JP2015150079A - Game machine - Google Patents

Game machine Download PDF

Info

Publication number
JP2015150079A
JP2015150079A JP2014024813A JP2014024813A JP2015150079A JP 2015150079 A JP2015150079 A JP 2015150079A JP 2014024813 A JP2014024813 A JP 2014024813A JP 2014024813 A JP2014024813 A JP 2014024813A JP 2015150079 A JP2015150079 A JP 2015150079A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
effect
reach
symbol
executed
hold
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2014024813A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP5856200B2 (en
Inventor
直幸 渡辺
Naoyuki Watanabe
直幸 渡辺
Original Assignee
京楽産業.株式会社
Kyoraku Sangyo Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 京楽産業.株式会社, Kyoraku Sangyo Co Ltd filed Critical 京楽産業.株式会社
Priority to JP2014024813A priority Critical patent/JP5856200B2/en
Publication of JP2015150079A publication Critical patent/JP2015150079A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP5856200B2 publication Critical patent/JP5856200B2/en
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a game machine including a more novel performance for preventing a player from getting tired.SOLUTION: During execution of a first performance (performance before a ready-to-win), a game machine performs a first suggestive pattern performance where a first suggestive pattern (complete "ready-to-win" pattern display mode) is displayed in one of a first display area and a second display area and a second suggestive pattern (complete "SP" pattern display mode) is not displayed in the other display area. During the execution of the first performance, the game machine displays the first suggestive pattern in one of the first display area and the second display area, and then performs a second suggestive pattern performance for displaying the second suggestive pattern in the other display area.

Description

本発明は、遊技者によって遊技されるパチンコ遊技機等の遊技機に関する。   The present invention relates to a gaming machine such as a pachinko gaming machine played by a player.
昨今の遊技機、例えばパチンコ遊技機においては、遊技者の興味を惹くために様々な演出を備えるものがある(例えば、非特許文献1参照)。   Some recent gaming machines, for example, pachinko gaming machines, have various effects to attract the player's interest (see, for example, Non-Patent Document 1).
上記した非特許文献に記載されていることからもわかるように、昨今の遊技機分野においては、演出は、非常に重要であり、遊技機の価値を左右する重要な要素となっている。このため、遊技者に飽きを覚えさせない、より斬新な演出が常に求められる。   As can be seen from the description in the above non-patent documents, in the recent gaming machine field, the performance is very important and is an important factor that determines the value of the gaming machine. For this reason, there is always a demand for more innovative productions that do not make players feel bored.
本発明は、上記事情に鑑みてなされたものであって、その主たる目的は、遊技者に飽きを覚えさせない、より斬新な演出を備える遊技機を提供することである。   The present invention has been made in view of the above circumstances, and a main object thereof is to provide a gaming machine having a more innovative effect that does not make the player feel bored.
上記の目的を達成するために、本発明の一局面は以下の構成を採用した。なお、括弧内の参照符号、説明文言、及びステップ番号等は、本発明の一局面の理解を助けるために後述する実施形態との対応関係を示したものであって、本発明の一局面の範囲を何ら限定するものではない。   In order to achieve the above object, one aspect of the present invention employs the following configuration. Note that reference numerals in parentheses, explanatory texts, step numbers, and the like indicate correspondence with embodiments described later in order to help understanding of one aspect of the present invention. It does not limit the range at all.
本発明の一局面において、遊技機は、例えば、後述する第5の実施形態の第2例等によって例示される構成を有する。具体的には、遊技機(1)は、
始動条件の成立により取得された判定情報(乱数のセット)に基づいて、遊技者に有利な特別遊技(大当り遊技)を行うか否かを判定する判定手段(100;Si57)と、
前記判定手段による判定結果に基づいて、当該判定結果を報知するための演出を行わせる演出制御手段(400、500等;図73、図74参照)とを備え、
前記演出制御手段は、
第1の演出(リーチ前の演出)を行わせた後に、前記特別遊技が行われる可能性が高いことを示唆する第2の演出(リーチ演出)を行わせる第1特定演出制御手段(図84参照)と、
前記第1の演出を行わせた後に、前記第2の演出よりも前記特別遊技が行われる可能性が高いことを示唆する第3の演出(SPリーチ演出)を行わせる第2特定演出制御手段(図85参照)と、
前記第1特定演出制御手段または前記第2特定演出制御手段により前記第1の演出が行われているときに、表示手段の第1表示領域および当該第1表示領域とは異なる第2表示領域のそれぞれにおいて、前記第2の演出が行われることを示唆する第1の示唆図柄(「リーチ」図柄揃い目;図85参照)および前記第3の演出が行われることを示唆する第2の示唆図柄(「SP」図柄揃い目;図85参照)のうち何れかの示唆図柄を表示させることが可能な示唆図柄演出を行わせる示唆図柄演出制御手段とを有し、
前記示唆図柄演出制御手段は、
前記第1特定演出制御手段により前記第1の演出が行われているときに、前記第1表示領域および前記第2表示領域のうち一方の表示領域において前記第1の示唆図柄を表示させて他方の表示領域において前記第2の示唆図柄を表示させない第1の示唆図柄演出を行わせ(図84、図87(1)参照)、
前記第2特定演出制御手段により前記第1の演出が行われているときに、前記第1表示領域および前記第2表示領域のうち一方の表示領域において前記第1の示唆図柄を表示させてから他方の表示領域において前記第2の示唆図柄を表示させる第2の示唆図柄演出を行わせる(図85、図87(2)参照)。
In one aspect of the present invention, the gaming machine has a configuration exemplified by, for example, a second example of a fifth embodiment described later. Specifically, the gaming machine (1)
Determination means (100; Si57) for determining whether or not to perform a special game (big hit game) advantageous to the player based on the determination information (a set of random numbers) acquired by establishing the start condition;
Production control means (400, 500, etc .; see FIG. 73, FIG. 74) for producing an effect for notifying the determination result based on the determination result by the determination means,
The production control means includes
The first specific effect control means (FIG. 84) for performing the second effect (reach effect) suggesting that the special game is likely to be performed after the first effect (the effect before reach) is performed. See)
The second specific effect control means for performing the third effect (SP reach effect) suggesting that the special game is more likely to be performed than the second effect after the first effect is performed. (See FIG. 85)
When the first effect is performed by the first specific effect control means or the second specific effect control means, the first display area of the display means and a second display area different from the first display area In each case, a first suggestion symbol ("reach" symbol alignment; see FIG. 85) suggesting that the second effect will be performed, and a second suggestion symbol indicating that the third effect will be performed. (Suggested symbol effect control means for performing an implied symbol effect capable of displaying any of the suggested symbols ("SP" symbol aligned eyes; see FIG. 85),
The suggestion design effect control means is:
When the first effect is performed by the first specific effect control means, the first suggestion symbol is displayed in one of the first display area and the second display area and the other is displayed. In the display area, the first suggestion design effect that does not display the second suggestion design is performed (see FIGS. 84 and 87 (1)),
The first suggestion symbol is displayed in one display area of the first display area and the second display area when the first specific effect control means performs the first effect. In the other display area, the second suggestion design effect is displayed to display the second suggestion design (see FIGS. 85 and 87 (2)).
また、前記示唆図柄演出制御手段は、前記第2特定演出制御手段により前記第1の演出が行われているときに、前記第1の示唆図柄演出または前記第2の示唆図柄演出を行わせてもよい(図86、図87(3)参照)。   In addition, the suggestion symbol effect control unit causes the first suggestion symbol effect or the second suggestion symbol effect to be performed when the first effect is performed by the second specific effect control unit. It is also possible (see FIGS. 86 and 87 (3)).
また、前記演出制御手段は、前記第1の演出を行わせた後に前記特別遊技が行われないことを示すハズレ演出を行わせるハズレ演出制御手段を有し、
前記示唆図柄演出制御手段は、前記ハズレ演出制御手段により前記第1の演出が行われているときに、前記第1表示領域および前記第2表示領域の両方の表示領域において前記第1の示唆図柄および前記第2の示唆図柄を表示させない第3の示唆図柄演出を行わせてもよい(図88参照)。
Further, the effect control means includes a lose effect control means for performing a lose effect indicating that the special game is not performed after the first effect is performed,
The suggestion symbol effect control means is configured to display the first suggestion symbol in both the first display area and the second display area when the first effect is performed by the lose effect control means. In addition, a third suggestion effect that does not display the second suggestion symbol may be performed (see FIG. 88).
本発明によれば、遊技者に飽きを覚えさせない、より斬新な演出を備える遊技機を提供することができる。   ADVANTAGE OF THE INVENTION According to this invention, the game machine provided with the more novel production which does not make a player get tired can be provided.
本発明の一実施形態に係るパチンコ遊技機1の一例を示す概略正面図Schematic front view showing an example of a pachinko gaming machine 1 according to an embodiment of the present invention 図1のパチンコ遊技機1に設けられた表示器4の一例を示す拡大図The enlarged view which shows an example of the indicator 4 provided in the pachinko machine 1 of FIG. 図1のパチンコ遊技機1の部分平面図Partial plan view of the pachinko gaming machine 1 of FIG. パチンコ遊技機1に設けられた制御装置の構成の一例を示すブロック図The block diagram which shows an example of a structure of the control apparatus provided in the pachinko gaming machine 1 本実施形態に係る特別図柄抽選の大当り内訳の一例を説明するための図The figure for demonstrating an example of the jackpot breakdown of the special symbol lottery which concerns on this embodiment メイン制御部100によって行われるタイマ割込み処理を示すフローチャートの一例An example of a flowchart showing timer interrupt processing performed by the main control unit 100 普通図柄処理に関する処理の一例について説明するための図The figure for demonstrating an example of the process regarding a normal symbol process 図6のステップSi2における始動口スイッチ処理の詳細フローチャートの一例An example of a detailed flowchart of the start port switch process in step Si2 of FIG. 図6のステップSi4における特別図柄処理の詳細フローチャートの一例An example of a detailed flowchart of special symbol processing in step Si4 of FIG. 本実施形態におけるリーチテーブルの例について説明するための図The figure for demonstrating the example of the reach table in this embodiment 本実施形態における変動時間テーブルセットの例を説明するための図The figure for demonstrating the example of the variable time table set in this embodiment 本実施形態における変動時間テーブルセットの例を説明するための図The figure for demonstrating the example of the variable time table set in this embodiment 本実施形態における変動時間テーブルセットの例を説明するための図The figure for demonstrating the example of the variable time table set in this embodiment 本実施形態における変動時間テーブルセットの例を説明するための図The figure for demonstrating the example of the variable time table set in this embodiment 図6のステップSi6における大入賞口処理の詳細フローチャートの一例An example of a detailed flowchart of the big prize opening process in step Si6 of FIG. 図6のステップSi6における大入賞口処理の詳細フローチャートの一例An example of a detailed flowchart of the big prize opening process in step Si6 of FIG. 図10のリーチテーブルLT1〜LT4および図11〜図14の変動時間テーブルセットHT1〜HT4の切り替えタイミングについてまとめた図FIG. 10 summarizes the switching timing of reach tables LT1 to LT4 in FIG. 10 and variable time table sets HT1 to HT4 in FIGS. 第1の実施形態の第1例において、演出制御部400によって行われる演出制御処理を示すフローチャートの一例In the first example of the first embodiment, an example of a flowchart showing the effect control process performed by the effect control unit 400 第1の実施形態の第1例において、図18の演出制御処理のステップSq110の処理を示す詳細フローチャートの一例In the first example of the first embodiment, an example of a detailed flowchart showing the process of step Sq110 of the effect control process of FIG. 第1の実施形態の第1例に係る演出パターンの例について説明するための図The figure for demonstrating the example of the production pattern which concerns on the 1st example of 1st Embodiment. 第1の実施形態の第1例に係る演出の一例について説明するための図The figure for demonstrating an example of the production which concerns on the 1st example of 1st Embodiment. 図21に示す演出を時系列に説明するための図The figure for demonstrating the production | presentation shown in FIG. 21 in time series 第1の実施形態の第2例に係るパチンコ遊技機1の一例を示す概略正面図Schematic front view showing an example of a pachinko gaming machine 1 according to a second example of the first embodiment 第1の実施形態の第2例に係るパチンコ遊技機1に設けられた制御装置の構成の一例を示すブロック図The block diagram which shows an example of a structure of the control apparatus provided in the pachinko game machine 1 which concerns on the 2nd example of 1st Embodiment. 第1の実施形態の第2例において、図18の演出制御処理のステップSq110の処理を示す詳細フローチャートの一例An example of a detailed flowchart showing the process of step Sq110 of the effect control process of FIG. 18 in the second example of the first embodiment. 第1の実施形態の第2例に係る演出の一例について説明するための図The figure for demonstrating an example of the production which concerns on the 2nd example of 1st Embodiment 図26に示す演出を時系列に説明するための図The figure for demonstrating the production | presentation shown in FIG. 26 in time series 図27に示す演出の変形例を説明するための図The figure for demonstrating the modification of the production | presentation shown in FIG. 図27に示す演出の変形例を説明するための図The figure for demonstrating the modification of the production | presentation shown in FIG. 第1の実施形態の第3例において、図18の演出制御処理のステップSq110の処理を示す詳細フローチャートの一例An example of a detailed flowchart showing the process of step Sq110 of the effect control process of FIG. 18 in the third example of the first embodiment. 第1の実施形態の第3例に係る演出の一例について説明するための図The figure for demonstrating an example of the production which concerns on the 3rd example of 1st Embodiment 図31に示す演出を時系列に説明するための図The figure for demonstrating the production | presentation shown in FIG. 31 in time series 図32に示す演出の変形例を説明するための図The figure for demonstrating the modification of the production | presentation shown in FIG. 第2の実施形態の第1例において、演出制御部400によって行われる演出制御処理を示すフローチャートの一例An example of a flowchart showing effect control processing performed by the effect control unit 400 in the first example of the second embodiment. 第2の実施形態の第1例において、図34の演出制御処理のステップSt105の処理を示す詳細フローチャートの一例In the first example of the second embodiment, an example of a detailed flowchart showing the process of step St105 of the effect control process of FIG. 第2の実施形態の第1例に係る報知演出と保留表示の概要を説明するための図The figure for demonstrating the outline | summary of the alerting | reporting effect and hold display which concern on the 1st example of 2nd Embodiment. 第2の実施形態の第1例に係るモード演出について説明するための図The figure for demonstrating the mode production which concerns on the 1st example of 2nd Embodiment. 第2の実施形態の第1例に係るモード移行演出について説明するための図The figure for demonstrating the mode transition effect which concerns on the 1st example of 2nd Embodiment. 第2の実施形態の第1例に係るモード移行演出について説明するための図The figure for demonstrating the mode transition effect which concerns on the 1st example of 2nd Embodiment. 第2の実施形態の第2例において、演出制御部400によって行われる演出制御処理を示すフローチャートの一例An example of a flowchart showing effect control processing performed by the effect control unit 400 in the second example of the second embodiment 第2の実施形態の第2例において、図40の演出制御処理のステップSu202の処理を示す詳細フローチャートの一例In the second example of the second embodiment, an example of a detailed flowchart showing the process of step Su202 of the effect control process of FIG. 第2の実施形態の第2例に係るモード移行演出について説明するための図The figure for demonstrating the mode transition effect which concerns on the 2nd example of 2nd Embodiment. 第2の実施形態の第3例に係るモード移行演出について説明するための図The figure for demonstrating the mode transition effect which concerns on the 3rd example of 2nd Embodiment. 第3の実施形態の第1例において、演出制御部400によって行われる演出制御処理を示すフローチャートの一例An example of a flowchart showing effect control processing performed by the effect control unit 400 in the first example of the third embodiment. 第3の実施形態の第1例において、図44の演出制御処理のステップSm110の処理を示す詳細フローチャートの一例In the first example of the third embodiment, an example of a detailed flowchart showing the process of step Sm110 of the effect control process of FIG. 第3の実施形態の第1例に係る装飾図柄演出について説明するための図The figure for demonstrating the decoration symbol effect which concerns on the 1st example of 3rd Embodiment. 第3の実施形態の第1例に係るメイン図柄MIの仮停止表示態様について説明するための図The figure for demonstrating the temporary stop display aspect of the main symbol MI which concerns on the 1st example of 3rd Embodiment. 第3の実施形態の第1例に係るサブ図柄SIの停止表示態様について説明するための図The figure for demonstrating the stop display aspect of the sub symbol SI which concerns on the 1st example of 3rd Embodiment. 第3の実施形態の第1例に係る発展演出としてリーチ演出が実行される場合における装飾図柄演出を時系列に表した一例を示す図The figure which shows an example which represented the decoration symbol effect in the time series in the case where a reach effect is performed as an expansion effect which concerns on the 1st example of 3rd Embodiment. 図49の(2)における装飾図柄演出の説明図Explanatory drawing of the decorative design effect in (2) of FIG. 第3の実施形態の第1例に係る発展演出としてチャンス目発展演出が実行される場合における装飾図柄演出を時系列に表した一例を示す図The figure which shows an example which represented the decoration symbol effect in the time series in the case where a chance eye expansion effect is performed as an expansion effect which concerns on the 1st example of 3rd Embodiment. 図51の(2)における装飾図柄演出の説明図Explanatory drawing of the decorative design effect in (2) of FIG. 第3の実施形態の第1例に係る発展演出として擬似連演出が実行される場合における装飾図柄演出を時系列に表した一例を示す図The figure which shows an example which represented the decoration symbol effect in the time series in the case where a pseudo | simulation continuous effect is performed as an expansion effect which concerns on the 1st example of 3rd Embodiment. 図53の(2)における装飾図柄演出の説明図Explanatory drawing of the decorative design effect in (2) of FIG. 第3の実施形態の第1例に係る発展演出として擬似連演出が実行される場合における装飾図柄演出を時系列に表した他の例を示す図The figure which shows the other example which represented the decoration symbol effect in the time series in the case where a pseudo | simulation continuous effect is performed as an expansion effect which concerns on the 1st example of 3rd Embodiment. 図55の(2)における装飾図柄演出の説明図Explanatory drawing of the decorative design effect in (2) of FIG. 第3の実施形態の第2例において、図44の演出制御処理のステップSm110の処理を示す詳細フローチャートの一例An example of a detailed flowchart showing the process of step Sm110 of the effect control process of FIG. 44 in the second example of the third embodiment. 第3の実施形態の第2例に係る演出パターンの例について説明するための図The figure for demonstrating the example of the production pattern which concerns on the 2nd example of 3rd Embodiment. 第3の実施形態の第2例に係るチャンス目煽り演出について説明するための図The figure for demonstrating the chance eye-catching effect which concerns on the 2nd example of 3rd Embodiment. 第4の実施形態の第1例において、演出制御部400によって行われる演出制御処理を示すフローチャートの一例An example of a flowchart showing the effect control process performed by the effect control unit 400 in the first example of the fourth embodiment. 第4の実施形態の第1例において、図60の演出制御処理のステップSw110の処理を示す詳細フローチャートの一例In the first example of the fourth embodiment, an example of a detailed flowchart showing the process of step Sw110 of the effect control process of FIG. 第4の実施形態の第1例に係る装飾図柄について説明するための図The figure for demonstrating the decoration design which concerns on the 1st example of 4th Embodiment 第4の実施形態の第1例に係るボタン操作指示演出の概要について説明するための図The figure for demonstrating the outline | summary of the button operation instruction | indication effect which concerns on the 1st example of 4th Embodiment. 第4の実施形態の第1例に係る演出パターンの例について説明するための図The figure for demonstrating the example of the production pattern which concerns on the 1st example of 4th Embodiment. 第4の実施形態の第1例に係るボタン操作指示演出の詳細について説明するための図The figure for demonstrating the detail of the button operation instruction | indication effect which concerns on the 1st example of 4th Embodiment. 第4の実施形態の第1例に係るボタン操作指示演出の詳細について説明するための図The figure for demonstrating the detail of the button operation instruction | indication effect which concerns on the 1st example of 4th Embodiment. 変形例に係るボタン操作指示演出の概要について説明するための図The figure for demonstrating the outline | summary of the button operation instruction | indication effect which concerns on a modification. 第4の実施形態の第2例において、図60の演出制御処理のステップSw110の処理を示す詳細フローチャートの一例In the second example of the fourth embodiment, an example of a detailed flowchart showing the process of step Sw110 of the effect control process of FIG. 第4の実施形態の第2例に係る演出パターン例について説明するための図The figure for demonstrating the example of the production pattern which concerns on the 2nd example of 4th Embodiment. 第4の実施形態の第2例に係るリーチ煽り演出の詳細について説明するための図The figure for demonstrating the detail of the reach production which concerns on the 2nd example of 4th Embodiment 第4の実施形態の第2例に係るリーチ煽り演出の詳細について説明するための図The figure for demonstrating the detail of the reach production which concerns on the 2nd example of 4th Embodiment 第4の実施形態の第3例に係る演出パターン例について説明するための図The figure for demonstrating the example of the production pattern which concerns on the 3rd example of 4th Embodiment. 第5の実施形態の第1例において、演出制御部400によって行われる演出制御処理を示すフローチャートの一例An example of a flowchart showing an effect control process performed by the effect control unit 400 in the first example of the fifth embodiment. 第5の実施形態の第1例において、図73の演出制御処理のステップSa110の処理を示す詳細フローチャートの一例In the first example of the fifth embodiment, an example of a detailed flowchart showing the process of step Sa110 of the effect control process of FIG. 第5の実施形態の第1例において、特別図柄抽選の結果を報知する報知演出において画像表示部6に表示される演出画像の例について説明するための図The figure for demonstrating the example of the effect image displayed on the image display part 6 in the alerting | reporting effect which alert | reports the result of a special symbol lottery in the 1st example of 5th Embodiment. 第5の実施形態の第1例において、ドット図柄の例について説明するための図The figure for demonstrating the example of a dot pattern in the 1st example of 5th Embodiment. 第5の実施形態の第1例において、ドット図柄リールの停止タイミングの例について説明するための図The figure for demonstrating the example of the stop timing of a dot symbol reel in the 1st example of 5th Embodiment. 第5の実施形態の第1例において、ドット図柄リールの停止タイミングの例について説明するための図The figure for demonstrating the example of the stop timing of a dot symbol reel in the 1st example of 5th Embodiment. ドット図柄リールの停止タイミングの例について説明するための図The figure for demonstrating the example of the stop timing of a dot design reel 第5の実施形態の第1例において、ドット図柄リール間の停止態様の組み合わせによって報知演出の演出パターン(又は/及び装飾図柄リールの変動停止パターン)を示唆する例について説明するための図The figure for demonstrating the example which suggests the production | presentation pattern (or / and the decoration stop pattern of a decoration design reel) of a notification effect by the combination of the stop mode between dot design reels in the 1st example of 5th Embodiment. 第5の実施形態の第1例において、ドット図柄リール間の停止態様の組み合わせによって報知演出の演出パターン(又は/及び装飾図柄リールの変動停止パターン)を示唆する例について説明するための図The figure for demonstrating the example which suggests the production | presentation pattern (or / and the decoration stop pattern of a decoration design reel) of a notification effect by the combination of the stop mode between dot design reels in the 1st example of 5th Embodiment. 第5の実施形態の第1例において、ドット図柄リール間の停止態様の組み合わせによって報知演出の演出パターン(又は/及び装飾図柄リールの変動停止パターン)を示唆する例について説明するための図The figure for demonstrating the example which suggests the production | presentation pattern (or / and the decoration stop pattern of a decoration design reel) of a notification effect by the combination of the stop mode between dot design reels in the 1st example of 5th Embodiment. 第5の実施形態の第2例について説明するための図The figure for demonstrating the 2nd example of 5th Embodiment 第5の実施形態の第2例について説明するための図The figure for demonstrating the 2nd example of 5th Embodiment 第5の実施形態の第2例について説明するための図The figure for demonstrating the 2nd example of 5th Embodiment 第5の実施形態の第2例について説明するための図The figure for demonstrating the 2nd example of 5th Embodiment 第5の実施形態の第2例について説明するための図The figure for demonstrating the 2nd example of 5th Embodiment 第5の実施形態の第2例について説明するための図The figure for demonstrating the 2nd example of 5th Embodiment 第5の実施形態の第3例について説明するための図The figure for demonstrating the 3rd example of 5th Embodiment 第5の実施形態の第3例について説明するための図The figure for demonstrating the 3rd example of 5th Embodiment 第5の実施形態の第3例について説明するための図The figure for demonstrating the 3rd example of 5th Embodiment 第5の実施形態の第3例について説明するための図The figure for demonstrating the 3rd example of 5th Embodiment 第5の実施形態の第4例について説明するための図The figure for demonstrating the 4th example of 5th Embodiment 第5の実施形態の第4例について説明するための図The figure for demonstrating the 4th example of 5th Embodiment 第5の実施形態の第5例について説明するための図The figure for demonstrating the 5th example of 5th Embodiment 第5の実施形態の第5例について説明するための図The figure for demonstrating the 5th example of 5th Embodiment 第5の実施形態の第5例について説明するための図The figure for demonstrating the 5th example of 5th Embodiment 第5の実施形態の第5例について説明するための図The figure for demonstrating the 5th example of 5th Embodiment 第5の実施形態の第5例について説明するための図The figure for demonstrating the 5th example of 5th Embodiment 第6の実施形態の第1例において、演出制御部400によって行われる演出制御処理を示すフローチャートの一例An example of a flowchart showing effect control processing performed by the effect control unit 400 in the first example of the sixth embodiment 第6の実施形態の第1例において、図100の演出制御処理のステップSf109の処理を示す詳細フローチャートの一例An example of a detailed flowchart showing the process of step Sf109 of the effect control process of FIG. 100 in the first example of the sixth embodiment. 第6の実施形態の第1例による先読み連続予告演出について説明するための図The figure for demonstrating the prefetch continuous notice effect by the 1st example of 6th Embodiment. 第6の実施形態の第1例による先読み連続予告演出について説明するための図The figure for demonstrating the prefetch continuous notice effect by the 1st example of 6th Embodiment. 第6の実施形態の第1例による先読み連続予告演出について説明するための図The figure for demonstrating the prefetch continuous notice effect by the 1st example of 6th Embodiment. 第6の実施形態の第1例による先読み連続予告演出について説明するための図The figure for demonstrating the prefetch continuous notice effect by the 1st example of 6th Embodiment. 第6の実施形態の第1例による先読み連続予告演出について説明するための図The figure for demonstrating the prefetch continuous notice effect by the 1st example of 6th Embodiment. 第6の実施形態の第1例による先読み連続予告演出について時間経過に沿って説明するためのタイムチャートTime chart for explaining pre-reading continuous notice effect according to the first example of the sixth embodiment over time 第6の実施形態の第2例について説明するための図The figure for demonstrating the 2nd example of 6th Embodiment 第6の実施形態の第2例について説明するための図The figure for demonstrating the 2nd example of 6th Embodiment 第6の実施形態の第2例について説明するための図The figure for demonstrating the 2nd example of 6th Embodiment 第6の実施形態の第2例について説明するための図The figure for demonstrating the 2nd example of 6th Embodiment 第6の実施形態の第2例について説明するための図The figure for demonstrating the 2nd example of 6th Embodiment 第6の実施形態の第3例について説明するための図The figure for demonstrating the 3rd example of 6th Embodiment 第6の実施形態の第3例について説明するための図The figure for demonstrating the 3rd example of 6th Embodiment 第6の実施形態の第3例について説明するための図The figure for demonstrating the 3rd example of 6th Embodiment 第6の実施形態の第3例について説明するための図The figure for demonstrating the 3rd example of 6th Embodiment 第6の実施形態の第3例について説明するための図The figure for demonstrating the 3rd example of 6th Embodiment 第7の実施形態の第1例において、演出制御部400によって行われる演出制御処理の一例を示すフローチャートThe flowchart which shows an example of the effect control process performed by the effect control part 400 in the 1st example of 7th Embodiment. 第7の実施形態の第1例において、演出制御部400によって行われる演出制御処理の一例を示すフローチャートThe flowchart which shows an example of the effect control process performed by the effect control part 400 in the 1st example of 7th Embodiment. 第7の実施形態の第1例において、図118のステップSi104の処理の詳細フローチャートの一例In the first example of the seventh embodiment, an example of a detailed flowchart of the process of step Si104 of FIG. 第7の実施形態の第1例における低信頼度固定変動範囲について説明するための図The figure for demonstrating the low reliability fixed fluctuation | variation range in the 1st example of 7th Embodiment. 第7の実施形態の第1例における低信頼度固定変動範囲について説明するための図The figure for demonstrating the low reliability fixed fluctuation | variation range in the 1st example of 7th Embodiment. 第7の実施形態の第1例における低信頼度固定変動範囲について説明するための図The figure for demonstrating the low reliability fixed fluctuation | variation range in the 1st example of 7th Embodiment. 第7の実施形態の第1例における低信頼度固定変動範囲について説明するための図The figure for demonstrating the low reliability fixed fluctuation | variation range in the 1st example of 7th Embodiment. 第7の実施形態の第1例における低信頼度固定変動範囲について説明するための図The figure for demonstrating the low reliability fixed fluctuation | variation range in the 1st example of 7th Embodiment. 第7の実施形態の第1例における低信頼度固定変動範囲について説明するための図The figure for demonstrating the low reliability fixed fluctuation | variation range in the 1st example of 7th Embodiment. 第7の実施形態の第1例における低信頼度固定変動範囲について説明するための図The figure for demonstrating the low reliability fixed fluctuation | variation range in the 1st example of 7th Embodiment. 第7の実施形態の第1例における低信頼度固定変動範囲について説明するための図The figure for demonstrating the low reliability fixed fluctuation | variation range in the 1st example of 7th Embodiment. 第7の実施形態の第1例において、大当り遊技中のラウンド演出において実行される先読み予告の一例について説明するための図The figure for demonstrating an example of the prefetch notice performed in the round effect in jackpot game in the 1st example of 7th Embodiment. 第7の実施形態の第1例におけるリーチテーブルについて説明するためのリーチテーブルの例Example of reach table for explaining the reach table in the first example of the seventh embodiment 第7の実施形態の第2例について説明するための図The figure for demonstrating the 2nd example of 7th Embodiment 第7の実施形態の第2例について説明するための図The figure for demonstrating the 2nd example of 7th Embodiment
以下、適宜図面を参照しつつ、本発明の一実施形態に係るパチンコ遊技機1ついて説明する。なお、以下では、パチンコ遊技機1を、単に、遊技機1という場合がある。   Hereinafter, a pachinko gaming machine 1 according to an embodiment of the present invention will be described with reference to the drawings as appropriate. Hereinafter, the pachinko gaming machine 1 may be simply referred to as a gaming machine 1.
[パチンコ遊技機1の概略構成]
以下、図1〜図3を参照して、本発明の一実施形態に係るパチンコ遊技機1の概略構成について説明する。なお、図1は、本発明の一実施形態に係る遊技機1の一例を示す概略正面図である。図2は、遊技機1に設けられた表示器4の一例を示す拡大図である。図3は、遊技機1の部分平面図である。
[Schematic configuration of pachinko gaming machine 1]
Hereinafter, a schematic configuration of the pachinko gaming machine 1 according to an embodiment of the present invention will be described with reference to FIGS. FIG. 1 is a schematic front view showing an example of a gaming machine 1 according to an embodiment of the present invention. FIG. 2 is an enlarged view showing an example of the display 4 provided in the gaming machine 1. FIG. 3 is a partial plan view of the gaming machine 1.
図1において、遊技機1は、例えば遊技者の操作により打ち出された遊技球が入賞すると賞球を払い出すように構成されたパチンコ遊技機である。この遊技機1は、遊技球が打ち出される遊技盤2と、遊技盤2を囲む枠部材5とを備えている。枠部材5は、軸支側に設けられた蝶番を中心に、遊技機1の主部に対して開閉可能に構成されている。そして、枠部材5の前面側となる所定位置(例えば、軸支側とは反対側となる端部)には錠部43が設けられており、錠部43を開錠することによって枠部材5を開くことが可能となる。   In FIG. 1, a gaming machine 1 is a pachinko gaming machine configured to pay out a winning ball when a gaming ball launched by a player's operation wins a prize, for example. This gaming machine 1 includes a game board 2 on which game balls are launched, and a frame member 5 surrounding the game board 2. The frame member 5 is configured to be openable and closable with respect to the main part of the gaming machine 1 around a hinge provided on the shaft support side. And the lock part 43 is provided in the predetermined position (for example, edge part on the opposite side to a shaft support side) which becomes the front side of the frame member 5, and the frame member 5 is unlocked by unlocking the lock part 43. Can be opened.
遊技盤2は、その前面に、遊技球により遊技を行うための遊技領域20が形成されている。遊技領域20には、下方(発射装置211;図4参照)から発射された遊技球が遊技盤2の主面に沿って上昇して遊技領域20の上部位置へ向かう通路を形成するレール部材(図示せず)と、上昇した遊技球を遊技領域20の右側に案内する案内部材(図示せず)とが備えられている。   A game area 20 for playing a game with a game ball is formed on the front surface of the game board 2. In the gaming area 20, a rail member (from which a game ball launched from below (the launching device 211; see FIG. 4) rises along the main surface of the game board 2 and forms a path toward the upper position of the gaming area 20 ( (Not shown) and a guide member (not shown) for guiding the raised game ball to the right side of the game area 20.
また、遊技盤2には、遊技者により視認され易い位置に、各種演出のための画像を表示する画像表示部6が配設されている。画像表示部6は、遊技者による遊技の進行に応じて、例えば、装飾図柄を表示することによって特別図柄抽選(大当り抽選)の結果を遊技者に報知したり、キャラクタの登場やアイテムの出現等による予告演出を表示したり、特別図柄抽選が保留されている回数を示す保留画像を表示したりする。なお、画像表示部6は、液晶表示装置やEL(Electro Luminescence:電界発光)表示装置等によって構成されるが、他の任意の表示装置を利用してもよい。さらに、遊技盤2の前面には、各種の演出に用いられる可動役物7および盤ランプ8が設けられている。可動役物7は、遊技盤2に対して可動に構成され、遊技の進行に応じて又は遊技者の操作に応じて、所定の動作を行うことによって演出を行う。また、盤ランプ8は、遊技の進行に応じて発光することによって光による各種の演出を行う。   In addition, the game board 2 is provided with an image display unit 6 that displays images for various effects at positions that are easily visible to the player. The image display unit 6 notifies the player of the result of the special symbol lottery (big hit lottery), for example, by displaying a decorative symbol according to the progress of the game by the player, the appearance of a character, the appearance of an item, etc. Or a reserved image showing the number of times the special symbol lottery is held. The image display unit 6 is configured by a liquid crystal display device, an EL (Electro Luminescence) display device, or the like, but any other display device may be used. Furthermore, a movable accessory 7 and a board lamp 8 used for various effects are provided on the front surface of the game board 2. The movable accessory 7 is configured to be movable with respect to the game board 2, and produces an effect by performing a predetermined operation in accordance with the progress of the game or in accordance with the operation of the player. The board lamp 8 emits light according to the progress of the game, thereby performing various effects by light.
遊技領域20には、遊技球の落下方向を変化させる遊技くぎ及び風車(共に図示せず)等が配設されている。また、遊技領域20には、入賞や抽選に関する種々の役物が所定の位置に配設されている。なお、図1においては、入賞や抽選に関する種々の役物の一例として、第1始動口21、第2始動口22、ゲート25、大入賞口23、および普通入賞口24が遊技盤2に配設されている。さらに、遊技領域20には、遊技領域20に打ち出された遊技球のうち何れの入賞口にも入賞しなかった遊技球を、遊技領域20の外に排出する排出口26が配設されている。   In the game area 20, a game nail and a windmill (both not shown) that change the falling direction of the game ball are arranged. Further, in the game area 20, various bonuses related to winning and lottery are arranged at predetermined positions. In FIG. 1, the first start port 21, the second start port 22, the gate 25, the big winning port 23, and the normal winning port 24 are arranged on the game board 2 as an example of various prizes related to winning and lottery. It is installed. In addition, the game area 20 is provided with a discharge port 26 through which game balls that have not been won in any of the game areas of the game balls launched into the game area 20 are discharged out of the game area 20. .
第1始動口21および第2始動口22は、それぞれ遊技球が入ると入賞して特別図柄抽選(大当り抽選)が始動する。第1始動口21は、予め定められた特別電動役物(大入賞口23)および/または予め定められた特別図柄表示器(後述する第1特別図柄表示器4a)を作動させることとなる、遊技球の入賞に係る入賞口である。また、第2始動口22は、上記特別電動役物および/または予め定められた特別図柄表示器(後述する第2特別図柄表示器4b)を作動させることとなる、遊技球の入賞に係る入賞口である。ゲート25を遊技球が通過すると普通図柄抽選(下記の電動チューリップ27の開閉抽選)が始動する。なお、普通入賞口24に遊技球が入賞しても抽選は始動しない。   The first start port 21 and the second start port 22 are awarded when a game ball enters, respectively, and a special symbol lottery (big hit lottery) is started. The first start port 21 operates a predetermined special electric accessory (large winning port 23) and / or a predetermined special symbol display (first special symbol display 4a described later). It is a winning opening related to winning a game ball. Further, the second start opening 22 operates the special electric accessory and / or a predetermined special symbol display device (second special symbol display device 4b described later), and wins related to winning a game ball. The mouth. When the game ball passes through the gate 25, the normal symbol lottery (the open / close lottery of the electric tulip 27 described below) starts. The lottery is not started even if a game ball wins the normal winning opening 24.
第2始動口22は、第1始動口21の下部に設けられ、普通電動役物の一例として、遊技球の入口近傍に電動チューリップ27を備えている。電動チューリップ27は、チューリップの花を模した一対の羽根部を有しており、後述する電動チューリップ開閉部112(例えば、電動ソレノイド)の駆動によって当該一対の羽根部が左右に開閉する。電動チューリップ27は、一対の羽根部が閉じていると、第2始動口22の入口へ案内される開口幅が極めて狭いため、遊技球が第2始動口22へ入らない閉状態となる。一方、電動チューリップ27は、一対の羽根部が左右に開くと、第2始動口22の入口へ案内される開口幅が拡大するため、遊技球が第2始動口22へ入り易い開状態となる。そして、電動チューリップ27は、ゲート25を遊技球が通過して普通図柄抽選に当選すると、一対の羽根部が規定時間(例えば、0.10秒間)開き、規定回数(例えば、1回)だけ開閉する。   The 2nd starting port 22 is provided in the lower part of the 1st starting port 21, and is equipped with the electric tulip 27 in the vicinity of the entrance of a game ball as an example of a normal electric accessory. The electric tulip 27 has a pair of wings imitating tulip flowers, and the pair of wings opens and closes left and right by driving an electric tulip opening / closing unit 112 (for example, an electric solenoid) described later. When the pair of blade portions are closed, the electric tulip 27 is in a closed state in which the game ball does not enter the second start port 22 because the opening width guided to the entrance of the second start port 22 is extremely narrow. On the other hand, the electric tulip 27 is in an open state in which the game ball can easily enter the second starting port 22 because the opening width guided to the inlet of the second starting port 22 increases when the pair of wings open to the left and right. . When the electric tulip 27 passes through the gate 25 and the normal symbol lottery is won, the pair of blades opens for a specified time (for example, 0.10 seconds) and opens and closes for a specified number of times (for example, once). To do.
大入賞口23は、第2始動口22の下側中央に位置し、特別図柄抽選の結果に応じて開放する。大入賞口23は、通常は閉状態であり遊技球が入ることがない状態となっているが、特別図柄抽選の結果に応じて遊技盤2の主面から突出傾斜して開状態となって遊技球が入り易い状態となる。例えば、大入賞口23は、所定条件(例えば、29.5秒経過または遊技球10個の入賞)を満たすまで開状態となるラウンドを、所定回数(例えば、16回)だけ繰り返す。   The big winning opening 23 is located at the lower center of the second starting opening 22 and is opened according to the result of the special symbol lottery. The big prize opening 23 is normally in a closed state so that no game balls can enter, but depending on the result of the special symbol lottery, it protrudes from the main surface of the game board 2 and is in an open state. The game ball is easy to enter. For example, the special winning opening 23 repeats a round that is in an open state until a predetermined condition (for example, 29.5 seconds elapses or a winning of 10 game balls) is satisfied a predetermined number of times (for example, 16 times).
また、遊技盤2の右下には、上述した特別図柄抽選や普通図柄抽選の結果や保留数に関する表示を行う表示器4が配設されている。表示器4の詳細については後述する。   Further, on the lower right side of the game board 2, a display 4 for displaying the results of the special symbol lottery and the normal symbol lottery described above and the number of reserved items is arranged. Details of the display 4 will be described later.
ここで、賞球の払い出しについて説明する。第1始動口21、第2始動口22、大入賞口23、および普通入賞口24に遊技球が入る(入賞する)と、遊技球が入賞した場所に応じて、1つの遊技球当たり規定個数の賞球が払い出される。例えば、第1始動口21および第2始動口22に遊技球が1個入賞すると3個の賞球、大入賞口23に遊技球が1個入賞すると13個の賞球、普通入賞口24に遊技球が1個入賞すると10個の賞球がそれぞれ払い出される。なお、ゲート25を遊技球が通過したことを検出しても、それに連動した賞球の払い出しは無い。   Here, the payout of prize balls will be described. When a game ball enters (wins) the first start port 21, the second start port 22, the big winning port 23, and the normal winning port 24, a predetermined number per game ball is determined according to the place where the game ball has won. The prize ball is paid out. For example, when one game ball is won at the first start port 21 and the second start port 22, three prize balls are awarded, and when one game ball is won at the big prize port 23, thirteen prize balls are given to the normal prize slot 24. When one game ball is won, ten prize balls are paid out. Even if it is detected that the game ball has passed through the gate 25, there is no payout of the prize ball in conjunction with it.
遊技機1の前面となる枠部材5には、ハンドル31、レバー32、停止ボタン33、取り出しボタン34、スピーカ35、枠ランプ36、演出ボタン37、演出キー38、および皿39等が設けられている。   The frame member 5 on the front surface of the gaming machine 1 is provided with a handle 31, a lever 32, a stop button 33, a take-out button 34, a speaker 35, a frame lamp 36, an effect button 37, an effect key 38, a dish 39, and the like. Yes.
遊技者がハンドル31に触れてレバー32を時計回りに回転させる操作を行うと、その操作角度に応じた打球力にて所定の時間間隔(例えば、1分間に100個)で、発射装置211(図4参照)が遊技球を電動発射する。皿39(図3参照)は、遊技機1の前方に突出して設けられ、発射装置211に供給される遊技球を一時的に溜めておく。また、皿39には、上述した賞球が払い出される。そして、皿39に溜められた遊技球は、遊技者のレバー32による操作と連動したタイミングで、供給装置(図示せず)によって1つずつ発射装置211に供給される。   When the player touches the handle 31 and performs an operation to rotate the lever 32 clockwise, the launching device 211 (100 per minute) with a hitting force according to the operation angle (for example, 100 per minute). 4) electrically fires the game ball. The tray 39 (see FIG. 3) is provided so as to protrude in front of the gaming machine 1 and temporarily stores game balls supplied to the launching device 211. In addition, the above-described prize balls are paid out to the plate 39. The game balls stored in the tray 39 are supplied to the launching device 211 one by one by a supply device (not shown) at a timing linked with the operation by the player's lever 32.
停止ボタン33は、ハンドル31の下部側面に設けられ、ハンドル31に遊技者が触れてレバー32を時計回りに回転させている状態であっても、遊技者に押下されることによって遊技球の発射を一時的に停止させる。取り出しボタン34は、皿39が設けられた位置近傍の前面に設けられ、遊技者に押下されることによって皿39に溜まっている遊技球を箱(図示せず)に落下させる。   The stop button 33 is provided on the lower side surface of the handle 31, and even when the player touches the handle 31 and rotates the lever 32 in the clockwise direction, the game ball is released by being pressed by the player. Is temporarily stopped. The take-out button 34 is provided on the front surface in the vicinity of the position where the tray 39 is provided, and when the player presses it, the game balls accumulated in the tray 39 are dropped into a box (not shown).
スピーカ35および枠ランプ36は、それぞれ遊技機1の遊技状態や状況を告知したり各種の演出を行ったりする。スピーカ35は、楽曲や音声、効果音による各種の演出を行う。また、枠ランプ36は、点灯/点滅によるパターンや発光色の違い等によって光による各種の演出を行う。   The speaker 35 and the frame lamp 36 respectively notify the gaming state and situation of the gaming machine 1 and perform various effects. The speaker 35 performs various effects using music, voice, and sound effects. In addition, the frame lamp 36 performs various effects by light depending on a pattern by lighting / flashing or a difference in emission color.
次に、図2を参照して、遊技機1に設けられる表示器4について説明する。図2において、表示器4は、第1特別図柄表示器4a、第2特別図柄表示器4b、第1特別図柄保留表示器4c、第2特別図柄保留表示器4d、普通図柄表示器4e、普通図柄保留表示器4f、および遊技状態表示器4gを備えている。   Next, the display 4 provided in the gaming machine 1 will be described with reference to FIG. In FIG. 2, the display 4 includes a first special symbol display 4a, a second special symbol display 4b, a first special symbol hold indicator 4c, a second special symbol hold indicator 4d, a normal symbol indicator 4e, and a normal symbol indicator 4e. A symbol hold display 4f and a game status display 4g are provided.
第1特別図柄表示器4aは、第1始動口21に遊技球が入賞することに対応して表示図柄が変動して表示される。例えば、第1特別図柄表示器4aは、7セグ表示装置で構成され、第1始動口21に遊技球が入賞した場合、特別図柄を変動表示した後に停止表示してその抽選結果を表示する。また、第2特別図柄表示器4bは、第2始動口22に遊技球が入賞することに対応して表示図柄が変動して表示される。例えば、第2特別図柄表示器4bも同様に、7セグ表示装置で構成され、第2始動口22に遊技球が入賞した場合、特別図柄を変動表示した後に停止表示してその抽選結果を表示する。普通図柄表示器4eは、ゲート25を遊技球が通過することに対応して表示図柄が変動して表示される。例えば、普通図柄表示器4eは、LED表示装置で構成され、遊技球がゲート25を通過した場合、普通図柄を変動表示した後に停止表示してその抽選結果を表示する。   The first special symbol display 4a is displayed with the display symbol varying corresponding to the winning of the game ball at the first starting port 21. For example, the first special symbol display 4a is composed of a 7-segment display device, and when a game ball is won at the first starting port 21, the special symbol is displayed in a variable manner, and then the lottery result is displayed. Further, the second special symbol display 4b is displayed with the display symbols varying corresponding to the winning of the game ball at the second starting port 22. For example, the second special symbol display 4b is similarly composed of a 7-segment display device, and when a game ball wins at the second starting port 22, the special symbol is displayed in a variable manner and then stopped and the lottery result is displayed. To do. In the normal symbol display 4e, the display symbol is changed and displayed in response to the game ball passing through the gate 25. For example, the normal symbol display 4e is constituted by an LED display device, and when a game ball passes through the gate 25, the normal symbol is variably displayed and then stopped and displayed.
第1特別図柄保留表示器4cは、第1始動口21に遊技球が入賞した場合の特別図柄抽選を保留している回数を表示する。第2特別図柄保留表示器4dは、第2始動口22に遊技球が入賞した場合の特別図柄抽選を保留している回数を表示する。普通図柄保留表示器4fは、普通図柄抽選を保留している回数を表示する。例えば、第1特別図柄保留表示器4c、第2特別図柄保留表示器4d、および普通図柄保留表示器4fは、それぞれ列設されたLED表示装置で構成され、その点灯態様によって保留回数が表示される。   The first special symbol hold indicator 4c displays the number of times that the special symbol lottery is held when a game ball wins at the first start port 21. The second special symbol hold indicator 4d displays the number of times that the special symbol lottery is held when the game ball wins at the second start port 22. The normal symbol hold display 4f displays the number of times the normal symbol lottery is held. For example, the first special symbol hold indicator 4c, the second special symbol hold indicator 4d, and the normal symbol hold indicator 4f are each composed of LED display devices arranged in a row, and the number of times of hold is displayed according to the lighting mode. The
遊技状態表示器4gは、遊技機1の電源投入時点における遊技状態(通常遊技状態、時短状態等)を表示する。   The game state display 4g displays the game state (normal game state, short time state, etc.) at the time when the gaming machine 1 is turned on.
次に、図3を参照して、遊技機1に設けられる入力装置について説明する。図3において、遊技機1には、入力装置の一例として、演出ボタン37および演出キー38が設けられている。   Next, an input device provided in the gaming machine 1 will be described with reference to FIG. In FIG. 3, the gaming machine 1 is provided with an effect button 37 and an effect key 38 as an example of an input device.
演出ボタン37および演出キー38は、それぞれ遊技者が演出に対する入力を行うために設けられている。演出ボタン37は、遊技機1の前方に突出した皿39の上面脇部に設けられる。演出キー38は、中央キーと略十字に配列された4つの方向キーとを有し、演出ボタン37に隣接して皿39の上面脇部に設けられる。演出ボタン37および演出キー38は、それぞれ遊技者に押下されることによって所定の演出が行われる。例えば、遊技者は、所定のタイミングで演出ボタン37を押下することによって所定の演出を楽しむことができる。また、遊技者は、演出キー38の4つの方向キーを操作することにより、画像表示部6に表示されている複数の画像のいずれかを選ぶこと等が可能である。また、遊技者は、演出キー38の中央キーを操作することにより、選んだ画像を情報として入力することが可能である。   The effect button 37 and the effect key 38 are provided for the player to input the effect. The effect button 37 is provided on the side of the upper surface of the tray 39 protruding forward of the gaming machine 1. The production key 38 has a center key and four direction keys arranged in a substantially cross shape, and is provided on the upper side of the plate 39 adjacent to the production button 37. The effect button 37 and the effect key 38 are each pressed by the player to perform a predetermined effect. For example, the player can enjoy a predetermined effect by pressing the effect button 37 at a predetermined timing. Further, the player can select one of a plurality of images displayed on the image display unit 6 by operating the four direction keys of the effect key 38. Further, the player can input the selected image as information by operating the center key of the effect key 38.
また、遊技機1の背面側には、払出用の遊技球を溜めておく球タンクや遊技球を皿39に払い出す払出装置(払出駆動部311)が設けられ、各種の基板等が取り付けられている。例えば、遊技盤2の後面には、メイン基板およびサブ基板等が配設されている。具体的には、メイン基板には、内部抽選および当選の判定等を行うメイン制御部100(図4参照)が構成されたメイン制御基板が配設されている。サブ基板には、遊技球を遊技領域20の上部へ発射する発射装置211を制御する発射制御部200(図4参照)が構成された発射制御基板、賞球の払出を制御する払出制御部300が構成された払出制御基板、演出を統括的に制御する演出制御部400が構成された演出制御基板、画像および音による演出を制御する画像音響制御部500が構成された画像制御基板、および各種のランプ(枠ランプ36、盤ランプ8)や可動役物7による演出を制御するランプ制御部600が構成されたランプ制御基板等が配設されている。また、遊技盤2の後面には、遊技機1の電源オン/オフを切り替えるとともに、遊技機1に供給された24V(ボルト)の交流電力を各種電圧の直流電力に変換して、それぞれの電圧の直流電力を上述した各種の基板等に出力するスイッチング電源が配設されている。   In addition, on the back side of the gaming machine 1, a ball tank for storing game balls for payout and a payout device (payout drive unit 311) for paying out the game balls to the tray 39 are provided, and various substrates are attached. ing. For example, a main board, a sub board, and the like are disposed on the rear surface of the game board 2. Specifically, a main control board on which a main control unit 100 (see FIG. 4) that performs internal lottery and determination of winning is configured is disposed on the main board. The sub-board includes a firing control board 200 (see FIG. 4) configured to control a launching device 211 that launches a game ball to the upper part of the game area 20, and a payout control unit 300 that controls the payout of a prize ball. A payout control board configured with an effect control board configured with an effect control section 400 for overall control of effects, an image control board configured with an image acoustic control section 500 for controlling effects with images and sounds, and various types The lamp control board etc. in which the lamp control part 600 which controls the effect by the lamp (frame lamp 36, panel lamp 8) and the movable accessory 7 are arranged. In addition, on the rear surface of the gaming board 2, the power source of the gaming machine 1 is switched on / off, and 24V (volt) AC power supplied to the gaming machine 1 is converted into DC power of various voltages. A switching power supply is provided for outputting the direct current power to the various substrates described above.
[パチンコ遊技機1の制御装置の構成]
次に、図4を参照して、遊技機1における動作制御や信号処理を行う制御装置について説明する。なお、図4は、遊技機1に設けられた制御装置の構成の一例を示すブロック図である。
[Configuration of control device of pachinko gaming machine 1]
Next, with reference to FIG. 4, a control device that performs operation control and signal processing in the gaming machine 1 will be described. FIG. 4 is a block diagram showing an example of the configuration of the control device provided in the gaming machine 1.
図4において、遊技機1の制御装置は、メイン制御部100、発射制御部200、払出制御部300、演出制御部400、画像音響制御部500、およびランプ制御部600等を備えている。   4, the control device of the gaming machine 1 includes a main control unit 100, a launch control unit 200, a payout control unit 300, an effect control unit 400, an image sound control unit 500, a lamp control unit 600, and the like.
メイン制御部100は、CPU(Central Processing Unit;中央処理装置)101、ROM(Read Only Memory)102、およびRAM(Random Access Memory)103を備えている。CPU101は、内部抽選および当選の判定等の払い出し賞球数に関連する各種制御を行う際の演算処理を行う。ROM102には、CPU101により実行されるプログラムや各種データ等が記憶されている。RAM103は、CPU101の作業用メモリ等として用いられる。以下、メイン制御部100の主な機能について説明する。   The main control unit 100 includes a CPU (Central Processing Unit) 101, a ROM (Read Only Memory) 102, and a RAM (Random Access Memory) 103. The CPU 101 performs arithmetic processing when performing various controls related to the number of payout prize balls, such as internal lottery and determination of winning. The ROM 102 stores programs executed by the CPU 101 and various data. The RAM 103 is used as a working memory for the CPU 101. Hereinafter, main functions of the main control unit 100 will be described.
メイン制御部100は、第1始動口21または第2始動口22に遊技球が入賞すると特別図柄抽選(大当り抽選)を行い、特別図柄抽選で当選したか否かを示す判定結果データを演出制御部400に送る。   The main control unit 100 performs a special symbol lottery (big hit lottery) when a game ball wins at the first starting port 21 or the second starting port 22, and effects control is performed on determination result data indicating whether or not the special symbol lottery is won. Send to part 400.
メイン制御部100は、電動チューリップ27の羽根部が開状態となる開時間や羽根部が開閉する回数、さらには羽根部が開閉する開閉時間間隔を制御する。また、メイン制御部100は、遊技球が第1始動口21へ入賞したときの特別図柄抽選の実行保留回数、遊技球が第2始動口22へ入賞したときの特別図柄抽選の実行保留回数、および遊技球がゲート25を通過したときの普通図柄抽選の実行保留回数をそれぞれ管理し、これらの保留回数に関連するデータを演出制御部400に送る。   The main control unit 100 controls the opening time when the blade portion of the electric tulip 27 is opened, the number of times the blade portion is opened and closed, and the opening / closing time interval at which the blade portion is opened and closed. Further, the main control unit 100 executes the special symbol lottery execution suspension number when the game ball wins the first start port 21, the special symbol lottery execution suspension number when the game ball wins the second start port 22, In addition, the number of execution suspensions of the normal symbol lottery when the game ball passes through the gate 25 is managed, and data related to the number of suspensions is sent to the effect control unit 400.
メイン制御部100は、特別図柄抽選の結果に応じて、大入賞口23の開閉動作を制御する。例えば、メイン制御部100は、所定条件(例えば、29.5秒経過または遊技球10個の入賞)を満たすまで、大入賞口23が突出傾斜して開状態となるラウンドを所定回数(例えば、16回)だけ繰り返すように制御する。また、メイン制御部100は、大入賞口23が開閉する開閉時間間隔を制御する。   The main control unit 100 controls the opening / closing operation of the special winning opening 23 according to the result of the special symbol lottery. For example, the main controller 100 repeats a predetermined number of rounds (for example, 29.5 seconds have passed or 10 game balls have been won) in which the big winning opening 23 projects and inclines and opens. (16 times). Further, the main control unit 100 controls the opening / closing time interval at which the special winning opening 23 opens and closes.
メイン制御部100は、遊技の進行に応じて遊技状態を変化させ、又、遊技の進行に応じて、特別図柄抽選の当選確率、特別図柄抽選の実行間隔(特別図柄が表示器4に変動表示されて停止表示される時間と言ってもよい)、電動チューリップ27の開閉動作等を変化させる。   The main control unit 100 changes the game state in accordance with the progress of the game, and according to the progress of the game, the winning probability of the special symbol lottery, the execution interval of the special symbol lottery (the special symbol is variably displayed on the display 4) In other words, it may be said that it is a time to stop and display), and the opening / closing operation of the electric tulip 27 is changed.
メイン制御部100は、第1始動口21、第2始動口22、大入賞口23、および普通入賞口24に遊技球が入賞すると、遊技球が入賞した場所に応じて1つの遊技球当たり所定数の賞球を払い出すように払出制御部300に対して指示する。なお、メイン制御部100は、ゲート25を遊技球が通過したことを検出しても、それに連動した賞球の払い出しを払出制御部300に指示しない。払出制御部300がメイン制御部100の指示に応じて賞球の払い出しを行った場合、払出制御部300から払い出した賞球の個数に関する情報がメイン制御部100へ送られる。そして、メイン制御部100は、払出制御部300から取得した情報に基づいて、払い出した賞球の個数を管理する。   When a game ball wins the first start port 21, the second start port 22, the big winning port 23, and the normal winning port 24, the main control unit 100 determines a predetermined amount per game ball according to the place where the game ball has won. The payout control unit 300 is instructed to pay out a number of prize balls. Even if the main control unit 100 detects that the game ball has passed through the gate 25, the main control unit 100 does not instruct the payout control unit 300 to pay out the prize ball in conjunction therewith. When the payout control unit 300 pays out a prize ball according to an instruction from the main control unit 100, information on the number of prize balls paid out from the payout control unit 300 is sent to the main control unit 100. Then, the main control unit 100 manages the number of paid-out prize balls based on the information acquired from the payout control unit 300.
上述した機能を実現するために、メイン制御部100には、第1始動口スイッチ111a、第2始動口スイッチ111b、電動チューリップ開閉部112、ゲートスイッチ113、大入賞口スイッチ114、大入賞口開閉部115、普通入賞口スイッチ116、表示器4(第1特別図柄表示器4a、第2特別図柄表示器4b、第1特別図柄保留表示器4c、第2特別図柄保留表示器4d、普通図柄表示器4e、普通図柄保留表示器4f、および遊技状態表示器4g)が接続されている。   In order to realize the above-described functions, the main control unit 100 includes a first start port switch 111a, a second start port switch 111b, an electric tulip opening / closing unit 112, a gate switch 113, a big prize opening switch 114, a big prize opening opening / closing. 115, normal winning opening switch 116, display 4 (first special symbol display 4a, second special symbol display 4b, first special symbol hold indicator 4c, second special symbol hold indicator 4d, normal symbol display 4e, a normal symbol hold display 4f, and a game status display 4g) are connected.
第1始動口スイッチ111aは、第1始動口21へ遊技球が入賞したことを検出して、その検出信号をメイン制御部100へ送る。第2始動口スイッチ111bは、第2始動口22へ遊技球が入賞したことを検出して、その検出信号をメイン制御部100へ送る。電動チューリップ開閉部112は、メイン制御部100から送られる制御信号に応じて、電動チューリップ27の一対の羽根部を開閉する。ゲートスイッチ113は、ゲート25を遊技球が通過したことを検出して、その検出信号をメイン制御部100へ送る。大入賞口スイッチ114は、大入賞口23へ遊技球が入賞したことを検出して、その検出信号をメイン制御部100へ送る。大入賞口開閉部115は、メイン制御部100から送られる制御信号に応じて、大入賞口23を開閉する。普通入賞口スイッチ116は、普通入賞口24へ遊技球が入賞したことを検出して、その検出信号をメイン制御部100へ送る。   The first start port switch 111 a detects that a game ball has won the first start port 21 and sends a detection signal to the main control unit 100. The second start port switch 111 b detects that a game ball has won the second start port 22 and sends a detection signal to the main control unit 100. The electric tulip opening / closing unit 112 opens and closes the pair of blade portions of the electric tulip 27 in accordance with a control signal sent from the main control unit 100. The gate switch 113 detects that a game ball has passed through the gate 25 and sends a detection signal to the main control unit 100. The big prize opening switch 114 detects that the game ball has won the big prize opening 23 and sends a detection signal to the main control unit 100. The special prize opening / closing unit 115 opens and closes the special prize opening 23 in accordance with a control signal sent from the main control unit 100. The normal winning port switch 116 detects that a game ball has won the normal winning port 24 and sends a detection signal to the main control unit 100.
また、メイン制御部100は、第1始動口21への遊技球の入賞により始動した特別図柄抽選(以下、第1特別図柄抽選という場合がある)の結果を、第1特別図柄表示器4aに表示する。メイン制御部100は、第2始動口22への遊技球の入賞により始動した特別図柄抽選(以下、第2特別図柄抽選という場合がある)の結果を、第2特別図柄表示器4bに表示する。メイン制御部100は、第1特別図柄抽選を保留している保留回数を、第1特別図柄保留表示器4cに表示する。メイン制御部100は、第2特別図柄抽選を保留している保留回数を、第2特別図柄保留表示器4dに表示する。メイン制御部100は、ゲート25への遊技球の通過により始動した普通図柄抽選の結果を、普通図柄表示器4eに表示する。メイン制御部100は、普通図柄抽選を保留している保留回数を、普通図柄保留表示器4fに表示する。また、メイン制御部100は、遊技機1の電源投入時にその時点の遊技状態を遊技状態表示器4gに表示する。   In addition, the main control unit 100 displays the result of a special symbol lottery started by winning a game ball at the first starting port 21 (hereinafter sometimes referred to as a first special symbol lottery) on the first special symbol display 4a. indicate. The main control unit 100 displays on the second special symbol display 4b the result of the special symbol lottery started by the winning of the game ball to the second starting port 22 (hereinafter sometimes referred to as the second special symbol lottery). . The main control unit 100 displays the number of times the first special symbol lottery is on hold on the first special symbol hold display 4c. The main control unit 100 displays the number of holdings for which the second special symbol lottery is held on the second special symbol holding display 4d. The main control unit 100 displays the result of the normal symbol lottery started by passing the game ball to the gate 25 on the normal symbol display 4e. The main control unit 100 displays the number of times of holding the normal symbol lottery on the normal symbol hold display 4f. Further, the main control unit 100 displays the gaming state at that time on the gaming state display 4g when the gaming machine 1 is turned on.
発射制御部200は、CPU201、ROM202、およびRAM203を備えている。CPU201は、発射装置211に関連する各種制御を行う際の演算処理を行う。ROM202は、CPU201にて実行されるプログラムや各種データ等を記憶している。RAM203は、CPU201の作業用メモリ等として用いられる。   The launch control unit 200 includes a CPU 201, a ROM 202, and a RAM 203. The CPU 201 performs arithmetic processing when performing various controls related to the launching device 211. The ROM 202 stores programs executed by the CPU 201 and various data. The RAM 203 is used as a working memory for the CPU 201.
レバー32は、その位置が中立位置にある場合、信号を出力せずに発射停止状態となる。そして、レバー32は、遊技者によって時計回りに回転操作されると、その回転角度に応じた信号を打球発射指令信号として発射制御部200に出力する。発射制御部200は、打球発射指令信号に基づいて、発射装置211の発射動作を制御する。例えば、発射制御部200は、レバー32の回転角度が増すほど、遊技球が発射される速度が速くなるように、発射装置211の動作を制御する。発射制御部200は、停止ボタン33が押下された信号が出力された場合、発射装置211が遊技球を発射する動作を停止させる。   When the lever 32 is in the neutral position, the lever 32 is in a firing stop state without outputting a signal. When the player is rotated clockwise by the player, the lever 32 outputs a signal corresponding to the rotation angle to the firing control unit 200 as a hitting ball firing command signal. The launch control unit 200 controls the launch operation of the launch device 211 based on the hit ball launch command signal. For example, the launch control unit 200 controls the operation of the launch device 211 so that the speed at which the game ball is launched increases as the rotation angle of the lever 32 increases. When the signal indicating that the stop button 33 is pressed is output, the launch control unit 200 stops the operation of the launch device 211 firing the game ball.
払出制御部300は、CPU301、ROM302、およびRAM303を備えている。CPU301は、払出球の払い出しを制御する際の演算処理を行う。ROM302は、CPU301にて実行されるプログラムや各種データ等を記憶している。RAM303は、CPU301の作業用メモリ等として用いられる。   The payout control unit 300 includes a CPU 301, a ROM 302, and a RAM 303. The CPU 301 performs a calculation process when controlling the payout of the payout ball. The ROM 302 stores programs executed by the CPU 301 and various data. A RAM 303 is used as a working memory for the CPU 301.
払出制御部300は、メイン制御部100から送られたコマンドに基づいて、払出球の払い出しを制御する。具体的には、払出制御部300は、メイン制御部100から、遊技球が入賞した場所に応じた所定数の賞球を払い出すコマンドを取得する。そして、コマンドに指定された数だけの賞球を払い出すように払出駆動部311を制御する。ここで、払出駆動部311は、遊技球の貯留部(球タンク)から遊技球を送り出す駆動モータ等で構成される。   The payout control unit 300 controls payout of the payout ball based on the command sent from the main control unit 100. Specifically, the payout control unit 300 acquires from the main control unit 100 a command for paying out a predetermined number of prize balls according to the place where the game ball has won. Then, the payout driving unit 311 is controlled so as to pay out the number of prize balls specified by the command. Here, the payout drive unit 311 is configured by a drive motor or the like that sends out a game ball from a game ball storage unit (ball tank).
演出制御部400は、CPU401、ROM402、RAM403、およびRTC(リアルタイムクロック)404を備えている。また、演出制御部400は、演出ボタン37および演出キー38が接続され、遊技者が押下する操作に応じて演出ボタン37および演出キー38からそれぞれ出力される操作データを取得する。CPU401は、演出を制御する際の演算処理を行う。ROM402は、CPU401にて実行されるプログラムや各種データ等を記憶している。RAM403は、CPU401の作業用メモリ等として用いられる。RTC404は、現時点の日時を計測する。   The effect control unit 400 includes a CPU 401, a ROM 402, a RAM 403, and an RTC (real time clock) 404. In addition, the effect control unit 400 is connected to the effect button 37 and the effect key 38, and acquires operation data output from the effect button 37 and the effect key 38 in response to an operation pressed by the player. The CPU 401 performs a calculation process when controlling the effect. The ROM 402 stores programs executed by the CPU 401 and various data. The RAM 403 is used as a working memory for the CPU 401. The RTC 404 measures the current date and time.
演出制御部400は、メイン制御部100から送られる特別図柄抽選結果等を示すデータに基づいて、演出内容を設定する。また、演出制御部400は、遊技者によって演出ボタン37または演出キー38が押下操作された場合、当該操作入力や検出結果に応じて演出内容を設定する場合もある。   The production control unit 400 sets production contents based on data indicating the special symbol lottery result and the like sent from the main control unit 100. In addition, when the effect button 37 or the effect key 38 is pressed by the player, the effect control unit 400 may set the effect content according to the operation input or the detection result.
画像音響制御部500は、CPU501、ROM502、およびRAM503を備えている。CPU501は、演出内容を表現する画像および音響を制御する際の演算処理を行う。ROM502は、CPU501にて実行されるプログラムや各種データ等を記憶している。RAM503は、CPU501の作業用メモリ等として用いられる。   The image sound control unit 500 includes a CPU 501, a ROM 502, and a RAM 503. The CPU 501 performs arithmetic processing when controlling the image and sound expressing the content of the effect. The ROM 502 stores programs executed by the CPU 501 and various data. The RAM 503 is used as a working memory for the CPU 501.
画像音響制御部500は、演出制御部400から送られたコマンドに基づいて、画像表示部6に表示する画像およびスピーカ35から出力する音響を制御する。具体的には、画像音響制御部500のROM502には、遊技者に特別図柄抽選結果を報知等するための装飾図柄画像、遊技者に予告演出や先読み予告演出を表示するためのキャラクタやアイテム等の画像、遊技者に特別図柄抽選が保留されていることを示す保留画像、および各種背景画像等を、画像表示部6に表示するための画像データが記憶されている。また、画像音響制御部500のROM502には、画像表示部6に表示される画像と同期させて、または表示される画像とは独立に、スピーカ35から出力させる楽曲や音声等の各種音響データが記憶されている。画像音響制御部500のCPU501は、ROM502に記憶された画像データや音響データの中から、演出制御部400から送られたコマンドに対応したものを選択して読み出す。そして、CPU501は、読み出した画像データを用いて、背景画像表示、装飾図柄画像表示、およびキャラクタ/アイテム表示等のための画像処理を行って、演出制御部400から送られたコマンドに対応した各種演出表示を行う。そして、CPU501は、画像処理された画像データが示す画像を画像表示部6に表示する。また、CPU501は、読み出した音響データを用いて音声処理を行い、音声処理された音響データが示す音響をスピーカ35から出力する。   The image sound control unit 500 controls the image displayed on the image display unit 6 and the sound output from the speaker 35 based on the command sent from the effect control unit 400. Specifically, in the ROM 502 of the image sound control unit 500, a decorative symbol image for notifying a player of a special symbol lottery result, a character or item for displaying a notice effect or a pre-read notice effect for the player, etc. , Image data for displaying on the image display unit 6 a reserved image indicating that the special symbol lottery is reserved for the player, various background images, and the like are stored. The ROM 502 of the image sound control unit 500 stores various types of sound data such as music and sound output from the speaker 35 in synchronization with the image displayed on the image display unit 6 or independently of the displayed image. It is remembered. The CPU 501 of the image sound control unit 500 selects and reads out the data corresponding to the command sent from the effect control unit 400 from the image data and sound data stored in the ROM 502. The CPU 501 performs image processing for background image display, decorative symbol image display, character / item display, and the like using the read image data, and performs various processes corresponding to commands sent from the effect control unit 400. Perform production display. Then, the CPU 501 displays the image indicated by the image processed image data on the image display unit 6. In addition, the CPU 501 performs sound processing using the read sound data, and outputs the sound indicated by the sound processing sound data from the speaker 35.
ランプ制御部600は、CPU601、ROM602、およびRAM603を備えている。CPU601は、盤ランプ8や枠ランプ36の発光、および可動役物7の動作を制御する際の演算処理を行う。ROM602は、CPU601にて実行されるプログラムや各種データ等を記憶している。RAM603は、CPU601の作業用メモリ等として用いられる。   The lamp control unit 600 includes a CPU 601, a ROM 602, and a RAM 603. The CPU 601 performs arithmetic processing when controlling the light emission of the panel lamp 8 and the frame lamp 36 and the operation of the movable accessory 7. The ROM 602 stores programs executed by the CPU 601 and various data. The RAM 603 is used as a working memory for the CPU 601.
ランプ制御部600は、演出制御部400から送られたコマンドに基づいて、盤ランプ8や枠ランプ36の点灯/点滅や発光色等を制御する。また、ランプ制御部600は、演出制御部400から送られたコマンドに基づいて、可動役物7の動作を制御する。具体的には、ランプ制御部600のROM602には、演出制御部400により設定される演出内容に応じた盤ランプ8や枠ランプ36での点灯/点滅パターンデータおよび発光色パターンデータ(発光パターンデータ)が記憶されている。CPU601は、ROM602に記憶された発光パターンデータの中から、演出制御部400から送られたコマンドに対応したものを選択して読み出す。そして、CPU601は、読み出した発光パターンデータに基づいて、盤ランプ8や枠ランプ36の発光を制御する。また、ROM602には、演出制御部400により設定される演出内容に応じた可動役物7の動作パターンデータが記憶されている。CPU601は、ROM602に記憶された動作パターンデータの中から、演出制御部400から送られたコマンドに対応したものを選択して読み出す。そして、CPU601は、読み出した動作パターンデータに基づいて、可動役物7の動作を制御する。   The lamp control unit 600 controls the lighting / flashing of the panel lamp 8 and the frame lamp 36 and the emission color based on the command sent from the effect control unit 400. The lamp controller 600 controls the operation of the movable accessory 7 based on the command sent from the effect controller 400. Specifically, the ROM 602 of the lamp control unit 600 stores lighting / flashing pattern data and emission color pattern data (emission pattern data) for the panel lamp 8 and the frame lamp 36 according to the production contents set by the production control unit 400. ) Is stored. The CPU 601 selects and reads out the light emission pattern data stored in the ROM 602 corresponding to the command sent from the effect control unit 400. Then, the CPU 601 controls the light emission of the panel lamp 8 and the frame lamp 36 based on the read light emission pattern data. In addition, the ROM 602 stores operation pattern data of the movable accessory 7 corresponding to the effect contents set by the effect control unit 400. The CPU 601 selects and reads out the operation pattern data stored in the ROM 602 corresponding to the command sent from the effect control unit 400. Then, the CPU 601 controls the operation of the movable accessory 7 based on the read operation pattern data.
[本実施形態における遊技状態の概要]
次に、本実施形態における遊技機1の遊技状態について説明する。遊技機1の遊技状態としては、高確状態、低確状態、電サポ状態、非電サポ状態、時短状態、非時短状態、大当り遊技状態が少なくとも存在する。低確状態は、特別図柄抽選の当選確率が通常の低確率(例えば1/300)に設定されている遊技状態であり、高確状態は、特別図柄抽選の当選確率が、低確状態よりも高確率(例えば1/50)に設定されている遊技状態である。非電サポ状態は、普通図柄抽選の当選確率が通常の低確率(例えば1/10)であり、かつ普通図柄抽選に当選した場合であっても電動チューリップ27が短時間(例えば0.10秒間を1回)しか開放制御されない遊技状態であり、このため、第2始動口22に遊技球が入球し難い遊技状態である。電サポ状態は、普通図柄抽選の当選確率が非電サポ状態よりも高確率(例えば10/10)であり、かつ普通図柄抽選に当選した場合に電動チューリップ27が長時間(例えば2.00秒間を3回)開放されるように制御される遊技状態であり、このため、電動チューリップ27が頻繁に長時間開放されて第2始動口22に遊技球が頻繁に入球(入賞)し易くなる遊技状態である。非時短状態とは、特別図柄抽選の実行時間が通常の所定時間である(例えば、保留数が4のとき4秒)遊技状態であり、時短状態とは、特別図柄抽選の実行時間が、非時短状態よりも短縮される(例えば、保留数が4のとき3秒)遊技状態である。大当り遊技状態とは、特別図柄抽選に当選して(大当りして)大入賞口23が開放される大当り遊技が実行されている遊技状態である。なお、本実施形態においては、電サポ状態と時短状態とは同時に制御されるものとするが、この遊技状態においては、第2始動口22へ遊技球が入賞し易くなることにより遊技球が殆ど減ることなく、かつ短時間で多数の特別図柄抽選を実行できることとなる。また、以下では、低確状態かつ非電サポ状態かつ非時短状態に制御される遊技状態を通常遊技状態といい、高確状態かつ電サポ状態かつ時短状態に制御される遊技状態を確変遊技状態といい、高確状態かつ非電サポ状態かつ非時短状態に制御される遊技状態を潜伏遊技状態という。
[Outline of gaming state in this embodiment]
Next, the gaming state of the gaming machine 1 in this embodiment will be described. The gaming state of the gaming machine 1 includes at least a high probability state, a low probability state, an electric support state, a non-electric support state, a short-time state, a non-short-time state, and a big hit gaming state. The low probability state is a gaming state in which the winning probability of the special symbol lottery is set to a normal low probability (for example, 1/300), and the high probability state is that the winning probability of the special symbol lottery is lower than the low probability state. The gaming state is set to a high probability (for example, 1/50). In the non-electric support state, the winning probability of the normal symbol lottery is a normal low probability (for example, 1/10), and even if the normal symbol lottery is won, the electric tulip 27 is short (for example, 0.10 seconds). Is a game state in which the release control is performed only once), and therefore, it is a game state in which it is difficult for a game ball to enter the second start port 22. In the electric support state, the winning probability of the normal symbol lottery is higher than the non-electric support state (for example, 10/10), and when the normal symbol lottery is won, the electric tulip 27 is long (for example, 2.00 seconds). 3), the electric tulip 27 is frequently opened for a long period of time, and it is easy for the game balls to enter the second start port 22 frequently (winning). A gaming state. The non-short-time state is a gaming state in which the execution time of the special symbol lottery is a normal predetermined time (for example, 4 seconds when the number of holdings is four), and the short-time state is a non-short time state in which the execution time of the special symbol lottery is non- It is a gaming state that is shorter than the short time state (for example, 3 seconds when the number of holds is 4). The jackpot game state is a game state in which a jackpot game is executed in which a special symbol lottery is won (winning) and the jackpot 23 is opened. In the present embodiment, the electric support state and the short-time state are controlled at the same time. However, in this gaming state, the gaming ball is likely to win a prize at the second starting port 22, so that the gaming ball is mostly Many special symbol lotteries can be executed in a short time without decreasing. In the following, a gaming state that is controlled to a low-probability state, a non-electric support state, and a non-short-time state is referred to as a normal gaming state, and a gaming state that is controlled to a high-probability state, an electric support state, and a short-time state is a probabilistic gaming state. A gaming state controlled in a highly accurate state, a non-electric support state, and a non-short-time state is called a latent gaming state.
[本実施形態における大当り遊技の概要]
次に、本実施形態における特別図柄抽選の大当り遊技の概要について、図5を参照して説明する。図5は、本実施形態に係る特別図柄抽選の大当り内訳の一例を説明するための図である。図5の(1)は、第1始動口21への遊技球入賞による特別図柄抽選の大当り内訳を示し、図5の(2)は、第2始動口22への遊技球入賞による特別図柄抽選の大当り内訳を示す。図5の(1)に示すように、第1始動口21への遊技球入賞による特別図柄抽選の大当り内訳は、大当りAの当選確率が10%であり、大当りBの当選確率が40%であり、大当りCの当選確率が25%であり、大当りDの当選確率が25%である。また、図5の(2)に示すように、第2始動口22への遊技球入賞による特別図柄抽選の大当り内訳は、大当りAの当選確率が70%であり、大当りBの当選確率が30%である。以下に、図5の(3)を参照して、各大当りA〜Dに当選した場合の大当り遊技について説明する。
[Outline of the jackpot game in this embodiment]
Next, an outline of the jackpot game of the special symbol lottery in the present embodiment will be described with reference to FIG. FIG. 5 is a diagram for explaining an example of the jackpot breakdown of the special symbol lottery according to the present embodiment. (1) in FIG. 5 shows the jackpot breakdown of the special symbol lottery by winning the game ball to the first starting port 21, and (2) in FIG. 5 shows the special symbol lottery by winning the game ball to the second starting port 22. The breakdown of jackpot is shown. As shown in (1) of FIG. 5, the jackpot breakdown of the special symbol lottery by winning the game ball to the first starting port 21 is that the winning probability of the jackpot A is 10% and the winning probability of the jackpot B is 40%. Yes, the winning probability for jackpot C is 25%, and the winning probability for jackpot D is 25%. As shown in (2) of FIG. 5, the jackpot breakdown of the special symbol lottery by winning the game ball to the second starting port 22 is that the winning probability of the jackpot A is 70% and the winning probability of the jackpot B is 30%. %. Below, with reference to (3) of FIG. 5, the big hit game at the time of winning each big hit AD is demonstrated.
大当りAに当選した場合に実行される大当り遊技が開始すると、所定のオープニング時間の経過後、大入賞口23が閉状態から開状態にされて1ラウンド(以下、単に「R」と記載する場合がある)のラウンド遊技が開始される。1Rにおいて、大入賞口23に遊技球が10個入賞するか開放時間が29.5秒経過すると、大入賞口23が開状態から閉状態にされて1Rのラウンド遊技が終了される。その後、ラウンドとラウンドとの間のインターバル期間(例えば2秒間)が設けられた後に、1Rと同様に大入賞口23が開放されてから2Rのラウンド遊技が開始され、大入賞口23が閉鎖されて2Rのラウンド遊技が終了する。以後同様に、インターバル期間を挟んで大入賞口23の開閉によって計16回のラウンド遊技が実行される。そして、所定のエンディング時間が経過すると、大当り遊技が終了する。したがって、遊技者は、この大当り遊技の間に約2000球の賞球総数を獲得することができる。その後、遊技状態は、大当り遊技が終了してから78回転終了するまで(つまり、特別図柄抽選が78回実行されて表示器4に特別図柄が78回変動表示されてから停止表示されるまで)の間、確変遊技状態に制御される。   When the jackpot game that is executed when winning the jackpot A is started, after a predetermined opening time has elapsed, the big winning opening 23 is changed from the closed state to the open state (hereinafter simply referred to as “R”) There is a round game). In 1R, when 10 game balls are won in the big prize opening 23 or when the opening time is 29.5 seconds, the big prize opening 23 is changed from the open state to the closed state, and the 1R round game is ended. Then, after an interval period (for example, 2 seconds) between rounds is provided, the 2R round game is started after the grand prize opening 23 is opened as in the case of 1R, and the big prize opening 23 is closed. The 2R round game ends. Thereafter, similarly, a total of 16 round games are executed by opening and closing the big prize opening 23 with an interval period in between. Then, when the predetermined ending time has elapsed, the big hit game ends. Therefore, the player can obtain a total of about 2000 prize balls during this jackpot game. Thereafter, the gaming state is from the end of the big hit game until the end of 78 rotations (that is, from when the special symbol lottery is executed 78 times until the special symbol is variably displayed 78 times on the display 4 and then stopped). During this period, the game state is controlled to be probable.
大当りBに当選した場合に実行される大当り遊技が開始すると、所定のオープニング時間の経過後、インターバル期間を挟んで大入賞口23の開閉によって計4回のラウンド遊技が実行される。そして、所定のエンディング時間が経過すると、大当り遊技が終了する。したがって、遊技者は、この大当り遊技の間に約500球の賞球総数を獲得することができる。その後、遊技状態は、大当り遊技が終了してから78回転終了するまでの間、確変遊技状態に制御される。   When the big hit game executed when the big win B is won, after a predetermined opening time has elapsed, a total of four round games are executed by opening and closing the big prize opening 23 with an interval period in between. Then, when the predetermined ending time has elapsed, the big hit game ends. Therefore, the player can obtain a total of about 500 prize balls during this jackpot game. Thereafter, the gaming state is controlled to the probability variation gaming state from the end of the big hit game until the end of 78 rotations.
大当りCに当選した場合に実行される大当り遊技が開始すると、所定のオープニング時間の経過後、大入賞口23が閉状態から開状態にされて極めて短時間(例えば0.1秒)経過すると大入賞口23が開状態から閉状態にされるラウンドが、インターバル期間を挟んで所定回数(例えば4回)実行される。そして、所定のエンディング時間が経過すると、大当り遊技が終了する。つまり、この大当り遊技の間には、大入賞口23は瞬間的にしか開放されないため、遊技球が大入賞口23に入ることは殆どなく、遊技者は、この大当り遊技の間に実質的に賞球を得ることはできない。その後、遊技状態は、大当り遊技が終了してから78回転終了するまでの間、確変遊技状態に制御される。   When the big hit game executed when the big hit C is won is started, the big winning opening 23 is changed from the closed state to the open state after a predetermined opening time, and the time is extremely long (for example, 0.1 second). A round in which the winning opening 23 is changed from the open state to the closed state is executed a predetermined number of times (for example, four times) with the interval period interposed therebetween. Then, when the predetermined ending time has elapsed, the big hit game ends. That is, during the jackpot game, the big prize opening 23 is opened only momentarily, so that the game ball rarely enters the big prize opening 23, and the player substantially does not enter during the big hit game. You cannot get a prize ball. Thereafter, the gaming state is controlled to the probability variation gaming state from the end of the big hit game until the end of 78 rotations.
大当りDに当選した場合に実行される大当り遊技が開始すると、所定のオープニング時間の経過後、大入賞口23が閉状態から開状態にされて極めて短時間(例えば0.1秒)経過すると大入賞口23が開状態から閉状態にされるラウンドが、インターバル期間を挟んで所定回数(例えば4回)実行される。そして、所定のエンディング時間が経過すると、大当り遊技が終了する。つまり、この大当り遊技の間には、大入賞口23は瞬間的にしか開放されないため、遊技球が大入賞口23に入ることは殆どなく、遊技者は、この大当り遊技の間に実質的に賞球を得ることはできない。その後、遊技状態は、大当り遊技が終了してから78回転終了するまでの間、潜伏遊技状態に制御される。   When the big hit game executed when the big hit D is won, the big winning opening 23 is changed from the closed state to the open state after a predetermined opening time, and the time is extremely long (for example, 0.1 second). A round in which the winning opening 23 is changed from the open state to the closed state is executed a predetermined number of times (for example, four times) with the interval period interposed therebetween. Then, when the predetermined ending time has elapsed, the big hit game ends. That is, during the jackpot game, the big prize opening 23 is opened only momentarily, so that the game ball rarely enters the big prize opening 23, and the player substantially does not enter during the big hit game. You cannot get a prize ball. Thereafter, the gaming state is controlled to the latent gaming state from the end of the big hit game until the end of 78 rotations.
なお、本実施形態では、低確状態において時短状態は併存しないため、時短状態は、すなわち、確変遊技状態となる。また、本実施形態では、特別図柄抽選に当選しなかった場合(つまりハズレである場合)において、所定の確率(例えば1/200)で当選する「小当り」を設けている。この「小当り」に当選した場合には、小当り遊技として、大当りDに当選したかのような演出が行われ、かつ、大当りDに当選した場合と同様に大入賞口23が開閉制御される。このことによって、遊技者に対して、実際は「小当り」であっても、大当りDに当選(潜伏当り)したかもしれないという期待感を抱かせ、遊技の興趣性を向上させることができる。   In this embodiment, the time-short state does not coexist in the low-probability state, so the time-short state is a probability-changing gaming state. Further, in the present embodiment, when a special symbol lottery is not won (that is, when it is a loss), a “small hit” is provided for winning with a predetermined probability (for example, 1/200). When this “small hit” is won, the effect is as if the big hit D is won as the small hit game, and the big winning opening 23 is controlled to open and close as in the case of the big win D. The This makes it possible to give the player a sense of expectation that even if it is actually “small hit”, the big hit D may have been won (per latent), and the interest of the game can be improved.
以下では、本実施形態においてパチンコ遊技機1が実行する処理について具体的に説明する。   Below, the process which the pachinko game machine 1 performs in this embodiment is demonstrated concretely.
[メイン制御部の主要動作]
図6は、メイン制御部100によって行われるタイマ割込み処理の一例を示すフローチャートである。以下に、図6を参照して、メイン制御部100において行われるタイマ割込み処理について説明する。メイン制御部100は、電源投入時や電源断時等の特殊な場合を除く通常の動作時において、図6に示す一連の処理を一定時間(例えば4ミリ秒)毎に繰り返し実行する。なお、図6以降のフローチャートに基づいて説明するメイン制御部100で行われる処理は、ROM102に記憶されているプログラムに基づいて実行される。
[Main operation of main control unit]
FIG. 6 is a flowchart illustrating an example of timer interrupt processing performed by the main control unit 100. Hereinafter, a timer interrupt process performed in the main control unit 100 will be described with reference to FIG. The main control unit 100 repeatedly executes a series of processes shown in FIG. 6 at regular time intervals (for example, 4 milliseconds) during a normal operation except for special cases such as when the power is turned on or when the power is turned off. Note that the processing performed by the main control unit 100 described based on the flowcharts of FIG. 6 and the subsequent steps is executed based on a program stored in the ROM 102.
まず、ステップSi1において、メイン制御部100のCPU101は、大当り乱数、図柄乱数、リーチ乱数、及び変動パターン乱数等の各種の乱数の更新を行う乱数更新処理を実行する。ここで、大当り乱数は、特別図柄抽選の当選又は落選を判定する(つまり、特別図柄抽選を行う)ための乱数である。図柄乱数は、特別図柄抽選に当選した場合に大当りの種類を決定するための乱数である。大当り乱数及び図柄乱数は、後に説明する図9のステップSi57の処理で使用される。リーチ乱数は、リーチ演出を行うか否かを決定するための乱数である。変動パターン乱数は、特別図柄の変動時間を決定するための乱数である。ここで、特別図柄の変動時間は、この特別図柄の変動と同期して行われる報知演出の実行時間と等しい。リーチ乱数及び変動パターン乱数は、後に説明する図9のステップSi58の処理で使用される。ステップSi1の乱数更新処理において、大当り乱数、図柄乱数、リーチ乱数、及び変動パターン乱数等は、それぞれ、1ずつ加算されて更新される。つまり、カウントアップされる。そして、ステップSi2の始動口スイッチ(SW)処理やステップSi3のゲートスイッチ(SW)処理において各乱数が取得されて、後述するステップSi4の特別図柄処理やステップSi5の普通図柄処理で使用される。なお、このステップSi1の処理を行うカウンタは、典型的にはループカウンタであり、設定されている乱数の最大値(例えば299)に達した後は再び0に戻る。   First, in step Si1, the CPU 101 of the main control unit 100 executes a random number update process for updating various random numbers such as a jackpot random number, a design random number, a reach random number, and a variation pattern random number. Here, the big hit random number is a random number for determining whether or not a special symbol lottery is won or lost (that is, performing a special symbol lottery). The symbol random number is a random number for determining the type of jackpot when the special symbol lottery is won. The jackpot random number and the design random number are used in the process of step Si57 in FIG. 9 described later. The reach random number is a random number for determining whether or not to perform reach production. The variation pattern random number is a random number for determining the variation time of the special symbol. Here, the variation time of the special symbol is equal to the execution time of the notification effect performed in synchronization with the variation of the special symbol. The reach random number and the fluctuation pattern random number are used in the process of step Si58 in FIG. 9 described later. In the random number update process of step Si1, the big hit random number, the design random number, the reach random number, the variation pattern random number, etc. are respectively added and updated by one. That is, it is counted up. Each random number is acquired in the start port switch (SW) process in step Si2 and the gate switch (SW) process in step Si3, and is used in the special symbol process in step Si4 and the normal symbol process in step Si5 described later. Note that the counter that performs the process of step Si1 is typically a loop counter, and returns to 0 again after reaching the set maximum random number (for example, 299).
次に、ステップSi2において、CPU101は、第1始動口スイッチ111a及び第2始動口スイッチ111bの状態を監視し、いずれかのスイッチがONとなった時点(第1始動口スイッチ111a又は第2始動口スイッチ111bから遊技球の検出信号が出力された時点)で、第1特別図柄抽の保留数U1や第2特別図柄抽選の保留数U2に関する処理や各種乱数を取得する処理を行う始動口スイッチ処理を実行する。この始動口スイッチ処理の詳細については、図8を用いて後に詳述する。   Next, in step Si2, the CPU 101 monitors the state of the first start port switch 111a and the second start port switch 111b, and when either switch is turned on (the first start port switch 111a or the second start port switch 111b). When a game ball detection signal is output from the mouth switch 111b), a start opening switch that performs processing related to the number of holdings U1 of the first special symbol lottery, the number of holdings U2 of the second special symbol lottery, and processing for obtaining various random numbers. Execute the process. Details of the start port switch process will be described later with reference to FIG.
次に、ステップSi3において、CPU101は、ゲートスイッチ113の状態を監視し、ゲートスイッチ113がONとなった時点(ゲートスイッチ113から遊技球の検出信号が出力された時点)で普通図柄抽選の保留数が上限値(例えば4)未満か否かを判断し、保留数が上限値未満であると判断した場合、後述するステップSi5の普通図柄処理に使用される乱数を取得するゲートスイッチ処理を実行する。   Next, in step Si3, the CPU 101 monitors the state of the gate switch 113, and when the gate switch 113 is turned on (when the game ball detection signal is output from the gate switch 113), the normal symbol lottery is suspended. It is determined whether the number is less than the upper limit (for example, 4), and if it is determined that the number of holds is less than the upper limit, a gate switch process is performed to obtain a random number used for the normal symbol process in step Si5 described later. To do.
次に、ステップSi4において、CPU101は、第1特別図柄抽選又は第2特別図柄抽選を実行し、第1特別図柄表示器4a又は第2特別図柄表示器4bに特別図柄を変動表示させた後にこれらの抽選結果を示す停止図柄を表示させたり、演出制御部400へ各種コマンドを送信等するための特別図柄処理を実行する。この特別図柄処理については、図9を用いて後に詳述する。   Next, in step Si4, the CPU 101 executes the first special symbol lottery or the second special symbol lottery, and after the special symbols are variably displayed on the first special symbol display 4a or the second special symbol display 4b, these are displayed. A special symbol process for displaying a stop symbol indicating the lottery result or transmitting various commands to the effect control unit 400 is executed. This special symbol process will be described later in detail with reference to FIG.
次に、ステップSi5において、CPU101は、ステップSi3のゲートスイッチ処理で取得された乱数が所定の当たり乱数と一致するか否かを判定する普通図柄処理を実行する。そして、CPU101は、普通図柄表示器4eに普通図柄を変動表示させた後に判定結果を示す普通図柄を停止表示させる。図7は、普通図柄処理に関する処理の一例について説明するための図である。図7に示すように、CPU101は、普通図柄を変動表示させた後に停止表示させる普通図柄変動時間を、通常遊技状態では10秒に設定し、電サポ状態(図17の確変遊技状態)では0.5秒に短縮する。また、CPU101は、普通図柄表示器4eに表示された普通図柄が所定の当たり図柄となる確率(つまり、普通図柄抽選の当選確率)を、通常遊技状態では低確率(1/10)に設定し、電サポ状態では高確率(10/10)に上昇させる。   Next, in step Si5, the CPU 101 executes a normal symbol process for determining whether or not the random number acquired in the gate switch process in step Si3 matches a predetermined hit random number. Then, the CPU 101 stops and displays the normal symbol indicating the determination result after the normal symbol is variably displayed on the normal symbol display 4e. FIG. 7 is a diagram for explaining an example of processing related to normal symbol processing. As shown in FIG. 7, the CPU 101 sets the normal symbol variation time to be stopped and displayed after variably displaying the normal symbol to 10 seconds in the normal gaming state, and to 0 in the electric support state (probable variation gaming state in FIG. 17). Reduce to 5 seconds. Further, the CPU 101 sets the probability that the normal symbol displayed on the normal symbol display 4e becomes a predetermined winning symbol (that is, the winning probability of the normal symbol lottery) is set to a low probability (1/10) in the normal gaming state. In the electric support state, it is raised to a high probability (10/10).
次に、ステップSi6において、CPU101は、ステップSi4の特別図柄処理で特別図柄抽選に当選したと判定された場合(大当りした場合)等に、大入賞口開閉部115を制御して大入賞口23に所定の開閉動作を行わせたり、いわゆる大当り遊技演出等に関する各種コマンドを演出制御部400に対して送信等するための大入賞口処理を実行する。この処理によって、大当り遊技(特別遊技)が進行され、遊技者は賞球を獲得可能となる。また、CPU101は、設定した遊技状態を示すコマンドを演出制御部400に送信する。このことによって、演出制御部400は、設定中の遊技状態を認識することができる。この大入賞口処理については、図15及び図16を用いて後に詳述する。   Next, in step Si6, when it is determined that the special symbol lottery is won in the special symbol processing in step Si4 (when a big hit is made), the CPU 101 controls the big prize opening / closing part 115 to control the big prize opening 23. To perform a predetermined opening / closing operation or to execute a special winning opening process for transmitting various commands related to a so-called big hit game effect or the like to the effect control unit 400. By this process, the big hit game (special game) is progressed, and the player can acquire a prize ball. In addition, the CPU 101 transmits a command indicating the set gaming state to the effect control unit 400. Thereby, the production control unit 400 can recognize the gaming state being set. This special winning opening process will be described later in detail with reference to FIGS. 15 and 16.
次に、ステップSi7において、CPU101は、ステップSi5の普通図柄処理によって普通図柄表示器4eに表示された普通図柄が所定の当たり図柄である場合(つまり、普通図柄抽選に当選した場合)に、電動チューリップ27を作動させる電動チューリップ処理を実行する。その際、CPU101は、図7に示すように、通常遊技状態では電動チューリップ27を極短期間(0.10秒間を1回)開放制御し、電サポ状態では電動チューリップ27を長期間(2.00秒間を3回)開放制御する。なお、電動チューリップ27が開放状態に制御されることによって第2始動口22に遊技球が入賞可能な状態となり、第2始動口22に遊技球が入賞することで、第2特別図柄抽選が行われることとなる。   Next, in step Si7, the CPU 101 performs electric driving when the normal symbol displayed on the normal symbol display 4e by the normal symbol processing in step Si5 is a predetermined winning symbol (that is, when the normal symbol lottery is won). An electric tulip process for operating the tulip 27 is executed. At that time, as shown in FIG. 7, the CPU 101 controls the electric tulip 27 to be opened for an extremely short period (once every 0.10 seconds) in the normal gaming state, and the electric tulip 27 is extended for a long period (2. Open control for 3 times 00 seconds). In addition, when the electric tulip 27 is controlled to be in the open state, a game ball can be won at the second start port 22, and when the game ball wins at the second start port 22, a second special symbol lottery is performed. Will be.
次に、ステップSi8において、CPU101は、遊技球の入賞個数の管理及び入賞に応じた賞球の払出しを制御する賞球処理を実行する。   Next, in step Si8, the CPU 101 executes prize ball processing for managing the number of winning game balls and controlling the payout of prize balls according to the prize.
次に、ステップSi9において、CPU101は、ステップSi2の始動口スイッチ処理、ステップSi4の特別図柄処理、ステップSi6の大入賞口処理、ステップSi8の賞球処理等でRAM103にセットされた各種コマンドや演出に必要な情報を演出制御部400又は払出制御部300へ出力する出力処理を実行する。   Next, in step Si9, the CPU 101 executes various commands and effects set in the RAM 103 in the start opening switch process in step Si2, the special symbol process in step Si4, the big winning opening process in step Si6, the prize ball process in step Si8, and the like. Output processing for outputting information necessary for the production control unit 400 or the payout control unit 300 is executed.
[始動口スイッチ処理]
図8は、図6のステップSi2における始動口スイッチ処理の詳細フローチャートの一例である。以下に、図6のステップSi2における始動口スイッチ処理について、図8を用いて説明する。
[Start-up switch processing]
FIG. 8 is an example of a detailed flowchart of the start port switch process in step Si2 of FIG. Hereinafter, the start port switch process in step Si2 in FIG. 6 will be described with reference to FIG.
まず、ステップSi21において、メイン制御部100のCPU101は、第1始動口スイッチ111aからの検出信号の有無に基づいて、第1始動口21に遊技球が入賞して第1始動口スイッチ111aがONになったか否かを判定する。ステップSi21での判定がYESの場合、処理はステップSi22に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSi27に移る。   First, in step Si21, the CPU 101 of the main control unit 100 receives a game ball in the first start port 21 and turns on the first start port switch 111a based on the presence or absence of a detection signal from the first start port switch 111a. It is determined whether or not. If the determination in step Si21 is YES, the process proceeds to step Si22. If this determination is NO, the process proceeds to step Si27.
ステップSi22において、CPU101は、ROM102から第1特別図柄抽選の保留数の上限値Umax1(本実施形態では「4」)を読み出し、RAM103に記憶されている第1特別図柄抽選の保留数U1が上限値Umax1未満であるか否かを判定する。ステップSi22での判定がYESの場合、処理はステップSi23に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSi27に移る。   In step Si22, the CPU 101 reads the upper limit value Umax1 (“4” in the present embodiment) of the first special symbol lottery number from the ROM 102, and the first special symbol lottery number U1 stored in the RAM 103 is the upper limit value. It is determined whether or not the value is less than Umax1. If the determination in step Si22 is YES, the process proceeds to step Si23, and if this determination is NO, the process proceeds to step Si27.
ステップSi23において、CPU101は、RAM103に記憶されている保留数U1の値を、1加算した値に更新する。その後、処理はステップSi24に移る。   In step Si23, the CPU 101 updates the value of the holding number U1 stored in the RAM 103 to a value obtained by adding 1. Thereafter, the process proceeds to step Si24.
ステップSi24において、CPU101は、第1特別図柄抽選等に使用される乱数のセット(大当り乱数、図柄乱数、リーチ乱数、及び変動パターン乱数)を取得して、取得した乱数の各セット(遊技情報;判定情報)を、時系列順でRAM103に格納する。なお、後述する図9のステップSi56の処理によって第1特別図柄抽選の保留数U1の値が1減算される度に、RAM103に格納された上記乱数セットは、格納時期が早いものから順に1セットずつ削除される。このことから、例えば第1特別図柄抽選の保留数U1の値が「3」の場合、直近3回のステップSi24の処理によって取得された直近3回の上記乱数セットが、時系列順でRAM103に格納されていることとなる。その後、処理はステップSi25に移る。   In step Si24, the CPU 101 acquires a set of random numbers (big hit random number, symbol random number, reach random number, and variation pattern random number) used for the first special symbol lottery etc., and each set of the acquired random numbers (game information; game information; Determination information) is stored in the RAM 103 in chronological order. Each time the value of the holding number U1 of the first special symbol lottery is subtracted by 1 in the process of step Si56 in FIG. 9 to be described later, the random number set stored in the RAM 103 is one set in order from the earliest storage time. Deleted one by one. From this, for example, when the value of the number of holdings U1 of the first special symbol lottery is “3”, the last three random number sets obtained by the processing of the last three steps Si24 are stored in the RAM 103 in time series order. It will be stored. Thereafter, the process proceeds to step Si25.
ステップSi25において、CPU101は、事前判定処理を行う。具体的には、CPU101は、直近のステップSi24の処理で取得されてRAM103に格納された大当り乱数等の乱数セット(つまり、直近に格納された第1特別図柄抽選用の大当り乱数等の乱数セット)を読み出し、この大当り乱数等がROM102に記憶されている所定値等と一致するか否かに基づいて、この大当り乱数を用いる第1特別図柄抽選の結果が大当りであるか否かやリーチ演出を実行するか否か等を事前判定する。つまり、先読み予告演出を実行するために必要な判定を、後述する図9のステップSi57及びSi58の処理に先立って事前判定する。その後、処理はステップSi26に移る。   In step Si25, the CPU 101 performs a preliminary determination process. Specifically, the CPU 101 acquires a random number set such as a big hit random number acquired in the process of the latest step Si24 and stored in the RAM 103 (that is, a random number set such as a big hit random number for the first special symbol lottery stored most recently. ) And whether or not the result of the first special symbol lottery using the jackpot random number is a jackpot based on whether or not the jackpot random number or the like matches a predetermined value or the like stored in the ROM 102 and reach effect Whether or not to execute is determined in advance. That is, the determination necessary for executing the pre-reading notice effect is determined in advance prior to the processing of steps Si57 and Si58 in FIG. Thereafter, the process proceeds to step Si26.
ステップSi26において、CPU101は、第1特別図柄抽選の保留数が1増加したことを通知する第1保留数増加コマンドをRAM103にセットする。ここで、この第1保留数増加コマンドには、ステップSi25の処理で行われた事前判定の結果を示す情報(以下、「事前判定情報」という)が含められている。その後、処理はステップSi27に移る。   In step Si26, the CPU 101 sets, in the RAM 103, a first hold number increase command for notifying that the hold number of the first special symbol lottery has increased by one. Here, the first hold number increase command includes information (hereinafter referred to as “preliminary determination information”) indicating the result of the preliminary determination performed in the process of step Si25. Thereafter, the process proceeds to step Si27.
ステップSi27において、CPU101は、第2始動口スイッチ111bからの検出信号の有無に基づいて、第2始動口22に遊技球が入賞して第2始動口スイッチ111bがONになったか否かを判定する。ステップSi27での判定がYESの場合、処理はステップSi28に移り、この判定がNOの場合、処理は図6のステップSi3(ゲートスイッチ処理)に移る。   In step Si27, the CPU 101 determines based on the presence / absence of a detection signal from the second start port switch 111b whether a game ball has won the second start port 22 and the second start port switch 111b has been turned on. To do. If the determination in step Si27 is YES, the process proceeds to step Si28, and if this determination is NO, the process proceeds to step Si3 (gate switch process) in FIG.
ステップSi28において、CPU101は、ROM102から第2特別図柄抽選の保留数の上限値Umax2(本実施形態では「4」)を読み出し、RAM103に記憶されている第2特別図柄抽選の保留数U2が上限値Umax2未満であるか否かを判定する。ステップSi28での判定がYESの場合、処理はステップSi29に移り、この判定がNOの場合、処理は図6のステップSi3(ゲートスイッチ処理)に移る。   In step Si28, the CPU 101 reads the upper limit value Umax2 ("4" in the present embodiment) of the number of second special symbol lotteries held from the ROM 102, and the upper limit is the second special symbol lottery pending number U2 stored in the RAM 103. It is determined whether or not the value is less than Umax2. If the determination in step Si28 is YES, the process proceeds to step Si29, and if this determination is NO, the process proceeds to step Si3 (gate switch process) in FIG.
ステップSi29において、CPU101は、RAM103に格納されている保留数U2の値を、1加算した値に更新する。その後、処理はステップSi30に移る。   In step Si29, the CPU 101 updates the value of the holding number U2 stored in the RAM 103 to a value obtained by adding 1. Thereafter, the process proceeds to step Si30.
ステップSi30において、CPU101は、第2特別図柄抽選等に使用される乱数のセット(大当り乱数、図柄乱数、リーチ乱数、及び変動パターン乱数)を取得して、取得した乱数の各セットを、時系列順でRAM103に格納する。なお、後述する図9のステップSi54の処理によって第2特別図柄抽選の保留数U2の値が1減算される度に、RAM103に格納された上記乱数セットは、格納時期が早いものから順に1セットずつ削除される。このことから、例えば第2特別図柄抽選の保留数U2の値が「3」の場合、直近3回のステップSi30の処理によって取得された直近3回の上記乱数セットが、時系列順でRAM103に格納されていることとなる。その後、処理はステップSi31に移る。   In step Si30, the CPU 101 acquires a set of random numbers (big hit random number, symbol random number, reach random number, and variation pattern random number) used for the second special symbol lottery etc., and sets each of the acquired random numbers in time series. They are stored in the RAM 103 in order. Note that each time the value of the second special symbol lottery holding number U2 is decremented by 1 in the process of step Si54 in FIG. 9 described later, the random number set stored in the RAM 103 is one set in order from the earliest storage time. Deleted one by one. For this reason, for example, when the value of the holding number U2 of the second special symbol lottery is “3”, the last three random number sets acquired by the processing of the last three steps Si30 are stored in the RAM 103 in chronological order. It will be stored. Thereafter, the process proceeds to step Si31.
ステップSi31において、CPU101は、事前判定処理を行う。具体的には、CPU101は、直近のステップSi30の処理で取得されてRAM103に格納された大当り乱数等の乱数セット(つまり、直近に格納された第2特別図柄抽選用の大当り乱数等の乱数セット)を読み出し、この大当り乱数等がROM102に記憶されている所定値等と一致するか否かに基づいて、この大当り乱数を用いる第2特別図柄抽選の結果が大当りであるか否かやリーチ演出を実行するか否か等を事前判定する。つまり、先読み予告演出を実行するために必要な判定を、後述する図9のステップSi57及びSi58の処理に先立って事前判定する。その後、処理はステップSi32に移る。   In step Si31, the CPU 101 performs a preliminary determination process. Specifically, the CPU 101 acquires a random number set such as a big hit random number acquired in the process of the latest step Si30 and stored in the RAM 103 (that is, a random number set such as a big hit random number for the second special symbol lottery stored most recently. ) And whether or not the result of the second special symbol lottery using the jackpot random number is a jackpot based on whether or not the jackpot random number or the like matches a predetermined value or the like stored in the ROM 102 and reach effect Whether or not to execute is determined in advance. That is, the determination necessary for executing the pre-reading notice effect is determined in advance prior to the processing of steps Si57 and Si58 in FIG. Thereafter, the process proceeds to step Si32.
ステップSi32において、CPU101は、第2特別図柄抽選の保留数が1増加したことを通知する第2保留数増加コマンドをRAM103にセットする。ここで、この第2保留数増加コマンドには、ステップSi31の処理で行われた事前判定の結果を示す情報(事前判定情報)が含められている。その後、処理は図6のステップSi3(ゲートスイッチ処理)に移る。なお、ステップSi26でセットされた第1保留数増加コマンド及びステップSi32でセットされた第2保留数増加コマンドは、図6のステップSi9の出力処理によって、演出制御部400に送信される。   In step Si32, the CPU 101 sets, in the RAM 103, a second hold number increase command for notifying that the hold number of the second special symbol lottery has increased by one. Here, the second pending number increase command includes information (preliminary determination information) indicating the result of the preliminary determination performed in the process of step Si31. Thereafter, the process proceeds to step Si3 (gate switch process) in FIG. The first hold number increase command set in step Si26 and the second hold number increase command set in step Si32 are transmitted to the effect control unit 400 by the output process of step Si9 in FIG.
[特別図柄処理]
図9は、図6のステップSi4における特別図柄処理の詳細フローチャートの一例である。以下に、図9を用いて、図6のステップSi4における特別図柄処理について説明する。
[Special symbol processing]
FIG. 9 is an example of a detailed flowchart of the special symbol process in step Si4 of FIG. Below, the special symbol process in step Si4 of FIG. 6 is demonstrated using FIG.
まず、ステップSi51において、メイン制御部100のCPU101は、RAM103に記憶されている情報(典型的にはフラグによる情報)に基づいて、遊技機1の現在の状態が大当り遊技中(大当り遊技状態)または小当り遊技中であるか否かを判定する。つまり、特別図柄抽選に当選した場合に実行される大当り遊技(特別遊技)の実行中または小当りに当選した場合の小当り遊技中であるか否かを判定する。ステップSi51での判定がYESの場合、処理は図6のステップSi5(普通図柄処理)に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSi52に移る。   First, in step Si51, the CPU 101 of the main control unit 100 determines that the current state of the gaming machine 1 is a big hit game (a big hit game state) based on information stored in the RAM 103 (typically information by a flag). Alternatively, it is determined whether or not a small hit game is being played. That is, it is determined whether or not the big hit game (special game) executed when the special symbol lottery is won or the small hit game when the small hit is won. If the determination in step Si51 is YES, the process proceeds to step Si5 (normal symbol process) in FIG. 6, and if this determination is NO, the process proceeds to step Si52.
ステップSi52において、CPU101は、第1特別図柄表示器4a又は第2特別図柄表示器4bによる特別図柄の変動表示中であるか否かを判定する。ステップSi52での判定がYESの場合、処理はステップSi61に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSi53に移る。   In step Si52, the CPU 101 determines whether or not the special symbol change display is being performed by the first special symbol display 4a or the second special symbol display 4b. If the determination in step Si52 is YES, the process proceeds to step Si61, and if this determination is NO, the process proceeds to step Si53.
ステップSi53において、CPU101は、RAM103に記憶されている保留数U2が1以上であるか否か(つまり第2特別図柄抽選が保留されているか否か)を判定する。ステップSi53での判定がYESの場合、処理はステップSi54に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSi55に移る。   In step Si53, the CPU 101 determines whether or not the holding number U2 stored in the RAM 103 is 1 or more (that is, whether or not the second special symbol lottery is held). If the determination in step Si53 is YES, the process proceeds to step Si54. If this determination is NO, the process proceeds to step Si55.
ステップSi54において、CPU101は、RAM103に記憶されている保留数U2を、1減算した値に更新する。また、その際、CPU101は、RAM103に格納されている図8のステップSi30によって取得された乱数セットのうち格納時期が最も早いものを読み出してRAM103から削除する。その後、処理はステップSi57に移る。   In step Si54, the CPU 101 updates the hold count U2 stored in the RAM 103 to a value obtained by subtracting one. At that time, the CPU 101 reads out the random number set stored in the RAM 103 from the random number set acquired in step Si30 in FIG. Thereafter, the process proceeds to step Si57.
一方、ステップSi55において、CPU101は、RAM103に記憶されている保留数U1が1以上であるか否か(つまり第1特別図柄抽選が保留されているか否か)を判定する。ステップSi55での判定がYESの場合、処理はステップSi56に移り、この判定がNOの場合、実行されるべき特別図柄抽選は無いこととなるので、処理は図6のステップSi5(普通図柄処理)に移る。   On the other hand, in step Si55, the CPU 101 determines whether or not the holding number U1 stored in the RAM 103 is 1 or more (that is, whether or not the first special symbol lottery is held). If the determination in step Si55 is YES, the process moves to step Si56, and if this determination is NO, there is no special symbol lottery to be executed, so the process is step Si5 in FIG. 6 (normal symbol processing). Move on.
ステップSi56において、CPU101は、RAM103に記憶されている保留数U1を、1減算した値に更新する。また、その際、CPU101は、RAM103に格納されている図8のステップSi24によって取得された乱数セットのうち格納時期が最も早いものを読み出してRAM103から削除する。その後、処理はステップSi57に移る。   In step Si56, the CPU 101 updates the hold count U1 stored in the RAM 103 to a value obtained by subtracting one. At that time, the CPU 101 reads out the random number set stored in the RAM 103 from the random number set acquired in step Si24 of FIG. Thereafter, the process proceeds to step Si57.
以上のステップSi53〜Si56の処理によって、第2特別図柄抽選が、第1特別図柄抽選よりも優先して実行されることとなる。   The second special symbol lottery is executed in preference to the first special symbol lottery by the processes of steps Si53 to Si56.
ステップSi57において、CPU101は、特別図柄抽選が大当りであるかハズレであるかを判定する大当り判定処理を実行する。具体的には、ステップSi54の処理に続いてステップSi57の処理を実行する場合、CPU101は、このステップSi54の処理でRAM103から読み出した大当り乱数が、ROM102に記憶されている大当りの当選値と一致するか否かに基づいて、第2特別図柄抽選の結果が大当りであるかハズレであるかを判定する。一方、ステップSi56の処理に続いてステップSi57の処理を実行する場合、CPU101は、このステップSi56の処理でRAM103から読み出した大当り乱数が、ROM102に記憶されている大当りの当選値と一致するか否かに基づいて、第1特別図柄抽選の結果が大当りであるかハズレであるかを判定する。そして、CPU101は、特別図柄抽選の結果がハズレと判定した場合、特別図柄抽選にハズレたことを表すハズレ図柄を、設定情報における特別図柄の停止図柄としてRAM103にセットする。一方、CPU101は、特別図柄抽選の結果が大当りであると判定した場合、この判定に使用した大当り乱数と共にRAM103から読み出された図柄乱数がROM102に記憶されている所定値の何れと一致するかに基づいて、今回の大当りの種類を判定する。確変遊技状態そして、CPU101は、大当りしたこと及び大当りの種類を表す大当り図柄の情報を、設定情報における特別図柄の停止図柄の情報としてRAM103にセットする。その後、処理はステップSi58に移る。   In step Si57, the CPU 101 executes a big hit determination process for determining whether the special symbol lottery is a big hit or a loss. Specifically, when the process of step Si57 is executed following the process of step Si54, the CPU 101 matches the jackpot random number read from the RAM 103 in the process of step Si54 with the jackpot winning value stored in the ROM 102. Whether the result of the second special symbol lottery is a big hit or a loss is determined based on whether or not to do so. On the other hand, when the process of step Si57 is executed subsequent to the process of step Si56, the CPU 101 determines whether or not the big hit random number read from the RAM 103 in the process of step Si56 matches the big win winning value stored in the ROM 102. Based on this, it is determined whether the result of the first special symbol lottery is a big hit or a loss. When the result of the special symbol lottery is determined to be lost, the CPU 101 sets a lost symbol indicating that the special symbol lottery has been lost in the RAM 103 as a special symbol stop symbol in the setting information. On the other hand, when the CPU 101 determines that the result of the special symbol lottery is a big hit, which of the predetermined values stored in the ROM 102 matches the symbol random number read from the RAM 103 together with the big hit random number used for this determination? Based on this, the type of jackpot of this time is determined. The probable gaming state and the CPU 101 sets, in the RAM 103, information on the jackpot symbol representing the jackpot and the type of jackpot as information on the stop symbol of the special symbol in the setting information. Thereafter, the process proceeds to step Si58.
ステップSi58において、CPU101は、変動パターン選択処理を実行する。具体的には、CPU101は、通常遊技状態のときには、図10(1)を用いて後述するリーチテーブルLT1および図11を用いて後述する変動時間テーブルセットHT1を使用し、確変遊技状態確になってから(つまり大当り遊技が終了してから)1回転から10回転まで(つまり特別図柄抽選が1〜10回実行されるまで)の期間には、図10(2)を用いて後述するリーチテーブルLT2および図12を用いて後述する変動時間テーブルセットHT2を使用し、確変遊技状態になってから11回転から50回転まで(つまり特別図柄抽選が11〜50回実行されるまで)の期間には、図10(3)を用いて後述するリーチテーブルLT3および図13を用いて後述する変動時間テーブルセットHT3を使用し、確変遊技状態になってから51回転から78回転まで(つまり特別図柄抽選が51〜78回実行されるまで)の期間には、図10(4)を用いて後述するリーチテーブルLT4および図14を用いて後述する変動時間テーブルセットHT4を使用して、変動パターン選択処理を実行する。なお、後述するステップSi64の処理によって、リーチテーブルLT1〜LT4および変動時間テーブルセットHT1〜HT4は、切り替えられて設定される。また、以下では、リーチテーブルLT1〜LT4を、単に、LT1〜LT4という場合があり、又、変動時間テーブルセットHT1〜HT4、単に、HT1〜HT4という場合がある。   In step Si58, the CPU 101 executes a variation pattern selection process. Specifically, in the normal gaming state, the CPU 101 uses the reach table LT1 which will be described later with reference to FIG. 10A and the variable time table set HT1 which will be described later with reference to FIG. The reach table, which will be described later with reference to FIG. 10 (2), during the period from 1 rotation to 10 rotations (that is, after the special symbol lottery is executed 1 to 10 times) after the big hit game is completed Using the variable time table set HT2, which will be described later with reference to LT2 and FIG. 12, in the period from 11 rotations to 50 rotations (that is, until the special symbol lottery is executed 11 to 50 times) after entering the probability variation gaming state. The reach table LT3, which will be described later with reference to FIG. 10 (3), and the variable time table set HT3, which will be described later with reference to FIG. In the period from 51 to 78 rotations (that is, until the special symbol lottery is executed 51 to 78 times), the reach time table LT4 described later with reference to FIG. 10 (4) and the variation time described later with reference to FIG. The variation pattern selection process is executed using the table set HT4. Note that the reach tables LT1 to LT4 and the variable time table sets HT1 to HT4 are switched and set by the process of step Si64 described later. In the following, the reach tables LT1 to LT4 may be simply referred to as LT1 to LT4, and the variable time table sets HT1 to HT4 may be simply referred to as HT1 to HT4.
図10は、遊技機1で使用されるリーチテーブルの例について説明するための図である。リーチテーブルは、特別図柄抽選でハズレた場合に、この抽選結果を報知する報知演出においてリーチ演出を実行するか否かを決定するためのテーブルである。なお、本実施形態では、特別図柄抽選で大当りした場合には、報知演出において必ずリーチ演出を行う。ここで、リーチ演出とは、報知演出において例えば複数の装飾図柄列のうち残りの1つが停止すると大当りを報知する特定の図柄状態になる演出であり、典型的には、右側と左側の装飾図柄列が同じ図柄(例えば7)で停止しており、残りの中央の装飾図柄列が同じ図柄(例えば7)で停止するとゾロ目(例えば777)となる演出である。また、後述により明らかとなるが、本実施形態では、リーチテーブルを用いてリーチを行うと判定された場合に、報知演出においてリーチ煽りをしてからリーチ不成立としてハズレる演出(以下、リーチ煽り後リーチ不成立演出という場合がある)を行う場合がある。つまり、本実施形態において、報知演出におけるリーチ煽り後リーチ不成立演出は、リーチ演出の一種と考えることもできる。ここで、リーチ煽りとは、リーチが成立することを期待させるための演出(つまり、リーチ成立を煽る演出)であり、典型的には、左側の装飾図柄列が、既に停止した右側の装飾図柄列の装飾図柄と同じ装飾図柄で停止することを期待させるように、変動速度が遅くなってから停止(つまり、動きをゆっくりにして焦らしてから停止)するものである。   FIG. 10 is a diagram for explaining an example of a reach table used in the gaming machine 1. The reach table is a table for determining whether or not to execute the reach effect in the notification effect for notifying the lottery result when the special symbol lottery is lost. In the present embodiment, when a special symbol lottery is won, a reach effect is always performed in the notification effect. Here, the reach effect is an effect that, when the remaining one of a plurality of decorative symbol sequences is stopped in the notification effect, for example, becomes a specific symbol state that notifies the jackpot, and typically the right and left decorative symbols. When the line stops at the same symbol (for example, 7) and the remaining central decorative symbol line stops at the same symbol (for example, 7), the effect is a doublet (for example, 777). In addition, as will be apparent from the description below, in this embodiment, when it is determined that the reach is to be performed using the reach table, the effect of reaching the reach in the notification effect and then losing as the reach is not established (hereinafter, after reaching the reach) There may be a case where the reach is not achieved). That is, in this embodiment, the reach failure after reach reach in the notification effect can be considered as a kind of reach effect. Here, reach reach is an effect for expecting the reach to be established (that is, an effect of encouraging reach establishment). Typically, the left decorative symbol sequence is the right decorative symbol that has already stopped. In order to expect to stop at the same decorative design as the decorative design of the row, it is stopped after the fluctuation speed becomes slow (that is, the motion is slowed down and then stopped).
まず、図10(1)に示すように、通常遊技状態用のLT1は、「リーチあり」に乱数0〜29が割り当てられており、「リーチなし」に乱数30〜299が割り当てられている。つまり、LT1は、通常遊技状態において特別図柄抽選にハズレた場合に、30/300(10%)でリーチ演出を実行し、270/300(90%)でリーチ演出を実行しないと決定するテーブルである。   First, as shown in FIG. 10 (1), in the normal gaming state LT1, random numbers 0 to 29 are assigned to “with reach”, and random numbers 30 to 299 are assigned to “without reach”. That is, LT1 is a table that determines that the reach effect is executed at 30/300 (10%) and the reach effect is not executed at 270/300 (90%) when the special symbol lottery is lost in the normal gaming state. is there.
次に、図10(2)に示すように、確変遊技状態の1〜10回転用のLT2は、「リーチあり」に乱数0〜89が割り当てられており、「リーチなし」に乱数90〜299が割り当てられている。つまり、LT2は、確変遊技状態の1〜10回転において特別図柄抽選にハズレた場合に、90/300(30%)でリーチ演出を実行し、210/300(70%)でリーチ演出を実行しないと決定するテーブルである。   Next, as shown in FIG. 10 (2), in the LT2 for 1 to 10 rotations in the probability variation gaming state, random numbers 0 to 89 are assigned to “with reach” and random numbers 90 to 299 to “without reach”. Is assigned. In other words, LT2 executes a reach effect at 90/300 (30%) and does not execute a reach effect at 210/300 (70%) when the special symbol lottery is lost in 1 to 10 rotations in the probability variation gaming state. It is a table to be determined.
次に、図10(3)に示すように、確変遊技状態の11〜50回転用のLT3は、「リーチあり」に乱数0〜59が割り当てられており、「リーチなし」に乱数60〜299が割り当てられている。つまり、LT3は、確変遊技状態の11〜50回転において特別図柄抽選にハズレた場合に、60/300(20%)でリーチ演出を実行し、240/300(80%)でリーチ演出を実行しないと決定するテーブルである。   Next, as shown in FIG. 10 (3), the random numbers 0 to 59 are assigned to “with reach” and the random numbers 60 to 299 are set to “without reach” in the LT 3 for 11 to 50 rotations in the probability variation gaming state. Is assigned. In other words, LT3 executes the reach effect at 60/300 (20%) and does not execute the reach effect at 240/300 (80%) when the special symbol lottery is lost in 11 to 50 rotations in the probability variation gaming state. It is a table to be determined.
次に、図10(4)に示すように、確変遊技状態の51〜78回転用のLT4は、「リーチあり」に乱数0〜89が割り当てられており、「リーチなし」に乱数90〜299が割り当てられている。つまり、LT4は、確変遊技状態の51〜78回転において特別図柄抽選にハズレた場合に、90/300(30%)でリーチ演出を実行し、210/300(70%)でリーチ演出を実行しないと決定するテーブルである。   Next, as shown in FIG. 10 (4), the random number 0-89 is assigned to “with reach” and the random numbers 90 to 299 are set to “without reach” in the LT4 for 51 to 78 rotations in the probability variation gaming state. Is assigned. In other words, LT4 executes the reach effect at 90/300 (30%) and does not execute the reach effect at 210/300 (70%) when the special symbol lottery is lost in 51 to 78 rotations in the probability variation gaming state. It is a table to be determined.
ここで、LT1〜LT4の乱数0〜299は、いずれも、図8のステップSi24又はSi30の処理で取得されるリーチ乱数(0〜299)に対応する。   Here, the random numbers 0 to 299 of LT1 to LT4 all correspond to the reach random number (0 to 299) acquired in the process of step Si24 or Si30 in FIG.
図11〜図14は、遊技機1で使用される変動時間テーブルセットの例について説明するための図である。変動時間テーブルセットは、表示器4に特別図柄が変動表示されてから停止表示されるまでの時間である特別図柄変動時間を、特別図柄抽選毎に決定するために使用されるテーブルセットである。なお、この特別図柄変動時間は、報知演出の実行時間と同期しており、報知演出の実行時間と同じ時間である。   FIGS. 11-14 is a figure for demonstrating the example of the variable time table set used with the game machine 1. FIG. The variation time table set is a table set used to determine a special symbol variation time, which is a time from when a special symbol is variably displayed on the display 4 until it is stopped and displayed, for each special symbol lottery. The special symbol variation time is synchronized with the notification effect execution time, and is the same time as the notification effect execution time.
まず、通常遊技状態用のHT1について図11を用いて説明する。図11に示すように、HT1は、大当り用変動時間テーブルと、リーチありハズレ用変動時間テーブルと、リーチなしハズレ用変動時間テーブルとから成る。   First, the normal gaming state HT1 will be described with reference to FIG. As shown in FIG. 11, HT1 includes a big hit variation time table, a reach variation time variation table, and a non-reach variation time table.
HT1を構成する大当り用変動時間テーブルは、「30秒」、「60秒」および「90秒」の特別図柄変動時間から成り、特別図柄抽選に当選(大当り)して報知演出においてリーチ演出を実行した後に大当りしたことを報知する場合に使用されるテーブルである。この大当り用変動時間テーブルによって、「30秒」「60秒」「90秒」の何れかが特別図柄変動時間として決定される。なお、この決定は、図8のステップSi24又はSi30の処理で取得された変動パターン乱数(0〜299のうちの何れか1つ)と、この大当り用変動時間テーブルの「30秒」「60秒」「90秒」にそれぞれ割り振られた所定の乱数値(図示なし)とを照合することによって行われる。ここで、HT1を構成する大当り用変動時間テーブルによって特別図柄変動時間が「30秒」に決定された場合に実行されることとなる報知演出のタイプは、リーチ成立した後に大当りするタイプである(以下、タイプFという)。また、HT1を構成する大当り用変動時間テーブルによって特別図柄変動時間が「60秒」に決定された場合に実行されることとなる報知演出のタイプは、リーチ成立してからSPリーチに発展した後に大当りするタイプである(以下、タイプGという)。また、HT1を構成する大当り用変動時間テーブルによって特別図柄変動時間が「90秒」に決定された場合に実行されることとなる報知演出のタイプは、リーチ成立してSPリーチに発展してからSPSPリーチに発展した後に大当りするタイプである(以下、タイプHという)。なお、SPリーチとは、一般にスーパーリーチやスペシャルリーチと呼ばれ、大当りすることを期待させる演出であり、例えば主人公のキャラクタが小判5枚をゲットする動画像の演出である。また、SPSPリーチとは、一般にスーパースーパーリーチやスペシャルスペシャルリーチと呼ばれ、SPリーチ演出から更に発展する演出であってSPリーチ演出よりも大当りすることを更に期待させる演出であり、例えば主人公のキャラクタが千両箱をゲットする動画像の演出である。   The jackpot variation time table that composes HT1 consists of special symbol variation times of “30 seconds”, “60 seconds”, and “90 seconds”. The special symbol lottery is won (big hit) and the reach effect is executed in the notification effect. It is a table used when notifying that a big hit has been made. One of “30 seconds”, “60 seconds”, and “90 seconds” is determined as the special symbol variation time by the large hit variation time table. This determination is made by changing the random number of the fluctuation pattern (any one of 0 to 299) acquired in the process of step Si24 or Si30 in FIG. 8 and “30 seconds” “60 seconds” of this jackpot fluctuation time table. This is performed by collating with predetermined random numbers (not shown) respectively assigned to “90 seconds”. Here, the type of notification effect to be executed when the special symbol variation time is determined to be “30 seconds” by the big hit variation time table constituting the HT1, is a type that makes a big hit after the reach is established ( Hereinafter referred to as type F). In addition, the type of notification effect to be executed when the special symbol variation time is determined to be “60 seconds” by the jackpot variation time table that constitutes HT1, after the reach is established, the SP reach is developed. This is a big hit type (hereinafter referred to as type G). In addition, the type of notification effect to be executed when the special symbol variation time is determined to be “90 seconds” by the jackpot variation time table that constitutes HT1, after reaching reach and developing into SP reach. This type is a big hit after the development of SPSP reach (hereinafter referred to as type H). The SP reach is generally called super reach or special reach, and is an effect that is expected to be a big hit. For example, the SP reach is an effect of a moving image in which the main character gets 5 oval. In addition, SPSP reach is generally called super super reach or special special reach, and is an effect that further develops from the SP reach production, and that is expected to win even more than the SP reach production. Is the production of moving images to get a thousand boxes.
HT1を構成するリーチありハズレ用変動時間テーブルは「12秒」、「30秒」、「60秒」および「90秒」の特別図柄変動時間から成り、特別図柄抽選に落選して報知演出においてリーチ演出を実行した後にハズレたことを報知する場合に使用されるテーブルである。このリーチありハズレ用変動時間テーブルによって、「12秒」「30秒」「60秒」「90秒」の何れかが特別図柄変動時間として決定される。なお、この決定は、図8のステップSi24又はSi30の処理で取得された変動パターン乱数(0〜299のうちの何れか1つ)と、この大当り用変動時間テーブルの「12秒」「30秒」「60秒」「90秒」にそれぞれ割り振られた乱数値(図示なし)とを照合することによって行われる。ここで、HT1を構成するリーチありハズレ用変動時間テーブルによって特別図柄変動時間が「12秒」に決定された場合に実行されることとなる報知演出のタイプは、リーチ煽りをしてからリーチ不成立にしてハズレるタイプである(つまり、リーチ煽り後リーチ不成立演出:以下、タイプBという)。また、HT1を構成するリーチありハズレ用変動時間テーブルによって特別図柄変動時間が「30秒」に決定された場合に実行されることとなる報知演出のタイプは、リーチ成立した後にハズレるタイプである(以下、タイプCという)。また、HT1を構成するリーチありハズレ用変動時間テーブルによって特別図柄変動時間が「60秒」に決定された場合に実行されることとなる報知演出のタイプは、リーチ成立してからSPリーチに発展した後にハズレるタイプである(以下、タイプDという)。また、HT1を構成するリーチありハズレ用変動時間テーブルによって特別図柄変動時間が「90秒」に決定された場合に実行されることとなる報知演出のタイプは、リーチ成立してSPリーチに発展してからSPSPリーチに発展した後にハズレるタイプである(以下、タイプEという)。   The variability table for loss with reach that constitutes HT1 consists of special symbol variation times of “12 seconds”, “30 seconds”, “60 seconds”, and “90 seconds”. It is a table used when notifying that it has lost after performing an effect. One of “12 seconds”, “30 seconds”, “60 seconds”, and “90 seconds” is determined as the special symbol variation time by the reach variation loss variation time table. Note that this determination is made by using the variation pattern random number (any one of 0 to 299) acquired in the process of step Si24 or Si30 in FIG. 8 and “12 seconds” and “30 seconds” of this jackpot variation time table. ”“ 60 seconds ”and“ 90 seconds ”are performed by collating with random numbers (not shown) respectively assigned. Here, the type of notification effect to be executed when the special symbol variation time is determined to be “12 seconds” by the reach variation time table for HT1 is not established after reaching the reach. (That is, a reach failure after reaching reach: hereinafter referred to as type B). Further, the type of notification effect that is executed when the special symbol variation time is determined to be “30 seconds” by the reach variation loss time table that constitutes HT1, is a type that loses after reach is established. (Hereinafter referred to as type C). In addition, the type of notification effect to be executed when the special symbol variation time is determined to be “60 seconds” by the reach variation loss time table that constitutes HT1, and is developed to SP reach after the reach is established. This is a type that loses after being performed (hereinafter referred to as type D). In addition, the type of notification effect to be executed when the special symbol variation time is determined to be “90 seconds” by the reach variation loss time table that constitutes HT1, the reach is established and the SP reach is developed. It is a type that loses after developing to SPSP reach afterwards (hereinafter referred to as type E).
HT1を構成するリーチなしハズレ用変動時間テーブルは「4秒」、「8秒」、「9秒」および「10秒」の特別図柄変動時間から成り、特別図柄抽選に落選して報知演出においてリーチ演出を実行しないでハズレたことを報知する場合に使用されるテーブルである。このリーチありハズレ用変動時間テーブルによって、「4秒」「8秒」「9秒」「10秒」の何れかが特別図柄変動時間として決定される。具体的には、第1及び第2特別図柄抽選の保留数の合計が0又は1の場合は「10秒」が特別図柄変動時間として決定され、この合計が2の場合は「9秒」が特別図柄変動時間として決定され、この合計が3の場合は「8秒」が特別図柄変動時間として決定され、この合計が4以上の場合は「4秒」が特別図柄変動時間として決定される。ここで、HT1を構成するリーチなしハズレ用変動時間テーブルによって特別図柄変動時間が「4秒」「8秒」「9秒」「10秒」の何れかに決定された場合に実行されることとなる報知演出のタイプは、リーチもリーチ煽りも行うことなく即ハズレるタイプである(以下、タイプAという)。   HT1's non-reach loss variation time table consists of special symbol variation times of “4 seconds”, “8 seconds”, “9 seconds”, and “10 seconds”, and loses the special symbol lottery to reach in the notification production. It is a table used when notifying that it has lost without performing an effect. One of “4 seconds”, “8 seconds”, “9 seconds”, and “10 seconds” is determined as the special symbol variation time by the reach variation time table for loss. Specifically, when the total number of the first and second special symbol lotteries is 0 or 1, “10 seconds” is determined as the special symbol variation time, and when this total is 2, “9 seconds” is determined. When the total is 3, “8 seconds” is determined as the special symbol variation time. When the total is 4 or more, “4 seconds” is determined as the special symbol variation time. Here, it is executed when the special symbol fluctuation time is determined to be “4 seconds”, “8 seconds”, “9 seconds”, or “10 seconds” by the fluctuation time table for unreachable loss constituting HT1. The notification production type is a type that immediately loses without performing reach or reach (hereinafter referred to as type A).
ここで、図11に示すように、通常遊技状態用のHT1において、ハズレ時においてリーチありハズレ用変動時間テーブルが使用される確率は、図10(1)の通常遊技状態用のLT1のリーチありの確率と同じ10%であり、ハズレ時においてリーチなしハズレ用変動時間テーブルが使用される確率は、図10(1)の通常遊技状態用のLT1のリーチなしの確率と同じ90%である。また、図11に示すように、通常遊技状態用のHT1において、ハズレ時においてリーチありハズレ用変動時間テーブルが使用される確率10%の内訳は、特別図柄変動時間が「12秒」が5%であり、特別図柄変動時間が「30秒」が3%であり、特別図柄変動時間が「60秒」が2%であり、特別図柄変動時間が「90秒」が1%である。   Here, as shown in FIG. 11, in the normal gaming state HT1, the probability that the lost variation time table is used at the time of a loss is the reach of the normal gaming state LT1 in FIG. 10 (1). The probability of using the non-reach fluctuation time table at the time of losing is 90%, which is the same as the probability of non-reach of LT1 for the normal gaming state in FIG. 10 (1). In addition, as shown in FIG. 11, in the HT1 for the normal gaming state, the breakdown of the 10% probability that the variation time table for reaching and losing is used at the time of losing is 5% when the special symbol variation time is “12 seconds”. The special symbol variation time “30 seconds” is 3%, the special symbol variation time “60 seconds” is 2%, and the special symbol variation time “90 seconds” is 1%.
次に、確変遊技状態の1〜10回転用のHT2について図12を用いて説明する。図12に示すように、HT2は、大当り用変動時間テーブルと、リーチありハズレ用変動時間テーブルと、リーチなしハズレ用変動時間テーブルとから成る。   Next, HT2 for 1 to 10 rotations in the probability variation gaming state will be described with reference to FIG. As shown in FIG. 12, HT2 is composed of a big hit fluctuation time table, a reachable loss fluctuation time table, and a non-reach loss fluctuation time table.
HT2を構成する大当り用変動時間テーブルについては、図11を用いて説明したHT1を構成する大当り用変動時間テーブルと同様であるので、説明を省略する。   The jackpot variation time table constituting HT2 is the same as the jackpot variation time table constituting HT1 described with reference to FIG.
HT2を構成するリーチありハズレ用変動時間テーブルは「12秒」、「30秒」、「60秒」および「90秒」の特別図柄変動時間から成り、特別図柄抽選に落選して報知演出においてリーチ演出を実行した後にハズレたことを報知する場合に使用されるテーブルである。このリーチありハズレ用変動時間テーブルによって、「12秒」「30秒」「60秒」「90秒」の何れかが特別図柄変動時間として決定される。なお、この決定は、図8のステップSi24又はSi30の処理で取得された変動パターン乱数(0〜299のうちの何れか1つ)と、この大当り用変動時間テーブルの「12秒」「30秒」「60秒」「90秒」にそれぞれ割り振られた乱数値(図示なし)とを照合することによって行われる。ここで、HT1を構成するリーチありハズレ用変動時間テーブルと同様に、HT2を構成するリーチありハズレ用変動時間テーブルの特別図柄変動時間「12秒」は報知演出のタイプBに対応し、HT2を構成するリーチありハズレ用変動時間テーブルの特別図柄変動時間「30秒」は報知演出のタイプCに対応し、HT2を構成するリーチありハズレ用変動時間テーブルの特別図柄変動時間「60秒」は報知演出のタイプDに対応し、HT2を構成するリーチありハズレ用変動時間テーブルの特別図柄変動時間「90秒」は報知演出のタイプEに対応する。   The variability table for losing that constitutes HT2 consists of special symbol variation times of “12 seconds”, “30 seconds”, “60 seconds”, and “90 seconds”. It is a table used when notifying that it has lost after performing an effect. One of “12 seconds”, “30 seconds”, “60 seconds”, and “90 seconds” is determined as the special symbol variation time by the reach variation loss variation time table. Note that this determination is made by using the variation pattern random number (any one of 0 to 299) acquired in the process of step Si24 or Si30 in FIG. 8 and “12 seconds” and “30 seconds” of this jackpot variation time table. ”“ 60 seconds ”and“ 90 seconds ”are performed by collating with random numbers (not shown) respectively assigned. Here, similarly to the variation time table for reach loss that constitutes HT1, the special symbol variation time “12 seconds” of the variation time table for reach loss that constitutes HT2 corresponds to the type B of the notification effect, and HT2 The special symbol variation time “30 seconds” of the configured variation time table with reach corresponds to the notification effect type C, and the special symbol variation time “60 seconds” of the variation time table with reach that configures HT2 is notified. Corresponding to the effect type D, the special symbol variation time “90 seconds” of the reachable loss variation time table constituting the HT2 corresponds to the notification effect type E.
HT2を構成するリーチなしハズレ用変動時間テーブルは「3秒」、「4秒」、「5秒」および「10秒」の特別図柄変動時間から成り、特別図柄抽選に落選して報知演出においてリーチ演出を実行しないでハズレたことを報知する場合に使用されるテーブルである。このリーチありハズレ用変動時間テーブルによって、「3秒」「4秒」「5秒」「10秒」の何れかが特別図柄変動時間として決定される。具体的には、第1及び第2特別図柄抽選の保留数の合計が0又は1の場合は「10秒」が特別図柄変動時間として決定され、この合計が2の場合は「5秒」が特別図柄変動時間として決定され、この合計が3の場合は「4秒」が特別図柄変動時間として決定され、この合計が4以上の場合は「3秒」が特別図柄変動時間として決定される。ここで、HT2を構成するリーチなしハズレ用変動時間テーブルによって特別図柄変動時間が「3秒」「4秒」「5秒」「10秒」の何れかに決定された場合に実行されることとなる報知演出のタイプは、タイプAである。   HT2's non-reach loss variation time table consists of special symbol variation times of “3 seconds”, “4 seconds”, “5 seconds”, and “10 seconds”. It is a table used when notifying that it has lost without performing an effect. One of “3 seconds”, “4 seconds”, “5 seconds”, and “10 seconds” is determined as the special symbol variation time by the reach variation loss time table. Specifically, when the total number of the first and second special symbol lotteries is 0 or 1, “10 seconds” is determined as the special symbol variation time, and when this total is 2, “5 seconds” is determined. When the total is 3, “4 seconds” is determined as the special symbol variation time. When the total is 4 or more, “3 seconds” is determined as the special symbol variation time. Here, it is executed when the special symbol variation time is determined to be “3 seconds”, “4 seconds”, “5 seconds”, or “10 seconds” by the unreachable loss variation time table constituting HT2. The type of notification effect is type A.
ここで、図12に示すように、確変遊技状態の1〜10回転用のHT2において、ハズレ時においてリーチありハズレ用変動時間テーブルが使用される確率は、図10(2)の確変遊技状態の1〜10回転用のLT2のリーチありの確率と同じ30%であり、ハズレ時においてリーチなしハズレ用変動時間テーブルが使用される確率は、図10(2)の確変遊技状態の1〜10回転用のLT2のリーチなし確率と同じ70%である。また、図12に示すように、確変遊技状態の1〜10回転用のHT2において、ハズレ時においてリーチありハズレ用変動時間テーブルが使用される確率30%の内訳は、特別図柄変動時間が「12秒」が20%であり、特別図柄変動時間が「30秒」が5%であり、特別図柄変動時間が「60秒」が3%であり、特別図柄変動時間が「90秒」が2%である。   Here, as shown in FIG. 12, in the HT2 for 1 to 10 rotations in the probability variation gaming state, the probability that the reachable variation time table for reach is used at the time of a loss is the probability of the probability variation gaming state in FIG. 10 (2). The probability of LT2 for 1 to 10 rotations is 30%, which is the same as the probability of reaching, and the probability of using the variable time table for losing without reach at the time of a loss is 1 to 10 rotations in the probability variation gaming state of FIG. It is 70% which is the same as the non-reach probability of LT2. In addition, as shown in FIG. 12, in the HT2 for 1 to 10 rotations in the probability variation gaming state, the breakdown of the 30% probability that the reachable variation time table with reach is used at the time of a loss is a special symbol variation time of “12 "Second" is 20%, special symbol variation time is "30 seconds" is 5%, special symbol variation time is "60 seconds" is 3%, and special symbol variation time is "90 seconds" is 2%. It is.
次に、確変遊技状態の11〜50回転用のHT3について図13を用いて説明する。図13に示すように、確変遊技状態の11〜50回転用のHT3は、図12の確変遊技状態の1〜10回転用のHT2に対して、ハズレ時に使用されるリーチありハズレ用変動時間テーブルおよびリーチなしハズレ用変動時間テーブルについての使用割合が異なる。以下では、この点について説明し、他の内容は図12の確変遊技状態の1〜10回転用のHT2と同じであるため、省略する。   Next, HT3 for 11 to 50 rotations in the probability variation gaming state will be described with reference to FIG. As shown in FIG. 13, the HT3 for 11 to 50 rotations in the probability variation gaming state is a reachable variation time table for reach that is used at the time of a loss compared to the HT2 for 1 to 10 rotations in the probability variation gaming state of FIG. 12. And the usage rate for the variable time table for losing without reach is different. In the following, this point will be described, and the other contents are the same as HT2 for 1 to 10 rotations in the probability variation gaming state of FIG.
図13に示すように、確変遊技状態の11〜50回転用のHT3において、ハズレ時においてリーチありハズレ用変動時間テーブルが使用される確率は、図10(3)の確変遊技状態の11〜50回転用のLT3のリーチありの確率と同じ20%であり、ハズレ時においてリーチなしハズレ用変動時間テーブルが使用される確率は、図10(3)の確変遊技状態の11〜50回転用のLT3のリーチなしの確率と同じ80%である。また、図13に示すように、確変遊技状態の11〜50回転用のHT3において、ハズレ時においてリーチありハズレ用変動時間テーブルが使用される確率20%の内訳は、特別図柄変動時間が「12秒」が10%であり、特別図柄変動時間が「30秒」が5%であり、特別図柄変動時間が「60秒」が3%であり、特別図柄変動時間が「90秒」が2%である。   As shown in FIG. 13, in the HT3 for 11 to 50 rotations in the probability variation gaming state, the probability of using the reachable variation time table with reach at the time of a loss is 11 to 50 in the probability variation gaming state in FIG. 10 (3). The probability that the LT3 for rotation is 20%, which is the same as the probability of reaching, and the probability that the variable time table for losing without reach will be used at the time of losing is LT3 for 11 to 50 rotations in the probability variation gaming state of FIG. 80%, the same as the probability of no reach. Further, as shown in FIG. 13, in the HT3 for 11 to 50 rotations in the probability variation gaming state, the breakdown of the 20% probability that the reachable variation time table with reach is used at the time of a loss is that the special symbol variation time is “12 "Second" is 10%, special symbol variation time is "30 seconds" is 5%, special symbol variation time is "60 seconds" is 3%, special symbol variation time is "90 seconds" is 2% It is.
次に、確変遊技状態の51〜78回転用のHT4について図14を用いて説明する。図14に示すように、確変遊技状態の51〜78回転用のHT4は、図12の確変遊技状態の1〜10回転用のHT2に対して、リーチありハズレ用変動時間テーブルについての使用割合が異なる。以下では、この点について説明し、他の内容は図12の確変遊技状態の1〜10回転用のHT2と同じであるため、省略する。   Next, the HT4 for 51 to 78 rotations in the probability variation gaming state will be described with reference to FIG. As shown in FIG. 14, the HT4 for 51 to 78 rotations in the probability variation gaming state has a use ratio with respect to the fluctuation time table for reach with respect to the HT2 for 1 to 10 rotations in the probability variation gaming state in FIG. 12. Different. In the following, this point will be described, and the other contents are the same as HT2 for 1 to 10 rotations in the probability variation gaming state of FIG.
図14に示すように、確変遊技状態の51〜78回転用のHT4において、リーチありハズレ用変動時間テーブルが使用される確率30%の内訳は、特別図柄変動時間が「12秒」が15%であり、特別図柄変動時間が「30秒」が5%であり、特別図柄変動時間が「60秒」が5%であり、特別図柄変動時間が「90秒」が5%である。   As shown in FIG. 14, in the HT4 for 51 to 78 rotations in the probability variation gaming state, the breakdown of the 30% probability of using the reachable loss variation time table is that the special symbol variation time is “12 seconds” is 15%. The special symbol variation time “30 seconds” is 5%, the special symbol variation time “60 seconds” is 5%, and the special symbol variation time “90 seconds” is 5%.
そして、図9のステップSi58において、CPU101は、ステップSi57の大当り判定処理で大当りと判定した場合、使用対象として設定されている変動時間テーブルセット(HT1〜HT4の何れか1つ)に含まれる大当り用変動時間テーブルを用いて、この大当り判定処理で使用した大当り乱数と共にRAM103から読み出された変動パターン乱数(0〜299のうちの何れか1つ)が当該大当り用変動時間テーブルの各特別図柄変動時間に割り振られた所定の乱数値の何れと一致するかに基づいて、変動パターン(特別図柄変動時間)を決定する。なお、これにより、図11〜図14に示したように、報知演出のタイプF〜Hが決定されることとなる。   Then, in step Si58 in FIG. 9, when the CPU 101 determines that it is a big hit in the big hit determination process in step Si57, the big hit included in the variable time table set (any one of HT1 to HT4) set as a use target. The variation pattern random number (any one of 0 to 299) read out from the RAM 103 together with the big hit random number used in the big hit determination process is used for each special symbol of the big hit variation time table. A variation pattern (special symbol variation time) is determined based on which one of the predetermined random numbers assigned to the variation time matches. As a result, as shown in FIGS. 11 to 14, notification effect types F to H are determined.
一方、CPU101は、ステップSi57の大当り判定処理でハズレと判定した場合、使用対象として設定されているリーチテーブル(LT1〜LT4の何れか1つ)を用いて、この大当り判定処理で使用した大当り乱数と共にRAM103から読み出されたリーチ乱数(0〜299のうちの何れか1つ)が、当該リーチテーブルのリーチありに割り振られた乱数値又はリーチなしに割り振られた乱数値の何れと一致するかに基づいて、リーチありかリーチなしかを決定する。例えば、図10(2)のLT2が設定されている場合において、大当り判定処理で使用した大当り乱数と共にRAM103から読み出されたリーチ乱数が「70」の場合、LT2によってリーチありと決定される。そして、CPU101は、リーチありと決定した場合、使用対象として設定されている変動時間テーブルセット(HT1〜HT4の何れか1つ)に含まれるリーチありハズレ用変動時間テーブルを用いて、今回の大当り判定処理で使用した大当り乱数と共にRAM103から読み出された変動パターン乱数(0〜299のうちの何れか1つ)が、当該リーチありハズレ用変動時間テーブルの各特別図柄変動時間に割り振られた所定の乱数値の何れと一致するかに基づいて、変動パターン(特別図柄変動時間)を決定する。なお、これにより、図11〜図14に示したように、報知演出のタイプB〜Eが決定されることとなる。一方、CPU101は、リーチなしと決定した場合、使用対象として設定されている変動時間テーブルセット(HT1〜HT4の何れか1つ)に含まれるリーチなしハズレ用変動時間テーブルを用いて、RAM103に記憶されている保留数U1及びU2に基づいて、変動パターン(特別図柄変動時間)を決定する。これにより、図11〜図14に示したように、報知演出のタイプAが決定されることとなる。   On the other hand, if the CPU 101 determines that a loss has occurred in the jackpot determination process in step Si57, the jackpot random number used in the jackpot determination process using a reach table (any one of LT1 to LT4) set as a use target. In addition, the reach random number (any one of 0 to 299) read out from the RAM 103 matches the random value assigned with or without reach in the reach table. Based on the above, whether or not reach is determined. For example, when LT2 in FIG. 10B is set, if the reach random number read from the RAM 103 together with the jackpot random number used in the jackpot determination process is “70”, it is determined by LT2 that there is a reach. When the CPU 101 determines that there is a reach, the current big hit is performed using the change time table for reach with loss included in the change time table set (one of HT1 to HT4) set as a target of use. A variation pattern random number (any one of 0 to 299) read out from the RAM 103 together with the jackpot random number used in the determination process is a predetermined number allocated to each special symbol variation time in the variation time table for reach with loss. The variation pattern (special symbol variation time) is determined based on which of the random number values matches. As a result, as shown in FIGS. 11 to 14, notification effect types B to E are determined. On the other hand, if the CPU 101 determines that there is no reach, the CPU 101 stores it in the RAM 103 using the non-reach loss variation time table included in the change time table set (one of HT1 to HT4) set as the target of use. Based on the held numbers U1 and U2, the variation pattern (special symbol variation time) is determined. Thereby, as shown in FIGS. 11-14, the type A of notification effect will be determined.
以上のようにして決定された変動パターンの情報(つまり、報知演出の実行時間:報知演出のタイプの情報とも言える)は、設定情報としてRAM103にセットされる。その後、処理はステップSi59に移る。   The information of the variation pattern determined as described above (that is, the notification effect execution time: information effect type information) is set in the RAM 103 as setting information. Thereafter, the process proceeds to step Si59.
ステップSi59において、CPU101は、ステップSi57の大当り判定処理によってセットされた設定情報、及びステップSi58の変動パターン選択処理によってセットされた設定情報を含む報知演出開始コマンドを生成して、RAM103にセットする。ここで、報知演出開始コマンドは、演出制御部400に対して、画像表示部6及びスピーカ35等による報知演出の開始を指示するコマンドである。また、報知演出開始コマンドに含まれる設定情報には、第1特別図柄抽選及び第2特別図柄抽選の何れが実行されたかを示す情報も含まれる。この報知演出開始コマンドは、図6のステップSi9における出力処理によって、演出制御部400へ送信される。その後、処理はステップSi60に移る。   In step Si59, the CPU 101 generates a notification effect start command including the setting information set by the jackpot determination process in step Si57 and the setting information set by the variation pattern selection process in step Si58, and sets the notification effect start command in the RAM 103. Here, the notification effect start command is a command for instructing the effect control unit 400 to start the notification effect by the image display unit 6, the speaker 35, and the like. The setting information included in the notification effect start command includes information indicating which of the first special symbol lottery and the second special symbol lottery has been executed. This notification effect start command is transmitted to the effect control unit 400 by the output process in step Si9 in FIG. Thereafter, the process proceeds to step Si60.
ステップSi60において、CPU101は、ステップSi59の処理でセットされた報知演出開始コマンドに含まれている設定情報に基づいて、第1特別図柄表示器4a又は第2特別図柄表示器4bによる特別図柄の変動表示を開始する。その後、処理はステップSi61に移る。   In step Si60, the CPU 101 changes the special symbol by the first special symbol display 4a or the second special symbol display 4b based on the setting information included in the notification effect start command set in the process of step Si59. Start displaying. Thereafter, the process proceeds to step Si61.
ステップSi61において、CPU101は、ステップSi60における特別図柄の変動表示の開始時点から、ステップSi58の変動パターン選択処理で設定された変動パターンが示す特別図柄変動時間が経過したか否かを判定する。ステップSi61での判定がYESの場合、処理はステップSi62に移り、この判定がNOの場合、処理は図6のステップSi5(普通図柄処理)に移る。   In step Si61, the CPU 101 determines whether or not the special symbol variation time indicated by the variation pattern set in the variation pattern selection process in step Si58 has elapsed since the start of the special symbol variation display in step Si60. If the determination in step Si61 is YES, the process proceeds to step Si62, and if this determination is NO, the process proceeds to step Si5 (normal symbol processing) in FIG.
ステップSi62において、CPU101は、画像表示部6等による報知演出の終了を指示する報知演出停止コマンドをRAM103にセットする。その後、処理はステップSi63に移る。なお、ステップSi62でセットされた報知演出停止コマンドは、図6のステップSi9の出力処理によって演出制御部400へ送信される。   In step Si62, the CPU 101 sets a notification effect stop command for instructing the end of the notification effect by the image display unit 6 or the like in the RAM 103. Thereafter, the process proceeds to step Si63. Note that the notification effect stop command set in step Si62 is transmitted to the effect control unit 400 by the output process in step Si9 in FIG.
ステップSi63において、CPU101は、ステップSi60の処理で開始した第1特別図柄表示器4a又は第2特別図柄表示器4bによる特別図柄の変動表示を終了してその停止図柄を表示する。その後、処理はステップSi64に移る。   In step Si63, the CPU 101 ends the special symbol variation display by the first special symbol display 4a or the second special symbol display 4b started in the process of step Si60 and displays the stop symbol. Thereafter, the process proceeds to step Si64.
ステップSi64において、CPU101は停止中処理を実行する。具体的には、CPU101は、ステップSi57の大当り判定処理で大当りしたと判定した場合、RAM103に記憶されている情報(典型的にはフラグによる情報)を大当り遊技中(大当り遊技状態)であることを示すものに変更し、大当り遊技演出の開始を指示する大当り遊技演出開始コマンドをRAM103にセットする。また、CPU101は、ステップS57の大当り判定処理で小当り(所定のハズレ)したと判定した場合、RAM103に記憶されている情報を小当り遊技中であることを示すものに変更し、小当り遊技演出の開始を指示する小当り遊技演出開始コマンドをRAM103にセットする。この大当り遊技演出開始コマンドまたは小当り遊技演出開始コマンドは図6のステップSi9の出力処理によって演出制御部400へ送信され、大当り遊技演出または小当り遊技演出が開始される。また、CPU101は、ステップSi60及びSi63の処理によって特別図柄が変動して停止表示される回数(つまり、回転数)等に応じて、遊技状態等を切り替える。具体的には、CPU101は、ステップSi57の大当り判定処理で大当りしたと判定した場合、特別図柄抽選の当選確率を低確率(1/300)に設定すると共に、電動チューリップ27の開放設定を図7に示す通常遊技状態の場合と同様に設定する。また、CPU101は、大当りA、B、Cの大当り遊技が終了してから10回転が終了すると、後述する図16のステップSi623の遊技状態設定処理によって大当りA、B、Cの大当り遊技終了時に設定されたリーチテーブルLT2(図10(2)参照)および変動時間テーブルセットHT2(図12参照)を、リーチテーブルLT3(図10(3)参照)および変動時間テーブルセットHT3(図13参照)に切り替えて設定する。また、CPU101は、大当りA、B、Cの大当り遊技が終了してから50回転が終了すると、設定されているリーチテーブルLT3および変動時間テーブルセットHT3を、リーチテーブルLT4(図10(4)参照)および変動時間テーブルセットHT4(図14参照)に切り替えて設定する。また、CPU101は、大当りA、B、Cの大当り遊技が終了してから78回転が終了すると、設定されているリーチテーブルLT4および変動時間テーブルセットHT4を、リーチテーブルLT1(図10(1)参照)および変動時間テーブルセットHT1(図11参照)に切り替えて設定する。また、CPU101は、大当りA、B、Cの大当り遊技が終了してから78回転が終了すると、後述する図16のステップSi623の遊技状態設定処理によって大当りA、B、Cの大当り遊技終了時に高確率(10/300)に設定された特別図柄抽選の当選確率を低確率(1/300)に戻し、又、この遊技状態設定処理によって大当り遊技終了時に設定された電動チューリップ27の開放設定を通常遊技状態の開放設定に戻す(つまり、通常遊技状態に設定する)。なお、大当りD(潜伏当り)の場合には、回転数に応じて遊技状態、リーチテーブル、変動時間テーブルセットが切え替えられることはない。その後、処理は図6のステップSi5(普通図柄処理)に移る。   In step Si64, the CPU 101 executes a stop process. Specifically, if the CPU 101 determines that the big hit is determined in the big hit determination process in step Si57, the information stored in the RAM 103 (typically, information by a flag) is in the big hit game (the big hit game state). The jackpot game effect start command for instructing the start of the jackpot game effect is set in the RAM 103. On the other hand, if the CPU 101 determines that a small hit (predetermined loss) has been made in the big hit determination process in step S57, the CPU 101 changes the information stored in the RAM 103 to indicate that a small hit game is being played, A small hit game effect start command for instructing start of effect is set in the RAM 103. The big hit game effect start command or the small hit game effect start command is transmitted to the effect control unit 400 by the output process of step Si9 in FIG. 6, and the big hit game effect or the small hit game effect is started. Further, the CPU 101 switches the gaming state or the like according to the number of times that the special symbol fluctuates and is stopped and displayed by the processing of steps Si60 and Si63 (that is, the number of rotations). Specifically, if the CPU 101 determines that the big hit is determined in the big hit determination process in step Si57, the winning probability of the special symbol lottery is set to a low probability (1/300) and the opening setting of the electric tulip 27 is set to FIG. Set in the same way as in the normal gaming state shown in FIG. In addition, when 10 rotations are completed after the big hit game A, B, C is finished, the CPU 101 sets the big hit A, B, C at the end of the big hit game by the game state setting process in step Si623 of FIG. Switch the reach table LT2 (see FIG. 10 (2)) and the variable time table set HT2 (see FIG. 12) to the reach table LT3 (see FIG. 10 (3)) and the variable time table set HT3 (see FIG. 13). To set. In addition, when 50 rotations are completed after the big hit game of big hits A, B, and C is finished, the CPU 101 uses the reach table LT3 and the variable time table set HT3 as the reach table LT4 (see FIG. 10 (4)). ) And variable time table set HT4 (see FIG. 14). Further, when the CPU 101 completes 78 rotations after the big hits A, B, and C are finished, the reach table LT4 and the variable time table set HT4 are set to the reach table LT1 (see FIG. 10 (1)). ) And variable time table set HT1 (see FIG. 11). In addition, when the CPU 101 completes 78 rotations after the big hit A, B, and C big hit games are finished, the CPU 101 sets the high hit at the end of the big hit A, B, and C big hit games by the game state setting process in step Si623 of FIG. The winning probability of the special symbol lottery set to the probability (10/300) is returned to the low probability (1/300), and the opening setting of the electric tulip 27 set at the end of the big hit game by this gaming state setting process is usually set Return to the release setting of the gaming state (that is, set to the normal gaming state). In the case of big hit D (latent hit), the gaming state, reach table, and variable time table set are not switched according to the number of revolutions. Thereafter, the processing shifts to step Si5 (normal symbol processing) in FIG.
[大入賞口処理]
図15及び図16は、図6のステップSi6における大入賞口処理の詳細フローチャートの一例である。以下に、図6のステップSi6における大入賞口処理について、図15及び図16を用いて説明する。
[Large winning prize processing]
15 and 16 are examples of detailed flowcharts of the special winning a prize opening process in step Si6 in FIG. Hereinafter, the special winning opening process in step Si6 in FIG. 6 will be described with reference to FIGS.
まず、ステップSi601において、メイン制御部100のCPU101は、RAM103に格納されている情報(典型的には、フラグによる情報)に基づいて、遊技機1の状態が大当り遊技中であるか否かを判定する。ステップSi601での判定がYESの場合、処理はステップSi602に移り、この判定がNOの場合、処理は図6のステップSi7(電動チューリップ処理)に移る。   First, in step Si601, the CPU 101 of the main control unit 100 determines whether or not the state of the gaming machine 1 is a big hit game based on information stored in the RAM 103 (typically, information based on a flag). judge. If the determination in step Si601 is YES, the process proceeds to step Si602, and if this determination is NO, the process proceeds to step Si7 (electric tulip process) in FIG.
ステップSi602において、CPU101は、RAM103に格納されている情報に基づいて、遊技機1の状態が大当り遊技のオープニング演出中であるか否かを判定する。ステップSi602での判定がYESの場合、処理はステップSi603に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSi609に移る。   In step Si <b> 602, the CPU 101 determines whether or not the state of the gaming machine 1 is in the jackpot game opening effect based on the information stored in the RAM 103. If the determination in step Si602 is YES, the process proceeds to step Si603, and if this determination is NO, the process proceeds to step Si609.
ステップSi603において、CPU101は、オープニング演出の実行時間を規定する設定オープニング時間が経過したか否かを判定する。ステップSi603での判定がYESの場合、処理はステップSi604に移り、この判定がNOの場合、オープニング演出は終了していないので、処理は図6のステップSi7(電動チューリップ処理)に移る。   In step Si603, the CPU 101 determines whether or not a set opening time that defines the execution time of the opening effect has elapsed. If the determination in step Si603 is YES, the process moves to step Si604. If this determination is NO, the opening effect has not ended, and the process moves to step Si7 (electric tulip process) in FIG.
ステップSi604において、CPU101は、大当り遊技の全ラウンド数Rmaxと大当り遊技の大入賞口23の動作パターンとを設定し、その設定情報をRAM103にセットする。具体的には、CPU101は、大当り遊技に含まれるラウンドの数量(Rmax:本実施形態では「16」または「4」)と大当り遊技中の大入賞口23の動作パターン(長開放パターン、瞬間的開放パターン等)を設定し、その設定情報をRAM103にセットする。ステップSi604の処理によって、大当り遊技の全ラウンド数Rmax、大当り遊技中のラウンドとラウンドとの間のインターバル時間、大当り遊技の最後にエンディング演出を行う時間である設定エンディング時間等が設定される。その後、処理はステップSi605に移る。   In step Si 604, the CPU 101 sets the total number of rounds Rmax for the jackpot game and the operation pattern of the jackpot 23 for the jackpot game, and sets the setting information in the RAM 103. Specifically, the CPU 101 determines the number of rounds included in the jackpot game (Rmax: “16” or “4” in the present embodiment) and the operation pattern (long open pattern, momentary) of the jackpot 23 during the jackpot game. Open pattern etc.) is set, and the setting information is set in the RAM 103. By the process of step Si604, the total number of rounds Rmax of the jackpot game, the interval time between rounds in the jackpot game, the set ending time that is the time for performing the ending effect at the end of the jackpot game, and the like are set. Thereafter, the process proceeds to step Si605.
ステップSi605において、CPU101は、RAM103に格納されている大入賞口23への遊技球の入賞数Cを「0」にリセットする。その後、処理はステップSi606に移る。   In step Si <b> 605, the CPU 101 resets the winning number C of game balls to the big winning opening 23 stored in the RAM 103 to “0”. Thereafter, the process proceeds to step Si606.
ステップSi606において、CPU101は、RAM103に格納されている大当り遊技のラウンド数Rを、1加算した値に書き換える。その後、処理はステップSi607に移る。   In step Si 606, the CPU 101 rewrites the round number R of the big hit game stored in the RAM 103 to a value obtained by adding one. Thereafter, the process proceeds to step Si607.
ステップSi607において、CPU101は、大入賞口開閉部115を制御して大入賞口23の開放制御を開始する。この処理によって、大当り遊技のラウンドが開始されて大入賞口23の開放動作(1回の開放動作)が開始される。その後、処理はステップSi608に移る。   In step Si <b> 607, the CPU 101 controls the special winning opening / closing unit 115 to start the opening control of the special winning opening 23. By this process, the round of the big hit game is started and the opening operation (one opening operation) of the big winning opening 23 is started. Thereafter, the process proceeds to step Si608.
ステップSi608において、CPU101は、演出制御部400に対して大当り遊技のラウンド演出を開始することを指示するラウンド演出開始コマンドを、RAM103にセットする。この処理でセットされたラウンド演出開始コマンドは、図6のステップSi9(出力処理)によって演出制御部400へ送信される。その後、処理はステップSi614に移る。   In step Si <b> 608, the CPU 101 sets a round effect start command for instructing the effect control unit 400 to start the round effect of the big hit game in the RAM 103. The round effect start command set in this process is transmitted to the effect control unit 400 in step Si9 (output process) in FIG. Thereafter, the process proceeds to step Si614.
ステップSi609において、CPU101は、RAM103に格納された情報に基づいて、遊技機1の状態が大当り遊技のインターバル中であるか否かを判定する。ステップSi609での判定がYESの場合、処理はステップSi610に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSi611に移る。   In step Si609, the CPU 101 determines based on the information stored in the RAM 103 whether or not the gaming machine 1 is in the big hit game interval. If the determination in step Si609 is YES, the process proceeds to step Si610, and if this determination is NO, the process proceeds to step Si611.
ステップSi610において、CPU101は、大当り遊技中の前回のラウンド終了時に大入賞口23が閉塞された時点から、ステップSi604の処理で設定された大当り遊技中の設定インターバル時間が経過したか否かを判定する。ステップSi610での判定がYESの場合、大当り遊技中の次のラウンドを開始するタイミングになっているので処理はステップSi605に移り、この判定がNOの場合、大当り遊技中の次のラウンドを開始するタイミングになっていないので、処理は図6のステップSi7(電動チューリップ処理)に移る。   In step Si610, the CPU 101 determines whether or not the set interval time during the jackpot game set in the process of step Si604 has elapsed from the time when the big prize opening 23 is closed at the end of the previous round during the jackpot game. To do. If the determination in step Si610 is YES, it is time to start the next round in the jackpot game, so the process moves to step Si605. If this determination is NO, the next round in the jackpot game is started. Since the timing is not reached, the process proceeds to step Si7 (electric tulip process) in FIG.
ステップSi611において、CPU101は、RAM103に格納された情報に基づいて、遊技機1の状態が大当り遊技のエンディング演出の実行中であるか否かを判定する。ステップSi611での判定がYESの場合、処理は図16のステップSi621に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSi612に移る。   In step Si611, the CPU 101 determines based on the information stored in the RAM 103 whether or not the state of the gaming machine 1 is executing a big hit game ending effect. If the determination in step Si611 is YES, the process proceeds to step Si621 in FIG. 16, and if this determination is NO, the process proceeds to step Si612.
ステップSi612において、CPU101は、遊技機1の状態が大当り遊技のラウンド中であると判断して、大入賞口スイッチ114からの検出信号の有無に基づいて、大入賞口スイッチ114がONになったか否かを判定する。ステップSi612での判定がYESの場合、処理はステップSi613に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSi614に移る。   In step Si612, the CPU 101 determines that the state of the gaming machine 1 is in the big hit game round, and based on the presence / absence of a detection signal from the big prize opening switch 114, whether the big prize opening switch 114 is turned on. Determine whether or not. If the determination in step Si612 is YES, the process proceeds to step Si613, and if this determination is NO, the process proceeds to step Si614.
ステップSi613において、CPU101は、大入賞口23への遊技球の入賞を検出したと判断して、RAM103に格納されている遊技球の入賞数Cを、1加算した値に書き換える。ステップSi613の処理が大入賞口スイッチ114がONになる毎に実行されることで、1つのラウンド中に大入賞口23に入賞した遊技球の総数(入賞数C)がRAM103に累積記憶されていく。その後、処理はステップSi614に移る。   In step Si613, the CPU 101 determines that the winning of the game ball to the big winning opening 23 has been detected, and rewrites the winning number C of the game ball stored in the RAM 103 to a value obtained by adding one. By executing the process of step Si613 every time the big prize opening switch 114 is turned ON, the total number of game balls (winning number C) won in the big prize opening 23 during one round is accumulated and stored in the RAM 103. Go. Thereafter, the process proceeds to step Si614.
ステップSi614において、CPU101は、ステップSi607の処理で大入賞口23の開放制御が開始された時点から規定の開放制御時間が経過したか否かを判定する。具体的には、CPU101は、図5の(3)に示す大当りAまたは大当りBに当選した場合に実行される大当り遊技の場合には、29.5秒の開放制御時間が経過したか否かを判定し、図5の(3)に示す大当りCまたは大当りDに当選した場合に実行される大当り遊技の場合は、0.1秒の開放制御時間が経過したか否かを判定する。ステップSi614での判定がYESの場合、処理はステップSi616に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSi615に移る。   In step Si614, the CPU 101 determines whether or not a predetermined opening control time has elapsed since the opening control of the special winning opening 23 was started in the process of step Si607. Specifically, in the case of the big hit game executed when the big hit A or big hit B shown in (3) of FIG. 5 is won, the CPU 101 determines whether or not the opening control time of 29.5 seconds has elapsed. In the case of the big hit game executed when the big hit C or big hit D shown in (3) of FIG. 5 is won, it is determined whether or not the opening control time of 0.1 second has elapsed. If the determination in step Si614 is YES, the process proceeds to step Si616, and if this determination is NO, the process proceeds to step Si615.
ステップSi615において、CPU101は、今回のラウンドにおける遊技球の入賞数Cが、大入賞口23が閉塞されるタイミングを規定する上限遊技球数Cmax(本実施形態では「10」)となったか否かを判定する。ステップSi615での判定がYESの場合、処理はステップSi616に移り、この判定がNOの場合、処理は図6のステップSi7(電動チューリップ処理)に移る。   In step Si615, the CPU 101 determines whether or not the number C of winning game balls in the current round has reached the upper limit number of gaming balls Cmax (“10” in the present embodiment) that defines the timing at which the big winning opening 23 is closed. Determine. If the determination in step Si615 is YES, the process proceeds to step Si616, and if this determination is NO, the process proceeds to step Si7 (electric tulip process) in FIG.
ステップSi616において、CPU101は、大入賞口開閉部115を制御して、ステップSi607で開始した大入賞口23の開放制御を終了する。このように、CPU101は、大当り遊技中の各ラウンドにおいて、大入賞口23を開放してから29.5秒(大当りA、Bの場合)、または0.1秒(大当りC、Dの場合)が経過するまでに大入賞口スイッチ114によって検出された遊技球の総数(入賞数C)が10個(Cmax)に達したこと、又は大入賞口23を開放してから10個の遊技球が入賞することなく29.5秒(大当りA、Bの場合)、または0.1秒(大当りC、Dの場合)が経過したことを条件として大入賞口23を閉塞する。その後、処理はステップSi617に移る。   In step Si616, the CPU 101 controls the special winning opening / closing unit 115 to end the opening control of the special winning opening 23 started in step Si607. Thus, in each round during the big hit game, the CPU 101 opens 29.5 seconds (in the case of big hits A and B) or 0.1 second (in the case of big hits C and D) after opening the big prize opening 23. The total number of game balls (winning number C) detected by the big winning opening switch 114 before the time elapses has reached 10 (Cmax), or ten gaming balls have been released after the big winning opening 23 is opened. The big winning opening 23 is closed on the condition that 29.5 seconds (in the case of big hits A and B) or 0.1 second (in the case of big hits C and D) have passed without winning. Thereafter, the process proceeds to step Si617.
ステップSi617において、CPU101は、演出制御部400に対して大当り遊技のラウンド演出を終了することを指示するラウンド演出終了コマンドを、RAM103にセットする。この処理でセットされたラウンド演出終了コマンドは、図6のステップSi9(出力処理)によって演出制御部400へ送信される。その後、処理はステップSi618に移る。   In step Si617, the CPU 101 sets a round effect end command instructing the effect control unit 400 to end the round effect of the big hit game in the RAM 103. The round effect end command set in this process is transmitted to the effect control unit 400 in step Si9 (output process) in FIG. Thereafter, the process proceeds to step Si618.
ステップSi618において、CPU101は、RAM103に格納されている現在のラウンド数Rが、ステップSi604の処理で設定された大当り遊技の最大ラウンド数Rmaxに達したか否かを判定する。ステップSi618での判定がYESの場合、図16の処理はステップSi619に移り、この判定がNOの場合、処理は図6のステップSi7(電動チューリップ処理)に移る。   In step Si618, the CPU 101 determines whether or not the current round number R stored in the RAM 103 has reached the maximum round number Rmax of the big hit game set in the process of step Si604. If the determination in step Si618 is YES, the process in FIG. 16 proceeds to step Si619, and if this determination is NO, the process proceeds to step Si7 (electric tulip process) in FIG.
図16のステップSi619において、CPU101は、RAM103に格納されているラウンド数Rを「0」にリセットする。その後、処理はステップSi620に移る。   In step Si619 in FIG. 16, the CPU 101 resets the round number R stored in the RAM 103 to “0”. Thereafter, the process proceeds to step Si620.
ステップSi620において、CPU101は、演出制御部400に対して大当り遊技のエンディング演出を実行して大当り遊技演出の終了を指示する大当り遊技演出終了コマンドを、RAM103にセットする。この処理でセットされた大当り遊技演出終了コマンドは、図6のステップSi9(出力処理)によって演出制御部400へ送信される。その後、処理はステップSi621に移る。   In step Si620, the CPU 101 sets a jackpot game effect end command in the RAM 103 for executing the jackpot game ending effect to the effect control unit 400 and instructing the end of the jackpot game effect. The jackpot game effect end command set in this process is transmitted to the effect control unit 400 in step Si9 (output process) in FIG. Thereafter, the process proceeds to step Si621.
ステップSi621において、CPU101は、ステップSi620で大当り遊技演出終了コマンドをRAM103にセットした時点から図15のステップSi604の処理で設定された設定エンディング時間が経過したか否かを判定する。ステップSi621での判定がYESの場合、処理はステップSi622に移り、この判定がNOの場合、処理は図6のステップSi7(電動チューリップ処理)に移る。   In step Si621, the CPU 101 determines whether or not the set ending time set in the process of step Si604 in FIG. 15 has elapsed since the big hit game effect end command was set in the RAM 103 in step Si620. If the determination in step Si621 is YES, the process proceeds to step Si622. If this determination is NO, the process proceeds to step Si7 (electric tulip process) in FIG.
ステップSi622において、CPU101は、実行している大当り遊技を終了する。具体的には、CPU101は、RAM103に格納されている大当り遊技中であることを示す設定情報(典型的には、フラグによる情報)を解除して、大当り遊技を終了する。その後、処理はステップSi623に移る。   In step Si622, the CPU 101 ends the jackpot game being executed. Specifically, the CPU 101 cancels the setting information (typically, information based on a flag) indicating that a big hit game stored in the RAM 103 is in progress, and ends the big hit game. Thereafter, the process proceeds to step Si623.
ステップSi623において、CPU101は、遊技状態設定処理を実行する。具体的には、CPU101は、大当りA〜Dした際に図9のステップSi64の停止中処理で低確率(1/300)に設定した特別図柄抽選の当選確率を、高確率(10/300)に設定する。また、CPU101は、大当りA〜Dした際に図9のステップSi64の停止中処理で図7に示す通常遊技状態の場合と同様に設定した電動チューリップ27の開放設定(非電サポ状態)を、大当りD(潜伏当り)の場合には継続し、大当りA〜Cの場合には図7に示す電サポ状態に設定にする。また、CPU101は、大当りA〜Cの場合、大当りした際に設定されていたリーチテーブルLT1〜LT4の何れか(図10参照)、および、大当りした際に設定されていた変動時間テーブルセットHT1〜HT4の何れか(図11〜図14参照)を、リーチテーブルLT2および変動時間テーブルセットHT2に設定する。また、CPU101は、大当りD(潜伏当り)の場合には、通常遊技状態用のリーチテーブルLT1および変動時間テーブルセットHT1に設定する。その後、処理は図6のステップSi7(電動チューリップ処理)に移る。なお、小当り遊技が実行される場合には、上記した大入賞口処理ではないものの、大当りC、Dの場合と同様に大入賞口23を例えば0.1秒瞬間開放させる動作を4回行うことで、小当たり遊技を終了し、小当り遊技の前後においては遊技状態を切り替えない。また、この開放態様は、総開放時間が1.8秒を超えないような態様であればどのような開放態様であってもよい。   In step Si623, the CPU 101 executes a game state setting process. Specifically, the CPU 101 has a high probability (10/300) of the winning probability of the special symbol lottery that is set to a low probability (1/300) in the stopping process of step Si64 in FIG. Set to. Further, the CPU 101 sets the opening setting (non-electric support state) of the electric tulip 27 set in the same manner as in the normal gaming state shown in FIG. 7 in the stop process of step Si64 in FIG. In the case of big hit D (per latent), it is continued, and in the case of big hit A to C, the electric support state shown in FIG. 7 is set. Further, in the case of big hits A to C, the CPU 101 selects one of the reach tables LT1 to LT4 set when the big hit is made (see FIG. 10), and the variable time table set HT1 set when the big hit is made. Any one of HT4 (see FIGS. 11 to 14) is set in the reach table LT2 and the variation time table set HT2. In the case of big hit D (per latent), the CPU 101 sets the reach table LT1 and the variable time table set HT1 for the normal gaming state. Thereafter, the process proceeds to step Si7 (electric tulip process) in FIG. When the small winning game is executed, although not the above-described large winning opening process, the operation of opening the large winning opening 23 for 0.1 seconds, for example, is performed four times as in the case of the big winning C and D. Thus, the small hit game is terminated, and the game state is not switched before and after the small hit game. Moreover, this open mode may be any open mode as long as the total open time does not exceed 1.8 seconds.
図17は、以上に説明したリーチテーブルLT1〜LT4および変動時間テーブルセットHT1〜HT4の切り替えタイミングについてまとめた図である。図17に示すように、大当りA〜Cの大当り遊技が実行されている期間(つまり、大当り遊技状態の期間)には、これらの大当りした時に設定されていたリーチテーブルLTおよび変動時間テーブルセットHTがそのまま継続して設定される。大当りA〜Cの大当り遊技が終了すると、確変遊技状態に制御されると共に、リーチテーブルLT2および変動時間テーブルセットHT2が使用対象として設定される。大当りA〜Cの大当り遊技が終了してから特別図柄抽選が10回実行されてその結果が報知されると(つまり、10回転すると)、リーチテーブルLT3および変動時間テーブルセットHT3が使用対象として設定される。その後、大当りA〜Cの大当り遊技が終了してから50回転すると、リーチテーブルLT4および変動時間テーブルセットHT4が使用対象として設定される。その後、大当りA〜Cの大当り遊技が終了してから78回転すると、確変遊技状態から通常遊技状態に制御されると共に、リーチテーブルLT1および変動時間テーブルセットHT1が使用対象として設定される。以上のように、確変遊技状態の1〜10回転ではリーチテーブルLT2および変動時間テーブルセットHT2が使用され、確変遊技状態の11〜50回転ではリーチテーブルLT3および変動時間テーブルセットHT3が使用され、確変遊技状態の51〜78回転ではリーチテーブルLT4および変動時間テーブルセットHT4が使用され、通常遊技状態ではリーチテーブルLT1および変動時間テーブルセットHT1が使用される。また、大当り遊技状態では大当り時に設定されていたリーチテーブルLTおよび変動時間テーブルセットHTがそのまま継続して設定される。   FIG. 17 is a diagram summarizing the switching timings of the reach tables LT1 to LT4 and the variable time table sets HT1 to HT4 described above. As shown in FIG. 17, in the period in which the jackpot game of jackpots A to C is being executed (that is, the period of the jackpot game state), the reach table LT and the variable time table set HT set when these jackpots are hit Is set continuously. When the big hit game of the big hits A to C is finished, the probability variation gaming state is controlled, and the reach table LT2 and the variable time table set HT2 are set as usage targets. When the special symbol lottery is executed 10 times after the big hit game of the big hits A to C is finished and the result is notified (that is, when 10 rotations are made), the reach table LT3 and the variable time table set HT3 are set as objects to be used. Is done. Thereafter, when the big hit game of the big hits A to C is completed and then 50 revolutions are made, the reach table LT4 and the variable time table set HT4 are set as objects to be used. After that, when the big hit game of the big hits A to C is completed for 78 revolutions, the probability variation gaming state is controlled to the normal gaming state, and the reach table LT1 and the variable time table set HT1 are set as objects to be used. As described above, reach table LT2 and variable time table set HT2 are used for 1 to 10 rotations in the probability variation gaming state, and reach table LT3 and variable time table set HT3 are used for 11 to 50 rotations in the probability variation game state. In the gaming state, the reach table LT4 and the variable time table set HT4 are used in the 51 to 78 rotations, and in the normal gaming state, the reach table LT1 and the variable time table set HT1 are used. Further, in the big hit gaming state, the reach table LT and the variable time table set HT set at the time of the big hit are set as they are.
以下では、以上に図1〜図17を用いて説明したメイン制御部100側等の処理を実行する第1〜第7の実施形態について、それぞれ説明する。なお、以上に説明した処理内容と異なる処理を実行する場合には、以下においてその旨を説明する。   Below, the 1st-7th embodiment which performs the process of the main control part 100 side etc. which were demonstrated using FIGS. 1-17 above is each demonstrated. In addition, when performing the process different from the process content demonstrated above, that is demonstrated below.
[第1の実施形態]
以下では、第1の実施形態について、図18〜図33を用いて説明する。なお、第1の実施形態では、信頼度を示唆する信頼度示唆演出に関する特徴的な演出の例について説明する。
[First Embodiment]
Below, 1st Embodiment is described using FIGS. 18-33. In the first embodiment, an example of a characteristic effect related to a reliability suggestion effect that suggests reliability will be described.
[第1の実施形態の第1例]
まず、第1の実施形態の第1例について、図18〜図22を用いて説明する。第1の実施形態の第1例では、信頼度を示唆する信頼度示唆演出がリーチ演出(実写リーチ演出)を中断させることなく長時間継続して実行される。まず、第1の実施形態の第1例における演出制御部400による演出制御処理について説明する。
[First Example of First Embodiment]
First, a first example of the first embodiment will be described with reference to FIGS. In the first example of the first embodiment, the reliability suggesting effect that suggests the reliability is continuously executed for a long time without interrupting the reach effect (live-action reach effect). First, an effect control process by the effect control unit 400 in the first example of the first embodiment will be described.
[演出制御部による演出制御処理]
図18は、演出制御部400によって行われる演出制御処理の一例を示すフローチャートである。以下に、図18を参照して、演出制御部400によって行われる演出制御処理について説明する。演出制御部400は、電源投入時や電源断時等の特殊な場合を除く通常の動作時において、図18に示す一連の処理を一定時間(例えば4ミリ秒)毎に繰り返し実行する。なお、図18のフローチャートに基づいて説明する演出制御部400で行われる処理は、ROM402に記憶されているプログラムに基づいて実行される。また、以下の説明では、大当り遊技演出等に関する内容については、その説明を省略している。
[Production control processing by production control unit]
FIG. 18 is a flowchart illustrating an example of the effect control process performed by the effect control unit 400. Below, with reference to FIG. 18, the effect control process performed by the effect control part 400 is demonstrated. The effect control unit 400 repeatedly executes a series of processes shown in FIG. 18 at regular time intervals (for example, 4 milliseconds) during a normal operation except for special cases such as when the power is turned on or when the power is turned off. Note that the processing performed by the effect control unit 400 described based on the flowchart of FIG. 18 is executed based on a program stored in the ROM 402. Moreover, in the following description, the description about the big hit game effect etc. is omitted.
まず、図18のステップSq101において、演出制御部400のCPU401は、メイン制御部100から保留増加コマンド(第1保留数増加コマンド又は第2保留数増加コマンド)を受信したか否かを判定する(図8のステップSi26及びSi32参照)。ステップSq101での判定がYESの場合、処理はステップSq102に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSq106に移る。   First, in step Sq101 of FIG. 18, the CPU 401 of the effect control unit 400 determines whether or not a hold increase command (first hold number increase command or second hold number increase command) has been received from the main control unit 100 ( (See steps Si26 and Si32 in FIG. 8). If the determination in step Sq101 is YES, the process proceeds to step Sq102, and if this determination is NO, the process proceeds to step Sq106.
ステップSq102において、CPU401は、保留数加算処理を実行する。具体的には、CPU401は、第1保留数増加コマンドを受信した場合、RAM403に格納されている第1特別図柄抽選の保留数を1加算し、第2保留数増加コマンドを受信した場合、RAM403に格納されている第2特別図柄抽選の保留数を1加算する。また、CPU401は、保留増加コマンドに含まれる事前判定情報を抽出し、保留増加コマンドの種別(第1保留増加コマンド又は第2保留増加コマンド)毎にRAM403に記憶する。その後、処理はステップSq103に移る。   In step Sq102, the CPU 401 executes a hold number addition process. Specifically, when the CPU 401 receives the first hold number increase command, the CPU 401 adds 1 to the hold number of the first special symbol lottery stored in the RAM 403, and when it receives the second hold number increase command, the RAM 403 1 is added to the number of reserves for the second special symbol lottery stored in. Further, the CPU 401 extracts pre-determination information included in the hold increase command and stores it in the RAM 403 for each type of hold increase command (first hold increase command or second hold increase command). Thereafter, the process proceeds to step Sq103.
ステップSq103において、CPU401は、保留表示処理を実行する。具体的には、CPU401は、第1保留数増加コマンドを受信した場合、画像音響制御部500に指示して画像表示部6に第1特別図柄抽選の保留数を示す保留画像(図示せず)を1つ増加表示させる。同様に、CPU401は、第2保留数増加コマンドを受信した場合、画像音響制御部500に指示して画像表示部6に第2特別図柄抽選の保留数を示す保留画像を1つ増加表示させる。なお、前述したように、この保留増加コマンドには、特別図柄抽選の結果を示す事前判定情報が含まれている。従って、ステップSq103において、CPU401は、事前判定情報に基づいて、例えば、特別図柄抽選に対する当選の期待度(以下、信頼度ともいう)を示唆するように保留表示の態様を変化させる先読み保留予告演出を実行してもよい。その後、処理はステップSq104に移る。   In step Sq103, the CPU 401 executes a hold display process. Specifically, when the CPU 401 receives the first hold number increase command, the CPU 401 instructs the image sound control unit 500 to indicate the hold number of the first special symbol lottery to the image display unit 6 (not shown). Is increased by one. Similarly, when the CPU 401 receives the second hold number increase command, the CPU 401 instructs the image sound control unit 500 to display the hold image indicating the hold number of the second special symbol lottery on the image display unit 6 by one. As described above, this pending increase command includes pre-determination information indicating the result of the special symbol lottery. Accordingly, in step Sq103, the CPU 401, based on the prior determination information, for example, the pre-reading hold notice effect that changes the hold display mode so as to suggest the expected degree of winning for the special symbol lottery (hereinafter also referred to as reliability). May be executed. Thereafter, the process proceeds to step Sq104.
ステップSq104において、CPU401は、先読み予告演出を実行するか否かを判定する。ここで、先読み予告演出とは、報知演出において、この報知演出よりも後に実行する報知演出で大当りが報知されることを示唆する(期待させる)演出である。例えば、CPU401は、RAM403に記憶されている特別図柄抽選の保留数が1以上であるか否かを判定して1以上であると判定した場合、直近のステップSq102の処理でRAM403に記憶された事前判定情報に基づいて、先読み予告演出を実行するか否かを判定する。ステップSq104での判定がYESの場合、処理はステップSq105に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSq106に移る。   In step Sq104, the CPU 401 determines whether or not to execute a prefetch notice effect. Here, the pre-reading notice effect is an effect that suggests (expects) that a big hit is notified in a notification effect performed after the notification effect. For example, when the CPU 401 determines whether or not the number of special symbol lotteries held in the RAM 403 is 1 or more and determines that the number is 1 or more, the CPU 401 stores it in the RAM 403 in the latest processing of step Sq102. Based on the prior determination information, it is determined whether or not to perform the prefetch notice effect. If the determination in step Sq104 is YES, the process proceeds to step Sq105, and if this determination is NO, the process proceeds to step Sq106.
ステップSq105において、CPU401は、先読み予告演出の内容を決定する。例えば、CPU401は、報知演出において特定のキャラクタ画像を表示する内容の先読み予告演出を決定する。その後、処理はステップSq106に移る。   In step Sq105, the CPU 401 determines the content of the prefetch notice effect. For example, the CPU 401 determines the pre-reading notice effect of the content for displaying the specific character image in the notification effect. Thereafter, the process proceeds to step Sq106.
ステップSq106において、CPU401は、メイン制御部100から送信された報知演出開始コマンドを受信したか否かを判定する。ステップSq106での判定がYESの場合、処理はステップSq107に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSq111に移る。   In step Sq106, the CPU 401 determines whether or not a notification effect start command transmitted from the main control unit 100 has been received. If the determination in step Sq106 is YES, the process proceeds to step Sq107, and if this determination is NO, the process proceeds to step Sq111.
ステップSq107において、CPU401は、ステップSq106で受信した報知演出開始コマンドを解析する。つまり、報知演出開始コマンドに含まれる設定情報を取得する。その後、処理はステップSq108に移る。   In step Sq107, the CPU 401 analyzes the notification effect start command received in step Sq106. That is, the setting information included in the notification effect start command is acquired. Thereafter, the process proceeds to step Sq108.
ステップSq108において、CPU401は、ステップSq107で解析した報知演出開始コマンドに基づいて実行されるべき報知演出が、ステップSq105での先読み予告演出の実行対象に決定された報知演出であるか否かを判定する。つまり、今回の報知演出において先読み予告演出を実行するか否かを判定する。ステップSq108での判定がYESの場合、処理はステップSq109に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSq110に移る。   In step Sq108, the CPU 401 determines whether or not the notification effect to be executed based on the notification effect start command analyzed in step Sq107 is the notification effect determined as the execution target of the pre-reading notice effect in step Sq105. To do. That is, it is determined whether or not the pre-reading notice effect is executed in the current notification effect. If the determination in step Sq108 is YES, the process proceeds to step Sq109, and if this determination is NO, the process proceeds to step Sq110.
ステップSq109において、CPU401は、ステップSq107で取得した設定情報の条件(大当りしたか否かの条件、報知演出実行時間の条件及びリーチ演出を実行するか否かの条件等)を満たす多数の報知演出の演出パターンから抽選等によって実行する演出パターンを決定し、又、先読み予告演出(特定のキャラクタ画像)を付加して、先読み予告演出を含む報知演出を画像音響制御部500等に指示して実行する。そして、一連の演出制御処理を終了する。   In step Sq109, the CPU 401 makes a large number of notification effects satisfying the conditions of the setting information acquired in step Sq107 (a condition for determining whether or not a big hit, a condition for notification effect execution time, a condition for determining whether or not a reach effect is executed, etc.). An effect pattern to be executed by lottery or the like is determined from the effect patterns, and a prefetching notice effect (specific character image) is added, and a notification effect including the prefetching notice effect is instructed to the image sound control unit 500 and executed. To do. And a series of effect control processing is complete | finished.
一方、ステップSq110において、CPU401は、画像音響制御部500等に指示して、先読み予告演出を含まない報知演出を決定して実行する。ここで、ステップSq110の処理で実行される報知演出においては、後述する信頼度示唆演出が実行される場合がある。なお、第1の実施形態の第1例における特徴的な報知演出については図20〜図22を用いて後に詳述する。   On the other hand, in step Sq110, the CPU 401 instructs the image sound control unit 500 or the like to determine and execute a notification effect that does not include the prefetch notice effect. Here, in the notification effect executed in the process of step Sq110, a reliability suggestion effect described later may be executed. The characteristic notification effect in the first example of the first embodiment will be described later in detail with reference to FIGS.
図19は、ステップSq110の処理の詳細フローチャートの一例である。以下、図19を用いて、ステップSq110の処理について詳細に説明する。   FIG. 19 is an example of a detailed flowchart of the process of step Sq110. Hereinafter, the process of step Sq110 will be described in detail with reference to FIG.
まず、図19のステップSq120において、CPU401は、ステップSq107で取得した設定情報の条件(大当りしたか否かの条件、報知演出実行時間の条件及びリーチ演出を実行するか否かの条件等)を満たす多数の報知演出の演出パターンから抽選等によって実行する演出パターンを決定する。この処理によって、例えば装飾図柄がリーチ状態になった後に、実写映像を用いたリーチ演出(実写リーチ演出)により当落結果(大当りか否か)が報知される演出パターンが決定される。その後、処理はステップSq121に移る。   First, in step Sq120 of FIG. 19, the CPU 401 sets the conditions of the setting information acquired in step Sq107 (a condition whether or not a big hit, a condition of notification effect execution time, a condition of whether or not to execute reach effect, etc.). An effect pattern to be executed by lottery or the like is determined from a large number of effect patterns of notification effects to be satisfied. With this process, for example, after the decorative symbol is in a reach state, an effect pattern in which a winning result (whether it is a big hit) is determined by a reach effect (actual reach effect) using a live-action image is determined. Thereafter, the process proceeds to step Sq121.
ステップSq121において、CPU401は、ステップSq120で決定された演出パターンの演出が、実写リーチ演出を含む演出であるか否かを判定する。ステップSq121での判定がYESの場合、処理はステップSq123に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSq122に移る。   In step Sq121, the CPU 401 determines whether or not the effect of the effect pattern determined in step Sq120 is an effect including a live-action reach effect. If the determination in step Sq121 is YES, the process proceeds to step Sq123, and if this determination is NO, the process proceeds to step Sq122.
ステップSq122において、CPU401は、ステップSq120で決定された実写リーチ演出を含まない演出パターンの演出を画像音響制御部500等に指示して実行する。そして、一連の演出制御処理を終了する。   In step Sq122, the CPU 401 instructs the image sound control unit 500 or the like to produce an effect pattern that does not include the live-action reach effect determined in step Sq120. And a series of effect control processing is complete | finished.
一方、ステップSq123において、CPU401は、ステップSq120で決定された演出パターンに設定されている、実写リーチ演出が開始されるタイミングにおいて、画像表示部6を第1表示領域61と第2表示領域62に区分けして、第1表示領域61に実写リーチ演出を画像音響制御部500等に指示して実行するとともに、第2表示領域62を黒塗りで表示する演出を画像音響制御部500等に指示して実行する。なお、この演出の詳細については図21、図22を用いて後述する。その後、処理はステップSq124に移る。   On the other hand, in step Sq123, the CPU 401 moves the image display unit 6 into the first display area 61 and the second display area 62 at the timing when the live-action reach effect set in the effect pattern determined in step Sq120 is started. The image display control unit 500 and the like are instructed to execute a live-action reach effect on the first display area 61, and the image sound control unit 500 and the like are instructed to display the second display area 62 in black. And execute. The details of this effect will be described later with reference to FIGS. Thereafter, the process proceeds to step Sq124.
ステップSq124において、CPU401は、操作受付期間中に演出ボタン37の操作があったか否かを判定する。具体的には、実写リーチ演出を含む演出パターンには、実写リーチ演出が開始されてから所定の期間(例えば20秒後から25秒後までの期間)が予め操作受付期間として設定されており、CPU401は、演出ボタン37からの信号がこの操作受付期間中に出力されたか否かを判定することで、演出ボタン37が操作受付期間中に遊技者によって操作されたか否かを判定する。ステップSq124での判定がYESの場合、処理はステップSq125に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSq126に移る。   In step Sq124, the CPU 401 determines whether or not the effect button 37 has been operated during the operation reception period. Specifically, in the production pattern including the live-action reach production, a predetermined period (for example, a period from 20 seconds to 25 seconds later) after the live-action reach production is started is set as an operation reception period in advance. The CPU 401 determines whether or not the effect button 37 is operated by the player during the operation reception period by determining whether or not the signal from the effect button 37 is output during the operation reception period. If the determination in step Sq124 is YES, the process proceeds to step Sq125, and if this determination is NO, the process proceeds to step Sq126.
ステップSq125において、CPU401は、第2表示領域62に信頼度示唆演出を実行する。具体的には、演出パターンは、それぞれ信頼度(特別図柄抽選に当選する信頼度)に対応付けられており、CPU401は、黒塗り表示されている第2表示領域62において、ステップSq120で決定された演出パターンに対応付けられた信頼度に応じて、当該信頼度を示唆する演出(信頼度示唆演出)を画像音響制御部500等に指示して実行する。その後、処理はステップSq126に移る。なお、この信頼度示唆演出の詳細については図21、図22を用いて後述する。   In step Sq125, the CPU 401 executes a reliability suggesting effect on the second display area 62. Specifically, each production pattern is associated with a reliability (reliability for winning a special symbol lottery), and the CPU 401 is determined in step Sq120 in the second display area 62 displayed in black. Depending on the degree of reliability associated with the effect pattern, an instruction (reliability suggestion effect) suggesting the reliability is instructed to the image sound control unit 500 and executed. Thereafter, the process proceeds to step Sq126. The details of the reliability suggesting effect will be described later with reference to FIGS.
ステップSq126において、CPU401は、ステップSq120で決定されて演出パターンに設定された実写リーチ演出が別の演出に切り替わるタイミング(画面切り替えタイミング)において、画像表示部6の区分けを終了し、当落結果の報知演出を画像音響制御部500等に指示して実行する。なお、この演出の詳細については図21、図22を用いて後述する。そして、一連の演出制御処理を終了する。   In step Sq126, the CPU 401 ends the classification of the image display unit 6 at the timing (screen switching timing) at which the live-action reach effect determined in step Sq120 and set in the effect pattern is switched to another effect, and notifies the winning result. An effect is instructed to the image sound control unit 500 or the like and executed. The details of this effect will be described later with reference to FIGS. And a series of effect control processing is complete | finished.
説明は図18に戻り、ステップSq111において、CPU401は、メイン制御部100から送信された報知演出停止コマンドを受信したか否かを判定する。ステップSq111での判定がYESの場合、処理はステップSq112に移り、この判定がNOの場合、一連の演出制御処理を終了する。   Returning to FIG. 18, in step Sq <b> 111, the CPU 401 determines whether a notification effect stop command transmitted from the main control unit 100 has been received. If the determination in step Sq111 is YES, the process proceeds to step Sq112. If this determination is NO, the series of effect control processes is terminated.
ステップSq112において、CPU401は、ステップSq109又はSq110の処理で実行開始した報知演出を終了して、特別図柄抽選の結果を演出的に報知する。その後、処理はステップSq113に移る。   In step Sq112, the CPU 401 ends the notification effect started to be executed in the process of step Sq109 or Sq110, and notifies the result of the special symbol lottery. Thereafter, the process proceeds to step Sq113.
ステップSq113において、CPU401は、保留数減算処理を実行する。具体的には、CPU401は、報知演出開始コマンドの設定情報に含まれている第1特別図柄抽選及び第2特別図柄抽選の何れが実行されたかを示す情報が、第1特別図柄抽選が実行されたことを示す場合、RAM403に格納されている第1特別図柄抽選の保留数を1減算し、第2特別図柄抽選が実行されたことを示す場合、RAM403に格納されている第2特別図柄抽選の保留数を1減算する。その後、処理はステップSq114に移る。   In step Sq113, the CPU 401 executes a hold number subtraction process. Specifically, the CPU 401 executes the first special symbol lottery as information indicating which one of the first special symbol lottery and the second special symbol lottery included in the setting information of the notification effect start command is executed. 1 is subtracted from the holding number of the first special symbol lottery stored in the RAM 403, and when the second special symbol lottery is executed, the second special symbol lottery stored in the RAM 403 is displayed. Subtract 1 from the number of holds. Thereafter, the process proceeds to step Sq114.
ステップSq114において、CPU401は、保留表示処理を実行する。具体的には、CPU401は、報知演出開始コマンドの設定情報に含まれている第1特別図柄抽選及び第2特別図柄抽選の何れが実行されたかを示す情報が、第1特別図柄抽選が実行されたことを示す場合、画像音響制御部500に指示して画像表示部6に最も早く表示されている第1特別図柄抽選の保留数を示す保留画像(例えば、現在特別図柄の変動表示中であることを示す保留画像)を1つ消化(削除)させる。なお、その他の保留画像が表示されている場合には、ステップSq109又はSq110で報知演出を開始する際に、それらの保留画像を順次移動させる。同様に、CPU401は、報知演出開始コマンドの設定情報に含まれている第1特別図柄抽選及び第2特別図柄抽選の何れが実行されたかを示す情報が第2特別図柄抽選が実行されたことを示す場合、画像音響制御部500に指示して画像表示部6に最も早く表示されている第2特別図柄抽選の保留数を示す保留画像を1つ消化(削除)させる。なお、その他の保留画像が表示されている場合には、ステップSq109又はSq110で報知演出を開始する際に、それらの保留画像を順次移動させる。そして、一連の演出制御処理を終了する。   In step Sq114, the CPU 401 executes a hold display process. Specifically, the CPU 401 executes the first special symbol lottery as information indicating which one of the first special symbol lottery and the second special symbol lottery included in the setting information of the notification effect start command is executed. If this is the case, the image sound control unit 500 is instructed to display the hold image indicating the number of hold of the first special symbol lottery displayed on the image display unit 6 earliest (for example, the variable display of the special symbol is currently being displayed. One reserved image) is digested (deleted). When other reserved images are displayed, when the notification effect is started in step Sq109 or Sq110, the reserved images are sequentially moved. Similarly, the CPU 401 indicates that information indicating which of the first special symbol lottery and the second special symbol lottery included in the setting information of the notification effect start command has been executed is that the second special symbol lottery has been executed. In the case of showing, the image sound control unit 500 is instructed to digest (delete) one reserved image indicating the number of the second special symbol lottery that is displayed earliest on the image display unit 6. When other reserved images are displayed, when the notification effect is started in step Sq109 or Sq110, the reserved images are sequentially moved. And a series of effect control processing is complete | finished.
[特徴的動作]
次に、以上にフローチャートを用いて説明した第1の実施形態の第1例における特徴的動作について、図20〜図22を用いて具体的に説明する。図20は、第1の実施形態の第1例において用いられる演出パターンの一例について説明するための図であり、図21は、第1の実施形態の第1例における特徴的な演出の一例について説明するための図であり、図22は、図21に示す演出を時系列に説明するための図である。
[Characteristic operation]
Next, characteristic operations in the first example of the first embodiment described above using the flowchart will be specifically described with reference to FIGS. 20 to 22. FIG. 20 is a diagram for explaining an example of the effect pattern used in the first example of the first embodiment, and FIG. 21 is an example of a characteristic effect in the first example of the first embodiment. FIG. 22 is a diagram for explaining, and FIG. 22 is a diagram for explaining the effects shown in FIG. 21 in time series.
パチンコ遊技機1では、特別図柄の変動表示に伴って画像表示部6において演出を行うための演出パターンが、図柄変動時間毎に予め用意されている。具体的には、例えば通常遊技状態において、図11を用いて説明した変動時間テーブルセットHT1から特別図柄変動時間として例えば60秒が決定された場合、図20に示すように特別図柄変動時間ごとに予め用意された複数の演出パターンの中から1つの演出パターンが決定される。そして、この各演出パターンは信頼度(特別図柄抽選に当選する信頼度)に対応付けられている。   In the pachinko gaming machine 1, an effect pattern for performing an effect on the image display unit 6 in accordance with the change display of the special symbol is prepared in advance for each symbol change time. Specifically, for example, in the normal gaming state, when 60 seconds is determined as the special symbol variation time from the variation time table set HT1 described with reference to FIG. 11, for each special symbol variation time as shown in FIG. One effect pattern is determined from a plurality of effect patterns prepared in advance. Each production pattern is associated with reliability (reliability for winning a special symbol lottery).
第1の実施形態の第1例では、上記した演出パターンの1つとして実写リーチ演出(SPリーチ演出)とボタン操作を契機に信頼度示唆演出を実行する演出パターンXが信頼度に応じて複数(X1、X2、X3、…)用意されている。なお、以下では、図柄変動時間が60秒のときに、SPリーチ演出として実写リーチ演出が実行される例について説明するが、図柄変動時間が90秒のときにSPSPリーチ演出として実写リーチ演出が実行されるものとしてもよい。そして、信頼度に対応付けられた複数の演出パターンXは、それぞれ、演出ボタン37の操作に応じて、演出ボタン37の操作があった場合の演出パターンと、演出ボタン37の操作がなかった場合の演出パターンに分岐する。言い換えると、各演出パターンXは、演出ボタン37の操作により分岐し得る演出パターンの全てを含む演出パターンとして予め用意されている(図20参照)。   In the first example of the first embodiment, as one of the above-described effect patterns, there are a plurality of effect patterns X that execute a reliability suggestion effect triggered by a live-action reach effect (SP reach effect) and a button operation according to the reliability. (X1, X2, X3,...) Are prepared. In the following, an example in which a live-action reach effect is executed as the SP reach effect when the symbol variation time is 60 seconds will be described. However, when the symbol variation time is 90 seconds, the live-action reach effect is executed as the SPSP reach effect. It is good also as what is done. The plurality of effect patterns X associated with the reliability are the effect pattern when the effect button 37 is operated and the effect button 37 is not operated according to the operation of the effect button 37, respectively. Branch to the production pattern. In other words, each effect pattern X is prepared in advance as an effect pattern including all the effect patterns that can be branched by operating the effect button 37 (see FIG. 20).
次に、一例として演出パターンが図20に示す演出パターンX2に決定された場合に実行される演出について図21、図22を用いて説明する。   Next, as an example, an effect executed when the effect pattern is determined to be the effect pattern X2 shown in FIG. 20 will be described with reference to FIGS.
演出パターンX2に基づく演出が実行されると、まず、図21の(1)に示すように、画像表示部6(以下、単に表示領域ということがある)には、装飾図柄DI(DIL、DIR、DIC)が表示される。装飾図柄DIは、3つの装飾図柄DIL、DIR、DICから構成されて特別図柄の変動表示に応じて変動表示される。具体的には、左に配された左装飾図柄DILが最初に変動表示された後に仮停止され、次に右に配された右装飾図柄DIRが変動表示された後に仮停止され、最後に中央に配された中装飾図柄DICが仮停止表示された後に、3つの装飾図柄DIL、DIR、DICが完全に停止表示される。なお、仮停止とは、装飾図柄DIの変動が停止したと遊技者が認識できる態様で停止されることをいい、完全に停止しているわけではなく、例えば、上下に僅かに変動した状態で表示される。これにより、特別図柄が未だ変動中であることが示される。また、図21では、変動中または仮停止中の装飾図柄DIを点線で表示し、完全に停止(本停止)した装飾図柄DIを実線で表示している。また、装飾図柄DIには、いわゆる出目と呼ばれる、3つ揃う(或いは、特定のパターンに一致する)ことで大当りを報知可能な数字図柄が描かれており、3つの装飾図柄DIが停止表示されることで当落結果(大当りか否か)が報知される(図21の(6)参照)。また、各装飾図柄DIの表示領域上での表示位置は変更されてもよく、また、各装飾図柄DIは上下方向に並んで配置されてもよいし、斜め方向に並んで配置されてもよい。また、第1の実施形態の第1例では、出目として数字図柄を用いることとしたが、数字図柄以外に、文字図柄やキャラクタ図柄などの他の図柄を用いてもよいし、このような他の図柄を交えて用いてもよい。   When an effect based on the effect pattern X2 is executed, first, as shown in (1) of FIG. 21, the image display unit 6 (hereinafter simply referred to as a display area) has a decorative design DI (DIL, DIR). , DIC). The decorative symbol DI is composed of three decorative symbols DIL, DIR, and DIC, and is variably displayed according to the variation display of the special symbol. Specifically, the left decorative symbol DIL arranged on the left is temporarily displayed after being variably displayed, and then temporarily suspended after the right decorative symbol DIR arranged on the right is variably displayed. After the medium decorative symbol DIC arranged on the display is temporarily stopped, the three decorative symbols DIL, DIR, and DIC are completely stopped and displayed. The temporary stop means that the player can recognize that the variation of the decorative symbol DI has stopped, and is not completely stopped. For example, in a state in which the decoration symbol DI slightly fluctuates up and down. Is displayed. This indicates that the special symbol is still changing. Further, in FIG. 21, the decorative symbol DI that is changing or temporarily stopped is displayed with a dotted line, and the decorative symbol DI that is completely stopped (mainly stopped) is displayed with a solid line. In addition, the decorative symbol DI is a so-called “diet”, a number symbol that can be notified of a big hit by aligning three (or matching a specific pattern), and the three decorative symbols DI are stopped and displayed. As a result, the winning result (whether it is a big hit) is notified (see (6) in FIG. 21). Further, the display position of each decorative design DI on the display area may be changed, and each decorative design DI may be arranged side by side in the vertical direction or may be arranged side by side in the oblique direction. . Further, in the first example of the first embodiment, the numerical design is used as the outcome, but other designs such as a character design and a character design may be used in addition to the numerical design, You may use it with other designs.
なお、変動時間が60秒の演出パターンX2が選択された場合には、大当りの場合もハズレの場合もリーチ演出が実行される(例えば図11参照)ため、左装飾図柄DILと右装飾図柄DIRが仮停止した時点で両装飾図柄の数字図柄が揃う状態(いわゆるリーチ状態)となる(図21の(1)参照)。このとき、最後の中装飾図柄DICを長時間変動させて、数字図柄が揃う(いわゆる当り目となる)ことを期待させるリーチ演出が実行される。   Note that when the effect pattern X2 having a variation time of 60 seconds is selected, the reach effect is executed both in the case of a big hit and a loss (see, for example, FIG. 11), so the left decorative symbol DIL and the right decorative symbol DIR When the tentatively stops, the numbers of the decorative symbols are aligned (so-called reach state) (see (1) in FIG. 21). At this time, a reach effect is performed in which the last medium decorative design DIC is changed for a long time, and the numerical design is expected to be aligned (so-called hitting).
次に、演出パターンX2に決定された場合に実行されるリーチ演出である、実写リーチ演出の概要について説明する。図21の(1)に示すように、リーチ状態になると(実写リーチ演出が開始されるタイミングになると)、図21の(2)に示すように表示領域が第1表示領域61と第2表示領域62に区分されて、第1表示領域61に実写リーチ演出が実行される。ここで、表示領域は、たとえば縦横比が3:4の長方形の領域であり、第1表示領域61は、たとえば縦横比が9:16の長方形の領域であり、第1表示領域61は、表示領域上で最大サイズになるように表示される。このため、表示領域から第1表示領域61を除いた領域として、上下に帯状の第2表示領域62が配される。なお、第1の実施形態の第1例では上下に第2表示領域62が配されるものとしたが、第1表示領域61の配し方に応じて、上下いずれか一方に第2表示領域62が配されるものとしてもよい。   Next, an outline of a live-action reach effect that is a reach effect that is executed when the effect pattern X2 is determined will be described. As shown in (1) of FIG. 21, when the reach state is reached (when the live-action reach effect is started), the display area is displayed in the first display area 61 and the second display as shown in (2) of FIG. A live-action reach effect is executed in the first display area 61 by being divided into areas 62. Here, the display area is, for example, a rectangular area having an aspect ratio of 3: 4, the first display area 61 is, for example, a rectangular area having an aspect ratio of 9:16, and the first display area 61 is a display area. Displayed to be the maximum size on the area. For this reason, a strip-shaped second display area 62 is arranged above and below as an area excluding the first display area 61 from the display area. In the first example of the first embodiment, the second display area 62 is arranged above and below, but depending on how the first display area 61 is arranged, either the upper or lower second display area is arranged. 62 may be arranged.
第1の実施形態の第1例では、実写リーチ演出として第1表示領域61上に実写(映画)の演出が実行される。この映画の演出は、縦横比が9:16の第1表示領域61上で表示されるので、遊技者は、さながら映画館の映画を見ているように実写リーチ演出を楽しむことができる。一方、上下に配された第2表示領域62は、黒塗りの帯(黒帯)として表示される。このことにより、遊技者は第2表示領域の黒帯を、映画の字幕部分かのように感じることができ、表示領域全体に表示される演出を、映画とその字幕部分を見ているかのように、まさに映画を見ている感覚で楽しむことができる。なお、この実写リーチ演出が実行されているときには、装飾図柄DIは、第1表示領域61のたとえば右下に縮小表示されるものとしてもよいし、実写リーチ演出中には、装飾図柄DIは表示されないものとしてもよい。   In the first example of the first embodiment, a live-action (movie) effect is executed on the first display area 61 as a live-action reach effect. Since the effect of this movie is displayed on the first display area 61 having an aspect ratio of 9:16, the player can enjoy the live-action reach effect as if watching a movie in a movie theater. On the other hand, the second display area 62 arranged above and below is displayed as a black band (black band). As a result, the player can feel the black belt in the second display area as if it were a subtitle part of a movie, and the effect displayed on the entire display area is as if he / she was watching the movie and its subtitle part. And you can enjoy it just like watching a movie. When the live-action reach effect is being executed, the decorative design DI may be reduced and displayed, for example, in the lower right of the first display area 61. During the live-action reach effect, the decorative design DI is displayed. It may not be.
実写リーチ演出が開始されてから既定の時間(例えば20秒)が経過すると、図21の(3)に示すように、表示領域上の一部において、遊技者にボタン操作を促す演出(たとえば、ボタンの画像とともに「Push!」という文字が表示される演出)が実行される。なお、このボタン操作を促す演出(ボタン操作演出)は、表示領域上の演出に限らず、演出ボタン37を点滅させる等の他の演出であっても、他の演出を伴う演出であってもよい。   When a predetermined time (for example, 20 seconds) elapses after the live-action reach effect is started, as shown in (3) of FIG. 21, an effect that prompts the player to operate a button in a part of the display area (for example, The effect that the characters “Push!” Are displayed together with the image of the button is executed. The effect for prompting the button operation (button operation effect) is not limited to the effect on the display area, and may be another effect such as blinking the effect button 37 or an effect accompanied by another effect. Good.
そして、このボタン操作演出が実行されている期間内の所定期間が、前述した操作受付期間として予め設定されている。なお、第1の実施形態の第1例では操作受付期間は、ボタン操作演出の期間と一致するものとするが、これに限られるものではない。   And the predetermined period in the period when this button operation effect is performed is preset as the operation reception period mentioned above. In the first example of the first embodiment, the operation reception period coincides with the button operation effect period, but is not limited thereto.
この操作受付期間中に遊技者による演出ボタン37の操作があった場合には、図21の(4)に示すように、第2表示領域62に信頼度を示唆する演出(信頼度示唆演出)が実行される。具体的には、選択された演出パターンX2に基づいて、信頼度(30%)を示唆するために、第2表示領域62の黒帯を、黄色に変更し、さらに「Chance!」という文字を付記した演出を表示する(図20の演出パターンX2を参照)。これにより、遊技者に特別図柄抽選に当選する信頼度が報知される。そして、第1表示領域61の実写リーチ演出と第2表示領域62の信頼度示唆演出は、後述する画面切り替えタイミングまで継続して同時に表示される。一方、操作受付期間中に遊技者による演出ボタン37の操作がなかった場合には、第2表示領域62の黒帯が継続して表示され、上記した信頼度示唆演出は実行されない(図20の演出パターンX2を参照)。   When the player operates the effect button 37 during the operation reception period, as shown in (4) of FIG. 21, an effect suggesting reliability in the second display area 62 (reliability suggestion effect) Is executed. Specifically, in order to suggest the reliability (30%) based on the selected production pattern X2, the black band of the second display area 62 is changed to yellow, and the letters “Chance!” The added effect is displayed (see effect pattern X2 in FIG. 20). As a result, the player is notified of the reliability of winning the special symbol lottery. Then, the live-action reach effect in the first display area 61 and the reliability suggestion effect in the second display area 62 are displayed simultaneously until the screen switching timing described later. On the other hand, if the player does not operate the effect button 37 during the operation reception period, the black band in the second display area 62 is continuously displayed, and the above-described reliability suggestion effect is not executed (FIG. 20). (See production pattern X2).
その後、実写リーチ演出が別の演出に切り替わるタイミング(画面切り替えタイミング)が到来すると、第1表示領域61と第2表示領域62とに区分けされて実行されていた演出が終了し、第1表示領域61と第2表示領域62とに区分けをしない他の演出が実行される。具体的には、図21の(5)に示すように、例えば可動役物7を用いて当落結果を報知する演出が実行される。なお、画面切り替えタイミングが到来した後の当落結果の報知演出は、可動役物7を用いた演出に限られるものではなく、第1表示領域61と第2表示領域62との区分けを終了させて行う他の演出であればどのようなものであってもよい。   Thereafter, when the timing (screen switching timing) at which the live-action reach effect is switched to another effect arrives, the effect that has been divided into the first display area 61 and the second display area 62 is finished, and the first display area is finished. Other effects that are not divided into 61 and the second display area 62 are executed. Specifically, as shown in (5) of FIG. 21, for example, an effect of notifying the winning result using the movable accessory 7 is executed. In addition, the notification effect of the winning result after the screen switching timing arrives is not limited to the effect using the movable accessory 7, and the division between the first display area 61 and the second display area 62 is ended. Any other production may be performed.
そして、上記した当落報知の演出が実行された後、図21の(6)に示すように、確定報知として装飾図柄DIが完全に停止表示される。   Then, after the above-described effect of winning notification is executed, as shown in (6) of FIG. 21, the decorative symbol DI is completely stopped and displayed as a final notification.
図22は、図21に示す演出を時系列に表したものである。上記したように、第1の実施形態の第1例において変動時間が60秒の演出パターンX2が選択された場合には、まず、第1表示領域61と第2表示領域62に区分けをしない装飾図柄DIの変動演出が実行され、実写リーチ演出が開始されるタイミング(例えば変動時間が10秒経過したタイミング)で、第1表示領域61と第2表示領域62に区分けをした演出が実行される(図22の(A)、(B)参照)。そして、第1表示領域61と第2表示領域62に区分けをした演出では、第1表示領域61には、実写リーチ演出が、画面切り替えタイミング(例えば変動時間が50秒経過したタイミング)まで継続して表示されると同時に、第2表示領域52には、信頼度示唆演出が、操作受付期間中に演出ボタン37が操作されたタイミングから画面切り替えタイミングまで継続して表示される(図22の(B1)、(B2b)参照)。その後、画面切り替えタイミングが到来すると、再び第1表示領域61と第2表示領域62に区分けをしない演出が当落報知演出として実行される(図22の(C)参照)。なお、操作受付期間中に演出ボタン37が操作されなかった場合には、第2表示領域62の表示に変化はなく信頼度示唆演出は実行されない(図22の(B2a)参照)。   FIG. 22 shows the effects shown in FIG. 21 in time series. As described above, in the first example of the first embodiment, when the effect pattern X2 having a variation time of 60 seconds is selected, first, the decoration that is not divided into the first display area 61 and the second display area 62. At the timing when the variation effect of the pattern DI is executed and the live-action reach effect is started (for example, when the variation time is 10 seconds), the effect divided into the first display area 61 and the second display area 62 is executed. (See (A) and (B) of FIG. 22). In the effect divided into the first display area 61 and the second display area 62, the live-action reach effect continues in the first display area 61 until the screen switching timing (for example, the timing when the variation time has elapsed 50 seconds). In the second display area 52, the reliability suggestion effect is continuously displayed from the timing when the effect button 37 is operated during the operation acceptance period to the screen switching timing ((( B1) and (B2b)). Thereafter, when the screen switching timing arrives, an effect that is not divided again into the first display area 61 and the second display area 62 is executed as a winning notification effect (see FIG. 22C). If the effect button 37 is not operated during the operation acceptance period, the display of the second display area 62 is not changed and the reliability suggestion effect is not executed (see (B2a) in FIG. 22).
以上に説明したように、第1の実施形態の第1例によれば、実写リーチ演出が第1表示領域61に表示されている際に、同時に表示されている第2表示領域62(黒帯)を用いて、演出ボタン37の操作を契機に信頼度を示唆する信頼度示唆演出を表示することができる(図21の(4)、図22の(B1)、(B2b)参照)。したがって、信頼度示唆演出は、実写リーチ演出が表示されている第1表示領域61に割り込むことがないため、実写リーチ演出を中断させることがない。また、信頼度示唆演出は、実写リーチ演出を中断させることがないため、演出ボタン37の操作を促すタイミングを適宜設定することにより、演出ボタン37の操作から画面切り替えタイミングまでの長期間継続して、信頼度示唆演出をリーチ演出の表示と並行して表示させることができる。このため、遊技者は信頼度示唆演出を見逃すおそれがなく、信頼度の報知を遊技者に適切に行うことができる。したがって、第1の実施形態の第1例によれば、遊技者を惹きつける、より斬新な信頼度示唆演出を実行することができる。   As described above, according to the first example of the first embodiment, when the live-action reach effect is displayed in the first display area 61, the second display area 62 (black belt) displayed at the same time. ) Can be used to display a reliability suggesting effect that suggests a reliability level when the effect button 37 is operated (see (4) of FIG. 21, (B1), (B2b) of FIG. 22). Therefore, since the reliability suggesting effect does not interrupt the first display area 61 where the live-action reach effect is displayed, the live-action reach effect is not interrupted. In addition, since the reliability suggestion effect does not interrupt the live-action reach effect, by appropriately setting the timing for prompting the operation of the effect button 37, it is continued for a long period from the operation of the effect button 37 to the screen switching timing. The reliability suggestion effect can be displayed in parallel with the reach effect display. For this reason, there is no possibility that the player misses the reliability suggestion effect, and the reliability can be appropriately notified to the player. Therefore, according to the first example of the first embodiment, it is possible to execute a more innovative reliability suggesting effect that attracts the player.
[第1の実施形態の第1例の変形例]
なお、上記した第1の実施形態の第1例では、第1表示領域61が、画像表示部6(表示領域)上で最大サイズになるように表示される領域として定義し、第2表示領域62は、表示領域から第1表示領域61を除いた領域として定義した。しかし、第1表示領域61と第2表示領域62の位置、大きさ、形状等は、これに限られるものではなく、表示領域において適宜設定されればよく、また、第1表示領域61と第2表示領域62を合わせた領域が表示領域に一致するものでなくてもよい。
[Modification of First Example of First Embodiment]
In the first example of the first embodiment described above, the first display area 61 is defined as an area displayed on the image display unit 6 (display area) so as to have the maximum size, and the second display area is defined. 62 is defined as an area obtained by removing the first display area 61 from the display area. However, the positions, sizes, shapes, and the like of the first display area 61 and the second display area 62 are not limited to this, and may be set as appropriate in the display area. The combined area of the two display areas 62 may not match the display area.
また、上記した第1の実施形態の第1例では、一例として演出パターンX2に決定された場合の演出について説明したが、例えば他の演出パターンX1に決定された場合には、第1表示領域61の大きさや形状等を、演出パターンX2に決定された場合の第1表示領域61の大きさや形状等と異ならせるものとしてもよい。すなわち、演出パターン(あるいは信頼度)に応じて、第1表示領域61の大きさや形状等を変えてもよい。   Further, in the first example of the first embodiment described above, an effect when the effect pattern X2 is determined as an example has been described. However, for example, when the effect pattern X1 is determined, the first display area is determined. The size, shape, and the like of 61 may be different from the size, shape, and the like of the first display area 61 when the effect pattern X2 is determined. That is, the size or shape of the first display area 61 may be changed according to the effect pattern (or reliability).
また、上記した第1の実施形態の第1例では、図20の演出パターンに示すように、信頼度示唆演出は、信頼度に応じて色や文字により表示態様を異ならせるものとした。しかし、信頼度の表示態様は、これに限らず他の表示態様であってもよい。たとえば、信頼度に応じて第2表示領域62の大きさを異ならせるものとしてもよいし、第2表示領域62の数や位置を異ならせるものとしてもよい。   Further, in the first example of the first embodiment described above, as shown in the effect pattern of FIG. 20, the reliability suggestion effect is assumed to have a different display mode depending on the color and characters according to the reliability. However, the display mode of the reliability is not limited to this and may be another display mode. For example, the size of the second display area 62 may be varied according to the reliability, or the number and position of the second display areas 62 may be varied.
また、上記した第1の実施形態の第1例では、図19のフローチャートからわかるように、実写リーチ演出が含まれる演出であると演出ボタン37の操作を契機に信頼度示唆演出が実行されるものとした。しかし、実写リーチ演出が含まれる演出であっても演出ボタン37の操作を契機に信頼度示唆演出が実行されないものとしてもよい。具体的には、例えば図19のステップSq121において、ステップSq120で決定された演出パターンの演出に、演出ボタン37の操作を契機に行われる信頼度示唆演出が含まれるか否かが判定されるものとしてもよい。この場合、実写リーチ演出を行うが信頼度示唆演出を行わないという演出パターンを設定しておくことで、実写リーチ演出が行われても信頼度示唆演出を行わないようにすることができる。また、実写ではない他のリーチ演出を第1表示領域61に表示させ、信頼度示唆演出を第2表示領域に表示させるという演出パターンを設定しておくことで、実写リーチではない他のリーチ演出が行われても信頼度示唆演出を行うようにすることもできる。   In the first example of the first embodiment described above, as can be seen from the flowchart of FIG. 19, the reliability suggesting effect is executed when the effect button 37 is operated as an effect including the live-action reach effect. It was supposed to be. However, even if the effect includes a live-action reach effect, the reliability suggestion effect may not be executed when the effect button 37 is operated. Specifically, for example, in step Sq121 of FIG. 19, it is determined whether or not the performance suggestion effect performed in response to the operation of the effect button 37 is included in the effect of the effect pattern determined in step Sq120. It is good. In this case, by setting an effect pattern in which a live-action reach effect is performed but a reliability-indicating effect is not performed, it is possible to prevent the reliability-indicating effect from being performed even if the actual-image reach effect is performed. Further, by setting an effect pattern in which another reach effect that is not a live action is displayed in the first display area 61 and a reliability suggestion effect is displayed in the second display area, another reach effect that is not a live action reach is set. Even if it is performed, a reliability suggestion effect can be performed.
また、上記した第1の実施形態の第1例では、操作受付期間中に演出ボタン37の操作がなかった場合には、第2表示領域62には信頼度示唆演出が行われないものとしたが、操作受付期間中に演出ボタン37の操作がなかった場合には、操作受付期間が経過するタイミングで第2表示領域62に信頼度示唆演出が行われるものとしてもよい。   Further, in the first example of the first embodiment described above, the reliability suggesting effect is not performed in the second display area 62 when the effect button 37 is not operated during the operation reception period. However, if there is no operation of the effect button 37 during the operation reception period, the reliability suggestion effect may be performed in the second display area 62 at the timing when the operation reception period elapses.
また、上記した第1の実施形態の第1例では、第1表示領域61と第2表示領域62は、実写リーチ演出が実行されるタイミングで区分けされるものとしたが、予め区分けされているものとしてもよい。   In the first example of the first embodiment described above, the first display area 61 and the second display area 62 are divided at the timing when the live-action reach effect is executed, but are divided in advance. It may be a thing.
また、上記した第1の実施形態の第1例では、先読み予告演出を含まない報知演出において、信頼度示唆演出が実行される場合について説明した。しかし、本発明は、先読み予告演出を含む報知演出に応用されてもよい。たとえば、先読み予告に基づいて信頼度示唆演出を行う場合には、先読み結果に基づく信頼度を第2表示領域62に表示し、第1表示領域61には現在変動表示されている特別図柄の変動表示(当該変動)に対応する演出が行われるものとしてもよい。   In the first example of the first embodiment described above, the case where the reliability suggesting effect is executed in the notification effect that does not include the pre-reading notice effect has been described. However, the present invention may be applied to a notification effect including a prefetch notice effect. For example, when performing the reliability suggestion effect based on the pre-reading notice, the reliability based on the pre-reading result is displayed in the second display area 62, and the variation of the special symbol currently displayed in the first display area 61 is changed. An effect corresponding to the display (the change) may be performed.
[第1の実施形態の第2例]
次に、第1の実施形態の第2例について、図23〜図29を用いて説明する。なお、第1の実施形態の第2例では、第1の実施形態の第1例で説明した画像表示部6に代え、2つの異なる画像表示部(第1画像表示部6aおよび第2画像表示部6b)が配設される(図23参照)。第1画像表示部6aは、遊技者による遊技の進行に応じて、例えば、装飾図柄を表示することによって特別図柄抽選(大当り抽選)の結果を遊技者に報知したり、キャラクタの登場やアイテムの出現等による予告演出を表示したり、特別図柄抽選が保留されている回数を示す保留画像を表示したりする。第2画像表示部6bは、遊技者による遊技の進行に応じて、第1画像表示部6aで表示される演出の内容を示唆したり、第1画像表示部6aで表示される演出に対応して、キャラクタやアイテムを表示したりする。このため、以下では、第1画像表示部6aを単にメイン画面と称し、第2画像表示部6bを単にサブ画面と称することがある。なお、第1画像表示部6aおよび第2画像表示部6bは、液晶表示装置やEL(Electro Luminescence:電界発光)表示装置等によって構成されるが、他の任意の表示装置を利用してもよい。また、第1の実施形態の第2例では、遊技機1の制御装置の構成は、図4に示した画像表示部6が画像表示部6aおよび第2画像表示部6bに置き換わる構成(図24参照)となるが、第1画像表示部6aおよび第2画像表示部6bに対する表示制御は、画像表示部6に対する表示制御と同様である。第1の実施形態の第2例では、メイン画面にてリーチ演出(楽曲リーチ演出)が実行されているときに、サブ画面において信頼度を示唆する信頼度示唆演出が実行される。まず、第1の実施形態の第2例における演出制御部400による演出制御処理について説明する。
[Second Example of First Embodiment]
Next, a second example of the first embodiment will be described with reference to FIGS. In the second example of the first embodiment, two different image display units (a first image display unit 6a and a second image display unit) are used instead of the image display unit 6 described in the first example of the first embodiment. Part 6b) is arranged (see FIG. 23). As the game progresses by the player, the first image display unit 6a notifies the player of the result of the special symbol lottery (big hit lottery), for example, by displaying a decorative symbol, A notice effect by appearance or the like is displayed, or a hold image indicating the number of times that the special symbol lottery is put on hold is displayed. The second image display unit 6b suggests the content of the effect displayed on the first image display unit 6a or corresponds to the effect displayed on the first image display unit 6a according to the progress of the game by the player. And display characters and items. For this reason, hereinafter, the first image display unit 6a may be simply referred to as a main screen, and the second image display unit 6b may be simply referred to as a sub screen. The first image display unit 6a and the second image display unit 6b are configured by a liquid crystal display device, an EL (Electro Luminescence) display device, or the like, but any other display device may be used. . In the second example of the first embodiment, the configuration of the control device of the gaming machine 1 is such that the image display unit 6 shown in FIG. 4 is replaced with the image display unit 6a and the second image display unit 6b (FIG. 24). The display control for the first image display unit 6 a and the second image display unit 6 b is the same as the display control for the image display unit 6. In the second example of the first embodiment, when the reach effect (music reach effect) is executed on the main screen, the reliability suggesting effect that suggests the reliability is executed on the sub screen. First, the effect control process by the effect control unit 400 in the second example of the first embodiment will be described.
[演出制御部による演出制御処理]
第1の実施形態の第2例における演出制御処理は、図18を参照して説明した第1の実施形態の第1例における演出制御処理と対比して、ステップSq110の処理が異なる。したがって、ステップSq110の処理について、図25を参照して説明し、その他の処理については説明を割愛する。
[Production control processing by production control unit]
The effect control process in the second example of the first embodiment differs from the effect control process in the first example of the first embodiment described with reference to FIG. 18 in the process of step Sq110. Therefore, the process of step Sq110 will be described with reference to FIG. 25, and description of other processes will be omitted.
まず、図25のステップSr120において、CPU401は、ステップSq107で取得した設定情報の条件(大当りしたか否かの条件、報知演出実行時間の条件及びリーチ演出を実行するか否かの条件等)を満たす多数の報知演出の演出パターンから抽選等によって実行する演出パターンを決定する。この処理によって、例えば装飾図柄がリーチ状態になった後に、楽曲のPV映像を用いたリーチ演出(楽曲リーチ演出)により当落結果(大当りか否か)が報知される演出パターンが決定される。その後、処理はステップSr121に移る。   First, in step Sr120 of FIG. 25, the CPU 401 sets the conditions of the setting information acquired in step Sq107 (a condition for whether or not a big hit, a condition for a notification effect execution time, a condition for whether or not to execute a reach effect, etc.). An effect pattern to be executed by lottery or the like is determined from a large number of effect patterns of notification effects to be satisfied. By this process, for example, after the decorative symbol is in a reach state, an effect pattern in which a winning result (whether it is a big hit) is determined by a reach effect (music reach effect) using a PV image of the music is determined. Thereafter, the process proceeds to step Sr121.
ステップSr121において、CPU401は、ステップSr120で決定された演出パターンの演出が、特定演出(第1の実施形態の第2例では楽曲リーチ演出)を含む演出であるか否かを判定する。ステップSr121での判定がYESの場合、処理はステップSr123に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSr122に移る。   In step Sr121, the CPU 401 determines whether or not the effect of the effect pattern determined in step Sr120 is an effect including a specific effect (a music reach effect in the second example of the first embodiment). If the determination in step Sr121 is YES, the process proceeds to step Sr123. If the determination is NO, the process proceeds to step Sr122.
ステップSr122において、CPU401は、メイン画面(第1画像表示部6a)にて、ステップSr120で決定された特定演出(楽曲リーチ演出)を含まない演出パターンの演出を画像音響制御部500等に指示して実行する。そして、一連の演出制御処理を終了する。   In step Sr122, the CPU 401 instructs the image sound control unit 500 or the like to produce an effect pattern that does not include the specific effect (music reach effect) determined in step Sr120 on the main screen (first image display unit 6a). And execute. And a series of effect control processing is complete | finished.
一方、ステップSr123において、CPU401は、ステップSr120で決定された演出パターンに設定されている、特定演出(楽曲リーチ演出)が開始されるタイミングにおいて、メイン画面にて特定演出を画像音響制御部500等に指示して実行するとともに、サブ画面(第2画像表示部6b)にて付加演出を画像音響制御部500等に指示して実行する。ここで、付加演出とは、特定演出に対応して付加的に実行される演出であり、第1の実施形態の第2例では、楽曲リーチ演出において演奏される楽曲の情報(例えば楽曲のタイトル)が表示される演出である。なお、これらの演出の詳細については図26を用いて後述する。その後、処理はステップSr124に移る。   On the other hand, in step Sr123, the CPU 401 sets the specific effect on the main screen at the timing at which the specific effect (music reach effect) set in the effect pattern determined in step Sr120 is started. And an additional effect is instructed to the image sound control unit 500 and the like on the sub-screen (second image display unit 6b). Here, the additional effect is an effect that is additionally executed corresponding to the specific effect, and in the second example of the first embodiment, information on the music played in the music reach effect (for example, the title of the music) ) Is displayed. Details of these effects will be described later with reference to FIG. Thereafter, the process proceeds to step Sr124.
ステップSr124において、CPU401は、操作受付期間中に演出ボタン37の操作があったか否かを判定する。具体的には、特定演出を含む演出パターンには、特定演出が開始されてから所定の期間(例えば20秒後から25秒後までの期間)が予め操作受付期間として設定されており、CPU401は、演出ボタン37からの信号がこの操作受付期間中に出力されたか否かを判定することで、演出ボタン37が操作受付期間中に遊技者によって操作されたか否かを判定する。ステップSr124での判定がYESの場合、処理はステップSr125に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSr126に移る。   In step Sr124, the CPU 401 determines whether or not the effect button 37 has been operated during the operation reception period. Specifically, in an effect pattern including a specific effect, a predetermined period (for example, a period from 20 seconds to 25 seconds later) after the start of the specific effect is set in advance as the operation reception period. By determining whether or not the signal from the effect button 37 has been output during this operation reception period, it is determined whether or not the effect button 37 has been operated by the player during the operation reception period. If the determination in step Sr124 is YES, the process proceeds to step Sr125, and if this determination is NO, the process proceeds to step Sr126.
ステップSr125において、CPU401は、サブ画面に実行されていた付加演出を信頼度示唆演出に変更する。具体的には、演出パターンは、それぞれ信頼度(特別図柄抽選に当選する信頼度)に対応付けられており、CPU401は、ステップSr120で決定された演出パターンに対応付けられた信頼度に応じて、サブ画面にて当該信頼度を示唆する演出(信頼度示唆演出)を画像音響制御部500等に指示して実行する。その後、処理はステップSr126に移る。なお、この信頼度示唆演出の詳細については図26を用いて後述する。   In step Sr125, the CPU 401 changes the additional effect executed on the sub screen to the reliability suggesting effect. Specifically, each production pattern is associated with a reliability (reliability for winning the special symbol lottery), and the CPU 401 responds to the reliability associated with the production pattern determined in step Sr120. Then, an instruction (reliability suggestion effect) indicating the reliability is instructed to the image sound control unit 500 and the like on the sub screen. Thereafter, the process proceeds to step Sr126. The details of the reliability suggesting effect will be described later with reference to FIG.
ステップSr126において、CPU401は、ステップSr120で決定されて演出パターンに設定された特定演出が終了するタイミングにおいて、特定演出を終了して、当落結果の報知演出を画像音響制御部500等に指示して実行する。なお、この演出の詳細については図26を用いて後述する。そして、一連の演出制御処理を終了する。   In step Sr126, the CPU 401 ends the specific effect at the timing when the specific effect determined in step Sr120 and set in the effect pattern ends, and instructs the image sound control unit 500 or the like to notify the winning result. Run. Details of this effect will be described later with reference to FIG. And a series of effect control processing is complete | finished.
[特徴的動作]
次に、以上にフローチャートを用いて説明した第1の実施形態の第2例における特徴的動作について、図26、図27を用いて具体的に説明する。図26は、本発明における特徴的な演出の一例について説明するための図であり、図27は、図26に示す演出を時系列に説明するための図である。
[Characteristic operation]
Next, the characteristic operation in the second example of the first embodiment described above using the flowchart will be specifically described with reference to FIGS. FIG. 26 is a diagram for explaining an example of the characteristic effects in the present invention, and FIG. 27 is a diagram for describing the effects shown in FIG. 26 in time series.
前述したように、パチンコ遊技機1では、特別図柄の変動表示に伴って、メイン画面ならびにサブ画面において演出を行うための演出パターンが、特別図柄の変動時間毎に予め用意されており、各演出パターンは信頼度(特別図柄抽選に当選する信頼度)に対応付けられている。また、第1の実施形態の第2例では、この演出パターンとして、例えば図柄変動時間が60秒のときに選択され得る、SPリーチ演出として特定演出(楽曲リーチ演出)が実行される特定演出パターンが信頼度に応じて複数用意されている。なお、以下では、図柄変動時間が60秒のときに、SPリーチ演出として楽曲リーチ演出が実行される例について説明するが、図柄変動時間が90秒のときにSPSPリーチ演出として楽曲リーチ演出が実行されるものとしてもよい。そして、信頼度に対応付けられた複数の特定演出パターンは、それぞれ、演出ボタン37の操作に応じて、演出ボタン37の操作があった場合の演出パターンと、演出ボタン37の操作がなかった場合の演出パターンに分岐する。言い換えると、各特定演出パターンは、演出ボタン37の操作により分岐し得る演出パターンの全てを含む演出パターンとして予め用意されている。   As described above, in the pachinko machine 1, with the variation display of the special symbol, the production pattern for performing the production on the main screen and the sub screen is prepared in advance for each variation time of the special symbol. The pattern is associated with the reliability (reliability for winning the special symbol lottery). In the second example of the first embodiment, as this effect pattern, for example, a specific effect pattern in which a specific effect (music reach effect) is executed as an SP reach effect that can be selected when the symbol variation time is 60 seconds. There are a plurality of types depending on the reliability. In the following, an example in which a music reach effect is executed as an SP reach effect when the symbol variation time is 60 seconds will be described. However, a music reach effect is executed as an SPSP reach effect when the symbol variation time is 90 seconds. It is good also as what is done. The plurality of specific effect patterns associated with the reliability are the effect pattern when the effect button 37 is operated and the effect button 37 is not operated according to the operation of the effect button 37, respectively. Branch to the production pattern. In other words, each specific effect pattern is prepared in advance as an effect pattern including all the effect patterns that can be branched by the operation of the effect button 37.
次に、演出パターンとして、上記した特定演出パターンが決定された場合に実行される演出について図26、図27を用いて説明する。   Next, an effect executed when the above-described specific effect pattern is determined as an effect pattern will be described with reference to FIGS.
特定演出パターンに基づく演出が実行されると、まず、図26の(1)に示すように、メイン画面(第1画像表示部6a)には、装飾図柄DI(DIL、DIR、DIC)が変動表示される。そして、特定演出パターンが選択された場合には、特定演出(楽曲リーチ演出)が実行されるため、左装飾図柄DILと右装飾図柄DIRが仮停止した時点で両装飾図柄の数字図柄が揃う状態(いわゆるリーチ状態)となる(図26の(1)参照)。なお、このときサブ画面(第2画像表示部6b)には、特段の演出は実行されず、例えば初期画面が表示される。   When an effect based on the specific effect pattern is executed, first, as shown in (1) of FIG. 26, the decorative pattern DI (DIL, DIR, DIC) fluctuates on the main screen (first image display unit 6a). Is displayed. When the specific effect pattern is selected, the specific effect (music reach effect) is executed, and therefore, when the left decorative symbol DIL and the right decorative symbol DIR are temporarily stopped, the numerical symbols of both decorative symbols are aligned. (So-called reach state) (see (1) in FIG. 26). At this time, a special effect is not executed on the sub screen (second image display unit 6b), for example, an initial screen is displayed.
図26の(1)に示すように、リーチ状態になると(楽曲リーチ演出が開始されるタイミングになると)、最後の中装飾図柄DICを長時間変動させて、数字図柄が揃う(いわゆる当り目となる)ことを期待させるリーチ演出(楽曲リーチ演出が実行される。具体的には、図26の(2)に示すように、メイン画面には、楽曲リーチ演出として、楽曲のPV映像が映し出される演出が実行される。なお、この楽曲リーチ演出が実行されているときには、装飾図柄DIは、メイン画面の例えば右下に縮小表示されるものとしてもよいし、楽曲リーチ演出中には、装飾図柄DIは表示されないものとしてもよい。そして、サブ画面には、楽曲リーチ演出が開始されるタイミングになると、メイン画面において実行されている楽曲リーチ演出における楽曲の情報を表示する付加演出が実行される。具体的には、サブ画面には、楽曲のタイトルを示す画像が表示される。すなわち、サブ画面は、メイン画面において実行中のリーチ演出の内容を補足的に説明する表示媒体として機能する。   As shown in (1) of FIG. 26, when the reach state is reached (at the timing when the music reach effect is started), the last medium decoration symbol DIC is changed for a long time, and the numeric symbols are aligned (so-called hitting and hittings). Reach effect (music reach effect is performed. Specifically, as shown in (2) of FIG. 26, a PV image of a song is displayed as a music reach effect on the main screen. When the music reach effect is being executed, the decorative design DI may be reduced and displayed, for example, at the lower right of the main screen, or during the music reach effect, the decorative design DI may be displayed. The DI may not be displayed, and the sub screen displays the music reach effect being executed on the main screen at the timing when the music reach effect is started. An additional effect is displayed for displaying information on the music, specifically, an image showing the title of the music is displayed on the sub screen, that is, the content of the reach effect being executed on the main screen. Functions as a display medium for supplementarily explaining the above.
次に、楽曲リーチ演出が開始されてから既定の時間(例えば20秒)が経過すると、図26の(3)に示すように、メイン画面の一部において、遊技者にボタン操作を促す演出(たとえば、ボタンの画像とともに「Push!」という文字が表示される演出)が実行される。なお、このボタン操作を促す演出(ボタン操作演出)は、メイン画面上の演出に限らず、サブ画面上の演出であってもよく、また、演出ボタン37を点滅させる等の他の演出であっても、他の演出を伴う演出であってもよい。   Next, when a predetermined time (for example, 20 seconds) has elapsed since the start of the music reach effect, as shown in (3) of FIG. 26, an effect that prompts the player to operate a button on a part of the main screen ( For example, an effect in which characters “Push!” Are displayed together with the button image is executed. The effect that prompts the button operation (button operation effect) is not limited to the effect on the main screen, but may be an effect on the sub screen, or other effects such as blinking the effect button 37. Alternatively, it may be an effect accompanied by another effect.
そして、このボタン操作演出が実行されている期間内の所定期間が、前述した操作受付期間として予め設定されている。なお、第1の実施形態の第2例では操作受付期間は、ボタン操作演出の期間と一致するものとするが、これに限られるものではない。   And the predetermined period in the period when this button operation effect is performed is preset as the operation reception period mentioned above. In the second example of the first embodiment, the operation reception period coincides with the button operation effect period, but is not limited thereto.
この操作受付期間中に遊技者による演出ボタン37の操作があった場合には、図26の(4)に示すように、サブ画面に信頼度を示唆する演出(信頼度示唆演出)が実行される。具体的には、特定演出パターンの信頼度が30%である場合には、サブ画面に、例えば「Chance!」という文字画像が表示される。すなわち、サブ画面には、付加演出に代え、信頼度示唆演出が切り替え表示される。これにより、遊技者に特別図柄抽選に当選する信頼度が報知される。なお、サブ画面における信頼度示唆演出は、メイン画面における特定演出(楽曲リーチ演出)が終了されるまで継続して表示される。一方、操作受付期間中に遊技者による演出ボタン37の操作がなかった場合には、サブ画面には、付加演出が継続して表示され、上記した信頼度示唆演出は実行されない。また、信頼度示唆演出の表示態様は、上記した文字画像に限られるものではなく、例えば信頼度に応じたキャラクタ画像や背景色が表示されるものとしてもよい。   When the player operates the effect button 37 during the operation reception period, an effect suggesting reliability (reliability suggestion effect) is executed on the sub-screen, as shown in (4) of FIG. The Specifically, when the reliability of the specific effect pattern is 30%, for example, a character image “Chance!” Is displayed on the sub screen. That is, instead of the additional effect, the reliability suggesting effect is switched and displayed on the sub screen. As a result, the player is notified of the reliability of winning the special symbol lottery. The reliability suggesting effect on the sub screen is continuously displayed until the specific effect (music reach effect) on the main screen is finished. On the other hand, when the player does not operate the effect button 37 during the operation reception period, the additional effect is continuously displayed on the sub-screen, and the above-described reliability suggestion effect is not executed. Further, the display mode of the reliability suggestion effect is not limited to the above-described character image, and for example, a character image or a background color corresponding to the reliability may be displayed.
その後、メイン画面における特定演出(楽曲リーチ演出)が終了するタイミングが到来すると、メイン画面には、図26の(5)に示すように、例えば可動役物7を用いて当落結果を報知する当落報知演出が実行される。一方、メイン画面における特定演出(楽曲リーチ演出)が終了するタイミングが到来すると、サブ画面では、信頼度示唆演出または付加演出が終了されて、特段の演出は実行されず、例えば初期画面が表示される。そして、上記した当落報知演出が実行された後、図26の(6)に示すように、メイン画面では、確定報知として装飾図柄DIが完全に停止表示される。   Thereafter, when the timing for ending the specific effect (music reach effect) on the main screen arrives, the main screen displays a winning result that notifies the winning result using, for example, the movable accessory 7 as shown in (5) of FIG. A notification effect is executed. On the other hand, when the timing for ending the specific effect (music reach effect) on the main screen arrives, the reliability suggesting effect or the additional effect is ended on the sub screen, and the special effect is not executed, for example, the initial screen is displayed. The Then, after the above-described winning notification effect is executed, as shown in (6) of FIG. 26, the decoration symbol DI is completely stopped and displayed as a final notification on the main screen.
図27は、図26に示す演出を時系列に表したものである。上記したように、第1の実施形態の第2例において変動時間が60秒の特定演出パターンが選択された場合には、まず、メイン画面において、変動時間t=0において、装飾図柄DIの変動演出が開始されてリーチ状態となり、変動時間t=t1(例えば10秒)において、特定演出(楽曲リーチ演出)が開始される。一方、サブ画面においては、楽曲リーチ演出が開始される変動時間t=t1において、付加演出が開始され、当該付加演出は、操作受付期間(変動時間t=t2〜t3;例えば30秒〜35秒)中に演出ボタン37が操作されるまで、あるいは、演出ボタン37が操作されない場合には楽曲リーチ演出が終了される変動時間t=t4(例えば50秒)まで継続表示される。そして、楽曲リーチ演出の実行中における操作受付期間(変動時間t=t2〜t3)中に演出ボタン37が操作されると、当該操作タイミング(変動時間t=tp)において、サブ画面における付加演出が信頼度示唆演出に切り替わり、当該信頼度示唆演出は、楽曲リーチ演出が終了される変動時間t=t4まで継続表示される。その後、メイン画面において、変動時間t=t4において、当落報知演出が実行され、t=t5(例えば60秒)において、装飾図柄DIが停止表示されて当落結果が確定報知される。   FIG. 27 shows the effects shown in FIG. 26 in time series. As described above, when the specific effect pattern with the variation time of 60 seconds is selected in the second example of the first embodiment, first, the variation of the decorative design DI is varied at the variation time t = 0 on the main screen. The production starts and reaches the reach state, and the specific production (music reach production) is started at the variation time t = t1 (for example, 10 seconds). On the other hand, in the sub-screen, the additional effect is started at the fluctuation time t = t1 when the music reach effect is started, and the additional effect is received during the operation reception period (fluctuation time t = t2 to t3; for example, 30 seconds to 35 seconds). ) Until the effect button 37 is operated, or when the effect button 37 is not operated, the display is continued until the variation time t = t4 (for example, 50 seconds) when the music reach effect is ended. When the effect button 37 is operated during the operation reception period (variation time t = t2 to t3) during execution of the music reach effect, the additional effect on the sub-screen is displayed at the operation timing (variation time t = tp). Switching to the reliability suggestion effect, the reliability suggestion effect is continuously displayed until the fluctuation time t = t4 when the music reach effect is ended. Thereafter, on the main screen, the winning notification effect is executed at the fluctuation time t = t4, and at t = t5 (for example, 60 seconds), the decorative symbol DI is stopped and displayed, and the winning result is confirmed and notified.
以上に説明したように、第1の実施形態の第2例によれば、メイン画面において楽曲リーチ演出が実行されると、サブ画面ではメイン画面における楽曲リーチ演出に関する情報が表示される(付加演出が実行される)ため、サブ画面は、メイン画面に対する情報表示媒体として機能する。一方、サブ画面にて実行された付加演出は、演出ボタン37の操作を契機に、信頼度を示唆する信頼度示唆演出に切り替わる。このため、情報表示媒体として機能するサブ画面を用いることで信頼度示唆演出をリーチ演出(楽曲リーチ演出)の表示と並行して表示させることができる。このため、遊技者は信頼度示唆演出を見逃すおそれがなく、信頼度の報知を遊技者に適切に行うことができる。したがって、第1の実施形態の第2例によれば、遊技者を惹きつける、より斬新な信頼度示唆演出を実行することができる。   As described above, according to the second example of the first embodiment, when the music reach effect is executed on the main screen, information on the music reach effect on the main screen is displayed on the sub screen (additional effect). Therefore, the sub screen functions as an information display medium for the main screen. On the other hand, the additional effect executed on the sub-screen is switched to the reliability suggesting effect that suggests the degree of reliability when the effect button 37 is operated. For this reason, the reliability suggestion effect can be displayed in parallel with the display of the reach effect (music reach effect) by using the sub screen functioning as the information display medium. For this reason, there is no possibility that the player misses the reliability suggestion effect, and the reliability can be appropriately notified to the player. Therefore, according to the second example of the first embodiment, a more innovative reliability suggesting effect that attracts the player can be executed.
[第1の実施形態の第2例の変形例]
なお、上記した第1の実施形態の第2例では、図27に示すように、サブ画面における信頼度示唆演出は、メイン画面における特定演出(楽曲リーチ演出)が終了される(変動時間t=t4)まで継続して表示されるものとした。しかし、サブ画面における信頼度示唆演出は、メイン画面における特定演出(楽曲リーチ演出)が終了される前に終了するものとしてもよい。具体的には、図28に示すように、演出ボタン37の操作を契機に、変動時間t=tp(例えば32秒)においてサブ画面にて開始された信頼度示唆演出は、メイン画面における特定演出(楽曲リーチ演出)が終了される変動時間t=t4(50秒)よりも前の変動時間t=ta(例えば45秒)において終了され、その後、t=t4まで再度付加演出が実行されるものとしてもよい。あるいは、変動時間t=ta〜t5において、サブ画面では、特段の演出が実行されることなく、例えば初期画面が表示されるものとしてもよい。すなわち、サブ画面における信頼度示唆演出は、メイン画面における特定演出(楽曲リーチ演出)が終了されるまで継続して表示されないものとしてもよい。
[Modification of Second Example of First Embodiment]
In the second example of the first embodiment described above, as shown in FIG. 27, the reliability suggestion effect on the sub screen is ended with the specific effect (music reach effect) on the main screen (variation time t = The display is continued until t4). However, the reliability suggesting effect on the sub screen may be ended before the specific effect (music reach effect) on the main screen is ended. Specifically, as shown in FIG. 28, the reliability suggestion effect started on the sub screen at the change time t = tp (for example, 32 seconds) triggered by the operation of the effect button 37 is a specific effect on the main screen. Ended at the fluctuation time t = ta (for example, 45 seconds) before the fluctuation time t = t4 (50 seconds) when the (music reach production) is ended, and then the additional effect is executed again until t = t4. It is good. Alternatively, for example, the initial screen may be displayed on the sub screen without the special effects being executed in the variation time t = ta to t5. That is, the reliability suggesting effect on the sub screen may not be continuously displayed until the specific effect (music reach effect) on the main screen is finished.
また、上記した第1の実施形態の第2例では、図27に示すように、サブ画面における信頼度示唆演出は、操作受付期間内における演出ボタン37の操作を契機に(変動時間t=tpにおいて)開始されるものとした。しかし、演出ボタン37の操作に関係なく信頼度示唆演出が開始されるものとしてもよい。具体的には、図29に示すように、サブ画面では、メイン画面において特定演出(楽曲リーチ演出)が開始されると(t=t1において)、付加演出が開始され、楽曲リーチ演出が実行されている間(t=t1〜t4)の所定タイミング(t=tb;例えば30秒)において、自動的に信頼度示唆演出に切り替え表示されるものとしてもよい。なお、この場合においても、前述したように、サブ画面における信頼度示唆演出は、メイン画面における特定演出が終了されるまで継続して表示されるものとしてもよいし、メイン画面における特定演出が終了される前に終了されるものとしてもよい。   In the second example of the first embodiment described above, as shown in FIG. 27, the reliability suggesting effect on the sub screen is triggered by the operation of the effect button 37 within the operation reception period (variation time t = tp). In). However, the reliability suggesting effect may be started regardless of the operation of the effect button 37. Specifically, as shown in FIG. 29, when the specific effect (music reach effect) is started on the main screen (at t = t1), the additional effect is started and the music reach effect is executed on the sub screen. During a predetermined period (t = t1 to t4) (t = tb; for example, 30 seconds), it may be automatically switched to the reliability suggesting effect. Even in this case, as described above, the reliability suggesting effect on the sub screen may be continuously displayed until the specific effect on the main screen is ended, or the specific effect on the main screen is ended. It may be terminated before being executed.
また、上記した第1の実施形態の第2例では、図23に示すように、遊技機1は、第1画像表示部6a(メイン画面)と、第2画像表示部6b(サブ画面)の2つの表示部を備えるものとしたが、第1の実施形態の第1例で説明したように、遊技機1は、1つの表示部(画像表示部6)のみを備えるものとしてもよい(図1参照)。この場合には、上述のメイン画面において実行された演出は、画像表示部6の表示領域のうち、所定のメイン領域において実行されるものとし、上述のサブ画面において実行された演出は、画像表示部6の表示領域のうち、メイン領域とは異なる所定のサブ領域において実行されるものとすればよい。なお、メイン領域とサブ領域は任意に設定されればよいが、メイン領域の方がサブ領域よりも大きいことが好ましく、メイン領域およびサブ領域としては、例えば、第1の実施形態の第1例で説明した第1表示領域61および第2表示領域62が設定されるものとすればよい。   In the second example of the first embodiment described above, as shown in FIG. 23, the gaming machine 1 includes a first image display unit 6a (main screen) and a second image display unit 6b (sub screen). Although two display units are provided, as described in the first example of the first embodiment, the gaming machine 1 may include only one display unit (image display unit 6) (see FIG. 1). In this case, the effect executed on the above-described main screen is executed in a predetermined main area in the display area of the image display unit 6, and the effect executed on the above-described sub-screen is an image display. The display area of the unit 6 may be executed in a predetermined sub area different from the main area. The main area and the sub area may be arbitrarily set, but the main area is preferably larger than the sub area, and the main area and the sub area are, for example, the first example of the first embodiment. The first display area 61 and the second display area 62 described in the above may be set.
また、上記した第1の実施形態の第2例では、特定演出として楽曲リーチ演出が実行され、付加演出として楽曲リーチ演出において演奏される楽曲の情報が表示されるものとした。しかし、特定演出および付加演出はこれに限られるものではなく種々の演出が実行されてよい。例えば、特定演出として主人公キャラクタが敵キャラクタと対決するバトルリーチ演出が実行されるものとしてもよく、この場合、付加演出として、バトルリーチ演出における敵キャラクタの情報が表示されるものとしてもよい。このように、特定演出としては種々の演出を採用可能であり、付加演出は、特定演出に対応して付加的に実行されるものであれば、どのようなものであってもよい。   In the second example of the first embodiment described above, the music reach effect is executed as the specific effect, and the information of the music played in the music reach effect is displayed as the additional effect. However, the specific effects and the additional effects are not limited to this, and various effects may be executed. For example, a battle reach effect in which the main character confronts an enemy character may be executed as the specific effect, and in this case, information on the enemy character in the battle reach effect may be displayed as the additional effect. As described above, various effects can be adopted as the specific effects, and the additional effects may be any as long as they are additionally executed corresponding to the specific effects.
また、上記した第1の実施形態の第2例では、操作受付期間中に演出ボタン37の操作がなかった場合には、サブ画面には信頼度示唆演出が行われないものとしたが、操作受付期間中に演出ボタン37の操作がなかった場合には、操作受付期間が経過するタイミング(変動時間t=t3)において、サブ画面に信頼度示唆演出が行われるものとしてもよい。   Further, in the second example of the first embodiment described above, the reliability suggesting effect is not performed on the sub screen when the effect button 37 is not operated during the operation reception period. If there is no operation of the effect button 37 during the reception period, the reliability suggestion effect may be performed on the sub screen at the timing when the operation reception period elapses (variation time t = t3).
また、上記した第1の実施形態の第2例では、先読み予告演出を含まない報知演出において、信頼度示唆演出が実行される場合について説明した。しかし、本発明は、先読み予告演出を含む報知演出に応用されてもよい。たとえば、先読み予告に基づいて信頼度示唆演出を行う場合には、先読み結果に基づく信頼度をサブ画面に表示し、メイン画面には現在変動表示されている特別図柄の変動表示(当該変動)に対応する演出が行われるものとしてもよい。   In the second example of the first embodiment described above, the case where the reliability suggesting effect is executed in the notification effect that does not include the pre-reading notice effect has been described. However, the present invention may be applied to a notification effect including a prefetch notice effect. For example, when performing a reliability suggestion effect based on a pre-reading notice, the reliability based on the pre-read result is displayed on the sub screen, and the main screen displays the fluctuation display of the special symbol that is currently variably displayed (the fluctuation). A corresponding production may be performed.
[第1の実施形態の第3例]
次に、第1の実施形態の第3例について、図30〜図33を用いて説明する。第1の実施形態の第3例では、画像表示部6においてリーチ演出(楽曲リーチ演出)が実行されているときに登場するキャラクタが、リーチ演出中に継続して信頼度を示唆する。まず、第1の実施形態の第3例における演出制御部400による演出制御処理について説明する。
[Third example of the first embodiment]
Next, a third example of the first embodiment will be described with reference to FIGS. In the third example of the first embodiment, a character that appears when a reach effect (music reach effect) is being executed in the image display unit 6 continuously suggests reliability during the reach effect. First, an effect control process by the effect control unit 400 in the third example of the first embodiment will be described.
[演出制御部による演出制御処理]
第1の実施形態の第3例における演出制御処理は、図18を参照して説明した第1の実施形態の第1例における演出制御処理と対比して、ステップSq110の処理が異なる。したがって、ステップSq110の処理について、図30を参照して説明し、その他の処理については説明を割愛する。
[Production control processing by production control unit]
The effect control process in the third example of the first embodiment differs from the effect control process in the first example of the first embodiment described with reference to FIG. 18 in the process of step Sq110. Therefore, the process of step Sq110 will be described with reference to FIG. 30, and description of other processes will be omitted.
まず、図30のステップSs120において、CPU401は、ステップSq107で取得した設定情報の条件(大当りしたか否かの条件、報知演出実行時間の条件及びリーチ演出を実行するか否かの条件等)を満たす多数の報知演出の演出パターンから抽選等によって実行する演出パターンを決定する。この処理によって、例えば装飾図柄がリーチ状態になった後に、楽曲のPV映像を用いたリーチ演出(楽曲リーチ演出)により当落結果(大当りか否か)が報知される演出パターンが決定される。その後、処理はステップSs121に移る。   First, in step Ss120 of FIG. 30, the CPU 401 sets the conditions of the setting information acquired in step Sq107 (a condition whether or not a big hit, a condition of notification effect execution time, a condition of whether or not to execute reach effect, etc.). An effect pattern to be executed by lottery or the like is determined from a large number of effect patterns of notification effects to be satisfied. By this process, for example, after the decorative symbol is in a reach state, an effect pattern in which a winning result (whether it is a big hit) is determined by a reach effect (music reach effect) using a PV image of the music is determined. Thereafter, the process proceeds to step Ss121.
ステップSs121において、CPU401は、ステップSs120で決定された演出パターンの演出が、特定演出(第1の実施形態の第3例では楽曲リーチ演出)を含む演出であるか否かを判定する。ステップSs121での判定がYESの場合、処理はステップSs123に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSs122に移る。   In step Ss121, the CPU 401 determines whether or not the effect of the effect pattern determined in step Ss120 is an effect including a specific effect (a music reach effect in the third example of the first embodiment). If the determination in step Ss121 is YES, the process proceeds to step Ss123, and if this determination is NO, the process proceeds to step Ss122.
ステップSs122において、CPU401は、画像表示部6において、ステップSr120で決定された特定演出(楽曲リーチ演出)を含まない演出パターンの演出を画像音響制御部500等に指示して実行する。そして、一連の演出制御処理を終了する。   In step Ss122, the CPU 401 instructs the image sound control unit 500 and the like to produce an effect pattern that does not include the specific effect (music reach effect) determined in step Sr120 in the image display unit 6. And a series of effect control processing is complete | finished.
一方、ステップSs123において、CPU401は、画像表示部6において、ステップSs120で決定された演出パターンに設定されている、特定演出(楽曲リーチ演出)が開始されるタイミングにおいて、特定演出を画像音響制御部500等に指示して実行するとともに、付加演出を画像音響制御部500等に指示して実行する。ここで、付加演出とは、特定演出に対応して付加的に実行される演出であり、第1の実施形態の第3例では、実行されている楽曲リーチ演出の前面にキャラクタが登場し、楽曲リーチ演出において演奏される楽曲の情報(例えば楽曲のタイトル)をキャラクタが告知する演出である。なお、これらの演出の詳細については図31を用いて後述する。その後、処理はステップSs124に移る。   On the other hand, in step Ss123, the CPU 401 sets the specific effect at the timing at which the specific effect (music reach effect) set in the effect pattern determined in step Ss120 is started in the image display unit 6. Instruct and execute 500 and the like, and instruct the image sound control unit 500 and the like to execute an additional effect. Here, the additional effect is an effect that is additionally executed in response to the specific effect. In the third example of the first embodiment, a character appears in front of the music reach effect being executed, This is an effect in which the character announces information (for example, the title of the music) of the music played in the music reach production. Details of these effects will be described later with reference to FIG. Thereafter, the process proceeds to step Ss124.
ステップSs124において、CPU401は、操作受付期間中に演出ボタン37の操作があったか否かを判定する。具体的には、特定演出を含む演出パターンには、特定演出が開始されてから所定の期間(例えば20秒後から25秒後までの期間)が予め操作受付期間として設定されており、CPU401は、演出ボタン37からの信号がこの操作受付期間中に出力されたか否かを判定することで、演出ボタン37が操作受付期間中に遊技者によって操作されたか否かを判定する。ステップSs124での判定がYESの場合、処理はステップSs125に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSs126に移る。   In step Ss124, the CPU 401 determines whether or not the effect button 37 has been operated during the operation reception period. Specifically, in an effect pattern including a specific effect, a predetermined period (for example, a period from 20 seconds to 25 seconds later) after the start of the specific effect is set in advance as the operation reception period. By determining whether or not the signal from the effect button 37 has been output during this operation reception period, it is determined whether or not the effect button 37 has been operated by the player during the operation reception period. If the determination in step Ss124 is YES, the process proceeds to step Ss125, and if this determination is NO, the process proceeds to step Ss126.
ステップSs125において、CPU401は、画像表示部6において表示されていた付加演出を信頼度示唆演出に変更する。具体的には、演出パターンは、それぞれ信頼度(特別図柄抽選に当選する信頼度)に対応付けられており、CPU401は、ステップSs120で決定された演出パターンに対応付けられた信頼度に応じて、当該信頼度を示唆する演出(信頼度示唆演出)を画像音響制御部500等に指示して実行する。その後、処理はステップSs126に移る。なお、付加演出から信頼度示唆演出への変更の詳細については図31を用いて後述する。   In step Ss125, the CPU 401 changes the additional effect displayed on the image display unit 6 to a reliability suggesting effect. Specifically, each production pattern is associated with a reliability (reliability for winning a special symbol lottery), and the CPU 401 responds to the reliability associated with the production pattern determined in step Ss120. Then, the image sound control unit 500 or the like is instructed to execute an effect (reliability suggestion effect) suggesting the reliability. Thereafter, the process proceeds to step Ss126. Details of the change from the additional effect to the reliability suggesting effect will be described later with reference to FIG.
ステップSs126において、CPU401は、画像表示部6において、ステップSs120で決定されて演出パターンに設定された特定演出が終了するタイミングにおいて、特定演出を終了して、当落結果の報知演出を画像音響制御部500等に指示して実行する。なお、この演出の詳細については図31を用いて後述する。そして、一連の演出制御処理を終了する。   In step Ss126, the CPU 401 ends the specific effect at the timing when the specific effect determined in step Ss120 and set in the effect pattern ends in the image display unit 6, and the notification effect of the winning result is displayed in the image sound control unit. Instruct and execute 500 or the like. Details of this effect will be described later with reference to FIG. And a series of effect control processing is complete | finished.
[特徴的動作]
次に、以上にフローチャートを用いて説明した第1の実施形態の第3例における特徴的動作について、図31、図32を用いて具体的に説明する。図31は、本発明における特徴的な演出の一例について説明するための図であり、図32は、図31に示す演出を時系列に説明するための図である。
[Characteristic operation]
Next, the characteristic operation in the third example of the first embodiment described above using the flowchart will be specifically described with reference to FIGS. 31 and 32. FIG. 31 is a diagram for explaining an example of a characteristic effect in the present invention, and FIG. 32 is a diagram for describing the effects shown in FIG. 31 in time series.
前述したように、パチンコ遊技機1では、特別図柄の変動表示に伴って、画像表示部6において演出を行うための演出パターンが、特別図柄の変動時間毎に予め用意されており、各演出パターンは信頼度(特別図柄抽選に当選する信頼度)に対応付けられている。また、第1の実施形態の第3例では、この演出パターンとして、例えば図柄変動時間が60秒のときに選択され得る、SPリーチ演出として特定演出(楽曲リーチ演出)が実行される特定演出パターンが信頼度に応じて複数用意されている。なお、以下では、図柄変動時間が60秒のときに、SPリーチ演出として楽曲リーチ演出が実行される例について説明するが、図柄変動時間が90秒のときにSPSPリーチ演出として楽曲リーチ演出が実行されるものとしてもよい。そして、信頼度に対応付けられた複数の特定演出パターンは、それぞれ、演出ボタン37の操作に応じて、演出ボタン37の操作があった場合の演出パターンと、演出ボタン37の操作がなかった場合の演出パターンに分岐する。言い換えると、各特定演出パターンは、演出ボタン37の操作により分岐し得る演出パターンの全てを含む演出パターンとして予め用意されている。   As described above, in the pachinko gaming machine 1, an effect pattern for performing an effect in the image display unit 6 is prepared in advance for each change time of the special symbol in accordance with the change display of the special symbol. Is associated with the reliability (reliability for winning the special symbol lottery). In the third example of the first embodiment, as this effect pattern, for example, a specific effect pattern in which a specific effect (music reach effect) is executed as an SP reach effect that can be selected when the symbol variation time is 60 seconds. There are a plurality of types depending on the reliability. In the following, an example in which a music reach effect is executed as an SP reach effect when the symbol variation time is 60 seconds will be described. However, a music reach effect is executed as an SPSP reach effect when the symbol variation time is 90 seconds. It is good also as what is done. The plurality of specific effect patterns associated with the reliability are the effect pattern when the effect button 37 is operated and the effect button 37 is not operated according to the operation of the effect button 37, respectively. Branch to the production pattern. In other words, each specific effect pattern is prepared in advance as an effect pattern including all the effect patterns that can be branched by the operation of the effect button 37.
次に、演出パターンとして、上記した特定演出パターンが決定された場合に実行される演出について図31、図32を用いて説明する。   Next, an effect executed when the above-described specific effect pattern is determined as the effect pattern will be described with reference to FIGS. 31 and 32.
特定演出パターンに基づく演出が実行されると、まず、図31の(1)に示すように、画像表示部6には、装飾図柄DI(DIL、DIR、DIC)が変動表示される。そして、特定演出パターンが選択された場合には、特定演出(楽曲リーチ演出)が実行されるため、左装飾図柄DILと右装飾図柄DIRが仮停止した時点で両装飾図柄の数字図柄が揃う状態(いわゆるリーチ状態)となる(図31の(1)参照)。   When an effect based on the specific effect pattern is executed, first, as shown in (1) of FIG. 31, the decorative pattern DI (DIL, DIR, DIC) is variably displayed on the image display unit 6. When the specific effect pattern is selected, the specific effect (music reach effect) is executed, and therefore, when the left decorative symbol DIL and the right decorative symbol DIR are temporarily stopped, the numerical symbols of both decorative symbols are aligned. (So-called reach state) (see (1) in FIG. 31).
図31の(1)に示すように、リーチ状態になると(楽曲リーチ演出が開始されるタイミングになると)、最後の中装飾図柄DICを長時間変動させて、数字図柄が揃う(いわゆる当り目となる)ことを期待させるリーチ演出(楽曲リーチ演出が実行される。具体的には、図31の(2)に示すように、画像表示部6には、楽曲リーチ演出として、楽曲のPV映像が映し出される演出が実行される。なお、この楽曲リーチ演出が実行されているときには、装飾図柄DIは、メイン画面の例えば右下に縮小表示されるものとしてもよいし、楽曲リーチ演出中には、装飾図柄DIは表示されないものとしてもよい。そして、楽曲リーチ演出が開始されるタイミングになると、楽曲リーチ演出における楽曲の情報を表示する付加演出が実行される。具体的には、例えば、キャラクタが楽曲リーチ演出の前面に登場して、当該キャラクタが楽曲の情報(例えば楽曲のタイトル)を記載した看板を掲示する付加演出が実行される。なお、このキャラクタは、楽曲リーチ演出を視認し易くするために画像表示部6の隅の方で視認される程度に小さく表示されるのが好ましい。   As shown in (1) of FIG. 31, when the reach state is reached (at the timing when the music reach effect is started), the last medium decorative design DIC is changed for a long time, and the numerical symbols are aligned (so-called hitting and hittings). Reach production (music reach production is expected.) Specifically, as shown in (2) of FIG. 31, the image display unit 6 displays a PV video of the music as the music reach production. When the music reach effect is being executed, the decorative pattern DI may be displayed in a reduced size, for example, at the lower right of the main screen, and during the music reach effect, The decorative design DI may not be displayed, and when the timing for starting the music reach effect is reached, an additional effect for displaying information on the music in the music reach effect is executed. More specifically, for example, a character appears in front of a music reach effect, and the character performs an additional effect in which a sign on which information on the music (for example, the title of the music) is written is displayed. In order to make it easy to visually recognize the music reach effect, it is preferable that the image display unit 6 be displayed small enough to be visually recognized at the corner of the image display unit 6.
次に、楽曲リーチ演出が開始されてから既定の時間(例えば20秒)が経過すると、図31の(3)に示すように、画像表示部6の一部において、遊技者にボタン操作を促す演出(たとえば、ボタンの画像とともに「Push!」という文字が表示される演出)が実行される。なお、このボタン操作を促す演出(ボタン操作演出)は、画像表示部6上の演出に限らず、演出ボタン37を点滅させる等の他の演出であっても、他の演出を伴う演出であってもよい。   Next, when a predetermined time (for example, 20 seconds) has elapsed since the start of the music reach effect, the player is prompted to operate a button on a part of the image display unit 6 as shown in FIG. An effect (for example, an effect in which the characters “Push!” Are displayed together with the button image) is executed. The effect for prompting the button operation (button operation effect) is not limited to the effect on the image display unit 6, but may be other effects such as blinking the effect button 37. May be.
そして、このボタン操作演出が実行されている期間内の所定期間が、前述した操作受付期間として予め設定されている。なお、第1の実施形態の第3例では操作受付期間は、ボタン操作演出の期間と一致するものとするが、これに限られるものではない。   And the predetermined period in the period when this button operation effect is performed is preset as the operation reception period mentioned above. In the third example of the first embodiment, the operation reception period coincides with the button operation effect period, but is not limited thereto.
この操作受付期間中に遊技者による演出ボタン37の操作があった場合には、図31の(4)に示すように、付加演出が、信頼度を示唆する演出(信頼度示唆演出)に切り替わる。具体的には、楽曲リーチ演出の前面に登場したキャラクタが掲示していた楽曲の情報(例えば楽曲のタイトル)を記載した看板が、信頼度を示唆する看板に切り替え表示される。例えば、特定演出パターンの信頼度が30%である場合には、「Chance!」という文字が記載された看板に切り替わる。すなわち、画像表示部6には、付加演出に代え、信頼度示唆演出が切り替え表示される。これにより、遊技者に特別図柄抽選に当選する信頼度が報知される。なお、この信頼度示唆演出は、特定演出(楽曲リーチ演出)が終了されるまで継続して表示される。一方、操作受付期間中に遊技者による演出ボタン37の操作がなかった場合には、付加演出が継続して表示され、上記した信頼度示唆演出は実行されない。すなわち、キャラクタは楽曲の情報を記載した看板を表示し続ける。また、信頼度示唆演出の表示態様は、上記したキャラクタ画像に限られるものではなく、例えば信頼度に応じた背景色や背景柄が表示されるものとしてもよい。   When the player operates the effect button 37 during the operation reception period, the additional effect is switched to an effect suggesting reliability (reliability suggestion effect) as shown in (4) of FIG. . Specifically, a signboard describing information on a music piece (for example, the title of the music piece) posted by a character appearing in front of the music reach effect is switched to a signboard indicating reliability. For example, when the reliability of the specific effect pattern is 30%, the signboard is switched to a signboard on which characters “Chance!” Are written. That is, the image display unit 6 displays the reliability suggesting effect in place of the additional effect. As a result, the player is notified of the reliability of winning the special symbol lottery. This reliability suggestion effect is continuously displayed until the specific effect (music reach effect) is finished. On the other hand, when the player does not operate the effect button 37 during the operation reception period, the additional effect is continuously displayed, and the above-described reliability suggesting effect is not executed. That is, the character continues to display the signboard describing the music information. Further, the display mode of the reliability suggestion effect is not limited to the above-described character image, and for example, a background color or a background pattern corresponding to the reliability may be displayed.
その後、画像表示部6における特定演出(楽曲リーチ演出)が終了するタイミングが到来すると、画像表示部6には、図31の(5)に示すように、例えば可動役物7を用いて当落結果を報知する当落報知演出が実行される。なお、このとき、キャラクタの表示は終了され、すなわち、信頼度示唆演出または付加演出は終了される。そして、上記した当落報知演出が実行された後、図31の(6)に示すように、画像表示部6には、確定報知として装飾図柄DIが完全に停止表示される。   After that, when the timing for ending the specific effect (music reach effect) in the image display unit 6 is reached, the winning result is displayed on the image display unit 6 using, for example, the movable accessory 7 as shown in FIG. A winning notification effect for informing the user is executed. At this time, the display of the character is ended, that is, the reliability suggesting effect or the additional effect is ended. Then, after the above-described winning notification effect is executed, as shown in (6) of FIG. 31, the decorative symbol DI is completely stopped and displayed on the image display unit 6 as a final notification.
図32は、図31に示す演出を時系列に表したものである。上記したように、第1の実施形態の第3例において変動時間が60秒の特定演出パターンが選択された場合には、まず、画像表示部6において、変動時間t=0において、装飾図柄DIの変動演出が開始されてリーチ状態となり、変動時間t=t1(例えば10秒)において、特定演出(楽曲リーチ演出)が開始される。一方、この変動時間t=t1において、楽曲情報を告知するキャラクタが表示され(すなわち付加演出が開始され)、当該付加演出は、操作受付期間(変動時間t=t2〜t3;例えば30秒〜35秒)中に演出ボタン37が操作されるまで、あるいは、演出ボタン37が操作されない場合には楽曲リーチ演出が終了される変動時間t=t4(例えば50秒)まで継続表示される。そして、楽曲リーチ演出の実行中における操作受付期間(変動時間t=t2〜t3)中に演出ボタン37が操作されると、当該操作タイミング(変動時間t=tp)において、楽曲情報を告知していたキャラクタが信頼度を告知し(すなわち、付加演出が信頼度示唆演出に切り替わり)、当該信頼度示唆演出は、楽曲リーチ演出が終了される変動時間t=t4まで継続表示される。その後、画像表示部6において、変動時間t=t4において、当落報知演出が実行され、t=t5(例えば60秒)において、装飾図柄DIが停止表示されて当落結果が確定報知される。   FIG. 32 shows the effects shown in FIG. 31 in time series. As described above, when the specific effect pattern with the variation time of 60 seconds is selected in the third example of the first embodiment, first, in the image display unit 6, the decoration symbol DI at the variation time t = 0. The change effect is started and the reach state is reached, and the specific effect (music reach effect) is started at the change time t = t1 (for example, 10 seconds). On the other hand, at this variation time t = t1, a character notifying the music information is displayed (that is, an additional effect is started), and the additional effect is received during an operation reception period (variation time t = t2 to t3; for example, 30 seconds to 35 Second) until the effect button 37 is operated, or if the effect button 37 is not operated, the display is continued until the fluctuation time t = t4 (for example, 50 seconds) when the music reach effect is ended. When the effect button 37 is operated during the operation reception period (variation time t = t2 to t3) during execution of the music reach effect, the music information is notified at the operation timing (variation time t = tp). The character notifies the reliability (that is, the additional effect is switched to the reliability suggesting effect), and the reliability suggesting effect is continuously displayed until the fluctuation time t = t4 when the music reach effect is ended. Thereafter, in the image display unit 6, a winning notification effect is executed at a variation time t = t4, and at t = t5 (for example, 60 seconds), the decorative symbol DI is stopped and displayed and the winning result is confirmed and notified.
以上に説明したように、第1の実施形態の第3例によれば、画像表示部6に楽曲リーチ演出が実行されると、キャラクタが登場することにより楽曲リーチ演出に関する情報が告知される(つまり、付加演出が実行される)が、演出ボタン37の操作を契機に、キャラクタが告知する情報は、信頼度を示す情報に切り替わる。すなわち、付加演出は、演出ボタン37の操作を契機に、信頼度を示唆する信頼度示唆演出に切り替わる。また、この信頼度示唆演出は、楽曲リーチ演出とは別に登場するキャラクタにより実行される(すなわち、楽曲リーチ演出とは独立して実行される)ため、楽曲リーチ演出が終了するまで継続して表示することが可能となる。このため、遊技者は信頼度示唆演出を見逃すおそれがなく、信頼度の報知を遊技者に適切に行うことができる。したがって、第1の実施形態の第3例によれば、遊技者を惹きつける、より斬新な信頼度示唆演出を実行することができる。   As described above, according to the third example of the first embodiment, when the music reach effect is executed on the image display unit 6, the information about the music reach effect is notified by the appearance of the character ( In other words, when the production button 37 is operated, the information notified by the character is switched to information indicating the reliability. That is, the additional effect is switched to the reliability suggesting effect that suggests the degree of reliability with the operation of the effect button 37. In addition, since the reliability suggestion effect is executed by a character appearing separately from the music reach effect (that is, executed independently of the music reach effect), it is continuously displayed until the music reach effect ends. It becomes possible to do. For this reason, there is no possibility that the player misses the reliability suggestion effect, and the reliability can be appropriately notified to the player. Therefore, according to the third example of the first embodiment, a more novel reliability suggesting effect that attracts the player can be executed.
[第1の実施形態の第3例の変形例]
なお、上記した第1の実施形態の第3例では、図32に示すように、信頼度示唆演出は、操作受付期間内における演出ボタン37の操作を契機に(変動時間t=tpにおいて)開始されるものとした。しかし、演出ボタン37の操作に関係なく信頼度示唆演出が開始されるものとしてもよい。具体的には、図33に示すように、画像表示部6において特定演出(楽曲リーチ演出)が開始されると(t=t1において)、キャラクタが登場して楽曲リーチ演出に関する情報を告知し(すなわち、付加演出が開始され)、楽曲リーチ演出が実行されている間(t=t1〜t4)の所定タイミング(t=tb;例えば30秒)において、自動的に、キャラクタが告知する情報が信頼度を示唆する情報に切り替わる(すなわち、信頼度示唆演出に切り替わる)ものとしてもよい。
[Modification of the third example of the first embodiment]
In the third example of the first embodiment described above, as shown in FIG. 32, the reliability suggesting effect starts when the effect button 37 is operated during the operation reception period (at the variation time t = tp). It was supposed to be. However, the reliability suggesting effect may be started regardless of the operation of the effect button 37. Specifically, as shown in FIG. 33, when a specific effect (music reach effect) is started in the image display unit 6 (at t = t1), a character appears and notifies information related to the music reach effect ( In other words, the information notified by the character is automatically trusted at a predetermined timing (t = tb; for example, 30 seconds) while the music reach effect is being executed (t = t1 to t4). It is good also as what switches to the information which suggests a degree (namely, it switches to reliability suggestion production).
また、上記した第1の実施形態の第3例では、特定演出として楽曲リーチ演出が実行され、付加演出として楽曲リーチ演出において演奏される楽曲の情報が表示されるものとした。しかし、特定演出および付加演出はこれに限られるものではなく種々の演出が実行されてよい。例えば、特定演出として主人公キャラクタが敵キャラクタと対決するバトルリーチ演出が実行されるものとしてもよく、この場合、付加演出として、バトルリーチ演出における敵キャラクタの情報が表示されるものとしてもよい。このように、特定演出としては種々の演出を採用可能であり、付加演出は、特定演出に対応して付加的に実行されるものであれば、どのようなものであってもよい。   In the third example of the first embodiment described above, the music reach effect is executed as the specific effect, and the information of the music played in the music reach effect is displayed as the additional effect. However, the specific effects and the additional effects are not limited to this, and various effects may be executed. For example, a battle reach effect in which the main character confronts an enemy character may be executed as the specific effect, and in this case, information on the enemy character in the battle reach effect may be displayed as the additional effect. As described above, various effects can be adopted as the specific effects, and the additional effects may be any as long as they are additionally executed corresponding to the specific effects.
また、上記した第1の実施形態の第3例では、付加演出の一態様として表示されるキャラクタが、信頼度示唆演出の一態様としても機能するものとし、すなわち、付加演出と信頼度示唆演出は同種の演出態様によって実現されるものとした。しかし、付加演出と信頼度示唆演出は、このように同種の演出態様に限られるものではなく、それぞれが切り替えて実行されるものであれば、その演出態様はどのようなものであってもよい。例えば、キャラクタ表示によって実現された付加演出が非表示となるとともに、信頼度示唆演出として、可動役物7が動作することにより信頼度が示唆される(例えば、可動役物7の動き度合いによって信頼度が示唆される)演出が実行されるものとしてもよい。また、信頼度示唆演出としては、画像表示部6において実行される演出態様に限らず、例えばスピーカ35から出力される効果音の種類によって信頼度が示唆されるものとしてもよい。   In the third example of the first embodiment, the character displayed as one aspect of the additional effect also functions as one aspect of the reliability suggesting effect, that is, the additional effect and the reliability suggesting effect. Is realized by the same kind of production. However, the additional effect and the reliability suggestion effect are not limited to the same kind of effect mode as described above, and any effect mode may be used as long as each is switched and executed. . For example, the additional effect realized by the character display is not displayed, and the reliability is suggested as the reliability suggestion by the movement of the movable accessory 7 (for example, the reliability is determined by the degree of movement of the movable accessory 7). It is also possible to produce an effect). Further, the reliability suggesting effect is not limited to the effect mode executed in the image display unit 6, and the reliability may be suggested by the type of sound effect output from the speaker 35, for example.
また、上記した第1の実施形態の第3例では、操作受付期間中に演出ボタン37の操作がなかった場合には、信頼度示唆演出が行われないものとしたが、操作受付期間中に演出ボタン37の操作がなかった場合には、操作受付期間が経過するタイミング(変動時間t=t3)において、信頼度示唆演出が行われるものとしてもよい。   In the third example of the first embodiment described above, the reliability suggesting effect is not performed when there is no operation of the effect button 37 during the operation reception period. When there is no operation of the effect button 37, the reliability suggestion effect may be performed at the timing when the operation reception period elapses (variation time t = t3).
また、上記した第1の実施形態の第3例では、先読み予告演出を含まない報知演出において、信頼度示唆演出が実行される場合について説明した。しかし、本発明は、先読み予告演出を含む報知演出に応用されてもよい。たとえば、先読み予告に基づいて信頼度示唆演出を行う場合には、キャラクタが先読み結果に基づく信頼度を告知し、画像表示部6には、現在変動表示されている特別図柄の変動表示(当該変動)に対応する演出が行われるものとしてもよい。   Further, in the third example of the first embodiment described above, the case where the reliability suggesting effect is executed in the notification effect not including the pre-reading notice effect has been described. However, the present invention may be applied to a notification effect including a prefetch notice effect. For example, when performing the reliability suggestion effect based on the pre-reading notice, the character announces the reliability based on the pre-reading result, and the image display unit 6 displays a variation display of the special symbol currently displayed in a variable manner (the variation). ) May be performed.
[第2の実施形態]
以下では、第2の実施形態について、図34〜図43を用いて説明する。なお、第2の実施形態では、事前判定に基づく先読み対象演出が行われることを示唆する特別モード演出に関する特徴的な演出の例について説明する。
[Second Embodiment]
Below, 2nd Embodiment is described using FIGS. 34-43. In the second embodiment, an example of a characteristic effect related to a special mode effect that suggests that a prefetch target effect based on a prior determination is performed will be described.
[第2の実施形態の第1例]
まず、第2の実施形態の第1例について、図34〜図39を用いて説明する。第2の実施形態の第1例では、事前判定に基づく先読み対象演出が行われることを示唆する特別モード演出が実行され、先読み対象演出が終了してもなお、特別モード演出が継続され得る。まず、第2の実施形態の第1例における演出制御部400による演出制御処理について説明する。
[First Example of Second Embodiment]
First, the 1st example of 2nd Embodiment is demonstrated using FIGS. 34-39. In the first example of the second embodiment, a special mode effect that suggests that a prefetch target effect based on prior determination is performed is executed, and even if the prefetch target effect ends, the special mode effect can be continued. First, an effect control process by the effect control unit 400 in the first example of the second embodiment will be described.
[演出制御部による演出制御処理]
図34は、演出制御部400によって行われる演出制御処理の一例を示すフローチャートである。以下に、図34を参照して、演出制御部400によって行われる演出制御処理について説明する。演出制御部400は、電源投入時や電源断時等の特殊な場合を除く通常の動作時において、図34に示す一連の処理を一定時間(例えば4ミリ秒)毎に繰り返し実行する。なお、図34のフローチャートに基づいて説明する演出制御部400で行われる処理は、ROM402に記憶されているプログラムに基づいて実行される。また、以下の説明では、大当り遊技演出等に関する内容については、その説明を省略している。
[Production control processing by production control unit]
FIG. 34 is a flowchart showing an example of the effect control process performed by the effect control unit 400. Below, with reference to FIG. 34, the effect control process performed by the effect control part 400 is demonstrated. The production control unit 400 repeatedly executes a series of processes shown in FIG. 34 at regular time intervals (for example, 4 milliseconds) during a normal operation except for special cases such as when the power is turned on and when the power is turned off. Note that the processing performed by the effect control unit 400 described based on the flowchart of FIG. 34 is executed based on a program stored in the ROM 402. Moreover, in the following description, the description about the big hit game effect etc. is omitted.
まず、図34のステップSt101において、演出制御部400のCPU401は、メイン制御部100から保留増加コマンド(第1保留数増加コマンド又は第2保留数増加コマンド)を受信したか否かを判定する(図8のステップSi26及びSi32参照)。ステップSt101での判定がYESの場合、処理はステップSt102に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSt106に移る。   First, in step St101 of FIG. 34, the CPU 401 of the effect control unit 400 determines whether or not a hold increase command (first hold number increase command or second hold number increase command) has been received from the main control unit 100 ( (See steps Si26 and Si32 in FIG. 8). If the determination in step St101 is YES, the process proceeds to step St102, and if this determination is NO, the process proceeds to step St106.
ステップSt102において、CPU401は、保留数加算処理を実行する。具体的には、CPU401は、第1保留数増加コマンドを受信した場合、RAM403に格納されている第1特別図柄抽選の保留数を1加算し、第2保留数増加コマンドを受信した場合、RAM403に格納されている第2特別図柄抽選の保留数を1加算する。また、CPU401は、保留増加コマンドに含まれる事前判定情報を抽出し、保留増加コマンドの種別(第1保留増加コマンド又は第2保留増加コマンド)毎に、保留に対応付けてRAM403に記憶する。その後、処理はステップSt103に移る。   In step St102, the CPU 401 executes a hold number addition process. Specifically, when the CPU 401 receives the first hold number increase command, the CPU 401 adds 1 to the hold number of the first special symbol lottery stored in the RAM 403, and when it receives the second hold number increase command, the RAM 403 1 is added to the number of reserves for the second special symbol lottery stored in. Further, the CPU 401 extracts pre-determination information included in the hold increase command, and stores it in the RAM 403 in association with the hold for each type of hold increase command (first hold increase command or second hold increase command). Thereafter, the process proceeds to step St103.
ステップSt103において、CPU401は、保留表示処理を実行する。具体的には、CPU401は、第1保留数増加コマンドを受信した場合、画像音響制御部500に指示して画像表示部6に第1特別図柄抽選の保留数を示す保留画像を1つ増加表示させる。同様に、CPU401は、第2保留数増加コマンドを受信した場合、画像音響制御部500に指示して画像表示部6に第2特別図柄抽選の保留数を示す保留画像を1つ増加表示させる。なお、前述したように、この保留増加コマンドには、特別図柄抽選の結果を示す事前判定情報が含まれている。従って、ステップSt103において、CPU401は、事前判定情報に基づいて、例えば、特別図柄抽選に対する当選の期待度(信頼度)を示唆するように保留表示の態様を変化させる先読み保留予告演出を実行してもよい。その後、処理はステップSt104に移る。   In step St103, the CPU 401 executes a hold display process. Specifically, when the CPU 401 receives the first hold number increase command, the CPU 401 instructs the image sound control unit 500 to display one hold image indicating the hold number of the first special symbol lottery on the image display unit 6. Let Similarly, when the CPU 401 receives the second hold number increase command, the CPU 401 instructs the image sound control unit 500 to display the hold image indicating the hold number of the second special symbol lottery on the image display unit 6 by one. As described above, this pending increase command includes pre-determination information indicating the result of the special symbol lottery. Accordingly, in step St103, the CPU 401 executes, based on the prior determination information, for example, a prefetch hold notice effect that changes the manner of hold display so as to suggest the expectation degree (reliability) of the winning for the special symbol lottery. Also good. Thereafter, the process proceeds to step St104.
ステップSt104において、CPU401は、先読み対象演出を実行するか否かを判定する。ここで、先読み対象演出とは、RAM403に記憶されている事前判定情報に対応する保留が消化される(当該事前判定情報に基づく判定結果が報知される)際に行われる報知演出として事前に決定される演出のことをいう。例えば、CPU401は、RAM403に記憶されている特別図柄抽選の保留数が1以上であるか否かを判定して1以上であると判定した場合、直近のステップSt102の処理でRAM403に記憶された事前判定情報(最新に記憶された事前判定情報)に基づいて、先読み対象演出を実行するか否かを判定する。なお、第2の実施形態の第1例においては、CPU401は、RAM403に既に記憶されている特別図柄抽選の保留の中に、先読み対象演出を実行すると判定された保留がある場合には、先読み対象演出を実行しないと判定し、さらに、後述する特別モード演出が実行されている場合においても、先読み対象演出を実行しないと判定するものとする。ステップSt104での判定がYESの場合、処理はステップSt105に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSt106に移る。   In step St104, the CPU 401 determines whether or not to execute the prefetch target effect. Here, the prefetch target effect is determined in advance as a notification effect to be performed when a hold corresponding to the preliminary determination information stored in the RAM 403 is digested (a determination result based on the preliminary determination information is notified). It refers to the production that is performed. For example, if the CPU 401 determines whether or not the number of special symbol lotteries held in the RAM 403 is 1 or more and determines that the number is 1 or more, the CPU 401 stores it in the RAM 403 in the process of the last step St102. Based on the prior determination information (preliminary determination information stored in the latest), it is determined whether or not to execute the prefetch target effect. In the first example of the second embodiment, the CPU 401 pre-reads when there is a hold determined to execute the pre-read target effect in the special symbol lottery hold already stored in the RAM 403. It is determined that the target effect is not executed, and it is further determined that the prefetch target effect is not executed even when a special mode effect described later is executed. If the determination in step St104 is YES, the process proceeds to step St105, and if this determination is NO, the process proceeds to step St106.
ステップSt105において、CPU401は、特別モード対象回数を設定する。ここで、特別モード対象回数とは、図37を用いて後述する特別モード演出が実行される変動回数(特別図柄の変動回数)を示すものであり、特別モード演出とは、ステップSt104で決定された先読み対象演出が行われることを示唆するために、図37を用いて後述する背景画像BIとして特別モードを示す画像が表示される演出を示す。以下、このステップSt105の処理について図35を用いて具体的に説明する。   In step St105, the CPU 401 sets the special mode target number. Here, the special mode target number indicates the number of changes (special symbol change number) in which a special mode effect, which will be described later with reference to FIG. 37, is executed. The special mode effect is determined in step St104. In order to suggest that the pre-reading target effect is performed, an effect in which an image indicating the special mode is displayed as a background image BI described later with reference to FIG. Hereinafter, the process of step St105 will be specifically described with reference to FIG.
図35は、ステップSt105の詳細フローチャートの一例である。まず、図35のステップSt120において、CPU401は、ステップSt104で先読み対象演出を実行すると判定された対象保留(最新に記憶された事前判定情報に対応する保留)の報知演出において行われる演出(先読み対象演出)の内容を決定する。以下、具体例を用いて説明する。具体例として、RAM403には、第1特別図柄抽選の1つの保留(以下、先に消化される順に、第1保留、第2保留、…ということにする)に対応する事前判定情報が記憶されており、第1特別図柄抽選の保留(第2保留)が新たに発生し、第2保留に対する事前判定情報がRAM403に記憶されたものとする。このとき、CPU401は、対象保留である第2保留に対する演出として実行される先読み対象演出の内容(すなわち演出パターン)を決定する。その後、処理はステップSt121に移る。   FIG. 35 is an example of a detailed flowchart of step St105. First, in step St120 of FIG. 35, the CPU 401 performs the effect (prefetch target) performed in the notification effect of the target hold (hold corresponding to the latest stored pre-determination information) determined to execute the prefetch target effect in step St104. The content of the production) is determined. Hereinafter, a specific example will be described. As a specific example, the RAM 403 stores pre-determination information corresponding to one hold of the first special symbol lottery (hereinafter referred to as a first hold, a second hold,... In the order of digestion). It is assumed that the first special symbol lottery hold (second hold) is newly generated, and the advance determination information for the second hold is stored in the RAM 403. At this time, the CPU 401 determines the content of the prefetch target effect (ie, the effect pattern) that is executed as the effect for the second hold that is the target hold. Thereafter, the process proceeds to step St121.
ステップSt121において、CPU401は、ステップSt120で決定された先読み対象演出が図38を用いて後述する高信頼度演出であるか否かを判定する。ステップSt121での判定がYESの場合、処理はステップSt122に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSt123に移る。   In step St121, the CPU 401 determines whether or not the prefetch target effect determined in step St120 is a high reliability effect described later with reference to FIG. If the determination in step St121 is YES, the process proceeds to step St122. If this determination is NO, the process proceeds to step St123.
ステップSt122において、CPU401は、特別モード対象回数を対象保留までの変動回数に設定する。具体的には、CPU401は、特別モード対象回数として、次に消化される第1保留から、対象保留(第2保留)までの変動回数である2回に設定し、RAM403に記憶する。その後、処理は図34のステップSt106に移る。   In step St <b> 122, the CPU 401 sets the special mode target number of times to the number of fluctuations until the target suspension. Specifically, the CPU 401 sets the special mode target number of times to two, which is the number of fluctuations from the first hold to be digested next to the target hold (second hold), and stores it in the RAM 403. Thereafter, the process proceeds to step St106 in FIG.
一方、ステップSt123において、CPU401は、ステップSt120で決定された対象保留の演出が図39を用いて後述する中信頼度演出であるか否かを判定する。ステップSt123での判定がYESの場合、処理はステップSt124に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSt125に移る。   On the other hand, in step St123, the CPU 401 determines whether or not the target holding effect determined in step St120 is a medium reliability effect described later with reference to FIG. If the determination in step St123 is YES, the process proceeds to step St124. If this determination is NO, the process proceeds to step St125.
ステップSt124において、CPU401は、特別モード対象回数を対象保留以降までの所定回数に設定する。具体的には、CPU401は、特別モード対象回数として、次に消化される第1保留から、対象保留(第2保留)以降までの所定の変動回数として抽選により例えば5回に設定し、RAM403に記憶する。なお、この所定の変動回数としては、どのような値が抽選されるものとしてもよいが、少なくとも最大保留数に対応させて4回以上としておくのが好ましい。その後、処理は図34のステップSt106に移る。   In step St <b> 124, the CPU 401 sets the special mode target number of times to a predetermined number of times after the target hold. Specifically, the CPU 401 sets, for example, five times by lottery as a predetermined number of fluctuations from the first hold to be digested next to the target hold (second hold) or later as the special mode target number, and stores it in the RAM 403. Remember. Note that any value may be selected as the predetermined number of fluctuations, but it is preferable to set the number to four or more in correspondence with at least the maximum number of reservations. Thereafter, the process proceeds to step St106 in FIG.
ステップSt125において、CPU401は、特別モード対象回数を設定しない。その後、処理は図34のステップSt106に移る。   In step St125, the CPU 401 does not set the special mode target count. Thereafter, the process proceeds to step St106 in FIG.
図34のステップSt106において、CPU401は、メイン制御部100から送信された報知演出開始コマンドを受信したか否かを判定する。ステップSt106での判定がYESの場合、処理はステップSt107に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSt114に移る。   In step St106 of FIG. 34, the CPU 401 determines whether or not a notification effect start command transmitted from the main control unit 100 has been received. If the determination in step St106 is YES, the process proceeds to step St107, and if this determination is NO, the process proceeds to step St114.
ステップSt107において、CPU401は、ステップSt106で受信した報知演出開始コマンドを解析する。つまり、報知演出開始コマンドに含まれる設定情報を取得する。その後、処理はステップSt108に移る。   In step St107, the CPU 401 analyzes the notification effect start command received in step St106. That is, the setting information included in the notification effect start command is acquired. Thereafter, the process proceeds to step St108.
ステップSt108において、CPU401は、今回の特別図柄の変動がRAM403に記憶された特別モード対象回数内の変動であるか否かを判定する。ステップSt108での判定がYESの場合、処理はステップSt109に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSt110に移る。   In step St <b> 108, the CPU 401 determines whether or not the current special symbol variation is within the special mode target count stored in the RAM 403. If the determination in step St108 is YES, the process proceeds to step St109, and if this determination is NO, the process proceeds to step St110.
ステップSt109において、CPU401は、図37を用いて後述する背景画像BIとして特別モードを示す背景画像に設定する。その後、処理はステップSt111に移る。   In step St109, the CPU 401 sets a background image indicating a special mode as a background image BI described later with reference to FIG. Thereafter, the process proceeds to step St111.
ステップSt110において、CPU401は、図37を用いて後述する背景画像BIとして通常モードを示す背景画像に設定する。その後、処理はステップSt111に移る。   In step St110, the CPU 401 sets a background image indicating the normal mode as a background image BI described later with reference to FIG. Thereafter, the process proceeds to step St111.
ステップSt111において、CPU401は、ステップSt107で解析した報知演出開始コマンドに基づいて実行されるべき報知演出が、図35に示すステップSt120での先読み対象演出の実行対象であるか否かを判定する。上記した具体例でいえば、CPU401は、今回の特別図柄の変動が上記した第2保留(対象保留)に対する変動であるか否かを判定する。ステップSt111での判定がYESの場合、処理はステップSt112に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSt113に移る。   In step St111, the CPU 401 determines whether or not the notification effect to be executed based on the notification effect start command analyzed in step St107 is the execution target of the prefetch target effect in step St120 shown in FIG. In the specific example described above, the CPU 401 determines whether or not the current special symbol variation is a variation relative to the above-described second suspension (target suspension). If the determination in step St111 is YES, the process proceeds to step St112. If this determination is NO, the process proceeds to step St113.
ステップSt112において、CPU401は、画像音響制御部500等に指示して、背景画像BIとして、ステップSt109で設定された特別モードを示す画像またはステップSt110で設定された通常モードを示す画像を表示する。また、CPU401は、ステップSt120で決定した先読み対象演出の内容(すなわち、演出パターン)に基づいて、先読み対象演出の報知演出を画像音響制御部500等に指示して実行する。そして、一連の演出制御処理を終了する。   In step St112, the CPU 401 instructs the image sound control unit 500 or the like to display an image indicating the special mode set in step St109 or an image indicating the normal mode set in step St110 as the background image BI. Further, the CPU 401 instructs the image sound control unit 500 to execute a notification effect of the prefetch target effect based on the content (ie, the effect pattern) of the prefetch target effect determined in step St120. And a series of effect control processing is complete | finished.
ステップSt113において、CPU401は、画像音響制御部500等に指示して、背景画像BIとして、ステップSt109で設定された特別モードを示す画像またはステップSt110で設定された通常モードを示す画像を表示する。また、ステップSt107で取得した設定情報の条件(大当りしたか否かの条件、報知演出実行時間の条件及びリーチ演出を実行するか否かの条件等)を満たす多数の報知演出のうち、背景画像BIが示すモード(通常モードまたは特別モード)に対応した演出パターンから抽選等によって実行する演出パターンを決定し、報知演出を画像音響制御部500等に指示して実行する。そして、一連の演出制御処理を終了する。   In step St113, the CPU 401 instructs the image sound control unit 500 or the like to display an image indicating the special mode set in step St109 or an image indicating the normal mode set in step St110 as the background image BI. In addition, among the many notification effects that satisfy the conditions of the setting information acquired in step St107 (the condition whether or not a big hit, the condition of the notification effect execution time, the condition of whether or not to execute the reach effect, etc.), the background image An effect pattern to be executed is determined by lottery or the like from an effect pattern corresponding to the mode indicated by the BI (normal mode or special mode), and the notification effect is instructed to the image sound control unit 500 or the like. And a series of effect control processing is complete | finished.
ステップSt114において、CPU401は、メイン制御部100から送信された報知演出停止コマンドを受信したか否かを判定する。ステップSt114での判定がYESの場合、処理はステップSt115に移り、この判定がNOの場合、そして、一連の演出制御処理を終了する。   In step St <b> 114, the CPU 401 determines whether a notification effect stop command transmitted from the main control unit 100 has been received. If the determination in step St114 is YES, the process proceeds to step St115. If this determination is NO, the series of effect control processes ends.
ステップSt115において、CPU401は、ステップSt112又はSt113の処理で実行開始した報知演出を終了して、特別図柄抽選の結果を演出的に報知する。その後、処理はステップSt116に移る。   In step St115, the CPU 401 ends the notification effect started to be executed in the process of step St112 or St113, and effectively notifies the result of the special symbol lottery. Thereafter, the process proceeds to step St116.
ステップSt116において、CPU401は、保留数減算処理を実行する。具体的には、CPU401は、報知演出開始コマンドの設定情報に含まれている第1特別図柄抽選及び第2特別図柄抽選の何れが実行されたかを示す情報が、第1特別図柄抽選が実行されたことを示す場合、RAM403に格納されている第1特別図柄抽選の保留数を1減算し、第2特別図柄抽選が実行されたことを示す場合、RAM403に格納されている第2特別図柄抽選の保留数を1減算する。その後、処理はステップSt117に移る。   In step St116, the CPU 401 executes a hold number subtraction process. Specifically, the CPU 401 executes the first special symbol lottery as information indicating which one of the first special symbol lottery and the second special symbol lottery included in the setting information of the notification effect start command is executed. 1 is subtracted from the holding number of the first special symbol lottery stored in the RAM 403, and when the second special symbol lottery is executed, the second special symbol lottery stored in the RAM 403 is displayed. Subtract 1 from the number of holds. Thereafter, the process proceeds to step St117.
ステップSt117において、CPU401は、保留表示処理を実行する。具体的には、CPU401は、報知演出開始コマンドの設定情報に含まれている第1特別図柄抽選及び第2特別図柄抽選の何れが実行されたかを示す情報が、第1特別図柄抽選が実行されたことを示す場合、画像音響制御部500に指示して画像表示部6に最も早く表示されている第1特別図柄抽選の保留数を示す保留画像(例えば、現在特別図柄の変動表示中であることを示す保留画像)を1つ消化(削除)させる。なお、その他の保留画像が表示されている場合には、ステップSt112又はSt113で報知演出を開始する際に、それらの保留画像を順次移動させる。同様に、CPU401は、報知演出開始コマンドの設定情報に含まれている第1特別図柄抽選及び第2特別図柄抽選の何れが実行されたかを示す情報が第2特別図柄抽選が実行されたことを示す場合、画像音響制御部500に指示して画像表示部6に最も早く表示されている第2特別図柄抽選の保留数を示す保留画像を1つ消化(削除)させる。なお、その他の保留画像が表示されている場合には、ステップSt112又はSt113で報知演出を開始する際に、それらの保留画像を順次移動させる。そして、一連の演出制御処理を終了する。   In step St117, the CPU 401 executes a hold display process. Specifically, the CPU 401 executes the first special symbol lottery as information indicating which one of the first special symbol lottery and the second special symbol lottery included in the setting information of the notification effect start command is executed. If this is the case, the image sound control unit 500 is instructed to display the hold image indicating the number of hold of the first special symbol lottery displayed on the image display unit 6 earliest (for example, the variable display of the special symbol is currently being displayed. One reserved image) is digested (deleted). When other reserved images are displayed, the reserved images are sequentially moved when the notification effect is started in step St112 or St113. Similarly, the CPU 401 indicates that information indicating which of the first special symbol lottery and the second special symbol lottery included in the setting information of the notification effect start command has been executed is that the second special symbol lottery has been executed. In the case of showing, the image sound control unit 500 is instructed to digest (delete) one reserved image indicating the number of the second special symbol lottery that is displayed earliest on the image display unit 6. When other reserved images are displayed, the reserved images are sequentially moved when the notification effect is started in step St112 or St113. And a series of effect control processing is complete | finished.
[特徴的動作]
次に、以上にフローチャートを用いて説明した第2の実施形態の第1例による特徴的動作について、図36〜図39を用いて具体的に説明する。図36は、報知演出と保留表示の概要について説明するための図であり、図37は、第2の実施形態の第1例におけるモード演出について説明するための図であり、図38、図39は、画像表示部6に表示される演出の一例である、先読みに基づくモード移行演出を説明するための図であり、図38は、先読みに基づいて高信頼度演出が実行される場合のモード移行演出を表し、図39は、先読みに基づいて中信頼度演出が実行される場合のモード移行演出を表す。
[Characteristic operation]
Next, the characteristic operation according to the first example of the second embodiment described above using the flowchart will be specifically described with reference to FIGS. FIG. 36 is a diagram for explaining the outline of the notification effect and the hold display, and FIG. 37 is a diagram for explaining the mode effect in the first example of the second embodiment, and FIGS. 38 and 39. FIG. 38 is a diagram for explaining a mode transition effect based on prefetching, which is an example of an effect displayed on the image display unit 6, and FIG. 38 illustrates a mode in which a high reliability effect is executed based on the prefetching. FIG. 39 shows a mode transition effect when a medium reliability effect is executed based on prefetching.
[第2の実施形態の第1例における報知演出と保留表示の概要]
まず、図36を用いて、パチンコ遊技機1において行われる報知演出(装飾図柄の変動表示演出)、および保留表示の概要について説明する。なお、以下では、特別図柄抽選として第1特別図柄抽選が行われて、保留画像として第1特別図柄抽選が保留されていることを示す画像が表示される場合を例に説明するが、特別図柄抽選として第2特別図柄抽選が行われる場合も同様である。
[Outline of Notification Effect and Hold Display in First Example of Second Embodiment]
First, with reference to FIG. 36, an outline of a notification effect (decorative display effect display of decorative symbols) and a hold display performed in the pachinko gaming machine 1 will be described. In the following, a case where the first special symbol lottery is performed as the special symbol lottery and an image indicating that the first special symbol lottery is suspended is displayed as the reserved image will be described as an example. The same applies when the second special symbol lottery is performed as the lottery.
図36の(1)に示すように、画像表示部6には、装飾図柄DI(DIL、DIR、DIC)、保留画像RI(RI0〜RI4)、ステージST(ST0〜ST4)、背景画像BIが表示される。装飾図柄DIは、3つの装飾図柄DIL、DIR、DICから構成されて特別図柄の変動表示に応じて変動表示される。具体的には、左に配された左装飾図柄DILが最初に変動表示された後に仮停止され、次に右に配された右装飾図柄DIRが変動表示された後に仮停止され、最後に中央に配された中装飾図柄DICが仮停止表示された後に、3つの装飾図柄DIL、DIR、DICが完全に停止表示される。なお、仮停止とは、装飾図柄DIの変動が停止したと遊技者が認識できる態様で停止されることをいい、完全に停止しているわけではなく、例えば、上下に僅かに変動した状態で表示される。これにより、特別図柄が未だ変動中であることが示される。また、図36〜図39の図面では、変動中または仮停止中の装飾図柄DIを点線で表示し、完全に停止(本停止)した装飾図柄DIを実線で表示している。また、装飾図柄DIには、いわゆる出目と呼ばれる、3つ揃う(或いは、特定のパターンに一致する)ことで大当りを報知可能な数字図柄が描かれており、3つの装飾図柄DIが停止表示されることで当落結果(大当りか否か)が報知される(図36の(2)参照)。また、各装飾図柄DIの表示領域上での表示位置は変更されてもよく、また、各装飾図柄DIは上下方向に並んで配置されてもよいし、斜め方向に並んで配置されてもよい。また、第2の実施形態の第1例では、出目として数字図柄を用いることとしたが、数字図柄以外に、文字図柄やキャラクタ図柄などの他の図柄を用いてもよいし、このような他の図柄を交えて用いてもよい。   As shown in (1) of FIG. 36, the image display unit 6 includes a decorative pattern DI (DIL, DIR, DIC), a reserved image RI (RI0 to RI4), a stage ST (ST0 to ST4), and a background image BI. Is displayed. The decorative symbol DI is composed of three decorative symbols DIL, DIR, and DIC, and is variably displayed according to the variation display of the special symbol. Specifically, the left decorative symbol DIL arranged on the left is temporarily displayed after being variably displayed, and then temporarily suspended after the right decorative symbol DIR arranged on the right is variably displayed. After the medium decorative symbol DIC arranged on the display is temporarily stopped, the three decorative symbols DIL, DIR, and DIC are completely stopped and displayed. The temporary stop means that the player can recognize that the variation of the decorative symbol DI has stopped, and is not completely stopped. For example, in a state in which the decoration symbol DI slightly fluctuates up and down. Is displayed. This indicates that the special symbol is still changing. Also, in the drawings of FIGS. 36 to 39, the decorative symbols DI that are changing or temporarily stopped are displayed with dotted lines, and the decorative symbols DI that are completely stopped (mainly stopped) are displayed with solid lines. In addition, the decorative symbol DI is a so-called “diet”, a number symbol that can be notified of a big hit by aligning three (or matching a specific pattern), and the three decorative symbols DI are stopped and displayed. As a result, the winning result (whether it is a big hit) is reported (see (2) in FIG. 36). Further, the display position of each decorative design DI on the display area may be changed, and each decorative design DI may be arranged side by side in the vertical direction or may be arranged side by side in the oblique direction. . Further, in the first example of the second embodiment, the numeric design is used as the outcome, but other designs such as a character design and a character design may be used in addition to the numeric design. You may use it with other designs.
保留画像RIは、遊技者に第1特別図柄抽選が保留されている数を示すための画像である。また、画像表示部6には、保留画像RIがそれぞれ表示される位置となる複数のステージSTが設けられる。図36に示した一例では、画像表示部6の表示画面下部領域に左右方向にそれぞれ列設された複数のステージST(ST0〜ST4)の上方となる位置に、第1特別図柄抽選が保留されている回数それぞれに対応する保留画像RI(RI0〜RI4)が表示される。なお、第2の実施形態の第1例においては、保留画像RIは、第1特別図柄抽選における特別図柄の変動が終了するまで表示される。すなわち、第1特別図柄抽選が保留されている回数に応じた数の保留画像RI1〜RI4に加えて、現在特別図柄の変動表示中の保留画像RI0(以下、第0保留画像RI0ともいう)が画像表示部6に表示されることになる。   The reserved image RI is an image for indicating the number of the first special symbol lottery held by the player. In addition, the image display unit 6 is provided with a plurality of stages ST that are positions where the reserved images RI are respectively displayed. In the example shown in FIG. 36, the first special symbol lottery is held at a position above a plurality of stages ST (ST0 to ST4) respectively arranged in the left and right direction in the lower area of the display screen of the image display unit 6. The reserved images RI (RI0 to RI4) corresponding to the number of times the image is displayed are displayed. In the first example of the second embodiment, the reserved image RI is displayed until the variation of the special symbol in the first special symbol lottery is completed. That is, in addition to the number of reserved images RI1 to RI4 corresponding to the number of times that the first special symbol lottery is reserved, the reserved image RI0 (hereinafter also referred to as the 0th reserved image RI0) that is currently displayed in a variable manner is displayed. It is displayed on the image display unit 6.
一例として、図36の(1)に示すように、列設された複数のステージSTの一方の端(右端)に配置されているステージST0には、現時点において第1特別図柄抽選における特別図柄の変動中となっている第0保留画像RI0が表示される。また、ステージST0の隣(左隣)に配置されているステージST1には、第1特別図柄抽選が保留されており、次に第1特別図柄抽選が行われる予定となっている保留(以下、第1保留という)に対応する保留画像RI1(以下、第1保留画像RI1ともいう)が表示される。また、ステージST1の隣(左隣)に配置されているステージST2には、現時点では第1特別図柄抽選が保留されており、上記第1保留の次に第1特別図柄抽選が行われる予定となっている保留(以下、第2保留という)に対応する保留画像RI2(以下、第2保留画像RI2ともいう)が表示される。また、ステージST2の隣(左隣)に配置されているステージST3には、現時点では第1特別図柄抽選が保留されており、上記第2保留の次に第1特別図柄抽選が行われる予定となっている保留(以下、第3保留という)に対応する保留画像RI3(以下、第3保留画像RI3ともいう)が表示される。また、ステージST3の隣(左隣)に配置されているステージST4には、現時点では第1特別図柄抽選が保留されており、上記第3保留の次に第1特別図柄抽選が行われる予定となっている保留(以下、第4保留という)に対応する保留画像RI4(以下、第4保留画像RI4ともいう)が表示される。なお、第1特別図柄抽選を保留可能な最大回数が4回である場合、第4保留画像RI4が表示されるステージST4が、列設された複数のステージの他方の端(左端)に配置されることになる。   As an example, as shown in (1) of FIG. 36, a stage ST0 arranged at one end (right end) of a plurality of stages ST arranged in line has a special symbol in the first special symbol lottery at the present time. The 0th reserved image RI0 that is changing is displayed. In addition, the stage ST1 arranged next to the stage ST0 (next to the left) holds the first special symbol lottery, and then holds the first special symbol lottery (hereinafter, A reserved image RI1 (hereinafter also referred to as a first reserved image RI1) corresponding to the first reserved image is displayed. In addition, at stage ST2 arranged next to stage ST1 (next to the left), the first special symbol lottery is currently reserved, and the first special symbol lottery is scheduled to be performed next to the first hold. A hold image RI2 (hereinafter also referred to as a second hold image RI2) corresponding to the hold (hereinafter referred to as a second hold) is displayed. In addition, at stage ST3 arranged next to stage ST2 (left adjacent), the first special symbol lottery is currently reserved, and the first special symbol lottery is scheduled to be performed next to the second hold. A hold image RI3 (hereinafter also referred to as a third hold image RI3) corresponding to the hold (hereinafter referred to as a third hold) is displayed. In addition, at stage ST4 arranged next to stage ST3 (next to the left), the first special symbol lottery is currently held, and the first special symbol lottery is scheduled to be performed next to the third hold. A hold image RI4 (hereinafter also referred to as a fourth hold image RI4) corresponding to the hold (hereinafter referred to as a fourth hold) is displayed. When the maximum number of times that the first special symbol lottery can be held is four, the stage ST4 on which the fourth reserved image RI4 is displayed is arranged at the other end (left end) of the plurality of stages arranged in a row. Will be.
複数のステージSTにそれぞれ表示された保留画像RIは、第1特別図柄抽選が終了するごとに、順次表示位置(すなわち、ステージST)を変更する。具体的には、図36の(2)に示すように、現在の特別図柄の変動表示が終了すると(装飾図柄DIの変動表示が完全に停止すると)、図36の(3)に示すように、ステージST0に表示されていた、現在の特別図柄の変動表示に対応する保留画像RI0は、表示画面外へ移動したり、ステージST0から消滅したりすることによって、当該表示画面上から消える。そして、ステージST1に表示されていた保留画像RI1は、ステージST1からステージST0へ移動する。同様に、ステージST2〜ST4に表示されていた保留画像RI2〜RI4は、それぞれステージST2〜ST4からステージST1〜ST3へ移動する。このように、保留画像RIは、第1特別図柄抽選の保留が消化されるごとに、順次ステージSTを移動していく。   The hold images RI respectively displayed on the plurality of stages ST are sequentially changed in display position (ie, stage ST) every time the first special symbol lottery is completed. Specifically, as shown in (2) of FIG. 36, when the current special symbol variation display ends (when the decorative symbol DI variation display stops completely), as shown in FIG. 36 (3). The reserved image RI0 displayed on the stage ST0 and corresponding to the current special symbol fluctuation display disappears from the display screen by moving out of the display screen or disappearing from the stage ST0. Then, the reserved image RI1 displayed on the stage ST1 moves from the stage ST1 to the stage ST0. Similarly, the reserved images RI2 to RI4 displayed on the stages ST2 to ST4 move from the stages ST2 to ST4 to the stages ST1 to ST3, respectively. In this way, the hold image RI sequentially moves on the stage ST every time the hold of the first special symbol lottery is digested.
ところで、前述したように、第2の実施形態の第1例では、第1特別図柄抽選の保留に対する抽選結果が、第1特別図柄抽選における図柄変動が開始されるよりも前にメイン制御部100から演出制御部400に通知される。つまり、例えば第2保留画像RI2がステージST0へ移動して第1特別図柄抽選における特別図柄の変動が開始されるよりも前に、例えば、第2保留が発生した時点で、第2保留に対する第1特別図柄抽選の抽選結果が判明する。したがって、例えば、第1特別図柄抽選において当選する信頼度が相対的に高い保留が存在することを、前もって遊技者に期待させることができる。なお、上記信頼度は、保留されている第1特別図柄抽選が当選する確率が高いことを示すものであり、第1特別図柄抽選に必ず当選することを示すものでなくてもよい。   By the way, as described above, in the first example of the second embodiment, the main control unit 100 determines that the lottery result for the suspension of the first special symbol lottery is before the symbol variation in the first special symbol lottery is started. To the production control unit 400. That is, for example, when the second hold occurs before the second reserved image RI2 moves to the stage ST0 and the change of the special symbol in the first special symbol lottery is started, for example, The lottery result of 1 special symbol lottery is revealed. Therefore, for example, it is possible to make the player expect in advance that there is a hold with a relatively high reliability for winning in the first special symbol lottery. In addition, the said reliability shows that the probability with which the 1st special symbol lottery on hold is won is high, and does not necessarily indicate that the 1st special symbol lottery is won.
[第2の実施形態の第1例におけるモード演出の概要]
次に、第2の実施形態の第1例における背景画像BIについて説明する。背景画像BIは、上記した装飾図柄DIや保留画像RIの背景に表示される画像であり、第2の実施形態の第1例においては、モード演出の一表示態様として機能する。ここで、第2の実施形態の第1例では、モード演出として通常モード演出(図37の(A)参照)と特別モード演出(図37の(B)参照)の少なくとも2種類のモード演出が用意されており、特別モード演出が実行されている場合には、特別図柄抽選に当選する信頼度が相対的に高い保留が存在すること、または、現在特別図柄の変動表示中の保留が特別図柄抽選に当選する信頼度が相対的に高いことが示唆される。
[Outline of Mode Effect in First Example of Second Embodiment]
Next, the background image BI in the first example of the second embodiment will be described. The background image BI is an image displayed on the background of the above-described decorative design DI and the reserved image RI, and functions as one display mode of the mode effect in the first example of the second embodiment. Here, in the first example of the second embodiment, there are at least two types of mode effects, a normal mode effect (see FIG. 37A) and a special mode effect (see FIG. 37B) as mode effects. If there is a special mode effect, and there is a hold with a relatively high degree of reliability to win the special symbol lottery, or there is a special symbol that is currently on hold during the variable symbol display. It is suggested that the reliability of winning the lottery is relatively high.
[第2の実施形態の第1例におけるモード移行演出の概要]
次に、図38、図39を用いて第2の実施形態の第1例におけるモード移行演出の概要について説明する。第2の実施形態の第1例において、例えば、第0保留画像に対する報知演出(装飾図柄の変動表示)が実行されているときに第2保留が発生し、当該保留が発生した時点で、第2保留の第1特別図柄抽選の抽選結果が判明し、その結果がメイン制御部100から演出制御部400に通知されたものとする。この場合、演出制御部400は、この事前に判定される抽選結果に基づいてこれから実行する演出を制御する。例えば、演出制御部400は、この事前に判定される抽選結果に基づいて、図38に示すような高信頼度演出を実行し、あるいは、図39に示すような中信頼度演出を実行する。なお、以下では、上記した事前の判定を先読みといい、この先読みによる抽選結果を先読み結果といい、先読み結果に基づく演出を先読み対象演出ということがある。また、図38、図39では、先読み対象演出を実行すると判定された対象保留(第2保留)を示す第2保留画像RI2を、他の保留を示す保留画像と区別するため、黒塗りで表示している。
[Outline of Mode Transition Effect in First Example of Second Embodiment]
Next, the outline of the mode transition effect in the first example of the second embodiment will be described with reference to FIGS. 38 and 39. In the first example of the second embodiment, for example, the second hold occurs when the notification effect (decorative display of decorative symbols) is executed on the 0th hold image, and when the hold occurs, It is assumed that the lottery result of the 2nd reserved first special symbol lottery is found and the result is notified from the main control unit 100 to the effect control unit 400. In this case, the production control unit 400 controls the production to be executed based on the lottery result determined in advance. For example, the effect control unit 400 executes a high reliability effect as shown in FIG. 38 or a medium reliability effect as shown in FIG. 39 based on the lottery result determined in advance. In the following, the above-described prior determination is referred to as prefetching, the lottery result based on this prefetching is referred to as prefetching result, and an effect based on the prefetching result may be referred to as prefetching target effect. In FIGS. 38 and 39, the second hold image RI2 indicating the target hold (second hold) determined to execute the prefetch target effect is displayed in black to distinguish it from the hold images indicating other holds. doing.
まず、図38を用いて、先読み結果に基づいて高信頼度演出が実行される場合のモード移行演出について説明する。図38の(1)に示すように、第0保留画像RI0に対する特別図柄の変動表示(以下、単に変動表示ということがある)が実行されているときに、第1始動口25aに遊技球が2つ入球して第2保留、第3保留が発生し、第2保留画像RI2、第3保留画像RI3がステージST3の上に表示されたものとする。このとき、演出制御部400は、メイン制御部100から事前に第2保留、第3保留に対する第1特別図柄抽選の結果を通知され、先読み結果に基づいて先読み演出を制御する。具体的には、演出制御部400は、先読み結果に基づいて、第2保留の第1特別図柄抽選に当選する信頼度が相対的に高いことを示唆する高信頼度演出を制御する。   First, the mode transition effect in the case where the high reliability effect is executed based on the prefetch result will be described with reference to FIG. As shown in (1) of FIG. 38, when a special symbol variation display (hereinafter, simply referred to as variation display) for the 0th reserved image RI0 is being executed, a game ball is placed in the first start opening 25a. It is assumed that the second hold and the third hold are generated by entering two balls, and the second hold image RI2 and the third hold image RI3 are displayed on the stage ST3. At this time, the effect control unit 400 is notified in advance of the result of the first special symbol lottery for the second hold and the third hold by the main control unit 100, and controls the prefetch effect based on the prefetch result. Specifically, the production control unit 400 controls a high-reliability production that suggests that the reliability of winning the first special symbol lottery with the second hold is relatively high based on the pre-read result.
このとき、先読み演出を実行すると判定された第2保留が発生したときに既に実行されている第0保留画像RI0に対する変動表示においては、図38の(2)に示すように、変更されることなくそのまま続行され、例えば、装飾図柄DIが「1」「4」「6」のハズレ図柄で停止表示される。   At this time, in the variable display for the 0th reserved image RI0 that is already executed when the second hold determined to execute the pre-reading effect is generated, as shown in (2) of FIG. For example, the decorative symbols DI are stopped and displayed with the lost symbols “1”, “4”, and “6”.
次の変動表示である第1保留に対する変動表示においては、先読み結果に基づいて、先読み対象演出に紐付く演出が実行される。具体的には、図38の(3)に示すように、背景画像BIが、通常モードを示す背景画像から特別モードを示す背景画像に切り替えられる演出(モード移行演出)が実行される。このように、特別モード演出が実行されることにより、当該変動(第1保留に対する変動表示)以降に第1特別図柄抽選に当選する信頼度が相対的に高い保留(具体的には第2保留)が存在することが示唆される。   In the variable display for the first hold, which is the next variable display, an effect associated with the prefetch target effect is executed based on the prefetch result. Specifically, as shown in (3) of FIG. 38, an effect (mode transition effect) is performed in which the background image BI is switched from the background image indicating the normal mode to the background image indicating the special mode. As described above, when the special mode effect is executed, a hold with a relatively high reliability for winning the first special symbol lottery after the change (change display for the first hold) (specifically, the second hold) ) Is suggested.
そして、第1保留に対する変動表示では、第1特別図柄抽選に当選する信頼度が高いことを示唆する演出は実行されないので、図38の(4)に示すように、例えば、装飾図柄DIが「2」「5」「7」のハズレ図柄で停止表示される。   Then, in the variable display for the first hold, an effect suggesting that the reliability for winning the first special symbol lottery is high is not executed. Therefore, for example, as shown in (4) of FIG. The display is stopped with a loss pattern of “2”, “5”, and “7”.
次の変動表示である第2保留に対する変動表示においては、先読み対象演出として、第1特別図柄抽選に当選する信頼度が高いことを示唆する演出の1つである高信頼度演出が実行される。具体的には、図38の(5)に示すように、背景画像BIとして特別モードを示す背景画像が表示されている中、変動時間の長い(例えば90秒の)SPSPリーチ演出(例えば、アニメキャラクタが登場して、敵キャラクタと戦うバトル演出が実行された後、実写映像を用いたリーチ演出に発展し、敵を倒す(勝利する)ことで大当りとなる演出)が実行される。   In the variable display for the second hold, which is the next variable display, a high-reliability effect that is one of the effects suggesting that the reliability of winning the first special symbol lottery is executed as the pre-reading target effect. . Specifically, as shown in (5) of FIG. 38, while the background image indicating the special mode is displayed as the background image BI, the SPSP reach effect (for example, animation) having a long variation time (for example, 90 seconds). After a character appears and a battle effect that fights against an enemy character is executed, it develops into a reach effect using a live-action image, and an effect that is a big hit by defeating (winning) the enemy is executed.
そして、上記リーチ演出により大当りか否かが演出的に示唆された後に、3つの装飾図柄DIL、DIR、DICが完全に停止し、特別図柄抽選の結果が遊技者に確定報知され、現在の特別図柄の変動表示が終了する。すなわち、リーチ演出によりハズレが示唆された(バトルに敗北した)場合には、図38の(6)に示すように、例えば、装飾図柄DIが「3」「1」「2」のハズレ図柄で停止表示される。   Then, after the reach effect has been implied by the reach effect, the three decorative symbols DIL, DIR, and DIC are completely stopped, and the result of the special symbol lottery is confirmed and notified to the player. The symbol variation display ends. That is, when the loss is suggested by the reach production (defeated by the battle), as shown in (6) of FIG. 38, for example, the decorative symbols DI are “3”, “1”, and “2”. Stopped display.
次の変動表示である第3保留に対する変動表示においては、図38の(7)に示すように、背景画像BIとして表示されていた特別モードを示す背景画像が、通常モードを示す背景画像に切り替えられる演出(モード移行演出)が実行される。このように通常モード演出に戻ることにより、特別モード演出は、前回の変動表示(すなわち、第2保留に対する変動表示)が、第1特別図柄抽選に当選する信頼度が高いことを示唆するものであったということが事後的に報知される。   In the variable display for the third hold which is the next variable display, as shown in (7) of FIG. 38, the background image indicating the special mode displayed as the background image BI is switched to the background image indicating the normal mode. Effect (mode transition effect) is executed. By returning to the normal mode effect in this way, the special mode effect suggests that the previous variation display (that is, the variation display for the second hold) is highly reliable for winning the first special symbol lottery. It is reported afterwards that there was.
次に、図39を用いて、先読み結果に基づいて中信頼度演出が実行される場合のモード移行演出について説明する。図39の(1)に示すように、第0保留画像RI0に対する変動表示が実行されているときに、第1始動口25aに遊技球が2つ入球して第2保留、第3保留が発生し、第2保留画像RI2、第3保留画像RI3がステージST3の上に表示されたものとする。このとき、演出制御部400は、メイン制御部100から事前に第2保留、第3保留に対する第1特別図柄抽選の結果を通知され、先読み結果に基づいて先読み演出を制御する。ここでは、演出制御部400は、先読み結果に基づいて、第2保留の第1特別図柄抽選に当選する信頼度が相対的に高いが、図38を用いて説明した高信頼度演出よりは低いことを示唆する中信頼度演出を制御する。   Next, with reference to FIG. 39, the mode transition effect when the medium reliability effect is executed based on the prefetch result will be described. As shown in (1) of FIG. 39, when the variable display for the 0th on-hold image RI0 is being executed, two game balls enter the first start opening 25a and the second on-hold and the third on-hold are displayed. Assume that the second reserved image RI2 and the third reserved image RI3 are displayed on the stage ST3. At this time, the effect control unit 400 is notified in advance of the result of the first special symbol lottery for the second hold and the third hold by the main control unit 100, and controls the prefetch effect based on the prefetch result. Here, the production control unit 400 has a relatively high reliability for winning the second reserved first special symbol lottery based on the prefetching result, but is lower than the high reliability production described with reference to FIG. The medium reliability production that suggests this is controlled.
このとき、先読み演出を実行すると判定された第2保留が発生したときに既に実行されている第0保留画像RI0に対する変動表示においては、図39の(2)に示すように、変更されることなくそのまま続行され、例えば、装飾図柄DIが「1」「4」「6」のハズレ図柄で停止表示される。   At this time, in the variable display for the 0th reserved image RI0 that is already executed when the second hold determined to execute the pre-reading effect, the change is made as shown in (2) of FIG. For example, the decorative symbols DI are stopped and displayed with the lost symbols “1”, “4”, and “6”.
次の変動表示である第1保留に対する変動表示においては、先読み結果に基づいて、先読み対象演出に紐付く演出が実行される。具体的には、図39の(3)に示すように、背景画像BIが、通常モードを示す背景画像から特別モードを示す背景画像に切り替えられるモード移行演出が実行される。このように、特別モード演出が実行されることにより、当該変動(第1保留に対する変動表示)以降に第1特別図柄抽選に当選する信頼度が相対的に高い保留(具体的には第2保留)が存在することが示唆される。   In the variable display for the first hold, which is the next variable display, an effect associated with the prefetch target effect is executed based on the prefetch result. Specifically, as illustrated in (3) of FIG. 39, a mode transition effect is performed in which the background image BI is switched from the background image indicating the normal mode to the background image indicating the special mode. As described above, when the special mode effect is executed, a hold with a relatively high reliability for winning the first special symbol lottery after the change (change display for the first hold) (specifically, the second hold) ) Is suggested.
そして、第1保留に対する変動表示では、第1特別図柄抽選に当選する信頼度が高いことを示唆する演出は実行されないので、図39の(4)に示すように、例えば、装飾図柄DIが「2」「5」「7」のハズレ図柄で停止表示される。   Then, in the variable display for the first hold, an effect suggesting that the reliability for winning the first special symbol lottery is high is not executed. For example, as shown in (4) of FIG. The display is stopped with a loss pattern of “2”, “5” and “7”.
次の変動表示である第2保留に対する変動表示においては、先読み対象演出として、第1特別図柄抽選に当選する信頼度が高いが、図38を用いて前述した高信頼度演出よりは信頼度が低いことを示唆する演出の1つである中信頼度演出が実行される。具体的には、図39の(5)に示すように、背景画像BIとして特別モードを示す背景画像が表示されている中、SPSPリーチよりは変動時間の短い(例えば60秒の)SPリーチ演出(例えば、アニメキャラクタが登場して、敵キャラクタと戦うバトル演出が実行され、敵キャラクタを倒す(勝利する)ことで大当りとなる演出)が実行される。   In the variable display for the second hold, which is the next variable display, the reliability of winning the first special symbol lottery is high as the pre-reading target effect, but the reliability is higher than the high reliability effect described above with reference to FIG. A medium reliability effect, which is one of the effects suggesting that it is low, is executed. Specifically, as shown in (5) of FIG. 39, while the background image indicating the special mode is displayed as the background image BI, the SP reach effect having a shorter variation time (for example, 60 seconds) than the SPSP reach. (For example, an animation character appears, a battle effect for fighting an enemy character is executed, and an effect that is a big hit by defeating (winning) the enemy character) is executed.
上記リーチ演出により大当りか否かが演出的に示唆された後に、3つの装飾図柄DIL、DIR、DICが完全に停止し、特別図柄抽選の結果が遊技者に確定報知され、現在の特別図柄の変動表示が終了する。すなわち、リーチ演出によりハズレが示唆された(バトルに敗北した)場合には、図39の(6)に示すように、例えば、装飾図柄DIが「3」「1」「2」のハズレ図柄で停止表示される。   After the reach effect, it is suggested that it is a big hit or not, and the three decorative symbols DIL, DIR, DIC are completely stopped, the result of the special symbol lottery is confirmed to the player, and the current special symbol The fluctuation display ends. That is, when a loss is suggested by the reach production (defeated by the battle), as shown in (6) of FIG. 39, for example, the decorative symbols DI are “3”, “1”, and “2”. Stopped display.
そして、次の変動表示である第3保留に対する変動表示においては、図39の(7)に示すように、背景画像BIとして表示されていた特別モードを示す背景画像は、そのまま継続して表示される演出が実行される(すなわち、特別モード演出が継続される)。このように、特別モード演出は継続されることにより、前回の変動表示(すなわち、第2保留に対する変動表示)が、第1特別図柄抽選に当選する信頼度が高いことを示唆するものであったのか否かが確定的に報知されない。   Then, in the variable display for the third hold, which is the next variable display, as shown in (7) of FIG. 39, the background image indicating the special mode displayed as the background image BI is continuously displayed as it is. (Ie, the special mode effect is continued). Thus, by continuing the special mode effect, it was suggested that the previous fluctuation display (that is, the fluctuation display for the second hold) is highly reliable for winning the first special symbol lottery. Whether or not is not confirmed.
なお、図38、図39では、説明を簡単にするために第3保留が発生した以降には、保留が発生しないものとしているが、実際には発生するものとしてもよい。   In FIGS. 38 and 39, for the sake of simplicity, it is assumed that no hold occurs after the third hold occurs. However, the hold may actually occur.
以上に説明したように、第2の実施形態の第1例によれば、先読み結果に基づいて特別モード演出へのモード移行演出が行われ、先読み対象演出が、信頼度の高い高信頼度演出である場合には、当該先読み対象演出が終了するとともに特別モード演出も終了して通常モード演出に戻る一方で、先読み対象演出が、信頼度が高信頼度演出よりも低い中信頼度演出である場合には、当該先読み対象演出が終了してもなお特別モード演出が継続される。すなわち、先読み対象演出として決定される演出の信頼度に応じて、特別モード演出を継続させる回数(タイミング)が異なるものとなる。このように特別モード演出の継続回数を異なるものとしている理由について以下に説明する。   As described above, according to the first example of the second embodiment, the mode transition effect to the special mode effect is performed based on the pre-read result, and the pre-read target effect is a highly reliable high-reliability effect. In the case where the prefetch target effect ends, the special mode effect ends and returns to the normal mode effect, while the prefetch target effect is a medium reliability effect whose reliability is lower than the high reliability effect. In this case, the special mode effect is still continued even when the prefetch target effect is finished. That is, the number of times (timing) at which the special mode effect is continued differs according to the reliability of the effect determined as the prefetch target effect. The reason why the number of continuations of the special mode effect is thus different will be described below.
通常モード演出が特別モード演出に移行することにより、遊技者は、特別図柄抽選に当選する信頼度が相対的に高い保留が存在すること、または、現在特別図柄の変動表示中の保留が特別図柄抽選に当選する信頼度が相対的に高いことを期待することができる。そして、特別モード演出が実行されている中、中信頼度演出が実行されて特別図柄抽選に当選しなかった場合(ハズレの場合)には、次の変動表示においてもなお特別モード演出が継続されるため、遊技者はさらに高い信頼度の演出を期待することができる。より詳細にいえば、特別モード演出は、中信頼度演出の実行を示唆していたのではなく、まだ残されている保留のいずれかに対して中信頼度演出よりも信頼度の高い演出の実行を示唆しているのではないかと期待することができる。具体的に言えば、最大保留数である4つの保留が記憶されているときに特別モード演出に移行した場合には、特別モード演出に移行してから例えば2変動目に中信頼度演出が実行されても、特別モード演出が継続されていることにより、遊技者は残り2個の保留に対する変動表示において、中信頼度演出よりも信頼度の高い演出が実行されることが示唆されているのかもしれないという期待をもって、以降の変動表示を楽しむことができる。   By shifting from the normal mode effect to the special mode effect, the player has a hold with a relatively high degree of reliability to win the special symbol lottery, or the hold while the special symbol variation display is present is a special symbol. It can be expected that the reliability of winning the lottery is relatively high. When the medium reliability effect is executed and the special symbol lottery is not won (in the case of losing) while the special mode effect is being executed, the special mode effect is continued even in the next variable display. Therefore, the player can expect a more reliable performance. In more detail, the special mode production did not suggest execution of the medium reliability production, but was more reliable than the medium reliability production for any of the remaining holds. It can be expected that it suggests execution. Specifically, if the transition to the special mode effect is made when the maximum number of reservations is four, the medium reliability effect is executed at the second change after the transition to the special mode effect, for example. Even if the special mode effect is continued, it is suggested that the player performs an effect with higher reliability than the medium reliability effect in the variable display for the remaining two holds. With the expectation that it may be, you can enjoy the subsequent fluctuation display.
一方、特別モード演出が実行されている中、高信頼度演出が実行されて特別図柄抽選に当選しなかった場合(ハズレの場合)には、次の変動表示において通常モード演出に移行されるため、遊技者は、特別モード演出は、この高信頼度演出の実行を示唆していたことを事後的に容易に理解することができる。なお、高信頼度演出は、予め用意された演出において最も高い信頼度の演出、または最も高い信頼度グループの演出であることが好ましい。なぜならば、最も高い信頼度の演出が実行されてハズレに終わった場合には、遊技者が残りの保留に対する変動表示において、これ以上の高信頼度の演出を期待することは少ない。このため、最も高い信頼度の演出が実行されてハズレに終わった場合に、通常モード演出に移行させることで特別モード演出が示唆していた演出を事後報知することが好ましい。   On the other hand, when the special mode effect is being executed and the high reliability effect is executed and the special symbol lottery is not won (in the case of losing), the transition to the normal mode effect is made in the next variation display. The player can easily understand after the fact that the special mode effect suggested the execution of this highly reliable effect. Note that the high-reliability effect is preferably the highest-reliability effect or the highest-reliability-group effect in an effect prepared in advance. This is because when the production with the highest reliability is executed and the game ends in a loss, the player rarely expects a production with higher reliability in the change display for the remaining hold. For this reason, when the production with the highest reliability is executed and the game ends in a loss, it is preferable to post-notify the production suggested by the special mode production by shifting to the normal mode production.
以上のことから、第2の実施形態の第1例によれば、先読み対象演出の信頼度が高信頼度演出よりも低い場合には、先読み対象演出が実行されてもなお特別モードを継続させることにより、先読み対象演出の対象となっている保留がどの保留であるかをわかり難くさせるとともに、さらに残されている保留に対して信頼度の高い演出が行われることを期待させることができる。したがって、第2の実施形態の第1例によれば、事前判定に基づいて、遊技者に飽きを覚えさせない、より斬新な演出を行うことができる。   From the above, according to the first example of the second embodiment, when the reliability of the prefetch target effect is lower than the high reliability effect, the special mode is continued even if the prefetch target effect is executed. As a result, it is difficult to understand which hold is the target of the pre-reading target effect, and it is possible to expect a highly reliable effect to be performed on the remaining hold. Therefore, according to the first example of the second embodiment, it is possible to provide a more innovative effect that does not make the player feel bored based on the prior determination.
[第2の実施形態の第1例の変形例]
また、上記した第2の実施形態の第1例では、先読み対象演出を実行すると判定された保留が発生した時点の次の変動表示(第1保留に対応する変動表示)から、特別モード演出に移行するものとした(図39の(3)参照)。しかし、先読み対象演出を実行すると判定された時点で記憶されている保留数に応じて、特別モード演出への移行を開始させる保留を適宜設定するものとしてもよい。すなわち、例えば、第1保留〜第3保留が記憶されているときに第4保留が記憶されて先読み対象演出を実行すると判定された場合において、特別モード演出は、第1保留〜第4保留のいずれから開始されるものとしてもよい。
[Modification of First Example of Second Embodiment]
In the first example of the second embodiment, the special mode effect is changed from the next variable display (the variable display corresponding to the first hold) at the time when the hold determined to execute the prefetch target effect occurs. It was assumed that the transition occurred (see (3) in FIG. 39). However, depending on the number of holds stored when it is determined that the prefetch target effect is to be executed, a hold for starting the transition to the special mode effect may be set as appropriate. That is, for example, when it is determined that the fourth hold is stored and the prefetch target effect is executed when the first hold to the third hold are stored, the special mode effect is the first hold to the fourth hold. It may be started from either.
また、上記した第2の実施形態の第1例では、先読み対象演出を実行すると判定された保留が発生した時点ですでに実行されている変動表示(第0保留画像RI0に対する変動表示)において背景画像BIとして表示されている画像は変化させない(すなわち、通常モード演出のままであり、特別モード演出を開始させない)ものとした。しかし、先読み対象演出を実行すると判定された保留が発生した時点ですでに実行されている変動表示において、当該変動表示の途中で特別モード演出を開始させるものとしてもよい。このような制御フローとしては、特に図示をしないが、変動表示の途中で、背景画像BIとして設定され実行されていた通常モードを示す画像を、例えば上書き制御により特別モードを示す画像に変更する制御が行われるものとすればよい。   Further, in the first example of the second embodiment described above, the background in the variation display (variation display with respect to the zeroth reserved image RI0) that has already been executed when the hold determined to execute the prefetch target effect has occurred. The image displayed as the image BI is not changed (that is, the normal mode effect is maintained and the special mode effect is not started). However, in the variable display that has already been executed at the time when the hold determined to execute the prefetch target effect is generated, the special mode effect may be started in the middle of the variable display. As such a control flow, although not shown in the figure, in the middle of the variable display, control for changing the image indicating the normal mode set and executed as the background image BI to an image indicating the special mode by overwriting control, for example. Should be performed.
また、上記した第2の実施形態の第1例では、高信頼度演出が実行されて特別図柄抽選に当選しなかった場合(ハズレの場合)には、次の変動表示において通常モード演出に移行されるものとした。しかし、この場合にも特別モード演出が継続されるものとしてもよい。このようにすることで、次以降の変動表示においてさらに期待できる変動表示(さらに信頼度の高い演出)があるかもしれないと遊技者に期待させることもできる。   Further, in the first example of the second embodiment described above, when the high reliability performance is executed and the special symbol lottery is not won (in the case of losing), the transition to the normal mode performance is performed in the next variation display. It was supposed to be. However, also in this case, the special mode effect may be continued. By doing in this way, it is possible to make the player expect that there may be a variation display (an effect with higher reliability) that can be further expected in the subsequent variation display.
[第2の実施形態の第2例]
次に、第2の実施形態の第2例について、図40〜図42を用いて説明する。第2の実施形態の第2例では、第2の実施形態の第1例とは異なり、背景画像BIとして特別モード演出が実行されているときにも先読み対象演出を実行すると判定されることがある。そして、この場合には、先読み対象演出を実行すると判定された対象保留の報知演出が実行されるまでの間に、一旦特別モード演出が終了されてから再度特別モード演出が実行される。まず、第2の実施形態の第2例における演出制御部400による演出制御処理について説明する。
[Second Example of Second Embodiment]
Next, a second example of the second embodiment will be described with reference to FIGS. In the second example of the second embodiment, unlike the first example of the second embodiment, it is determined that the prefetch target effect is executed even when the special mode effect is executed as the background image BI. is there. In this case, the special mode effect is once again executed after the special mode effect is once ended until the target hold notification effect determined to execute the prefetch target effect is executed. First, an effect control process by the effect control unit 400 in the second example of the second embodiment will be described.
[演出制御部による演出制御処理]
第2の実施形態の第2例における演出制御処理は、図34を参照して説明した第2の実施形態の第1例における演出制御処理と対比して、一部の処理が異なる。したがって、図40を参照して、図34の処理と異なる処理について説明し、図34の各処理と共通する処理については、同じステップ番号を付してその説明を省略または簡略化する。
[Production control processing by production control unit]
The effect control process in the second example of the second embodiment is partially different from the effect control process in the first example of the second embodiment described with reference to FIG. Therefore, with reference to FIG. 40, processing different from the processing in FIG. 34 will be described, and processing common to each processing in FIG. 34 will be denoted by the same step number and description thereof will be omitted or simplified.
図40のステップSt104において、CPU401は、先読み対象演出を実行するか否かを判定する。なお、第2の実施形態の第2例においては、CPU401は、RAM403に既に記憶されている特別図柄抽選の保留の中に、先読み対象演出を実行すると判定された対象保留がある場合には、先読み対象演出を実行しないと判定するものとする。ステップSt104での判定がYESの場合、処理はステップSu201に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSt106に移る。   In Step St104 of FIG. 40, the CPU 401 determines whether or not to execute the prefetch target effect. In the second example of the second embodiment, the CPU 401, when there is a target hold determined to execute the prefetch target effect in the special symbol lottery hold already stored in the RAM 403, It is determined that the prefetch target effect is not executed. If the determination in step St104 is YES, the process proceeds to step Su201, and if this determination is NO, the process proceeds to step St106.
ステップSu201において、CPU401は、特別モード演出が継続中であるか否かを判定する。具体的には、CPU401は、図35のステップSt124において設定された特別モード対象回数における変動であって、対象保留以降の変動において特別モード演出が継続中であるか否かを判定する。ステップSu201での判定がYESの場合、処理はステップSu202に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSt105に移る。   In step Su201, the CPU 401 determines whether or not the special mode effect is ongoing. Specifically, the CPU 401 determines whether or not the special mode effect is continuing in the variation after the target suspension, which is a variation in the number of times of the special mode target set in step St124 of FIG. If the determination in step Su201 is YES, the process proceeds to step Su202, and if this determination is NO, the process proceeds to step St105.
ステップSu202において、CPU401は、モード再設定処理を行う。以下、このステップSu202の処理について図41を用いて具体的に説明する。   In step Su202, the CPU 401 performs a mode resetting process. Hereinafter, the processing of step Su202 will be specifically described with reference to FIG.
図41は、ステップSu202の詳細フローチャートの一例である。まず、図41のステップSu210において、CPU401は、RAM403に記憶された特別モード対象回数をリセットする(初期値「0」に戻す)。その後、処理はステップSu211に移る。   FIG. 41 is an example of a detailed flowchart of step Su202. First, in step Su210 in FIG. 41, the CPU 401 resets the special mode target number stored in the RAM 403 (returns to the initial value “0”). Thereafter, the process proceeds to step Su211.
ステップSu211において、CPU401は、ステップSt104で先読み対象演出を実行すると判定された対象保留(最新に記憶された事前判定情報に対応する保留)の報知演出において行われる演出(先読み対象演出)の内容を決定する。以下、具体例を用いて説明する。具体例として、RAM403には、第1特別図柄抽選の2つの保留(以下、先に消化される順に、第1保留、第2保留、…ということにする)に対応する事前判定情報が記憶されており、第1特別図柄抽選の保留(第3保留)が新たに発生し、第3保留に対する事前判定情報がRAM403に記憶されたものとする。このとき、CPU401は、対象保留である第3保留に対する演出として実行される先読み対象演出の内容(すなわち演出パターン)を決定する。その後、処理はステップSu212に移る。   In step Su211, the CPU 401 displays the contents of the effect (prefetch target effect) performed in the notification effect of the target hold (hold corresponding to the latest determination information stored last) determined to execute the prefetch target effect in step St104. decide. Hereinafter, a specific example will be described. As a specific example, the RAM 403 stores pre-determination information corresponding to two holdings of the first special symbol lottery (hereinafter referred to as the first holding, the second holding,... In the order of digestion). It is assumed that the first special symbol lottery hold (third hold) is newly generated, and the advance determination information for the third hold is stored in the RAM 403. At this time, the CPU 401 determines the content (ie, the effect pattern) of the prefetch target effect that is executed as the effect for the third hold that is the target hold. Thereafter, the process proceeds to step Su212.
ステップSu212において、CPU401は、ステップSu211で決定された先読み対象演出が図38を用いて前述した高信頼度演出であるか否かを判定する。ステップSu212での判定がYESの場合、処理はステップSu213に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSu214に移る。   In step Su212, the CPU 401 determines whether or not the prefetch target effect determined in step Su211 is the high reliability effect described above with reference to FIG. If the determination in step Su212 is YES, the process proceeds to step Su213, and if this determination is NO, the process proceeds to step Su214.
ステップSu213において、CPU401は、特別モード対象回数を対象保留までの変動回数に設定する。具体的には、CPU401は、特別モード対象回数として、次に消化される第1保留から、対象保留(第3保留)までの変動回数である3回に設定し、RAM403に記憶する。その後、処理はステップSu217に移る。   In step Su <b> 213, the CPU 401 sets the special mode target number of times to the number of fluctuations until the target suspension. Specifically, the CPU 401 sets the special mode target number to three times, which is the number of fluctuations from the first hold to be digested next to the target hold (third hold), and stores it in the RAM 403. Thereafter, the process proceeds to step Su217.
一方、ステップSu214において、CPU401は、ステップSu211で決定された対象保留の演出が図39を用いて前述した中信頼度演出であるか否かを判定する。ステップSu214での判定がYESの場合、処理はステップSu215に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSu216に移る。   On the other hand, in step Su214, the CPU 401 determines whether or not the target hold effect determined in step Su211 is the medium reliability effect described above with reference to FIG. If the determination in step Su214 is YES, the process proceeds to step Su215, and if this determination is NO, the process proceeds to step Su216.
ステップSu215において、CPU401は、特別モード対象回数を対象保留以降までの所定回数に設定する。具体的には、CPU401は、特別モード対象回数として、次に消化される第1保留から、対象保留(第3保留)以降までの所定の変動回数として抽選により例えば5回に設定し、RAM403に記憶する。なお、この所定の変動回数としては、どのような値が抽選されるものとしてもよいが、少なくとも最大保留数に対応させて4回以上としておくのが好ましい。その後、処理はステップSu217に移る。   In step Su215, the CPU 401 sets the special mode target number of times to a predetermined number of times until the target suspension. Specifically, the CPU 401 sets, for example, five times by lottery as a predetermined number of fluctuations from the first hold to be digested next to the target hold (third hold) or later as the special mode target number, and stores it in the RAM 403. Remember. Note that any value may be selected as the predetermined number of fluctuations, but it is preferable to set the number to four or more in correspondence with at least the maximum number of reservations. Thereafter, the process proceeds to step Su217.
ステップSt125において、CPU401は、特別モード対象回数を設定しない。その後、処理は図40のステップSt106に移る。   In step St125, the CPU 401 does not set the special mode target count. Thereafter, the process proceeds to step St106 in FIG.
ステップSu217において、CPU401は、所定の保留に対して中断フラグを設定してRAM403に記憶する。ここで、中断フラグとは、対象保留(第3保留)よりも前に消化される保留の少なくとも1つに対して設定されるフラグであり、後述の説明により明らかとなるが、中断フラグが設定された保留(以下、中断保留という)に対する変動では特別モード演出が実行されない。例えば、CPU401は、第1保留から対象保留(第3保留)までの3回が特別モード対象回数として設定されている場合において、第3保留よりも前に消化される第1保留および第2保留のうち第1保留に対して中断フラグを設定する。その後、処理は図40のステップSt106に移る。なお、先読み対象演出を実行すると判定された対象保留よりも前に消化される保留が存在しない場合(例えば、第1保留が先読み対象保留である場合)には、中断フラグは設定されない。   In step Su217, the CPU 401 sets an interruption flag for a predetermined hold and stores it in the RAM 403. Here, the interruption flag is a flag that is set for at least one of the suspensions that are digested before the target suspension (third suspension). As will be apparent from the description below, the suspension flag is set. The special mode effect is not executed in the change with respect to the held hold (hereinafter referred to as interrupt hold). For example, when three times from the first hold to the target hold (third hold) are set as the special mode target times, the CPU 401 digests the first hold and the second hold before the third hold. Among these, an interruption flag is set for the first hold. Thereafter, the process proceeds to step St106 in FIG. Note that when there is no hold that is digested before the target hold determined to execute the prefetch target effect (for example, when the first hold is the prefetch target hold), the interruption flag is not set.
説明は図40に戻り、ステップSt108での判定がYESの場合、処理はステップSu203に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSt110に移る。   The description returns to FIG. 40. If the determination in step St108 is YES, the process proceeds to step Su203, and if this determination is NO, the process proceeds to step St110.
ステップSu203において、CPU401は、今回の特別図柄の変動がRAM403に記憶された中断フラグが設定された保留に対する変動であるか否かを判定する。ステップSu203での判定がYESの場合、処理はステップSt110に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSt109に移る。すなわち、特別モード対象回数内の変動であっても(すなわち、ステップSt108でYESと判定されても)当該変動が中断保留に対するものである場合(ステップSu203でYESと判定された場合)には、特別モード演出は実行されず、通常モード演出が実行される(ステップSt110)。   In step Su203, the CPU 401 determines whether or not the current variation in the special symbol is a variation with respect to the hold set with the interruption flag stored in the RAM 403. If the determination in step Su203 is YES, the process proceeds to step St110, and if this determination is NO, the process proceeds to step St109. That is, even if the fluctuation is within the special mode target count (that is, even if it is determined as YES in step St108), if the fluctuation is for suspension suspension (when YES is determined in step Su203), The special mode effect is not executed, and the normal mode effect is executed (step St110).
[特徴的動作]
次に、以上にフローチャートを用いて説明した第2の実施形態の第2例による特徴的動作について、図42を用いて具体的に説明する。図42は、画像表示部6に表示される演出の一例である、先読みに基づくモード移行演出を説明するための図である。なお、第2の実施形態の第2例における報知演出、保留表示、およびモード演出の概要については、第2の実施形態の第1例と同様であるため、その説明は省略する。
[Characteristic operation]
Next, the characteristic operation according to the second example of the second embodiment described above using the flowchart will be specifically described with reference to FIG. FIG. 42 is a diagram for describing a mode transition effect based on prefetching, which is an example of an effect displayed on the image display unit 6. Note that the outline of the notification effect, the hold display, and the mode effect in the second example of the second embodiment is the same as that of the first example of the second embodiment, and a description thereof will be omitted.
[第2の実施形態の第2例におけるモード移行演出の概要]
図42を用いて第2の実施形態の第2例におけるモード移行演出の概要について説明する。第2の実施形態の第2例において、図42の(1)に示すように、例えば、第1保留および第2保留が記憶され、第0保留画像に対する報知演出(装飾図柄の変動表示)として、特別モード演出が実行されている場合について考える。なお、このように、特別モード演出が実行されているのは、例えば、第0保留画像に対する報知演出よりも前の報知演出において図39を参照して説明した中信頼度演出が実行されたため、特別モード演出が所定回数継続して実行されていることによる(図39の(7)参照)。そして、このように特別モード演出が実行されているときに第3保留が発生し、当該保留が発生した時点で、第3保留の第1特別図柄抽選の抽選結果が判明し、その結果がメイン制御部100から演出制御部400に通知され、演出制御部400は、この事前に判定される抽選結果に基づいて、例えば、先読み対象演出(高信頼度演出)を実行することを決定する。そして、演出制御部400は、この高信頼度演出を実行すると決定したことに基づいて、例えば、特別モード対象回数を第1保留から対象保留(第3保留)までの変動回数(3回)に設定する。さらに、このとき、演出制御部400は、現在、特別モード演出を実行中であるため、中断保留を設定する。具体的には、演出制御部400は、第3保留よりも前に消化される第1保留および第2保留のうち、例えば第1保留に対して中断フラグを設定する。なお、図42では、他の保留画像と区別するために、先読み対象演出を実行すると判定された対象保留(第3保留)を示す第3保留画像RI3を黒塗りで表示し、中断保留(第1保留)を示す保留画像RI1を斜線で表示している。
[Outline of Mode Transition Effect in Second Example of Second Embodiment]
The outline of the mode transition effect in the second example of the second embodiment will be described with reference to FIG. In the second example of the second embodiment, as shown in (1) of FIG. 42, for example, the first hold and the second hold are stored, and as a notification effect (decorative display of decorative symbols) for the 0th hold image. Consider the case where the special mode effect is being executed. Note that the special mode effect is executed in this manner, for example, because the medium reliability effect described with reference to FIG. 39 is executed in the notification effect before the notification effect for the 0th reserved image. This is because the special mode effect is continuously executed a predetermined number of times (see (7) in FIG. 39). When the special mode effect is executed in this way, the third hold occurs, and when the hold occurs, the lottery result of the first special symbol lottery of the third hold is found, and the result is the main hold. The effect control unit 400 is notified from the control unit 100, and the effect control unit 400 determines, for example, to execute the prefetch target effect (high reliability effect) based on the lottery result determined in advance. And the production | generation control part 400 is based on having decided to perform this highly reliable production, for example, the special mode object frequency | count is changed into the frequency | count (3 times) of fluctuation | variation from 1st suspension to object suspension (3rd suspension). Set. Further, at this time, the effect control unit 400 is currently executing the special mode effect, and thus sets suspension suspension. Specifically, the production control unit 400 sets an interruption flag for the first hold, for example, among the first hold and the second hold digested before the third hold. In FIG. 42, in order to distinguish from other reserved images, the third reserved image RI3 indicating the target hold (third hold) determined to execute the prefetch target effect is displayed in black, and interrupted hold (first A reserved image RI1 indicating “1 hold” is indicated by diagonal lines.
このとき、先読み演出を実行すると判定された対象保留(第3保留)が発生したときに既に実行されている第0保留画像RI0に対する変動表示においては、図42の(2)に示すように、変更されることなくそのまま続行され、例えば、装飾図柄DIが「1」「4」「6」のハズレ図柄で停止表示される。   At this time, as shown in (2) of FIG. 42, in the variable display for the 0th reserved image RI0 that is already executed when the target hold (third hold) determined to execute the pre-reading effect occurs, The display is continued without being changed, and, for example, the decorative symbols DI are stopped and displayed with the lost symbols “1”, “4”, and “6”.
次の変動表示である第1保留に対する変動表示においては、当該第1保留が中断保留であるという情報に基づいて、通常モード演出が実行される。具体的には、図42の(3)に示すように、背景画像BIが、特別モードを示す背景画像から通常モードを示す背景画像に切り替えられる演出(モード移行演出)が実行される。このように、継続されていた特別モード演出が、通常モード演出に切り替われることにより、当該変動(第1保留に対する変動表示)以降に第1特別図柄抽選に当選する信頼度が相対的に高い保留が存在しないかの如く示唆される。   In the variable display with respect to the first hold which is the next variable display, the normal mode effect is executed based on the information that the first hold is the suspended hold. Specifically, as illustrated in (3) of FIG. 42, an effect (mode transition effect) is performed in which the background image BI is switched from the background image indicating the special mode to the background image indicating the normal mode. In this way, when the special mode effect which has been continued is switched to the normal mode effect, the hold with a relatively high reliability for winning the first special symbol lottery after the change (change display for the first hold). Is suggested as if it does not exist.
そして、第1保留に対する変動表示では、第1特別図柄抽選に当選する信頼度が高いことを示唆する演出は実行されないので、図42の(4)に示すように、例えば、装飾図柄DIが「2」「5」「7」のハズレ図柄で停止表示される。   Then, in the variable display for the first hold, an effect suggesting that the reliability for winning the first special symbol lottery is high is not executed. For example, as shown in (4) of FIG. The display is stopped with a loss pattern of “2”, “5”, and “7”.
次に、第2保留に対する変動表示においては、対象保留(第3保留)に対する先読み結果に基づいて設定された、第2保留が特別モード対象回数内の保留であるという情報に基づいて、特別モード演出が実行される。具体的には、図42の(5)に示すように、背景画像BIが、通常モードを示す背景画像から特別モードを示す背景画像に切り替えられる演出(モード移行演出)が実行される。このように、一旦通常モード演出に移行してから再び特別モード演出が実行されることにより、当該変動(第2保留に対する変動表示)以降に第1特別図柄抽選に当選する信頼度が相対的に高い保留が存在することが示唆される。   Next, in the variable display for the second hold, the special mode is set based on the information that the second hold is the hold within the special mode target number of times set based on the pre-read result for the target hold (third hold). Production is performed. Specifically, as shown in (5) of FIG. 42, an effect (mode transition effect) is performed in which the background image BI is switched from the background image indicating the normal mode to the background image indicating the special mode. As described above, when the special mode effect is executed again after the transition to the normal mode effect, the reliability of winning the first special symbol lottery after the change (change display for the second hold) is relatively set. It suggests that there is a high hold.
そして、第2保留に対する変動表示では、第1特別図柄抽選に当選する信頼度が高いことを示唆する演出は実行されないので、図42の(6)に示すように、例えば、装飾図柄DIが「3」「1」「2」のハズレ図柄で停止表示される。   Then, in the variable display for the second hold, an effect suggesting that the reliability for winning the first special symbol lottery is high is not executed. For example, as shown in (6) of FIG. 3 and “1” and “2” are stopped and displayed.
次に、第3保留(対象保留)に対する変動表示においては、先読み対象演出として、第1特別図柄抽選に当選する信頼度が高いことを示唆する演出の1つである高信頼度演出が実行される。具体的には、図42(7)に示すように、背景画像BIとして特別モードを示す背景画像が表示されている中、変動時間の長いSPSPリーチ演出(例えば、アニメキャラクタが登場して、敵キャラクタと戦うバトル演出が実行された後、実写映像を用いたリーチ演出に発展し、敵を倒す(勝利する)ことで大当りとなる演出)が実行される。   Next, in the variable display for the third hold (target hold), a high-reliability effect that is one of the effects suggesting that the reliability for winning the first special symbol lottery is high as the pre-read target effect. The Specifically, as shown in FIG. 42 (7), while a background image indicating the special mode is displayed as the background image BI, an SPSP reach effect with a long variation time (for example, an anime character appears and the enemy After the battle effect for fighting the character is executed, it is developed into a reach effect using live-action video, and an effect that is a big hit by defeating (winning) the enemy is executed.
そして、上記リーチ演出により大当りか否かが演出的に示唆された後に、3つの装飾図柄DIL、DIR、DICが完全に停止し、特別図柄抽選の結果が遊技者に確定報知され、現在の特別図柄の変動表示が終了する。なお、図42の(7)以降の演出は、図38の(6)、(7)に示す演出と同様であるため、その説明は省略する。また、上記では第3保留に対する先読み演出として高信頼度演出が実行されるものとしたが、中信頼度演出が実行される場合には、図42の(7)において中信頼度演出が実行され、その後、図39の(6)、(7)に示す演出が実行される。   Then, after the reach effect has been implied by the reach effect, the three decorative symbols DIL, DIR, and DIC are completely stopped, and the result of the special symbol lottery is confirmed and notified to the player. The symbol variation display ends. Note that the effects after (7) in FIG. 42 are the same as the effects shown in (6) and (7) of FIG. In the above description, the high-reliability effect is executed as the pre-reading effect for the third hold, but when the medium-reliability effect is executed, the medium-reliability effect is executed in (7) of FIG. Thereafter, effects shown in (6) and (7) of FIG. 39 are executed.
以上に説明したように、第2の実施形態の第2例によれば、先読み結果に基づいて継続中の特別モード演出の実行中に、新たな先読み結果に基づいて先読み対象演出(高信頼度演出または中信頼度演出)が実行される場合には、当該先読み対象演出が実行されるまでに、一旦通常モード演出に切り替えられてから再度特別モード演出が実行される。このため、一旦通常モード演出に移行されることにより、特別図柄抽選に当選する信頼度が高い保留が存在しないであろうと落胆した遊技者に対して、再度特別モード演出が実行されることにより、特別図柄抽選に当選する信頼度が高い保留が存在するかもしれないという意外な期待感を喚起することができる。したがって、第2の実施形態の第2例によれば、事前判定に基づいて、遊技者に飽きを覚えさせない、より斬新な演出を行うことができる。   As described above, according to the second example of the second embodiment, during the execution of the special mode effect that is ongoing based on the prefetch result, the prefetch target effect (high reliability) based on the new prefetch result. When the effect or the medium reliability effect) is executed, the special mode effect is executed again after switching to the normal mode effect until the prefetch target effect is executed. For this reason, once a transition is made to the normal mode effect, the special mode effect is executed again for a discouraged player who would not have a high-reliability hold to win the special symbol lottery, A surprising expectation that there may be a highly reliable hold for winning the special symbol lottery. Therefore, according to the second example of the second embodiment, it is possible to provide a more novel effect based on the prior determination without causing the player to get bored.
[第2の実施形態の第2例の変形例]
なお、上記した第2の実施形態の第2例では、RAM403に既に記憶されている特別図柄抽選の保留の中に、先読み対象演出を実行すると判定された対象保留がある場合には、先読み対象演出を実行しないものとした。すなわち、特別図柄抽選の保留の中に、先読み対象演出が実行される保留が複数存在しないものとした。しかし、保留内に先読み対象演出が実行される対象の保留が複数存在するものとしてもよい。なお、この場合には、図40のステップSu201の処理において、単に特別モード演出が実行中であるか否かが判定されるものとすればよい。
[Modification of Second Example of Second Embodiment]
In the second example of the second embodiment described above, when there is a target hold determined to execute the pre-read target effect in the special symbol lottery hold already stored in the RAM 403, the pre-read target The production was not executed. In other words, it is assumed that there are not a plurality of suspensions in which the prefetch target effect is executed in the suspension of the special symbol lottery. However, there may be a plurality of holds on which the prefetch target effect is executed in the hold. In this case, it may be determined in the process of step Su201 in FIG. 40 whether or not the special mode effect is being executed.
また、上記した第2の実施形態の第2例では、特別モード演出の実行中に新たに先読み対象演出を実行すると判定された保留が発生すると、次の変動表示(第1保留に対応する変動表示)から、対象保留(第3保留)までの変動回数が特別モード対象回数として設定され、このうち、例えば第1保留が中断保留に設定されることで、対象保留の演出が実行されるまでに、一旦通常モード演出に移行するものとした。しかし、このように中断保留が設定されるのではなく、特別モード対象回数として設定される最初の保留が、次に消化される保留(第1保留)を除いて適宜設定されるものとしてもよい。すなわち、例えば、第1保留〜第3保留が記憶されているときに第4保留が記憶されて先読み対象演出を実行すると判定された場合において、特別モード対象回数として設定される最初の保留を第2保留〜第4保留のいずれかに設定するものとしてもよい。このようにしても、少なくとも第1保留の演出では、通常モード演出が実行されるので、対象保留の演出が実行されるまでに、一旦通常モード演出が実行されることとなる。   Further, in the second example of the second embodiment described above, when a hold that is newly determined to execute the prefetch target effect occurs during the execution of the special mode effect, the next change display (the change corresponding to the first hold is performed). Display) to the target hold (third hold) is set as the special mode target number, and among these, for example, the first hold is set to interrupt hold, and the target hold effect is executed. First, it is assumed that the mode is shifted to the normal mode production. However, the suspension suspension is not set in this way, but the first suspension set as the special mode target number may be appropriately set except for the suspension (first suspension) to be digested next. . That is, for example, when it is determined that the fourth hold is stored and the prefetch target effect is executed when the first hold to the third hold are stored, the first hold set as the special mode target number of times is the first hold It may be set to any one of 2nd hold to 4th hold. Even in this case, since the normal mode effect is executed at least in the first hold effect, the normal mode effect is once executed before the target hold effect is executed.
また、上記した第2の実施形態の第2例では、先読み対象演出を実行すると判定された対象保留が次に消化される保留(第1保留)である場合には、中断フラグは設定されないものとし、すなわち、通常モード演出に移行されることがないものとした。しかし、このように、中断フラグが設定されない場合には、先読み対象演出を実行すると判定された保留(第1保留)が発生した時点ですでに実行されている変動表示において、当該変動表示の途中で通常モード演出を開始させるものとしてもよい。このような制御フローとしては、特に図示をしないが、変動表示の途中で、背景画像BIとして設定され実行されていた特別モードを示す画像を、例えば上書き制御により通常モードを示す画像に変更する制御が行われるものとすればよい。   Further, in the second example of the second embodiment described above, when the target hold determined to execute the prefetch target effect is the hold to be digested next (first hold), the interruption flag is not set. That is, it is assumed that there is no transition to the normal mode effect. However, in this way, when the interruption flag is not set, in the variable display that has already been executed at the time when the hold (first hold) determined to execute the prefetch target effect occurs, The normal mode effect may be started. As such a control flow, although not shown in particular, a control for changing the image indicating the special mode set and executed as the background image BI to the image indicating the normal mode by overwriting control in the middle of the variable display, for example. Should be performed.
[第2の実施形態の第3例]
次に、第2の実施形態の第3例について、図43を用いて説明する。第2の実施形態の第3例では、第2の実施形態の第2例とは異なり、背景画像BIとして特別モード演出が実行されているときに先読み対象演出を実行すると判定されると、先読み対象演出を実行すると判定された対象保留の報知演出が実行されるまでの間、特別モード演出が継続して実行される。まず、第2の実施形態の第3例における演出制御部400による演出制御処理について説明する。
[Third example of the second embodiment]
Next, a third example of the second embodiment will be described with reference to FIG. In the third example of the second embodiment, unlike the second example of the second embodiment, when it is determined that the prefetch target effect is to be executed when the special mode effect is being executed as the background image BI, the prefetch is performed. The special mode effect is continuously executed until the target hold notification effect determined to execute the target effect is executed. First, the effect control process by the effect control unit 400 in the third example of the second embodiment will be described.
[演出制御部による演出制御処理]
第2の実施形態の第3例における演出制御処理は、図40、図41を参照して説明した第2の実施形態の第2例における演出制御処理と対比して、ステップSu203およびステップSu217の処理が削除される(修正される)。つまり、第2の実施形態の第3例における修正後のフローチャートでは、図40のステップSt108での判定がYESの場合、処理はステップSt109に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSt110に移る。また、図41のステップSu213の処理の後、処理は図40のステップSt106に移り、図41のステップSu215の処理の後、処理は図40のステップSt106に移る。すなわち、特別モード演出の実行中に、高信頼度演出または中信頼度演出を実行すると判定されると、再度特別モード対象回数が設定されて、特別モード対象回数内の変動において特別モード演出が継続される。
[Production control processing by production control unit]
The effect control process in the third example of the second embodiment is compared with the effect control process in the second example of the second embodiment described with reference to FIGS. 40 and 41 in steps Su203 and Step Su217. The process is deleted (modified). That is, in the flowchart after correction in the third example of the second embodiment, if the determination in step St108 in FIG. 40 is YES, the process proceeds to step St109. If this determination is NO, the process proceeds to step St110. Move. Also, after the process of step Su213 in FIG. 41, the process proceeds to step St106 in FIG. 40, and after the process in step Su215 in FIG. 41, the process proceeds to step St106 in FIG. That is, if it is determined that the high-reliability effect or the medium-reliability effect is to be executed during execution of the special mode effect, the special mode target number is set again, and the special mode effect continues in the fluctuation within the special mode target number. Is done.
[特徴的動作]
次に、第2の実施形態の第3例による特徴的動作について、図43を用いて具体的に説明する。図43は、画像表示部6に表示される演出の一例である、先読みに基づくモード移行演出を説明するための図である。なお、第2の実施形態の第3例における報知演出、保留表示、およびモード演出の概要については、第2の実施形態の第1例と同様であるため、その説明は省略する。
[Characteristic operation]
Next, a characteristic operation according to the third example of the second embodiment will be specifically described with reference to FIG. FIG. 43 is a diagram for describing a mode transition effect based on prefetching, which is an example of an effect displayed on the image display unit 6. In addition, about the outline | summary of the alerting | reporting effect in the 3rd example of 2nd Embodiment, a hold display, and a mode effect, since it is the same as that of the 1st example of 2nd Embodiment, the description is abbreviate | omitted.
[第2の実施形態の第3例におけるモード移行演出の概要]
図43を用いて第2の実施形態の第3例におけるモード移行演出の概要について説明する。第2の実施形態の第3例において、図43の(1)に示すように、例えば、第1保留および第2保留が記憶され、第0保留画像に対する報知演出(装飾図柄の変動表示)として、特別モード演出が実行されている場合について考える。なお、このように、特別モード演出が実行されているのは、例えば、第0保留画像に対する報知演出よりも前の報知演出において図39を参照して説明した中信頼度演出が実行されたため、特別モード演出が所定回数継続して実行されていることによる(図39の(7)参照)。なお、このとき特別モード演出が継続される回数は残り1回(つまり、第1保留に対する報知演出まで)であったものし、当初予定されていた特別モード演出が実行される最後の保留(第1保留)を終了予定保留と称することにする。そして、このように特別モード演出が実行されているときに第3保留が発生し、当該保留が発生した時点で、第3保留の第1特別図柄抽選の抽選結果が判明し、その結果がメイン制御部100から演出制御部400に通知され、演出制御部400は、この事前に判定される抽選結果に基づいて、例えば、先読み対象演出(高信頼度演出)を実行することを決定する。そして、演出制御部400は、この高信頼度演出を実行すると決定したことに基づいて、例えば、特別モード対象回数を第1保留から対象保留(第3保留)までの変動回数(3回)に設定する。なお、図42では、他の保留画像と区別するために、先読み対象演出を実行すると判定された対象保留(第3保留)を示す第3保留画像RI3を黒塗りで表示し、終了予定保留(第1保留)を示す保留画像RI1を網掛けで表示している。
[Outline of Mode Transition Effect in Third Example of Second Embodiment]
The outline of the mode transition effect in the third example of the second embodiment will be described with reference to FIG. In the third example of the second embodiment, as shown in (1) of FIG. 43, for example, the first hold and the second hold are stored, and as a notification effect (decorative display of decorative symbols) for the 0th hold image. Consider the case where the special mode effect is being executed. Note that the special mode effect is executed in this manner, for example, because the medium reliability effect described with reference to FIG. 39 is executed in the notification effect before the notification effect for the 0th reserved image. This is because the special mode effect is continuously executed a predetermined number of times (see (7) in FIG. 39). At this time, the number of times that the special mode effect is continued is the remaining one (that is, until the notification effect for the first hold), and the last hold (the first hold) in which the special mode effect that was initially scheduled is executed. (1 hold) will be referred to as a scheduled end hold. When the special mode effect is executed in this way, the third hold occurs, and when the hold occurs, the lottery result of the first special symbol lottery of the third hold is found, and the result is the main hold. The effect control unit 400 is notified from the control unit 100, and the effect control unit 400 determines, for example, to execute the prefetch target effect (high reliability effect) based on the lottery result determined in advance. And the production | generation control part 400 is based on having decided to perform this highly reliable production, for example, the special mode object frequency | count is changed into the frequency | count (3 times) of fluctuation | variation from 1st suspension to object suspension (3rd suspension). Set. In FIG. 42, in order to distinguish from other reserved images, the third reserved image RI3 indicating the target hold (third hold) determined to execute the prefetch target effect is displayed in black, and the scheduled end hold ( A reserved image RI1 indicating (first reserved) is displayed by shading.
このとき、先読み演出を実行すると判定された対象保留(第3保留)が発生したときに既に実行されている第0保留画像RI0に対する変動表示においては、図42の(2)に示すように、変更されることなくそのまま続行され、例えば、装飾図柄DIが「1」「4」「6」のハズレ図柄で停止表示される。   At this time, as shown in (2) of FIG. 42, in the variable display for the 0th reserved image RI0 that is already executed when the target hold (third hold) determined to execute the pre-reading effect occurs, The display is continued without being changed, and, for example, the decorative symbols DI are stopped and displayed with the lost symbols “1”, “4”, and “6”.
次の変動表示である第1保留に対する変動表示においては、対象保留(第3保留)に対する先読み結果に基づいて設定された、第1保留が特別モード対象回数内の保留であるという情報に基づいて、特別モード演出が実行される。具体的には、図42の(3)に示すように、背景画像BIとして特別モードを示す背景画像が継続表示される。このことにより、当該変動(第1保留に対する変動表示)以降に第1特別図柄抽選に当選する信頼度が相対的に高い保留(具体的には第3保留)が存在することが示唆される。   In the variable display for the first hold, which is the next variable display, based on the information that the first hold is a hold within the special mode target count set based on the prefetch result for the target hold (third hold). The special mode effect is executed. Specifically, as shown in (3) of FIG. 42, the background image indicating the special mode is continuously displayed as the background image BI. This suggests that there is a hold (specifically, a third hold) with a relatively high reliability for winning the first special symbol lottery after the change (change display for the first hold).
そして、第1保留に対する変動表示では、第1特別図柄抽選に当選する信頼度が高いことを示唆する演出は実行されないので、図42の(4)に示すように、例えば、装飾図柄DIが「2」「5」「7」のハズレ図柄で停止表示される。   Then, in the variable display for the first hold, an effect suggesting that the reliability for winning the first special symbol lottery is high is not executed. For example, as shown in (4) of FIG. The display is stopped with a loss pattern of “2”, “5”, and “7”.
次の変動表示である第2保留に対する変動表示においても、対象保留(第3保留)に対する先読み結果に基づいて設定された、第2保留が特別モード対象回数内の保留であるという情報に基づいて、特別モード演出が実行される。具体的には、図42の(5)に示すように、背景画像BIとして特別モードを示す背景画像が継続表示される。すなわち、本来であれば、終了対象保留である第1保留に対する変動表示が終了すると、次の第2保留に対する変動表示では特別モード演出が実行されないところ、新たな先読み(第3保留に対する先読み)に基づいて、特別モード演出が継続されることとなる。このことにより、当該変動(第2保留に対する変動表示)以降に第1特別図柄抽選に当選する信頼度が相対的に高い保留(具体的には第3保留)が存在することが示唆される。   Even in the variable display for the second hold which is the next variable display, based on the information that the second hold is a hold within the special mode target count set based on the pre-read result for the target hold (third hold). The special mode effect is executed. Specifically, as shown in (5) of FIG. 42, the background image indicating the special mode is continuously displayed as the background image BI. In other words, when the variable display for the first hold that is the hold to be ended is terminated, the special mode effect is not executed in the variable display for the next second hold. Based on this, the special mode effect will be continued. This suggests that there is a hold (specifically, a third hold) with a relatively high reliability for winning the first special symbol lottery after the change (change display for the second hold).
なお、図43の(6)以降の演出は、図42の(6)以降の演出と同様であるため、その説明は省略するが、第3保留に対する先読み演出として、中信頼度演出が実行される場合には、図43の(7)において中信頼度演出が実行され、その後、図39の(6)、(7)に示す演出が実行される。   43. Since the effects after (6) in FIG. 43 are the same as the effects after (6) in FIG. 42, the description thereof is omitted, but the medium reliability effect is executed as the pre-reading effect for the third hold. 43, the medium reliability effect is executed in (7) of FIG. 43, and then the effects shown in (6) and (7) of FIG. 39 are executed.
以上に説明したように、第2の実施形態の第3例によれば、先読み結果に基づいて継続中の特別モード演出の実行中に、新たな先読み結果に基づいて先読み対象演出(高信頼度演出または中信頼度演出)が実行される場合には、当該先読み対象演出が実行されるまで、特別モード演出が実行される。したがって、すでに実行中の特別モード演出が仮に終了予定であったとしても、当該特別モード演出が延長して継続されることとなる。このため、先読み対象演出(中信頼度演出)が終了してもなお継続された特別モード演出は、新たな先読みによって更に継続することにより、長期間にわたって継続可能となり、遊技者に対して、特別図柄抽選に当選する信頼度が高い保留が存在するのではないかという期待を長期間にわたって持続的に抱かせることができる。したがって、第2の実施形態の第3例によれば、事前判定に基づいて、遊技者に飽きを覚えさせない、より斬新な演出を行うことができる。   As described above, according to the third example of the second embodiment, during the execution of the special mode effect that is ongoing based on the prefetch result, the prefetch target effect (high reliability) based on the new prefetch result. When the effect or the medium reliability effect) is executed, the special mode effect is executed until the prefetch target effect is executed. Therefore, even if the special mode effect that is already being executed is scheduled to end, the special mode effect is extended and continued. For this reason, the special mode effect that has been continued even after the prefetch target effect (medium reliability effect) is completed can be continued for a long period of time by continuing further with the new prefetching. The expectation that there may be a hold with high reliability for winning the symbol lottery can be held continuously over a long period of time. Therefore, according to the third example of the second embodiment, based on the prior determination, a more novel effect can be performed without causing the player to get bored.
[第2の実施形態の第3例の変形例]
なお、上記した第2の実施形態の第3例では、RAM403に既に記憶されている特別図柄抽選の保留の中に、先読み対象演出を実行すると判定された対象保留がある場合には、先読み対象演出を実行しないものとした。すなわち、特別図柄抽選の保留の中に、先読み対象演出が実行される保留が複数存在しないものとした。しかし、保留内に先読み対象演出が実行される対象の保留が複数存在するものとしてもよい。なお、この場合には、図40のステップSu201の処理において、単に特別モード演出が実行中であるか否かが判定されるものとすればよい。
[Modification of Third Example of Second Embodiment]
In the third example of the second embodiment described above, when there is a target hold determined to execute the pre-read target effect in the special symbol lottery hold already stored in the RAM 403, the pre-read target The production was not executed. In other words, it is assumed that there are not a plurality of suspensions in which the prefetch target effect is executed in the suspension of the special symbol lottery. However, there may be a plurality of holds on which the prefetch target effect is executed in the hold. In this case, it may be determined in the process of step Su201 in FIG. 40 whether or not the special mode effect is being executed.
また、上記した第2の実施形態の第3例では、特別モード演出の実行中に新たに先読み対象演出を実行すると判定された対象保留が発生すると、次の変動表示(第1保留に対応する変動表示)から、対象保留(第3保留)までの変動回数が新たに特別モード対象回数として設定されることにより、対象保留の演出が実行されるまで、特別モード演出が継続されるものとした。しかし、新たに特別モード対象回数として設定される最初の保留は、次に消化される保留(第1保留)に限られるものではなく、既に実行中の特別モード演出の終了予定保留に応じて適宜設定されるものとしてもよい。すなわち、例えば、第1保留〜第3保留が記憶されているときに第4保留が記憶されて先読み対象演出を実行すると判定された場合において、終了予定保留が第2保留であった場合には、特別モード対象回数として設定される最初の保留を第1保留〜第3保留のいずれに設定するものとしてもよい。このようにしても、終了予定保留の次に消化される第3保留において特別モード演出が継続されるので、対象保留の演出が実行されるまでに、通常モード演出が実行されることがない。   Further, in the third example of the second embodiment described above, if a target hold that is newly determined to execute the prefetch target effect occurs during execution of the special mode effect, the next variable display (corresponding to the first hold) is performed. The special mode effect is to be continued until the target hold effect is executed by newly setting the number of changes from the variable display) to the target hold (third hold) as the special mode target number. . However, the first hold newly set as the special mode target number of times is not limited to the next hold (first hold), and is appropriately determined according to the scheduled stop of the special mode effect already being executed. It may be set. That is, for example, when it is determined that the fourth hold is stored and the prefetch target effect is executed when the first hold to the third hold are stored, and the scheduled end hold is the second hold, The first hold set as the special mode target number may be set to any of the first hold to the third hold. Even if it does in this way, since the special mode effect is continued in the third hold that is digested next to the scheduled end hold, the normal mode effect is not executed until the target hold effect is executed.
[第2の実施形態の変形例]
なお、上記した第2の実施形態(第1例〜第3例)における演出制御処理のフローは一例に過ぎず、種々の変更が可能である。例えば、上記では、メイン制御部100から通知される事前判定情報に基づいて、演出制御部400が先読み対象演出を行うか否かを判定するものとしたが、メイン制御部100が先読み対象演出を行うか否かを判定し、演出制御部400が、当該判定結果に基づいて先読み対象演出の内容(演出パターン)を決定し、当該演出パターンに基づいて、画像音響制御部500やランプ制御部600が先読み対象演出を実行するものとしてもよい。
[Modification of Second Embodiment]
Note that the flow of the effect control process in the second embodiment (first to third examples) described above is merely an example, and various changes can be made. For example, in the above description, based on the prior determination information notified from the main control unit 100, the effect control unit 400 determines whether to perform the prefetch target effect, but the main control unit 100 determines the prefetch target effect. The effect control unit 400 determines the content of the prefetch target effect (effect pattern) based on the determination result, and the image sound control unit 500 and the lamp control unit 600 based on the effect pattern. May execute a prefetch target effect.
また、上記した第2の実施形態では、特別モード対象回数の設定により、特別モード演出が制御されるものとした(図34、図40のステップSt105、St108、St109、図40のステップSu202参照)が、例えば特別モードフラグの設定により特別モード演出が制御されるものとしてもよい。具体的には、先読み対象演出を実行すると判定されると、特別モードフラグがONにされ、このONにされた特別モードフラグは、先読み対象演出が高信頼度演出の場合には、高信頼度演出の実行時においてOFFにされ、先読み対象演出が中信頼度演出の場合には、中信頼度演出の実行時以降に行われる抽選(たとえば背景移行抽選)に当選した場合にOFFにされるものとし、特別モードフラグがONである場合に、背景画像BIとして特別モードを示す背景画像が設定されるものとしてもよい。   In the second embodiment described above, the special mode effect is controlled by setting the special mode target number (see steps St105, St108, St109 in FIGS. 34 and 40, and step Su202 in FIG. 40). However, for example, the special mode effect may be controlled by setting the special mode flag. Specifically, when it is determined that the prefetch target effect is to be executed, the special mode flag is turned on. The special mode flag that is turned on indicates that the high reliability is obtained when the prefetch target effect is a high reliability effect. When the performance is turned off and the prefetch target production is a medium reliability production, it is turned off when a lottery (for example, background transition lottery) performed after the execution of the medium reliability production is won. When the special mode flag is ON, a background image indicating the special mode may be set as the background image BI.
また、上記した第2の実施形態では、保留画像RIとして、現在特別図柄の変動表示中の保留画像RI0も画像表示部6に表示されるものとしたが、現在特別図柄の変動表示中の保留画像RI0は、表示されないものとしてもよい。さらに、上記では、ステージSTの上に保留画像RIが表示されるものとしたが、ステージSTが表示されずに、保留されている回数に応じて保留画像RIが所定の位置に表示されるものとしてもよい。   In the second embodiment described above, as the reserved image RI, the reserved image RI0 that is currently being displayed with the variable display of the special symbol is also displayed on the image display unit 6. The image RI0 may not be displayed. Further, in the above description, the hold image RI is displayed on the stage ST. However, the hold image RI is displayed at a predetermined position according to the number of times the hold is held without displaying the stage ST. It is good.
また、上記した第2の実施形態では、背景画像BIを用いてモード演出を行うものとしたが、これに限られるものではない。例えば、特別モードを示すキャラクタ画像が表示されるものとしてもよいし、特別モードを示す音響による演出が実行されもよく、種々の変形が可能である。すなわち、特別モード演出は、通常モード演出とは異なるモードの演出であることが報知されるものであればよい。   In the second embodiment described above, the mode effect is performed using the background image BI, but the present invention is not limited to this. For example, a character image indicating the special mode may be displayed, a sound effect indicating the special mode may be executed, and various modifications are possible. That is, the special mode effect only needs to be informed that the effect is in a mode different from the normal mode effect.
[第3の実施形態]
以下では、第3の実施形態について、図44〜図49を用いて説明する。なお、第3の実施形態では、例えばリーチ後に発展する発展演出に関する特徴的な演出の例について説明する。
[Third Embodiment]
Below, 3rd Embodiment is described using FIGS. 44-49. In the third embodiment, for example, an example of a characteristic effect related to a development effect that develops after reaching will be described.
[第3の実施形態の第1例]
まず、第3の実施形態の第1例について、図44〜図56を用いて説明する。なお、第3の実施形態の第1例では、第1の実施形態の第2例で説明したように、画像表示部6に代え、2つの異なる画像表示部(第1画像表示部6aおよび第2画像表示部6b)が配設される(図23参照)。第3の実施形態の第1例では、第1画像表示部6a(メイン画面)において変動表示されるメイン図柄の仮停止表示態様によって発展演出が実行されることが期待されなくても、第2画像表示部6b(サブ画面)において変動表示されるサブ図柄の仮停止表示態様によって発展演出が実行されることが示唆される。まず、第3の実施形態の第1例における演出制御部400による演出制御処理について説明する。
[First Example of Third Embodiment]
First, the 1st example of 3rd Embodiment is demonstrated using FIGS. 44-56. In the first example of the third embodiment, as described in the second example of the first embodiment, two different image display units (the first image display unit 6a and the first image display unit 6a) are used instead of the image display unit 6. A two-image display unit 6b) is provided (see FIG. 23). In the first example of the third embodiment, even if the development effect is not expected to be executed by the temporary stop display mode of the main symbol that is variably displayed on the first image display unit 6a (main screen), It is suggested that the development effect is executed by the temporary stop display mode of the sub-design that is variably displayed on the image display unit 6b (sub-screen). First, an effect control process by the effect control unit 400 in the first example of the third embodiment will be described.
[演出制御部による演出制御処理]
図44は、演出制御部400によって行われる演出制御処理の一例を示すフローチャートである。以下に、図44を参照して、演出制御部400によって行われる演出制御処理について説明する。演出制御部400は、電源投入時や電源断時等の特殊な場合を除く通常の動作時において、図44に示す一連の処理を一定時間(例えば4ミリ秒)毎に繰り返し実行する。なお、図44のフローチャートに基づいて説明する演出制御部400で行われる処理は、ROM402に記憶されているプログラムに基づいて実行される。また、以下の説明では、大当り遊技演出等に関する内容については、その説明を省略している。
[Production control processing by production control unit]
FIG. 44 is a flowchart showing an example of the effect control process performed by the effect control unit 400. Below, with reference to FIG. 44, the effect control process performed by the effect control part 400 is demonstrated. The effect control unit 400 repeatedly executes a series of processes shown in FIG. 44 at regular time intervals (for example, 4 milliseconds) during a normal operation excluding special cases such as when the power is turned on and when the power is turned off. Note that the processing performed by the effect control unit 400 described based on the flowchart of FIG. 44 is executed based on a program stored in the ROM 402. Moreover, in the following description, the description about the big hit game effect etc. is omitted.
まず、図44のステップSm101において、演出制御部400のCPU401は、メイン制御部100から保留増加コマンド(第1保留数増加コマンド又は第2保留数増加コマンド)を受信したか否かを判定する(図8のステップSi26及びSi32参照)。ステップSm101での判定がYESの場合、処理はステップSm102に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSm106に移る。   First, in step Sm101 of FIG. 44, the CPU 401 of the effect control unit 400 determines whether or not a hold increase command (first hold number increase command or second hold number increase command) has been received from the main control unit 100 ( (See steps Si26 and Si32 in FIG. 8). If the determination in step Sm101 is YES, the process proceeds to step Sm102. If the determination is NO, the process proceeds to step Sm106.
ステップSm102において、CPU401は、保留数加算処理を実行する。具体的には、CPU401は、第1保留数増加コマンドを受信した場合、RAM403に格納されている第1特別図柄抽選の保留数を1加算し、第2保留数増加コマンドを受信した場合、RAM403に格納されている第2特別図柄抽選の保留数を1加算する。また、CPU401は、保留増加コマンドに含まれる事前判定情報を抽出し、保留増加コマンドの種別(第1保留増加コマンド又は第2保留増加コマンド)毎にRAM403に記憶する。その後、処理はステップSm103に移る。   In step Sm102, the CPU 401 executes a pending number addition process. Specifically, when the CPU 401 receives the first hold number increase command, the CPU 401 adds 1 to the hold number of the first special symbol lottery stored in the RAM 403, and when it receives the second hold number increase command, the RAM 403 1 is added to the number of reserves for the second special symbol lottery stored in. Further, the CPU 401 extracts pre-determination information included in the hold increase command and stores it in the RAM 403 for each type of hold increase command (first hold increase command or second hold increase command). Thereafter, the process proceeds to step Sm103.
ステップSm103において、CPU401は、保留表示処理を実行する。具体的には、CPU401は、第1保留数増加コマンドを受信した場合、画像音響制御部500に指示して第1画像表示部6a(メイン画面)に第1特別図柄抽選の保留数を示す保留画像(図示せず)を1つ増加表示させる。同様に、CPU401は、第2保留数増加コマンドを受信した場合、画像音響制御部500に指示して第1画像表示部6aに第2特別図柄抽選の保留数を示す保留画像を1つ増加表示させる。なお、前述したように、この保留増加コマンドには、特別図柄抽選の結果を示す事前判定情報が含まれている。従って、ステップSm103において、CPU401は、事前判定情報に基づいて、例えば、特別図柄抽選に対する当選の期待度(信頼度)を示唆するように保留表示の態様を変化させる先読み保留予告演出を実行してもよい。その後、処理はステップSm104に移る。   In step Sm103, the CPU 401 executes a hold display process. Specifically, when the CPU 401 receives the first hold number increase command, the CPU 401 instructs the image sound control unit 500 to indicate the hold number of the first special symbol lottery on the first image display unit 6a (main screen). An image (not shown) is increased by one. Similarly, when the CPU 401 receives the second hold number increase command, the CPU 401 instructs the image sound control unit 500 to display one hold image indicating the hold number of the second special symbol lottery on the first image display unit 6a. Let As described above, this pending increase command includes pre-determination information indicating the result of the special symbol lottery. Accordingly, in step Sm103, the CPU 401 executes, based on the prior determination information, for example, a pre-reading hold notice effect that changes the hold display mode so as to suggest the expectation degree (reliability) of the winning for the special symbol lottery. Also good. Thereafter, the process proceeds to step Sm104.
ステップSm104において、CPU401は、先読み予告演出を実行するか否かを判定する。ここで、先読み予告演出とは、報知演出において、この報知演出よりも後に実行する報知演出で大当りが報知されることを示唆する(期待させる)演出である。例えば、CPU401は、RAM403に記憶されている特別図柄抽選の保留数が1以上であるか否かを判定して1以上であると判定した場合、直近のステップSm102の処理でRAM403に記憶された事前判定情報に基づいて、先読み予告演出を実行するか否かを判定する。ステップSm104での判定がYESの場合、処理はステップSm105に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSm106に移る。   In step Sm104, the CPU 401 determines whether or not to execute a prefetch notice effect. Here, the pre-reading notice effect is an effect that suggests (expects) that a big hit is notified in a notification effect performed after the notification effect. For example, when the CPU 401 determines whether or not the number of special symbol lotteries held in the RAM 403 is 1 or more and determines that the number is 1 or more, the CPU 401 stores it in the RAM 403 in the most recent step Sm102. Based on the prior determination information, it is determined whether or not to perform the prefetch notice effect. If the determination in step Sm104 is YES, the process proceeds to step Sm105. If the determination is NO, the process proceeds to step Sm106.
ステップSm105において、CPU401は、先読み予告演出の内容を決定する。例えば、CPU401は、報知演出において特定のキャラクタ画像を表示する内容の先読み予告演出を決定する。その後、処理はステップSm106に移る。   In step Sm105, the CPU 401 determines the content of the prefetch notice effect. For example, the CPU 401 determines the pre-reading notice effect of the content for displaying the specific character image in the notification effect. Thereafter, the process proceeds to step Sm106.
ステップSm106において、CPU401は、メイン制御部100から送信された報知演出開始コマンドを受信したか否かを判定する。ステップSm106での判定がYESの場合、処理はステップSm107に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSm111に移る。   In step Sm106, the CPU 401 determines whether a notification effect start command transmitted from the main control unit 100 has been received. If the determination in step Sm106 is YES, the process proceeds to step Sm107. If the determination is NO, the process proceeds to step Sm111.
ステップSm107において、CPU401は、ステップSm106で受信した報知演出開始コマンドを解析する。つまり、報知演出開始コマンドに含まれる設定情報を取得する。その後、処理はステップSm108に移る。   In step Sm107, the CPU 401 analyzes the notification effect start command received in step Sm106. That is, the setting information included in the notification effect start command is acquired. Thereafter, the process proceeds to step Sm108.
ステップSm108において、CPU401は、ステップSm107で解析した報知演出開始コマンドに基づいて実行されるべき報知演出が、ステップSm105での先読み予告演出の実行対象に決定された報知演出であるか否かを判定する。つまり、今回の報知演出において先読み予告演出を実行するか否かを判定する。ステップSm108での判定がYESの場合、処理はステップSm109に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSm110に移る。   In step Sm108, the CPU 401 determines whether or not the notification effect to be executed based on the notification effect start command analyzed in step Sm107 is the notification effect determined as the execution target of the pre-reading notice effect in step Sm105. To do. That is, it is determined whether or not the pre-reading notice effect is executed in the current notification effect. If the determination in step Sm108 is YES, the process proceeds to step Sm109. If the determination is NO, the process proceeds to step Sm110.
ステップSm109において、CPU401は、ステップSm107で取得した設定情報の条件(大当りしたか否かの条件、報知演出実行時間の条件及びリーチ演出を実行するか否かの条件等)を満たす多数の報知演出の演出パターンから抽選等によって実行する演出パターンを決定し、又、先読み予告演出(特定のキャラクタ画像)を付加して、先読み予告演出を含む報知演出を画像音響制御部500等に指示して実行する。そして、一連の演出制御処理を終了する。   In step Sm109, the CPU 401 satisfies a number of notification effects satisfying the conditions of the setting information acquired in step Sm107 (a condition for determining whether or not a big hit, a condition for notification effect execution time, a condition for determining whether or not a reach effect is executed, etc.). An effect pattern to be executed by lottery or the like is determined from the effect patterns, and a prefetching notice effect (specific character image) is added, and a notification effect including the prefetching notice effect is instructed to the image sound control unit 500 and executed. To do. And a series of effect control processing is complete | finished.
一方、ステップSm110において、CPU401は、画像音響制御部500等に指示して、先読み予告演出を含まない報知演出を決定して実行する。ここで、ステップSm110の処理で実行される報知演出においては、後述するメイン図柄MIとサブ図柄SIを用いた装飾図柄演出が実行される場合がある。なお、第3の実施形態の第1例における特徴的な装飾図柄演出については図46〜図56を用いて後述する。   On the other hand, in step Sm110, the CPU 401 instructs the image sound control unit 500 or the like to determine and execute a notification effect that does not include the prefetch notice effect. Here, in the notification effect executed in the process of step Sm110, a decorative symbol effect using a main symbol MI and a sub symbol SI, which will be described later, may be executed. The characteristic decorative design effect in the first example of the third embodiment will be described later with reference to FIGS.
図45は、ステップSm110の処理の詳細フローチャートの一例である。以下、図45を用いて、ステップSm110の処理について説明する。   FIG. 45 is an example of a detailed flowchart of the process of step Sm110. Hereinafter, the process of step Sm110 will be described with reference to FIG.
まず、図45のステップSm120において、CPU401は、ステップSm107で取得した設定情報の条件(大当りしたか否かの条件、報知演出実行時間の条件及びリーチ演出を実行するか否かの条件等)を満たす多数の報知演出の中から、抽選等によって実行する演出の内容を決定する。その後、処理はステップSm121に移る。   First, in step Sm120 of FIG. 45, the CPU 401 sets the conditions of the setting information acquired in step Sm107 (a condition whether or not a big hit, a condition of notification effect execution time, a condition of whether or not to execute reach effect, etc.). The contents of the effect to be executed by lottery or the like are determined from among a large number of notification effects to be satisfied. Thereafter, the process proceeds to step Sm121.
ステップSm121において、CPU401は、ステップSm120で決定された演出の内容が、発展演出に発展する内容であるか否かを判定する。ここで、発展演出とは、第1画像表示部6aにおいて、装飾図柄(後述するメイン図柄MI)の少なくとも一部が仮停止表示されてから実行される報知演出であり、具体的には、後述するリーチ演出、チャンス目発展演出、擬似連演出等であって、SPリーチ演出やSPSPリーチ演出の一種である。ステップSm121での判定がYESの場合、処理はステップSm122に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSm132に移る。   In step Sm121, the CPU 401 determines whether or not the content of the effect determined in step Sm120 is a content that develops into an expanded effect. Here, the development effect is a notification effect that is executed after at least a part of a decorative symbol (main symbol MI described later) is temporarily stopped and displayed in the first image display unit 6a. Reach production, opportunity development, pseudo-continuous production, etc., which are a kind of SP reach production and SPSP reach production. If the determination in step Sm121 is YES, the process proceeds to step Sm122. If the determination is NO, the process proceeds to step Sm132.
ステップSm122において、CPU401は、発展演出の内容に基づいて第1画像表示部6aにおいて表示するメイン図柄MIの仮停止表示態様を決定する。例えば、CPU401は、発展演出としてリーチ演出が実行される場合には、メイン図柄MIの仮停止表示態様として、後述する図46に示す左メインリールMRLに左メイン図柄MILとして、例えば数字図柄「1」を仮停止表示させ、右メインリールMRRに右メイン図柄MIRとして、同じ数字図柄「1」(リーチ目)を仮停止表示させる仮停止表示態様を決定する(後述する図47の報知内容「リーチ」を参照)。また、例えば、CPU401は、発展演出としてチャンス目発展演出が実行される場合には、例えば左メイン図柄MIL、中メイン図柄MIC、右メイン図柄MIRとして、それぞれ数字図柄「1」、「2」、「3」のチャンス目を仮停止表示させる仮停止表示態様を決定する(後述する図47の報知内容「チャンス目発展」を参照)。なお、チャンス目とは、ハズレ目(ばらけ目)の中の特定の図柄パターン(第3の実施形態の第1例では「1」「2」「3」)を示し、メイン図柄MIとして当該チャンス目が仮停止表示されることを契機に、大当りを期待させる演出(チャンス目発展演出)が実行される。また、例えば、CPU401は、発展演出として擬似連演出が実行される場合には、最後に仮停止表示される中メイン図柄MICとして、擬似連演出の契機となる図柄(以下、擬似目ともいう)「7」を仮停止表示させる仮停止表示態様を決定する(後述する図47の報知内容「擬似連」を参照)。その後、処理はステップSm123に移る。   In step Sm122, the CPU 401 determines a temporary stop display mode of the main symbol MI to be displayed on the first image display unit 6a based on the contents of the development effect. For example, when the reach effect is executed as the development effect, the CPU 401 sets, as the temporary stop display mode of the main symbol MI, the left main reel MRL shown in FIG. ”Is temporarily stopped and a temporary stop display mode for temporarily stopping and displaying the same numeric symbol“ 1 ”(reach eyes) as the right main symbol MIR on the right main reel MRR is determined (the notification content“ reach ”in FIG. 47 described later). ). Further, for example, when the chance eye development effect is executed as the development effect, the CPU 401, for example, as the left main symbol MIL, the middle main symbol MIC, and the right main symbol MIR, the numerical symbols “1”, “2”, A temporary stop display mode for temporarily stopping and displaying the chance chance “3” is determined (see the notification content “chance eye development” in FIG. 47 described later). The chance eye indicates a specific symbol pattern (“1”, “2”, “3” in the first example of the third embodiment) in the losing eye (split eyes), and the main symbol MI When the chance eyes are temporarily stopped and displayed, an effect (chance eye development effect) that expects a big hit is executed. Further, for example, when the pseudo-continuous effect is executed as the development effect, the CPU 401, as the middle main symbol MIC that is temporarily stopped and displayed at the end, the symbol that triggers the pseudo-continuous effect (hereinafter also referred to as a pseudo eye). A temporary stop display mode for displaying “7” as a temporary stop is determined (see notification content “pseudo-continuous” in FIG. 47 described later). Thereafter, the process proceeds to step Sm123.
ステップSm123において、CPU401は、第2画像表示部6b(サブ画面)において装飾図柄(後述するサブ図柄SI)を用いた演出を行うか否かを判定する。具体的には、CPU401は、現在行われている演出のモード(種類)や、現在の遊技状態などの条件に基づいて、サブ図柄SIを用いた演出を行うか否かを判定する。ステップSm123での判定がYESの場合、処理はステップSm126に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSm124に移る。   In step Sm123, the CPU 401 determines whether or not to perform an effect using a decorative symbol (sub symbol SI described later) on the second image display unit 6b (sub screen). Specifically, the CPU 401 determines whether or not to perform an effect using the sub-symbol SI based on conditions such as the mode (type) of the currently performed effect and the current game state. If the determination in step Sm123 is YES, the process proceeds to step Sm126, and if this determination is NO, the process proceeds to step Sm124.
ステップSm124において、CPU401は、画像音響制御部500等に指示して、第1画像表示部6aにおいてメイン図柄MIを変動表示させる演出を実行する。その後、処理はステップSm125に移る。   In step Sm124, the CPU 401 instructs the image sound control unit 500 and the like to execute an effect of variably displaying the main symbol MI on the first image display unit 6a. Thereafter, the process proceeds to step Sm125.
ステップSm125において、CPU401は、画像音響制御部500等に指示して、第1画像表示部6aにおいて変動表示されたメイン図柄MIを、ステップSm122において決定された仮停止表示態様で仮停止表示させる演出を実行する。その後、処理はステップSm130に移る。   In step Sm125, the CPU 401 instructs the image sound control unit 500 and the like to temporarily stop and display the main symbol MI variably displayed in the first image display unit 6a in the temporary stop display mode determined in step Sm122. Execute. Thereafter, the process proceeds to step Sm130.
ステップSm126において、CPU401は、発展演出の内容に基づいて第2画像表示部6bにおいて表示するサブ図柄SIの停止表示態様を決定し、これに伴って、ステップSm122で決定されたメイン図柄MIの仮停止表示態様を変更する。例えば、CPU401は、発展演出としてリーチ演出が実行される場合には、サブ図柄SIの停止表示態様として、後述する図46に示す左サブリールSRLに左サブ図柄SILとして、例えば文字図柄「A」を停止表示させ、右サブリールSRRに右サブ図柄SIRとして、同じ文字図柄「A」を停止表示させ、中サブリールSRCに中サブ図柄SICとして、同じ文字図柄「A」を停止表示させる停止表示態様を決定する(後述する図48の示唆内容「リーチ」を参照)。そして、このとき、メイン図柄MIの仮停止表示態様としては、リーチ目を仮停止表示させる仮停止表示態様から、左メイン図柄MIL、中メイン図柄MIC、右メイン図柄MIRとして、それぞれ例えば数字図柄「1」、「6」、「4」のハズレ目を仮停止表示させる仮停止表示態様に変更する。また、例えば、CPU401は、発展演出としてチャンス目発展演出が実行される場合には、左サブ図柄SIL、中サブ図柄SIC、右サブ図柄SIRを例えば同一の文字図柄「Q」で揃えて停止表示させる停止表示態様を決定する(後述する図48の示唆内容「チャンス目発展」を参照)。そして、このとき、メイン図柄MIの仮停止表示態様としては、チャンス目を仮停止表示させる仮停止表示態様から、左メイン図柄MIL、中メイン図柄MIC、右メイン図柄MIRとして、それぞれ例えば数字図柄「1」、「6」、「4」のハズレ目を仮停止表示させる仮停止表示態様に変更する。また、例えば、CPU401は、発展演出として擬似連演出が実行される場合には、左サブ図柄SIL、中サブ図柄SIC、右サブ図柄SIRを例えば同一の文字図柄「Z」で揃えて停止表示させる停止表示態様を決定する(後述する図48の示唆内容「擬似連」を参照)。そして、このとき、メイン図柄MIの仮停止表示態様としては、最後に仮停止される中メイン図柄MICとして擬似目を仮停止表示させる仮停止表示態様から、中メイン図柄MICとして、擬似目ではない別の数字図柄(例えば「6」)を仮停止表示させる仮停止表示態様に変更する。その後、処理はステップSm127に移る。なお、ステップSm126においては、サブ図柄SIの停止表示態様として同じ文字図柄が揃わない(いわゆるばらけ目の)停止表示態様を決定し、メイン図柄MIの仮停止表示態様をステップSm122で決定された仮停止表示態様のままとして、メイン図柄MIの仮停止表示態様に対応付けられた発展演出が実行されるものとしてもよい。   In step Sm126, the CPU 401 determines the stop display mode of the sub symbol SI to be displayed on the second image display unit 6b based on the contents of the development effect, and accordingly, the temporary symbol of the main symbol MI determined in step Sm122. Change the stop display mode. For example, when the reach effect is executed as the development effect, the CPU 401 displays, for example, the character symbol “A” as the left sub symbol SIL on the left sub reel SRL shown in FIG. 46 described later as a stop display mode of the sub symbol SI. The stop display mode is determined so that the same character symbol “A” is stopped and displayed on the right sub reel SRR as the right sub symbol SIR, and the same character symbol “A” is stopped and displayed on the middle sub reel SRC as the middle sub symbol SIC. (Refer to the suggested content “reach” in FIG. 48 described later). At this time, as the temporary stop display mode of the main symbol MI, the left main symbol MIL, the middle main symbol MIC, and the right main symbol MIR are changed from the temporary stop display mode in which the reach eye is temporarily stopped to display, for example, the numeric symbol “ The display is changed to a temporary stop display mode in which the losing points “1”, “6”, and “4” are temporarily stopped. Further, for example, when the chance development effect is executed as the development effect, the CPU 401 displays the left sub symbol SIL, the middle sub symbol SIC, and the right sub symbol SIR, for example, with the same character symbol “Q” and stops display. The stop display mode to be performed is determined (see the suggested content “chance eye development” in FIG. 48 described later). At this time, as the temporary stop display mode of the main symbol MI, from the temporary stop display mode in which the chance eye is temporarily stopped and displayed, the left main symbol MIL, the middle main symbol MIC, and the right main symbol MIR, for example, the numeric symbol “ The display is changed to a temporary stop display mode in which the losing points “1”, “6”, and “4” are temporarily stopped. Further, for example, when the pseudo-continuous effect is executed as the development effect, the CPU 401 displays the left sub symbol SIL, the middle sub symbol SIC, and the right sub symbol SIR, for example, with the same character symbol “Z” being stopped and displayed. The stop display mode is determined (refer to the suggested content “pseudo sequence” in FIG. 48 described later). At this time, the temporary stop display mode of the main symbol MI is not the pseudo-eye as the middle main symbol MIC from the temporary stop display mode of temporarily stopping the pseudo-eye as the middle main symbol MIC to be temporarily stopped. It changes to the temporary stop display mode which displays another numerical symbol (for example, "6") temporarily. Thereafter, the process proceeds to step Sm127. In step Sm126, the stop display mode in which the same character symbols are not aligned (so-called disjoint) is determined as the stop display mode of the sub symbol SI, and the temporary stop display mode of the main symbol MI is determined in step Sm122. The development effect associated with the temporary stop display mode of the main symbol MI may be executed without changing the temporary stop display mode.
ステップSm127において、CPU401は、画像音響制御部500等に指示して、第1画像表示部6aにおいてメイン図柄MIを変動表示させる演出を実行し、第2画像表示部6bにおいてサブ図柄SIを変動表示させる演出を実行する。その後、処理はステップSm128に移る。   In step Sm127, the CPU 401 instructs the image sound control unit 500 or the like to execute an effect of variably displaying the main symbol MI on the first image display unit 6a, and variably displays the sub symbol SI on the second image display unit 6b. The effect to be executed is executed. Thereafter, the process proceeds to step Sm128.
ステップSm128において、CPU401は、画像音響制御部500等に指示して、第1画像表示部6aにおいて変動表示されたメイン図柄MIを、ステップSm126において変更された仮停止表示態様で仮停止表示させる演出を実行する。その後、処理はステップSm129に移る。   In step Sm128, the CPU 401 instructs the image sound control unit 500 and the like to temporarily stop and display the main symbol MI variably displayed in the first image display unit 6a in the temporary stop display mode changed in step Sm126. Execute. Thereafter, the process proceeds to step Sm129.
ステップSm129において、CPU401は、画像音響制御部500等に指示して、第2画像表示部6bにおいて変動表示されたサブ図柄SIを、ステップSm126において決定された停止表示態様で停止表示させる演出を実行する。その後、処理はステップSm130に移る。   In step Sm129, the CPU 401 instructs the image sound control unit 500 or the like to perform an effect of stopping and displaying the sub-symbol SI variably displayed in the second image display unit 6b in the stop display mode determined in step Sm126. To do. Thereafter, the process proceeds to step Sm130.
ステップSm130において、CPU401は、発展演出を画像音響制御部500等に指示して実行する。具体的には、CPU401は、ステップSm128の処理によってメイン図柄MIが仮停止表示された第1画像表示部6aにおいて、発展演出(例えば、リーチ演出、チャンス目演出、擬似連演出)を画像音響制御部500等に指示して実行する。その後、処理はステップSm131に移る。   In step Sm130, the CPU 401 instructs the image sound control unit 500 or the like to perform the development effect and executes it. Specifically, the CPU 401 performs image acoustic control on the development effect (for example, reach effect, chance eye effect, pseudo-continuous effect) in the first image display unit 6a on which the main symbol MI is temporarily stopped and displayed by the process of step Sm128. The instruction is executed to the unit 500 or the like. Thereafter, the process proceeds to step Sm131.
ステップSm131において、CPU401は、画像音響制御部500等に指示して、第1画像表示部6aにおいて、メイン図柄MIを、当落結果を報知する態様で停止表示させる演出を実行する。例えば、CPU401は、当落結果が「大当り」である場合には、左メイン図柄MIL、中メイン図柄MIC、右メイン図柄MIRとして、それぞれ例えば同一の数字図柄「1」(当たり目)で揃えて停止表示させ、当落結果が「ハズレ」である場合には、左メイン図柄MIL、中メイン図柄MIC、右メイン図柄MIRとして、それぞれ例えば「1」、「6」、「4」のハズレ目で停止表示させる。そして、ステップSm110の処理を終了する。   In step Sm131, the CPU 401 instructs the image sound control unit 500 or the like to execute an effect of causing the first image display unit 6a to stop display the main symbol MI in a manner of notifying the winning result. For example, when the winning result is “big hit”, the CPU 401 stops the same as the left main symbol MIL, the middle main symbol MIC, and the right main symbol MIR, for example, with the same numeric symbol “1” (hit). If the winning result is “losing”, the left main symbol MIL, the middle main symbol MIC, and the right main symbol MIR are stopped and displayed, for example, as “1”, “6”, and “4”, respectively. Let And the process of step Sm110 is complete | finished.
ステップSm132において、CPU401は、第2画像表示部6bにおいてサブ図柄SIを用いた演出を行うか否かを判定する。具体的には、CPU401は、現在行われている演出のモード(種類)や、現在の遊技状態などの条件に基づいて、サブ図柄SIを用いた演出を行うか否かを判定する。ステップSm132での判定がYESの場合、処理はステップSm133に移り、この判定がNOの場合、処理はステップSm137に移る。   In step Sm132, the CPU 401 determines whether or not the second image display unit 6b performs an effect using the sub symbol SI. Specifically, the CPU 401 determines whether or not to perform an effect using the sub-symbol SI based on conditions such as the mode (type) of the currently performed effect and the current game state. If the determination in step Sm132 is YES, the process proceeds to step Sm133, and if this determination is NO, the process proceeds to step Sm137.
ステップSm133において、CPU401は、ステップSm120で決定された演出の内容に基づいて第2画像表示部6bにおいて表示するサブ図柄SIの停止表示態様を決定する。例えば、「ハズレ」の演出が実行される場合には、左サブ図柄SIL、中サブ図柄SIC、右サブ図柄SIRとして、それぞれ例えば文字図柄「A」、「D」、「C」のばらけ目を停止表示させる停止表示態様を決定する。その後、処理はステップSm134に移る。   In step Sm133, the CPU 401 determines the stop display mode of the sub-symbol SI displayed on the second image display unit 6b based on the content of the effect determined in step Sm120. For example, when the “losing” effect is executed, the character patterns “A”, “D”, and “C” are separated as the left sub symbol SIL, the middle sub symbol SIC, and the right sub symbol SIR, respectively. The stop display mode to stop display is determined. Thereafter, the process proceeds to step Sm134.
ステップSm134において、CPU401は、画像音響制御部500等に指示して、第1画像表示部6aにおいてメイン図柄MIを変動表示させる演出を実行し、第2画像表示部6bにおいてサブ図柄SIを変動表示させる演出を実行する。その後、処理はステップSm135に移る。   In step Sm134, the CPU 401 instructs the image sound control unit 500 or the like to execute an effect of variably displaying the main symbol MI on the first image display unit 6a, and variably displays the sub symbol SI on the second image display unit 6b. The effect to be executed is executed. Thereafter, the process proceeds to step Sm135.
ステップSm135において、CPU401は、画像音響制御部500等に指示して、第1画像表示部6aにおいて変動表示されたメイン図柄MIを、当落結果を報知する態様で仮停止表示させる演出を実行する。例えば、CPU401は、当落結果が「ハズレ」である場合には、左メイン図柄MIL、中メイン図柄MIC、右メイン図柄MIRとして、それぞれ例えば「1」、「6」、「4」のハズレ目で仮停止表示させる。その後、処理はステップSm136に移る。   In step Sm135, the CPU 401 instructs the image sound control unit 500 and the like to execute an effect of temporarily stopping and displaying the main symbol MI variably displayed on the first image display unit 6a in a manner of notifying the winning result. For example, when the winning result is “losing”, the CPU 401 uses, for example, “1”, “6”, and “4” as the left main symbol MIL, the middle main symbol MIC, and the right main symbol MIR, respectively. Display temporary stop. Thereafter, the process proceeds to step Sm136.
ステップSm136において、CPU401は、画像音響制御部500等に指示して、第2画像表示部6bにおいて変動表示されたサブ図柄SIを、ステップSm133において決定された停止表示態様で停止表示させる演出を実行する。その後、処理はステップSm137に移る。   In step Sm136, the CPU 401 instructs the image sound control unit 500 and the like to execute an effect of stopping and displaying the sub-symbol SI that is variably displayed in the second image display unit 6b in the stop display mode determined in step Sm133. To do. Thereafter, the process proceeds to step Sm137.
ステップSm137において、CPU401は、画像音響制御部500等に指示して、第1画像表示部6aにおいて、メイン図柄MIを停止表示させる演出を実行する。具体的には、CPU401は、ステップSm135で仮停止表示されたメイン図柄MIを、そのまま停止表示させる。そして、ステップSm110の処理を終了する。   In step Sm137, the CPU 401 instructs the image sound control unit 500 and the like to execute an effect of stopping and displaying the main symbol MI on the first image display unit 6a. Specifically, the CPU 401 stops and displays the main symbol MI temporarily stopped and displayed in step Sm135. And the process of step Sm110 is complete | finished.
説明は図44に戻り、ステップSm111において、CPU401は、メイン制御部100から送信された報知演出停止コマンドを受信したか否かを判定する。ステップSm111での判定がYESの場合、処理はステップSm112に移り、この判定がNOの場合、一連の演出制御処理を終了する。。   Returning to FIG. 44, in step Sm <b> 111, the CPU 401 determines whether or not a notification effect stop command transmitted from the main control unit 100 has been received. If the determination in step Sm111 is YES, the process proceeds to step Sm112, and if this determination is NO, the series of effect control processes ends. .
ステップSm112において、CPU401は、ステップSm109又はSm110の処理で実行開始した報知演出を終了して、特別図柄抽選の結果を演出的に報知する。その後、処理はステップSm113に移る。   In step Sm112, the CPU 401 ends the notification effect started to be executed in the process of step Sm109 or Sm110, and notifies the result of the special symbol lottery in an effective manner. Thereafter, the process proceeds to step Sm113.
ステップSm113において、CPU401は、保留数減算処理を実行する。具体的には、CPU401は、報知演出開始コマンドの設定情報に含まれている第1特別図柄抽選及び第2特別図柄抽選の何れが実行されたかを示す情報が、第1特別図柄抽選が実行されたことを示す場合、RAM403に格納されている第1特別図柄抽選の保留数を1減算し、第2特別図柄抽選が実行されたことを示す場合、RAM403に格納されている第2特別図柄抽選の保留数を1減算する。その後、処理はステップSm114に移る。   In step Sm113, the CPU 401 executes a hold number subtraction process. Specifically, the CPU 401 executes the first special symbol lottery as information indicating which one of the first special symbol lottery and the second special symbol lottery included in the setting information of the notification effect start command is executed. 1 is subtracted from the holding number of the first special symbol lottery stored in the RAM 403, and when the second special symbol lottery is executed, the second special symbol lottery stored in the RAM 403 is displayed. Subtract 1 from the number of holds. Thereafter, the process proceeds to step Sm114.
ステップSm114において、CPU401は、保留表示処理を実行する。具体的には、CPU401は、報知演出開始コマンドの設定情報に含まれている第1特別図柄抽選及び第2特別図柄抽選の何れが実行されたかを示す情報が、第1特別図柄抽選が実行されたことを示す場合、画像音響制御部500に指示して第1画像表示部6aに最も早く表示されている第1特別図柄抽選の保留数を示す保留画像(例えば、現在特別図柄の変動表示中であることを示す保留画像)を1つ消化(削除)させる。なお、その他の保留画像が表示されている場合には、ステップSm109又はSm110で報知演出を開始する際に、それらの保留画像を順次移動させる。同様に、CPU401は、報知演出開始コマンドの設定情報に含まれている第1特別図柄抽選及び第2特別図柄抽選の何れが実行されたかを示す情報が第2特別図柄抽選が実行されたことを示す場合、画像音響制御部500に指示して第1画像表示部6aに最も早く表示されている第2特別図柄抽選の保留数を示す保留画像を1つ消化(削除)させる。なお、その他の保留画像が表示されている場合には、ステップSm109又はSm110で報知演出を開始する際に、それらの保留画像を順次移動させる。そして、一連の演出制御処理を終了する。   In step Sm114, the CPU 401 executes a hold display process. Specifically, the CPU 401 executes the first special symbol lottery as information indicating which one of the first special symbol lottery and the second special symbol lottery included in the setting information of the notification effect start command is executed. If this is the case, the image sound control unit 500 is instructed to display the hold image indicating the number of hold of the first special symbol lottery displayed on the first image display unit 6a earliest (for example, currently displaying the variation of the special symbol) 1) (the reserved image indicating that it is) is digested (deleted). When other reserved images are displayed, when the notification effect is started in step Sm109 or Sm110, the reserved images are sequentially moved. Similarly, the CPU 401 indicates that information indicating which of the first special symbol lottery and the second special symbol lottery included in the setting information of the notification effect start command has been executed is that the second special symbol lottery has been executed. In the case of showing, the image sound control unit 500 is instructed to digest (delete) one reserved image indicating the number of the second special symbol lottery that is displayed earliest on the first image display unit 6a. When other reserved images are displayed, when the notification effect is started in step Sm109 or Sm110, the reserved images are sequentially moved. And a series of effect control processing is complete | finished.
[特徴的動作]
次に、以上にフローチャートを用いて説明した第3の実施形態の第1例による特徴的な装飾図柄演出の概要について、図46〜図48を用いて具体的に説明する。図46は、第1画像表示部6aに表示されるメイン図柄MI、および第2画像表示部6bに表示されるサブ図柄SIを用いた装飾図柄演出を説明するための図であり、図47は、メイン図柄MIの仮停止表示態様の一例を示す図であり、図48は、サブ図柄SIの停止表示態様の一例を示す図である。
[Characteristic operation]
Next, an outline of a characteristic decorative design effect according to the first example of the third embodiment described above using the flowchart will be specifically described with reference to FIGS. 46 to 48. FIG. 46 is a diagram for explaining a decorative symbol effect using the main symbol MI displayed on the first image display unit 6a and the sub symbol SI displayed on the second image display unit 6b. FIG. 48 is a diagram illustrating an example of a temporary stop display mode of the main symbol MI, and FIG. 48 is a diagram illustrating an example of a stop display mode of the sub symbol SI.
図46に示すように、第1画像表示部6aには、3つのメイン図柄MI(MIL、MIC、MIR)が表示され、各メイン図柄MIは、特別図柄の変動表示に応じて各メイン図柄列(メインリールMR)において変動表示される。具体的には、まず、左メイン図柄MILが、左に配されたメイン図柄列である左メインリールMRLにおいて変動表示された後に仮停止され、次に右メイン図柄MIRが、右に配されたメイン図柄列である右メインリールMRRにおいて変動表示された後に仮停止され、最後に、中メイン図柄MICが、中央に配された領域である中メインリールMRCにおいて変動表示された後に仮停止されてから、すべてのメイン図柄MIが完全に停止表示される。これにより当落結果(大当りかハズレ)が報知される。すなわち、メイン図柄MIは、特別図柄抽選の抽選結果を報知するための装飾図柄として機能する。なお、仮停止とは、メイン図柄MIの変動が停止したと遊技者が認識できる態様で停止されることをいい、完全に停止しているわけではなく、例えば、上下に僅かに変動した状態で表示される。これにより、特別図柄が未だ変動中であることが示される。また、図46以降の図面では、変動中または仮停止中のメイン図柄MI、サブ図柄SIを点線で表示している。   As shown in FIG. 46, three main symbols MI (MIL, MIC, MIR) are displayed on the first image display unit 6a, and each main symbol MI corresponds to each main symbol row in accordance with a special symbol variation display. In the (main reel MR), the display is changed. Specifically, first, the left main symbol MIL is displayed on the left main reel MRL, which is the main symbol row arranged on the left, and then temporarily stopped, and then the right main symbol MIR is arranged on the right. Temporarily stopped after variably displayed on the right main reel MRR which is the main symbol row, and finally, the middle main symbol MIC is temporarily stopped after being variably displayed on the middle main reel MRC which is an area arranged in the center. Thus, all main symbols MI are completely stopped and displayed. As a result, the winning result (hit or lose) is notified. That is, the main symbol MI functions as a decorative symbol for notifying the lottery result of the special symbol lottery. Note that the temporary stop means that the player can recognize that the change in the main symbol MI has stopped, and is not completely stopped. Is displayed. This indicates that the special symbol is still changing. Also, in the drawings after FIG. 46, the main symbol MI and the sub symbol SI that are changing or temporarily stopped are indicated by dotted lines.
図46に示すように、第2画像表示部6bには、3つのサブ図柄SI(SIL、SIC、SIR)が表示され、各サブ図柄SIは、特別図柄の変動表示に応じて各サブ図柄列(サブリールSR)において変動表示される。具体的には、まず、左サブ図柄SILが、左に配されたサブ図柄列である左サブリールSRLにおいて変動表示された後に停止され、次に右サブ図柄SIRが、右に配されたサブ図柄列である右サブリールSRRにおいて変動表示された後に停止され、最後に、中サブ図柄SICが、中央に配された領域である中サブリールSRCにおいて変動表示された後に停止される。そして、このサブ図柄SIの停止表示態様により、第1画像表示部6aで実行される発展演出の内容が示唆される。すなわち、サブ図柄SIは、発展演出の内容を示唆するための装飾図柄として機能する。   As shown in FIG. 46, three sub symbols SI (SIL, SIC, SIR) are displayed on the second image display unit 6b, and each sub symbol SI corresponds to each sub symbol row according to the variation display of the special symbol. Fluctuation is displayed on (sub reel SR). Specifically, first, the left sub symbol SIL is variably displayed on the left sub reel SRL which is the sub symbol row arranged on the left and then stopped, and then the right sub symbol SIR is arranged on the right. After the variable display on the right sub-reel SRR that is the column, the stop is performed, and finally, the middle sub-symbol SIC is stopped after the variable display is performed on the middle sub-reel SRC that is an area arranged in the center. And the content of the development effect performed by the 1st image display part 6a is suggested by the stop display mode of this sub-symbol SI. That is, the sub symbol SI functions as a decorative symbol for suggesting the contents of the development effect.
次に、図47、図48を用いて、メイン図柄MIの仮停止表示態様、およびサブ図柄SIの停止表示態様について説明する。   Next, the temporary stop display mode of the main symbol MI and the stop display mode of the sub symbol SI will be described with reference to FIGS. 47 and 48.
図47に示すように、メイン図柄MIには、いわゆる出目と呼ばれる、3つ揃うことで大当りを報知可能な数字図柄が描かれており、2つ揃うと、いわゆるリーチ状態となる。すなわち、例えば左メイン図柄MILと、右メイン図柄MIRとが同じ数字図柄「1」で揃って仮停止表示されるとリーチ状態(リーチ目「1」が成立した状態ともいう)となり、後続の発展演出として、リーチ演出が実行されることが報知される。また、メイン図柄MIの数字図柄が3つ揃わない場合には、ハズレであることが報知されるが、特定の図柄パターン(いわゆるチャンス目;第3の実施形態の第1例では「1」「2」「3」)で仮停止表示される場合には、後続の発展演出として、チャンス目発展演出が実行されることが報知される。また、メイン図柄MIのうち、最後に仮停止表示される中メイン図柄MICが擬似連の契機となる特定の数字図柄(擬似目;第3の実施形態の第1例では「7」)で仮停止表示されると、後続の発展演出として、擬似連演出が実行されることが報知される。なお、ここで「リーチ演出」や「チャンス目発展演出」は、アニメーションや動画などを用いて特別図柄抽選に当選することを期待させる演出であり、擬似連演出とは、一度仮停止表示されたメイン図柄MIを再び変動表示させる演出であり、この再変動される回数が多いほど特別図柄抽選に当選する期待度が高いことを示唆する演出である。また、第3の実施形態の第1例では、擬似連演出の後に実行されるリーチ演出(SPリーチ演出)は、擬似連演出が行われないで実行されるリーチ演出よりも特別図柄抽選に当選する期待度(信頼度)が高い。以上のように、リーチ演出、チャンス目演出、擬似連演出は、いずれも特別遊技が行われる(大当りになる)ことを期待させる発展演出である。   As shown in FIG. 47, in the main symbol MI, a numerical symbol that can be notified of a big hit by combining three, which is called a so-called outcome, is drawn, and when the two symbols are aligned, a so-called reach state is obtained. That is, for example, when the left main symbol MIL and the right main symbol MIR are aligned with the same numeric symbol “1” and temporarily stopped and displayed, a reach state (also referred to as a state where the reach eye “1” is established) is entered, and the subsequent development As an effect, it is notified that the reach effect is executed. In addition, when there are not three number symbols of the main symbol MI, it is informed that it is lost, but a specific symbol pattern (so-called chance; “1” and “1” in the first example of the third embodiment) 2 ”and“ 3 ”), it is informed that the chance development effect is executed as the subsequent development effect. In addition, among the main symbols MI, the middle main symbol MIC that is temporarily stopped and displayed last is a specific numeric symbol (pseudo eye; “7” in the first example of the third embodiment) that triggers the pseudo-ream. When the stop display is made, it is notified that a pseudo-continuous effect is executed as a subsequent development effect. In addition, “reach production” and “chance development” are productions that are expected to win a special symbol lottery using animations and videos, etc. This is an effect of variably displaying the main symbol MI, and an effect suggesting that the greater the number of re-variations, the higher the degree of expectation for winning the special symbol lottery. Further, in the first example of the third embodiment, the reach effect (SP reach effect) executed after the pseudo-continuous effect is won by the special symbol lottery than the reach effect that is executed without performing the pseudo-continuous effect. Expectation (reliability) is high. As described above, the reach effect, the chance eye effect, and the pseudo-ream effect are all developed effects that expect a special game to be played (a big hit).
図48に示すように、サブ図柄SIには、3つ揃うことで第1画像表示部6aにおいて実行される発展演出の内容を示唆可能な文字図柄が描かれている。具体的には、サブ図柄SIとして、文字図柄「A」が揃うと、発展演出としてリーチ演出が実行されることが示唆され、文字図柄「Q」が揃うと、発展演出としてチャンス目発展演出が実行されることが示唆され、文字図柄「Z」が揃うと、発展演出として擬似連演出が実行されることが示唆される。なお、文字図柄が揃わない場合には、発展演出が実行されないことが示唆される。   As shown in FIG. 48, in the sub symbol SI, a character symbol that can suggest the content of the development effect executed in the first image display unit 6a by drawing three is drawn. Specifically, it is suggested that when the character design “A” is arranged as the sub-design SI, the reach production is executed as the development effect, and when the character design “Q” is arranged, the chance eye development effect is produced as the development effect. When it is suggested that the character design “Z” is prepared, it is suggested that the pseudo-continuous effect is executed as the development effect. It should be noted that if the character design is not complete, it is suggested that the development effect is not executed.
次に、第3の実施形態の第1例における上記した装飾図柄演出の詳細について、図49〜図56を用いて説明する。なお、図50、図52、図54、図56の図面では、メインリールMRおよびサブリールSRの図示を省略している。   Next, details of the above-described decorative design effect in the first example of the third embodiment will be described with reference to FIGS. 49 to 56. 50, 52, 54, and 56, the main reel MR and the sub reel SR are not shown.
[リーチ演出へ発展する場合の装飾図柄演出の一例]
図49は、発展演出としてリーチ演出が実行される場合の装飾図柄演出を時系列に表した図であり、図49の(1)は、サブ図柄SIを用いない装飾図柄演出を表し、図49の(2)は、サブ図柄SIを用いた装飾図柄演出を表す。また、図50は、図49の(2)に示す装飾図柄演出の様子を図示したものである。図49の(1)に示すように、サブ図柄SIを用いた装飾図柄演出が行われない場合には、第1画像表示部6aにおいて、まず、左メイン図柄MILが仮停止表示されてから、次に、右メイン図柄MIRが左メイン図柄MILと同じ数字図柄(例えば「1」)で仮停止表示され(すなわち、リーチ目で仮停止表示され)、発展演出としてリーチ演出が実行された後、当落結果を報知する数字図柄でメイン図柄MIが停止表示される。
[An example of decorative design when developing to reach production]
49 is a diagram showing, in time series, the decorative symbol effect when the reach effect is executed as the development effect. FIG. 49 (1) shows the decorative symbol effect without using the sub symbol SI. (2) represents a decorative symbol effect using the sub symbol SI. FIG. 50 illustrates the decorative design effect shown in (2) of FIG. As shown in (1) of FIG. 49, when the decorative symbol effect using the sub symbol SI is not performed, first, the left main symbol MIL is temporarily stopped and displayed on the first image display unit 6a. Next, after the right main symbol MIR is temporarily stopped with the same number symbol (for example, “1”) as the left main symbol MIL (that is, temporarily stopped at the reach eye), and the reach effect is executed as the development effect, The main symbol MI is stopped and displayed with a numerical symbol for notifying the winning result.
一方、図49の(2)に示すように、サブ図柄SIを用いた装飾図柄演出が行われる場合には、第1画像表示部6a、第2画像表示部6bのそれぞれにおいて、メイン図柄MI、サブ図柄SIが変動表示され、第1画像表示部6aにおいて、メイン図柄MIは、リーチ演出を報知するリーチ目で仮停止表示されない。具体的には、左メイン図柄MIL、右メイン図柄MIR、中メイン図柄MICの順に、それぞれ例えば数字図柄「1」、「4」、「6」で仮停止表示される。すなわち、メイン図柄MIはハズレを報知するハズレ目で仮停止表示される。なお、メイン図柄MIがハズレ目で仮停止表示されたときには、サブ図柄SIはまだ変動中である(図50の(1)参照)。そして、メイン図柄MIがハズレ目で仮停止表示された後に、サブ図柄SIのうち最後に変動表示される中サブ図柄SICが停止表示され、サブ図柄SIのすべてが同一の文字図柄「A」で揃って停止表示される(図50の(2)参照)。そして、このサブ図柄SICの停止表示態様(文字図柄「A」)により、第1画像表示部6aにおいて、発展演出としてリーチ演出が実行されることが示唆され(図48参照)、第1画像表示部6aにおいてリーチ演出が実行される(図50の(3)参照)。その後、第1画像表示部6aにおいて、当落結果を報知する数字図柄(大当りである場合には、例えば「1」「1」「1」)でメイン図柄MIが停止表示される(図50の(4)参照)   On the other hand, as shown in (2) of FIG. 49, when the decorative symbol effect using the sub symbol SI is performed, the main symbol MI, The sub symbol SI is variably displayed, and in the first image display unit 6a, the main symbol MI is not temporarily stopped and displayed at the reach eye notifying the reach effect. Specifically, for example, the numerical symbols “1”, “4”, and “6” are temporarily stopped and displayed in the order of the left main symbol MIL, the right main symbol MIR, and the middle main symbol MIC, respectively. That is, the main symbol MI is temporarily stopped and displayed at the losing eye for notifying the losing. Note that when the main symbol MI is temporarily stopped and displayed at a loss, the sub symbol SI is still changing (see (1) in FIG. 50). Then, after the main symbol MI has been temporarily stopped and displayed in a losing manner, the middle sub symbol SIC that is variably displayed at the end of the sub symbols SI is stopped and displayed, and all of the sub symbols SI are the same character symbol “A”. All are stopped and displayed (see (2) in FIG. 50). Then, the stop display mode (character symbol “A”) of the sub-symbol SIC suggests that the reach effect is executed as the development effect in the first image display unit 6a (see FIG. 48), and the first image display The reach effect is executed in the part 6a (see (3) in FIG. 50). Thereafter, in the first image display unit 6a, the main symbol MI is stopped and displayed with the numerical symbols (for example, “1”, “1”, “1” in the case of a big hit) for notifying the winning result (in FIG. 50 ( 4) Reference)
このように、発展演出としてリーチ演出が実行される際に、サブ図柄SICを用いた装飾図柄演出が行われる場合には、まず、メイン図柄MIがリーチ演出を報知しないハズレ目で仮停止表示される。このことにより、遊技者はハズレであることが報知されたと思い落胆する。しかし、その後に停止表示されるサブ図柄SIが文字図柄「A」で揃うと、発展演出としてリーチ演出が実行されることが示唆される。すなわち、メイン図柄MIは、リーチ目ではないハズレ目で仮停止表示されているにもかかわらず、リーチ演出が実行されることになる。具体的には、例えば、すでに仮停止表示されていたメイン図柄MIが再び変動表示されて、左メイン図柄MILと右メイン図柄MIRが同じ数字図柄