JP2015159790A - Sherbet beverage - Google Patents

Sherbet beverage Download PDF

Info

Publication number
JP2015159790A
JP2015159790A JP2014038657A JP2014038657A JP2015159790A JP 2015159790 A JP2015159790 A JP 2015159790A JP 2014038657 A JP2014038657 A JP 2014038657A JP 2014038657 A JP2014038657 A JP 2014038657A JP 2015159790 A JP2015159790 A JP 2015159790A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
sherbet
beverage
frozen
packaged
combination
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2014038657A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP6283536B2 (en )
Inventor
武 川久保
Takeshi Kawakubo
武 川久保
廣田 徹
Toru Hirota
徹 廣田
真理 日下部
Mari Kusakabe
真理 日下部
Original Assignee
キリン株式会社
Kirin Co Ltd
麒麟麦酒株式会社
Kirin Brewery Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a packaged sherbet beverage for normal temperature distribution, which is produced by filling a base liquid for the packaged sherbet beverage for normal temperature distribution in a flexible container and, even when frozen at the time of drinking, has a soft-frozen state capable of being loosened and drunk readily, and is highly tasty with adjusted sweetness.SOLUTION: Provided is a packaged sherbet beverage for normal temperature distribution, prepared by adjusting a base liquid for the packaged sherbet beverage so that an alcohol concentration is 5 vol% or more, a content of any thickener comprising a combination of xanthan gum and locust bean gum, a combination of κ-carrageenan and locust bean gum, or a combination of xanthan gum and guar gum is 0.055 to 0.2 wt%, and a content of sugar containing 3.2 wt% of sugar alcohol is, in terms of a total sugar concentration, 10 to 17 wt% and, even when frozen, having a soft-frozen state capable of being loosened readily.

Description

本発明は、常温流通を可能とし、冷凍してシャーベット状飲料として飲用する常温流通型容器詰めシャーベット状飲料に関し、特に、常温流通型容器詰めシャーベット状飲料を、可撓性容器に充填した形態で常温流通させ、飲用時に冷凍凍結した場合にもすぐにもみほぐし、飲用することが可能な柔軟凍結状態を有するとともに、甘味の調整された高味覚の常温流通型容器詰めシャーベット状飲料に関する。 The present invention enables the ordinary temperature distribution, frozen relates cold flow-packaged sherbet beverage drinking as sherbet-like beverage, in particular, the cold flow-packaged sherbet beverage, in filled form flexible container It is shelf-stable, even when the frozen frozen during drinking Momihogushi immediately, and having a flexible frozen state capable of drinking relates cold flow-packaged sherbet beverage high taste adjusted sweetness.

シャーベットやアイスクリーム等は、清涼感を求めて多くの人に好まれていると共に、現代では、その冷菓の味覚自体が好まれて、多くの人に愛されている。 Such as a sorbet and ice cream, as well as being preferred by many people in search of coolness, in modern times, been preferred the taste itself of its frozen desserts, it has been loved by many people. 冷菓は、糖類、酸味料、香料、色素等が基本となり、安定剤や、果汁等を配合し、凍結させることにより製造されるが、これらの冷菓は、凍結によって、凍結硬化を起こし、喫食に際して、冷凍庫から取り出してもしばらくは硬すぎてスプーンで簡便に掬うことができない状態のものとなり、その喫食に際して不便をきたす。 Frozen desserts are sugars, acidulant, flavor, coloring matter becomes fundamental, and stabilizer, blended fruit juice, are produced by freezing, these frozen dessert, depending freezing, causing a freezing curing, upon eating , some time is a thing of the state that can not be easily spoonable too hard even if removed from the freezer, causing the inconvenience during the eating. このような状態を回避するための方法として、ソフトな冷菓を製造すべく、各種の方法が提案されている。 As a method for avoiding such a situation, in order to produce a soft frozen dessert, various methods have been proposed.

例えば、ソフトな冷菓を製造するものとして、シャーベットベースにおける糖含量を上げ、Brixを高くする方法が開示されている(特開平7−132048号公報)。 For example, as to produce a soft frozen dessert, increased sugar content in the sherbet-based, a method for increasing the Brix is ​​disclosed (JP-A-7-132048). しかし、この方法では甘味が高くなりすぎて、味覚上のバランスをとることが難しくなるという問題がある。 However, in this method too high sweetness, there is a problem that a balance on taste is difficult. そこで、甘味度を抑えても、凍結した冷菓中に容易にスプーンが挿入することができるようなソフトな冷菓を製造するために、ゲル化剤を用いる方法が開示されている(特開2009−106181号公報、特開2010−68751号公報、特開2013−81421号公報)。 Therefore, even with reduced sweetness, readily spoon in frozen frozen dessert is to produce a soft frozen dessert such that it can be inserted, a method using a gelling agent is disclosed (JP 2009- 106181, JP-2010-68751, JP-JP 2013-81421). 該ゲル化剤としては、ローカストビーンガム、カラギーナン、キサンタンガム、ジェランガム、寒天、グアーガム、アルギン酸類、ゼラチン等各種のゲル化剤が用いられている。 As the gelling agent, locust bean gum, carrageenan, xanthan gum, gellan gum, agar, guar gum, alginic acid, a gelling agent such as gelatin variety have been used. かかる冷菓の物性としては、スプーンが挿入することができるというようなソフトな物性のものとして開示されている。 The physical properties of such frozen desserts have been disclosed as soft physical properties such that the spoon can be inserted.

冷菓の流通形態で、常温で流通させ、喫食時に冷凍庫で凍結して食するタイプのシャーベットが開示されている。 The distribution form of frozen desserts, was circulated at room temperature, the type of sherbet eaten by freezing in a freezer is disclosed during eating. 該シャーベットにおいては、凍結しても、スプーンが通りやすい硬さのシャーベットとするために、例えば、特開平10−295280号公報には、マルトース及びグルコースからなる糖類とキサンタンガム、グアーガム、ローカストビーンガムを併用した増粘剤を用いたフローズンデザート用液体食品が開示されている。 In the sherbet, be frozen, in order to sherbet spoon passes easily hardness, for example, JP-A-10-295280, saccharides and xanthan gum consisting maltose and glucose, guar gum, locust bean gum frozen dessert liquid food using combination with a thickening agent is disclosed. 該液体食品は、そのまま凍結することにより、食感がなめらかで、離水が少なく、スプーンが入る硬さのシャーベット様デザートを製造することができる液体食品として開示されている。 Liquid foods, by freezing it, smooth mouthfeel, syneresis less are disclosed as liquid food which is capable of producing a hardness sherbet-like desserts which spoon enters. また、特開平11−155490号公報では、澱粉質製品や、乳製品のような粘性食材と寒天、カラギーナン、ゼラチン、ペクチン、ガム類のような安定剤を用いる方法が、特開2011−229483号公報には、特定のアルコール濃度及び炭酸ガス濃度と、ゲル化剤濃度を設定したシャーベットミックスを用いる方法が開示されている。 Further, in JP-A 11-155490 and JP and farinaceous products, viscous ingredients and agar such as dairy products, carrageenan, gelatin, pectin, a method of using a stabilizer such as gums, JP 2011-229483 in Japanese, a method of using a specific alcohol concentration and carbon dioxide concentration, a sherbet mix set gelling agent concentration is disclosed. これらのものも、喫食に際してソフトな物性のものを提供することが目的であるが、そのソフトな物性は、それを飲料形態で飲用するタイプのシャーベットとして供することが可能なようなソフトな物性のものではない。 Also these ones, but the goal is to provide what soft properties during eating, the soft physical properties, it soft physical properties such that it can serve as sherbet type of drink in beverage form not.

最近、冷菓を飲料形態で飲用するタイプの冷菓が開示されている。 Recently, the frozen dessert of the type that drinking in beverage form is disclosed a frozen dessert. 例えば、特開2010−259335号公報には、ショ糖及び/又はトレハロースを含み、pHが2.0〜4.0に調整されたなめらかな食感のシャーベット状飲料が開示されている。 For example, JP 2010-259335 comprises sucrose and / or trehalose, sherbet beverages smooth texture pH is adjusted to 2.0-4.0 is disclosed. 該開示のものは、半凍結或いは凍結後半凍解することにより飲用するものである。 Those of the disclosure is intended to drinking by interpreted freeze late semi frozen or freeze. また、冷菓を凍結アルコール飲料として提供する方法も開示されている。 Further, a method of providing a frozen dessert as frozen alcoholic beverages are also disclosed. 例えば、特表平9−508027号公報には、約6〜28度数の飲用アルコールに、ローカストビーンガムとグァーガムとを混合した安定剤混合物を混合し、pHを3.0〜5.0に調整することにより、よく凍結し優れた質感と微細な氷結晶を有し、冷凍庫から取り出された後も、凍結又は半凍結状態を維持することができるアルコール入り簡易冷凍飲料が開示されている。 For example, JP Hei 9-508027, drinking alcohol about 6 to 28 degrees, a mixture of stabilizer mixture obtained by mixing the locust bean gum and guar gum, pH adjusted to 3.0 to 5.0 by having a good frozen superior texture and fine ice crystals, even after removal from the freezer, the alcohol-containing simple refrigeration beverage can be maintained frozen or semi-frozen state is disclosed. 特表2012−529905号公報には、フルクトース、グルコース、スクロースのような糖類と、ゼラチン加水分解物、プロピレングリコール、トレハロース、エリスリトール、ソルビトールのような糖アルコール、グリセロール、マルチデキストリン等を配合することにより、冷凍庫から取出した後、簡単な振り混ぜでフローズン飲料として、飲用に供することができるアルコール飲料組成物が開示されている。 JP Kohyo 2012-529905, fructose, glucose, and sugars such as sucrose, gelatin hydrolyzate, propylene glycol, trehalose, erythritol, sugar alcohols such as sorbitol, glycerol, by incorporating multi-dextrin after removal from the freezer, a simple shaking in frozen beverages, alcoholic beverage composition which can be subjected to drinking is disclosed.

また、特開平10−117763号公報には、アルコール濃度が1〜18容量%であり、エリスリトール及び/又はキシリトールのような糖アルコールを含有し、かつ総糖質量が30重量%以下に調整され、更に、キサンタンガム、カラギーナン、グァーガム、ローカストビーンガム、タマリンドガムを配合した組成からなり、凍結により、シャーベット状のソフトアイス状の凍結アルコール性飲料が開示されている。 JP-A-10-117763, a 1 to 18 volume% alcohol concentration, contain sugar alcohols such as erythritol and / or xylitol, and sweeping the mass is adjusted to 30 wt% or less, Moreover, xanthan gum, carrageenan, guar gum, locust bean gum, consist composition formulated with tamarind gum, by freezing, sherbet-like soft ice-form freeze-alcoholic beverages are disclosed. しかし、該凍結アルコール性飲料は、流動せず、氷晶部分と凍結によって濃縮された溶液部分とが混在する不均一系の状態のものと記載されているのみで、冷凍凍結した場合にもすぐにもみほぐし飲用することが可能な柔軟凍結状態のものを特定したものではない。 However, the freeze-alcoholic beverages, not flow, only and the portion of solution which is concentrated by freezing the ice crystals moiety is described as a heterogeneous state of mixed immediately even when frozen frozen not identified what is flexible frozen ready to drink Momihogushi to.

更に、最近、可撓性袋状容器により、シャーベット状の冷菓を飲用する形式の冷菓の提供方法が開示されている。 Furthermore, recently, a flexible bag-like container, provides a method of ice confection in the form of drinking sherbet-like frozen desserts have been disclosed. 例えば、特開2002−27917号公報には、キャップ付きの口部を有する可撓性袋状容器に、糖類及びゲル化剤とを含有し、糖度10〜24度に調整された溶液を充填し、冷凍庫で凍結し、飲用時に適度に解凍することにより、流動性を生じさせ、袋状容器の口部から吸い出して、手軽に飲用するものであり、シャーベットのような舌触りの冷菓を提供するものとして開示されている。 For example, JP 2002-27917, a flexible bag-like container having a mouth with a cap, containing a sugar and a gelling agent, filled with the adjusted solution to the sugar content 10 to 24 degrees by frozen in a freezer, moderately thawed during drinking causes fluidity and sucked from the mouth portion of the bag-shaped container, which easily drinking, which provides a frozen dessert mouthfeel like sherbet It is disclosed as. また、特開2010−17163号公報には、糖類に、タマリンドガム、ローカストビーンガム、及びグァーガムのような増粘安定剤を含有させ、糖度を25〜35度に調整し、凍結解凍後の回転粘度計で測定した場合に特定粘度となるように調整した液体食品を可撓性容器に充填した、凍結して喫食するための可撓性容器入り液体食品が開示されており、該可撓性容器入り液体食品は、凍結後に手でもみほぐしやすく、なめらかな舌触りを有するものであることが示されている。 Further, JP 2010-17163, sugars, tamarind gum, contain a thickening stabilizer such as locust bean gum, and guar gum, and adjust the sugar content 25 to 35 degrees, the rotation after freeze thawing the liquid food which is adjusted so that the specific viscosity when measured at viscometer was filled in a flexible container, flexible containers liquid food for eating frozen is disclosed, the flexible containers liquid food is easy Momihogushi manually after freezing, has been shown to be one having a smooth texture. これら開示のものでは、冷凍庫から取り出して、手でもみほぐせるようになる時間(流動性が出るまでの時間)は、10〜15分以内であることが示されている。 In these things disclosures, removed from the freezer, Momihoguseru so to become time hands (time until fluidity exits) have been shown to be within 10 to 15 minutes. したがって、これらの可撓性容器入り液体食品は、冷凍庫から取り出して、手でもみほぐせるものとして開示されているが、飲用には、凍結後、解凍して、流動性を生じさせることが必要である。 Accordingly, these flexible containers liquid food is removed from the freezer, is disclosed as Momihoguseru thing by hand, the drinking, after freezing, and thawing, necessary to generate a flowable it is.

以上のように、シャーベットのような冷菓については、ソフトのような冷菓とするための工夫がなされた各種製品が開示され、また、常温流通や可撓性容器への充填等、その流通、喫食、飲用形態も、各種のものが開示されているが、消費者の更なるニーズに対応するためには、より便利に飲用、喫食することができ、しかも、味覚に優れた製品の提供が望まれるところである。 As described above, for the frozen dessert such as sherbet, are disclosed various products contrivances have been made for a frozen dessert such as a soft, also filling the like to the shelf-stable or flexible container, its distribution, eating drinking embodiment also, various ones have been disclosed, in order to respond to further needs of consumers, more convenient drinking, can be eaten, moreover, desirable to provide a product with excellent taste it is where to be.

特開平7−132048号公報。 JP-7-132048 discloses. 特開平10−117763号公報。 JP 10-117763 discloses. 特開平10−295280号公報。 JP 10-295280 discloses. 特開平11−155490号公報。 JP 11-155490 discloses. 特開2002−27917号公報。 JP 2002-27917 JP. 特開2009−106181号公報。 JP 2009-106181 JP. 特開2010−17163号公報。 JP 2010-17163 JP. 特開2010−68751号公報。 JP 2010-68751 JP. 特開2010−259335号公報。 JP 2010-259335 JP. 特開2011−229483号公報。 JP 2011-229483 JP. 特開2013−81421号公報。 JP 2013-81421 JP. 特表平9−508027号公報。 Hei 9-508027 JP. 特表2012−529905号公報。 JP-T 2012-529905 JP.

本発明の課題は、常温流通を可能とし、冷凍してシャーベット状飲料として飲用する常温流通型容器詰めシャーベット状飲料を提供すること、特に、常温流通型容器詰めシャーベット状飲料を、可撓性容器に充填した形態で常温流通させ、飲用時に冷凍凍結した場合にもすぐにもみほぐし、飲用することが可能な柔軟凍結状態を有するとともに、甘味の調整された高味覚の常温流通型容器詰めシャーベット状飲料を提供することにある。 An object of the present invention enables the ordinary temperature distribution, to provide a shelf-stable type packaged sherbet beverage drinking as sherbet-like beverage with frozen, in particular, the cold flow-packaged sherbet beverage, flexible container is shelf-stable in filled form, even when the frozen frozen during drinking Momihogushi immediately, and having a flexible frozen state capable of drinking, cold flow type high taste adjusted sweetness bottled sherbet It is to provide a beverage.

本発明者は、上記課題を解決すべく、常温流通型容器詰めシャーベット状飲料として、常温流通を可能とし、しかも、可撓性容器に充填した形態で、便利に飲用できる形態のシャーベット状飲料について、その望ましい物性と、味覚の調製について鋭意検討する中で、常温流通が可能であり、冷凍してシャーベット状飲料として飲用する常温流通型容器詰めシャーベット状飲料において、シャーベット状飲料用ベース液を、特定のアルコール濃度、特定の組合せの増粘剤の含量、及び、特定量の糖アルコールを含有する糖質の総糖質濃度を特定量に調整することにより、該シャーベット状飲料用ベース液を可撓性容器に充填した形態で、常温流通型容器詰めシャーベット状飲料とした場合に、飲用時に、冷凍凍結した場合にもすぐにもみほぐ The present inventors, in order to solve the above problems, as a cold flow-packaged sherbet beverage, to allow the shelf-stable, yet, in a form filled in a flexible container, for convenient drinking can form sherbet beverage , its desired properties, among which intensive studies for the preparation of taste, are possible shelf-stable at ambient temperature flow-packaged sherbet beverage drinking as sherbet-like beverage by freezing, the sherbet-like beverage base liquid, certain alcohol concentration, soluble content of a particular combination of thickening agents, and, by adjusting the total carbohydrate concentration of carbohydrate containing a specific amount of sugar alcohol in a specific amount, the sherbet-like beverage base liquid in the form filled in FLEXIBLE container, when the cold flow-packaged sherbet beverage, during drinking, even immediately fir hog when frozen frozen ことが可能な柔軟凍結状態を有するシャーベット状飲料を調製することができ、しかも、シャーベット状飲料の甘味を調整して、飲用時の好ましい物性と、味覚に優れたシャーベット状飲料を提供することができることを見出し、本発明を完成するに至った。 It can be prepared sherbet beverages with flexible frozen state capable, moreover, by adjusting the sweetness of sherbet-like beverage, and preferred properties during drinking, to provide excellent sherbet-like beverage taste It found that can be, and have completed the present invention.

すなわち、本発明は、常温流通を可能とし、冷凍してシャーベット状飲料として飲用する常温流通型容器詰めシャーベット状飲料において、シャーベット状飲料用ベース液を、アルコール濃度が5容量(v/v)%以上であり、キサンタンガム及びローカストビーンガムの組合せ、キサンタンガム及びκ−カラギナンの組合せ、又は、キサンタンガム及びグアガムの組合せからなる増粘剤のいずれかを合計量で、0.055w/v%以上、0.2w/v%以下の含有量とし、少なくとも、飲料中濃度で3.2w/v%以上の糖アルコールを含有する糖質を、総糖質濃度で、10w/v%以上、17w/v%以下の含有量であるように調製したことを特徴とする、冷凍凍結した場合にもすぐにもみほぐすことが可能な柔軟凍結状態を有する常温 That is, the present invention enables the ordinary temperature distribution, at ambient temperature flow-packaged sherbet beverage frozen by drinking a sherbet-like beverage, a sherbet-like beverage base liquid, the alcohol concentration of 5 volume (v / v)% or more, the combination of xanthan gum and locust bean gum, xanthan gum and κ- carrageenan combinations, or, in a total amount of any thickener consisting of a combination of xanthan gum and guar gum, 0.055w / v% or more, 0. and 2w / v% or less of the content, at least, a carbohydrate containing 3.2 W / v% or more sugar alcohols in a concentration in the beverage, the total sugar concentration, 10w / v% or more, 17w / v% or less room temperature with a characterized in that it has prepared so that the amount of content, flexible frozen state capable also Momihogusu quickly when frozen frozen 通型容器詰めシャーベット状飲料からなる。 Consisting of passing type packaged sherbet-like beverage.

本発明の常温流通型容器詰めシャーベット状飲料におけるシャーベット状飲料用ベース液において、該ベース液のアルコール濃度は、5容量(v/v)%以上に調整されるが、好ましくは、5容量(v/v)%以上、10容量(v/v)%以下に調整されることが好ましい。 In sherbet beverage base liquid at normal temperature flow-packaged sherbet beverage of the present invention, the alcohol concentration of the base solution, is adjusted to 5 volume (v / v)% or more, preferably, 5 volumes (v / v)% or more, is preferably adjusted to 10 volume (v / v)% or less. また、本発明の常温流通型容器詰めシャーベット状飲料におけるシャーベット状飲料用ベース液において、キサンタンガム及びローカストビーンガムの組合せ、キサンタンガム及びκ−カラギナンの組合せ、又は、キサンタンガム及びグアガムの組合せからなる増粘剤は、そのいずれかを合計量で、0.055w/v%以上、0.2w/v%以下に調整されるが、好ましくは、0.055w/v%以上、0.15w/v%以下に調製することが好ましい。 Further, the sherbet-like beverage base liquid at normal temperature flow-packaged sherbet beverage of the present invention, a combination of xanthan gum and locust bean gum, a combination of xanthan gum and κ- carrageenan, or a thickening agent consisting of a combination of xanthan gum and guar gum is the total amount of the one, 0.055w / v% or more, but is adjusted to below 0.2 w / v%, preferably, 0.055w / v% or more, below 0.15 w / v% preparation it is preferable to. 該増粘剤の組合せにおいて、キサンタンガムの含有量は、少なくとも0.02w/v%以上、0.07w/v%以下に調整されるか、或いは、ローカストビーンガム含有量は、少なくとも0.03w/v%以上、0.1w/v%以下に調整されることが好ましい。 In combination with the thickener, the content of xanthan gum is at least 0.02 w / v% or more, or is adjusted to less than 0.07 W / v%, or locust bean gum content is at least 0.03 w / v% or more, is preferably adjusted to below 0.1 w / v%.

本発明の常温流通型容器詰めシャーベット状飲料におけるシャーベット状飲料用ベース液において、配合される糖アルコールとしては、各種糖アルコールを挙げることができるが、特に好ましくは、グリセリン又はエリスリトールを挙げることができる。 In sherbet beverage base liquid at normal temperature flow-packaged sherbet beverage of the present invention, the sugar alcohol to be blended, there may be mentioned various sugar alcohols, particularly preferably, mention may be made of glycerol or erythritol . 本発明の常温流通型容器詰めシャーベット状飲料におけるシャーベット状飲料用ベース液は、可撓性の飲料容器に充填されるが、該可撓性の飲料容器としては、キャップ付きの口部を有する可撓性袋状容器を用いることができる。 Sherbet beverage base liquid at normal temperature flow-packaged sherbet beverage of the present invention is filled in a flexible beverage container, the beverage container of the flexible, variable having a mouth with a cap it can be used FLEXIBLE bag-shaped container.

本発明は、常温流通を可能とし、冷凍してシャーベット状飲料として飲用する常温流通型容器詰めシャーベット状飲料の製造方法において、シャーベット状飲料用ベース液を、アルコール濃度が5容量(v/v)%以上であり、キサンタンガム及びローカストビーンガムの組合せ、キサンタンガム及びκ−カラギナンの組合せ、或いは、キサンタンガム及びグアガムの組合せからなる増粘剤のいずれかを合計量で、0.055w/v%以上、0.2w/v%以下の含有量とし、少なくとも、3.2w/v%以上の糖アルコールを含有する糖質を、総糖質濃度で、10w/v%以上、17w/v%以下の含有量であるように調製し、該シャーベット状飲料用ベース液を可撓性の飲料容器に充填することからなる、冷凍凍結した場合にもすぐにも The present invention enables the ordinary temperature distribution, in the manufacturing method of cold flow-packaged sherbet beverage frozen by drinking a sherbet-like beverage, a sherbet-like beverage base liquid, the alcohol concentration of 5 volume (v / v) % or more, xanthan gum and locust bean gum combination, xanthan gum and κ- carrageenan combination, or in a total amount of any thickener consisting of a combination of xanthan gum and guar gum, 0.055w / v% or more, 0 and .2w ​​/ v% or less of the content, at least, a carbohydrate containing 3.2 W / v% or more sugar alcohols in a total sugar concentration, 10w / v% or more, 17w / v% or less of the content of prepared as it consists of filling the sherbet beverage base liquid in the beverage container flexible, even immediately even when the frozen frozen ほぐすことが可能な柔軟凍結状態を有する常温流通型容器詰めシャーベット状飲料の製造方法を包含する。 It encompasses a method of manufacturing a cold flow-packaged sherbet beverages with flexible frozen state which can be loosened.

すなわち、具体的には本発明は、[1]常温流通を可能とし、冷凍してシャーベット状飲料として飲用する常温流通型容器詰めシャーベット状飲料において、シャーベット状飲料用ベース液を、アルコール濃度が5容量(v/v)%以上であり、キサンタンガム及びローカストビーンガムの組合せ、キサンタンガム及びκ−カラギナンの組合せ、又は、キサンタンガム及びグアガムの組合せからなる増粘剤のいずれかを合計量で、0.055w/v%以上、0.2w/v%以下の含有量とし、少なくとも、3.2w/v%以上の糖アルコールを含有する糖質を、総糖質濃度で、10w/v%以上、17w/v%以下の含有量であるように調製したことを特徴とする、冷凍凍結した場合にもすぐにもみほぐすことが可能な柔軟凍結状態を有する That is, specifically, the invention [1] to allow the cold flow, at room temperature flow-packaged sherbet beverage frozen by drinking a sherbet-like beverage, a sherbet-like beverage base liquid, the alcohol concentration 5 and the volume (v / v)% or more, the combination of xanthan gum and locust bean gum, a combination of xanthan gum and κ- carrageenan, or any of a thickener consisting of a combination of xanthan gum and guar gum in a total amount, 0.055W / v% or more, and 0.2 w / v% or less of the content, at least, a carbohydrate containing 3.2 W / v% or more sugar alcohols in a total sugar concentration, 10w / v% or more, 17w / v wherein the prepared as a content of less%, having a flexible frozen state capable Momihogusu also immediately when frozen frozen 温流通型容器詰めシャーベット状飲料や、[2]シャーベット状飲料用ベース液のアルコール濃度が5容量(v/v)%以上、10容量(v/v)%以下に調整されていることを特徴とする上記[1]に記載の常温流通型容器詰めシャーベット状飲料や、[3]キサンタンガム及びローカストビーンガムの組合せ、キサンタンガム及びκ−カラギナンの組合せ、又は、キサンタンガム及びグアガムの組合せからなる増粘剤の組合せにおいて、キサンタンガムの含有量は、少なくとも0.02w/v%以上、0.07w/v%以下に調整されるか、或いは、ローカストビーンガム含有量は、少なくとも0.03w/v%以上、0.1w/v%以下に調整されることを特徴とする上記[1]又は[2]に記載の常温流通型容器詰めシャーベット状 And temperature distribution type packaged sherbet beverage, characterized in that it is adjusted to [2] sherbet alcohol concentration of 5 volume of beverage base liquid (v / v)% or more, 10 volume (v / v)% or less [1] and ambient temperature flow-packaged sherbet beverage according to which a, [3] a combination of xanthan gum and locust bean gum, a combination of xanthan gum and κ- carrageenan, or a thickening agent consisting of a combination of xanthan gum and guar gum in combination, the content of xanthan gum is at least 0.02 w / v% or more, or is adjusted to less than 0.07 W / v%, or locust bean gum content is at least 0.03 w / v% or more, above, characterized in that it is adjusted to below 0.1 w / v% [1] or cold flow-packaged sherbet according to [2] 料や、[4]糖アルコールが、グリセリン又はエリスリトールであることを特徴とする上記[1]〜[3]のいずれかに記載の常温流通型容器詰めシャーベット状飲料や、[5]シャーベット状飲料用ベース液が、可撓性の飲料容器に充填されていることを特徴とする上記[1]〜[4]のいずれかに記載の常温流通型容器詰めシャーベット状飲料や、[6]可撓性の飲料容器が、キャップ付きの口部を有する可撓性袋状容器であることを特徴とする上記[5]に記載の常温流通型容器詰めシャーベット状飲料からなる。 Fees and, [4] the sugar alcohol, the [1] ~ or cold flow-packaged sherbet beverage according to any one of [3], which is a glycerol or erythritol, [5] sherbet beverage use base liquid, and room temperature flow-packaged sherbet beverage according to any one of [1] to [4], which is filled in a flexible beverage container, [6] the flexible sexual beverage container, made of cold flow-packaged sherbet beverage according to [5], which is a flexible bag-like container having a mouth with a cap.

また、本発明は、[7]常温流通を可能とし、冷凍してシャーベット状飲料として飲用する常温流通型容器詰めシャーベット状飲料の製造方法において、シャーベット状飲料用ベース液を、アルコール濃度が5容量(v/v)%以上であり、キサンタンガム及びローカストビーンガムの組合せ、キサンタンガム及びκ−カラギナンの組合せ、又はキサンタンガム及びグアガムの組合せからなる増粘剤のいずれかを合計量で、0.055w/v%以上、0.2w/v%以下の含有量とし、少なくとも、3.2w/v%以上の糖アルコールを含有する糖質を、総糖質濃度で、10w/v%以上、17w/v%以下の含有量であるように調製し、該シャーベット状飲料用ベース液を可撓性の飲料容器に充填することを特徴とする、冷凍凍結した場合 Further, the present invention is [7] to allow the shelf-stable, frozen in the manufacturing method of the cold flow-packaged sherbet beverage drinking as sherbet-like beverage, a sherbet-like beverage base liquid, the alcohol concentration 5 vol (v / v) not less than%, a combination of xanthan gum and locust bean gum, a combination of xanthan gum and κ- carrageenan, or a total amount of any thickener consisting of a combination of xanthan gum and guar gum, 0.055w / v % or more, and 0.2 w / v% or less of the content, at least, a carbohydrate containing 3.2 W / v% or more sugar alcohols in a total sugar concentration, 10w / v% or more, 17w / v% prepared as a content of the following, characterized in that filling the sherbet beverage base liquid in a beverage container of a flexible, when frozen frozen もすぐにもみほぐすことが可能な柔軟凍結状態を有する常温流通型容器詰めシャーベット状飲料の製造方法からなる。 Also from the manufacturing method of the cold flow-packaged sherbet beverages with flexible frozen state capable Momihogusu immediately.

本発明は、常温流通を可能とし、冷凍してシャーベット状飲料として飲用する常温流通型容器詰めシャーベット状飲料において、常温流通型容器詰めシャーベット状飲料を、可撓性容器に充填した形態で常温流通させ、飲用時に冷凍凍結した場合にもすぐにもみほぐし、便利に飲用することが可能であり、しかも、その柔軟な凍結状態とともに、甘味の調整された高味覚の常温流通型容器詰めシャーベット状飲料を提供する。 The present invention enables the ordinary temperature distribution, frozen in cold flow-packaged sherbet beverage drinking as sherbet-like beverage, the cold flow-packaged sherbet beverage, normal temperature distribution in the filled form flexible container is allowed, Momihogushi also immediately when frozen frozen during drinking, it is possible to conveniently drinking, moreover, the flexible with frozen state, sweetness of the adjusted high taste cold flow-packaged sherbet beverage I will provide a.

本発明は、常温流通を可能とし、冷凍してシャーベット状飲料として飲用する常温流通型容器詰めシャーベット状飲料において、シャーベット状飲料用ベース液を、アルコール濃度が5容量(v/v)%以上であり、キサンタンガム及びローカストビーンガムの組合せ、キサンタンガム及びκ−カラギナンの組合せ、或いは、キサンタンガム及びグアガムの組合せからなる増粘剤のいずれかを合計量で、0.055w/v%以上、0.2w/v%以下の含有量とし、少なくとも、3.2w/v%以上の糖アルコールを含有する糖質を、総糖質濃度で、10w/v%以上、17w/v%以下の含有量であるように調製した、冷凍凍結した場合にもすぐにもみほぐすことが可能な柔軟凍結状態を有する常温流通型容器詰めシャーベット状飲料、及 The present invention enables the ordinary temperature distribution, at ambient temperature flow-packaged sherbet beverage frozen by drinking a sherbet-like beverage, a sherbet-like beverage base liquid, in the alcohol concentration of 5 volume (v / v)% or more There, xanthan gum and locust bean gum combination, xanthan gum and κ- carrageenan combination, or in a total amount of any thickener consisting of a combination of xanthan gum and guar gum, 0.055w / v% or more, 0.2 w / v the percent content, at least, a carbohydrate containing 3.2 W / v% or more sugar alcohols in a total sugar concentration, 10w / v% or more, as a content of less than 17w / v% were prepared, cold flow-packaged sherbet beverages with flexible frozen state capable Momihogusu also immediately when frozen frozen 及 その製造方法からなる。 That consists of the production method.

本発明の常温流通型容器詰めシャーベット状飲料において、そのシャーベット状飲料用ベース液において用いられるアルコールには、醸造用アルコールを用いることができるが、ジン、ラム酒、ウォッカ、テキーラ、ブランデーのようなスピリッツ、ワイン、リキュール、ウイスキー、日本酒、焼酎のような各種酒類を用いることができる。 In cold flow-packaged sherbet beverage of the present invention, the alcohol used in the sherbet beverage base liquid, can be used for brewing alcohol, gin, such as rum, vodka, tequila, brandy can be used for spirits, wine, liqueurs, whiskey, sake, a variety of alcoholic beverages such as shochu. 該ベース液のアルコール濃度は、5容量(v/v)%以上に調整されるが、好ましくは、5容量(v/v)%以上、10容量(v/v)%以下に調整されることが好ましい。 Alcohol concentration of the base solution, is adjusted to 5 volume (v / v)% or more, preferably, 5 volumes (v / v)% or more, 10 volume (v / v)% to be adjusted below It is preferred.

シャーベット状飲料用ベース液において用いられる増粘剤としては、キサンタンガム及びローカストビーンガムの組合せ、κ−カラギナン及びローカストビーンガムの組合せ、及び、キサンタンガム及びグアガムの組合せからなる増粘剤のいずれかが用いられる。 Examples of the thickener to be used in sherbet beverage base liquid, a combination of xanthan gum and locust bean gum, .kappa.-carrageenan and locust bean gum combination, and either the thickener consisting of a combination of xanthan gum and guar gum are used It is. 該増粘剤の含有量は、合計量で、0.055w/v%以上、0.2w/v%以下の範囲で用いられる。 The content of the thickener is in a total amount, 0.055w / v% or more, used in the range of 0.2 w / v%. 該増粘剤の組合せにおいて、キサンタンガムの含有量は、少なくとも0.02w/v%以上、0.07w/v%以下に調整されるか、或いは、ローカストビーンガム含有量は、少なくとも0.03w/v%以上、0.1w/v%以下に調整されることが好ましい。 In combination with the thickener, the content of xanthan gum is at least 0.02 w / v% or more, or is adjusted to less than 0.07 W / v%, or locust bean gum content is at least 0.03 w / v% or more, is preferably adjusted to below 0.1 w / v%.

本発明の常温流通型容器詰めシャーベット状飲料において、そのシャーベット状飲料用ベース液において用いられる糖質としては、少なくとも、3.2w/v%以上の糖アルコールを含有する糖質を、総糖質濃度で、10w/v%以上、17w/v%以下の範囲で用いられる。 In cold flow-packaged sherbet beverage of the present invention, the carbohydrate used in the sherbet beverage base liquid, at least, a carbohydrate containing 3.2 W / v% or more sugar alcohols, total carbohydrates concentration, 10w / v% or more, used in an amount of less than 17w / v%. シャーベット状飲料用ベース液においては、「総糖質濃度」が高くなれば、すぐにもみほぐすことができる柔らかい凍結状態が得られるが、味が甘すぎる欠点がある。 In the sherbet-like beverage base liquid, the higher the "total sugar concentration", but it is soft frozen state that can be Momihogusu immediately obtained, there is a drawback taste too sweet. また、甘味を調整するために、17w/v%以下というように、総糖質濃度を低く調整した場合には、すぐにもみほぐすには固すぎる凍結状態になる。 Further, in order to adjust the sweetness, and so 17w / v% or less, when adjusting the total carbohydrate concentration low will freeze state too hard to quickly Momihogusu. この凍結状態を改善するために、増粘剤、糖アルコールなどの成分について、表2の比較例3〜6のように増粘剤のキサンタンガム、ローカストビーンガム、κ−カラギナン、アルギン酸プロピレングリコールエステルなどをそれぞれ単独で配合するだけでは、すっきりした甘さとすぐにもみほぐすことができる凍結状態の両立は実現できない。 To improve the frozen state, thickeners, for components such as sugar alcohols, xanthan thickeners as in Comparative Example 3-6 in Table 2, locust bean gum, .kappa.-carrageenan, alginic acid propylene glycol ester the only compounded singly, the balance of the frozen state which can Momihogusu as soon as sweetness that refreshing can not be realized. また、用いる増粘剤を組合せて見ても、比較例7のカラギーナンとグアーガムのように、ほとんどの組合せで、凍結状態と味覚の改善の両立を実現できないが、キサンタンガム及びローカストビーンガムの組合せ、キサンタンガム及びκ−カラギナンの組合せ、又は、キサンタンガム及びグアガムの組合せのいずれかを特定の濃度範囲で用いることで、すっきりした甘さとすぐにもみほぐすことができる凍結状態を達成することができる。 Also, looking at a combination of thickeners to be used, as carrageenan and guar gum of Comparative Example 7, in most combinations, can not realize both improvement in frozen state and taste, xanthan gum and locust bean gum combination, xanthan gum and κ- carrageenan combination, or by using any of the xanthan gum and guar gum in combination with a specific concentration range, it is possible to achieve a frozen state which can Momihogusu as soon as sweetness was clean.

糖アルコールとしては、グリセリン、エリスリトール、ソルビトール、キシリトール、マンニトール、マルチトール、ラクチトール、パラチニット、還元水飴等が挙げられるが、グリセリン又はエリスリトールを好ましい糖アルコールとして挙げることができる。 The sugar alcohols, glycerin, erythritol, sorbitol, xylitol, mannitol, maltitol, lactitol, Palatinit, but reduced starch syrup and the like, may be mentioned glycerol or erythritol as the preferred sugar alcohol. 特に好ましくは、グリセリン(濃度3.2%以上)を用いる場合を、挙げることができる。 Particularly preferably, the case of using glycerin (concentration 3.2% or more), may be mentioned. 糖質のその他の糖類としては、砂糖、ブドウ糖、果糖ブドウ糖液糖、トレハロース、水飴などが挙げられるが、非糖質の甘味料としては、アスパルテーム、アセスルファムK、ステビア、ジヒドロカルコン類、ソーマチンなどを挙げることができる。 Other sugars carbohydrates, sugar, glucose, fructose glucose liquid sugar, trehalose, but like starch syrup and the like, as a sweetener non carbohydrate, aspartame, acesulfame K, stevia, dihydrochalcones, thaumatin and the like it can be mentioned. 本発明においては、糖アルコール及び糖類を、上記範囲の糖アルコール濃度、総糖質濃度で用いられるが、該糖質濃度に調整することにより、シャーベット状飲料の柔軟凍結状態を調製すると共に、シャーベット状飲料の甘味度の増大を抑制して、甘味の調整された高味覚の常温流通型容器詰めシャーベット状飲料を提供することができる。 In the present invention, the sugar alcohols and sugars, along with the sugar alcohol concentration of the above-mentioned range, but is used in a total sugar concentration, by adjusting the sugar substance concentration, to prepare a flexible frozen state of sherbet beverage, sherbet by suppressing the increase in the sweetness of Jo beverage, it is possible to provide a high taste cold flow-packaged sherbet beverage adjusted sweetness.

本発明のシャーベット状飲料は、アルコール原料、特定組合せの増粘剤、糖アルコール、糖類を特定された含有量で含有するものであるが、その他に、本発明の目的を損なわない限り、他の食品成分や、果汁、香料、着色料、クエン酸、リンゴ酸、酒石酸等の酸味料などの食品添加成分を含有するものであってもよい。 Sherbet beverage of the present invention, the alcohol starting material, the specific combination of thickeners, sugar alcohols, those containing at a content specified to sugars, and other, as long as it does not impair the object of the present invention, other food ingredient or, fruit juice, flavoring, coloring, citric acid, malic acid, it may be one containing the food additive ingredients such as acidulants or tartaric acid. 各種香料の添加により、シャーベット状飲料に適度な風味と香りを付与することができる。 The addition of various flavors, it is possible to impart an appropriate flavor and aroma to the sherbet beverage. また、各種果汁の添加により、シャーベット状飲料に各種果汁の香味と味覚を付与することができる。 Further, the addition of various fruit juices, it is possible to impart flavor and taste of the various juice sherbet beverage. 例えば、ライム、レモン、オレンジ、ユズ、カボスなどの柑橘類の果汁やパイナップル、リンゴ、グレープなどの果汁、更に、トマトなどの野菜類の果汁等の添加により、嗜好性に優れたシャーベット状飲料を提供することができる。 For example, providing lime, lemon, orange, citron, citrus fruit juice or pineapple such Cabos, apple, juice such as grape, further, by adding fruit juice of vegetables such as tomatoes, good sherbet-like beverage palatability can do.

本発明の常温流通型容器詰めシャーベット状飲料におけるシャーベット状飲料用ベース液は、可撓性の飲料容器に充填されるが、該可撓性の飲料容器としては、キャップ付きの口部を有する可撓性袋状容器(スパウト付異形状パウチ)を用いることができる。 Sherbet beverage base liquid at normal temperature flow-packaged sherbet beverage of the present invention is filled in a flexible beverage container, the beverage container of the flexible, variable having a mouth with a cap it can be used FLEXIBLE bag-like container (irregular-shaped pouch with spout). 本発明の容器詰めシャーベット状飲料は、上記のように調製されたシャーベット状飲料用ベース液を可撓性の飲料容器に充填することにより、常温流通を可能とし、飲用に際しては、該シャーベット状飲料用ベース液が充填された可撓性の飲料容器を冷凍庫等で凍結することにより、凍結状態の容器詰めシャーベット状飲料をすぐにもみほぐし、便利に飲用することができる。 Packaged sherbet beverage of the present invention, by filling the sherbet-like beverage base liquid prepared as described above in the beverage container flexible, to allow the cold flow, at the time of drinking, the sherbet-like beverage the beverage container of flexible use base liquid is filled by freezing in a freezer or the like, Momihogushi immediately packaged sherbet beverage frozen state, it can be conveniently drunk.

以下、実施例を挙げて、本発明を具体的に説明するが、本発明はこれらによって何ら限定されるものではない。 Following examples, the present invention is described in detail, the present invention is not limited thereto by any means.

<シャーベット状アルコール飲料の製造> <Production of sherbet-like alcoholic beverages>
シャーベット状飲料の製造には、表1に示す処方を用いた。 The production of sherbet beverage, using the formulations shown in Table 1. アルコール原料としての原料用アルコール(アルコール容量95.3容量%)、ショ糖(グラニュー糖:明治製糖製)、異性化液糖H―100(日本食品化工製)、エリスリトール(三菱化学フーズ株式会社製)、グリセリン(阪本薬品製)を表1に示す割合で使用した。 Raw material for alcohol as the alcohol starting material (alcohol volume 95.3% by volume), sucrose (granulated sugar manufactured by Meiji Sugar) (manufactured by Nippon Shokuhin Kako) isomerized liquid sugars H-100, erythritol (Mitsubishi-Kagaku Foods Corporation ), glycerin (Sakamoto Ltd. pharmaceutical) was used in the proportions shown in Table 1. なお、表1の原料アルコールについては、最終溶液のエタノール濃度に換算したものを示した。 Note that the starting alcohol in Table 1, showed that in terms of ethanol concentration in the final solution.

更に、増粘剤として、キサンタンガム(DSP五協製)、ローカストビーンガム(シンワフーズケミカル製)を表1に示す割合で使用した。 Further, as a thickener, xanthan gum (DSP Gokyo Ltd.), locust bean gum (manufactured by Shinwa Foods Chemical) was used in the proportions shown in Table 1. 加えてレモン果汁・香料・酸味料(クエン酸、クエン酸ナトリウム)を表1に示す割合で使用した。 Addition of lemon juice, flavor, acidulant the (citric acid, sodium citrate) were used in the proportions shown in Table 1. 上記原料を混合して調製した溶液を85℃で10分間加熱した後、冷却し、150ml容アルミパウチ容器に充填した。 After a solution prepared by mixing the raw material was heated for 10 minutes at 85 ° C., cooled, and filled into 150ml volume aluminum pouch container. これを−20℃の冷凍庫に9時間保持して凍結させ、凍結(シャーベット状)アルコール飲料を得た。 This was frozen and held for 9 hours to -20 ° C. freezer to obtain a frozen (sherbet) alcoholic beverages.

<凍結(シャーベット状)アルコール飲料の官能評価> <Sensory evaluation of freezing (sherbet) alcoholic beverages>
官能評価は、氷の固さの評価を訓練した3名の専門パネルにより実施した。 The sensory evaluation was carried out by a professional panel of 3 people who were trained to evaluate the hardness of the ice. 冷凍庫から取り出したシャーベットをすぐに試食し、もみほぐす際の固さと甘さを評価した。 Tasted sherbet taken out from the freezer immediately, was to evaluate the firmness and sweetness of when Momihogusu. 固さの評価は、1=「固い」〜5=「柔らかい」とし、0.5点刻みで評価した。 Evaluation of hardness are 1 = a "hard" to 5 = "soft" were evaluated in steps of 0.5 points. パネル全体の平均値が2.5以上で適した固さと判定した。 The average value of the entire panel is hardness and determination appropriate for 2.5 or more. 甘さは、実施例1の処方を対照として、それと比較して甘みの強さが、コンセプト上許容できるかどうかを判断した。 Sweetness, as a control formulation of Example 1, the same is the intensity of sweetness compared to determine whether it acceptable concept. 評価は、「許容できる」=○、「許容できない」=×とした。 Evaluation, "acceptable" = ○, was "unacceptable" = ×.

<結果> <Result>
凍結アルコール飲料の固さと甘味の官能評価結果と甘味度合計を表1に示した。 The sensory evaluation results and the sweetness total hardness and sweetness of the frozen alcoholic beverages are shown in Table 1. 甘味度合計は、各糖類の甘味度(ショ糖を1とした際の相対的な甘さであり、グリセリン0.6、エリスリトール0.8などである)の値と糖類の配合量を掛けて合算した値である。 Sweetness Total (a relative sweetness when was the 1 sucrose, glycerin 0.6, erythritol 0.8, etc.) each saccharide sweetness over the amount of the value and sugars is a sum value. アルコール濃度5容量(v/v)%以上であり、少なくとも、3.2w/v%以上の糖アルコールを含有する糖質を、総糖質濃度で、10w/v%以上17w/v%以下の含有量であるように調製することで、すっきりとした甘味と、柔らかい氷感を両立した凍結(シャーベット状)アルコール飲料が得られることが明らかになった。 And the alcohol concentration of 5 volume (v / v)% or more, at least, a carbohydrate containing 3.2 W / v% or more sugar alcohols in a total sugar concentration, 10w / v% or more 17w / v% or less of by preparing such a content, it was revealed that refreshing sweetness and freezing having both soft ice feeling (sherbet) alcoholic beverage is obtained.

次に、アルコール濃度・糖アルコール濃度・総糖質濃度を一定としたときの増粘剤の種類と含有量を検討した。 Next, we examined the kind and content of the thickening agent when the alcohol concentration, the sugar alcohol concentration, total sugar concentration is constant.

<シャーベット状アルコール飲料の製造> <Production of sherbet-like alcoholic beverages>
シャーベット状飲料の製造には、表2に示す処方を用いた。 The production of sherbet beverage, using the formulations shown in Table 2. アルコール原料としての原料用アルコール(アルコール容量95.3容量%)、ショ糖(グラニュー糖:明治製糖製)、グリセリン(阪本薬品製)を表2に示す割合で使用した。 Raw material for alcohol as the alcohol starting material (alcohol volume 95.3% by volume), sucrose (granulated sugar manufactured by Meiji Sugar), glycerin (Sakamoto Ltd. Pharmaceutical) was used in the proportions shown in Table 2. なお、表2の原料アルコールについては、最終溶液のエタノール濃度に換算したものを示した。 Note that the starting alcohol of Table 2 showed that in terms of ethanol concentration in the final solution. 更に、増粘剤として、キサンタンガム(DSP五協製)、ローカストビーンガム(シンワフーズケミカル製)、カラギナン(MRCポリサッカライド製)、グアガム(明治フードマテリアル製)、アルギン酸プロピレングリコールエステル(キミカ製)を表2に示す割合で使用した。 Further, as a thickener, xanthan gum (DSP Gokyo Ltd.) (manufactured by Shinwa Foods Chemical) locust bean gum, carrageenan (MRC Polysaccharide Ltd. fluoride), guar gum (manufactured by Meiji Food Materials), a propylene glycol alginate (manufactured by Chimica) It was used in the proportions shown in Table 2. 加えてレモン果汁・香料・酸味料(クエン酸、クエン酸ナトリウム)を表2に示す割合で使用した。 Addition of lemon juice, flavor, acidulant the (citric acid, sodium citrate) were used in the proportions shown in Table 2.

上記原料を混合して調製した溶液を実施例1と同様に、85℃で10分間加熱した後、冷却し、150ml容アルミパウチ容器に充填した。 Like the solution prepared by mixing the raw material as in Example 1, it was heated at 85 ° C. 10 minutes, cooled, and filled into 150ml volume aluminum pouch container. これを−20℃の冷凍庫に9時間保持して凍結させ、凍結(シャーベット状)アルコール飲料を得た。 This was frozen and held for 9 hours to -20 ° C. freezer to obtain a frozen (sherbet) alcoholic beverages.

<凍結(シャーベット状)アルコール飲料の官能評価> <Sensory evaluation of freezing (sherbet) alcoholic beverages>
官能評価は、実施例1と同じ方法で行った。 The sensory evaluation was performed in the same manner as in Example 1.

<結果> <Result>
凍結アルコール飲料の固さと甘味の官能評価結果と甘味度合計を表2に示した。 The sensory evaluation results and the sweetness total hardness and sweetness of the frozen alcoholic beverages are shown in Table 2. キサンタンガム及びローカストビーンガムの組合せ、κ−カラギナン及びローカストビーンガムの組合せ、及び、キサンタンガム及びグアガムの組合せからなる増粘剤のいずれかを合計量で、0.055w/v%以上、0.2w/v%以下の含有量であるように調製することで、すっきりとした甘味と、柔らかい氷感を両立した凍結(シャーベット状)アルコール飲料が得られることが明らかになった。 Xanthan gum and locust bean gum combination, .kappa.-carrageenan and locust bean gum combination, and, in a total amount of any thickener consisting of a combination of xanthan gum and guar gum, 0.055w / v% or more, 0.2 w / v% to prepare such that the following is a content, it was revealed that refreshing sweetness and freezing having both soft ice feeling (sherbet) alcoholic beverage is obtained.

本発明は、常温流通を可能とし、冷凍してシャーベット状飲料として飲用する常温流通型容器詰めシャーベット状飲料において、常温流通型容器詰めシャーベット状飲料を、可撓性容器に充填した形態で常温流通させ、飲用時に冷凍凍結した場合にもすぐにもみほぐし、便利に飲用することが可能であり、しかも、その柔軟な凍結状態とともに、甘味の調整された高味覚の常温流通型容器詰めシャーベット状飲料を提供する。 The present invention enables the ordinary temperature distribution, frozen in cold flow-packaged sherbet beverage drinking as sherbet-like beverage, the cold flow-packaged sherbet beverage, normal temperature distribution in the filled form flexible container is allowed, Momihogushi also immediately when frozen frozen during drinking, it is possible to conveniently drinking, moreover, the flexible with frozen state, sweetness of the adjusted high taste cold flow-packaged sherbet beverage I will provide a.

Claims (7)

  1. 常温流通を可能とし、冷凍してシャーベット状飲料として飲用する常温流通型容器詰めシャーベット状飲料において、シャーベット状飲料用ベース液を、アルコール濃度が5容量(v/v)%以上であり、キサンタンガム及びローカストビーンガムの組合せ、キサンタンガム及びκ−カラギナンの組合せ、又は、キサンタンガム及びグアガムの組合せからなる増粘剤のいずれかを合計量で、0.055w/v%以上、0.2w/v%以下の含有量とし、少なくとも、3.2w/v%以上の糖アルコールを含有する糖質を、総糖質濃度で、10w/v%以上、17w/v%以下の含有量であるように調製したことを特徴とする、冷凍凍結した場合にもすぐにもみほぐすことが可能な柔軟凍結状態を有する常温流通型容器詰めシャーベット状飲料 To allow the cold flow, at room temperature flow-packaged sherbet beverage frozen by drinking a sherbet-like beverage, a sherbet-like beverage base liquid, and the alcohol concentration of 5 volume (v / v)% or more, xanthan gum and the combination of locust bean gum, xanthan gum and κ- carrageenan combinations, or, in a total amount of any thickener consisting of a combination of xanthan gum and guar gum, 0.055w / v% or more, 0.2 w / v% or less of and content, at least, be a carbohydrate containing 3.2 W / v% or more sugar alcohols in a total sugar concentration, 10w / v% or higher was prepared as a content of less than 17w / v% and wherein, cold flow-packaged sherbet beverages with flexible frozen state capable also Momihogusu quickly when frozen frozen
  2. シャーベット状飲料用ベース液のアルコール濃度が5容量(v/v)%以上、10容量(v/v)%以下に調整されていることを特徴とする請求項1に記載の常温流通型容器詰めシャーベット状飲料。 Alcohol concentration of sherbet-like beverage base liquid is 5 volumes (v / v)% or more, 10 volume (v / v)% cold flow-packaged according to claim 1, characterized in that it is adjusted to below sherbet-like beverage.
  3. キサンタンガム及びローカストビーンガムの組合せ、キサンタンガム及びκ−カラギナンの組合せ、又は、キサンタンガム及びグアガムの組合せからなる増粘剤の組合せにおいて、キサンタンガムの含有量は、少なくとも0.02w/v%以上、0.07w/v%以下に調整されるか、或いは、ローカストビーンガム含有量は、少なくとも0.03w/v%以上、0.1w/v%以下に調整されることを特徴とする請求項1又は2に記載の常温流通型容器詰めシャーベット状飲料。 The combination of xanthan gum and locust bean gum, a combination of xanthan gum and κ- carrageenan, or in a combination of a thickener consisting of a combination of xanthan gum and guar gum, the amount of xanthan gum is at least 0.02 w / v% or more, 0.07 W / v% or adjusted to, or locust bean gum content is at least 0.03 w / v% or more, in claim 1 or 2, characterized in that it is adjusted to below 0.1 w / v% cold flow-packaged sherbet beverage according.
  4. 糖アルコールが、グリセリン又はエリスリトールであることを特徴とする請求項1〜3のいずれかに記載の常温流通型容器詰めシャーベット状飲料。 Sugar alcohol, glycerine or cold flow-packaged sherbet beverage according to claim 1, characterized in that the erythritol.
  5. シャーベット状飲料用ベース液が、可撓性の飲料容器に充填されていることを特徴とする請求項1〜4のいずれかに記載の常温流通型容器詰めシャーベット状飲料。 Sherbet beverage base liquid, shelf-stable type packaged sherbet beverage according to any one of claims 1 to 4, characterized in that it is packed in a flexible beverage container.
  6. 可撓性の飲料容器が、キャップ付きの口部を有する可撓性袋状容器であることを特徴とする請求項5に記載の常温流通型容器詰めシャーベット状飲料。 Flexible beverage containers, shelf-stable type packaged sherbet beverage according to claim 5, characterized in that the flexible bag-like container having a mouth with a cap.
  7. 常温流通を可能とし、冷凍してシャーベット状飲料として飲用する常温流通型容器詰めシャーベット状飲料の製造方法において、シャーベット状飲料用ベース液を、アルコール濃度が5容量(v/v)%以上であり、キサンタンガム及びローカストビーンガムの組合せ、キサンタンガム及びκ−カラギナンの組合せ、又は、キサンタンガム及びグアガムの組合せからなる増粘剤のいずれかを合計量で、0.055w/v%以上、0.2w/v%以下の含有量とし、少なくとも、3.2w/v%以上の糖アルコールを含有する糖質を、総糖質濃度で、10w/v%以上、17w/v%以下の含有量であるように調製し、該シャーベット状飲料用ベース液を可撓性の飲料容器に充填することを特徴とする、冷凍凍結した場合にもすぐにもみほぐす To allow the cold flow, in the manufacturing method of the frozen sherbet-like beverage as drinking to shelf-stable type packaged sherbet beverage, a sherbet-like beverage base liquid, be an alcohol concentration of 5 volume (v / v)% or more the combination of xanthan gum and locust bean gum, xanthan gum and κ- carrageenan combinations, or, in a total amount of any thickener consisting of a combination of xanthan gum and guar gum, 0.055w / v% or more, 0.2 w / v % and less content, at least, a carbohydrate containing 3.2 W / v% or more sugar alcohols in a total sugar concentration, 10w / v% or more, as a content of less than 17w / v% prepared, characterized by filling the sherbet beverage base liquid in a beverage container of a flexible, Momihogusu also immediately when frozen frozen とが可能な柔軟凍結状態を有する常温流通型容器詰めシャーベット状飲料の製造方法。 Method for producing a shelf-stable type packaged sherbet beverages with bets flexible frozen ready.
JP2014038657A 2014-02-28 2014-02-28 Sherbet-like beverage Active JP6283536B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2014038657A JP6283536B2 (en) 2014-02-28 2014-02-28 Sherbet-like beverage

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2014038657A JP6283536B2 (en) 2014-02-28 2014-02-28 Sherbet-like beverage

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2015159790A true true JP2015159790A (en) 2015-09-07
JP6283536B2 JP6283536B2 (en) 2018-02-21

Family

ID=54183350

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014038657A Active JP6283536B2 (en) 2014-02-28 2014-02-28 Sherbet-like beverage

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6283536B2 (en)

Citations (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS59102359A (en) * 1982-12-06 1984-06-13 Otsuka Chem Co Ltd Composition for controlling ice crystals
JPS6019452A (en) * 1983-07-13 1985-01-31 Morinaga Milk Ind Co Ltd Preparation of shake drink
JPS63160572A (en) * 1986-10-31 1988-07-04 Hiyuuburain Inc Alcoholic beverage
JPH048252A (en) * 1990-04-27 1992-01-13 Fuanshiiaisu Kk Sherbet containing liqueurs and its preparation
JPH07132048A (en) * 1993-11-12 1995-05-23 Nisshin Seito Kk Liquid sherbet base, its production and production of sherbet
JPH09508027A (en) * 1994-10-14 1997-08-19 ブラウン−フォーマン コーポレーション Alcohol containing simple frozen drinks
JPH10117763A (en) * 1996-10-16 1998-05-12 Nikken Chem Co Ltd Frozen alcoholic beverage having soft ice-cream texture and its production
JPH10295280A (en) * 1997-04-28 1998-11-10 Snow Brand Food Co Ltd Liquid food for frozen dessert
US5866191A (en) * 1996-10-28 1999-02-02 Mancuso; John J. Soft-frozen drink composition
JPH1132689A (en) * 1997-07-16 1999-02-09 Takara Shuzo Co Ltd Seed solution for alcohol-containing frozen sweet and frozen sweet
JPH11155490A (en) * 1997-11-28 1999-06-15 Nakajima Daishoudou:Kk Frozen dessert
JP2002027917A (en) * 2000-07-14 2002-01-29 Morinaga & Co Ltd Frozen dessert and method for making the same
JP2002272431A (en) * 2001-03-22 2002-09-24 Itoham Foods Inc Frozen jelly drink
US20050281933A1 (en) * 2004-06-17 2005-12-22 Squicciarini John B Hard frozen food containing alcohol
JP2010017163A (en) * 2008-07-14 2010-01-28 Suntory Holdings Ltd Liquid food filled in flexible container
JP2011229483A (en) * 2010-04-28 2011-11-17 Kirin Brewery Co Ltd Sherbet packed in hermetic container for normal temperature distribution

Patent Citations (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS59102359A (en) * 1982-12-06 1984-06-13 Otsuka Chem Co Ltd Composition for controlling ice crystals
JPS6019452A (en) * 1983-07-13 1985-01-31 Morinaga Milk Ind Co Ltd Preparation of shake drink
JPS63160572A (en) * 1986-10-31 1988-07-04 Hiyuuburain Inc Alcoholic beverage
JPH048252A (en) * 1990-04-27 1992-01-13 Fuanshiiaisu Kk Sherbet containing liqueurs and its preparation
JPH07132048A (en) * 1993-11-12 1995-05-23 Nisshin Seito Kk Liquid sherbet base, its production and production of sherbet
JPH09508027A (en) * 1994-10-14 1997-08-19 ブラウン−フォーマン コーポレーション Alcohol containing simple frozen drinks
JPH10117763A (en) * 1996-10-16 1998-05-12 Nikken Chem Co Ltd Frozen alcoholic beverage having soft ice-cream texture and its production
US5866191A (en) * 1996-10-28 1999-02-02 Mancuso; John J. Soft-frozen drink composition
JPH10295280A (en) * 1997-04-28 1998-11-10 Snow Brand Food Co Ltd Liquid food for frozen dessert
JPH1132689A (en) * 1997-07-16 1999-02-09 Takara Shuzo Co Ltd Seed solution for alcohol-containing frozen sweet and frozen sweet
JPH11155490A (en) * 1997-11-28 1999-06-15 Nakajima Daishoudou:Kk Frozen dessert
JP2002027917A (en) * 2000-07-14 2002-01-29 Morinaga & Co Ltd Frozen dessert and method for making the same
JP2002272431A (en) * 2001-03-22 2002-09-24 Itoham Foods Inc Frozen jelly drink
US20050281933A1 (en) * 2004-06-17 2005-12-22 Squicciarini John B Hard frozen food containing alcohol
JP2010017163A (en) * 2008-07-14 2010-01-28 Suntory Holdings Ltd Liquid food filled in flexible container
JP2011229483A (en) * 2010-04-28 2011-11-17 Kirin Brewery Co Ltd Sherbet packed in hermetic container for normal temperature distribution

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP6283536B2 (en) 2018-02-21 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US3957976A (en) Methods for reducing cholesterol levels
US5246725A (en) Spoonable frozen food product
US3922361A (en) Soft frozen all-natural fruit juice
US3826829A (en) Slush beverages containing fine-grained ice crystals
US20040197453A1 (en) Taste-improving composition and application of the same
US4808428A (en) Flavored slush snack
US3647472A (en) Beverage mix
US20020160090A1 (en) Use of erythritol and D-tagatose in diet or reduced-calorie beverages and food products
US20050158444A1 (en) Licorice-containing citrus juice beverage with additional flavoring
JP2004073197A (en) Sweetening composition and food containing the same
JPH10136953A (en) Carbonated beverage filled in hermetically sealed container
EP0097950A1 (en) Stabilized aspartame composition, a process for its production and an aqueous food
WO2001072144A1 (en) Use of polyphosphate as a tooth erosion inhibitor in acidic compositions
JP2002330735A (en) Method for carbonated beverage production
EP0941668A1 (en) Sherbets and processes for the production thereof
US20020136803A1 (en) Novel freezer-adapted beverages and food products
US6632467B1 (en) Solid condiment comprising a solid and a liquid
EP0249446A2 (en) A fruit juice mix for whipped and/or frozen application
US20030219517A1 (en) Alcoholic popsicle-style frozen confection/beverage
JP2003125715A (en) Drink jelly
JP2001190220A (en) Low-caloric milk-containing acidic beverage
WO2002087359A1 (en) Use of erythritol and d-tagatose in diet or reduced-calorie beverages and food products
JP2008035753A (en) Fruit juice beverage drinkable cold and also hot, and method for producing the same
WO2000030468A1 (en) Frozen alcoholic beverages
JP2004350680A (en) Gelling agent composition and gelatinous composition for food suitable for person with ingestion/swallowing difficulty

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20161012

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20170808

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20170822

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20170926

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20180115

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20180129

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6283536

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150