JP2015509405A - Insole for the relief of over-pronation and knee joint stress - Google Patents

Insole for the relief of over-pronation and knee joint stress Download PDF

Info

Publication number
JP2015509405A
JP2015509405A JP2014559923A JP2014559923A JP2015509405A JP 2015509405 A JP2015509405 A JP 2015509405A JP 2014559923 A JP2014559923 A JP 2014559923A JP 2014559923 A JP2014559923 A JP 2014559923A JP 2015509405 A JP2015509405 A JP 2015509405A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
cushion
insole
support base
forefoot
heel
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2014559923A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2015509405A5 (en
Inventor
ルイス、ポール
アンソニー、レイモンド、ジェイ.
マルティネズ、ジェイコブ
グレンジャー、ディビット、ビー.
Original Assignee
スペンコ メディカル コーポレーション
スペンコ メディカル コーポレーション
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US201261605664P priority Critical
Priority to US61/605,664 priority
Application filed by スペンコ メディカル コーポレーション, スペンコ メディカル コーポレーション filed Critical スペンコ メディカル コーポレーション
Priority to PCT/US2013/026932 priority patent/WO2013130321A1/en
Publication of JP2015509405A publication Critical patent/JP2015509405A/en
Publication of JP2015509405A5 publication Critical patent/JP2015509405A5/ja
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A43FOOTWEAR
    • A43BCHARACTERISTIC FEATURES OF FOOTWEAR; PARTS OF FOOTWEAR
    • A43B13/00Soles; Sole and heel units
    • A43B13/38Built-in insoles joined to uppers during the manufacturing process, e.g. structural insoles; Insoles glued to shoes during the manufacturing process
    • A43B13/40Built-in insoles joined to uppers during the manufacturing process, e.g. structural insoles; Insoles glued to shoes during the manufacturing process with cushions
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A43FOOTWEAR
    • A43BCHARACTERISTIC FEATURES OF FOOTWEAR; PARTS OF FOOTWEAR
    • A43B13/00Soles; Sole and heel units
    • A43B13/38Built-in insoles joined to uppers during the manufacturing process, e.g. structural insoles; Insoles glued to shoes during the manufacturing process
    • A43B13/386Built-in insoles joined to uppers during the manufacturing process, e.g. structural insoles; Insoles glued to shoes during the manufacturing process multilayered
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A43FOOTWEAR
    • A43BCHARACTERISTIC FEATURES OF FOOTWEAR; PARTS OF FOOTWEAR
    • A43B17/00Insoles for insertion, e.g. footbeds or inlays, for attachment to the shoe after the upper has been joined
    • A43B17/003Insoles for insertion, e.g. footbeds or inlays, for attachment to the shoe after the upper has been joined characterised by the material
    • A43B17/006Insoles for insertion, e.g. footbeds or inlays, for attachment to the shoe after the upper has been joined characterised by the material multilayered
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A43FOOTWEAR
    • A43BCHARACTERISTIC FEATURES OF FOOTWEAR; PARTS OF FOOTWEAR
    • A43B17/00Insoles for insertion, e.g. footbeds or inlays, for attachment to the shoe after the upper has been joined
    • A43B17/02Insoles for insertion, e.g. footbeds or inlays, for attachment to the shoe after the upper has been joined wedge-like or resilient
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A43FOOTWEAR
    • A43BCHARACTERISTIC FEATURES OF FOOTWEAR; PARTS OF FOOTWEAR
    • A43B17/00Insoles for insertion, e.g. footbeds or inlays, for attachment to the shoe after the upper has been joined
    • A43B17/02Insoles for insertion, e.g. footbeds or inlays, for attachment to the shoe after the upper has been joined wedge-like or resilient
    • A43B17/026Insoles for insertion, e.g. footbeds or inlays, for attachment to the shoe after the upper has been joined wedge-like or resilient filled with a non-compressible fluid, e.g. gel, water
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A43FOOTWEAR
    • A43BCHARACTERISTIC FEATURES OF FOOTWEAR; PARTS OF FOOTWEAR
    • A43B17/00Insoles for insertion, e.g. footbeds or inlays, for attachment to the shoe after the upper has been joined
    • A43B17/14Insoles for insertion, e.g. footbeds or inlays, for attachment to the shoe after the upper has been joined made of sponge, rubber, or plastic materials
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A43FOOTWEAR
    • A43BCHARACTERISTIC FEATURES OF FOOTWEAR; PARTS OF FOOTWEAR
    • A43B17/00Insoles for insertion, e.g. footbeds or inlays, for attachment to the shoe after the upper has been joined
    • A43B17/16Insoles for insertion, e.g. footbeds or inlays, for attachment to the shoe after the upper has been joined with heel or toe caps
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A43FOOTWEAR
    • A43BCHARACTERISTIC FEATURES OF FOOTWEAR; PARTS OF FOOTWEAR
    • A43B7/00Footwear with health or hygienic arrangements
    • A43B7/14Footwear with foot-supporting parts
    • A43B7/1405Footwear with foot-supporting parts provided with pads or holes on one or more locations, or having an anatomical or curved form
    • A43B7/1415Footwear with foot-supporting parts provided with pads or holes on one or more locations, or having an anatomical or curved form characterised by the location under the foot
    • A43B7/142Footwear with foot-supporting parts provided with pads or holes on one or more locations, or having an anatomical or curved form characterised by the location under the foot situated under the medial arch, i.e. the navicular or cuneiform bones
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A43FOOTWEAR
    • A43BCHARACTERISTIC FEATURES OF FOOTWEAR; PARTS OF FOOTWEAR
    • A43B7/00Footwear with health or hygienic arrangements
    • A43B7/14Footwear with foot-supporting parts
    • A43B7/1405Footwear with foot-supporting parts provided with pads or holes on one or more locations, or having an anatomical or curved form
    • A43B7/1415Footwear with foot-supporting parts provided with pads or holes on one or more locations, or having an anatomical or curved form characterised by the location under the foot
    • A43B7/143Footwear with foot-supporting parts provided with pads or holes on one or more locations, or having an anatomical or curved form characterised by the location under the foot situated under the lateral arch, i.e. the cuboid bone
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A43FOOTWEAR
    • A43BCHARACTERISTIC FEATURES OF FOOTWEAR; PARTS OF FOOTWEAR
    • A43B7/00Footwear with health or hygienic arrangements
    • A43B7/14Footwear with foot-supporting parts
    • A43B7/1405Footwear with foot-supporting parts provided with pads or holes on one or more locations, or having an anatomical or curved form
    • A43B7/1415Footwear with foot-supporting parts provided with pads or holes on one or more locations, or having an anatomical or curved form characterised by the location under the foot
    • A43B7/144Footwear with foot-supporting parts provided with pads or holes on one or more locations, or having an anatomical or curved form characterised by the location under the foot situated under the heel, i.e. the calcaneus bone
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A43FOOTWEAR
    • A43BCHARACTERISTIC FEATURES OF FOOTWEAR; PARTS OF FOOTWEAR
    • A43B7/00Footwear with health or hygienic arrangements
    • A43B7/14Footwear with foot-supporting parts
    • A43B7/1405Footwear with foot-supporting parts provided with pads or holes on one or more locations, or having an anatomical or curved form
    • A43B7/1415Footwear with foot-supporting parts provided with pads or holes on one or more locations, or having an anatomical or curved form characterised by the location under the foot
    • A43B7/1445Footwear with foot-supporting parts provided with pads or holes on one or more locations, or having an anatomical or curved form characterised by the location under the foot situated under the midfoot, i.e. the metatarsal

Abstract

【解決手段】 利用者の過回内、それに伴う膝蓋骨(膝頭)のミスアライメント、および膝関節ストレスを緩和するため、靴の中に配置して使用するインソール。 A user in the over-times, in order to alleviate the misalignment and the knee joint stress, of the patella (kneecap) associated with it, insole to be used is placed in a shoe. 当該インソールは、頂部シートおよび支持基部クッションを有する。 The insole has a top sheet and the support base cushion. 前記支持基部クッションは、当該インソールの前記足指端部から中足骨領域まで延在する前足部中間クッション領域と、当該インソールの中足骨領域から踵端部まで延在するアーチから踵部までの領域とを有する。 Said support base cushion, a forefoot intermediate cushion region extending to the metatarsal area from the toe end of the insole, the arch extending from the metatarsal area of ​​the insole to the heel end to a heel portion and a region. 当該インソールは、前記前足部中間クッション領域に固定された前足部クッションを有する。 The insole has a fixed forefoot cushion the forefoot intermediate cushion region. また、当該インソールは、過回内および膝ストレスを緩和する内側支持クレードルと、側部支持を提供して膝にかかるストレスを軽減する上で役立つ外側支持クレードルと、前記内側支持クレードルと協動して過度の回内に抗するよう作用する踵部クッションとを有し、これらはすべて前記アーチから踵部までの領域において前記支持基部クッションの底部に固定される。 Also, the insole includes an inner support cradle to relieve over-pronation and knee stress, and outer support cradle help to reduce the stress on the knee and provide side support, in cooperation with the inner support cradle and a heel cushion that acts against the excessive times Te, which are fixed to the bottom of the support base cushion in the region from all the arch to the heel portion.
【選択図】 図1 .FIELD 1

Description

本願は2012年3月1日付で出願された米国仮特許出願第61/605,664号に基づく利益を主張するものである。 This application claims the benefit under filed March 1, 2012 U.S. Provisional Patent Application No. 61 / 605,664.

本発明は、靴の交換用インソール(中敷き)の分野に関する。 The present invention relates to the field of exchange for the insole of the shoes (insoles).

連邦政府の資金援助を受けた研究開発に関する記載 Description of the research and development funded by the federal government
該当せず。 Not applicable.

靴、特に運動靴は一般に、販売時、足を受容する区画(compartment)内に配置されたインソール(中敷き)を有する。 Shoe, in particular sports shoes generally have at the point of sale, insole disposed in a compartment (compartment) for receiving the foot (insole). このインソールは、利用者が靴を着用している間、当該インソール上に利用者の足が載るよう配置される。 The insole user is arranged to rest between, the user's foot on the insole wearing the shoes. 一般に、そのようなインソールは取り出し可能で、利用者に利点のある、または利用者の足の特定ニーズに対応した種々の特徴を採用した交換用インソールと交換することができる。 Generally, such insoles is retrievable and can be exchanged with the user in an advantageous or users of various replacement insole employing the features that correspond to the particular needs of the foot,.

通常の回内(歩行または走行中における足の内側への回転)において、中程度である。 In the normal times (rotation in the inside of the foot during walking or running), a moderate. ただし、一定の人々は、過回内および脚の過度の内旋を生じるおそれのある生体力学的特徴を有する。 However, certain people have excessive pronation and which could exhibit excessive internal rotation of the leg biomechanical characteristics. また、過回内を生じると、膝蓋骨(膝頭)のミスアライメントを呈する傾向があることが報告されている。 In addition, if the result in the over-times, it has been reported that there is a tendency to exhibit a misalignment of the patella (kneecap).

これまで、大腿四頭筋角度すなわちQ角が自然な状態で比較的高いことを含め、生体力学的な考慮から、女性は、男性より膝蓋骨のミスアライメント、特に過度の足回内を呈しやすいことが報告されている。 So far, including relatively high in the quadriceps muscle angles, or Q angle thigh a natural state, from biomechanical considerations, women, misalignment of the patella than men, in particular likely to exhibit the excessive foot times There has been reported. 膝蓋骨のミスアライメントは、特に女性において膝の痛みの最も一般的な原因の1つとなっている膝蓋大腿関節症(Patello−Femoral Pain Syndrome:PFPS)の発症に関連付けられている。 Misalignment of the patella, especially the most common one going on patellofemoral arthrosis causes of knee in women pain: is associated with the development of (Patello-Femoral Pain Syndrome PFPS).

上記の問題に対処することを目的とした装置の1つは、Spenco Medical Corporationに譲渡された米国特許第7,721,467号に記述され、請求されている。 One of the devices for the purpose of addressing the above problems is described in U.S. Patent No. 7,721,467, assigned to Spenco Medical Corporation, it is claimed.

本発明は、利用者の過回内に伴う膝蓋骨(膝頭)のミスアライメントを軽減し、膝関節ストレスを緩和するため、靴の中に配置して使用するインソールである。 The present invention is to reduce the misalignment of the patella (kneecap) associated with the user of overpronation, to alleviate knee joint stress, a insole to be used in place within the shoe. 当該インソールは、頂部シートおよび支持基部クッションを有する。 The insole has a top sheet and the support base cushion. 前記支持基部クッションは、当該インソールの前記足指端部から中足骨領域まで延在する前足部中間クッション領域と、当該インソールの中足骨領域から踵端部まで延在するアーチから踵部までの領域または後方領域とを有する。 Said support base cushion, a forefoot intermediate cushion region extending to the metatarsal area from the toe end of the insole, the arch extending from the metatarsal area of ​​the insole to the heel end to a heel portion and a region or back region. 当該インソールは、前記前足部中間クッション領域に固定された前足部クッションを有する。 The insole has a fixed forefoot cushion the forefoot intermediate cushion region. また、当該インソールは、内側支持クレードルと、外側支持クレードルと、踵部クッションとを有し、これらはすべて前記アーチから踵部までの領域において前記支持基部クッションの底部に固定される。 Also, the insole includes an inner support cradle includes an outer support cradle, and a heel cushion, which are fixed to the bottom of the support base cushion in the region from all the arch to the heel portion.

前記内側支持クレードルは、足のアーチ領域の下に位置して前記インソールに隆起したアーチをもたらすとともに、利用者の足のアーチに支持部を提供する。 It said inner support cradle, with located under the foot arch region leads to arch raised to the insole, to provide a support to the arch of the user's foot. また、前記内側支持クレードルは、前記踵部の側部の周囲で後方へ延在して、前記インソールの踵部カップに半硬質の支持部および構造を提供する。 Further, the inner support cradle extends rearwardly around the sides of the heel portion, to provide support and structure of the semi-rigid heel cup of the insole. 前記内側支持クレードルは、過回内および膝ストレスを緩和する。 Said inner support cradle, to alleviate excessive pronation and knee stress.

前記外側支持クレードルは、前記インソールの前記支持基部クッションの側部に沿って位置する別個のクレードルであり、前記インソールの側部および中足骨領域の下に半硬質の支持部および構造を提供する。 It said outer support cradle is a separate cradle situated along the sides of the support base cushion of the insole provides support and structure of the semi-rigid under side and metatarsal region of the insole . 前記外側支持クレードルは、足に側部の支持部を提供して膝にかかるストレスを軽減する。 It said outer support cradle, to reduce the stress on the knee and provide support of the side legs.

前記踵部クッションは、使用時、利用者の靴内の底部に接触する、足の踵部領域下の部分と、前記支持基部クッションの前記踵端部の外側部に沿って前記インソールの底部から上方へ延在する部分とを有する。 The heel cushion is in use, contacts the bottom of the user's shoe, the part below the heel region of the foot, from the bottom of the insole along the outer portion of the heel end portion of the support base cushion and a portion extending upwardly. この踵部クッションの構造が、踵部の後側面である利用者の足の踵部が打ち付けられる重要な衝撃ゾーンに「ソフトスポット」をもたらすだけでなく、外側踵端部の支持部も提供する。 The structure of the heel cushion is, on the side and is a user of the important impact zone heel portion is nailed of the foot after the heel not only result in a "soft spot", also provides support portion of the outer heel end . 前記踵部クッションは、より固い前記内側支持クレードルと協動して過度の回内に抗するよう作用する。 The heel cushion acts to resist in excessive times in cooperation with harder the inner support cradle. 前記インソールは、特に女性に見られる過回内の傾向および膝ストレスの問題に対処する上で適している。 The insole is suitable in order to particularly address the trends and knee stress problem in the over-times seen in women.

図1は、着用者の右足用に設計された本発明の一実施形態の底面斜視図である。 Figure 1 is a bottom perspective view of one embodiment of the present invention designed for the right foot of a wearer. 図2は、本発明の前記実施形態の上面図である。 Figure 2 is a top view of the embodiment of the present invention. 図3は、本発明の前記実施形態の底面図である。 Figure 3 is a bottom view of the embodiment of the present invention. 図4は、着用者の右足用に設計されたインソールの内側の側面図である。 Figure 4 is a side view of the inner insole designed for the right foot of a wearer. 図5は、着用者の右足用に設計されたインソールの外側の側面図である。 Figure 5 is a side view of an outer insole designed for the right foot of a wearer. 図6は、前記インソールの前部の側面図であり、足指端部を例示している。 Figure 6 is a side view of the front portion of the insole, illustrates a toe end. 図7は、前記インソールの後部の側面図であり、踵端部を例示している。 Figure 7 is a side view of a rear portion of the insole, illustrates the heel end. 図8は、前記インソールの分解斜視図である。 Figure 8 is an exploded perspective view of the insole. 図9は、図2の線9−9に沿った断面図である。 Figure 9 is a sectional view taken along line 9-9 of FIG.

人間、特に女性が歩行または走行過程で直面する過回内および膝蓋骨ミスアライメントの問題に対処するため、インソールが開示される。 Human, to deal with, especially women over-pronation and patellar misalignment encountered in walking or running process problems, insole is disclosed.

開示されるこのインソールは、利用者の靴内の底部に挿入するためのものである。 The insole disclosed is intended for insertion into the bottom of the user's shoes. 通常、人間の各足は損傷、経時的な損耗、および遺伝による何らかの差違を有しうるが、人間は、一般に互いの鏡像である右足および左足を有することを理解すべきである。 Normally, the human foot injury, over time wear, and may have some differences due to genetic, human, should generally be understood to have the right foot and left foot are mirror images of each other. その結果、一足の靴は、一般に互いの鏡像である2つの靴であり、一方が着用者の右足を受容し、他方が着用者の左足を受容する。 As a result, a pair of shoes are generally two shoes that are mirror images of each other, one to receive the right foot of the wearer and the other for receiving the left foot of the wearer. 靴内の底部上に配置されるインソールも、一般に、対で提供される。 Insole disposed on the bottom of the shoe is also typically provided in pairs. 一対のインソールのうち一方は、左足用の靴の内部に適合するようなっており、他方は、右足用の靴の内部に適合するようなっている。 One of the pair of insole is adapted to fit inside a shoe for the left foot, the other is adapted to fit inside the shoe for the right foot. 例示のため、本発明の右側インソールのみ図示示しており、左側のインソールは、右側インソールの鏡像であることを理解すべきである。 For illustration shows illustrated only the right insole of the present invention, the left insole, it should be understood that a mirror image of the right insole.

一般に、本発明のインソールは、利用者の靴内の底部上に位置するようなっている第1の頂面および第2の底面と、足指端部および踵端部を有し、(a)相補的な利用者の靴内底部の実質全長にわたり延在する頂部シートであって、足指端部および踵端部と、足を受容する頂面およびその反対側にある底面とを有する、頂部シートと、(b)前記靴内底部の実質全長にわたり延在する支持基部クッションであって、支持基部頂面および支持基部底面を有し、前記頂面の反対側にある前記底面に固定され、当該インソールの足指端部から中足骨領域に延在する第1の前足部中間クッション領域と、当該インソールの中足骨領域から踵端部まで延在するアーチから踵部までの領域すなわち後方領域とを有する、支持基部クッションと、(c)前足 In general, the insole of the present invention includes a first top surface and a second bottom surface that is to be positioned on the bottom of the user's shoe, the toe end and Kakatotan section, (a) a top sheet that extends over substantially the entire length of the shoe in the bottom of the complementary user has a toe end and Kakatotan portion, and a bottom surface on the top surface and the opposite side for receiving a foot, the top a seat, a support base cushion extending over (b) substantially the entire length of the shoe in the bottom has a support base top surface and the support base bottom, is fixed to the bottom surface on the opposite side of said top surface, first and forefoot intermediate cushion region, area or the rear of the arch extending from the metatarsal area of ​​the insole to the heel end to a heel portion extending in the metatarsal area from the toe end of the insole and a region, and the support base cushion, (c) forefoot クッションであって、前記支持基部クッション底面の前記前足部中間クッション領域に固定された第1の前足部クッション頂面と、第2の前足部クッション底面とを有する、前足部クッションと、(c)前記支持基部クッションの前記基部クッション底面に固定された内側支持クレードルと、(d)前記支持基部クッションの前記基部クッション底面に固定された外側支持クレードルと、(e)前記支持基部クッションの前記基部クッション底面に固定された踵部クッションとを有する。 A cushion, a first forefoot cushion top surface fixed to the forefoot intermediate cushion region of the support base cushion bottom, and a second forefoot cushion bottom, the forefoot cushion, (c) wherein the inner support cradle is fixed to the base cushion bottom surface of support base cushion, (d) the outer support cradle the fixed to the base cushion bottom surface of the support base cushion, (e) the base cushion the support base cushion and a heel cushion that is fixed to the bottom surface.

より具体的にいうと、当該インソールは、前足部領域と、アーチから踵部までの領域とを有する。 More specifically, the insole has a forefoot region, and a region from the arch to the heel portion. 前記アーチから踵部までの領域は、後方領域と呼ぶこともできる。 Region from the arch to the heel portion may also be referred to as a rear region. 当該インソールの前記第2の底面上において、このアーチから踵部までの領域は、さらに内側支持クレードル合着領域と、外側支持クレードル合着領域と、踵部クッション合着領域とを画成する。 On the second bottom surface of the insole, the area from the arch to the heel portion further defines the inner support cradle bonding region, and the outer support cradle bonding region, and a heel cushion coalescence region.

当該インソールの前記前足部中間クッション領域は、当該インソールの前記足を受容する頂面から当該インソールの前記第2の底面までにわたり、前記頂部シートの一部と、前記支持基部クッションの一部と、前足部中間クッション層と、前記前足部クッションとを有する。 The forefoot intermediate cushion region of the insole over a from the top surface for receiving the foot of the insole to the second bottom surface of the insole, and a portion of said top sheet, a portion of the support base cushion, has a forefoot intermediate cushion layer, and said forefoot cushion. 前記前足部中間クッション領域は、前記足指端部から中足骨領域まで延在し、前足部領域の縁部で最高点に達する。 The forefoot intermediate cushion region extends to the metatarsal area from the toe end reaches the highest point at the edge of the forefoot region.

前記アーチから踵部までの領域すなわち後方領域は、前記頂部シートの一部と、前記支持基部クッションの一部と、外側支持クレードルと、内側支持クレードルと、踵部クッションとを有する。 Region or back region from the arch to the heel portion includes a portion of said top sheet, a portion of the support base cushion, and an outer support cradle, the inner support cradle, and a heel cushion. このアーチから踵部までの領域は、中足骨領域または隣接する前記前足部領域の縁部から、前記踵端部まで延在する。 This region from the arch to the heel portion, from the edge of the medium the forefoot region metatarsal region or adjacent, extends to the heel end.

内側支持クレードルは、前記支持基部クッションの前記アーチから踵部までの領域の前記内側支持クレードル合着領域に固定される。 Inner support cradle is fixed to the inner support cradle coalescence region areas from the arch of the support base cushion to the heel portion. 前記内側支持クレードルは、利用者の足用のアーチ支持部と、内側踵部支持カップ部とを形成する曲率を有する。 It said inner support cradle, has a curvature that forms the arch support for the user's foot and an inner heel support cup portion. この内側支持クレードルは、支持面(使用時の靴接触領域)から前記内側アーチの最高点まで測定して、最高点が約2.2〜2.9cm±0.2cmである隆起部を有する。 The inner support cradle, measured from the support surface (shoe contact area in use) to the highest point of the inner arch comprises a ridge highest point of about 2.2~2.9cm ± 0.2cm. この隆起部は、インソール使用時、利用者のアーチに隣接するようなっている。 The ridges at insole used, which is to abut the arch of the user. 前記内側踵部支持カップ部は、前記隆起部から後方へ延在して前記インソールの踵部を部分的に包み込むことにより、当該インソールの内側に踵部支持カップを形成している。 The inner heel support cup portion, by enveloping the heel portion of the insole partially extending rearward from the ridge forms a heel support cup on the inside of the insole.

前記外側支持クレードルは、前記外側支持合着領域で前記支持基部クッションに固定される。 It said outer support cradle is fixed to the support base cushion in the outer support coalesced region.

前記外側支持クレードルは、第1の靴内底部接触部と、第2の側部とを有し、前記第2の側部は、前記第1の靴内底部接触部から上方へ延在することにより、利用者の足側部用に支持部を生じる。 It said outer support cradle includes a first shoe in the bottom contact portion, and a second side, said second side is to extend upwardly from said first shoe in the bottom contact portion the results in the support section for the user's foot side. 前記内側支持クレードルは、前記第1の靴内底部接触部から上方へ約2.15〜2.2cmの高さまで延在する。 It said inner support cradle extends from said first shoe in the bottom contact portion to a height of about 2.15~2.2cm upward. 前記外側支持クレードルは、実質的に隣接する前記前足部領域縁部から、前記踵端部へ向かって延在するが、それには到達しない。 It said outer support cradle, from the forefoot region edge substantially adjacent, but extending towards the heel end and does not reach it. 前記外側支持クレードルは、前記支持基部クッションの前記踵部クッション合着領域に隣接した後端を有する。 It said outer support cradle has a rear end adjacent to the heel cushion bonding region of the support base cushion.

前記外側クレードルの前記第1の靴内底部接触部は、前記前足部クッションの形状に沿った頂縁部を有することにより、使用時、利用者の足の中足骨部の下に位置する丸みを帯びた領域(一実施形態では実質的に半円形)をもたらす。 Said first shoe in the bottom contact portion of the outer cradle, by having a top edge portion along the shape of the forefoot cushion, in use, rounding underlying the metatarsal portion of the user's foot (substantially semi-circular in one embodiment) results in the charged area of. この丸みを帯びた領域は、前記支持基部クッションと一体的であることが好ましい中足骨クッションに隣接して位置することが好ましい。 Region This rounded is preferably positioned adjacent the metatarsal cushion in it is preferable that the a support base cushion integrally. そのような中足骨クッションは、前記支持基部クッションの成形に使用される鋳型に凹部を提供することにより、前記支持基部クッションと一体的に作製できる。 Such metatarsal cushion, by providing a recess in the mold used for molding of the support base cushion, can be prepared wherein the support base cushion and integrally. これを当該インソールの頂部から見ると、隆起した領域(または凸状の突起部)として見える。 Looking at this from the top of the insole, it appears as raised areas (or convex protrusions).

前記凹部には、製造工程でポリマーが充填され、これにより前記支持基部クッションの上方へ延在する部分が形成される。 It said recess, the polymer is filled in the manufacturing process, thereby extending portion is formed above the said support base cushion. あるいは、これより好ましくないが、別個の中足骨クッションを前記基部クッション頂面の一部に固定したのち、これら2つの構造を前記最上層に固定することもできる。 Alternatively, although not preferred from this, after the metatarsal cushion in a separate and fixed to a part of the base cushion top surface can be fixed to these two structures in the top layer.

前記外側支持クレードルの前記第1の靴内底部接触部は、前記丸みを帯びた領域から前記踵部クッション合着領域へ向かって延在するに伴い、徐々に幅が狭まる。 It said first shoe in the bottom contact portion of the outer support cradle, along with extending toward the heel cushion coalesced from one area the rounded, width gradually narrows. これにより、前記内側および外側支持クレードル間の領域で、前記支持基部クッションを露出させて露出した領域に弾性をもたらすことが可能になる。 Thus, in the region between the inner and outer support cradle, it is possible to bring elasticity to the exposed by exposing the support base cushion area. この露出した領域は、使用時、利用者の靴内の底部に直接接触する。 The exposed areas are in use, directly in contact with the bottom of the user's shoes.

踵部クッションは、前記踵部クッション合着領域で前記支持基部クッションに固定される。 Heel cushion is fixed to the support base cushion the heel cushion coalescence region. 前記踵部クッションは、第1の靴内接触部および第2の上方延在側部を有する。 The heel cushion includes a first shoe in the contact portion and the second upper extending sides. この踵部クッションの構造が、踵部の後側面である利用者の足の踵部が打ち付けられる重要な衝撃ゾーンに「ソフトスポット」をもたらす。 The structure of the heel cushion results in a "soft spot" on the side and is a user of the important impact zone heel portion is nailed of the foot after the heel portion. この柔らかい側縁部(すなわち、上方延在側部)は接触時に圧縮されて、踵部が当たる際の衝撃を和らげ、地面反力を調節する。 The soft side edges (i.e., upward extending side) is compressed upon contact, soften the impact when the heel strikes, to adjust the ground reaction force. これにより、より固い前記内側支持クレードルと協動して過度の回内に抗するよう作用する。 Thus, it acts to resist in excessive times in cooperation with harder the inner support cradle. 前記踵部クッションの柔らかい底縁部は、前記踵部中央の領域で衝撃を和らげるよう作用する。 Soft bottom edge of the heel cushion acts to cushion the impact at the heel central region. 前記踵部クッションの第1の靴内接触部は、図3に例示した形状と同様に成形されることが好ましい。 The first shoe in contact portion of the heel cushion is preferably shaped similarly to the illustrated shape in FIG. この形状により、前記重要な衝撃ゾーンに最適なソフトスポットがもたらされる。 This shape optimal soft spot on the critical impact zone is provided.

前記第1の靴内接触部の幅は、最小〜最大サイズのインソールで約37mm〜約48mm±0.50mmである。 The first width in the contact portion of the shoe is about 37mm~ about 48 mm ± 0.50 mm at the minimum and the maximum size of the insole. 前記第1の靴内接触面の最前縁部から最後縁部までの長さは、約38mm〜約49mm±0.50mmである。 The length from the first forwardmost edge of the contact surface shoe to the end edge is about 38mm~ about 49 mm ± 0.50 mm. 例示的な女性用サイズ11〜12の場合、好適な長さは49mmで、幅は47.70mmである。 For the exemplary feminine size 11-12, suitable length is 49 mm, a width of 47.70mm. 前記踵部クッションの前記第1の靴内接触領域から足接触面へ向かって上方へ延在する深さは、約3.0〜約3.5mm±0.50mmの範囲である。 Depth extending upwardly toward the foot contacting surface from said first shoe in the contact region of the heel cushion is in the range of from about 3.0 to about 3.5 mm ± 0.50 mm. 例示的な米規格女性用サイズ11〜12の場合、好適な深さは3.5mmである。 For the exemplary US standard ladies size 11-12, suitable depth is 3.5 mm.

前記踵部クッションの第2の上方延在側部は、踵部支持カップの外側部分を形成する一方、前記上述の内側支持クレードルは、踵部支持カップの内側部分を提供し、利用者の踵部の外側部分への衝撃を和らげ同部分に弾性をもたらす。 The second upper extending side portion of the heel cushion, while forming the outer portion of the heel portion supporting the cup, the inner support cradle described above, provides an inner portion of the heel portion supporting the cup, the user of the heel It brings elasticity to the portion soften the impact on the outer portion of the part. 前記踵部クッションの第2の上向延在側部は、前記外側支持クレードルの前記第2の側部にほぼ隣接した領域まで、当該インソールの側部を包み込む。 Second upward extending side portion of the heel cushion until substantially adjacent regions on the second side of the outer support cradle, wrap around the sides of the insole.

前記支持基部クッションは、緩衝材で作製することが好ましい。 It said support base cushion is preferably fabricated by cushioning material. これは、ポリウレタン(polyurethane:PU)で作製し、アスカーC硬度が約40±3であることが最も好ましい。 This polyurethane: prepared in (the POLYURETHANE PU), and most preferably Asker C hardness of about 40 ± 3.

前記内側支持クレードルは、かなり硬質の材料、例えば熱可塑性ポリウレタン(thermoplastic polyurethanes:TPU)で作製される。 It said inner support cradle, pretty hard material, such as thermoplastic polyurethane: is prepared by (thermoplastic polyurethanes TPU). 望ましい硬度は、タイプDで64±3である。 Desired hardness is 64 ± 3 a type D. 他の材料も、特性が類似している限り使用できる。 Other materials can also be used as long as the characteristics are similar. 前記外側支持クレードルは、前記内側支持クレードルに使用されるものと同じか同様な材料で作製される。 It said outer support cradle is made in the same or similar materials as those used for the inner support cradle.

前記内側および外側支持クレードルは、0.5mm〜1.5mmの範囲の厚さを有することが好ましい。 It said inner and outer support cradle preferably has a thickness in the range of 0.5 mm to 1.5 mm. 好適な厚さは1mmで、これにより十分な安定性と支持が得られるが、当該クレードルが当該インソールとともに曲がることもできる。 In preferred thickness is 1 mm, thereby sufficient stability and support is obtained, but can also be the cradle bends together with the insole.

前記前足部クッションは、緩衝材で作製することが好ましい。 The forefoot cushion is preferably fabricated by cushioning material. これは、エチレン酢酸ビニル(ethylene vinyl acetate:EVA)で作製し、アスカーC硬度が約21±3であることが最も好ましい。 This ethylene vinyl acetate: manufactured by (ethylene vinyl acetate EVA), and most preferably Asker C hardness of about 21 ± 3.

前記踵部クッションは、熱可塑性ゴムゲル(thermoplastic rubber gel:TPR)から成ることが好ましい。 The heel cushion, the thermoplastic rubber gel: it is preferably composed of (thermoplastic rubber gel TPR).

他のゲルも使用できるが、使用されるゲルは以降の段落で説明する特性を有することが好ましい。 While other gels could be used, gel used preferably has characteristics described in the following paragraphs.

ショアまたはアスカー硬度試験では、硬度測定値が得られる。 The shore or Asker hardness testing, hardness measurements are taken. 最も好適な一実施形態での前記踵部クッション指標は、アスカーCで30±3である。 The heel cushion indicator in the most preferred embodiment is a 30 ± 3 Asker C.

ショアまたはアスカー硬度は、市販のデュロメータで測定される。 Shore or Asker hardness is measured by a commercially available durometer. 被験材料は、硬質平面上に配置される。 Test material is disposed on the rigid plane. アスカー試験装置は、「C」型の計量器を備え、適正な凹陥タイプ(通常、半球状タイプ)である。 Asker testing device comprises a "C" type meter, a proper concave type (usually hemispherical type). アスカー試験装置は、付加的な圧力がかけられない状態で被験材料上に配置される。 Asker test apparatus, additional pressure is placed on the test material with no applied. 針のたわみで測定値が得られる。 Measured by the deflection of the needle is obtained.

前記頂部シートは、インソールまたは足輪郭の形状をした布帛シート材料で作製される。 It said top sheet is made of a textile sheet material in the form of insoles or foot contour. この布帛は、使用時、足に隣接して位置し、前記支持基部クッション層と積層可能な任意の布帛から選択できる。 This fabric, in use, positioned adjacent to the foot, may be selected from the support base cushion layer and any fabric stackable. 好適なシート材料は、ポリエステル布帛であるが、他の布帛、例えば起毛ナイロンなどを使用できる。 Preferred sheet materials are polyester fabric, other fabrics, such as brushed nylon can be used. 任意選択的に、前記材料と利用者の足との摩擦を低減する布帛も使用できる。 Optionally, the fabric to reduce the friction between the material and the user's foot may be used. 前記布帛は、任意の望ましい色であってよい。 The fabric can be any desired color.

抗菌布帛、例えば抗菌ポリエステルが使用されることが最も好ましい。 Antibacterial fabric, for example, that the antimicrobial polyester is used most preferably. この抗菌布帛は、悪臭を生じる細菌の発生を妨げることが好ましい。 The antimicrobial fabric, it is preferable to prevent the occurrence of bacteria caused odors. これらの特性を有する布帛としては、市販のものが利用できる。 The fabric having these characteristics, can be utilized commercially. 適切な布帛の1つは、抗菌目的で銀技術を利用するもので、Thompson Research Associates(カナダ、Tronto)から、SILPURE(商標)技術を採用した布帛が入手可能である。 One suitable fabric utilizes silver technology antimicrobial purposes, from Thompson Research Associates (Canada, Tronto), SILPURE (TM) fabric employing the techniques available. 好適な一実施形態では、販売名Ultra−Fresh Silpure FBR−5で販売されている布帛が利用され、何度洗濯した後でも細菌成長を制御できるようにしている。 Suitable In one embodiment, product name Ultra-Fresh Silpure FBR-5 fabric sold in is available, and to control the bacterial growth even after repeatedly washing. 他の布帛としては、好ましくは作用が長期持続する他種の抗菌技術を使用したものを使用できる。 Other fabric, preferably used which effect using other types of antimicrobial techniques for long-lasting.

前記支持基部クッション、前記踵部クッション、および前記内側および外側クレードルは、射出成形工程により形成され、互いに固定されることが好ましい。 Said support base cushion, said heel cushion, and the inner and outer cradle is formed by an injection molding process, it is preferable that fixed to each other. 当該インソールを作製するため使用される鋳型は、両面に曲線を有することが好ましい。 Mold used for making the insole preferably has a curve on both sides. これによって組み立てがより迅速になり、射出成形工程中に鋳型を交換しなくてもすむようになる。 This becomes more rapid assembly, so even do not have to replace the mold during the injection molding process. 前記支持基部クッションは、鋳型の片側に成形され、前記クレードルおよび踵部クッションは前記鋳型の反対側に成形される。 Said support base cushion is molded on one side of the mold, the cradle and heel cushion is molded on the opposite side of the mold. 標準的な射出成形組み立てライン工程が利用されることが好ましいが、本明細書に開示した特性を伴う構造が得られる任意の成形工程が使用でき、当該技術分野で知られている。 While it is preferred that standard injection molding assembly line process is used, any molding process structure with the disclosed characteristics herein is obtained can be used, are known in the art.

当該インソールの全体的な厚さおよびサイズは、靴のサイズ、用途、および当該インソールが取り出し可能なインソールか永続的なインソールかに応じて異なる。 Overall thickness and size of the insole, shoe size, application, and the insole, depending on whether the insole or persistent insole for removable different. 女性用インソールの長さは約231mm〜299mmの範囲、足指領域付近の幅は約76〜99mm、最大厚さは約24〜30cm、踵部の高さは約16〜約21.5cmである。 The length in the range of about 231mm~299mm feminine insole, the width near the toe area of ​​about 76~99Mm, maximum thickness of about 24~30Cm, heel height is about 16 to about 21.5cm . 例示的な女性用サイズ11〜12の場合、長さは約298mmで、幅は踵部付近で約69mm、中足骨領域付近で98.4mmである。 For the exemplary feminine size 11-12, length about 298 mm, a width of about 69mm around the heel portion in the vicinity of the metatarsal area 98.4 mm. 前記サイズ11〜12のインソールの高さは、足指付近の約4mmから、踵部付近の21.5mmの範囲である。 The height of the insole of the size 11-12, about 4mm around toes, in the range of 21.5mm near the heel portion. 当該インソールの長さおよび幅は、当該インソールを使用する靴のサイズに応じて異なるが、同じ相対領域の厚さは例示的なインソールと同様になる。 The length and width of the insole varies depending on the size of the shoe to use the insole, but the thickness of the same relative region becomes similar to exemplary insole.

図1〜9では、着用者の右足用に設計されたインソールを示して本発明を例示している。 In Figure 1-9, illustrate the present invention shows the insole designed for the right foot of a wearer. 当業者であれば、この左側インソールの鏡像として右足に適したインソールを構築できるであろう。 Those skilled in the art will be able to build insole suitable for right leg as a mirror image of the left insole.

図1は、着用者の右足用に設計された本発明の一実施形態の底面斜視図である。 Figure 1 is a bottom perspective view of one embodiment of the present invention designed for the right foot of a wearer. インソール1は、利用者の靴内の底部上に位置するようなっている第1の頂面および第2の底面を有する。 The insole 1 has a first top surface and a second bottom surface that is to be positioned on the bottom of the user's shoes. このインソール1は、さらに、足指端部2と、踵端部3と、内側部4と、外側部5とを有する。 The insole 1 further has a toe end 2, a Kakatotan portion 3, an inner portion 4 and an outer portion 5. 頂部シート6(図1には示さず)は、これと相補的な利用者の靴内底部の実質全長にわたって延在し、足を受容する頂面およびその反対側にある底面とを有し、支持基部クッション9に固定される。 Top sheet 6 (not shown in FIG. 1), which the extending over substantially the entire length of the shoe in the bottom of the complementary user, and a bottom surface on the top surface and the opposite side for receiving the foot, It is fixed to the support base cushion 9.

支持基部クッション9は、実質的に前記靴内底部の全長にわたり延在し、基部クッション頂面および基部クッション底面を有する。 Support base cushion 9 extends over substantially the entire length of the shoe in the bottom, having a base cushion top surface and the base cushion bottom. 前記基部クッション頂面は、それに対向する前記頂部シート6の底面に固定される。 Wherein the base cushion top surface can it be fixed to the bottom surface of the top sheet 6 facing. 前記支持基部クッション9は、さらに、第1の前足部中間クッション領域20およびアーチから踵部までの領域21を画成する。 It said support base cushion 9 further defines a region 21 to the heel portion from the first forefoot intermediate cushion region 20 and arch. これらの領域は、前足部縁部22により分けられる。 These regions are divided by the forefoot rim 22.

前記前足部中間クッション領域20は、その全体に延在する前足部凹部を有する。 The forefoot intermediate cushion region 20 has a forefoot recess that extends entirety. 前記アーチから踵部までの領域21は、前記外側部5と、内側部4と、踵端部3との近くに凹部を有する。 Region 21 from the arch to the heel portion includes an outer portion 5, the inner portion 4, a recess near the Kakatotan portion 3. 前記内側部4に近い凹部は、前記前足部中間クッション領域20の縁部付近から前記踵端部3へ向かって後方へ延在し、当該踵端部3の側部を一部取り囲む。 Recess closer to the inner part 4, the forefoot extends from the intermediate cushion region 20 of the edge near the rearward toward the heel end 3, surrounds a portion of the sides of the heel end portion 3. また、この内側部凹部は、当該インソールの側部に沿って上方へ延在する。 Further, the inner portion recess extends upward along the sides of the insole. 前記外側部5に近い凹部は、前記前足部中間クッション領域20の縁部付近または中足骨領域から前記踵端部3へ向かって後方へ延在し、当該踵端部3に到達する前に終わる。 Recess closer to the outer part 5, the forefoot extends from the edge near or metatarsal region of the intermediate cushion region 20 rearward toward the heel end 3, before reaching the heel end 3 ending. また、この外側部凹部は、前記支持基部クッションの側部へ向かって外方へ横方向に延在し、踵端部凹部または踵部クッション13に隣接するよう後方へ延在する。 Further, the outer portion recess, said extending toward side laterally outwardly of the support base cushion, extending rearwardly to adjacent the Kakatotan portion recess or heel cushion 13. 前記踵端部3に近い凹部は、当該インソールの前記踵部領域の下に位置し、当該インソールの後方側部へ向かって延在し、当該インソールの後側部に沿って上方へ延在する。 Recess closer to the heel end 3 is located below the heel region of the insole extends rearward side of the insole, extends upward along the rear side of the insole .

前足部クッション10は、第1の前足部クッション頂面および第2の前足部クッション底面を有する。 Forefoot cushion 10 has a first forefoot cushion top surface and a second forefoot cushion bottom. 前記前足部クッションは、前記前足部中間クッション領域20の前記支持基部クッション底面の前記前足部凹部に固定される。 The forefoot cushion is secured to the forefoot recess of the support base cushion bottom surface of said forefoot portion intermediate cushion region 20. 前記第2の前足部クッション底面は、使用時、前記靴内底部に隣接して位置する。 It said second forefoot cushion bottom, in use, positioned adjacent to the shoe bottom inside.

前足部中間クッション9Aは、前記前足部クッション10の形状に対し相補的な形状を有していることがわかる。 Forefoot intermediate cushion 9A is found to have a complementary shape to the shape of the forefoot cushion 10. この形状は、前記支持基部に組み込まれた第1中足骨頭切欠部を有する。 This shape has a first metatarsal head notch incorporated on said support base. 前記前足部クッション10は、より軟質で好ましくはエチレン酢酸ビニル材料(EVA)を有し、この空間を埋めて、当該インソールの使用時、利用者の足の第1中足骨頭の下にソフトスポットがあるようにして、歩行の推進期中に母趾背屈の改善(すなわち、押し出しの強化)を可能にする。 The forefoot cushion 10, a more preferably soft having a ethylene vinyl acetate material (EVA), fill the space, when using the insole, soft spots under the first metatarsal head of a user's foot as there is an improvement in the mother 趾背 flexion during propulsion phase of gait (i.e., enhanced extrusion) to enable.

内側支持クレードル11は、頂面および底面を有し、前記頂面は、当該インソールの前記支持基部クッション9の前記基部クッション底面の前記内側部4に近い凹部内に固定される。 Inner support cradle 11 has a top surface and a bottom surface, said top surface is secured in the recess close to the base cushion bottom the inner part 4 of the support base cushion 9 of the insole. 内側支持クレードル11は、前記内側部凹部の形状に対し相補的である。 Inner support cradle 11 are complementary to the shape of the inner portion recess. 内側支持クレードル11は、さらに、内側踵部支持カップ部11Aおよびアーチ支持部11Bを画成する。 Inner support cradle 11 further defines an inner heel support cup portion 11A and the arch support portion 11B. 内側踵部支持カップ部11Aは、当該インソールの前記内側部に沿って前記踵部周辺の支持をもたらす。 Inner heel support cup portion 11A provides support around the heel portion along said inner portion of the insole. アーチ支持部11Bは、当該インソールおよび足のアーチ領域の外形に沿うよう成形される。 Arch support portion 11B is shaped such that along the contour of the insole and the arch of the foot region.

外側支持クレードル12は、頂面および底面を有し、前記頂面は、当該インソールの前記支持基部クッション9の前記基部クッション底面の前記外側部5に近い凹部内に固定される。 Outer support cradle 12 has a top surface and a bottom surface, said top surface is secured in the recess close to the outer portion 5 of the base cushion bottom surface of the support base cushion 9 of the insole. 外側支持クレードル12は、前記外側部凹部の形状に対し相補的である。 Outer support cradle 12 are complementary to the shape of the outer portion recess. 外側支持クレードル12は、さらに、第1の靴内接触部12Aおよび第2の側部12Bを画成する。 Outer support cradle 12 further defines a first shoe in the contact portion 12A and the second side 12B. 第1の靴内接触部12Aは、当該インソール1の底部に沿って位置し、靴内底部に接触する。 The first shoe in contact portion 12A is positioned along the bottom of the insole 1, in contact with the bottom shoe. 第2の側部12Bは、当該インソール1の前記外側部5に沿って位置し、前記外側支持クレードル12の後縁部から当該外側支持クレードル12の前縁部へとテーパーがかかっている。 Second side 12B is located along the outer portion 5 of the insole 1, the taper is afflicted with the rear edge of the outer support cradle 12 to the front edge of the outer support cradle 12.

踵部クッション13は、頂面および底面を有し、前記頂面は、当該インソールの前記支持基部クッション9の前記基部クッション底面の前記踵端部3に近い凹部内に固定される。 Heel cushion 13 has a top surface and a bottom surface, said top surface is secured within the recess closer to the heel end 3 of the base cushion bottom surface of the support base cushion 9 of the insole. 踵部クッション13は、前記踵端部凹部の形状に対し相補的である。 Heel cushion 13 is complementary to the shape of the heel end recess. 踵部クッションは、さらに、側部13Bを画成する。 Heel cushion further defines a side 13B. 側部13Bは、当該インソールの後方側部に沿って、実質的に内側支持クレードル11の内側踵部支持カップ部11Aと、外側支持クレードル12の第2の側部12Bとの間に位置する。 Side 13B along the rear side of the insole, located between the inner heel support cup portion 11A of substantially the inner support cradle 11, a second side 12B of the outer support cradle 12.

当該インソールには、任意選択的な通気穴8を画成できる。 On the insole can define the optional vent hole 8. 通気穴8は、当該インソール1の全厚みにわたり、前記頂部シート6から前記前足部クッション10を通じて延在する。 Vent hole 8, over the entire thickness of the insole 1, extending through said forefoot cushion 10 from the top sheet 6.

図2は、着用者の右足用に設計された本発明の一実施形態の上面図である。 Figure 2 is a top view of an embodiment of the present invention designed for the right foot of a wearer. インソール1は、利用者の靴内の底部上に位置するようなっている第1の頂面および第2の底面を有する。 The insole 1 has a first top surface and a second bottom surface that is to be positioned on the bottom of the user's shoes. このインソール1は、さらに、足指端部2と、踵端部3と、内側部4と、外側部5とを有する。 The insole 1 further has a toe end 2, a Kakatotan portion 3, an inner portion 4 and an outer portion 5. 頂部シート6(図1には示さず)は、これと相補的な利用者の靴内底部の実質全長にわたって延在し、足を受容する頂面およびその反対側にある底面とを有し、支持基部クッション9(図2には示さず)に固定される。 Top sheet 6 (not shown in FIG. 1), which the extending over substantially the entire length of the shoe in the bottom of the complementary user, and a bottom surface on the top surface and the opposite side for receiving the foot, It is fixed to the support base cushion 9 (not shown in FIG. 2).

頂部シート6は、利用者の足と接触する表面をもたらす(前記足は、靴下(hosieryまたはsocks)を着用してもしていなくともよい)。 Top sheet 6, resulting in a surface in contact with the user's foot (the foot, may not have to wear the socks (hosiery or socks)). 支持基部クッション9は、さらに、足の中足骨領域の下において頂部シート6下で支持基部クッション9から上方へ延出させることのできる中足骨クッション7を有する。 Support base cushion 9 further comprises a metatarsal cushion 7 that can extend from the support base cushion 9 under the top sheet 6 upward in the lower metatarsal region of the foot. 任意選択的な通気穴8は、当該インソールにより画成でき、前記頂部シートから当該インソールの底部まで下方へ貫通して延在させることができる。 Optional vent hole 8 can define by the insole, can extend through downwardly from the top sheet to the bottom of the insole.

図3は、着用者の右足用に設計された本発明の一実施形態のインソールの底部(靴側)を示した図である。 Figure 3 is a diagram showing the bottom of the insole of an embodiment of the present invention designed for the right foot of the wearer (shoe side). インソール1は、利用者の靴内の底部上に位置するようなっている第1の頂面および第2の底面を有する。 The insole 1 has a first top surface and a second bottom surface that is to be positioned on the bottom of the user's shoes. このインソール1は、さらに、足指端部2と、踵端部3と、内側部4と、外側部5とを有する。 The insole 1 further has a toe end 2, a Kakatotan portion 3, an inner portion 4 and an outer portion 5. 頂部シート6(図3には示さず)は、これと相補的な利用者の靴内底部の実質全長にわたって延在し、足を受容する頂面およびその反対側にある底面とを有し、支持基部クッション9に固定される。 Top sheet 6 (not shown in FIG. 3), this and extends over substantially the entire length of the shoe in the bottom of the complementary user, and a bottom surface on the top surface and the opposite side for receiving the foot, It is fixed to the support base cushion 9.

支持基部クッション9は、実質的に前記靴内底部の全長にわたり延在し、基部クッション頂面および基部クッション底面を有する。 Support base cushion 9 extends over substantially the entire length of the shoe in the bottom, having a base cushion top surface and the base cushion bottom. 前記基部クッション頂面は、それに対向する前記頂部シート6の底面に固定される。 Wherein the base cushion top surface can it be fixed to the bottom surface of the top sheet 6 facing. 前記支持基部クッション9は、さらに、第1の前足部中間クッション領域20およびアーチから踵部までの領域21を画成する。 It said support base cushion 9 further defines a region 21 to the heel portion from the first forefoot intermediate cushion region 20 and arch. これらの領域は、前足部縁部22により分けられる。 These regions are divided by the forefoot rim 22.

前記前足部中間クッション領域20は、その全体に延在する前足部凹部を有する。 The forefoot intermediate cushion region 20 has a forefoot recess that extends entirety. 前記アーチから踵部までの領域21は、前記外側部5と、内側部4と、踵端部3との近くに凹部を有する。 Region 21 from the arch to the heel portion includes an outer portion 5, the inner portion 4, a recess near the Kakatotan portion 3. 前記内側部4に近い凹部は、前記前足部中間クッション領域20の縁部付近から前記踵端部3へ向かって後方へ延在し、当該踵端部3の側部を一部取り囲む。 Recess closer to the inner part 4, the forefoot extends from the intermediate cushion region 20 of the edge near the rearward toward the heel end 3, surrounds a portion of the sides of the heel end portion 3. また、この内側部凹部は、当該インソールの側部に沿って上方へ延在する。 Further, the inner portion recess extends upward along the sides of the insole. 前記外側部5に近い凹部は、前記前足部中間クッション領域20の縁部付近または中足骨領域から前記踵端部3へ向かって後方へ延在し、当該踵端部3に到達する前に終わる。 Recess closer to the outer part 5, the forefoot extends from the edge near or metatarsal region of the intermediate cushion region 20 rearward toward the heel end 3, before reaching the heel end 3 ending. また、この外側部凹部は、前記支持基部クッションの側部へ向かって外方へ横方向に延在し、踵端部凹部または踵部クッション13に隣接するよう後方へ延在する。 Further, the outer portion recess, said extending toward side laterally outwardly of the support base cushion, extending rearwardly to adjacent the Kakatotan portion recess or heel cushion 13. 前記踵端部3に近い凹部は、当該インソールの前記踵部領域の下に位置し、当該インソールの後側部へ向かって延在し、当該インソールの後側部に沿って上方へ延在する。 Recess closer to the heel end 3 is located below the heel region of the insole, it extends toward the rear side of the insole, extends upward along the rear side of the insole .

前足部クッション10は、第1の前足部クッション頂面および第2の前足部クッション底面を有する。 Forefoot cushion 10 has a first forefoot cushion top surface and a second forefoot cushion bottom. 前記前足部クッションは、前記前足部中間クッション領域20の前記支持基部クッション底面の前記前足部凹部に固定される。 The forefoot cushion is secured to the forefoot recess of the support base cushion bottom surface of said forefoot portion intermediate cushion region 20. 前記第2の前足部クッション底面は、使用時、前記靴内底部に隣接して位置する。 It said second forefoot cushion bottom, in use, positioned adjacent to the shoe bottom inside.

内側支持クレードル11は、頂面および底面を有し、前記頂面は、当該インソールの前記支持基部クッション9の前記基部クッション底面の前記内側部4に近い凹部内に固定される。 Inner support cradle 11 has a top surface and a bottom surface, said top surface is secured in the recess close to the base cushion bottom the inner part 4 of the support base cushion 9 of the insole. 内側支持クレードル11は、前記内側部凹部の形状に対し相補的である。 Inner support cradle 11 are complementary to the shape of the inner portion recess. 内側支持クレードル11は、さらに、内側踵部支持カップ部11Aおよびアーチ支持部11Bを画成する。 Inner support cradle 11 further defines an inner heel support cup portion 11A and the arch support portion 11B. 内側踵部支持カップ部11Aは、当該インソールの前記内側部に沿って前記踵部周辺の支持をもたらす。 Inner heel support cup portion 11A provides support around the heel portion along said inner portion of the insole. アーチ支持部11Bは、当該インソールおよび足のアーチ領域の外形に沿うよう成形される。 Arch support portion 11B is shaped such that along the contour of the insole and the arch of the foot region.

外側支持クレードル12は、頂面および底面を有し、前記頂面は、当該インソールの前記支持基部クッション9の前記基部クッション底面の前記外側部5に近い凹部内に固定される。 Outer support cradle 12 has a top surface and a bottom surface, said top surface is secured in the recess close to the outer portion 5 of the base cushion bottom surface of the support base cushion 9 of the insole. 外側支持クレードル12は、前記外側部凹部の形状に対し相補的である。 Outer support cradle 12 are complementary to the shape of the outer portion recess. 外側支持クレードル12は、さらに、第1の靴内接触部12Aおよび第2の側部12Bを画成する。 Outer support cradle 12 further defines a first shoe in the contact portion 12A and the second side 12B. 第1の靴内接触部12Aは、当該インソール1の底部に沿って位置し、靴内底部に接触する。 The first shoe in contact portion 12A is positioned along the bottom of the insole 1, in contact with the bottom shoe. 第2の側部12Bは、当該インソール1の前記外側部5に沿って位置し、前記外側支持クレードル12の後縁部から当該外側支持クレードル12の前縁部へとテーパーがかかっている。 Second side 12B is located along the outer portion 5 of the insole 1, the taper is afflicted with the rear edge of the outer support cradle 12 to the front edge of the outer support cradle 12.

踵部クッション13は、頂面および底面を有し、前記頂面は、当該インソールの前記支持基部クッション9の前記基部クッション底面の前記踵端部3に近い凹部内に固定される。 Heel cushion 13 has a top surface and a bottom surface, said top surface is secured within the recess closer to the heel end 3 of the base cushion bottom surface of the support base cushion 9 of the insole. 踵部クッション13は、前記踵端部凹部の形状に対し相補的である。 Heel cushion 13 is complementary to the shape of the heel end recess. 踵部クッションは、さらに、側部13Bを画成する。 Heel cushion further defines a side 13B. 側部13Bは、当該インソールの後方側部に沿って、実質的に内側支持クレードル11の内側踵部支持カップ部11Aと、外側支持クレードル12の第2の側部12Bとの間に位置する。 Side 13B along the rear side of the insole, located between the inner heel support cup portion 11A of substantially the inner support cradle 11, a second side 12B of the outer support cradle 12.

当該インソールには、任意選択的な通気穴8を画成できる。 On the insole can define the optional vent hole 8. 通気穴8は、当該インソール1の全厚みにわたり、前記頂部シート6から前記前足部クッション10を通じて延在する。 Vent hole 8, over the entire thickness of the insole 1, extending through said forefoot cushion 10 from the top sheet 6.

図4は、着用者の右足用に設計されたインソールの(内側)側面図である。 Figure 4 is a (inner) side view of the insole designed for the right foot of a wearer. インソール1は、利用者の靴内の底部上に位置するようなっている第1の頂面および第2の底面を有する。 The insole 1 has a first top surface and a second bottom surface that is to be positioned on the bottom of the user's shoes. このインソール1は、さらに、足指端部2と、踵端部3と、内側部4と、外側部5とを有する(図4では示さず)。 The insole 1 further includes a toe end 2, a Kakatotan portion 3, an inner portion 4 (not shown in FIG. 4) and an outer portion 5. 頂部シート6は、これと相補的な利用者の靴内底部の実質全長にわたって延在し、足を受容する頂面およびその反対側にある底面とを有し、支持基部クッション9に固定される。 Top sheet 6, which the extending over substantially the entire length of the shoe in the bottom of the complementary user, and a bottom surface on the top surface and the opposite side for receiving the foot, is fixed to the support base cushion 9 .

図4では、特に前記前足部領域の層を見ることができる。 In Figure 4, in particular looking at the layers of the forefoot region. これらの層は、頂部から底部にかけて、頂部シート6と、前足部中間クッション9A(前記支持基部クッション9と一体的であってもなくてもよい)と、前足部クッション10とを含む。 These layers include from top to bottom, a top sheet 6, a forefoot intermediate cushion 9A (may or may not be the support base cushion 9 integral with), and a forefoot cushion 10.

支持基部クッション9は、実質的に前記靴内底部の全長にわたり延在し、基部クッション頂面および基部クッション底面を有する。 Support base cushion 9 extends over substantially the entire length of the shoe in the bottom, having a base cushion top surface and the base cushion bottom. 前記基部クッション頂面は、それに対向する前記頂部シート6の底面に固定される。 Wherein the base cushion top surface can it be fixed to the bottom surface of the top sheet 6 facing. 前記支持基部クッション9は、さらに、第1の前足部中間クッション領域20およびアーチから踵部までの領域21を画成する。 It said support base cushion 9 further defines a region 21 to the heel portion from the first forefoot intermediate cushion region 20 and arch.

支持基部クッション9は、さらに、足の中足骨領域の下において頂部シート6下で支持基部クッション9から上方へ延出させることのできる中足骨クッション7を有する。 Support base cushion 9 further comprises a metatarsal cushion 7 that can extend from the support base cushion 9 under the top sheet 6 upward in the lower metatarsal region of the foot. 前記中足骨クッション7の厚さ(支持基部クッション9の頂面より上に延出する高さ)は、1.5mm〜3.5mmであることが好ましい。 The thickness of the metatarsal cushion 7 (height extending above the top surface of the support base cushion 9) is preferably 1.5Mm~3.5Mm. 好適な厚さは2.00mmである。 The preferred thickness is 2.00 mm.

前記前足部中間クッション領域20は、その全体に延在する前足部凹部を有する。 The forefoot intermediate cushion region 20 has a forefoot recess that extends entirety. 前記アーチから踵部までの領域21は、前記外側部5と、内側部4と、踵端部3との近くに凹部を有する。 Region 21 from the arch to the heel portion includes an outer portion 5, the inner portion 4, a recess near the Kakatotan portion 3. 前記内側部4に近い凹部は、前記前足部中間クッション領域20の縁部付近から前記踵端部3へ向かって後方へ延在し、当該踵端部3の側部を一部取り囲む。 Recess closer to the inner part 4, the forefoot extends from the intermediate cushion region 20 of the edge near the rearward toward the heel end 3, surrounds a portion of the sides of the heel end portion 3. また、この内側部凹部は、当該インソールの側部に沿って上方へ延在する。 Further, the inner portion recess extends upward along the sides of the insole.

前足部クッション10は、第1の前足部クッション頂面および第2の前足部クッション底面を有する。 Forefoot cushion 10 has a first forefoot cushion top surface and a second forefoot cushion bottom. 前記前足部クッションは、前記前足部中間クッション領域20の前記支持基部クッション底面の前記前足部凹部に固定される。 The forefoot cushion is secured to the forefoot recess of the support base cushion bottom surface of said forefoot portion intermediate cushion region 20. 前記第2の前足部クッション底面は、使用時、前記靴内底部に隣接して位置する。 It said second forefoot cushion bottom, in use, positioned adjacent to the shoe bottom inside.

前記前足部中間クッション9Aは、前記前足部クッション10の形状に対し相補的な形状を有していることがわかる。 The forefoot intermediate cushion 9A is found to have a complementary shape to the shape of the forefoot cushion 10. この形状は、前記支持基部に組み込まれた第1中足骨頭切欠部を有する。 This shape has a first metatarsal head notch incorporated on said support base. 前記前足部クッション10は、より軟質で好ましくはエチレン酢酸ビニル材料(EVA)を有し、この空間を埋めて、当該インソールの使用時、利用者の足の第1中足骨頭の下にソフトスポットがあるようにして、歩行の推進期中に母趾背屈の改善(すなわち、押し出しの強化)を可能にする。 The forefoot cushion 10, a more preferably soft having a ethylene vinyl acetate material (EVA), fill the space, when using the insole, soft spots under the first metatarsal head of a user's foot as there is an improvement in the mother 趾背 flexion during propulsion phase of gait (i.e., enhanced extrusion) to enable.

内側支持クレードル11は、頂面および底面を有し、前記頂面は、当該インソールの前記支持基部クッション9の前記基部クッション底面の前記内側部4に近い凹部内に固定される。 Inner support cradle 11 has a top surface and a bottom surface, said top surface is secured in the recess close to the base cushion bottom the inner part 4 of the support base cushion 9 of the insole. 内側支持クレードル11は、前記内側部凹部の形状に対し相補的である。 Inner support cradle 11 are complementary to the shape of the inner portion recess. 内側支持クレードル11は、さらに、内側踵部支持カップ部11Aおよびアーチ支持部11Bを画成する。 Inner support cradle 11 further defines an inner heel support cup portion 11A and the arch support portion 11B. 内側踵部支持カップ部11Aは、当該インソールの前記内側部に沿って前記踵部周辺の支持をもたらす。 Inner heel support cup portion 11A provides support around the heel portion along said inner portion of the insole. アーチ支持部11Bは、当該インソールおよび足のアーチ領域の外形に沿うよう成形される。 Arch support portion 11B is shaped such that along the contour of the insole and the arch of the foot region. 内側支持クレードル11は、支持面または接触領域から測定して約2.2〜2.9cm±0.2cmの隆起部を有する。 Inner support cradle 11 has a raised portion about 2.2~2.9cm ± 0.2cm, measured from the supporting surface or contact area. この隆起部は、使用時、利用者の足のアーチ領域と一致し、そのアーチ領域を支持する。 The ridges, in use, coincides with the user's foot arch region, to support the arch region.

図5は、着用者の右足用に設計されたインソールの(外側)側面図である。 Figure 5 is a (outer) side view of the insole designed for the right foot of a wearer. インソール1は、利用者の靴内の底部上に位置するようなっている第1の頂面および第2の底面を有する。 The insole 1 has a first top surface and a second bottom surface that is to be positioned on the bottom of the user's shoes. このインソール1は、さらに、足指端部2と、踵端部3と、内側部4(図5では示さず)と、外側部5とを有する。 The insole 1 further has a toe end 2, a Kakatotan portion 3, an inner portion 4 (not shown in FIG. 5), an outer portion 5. 頂部シート6は、これと相補的な利用者の靴内底部の実質全長にわたって延在し、足を受容する頂面およびその反対側にある底面とを有し、支持基部クッション9に固定される。 Top sheet 6, which the extending over substantially the entire length of the shoe in the bottom of the complementary user, and a bottom surface on the top surface and the opposite side for receiving the foot, is fixed to the support base cushion 9 .

図5では、特に前記前足部領域の層を見ることができる。 In Figure 5, in particular see the layers of the forefoot region. これらの層は、頂部から底部にかけて、頂部シート6と、前足部中間クッション9A(前記支持基部クッション9と一体的であってもなくてもよい)と、前足部クッション10とを含む。 These layers include from top to bottom, a top sheet 6, a forefoot intermediate cushion 9A (may or may not be the support base cushion 9 integral with), and a forefoot cushion 10.

支持基部クッション9は、実質的に前記靴内底部の全長にわたり延在し、基部クッション頂面および基部クッション底面を有する。 Support base cushion 9 extends over substantially the entire length of the shoe in the bottom, having a base cushion top surface and the base cushion bottom. 前記基部クッション頂面は、それに対向する前記頂部シート6の底面に固定される。 Wherein the base cushion top surface can it be fixed to the bottom surface of the top sheet 6 facing. 前記支持基部クッション9は、さらに、第1の前足部中間クッション領域20およびアーチから踵部までの領域21を画成する。 It said support base cushion 9 further defines a region 21 to the heel portion from the first forefoot intermediate cushion region 20 and arch.

支持基部クッション9は、さらに、足の中足骨領域の下において頂部シート6下で支持基部クッション9から上方へ延出させることのできる中足骨クッション7を有する。 Support base cushion 9 further comprises a metatarsal cushion 7 that can extend from the support base cushion 9 under the top sheet 6 upward in the lower metatarsal region of the foot. 前記中足骨クッション7の厚さ(支持基部クッション9の頂面より上に延出する高さ)は、1.5mm〜3.5mmであることが好ましい。 The thickness of the metatarsal cushion 7 (height extending above the top surface of the support base cushion 9) is preferably 1.5Mm~3.5Mm. 好適な厚さは2.00mmである。 The preferred thickness is 2.00 mm.

前記前足部中間クッション領域20は、その全体に延在する前足部凹部を有する。 The forefoot intermediate cushion region 20 has a forefoot recess that extends entirety. 前記アーチから踵部までの領域21は、前記外側部5と、内側部4と、踵端部3との近くに凹部を有する。 Region 21 from the arch to the heel portion includes an outer portion 5, the inner portion 4, a recess near the Kakatotan portion 3. 前記外側部5に近い凹部は、前記前足部中間クッション領域20の縁部付近または中足骨領域から前記踵端部3へ向かって後方へ延在し、当該踵端部3に到達する前に終わる。 Recess closer to the outer part 5, the forefoot extends from the edge near or metatarsal region of the intermediate cushion region 20 rearward toward the heel end 3, before reaching the heel end 3 ending. また、この外側部凹部は、前記支持基部クッションの側部へ向かって外方へ横方向に延在し、踵端部凹部または踵部クッション13に隣接するよう後方へ延在する。 Further, the outer portion recess, said extending toward side laterally outwardly of the support base cushion, extending rearwardly to adjacent the Kakatotan portion recess or heel cushion 13. 前記踵端部3に近い凹部は、当該インソールの前記踵部領域の下に位置し、当該インソールの後側部へ向かって延在し、当該インソールの後側部に沿って上方へ延在する。 Recess closer to the heel end 3 is located below the heel region of the insole, it extends toward the rear side of the insole, extends upward along the rear side of the insole .

前足部クッション10は、第1の前足部クッション頂面および第2の前足部クッション底面を有する。 Forefoot cushion 10 has a first forefoot cushion top surface and a second forefoot cushion bottom. 前記前足部クッションは、前記前足部中間クッション領域20の前記支持基部クッション底面の前記前足部凹部に固定される。 The forefoot cushion is secured to the forefoot recess of the support base cushion bottom surface of said forefoot portion intermediate cushion region 20. 前記第2の前足部クッション底面は、使用時、前記靴内底部に隣接して位置する。 It said second forefoot cushion bottom, in use, positioned adjacent to the shoe bottom inside.

前記前足部中間クッション9Aは、前記前足部クッション10の形状に対し相補的な形状を有していることがわかる。 The forefoot intermediate cushion 9A is found to have a complementary shape to the shape of the forefoot cushion 10. この形状は、前記支持基部に組み込まれた第1中足骨頭切欠部を有する。 This shape has a first metatarsal head notch incorporated on said support base. 前記前足部クッション10は、より軟質で好ましくはエチレン酢酸ビニル材料(EVA)を有し、この空間を埋めて、当該インソールの使用時、利用者の足の第1中足骨頭の下にソフトスポットがあるようにして、歩行の推進期中に母趾背屈の改善(すなわち、押し出しの強化)を可能にする。 The forefoot cushion 10, a more preferably soft having a ethylene vinyl acetate material (EVA), fill the space, when using the insole, soft spots under the first metatarsal head of a user's foot as there is an improvement in the mother 趾背 flexion during propulsion phase of gait (i.e., enhanced extrusion) to enable.

外側支持クレードル12は、頂面および底面を有し、前記頂面は、当該インソールの前記支持基部クッション9の前記基部クッション底面の前記外側部5に近い凹部内に固定される。 Outer support cradle 12 has a top surface and a bottom surface, said top surface is secured in the recess close to the outer portion 5 of the base cushion bottom surface of the support base cushion 9 of the insole. 外側支持クレードル12は、前記外側部凹部の形状に対し相補的である。 Outer support cradle 12 are complementary to the shape of the outer portion recess. 外側支持クレードル12は、さらに、第1の靴内接触部12Aおよび第2の側部12Bを画成する。 Outer support cradle 12 further defines a first shoe in the contact portion 12A and the second side 12B. 第1の靴内接触部12Aは、当該インソール1の底部に沿って位置し、靴内底部に接触する。 The first shoe in contact portion 12A is positioned along the bottom of the insole 1, in contact with the bottom shoe. 第2の側部12Bは、当該インソール1の前記外側部5に沿って位置し、前記外側支持クレードル12の後縁部から当該外側支持クレードル12の前縁部へとテーパーがかかっている。 Second side 12B is located along the outer portion 5 of the insole 1, the taper is afflicted with the rear edge of the outer support cradle 12 to the front edge of the outer support cradle 12.

踵部クッション13は、頂面および底面を有し、前記頂面は、当該インソールの前記支持基部クッション9の前記基部クッション底面の前記踵端部3に近い凹部内に固定される。 Heel cushion 13 has a top surface and a bottom surface, said top surface is secured within the recess closer to the heel end 3 of the base cushion bottom surface of the support base cushion 9 of the insole. 踵部クッション13は、前記踵端部凹部の形状に対し相補的である。 Heel cushion 13 is complementary to the shape of the heel end recess. 踵部クッションは、さらに、側部13Bを画成する。 Heel cushion further defines a side 13B. 側部13Bは、当該インソールの後方側部に沿って、実質的に内側支持クレードル11の内側踵部支持カップ部11Aと、外側支持クレードル12の第2の側部12Bとの間に位置する。 Side 13B along the rear side of the insole, located between the inner heel support cup portion 11A of substantially the inner support cradle 11, a second side 12B of the outer support cradle 12.

図6は、着用者の右足用に設計された本発明の一実施形態のインソールの前部からの側面図であり、前記足指端部を例示している。 Figure 6 is a side view from the front of the insole according to an embodiment of the present invention designed for the right foot of a wearer, it illustrates the toe end. インソール1は、利用者の靴内の底部上に位置するようなっている第1の頂面および第2の底面を有する。 The insole 1 has a first top surface and a second bottom surface that is to be positioned on the bottom of the user's shoes. このインソール1は、さらに、足指端部2と、踵端部3と、内側部4と、外側部5とを有する。 The insole 1 further has a toe end 2, a Kakatotan portion 3, an inner portion 4 and an outer portion 5. 頂部シート6は、これと相補的な利用者の靴内底部の実質全長にわたって延在し、足を受容する頂面およびその反対側にある底面とを有し、支持基部クッション9に固定される。 Top sheet 6, which the extending over substantially the entire length of the shoe in the bottom of the complementary user, and a bottom surface on the top surface and the opposite side for receiving the foot, is fixed to the support base cushion 9 .

図6では、特に前記前足部領域の層を見ることができる。 In Figure 6, in particular looking at the layers of the forefoot region. これらの層は、頂部から底部にかけて、頂部シート6と、前足部中間クッション9A(前記支持基部クッション9と一体的な)と、前足部クッション10とを含む。 These layers include from top to bottom, a top sheet 6, forefoot intermediate cushion 9A and (the support base cushion 9 and integral manner), and a forefoot cushion 10.

支持基部クッション9は、実質的に前記靴内底部の全長にわたり延在し、基部クッション頂面および基部クッション底面を有する。 Support base cushion 9 extends over substantially the entire length of the shoe in the bottom, having a base cushion top surface and the base cushion bottom. 前記基部クッション頂面は、それに対向する前記頂部シート6の底面に固定される。 Wherein the base cushion top surface can it be fixed to the bottom surface of the top sheet 6 facing.

支持基部クッション9は、さらに、足の中足骨領域の下において頂部シート6下で支持基部クッション9から上方へ延出させることのできる中足骨クッション7を有する。 Support base cushion 9 further comprises a metatarsal cushion 7 that can extend from the support base cushion 9 under the top sheet 6 upward in the lower metatarsal region of the foot. 前記中足骨クッション7の厚さ(支持基部クッション9の頂面より上に延出する高さ)は、1.5mm〜3.5mmであることが好ましい。 The thickness of the metatarsal cushion 7 (height extending above the top surface of the support base cushion 9) is preferably 1.5Mm~3.5Mm. 好適な厚さは2.00mmである。 The preferred thickness is 2.00 mm.

前足部クッション10は、第1の前足部クッション頂面および第2の前足部クッション底面を有する。 Forefoot cushion 10 has a first forefoot cushion top surface and a second forefoot cushion bottom. 前記前足部クッションは、前記前足部中間クッション領域20の前記支持基部クッション底面の前記前足部凹部に固定される。 The forefoot cushion is secured to the forefoot recess of the support base cushion bottom surface of said forefoot portion intermediate cushion region 20. 前記第2の前足部クッション底面は、使用時、前記靴内底部に隣接して位置する。 It said second forefoot cushion bottom, in use, positioned adjacent to the shoe bottom inside.

前記前足部中間クッション9Aは、前記前足部クッション10の形状に対し相補的な形状を有していることがわかる。 The forefoot intermediate cushion 9A is found to have a complementary shape to the shape of the forefoot cushion 10. この形状は、前記支持基部に組み込まれた第1中足骨頭切欠部を有する。 This shape has a first metatarsal head notch incorporated on said support base. 前記前足部クッション10は、より軟質で好ましくはエチレン酢酸ビニル材料(EVA)を有し、この空間を埋めて、当該インソールの使用時、利用者の足の第1中足骨頭の下にソフトスポットがあるようにして、歩行の推進期中に母趾背屈の改善(すなわち、押し出しの強化)を可能にする。 The forefoot cushion 10, a more preferably soft having a ethylene vinyl acetate material (EVA), fill the space, when using the insole, soft spots under the first metatarsal head of a user's foot as there is an improvement in the mother 趾背 flexion during propulsion phase of gait (i.e., enhanced extrusion) to enable.

図7は、着用者の右足用に設計された本発明の一実施形態のインソールの後部からの側面図であり、前記足指端部を例示している。 Figure 7 is a side view from the rear of the insole according to an embodiment of the present invention designed for the right foot of a wearer, illustrates the toe end. インソール1は、利用者の靴内の底部上に位置するようなっている第1の頂面および第2の底面を有する。 The insole 1 has a first top surface and a second bottom surface that is to be positioned on the bottom of the user's shoes. このインソール1は、さらに、足指端部2と、踵端部3と、内側部4と、外側部5とを有する。 The insole 1 further has a toe end 2, a Kakatotan portion 3, an inner portion 4 and an outer portion 5. 頂部シート6は、これと相補的な利用者の靴内底部の実質全長にわたって延在し、足を受容する頂面およびその反対側にある底面とを有し、支持基部クッション9に固定される。 Top sheet 6, which the extending over substantially the entire length of the shoe in the bottom of the complementary user, and a bottom surface on the top surface and the opposite side for receiving the foot, is fixed to the support base cushion 9 .

支持基部クッション9は、実質的に前記靴内底部の全長にわたり延在し、基部クッション頂面および基部クッション底面を有する。 Support base cushion 9 extends over substantially the entire length of the shoe in the bottom, having a base cushion top surface and the base cushion bottom. 前記基部クッション頂面は、それに対向する前記頂部シート6の底面に固定される。 Wherein the base cushion top surface can it be fixed to the bottom surface of the top sheet 6 facing.

前記支持基部クッション9は、前記外側部5と、内側部4と、踵端部3との近くに凹部を有する。 It said support base cushion 9 includes an outer portion 5, the inner portion 4, a recess near the Kakatotan portion 3. 前記内側部4に近い凹部は、前記前足部中間クッション領域20の縁部付近から前記踵端部3へ向かって後方へ延在し、当該踵端部3の側部を一部取り囲む。 Recess closer to the inner part 4, the forefoot extends from the intermediate cushion region 20 of the edge near the rearward toward the heel end 3, surrounds a portion of the sides of the heel end portion 3. また、この内側部凹部は、当該インソールの側部に沿って上方へ延在する。 Further, the inner portion recess extends upward along the sides of the insole. 前記外側部5に近い凹部は、前記前足部中間クッション領域20の縁部付近または中足骨領域から前記踵端部3へ向かって後方へ延在し、当該踵端部3に到達する前に終わる。 Recess closer to the outer part 5, the forefoot extends from the edge near or metatarsal region of the intermediate cushion region 20 rearward toward the heel end 3, before reaching the heel end 3 ending. また、この外側部凹部は、前記支持基部クッションの側部へ向かって外方へ横方向に延在し、踵端部凹部または踵部クッション13に隣接するよう後方へ延在する。 Further, the outer portion recess, said extending toward side laterally outwardly of the support base cushion, extending rearwardly to adjacent the Kakatotan portion recess or heel cushion 13. 前記踵端部3に近い凹部は、当該インソールの前記踵部領域の下に位置し、当該インソールの後方側部へ向かって延在し、当該インソールの後側部に沿って上方へ延在する。 Recess closer to the heel end 3 is located below the heel region of the insole extends rearward side of the insole, extends upward along the rear side of the insole .

内側支持クレードル11は、頂面および底面を有し、前記頂面は、当該インソールの前記支持基部クッション9の前記基部クッション底面の前記内側部4に近い凹部内に固定される。 Inner support cradle 11 has a top surface and a bottom surface, said top surface is secured in the recess close to the base cushion bottom the inner part 4 of the support base cushion 9 of the insole. 内側支持クレードル11は、前記内側部凹部の形状に対し相補的である。 Inner support cradle 11 are complementary to the shape of the inner portion recess. 内側支持クレードル11は、さらに、内側踵部支持カップ部11Aおよびアーチ支持部11Bを画成する。 Inner support cradle 11 further defines an inner heel support cup portion 11A and the arch support portion 11B. 内側踵部支持カップ部11Aは、当該インソールの前記内側部に沿って前記踵部周辺の支持をもたらす。 Inner heel support cup portion 11A provides support around the heel portion along said inner portion of the insole. アーチ支持部11Bは、当該インソールおよび足のアーチ領域の外形に沿うよう成形される。 Arch support portion 11B is shaped such that along the contour of the insole and the arch of the foot region.

外側支持クレードル12は、頂面および底面を有し、前記頂面は、当該インソールの前記支持基部クッション9の前記基部クッション底面の前記外側部5に近い凹部内に固定される。 Outer support cradle 12 has a top surface and a bottom surface, said top surface is secured in the recess close to the outer portion 5 of the base cushion bottom surface of the support base cushion 9 of the insole. 外側支持クレードル12は、前記外側部凹部の形状に対し相補的である。 Outer support cradle 12 are complementary to the shape of the outer portion recess. 外側支持クレードル12は、さらに、第1の靴内接触部12Aおよび第2の側部12Bを画成する。 Outer support cradle 12 further defines a first shoe in the contact portion 12A and the second side 12B. 第1の靴内接触部12Aは、当該インソール1の底部に沿って位置し、靴内底部に接触する。 The first shoe in contact portion 12A is positioned along the bottom of the insole 1, in contact with the bottom shoe. 第2の側部12Bは、当該インソール1の前記外側部5に沿って位置し、前記外側支持クレードル12の後縁部から当該外側支持クレードル12の前縁部へとテーパーがかかっている。 Second side 12B is located along the outer portion 5 of the insole 1, the taper is afflicted with the rear edge of the outer support cradle 12 to the front edge of the outer support cradle 12.

踵部クッション13は、頂面および底面を有し、前記頂面は、当該インソールの前記支持基部クッション9の前記基部クッション底面の前記踵端部3に近い凹部内に固定される。 Heel cushion 13 has a top surface and a bottom surface, said top surface is secured within the recess closer to the heel end 3 of the base cushion bottom surface of the support base cushion 9 of the insole. 踵部クッション13は、前記踵端部凹部の形状に対し相補的である。 Heel cushion 13 is complementary to the shape of the heel end recess. 踵部クッションは、さらに、側部13Bを画成する。 Heel cushion further defines a side 13B. 側部13Bは、当該インソールの後方側部に沿って、実質的に内側支持クレードル11の内側踵部支持カップ部11Aと、外側支持クレードル12の第2の側部12Bとの間に位置する。 Side 13B along the rear side of the insole, located between the inner heel support cup portion 11A of substantially the inner support cradle 11, a second side 12B of the outer support cradle 12.

図8は、着用者の右足用に設計された本発明の一実施形態の個々の構成要素の構造を例示したインソールの分解斜視図である。 Figure 8 is an exploded perspective view of the insole illustrating the structure of the individual components of one embodiment of the present invention designed for the right foot of a wearer. インソール1は、利用者の靴内の底部上に位置するようなっている第1の頂面および第2の底面を有する。 The insole 1 has a first top surface and a second bottom surface that is to be positioned on the bottom of the user's shoes. このインソール1は、さらに、足指端部2と、踵端部3と、内側部4と、外側部5とを有する。 The insole 1 further has a toe end 2, a Kakatotan portion 3, an inner portion 4 and an outer portion 5. 頂部シート6は、これと相補的な利用者の靴内底部の実質全長にわたって延在し、足を受容する頂面およびその反対側にある底面とを有し、支持基部クッション9に固定される。 Top sheet 6, which the extending over substantially the entire length of the shoe in the bottom of the complementary user, and a bottom surface on the top surface and the opposite side for receiving the foot, is fixed to the support base cushion 9 .

支持基部クッション9は、実質的に前記靴内底部の全長にわたり延在し、基部クッション頂面および基部クッション底面を有する。 Support base cushion 9 extends over substantially the entire length of the shoe in the bottom, having a base cushion top surface and the base cushion bottom. 前記基部クッション頂面は、それに対向する前記頂部シート6の底面に固定される。 Wherein the base cushion top surface can it be fixed to the bottom surface of the top sheet 6 facing. 前記支持基部クッション9は、さらに、第1の前足部中間クッション領域20およびアーチから踵部までの領域21を画成する。 It said support base cushion 9 further defines a region 21 to the heel portion from the first forefoot intermediate cushion region 20 and arch. これらの領域は、前足部縁部22により分けられる。 These regions are divided by the forefoot rim 22.

支持基部クッション9は、さらに、足の中足骨領域の下において頂部シート6下で支持基部クッション9から上方へ延出させることのできる中足骨クッション7を有する。 Support base cushion 9 further comprises a metatarsal cushion 7 that can extend from the support base cushion 9 under the top sheet 6 upward in the lower metatarsal region of the foot. 前記中足骨クッション7の厚さ(支持基部クッション9の頂面より上に延出する高さ)は、1.5mm〜3.5mmであることが好ましい。 The thickness of the metatarsal cushion 7 (height extending above the top surface of the support base cushion 9) is preferably 1.5Mm~3.5Mm. 好適な厚さは2.00mmである。 The preferred thickness is 2.00 mm.

前記前足部中間クッション領域20は、その全体に延在する前足部凹部を有する。 The forefoot intermediate cushion region 20 has a forefoot recess that extends entirety. 前記アーチから踵部までの領域21は、前記外側部5と、内側部4と、踵端部3との近くに凹部を有する。 Region 21 from the arch to the heel portion includes an outer portion 5, the inner portion 4, a recess near the Kakatotan portion 3. 前記内側部4に近い凹部は、前記前足部中間クッション領域20の縁部付近から前記踵端部3へ向かって後方へ延在し、当該踵端部3の側部を一部取り囲む。 Recess closer to the inner part 4, the forefoot extends from the intermediate cushion region 20 of the edge near the rearward toward the heel end 3, surrounds a portion of the sides of the heel end portion 3. また、この内側部凹部は、当該インソールの側部に沿って上方へ延在する。 Further, the inner portion recess extends upward along the sides of the insole. 前記外側部5に近い凹部は、前記前足部中間クッション領域20の縁部付近または中足骨領域から前記踵端部3へ向かって後方へ延在し、当該踵端部3に到達する前に終わる。 Recess closer to the outer part 5, the forefoot extends from the edge near or metatarsal region of the intermediate cushion region 20 rearward toward the heel end 3, before reaching the heel end 3 ending. また、この外側部凹部は、前記支持基部クッションの側部へ向かって外方へ横方向に延在し、踵端部凹部または踵部クッション13に隣接するよう後方へ延在する。 Further, the outer portion recess, said extending toward side laterally outwardly of the support base cushion, extending rearwardly to adjacent the Kakatotan portion recess or heel cushion 13. 前記踵端部3に近い凹部は、当該インソールの前記踵部領域の下に位置し、当該インソールの後方側部へ向かって延在し、当該インソールの後側部に沿って上方へ延在する。 Recess closer to the heel end 3 is located below the heel region of the insole extends rearward side of the insole, extends upward along the rear side of the insole .

前足部クッション10は、第1の前足部クッション頂面および第2の前足部クッション底面を有する。 Forefoot cushion 10 has a first forefoot cushion top surface and a second forefoot cushion bottom. 前記前足部クッションは、前記前足部中間クッション領域20の前記支持基部クッション底面の前記前足部凹部に固定される。 The forefoot cushion is secured to the forefoot recess of the support base cushion bottom surface of said forefoot portion intermediate cushion region 20. 前記第2の前足部クッション底面は、使用時、前記靴内底部に隣接して位置する。 It said second forefoot cushion bottom, in use, positioned adjacent to the shoe bottom inside.

前記前足部中間クッション9Aは、前記前足部クッション10の形状に対し相補的な形状を有していることがわかる。 The forefoot intermediate cushion 9A is found to have a complementary shape to the shape of the forefoot cushion 10. この形状は、前記支持基部に組み込まれた第1中足骨頭切欠部を有する。 This shape has a first metatarsal head notch incorporated on said support base. 前記前足部クッション10は、より軟質で好ましくはエチレン酢酸ビニル材料(EVA)を有し、この空間を埋めて、当該インソールの使用時、利用者の足の第1中足骨頭の下にソフトスポットがあるようにして、歩行の推進期中に母趾背屈の改善(すなわち、押し出しの強化)を可能にする。 The forefoot cushion 10, a more preferably soft having a ethylene vinyl acetate material (EVA), fill the space, when using the insole, soft spots under the first metatarsal head of a user's foot as there is an improvement in the mother 趾背 flexion during propulsion phase of gait (i.e., enhanced extrusion) to enable.

内側支持クレードル11は、頂面および底面を有し、前記頂面は、当該インソールの前記支持基部クッション9の前記基部クッション底面の前記内側部4に近い凹部内に固定される。 Inner support cradle 11 has a top surface and a bottom surface, said top surface is secured in the recess close to the base cushion bottom the inner part 4 of the support base cushion 9 of the insole. 内側支持クレードル11は、前記内側部凹部の形状に対し相補的である。 Inner support cradle 11 are complementary to the shape of the inner portion recess. 内側支持クレードル11は、さらに、内側踵部支持カップ部11Aおよびアーチ支持部11Bを画成する。 Inner support cradle 11 further defines an inner heel support cup portion 11A and the arch support portion 11B. 内側踵部支持カップ部11Aは、当該インソールの前記内側部に沿って前記踵部周辺の支持をもたらす。 Inner heel support cup portion 11A provides support around the heel portion along said inner portion of the insole. アーチ支持部11Bは、当該インソールおよび足のアーチ領域の外形に沿うよう成形される。 Arch support portion 11B is shaped such that along the contour of the insole and the arch of the foot region.

外側支持クレードル12は、頂面および底面を有し、前記頂面は、当該インソールの前記支持基部クッション9の前記基部クッション底面の前記外側部5に近い凹部内に固定される。 Outer support cradle 12 has a top surface and a bottom surface, said top surface is secured in the recess close to the outer portion 5 of the base cushion bottom surface of the support base cushion 9 of the insole. 外側支持クレードル12は、前記外側部凹部の形状に対し相補的である。 Outer support cradle 12 are complementary to the shape of the outer portion recess. 外側支持クレードル12は、さらに、第1の靴内接触部12Aおよび第2の側部12Bを画成する。 Outer support cradle 12 further defines a first shoe in the contact portion 12A and the second side 12B. 第1の靴内接触部12Aは、当該インソール1の底部に沿って位置し、靴内底部に接触する。 The first shoe in contact portion 12A is positioned along the bottom of the insole 1, in contact with the bottom shoe. 第2の側部12Bは、当該インソール1の前記外側部5に沿って位置し、前記外側支持クレードル12の後縁部から当該外側支持クレードル12の前縁部へとテーパーがかかっている。 Second side 12B is located along the outer portion 5 of the insole 1, the taper is afflicted with the rear edge of the outer support cradle 12 to the front edge of the outer support cradle 12.

踵部クッション13は、頂面および底面を有し、前記頂面は、当該インソールの前記支持基部クッション9の前記基部クッション底面の前記踵端部3に近い凹部内に固定される。 Heel cushion 13 has a top surface and a bottom surface, said top surface is secured within the recess closer to the heel end 3 of the base cushion bottom surface of the support base cushion 9 of the insole. 踵部クッション13は、前記踵端部凹部の形状に対し相補的である。 Heel cushion 13 is complementary to the shape of the heel end recess. 踵部クッションは、さらに、側部13Bを画成する。 Heel cushion further defines a side 13B. 側部13Bは、当該インソールの後方側部に沿って、実質的に内側支持クレードル11の内側踵部支持カップ部11Aと、外側支持クレードル12の第2の側部12Bとの間に位置する。 Side 13B along the rear side of the insole, located between the inner heel support cup portion 11A of substantially the inner support cradle 11, a second side 12B of the outer support cradle 12.

当該インソールには、任意選択的な通気穴8を画成できる。 On the insole can define the optional vent hole 8. 通気穴8は、当該インソール1の全厚みにわたり、前記頂部シート6から前記前足部クッション10を通じて延在する。 Vent hole 8, over the entire thickness of the insole 1, extending through said forefoot cushion 10 from the top sheet 6.

図9は、図2のインソールの線9−9に沿った断面図である。 Figure 9 is a sectional view taken along line 9-9 of insole FIG. インソール1は、利用者の靴内の底部上に位置するようなっている第1の頂面および第2の底面を有する。 The insole 1 has a first top surface and a second bottom surface that is to be positioned on the bottom of the user's shoes. このインソール1は、さらに、足指端部2と、踵端部3と、内側部4(図9では示さず)と、外側部5(図9では示さず)とを有する。 The insole 1 further has a toe end 2, a Kakatotan portion 3, an inner portion 4 (not shown in FIG. 9), an outer portion 5 (not shown in FIG. 9). 頂部シート6は、これと相補的な利用者の靴内底部の実質全長にわたって延在し、足を受容する頂面およびその反対側にある底面とを有し、支持基部クッション9に固定される。 Top sheet 6, which the extending over substantially the entire length of the shoe in the bottom of the complementary user, and a bottom surface on the top surface and the opposite side for receiving the foot, is fixed to the support base cushion 9 .

支持基部クッション9は、実質的に前記靴内底部の全長にわたり延在し、基部クッション頂面および基部クッション底面を有する。 Support base cushion 9 extends over substantially the entire length of the shoe in the bottom, having a base cushion top surface and the base cushion bottom. 前記基部クッション頂面は、それに対向する前記頂部シート6の底面に固定される。 Wherein the base cushion top surface can it be fixed to the bottom surface of the top sheet 6 facing. 前記支持基部クッション9は、さらに、第1の前足部中間クッション領域20およびアーチから踵部までの領域21を画成する。 It said support base cushion 9 further defines a region 21 to the heel portion from the first forefoot intermediate cushion region 20 and arch. これらの領域は、前足部縁部22により分けられる。 These regions are divided by the forefoot rim 22.

支持基部クッション9は、さらに、足の中足骨領域の下において頂部シート6下で支持基部クッション9から上方へ延出させることのできる中足骨クッション7を有する。 Support base cushion 9 further comprises a metatarsal cushion 7 that can extend from the support base cushion 9 under the top sheet 6 upward in the lower metatarsal region of the foot. 中足骨クッション7は、支持基部クッション9の外方へ延出した部分として見ることができる。 Metatarsal cushion 7 can be seen as extending out portion to the outside of the support base cushion 9. 前記中足骨クッション7の厚さ(支持基部クッション9の頂面より上に延出する高さ)は、1.5mm〜3.5mmであることが好ましい。 The thickness of the metatarsal cushion 7 (height extending above the top surface of the support base cushion 9) is preferably 1.5Mm~3.5Mm. 好適な厚さは2.00mmである。 The preferred thickness is 2.00 mm.

前記前足部中間クッション領域20は、その全体に延在する前足部凹部を有する。 The forefoot intermediate cushion region 20 has a forefoot recess that extends entirety. 前記アーチから踵部までの領域21は、前記外側部5と、内側部4と、踵端部3との近くに凹部を有する。 Region 21 from the arch to the heel portion includes an outer portion 5, the inner portion 4, a recess near the Kakatotan portion 3. 図9は、外側部凹部および踵端部凹部の断面を例示している。 Figure 9 illustrates a cross section of the outer portion recess and Kakatotan portion recess. 前記外側部5に近い凹部は、前記前足部中間クッション領域20の縁部付近または中足骨領域から前記踵端部3へ向かって後方へ延在し、当該踵端部3に到達する前に終わる。 Recess closer to the outer part 5, the forefoot extends from the edge near or metatarsal region of the intermediate cushion region 20 rearward toward the heel end 3, before reaching the heel end 3 ending. また、この外側部凹部は、前記支持基部クッションの側部へ向かって外方へ横方向に延在し、踵端部凹部または踵部クッション13に隣接するよう後方へ延在する。 Further, the outer portion recess, said extending toward side laterally outwardly of the support base cushion, extending rearwardly to adjacent the Kakatotan portion recess or heel cushion 13. 前記踵端部3に近い凹部は、当該インソールの前記踵部領域の下に位置し、当該インソールの後方側部へ向かって延在し、当該インソールの後側部に沿って上方へ延在する。 Recess closer to the heel end 3 is located below the heel region of the insole extends rearward side of the insole, extends upward along the rear side of the insole .

前足部クッション10は、第1の前足部クッション頂面および第2の前足部クッション底面を有する。 Forefoot cushion 10 has a first forefoot cushion top surface and a second forefoot cushion bottom. 前記前足部クッションは、前記前足部中間クッション領域20の前記支持基部クッション底面の前記前足部凹部に固定される。 The forefoot cushion is secured to the forefoot recess of the support base cushion bottom surface of said forefoot portion intermediate cushion region 20. 前記第2の前足部クッション底面は、使用時、前記靴内底部に隣接して位置する。 It said second forefoot cushion bottom, in use, positioned adjacent to the shoe bottom inside.

前記前足部中間クッション9Aは、前記前足部クッション10の形状に対し相補的な形状を有していることがわかる。 The forefoot intermediate cushion 9A is found to have a complementary shape to the shape of the forefoot cushion 10. この形状は、前記支持基部に組み込まれた第1中足骨頭切欠部を有する。 This shape has a first metatarsal head notch incorporated on said support base. 前記前足部クッション10は、より軟質で好ましくはエチレン酢酸ビニル材料(EVA)を有し、この空間を埋めて、当該インソールの使用時、利用者の足の第1中足骨頭の下にソフトスポットがあるようにして、歩行の推進期中に母趾背屈の改善(すなわち、押し出しの強化)を可能にする。 The forefoot cushion 10, a more preferably soft having a ethylene vinyl acetate material (EVA), fill the space, when using the insole, soft spots under the first metatarsal head of a user's foot as there is an improvement in the mother 趾背 flexion during propulsion phase of gait (i.e., enhanced extrusion) to enable.

外側支持クレードル12は、頂面および底面を有し、前記頂面は、当該インソールの前記支持基部クッション9の前記基部クッション底面の前記外側部5に近い凹部内に固定される。 Outer support cradle 12 has a top surface and a bottom surface, said top surface is secured in the recess close to the outer portion 5 of the base cushion bottom surface of the support base cushion 9 of the insole. 外側支持クレードル12は、前記外側部凹部の形状に対し相補的である。 Outer support cradle 12 are complementary to the shape of the outer portion recess. 外側支持クレードル12は、さらに、第1の靴内接触部12Aおよび第2の側部12B(図9では見えない)を画成する。 Outer support cradle 12 further defines a first shoe in the contact portion 12A and the second side 12B (not visible in FIG. 9). 第1の靴内接触部12Aは、当該インソール1の底部に沿って位置し、靴内底部に接触する。 The first shoe in contact portion 12A is positioned along the bottom of the insole 1, in contact with the bottom shoe. 第2の側部12Bは、当該インソール1の前記外側部5に沿って位置し、前記外側支持クレードル12の後縁部から当該外側支持クレードル12の前縁部へとテーパーがかかっている。 Second side 12B is located along the outer portion 5 of the insole 1, the taper is afflicted with the rear edge of the outer support cradle 12 to the front edge of the outer support cradle 12.

踵部クッション13は、頂面および底面を有し、前記頂面は、当該インソールの前記支持基部クッション9の前記基部クッション底面の前記踵端部3に近い凹部内に固定される。 Heel cushion 13 has a top surface and a bottom surface, said top surface is secured within the recess closer to the heel end 3 of the base cushion bottom surface of the support base cushion 9 of the insole. 踵部クッション13は、前記踵端部凹部の形状に対し相補的である。 Heel cushion 13 is complementary to the shape of the heel end recess.

当該インソールには、任意選択的な通気穴8を画成できる。 On the insole can define the optional vent hole 8. 通気穴8は、当該インソール1の全厚みにわたり、前記頂部シート6から前記前足部クッション10を通じて延在する。 Vent hole 8, over the entire thickness of the insole 1, extending through said forefoot cushion 10 from the top sheet 6.

当該インソールの周辺で、またその側部上へと弯曲する前記内側および外側支持クレードル、ならびに踵部パッド13Bの上方への延長部分は、ともに当該インソールの前記踵端部の隆起した踵部縁部用に支持部を形成する。 Around the said insole and said inner and outer support cradle is curved and its side on, as well as extension of the upper heel pad 13B are both raised heel edge of the heel end of the insole a support portion formed in use. 前記隆起した踵部縁部は、踵部カップを形成する。 It said raised heel edge forms the heel cup.

この踵部カップは、当該インソールの足接触面から90度未満の角度で上方へ延長する。 The heel cup extending from the foot contact surface of the insole upward at an angle less than 90 degrees. 内側踵部カップの高さは十分でなければならず、回内管理を改善するには前記足接触面から少なくとも21.5mmであることが好ましい。 The height of the inner heel cup must be sufficient, it is preferable to improve the pronation management is at least 21.5mm from the foot contact surface.

前足部の下のEVAは、中足骨頭の下で圧力を十分に軽減する。 EVA under the forefoot, to sufficiently reduce the pressure under the metatarsal head. PU基部は、より多くの「アーチ支持」を加え前記第1中足骨頭切欠部の作用を高める上で十分な硬度がある。 PU base, there is sufficient hardness for increasing the more "arch support" added effects of the first metatarsal head notch. 前記第1中足骨頭切欠部の周囲の材料が、それよりわずかに硬質である場合、前足部への支持は高まり、第1中足骨頭が前記第1中足骨頭ソフトスポットへと「より深く」沈むことが可能になる。 Material of the periphery of the first metatarsal head cut-out portion is, if it than it is slightly hard, increase the support for the forefoot, "more deeply into the first metatarsal head first Chuashikotsuatama soft spot "it becomes possible to sink.

Claims (35)

  1. 靴の中に配置するインソールであって、 A insole be placed in a shoe,
    実質的に当該インソールの全長にわたり延在する頂部シートであって、足指端部および踵端部を有する、頂部シートと、 A top sheet that extends over substantially the entire length of the insole, having a toe end and Kakatotan portion, and a top sheet,
    実質的に当該インソールの全長にわたり延在する支持基部クッションであって、足指端部および踵端部を有し、前記頂部シートに固定された表面および底面を有し、当該インソールの前記足指端部から中足骨領域まで延在して前足部クッションを受容するようなっている前足部中間クッション領域を有し、前記中足骨領域から前記踵端部まで延在する後方領域を有して内側支持クレードルと、外側支持クレードルと、踵部クッションとを受容するようなっている、支持基部クッションと を有し、 A support base cushion extending over substantially the entire length of the insole, having a toe end and Kakatotan unit has a fixed surface and a bottom surface to said top sheet, said toe of the insole has a forefoot intermediate cushion region which is to receive an extended Mashimashi and forefoot cushioning to the metatarsal area from the end, it has a rear region extending from the metatarsal region to the heel end has an inner support cradle, and outer support cradle, which is to receive a heel cushion, and a support base cushion Te,
    前記前足部クッションは、頂面および底面を有し、前記頂面は、前記支持基部クッションおよび底面の前記前足部中間クッション領域に固定され、 The forefoot cushion has a top surface and a bottom surface, said top surface is fixed to the forefoot intermediate cushion region of the support base cushion and the bottom surface,
    前記内側支持クレードルは、頂面および底面を有し、前記頂面は前記支持基部クッションに固定され、前記内側支持クレードルは、足のアーチ領域の下に配置され、前記踵端部へ向かって後方へ延在し、前記支持基部クッションの踵端部の側部を一部取り囲み、 Rear inner support cradle has a top surface and a bottom surface, said top surface is fixed to the support base cushion, said inner support cradle is disposed under the foot arch region, toward the heel end It extends to surround a portion of the sides of the heel end portion of the support base cushion,
    前記外側支持クレードルは、頂面および底面を有し、前記頂面は前記支持基部クッションに固定され、前記外側支持クレードルは、足の中足骨領域の下に配置され、前記支持基部クッションの側部へ向かって外方へ横方向に延在し、前記踵部クッションに隣接するよう後方へ延在し、 Said outer support cradle has a top surface and a bottom surface, said top surface is fixed to the support base cushion, said outer support cradle is disposed under metatarsal region of the foot, the side of the support base cushion It extends laterally outwardly toward the parts, extends rearwardly to adjacent the heel cushion,
    前記踵部クッションは、頂面および底面を有し、前記頂面は前記支持基部クッションに固定され、前記踵部クッションは、全体として前記踵端部付近に配置され、前記支持基部クッションの前記踵端部の側部の周囲で上方へ横方向に延在する側面を有する インソール。 The heel cushion has a top surface and a bottom surface, said top surface is fixed to the support base cushion, said heel cushion is positioned near the heel end as a whole, the heel of the support base cushion insole having a side surface extending transversely upward around the sides of the end portion.
  2. 請求項1のインソールにおいて、このインソールは、さらに、 In the insole of claim 1, the insole is further
    前足部中間クッションであって、前記支持基部クッションと、前記前足部中間クッション領域の前記前足部クッションとの間に固定された前足部中間クッションを有するものであるインソール。 A forefoot intermediate cushion, said support base cushion and said forefoot insole and has a fixed forefoot intermediate cushion between the forefoot cushion of the middle cushion region.
  3. 請求項1記載のインソールにおいて、前記頂部シートは、ポリエステル布帛であるインソール。 In the insole of claim 1, wherein said top sheet is a polyester fabric insole.
  4. 請求項1記載のインソールにおいて、前記支持基部クッションは、ポリウレタン(polyurethane:PU)材料であるインソール。 In the insole of claim 1, wherein the support base cushion, polyurethane: a (the POLYURETHANE PU) material insole.
  5. 請求項4記載のインソールにおいて、前記ポリウレタン(PU)材料は、アスカーCで約40±3の硬度値を有するものであるインソール。 In insole according to claim 4, wherein the polyurethane (PU) material are those having a hardness value of about 40 ± 3 Asker C insole.
  6. 請求項1記載のインソールにおいて、前記内側支持クレードルおよび外側支持クレードルは、熱可塑性ポリウレタン(thermoplastic polyurethane:TPU)材料であるインソール。 In the insole of claim 1, wherein the inner support cradle and outer support cradle, thermoplastic polyurethane (thermoplastic polyurethane: TPU) is a material insole.
  7. 請求項6記載のインソールにおいて、前記熱可塑性ポリウレタン(TPU)材料は、タイプDで約64±3の硬度値を有するものであるインソール。 In insole according to claim 6, wherein the thermoplastic polyurethane (TPU) material are those having a hardness value of about 64 ± 3 a type D insole.
  8. 請求項1記載のインソールにおいて、前記踵部クッションは、熱可塑性ゴムゲル(thermoplastic rubber gel:TPR)材料であるインソール。 In the insole of claim 1, wherein said heel cushion is a thermoplastic rubber gel (thermoplastic rubber gel: TPR) is a material insole.
  9. 請求項8記載のインソールにおいて、前記熱可塑性ゴムゲル(TPR)材料は、アスカーCで約30±3の硬度値を有するものであるインソール。 In insole of claim 8, wherein the thermoplastic rubber gel (TPR) material are those having a hardness value of about 30 ± 3 Asker C insole.
  10. 請求項1記載のインソールにおいて、前記前足部クッションは、エチレン酢酸ビニル(ethylene vinyl acetate:EVA)材料であるインソール。 In the insole of claim 1, wherein said forefoot cushion, ethylene vinyl acetate (ethylene vinyl acetate: EVA) is a material insole.
  11. 請求項10記載のインソールにおいて、前記エチレン酢酸ビニル(EVA)材料は、アスカーCで約21±3の硬度値を有するものであるインソール。 In the insole of claim 10, wherein the ethylene vinyl acetate (EVA) materials are those having a hardness value of about 21 ± 3 Asker C insole.
  12. 靴に使用するインソールを作製する方法であって、 A method of making a insole to be used for shoes,
    実質的に当該インソールの全長にわたり延在する頂部シートを提供する工程であって、前記頂部シートは足指端部および踵端部を有する、工程と、 Providing a top sheet that extends over substantially the entire length of the insole, said top sheet has a toe end and Kakatotan unit, comprising the steps,
    支持基部クッションを提供する工程であって、前記支持基部クッションは頂面および底面を有し、前記インソールの全長にわたり延在する、工程と、 Providing a support base cushion, said support base cushion has a top surface and a bottom surface, extends over the entire length of the insole, the steps,
    前記支持基部クッションの前記頂面に沿って前記支持基部クッションを前記頂部シートに合着させる工程であって、前記支持基部クッションは、足指端部および踵端部を有し、前記支持基部クッションの前記底面は、前記インソールの前記足指端部から中足骨領域まで延在する前足部中間クッション領域を有して、当該前足部中間クッション領域内に前足部クッションを受容するようなっており、前記支持基部クッションは、前記中足骨領域から前記踵端部まで延在する後方領域を有し、前記支持基部クッションの前記底面は、前記後方領域において、内側支持クレードルと、外側支持クレードルと、踵部クッションとを受容するようなっている、工程と、 A step of bonding said support base cushion the top sheet along the top surface of the support base cushion, said support base cushion has a toe end and Kakatotan portion, the support base cushion the bottom surface of, a forefoot intermediate cushion region extending to the metatarsal area from the toe end of the insole, serves to receive the forefoot cushion the forefoot intermediate cushion region the support base cushion has a rear region extending from the metatarsal region to the heel end, the bottom surface of the support base cushion in the rear region, and an inner support cradle, and outer support cradle , which is to receive the heel cushion, and the process,
    頂面および底面を有する前記前足部クッションを、当該前足部クッションの前記頂面を前記支持基部クッションに固定することにより、前記前足部中間クッション領域で前記支持基部クッションに合着させる工程と、 Said forefoot cushion having a top surface and a bottom surface, a step of bonding the top surface of the forefoot cushion by fixing to the support base cushion, said support base cushion the forefoot intermediate cushion region,
    頂面および底面を有する前記内側支持クレードルを、当該内側支持クレードルの前記頂面を前記支持基部クッションの前記底面に固定することにより、前記支持基部クッションに合着させる工程であって、前記内側支持クレードルは、足のアーチ領域の下に配置され、前記支持基部クッションの前記踵部領域へ向かって後方へ延在し、前記支持基部クッションの前記側部の前記踵端部の周囲に部分的に延在する、工程と、 Said inner support cradle having a top surface and a bottom surface, by fixing the top surface of the inner support cradle to the bottom surface of the support base cushion, a step of bonding to said support base cushion, said inner support cradle is positioned under the arch of the foot region, said support base toward the heel region of the cushion extends rearwardly, partly around the heel end of the side of the support base cushion extending the steps,
    頂面および底面を有する前記外側支持クレードルを、当該外側支持クレードルの前記頂面を前記支持基部クッションの前記底面に固定することにより、前記支持基部クッションに合着させる工程であって、前記外側支持クレードルは、前記インソールの中足骨領域の下に配置され、前記支持基部クッションの前記側部へ向かって外方へ延在し、次いで前記踵部クッションに隣接するよう後方へ延在する、工程と、 Said outer support cradle having a top surface and a bottom surface, by fixing the top surface of the outer support cradle to the bottom surface of the support base cushion, a step of bonding to said support base cushion, said outer support cradle is located below the metatarsal area of ​​the insole, extending outwardly toward said to the side of the support base cushion, and then extends rearwardly to adjacent the heel cushion, step When,
    頂面および底面を有する前記踵部クッションを、当該踵部クッションの前記頂面を前記支持基部クッションの前記底面に固定することにより、前記支持基部クッションに合着させる工程であって、前記踵部クッションは、全体として足の踵部領域の下に配置され、前記支持基部クッションの前記踵端部の側部の周囲に横方向へ延在する側面を有する、工程と を有する方法。 The heel cushion having a top surface and a bottom surface, by fixing the top surface of the heel cushion to the bottom surface of the support base cushion, a step of bonding to said support base cushion, said heel portion cushion, is arranged below the heel region of the foot as a whole, has side surfaces which extend laterally around the sides of the heel end portion of the support base cushion, a method and a step.
  13. 請求項12記載の方法において、さらに、 The method of claim 12, further comprising:
    前記支持基部クッションと、前記前足部中間クッション領域の前記前足部クッションとの間に、前足部中間クッションを固定する工程を有するものである方法。 Wherein said the support base cushion between the forefoot cushion the forefoot intermediate cushion region, and has a step of fixing the forefoot intermediate cushion.
  14. 請求項12記載の方法において、前記頂部シートは、ポリエステル布帛である方法。 The method of claim 12, wherein said top sheet is a polyester fabric method.
  15. 請求項12記載の方法において、前記支持基部クッションは、ポリウレタン(PU)材料である方法。 The method of claim 12, wherein said support base cushion is polyurethane (PU) material process.
  16. 請求項15記載の方法において、前記ポリウレタン(PU)材料は、アスカーCで約40±3の硬度値を有するものである方法。 In method of claim 15, wherein the polyurethane (PU) material are those having a hardness value of about 40 ± 3 Asker C method.
  17. 請求項12記載の方法において、前記内側支持クレードルおよび外側支持クレードルは、熱可塑性ポリウレタン(TPU)材料である方法。 The method of claim 12, wherein the inner support cradle and outer support cradle, a thermoplastic polyurethane (TPU) material process.
  18. 請求項17記載の方法において、前記熱可塑性ポリウレタン(TPU)材料は、タイプDで約64±3の硬度値を有するものである方法。 The method of claim 17, wherein the thermoplastic polyurethane (TPU) material are those having a hardness value of about 64 ± 3 a type D method.
  19. 請求項12記載の方法において、前記踵部クッションは、熱可塑性ゴムゲル(TPR)材料である方法。 The method of claim 12, wherein said heel cushion is a thermoplastic rubber gel (TPR) material process.
  20. 請求項19記載の方法において、前記熱可塑性ゴムゲル(TPR)材料は、アスカーCで約30±3の硬度値を有するものである方法。 The method of claim 19, wherein the thermoplastic rubber gel (TPR) material are those having a hardness value of about 30 ± 3 Asker C method.
  21. 請求項12記載の方法において、前記前足部クッションは、エチレン酢酸ビニル(EVA)材料である方法。 The method of claim 12, wherein said forefoot cushion is ethylene vinyl acetate (EVA) material process.
  22. 請求項21記載の方法において、前記エチレン酢酸ビニル(EVA)材料は、アスカーCで約21±3の硬度値を有するものである方法。 The method of claim 21, wherein the ethylene vinyl acetate (EVA) materials are those having a hardness value of about 21 ± 3 Asker C method.
  23. 靴の中に配置するインソールであって、 A insole be placed in a shoe,
    実質的に当該インソールの全長にわたり延在する頂部シートであって、足指端部および踵端部を有する、頂部シートと、 A top sheet that extends over substantially the entire length of the insole, having a toe end and Kakatotan portion, and a top sheet,
    実質的に当該インソールの全長にわたり延在する支持基部クッションであって、足指端部および踵端部を有し、前記頂部シートに固定された頂面および底面を有し、当該インソールの前記足指端部から中足骨領域まで延在して前足部クッションを受容するようなっている前足部中間クッション領域を有し、前記中足骨領域から前記踵端部まで延在する後方領域を有して踵部クッションを受容するようなっている、支持基部クッションと を有し、 A support base cushion extending over substantially the entire length of the insole, toe end and has a Kakatotan portion has a fixed top and bottom surfaces to the top sheet, the foot of the insole extends to the metatarsal area from the finger end has a forefoot intermediate cushion region which is to receive the forefoot cushion, have a rear region extending from the metatarsal region to the heel end which is to receive a heel cushion to, and a support base cushion,
    前記前足部クッションは、前記支持基部クッションの前記前足部中間クッション領域に固定される頂面と底面とを有し、 The forefoot cushion has a top surface and a bottom surface secured to the forefoot intermediate cushion region of the support base cushion,
    前記踵部クッションは、前記支持基部クッションの前記底面に固定された頂面と底面とを有し、前記踵部クッションは、全体として足の踵端部の下に配置され、前記インソールの前記踵端部の周囲で上方へ延在する側面から内側面を有する インソール。 The heel cushion has said fixed top to bottom and bottom surface of the support base cushion, said heel cushion is disposed under the heel end of the foot as a whole, the heel of the insole insole having an inner surface from the side that extends upwardly around the end.
  24. 請求項23のインソールにおいて、このインソールは、さらに、 In the insole of claim 23, the insole is further
    頂面および底面を有し、前記支持基部クッションの前記底面に固定された内側支持クレードルであって、足のアーチ領域の下に配置され、前記支持基部クッションの前記踵端部へ向かって後方へ延在する、内側支持クレードルを有するものであるインソール。 Has a top surface and a bottom surface, a said inner support cradle fixed to the bottom surface of the support base cushion is placed under the foot arch region, rearward toward the heel end of the support base cushion extending and has an inner support cradle insole.
  25. 請求項23のインソールにおいて、このインソールは、さらに、 In the insole of claim 23, the insole is further
    底面と、前記支持基部クッションの前記底面に固定された頂面とを有する外側支持クレードルであって、足の中足骨領域の下に配置され、前記インソールの前記側部へ向かって外方へ延在し、次いで前記踵部クッションに隣接するまで前記側部に沿って後方および上方へ延在する、外側支持クレードルを有するものであるインソール。 A bottom surface, an outer support cradle having said support base fixed top to the bottom of the cushion, is arranged below the metatarsal region of the foot, outward toward the side of the insole extend, and then extends rearwardly and upwardly along said side until adjacent the heel cushion and has an outer support cradle insole.
  26. 請求項23のインソールにおいて、このインソールは、さらに、 In the insole of claim 23, the insole is further
    前足部中間クッションであって、前記支持基部クッションと、前記前足部中間クッション領域の前記前足部クッションとの間に固定された前足部中間クッションを有するものであるインソール。 A forefoot intermediate cushion, said support base cushion and said forefoot insole and has a fixed forefoot intermediate cushion between the forefoot cushion of the middle cushion region.
  27. 請求項23記載のインソールにおいて、前記頂部シートは、ポリエステル布帛であるインソール。 In insole of claim 23, wherein the top sheet is a polyester fabric insole.
  28. 請求項23記載のインソールにおいて、前記支持基部クッションは、ポリウレタン(PU)材料であるインソール。 In insole of claim 23, wherein the support base cushion is polyurethane (PU) material insole.
  29. 請求項28記載のインソールにおいて、前記ポリウレタン(PU)材料は、アスカーCで約40±3の硬度値を有するものであるインソール。 In insole of claim 28, wherein the polyurethane (PU) material are those having a hardness value of about 40 ± 3 Asker C insole.
  30. 請求項23記載のインソールにおいて、前記内側支持クレードルおよび外側支持クレードルは、熱可塑性ポリウレタン(TPU)材料であるインソール。 In insole of claim 23, wherein the inner support cradle and outer support cradle, a thermoplastic polyurethane (TPU) material insole.
  31. 請求項30記載のインソールにおいて、前記熱可塑性ポリウレタン(TPU)材料は、タイプDで約64±3の硬度値を有するものであるインソール。 In the insole of claim 30, wherein the thermoplastic polyurethane (TPU) material are those having a hardness value of about 64 ± 3 a type D insole.
  32. 請求項23記載のインソールにおいて、前記踵部クッションは、熱可塑性ゴムゲル(TPR)材料であるインソール。 In insole of claim 23, wherein the heel cushion is a thermoplastic rubber gel (TPR) material insole.
  33. 請求項32記載のインソールにおいて、前記熱可塑性ゴムゲル(TPR)材料は、アスカーCで約30±3の硬度値を有するものであるインソール。 In the insole of claim 32, wherein the thermoplastic rubber gel (TPR) material are those having a hardness value of about 30 ± 3 Asker C insole.
  34. 請求項25記載のインソールにおいて、前記前足部クッションは、エチレン酢酸ビニル(EVA)材料であるインソール。 In the insole of claim 25, wherein said forefoot cushion is ethylene vinyl acetate (EVA) material insole.
  35. 請求項34記載のインソールにおいて、前記エチレン酢酸ビニル(EVA)材料は、アスカーCで約21±3の硬度値を有するものであるインソール。 In the insole of claim 34, wherein the ethylene vinyl acetate (EVA) materials are those having a hardness value of about 21 ± 3 Asker C insole.
JP2014559923A 2012-03-01 2013-02-20 Insole for the relief of over-pronation and knee joint stress Pending JP2015509405A (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US201261605664P true 2012-03-01 2012-03-01
US61/605,664 2012-03-01
PCT/US2013/026932 WO2013130321A1 (en) 2012-03-01 2013-02-20 Insole for relief of over-pronation and knee joint stress

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2015509405A true JP2015509405A (en) 2015-03-30
JP2015509405A5 JP2015509405A5 (en) 2016-04-14

Family

ID=49083164

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014559923A Pending JP2015509405A (en) 2012-03-01 2013-02-20 Insole for the relief of over-pronation and knee joint stress

Country Status (9)

Country Link
US (1) US20150201702A1 (en)
EP (1) EP2819537A4 (en)
JP (1) JP2015509405A (en)
KR (1) KR20140133885A (en)
CN (1) CN104270982A (en)
HK (1) HK1205651A1 (en)
SG (1) SG11201405207VA (en)
TW (1) TW201340901A (en)
WO (1) WO2013130321A1 (en)

Families Citing this family (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20160286895A1 (en) * 2013-12-19 2016-10-06 Air & Grace Limited Footwear
GB2522923B (en) * 2014-02-11 2018-09-26 Sargossa Ltd Insoles and production methods
US20160206038A1 (en) * 2014-11-25 2016-07-21 Marion Parke Designs, Llc Orthotic insole for a woman's shoe
EP3302148A4 (en) * 2015-05-28 2019-01-23 Implus Footcare, LLC Contoured support shoe insole
US10136698B2 (en) * 2015-05-28 2018-11-27 Implus Footcare, Llc Shoe insole
JP2018515200A (en) * 2015-05-28 2018-06-14 インプラス フットケア、エルエルシー Support of contour shape shoe insole
WO2017142972A1 (en) * 2016-02-16 2017-08-24 Djo Consumer, Llc Fitting system and method for customizable footwear
KR101711333B1 (en) * 2016-04-29 2017-02-28 경남대학교 산학협력단 Shoe insole for walking guide
ITUA20163661A1 (en) * 2016-05-03 2017-11-03 Roberto Cappellari Solothurn helical linkage
WO2017197255A1 (en) * 2016-05-12 2017-11-16 Richard Jay Insert and support for preventing foot fatigue and weakness

Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3083956U (en) * 2001-08-08 2002-02-22 千賀子 毛尾 Footwear insoles
JP2006025990A (en) * 2004-07-14 2006-02-02 Zett Corp Spiked shoe
JP2007275567A (en) * 2006-04-04 2007-10-25 Adidas Internatl Marketing Bv Shoes
JP2009514599A (en) * 2005-11-02 2009-04-09 スペンコ、メディカル、コーパレイシャン Insoles
JP2009519741A (en) * 2005-12-28 2009-05-21 セグイェ・インダストリアル・カンパニー・リミテッド Mat shoes before and after the direction is upward inclined
DE202011000863U1 (en) * 2011-04-14 2011-08-09 Sioux Gmbh Shoe insole

Family Cites Families (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4597196A (en) * 1984-08-24 1986-07-01 Northwest Podiatric Laboratories, Inc. Orthotic insert and method or making of the same
US5713143A (en) * 1995-06-06 1998-02-03 Kendall Orthotics Orthotic system
US5669162A (en) * 1996-03-07 1997-09-23 Brown Group, Inc. Cushion insert
KR0173096B1 (en) * 1996-11-11 1999-01-15 박인식 Insole
US6510626B1 (en) * 2000-07-28 2003-01-28 Kent S. Greenawalt Custom orthotic foot support assembly
US6598319B2 (en) * 2001-01-17 2003-07-29 Spenco Medical Corporation Insole with rebounding and cushioning areas and adjustable arch support
US6684532B2 (en) * 2001-11-21 2004-02-03 Nike, Inc. Footwear with removable foot-supporting member
US7107705B2 (en) * 2002-12-23 2006-09-19 Spenco Medical Corporation Insole with improved cushioning and anatomical centering device
US20040194344A1 (en) * 2003-04-05 2004-10-07 Tadin Anthony G. User-customizable insoles for footwear and method of customizing insoles
US7484319B2 (en) * 2005-08-12 2009-02-03 Spenco Medical Corporation Shoe insole
US20070039205A1 (en) * 2005-08-22 2007-02-22 Fila Luxembourg S.A.R.L. Method and system for identifying a kit of footwear components used to provide customized footwear to a consumer
US8453346B2 (en) * 2007-08-24 2013-06-04 Orthosole Limited, A Guernsey Limited Company Orthotic foot device with removable support components and method of making same
US8745894B2 (en) * 2007-09-14 2014-06-10 Spenco Medical Corporation Triple density gel insole
US9526297B2 (en) * 2008-11-26 2016-12-27 Ariat International, Inc. Footwear sole with honeycomb reinforcement shank
EP2345340B1 (en) * 2010-01-19 2017-10-11 Swiss Line Fashion AG Kinematic shoe sole and shoe with kinematic shoe sole

Patent Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3083956U (en) * 2001-08-08 2002-02-22 千賀子 毛尾 Footwear insoles
JP2006025990A (en) * 2004-07-14 2006-02-02 Zett Corp Spiked shoe
JP2009514599A (en) * 2005-11-02 2009-04-09 スペンコ、メディカル、コーパレイシャン Insoles
JP2009519741A (en) * 2005-12-28 2009-05-21 セグイェ・インダストリアル・カンパニー・リミテッド Mat shoes before and after the direction is upward inclined
JP2007275567A (en) * 2006-04-04 2007-10-25 Adidas Internatl Marketing Bv Shoes
DE202011000863U1 (en) * 2011-04-14 2011-08-09 Sioux Gmbh Shoe insole

Also Published As

Publication number Publication date
EP2819537A1 (en) 2015-01-07
EP2819537A4 (en) 2015-07-01
HK1205651A1 (en) 2015-12-24
WO2013130321A1 (en) 2013-09-06
CN104270982A (en) 2015-01-07
TW201340901A (en) 2013-10-16
SG11201405207VA (en) 2014-09-26
KR20140133885A (en) 2014-11-20
US20150201702A1 (en) 2015-07-23

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6105283A (en) Shoe insole for correction, control, and underfoot comfort
US5964046A (en) Footwear
US9826796B2 (en) Sole with projections and article of footwear
US6968637B1 (en) Sole-mounted footwear stability system
JP4852710B2 (en) In arch support insole
US6976319B2 (en) Footwear construction
US7013583B2 (en) Footwear with removable foot-supporting member
KR101229050B1 (en) Insole support system for footwear
US8341856B2 (en) Footwear with orthotic midsole
CN101198263B (en) An orthopedic foot appliance
CA2322405C (en) Work insoles
US4179826A (en) Foot cushioning device
JP5411163B2 (en) 3 kinds of density of the gel of the heel cup
EP2133000B1 (en) Shoe with insole
EP1915067B1 (en) Shoe insole
US20130160331A1 (en) Shoe Insole or Midsole with a Tri-Dome Configuration for Foot Rehabilitation
US6481120B1 (en) Full length insole for arthritic and/or diabetic people
EP1209991B1 (en) Healing shoe or sandal
CN101541199B (en) Cushioned orthotic
CA2339446C (en) Custom orthotic foot support assembly
US7721467B2 (en) Shoe insole with improved support and motion control
CN201440994U (en) Orthotic foot device and support for same
US7854075B2 (en) Orthotic device for open shoes
US20070084084A1 (en) User moldable adjustable insert
US6247250B1 (en) Conformable shoe insert with a support layer

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20160220

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20160220

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20170316

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20170328

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20171031