JP2015088010A - Window control device, window control system, window control method, and program therefor - Google Patents

Window control device, window control system, window control method, and program therefor Download PDF

Info

Publication number
JP2015088010A
JP2015088010A JP2013226774A JP2013226774A JP2015088010A JP 2015088010 A JP2015088010 A JP 2015088010A JP 2013226774 A JP2013226774 A JP 2013226774A JP 2013226774 A JP2013226774 A JP 2013226774A JP 2015088010 A JP2015088010 A JP 2015088010A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
window
plurality
screen
direction
menu
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2013226774A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
昌敬 野田
Masanori Noda
昌敬 野田
タケル 大山
Takeru Oyama
タケル 大山
Original Assignee
アマノ株式会社
Amano Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide technology pertaining to a window control device capable of reducing the operation load of a user and heightening operability and work efficiency.SOLUTION: The window control device starts, in response to clicking on a sub-menu item which is a low-order menu of a main menu item 53a, a processing program corresponding to the sub-menu item, and opens a window W corresponding to the started processing program. The window control device also places a start menu area 64 corresponding to the started processing program along the horizontal direction and displays a tab 64a within the area 64. A user can easily select, by switching the tab 64a, one processing program among a plurality of active processing programs (under execution) and perform his work. Therefore, it is possible to reduce the operation load of the user, and heighten operability and work efficiency.

Description

本発明は、ウィンドウ表示機能を備えた情報処理装置の技術に関する。 The present invention relates to a technique of an information processing apparatus including a window display function.

特許文献1には、関連する複数のウィンドウそれぞれについて、使用者にとって作業効率が良い配置を継続的に記憶/再現することで、作業効率を上げることができる環境を提供するマルチウィンドウ情報処理装置が開示されている。 Patent Document 1, for each of a plurality of related windows, by continuously storing / reproducing the working efficiency is good arrangement for a user, multi-window information processing apparatus to provide an environment that can improve the working efficiency It has been disclosed. 具体的には、このマルチウィンドウ情報処理装置は、前記画面上に表示されるウィンドウの一つを、少なくとも1つの他のウィンドウとグループ化し、グループ化されたウィンドウ群を連動させて処理している(例えば、特許文献1の明細書段落[0057]参照)。 Specifically, the multi-window information processing apparatus, one of the windows displayed on the screen, and processed in conjunction with at least one and other windows and grouping, grouped window group (e.g., specification paragraphs [0057] of Patent Document 1 reference).

特開2009−169545号公報 JP 2009-169545 JP

一般に、画面上のウィンドウが多すぎると、かえって作業効率や操作性が悪くなる場合がある。 In general, the window on the screen is too large, rather there is a case in which the working efficiency and operability is deteriorated. この点、特許文献1の記載の情報処理装置は、関連するウィンドウをグループ化して、それらの相対配置を記憶しておくので、作業効率は向上すると考えられる。 In this regard, the information processing apparatus according to Patent Document 1, to group related windows, since stored their relative arrangement, the working efficiency is considered to be improved. しかし、使用者がグループ化の設定やウィンドウの配置を設定する必要があり、例えば初期の設定が煩雑になる。 However, it is necessary for the user to set the position of the setting of the grouping and windows, for example, the initial setting becomes complicated.
このような初期の設定操作に限られず、例えば複数ウィンドウが表示される場合に、使用者にとって簡単に操作できることが望まれる。 Such is not limited to the initial setting operation, for example, when multiple windows are displayed, it is desirable that can be easily operated for the user.

以上のような事情に鑑み、本発明の目的は、使用者による操作負担を軽減し、操作性および作業効率を高めることができるウィンドウ制御装置、ウィンドウ制御方法およびそのプログラムを提供することにある。 In view of the circumstances as described above, an object of the present invention is to reduce the operation burden of the user, the window control apparatus capable of improving operability and work efficiency, is to provide a window control method and a program.

上記目的を達成するため、本発明の一形態に係るウィンドウ制御装置は、複数のメインメニュー項目を配列させたメインメニュー領域と、前記複数のメインメニュー項目のうち少なくとも1つのメインメニュー項目の下位のメニューである複数のサブメニュー項目を含むサブメニュー領域とを含む画面内のウィンドウを制御する。 To achieve the above object, window control device of an embodiment of the present invention includes a main menu region are arranged a plurality of main menu items, the lower of the at least one main menu item of the plurality of main menu items controlling the window in screen including a sub-menu area including a plurality of sub-menu item is a menu. そして、ウィンドウ制御装置は、起動部と、表示制御部とを具備する。 The window control apparatus comprises a starting unit, and a display control unit.
前記起動部は、前記複数のサブメニュー項目のうち1以上のサブメニュー項目に対応する1以上の処理プログラムを起動する。 The activation unit activates one or more processing programs corresponding to one or more sub-menu item among the plurality of sub-menu items.
前記表示制御部は、画面上の横および縦方向のうちいずれか一方である第1の方向に前記複数のメインメニュー項目を配列させ、前記画面上の横および縦方向のうち、前記第1の方向と異なる第2の方向に前記複数のサブメニュー項目を配列させた画面を生成する。 Wherein the display control unit, of the horizontal and vertical direction on the screen by arranging the plurality of main menu items in the first direction is either, of the horizontal and vertical directions on the screen, the first generating a screen in which are arranged a plurality of sub-menu items in a second direction different from the directions. また、前記表示制御部は、前記生成した画面内に、前記起動部により起動された前記処理プログラムに対応する項目を含む起動メニュー領域を、前記第1の方向または前記第2の方向に沿って配置させ、その起動された処理プログラムに基づく操作領域を示すウィンドウを表示する。 Further, the display control unit, the generated screen, the start menu area including an item corresponding to the processing program activated by the activation unit, along the first direction or the second direction arrangement is to display a window showing the operation area based on the invoked program.

前記表示制御部は、前記起動部により起動された複数の処理プログラムにそれぞれ対応する複数のウィンドウの、複数の整列方法のうち1つの整列方法を使用者に選択させる整列方法選択メニューを、前記画面内に表示してもよい。 The display controller, said plurality of windows corresponding to the plurality of processing program activated by the activation unit, an alignment method selection menu for selecting one of the alignment method to the user of the plurality of alignment method, the screen it may be displayed within.

前記表示制御部は、前記整列方法選択メニューを、前記ウィンドウごとに、それらウィンドウに重ねてまたは隣接させて表示してもよい。 The display controller, the alignment method selection menu, for each of the windows may be displayed superimposed on their window or by adjacent.

前記表示制御部は、前記ウィンドウの枠に設けられたボタンへの操作入力に応じて、前記整列方法選択メニューを表示してもよい。 The display controller in accordance with an input to the button provided on the frame of the window, may display the alignment method selection menu.

前記ウィンドウ制御装置は、前記複数の処理プログラムのうち少なくとも1つに優先情報を関連付け、前記関連付けた優先情報に基づき、それらウィンドウの形態を設定する設定部をさらに具備してもよい。 The window control unit associates the at least one priority information of the plurality of processing programs, on the basis of the associated priority information may be setting unit further comprises a setting the form of their windows.

前記設定部は、ウィンドウサイズの優先情報に応じて、それらウィンドウのサイズを設定してもよい。 The setting unit, in accordance with the priority information of the window size may be set their window size.

前記設定部は、配置の優先情報に応じて、それらウィンドウの配置を設定してもよい。 The setting unit, in accordance with the priority information of the arrangement may be set placement of these windows.

前記複数の整列方法は、前記横方向一列に配列、前記縦方向一列に配列、前記横および縦の両方に配列、および、互いに横および縦方向に所定距離ずつずれて重ねて配列のうち、少なくとも2つを含んでいてもよい。 Wherein the plurality of alignment method, the lateral one row in the array, the longitudinal one column in the array, arranged in both the horizontal and vertical, and, of the sequences overlapped shifted by a predetermined distance in the lateral and longitudinal directions, at least it may include two. あるいは、前記複数の整列方法は、前記複数の処理プログラムのうち少なくとも1つに関連付けられた優先情報に応じた配列と、前記4つの配列のうち、少なくとも2つを含んでいてもよい。 Alternatively, the plurality of alignment method, a sequence corresponding to at least one priority information associated one of the plurality of processing programs, out of the four sequences, may include at least two.

前記複数の整列方法のうち、前記起動部により起動されている前記処理プログラム数が奇数の場合であって、前記整列方法として前記横および縦の両方に配列が選択された場合、前記表示制御部は、前記複数のウィンドウのうち少なくとも1つのウィンドウサイズが他の2以上のウィンドウサイズより大きくなるように、前記複数のウィンドウを表示してもよい。 Among the plurality of alignment method, even if the activation number the processing program has been started by the unit is odd, if the sequence in both the horizontal and vertical as the alignment method is selected, the display control unit , as at least one window size of the plurality of windows is greater than the other two or more window size may display the plurality of windows.

前記表示制御部は、前記第1の方向に前記複数のメインメニュー項目を配列させた第1の画面と、前記第2の方向に前記複数のメインメニュー項目を配列させた第2の画面とを、操作入力に応じて切り替えて出力可能であってもよい。 The display controller, a first screen is arranged the plurality of main menu items in the first direction, and a second screen is arranged the plurality of main menu items in the second direction it may be capable of outputting switch in accordance with an input.

前記ウィンドウ制御装置は、複数の処理プログラムのうち、関連付けられた少なくとも2つの処理プログラムが起動されている場合において、前記少なくとも2つの処理プログラムに対応する各ウィンドウのうち1つのウィンドウに対する操作入力に応じて処理が実行された場合、それらウィンドウのうち他の1以上のウィンドウに前記操作入力と同じ処理を実行する実行部をさらに具備してもよい。 The window control unit, among the plurality of processing programs, when at least two processing program associated is activated, depending on the operation input to one window among the windows corresponding to the at least two processing program If the process is performed Te may further include an execution unit for executing the same processing as the operation input to the other one or more windows of them window.

本発明の一形態に係るウィンドウ制御システムは、画像データ記憶部と、プログラム記憶部と、起動部と、表示制御部とを具備する。 Window control system according to an embodiment of the present invention includes an image data storage unit, a program storage unit, and a starting unit, and a display control unit.
前記画像データ記憶部は、複数のメインメニュー項目を配列させたメインメニュー領域と、前記複数のメインメニュー項目のうち少なくとも1つのメインメニュー項目の下位のメニューである複数のサブメニュー項目を含むサブメニュー領域とを含む画面内の画像データを記憶する。 Submenu the image data storage unit, which includes a main menu region are arranged a plurality of main menu items, a plurality of sub-menu items are subordinate menu of the at least one main menu item of the plurality of main menu items storing image data in a screen including an area.
前記プログラム記憶部は、前記複数のサブメニュー項目にそれぞれ対応する複数の処理プログラムを記憶する。 The program storage unit stores a plurality of processing programs corresponding to the plurality of sub-menu items.
前記起動部は、前記複数のサブメニュー項目のうち1以上のサブメニュー項目に対応する1以上の処理プログラムを起動する。 The activation unit activates one or more processing programs corresponding to one or more sub-menu item among the plurality of sub-menu items.
前記表示制御部は、画面上の横および縦方向のうちいずれか一方である第1の方向に前記複数のメインメニュー項目を配列させ、前記画面上の横および縦方向のうち、前記第1の方向と異なる第2の方向に前記複数のサブメニュー項目を配列させた画面を生成する。 Wherein the display control unit, of the horizontal and vertical direction on the screen by arranging the plurality of main menu items in the first direction is either, of the horizontal and vertical directions on the screen, the first generating a screen in which are arranged a plurality of sub-menu items in a second direction different from the directions. また、前記表示制御部は、前記生成した画面内に、前記起動部により起動された前記処理プログラムに対応する項目を含む起動メニュー領域を、前記第1の方向または前記第2の方向に沿って配置させ、その起動された処理プログラムに基づく操作領域を示すウィンドウを表示する。 Further, the display control unit, the generated screen, the start menu area including an item corresponding to the processing program activated by the activation unit, along the first direction or the second direction arrangement is to display a window showing the operation area based on the invoked program.

本発明の一形態に係るウィンドウ制御方法は、画面上の横および縦方向のうちいずれか一方である第1の方向に複数のメインメニュー項目を配列させたメインメニュー領域と、前記複数のメインメニュー項目のうち少なくとも1つのメインメニュー項目の下位のメニューである複数のサブメニュー項目を、前記画面上の横および縦方向のうち、前記第1の方向と異なる第2の方向に配列させたサブメニュー領域とを含む画面を生成することを含む。 Window control method according to an embodiment of the present invention includes a main menu region are arranged a plurality of main menu items in the first direction is either one of the horizontal and vertical direction on the screen, the plurality of main menu a plurality of sub-menu items are subordinate menu of the at least one main menu item of the items, one of the horizontal and vertical directions on the screen, submenu is arranged in a second direction different from the first direction and generating a screen including an area.
前記複数のサブメニュー項目のうち1以上のサブメニュー項目に対応する1以上の処理プログラムが起動される。 One or more processing programs corresponding to one or more sub-menu item among the plurality of sub-menu item is activated.
前記生成された画面内に、前記起動された処理プログラムに対応する項目を含む起動メニュー領域が、前記第1の方向または前記第2の方向に沿って配置され、その起動された処理プログラムに基づく操作領域を示すウィンドウが表示される。 On the generated screen, start menu area including an item corresponding to the activated processing program, is disposed along the first direction or the second direction, based on the invoked program window showing the operation area is displayed.

本発明の一形態に係るプログラムは、上記ウィンドウ制御方法の各ステップをコンピュータに実行させるものである。 A program according to an embodiment of the present invention to execute the steps of the window control method in a computer.

以上、本発明によれば、使用者による操作負担を軽減し、操作性および作業効率を高めることができる。 As described above, according to the present invention, to reduce the operation burden of the user, it is possible to improve the operability and working efficiency.

図1は、本発明の第1の実施形態に係るウィンドウ制御システムの構成を示すブロック図である。 Figure 1 is a block diagram showing the configuration of a window control system according to a first embodiment of the present invention. 図2は、図1に示すPCの構成を示すブロック図である。 Figure 2 is a block diagram showing the configuration of a PC shown in FIG. 図3は、主に、初期画面が表示されている場合におけるPCの動作を示すフローチャートである。 Figure 3 is mainly a flowchart showing the operation of a PC when the initial screen is displayed. 図4は、メインメニュー項目、サブメニュー項目、および処理プログラムの関係を概念的に示す。 Figure 4 conceptually illustrates a relation between the main menu item, a submenu item, and processing programs. 図5は、図3に示したステップ107において、主に、ウィンドウを開き、これに対応するタブを表示する処理を示すフローチャートである。 5, in step 107 shown in FIG. 3, mainly, to open the window, it is a flowchart illustrating a process of displaying the tab corresponding thereto. 図6は、主に、複数ウィンドウを整列させる処理を示すフローチャートである。 Figure 6 is a flowchart mainly showing the processing for aligning a plurality of windows. 図7は、初期画面として第1の画面の例を示す。 Figure 7 shows an example of a first screen as an initial screen. 図8は、初期画面として、メインメニュー項目の配置が上記第1の画面のそれと異なる第2の画面の例を示す。 8, as an initial screen, an example of which is different from the second screen of the screen arrangement the first main menu item. 図9は、図8に示す状態で表示させたサブメニュー項目の配置の例を示す。 Figure 9 shows an example of the arrangement of sub-menu items are displayed in the state shown in FIG. 図10は、サブメニュー項目をクリックしてウィンドウを開いた状態の画面の例を示す。 Figure 10 shows an example of a screen in a state the window open by clicking the submenu item. 図11は、図10に示す状態からさらにサブメニュー領域を表示させた画面の例を示す。 Figure 11 shows an example of a screen was further display the sub menu area from the state shown in FIG. 10. 図12は、図11に示す状態からサブメニュー項目をクリックして別のウィンドウを開いたの画面の例を示す。 Figure 12 shows an example of a screen open another window by clicking the submenu item from the state shown in FIG. 11. 図13は、整列方法選択メニュー領域が表示された画面の例を示す。 Figure 13 shows an example of a screen alignment process selection menu area is displayed. 図14は、複数のウィンドウを横方向一列に配列させた画面の例を示す。 Figure 14 shows an example of a screen obtained by arranging a plurality of windows in the lateral line. 図15は、複数のウィンドウを縦方向に一列に配列させた画面の例を示す。 Figure 15 shows an example of a screen are arranged in a row a plurality of windows in a vertical direction. 図16は、複数のウィンドウをマトリクス状に配列させた画面の例を示す。 Figure 16 shows an example of a screen obtained by arranging a plurality of windows in a matrix. 図17は、複数のウィンドウを一部重なるようにして互いにずらして配列させた画面の例を示す。 Figure 17 shows an example of a screen in which are arranged offset from one another so as to partially overlap a plurality of windows. 図18は、3つのウィンドウが「並べて表示」された画面の例を示す。 18, three windows are an example of a screen which is "tiled". 図19A、Bは、5つのウィンドウが「並べて表示」された画面の例をそれぞれ示す。 Figure 19A, B show each of the five windows "tiled" has been an example of a screen. 図20は、本発明の第2の実施形態に係る業務管理システムにおいて、サーバに接続されたデータベースの内容を示す。 Figure 20, in the business management system according to the second embodiment of the present invention, showing the contents of the database connected to the server. 図21は、データベースに記憶された優先情報の具体的な内容を示す。 Figure 21 shows the specific content of the priority information stored in the database. 図22A、Bは、優先パラメータとして「サイズ」が設定されている場合における複数のウィンドウの形態の例をそれぞれ示す。 Figure 22A, B show a plurality of windows of an example of embodiment in the case where the "size" is set as the priority parameter. 図23は、優先パラメータとして「配置」が設定されている場合における複数のウィンドウの形態の例を示す。 Figure 23 shows an example of a plurality of windows in the form when the "arrangement" is set as the priority parameter. 図24は、優先パラメータとして「強調表示」が設定されている場合における複数のウィンドウの形態の例を示す。 Figure 24 shows an example of a plurality of windows in the form when the "highlight" is set as the priority parameter.

以下、図面を参照しながら、本発明の実施形態を説明する。 Hereinafter, with reference to the drawings, an embodiment of the present invention.

[第1の実施形態] First Embodiment

<業務管理システムの構成> <Configuration of the business management system>
図1は、本発明の第1の実施形態に係るウィンドウ制御システムの構成を示すブロック図である。 Figure 1 is a block diagram showing the configuration of a window control system according to a first embodiment of the present invention. 本実施形態では、ウィンドウ制御システムを業務管理システム100に適用した形態について説明する。 In the present embodiment, it will be described embodiments of applying the window control system in the business management system 100.

業務管理システム100は、例えば給与計算、賞与計算、年末調整、勤怠管理、および人事管理等、広範囲の業務管理を行うシステムである。 Task management system 100 is, for example payroll, bonus calculation, the end of adjustment, Time Management, and human resources management, etc., is a system which performs a wide range of business management.

業務管理システム100は、パーソナルコンピュータ(以下、PCという。)10、サーバコンピュータ(以下、サーバという。)20、およびデータベース30を備えている。 Task management system 100 includes a personal computer (hereinafter,. As PC) 10, a server computer (hereinafter, referred to as the server.) 20, and a database 30. PC10の数は単数でも複数でもよく、図1で複数のPCを示している。 The number of PC10 may be single or plural, shows a plurality of PC in Figure 1.

各PC10は、図示しないハブを介してサーバ20に接続されて、コンピュータネットワークを介して相互に通信可能に接続されている。 Each PC10 is connected to a server 20 via a hub (not shown), it is communicatively connected to each other via a computer network. また、サーバ20とデータベース30とは相互に通信可能に接続されている。 Further, the server 20 and the database 30 are communicatively connected to each other.

サーバ20とデータベース30とは一体化された機器であってもよい。 It may be integrated device from the server 20 and the database 30. PC10とサーバ20とを接続するネットワークは、LAN(Local Area Network)であっても、WAN(Wide Area Network)であってもよい。 Network that connects the PC10 and the server 20 may be a LAN (Local Area Network), or may be a WAN (Wide Area Network). これらPC10またはサーバ20は、「ウィンドウ制御装置」として機能する。 These PC10 or the server 20 functions as a "window control apparatus". またネットワーク接続は有線でも無線でもよい。 The network connection may be wired or wireless.

データベース30には、複数の利用者登録情報35、複数の処理プログラム36等が記憶されている。 The database 30, a plurality of user registration information 35, such as a plurality of processing program 36 is stored. この場合、データベース30は、少なくとも処理プログラム36を記憶する「プログラム記憶部」として機能する。 In this case, database 30 functions as a "program storage unit" for storing at least a processing program 36.

登録された者でなければ、業務管理システム100を利用することができない。 If a person who is registered, it is not possible to use a business management system 100. そこで、権限のある管理者は、業務管理に携わる作業者のID情報を、利用者登録情報35として業務管理システム100に登録する。 Therefore, the administrator who has authority, the ID information of the workers involved in business management, registered in the work management system 100 as user registration information 35. これにより、当該登録された作業者(以下、使用者という。)は、いずれかのPC10を操作してログインし、業務管理システム100が提供する、業務管理を行うための複数の処理プログラム36のうちの少なくとも1つの処理プログラム36を起動させ、業務管理を行うことが可能になる。 Thus, the registered operator (hereinafter. Referred to the user), log by operating one of the PC 10, the business management system 100 provides, for a plurality of processing program 36 for performing business management out of activating the at least one processing program 36, it is possible to conduct business management.

典型的には、PC10は、Webブラウザを利用して、サーバ20を介してデータベース30にアクセスし、サーバ20から処理プログラム36の提供を受けることができるように構成されている。 Typically, PC 10 uses the Web browser to access the database 30 via the server 20, and is configured to be able to receive the provision of the processing program 36 from the server 20. また、PC10は、サーバ20から、後述する表示装置15(図2参照)に表示され得る画面内の画像データ等の提供を受けることが可能に構成されている。 Also, PC 10 from the server 20 is configured to be able to be provided, such as image data in the screen that may be displayed on the display device 15 (see FIG. 2) described later. 後者の場合、サーバ20内の記憶装置は、少なくとも「画像データ記憶部」として機能する。 In the latter case, the storage device in the server 20 functions as at least "the image data storage unit".

図2は、図1に示すPC10の構成を示すブロック図である。 Figure 2 is a block diagram showing a configuration of PC10 shown in FIG.

例えばPC10は、CPU(Central Processing Unit)11、メモリ12、通信インタフェイス13、入力装置14、表示装置15、プログラム起動部16、表示制御部17等を備えている。 For example PC10 is, CPU (Central Processing Unit) 11, memory 12, communication interface 13, an input device 14, display device 15, the program activation section 16, and a like display control unit 17.

メモリ12は、例えば半導体記憶デバイスおよびハードディスクを含み、例えばプログラム起動部16を格納する。 Memory 12 includes, for example, a semiconductor memory device and a hard disk, and stores, for example, the program activation unit 16. 通信インタフェイス13は、サーバ20との間の情報通信を可能にするインタフェイスである。 Communication interface 13 is an interface that enables information communication between the server 20. 入力装置14は、例えばマウスやキーボード等を含む。 Input device 14 includes, for example, a mouse or a keyboard.

CPU11は、サーバ20から送信されてメモリ12に一時的に記憶された処理プログラム36を起動することにより、後述するようにプログラム起動部16や表示制御部17として機能する。 CPU11, by starting the processing program 36, which is temporarily stored is transmitted to the memory 12 from the server 20, which functions as a program activation unit 16 and the display control unit 17 as will be described later. CPU11と、プログラム起動部16または表示制御部17とは、物理的に一体のデバイスであってもよいし、別々のデバイスであってもよい。 And CPU 11, the program activation section 16 or the display control unit 17, may be physically integrated device, or may be a separate device.

プログラム起動部16は、使用者の操作入力に応じて、データベース30に記憶された複数の処理プログラム36のうち少なくとも1つをサーバ20を介して受信し、これを起動する。 Program activation unit 16, in accordance with an input of a user, at least one received via the server 20 among the plurality of processing program 36 stored in the database 30, to start it. 表示制御部17は、画面を生成し、生成した画面を表示装置15に表示するための必要な制御を行う。 The display control unit 17 generates screen, performs necessary control for displaying the generated screen on the display device 15.

<業務管理システムの動作> <Operation of the business management system>
(基本的な動作) (Basic operation)
次に、業務管理システム100の動作について説明する。 Next, a description will be given of the operation of the business management system 100. 図3、5、および6は、特にPC10の動作を示すフローチャートであり、使用者がPC10を介して利用者登録情報35に基づき、サーバ20にログインした後の動作について示している。 3, 5 and 6, is a flow chart particularly illustrating the operation of the PC 10, the user based on the user registration information 35 via the PC 10, which shows the operation after the log in to the server 20.

なお、以下のPC10の処理は、PC10が持つCPU11等のハードウェア資源と、ソフトウェア資源(一時的にサーバ20から提供されたソフトウェア資源も含む)との協働により実現される。 Incidentally, the following processes PC10 is implemented with hardware resources CPU11 or the like having the PC10, (including software resources provided by the temporary server 20) software resources by cooperation. すなわち、CPU11は、メモリ12、通信インタフェイス13、プログラム起動部16、あるいは表示制御部17との協働により、処理を実行する。 That, CPU 11 includes a memory 12, communication interface 13, the program activation section 16, or the display control unit 17 in cooperation with, and executes processing. 以下では、説明の便宜上、処理の主体をCPU11とする。 For convenience of explanation, the subject of processing to CPU 11.

まず、CPU11は、図7または8に示すような初期画面を表示装置15に表示する(ステップ101)。 First, CPU 11 displays on the display device 15 an initial screen as shown in FIG. 7 or 8 (Step 101). 図7に示す初期画面(以下、第1の画面という。)51は、ロゴ等のマーク58、メインメニュー領域53、および閲覧/作業領域54を含む。 The initial screen shown in FIG. 7 (hereinafter, the first screen that.) 51 includes a mark 58, the main menu region 53, and browse / working area 54 such as a logo.

例えばメインメニュー領域53は、画面の左側に配置されている。 For example, the main menu area 53 is disposed on the left side of the screen. メインメニュー領域53は、複数のメインメニュー項目53a(「AAA」、「BBB」、「CCC」、・・・)を含み、これらを画面の縦方向に配列させて構成されている。 Main menu area 53, a plurality of main menu items 53a ( "AAA", "BBB", "CCC", ...) comprises, is constituted by them are arranged in the vertical direction of the screen. メインメニュー項目53aは、例えば「スケジュール管理」、「勤怠管理」、「給与管理」、「人事管理」等、業務管理に関連する多数のメニューで構成される。 Main menu item 53a is, for example, "schedule management", "Time Management", "Payroll", "human resources management", etc., composed of a large number of menu that are relevant to operations management.

図8に示す初期画面(以下、第2の画面という。)52は、同一の複数のメインメニュー項目53aを含むメインメニュー領域53が設けられている。 The initial screen shown in FIG. 8 (hereinafter, the second screen called.) 52, the main menu area 53 including a plurality of identical main menu item 53a is provided. 第2の画面52では、メインメニュー項目53aは、図7に示した縦方向とは異なる方向である横方向に配列させている。 In the second screen 52, the main menu item 53a is then arranged in the horizontal direction is a direction different from a longitudinal direction shown in FIG.

少なくともマーク58および複数のメインメニュー項目53aは、URL(Uniform Resource Locator)等のリンク情報に関連付けられている。 At least mark 58 and a plurality of main menu items 53a is associated with the link information such as URL (Uniform Resource Locator).

「縦方向」は、画面の「垂直方向」である。 "Vertical direction" is a "vertical direction" of the screen. 「横方向」は、画面の「水平方向」である。 "Lateral" is a "horizontal direction" of the screen. 「画面」は垂直に立てた設置型の表示装置15に表示される画面に限られず、タブレットPC等、あらゆる姿勢を取り得る携帯可能なコンピュータの表示画面も含む。 "Screen" is not limited to the screen to be displayed on the display device 15 of a stationary stood vertically, also includes a display screen of a portable computer that can take a tablet PC and the like, all the attitude. 画面の縦横比は必ずしも横長の矩形とは限らず、保持する姿勢を変化させることで縦長の矩形の画面に変化するものも含む。 Aspect ratio of the screen is not always an oblong rectangle, including those changes portrait rectangular screen by changing the attitude of holding.

図8では、画面の縦方向における中央より上であってマーク58のすぐ下に、横方向に延びるメインメニュー領域53が配置される。 In Figure 8, immediately below the mark 58 a above the center in the longitudinal direction of the screen, the main menu region 53 extending in the transverse direction are arranged. メインメニュー領域53の下が閲覧/作業領域54となっている。 Under the main menu area 53 is a view / work area 54. 図7および8に示すように、各メインメニュー項目53aは、スクロールバー等のスライド操作部57により、縦、横方向にそれぞれスライドして表示可能とされている。 As shown in FIGS. 7 and 8, each main menu item 53a is the slide operation portion 57 of the scroll bar or the like, vertical, respectively laterally are slide to be displayed.

ステップ101の後、例えば、使用者の操作入力によりマーク58が選択される(以下では便宜的に「クリック」という場合もある。)と、CPU11は、第1の画面51から第2の画面52へ、または、第2の画面52から第1の画面51へ、表示を切り替える。 After step 101, for example, mark 58 is selected by an operation input of a user (hereinafter in some cases referred to for convenience "click".), CPU 11 from the first screen 51 of the second screen 52 to or from the second screen 52 to the first screen 51 switches the display. すなわち、マーク58のクリックごとに、CPU11は、ステップ102〜106に示すように、トグル操作で第1の画面51と第2の画面52を交互に切り替えることが可能である。 That is, for each click of the mark 58, CPU 11, as shown in step 102-106, it is possible to switch the first screen 51 the second screen 52 alternately toggling. 使用者は、第1および第2の画面52のうち好みの初期画面を選択することができる。 The user can select an initial screen preferences of the first and second screen 52. 以降では、使用者が第2の画面52を選択した場合について説明する。 In the following, a description will be given of a case where the user selects the second window 52.

ステップ106の後、使用者の操作入力に基づいて、CPU11は、ウィンドウ処理および処理プログラム36による処理を行う(ステップ107)。 After step 106, based on the operation input by the user, CPU 11 performs processing by the windowing and processing program 36 (step 107). 図5は、ステップ107の処理を示すフローチャートである。 Figure 5 is a flowchart showing the process of step 107.

ステップ201で、使用者が複数のメインメニュー項目53aのうち任意の1つの項目をクリックした場合、CPU11は、複数のサブメニュー項目63aを含むサブメニュー領域63を表示する(ステップ202)。 In step 201, if the user clicks on any one item among the plurality of main menu items 53a, CPU 11 displays a sub-menu area 63 including a plurality of sub-menu item 63a (step 202).

図4に示すように、メインメニュー項目53aごとに、複数のサブメニュー項目63aと、複数の処理プログラム36とが関連付けらている。 As shown in FIG. 4, for each main menu item 53a, a plurality of sub-menu items 63a, it is associated et a plurality of processing program 36. 具体的には、サブメニュー項目63aが持つリンク情報(例えば実行ファイル名、URL等)と、処理プログラム36とが関連付けられてデータベース30に記憶されている。 Specifically, link information (e.g., executable Names, URL, etc.) with a sub-menu items 63a and a processing program 36 is stored in association with the database 30. 異なる2つ、あるいは3以上のサブメニュー項目63aで、同じ1つの処理プログラム36に関連付けされていてもよい。 Two different, or three or more sub-menu items 63a, may be associated with the same one processing program 36.

1つのメインメニュー項目53aには、その下位のメニューである複数のサブメニュー項目63aが関連付けられている。 The one main menu item 53a, a plurality of sub-menu items 63a is associated a menu for the lower. メインメニュー項目53aによっては、1つのメインメニュー項目53aに1つのサブメニュー項目63aのみ関連付けられたものもある。 The main menu item 53a, and some associated only one sub-menu item 63a into one main menu item 53a.

サブメニュー領域63は、メインメニュー項目53aが配列される横方向と異なる方向である縦方向に、サブメニュー項目63aを配列させる。 Sub menu area 63, the longitudinal direction is a lateral direction different from a direction in which the main menu item 53a is arranged, is arranged a submenu item 63a. サブメニュー領域63は、例えば画面の左側に配置される。 Sub menu area 63 is arranged for example on the left side of the screen. 図9では、メインメニュー項目「CCC」が選択され、サブメニュー領域63にはサブメニュー項目63a(「ccc1」、「ccc2」、・・・)が表示される。 9, the selected main menu item "CCC" is submenu item 63a in the sub menu area 63 ( "ccc1", "ccc2", ...) is displayed.

ステップ203で、使用者が複数のサブメニュー項目63aのうち任意の1つの項目をクリックした場合、CPU11は、クリックされたサブメニュー項目63aに対応する処理プログラム36を起動する(ステップ204)。 In step 203, if the user clicks on any one item among the plurality of sub-menu items 63a, CPU 11 starts the processing program 36 corresponding to the submenu item 63a that has been clicked (step 204). そうすると、CPU11は、例えば図9で表示されていたサブメニュー領域63の表示を消し、閲覧/作業領域54にその処理プログラム36に基づく、使用者の操作領域を示すウィンドウWを表示する(ステップ205)。 Then, CPU 11, for example turn off the display of the sub menu area 63 is displayed in FIG. 9, based on the processing program 36 for reading / working area 54, displays a window W showing the operation area of ​​the user (step 205 ).

図10は、サブメニュー項目63aをクリックしてウィンドウWを開いた状態の画面の例を示す。 Figure 10 shows an example of a screen in a state that opened the window W by clicking on the sub-menu item 63a. ウィンドウWは、デフォルトの設定では、例えば閲覧/作業領域54の全体に最大化されて表示される。 The window W is default, for example, it is displayed in a maximized overall view / working area 54. しかし、閲覧/作業領域54の中の一部の領域に表示されてもよい。 However, it may be displayed in a partial area in the viewing / workspace 54.

また、CPU11は、この処理プログラム36に対応する項目である例えばタブ64aを含む起動メニュー領域64を、横方向に沿って配置させるように表示する(ステップ206)。 Further, CPU 11 displays the start menu area 64 containing a is for example tabs 64a item corresponding to the processing program 36, so as to position along the horizontal direction (step 206). つまりこのタブ64aに示された内容(図10では例えば文字で表される情報「ccc4」)は、起動された処理プログラム36に対応するサブメニュー項目に一致する。 That contents shown in this tab 64a (information represented by FIG. 10, for example the letter "ccc4") corresponds to the sub-menu items corresponding to the processing program 36 is started. これにより、使用者は、現在起動されている処理プログラム36がどのようなカテゴリーあるいは種類の処理プログラムであるかを、起動メニュー領域64に表示されたタブ64aの内容によって認識することができる。 Thus, the user can recognize what kind of categories or types of processing program processing program 36 which is currently activated, the contents of the displayed tabs 64a to start menu area 64.

起動メニュー領域64は、例えば横方向に沿うメインメニュー領域53に隣接するようにその上側に配置される。 Start menu area 64 is arranged on its upper side adjacent to the main menu region 53 for example along the horizontal direction. 現在選択されているメインメニュー項目53a、サブメニュー項目63a(に対応するタブ64a)は、強調して表示されており、図ではハッチングで表されている。 Main menu item 53a that is currently selected, the sub-menu item 63a (corresponding tab 64a to) is highlighted, it is represented by hatching in FIG. 強調表示の具体的な方法としては、色、形状、模様、サイズを変える等、様々な方法がとられ得る。 As a specific method of highlighting, color, shape, pattern, or the like changing the size, various methods can be taken.

なお、ステップ204〜206は実質的に同時であるが、例えばステップ205と206の時間順序は問わない。 Steps 204 to 206 are substantially simultaneously, for example, the time order of steps 205 and 206 is not limited.

表示されたウィンドウWは、例えばWindows(登録商標)システムのウィンドウのように、上部に設けられたバー(あるいは枠)Wbを有する。 Displayed window W, for example Windows as the window (registered trademark) system has provided in the upper bar (or frame) Wb. そのバーWbが強調して表示される(例えば濃い色で表示される)場合、ウィンドウWがアクティブであることを示している。 If the bar Wb is highlighted (for example, displayed in dark color), indicating that the window W is active. 図では、その強調表示はハッチングで表されている。 In the figure, highlighting is represented by hatching that.

また、ウィンドウWのバーWb上の右端部には、例えば「閉じる」、「最大化」、「最小化」のボタンWcのが設けられている。 Further, the right end portion of the bar Wb of the window W, for example, "close", "maximize", that button Wc of "minimizing" is provided. また後述するように、これらのボタンWcの他、ウィンドウWの整列方法を選択するためのボタン(以下、整列ボタンという。)Waが、そのバーWb上に設けられている。 Also as described below, other of these buttons Wc, buttons for selecting how to arrange windows W (hereinafter, referred to as the alignment button.) Wa is provided on the bar Wb.

使用者は、このウィンドウW内で、処理プログラム「ccc4」に基づく作業を行うことができ、CPU11はこの使用者の操作にしたがって処理を実行する(ステップ207)。 The user, in the window W, can work based on the processing program "ccc4", CPU 11 executes processing in accordance with operation of the user (step 207).

次に、使用者が、さらに別の処理プログラム36を開いて、処理プログラム「ccc4」と並行して作業をする場合を想定する。 Next, the user further open another processing program 36, a case is assumed to work in parallel with the processing program "ccc4". 例えば、処理プログラム「ccc4」が勤怠管理プログラムである場合に、例えばその勤務状況の入力結果や処理結果を、1以上の関連する別の処理プログラム36に反映させたい場合がある。 For example, a processing program "ccc4" is the case where the time management program, for example, the input result and processing result of the working conditions, it may be desired to reflect the different processing program 36 in which one or more relevant. 勤怠管理プログラムは、例えば、週報届出処理プログラム、月報届出処理プログラム、あるいは、給与管理プログラム等に関連させることができる。 Time management program, for example, weekly report processing program, monthly reporting program or may be related to the payroll program.

このような場合、図11に示すように、メインメニュー項目53a(例えば「EEE」)がクリックされると(ステップ201Yes)、CPU11は、例えば既に開かれているウィンドウW上に重ねてサブメニュー領域63を表示する(ステップ202)。 In this case, as shown in FIG. 11, when the main menu item 53a (e.g., "EEE") is clicked (step 201Yes), CPU 11 has the sub menu area superimposed on the window W, for example already opened 63 is displayed (step 202).

なお、ウィンドウWに重ねてサブメニュー領域63が表示される場合に限られず、ウィンドウWのサイズが図10に示した状態から小さくなり、その分、閲覧/作業領域54内の余った領域内にサブメニュー領域63が表示されてもよい。 Incidentally, not limited to the case where the sub-menu region 63 is displayed over the window W, is reduced from the state where the size of the window W is shown in FIG. 10, that amount, the surplus area within viewing / workspace 54 sub menu area 63 may be displayed.

1つのサブメニュー項目63a(例えば「eee1」)がクリックされた場合(ステップ203Yes)、CPU11は、図12に示すように、既に開かれているウィンドウW上に、サブメニュー項目「eee1」に対応する処理プログラム36を起動する(ステップ204)。 If one sub-menu item 63a (e.g., "eee1") has been clicked (step 203Yes), CPU 11, as shown in FIG. 12, on the window W that is already open, corresponding to the submenu item "eee1" the processing program 36 to start (step 204). 後に開くウィンドウWは、既に開いていたウィンドウWと同様に最大化されて開かれる。 After the window W to open is opened is maximized in the same way and the window W, which was already open. また、CPU11は、上記と同様に、この「eee1」の処理プログラムに対応するウィンドウW、対応するタブ64aを表示する(ステップ205、206)。 Further, CPU 11, in the same manner as mentioned above, the window W corresponding to the processing program of the "eee1", displays the corresponding tab 64a (step 205, 206).

なおステップ204において、CPUは、後に開くウィンドウWを、既に開いていたウィンドウWと並べて表示してもよい。 Note In step 204, CPU is the window W open after, may be displayed side by side with the window W that is already open.

以上のように、ステップ201〜206の処理を繰り返すことにより、複数のウィンドウWを順に開いていくことができる。 As described above, it is possible by repeating the process of steps 201 to 206, will open a plurality of windows W in order.

(複数ウィンドウの整列) (Alignment of multiple windows)
次に、以上のように複数のウィンドウWを開いた場合に、これらのウィンドウWを画面上で整列させる処理について説明する。 Then, when opening a plurality of windows W as described above will be explained these windows W for processing to align on the screen. 図6は、その処理を示すフローチャートである。 Figure 6 is a flowchart showing the process.

例えば、PC10は上述の図5に示した処理を繰り返し、4つのウィンドウWを開いたとする。 For example, PC 10 repeats the process shown in FIG. 5 described above, and opened four windows W. 以下では、それら4つのウィンドウWを整列させる場合について説明する。 The following describes the case where aligning their four windows W.

図13に示すように、使用者は、ウィンドウWの上述の整列ボタンWaをクリックする(ステップ301Yes)。 As shown in FIG. 13, the user clicks the button aligned Wa of the aforementioned window W (step 301Yes). そうすると、CPU11は、プルダウン方式で、使用者にウィンドウWの整列方法を選択させるための整列方法選択メニュー(以下、整列方法選択メニュー領域61という。)を表示する(ステップ302)。 Then, CPU 11 is a pull-down scheme, the alignment method selection menu for selecting how to arrange the window W to the user (hereinafter, referred to as the alignment method selection menu area 61.) Show (step 302). 整列方法選択メニュー領域61は、複数の整列方法選択メニュー項目61aを含む。 Alignment method selection menu region 61 includes a plurality of alignment method selection menu item 61a.

整列方法選択メニュー項目61aとして、例えば、「横に並べる」、「縦に並べる」、「並べて表示」、「重ねて表示」がある。 As an alignment method selecting menu items 61a, for example, "side by side", there is "arranged in vertical", "tiling", "Cascade".

「横に並べる」が選択されると(ステップ303Yes)、図14に示すように、CPU11は、ウィンドウWを閲覧/作業領域54内で横方向一列に配列させる(ステップ304)。 When the "side by side" is selected (step 303Yes), as shown in FIG. 14, CPU 11 causes the laterally arranged a row of windows W in the view / working area 54 (step 304). 図14は、ウィンドウWを横方向一列に配列させた状態を示す。 Figure 14 shows a state of being arranged window W in the transverse direction a row. ウィンドウWごとに、整列ボタンWa(その他、最大化等のボタンWcも)が設けられている。 For each window W, the alignment button Wa (Other, a button Wc up, etc.) is provided. この画面においてアクティブなウィンドウWは、サブメニュー項目「ttt3」の処理プログラムに対応し、これは最後に開いたウィンドウW、あるいは最後にクリックした整列ボタンWaが設けられるウィンドウWである。 Active window W in this screen corresponds to a sub-menu item processing program of "ttt3", which is a window W of the last open window W alignment button Wa that or you click the last, is provided.

なお、アクティブなウィンドウWは、最後に開いたウィンドウWに限られず、最初に開いたウィンドウWであってもよいし、他のウィンドウWであってもよい。 It should be noted that the active window W is not limited to the last open window W, may be the first to open the window W, may be another window W.

「縦に並べる」が選択されると(ステップ305Yes)、図15に示すように、CPU11はウィンドウWを閲覧/作業領域54内で縦方向に一列に配列させる(ステップ306)。 If "align vertically" is selected (step 305Yes), as shown in FIG. 15, CPU 11 causes arranged in a row in the vertical direction window W in the view / working area 54 (step 306).

「並べて表示」が選択されると(ステップ307Yes)、図16に示すように、CPU11はウィンドウWを閲覧/作業領域54内で横および縦の両方に配列させる(ステップ308)。 If "Tile" is selected (step 307Yes), as shown in FIG. 16, CPU 11 causes the sequence to both horizontal and vertical windows W within viewing / working area 54 (step 308). すなわち、ウィンドウWはマトリクス状に配置される。 That is, the window W is arranged in a matrix.

「重ねて表示」が選択されると(ステップ309Yes)は、図17に示すように、ウィンドウWを閲覧/作業領域54内で一部重なるように互いにずらして配列させる(ステップ310)。 When the "Cascade" is selected (step 309Yes), as shown in FIG. 17, it is arranged offset from each other so as to partially overlap the window W in the view / working area 54 (step 310). 例えば、各ウィンドウWは、横および縦方向で所定距離ずつずれて配置される。 For example, each window W is arranged offset in the horizontal and vertical directions by a predetermined distance. 「重ねて表示」は、主に、散乱した多数のウィンドウの配置を、開いた順序通りに整理する場合に、有効な手段である。 "Cascade" is mainly the case of organizing the arrangement of a number of windows scattered, in sequence to open, it is an effective means.

ステップ311では、CPU11は、使用者の操作入力にしたがい、これら処理プログラム36のうち少なくとも1つに基づく処理を行う。 In step 311, CPU 11 in accordance with an operation input by the user, performs at least one process based on one of these processing programs 36.

なお、TOPボタン(画面右上に表示)55がクリックされた場合、CPU11は、処理プログラム36をシャットダウンし、ウィンドウWを閉じ、初期画面を表示する(ステップ313)。 Incidentally, if the TOP button (upper right corner on the display) 55 is clicked, CPU 11 shuts down the processing program 36, close the window W, an initial screen is displayed (step 313). ウィンドウWが複数開かれていた場合、すべての処理プログラムおよびすべてのウィンドウWが閉じられる。 If the window W has been open more, all of the processing program, and all of the window W is closed. CPUは、ログイン後の図8以降の各種の画面を表示している場合(TOPボタン55が表示されている場合)に、このようなTOPボタン55による処理プログラムのシャットダウン処理を随時を受け付けている。 The CPU, in the case (if the TOP button 55 is displayed) you are viewing the Figure 8 or later of the various screens after login, are accepted at any time of the shutdown processing of the processing program by such TOP button 55 . もちろん、図7の第1の画面51でもTOPボタン55を表示してもよい。 Of course, it may be displayed TOP button 55 even first screen 51 of FIG. また、シャットダウン処理に移行するかキャンセルするか確認のダイヤログ(図示せず)を表示させて、確認の入力があった場合にシャットダウン処理に移行してもよい。 In addition, to display or confirmation of the dialog or cancel moving into a shutdown processing (not shown), it may proceed to shut down the process in a case where there is an input of confirmation.

以上の例では、縦方向のウィンドウWの配置数は2であったが、3以上であってもよい。 In the above example, the arrangement of the longitudinal direction of the window W is was 2, may be three or more. また、横方向のウィンドウ数の配置数は4以上であってもよい。 The arrangement number of the number of windows in the lateral direction may be four or more. 本実施形態では、同時に開くことができるウィンドウ(処理プログラム)数は6であるが、7以上であってもよい。 In the present embodiment, is a 6 number of windows (processing program) that can be opened simultaneously, or may be 7 or more.

以上のように複数のウィンドウWが開かれた場合、それらに対応する起動メニュー領域64内の複数のタブ64aのうち、強調して表示されたタブ64aに対応するウィンドウWが、アクティブとなる。 If multiple windows W is opened as described above, among the plurality of tabs 64a in the start menu area 64 corresponding to them, the window W corresponding to the tab 64a that is highlighted is active. CPU11は、使用者の操作入力(選択するタブ64aをクリック)に応じて、タブ64a(強調表示されたアクティブなタブ)を切り替えるごとにアクティブウィンドウWを切り替えることが可能となっている。 CPU11, in response to an operation input of a user (click the tab 64a to be selected), it is possible to switch the active window W each switch tabs 64a (highlighted active tab). これにより、使用者によるアクティブウィンドウWの切り替えが容易になる。 This makes it easy to switch the active window W by the user.

また、CPU11は、ウィンドウWの整列後であっても、使用者によるドラッグ等の操作入力に応じて、各ウィンドウWのそれぞれを個別に任意の位置に移動させることができるようになっている。 Further, CPU 11, even after the alignment of the window W, in accordance with an input, such as dragging by the user, thereby making it possible to each respective window W is moved to any position separately.

(他の「並べて表示」のウィンドウの配置例) (Example of arrangement of the window of the other "side-by-side display")
上記では、ウィンドウWが4つ(偶数)の場合について説明した。 In the above has been described for the case of the window W is four (even number). しかし、ウィンドウWが奇数である場合、例えば3つである場合において、ステップ307で「並べて表示」が選択された場合、図18に示すようなウィンドウWの配置とされる。 However, if the window W is odd, in the case for example three, if the "tiling" is selected in step 307, it is arranged in the window W as shown in FIG. 18. CPU11は、所定の1つのウィンドウWのみのサイズを大きくし、他の2つのサイズを同じにして、閲覧/作業領域54をすべてのウィンドウWで埋めるようにして配置させる。 CPU11 is to increase the size of only a predetermined one window W, in the same two other sizes, is disposed so as to fill the viewing / workspace 54 for all windows W.

なお、図18に示した画面例は、3つのウィンドウを「縦に並べる」の処理にしたがった配列の例でもよい。 Incidentally, the screen example shown in FIG. 18 may be an example of a sequence in accordance with three windows to the processing of "arranged in vertical".

この場合、ウィンドウサイズを他のものより大きくする対象となる1つのウィンドウWは、予め設定されていればよい。 In this case, one of the window W to be made larger than the size of the window other, it may be set in advance. その対象となるウィンドウWは、例えば最後に開いたウィンドウW、最初に開いたウィンドウW、あるいは、所定の位置に配置されたウィンドウW(図18の例では、閲覧/作業領域54のうち上段に配置されたウィンドウW)等である。 The window W to be the target, for example, the last opened window W, the first opened window W, or, in the example of the window W (FIG. 18 in place, the upper of the viewing / workspace 54 It placed a window W) and the like.

5つのウィンドウWの場合、図19Aに示すように、1つのウィンドウサイズを他の4つのものより大きくしてもよい(他の4つのサイズは同じ)。 For five windows W, as shown in FIG. 19A, 1 single and may be larger than the other four window sizes (the other four sizes are the same). あるいは、図19Bに示すように2つのウィンドウサイズ(これら2つのサイズは同じ)を、他の3つより大きくしてもよい(他の3つのサイズは同じ)。 Alternatively, the two window sizes (two sizes are the same) as shown in FIG. 19B, may be larger than the other three (the other three sizes are the same).

<まとめ> <Summary>
以上のように、PC10は、起動された処理プログラム36に対応するウィンドウWを開くとともに、起動メニュー領域64を横方向に沿って配置させる(例えば図12参照)。 As described above, PC 10, as well as opening a window W corresponding to the processing program 36 is activated, to place the boot menu region 64 along the horizontal direction (e.g., see FIG. 12). 使用者は、その起動メニュー領域64内のタブ64aを切り替えることにより、起動中(実行中)の複数の処理プログラム36のうち容易に1つの処理プログラム36を選択して作業を行うことができる。 The user, by switching the tabs 64a of the boot menu area 64, the work can be performed by selecting the easy one processing program 36 of the plurality of processing programs 36 running (running). したがって、使用者による操作負担を軽減し、操作性および作業効率を高めることができる。 Therefore, to reduce the operation burden of the user, it is possible to improve the operability and working efficiency.

本実施形態では、使用者は、複数の整列方法選択メニュー項目61aから、自分に合ったあるいは作業効率の良い整列方法を選択することができ、複数のウィンドウWを開いた場合の作業性を高めることができる。 In the present embodiment, the user of a plurality of alignment method selection menu item 61a, a good alignment method of suits or working efficiency in their can be selected to enhance the workability when opening a plurality of windows W be able to.

本実施形態では、ウィンドウWごとに、整列ボタンWaが設けられているので、使用者は整列方法を簡単かつ即座に切り替えることができる。 In the present embodiment, for each window W, since the alignment button Wa is provided, the user can switch the alignment method to easily and instantly. 使用者の操作対象はウィンドウWであり、使用者はウィンドウWを見て操作する。 The operation target of the user is a window W, the user manipulates a look at the window W. したがって、整列ボタンWaが、画面全体の所定の一か所に配置されるのではなく、ウィンドウWごとに整列ボタンWaが設けられることにより、使用者にとって見やすい位置に整列方法選択メニュー領域61を表示させることができ、操作性の向上に寄与する。 Therefore, the display alignment button Wa is, rather than being arranged in a predetermined one position of the entire screen, by aligning the button Wa is provided for each window is W, the alignment method selection menu area 61 to a comfortable eye for the user it is to be able to contribute to the improvement of operability.

また、整列方法選択メニュー領域61が、整列ボタンWaがクリックされた場合に表示される。 Further, the alignment method selection menu area 61 is displayed when the alignment button Wa is clicked. したがって、使用者にとって整列が必要な時のみ、それを表示することができ、操作性の向上に寄与する。 Therefore, only when the alignment is required for the user, it is possible to display it contributes to improvement of operability.

以上の実施形態では、ウィンドウWの整列方法の「並べて表示」の場合に、ウィンドウ数が偶数でも奇数でも、閲覧/作業領域54をすべてウィンドウWが占めるように表示された。 In the above embodiments, in the case of "tiling" of the alignment method of the window W, even odd even number of windows is even, all the viewing / workspace 54 is displayed to occupy the window W. しかし、例えばウィンドウ数が奇数の場合であっても、すべてのウィンドウWが均等なサイズで配置され、閲覧/作業領域54の一部が余るように表示されてもよい。 However, for example, even when the number of windows is odd, all windows W are arranged in a uniform size, it may be displayed as surplus part of the viewing / workspace 54.

以上の実施形態では、初期画面として図8に示した第2の画面52からの動作について説明した。 In the above embodiments, the operation of the second screen 52 shown as the initial screen in FIG. しかし、第1の画面51からの動作についても同様である。 However, the same applies to the operation of the first screen 51. すなわち、第1の画面51が表示されている場合において、メインメニュー項目53aがクリックされた場合、画面内の所定の位置において横(あるいは縦)方向に、サブメニュー領域63が配置されるように表示される。 That is, when the first screen 51 is displayed, when the main menu item 53a is clicked, the horizontal (or vertical) direction at a predetermined position in the screen, as the sub menu area 63 is arranged Is displayed.

[第2の実施形態] Second Embodiment

<業務管理システムの構成> <Configuration of the business management system>
次に、本発明の第2の実施形態を説明する。 Next, a second embodiment of the present invention. 図20は、サーバ20に接続されたデータベース30の内容を示す。 Figure 20 shows the contents of the database 30 connected to the server 20. これ以降の説明では、図1等に示した第1の実施形態に係る業務管理システム100が含む機能等について同様のものは同一の符号で示し、説明を簡略化または省略し、異なる点を中心に説明する。 In the following description, like the functions such as operational management system 100 according to the first embodiment shown in FIG. 1 or the like comprises are denoted by the same reference numerals, simplified or omitted, focusing on the difference It will be explained.

データベース30は、複数の利用者登録情報35、複数の処理プログラム36に加え、ウィンドウ整列優先情報(以下、優先情報という。)37を記憶している。 Database 30, a plurality of user registration information 35, in addition to the plurality of processing program 36, and stores the window alignment priority information (hereinafter, referred to as priority information.) 37. 優先情報37は、CPU11が、ウィンドウWの整列時に、複数のウィンドウWのうちどのウィンドウWを優先させて表示させるかを示す情報である。 Priority information 37, CPU 11 is, at the time of alignment of the window W, is information indicating whether to display which window W is given priority among the plurality of windows W.

図21は、優先情報37の内容を示す。 Figure 21 shows the contents of the priority information 37. 優先情報37は複数あり、典型的には、データベース30に登録された利用者ごと、すなわち利用者登録情報35ごとに記憶される。 Priority information 37 is more typically each user registered in the database 30, that is stored for each user registration information 35. 優先情報37は、優先パラメータ37a、設定値37b、そして、優先の対象となる処理プログラムを示す情報(プログラムID等)37cを含む。 Priority information 37, the priority parameter 37a, set value 37b and, contains information (program ID, etc.) 37c showing a processing program to be priority target.

「優先パラメータ」は、閲覧/作業領域54内に表示されるウィンドウWについて、サイズ、配置、強調表示等、優先させるパラメータを示す。 "Priority Parameters" indicates the window W to be displayed in the viewing / working area 54, the size, placement, highlight, etc., the parameters to be prioritized.

「設定値」は、それらパラメータごとの値(あるいは種類)である。 "Settings" is the value of each of those parameters (or types). 使用者は、サーバ20からPC10に提供される設定プログラムを利用して、これら優先パラメータ37a、設定値37b等を、図示しないGUI(Graphical User Interface)により任意の値に設定することができる。 The user, through a configuration program provided from the server 20 to PC 10, these priority parameters 37a, the set value 37b, etc., can be set to any value by GUI (not shown) (Graphical User Interface).

「対象となる処理プログラムを示す情報」は、優先させる対象の処理プログラム36を示す情報である。 "Information indicating the processing program of interest" is information indicating a processing program 36 of the target to prioritize.

設定プログラム(およびこれを実行するCPU)は、複数の処理プログラム36のうち少なくとも1つの処理プログラム36に優先情報37を関連付け、その関連付られた優先情報37に基づき、その処理プログラム36に対応するウィンドウWの形態を設定する「設定部」として機能する。 Setting program (and CPU to do this) associates the priority information 37 to at least one processing program 36 of the plurality of processing program 36, based on the priority information 37 is with its associated, corresponding to the processing program 36 functions as a "setting unit" to set the form of window W. ウィンドウの形態とは、つまり上記優先パラメータに基づくウィンドウの形態である。 The windows form, i.e. in the form of a window based on the priority parameters.

<画面例> <Screen example>
(優先パラメータが「サイズ」の場合) (If the priority parameter is "size")

例えば優先パラメータ37aとして「サイズ」が設定された場合、優先(最優先)させる1つのウィンドウWをどれくらいのサイズで表示させるかを、データベース30が設定値37bとして記憶する。 For example, if the "size" is set as the priority parameter 37a, whether to display priority (the highest priority) makes one window W in how much size, the database 30 stores a set value 37b. 「サイズ」の設定値37bは、他の(非優先の)ウィンドウサイズに対する比率であってもよいし、あるいは絶対値であってもよいし、その他、閲覧/作業領域54内に占める優先対象のウィンドウWの面積の割合であってもよい。 Set value 37b of the "size" of the other (non-priority) may be a ratio of the window size, or may be an absolute value, other priority subject occupying in view / working area 54 it may be a percentage of the area of ​​the window W.

設定プログラムによる設定値37bの設定方式として、例えば、予め定められた複数の設定値から、使用者が1つを選択するという方式が採用され得る。 As the setting method for setting values ​​37b by setting program, for example, a plurality of setting value set in advance, a method that the user selects one may be employed.

図22A、Bは、例えば優先パラメータ37aとして「サイズ」が設定されている場合における、閲覧/作業領域54内の複数のウィンドウWの形態の例を示す。 Figure 22A, B are, for example, when the "size" is set as the priority parameter 37a, illustrating an example of a form of a plurality of windows W in viewing / workspace 54.

図22Aの左図は、閲覧/作業領域54内の実質的に半分の領域に対応するサイズが、優先対象のウィンドウW(以下、優先ウィンドウWPという。)のサイズとして設定された例を示す。 Left side of FIG. 22A shows size corresponding to substantially half area of ​​the browsing / workspace 54, priority target window W is an example that has been set as the size (hereinafter, referred to. Priority window WP). 他のウィンドウWは均等なサイズで表示される。 Other window W is displayed in a uniform size.

図22Aの左図に示す3つのウィンドウWから、例えば右図のようにウィンドウ数が4つに増えた場合でも、優先ウィンドウWPのサイズは維持されるとともに、他のウィンドウWのサイズの均等も維持される。 From three windows W shown in the left diagram of FIG. 22A, for example, even if the number of windows as shown in the right figure is increased to four, with the size of the priority window WP is maintained, even equal the size of other windows W It is maintained.

図22Bの左図では、2つのウィンドウWのうちの一方が閲覧/作業領域54内の半分よりも大きくなるよう優先ウィンドウWPのサイズとして設定されている。 In the left view of FIG. 22B, the one of the two windows W are set as the size of the priority window WP to be larger than half the inside view / working area 54. 右図では、ウィンドウ数が3つに増えた場合に、例えば優先ウィンドウWPのサイズは閲覧/作業領域54の約半分になり、ウィンドウ数が2つの場合に比べ、優先ウィンドウWPのサイズが小さくなる。 The right figure when the number of windows is increased to three, for example, the size of the priority window WP becomes about half of the viewing / working area 54, compared with the case where the number of windows is two, the size of the priority window WP is smaller . すなわち、図22Bの例では、優先ウィンドウWPのサイズが、ウィンドウ数に応じて可変に制御される。 That is, in the example of FIG. 22B, the size of the priority window WP is variably controlled in accordance with the number of windows.

図22Bの例において、設定部は、例えばウィンドウWが2つの場合の、ウィンドウサイズを、最大値の設定値37bとして設定することができる。 In the example of FIG. 22B, the setting unit, for example, when the window W is two, the window size can be set as a set value 37b of the maximum value. そして、ウィンドウ数に応じた縮小率は、設定プログラムの規定値でもよい。 Then, the reduction rate according to the number of windows may be a prescribed value of the setting program.

以上の図22A、Bの例は、整列ボタンWaが押された直後のウィンドウWのサイズを示したものである。 Examples of the above FIG. 22A, B are those aligned button Wa showed the size of the window W immediately pressed. その後、使用者がウィンドウWに対するドラッグ操作等によって、任意にウィンドウWのサイズを変えることができる。 Then, it is possible to change the user by the drag operation or the like for the window is W, the size of any window W.

(優先パラメータが「配置」の場合) (If the priority parameter of the "arrangement")
優先パラメータ37aとして「配置」が設定された場合、データベース30は、優先させる1つのウィンドウWを閲覧/作業領域54内のどの位置に配置させるかを、設定値37bとして記憶する。 If "disposed" is set as the priority parameter 37a, the database 30, whether to place the single window W to prioritize the position of the throat in view / working area 54 is stored as a set value 37b. 「配置」の設定値37bは、閲覧/作業領域54内の、「中央」、「右端」、「右上」、「左下」、「常に手前」、・・・などである。 Set value 37b of the "arrangement" is, in the view / work area 54, "center", "right end", "upper right", "lower left", "Always On Top", ... and the like. 「常に手前」は、他の設定値37bと組み合わせて設定可能となっている。 "Always On Top" is capable of setting in combination with other settings 37b.

図23の左図に示す例では、3つのウィンドウWが表示されている。 In the example shown in the left diagram of FIG. 23, three windows W are displayed. 設定値37bとして「中央」が設定され、閲覧/作業領域54の中央に所定サイズで優先ウィンドウWPが表示され、他の2つは優先ウィンドウWPの背後に表示されている。 Is "central" is set as the set value 37b, it displays the preferred window WP at a predetermined size at the center of the viewing / working area 54, the other two are displayed behind the priority window WP.

図23の右図に示すように、ウィンドウ数が4つに増えた場合、優先ウィンドウWPは中央の位置を維持し、新たに増えた1つのアクティブなウィンドウWA(非優先)が、優先ウィンドウWPの前面に配置される。 As shown in the right diagram of FIG. 23, if the number of windows is increased to four, priority window WP maintains the position of the center, is newly increased with one active window WA (non-priority), priority window WP It is disposed in front of. 非優先の3つのウィンドウWは、例えば均等なサイズが維持される。 Three windows W of the non-priority are equal size is maintained for example.

なお、「常に手前」と図23に示した例とを組み合わせる設定により、優先ウィンドウWPが、アクティブウィンドウWAより常に前に配置される。 Note that, by setting the combination of the examples shown in FIG. 23 as "always forward", priority window WP is placed always before the active window WA.

以上の図23の例は、整列ボタンWaが押された直後か、若しくは整列方法選択メニュー領域61内で「並べて表示」の項目61aが選択された直後のウィンドウWの配置を示したものである。 Examples of the above FIG 23 is the alignment button Wa Do immediately pressed, or item 61a of "tiling" in alignment method selection menu region within 61 shows an arrangement of windows W immediately after being selected . したがって、その後、使用者がウィンドウWに対するドラッグ操作等によって、任意にウィンドウWの配置を変えることができる。 Accordingly, then, can be varied user by the drag operation or the like for the window is W, the placement of any window W.

(優先パラメータが「強調表示」の場合) (If the priority parameter is "highlighted")
優先パラメータ37aとして「強調表示」が設定された場合、データベース30は、優先ウィンドウWPを閲覧/作業領域54内のどの位置に配置させるかを、設定値37bとして記憶する。 If the "highlight" is set as the priority parameter 37a, the database 30, whether to place a priority window WP to the position of the throat in view / working area 54 is stored as a set value 37b. 「強調表示」の設定値37bとして、優先対象のウィンドウW(を構成するバー、またはウィンドウW内の背景)の色、模様、形状等を、他の1以上のウィンドウWのものと異ならせる設定がある。 As a set value 37b of "Highlight", setting the color of the priority target window W (constituting the bar or background of the window W,), pattern, shape, etc., it is made different from that of the other one or more windows W there is. その他、優先ウィンドウWPのバーや枠の太さを、他の1以上のウィンドウWのものと異ならせる設定等がある。 Other, the thickness of the bars and the frame priority window WP, is set such that different from that of the other one or more windows W.

図24に示す例では、均等なサイズの4つのウィンドウWのうち右下のウィンドウWが強調されて表示される。 In the example shown in FIG. 24, is displayed window W at the lower right among the four windows W of uniform size is emphasized. 例えば優先ウィンドウWPの枠が太さが他のものより太くなるように表示されている。 For example the frame is the thickness of the priority window WP is displayed so as to be thicker than others.

<まとめ> <Summary>
以上のように、ウィンドウW(処理プログラム36)に優先情報37が設定されることにより、使用者の操作性および作業効率の向上に寄与する。 As described above, by the priority information 37 is set to the window W (processing program 36), which contributes to improvement of operability and work efficiency of the user. 例えば使用者が頻繁に使用する処理プログラム36に対して優先情報37が設定されることにより、操作性および作業効率を高めることができる。 For example, by the priority information 37 is set to the processing program 36 for the user to frequently used, it is possible to improve the operability and working efficiency.

以上説明した第2の実施形態では、1つの処理プログラム36について優先情報37が設定される例を示したが、2以上の処理プログラム36に優先情報37がそれぞれ設定されてもよい。 In the above second embodiment described, an example of priority information 37 is set for one processing program 36, the priority information 37 to the two or more processing program 36 may be set, respectively. この場合、2以上の処理プログラム36に対して一律に同じ設定値37bが設定されればよい。 In this case, the same set value 37b uniformly to two or more processing program 36 may be set.

あるいは、2以上の処理プログラム36に対して異なる設定値37b、つまり2段階以上の優先度が設定されてもよい。 Alternatively, different set value 37b for the two or more processing program 36, i.e. two or more stages of priority may be set. 例えば第1の処理プログラム36には第1の優先度、第2の処理プログラム36には第1の優先度とは異なる第2の優先度というように、優先度が段階的に設定されてもよい。 For example, the first priority in the first processing program 36, the second processing program 36 and so the second priority different from the first priority, even if the priority is set stepwise good. 例として、優先度に応じてウィンドウWのサイズを段階的に設定することができる。 As an example, it is possible to set the size of the window W stepwise in accordance with the priority. あるいは、優先度に応じて、予め使用者が設定しておいた配置順でウィンドウWを配置させることもできる。 Alternatively, in accordance with the priority, it is also possible to arrange the window W in advance user order arrangement that has been set.

以上の3つのパラメータ「サイズ」、「配置」、および「強調表示」のうち少なくとも2つを組み合わせて設定することも可能である。 Above three parameters "size", "arrangement", and it is possible to set a combination of at least two of the "Highlight".

本実施形態に係る優先情報37に基づくウィンドウWの配列を、上記した第1の実施形態における整列方法選択メニュー領域61内の項目61aの1つとして含まれていてもよい。 The sequence of window W based on the priority information 37 according to this embodiment, may be included as one of the items 61a in alignment method selection menu area 61 in the first embodiment described above. この場合、「優先表示」などの文字情報あるいはアイコン等で、その項目が表示されればよい。 In this case, "priority display" in the character information or icon or the like, such as, the item may be displayed.

[その他の実施形態] Other Embodiments

本発明は、以上説明した実施形態に限定されず、他の種々の実施形態を実現することができる。 The present invention is not limited to the embodiments described above, it is possible to realize other various embodiments.

PC10、特にサーバ20は、同時処理を実行する「実行部」をさらに具備してもよい。 PC 10, especially the server 20 may further include a "execution unit" that performs simultaneous processing. 具体的には、実行部は、関連付けられた少なくとも2つの処理プログラム36が起動されている場合、つまり少なくとも2つのウィンドウWを開いている場合、それら各ウィンドウWのうち1つのウィンドウWに使用者が操作入力が行われて処理が実行された場合、それらウィンドウWのうち他の1以上のウィンドウWにその操作入力と同じ処理を実行する。 Specifically, execution unit, when at least two processing program 36 associated is activated, that is open at least two windows W, user in a single window W of them each window W If is the process being performed the operation input is performed, the same processing as the operation input to the other one or more windows W of them window W.

例えば、サーバ20は、複数のウィンドウWに対する使用者による同じデータの同時入力、同時編集に対応して処理することができる。 For example, the server 20, the simultaneous input of the same data by the user for a plurality of windows W, thereby processing corresponding to the simultaneous editing. 例えば氏名、部署、役職等、比較的使用頻度が高い入力内容等については、同時入力、同時編集は通常通り可能である。 For example, name, department, job title, etc., for the relatively high frequency of use input content, etc., simultaneous input, simultaneous editing is possible as usual. この場合、例えばサーバ20またはデータベース30が、マスターデータを持ち、そのマスターデータを書き換えることで対応することができる。 In this case, for example, server 20 or database 30, has a master data can be dealt with by rewriting the master data. ここで説明する同時入力の機能は、PC10またはサーバ20が、例えば比較的使用頻度が低い、例えばコメントや特記事項等についても、複数のウィンドウWにまたがって同時入力、同時編集を行うことができものである。 Function of simultaneous input described here, PC10 or the server 20 is, for example, a relatively low frequency of use, for example, for even such comments and Notices, simultaneous input across multiple window W, it is possible to perform simultaneous editing it is intended. 例えば業務管理システムにおいて、利用者が長期休暇申請と共に休日出勤の休暇振替申請するような場合、申請理由に特段の事情があってそれを繰り返し入力しなくて済むように、次のような方法をとることができる。 For example, in a business management system, if the user so as to leave transfer application for a holiday work along with the long-term leave application, so do not have to if there are special circumstances to apply reason it repeatedly input, the following method it can be taken. すなわち、休暇申請プログラムと振替申請プログラムを順に開いておき、そして、双方のウィンドウを特定の選択方法(例えばキーボードのCtrlとウィンドウのクリック)によって同時にアクティブにし、「実家の親が病気療養のため、暫く休暇させていただきます。」等のコメントを記入した場合に、双方のプログラムで入力処理される。 In other words, leave open the leave application program and the transfer application program in the order, and, to activate at the same time both of the window by a specific selection method (for example, click on the keyboard of the Ctrl and window), "home of the parents due to illness care, I will for some time to leave. If you fill out the comment of "and the like, are input process in both programs.

上記各実施形態では、横方向に沿ったメインメニュー領域53が画面の中央より上側に配置され、縦方向に沿ったサブメニュー領域63が画面の左側に配置された。 In the embodiments described above, the main menu region 53 along the transverse direction are arranged above the center of the screen, the sub menu area 63 along the longitudinal direction are arranged on the left side of the screen. しかし、メインメニュー領域53が下側に配置され、あるいは、サブメニュー領域63が右側に配置されてもよい。 However, the main menu region 53 is disposed on the lower side, or the sub menu area 63 may be disposed on the right side.

上記実施形態では、縦方向に沿ったメインメニュー領域53を表示する第1の初期画面と、横方向沿ったメインメニュー領域53を表示する第2の初期画面を、選択操作によって切り替えていた。 In the above embodiment, a first initial screen displaying the main menu region 53 along the longitudinal direction, the second initial screen displaying the main menu region 53 along the transverse direction, was switched by the selection operation. しかし、タブレットPC等では画面の姿勢が縦長か横長かの変化に応じて、初期画面の種類を変化させてもよい。 However, in the tablet PC or the like in response to a change in either the portrait or landscape orientation of the screen, may change the type of the initial screen.

上記各実施形態では、プルダウン方式で整列方法選択メニュー領域61が表示された。 In the above embodiments, the alignment method selection menu area 61 is displayed in a pull-down manner. しかし、整列方法選択メニュー領域61が、ウィンドウWに重ねて、あるいは、ウィンドウW外であってウィンドウWに隣接する領域に配置されてもよい。 However, the alignment method selection menu area 61, superimposed on the window W, or may be disposed in a region adjacent to the window W to a window W out.

上記整列方法選択メニュー項目61aは、文字情報で表示されていたが、アイコン等の図柄で表示されていてもよい。 The alignment method selecting menu items 61a, which had been displayed by the character information may be displayed in the symbol of the icons. 例えばアイコン等の図柄の場合、それは、使用者にとって配列方法を直感的に一目で理解できるようなものであってもよい。 For example, if the symbol such as an icon, it may be as intuitive at a glance arrangement method for the user. 直感的に一目で理解できる図柄とは、例えばウィンドウWのフレームのみの配置を示したもの(図19、22等のようなもの)である。 Intuitive design and is understandable at a glance, for example, shows only the arrangement of the frame of the window W (those such as Figure 19 and 22).

上記実施形態では、起動メニュー領域64内のタブ64aを横方向に配列させたが、これを縦方向に配列させてもよい。 In the above embodiment, the tab 64a in the boot menu area 64 but are arranged in the lateral direction, it may be arranged so the longitudinal direction.

上記実施形態に係るシステムは業務管理システムに関するものであった。 System of the foregoing embodiment were related task management system. これに限られず、文書作成、表計算、CAD(Computer Aided Design)、ゲーム等、他のアプリケーションプログラムに、本発明による技術が適用されてもよい。 Not limited thereto, document creation, spreadsheet, CAD (Computer Aided Design), games, etc., to the other application programs, techniques according to the present invention may be applied. この場合、PC10はスタンドアロン型であってもよい。 In this case, PC10 may be a stand-alone.

上記実施形態では、PC10が主にプログラム起動部16および表示制御部17の機能を持っていたが、PC10の操作を介してサーバ20がそれらの機能を発揮するように構成されていてもよい。 In the above embodiment, PC10 had the function of mainly the program activation section 16 and the display control unit 17, the server 20 through the operation of the PC10 may be configured to exert their function.

整列ボタンWaは、すべてのウィンドウに設けられるのではなく、任意の1つのウィンドウに設けられていてもよい。 Alignment button Wa, rather than provided in all the windows, may be provided in any one of the windows. 任意の1つのウィンドウとしては、例えばアクティブなウィンドウ、上記優先ウィンドウ等である。 The optional one window, for example, active window is the priority window or the like.

以上説明した各実施形態の特徴部分のうち、少なくとも2つの特徴部分を組み合わせることも可能である。 Of characteristic parts of the embodiments described above, it is also possible to combine at least two characteristic parts.

10…PC 10 ... PC
11…CPU 11 ... CPU
16…プログラム起動部 17…表示制御部 20…サーバ 30…データベース 36…処理プログラム 37…優先情報 53…メインメニュー領域 53a…メインメニュー項目 61…整列方法選択メニュー領域 61a…整列方法選択メニュー項目 63…サブメニュー領域 63a…サブメニュー項目 64…起動メニュー領域 64a…タブ 100…業務管理システム 16 ... program activation unit 17 ... display control unit 20 ... server 30 ... database 36 ... processing program 37 ... priority information 53 ... main menu region 53a ... main menu item 61 ... alignment method selection menu area 61a ... alignment method selecting menu items 63 ... sub-menu area 63a ... sub-menu items 64 ... boot menu area 64a ... tab 100 ... business management system

Claims (15)

  1. 複数のメインメニュー項目を配列させたメインメニュー領域と、前記複数のメインメニュー項目のうち少なくとも1つのメインメニュー項目の下位のメニューである複数のサブメニュー項目を含むサブメニュー領域とを含む画面内のウィンドウを制御するウィンドウ制御装置であって、 A main menu area obtained by arranging a plurality of main menu items in the screen including a sub-menu area including a plurality of sub-menu items are subordinate menu of the at least one main menu item of the plurality of main menu items a window control device for controlling the window,
    前記複数のサブメニュー項目のうち1以上のサブメニュー項目に対応する1以上の処理プログラムを起動する起動部と、 A starting unit that starts one or more processing programs corresponding to one or more sub-menu item among the plurality of sub-menu items,
    画面上の横および縦方向のうちいずれか一方である第1の方向に前記複数のメインメニュー項目を配列させ、前記画面上の横および縦方向のうち、前記第1の方向と異なる第2の方向に前記複数のサブメニュー項目を配列させた画面を生成し、前記生成した画面内に、前記起動部により起動された前記処理プログラムに対応する項目を含む起動メニュー領域を、前記第1の方向または前記第2の方向に沿って配置させ、その起動された処理プログラムに基づく操作領域を示すウィンドウを表示する表示制御部と を具備するウィンドウ制御装置。 Among the horizontal and vertical direction on the screen by arranging the plurality of main menu items in the first direction is either, of the horizontal and vertical direction on the screen, different from the second to the first direction generates a screen in which are arranged a plurality of sub-menu items in the direction, in the generated screen, the start menu area including an item corresponding to the processing program activated by the activation unit, said first direction or it is arranged along the second direction, the window controller and a display control unit that displays a window showing the operation area based on the invoked program.
  2. 請求項1に記載のウィンドウ制御装置であって、 A window control device according to claim 1,
    前記表示制御部は、前記起動部により起動された複数の処理プログラムにそれぞれ対応する複数のウィンドウの、複数の整列方法のうち1つの整列方法を使用者に選択させる整列方法選択メニューを、前記画面内に表示する ウィンドウ制御装置。 The display controller, said plurality of windows corresponding to the plurality of processing program activated by the activation unit, an alignment method selection menu for selecting one of the alignment method to the user of the plurality of alignment method, the screen window control device that displays within.
  3. 請求項2に記載のウィンドウ制御装置であって、 A window control device according to claim 2,
    前記表示制御部は、前記整列方法選択メニューを、前記ウィンドウごとに、それらウィンドウに重ねてまたは隣接させて表示する ウィンドウ制御装置。 The display controller, the alignment method selection menu, for each of the windows, window control device for displaying superimposed on their window or by adjacent.
  4. 請求項2または3に記載のウィンドウ制御装置であって、 A window control device according to claim 2 or 3,
    前記表示制御部は、前記ウィンドウの枠に設けられたボタンへの操作入力に応じて、前記整列方法選択メニューを表示する ウィンドウ制御装置。 The display controller in accordance with an input to the button provided on the frame of the window, the window control unit for displaying the alignment method selection menu.
  5. 請求項2から4のうちいずれか1項に記載のウィンドウ制御装置であって、 A window control apparatus as claimed in any one of the claims 2 4,
    前記複数の処理プログラムのうち少なくとも1つに優先情報を関連付け、前記関連付けた優先情報に基づき、それらウィンドウの形態を設定する設定部をさらに具備する ウィンドウ制御装置。 Wherein at least one of the plurality of processing programs to associate priority information, based on the associated priority information, window control device further comprising a setting unit for setting a form thereof windows.
  6. 請求項5に記載のウィンドウ制御装置であって、 A window control device according to claim 5,
    前記設定部は、ウィンドウサイズの優先情報に応じて、それらウィンドウのサイズを設定する ウィンドウ制御装置。 The setting unit, in accordance with the priority information of the window size, the window controller to set them window size.
  7. 請求項5に記載のウィンドウ制御装置であって、 A window control device according to claim 5,
    前記設定部は、配置の優先情報に応じて、それらウィンドウの配置を設定する ウィンドウ制御装置。 The setting unit, in accordance with the priority information of the arrangement, the window controller for setting the placement of those windows.
  8. 請求項2から4のうちいずれか1項に記載のウィンドウ制御装置であって、 A window control apparatus as claimed in any one of the claims 2 4,
    前記複数の整列方法は、前記横方向一列に配列、前記縦方向一列に配列、前記横および縦の両方に配列、および、互いに横および縦方向に所定距離ずつずれて重ねて配列のうち、少なくとも2つを含む ウィンドウ制御装置。 Wherein the plurality of alignment method, the lateral one row in the array, the longitudinal one column in the array, arranged in both the horizontal and vertical, and, of the sequences overlapped shifted by a predetermined distance in the lateral and longitudinal directions, at least window control device comprising two.
  9. 請求項8に記載のウィンドウ制御装置であって、 A window control device according to claim 8,
    前記複数の整列方法は、前記複数の処理プログラムのうち少なくとも1つに関連付けられた優先情報に応じた配列と、前記4つの配列のうち、少なくとも2つを含む ウィンドウ制御装置。 Wherein the plurality of alignment method, a sequence corresponding to at least one priority information associated one of the plurality of processing programs, out of the four sequences, window control device comprising at least two.
  10. 請求項8に記載のウィンドウ制御装置であって、 A window control device according to claim 8,
    前記複数の整列方法のうち、前記起動部により起動されている前記処理プログラム数が奇数の場合であって、前記整列方法として前記横および縦の両方に配列が選択された場合、前記表示制御部は、前記複数のウィンドウのうち少なくとも1つのウィンドウサイズが他の2以上のウィンドウサイズより大きくなるように、前記複数のウィンドウを表示する ウィンドウ制御装置。 Among the plurality of alignment method, even if the activation number the processing program has been started by the unit is odd, if the sequence in both the horizontal and vertical as the alignment method is selected, the display control unit at least one window size to become larger than the other two or more window size, window control apparatus for displaying a plurality of windows of said plurality of windows.
  11. 請求項1に記載のウィンドウ制御装置であって、 A window control device according to claim 1,
    前記表示制御部は、前記第1の方向に前記複数のメインメニュー項目を配列させた第1の画面と、前記第2の方向に前記複数のメインメニュー項目を配列させた第2の画面とを、操作入力に応じて切り替えて出力可能である ウィンドウ制御装置。 The display controller, a first screen is arranged the plurality of main menu items in the first direction, and a second screen is arranged the plurality of main menu items in the second direction , window control device can output is switched in accordance with an input.
  12. 請求項1に記載のウィンドウ制御装置であって、 A window control device according to claim 1,
    複数の処理プログラムのうち、関連付けられた少なくとも2つの処理プログラムが起動されている場合において、前記少なくとも2つの処理プログラムに対応する各ウィンドウのうち1つのウィンドウに対する操作入力に応じて処理が実行された場合、それらウィンドウのうち他の1以上のウィンドウに前記操作入力と同じ処理を実行する実行部をさらに具備する ウィンドウ制御装置。 Among the plurality of processing programs, when at least two processing program associated is started, the processing according to the operation input to one window among the windows corresponding to at least two processing program is executed If further window control device including an execution unit for executing the same processing as the operation input to the other one or more windows of them window.
  13. 複数のメインメニュー項目を配列させたメインメニュー領域と、前記複数のメインメニュー項目のうち少なくとも1つのメインメニュー項目の下位のメニューである複数のサブメニュー項目を含むサブメニュー領域とを含む画面内の画像データを記憶する画像データ記憶部と、 A main menu area obtained by arranging a plurality of main menu items in the screen including a sub-menu area including a plurality of sub-menu items are subordinate menu of the at least one main menu item of the plurality of main menu items an image data storing unit for storing image data,
    前記複数のサブメニュー項目にそれぞれ対応する複数の処理プログラムを記憶するプログラム記憶部と、 A program storage unit for storing a plurality of processing programs corresponding to the plurality of sub-menu items,
    前記複数のサブメニュー項目のうち1以上のサブメニュー項目に対応する1以上の処理プログラムを起動する起動部と、 A starting unit that starts one or more processing programs corresponding to one or more sub-menu item among the plurality of sub-menu items,
    画面上の横および縦方向のうちいずれか一方である第1の方向に前記複数のメインメニュー項目を配列させ、前記画面上の横および縦方向のうち、前記第1の方向と異なる第2の方向に前記複数のサブメニュー項目を配列させた画面を生成し、前記生成した画面内に、前記起動部により起動された前記処理プログラムに対応する項目を含む起動メニュー領域を、前記第1の方向または前記第2の方向に沿って配置させ、その起動された処理プログラムに基づく操作領域を示すウィンドウを表示する表示制御部と を具備するウィンドウ制御システム。 Among the horizontal and vertical direction on the screen by arranging the plurality of main menu items in the first direction is either, of the horizontal and vertical direction on the screen, different from the second to the first direction generates a screen in which are arranged a plurality of sub-menu items in the direction, in the generated screen, the start menu area including an item corresponding to the processing program activated by the activation unit, said first direction or the second is disposed in a direction, the window control system and a display control unit that displays a window showing the operation area based on the invoked program.
  14. 画面上の横および縦方向のうちいずれか一方である第1の方向に複数のメインメニュー項目を配列させたメインメニュー領域と、前記複数のメインメニュー項目のうち少なくとも1つのメインメニュー項目の下位のメニューである複数のサブメニュー項目を、前記画面上の横および縦方向のうち、前記第1の方向と異なる第2の方向に配列させたサブメニュー領域とを含む画面を生成し、 A main menu area obtained by arranging a plurality of main menu items in the first direction is either one of horizontal and vertical direction on the screen, the lower of the at least one main menu item of the plurality of main menu items a plurality of sub-menu item is a menu, of the horizontal and vertical direction on the screen, generates a screen including a sub-menu region are arranged in a second direction different from the first direction,
    前記複数のサブメニュー項目のうち1以上のサブメニュー項目に対応する1以上の処理プログラムを起動し、 Start one or more processing programs corresponding to one or more sub-menu item among the plurality of sub-menu items,
    前記生成された画面内に、前記起動された処理プログラムに対応する項目を含む起動メニュー領域を、前記第1の方向または前記第2の方向に沿って配置させ、その起動された処理プログラムに基づく操作領域を示すウィンドウを表示する ウィンドウ制御方法。 On the generated screen, the start menu area including an item corresponding to the activated processing program, is disposed along the first direction or the second direction, based on the invoked program window control method for displaying a window that shows the operation area.
  15. 画面上の横および縦方向のうちいずれか一方である第1の方向に複数のメインメニュー項目を配列させたメインメニュー領域と、前記複数のメインメニュー項目のうち少なくとも1つのメインメニュー項目の下位のメニューである複数のサブメニュー項目を、前記画面上の横および縦方向のうち、前記第1の方向と異なる第2の方向に配列させたサブメニュー領域とを含む画面を生成するステップと、 A main menu area obtained by arranging a plurality of main menu items in the first direction is either one of horizontal and vertical direction on the screen, the lower of the at least one main menu item of the plurality of main menu items a step plurality of sub-menu items, among the horizontal and vertical direction on the screen, which generates a screen including a sub-menu region are arranged in a second direction different from the first direction is a menu,
    前記複数のサブメニュー項目のうち1以上のサブメニュー項目に対応する1以上の処理プログラムを起動するステップと 前記生成された画面内に、前記起動された処理プログラムに対応する項目を含む起動メニュー領域を、前記第1の方向または前記第2の方向に沿って配置させ、その起動された処理プログラムに基づく操作領域を示すウィンドウを表示するステップと をコンピュータに実行させるプログラム。 Said plurality of sub-menus of one or more sub-menus corresponding one or more processing steps and the generated screen to start the program item of the items, start menu area including an item corresponding to the activated processing program the said first direction or is disposed along the second direction, the program for executing the steps on a computer that displays a window showing the operation area based on the invoked program.
JP2013226774A 2013-10-31 2013-10-31 Window control device, window control system, window control method, and program therefor Pending JP2015088010A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013226774A JP2015088010A (en) 2013-10-31 2013-10-31 Window control device, window control system, window control method, and program therefor

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013226774A JP2015088010A (en) 2013-10-31 2013-10-31 Window control device, window control system, window control method, and program therefor

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2015088010A true true JP2015088010A (en) 2015-05-07

Family

ID=53050722

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2013226774A Pending JP2015088010A (en) 2013-10-31 2013-10-31 Window control device, window control system, window control method, and program therefor

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2015088010A (en)

Citations (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS63191221A (en) * 1987-02-04 1988-08-08 Hitachi Ltd Dividing system for display picture of computer system
JPH0784744A (en) * 1993-08-30 1995-03-31 Hewlett Packard Co <Hp> Window interface device and its method
JPH11282600A (en) * 1998-03-30 1999-10-15 Sanyo Electric Co Ltd Multi-window display device and storage medium
JP2000287388A (en) * 1999-03-31 2000-10-13 Hitachi Ltd Graphic user interface
JP2001042989A (en) * 1999-07-27 2001-02-16 Fujitsu Ltd Window controller and recording medium
JP2002175141A (en) * 2000-12-08 2002-06-21 Hitachi Ltd Integrally displaying and processing method for a plurality of informations
JP2007041641A (en) * 2005-07-29 2007-02-15 Sony Corp Personal digital assistant, menu display method, and program
JP2010123134A (en) * 1993-11-19 2010-06-03 Rose Blush Software Llc Method and apparatus for synchronizing, displaying and manipulating text and image documents
JP2013218520A (en) * 2012-04-09 2013-10-24 Kyocera Document Solutions Inc Display input device, and image forming apparatus including the same

Patent Citations (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS63191221A (en) * 1987-02-04 1988-08-08 Hitachi Ltd Dividing system for display picture of computer system
JPH0784744A (en) * 1993-08-30 1995-03-31 Hewlett Packard Co <Hp> Window interface device and its method
JP2010123134A (en) * 1993-11-19 2010-06-03 Rose Blush Software Llc Method and apparatus for synchronizing, displaying and manipulating text and image documents
JPH11282600A (en) * 1998-03-30 1999-10-15 Sanyo Electric Co Ltd Multi-window display device and storage medium
JP2000287388A (en) * 1999-03-31 2000-10-13 Hitachi Ltd Graphic user interface
JP2001042989A (en) * 1999-07-27 2001-02-16 Fujitsu Ltd Window controller and recording medium
JP2002175141A (en) * 2000-12-08 2002-06-21 Hitachi Ltd Integrally displaying and processing method for a plurality of informations
JP2007041641A (en) * 2005-07-29 2007-02-15 Sony Corp Personal digital assistant, menu display method, and program
JP2013218520A (en) * 2012-04-09 2013-10-24 Kyocera Document Solutions Inc Display input device, and image forming apparatus including the same

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20070219842A1 (en) System and method for assigning and scheduling activities
US20070192726A1 (en) Apparatus and method for managing layout of a window
US8356258B2 (en) Arranging display areas utilizing enhanced window states
US20070150810A1 (en) Virtual desktop
US20030222915A1 (en) Data processor controlled display system with drag and drop movement of displayed items from source to destination screen positions and interactive modification of dragged items during the movement
US20070250788A1 (en) Optimal Display of Multiple Windows within a Computer Display
US20050172239A1 (en) Modeless interaction with GUI widget applications
US20080040682A1 (en) Method and system for grouping and stacking tab user interface objects with icon status indicators
US20080163104A1 (en) Multiple window handler on display screen
US8151204B2 (en) Document viewing and management system
US20140028682A1 (en) Display Controller, Display Control Method And Computer-Readable Medium
US20140013234A1 (en) User interface virtualization of context menus
US20070180401A1 (en) Methods, systems, and computer program products for displaying windows on a graphical user interface based on relative priorities associated with the windows
US20090158166A1 (en) Method, system, and computer program product for automatic rearrangement of modules based on user interaction
US20090287996A1 (en) Image layout device, recording medium, and image layout method
US20110078625A1 (en) Graphical user interface window attachment
US7107519B1 (en) Spreadsheet-based user interface creation
US20140149947A1 (en) Multi-touch interface for visual analytics
CN101390081A (en) System and method for selecting a tab within a tabbed browser
US7716600B2 (en) Interface
US20070143702A1 (en) Method, Computer Program, and System Improving the Graphical User Interface of a Desktop
US20140157163A1 (en) Split-screen user interface
US20100223566A1 (en) Method and system for enabling interaction with a plurality of applications using a single user interface
US7340716B1 (en) User interface substitution
US8051382B1 (en) Displaying rating indications for drop targets in response to user dragging of mobile icon

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20160819

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20170412

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20170418

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20170529

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20170725