JP2015201845A - 環境モニタリング方法および装置 - Google Patents

環境モニタリング方法および装置 Download PDF

Info

Publication number
JP2015201845A
JP2015201845A JP2015076459A JP2015076459A JP2015201845A JP 2015201845 A JP2015201845 A JP 2015201845A JP 2015076459 A JP2015076459 A JP 2015076459A JP 2015076459 A JP2015076459 A JP 2015076459A JP 2015201845 A JP2015201845 A JP 2015201845A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
sensing
user
sensing information
unit
monitoring
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2015076459A
Other languages
English (en)
Inventor
チョウ,ヒョン・テ
Hyun Tae Cho
キュン,チョン・ミン
Chong Min Kyung
Original Assignee
センター・フォー・インテグレーティッド・スマート・センサーズ・ファウンデーション
Center For Integrated Smart Sensors Foundation
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to KR1020140040361A priority Critical patent/KR101678728B1/ko
Priority to KR10-2014-0040361 priority
Application filed by センター・フォー・インテグレーティッド・スマート・センサーズ・ファウンデーション, Center For Integrated Smart Sensors Foundation filed Critical センター・フォー・インテグレーティッド・スマート・センサーズ・ファウンデーション
Publication of JP2015201845A publication Critical patent/JP2015201845A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L12/00Data switching networks
    • H04L12/28Data switching networks characterised by path configuration, e.g. local area networks [LAN], wide area networks [WAN]
    • H04L12/2803Home automation networks
    • H04L12/2823Reporting information sensed by appliance or service execution status of appliance services in a home automation network
    • H04L12/2825Reporting to a device located outside the home and the home network
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L12/00Data switching networks
    • H04L12/02Details
    • H04L12/12Arrangements for remote connection or disconnection of substations or of equipment thereof
    • GPHYSICS
    • G08SIGNALLING
    • G08BSIGNALLING OR CALLING SYSTEMS; ORDER TELEGRAPHS; ALARM SYSTEMS
    • G08B19/00Alarms responsive to two or more different undesired or abnormal conditions, e.g. burglary and fire, abnormal temperature and abnormal rate of flow
    • GPHYSICS
    • G08SIGNALLING
    • G08BSIGNALLING OR CALLING SYSTEMS; ORDER TELEGRAPHS; ALARM SYSTEMS
    • G08B21/00Alarms responsive to a single specified undesired or abnormal operating condition and not elsewhere provided for
    • G08B21/18Status alarms
    • GPHYSICS
    • G08SIGNALLING
    • G08BSIGNALLING OR CALLING SYSTEMS; ORDER TELEGRAPHS; ALARM SYSTEMS
    • G08B21/00Alarms responsive to a single specified undesired or abnormal operating condition and not elsewhere provided for
    • G08B21/18Status alarms
    • G08B21/182Level alarms, e.g. alarms responsive to variables exceeding a threshold
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L12/00Data switching networks
    • H04L12/28Data switching networks characterised by path configuration, e.g. local area networks [LAN], wide area networks [WAN]
    • H04L12/2803Home automation networks
    • H04L12/2823Reporting information sensed by appliance or service execution status of appliance services in a home automation network
    • H04L12/2827Reporting to a device within the home network; wherein the reception of the information reported automatically triggers the execution of a home appliance functionality
    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01MPROCESSES OR MEANS, e.g. BATTERIES, FOR THE DIRECT CONVERSION OF CHEMICAL ENERGY INTO ELECTRICAL ENERGY
    • H01M10/00Secondary cells; Manufacture thereof
    • H01M10/42Methods or arrangements for servicing or maintenance of secondary cells or secondary half-cells
    • H01M10/425Structural combination with electronic components, e.g. electronic circuits integrated to the outside of the casing
    • H01M10/4257Smart batteries, e.g. electronic circuits inside the housing of the cells or batteries
    • HELECTRICITY
    • H02GENERATION; CONVERSION OR DISTRIBUTION OF ELECTRIC POWER
    • H02JCIRCUIT ARRANGEMENTS OR SYSTEMS FOR SUPPLYING OR DISTRIBUTING ELECTRIC POWER; SYSTEMS FOR STORING ELECTRIC ENERGY
    • H02J7/00Circuit arrangements for charging or depolarising batteries or for supplying loads from batteries
    • H02J7/0047Circuit arrangements for charging or depolarising batteries or for supplying loads from batteries with monitoring or indicating devices or circuits
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
    • Y02E60/00Enabling technologies; Technologies with a potential or indirect contribution to GHG emissions mitigation
    • Y02E60/10Energy storage using batteries

Abstract

【課題】環境モニタリング方法および装置を提示する。【解決手段】本発明で提案する環境モニタリング装置は、前記環境モニタリングを実行するために必要な電力を充電する充電部、前記充電部から電力を供給し、ユーザの要求に応じて選択することができる複数の互いに異なるセンサを利用して周辺環境をセンシングするセンシング部、前記周辺環境に応じて前記センシング部の設定を制御する制御部、前記センシング部のセンシング情報をサーバに送信して複数のスマート機器と共有するようにする通信部、前記センシング情報をユーザに示し、前記センシング情報による通知をユーザに示すディスプレイ部を備えてもよい。【選択図】図1

Description

本発明は、個人が活用することのできる個人用/家庭用環境モニタリング方法および装置に関する。
現在におけるセンサを利用したデータ取得方法は、所望するデータを取得するためのセンサを至るところに設置する方法を使用しており、センサを統合、制御、通信することができる技術は常用化されていない実情にある。したがって、このような問題点を解決するためにユビキタス(ubiquitous)ネットワーク技術が注目されているが、ユビキタスネットワーク技術とは、時間と場所に囚われることなく多様なネットワークに自然に接続できるようにする技術を意味する。
しかし、このようなユビキタスネットワーク技術をオフィス環境に組み入れるための技術は、活発に成りたっていない実情にある。したがって、施設物の現在のオフィス環境状況をリアルタイムで収集し、適当な時期に適切な措置を現場だけではなく遠隔地にもリアルタイムで提供し、メンテナンスの困難なく運営することができるシステムが求められるようになった。
本発明が達成しようとする技術的課題は、温度、湿度、細塵、UV指数、大気中の有害環境濃度などを測定し、ユーザに無線ネットワークを介して伝達する装置に関し、ユーザが目覚めて活動する昼の時間には太陽光から電力の供給を受けて連続的または頻繁に大気環境を測定してリアルタイムで伝達し、睡眠をとる夜の時間帯には間欠的に測定しながら低電力を維持する環境モニタリング方法および装置を提供することを目的とする。
本発明の一実施形態において、本発明で提案する環境モニタリング装置は、前記環境モニタリングを実行するために必要な電力を充電する充電部、前記充電部から電力の供給を受け、ユーザの要求に応じて選択することができる複数の互いに異なるセンサを利用して周辺環境をセンシングするセンシング部、前記周辺環境に応じて前記センシング部の設定を制御する制御部、前記センシング部のセンシング情報をサーバに送信して複数のスマート機器と共有するようにする通信部、前記センシング情報をユーザに示し、前記センシング情報による通知をユーザに示すディスプレイ部を備えてもよい。
前記充電部は、昼と夜によって充電モードを調節するための照度センサを備え、前記照度センサを利用することで、昼には太陽光から電力を生成および貯蔵し、夜には貯蔵した電力を利用して低電力モードで動作するようにしてもよい。
オゾン濃度測定センサ、細塵測定センサ、一酸化炭素数値測定センサ、VOCセンサ、大気汚染測定センサ、放射能測定センサ、紫外線指数測定センサ、カメラ、マイクを備えてもよい。
前記制御部は、前記複数の互いに異なるセンサを予め設定されたセットで構成し、ユーザの要求に応じて前記セットを自動または手動で選択してもよい。
前記制御部は、前記センサのデューティサイクルを互いに異なるように制御することによって電力消耗を減らしてもよい。
前記制御部は、前記周辺環境または前記ユーザの要求に応じて前記センサのレポート周期を互いに異なるように制御してもよい。
前記制御部は、時間情報を利用して前記センサのうちから活性化するセンサを選択し、前記時間情報を利用して前記ユーザの要求に応じて予め設定された時間に前記センサが動作するように制御してもよい。
前記通信部は、ネットワークを介して前記センシング情報を伝達する場合、WiFi APまたは複数のスマート機器を利用して時刻同期化を実行してもよい。
前記制御部は、前記同期化した時刻に応じて前記センシング部のセンシング設定を制御してもよい。
前記制御部は、現在の電力状態および充電状態に応じて前記センサを個別にオン/オフしたり、前記センサのセットを低電力消耗のためのセットに選択したりしてもよい。
本発明の他の実施形態において、本発明で提案する環境モニタリングシステムは、周辺環境をセンシングし、センシング情報をサーバに送信する環境モニタリング装置、前記モニタリング装置から前記センシング情報を受信して格納し、無線共用器を利用して前記センシング情報を共有するサーバ、前記サーバまたは前記環境モニタリング装置からセンシング情報を受信し、センシング情報に関する通知をユーザに示す複数のスマート機器を備えてもよく、前記スマート機器は、前記スマート機器がWiFi AP領域に入ると、予めインストールされたアプリケーションを利用して自動でセンシング情報に関する通知をユーザに示してもよい。
前記スマート機器は、前記無線共用器およびインターネットを介して前記センシング情報を共有するサーバに連結することで、屋外でも前記センシング情報を共有してもよい。
本発明のさらに他の一実施形態において、本発明で提案する環境モニタリング方法は、前記環境モニタリングを実行するために必要な電力を充電する段階、前記充電した電力の供給を受け、ユーザの要求に応じて選択することができる複数の互いに異なるセンサを含むセンシング部を利用して周辺環境をセンシングする段階、前記周辺環境に応じて前記センシング部の設定を制御する段階、前記センシング部のセンシング情報をサーバに送信し、前記センシング情報を無線共用器によって複数のスマート機器と共有する段階、前記センシング情報をユーザに示し、前記センシング情報による通知をユーザに示す段階を含んでもよい。
前記周辺環境に応じて前記センシング部の設定を制御する段階は、前記複数の互いに異なるセンサを予め設定されたセットで構成し、ユーザの要求に応じて前記セットを自動または手動で選択してもよい。
前記周辺環境に応じて前記センシング部の設定を制御する段階は、前記周辺環境または前記ユーザの要求に応じて前記センサのレポート周期を互いに異なるように制御してもよい。
前記周辺環境に応じて前記センシング部の設定を制御する段階は、現在の電力状態および充電状態に応じて前記センサを個別にオン/オフしたり、前記センサのセットを低電力消耗のためのセットに選択したりしてもよい。
本発明の実施形態によると、昼と夜によって充電モードを調節することによって低電力の動作が可能になり、周辺環境またはユーザの要求に応じてセンサのレポート周期を互いに異なるように制御することができる。また、時間情報を利用することにより、ユーザの要求に応じて予め設定された時間にセンサが動作するように制御することができ、ネットワークを介してセンシング情報を伝達する場合、WiFi APまたはスマートフォンによって時刻同期化を実行することにより、同期化した時刻に応じてセンシング部のセンシング設定を制御することができる。
本発明の一実施形態に係る環境モニタリングシステムの全体構成を説明するための図である。 本発明の一実施形態に係る環境モニタリング装置の構成を示した図である。 本発明の一実施形態に係る環境モニタリング装置の外形を示した図である。 本発明の一実施形態に係る環境モニタリング装置の外形を示した図である。 本発明の一実施形態に係る環境モニタリングシステムの動作を説明するための例示図である。 本発明の一実施形態に係る環境モニタリング方法を説明するためのフローチャートである。
以下、本発明の実施形態について、添付の図面を参照しながら詳細に説明する。
図1は、本発明の一実施形態に係る環境モニタリングシステムの全体構成を説明するための図である。環境モニタリングシステムは、環境モニタリング装置110、サーバ120、スマート機器140、151、152、153、154、155、156を備えてもよい。
環境モニタリング装置110は、ユーザ周辺または家周辺の環境汚染程度と環境に関する情報を獲得してもよい。環境モニタリング装置110は、環境をセンシングすることができる複数の互いに異なるセンサと低電力動作のための充電部などを備えてもよい。例えば、環境モニタリング装置110は、ユーザが目覚めて活動をする昼の時間には太陽光から電力の供給を受け、連続的または頻繁に大気環境をセンシングし、リアルタイムでセンシング情報を伝達してもよい。この反面、睡眠をとる夜の時間帯には、間欠的に測定しながら低電力を維持してもよい。環境モニタリング装置110の内部構成は、図2を参照しながらさらに詳細に説明する。
このような環境モニタリング装置110は、例えば、シールを利用して付着したり、ガラスの場合には反対側のガラスに磁石を利用して固定したりしてもよい。したがって、環境モニタリング装置110のカメラおよびセンサから室内環境をモニタリングできるようになる。
環境モニタリング装置110は、周辺環境をセンシングして獲得したセンシング情報をサーバ120に送信してもよい。サーバ120はモニタリング装置からセンシング情報を受信して格納し、無線共用器を利用してセンシング情報を共有してもよい。これにより、複数のスマート機器140、151、152、153、154、155、156は、WiFi AP130を経てサーバからセンシング情報を受信し、センシング情報に関する通知をユーザに示すようになる。また、複数のスマート機器がWiFi AP領域に入ると、インストールされたアプリケーションを利用して自動でセンシング情報に関する通知をユーザに示すようになる。複数のスマート機器は、スマートフォン140、インターフォン151、スマートTV152、プリンタ153、スマート炊飯器154、PC155、スマート冷蔵庫156を含んでもよい。言い換えれば、最近には多くの家庭でホームネットワークを使用しており、ホームネットワーキングを利用して他の家電機器(TV、オーディオ、PC)にデータを伝達することができる。このような必要な家電機器または複数のスマート機器は、必要なときにサーバ120からデータを取り入れてもよい。また、サーバ120または環境モニタリング装置110が、プッシュ(push)機能によってユーザのスマート機器にセンシング情報に関する通知を示してもよい。
環境モニタリング装置110は、複数のスマート機器またはサーバ120と直接連結してもよく、家庭内に存在するWiFi APを経て複数のスマート機器、サーバ、インターネット、およびその他の電子機器と連結してもよい。最近ではこれを可能にする技術としてDLNA(Digital Living Network Alliance)規約があるが、この規約は、ホームネットワーク環境においてWiFi技術でデータを共有させる技術である。
サーバは、家庭内DLNAサーバであってもよく、インターネットに連結したサーバであってもよい。さらに、電子機器もサーバが可能である。最近売り出されているWiFi APは、自主的にサーバ機能を含んでいる。言い換えれば、WiFi APは、家庭内の電子機器内で常に作動してインターネットとの連結を提供する。したがって、別途のサーバがなくても、WiFi APがサーバの役割を同時に行うようになる。
環境モニタリングシステムの全体的な動作は次のとおりである。環境モニタリング装置が動作を開始すると、自身のバッテリーと時間情報などの状態情報、および環境設定値を読み取ってもよい。そして、ネットワークに連結して環境設定の変化があるかをチェックする。変化がある場合、環境設定値をアップデートしてもよい。例えば、環境設定値には、データ送信周期およびセンシング周期、活性化するセンサの情報などが含まれる。バッテリーの残量が十分にある場合、システムはセンシングを実行し、WiFi APを経てサーバにセンシング情報を送信する。または、スマート機器またはWiFi APと直接に通信を実行してセンシング情報を伝達することも可能である。複数のスマート機器は、このようなセンシング情報が格納されているサーバに接続してセンシング情報を取り込み、ユーザが見ることができるように示してもよい。このとき、むやみにセンシング情報をプッシュ(push)するとスパム(spam)である可能性が高い。したがって、同じWiFiに接続して得たIPで同じネットワークアドレス(address)であるかを確認し、同じネットワークのモニタリングシステムに関する情報があればプッシュ(push)することが好ましい。環境モニタリングシステムが複数のスマート機器にセンシング情報を直接に伝達しない理由は、低電力モードで動作するために、システムが一方的にセンシング情報のみを送信した後すぐに睡眠状態に入るためである。しかし、ユーザの要求によっては、センシング情報を複数のスマート機器に直接伝達してもよい。
図2は、本発明の一実施形態に係る環境モニタリング装置の構成を示した図である。環境モニタリング装置200は、充電部210、センシング部220、制御部230、通信部240、ディスプレイ部250を備えてもよい。
充電部210は、環境モニタリングを実行するために必要な電力を充電してもよい。充電部210は、昼と夜によって充電モードを調節するための照度センサを備え、太陽光から電力を生成する太陽電池パネル、電池、PMICなどを備えてもよい。そして、照度センサを利用することにより、昼には太陽光から電力を生成および貯蔵し、夜には貯蔵した電力を利用して低電力モードで動作するようにしてもよい。
センシング部220は、前記充電部から電力の供給を受け、ユーザの要求に応じて選択することができる複数の互いに異なるセンサを利用して周辺環境をセンシングしてもよい。センシング部220は、オゾン濃度測定センサ221、細塵測定センサ222、一酸化炭素数値測定センサ223、VOCセンサ224、大気汚染測定センサ225、放射能測定センサ226、紫外線指数測定センサ227、カメラ228、マイク229を備えてもよい。センシング部220に備えられるセンサ221、222、・・・、229が上述したものに限定されることはなく、適用する環境に応じてさらに追加してもよい。
制御部230は、前記周辺環境に応じて前記センシング部の設定を制御してもよい。
制御部230は、センシング部220の複数の互いに異なるセンサを予め設定されたセットで構成し、ユーザの要求に応じて前記セットを自動または手動で選択してもよい。
また、センサのデューティサイクル(duty cycle)を互いに異なるように制御することによって電力消耗を減らしてもよい。言い換えれば、センサの種類に応じ、センサからセンシング情報を読み込むデューティサイクル(dutycycle)を異なるように制御してもよい。例えば、ガスセンサや環境有害センサの場合、ヒーターが装着されることがある。このようなヒーターは、センサ1つあたり約1Wのパワーを消耗する。常時運用すると、太陽電池(solar cell)またはバッテリーでは手に負えなくなる。したがって、太陽電池(solar cell)で充電が可能な昼の時間帯には相対的に頻繁に(例えば、30分に1回)測定し、夜の時間帯にはバッテリーのみで動作しなければならないため、相対的に間欠的に測定(例えば、2時間に1回の測定)を実行するように制御してもよい。この反面、温度センサとRTC(Real Time Clock)のような情報は少量のパワーを消耗するため、常時モニタリングも可能である。
制御部230は、周辺環境またはユーザの要求に応じ、前記センサのレポート周期を互いに異なるように制御してもよい。例えば、UVセンサを昼にだけオン(ON)にしたり、サンプリングレートを高めたりしてもよく、黄砂の時期には大気汚染測定センサのレポート周期を短くしてもよい。
また、センシング周期と送信周期を相違させてもよい。言い換えれば、センシングされたセンシング情報は、ローカルメモリに格納した後、サーバに一度に無線で送信してもよい。例えば、夜にはシステムが定められた時間および目的に応じてセンシングを実行し、これをサーバや周辺装置に伝達せずにローカルメモリに格納するだけにしてもよい。そして、明け方に一度にすべて送信することによって不必要な送信電力の浪費を防ぐことができる。実際にセンシング情報のサイズは極めて小さいため、WiFiのような無線トランシーバ(transceiver)が作動してセッションを連結してIPを授受する過程内において多くの電力消耗が発生することがある。
また、ユーザが環境モニタリング装置のセンシング周期、センシングするセンサの選択、およびその他の環境設定を実行してもよい。例えば、スマートフォンを利用して環境モニタリング装置を直接制御しようとすると、スマートフォンとの同期が成立されなければならないという問題点がある。このような問題点を解決するために、スマートフォンまたはインターネットを利用してサーバに環境設定しておくと、環境モニタリング装置はウェイクアップ(wake−up)する時間に作動を開始してサーバに接続し、センシング情報を伝達すると同時に環境設定値を読み取って自身の環境設定値を変更してもよい。
また、時間情報(RTC:Real Time Clock)を利用して前記センサのうちから活性化するセンサを選択し、前記時間情報を利用して前記ユーザの要求に応じて予め設定された時間に前記センサが動作するように制御してもよい。例えば、夜にはUVセンサをオフ(OFF)してもよく、午前の時間帯にはUVセンサの測定サイクル(cycle)を短くし、午後の時間帯にはUVセンサの測定サイクル(cycle)を長くしてもよい。また、季節に応じて別途にセッティングすることも可能である。
また、時間情報を活用してユーザが所望する時間帯だけに合わせてセンシングが可能となるように制御してもよい。例えば、毎日午前7時に出勤時間に合わせてセンシングを実行してユーザに伝達することにより、出勤前の服装や持ち物を整えるようにできる。言い換えれば、毎日午前7時に周辺環境をセンシングするとき、黄砂がひどかったり温度が前日と比べて大幅に差がある場合には、これに対する警告をし、ユーザが予め準備できるようにできる。
また、現在の電力状態や充電状態に応じてセンサを個別にオン/オフ(ON/OFF)したり、センサセットを低電力消耗のためのセットに選択したりしてもよい。言い換えれば、環境設定およびその他の設定に応じてセンシング周期および通信周期を短くしておいても、低電力運用のためにバッテリー水準が臨界値以下に低下すると、エネルギーレベルによるデフォルト(default)セッティング値に基づいてセンシング周期と通信周期を短くすることによってシステムの寿命を最大化してもよい。例えば、梅雨の時期には長期間の運用が必須となる。エネルギーを考慮しないと、バッテリー充電が不可能な梅雨の時期にはエネルギーが速く消耗するようになる。
通信部240は、前記センシング部のセンシング情報をサーバに送信して複数のスマート機器と共有できるようにしてもよい。言い換えれば、周辺環境をセンシングして獲得したセンシング情報を、通信部240を利用してサーバに送信してもよい。サーバは通信部240からセンシング情報を受信して格納し、無線共用器を利用して複数のスマート機器とセンシング情報を共有してもよい。これにより、複数のスマート機器を利用してサーバからセンシング情報を受信し、センシング情報に関する通知をユーザに示すことができるようになる。
通信部240は、ネットワークを介して前記センシング情報を伝達する場合、WiFi APまたは複数のスマート機器を利用して時刻同期化を実行してもよい。提案する環境モニタリング装置200は、オシレータに基づいて時間情報を維持するため、時間が経過するほど誤差が累積して時間差が広がることがある。したがって、これを解決するために、ネットワークに連結するたびに時間補正を実行してもよい。また、ユーザが定めたデューティサイクル(duty cycle)に応じて同期化を設定してもよい。そして、このように同期化した時刻に応じ、制御部230によって前記センシング部のセンシング設定を制御してもよい。
ディスプレイ部250は、前記センシング情報をユーザに示し、前記センシング情報による通知をユーザに示してもよい。例えば、エネルギー残量を示したり、エネルギー残量に対する警告を行ったりしてもよい。
提案する環境モニター装置200は、ホームネットワークとスマート機器を利用すると、スマートフォンとインターネットだけではなく他の家電機器とも通信が可能となり、データ共有も可能となる。例えば、DLNA(Digital living network alliance)機能、言い換えれば、プッシュ(push)機能を該当の機器に搭載した場合、これを利用することによってTVやオーディオなどのディスプレイでセンシング情報を確認できるようになる。
また、カメラが装着された環境モニタリング装置を窓に設置する場合、室内モニタリングによって保安目的としての活用も可能となる。さらに、室内に設置する場合、室内環境センシングにより、煙/有害ガスが発生したときの換気時点をユーザに知らせることもできる。
図3は、本発明の一実施形態に係る環境モニタリング装置の外形を示した図である。図3(a)は、提案する環境モニタリング装置の前面を示した図である。環境モニタリング装置の前面には、環境モニタリングを実行するために必要な電力を充電するための太陽電池プレート310を備えてもよい。また、周辺環境をセンシングする複数の互いに異なるセンサ320を備えてもよい。このようなセンサ320は、ユーザの要求に応じて選択されて制御されてもよい。図3(b)は、提案する環境モニタリング装置の裏面を示した図である。環境モニタリング装置の裏面には、室内をモニタリングするカメラ330を備えてもよい。このような環境モニタリング装置の裏面はガラスに付着してもよい。したがって、裏面のカメラ330によって室内環境をモニタリングできるようになる。そして、センサ320によってセンシングしたセンシング情報をユーザに示し、センシング情報による通知をユーザに示すディスプレイ部340を備えてもよい。
図4は、本発明の一実施形態に係る環境モニタリングシステムの動作を説明するための例示図である。
環境モニタリング装置410は、複数のセンサを利用してユーザ周辺または家周辺の環境汚染程度と環境に関する情報を獲得してもよい。例えば、このようなセンサは、温度/湿度測定のためのセンサ432、オゾン濃度、紫外線(UV)指数、細塵、一酸化炭素およびその他の有害ガス測定のためのセンサ433、映像撮影および騒音測定のためのマイク434などを備えてもよい。このようなセンサは一実施形態に過ぎず、ユーザの必要に応じてさらに多くの種類のセンサを備えてもよい。
環境モニタリング装置410は、周辺環境のモニタリングを実行するために、バッテリーおよび太陽電池420を利用して必要な電力を充電してもよい。このようなバッテリーおよび太陽電池420を備える充電部は、昼と夜によって充電モードを調節するための照度センサ431を備え、太陽光から電力を生成する太陽電池パネル、電池、PMICなどを備えてもよい。そして、照度センサ431を利用することで、昼には太陽光から電力を生成および貯蔵し、夜には貯蔵した電力を利用して低電力モードで動作するようにしてもよい。
また、環境モニタリング装置410は、時間情報(RTC:Real Time Clock)を利用して前記センサのうちから活性化するセンサを選択し、前記時間情報を利用して前記ユーザの要求に応じて予め設定された時間に前記センサが動作するように制御してもよい。例えば、夜にはUVセンサをオフ(OFF)にしてもよく、午前の時間帯にはUVセンサの測定サイクル(cycle)を短くし、午後の時間帯にはUVセンサの測定サイクル(cycle)を長くしてもよい。また、季節に応じて別途にセッティングすることも可能である。
環境モニタリング装置410は、周辺環境をセンシングして獲得したセンシング情報を、ディスプレイ部440を利用してユーザに示してもよい。また、センシング情報をサーバに送信してもよい。サーバはモニタリング装置からセンシング情報を受信して格納して通信(451)するが、例えば、無線共用器またはインターネットを介してセンシング情報を共有してもよい。これにより、インターネットおよびスマート機器を利用してセンシング情報をモニタリング452できるようになる。このようなスマート機器は、WiFi APおよびインターネットを介してサーバからセンシング情報を受信し、センシング情報に関する通知をユーザに示してもよい。また、複数のスマート機器がWiFi AP領域に入ると、既にインストールされているアプリケーションを利用して自動でセンシング情報に関する通知がユーザに示されてもよい。また、サーバまたは環境モニタリング装置410が、プッシュ(push)機能によってユーザのスマート機器にセンシング情報に関する通知を示してもよい。
これだけでなく、ユーザのスマート機器がインターネットを介してセンシング情報を共有するサーバに連結することにより、屋外でもセンシング情報を共有することができる。言い換えれば、インターネットサーバまたはクラウドに連結してセンシング情報を格納する場合、長期的には国全体の環境情報マップを構築できるようになる。また、どこにいても位置情報を利用して環境センシングデータを確認できるようになる。例えば、大田(デジョン)に居住する者がソウルのコエックスに出張に行く場合、コエックス周辺の環境センシング情報を予め大田(デジョン)で把握して事前に準備できるようになる。
図5は、本発明の一実施形態に係る環境モニタリング方法を説明するためのフローチャートである。
環境モニタリング方法は、前記環境モニタリングを実行するために必要な電力を充電する段階510、前記充電した電力の供給を受け、ユーザの要求に応じて選択することができる複数の互いに異なるセンサを備えるセンシング部によって周辺環境をセンシングする段階520、前記周辺環境に応じて前記センシング部の設定を制御する段階530、前記センシング部のセンシング情報をサーバに送信し、前記センシング情報を無線共用器によって複数のスマート機器と共有する段階540、前記センシング情報をユーザに示し、前記センシング情報による通知をユーザに示す段階550を含んでもよい。
段階510で、前記環境モニタリングを実行するために必要な電力を充電してもよい。充電部は、昼と夜によって充電モードを調節するための照度センサと太陽光から電力を生成する太陽電池パネル、電池、PMICなどを備える充電部によって電力を充電してもよい。そして、照度センサを利用することで、昼には太陽光から電力を生成および貯蔵し、夜には貯蔵した電力を利用して低電力モードで動作してもよい。
段階520で、前記充電した電力を供給し、ユーザの要求に応じて選択することができる複数の互いに異なるセンサを含むセンシング部を利用して周辺環境をセンシングしてもよい。
段階530で、前記周辺環境に応じて前記センシング部の設定を制御してもよい。このとき、複数の互いに異なるセンサを予め設定されたセットで構成し、ユーザの要求に応じてセンサセットを自動または手動で選択してもよい。また、センサのデューティサイクルを互いに異なるように制御することによって電力消耗を減らしてもよい。そして、周辺環境またはユーザの要求に応じてセンサのレポート周期を互いに異なるように制御してもよい。さらに、現在の電力状態および充電状態に応じて前記センサを個別にオン/オフしたり、センサのセットを低電力消耗のためのセットに選択したりしてもよい。
段階540で、前記センシング部のセンシング情報をサーバに送信し、前記センシング情報を無線共用器によって複数のスマート機器と共有してもよい。言い換えれば、周辺環境をセンシングして獲得したセンシング情報を、通信部を利用してサーバに送信してもよい。サーバは通信部からセンシング情報を受信して格納し、無線共用器を利用して複数のスマート機器とセンシング情報を共有してもよい。これにより、複数のスマート機器を利用してサーバからセンシング情報を受信し、センシング情報に関する通知をユーザに示すことができるようになる。
段階550で、前記センシング情報をユーザに示し、前記センシング情報による通知をユーザに示してもよい。例えば、エネルギー残量を示したり、エネルギー残量に対する警告をしたりしてもよい。また、センシング情報を共有するスマート機器がWiFi AP領域に入ると、予めインストールされたアプリケーションを利用して自動でセンシング情報に関する通知をユーザに示してもよい。
また、インターネットサーバを利用する場合は、屋外でも連結が可能となる。言い換えれば、インターネットサーバまたはクラウドに連結してセンシング情報を格納する場合、長期的には国全体の環境情報マップを構築できるようになる。
また、どこにいても位置情報を利用して環境センシングデータを確認することができる。例えば、大田(デジョン)に居住する者がソウルのコエックスに出張に行く場合、コエックス周辺の環境センシング情報を予め大田(デジョン)で把握して事前に準備できるようになる。
上述した装置は、ハードウェア構成要素、ソフトウェア構成要素、および/またはハードウェア構成要素およびソフトウェア構成要素の組み合わせによって実現されてもよい。例えば、実施形態で説明された装置および構成要素は、例えば、プロセッサ、コントローラ、ALU(arithmetic logic unit)、デジタル信号プロセッサ(digital signal processor)、マイクロコンピュータ、FPA(field programmable array)、PLU(programmable logic unit)、マイクロプロセッサ、または命令(instruction)を実行して応答することができる異なる装置のように、1つ以上の汎用コンピュータまたは特殊目的コンピュータを利用して実現されてもよい。処理装置は、運営体制(OS)および運営体制上で実行される1つ以上のソフトウェアアプリケーションを実行してもよい。また、処理装置は、ソフトウェアの実行に応答し、データをアクセス、保存、操作、処理、および生成してもよい。理解の便宜のために、処理装置は1つが使用されると説明される場合もあるが、該当する技術分野において通常の知識を有する者は、処理装置が複数の処理要素(processing element)および/または複数類型の処理要素を含んでもよいことを理解できるであろう。例えば、処理装置は、複数のプロセッサまたは1つのプロセッサおよび1つのコントローラを含んでもよい。また、並列プロセッサ(parallel processor)のような、他の処理構成(processing configuration)も可能である。
ソフトウェアは、コンピュータプログラム(computer program)、コード(code)、命令(instruction)、またはこれらのうちの1つ以上の組み合わせを含んでもよく、所望のとおりに動作するように処理装置を構成したり、独立的または結合的に(collectively)処理装置を命令したりしてもよい。ソフトウェアおよび/またはデータは、処理装置によって解釈されたり処理装置に命令またはデータを提供したりするために、ある類型の機械、構成要素(component)、物理的装置、仮想装置(virtual equipment)、コンピュータ記録媒体または装置、または送信される信号波(signal wave)に永久的または一時的に具体化(embody)されてもよい。ソフトウェアは、ネットワークによって連結したコンピュータシステム上に分散し、分散した方法によって格納されたり実行されたりしてもよい。ソフトウェアおよびデータは、1つ以上のコンピュータで読み取り可能な記録媒体に格納されてもよい。
実施形態に係る方法は、多様なコンピュータ手段によって実行が可能なプログラム命令形態で実現されてコンピュータで読み取り可能な媒体に記録されてもよい。前記コンピュータで読み取り可能な媒体は、プログラム命令、データファイル、データ構造などを単独または組み合わせて含んでもよい。前記媒体に記録されるプログラム命令は、実施形態のために特別に設計されて構成されたものであってもよく、コンピュータソフトウェア当業者に公知されて使用可能なものであってもよい。コンピュータで読み取り可能な記録媒体の例としては、ハードディスク、フロッピーディスク、および磁気テープのような磁気媒体(magnetic media)、CD−ROM、DVDのような光記録媒体(optical media)、フロプティカルディスク(floptical disk)のような磁気−光媒体(magneto−optical media)、およびROM、RAM、フラッシュメモリなどのようなプログラム命令を格納して実行するように特別に構成されたハードウェア装置が含まれる。プログラム命令の例としては、コンパイラによって生成されるもののような機械語コードだけではなく、インタプリタなどを使用してコンピュータによって実行される高級言語コードを含む。上述したハードウェア装置は、実施形態の動作を実行するために1つ以上のソフトウェアモジュールとして動作するように構成されてもよく、その逆も同じである。
以上のように、実施形態を限定された実施形態と図面に基づいて説明したが、該当する技術分野において通常の知識を有する者であれば、上述した記載から多様な修正および変形が可能である。例えば、説明された技術が説明された方法とは異なる順序で実行されたり、および/または説明されたシステム、構造、装置、回路などの構成要素が説明された方法とは異なる形態で結合または組み合わされたり、他の構成要素または均等物によって対置されたり置換されたとしても、適切な結果を達成することができる。
したがって、異なる実施形態であっても、特許請求の範囲と均等なものであれば、添付される特許請求の範囲に属する。
200:環境モニタリング装置
210:充電部
220:センシング部
221:オゾン濃度測定センサ
222:細塵測定センサ
223:一酸化炭素数値測定センサ
224:VOCセンサ
225:大気汚染測定センサ
226:放射能測定センサ
227:紫外線指数測定センサ
228:カメラ
229:マイク
230:制御部
240:通信部
250:ディスプレイ部

Claims (17)

  1. 環境モニタリング装置であって、
    前記環境モニタリングを実行するために必要な電力を充電する充電部、
    前記充電部から電力の供給を受け、ユーザの要求に応じて選択することができる複数の互いに異なるセンサを利用して周辺環境をセンシングするセンシング部、
    前記周辺環境に応じて前記センシング部の設定を制御する制御部、
    前記センシング部のセンシング情報をサーバに送信し、複数のスマート機器と共有するようにする通信部、および
    前記センシング情報をユーザに示し、前記センシング情報による通知をユーザに示すディスプレイ部
    を備える、環境モニタリング装置。
  2. 前記充電部は、
    昼と夜によって充電モードを調節するための照度センサ
    を備え、
    前記照度センサを利用することで、昼には太陽光から電力を生成および貯蔵し、夜には貯蔵した電力を利用して低電力モードで動作するようにする
    請求項1に記載の環境モニタリング装置。
  3. オゾン濃度測定センサ、細塵測定センサ、一酸化炭素数値測定センサ、VOCセンサ、大気汚染測定センサ、放射能測定センサ、紫外線指数測定センサ、カメラ、マイク
    を備える、請求項1に記載の環境モニタリング装置。
  4. 前記制御部は、
    前記複数の互いに異なるセンサを予め設定されたセットで構成し、ユーザの要求に応じて前記セットを自動または手動で選択する
    請求項1に記載の環境モニタリング装置。
  5. 前記制御部は、
    前記センサのデューティサイクルを互いに異なるように制御することによって電力消耗を減らす
    請求項1に記載の環境モニタリング装置。
  6. 前記制御部は、
    前記周辺環境または前記ユーザの要求に応じて前記センサのレポート周期を互いに異なるように制御する
    請求項1に記載の環境モニタリング装置。
  7. 前記制御部は、
    時間情報を利用して前記センサのうちから活性化するセンサを選択し、
    前記時間情報を利用して前記ユーザの要求に応じて予め設定された時間に前記センサが動作するように制御する
    請求項1に記載の環境モニタリング装置。
  8. 前記通信部は、
    ネットワークを介して前記センシング情報を伝達する場合、WiFi APまたは複数のスマート機器を利用して時刻同期化を実行する
    請求項1に記載の環境モニタリング装置。
  9. 前記制御部は、
    前記同期化した時刻に応じて前記センシング部のセンシング設定を制御する
    請求項8に記載の環境モニタリング装置。
  10. 前記制御部は、
    現在の電力状態および充電状態に応じて前記センサを個別にオン/オフしたり、前記センサのセットを低電力消耗のためのセットに選択したりする
    請求項1に記載の環境モニタリング装置。
  11. 環境モニタリングシステムであって、
    周辺環境をセンシングし、センシング情報をサーバに送信する環境モニタリング装置、
    前記モニタリング装置から前記センシング情報を受信して格納し、無線共用器およびインターネットを介して前記センシング情報を共有するサーバ、および
    前記サーバまたは前記環境モニタリング装置からセンシング情報を受信し、ユーザにセンシング情報に関する通知を示す複数のスマート機器
    を備える、環境モニタリングシステム。
  12. 前記スマート機器は、
    前記スマート機器がWiFi AP領域に入ると、予めインストールされたアプリケーションを利用して自動でセンシング情報に関する通知をユーザに示す
    請求項11に記載の環境モニタリングシステム。
  13. 前記スマート機器は、
    前記無線共用器およびインターネットを介して前記センシング情報を共有するサーバに連結し、屋外でも前記センシング情報を共有する
    請求項11に記載の環境モニタリングシステム。
  14. 環境モニタリング方法であって、
    前記環境モニタリングを実行するために必要な電力を充電する段階、
    前記充電された電力の供給を受け、ユーザの要求に応じて選択することができる複数の互いに異なるセンサを含むセンシング部を利用して周辺環境をセンシングする段階、
    前記周辺環境に応じて前記センシング部の設定を制御する段階、
    前記センシング部のセンシング情報をサーバに送信し、前記センシング情報を無線共用器によって複数のスマート機器と共有する段階、
    前記センシング情報をユーザに示し、前記センシング情報による通知をユーザに示す段階
    を含む、環境モニタリング方法。
  15. 前記周辺環境に応じて前記センシング部の設定を制御する段階は、
    前記複数の互いに異なるセンサを予め設定されたセットで構成し、ユーザの要求に応じて前記セットを自動または手動で選択する
    請求項14に記載の環境モニタリング方法。
  16. 前記周辺環境に応じて前記センシング部の設定を制御する段階は、
    前記周辺環境または前記ユーザの要求に応じて前記センサのレポート周期を互いに異なるように制御する
    請求項14に記載の環境モニタリング方法。
  17. 前記周辺環境に応じて前記センシング部の設定を制御する段階は、
    現在の電力状態および充電状態に応じて前記センサを個別にオン/オフしたり、前記センサのセットを低電力消耗のためのセットに選択したりする
    請求項14に記載の環境モニタリング方法。
JP2015076459A 2014-04-04 2015-04-03 環境モニタリング方法および装置 Pending JP2015201845A (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
KR1020140040361A KR101678728B1 (ko) 2014-04-04 2014-04-04 환경 모니터링 방법 및 장치
KR10-2014-0040361 2014-04-04

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2015201845A true JP2015201845A (ja) 2015-11-12

Family

ID=54273773

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2015076459A Pending JP2015201845A (ja) 2014-04-04 2015-04-03 環境モニタリング方法および装置

Country Status (4)

Country Link
US (1) US9537670B2 (ja)
JP (1) JP2015201845A (ja)
KR (1) KR101678728B1 (ja)
CN (1) CN104977040B (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2016223992A (ja) * 2015-06-03 2016-12-28 日置電機株式会社 計測信号記録装置
US9857769B2 (en) 2016-03-04 2018-01-02 Fuji Xerox Co., Ltd. Image forming apparatus and method and information processing system
KR20180120446A (ko) * 2017-04-27 2018-11-06 주식회사 더에스 솔라셀 모듈 및 비콘 기능이 있는 장치
KR20190134860A (ko) * 2018-04-27 2019-12-05 박상근 스마트 농장 관리 시스템

Families Citing this family (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US10181814B2 (en) * 2015-09-15 2019-01-15 Wilson Chan Solar battery system for low temperature operation
CN105553688A (zh) * 2015-10-29 2016-05-04 小米科技有限责任公司 设置设备工作状态的方法、装置及系统
CN105425605A (zh) * 2015-12-22 2016-03-23 小米科技有限责任公司 智能家电设备接入多个服务器的方法、装置及系统
CN106918354B (zh) * 2015-12-28 2019-07-26 上海新微技术研发中心有限公司 传感系统及所适用的感应信息确定方法
KR101722219B1 (ko) * 2016-01-12 2017-04-10 (주) 헬로팩토리 무선 통신을 이용한 자전거 분실 방지 시스템
JP2018067212A (ja) * 2016-10-20 2018-04-26 富士通株式会社 情報処理装置、送信制御プログラムおよび送信制御方法
KR101872114B1 (ko) * 2016-10-24 2018-06-27 건국대학교 산학협력단 아두이노와 통신모듈을 이용한 실내외 원격 미세먼지 측정기, 미세먼지 모니터링시스템, 측정 및 모니터링방법
KR101961553B1 (ko) 2017-06-19 2019-03-22 홍익대학교세종캠퍼스산학협력단 무선 센서 자동 감지 기반의 홈자동화 제어 시스템
CN107300896A (zh) * 2017-06-30 2017-10-27 北京小米移动软件有限公司 家电控制方法及设备
KR20190048975A (ko) 2017-10-31 2019-05-09 주식회사 에이텍 환경 측정 센서가 결합된 디스플레이시스템
US10767878B2 (en) 2017-11-21 2020-09-08 Emerson Climate Technologies, Inc. Humidifier control systems and methods
KR102169072B1 (ko) * 2018-11-06 2020-10-22 한국기술교육대학교 산학협력단 태양광 벤치 장치
KR102134010B1 (ko) * 2019-09-20 2020-07-15 (주)씨어스테크놀로지 환경의 영향에 기초한 건강 정보를 제공하기 위한 방법 및 서버

Citations (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3158445B2 (ja) * 1998-01-30 2001-04-23 セイコーエプソン株式会社 電気光学装置及びそれを用いた電子機器ならびに電気光学装置の製造方法
JP2003346271A (ja) * 2002-05-28 2003-12-05 Toshiba Corp 発電付き測定通信装置
JP2004355164A (ja) * 2003-05-28 2004-12-16 Nec Corp 監視端末装置
JP2005182643A (ja) * 2003-12-22 2005-07-07 National Agriculture & Bio-Oriented Research Organization 自然エネルギーで駆動する環境計測装置
JP2005236340A (ja) * 2004-01-21 2005-09-02 Matsushita Electric Ind Co Ltd 通信システム、通信装置及びプログラム
JP2008257449A (ja) * 2007-04-04 2008-10-23 Matsushita Electric Works Ltd データ収集装置
JP2009294814A (ja) * 2008-06-04 2009-12-17 Junya Hori センサ情報収集システム
JP2010072776A (ja) * 2008-09-17 2010-04-02 Hitachi Ltd データ管理システム
JP2012199887A (ja) * 2011-03-23 2012-10-18 Panasonic Corp センサ、センサモジュール、および設備端末制御システム
JP2013025663A (ja) * 2011-07-25 2013-02-04 Nakanihon Kensetsu Consultant Kk センサノード、機器監視システム、電池残量低下報知方法、異常報知方法
JP2013179468A (ja) * 2012-02-28 2013-09-09 Fujitsu Telecom Networks Ltd 無線管理システムおよび伝送管理方法

Family Cites Families (28)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6038689A (en) 1997-08-21 2000-03-14 Digital Equipment Corporation Fault notification system and process using local area network
US7394363B1 (en) * 1998-05-12 2008-07-01 Bahador Ghahramani Intelligent multi purpose early warning system for shipping containers, components therefor and methods of making the same
KR100310651B1 (ko) * 1998-06-26 2001-10-17 도카이알루미하쿠가부시키가이샤 전지용 집전체
US6023223A (en) * 1999-03-18 2000-02-08 Baxter, Jr.; John Francis Early warning detection and notification network for environmental conditions
KR100632936B1 (ko) * 1999-08-10 2006-10-11 삼성전자주식회사 환경 모니터링 시스템 및 이를 이용한 환경 분석 방법
US6919803B2 (en) * 2002-06-11 2005-07-19 Intelligent Technologies International Inc. Low power remote asset monitoring
US6873256B2 (en) * 2002-06-21 2005-03-29 Dorothy Lemelson Intelligent building alarm
US7479877B2 (en) * 2002-09-17 2009-01-20 Commerceguard Ab Method and system for utilizing multiple sensors for monitoring container security, contents and condition
US7154391B2 (en) * 2003-07-28 2006-12-26 Senstar-Stellar Corporation Compact security sensor system
US7916015B1 (en) * 2004-03-25 2011-03-29 The Johns Hopkins University System and method for monitoring environmental conditions
CN1870557B (zh) * 2006-05-11 2011-10-19 胡浩明 太阳能无线网络实时环境监测装置
CN200950292Y (zh) * 2006-09-25 2007-09-19 张小平 低功耗多指标野外土壤墒情远程监测系统
WO2008041983A2 (en) * 2006-10-05 2008-04-10 University Of Flordia Research Foundation, Inc. System for hydrogen sensing
US8638211B2 (en) * 2009-04-30 2014-01-28 Icontrol Networks, Inc. Configurable controller and interface for home SMA, phone and multimedia
EP2543216B1 (en) * 2010-03-04 2014-09-24 Quantislabs Ltd. System and methods for wireless sensor networks
US8385155B2 (en) * 2010-03-05 2013-02-26 Exelis Inc. Digital hydrophone
US8521453B1 (en) * 2010-03-15 2013-08-27 Berkeley Springs Instruments Llc Wireless sensor and data management system and method for monitoring the integrity of mechanical structures
KR101234617B1 (ko) * 2011-03-03 2013-02-19 (주) 파이시스네트웍스 저전력 가로등 구동 시스템 및 이를 이용한 저전력 센서 네트워크 기반의 가로등 원격감시시스템
JP2014519092A (ja) * 2011-05-13 2014-08-07 タトゥルテール ポータブル アラーム システムズ,インコーポレイテッドTattletale Portable Alarm Systems,Inc. 消音ボタンを備える民生用警報器
US8635500B2 (en) * 2011-08-09 2014-01-21 Alcatel Lucent System and method for powering redundant components
KR20130059156A (ko) * 2011-11-28 2013-06-05 한국전자통신연구원 사물의 위치 및 상태 관리 장치
JP2013152140A (ja) * 2012-01-25 2013-08-08 Seiko Instruments Inc 電子時計
US8952809B2 (en) * 2013-01-08 2015-02-10 At&T Intellectual Property I, L.P. Methods and apparatus to perform self-protection procedures on electronic devices
CN203055141U (zh) * 2013-01-24 2013-07-10 无锡清华信息科学与技术国家实验室物联网技术中心 一种基于无线传感器网络的二氧化碳监测系统
US9103805B2 (en) * 2013-03-15 2015-08-11 Leeo, Inc. Environmental measurement display system and method
US20150010438A1 (en) * 2013-07-08 2015-01-08 Iem Heng Mobile custom-made hand-held chemical detection device for interfacing with a smart device
CN103528623A (zh) * 2013-10-17 2014-01-22 苏州市职业大学 一种多功能环境监测仪
US9749595B2 (en) * 2014-02-14 2017-08-29 Metalligence Technology Corporation Security system and method thereof

Patent Citations (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3158445B2 (ja) * 1998-01-30 2001-04-23 セイコーエプソン株式会社 電気光学装置及びそれを用いた電子機器ならびに電気光学装置の製造方法
JP2003346271A (ja) * 2002-05-28 2003-12-05 Toshiba Corp 発電付き測定通信装置
JP2004355164A (ja) * 2003-05-28 2004-12-16 Nec Corp 監視端末装置
JP2005182643A (ja) * 2003-12-22 2005-07-07 National Agriculture & Bio-Oriented Research Organization 自然エネルギーで駆動する環境計測装置
JP2005236340A (ja) * 2004-01-21 2005-09-02 Matsushita Electric Ind Co Ltd 通信システム、通信装置及びプログラム
JP2008257449A (ja) * 2007-04-04 2008-10-23 Matsushita Electric Works Ltd データ収集装置
JP2009294814A (ja) * 2008-06-04 2009-12-17 Junya Hori センサ情報収集システム
JP2010072776A (ja) * 2008-09-17 2010-04-02 Hitachi Ltd データ管理システム
JP2012199887A (ja) * 2011-03-23 2012-10-18 Panasonic Corp センサ、センサモジュール、および設備端末制御システム
JP2013025663A (ja) * 2011-07-25 2013-02-04 Nakanihon Kensetsu Consultant Kk センサノード、機器監視システム、電池残量低下報知方法、異常報知方法
JP2013179468A (ja) * 2012-02-28 2013-09-09 Fujitsu Telecom Networks Ltd 無線管理システムおよび伝送管理方法

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2016223992A (ja) * 2015-06-03 2016-12-28 日置電機株式会社 計測信号記録装置
US9857769B2 (en) 2016-03-04 2018-01-02 Fuji Xerox Co., Ltd. Image forming apparatus and method and information processing system
KR20180120446A (ko) * 2017-04-27 2018-11-06 주식회사 더에스 솔라셀 모듈 및 비콘 기능이 있는 장치
KR102016934B1 (ko) * 2017-04-27 2019-09-02 주식회사 더에스 솔라셀 모듈 및 비콘 기능이 있는 장치
KR20190134860A (ko) * 2018-04-27 2019-12-05 박상근 스마트 농장 관리 시스템
KR102125915B1 (ko) * 2018-04-27 2020-06-23 박상근 스마트 농장 관리 시스템

Also Published As

Publication number Publication date
KR20150116065A (ko) 2015-10-15
KR101678728B1 (ko) 2016-11-23
CN104977040A (zh) 2015-10-14
US20160042630A1 (en) 2016-02-11
CN104977040B (zh) 2017-06-23
US9537670B2 (en) 2017-01-03

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6876733B2 (ja) 建造物の熱力学的モデルの生成および実施
US10764735B2 (en) Methods and apparatus for using smart environment devices via application program interfaces
US10048852B2 (en) Thermostat user interface
US10433032B2 (en) Dynamic distributed-sensor network for crowdsourced event detection
US10133443B2 (en) Systems and methods for smart home automation using a multifunction status and entry point icon
US10768644B2 (en) Camera data access based on subscription status
US9702579B2 (en) Strategic reduction of power usage in multi-sensing, wirelessly communicating learning thermostat
US10393398B2 (en) System and method for optimizing use of plug-in air conditioners and portable heaters
JP2019192261A (ja) 需要応答プログラムおよび事象を管理するためのシステム、装置、および方法
JP2017191612A (ja) スマートセンサーを装備した家のためのデバイス、方法、および関連する情報処理
US10132517B2 (en) Facilitating ambient temperature measurement accuracy in an HVAC controller having internal heat-generating components
US10557876B2 (en) System and method for home energy monitor and control
US10907844B2 (en) Multi-function home control system with control system hub and remote sensors
US9846443B2 (en) Methods and systems for data interchange between a network-connected thermostat and cloud-based management server
US10677484B2 (en) User control device and multi-function home control system
JP6776316B2 (ja) 需要応答イベント中におけるhvacシステムの制御
US9933177B2 (en) Enhanced automated environmental control system scheduling using a preference function
US9568973B2 (en) Remote energy management using persistent smart grid network context
EP2793097B1 (en) Thermostat for a HVAC
CN103890676B (zh) 用于控制hvac系统的恒温器和为恒温器产生时间表的方法
CN106796043B (zh) 温度控制方法和装置
US9534805B2 (en) Enclosure cooling using early compressor turn-off with extended fan operation
US10274914B2 (en) Smart-home device that self-qualifies for away-state functionality
US10571877B2 (en) Systems and methods for programming and controlling devices with sensor data and learning
CA2752987C (en) Low cost and flexible energy management system with a scheduling capability

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20160224

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20160329

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20160629

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20160829

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20161122

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20170217

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20170307