JP2015090266A - 熱交換器及びその製造方法 - Google Patents

熱交換器及びその製造方法 Download PDF

Info

Publication number
JP2015090266A
JP2015090266A JP2014226032A JP2014226032A JP2015090266A JP 2015090266 A JP2015090266 A JP 2015090266A JP 2014226032 A JP2014226032 A JP 2014226032A JP 2014226032 A JP2014226032 A JP 2014226032A JP 2015090266 A JP2015090266 A JP 2015090266A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
refrigerant tube
contact
collar
heat exchanger
tube
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2014226032A
Other languages
English (en)
Inventor
ジュヒョン リ
Juhyoung Lee
ジュヒョン リ
ソンウォン ペ
Seongwon Bae
ソンウォン ペ
Original Assignee
エルジー エレクトロニクス インコーポレイティド
Lg Electronics Inc
エルジー エレクトロニクス インコーポレイティド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to KR1020130134950A priority Critical patent/KR20150053135A/ko
Priority to KR10-2013-0134950 priority
Application filed by エルジー エレクトロニクス インコーポレイティド, Lg Electronics Inc, エルジー エレクトロニクス インコーポレイティド filed Critical エルジー エレクトロニクス インコーポレイティド
Publication of JP2015090266A publication Critical patent/JP2015090266A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B23MACHINE TOOLS; METAL-WORKING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B23PMETAL-WORKING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; COMBINED OPERATIONS; UNIVERSAL MACHINE TOOLS
    • B23P15/00Making specific metal objects by operations not covered by a single other subclass or a group in this subclass
    • B23P15/26Making specific metal objects by operations not covered by a single other subclass or a group in this subclass heat exchangers or the like
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F28HEAT EXCHANGE IN GENERAL
    • F28DHEAT-EXCHANGE APPARATUS, NOT PROVIDED FOR IN ANOTHER SUBCLASS, IN WHICH THE HEAT-EXCHANGE MEDIA DO NOT COME INTO DIRECT CONTACT
    • F28D1/00Heat-exchange apparatus having stationary conduit assemblies for one heat-exchange medium only, the media being in contact with different sides of the conduit wall, in which the other heat-exchange medium is a large body of fluid, e.g. domestic or motor car radiators
    • F28D1/02Heat-exchange apparatus having stationary conduit assemblies for one heat-exchange medium only, the media being in contact with different sides of the conduit wall, in which the other heat-exchange medium is a large body of fluid, e.g. domestic or motor car radiators with heat-exchange conduits immersed in the body of fluid
    • F28D1/04Heat-exchange apparatus having stationary conduit assemblies for one heat-exchange medium only, the media being in contact with different sides of the conduit wall, in which the other heat-exchange medium is a large body of fluid, e.g. domestic or motor car radiators with heat-exchange conduits immersed in the body of fluid with tubular conduits
    • F28D1/047Heat-exchange apparatus having stationary conduit assemblies for one heat-exchange medium only, the media being in contact with different sides of the conduit wall, in which the other heat-exchange medium is a large body of fluid, e.g. domestic or motor car radiators with heat-exchange conduits immersed in the body of fluid with tubular conduits the conduits being bent, e.g. in a serpentine or zig-zag
    • F28D1/0475Heat-exchange apparatus having stationary conduit assemblies for one heat-exchange medium only, the media being in contact with different sides of the conduit wall, in which the other heat-exchange medium is a large body of fluid, e.g. domestic or motor car radiators with heat-exchange conduits immersed in the body of fluid with tubular conduits the conduits being bent, e.g. in a serpentine or zig-zag the conduits having a single U-bend
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F28HEAT EXCHANGE IN GENERAL
    • F28FDETAILS OF HEAT-EXCHANGE AND HEAT-TRANSFER APPARATUS, OF GENERAL APPLICATION
    • F28F9/00Casings; Header boxes; Auxiliary supports for elements; Auxiliary members within casings
    • F28F9/007Auxiliary supports for elements
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F28HEAT EXCHANGE IN GENERAL
    • F28DHEAT-EXCHANGE APPARATUS, NOT PROVIDED FOR IN ANOTHER SUBCLASS, IN WHICH THE HEAT-EXCHANGE MEDIA DO NOT COME INTO DIRECT CONTACT
    • F28D1/00Heat-exchange apparatus having stationary conduit assemblies for one heat-exchange medium only, the media being in contact with different sides of the conduit wall, in which the other heat-exchange medium is a large body of fluid, e.g. domestic or motor car radiators
    • F28D1/02Heat-exchange apparatus having stationary conduit assemblies for one heat-exchange medium only, the media being in contact with different sides of the conduit wall, in which the other heat-exchange medium is a large body of fluid, e.g. domestic or motor car radiators with heat-exchange conduits immersed in the body of fluid
    • F28D1/04Heat-exchange apparatus having stationary conduit assemblies for one heat-exchange medium only, the media being in contact with different sides of the conduit wall, in which the other heat-exchange medium is a large body of fluid, e.g. domestic or motor car radiators with heat-exchange conduits immersed in the body of fluid with tubular conduits
    • F28D1/047Heat-exchange apparatus having stationary conduit assemblies for one heat-exchange medium only, the media being in contact with different sides of the conduit wall, in which the other heat-exchange medium is a large body of fluid, e.g. domestic or motor car radiators with heat-exchange conduits immersed in the body of fluid with tubular conduits the conduits being bent, e.g. in a serpentine or zig-zag
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F28HEAT EXCHANGE IN GENERAL
    • F28FDETAILS OF HEAT-EXCHANGE AND HEAT-TRANSFER APPARATUS, OF GENERAL APPLICATION
    • F28F1/00Tubular elements; Assemblies of tubular elements
    • F28F1/10Tubular elements and assemblies thereof with means for increasing heat-transfer area, e.g. with fins, with projections, with recesses
    • F28F1/12Tubular elements and assemblies thereof with means for increasing heat-transfer area, e.g. with fins, with projections, with recesses the means being only outside the tubular element
    • F28F1/24Tubular elements and assemblies thereof with means for increasing heat-transfer area, e.g. with fins, with projections, with recesses the means being only outside the tubular element and extending transversely
    • F28F1/30Tubular elements and assemblies thereof with means for increasing heat-transfer area, e.g. with fins, with projections, with recesses the means being only outside the tubular element and extending transversely the means being attachable to the element
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F28HEAT EXCHANGE IN GENERAL
    • F28FDETAILS OF HEAT-EXCHANGE AND HEAT-TRANSFER APPARATUS, OF GENERAL APPLICATION
    • F28F1/00Tubular elements; Assemblies of tubular elements
    • F28F1/10Tubular elements and assemblies thereof with means for increasing heat-transfer area, e.g. with fins, with projections, with recesses
    • F28F1/12Tubular elements and assemblies thereof with means for increasing heat-transfer area, e.g. with fins, with projections, with recesses the means being only outside the tubular element
    • F28F1/24Tubular elements and assemblies thereof with means for increasing heat-transfer area, e.g. with fins, with projections, with recesses the means being only outside the tubular element and extending transversely
    • F28F1/32Tubular elements and assemblies thereof with means for increasing heat-transfer area, e.g. with fins, with projections, with recesses the means being only outside the tubular element and extending transversely the means having portions engaging further tubular elements
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21DWORKING OR PROCESSING OF SHEET METAL OR METAL TUBES, RODS OR PROFILES WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21D53/00Making other particular articles
    • B21D53/02Making other particular articles heat exchangers or parts thereof, e.g. radiators, condensers fins, headers
    • B21D53/08Making other particular articles heat exchangers or parts thereof, e.g. radiators, condensers fins, headers of both metal tubes and sheet metal
    • B21D53/085Making other particular articles heat exchangers or parts thereof, e.g. radiators, condensers fins, headers of both metal tubes and sheet metal with fins places on zig-zag tubes or parallel tubes
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F28HEAT EXCHANGE IN GENERAL
    • F28FDETAILS OF HEAT-EXCHANGE AND HEAT-TRANSFER APPARATUS, OF GENERAL APPLICATION
    • F28F2240/00Spacing means
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F28HEAT EXCHANGE IN GENERAL
    • F28FDETAILS OF HEAT-EXCHANGE AND HEAT-TRANSFER APPARATUS, OF GENERAL APPLICATION
    • F28F2275/00Fastening; Joining
    • F28F2275/04Fastening; Joining by brazing
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T29/00Metal working
    • Y10T29/49Method of mechanical manufacture
    • Y10T29/4935Heat exchanger or boiler making
    • Y10T29/49377Tube with heat transfer means
    • Y10T29/49378Finned tube

Abstract

【課題】冷媒チューブ及び冷媒チューブと結合されたフィンを有する熱交換器及びその製造方法を提供すること。
【解決手段】本発明は、冷媒チューブと、冷媒チューブと結合するカラーが板部から突出したフィンとを備え、カラーは、内径が前記冷媒チューブの外径より大きく、冷媒チューブの外面と接触しない冷媒チューブ非接触部と、冷媒チューブの挿入時に内面が前記冷媒チューブの外面と接触する冷媒チューブ接触部とを備え、冷媒チューブ非接触部の内面と冷媒チューブの外面との間に接合材が位置して、冷媒チューブを拡管させる拡管工程なしで冷媒チューブとフィンとを密着させることができ、炉ブレージング工法により不良率を最小化しながら製造できるという利点がある。
【選択図】図4

Description

本発明は、熱交換器及びその製造方法に関し、特に冷媒チューブ及び冷媒チューブと結合されたフィンを有する熱交換器及びその製造方法に関する。
一般に、熱交換器は、冷媒を空気と熱交換するための装置であって、冷媒が流れる冷媒チューブと、空気の接触面積を最大化するフィンを有することができ、冷媒チューブとフィンとは結合することができる。
通常、空気調和用に主に使用される熱交換器は、フィンチューブ型熱交換器とマルチャンネルフラットチューブ型熱交換器でありうる。
フィンチューブ型熱交換器の冷媒チューブは、銅合金が多く使用されるが、最近では、アルミニウム合金から製作される場合もある。フィンチューブ型熱交換器のフィンは、アルミニウム合金から製作することができ、フィンの表面にコーティングして、耐腐食性能と水流れ性を良くすることができる。
フィンチューブ型熱交換器は、円形管形状の冷媒チューブをフィンに組立てることができ、この場合、冷媒チューブとフィンとを組立てる組立工程及び冷媒チューブを拡管する拡管工程を必要とすることができる。冷媒チューブとフィンとの組立てのために、冷媒チューブの外径は、フィンのカラー内径より小さくなければならず、拡管工程時に冷媒チューブの外径部がフィンカラーの内径に密着することができる。
フィンチューブ型熱交換器は、フィンが冷媒チューブに組立てられた後、冷媒が流れる流路を構成するために各々の冷媒チューブに分枝管やリターンベンドなどを連結することができる。
フィンチューブ型熱交換器は、冷媒チューブと分枝管やブレージングで接合することができ、冷媒チューブとリターンバンドとをブレージング接合することができる。
従来では、フィンチューブ型熱交換器は、ブレージング接合時、通常にトーチブレージングを使用することができ、この場合、各々のブレージング接合部位を個別的にブレージングするようになる。
一方、従来の技術による熱交換器は、拡管工程によりフィンのカラーと冷媒チューブとが密着されるので、熱交換器の製作のための作業工程が複雑で、不良率が高いという問題点がある。
本発明の目的は、製作のための作業工程を単純化することができ、不良率を最小化することができる熱交換器を提供することにある。
本発明の他の目的は、拡管工程無しで冷媒チューブとフィンとを密着結合できる熱交換器の製造方法を提供することにある。
上記の目的を達成するための本発明に係る熱交換器は冷媒チューブと、前記冷媒チューブと結合するカラーが板部から突出したフィンとを備え、前記カラーは、内径が前記冷媒チューブの外径より大きく、前記冷媒チューブの外面と接触しない冷媒チューブ非接触部と、前記冷媒チューブの挿入時に内面が前記冷媒チューブの外面と接触される冷媒チューブ接触部とを備え、前記冷媒チューブ非接触部の内面と前記冷媒チューブの外面との間に接合材が位置する。
前記冷媒チューブ非接触部は、前記冷媒チューブ接触部に向かう方向へ行くほど直径が減少することができる。
前記カラーは、前記冷媒チューブ接触部より直径が大きな拡管端部をさらに備えることができる。
前記拡管端部は、前記冷媒チューブ接触部から冷媒チューブ非接触部の反対方向へ行くほど直径が大きくできる。
前記拡管端部は、前記冷媒チューブと非接触にできる。
前記拡管端部は、前記冷媒チューブの挿入以前に冷媒チューブ接触部と一体形成することができる。
前記冷媒チューブ非接触部は、前記板部から突出し、前記冷媒チューブ接触部は、前記冷媒チューブ非接触部と拡管端部との間に位置することができる。
前記冷媒チューブ接触部は、前記冷媒チューブ非接触部から連続することができる。
前記冷媒チューブ接触部は、前記冷媒チューブの挿入前の内径が前記冷媒チューブの外径より小さく、前記冷媒チューブの挿入時に弾性変形して前記冷媒チューブと接触することができる。
前記フィンは、前記カラーに前記カラーの長さ方向に長いスロットを形成することができる。
前記スロットは、前記板部から前記カラーの端部まで形成することができる。
前記スロットは、前記カラーに複数形成することができ、複数スロットは、前記カラーの円周方向に離隔することができる。
前記スロットは、前記カラーの半径方向に開口することができる。
前記冷媒チューブ非接触部と冷媒チューブとの間に前記接合材が位置する空間を形成することができる。
前記カラーには、前記空間と連通し前記カラーの長さ方向に長いスロットを形成することができる。
前記カラーは、スロットを間に置いて位置する複数のカラー部を備え、前記複数のカラー部の各々は、前記冷媒チューブ接触部と、冷媒チューブ非接触部の各々を備えることができる。
前記複数のカラー部は、前記冷媒チューブの外周面に沿って円周方向に離隔することができる。
本発明に係る熱交換器は、冷媒チューブと、前記冷媒チューブと結合するカラーが板部から突出したフィンとを備え、前記カラーは、前記板部から突出し、三角形の形状の複数のカラー部を有する冷媒チューブ非接触部と、前記冷媒チューブ非接触部の複数のカラー部の間に逆三角形の形状を有するように形成され、前記冷媒チューブと接触される複数のカラー部を有する冷媒チューブ接触部とを備える。
本発明に係る熱交換器の製造方法は、内径が冷媒チューブの外径より小さな冷媒チューブ接触部と、内径が前記冷媒チューブの外径より大きな冷媒チューブ非接触部を有するカラーを板部に突出形成するフィン製造ステップと、前記冷媒チューブ非接触部及び冷媒チューブ接触部の内側に冷媒チューブを挿入する冷媒チューブ挿入ステップと、前記冷媒チューブ非接触部と冷媒チューブとを炉ブレージングさせる炉ブレージングステップとを含む。
前記炉ブレージングステップは、前記冷媒チューブ非接触部の内面と冷媒チューブ外面との間の接合材が前記冷媒チューブ非接触部と冷媒チューブとを接合することができる。
本発明は、冷媒チューブを拡管させる拡管工程なしで冷媒チューブとフィンとを密着させることができ、不良率が最小になるという利点がある。
また、拡管工程がなく、炉ブレージング工法により熱交換器の不良率を最小化しながら熱交換器を製造できるという利点がある。
本発明に係る熱交換器の一実施の形態の正面図である。 本発明に係る熱交換器の一実施の形態の一部切欠き斜視図である。 本発明に係る熱交換器の一実施の形態のフィンとチューブとの結合前の概略断面図である。 本発明に係る熱交換器の一実施の形態のフィンにチューブを挿入した時の概略断面図である。 図3に示すフィンとチューブとを接合させた時の概略断面図である。 本発明に係る熱交換器の一実施の形態の冷媒チューブに形成されたスロットが拡大示された断面図である。 本発明に係る熱交換器の他の実施の形態のフィンのカラーが拡大示された斜視図である。 図7に示すフィンに冷媒チューブが接触された時の図である。 本発明に係る熱交換器の製造方法の一実施の形態のフローチャートである。
以下、添付された図面を参照して、本発明に係る熱交換器の実施の形態を説明する。
図1は、本発明に係る熱交換器の一実施の形態の正面図であり、図2は、本発明に係る熱交換器の一実施の形態の一部切欠き斜視図であり、図3は、本発明に係る熱交換器の一実施の形態のフィンとチューブとの結合前の概略断面図で、図4は、本発明に係る熱交換器の一実施の形態のフィンにチューブを挿入した時の概略断面図であり、図5は、図3に示すフィンとチューブとを接合させた時の概略断面図である。図6は、本発明に係る熱交換器の一実施の形態の冷媒チューブに形成されたスロットが拡大示された断面図である。
本実施の形態の熱交換器は、冷媒チューブ2とフィン4(fin)とを備える。熱交換器は、複数の冷媒チューブ2と複数のフィン4とを備えることができる。フィン4は、複数の冷媒チューブ2と結合することができる。冷媒チューブ2は、複数のフィン4を貫通するように配置することができ、複数のフィン4と結合することができる。熱交換器は、複数のフィン4が複数の冷媒チューブ2と結合することができる。冷媒チューブ2は、左右方向に長く配置することができ、この場合、冷媒チューブ2は、複数が上下方向に離隔するように配置することができる。フィン4は、縦方向に長く配置することができ、この場合、冷媒チューブ2は、複数が左右方向に離隔するように配置することができる。冷媒チューブ2は、一部がU字状に曲げらることができ、この場合、冷媒チューブ2は、複数のフィンを貫通する一対の直管部と、1対の直管部をつなぐU字型ベンディング部とを備えることができる。
フィン4は、複数が冷媒配管に沿って順次配置することができる。
フィン4は、板部10と、板部10から突出し冷媒チューブ2と結合するカラー12(collar)を備える。カラー12は、冷媒チューブ2と結合する冷媒チューブ結合部でありえ、板部10は、冷媒と空気との伝熱面積を増やし、冷媒と空気との間の熱を伝達する熱交換部でありうる。冷媒の熱は、カラー12を介して板部10に伝達することができ、カラー12と板部10とを介しての周辺の空気に伝達することができる。これに対し、空気の熱は、板部10及びカラー12に伝達することができ、板部10の熱は、カラー12に伝達することができ、カラー12の熱は、冷媒チューブ2に伝達することができる。フィン4は、一つの板部10に複数のカラー12を突出形成することができ、複数のカラー12は、冷媒チューブ2の間隔で離隔することができる。
熱交換器は、冷媒チューブ2が銅で、フィン4がアルミニウムであっても良く、冷媒チューブ2とフィン4とがアルミニウムであっても良い。本明細書での銅は、純粋銅だけでなく銅合金を含み、アルミニウムは、純粋アルミニウムだけでなくアルミニウム合金を含むと理解しなければならない。
熱交換器は、冷媒チューブ2が銅で、フィン4がアルミニウムの場合、アルミニウムである冷媒チューブの場合より材料費が増大することがあり、冷媒チューブ2の銅をフィン4に貫通するように配置させた状態で冷媒チューブ2を拡管工程により拡管しなければならない。この場合、拡管工程での接触熱抵抗により熱交換器の性能低下が発生し、銅からなる冷媒チューブ2とアルミニウムからなるフィン4との間の電位差によって腐食が発生できるだけでなく、それによって性能が減少しうる。
これに対し、熱交換器は、冷媒チューブ2とフィン4とがアルミニウムの場合、銅からなる冷媒チューブが採用される場合より費用が低廉でありうる。そして、銅の冷媒チューブにおいて発生する腐食問題を解決でき、熱交換器は、冷媒チューブ2とフィン4とがアルミニウムであるアルミニウムフィンチューブ型熱交換器から構成されることが好ましい。
一方、熱交換器は、ブレージングにより冷媒チューブ2とフィン4とを結合することができ、炉ブレージングやトーチブレージングにより冷媒チューブ2とフィン4とが接合することができる。トーチブレージングは不良率が炉ブレージングより高くなりえ、熱交換器が大型化するほどブレージング接合部位の個数が多くなるので、不良率が高くなりうる。そして、トーチブレージングは、フラックス使用量が多いから、ブレージング以後、熱交換器の表面にフラックスが過剰残留でき、このような残留フラックスは、人体に有害でありうる。
これに対し、炉ブレージングは、炉中で熱を加えてブレージングすることであって、フラックスを使用する必要がないから費用を低減することができ、良質の製品を得ることができ、熱交換器は、炉ブレージングにより冷媒チューブ2とフィン4とを接合することが好ましい。そして、熱交換器は、冷媒チューブ2を拡管する拡管工程無しで冷媒チューブ2とフィン4とを接合することが好ましい。
カラー12は、冷媒チューブ接触部14と冷媒チューブ非接触部16とを備えることができる。冷媒チューブ接触部14は、内径D1が冷媒チューブ非接触部16の内径D2より小さく、冷媒チューブ2の外面と接触することができる。冷媒チューブ接触部14は、冷媒チューブ2の挿入前の内径D1’が冷媒チューブ2の外径D3より小さくなしうる。冷媒チューブ接触部14は、冷媒チューブ2の挿入時に弾性変形されて、冷媒チューブ2と接触させることができる。冷媒チューブ接触部14は、冷媒チューブ2の挿入時に弾性変形によりその内径D1が冷媒チューブ2の外径D2と同じにすることができる。冷媒チューブ非接触部16は、内径D2が冷媒チューブ2の外径D3より大きく、冷媒チューブ2の外面と非接触とすることができる。冷媒チューブ非接触部16は、冷媒チューブ2の挿入前後と無関係に冷媒チューブ2の外面と非接触とすることができる。カラー12は、冷媒チューブ接触部14より直径D4が大きな拡管端部18をさらに備えることができる。
熱交換器は、カラー12の形状が冷媒チューブ2の挿入方向から勾配を有することができ、カラー12の最小内径D1’を冷媒チューブ2の外径より小さく、カラー12の最大内径D2を冷媒チューブ2の外径より大きくすることができ、カラー12は、冷媒チューブ2が容易に挿入しえる充分な公差を有するようにができる。この場合、カラー12は、冷媒チューブ2がカラー12に挿入して入っていく力によって弾性変形でき、弾性復原力により冷媒チューブ2とカラー12との接触を維持することができ、冷媒チューブ2の外径とカラー12の最小内径の同心を維持することができる。勾配を有する接触式カラー12は、クリアランス(clearance)を過度に狭く、又は大きくする必要がなく、後述する接合材20が最適の隙間になる地点まで染み込んで接合できる。
冷媒チューブ接触部14は、カラー12のうち、最小内径を有する部分を含むことができる。冷媒チューブ接触部14は、冷媒チューブ非接触部16と拡管端部18との間に位置できる。冷媒チューブ接触部14は、カラー12の長さ方向に冷媒チューブ非接触部16から連続しえる。冷媒チューブ接触部14は、冷媒チューブ2を内挿するとき、冷媒チューブ2により全体的な直径が大きくなりながら弾性的に拡張することができ、冷媒チューブ2と密着するように接触することができる。冷媒チューブ接触部14は、カラー12のうち、直径が最も小さな小径部でありうる。
冷媒チューブ非接触部16は、カラー12の最大内径を有する部分を含むことができる。冷媒チューブ非接触部16は、冷媒チューブ接触部14に比べて直径が大きな大径部でありうる。これに対し、冷媒チューブ接触部14は、冷媒チューブ非接触部16に比べて直径が小さな小径部でありうる。カラー12は、大径部が小径部に向って勾配を有することができる。冷媒チューブ非接触部16は、冷媒チューブ接触部14に行くほど直径が減少できる。冷媒チューブ非接触部16は、板部10と冷媒チューブ接触部14との間に勾配を有するように形成することができる。冷媒チューブ非接触部16は、冷媒チューブ2を冷媒チューブ接触部14に挿入する時、冷媒チューブ2を案内する冷媒チューブガイドとして機能できる。
冷媒チューブ非接触部16は、板部10から突出することができる。冷媒チューブ非接触部16は、冷媒チューブ接触部14に向かう方向へ行くほど直径が減少できる。冷媒チューブ非接触部16は、冷媒チューブ2の内挿時に冷媒チューブ非接触部16の内周面が冷媒チューブ2の外面に対向することができ、冷媒チューブ非接触部16と冷媒チューブ2との間には、図4及び図5に示すように、接合材20が位置する空間Sを形成することができる。接合材20は、空間Sの少なくとも一部に充填することができる。
拡管端部18は、冷媒チューブ接触部14から冷媒チューブ非接触部16の反対方向へ行くほど直径が大きくなしうる。拡管端部18は、冷媒チューブ2の挿入以前に冷媒チューブ接触部14に一体形成することができる。拡管端部18は、冷媒チューブ2と非接触とすることができる。拡管端部18は、フィン4の製作時に形成することができる。拡管端部18は、冷媒チューブ接触部14からラウンド状になるように曲げられた形状でありうる。拡管端部18は、拡管端部18が形成されたフィンの横に位置する他のフィンの板部と接触することができる。拡管端部18は、拡管端部18が形成されたフィンの横に位置する他のフィンの冷媒チューブ非接触部と接触することができる。拡管端部18は、冷媒チューブ2を冷媒チューブ接触部14に挿入する時、冷媒チューブ2が損傷しないように機能でき、冷媒チューブ接触部14の拡張時に冷媒チューブ接触部14と共に変形することができる。
熱交換器は、冷媒チューブ非接触部16の内面17と冷媒チューブ2の外面3との間に位置する接合材20を備える。接合材20は、カラー12と冷媒チューブ2とを接合させる溶加材(filler metal)でありうる。接合材20は、冷媒チューブ2の外面全てまたは一部に形成された溶加材が冷媒チューブ非接触部16の内面17と冷媒チューブ2の外面とを接合させることが可能である。溶加材は、冷媒チューブ2上に溶融点が低いクラッドが形成されて、炉ブレージングの昇温過程において溶融点が低いクラッドが溶けて溶加材として機能することが可能である。冷媒チューブ2がアルミニウム3系合金からなる場合、溶加材は、アルミニウム4系合金からなって、冷媒チューブ2の外面に形成することができる。接合材20は、フィン4に形成された溶加材が冷媒チューブ非接触部16の内面17と冷媒チューブ2の外面3との間で冷媒チューブ非接触部16の内面17と冷媒チューブ2の外面とを接合することができる。フィン4がアルミニウム3系合金からなる場合、溶加材は、アルミニウム4系合金からなってフィン4に形成することができる。溶加材は、板部10に形成されたクラッドが炉ブレージングの昇温過程において溶けて冷媒チューブ非接触部16の内面17と冷媒チューブ2の外面3との間に侵入でき、冷媒チューブ非接触部16の内面17と冷媒チューブ2の外面とを接合することができる。溶加材は、冷媒チューブ非接触部16の内周面に形成されたクラッドが炉ブレージングの昇温過程で溶けて冷媒チューブ非接触部16の内面17と冷媒チューブ2の外面3とを接合することができる。
フィン4は、カラー12にカラー12の長さ方向に長いスロット30を形成することができる。スロット30は、冷媒チューブ2の長さ方向に並べた方向に長く形成することができる。スロット12は、カラー12の半径方向に開口できる。スロット30は、冷媒チューブ非接触部16と冷媒チューブ2との間の空間Sと連通することができる。スロット30は、板部10からカラー12の端部まで長く形成することができる。スロット30は、板部10のうち、冷媒チューブ非接触部16の周辺から冷媒チューブ非接触部16、冷媒チューブ接触部12及び拡管端部16まで長く形成することができる。スロット30は、板部10や拡管端部18のうち、少なくとも一つに形成されなくても良い。スロット30は、板部10に向かう一端がふさがった形状でありうる。スロット30は、拡管端部18に向かう他端がふさがった形状でありうる。スロット30は、カラー12に複数形成することができ、複数スロット30は、カラー12の円周方向に離隔することができる。
スロット30は、空気が排出する空気排出通路となることができる。カラー12は、スロット30が形成されない場合、カラー12と冷媒チューブ2との間にエアートラップ(Air trap)が発生できるが、スロット30が空気排出に役立つ空気排出通路として機能して、エアートラップが防止できる。一方、カラー12は、冷媒チューブ2の挿入時、容易に弾性変形できなければならず、スロット30は、このような弾性変形に役立ちうる。
熱交換器は、複数のスロット30が形成される場合、スロット30を間に置いて位置する複数のカラー部がカラー12を構成できる。この場合、複数のカラー部は、冷媒チューブ2の外周面に沿って円周方向に離隔することができる。複数のカラー部は、その各々が冷媒チューブ2の外面と接触される冷媒チューブ接触部と、冷媒チューブの外面と非接触とされる冷媒チューブ非接触部とを備えることができる。複数のカラー部の各々は、冷媒チューブ非接触部の内面と冷媒チューブ2の外面3との間に位置する接合材20により冷媒チューブ2と接合できる。
本実施の形態の熱交換器は、カラー12の弾性変形とそれによるカラー12と冷媒チューブ2との接触により冷媒チューブ2とカラー12とが密着でき、冷媒チューブ2を拡管させる拡管工程がなくても、上記のように互いに密着した冷媒チューブ2とフィン4とが炉ブレージング工法により接合できる。
図7は、本発明に係る熱交換器の他の実施の形態のフィンのカラーが拡大示された斜視図で、図8は、図7に示すフィンに冷媒チューブが接触された時の図である。
本実施の形態の熱交換器は、冷媒チューブ2と、冷媒チューブ2と接触されるカラー40が板部10から突出したフィン4’とを備えることができる。カラー40は、板部10から突出し三角形の形状の複数のカラー部A1、A2、A3、A4、A5、A6を有する冷媒チューブ非接触部を備えることができる。カラー40は、冷媒チューブ非接触部の複数のカラー部A1、A2、A3、A4、A5、A6の間に逆三角形の形状を有するように形成され、冷媒チューブ2の挿入時に冷媒チューブ2と接触する複数のカラー部B1、B2、B3、B4、B5、B6を有する冷媒チューブ接触部を備える。
本実施の形態は、カラー40の形状以外のその他の構成及び作用が本発明一実施の形態と同一または類似し、同一符号を付し、それについての詳細な説明は省略する。
冷媒チューブ接触部の複数のカラー部B1、B2、B3、B4、B5、B6は、その各々の一部が冷媒チューブ2の外面と接触することができ、冷媒チューブ2は、カラー40を通過する時、冷媒チューブ接触部の複数のカラー部B1、B2、B3、B4、B5、B6のそれぞれと接触されながら、冷媒チューブ接触部の複数のカラー部B1、B2、B3、B4、B5、B6のそれぞれを弾性変形させることができる。
図9は、本発明に係る熱交換器の製造方法一実施の形態のフローチャートである。
本発明に係る熱交換器の製造方法の一実施の形態は、フィン製造ステップ(S1)と、冷媒チューブ挿入ステップ(S2)と、ブレージングステップ(S3)を含む。
フィン製造ステップ(S1)は、フィン4を成形するステップであって、図3に示すように、内径D1’が冷媒チューブ2の外径D3より小さな冷媒チューブ接触部14と、内径D2が冷媒チューブ2の外径D3より大きな冷媒チューブ非接触部16とを有するカラー12を板部10に突出形成できる。
冷媒チューブ挿入ステップ(S2)は、冷媒チューブ非接触部16及び冷媒チューブ接触部14の内側に冷媒チューブ2を挿入するステップでありうる。冷媒チューブ2をカラー12に挿入すると、冷媒チューブ2は、冷媒チューブ非接触部16を通過した後、冷媒チューブ接触部14に挿入することができ、このとき、冷媒チューブ2は、外面3が冷媒チューブ接触部14の内面と接触しながら冷媒チューブ接触部14を弾性変形することができる。冷媒チューブ接触部14は、内径が図3に示すように、冷媒チューブ2の外径D3より小さな状態で、図4に示すように、冷媒チューブ2の外径D3と同様に変形(D1’−>D1=D3)でき、弾性復原力により冷媒チューブ2の外面3に密着できる。冷媒チューブ2がカラー12に貫通するように配置したとき、冷媒チューブ非接触部16と冷媒チューブ2の外面との間には、図4に示すように、接合材20が位置できる空間Sを形成することができる。
炉ブレージングステップ(S3)は、冷媒チューブ非接触部16と冷媒チューブ2とを炉ブレージングすることができる。炉ブレージングステップ(S3)は、冷媒チューブ2とフィン4とは、冷媒チューブ2が冷媒チューブ接触部14に接触された状態で炉中へ投入でき、炉ブレージングステップは、冷媒チューブ非接触部16の内面17と冷媒チューブ2の外面3との間の接合材20が冷媒チューブ非接触部16と冷媒チューブ2とを接合することができる。
接合材20は、冷媒チューブ非接触部16と冷媒チューブ2との間の空間Sに位置した可溶材が炉ブレージング時に溶融して冷媒チューブ非接触部16と冷媒チューブ2とを接合することができる。接合材20は、冷媒チューブ非接触部16と冷媒チューブ2との間の空間Sの外部に位置した可溶材が炉ブレージング時に溶融して空間Sに流入した後、冷媒チューブ非接触部16と冷媒チューブ2とを接合することも可能であることはもちろんである。
一方、本発明は、上記の実施の形態に限定されるものではなく、この発明が属する技術的範ちゅう内で多様な変形が可能であることはもちろんである。
2 冷媒チューブ
4 フィン
10 板部
12 カラー
14 冷媒チューブ接触部
16 冷媒チューブ非接触部
18 拡管端部
20 接合材
30 スロット

Claims (20)

  1. 冷媒チューブと、
    前記冷媒チューブと結合するカラーが板部から突出したフィンとを備え、
    前記カラーは、
    内径が前記冷媒チューブの外径より大きく、前記冷媒チューブの外面と接触しない冷媒チューブ非接触部と、
    前記冷媒チューブの挿入時に内面が前記冷媒チューブの外面と接触する冷媒チューブ接触部とを備え、
    前記冷媒チューブ非接触部の内面と前記冷媒チューブの外面との間に接合材が位置する熱交換器。
  2. 前記冷媒チューブ非接触部は、前記冷媒チューブ接触部に向かう方向へ行くほど直径が減少する、請求項1に記載の熱交換器。
  3. 前記カラーは、前記冷媒チューブ接触部より直径が大きな拡管端部をさらに備える、請求項1に記載の熱交換器。
  4. 前記拡管端部は、前記冷媒チューブ接触部から冷媒チューブ非接触部の反対方向へ行くほど直径が大きい、請求項3に記載の熱交換器。
  5. 前記拡管端部は、前記冷媒チューブと非接触である、請求項3に記載の熱交換器。
  6. 前記拡管端部は、前記冷媒チューブの挿入以前に冷媒チューブ接触部に一体形成された、請求項3に記載の熱交換器。
  7. 前記冷媒チューブ非接触部は、前記板部から突出し、
    前記冷媒チューブ接触部は、前記冷媒チューブ非接触部と拡管端部との間に位置する、請求項3に記載の熱交換器。
  8. 前記冷媒チューブ接触部は、前記冷媒チューブ非接触部から連続する、請求項1に記載の熱交換器。
  9. 前記冷媒チューブ接触部は、前記冷媒チューブの挿入前の内径が前記冷媒チューブの外径より小さく、前記冷媒チューブの挿入時に弾性変形して前記冷媒チューブと接触する、請求項1に記載の熱交換器。
  10. 前記フィンは、前記カラーに前記カラーの長さ方向に長いスロットが形成された、請求項1に記載の熱交換器。
  11. 前記スロットは、前記板部から前記カラーの端部まで形成された、請求項10に記載の熱交換器。
  12. 前記スロットは、前記カラーに複数形成され、
    複数スロットは、前記カラーの円周方向に離隔する、請求項10に記載の熱交換器。
  13. 前記スロットは、前記カラーの半径方向に開口した、請求項10に記載の熱交換器。
  14. 前記冷媒チューブ非接触部と冷媒チューブとの間に前記接合材が位置する空間を形成した、請求項1に記載の熱交換器。
  15. 前記カラーには、前記空間と連通し前記カラーの長さ方向に長いスロットが形成された、請求項14に記載の熱交換器。
  16. 前記カラーは、スロットを間に置いて位置する複数のカラー部を備え、前記複数のカラー部の各々は、前記冷媒チューブ接触部と、冷媒チューブ非接触部の各々を備える、請求項1に記載の熱交換器。
  17. 前記複数のカラー部は、前記冷媒チューブの外周面に沿って円周方向に離隔した、請求項16に記載の熱交換器。
  18. 冷媒チューブと、
    前記冷媒チューブと結合するカラーが板部から突出したフィンとを備え、
    前記カラーは、
    前記板部から突出し、三角形の形状の複数のカラー部を有する冷媒チューブ非接触部と、
    前記冷媒チューブ非接触部の複数のカラー部の間に逆三角形の形状を有するように形成され、前記冷媒チューブと接触される複数のカラー部を有する冷媒チューブ接触部と
    を備える熱交換器。
  19. 内径が冷媒チューブの外径より小さな冷媒チューブ接触部と、内径が前記冷媒チューブの外径より大きな冷媒チューブ非接触部を有するカラーとを板部に突出形成するフィン製造ステップと、
    前記冷媒チューブ非接触部及び冷媒チューブ接触部の内側に冷媒チューブを挿入する冷媒チューブ挿入ステップと、
    前記冷媒チューブ非接触部と冷媒チューブとを炉ブレージングさせる炉ブレージングステップと、
    を含む熱交換器の製造方法。
  20. 前記炉ブレージングステップは、前記冷媒チューブ非接触部の内面と冷媒チューブの外面との間の接合材が前記冷媒チューブ非接触部と冷媒チューブとを接合させる、請求項19に記載の熱交換器の製造方法。
JP2014226032A 2013-11-07 2014-11-06 熱交換器及びその製造方法 Pending JP2015090266A (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
KR1020130134950A KR20150053135A (ko) 2013-11-07 2013-11-07 열교환기 및 그 제조방법
KR10-2013-0134950 2013-11-07

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2015090266A true JP2015090266A (ja) 2015-05-11

Family

ID=51862207

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014226032A Pending JP2015090266A (ja) 2013-11-07 2014-11-06 熱交換器及びその製造方法

Country Status (5)

Country Link
US (1) US20150122471A1 (ja)
EP (1) EP2871434B1 (ja)
JP (1) JP2015090266A (ja)
KR (1) KR20150053135A (ja)
CN (1) CN104634154A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2017038834A1 (ja) * 2015-09-04 2017-03-09 ダイキン工業株式会社 熱交換器

Families Citing this family (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR102085716B1 (ko) * 2012-12-10 2020-03-06 엘지전자 주식회사 열 교환기 및 그 제조 방법
FR3037388B1 (fr) * 2015-06-12 2019-07-26 Valeo Systemes Thermiques Ailette d'un echangeur thermique notamment pour vehicule automobile, et echangeur thermique correspondant
CN105352230A (zh) * 2015-12-11 2016-02-24 河南新科隆电器有限公司 一种片式微通道冷凝器
CN105403091A (zh) * 2015-12-23 2016-03-16 哈尔滨锅炉厂有限责任公司 用于低温再热器的“h”型鳍片受热面及其换热方法
CN106402842A (zh) * 2016-08-30 2017-02-15 哈尔滨锅炉厂有限责任公司 一种用于超(超)临界鳍片低温再热器的结构
US10415892B2 (en) * 2017-12-20 2019-09-17 Rheem Manufacturing Company Heat exchange tubes and tube assembly configurations

Citations (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS503164U (ja) * 1973-05-07 1975-01-14
JPS517579Y1 (ja) * 1973-12-05 1976-03-01
JPS52103748A (en) * 1976-02-26 1977-08-31 Sanyo Electric Co Ltd Method of manufacturing heat exchanger
JPH0425980U (ja) * 1990-06-12 1992-03-02
JPH0749190A (ja) * 1993-08-05 1995-02-21 Showa Alum Corp 熱交換器の製造方法
US5582246A (en) * 1995-02-17 1996-12-10 Heat Pipe Technology, Inc. Finned tube heat exchanger with secondary star fins and method for its production
JPH09329398A (ja) * 1996-04-12 1997-12-22 Sumitomo Light Metal Ind Ltd フィンドコイル式熱交換器の製造方法及びそれに用いられるアルミニウムプレートフィン
JPH1062084A (ja) * 1996-08-22 1998-03-06 Nippon Light Metal Co Ltd 熱交換器の製造方法及び熱交換器
JP2003214791A (ja) * 2002-01-23 2003-07-30 Mitsubishi Electric Corp 熱交換器
JP2007518962A (ja) * 2004-01-20 2007-07-12 オートクンプ ヒートクラフト ユーエスエー リミテッド ライアビリティー カンパニー ろう付プレートフィン型熱交換器
JP2009186090A (ja) * 2008-02-06 2009-08-20 Mitsubishi Electric Corp 熱交換器及びその製造方法
WO2013073947A1 (en) * 2011-11-14 2013-05-23 Norsk Hydro Asa Method for manufacturing tube plate fin heat exchangers
JP2013113486A (ja) * 2011-11-29 2013-06-10 Fujitsu General Ltd 熱交換器の製造方法

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
FR322471A (fr) * 1902-06-25 1903-02-05 Societe Jules Grouvelle Et H. Arquembourg Perfectionnement au système de tuyaux à ailettes
FR380890A (fr) * 1906-10-22 1907-12-19 Eugene Estieu Ailette de refroidissement pour tuyau échangeur de température
JP3182864B2 (ja) * 1992-04-28 2001-07-03 ダイキン工業株式会社 フィン・チューブ型熱交換器
CN103608639B (zh) * 2011-06-29 2015-12-23 松下电器产业株式会社 翅片管型热交换器

Patent Citations (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS503164U (ja) * 1973-05-07 1975-01-14
JPS517579Y1 (ja) * 1973-12-05 1976-03-01
JPS52103748A (en) * 1976-02-26 1977-08-31 Sanyo Electric Co Ltd Method of manufacturing heat exchanger
JPH0425980U (ja) * 1990-06-12 1992-03-02
JPH0749190A (ja) * 1993-08-05 1995-02-21 Showa Alum Corp 熱交換器の製造方法
US5582246A (en) * 1995-02-17 1996-12-10 Heat Pipe Technology, Inc. Finned tube heat exchanger with secondary star fins and method for its production
JPH09329398A (ja) * 1996-04-12 1997-12-22 Sumitomo Light Metal Ind Ltd フィンドコイル式熱交換器の製造方法及びそれに用いられるアルミニウムプレートフィン
JPH1062084A (ja) * 1996-08-22 1998-03-06 Nippon Light Metal Co Ltd 熱交換器の製造方法及び熱交換器
JP2003214791A (ja) * 2002-01-23 2003-07-30 Mitsubishi Electric Corp 熱交換器
JP2007518962A (ja) * 2004-01-20 2007-07-12 オートクンプ ヒートクラフト ユーエスエー リミテッド ライアビリティー カンパニー ろう付プレートフィン型熱交換器
JP2009186090A (ja) * 2008-02-06 2009-08-20 Mitsubishi Electric Corp 熱交換器及びその製造方法
WO2013073947A1 (en) * 2011-11-14 2013-05-23 Norsk Hydro Asa Method for manufacturing tube plate fin heat exchangers
JP2013113486A (ja) * 2011-11-29 2013-06-10 Fujitsu General Ltd 熱交換器の製造方法

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2017038834A1 (ja) * 2015-09-04 2017-03-09 ダイキン工業株式会社 熱交換器

Also Published As

Publication number Publication date
US20150122471A1 (en) 2015-05-07
EP2871434A1 (en) 2015-05-13
CN104634154A (zh) 2015-05-20
KR20150053135A (ko) 2015-05-15
EP2871434B1 (en) 2020-01-01

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2015090266A (ja) 熱交換器及びその製造方法
JP2012102948A (ja) 熱交換器用チューブ
JP2016200312A (ja) 熱交換器、および熱交換器の製造方法
TW201329413A (zh) 熱交換器、連結件、以及熱交換器的製造方法
JP5633205B2 (ja) アルミニウム管と銅管の接合方法および接合構造ならびにこの接合構造を有する熱交換器
JP2018151040A (ja) 管継手、熱交換器及び熱交換器の製造方法
KR20070108078A (ko) 중간 조립체 및 열교환기에 연결하는 방법
KR101970966B1 (ko) 열교환기의 입출구배관 연결용 입출구 부재
JP2014105951A (ja) 熱交換器
KR101194004B1 (ko) 라디에이터의 연결튜브 접합방법 및 그에 따른 라디에이터의 연결튜브 접합구조
JP2016097434A (ja) 熱交換器用チューブおよびその製造方法
KR100740699B1 (ko) 열교환기용 헤더파이프
JP2011174640A (ja) 熱交換器
KR101422074B1 (ko) 열교환용 인아웃렛 파이프의 고정구조
JP5540409B2 (ja) 連結式耐圧熱交換器とその製造方法
US20180214963A1 (en) Heat exchanger and method for producing same
JPH0640667U (ja) 熱交換器
KR20160005403A (ko) 열교환기용 입출구 파이프의 고정구조
JP2011202672A (ja) 接合体とそれを有する熱交換器
WO2017168747A1 (ja) 配管及びその配管を備えた熱交換器
KR200365154Y1 (ko) 휜앤 튜브형 열교환기
JP2010127610A (ja) 熱交換器
JP2020076535A (ja) 熱交換器および熱交換器の製造方法
JP2019200006A (ja) ヘッダタンク及び熱交換器
JP2020143863A (ja) 熱交換器

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20150903

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20150915

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20151215

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20160607