1 (de) * 1992-08-10 1994-02-17 Sauer Sundstrand Gmbh & Co Antriebseinrichtung für einen automativen Fahrantrieb, z. B. bei einem Gabelstapler oder Radlader
US5549187A (en) * 1993-08-16 1996-08-27 Steyr-Daimler-Puch Ag Free-wheeling coupling sensitive to the direction of rotation
AT133617T (de) * 1993-10-29 1996-02-15 Ec Eng & Consult Spezialmasch Verfahren zum hydrostatischen antreiben eines fahrzeugs
JPH08135789A (ja) * 1994-11-09 1996-05-31 Komatsu Ltd 車両の油圧式駆動装置の変速装置およびその変速制御方法
US5560203A (en) * 1995-03-23 1996-10-01 Sauer Inc. Transmission control system and method
KR100241862B1 (ko) * 1995-05-17 2000-02-01 안자키 사토루 유압구동식 작업차량의 유압회로
DE29508396U1 (de) * 1995-05-19 1995-08-10 Voegele Ag J Straßenfertiger
DE69605314T3 (de) * 1995-09-29 2004-08-26 Ingersoll-Rand Co. Verdichtungsgerät mit zugkraftsteuerungssystem
USRE38632E1 (en) * 1995-10-25 2004-10-19 Caterpillar Paving Products Inc Propulsion control apparatus and method for a paver
DE19854224A1 (de) * 1997-11-26 1999-05-27 Ntn Toyo Bearing Co Ltd Verfahren zum Steuern einer Rotationsübertragungsvorrichtung
JPH11182676A (ja) * 1997-12-24 1999-07-06 Komatsu Ltd 油圧駆動式作業車両の走行駆動装置およびその制御方法
JPH11201278A (ja) * 1998-01-12 1999-07-27 Komatsu Ltd 油圧駆動式作業車両の走行駆動装置およびその制御方法
JP4327284B2 (ja) * 1998-04-15 2009-09-09 株式会社 神崎高級工機製作所 四輪駆動車両
US6547025B1 (en) * 1999-03-18 2003-04-15 Gkn Automotive, Inc. All wheel drive system for a motor vehicle
US6033334A (en) * 1998-06-24 2000-03-07 Borg-Warner Automotive, Inc. Transfer case having speed proportional clutch
CN1451081A (zh) * 2000-09-08 2003-10-22 日立建机株式会社 轮式液压行驶车辆的速度控制装置
US6408972B1 (en) * 2000-11-17 2002-06-25 Sauer-Danfoss Inc. Electronic traction control system
US6557677B2 (en) * 2001-01-04 2003-05-06 Gkn Automotive, Inc. Active bi-directional overrunning clutch indexing
US20030192762A1 (en) * 2001-01-04 2003-10-16 Peura Brent M. Active bi-directional overrunning clutch indexing
EP2048019A1 (en) * 2003-04-17 2009-04-15 Kanzaki Kokyukoki Mfg. Co., Ltd. Axle-driving device for a working vehicle
JP4632771B2 (ja) * 2004-02-25 2011-02-23 株式会社小松製作所 油圧操向方式の作業車両
JP2005297923A (ja) * 2004-04-15 2005-10-27 Kanzaki Kokyukoki Mfg Co Ltd 四輪駆動車両
JP2006007819A (ja) * 2004-06-22 2006-01-12 Kanzaki Kokyukoki Mfg Co Ltd 作業車両の速度制御方法
JP4859379B2 (ja) * 2005-03-15 2012-01-25 日立建機株式会社 作業機械のhst走行システム
US7690469B2 (en) * 2005-03-28 2010-04-06 Kanzaki Kokyukoki Mfg. Co., Ltd. Central differential for a working vehicle
JP4606228B2 (ja) * 2005-04-05 2011-01-05 日立建機株式会社 作業機械のhst走行システム
DE602007005286D1 (de) * 2006-01-16 2010-04-29 Kanzaki Kokyukoki Mfg Co Ltd Hydrostatische Treibachse
US8540601B2 (en) * 2006-12-08 2013-09-24 Byd Co. Ltd. Hybrid power output system
CN101209666A (zh) * 2006-12-25 2008-07-02 比亚迪股份有限公司 混合动力输出装置
CN101209667A (zh) * 2006-12-25 2008-07-02 比亚迪股份有限公司 混合动力输出装置
EP2011683A2 (en) * 2007-06-21 2009-01-07 Kanzaki Kokyukoki MFG. Co., Ltd. Hydraulic wheel-drive working vehicle
US8602153B2 (en) * 2007-08-06 2013-12-10 Extendquip Llc Extendable frame work vehicle
JP2009196517A (ja) * 2008-02-22 2009-09-03 Kanzaki Kokyukoki Mfg Co Ltd 油圧四輪駆動型作業車輌
JP2009262840A (ja) * 2008-04-28 2009-11-12 Kanzaki Kokyukoki Mfg Co Ltd 油圧四輪駆動型作業車輌
CN201722717U (zh) * 2010-05-25 2011-01-26 中冶宝钢技术服务有限公司 全液压履带装载机
JP5119349B2 (ja) * 2011-04-27 2013-01-16 株式会社小松製作所 作業車両の制御装置およびその制御方法
CN202298690U (zh) * 2011-10-28 2012-07-04 华侨大学 基于泵/马达的混联式液压挖掘机驱动系统
GB2531762A (en) * 2014-10-29 2016-05-04 Bamford Excavators Ltd Working machine
GB2531766A (en) * 2014-10-29 2016-05-04 Bamford Excavators Ltd Working Machine

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2019059028A1 (ja) * 2017-09-21 2019-03-28 株式会社小松製作所 作業車両

Also Published As

Publication number Publication date
US20160121721A1 (en) 2016-05-05
GB201419276D0 (en) 2014-12-17
KR20160052393A (ko) 2016-05-12
EP3023551A1 (en) 2016-05-25
CN105569106A (zh) 2016-05-11
US9592733B2 (en) 2017-03-14
GB2531767A (en) 2016-05-04

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9308939B2 (en) Extendable frame work vehicle
US5727921A (en) Material handling machine
US5899292A (en) Hydraulic drive and steering systems for a vehicle
ES2397120T3 (es) Vehículo de orugas que tiene sistemas de impulsión y suspensión
US3901339A (en) Hydrostatic drive-steer system
US6752403B2 (en) Working apparatus
US20180058035A1 (en) Mobile Device
EP1433647B1 (en) Hydraulic four-wheel driving apparatus
CN102180428B (zh) 小型多功能越野叉车
DE112009001430B4 (de) Verfahren und Anordnung mehrerer Antriebspumpen in einem hydrostatisch angetriebenen Verdichter
US7617892B2 (en) Utility vehicle
CA2462969C (en) Operation of wheeled work machine
KR100606313B1 (ko) 휠식 작업기
CN103726518B (zh) 一种多功能全地形步履式液压挖掘机
JP2006097889A (ja) 油圧式車軸駆動装置及び油圧駆動車両
DE102013204367A1 (de) Achskonfiguration mit elektrischem Antrieb
WO2011149069A1 (ja) ホイールローダ
CN101970256B (zh) 混合动力式电动工程机械
US6729830B2 (en) Wheeled work machine and frame assembly
EP2466018B1 (en) Closed loop drive circuit with external brake assist
US6554085B2 (en) Multi-wheel vehicle with transmission for driving-steering
EP2167825B1 (en) Steering with parallel - series connection of two speed motors
DE69814217T2 (de) Schaufelbagger mit teleskopischem Arm
EP1533168B1 (en) Hydraulic transaxle and vehicle comprising it
EP2652212B1 (en) Closed loop drive circuit with open circuit pump assist for high speed travel