JP2015072079A - 熱交換器の端板の形成方法及びその方法で形成された端板を備えた熱交換器 - Google Patents

熱交換器の端板の形成方法及びその方法で形成された端板を備えた熱交換器 Download PDF

Info

Publication number
JP2015072079A
JP2015072079A JP2013207621A JP2013207621A JP2015072079A JP 2015072079 A JP2015072079 A JP 2015072079A JP 2013207621 A JP2013207621 A JP 2013207621A JP 2013207621 A JP2013207621 A JP 2013207621A JP 2015072079 A JP2015072079 A JP 2015072079A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
plate
convex
groove
mold
heat exchanger
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2013207621A
Other languages
English (en)
Inventor
優一郎 中村
Yuichiro Nakamura
優一郎 中村
Original Assignee
サンデン株式会社
Sanden Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by サンデン株式会社, Sanden Corp filed Critical サンデン株式会社
Priority to JP2013207621A priority Critical patent/JP2015072079A/ja
Publication of JP2015072079A publication Critical patent/JP2015072079A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21DWORKING OR PROCESSING OF SHEET METAL OR METAL TUBES, RODS OR PROFILES WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21D53/00Making other particular articles
    • B21D53/02Making other particular articles heat exchangers or parts thereof, e.g. radiators, condensers fins, headers
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21DWORKING OR PROCESSING OF SHEET METAL OR METAL TUBES, RODS OR PROFILES WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21D11/00Bending not restricted to forms of material mentioned in only one of groups B21D5/00, B21D7/00, B21D9/00; Bending not provided for in groups B21D5/00 - B21D9/00; Twisting
    • B21D11/08Bending by altering the thickness of part of the cross-section of the work
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21DWORKING OR PROCESSING OF SHEET METAL OR METAL TUBES, RODS OR PROFILES WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21D5/00Bending sheet metal along straight lines, e.g. to form simple curves
    • B21D5/01Bending sheet metal along straight lines, e.g. to form simple curves between rams and anvils or abutments
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21DWORKING OR PROCESSING OF SHEET METAL OR METAL TUBES, RODS OR PROFILES WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21D5/00Bending sheet metal along straight lines, e.g. to form simple curves
    • B21D5/06Bending sheet metal along straight lines, e.g. to form simple curves by drawing procedure making use of dies or forming-rollers, e.g. making profiles
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21JFORGING; HAMMERING; PRESSING METAL; RIVETING; FORGE FURNACES
    • B21J5/00Methods for forging, hammering, or pressing; Special equipment or accessories therefor
    • B21J5/06Methods for forging, hammering, or pressing; Special equipment or accessories therefor for performing particular operations
    • B21J5/08Upsetting
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21KMAKING FORGED OR PRESSED METAL PRODUCTS, e.g. HORSE-SHOES, RIVETS, BOLTS OR WHEELS
    • B21K23/00Making other articles
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F28HEAT EXCHANGE IN GENERAL
    • F28FDETAILS OF HEAT-EXCHANGE AND HEAT-TRANSFER APPARATUS, OF GENERAL APPLICATION
    • F28F9/00Casings; Header boxes; Auxiliary supports for elements; Auxiliary members within casings
    • F28F9/001Casings in the form of plate-like arrangements; Frames enclosing a heat exchange core
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F28HEAT EXCHANGE IN GENERAL
    • F28FDETAILS OF HEAT-EXCHANGE AND HEAT-TRANSFER APPARATUS, OF GENERAL APPLICATION
    • F28F9/00Casings; Header boxes; Auxiliary supports for elements; Auxiliary members within casings
    • F28F9/001Casings in the form of plate-like arrangements; Frames enclosing a heat exchange core
    • F28F9/002Casings in the form of plate-like arrangements; Frames enclosing a heat exchange core with fastening means for other structures
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F28HEAT EXCHANGE IN GENERAL
    • F28DHEAT-EXCHANGE APPARATUS, NOT PROVIDED FOR IN ANOTHER SUBCLASS, IN WHICH THE HEAT-EXCHANGE MEDIA DO NOT COME INTO DIRECT CONTACT
    • F28D1/00Heat-exchange apparatus having stationary conduit assemblies for one heat-exchange medium only, the media being in contact with different sides of the conduit wall, in which the other heat-exchange medium is a large body of fluid, e.g. domestic or motor car radiators
    • F28D1/02Heat-exchange apparatus having stationary conduit assemblies for one heat-exchange medium only, the media being in contact with different sides of the conduit wall, in which the other heat-exchange medium is a large body of fluid, e.g. domestic or motor car radiators with heat-exchange conduits immersed in the body of fluid
    • F28D1/04Heat-exchange apparatus having stationary conduit assemblies for one heat-exchange medium only, the media being in contact with different sides of the conduit wall, in which the other heat-exchange medium is a large body of fluid, e.g. domestic or motor car radiators with heat-exchange conduits immersed in the body of fluid with tubular conduits
    • F28D1/053Heat-exchange apparatus having stationary conduit assemblies for one heat-exchange medium only, the media being in contact with different sides of the conduit wall, in which the other heat-exchange medium is a large body of fluid, e.g. domestic or motor car radiators with heat-exchange conduits immersed in the body of fluid with tubular conduits the conduits being straight
    • F28D1/0535Heat-exchange apparatus having stationary conduit assemblies for one heat-exchange medium only, the media being in contact with different sides of the conduit wall, in which the other heat-exchange medium is a large body of fluid, e.g. domestic or motor car radiators with heat-exchange conduits immersed in the body of fluid with tubular conduits the conduits being straight the conduits having a non-circular cross-section
    • F28D1/05366Assemblies of conduits connected to common headers, e.g. core type radiators
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F28HEAT EXCHANGE IN GENERAL
    • F28DHEAT-EXCHANGE APPARATUS, NOT PROVIDED FOR IN ANOTHER SUBCLASS, IN WHICH THE HEAT-EXCHANGE MEDIA DO NOT COME INTO DIRECT CONTACT
    • F28D21/00Heat-exchange apparatus not covered by any of the groups F28D1/00 - F28D20/00
    • F28D2021/0019Other heat exchangers for particular applications; Heat exchange systems not otherwise provided for
    • F28D2021/0068Other heat exchangers for particular applications; Heat exchange systems not otherwise provided for for refrigerant cycles
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F28HEAT EXCHANGE IN GENERAL
    • F28DHEAT-EXCHANGE APPARATUS, NOT PROVIDED FOR IN ANOTHER SUBCLASS, IN WHICH THE HEAT-EXCHANGE MEDIA DO NOT COME INTO DIRECT CONTACT
    • F28D21/00Heat-exchange apparatus not covered by any of the groups F28D1/00 - F28D20/00
    • F28D2021/0019Other heat exchangers for particular applications; Heat exchange systems not otherwise provided for
    • F28D2021/008Other heat exchangers for particular applications; Heat exchange systems not otherwise provided for for vehicles
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F28HEAT EXCHANGE IN GENERAL
    • F28DHEAT-EXCHANGE APPARATUS, NOT PROVIDED FOR IN ANOTHER SUBCLASS, IN WHICH THE HEAT-EXCHANGE MEDIA DO NOT COME INTO DIRECT CONTACT
    • F28D21/00Heat-exchange apparatus not covered by any of the groups F28D1/00 - F28D20/00
    • F28D2021/0019Other heat exchangers for particular applications; Heat exchange systems not otherwise provided for
    • F28D2021/008Other heat exchangers for particular applications; Heat exchange systems not otherwise provided for for vehicles
    • F28D2021/0084Condensers
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F28HEAT EXCHANGE IN GENERAL
    • F28FDETAILS OF HEAT-EXCHANGE AND HEAT-TRANSFER APPARATUS, OF GENERAL APPLICATION
    • F28F2275/00Fastening; Joining
    • F28F2275/04Fastening; Joining by brazing

Abstract

【課題】隣り合う伝熱フィンと接触する部分の面積を大きくすることによって熱交換器の耐振性等の強度を向上することのできる熱交換器の端板の形成方法及びその方法で形成された端板を備えた熱交換器を提供する。【解決手段】溝底面21aと溝底面21aの幅方向両端部から延びる一対の溝壁面21bとを有する凹金型21と、凹金型21の溝底面21aと対向する凸頂面22aと凹金型21の溝壁面21bと対向する凸壁面22bとを有し、凸頂面22aの幅方向両側に沿って突起部22cが設けられた凸金型22と、の間で金属板15?を挟み込むことによって端板15を形成している。【選択図】図6

Description

本発明は、例えば、車両用空気調和装置に用いられる冷凍回路に設けられる熱交換器の端板の形成方法及びその方法で形成された端板を備えた熱交換器に関するものである。
従来、この種の熱交換器としては、互いに間隔をおいて平行に延びる一対のヘッダと、両端部がそれぞれ各ヘッダに接続され、ヘッダの延びる方向に互いに間隔をおいて配置された複数の熱交換チューブと、隣り合う熱交換チューブとの間及びヘッダの延びる方向の両外側に位置する熱交換チューブの外側に設けられた伝熱フィンと、ヘッダの延びる方向の両外側に位置する伝熱フィンの外側に設けられ、伝熱フィンと接する基部と基部の幅方向両側からヘッダの延びる方向の外側に向かって延びる延出部とを有する端板と、を備えたものが知られている(例えば、特許文献1参照)。
この熱交換器の端板は、板状部材を、溝底面と溝底面の幅方向両端部から延びる一対の溝壁面とを有する凹金型と、凹金型の溝底面と対向する凸頂面と溝壁面と対向する凸壁面を有する凸金型と、の間で挟み込んで屈曲するプレス加工によって形成されている。
特開2003−94135号公報
前記凹金型及び凸金型によって形成される端板は、基部と延出部との間で屈曲される部分の曲率半径が大きく、伝熱フィンに対向する面の平坦な部分の幅方向寸法が伝熱フィンの幅方向寸法よりも小さくなる。前記凹金型及び凸金型によって形成される端板は、隣り合う伝熱フィンとロウ付けによって接続されるが、伝熱フィンと接触する部分の面積が小さく、熱交換器全体の耐振性等の強度が不足するおそれがある。
本発明の目的とするところは、隣り合う伝熱フィンと接触する部分の面積を大きくすることによって熱交換器の耐振性等の強度を向上することのできる熱交換器の端板の形成方法及びその方法で形成された端板を備えた熱交換器を提供することにある。
本発明は、前記目的を達成するために、互いに間隔をおいて平行に延びる一対のヘッダと、両端部がそれぞれ各ヘッダに接続され、ヘッダの延びる方向に互いに間隔をおいて配置された複数の熱交換チューブと、隣り合う熱交換チューブとの間及びヘッダの延びる方向の両外側に位置する熱交換チューブの外側に設けられた伝熱フィンと、ヘッダの延びる方向の両外側に位置する伝熱フィンの外側に設けられ、伝熱フィンと接する基部と基部の幅方向両側からヘッダの延びる方向の外側に向かって延びる延出部とを有する端板と、を備えた熱交換器の端板の形成方法であって、溝底面と溝底面の幅方向両端部から延びる一対の溝壁面とを有する凹金型と、凹金型の溝底面と対向する凸頂面と凹金型の溝壁面と対向する凸壁面とを有し、凸頂面の幅方向両側に沿って突起部が設けられた凸金型と、の間で板状部材を挟み込むことによって端板を形成する。
これにより、板状部材を凹金型と凸金型との間で屈曲する際に、凸金型の突起部によって板状部材の基部の幅方向両側の部分が凹金型側に押し出されることから、端板の基部と延出部との間の屈曲部分の曲率半径が小さくなり、基部の伝熱フィンと接触する部分の幅方向の寸法が大きくなる。
また、本発明は、前記目的を達成するために、互いに間隔をおいて平行に延びる一対のヘッダと、両端部がそれぞれ各ヘッダに接続され、ヘッダの延びる方向に互いに間隔をおいて配置された複数の熱交換チューブと、隣り合う熱交換チューブとの間及びヘッダの延びる方向の両外側に位置する熱交換チューブの外側に設けられた伝熱フィンと、ヘッダの延びる方向の両外側に位置する伝熱フィンの外側に設けられ、伝熱フィンと接する基部と基部の幅方向両側からヘッダの延びる方向の外側に向かって延びる延出部とを有する端板と、を備えた熱交換器の端板の形成方法であって、溝底面と溝底面の幅方向両端部から延びる一対の溝壁面とを有する凹金型と、凹金型の溝底面と対向する凸頂面と凹金型の溝壁面と対向する凸壁面とを有する第1凸金型と、の間で板状部材を挟み込むことによって屈曲し、凹金型と、凹金型の溝底面と対向する凸頂面と凹金型の溝壁面と対向する凸壁面と凸壁面の凸頂面側の端部から所定距離をおいて幅方向外側に延びると共に凹金型の溝底面に対向する凸基面とを有する第2凸金型と、の間で、凹金型と第1凸金型との間で屈曲した板状部材の幅方向両側の端面に凸基面を当接させた状態で挟み込むことによって端板を形成する。
これにより、凹金型と第1凸金型との間で屈曲した板状部材を凹金型と第2凸金型との間で挟み込む際に、第2凸金型の凸基面によって延出部に相当する部分が凹金型側に押圧されることから、端板の基部と延出部との間の屈曲部分の曲率半径が小さくなり、基部の伝熱フィンと接触する部分の幅方向の寸法が大きくなる。
また、本発明は、前記目的を達成するために、互いに間隔をおいて平行に延びる一対のヘッダと、両端部がそれぞれ各ヘッダに接続され、ヘッダの延びる方向に互いに間隔をおいて配置された複数の熱交換チューブと、隣り合う熱交換チューブとの間及びヘッダの延びる方向の両外側に位置する熱交換チューブの外側に設けられた伝熱フィンと、ヘッダの延びる方向の両外側に位置する伝熱フィンの外側に設けられ、伝熱フィンと接する基部と基部の幅方向両側からヘッダの延びる方向の外側に向かって延びる延出部とを有する端板と、を備えた熱交換器の端板の形成方法であって、溝底面と溝底面の幅方向両端部から延びる一対の溝壁面とを有する凹金型と、凹金型の溝底面と対向する凸頂面と凹金型の溝壁面と対向する凸壁面とを有する凸金型と、の間で幅方向一対の溝を形成した板状部材を挟み込むことによって端板を形成する。
これにより、板状部材を凹金型と凸金型との間で屈曲する際に、板状部材に設けられた各溝部分が折れ曲がることから、端板の基部と延出部との間の屈曲部分の曲率半径が小さくなり、基部の伝熱フィンと接触する部分の幅方向の寸法が大きくなる。
本発明によれば、端板の基部と延出部との間の屈曲部分の曲率半径を小さくし、基部の伝熱フィンと接触する部分の幅方向の寸法を大きくすることが可能となるので、伝熱フィンと端板とをロウ付けによって接続される部分の面積が大きくなり、熱交換器の剛性や耐振性等の強度を向上させることが可能となる。
本発明の第1実施形態を示す冷媒回路の概略図である。 熱交換器の正面図である。 端板の斜視図である。 端板の断面図である。 端板の形成方法を示す金型及び端板の断面図である。 端板の形成方法を示す金型及び端板の断面図である。 本発明の第2実施形態を示す金型の断面図である。 本発明の第3実施形態を示す端板の形成方法を示す金型及び端板の断面図である。 端板の形成方法を示す金型及び端板の断面図である。 端板の形成方法を示す金型及び端板の断面図である。 端板の形成方法を示す金型及び端板の断面図である。 端板の形成方法を示す金型及び端板の断面図である。 本発明の第4実施形態を示す端板の形成方法を示す金型及び端板の断面図である。 端板の形成方法を示す金型及び端板の断面図である。
図1乃至図6は、本発明の第1実施形態を示すものである。
本発明の端板を備えた熱交換器は、車両用空気調和装置等の冷凍回路に適用されるものである。この車両用空気調和装置は、図1に示すように、車室A外に設けられた熱交換器としての室外熱交換器10が接続された冷媒回路1を備えている。冷媒回路1には、室外熱交換器10の他に、冷媒を圧縮するための圧縮機2と、車室A内に設けられた室内熱交換器3と、冷媒を減圧するための膨張弁4と、が接続されている。
冷媒回路1は、室外熱交換器10において冷媒を放熱させるとともに、室内熱交換器3において冷媒を吸熱させることにより車室A内の冷房を行っている。
室外熱交換器10は、図2に示すように、それぞれ上下方向に延びるとともに、互いに間隔をおいて設けられた幅方向一対のヘッダ11と、一端が一方のヘッダ11に接続され、他端が他方のヘッダ11に接続された上下方向複数の熱交換チューブ12と、ヘッダ11に接続された受液器13と、各熱交換チューブ12の間及び上下方向両側に位置する熱交換チューブ12の外側に設けられた複数の伝熱フィン14と、上下方向の両外側に位置する伝熱フィン14の外側に設けられた一対の端板15と、各端板15の長手方向両側に設けられたブラケット16と、を備えている。
各ヘッダ11は、例えばアルミニウム等の金属からなる中空円筒状に形成された部材である。各ヘッダ11の外周部には、各熱交換チューブ12の端部が接続されている。
一方のヘッダ11には、圧縮機2から吐出された冷媒をヘッダ11内に流入させるための冷媒流入口11aと、ヘッダ11内の冷媒を室内熱交換器3に向かって流出させるための冷媒流出口11bと、が設けられている。
他方のヘッダ11には、ヘッダ11内の冷媒を受液器13に流入させるための冷媒流出路11cと、受液器13を通過した冷媒をヘッダ11内に流入させるための冷媒流入路11dと、が設けられている。
また、各ヘッダ11には、内部を上下方向に仕切る複数の仕切部11eが設けられ、仕切部11eによって各熱交換チューブ12における冷媒の流れ方向が決められる。図2においては、冷媒流入口11aから一方のヘッダ11内に流入した冷媒は、熱交換チューブ12aを流通して他方のヘッダ11内に流入する。また、熱交換チューブ12aを介して他方のヘッダ11内に流入した冷媒は、熱交換チューブ12bを流通して一方のヘッダ11内に流入する。熱交換チューブ12bを介して一方のヘッダ11内に流入した冷媒は、熱交換チューブ12cを流通して他方のヘッダ11内に流入し、冷媒流出路11cを介して受液器13に流入する。受液器13に流入した冷媒は、冷媒流入路11dを介して他方のヘッダ11内に流入し、熱交換チューブ12dを流通して一方のヘッダ11内に流入し、冷媒流出口11bから室内熱交換器3に向かって流出する。
各熱交換チューブ12は、例えばアルミニウム等の金属を押出成形することによって、平板状に形成された中空扁平状の管状部材である。各熱交換チューブ12は、流路断面の長手方向(幅方向)が冷媒と熱交換する空気の流通方向に向くように配置される。また、各熱交換チューブ12は、内部を流路断面の長手方向(幅方向)に仕切ることによって、冷媒が流通する流体流路としての冷媒流路が流路断面の長手方向(幅方向)に複数形成されている。
受液器13は、アルミニウム等の金属製の部材からなり、両端が閉鎖された円筒状に形成されている。受液器13は、ヘッダ11と同一方向である上下方向に中心軸が延びるように配置され、他方のヘッダ11に冷媒流出路11c及び冷媒流入路11dを介して接続されている。受液器13は、内部にドライヤ及びフィルタが収容されており、受液器13に流入した冷媒中の水分がドライヤによって除去されるとともに、流入した冷媒中の塵埃等の異物がフィルタによって捕捉される。
伝熱フィン14は、例えばアルミニウム等の金属板を波形状に形成した部材からなり、ロウ付けによって熱交換チューブ12や端板15に取り付けられている。
端板15は、例えば、ロウ材層を有するアルミニウム等の金属板15´をプレス加工することによって形成される。端板15は、図3及び図4に示すように、長手方向に沿って延びる基部15aと、長手方向両端側を除く基部15aの短手方向両側から略直角をなして延びる延出部15bと、を有している。端板15は、例えば、板厚Tが1.5mmの金属板15´をプレス加工することで、幅方向の寸法W1が12mmに形成され、基部15aの伝熱フィン14側の面の平坦な部分の幅方向寸法W2が9.5mmに形成され、基部15aと延出部15bとの間の屈曲部分の曲率半径Rが2mmに形成される。端板15は、長手方向両端部がそれぞれ各ヘッダ11に接続され、ロウ付けによってヘッダ11に固定される。また、端板15は、ロウ付けによって基部15aに対して伝熱フィン14が接続される。
ブラケット16は、端板15の壁部15b間に溶接、リベット、カシメ等によって取り付けられ、ロウ付けによって端板15に固定される。ブラケット16は、ボルト及びナット等の締結部材によって例えば車室A外のエンジンルーム内の部材に固定される。室外熱交換器10は、ブラケット16を介してエンジンルーム内に取り付けられる。
以上のように構成された熱交換器を備えた冷媒回路1において、圧縮機2を駆動させると、圧縮機2から吐出された冷媒は、室外熱交換器10において放熱した後、膨張弁4を介して減圧され、室内熱交換器3において吸熱した後、圧縮機2に吸入される。
ここで、端板15の形成方法について図5及び図6を用いて説明する。端板15は、平板状の金属板15´を凹形状の凹金型21と凸形状の凸金型22でプレスすることによって形成される。
凹金型21は、溝状に形成されており、平面状の溝底面21aと溝底面21aの幅方向両端部から垂直に延びる溝壁面21bとを有している。
凸金型22は、突条であり、溝底面21aに対向する凸頂面22aと溝壁面21bに対向する凸壁面22bとを有している。凸頂面22aには、幅方向両端部のそれぞれに沿って延びるように突起部22cが設けられている。突起部22cは、例えば、幅方向の寸法W3が0.5mmに形成され、高さ寸法Hが0.3mmに形成された断面矩形状に形成されている。
平板状の金属板15´は、凹金型21と凸金型22によってプレスすると、屈曲されて基部15a及び一対の延出部15bが形成されて端板15となる。金属板15´を凹金型21と凸金型22によってプレスする際に、凸金型22の突起部22cは、図6に示すように、基部15aの幅方向両端部に当接してその部分を凹金型21側に押し出す。このため、端板15の凹金型21側の基部15aと延出部15bとの間で屈曲される部分の曲率半径は、突起部22cを有しない金型でプレスする場合よりも小さくなる。また、基部15aの凹金型21側の平坦面の幅方向寸法は、突起部22cを有しない金型でプレスする場合よりも大きくなる。
このように、本実施形態の熱交換器の端板の形成方法によれば、溝底面21aと溝底面21aの幅方向両端部から延びる一対の溝壁面21bとを有する凹金型21と、凹金型21の溝底面21aと対向する凸頂面22aと凹金型21の溝壁面21bと対向する凸壁面22bとを有し、凸頂面22aの幅方向両側に沿って突起部22cが設けられた凸金型22と、との間で金属板15´を挟み込むことによって端板15を形成している。
これにより、端板15の基部15aと延出部15bとの間の屈曲部分の曲率半径を小さくし、基部15aの伝熱フィン14と接触する平面の幅方向の寸法W2を大きくすることが可能となるので、伝熱フィン14と端板15とのロウ付けによって接続される部分の面積が大きくなり、室外熱交換器10の剛性や耐振性等の強度を向上させることが可能となる。
また、端板15は、ロウ材層を有する板状部材によって形成されている。
これにより、プレス加工時に凸金型22の突起部22cによって形成された溝を、ロウ付け時に溶融したロウ材によって覆うことができるので、プレス加工時に突起部22cによって形成された溝を原因とする端板15の強度の低下を生じさせることはない。
図7は、本発明の第2実施形態を示すものである。尚、前記実施形態と同様の構成部分には、同一の符号を付して示す。
本実施形態の凸金型22の凸頂面22aには、幅方向両端部のそれぞれに沿って延びるように突起部22dが設けられている。突起部22dは、例えば、幅方向の寸法W3が0.5mmに形成され、高さ寸法Hが0.3mmに形成された頂点が凸壁面22bと面一または幅方向内側に位置する断面三角形状に形成されている。
以上のように構成された凹金型21及び凸金型22によって平板状の金属板15´をプレスすると、前記実施形態と同様に、端板15の凹金型21側の基部15aと延出部15bとの間で屈曲される部分の曲率半径は、突起部22dを有しない金型でプレスする場合よりも小さくなる。また、基部15aの凹金型21側の平坦面の幅方向寸法は、突起部22dを有しない金型でプレスする場合よりも大きくなる。
このように本実施形態の熱交換器の端板の形成方法によれば、前記実施形態と同様に、端板15の基部15aと延出部15bとの間の屈曲部分の曲率半径を小さくし、基部15aの伝熱フィン14と接触する平面の幅方向の寸法W2を大きくすることが可能となるので、伝熱フィン14と端板15とのロウ付けによって接続される部分の面積が大きくなり、室外熱交換器10の剛性や耐振性等の強度を向上させることが可能となる。
図8乃至図12は、本発明の第3実施形態を示すものである。尚、前記実施形態と同様の構成部分には同一の符号を付して示す。
本実施形態の端板15は、平板状の金属板15´を、凹金型21と凸形状の第1凸金型23との間でプレスし、凹金型21と第1凸金型23との間でプレスされた板状部材を、凹金型21と第1凸金型23と形状の異なる第2凸金型24との間でプレスすることによって形成される。
第1凸金型23は、突条であり、溝底面21aに対向する凸頂面23aと、溝壁面21bに対向する凸壁面23bとを有している。
第2凸金型24は、突条であり、溝底面21aに対向する凸頂面24aと、溝壁面21bの溝底面21a側に対向する凸壁面24bと、凸壁面24bの凸頂面24a側の端部から所定距離をおいて幅方向外側に延びると共に溝底面21aに対向する凸基面24cと、を有している。
平板状の金属板15´は、凹金型21と第1凸金型23によってプレスすると、図9に示すように、幅方向両側が屈曲されて断面コ字状に形成される。また、凹金型21と第1凸金型23によって形成された断面コ字状の金属板15´は、凹金型21と第2凸金型24によってプレスすると、基部15a及び一対の延出部15bが形成されて端板15となる。凹金型21と第2凸金型24によってプレスする際に、第2凸金型24の凸基面24cは、断面コ字状の金属板15´の幅方向両端の端面に当接し、図11に示すように、延出部15bとなる部分が凹金型21側に向かって押圧される。このため、端板15の凹金型21側の基部15aと延出部15bとの間で屈曲される部分の曲率半径は、凹金型21と第2凸金型24でプレスする前よりも小さくなる。また、基部15aの凹金型21側の平坦面の幅方向寸法は、凹金型21と第2凸金型24でプレスする前よりも大きくなる。
このように、本実施形態の熱交換器の端板の形成方法によれば、溝底面21aと溝底面21aの幅方向両端部から延びる一対の溝壁面21bとを有する凹金型21と、凹金型21の溝底面21aに対向する凸頂面23aと溝壁面21bに対向する凸壁面23bとを有する第1凸金型23と、の間で金属板15´を挟み込むことによって屈曲し、凹金型21と、溝底面21aに対向する凸頂面24aと、溝壁面21bの溝底面21a側に対向する凸壁面24bと、凸壁面24bの凸頂面24a側の端部から所定距離をおいて幅方向外側に延びると共に溝底面21aに対向する凸基面24cと、を有する第2凸金型24と、の間で、凹金型21と第1凸金型23との間で屈曲した金属板15´の幅方向両側の端面に凸基面24cを当接させた状態で挟み込むことによって端板15を形成している。
これにより、端板15の基部15aと延出部15bとの間の屈曲部分の曲率半径を小さくし、基部15aの伝熱フィン14と接触する平面の幅方向の寸法W2を大きくすることが可能となるので、伝熱フィン14と端板15とのロウ付けによって接続される部分の面積が大きくなり、室外熱交換器10の剛性や耐振性等の強度を向上させることが可能となる。
図13及び図14は、本発明の第4実施形態を示すものである。尚、前記実施形態と同様の構成部分には同一の符号を付して示す。
本実施形態の端板15は、平板状の金属板15´に幅方向一対の溝15cをプレス加工、切削等で形成し、溝15cを形成した金属板15´を凹形状の凹金型21と凸形状の凸金型25でプレスすることによって形成される。ここで、金属板15´に形成される幅方向一対の溝15cは、それぞれ端板15の基部15aと延出部15bとの間の屈曲部またはその近傍設けられる。
凹金型21は、溝状に形成されており、平面状の溝底面21aと溝底面21aの幅方向両端部から垂直に延びる溝壁面21bとを有している。
凸金型25は、突条であり、溝底面21aに対向する凸頂面25aと溝壁面21bに対向する凸壁面25bとを有している。
平板状の金属板15´は、凹金型21と凸金型22によってプレスすると、屈曲されて基部15a及び一対の延出部15bが形成されて端板15となる。金属板15´を凹金型21と凸金型22によってプレスする際に、金属板15´は、溝15cの部分で折れ曲がる。このため、端板15の凹金型21側の基部15aと延出部15bとの間で屈曲される部分の曲率半径は、溝15cを有しない金属板15´をプレスする場合よりも小さくなる。また、基部15aの凹金型21側の平坦面の幅方向寸法は、溝15cを有しない金属板15´をプレスする場合よりも大きくなる。
このように、本実施形態の熱交換器の端板の形成方法によれば、溝底面21aと溝底面21aの幅方向両端部から延びる一対の溝壁面21bとを有する凹金型21と、凹金型21の溝底面21aと対向する凸頂面25aと凹金型21の溝壁面21bと対向する凸壁面25bとを有する凸金型25と、の間で幅方向一対の溝15cを形成した金属板15´を挟み込むことによって端板15を形成している。
これにより、端板15の基部15aと延出部15bとの間の屈曲部分の曲率半径を小さくし、基部15aの伝熱フィン14と接触する平面の幅方向の寸法W2を大きくすることが可能となるので、伝熱フィン14と端板15とのロウ付けによって接続される部分の面積が大きくなり、室外熱交換器10の剛性や耐振性等の強度を向上させることが可能となる。
また、端板15は、ロウ材層を有する板状部材によって形成されている。
これにより、プレス加工前に形成された溝15cを、ロウ付け時に溶融したロウ材によって覆うことができるので、プレス加工前に形成された溝15cを原因とする端板15の強度の低下を生じさせることはない。
尚、前記実施形態では、車両用空気調和装置の放熱用の室外熱交換器10の端板15を形成する方法について示したが、これに限られるものではない。本発明は、端板を有する熱交換器であれば、車両用空気調和装置以外の熱交換器に用いることが可能である。また、本発明は、放熱用の熱交換器に限られず、吸熱用の熱交換器や放熱及び吸熱が切り替えられる熱交換器にも用いることが可能である。
10 室外熱交換器、11 ヘッダ、12 熱交換チューブ、14 伝熱フィン、15 端板、15´ 金属板、15a 基部、15b 延出部、15c 溝、21 凹金型、21a 溝底面、21b 溝壁面、22 凸金型、22a 凸頂面、22c 突起部、22d 突起部、23 第1凸金型、24 第2凸金型、24c 凸基面。

Claims (5)

  1. 互いに間隔をおいて平行に延びる一対のヘッダと、両端部がそれぞれ各ヘッダに接続され、ヘッダの延びる方向に互いに間隔をおいて配置された複数の熱交換チューブと、隣り合う熱交換チューブとの間及びヘッダの延びる方向の両外側に位置する熱交換チューブの外側に設けられた伝熱フィンと、ヘッダの延びる方向の両外側に位置する伝熱フィンの外側に設けられ、伝熱フィンと接する基部と基部の幅方向両側からヘッダの延びる方向の外側に向かって延びる延出部とを有する端板と、を備えた熱交換器の端板の形成方法であって、
    溝底面と溝底面の幅方向両端部から延びる一対の溝壁面とを有する凹金型と、凹金型の溝底面と対向する凸頂面と凹金型の溝壁面と対向する凸壁面とを有し、凸頂面の幅方向両側に沿って突起部が設けられた凸金型と、の間で板状部材を挟み込むことによって端板を形成する
    ことを特徴とする熱交換器の端板の形成方法。
  2. 互いに間隔をおいて平行に延びる一対のヘッダと、両端部がそれぞれ各ヘッダに接続され、ヘッダの延びる方向に互いに間隔をおいて配置された複数の熱交換チューブと、隣り合う熱交換チューブとの間及びヘッダの延びる方向の両外側に位置する熱交換チューブの外側に設けられた伝熱フィンと、ヘッダの延びる方向の両外側に位置する伝熱フィンの外側に設けられ、伝熱フィンと接する基部と基部の幅方向両側からヘッダの延びる方向の外側に向かって延びる延出部とを有する端板と、を備えた熱交換器の端板の形成方法であって、
    溝底面と溝底面の幅方向両端部から延びる一対の溝壁面とを有する凹金型と、凹金型の溝底面と対向する凸頂面と凹金型の溝壁面と対向する凸壁面とを有する第1凸金型と、の間で板状部材を挟み込むことによって屈曲し、
    凹金型と、凹金型の溝底面と対向する凸頂面と凹金型の溝壁面と対向する凸壁面と凸壁面の凸頂面側の端部から所定距離をおいて幅方向外側に延びると共に凹金型の溝底面に対向する凸基面とを有する第2凸金型と、の間で、凹金型と第1凸金型との間で屈曲した板状部材の幅方向両側の端面に凸基面を当接させた状態で挟み込むことによって端板を形成する
    ことを特徴とする熱交換器の端板の形成方法。
  3. 互いに間隔をおいて平行に延びる一対のヘッダと、両端部がそれぞれ各ヘッダに接続され、ヘッダの延びる方向に互いに間隔をおいて配置された複数の熱交換チューブと、隣り合う熱交換チューブとの間及びヘッダの延びる方向の両外側に位置する熱交換チューブの外側に設けられた伝熱フィンと、ヘッダの延びる方向の両外側に位置する伝熱フィンの外側に設けられ、伝熱フィンと接する基部と基部の幅方向両側からヘッダの延びる方向の外側に向かって延びる延出部とを有する端板と、を備えた熱交換器の端板の形成方法であって、
    溝底面と溝底面の幅方向両端部から延びる一対の溝壁面とを有する凹金型と、凹金型の溝底面と対向する凸頂面と凹金型の溝壁面と対向する凸壁面とを有する凸金型と、の間で幅方向一対の溝を形成した板状部材を挟み込むことによって端板を形成する
    ことを特徴とする熱交換器の端板の形成方法。
  4. ロウ材層を有する板状部材によって端板を形成する
    ことを特徴とする請求項1乃至3のいずれかに記載の熱交換器の端板の形成方法。
  5. 請求項1乃至請求項4のいずれかに記載の形成方法によって形成された端板を備えた
    ことを特徴とする熱交換器。
JP2013207621A 2013-10-02 2013-10-02 熱交換器の端板の形成方法及びその方法で形成された端板を備えた熱交換器 Pending JP2015072079A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013207621A JP2015072079A (ja) 2013-10-02 2013-10-02 熱交換器の端板の形成方法及びその方法で形成された端板を備えた熱交換器

Applications Claiming Priority (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013207621A JP2015072079A (ja) 2013-10-02 2013-10-02 熱交換器の端板の形成方法及びその方法で形成された端板を備えた熱交換器
US15/026,958 US20160296993A1 (en) 2013-10-02 2014-10-01 Method for forming end plate for heat exchanger and heat exchanger equipped with end plate formed with this method
DE112014004592.6T DE112014004592T5 (de) 2013-10-02 2014-10-01 Verfahren zum Ausbilden einer Endplatte für einen Wärmetauscher und Wärmetauscher, der mit einer durch dieses Verfahren ausgebildeten Endplatte versehen ist
CN201480054757.7A CN105593629A (zh) 2013-10-02 2014-10-01 热交换器的端板的形成方法及具有用此方法形成的端板的热交换器
PCT/JP2014/076255 WO2015050147A1 (ja) 2013-10-02 2014-10-01 熱交換器の端板の形成方法及びその方法で形成された端板を備えた熱交換器

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2015072079A true JP2015072079A (ja) 2015-04-16

Family

ID=52778735

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2013207621A Pending JP2015072079A (ja) 2013-10-02 2013-10-02 熱交換器の端板の形成方法及びその方法で形成された端板を備えた熱交換器

Country Status (5)

Country Link
US (1) US20160296993A1 (ja)
JP (1) JP2015072079A (ja)
CN (1) CN105593629A (ja)
DE (1) DE112014004592T5 (ja)
WO (1) WO2015050147A1 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN106001264A (zh) * 2016-05-31 2016-10-12 东莞昶能镭射金属科技有限公司 一种金属板材弯折件的制造方法、制品及专用弯折模具

Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5414360A (en) * 1977-07-05 1979-02-02 Sanyo Electric Co Ltd Folding method for metallic plate
JPS5691624U (ja) * 1980-06-30 1981-07-21
JPS57209720A (en) * 1981-06-16 1982-12-23 Toyo Meiban Seizo Kk Method for bending work of metallic thin sheet
JPS6112507U (ja) * 1984-06-28 1986-01-24
JPS6123525A (en) * 1984-07-12 1986-02-01 Fujitsu Ltd Bender
JPS6264424A (en) * 1985-09-13 1987-03-23 Mitsubishi Electric Corp U-bending device
JP2013044450A (ja) * 2011-08-22 2013-03-04 Japan Climate Systems Corp 熱交換器
JP2013044449A (ja) * 2011-08-22 2013-03-04 Sanden Corp 熱交換器およびその製造方法

Family Cites Families (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE823282C (de) * 1947-07-28 1952-01-03 Meteoor Nv Betonfabriek Vorrichtung zur Herstellung von Platten mit scharfkantig gebogenen Randteilen
JP4697086B2 (ja) * 2005-12-01 2011-06-08 日産自動車株式会社 屈曲した角部を有する成形部品およびその製造方法並びに製造装置

Patent Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5414360A (en) * 1977-07-05 1979-02-02 Sanyo Electric Co Ltd Folding method for metallic plate
JPS5691624U (ja) * 1980-06-30 1981-07-21
JPS57209720A (en) * 1981-06-16 1982-12-23 Toyo Meiban Seizo Kk Method for bending work of metallic thin sheet
JPS6112507U (ja) * 1984-06-28 1986-01-24
JPS6123525A (en) * 1984-07-12 1986-02-01 Fujitsu Ltd Bender
JPS6264424A (en) * 1985-09-13 1987-03-23 Mitsubishi Electric Corp U-bending device
JP2013044450A (ja) * 2011-08-22 2013-03-04 Japan Climate Systems Corp 熱交換器
JP2013044449A (ja) * 2011-08-22 2013-03-04 Sanden Corp 熱交換器およびその製造方法

Also Published As

Publication number Publication date
US20160296993A1 (en) 2016-10-13
DE112014004592T5 (de) 2016-08-18
WO2015050147A1 (ja) 2015-04-09
CN105593629A (zh) 2016-05-18

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP2447659A2 (en) Heat exchanger and fin for the same
JP2004003787A (ja) 熱交換器
JP2007017132A (ja) 熱交換用チューブおよび熱交換器
JP2013002753A (ja) サーペンタイン型熱交換器
JP5878480B2 (ja) 熱交換器
WO2015050147A1 (ja) 熱交換器の端板の形成方法及びその方法で形成された端板を備えた熱交換器
US10451352B2 (en) Micro-channel heat exchanger
WO2015106726A1 (zh) 集流管组件以及具有该集流管组件的换热器
JP6160385B2 (ja) 積層型熱交換器
JP6088754B2 (ja) 熱交換器
KR101210570B1 (ko) 열교환기
US10969180B2 (en) Air-conditioning unit
KR101679344B1 (ko) 차지 에어 냉각기용 평판 튜브 및 대응 차지 에어 냉각기
JP2008070106A (ja) 空調冷却システムにおける凝縮器および放熱器
CN111380394A (zh) 换热器
EP2713135A1 (en) Heat exchanger
JP6297808B2 (ja) 熱交換器
WO2013187435A1 (ja) 熱交換器
JP2010255918A (ja) 空気熱交換器
KR101693244B1 (ko) 열교환기
JP2941768B1 (ja) 積層型熱交換器
JP2015166657A (ja) 熱交換器
KR20130142294A (ko) 열교환기
JP2017135263A (ja) 熱交換器
US9234708B2 (en) Heat exchanger folded from a single metal sheet and having two separate chambers

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20161003

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20170704

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20180109