JP2014531155A - How to implement the master service control function for facilitating an extended inter-carrier-added-value services - Google Patents

How to implement the master service control function for facilitating an extended inter-carrier-added-value services Download PDF

Info

Publication number
JP2014531155A
JP2014531155A JP2014531138A JP2014531138A JP2014531155A JP 2014531155 A JP2014531155 A JP 2014531155A JP 2014531138 A JP2014531138 A JP 2014531138A JP 2014531138 A JP2014531138 A JP 2014531138A JP 2014531155 A JP2014531155 A JP 2014531155A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
operator
service
subscriber
scp
network
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2014531138A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP5859129B2 (en )
Inventor
ジー グプタ,ヴァルン
ジー グプタ,ヴァルン
Original Assignee
アルカテル−ルーセント
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04QSELECTING
    • H04Q3/00Selecting arrangements
    • H04Q3/0016Arrangements providing connection between exchanges
    • H04Q3/0029Provisions for intelligent networking
    • H04Q3/0045Provisions for intelligent networking involving hybrid, i.e. a mixture of public and private, or multi-vendor systems

Abstract

拡張されたクロス・オペレータ機能のためのマスタSCPが、開示される。 Master SCP for enhanced cross-operator functions, are disclosed. 本発明は、電気通信ネットワークに関し、より詳細には、多様な、また独立したネットワーク・オペレータとサービス・プロバイダとに属する加入者に対してオペレータ間の付加価値サービスおよび付加サービスを提供するためにマスタ・サービス制御ポイントを利用するシステムおよび方法に関する。 The present invention relates to an electro relates to communication networks, and more diverse, also independent masters in order to provide value-added services and supplementary services between operators for the subscriber belonging to the network operator and the service provider service control point relates to a system and method for use of the. マスタSCPは、ダイアメーター・プロトコル・メッセージを使用して、異なるネットワーク・オペレータの複数のSCPの間で通信を提供する中央ノードとしての機能を果たす。 The master SCP uses the Diameter protocol message, serves as a central node to provide communication between multiple SCP of different network operators. それは、多様なネットワーク・オペレータに関連する加入者による/の間の使用のためのオペレータに独立したサービスとしてオペレータ特有のサービスのプロビジョニングを容易にする。 It facilitates the operator provisioning specific service as a service independent operator for use during by the subscriber / associated with various network operators.

Description

以下の明細書は、本発明の本質、および本発明をどのように実行すべきかを詳細に説明し確認するものである。 The following description is intended to nature, and how to perform the present invention described in detail confirmation of the present invention.

本発明は、電気通信ネットワークに関し、より詳細には、テレコム・オペレータに関連するアクセス権ベースのオペレータ間の付加価値サービスおよび付加サービスを別のオペレータの加入者に提供するためにマスタ・サービス制御ポイントを利用するシステムおよび方法に関する。 The present invention relates to telecommunications networks, and more, the master service control point in order to provide value-added services and supplementary services between access rights based operator associated with the telecom operator to subscribers of different operators It relates to a system and method for use of the.

今日の電気通信サービスは、多くのネットワーク・オペレータおよびサービス・プロバイダによって提供されている。 Today's telecommunication services are provided by many network operators and service providers. これらのネットワーク・オペレータとサービス・プロバイダは、相互運用性が制限され、互いに独立に動作する。 These network operators and service providers, interoperability is limited to operate independently of each other. しかしながら、電気通信技術が発展し、競争圧力が高まるにつれて、ネットワーク・オペレータおよびサービス・プロバイダは、改善された顧客加入者サービスとともに、より新しいアプリケーションを提供する必要がある。 However, electrical and communication technologies develop, as competitive pressures increases, network operators and service providers, together with improved customer subscriber service, there is a need to provide more new applications.

各オペレータ・ネットワークは、インテリジェント・ネットワークを使用して、オペレータによって提供される様々なサービスと、任意のサード・パーティ・アプリケーションとを制御し、管理する。 Each operator network, using the intelligent network, and controls the various services provided by the operator, and any third party applications, manage. インテリジェント・ネットワーク(IN:Intelligent Network)は、オペレータ特有のネットワーク・アーキテクチャであり、このネットワーク・アーキテクチャは、様々なネットワーク・コンポーネントの間の通信を容易にして、オペレータ特有の付加価値サービスおよび付加サービスを加入者に対して提供する。 Intelligent Network (IN: Intelligent Network) is a operator-specific network architecture, the network architecture is to facilitate communication between various network components, the added value of the operator-specific service and the additional services to provide to the subscriber. INは、サービス交換ポイント−SSP(service switching point)と、サービス制御ポイント−SCP(service control point)と、SS7(信号システム7(Signaling System 7))と呼ばれる信号システムと、様々な信号転送ポイントとを使用して、ユーザに対してサービスを提供する。 IN includes a service switching point -SSP (service switching point), the service control point -SCP (service control point), and a signal system called SS7 (Signaling System 7 (Signaling System 7)), and various signal transfer points It was used to provide a service to the user. インテリジェント・ネットワークは、サービス制御ポイント(SCP:Service Control Point)を使用して、ネットワーク・サービスを制御し、管理する。 Intelligent network, service control point: Use the (SCP Service Control Point), to control the network services, to manage. SCPは、サービス交換ポイント−SSP、または信号転送ポイント−STPのいずれかと接続される。 SCP is connected to one of the service switching point -SSP or signal transfer point -stp,. これは、ネットワーク・サービス・プロバイダのネットワーク・アーキテクチャに依存している。 This depends on the network architecture of the network service provider.

サービス・プロバイダに登録された各加入者は、ネットワークの内部の特定のサービス制御機能に関連づけられ、このネットワークは、加入者をオペレータのインテリジェント・ネットワーク・ロジックに接続する。 Each subscriber registered to the service provider, associated with a particular service control function within the network, the network connects the subscriber to the operator of the intelligent network logic. 1つの単一インテリジェント・ネットワークに接続された任意の加入者は、サービス制御ポイントを経由してオペレータ・ネットワークによって提供されるすべてのサービスに加入し、またアクセスすることができる。 Any subscribers connected to one single intelligent network can via the service control point subscribes to all services provided by the operator network and accessed. 加入者は、そのサービス・プロバイダによって提供されるサービスだけに制限され、また他のオペレータによって提供されるサービスにはアクセスすることができない。 Subscriber is limited only to the service provided by the service provider, also the services provided by other operators can not be accessed. 代わりに、付加価値/付加のサービス提供のほとんどは、ピア・ツー・ピア・リフィルのような2人の加入者の間の相互作用を必要としており、またこれらの加入者が同じオペレータに属することを必要とする。 Instead, most of the service providing value-added / added, have required the interaction between two subscribers, such as peer-to-peer refill and that these subscribers belong to the same operator It requires.

サービス・プロバイダの数がますます増加するにつれて、加入者は、各サービス・プロバイダからの最も良いサービスを獲得するために、様々のサービス・プロバイダに複数の加入を行う傾向がある。 As the number of service providers will increase more and more, the subscriber, in order to obtain the best service from the service provider, there is a tendency to perform multiple subscribers to different service providers. そのようなシナリオにおいては、加入者は、様々な加入を独立して管理する必要がある。 In such a scenario, the subscriber has to manage independently different subscription. 加入者ベースの彼ら自身の組に対するオペレータ特有のSCPケータリングの分離された機能に起因して、オペレータ間サービスは、一般に基本サービスだけに制限される。 Due to the subscriber base of the operator-specific SCP catering to their own set separate function, inter-operator services are generally limited only to basic services. また、各サービス・プロバイダのネットワーク・アーキテクチャが、異なる可能性があるので、オペレータ間サービスを提供することは厄介なものになる。 The network architecture of the service provider, there is a different possibility, to provide inter-operator service will cumbersome.

上記を考慮して、本明細書における実施形態は、マスタ・サービス制御ポイント(SCP)を使用することにより、複数のネットワーク・オペレータの複数の加入者に対してオペレータ間サービスを提供するための方法を提供している。 In view of the above, embodiments herein, by using a master Service Control Point (SCP), a method for providing inter-operator services to a plurality of subscribers of a plurality of network operators It has to offer. クロス・オペレータ・サービスに加えて、それはまた、SCPの間で他の関連のある情報を動的に共有するメカニズムも提供する。 In addition to the cross-operator services, it also provides a mechanism to dynamically share information with other related between SCP. 本方法は、オペレータ・ネットワーク「B」に対する要求を処理するために必要とされる関連のあるパラメータと一緒に、オペレータ間サービスに対するアクセスを提供するため/要求するためのオペレータ・ネットワーク「A」のSCPからマスタSCPによってサービス要求メッセージを受信するステップと、オペレータ・ネットワークBの上でオペレータ・ネットワークAのアクセス権を分析するためにマスタSCPによってサービス要求メッセージを認証するステップと、必要な場合にはオペレータ・ネットワークBのSCPとの相互作用を含めてマスタSCPによってサービス要求を処理するステップと、マスタSCPにより、オペレータ・ネットワークAのSCPに対して、サービスについての肯定的なアクセス肯定応答または This method, together with the parameters that are relevant to be required to process a request for operator network "B", the operator network to / request for providing access to inter-operator service "A" receiving a service request message by the master SCP from SCP, the step of authenticating the service request message by the master SCP to analyze the access operator network a on the operator network B, and if necessary processing the service request by the master SCP, including interaction with SCP operator network B, the master SCP, against SCP operator network a, or positive access acknowledgment services 否のいずれかを示す応答メッセージについて返信するステップとを含む。 And a step of returning the response message indicating either not. アクセス権は、1つのオペレータのサービス制御ポイントにより、別のオペレータのサービス制御ポイントに対してサポートされる/認可されるサービスを規定する。 Access rights by one operator of the service control points to define the supported for another operator of the service control point / authorized the service. 仲介するSCPは、要求メッセージと応答メッセージとを送信し、また受信するためにダイアメーター・プロトコル(diameter protocol)を使用する。 SCP to mediate sends a request and response messages, and also uses the Diameter protocol (For diameter protocol) to receive. 要求メッセージの処理は、マスタ・サービス制御ポイントのサーバの上で使用可能な情報の使用を必要とする。 Processing the request message requires the use of information available on the server of the master service control point.

実施形態は、さらに、複数のネットワーク・オペレータの複数の加入者に対してオペレータ間サービスを提供するためのマスタ・サービス制御ポイントを開示している。 Embodiments further discloses a master service control point for providing inter-operator services to a plurality of subscribers of a plurality of network operators. マスタ・サービス制御ポイントは、オペレータ・ネットワークBに関連したサービスについてオペレータ・ネットワークAからサービス要求メッセージを受信し、オペレータ・ネットワークBの上でオペレータ・ネットワークAのアクセス権を分析するためにサービス要求メッセージを認証し、サービスが許可される場合に、オペレータBのSCPとの相互作用を含むことができるサービス要求を処理し、オペレータ・ネットワークAに対して応答メッセージを送信することを備える。 Master Service Control Point, services related to the operator network B receives the service request message from the operator network A, service request message to analyze the access operator network A on the operator network B the authenticating, if the service is authorized, processes the service request may include interaction with SCP operator B, comprises transmitting a response message to the operator network a. アクセス権は、1つのオペレータのサービス制御ポイントにより、別のオペレータに対するサービス制御についてサポートされるサービスを規定する。 Access rights by one operator of the service control points, to define the services supported for the service control to another operator. 仲介するSCPは、メッセージを送信し、また受信するためにダイアメーター・プロトコルを使用する。 SCP to mediate sends a message, also using the Diameter protocol in order to receive. 応答メッセージの処理は、マスタ・サービス制御ポイントのサーバの上で使用可能な情報の使用を必要とする。 Processing the response message requires the use of information available on the server of the master service control point.

本明細書における実施形態は、さらに、複数のネットワーク・オペレータの加入者に対するオペレータ間サービスを提供するための、通信ネットワークにおけるシステムを開示しており、本システムは、複数のサービス制御ポイントと、マスタ・サービス制御ポイントとを備えており、さらにマスタ・サービス制御ポイントは、オペレータ・ネットワークBに関連したサービスについてオペレータ・ネットワークAからサービス要求メッセージを受信し、オペレータ・ネットワークBの上でオペレータ・ネットワークAのアクセス権を分析するためにサービス要求メッセージを認証し、サービスが許可される場合に、オペレータ・ネットワークAについてサービスを処理し、またオペレータ・ネットワークAに対して応答メッセージを返信す Embodiments herein further for providing inter-operator services to subscribers of a plurality of network operators, discloses a system in a communication network, the system includes a plurality of service control points, the master - and a service control point further master service control point, for service related to the operator network B receives the service request message from the operator network a, an operator network a on the operator network B authenticates the service request message to analyze the access, if the service is authorized, it processes the service for the operator network a, also to return a response message to the operator network a ために構成される。 Configured for. 本システムは、メッセージを認証して、アクセス権を決定し、アクセス権は、1つのオペレータのサービス制御ポイントにより、別のオペレータに対するサービス制御についてサポートされるサービスを規定する。 The system authenticates the message, to determine the access rights, access rights, by one operator of the service control points, to define the services supported for the service control to another operator. 本システムは、ダイアメーター・プロトコルを使用して、要求メッセージと応答メッセージとを送信し、また受信する。 The system uses the Diameter protocol, and transmits the request and response messages, and receive. 本システムは、マスタ・サービス制御ポイントのサーバの上で使用可能な情報を使用することにより、応答メッセージを処理する。 The system, by using the available information on the server of the master service control point, to process the response message.

本明細書における実施形態はまた、オペレータ間の加入者から加入者へのコラボレーション型課金と、オペレータ間の預け入れと、引き出しとのための方法と、オペレータ間のバウチャー・ベースの再課金のためにマスタSCPを使用するための方法とを開示している。 Embodiments herein also includes a collaborative billing to the subscriber from the subscriber between operators, and deposits between operators, and method for the extraction, for the voucher-based re-charging between operators and methods for using the master SCP disclose.

実施形態は、さらに、ネットワーク・オペレータと、サービス制御ポイントとの間のメッセージを処理するための方法を開示しており、本方法は、様々なサービスを規定するステップと、サービス制御ポイントの間の関連のあるメッセージングについて新しい「属性値対」を生成するステップとを含む。 Embodiment further includes a network operator, the method discloses for handling messages between the service control point, the method includes defining various services, between a service control point relevant and generating a new "AVP" for messaging. 本方法においては、サービスについて規定するステップは、マスタ・サービス制御ポイント(SCP)を使用して互いに接続されたネットワーク・オペレータによって提供されるオペレータ間サービスを含んでいる。 In this method, the step of defining the service includes inter-operator services offered by network operators which are connected to each other by using a master Service Control Point (SCP). 属性値対は、マスタSCPによって提供されるサービスごとに規定される。 The AVP is defined for each service provided by the master SCP.

本明細書における実施形態についての、これらの態様および他の態様は、以下の説明と添付の図面とを組み合わせて考慮されるときに、よりよく認識され、また理解されるであろう。 For embodiments herein, these and other aspects, when considered in combination with the drawings of the following description and accompanying recognized better, also it will be understood.

本明細書における実施形態は、図面を参照して以下の詳細な説明からよりよく理解されるであろう。 Embodiments herein will be with reference to the drawings it will be better understood from the following detailed description.

本明細書において開示されるような実施形態による、マスタ・サービス制御ポイントに接続された電気通信オペレータのネットワークのブロック図である。 According to embodiments as disclosed herein, it is a block diagram of a network of a telecommunications operator that is connected to the master service control point. 本明細書において開示されるような実施形態による、マスタ・サービス制御ポイントのブロック図である。 According to embodiments as disclosed herein, it is a block diagram of a master service control point. 本明細書において開示される実施形態による、通信プロトコルとして使用されるダイアメーター・パケット・フォーマットの一例を示す図である。 According to an embodiment disclosed herein, it is a diagram illustrating an example of a Diameter packet formats used as the communication protocol. 本明細書において開示される実施形態による、通信プロトコルとして使用されるダイアメーター・パケット・フォーマットの一例を示す図である。 According to an embodiment disclosed herein, it is a diagram illustrating an example of a Diameter packet formats used as the communication protocol. 本明細書において開示される実施形態による、コール制御要求メッセージおよびコール制御応答メッセージならびにそれらの定義を示す図である。 According to an embodiment disclosed herein, it is a diagram showing a call control request message and call control response message and their definitions. 本明細書において開示される実施形態による、コール制御要求メッセージおよびコール制御応答メッセージならびにそれらの定義を示す図である。 According to an embodiment disclosed herein, it is a diagram showing a call control request message and call control response message and their definitions. 本明細書において開示される実施形態による、他のサービス・プロバイダのサービス制御ポイントとコールする/要求するオペレータ・ネットワークのSCPによって共有されるアクセス権を説明する一例を示す図である。 According to an embodiment disclosed herein, a diagram illustrating an example for describing the access rights shared by the operator network to / request to the service control point and call other service providers SCP. 本明細書において開示される実施形態による、グローバルMSISDN−SCP ID−SCPアドレスのマッピング・テーブルを示す図である。 According to an embodiment disclosed herein, a diagram illustrating a mapping table of global MSISDN-SCP ID-SCP address. 本明細書において開示される実施形態による、グローバル・プロファイルから機能へのマッピング・テーブルを示す図である。 According to an embodiment disclosed herein, a diagram illustrating a mapping table to function from the global profile. 本明細書において開示される実施形態による、一方法−オペレータ間の加入者(OP1に属する)から加入者(OP2に属する)へのクレジット預け入れ(credit deposit)を説明する例示のフローチャートである。 According to an embodiment disclosed herein, a method - which is a flowchart of an exemplary explaining a credit deposit (credit deposit will) to the subscriber from the subscriber between operators (belonging to OP1) (belonging to OP2). 本明細書において開示される実施形態による、一方法−オペレータ間の加入者(OP1に属する)から加入者(OP2に属する)へのクレジット預け入れを説明する例示のフローチャートである。 According to an embodiment disclosed herein, a method - which is a flowchart of an exemplary describing the credit deposit from a subscriber (belonging to OP1) to the subscriber (belonging to OP2) between operators. 本明細書において開示される実施形態による、一方法−オペレータ間の加入者(OP1に属する)から加入者(OP2に属する)へのクレジット預け入れを説明する例示のフローチャートである。 According to an embodiment disclosed herein, a method - which is a flowchart of an exemplary describing the credit deposit from a subscriber (belonging to OP1) to the subscriber (belonging to OP2) between operators. 本明細書において開示される実施形態による、オペレータ間の加入者(OP1に属する)から加入者(OP2に属する)へのクレジット引き出し(credit withdrawal)の一方法を説明する例示のフローチャートである。 According to an embodiment disclosed herein, a flow chart of an exemplary illustrating one method of the subscriber subscriber from (belonging to OP1) credit drawer to (belongs to OP2) (credit withdrawal) between operators. 本明細書において開示される実施形態による、オペレータ間の加入者(OP1に属する)から加入者(OP2に属する)へのクレジット引き出しの一方法を説明する例示のフローチャートである。 According to an embodiment disclosed herein, a flow chart of an exemplary illustrating one method of credit withdrawal from the subscriber (belonging to OP1) to the subscriber (belonging to OP2) between operators. 本明細書において開示される実施形態による、オペレータ間の加入者(OP1に属する)から加入者(OP2に属する)へのクレジット引き出しの一方法を説明する例示のフローチャートである。 According to an embodiment disclosed herein, a flow chart of an exemplary illustrating one method of credit withdrawal from the subscriber (belonging to OP1) to the subscriber (belonging to OP2) between operators. 本明細書において開示される実施形態による、オペレータ間の加入者から加入者へのコラボレーション型課金の一方法を説明するフローチャートである。 According to an embodiment disclosed herein, a flow chart illustrating one method of collaborative billing to the subscriber from the subscriber between operators. 本明細書において開示される実施形態による、オペレータ間の加入者から加入者へのコラボレーション型課金の一方法を説明するフローチャートである。 According to an embodiment disclosed herein, a flow chart illustrating one method of collaborative billing to the subscriber from the subscriber between operators. 本明細書において開示される実施形態による、オペレータ間の加入者から加入者へのコラボレーション型課金の一方法を説明するフローチャートである。 According to an embodiment disclosed herein, a flow chart illustrating one method of collaborative billing to the subscriber from the subscriber between operators. マスタSCPが、オペレータ間のバウチャー・ベースの再課金のために使用される場合の使用事例を説明するフローチャート図である。 Master SCP is a flowchart for explaining use case when used for the voucher-based re-charging between operators. マスタSCPが、オペレータ間のバウチャー・ベースの再課金のために使用される場合の使用事例を説明するフローチャート図である。 Master SCP is a flowchart for explaining use case when used for the voucher-based re-charging between operators. 本明細書において開示される実施形態による、ローカルSCP機能を示す図である。 According to an embodiment disclosed herein, a diagram illustrating a local SCP function.

本明細書における実施形態と、様々な特徴と、それらの有利な詳細とは、添付の図面において示され、また以下の説明において詳細に述べられる非限定的な実施形態に関連してより十分に説明される。 And embodiments herein, the various features, from their advantageous details shown in the accompanying drawings, and more fully in connection with non-limiting embodiments described in detail in the following description It is described. よく知られているコンポーネントと処理技法とについての説明は、本明細書における実施形態を不必要にあいまいにしないようにするために省略される。 Description of the well-known and components that processing techniques may be omitted to the embodiments herein so as not to obscure unnecessarily. 本明細書において使用される例は、単に、本明細書における実施形態が実施され得るやり方の理解を容易にすること、および当業者が、本明細書における実施形態を実施することをさらに可能にすることを意図しているにすぎない。 Examples used herein is merely to facilitate an understanding of the manner in which embodiments may be implemented in the present specification, and those skilled in the art, it further capable of implementing the embodiments herein not only is intended to be. したがって、それらの例は、本明細書における実施形態の範囲を限定するようには解釈されるべきではない。 Accordingly, examples of to limit the scope of the embodiments herein should not be construed.

図1は、本明細書において開示されるような実施形態による、マスタ・サービス制御ポイント−マスタSCPに接続された電気通信オペレータのネットワークのブロック図を示すものである。 1, according to an embodiment as disclosed herein, the master service control point - shows a block diagram of a connected telecommunication operator's network to the master SCP. ベース・オペレータ(base operator)102の中のマスタSCP101は、示されたオペレータ−OP1と、OP2と、OP3と、OP4との間の通信のためのハブとしての機能を果たす。 Master SCP101 in the base operator (base operator) 102 includes an operator -OP1 indicated, and OP2, and OP3, serve as a hub for communication between the OP4. ベース・オペレータ102は、一般に、ネットワーク環境における既存のオペレータのうちの1つである。 Base operator 102 generally, is one of the existing operators in a network environment. ベース・オペレータ102は、すべての他のオペレータが、彼ら自体のオペレータ・ネットワークの上で使用し、また実施することができる基本ネットワーク・アーキテクチャを提供するオペレータである。 Base operator 102, all other operators, used on their own operator network, also is an operator that provides basic network architecture that can be implemented. 各オペレータ(OP1、OP2、OP3、OP4)は、サービス制御ポイント−SCPを使用して、膨大な数の加入者(図においてモバイル電話として示される)に接続している。 Each operator (OP1, OP2, OP3, OP4), using the service control point -SCP, are connected to the vast number of subscribers (shown as a mobile telephone in the figure). 例えば、OP1は、加入者A、および加入者Cと通信するSCP1から構成され、またOP2は、加入者Bおよび加入者Dと通信するSCP2から構成される。 For example, OP1 is composed of SCP1 to communicate with subscriber A, and the subscriber C, also OP2 is composed of SCP2 to communicate with subscriber B and subscriber D. オペレータ・ネットワークのSCPは、オペレータ・ネットワークの標準のコンポーネントであり、それぞれのSSP−サービス交換ポイントによって開始されるコール(音声、データ、SMS)を制御し、また処理するためのコア・コール制御ロジックをホストしている。 SCP operator networks is a standard component of the operator network, calls initiated by respective SSP- service switching point (voice, data, SMS) to control, also the core call control logic for processing It is hosting. SCPは、サービスを実施する。 SCP is, to implement the service. 加入者は、サービス交換ポイント−SSPを経由してSCPと通信する。 The subscriber, to communicate with the SCP via a service switching point -SSP. SSPは、1つのオペレータの加入者により、同じ/他のオペレータの別の加入者に対して開始されるコールのルーティングのための役割を担っている。 SSP is a subscriber of one operator, it plays a role for routing calls initiated to another subscriber of the same / other operators. それは、コール状態機械を実施し、このコール状態機械の遷移は、SCPによって与えられる指示によって導かれる。 It carried the call state machine transition of the call state machine, guided by instructions given by the SCP. SCPはまた、サービスの処理中に、加入者に関連した情報にアクセスするためのサービス・データ・ポイント−SDPと通信する。 SCP also during the processing of the service, to communicate with the service data point -SDP for accessing information related to the subscriber. 図は、各オペレータ・ネットワークに関連する単一SCPを示すものである。 Figure shows a single SCP associated with each operator network. しかしながら、複数のSCPは、あらゆるオペレータのネットワークにおいて存在することができる。 However, a plurality of SCP can be present in the network of any operator. ベース・オペレータ102は、マスタSCP 101を含むオペレータとして考えられることもあり、また他のオペレータ(OP1、OP2、OP3、OP4)は、ローカル・オペレータと呼ばれることもある。 Base operator 102, sometimes considered as an operator including a master SCP 101, also other operators (OP1, OP2, OP3, OP4) is sometimes referred to as a local operator. マスタSCP 101は、ダイアメーター・プロトコルを使用して、他のオペレータのSCP−SCP1、SCP2、SCP3、SCP4と通信する。 The master SCP 101 uses the Diameter protocol, the other operators SCP-SCP1, SCP2, SCP3, communicates with the SCP4. ダイアメーター・プロトコルは、通信の各ステージにおいて認証、認可および会計−AAA(authentication, authorization and accounting)を保証する。 Diameter protocol, authentication at each stage of communication, to ensure the authorization, and accounting -AAA (authentication, authorization and accounting). ダイアメーター・プロトコルは、新しいコマンド、属性および機能が、オペレータ・ネットワークによって規定されることを可能にする属性値対−AVP(attribute value pairs)を提供する。 Diameter protocol, a new command, the attributes and functions, provides an AVP -AVP (attribute value pairs) that allows it to be defined by the operator network. 図1において、マスタSCP 101は、処理手段と、オペレータ間通信のために必要とされる情報を有するサーバとを含む中央ダイアメーター・ノードとして考えられることもある。 In Figure 1, the master SCP 101 is a processing unit, also be considered as a central Diameter nodes comprising a server having information needed for inter-operator communications. 他のオペレータ−OP1、OP2、OP3、およびOP4は、クライアント・ダイアメーター・ノードとしての機能を果たす。 Other operators -op1, OP2, OP3, and OP4 serves as a client Diameter nodes. 図1は、本発明の実施形態に関連のあるネットワーク・コンポーネントだけを示している。 Figure 1 shows only network components that are relevant to an embodiment of the present invention. 電気通信オペレータ・ネットワークにおける必ずしもすべてのコンポーネントが、示されているとは限らない。 Not every component in a telecommunications operator network are not necessarily shown. 任意のモバイル・コンピューティング・デバイスを使用して、オペレータ・ネットワークに接続することができる。 Using any mobile computing device may be connected to the operator network. また、示される加入者は、一例であり、また実際には、数十万の加入者が、1つのオペレータ・ネットワークの一部分となることもある。 Further, the subscriber represented an example, actually also hundreds of thousands of subscribers may also be a part of one operator network. クラウドとして示される各モバイル・オペレータ・ネットワークは、異なるアーキテクチャのフレームワークを使用している可能性がある。 Each mobile operator network, shown as a cloud may be using a different architecture framework. 示されるネットワーク・オペレータは、GSMアーキテクチャ、インターネット・プロトコル・ベースのマルチメディア・システム(IMS:Internet Protocol based Multimedia system)、さらにはオーディオ通信およびビデオ通信のためのセッション開始プロトコル(SIP:session initiation protocol)のような異なる信号方式および通信のアプローチを使用している可能性がある。 The network operator indicated, GSM architecture, Internet Protocol-based multimedia system (IMS: Internet Protocol based Multimedia system), more Session Initiation Protocol for audio communication and video communication (SIP: session initiation protocol) there may be using the approach of a different signaling and communications as. マスタSCP 101は、それが、任意のタイプのオペレータ・ネットワークの間で情報を通信し、また処理することができるように、構成されている。 The master SCP 101 is that it communicates information between any type of operator networks, and as can be processed, is constructed.

図2は、本明細書において開示されるような実施形態によるマスタ・サービス制御ポイントのブロック図を示すものである。 Figure 2 shows a block diagram of a master service control point according to an exemplary embodiment as disclosed herein. 描写されたマスタSCP 101のブロック図は、SCPのすべてのモジュールを示していない。 Block diagram of the depicted master SCP 101 does not show all of the modules of the SCP. それは、本発明に関連のあるモジュールを示している。 It shows a module that are relevant to the present invention. マスタSCPは、ベース・オペレータ・ネットワークの一部分である。 The master SCP is a portion of the base-operator network. マスタSCP 101は、レシーバ201と、トランスミッタ202と、処理装置203と、サーバ204とを含む。 The master SCP 101 includes a receiver 201, a transmitter 202, a processor 203, a server 204. レシーバ201は、異なるオペレータの様々なSCPからデータおよびメッセージを受信し、またそれを処理ロジックに対して送信する。 The receiver 201 receives data and messages from a variety of SCP of different operators, also transmits it to the processing logic. 処理装置203は、制御ロジック205と、デコーダ206と、エンコーダ207とを備えることもある。 Processor 203 is a control logic 205, a decoder 206, also be provided with an encoder 207. デコーダ206は、処理装置203によって受信されるメッセージを復号し、また制御ロジック205は、受信されたメッセージについての適切な応答について決定する。 The decoder 206 decodes the messages received by the processing apparatus 203, and the control logic 205 determines the appropriate response for the received message. 次いで、エンコーダ207は、SCPによって理解可能なフォーマットへとその応答を符号化する。 Then, the encoder 207 encodes the a response to the understandable format by SCP. 制御ロジック205は、サーバ204において使用可能なすべての情報を使用して、応答について決定する。 Control logic 205 may use all the information available at the server 204, to determine the response. 制御ロジック205は、記憶されるイベントのシーケンスを有することもできる。 Control logic 205 may also have a sequence of stored event being. サーバ204は、SCP IP/SS7ベースのアドレス・データベース208と、SCP_IDからMSISDN範囲へのマッピング・テーブル213と、オペレータ・プロファイル・データ209と、オペレータID 210と、SCP ID 211とを備える。 Server 204 includes a SCP IP / SS7-based address database 208, a mapping table 213 to MSISDN range SCP_ID, an operator profile data 209, an operator ID 210, and SCP ID 211. SCP IP/SS7ベースのアドレス208は、マスタからローカルへのSCP通信のために必要とされるオペレータ・ネットワークのIP/SS7アドレスを記憶する。 SCP IP / SS7-based address 208 stores the IP / SS7 address of the operator network required for the SCP communication from the master to the local. SCP_ID 211は、すべての接続されたオペレータ・ネットワークのSCPについての所定のIDを含んでいる。 SCP_ID 211 includes a predetermined ID for SCP on all of the connected operator network. オペレータ・プロファイル・データセット209は、各オペレータ・ネットワークのプロファイルを含んでいる。 Operator profile data set 209 contains a profile of each operator network. オペレータ・プロファイル209は、各オペレータが、他のオペレータに対して提供する権利を規定する。 Operator profile 209, each operator defines a right to offer to other operators. これらの権利は、他方のオペレータ・ネットワークの上で一方のオペレータ・ネットワークのオペレータ間の機能アクセス権を規定する。 These rights define the function access between operators of one operator network on the other operator network. 例えば、オペレータOP2は、OP1の加入者から彼の使い古しの(OP2の)加入者への残高転送を可能にしたいと思う可能性がある。 For example, the operator OP2 is, of his worn-out from the subscriber of OP1 (OP2 of) there is a possibility that I think I want to be able to balance transfer to the subscriber. マスタSCPは、OP1からの転送機能についてOP2によって与えられるアクセス権をチェックし、またOP1の加入者からOP2の加入者に向かう任意の転送機能を可能にする。 The master SCP checks the access rights granted by the OP2 for the transfer function from OP1, also allows any transfer function going from the subscribers of OP1 to subscribers OP2. MSISDN範囲は、一般にオペレータ・ネットワークについて規定される。 MSISDN range is generally defined for the operator network. SCP_IDからMSISDN範囲へのマッピング・テーブル213は、要求する/応答する加入者のホスティングSCPを識別するために有用である。 Mapping table 213 from SCP_ID to MSISDN range is useful for identifying host SCP of subscriber request to / response. さらに、ある種のオペレータ間の機能は、コールするパーティと、コールされるパーティとの間のあらかじめ合意された協定を必要としており、OP1 SCPが、コールするパーティ(自身の加入者)にリンクされたそれぞれのコールされるパーティの番号を記憶することを必要としている。 Furthermore, function between certain operator, a party calling, have required previously agreed agreement between parties to be called, OP1 SCP is linked to the call to the party (own subscribers) It is required to store the number of the party to be each call was. 他の場合では、決定の判断基準/機能のアクセスは、応答するパーティによるサービス要求の動的なコール中の承認/不承認を通しての可能性がある。 In other cases, the access criteria / function determination is likely through approval / disapproval in dynamic call service request by parties to respond. アクセス権は、このようにして、2つのレベルで規定されることもある。 Access rights, this way, also be defined at two levels. 加入者から加入者へのアクセス決定ルール/データは、呼び出している加入者のローカルSCPだけに限定される可能性があり、またオペレータのアクセス能力を規定するオペレータからオペレータへのアクセス権は、さらにマスタSCPにおいて規定される可能性がある。 Access decision rule / data to the subscriber from the subscriber is the calling may be limited only to the local SCP subscriber and access from the operator to define the access capability of the operator to operator, further It could be defined in the master SCP.

図3Aおよび3Bは、本明細書において開示される実施形態による、通信プロトコルとして使用されるダイアメーター・プロトコル・パケット・フォーマット300の一例を示すものである。 3A and 3B, according to an embodiment disclosed herein, shows an example of a Diameter protocol packet format 300 used as a communication protocol. ダイアメーター・プロトコルは、マスタSCP 101を中央ノードとして使用して、クライアント・オペレータ・ネットワークの間の通信のための手段を実行する。 Diameter protocol, using the master SCP 101 as a central node performs a means for communication between the client operator network. メッセージと、コマンドと、機能とは、ダイアメーター・パケット300の上で構成され、またネットワークを通して送信される可能性がある。 And messages and commands, functions and is configured on the Diameter packet 300, also could be transmitted through the network. ダイアメーター・プロトコル・パケット・フォーマット300は、メッセージ・ヘッダ301と、メッセージ・ペイロード302とから構成される。 Diameter protocol packet format 300 includes a message header 301, and a message payload 302.. メッセージ・ヘッダ301は、ダイアメーター・バージョン303と、コマンド・コード・バージョン304と、コマンド・コード305と、アプリケーションID 306と、ホップ・バイ・ホップ識別子307と、エンド・ツー・エンド識別子308とを含む。 Message header 301 includes a Diameter version 303, the command code version 304, the command code 305, an application ID 306, a hop-by-hop identifier 307, and an end-to-end identifier 308 including. コマンド・コード・バージョン304は、一般に7ビットを含んでいる。 Command code version 304 includes a generally 7 bits. ある種のビットは、メッセージのタイプを示すために予約される。 Certain bits are reserved to indicate the type of message. 例えば、要求(R)ビットは、要求を示すように設定されることもあり、プロキシ可能なビット(P)は、プロキシされ、反復され、またはリダイレクトされる必要があるメッセージを示すように設定されることもある。 For example, the request (R) bit is also be set to indicate the request, the proxy possible bit (P) is a proxy, is repeated or is set to indicate redirected message should be, Rukoto also. これらのバージョンは、マスタSCPのサービス生成環境において構成され、また設定される可能性もある。 These versions are configured in the service creation environment of the master SCP, also possibly it is set. コマンドには、コマンド・コード305が割り当てられる。 The command, the command code 305 is assigned. これらのコマンド・コード305は、要求メッセージと、応答/回答メッセージとの両方について規定される。 These command codes 305, a request message is defined for both the response / reply message. 例えば、コマンド・コードCCRは、クレジット制御要求(credit control request)を表す。 For example, command codes CCR represents a Credit Control Request (credit control request). アプリケーションID 306は、パケットにおいてアプリケーションのことを意味する。 Application ID 306 means that the application in the packet. アプリケーションID 306は、サード・パーティのアプリケーション、認証、または会計のことを意味することもある。 Application ID 306 is a third-party application, authentication, or may mean that the accounting. アプリケーションID 306は、マスタSCP 101において規定される可能性もある。 Application ID 306 is also likely to be defined in the master SCP 101. ホップ・バイ・ホップ識別子307を使用して、要求と応答とをマッチさせる。 Use the hop-by-hop identifier 307, to match the requests and responses and. エンド・ツー・エンド識別子308は、二重のメッセージを識別する際に役立つ。 End-to-end identifier 308 helps in identifying dual message. メッセージ・ペイロード302は、ダイアメーター・メッセージに関連のある情報をカプセル化する様々な数の属性値対−AVP 309から構成される。 The message payload 302 consists of a varying number of AVP -AVP 309 that encapsulates the information related to the Diameter message. 図3Bは、メッセージ・ペイロードと、AVP 309とをさらに詳細に説明するものである。 Figure 3B further illustrate in detail the message payload, the AVP 309. AVPコード310は、コマンド・コード305と同じコードを含んでいる。 AVP Code 310 includes the same code as the command code 305. フラグ311を使用して、AVPを規定する。 Use flag 311 defines a AVP. フラグは、ある種の予約されたビットを有して、長さが7ビットである。 Flag has certain reserved bit, a 7-bit length. AVP長さ312は、メッセージの長さを規定する。 AVP Length 312 defines the length of the message. ベンダID 313は、オプションのフィールドである。 The vendor ID 313 is a field of options. データ・フィールド314は、送信され/受信されるすべてのデータを含んでいる。 Data field 314 contains all the data to be transmitted / received. AVPは、必要に応じて生成され、また使用される可能性がある。 AVP is generated as needed, also could be used.

図3Cおよび3Dは、本明細書において開示される実施形態による、コール制御要求メッセージと、コール制御応答メッセージと、それらの定義を示すものである。 3C and 3D, in accordance with embodiments disclosed herein, illustrates a call control request message, and call control response message, those definitions. 図3cは、CCR要求メッセージと、CCR要求に関連するAVP定義とを示すものである。 Figure 3c illustrates the CCR request message, and AVP definition associated with CCR request. 図3dは、CCAメッセージと、CCAメッセージに関連のあるAVP定義とを示すものである。 Figure 3d illustrates the CCA message and AVP definitions that are relevant to CCA message.

図4は、本明細書において開示される実施形態による、他のサービス・プロバイダのサービス制御ポイントと、コールする/要求するオペレータ・ネットワークのSCPによって共有されるアクセス権を説明する一例を示すものである。 Figure 4 shows according to an embodiment disclosed herein, a service control point of the other service providers, an example illustrating the access rights shared by SCP operator network to which the call to / request is there. 図4は、コールするオペレータSCP_ID 401と、リンクされたオペレータ402と、リンクされたオペレータに関連するSCP_ID 403と、適用可能なオペレータSCPプロファイル404とを示している。 4, an operator SCP_ID 401 to call, show a linked operator 402, and SCP_ID 403 associated with the linked operator, the applicable operators SCP profile 404. SCPプロファイル404は、特定のオペレータからオペレータへの組合せのために与えられるアクセス権を規定する。 SCP profile 404 defines the access rights granted from a particular operator for the combination to the operator. ここでコールするオペレータ106は、XXX_SCP1としての、コールするオペレータSCP_IDを有するXXXである。 Operator 106 to call here as XXX_SCP1, a XXX with operator SCP_ID to call. リンクされたオペレータ402は、YYY_1と、ZZZ_1とを含んでいる。 Operator 402 linked includes a YYY_1, and ZZZ_1. YYY_1オペレータは、SCP_ID 403としてYYY_SCP1を有する2つのSCPのオペレータと、SCP_ID 403としてYYY_SCP2を有する他のオペレータとを含む。 YYY_1 operator comprises an operator of the two SCP with YYY_SCP1 as SCP_ID 403, and other operators with YYY_SCP2 as SCP_ID 403. オペレータ_SCP_プロファイル404は、そのリンクされたオペレータに対して各々関連するオペレータによって提供されるオペレータ間の特徴/機能に関してアクセス権を規定する。 Operator _SCP_ profile 404 defines the access right with respect to features / functionality between operators provided by the operator associated respectively with respect to the linked operator. YYY_SCP1は、口座残高照会だけを許可するが、YYY_SCP2は、口座残高照会ならびにXXX_SCP1に対する口座残高引き出し許可を認可する。 YYY_SCP1 is to allow the account balance inquiry only, YYY_SCP2 is, to authorize the account balance drawer permission for account balance inquiries, as well as XXX_SCP1. ZZZ_SCP2は、XXX_SCP1に対する残高転送に関連した機能を認可するが、ZZZ_SCP1は、どのような方法におけるどのようなオペレータ間機能に対してもアクセスを与えない。 ZZZ_SCP2 is authorizing functions related to the balance transfer to XXX_SCP1, ZZZ_SCP1 does not give access to any kind of inter-operator functions in any way. プロファイルから許可された機能に対するマッピングが、図6に与えられる。 Mapping to authorized feature from the profile is given in Figure 6. 他の実施形態においては、あるオペレータに属する異なるSCPに対して認可される機能は、同じアクセス権/機能を許可することができる。 In other embodiments, the functions approved for different SCP belonging to a certain operator may allow the same access / functionality. ZZZ_SCP2とZZZ_SCP1との両方が、すべてのオペレータ間機能を許可するときの一例について考察する。 Both ZZZ_SCP2 and ZZZ_SCP1 is, consider an example of a time to allow all inter-operator functions.

図5は、本明細書において開示される実施形態による、グローバルMSISDN−SCP ID−SCPアドレスのマッピング・テーブルを示すものである。 5, according to an embodiment disclosed herein illustrates a mapping table of global MSISDN-SCP ID-SCP address. MSISDN範囲501は、オペレータに関連するMSISDN番号の範囲を示す。 MSISDN range 501 indicates a range of MSISDN numbers associated with the operator. オペレータID 502は、MSISDN範囲に関連するオペレータを示す。 The operator ID 502 indicates the operator associated with the MSISDN range. SCP_ID 403は、オペレータについてのそれぞれのMSISDN範囲の加入者データをホストするSCPを識別する。 SCP_ID 403 identifies the SCP to host the subscriber data for each MSISDN range for the operator. SCP IP/SS7アドレス503は、通信目的のための様々なオペレータのそれぞれのSCPのSS7/IPアドレスを規定する。 SCP IP / SS7 address 503 defines the SS7 / IP address of each SCP of the different operators for communication purposes. SS7/IPアドレスは、リンクされたオペレータのSCPの間の通信を容易にするために、マスタSCPによって使用されるべきである。 SS7 / IP address, in order to facilitate communication between the linked operator SCP, should be used by the master SCP.

図6は、本明細書において開示される実施形態によるグローバル・プロファイルから機能へのマッピング・テーブルを示すものである。 Figure 6 shows the mapping table to function from the global profile according to an embodiment disclosed herein. オペレータSCPプロファイル404は、別のオペレータにとって使用可能なアクセスを示し、またサポートされる機能601は、特定のプロファイルに属するオペレータにとってアクセス可能なサポートされた機能/サービスを示す。 Operator SCP profile 404 shows the available access for another operator, also supported features 601 indicates an accessible supported feature / service for an operator belonging to a particular profile. OP1の加入者Cが、OP2からのサービスにアクセスしたいと思う場合の一例を考察する。 OP1 subscriber C of, consider an example of when you want to access the service from the OP2. オペレータOP2が、OP1に対して残高預け入れ機能(balance deposit function)だけを認可する場合、そのときにはオペレータOP1に属する加入者は、オペレータOP2の別の加入者「D」に向かう残高預け入れ機能だけに対してアクセスを有することになる。 If the operator OP2 is to authorize only balance deposit function (balance deposit function) with respect to OP1, subscribers belonging to the operator OP1 to that time, with respect to only balance deposit function towards another subscriber of the operator OP2 "D" It will have access Te. 任意の他の機能に対するアクセスは、拒否されるであろう。 Access to any other functions will be rejected.

図7A、7B、7Cは、本明細書において開示される実施形態による、オペレータ間の加入者から加入者へのクレジット預け入れの一方法を説明するフローチャートである。 Figure 7A, 7B, 7C, according to embodiments disclosed herein, is a flow chart illustrating one method of credit deposit to the subscriber from the subscriber between operators. OP1の加入者Aは、加入者Bの口座に資金(F1)を預け入れするための要求を開始する(701)。 Subscribers OP1 A initiates a request to deposit funds (F1) to the account of the subscriber B (701). 加入者Bは、オペレータ2−OP2に属する。 Subscriber B belongs to the operator 2-OP2. 受益者のMSISDNの詳細と一緒に転送されるべき金額を含む要求は、加入者Aにより、USSDフォーマットまたはSMSフォーマットで送信される。 Request including the amount to be transferred together with details of the MSISDN of the beneficiaries, the subscriber A, is transmitted in USSD format or SMS format. OP1のSCP1は、加入者BのMSISDN番号と一緒に、転送されるべき金額を含む要求を受信する(702)。 SCP1 of OP1, together with MSISDN number of the subscriber B, and receives a request including an amount to be transferred (702). 次いで、SCP1は、加入者Aの認証のためにPIN番号を入力するように加入者Aに要求する(703)。 Then, SCP1 requests the subscriber A to enter a PIN number for authentication of the subscriber A (703). 次いで、SCP1は、ユーザによって入力されるPINが正しいかどうかをチェックする(704)。 Then, SCP1 checks whether the PIN entered by the user is correct (704). PINが、正しくない場合、加入者Aは、もう一度PIN番号を入力するように要求される(705)。 PIN is, If it is not correct, the subscriber A is requested to re-enter the PIN number (705). PINが、正しい場合、SCP1は、加入者Aが、サービスに加入しているかどうかをチェックする(706)。 If the PIN is correct, SCP1 is, subscriber A, to check whether or not subscribed to the service (706). ユーザが、サービスに加入していない場合、加入者Aは、サービスに加入するように要求するメッセージを送信される(707)。 If the user has not subscribed to the service, the subscriber A is sent a message requesting to join the service (707). 次に、SCPは、呼び出されたオペレータ間機能が、パーティ−Aと、パーティ−Bとの間の所定の契約を必要とするかどうか、またはアクセスが、コール中に応答するパーティ「B」によって動的に認可されることになるかどうかをチェックしなければならない。 Next, SCP is between the called operator functions, and Party -A, whether requiring a predetermined agreement between the parties -B, or access by party "B" to respond during a call You must check whether or not will be dynamically approval. 残高の引き出し/預け入れなどの場合では、所定の契約は、必要とされない可能性がある。 In the case of such withdraw / deposit balance, the predetermined contract may not be required. OP2の加入者B(応答するエンティティ)は、トリガされた要求それ自体の間にOP1の加入者からのサービス要求を許可するか、許可しないかのいずれかを行うように求められる可能性がある。 OP2 subscriber B of (the entity that response), or allow the service request from a subscriber of OP1 between the request itself triggered, could be required to perform either disallow . しかしながら、残高照会などの場合では、コールされるパーティと、コールするパーティとの間の一度限りの所定の契約は、OP1のSCPにおいて記憶される可能性があり、OP2の加入者からのコール中の要求についての必要性を取り除いている。 However, in the case of a balance inquiry, a party to be called, the predetermined contract one-time between the call to the party, may be stored in the SCP of OP1, during a call from the subscriber's OP2 and removing the need for the request. 次いで、SCP1は、加入者Aが、口座に十分な残高を有するかどうかをチェックする(708)。 Then, SCP1 is, subscriber A, to check whether it has a sufficient balance in the account (708). 加入者Aが、十分な残高を有していない場合、サービスは拒否され(709)、また加入者Aは、口座残高を示すメッセージを送信される。 Subscriber A, if it has no sufficient funds, service is denied (709), also the subscriber A is sent a message indicating account balance. 加入者Aが、トランザクションのために十分な残高を有する場合、SCP1は、CCR−クレジット制御要求をマスタSCP 101に対して送信する(710)。 Subscriber A, if it has sufficient balance for the transaction, SCP1 sends CCR- credit control request to the master SCP 101 (710). CCR要求は、転送されるべき金額と、受益者のMSISDNと、加入者AのオペレータIDとを含むダイアメーター・プロトコル・メッセージを使用して送信され(711)、またマスタSCP 101によって受信される(711)。 CCR request is received and the amount to be transferred, and MSISDN of beneficiaries, sent using the Diameter protocol message containing the operator ID of the subscriber A (711), also by the master SCP 101 (711). マスタSCP 101は、MSISDN−SCP_ID−SCPアドレスのマッピング・テーブルを使用して加入者BのオペレータIDを決定する(712)。 The master SCP 101 determines the operator ID of the subscriber B using the mapping table of MSISDN-SCP_ID-SCP address (712). 次いで、マスタSCP 101は、OP1のSCP_ID 403が、有効であるかどうかをチェックする(713)。 Then, the master SCP 101 is, SCP_ID 403 of OP1 is, checks whether a valid (713). SCP_ID 403が、無効である場合、OP1のSCP1は、マスタSCP 101サービスに対するアクセスを拒否される(714)。 SCP_ID 403 is, if invalid, SCP1 of OP1 is denied access to the master SCP 101 service (714). OP1のSCP_ID 403が、有効である場合、マスタSCPは、OP2が、フォーム−F1でクレジット預け入れを実行するための権利をOP1に対して与えるかどうかをチェックする(717)。 SCP_ID 403 of OP1 is, if it is valid, the master SCP is, OP2 is, to check whether to grant the right to perform a credit deposit in the form -F1 against OP1 (717). OP2が、機能F1についてOP1の上でアクセス権を与えない(717)場合、機能は、SCP1と加入者Aとに対して送信されるメッセージをサポートしていない(718)。 OP2 is, if no grant access on OP1 for function F1 (717), function does not support messages to be transmitted to the subscriber A and SCP1 (718). OP2が、OP1に対してアクセス権を与える場合、マスタSCPは、そのアドレスが、MSISDN−SCP_ID−SCPアドレスのマッピング・テーブルから導き出されるOP2のSCP2に対してCCR要求を送信する(719)。 OP2 is, when giving access to OP1, the master SCP has its address, transmits a CCR request to SCP2 of OP2 derived from the mapping table of MSISDN-SCP_ID-SCP address (719). OP2のSCP2は、加入者Bの詳細と一緒に預け入れされ/クレジットされるべき金額を含む要求を受信する(720)。 SCP2 of OP2 receives a request including an amount to be deposit is / credits along with details of the subscriber B (720). SCP2は、CCR要求を受信することについての肯定応答をマスタSCPに対して送信する(721)。 SCP2 sends an acknowledgment for receiving the CCR request to the master SCP (721). OP2のSCP2は、加入者Bの口座において金額をクレジットし(722)、またメッセージを加入者Bに対して送信する(722)。 SCP2 of OP2 is to credit the amount in the account of the subscriber B (722), also sends a message to the subscriber B (722). 次いで、SCP2は、マスタSCPを経由してCCR要求の成功したメッセージをSCP1に対して送信する(723)。 Then, SCP2, via the master SCP sends a successful message CCR request to SCP1 (723). 次いで、SCP1は、要求された金額を用いて加入者Aの口座に借方計上する(724)。 Then, SCP1 is debit record to the account of the subscriber A with the requested amount (724). SCP1は、最後に、借方計上された金額と一緒に、成功したトランザクションを示すメッセージを加入者Aに対して送信する(725)。 SCP1 is finally, together with the amount that has been debited, sends a message indicating a successful transaction to subscriber A (725). 方法700における様々なアクションは、提示される順序で、異なる順序で、または同時に実行される可能性がある。 Various actions in method 700, in the order presented, which may be performed in a different order, or simultaneously. さらに、いくつかの実施形態においては、図7A、7B、7Cの中にリストアップされるいくつかのアクションが、省略されてもよい。 Further, in some embodiments, FIG. 7A, 7B, some actions listed in the 7C may be omitted.

図8A、8B、8Cは、本明細書において開示される実施形態による、オペレータ間の加入者から加入者へのクレジット引き出しの方法を説明するフローチャートである。 Figure 8A, 8B, 8C, according to embodiments disclosed herein, is a flowchart illustrating a method of credit drawer to the subscriber from the subscriber between operators. OP1の加入者Aは、加入者Bの口座からの資金(F2)の引き出しについての要求を開始する(801)。 Subscribers OP1 A initiates a request for withdrawal of funds (F2) from the account of the subscriber B (801). 加入者Bは、オペレータ2−OP2に属する。 Subscriber B belongs to the operator 2-OP2. 要求は、USSDフォーマット、またはSMSフォーマットで加入者Aによって送信される。 Request is transmitted by the subscriber A at USSD format or SMS format. OP1のSCP1は、加入者BのMSISDN番号と一緒に引き出されるべき金額を含む要求を受信する(802)。 SCP1 of OP1 receives the request including the amount to be withdrawn together with the MSISDN number of the subscriber B (802). 次いで、SCP1は、加入者Aの認証のためのPIN番号を入力するように加入者Aに要求する(803)。 Then, SCP1 requests the subscriber A to enter a PIN number for authentication of the subscriber A (803). 次いで、SCP1は、加入者Aによって入力されるPINが、正しいかどうかをチェックする(804)。 Then, SCP1 is, PIN entered by subscriber A checks if the correct (804). PINが、正しくない場合に、加入者Aは、もう一度、PIN番号を入力するように、要求される(805)。 PIN is, if not correct, the subscriber A is, once again, to enter a PIN number, is required (805). PINが、正しい場合、SCP1は、加入者Aが、サービスに加入しているかどうかをチェックする(806)。 If the PIN is correct, SCP1 is, subscriber A, to check whether or not subscribed to the service (806). 加入者Aが、サービスに加入していない場合、加入者Aは、サービスに加入するように要求するメッセージを送信される(807)。 Subscriber A, if not subscribe to the service, the subscriber A is sent a message requesting to join the service (807). 次に、SCPは、呼び出されたオペレータ間機能が、パーティ−Aと、パーティ−Bとの間の所定の契約を必要とするかどうか、またはアクセスが、コール中に応答するパーティ「B」によって動的に認可されることになるかどうかをチェックしなければならない。 Next, SCP is between the called operator functions, and Party -A, whether requiring a predetermined agreement between the parties -B, or access by party "B" to respond during a call You must check whether or not will be dynamically approval. 残高の引き出し/預け入れなどの場合では、所定の契約は、必要とされない可能性がある。 In the case of such withdraw / deposit balance, the predetermined contract may not be required. OP2の加入者(応答するエンティティ)は、トリガされた要求それ自体の間にOP1の加入者からのサービス要求を許可するか、許可しないかのいずれかを行うように求められる可能性がある。 OP2 subscriber (the entity that response), or allow the service request from a subscriber of OP1 between the request itself triggered, could be required to perform either not permitted. しかしながら、残高照会などの場合では、コールされるパーティと、コールするパーティとの間の一度限りの所定の契約は、OP1のSCPにおいて記憶される可能性があり、OP2の加入者からのコール中の要求についての必要性を取り除いている。 However, in the case of a balance inquiry, a party to be called, the predetermined contract one-time between the call to the party, may be stored in the SCP of OP1, during a call from the subscriber's OP2 and removing the need for the request. SCP1は、CCR−クレジット制御要求をマスタSCPに対して送信する(808)。 SCP1 sends CCR- credit control request to the master SCP (808). CCR要求は、転送されるべき金額と、「B」のMSISDNと、加入者AのオペレータIDとを含むダイアメーター・プロトコル・メッセージを使用して送信される(809)。 CCR request includes the amount to be transferred, and MSISDN of "B", is transmitted using Diameter protocol message containing the operator ID of the subscriber A (809). マスタSCP 101は、MSISDN−SCP_ID−SCPアドレスのマッピング・テーブルを使用して加入者BのオペレータIDを決定する(810)。 The master SCP 101 determines the operator ID of the subscriber B using the mapping table of MSISDN-SCP_ID-SCP address (810). 次いで、マスタSCPは、OP1のSCP_IDが、有効であるかどうかをチェックする(811)。 Then, the master SCP may, SCP_ID of OP1 is, checks whether a valid (811). SCP_IDが、無効である場合、OP1のSCP1は、マスタSCPサービスに対するアクセスを拒否される(812)。 SCP_ID is, if invalid, SCP1 of OP1 is denied access to the master SCP Service (812). OP1のSCP_IDが、有効である場合、マスタSCP 101は、OP2が、クレジット引き出し機能−F2を実行するための権利をOP1に対して与えるかどうかをチェックする(815)。 OP1 SCP_ID of, if it is valid, the master SCP 101 may, OP2 is, checks whether to grant the right to perform credit drawer function -F2 respect OP1 (815). OP2が、機能F2についてOP1の上でアクセス権を与えない(815)場合、機能は、SCP1と加入者Aとに対して送信されるメッセージをサポートしていない(816)。 OP2 is, if no grant access on OP1 for function F2 (815), function does not support messages to be transmitted to the subscriber A and SCP1 (816). OP2が、OP1に対してアクセス権を与える場合、マスタSCPは、MSISDN−SCP_ID−SCPアドレスのマッピング・テーブルを使用してOP2のSCP2 IPアドレスに対してCCR要求を送信する(817)。 OP2 is, when giving access to OP1, the master SCP sends a CCR request to SCP2 IP address of the OP2 using the mapping table of MSISDN-SCP_ID-SCP address (817). OP2のSCP2は、加入者Bの詳細と一緒に引き出されるべき金額を含む要求を受信する(818)。 SCP2 of OP2 receives a request including an amount to be withdrawn together with details of the subscriber B (818). 次いで、SCP2は、加入者Bが、トランザクションのために口座の中に十分な残高を有するかどうかをチェックする(820)。 Then, SCP2 the subscriber B is to check whether it has a sufficient balance in the account for the transaction (820). 加入者Bが、十分な残高を有していない場合、サービスは、拒否され、また失敗メッセージが、加入者AとSCP1とに送信される(821)。 If subscriber B does not have a sufficient balance, the service is denied and failure message is sent to the subscriber A and SCP1 (821). 加入者Bが、トランザクションのための十分な残高を有する場合、SCP2は、引き出しのための許可を要求するUSSDメニュー/メッセージを加入者Bに対して送信する(822)。 Subscriber B is, if it has a sufficient balance for the transaction, SCP2 sends USSD menu / message requesting permission for the drawer to the subscriber B (822). OP2の加入者は、許可のオプション、または不許可のオプションのいずれかを選択することにより、USSDメニュー・ベースの要求に応答する。 OP2 subscribers by selecting one of the allowed options or disallow options, and responds to requests USSD menu basis. 加入者Bが、引き出しのための許可を与えない(823)場合、サービスは、加入者Aに対して拒否され、また失敗メッセージが、マスタSCP 101を経由して加入者Aに対して送信される(824)。 If subscriber B does not give permission for the drawer (823), service is denied to the subscriber A, also failure message is sent to the subscriber A via the master SCP 101 that (824). 加入者Bが、引き出しを許可する場合、OP2のSCP2は、加入者Bの口座からその金額を引き出し(825)、またメッセージを加入者Bに対して送信する(825)。 Subscriber B is, to allow the drawer, SCP2 of OP2 is pulled out that amount from the account of the subscriber B (825), also sends a message to the subscriber B (825). 次いで、SCP2は、CCR要求の成功したメッセージをマスタSCP 101に対して送信する(826)。 Then, SCP2 sends a successful message CCR request to the master SCP 101 (826). 次いで、SCP1は、要求された金額を用いて加入者Aの口座にクレジットする(827)。 Then, SCP1 will credit to the account of the subscriber A with the requested amount of money (827). SCP1は、最後に、クレジットされる金額と一緒に、成功したトランザクションを示すメッセージを加入者Aに対して送信する(828)。 SCP1 is, finally, together with the amount to be credited, and sends a message indicating a successful transaction to the subscriber A (828). 方法800における様々なアクションは、提示される順序で、異なる順序で、または同時に実行される可能性がある。 Various actions in method 800, in the order presented, which may be performed in a different order, or simultaneously. さらに、いくつかの実施形態においては、図8A、8B、8Cの中にリストアップされるいくつかのアクションが、省略されてもよい。 Further, in some embodiments, FIG. 8A, 8B, some actions listed in 8C, may be omitted.

図9A、9B、9Cは、本明細書において開示される実施形態による、オペレータ間の加入者から加入者へのコラボレーション型の課金の方法を示すフローチャートである。 Figure 9A, 9B, 9C, according to embodiments disclosed herein, is a flowchart illustrating a method of collaborative billing to the subscriber from the subscriber between operators. コラボレーション型の課金の方法により、音声/ビデオ/smsコールに関与する加入者は、コールする加入者によって指定される割合により、コール料金を分配することができるようになる。 The method of collaborative billing, subscriber involved in the audio / video / sms calls, the percentage specified by the subscriber to call, it is possible to distribute the call fee. OP1の加入者Aは、加入者Aにより加入者Bに向かう次のコールについて部分的に/全体的に支払うように加入者Bに要求する要求を開始する(901)。 Subscribers OP1 A initiates a request for requesting the subscriber B to partially / totally paying for the next call towards subscriber B by the subscriber A (901). 加入者Bは、オペレータ2−OP2に属する。 Subscriber B belongs to the operator 2-OP2. その要求は、USSD要求またはSMS要求のいずれかを通して加入者BのそれぞれのSCPに対して加入者Aによって送信される。 The request sent by the subscriber A for each SCP of the subscriber B through either USSD requests or SMS request. 以下のコールについてのコールされるパーティBとのコラボレーション型の課金関係を確立するための、コールするパーティAによって送信されるサンプルのUSSD要求は、すなわち、*<アクセス・コード(ACCESS CODE)>*<割合料金(FRACTION CHARGE)>*<BのMSISDN>である。 Following to establish a collaborative billing relationship with called the B-party on call, USSD request samples sent by the call to the A-party, i.e., * <access code (ACCESS CODE)> * <percentage fee (FRACTION cHARGE)> * is a <MSISDN of B>. OP1のSCP1は、加入者BのMSISDN番号と一緒に、コールされるパーティ「B」に課金されるべき全体のコール料金についての割合(50−コール料金の50%;100−全部のコール料金)を指定する要求を受信する(902)。 The OP1 SCP1 of together with MSISDN number of the subscriber B, the proportion of the entire call fee that should be charged to the party called "B" (50% of 50-call rates; 100- all calls Rate) receiving a request specifying (902). 加入者「B」の課金は、加入している料金表プランのように加入者「A」に対して適用可能な課金料金に従って行われる可能性がある。 Billing subscriber "B" is likely to take place in accordance with the applicable billing rates to the subscriber "A" as tariff plans subscribed. 次いで、SCP1は、加入者Aの認証のためのPIN番号を入力するように加入者Aに要求する(903)。 Then, SCP1 requests the subscriber A to enter a PIN number for authentication of the subscriber A (903). 次いで、SCP1は、加入者Aによって入力されるPINが、正しいかどうかをチェックする(904)。 Then, SCP1 is, PIN entered by subscriber A checks if the correct (904). PINが、正しくない場合に、加入者Aは、もう一度、PIN番号を入力するように、要求される(905)。 PIN is, when incorrect, subscriber A, again, to enter a PIN number, is requested (905). PINが、正しい場合、SCP1は、加入者Aが、サービスに加入しているかどうかをチェックする(906)。 If the PIN is correct, SCP1 is, subscriber A, to check whether or not subscribed to the service (906). 加入者Aが、サービスに加入していない場合、加入者Aは、サービスに加入するように要求するメッセージを送信される(907)。 Subscriber A, if not subscribe to the service, the subscriber A is sent a message requesting to join the service (907). 次に、SCP1は、呼び出されたオペレータ間機能が、パーティ−Aと、パーティ−Bとの間の所定の契約を必要とするかどうか、またはアクセスが、コール中に応答するパーティ「B」によって動的に認可されることになるかどうかをチェックしなければならない。 Then, SCP1 is between the called operator functions, and Party -A, whether requiring a predetermined agreement between the parties -B, or access by party "B" to respond during a call You must check whether or not will be dynamically approval. 残高の引き出し/預け入れなどの場合では、所定の契約は、必要とされない可能性がある。 In the case of such withdraw / deposit balance, the predetermined contract may not be required. OP2の加入者(応答するエンティティ)は、トリガされた要求それ自体の間にOP1の加入者からのサービス要求を許可するか、許可しないかのいずれかを行うように求められる可能性がある。 OP2 subscriber (the entity that response), or allow the service request from a subscriber of OP1 between the request itself triggered, could be required to perform either not permitted. しかしながら、これらなどの場合では、コールされるパーティと、コールするパーティとの間の一度限りの所定の契約は、OP1のSCPにおいて記憶される可能性があり、OP2の加入者からのコール中の要求についての必要性を取り除いている。 However, in the case of such these, the party to be called, the predetermined contract one-time between the call to the party, may be stored in the SCP of OP1, in a call from the subscriber's OP2 and removing the need for a request. SCP1は、コールする加入者から要求される割合に基づいて、コールされるパーティが、課金されるべき料金を計算する。 SCP1, based on the percentage required from the subscriber to call the party to be called is to calculate the price to be charged. 料金の残りは、コールするパーティによって負担されるべきである。 The rest of the fee should be borne by the party to call. ここで、オペレータは、そのようなコールについてコールするパーティに対して、定期的な、または使用量ベースの固定料金を課すことができることに注意するべきことが重要である。 Here, the operator, to the party to call for such calls, periodic, or it is important to be noted that it is possible to impose a fixed price for usage-based. SCP1は、CCR−クレジット制御要求をマスタSCPに対して送信する(908)。 SCP1 sends CCR- credit control request to the master SCP (908). CCR要求は、コールされるパーティが、課金される必要がある料金と、BのMSISDNと、AのMSISDNと、加入者AのオペレータIDとを含むダイアメーター・プロトコル・メッセージを使用して送信される(909)。 CCR request party being called is a fee that needs to be charged, and MSISDN of B, a MSISDN of A, is transmitted using the Diameter protocol message containing the operator ID of the subscriber A that (909). マスタSCP 101は、MSISDN−SCP_ID−SCPアドレスのマッピング・テーブルを使用して、加入者BのオペレータIDを決定する(910)。 The master SCP 101 uses the mapping table of MSISDN-SCP_ID-SCP address, to determine the operator ID of the subscriber B (910). 次いで、マスタSCPは、OP1のSCP_IDが、有効であるかどうかをチェックする(911)。 Then, the master SCP may, SCP_ID of OP1 is, checks whether a valid (911). SCP_IDが、無効である場合、OP1のSCP1は、マスタSCPサービスに対するアクセスを拒否される(912)。 SCP_ID is, if invalid, SCP1 of OP1 is denied access to the master SCP Service (912). OP1のSCP_IDが、有効である場合、そのときにはマスタSCP 101は、OP2が、コラボレーション型の課金機能−F7を実行するための権利をOP1に対して与えるかどうかをチェックする(913)。 OP1 SCP_ID of, if it is valid, the master SCP 101 in that time, OP2 is, checks whether to grant the right to perform accounting functions -F7 of collaborative against OP1 (913). OP2が、機能F7についてOP1の上でアクセス権を与えない場合、機能は、SCP1と加入者Aとに対して送信されるメッセージをサポートしていない(914)。 OP2 is, if no grant access on function F7 for OP1, function does not support messages to be transmitted to the subscriber A and SCP1 (914). OP2が、OP1に対してアクセス権を与える場合、マスタSCPは、そのアドレスが、MSISDN−SCP_ID−SCPアドレスのマッピング・テーブルから導き出されるOP2のSCP2 IPアドレスに対してCCR要求を送信する(915)。 OP2 is, when giving access to OP1, the master SCP has its address, transmits a CCR request to SCP2 IP address of OP2 derived from the mapping table of MSISDN-SCP_ID-SCP address (915) . OP2のSCP2は、加入者AおよびBのMSISDNの詳細と一緒に、コールされるパーティ「B」が課金されるべき料金を含む要求を受信する(916)。 SCP2 of OP2 is subscriber together with details of the MSISDN of the A and B, receives a request including a fee to party being called "B" is charged (916). SCP2は、CCR応答の肯定応答をマスタSCPに対して送信する(917)。 SCP2 sends an acknowledgment of the CCR response to the master SCP (917). 次いで、SCP2は、加入者Bが、トランザクションのために口座の中に十分な残高を有するかどうかをチェックする(918)。 Then, SCP2 the subscriber B is to check whether it has a sufficient balance in the account for the transaction (918). 加入者Bが、十分な残高を有していない場合、サービスは、拒否され、また失敗メッセージが、加入者AとSCP1とに送信される(919)。 If subscriber B does not have a sufficient balance, the service is denied and failure message is sent to the subscriber A and SCP1 (919). 加入者Bが、トランザクションのための十分な残高を有する場合、SCP2は、加入者「A」からの次のコールが所定の料金で加入者Bの口座に課金されることを可能にするための許可を要求するUSSDメニュー/メッセージを加入者Bに対して送信する(920)。 Subscriber B is, if it has a sufficient balance for the transaction, SCP2 the subscriber next call from "A" to enable it to be charged to the account of the subscriber B at a predetermined fee sending a USSD menu / message requesting permission to the subscriber B (920). OP2の加入者Bは、許可のオプション、または不許可のオプションのいずれかを選択することにより、USSDメニュー・ベースの要求に応答する。 OP2 subscriber B of, by selecting one of the allowed options or disallow options, and responds to requests USSD menu basis. 加入者Bが、許可を与えない(921)場合、サービスは、加入者Aに対して拒否され、また失敗メッセージが、マスタSCP 101を経由して加入者Aに対して送信される(922)。 Subscriber B is, if not authorized (921), service is denied to the subscriber A, also failure message is transmitted to the subscriber A via the master SCP 101 (922) . 加入者Bが、コラボレーション型の課金を許可する場合、OP2のSCP2は、CCR要求の成功したメッセージをマスタSCP 101に対して送信する(923)。 Subscriber B is, if you allow charging of collaborative, SCP2 of OP2 transmits the successful message CCR request to the master SCP 101 (923). さらに、SCP2はまた、加入者「A」からの次のコールでは、加入者「B」は、マスタSCPによって指定されるようなはっきりと限定された料金で課金されるべきであることにも注意すべきである。 Furthermore, SCP2 also the next call from the subscriber 'A', the subscriber "B" Note also that it should be charged in was clearly limited as specified rates by the master SCP Should. SCP1は、最後に、成功したオペレーションを示すメッセージを加入者Aに対して送信する(924)。 SCP1 is finally sends a message indicating the successful operation to the subscriber A (924). 加入者「A」によって加入者「B」に対して行われる次のコールのコール料金は、2人の加入者の間で分配される。 Call rates for the next call made to the "B" subscriber by the subscriber "A" is distributed between the two subscribers. 方法900における様々なアクションは、提示される順序で、異なる順序で、または同時に実行される可能性がある。 Various actions in method 900, in the order presented, which may be performed in a different order, or simultaneously. さらに、いくつかの実施形態においては、図9A、9B、9Cの中にリストアップされるいくつかのアクションが、省略されてもよい。 Further, in some embodiments, FIG. 9A, 9B, some actions listed in 9C, may be omitted.

図10A、10Bは、本明細書において開示される実施形態による、加入者から加入者へのオペレータ間のバウチャー・ベースの再課金のための別のオペレータ間のユーザの場合を説明するフローチャートである。 Figure 10A, 10B, according to an embodiment disclosed herein, is a flowchart for explaining the case of a user between different operators for voucher-based re-charging between operators to the subscriber from the subscriber . オペレータ間のバウチャー・ベースの再課金により、オペレータOP1に属する加入者Aは、オペレータOP2に属する別の加入者Bの口座に再課金することができるようになる。 The voucher-based re-charging between operators, subscriber A belonging to the operator OP1 will be able to re-charge to another account of subscriber B belongs to the operator OP2. OP1の加入者Aは、別の加入者Bに再課金するように要求する要求を開始する(1001)。 Subscribers OP1 A initiates a request for requesting to re-charge to another subscriber B (1001). 加入者Bは、オペレータ2−OP2に属する。 Subscriber B belongs to the operator 2-OP2. その要求は、USSD要求を通して、またはSMS要求を通して、あるいはOP1の対話式の音声応答システムを通してのいずれかで加入者Aによって開始され、加入者Bのバウチャー番号とMSISDNとを提示している。 The request, through USSD request, or through SMS request or initiated by subscriber A either through OP1 interactive voice response systems, presents the voucher number and MSISDN of the subscriber B. バウチャーは、オペレータ間のバウチャー・ベースの再課金の特有の場合についてオペレータOP1によってプロビジョニングされる特別のバウチャー・カードとすることができる。 Vouchers can be the case of a specific voucher-based re-charging between operators and special voucher cards provisioned by the operator OP1. OP1のSCP1は、再課金のバウチャーの詳細と、加入者BのMSISDNとを指定する要求を受信する(1002)。 SCP1 of OP1 is a detail of the re-charging vouchers, receiving a request to specify the MSISDN of the subscriber B (1002). 次いで、SCP1は、加入者Aの認証のためのPIN番号を入力するように加入者Aに要求する(1003)。 Then, SCP1 requests the subscriber A to enter a PIN number for authentication of the subscriber A (1003). 次いで、SCP1は、加入者Aによって入力されるPINが、正しいかどうかをチェックする(1004)。 Then, SCP1 is, PIN entered by subscriber A checks if the correct (1004). PINが、正しくない場合に、加入者Aは、もう一度、PIN番号を入力するように、要求される(1005)。 PIN is, if not correct, the subscriber A is, once again, to enter a PIN number, is required (1005). PINが、正しい場合、SCP1は、加入者Aが、サービスに加入しているかどうかをチェックする(1006)。 If the PIN is correct, SCP1 is, subscriber A, to check whether or not subscribed to the service (1006). 加入者Aが、サービスに加入していない場合、加入者Aは、サービスに加入するように要求するメッセージを送信される(1007)。 Subscriber A, if not subscribe to the service, the subscriber A is sent a message requesting to join the service (1007). SCP1は、バウチャー・カード番号を認証し、また口座にクレジットされるべき関連する金額を導き出す。 SCP1 authenticates the voucher card number, also derive the amount of money that is associated should be credited to the account. SCP1は、CCR−クレジット制御要求をマスタSCPに対して送信する(1008)。 SCP1 sends CCR- credit control request to the master SCP (1008). CCR要求は、クレジットされるべき金額と、加入者BのMSISDNと、加入者AのMSISDNと、OP1のオペレータIDとを含むダイアメーター・プロトコル・メッセージを使用して送信される(1009)。 CCR request includes the amount to be credited, the MSISDN of the subscriber B, a MSISDN of the subscriber A, is transmitted using the Diameter protocol message containing the operator ID of OP1 (1009). マスタSCP 101は、MSISDN−SCP_ID−SCPアドレスのマッピング・テーブルを使用して、加入者BのオペレータIDを決定する(1010)。 The master SCP 101 uses the mapping table of MSISDN-SCP_ID-SCP address, to determine the operator ID of the subscriber B (1010). 次いで、マスタSCPは、OP1のSCP_IDが、有効であるかどうかをチェックする(1011)。 Then, the master SCP may, SCP_ID of OP1 is, checks whether a valid (1011). SCP_IDが、無効である場合、OP1のSCP1は、マスタSCPサービスに対するアクセスを拒否される(1012)。 SCP_ID is, if invalid, SCP1 of OP1 is denied access to the master SCP Service (1012). OP1のSCP_IDが、有効である場合、そのときにはマスタSCP 101は、OP2が、バウチャー・ベースの再課金−機能F8を実行するための権利をOP1に対して与えるかどうかをチェックする(1013)。 OP1 SCP_ID of, if it is valid, the master SCP 101 in that time, OP2 are voucher-based re-charging - checks if given to the right of OP1 for performing the functions F8 (1013). OP2が、機能F8についてOP1の上でアクセス権を与えない(1013)場合、機能は、SCP1と加入者Aとに対して送信されるメッセージをサポートしていない(1014)。 OP2 is, if no grant access on OP1 for function F8 (1013), function does not support messages to be transmitted to the subscriber A and SCP1 (1014). OP2が、OP1に対してアクセス権を与える場合、マスタSCPは、そのアドレスが、MSISDN−SCP_ID−SCPアドレスのマッピング・テーブルから導き出されるOP2のSCP2 IPアドレスに対してCCR要求を送信する(1015)。 OP2 is, when giving access to OP1, the master SCP has its address, transmits a CCR request to SCP2 IP address of OP2 derived from the mapping table of MSISDN-SCP_ID-SCP address (1015) . OP2のSCP2は、加入者AのMSISDNと、加入者BのMSISDNと、加入者Bの口座にクレジットされるべき金額とを含む要求を受信する(1016)。 SCP2 of OP2 receives the MSISDN of the subscriber A, the MSISDN of the subscriber B, and request including the amount to be credited to the account of the subscriber B (1016). SCP2は、CCR受信応答の肯定応答をマスタSCPに対して送信する(1017)。 SCP2 sends an acknowledgment of the CCR reception response to the master SCP (1017). OP2のSCP2は、加入者Bの口座に金額をクレジットし(1018)、またCCR要求の成功したメッセージをマスタSCP 101に対して送信する(1019)。 SCP2 of OP2 is to credit the amount to the account of the subscriber B (1018), also transmits the successful message CCR request to the master SCP 101 (1019). さらに、SCP2はまた、加入者Bの口座が、MSISDN「A」により、それぞれの金額だけクレジットされていることを示す通知を加入者Bに対して送信する(1020)。 Furthermore, SCP2 also account of subscriber B is the MSISDN "A", and transmits to the subscriber B a notification indicating that it is credited by the respective amount (1020). SCP1は、最後に、成功したオペレーションを示すメッセージを加入者Aに対して送信する(1021)。 SCP1 is finally sends a message indicating the successful operation to the subscriber A (1021). 方法1000における様々なアクションは、提示される順序で、異なる順序で、または同時に実行される可能性がある。 Various actions in method 1000 in the order presented, which may be performed in a different order, or simultaneously. さらに、いくつかの実施形態においては、図10A、10Bの中にリストアップされるいくつかのアクションが、省略されてもよい。 Further, in some embodiments, FIG. 10A, some actions listed in 10B may be omitted.

図11は、本明細書において開示される実施形態による、ローカルSCP機能を示すものである。 11, according to an embodiment disclosed herein illustrates a local SCP function. マスタSCPにより、オペレータ・ネットワークの1つのローカルSCPに属する加入者は、他のネットワーク・オペレータとともに複数のリンクされた口座を保持することができるようになる可能性がある。 The master SCP, the subscriber belonging to one local SCP operator network, there is a possibility that it becomes possible to hold a plurality of linked accounts with other network operators. そのような加入者は、オペレータ間のサービス、ならびに各オペレータ・ネットワークの内部のサービスを管理し、また制御することを許可される可能性がある。 Such subscriber may be allowed to service between operators, as well as to manage the internal service of each operator network, and controls. 例えば、そのような口座を保持するビジネスを実行する加入者は、複数のユーザ口座をリンクし、またユーザに対する毎週の収入を転送するためにこのシステムを使用することができる。 For example, a subscriber to perform the business of retaining such accounts, link multiple user accounts, also may use this system to transfer weekly income for the user. 加入者が、異なる都市において異なるオペレータ・サービスを使用する場合には、加入者は、どのような場所からも加入者のすべてのユーザ口座を制御し、また管理したいと思う可能性があり、またオペレータ間のサービスもまた必要とする可能性がある。 Subscriber, in case you want to use a different operator services in different cities, the subscriber, what also controls all of the user account of the subscriber from the location, also there is a possibility that you want to manage, also services between operators also may require. トランスミッタ202は、それぞれのオペレータ・ネットワークにおいてそれぞれのSCPに対して応答メッセージを送信する。 Transmitter 202 transmits a response message to each of the SCP in each operator network. ローカルSCP機能は、加入者の基本口座番号と一緒に、基本口座を示す。 Local SCP function, along with the basic account number of the subscriber, shows a basic account. 画面は、オペレータIDと一緒に、基本口座にリンクされた口座を示している。 Screen, along with the operator ID, shows the account that is linked to a basic account. ローカル機能は、加入者の基本口座番号と一緒に、基本口座を示す。 Local feature, along with the basic account number of the subscriber, shows a basic account. ローカル機能は、リンクされた口座のうちの1つを示す。 Local functions, illustrates one of the linked accounts. それはまた、ベース・オペレータの加入者が、基本口座番号を使用してOP2の上で実行することができるサービスを示す。 It also subscriber base operator, indicating the services that can be executed on the OP2 using basic account number.

一実施形態においては、本方法は、ダイアメーター・インターフェースの上でマスタSCPを経由して、SCPの間で、またはオペレータBのSSP、およびオペレータAのSCPのような他のネットワーク・エンティティの間で、関連のある情報の動的な共有を容易にしている。 In one embodiment, the method by way of the master SCP on Diameter interface, among other network entities, such as the SCP of SSP, and the operator A between SCP or operator B, in to facilitate the dynamic sharing of relevant information. この情報は、課金する目的のためなどのオペレータAのSCPを用いて、オペレータBのカバレッジの下でローミングする、ローミング中の人(in-roamer)のCDRデータに関する情報に対応する可能性がある。 This information is used SCP operator A, such as for the purpose of billing, roaming under the coverage of the operator B, which may correspond to information about the CDR data of the person while roaming (in-roamer) .

特定の実施形態についての上記の説明は、他者が、現在の知識を適用することにより、包括的な概念を逸脱することなく、様々な用途のために、そのような特定の実施形態を容易に修正し、かつ/または適応させることができる、本明細書における実施形態の一般的な性質をそのように十分に明らかにすることになり、また、それゆえに、そのような適応および修正は、開示された実施形態の同等物の意味および範囲の内部にあるように理解されるべきであり、また理解されることを意図している。 The foregoing description of the specific embodiments others, by applying current knowledge, without departing from the generic concept, for various applications, facilitate such specific embodiments it can be modified and / or adapted to, the general nature of the embodiments herein will be so to fully reveal and therefore, such adaptations and modifications are It should be understood to be within the meaning and range of equivalents of the disclosed embodiments and are intended to be understood. 本明細書において使用される用語または専門用語は、説明の目的のためであり、また限定するものではないことを理解すべきである。 Term or terminology used herein is for the purpose of description and should be understood that it is not intended to be limiting. したがって、本明細書における実施形態は、好ましい実施形態の観点から説明されてきているが、当業者なら、本明細書における実施形態は、本明細書において説明されるような特許請求の範囲の精神および範囲の内部の修正形態を用いて実行され得ることを認識するであろう。 Thus, embodiments herein, although it has been described in terms of preferred embodiments, those skilled in the art, embodiments herein, the spirit of the claims as described herein and it will recognize the scope of using the internal modifications may be performed.

Claims (15)

  1. マスタ・サービス制御ポイント(SCP)を使用することにより、複数のネットワーク・オペレータの複数の加入者に対してオペレータ間の付加価値電話サービスおよび付加電話サービスを提供するための方法であって、 By using the master Service Control Point (SCP), a method for providing value-added telephone services and the additional telephone service between operators for a plurality of subscribers of a plurality of network operators,
    オペレータ・ネットワークBの第2の加入者に関連したサービスのために、オペレータ・ネットワークAの加入者から前記マスタSCPによってサービス要求メッセージを受信するステップと、 For the second service associated with the subscriber of the operator network B, a step of receiving a service request message by the master SCP from the subscriber's operator network A,
    前記オペレータ・ネットワークBの上で前記オペレータ・ネットワークAのアクセス権を分析するために前記マスタSCPによって前記サービス要求メッセージを認証するステップと、 Authenticating the service request message by the master SCP to analyze the access rights of the operator network A on the operator network B,
    前記サービスが、許可される場合に、前記オペレータ・ネットワークAのために、前記マスタSCPによって前記サービスを処理するステップと、 A step wherein the service, if it is allowed, for the operator network A, to process the service by the master SCP,
    前記オペレータ・ネットワークBに対して前記マスタSCPによって応答メッセージを送信するステップとを含む方法。 Method comprising the steps of: transmitting a response message by the master SCP to the operator network B.
  2. 前記アクセス権は、別のオペレータに対するサービス制御のために、1つのオペレータのサービス制御ポイントによってサポートされる前記サービスを規定する、請求項1に記載の方法。 The access rights for service control for another operator, defines the services supported by one operator of the service control points, the method according to claim 1.
  3. 前記マスタSCPを通して関連のある加入者/課金のデータを共有することをそれぞれのオペレータSCPに要求する、オペレータ間の機能実施のための包括的なメカニズムを提供する、請求項1に記載の方法。 The request to the respective operator SCP to share data of the subscriber / billing relevant through master SCP, provides a comprehensive mechanism for functional implementation between operators The method of claim 1.
  4. 異なるオペレータに属する加入者が、SMS、データ・コールなどのような特定のサービスに対してコラボレーションして支払うことを容易にする、請求項1に記載の方法。 Subscribers belonging to different operators, to facilitate pay collaborating SMS, for a particular service, such as data calls A method as claimed in claim 1.
  5. 別のオペレータの加入者により、要求されたオペレータ間のサービスについての動的な加入者承認を容易にする、請求項1に記載の方法。 The subscriber of another operator, to facilitate dynamic subscriber authorization services between the requested operator A method according to claim 1.
  6. IPマルチメディア・サービス(IMS)、セッション開始プロトコル(SIP)、移動通信用グローバル・システム(GSM)を含むアーキテクチャに対して適用可能である、請求項1に記載の方法。 IP multimedia services (IMS), Session Initiation Protocol (SIP), is applicable to architectures including Global System for Mobile Communications (GSM), The method of claim 1.
  7. プロビジョニングされたダイアメーター・インターフェースを通してマスタSCPを経由して、SCP、または他のオペレータ特有のネットワーク・エンティティの間の関連のある情報を動的に共有するステップをさらに含む、請求項1に記載の方法。 Via the master SCP through Diameter interface provisioned, SCP or other further comprising dynamically step of sharing the relevant information between the operator-specific network entity, according to claim 1, Method.
  8. ネットワーク・オペレータと、サービス制御ポイントとの間のメッセージを処理するための様々なサービスを規定するステップと、 A step of defining a network operator, a range of services for handling messages between the service control point,
    前記サービス制御ポイントの間の関連のあるメッセージングのためにサービス・プロバイダごとに新しい属性値対を生成するステップとをさらに含む、請求項1に記載の方法。 Further comprising the step of generating a new attribute value pair for each service provider for relevant messaging between the service control point, the method according to claim 1.
  9. サービスを規定するステップは、マスタ・サービス制御ポイント(SCP)を使用して、互いに接続された前記ネットワーク・オペレータによって提供されるオペレータ間のサービスを含む、請求項8に記載の方法。 Step, using the master service control point (SCP), comprising a service between operators provided by the network operator connected to each other, The method of claim 8 which define the service.
  10. 複数のネットワーク・オペレータの複数の加入者に対してオペレータ間のサービスを提供するためのマスタ・サービス制御ポイントであって、 A master service control point for providing a service between operators for a plurality of subscribers of a plurality of network operators,
    オペレータSCPに関する統合されたネットワーク情報と、オペレータからオペレータへのオペレータ間のサービス契約書とを記憶し、 Storing the network information is integrated about the operator SCP, a service agreement between the operators of the operator to operator,
    オペレータ・ネットワークBに関連したサービスのために、オペレータ・ネットワークAからサービス要求メッセージを受信し、 For service associated with the operator network B, it receives a service request message from the operator network A,
    前記オペレータ・ネットワークBの上で前記オペレータ・ネットワークAのアクセス権を分析するための前記サービス要求メッセージを認証し、 Authenticates the service request message for analyzing access the operator network A on the operator network B,
    前記サービスが、許可される場合に、前記オペレータ・ネットワークAのために、前記サービスを処理し、 The service is, if allowed, for the operator network A, to process the service,
    応答メッセージを前記オペレータ・ネットワークBに対して送信することを具備するマスタ・サービス制御ポイント。 Master service control point comprising transmitting a response message to the operator network B.
  11. 前記アクセス権は、別のオペレータのサービス制御に対して1つのオペレータのサービス制御ポイントによって認可されるオペレータ間のサービス・アクセスを規定する、請求項10に記載のマスタ・サービス制御ポイント。 The permissions define the service access between operators to be authorized by one operator of the service control point to the service control of another operator, the master service control point according to claim 10.
  12. 複数のサービス制御ポイントとマスタ・サービス制御ポイントとを備える、複数のネットワーク・オペレータの複数の加入者に対してオペレータ間のサービスを提供するための通信ネットワークにおけるシステムであって、前記マスタ・サービス制御ポイントはさらに、 And a plurality of service control points and the master service control point, a system in a communication network for providing a service between operators for a plurality of subscribers of a plurality of network operators, the master service control point further,
    オペレータ・ネットワークBの第2の加入者に関連したサービスのために、オペレータ・ネットワークAの加入者からサービス要求メッセージを受信し、 For the second service associated with the subscriber of the operator network B, it receives a service request message from a subscriber of the operator network A,
    前記オペレータ・ネットワークBの上で前記オペレータ・ネットワークAのアクセス権を分析するために前記サービス要求メッセージを認証し、 The service request message to authenticate to analyze access the Operator network A on the operator network B,
    前記サービスが、許可される場合に、前記オペレータ・ネットワークAのために、前記サービスを処理し、 The service is, if allowed, for the operator network A, to process the service,
    前記オペレータ・ネットワークBに対して応答メッセージを送信するように構成されている、システム。 Configured, system to send a reply message to the operator network B.
  13. 前記アクセス権を決定するために前記メッセージを認証し、前記アクセス権は、別のオペレータに対するサービス制御のために1つのオペレータのサービス制御ポイントによってサポートされる前記サービスを規定する、請求項12に記載のシステム。 The message authentication to determine the access right, the access rights define the services supported by one operator of the service control points for service control to another operator, according to claim 12 system.
  14. 異なるオペレータに属する加入者が、SMS、データ・コールなどのような特定のサービス対してコラボレーションして支払うことを容易にするようにさらに構成されている、請求項12に記載のシステム。 Different operators belonging subscriber, SMS, for certain services, such as data call is further configured to facilitate to pay by collaboration system of claim 12.
  15. 前記マスタSCPを通して関連のある加入者/課金のデータを共有するようにそれぞれのオペレータSCPに要求する、オペレータ間の機能実施のための包括的なメカニズムを提供するようにさらに構成されている、請求項12に記載のシステム。 The requests to the respective operator SCP to share data of the subscriber / billing relevant through master SCP, is further configured to provide a comprehensive mechanism for functional implementation between operators, wherein a system according to claim 12.
JP2014531138A 2011-09-20 2012-07-13 How to implement the master service control function for facilitating an extended inter-carrier-added-value services Active JP5859129B2 (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
IN3257CH2011 2011-09-20
IN3257/CHE/2011 2011-09-20
PCT/EP2012/063822 WO2013041261A1 (en) 2011-09-20 2012-07-13 Method of implementing master service control function for facilitating enhanced inter carrier value added services

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2014531155A true true JP2014531155A (en) 2014-11-20
JP5859129B2 JP5859129B2 (en) 2016-02-10

Family

ID=46545767

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014531138A Active JP5859129B2 (en) 2011-09-20 2012-07-13 How to implement the master service control function for facilitating an extended inter-carrier-added-value services

Country Status (4)

Country Link
JP (1) JP5859129B2 (en)
KR (1) KR101573672B1 (en)
CN (1) CN103814583A (en)
WO (1) WO2013041261A1 (en)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9825813B2 (en) 2014-10-31 2017-11-21 At&T Intellectual Property I, L.P. Creating and using service control functions
US10079692B2 (en) 2016-07-28 2018-09-18 At&T Intellectual Property I, L.P. Methods and target architecture for enabling IP carrier peering

Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH10294792A (en) * 1997-04-18 1998-11-04 N T T Commun Wear Kk Access system and method for network service control
US5963630A (en) * 1997-04-08 1999-10-05 Ericsson Inc. Mediation service control point within an intelligent network
JP2003506967A (en) * 1999-08-09 2003-02-18 エムシーアイ・ワールドコム・インコーポレーテッド Method and system for providing quality of service in the Internet Protocol Telephony
US6560327B1 (en) * 1999-10-01 2003-05-06 Sprint Spectrum, L.P. Method and system for providing telecommunications services using mediated service logic
JP2004517526A (en) * 2000-12-22 2004-06-10 ノキア コーポレイション Billing in a communication system
JP2010511311A (en) * 2006-11-27 2010-04-08 華為技術有限公司 Call processing method, service control device and call processing system
JP2010514289A (en) * 2006-12-19 2010-04-30 テレフオンアクチーボラゲット エル エム エリクソン(パブル) For non-registered subscriber, overlay between the gsm and ims

Family Cites Families (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
FI104930B (en) * 1997-12-23 2000-04-28 Nokia Networks Oy Checking the validity of the calling subscriber
US6694153B1 (en) * 1999-12-30 2004-02-17 Nortel Networks Limited Service control point location register function

Patent Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5963630A (en) * 1997-04-08 1999-10-05 Ericsson Inc. Mediation service control point within an intelligent network
JPH10294792A (en) * 1997-04-18 1998-11-04 N T T Commun Wear Kk Access system and method for network service control
JP2003506967A (en) * 1999-08-09 2003-02-18 エムシーアイ・ワールドコム・インコーポレーテッド Method and system for providing quality of service in the Internet Protocol Telephony
US6560327B1 (en) * 1999-10-01 2003-05-06 Sprint Spectrum, L.P. Method and system for providing telecommunications services using mediated service logic
JP2004517526A (en) * 2000-12-22 2004-06-10 ノキア コーポレイション Billing in a communication system
JP2010511311A (en) * 2006-11-27 2010-04-08 華為技術有限公司 Call processing method, service control device and call processing system
JP2010514289A (en) * 2006-12-19 2010-04-30 テレフオンアクチーボラゲット エル エム エリクソン(パブル) For non-registered subscriber, overlay between the gsm and ims

Also Published As

Publication number Publication date Type
CN103814583A (en) 2014-05-21 application
KR20140068110A (en) 2014-06-05 application
JP5859129B2 (en) 2016-02-10 grant
KR101573672B1 (en) 2015-12-11 grant
WO2013041261A1 (en) 2013-03-28 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20110213688A1 (en) Process for providing network access for a user via a network provider to a service provider
Hakala et al. Diameter credit-control application
US20040029561A1 (en) Revert charging in a telecommunication network
US20070270123A1 (en) Allocation of internet protocol (IP) multimedia subsystem (IMS) charges
US20040243490A1 (en) Method and system for performing a financial transaction in a mobile communications system
US20120290452A1 (en) Method and apparatus for authorizing a transactional service by a policy and charging control architecture
US20030050042A1 (en) Method for billing short messages in a mobile radio network and device for carrying out the method
US20090076952A1 (en) Variable charging assignment for multi-service environments
US20060148446A1 (en) Method and distributed rating system for determining rating data in a charging system
EP1320214A1 (en) Unified account management for data network access
WO2002102016A2 (en) Architecture for providing services in the internet
US20070173226A1 (en) Converged service control for IMS networks and legacy networks
US20050086535A1 (en) Method for authenticating a user for the purposes of establishing a connection from a mobile terminal to a WLAN network
US20030014361A1 (en) Method for billing for services in a communication network
US20070111705A1 (en) Method for implementing roaming charging and system thereof
US7876744B2 (en) Method for collect call service based on VoIP technology and system thereof
CN102573112A (en) Telecommunication network capability opening method, system and alliance support platform
US20050111641A1 (en) Telecommunications network having number portability
US8014800B2 (en) Charging of numbers triggered premium SMS
WO2000044130A1 (en) A method, system and arrangement for providing services on the internet
US20040147245A1 (en) Method for deducting for services provided in a computer network
CN101212532A (en) Combined billing system and method
US20120034900A1 (en) Systems, methods, and computer readable media for diameter routing with number portability correction
US20130316674A1 (en) Device and method for controlling charging in a mobile communication system
US20090116627A1 (en) Charging split negotiation in IMS sessions

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20150716

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20150723

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20151023

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20151117

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20151215

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Ref document number: 5859129

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150