JP2016059550A - catheter - Google Patents

catheter Download PDF

Info

Publication number
JP2016059550A
JP2016059550A JP2014188819A JP2014188819A JP2016059550A JP 2016059550 A JP2016059550 A JP 2016059550A JP 2014188819 A JP2014188819 A JP 2014188819A JP 2014188819 A JP2014188819 A JP 2014188819A JP 2016059550 A JP2016059550 A JP 2016059550A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
catheter
guide
sheath
wire
linear
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2014188819A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
丸山 智司
Tomoji Maruyama
智司 丸山
健治 渡邊
Kenji Watanabe
健治 渡邊
雄紀 坂口
Yuki Sakaguchi
雄紀 坂口
Original Assignee
テルモ株式会社
Terumo Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a catheter capable of preventing an opening of a guide wire lumen from tearing when removing the catheter.SOLUTION: A catheter 1 for imaging diagnostic comprises a guide wire lumen 10 as a hollow body for passing a guide wire 20 as a guide linear member to a tip end 6 of a catheter sheath 2. The catheter sheath 2 has a magnet 30 for holding constant distance between the guide linear member and the catheter sheath.SELECTED DRAWING: Figure 2

Description

本発明は、カテーテルに関し、とくに先端部に比較的短いガイドワイヤルーメンを有するカテーテルに関する。 The present invention relates to a catheter, a catheter particularly having a relatively short guidewire lumen at the distal end.

診断や治療に用いられるカテーテルとして、先端部に比較的短いガイドワイヤルーメンを有するカテーテルがある。 As the catheter used for diagnosis and therapy, there is a catheter having a relatively short guidewire lumen at the distal end. このカテーテルは、ガイドワイヤルーメンにガイドワイヤを挿通した状態で血管内に挿入されるものであり、ガイドワイヤからの抜き差しを迅速に行なうことができる、いわゆる「ラピッドエクスチェンジタイプ(ショートモノレールタイプ)」のカテーテルである。 This catheter is intended to be inserted into a blood vessel in a state of inserting the guide wire into the guide wire lumen, it is possible to perform insertion and removal from the guide wire quickly, so-called "rapid exchange type (short monorail type)" it is a catheter. このようなカテーテルの用途として、血管内腔の画像を取得する画像診断が挙げられる。 As application of such catheters, diagnostic imaging and the like to acquire an image of the blood vessel lumen. 血管内腔の画像を取得する装置としては、血管内超音波診断装置(IVUS:IntraVascular Ultra Sound)や、光干渉断層診断装置(OCT:Optical Coherence Tomography)等が知られている。 As an apparatus for acquiring an image of the blood vessel lumen, intravascular ultrasound diagnostic apparatus (IVUS: IntraVascular Ultra Sound) and optical coherence tomography diagnosis apparatus (OCT: Optical Coherence Tomography) and the like are known. 血管内腔の画像を得る目的は、ステントを載置すべき血管の位置を決めるために、あるいは既に配置したステントの経過状況を診断するため等である。 Purpose of obtaining an image of the blood vessel lumen, in order to position the blood vessel to be placed on the stent, or is already like to diagnose the progress status of the placed stent.

血管内超音波診断装置に利用されるカテーテルは、その先端部の近傍には、回転自在でかつその回転軸の軸方向に移動自在になっていて超音波の発信と受信を行う素子を持つイメージングコアを収容している。 Catheter utilized in intravascular ultrasonic diagnostic apparatus, in the vicinity of its distal end, with a device for receiving has become freely movable in and in the axial direction of the rotary shaft rotates and outgoing ultrasound imaging which houses the core.
一方、光干渉断層診断装置に利用されるカテーテルは、その先端部の近傍には、回転自在でかつその回転軸の軸方向に移動自在になっていて光の射出と受光を行う光学素子を持つイメージングコアを収容している。 Meanwhile, a catheter used for an optical coherent tomography diagnosis apparatus is in the vicinity of its distal end, a rotatable and have become movable in the axial direction of the rotary shaft having an optical element for an injection and reception of light It houses the imaging core.

血管内超音波診断装置や光干渉断層診断装置は、イメージングコアの構造自体には違いがあるが、回転しながらかつその回転軸の軸方向に移動しながらスキャンを行い、血管内断層像を得る点では共通な構造を有する。 IVUS imaging apparatus or an optical coherent tomography diagnosis apparatus is the structure itself of the imaging core there are differences, while rotating and scans while moving in the axial direction of the rotary shaft to obtain intravascular tomogram It has a common structure at the point. そのため、最近では、超音波素子や光学素子の両方を持つイメージングコアを収容するカテーテルと、そのカテーテルを用いた超音波と光干渉の両方を利用した画像断層診断を同時に行うハイブリッドタイプの画像診断装置が提案されている(特許文献1)。 Therefore, recently, a catheter for containing the imaging core with both ultrasonic element and an optical element, ultrasonic and optical interference simultaneously imaging diagnostic apparatus for a hybrid type that performs image tomography both using the using the catheter There has been proposed (Patent Document 1). 以下では、これらの装置を、単に画像診断装置と称することにする。 In the following, these devices simply will be referred to as an image diagnostic apparatus.

ところで、血管内超音波診断装置(IVUS)のカテーテルでは、イメージコアから超音波を放射してその反射波を観測することで血管内の画像情報を観測するが、このカテーテルを使用するタイミングとしては、主として血管内治療の術前および術後の診断に用いられている。 Meanwhile, the catheter IVUS imaging system (IVUS), but observing the image information in a blood vessel by observing the reflected wave by emitting ultrasonic waves from an image core, as when to use this catheter It is mainly used in the preoperative and diagnosis of postoperative intravascular treatment. イメージコアは、カテーテルの先端部にあり、超音波を全周方向に放射するためのガイドワイヤルーメンを、イメージコアのさらに先端部に設ける構造が主流となっている。 Image core, located at the distal end of the catheter, a guide wire lumen for emitting ultrasonic waves in the entire circumferential direction, the structure is provided with a further tip portion of the image the core has become mainstream.

WO2014/073016A1 WO2014 / 073016A1

血管内超音波診断装置のカテーテルにより、ステントを血管内に留置後の血管内を診断した後、このカテーテルを抜去する際に、ガイドワイヤルーメンの開口部がステントストラットに引っ掛かり、この開口部が裂ける問題が発生している。 The catheter intravascular ultrasound diagnostic apparatus, after the stent has been diagnosed with a blood vessel after indwelling in a blood vessel, when withdrawing the catheter, caught opening of the guidewire lumen to the stent struts, the opening tearing problem has occurred.

この現象は、カテーテルシースとガイドワイヤの剛性が異なり付加される荷重差があるので、ガイドワイヤの位置がカテーテルシースの位置から離れ易いためである。 This phenomenon, there is a load difference added different stiffness of the catheter sheath and the guide wire, the position of the guide wire is liable away from the location of the catheter sheath. このように、開口部が引っ掛かると、ステントの変形が起こる恐れがあり、外科的な処置により血管ごとステントを取り出すことも考えられる。 Thus, when the opening is caught, there is a possibility that deformation of the stent occurs, it is conceivable to take out the blood vessel by the stent by surgical treatment.

そこで、本発明は、カテーテルを抜去する際に、ガイドワイヤルーメンの開口部が裂けるのを防止できるカテーテルを提供することを目的とする。 Accordingly, the present invention is to provide catheter removal, and an object thereof is to provide a catheter capable of preventing opening tearing of the guidewire lumen.

本発明のカテーテルは、カテーテルシースの先端部にガイド用の線状部材を通すための中空体を有するカテーテルであって、 The catheter of the present invention is a catheter having a hollow body for the passage of the linear member for guiding the distal end of the catheter sheath,
前記ガイド用の線状部材と前記カテーテルシースとの間の距離を一定に保持するための磁石を、前記カテーテルシースに設けたことを特徴とする。 A magnet for holding the distance between the catheter sheath and a linear member for said guide fixed, characterized in that provided in the catheter sheath.
上記構成によれば、ガイド用の線状部材とカテーテルシースとの間の距離を一定に保持できるので、カテーテルシースとガイド用の線状部材の剛性が異なり付加される荷重差があっても、ガイド用の線状部材がカテーテルシースから離れなくなる。 According to the above configuration, it holds the distance between the linear member and the catheter sheath for guiding constant, even if there is a load difference added different stiffness of the linear members of the catheter sheath and the guide, linear member guide is not separated from the catheter sheath. このため、カテーテルを抜去する際に、ガイドワイヤルーメンの開口部が裂けるのを防止できる。 This prevents the time of withdrawing the catheter, the tearing opening of the guidewire lumen.

好ましくは、前記磁石は、前記ガイド用の線状部材を磁気的に吸引することにより前記ガイド用の線状部材と前記カテーテルシースとの間の距離を一定に保持することを特徴とする。 Preferably, the magnet is characterized by holding the distance between the catheter sheath and a linear member for said guide by sucking linear member for said guide magnetically constant.
上記構成によれば、カテーテルシースに設けた磁石は、ガイド用の線状部材を磁気的に吸引することにより、ガイド用の線状部材とカテーテルシースとの間の距離を一定に保持できるので、簡単な構成ながら、ガイド用の線状部材がカテーテルシースから離れなり、カテーテルを抜去する際に、ガイドワイヤルーメンの開口部が裂けるのを防止できる。 According to the above arrangement, the magnet provided on the catheter sheath, by sucking linear member for guiding magnetically, can be held a distance between the linear member and the catheter sheath for guiding constant, while a simple configuration, the linear member guide is separated from the catheter sheath, at the time of withdrawing the catheter, it is possible to prevent the opening of the guide wire lumen tearing.

好ましくは、前記磁石を第1磁石とすると、前記ガイド用の線状部材には、第2磁石が配置されており、前記第1磁石と前記第2磁石は、磁気的な反発力により前記ガイド用の線状部材と前記カテーテルシースとの間の距離を一定に保持することを特徴とする。 Preferably, when the magnet and the first magnet, the linear member for said guide, the second magnet is disposed, said second magnet and said first magnet, said guide by magnetic repulsion characterized by holding the linear member use the distance between the catheter sheath constant.
上記構成によれば、第1磁石と第2磁石における磁気的な反発力により、ガイド用の線状部材と前記カテーテルシースとの間の距離を一定に保持できるので、開口部が、ステントに引っ掛かることにより裂けるのを防止することができる。 According to the above configuration, the magnetic repulsion force in the first magnet and the second magnet, it is possible to hold the distance between the linear member for guiding said catheter sheath constant openings, caught by the stent it can be prevented from tearing by. しかも、ガイド用の線状部材をカテーテルシースからより離した位置に保持できるので、撮像時において、ガイド用の線状部材の存在により、カテーテルシースから見てガイド用の線状部材の背部に生じる撮像の欠損角度をより小さくできることから、撮像欠損部(画像欠損部)を減少させることができる。 Moreover, since the linear member guide can be held in a more separated position from the catheter sheath, at the time of imaging, the presence of the linear member for guiding occurs at the back of the linear members of the guide as seen from the catheter sheath since defects angle imaging can be further reduced, it is possible to reduce imaging defects (image defect).

好ましくは、前記カテーテルシースに配置される前記第1磁石は、前記カテーテルシース内に配置されているイメージングコアが移動する範囲外に配置されていることを特徴とする。 Preferably, the first magnet disposed in said catheter sheath, characterized in that the imaging core disposed in the catheter sheath is arranged outside the range of movement.
上記構成によれば、カテーテルシースの磁石は、カテーテルシース内に配置されているイメージングコアが移動する範囲外に配置されているので、第1磁石があってもイメージングコアによる撮像に影響が出ない。 According to the above configuration, the magnets of the catheter sheath, the imaging core disposed in the catheter sheath is arranged outside the range of movement, does not appear effect on imaging by the imaging core even when the first magnet .

本発明は、カテーテルを抜去する際に、ガイドワイヤルーメンの開口部が裂けるのを防止できる画像診断用のカテーテルを提供することができる。 The present invention, when the catheter is removed, it is possible to provide a catheter for diagnostic imaging that can prevent the opening of the guide wire lumen tearing.

本発明の画像診断用のカテーテルの好ましい実施形態と、このカテーテルを適用可能な血管内腔の画像を診断するための装置を示す図である。 A preferred embodiment of a catheter for diagnostic imaging of the present invention, showing a device for diagnosing the image of applicable vessel lumen of the catheter. 本発明の第1実施形態のカテーテルの先端部を拡大して示す図である。 Is an enlarged view showing the distal portion of the catheter of the first embodiment of the present invention. 本発明の第2実施形態のカテーテルの先端部を拡大して示す図である。 Is an enlarged view showing the distal end of the catheter of the second embodiment of the present invention. カテーテルシースとガイドワイヤの位置関係を示図である。 The positional relationship between the catheter sheath and the guide wire is 示図. 従来発生していたガイドワイヤルーメンの開口部が変形してしまう例を説明する図である。 Opening of the guidewire lumen which has been conventionally generated is a diagram for explaining an example of deformed. 本発明の第3実施形態を示す図である。 It is a diagram showing a third embodiment of the present invention. 本発明の第4実施形態を示す図である。 It is a diagram showing a fourth embodiment of the present invention. 本発明の第5実施形態を示す図である。 It is a diagram illustrating a fifth embodiment of the present invention.

以下に、本発明の好ましい実施形態を、図面を参照して詳しく説明する。 Hereinafter, a preferred embodiment of the present invention will be described in detail with reference to the drawings.
尚、以下に述べる実施の形態は、本発明の好適な具体例であるから、技術的に好ましい種々の限定が付されているが、本発明の範囲は、以下の説明において特に本発明を限定する旨の記載がない限り、これらの態様に限られるものではない。 Note that the embodiments to be described below are preferred specific examples of the present invention, various technically preferable limitations are imposed, the scope of the present invention, particularly limit the present invention in the following description unless there are descriptions of, not limited to these embodiments.

(第1実施形態) (First Embodiment)
図1は、本発明の画像診断用のカテーテルの好ましい実施形態と、このカテーテル1を適用可能な血管内腔の画像を診断するための装置を示す図である。 Figure 1 is a preferred embodiment of a catheter for diagnostic imaging of the present invention, showing a device for diagnosing the image of applicable vessel lumen of the catheter 1.
図1に示す血管内腔の画像を診断するための装置(以下画像診断装置という)100としては、血管内超音波診断装置(IVUS:IntraVascular Ultra Sound)の例を示している。 The 100 device (hereinafter referred to as an image diagnostic apparatus) for diagnosing the image of the blood vessel lumen as shown in FIG. 1, an intravascular ultrasound diagnostic device: shows an example of a (IVUS intravascular Ultra Sound).

図1に示す画像診断用のカテーテル1は、カテーテルシース2と、コネクタ部3とにより構成されている。 The catheter 1 for imaging shown in FIG. 1, a catheter sheath 2 is constituted by a connector portion 3. このカテーテルシース2は、血管内に挿抜可能に挿入される中空状の長尺の部材である。 The catheter sheath 2 is a member of the hollow elongated inserted removably inserted into a blood vessel. コネクタ部3は、カテーテルシース2の一端部に接続されており、血管内には挿入されず、術者が操作するために術者の手元側に配置されている。 Connector portion 3 is connected to one end of the catheter sheath 2 is not inserted into a blood vessel, it is disposed proximally of the operator to operator operated. コネクタ部3は、円筒状の接続端部4を有している。 Connector portion 3 has a cylindrical connection end 4.
画像診断装置100は、スキャナ/プルバック部101と、操作制御装置102を有しており、スキャナ/プルバック部101は、接続保持部103を有している。 Image diagnosis apparatus 100 includes a scanner / pull-back section 101 has an operation control device 102, a scanner / pullback unit 101 includes a connection holding portion 103. 操作制御装置102は、操作パネル104やモニタ105等を有している。 Operation control device 102 has a like operating panel 104 and monitor 105. スキャナ/プルバック部101と操作制御装置102は、信号ライン106により接続されている。 The scanner / pullback unit 101 and the operation control unit 102 is connected by a signal line 106.

図1に示すカテーテル1は、直接患者の血管内に挿入され、イメージングコア5より照射される超音波を用いて血管内部の状態を測定する。 The catheter 1 shown in FIG. 1 is inserted in the vein of a patient directly to measure internal conditions of the vessel using the ultrasonic waves irradiated from the imaging core 5. カテーテル1の接続端部4は、スキャナ/プルバック部1の接続保持部103に対して、着脱可能に接続される。 Connection end 4 of the catheter 1, to the connection holding section 103 of the scanner / pullback unit 1 is detachably connected. スキャナ/プルバック部101は、モータドライブユニット(MDU)あるいはドライブ装置ともいい、カテーテル1内のイメージングコア5のラジアル走査を実行する。 The scanner / pull-back unit 101 is also called a motor drive unit (MDU) or a drive device and performs radial scanning of the imaging core 5 in the catheter 1.
操作制御装置102は、血管内超音波診断を行う際に、各種の設定値を入力するための機能、測定により得られるデータを処理して、断面画像として表示するための機能等を有する。 Operation controller 102, when performing an intravascular ultrasonic diagnosis, various setting values ​​function for inputting, processing the data obtained by measurement, a function or the like for displaying the cross-sectional image.

図1に示すカテーテル1は、カテーテルシース2を有し、このカテーテルシース2の先端部6の近傍には、イメージングコア5を収容している。 The catheter 1 shown in FIG. 1 includes a catheter sheath 2, in the vicinity of the distal end portion 6 of the catheter sheath 2 houses the imaging core 5. このイメージングコア5は、回転自在でかつその回転軸の軸方向に移動自在になっていて、超音波の発信と受信を行う素子を有している。 The imaging core 5, rotatable and have become movable in the axial direction of the rotary shaft, and a device for receiving and transmitting of ultrasound.
カテーテルシース2の先端部6には、チューブ状のガイドワイヤルーメン10が設けられている。 The distal end 6 of the catheter sheath 2, the tubular guide wire lumen 10 is provided. このガイドワイヤルーメン10は、診断対象の血管の位置まで、カテーテル1を案内するためのガイドワイヤ(GW)20を通している。 The guide wire lumen 10, to the position of the blood vessel to be diagnosed, and through the guide wire (GW) 20 for guiding the catheter 1. このガイドワイヤ20は、ガイド用の線状部材の例であり、中空体であるガイドワイヤルーメン10を通じて、ガイドワイヤ20の長手方向に沿ってスライド自在に保持されている。 The guide wire 20 is an example of a linear member for guiding, through the guide wire lumen 10 is a hollow member, it is slidably held along the longitudinal direction of the guide wire 20.

カテーテルシース2は、ガイドワイヤルーメン10からコネクタ部3の一端部まで連続して管腔を形成している中空部材である。 Catheter sheath 2 is a hollow member continuously from the guide wire lumen 10 to the one end of the connector portion 3 to form a lumen. カテーテルシース2内には、破線で示すように駆動シャフト9が回転自在に配置されている。 Within the catheter sheath 2, the drive shaft 9 as shown by a broken line is disposed rotatably.
カテーテルシース2の先端部6の内部には、イメージングコア5が収容されている。 Inside the tip portion 6 of the catheter sheath 2, the imaging core 5 is housed. イメージングコア5は、先端部6の内部において回転自在であり、しかもカテーテルシース2の軸方向に沿って移動自在である。 Imaging core 5 are rotatably inside the distal end portion 6, moreover movable along the axial direction of the catheter sheath 2. このイメージングコア5は、駆動シャフト9の先端部に固定されている。 The imaging core 5 is fixed to the distal end of the drive shaft 9. イメージングコア5は、超音波の発信と、その超音波の反射波を受信することができる超音波素子を有している。 Imaging core 5 includes transmitting the ultrasound, the ultrasound device capable of receiving a reflected wave of the ultrasonic wave. この超音波素子は、超音波を、カテーテルシース2の軸方向と直交する方向へ発信して、その超音波の血管壁からの反射波を受信する。 The ultrasonic device, the ultrasonic waves, to disseminate the direction perpendicular to the axial direction of the catheter sheath 2, receives a reflected wave from the blood vessel walls of the ultrasound.

図1に示す駆動シャフト9は、コネクタ部3からの回転力をイメージングコア5に伝達する機能を有し、しかも駆動シャフト9は、超音波素子との電気的に接続する信号線を収容している。 Drive shaft 9 shown in FIG. 1 has a function of transmitting the rotational force from the connector portion 3 to the imaging core 5, moreover the drive shaft 9, accommodates a signal line electrically connected to the ultrasonic element there. 駆動シャフト9が、イメージングコア5を回転し、しかも軸方向に移動させることで、イメージングコア5は、対象となる血管壁部に対して、超音波を照射し、その超音波の反射波を受信できる。 The drive shaft 9 to rotate the imaging core 5, yet is moved in the axial direction, the imaging core 5 against the vessel wall to be, irradiated with ultrasonic waves, receives a reflected wave of the ultrasonic it can.

次に、上述したカテーテル1について、図2を参照して、さらに詳しく説明する。 Next, the catheter 1 described above, with reference to FIG. 2, will be described in more detail.
図2は、本発明の第1実施形態のカテーテル1の先端部を拡大して示している。 Figure 2 shows an enlarged tip of the catheter 1 of the first embodiment of the present invention.
図2に示すように、すでに説明した通り、カテーテルシース2の先端部6の内部には、イメージングコア5が収容されている。 As shown in FIG. 2, as previously described, inside the distal end portion 6 of the catheter sheath 2, the imaging core 5 is housed. また、カテーテルシース2の先端部6には、チューブ状のガイドワイヤルーメン10が設けられている。 Further, the distal end portion 6 of the catheter sheath 2, the tubular guide wire lumen 10 is provided. このガイドワイヤルーメン10は、診断対象の血管の位置まで、カテーテル1を案内するためのガイドワイヤ(GW)20を通している。 The guide wire lumen 10, to the position of the blood vessel to be diagnosed, and through the guide wire (GW) 20 for guiding the catheter 1. このガイドワイヤ20は、ガイドワイヤルーメン10を通じて、ガイドワイヤ20の長手方向に沿ってスライド自在に保持されている。 The guide wire 20, through the guide wire lumen 10 and is slidably held along the longitudinal direction of the guide wire 20. 図2に示すカテーテル1は、この1つのガイドワイヤルーメン10が、カテーテルシース2に対して設けられた、いわゆるショートモノレール構造のものである。 The catheter 1 shown in FIG. 2, this one guide wire lumen 10, is provided to the catheter sheath 2 is of a so-called short monorail structure.

図2に示すように、ガイドワイヤ20の先端部21は、柔軟性を有していることで、蛇行している血管内における追従性を確保し、血管損傷を防いでいる。 As shown in FIG. 2, the tip 21 of the guidewire 20, by having a flexible, ensuring trackability in a blood vessel that meanders, thereby preventing vascular damage. このガイドワイヤ20は、断面円形状の長尺状の部材であり、例えば合金やステンレス等により作られており、表面には、親水性コーティングが施されているが、特にこれに限定されない。 The guide wire 20 is an elongated member of circular cross-section, for example, made of an alloy or stainless steel or the like, on the surface, but the hydrophilic coating is applied is not particularly limited to this. ガイドワイヤ20は、復元性に優れ、折れ曲がり(キンク)が起こり難く、高い操作性を有している。 The guidewire 20 is excellent in recovery properties, hardly occur kink, has high operability.
一方、ガイドワイヤルーメン10は、ガイドワイヤ20を通すための断面円形のガイド通路11を有している。 On the other hand, the guide wire lumen 10 has a circular cross-section of the guide passage 11 for passing the guide wire 20. ガイドワイヤルーメン10の先端部12は、ガイドワイヤルーメン10の軸方向T(ガイドワイヤ20の進行方向)に対して直交して形成されている面であるが、後端部13の開口部14は、斜めに傾斜して形成されている傾斜面である。 Tip 12 of the guide wire lumen 10 is a plane which is formed perpendicular to the axial direction T of the guide wire lumen 10 (the traveling direction of the guide wire 20), the opening 14 of the rear end portion 13 , it is an inclined surface which is formed to be inclined obliquely.

図2に示すように、1つの磁石30が、カテーテルシース2の先端部6に配置されている。 As shown in FIG. 2, one magnet 30 is disposed at the distal end 6 of the catheter sheath 2. 磁石30は、永久磁石であり、例えばアルニコ磁石、フェライト磁石、ネオジム磁石等を採用できる。 Magnet 30 is a permanent magnet, it can be adopted for example alnico magnet, ferrite magnet, a neodymium magnet or the like. 1つの磁石30は、ガイドワイヤ20を磁気的に吸引することにより、ガイドワイヤ20をカテーテルシース2側に、T方向と直交するS方向へ、磁気的な吸引力により引き寄せることができる。 One magnet 30, by sucking the guide wire 20 magnetically, the guide wire 20 into catheter sheath 2 side, the S direction perpendicular to the T direction can be attracted by magnetic attraction. すなわち、ガイドワイヤ20がカテーテルシース2から離れないようにして、ガイドワイヤ20とカテーテルシース2との距離LRを一定にすることができる。 That is, it is possible to guide wire 20 so as not to leave from the catheter sheath 2, the distance LR between the guide wire 20 and catheter sheath 2 constant. 従って、カテーテル1を抜去する際には、ガイドワイヤルーメン10の開口部14が裂けるのを防止できる。 Therefore, when removing the catheter 1 can prevent the opening 14 of the guide wire lumen 10 is tearing.
カテーテルシース2に配置される磁石30は、カテーテルシース2内に配置されているイメージングコア5が移動する範囲外に配置されている。 Magnet 30 disposed catheter sheath 2 is disposed outside the imaging core 5 disposed in the catheter sheath 2 moves. これにより、カテーテルシース2の磁石30は、カテーテルシース2内に配置されているイメージングコア5が移動する範囲外に配置されているので、磁石30があってもイメージングコア5による撮像に影響が出ない。 Thus, the magnets 30 of the catheter sheath 2, since the imaging core 5 disposed in the catheter sheath 2 is placed outside the range of movement, is affected imaging by the imaging core 5 even when the magnet 30 Absent.

上述したように、本発明の第1実施形態では、磁石30が、カテーテルシース2に配置し、その磁石30の配置位置は、ガイドワイヤ20に対面しており、イメージングコア5の付近である。 As described above, in the first embodiment of the present invention, the magnet 30 is placed in the catheter sheath 2, the arrangement position of the magnet 30 is opposed to the guide wire 20, in the vicinity of the imaging core 5. 術者が、カテーテル1を血管内において操作する際に、ガイドワイヤ20にカテーテルシース2を追従させて操作するが、ガイドワイヤ20にカテーテルシース2の剛性差等の要因があっても、開口部14付近におけるガイドワイヤ20とカテーテルシース2の剥離(分離)が発生するのを防止できる。 Surgeon, when manipulating the catheter 1 in a blood vessel, but operated so as to follow the catheter sheath 2 in the guide wire 20, even if factors rigidity difference of the catheter sheath 2 or the like to the guide wire 20, the opening separation of the guide wire 20 and catheter sheath 2 (separation) can be prevented from occurring in the vicinity of 14.

このように剥離(分離)を防止できるので、カテーテルシース2がガイドワイヤ20に追従する追従性の低下を防ぎ、プッシャビリティの低下を防ぐことができる。 Since the peeling (separation) can be prevented to prevent deterioration of the trackability of the catheter sheath 2 to follow the guide wire 20, it is possible to prevent a decrease in pushability. もし、開口部14が変形した場合には、開口部14がステントストラットにトラップされてしまう可能性があり、カテーテル1のスタックの原因となるが、このカテーテル1のスタックを防ぐことができる。 If the opening 14 is deformed, there is a possibility that the opening 14 from being trapped in the stent strut, it causes a stack of the catheter 1, it is possible to prevent the stack of the catheter 1.

術者がカテーテル1を用いて手技をする場合に、カテーテル1を血管内に押し込む際に、開口部14付近におけるガイドワイヤ20とカテーテルシース2の剥離(分離)が発生するのを防止できるので、ガイドワイヤ20の剛性を利用することができる。 If the operator is a procedure using a catheter 1, when pushing the catheter 1 into the blood vessel, since the separation of the guide wire 20 and catheter sheath 2 in the vicinity of the opening 14 (separation) can be prevented from occurring, You can utilize the rigidity of the guide wire 20. このため、カテーテル1の通過性を向上することができる。 Therefore, it is possible to improve the passage of the catheter 1. また、開口部14の変形のリスクが低減できるか、無くすことができる。 Also, if the risk of deformation of the opening 14 can be reduced, it can be eliminated. これらのことから、カテーテル1の手技中のスタックの発生頻度を低減できるか、無くすことができる。 From these, you can reduce the frequency of the stack during the procedure the catheter 1 can be eliminated.

図5は、従来発生していたガイドワイヤルーメン110の開口部114が変形してしまう例を説明する図である。 Figure 5 is a diagram in which the opening 114 of the guide wire lumen 110 which has been conventionally generated will be described an example in which the deformed.
図5に示すように、血管内に載置したステントSNの経過状況を確認するために、カテーテル101をT1方向に挿入すると、カテーテル101の先端部は、ステントSNを通り過ぎる位置まで案内した後、スキャンを行うことになる。 As shown in FIG. 5, in order to confirm the progress status of the stent SN which is placed into the blood vessel, inserting a catheter 101 in the T1 direction, the distal end of the catheter 101, after guided to a position past the stent SN, It will be performed the scan. 一連のスキャン処理を終えると、ガイドワイヤ120とカテーテルルーメン110はT2方向に後退させて、体外に排出させる。 Upon completion of the series of scanning process, the guide wire 120 and catheter lumen 110 retracts in the direction T2, it is eliminated from the body. この後退の際に、ガイドワイヤルーメン110の傾斜した開口部114が、ステントSNの網目に引っ掛かることがある。 During this retraction, the opening 114 inclined guide wire lumen 110, sometimes caught by the mesh of the stent SN. この引っ掛かり現象は、図5に示すようにカテーテルシース107とガイドワイヤ120の剛性が異なり付加される荷重差があるので、ガイドワイヤがカテーテルシースから離れ易いためである。 This caught behavior, there is a load difference added different stiffness of the catheter sheath 107 and guide wire 120 as shown in FIG. 5, the guide wire is liable away from the catheter sheath.

このように開口部114が、ステントSNの網目に引っ掛った場合には、カテーテル1をT1方向に再度押し込み、場合によってはカテーテル101を回転させて再度T2方向に引っ張ることで、開口部114の引っ掛かりを解除するが、このような解除操作を行わないで、カテーテル101をT2方向に引っ張ってしまうと、開口部114が変形したり、開口部114が裂けてしまうことがある。 Thus opening 114 of stent SN when caught in the mesh, again pushing the catheter 1 in the T1 direction, in some cases by pulling again T2 direction by rotating the catheter 101, the opening 114 releases the caught but not perform such a releasing operation, the thus pulling the catheter 101 in the direction T2, sometimes opening 114 is deformed or torn openings 114.
そこで、本発明の第1実施形態では、図2に示すように、磁石30が、開口部14付近におけるガイドワイヤ20とカテーテルシース2の剥離(分離)が発生するのを防止できるので、ガイドワイヤ20とカテーテル1はT2方向に後退させて、体外に排出させる際に、ガイドワイヤルーメン10の傾斜した開口部14が、ステントSNの網目に引っ掛かることを防ぐことができる。 Therefore, in the first embodiment of the present invention, as shown in FIG. 2, the magnet 30 is, since the peeling of the guide wire 20 and catheter sheath 2 in the vicinity of the opening 14 (separation) can be prevented from occurring, the guide wire 20 and catheter 1 is retracted in the direction T2, when to be eliminated from the body, the opening 14 inclined guide wire lumen 10 can be prevented from being caught in the mesh of the stent SN.

(第2実施形態) (Second Embodiment)
次に、本発明の第2実施形態を、図3を参照して説明する。 Next, a second embodiment of the present invention will be described with reference to FIG.
なお、以下に説明する第2実施形態におけるカテーテル1の構成要素が、図2に示すカテーテル1の構成要素と同様である場合には、同じ符号を付けて、その説明を省略する。 Incidentally, the components of the catheter 1 in a second embodiment described below is the case is the same as the components of the catheter 1 shown in FIG. 2, with the same reference numerals, and a description thereof will be omitted.

図3は、本発明の第2実施形態を示している。 Figure 3 shows a second embodiment of the present invention.
図2に示す第1実施形態では、1つの磁石(第1磁石)30が、カテーテルシース2の先端部6に配置されている。 In the first embodiment shown in FIG. 2, one magnet (first magnet) 30 is disposed at the distal end 6 of the catheter sheath 2. また、別の磁石(第2磁石)40が、ガイドワイヤ20に配置されている。 Another magnet (second magnet) 40 is disposed in the guide wire 20. 磁石30,40は、永久磁石であり、例えばアルニコ磁石、フェライト磁石、ネオジム磁石等を採用できる。 Magnets 30 and 40 are permanent magnets, can be employed for example alnico magnet, ferrite magnet, a neodymium magnet or the like. 磁石30,40は、磁気的反発力を発生するために同極である。 Magnets 30 and 40 are the same polarity in order to generate magnetic repulsion.
これにより、ガイドワイヤ20がカテーテルシース2から離れないようにして、ガイドワイヤ20とカテーテルシース2との距離LRを一定にすることができる。 Thus, the guide wire 20 so as not to leave from the catheter sheath 2, it is possible to make the distance LR between the guide wire 20 and catheter sheath 2 constant. 従って、カテーテル1を抜去する際には、ガイドワイヤルーメン10の開口部14が裂けるのを防止できる。 Therefore, when removing the catheter 1 can prevent the opening 14 of the guide wire lumen 10 is tearing.

図4は、カテーテルシース2とガイドワイヤ20の位置関係を示しており、図4(A)は、カテーテルシース2とガイドワイヤ20の間隔DS1が小さい場合で、図4(B)は、カテーテルシース2とガイドワイヤ20の間隔DS2が間隔DS1よりも大きくなっている場合を示している。 Figure 4 shows the positional relationship of the catheter sheath 2 and the guide wire 20, in the case of FIG. 4 (A), smaller spacing DS1 of the catheter sheath 2 and the guide wire 20, Fig. 4 (B), the catheter sheath interval DS2 of 2 and the guide wire 20 indicates the case where larger than the distance DS1.
図4を参照すると、カテーテルシース2とガイドワイヤ20は平行に並んで配置されている。 Referring to FIG. 4, the catheter sheath 2 and the guide wire 20 are arranged side by side in parallel. このため、イメージングコア5が血管内を撮像する時に、イメージングコア5から見てガイドワイヤ20は撮像範囲にあり、図4(A)の場合には、ガイドワイヤ20の後方領域は、原理的に撮像の際の欠損角度θ1が大きく、イメージングコア5は、欠損角度θ1の扇型の領域の血管像を得ることができない。 Therefore, when the imaging core 5 is captured within the blood vessel, the guide wire 20 as viewed from the imaging core 5 is in the imaging range, in case of FIG. 4 (A) is the rear region of the guide wire 20, in principle large defects angle .theta.1 during imaging, imaging core 5 can not obtain images of blood vessels fan-shaped region of the defect angle .theta.1.

そこで、本発明の第2実施形態では、図3に示すように、1つの磁石30が、カテーテルシース2の先端部6に配置され、別の磁石40が、ガイドワイヤ20に配置されていることで、磁石30,40が磁気的反発力により、カテーテルシース2とガイドワイヤ20は、血管内において平行に並んで配置することができる。 Therefore, in the second embodiment of the present invention, as shown in FIG. 3, one magnet 30 is disposed at the distal end 6 of the catheter sheath 2, that another magnet 40 is disposed in the guide wire 20 in, the magnets 30 and 40 magnetically repulsive force, the catheter sheath 2 and the guide wire 20 can be arranged side by side in parallel in a blood vessel. 図4(B)に示すように、カテーテルシース2とガイドワイヤ20の間隔DS2にすることできる。 As shown in FIG. 4 (B), it may be to distance DS2 of the catheter sheath 2 and the guide wire 20. このため、ガイドワイヤ20の後方領域は、原理的に図4(B)に示す撮像の際の欠損角度θ2を、図4(A)に示す欠損角度θ1よりも小さくでき、ガイドワイヤ20の後方領域の血管像は、より広い範囲で得ることができる。 Therefore, guide the rear region of the wire 20, in principle deficiency angle θ2 during imaging shown in FIG. 4 (B), can be smaller than deficient angle θ1 shown in FIG. 4 (A), the rear of the guide wire 20 vessel image region can be obtained in a wider range.

また、ガイドワイヤ20とカテーテルシース2との距離LRを一定にすることができる。 Further, it is possible to make the distance LR between the guide wire 20 and catheter sheath 2 constant. 従って、カテーテル1を抜去する際には、ガイドワイヤルーメン10の開口部14が裂けるのを防止できる。 Therefore, when removing the catheter 1 can prevent the opening 14 of the guide wire lumen 10 is tearing.
上述したように、本発明の第1実施形態では、磁石30が、カテーテルシース2に配置し、その磁石30の配置位置は、ガイドワイヤ20に対面しており、イメージングコア5の付近である。 As described above, in the first embodiment of the present invention, the magnet 30 is placed in the catheter sheath 2, the arrangement position of the magnet 30 is opposed to the guide wire 20, in the vicinity of the imaging core 5. 術者が、カテーテル1を血管内において操作する際に、ガイドワイヤ20にカテーテルシース2を追従させて操作するが、ガイドワイヤ20にカテーテルシース2の剛性差等の要因があっても、開口部14付近におけるガイドワイヤ20とカテーテルシース2の剥離(分離)が発生するのを防止できる。 Surgeon, when manipulating the catheter 1 in a blood vessel, but operated so as to follow the catheter sheath 2 in the guide wire 20, even if factors rigidity difference of the catheter sheath 2 or the like to the guide wire 20, the opening separation of the guide wire 20 and catheter sheath 2 (separation) can be prevented from occurring in the vicinity of 14.

(第3実施形態) (Third Embodiment)
図6は、本発明の第3実施形態を示す図である。 Figure 6 is a diagram showing a third embodiment of the present invention.
図6に示すように、第3実施形態では、カテーテルシース2のみに磁石30が配置されている。 As shown in FIG. 6, in the third embodiment, the magnet 30 is disposed only on the catheter sheath 2. すなわち、1つの磁石30が、カテーテルシース2の先端部6において、中空体であるガイドワイヤルーメン10の後端部13の開口部14の近傍に配置されている。 That is, one magnet 30, at the distal end 6 of the catheter sheath 2 is arranged in the vicinity of the opening 14 of the rear end portion 13 of the guide wire lumen 10 is a hollow body. これにより、磁石30は、ガイドワイヤ20の磁気的な吸引によってガイドワイヤ20とカテーテルシース2の剥離(分離)が発生することを防止している。 Thus, the magnet 30, the release of the guide wire 20 and catheter sheath 2 by the magnetic attraction of the guide wire 20 (separation) is prevented from occurring.
本発明の実施形態では、カテーテルシース2に磁石を有するが、ガイドワイヤ20に磁石を設けない構成とした。 In an embodiment of the present invention has a magnet catheter sheath 2, and a structure without the magnet provided in the guide wire 20. そこで、ガイドワイヤ20は、磁性体で構成したものである。 Therefore, the guide wire 20, which is constituted by a magnetic material. これにより、カテーテルシース側が磁石であれば、ガイドワイヤ20は吸引される。 Thus, if the catheter sheath side magnets, the guide wire 20 is sucked.

(第4実施形態) (Fourth Embodiment)
図7は、本発明の第4実施形態を示す図である。 Figure 7 is a diagram showing a fourth embodiment of the present invention.
図7に示すように、第4実施形態では、カテーテルシース2とガイドワイヤ20の両法に磁石が配置されている。 As shown in FIG. 7, in the fourth embodiment, the magnets are disposed in both methods of the catheter sheath 2 and the guide wire 20. この例では、磁石40がガイドワイヤ20に配置されている。 In this example, the magnet 40 is disposed in the guide wire 20. カテーテルシース2は、第1磁石部分30Aと第2磁石部分30Bを有している。 Catheter sheath 2 has a first magnet portion 30A and the second magnet portion 30B. 第1磁石部分30Aは、カテーテルシース2の先端部6において、中空体であるガイドワイヤルーメン10の後端部13の開口部14の近傍に配置されている。 The first magnet portion 30A is at the distal end 6 of the catheter sheath 2 is arranged in the vicinity of the opening 14 of the rear end portion 13 of the guide wire lumen 10 is a hollow body. これに対して、第2磁石部分30Bは、第1磁石部分30Aからは離れた位置に配置されている。 In contrast, the second magnet portion 30B is disposed at a position apart from the first magnet portion 30A.
第1磁石部分30Aは、磁石40と異極であり、第2磁石部分30Bは、磁石40と同極である。 The first magnet portion 30A is a magnet 40 different poles, a second magnet portion 30B is the same polarity as the magnet 40. これにより、カテーテルのデリバリや回収時には、先に位置する第1磁石部分30Aと磁石40が磁気的に吸引するようにして動かす。 Thus, at the time of delivery and collection of the catheter, moving as the first magnet portion 30A and the magnet 40 located above sucks magnetically. しかし、画像撮像時には、ガイドワイヤ20の位置を少し引き戻して、第2磁石部分30Bと磁石40が磁気的に反発するようにして、カテーテルシース2とガイドワイヤ20が反発力により、遠ざけるようにする。 However, at the time of imaging, slightly pulled back position of the guide wire 20, the second magnet portion 30B and the magnet 40 so as to repel magnetically, catheter sheath 2 and the guide wire 20 by the repulsive force, to away . これにより、ガイドワイヤルーメン10の後端部13の開口部14の近傍は、吸引力が発生し、イメージングコア5の近傍は、反発力を生じるようにして、画像撮像をより容易に行うことができる。 Thus, the vicinity of the opening 14 of the rear end portion 13 of the guide wire lumen 10, suction force is generated in the vicinity of the imaging core 5, so as to produce a repulsive force, it is possible to perform imaging more easily it can.
このような構成を採用することで、磁石30は、ガイドワイヤ20の磁気的な吸引によるガイドワイヤ20のスタックを防止し、画像撮像時には、磁気的な反発によりガイドワイヤ20を離すことにより、シャドウ(撮像時の影部分)が発生するのを軽減することができる。 By adopting such a configuration, the magnet 30 prevents stack of guidewire 20 due to the magnetic attraction of the guide wire 20, at the time of image capturing, by releasing the guide wire 20 by magnetic repulsion, shadows (shaded area at the time of imaging) can be reduced to occur.

(第5実施形態) (Fifth Embodiment)
図8は、本発明の第5実施形態を示す図である。 Figure 8 is a diagram showing a fifth embodiment of the present invention.
図8に示す第5実施形態では、図7に示す第4の実施形態とは異なり、ガイドワイヤ20に配置されている磁石40の長さが、第1磁石部分30Aから第2磁石部分30Bまで達するようにしても良い。 In the fifth embodiment shown in FIG. 8, it differs from the fourth embodiment shown in FIG. 7, the length of the magnet 40 arranged on the guide wire 20, the first magnet portion 30A to the second magnet portion 30B it may be reached.
また、ガイドワイヤ20が磁性体であれば、第1磁石部分30Aと第2磁石部分30Bは、一体となった磁石(点線で示す磁石30)で、イメージングコア5の近傍に丁度ガイドワイヤ20の同極の磁石が配置されるのでも良い。 Further, if the guide wire 20 is magnetic, the first magnet portion 30A and the second magnet portion 30B is a magnet together (magnet 30 indicated by a dotted line), just the guide wire 20 in the vicinity of the imaging core 5 or than the magnets of same polarity are arranged. いずれにしても、カテーテルシース2の先端部6側では、磁気的吸引力を発揮でき、カテーテルシース2の後端側は磁気的な反発力が発揮できれば良い。 In any case, the distal end portion 6 side of the catheter sheath 2, can exert a magnetic attractive force, the rear end side of the catheter sheath 2 may if exert magnetic repulsion.

本発明の実施形態の画像診断用のカテーテル1は、カテーテルシース2の先端部6にガイド用の線状部材としてのガイドワイヤ20を通すための中空体としてのガイドワイヤルーメン10を有する画像診断装置用のカテーテルであって、ガイド用の線状部材とカテーテルシースとの間の距離を一定に保持するための磁石30を、カテーテルシース2に設けている。 The catheter 1 for imaging embodiments of the present invention, an image diagnostic apparatus having a guide wire lumen 10 as a hollow body for the passage of the guide wire 20 as a linear member for guiding the distal end 6 of the catheter sheath 2 a catheter use, the magnet 30 for holding the distance between the linear member and the catheter sheath for guiding the constant is provided on the catheter sheath 2.
これにより、ガイド用の線状部材とカテーテルシースとの間の距離を一定に保持できるので、カテーテルシースとガイド用の線状部材の剛性が異なり付加される荷重差があっても、ガイド用の線状部材がカテーテルシースから離れなくなる。 Thus, it is possible to hold the distance between the linear member and the catheter sheath for guiding constant, even if there is a load difference added different stiffness of the linear members of the catheter sheath and the guide, a guide for the linear member is not separated from the catheter sheath. このため、カテーテルを抜去する際に、ガイドワイヤルーメンの開口部が裂けるのを防止できる。 This prevents the time of withdrawing the catheter, the tearing opening of the guidewire lumen.

磁石は、ガイド用の線状部材を磁気的に吸引することによりガイド用の線状部材とカテーテルシースとの間の距離を一定に保持する。 Magnet holds the distance between the linear member and the catheter sheath guide by sucking linear member for guiding the magnetic constant. これにより、カテーテルシースに設けた磁石は、ガイド用の線状部材を磁気的に吸引することにより、ガイド用の線状部材とカテーテルシースとの間の距離を一定に保持できるので、簡単な構成ながら、ガイド用の線状部材がカテーテルシースから離れなり、カテーテルを抜去する際に、ガイドワイヤルーメンの開口部が裂けるのを防止できる。 Thus, the magnet provided on the catheter sheath, by sucking linear member for guiding magnetically, can be held a distance between the linear member and the catheter sheath for guiding constant, simple structure while, the linear member guide is separated from the catheter sheath, at the time of withdrawing the catheter, it is possible to prevent the tearing opening of the guide wire lumen.

カテーテルシース側の磁石を第1磁石とすると、ガイド用の線状部材には、第2磁石が配置されており、第1磁石と第2磁石は、磁気的な反発力によりガイド用の線状部材とカテーテルシースとの間の距離を一定に保持する。 If the catheter sheath side of the magnet and the first magnet, the linear member guide, the second magnet is disposed, the first magnet and the second magnet, linear guide by magnetic repulsion holding the distance between the member and the catheter sheath constant. これにより、第1磁石と第2磁石における磁気的な反発力により、ガイド用の線状部材とカテーテルシースとの間の距離を一定に保持できるので、開口部が、ステントに引っ掛かることにより裂けるのを防止することができる。 Thus, the magnetic repulsive force in the first magnet and the second magnet, it is possible to hold the distance between the linear member and the catheter sheath for guiding constant tearing by an opening, caught by the stent it is possible to prevent. しかも、ガイド用の線状部材をカテーテルシースからより離した位置に保持できるので、撮像時において、ガイド用の線状部材の存在により、カテーテルシースから見てガイド用の線状部材の背部に生じる撮像の欠損角度をより小さくできる。 Moreover, since the linear member guide can be held in a more separated position from the catheter sheath, at the time of imaging, the presence of the linear member for guiding occurs at the back of the linear members of the guide as seen from the catheter sheath defects angle imaging can be further reduced. このことから、撮像欠損部(画像欠損部)を減少させることができる。 Therefore, it is possible to reduce imaging defects (image defect).

カテーテルシースに配置される第1磁石は、カテーテルシース内に配置されているイメージングコアが移動する範囲外に配置されている。 First magnets located catheter sheath is disposed outside the imaging core disposed in the catheter sheath is moved. これにより、カテーテルシースの第1磁石は、カテーテルシース内に配置されているイメージングコアが移動する範囲外に配置されているので、第1磁石があってもイメージングコアによる撮像に影響が出ない。 Thus, the first magnet of the catheter sheath, since the imaging core disposed in the catheter sheath is arranged outside the range of movement, not affected the imaging by the imaging core even when the first magnet.

本発明は、上記実施形態に限定されず、特許請求の範囲を逸脱しない範囲で種々の変更を行うことができる。 The present invention is not limited to the above embodiment, it is possible to make various changes without departing from the scope of the appended claims.
上記実施形態の各構成は、その一部を省略したり、上記とは異なるように任意に組み合わせることができる。 Each configuration of the above embodiment, or partially omitted, can be arbitrarily combined to be different from the above.
上述した各実施形態では、図1に示す血管内腔の画像を取得する装置100としては、血管内超音波診断装置(IVUS)の例を示している。 In each embodiment described above, as a device 100 for acquiring an image of the blood vessel lumen as shown in FIG. 1 shows an example of intravascular ultrasound diagnostic apparatus (IVUS). しかし、血管内腔の画像を取得する装置100としては、血管内超音波診断装置(IVUS)に限らず、光干渉断層診断装置(OCT)や、超音波素子や光学素子の両方を持つイメージングコアを収容するカテーテルと、そのカテーテルを用いた超音波と光干渉の両方を利用した画像断層診断を同時に行うハイブリッドタイプの画像診断装置であっても良い。 However, as the device 100 for acquiring an image of the blood vessel lumen, is not limited to intravascular ultrasound diagnostic apparatus (IVUS), imaging core having optical coherent tomography diagnosis apparatus (OCT), or both of the ultrasonic element and an optical element a catheter housing the may be simultaneously image diagnostic apparatus for a hybrid type that performs image tomography using both ultrasound and light interference using the catheter. 本発明の実施形態の画像診断用のカテーテル1は、上述した各種の血管内腔の画像を取得する装置100に適用することができる。 The catheter 1 for imaging embodiments of the present invention can be applied to the apparatus 100 for acquiring the image of the various kinds of the vessel lumen of the above.
カテーテルとしては、ガイディングカテーテル、マイクロカテーテル、さらには治療用の吸引カテーテルなどであっても良い。 The catheter, guiding catheter, microcatheter, further may be an aspiration catheter for treatment.

1・・・画像診断用のカテーテル、2・・・カテーテルシース、3・・・コネクタ部、4・・・接続端部、5・・・イメージングコア、6・・・カテーテルシースの先端部、9・・・駆動シャフト、10・・・ガイドワイヤルーメン(中空体)、20・・・ガイドワイヤ(GW)(ガイド用の線状部材)、102・・・操作制御装置、T・・・軸方向(ガイドワイヤ20の進行方向)、30・・・第1磁石、35・・・第2磁石、40・・・第2磁石 1 ... image diagnostic catheters, 2 ... catheter sheath, 3 ... connector unit, 4 ... connection end portion, 5 ... imaging core, the distal end portion of 6 ... catheter sheath, 9 ... drive shaft, 10 ... guide wire lumen (hollow body), 20 ... guide wire (GW) (linear member guide), 102 ... operation control unit, T ... axis (the traveling direction of the guide wire 20), 30 ... first magnet, 35 ... second magnet, 40 ... second magnet

Claims (4)

  1. カテーテルシースの先端部にガイド用の線状部材を通すための中空体を有するカテーテルであって、 A catheter having a hollow body for the passage of the linear member for guiding the distal end of the catheter sheath,
    前記ガイド用の線状部材と前記カテーテルシースとの間の距離を一定に保持するための磁石を、前記カテーテルシースに設けたことを特徴とするカテーテル。 Catheter, wherein a magnet for holding the distance between the catheter sheath and a linear member for the guide to be constant, provided on the catheter sheath.
  2. 前記磁石は、前記ガイド用の線状部材を磁気的に吸引することにより前記ガイド用の線状部材と前記カテーテルシースとの間の距離を一定に保持することを特徴とする請求項1に記載のカテーテル。 The magnet according to claim 1, characterized in that for holding the distance between the catheter sheath and a linear member for the guide to be constant by sucking linear member for said guide magnetically catheter.
  3. 前記カテーテルシースに配置される前記磁石は、前記カテーテルシース内に配置されているイメージングコアが移動する範囲外に配置されていることを特徴とする請求項1または2のいずれかに記載のカテーテル。 Wherein the magnets are arranged to the catheter sheath, catheter according to claim 1 or 2, characterized in that the imaging core disposed in the catheter sheath is arranged outside the range of movement.
  4. 前記磁石を第1磁石とすると、前記ガイド用の線状部材には、第2磁石が配置されており、前記第1磁石と前記第2磁石は、磁気的な反発力により前記ガイド用の線状部材と前記カテーテルシースとの間の距離を一定に保持することを特徴とする請求項1に記載のカテーテルおよびガイド用の線状部材。 When the magnet and the first magnet, the linear member for said guide has a second magnet disposed, said first magnet and said second magnet, the line for the guide by magnetic repulsion linear member for a catheter and guide of claim 1, wherein the holding and Jo member the distance between the catheter sheath constant.
JP2014188819A 2014-09-17 2014-09-17 catheter Pending JP2016059550A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2014188819A JP2016059550A (en) 2014-09-17 2014-09-17 catheter

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2014188819A JP2016059550A (en) 2014-09-17 2014-09-17 catheter

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2016059550A true true JP2016059550A (en) 2016-04-25

Family

ID=55796457

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014188819A Pending JP2016059550A (en) 2014-09-17 2014-09-17 catheter

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2016059550A (en)

Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6656199B1 (en) * 2000-08-24 2003-12-02 Scimed Life Systems, Inc. Magnetic clamp assembly for an elongated flexible medical device
US6689119B1 (en) * 2000-06-02 2004-02-10 Scimed Life Systems, Inc. Self-aligning medical device
JP2005230448A (en) * 2004-02-23 2005-09-02 Olympus Corp Guidewire-type capsule endoscope
JP2007307375A (en) * 2006-05-17 2007-11-29 Ethicon Endo Surgery Inc Medical instrument having catheter and catheter accessory device and its using method
JP2008539935A (en) * 2005-05-11 2008-11-20 エヨカ メディカル リミテッド Apparatus and method for opening a vascular occlusion
JP2011500191A (en) * 2007-10-19 2011-01-06 バーツ・アンド・ザ・ロンドン・エヌエイチエス・トラスト Catheter device
JP2011136193A (en) * 2000-04-17 2011-07-14 Olympus Corp Endoscope
WO2013146196A1 (en) * 2012-03-26 2013-10-03 テルモ株式会社 Medical device

Patent Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011136193A (en) * 2000-04-17 2011-07-14 Olympus Corp Endoscope
US6689119B1 (en) * 2000-06-02 2004-02-10 Scimed Life Systems, Inc. Self-aligning medical device
US6656199B1 (en) * 2000-08-24 2003-12-02 Scimed Life Systems, Inc. Magnetic clamp assembly for an elongated flexible medical device
JP2005230448A (en) * 2004-02-23 2005-09-02 Olympus Corp Guidewire-type capsule endoscope
JP2008539935A (en) * 2005-05-11 2008-11-20 エヨカ メディカル リミテッド Apparatus and method for opening a vascular occlusion
JP2007307375A (en) * 2006-05-17 2007-11-29 Ethicon Endo Surgery Inc Medical instrument having catheter and catheter accessory device and its using method
JP2011500191A (en) * 2007-10-19 2011-01-06 バーツ・アンド・ザ・ロンドン・エヌエイチエス・トラスト Catheter device
WO2013146196A1 (en) * 2012-03-26 2013-10-03 テルモ株式会社 Medical device

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5474075A (en) Brush-tipped catheter for ultrasound imaging
US6482215B1 (en) Adjustable vessel cleaner and method
US20050203558A1 (en) Device for applying and monitoring medical rotablation
US20090287087A1 (en) Devices for creating passages and sensing for blood vessels
US20050101859A1 (en) System for medical examination or treatment
US20080243031A1 (en) Catheter with imaging capability acts as guidewire for cannula tools
US20100179426A1 (en) Ultrasound catheter with rotatable transducer
US20070250000A1 (en) Method and system for imaging, diagnosing, and/or treating an area of interest in a patient's body
US5951480A (en) Ultrasound imaging guidewire with static central core and tip
US20120330101A1 (en) Scanning Endoscopic Imaging Probes and Related Methods
US20060241478A1 (en) Forward looking imaging guidewire
US20100113919A1 (en) Catheter arangement for insertion into a blood vessel for minimally invasive intervention
US20070173919A1 (en) Device for performing a cutting-balloon intervention
US20100241147A1 (en) Catheter and medical apparatus as well as method for assisting an intervention to remove plaque
US20040235611A1 (en) Tubular torque transmitting system for medical device
US20070066888A1 (en) Catheter device with a position sensor system for treating a vessel blockage using image monitoring
US20060247530A1 (en) Echogenic markers on GI medical devices
US20130331820A1 (en) Catheter with spiral slit terminating in slit termination portion oriented to suppress crack occurrence
US20090234220A1 (en) Catheter and associated medical examination and treatment device
JP2001104315A (en) Ultrasonic-guided paracentesis system device
US20120123352A1 (en) Flexible debulking catheters with imaging and methods of use and manufacture
US7155272B2 (en) Catheter
US6083169A (en) Method and an apparatus for the insertion of a needle guide into a patient in order to remove tissue samples
US20120197132A1 (en) Ultrasound imaging apparatus
US7255310B2 (en) Holder for a medical device

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20170310

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20171208

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20171220

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20180213