JP2015033592A - Game machine - Google Patents

Game machine Download PDF

Info

Publication number
JP2015033592A
JP2015033592A JP2014195948A JP2014195948A JP2015033592A JP 2015033592 A JP2015033592 A JP 2015033592A JP 2014195948 A JP2014195948 A JP 2014195948A JP 2014195948 A JP2014195948 A JP 2014195948A JP 2015033592 A JP2015033592 A JP 2015033592A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
notice effect
special symbol
main control
see
control cpu
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2014195948A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP6026476B2 (en
Inventor
荒巻 政美
Masami Aramaki
政美 荒巻
豪 荒川
Takeshi Arakawa
豪 荒川
Original Assignee
株式会社藤商事
Fujishoji Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社藤商事, Fujishoji Co Ltd filed Critical 株式会社藤商事
Priority to JP2014195948A priority Critical patent/JP6026476B2/en
Publication of JP2015033592A publication Critical patent/JP2015033592A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP6026476B2 publication Critical patent/JP6026476B2/en
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a game machine in which player's expectation of jackpot can be maintained without being impaired even if a notice performance pattern of low reliability appears.SOLUTION: The game machine comprises notice performance execution means in which, in the case where it is determined to generate a special game state, a second notice performance pattern is executed in a higher ratio than a first notice performance pattern in a notice performance display mode stored in a performance control ROM while in the case where it is determined to generate the special game state when iteratively executing the notice performance display mode, the first notice performance pattern is executed in the notice performance display mode and then, for the notice performance pattern to be executed next, the first notice performance pattern is executed in the higher ratio than the second notice performance pattern.

Description

本発明は、パチンコ機、アレンジボール機、雀球遊技機、スロットなどの遊技機に関し、より詳しくは、信頼度の低い予告演出パターンが出現しても、遊技者の大当たりへの期待感を損ねることなく維持することができる遊技機に関する。   The present invention relates to a gaming machine such as a pachinko machine, an arrangement ball machine, a sparrow ball game machine, or a slot, and more particularly, even if a low-reliability notice effect pattern appears, the player's expectation for jackpot is impaired. The present invention relates to a gaming machine that can be maintained without any problems.
従来のパチンコ機等の遊技機として、例えば特許文献1に記載のような遊技機が知られている。この遊技機は、予告演出パターンの違いによって、大当たりへの信頼度の高低を変更することができるというものである。   As a conventional gaming machine such as a pachinko machine, for example, a gaming machine described in Patent Document 1 is known. This gaming machine can change the level of reliability of the jackpot depending on the difference in the notice effect pattern.
特開2004−290456号公報JP 2004-290456 A
しかしながら、このような遊技機は、リーチ演出によって大当たりとなるかならないかの予告演出を行っても、信頼度の低い予告演出パターンが出現した時点で、大当たりとなる可能性は極めて少なく、もって、遊技者が大当たりへの期待感を大きく損ねてしまうという問題があった。   However, even if such a gaming machine performs a notice effect of whether or not it will be a big hit by reach production, when a low-reliability notice effect pattern appears, the possibility of a big hit is very low, There was a problem that the player greatly diminished the expectation for the jackpot.
そこで本発明は、上記問題に鑑み、信頼度の低い予告演出パターンが出現しても、遊技者の大当たりへの期待感を損ねることなく維持することができる遊技機を提供することを目的としている。   Therefore, in view of the above problems, the present invention has an object to provide a gaming machine that can maintain a player's expectation of jackpot even if a low-reliability notice effect pattern appears. .
上記本発明の目的は、以下の手段によって達成される。なお、括弧内は、後述する実施形態の参照符号を付したものであるが、本発明はこれに限定されるものではない。   The object of the present invention is achieved by the following means. In addition, although the code | symbol in a parenthesis attaches the referential mark of embodiment mentioned later, this invention is not limited to this.
請求項1の発明に係る遊技機によれば、遊技者にとって有利な特別遊技状態を発生させる遊技機であって、
前記特別遊技状態を発生させるか否かを遊技者にとって有利な特別遊技状態が発生される以前に決定する事前決定手段(図12のステップS108参照)と、
前記特別遊技状態となる可能性を予告する第1予告演出パターンと第2予告演出パターンを含む複数の予告演出パターンからなる予告演出表示態様を記憶する予告演出表示態様記憶手段(図3の演出制御ROM901参照)と、
前記事前決定手段(図12のステップS108参照)にて前記特別遊技状態を発生させると決定された際、前記予告演出表示態様記憶手段(図3の演出制御ROM901参照)に記憶されている前記予告演出表示態様のうち前記第1予告演出パターンより前記第2予告演出パターンを高い割合で実行する一方で、前記予告演出表示態様記憶手段(図3の演出制御ROM901参照)に記憶されている前記予告演出表示態様を繰り返し実行するにあたって、前記事前決定手段(図12のステップS108参照)にて前記特別遊技状態を発生させると決定された際、当該予告演出表示態様のうち前記第1予告演出パターンを実行した後、次に実行する予告演出パターンを前記第2予告演出パターンより前記第1予告演出パターンを高い割合で実行する予告演出実行手段(図16のステップS210,図19(a)の予告演出振り分けテーブルTBL100,図19(b)の前半予告演出振り分けテーブルTBL110及び後半予告演出振り分けテーブルTBL120参照)とを有してなることを特徴としている。
According to the gaming machine according to the invention of claim 1, a gaming machine that generates a special gaming state advantageous to the player,
Pre-determining means (see step S108 in FIG. 12) for determining whether or not to generate the special gaming state before the special gaming state advantageous to the player is generated;
A notice effect display mode storage means for storing a notice effect display form comprising a plurality of notice effect patterns including a first notice effect pattern and a second notice effect pattern for notifying the possibility of entering the special gaming state (effect control in FIG. 3) ROM901)
When it is determined by the prior determination means (see step S108 in FIG. 12) that the special gaming state is to be generated, the advance notice display mode storage means (see the effect control ROM 901 in FIG. 3) stores the While executing the second notice effect pattern at a higher rate than the first notice effect pattern in the notice effect display form, the notice effect display form storage means (refer to the effect control ROM 901 in FIG. 3) stores the information. When it is determined that the special gaming state is to be generated by the pre-determining means (see step S108 in FIG. 12) in repeatedly executing the notice effect display form, the first notice effect is included in the notice effect display form. After the pattern is executed, the next notice effect pattern to be executed is executed at a higher rate than the second notice effect pattern. Notice effect execution means (see step S210 in FIG. 16, notice effect distribution table TBL100 in FIG. 19A, first half notice effect distribution table TBL110 and second half notice effect distribution table TBL120 in FIG. 19B). It is characterized by becoming.
本発明によれば、信頼度の低い予告演出パターンが出現しても、遊技者の大当たりへの期待感を損ねることなく維持することができる。   According to the present invention, even if a low-reliability notice effect pattern appears, it can be maintained without impairing the player's expectation of jackpot.
本発明の第1実施形態に係る遊技機の外観を示す斜視図である。1 is a perspective view showing an appearance of a gaming machine according to a first embodiment of the present invention. 同実施形態に係る遊技機の遊技盤の正面図である。It is a front view of the game board of the gaming machine according to the embodiment. 同実施形態に係る遊技機の制御装置を示すブロック図である。It is a block diagram which shows the control apparatus of the game machine which concerns on the same embodiment. (a)は図3に示す演出制御ROM内に格納されている予告演出振り分けテーブルを示し、(b)は図3に示す演出制御ROM内に格納されている前半予告演出振り分けテーブル及び後半予告演出振り分けテーブルを示す図である。(A) shows the notice effect distribution table stored in the effect control ROM shown in FIG. 3, and (b) shows the first half notice effect distribution table and the second half notice effect stored in the effect control ROM shown in FIG. It is a figure which shows a distribution table. (a)は図4に示す予告演出振り分けテーブルを用いて予告演出を行った際の前半の予告演出の画面例を示し、(b−1)〜(b−4)は後半の予告演出の画面例を示し、(c−1)〜(c−3)は従来の方法で予告演出を行った際の画面例を示す図である。(A) shows a screen example of the first half of the notice effect when the notice effect is performed using the notice effect distribution table shown in FIG. 4, and (b-1) to (b-4) show the screen of the second half notice effect. An example is shown and (c-1)-(c-3) are figures which show the example of a screen at the time of performing a notice effect by the conventional method. (a)は図4に示す予告演出振り分けテーブルを用いて予告演出を行った際の前半の予告演出の画面例を示し、(b−1)〜(b−3)は後半の予告演出の画面例を示し、(c−1)〜(c−2)はカットイン予告演出を加えた場合の画面例を示す図である。(A) shows an example of the screen of the first half of the notice effect when the notice effect is performed using the notice effect distribution table shown in FIG. 4, and (b-1) to (b-3) show the screen of the second half of the notice effect. An example is shown and (c-1)-(c-2) is a figure which shows the example of a screen at the time of adding cut-in notice effect. 同実施形態に係る主制御のメイン処理を説明するフローチャート図である。It is a flowchart figure explaining the main process of the main control which concerns on the same embodiment. 同実施形態に係る主制御のタイマ割込み処理を説明するフローチャート図である。It is a flowchart explaining the timer interruption process of the main control which concerns on the same embodiment. 図8に示す主制御のタイマ割込み処理の普通図柄処理を説明するフローチャート図である。FIG. 9 is a flowchart for explaining a normal symbol process of the timer interrupt process of the main control shown in FIG. 8. 図8に示す主制御のタイマ割込み処理の特別図柄処理を説明するフローチャート図である。It is a flowchart figure explaining the special symbol process of the timer interruption process of the main control shown in FIG. 図10に示す始動口チェック処理を説明するフローチャート図である。It is a flowchart figure explaining the starting port check process shown in FIG. 図10に示す特別図柄変動開始処理を説明するフローチャート図である。It is a flowchart figure explaining the special symbol change start process shown in FIG. 図10に示す特別図柄変動中処理を説明するフローチャート図である。It is a flowchart figure explaining the special symbol variation process shown in FIG. 図10に示す特別図柄確認時間中処理を説明するフローチャート図である。It is a flowchart figure explaining the special symbol confirmation time process shown in FIG. (a)は普通図柄の当否抽選を実行する際に使用される普通図柄当たり判定テーブルを示し、(b)は特別図柄の当否抽選を実行する際に使用される特別図柄大当たり判定テーブルを示し、(c)は特別図柄の当否抽選を実行する際に使用される特別図柄小当たり判定テーブルを示す図である。(A) shows a normal symbol per hit determination table used when executing a normal symbol winning lottery, (b) shows a special symbol jackpot determination table used when executing a special symbol hit lottery, (C) is a figure which shows the special symbol small hit determination table used when performing the lottery determination of a special symbol. 同実施形態に係る演出制御のメイン処理を説明するフローチャート図である。It is a flowchart figure explaining the main process of the presentation control which concerns on the same embodiment. 同実施形態に係る演出制御のコマンド受信処理を示すフローチャート図である。It is a flowchart figure which shows the command reception process of the production control which concerns on the same embodiment. 同実施形態に係る演出制御のタイマ割込み処理を示すフローチャート図である。It is a flowchart figure which shows the timer interruption process of presentation control which concerns on the same embodiment. (a)は図3に示す演出制御ROM内に格納されている本発明の第2実施形態に係る遊技機における予告演出振り分けテーブルを示し、(b)は図3に示す演出制御ROM内に格納されている同実施形態における前半予告演出振り分けテーブル及び後半予告演出振り分けテーブルを示す図である。(A) shows the notice effect distribution table in the gaming machine according to the second embodiment of the present invention stored in the effect control ROM shown in FIG. 3, and (b) is stored in the effect control ROM shown in FIG. It is a figure which shows the first half notice effect distribution table and the latter half notice effect distribution table in the same embodiment. (a−1)〜(a−4)は図19に示す予告演出振り分けテーブルを用いて予告演出を行った際の前半の予告演出の画面例を示し、(b−1)〜(b−4)は後半の予告演出の画面例を示し、(c)は従来の方法で予告演出を行った際の画面例を示す図である。(A-1) to (a-4) show screen examples of the first half of the notice effect when the notice effect is performed using the notice effect distribution table shown in FIG. 19, and (b-1) to (b-4). ) Shows a screen example of the latter half of the notice effect, and (c) is a diagram showing a screen example when the notice effect is performed by the conventional method.
<第1実施形態>
以下、本発明に係る遊技機の第1実施形態を、パチンコ遊技機を例にして、図1〜図17を参照して具体的に説明する。なお、以下の説明において、上下左右の方向を示す場合は、図示正面から見た場合の上下左右をいうものとする。
<First Embodiment>
Hereinafter, a first embodiment of a gaming machine according to the present invention will be specifically described with reference to FIGS. 1 to 17, taking a pachinko gaming machine as an example. In addition, in the following description, when showing the direction of up, down, left and right, it means up, down, left and right when viewed from the front of the figure.
まず、図1及び図2を参照して、本実施形態に係るパチンコ遊技機の外観構成を説明する。   First, with reference to FIG.1 and FIG.2, the external appearance structure of the pachinko game machine which concerns on this embodiment is demonstrated.
図1に示すように、パチンコ遊技機1は、木製の外枠2の前面に矩形状の前面枠3を開閉可能に取り付け、その前面枠3の裏面に取り付けられている遊技盤収納フレーム(図示せず)内に遊技盤4が装着された構成からなる。遊技盤4は、図2に示す遊技領域40を前面に臨ませた状態で装着され、図1に示すようにこの遊技領域40の前側に透明ガラスを支持したガラス扉枠5が設けられている。なお、上記遊技領域40は、遊技盤4の面上に配設された球誘導レール6(図2参照)で囲まれた領域からなるものである。   As shown in FIG. 1, a pachinko gaming machine 1 has a rectangular front frame 3 attached to the front surface of a wooden outer frame 2 so that it can be opened and closed, and a game board storage frame (see FIG. 1) attached to the back surface of the front frame 3. (Not shown) in which the game board 4 is mounted. The game board 4 is mounted with the game area 40 shown in FIG. 2 facing the front, and a glass door frame 5 supporting transparent glass is provided on the front side of the game area 40 as shown in FIG. . The game area 40 is an area surrounded by a ball guide rail 6 (see FIG. 2) disposed on the surface of the game board 4.
一方、パチンコ遊技機1は、図1に示すように、ガラス扉枠5の下側に前面操作パネル7が配設され、その前面操作パネル7には上受け皿ユニット8が設けられ、この上受け皿ユニット8には、排出された遊技球を貯留する上受け皿9が一体形成されている。また、この前面操作パネル7には、球貸しボタン11及びプリペイドカード排出ボタン12(カード返却ボタン12)が設けられている。そして、上受け皿9の上皿表面部分には、内蔵ランプ(図示せず)点灯時に押下することにより演出効果を変化させることができる押しボタン式の演出ボタン装置13が設けられている。また、この上受け皿9には、当該上受け皿9に貯留された遊技球を下方に抜くための球抜きボタン14が設けられている。   On the other hand, as shown in FIG. 1, the pachinko gaming machine 1 is provided with a front operation panel 7 below the glass door frame 5, and the front operation panel 7 is provided with an upper tray unit 8. The unit 8 is integrally formed with an upper tray 9 for storing discharged game balls. Further, the front operation panel 7 is provided with a ball lending button 11 and a prepaid card discharge button 12 (card return button 12). A push button type effect button device 13 that can change the effect by pressing when a built-in lamp (not shown) is lit is provided on the upper plate surface portion of the upper tray 9. Further, the upper tray 9 is provided with a ball removal button 14 for pulling downward the game balls stored in the upper tray 9.
また一方、図1に示すように、前面操作パネル7の右端部側には、発射ユニットを作動させるための発射ハンドル15が設けられ、前面枠3の上部両側面側には、BGM(Background music)あるいは効果音を発するスピーカ16が設けられている。そして、上記前面枠3の周枠には、LEDランプ等の装飾ランプが配設されている。   On the other hand, as shown in FIG. 1, a launch handle 15 for operating the launch unit is provided on the right end side of the front operation panel 7, and BGM (Background music) is provided on both upper side surfaces of the front frame 3. ) Or a speaker 16 that emits sound effects. A decorative lamp such as an LED lamp is disposed on the peripheral frame of the front frame 3.
他方、上記遊技盤4の遊技領域40には、図2に示すように、略中央部にLCD(Liquid Crystal Display)等からなる液晶表示装置41が配設されている。この液晶表示装置41は、表示エリアを左、中、右の3つのエリアに分割し、独立して数字やキャラクタあるいは図柄(装飾図柄)等の特別図柄の変動表示が可能なものである。そしてさらに、液晶表示装置41は、当該液晶表示装置41の真下に配設されている特別図柄始動口42の内部に設けられている特別図柄始動口スイッチ42a(図3参照)が検知した有効入賞球数、すなわち、始動保留球数を所定数(例えば、4個)表示可能なものである。この始動保留球数は、特別図柄始動口42へ遊技球が入賞し、特別図柄始動口スイッチ42a(図3参照)にて検知されると、1加算(+1)され、数字やキャラクタあるいは図柄(装飾図柄)等の特別図柄の変動表示が開始されると、1減算(−1)されるというものである。   On the other hand, in the game area 40 of the game board 4, as shown in FIG. 2, a liquid crystal display device 41 made up of an LCD (Liquid Crystal Display) or the like is disposed at a substantially central portion. The liquid crystal display device 41 divides the display area into three areas, left, middle, and right, and can independently display a variable display of special symbols such as numbers, characters, or symbols (decorative symbols). Further, the liquid crystal display device 41 has an effective winning combination detected by a special symbol start port switch 42a (see FIG. 3) provided inside the special symbol start port 42 disposed immediately below the liquid crystal display device 41. A predetermined number (for example, four) of the number of balls, that is, the number of starting reserved balls can be displayed. The number of reserved balls to be started is incremented by 1 (+1) when a game ball wins the special symbol start port 42 and is detected by the special symbol start port switch 42a (see FIG. 3). When the change display of special symbols such as (decorative symbols) is started, 1 is subtracted (-1).
一方、特別図柄始動口42の右側には、大入賞口43が配設され、その内部には入賞球を検知する大入賞口スイッチ43a(図3参照)が設けられている。そして、上記液晶表示装置41の右上部にはゲートからなる普通図柄始動口44が配設され、その内部には、遊技球の通過を検知する普通図柄始動口スイッチ44a(図3参照)が設けられている。また、上記大入賞口43の右側及び上記特別図柄始動口42の左側には、一般入賞口45が夫々配設され(図示では、右側に1つ、左側に3つ)、その内部には、夫々、遊技球の通過を検知する一般入賞口スイッチ45a(図3参照)が設けられている。   On the other hand, a special winning opening 43 is provided on the right side of the special symbol starting opening 42, and a large winning opening switch 43a (see FIG. 3) for detecting a winning ball is provided therein. A normal symbol start port 44 comprising a gate is disposed in the upper right part of the liquid crystal display device 41, and a normal symbol start port switch 44a (see FIG. 3) for detecting the passage of a game ball is provided therein. It has been. Further, on the right side of the special winning opening 43 and the left side of the special symbol starting opening 42, general winning openings 45 are respectively arranged (in the drawing, one on the right side and three on the left side). Each of them is provided with a general winning opening switch 45a (see FIG. 3) for detecting the passage of the game ball.
一方、上記遊技盤4の遊技領域40の右下周縁部には、7セグメントが3個並べて構成されており、そのうち2個の7セグメントが特別図柄表示装置46であり、他の7セグメントは始動保留球数等を表示するものである。この特別図柄表示装置46の左側には、2個のLEDからなる普通図柄表示装置47が設けられている。なお、上記遊技盤4の遊技領域40には、複数の遊技釘(図示せず)が配設され、遊技球の落下方向変換部材としての風車48が配設されている。   On the other hand, in the lower right edge of the game area 40 of the game board 4, three 7 segments are arranged side by side. Of these, two 7 segments are special symbol display devices 46, and the other 7 segments start. The number of reserved balls is displayed. On the left side of the special symbol display device 46, a normal symbol display device 47 composed of two LEDs is provided. A plurality of game nails (not shown) are provided in the game area 40 of the game board 4, and a windmill 48 as a game ball drop direction changing member is provided.
次に、上記のような外観構成からなるパチンコ遊技機1内に設けられる遊技の進行状況に応じて電子制御を行う制御装置を、図3を用いて説明する。この制御装置は、図3に示すように、遊技動作全般の制御を司る主制御基板60と、その主制御基板60からの制御コマンドに基づいて遊技球を払出す払出制御基板70と、画像と光と音についての制御を行うサブ制御基板80とで主に構成されている。なお、サブ制御基板80は、図3に示すように、演出制御基板90と、装飾ランプ基板100と、液晶制御基板120とで構成されている。   Next, a control device that performs electronic control according to the progress of the game provided in the pachinko gaming machine 1 having the above-described external configuration will be described with reference to FIG. As shown in FIG. 3, the control device includes a main control board 60 that controls the overall game operation, a payout control board 70 that pays out a game ball based on a control command from the main control board 60, an image, It is mainly composed of a sub-control board 80 that controls light and sound. As shown in FIG. 3, the sub control board 80 includes an effect control board 90, a decorative lamp board 100, and a liquid crystal control board 120.
主制御基板60は、主制御CPU600と、一連の遊技制御手順を記述した遊技プログラム等を格納した主制御ROM601と、作業領域やバッファメモリ等として機能する主制御RAM602とで構成されたワンチップマイクロコンピュータを搭載している。そして、このように構成される主制御基板60には、払出モータMを制御して遊技球を払出す払出制御基板70が接続されている。そしてさらには、特別図柄始動口42への入賞を検知する特別図柄始動口スイッチ42aと、普通図柄始動口44の通過を検知する普通図柄始動口スイッチ44aと、一般入賞口45への入賞を検知する一般入賞口スイッチ45aと、大入賞口43への入賞を検知する大入賞口スイッチ43aとが接続されている。また、主制御基板60には、特別図柄表示装置46と、普通図柄表示装置47とが接続されている。   The main control board 60 includes a main control CPU 600, a main control ROM 601 that stores a game program describing a series of game control procedures, and a main control RAM 602 that functions as a work area, a buffer memory, and the like. Equipped with a computer. The main control board 60 configured in this manner is connected to a payout control board 70 that controls the payout motor M to pay out game balls. Further, a special symbol start port switch 42a for detecting a winning in the special symbol starting port 42, a normal symbol starting port switch 44a for detecting the passage of the normal symbol starting port 44, and a winning in the general winning port 45 are detected. The general winning opening switch 45a is connected to the large winning opening switch 43a that detects winning in the big winning opening 43. Further, a special symbol display device 46 and a normal symbol display device 47 are connected to the main control board 60.
このように構成される主制御基板60は、特別図柄始動口スイッチ42a又は普通図柄始動口スイッチ44aからの信号を主制御CPU600にて受信すると、遊技者に有利な特別遊技状態を発生させるか(いわゆる「大当たり」)、あるいは、遊技者に有利な特別遊技状態を発生させないか(いわゆる「ハズレ」)の抽選を行い、その抽選結果である当否情報に応じて特別図柄の変動パターンや停止図柄あるいは普通図柄の表示内容を決定し、その決定した情報を特別図柄表示装置46又は普通図柄表示装置47に送信する。これにより、特別図柄表示装置46又は普通図柄表示装置47に抽選結果が表示されることとなる。そしてさらに、主制御基板60、すなわち、主制御CPU600は、その決定した情報を含む演出制御コマンドを生成し、演出制御基板90に送信する。なお、主制御基板60、すなわち、主制御CPU600が、一般入賞口スイッチ45a、大入賞口スイッチ43aからの信号を受信した場合は、遊技者に幾らの遊技球を払い出すかを決定し、その決定した情報を含む払出制御コマンドを払出制御基板70に送信することで、払出制御基板70が遊技者に遊技球を払出すこととなる。   When the main control board 60 configured as described above receives a signal from the special symbol start port switch 42a or the normal symbol start port switch 44a by the main control CPU 600, the main control board 60 generates a special gaming state advantageous to the player ( So-called “big hit”), or a special game state that is advantageous to the player (so-called “losing”), and a special symbol variation pattern, stop symbol, etc. The display content of the normal symbol is determined, and the determined information is transmitted to the special symbol display device 46 or the normal symbol display device 47. As a result, the lottery result is displayed on the special symbol display device 46 or the normal symbol display device 47. Further, the main control board 60, that is, the main control CPU 600 generates an effect control command including the determined information and transmits it to the effect control board 90. When the main control board 60, that is, the main control CPU 600 receives a signal from the general winning opening switch 45a and the big winning opening switch 43a, it determines how many game balls are to be paid out to the player. By transmitting a payout control command including the determined information to the payout control board 70, the payout control board 70 pays out a game ball to the player.
一方、払出制御基板70は、上記主制御基板60(主制御CPU600)からの払出制御コマンドを受信し、その受信した払出制御コマンドに基づいて払出モータ信号を生成する。そして、その生成した払出モータ信号にて、払出モータMを制御し、遊技者に遊技球を払出す。そしてさらに、払出制御基板70は、遊技球の払出動作を示す賞球計数信号や払出動作の異常に係るステイタス信号を送信し、遊技者の操作に応答して遊技球を発射させる発射制御基板71の動作を開始又は停止させる発射制御信号を送信する処理を行う。   On the other hand, the payout control board 70 receives a payout control command from the main control board 60 (main control CPU 600), and generates a payout motor signal based on the received payout control command. Then, with the generated payout motor signal, the payout motor M is controlled to pay out the game ball to the player. Further, the payout control board 70 transmits a prize ball count signal indicating the payout operation of the game ball and a status signal related to the abnormality of the payout operation, and fires the game ball in response to the operation of the player. The process which transmits the firing control signal which starts or stops operation | movement of is performed.
演出制御基板90は、上記主制御基板60(主制御CPU600)からの演出制御コマンドを受けて各種演出を実行制御する演出制御CPU900と、演出制御手順を記述した制御プログラム等が格納されているフラッシュメモリからなる演出制御ROM901と、作業領域やバッファメモリ等として機能する演出制御RAM902とで構成されている。そしてさらに、演出制御基板90は、所望のBGMや効果音を生成する音LSI903と、BGMや効果音等の音データ等が予め格納されている音ROM904とが搭載されている。   The effect control board 90 receives an effect control command from the main control board 60 (main control CPU 600) and executes an effect control CPU 900 for executing and controlling various effects, a flash in which a control program describing the effect control procedure, and the like are stored. An effect control ROM 901 composed of a memory and an effect control RAM 902 that functions as a work area, a buffer memory, and the like. Further, the effect control board 90 is mounted with a sound LSI 903 for generating desired BGM and sound effects, and a sound ROM 904 in which sound data such as BGM and sound effects are stored in advance.
このように構成される演出制御基板90には、ランプ演出効果を現出するLEDランプ等の装飾ランプが搭載されている装飾ランプ基板100が接続され、さらに、内蔵されているランプ(図示せず)点灯時に遊技者が押下することにより演出効果を変化させることができる押しボタン式の演出ボタン装置13が接続され、BGMや効果音等を発するスピーカ16が接続されている。またさらに、演出制御基板90には、液晶表示装置41を制御する液晶制御基板120が接続されている。   The effect control board 90 configured as described above is connected to a decorative lamp board 100 on which a decorative lamp such as an LED lamp that exhibits a lamp effect is mounted, and further includes a built-in lamp (not shown). ) A push button type effect button device 13 that can change the effect by pressing the player when it is lit is connected, and a speaker 16 that emits BGM, sound effects, etc. is connected. Furthermore, a liquid crystal control board 120 that controls the liquid crystal display device 41 is connected to the effect control board 90.
かくして、このように構成される演出制御基板90は、主制御基板60(主制御CPU600)より送信される大当たり抽選結果(大当たりかハズレの別)に基づく特別図柄変動パターン、現在の遊技状態、始動保留球数、抽選結果に基づき停止させる装飾図柄等に必要となる基本情報を含んだ演出制御コマンドを演出制御CPU900にて受信する。そして、演出制御CPU900は、受信した演出制御コマンドに対応した演出パターンを、演出制御ROM901内に予め格納しておいた多数の演出パターンの中から抽選により決定し、その決定した演出パターンを実行指示する制御信号を演出制御RAM902内に一時的に格納する。   Thus, the effect control board 90 configured as described above is a special symbol variation pattern based on the jackpot lottery result (whether the jackpot or lose) transmitted from the main control board 60 (main control CPU 600), the current game state, the start The effect control CPU 900 receives an effect control command including basic information necessary for the decorative symbols to be stopped based on the number of reserved balls and the lottery result. Then, the effect control CPU 900 determines an effect pattern corresponding to the received effect control command by lottery from a number of effect patterns stored in advance in the effect control ROM 901, and instructs the execution of the determined effect pattern. The control signal to be stored is temporarily stored in the effect control RAM 902.
演出制御CPU900は、演出制御RAM902に格納しておいた演出パターンを実行指示する制御信号のうち、音に関する制御信号を音LSI903に送信する。これを受けて音LSI903は、当該制御信号に対応する音データを音ROM904より読み出し、スピーカ16に出力する。これにより、スピーカ16より上記決定された演出パターンに対応したBGMや効果音が発せられることとなる。   The effect control CPU 900 transmits a control signal related to sound to the sound LSI 903 among the control signals for instructing execution of the effect pattern stored in the effect control RAM 902. In response to this, the sound LSI 903 reads the sound data corresponding to the control signal from the sound ROM 904 and outputs it to the speaker 16. Thereby, BGM and sound effects corresponding to the determined effect pattern are emitted from the speaker 16.
また演出制御CPU900は、演出制御RAM902に格納しておいた演出パターンを実行指示する制御信号のうち、光に関する制御信号を装飾ランプ基板100に送信する。これにより、装飾ランプ基板100が、ランプ演出効果を現出するLEDランプ等の装飾ランプを点灯又は消灯する制御を行うため、上記決定された演出パターンに対応したランプ演出が実行されることとなる。   In addition, the effect control CPU 900 transmits a control signal related to light to the decorative lamp substrate 100 among the control signals for instructing execution of the effect pattern stored in the effect control RAM 902. As a result, the decorative lamp substrate 100 performs control to turn on or off a decorative lamp such as an LED lamp that exhibits a lamp effect, and thus the lamp effect corresponding to the determined effect pattern is executed. .
そして演出制御CPU900は、演出制御RAM902に格納しておいた演出パターンを実行指示する制御信号のうち、画像に関する液晶制御コマンドを液晶制御基板120に送信する。これにより、液晶制御基板120が、当該液晶制御コマンドに基づく画像を表示させるように液晶表示装置41を制御することにより、上記決定された演出パターンに対応した画像が液晶表示装置41に表示されることとなる。なお、液晶制御基板120には演出内容に沿った画像を表示するための種々の画像データが記憶されており、さらに、演出出力全般の制御を担うVDP(Video Display Processor)が搭載されている。   Then, the effect control CPU 900 transmits a liquid crystal control command related to the image to the liquid crystal control board 120 among the control signals for instructing to execute the effect pattern stored in the effect control RAM 902. As a result, the liquid crystal control board 120 controls the liquid crystal display device 41 to display an image based on the liquid crystal control command, whereby an image corresponding to the determined effect pattern is displayed on the liquid crystal display device 41. It will be. The liquid crystal control board 120 stores various image data for displaying an image in accordance with the contents of the effect, and further includes a VDP (Video Display Processor) that controls the overall effect output.
ところで、上記説明した各基板への電源供給は、図3に示す電源基板130より供給されている。なお、図示では、電源供給ルートは、省略している。   By the way, the power supply to each board | substrate demonstrated above is supplied from the power supply board 130 shown in FIG. In the drawing, the power supply route is omitted.
ここで、上記説明した制御装置のうち、本発明の特徴部分は、主制御基板60及び演出制御基板90にて処理される予告演出に関する部分であるため、この点につき、図4〜図6を参照して具体的に説明する。   Here, in the control device described above, the characteristic part of the present invention is a part related to the notice effect processed by the main control board 60 and the effect control board 90. A specific description will be given with reference to FIG.
演出制御ROM901(図3参照)内には、図4(a)に示す予告演出振り分けテーブルTBL1が格納されている。この予告演出振り分けテーブルTBL1は、どの予告演出パターンを実行するかを抽選(決定)する際使用されるものである。   In the effect control ROM 901 (see FIG. 3), a notice effect distribution table TBL1 shown in FIG. 4A is stored. This notice effect distribution table TBL1 is used when lottery (decision) which notice effect pattern is executed.
具体的には、この予告演出振り分けテーブルTBL1には、複数の予告演出パターンのうち、いずれの予告演出パターンを選択するかの確率が格納されている。すなわち、特別図柄始動口42(図2参照)へ遊技球が入賞(特別図柄始動口スイッチ42a(図3参照)にて検知)すると、その入賞した遊技球(入賞球)に対して、遊技者に有利な特別遊技状態を発生させるか(いわゆる「大当たり」)、あるいは、遊技者に有利な特別遊技状態を発生させないか(いわゆる「ハズレ」)の抽選が主制御基板60(主制御CPU600)にて行われる。そして、その抽選結果が演出制御コマンドとして主制御基板60(主制御CPU600)より演出制御基板90に送信される。   Specifically, the notice effect distribution table TBL1 stores the probability of which of the plurality of notice effect patterns is selected. That is, when a game ball wins the special symbol start opening 42 (see FIG. 2) (detected by the special symbol start opening switch 42a (see FIG. 3)), the player receives the winning game ball (winning ball). The main control board 60 (main control CPU 600) draws a special game state advantageous to the player (so-called “big hit”) or not to generate a special game state advantageous to the player (so-called “losing”). Done. Then, the lottery result is transmitted from the main control board 60 (main control CPU 600) to the effect control board 90 as an effect control command.
この抽選結果が、図4(a)に示す予告演出振り分けテーブルTBL1の「ハズレ」「大当たり」として示されている(TB1参照)。そして、抽選結果が「ハズレ」の場合には、前半の予告演出(図示では、「前半」として示している)が「白文字」を使用する予告演出パターンで、後半の予告演出(図示では、「後半」として示している)が「剣」を使用する予告演出パターンである場合の確率として「50/100」が格納されている(TB2参照)。そしてさらに、前半の予告演出(図示では、「前半」として示している)が「黒文字」を使用する予告演出パターンで、後半の予告演出(図示では、「後半」として示している)が「木の棒」を使用する予告演出パターンである場合の確率として「30/100」が格納され(TB3参照)、前半の予告演出(図示では、「前半」として示している)が「白文字」を使用する予告演出パターンで、後半の予告演出(図示では、「後半」として示している)が「木の棒」を使用する予告演出パターンである場合の確率として「15/100」が格納され(TB4参照)、前半の予告演出(図示では、「前半」として示している)が「黒文字」を使用する予告演出パターンで、後半の予告演出(図示では、「後半」として示している)が「剣」を使用する予告演出パターンである場合の確率として「5/100」が格納されている(TB5参照)。   The lottery result is shown as “losing” and “big hit” in the notice effect distribution table TBL1 shown in FIG. 4A (see TB1). When the lottery result is “losing”, the first half notice effect (shown as “first half” in the figure) is a notice effect pattern using “white characters”, and the second half notice effect (in the figure, “50/100” is stored as the probability in the case where the “second half” is a notice effect pattern using “sword” (see TB2). In addition, the first half notice effect (shown as “first half” in the figure) is a notice effect pattern using “black letters”, and the second half notice effect (shown as “second half” in the figure) is “tree”. “30/100” is stored as the probability in the case of the notice effect pattern using “no stick” (see TB3), and the first notice effect (shown as “first part” in the drawing) is “white character”. “15/100” is stored as the probability of the notice effect pattern to be used when the notice effect pattern in the second half (shown as “second half” in the figure) is a notice effect pattern using “wood stick” ( TB4), the first half notice effect (shown as “first half” in the figure) is a notice effect pattern using “black characters”, and the second half notice effect (shown as “second half” in the figure) is “ The sword "5/100" is stored as the probability of the case is the announcement attraction pattern to use (see TB5).
一方、抽選結果が「大当たり」の場合には、前半の予告演出(図示では、「前半」として示している)が「白文字」を使用する予告演出パターンで、後半の予告演出(図示では、「後半」として示している)が「剣」を使用する予告演出パターンである場合の確率として「5/100」が格納されている(TB2参照)。そしてさらに、前半の予告演出(図示では、「前半」として示している)が「黒文字」を使用する予告演出パターンで、後半の予告演出(図示では、「後半」として示している)が「木の棒」を使用する予告演出パターンである場合の確率として「15/100」が格納され(TB3参照)、前半の予告演出(図示では、「前半」として示している)が「白文字」を使用する予告演出パターンで、後半の予告演出(図示では、「後半」として示している)が「木の棒」を使用する予告演出パターンである場合の確率として「30/100」が格納され(TB4参照)、前半の予告演出(図示では、「前半」として示している)が「黒文字」を使用する予告演出パターンで、後半の予告演出(図示では、「後半」として示している)が「剣」を使用する予告演出パターンである場合の確率として「50/100」が格納されている(TB5参照)。   On the other hand, when the lottery result is “big hit”, the first half notice effect (shown as “first half” in the figure) is a notice effect pattern using “white characters”, and the second half notice effect (in the figure, “5/100” is stored as a probability in the case where the “second half” is a notice effect pattern using “sword” (see TB2). In addition, the first half notice effect (shown as “first half” in the figure) is a notice effect pattern using “black letters”, and the second half notice effect (shown as “second half” in the figure) is “tree”. “15/100” is stored as the probability of the notice effect pattern using “no stick” (see TB3), and the first notice effect (shown as “first half” in the drawing) is “white character”. “30/100” is stored as a probability in the case where the notice effect pattern used is the notice effect pattern using the “wood stick” in the latter notice effect (shown as “second half” in the figure) ( TB4), the first half notice effect (shown as “first half” in the figure) is a notice effect pattern using “black characters”, and the second half notice effect (shown as “second half” in the figure) is “ The sword "50/100" is stored as the probability of the case is the announcement attraction pattern to use (see TB5).
他方、上記のような確率が格納されている予告演出振り分けテーブルTBL1を参照して、予告演出パターンを選択するには、演出制御CPU900にて、所定時間毎に更新される予告演出乱数カウンタND_CNTのカウント値の値を参照して判断される。すなわち、この予告演出乱数カウンタND_CNTは0〜99までカウントできるカウンタで、例えば、抽選結果が「大当たり」の場合で、予告演出乱数カウンタND_CNTのカウント値が0〜4の場合は、前半の予告演出として「白文字」を使用する予告演出パターンが選択され、後半の予告演出として「剣」を使用する予告演出パターンが選択される。そして、予告演出乱数カウンタND_CNTのカウント値が5〜19の場合は、前半の予告演出として「黒文字」を使用する予告演出パターンが選択され、後半の予告演出として「木の棒」を使用する予告演出パターンが選択される。そしてさらに、予告演出乱数カウンタND_CNTのカウント値が20〜49の場合は、前半の予告演出として「白文字」を使用する予告演出パターンが選択され、後半の予告演出として「木の棒」を使用する予告演出パターンが選択される。また、予告演出乱数カウンタND_CNTのカウント値が50〜99の場合は、前半の予告演出として「黒文字」を使用する予告演出パターンが選択され、後半の予告演出として「剣」を使用する予告演出パターンが選択される。このようにして、抽選結果が「ハズレ」の場合も同様に、前半後半の予告演出パターンが選択されることとなる。   On the other hand, in order to select the notice effect pattern by referring to the notice effect distribution table TBL1 in which the probabilities as described above are stored, the effect control CPU 900 uses the notice effect random number counter ND_CNT updated every predetermined time. Judgment is made with reference to the count value. That is, the notice effect random number counter ND_CNT is a counter that can count from 0 to 99. For example, when the lottery result is “big hit” and the count value of the notice effect random number counter ND_CNT is 0 to 4, the first half notice effect The notice effect pattern using “white character” is selected, and the notice effect pattern using “sword” is selected as the latter notice effect. When the count value of the notice effect random number counter ND_CNT is 5 to 19, the notice effect pattern using “black characters” is selected as the notice effect in the first half, and the notice using “wood stick” as the notice effect in the second half. A production pattern is selected. In addition, when the count value of the notice effect random number counter ND_CNT is 20 to 49, a notice effect pattern using “white characters” is selected as the first notice effect, and “wood stick” is used as the notice effect in the second half. The notice effect pattern to be selected is selected. When the count value of the notice effect random number counter ND_CNT is 50 to 99, the notice effect pattern using “black characters” is selected as the notice effect in the first half, and the notice effect pattern using “sword” as the notice effect in the second half. Is selected. In this way, when the lottery result is “lost”, similarly, the notice effect pattern in the first half is selected.
ところで、本実施形態における予告演出の信頼度(遊技者に有利な特別遊技状態を発生させる(いわゆる「大当たり」)可能性を示す値)として、「白文字」を使用する予告演出パターンは「低信頼度」に設定され、「黒文字」を使用する予告演出パターンは「高信頼度」に設定されている(図4(a)に示す予告演出振り分けテーブルTBL1の図示右側の記載参照)。またさらに、「木の棒」を使用する予告演出は「低信頼度」に設定され、「剣」を使用する予告演出は「高信頼度」に設定されている(図4(a)に示す予告演出振り分けテーブルTBL1の図示右側の記載参照)   By the way, as the reliability of the notice effect in the present embodiment (a value indicating the possibility of generating a special game state advantageous to the player (so-called “big hit”)), the notice effect pattern using “white characters” is “low”. The notice effect pattern that is set to “reliability” and uses “black characters” is set to “high reliability” (see the description on the right side of the notice effect distribution table TBL1 shown in FIG. 4A). Furthermore, the notice effect using “wood stick” is set to “low reliability”, and the notice effect using “sword” is set to “high reliability” (shown in FIG. 4A). (See the description on the right side of the notice effect distribution table TBL1)
そのため、従来であれば、「白文字」(前半の予告演出)⇒「木の棒」(後半の予告演出)<「白文字」(前半の予告演出)⇒「剣」(後半の予告演出)≦「黒文字」(前半の予告演出)⇒「木の棒」(後半の予告演出)<「黒文字」(前半の予告演出)⇒「剣」(後半の予告演出)の順で信頼度が高くなっていき、低信頼である「白文字」「木の棒」を使用する予告演出パターンが2回続く場合、最も信頼度が低くなる。そのため、前半の予告演出で「白文字」を使用する予告演出パターンが選択されてしまった時点で、遊技者は、大当たりへの期待感を大きく損ねてしまうこととなる。   Therefore, in the past, “white character” (first half notice effect) ⇒ “wood stick” (second half notice effect) <“white character” (first half notice effect) ⇒ “sword” (second half notice effect) ≦ “Black Letter” (first half of the notice production) ⇒ “Wood Stick” (second half notice production) <“Black Letter” (the first half notice production) ⇒ “Sword” (second half notice production) If the notice effect pattern using “white letters” and “wooden stick”, which is low reliability, continues twice, the reliability is lowest. Therefore, when the notice effect pattern using “white characters” is selected in the first notice effect, the player greatly loses his expectation for the jackpot.
しかしながら、本実施形態においては、図4(a)に示す符号TB2〜TB5の欄に示す背景が右斜線となっている部分に示すように、「白文字」(前半の予告演出)⇒「剣」(後半の予告演出)の確率、すなわち、出現率が「5%」(=「5/100」)、「黒文字」(前半の予告演出)⇒「木の棒」(後半の予告演出)の確率、すなわち、出現率が「15%」(=「15/100」)、「白文字」(前半の予告演出)⇒「木の棒」(後半の予告演出)の確率、すなわち、出現率が「30%」(=「30/100」)、「黒文字」(前半の予告演出)⇒「剣」(後半の予告演出)の確率、すなわち、出現率が「50%」(=「50/100」)となっている。そのため、本実施形態においては、「白文字」(前半の予告演出)⇒「剣」(後半の予告演出)<「黒文字」(前半の予告演出)⇒「木の棒」(後半の予告演出)<「白文字」(前半の予告演出)⇒「木の棒」(後半の予告演出)<「黒文字」(前半の予告演出)⇒「剣」(後半の予告演出)の順で信頼度が高くなっており、低信頼度である「白文字」「木の棒」を使用する予告演出パターンが2回続くと信頼度が高くなるように設定されている。そのため、前半の予告演出で「白文字」を使用する予告演出パターンが選択されてしまっても、遊技者は、大当たりへの期待感を損ねず、大当たりへの期待感を維持することができる。   However, in the present embodiment, “white character” (first notice effect) ⇒ “sword” as shown in the portion where the background shown in the columns TB2 to TB5 shown in FIG. ”(Second half notice effect), that is, the appearance rate is“ 5% ”(=“ 5/100 ”),“ black letters ”(first half notice effect) ⇒“ wood stick ”(second half notice effect) Probability, that is, the appearance rate is “15%” (= “15/100”), “white character” (first half notice effect) ⇒ “wood stick” (second half notice effect), that is, the appearance rate is The probability of “30%” (= “30/100”), “black letters” (first half notice effect) ⇒ “sword” (second half notice effect), that is, the appearance rate is “50%” (= “50/100”) ]). Therefore, in the present embodiment, “white character” (first half notice effect) ⇒ “sword” (second half notice effect) <“black letter” (first half notice effect) ⇒ “wood stick” (second half notice effect) <"White letter" (first half notice effect) ⇒ "Wood stick" (second half notice effect) <"Black character" (first half notice effect) ⇒ "Sword" (second half notice effect) It is set so that the reliability increases when the notice effect pattern using “white characters” and “wood sticks”, which are low reliability, continues twice. Therefore, even if a notice effect pattern using “white characters” is selected in the first notice effect, the player can maintain the expectation for the jackpot without losing the expectation for the jackpot.
ここで、上記のような構成からなる予告演出振り分けテーブルTBL1を使用した際の予告演出内容を、図5に示す液晶表示装置41に表示される画面例を用いてより詳しく説明する。   Here, the contents of the notice effect when the notice effect distribution table TBL1 having the above-described configuration is used will be described in more detail using an example of a screen displayed on the liquid crystal display device 41 shown in FIG.
この図5に示す画面例は、図5(a)が前半の予告演出を示す画面例を示すもので、図5(b−1)〜(b−4)が後半の予告演出を示す画面例を示すものである。すなわち、図5に示す画面例は、抽選結果が「大当たり」で、前半の予告演出が「白文字」を使用する予告演出パターンで、後半の予告演出が「木の棒」を使用する予告演出パターンとして選択された場合を示すものである。具体的には、特別図柄始動口42(図2参照)へ遊技球が入賞(特別図柄始動口スイッチ42a(図3参照)にて検知)した際、その入賞した遊技球(入賞球)に対して、遊技者に有利な特別遊技状態を発生させるか(いわゆる「大当たり」)、あるいは、遊技者に有利な特別遊技状態を発生させないか(いわゆる「ハズレ」)の抽選が主制御基板60(主制御CPU600)にて行われる。そしてその抽選結果が演出制御コマンドとして主制御基板60(主制御CPU600)より演出制御基板90に送信される。その送信された演出制御コマンドが「大当たり」を示すものであった場合、演出制御CPU900は、予告演出振り分けテーブルTBL1の「大当たり」の欄を参照(TB1参照)すると共に、予告演出乱数カウンタND_CNTのカウント値を抽出し、その抽出したカウント値と、当該予告演出振り分けテーブルTBL1に格納されている確率とを比較する。この際、予告演出乱数カウンタND_CNTより抽出したカウント値が20〜49の場合、前半の予告演出が「白文字」を使用する予告演出パターンが選択され、後半の予告演出が「木の棒」を使用する予告演出パターンが選択されることとなる(図4(a)の符号TB4参照)。   The screen example shown in FIG. 5 shows a screen example in which FIG. 5 (a) shows the first half notice effect, and FIGS. 5 (b-1) to (b-4) show screen examples showing the second half notice effect. Is shown. That is, the screen example shown in FIG. 5 is a notice effect pattern in which the lottery result is “big hit”, the first half notice effect uses “white letters”, and the second notice effect uses “wood stick”. The case where it selects as a pattern is shown. Specifically, when a game ball wins the special symbol start opening 42 (see FIG. 2) (detected by the special symbol start opening switch 42a (see FIG. 3)), the winning game ball (winning ball) is received. Thus, the main control board 60 (main game) is selected by drawing whether a special game state advantageous to the player (so-called “big hit”) or not generating a special game state advantageous to the player (so-called “losing”). Control CPU 600). The lottery result is transmitted as an effect control command from the main control board 60 (main control CPU 600) to the effect control board 90. When the transmitted effect control command indicates “hit”, the effect control CPU 900 refers to the “hit” column of the notice effect distribution table TBL1 (see TB1) and also sets the notice effect random number counter ND_CNT. The count value is extracted, and the extracted count value is compared with the probability stored in the notice effect distribution table TBL1. At this time, when the count value extracted from the notice effect random number counter ND_CNT is 20 to 49, the notice effect pattern using the “white character” is selected as the notice effect in the first half, and “wood stick” is selected as the notice effect in the second half. The notice effect pattern to be used is selected (see reference numeral TB4 in FIG. 4A).
すなわち、図5(a)の画面P1に示すように、「左」「中」「右」の組合せ図柄のうち、「左」の図柄(P1a参照)と「右」の図柄(P1b参照)の変動表示が同一状態で停止し(図示では、「7」)、リーチ状態となっており、そしてさらに、液晶表示装置41の表示領域に組合せ図柄とは異なる、主人公であるキャラクタ(P1c参照)と敵であるキャラクタ(P1d参照)とが表示され、その両キャラクタを覆うように「対決リーチ!」という白文字(P1e参照)が表示され、前半の予告演出が実行される。これにより、変動表示結果が「大当たり」となる可能性があることを遊技者に報知する予告演出が開始される。なお、この「対決リーチ!」が白文字であるのは、演出制御CPU900にて、前半の予告演出として「白文字」を使用する予告演出パターンが選択されているためである。そのため、前半の予告演出として「黒文字」を使用する予告演出パターンが選択されている場合は、この「対決リーチ!」の文字は「黒文字」となる。   That is, as shown in the screen P1 of FIG. 5A, among the “left”, “middle”, and “right” combination symbols, the “left” symbol (see P1a) and the “right” symbol (see P1b). The variable display stops in the same state (“7” in the figure), is in a reach state, and is further different from the combination symbol in the display area of the liquid crystal display device 41 (see P1c). The enemy character (see P1d) is displayed, and a white character (see P1e) “Confrontation reach!” Is displayed so as to cover both characters, and the first half notice effect is executed. As a result, a notice effect for informing the player that there is a possibility that the variation display result will be a “big hit” is started. This “confrontation reach!” Is a white character because the effect control CPU 900 has selected a notice effect pattern that uses “white character” as the first notice effect. For this reason, when a notice effect pattern using “black characters” is selected as the notice effect in the first half, the character “Confrontation reach!” Is “black characters”.
ところで、この前半の予告演出が終了すると、次いで、図5(b−1)〜(b−4)に示す後半の予告演出が実行される。すなわち、図5(b−1)の画面P2に示すように、主人公(P2a参照)が「今回の武器は・・・・」というセリフを報知すると、当該主人公が、図5(b−2)の画面P3に示すように、「木の棒だ!」というセリフを報知すると共に、当該主人公の図示右手に木の棒を持った画像が液晶表示装置41に表示される。この主人公の図示右手に持つ武器は、予告演出振り分けテーブルTBL1にて選択されたものである。すなわち、図5に示す画面例においては、上述したように、演出制御CPU900にて、後半の予告演出として「木の棒」を使用する予告演出パターンが選択されているため、図5(b−2)に示すように、主人公(P3a参照)は、図示右手に木の棒を持つこととなる。   By the way, when the first half notice effect is finished, the second half notice effect shown in FIGS. 5B-1 to 5B-4 is then executed. That is, as shown in the screen P2 of FIG. 5 (b-1), when the main character (see P2a) reports the line “This weapon is ...”, the main character is shown in FIG. 5 (b-2). As shown on the screen P3, a line “Wood stick!” Is notified, and an image with a wood stick in the right hand of the main character is displayed on the liquid crystal display device 41. The weapon in the right hand of the hero shown in the figure is selected in the notice effect distribution table TBL1. That is, in the example of the screen shown in FIG. 5, as described above, the effect control CPU 900 has selected the notice effect pattern that uses the “wood stick” as the latter notice effect, so FIG. As shown in 2), the protagonist (see P3a) has a wooden stick in the right hand side of the figure.
次いで、図5(b−3)の画面P4に示すように、図示右手に木の棒を持った主人公(P4a参照)が、「やー!」というセリフを報知すると共に、敵(P4b参照)に戦いを挑むと、図5(b−4)の画面P5に示すように、主人公(P5a参照)が敵(P5b参照)との戦いに勝利し、「中」の図柄(P5c参照)が、「左」の図柄(P5d参照)と「右」の図柄(P5e参照)と同一の状態(図示では「7」)で停止し、遊技者に「大当たり」であることを報知する。これにより、後半の予告演出が終了することとなる。   Next, as shown on the screen P4 in FIG. 5 (b-3), the hero (see P4a) holding a wooden stick in the right hand in the figure notifies the line “Ya!” And the enemy (see P4b). As shown in the screen P5 in FIG. 5 (b-4), the main character (see P5a) wins the battle with the enemy (see P5b), and the “medium” symbol (see P5c) The player stops in the same state (“7” in the figure) as the “left” symbol (see P5d) and the “right” symbol (see P5e), and notifies the player that it is a “hit”. As a result, the second half notice effect ends.
かくして、従来であれば、低信頼度である「白文字」の「対決リーチ!」という文字が出現する(図5(a)の画面P1参照)と、図5(c−1)の画面P10に示すように、主人公(P10a参照)が図示右手に高信頼度である「剣」を持って、図5(c−2)の画面P11に示すように、図示右手に剣を持った主人公(P11a参照)が、「やー!」というセリフを報知すると共に、敵であるキャラクタ(P11b参照)に戦いを挑んだとしても、図5(c−3)の画面P12に示すように、主人公(P12a参照)が敵(P12b参照)に敗北し、「中」の図柄(P12c参照)が、「左」の図柄(P12d参照)と「右」の図柄(P12e参照)と同一でない状態で停止し、「ハズレ」となることが、遊技者の知るところとなる。そのため、従来においては、図5(a)の画面P1に示すように、低信頼度である「白文字」の「対決リーチ!」が出現した時点で、遊技者は、大当たりへの期待感を大きく損ねてしまうこととなる。   Thus, conventionally, when the character “Confrontation reach!” Of “white character” having low reliability appears (see screen P1 in FIG. 5A), screen P10 in FIG. As shown in FIG. 5 (c-2), the main character (see P10a) has a highly reliable “sword” on the right hand, and the hero who has a sword in the right hand as shown in FIG. P11a) notifies the line “Ya!”, And even if the enemy character (see P11b) tries to fight, as shown in the screen P12 in FIG. P12a) is defeated by the enemy (see P12b) and stops with the “middle” symbol (see P12c) not the same as the “left” symbol (see P12d) and the “right” symbol (see P12e) The player knows that it will be “losing”. Therefore, in the past, as shown on the screen P1 in FIG. 5A, when the “confidence reach!” Of “white characters”, which is low reliability, appears, the player has a sense of expectation for the jackpot. It will be greatly damaged.
しかしながら、本実施形態においては、低信頼度である「白文字」の「対決リーチ!」が前半の予告演出で出現したとしても(図5(a)の画面P1参照)、低信頼度である「木の棒」が、後半の予告演出で再び出現すると(図5(b−2)の画面P3参照)、高信頼度となるように設定されているため、遊技者は、低信頼度である「白文字」の「対決リーチ!」が前半の予告演出で出現したとしても(図5(a)の画面P1参照)、この時点で、大当たりへの期待感を損ねることなく、後半の予告演出で再び低信頼度である「木の棒」が出現することを期待して遊技を継続することとなる。それゆえ、遊技者は、大当たりへの期待感を損ねることなく、大当たりへの期待感を維持したまま遊技を継続することができる。   However, in the present embodiment, even if “confrontation reach!” Of “white characters” which is low reliability appears in the first half notice effect (see screen P1 in FIG. 5A), it is low reliability. When the “wood stick” appears again in the latter half of the notice effect (see screen P3 in FIG. 5 (b-2)), the player is set to be highly reliable. Even if a “white character” “confrontation reach!” Appears in the first half of the notice production (see screen P1 in FIG. 5 (a)), at this point, the second half notice is not lost. The game will continue in anticipation of the appearance of “wooden stick”, which is low reliability again. Therefore, the player can continue the game while maintaining the expectation for the jackpot without impairing the expectation for the jackpot.
ところで、本実施形態においては、図4(a)に示すような予告演出振り分けテーブルTBL1を用いて前半の予告演出パターン及び後半の予告演出パターンを選択するようにしたが、図4(b)に示すような前半予告演出振り分けテーブルTBL10及び後半予告演出振り分けテーブルTBL11を用いても良い。すなわち、前半予告演出振り分けテーブルTBL10には、前半の予告演出(図5(a)参照)で行う複数の予告演出パターンのうち、いずれの予告演出パターンを選択するかの確率が格納されている。具体的には、特別図柄始動口42(図2参照)へ遊技球が入賞(特別図柄始動口スイッチ42a(図3参照)にて検知)すると、その入賞した遊技球(入賞球)に対して、遊技者に有利な特別遊技状態を発生させるか(いわゆる「大当たり」)、あるいは、遊技者に有利な特別遊技状態を発生させないか(いわゆる「ハズレ」)の抽選が主制御基板60(主制御CPU600)にて行われる。そして、その抽選結果が演出制御コマンドとして主制御基板60(主制御CPU600)より演出制御基板90に送信され、この抽選結果が、図4(b)に示す前半予告演出振り分けテーブルTBL10の「ハズレ」「大当たり」として示されている(TB10参照)。   By the way, in the present embodiment, the first half notice effect pattern and the second half notice effect pattern are selected using the notice effect distribution table TBL1 as shown in FIG. 4A, but FIG. The first-half notice effect distribution table TBL10 and the second-half notice effect distribution table TBL11 as shown may be used. In other words, the first half notice effect distribution table TBL10 stores the probability of selecting one of the plurality of notice effect patterns performed in the first half notice effect (see FIG. 5A). Specifically, when a game ball wins the special symbol start opening 42 (see FIG. 2) (detected by the special symbol start opening switch 42a (see FIG. 3)), the winning game ball (winning ball) is received. The main control board 60 (main control) determines whether a special gaming state advantageous to the player is generated (so-called “big hit”) or whether a special gaming state advantageous to the player is not generated (so-called “losing”). CPU600). Then, the lottery result is transmitted as an effect control command from the main control board 60 (main control CPU 600) to the effect control board 90, and the lottery result is “lost” in the first half notice effect distribution table TBL10 shown in FIG. Shown as “big hit” (see TB10).
この抽選結果が「ハズレ」の場合には、前半の予告演出で「白文字」を使用する場合の確率として「70/100」が格納され(TB11参照)、「黒文字」を使用する場合の確率として「30/100」が格納されている(TB12参照)。   When the lottery result is “losing”, “70/100” is stored as the probability of using “white characters” in the first half of the notice effect (see TB11), and the probability of using “black characters”. “30/100” is stored (see TB12).
一方、抽選結果が「大当たり」の場合には、前半の予告演出で「白文字」を使用する場合の確率として「30/100」が格納され(TB11参照)、「黒文字」を使用する場合の確率として「70/100」が格納されている(TB12参照)。   On the other hand, when the lottery result is “big hit”, “30/100” is stored as the probability of using “white characters” in the first half notice effect (see TB11), and “black characters” are used. “70/100” is stored as the probability (see TB12).
他方、上記のような確率が格納されている前半予告演出振り分けテーブルTBL10を参照して、前半の予告演出パターンを選択するには、演出制御CPU900にて、所定時間毎に更新される前半予告演出乱数カウンタFND_CNTのカウント値の値を参照して判断される。すなわち、この前半予告演出乱数カウンタFND_CNTは0〜99までカウントできるカウンタで、例えば、抽選結果が「大当たり」の場合で、前半予告演出乱数カウンタFND_CNTのカウント値が0〜29の場合は、「白文字」を使用する予告演出パターンが選択され、カウント値が30〜99の場合は、「黒文字」を使用する予告演出パターンが選択される。このようにして、抽選結果が「ハズレ」の場合も同様に、予告演出パターンが選択されることとなる。   On the other hand, in order to select the first half notice effect pattern with reference to the first half notice effect distribution table TBL10 in which the probabilities as described above are stored, the first half notice effect updated every predetermined time by the effect control CPU 900. This is determined with reference to the count value of the random number counter FND_CNT. In other words, the first half notice effect random number counter FND_CNT is a counter that can count from 0 to 99. For example, when the lottery result is “big hit” and the count value of the first half notice effect random number counter FND_CNT is 0 to 29, “white” The notice effect pattern using “character” is selected, and when the count value is 30 to 99, the notice effect pattern using “black character” is selected. In this way, when the lottery result is “losing”, the notice effect pattern is similarly selected.
一方、後半予告演出振り分けテーブルTBL12には、後半の予告演出(図5(b−1)〜(b−4)参照)で行う複数の予告演出パターンのうち、いずれの予告演出パターンを選択するかの確率が格納されている。具体的には、後半予告演出振り分けテーブルTBL11は、「ハズレ」用の後半予告演出振り分けテーブルTBL11aと、「大当たり」用の後半予告演出振り分けテーブルTBL11bとで構成されており、主制御基板60(主制御CPU600)から演出制御基板90に送信された抽選結果(演出制御コマンド)に応じて、「ハズレ」用の後半予告演出振り分けテーブルTBL11a、「大当たり」用の後半予告演出振り分けテーブルTBL11bの何れかが選択される。   On the other hand, in the latter half notice effect distribution table TBL12, which notice effect pattern is selected from among a plurality of notice effect patterns performed in the latter half notice effects (see FIGS. 5 (b-1) to (b-4)). The probability of is stored. Specifically, the latter half notice effect distribution table TBL11 includes a second half notice effect distribution table TBL11a for "losing" and a second half notice effect distribution table TBL11b for "big hit". In accordance with the lottery result (effect control command) transmitted from the control CPU 600 to the effect control board 90, either of the latter-half notice effect distribution table TBL11a for “losing” or the latter-order notice effect distribution table TBL11b for “hit” Selected.
抽選結果が、「ハズレ」の場合は、「ハズレ」用の後半予告演出振り分けテーブルTBL11aが選択され、前半予告演出振り分けテーブルTBL10にて選択される予告演出の内容が、当該「ハズレ」用の後半予告演出振り分けテーブルTBL11aの「白文字」「黒文字」として示されている(TB20参照)。   If the lottery result is “losing”, the latter half notice effect distribution table TBL11a for “losing” is selected, and the content of the notice effect selected in the first half notice effect distributing table TBL10 is the latter half for “losing”. It is shown as “white character” “black character” in the notice effect distribution table TBL11a (see TB20).
前半の予告演出にて「白文字」を使用する予告演出パターンが選択された場合には、後半の予告演出で「木の棒」を使用する場合の確率として「20/100」が格納され(TB21参照)、「剣」を使用する場合の確率として「80/100」が格納されている(TB22参照)。   When a notice effect pattern using “white characters” is selected in the first half notice effect, “20/100” is stored as the probability of using the “wood stick” in the second notice effect ( (See TB21), “80/100” is stored as the probability of using “sword” (see TB22).
一方、前半の予告演出にて「黒文字」を使用する予告演出パターンが選択された場合には、後半の予告演出で「木の棒」を使用する場合の確率として「80/100」が格納され(TB21参照)、「剣」を使用する場合の確率として「20/100」が格納されている(TB22参照)。   On the other hand, when the notice effect pattern using “black characters” is selected in the first half notice effect, “80/100” is stored as the probability of using the “wood stick” in the second notice effect. (See TB21), “20/100” is stored as the probability of using “sword” (see TB22).
他方、抽選結果が、「大当たり」の場合は、「大当たり」用の後半予告演出振り分けテーブルTBL11bが選択され、前半予告演出振り分けテーブルTBL10にて選択される予告演出の内容が、当該「大当たり」用の後半予告演出振り分けテーブルTBL11bの「白文字」「黒文字」として示されている(TB30参照)。   On the other hand, when the lottery result is “big hit”, the latter half notice effect distribution table TBL11b for “big win” is selected, and the content of the notice effect selected in the first half notice effect distribution table TBL10 is for the “hit”. Are shown as “white characters” and “black characters” in the latter half notice announcement distribution table TBL11b (see TB30).
前半の予告演出にて「白文字」を使用する予告演出パターンが選択された場合には、後半の予告演出で「木の棒」を使用する場合の確率として「80/100」が格納され(TB31参照)、「剣」を使用する場合の確率として「20/100」が格納されている(TB32参照)。   When a notice effect pattern that uses “white characters” is selected in the first half notice effect, “80/100” is stored as the probability of using the “wood stick” in the second notice effect ( (See TB31), “20/100” is stored as the probability of using “sword” (see TB32).
一方、前半の予告演出にて「黒文字」を使用する予告演出パターンが選択された場合には、後半の予告演出で「木の棒」を使用する場合の確率として「20/100」が格納され(TB31参照)、「剣」を使用する場合の確率として「80/100」が格納されている(TB32参照)。   On the other hand, when the notice effect pattern using “black characters” is selected in the first half notice effect, “20/100” is stored as the probability of using the “wood stick” in the second notice effect. (See TB31), “80/100” is stored as the probability of using “sword” (see TB32).
このような確率が格納されている後半予告演出振り分けテーブルTBL11を参照して、後半の予告演出パターンを選択するには、演出制御CPU900にて、所定時間毎に更新される後半予告演出乱数カウンタSND_CNTのカウント値の値を参照して判断される。すなわち、この後半予告演出乱数カウンタSND_CNTは0〜99までカウントできるカウンタで、例えば、抽選結果が「大当たり」の場合であれば、「大当たり」用の後半予告演出振り分けテーブルTBL11bが選択され、そして、前半の予告演出にて「白文字」を使用する予告演出パターンが選択された場合には、後半予告演出乱数カウンタSND_CNTのカウント値が0〜79の場合、「木の棒」を使用する予告演出パターンが選択され、カウント値が80〜99の場合は、「剣」を使用する予告演出パターンが選択される。このようにして、前半の予告演出にて「黒文字」を使用する予告演出パターンが選択された場合、又は、抽選結果が「ハズレ」の場合も同様にして、後半の予告演出パターンが選択されることとなる。   In order to select the second half notice effect pattern with reference to the second half notice effect distribution table TBL11 in which such a probability is stored, the second half notice effect random number counter SND_CNT updated every predetermined time by the effect control CPU 900. Judgment is made with reference to the count value. That is, the latter half notice effect random number counter SND_CNT is a counter that can count from 0 to 99. For example, if the lottery result is “big hit”, the latter half notice effect distribution table TBL11b for “big win” is selected, and When a notice effect pattern using “white characters” is selected in the first half notice effect, if the count value of the second half notice effect random number counter SND_CNT is 0 to 79, the notice effect using “wood stick” is used. When a pattern is selected and the count value is 80 to 99, a notice effect pattern using “sword” is selected. In this way, when the notice effect pattern using “black characters” is selected in the first notice effect, or when the lottery result is “lost”, the latter notice effect pattern is selected. It will be.
しかして、このように、図4(b)に示すように、前半の予告演出パターンを選択する振り分けテーブルと、後半の予告演出パターンを選択する振り分けテーブルとを用いて前半及び後半の予告演出パターンを選択するようにしても、図4(b)の図示右側に示すように、「白文字」(前半の予告演出)⇒「剣」(後半の予告演出)の確率、すなわち、出現率が「6%」(=「6/100」)、「黒文字」(前半の予告演出)⇒「木の棒」(後半の予告演出)の確率、すなわち、出現率が「14%」(=「14/100」)、「白文字」(前半の予告演出)⇒「木の棒」(後半の予告演出)の確率、すなわち、出現率が「24%」(=「24/100」)、「黒文字」(前半の予告演出)⇒「剣」(後半の予告演出)の確率、すなわち、出現率が「56%」(=「56/100」)となっている。そのため、図4(a)に示す予告演出振り分けテーブルTBL1と同様、「白文字」(前半の予告演出)⇒「剣」(後半の予告演出)<「黒文字」(前半の予告演出)⇒「木の棒」(後半の予告演出)<「白文字」(前半の予告演出)⇒「木の棒」(後半の予告演出)<「黒文字」(前半の予告演出)⇒「剣」(後半の予告演出)の順で信頼度が高くなっており、低信頼度である「白文字」「木の棒」を使用する予告演出パターンが2回続くと信頼度が高くなるように設定されている。それゆえ、図4(b)に示すように、前半の予告演出パターンを選択する振り分けテーブルと、後半の演出パターンを選択する振り分けテーブルとを用いて前半及び後半の予告演出パターンを選択するようにしても、図4(a)に示す予告演出振り分けテーブルTBL1と同様、図5に示すような予告演出を実行することができる。   Thus, as shown in FIG. 4 (b), the first half and the second half of the notice effect pattern are selected using the distribution table for selecting the first half of the notice effect pattern and the distribution table for selecting the second half of the notice effect pattern. As shown on the right side of FIG. 4B, the probability of “white character” (first half notice effect) ⇒ “sword” (second half notice effect), that is, the appearance rate is “ “6%” (= “6/100”), “black letters” (first half notice effect) ⇒ “wood stick” (second half notice effect), that is, the appearance rate is “14%” (= “14 / 100 ")," white character "(first half notice effect) ⇒" wood stick "(second half notice effect) probability, that is, the appearance rate is" 24% "(=" 24/100 ")," black character " (First half notice effect) ⇒ Probability of “sword” (second half notice effect), that is, appearance There has been a "56%" (= "56/100"). Therefore, as with the notice effect distribution table TBL1 shown in FIG. 4 (a), “white character” (first half notice effect) ⇒ “sword” (second half notice effect) <“black character” (first half notice effect) ⇒ “Thu No stick "(second half notice effect) <" white letter "(first half notice effect) ⇒" wood stick "(second half notice effect) <" black letter "(first half notice effect) ⇒" sword "(second half notice) The level of reliability increases in the order of production), and the reliability is set to be higher when the notice production pattern using “white characters” and “wood sticks” that are low reliability continues twice. Therefore, as shown in FIG. 4B, the first half and the second half of the notice effect pattern are selected using the distribution table for selecting the first half notice effect pattern and the distribution table for selecting the second half effect pattern. However, similar to the notice effect distribution table TBL1 shown in FIG. 4A, the notice effect as shown in FIG. 5 can be executed.
このように、前半の予告演出パターンを選択する振り分けテーブルと、後半の予告演出パターンを選択する振り分けテーブルとを用いて前半及び後半の予告演出パターンを選択するようにすれば、予告演出パターンのバリエーションが増加したとしても、予告演出パターンの振り分け作業が簡素化することとなる。すなわち、図4(a)に示す予告演出振り分けテーブルTBL1は、例えば、予告演出パターンが2種類(白文字,黒文字、木の棒,剣)であれば、全組合せ(前半及び後半の組合せ)として2×2の4パターンの予告演出パターンの確率を振り分けるだけで済むが、予告演出パターンのバリエーションが増加し、予告演出パターン5種類(白文字,青文字,黄文字,緑文字,黒文字、木の棒,こんぼう,やり,剣,大剣)となった場合、全組合せ(前半及び後半の組合せ)として5×5の25パターンの予告演出パターンの確率を振り分ける必要があり作業が煩雑となる。しかしながら、図4(b)に示すように、前半の予告演出パターンを選択する振り分けテーブルと、後半の予告演出パターンを選択する振り分けテーブルとを用いて前半及び後半の予告演出パターンを選択するようにすれば、図4(a)に示す予告演出振り分けテーブルTBL1のように、全組合せ(前半及び後半の組合せ)のパターンを一度に選択するような制御とはならないため、予告演出パターンの確率を振り分ける作業が簡素化することとなる。   Thus, if the first half and the second half of the notice effect pattern are selected using the distribution table for selecting the first half of the notice effect pattern and the distribution table of selecting the second half of the notice effect pattern, the variation of the notice effect pattern. Even if the number increases, the distribution work of the notice effect pattern is simplified. That is, in the notice effect distribution table TBL1 shown in FIG. 4A, for example, if there are two kinds of notice effect patterns (white letters, black letters, wooden sticks, swords), all combinations (first and second half combinations) are used. It is only necessary to distribute the probabilities of the 2 × 2 4 notice effect patterns, but the variation of the notice effect patterns has increased, and five kinds of notice effect patterns (white character, blue character, yellow character, green character, black character, wood character) In the case of a stick, a sword, a sword, a sword, and a large sword, it is necessary to distribute the probabilities of 5 * 5 25 notification effect patterns as all combinations (first half and second half combinations), which complicates the work. However, as shown in FIG. 4B, the first half and the second half of the notice effect pattern are selected using the distribution table for selecting the first half of the notice effect pattern and the distribution table for selecting the second half of the notice effect pattern. Then, unlike the notice effect distribution table TBL1 shown in FIG. 4A, the control of selecting all patterns (first and second half combinations) at a time is not performed, so the probability of the notice effect pattern is assigned. The work will be simplified.
一方、この種の演出内容における信頼度の設定として、カットイン予告演出を用いた演出内容にて信頼度の設定をしても良い。すなわち、図6(a)の画面P20に示すように、「左」「中」「右」の組合せ図柄のうち、「左」の図柄(P20a参照)と「右」の図柄(P20b参照)の変動表示が同一状態で停止し(図示では、「7」)、リーチ状態となり、そしてさらに、液晶表示装置41の表示領域に組合せ図柄とは異なる、主人公であるキャラクタ(P20c参照)と敵であるキャラクタ(P20d参照)とが表示され、その両キャラクタを覆うように「対決リーチ!」という白文字(P20e参照)が表示され、次いで、図6(b−1)の画面P21に示すように、主人公(P21a参照)が「今回の武器は・・・・」というセリフを報知すると、当該主人公が、図6(b−2)の画面P22に示すように、「剣だ!」というセリフを報知すると共に、当該主人公の図示右手に剣を持った画像(P22a参照)が液晶表示装置41に表示される。そのため、図6(b−3)の画面P23に示すように、図示右手に剣を持った主人公(P23a参照)が、「やー!」というセリフを報知すると共に、敵(P23b参照)に戦いを挑んだとしても、低信頼度の武器ではない、すなわち、低信頼度の予告演出パターンが2回続いて出現しなかったため、遊技者は大当たりへの期待感を大きく損ねることとなる。   On the other hand, as a setting of the reliability in this kind of effect content, the reliability may be set in the effect content using the cut-in notice effect. That is, as shown on the screen P20 in FIG. 6A, among the “left”, “middle”, and “right” combination symbols, the “left” symbol (see P20a) and the “right” symbol (see P20b). The variable display stops in the same state (“7” in the figure), reaches the reach state, and is further the enemy of the main character (see P20c) that is different from the combination symbol in the display area of the liquid crystal display device 41. A character (see P20d) is displayed, and a white character (see P20e) “Confrontation reach!” Is displayed so as to cover both characters. Next, as shown in a screen P21 in FIG. 6 (b-1), When the main character (see P21a) reports the line “This weapon is ...”, the main character reports the line “Sword!” As shown on screen P22 in FIG. 6 (b-2). And Image having a sword (see P22a) is displayed on the liquid crystal display device 41 shown right human public. Therefore, as shown in screen P23 of FIG. 6 (b-3), the hero (see P23a) holding a sword in the right hand in the figure notifies the line “Ya!” And fights the enemy (see P23b). Even if it is challenged, the player is not a low-reliability weapon, that is, the low-reliability notice effect pattern does not appear twice in succession, so the player greatly impairs the expectation of the jackpot.
しかしながら、次いで、図6(c−1)の画面P24に示すように、「強すぎる・・・」という「白文字」のカットイン予告演出が出現すると(P24a参照)、低信頼度に設定されている「白文字」が2回続けて出現(図6(a)の画面P20参照)したこととなるため高信頼度となり、最終的に、図6(c−2)の画面P25に示すように、主人公(P25a参照)が敵(P25b参照)との戦いに勝利し、「中」の図柄(P25c参照)が、「左」の図柄(P25d参照)と「右」の図柄(P25e参照)と同一の状態(図示では「7」)で停止し、遊技者に「大当たり」であることを報知する。そのため、このように、低信頼度である「白文字」の予告演出が2回続けて出現すれば、高信頼度となるように設定しておいても良い。このようにすれば、低信頼度である「白文字」の予告演出パターンが出現し、次いで、低信頼度でない「剣」の予告演出パターンが出現したとしても、次に、「白文字」のカットイン予告演出が出現すれば高信頼度となるため、遊技者は大当たりへの期待感を損ねることなく、大当たりへの期待感を維持したまま遊技を継続することができる。   However, as shown in the screen P24 of FIG. 6 (c-1), when a “white character” cut-in notice effect “Too strong” appears (see P24a), the reliability is set to low. "White character" appears twice in succession (see screen P20 in FIG. 6A), so the reliability is high, and finally, as shown in screen P25 in FIG. 6C-2. In addition, the main character (see P25a) wins the battle with the enemy (see P25b), and the “middle” symbol (see P25c) becomes the “left” symbol (see P25d) and the “right” symbol (see P25e). Is stopped in the same state ("7" in the figure), and the player is informed that it is a "big hit". Therefore, as described above, if the notice presentation effect of “white character” having low reliability appears twice, it may be set to have high reliability. In this way, even if a low-reliability “white character” notice effect pattern appears, and then a non-reliable “sword” notice effect pattern appears, If the cut-in notice effect appears, the reliability becomes high, so that the player can continue the game while maintaining the expectation for the jackpot without losing the expectation for the jackpot.
次に、上記内容を踏まえ、主制御基板60及び演出制御基板90にて処理される予告演出に関する部分の処理内容を、図7〜図18を参照してさらに具体的に説明する。   Next, based on the above contents, the processing contents of the portion related to the notice effect processed by the main control board 60 and the effect control board 90 will be described more specifically with reference to FIGS.
<主制御基板処理>
まず、本発明の特徴部分に係る主制御基板60の主制御ROM601内に格納されているプログラムの概要を図7〜図15を用いて説明する。
<Main control board processing>
First, an outline of a program stored in the main control ROM 601 of the main control board 60 according to the characteristic part of the present invention will be described with reference to FIGS.
<主制御基板:メイン処理>
まず、パチンコ遊技機1に電源が投入されると、電源基板130(図3参照)から各制御基板に電源が投入された旨の電源投入信号が送られ、その信号を受けて、主制御CPU600(図3参照)は、図7に示す主制御メイン処理を行う。主制御CPU600は、まず、最初に自らを割込み禁止状態に設定すると共に(ステップS1)、当該主制御CPU600内のレジスタ値等の初期設定を行う(ステップS2)。
<Main control board: Main processing>
First, when the pachinko gaming machine 1 is turned on, a power-on signal indicating that the power is turned on to each control board is sent from the power board 130 (see FIG. 3), and the main control CPU 600 receives the signal. (See FIG. 3) performs the main control main process shown in FIG. First, the main control CPU 600 sets itself to an interrupt disabled state (step S1), and performs initial setting of register values and the like in the main control CPU 600 (step S2).
続いて、主制御CPU600は、電源基板130より出力されている電圧異常信号ALARM(図示せず)を2回取得し、その2回取得した電圧異常信号ALARMのレベルが一致するか否かを確認した上で図示しない当該主制御CPU600の内部レジスタ内に格納し、その電圧異常信号ALARMのレベルを確認する(ステップS3)。そして電圧異常信号ALARMのレベルが「L」レベルであれば(ステップS4:YES)、ステップS3の処理に戻り、電圧異常信号ALARMのレベルが「H」レベルであれば(ステップS4:NO)、ステップS5の処理に進む。すなわち、主制御CPU600は、電圧異常信号ALARMが正常レベル(すなわち「H」レベル)に変化するまで同一の処理を繰り返す(ステップS3〜S4)。このように、電圧異常信号ALARMを2回取得することで、正確な信号を読み込むことができる。   Subsequently, the main control CPU 600 acquires the voltage abnormality signal ALARM (not shown) output from the power supply board 130 twice, and confirms whether or not the level of the voltage abnormality signal ALARM acquired twice coincides. Then, it is stored in an internal register of the main control CPU 600 (not shown), and the level of the voltage abnormality signal ALARM is confirmed (step S3). If the level of the voltage abnormality signal ALARM is “L” level (step S4: YES), the process returns to step S3. If the level of the voltage abnormality signal ALARM is “H” level (step S4: NO), The process proceeds to step S5. That is, main control CPU 600 repeats the same processing until voltage abnormality signal ALARM changes to a normal level (that is, “H” level) (steps S3 to S4). Thus, an accurate signal can be read by acquiring the voltage abnormality signal ALARM twice.
次いで、主制御CPU600は、主制御RAM602(図3参照)へのデータ書込みを許可する(ステップS5)。このように、電圧異常信号ALARMの正常レベル(正常値)を検知するまで主制御RAM602へのデータ書き込みを禁止することにより、電源基板130に供給される外部電源(交流電圧AC24V)が安定して供給される前に、不安定な信号が主制御RAM602にアクセスし、主制御RAM602に記憶されているデータを書き換えてしまうという事態を防止することができる。   Next, the main control CPU 600 permits data writing to the main control RAM 602 (see FIG. 3) (step S5). Thus, by prohibiting data writing to the main control RAM 602 until the normal level (normal value) of the voltage abnormality signal ALARM is detected, the external power supply (AC voltage AC24V) supplied to the power supply board 130 is stabilized. It is possible to prevent a situation in which an unstable signal accesses the main control RAM 602 and rewrites data stored in the main control RAM 602 before being supplied.
次いで、主制御CPU600は、演出制御基板90に液晶表示装置41に待機画面を表示させるような演出制御コマンド(待機画面表示コマンド)を送信し(ステップS6)、バックアップフラグBFLの内容を判定する(ステップS7)。なお、このバックアップフラグBFLとは、図8に示す電圧監視処理の動作が実行されたか否かを示すデータである。   Next, the main control CPU 600 transmits an effect control command (standby screen display command) that causes the effect control board 90 to display a standby screen on the liquid crystal display device 41 (step S6), and determines the contents of the backup flag BFL (step S6). Step S7). The backup flag BFL is data indicating whether or not the operation of the voltage monitoring process shown in FIG. 8 has been executed.
このバックアップフラグBFLがOFF状態(ステップS7:OFF)であれば、後述する図8に示す電圧監視処理の動作が実行されていないこととなり、主制御CPU600は、主制御RAM602内の全領域を全てクリアする処理を行う(ステップS11)。一方、バックアップフラグBFLがON状態(ステップS7:ON)であれば、後述する図8に示す電圧監視処理の動作が実行されていることとなるため、主制御CPU600は、チェックサム値を算出するためのチェックサム演算を行う(ステップS8)。なお、チェックサム演算とは、主制御RAM602の作業領域を対象とする8ビット加算演算である。   If this backup flag BFL is in the OFF state (step S7: OFF), the voltage monitoring processing operation shown in FIG. 8 to be described later is not executed, and the main control CPU 600 completes the entire area in the main control RAM 602. A clearing process is performed (step S11). On the other hand, if the backup flag BFL is in the ON state (step S7: ON), the operation of the voltage monitoring process shown in FIG. 8 to be described later is being executed, so the main control CPU 600 calculates the checksum value. The checksum operation for this is performed (step S8). The checksum operation is an 8-bit addition operation for the work area of the main control RAM 602.
そして、主制御CPU600は、上記チェックサム値が算出されたら、この演算結果を主制御RAM602内のSUM番地の記憶値と比較する処理を行う(ステップS9)。そして、記憶された演算結果は、主制御RAM602内に記憶されている他のデータと共に、電源基板130にて生成されるバックアップ電源によって維持されている。   When the checksum value is calculated, the main control CPU 600 performs a process of comparing the calculation result with the stored value at the SUM address in the main control RAM 602 (step S9). The stored calculation result is maintained by a backup power generated by the power supply board 130 together with other data stored in the main control RAM 602.
このSUM番地の記憶値と上記ステップS8の処理にて算出されたチェックサム値が不一致(ステップS9:NO)であれば、主制御CPU600は、主制御RAM602内の全領域を全てクリアする処理を行う(ステップS11)。そして一致(ステップS9:YES)していれば、主制御CPU600は、主制御RAM602内に記憶されているデータに基づいて電源遮断時の遊技動作に復帰させる処理を行う(ステップS10)。   If the stored value at the SUM address does not match the checksum value calculated in step S8 (step S9: NO), the main control CPU 600 clears all areas in the main control RAM 602. It performs (step S11). If they match (step S9: YES), the main control CPU 600 performs a process for returning to the gaming operation at the time of power-off based on the data stored in the main control RAM 602 (step S10).
次いで、主制御CPU600は、ステップS10及びステップS11の処理後、その内部に設けられている一定周期のパルス出力を作成する機能や時間計測の機能等を有するCTC(Counter Timer Circuit)の設定を行う。すなわち、主制御CPU600は、4ms毎に定期的にタイマ割込みがかかるように上記CTCの時間定数レジスタを設定する(ステップS12)。そして次いで、主制御CPU600は、自身への割込みを禁止状態にセットした状態(ステップS13)で、各種の乱数カウンタの更新処理を行う(ステップS14)。この各種乱数更新処理には、普通図柄の当否抽選に使用する普通図柄当り判定用乱数NPP_CNTの初期値変更に使用する普通図柄当り判定用初期値乱数の更新や、特別図柄変動パターンコマンドを決定するための抽選に使用する変動パターン用乱数値の更新等が含まれる。   Next, the main control CPU 600 performs setting of CTC (Counter Timer Circuit) having a function of creating a pulse output of a constant period, a function of time measurement, and the like provided therein after the processing of Step S10 and Step S11. . That is, the main control CPU 600 sets the CTC time constant register so that a timer interrupt is periodically generated every 4 ms (step S12). Next, the main control CPU 600 performs various random number counter update processing (step S14) in a state where interruption to itself is set to a prohibited state (step S13). In these various random number update processes, the normal value per-symbol determination initial value random number used to change the initial value of the normal symbol per-symbol determination random number NPP_CNT used for the normal symbol success / failure lottery and the special symbol variation pattern command are determined. Update of random numbers for variation patterns used for lottery for the purpose.
そしてその後、主制御CPU600は、割込み許可状態に戻して(ステップS15)、ステップS13に戻る処理を行う。   After that, the main control CPU 600 returns to the interrupt permission state (step S15) and performs a process of returning to step S13.
<主制御基板:タイマ割込み処理>
続いて、図8を参照して、上述したメイン処理を中断させて、4ms毎に開始されるタイマ割込みプログラムについて説明する。このタイマ割込みが生じると、主制御CPU600内のレジスタ群の内容を主制御RAM602のスタック領域に退避させる退避処理を実行し(ステップS20)、その後電圧監視処理を実行する(ステップS21)。この電圧監視処理は、電源基板130(図3参照)から出力される電圧異常信号ALARMのレベルを判定し、電圧異常信号ALARMが「L」レベル(異常レベル)であれば、主制御RAM602内に記憶されているデータのバックアップ処理、すなわち、当該データのチェックサム値を算出し、その算出したチェックサム値をバックアップデータとして主制御RAM602内に保存する処理を行うというものである。
<Main control board: Timer interrupt processing>
Next, with reference to FIG. 8, a timer interrupt program started every 4 ms by interrupting the main process described above will be described. When this timer interruption occurs, a saving process for saving the contents of the register group in the main control CPU 600 to the stack area of the main control RAM 602 is executed (step S20), and then a voltage monitoring process is executed (step S21). In this voltage monitoring process, the level of the voltage abnormality signal ALARM output from the power supply board 130 (see FIG. 3) is determined. If the voltage abnormality signal ALARM is “L” level (abnormal level), it is stored in the main control RAM 602. The stored data is backed up, that is, a checksum value of the data is calculated, and the calculated checksum value is stored in the main control RAM 602 as backup data.
次いで、主制御CPU600は、上記電圧監視処理(ステップS21)が終了すると、各遊技動作の時間を管理しているタイマのタイマ減算処理を行う(ステップS22)。ここで減算されたタイマは、大入賞口43(図2参照)の開放時間、普通図柄の変動時間、特別図柄の変動時間等の遊技演出時間、不正情報タイマ等を管理するために使用されるものである。   Next, when the voltage monitoring process (step S21) ends, the main control CPU 600 performs a timer subtraction process for a timer that manages the time of each gaming operation (step S22). The timer subtracted here is used to manage the opening time of the special winning opening 43 (see FIG. 2), the game effect time such as the normal symbol fluctuation time, the special symbol fluctuation time, the fraud information timer, and the like. Is.
そして続いて、主制御CPU600には、特別図柄始動口スイッチ42a(図3参照)と、普通図柄始動口スイッチ44a(図3参照)と、一般入賞口スイッチ45a(図3参照)と、大入賞口スイッチ43a(図3参照)を含む各種スイッチ類のON/OFF信号が入力され、主制御RAM602内の作業領域にON/OFF信号レベルや、その立ち上がり状態が記憶される(ステップS23)。なお、このスイッチ入力処理は、不正入賞があった場合に、立ち上がり状態を無効(入賞無効)にする処理も行い、賞球を払出すために上記大入賞口スイッチ43a,一般入賞口スイッチ45aに何個の遊技球が入賞したのかのカウントも行っている。   Then, the main control CPU 600 has a special symbol start port switch 42a (see FIG. 3), a normal symbol start port switch 44a (see FIG. 3), a general winning port switch 45a (see FIG. 3), and a big prize. The ON / OFF signals of various switches including the mouth switch 43a (see FIG. 3) are input, and the ON / OFF signal level and the rising state thereof are stored in the work area in the main control RAM 602 (step S23). Note that this switch input process also performs a process of invalidating the standing-up state (winning invalid) when there is an illegal winning, and in order to pay out a winning ball, the above-mentioned large winning opening switch 43a and the general winning opening switch 45a. It also counts how many game balls have won.
その後、主制御CPU600は、エラー管理処理を行う(ステップS24)。なお、エラー管理処理は、遊技球の補給が停止したり、あるいは、遊技球が詰まったりなど、機器内部に異常が生じていないかの判定を含むものである。   Thereafter, the main control CPU 600 performs error management processing (step S24). Note that the error management process includes a determination as to whether or not an abnormality has occurred inside the device, such as supply of game balls being stopped or game balls being clogged.
次いで、主制御CPU600は、賞球管理処理を実行する(ステップS25)。この賞球管理処理は、払出制御基板70(図3参照)に払出し動作を行わせるための払出制御コマンドを出力しているものである。   Next, the main control CPU 600 executes prize ball management processing (step S25). This prize ball management process outputs a payout control command for causing the payout control board 70 (see FIG. 3) to perform a payout operation.
次いで、主制御CPU600は、各変動表示ゲームに係る乱数を更新する乱数管理処理を実行する(ステップS26)。この乱数管理処理は、当否抽選に使用する普通図柄当り判定用乱数NPP_CNTを更新する処理や、特別図柄の種類を決める特別図柄用乱数を更新する処理等を実行するものである。   Next, the main control CPU 600 executes a random number management process for updating the random numbers related to each variable display game (step S26). This random number management process executes a process for updating the normal symbol per-determination random number NPP_CNT used for the success / failure lottery, a process for updating the special symbol random number for determining the type of the special symbol, and the like.
次いで、主制御CPU600は、普通図柄処理を実行する(ステップS27)。この普通図柄処理は、普通図柄の当否抽選を実行し、その抽選結果に基づいて普通図柄の変動パターンや普通図柄の停止表示状態を決定したりするものである。なお、この普通図柄処理の詳細については、後述することとする。   Next, the main control CPU 600 executes normal symbol processing (step S27). In this normal symbol processing, a normal symbol winning / losing lottery is executed, and the variation pattern of the normal symbol and the stop display state of the normal symbol are determined based on the lottery result. The details of this normal symbol processing will be described later.
次いで、主制御CPU600は、特別図柄処理を実行する(ステップS28)。この特別図柄処理では、特別図柄の当否抽選を実行し、その抽選の結果に基づいて特別図柄の変動パターンや特別図柄の停止表示態様(停止特別図柄)を決定する。なお、この特別図柄処理の詳細については、後述することとする。   Next, the main control CPU 600 executes special symbol processing (step S28). In this special symbol process, whether or not a special symbol is selected is determined, and a variation pattern of the special symbol and a stop display mode of the special symbol (stop special symbol) are determined based on the result of the lottery. Details of this special symbol process will be described later.
次いで、主制御CPU600は、LED管理処理を実行する(ステップS29)。このLED管理処理は、処理の進行状態に応じて、特別図柄表示装置46や普通図柄表示装置47への出力データを生成したり、当該データに基づく制御信号を出力したりする処理である。   Next, the main control CPU 600 executes LED management processing (step S29). This LED management process is a process of generating output data to the special symbol display device 46 or the normal symbol display device 47 or outputting a control signal based on the data according to the progress of the process.
次いで、主制御CPU600は、大入賞口43(図2参照)等の開閉動作を実現するソレノイドの駆動処理を実行し(ステップS30)、割込み許可状態に戻し(ステップS31)、主制御RAM602のスタック領域に退避させておいたレジスタの内容を復帰させタイマ割込みを終える(ステップS32)。これにより、割込み処理ルーチンからメイン処理(図7参照)に戻ることとなる。   Next, the main control CPU 600 executes a solenoid driving process for realizing the opening / closing operation of the special prize opening 43 (see FIG. 2) (step S30), returns to the interrupt permission state (step S31), and stacks the main control RAM 602. The contents of the register saved in the area are restored and the timer interrupt is finished (step S32). As a result, the process returns from the interrupt process routine to the main process (see FIG. 7).
<主制御基板:普通図柄処理>
次に、図9を参照して、上記普通図柄処理(図8のステップS27)について詳細に説明する。図9に示すように、普通図柄処理は、まず、ゲートからなる普通図柄始動口44(図2参照)において、遊技球の通過を検知したか否かを確認、すなわち、普通図柄始動口スイッチ44aの信号レベルを確認する(ステップS40)。そして遊技球の通過を検知した場合(ステップS40:YES)、主制御CPU600は、普通図柄始動保留球数が例えば4以上か否かを判断するため、普通図柄始動保留球数が格納されている主制御RAM602内の普通図柄始動保留領域を確認する(ステップS41)。そして、普通図柄始動保留球数が4未満であれば(ステップS41:≠MAX)、普通図柄始動保留球数を1加算(+1)する(ステップS42)。
<Main control board: Normal symbol processing>
Next, the normal symbol process (step S27 in FIG. 8) will be described in detail with reference to FIG. As shown in FIG. 9, in the normal symbol processing, first, it is confirmed whether or not the passing of the game ball is detected at the normal symbol starting port 44 (see FIG. 2) consisting of a gate, that is, the normal symbol starting port switch 44a. Is checked (step S40). When the passing of the game ball is detected (step S40: YES), the main control CPU 600 stores the number of normal symbol start reserved balls in order to determine whether or not the number of normal symbol start reserved balls is 4 or more, for example. The normal symbol start suspension area in the main control RAM 602 is confirmed (step S41). If the number of normal symbol start reserved balls is less than 4 (step S41: ≠ MAX), 1 is added (+1) to the number of normal symbol start reserved balls (step S42).
次いで、主制御CPU600は、図8に示すステップS26にて更新される普通図柄当り判定用乱数NPP_CNTの乱数値を抽出し、その抽出した乱数値を主制御RAM602内の普通図柄始動保留記憶領域に格納した上で(ステップS43)、ステップS44の処理に進む。   Next, the main control CPU 600 extracts a random number value of the normal symbol per-determination random number NPP_CNT updated in step S26 shown in FIG. 8, and stores the extracted random number value in the normal symbol start holding storage area in the main control RAM 602. After storing (step S43), the process proceeds to step S44.
一方、ステップS40にて、遊技球の通過を検知しなかった場合(ステップS40:NO)、又は、ステップS41にて、普通図柄始動保留球数が4以上であると判断した場合(ステップS41:=MAX)には、ステップS42〜S43の処理は行わず、ステップS44の処理に進む。   On the other hand, when the passage of the game ball is not detected in step S40 (step S40: NO), or when it is determined in step S41 that the number of normal symbol start reserved balls is 4 or more (step S41: = MAX), the process of steps S42 to S43 is not performed, and the process proceeds to step S44.
このようにしてステップS44の処理に進むと、主制御CPU600は、普通図柄当たり作動フラグがONに設定されているか、すなわち、普通図柄当たり作動フラグに5AHが設定されているかを確認する(ステップS44)。普通図柄当たり作動フラグに5AHが設定されていれば(ステップS44:ON)、普通図柄が当たり中であると判断し、普通図柄の表示データの更新を行った後(ステップS53)、図8に示すステップS27の普通図柄処理を終える。   When the process proceeds to step S44 in this way, the main control CPU 600 confirms whether the normal symbol operation flag is set to ON, that is, whether the normal symbol operation flag is set to 5AH (step S44). ). If 5AH is set in the normal symbol per operation flag (step S44: ON), it is determined that the normal symbol is hit, and after updating the display data of the normal symbol (step S53), FIG. The normal symbol process of step S27 shown is finished.
一方、普通図柄当たり作動フラグに5AHが設定されていなければ(ステップS44:OFF)、普通図柄の挙動を示す処理状態、すなわち、普通図柄動作ステータスフラグの値を確認する(ステップS45)。そして、普通図柄動作ステータスフラグが00Hであれば、主制御CPU600は、普通図柄の変動開始前の状態であると判断し、ステップS46に進み、普通図柄始動保留球数が0か否かを確認する(ステップS46)。この際、普通図柄始動保留球数が格納されている主制御RAM602内の普通図柄始動保留記憶領域を確認し、0であると主制御CPU600が判断した場合(ステップS46:=0)は、普通図柄の表示データの更新を行った後(ステップS53)、図8に示すステップS27の普通図柄処理を終える。   On the other hand, if 5AH is not set in the normal symbol operation flag (step S44: OFF), the processing state indicating the behavior of the normal symbol, that is, the value of the normal symbol operation status flag is confirmed (step S45). If the normal symbol operation status flag is 00H, the main control CPU 600 determines that the state is the state before the start of normal symbol variation, and proceeds to step S46 to check whether the normal symbol start holding ball number is 0 or not. (Step S46). At this time, if the main control CPU 600 determines that the normal symbol start reserved storage area in the main control RAM 602 in which the number of normal symbol start reserved balls is stored is 0 (step S46: = 0), it is normal. After the symbol display data is updated (step S53), the normal symbol processing in step S27 shown in FIG. 8 is finished.
一方、0でないと判断した場合(ステップS46:≠0)、主制御CPU600は、普通図柄始動保留球数を1減算(−1)する(ステップS47)。その後、主制御CPU600は、上記ステップS43にて主制御RAM602内の普通図柄始動保留記憶領域に格納した普通図柄当り判定用乱数NPP_CNTの乱数値を用いて当たり判定を行う。具体的には、普通図柄当り判定用乱数NPP_CNTの乱数値と、図15(a)に示す普通図柄当たり判定テーブルNPP_TBLに格納されている判定値とを比較して、普通図柄の当たり判定を行う。すなわち、普通図柄当たり判定テーブルNPP_TBLには、図15(a)に示すように、遊技状態が通常状態の場合、下限値として249,上限値として250が格納され、遊技状態が確変状態(当たり抽選確率が通常より高確率状態である確率変動状態)の場合、下限値として4,上限値として250が格納されている。そのため、遊技状態が通常状態で、普通図柄当り判定用乱数NPP_CNTの乱数値が249〜250の場合、普通図柄は当たりとなり、それ以外の乱数値はハズレとなる。そして、遊技状態が確変状態で、普通図柄当り判定用乱数NPP_CNTの乱数値が4〜250の場合、普通図柄は当たりとなり、それ以外の乱数値はハズレとなる。このようにして、上記ステップS43にて主制御RAM602内の普通図柄始動保留記憶領域に格納した普通図柄当り判定用乱数NPP_CNTの乱数値の当たり判定が行われる(ステップS48)。   On the other hand, when determining that it is not 0 (step S46: ≠ 0), the main control CPU 600 subtracts 1 (-1) from the number of normal symbol start reserved balls (step S47). After that, the main control CPU 600 makes a hit determination using the random number of the normal symbol per-determination random number NPP_CNT stored in the normal symbol start holding storage area in the main control RAM 602 in step S43. Specifically, the normal symbol hit determination is performed by comparing the random value of the normal symbol per-determination random number NPP_CNT with the determination value stored in the normal symbol hit determination table NPP_TBL shown in FIG. . That is, as shown in FIG. 15A, the normal symbol hit determination table NPP_TBL stores 249 as the lower limit value and 250 as the upper limit value when the game state is the normal state, and the game state is the probable change state (win lottery In the case of a probability fluctuation state in which the probability is higher than usual, 4 is stored as the lower limit value and 250 as the upper limit value. Therefore, when the gaming state is the normal state and the random number value of the random number NPP_CNT for normal symbol determination is 249 to 250, the normal symbol is winning and the other random number values are lost. When the gaming state is a probable change state and the random number value for the normal symbol per random symbol NPP_CNT is 4 to 250, the normal symbol is a win and the other random numbers are lost. In this way, the hit determination of the random number NPP_CNT for the normal symbol determination stored in the normal symbol start holding storage area in the main control RAM 602 in step S43 is performed (step S48).
次いで、主制御CPU600は、上記ステップ48の抽選結果に基づいて、停止図柄(普通図柄停止図柄)を決定する(ステップS49)。   Next, the main control CPU 600 determines a stop symbol (ordinary symbol stop symbol) based on the lottery result in step 48 (step S49).
次いで、主制御CPU600は、普通図柄の変動時間を短くする普通図柄時短フラグがONに設定されているかを確認し、ONに設定されていれば、普通図柄変動タイマにそれに応じた変動時間を設定し、OFFに設定されていれば、普通図柄変動タイマに通常の変動時間を設定する処理を行う(ステップS50)。   Next, the main control CPU 600 checks whether the normal symbol time reduction flag for shortening the normal symbol variation time is set to ON. If it is set to ON, the main control CPU 600 sets the normal symbol variation timer to the corresponding variation time. If it is set to OFF, a process of setting a normal fluctuation time in the normal symbol fluctuation timer is performed (step S50).
次いで、主制御CPU600は、普通図柄始動保留球数に対応した普通図柄の当否抽選に用いられる乱数値が格納されている主制御RAM602内の記憶領域をシフトする(ステップS51)。すなわち、普通図柄始動保留球数を最大で4個保留できるとすると、普通図柄始動保留4に対応した普通図柄の当否抽選に用いられる乱数値を普通図柄始動保留3に対応した普通図柄の当否抽選に用いられる乱数値が格納されていた主制御RAM602領域にシフトし、普通図柄始動保留3に対応した普通図柄の当否抽選に用いられる乱数値を普通図柄始動保留2に対応した普通図柄の当否抽選に用いられる乱数値が格納されていた主制御RAM602領域にシフトし、普通図柄始動保留2に対応した普通図柄の当否抽選に用いられる乱数値を普通図柄始動保留1に対応した普通図柄の当否抽選に用いられる乱数値が格納されていた主制御RAM602領域にシフトするという処理を行う。   Next, the main control CPU 600 shifts the storage area in the main control RAM 602 in which random numbers used for the normal symbol corresponding lottery corresponding to the number of normal symbol starting reserved balls are stored (step S51). That is, if it is possible to hold up to four normal symbol start hold balls, the random number used for the normal symbol corresponding to normal symbol start hold 4 can be determined as the normal symbol corresponding lottery corresponding to normal symbol start hold 3. Shift to the main control RAM 602 area where the random number value used for the normal symbol is stored, and the random number value used for the normal symbol corresponding to the normal symbol start hold 3 for the normal symbol corresponding to the normal symbol start hold 2 Shift to the main control RAM 602 area where the random value used for the normal symbol is stored, and the random number used for the normal symbol corresponding to the normal symbol start hold 2 for the normal symbol corresponding to the normal symbol start hold 1 A process of shifting to the main control RAM 602 area in which the random number value used in is stored.
この処理の後、主制御CPU600は、上記ステップS45にて用いた普通図柄動作ステータスフラグに01Hを設定し、普通図柄始動保留4に対応した普通図柄の当否抽選に用いられる乱数値が格納されていた主制御RAM602の領域に00Hを設定する処理を行う(ステップS52)。   After this processing, the main control CPU 600 sets 01H to the normal symbol operation status flag used in the above step S45, and the random number value used for the normal symbol start / stop lottery corresponding to the normal symbol start hold 4 is stored. The process of setting 00H in the area of the main control RAM 602 is performed (step S52).
そして、主制御CPU600は、上記ステップS52の処理を終えた後、普通図柄の表示データの更新を行い(ステップS53)、図8に示すステップS27の普通図柄処理を終える。   Then, after finishing the process of step S52, the main control CPU 600 updates the display data of the normal symbol (step S53), and ends the normal symbol process of step S27 shown in FIG.
一方、主制御CPU600は、上記ステップS45にて、普通図柄の挙動を示す処理状態、すなわち、普通図柄動作ステータスフラグの値が01Hであれば、普通図柄が変動中であると判断し、普通図柄変動タイマが0か否かを確認する(ステップS54)。普通図柄変動タイマが0でなければ(ステップS54:≠0)、普通図柄の表示データの更新を行い(ステップS53)、図8に示すステップS27の普通図柄処理を終える。   On the other hand, in step S45, the main control CPU 600 determines that the normal symbol is changing if the processing state indicating the behavior of the normal symbol, that is, the value of the normal symbol operation status flag is 01H. It is confirmed whether or not the variation timer is 0 (step S54). If the normal symbol variation timer is not 0 (step S54: ≠ 0), the normal symbol display data is updated (step S53), and the normal symbol processing of step S27 shown in FIG.
一方、普通図柄変動タイマが0であれば(ステップS54:=0)、主制御CPU600は、上記ステップS45にて用いた普通図柄動作ステータスフラグに02Hを設定し、普通図柄の当否抽選結果を一定時間維持させるために、普通図柄変動タイマに例えば約600msの時間を設定する(ステップS55)。   On the other hand, if the normal symbol variation timer is 0 (step S54: = 0), the main control CPU 600 sets 02H to the normal symbol operation status flag used in step S45, and the normal symbol win / fail lottery result is constant. In order to maintain the time, for example, a time of about 600 ms is set in the normal symbol variation timer (step S55).
そして、主制御CPU600は、上記ステップS55の処理を終えた後、普通図柄の表示データの更新を行い(ステップS53)、図8に示すステップS27の普通図柄処理を終える。   The main control CPU 600 updates the normal symbol display data after completing the process of step S55 (step S53), and ends the normal symbol process of step S27 shown in FIG.
他方、主制御CPU600は、上記ステップS45にて、普通図柄の挙動を示す処理状態、すなわち、普通図柄動作ステータスフラグの値が02Hであれば、普通図柄が確認時間中(普通図柄の変動が終了して停止中)であると判断し、普通図柄変動タイマが0か否かを確認する(ステップS56)。普通図柄変動タイマが0でなければ(ステップS56:≠0)、普通図柄の表示データの更新を行い(ステップS53)、図8に示すステップS27の普通図柄処理を終える。   On the other hand, in step S45, the main control CPU 600 determines that the normal symbol is in the confirmation time if the processing state indicating the behavior of the normal symbol, that is, the value of the normal symbol operation status flag is 02H (the variation of the normal symbol is completed). It is determined that the normal symbol variation timer is 0 (step S56). If the normal symbol variation timer is not 0 (step S56: ≠ 0), the normal symbol display data is updated (step S53), and the normal symbol processing of step S27 shown in FIG.
一方、普通図柄変動タイマが0であれば(ステップS56:=0)、主制御CPU600は、上記ステップS45にて用いた普通図柄動作ステータスフラグに00Hを設定し(ステップS57)、普通図柄当たり判定フラグがONに設定(5AHが設定)されているかを確認する(ステップS58)。   On the other hand, if the normal symbol variation timer is 0 (step S56: = 0), the main control CPU 600 sets 00H in the normal symbol operation status flag used in step S45 (step S57), and the normal symbol hit determination is performed. It is confirmed whether the flag is set to ON (5AH is set) (step S58).
これにより、普通図柄当たり判定フラグがOFFに設定(5AHが設定されていない)されていれば(ステップS58:OFF)、主制御CPU600は、普通図柄の表示データの更新を行い(ステップS53)、図8に示すステップS27の普通図柄処理を終える。一方、普通図柄当たり判定フラグがONに設定(5AHが設定)されていれば(ステップS58:ON)、主制御CPU600は、ステップS44にて用いられる普通図柄当たり作動フラグをON(5AHを設定)に設定した(ステップS59)後、普通図柄の表示データの更新を行い(ステップS53)、図8に示すステップS27の普通図柄処理を終える。   Accordingly, if the normal symbol hit determination flag is set to OFF (5AH is not set) (step S58: OFF), the main control CPU 600 updates the display data of the normal symbol (step S53), The normal symbol process of step S27 shown in FIG. On the other hand, if the normal symbol hit determination flag is set to ON (5AH is set) (step S58: ON), the main control CPU 600 turns on the normal symbol hit flag used in step S44 (sets 5AH). (Step S59), the normal symbol display data is updated (step S53), and the normal symbol processing of step S27 shown in FIG. 8 is completed.
<主制御基板:特別図柄処理>
次に、図10〜図14を参照して、上記特別図柄処理(図8のステップS28)について詳細に説明する。図10に示すように、特別図柄処理は、先ず、特別図柄始動口42(図2参照)の特別図柄始動口スイッチ42a(図3参照)において、遊技球の入球(入賞球)を検知した否かを確認する(ステップS70)。
<Main control board: Special symbol processing>
Next, the special symbol process (step S28 in FIG. 8) will be described in detail with reference to FIGS. As shown in FIG. 10, in the special symbol process, first, a special ball starting port 42 (see FIG. 2) of the special symbol starting port 42 (see FIG. 2) detects a game ball entry (winning ball). It is confirmed whether or not (step S70).
<特別図柄処理:始動口チェック処理>
この処理について、図11を用いて詳しく説明すると、主制御CPU600は、特別図柄始動口42に遊技球が入球(入賞)したか否かを確認、すなわち、特別図柄始動口42の特別図柄始動口スイッチ42aのレベルを確認する(ステップS80)。これにより、遊技球の入球(入賞)を検知しなければ(ステップS80:NO)、図10に示すステップS70の処理を終える。
<Special symbol processing: Start-up check processing>
This process will be described in detail with reference to FIG. 11. The main control CPU 600 confirms whether or not a game ball has entered (wins) the special symbol start port 42, that is, the special symbol start of the special symbol start port 42. The level of the mouth switch 42a is confirmed (step S80). Thereby, if the game ball entry (winning) is not detected (step S80: NO), the process of step S70 shown in FIG.
一方、遊技球の入球(入賞)を検知すれば(ステップS80:YES)、主制御CPU600は、特別図柄の変動契機となる特別図柄始動保留球数が所定数、主制御RAM602内の特別図柄始動保留記憶領域に格納されているか否かを確認する(ステップS81)。その特別図柄始動保留球数が、4未満であれば(ステップS81:≠MAX)、当該特別図柄始動保留球数を1加算(+1)する(ステップS82)。   On the other hand, if a game ball entry (winning) is detected (step S80: YES), the main control CPU 600 has a predetermined number of special symbol starting and holding balls that trigger a change in the special symbol, and a special symbol in the main control RAM 602. It is confirmed whether it is stored in the start hold storage area (step S81). If the number of special symbol start reserved balls is less than 4 (step S81: ≠ MAX), the number of special symbol start reserved balls is incremented by 1 (step S82).
次いで、主制御CPU600は、図7のステップS14及び図8のステップS26にて更新された特別図柄停止の際用いられる特別図柄用乱数値及び変動パターン用乱数値を取得し、さらに、当該主制御CPU600内に内蔵されているハードウェア乱数(ハードウェア回路が発生する乱数)の値(大当たり判定用乱数値)を取得し、これら乱数値をそれぞれ、特別図柄の変動契機となる特別図柄始動保留球数が格納されている主制御RAM602内の特別図柄始動保留記憶領域に格納する(ステップS83)。   Next, the main control CPU 600 obtains the special symbol random number value and the variation pattern random number value used when stopping the special symbol updated in step S14 of FIG. 7 and step S26 of FIG. The hardware random number (random number generated by the hardware circuit) built in the CPU 600 (random number value for jackpot determination) is acquired, and each random number value is a special symbol start holding ball that triggers the variation of the special symbol. The number is stored in the special symbol start suspension storage area in the main control RAM 602 in which the number is stored (step S83).
次いで、主制御CPU600は、現在の遊技状態(特別図柄大当たり判定フラグがONに設定されているか否か等)を確認し、先読み禁止状態か否かを判定する(ステップS84)。そして、先読み禁止状態でなければ(ステップS84:NO)、主制御CPU600は、上記ステップS83にて主制御RAM602内の特別図柄始動保留記憶領域に格納した特別図柄の当否抽選に用いられる大当たり判定用乱数値を取得し(ステップS85)、さらに、図示しない始動口入賞時乱数判定テーブルを取得する(ステップS86)。   Next, the main control CPU 600 confirms the current gaming state (whether or not the special symbol jackpot determination flag is set to ON, etc.) and determines whether or not prefetching is prohibited (step S84). If it is not in the prefetch prohibition state (step S84: NO), the main control CPU 600 is used for determining whether or not to win the special symbol stored in the special symbol start holding storage area in the main control RAM 602 in step S83. A random value is acquired (step S85), and a start opening winning random number determination table (not shown) is acquired (step S86).
次いで、主制御CPU600は、上記ステップS85にて取得した大当たり判定用乱数値及びステップS86にて取得した始動口入賞時乱数判定テーブルを用いて、大当たり抽選を行い、さらに、上記ステップS83にて主制御RAM602内の特別始動保留記憶領域に格納した特別図柄用乱数値を用いて、大当たりの種類(15R確変大当り、15R非確変大当たり等)を決定し、変動パターン用乱数値を用いて、変動パターンを決定し、それに応じた特別図柄始動口入賞コマンドを生成する(ステップS87)。   Next, the main control CPU 600 performs a jackpot lottery using the jackpot determination random number value acquired in step S85 and the starting opening winning random number determination table acquired in step S86, and further in step S83 The jackpot type (15R probability variation jackpot, 15R non-probable variation jackpot, etc.) is determined using the special symbol random number value stored in the special start hold storage area in the control RAM 602, and the variation pattern random number value is used to determine the variation pattern. And a special symbol start opening prize command corresponding to it is generated (step S87).
次いで、主制御CPU600は、上記生成された特別図柄始動口入賞コマンドに応じた下位バイトの始動保留加算コマンドを生成する(ステップS88)。   Next, the main control CPU 600 generates a lower-order start hold addition command corresponding to the generated special symbol start port winning command (step S88).
一方、主制御CPU600は、上記ステップS88の処理を終えるか、又は、上記ステップS81にて特別図柄始動保留球数が4以上であるか(ステップS81:=MAX)、あるいは、先読み禁止状態であれば(ステップS84:YES)、増加した始動保留球数に応じた上位バイトの始動保留加算コマンドを生成する(ステップS89)。   On the other hand, the main control CPU 600 finishes the process of step S88, or determines whether the number of special symbol starting reserved balls is 4 or more in step S81 (step S81: = MAX), or is in a prefetch prohibition state. If this is the case (step S84: YES), an upper-order start hold addition command corresponding to the increased start hold ball number is generated (step S89).
次いで、主制御CPU600は、上記ステップS88にて生成した下位バイトの始動保留加算コマンドと、上記ステップS89にて生成した上位バイトの始動保留加算コマンドとを結合した上で、演出制御コマンド(始動保留加算コマンド)として、演出制御基板90(図3参照)に送信する処理を行い(ステップS90)、図10に示すステップS70の処理を終える。   Next, the main control CPU 600 combines the lower byte start hold addition command generated in step S88 and the higher byte start hold addition command generated in step S89, and then produces an effect control command (start hold). As an addition command), a process of transmitting to the effect control board 90 (see FIG. 3) is performed (step S90), and the process of step S70 shown in FIG.
<主制御基板:特別図柄処理>
かくして、図10に示すステップS70の処理を終えると、主制御CPU600は、特別図柄小当たり作動フラグがONに設定されているか、すなわち、特別図柄小当たり作動フラグに5AHが設定されているかを確認する(ステップS71)。特別図柄小当たり作動フラグに5AHが設定されていれば(ステップS71:ON)、特別図柄が小当たり中であると判断し、特別図柄の表示データの更新を行った後(ステップS77)、図8に示すステップS28の特別図柄処理を終了する。
<Main control board: Special symbol processing>
Thus, when the process of step S70 shown in FIG. 10 is completed, the main control CPU 600 confirms whether the special symbol small hit operation flag is set to ON, that is, whether the special symbol small hit operation flag is set to 5AH. (Step S71). If 5AH is set in the special symbol small hit operation flag (step S71: ON), it is determined that the special symbol is in the small hit state, and the display data of the special symbol is updated (step S77). The special symbol process of step S28 shown in FIG.
一方、特別図柄小当たり作動フラグに5AHが設定されていなければ(ステップS71:OFF)、特別図柄大当たり作動フラグがONに設定されているか、すなわち、特別図柄大当たり作動フラグに5AHが設定されているかを確認する(ステップS72)。特別図柄大当たり作動フラグに5AHが設定されていれば(ステップS72:ON)、特別図柄が大当たり中であると判断し、特別図柄の表示データの更新を行った後(ステップS77)、図8に示すステップS28の特別図柄処理を終了する。   On the other hand, if 5AH is not set in the special symbol small hit operation flag (step S71: OFF), is the special symbol big hit operation flag set to ON, that is, whether the special symbol big hit operation flag is set to 5AH? Is confirmed (step S72). If the special symbol jackpot activation flag is set to 5AH (step S72: ON), it is determined that the special symbol is being jackpotted, and after updating the display data of the special symbol (step S77), FIG. The special symbol process of step S28 shown is terminated.
一方、特別図柄大当たり作動フラグに5AHが設定されていなければ(ステップS72:OFF)、特別図柄の挙動を示す処理状態、すなわち、特別図柄動作ステータスフラグの値を確認する(ステップS73)。より詳しく説明すると、主制御CPU600は、特別図柄動作ステータスフラグの値が00H又は01Hであれば、特別図柄変動待機中(特別図柄の変動が行われておらず次回の変動のための待機状態であることを示す)であると判定し、特別図柄変動開始処理を行う(ステップS74)。   On the other hand, if 5AH is not set in the special symbol jackpot operation flag (step S72: OFF), the processing state indicating the behavior of the special symbol, that is, the value of the special symbol operation status flag is confirmed (step S73). More specifically, if the value of the special symbol operation status flag is 00H or 01H, the main control CPU 600 is in a special symbol variation standby state (the special symbol variation is not performed and is in a standby state for the next variation. And a special symbol variation start process is performed (step S74).
<特別図柄処理:特別図柄変動開始処理>
この処理について、図12を用いて詳しく説明すると、主制御CPU600は、特別図柄始動保留球数が0か否かを確認する(ステップS100)。すなわち、主制御RAM602内の特別図柄始動保留記憶領域を確認し、特別図柄始動保留球数が0であると主制御CPU600が判断した場合は(ステップS100:=0)、特別図柄動作ステータスフラグの値が00Hか否かを確認する(ステップS101)。特別図柄動作ステータスフラグの値が00Hであれば(ステップS101:YES)、図10に示すステップS74の特別図柄変動開始処理を終了する。
<Special symbol processing: Special symbol variation start processing>
This process will be described in detail with reference to FIG. 12. The main control CPU 600 checks whether or not the number of special symbol start reserved balls is 0 (step S100). That is, the special symbol start reserved storage area in the main control RAM 602 is confirmed, and when the main control CPU 600 determines that the number of special symbol start reserved balls is 0 (step S100: = 0), the special symbol operation status flag is set. It is confirmed whether the value is 00H (step S101). If the value of the special symbol operation status flag is 00H (step S101: YES), the special symbol variation start process of step S74 shown in FIG. 10 is terminated.
一方、特別図柄動作ステータスフラグの値が00Hでなければ(ステップS101:NO)、主制御CPU600は、演出制御コマンド(客待ちデモコマンド)を演出制御基板90(図3参照)に送信し(ステップS102)、特別図柄動作ステータスフラグに00Hをセットした上で(ステップS103)、図10に示すステップS74の特別図柄変動開始処理を終了する。   On the other hand, if the value of the special symbol operation status flag is not 00H (step S101: NO), the main control CPU 600 transmits an effect control command (customer waiting demo command) to the effect control board 90 (see FIG. 3) (step 3). S102) After setting 00H to the special symbol operation status flag (step S103), the special symbol variation start process of step S74 shown in FIG. 10 is ended.
他方、特別図柄始動保留球数が0でないと判断した場合(ステップS100:≠0)、主制御CPU600は、特別図柄始動保留球数を1減算(−1)し(ステップS104)、演出制御コマンド(始動保留減算コマンド)を演出制御基板90(図3参照)に送信する(ステップS105)。   On the other hand, if it is determined that the number of special symbol start reserved balls is not 0 (step S100: ≠ 0), the main control CPU 600 subtracts 1 (-1) from the number of special symbol start reserved balls (step S104), and an effect control command (Start hold subtraction command) is transmitted to the effect control board 90 (see FIG. 3) (step S105).
次いで、主制御CPU600は、図9に示すステップS51の処理と同様、特別図柄始動保留球数に対応した特別図柄の当否抽選に用いられる乱数値(図11のステップS83にて格納した大当たり判定用乱数値)が格納されている主制御RAM602内の記憶領域をシフトし(ステップS106)、特別図柄始動保留4に対応した特別図柄の当否抽選に用いられる乱数値が格納されていた主制御RAM602の領域に0を設定する(ステップS107)。   Next, the main control CPU 600, similar to the process of step S51 shown in FIG. 9, uses a random number value for determining whether or not the special symbol corresponding to the number of special symbol starting and holding balls is used (for the jackpot determination stored in step S83 of FIG. 11). The storage area in the main control RAM 602 in which the random number value is stored is shifted (step S106), and the random number value used in the lottery for the special symbol corresponding to the special symbol start hold 4 is stored in the main control RAM 602. 0 is set in the area (step S107).
次いで、主制御CPU600は、図11のステップS83にて主制御RAM602内の特別図柄始動保留記憶領域に格納した大当たり判定用乱数値を用いて当たり判定を行う。具体的には、大当たり判定用乱数値と、図15(b)に示す特別図柄大当たり判定テーブルSDH_TBLに格納されている判定値とを比較、又は、図15(c)に示す特別図柄小当たり判定テーブルSDP_TBLに格納されている判定値とを比較して、特別図柄の当たり判定を行う。すなわち、特別図柄大当たり判定テーブルSDH_TBLには、図15(b)に示すように、遊技状態が通常状態の場合、下限値として10001,上限値として10164が格納され、遊技状態が確変状態(当たり抽選確率が通常より高確率状態である確率変動状態)の場合、下限値として10001,上限値として11640が格納されている。そのため、遊技状態が通常状態で、大当たり判定用乱数値が10001〜10164の場合、特別図柄は大当たりとなり、それ以外の乱数値はハズレとなる。そして、遊技状態が確変状態で、大当たり判定用乱数値が10001〜11640の場合、特別図柄は大当たりとなり、それ以外の乱数値はハズレとなる。また、特別図柄小当たり判定テーブルSDP_TBLには、図15(c)に示すように、下限値として20001,上限値として20164が格納されている。そのため、大当たり判定用乱数値が20001〜20164の場合、特別図柄は小当たりとなり、それ以外の乱数値はハズレとなる。このようにして、図11のステップS83にて主制御RAM602内の特別図柄始動保留記憶領域に格納した大当たり判定用乱数値の当たり判定が行われる(ステップS108)。   Next, the main control CPU 600 performs a hit determination using the jackpot determination random number stored in the special symbol start holding storage area in the main control RAM 602 in step S83 of FIG. Specifically, the jackpot determination random number value is compared with the determination value stored in the special symbol jackpot determination table SDH_TBL shown in FIG. 15B, or the special symbol small hit determination shown in FIG. 15C. Comparison with the determination values stored in the table SDP_TBL is performed to determine whether or not the special symbol is hit. That is, in the special symbol jackpot determination table SDH_TBL, as shown in FIG. 15B, when the gaming state is the normal state, 10001 is stored as the lower limit value and 10164 is stored as the upper limit value. In the case of a probability variation state in which the probability is higher than normal, a lower limit value of 10001 and an upper limit value of 11640 are stored. Therefore, when the gaming state is the normal state and the jackpot determination random number value is 10001 to 10164, the special symbol is a jackpot, and the other random number values are lost. When the gaming state is a probabilistic state and the jackpot determination random number value is 10001-1640, the special symbol is a jackpot, and the other random number values are lost. Further, in the special symbol small hit determination table SDP_TBL, as shown in FIG. 15C, 20001 is stored as the lower limit value and 20164 is stored as the upper limit value. Therefore, when the jackpot determination random number is 20001 to 20164, the special symbol is a small hit, and the other random numbers are lost. In this manner, the hit determination of the jackpot determination random number stored in the special symbol start holding storage area in the main control RAM 602 in step S83 of FIG. 11 is performed (step S108).
次いで、主制御CPU600は、図11のステップS83にて主制御RAM602内の特別図柄始動保留記憶領域に格納した特別図柄用乱数値を用いて、特別図柄の停止図柄を生成する(ステップS109)。   Next, the main control CPU 600 generates a special symbol stop symbol using the special symbol random number value stored in the special symbol start holding storage area in the main control RAM 602 in step S83 of FIG. 11 (step S109).
次いで、主制御CPU600は、通常状態、時短状態、潜伏確変状態、確変状態のいずれかの遊技状態に移行する準備を行う(ステップS110)。   Next, the main control CPU 600 prepares to shift to any one of the normal state, the time reduction state, the latent probability changing state, and the probability changing state (step S110).
次いで、主制御CPU600は、図11のステップS83にて主制御RAM602内の特別図柄始動保留記憶領域に格納した変動パターン用乱数値を用いて特別図柄の変動パターンの生成を行う(ステップS111)。この際、特別図柄変動タイマに変動時間が設定される。   Next, the main control CPU 600 generates a special symbol variation pattern using the variation pattern random number value stored in the special symbol start holding storage area in the main control RAM 602 in step S83 of FIG. 11 (step S111). At this time, the variation time is set in the special symbol variation timer.
次いで、主制御CPU600は、特別図柄変動中フラグに5AHを設定し、ON状態にする(ステップS112)。   Next, the main control CPU 600 sets 5AH to the special symbol changing flag and turns it on (step S112).
次いで、主制御CPU600は、液晶表示装置41(図2参照)に表示される特別図柄の特別図柄指定コマンドを生成し(ステップS113)、その生成した特別図柄指定コマンドを演出制御コマンドとして演出制御基板90(図3参照)に送信する処理を行う(ステップS114)。   Next, the main control CPU 600 generates a special symbol designation command for a special symbol displayed on the liquid crystal display device 41 (see FIG. 2) (step S113), and uses the generated special symbol designation command as an effect control command. 90 (see FIG. 3) is transmitted (step S114).
次いで、主制御CPU600は、特別図柄動作ステータスフラグに02Hを設定し(ステップS115)、図10に示すステップS74の特別図柄変動開始処理を終了する。   Next, main control CPU 600 sets 02H in the special symbol operation status flag (step S115), and ends the special symbol variation start process in step S74 shown in FIG.
他方、主制御CPU600は、図10に示すステップS73にて、特別図柄動作ステータスフラグの値が02Hであれば、特別図柄変動中(特別図柄が現在変動中であることを示す)であると判定し、特別図柄変動中処理を行う(ステップS75)。   On the other hand, in step S73 shown in FIG. 10, main control CPU 600 determines that the special symbol is changing (indicating that the special symbol is currently changing) if the value of the special symbol operation status flag is 02H. Then, special symbol variation processing is performed (step S75).
<特別図柄処理:特別図柄変動中処理>
この処理について、図13を用いて詳しく説明すると、主制御CPU600は、まず、図12のステップS111にて特別図柄変動タイマに設定された変動時間が経過したか、すなわち、0になったか否かを確認する(ステップS120)。特別図柄変動タイマが0でなければ(ステップS120:NO)、主制御CPU600は、図10に示すステップS75の特別図柄変動中処理を終了する。
<Special symbol processing: Special symbol variation processing>
This process will be described in detail with reference to FIG. 13. First, the main control CPU 600 determines whether or not the variation time set in the special symbol variation timer in step S111 in FIG. Is confirmed (step S120). If the special symbol variation timer is not 0 (step S120: NO), the main control CPU 600 ends the special symbol variation processing of step S75 shown in FIG.
一方、特別図柄変動タイマが0であれば(ステップS120:YES)、主制御CPU600は、演出制御コマンド(変動停止コマンド)を演出制御基板90(図3参照)に送信する(ステップS121)。そして、主制御CPU600は、特別図柄動作ステータスフラグに03Hを設定し、特別図柄変動中フラグに00Hを設定する。そしてさらに、主制御CPU600は、特別図柄の当否抽選結果を一定時間維持するために、特別図柄変動タイマに例えば約500msの時間を設定する(ステップS122)。その後、主制御CPU600は、図10に示すステップS75の特別図柄変動中処理を終了する。   On the other hand, if the special symbol variation timer is 0 (step S120: YES), the main control CPU 600 transmits an effect control command (variation stop command) to the effect control board 90 (see FIG. 3) (step S121). Then, main control CPU 600 sets 03H for the special symbol operation status flag and 00H for the special symbol changing flag. Further, the main control CPU 600 sets, for example, a time of about 500 ms in the special symbol variation timer in order to maintain the special symbol success / failure lottery result for a certain time (step S122). Thereafter, the main control CPU 600 ends the special symbol changing process in step S75 shown in FIG.
他方、主制御CPU600は、図10に示すステップS73にて、特別図柄動作ステータスフラグの値が03Hであれば、特別図柄確認中(特別図柄の変動が終了して停止中であることを示す)であると判定し、特別図柄確認時間中処理を行う(ステップS76)。   On the other hand, if the value of the special symbol operation status flag is 03H in step S73 shown in FIG. 10, the main control CPU 600 is confirming the special symbol (indicating that the special symbol has ended and has stopped) And the special symbol confirmation time processing is performed (step S76).
<特別図柄処理:特別図柄確認中処理>
この処理について、図14を用いて詳しく説明すると、主制御CPU600は、まず、図11のステップS111にて特別図柄変動タイマに設定された変動時間が経過したか、すなわち、0になったか否かを確認する(ステップS130)。特別図柄変動タイマが0でなければ(ステップS130≠0)、主制御CPU600は、図10に示すステップS76の特別図柄確認時間中処理を終了する。
<Special symbol processing: Special symbol confirmation processing>
This process will be described in detail with reference to FIG. 14. First, the main control CPU 600 determines whether or not the variation time set in the special symbol variation timer has elapsed in step S111 in FIG. Is confirmed (step S130). If the special symbol variation timer is not 0 (step S130 ≠ 0), main control CPU 600 ends the special symbol confirmation time process in step S76 shown in FIG.
一方、特別図柄変動タイマが0であれば(ステップS130=0)、主制御CPU600は、特別図柄動作ステータスフラグに01Hを設定し(ステップS131)、特別図柄大当たり判定フラグがONに設定されているか(5AHが設定されているか)を確認する(ステップS132)。特別図柄大当たり判定フラグがONに設定されていれば(5AHが設定されていれば)(ステップS132:YES)、特別図柄大当たり判定フラグに00Hを設定し、図10のステップS72にて使用する特別図柄大当たり作動フラグに5AHを設定し、そして普通図柄時短フラグに00Hを設定し、普通図柄確変フラグに00Hを設定し、さらに、特別図柄時短フラグに00Hを設定し、特別図柄確変フラグに00Hを設定し、後述する特別図柄時短回数カウンタ及び特別図柄確変回数カウンタに00Hを設定する処理を行う(ステップS133)。その後、主制御CPU600は、図10に示すステップS76の特別図柄確認時間中処理を終了する。   On the other hand, if the special symbol variation timer is 0 (step S130 = 0), the main control CPU 600 sets 01H to the special symbol operation status flag (step S131), and is the special symbol jackpot determination flag set to ON? (5AH is set) is confirmed (step S132). If the special symbol jackpot determination flag is set to ON (if 5AH is set) (step S132: YES), the special symbol jackpot determination flag is set to 00H, and the special symbol used in step S72 of FIG. Set the symbol jackpot activation flag to 5AH, set the normal symbol hour / short flag to 00H, set the normal symbol probability variation flag to 00H, set the special symbol hour / short flag to 00H, and set the special symbol probability variation flag to 00H. The setting is performed and 00H is set in a special symbol short time counter and a special symbol probability variable counter described later (step S133). Thereafter, main control CPU 600 ends the special symbol confirmation time process in step S76 shown in FIG.
他方、特別図柄大当たり判定フラグがONに設定されていなければ(5AHが設定されていなければ)(ステップS132:NO)、主制御CPU600は、特別図柄小当たり判定フラグがONに設定されているか(5AHが設定されているか)を確認する(ステップS134)。特別図柄小当たり判定フラグがONに設定されていれば(5AHが設定されていれば)(ステップS134:YES)、特別図柄小当たり判定フラグに00Hを設定し、図10のステップ71にて使用する特別図柄小当たり作動フラグに5AHを設定する(ステップS135)。   On the other hand, if the special symbol big hit determination flag is not set to ON (if 5AH is not set) (step S132: NO), the main control CPU 600 determines whether the special symbol small hit determination flag is set to ON ( Whether 5AH is set is confirmed (step S134). If the special symbol small hit determination flag is set to ON (if 5AH is set) (step S134: YES), the special symbol small hit determination flag is set to 00H and used in step 71 of FIG. The special symbol small hit operation flag to be set is set to 5AH (step S135).
主制御CPU600は、上記ステップS135の処理を終えた後、又は、特別図柄小当たり判定フラグがONに設定されていなければ(5AHが設定されていなければ)(ステップS134:NO)、特別図柄時短回数カウンタの値が0か否かを確認する(ステップS136)。   The main control CPU 600 finishes the process of step S135 or if the special symbol small hit determination flag is not set to ON (if 5AH is not set) (step S134: NO), the special symbol time is shortened. It is checked whether or not the value of the number counter is 0 (step S136).
特別図柄時短回数カウンタの値が0でなければ(ステップS136:NO)、特別図柄時短回数カウンタの値を1減算(−1)し(ステップS137)、主制御CPU600は、再度、特別図柄時短回数カウンタの値が0か否かを確認する(ステップS138)。そして、特別図柄時短回数カウンタの値が0であれば(ステップS138:YES)、普通図柄時短フラグに00Hを設定すると共に、普通図柄確変フラグに00Hを設定し、さらに、普通図柄時短フラグに00Hを設定する(ステップS139)。   If the value of the special symbol time counter is not 0 (step S136: NO), the value of the special symbol time counter is decremented by 1 (-1) (step S137), and the main control CPU 600 again performs the special symbol time counter. It is confirmed whether or not the counter value is 0 (step S138). If the value of the special symbol short time counter is 0 (step S138: YES), 00H is set to the normal symbol short time flag, 00H is set to the normal symbol probability change flag, and 00H is set to the normal symbol short time flag. Is set (step S139).
上記ステップS139の処理を終えた後、又は、特別図柄時短回数カウンタの値が0(ステップS136:YES)、あるいは、特別図柄時短回数カウンタの値が0でなければ(ステップS138:NO)、主制御CPU600は、特別図柄確変回数カウンタの値が0か否かを確認する(ステップS140)。特別図柄確変回数カウンタの値が0であれば(ステップS140:YES)、主制御CPU600は、図10に示すステップS76の特別図柄確認時間中処理を終了する。   After the process of step S139 is completed, or the value of the special symbol time reduction counter is 0 (step S136: YES), or the value of the special symbol time reduction counter is not 0 (step S138: NO), The control CPU 600 checks whether or not the value of the special symbol probability variation counter is 0 (step S140). If the value of the special symbol probability variation counter is 0 (step S140: YES), the main control CPU 600 ends the special symbol confirmation time processing in step S76 shown in FIG.
一方、特別図柄確変回数カウンタの値が0でなければ(ステップS140:NO)、主制御CPU600は、特別図柄確変回数カウンタの値を1減算(−1)し(ステップS141)、再度、特別図柄確変回数カウンタの値が0か否かを確認する(ステップS142)。特別図柄確変回数カウンタの値が0でなければ(ステップS142:NO)、主制御CPU600は、図10に示すステップS76の特別図柄確認時間中処理を終了する。   On the other hand, if the value of the special symbol probability variation counter is not 0 (step S140: NO), the main control CPU 600 subtracts 1 from the value of the special symbol probability variation counter (-1) (step S141), and again the special symbol. It is checked whether the value of the probability variation counter is 0 (step S142). If the value of the special symbol probability variation counter is not 0 (step S142: NO), the main control CPU 600 ends the special symbol confirmation time processing in step S76 shown in FIG.
一方、特別図柄確変回数カウンタの値が0であれば(ステップS142:YES)、主制御CPU600は、普通図柄時短フラグに00Hを設定し、普通図柄確変フラグに00Hを設定し、特別図柄時短フラグに00Hを設定し、特別図柄確変フラグに00Hを設定する処理を行い(ステップS143)、図10に示すステップS76の特別図柄確認時間中処理を終了する。   On the other hand, if the value of the special symbol probability variation counter is 0 (step S142: YES), the main control CPU 600 sets 00H for the normal symbol time variation flag, sets 00H for the normal symbol probability variation flag, and sets the special symbol time variation flag. Is set to 00H and the special symbol probability change flag is set to 00H (step S143), and the special symbol confirmation time processing in step S76 shown in FIG.
<主制御基板:特別図柄処理>
このようにして、主制御CPU600は、図10に示す特別図柄変動開始処理(ステップS74)、又は、特別図柄変動中処理(ステップS75)、あるいは、特別図柄確認時間中処理(ステップS76)を終えると、特別図柄の表示データの更新を行った後(ステップS77)、図8に示すステップS28の特別図柄処理を終了する。
<Main control board: Special symbol processing>
In this way, the main control CPU 600 ends the special symbol variation start process (step S74), the special symbol variation process (step S75), or the special symbol confirmation time process (step S76) shown in FIG. Then, after updating the display data of the special symbol (step S77), the special symbol processing of step S28 shown in FIG.
<演出制御基板処理>
次に、本発明の特徴部分に係る演出制御基板90の演出制御ROM901内に格納されているプログラムの概要を図16〜図18を用いて説明する。
<Production control board processing>
Next, the outline of the program stored in the effect control ROM 901 of the effect control board 90 according to the characteristic part of the present invention will be described with reference to FIGS.
<演出制御基板:メイン処理>
まず、パチンコ遊技機1に電源が投入されると、電源基板130(図3参照)から各制御基板に電源が投入された旨の電源投入信号が送られ、その信号を受けて、演出制御CPU900は、図16に示す演出制御メイン処理を行う。演出制御CPU900は、まず、内部に設けられているレジスタを初期化すると共に、入出力ポートの入出力方向を設定する。そしてさらに、出力方向に設定された出力ポートから送信されるデータがシリアル転送となるように設定する(ステップS200)。
<Production control board: main processing>
First, when the pachinko gaming machine 1 is turned on, a power-on signal indicating that the power is turned on is sent from the power board 130 (see FIG. 3) to each control board. Performs the effect control main process shown in FIG. The effect control CPU 900 first initializes a register provided therein and sets the input / output direction of the input / output port. Further, the data transmitted from the output port set in the output direction is set to be serial transfer (step S200).
その設定後、演出制御CPU900は、上記主制御基板60(主制御CPU600)から受信する演出制御コマンドを格納する演出制御RAM902内のメモリ領域を初期化する(ステップS201)。そして、演出制御CPU900は、上記主制御基板60(主制御CPU600)からの割込み信号を受信する入力ポートの割込み許可設定処理を行う(ステップS202)。   After the setting, the effect control CPU 900 initializes a memory area in the effect control RAM 902 for storing the effect control command received from the main control board 60 (main control CPU 600) (step S201). Then, the effect control CPU 900 performs an interrupt permission setting process for the input port that receives the interrupt signal from the main control board 60 (main control CPU 600) (step S202).
次いで、演出制御CPU900は、作業領域、スタック領域として使用する演出制御RAM902内のメモリ領域を初期化し(ステップS203)、音LSI903(図3参照)に初期化指令を行う。これにより、音LSI903は、その内部に設けられているレジスタを初期化する(ステップS204)。   Next, the effect control CPU 900 initializes a memory area in the effect control RAM 902 used as a work area and a stack area (step S203), and issues an initialization command to the sound LSI 903 (see FIG. 3). Thereby, the sound LSI 903 initializes a register provided therein (step S204).
次いで、演出制御CPU900は、図示しない可動役物を動作させるモータに異常が発生しているか否か、そのモータを動作させるモータデータが格納される演出制御RAM902内のメモリ領域を確認する。異常データが格納されている場合は、演出制御CPU900は、当該モータを原点位置に戻す指令を行う。これにより、可動役物は初期位置に戻ることとなる(ステップS205)。   Next, the effect control CPU 900 checks whether or not an abnormality has occurred in a motor that operates a movable accessory (not shown), and a memory area in the effect control RAM 902 in which motor data for operating the motor is stored. When the abnormal data is stored, the effect control CPU 900 issues a command to return the motor to the origin position. As a result, the movable accessory returns to the initial position (step S205).
次いで、演出制御CPU900は、その内部に設けられている一定周期のパルス出力を作成する機能や時間計測の機能等を有するCTC(Counter Timer Circuit)の設定を行う。すなわち、演出制御CPU900は、1ms毎に定期的にタイマ割込みがかかるように上記CTCの時間定数レジスタを設定する(ステップS206)。   Next, the effect control CPU 900 performs setting of a CTC (Counter Timer Circuit) having a function of creating a pulse output with a constant period and a function of time measurement provided therein. That is, the effect control CPU 900 sets the CTC time constant register so that a timer interrupt is periodically generated every 1 ms (step S206).
上記処理を終えた後、演出制御CPU900は、メインループ更新周期か否かを確認する。具体的には、0〜31までループ状にカウントするメインループカウンタML_CNTを16分周(すなわち、16で除算)した際の余りを確認し、その余りが0であれば(ステップS207:YES)、ステップS209に進み、0以外であれば(ステップS207:NO)、図4(a)に示す予告演出振り分けテーブルTBL1を用いて予告演出を選択する場合は、予告演出乱数カウンタND_CNT、図4(b)に示す前半予告演出振り分けテーブルTBL10及び後半予告演出振り分けテーブルTBL11を用いて予告演出を選択する場合は、前半予告演出乱数カウンタFND_CNT及び後半予告演出乱数カウンタSND_CNTの乱数値等を更新する処理を行う(ステップS208)。なお、メインループカウンタML_CNTのインクリメント(+1)方法については、後述することとする。   After finishing the above processing, the effect control CPU 900 confirms whether or not it is the main loop update period. Specifically, the remainder when the main loop counter ML_CNT that counts in a loop from 0 to 31 is divided by 16 (that is, divided by 16) is confirmed, and if the remainder is 0 (step S207: YES). The process proceeds to step S209, and if it is other than 0 (step S207: NO), when selecting the notice effect using the notice effect distribution table TBL1 shown in FIG. 4A, the notice effect random number counter ND_CNT, FIG. When selecting the notice effect using the first half notice effect distribution table TBL10 and the second half notice effect distribution table TBL11 shown in b), processing for updating the random number values of the first half notice effect random number counter FND_CNT and the second half notice effect random number counter SND_CNT is performed. This is performed (step S208). A method for incrementing (+1) the main loop counter ML_CNT will be described later.
次いで、演出制御CPU900は、後述するステップS211にて生成された装飾ランプ基板100(図3参照)に搭載されているLEDランプ等の装飾ランプをそれぞれ点灯又は消灯させるのに必要な制御信号を演出制御RAM902内のメモリ領域に書込みする処理を行う(ステップS209)。   Next, the production control CPU 900 produces a control signal necessary to turn on or off the decorative lamps such as LED lamps mounted on the decorative lamp substrate 100 (see FIG. 3) generated in step S211 to be described later. A process of writing to the memory area in the control RAM 902 is performed (step S209).
続いて、演出制御CPU900は、上記演出制御RAM902内のメモリ領域に格納されている上記主制御基板60(主制御CPU600)から受信する演出制御コマンドを読み出し、その内容に応じた演出パターンを、演出制御ROM901内に予め格納しておいた多数の演出パターンの中から抽選により決定する。すなわち、上記読み出した演出制御コマンドが「大当たり」の場合、演出制御CPU900は、図4(a)に示す振り分けテーブルTBL1の「大当たり」の欄を参照すると共に、予告演出乱数カウンタND_CNTのカウント値を抽出する。そして、その抽出したカウント値が0〜4の場合、前半の予告演出として「白文字」を使用する予告演出パターンが選択され、後半の予告演出として「剣」を使用する予告演出パターンが選択される。また、カウント値が5〜19の場合、前半の予告演出として「黒文字」を使用する予告演出パターンが選択され、後半の予告演出として「木の棒」を使用する予告演出パターンが選択され、カウント値が20〜49の場合、前半の予告演出として「白文字」を使用する予告演出パターンが選択され、後半の予告演出として「木の棒」を使用する予告演出パターンが選択される。さらに、予告演出乱数カウンタND_CNTのカウント値が50〜99の場合、前半の予告演出として「黒文字」を使用する予告演出パターンが選択され、後半の予告演出として「剣」を使用する予告演出パターンが選択される。   Subsequently, the effect control CPU 900 reads the effect control command received from the main control board 60 (main control CPU 600) stored in the memory area in the effect control RAM 902, and displays the effect pattern according to the content. It is determined by lottery from a number of performance patterns stored in advance in the control ROM 901. That is, when the read effect control command is “big hit”, the effect control CPU 900 refers to the “big hit” column of the distribution table TBL1 shown in FIG. 4A and sets the count value of the notice effect random number counter ND_CNT. Extract. When the extracted count value is 0 to 4, a notice effect pattern using “white characters” is selected as the first notice effect, and a notice effect pattern using “sword” is selected as the second notice effect. The When the count value is 5 to 19, the notice effect pattern using “black characters” is selected as the first notice effect, and the notice effect pattern using “wood stick” is selected as the second notice effect. When the value is 20 to 49, the notice effect pattern using “white characters” is selected as the first notice effect, and the notice effect pattern using “wood stick” is selected as the second notice effect. In addition, when the count value of the notice effect random number counter ND_CNT is 50 to 99, the notice effect pattern using “black characters” is selected as the notice effect in the first half, and the notice effect pattern using “sword” as the notice effect in the second half is selected. Selected.
一方、上記読み出した演出制御コマンドが「ハズレ」の場合、演出制御CPU900は、図4(a)に示す振り分けテーブルTBL1の「ハズレ」の欄を参照すると共に、予告演出乱数カウンタND_CNTのカウント値を抽出する。そして、その抽出したカウント値が0〜49の場合、前半の予告演出として「白文字」を使用する予告演出パターンが選択され、後半の予告演出として「剣」を使用する予告演出パターンが選択される。そして、カウント値が50〜79の場合、前半の予告演出として「黒文字」を使用する予告演出パターンが選択され、後半の予告演出として「木の棒」を使用する予告演出パターンが選択され、カウント値が80〜94の場合、前半の予告演出として「白文字」を使用する予告演出パターンが選択され、後半の予告演出として「木の棒」を使用する予告演出パターンが選択される。そしてさらに、予告演出乱数カウンタND_CNTのカウント値が95〜99の場合、前半の予告演出として「黒文字」を使用する予告演出パターンが選択され、後半の予告演出として「剣」を使用する予告演出パターンが選択される。   On the other hand, when the read effect control command is “losing”, the effect control CPU 900 refers to the “losing” column of the distribution table TBL1 shown in FIG. 4A and sets the count value of the notice effect random number counter ND_CNT. Extract. When the extracted count value is 0 to 49, the notice effect pattern using “white character” is selected as the notice effect in the first half, and the notice effect pattern using “sword” is selected as the notice effect in the second half. The When the count value is 50 to 79, the notice effect pattern using “black characters” is selected as the first notice effect, and the notice effect pattern using “wood stick” is selected as the second notice effect. When the value is 80 to 94, a notice effect pattern using “white characters” is selected as the first half notice effect, and a notice effect pattern using “wood stick” is selected as the second notice effect. Further, when the count value of the notice effect random number counter ND_CNT is 95 to 99, the notice effect pattern using “black characters” is selected as the notice effect in the first half, and the notice effect pattern using “sword” as the notice effect in the second half. Is selected.
かくして、このように選択された予告演出パターンが液晶制御コマンドとして上記演出制御RAM902内のメモリ領域に格納される(ステップS210)。これにより、図5に示すような画面が液晶表示装置41に表示されることとなる。なお、演出制御RAM902内に格納された液晶制御コマンドが、後述する図18に示すタイマ割込み処理の際、液晶制御基板120(図3参照)に送信され、その液晶制御コマンドに応じた内容が液晶表示装置41に表示されることとなる。また、この液晶制御コマンドには、始動保留球数の情報や特別図柄の変動/停止の内容等が含まれている。さらに、本実施形態においては、図4(a)に示す振り分けテーブルTBL1を用いて予告演出パターンを選択するようにしたが、勿論、図4(b)に示す前半予告演出振り分けテーブルTBL10及び後半予告演出振り分けテーブルTBL11を用いて予告演出パターンを選択しても良い。   Thus, the notice effect pattern selected in this way is stored in the memory area in the effect control RAM 902 as a liquid crystal control command (step S210). As a result, a screen as shown in FIG. 5 is displayed on the liquid crystal display device 41. Note that the liquid crystal control command stored in the effect control RAM 902 is transmitted to the liquid crystal control board 120 (see FIG. 3) during timer interrupt processing shown in FIG. It will be displayed on the display device 41. Further, the liquid crystal control command includes information on the number of starting and holding balls, the contents of fluctuation / stop of special symbols, and the like. Furthermore, in the present embodiment, the notice effect pattern is selected using the distribution table TBL1 shown in FIG. 4A. Of course, the first half notice effect distribution table TBL10 and the second half notice shown in FIG. A notice effect pattern may be selected using the effect distribution table TBL11.
次いで、演出制御CPU900は、上記ステップS210の処理を終えた後、上記決定された演出パターン(予告演出パターンも含む)に対応するBGM又は効果音等の音を決定すると共に、可動役物を動作させるモータの動作内容及び大入賞口43などに設けられているソレノイドの動作内容を決定する。そして、上記決定された演出パターン(予告演出パターンも含む)内に、演出ボタン装置13(図1参照)を遊技者に押下げさせるような演出があるか否かも決定される(ステップS211)。   Next, after finishing the process of step S210, the effect control CPU 900 determines a sound such as BGM or sound effect corresponding to the determined effect pattern (including the notice effect pattern) and operates the movable accessory. The operation content of the motor to be operated and the operation content of the solenoid provided in the special winning opening 43 are determined. Then, it is also determined whether or not there is an effect that causes the player to push down the effect button device 13 (see FIG. 1) in the determined effect pattern (including the notice effect pattern) (step S211).
次いで、演出制御CPU900は、上記決定された音に関する制御信号を音LSI903に送信する。そして、音LSI903は、その制御信号に応じたBGMあるいは効果音を音ROM904から読み出す。これにより、音LSI903は、その読み出した音データに基づく処理を行い、音源データとしてスピーカ16へ出力する処理を行う(ステップS212)。   Next, the effect control CPU 900 transmits a control signal related to the determined sound to the sound LSI 903. Then, the sound LSI 903 reads BGM or sound effect according to the control signal from the sound ROM 904. As a result, the sound LSI 903 performs processing based on the read sound data, and performs processing of outputting the sound source data to the speaker 16 (step S212).
次いで、演出制御CPU900は、ステップS211にて決定されたソレノイドの作動内容に応じたソレノイドデータを生成し、その生成したソレノイドデータを演出制御RAM902内に格納する(ステップS213)。   Next, the effect control CPU 900 generates solenoid data corresponding to the solenoid operation content determined in step S211, and stores the generated solenoid data in the effect control RAM 902 (step S213).
次いで、演出制御CPU900は、上記ステップS212の処理に関し、音LSI903が音データ等をデコード処理する際、ノイズ等により何らかのエラーが発生していないかを、当該音LSI903にアクセスし確認する(ステップS214)。   Next, the effect control CPU 900 accesses the sound LSI 903 and confirms whether or not any error has occurred due to noise or the like when the sound LSI 903 decodes the sound data or the like with respect to the process of step S212 (step S214). ).
かくして、演出制御CPU900は、上記ステップS214の処理を終えた後、再度ステップS207の処理に戻り、ステップS207〜S214の処理を繰り返すこととなる。   Thus, after finishing the process of step S214, the effect control CPU 900 returns to the process of step S207 again and repeats the processes of steps S207 to S214.
<演出制御基板:コマンド受信割込み処理>
続いて、図17を参照して、このような演出制御メイン処理の実行中に、主制御基板60(主制御CPU600)より演出制御コマンド及び割込み信号が送信されてきた際の処理について説明する。
<Production control board: Command reception interrupt processing>
Next, a process when an effect control command and an interrupt signal are transmitted from the main control board 60 (main control CPU 600) during execution of such an effect control main process will be described with reference to FIG.
図17に示すように、演出制御CPU900は、上記割込み信号を受信した際、各レジスタの内容を演出制御RAM902内のスタック領域に退避させる退避処理を実行する(ステップS220)。その後、演出制御CPU900は、演出制御コマンドを受信した入力ポートのレジスタを読み出し(ステップS221)、演出制御RAM902内のコマンド送受信用メモリ領域のアドレス番地を示すポインタを算出する(ステップS222)。   As shown in FIG. 17, when receiving the interrupt signal, the effect control CPU 900 executes a save process for saving the contents of each register in the stack area in the effect control RAM 902 (step S220). Thereafter, the effect control CPU 900 reads the register of the input port that has received the effect control command (step S221), and calculates a pointer indicating the address address of the command transmission / reception memory area in the effect control RAM 902 (step S222).
そしてその後、演出制御CPU900は、再度、演出制御コマンドを受信した入力ポートのレジスタを読み出し(ステップS223)、ステップS221にて読み出した値とステップS223にて読み出した値が一致しているか否かを確認する(ステップS224)。一致していなければ(ステップS224:NO)、ステップS227に進み、一致していれば(ステップS224:YES)、上記算出したポインタに対応するアドレス番地に、主制御基板60(主制御CPU600)より受信した演出制御コマンドを格納する(ステップS225)。なお、この格納された演出制御コマンドが、図16に示すステップS210の処理の際、演出制御CPU900に読み出されることとなる。   Then, the effect control CPU 900 again reads the register of the input port that has received the effect control command (step S223), and determines whether or not the value read in step S221 matches the value read in step S223. Confirmation is made (step S224). If they do not match (step S224: NO), the process proceeds to step S227, and if they match (step S224: YES), the main control board 60 (main control CPU 600) moves to the address address corresponding to the calculated pointer. The received effect control command is stored (step S225). The stored effect control command is read out by the effect control CPU 900 during the process of step S210 shown in FIG.
次いで、演出制御CPU900は、演出制御RAM902内のコマンド送受信用メモリ領域のアドレス番地を示すポインタを更新し(ステップS226)、ステップS220の処理で退避しておいたレジスタを復帰させる(ステップS227)。これにより、図16に示す演出制御メイン処理に戻ることとなる。   Next, the effect control CPU 900 updates the pointer indicating the address address of the command transmission / reception memory area in the effect control RAM 902 (step S226), and restores the register saved in the process of step S220 (step S227). Thereby, the process returns to the effect control main process shown in FIG.
<演出制御基板:タイマ割込み処理>
続いて、図18を参照して、演出制御メイン処理のステップS206(図16参照)の処理にて設定した、1ms毎のタイマ割込みが発生した際の処理について説明する。
<Production control board: Timer interrupt processing>
Next, with reference to FIG. 18, a process when a timer interrupt occurs every 1 ms set in the process of step S206 (see FIG. 16) of the effect control main process will be described.
図18に示すように、演出制御CPU900は、1ms毎のタイマ割込みが発生した際、各レジスタの内容を演出制御RAM902内のスタック領域に退避させる退避処理を実行する(ステップS230)。その後、演出制御CPU900は、当該演出制御CPU900内に設けられている入出力ポートのレジスタをリフレッシュする(ステップS231)。   As shown in FIG. 18, when the timer interrupt occurs every 1 ms, the effect control CPU 900 executes a save process for saving the contents of each register to the stack area in the effect control RAM 902 (step S230). After that, the effect control CPU 900 refreshes the input / output port registers provided in the effect control CPU 900 (step S231).
続いて、演出制御CPU900は、図16に示すステップS213にて処理した演出制御RAM902内のメモリ領域に格納されているソレノイドデータを出力ポートよりシリアル転送で送信する。これにより、大入賞口43等が開閉動作することとなる。またさらに、演出制御CPU900は、演出制御RAM902内のメモリ領域に格納されているモータデータを出力ポートよりシリアル転送で送信する。これにより、図示しない可動役物が、そのモータデータに基づいた動作をすることとなる(ステップS232)。   Subsequently, the effect control CPU 900 transmits the solenoid data stored in the memory area in the effect control RAM 902 processed in step S213 shown in FIG. 16 by serial transfer from the output port. As a result, the special winning opening 43 and the like are opened and closed. Furthermore, the effect control CPU 900 transmits the motor data stored in the memory area in the effect control RAM 902 by serial transfer from the output port. As a result, a movable accessory not shown performs an operation based on the motor data (step S232).
次いで、演出制御CPU900は、演出ボタン装置13からの信号を受信する(ステップS233)。なお、演出ボタン装置13が遊技者によって押下されていた場合、演出制御CPU900は、図16に示すステップS211の処理を行う際、演出ボタン装置13が押下されたことを考慮した演出パターン(予告演出パターンも含む)を決定することとなる。   Next, the effect control CPU 900 receives a signal from the effect button device 13 (step S233). When the effect button device 13 is pressed by the player, the effect control CPU 900 performs an effect pattern (notice effect) in consideration of the effect button device 13 being pressed when performing the process of step S211 shown in FIG. Including the pattern).
次いで、演出制御CPU900は、図示しない可動役物のモータ(図示せず)の位置を検知するモータセンサから送信される検知データに基づきモータの位置を確認する(ステップS234)。   Next, the effect control CPU 900 confirms the position of the motor based on detection data transmitted from a motor sensor that detects the position of a motor (not shown) of a movable accessory (not shown) (step S234).
次いで、演出制御CPU900は、図16に示すステップS210の処理にて演出制御RAM902内のメモリ領域に格納された液晶制御コマンドを液晶制御基板120(図3参照)に送信する(ステップS235)。これにより、液晶表示装置41に、その液晶制御コマンドに応じた内容が表示されることとなる。   Next, the effect control CPU 900 transmits the liquid crystal control command stored in the memory area in the effect control RAM 902 in the process of step S210 shown in FIG. 16 to the liquid crystal control board 120 (see FIG. 3) (step S235). As a result, the content corresponding to the liquid crystal control command is displayed on the liquid crystal display device 41.
次いで、演出制御CPU900は、上記ステップS234にて確認したモータの位置に基づき、図16に示すステップS211にて決定された可動役物を動作させるモータの動作内容に応じたモータデータを生成した上で、演出制御RAM902内のメモリ領域に格納する(ステップS236)。なお、この演出制御RAM902内のメモリ領域に格納されたモータデータが、次の1msのタイマ割込みの際、ステップS232の処理にて出力ポートよりシリアル転送にて送信されることとなる。   Next, the production control CPU 900 generates motor data corresponding to the operation content of the motor that operates the movable accessory determined in step S211 shown in FIG. 16 based on the position of the motor confirmed in step S234. Thus, it is stored in the memory area in the effect control RAM 902 (step S236). The motor data stored in the memory area in the effect control RAM 902 is transmitted by serial transfer from the output port in the process of step S232 at the next timer interruption of 1 ms.
次いで、演出制御CPU900は、図16に示すステップS209の処理にて演出制御RAM902内に格納した装飾ランプ基板100(図3参照)に搭載されているLEDランプ等の装飾ランプをそれぞれ点灯又は消灯させるのに必要な制御信号を装飾ランプ基板100に送信する。これにより、LEDランプ等の装飾ランプがそれぞれ点灯又は消灯することとなり、所望のランプ演出が行われることとなる。   Next, the effect control CPU 900 turns on or off the decorative lamps such as LED lamps mounted on the decorative lamp substrate 100 (see FIG. 3) stored in the effect control RAM 902 in the process of step S209 shown in FIG. A control signal necessary for this is transmitted to the decorative lamp substrate 100. As a result, decorative lamps such as LED lamps are turned on or off, and a desired lamp effect is performed.
次いで、演出制御CPU900は、図16に示すステップS207の処理にて用いる0〜31までループ状にカウントするメインループカウンタML_CNTをインクリメント(+1)し、そのインクリメントした値を16分周(すなわち、16で除算)する処理を行う(ステップS238)。そしてその後、演出制御CPU900は、ステップS230の処理で退避しておいたレジスタを復帰させる(ステップS239)。これにより、図16に示す演出制御メイン処理に戻ることとなる。   Next, the effect control CPU 900 increments (+1) the main loop counter ML_CNT that counts in a loop from 0 to 31 used in the process of step S207 shown in FIG. 16, and divides the incremented value by 16 (that is, 16 (Division by) is performed (step S238). Then, the effect control CPU 900 restores the register saved in the process of step S230 (step S239). Thereby, the process returns to the effect control main process shown in FIG.
しかして、以上説明した本実施形態によれば、信頼度の低い予告演出パターンが出現しても、遊技者の大当たりへの期待感を損ねることなく維持することができる。   Therefore, according to the present embodiment described above, even if a low-reliability notice effect pattern appears, it can be maintained without impairing the player's expectation of jackpot.
<第2実施形態>
次に、本発明に係る遊技機の第2実施形態を、図19〜図20を参照して説明する。なお、第1実施形態と同一構成については、同一の符号を付し、説明は省略する。
Second Embodiment
Next, a second embodiment of the gaming machine according to the present invention will be described with reference to FIGS. In addition, about the same structure as 1st Embodiment, the same code | symbol is attached | subjected and description is abbreviate | omitted.
第2実施形態と第1実施形態の異なる点は、図4に示す予告演出振り分けテーブルの内容が異なるだけで、それ以外は同一である。そのため、以下では、図19〜図20を用いて本実施形態に係る予告演出振り分けテーブルについて説明することとする。   The differences between the second embodiment and the first embodiment are the same except for the contents of the notice effect distribution table shown in FIG. Therefore, hereinafter, the notice effect distribution table according to the present embodiment will be described with reference to FIGS.
演出制御ROM901(図3参照)内には、予め、図19(a)に示す予告演出振り分けテーブルTBL100が格納されている。この予告演出振り分けテーブルTBL100は、図4(a)に示す予告演出振り分けテーブルTBL1と同様、どの予告演出パターンを実行するかを抽選(決定)する際使用されるものである。   In the effect control ROM 901 (see FIG. 3), a notice effect distribution table TBL100 shown in FIG. 19A is stored in advance. This notice effect distribution table TBL100 is used when lottery (decision) which notice effect pattern is to be executed, like the notice effect distribution table TBL1 shown in FIG.
具体的には、この予告演出振り分けテーブルTBL100には、複数の予告演出パターンのうち、いずれの予告演出パターンを選択するかの確率が格納されている。すなわち、特別図柄始動口42(図2参照)へ遊技球が入賞(特別図柄始動口スイッチ42a(図3参照)にて検知)すると、その入賞した遊技球(入賞球)に対して、遊技者に有利な特別遊技状態を発生させるか(いわゆる「大当たり」)、あるいは、遊技者に有利な特別遊技状態を発生させないか(いわゆる「ハズレ」)の抽選が主制御基板60(主制御CPU600)にて行われる。そして、その抽選結果が演出制御コマンドとして主制御基板60(主制御CPU600)より演出制御基板90に送信される。   Specifically, in this notice effect distribution table TBL100, the probability of which notice effect pattern is selected from among a plurality of notice effect patterns is stored. That is, when a game ball wins the special symbol start opening 42 (see FIG. 2) (detected by the special symbol start opening switch 42a (see FIG. 3)), the player receives the winning game ball (winning ball). The main control board 60 (main control CPU 600) draws a special game state advantageous to the player (so-called “big hit”) or not to generate a special game state advantageous to the player (so-called “losing”). Done. Then, the lottery result is transmitted from the main control board 60 (main control CPU 600) to the effect control board 90 as an effect control command.
この抽選結果が、図19(a)に示す予告演出振り分けテーブルTBL100の「ハズレ」「大当たり」として示されている(TB100参照)。そして、抽選結果が「ハズレ」の場合には、前半の予告演出(図示では、「前半」として示している)が「木の棒」を使用する予告演出パターンで、後半の予告演出(図示では、「後半」として示している)が「剣」を使用する予告演出パターンである場合の確率として「50/100」が格納されている(TB101参照)。そしてさらに、前半の予告演出(図示では、「前半」として示している)が「剣」を使用する予告演出パターンで、後半の予告演出(図示では、「後半」として示している)が「木の棒」を使用する予告演出パターンである場合の確率として「30/100」が格納され(TB102参照)、前半の予告演出(図示では、「前半」として示している)が「木の棒」を使用する予告演出パターンで、後半の予告演出(図示では、「後半」として示している)が「木の棒」を使用する予告演出パターンである場合の確率として「15/100」が格納されている(TB103参照)。またさらに、前半の予告演出(図示では、「前半」として示している)が「剣」を使用する予告演出パターンで、後半の予告演出(図示では、「後半」として示している)が「剣」を使用する予告演出パターンである場合の確率として「5/100」が格納されている(TB104参照)。   The lottery results are shown as “losing” and “big hit” in the notice effect distribution table TBL100 shown in FIG. 19A (see TB100). When the lottery result is “losing”, the first half notice effect (shown as “first half” in the figure) is a notice effect pattern using “wood sticks”, and the second half notice effect (shown in the figure). , “50/100” is stored as the probability when the “sword” is a notice effect pattern using “sword” (see TB101). In addition, the first half notice effect (shown as “first half” in the figure) is a notice effect pattern using “sword”, and the second half notice effect (shown as “second half” in the figure) is “tree”. “30/100” is stored as the probability in the case of the notice effect pattern using “no stick” (see TB102), and the first notice effect (shown as “first part” in the drawing) is “wood stick”. “15/100” is stored as the probability when the latter-stage notice effect (shown as “second half” in the figure) is a notice effect pattern using “wooden sticks”. (See TB103). Furthermore, the first-stage notice effect (shown as “first half” in the figure) is a notice effect pattern using “sword”, and the second-order notice effect (shown as “second half” in the figure) is “sword”. "5/100" is stored as the probability in the case of the notice effect pattern using "" (see TB104).
一方、抽選結果が「大当たり」の場合には、前半の予告演出(図示では、「前半」として示している)が「木の棒」を使用する予告演出パターンで、後半の予告演出(図示では、「後半」として示している)が「剣」を使用する予告演出パターンである場合の確率として「5/100」が格納されている(TB101参照)。そしてさらに、前半の予告演出(図示では、「前半」として示している)が「剣」を使用する予告演出パターンで、後半の予告演出(図示では、「後半」として示している)が「木の棒」を使用する予告演出パターンである場合の確率として「15/100」が格納され(TB102参照)、前半の予告演出(図示では、「前半」として示している)が「木の棒」を使用する予告演出パターンで、後半の予告演出(図示では、「後半」として示している)が「木の棒」を使用する予告演出パターンである場合の確率として「30/100」が格納されている(TB103参照)。またさらに、前半の予告演出(図示では、「前半」として示している)が「剣」を使用する予告演出パターンで、後半の予告演出(図示では、「後半」として示している)が「剣」を使用する予告演出パターンである場合の確率として「50/100」が格納されている(TB104参照)。   On the other hand, when the lottery result is “big hit”, the first half notice effect (shown as “first half” in the figure) is a notice effect pattern using “wood sticks”, and the second half notice effect (shown in the figure). , “5/100” is stored as the probability in the case of the notice effect pattern using “sword” (see TB101). In addition, the first half notice effect (shown as “first half” in the figure) is a notice effect pattern using “sword”, and the second half notice effect (shown as “second half” in the figure) is “tree”. “15/100” is stored as the probability in the case of the notice effect pattern using “no stick” (see TB102), and the first notice effect (shown as “first half” in the drawing) is “wood stick”. “30/100” is stored as the probability that the latter-stage notice effect (shown as “second half” in the figure) is a notice effect pattern using “wooden sticks”. (See TB103). Furthermore, the first-stage notice effect (shown as “first half” in the figure) is a notice effect pattern using “sword”, and the second-order notice effect (shown as “second half” in the figure) is “sword”. "50/100" is stored as the probability in the case of the notice effect pattern using "" (see TB104).
他方、上記のような確率が格納されている予告演出振り分けテーブルTBL100を参照して、予告演出パターンを選択するには、第1実施形態と同様に、予告演出乱数カウンタND_CNTのカウント値の値を参照して判断される。すなわち、例えば、抽選結果が「大当たり」の場合で、予告演出乱数カウンタND_CNTのカウント値が0〜4の場合は、前半の予告演出として「木の棒」を使用する予告演出パターンが選択され、後半の予告演出として「剣」を使用する予告演出パターンが選択される。そして、予告演出乱数カウンタND_CNTのカウント値が5〜19の場合は、前半の予告演出として「剣」を使用する予告演出パターンが選択され、後半の予告演出として「木の棒」を使用する予告演出パターンが選択される。そしてさらに、予告演出乱数カウンタND_CNTのカウント値が20〜49の場合は、前半の予告演出として「木の棒」を使用する予告演出パターンが選択され、後半の予告演出として「木の棒」を使用する予告演出パターンが選択される。また、予告演出乱数カウンタND_CNTのカウント値が50〜99の場合は、前半の予告演出として「剣」を使用する予告演出パターンが選択され、後半の予告演出として「剣」を使用する予告演出パターンが選択される。このようにして、抽選結果が「ハズレ」の場合も同様に、前半後半の予告演出の予告演出パターンが選択されることとなる。   On the other hand, in order to select the notice effect pattern by referring to the notice effect distribution table TBL100 in which the probability as described above is stored, the count value of the notice effect random number counter ND_CNT is set as in the first embodiment. Judged by reference. That is, for example, when the lottery result is “big hit” and the count value of the notice effect random number counter ND_CNT is 0 to 4, the notice effect pattern using “wood stick” as the first notice effect is selected, A notice effect pattern using “sword” is selected as the notice effect in the latter half. When the count value of the notice effect random number counter ND_CNT is 5 to 19, the notice effect pattern using “sword” is selected as the notice effect in the first half, and the notice using “wood stick” as the notice effect in the second half is selected. A production pattern is selected. Further, when the count value of the notice effect random number counter ND_CNT is 20 to 49, the notice effect pattern using “wood stick” is selected as the first notice effect, and “wood stick” is selected as the latter notice effect. A notice effect pattern to be used is selected. When the count value of the notice effect random number counter ND_CNT is 50 to 99, the notice effect pattern using “sword” is selected as the notice effect in the first half, and the notice effect pattern using “sword” as the notice effect in the second half. Is selected. In this way, when the lottery result is “losing”, the notice effect pattern of the notice effect in the first half is selected in the same manner.
ところで、本実施形態における予告演出の信頼度(遊技者に有利な特別遊技状態を発生させる(いわゆる「大当たり」)可能性を示す値)として、「木の棒」を使用する予告演出パターンは「低信頼度」に設定され、「剣」を使用する予告演出パターンは「高信頼度」に設定されている(図19(a)に示す予告演出振り分けテーブルTBL100の図示右側の記載参照)。   By the way, as the reliability of the notice effect in the present embodiment (a value indicating the possibility of generating a special game state advantageous to the player (so-called “big hit”)), the notice effect pattern using the “wood stick” is “ The notice effect pattern that is set to “low reliability” and uses “sword” is set to “high reliability” (see the description on the right side of the notice effect distribution table TBL100 shown in FIG. 19A).
そのため、従来であれば、「木の棒」(前半の予告演出)⇒「木の棒」(後半の予告演出)<「木の棒」(前半の予告演出)⇒「剣」(後半の予告演出)≦「剣」(前半の予告演出)⇒「木の棒」(後半の予告演出)<「剣」(前半の予告演出)⇒「剣」(後半の予告演出)の順で信頼度が高くなっていき、低信頼である「木の棒」を使用する予告演出パターンが2回続く場合が、最も信頼度が低くなる。そのため、前半の予告演出で「木の棒」を使用する予告演出パターンが選択されてしまった時点で、遊技者は、大当たりへの期待感を損ねてしまうこととなる。   Therefore, in the past, “Wood stick” (first half notice effect) ⇒ “Wood stick” (second half notice effect) <“Wood stick” (first half notice effect) ⇒ “Sword” (second half notice) (Direction) ≦ “Sword” (first half notice production) ⇒ “Wood stick” (second half notice production) <“Sword” (first half notice production) ⇒ “Sword” (second half notice production) The reliability becomes the lowest when the notice effect pattern using the “wood stick” which is becoming higher and lower reliability continues twice. Therefore, the player loses his expectation for the jackpot at the time when the notice effect pattern using the “wood stick” is selected in the first notice effect.
しかしながら、本実施形態においては、図19(a)に示す符号TB101〜TB104の欄に示す背景が右斜線となっている部分に示すように、「木の棒」(前半の予告演出)⇒「剣」(後半の予告演出)の確率、すなわち、出現率が「5%」(=「5/100」)、「剣」(前半の予告演出)⇒「木の棒」(後半の予告演出)の確率、すなわち、出現率が「15%」(=「15/100」)、「木の棒」(前半の予告演出)⇒「木の棒」(後半の予告演出)の確率、すなわち、出現率が「30%」(=「30/100」)、「剣」(前半の予告演出)⇒「剣」(後半の予告演出)の確率、すなわち、出現率が「50%」(=「50/100」)となっている。そのため、本実施形態においては、「木の棒」(前半の予告演出)⇒「剣」(後半の予告演出)<「剣」(前半の予告演出)⇒「木の棒」(後半の予告演出)<「木の棒」(前半の予告演出)⇒「木の棒」(後半の予告演出)<「剣」(前半の予告演出)⇒「剣」(後半の予告演出)の順で信頼度が高くなっており、低信頼度である「木の棒」を使用する予告演出パターンが2回続くと信頼度が高くなるように設定されている。そのため、前半の予告演出で「木の棒」を使用する予告演出パターンが選択されてしまっても、遊技者は、大当たりへの期待感を損ねず、大当たりへの期待感を維持することができる。   However, in the present embodiment, as shown in the right oblique line in the background shown in the columns TB101 to TB104 shown in FIG. 19A, “wood stick” (first half notice effect) ⇒ “ Probability of “sword” (second half notice production), that is, appearance rate is “5%” (= “5/100”), “sword” (first half notice production) ⇒ “wood stick” (second half notice production) Probability, that is, the appearance rate is “15%” (= “15/100”), “wood stick” (first half notice effect) ⇒ “wood stick” (second half notice effect) probability, that is, appearance Probability of rate “30%” (= “30/100”), “sword” (first half notice effect) ⇒ “sword” (second half notice effect), that is, appearance rate is “50%” (= “50 / 100 "). Therefore, in this embodiment, “wood stick” (first half notice effect) ⇒ “sword” (second half notice effect) <“sword” (first half notice effect) ⇒ “wood stick” (second half notice effect) ) <"Wood stick" (first half notice effect) ⇒ "Wood stick" (second half notice effect) <"Sword" (first half notice effect) ⇒ "Sword" (second half notice effect) Is set so that the reliability increases when the notice effect pattern using the “wood stick” having a low reliability continues twice. Therefore, even if the notice effect pattern using “wood stick” is selected in the first notice effect, the player can maintain the expectation for the jackpot without losing the expectation for the jackpot. .
ここで、上記のような構成からなる予告演出振り分けテーブルTBL100を使用した際の予告演出内容を、図20に示す液晶表示装置41に表示される画面例を用いてより詳しく説明する。   Here, the contents of the notice effect when the notice effect distribution table TBL100 having the above-described configuration is used will be described in more detail using an example of a screen displayed on the liquid crystal display device 41 shown in FIG.
この図20に示す画面例は、図20(a−1)〜(a−4)が前半の予告演出を示す画面例を示すもので、図20(b−1)〜(b−4)が後半の予告演出を示す画面例を示すものである。すなわち、図20に示す画面例は、抽選結果が「大当たり」で、前半の予告演出が「木の棒」を使用する予告演出パターンで、後半の予告演出が「木の棒」を使用する予告演出パターンとして選択された場合を示すものである。具体的には、特別図柄始動口42(図2参照)へ遊技球が入賞(特別図柄始動口スイッチ42a(図3参照)にて検知)した際、その入賞した遊技球(入賞球)に対して、遊技者に有利な特別遊技状態を発生させるか(いわゆる「大当たり」)、あるいは、遊技者に有利な特別遊技状態を発生させないか(いわゆる「ハズレ」)の抽選が主制御基板60(主制御CPU600)にて行われる。そしてその抽選結果が演出制御コマンドとして主制御基板60(主制御CPU600)より演出制御基板90に送信される。その送信された演出制御コマンドが「大当たり」を示すものであった場合、演出制御CPU900は、予告演出振り分けテーブルTBL100の「大当たり」の欄を参照(TB100参照)すると共に、予告演出乱数カウンタND_CNTのカウント値を抽出し、その抽出したカウント値と、当該予告演出振り分けテーブルTBL100に格納されている確率とを比較する。この際、予告演出乱数カウンタND_CNTより抽出したカウント値が20〜49の場合、前半の予告演出が「木の棒」を使用する予告演出パターンが選択され、後半の予告演出が「木の棒」を使用する予告演出パターンが選択されることとなる(図19(a)の符号TB103参照)。   The screen example shown in FIG. 20 is a screen example in which FIGS. 20 (a-1) to (a-4) show the first half notice effect. FIGS. 20 (b-1) to (b-4) The example of a screen which shows the notice effect of the latter half is shown. That is, the screen example shown in FIG. 20 is a notice effect pattern in which the lottery result is “big hit”, the first half notice effect uses “wood stick”, and the second notice effect uses “wood stick”. The case where it selects as a production pattern is shown. Specifically, when a game ball wins the special symbol start opening 42 (see FIG. 2) (detected by the special symbol start opening switch 42a (see FIG. 3)), the winning game ball (winning ball) is received. Thus, the main control board 60 (main game) is selected by drawing whether a special game state advantageous to the player (so-called “big hit”) or not generating a special game state advantageous to the player (so-called “losing”). Control CPU 600). The lottery result is transmitted as an effect control command from the main control board 60 (main control CPU 600) to the effect control board 90. If the transmitted effect control command indicates “hit”, the effect control CPU 900 refers to the “hit” column of the notice effect distribution table TBL100 (see TB100) and also sets the notice effect random number counter ND_CNT. The count value is extracted, and the extracted count value is compared with the probability stored in the notice effect distribution table TBL100. At this time, when the count value extracted from the notice effect random number counter ND_CNT is 20 to 49, the notice effect pattern using the “wood stick” as the first notice effect is selected, and the notice effect in the second half is “wood stick”. Will be selected (see symbol TB103 in FIG. 19A).
すなわち、図20(a−1)の画面P100に示すように、「左」「中」「右」の組合せ図柄のうち、「左」の図柄(P100a参照)と「右」の図柄(P100b参照)の変動表示が同一状態で停止し(図示では、「7」)、リーチ状態となり、さらに、液晶表示装置41の表示領域に組合せ図柄とは異なるキャラクタ(P100c参照)が表示されると、変動表示結果が「大当たり」となる可能性があることを遊技者に報知する予告演出が開始される。   That is, as shown in the screen P100 of FIG. 20A-1, among the “left”, “middle”, and “right” combination symbols, the “left” symbol (see P100a) and the “right” symbol (see P100b). ) Change display stops in the same state (“7” in the figure), reaches a reach state, and further, when a character (see P100c) different from the combination symbol is displayed in the display area of the liquid crystal display device 41, the display changes. The notice effect that informs the player that there is a possibility that the display result will be a “big hit” is started.
まず、図20(a−1)〜(a−4)に示すように、前半の予告演出が実行される。すなわち、図20(a−1)の画面P100に示すように、主人公であるキャラクタ(P100c参照)が「今回の武器は・・・・」というセリフを報知すると、当該主人公が、図20(a−2)の画面P101に示すように、「木の棒だ!」というセリフを報知すると共に、当該主人公の図示右手に木の棒を持った画像が液晶表示装置41に表示される。この主人公の図示右手に持つ武器が、図19(a)に示す予告演出振り分けテーブルTBL100にて選択されたものである。すなわち、図20に示す画面例においては、上述したように、演出制御CPU900にて、前半の予告演出として「木の棒」を使用する予告演出パターンが選択されているため、図20(a−2)に示すように、主人公(P101a参照)は、図示右手に木の棒を持つこととなる。   First, as shown in FIGS. 20 (a-1) to (a-4), the first half notice effect is executed. That is, as shown in the screen P100 of FIG. 20A-1, when the character as the main character (see P100c) notifies the line “This weapon is ...”, the main character is displayed in FIG. -2) As shown on the screen P101, a line “Wood stick!” Is notified, and an image with a wood stick in the right hand of the main character is displayed on the liquid crystal display device 41. The weapon possessed by the hero on the right hand side of the figure is selected in the notice effect distribution table TBL100 shown in FIG. That is, in the example of the screen shown in FIG. 20, as described above, the effect control CPU 900 has selected the notice effect pattern that uses the “wood stick” as the notice effect in the first half. As shown in 2), the protagonist (see P101a) has a wooden stick in the right hand side of the figure.
次いで、図20(a−3)の画面P102に示すように、図示右手に木の棒を持った主人公(P102a参照)が、「やー!」というセリフを報知すると共に、敵であるキャラクタ(P102b参照)に戦いを挑むと、図20(a−4)の画面P103に示すように、主人公(P103a参照)が、「まだ倒せない・・・」とセリフを報知し、敵(P103b参照)との戦いを一旦休戦し、前半の予告演出を終える。   Next, as shown in the screen P102 of FIG. 20 (a-3), the hero (see P102a) holding a wooden stick in the right hand in the figure notifies the line “Ya!” And is the enemy character ( When a battle is challenged (see P102b), the main character (see P103a) informs the line that "I can't defeat yet ..." as shown on the screen P103 in FIG. 20 (a-4), and the enemy (see P103b) Cease the battle with and finish the first half of the notice.
次に、図20(a−1)〜(a−4)に示す前半の予告演出が実行されると、図20(b−1)〜(b−4)に示す後半の予告演出が実行される。すなわち、図20(b−1)の画面P104に示すように、主人公(P104a参照)が「次の武器は・・・・」というセリフを報知すると、当該主人公が、図20(b−2)の画面P105に示すように、「木の棒だ!」というセリフを報知すると共に、当該主人公の図示右手に木の棒を持った画像が液晶表示装置41に表示される。この主人公の図示右手に持つ武器が、図19(a)に示す予告演出振り分けテーブルTBL100にて選択されたものである。すなわち、図20に示す画面例においては、上述したように、演出制御CPU900にて、後半の予告演出として「木の棒」を使用する予告演出が選択されているため、図20(b−2)に示すように、主人公(P105a参照)は、図示右手に木の棒を持つこととなる。   Next, when the first half notice effects shown in FIGS. 20A-1 to 20A-4 are executed, the second half notice effects shown in FIGS. 20B-1 to 20B-4 are executed. The That is, as shown in the screen P104 of FIG. 20 (b-1), when the hero (see P104a) reports the line “Next weapon is ...”, the hero is shown in FIG. 20 (b-2). As shown on the screen P105, the line “Wooden stick!” Is notified, and an image with the wooden stick in the right hand of the main character is displayed on the liquid crystal display device 41. The weapon possessed by the hero on the right hand side of the figure is selected in the notice effect distribution table TBL100 shown in FIG. That is, in the screen example shown in FIG. 20, as described above, the effect control CPU 900 selects the notice effect using the “wood stick” as the latter notice effect, so FIG. 20 (b-2). ), The main character (see P105a) has a wooden stick in the right hand side of the figure.
次いで、図20(b−3)の画面P106に示すように、図示右手に木の棒を持った主人公(P106a参照)が、「やー!」というセリフを報知すると共に、敵(P106b参照)に戦いを挑むと、図20(b−4)の画面P107に示すように、主人公(P107a参照)が敵(P107b参照)との戦いに勝利し、「中」の図柄(P107c参照)が、「左」の図柄(P107d参照)と「右」の図柄(P107e参照)と同一の状態(図示では「7」)で停止し、遊技者に「大当たり」であることを報知する。これにより、後半の予告演出が終了することとなる。   Next, as shown in the screen P106 in FIG. 20 (b-3), the hero (see P106a) holding a wooden stick in the right hand in the figure notifies the line “Ya!” And the enemy (see P106b). As shown in the screen P107 in FIG. 20 (b-4), the main character (see P107a) wins the battle with the enemy (see P107b), and the “medium” symbol (see P107c) The player stops in the same state (“7” in the figure) as the “left” symbol (see P107d) and the “right” symbol (see P107e), and notifies the player that it is a “hit”. As a result, the second half notice effect ends.
かくして、従来であれば、低信頼度である「木の棒」が前半の予告演出で出現する(図20(a−2)の画面P101参照)と、図20(a−3)〜(a−4),図20(b−1)〜(b−3)の予告演出が実行され、最終的に、図20(c)の画面P110に示すように、主人公(P110a参照)が敵(P110b参照)に敗北し、「中」の図柄(P110c参照)が、「左」の図柄(P110d参照)と「右」の図柄(P110e参照)と同一でない状態で停止し、「ハズレ」となることが、遊技者の知るところとなる。そのため、従来においては、図20(a−2)の画面P101に示すように、低信頼度である「木の棒」が出現した時点で、後半の予告演出が行われる前に、遊技者は、大当たりへの期待感を大きく損ねてしまうこととなる。   Thus, conventionally, when a “wood stick” having low reliability appears in the first half of the notice effect (see screen P101 in FIG. 20A-2), FIG. 20A-3 to FIG. -4), the notice effects of FIGS. 20 (b-1) to (b-3) are executed, and finally, as shown in the screen P110 of FIG. 20 (c), the main character (see P110a) is the enemy (P110b). (Refer to P110c) and stop in a state where the “left” symbol (refer to P110d) and the “right” symbol (refer to P110e) are not the same. But this is where the player knows. Therefore, conventionally, as shown in the screen P101 of FIG. 20 (a-2), when the low reliability “wood stick” appears, before the second half notice effect is performed, That would greatly undermine the expectation of jackpot.
しかしながら、本実施形態においては、低信頼度である「木の棒」が前半の予告演出で出現したとしても(図20(a−2)の画面P101参照)、低信頼度である「木の棒」が、後半の予告演出で再び出現すると(図20(b−2)の画面P105参照)、高信頼度となるように設定されているため、遊技者は、低信頼度である「木の棒」が前半の予告演出で出現したとしても(図20(a−2)の画面P101参照)、この時点で、大当たりへの期待感を損ねることなく、後半の予告演出で再び低信頼度である「木の棒」が出現することを期待して遊技を継続することとなる。それゆえ、遊技者は、大当たりへの期待感を損ねることなく、大当たりへの期待感を維持したまま遊技を継続することができる。   However, in this embodiment, even if a low-reliability “wood stick” appears in the first half notice effect (see screen P101 in FIG. 20A-2), the low-reliability “tree stick” When the “bar” appears again in the latter half of the notice effect (see screen P105 in FIG. 20B-2), the player is set to be highly reliable, and therefore the player can select “tree” having low reliability. Even if the “stick” appeared in the first half of the announcement (see screen P101 in FIG. 20 (a-2)), at this point in time, the reliability of the second half of the announcement will be reduced and the reliability will be low again. The game is continued in the hope that the “wood stick” will appear. Therefore, the player can continue the game while maintaining the expectation for the jackpot without impairing the expectation for the jackpot.
ところで、本実施形態においては、図19(a)に示すような予告演出振り分けテーブルTBL100を用いて前半の予告演出及び後半の予告演出を選択するようにしたが、図19(b)に示すような前半予告演出振り分けテーブルTBL110及び後半予告演出振り分けテーブルTBL120を用いても良い。すなわち、前半予告演出振り分けテーブルTBL110には、前半の予告演出(図20(a−1)〜(a−4)参照)で行う複数の予告演出パターンのうち、いずれの予告演出パターンを選択するかの確率が格納されている。具体的には、特別図柄始動口42(図2参照)へ遊技球が入賞(特別図柄始動口スイッチ42a(図3参照)にて検知)すると、その入賞した遊技球(入賞球)に対して、遊技者に有利な特別遊技状態を発生させるか(いわゆる「大当たり」)、あるいは、遊技者に有利な特別遊技状態を発生させないか(いわゆる「ハズレ」)の抽選が主制御基板60(主制御CPU600)にて行われる。そして、その抽選結果が演出制御コマンドとして主制御基板60(主制御CPU600)より演出制御基板90に送信され、この抽選結果が、図19(b)に示す前半予告演出振り分けテーブルTBL110の「ハズレ」「大当たり」として示されている(TB110参照)。   By the way, in this embodiment, the first half notice effect and the second half notice effect are selected using the notice effect distribution table TBL100 as shown in FIG. 19A, but as shown in FIG. 19B. The first half notice effect distribution table TBL110 and the second half notice effect distribution table TBL120 may be used. That is, in the first half notice effect distribution table TBL110, which notice effect pattern is selected from among a plurality of notice effect patterns performed in the first half notice effects (see FIGS. 20 (a-1) to (a-4)). The probability of is stored. Specifically, when a game ball wins the special symbol start opening 42 (see FIG. 2) (detected by the special symbol start opening switch 42a (see FIG. 3)), the winning game ball (winning ball) is received. The main control board 60 (main control) determines whether a special gaming state advantageous to the player is generated (so-called “big hit”) or whether a special gaming state advantageous to the player is not generated (so-called “losing”). CPU600). Then, the lottery result is transmitted as an effect control command from the main control board 60 (main control CPU 600) to the effect control board 90, and the lottery result is “lost” in the first half notice effect distribution table TBL110 shown in FIG. Shown as “big hit” (see TB110).
この抽選結果が「ハズレ」の場合には、前半の予告演出で「木の棒」を使用する場合の確率として「70/100」が格納され(TB111参照)、「剣」を使用する場合の確率として「30/100」が格納されている(TB112参照)。   If the lottery result is “losing”, “70/100” is stored as the probability of using “wood stick” in the first half of the notice effect (see TB111), and “sword” is used. “30/100” is stored as the probability (see TB112).
一方、抽選結果が「大当たり」の場合には、前半の予告演出で「木の棒」を使用する場合の確率として「30/100」が格納され(TB111参照)、「剣」を使用する場合の確率として「70/100」が格納されている(TB112参照)。   On the other hand, if the lottery result is “big hit”, “30/100” is stored as the probability of using “wood stick” in the first half of the notice effect (see TB111), and “sword” is used. “70/100” is stored as the probability (see TB112).
他方、上記のような確率が格納されている前半予告演出振り分けテーブルTBL110を参照して、前半の予告演出パターンを選択するには、演出制御CPU900にて、所定時間毎に更新される前半予告演出乱数カウンタFND_CNTのカウント値の値を参照して判断される。すなわち、例えば、抽選結果が「大当たり」の場合で、前半予告演出乱数カウンタFND_CNTのカウント値が0〜29の場合は、「木の棒」を使用する予告演出パターンが選択され、カウント値が30〜99の場合は、「剣」を使用する予告演出パターンが選択される。このようにして、抽選結果が「ハズレ」の場合も同様に、予告演出パターンが選択されることとなる。   On the other hand, in order to select the first half notice effect pattern with reference to the first half notice effect distribution table TBL110 in which the probability as described above is stored, the first half notice effect that is updated every predetermined time by the effect control CPU 900. This is determined with reference to the count value of the random number counter FND_CNT. That is, for example, when the lottery result is “big hit” and the count value of the first half notice effect random number counter FND_CNT is 0 to 29, the notice effect pattern using the “wood stick” is selected and the count value is 30. In the case of -99, the notice effect pattern using "sword" is selected. In this way, when the lottery result is “losing”, the notice effect pattern is similarly selected.
一方、後半予告演出振り分けテーブルTBL120には、後半の予告演出(図20(b−1)〜(b−4)参照)で行う複数の予告演出パターンのうち、いずれの予告演出パターンを選択するかの確率が格納されている。具体的には、後半予告演出振り分けテーブルTBL120は、「ハズレ」用の後半予告演出振り分けテーブルTBL120aと、「大当たり」用の後半予告演出振り分けテーブルTBL120bとで構成されており、主制御基板60(主制御CPU600)から演出制御基板90に送信された抽選結果(演出制御コマンド)に応じて、「ハズレ」用の後半予告演出振り分けテーブルTBL120a、「大当たり」用の後半予告演出振り分けテーブルTBL120bの何れかが選択される。   On the other hand, in the latter half notice effect distribution table TBL120, which notice effect pattern is selected from among a plurality of notice effect patterns performed in the latter half notice effects (see FIGS. 20B-1 to 20B-4). The probability of is stored. Specifically, the latter half notice effect distribution table TBL120 is composed of a second half notice effect distribution table TBL120a for "losing" and a second half notice effect distribution table TBL120b for "big hit", and the main control board 60 (main In accordance with the lottery result (effect control command) transmitted from the control CPU 600 to the effect control board 90, either of the latter-half notice effect distribution table TBL120a for “losing” or the latter-order notice effect distribution table TBL120b for “hit” Selected.
すなわち、抽選結果が、「ハズレ」の場合は、「ハズレ」用の後半予告演出振り分けテーブルTBL120aが選択され、前半予告演出振り分けテーブルTBL110にて選択される予告演出の内容が、当該「ハズレ」用の後半予告演出振り分けテーブルTBL120aの「木の棒」「剣」として示されている(TB130参照)。   That is, when the lottery result is “losing”, the latter-half notice effect distribution table TBL120a for “losing” is selected, and the contents of the notice effect selected in the first-half notice effect distribution table TBL110 are for the “lost”. Are shown as “wooden sticks” and “swords” in the latter half notice effect distribution table TBL120a (see TB130).
前半の予告演出にて「木の棒」を使用する予告演出パターンが選択された場合には、後半の予告演出で「木の棒」を使用する場合の確率として「20/100」が格納され(TB131参照)、「剣」を使用する場合の確率として「80/100」が格納されている(TB132参照)。   When a notice effect pattern using “wood stick” is selected in the first half notice effect, “20/100” is stored as the probability of using “wood stick” in the second notice effect. (Refer to TB131), “80/100” is stored as the probability of using “sword” (see TB132).
一方、前半の予告演出にて「剣」を使用する予告演出パターンが選択された場合には、後半の予告演出で「木の棒」を使用する場合の確率として「80/100」が格納され(TB131参照)、「剣」を使用する場合の確率として「20/100」が格納されている(TB132参照)。   On the other hand, when the notice effect pattern using “sword” is selected in the first half notice effect, “80/100” is stored as the probability of using “wood stick” in the second notice effect. (See TB 131), “20/100” is stored as the probability of using “sword” (see TB 132).
他方、抽選結果が、「大当たり」の場合は、「大当たり」用の後半予告演出振り分けテーブルTBL120bが選択され、前半予告演出振り分けテーブルTBL110にて選択される予告演出の内容が、当該「大当たり」用の後半予告演出振り分けテーブルTBL120bの「木の棒」「剣」として示されている(TB140参照)。   On the other hand, when the lottery result is “big hit”, the latter half notice effect distribution table TBL120b for “big win” is selected, and the contents of the notice effect selected in the first half notice effect distribution table TBL110 are for the “big hit”. Are shown as “wooden sticks” and “swords” in the latter half notice effect distribution table TBL120b (see TB140).
前半の予告演出にて「木の棒」を使用する予告演出パターンが選択された場合には、後半の予告演出で「木の棒」を使用する場合の確率として「80/100」が格納され(TB141参照)、「剣」を使用する場合の確率として「20/100」が格納されている(TB142参照)。   When a notice effect pattern using “wood stick” is selected in the first half notice effect, “80/100” is stored as the probability of using “wood stick” in the second notice effect. (See TB 141), “20/100” is stored as the probability of using “sword” (see TB 142).
一方、前半の予告演出にて「剣」を使用する予告演出パターンが選択された場合には、後半の予告演出で「木の棒」を使用する場合の確率として「20/100」が格納され(TB141参照)、「剣」を使用する場合の確率として「80/100」が格納されている(TB142参照)。   On the other hand, when a notice effect pattern using “sword” is selected in the first half notice effect, “20/100” is stored as the probability of using “wood stick” in the second notice effect. (See TB 141), “80/100” is stored as the probability of using “sword” (see TB 142).
このような確率が格納されている後半予告演出振り分けテーブルTBL120を参照して、後半の予告演出パターンを選択するには、演出制御CPU900にて、所定時間毎に更新される後半予告演出乱数カウンタSND_CNTのカウント値の値を参照して判断される。すなわち、例えば、抽選結果が「大当たり」の場合であれば、「大当たり」用の後半予告演出振り分けテーブルTBL120bが選択され、そして、前半の予告演出にて「木の棒」を使用する予告演出パターンが選択された場合には、後半予告演出乱数カウンタSND_CNTのカウント値が0〜79の場合、「木の棒」を使用する予告演出パターンが選択され、カウント値が80〜99の場合、「剣」を使用する予告演出パターンが選択される。このようにして、前半の予告演出にて「剣」を使用する予告演出パターンが選択された場合、又は、抽選結果が「ハズレ」の場合も同様にして、後半の予告演出パターンが選択されることとなる。   In order to select the latter-stage notice effect pattern by referring to the latter-stage notice effect distribution table TBL120 in which such probabilities are stored, the effect control CPU 900 updates the latter-order notice effect random number counter SND_CNT every predetermined time. Judgment is made with reference to the count value. That is, for example, if the lottery result is a “big hit”, the latter half notice effect distribution table TBL120b for “big win” is selected, and the notice effect pattern using “wood sticks” in the first half notice effect Is selected, when the count value of the second half notice effect random number counter SND_CNT is 0 to 79, the notice effect pattern using the “wood stick” is selected, and when the count value is 80 to 99, the “sword” The notice effect pattern using "" is selected. In this way, when the notice effect pattern using “sword” is selected in the first notice effect, or when the lottery result is “lost”, the latter notice effect pattern is selected in the same manner. It will be.
しかして、このように、図19(b)に示すように、前半の予告演出パターンを選択する振り分けテーブルと、後半の予告演出パターンを選択する振り分けテーブルとを用いて前半及び後半の予告演出パターンを選択するようにしても、図19(b)の図示右側に示すように、「木の棒」(前半の予告演出)⇒「剣」(後半の予告演出)の確率、すなわち、出現率が「6%」(=「6/100」)、「剣」(前半の予告演出)⇒「木の棒」(後半の予告演出)の確率、すなわち、出現率が「14%」(=「14/100」)、「木の棒」(前半の予告演出)⇒「木の棒」(後半の予告演出)の確率、すなわち、出現率が「24%」(=「24/100」)、「剣」(前半の予告演出)⇒「剣」(後半の予告演出)の確率、すなわち、出現率が「56%」(=「56/100」)となっている。そのため、図19(a)に示す予告演出振り分けテーブルTBL100と同様、「木の棒」(前半の予告演出)⇒「剣」(後半の予告演出)<「剣」(前半の予告演出)⇒「木の棒」(後半の予告演出)<「木の棒」(前半の予告演出)⇒「木の棒」(後半の予告演出)<「剣」(前半の予告演出)⇒「剣」(後半の予告演出)の順で信頼度が高くなっており、低信頼度である「木の棒」を使用する予告演出パターンが2回続くと信頼度が高くなるように設定されている。それゆえ、図19(b)に示すように、前半の予告演出パターンを選択する振り分けテーブルと、後半の予告演出パターンを選択する振り分けテーブルとを用いて前半及び後半の予告演出パターンを選択するようにしても、図19(a)に示す予告演出振り分けテーブルTBL100と同様、図20に示すような予告演出を実行することができる。   Thus, as shown in FIG. 19 (b), the first half and the second half of the notice effect patterns are selected using the distribution table for selecting the first half of the notice effect pattern and the distribution table for selecting the second half of the notice effect pattern. Is selected, as shown on the right side of FIG. 19B, the probability of “wood stick” (first half notice effect) ⇒ “sword” (second half notice effect), that is, the appearance rate is The probability of “6%” (= “6/100”), “sword” (first half notice effect) ⇒ “wood stick” (second half notice effect), that is, the appearance rate is “14%” (= “14 / 100 ")," Wood stick "(first half notice effect) ⇒" Wood stick "(second half notice effect) probability, that is, the appearance rate is" 24% "(=" 24/100 ")," Probability of “sword” (first notice production) ⇒ “sword” (second notice production), that is, the appearance rate 56% "(=" 56/100 ") has become. Therefore, as in the notice effect distribution table TBL100 shown in FIG. 19A, “wood stick” (first notice notice) → “sword” (second notice notice) <“sword” (first notice notice) → “ "Wood Stick" (second half notice effect) <"Wood Stick" (first half notice effect) ⇒ "Wood Stick" (second half notice effect) <"Sword" (first half notice effect) ⇒ "Sword" (second half Are set in such a manner that the reliability increases when the notification effect pattern using the “wood stick” having a low reliability continues twice. Therefore, as shown in FIG. 19B, the first half and the second half of the notice effect pattern are selected using the distribution table for selecting the first half of the notice effect pattern and the distribution table for selecting the second half of the notice effect pattern. However, the notice effect as shown in FIG. 20 can be executed as in the notice effect distribution table TBL100 shown in FIG.
このように、前半の予告演出パターンを選択する振り分けテーブルと、後半の演出パターンを選択する振り分けテーブルとを用いて前半及び後半の予告演出パターンを選択するようにすれば、予告演出パターンのバリエーションが増加したとしても、予告演出パターンの振り分け作業が簡素化することとなる。すなわち、図19(a)に示す予告演出振り分けテーブルTBL100は、例えば、予告演出パターンが2種類(木の棒、剣)であれば、全組合せ(前半及び後半の組合せ)として2×2の4パターンの予告演出パターンの確率を振り分けるだけで済むが、予告演出パターンのバリエーションが増加し、予告演出パターンが5種類(木の棒、こんぼう、やり、剣、大剣)となった場合、全組合せ(前半及び後半の組合せ)として5×5の25パターンの予告演出パターンの確率を振り分ける必要があり作業が煩雑となる。しかしながら、図19(b)に示すように、前半の予告演出パターンを選択する振り分けテーブルと、後半の予告演出パターンを選択する振り分けテーブルとを用いて前半及び後半の予告演出パターンを選択するようにすれば、図19(a)に示す予告演出振り分けテーブルTBL100のように、全組合せ(前半及び後半の組合せ)のパターンを一度に選択するような制御とはならないため、予告演出パターンの確率を振り分ける作業が簡素化することとなる。   As described above, if the first half and the second half of the notice effect pattern are selected using the distribution table for selecting the first half of the notice effect pattern and the distribution table of selecting the second half of the effect pattern, the variation of the notice effect pattern is changed. Even if it increases, the distribution work of the notice effect pattern is simplified. That is, in the notice effect distribution table TBL100 shown in FIG. 19A, for example, if there are two types of notice effect patterns (wood sticks, swords), 2 × 2 4 as all combinations (first half and second half combinations). All you need to do is distribute the probabilities of the notice effect patterns of the patterns, but if the number of notice effect patterns increases, and there are five kinds of notice effect patterns (wood sticks, kobo, do, sword, large sword), all combinations As a combination of the first half and the second half, it is necessary to distribute the probability of 5 * 5 25 notice effect patterns, which complicates the work. However, as shown in FIG. 19B, the first half and the second half of the notice effect pattern are selected using the distribution table for selecting the first half of the notice effect pattern and the distribution table for selecting the second half of the notice effect pattern. Then, unlike the notice effect distribution table TBL100 shown in FIG. 19A, the control of selecting all patterns (first and second half combinations) at a time is not performed, so the probability of the notice effect pattern is assigned. The work will be simplified.
しかして、以上説明した本実施形態においても、信頼度の低い予告演出パターンが出現しても、遊技者の大当たりへの期待感を損ねることなく維持することができる。   Thus, even in the present embodiment described above, even if a notice effect pattern with low reliability appears, it can be maintained without impairing the player's sense of expectation for jackpot.
なお、第1実施形態及び第2実施形態においては、リーチ状態における予告演出態様を例示したが、これに限らず、例えば、特別図柄の変動中に発生する予告演出、あるいは、1回の抽選で複数回の変動を行っているかのように見せる疑似連変動における各疑似変動中に発生する予告演出であっても適用可能である。   In addition, in 1st Embodiment and 2nd Embodiment, although the notification effect aspect in the reach state was illustrated, it is not restricted to this, For example, by the notification effect which generate | occur | produces during the change of a special symbol, or one lottery Even a notice effect that occurs during each pseudo-variation in a pseudo-continuous variation that appears as if the variation has been performed multiple times is also applicable.
1 パチンコ遊技機
42 特別図柄始動口
42a 特別図柄始動口スイッチ
901 演出制御ROM(予告演出表示態様記憶手段)
TBL100 予告演出振り分けテーブル(予告演出実行手段)
TBL110 前半予告演出振り分けテーブル(予告演出実行手段)
TBL120 後半予告演出振り分けテーブル(予告演出実行手段)
1 Pachinko machine 42 Special design starting port 42a Special design starting port switch 901 Production control ROM (preliminary production display mode storage means)
TBL100 notice effect distribution table (notice effect execution means)
TBL110 first half notice effect distribution table (notice effect execution means)
TBL120 second half notice effect distribution table (notice effect execution means)

Claims (1)

  1. 遊技者にとって有利な特別遊技状態を発生させる遊技機であって、
    前記特別遊技状態を発生させるか否かを遊技者にとって有利な特別遊技状態が発生される以前に決定する事前決定手段と、
    前記特別遊技状態となる可能性を予告する第1予告演出パターンと第2予告演出パターンを含む複数の予告演出パターンからなる予告演出表示態様を記憶する予告演出表示態様記憶手段と、
    前記事前決定手段にて前記特別遊技状態を発生させると決定された際、前記予告演出表示態様記憶手段に記憶されている前記予告演出表示態様のうち前記第1予告演出パターンより前記第2予告演出パターンを高い割合で実行する一方で、前記予告演出表示態様記憶手段に記憶されている前記予告演出表示態様を繰り返し実行するにあたって、前記事前決定手段にて前記特別遊技状態を発生させると決定された際、当該予告演出表示態様のうち前記第1予告演出パターンを実行した後、次に実行する予告演出パターンを前記第2予告演出パターンより前記第1予告演出パターンを高い割合で実行する予告演出実行手段とを有してなることを特徴とする遊技機。
    A gaming machine that generates a special gaming state advantageous for a player,
    Pre-determining means for determining whether or not to generate the special gaming state before the special gaming state advantageous to the player is generated;
    A notice effect display mode storage means for storing a notice effect display form comprising a plurality of notice effect patterns including a first notice effect pattern and a second notice effect pattern for notifying the possibility of entering the special gaming state;
    When the predetermining means determines that the special gaming state is to be generated, the second notice is made from the first notice effect pattern among the notice effect display forms stored in the notice effect display form storage means. While executing the effect pattern at a high rate, when repeatedly executing the notice effect display mode stored in the notice effect display mode storage means, it is determined that the special game state is generated by the prior determination means. When the first notice effect pattern is executed, the first notice effect pattern to be executed next is executed at a higher rate than the second notice effect pattern. A game machine characterized by comprising production execution means.
JP2014195948A 2014-09-26 2014-09-26 Game machine Active JP6026476B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2014195948A JP6026476B2 (en) 2014-09-26 2014-09-26 Game machine

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2014195948A JP6026476B2 (en) 2014-09-26 2014-09-26 Game machine

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2013049002 Division 2013-03-12

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2015033592A true JP2015033592A (en) 2015-02-19
JP6026476B2 JP6026476B2 (en) 2016-11-16

Family

ID=52542548

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014195948A Active JP6026476B2 (en) 2014-09-26 2014-09-26 Game machine

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6026476B2 (en)

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006239187A (en) * 2005-03-04 2006-09-14 Olympia:Kk Game machine
JP2012071049A (en) * 2010-09-29 2012-04-12 Kyoraku Sangyo Kk Pachinko game machine
JP2013146506A (en) * 2012-01-23 2013-08-01 Sankyo Co Ltd Game machine

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006239187A (en) * 2005-03-04 2006-09-14 Olympia:Kk Game machine
JP2012071049A (en) * 2010-09-29 2012-04-12 Kyoraku Sangyo Kk Pachinko game machine
JP2013146506A (en) * 2012-01-23 2013-08-01 Sankyo Co Ltd Game machine

Also Published As

Publication number Publication date
JP6026476B2 (en) 2016-11-16

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5406357B1 (en) Bullet ball machine
JP5286539B2 (en) Game machine
JP5525578B2 (en) Bullet ball machine
JP4485540B2 (en) Game machine
JP4064791B2 (en) Game machine
JP4610181B2 (en) Slot machine
JP4064792B2 (en) Game machine
JP5017661B2 (en) Game machine
JP2014090820A (en) Pinball game machine
JP2010154921A (en) Game machine
JP2013090804A (en) Game machine
JP2010154927A (en) Game machine
JP4762258B2 (en) Game machine
JP5058323B2 (en) Pachinko machine
JP2010115249A (en) Game machine
JP2004201906A (en) Game machine
JP2010268885A (en) Game machine
JP2012065821A (en) Game machine
JP5686881B2 (en) Bullet ball machine
JP2007082935A (en) Slot machine
JP2005124947A (en) Slot machine
JP4857329B2 (en) Bullet ball machine
JP2005253530A (en) Game machine
JP2006217998A (en) Game machine
JP4757517B2 (en) Game information display device

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20151214

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20160928

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20161012

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6026476

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250