JP2015176381A - Information processing program, information processing unit, and information processing system - Google Patents

Information processing program, information processing unit, and information processing system Download PDF

Info

Publication number
JP2015176381A
JP2015176381A JP2014052770A JP2014052770A JP2015176381A JP 2015176381 A JP2015176381 A JP 2015176381A JP 2014052770 A JP2014052770 A JP 2014052770A JP 2014052770 A JP2014052770 A JP 2014052770A JP 2015176381 A JP2015176381 A JP 2015176381A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
information
takeover
setting
unit
execution
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2014052770A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
公秀 西尾
Kimihide Nishio
公秀 西尾
Original Assignee
株式会社リコー
Ricoh Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社リコー, Ricoh Co Ltd filed Critical 株式会社リコー
Priority to JP2014052770A priority Critical patent/JP2015176381A/en
Publication of JP2015176381A publication Critical patent/JP2015176381A/en
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To enable a user to freely define print setting information, and to change the print setting information into new print setting information in arbitrary timing.SOLUTION: A succession information generation part generates succession information with execution information for specifying propriety of succession of a unique identifier, and print setting information. A change part changes the content of the print setting information stored in a storage part which stores the print setting information and the succession information relevant to the print setting information. In addition, a succession execution part compares an identifier of the succession information of the print setting information which is stored in the storage part with an identifier of succession information which is added to the new print setting information when there is a succession request of the new print setting information, and performs update processing of the print setting information and the succession information which are stored in the storage part into the new print setting information and the succession information which is added to the new print setting information when both identifiers match to each other.

Description

本発明は、情報処理プログラム、情報処理装置、および情報処理システムに関する。   The present invention relates to an information processing program, an information processing apparatus, and an information processing system.

プリンタ、ホストコンピュータおよびクライアントコンピュータがネットワークを介して相互に接続されたシステムにおいて、クライアントコンピュータはホストコンピュータと同じプリンタドライバをインストールする必要がある。ネットワーク上の個々のクライアントコンピュータに、プリンタドライバをインストールするには非常にコストがかかる。   In a system in which a printer, a host computer, and a client computer are connected to each other via a network, the client computer needs to install the same printer driver as that of the host computer. Installing printer drivers on individual client computers on the network is very expensive.

この問題を解決する手法として、クライアントコンピュータがホストコンピュータからプリンタドライバをダウンロードしてインストールする「ポイント&プリント」と呼ばれるプリンタドライバのインストール形式が知られている。「ポイント&プリント」を用いることで、クライアントコンピュータはホストコンピュータをプリントサーバとして用いて、ネットワークプリンタで印刷を行うことができる。「ポイント&プリント」は、オペレーションシステム(OS)の標準機能となっている。   As a technique for solving this problem, a printer driver installation format called “point and print” in which a client computer downloads and installs a printer driver from a host computer is known. By using “Point & Print”, the client computer can use a host computer as a print server to perform printing with a network printer. “Point & Print” is a standard function of the operation system (OS).

特許文献1(特開2012−089003号公報)に、ホスト側で設定した標準の設定を、ポイント&プリントのクライアントの各ユーザのデフォルト設定として常に引き継がせることを可能とした情報処理装置が開示されている。この情報処理装置の場合、クライアントコンピュータの各ユーザがプリンタドライバの印刷設定を定義する際に、プリンタドライバの印刷設定ダイアログがプリンタフォルダから開かれたか否かを、印刷設定ダイアログのタイトル文字列を見て判断することで、各ユーザにプリンタフォルダから印刷設定を開いて操作させないようにする構成が開示されている。   Patent Document 1 (Japanese Patent Application Laid-Open No. 2012-089003) discloses an information processing apparatus capable of always taking over the standard setting set on the host side as the default setting of each user of the point & print client. ing. In the case of this information processing apparatus, when each user of the client computer defines the print setting of the printer driver, whether or not the print setting dialog of the printer driver is opened from the printer folder is checked by referring to the title character string of the print setting dialog. In other words, a configuration is disclosed in which each user is prevented from opening and operating print settings from a printer folder.

しかし、ユーザがプリンタフォルダから「印刷設定」を開き、設定を変えて保存した場合、ユーザのデフォルトの印刷設定が定義され、ホスト側の「標準の設定」UIで設定した印刷設定よりも、ユーザのデフォルトの印刷設定が優先されるようになる。そして、以後、ホスト側の「標準の設定」UIで設定した印刷設定が、引き継がれなくなる問題があった。   However, if the user opens “Print Settings” from the printer folder and saves the settings, the user's default print settings are defined, and the user's print settings set in the “Standard Settings” UI on the host side are defined. The default print settings will be prioritized. Thereafter, there is a problem that the print settings set in the “standard setting” UI on the host side cannot be inherited.

本発明は、上述の課題に鑑みてなされたものであり、ユーザが主情報を自由に定義できると共に、任意のタイミングで、主情報を新たな主情報に変更可能とした情報処理プログラム、情報処理装置、および情報処理システムの提供を目的とする。   The present invention has been made in view of the above-described problems, and an information processing program and information processing that allow a user to freely define main information and change main information to new main information at any timing. An object is to provide an apparatus and an information processing system.

上述した課題を解決し、目的を達成するために、本発明は、コンピュータを、一意の識別子、および、主情報の引き継ぎの可否を指定する実行情報を備えた引き継ぎ情報を生成する引き継ぎ情報生成部と、主情報および主情報に関連する引き継ぎ情報を記憶する記憶部に記憶された主情報の内容を変更するための変更部と、新たな主情報の引き継ぎ要求があった際に、新たな主情報に付加されている引き継ぎ情報の実行情報が、新たな主情報の引き継ぎを指示するものであった場合に、記憶部に記憶されている主情報の引き継ぎ情報の識別子と、新たな主情報に付加されている引き継ぎ情報の識別子とを比較し、両方の識別子が一致する場合に、記憶部に記憶されている主情報および引き継ぎ情報を、新たな主情報および新たな主情報に付加されている引き継ぎ情報に更新処理する引き継ぎ実施部として機能させる。   In order to solve the above-described problems and achieve the object, the present invention provides a takeover information generation unit that generates a takeover information including a unique identifier and execution information that specifies whether main information can be taken over. A change unit for changing the content of the main information stored in the storage unit for storing the main information and the transfer information related to the main information, and a new main information when there is a request to transfer the main information. When the execution information of the takeover information added to the information instructs to take over the new main information, the identifier of the takeover information of the main information stored in the storage unit and the new main information Compare the identifiers of the added handover information, and if both identifiers match, add the main information and handover information stored in the storage unit to the new main information and new main information. It is to function as the takeover execution unit for updating the takeover information is.

本発明によれば、ユーザが主情報を自由に定義できると共に、任意のタイミングで、主情報を新たな主情報に変更可能とできるという効果を奏する。   According to the present invention, the main information can be freely defined by the user, and the main information can be changed to new main information at an arbitrary timing.

図1は、ポイント&プリント環境を説明する図である。FIG. 1 is a diagram for explaining a point and print environment. 図2は、ポイント&プリント環境でのプリンタドライバの印刷設定と保存内容(デブモード)について説明するための図である。FIG. 2 is a diagram for explaining the print settings and stored contents (deb mode) of the printer driver in the point and print environment. 図3は、ユーザがデフォルト設定を定義でき、かつ、任意のタイミングで標準の設定を各ユーザのデフォルト設定に引き継がせることを可能とする手法を説明するための図である。FIG. 3 is a diagram for explaining a technique that allows a user to define a default setting and allows a standard setting to be inherited by the default setting of each user at an arbitrary timing. 図4は、ポイント&プリントで接続されたホストPCおよびクライアントPCを示すブロック図である。FIG. 4 is a block diagram showing a host PC and a client PC connected by point & print. 図5は、第1の実施の形態の情報処理システムのシステム構成図である。FIG. 5 is a system configuration diagram of the information processing system according to the first embodiment. 図6は、第1の実施の形態の情報処理システムに設けられているホストPCおよびクライアントPCのハードウェア構成図である。FIG. 6 is a hardware configuration diagram of the host PC and the client PC provided in the information processing system according to the first embodiment. 図7は、ポイント&プリント接続されたホストPCおよびクライアントPCを示す模式図である。FIG. 7 is a schematic diagram showing a host PC and a client PC connected by point & print. 図8は、引き継ぎ情報の構成の一例を示す図である。FIG. 8 is a diagram illustrating an example of the configuration of takeover information. 図9は、ホストPCの情報処理の流れを示すタイムチャート(シーケンス図)である。FIG. 9 is a time chart (sequence diagram) showing a flow of information processing of the host PC. 図10は、クライアントPCの情報処理の流れを示すタイムチャート(シーケンス図)である。FIG. 10 is a time chart (sequence diagram) showing a flow of information processing of the client PC. 図11は、ホストPC側の標準の設定(初期)の印刷設定画面を示す図である。FIG. 11 is a diagram illustrating a standard setting (initial) print setting screen on the host PC side. 図12は、ホストPCの管理者が標準の設定の引き継ぎを指示操作した後の印刷設定画面(引き継ぎオン時)を示す図である。FIG. 12 is a diagram showing a print setting screen (when takeover is on) after the administrator of the host PC gives an instruction to take over standard settings. 図13は、クライアントPCのユーザのデフォルト設定を示す印刷設定画面を示す図である。FIG. 13 is a diagram showing a print setting screen showing default settings of the user of the client PC. 図14は、ホストPCの標準の設定が引き継がれた、クライアントPCのデフォルト設定の印刷設定画面(引き継ぎ完了時)を示す図である。FIG. 14 is a diagram showing a print setting screen of default settings of the client PC (when handover is completed) in which the standard settings of the host PC are taken over. 図15は、ユーザがデフォルト設定を変更した後の印刷設定画面(引き継ぎ完了後にユーザが変更)を示す図である。FIG. 15 is a diagram illustrating a print setting screen (changed by the user after completion of handover) after the user has changed the default setting. 図16は、第1の実施の形態の変形例となる情報処理システムのシステム構成図である。FIG. 16 is a system configuration diagram of an information processing system which is a modified example of the first embodiment. 図17は、第2の実施の形態となる情報処理装置の機能ブロック図である。FIG. 17 is a functional block diagram of an information processing apparatus according to the second embodiment. 図18は、第2の実施の形態となる情報処理装置の情報処理の流れを示すタイムチャート(シーケンス図)である。FIG. 18 is a time chart (sequence diagram) illustrating a flow of information processing performed by the information processing apparatus according to the second embodiment.

以下に添付図面を参照して、情報処理プログラム、情報処理装置、および情報処理システムの実施の形態を詳細に説明する。   Hereinafter, embodiments of an information processing program, an information processing apparatus, and an information processing system will be described in detail with reference to the accompanying drawings.

(第1の実施の形態)
まず、図1は、ポイント&プリント環境を説明する図である。図1において、プリンタ1、ホストコンピュータ2およびクライアントコンピュータ3がネットワーク4を介して相互に接続されたシステムを示している。このようなシステムにおいて、クライアントコンピュータ(クライアントPC)3がホストコンピュータ(ホストPC)2からプリンタドライバをダウンロードしてインストールするインストール形式を「ポイント&プリント」と呼ぶ。多くの企業等では、プリンタドライバを、ポイント&プリント環境で使用する。システムメンテナンス担当者がホスト側でプリンタ設定および標準の印刷設定を行い、各ユーザは、一部の設定のみが変更可能となっている場合が多い。
(First embodiment)
First, FIG. 1 is a diagram for explaining a point and print environment. FIG. 1 shows a system in which a printer 1, a host computer 2, and a client computer 3 are connected to each other via a network 4. In such a system, an installation format in which the client computer (client PC) 3 downloads and installs the printer driver from the host computer (host PC) 2 is called “point and print”. Many companies use printer drivers in a point-and-print environment. In many cases, a person in charge of system maintenance performs printer settings and standard print settings on the host side, and each user can change only some of the settings.

プリンタドライバの印刷設定としては、3種類の印刷設定が可能となっている。1種類目の印刷設定は、ユーザのデフォルトの印刷設定(プリンタフォルダから開いた印刷設定)である。この印刷設定の開き方は、プリンタフォルダ→プリンタアイコン右クリック→プリンタプロパティ全般タブ→印刷設定の手順で開くようになっている。または、プリンタフォルダ→プリンタアイコン右クリック→印刷設定の手順で開くようになっている。この1種類目の印刷設定は、ユーザのデフォルトの印刷設定を設定することができる。設定した印刷設定は、設定したユーザにのみ有効となる。   Three types of print settings are possible as print settings for the printer driver. The first type of print setting is the user's default print setting (print setting opened from the printer folder). In order to open the print settings, the printer folder is opened, the printer icon is right-clicked, the printer properties general tab, and the print settings are opened. Alternatively, the printer folder is opened by right-clicking the printer icon → print setting. As the first type of print setting, a user's default print setting can be set. The set print settings are valid only for the set user.

2種類目の印刷設定は、アプリケーションの印刷設定(アプリケーションから開いた印刷設定)である。この印刷設定の開き方は、任意のアプリケーション→印刷→ドライバ選択→プロパティまたは詳細設定の手順で開くようになっている。この2種類目の印刷設定は、アプリケーションのデータを印刷する際の印刷設定である。設定画面を開かないで印刷する場合は、デフォルトの印刷設定が適用される。   The second type of print setting is an application print setting (a print setting opened from the application). This print setting is opened by a procedure of arbitrary application → print → driver selection → property or detailed setting. This second type of print setting is a print setting for printing application data. When printing without opening the setting screen, the default print settings are applied.

3種類目の印刷設定は、標準の印刷設定である。この印刷設定の 開き方は、プリンタフォルダ→プリンタアイコン右クリック→プリンタプロパティ詳細設定タブ→標準の設定(管理者権限ユーザのみ開くことが可能)の手順で開くようになっている。この3種類目の印刷設定は、プリンタドライバのデフォルトの印刷設定「デフォルトデブモード(Default Devmode)」の設定である。「デフォルトデブモード」は、ポイント&プリントを用いる全ユーザに対して有効となる。各ユーザに内容が引き継がれ、デフォルトとして使用される。また、ポイント&プリント時には、ホスト側で本設定を行うことで、クライアント側に設定を引き継がせることができる。ただし、ユーザが「ユーザのデフォルトの印刷設定」を設定している場合には、「ユーザのデフォルトの印刷設定」が優先されて用いられる。   The third type of print setting is a standard print setting. To open the print settings, follow the procedure of printer folder-> right-click printer icon-> printer property advanced settings tab-> standard settings (only administrator authority users can open). This third type of print setting is a default print setting “Default Devmode” of the printer driver. The “default fat mode” is valid for all users who use point and print. The contents are inherited by each user and used as a default. In addition, at the time of point & print, by performing this setting on the host side, the setting can be taken over on the client side. However, when the user has set “user default print setting”, “user default print setting” is used with priority.

通常、ポイント&プリントのホスト側の「標準の設定」のユーザインターフェイス(UI)で設定した印刷設定はポイント&プリントのクライアントに引き継がれる。これはオペレーションシステム(OS)の一般的な仕様である。   Normally, the print settings set in the “standard settings” user interface (UI) on the point and print host side are taken over by the point and print client. This is a general specification of an operation system (OS).

しかし、ユーザがプリンタフォルダから「印刷設定」を開き、設定を変えて保存すると、ユーザのデフォルトの印刷設定が定義される。ユーザのデフォルトの印刷設定が定義されると、ホスト側の「標準の設定」UIにて設定した印刷設定よりもユーザのデフォルトの印刷設定が優先され、以後、ホスト側の「標準の設定」UIにて設定した印刷設定が引き継がれなくなってしまう。   However, when the user opens “print settings” from the printer folder, changes the settings, and saves them, the user's default print settings are defined. When the user's default print settings are defined, the user's default print settings are given priority over the print settings set in the “standard settings” UI on the host side. Thereafter, the “standard settings” UI on the host side is given priority. The print settings set in step 5 are not carried over.

図2は、ポイント&プリント環境でのプリンタドライバの印刷設定と保存内容(デブモード)について説明するための図である。図2に示すように、ホストPC2側の標準の設定で設定した印刷設定内容は、デフォルトデブモード(Default Devmode)としてレジストリ8に保存される。デフォルトデブモードは、プリンタドライバのデフォルト印刷設定を示すものであり、ポイント&プリントのクライアントPC3にも引き継がれる。クライアントPC3側では、標準の設定の変更は制限される。   FIG. 2 is a diagram for explaining the print settings and stored contents (deb mode) of the printer driver in the point and print environment. As shown in FIG. 2, the print setting content set by the standard setting on the host PC 2 side is stored in the registry 8 as a default deb mode. The default deb mode indicates the default print setting of the printer driver, and is inherited by the point & print client PC 3. On the client PC 3 side, the change of the standard setting is restricted.

クライアントPC3側に引き継がれたデフォルトデブモードは、各ユーザのデブモード(Devmode)にも引き継がれ、ユーザのデフォルトの印刷設定となる。しかし、ユーザのデフォルトの印刷設定は、プリンタフォルダから印刷設定を行うことで変更可能である。このため、プリンタフォルダから印刷設定を行うと、以後、その設定が優先され、デフォルトデブモードの値が引き継がれなくなる。すなわち、ホスト側の設定が引き継がれなくなる。   The default deb mode inherited to the client PC 3 side is also inherited by the deb mode (Devmode) of each user and becomes the default print setting of the user. However, the user's default print settings can be changed by performing print settings from the printer folder. For this reason, if the print setting is performed from the printer folder, the setting is prioritized and the default deb mode value is not inherited. That is, the setting on the host side is not inherited.

また、図2に示すように、ユーザ毎のデブモードは、アプリケーションのデブモードに引き継がれる。このデブモードも、アプリケーションから印刷設定を開いて設定を行うと、以後、引き継がれなくなる。しかし、アプリケーションのデブモードは、アプリケーションを閉じればリセットされる。このため、再度アプリケーションを開き直すと、ユーザ毎のデブモードの設定がアプリケーションのデブモードにセットされる。   Moreover, as shown in FIG. 2, the fat mode for each user is taken over by the fat mode of the application. In the deb mode, when the print setting is opened from the application and the setting is made, it is not succeeded thereafter. However, the application's fat mode is reset when the application is closed. For this reason, when the application is opened again, the setting of the fat mode for each user is set to the fat mode of the application.

このように、ホストPC2側でセットした標準の設定は、クライアントPC3側のアプリケーションのデブモードまで引き継がれる。   In this way, the standard setting set on the host PC 2 side is inherited to the application debit mode on the client PC 3 side.

ここで、ユーザがプリンタフォルダから印刷設定を開いて操作することを禁止すれば、ホストPC2側で設定した標準の設定を、ポイント&プリントのクライアントPC3の各ユーザのデフォルト設定として常に引き継がせることができる。しかし、このようにすると、ホストPC2側で設定した標準の設定をクライアントPC3の各ユーザのデフォルト設定に常に引き継ぐことはできても、クライアントPC3の各ユーザがデフォルトの印刷設定を定義困難となる。   If the user is prohibited from opening and operating the print settings from the printer folder, the standard settings set on the host PC 2 side can always be inherited as the default settings for each user of the point & print client PC 3. it can. However, this makes it difficult for each user of the client PC 3 to define a default print setting even though the standard setting set on the host PC 2 side can always be taken over by the default setting of each user of the client PC 3.

これに対して、ユーザがプリンタフォルダから印刷設定を行うことを可能とすると、以後、その設定が優先され、ホストPC2側で設定したデフォルトデブモードの値が引き継がれなくなる。このような場合でもシステムとしては、ホストPC2側で設定した標準の設定を、任意のタイミングで、ポイント&プリントのクライアントの各ユーザのデフォルト設定として引き継ぎ可能とすることが好ましい。すなわち、ポイント&プリントのシステムとしては、ユーザごとのデフォルトの印刷設定を自由に定義できると共に、任意のタイミングで、ホスト側で設定した標準の設定に変更可能であることが好ましい。   On the other hand, if the user can make print settings from the printer folder, the settings are prioritized and the default deb mode value set on the host PC 2 side is not inherited. Even in such a case, the system preferably allows the standard setting set on the host PC 2 side to be taken over as the default setting of each user of the point & print client at an arbitrary timing. That is, it is preferable that the point & print system can freely define a default print setting for each user and can change to a standard setting set on the host side at an arbitrary timing.

1台のパーソナルコンピュータ(PC)であれば、図3に示す手法を用いることで、各ユーザがデフォルト設定を定義でき、かつ、任意のタイミングで標準の設定を各ユーザのデフォルト設定に引き継がせることができる。この図3に示す手法の場合、パーソナルコンピュータに、ユーザのデフォルトの印刷設定に対する標準の設定10の引き継ぎの有無を示す引き継ぎ情報11を、例えばレジストリまたはランゲージモニタ(Language Monitor)等の、プリンタドライバ12が参照できる場所に記憶する。図3に示す例の場合、標準の設定10の設定項目として、引き継ぎを実施するか否かを示す情報11を持たせている。   If a single personal computer (PC) is used, each user can define a default setting by using the method shown in FIG. 3, and the standard setting can be transferred to the default setting of each user at an arbitrary timing. Can do. In the case of the method shown in FIG. 3, hand-over information 11 indicating the presence / absence of hand-over of the standard setting 10 to the user's default print setting is stored in the personal computer, for example, a printer driver 12 such as a registry or a language monitor. Remember where it can be referenced. In the case of the example shown in FIG. 3, information 11 indicating whether or not to take over is provided as a setting item of the standard setting 10.

次に、引き継ぎのタイミングで、上述の引き継ぎ情報11を、標準の設定10を引き継ぐことを示す引き継ぎ情報11に変更する。プリンタドライバ12は、印刷実行時、または印刷設定のUIを開くタイミングで標準の設定10を参照し、標準の設定10をユーザのデフォルトの印刷設定に引き継がせる処理を実施するか否かを判断する(ステップS1,ステップS2)。   Next, at the takeover timing, the above takeover information 11 is changed to takeover information 11 indicating that the standard setting 10 is taken over. The printer driver 12 refers to the standard setting 10 at the time of executing printing or at the timing of opening the print setting UI, and determines whether or not to execute a process for passing the standard setting 10 to the user's default print setting. (Step S1, Step S2).

次に、プリンタドライバ12は、標準の設定10に「標準の設定10を引き継がせること」を示す引き継ぎ情報11を検出した場合、標準の設定10を、すべてのユーザのデフォルトの印刷設定に引き継ぐ。引き継ぐ方法としては、各ユーザのデフォルトの印刷設定を削除、または、標準の設定10のすべての設定値を各ユーザのデフォルトの印刷設定の設定値に置き換える(ステップS3)。   Next, when the printer driver 12 detects the inheritance information 11 indicating that the standard setting 10 “takes over the standard setting 10”, the printer driver 12 inherits the standard setting 10 to the default print settings of all users. As a method of taking over, the default print setting of each user is deleted, or all the setting values of the standard setting 10 are replaced with the setting values of the default print setting of each user (step S3).

次に、プリンタドライバ12は、印刷実行時、印刷設定のUIを開くときに、標準の設定10を常に参照するため、「標準の設定10を引き継がせる」という引き継ぎ情報11が存在している限り、引き継ぎ処理が実行される。そして、このままでは、各ユーザがデフォルトの印刷設定を定義困難となる。このため、プリンタドライバ12は、すべてのユーザのデフォルトの印刷設定への引き継ぎが完了した後、標準の設定10をユーザのデフォルトの印刷設定に引き継がせるか否かという引き継ぎ情報11を、「引き継ぎを実施しない」ことを示す引き継ぎ情報に変更する(ステップS4)。このような手法を用いることで、1台のパーソナルコンピュータにおいて、各ユーザがデフォルト設定を定義でき、かつ、任意のタイミングで標準の設定10を各ユーザのデフォルト設定に引き継がせることができる。   Next, since the printer driver 12 always refers to the standard setting 10 when opening the print setting UI at the time of printing, as long as the handover information 11 that “can inherit the standard setting 10” exists is present. The takeover process is executed. In this state, it is difficult for each user to define default print settings. For this reason, after the handover to the default print setting of all users is completed, the printer driver 12 sets the transfer information 11 indicating whether or not the standard setting 10 is to be transferred to the user's default print setting. The information is changed to takeover information indicating "not implemented" (step S4). By using such a method, each user can define a default setting in one personal computer, and the standard setting 10 can be taken over by the default setting of each user at an arbitrary timing.

次に、図3を用いて説明した手法を、図4に示すようにポイント&プリントで接続されたホストPC2およびクライアントPC3に適用した場合を説明する。このようにポイント&プリントで接続されている場合、ホストPC2のプリンタドライバ15とクライアントPC3のプリンタドライバ20の標準の設定16,21は、オペレーションシステムの仕組みで引き継がれる。このため、ホストPC2の標準の設定16で、「標準の設定を引き継ぐ」という引き継ぎ情報17を持たせれば、クライアントPC3の標準の設定21でも、「標準の設定を引き継ぐ」という引き継ぎ情報22が設定される。   Next, a case where the method described with reference to FIG. 3 is applied to the host PC 2 and the client PC 3 connected by point & print as shown in FIG. 4 will be described. In the case of connection by point & print in this way, the standard settings 16 and 21 of the printer driver 15 of the host PC 2 and the printer driver 20 of the client PC 3 are inherited by the operation system mechanism. For this reason, if the standard setting 16 of the host PC 2 has the takeover information 17 “take over the standard setting”, the takeover information 22 “take over the standard setting” is also set in the standard setting 21 of the client PC 3. Is done.

このように、ポイント&プリントによる環境下でも、ステップS11〜ステップS13に示すように、上述の図3で説明した手法と同様の手法で、標準の設定16をユーザのデフォルト設定に引き継がせることが可能である。   As described above, even in an environment based on point and print, as shown in steps S11 to S13, the standard setting 16 can be transferred to the user default setting by the same method as described in FIG. Is possible.

しかし、ポイント&プリントによる環境下におけるクライアントPC3からは、標準の設定21を変更することができない。このため、図3のステップS4に示した「引き継ぎを実施しないように変更する処理」を行うことができない。一旦、引き継ぎが完了した後は、引き継ぎを止める変更はできないため、ホストPC2の標準の設定16に「標準の設定を引き継がせる」という引き継ぎ情報17が存在し続ける。その結果、クライアントPC3では、引き継ぎ処理が常に実行されてしまい、クライアントPC3の各ユーザはデフォルトの印刷設定を定義困難となる。   However, the standard setting 21 cannot be changed from the client PC 3 in the point & print environment. For this reason, the “processing to change so as not to carry over” shown in step S4 of FIG. 3 cannot be performed. Once the takeover is completed, it is impossible to change the takeover, and therefore, the takeover information 17 indicating that the standard setting 16 of the host PC 2 can be taken over continues to exist. As a result, the takeover processing is always executed in the client PC 3, and it becomes difficult for each user of the client PC 3 to define default print settings.

(第1の実施の形態)
このようなことから、本発明の第1の実施の形態となる情報処理システムは、ポイント&プリントのシステムとして、ユーザ毎のデフォルトの印刷設定情報を自由に定義できると共に、任意のタイミングで、ホスト側で設定した標準の設定に変更可能となっている。なお、印刷設定情報は、主情報の一例である。図5は、第1の実施の形態となる情報処理システムのシステム構成図である。この図5に示すように第1の実施の形態の情報処理システムは、複数のプリンタ1、1以上のホストPC2、および1以上のクライアントPC3を、ネットワーク4を介して相互に接続して、ポイント&プリントによる環境を形成している。
(First embodiment)
For this reason, the information processing system according to the first embodiment of the present invention can freely define default print setting information for each user as a point and print system, and at any timing, the host. It can be changed to the standard setting set on the side. The print setting information is an example of main information. FIG. 5 is a system configuration diagram of the information processing system according to the first embodiment. As shown in FIG. 5, the information processing system according to the first embodiment connects a plurality of printers 1, one or more host PCs 2, and one or more client PCs 3 to each other via a network 4. & Print environment.

図6は、ホストPC2およびクライアントPC3のハードウェア構成図である。図6に示すように各PC2,3は、CPU25、RAM26、ROM27、HDD28、およびI/F29が、バスライン30を介して相互に接続されている。また、I/F29には、表示部(LCD)31および操作部32が接続されている。CPUは、「Central Processing Unit」の略記である。RAMは、「Random Access Memory」の略記である。ROMは、「Read Only Memory」の略記である。HDDは、「Hard Disk Drive」の略記である。I/Fは、「interface」の略記である。LCDは、「Liquid Crystal Display」の略記である。   FIG. 6 is a hardware configuration diagram of the host PC 2 and the client PC 3. As shown in FIG. 6, in each of the PCs 2 and 3, a CPU 25, a RAM 26, a ROM 27, an HDD 28, and an I / F 29 are connected to each other via a bus line 30. A display unit (LCD) 31 and an operation unit 32 are connected to the I / F 29. CPU is an abbreviation for “Central Processing Unit”. RAM is an abbreviation for “Random Access Memory”. ROM is an abbreviation for “Read Only Memory”. HDD is an abbreviation for “Hard Disk Drive”. I / F is an abbreviation for “interface”. LCD is an abbreviation for “Liquid Crystal Display”.

CPU25は、ホストPC2またはクライアントPC3の全体の動作を制御する。RAM26は、情報の高速な読み書きが可能な揮発性の記憶媒体であり、CPU25が情報を処理する際の作業領域として用いられる。ROM27は、読み出し専用の不揮発性記憶媒体であり、ファームウェア等のプログラムが記憶されている。HDD28は、情報の読み書きが可能な不揮発性の記憶媒体であり、オペレーティングシステム(OS)、各種の制御プログラム、アプリケーションプログラム等が記憶されている。一例ではあるが、ホストPC2またはクライアントPC3の情報処理プログラムも、HDD28に記憶されている。なお、情報処理プログラムは、RAM26またはROM27に記憶してもよい。   The CPU 25 controls the overall operation of the host PC 2 or the client PC 3. The RAM 26 is a volatile storage medium capable of reading and writing information at high speed, and is used as a work area when the CPU 25 processes information. The ROM 27 is a read-only nonvolatile storage medium, and stores programs such as firmware. The HDD 28 is a non-volatile storage medium that can read and write information, and stores an operating system (OS), various control programs, application programs, and the like. Although an example, the information processing program of the host PC 2 or the client PC 3 is also stored in the HDD 28. The information processing program may be stored in the RAM 26 or the ROM 27.

I/F29は、LCD31および操作部32に対する入出力の仲介を図る。LCD31は、ユーザがホストPC2またはクライアントPC3の状態を確認するための視覚的ユーザインタフェイスである。 操作部32は、キーボードおよびマウス装置等の、ユーザがホストPC2またはクライアントPC3に情報を入力するためのユーザインタフェイスである。   The I / F 29 mediates input / output for the LCD 31 and the operation unit 32. The LCD 31 is a visual user interface for the user to check the state of the host PC 2 or the client PC 3. The operation unit 32 is a user interface such as a keyboard and a mouse device for the user to input information to the host PC 2 or the client PC 3.

図7は、ポイント&プリント接続されたホストPC2およびクライアントPC3を示す模式図である。ホストPC2にインストールされているプリンタドライバ35は、UI部36、描画部37、引き継ぎ情報生成部38、および引き継ぎ実施部39の各機能を有している。クライアントPC3にインストールされているプリンタドライバ41の機能も、プリンタドライバ35と同様であり、UI部42、描画部43、引き継ぎ情報生成部44、および引き継ぎ実施部45の各機能を有している。なお、プリンタドライバ35およびプリンタドライバ41の各部36〜39,42〜45の機能は、全部をソフトウェアで形成してもよいし、一部または全部をハードウェアで形成してもよい。   FIG. 7 is a schematic diagram showing the host PC 2 and the client PC 3 that are point-and-print connected. The printer driver 35 installed in the host PC 2 has functions of a UI unit 36, a drawing unit 37, a takeover information generation unit 38, and a takeover execution unit 39. The function of the printer driver 41 installed in the client PC 3 is the same as that of the printer driver 35, and has functions of a UI unit 42, a drawing unit 43, a takeover information generation unit 44, and a takeover execution unit 45. The functions of the units 36 to 39 and 42 to 45 of the printer driver 35 and the printer driver 41 may be formed entirely by software, or part or all may be formed by hardware.

このような情報処理システムにおいて、ホストPC2の標準の設定50は、クライアントPC3に引き継がれる。UI部36は、引き継ぎ情報生成部38に対して、引き継ぎ情報51の生成を要求する。引き継ぎ情報生成部38は、引き継ぎ情報51を、標準の設定50としてレジストリ(またはランゲージモニタ)等の記憶部に保存する。クライアントPC3のUI部42および描画部43は、引き継ぎ実施部45に、引き継ぎの実施を要求する。引き継ぎ実施部45は、標準の設定50を取得してユーザのデフォルト設定54に反映させる。   In such an information processing system, the standard setting 50 of the host PC 2 is taken over by the client PC 3. The UI unit 36 requests the takeover information generation unit 38 to generate the takeover information 51. The takeover information generation unit 38 saves the takeover information 51 as a standard setting 50 in a storage unit such as a registry (or a language monitor). The UI unit 42 and the drawing unit 43 of the client PC 3 request the takeover execution unit 45 to execute the takeover. The takeover execution unit 45 acquires the standard setting 50 and reflects it in the user default setting 54.

図8は、引き継ぎ情報51の構成の一例を示す図である。引き継ぎ情報51は、識別子60と、引き継ぎを実施するか否かを示す実行情報61とを有している。識別子60としては、一意に判別可能な値が用いられている。一例として、日付を示す数値と時刻を示す数値とを合わせた値(日付+時刻)を用いる場合、例えば2013年1月1日の時刻12時30分の数値を合わせて、識別子60としては、「201301011230」の値が用いられる。実行情報61は、引き継ぎ実施部39,45が引き継ぎを実施するか否かを判断可能な値である。実行情報61としては、例えばTrue(1)、False(0)の2値が用いられる。   FIG. 8 is a diagram illustrating an example of the configuration of the takeover information 51. The takeover information 51 includes an identifier 60 and execution information 61 indicating whether or not to take over. As the identifier 60, a value that can be uniquely identified is used. As an example, when using a value (date + time) in which a numerical value indicating a date and a numerical value indicating a time are used, for example, a numerical value of 12:30 on January 1, 2013 is combined, A value of “201301101230” is used. The execution information 61 is a value by which the takeover execution units 39 and 45 can determine whether or not to take over. As the execution information 61, for example, binary values of True (1) and False (0) are used.

図9に、ホストPC2の情報処理の流れを示すタイムチャート(シーケンス図)を示す。なお、図9に示すシーケンス図と、図10に示し後述するクライアントPC3の情報処理の流れを示すタイムチャート(シーケンス図)は、時系列的につながっているものとする。   FIG. 9 shows a time chart (sequence diagram) showing the information processing flow of the host PC 2. Note that the sequence diagram shown in FIG. 9 and the time chart (sequence diagram) showing the information processing flow of the client PC 3 shown in FIG. 10 and described later are connected in time series.

図9のシーケンス図において、ステップS21で、管理者がプリンタドライバのUI部36を立ち上げると、UI部36は、ステップS22において、引き継ぎ実施部39に引き継ぎ実施要求を行う。引き継ぎ実施部39は、ステップS23において、ホストPC2およびクライアントPC3のうち、どちらのPCとして動作しているか(現在の動作環境)を判別する。現在の動作環境がホストPC2であると判別した場合、引き継ぎ実施部39は、引き継ぎ処理を実施しない。図9に示す例は、現在の動作環境がホストPC2の場合であるため、引き継ぎ実施部39は、引き継ぎ処理を実施しない。   In the sequence diagram of FIG. 9, when the administrator starts up the UI unit 36 of the printer driver in step S21, the UI unit 36 makes a takeover execution request to the takeover execution unit 39 in step S22. In step S23, the takeover executing unit 39 determines which of the host PC 2 and the client PC 3 is operating (current operating environment). When it is determined that the current operating environment is the host PC 2, the takeover execution unit 39 does not perform the takeover process. In the example shown in FIG. 9, since the current operating environment is the host PC 2, the takeover execution unit 39 does not execute the takeover process.

次に、管理者は、ステップS24において、プリンタドライバ35のUI部36に、クライアントPC3に対する標準の設定50の引き継ぎ処理実施を要求する。UI部36は、標準の設定50の引き継ぎ処理の実施が要求されると、ステップS25において、引き継ぎ情報生成部38に引き継ぎ情報の生成を要求する。引き継ぎ情報生成部38は、ステップS26において、引き継ぎ情報51を生成する。この場合の引き継ぎ情報51としては、ホストPC2側の引き継ぎ情報51が引き継がれるため、図8を用いて説明したように、現在の日付+時刻(2013年1月1日12時30分→201301011230)の値を用いた識別子60と、引き継ぎを実施することを示す「する:True:1」との実行情報61とが付加された引き継ぎ情報51が生成される。   Next, in step S <b> 24, the administrator requests the UI unit 36 of the printer driver 35 to execute the takeover process of the standard setting 50 for the client PC 3. When it is requested that the standard setting 50 takeover processing be performed, the UI unit 36 requests the takeover information generation unit 38 to generate takeover information in step S25. The takeover information generation unit 38 generates takeover information 51 in step S26. Since the takeover information 51 on the host PC 2 side is taken over as the takeover information 51 in this case, as described with reference to FIG. 8, the current date + time (January 1, 2013 12: 30 → 201301011230) The inheritance information 51 is generated to which the identifier 60 using the value of and the execution information 61 of “Yes: True: 1” indicating that the inheritance is to be performed are added.

引き継ぎ情報生成部38は、ステップS26で生成した引き継ぎ情報51を、ステップS27において、標準の設定50としてレジストリ等の記憶部に保存する。これにより、ホストPC2側の標準の設定50に、例えば「201301011230」の識別子60、および「引き継ぎ実施:する(1)」という実行情報61を有する引き継ぎ情報51が保存された状態になる。   The takeover information generation unit 38 stores the takeover information 51 generated in step S26 in a storage unit such as a registry as the standard setting 50 in step S27. As a result, the takeover information 51 having the identifier 60 of “201301011230” and the execution information 61 of “takeover: execute (1)” is stored in the standard setting 50 on the host PC 2 side.

次に、図10に、クライアントPC3の情報処理の流れを示すタイムチャート(シーケンス図)を示す。なお、図9に示したホストPC2のシーケンス図と、以下に説明する図10のクライアントPC3のシーケンス図は、時系列的につながっているものとする。すなわち、クライアントPC3側には、図9のシーケンス図で設定されたホストPC2側の標準の設定50が引き継がれていることとする(OSの仕組み)。   Next, FIG. 10 shows a time chart (sequence diagram) showing the information processing flow of the client PC 3. Note that the sequence diagram of the host PC 2 shown in FIG. 9 and the sequence diagram of the client PC 3 of FIG. 10 described below are connected in time series. That is, it is assumed that the standard setting 50 on the host PC 2 side set in the sequence diagram of FIG. 9 is inherited on the client PC 3 side (OS mechanism).

図10のシーケンス図のステップS31において、ユーザAがUI部42を立ち上げ操作すると、UI部42は、ステップS32において、ホストPC2から引き継いだ標準の設定50の引き継ぎ実施を、引き継ぎ実施部45に要求する。引き継ぎ実施部45は、現在の動作環境が、ホストPC2側であるか、クライアントPC3側であるかを判断する。この例では、クライアントPC3の環境で動作しているため、引き継ぎ実施部45は、引き継ぎ実施処理を続行し、ステップS33において、標準の設定50から引き継ぎ情報51を取得する。引き継ぎ情報51は、ホストPC2から引き継がれた値が設定されているため、識別子60は201301011230、実行情報61は、引き継ぎを実施することを示す「する(1)」となっている。   In step S31 of the sequence diagram of FIG. 10, when the user A starts up the UI unit 42, the UI unit 42 causes the takeover execution unit 45 to take over the standard setting 50 inherited from the host PC 2 in step S32. Request. The takeover execution unit 45 determines whether the current operating environment is the host PC 2 side or the client PC 3 side. In this example, since the operation is performed in the environment of the client PC 3, the takeover execution unit 45 continues the takeover execution process, and acquires the takeover information 51 from the standard setting 50 in step S33. Since the takeover information 51 is set to a value taken over from the host PC 2, the identifier 60 is 201301011230, and the execution information 61 is “Yes (1)” indicating that the takeover is performed.

次に、実行情報61が、引き継ぎを実施することを示す「する(1)」となっているため、引き継ぎ実施部45は、ステップS34において、ユーザAのデフォルト設定54の引き継ぎ情報56を取得する。ここでは、例として、デフォルト設定54から取得した引き継ぎ情報56に含まれる識別子60は、「201205050505(2012年5月5日の5時5分)」とする。 引き継ぎ実施部45は、ステップS33で取得した、ホストPC2から引き継いだ引き継ぎ情報51の識別子60と、ステップS34で取得した、ユーザAのデフォルト設定54の引き継ぎ情報56の識別子60を比較する。比較の結果、両者が異なる値であった場合、引き継ぎ実施部45は、ステップS35において、ホストPC2側の引き継ぎ情報51の引き継ぎを実施する。なお、引き継ぎの実施は、引き継ぎ情報51の実行情報61が、引き継ぎの実施を「する(1)」となっていることが前提である。上述の比較の結果、両者が異なる値の場合であっても、引き継ぎ情報51の実行情報61が、引き継ぎの実施を「しない(0)」となっている場合には、引き継ぎ実施部45は、引き継ぎの実施を行わない。   Next, since the execution information 61 is “Yes (1)” indicating that the handover is performed, the handover execution unit 45 acquires the handover information 56 of the default setting 54 of the user A in step S34. . Here, as an example, the identifier 60 included in the takeover information 56 acquired from the default setting 54 is “201205050505 (5:05 on May 5, 2012)”. The takeover executing unit 45 compares the identifier 60 of the takeover information 51 taken over from the host PC 2 acquired in step S33 with the identifier 60 of the takeover information 56 of the default setting 54 of the user A acquired in step S34. If both values are different as a result of the comparison, the takeover execution unit 45 takes over the takeover information 51 on the host PC 2 side in step S35. Note that the execution of the takeover is based on the premise that the execution information 61 of the takeover information 51 is “perform (1)” to execute the takeover. As a result of the above comparison, if the execution information 61 of the takeover information 51 is “do not execute (0)” even if both are different values, the takeover execution unit 45 Do not take over.

次に、引き継ぎを行う場合、引き継ぎ実施部45は、ユーザAのデフォルト設定(devmode)54をレジストリから削除する。ユーザのデフォルト設定54がなければ、引き継ぎ実施部45は、OSの仕様として標準の設定50をデフォルト設定54としてレジストリに保存する。また、引き継ぎを行う場合、引き継ぎ実施部45は、ユーザAのデフォルト設定(devmode)54の各設定値に対して、対応する標準の設定50の設定値をそれぞれ反映させる。   Next, when taking over, the takeover executing unit 45 deletes the default setting (devmode) 54 of the user A from the registry. If there is no user default setting 54, the takeover execution unit 45 saves the standard setting 50 as the default setting 54 in the registry as the OS specification. When taking over, the takeover execution unit 45 reflects the setting value of the corresponding standard setting 50 on each setting value of the default setting (devmode) 54 of the user A.

なお、ユーザが複数存在した場合、引き継ぎ実施部45は、ステップS34で説明したように、ユーザAのデフォルト設定54と同様に、全てのユーザのデフォルト設定54から引き継ぎ情報56を取得する。そして、引き継ぎ実施部45は、ホストPC2から引き継いだ標準の設定50の引き継ぎ情報51と、デフォルト設定54の引き継ぎ情報56とが異なる場合に、引き継ぎを実施する。これにより、ホストPC2側の標準の設定50を、全ユーザのデフォルト設定54に引き継がせることができる。   When there are a plurality of users, the takeover executing unit 45 acquires the takeover information 56 from the default settings 54 of all users, as with the default settings 54 of the user A, as described in step S34. The takeover executing unit 45 executes takeover when the takeover information 51 of the standard setting 50 taken over from the host PC 2 and the takeover information 56 of the default setting 54 are different. As a result, the standard setting 50 on the host PC 2 side can be inherited by the default setting 54 for all users.

このように、実施の形態の情報処理システムにおいては、ホストPC2側において、ユニークな識別子60および引き継ぎの実施の可否を指定する実行情報61を付加した標準の設定50を生成する。ホストPC2で生成された標準の設定50および引き継ぎ情報51は、図7に示す例においては、標準の設定50および引き継ぎ情報51としてクライアントPC3側に引き継がれている。   As described above, in the information processing system according to the embodiment, the standard setting 50 to which the unique identifier 60 and the execution information 61 designating whether or not to take over is added is generated on the host PC 2 side. In the example shown in FIG. 7, the standard setting 50 and the takeover information 51 generated by the host PC 2 are taken over as the standard setting 50 and the takeover information 51 to the client PC 3 side.

クライアントPC3は、標準の設定50の実行情報61が引き継ぎの実施を「する(1)」になっている場合において、ホストPC2から引き継いだ標準の設定50の識別子60と、ユーザAのデフォルト設定54の識別子60とを比較する。そして、比較した両者が一致した場合は、ユーザAのデフォルト設定54に、ホストPC2の標準の設定50が引き継がれているため、引き継ぎの処理を実行しない。これに対し、比較した両者が一致しない場合は、ユーザAのデフォルト設定54に、ホストPC2の標準の設定50が引き継がれていないことを意味する。このため、ユーザAのデフォルト設定54に、ホストPC2の標準の設定50の引き継ぎを実行処理する。   When the execution information 61 of the standard setting 50 is “execute (1)” for the client PC 3, the identifier 60 of the standard setting 50 inherited from the host PC 2 and the default setting 54 of the user A Is compared with the identifier 60. If the compared values match, the standard setting 50 of the host PC 2 has been taken over by the default setting 54 of the user A, and the takeover process is not executed. On the other hand, if the two compared do not match, it means that the standard setting 50 of the host PC 2 is not succeeded to the default setting 54 of the user A. For this reason, the inheritance of the standard setting 50 of the host PC 2 to the default setting 54 of the user A is executed.

これにより、ホストPC2側は、標準の設定50に対して、引き継ぎの実施を指示する「する(1)」の実行情報61と共に、前回とは異なる識別子60を付加することで、クライアントPC3側のユーザのデフォルト設定に対して、ホストPC2側の標準の設定50を、任意のタイミングで引き継がせることができる。   As a result, the host PC 2 side adds the identifier 60 different from the previous one together with the execution information 61 of “Yes (1)” instructing execution of the handover to the standard setting 50, so that the client PC 3 side The standard setting 50 on the host PC 2 side can be taken over at an arbitrary timing with respect to the user default setting.

次に、ステップS36において、ユーザAが、ステップS31で立ち上げた印刷設定のUIで印刷設定を変更したとする。例として、ここでは両面を「オフ」から「長辺綴じ」に変更したとする。印刷設定が変更されると、UI部42は、ステップS37において、ユーザAのデフォルト設定54に変更後の印刷設定(この例の場合、「長辺綴じ」の設定)を保存する。   Next, in step S36, it is assumed that the user A changes the print setting using the print setting UI launched in step S31. As an example, it is assumed here that both sides are changed from “off” to “long edge binding”. When the print setting is changed, the UI unit 42 stores the changed print setting (the setting of “long edge binding” in this example) in the default setting 54 of the user A in step S37.

次に、ステップS38でユーザAが印刷を実行する。なお、図10では、ユーザAがUI部42に直接、印刷実行するように描かれているが、具体的には、印刷機能を備えた文章作成アプリケーション等から印刷実行される。   Next, in step S38, the user A performs printing. In FIG. 10, the user A is depicted as performing printing directly on the UI unit 42, but specifically, printing is performed from a text creation application or the like having a printing function.

次に、印刷実行されると、ステップS39において、描画部43は、引き継ぎ実施部45に引き継ぎ実施要求を行う。引き継ぎ実施部45は、ステップS40において、標準の設定50から引き継ぎ情報51を取得する。ここで取得した引き継ぎ情報51は、ホストPC2から引き継がれた値であるため、識別子60は201301011230、実行情報61は、引き継ぎを実施することを示す「する(1)」となっている。また、引き継ぎ実施部45は、ステップS41において、ユーザAのデフォルト設定54の引き継ぎ情報56を取得する。   Next, when printing is executed, the drawing unit 43 sends a takeover execution request to the takeover execution unit 45 in step S39. In step S40, the takeover executing unit 45 acquires the takeover information 51 from the standard setting 50. Since the takeover information 51 acquired here is a value taken over from the host PC 2, the identifier 60 is 201301011230, and the execution information 61 is “Yes (1)” indicating that the takeover is performed. In step S41, the takeover execution unit 45 acquires the takeover information 56 of the default setting 54 of the user A.

引き継ぎ実施部45は、ホストPC2から引き継いだ標準の設定50の引き継ぎ情報51と、デフォルト設定54の引き継ぎ情報56とを比較する。ステップS37において、ユーザAの印刷設定の変更操作により、デフォルト設定54に対して、「長辺綴じ」の印刷設定が保存されたが、デフォルト設定54の識別子60は、ホストPC2から引き継がれたままの値(201301011230)である(変更無し)。ホストPC2から引き継いだ標準の設定50の引き継ぎ情報51の識別子60と、デフォルト設定54の引き継ぎ情報56の識別子60とが同じ値である場合、引き継ぎ実施部45は、デフォルト設定54に対する標準の設定50の引き継ぎは、実施しない。これにより、ユーザAがステップS36で変更した「両面「長辺綴じ」」の印刷設定を維持できる。すなわち、ユーザAが任意のタイミングでデフォルト設定54を定義可能とすることができる。   The takeover executing unit 45 compares the takeover information 51 of the standard setting 50 taken over from the host PC 2 with the takeover information 56 of the default setting 54. In step S <b> 37, the print setting of “long edge binding” is stored in the default setting 54 by the user A print setting changing operation, but the identifier 60 of the default setting 54 is still taken over from the host PC 2. Value (201301011230) (no change). When the identifier 60 of the inheritance information 51 of the standard setting 50 inherited from the host PC 2 and the identifier 60 of the inheritance information 56 of the default setting 54 have the same value, the inheritance execution unit 45 sets the standard setting 50 for the default setting 54. Will not be taken over. Thereby, the print setting of “both sides“ long side binding ”” changed by the user A in step S36 can be maintained. That is, the user A can define the default setting 54 at an arbitrary timing.

なお、図10のステップS42に示すようにユーザが引き継ぎ実施要求操作を行った場合、この引き継ぎ実施要求は、ステップS43に示すようにUI部42から引き継ぎ情報生成部44に送信される。しかし、クライアントPC3においては、ユーザAが引き継ぎ実施要求操作を行った場合でも、引き継ぎ情報生成部44は、ホストPC2の標準の設定50をデフォルト設定54に引き継ぐ処理を実行しないようになっている。   When the user performs a takeover execution request operation as shown in step S42 in FIG. 10, this takeover execution request is transmitted from the UI unit 42 to the takeover information generation unit 44 as shown in step S43. However, in the client PC 3, even when the user A performs a takeover execution request operation, the takeover information generation unit 44 does not execute a process of taking over the standard setting 50 of the host PC 2 to the default setting 54.

次に、図9および図10に示したシーケンス図の各処理に応じて変遷する印刷設定画面の例を図11〜図15に示す。図11は、図9のステップS21で表示される、ホストPC2側の標準の設定(初期)の印刷設定画面である。この図11の例は、両面の設定項目が「短辺綴じ」に設定され、集約の設定項目が「2in1」に設定され、標準の設定を引き継ぐか否かを設定するための項目が「オフ」に設定されている。   Next, FIGS. 11 to 15 show examples of print setting screens that change in accordance with the processes in the sequence diagrams shown in FIGS. 9 and 10. FIG. 11 shows a standard (initial) print setting screen on the host PC 2 side displayed in step S21 of FIG. In the example of FIG. 11, the setting item for both sides is set to “short edge binding”, the setting item for aggregation is set to “2 in 1”, and the item for setting whether to inherit the standard setting is “off”. "Is set.

図12は、図9のステップS24で、ホストPC2の管理者が標準の設定の引き継ぎを指示操作した後の印刷設定画面(引き継ぎオン時)である。この図12の例の場合、標準の設定を引き継ぐか否かを設定するための項目が「オン」に設定されている。   FIG. 12 shows a print setting screen (when takeover is on) after the administrator of the host PC 2 instructs to take over the standard setting in step S24 of FIG. In the example of FIG. 12, the item for setting whether or not to inherit the standard setting is set to “ON”.

図13は、図10のステップS31の前のタイミングにおける、クライアントPC3のユーザAのデフォルト設定を示す印刷設定画面である。この図13の例では、両面が「オフ」、集約が「オフ」に設定されている。また、クライアントPC3の場合、標準の設定を引き継ぐか否かを設定するための項目は、「設定不可(ユーザが設定できない)」となっている。なお、図13の印刷設定画面が表示されている時点では、ホストPC2の標準の設定50は、クライアントPC3側に引き継がれていない。   FIG. 13 is a print setting screen showing the default setting of the user A of the client PC 3 at the timing before step S31 in FIG. In the example of FIG. 13, both sides are set to “off” and aggregation is set to “off”. In the case of the client PC 3, the item for setting whether or not to take over the standard setting is “cannot be set (cannot be set by the user)”. At the time when the print setting screen of FIG. 13 is displayed, the standard setting 50 of the host PC 2 is not inherited to the client PC 3 side.

図14は、図10のステップS35において、ホストPC2の標準の設定50が引き継がれた、クライアントPC3のデフォルト設定54の印刷設定画面(引き継ぎ完了時)である。この図14の例の場合、標準の設定50の引き継ぎが実施されたため、両面の項目と集約の項目がそれぞれホストPC2の標準の設定50と同じ値(「短辺綴じ」,「2in1」)に設定されている。   FIG. 14 is a print setting screen (when handover is completed) of the default setting 54 of the client PC 3 in which the standard setting 50 of the host PC 2 is taken over in step S35 of FIG. In the case of the example in FIG. 14, since the standard setting 50 has been taken over, the items on both sides and the aggregation item have the same values as the standard setting 50 of the host PC 2 (“short edge binding”, “2 in 1”). Is set.

図15は、図10のステップS37において、ユーザがデフォルト設定54を変更した後の印刷設定画面(引き継ぎ完了後にユーザが変更)である。図15の例は、上述のようにユーザAが両面の項目を「長辺綴じ」に設定した例である。ユーザにより設定された値は、ユーザAのデフォルト設定54としてクライアントPC3のレジストリに保存されている。ユーザAのデフォルト設定54は、図10のステップS38で印刷を実行した後、およびステップS42でユーザがホストPC2の標準の設定50の引き継ぎ実施要求操作を行った後も維持される。   FIG. 15 is a print setting screen (changed by the user after completion of handover) after the user has changed the default setting 54 in step S37 of FIG. The example of FIG. 15 is an example in which the user A sets the double-sided item to “long edge binding” as described above. The value set by the user is stored in the registry of the client PC 3 as the default setting 54 of the user A. The default setting 54 of the user A is maintained after the printing is executed in step S38 in FIG. 10 and after the user performs the takeover execution request operation of the standard setting 50 of the host PC 2 in step S42.

図14および図15からも、実施の形態の情報処理システムの場合、ホストPC2の標準の設定50を、クライアントPC3のユーザのデフォルト設定54に反映できており、また、クライアントPC3のユーザがデフォルト設定54を定義可能となっていることが分かる。   14 and 15, in the case of the information processing system according to the embodiment, the standard setting 50 of the host PC 2 can be reflected in the default setting 54 of the user of the client PC 3, and the user of the client PC 3 can set the default setting. It can be seen that 54 can be defined.

以上の説明から明らかなように、第1の実施の形態の情報処理システムは、ホストPC2側において、ユニークな識別子60および引き継ぎの実施の可否を指定する実行情報61を付加した標準の設定50を生成する。クライアントPC3は、標準の設定50の実行情報61が引き継ぎの実施を「する(1)」になっている場合において、ホストPC2から引き継いだ標準の設定50の識別子60と、ユーザのデフォルト設定54の識別子60とを比較する。そして、比較した両者が一致した場合は、ユーザのデフォルト設定54に、ホストPC2の標準の設定50が引き継がれているため、引き継ぎの処理を実行しない。これに対し、比較した両者が一致しない場合は、ユーザのデフォルト設定54に、ホストPC2の標準の設定50が引き継がれていないことを意味する。このため、ユーザのデフォルト設定54に、ホストPC2の標準の設定50の引き継ぎを実行処理する。   As is apparent from the above description, the information processing system according to the first embodiment has the standard setting 50 added with the unique identifier 60 and the execution information 61 for designating whether or not the takeover can be performed on the host PC 2 side. Generate. When the execution information 61 of the standard setting 50 is “perform (1)”, the client PC 3 sets the identifier 60 of the standard setting 50 inherited from the host PC 2 and the user default setting 54. The identifier 60 is compared. If the compared values match, the standard setting 50 of the host PC 2 has been taken over by the user default setting 54, and the takeover process is not executed. On the other hand, if the two compared do not match, it means that the standard setting 50 of the host PC 2 is not succeeded to the default setting 54 of the user. For this reason, the takeover of the standard setting 50 of the host PC 2 is executed for the user default setting 54.

これにより、ホストPC2側は、標準の設定50に対して、引き継ぎの実施を指示する「する(1)」の実行情報61と共に、前回とは異なる識別子60を付加することで、クライアントPC3側のユーザのデフォルト設定54に対して、ホストPC2側の標準の設定50を、任意のタイミングで引き継がせることができる。   As a result, the host PC 2 side adds the identifier 60 different from the previous one together with the execution information 61 of “Yes (1)” instructing execution of the handover to the standard setting 50, so that the client PC 3 side The standard setting 50 on the host PC 2 side can be taken over at an arbitrary timing with respect to the user default setting 54.

また、ユーザは、クライアントPC3を操作して所望の印刷設定を行うことができる。このユーザの印刷設定は、デフォルト設定54としてクライアントPC3のレジストリ等に記憶される。そして、ユーザの印刷設定は、引き継ぎの実施を指示する「する(1)」の実行情報61、およびデフォルト設定54に付加されている識別子60とは異なる識別子60が付加されたホストPC2の標準の設定50の引き継ぎ要求がされるまでの間、維持される。すなわち、第1の実施の形態の情報処理システムは、ユーザに対しては、任意のタイミングでデフォルト設定54を定義可能とすることができる。また、ホストPC2に対しては、標準の設定50に対して、引き継ぎの実施を指示する「する(1)」の実行情報61と共に、前回とは異なる識別子60を付加することで、クライアントPC3のユーザのデフォルト設定54に対して、標準の設定50を引き継がせることができる。   The user can operate the client PC 3 to perform desired print settings. The user's print settings are stored as default settings 54 in the registry of the client PC 3. The user's print settings are the standard information of the host PC 2 to which the execution information 61 of “Yes (1)” instructing execution of the takeover and the identifier 60 different from the identifier 60 added to the default setting 54 are added. This is maintained until a setting 50 takeover request is made. That is, the information processing system according to the first embodiment can define a default setting 54 at an arbitrary timing for the user. For the host PC 2, an identifier 60 different from the previous one is added to the standard setting 50 together with the execution information 61 of “Yes (1)” instructing execution of the takeover. The standard setting 50 can be inherited from the user default setting 54.

(第1の実施の形態の変形例)
次に、第1の実施の形態の情報処理システムの変形例を説明する。上述の第1の実施の形態の情報処理システムは、一つのホストPC2と一つのクライアントPC3を、ポイント&プリントの環境下でネットワーク接続した例であった。これに対して、変形例の情報処理システムは、一つのホストPC2と複数のクライアントPC3を、ポイント&プリントの環境下でネットワーク接続した例である。
(Modification of the first embodiment)
Next, a modification of the information processing system according to the first embodiment will be described. The information processing system according to the first embodiment described above is an example in which one host PC 2 and one client PC 3 are network-connected in a point and print environment. On the other hand, the information processing system of the modified example is an example in which one host PC 2 and a plurality of client PCs 3 are connected to a network in a point and print environment.

図16は、ポイント&プリント接続された1台のホストPC2および複数のクライアントPCを示す模式図である。なお、この例の場合、クライアントPCとしては、第1のクライアントPC3a、および第2のクライアントPC3bの計2台のクライアントPCが接続されている例である。   FIG. 16 is a schematic diagram showing one host PC 2 and a plurality of client PCs that are point-and-print connected. In this example, the client PC is an example in which a total of two client PCs, a first client PC 3a and a second client PC 3b, are connected.

図16において、第1のクライアントPC3aおよび第2のクライアントPC3bの各プリンタドライバ41a,41bは、ホストPC2のプリンタドライバ35をポイント&プリントで接続したものである。ホストPC2の標準の設定50は、各クライアントPC3a,3bのどちらにも引き継がれるため(OSの仕様)、ホストPC2で設定した引き継ぎ情報51は、各クライアントPC3a,3bに、標準の設定として引き継がれる。   In FIG. 16, the printer drivers 41a and 41b of the first client PC 3a and the second client PC 3b are obtained by connecting the printer driver 35 of the host PC 2 by point & print. Since the standard setting 50 of the host PC 2 is inherited by both of the client PCs 3a and 3b (OS specifications), the handover information 51 set by the host PC 2 is inherited by each of the client PCs 3a and 3b as a standard setting. .

各クライアントPC3a,3bのプリンタドライバ41a,41bは、UI立ち上げ時、または、印刷実行時に、標準の設定50の引き継ぎ情報51と、ユーザのデフォルト設定54a,54bの引き継ぎ情報56a,56bとを取得し、上述の識別子60を比較する。プリンタドライバ41a,41bは、各識別子60が異なっていた場合、標準の設定50を、ユーザのデフォルト設定54a,54bに引き継ぐ。これに対して、プリンタドライバ41a,41bは、各識別子60が同じであった場合、標準の設定50の引き継ぎは行わない。   The printer drivers 41a and 41b of the client PCs 3a and 3b acquire the inheritance information 51 of the standard setting 50 and the inheritance information 56a and 56b of the user's default settings 54a and 54b when starting up the UI or executing printing. Then, the identifier 60 described above is compared. When the identifiers 60 are different, the printer drivers 41a and 41b take over the standard setting 50 to the user default settings 54a and 54b. In contrast, the printer drivers 41a and 41b do not take over the standard setting 50 when the identifiers 60 are the same.

このように、複数のクライアントPC3a,3bが存在していても、各クライアントPC3a,3bが、標準の設定50の引き継ぎを独立して判断して引き継ぎ処理できるため、図9および図10のシーケンス通りに引き継ぎ処理を行う事ができ、上述と同じ効果を得ることができる。   As described above, even if there are a plurality of client PCs 3a and 3b, each client PC 3a and 3b can independently determine the takeover of the standard setting 50 and perform the takeover process. In addition, it is possible to perform the handover process, and the same effect as described above can be obtained.

(第2の実施の形態)
次に、第2の実施の形態となる情報処理装置の説明をする。上述の第1の実施の形態の情報処理システムは、一つのホストPC2と一つのクライアントPC3を、ポイント&プリントの環境下でネットワーク接続した例であった。これに対して、以下に説明する第2の実施の形態の情報処理装置は、ポイント&プリント接続を行うことなく、1台のパーソナルコンピュータ装置内で(スタンドアロン環境下で)、上述の標準の設定50の引き継ぎ処理を行う情報処理装置の例である。
(Second Embodiment)
Next, an information processing apparatus according to the second embodiment will be described. The information processing system according to the first embodiment described above is an example in which one host PC 2 and one client PC 3 are network-connected in a point and print environment. On the other hand, the information processing apparatus according to the second embodiment described below does not perform a point-and-print connection, and does not perform point-and-print connection in one personal computer apparatus (in a stand-alone environment). This is an example of an information processing apparatus that performs 50 takeover processing.

図17は、1台のパーソナルコンピュータ(PC)に、プリンタドライバ71がインストールされており、ユーザがプリンタフォルダから印刷設定を変更して保存したため、ユーザのデフォルト設定78が作成され、レジストリ等の記憶部に保存された状態を示している。プリンタドライバ71のUI部72は、引き継ぎ情報生成部74に引き継ぎ情報生成の依頼をする。プリンタドライバ71のUI部72と描画部73は、引き継ぎ実施部75に引き継ぎ実施を依頼する。引き継ぎ情報生成部74は、標準の設定76に引き継ぎ情報77を生成して付加する。引き継ぎ実施部75は、標準の設定76の引き継ぎ情報77と、ユーザのデフォルト設定78の引き継ぎ情報79のそれぞれの識別子(図8参照)を比較する。引き継ぎ実施部75は、比較した両者が異なっていた場合、標準の設定76を引き継いだユーザのデフォルト設定78を、レジストリ等の記憶部に保存する。なお、比較した両者が同一の場合、引き継ぎ実施部75は、標準の設定76の引き継ぎは実施しない。   In FIG. 17, since the printer driver 71 is installed in one personal computer (PC), and the user changes and saves the print settings from the printer folder, the user default settings 78 are created and stored in the registry or the like. The state stored in the section is shown. The UI unit 72 of the printer driver 71 requests the takeover information generation unit 74 to generate takeover information. The UI unit 72 and the drawing unit 73 of the printer driver 71 request the handover execution unit 75 to perform the handover. The takeover information generation unit 74 generates and adds the takeover information 77 to the standard setting 76. The takeover executing unit 75 compares the respective identifiers (see FIG. 8) of the takeover information 77 of the standard setting 76 and the takeover information 79 of the user default setting 78. If the compared two are different, the takeover execution unit 75 stores the default setting 78 of the user who has taken over the standard setting 76 in a storage unit such as a registry. Note that when the two compared are the same, the takeover execution unit 75 does not take over the standard setting 76.

図18は、スタンドアロン環境下におけるパーソナルコンピュータ(PC)の標準の設定の引き継ぎ処理のシーケンス図である。図18のシーケンス図において、まず、ステップS51に示すように、管理者により、標準の設定76の引き継ぎ処理の実施要求がされると、プリンタドライバ71のUI部72は、ステップS52において、引き継ぎ情報生成部74に引き継ぎ情報の生成を要求する。   FIG. 18 is a sequence diagram of takeover processing of standard settings of a personal computer (PC) in a stand-alone environment. In the sequence diagram of FIG. 18, first, as shown in step S51, when the administrator requests execution of the takeover process of the standard setting 76, the UI unit 72 of the printer driver 71 receives the takeover information in step S52. The generation unit 74 is requested to generate takeover information.

引き継ぎ情報生成部74は、ステップS53において、識別子および引き継ぎを実施するか否かを示す実行情報を付加した引き継ぎ情報(図8参照)を生成する。例としては、引き継ぎ情報生成部74は、現在の日付+時刻(2013年1月1日12時30分→201301011230)から識別子を生成する。また、引き継ぎ情報生成部74は、引き継ぎを実施することを示す「する(1)」という値を設定した実行情報を生成する。そして、引き継ぎ情報生成部74は、識別子および実行情報を付加した引き継ぎ情報77を、ステップS54において、標準の設定76としてレジストリ等の記憶部に保存する。これにより、レジストリには、「識別子:201301011230」および「実行情報:する」とされた引き継ぎ情報77を有する標準の設定76が保存された状態となる。   In step S53, the takeover information generation unit 74 generates takeover information (see FIG. 8) with an identifier and execution information indicating whether or not to execute the takeover. As an example, the takeover information generation unit 74 generates an identifier from the current date + time (January 1, 2013 12: 30 → 201301011230). In addition, the takeover information generation unit 74 generates execution information in which a value of “Yes (1)” indicating execution of takeover is set. Then, the takeover information generation unit 74 stores the takeover information 77 to which the identifier and the execution information are added in a storage unit such as a registry as a standard setting 76 in step S54. As a result, the standard setting 76 having the inheritance information 77 “identifier: 201301011230” and “execution information: yes” is stored in the registry.

次に、このように管理者により標準の設定76の引き継ぎが行われたパーソナルコンピュータ(PC)において、ステップS55に示すように、ユーザAがプリンタフォルダからUIを立ち上げた場合、プリンタドライバ71のUI部72は、ステップS56において、引き継ぎ実施部75に引き継ぎ実施を要求する。引き継ぎ実施部75は、ステップS57において、標準の設定76から引き継ぎ情報77を取得する。上述のように、引き継ぎ情報77には、201301011230の識別子と、引き継ぎ実施を「する」とされた実行情報が付加されている。引き継ぎ実施部75は、ステップS58において、ユーザAのデフォルト設定78から、引き継ぎ情報79を取得する。例として、取得した引き継ぎ情報79に付加されている識別子を201205050505とする。   Next, in the personal computer (PC) in which the standard setting 76 is taken over by the administrator as described above, when the user A starts up the UI from the printer folder as shown in step S55, the printer driver 71 In step S56, the UI unit 72 requests the takeover execution unit 75 to take over. In step S57, the takeover executing unit 75 acquires the takeover information 77 from the standard setting 76. As described above, the takeover information 77 is appended with the identifier 201301011230 and the execution information that “executes” the takeover. In step S58, the takeover executing unit 75 acquires takeover information 79 from the default setting 78 of the user A. As an example, assume that the identifier added to the acquired handover information 79 is 201205050505.

次に、引き継ぎ実施部75は、ステップS57で取得した標準の設定76の識別子と、ステップS58で取得したデフォルト設定78の識別子とを比較し、比較の結果、両者が異なっていた場合、ステップS59において、標準の設定76の引き継ぎを実施する。標準の設定76の引き継ぎの仕方としては、引き継ぎ実施部75は、ユーザAのデフォルト設定(devmode)78をレジストリから削除する。レジストリに、ユーザAのデフォルト設定78が保存されていない場合、引き継ぎ実施部75は、OSの仕様として標準の設定76をデフォルト設定78としてレジストリに保存する。また、引き継ぎ実施部75は、ユーザAのデフォルト設定(devmode)78の各設定値に、標準の設定76の設定値のうち、対応する設定値を反映させる。このような引き継ぎ処理を実施した場合、ユーザAのデフォルト設定78は、標準の設定76と等しい状態になる。   Next, the handover executing unit 75 compares the identifier of the standard setting 76 acquired in step S57 with the identifier of the default setting 78 acquired in step S58. , The standard setting 76 is taken over. As a method of taking over the standard setting 76, the takeover executing unit 75 deletes the user A default setting (devmode) 78 from the registry. When the default setting 78 of the user A is not stored in the registry, the takeover executing unit 75 stores the standard setting 76 as the default setting 78 in the registry as the OS specification. Further, the takeover execution unit 75 reflects the corresponding setting value among the setting values of the standard setting 76 in each setting value of the default setting (devmode) 78 of the user A. When such a handover process is performed, the default setting 78 of the user A is in a state equal to the standard setting 76.

なお、ユーザが複数存在していた場合でも、上述と同様に、ステップS58で、ユーザAのデフォルト設定78と同様に全てのユーザのデフォルト設定78から引き継ぎ情報79を取得する。そして、引き継ぎ情報79の識別子が標準の設定76の識別子と異なる場合に、ステップS59で引き継ぎ処理を実施する。これにより、ユーザが複数存在していた場合でも、標準の設定76を各ユーザのデフォルト設定78に引き継がせることができる。   Even if there are a plurality of users, the inheritance information 79 is acquired from the default settings 78 of all users in the same manner as the default settings 78 of the user A in step S58 as described above. If the identifier of the takeover information 79 is different from the identifier of the standard setting 76, the takeover process is performed in step S59. Thereby, even when there are a plurality of users, the standard setting 76 can be inherited by the default setting 78 of each user.

次に、ユーザAが、ステップS55で立ち上げた印刷設定のUIを用いて、ステップS60において、印刷設定を変更操作した場合、UI部72は、ステップS61において、ユーザAのデフォルト設定78に変更後の印刷設定を保存する。例として、ここでは両面を「オフ」から「長辺綴じ」となるように、印刷設定が変更されたものとする。なお、図18においては、ユーザAがUI部72に対して、直接印刷実行するように図示されているが、実際には、印刷機能をそなえた文章作成アプリケーションから印刷実行される。   Next, when the user A changes the print setting in step S60 using the print setting UI launched in step S55, the UI unit 72 changes the default setting 78 of the user A in step S61. Save later print settings. As an example, it is assumed here that the print setting has been changed so that both sides are changed from “off” to “long edge binding”. In FIG. 18, the user A performs printing directly on the UI unit 72, but in actuality, printing is executed from a text creation application having a printing function.

ユーザAにより、印刷設定の変更操作が行われ、ステップS62において印刷の実行操作がされると、ステップS63において、描画部73が、引き継ぎ実施部75に対して、標準の設定76の引き継ぎ実施要求を行う。引き継ぎ実施要求がされると、引き継ぎ実施部75は、ステップS64において、標準の設定76から引き継ぎ情報77を取得する。なお、この時点で取得した引き継ぎ情報は変更されていないため、識別子は201301011230、引き継ぎ実施は「する」が設定されている。   When a print setting change operation is performed by the user A and a print execution operation is performed in step S62, the drawing unit 73 requests the takeover execution unit 75 to take over the standard setting 76 in step S63. I do. When the takeover execution request is made, the takeover execution unit 75 acquires the takeover information 77 from the standard setting 76 in step S64. Note that since the takeover information acquired at this point has not been changed, the identifier is set to 201301011230 and the takeover is set to “Yes”.

次に、引き継ぎ実施部75は、ステップS65において、ユーザAのデフォルト設定78から引き継ぎ情報79を取得する。取得した引き継ぎ情報79の識別子は、上述のように標準の設定76から引き継がれた値になっているため、201301011230である。   Next, the takeover executing unit 75 acquires the takeover information 79 from the default setting 78 of the user A in step S65. The identifier of the acquired takeover information 79 is 201301011230 because it is a value taken over from the standard setting 76 as described above.

引き継ぎ実施部75は、標準の設定76の識別子とデフォルト設定78の識別子とを比較する。この例の場合、標準の設定76の識別子が201301011230であり、また、デフォルト設定78の識別子も201301011230であり、両方の識別子の値が等しい。このため、引き継ぎ実施部75は、標準の設定76の引き継ぎは行わない。   The takeover execution unit 75 compares the identifier of the standard setting 76 with the identifier of the default setting 78. In this example, the identifier of the standard setting 76 is 201301011230, and the identifier of the default setting 78 is 201301011230, and both identifiers have the same value. For this reason, the takeover execution unit 75 does not take over the standard setting 76.

これにより、ユーザがステップS60で変更した「両面「長辺綴じ」」の印刷設定を維持することができる。すなわち、ユーザが任意のタイミングでデフォルト設定78を定義可能とすることができる。   As a result, the print setting of “both sides“ long side binding ”” changed by the user in step S60 can be maintained. That is, the user can define the default setting 78 at an arbitrary timing.

なお、図18のステップS66に示すようにユーザAが引き継ぎ実施要求操作を行った場合、この引き継ぎ実施要求は、ステップS67に示すようにUI部72から引き継ぎ情報生成部74に送信される。しかし、クライアントPC3においては、ユーザAが引き継ぎ実施要求操作を行った場合でも、引き継ぎ情報生成部74は、標準の設定76をデフォルト設定78に引き継ぐ処理を実行しないようになっている。   When the user A performs a takeover execution request operation as shown in step S66 of FIG. 18, this takeover execution request is transmitted from the UI unit 72 to the takeover information generation unit 74 as shown in step S67. However, in the client PC 3, even when the user A performs a takeover execution request operation, the takeover information generation unit 74 does not execute a process of taking over the standard setting 76 to the default setting 78.

以上の説明から明らかなように、第2の実施の形態の情報処理装置のように、スタンドアロン環境においても、デフォルト設定78をユーザが自由に定義できると共に、任意のタイミングで、デフォルト設定78を標準の設定76に変更可能とすることができる他、上述の第1の実施の形態および第1の実施の形態の変形例と同様の効果を得ることができる。   As is clear from the above description, the default setting 78 can be freely defined by the user even in a stand-alone environment, as in the information processing apparatus of the second embodiment, and the default setting 78 can be standardized at an arbitrary timing. The setting 76 can be changed, and the same effects as those of the first embodiment and the modification of the first embodiment can be obtained.

上述の第1の実施の形態の情報処理システム、第1の実施の形態の情報処理システムの変形例、および第2の実施の形態の情報処理装置で実行される情報処理プログラムは、インストール可能な形式又は実行可能な形式のファイルでCD−ROM、フレキシブルディスク(FD)、CD−R、DVD(Digital Versatile Disk)等のコンピュータで読み取り可能な記録媒体に記録されてコンピュータ・プログラム・プロダクトとして提供される。   The information processing program executed in the information processing system according to the first embodiment, the modification of the information processing system according to the first embodiment, and the information processing apparatus according to the second embodiment can be installed. A file in a format or an executable format, recorded on a computer-readable recording medium such as a CD-ROM, flexible disk (FD), CD-R, DVD (Digital Versatile Disk), etc., and provided as a computer program product The

また、上述の第1の実施の形態の情報処理システム、第1の実施の形態の情報処理システムの変形例、および第2の実施の形態の情報処理装置で実行される情報処理プログラムを、インターネット等のネットワークに接続されたコンピュータ上に格納し、ネットワーク経由でダウンロードさせて提供するように構成しても良い。また、情報処理プログラムを、インターネット等のネットワーク経由で提供または配布するように構成しても良い。また、情報処理プログラムを、ROM等に予め組み込んで提供するように構成してもよい。   An information processing program executed by the information processing system according to the first embodiment, the modification of the information processing system according to the first embodiment, and the information processing apparatus according to the second embodiment is also provided on the Internet. It may be configured to be stored on a computer connected to a network such as, and to be provided by downloading via a network. Further, the information processing program may be provided or distributed via a network such as the Internet. The information processing program may be provided by being incorporated in advance in a ROM or the like.

また、各実施の形態で実行される情報処理プログラムは、上述したプリンタドライバ35,41等の各部(UI部36,42、引き継ぎ情報生成部38,44、引き継ぎ実施部39,45、描画部37,43等)を含むモジュール構成となっている。実際のハードウェアとしては、CPU(プロセッサ)が記憶媒体から情報処理プログラムを読み出して実行する。これにより、各部(UI部36,42、引き継ぎ情報生成部38,44、引き継ぎ実施部39,45、描画部37,43等)が主記憶装置上にロードされ、UI部36,42、引き継ぎ情報生成部38,44、引き継ぎ実施部39,45、描画部37,43等が主記憶装置上に生成されるようになっている。   In addition, the information processing program executed in each embodiment includes the above-described units such as the printer drivers 35 and 41 (UI units 36 and 42, takeover information generation units 38 and 44, takeover execution units 39 and 45, and a drawing unit 37. , 43, etc.). As actual hardware, a CPU (processor) reads an information processing program from a storage medium and executes it. As a result, each unit (UI units 36 and 42, takeover information generation units 38 and 44, takeover execution units 39 and 45, drawing units 37 and 43, etc.) is loaded on the main storage device, and the UI units 36 and 42 and the takeover information are loaded. Generation units 38 and 44, takeover execution units 39 and 45, drawing units 37 and 43, and the like are generated on the main storage device.

上述の各実施の形態は、例として提示したものであり、本発明の範囲を限定することは意図していない。この新規な各実施の形態は、その他の様々な形態で実施されることが可能であり、発明の要旨を逸脱しない範囲で、種々の省略、置き換え、変更を行うことも可能である。各実施の形態および各実施の形態の変形は、発明の範囲や要旨に含まれると共に、特許請求の範囲に記載された発明とその均等の範囲に含まれる。   Each above-mentioned embodiment is shown as an example and is not intending limiting the range of the present invention. Each of the novel embodiments can be implemented in various other forms, and various omissions, replacements, and changes can be made without departing from the scope of the invention. Each embodiment and modifications of each embodiment are included in the scope and gist of the invention, and are included in the invention described in the claims and the equivalents thereof.

1 プリンタ
2 ホストPC
3 クライアントPC
4 ネットワーク
25 CPU
26 RAM
27 ROM
28 HDD
29 I/F
30 バスライン
31 LCD
32 操作部
35 プリンタドライバ
36 UI部
37 描画部
38 引き継ぎ情報生成部
39 引き継ぎ実施部
41 プリンタドライバ
42 UI部
43 描画部
44 引き継ぎ情報生成部
45 引き継ぎ実施部
50 標準の設定
51 引き継ぎ情報
54 デフォルト設定
56 引き継ぎ情報
60 識別子
61 実行情報
1 Printer 2 Host PC
3 Client PC
4 network 25 CPU
26 RAM
27 ROM
28 HDD
29 I / F
30 bus lines 31 LCD
32 operation unit 35 printer driver 36 UI unit 37 drawing unit 38 takeover information generation unit 39 takeover execution unit 41 printer driver 42 UI unit 43 drawing unit 44 takeover information generation unit 45 takeover execution unit 50 standard setting 51 takeover information 54 default setting 56 Takeover information 60 Identifier 61 Execution information

特開2012−089003号公報JP 2012-089003 A

Claims (12)

  1. コンピュータを、
    一意の識別子、および、主情報の引き継ぎの可否を指定する実行情報を備えた引き継ぎ情報を生成する引き継ぎ情報生成部と、
    前記主情報および前記主情報に関連する前記引き継ぎ情報を記憶する記憶部に記憶された前記主情報の内容を変更するための変更部と、
    新たな主情報の引き継ぎ要求があった際に、新たな前記主情報に付加されている前記引き継ぎ情報の前記実行情報が、新たな前記主情報の引き継ぎを指示するものであった場合に、前記記憶部に記憶されている前記主情報の前記引き継ぎ情報の前記識別子と、新たな前記主情報に付加されている前記引き継ぎ情報の前記識別子とを比較し、両方の前記識別子が一致する場合に、前記記憶部に記憶されている前記主情報および前記引き継ぎ情報を、新たな前記主情報および新たな前記主情報に付加されている引き継ぎ情報に更新処理する引き継ぎ実施部として機能させること
    を特徴とする情報処理プログラム。
    Computer
    A passing information generating unit for generating passing information including a unique identifier and execution information for specifying whether or not to take over main information;
    A change unit for changing the content of the main information stored in the storage unit that stores the main information and the handover information related to the main information;
    When there is a request for taking over the new main information, the execution information of the takeover information added to the new main information is an instruction to take over the new main information. The identifier of the takeover information of the main information stored in the storage unit is compared with the identifier of the takeover information added to the new main information, and when both the identifiers match, The main information and the takeover information stored in the storage unit are made to function as a takeover execution unit that updates the new main information and the new takeover information added to the main information. Information processing program.
  2. 前記主情報は、印刷設定情報であること
    を特徴とする請求項1に記載の情報処理プログラム。
    The information processing program according to claim 1, wherein the main information is print setting information.
  3. 前記引き継ぎ実施部は、印刷実行時、または、印刷設定画面を表示する際に、前記更新処理を行うこと
    を特徴とする請求項2に記載の情報処理プログラム。
    The information processing program according to claim 2, wherein the handover execution unit performs the update process when printing is performed or when a print setting screen is displayed.
  4. 一意の識別子、および、主情報の引き継ぎの可否を指定する実行情報を備えた引き継ぎ情報を生成する引き継ぎ情報生成部と、
    前記主情報および前記主情報に関連する前記引き継ぎ情報を記憶する記憶部と、
    前記記憶部に記憶された前記主情報の内容を変更するための変更部と、
    新たな主情報の引き継ぎ要求があった際に、新たな前記主情報に付加されている前記引き継ぎ情報の前記実行情報が、新たな前記主情報の引き継ぎを指示するものであった場合に、前記記憶部に記憶されている前記主情報の前記引き継ぎ情報の前記識別子と、新たな前記主情報に付加されている前記引き継ぎ情報の前記識別子とを比較し、両方の前記識別子が一致する場合に、前記記憶部に記憶されている前記主情報および前記引き継ぎ情報を、新たな前記主情報および新たな前記主情報に付加されている引き継ぎ情報に更新処理する引き継ぎ実施部と
    を有する情報処理装置。
    A passing information generating unit for generating passing information including a unique identifier and execution information for specifying whether or not to take over main information;
    A storage unit for storing the main information and the takeover information related to the main information;
    A changing unit for changing the content of the main information stored in the storage unit;
    When there is a request for taking over the new main information, the execution information of the takeover information added to the new main information is an instruction to take over the new main information. The identifier of the takeover information of the main information stored in the storage unit is compared with the identifier of the takeover information added to the new main information, and when both the identifiers match, An information processing apparatus comprising: a main takeover unit that updates the main information and the takeover information stored in the storage unit to new main information and takeover information added to the new main information.
  5. 前記主情報は、印刷設定情報であること
    を特徴とする請求項4に記載の情報処理装置。
    The information processing apparatus according to claim 4, wherein the main information is print setting information.
  6. 前記引き継ぎ実施部は、印刷実行時、または、印刷設定画面を表示する際に、前記更新処理を行うこと
    を特徴とする請求項5に記載の情報処理装置。
    The information processing apparatus according to claim 5, wherein the handover execution unit performs the update process when printing is performed or when a print setting screen is displayed.
  7. ネットワークに接続された1以上のホスト端末装置と、
    前記ネットワークに接続された1以上のクライアント端末装置と、
    前記ネットワークに接続され、前記ホスト端末装置または前記クライアント端末装置で共有され制御される1以上の被制御装置と、
    コンピュータを、
    一意の識別子、および、前記被制御装置の制御情報の引き継ぎの可否を指定する実行情報を備えた引き継ぎ情報を生成する引き継ぎ情報生成部と、
    前記制御情報および前記制御情報に関連する前記引き継ぎ情報を記憶する記憶部に記憶された前記制御情報の内容を変更するための変更部と、
    新たな制御情報の引き継ぎ要求があった際に、新たな前記制御情報に付加されている前記引き継ぎ情報の前記実行情報が、新たな前記制御情報の引き継ぎを指示するものであった場合に、前記記憶部に記憶されている前記制御情報の前記引き継ぎ情報の前記識別子と、新たな前記制御情報に付加されている前記引き継ぎ情報の前記識別子とを比較し、両方の前記識別子が一致する場合に、前記記憶部に記憶されている前記制御情報および前記引き継ぎ情報を、新たな前記制御情報および新たな前記制御情報に付加されている引き継ぎ情報に更新処理する引き継ぎ実施部として機能させる情報処理プログラムと
    を有する情報処理システム。
    One or more host terminal devices connected to the network;
    One or more client terminal devices connected to the network;
    One or more controlled devices connected to the network and shared and controlled by the host terminal device or the client terminal device;
    Computer
    A takeover information generating unit for generating takeover information including a unique identifier and execution information for designating whether control information of the controlled device can be taken over;
    A change unit for changing the content of the control information stored in the storage unit that stores the control information and the takeover information related to the control information;
    When there is a request for taking over new control information, when the execution information of the takeover information added to the new control information instructs to take over the new control information, The identifier of the takeover information of the control information stored in the storage unit is compared with the identifier of the takeover information added to the new control information, and when both the identifiers match, An information processing program that functions as a takeover execution unit that updates the control information and the takeover information stored in the storage unit to new control information and takeover information added to the new control information. Information processing system.
  8. 前記制御情報は、印刷設定情報であること
    を特徴とする請求項7に記載の情報処理システム。
    The information processing system according to claim 7, wherein the control information is print setting information.
  9. 前記引き継ぎ実施部は、印刷実行時、または、印刷設定画面を表示する際に、前記更新処理を行うこと
    を特徴とする請求項8に記載の情報処理システム。
    The information processing system according to claim 8, wherein the handover execution unit performs the update process when printing is performed or when a print setting screen is displayed.
  10. 1以上のホスト端末装置、1以上のクライアント端末装置、および前記ホスト端末装置または前記クライアント端末装置で共有され制御される1以上の被制御装置が、ネットワークを介して相互に接続された情報処理システムであって、
    前記ホスト端末装置は、
    一意の識別子、および、前記被制御装置の制御情報の引き継ぎの可否を指定する実行情報を備えた引き継ぎ情報を生成する引き継ぎ情報生成部を備え、
    前記クライアント端末装置は、
    前記制御情報および前記制御情報に関連する前記引き継ぎ情報を記憶する記憶部に記憶された前記制御情報の内容を変更するための変更部と、
    新たな制御情報の引き継ぎ要求があった際に、新たな前記制御情報に付加されている前記引き継ぎ情報の前記実行情報が、新たな前記制御情報の引き継ぎを指示するものであった場合に、前記記憶部に記憶されている前記制御情報の前記引き継ぎ情報の前記識別子と、新たな前記制御情報に付加されている前記引き継ぎ情報の前記識別子とを比較し、両方の前記識別子が一致する場合に、前記記憶部に記憶されている前記制御情報および前記引き継ぎ情報を、新たな前記制御情報および新たな前記制御情報に付加されている引き継ぎ情報に更新処理する引き継ぎ実施部と
    を有する情報処理システム。
    Information processing system in which one or more host terminal devices, one or more client terminal devices, and one or more controlled devices shared and controlled by the host terminal device or the client terminal device are connected to each other via a network Because
    The host terminal device
    A takeover information generating unit for generating takeover information including a unique identifier and execution information for designating whether control information of the controlled device can be taken over;
    The client terminal device
    A change unit for changing the content of the control information stored in the storage unit that stores the control information and the takeover information related to the control information;
    When there is a request for taking over new control information, when the execution information of the takeover information added to the new control information instructs to take over the new control information, The identifier of the takeover information of the control information stored in the storage unit is compared with the identifier of the takeover information added to the new control information, and when both the identifiers match, An information processing system comprising: a handover execution unit that updates the control information and the handover information stored in the storage unit to new control information and handover information added to the new control information.
  11. 前記制御情報は、印刷設定情報であること
    を特徴とする請求項10に記載の情報処理システム。
    The information processing system according to claim 10, wherein the control information is print setting information.
  12. 前記引き継ぎ実施部は、印刷実行時、または、印刷設定画面を表示する際に、前記更新処理を行うこと
    を特徴とする請求項11に記載の情報処理システム。
    The information processing system according to claim 11, wherein the handover execution unit performs the update process when printing is performed or when a print setting screen is displayed.
JP2014052770A 2014-03-14 2014-03-14 Information processing program, information processing unit, and information processing system Pending JP2015176381A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2014052770A JP2015176381A (en) 2014-03-14 2014-03-14 Information processing program, information processing unit, and information processing system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2014052770A JP2015176381A (en) 2014-03-14 2014-03-14 Information processing program, information processing unit, and information processing system

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2015176381A true JP2015176381A (en) 2015-10-05

Family

ID=54255512

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014052770A Pending JP2015176381A (en) 2014-03-14 2014-03-14 Information processing program, information processing unit, and information processing system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2015176381A (en)

Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008238799A (en) * 2007-03-01 2008-10-09 Ricoh Co Ltd Image forming device
JP2009146277A (en) * 2007-12-17 2009-07-02 Canon It Solutions Inc Information processing device, print control method and program
US20100033759A1 (en) * 2008-08-07 2010-02-11 Konica Minolta Business Technologies, Inc. Information processing apparatus, information processing method, and computer readable recording medium stored with information processing program
JP2011192107A (en) * 2010-03-16 2011-09-29 Seiko Epson Corp Control device, recording system, control method of the control device and program
JP2012008703A (en) * 2010-06-23 2012-01-12 Ricoh Co Ltd Information processor, program, and recording medium
US20130250331A1 (en) * 2012-03-21 2013-09-26 Ricoh Company, Ltd. Apparatus and computer-readable recording medium for processing data based on setting conditions

Patent Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008238799A (en) * 2007-03-01 2008-10-09 Ricoh Co Ltd Image forming device
JP2009146277A (en) * 2007-12-17 2009-07-02 Canon It Solutions Inc Information processing device, print control method and program
US20100033759A1 (en) * 2008-08-07 2010-02-11 Konica Minolta Business Technologies, Inc. Information processing apparatus, information processing method, and computer readable recording medium stored with information processing program
JP2011192107A (en) * 2010-03-16 2011-09-29 Seiko Epson Corp Control device, recording system, control method of the control device and program
JP2012008703A (en) * 2010-06-23 2012-01-12 Ricoh Co Ltd Information processor, program, and recording medium
US20130250331A1 (en) * 2012-03-21 2013-09-26 Ricoh Company, Ltd. Apparatus and computer-readable recording medium for processing data based on setting conditions

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US10142110B2 (en) Computer program and method for biometrically secured, transparent encryption and decryption
US9501484B2 (en) Recognizing cloud content
US8984512B2 (en) State separation for applications
CN102938039B (en) For the selectivity file access of application
EP2791793B1 (en) Providing update notifications on distributed application objects
US8243294B2 (en) Simplified walk-up print driver installation
US8316224B2 (en) Systems and methods for tracking a history of changes associated with software packages and configuration management in a computing system
JP4678276B2 (en) Printer driver setting information synchronization system
WO2010100769A1 (en) Security management device and method
KR20060067815A (en) Portable application
US7600216B2 (en) Method for executing software applications using a portable memory device
JP2005327274A (en) Efficient patching
JP4991402B2 (en) Information processing apparatus, print setting method, and program
JP2011529606A (en) Computer application package with customization
JP5387415B2 (en) Virtual computer system, policy enforcement system, policy enforcement method, and virtual computer control program
JP4974909B2 (en) Information processing apparatus, print setting method, storage medium, program
JP6051715B2 (en) Image processing system and authority judgment method
US8407693B2 (en) Managing package dependencies
US9317681B2 (en) Information processing apparatus, information processing method, and computer program product
JP6507486B2 (en) INFORMATION PROCESSING APPARATUS, PROGRAM, INFORMATION MANAGEMENT METHOD, AND INFORMATION PROCESSING SYSTEM
US7467237B2 (en) Device driver and recording medium
US20110164269A1 (en) Image processing apparatus, authentication system, and computer-readable storage medium
US9426322B2 (en) Network device, control method, and storage medium with management of a shared setting value and a unique setting value for each network device of a plurality of network devices
US9678742B2 (en) Information processing apparatus
CN103324882B (en) Message handler

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20170220

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20171124

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20171205

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20180612