JP2014529546A - セキュリティシステムおよびそのデバイス - Google Patents

セキュリティシステムおよびそのデバイス Download PDF

Info

Publication number
JP2014529546A
JP2014529546A JP2014527696A JP2014527696A JP2014529546A JP 2014529546 A JP2014529546 A JP 2014529546A JP 2014527696 A JP2014527696 A JP 2014527696A JP 2014527696 A JP2014527696 A JP 2014527696A JP 2014529546 A JP2014529546 A JP 2014529546A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
key
control unit
security
primary key
vehicle
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2014527696A
Other languages
English (en)
Other versions
JP5908588B2 (ja
Inventor
ゲイリー・フォード
Original Assignee
ジャガー ランド ローバー リミテッドJaguar Land Rover Limited
ジャガー ランド ローバー リミテッドJaguar Land Rover Limited
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to GB1115255.0A priority Critical patent/GB2494398B/en
Priority to GB1115255.0 priority
Application filed by ジャガー ランド ローバー リミテッドJaguar Land Rover Limited, ジャガー ランド ローバー リミテッドJaguar Land Rover Limited filed Critical ジャガー ランド ローバー リミテッドJaguar Land Rover Limited
Priority to PCT/EP2012/067230 priority patent/WO2013034556A1/en
Publication of JP2014529546A publication Critical patent/JP2014529546A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5908588B2 publication Critical patent/JP5908588B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60RVEHICLES, VEHICLE FITTINGS, OR VEHICLE PARTS, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B60R25/00Fittings or systems for preventing or indicating unauthorised use or theft of vehicles
    • B60R25/20Means to switch the anti-theft system on or off
    • B60R25/24Means to switch the anti-theft system on or off using electronic identifiers containing a code not memorised by the user
    • GPHYSICS
    • G07CHECKING-DEVICES
    • G07CTIME OR ATTENDANCE REGISTERS; REGISTERING OR INDICATING THE WORKING OF MACHINES; GENERATING RANDOM NUMBERS; VOTING OR LOTTERY APPARATUS; ARRANGEMENTS, SYSTEMS OR APPARATUS FOR CHECKING NOT PROVIDED FOR ELSEWHERE
    • G07C9/00Individual registration on entry or exit
    • G07C9/00174Electronically operated locks; Circuits therefor; Nonmechanical keys therefor, e.g. passive or active electrical keys or other data carriers without mechanical keys
    • G07C9/00658Electronically operated locks; Circuits therefor; Nonmechanical keys therefor, e.g. passive or active electrical keys or other data carriers without mechanical keys operated by passive electrical keys
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60RVEHICLES, VEHICLE FITTINGS, OR VEHICLE PARTS, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B60R25/00Fittings or systems for preventing or indicating unauthorised use or theft of vehicles
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60RVEHICLES, VEHICLE FITTINGS, OR VEHICLE PARTS, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B60R25/00Fittings or systems for preventing or indicating unauthorised use or theft of vehicles
    • B60R25/01Fittings or systems for preventing or indicating unauthorised use or theft of vehicles operating on vehicle systems or fittings, e.g. on doors, seats or windscreens
    • B60R25/04Fittings or systems for preventing or indicating unauthorised use or theft of vehicles operating on vehicle systems or fittings, e.g. on doors, seats or windscreens operating on the propulsion system, e.g. engine or drive motor
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60RVEHICLES, VEHICLE FITTINGS, OR VEHICLE PARTS, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B60R25/00Fittings or systems for preventing or indicating unauthorised use or theft of vehicles
    • B60R25/20Means to switch the anti-theft system on or off
    • B60R25/24Means to switch the anti-theft system on or off using electronic identifiers containing a code not memorised by the user
    • B60R25/243Means to switch the anti-theft system on or off using electronic identifiers containing a code not memorised by the user with more than one way to gain access
    • GPHYSICS
    • G07CHECKING-DEVICES
    • G07CTIME OR ATTENDANCE REGISTERS; REGISTERING OR INDICATING THE WORKING OF MACHINES; GENERATING RANDOM NUMBERS; VOTING OR LOTTERY APPARATUS; ARRANGEMENTS, SYSTEMS OR APPARATUS FOR CHECKING NOT PROVIDED FOR ELSEWHERE
    • G07C9/00Individual registration on entry or exit
    • GPHYSICS
    • G07CHECKING-DEVICES
    • G07CTIME OR ATTENDANCE REGISTERS; REGISTERING OR INDICATING THE WORKING OF MACHINES; GENERATING RANDOM NUMBERS; VOTING OR LOTTERY APPARATUS; ARRANGEMENTS, SYSTEMS OR APPARATUS FOR CHECKING NOT PROVIDED FOR ELSEWHERE
    • G07C9/00Individual registration on entry or exit
    • G07C9/00174Electronically operated locks; Circuits therefor; Nonmechanical keys therefor, e.g. passive or active electrical keys or other data carriers without mechanical keys
    • G07C9/00182Electronically operated locks; Circuits therefor; Nonmechanical keys therefor, e.g. passive or active electrical keys or other data carriers without mechanical keys operated with unidirectional data transmission between data carrier and locks
    • GPHYSICS
    • G07CHECKING-DEVICES
    • G07CTIME OR ATTENDANCE REGISTERS; REGISTERING OR INDICATING THE WORKING OF MACHINES; GENERATING RANDOM NUMBERS; VOTING OR LOTTERY APPARATUS; ARRANGEMENTS, SYSTEMS OR APPARATUS FOR CHECKING NOT PROVIDED FOR ELSEWHERE
    • G07C9/00Individual registration on entry or exit
    • G07C9/00174Electronically operated locks; Circuits therefor; Nonmechanical keys therefor, e.g. passive or active electrical keys or other data carriers without mechanical keys
    • G07C9/00309Electronically operated locks; Circuits therefor; Nonmechanical keys therefor, e.g. passive or active electrical keys or other data carriers without mechanical keys operated with bidirectional data transmission between data carrier and locks
    • GPHYSICS
    • G07CHECKING-DEVICES
    • G07CTIME OR ATTENDANCE REGISTERS; REGISTERING OR INDICATING THE WORKING OF MACHINES; GENERATING RANDOM NUMBERS; VOTING OR LOTTERY APPARATUS; ARRANGEMENTS, SYSTEMS OR APPARATUS FOR CHECKING NOT PROVIDED FOR ELSEWHERE
    • G07C9/00Individual registration on entry or exit
    • G07C9/00174Electronically operated locks; Circuits therefor; Nonmechanical keys therefor, e.g. passive or active electrical keys or other data carriers without mechanical keys
    • G07C9/00182Electronically operated locks; Circuits therefor; Nonmechanical keys therefor, e.g. passive or active electrical keys or other data carriers without mechanical keys operated with unidirectional data transmission between data carrier and locks
    • G07C2009/0019Electronically operated locks; Circuits therefor; Nonmechanical keys therefor, e.g. passive or active electrical keys or other data carriers without mechanical keys operated with unidirectional data transmission between data carrier and locks the keyless data carrier having only one limited data transmission rangs
    • GPHYSICS
    • G07CHECKING-DEVICES
    • G07CTIME OR ATTENDANCE REGISTERS; REGISTERING OR INDICATING THE WORKING OF MACHINES; GENERATING RANDOM NUMBERS; VOTING OR LOTTERY APPARATUS; ARRANGEMENTS, SYSTEMS OR APPARATUS FOR CHECKING NOT PROVIDED FOR ELSEWHERE
    • G07C9/00Individual registration on entry or exit
    • G07C9/00174Electronically operated locks; Circuits therefor; Nonmechanical keys therefor, e.g. passive or active electrical keys or other data carriers without mechanical keys
    • G07C2009/00753Electronically operated locks; Circuits therefor; Nonmechanical keys therefor, e.g. passive or active electrical keys or other data carriers without mechanical keys operated by active electrical keys
    • G07C2009/00769Electronically operated locks; Circuits therefor; Nonmechanical keys therefor, e.g. passive or active electrical keys or other data carriers without mechanical keys operated by active electrical keys with data transmission performed by wireless means

Abstract

本発明は、セキュリティシステムおよびそのデバイスに関し、任意的には、車両のセキュリティシステムおよびそのデバイスに関する。セキュリティシステムは、制御ユニット、施錠システム、ならびに施錠システムを作動または動作解除させるように通常動作可能な1次キーおよび2次キーを有する。2次キーを操作して施錠システムを作動させたとき、1次キーの少なくともいくつか、またはすべての機能が停止状態になり、かつ/または制御ユニットが1次キーから送信される命令信号を一時的に無視するように構成される。

Description

本発明は、セキュリティシステムおよびそのデバイスに関し、これに限定するものではないが、特にセキュリティシステムのための第1のエントリキーと協働する同一のセキュリティシステムのための第2のエントリキーに関するものである。本発明は、車両に関する用途に有用で、車両の施錠の開閉に用いられる、より小型で、軽量で、防水性のエントリキーを提供することができる。本発明の態様は、システム、キー、車両、および方法に関する。
車両の中に入り、確実に車両の鍵をかける(施錠する)ために、広くスマートキーフォブが利用されている。またスマートキーフォブを用いて、イモビライザ(エンジン始動ロック装置)の動作を解除し、イグニッション(エンジン点火装置)を作動させることにより、車両を操作して運転できるようにすることができる。スマートキーフォブは、車両の施錠を開閉するための機械的な鍵を採用する必要はない。ただし、鍵と車両のコンピュータ制御システムとの間の暗号化通信により、車両は、スマートキーフォブが存在し、自動的に所定のタスク(役割)を自動的に実行することを判断することができる。たとえば、車両の制御システムは、スマートキーフォブが車両範囲内に存在することを検出すると、車両の施錠を解除し、(通常、ユーザからの追加的な入力コマンドを受けて)車両エンジンの始動を可能にすることができる。
スマートキーフォブは、典型的には、約8cm〜約10cmの長さ、約4cm〜約5cmの幅、約2cm〜約3cmの厚みを有する。スマートキーフォブは、約50g〜約80gの重さを有し、紛失した場合、壊れた場合、または盗まれた場合の交換費用は高額となり得る。その理由は、スマートキーフォブに含まれる技術的構成部品(電池を含む)を交換して、おそらくは、制御システムとの安全性の高い通信を可能とする再プログラムするために必要な時間とコストによるものであり、さらに新しいスマートキーフォブと通信できるように車両制御システムを再プログラムするために必要な時間とコストに起因するものである。さらに、スマートキーフォブを紛失すると、車両に対して許可されないアクセスが起こり得るため、車両の盗難の可能性がある。
さまざまな状況において、スマートキーフォブの大きさおよび/または破壊のリスクおよび/または紛失の可能性により、車両のドライバは、(紛失し、破壊した場合のコストと不便により)スマートキーフォブを所持したくないと考える。たとえばスマートキーフォブのユーザは、サーフィン等のレジャー活動を行うことを意図する目的地へ運転したとき、スマートキーフォブをビーチもしくは海岸で紛失し、または水に漬けて壊す可能性があるため、スマートキーフォブを身に着けて所持したいとは思わない。目的地でのその他の数多くの状況において、ドライバまたは車両のその他のユーザは、スマートキーフォブを身に着けて、または鞄の中に所持することを望まない。
本発明は、車両の特定の用途を有する高機密性エントリシステム技術を改善しようとするものである。本発明は、車両以外の用途に採用することができ、たとえば家屋等の建物の用途に用いられることが予想される。
本発明の態様は、添付クレームに記載されたキー、システム、車両、および方法を提供するものである。
本発明の1つの態様によれば、1次キーまたはセキュリティシステムの制御システムと協働する2次キーであって、2次キーを操作すると、少なくともある程度、1次キーが非動作状態になり、または1次エントリキーの少なくとも一部の機能が調整または制限される2次キーが提供される。
本発明の別の態様によれば、制御ユニット、施錠システム、1次キーおよび2次キーを有する、車両のためのセキュリティシステムが提供され、1次キーおよび2次キーはそれぞれ、通常、施錠システムを作動または動作解除させることができる。2次キーを操作して施錠システムを作動させ、1つまたはそれ以上の1次キーの特権が拒否または取消され、通常1次キーが制御できる1次キーの少なくともいくつか、またはすべての機能を制御できない場合、および/または2次キーを操作して施錠システムを動作解除させ、1つまたはそれ以上の1次キーの特権を復権させて、1次キーを用いて、通常1次キーが制御できるいくつかの、またはすべての機能を制御することが再び可能となる。
1つの実施形態では、2次キーの使用の開始により、1次キー(スマートキーシステム等)の機能に影響および/または動作停止させ、1次キーを用いて車両に入り、車両のエンジン操作を開始できない。1つの実施形態では、2次キーの使用の開始により、車両を施錠すると、1次キーを用いて車両の操作を開始できないように、車両内に閉じ込んだ(しまい込んだ)1次キーを非動作状態にすることができる。
任意的には、2次キーは受動部品のみからなり、操作上、電池を必要としない。2次キーの受動特性により、2次キーを1次キーより小型にすることができる。任意的には、2次キーは、防水性を有するように1次キーより軽量に構成される。任意的には、2次キーは、1次キーと比較して、より限定的な機能を果たすように動作可能である。本発明は、車両に適用される場合には、1次キーと協働して利用され、1つまたはそれ以上の1次キーを車両内に閉じ込むことを可能にする2次キーを提供する。
本発明の別の態様によれば、車両に適したセキュリティシステムが提供され、このセキュリティシステムは、制御ユニット、施錠システム、ならびに施錠システムを作動または動作解除させるように通常動作可能な1次キーおよび2次キーを有し、2次キーを操作して施錠システムを作動させたとき、1次キーの少なくともいくつか、またはすべての機能が停止状態になり、および/または制御ユニットが1次キーから送信される命令信号を一時的に無視するように構成され、2次キーは、少なくとも1つのトランスポンダまたはトランシーバーを有する。
本発明の別の態様によれば、車両に適したセキュリティシステムが提供され、このセキュリティシステムは、制御ユニット、施錠システム、ならびに施錠システムを起動または動作解除させるように通常動作可能な1次キーおよび2次キーを有し、2次キーを操作して施錠システムを作動させたとき、1次キーの少なくともいくつか、またはすべての機能が停止状態になり、および/または制御ユニットが1次キーから送信される命令信号を一時的に無視するように構成され、1つまたはそれ以上の2次キーは、それ以外の少なくとも1つの2次キーとは異なる特権を有する。
本発明の別の態様によれば、車両に適したセキュリティシステムが提供され、このセキュリティシステムは、制御ユニット、施錠システム、ならびに施錠システムを作動または動作解除させるように通常動作可能な1次キーおよび2次キーを有し、2次キーを操作して施錠システムを作動させたとき、1次キーの少なくともいくつか、またはすべての機能が停止状態になり、かつ/または所定の条件に合致するとき、制御ユニットが1次キーから送信される命令信号を一時的に無視するように構成され、所定の条件は、1次キーが制御ユニットの特定の範囲内に入ることである。
任意の上記実施形態において、2次キーは、少なくとも1つのトランスポンダまたはトランシーバーを有していてもよい。
任意的には、2次キーは、制御ユニットが1次キーから発信された特定の指令信号またはリクエスト信号を無視して、少なくともいくつかの、またはすべての1次キーの制御を制限するように直接的または間接的に制御ユニットと通信するように構成してもよい。
択一的または追加的に、2次キーは、1次キーが指令信号および/またはリクエスト信号を発信しないように1次キーに指示する命令信号を制御ユニットに発信させるように、制御ユニットと直接的または間接的に通信してもよい。
択一的または追加的に、2次キーを操作して施錠システムを作動させたとき、指令信号および/またはリクエスト信号を発信しないように1次キーに指示する命令信号により、少なくともいくつかの、またはすべての1次キーの機能が停止状態になり、1次キーに指示する命令信号は、2次キーまたは車両本体内に配置されたトランスミッタにより発信されるものであってもよい。
任意的には、2次キーを操作して施錠システムを作動させたとき、少なくともいくつかの、またはすべての1次キーの機能が停止状態になり、かつ/または所定の条件に合致するとき、制御ユニットが1次キーから送信される命令信号を一時的に無視し、所定の条件は、1次キーが制御ユニットの特定の範囲内にあること、および2次キーが制御ユニットの特定の範囲の外側にあることであってもよい。さらに任意的には、1次キーの機能が完全に休止状態とされてもよい。
本発明の別の態様によれば、車両のセキュリティシステムが提供され、このセキュリティシステムは、制御ユニット、施錠システム、ならびに施錠システムを作動または動作解除させるように通常動作可能な1次キーおよび2次キーを有し、2次キーを操作して施錠システムを動作解除させたとき、少なくともいくつかの、またはすべての1次キーの機能が再び動作状態になり、かつ/または制御ユニットが1次キーから送信された命令信号に呼応し、2次キーは、少なくとも1つのトランスポンダまたはトランシーバーを有していてもよい。
本発明の別の態様によれば、車両のセキュリティシステムが提供され、このセキュリティシステムは、制御ユニット、施錠システム、ならびに施錠システムを作動または動作解除させるように通常動作可能である1次キーおよび2つ以上の2次キーを有し、2次キーを操作して施錠システムを動作解除させたとき、少なくともいくつかの、またはすべての1次キーの機能が再び動作状態になり、かつ/または制御ユニットが1次キーから送信された命令信号に呼応し、1つまたはそれ以上の2次キーは、それ以外の少なくとも1つの2次キーとは異なる特権を有していてもよい。
本発明の別の態様によれば、車両のセキュリティシステムが提供され、このセキュリティシステムは、制御ユニット、施錠システム、ならびに施錠システムを作動または動作解除させるように通常動作可能である1次キーおよび2次キーを有し、2次キーを操作して施錠システムを動作解除させたとき、少なくともいくつかの、またはすべての1次キーの機能が再び動作状態になり、かつ/または所定の条件に合致するとき、制御ユニットが1次キーから送信された命令信号に呼応し、所定の条件は、1次キーが制御ユニットの特定の範囲内に入ることであってもよい。
任意的には、2次キーを用いて施錠システムを動作解除したとき、1次キーが制御ユニットの特定の範囲内に存在していることが認証できた場合に限り、1次キーは再び動作状態になり、かつ/または1次キーが制御ユニットの特定の範囲内に存在していることが認証できた場合に限り、制御ユニットは1次キーから発信された命令信号に応答する。
任意的には、1次キーが制御ユニットの特定の範囲内に存在していることを認証すると、制御ユニットは、1次キーが発信する命令信号またはリクエスト信号に呼応して、1次キーのすべての機能を再び動作状態にするように構成されたものであってもよい。
さらなる任意的な特徴として、1次キーが制御ユニットの特定の範囲内に存在していることを認証すると、制御ユニットは、指令信号および/またはリクエスト信号の発信を開始するように1次キーに指示する命令信号を1次キーに発信するように構成されるものであってもよい。
択一的または追加的に、1次キーが制御ユニットの特定の範囲内に存在していることを認証すると、指令信号および/またはリクエスト信号の発信を開始するように1次キーに指示する命令信号を1次キーに発信した命令信号により、少なくともいくつかの、またはすべての1次キーの機能が再び動作状態になり、命令信号は、2次キー、または車両本体内に配設された送信器により発信してもよい。
任意的には、2次キーを操作して施錠システムを動作解除したとき、少なくともいくつかの、またはすべての1次キーの機能が再起動し、かつ/または所定の条件に合致するとき、制御ユニットが1次キーから送信された命令信号に呼応し、所定の条件は、1次キーが制御ユニットの特定の範囲内にあること、および2次キーが制御ユニットの特定の範囲の外側にあることであってもよい。特定の範囲は、車両の境界であってもよい。
任意的には、1次キーは、車両のイグニッションを作動させ、車両のイモビライザを動作解除させ、車両のドアを施錠するためにセキュリティシステムの施錠システムを作動させ、かつ/または車両のドアを開錠するためにセキュリティシステムの施錠システムを動作解除させるために、制御ユニットと通信するように構成されてもよい。
さらなる任意的な特徴として、1次キーおよび/または2次キーは、携帯可能であってもよい。
任意的には、2次キーは、1次キーより軽量および/または小型であり、かつ/または受動デバイスであり、かつ/または1次キーは、能動デバイスであってもよい。
択一的または追加的に、2次キーは、RF(無線)トランスポンダを含むものであってもよい。任意的には、RFトランスポンダは、防水性デバイス、着用可能デバイス、腕時計、リストバンド、およびプラスティック製支払カードのうちの1つまたはそれ以上に埋め込まれるものであってもよい。
本発明のさらに別の態様によれば、上記段落で説明したセキュリティシステムを備えた車両が提供される。1次キーは、車両の内部にあるときに限り、セキュリティシステムの制御ユニットと通信して、車両のイモビライザを動作解除し、車両のイグニッションを作動させるように通常動作可能であってもよい。
任意的には、2次キーを操作して施錠システムを作動させたとき、少なくともいくつかの、またはすべての1次キーの機能が停止状態になり、かつ/または制御ユニットが1次キーから送信される命令信号を一時的に無視する。
任意的には、2次キーは、施錠システムの作動および動作解除のみを行うように動作可能であり、2次キーを用いて施錠システムの作動または動作解除を行った後、他の機能を有さず、制御ユニットは、1次キーを一時的に停止状態にし、または再び動作状態にするように1次キーに命令信号を発信するように構成されたものであってもよい。
任意的には、2次キーは、施錠システムの作動および動作解除を行い、所定のデータの記憶のみを行うように動作可能であり、2次キーを用いて施錠システムの作動または動作解除を行った後、他の機能を有さず、制御ユニットは、1次キーを一時的に停止状態にし、または再び動作状態にするように1次キーに命令信号を発信するように構成されたものであってもよい。任意的には、2次キーは、生体認証データを記憶できる。
本発明に係るさらに別の態様によれば、上記段落で説明したセキュリティシステムのための2次キーが提供され、2次キーは、少なくともある程度、1次キーを停止状態にし、かつ/またはセキュリティシステムの制御ユニットが1次キーから発信された命令信号を少なくとも一時的に無視するように1次キーと協働してもよい。
2次キーが小型であり、電池を有さないため、便利で頑健な2次キーが提供され、任意的には防水性を有し、さらに任意的には、支払カード、腕時計、ポイントカード、および他の数多くの物品に埋め込まれるものであってもよい。任意的には、セキュリティシステムは、2以上の2次キーを有し、1またはそれ以上の2次キーは、少なくともその他の2次キーとは異なる特権を有する。
本発明に係るさらに別の態様によれば、車両に適したセキュリティシステムが提供され、このセキュリティシステムは、制御ユニット、施錠システム、1つまたはそれ以上の無線アンテナ、および無線トランスポンダを有するエントリキーを有し、エントリキーおよび/または無線トランスポンダは、暗号化されたアクセスデータを記憶するためのメモリを有し、無線アンテナは、アクセスデータを認証するように動作可能であり、セキュリティシステムは、アクセスデータが認証されたとき、施錠システムの作動および動作解除を行うように動作可能である。
任意的には、セキュリティシステムは、アクセスデータが認証されたとき、車両のイモビライザおよびイグニッションの作動および動作解除を行うように動作可能であってもよい。
本発明に係るさらに別の態様によれば、関連するすべての上記段落に記載されたセキュリティシステムに用いられるキーが提供され、このキーは無線トランスポンダを有し、暗号化されたアクセスデータを記憶するためのメモリは、キーが防水性および/または着用可能であるように媒体に梱包または収容される。
本発明に係る別の態様によれば、セキュリティシステムの動作方法が提供され、この方法は、
i)セキュリティシステムの施錠システムを作動させる信号を、少なくとも1つのトランスポンダまたはトランシーバーを有する2次キーから受信するステップと、
ii)1次キーがセキュリティシステムの制御ユニットの特定の範囲内に存在していることを認証するステップと、
iii)1次キーの少なくともいくつか、またはすべての機能を停止させ、かつ/または1次キーから送信される命令信号を一時的に無視させるステップとを有する。
本発明に係る別の態様によれば、セキュリティシステムの動作方法が提供され、この方法は、
i)セキュリティシステムの施錠システムを作動させる信号を、複数の2次キーのうちの1つから受信するステップと、
ii)1次キーがセキュリティシステムの制御ユニットの特定の範囲内に存在していることを認証するステップと、
iii)1次キーの少なくともいくつか、またはすべての機能を停止させ、かつ/または1次キーから送信される命令信号を一時的に無視させるステップとを有し、
1つまたはそれ以上の2次キーは、それ以外の少なくとも1つの2次キーとは異なる特権を有する。
本発明に係る別の態様によれば、セキュリティシステムの動作方法が提供され、この方法は、
i)セキュリティシステムの施錠システムを作動させる信号を2次キーから受信するステップと、
ii)1次キーがセキュリティシステムの制御ユニットの特定の範囲内に存在していることを認証するステップと、
iii)1次キーの少なくともいくつか、またはすべての機能を停止させ、かつ/または1次キーから送信される命令信号を制御ユニットに一時的に無視させるステップとを有する。
この方法は、1次キーの少なくともいくつか、またはすべての機能を停止させ、かつ/または1次キーから送信される命令信号を制御ユニットに一時的に無視させるステップの前に、2次キーがセキュリティシステムの特定の範囲の外側に存在することを認証するステップをさらに有する。
本発明に係る別の態様によれば、セキュリティシステムの動作方法が提供され、この方法は、
i)セキュリティシステムの施錠システムを動作解除する信号を2次キーから受信するステップと、
ii)1次キーがセキュリティシステムの制御ユニットの特定の範囲内に存在していることを認証するステップと、
iii)1次キーの少なくともいくつか、またはすべての機能を再び動作状態にし、かつ/または制御ユニットを1次キーから送信される命令信号に呼応させるステップとを有する。
本発明に係る別の態様によれば、セキュリティシステムの動作方法が提供され、この方法は、
i)セキュリティシステムの施錠システムを動作解除する信号を、複数の2次キーのうちの1つから受信するステップと、
ii)1次キーがセキュリティシステムの制御ユニットの特定の範囲内に存在していることを認証するステップと、
iii)1次キーの少なくともいくつか、またはすべての機能を再び動作状態にし、かつ/または制御ユニットを1次キーから送信される命令信号に呼応させるステップと、
1つまたはそれ以上の2次キーは、それ以外の少なくとも1つの2次キーとは異なる特権を有する。
本発明に係る別の態様によれば、セキュリティシステムの動作方法が提供され、この方法は、
i)セキュリティシステムの施錠システムを動作解除する信号を2次キーから受信するステップと、
ii)1次キーがセキュリティシステムの制御ユニットの特定の範囲内に存在していることを認証するステップと、
iii)1次キーの少なくともいくつか、またはすべての機能を再び動作状態にし、かつ/または制御ユニットを1次キーから送信される命令信号に呼応させるステップとを有する。
この方法は、1次キーの少なくともいくつか、またはすべての機能を停止させ、かつ/または1次キーから送信される命令信号を制御ユニットに一時的に無視させる前に、2次キーがセキュリティシステムの特定の範囲の外側に存在することを認証するステップをさらに有する。
任意的に、この方法は、
i)車両の施錠システムを作動および動作解除させるように通常動作可能であり、セキュリティシステムの制御ユニットと通信して、車両のイモビライザを動作解除し、車両のイグニッションを作動させるように通常動作可能である1次キーを提供するステップと、
ii)少なくとも1つのトランスポンダまたはトランシーバーを有し、車両の施錠システムの作動および動作解除のみを行うように通常動作可能な2次キーを提供するステップと、
iii)制御ユニットをプログラムし、または既にプログラムされた制御ユニットを提供するステップとを有し、
この制御ユニットは、施錠システムを作動させる信号を2次キーから受信したとき、1次キーが制御ユニットの特定の範囲内に存在していることを認証し、1次キーを非動作状態にする命令信号を発信し、かつ/または1次キーからのすべての命令信号を無視するように構成される。
任意的に、この方法は、
i)車両の施錠システムを作動および動作解除させるように通常動作可能であり、セキュリティシステムの制御ユニットと通信して、車両のイモビライザを動作解除し、車両のイグニッションを作動させるように通常動作可能である1次キーを提供するステップと、
ii)車両の施錠システムの作動および動作解除のみを行うように通常動作可能な2次キーを提供するステップと、
iii)制御ユニットをプログラムし、または既にプログラムされた制御ユニットを提供するステップとを有し、
この制御ユニットは、施錠システムを作動させる信号を2次キーから受信したとき、1次キーが制御ユニットの特定の範囲内に存在していることを認証し、1次キーを非動作状態にする命令信号を発信し、かつ/または1次キーからのすべての命令信号を無視するように構成され、
1つまたはそれ以上の2次キーは、それ以外の少なくとも1つの2次キーとは異なる特権を有する。
任意的に、この方法は、
i)車両の施錠システムを作動および動作解除させるように通常動作可能であり、セキュリティシステムの制御ユニットと通信して、車両のイモビライザを動作解除し、車両のイグニッションを作動させるように通常動作可能である1次キーを提供するステップと、
ii)車両の施錠システムの作動および動作解除のみを行うように通常動作可能な2次キーを提供するステップと、
iii)制御ユニットをプログラムし、または既にプログラムされた制御ユニットを提供するステップとを有し、
この制御ユニットは、施錠システムを作動させる信号を2次キーから受信したとき、1次キーが制御ユニットの特定の範囲内に存在していることを認証し、1次キーを非動作状態にする命令信号を発信し、かつ/または1次キーからのすべての命令信号を無視するように構成される。
この制御ユニットは、1次キーを非動作状態にする命令信号を発信し、かつ/または1次キーからのすべての命令信号を無視する前に、2次キーがセキュリティシステムの特定の範囲の外側に存在することを認証するように構成してもよい。
本発明に係る別の態様によれば、関連するすべての上記段落に記載されたセキュリティシステムに用いられる制御ユニットのためのプログラムが提供され、このプログラムが制御ユニットにイントロールされた後、セキュリティシステムの施錠システムを作動させる信号を2次キーから受信したとき、制御ユニットは、1次キーが制御ユニットの特定の範囲内に存在していることを認証し、1次キーを非動作状態にする命令信号を発信し、かつ/または1次キーからのすべての命令信号を無視して、1次キーを休止状態とみなすように構成される。
上記記載を通じて、スマートキー、スマートキーフォブ、1次エントリキー、および1次キーの用語を用いて、1次エントリキーを表す。上記記載を通じて、2次エントリキーおよびレジャーキーの用語を用いて、本発明に係る2次エントリキーを表す。これらの用語は、便宜上、用いられるものであり、限定することを意図したものではない。
本願の範囲において、上記段落、クレーム、および/または以下の発明の詳細な説明、図面に記載されたさまざまな態様、実施形態、具体例、特徴、および変形例を独立して、または任意の組み合わせで実施されることが予測される。たとえば1つの実施形態において説明した特徴は、矛盾するものでなければ、すべての実施形態に適用することができる。
添付図面を参照しながら、例示としてのみ、本発明の実施形態について以下説明する。
本発明の実施形態に係るセキュリティシステムを備えた車両の平面図である。 本発明の実施形態に係る2次キー(レジャーキー)の前面平面図である。 本発明の実施形態に係るハウジング内に埋め込まれた2次キーを前側方から見た斜視図である。 本発明の実施形態に係るハウジング内に埋め込まれた2次キーを上方から見た斜視図である。 本発明の実施形態に係るセキュリティシステムの1つの態様による動作シーケンスを示す指令フローチャートであって、スマートキーが車両内に閉じ込められ(施錠され)、レジャーキーを用いて車両を開錠し、スマートキーを再起動する。 本発明の実施形態に係るセキュリティシステムの別の態様による動作シーケンスを示す指令フローチャートであって、1次キー(スマートキー)が車両内に放置され、レジャーキーを用いて車両を施錠し、スマートキーを停止させる。 本発明の実施形態に係るセキュリティシステムの1つの態様による動作シーケンスを示す指令フローチャートであって、スマートキーが車両内に閉じ込められ、レジャーキーを用いて車両を開錠し、スマートキーを選択的にのみ再起動する。 本発明の別の実施形態に係るセキュリティシステムの動作シーケンスを示す指令フローチャートであって、2次キーはイグニッションを起動するために操作可能である。
本発明に係るセキュリティシステムおよびセキュリティデバイスの特別の実施形態について以下説明する。開示する実施形態は、本発明に係る態様を具現する単なる例示で過ぎず、本発明のすべての実施形態を網羅的に列挙するものではない。理解されるように、実際のところ、以下説明するセキュリティシステムおよびセキュリティデバイスは、多様で択一的な形態で実現することができる。図面は必ずしも正確なものではなく、特定の部分を示すために、いくつかの特徴物を誇張または最小化(単純化)する。本願開示内容が不明瞭となるのを避けるために、広く知られた構成部品、材料、または方法については必ずしも詳細に説明しない。本願で開示する特定の構造的および機能的な詳細は、本発明を限定するものではなく、クレームの原理であって、当業者が本発明をさまざまに具現化する際の代表的な原理を示すものに過ぎない。
本発明は車両に採用した際に利点を有するが、本発明の他の有益な用途が以下の説明を読めば明らかとなることを理解すべきである。特に、本発明は、(図示した)乗用車だけでなく車両の範囲と同様に、家屋およびビルに備え付けたセキュリティシステムに適用することができる。
図1は、この具体例では乗用車であるが、車両20の平面図である。車両20ためのセキュリティシステム40を概念的に破線で示す。セキュリティシステム40は、1つまたはそれ以上の制御ユニット30、1次キー10(携帯可能であるか否かは任意)、2次キー22(携帯可能であるか否かは任意)、および車両に適した施錠システム32を有する。その制御ユニットまたは各制御ユニットは、車載搭載コンピュータシステムの態様を有していてもよく、とりわけ1次キー10の有無を検出する信号および1次キー10と通信するための暗号化された信号等の信号を送受信できるプロセッサたまは電子制御ユニット(ECU)であってもよい。さらに制御ユニット30は、施錠システムおよび/または車両20の他のデバイスと同様、指令信号を出力することにより、イモビライザおよびイグニッションの動作を制御するように動作可能である。施錠システム32は、1つまたはそれ以上の電気的に動作可能な施錠部(ロック)の形態を有し、車両のドアが開くことを防止し、車両20内にアクセスすることを制限するようにドアを確実に施錠するように動作可能である。携帯可能な1次キー10は、典型的には、スマートキー10、スマートキーエントリシステム10、またはスマートキーフォブ10をいう。2次キー22は、任意であるが、レジャーキーという。
スマートキーは、当業者に広く知られている。スマートキー10は、典型的には、ユーザがスマートキーフォブ10をたとえばポケットの中に収容可能であり、開錠されているときには、車両を施錠し、始動することができる電子アクセス認証システムである。スマートキー10は、通常、車両の車体構造内に設けられたトランシーバ(送受信器、図示せず)および1つまたはそれ以上のアンテナ(図示せず)、ならびにスマートキー10のハウジング内にあるトランシーバ(送受信器、図示せず)により特定される。使用時、スマートキー10が車両のアンテナから所定の距離以内にあるとき、車両20は、ドアハンドル、ブートリリース(トランクオープナー)、および/または外部ボタンを押すと、自動的に開錠する。
スマートキー10は、同様に車両20により定義された境界範囲内、および/または車両および/または制御ユニットの所定の内側近傍または特定の範囲内にあるとき、たとえば車両20内または車両20のコンパートメント内にあるとき、キーを実際にイグニッションに挿入することなく、車両20のイモビライザの作動/動作解除し、車両20のイグニッションを作動させるように、車両の制御ユニット30とともに相互動作可能である。スマートキー10は、通常、電池を含む能動的な(電源を有する)デバイスであり、たとえばブルートゥース、無線LAN(Wi−Fi)、または他の適当な手段を用いて制御ユニット30と、暗号化無線通信を行うことができる。
スマートキー10は、車両20から離れて、制御ユニット30の車両境界または特定の範囲の外側に存在するとき、アンテナ(図示せず)を用いて、制御ユニット30が車両20の外側にあると判断することができる。その後、たとえば一方のドアハンドルに設けたボタンを押すことにより、または単に車両から歩いて離れることにより、車両20を施錠することができる。スマートキー10(1次キー10)が車両20の内部にあるとき、偶発メカニズムは、車両20が施錠されないように防止する。これは、ユーザが車両20の外部に締め出されることを防止する。すなわち先行技術に係る車両は、許可されずに車両20内に入ること(これは車両20の損傷または盗難を招き得る。)の防止のためにのみ確実に施錠することができる。
本発明は、スマートキー10を車両20の内部に閉じ込めることを可能にする2次キー22(レジャーキー22)を提供するものである。セキュリティシステム40を操作して、レジャーキー22を用いて施錠システム32を操作しているとき、および/または他の条件が合致しているとき、1次キー10の少なくともいくつかの、またはすべの機能を停止または休止状態にすることができる。たとえばスマートキー10が車両の内部(たとえば制御ユニット30の特定範囲内)にあり、レジャーキー22(2次キー22)が車両の外部にあり、レジャーキーを用いて車両20の施錠システムを起動したとき、スマートキー10は、少なくともある程度の範囲で停止状態にあり、作動せず、休止状態にあり、起動されず、一時的に利用できず、またはさもなければ、セキュリティシステム40との通信が接続される。
任意的には、レジャーキー22の利用は、車両20の1つまたはそれ以上のアンテナ26の検出可能距離内にレジャーキー22の位置を特定することを含む。レジャーキー22のアクセスコードを認証すると、セキュリティシステム40は、アンテナ26に付随する送信器および/または制御ユニット30および/または1次キー10の間の通信を可能にする。セキュリティシステム40に関する複数のデバイス間の通信で任意的に用いられる命令シーケンスについて以下説明する。
本発明に係る実施形態において、スマートキー10が車両内にあり、レジャーキー22を用いて車両20を施錠したとき、スマートキー10を完全に非動作状態にする。完全に非動作状態にするとは、スマートキー10を用いて、通常制御することができるすべての機能を操作できないことを意味する。たとえば、1次キー10が完全な非動作状態または完全な停止状態にあるとき、スマートキー10を用いて、施錠システム32を作動または動作解除させることはできず、1次キー10を用いて、イグニッションを作動させることはできない。本発明に係る別の実施形態では、施錠システム32を作動させるためにレジャーキー22を操作すると、セキュリティシステムは、1次キー10がある程度の操作を維持しながら、たとえば1次キー10が依然として車両20の特定範囲内にあることを認証するために、制御ユニット30が1次キー10に問い合わせをしたとき、1次キー10が制御ユニット30と通信できる機能を維持しながら、1次キー10を部分的にのみ非動作状態にし、または選択的に停止状態にする。「非動作状態」の用語を用いた場合、この用語は、特に明記しなければ、「完全な非動作状態」または「部分的な非動作状態」を意味する。
セキュリティシステム40を用いて1次キー10を停止するための特定の機構は、数多くの異なる適当な形態を採用することができ、たとえば1つの実施形態では、レジャーキー22を用いて施錠システム32を作動させ、制御ユニット30は、1次キー10がさらなる命令信号またはリクエスト信号を発信しないように1次キー10に指示する信号を発信する。別の実施形態では、レジャーキー22を用いて施錠システム32を作動させると、制御ユニット30は、1次キー10が発信するすべての、または選択された信号を無視するように構成される。こうすることで、1次キー10は、そのスイッチが押されても、制御ユニット30がこれらの命令を拒否し、または応答しないので、通常1次キー10が制御することができるすべての、または選択された機能を作動させることができない。さらに別の実施形態では、レジャーキー22を用いて施錠システム32を作動させると、制御ユニット30以外の車両20またはセキュリティシステム40の構成部品は、1次キー10がさらなる命令信号またはリクエスト信号を発信しないように1次キー10に指示する信号を発信し、または1次キー10がさらなる命令信号またはリクエスト信号に関する特定の選択を示す信号を発信しないように1次キー10に指示する信号を発信する。1次キー10の操作を停止させるための命令信号は、アンテナ26に付随する送信器を用いて発信され、この送信器は、施錠システム32を作動させるためのレジャーキー22の存在を認証するために用いられるものであってもよい。
同様に、施錠システム32を作動させるためのレジャーキー22を操作することにより、車両20内に放置され、先に非動作状態にされた1次キー10を再起動させることができる。このようにレジャーキー22を用いて施錠システム32を作動させると、1次キー10は、セキュリティシステム40と完全または少なくとも選択的に通信することが可能となり、完全または少なくとも選択的に車両20の特定の機能を操作または制御することができる。許可された人の管理下に入ったときにのみ、1次キー10を再起動させるためには、セキュリティシステム40または制御ユニット30は、1次キー10を用いて通常のまたは限定された操作を再開する前に、1つまたはそれ以上のチェックを行う。制御ユニット30は、たとえば車両20の内部にある1次キー10の存在を認証するように試みてもよい。1次キー10が車両20内に存在しないときには、1次キー10を再起動させず、完全な非動作状態にないときには、制御ユニット30は、1次キーの操作性を完全に非動作状態にするように構成してもよい。しかし、1次キー10が車両20内に存在するとき、1次キー10を用いて通常のまたは限定された操作を再開してもよい。
セキュリティシステム40を用いて、1次キー10がすべての、または選択された操作を再開可能にする特別の機構は、数多くの異なる適当な形態を採用することができ、たとえば本発明に係る1つの実施形態では、レジャーキー22を用いて施錠システム32を停止すると、制御ユニット30は、1次キー10がすべての命令信号またはリクエスト信号を発信できること、または1次キー10が特定の選択されたすべての命令信号またはリクエスト信号を発信できることを指示する信号を1次キー10に出力する。別の実施形態では、レジャーキー22を用いて施錠システム32を停止すると、1次キー10が発信するすべての、または選択されたリクエスト信号または命令信号を無視することを止める(またはこれらの信号に従う)ように構成される。さらに別の実施形態では、レジャーキー22を用いて施錠システム32を停止すると、制御ユニット30以外の車両20またはセキュリティシステム40の構成部品は、1次キー10がすべての命令信号またはリクエスト信号を発信できることを指示する信号を1次キー10に発信し、または1次キー10がさらなる命令信号またはリクエスト信号に関する特定の選択を示す信号を発信できることを指示する信号を1次キー10に発信する。1次キー10の操作を再開させるための命令信号は、アンテナ26に付随する送信器を用いて発信され、この送信器は、施錠システム32を停止させるためのレジャーキー22の存在を認証するために用いられるものであってもよい。
スマートキー10およびレジャーキー22のそれぞれは、通常、セキュリティシステム40の施錠システム32を作動または動作解除させるように動作可能であるが、スマートキー10のみが、車両20のイモビライザ(エンジン始動ロック装置)およびイグニッション(エンジン点火装置)を作動または動作解除させるように動作可能である。しかし、スマートキー10を車両20内に置き忘れたとき、レジャーキー22を用いて車両20を施錠した場合には、スマートキー10を用いて、イモビライザを動作解除し、車両20のイグニッション(および任意的には、車両20の他の性能を操作するための1次キー10の機能)を作動させることはできない。すなわち、スマートキー10が車内に放置されていたとき、許可された人がレジャーキー22を用いて施錠されていた車両20に入ろうとした場合、スマートキー10を用いて、車両20のイモビライザを動作解除し、またはイグニッションを作動させるように機能させることはできない。
これまで説明し、図示した実施形態によるレジャーキー22には、イモビライザおよび/またはイグニッションを操作する機能が設けられていない。しかしながら、択一的な実施形態では、レジャーキー22がイモビライザおよび/またはイグニッションおよび/または車両の他の特性を作動または動作解除して動作可能であるように、セキュリティシステム40を構成されることが想定される。
上記説明したレジャーキー22は、受動デバイスであり、電池を含まない。レジャーキー22は、任意的には、車両20の1つまたはそれ以上のドア内に設けた1つまたはそれ以上のアンテナ26と協働して、車両20の1つまたはそれ以上のドアの施錠および開錠のみを可能にするように限定される。いくつかの想定される実施形態では、電池を採用して、消費電力の低い機能を実現し、軽量化を維持することができる。上記説明したレジャーキー22は、任意的には、RFトランスポンダ(無線応答装置)50(RFIDタグともいう。)を有する。アンテナ26は、任意であるが、ドライバのドア内に配設され、ドアハンドルおよび車両20のブートリリース(トランクオープナー)の内部または近傍に配置してもよい。理解されるように、アンテナの特定の個数および配置位置は、任意的な特徴であり、車両20の通常の操作ハンドルに隣接して配置することは好都合であるが、他の適当な位置にアンテナ26を配置してもよい。アンテナ26は、合理的に短い範囲28をカバーするものであってもよい。アンテナ26の範囲は、典型的には、約1cm〜約5cmである。この範囲は、数多くの要因に依存してもよく、たとえば、これら限定するものではないが、データをリーダ26に送信するために用いられる動作周波数と、範囲28を変更するために調整可能なカップリング方法(通信方法)に依存してもよい。レジャーキー22が通信可能領域(問合せ領域)28内に入ると、たとえばレジャーキー22内に配置されたRFトランスポンダ50を特定することができる。RFトランスポンダが正しいアイデンティティであること(本人同一性)を示す場合、これを用いて車両20を施錠または開錠することができる。
任意的には、AES(高度暗号化規格)の128ビット暗号化技術等の安全な暗号化コードを用いて、アンテナ26とトランスポンダ50との間の通信を暗号化することができる。別の実施形態では、他の暗号化方法を用いてもよい。レジャーキー22は、少なくとも1つの記録媒体またはメモリを有し、製造業者及び承認されたサービスエンジニアにより制限的に、これらの記憶媒体のうちの1つにアクセスすることができる。任意的には、ユーザは、1つまたはそれ以上の他の記録媒体にアクセスでき、データをアップロード及びダウンロードでき、そのデータは、これに限定するものではないが、たとえばアクティビティおよびミーティングのスケジュールならびに目的地のGPSデータに関する個人的なデータである。
上記説明した実施形態では、レジャーキー22は、スマートキー10より小型であり、スマートキー10に比して限定的な機能を有する。さらに、2次キー22(レジャーキー22)は、好都合にも、より軽量であり、および/またはより小型である。レジャーキー22は、受動的な(電源を有さない)デバイスであってもよい
1つの実施形態では、レジャーキー22は、防水加工したハウジングに収容される。1つの実施形態では、レジャーキー22は、プラスティック製支払カード内に形成される。これを図2に示し、RFトランスポンダ(無線応答装置)50がプラスティック製支払カード内に埋め込まれて、レジャーキー22が形成されている。上記説明したレジャーキー22は、縦の長さが約8cmで、横の長さが約5cmで、厚さが約0.1cmである。このレジャーキー22は、スマートキー10に比して、細長く、小型で、軽量である。
図5は、本発明に係る実施形態のセキュリティシステム40の1つの態様による動作シーケンスを示す指令フローチャートである。このシーケンスにおいて、スマートキー10が車両20内にすでに閉じ込められ(施錠され)、レジャーキー22を用いて車両20を開錠し、スマートキー10を再起動する。このシナリオを図1で説明する。開始の際、アンテナまたはRFリーダ26を断続的に(または任意的には継続的に)作動させて、レジャーキー22のRFトランスポンダ50に(問い合わせる)呼び掛ける。レジャーキー22のトランスポンダ50が通信可能領域(問合せ領域)28から外れると、アンテナまたはRFリーダ26は、所定期間、低消費電力モードで一時停止する。そしてリーダ26は、再び呼び掛ける。RFIDトランスポンダ50は、通信可能領域28にあるとき、リーダ26(の消費電力)に流れる電流が増大して、リーダ26は、さらなる機能を発揮することができる。
リーダ26は、RFIDタグ/RFトランスポンダ50を読み出して、アクセスコードをチェックすることができる。アクセスコードが認証されると、車両20は開錠される。そして車両20内に閉じ込められた非動作状態にあるスマートキー10が再起動され、車両の始動が許可される。図示しないが、スマートキー10を再起動する前に、セキュリティシステム40は、スマートキー10が依然として車両20内に存在することを認証する。スマートキー10の再起動に際し、スマートキー10を機械的に適合させる必要はなく、任意的には、スマートキー10と直接的な電気的相互作用または直接的な通信を行う必要はない。むしろ車両の制御ユニット30は、RFリーダ26から信号を受信し、これに呼応して制御ユニット30が車両20内にある1つまたはそれ以上のスマートキー10に対する「無視を中止」し、スマートキー10を「聞き取る(受信する)」。制御ユニット30は、内部アンテナ(図示せず)を用いて、スマートキー10に呼び掛け、スマートキー10の識別を認証することになるため、車両20内にある1つまたはそれ以上のスマートキー10のアイデンティティ(本人同一性)を知ることになる。
択一的には、レジャーキー22のアイデンティティが認証されない場合、車両20は開錠されない。リーダ26が領域28内でRFIDタグ50に呼び掛け、見付けるまで、リーダ26の電流は低減される。アクセスコードの認証を要求するため、レジャーキーによるエントリシステムは安全である。
図6は、本発明に係る実施形態のセキュリティシステム40の第2の態様による動作シーケンスを示す指令フローチャートである。スマートキー10が車両20内に放置され、レジャーキー22を用いて車両20を施錠し、スマートキー10を停止させる。リーダ26は、レジャーキー22のトランスポンダ50に呼び掛け、レジャーキー22が通信可能領域内にあるとき、RFIDリーダ26がレジャーキー22のアクセスコードを参照して、アイデンティティを認証できるように、リーダ電流を増大させる。アクセスコードを認証した後において、任意的には、車両20の制御ユニット30と通信することにより、リーダは、1つまたはそれ以上のドア(トランクを含む)が施錠され、スマートキー10が停止されることを可能にする。スマートキー10の停止に際し、スマートキー10を機械的に適合させる必要はなく、任意的には、スマートキー10と直接的な電気的相互作用または直接的な通信を行う必要はない。むしろ車両20の制御ユニット30は、RFリーダ26から信号を受信し、これに呼応して制御ユニット30が車両20内にある1つまたはそれ以上のスマートキー10を無視する。制御ユニット30は、内部アンテナ(図示せず)を用いて、スマートキー10に呼び掛け、スマートキー10の識別を認証することになるため、車両20内にある1つまたはそれ以上のスマートキー10のアイデンティティ(本人同一性)を知ることになる。制御ユニット30は、スマートキー10から出力された指令またはリクエストを無視するように設定されているので、スマートキー10が有効に停止状態に維持されている。
アンテナ26が使用する電力量を低減するために、アンテナ26は、特定の時間、レジャーキー22に呼び掛け、割当て時間が経過した後、呼び掛けることを中止して、電力を消費しないようにプログラムしてもよい。レジャーキー22のユーザが、たとえばハンドルを使用とした場合、車両20の外側にあるボタンを押すことにより、呼び掛けを開始するようにしてもよい。
図3および図4を参照すると、本発明に係るレジャーキー22の択一的な実施形態が図示されている。これらの択一的な図示された実施形態において、可能ならば、択一的な実施形態に属するものであることを示唆するために接頭語の「100」や「200」を追加した同様の参照符号を用いて、同様の構成部品を示す。
図3に示す実施形態において、レジャーキー122は、トランスポンダ150がストラップに埋め込まれた腕時計である。すなわちレジャーキー122は着用可能(ウェアラブル)なものである。任意的には、レジャーキー122は防水性を有するものである。図4に示す実施形態において、レジャーキー222は、リストバンドであり、任意的には、ゴム製であり、トランスポンダ250が埋め込まれたものである。すなわちレジャーキー222は、着用可能で、任意的には防水性を有するものである。理解されるように、本発明の範疇において、さまざまな変形を加えることができ、レジャーキー22,122,222の構造、配置、構成、および材料は、上記説明し、図示したものに限定されない。
レジャーキー22,122,222は、任意的には、(手首や首等)の周りに着用でき、(クリップやホック・ループファスナを用いて)人の衣服に取り付けることができるものであってもよい。レジャーキー22は、ただ1つのトランスポンダ50を有するものであってもよいが、複数のものを有していてもよい。たとえばレジャーキー22は、ドライバのドアとトランクを個別に操作するために必要な2つの独立したトランスポンダを有していてもよい。これにより、さらに高いレベルのセキュリティが得られる。
理解されるように、本発明の範疇において多様な変形を加えることができる。たとえば本発明の他の実施形態では、レジャーキー22,122,222は、確実に車両ドアを施錠するための施錠システム32を作動させるように動作可能であるとともに、(図1に示すような)グローブボックス等の車両20の内部コンパートメント(内部収納箱)34を確実に施錠するように動作可能であってもよい。したがって、レジャーキー22,122,222は、車両20内に(施錠して)閉じ込めたスマートキー10と同様、内部コンパートメント34内に(施錠して)閉じ込めたスマートキー10を含む物品に対する追加的な安全保護を提供するものである。スマートキー10を含む上記物品を見えないように隠すことにより、上記物品に対する車上荒らし(盗難)のリスクを低減することができる。(任意的には、制御ユニット30を用いて、リーダ26を介して)レジャーキー22,122,222からの信号を受信して、施錠可能な1つまたはそれ以上の別の独立した施錠可能なコンパートメント34を設けてもよい。
本発明に係る別の任意的な実施形態では、レジャーキー22,122,222は、データ記憶手段を有していてもよい。
他の想定される実施形態では、セキュリティシステムは1つ以上のレジャーキーを利用し、1つ以上のレジャーキーは、これらのレジャーキーの本来のユーザに依存して異なる機能または特権を有してもよい。たとえば、マスタ(主となる)レジャーキーは、車両を開錠するために用いられる場合、または車両内に存在する場合(制御ユニットの特定の範囲内にある場合)、スマートキーの完全な機能を再起動させることができるキーであってもよく、その他のサーバント(従となる)レジャーキーは、車両の開錠および施錠のみを操作でき、1つまたはそれ以上の休止状態にあるスマートキーの再起動に関し、限定的な作用を与え、またはまったく作用を与えるものではない。すなわち親またはより責任のある人がマスタレジャーキーを管理して、スマートキーの完全な機能の再起動を管理することができる。こうして子供は信頼されて、車両へアクセスできるが、スマートキーを再起動することはできない。同様に、マスタレジャーキーにより内部コンパートメントを施錠できるが、サーバントレジャーキーは、コンパートメントを開錠することを制限され、コンパートメント内にあるスマートキーに対するアクセスが制限される。いくつかの実施形態では、マスタレジャーキーを利用することにより、スマートキーに対して制限を加え、たとえば車両が最大速度を超過することを防止することができる。
直前の段落に記載した想定される実施形態および他の実施形態では、1つまたはそれ以上のレジャーキーは、データの記憶手段を有していてもよい。このデータは、具体例としてのみ列挙すると、ユーザの好み(メディア設定、シート位置、ミラー位置、駐車設定)、GPS走行目的地、アクティブ(能動)安全設定、サービスに関して記憶されたDTCコード、電話番号、生体認証データ、フリートデータ、および報償制度に関する情報を含む。
図7は、本発明に係る別の実施形態のセキュリティシステムの1つの態様による動作シーケンスを示す指令フローチャートである。この図示した動作シーケンスにおいて、レジャーキーは、生体認証データの記憶手段を有し、スマートキーが車両20内にすでに閉じ込められている(施錠されている)。レジャーキーを用いて車両を開錠し、セキュリティシステムは、そのレジャーキーのユーザがスマートキーを再起動することについて承認されているか否か判断することができる。たとえば生体認証データは、人の背丈または顔面イメージを含み、カメラおよび画像認識ソフトウェアを用いて、レジャーキーのユーザを、そのレジャーキーに記憶された生体認証データと比較し、ユーザのアイデンティティを認証した後、スマートキーを再起動してもよい。画像認識ソフトウェアは、ユーザの生体測定結果がレジャーキーに記憶された生体認証情報と一致しないと判断し、スマートキーの起動を拒否する場合がある。このような場合、そのレジャーキーを使用した、より責任の軽い人または未承認の人は、スマートキーに対してアクセスすることはない。
理解されるように、本発明は無線技術(RFIDタグ/トランスポンダおよびリーダ)を用いて説明したが、レジャーキーおよび関連するリーダに関する他の適当な構成部品を用いてもよい。レジャーキーは、任意的には、たとえば小型電池又はその他の電源を有し、信号を発信し、任意的には、1つまたはそれ以上の受信器を用いてその信号を受信するようにしてもよい。さらに、準受動的または能動的なRFIDタグの利用が想定される。
加えて、電池を有さず、RFトランスポンダ50を採用した車両20に適したエントリキー(レジャーキー)の特定の有用な応用について上記説明してきた。エントリキーは、(任意的には、たとえば装置または衣服に埋め込まれた)小型の形態を有し、任意的には防水性を有するものであり、既知のスマートキーを一時的に置換するものとして、このエントリキーを用いることができるが、本発明に係るいくつかの実施形態では、レジャーキー22によりイモビライザを動作解除または作動させることができるように、セキュリィシステム40をプログラムすることを想定することができる。こうした用途では、スマートキー10を完全に分布させ、車両20内に存在させることを必要としない。図8、こうした実施形態を実現する操作シーケンスを概略的に示すものである。小型のレジャーキー22は、小型のレジャーキー22内のRFトランスポンダ50が読み出すことができるように、1つまたはそれ以上のアンテナの範囲内に配置される。好適にRFトランスポンダ50の暗号化されたアクセスコードが認証されると、制御ユニットおよび/またはセキュリティシステムの別の構成部品(たとえばレジャーキーを読み出し、問合せを行うためにアンテナとともに用いられる送信器)が指示信号を出力し、車両の1つおよび/またはすべてのドアを開錠し、インモビライザを動作解除し、そして承認された侵入者からの別の入力信号を受信して、イグニッションを作動させる。
理解されるように、上記説明したレジャーキー、2次キー、またはエントリキーは、任意的ではあるが、小型で、および/または防水性を有し、および/または着用可能な特性を有するため、エントリキーの利便性が増大し、エントリキーの追加的な頑健性を提供することができる。耐衝撃性または耐熱性を有するケーシングまたは装置がRFアンテナと通信するRFトランスポンダの通常動作を阻害するものでなければ、エントリキーはこうしたケーシング内に埋め込まれたものであってもよい。非限定的な例示の目的のみのため、エントリキーは、以下のリストで列挙する形態を有していてもよく、腕時計のストラップ、支払カード(クレジットカードまたはデビットカード)、ローヤルティカード等の1/4サイズのクレジットカード、傘、ブレスレット、指輪、携帯電話ケース、携帯電話、サングラス、靴、その他の履物、財布、小銭入れ、リストバンド、ベルト、飾りひも、衣服、スポーツ用品、自転車、スノーボード、スキー板、サーフボード、およびトレーナの形態を有していてもよい。
疑義を解消するために、本願における「キー」なる用語は、少なくとも車両ドアまたは他の扉を開錠または施錠することを可能にする車両セキュリティシステムと協働または通信できるエントリデバイスを意味するものと理解すべきである。こうしたデバイスは、本質的ではないが、追加的には、車両セキュリィアラームおよび/またはイモビライザの作動または動作解除させるように動作可能であってもよい。重要なことには、「キー」なる用語は、対象物の錠前に適合させるための機械的な態様のみを有するものとして限定することを意図したものではなく、むしろ対象物の施錠および/または開錠することができるデバイスを含むものとして意図したものである。「キー」なる用語は、広い意味を有することを意図し、任意的には、セキュリティシステムの他の構成部品と協働して行われるアクセスを許容および拒否することができるすべてのデバイスを含むことを意図したものである。すなわち、上述のキーは、自らの対象物に対してアクセスすることができるものであってもよいし、できないものであってもよいが、たとえば制御ユニットとともに用いる場合には、アクセスすることができる。キーとは、これに限定するものではないが、電子データキャリア(担持体);磁気的および/または電磁気的な(限定するものではないが、無線及び赤外線の)構成部品;ジタル、アナログ、電磁気、およびその他の発信手段;トランスポンダ、トランシーバー、誘導カプラ等の電子部品;ならびに暗号化および/または他人の個人認証番号またはコードを有するものであってもよい。
10.1次キー、20.車両、22,122,222.2次キー、26.アンテナ、30.制御ユニット、32.施錠システム、34.内部コンパートメント(内部収納箱)、40.セキュリティシステム、50,150.RFトランスポンダ(RFIDタグ)。

Claims (45)

  1. 制御ユニット、施錠システム、ならびに施錠システムを作動または動作解除させるように通常動作可能な1次キーおよび2次キーを有する、車両のためのセキュリティシステムであって、
    2次キーを用いて施錠システムを作動させたとき、1次キーの少なくともいくつか、またはすべての機能が停止状態になり、および/または制御ユニットが1次キーから送信される命令信号を一時的に無視するように構成され、
    2次キーは、少なくとも1つのトランスポンダまたはトランシーバーを有することを特徴とするセキュリティシステム。
  2. 制御ユニット、施錠システム、ならびに施錠システムを作動または動作解除させるように通常動作可能である1次キーおよび2つ以上の2次キーを有する、車両のためのセキュリティシステムであって、
    2次キーを用いて施錠システムを作動させたとき、1次キーの少なくともいくつか、またはすべての機能が停止状態になり、および/または制御ユニットが1次キーから送信される命令信号を一時的に無視するように構成され、
    1つまたはそれ以上の2次キーは、それ以外の少なくとも1つの2次キーとは異なる特権を有することを特徴とするセキュリティシステム。
  3. 制御ユニット、施錠システム、ならびに施錠システムを作動または動作解除させるように通常動作可能な1次キーおよび2次キーを有する、車両のためのセキュリティシステムであって、
    2次キーを用いて施錠システムを作動させたとき、1次キーの少なくともいくつか、またはすべての機能が停止状態になり、かつ/または所定の条件に合致するとき、制御ユニットが1次キーから送信される命令信号を一時的に無視するように構成され、
    所定の条件は、1次キーが制御ユニットの特定の範囲内に入ることであることを特徴とするセキュリティシステム。
  4. 2次キーは、少なくとも1つのトランスポンダまたはトランシーバーを有することを特徴とする請求項2または3に記載のセキュリティシステム。
  5. 2次キーは、制御ユニットが1次キーから発信された特定の指令信号またはリクエスト信号を無視して、少なくともいくつかの、またはすべての1次キーの機能が停止状態になるように直接的または間接的に制御ユニットと通信するように構成されることを特徴とする請求項1〜4のいずれか1に記載のセキュリティシステム。
  6. 2次キーは、1次キーが指令信号および/またはリクエスト信号を発信しないように1次キーに指示する命令信号を制御ユニットに発信させるように、制御ユニットと直接的または間接的に通信することを特徴とする請求項1〜5のいずれか1に記載のセキュリティシステム。
  7. 2次キーを操作して施錠システムを作動させたとき、指令信号および/またはリクエスト信号を発信しないように1次キーに指示する命令信号により、少なくともいくつかの、またはすべての1次キーの機能が停止状態になり、
    1次キーに指示する命令信号は、2次キーまたは車両本体内に配置されたトランスミッタにより発信されることを特徴とする請求項1〜6のいずれか1に記載のセキュリティシステム。
  8. 2次キーを操作して施錠システムを作動させたとき、少なくともいくつかの、またはすべての1次キーの機能が停止状態になり、かつ/または所定の条件に合致するとき、制御ユニットが1次キーから送信される命令信号を一時的に無視し、
    所定の条件は、1次キーが制御ユニットの特定の範囲内にあること、および2次キーが制御ユニットの特定の範囲の外側にあることであることを特徴とする請求項1〜7のいずれか1に記載のセキュリティシステム。
  9. 1次キーの機能が完全に休止状態とされることを特徴とする請求項8に記載のセキュリティシステム。
  10. 制御ユニット、施錠システム、ならびに施錠システムを作動または動作解除させるように通常動作可能な1次キーおよび2次キーを有する、車両のためのセキュリティシステムであって、
    2次キーを操作して施錠システムを動作解除させたとき、少なくともいくつかの、またはすべての1次キーの機能が再び動作状態になり、かつ/または制御ユニットが1次キーから送信された命令信号に呼応し、
    2次キーは、少なくとも1つのトランスポンダまたはトランシーバーを有することを特徴とするセキュリティシステム。
  11. 制御ユニット、施錠システム、ならびに施錠システムを作動または動作解除させるように通常動作可能である1次キーおよび2つ以上の2次キーを有する、車両のためのセキュリティシステムであって、
    2次キーを操作して施錠システムを動作解除させたとき、少なくともいくつかの、またはすべての1次キーの機能が再び動作状態になり、かつ/または制御ユニットが1次キーから送信された命令信号に呼応し、
    1つまたはそれ以上の2次キーは、それ以外の少なくとも1つの2次キーとは異なる特権を有することを特徴とするセキュリティシステム。
  12. 制御ユニット、施錠システム、ならびに施錠システムを作動または動作解除させるように通常動作可能である1次キーおよび2次キーを有する、車両のためのセキュリティシステムであって、
    2次キーを操作して施錠システムを動作解除させたとき、少なくともいくつかの、またはすべての1次キーの機能が再び動作状態になり、かつ/または所定の条件に合致するとき、制御ユニットが1次キーから送信された命令信号に呼応し、
    所定の条件は、1次キーが制御ユニットの特定の範囲内に入ることであることを特徴とするセキュリティシステム。
  13. 2次キーは、少なくとも1つのトランスポンダまたはトランシーバーを有することを特徴とする請求項11または12に記載のセキュリティシステム。
  14. 2次キーを用いて施錠システムを動作解除したとき、
    1次キーが制御ユニットの特定の範囲内に存在していることが認証できた場合に限り、1次キーは再び動作状態になり、かつ/または
    1次キーが制御ユニットの特定の範囲内に存在していることが認証できた場合に限り、
    制御ユニットは1次キーから発信された命令信号に応答することを特徴とする請求項10〜13のいずれか1に記載セキュリティシステム。
  15. 1次キーが制御ユニットの特定の範囲内に存在していることを認証すると、制御ユニットは、1次キーが発信する命令信号またはリクエスト信号に呼応して、1次キーのすべての機能を再び動作状態にするように構成されたことを特徴とする請求項14に記載セキュリティシステム。
  16. 1次キーが制御ユニットの特定の範囲内に存在していることを認証すると、制御ユニットは、指令信号および/またはリクエスト信号の発信を開始するように1次キーに指示する命令信号を1次キーに発信するように構成されたことを特徴とする請求項14に記載セキュリティシステム。
  17. 1次キーが制御ユニットの特定の範囲内に存在していることを認証すると、指令信号および/またはリクエスト信号の発信を開始するように1次キーに指示する命令信号を1次キーに発信した命令信号により、少なくともいくつかの、またはすべての1次キーの機能が再び動作状態になり、
    命令信号は、2次キー、または車両本体内に配設された送信器により発信されることを特徴とする請求項14に記載セキュリティシステム。
  18. 2次キーを操作して施錠システムを動作解除したとき、少なくともいくつかの、またはすべての1次キーの機能が再起動し、かつ/または所定の条件に合致するとき、制御ユニットが1次キーから送信された命令信号に呼応し、
    所定の条件は、1次キーが制御ユニットの特定の範囲内にあること、および2次キーが制御ユニットの特定の範囲の外側にあることであることを特徴とする請求項1〜17のいずれか1に記載のセキュリティシステム。
  19. 1次キーは、
    ・車両のイグニッションを作動させ、
    ・車両のイモビライザを動作解除させ、
    ・車両のドアを施錠するためにセキュリティシステムの施錠システムを作動させ、かつ/または
    ・車両のドアを開錠するためにセキュリティシステムの施錠システムを動作解除させるために、制御ユニットと通信するように構成されたことを特徴とする請求項1〜18のいずれか1に記載のセキュリティシステム。
  20. 1次キーおよび/または2次キーは、携帯可能であることを特徴とする請求項1〜19のいずれか1に記載のセキュリティシステム。
  21. 2次キーは、1次キーより軽量および/または小型であり、かつ/または受動デバイスであり、かつ/または1次キーは、能動デバイスであることを特徴とする請求項1〜20のいずれか1に記載のセキュリティシステム。
  22. 2次キーは、RF(無線)トランスポンダを含むことを特徴とする請求項1〜21のいずれか1に記載のセキュリティシステム。
  23. RFトランスポンダは、防水性デバイス、着用可能デバイス、腕時計、リストバンド、およびプラスティック製支払カードのうちの1つまたはそれ以上に埋め込まれることを特徴とする請求項22に記載のセキュリティシステム。
  24. 2以上の2次キーおよび/または2以上の1次キーを有することを特徴とする請求項1〜23のいずれか1に記載のセキュリティシステム。
  25. 2以上の2次キーを有し、
    1またはそれ以上の2次キーは、少なくともその他の2次キーとは異なる特権を有することを特徴とする請求項18に記載のセキュリティシステム。
  26. 添付図面を用いて実質的に説明し、かつ/またはこれらに実質的に図示されたことを特徴とするセキュリティシステム。
  27. 請求項1〜26のいずれか1に記載のセキュリティシステムを備えた車両。
  28. 1次キーは、車両の内部にあるときに限り、セキュリティシステムの制御ユニットと通信して、車両のイモビライザを動作解除し、車両のイグニッションを作動させるように通常動作可能であることを特徴とする請求項27に記載の車両。
  29. 2次キーを操作して施錠システムを作動させたとき、少なくともいくつかの、またはすべての1次キーの機能が停止状態になり、かつ/または制御ユニットが1次キーから送信される命令信号を一時的に無視することを特徴とする請求項28に記載の車両。
  30. 2次キーは、施錠システムの作動および動作解除のみを行うように動作可能であり、2次キーを用いて施錠システムの作動または動作解除を行った後、他の機能を有さず、
    制御ユニットは、1次キーを一時的に停止状態にし、または再び動作状態にするように1次キーに命令信号を発信するように構成されたことを特徴とする請求項27〜29のいずれか1に記載の車両。
  31. 2次キーは、施錠システムの作動および動作解除を行い、所定のデータの記憶のみを行うように動作可能であり、2次キーを用いて施錠システムの作動または動作解除を行った後、他の機能を有さず、
    制御ユニットは、1次キーを一時的に停止状態にし、または再び動作状態にするように1次キーに命令信号を発信するように構成されたことを特徴とする請求項27〜29のいずれか1に記載の車両。
  32. 2次キーは、生体認証データを記憶できることを特徴とする請求項31に記載の車両。
  33. 請求項1〜26のいずれか1に記載のセキュリティシステムのための2次キーであって、
    少なくともある程度、1次キーを停止状態にし、かつ/またはセキュリティシステムの制御ユニットが1次キーから発信された命令信号を少なくとも一時的に無視するように1次キーと協働することを特徴とする2次キー。
  34. 添付図面を用いて実質的に説明し、かつ/またはこれらに実質的に図示されたことを特徴とする2次キー。
  35. セキュリティシステムの動作方法であって、
    i)セキュリティシステムの施錠システムを作動させる信号を、少なくとも1つのトランスポンダまたはトランシーバーを有する2次キーから受信するステップと、
    ii)1次キーがセキュリティシステムの制御ユニットの特定の範囲内に存在していることを認証するステップと、
    iii)1次キーの少なくともいくつか、またはすべての機能を停止させ、かつ/または1次キーから送信される命令信号を一時的に無視させるステップとを有することを特徴とする方法。
  36. セキュリティシステムの動作方法であって、
    i)セキュリティシステムの施錠システムを作動させる信号を、複数の2次キーのうちの1つから受信するステップと、
    ii)1次キーがセキュリティシステムの制御ユニットの特定の範囲内に存在していることを認証するステップと、
    iii)1次キーの少なくともいくつか、またはすべての機能を停止させ、かつ/または1次キーから送信される命令信号を一時的に無視させるステップとを有し、
    1つまたはそれ以上の2次キーは、それ以外の少なくとも1つの2次キーとは異なる特権を有することを特徴とする方法。
  37. セキュリティシステムの動作方法であって、
    i)セキュリティシステムの施錠システムを作動させる信号を2次キーから受信するステップと、
    ii)1次キーがセキュリティシステムの制御ユニットの特定の範囲内に存在していることを認証するステップと、
    iii)1次キーの少なくともいくつか、またはすべての機能を停止させ、かつ/または1次キーから送信される命令信号を制御ユニットに一時的に無視させるステップとを有することを特徴とする方法。
  38. セキュリティシステムの動作方法であって、
    i)セキュリティシステムの施錠システムを動作解除する信号を、少なくとも1つのトランスポンダまたはトランシーバーを有する2次キーから受信するステップと、
    ii)1次キーがセキュリティシステムの制御ユニットの特定の範囲内に存在していることを認証するステップと、
    iii)1次キーの少なくともいくつか、またはすべての機能を再び動作状態にし、かつ/または制御ユニットを1次キーから送信される命令信号に呼応させるステップとを有することを特徴とする方法。
  39. セキュリティシステムの動作方法であって、
    i)セキュリティシステムの施錠システムを動作解除する信号を2次キーから受信するステップと、
    ii)1次キーがセキュリティシステムの制御ユニットの特定の範囲内に存在していることを認証するステップと、
    iii)1次キーの少なくともいくつか、またはすべての機能を再び動作状態にし、かつ/または制御ユニットを1次キーから送信される命令信号に呼応させるステップとを有し、
    1つまたはそれ以上の2次キーは、それ以外の少なくとも1つの2次キーとは異なる特権を有することを特徴とする方法。
  40. セキュリティシステムの動作方法であって、
    i)セキュリティシステムの施錠システムを動作解除する信号を2次キーから受信するステップと、
    ii)1次キーがセキュリティシステムの制御ユニットの特定の範囲内に存在していることを認証するステップと、
    iii)1次キーの少なくともいくつか、またはすべての機能を再び動作状態にし、かつ/または制御ユニットを1次キーから送信される命令信号に呼応させるステップとを有することを特徴とする方法。
  41. 請求項1〜25のいずれか1に記載の車両のためのセキュリティシステムを構築する方法であって、
    i)車両の施錠システムを作動および動作解除させるように通常動作可能であり、セキュリティシステムの制御ユニットと通信して、車両のイモビライザを動作解除し、車両のイグニッションを作動させるように通常動作可能である1次キーを提供するステップと、
    ii)少なくとも1つのトランスポンダまたはトランシーバーを有し、車両の施錠システムの作動および動作解除のみを行うように通常動作可能な2次キーを提供するステップと、
    iii)制御ユニットをプログラムし、または既にプログラムされた制御ユニットを提供するステップとを有し、
    この制御ユニットは、施錠システムを作動させる信号を2次キーから受信したとき、1次キーが制御ユニットの特定の範囲内に存在していることを認証し、1次キーを非動作状態にする命令信号を発信し、かつ/または1次キーからのすべての命令信号を無視するように構成されたことを特徴とする方法。
  42. 請求項1〜25のいずれか1に記載の車両のためのセキュリティシステムを構築する方法であって、
    i)車両の施錠システムを作動および動作解除させるように通常動作可能であり、セキュリティシステムの制御ユニットと通信して、車両のイモビライザを動作解除し、車両のイグニッションを作動させるように通常動作可能である1次キーを提供するステップと、
    ii)車両の施錠システムの作動および動作解除のみを行うように通常動作可能な2次キーを提供するステップと、
    iii)制御ユニットをプログラムし、または既にプログラムされた制御ユニットを提供するステップとを有し、
    この制御ユニットは、施錠システムを作動させる信号を2次キーから受信したとき、1次キーが制御ユニットの特定の範囲内に存在していることを認証し、1次キーを非動作状態にする命令信号を発信し、かつ/または1次キーからのすべての命令信号を無視するように構成され、
    1つまたはそれ以上の2次キーは、それ以外の少なくとも1つの2次キーとは異なる特権を有することを特徴とする方法。
  43. 請求項1〜25のいずれか1に記載の車両のためのセキュリティシステムを構築する方法であって、
    i)車両の施錠システムを作動および動作解除させるように通常動作可能であり、セキュリティシステムの制御ユニットと通信して、車両のイモビライザを動作解除し、車両のイグニッションを作動させるように通常動作可能である1次キーを提供するステップと、
    ii)車両の施錠システムの作動および動作解除のみを行うように通常動作可能な2次キーを提供するステップと、
    iii)制御ユニットをプログラムし、または既にプログラムされた制御ユニットを提供するステップとを有し、
    この制御ユニットは、施錠システムを作動させる信号を2次キーから受信したとき、1次キーが制御ユニットの特定の範囲内に存在していることを認証し、1次キーを非動作状態にする命令信号を発信し、かつ/または1次キーからのすべての命令信号を無視するように構成されたことを特徴とする方法。
  44. 請求項1〜26のいずれか1に記載の車両のためのセキュリティシステムに用いられる制御ユニットのためのプログラムであって、
    制御ユニットにイントロールされた後、セキュリティシステムの施錠システムを作動させる信号を2次キーから受信したとき、制御ユニットは、1次キーが制御ユニットの特定の範囲内に存在していることを認証し、1次キーを非動作状態にする命令信号を発信し、かつ/または1次キーからのすべての命令信号を無視して、1次キーを休止状態とみなすように構成されたことを特徴とする方法。
  45. 請求項1〜26のいずれか1に記載の車両のためのセキュリティシステムに用いられる制御ユニットであって、かつ/または請求項35〜40のいずれか1に記載の方法の少なくとも一部を実行することを特徴とする制御ユニット。
JP2014527696A 2011-09-05 2012-09-04 セキュリティシステムおよびそのデバイス Active JP5908588B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
GB1115255.0A GB2494398B (en) 2011-09-05 2011-09-05 Security system and device therefor
GB1115255.0 2011-09-05
PCT/EP2012/067230 WO2013034556A1 (en) 2011-09-05 2012-09-04 Security system and device therefor

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2014529546A true JP2014529546A (ja) 2014-11-13
JP5908588B2 JP5908588B2 (ja) 2016-04-26

Family

ID=44882186

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014527696A Active JP5908588B2 (ja) 2011-09-05 2012-09-04 セキュリティシステムおよびそのデバイス

Country Status (6)

Country Link
US (1) US20150070135A1 (ja)
EP (1) EP2754134B1 (ja)
JP (1) JP5908588B2 (ja)
CN (2) CN103959346B (ja)
GB (3) GB2494398B (ja)
WO (1) WO2013034556A1 (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR20160097032A (ko) * 2015-02-06 2016-08-17 엘지전자 주식회사 차량 제어 시스템 및 그 제어 방법
KR20180078770A (ko) * 2016-12-30 2018-07-10 주식회사 유라코퍼레이션 차량용 출입 인증시스템 및 그 방법
WO2018216460A1 (ja) * 2017-05-26 2018-11-29 株式会社オートネットワーク技術研究所 車両用通信システム及び付随通信機

Families Citing this family (23)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE102013203730A1 (de) * 2013-03-05 2014-09-11 Bayerische Motoren Werke Aktiengesellschaft Verfahren zum Betreiben eines Fahrzeug-Steuergeräts
US9916707B2 (en) * 2013-08-19 2018-03-13 Arm Ip Limited Interacting with embedded devices within a user's environment
US9340155B2 (en) 2013-09-17 2016-05-17 Toyota Motor Sales, U.S.A., Inc. Interactive vehicle window display system with user identification
US9760698B2 (en) 2013-09-17 2017-09-12 Toyota Motor Sales, U.S.A., Inc. Integrated wearable article for interactive vehicle control system
US9387824B2 (en) 2013-09-17 2016-07-12 Toyota Motor Engineering & Manufacturing North America, Inc. Interactive vehicle window display system with user identification and image recording
US9902266B2 (en) 2013-09-17 2018-02-27 Toyota Motor Engineering & Manufacturing North America, Inc. Interactive vehicle window display system with personal convenience reminders
US9400564B2 (en) 2013-09-17 2016-07-26 Toyota Motor Engineering & Manufacturing North America, Inc. Interactive vehicle window display system with a safe driving reminder system
US9807196B2 (en) 2013-09-17 2017-10-31 Toyota Motor Sales, U.S.A. Automated social network interaction system for a vehicle
US20150161832A1 (en) * 2013-12-05 2015-06-11 Ford Global Technologies, Llc Method and Apparatus for Virtual Key Delivery
JP6094719B2 (ja) * 2014-03-11 2017-03-15 株式会社村田製作所 ドア解錠システムおよびドア解錠方法
US9690387B2 (en) 2014-06-13 2017-06-27 Ford Global Technologies, Llc Vehicle computing system in communication with a wearable device
US9533653B2 (en) * 2015-05-29 2017-01-03 Denso International America, Inc. Systems and methods for delegating control of vehicle features to a wearable electronic device
DE102015213934B4 (de) * 2015-07-23 2020-03-12 Volkswagen Aktiengesellschaft Ausschalten der Aktivierbarkeit einer Funktion mittels Funk für ein Fahrzeug
ES1147183Y (es) 2015-10-22 2016-03-01 Ojmar Sa Cerradura electronica y sistema de cierre electronico para muebles, armarios o taquillas
US9783158B2 (en) 2015-10-27 2017-10-10 Ford Global Technologies, Llc System and method for on-demand passive entry disable
JP6347283B2 (ja) * 2016-10-12 2018-06-27 マツダ株式会社 電子キーシステム
US10647289B2 (en) * 2016-11-15 2020-05-12 Ford Global Technologies, Llc Vehicle driver locator
US10315624B2 (en) * 2016-12-28 2019-06-11 Voxx International Corp Button assembly device for controlling access to a vehicle
US20180322273A1 (en) * 2017-05-04 2018-11-08 GM Global Technology Operations LLC Method and apparatus for limited starting authorization
US10628643B2 (en) 2017-09-28 2020-04-21 Griffen Security Llc Vehicle immobilizer
US10391977B1 (en) * 2018-08-01 2019-08-27 Vanrithy Chhorn Method and a device for detecting tampering of a vehicle and notifying an owner of the vehicle
CN109895736A (zh) * 2019-02-19 2019-06-18 汉腾汽车有限公司 基于人脸识别技术的安全开启车门系统及车门安全开启方法
RU2734562C1 (ru) * 2020-01-14 2020-10-20 Александр Александрович Агалаков Устройство недиагностируемой безопасной блокировки двигателя транспортного средства

Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH10148050A (ja) * 1996-11-19 1998-06-02 Tokai Rika Co Ltd 車両用ドアロックシステム
JPH11245768A (ja) * 1998-03-02 1999-09-14 Toyota Motor Corp 車両用盗難防止装置
JP2004025937A (ja) * 2002-06-21 2004-01-29 Tokai Rika Co Ltd 電子キーシステム
JP2007112341A (ja) * 2005-10-21 2007-05-10 Fujitsu Ten Ltd 車両オーナー認証装置
JP2009097213A (ja) * 2007-10-16 2009-05-07 Denso Corp スマートエントリシステム

Family Cites Families (32)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE19711901C1 (de) * 1997-03-21 1998-08-13 Siemens Ag Diebstahlschutzsystem für ein Kraftfahrzeug
DE19823708A1 (de) * 1998-05-27 1999-12-02 Bayerische Motoren Werke Ag Identifizierungseinrichtung für den Benutzer eines Fahrzeugs
US6501369B1 (en) * 2000-04-11 2002-12-31 Ford Global Technologies, Inc. Vehicle security system having unlimited key programming
US6621406B2 (en) * 2001-04-18 2003-09-16 U-Shin Ltd. Keyless entry system for vehicle
KR100410797B1 (ko) * 2001-07-04 2003-12-12 현대자동차주식회사 스마트 카드 시스템의 카드 무력화 장치 및 방법
DE10160964B4 (de) * 2001-12-12 2004-02-05 Siemens Ag Verfahren und Vorrichtung zum Diebstahlschutz von Kraftfahrzeugen
WO2003079298A2 (en) * 2002-03-12 2003-09-25 Siemens Vdo Automotive Corporation Passive vehicle actuation card incorporated into personal use item
US20030174065A1 (en) * 2002-03-12 2003-09-18 Siemens Vdo Automotive Corporation Passive vehicle actuation card incorporated into personal use item
US6828694B2 (en) * 2002-04-23 2004-12-07 Omega Patents, L.L.C. Vehicle security system for deleting temporary master remote transmitter and related methods
AU2002952753A0 (en) * 2002-11-19 2003-01-16 Australian Arrow Pty Ltd Passive entry system
US7075409B2 (en) * 2003-01-15 2006-07-11 Daimlerchrysler Corporation Apparatus and method for a valet key based passive security system
US20040263316A1 (en) * 2003-06-24 2004-12-30 Case, Llc Reprogrammable vehicle access control system
US9007195B2 (en) * 2004-06-25 2015-04-14 Lear Corporation Remote FOB integrated in a personal convenience device
US7102507B1 (en) * 2004-07-21 2006-09-05 Givi Lauren Keyless entry system
US7167084B2 (en) * 2005-02-09 2007-01-23 General Motors Corporation Temporary key invalidation for electronic key and locking system
US8325026B2 (en) * 2005-04-29 2012-12-04 Heistproof, Llc Remote ignition, theft deterrence, and records keeping system for a vehicle
DE602006011534D1 (de) * 2005-06-09 2010-02-25 Mazda Motor Ein schlusselloses Zugangssystem und -verfahren für ein Fahrzeug
DE102006042976A1 (de) * 2006-09-13 2008-04-03 Siemens Ag Zugangsanordnung für ein Fahrzeug
CN201037334Y (zh) * 2006-09-22 2008-03-19 比亚迪股份有限公司 指纹遥控车钥匙
US7634932B2 (en) * 2006-12-01 2009-12-22 Chrysler Group Llc Fob integrated key
US20100188189A1 (en) * 2007-01-17 2010-07-29 Gm Global Technology Operations, Inc. Safety system for control of the access to an object
JP2009002742A (ja) * 2007-06-20 2009-01-08 Tokai Rika Co Ltd 電子キー機能付き時計
US20090096579A1 (en) * 2007-10-15 2009-04-16 Will Arcas Drivers' License Verification Program
US20090140846A1 (en) * 2007-12-04 2009-06-04 Mark Rutledge Method and apparatus for controlling a vehicle function
US8258939B2 (en) * 2008-02-06 2012-09-04 Ford Global Technologies, Llc System and method for controlling one or more vehicle features based on driver status
GB2459642A (en) * 2008-04-21 2009-11-04 Robin Jeremy Green Vehicle security device
US8531268B2 (en) * 2008-05-15 2013-09-10 Lear Corporation Passive entry system for an automotive vehicle
US8487743B2 (en) * 2008-08-18 2013-07-16 GM Global Technology Operations LLC Valet keyfob system
US8373541B2 (en) * 2008-09-16 2013-02-12 Lear Corporation Vehicle remote control system
US8670895B2 (en) * 2009-08-07 2014-03-11 Bosch Automotive Service Solutions Llc Vehicular diagnostic tool with detachable memory and method of operation thereof
US20110140839A1 (en) * 2009-12-11 2011-06-16 Honda Motor Co., Ltd. Method and system for disabling passive entry key located inside a vehicle
US20120229298A1 (en) * 2011-03-10 2012-09-13 General Electric Company Home occupancy detection switches

Patent Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH10148050A (ja) * 1996-11-19 1998-06-02 Tokai Rika Co Ltd 車両用ドアロックシステム
JPH11245768A (ja) * 1998-03-02 1999-09-14 Toyota Motor Corp 車両用盗難防止装置
JP2004025937A (ja) * 2002-06-21 2004-01-29 Tokai Rika Co Ltd 電子キーシステム
JP2007112341A (ja) * 2005-10-21 2007-05-10 Fujitsu Ten Ltd 車両オーナー認証装置
JP2009097213A (ja) * 2007-10-16 2009-05-07 Denso Corp スマートエントリシステム

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR20160097032A (ko) * 2015-02-06 2016-08-17 엘지전자 주식회사 차량 제어 시스템 및 그 제어 방법
KR101698103B1 (ko) * 2015-02-06 2017-01-19 엘지전자 주식회사 차량 제어 시스템 및 그 제어 방법
KR20180078770A (ko) * 2016-12-30 2018-07-10 주식회사 유라코퍼레이션 차량용 출입 인증시스템 및 그 방법
KR101964817B1 (ko) * 2016-12-30 2019-04-02 주식회사 유라코퍼레이션 차량용 출입 인증시스템 및 그 방법
WO2018216460A1 (ja) * 2017-05-26 2018-11-29 株式会社オートネットワーク技術研究所 車両用通信システム及び付随通信機

Also Published As

Publication number Publication date
GB201215769D0 (en) 2012-10-17
GB2494524B (en) 2015-08-12
US20150070135A1 (en) 2015-03-12
GB201215768D0 (en) 2012-10-17
EP2754134B1 (en) 2019-08-28
GB2494524A (en) 2013-03-13
GB2494523B (en) 2015-08-12
CN108082122A (zh) 2018-05-29
CN103959346B (zh) 2018-10-12
WO2013034556A1 (en) 2013-03-14
GB2494523A (en) 2013-03-13
GB2494398A (en) 2013-03-13
GB2494398B (en) 2015-03-11
GB201115255D0 (en) 2011-10-19
CN103959346A (zh) 2014-07-30
JP5908588B2 (ja) 2016-04-26
EP2754134A1 (en) 2014-07-16

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US10377343B2 (en) Keyless vehicle systems
RU147000U1 (ru) Напоминающее устройство
CN104228673B (zh) 汽车位置探测器
US9478083B2 (en) Electronic key lockout control in lockbox system
US20200051359A1 (en) Intelligent Key System
DE102013221116B4 (de) Fahrzeugeigenes System, Fahrzeugsteuerungsverfahren und Fahrzeugsteuerungssystem
CN106696894B (zh) 一种基于智能手机的汽车无钥匙进入系统
ES2534284T3 (es) Procedimiento para controlar una tapa del maletero de un vehículo y vehículo correspondiente
US10137859B2 (en) Automotive security apparatus and associated methods
CN101725286B (zh) 车辆电子钥匙系统
US7394350B2 (en) Power-saving on-vehicle controller
KR100834303B1 (ko) 자동차 관리 시스템
JP3712834B2 (ja) キーレスエントリー装置
EP1394006B1 (en) Vehicle electronic key system
CN105630171B (zh) 一种智能腕带及基于所述智能腕带的车辆控制方法
US7760070B2 (en) Vehicle security device and system
US7693313B2 (en) Personal authentication device
KR100586476B1 (ko) 보안관련 데이터의 처리장치 및 그 처리방법
US9675152B2 (en) Electronic security bag controlled by mobile phone
US7227446B2 (en) Electronic key system for entry objects
US7154384B2 (en) Vehicle theft protection system, a method of protecting a vehicle from theft, a vehicle-onboard device, a management station, and a program for protecting a vehicle from theft
US8237542B2 (en) Key system
US8482379B2 (en) Electronic key for access to a mechatronic cylinder
US8150573B2 (en) Hybrid car travel mode setting device
US10529161B2 (en) Keys and locks

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20150305

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20150414

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20150713

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20150813

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20150911

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20160212

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20160301

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20160323

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5908588

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250