JP2014521484A - Golf club head or other ball striking device having a stiffening face portion - Google Patents

Golf club head or other ball striking device having a stiffening face portion Download PDF

Info

Publication number
JP2014521484A
JP2014521484A JP2014525978A JP2014525978A JP2014521484A JP 2014521484 A JP2014521484 A JP 2014521484A JP 2014525978 A JP2014525978 A JP 2014525978A JP 2014525978 A JP2014525978 A JP 2014525978A JP 2014521484 A JP2014521484 A JP 2014521484A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
face
edge
golf club
club head
portion
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2014525978A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2014521484A5 (en
Inventor
ジェレミー スナイダー
ロバート ボイド
洋 川口
ジェームス エス. トーマス
レイモンド ジェイ. サンダー
リック エス. ワーリン
Original Assignee
ナイキ インターナショナル リミテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by ナイキ インターナショナル リミテッド filed Critical ナイキ インターナショナル リミテッド
Priority to PCT/US2011/048126 priority Critical patent/WO2013025212A1/en
Publication of JP2014521484A publication Critical patent/JP2014521484A/en
Publication of JP2014521484A5 publication Critical patent/JP2014521484A5/ja
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63BAPPARATUS FOR PHYSICAL TRAINING, GYMNASTICS, SWIMMING, CLIMBING, OR FENCING; BALL GAMES; TRAINING EQUIPMENT
    • A63B53/00Golf clubs
    • A63B53/04Heads
    • A63B53/0466Heads wood-type
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63BAPPARATUS FOR PHYSICAL TRAINING, GYMNASTICS, SWIMMING, CLIMBING, OR FENCING; BALL GAMES; TRAINING EQUIPMENT
    • A63B53/00Golf clubs
    • A63B53/04Heads
    • A63B53/047Heads iron-type
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63BAPPARATUS FOR PHYSICAL TRAINING, GYMNASTICS, SWIMMING, CLIMBING, OR FENCING; BALL GAMES; TRAINING EQUIPMENT
    • A63B53/00Golf clubs
    • A63B53/04Heads
    • A63B53/047Heads iron-type
    • A63B53/0475Heads iron-type with one or more enclosed cavities
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63BAPPARATUS FOR PHYSICAL TRAINING, GYMNASTICS, SWIMMING, CLIMBING, OR FENCING; BALL GAMES; TRAINING EQUIPMENT
    • A63B53/00Golf clubs
    • A63B2053/005Club sets
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63BAPPARATUS FOR PHYSICAL TRAINING, GYMNASTICS, SWIMMING, CLIMBING, OR FENCING; BALL GAMES; TRAINING EQUIPMENT
    • A63B53/00Golf clubs
    • A63B53/04Heads
    • A63B2053/0408Heads with defined dimensions
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63BAPPARATUS FOR PHYSICAL TRAINING, GYMNASTICS, SWIMMING, CLIMBING, OR FENCING; BALL GAMES; TRAINING EQUIPMENT
    • A63B53/00Golf clubs
    • A63B53/04Heads
    • A63B2053/0408Heads with defined dimensions
    • A63B2053/0412Volume
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63BAPPARATUS FOR PHYSICAL TRAINING, GYMNASTICS, SWIMMING, CLIMBING, OR FENCING; BALL GAMES; TRAINING EQUIPMENT
    • A63B53/00Golf clubs
    • A63B53/04Heads
    • A63B2053/0416Heads with an impact surface provided by a face insert
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63BAPPARATUS FOR PHYSICAL TRAINING, GYMNASTICS, SWIMMING, CLIMBING, OR FENCING; BALL GAMES; TRAINING EQUIPMENT
    • A63B53/00Golf clubs
    • A63B53/04Heads
    • A63B2053/0433Heads with special sole configurations
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63BAPPARATUS FOR PHYSICAL TRAINING, GYMNASTICS, SWIMMING, CLIMBING, OR FENCING; BALL GAMES; TRAINING EQUIPMENT
    • A63B53/00Golf clubs
    • A63B53/04Heads
    • A63B2053/0458Heads with non-uniform thickness of the impact face plate
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63BAPPARATUS FOR PHYSICAL TRAINING, GYMNASTICS, SWIMMING, CLIMBING, OR FENCING; BALL GAMES; TRAINING EQUIPMENT
    • A63B53/00Golf clubs
    • A63B53/04Heads
    • A63B2053/0458Heads with non-uniform thickness of the impact face plate
    • A63B2053/0462Heads with non-uniform thickness of the impact face plate characterised by tapering thickness of the impact face plate

Abstract

ボールを打つように構成されたフェース(110)と、該フェースに接続され、そのヒールに近接したシャフト(104)を接続するように適合されたボディ(108)とを含むヘッドを有する打球装置、たとえばゴルフクラブヘッド(102)を提供する。 And configured face to strike the ball (110), connected to said face, hitting device having a head including a body (108) adapted to connect the shaft (104) close to its heel, for example, to provide a golf club head (102). フェースは肉厚部(130)を有し、該肉厚部は環状テーパ区域(132B)を含み、該環状テーパ区域は、上部境界または内部境界(133)と下部境界または外部境界(134)との間で厚さが漸減し、かつ該上部境界によって境界づけられる隆起区域(136A)を包囲する。 Face has thickened portions (130), thick wall portion includes an annular tapered section (132B), the annular tapered section has an upper boundary or internal boundary (133) and a lower boundary or outer boundary (134) the thickness gradually decreases between and surrounding the raised areas bounded by the upper boundary (136A). 上部境界および/または下部境界は、凸状輪郭を有する外縁(137A、137B)をそれぞれ有する二つの出張り部(137)、および該出張り部の間で延びる接続部(138)を有する形状を画定し、そのため該接続部は、該出張り部の該外縁の間で延びる二つの外縁(138A、138B)によって画定され、該接続部の該外縁の少なくとも一方は凹状外郭を有する。 Upper boundary and / or lower boundary edge (137A, 137B) having a convex contour two lobes each having a (137), and the connecting portion extending between said output tension unit a shape having a (138) defining, therefore the connecting portion is defined by two outer edges extending between the outer edge of the output tension unit (138A, 138B), at least one of the outer edge of the connecting portion has a concave outer.

Description

本発明は概して、補剛部または肉厚部をその打球面に有する打球装置、たとえばゴルフクラブおよびゴルフクラブヘッドに関する。 The present invention relates generally to ball striking devices having stiffeners or thick portion on the ball striking face, for example a golf club and golf club head. 本発明の特定の局面は、フェースの内面から後方に延びる一つまたは複数の補剛部材を有する、ゴルフクラブヘッドに関する。 Particular aspect of the present invention have one or more stiffening members extending rearward from the inner surface of the face, to golf club heads.

発明の背景 ゴルフクラブまたは他の打球装置によってボールに伝達されるエネルギーまたは速度は、少なくとも部分的に、クラブフェースの接触点における可撓性に関連することがあり、「反発係数」(または「COR」)と呼ばれる計測値を使用して表すことができる。 Energy or speed is transmitted to the ball by the background golf club or other ball striking device of the invention, at least in part, may be related to flexibility at the contact point of the club face, "coefficient of restitution" (or "COR the measurement value called ") can be represented using. ゴルフクラブヘッドの最大CORは、現在、USGAによって0.83に制限されている。 Maximum COR of the golf club head is, now, is limited to 0.83 by the USGA. 一般にクラブヘッドは、フェースの他の区域に比べて、最高の応答の区域、たとえば最大のエネルギーおよび速度をボールに付与する最高のCORを有する区域を有し、この区域は一般に、フェースの中心またはその近くに配置される。 Generally the club head, as compared to other areas of the face, the area of ​​highest response, for example, a region with the highest COR which imparts maximum energy and velocity to the ball, in this zone is generally the center of the face or It is located in the vicinity. 一つの例において、最高応答区域は、現行のUSGA制限(例えば現在0.83)と等しいCORを有しうる。 In one example, the maximum response zones may have equal to current USGA limits (e.g. current 0.83) COR. しかし、ゴルフクラブは一般に、フェースの中心またはその付近でボールと接触するように設計されているため、多くの既存のゴルフクラブによるオフセンターヒットは、ボールに伝達されるエネルギーを減らして、ショットの距離を縮める結果を招くおそれがある。 However, the golf club is generally because they are designed to contact the ball at the center or near the face, the off-center hits by many existing golf clubs, to reduce the energy transferred to the ball, shot which may cause results to reduce the distance.

また、衝突中のヘッドの打球面および/または他の部分の屈曲挙動が、ボールに伝達されるエネルギーおよび速度、衝突後の飛球方向、ならびにボールに加えられるスピンなどの要因に影響することがある。 Further, the bending behavior of the ball striking face and / or other parts of the head in the collision, the energy and velocity are transmitted to the ball, to affect factors such as spin applied to the ball flying direction, and ball after impact is there. したがって、衝突中のヘッドの打球面および/または他の部分の変形および応答を改変および/または改善する必要性が存在する。 Therefore, the need to alter and / or improve the deformation and response of the ball striking face and / or other parts of the head during a collision is present. 衝突中のボールそれ自体の屈曲挙動も、これらの要因のいくつかまたはすべてに影響することがある。 Bending the behavior of the ball itself in the collision also may affect some or all of these factors. 衝突中のボールの過度の変形は、たとえば熱の形態でのエネルギー損失を招くおそれがある。 Excessive deformation of the ball during a collision, can lead for example to energy loss in the form of heat. 衝突中のヘッドのフェースおよび/または他の部分の特定の特性は、ボールの変形に対して効果を示すことがある。 Particular characteristics of the face and / or other parts of the head in the collision may indicate an effect on deformation of the ball. したがって、ヘッドの打球面との衝突中に、改変および/または改良されたボールの変形挙動を引き起こす特徴を有する打球ヘッドを提供する必要性もまた存在する。 Thus, during impact with the ball striking face of the head, there is also a need to provide a ball striking head having a characteristic that causes deformation behavior modification and / or improved ball.

本装置および方法は、上述した問題の少なくともいくつかおよび他の問題に対処し、このタイプの従来の打球装置によって提供されていない利点および局面を提供するために提供される。 The apparatus and method is to address at least some and other problems of the above-mentioned problems, it is provided in order to provide advantages and aspects not provided by prior ball striking devices of this type. 本発明の特徴および利点の十分な説明は、添付図面を参照しながら進める以下の詳細な説明にゆだねることとする。 Complete description of the features and advantages of the present invention is directed to be left to the following detailed description, which proceeds with reference to the accompanying drawings.

以下、本発明の基本的理解を提供するために、本発明の局面の概要を提示する。 Hereinafter, in order to provide a basic understanding of the present invention, which provides an overview of aspects of the present invention. この概要は本発明の広範な概観ではない。 This summary is not an extensive overview of the invention. 発明の主要なまたは重要な要素を特定することを意図したものでもなく、本発明の範囲を限定することを意図したものでもない。 Nor is it intended to identify key or critical elements of the invention, nor is it intended to limit the scope of the present invention. 以下の概要は、本発明のいくつかの概念を、以下に提供される詳細な説明への前置きとして一般的な形態で提示するだけである。 The following summary is to present some concepts of the present invention, it is only presented in a general form as a prelude to the more detailed description provided below.

本発明の局面は、ボールを打つように構成されたフェースと、このフェースに接続されかつこのフェースから後方に延びるボディとを含むヘッドを有する打球装置、たとえばゴルフクラブに関する。 Aspect of the present invention, the striking device having a head including a face configured to hit the ball, and a body extending rearwardly from the connected and the face in the face, for example a golf club. 本明細書に記載されるフェースの様々な例示的構造は、フェースの内面から内向きに延びる突出部を形成する肉厚部を含み、肉厚部は環状テーパ区域を含み、環状テーパ区域は、上部境界と下部境界との間で厚さが漸減し、かつ上部境界によって境界づけられる隆起区域を包囲する。 Various exemplary structure of the face to be described herein, includes a thick portion forming a projection extending inwardly from the inner surface of the face, the thick portion includes an annular tapered section, annular tapered zone, gradually decreases in thickness between the upper boundary and the lower boundary, and surrounds the raised areas bounded by the upper boundary. 上部境界および下部境界の少なくとも一方は、凸状外郭を有する第一の外縁を有する第一の出張り部、凸状外郭を有する第二の外縁を有する第二の出張り部、および第一の出張り部と第二の出張り部との間で延びる接続部を含む形状を画定し、接続部は、第一の外縁と第二の外縁との間で延びる第三の外縁および第四の外縁によって画定される。 At least one of the upper boundary and the lower boundary, the first lug portion having a first edge having a convex outer, second lobe having a second outer edge having a convex outer, and first defining a ledge shape including a connection portion extending between the second ledge, the connection portion, the third outer edge and a fourth extending between a first edge and a second edge defined by the outer edges. 第三の外縁および第四の外縁の少なくとも一方は凹状外郭を有する。 At least one of the third outer edge and the fourth edge has a concave outer. 一つの態様において、第三の外縁および第四の外縁の両方が凹状外郭を有する。 In one embodiment, both the third outer edge and the fourth edge having a concave outer. 別の態様において、第三の外縁および第四の外縁の一方のみが凹状外郭を有するものであり、凹状輪郭を有する縁は接続部の頂縁または底縁でありうる。 In another embodiment, only one of the third outer edge and the fourth edge is one having a concave outer edge having a concave profile may be a top edge or the bottom edge of the connecting portion.

一つの局面にしたがって、隆起区域の少なくとも一部分は概して一定の厚さを有する。 According to one aspect, at least a portion of the raised areas has a generally constant thickness. たとえば、隆起区域は、環状テーパ区域の上部境界内の全区域にわたって概して一定の厚さを有するプラトー区域であってもよく、それを含んでもよい。 For example, raised areas may be a plateau zone having a generally constant thickness over the entire area of ​​the upper boundary of the annular tapered zone may contain it. 別の例として、隆起区域は多層的であり、かつ第一の概して一定のフェース厚を有する第一のプラトー区域、第二の概して一定のフェース厚を有する第二のプラトー区域、および第一のプラトー区域と第二のプラトー区域との間で延びるテーパ区域を含むことができる。 As another example, raised areas are multilayered, and the first plateau zone having a first generally constant face thickness, a second plateau zone having a second generally constant face thickness, and the first It may include a tapered zone extending between the plateau zone and the second plateau region.

別の局面にしたがって、ボディは、内向きに陥凹したチャネルをさらに含むことができ、チャネルは、ボディのソールの少なくとも一部分にわたって延び、フェースの底縁から後方に離間している。 According to another aspect, the body may include a channel that is recessed inwardly further channel extends over at least a portion of the sole body is spaced from the bottom edge of the face to the rear. チャネルは、フェースの底縁に概して平行に延びる二つの境界縁と、曲線輪郭を有する陥凹谷部を形成するように境界縁から内向きに延びる二つの壁とを含むことができる。 Channel can include a two boundary edges extending generally parallel to the bottom edge of the face, and two walls extending inwardly from the boundary edge to form a recess trough having a contoured.

さらなる局面にしたがって、肉厚部は第二の環状テーパ区域をさらに含み、第二の環状テーパ区域は、第二の上部境界と第二の下部境界との間で厚さが漸減し、環状テーパ区域および隆起区域を完全に包囲する。 According to a further aspect, the thick portion further comprises a second annular tapered section, a second annular tapered zone has a thickness gradually decreasing between the second upper boundary and a second lower bound, cyclic taper areas and raised areas completely surrounds. 肉厚部は、概して一定の厚さを有する環状プラトー区域を含むこともでき、環状プラトー区域は環状テーパ区域と第二の環状テーパ区域との間で延びる。 Thick portion can also be generally comprises an annular plateau zone having a constant thickness, annular plateau region extends between the annular tapered section and a second annular taper region. 一つの態様において、第二の上部境界および第二の下部境界の少なくとも一方は、凸状外郭を有する第五の外縁を有する第三の出張り部、凸状外郭を有する第六の外縁を有する第四の出張り部、および第三の出張り部と第四の出張り部との間で延びる第二の接続部を含む形状を画定し、第二の接続部は、第五の外縁と第六の外縁との間で延びる第七の外縁および第八の外縁によって画定される。 In one embodiment, at least one of the second upper boundary and the second lower bound has a third ledge having a fifth outer edge having a convex outer, a sixth edge having a convex outer fourth ledge, and defining a third lobe shape comprising a second connecting portion extending between the fourth lug, the second connecting portion, and a fifth outer edge It is defined by the seventh edge and eighth edge extending between a sixth edge. 第七の外縁および第八の外縁の少なくとも一方は凹状外郭を有する。 At least one of the seventh edge and eighth edge has a concave outer.

さらに別の局面にしたがって、上部境界または下部境界によって画定される形状は、第一の軸に沿った最大寸法を有するように細長く、第一の出張り部および第二の出張り部は、第一の軸に横向きまたは垂直な方向で接続部よりも大きいかまたは幅広い。 According to yet another aspect, the shape defined by the upper boundary or lower boundary is elongated to have a maximum dimension along a first axis, the first ledge and the second ledge, the larger or wider than the connecting portion sideways or perpendicular to an axis. 言い換えれば、第一の出張り部は、第一の軸に垂直な第二の軸に沿った第一の寸法を有し、第二の出張り部は、第二の軸に沿った第二の寸法を有し、接続部は、第一の寸法および第二の寸法よりも小さな、第二の軸に沿った第三の寸法を有する。 In other words, the first lug portion has a first dimension along the vertical second axis in a first axis, the second lug, the second along a second axis has a dimension, the connecting portion, smaller than the first dimension and a second dimension, has a third dimension along the second axis.

さらなる局面にしたがって、フェースは、カップフェース構成またはL字型構成を有しうるフェース部材の一部として形成されうる。 According to a further aspect, the face may be formed as part of the face member may have a cup face configuration or L-configuration. カップフェース構成において、フェース部材は、フェースとこのフェースの周縁から後方に延びる複数の壁とを含み、ボディは、壁に接続されかつフェース部材から後方に延びる一つまたは複数のボディ部材によって少なくとも部分的に形成される。 In the cup face structure, face member, face the and a plurality of walls extending rearwardly from the periphery of the face, body, at least in part from being connected to the wall and the face member by one or more body member extending rearward to be formed. L字型構成において、フェース部材は、フェースとこのフェースの底縁から後方に延びる壁とを含み、ボディは、壁に接続されかつフェースの周縁に接続されかつフェース部材から後方に延びる一つまたは複数のボディ部材によって少なくとも部分的に形成される。 In the L-shaped configuration, the face member includes a wall extending face from the bottom edge of the face to the rear, body is connected to the periphery of which is connected to the wall and the face and one extending rearward from face member or It is at least partially formed by a plurality of body members.

本発明のさらなる局面は、ボールを打つように構成されたフェース、およびこのフェースに接続されかつこのフェースから後方に延びるボディを含むヘッドを有する打球装置、たとえばゴルフクラブに関する。 A further aspect of the present invention is configured face to hit the ball, and is connected to the face and hitting device having a head including a body extending rearwardly from the face, for example a golf club. フェースは、内面から突出しかつフェースの周囲部分に比べて増大した厚さを有する隆起区域を有する。 The face has a raised area with a protruding from the inner surface and increased thickness than the surrounding parts of the face. 隆起区域は、この隆起区域から外方に向かって厚さが減少する環状テーパ区域によって完全にまたは少なくとも部分的に包囲され、隆起区域は、テーパ区域の内縁によって画定される周縁を有する。 Raised areas, by an annular tapered section that decreases in thickness toward the outside of this raised areas are completely or at least partially surrounds, raised areas has a perimeter defined by the inner edge of the tapered section. 隆起区域の周縁は、凸状外郭を有する第一の外縁を有する第一の出張り部、凸状外郭を有する第二の外縁を有する第二の出張り部、および第一の出張り部と第二の出張り部との間で延びる接続部を含む形状を画定する。 Periphery of the raised areas has a second ledge, and the first lug portion having first ledge having a first edge having a convex outer, a second outer edge having a convex outer defining a shape including a connecting portion extending between the second lobe. 接続部は、第一の外縁と第二の外縁との間で延びる第三の外縁および第四の外縁によって画定され、第三の外縁および第四の外縁の少なくとも一方は凹状外郭を有する。 Connecting portion is defined by a third edge and a fourth edge extending between a first edge and a second edge, at least one of the third outer edge and fourth edge having a concave outer. 一つの態様において、第三の外縁および第四の外縁の両方が凹状外郭を有する。 In one embodiment, both the third outer edge and the fourth edge having a concave outer. 別の態様において、第三の外縁および第四の外縁の一方のみが凹状外郭を有するものであり、凹状輪郭を有する縁は接続部の頂縁または底縁でありうる。 In another embodiment, only one of the third outer edge and the fourth edge is one having a concave outer edge having a concave profile may be a top edge or the bottom edge of the connecting portion. これらの局面および態様は、上記の任意のさらなる局面および態様を含むことができる。 These aspects and embodiments may include any additional aspects and embodiments described above.

本発明のさらなる局面は、ボールを打つように構成されたフェース、およびこのフェースに接続されかつこのフェースから後方に延びるボディを含むヘッドを有する打球装置、たとえばゴルフクラブに関する。 A further aspect of the present invention is configured face to hit the ball, and is connected to the face and hitting device having a head including a body extending rearwardly from the face, for example a golf club. フェースは、内面から突出しかつフェースの周囲部分に比べて増大した厚さを有する隆起区域を有する。 The face has a raised area with a protruding from the inner surface and increased thickness than the surrounding parts of the face. 隆起区域は、この隆起区域から外方に向かって厚さが減少する環状テーパ区域によって完全にまたは少なくとも部分的に包囲され、隆起区域は、テーパ区域の内縁によって画定される周縁を有する。 Raised areas, by an annular tapered section that decreases in thickness toward the outside of this raised areas are completely or at least partially surrounds, raised areas has a perimeter defined by the inner edge of the tapered section. 隆起区域の周縁は、第一の軸に沿った最大寸法を有するように細長い形状を画定し、この形状は、第一の軸に垂直な第二の軸に沿った第一の寸法を有する第一の拡大区域、第二の軸に沿った第二の寸法を有する第二の拡大区域、および第一の区域と第二の区域とを接続する狭窄した接続部を含む。 Periphery of the raised areas defines an elongated shape so as to have a maximum dimension along a first axis, the shape, the has a first dimension along the vertical second axis in a first axis one expansion zone, including the connecting portion constricted connecting a second expansion zone having a second dimension along a second axis, and the first section and a second section. 接続部は、第一の寸法および第二の寸法よりも小さな、第二の軸に沿った第三の寸法を有する。 Connections, smaller than the first dimension and a second dimension, has a third dimension along the second axis. 一つの態様において、第一の軸は、ボディのソールおよび/またはヘッドのライ角によって画定されうる水平方向に対して斜角をなしうる。 In one embodiment, the first axis may an oblique angle with respect to the horizontal direction may be defined by the sole and / or head lie angle of the body. 角度は最大約18°または最大約15°でありうる。 Angle may be up to about 18 ° or up to about 15 °. 別の態様において、接続部は、第一の拡大区域と第二の拡大区域との間で延びる頂縁および底縁を有することができ、頂縁および底縁の少なくとも一方は凹状輪郭を有することができる。 In another embodiment, the connecting portion, you can have a top edge and a bottom edge extending between the first expansion section and a second expansion zone, at least one of the top edge and bottom edge having a concave contour can. これらの局面および態様は、上記の任意のさらなる局面および態様を含むことができる。 These aspects and embodiments may include any additional aspects and embodiments described above.

本発明のなおさらなる局面は、その外面でボールを打つように構成されたフェースと、このフェースの底縁から後方に延びる壁とを含む、フェース部材、ならびにこのフェースに接続されかつこのフェースから後方に延びる少なくとも一つのボディ部材で形成される、ボディを含むヘッドを有する打球装置、たとえばゴルフクラブに関する。 A still further aspect of the present invention, a face configured to hit the ball at its outer surface, from the bottom edge of the face and a wall extending rearward are connected face member, as well as the face and rearward from the face It is formed at least one body member extending, hitting device having a head including a body, for example, a golf club. フェースは、外面とは反対側の内面と、この内面から突出しかつフェースの周囲部分に比べて増大した厚さを有する隆起区域とを有する。 Face includes a raised area which the outer surface has a opposite inner surface, an increased thickness than the surrounding parts of the projecting and face from the inner surface. 少なくとも一つのボディ部材は、壁、およびフェースの周縁の周りに接続され、壁はボディのソールの一部分を形成し、フェース部材および少なくとも一つのボディ部材は一緒になって内部キャビティを画定する。 At least one body member, the wall, and is connected around the periphery of the face, the wall forms a portion of the sole of the body, the face member and at least one body member defining an interior cavity together.

一つの局面にしたがって、隆起区域は、この隆起区域から外方に向かって厚さが減少する環状テーパ区域によって完全に包囲される。 According to one aspect, the raised area, thickness outwardly is completely surrounded by an annular tapered section that decreases from the raised areas. 一つの態様において、隆起区域は、環状テーパ区域の内縁によって画定される周縁を有し、周縁は、凸状外郭を有する第一の外縁を有する第一の出張り部、凸状外郭を有する第二の外縁を有する第二の出張り部、および第一の出張り部と第二の出張り部との間で延びる接続部を含む形状を画定する。 In one embodiment, the raised area has a perimeter defined by the inner edge of the annular tapered section, the periphery has a first ledge having a first edge having a convex outer, first it has a convex outer defining a shape including a connecting portion extending between the second ledge, and the first ledge and the second ledge having a second outer edge. この構成において、接続部は、第一の外縁と第二の外縁との間で延びる第三の外縁および第四の外縁によって画定され、第三の外縁および第四の外縁の少なくとも一方は凹状外郭を有する。 In this configuration, the connection portion is defined by a third edge and a fourth edge extending between a first edge and a second edge, at least one of the concave contour of the third outer edge and a fourth edge having. 別の態様において、隆起区域は、環状テーパ区域の内縁によって画定される周縁を有し、周縁は、第一の軸に沿った最大寸法を有するように細長い形状を画定する。 In another embodiment, the raised area has a perimeter defined by the inner edge of the annular tapered section, the peripheral edge defines an elongated shape so as to have a maximum dimension along a first axis. この構成において、隆起区域の形状は、第一の軸に垂直な第二の軸に沿った第一の寸法を有する第一の拡大区域、第二の軸に沿った第二の寸法を有する第二の拡大区域、および第一の区域と第二の区域とを接続する狭窄した接続部を含み、接続部は、第一の寸法および第二の寸法よりも小さな、第二の軸に沿った第三の寸法を有する。 In this configuration, the shape of the raised areas, first has a second dimension along the first expansion zone, a second shaft having a first dimension along the vertical second axis in a first axis includes a connecting portion constricted connecting second expansion zone, and the first zone and the second zone, the connecting portion, smaller than the first dimension and a second dimension, along a second axis having a third dimension.

ゴルフクラブヘッドがウッドタイプゴルフクラブヘッド(ドライバもしくはフェアウェイウッドを含む)またはハイブリッドタイプゴルフクラブヘッドである別の局面にしたがって、内部キャビティはフェース部材および少なくとも一つのボディ部材によって完全に包囲されうる。 According to another aspect the golf club head is a wood-type golf (including driver or fairway wood) club head or hybrid type golf club head, the internal cavity may be completely surrounded by the face member and at least one body member. ゴルフクラブヘッドがアイアンタイプヘッドである場合、内部キャビティは少なくとも部分的に開放されうる。 If the golf club head is an iron type head, the internal cavity may be at least partially open.

本発明の他の局面は、上記のようなゴルフクラブヘッドおよびヘッドに係合したシャフトを含むゴルフクラブに関する。 Another aspect of the present invention relates to a golf club comprising a shaft engaged with the golf club head and the head as described above. さらなる局面は、上記の態様の複数のクラブを含み、かつ少なくとも一つのウッドタイプクラブおよび/または少なくとも一つのアイアンタイプクラブを含みうる、ゴルフクラブセットに関する。 A further aspect includes a plurality of clubs of the above embodiments, and can include at least one wood-type club and / or at least one iron-type clubs, a golf club set.

本発明の他の特徴および利点は、添付図面と併せて読まれる以下の詳細な説明から明らかになるであろう。 Other features and advantages of the present invention will become apparent from the following detailed description read in conjunction with the accompanying drawings.

本発明のより完全な理解を可能にするために、以下、添付図面を参照しながら本発明を実例として説明する。 To allow a more complete understanding of the present invention, the following describes the present invention as examples with reference to the accompanying drawings.

ウッドタイプゴルフクラブヘッドの形態の本発明の局面の打球装置のヘッドの一つの態様の正面図である。 Wood-type golf club head the form of a front view of one embodiment of the head of the aspect of the hitting device of the present invention. 図1のヘッドの側面図である。 It is a side view of the head of Figure 1. 図1のヘッドの上面図である。 It is a top view of the head of Figure 1. 図1のヘッドの下面図である。 It is a bottom view of the head of Figure 1. ウッドタイプゴルフクラブの形態の、図1のヘッドを含む本発明の局面の打球装置の一つの態様の正面図である。 Of wood type golf club form, a front view of one of the aspects of the hitting device of the present invention including a head of FIG. 図1のヘッドのフェースの背面図である。 It is a rear view of the face of the head Figure 1. 図6のフェースの肉厚部の拡大背面図である。 Is an enlarged rear view of the thick portion of the face shown in FIG. 6. 図6の7-7線に沿った断面図である。 It is a sectional view taken along line 7-7 of FIG. 図6の8-8線に沿った断面図である。 It is a sectional view taken along line 8-8 of FIG. 本発明の局面の打球装置のヘッドのフェースの別の態様の背面図である。 It is a rear view of another embodiment of the face of the head of the hitting device of the aspect of the present invention. 図9の10-10線に沿った断面図である。 It is a sectional view taken along line 10-10 of FIG. 図9の11-11線に沿った断面図である。 It is a sectional view taken along line 11-11 of FIG. 図9のフェースを含む本発明の局面の打球装置のヘッドの別の態様の正面図である。 It is a front view of another embodiment the head of the aspects of the hitting device of the present invention comprising a face in FIG. 図12のヘッドの下面斜視図である。 It is a bottom perspective view of the head of Figure 12. 図13の14-14線に沿った断面図である。 Is a sectional view taken along line 14-14 of FIG. 13. 打球装置のヘッドのフェースの別の態様である。 It is another aspect of the face of the head of the ball device. 図15の16-16線に沿った断面図である。 Is a sectional view taken along line 16-16 of FIG. 15. 図15の17-17線に沿った断面図である。 Is a sectional view taken along line 17-17 of FIG. 15. ハイブリッドゴルフクラブヘッドの形態の本発明の局面の打球装置のヘッドの別の態様の正面図である。 It is a front view of another embodiment of the head of the aspect of the hitting device of the present invention in the form of a hybrid golf club heads. 図18のヘッドの上面図である。 It is a top view of the head of Figure 18. 図19の19A-19A線に沿った断面図である。 It is a sectional view taken along the 19A-19A line in Figure 19. 図18のヘッドの側面図である。 It is a side view of the head of Figure 18. 図18のヘッドの下面斜視図である。 It is a bottom perspective view of the head of Figure 18. 図18のヘッドのフェースの背面図である。 It is a rear view of the face of the head of Figure 18. 図22の23-23線に沿った断面図である。 It is a sectional view taken along line 23-23 of Figure 22. 図22の24-24線に沿った断面図である。 It is a sectional view taken along line 24-24 of Figure 22. フェアウェイウッドゴルフクラブヘッドの形態の本発明の局面の打球装置のヘッドの別の態様の正面図である。 It is a front view of another embodiment of the head of the aspect of the hitting device of the present invention in the form of a fairway wood golf club head. 図25のヘッドの上面図である。 It is a top view of the head of Figure 25. 図26の26A-26A線に沿った断面図である。 It is a sectional view taken along the 26A-26A line in Figure 26. 図25のヘッドの側面図である。 It is a side view of the head of Figure 25. 図25のヘッドの下面斜視図である。 It is a bottom perspective view of the head of Figure 25. 図25のヘッドのフェースの背面図である。 It is a rear view of the face of the head of Figure 25. 図25の30-30線に沿った断面図である。 It is a sectional view taken along the 30-30 line in FIG. 25. 図25の31-31線に沿った断面図である。 It is a sectional view taken along the 31-31 line in FIG. 25. アイアンタイプゴルフクラブヘッドの形態の本発明の局面の打球装置のヘッドの別の態様の正面図である。 It is a front view of another embodiment of the head of the aspect of the hitting device of the present invention in the form of iron-type golf club head. 図32の33-33線に沿った断面図である。 It is a sectional view taken along line 33-33 of Figure 32. 図32の34-34線に沿った断面図である。 It is a sectional view taken along line 34-34 of Figure 32. 図32のヘッドの背面図である。 It is a rear view of the head of Figure 32. 図32のヘッドの側面図である。 It is a side view of the head of Figure 32.

詳細な説明 本発明の様々な例示的構造に関する以下の説明においては、本明細書の一部を形成し、本発明の局面を実施することができる様々な例示的装置、システムおよび環境が実例として示されている添付図面を参照する。 In the following description of various example structures detailed description present invention, which form a part hereof, various exemplary apparatus capable of implementing aspects of the present invention, the system and environment Illustratively Referring to the accompanying drawings shown. 本発明の範囲を逸脱することなく、パーツ、例示的装置、システムおよび環境の他の具体的配設を利用することができ、構造的および機能的変更を加えることができることが理解されよう。 Without departing from the scope of the present invention, parts, exemplary apparatus, it is possible to use another specific arrangement of systems and environments, it will be understood that it is possible to add structural and functional changes. また、本明細書においては、本発明の様々な例示的特徴および要素を説明するために「上」、「下」、「前」、「後」、「側方」、「後方」、「一次」、「二次」などの語が使用されることがあるが、これらの語は、本明細書中、たとえば図に示す例示的向きまたは通常の使用における向きに基づいて便宜上使用される。 In the present specification, "upper" to describe various exemplary features and elements of the present invention, "lower", "front", "rear", "side", "rear", "primary "sometimes words such as" secondary "are used, these terms are used herein for convenience is used based on the orientation in the exemplary orientation or normal use shown in FIG example. さらには、本明細書において使用される語「複数の」は、択一的なまたは連続した、1を超える、必要ならば無限数までの任意の数を示す。 Furthermore, words used herein, "plurality", alternative or continuous, more than 1, represents any number up to an infinite number if necessary. 本明細書におけるいかなる記載も、本発明の範囲に入るために構造の特定の三次元的向きを要するものと解釈されるべきではない。 Nothing herein should not be construed as requiring a specific three dimensional orientation of structures in order to fall within the scope of the present invention. また、読者は、添付図面が必ずしも原寸に比例して描かれてはいないことに留意されたい。 In addition, the reader is, it should be noted that the accompanying drawings are not necessarily drawn to scale.

本明細書においては以下の用語が使用されるが、特に断りない限り、または文脈から明らかでない限り、これらの用語は、以下に提供する意味を有する。 In this specification the following terms are used, unless otherwise specified, or unless it is obvious from the context, these terms have the meanings provided below.

「打球装置」とは、ボールまたは他の類似物体(たとえばホッケーのパック)を打つように構築され、設計された任意の装置をいう。 The "ball hitting device", is constructed to hit the ball or other similar objects (e.g. hockey puck in) refers to any device designed. 以下さらに詳細に説明する「打球ヘッド」を総称的に包含することに加えて、「打球装置」の例は、ゴルフクラブ、パター、クロケットのマレット、ポロのマレット、野球またはソフトボールのバット、クリケットのバット、テニスラケット、バドミントンラケット、フィールドホッケーのスティック、アイスホッケーのスティックなどを含むが、これらに限定されない。 In addition to generically include "hitting head" which will be described in more detail below, an example of "the hitting device", golf clubs, putters, croquet mallets, polo mallets, baseball or softball bat, cricket bat, tennis racket, badminton rackets, field hockey sticks, including, such as ice hockey stick, but are not limited to these.

「打球ヘッド」とは、「打球装置」のうち、使用中にボール(または他の物体)と接触するように設計された打球装置の部分を含む、またはそれに隣接する(場合によってはそれを包囲する)部分をいう。 The "hitting head", of "hitting device" includes a portion of the ball striking device designed to contact the ball (or other object) in use, or adjacent to (surrounding it in some cases to) refers to a portion. いくつかの例、たとえば多くのゴルフクラブおよびパターにおいて、打球ヘッドは、任意のシャフトまたはハンドル部材から切り離され、独立した実体であってもよいし、何らかのやり方でシャフトまたはハンドルに取り付けられてもよい。 Some examples, for example, in many golf clubs and putters, the ball striking head, disconnected from any shaft or handle member may be a separate entity, it may be attached to the shaft or handle in some manner .

用語「シャフト」は、打球装置のうち、打球装置のスイング時にユーザが保持する部分(あるならば)を含む。 The term "shaft", of the ball striking device includes a portion (if any) that the user holds during a swing of a ball device.

「一体接合技術」とは、接着剤接合、セメント付け、溶接、ろう付け、はんだ付けなどの不可逆的接合技術をはじめとするが、これらに限定されない、二つのピースをそれらが事実上一つの一体化されたピースになるように接合するための技術をいう。 By "integral bonding technology", adhesive bonding, cementing, welding, brazing, but including irreversible joining techniques such as soldering, but are not limited to, integrally on one of the two pieces thereof facts It refers to a technique for joining to be of been pieces. 「一体接合技術」によって作製される多くの結合において、接合されたピースの分離は、構造的損傷を加えない限り達成することができない。 In many bonds made by "integral bonding technology", separation of the bonded pieces can not be achieved unless the added structural damage.

「横向き」とは、垂直またはほぼ垂直な交差に限定されず、広くは、多様な斜角の交差を指す。 By "lateral" is not limited vertical or nearly vertical cross broadly refers to cross various oblique angles.

「約」は、言明された名目値に対する±10%の変動または誤差を包含する。 "About" includes the variation or error of ± 10% with respect to the stated the nominal value.

「概して一定の厚さ」は、当該区域全体にわたる平均厚さに対する±5%の変動または誤差を包含する。 "Generally constant thickness" includes the variation or error of ± 5% relative to the average thickness across the area.

「環状」とは環様の形状を指すが、任意の特定の形状または外形、たとえば円形、楕円形などを含意することはない。 Refers to ring-like shape is a "cyclic", any particular shape or contour, for example, not to imply a circular, oval and the like.

本明細書に記載される打球面に関して使用されるときの用語「厚さ」または「フェース厚」とは、フェースの打球面と内面との間の差を指す。 The term "thickness" or "face thickness" when used with respect to the ball striking face, as described herein, refers to the difference between the striking surface and the inner surface of the face. 厚さとは、一般にそれぞれフェースの内面または外面の一地点とフェースの外面または内面の最も近い地点との間の距離のことであり、当該地点において内面または外面と垂直に測定可能である。 The thickness generally is in each possible distance between the nearest point of a point and the face of the external or internal surface of the inner or outer surface of the face can be measured perpendicular to the inner or outer surface in the point.

概して、本発明の局面は、打球装置、たとえばゴルフクラブヘッド、ゴルフクラブ、パターヘッド、パターなどに関する。 Generally, aspects of the present invention, the ball striking device, e.g., a golf club head, a golf club, the putter head, a like pattern. 本発明の少なくともいくつかの例のそのような打球装置は、打球ヘッドおよび打球面を含むことができる。 Such hitting device according to at least some examples of this invention may include a ball striking head and the ball striking face. ゴルフクラブの場合、打球面は、打球ヘッドの一面上の実質的に平坦な面を構成することができるが、いくらかのカーブ(たとえば「バルジ」または「ロール」特性)が設けられることがある。 If the golf club, the ball striking surface, can constitute a substantially flat surface on one side of the ball head, is that some of the curve (e.g., "bulge" or "roll" characteristic) is provided. 本発明のいくつかのより具体的な局面は、ドライバ、フェアウェイウッドをはじめとするウッドタイプゴルフクラブおよびゴルフクラブヘッド、ハイブリッドタイプクラブ、アイアンタイプゴルフクラブなどに関するが、本発明の局面はまた、望むならば、他のタイプのゴルフクラブまたは他の打球装置で実施することもできる。 Some of the more specific aspects of the present invention, driver, wood-type golf clubs and golf club head including a fairway wood, hybrid-type club, relates, such as the iron type golf club, aspect of the present invention may also wish If, it can also be carried out with a golf club or other ball striking devices of other types.

本発明の様々な局面にしたがって、本発明を逸脱することなく、打球装置は、多様な材料、たとえば金属(金属合金を含む)、セラミックス、ポリマー、複合材、繊維強化複合材および木の一つまたは複数で形成されることができ、これらの装置は多様な構成のいずれかで形成されてもよい。 One accordance with various aspects without departing from the present invention, the hitting device, various materials, (including metal alloys) such as metals, ceramics, polymers, composites, fiber-reinforced composites and wood of the present invention or in can be formed, these devices may be formed in any of various configurations. 一つの態様において、ヘッドのいくつかまたはすべてのコンポーネントは、フェースおよびヘッドのボディの少なくとも一部分を含め、金属材料でできている。 In one embodiment, some or all of the components of the head, including at least a portion of the body of the face and head are made of a metallic material. ヘッドは、いくつかの異なる材料でできたコンポーネントを含んでもよいことが理解されよう。 Head, that several may include components made of different materials will be understood. さらには、コンポーネントは、様々な形成法によって形成されてもよい。 Furthermore, the component may be formed by various forming methods. たとえば、金属コンポーネント(たとえばチタン、アルミニウム、チタン合金、アルミニウム合金、(ステンレス鋼などの)鋼など)は、鍛造、成形、鋳造、プレス加工、機械加工および/または他の公知の技術によって形成されうる。 For example, the metal component (e.g. titanium, aluminum, titanium alloy, aluminum alloy, (such as stainless steel) steel, etc.), forging, molding, casting, pressing, may be formed by machining and / or other known techniques . 別の例において、複合コンポーネント、たとえば炭素繊維・ポリマー複合材は、多様な複合材加工技術、たとえばプリプレグ加工、パウダーベースの技術、型浸潤および/または他の公知の技術によって製造することができる。 In another example, composite components, such as carbon fiber-polymer composite may be prepared various composite materials processing technology, for example a prepreg processing, powder-based techniques, depending on the type invasion and / or other known techniques.

本出願における様々な図面が本発明の打球装置およびその部分の例を示す。 Various figures of the present application shows an example of a ball striking device and portions thereof of the present invention. 一つを超える図面で同じ参照番号が見られる場合、その参照番号は、本明細書および図面を通して同じまたは類似パーツを指すために一貫して使用される。 When the same reference number appears in the drawings more than one, that reference number is used consistently to refer to the same or similar parts throughout the specification and drawings.

本発明の打球装置の少なくともいくつかの例は、ドライバをはじめとするウッドタイプゴルフクラブ用のヘッドを含むゴルフクラブヘッド構造に関する。 At least some examples of ball striking devices of this invention relate to golf club head structure including a head for a wood type golf club including a driver. そのような装置は1ピース構成またはマルチピース構成を含みうる。 Such devices may include one-piece or multi-piece construction. 本発明の打球装置の例示的構造は、以下、図1〜8に関して詳細に説明され、参照番号「100」を使用して一般に参照される。 Exemplary structure of the hitting device of the present invention will hereinafter be described in detail with respect to FIGS. 1-8, are generally referred to using reference number "100".

図1〜5は、本発明の少なくともいくつかの例の、ゴルフドライバの形態の打球装置100の例を示す。 Figure 1-5, at least some examples of this invention, showing an example of a ball striking device 100 in the form of a golf driver. 打球装置100は、打球ヘッド102と、この打球ヘッド102に接続され、そこから延びるシャフト104とを含む。 Hitting device 100 includes a ball striking head 102, is connected to the hitting head 102, and a shaft 104 extending therefrom. 図1〜5の打球装置100の打球ヘッド102は、ボディ108に接続されたフェース112を有し、ボディからホーゼル109が延びている。 Hitting the head 102 of the ball striking device 100 of FIGS. 1-5 has a face 112 which is connected to the body 108, the hosel 109 extends from the body. 当技術分野において公知であり、使用されている従来のホーゼルまたは他のヘッド/シャフト相互接続構造、あるいは、調節可能、解放可能および/または交換可能なホーゼルまたは他のヘッド/シャフト相互接続構造、たとえば、いずれもその全体が参照により本明細書に組み入れられるBruce D. Burrows名義の2005年5月10日付の米国特許第6,890,269号、John Thomas Stitesら名義の2007年7月6日出願の米国特許出願公開第2009/0011848号、John Thomas Stitesら名義の2007年7月6日出願の米国特許出願公開第2009/0011849号、John Thomas Stitesら名義の2007年7月6日出願の米国特許出願公開第2009/0011850号およびJohn Thomas Stitesら名義の2007年8月28日出願の米国特許出願公開第2009/0062029号に示され、記載される相互接続構造をはじめとする、任意の所望のホーゼルおよび/またはヘッド Are known in the art, conventional hosel or other head / shaft interconnection structure is used or adjustable, releasable and / or replaceable hosel or other head / shaft interconnection structure, e.g. both US Pat. No. 6,890,269 dated may 10, 2005 of Bruce D. Burrows name, which is incorporated herein by reference in its entirety, the United States patent of July 6, 2007, filed of John Thomas Stites, et al name application Publication No. 2009/0011848, John Thomas Stites et al., US Patent application Publication No. 2009/0011849 on July 6, 2007, filed in the name, the first US patent application publication of the application on July 6, 2007 of John Thomas Stites, et al name 2009/0011850 and No. shown in US Patent application Publication No. 2009/0062029 of John Thomas Stites et al on August 28, 2007 in the name filed, including interconnection structures described, any desired hosel and / or head シャフト相互接続構造を、本発明を逸脱することなく使用することができる。 A shaft interconnecting structure may be used without departing from the present invention.

参照のために、ヘッド102は概して、上部116、下部またはソール118、ホーゼル109に近接するヒール120、ホーゼル109から遠いトウ122、前面124、および背面または後部126を有する。 For reference, the head 102 generally has a top 116, bottom or sole 118, a heel 120 proximate the hosel 109, far tow 122 from the hosel 109, front 124 and rear or rear 126,. ヘッド102の形状および設計は、装置100の所期の用途によって部分的に決まることもある。 The shape and design of the head 102 may also depend in part by the intended use of the device 100. 図1〜5に示すクラブ100において、クラブ100は、ボールを正確に遠くまで打つためのドライバまたはウッドタイプゴルフクラブとして使用するために設計されているため、ヘッド102は相対的に大きな体積を有する。 In club 100 shown in FIGS. 1-5, the club 100, since it is designed for use as a driver or wood-type golf club to hit the ball to the correct far, the head 102 has a relatively large volume . たとえば異なるタイプのゴルフクラブのための他の用途において、ヘッドは、異なる寸法および構成を有するように設計されてもよい。 For example, in different types of golf other applications for the club, the head may be designed to have different dimensions and configurations. ドライバとして構成される場合、クラブヘッドは、少なくとも400cc、いくつかの構造においては少なくとも450ccまたはさらに少なくとも460ccの体積を有しうる。 When configured as a driver, the club head is at least 400 cc, in some structures may have a volume of at least 450cc, or even at least 460cc. 他のクラブヘッドの場合の他の適切なサイズは当業者によって容易に決定しうる。 Other suitable sizes for other club heads may be readily determined by those skilled in the art.

図1〜5に示す態様において、ヘッド102は、内部キャビティ106を画定する中空構造(たとえば、フェース112およびボディ108によって画定される)を有する。 In the embodiment shown in FIGS. 1-5, the head 102 has a hollow structure defining an internal cavity 106 (e.g., defined by the face 112 and the body 108). したがって、ヘッド102は、その中に画定された複数の内面を有する。 Accordingly, the head 102 has a plurality of inner surfaces defined therein. 一つの態様において、中空の中心キャビティ106は空気で満たされてもよい。 In one embodiment, the hollow central cavity 106 may be filled with air. しかし、他の態様において、ヘッド102は、別の材料、たとえばフォームで満たされることもできる。 However, in other embodiments, the head 102 may be another material, for example, it can also be filled with foam. なおさらなる態様においては、ヘッドの固形材料が体積の比較的大きな割合を占めてもよく、ヘッドは、より小さなキャビティを有するか、または内部キャビティを全く有しないこともできる。 In still a further embodiment, the solid material of the head may be occupied by a relatively large proportion of the volume, the head may also have no more or having a small cavity or an interior cavity at all. いくつかの態様において、内部キャビティ106は完全には包囲されなくてもよいことが理解されよう。 In some embodiments, the internal cavity 106 is completely It will be appreciated that may not be enclosed.

フェース112は、ヘッド102の前面124に位置し、その上に位置する打球面110を有する。 Face 112 has a striking face 110 located on the front face 124 of the head 102, located thereon. 打球面110は、使用中にボールに対面するように構成され、たとえばスイングによって装置100が動かされたとき、ボールを打つように適合されている。 Striking face 110 is configured so as to face the ball during use, for example when the device 100 is moved by the swing, which is adapted to hit the ball. 図示するように、打球面110はフェース112の大部分を占める。 As shown, the ball striking surface 110 occupies most of the face 112. 参照のために、フェース頂縁113およびフェースヒール縁117に近いフェース112の部分を「ハイヒール区域」と呼び、フェース頂縁113およびフェーストウ縁119に近いフェース112の部分を「ハイトウ区域」と呼び、フェース底縁115およびフェースヒール縁117に近いフェース112の部分を「ロウヒール区域」と呼び、フェース底縁115およびフェーストウ縁119に近いフェース112の部分を「ロウトウ区域」と呼ぶ。 For reference, the portion of the face 112 near the face top edge 113 and the face heel edge 117 is referred to as "high heel zone", the portion of the face 112 near the face top edge 113 and the face toe edge 119 is referred to as "payout zone" the portion of the face 112 near the face bottom edge 115 and the face heel edge 117 is referred to as "Rouhiru zone", the portion of the face 112 near the face bottom edge 115 and the face toe edge 119 is referred to as "followers zone". 概念的に、これらの区域は、実質的に等しいサイズの四分円(および/またはフェース112の幾何学的中心から延びる四分円)と認識することができるが、必ずしも対称な寸法を有するわけではない。 Conceptually, these areas, which can recognize a quadrant of substantially equal size (quadrant extending from the geometric center and / or face 112), not necessarily having a symmetric dimensions is not. フェース112は、当技術分野において公知であり、一般的であるように、上下方向および/またはヒール−トウ方向にいくらかのカーブ(たとえばバルジおよびロール特性)を含みうる。 Face 112 are known in the art, as is common, vertical and / or heel - may include some of the curve (eg bulge and roll characteristics) in the toe direction. 他の態様においては、表面110がフェース112の異なる割合を占めることもできるし、またはボディ108が、その上に複数の打球面110を有することもできる。 In other embodiments, can either be surface 110 occupies a different proportion of the face 112 or body 108 and may have a plurality of the ball striking face 110 thereon. 図1〜8に示す態様において、打球面110はわずかに傾斜して(すなわちロフト角を有して)、打ったときにボール106にわずかなリフトおよび/またはスピンを加える。 In the embodiment shown in Figures 1-8, the ball striking face 110 is slightly inclined (i.e. a loft angle), applying the small lift and / or spin to the ball 106 when hit. 他の態様において、打球面110は、ボール106の弾道に影響するように異なる傾斜またはロフト角を有しうる。 In other embodiments, the ball striking surface 110 may have a different tilt or loft angle to affect the trajectory of the ball 106. さらには、いくつかの態様において、フェース112は一つまたは複数の内部もしくは外部インサートを有してもよい。 Further, in some embodiments, the face 112 may have one or more internal or external inserts.

フェース112、ボディ108および/またはホーゼル109は、単一のピースとして形成されることもできるし、または接合される別々のピースとして形成されることもできることが理解されよう。 Face 112, the body 108 and / or the hosel 109 can either be formed as a single piece, or it will be understood that may be formed as a joining separate pieces that are. 一つの態様において、フェース112は、たとえば図6〜8に示すようにカップフェース構造を有するフェース部材128から形成され、フェース内面111の縁127から壁125が横向きおよび後方に延びている。 In one embodiment, the face 112, for example formed from the face member 128 having a cup face structure as shown in Figures 6-8, the wall 125 from the edge 127 of the face inner surface 111 extends laterally and rearwardly. ボディ108は、溶接、セメント付けまたは接着剤接合などの一体接合技術によってカップフェースの壁125に接合された別々のピースとして形成されることができる。 Body 108, the welding may be formed as separate pieces joined to the wall 125 of the cup face by integral joining technique, such as cemented or adhesive bonding. 図1〜8に示す態様において、ボディ108は、フェース部材128の壁125に接続されかつフェース部材128から後方に延びるボディ部材129によって少なくとも部分的に形成される。 In the embodiment shown in Figures 1-8, the body 108 is at least partially formed from the wall 125 is connected to and face member 128 of the face member 128 by the body member 129 that extends rearward. これらのパーツを接合するための他の公知の技術を、解放可能な機械的係合技術などの多くの機械的接合技術を含め、同様に使用することもできる。 Other known techniques for joining these parts, including many mechanical joining techniques, such as releasably mechanical engagement techniques can also be used as well. 望むならば、ホーゼル109は、カップフェース部材128の一部として一体に形成されてもよい。 If desired, the hosel 109 may be integrally formed as part of the cup face member 128.

打球装置100は、図5に示すように、打球ヘッド102に接続または他のやり方で係合したシャフト104を含むことができる。 Hitting device 100, as shown in FIG. 5, may include a shaft 104 which is engaged by the connection or otherwise the hitting head 102. シャフト104は、打球装置100をスイングしてボール106を打つためにユーザによって把持されるように適合されている。 Shaft 104 swings hitting device 100 is adapted to be grasped by the user to hit the ball 106. シャフト104は、図5に示すように、かつ上記のように、たとえばホーゼル109に接続することによってヘッド102に接続された別個のピースとして形成されることができる。 Shaft 104 may be formed as shown in FIG. 5, and as described above, for example as a separate piece connected to the head 102 by connecting to the hosel 109. 他の態様においては、シャフト104の少なくとも一部分がヘッド102と一体のピースであってもよいし、および/またはヘッド102は、ホーゼル109を含まなくてもよいし、または内部ホーゼル構造を含んでもよい。 In another embodiment, to at least a portion of the shaft 104 may be a piece integral with the head 102, and / or head 102 may not include a hosel 109 or may contain an internal hosel structure . 本発明の範囲を逸脱することなく、なおさらなる態様が考えられる。 Without departing from the scope of the present invention still further aspect is considered. シャフト104は、金属、セラミックス、ポリマー、複合材または木を含む多様な材料の一つまたは複数から構築されうる。 Shaft 104 may be constructed of metal, ceramics, polymers, from one or more of a variety of materials including composite material or wood. いくつかの例示的態様において、シャフト104または少なくともその部分は、金属、たとえばステンレス鋼または複合材、たとえばカーボン/グラファイト繊維・ポリマー複合材で構築されうる。 In some exemplary embodiments, the shaft 104, or at least that portion may be constructed of metal, for example stainless steel or composite material, for example carbon / graphite fibers, polymer composites. しかし、本発明の範囲を逸脱することなく、シャフト104は、当技術分野において公知であり、使用されている従来の材料を含む様々な材料で構築されうる。 However, without departing from the scope of the present invention, the shaft 104 are known in the art, it may be constructed of a variety of materials including conventional materials used.

概して、打球装置100のヘッド102は一つまたは複数の肉厚フェース部分を有し、肉厚フェース部分は、フェース112の内面111から後方に延び、このフェースの内面111に一つまたは複数の突出部を創製する。 Generally, the head 102 of the ball striking device 100 has one or more thick face portion, thick face portion extends rearwardly from the inner surface 111 of the face 112, one or more projecting on the inner surface 111 of the face part to create a. 肉厚フェース部分は、フェース112の周囲区域または周囲部分に増大した剛性を与えることから、補剛部材を構成すると考えられうる。 Thick face portion, since provide rigidity was increased to ambient area or the peripheral portion of the face 112 can be considered to constitute stiffening members. 図1〜36は、異なって構成された肉厚部を有する異なったフェース構成を有する、打球装置200、300、400、500および打球面212、212'、312、412、512の様々な態様を示す。 Figure 1-36 has a different face configurations having a thick portion that is configured differently, the striking device 200, 300, 400, 500 and the ball striking face 212, 212 ', the various aspects of 312,412,512 show. これらの各構成を、図1〜5に示す打球装置100、またはそのさらなる例を、本明細書に示される本発明の範囲内の打球装置の様々な他の構成などの打球装置のフェース112として使用することができる。 These each constituent, hitting device 100 shown in FIG. 1-5 or a further example, as the face 112 of the ball striking device, such as a variety of other configurations of the hitting device within the scope of the invention set forth herein it can be used. したがって、以下に記載されるフェース112およびフェース212(以下参照)の共通の特徴は、図1〜8のフェース112を記述するために使用される参照番号と同様の参照番号によって、異なる系列(たとえば1xx、2xx、3xxなど)の参照番号を使用して参照される。 Therefore, the common features of the face 112 and the face 212 is described below (see below), by the reference number and like reference numbers used to describe the face 112 of FIGS. 1-8, different sequences (e.g. 1xx, 2xx, is referred to using the reference number of 3xx etc.).

本明細書に記載される様々な態様の肉厚部、またはそのような肉厚部の画定可能な部分は、細長い形状を有することができ、楕円形または半楕円形であっても、出張り部が複数あっても、概してピーナッツ形または腎臓形であってもよい。 The thick portion of the various aspects described herein or definable portion of such thick portion, may have an elongated shape, even elliptical or semi-elliptical, ledge even part is a plurality, it may be a generally peanut-shaped or kidney-shaped. 一つの態様において、肉厚部またはその画定可能な部分は、外縁が凸状外郭を有する二つの出張り部と、この出張り部の間で延びる接続部とを含む形状を画定する外縁を有し、接続部は、出張り部の外縁の間で延びる外縁によって画定され、接続部の外縁の少なくとも一方は凹状輪郭を有する。 In one embodiment, the thick portion or definable portions thereof, chromatic and two ledge outer edge has a convex contour, the outer edge defining a shape and a connection portion extending between the lugs portion and, the connection portion is defined by an outer edge extending between the outer edge of the lug, at least one of the outer edge of the connecting portion has a concave profile. 接続部の外縁の一方のみが凹形である場合、得られる形状は、腎臓形の肉厚部と呼ばれるものでありうる。 If only one of the outer edge of the connecting portion is concave, the resulting shape may be one which called the thick portion of the kidney. たとえば、図1〜8に示す肉厚部130は、少なくとも二つの画定可能な隆起区域136A〜Bおよび少なくとも二つの画定可能なテーパ部132B〜Cを含む、腎臓形を画定するまたは腎臓形によって画定されるいくつかの部分を有する。 For example, the thick portion 130 shown in FIG. 1-8, including at least two definable raised areas 136A~B and at least two definable tapered portion 132B~C, defined by or kidney-shaped defining a kidney-shaped It has several parts to be. 接続部の外縁の両方が凹形である場合、得られる形状は、ピーナッツ形の肉厚部と呼ばれるものでありうる。 If both of the outer edge of the connecting portion is concave, the resulting shape may be one which called the peanut-shaped thick portion. たとえば、図9〜36に示す肉厚部230、330、430、530はそれぞれ、少なくとも一つの画定可能な隆起区域236、336、436、536および少なくとも一つの画定可能なテーパ部232、332、432、532を含む、ピーナッツ形を画定するまたはピーナッツ形によって画定されるいくつかの部分を有する。 For example, each of the thick portions 230,330,430,530 shown in FIG. 9 to 36, at least one definable raised areas 236,336,436,536 and at least one definable tapered portion 232,332,432 , including 532 has several portions defined by defining a peanut or peanut. さらには、一つの態様において、肉厚部(またはその画定可能な部分)の形状は、軸に沿って細長いことがあり、接続区域によって接続された二つの拡大区域または拡大出張り部を有しうる。 Furthermore, in one embodiment, the shape of the thick portion (or definable portions thereof) may be elongated along the axis, has two enlarged areas or enlarged lobe connected by a connecting section sell. 拡大出張り部は、第一の軸に垂直な第二の軸に沿って測定される寸法をそれぞれ有し、この出張り部は、出張り部に比べて狭窄した接続区域よりも幅広い(すなわち、長軸に垂直なより大きい寸法を有する)。 Enlarged lug portion has a dimension measured along a second axis perpendicular to the first axis, respectively, the ledge portion is wider than constricted connection section than the ledge (i.e. , having a larger dimension perpendicular to the long axis). これらの性質の一つまたは複数を示す様々な態様を図1〜36に関して以下に説明する。 Various aspects indicating one or more of these properties will be described below with respect to FIG. 1 to 36.

図1〜8は、フェース112の内面111に肉厚部130を含むフェース112を有する打球ヘッド102の態様を示し、肉厚部130はフェース112の周囲区域よりも大きな厚さおよびフェース112の任意の他の部分よりも大きな厚さを有する。 Figure 1-8 shows the embodiment of the ball head 102 having a face 112 that includes a thick portion 130 on the inner surface 111 of the face 112, the thick portion 130 arbitrarily large thickness and face 112 than the surrounding areas of the face 112 It has a greater thickness than other parts of the. この態様において、肉厚部130は、概して一定の厚さを有する複数のプラトー区域131A〜D、および境界縁133、134の間で増大または減少するテーパ厚を有する複数のテーパ区域132A〜Cを含む、いくつかの異なる外形および水平面を有する。 In this embodiment, the thick portion 130 is generally a plurality of plateaus zones 131A~D having a constant thickness, and a plurality of tapered sections 132A~C having a tapered thickness that increases or decreases between the boundary edges 133, 134 including having several different contour and a horizontal plane. これらの様々な表面および厚さの特徴を以下にさらに詳細に説明し、図6Aにさらに詳細に示す。 The characteristics of these various surfaces and thicknesses described in more detail below, illustrates in more detail in Figure 6A. さらには、図1〜8の態様において、上記のように、フェース112は、カップフェース構造を有するフェース部材128から形成され、フェース内面111の縁127から壁125が後方に延びている。 Further, in the embodiment of FIG. 1-8, as described above, the face 112 is formed from the face member 128 having a cup face structure, wall 125 extends rearwardly from the edge 127 of the face inner surface 111. この態様において、ボディ108は、一つまたは複数のボディ部材129をフェース部材128の壁125に接続することによって形成される。 In this embodiment, the body 108 is formed by connecting one or more of the body members 129 in the wall 125 of the face member 128. 他の態様において、フェース112は、図9〜14の態様に類似したフェースプレート、または図15〜31の態様に類似したL字形もしくは逆L字形のフェース部材によって形成されうる。 In other embodiments, the face 112 may be formed by a face member of L-shaped or reverse L-shape similar to aspects of the faceplate or Figure 15 to 31, similar to the embodiment of FIG. 9-14.

図1〜8のフェース112の肉厚部130は第一の隆起区域136Aを含み、第一の隆起区域は、第一の隆起区域136Aを画定する上部または内部の縁または境界133と下部または外部の縁または境界134とを有する環状テーパ区域132Bによって完全に境界づけられ、画定されると考えられうる。 The thick portion 130 of the face 112 of FIGS. 1-8 comprises a first raised zone 136A, the first raised areas, the upper or internal edge or boundary 133 and a lower or external defining a first raised areas 136A completely bounded by the edge or annular tapered section 132B and a boundary 134, it may be considered to be defined. このテーパ区域132Bおよび環状であると本明細書に記載されるすべてのテーパ区域について、そのような区域の境界または縁133、134も環状であることが理解されよう。 For all of the tapered region as described herein this is tapered sections 132B and cyclic, boundaries or edges 133, 134 of such a zone will also be appreciated that annular. テーパ区域132Bの厚さは内縁133から外縁134まで減少する。 The thickness of the tapered section 132B decreases from the inner edge 133 to the outer edge 134. このテーパ区域132Bおよび本明細書に記載される他のテーパ区域の先細りの程度は一定(すなわち直線状)でもよく、曲線状でもよく、かつ/または規則的な数学的関係に従ってもよく(すなわち放物線状、双曲線状、半円形、半楕円形)、即時的でもよく(たとえば90°低下)、不規則でもよく、異なるパターンに従ってもよい。 The degree of tapering of the tapered section 132B and another tapered region as described herein may also constant (i.e. linear), even better (i.e. parabolic accordance with well be curved, and / or regular mathematical relationships Jo, hyperbolic, semi-circular, semi-elliptical), may be the immediate (e.g. 90 ° drop), may be irregular, or according to different patterns. さらには、このテーパ区域132Bまたは本明細書に記載される任意の他のテーパ区域の先細りの程度は、テーパ区域132B全体にわたって同じでもよく、異なる場所において異なってもよい。 Furthermore, the degree of tapering of any other tapered area described in this tapered area 132B or the specification may be the same throughout the tapered region 132B, may be different in different locations. さらには、このテーパ区域132Bおよび本明細書に記載される他のテーパ区域の先細りは、画定された縁または境界133、134の間で連続的である。 Further, tapering of another tapered area described in this tapered area 132B and herein is continuous between the edge or boundary 133 defined. 図6〜8に示す態様において、テーパ区域132Bは概して曲線状の先細りを示し、先細りの程度はテーパ区域132Bの異なる場所において変動する。 In the embodiment shown in Figures 6-8, the tapered section 132B generally indicates a curved tapering, the degree of tapering varies at different locations of the taper section 132B. フェース112はテーパ区域132Bの外縁134において概して一定の厚さを有し、内縁133付近のフェース112の厚さは変動する。 Face 112 has a generally constant thickness at the outer edge 134 of the tapered section 132B, the thickness of the face 112 near the inner edge 133 varies.

一つの態様において、環状テーパ区域132Bの、内縁133および外縁134の少なくとも一方は、外縁137Aが凸形外郭を有する第一の出張り部137と、外縁137Bが凸形外郭を有する第二の出張り部137と、出張り部137の間で延びる接続部138とを含む形状の外縁を画定し、接続部138は、第一および第二の出張り部137の外縁137A〜Bの間で延びる外縁138A〜Bによって画定され、接続部138の外縁138A〜Bの少なくとも一方は凹状輪郭を有する。 In one embodiment, the annular tapered section 132B, at least one of the inner 133 and outer edge 134, a first ledge 137 which outer edge 137A has a convex outer, second out of the outer edge 137B has a convex outer defining a tension section 137, the outer edge of the shape and a connection portion 138 extending between ledge 137, connecting portion 138 extends between the outer edge 137A~B of the first and second ledge 137 defined by the outer edge 138A~B, at least one of the outer edge 138A~B connecting portion 138 has a concave contour. 図6〜8に示す態様において、テーパ区域132Bの内縁133および外縁134はいずれも腎臓形を画定し、接続部138の上縁138Aは凹状輪郭を有し、接続部138の下縁138Bは凸状輪郭を有する。 In the embodiment shown in Figures 6-8, both the inner edge 133 and outer edge 134 of the tapered section 132B defines a kidney-shaped, the upper edge 138A of the connecting portion 138 has a concave contour, the lower edge 138B of the connecting portion 138 is convex having Jo contour. 別の態様において、上縁および/または下縁138A〜Bは、凹形輪郭を有する少なくとも一つの部分を有することができ、一つまたは複数の凸形部分を同様に含むことができる。 In another embodiment, the upper edge and / or lower edge 138A~B may have at least one portion having a recessed profile may include similarly one or more convex portions.

第一の隆起区域136Aは、多層的であり、最大フェース厚を有する概して長方形または四辺形のプラトー区域131Aと、第一のプラトー区域131Aの側面の第二および第三の半楕円形のプラトー区域131B、Cとを含む。 First raised areas 136A is multi-layered, generally the plateau region 131A of rectangular or quadrilateral, second and third plateau region of the semi-elliptical side surface of the first plateau zone 131A having a maximum face thickness 131B, and a C. 第二および第三のプラトー区域131B、Cは、第一のプラトー区域131Aよりも小さなフェース厚を有し、二つの実質的に長方形または四辺形のテーパ区域132Aは、第一のプラトー区域131Aから第二および第三のプラトー区域131B、Cまで延びる。 Second and third plateau zone 131B, C has a small face thickness than the first plateau region 131A, the tapered section 132A of the two substantially rectangular or quadrilateral from the first plateau region 131A second and third plateau zone 131B, extends to C. この態様において、第一の隆起区域136A内のすべての地点におけるフェース厚は、フェース112上の任意の他の場所におけるフェース厚よりも大きい。 In this embodiment, face thickness at all points of the first raised section in 136A is greater than the face thickness at any other location on the face 112. 第一の隆起区域136Aは環状テーパ区域132Bの内縁133によって画定され、環状テーパ区域132Bの内縁133は第一の隆起区域136Aの周縁を形成する。 First raised areas 136A is defined by the inner edge 133 of the annular tapered section 132B, the inner edge 133 of the annular tapered section 132B forms the periphery of the first raised areas 136A. その結果、第一の隆起区域136Aの外縁によって画定される形状は、上記のような環状テーパ区域132Bの内縁133によって画定される形状と同じである。 As a result, the shape defined by the outer edges of the first raised section 136A is the same as the shape defined by an annular tapered section 132B of the inner edge 133 as described above. 他の態様において、環状テーパ区域132Bによって画定される形状に関する上記のいずれかの潜在的な変形を第一の隆起区域136Aの形状に組み込むことができることが理解されよう。 In other embodiments, it will be understood that it is possible to incorporate a potential deformation of any of the above related shape defined by an annular tapered section 132B to the shape of the first raised areas 136A. さらには、第一の隆起区域136Aおよび環状テーパ区域132Bが一緒になって、フェース112の周囲区域よりも大きなフェース厚を有しかつ上記のような腎臓形を画定する外縁を有する隆起区域を形成すると考えられうることが理解されよう。 Furthermore, it forms a raised area with an outer edge defining a first raised areas 136A and annular tapered section 132B together, the kidney-shaped as and above has a face thickness greater than the surrounding areas of the face 112 Then it can be considered will be appreciated.

図1〜8のフェース112の肉厚部130は、環状でありかつ環状テーパ区域132Bの外縁134を囲って延びる第四のプラトー区域131Dも含む。 The thick portion 130 of the face 112 of FIGS. 1-8 also includes a fourth plateau area 131D extending surrounds the outer edge 134 of the annular and is and cyclic tapered section 132B. 第四のプラトー区域131Dは、第一、第二または第三のプラトー区域131A〜Cの厚さよりも小さなフェース厚を有する。 Fourth plateau zone 131D has a small face thickness than the thickness of the first, second or third plateau zone 131A~C. 第四のプラトー区域131Dは第二の環状テーパ区域132Cによって包囲および画定され、第二の環状テーパ区域は、第四のプラトー区域131Dの外縁を形成および画定する内縁133、および外縁134を有し、第二の環状テーパ区域132Cは、内縁133から外縁134まで厚さが減少するように先細り状になる。 Fourth plateau region 131D is surrounded and defined by a second annular tapered section 132C, a second annular tapered zone has inner edge 133, and an outer edge 134 which forms and defines an outer edge of the fourth plateau zone 131D a second annular tapered section 132C will tapered so that the thickness from the inner edge 133 to the outer edge 134 is reduced. 第二の環状テーパ区域132Cは、外縁134において、フェース112の縁113、115、117、119に延びる周辺区域135によって包囲される。 The second annular tapered section 132C is at the outer edge 134 is surrounded by a peripheral zone 135 which extends to the edge 113,115,117,119 of the face 112. 周辺区域135は概して一定の厚さまたは変動しうる厚さを有することができ、周辺区域135の少なくとも一部分はフェース112全体のうち最小または最低のフェース厚を有する。 Peripheral zone 135 may have a generally constant thickness or thickness which can vary, at least a portion of the peripheral zone 135 has a face thickness minimum or lowest of the entire face 112.

一つの態様において、第二の環状テーパ区域132Cの内縁133および外縁134の少なくとも一方は、外縁137Aが凸形外郭を有する第一の出張り部137、外縁137Bが凸形外郭を有する第二の出張り部137、および出張り部137の間で延びる接続部138を含む形状の外縁を画定し、接続部138は、第一および第二の出張り部137の外縁137A〜Bの間で延びる外縁138A〜Bによって画定され、接続部138の外縁138A〜Bの少なくとも一方は凹状輪郭を有する。 In one embodiment, at least one of the second annular tapered section 132C of inner 133 and outer edge 134, a first ledge 137 which outer edge 137A has a convex outer, second outer edge 137B has a convex outer ledge 137, and defines an outer edge of the shape including the connection portion 138 extending between ledge portion 137, connecting portion 138 extends between the outer edge 137A~B of the first and second ledge 137 defined by the outer edge 138A~B, at least one of the outer edge 138A~B connecting portion 138 has a concave contour. 図6〜8に示す態様において、第二の環状テーパ区域132Cの内縁133は腎臓形を画定し、接続部138の上縁138Aは凹状輪郭を有し、接続部138の下縁138Bは凸状輪郭を有する。 In the embodiment shown in Figures 6-8, the inner edge 133 of the second annular tapered section 132C defines a kidney-shaped, the upper edge 138A of the connecting portion 138 has a concave contour, the lower edge 138B of the connecting portion 138 is convex It has a profile. 上記のように、第四のプラトー区域131Dは、環状テーパ区域132Bの外縁134によって形成される内縁と、第二の環状テーパ区域132Cの内縁133によって形成される外縁とを有する。 As described above, the fourth plateau region 131D has an outer edge which is formed with an inner edge formed by the outer edge 134 of the annular tapered section 132B, the second annular tapered section 132C of the inner edge 133. その結果、第四のプラトー区域131Dの内部周縁および外部周縁は、上記のような腎臓形を形成する。 As a result, internal peripheral and external peripheral edge of the fourth plateau zone 131D forms a kidney-shaped as described above. さらには、第二の環状テーパ区域132Cの内縁133は、第四のプラトー区域131D、環状テーパ区域132B、および第一の隆起区域136A全体を含む第二の隆起区域136Bを画定すると考えられうる。 Further, the inner edge 133 of the second annular tapered section 132C can be considered to define a fourth plateau areas 131D, annular tapered section 132B, and a second raised areas 136B including first the entire raised area 136A. 第二の隆起区域136B内のすべての地点は、フェース112の任意の周囲地点よりも大きなフェース厚を有する。 All points in the second raised areas 136B has a face thickness greater than any of the surrounding points of the face 112. 第二の環状テーパ区域132Cの内縁133が第二の隆起区域136Bの外縁を形成することから、第二の隆起区域136Bも上記のような腎臓形を有すると考えられうる。 Since the second annular tapered section 132C of the inner edge 133 forms the outer edge of the second raised areas 136B, may the second raised areas 136B also considered to have a kidney-shaped as described above.

さらには、図1〜8に示す態様において、隆起区域136A〜Bの形状を含む、環状テーパ区域132B〜Cの縁133、134によって画定される形状は、長軸(たとえば図6においては概して水平)に沿って細長い。 Further, in the embodiment shown in FIGS. 1-8, including the shape of the raised areas 136A~B, shape defined by the edges 133 and 134 of the annular tapered section 132B~C is the major axis (e.g. generally horizontal in FIG. 6 elongated along the). 一つの態様において、出張り部137は、長軸に垂直な第二の軸(たとえば図6においては概して鉛直)に沿って測定される寸法をそれぞれ有し、出張り部137は、出張り部137に比べて狭窄しうる接続区域138よりも大きな、長軸に垂直な寸法を有しうる。 In one embodiment, the lobes 137 has a dimension measured along the (typically vertical in example 6) second axis perpendicular to the long axis, respectively, lobes 137, ledge larger than the connection area 138 which can be constricted in comparison with 137, can have a dimension perpendicular to the long axis.

図1〜8に示すフェース112の一つの態様において、第一の突起区域136Aは総面積約249mm 2を有し、第一のプラトー区域131Aは面積約62mm 2を有し、第二のプラトー区域131Bは面積約48mm 2を有し、第三のプラトー区域131Cは面積約64mm 2を有し、長方形のテーパ区域132Aはそれぞれ面積約36〜37mm 2を有する。 In one embodiment of the face 112 shown in FIGS. 1-8, the first projection section 136A has a total area of about 249mm 2, the first plateau region 131A has an area of about 62 mm 2, the second plateau region 131B has an area of about 48 mm 2, the third plateau region 131C has an area of about 64 mm 2, respectively rectangle tapered section 132A having an area of about 36~37mm 2. この態様において、第二の突起区域136Bは総面積約768mm 2を有し、第四のプラトー区域131Dは面積約124mm 2をさらに有し、環状テーパ区域132Bは面積約395mm 2をさらに有する。 In this embodiment, the second projection area 136B has a total area of about 768mm 2, the fourth plateau zone 131D further has an area of about 124 mm 2, an annular tapered section 132B further has an area of about 395mm 2. さらには、この態様において、第二の環状テーパ区域132Cは面積約2172mm 2を有し、周囲区域135は面積約1373mm 2を有し、フェース112の内面111は合計で面積約4313mm 2を有する。 Further, in this embodiment, the second annular tapered section 132C has an area of about 2172Mm 2, surrounding area 135 has an area of about 1373Mm 2, the inner surface 111 of the face 112 has an area of about 4313Mm 2 in total. さらには、図1〜8に示すフェース112の一つの態様において、第一のプラトー区域131Aは概して一定の厚さ約3.63mmを有し、第二のプラトー区域131Bは概して一定の厚さ約3.53mmを有し、第三のプラトー区域131Cは概して一定の厚さ約3.38mmを有し、第四のプラトー区域131Dは概して一定の厚さ約3.30mmを有し、周辺区域は概して一定の厚さ約2.08mmを有する。 Furthermore, in one embodiment of the face 112 shown in FIGS. 1-8, the first plateau region 131A has a generally constant thickness about 3.63 mm, the second plateau region 131B approximately generally constant thickness 3.53 has a mm, the third plateau region 131C has a generally constant thickness about 3.38 mm, the fourth plateau zone 131D has a generally constant thickness about 3.30 mm, the peripheral zone generally constant thickness having about 2.08mm is. プラトー区域131A〜Dおよび/または周辺区域135が概して一定の厚さを有さない代替態様において、第一のプラトー区域131Aの最大厚さは約3.63mmであり、周辺区域135の最小厚さは約2.08mmである。 In an alternative embodiment plateau zones 131A~D and / or peripheral zone 135 does not generally have a constant thickness, the maximum thickness of the first plateau region 131A is about 3.63 mm, the minimum thickness of the peripheral zone 135 it is about 2.08mm. 一つの態様において、フェース112のこれら様々な部分の厚さを、厚さの相対差が同じかまたはほぼ同じであるように維持しながら、その割合でまたは絶対差として増大または減少させることができることが理解されよう。 In one embodiment, the thickness of various portions of the face 112, while maintaining as the relative difference in thickness is approximately or equal the same, it is possible to increase or decrease its rate or as an absolute difference There will be appreciated.

他の態様において、プラトー区域131A〜D、テーパ区域132A〜C、隆起区域136A〜Bおよび/または周囲区域135のいずれかが、異なる形状、向きおよび/または厚さプロファイルを有しうることが理解されよう。 In other embodiments, understood that plateau zone 131A~D, tapered zone 132A~C, either raised areas 136A~B and / or the surrounding area 135, which may have different shapes, orientation and / or thickness profile it will be. たとえば、他の態様において、特徴は、向きが異なりうる腎臓形、たとえば、接続部138の下縁138Bが凹形でありかつ上縁138Aが凸形であるように当初の向きから180°回転しうる腎臓形を有することができ、あるいは、環状テーパ部132B〜Cは、異なる形状、たとえば、他の態様に関して以下に記載されるようなピーナッツ形や、円形、楕円形またはオブラウンド形などを画定することができる。 For example, in other embodiments, features, kidney-shaped, which can vary the direction, for example, the lower edge 138B of the connecting part 138 is rotated 180 ° from the initial orientation to a concave and the upper edge 138A is convex ur may have a kidney-shaped, or annular tapered portion 132B~C are different shapes, defining for example, peanut and as described below with respect to other embodiments, circular, elliptical or obround shape, etc. can do.

図9〜14は、フェース212の内面211に肉厚部230を含むフェース212を有するゴルフドライバの形態の打球ヘッド202の別の態様を示し、肉厚部はフェース212の内面211に突出部を創製するように内向きに延びる。 9-14 shows another embodiment of a golf driver in the form of a ball head 202 having a face 212 that includes a thick portion 230 on the inner surface 211 of the face 212, the thick portion is a protrusion on the inner surface 211 of the face 212 extending inwardly to create. 肉厚部230は、フェース212の周囲区域よりも大きな厚さ、およびフェース212の任意の他の部分よりも大きな厚さを有する。 Thick portion 230 has a large thickness than the surrounding areas of the face 212, and have any thickness greater than other portions of the face 212. 図9〜14に示す打球装置200およびフェース212の態様は、図1〜8に関する上記の態様の特徴と同様の特徴を含み、図9〜14の態様における同様のコンポーネントは、「2xx」系列の参照番号を使用して同様に参照される。 Aspects of the ball striking device 200 and the face 212 shown in FIG. 9-14, it includes features similar to features of the above aspects relating to FIGS. 1-8, the same components in the embodiment of FIG. 9-14, the "2xx" series It is similarly referenced using reference numbers. 既に上記で説明した図9〜14の態様のいくつかの特徴の説明を簡潔さのために減らすかまたは省くことがあることが理解されよう。 Already it will be understood that there is reduced or eliminated that for some explaining brevity of the features of the embodiment of FIG. 9 to 14 described above.

一つの態様において、肉厚部230は、概して一定の厚さを有する少なくとも一つのプラトー区域231と、境界縁233、234の間で増大または減少するテーパ厚を有する少なくとも一つのテーパ区域232とを有する。 In one embodiment, the thick portion 230 includes at least one plateau region 231 generally has a constant thickness, and at least one tapered region 232 having a tapered thickness that increases or decreases between the boundary edges 233, 234 a. 図9〜14に示す態様において、肉厚部230は単一のプラトー区域231を含み、プラトー区域は、プラトー区域231の外縁を画定する上部または内部の縁または境界233と下部または外部の縁または境界234とを有する環状テーパ区域232によって完全に境界づけられ、画定される。 In the embodiment shown in FIG. 9-14, the thick portion 230 includes a single plateau region 231, the plateau area, the upper or internal edge or boundary 233 and a lower or external defining the outer edge of the plateau region 231 rim or completely bounded by the annular tapered section 232 and a boundary 234 is defined. プラトー区域231は、フェース212全体の最大フェース厚である概して一定の厚さを有する。 Plateau region 231 has a generally constant thickness is the largest face thickness of the entire face 212. テーパ区域232の厚さは内縁233から外縁234まで減少する。 The thickness of the tapered section 232 decreases from the inner edge 233 to the outer edge 234. 図9〜14に示す態様において、テーパ区域232は概して曲線状の先細りを有する。 In the embodiment shown in FIG. 9-14, the tapered section 232 has a generally curved tapered. フェース212はテーパ区域232の外縁234において概して一定の厚さを有し、テーパ区域232を包囲する周囲区域235は概して一定の厚さを有する。 Face 212 has a generally constant thickness at the outer edge 234 of the tapered section 232 has a peripheral zone 235 generally constant thickness surrounding the tapered section 232.

一つの態様において、環状テーパ区域232の内縁233および外縁234の少なくとも一方は、外縁237Aが凸形外郭を有する第一の出張り部237、外縁237Bが凸形外郭を有する第二の出張り部237、および出張り部237の間で延びる接続部238を含む形状の外縁を画定し、接続部238は、第一および第二の出張り部237の外縁237A〜Bの間で延びる外縁238A〜Bによって画定され、接続部238の外縁238A〜Bの少なくとも一方は凹状輪郭を有する。 In one embodiment, at least one of the inner edge 233 and outer edge 234 of the annular tapered section 232, the first ledge 237 outer edge 237A has a convex outer, second ledge outer edge 237B has a convex outer 237, and defines an outer edge of the shape including the connection portion 238 extending between ledge portion 237, connecting portion 238, an outer edge extending between the outer edge 237A~B of the first and second ledge 237 238A~ is defined by B, at least one of the outer edge 238A~B connecting portion 238 has a concave contour. 図9〜14に示す態様において、テーパ区域232の内縁233および外縁234はいずれもピーナッツ形を画定し、接続部238の上縁および下縁238A〜Bは凹状輪郭を有する。 In the embodiment shown in FIG. 9 to 14, both the inner edge 233 and outer edge 234 of the tapered section 232 defines a peanut, upper and lower edges 238A~B connecting portion 238 has a concave contour. テーパ区域232の内縁233がプラトー区域231の外縁を形成することから、プラトー区域231の外縁も上記のようなピーナッツ形を画定する。 Since the inner edge 233 of the tapered section 232 to form an outer edge of the plateau region 231, the outer edge of the plateau region 231 also defines a peanut shape as described above. さらには、テーパ区域232の内縁233および外縁234のいずれかまたは両方が、フェースの周囲区域よりも大きなフェース厚を有しかつ上記のようなピーナッツ形を画定する外縁を有する隆起区域236を画定すると考えられうる。 Further, when either or both of the inner 233 and outer edge 234 of the tapered section 232 defines a raised area 236 having an outer edge defining a peanut shape as and above have a large face thickness than the surrounding areas of the face It can be considered.

さらには、図9〜14に示す態様において、プラトー区域231および隆起区域236の形状を含む、テーパ区域232の縁233、234によって画定される形状は、長軸(たとえば図9においては概して水平)に沿って細長い。 Further, in the embodiment shown in FIG. 9-14, including the shape of the plateau regions 231 and raised areas 236, shape defined by the edges 233 and 234 of the tapered section 232, the major axis (e.g. generally horizontal in FIG. 9) elongated along the. この態様において、出張り部237は、長軸に垂直な第二の軸(たとえば図9においては概して鉛直)に沿って測定される寸法をそれぞれ有し、出張り部237は、出張り部237に比べて狭窄した接続区域238よりも大きな、長軸に垂直な寸法を有する。 In this embodiment, ledge portion 237 has a dimension measured along the (typically vertical in example 9) the second axis perpendicular to the long axis, respectively, lobes 237, lobes 237 having a vertical dimension larger, the long axis than the connection region 238 which is constricted in comparison with.

図9〜14に示すフェース212の一つの態様において、フェースプレート228の内面211は総面積約3235mm 2を有し、プラトー区域231は面積約814mm 2を有し、テーパ区域231は面積約884mm 2を有し、周辺区域235は面積約1537mm 2を有する。 In one embodiment of the face 212 shown in FIG. 9-14, the inner surface 211 of the face plate 228 has a total area of about 3235Mm 2, plateau zone 231 has an area of about 814mm 2, tapered section 231 is an area of about 884mm 2 It has a peripheral zone 235 has an area of about 1537mm 2. さらには、図9〜14に示すフェース212の一つの態様において、プラトー区域231は概して一定の厚さ約3.3mmを有し、周辺区域235は概して一定の厚さ約2.7mmを有する。 Furthermore, in one embodiment of the face 212 shown in FIG. 9-14, the plateau region 231 has a generally constant thickness about 3.3 mm, the peripheral zone 235 has a generally constant thickness of about 2.7 mm. プラトー区域231および/または周辺区域が概して一定の厚さを有さない代替態様において、プラトー区域231の最大厚さは約3.3mmであり、周辺区域235の最小厚さは約2.7mmである。 In an alternative embodiment plateau regions 231 and / or peripheral zone does not generally have a constant thickness, the maximum thickness of the plateau region 231 is about 3.3 mm, the minimum thickness of the peripheral zone 235 is about 2.7 mm. 一つの態様において、フェース212のこれら様々な部分の厚さを、厚さの相対差が同じかまたはほぼ同じであるように維持しながら、その割合でまたは絶対差として増大または減少させることができることが理解されよう。 In one embodiment, the thickness of various portions of the face 212, while maintaining as the relative difference in thickness is approximately or equal the same, it is possible to increase or decrease its rate or as an absolute difference There will be appreciated.

図9〜14に示す態様において、フェース212はフェースプレート228によって形成され、ボディは、フェースプレート228に接続されかつフェースプレート228から後方に延びるボディ部材229(または複数のボディ部材)によって少なくとも部分的に形成される。 In the embodiment shown in FIG. 9-14, the face 212 is formed by the face plate 228, the body, at least in part by the body member 229 extending rearwardly from the connected and the face plate 228 to the face plate 228 (or more body member) It is formed on. フェースプレート228は、フェース212の周縁213、215、217、219に対応する周縁によって画定されうる。 Face plate 228 may be defined by a peripheral edge corresponding to the rim 213,215,217,219 face 212. 他の態様において、フェース212はカップフェース構造、L字フェース構造またはまたは他の構造によって形成されうる。 In other embodiments, the face 212 is cup face structure may be formed by L-shaped face structure or or other structures. たとえば、図15〜17は、L字形フェース部材228'の一つの態様を示し、フェース部材は、上記のおよび図9〜14に示すようなフェース212を含み、壁225がフェース212の底縁215から横向きおよび後方に延びている。 For example, 15-17, shows one embodiment of the L-shaped face member 228 ', the face member includes a face 212 as shown in the above and Figure 9 to 14, the bottom edge of the wall 225 faces 212 215 and it extends sideways and backward from. 肉厚部230の構成ならびにフェース212の相対面積および相対厚さは図15〜17の態様と図9〜14とで同じである。 Relative area and relative thickness of the structure as well as the face 212 of the thick portion 230 is the same in the manner and 9-14 in Figure 15-17. しかし、周辺区域235の面積、およびフェース212の内面211の総面積は、周辺形状のわずかな差に基づいて異なりうる。 However, the total area of ​​the inner surface 211 of the area of ​​the peripheral zone 235, and the face 212 may vary based on the small differences in peripheral shape. フェース部材228'は、図18〜31に示しかつ以下に記載される構成と同様の、壁225、およびフェース212の他の縁213、217、219に接続された一つまたは複数のボディ部材を有しうる。 Face member 228 'is similar to the arrangement described shown and below in FIG. 18 to 31, the walls 225, and one or more of the body member connected to the other edge 213,217,219 of the face 212 It may have. この構成において、ボディ部材は打球装置202のボディ208を形成することができ、壁225はボディ208のソール218の一部分を形成することができる。 In this configuration, the body member may form a body 208 of the ball striking device 202, the wall 225 can form a portion of the sole 218 of the body 208. さらなる態様においては、フェース212を逆L字形フェース部材(図示せず)の一部として形成することができ、フェース部材は、フェース212の頂縁213から後方に延びかつボディ208のクラウン216の一部分を形成する壁を有しうる。 In a further embodiment, it can be formed as part of the face 212 of the inverted L-shaped face member (not shown), a portion of the face member extends from the top edge 213 of the face 212 to the rear and the crown 216 of the body 208 It may have a wall defining a.

さらには、図13〜14に示すように、この態様のヘッド202のボディ208は、ソール218にわたって延びる内向きに陥凹したまたは窪んだチャネル240を有する。 Furthermore, as shown in FIG. 13 to 14, the body 208 of the head 202 of this embodiment has a recess underneath or channel 240 recessed inwardly extending across the sole 218. チャネル240は、フェース212の底縁215から後方に離間し、フェース212の底縁215の少なくとも一部分に概して平行に延びる。 Channel 240 is spaced from the bottom edge 215 of the face 212 to the rear, extending generally parallel to at least a portion of the bottom edge 215 of the face 212. この態様におけるチャネル240は、曲線状の壁242を有する境界縁241を含み、この壁は境界縁241から垂れ下がることで、曲線状の輪郭を有する内向きに陥凹した谷部243を形成する。 Channel 240 in this embodiment includes a terminal edge 241 having a curved wall 242, the wall that hangs from the boundary edge 241, to form a valley 243 that is recessed inwardly with a curved contour. ボディ208は、他の態様において、複数のチャネルおよび/または異なって構成されたチャネルを含むことができ、異なる態様において、より長方形の輪郭を有するチャネル、またはチャネル内のインサートを含むことができる。 Body 208, in other embodiments, can include a plurality of channels and / or different configured channel, in different embodiments, can include an insert in the channel or channel, has a more rectangular profile. 図9〜14のヘッド202(または本明細書に記載される他のヘッド)について使用可能な異なるチャネル構成のいくつかの例は、いずれも参照によりその全体が本明細書に組み入れられ、本明細書の一部とされる2010年7月23日出願の米国特許出願第12/842,650号、2011年1月27日出願の米国特許出願第13/015,264号、2005年5月3日発行の米国特許第6,887,165号、および2007年11月13日発行の米国特許第7,294,064号に示され、記載されている。 Some examples of possible different channel configurations for the (other heads described or herein) head 202 in FIG. 9 to 14 are all in their entirety by reference is incorporated herein, hereby US patent application Ser. No. 12 / 842,650 of July 23, 2010 application that is part of the book, 2011 January 27, US patent application Ser. No. 13 / 015,264, filed, the United States, issued May 3, 2005 Patent No. 6,887,165, and is shown in U.S. Patent No. 7,294,064, issued Nov. 13, 2007, are described. ヘッド202の他の特徴は、図1〜8に関する上記の特徴と同様でありうる。 Other features of the head 202 may be similar to the above-described features relating to Figures 1-8.

図18〜24は、ハイブリッドゴルフクラブの形態の打球装置300および打球ヘッド302の別の態様を示す。 Figure 18-24 illustrates another embodiment of a hybrid golf club in the form of a ball 300 and a ball striking head 302. 図18〜24に示す打球装置300の態様は、図1〜17に関する上記の態様の特徴と同様の特徴を含み、図18〜24の態様における同様のコンポーネントは、「3xx」系列の参照番号を使用して同様に参照される。 Aspects of the ball striking device 300 shown in FIG. 18-24, includes the same features and characteristics of the above embodiment for FIG. 1-17, like components in the embodiment of FIG. 18-24, the reference numbers "3xx" series referenced similarly used. 既に上記で説明した図18〜24の態様のいくつかの特徴の説明を簡潔さのために減らすかまたは省くことがあることが理解されよう。 Already it will be understood that there is reduced or eliminated that for some explaining brevity of the features of Figure 18-24 of the above-described aspects. 上記のように、ヘッド302は、フェース312から後方に延びるボディ308を有するフェース312を含む。 As described above, the head 302 includes a face 312 having a body 308 extending from the face 312 to the rear. フェース312およびボディ308は、ハイブリッドタイプクラブとしての使用のために構成されており、したがって、図1〜17のウッドタイプ打球装置100、200に比べて小さな体積および異なる形状を有しうる。 Face 312 and body 308 is configured for use as a hybrid type clubs, therefore, may have a small volume and different shapes as compared to wood-type ball hitting device 100, 200 in FIG. 1-17. 別の態様において、ハイブリッドタイプヘッド302のボディ308に一つまたは複数のチャネル、たとえば図9〜14のヘッド202に関する上記のチャネルを設けることができる。 In another embodiment, one or more channels in the body 308 of hybrid type head 302, for example, can be provided above the channel to a head 202 of FIG. 9-14.

この態様において、フェース312は、フェース312の内面311に突出部を創製するように内向きに延びるフェース312の内面311上の肉厚部330を含む。 In this embodiment, the face 312 includes a thick portion 330 on the inner surface 311 of the face 312 extending inwardly so as to create a protrusion on the inner surface 311 of the face 312. 肉厚部330は、フェース312の周囲区域よりも大きな厚さ、およびフェース312の任意の他の部分よりも大きな厚さを有する。 Thick portion 330 has a large thickness than the surrounding areas of the face 312, and have any thickness greater than other portions of the face 312. 一つの態様において、肉厚部330は、概して一定の厚さを有する少なくとも一つのプラトー区域331と、境界縁333、334の間で増大または減少するテーパ厚を有する少なくとも一つのテーパ区域332とを有する。 In one embodiment, the thick portion 330 is generally at least one plateau region 331 has a constant thickness, and at least one tapered region 332 having a tapered thickness that increases or decreases between the boundary edges 333, 334 a. 図18〜24に示す態様において、肉厚部330は単一のプラトー区域331を含み、プラトー区域は、プラトー区域331の外縁を画定する上部または内部の縁または境界333と下部または外部の縁または境界334とを有する環状テーパ区域332によって完全に境界づけられ、画定される。 In the embodiment shown in FIG. 18-24, the thick portion 330 includes a single plateau region 331, the plateau area, the upper or internal edge or boundary 333 and a lower or external defining the outer edge of the plateau region 331 rim or completely bounded by the annular tapered section 332 and a boundary 334 is defined. プラトー区域331は、フェース312全体の最大フェース厚である概して一定の厚さを有する。 Plateau region 331 has a generally constant thickness is the largest face thickness of the entire face 312. テーパ区域332の厚さは内縁333から外縁334まで減少する。 The thickness of the tapered section 332 decreases from the inner edge 333 to the outer edge 334. 図18〜24に示す態様において、テーパ区域332は概して曲線状の先細りを有する。 In the embodiment shown in FIG. 18-24, the tapered section 332 has a generally curved tapered. フェース312はテーパ区域332の外縁334において概して一定の厚さを有し、テーパ区域332を包囲する周囲区域335は概して一定の厚さを有する。 Face 312 has a generally constant thickness at the outer edge 334 of the tapered section 332 has a peripheral zone 335 generally constant thickness surrounding the tapered section 332.

一つの態様において、環状テーパ区域332の内縁333および外縁334の少なくとも一方は、外縁337Aが凸形外郭を有する第一の出張り部337、外縁337Bが凸形外郭を有する第二の出張り部337、および出張り部337の間で延びる接続部338を含む形状の外縁を画定し、接続部338は、第一および第二の出張り部337の外縁337A〜Bの間で延びる外縁338A〜Bによって画定され、接続部338の外縁338A〜Bの少なくとも一方は凹状輪郭を有する。 In one embodiment, at least one of the inner edge 333 and outer edge 334 of the annular tapered section 332, the first ledge 337 outer edge 337A has a convex outer, second ledge outer edge 337B has a convex outer 337, and defines an outer edge of the shape including the connection portion 338 extending between ledge portion 337, connecting portion 338, an outer edge extending between the outer edge 337A~B of the first and second ledge 337 338A~ is defined by B, at least one of the outer edge 338A~B connecting portion 338 has a concave contour. 図18〜24に示す態様において、テーパ区域332の内縁333および外縁334はいずれもピーナッツ形を画定し、接続部338の上縁および下縁338A〜Bは凹状輪郭を有する。 In the embodiment shown in FIG. 18-24, both inner 333 and outer edge 334 of the tapered section 332 defines a peanut, upper and lower edges 338A~B connecting portion 338 has a concave contour. テーパ区域332の内縁333がプラトー区域331の外縁を形成することから、プラトー区域331の外縁も上記のようなピーナッツ形を画定する。 Since the inner edge 333 of the tapered section 332 to form an outer edge of the plateau region 331, the outer edge of the plateau region 331 also defines a peanut shape as described above. さらには、テーパ区域332の内縁333および外縁334、のいずれかまたは両方が、フェースの周囲区域よりも大きなフェース厚を有しかつ上記のようなピーナッツ形を画定する外縁を有する隆起区域336を画定すると考えられうる。 Further, the inner edge 333 and outer edge 334 of the tapered section 332, either or both, define a raised area 336 having an outer edge defining a peanut shape as and above have a large face thickness than the surrounding areas of the face Then it can be considered.

さらには、図18〜24に示す態様において、プラトー区域331および隆起区域336の形状を含む、テーパ区域332の縁333、334によって画定される形状は、長軸(たとえば図22においては概して水平)に沿って細長い。 Further, in the embodiment shown in FIG. 18-24, including the shape of the plateau regions 331 and raised areas 336, shape defined by the edges 333 and 334 of the tapered section 332, (generally horizontal in example 22) the major axis elongated along the. この態様において、出張り部337は、長軸に垂直な第二の軸(たとえば図22においては概して鉛直)に沿って測定される寸法をそれぞれ有し、出張り部337は、出張り部337に比べて狭窄した接続区域338よりも大きな、長軸に垂直な寸法を有する。 In this embodiment, ledge portion 337 has a dimension measured along the (typically vertical in example 22) a second axis perpendicular to the long axis, respectively, lobes 337, lobes 337 larger than the connection area 338 which is constricted in comparison with, has a dimension perpendicular to the long axis.

図18〜24に示すフェース312の一つの態様において、フェースプレート328の内面311は総面積約1920mm 2を有し、プラトー区域331は面積約217mm 2を有し、テーパ区域331は面積約405mm 2を有し、周辺区域335は面積約1297mm 2を有する。 In one embodiment of the face 312 shown in FIG. 18-24, the inner surface 311 of the face plate 328 has a total area of about 1920 mm 2, the plateau region 331 has an area of about 217 mm 2, the tapered section 331 is an area of about 405mm 2 It has a peripheral zone 335 has an area of about 1297mm 2. さらには、図18〜24に示すフェース312の一つの態様において、プラトー区域331は概して一定の厚さ約1.9mmを有し、周辺区域335は概して一定の厚さ約1.6mmを有する。 Furthermore, in one embodiment of the face 312 shown in FIG. 18-24, the plateau region 331 has a generally constant thickness about 1.9 mm, the peripheral zone 335 has a generally constant thickness of about 1.6 mm. 別の態様において、プラトー区域331は概して一定の厚さ約3mmを有し、周辺区域335は概して一定の厚さ約2mmを有する。 In another embodiment, the plateau region 331 has a generally constant thickness about 3 mm, the peripheral zone 335 has a generally constant thickness of about 2 mm. プラトー区域331および/または周辺区域が概して一定の厚さを有さない代替態様において、プラトー区域331の最大厚さは約1.9mmまたは約3mmであり、周辺区域335の最小厚さは約1.6mmまたは約2mmである。 In an alternative embodiment plateau regions 331 and / or peripheral zone does not generally have a constant thickness, the maximum thickness of the plateau region 331 is about 1.9mm, or about 3 mm, the minimum thickness of the peripheral zone 335 about 1.6mm or about 2mm. 一つの態様において、フェース312のこれら様々な部分の厚さを、厚さの相対差が同じかまたはほぼ同じであるように維持しながら、その割合でまたは絶対差として増大または減少させることができることが理解されよう。 In one embodiment, the thickness of various portions of the face 312, while maintaining as the relative difference in thickness is approximately or equal the same, it is possible to increase or decrease its rate or as an absolute difference There will be appreciated.

図18〜24に示す態様において、上記で同様に記載されるように、フェース312はL字形フェース部材328によって形成され、フェース部材は、フェース312と、フェース312の底縁315から横向きおよび後方に延びる壁325とを含む。 In the embodiment shown in FIG. 18-24, as described similarly above, the face 312 is formed by a L-shaped face member 328, face member, the face 312, sideways and rearwardly from the bottom edge 315 of the face 312 extending and a wall 325. ボディ308は、フェース部材328に接続されかつフェース部材328から後方に延びる一つまたは複数のボディ部材329によって少なくとも部分的に形成される。 Body 308 is at least partially formed by one or more of body member 329 extending rearwardly from the connected and the face member 328 to the face member 328. たとえば、ボディ部材329をたとえば溶接によって壁325、およびフェース312の他の縁313、317、319に接続することができる。 For example, it can be connected to other edges 313,317,319 of the wall 325, and face 312 of body member 329 for example by welding. この構成において、壁325はボディ308のソール318の一部分を形成することができる。 In this configuration, the wall 325 can form a portion of the sole 318 of the body 308. 別の態様においては、フェース312を逆L字形フェース部材(図示せず)の一部として形成することができ、フェース部材は、フェース312の頂縁313から後方に延びかつボディ308のクラウン316の一部分を形成する壁を有しうる。 In another embodiment, it can be formed as part of the face 312 of the inverted L-shaped face member (not shown), face member, the top edge 313 of the face 312 extends rearwardly and crown 316 of the body 308 It may have a wall that forms part. さらなる態様において、フェース312はフェースプレート、カップフェース構造または別の構成として形成されうる。 In a further embodiment, the face 312 may be formed as a face plate, a cup face structure or another structure.

図25〜31は、フェアウェイウッドゴルフクラブの形態の打球装置400および打球ヘッド402の別の態様を示す。 Figure 25-31 illustrates another embodiment of the fairway wood golf club in the form of a ball 400 and a ball striking head 402. 図25〜31に示す打球装置400の態様は、図1〜24に関する上記の態様の特徴と同様の特徴を含み、図25〜31の態様における同様のコンポーネントは、「4xx」系列の参照番号を使用して同様に参照される。 Aspects of the ball striking device 400 shown in FIG. 25 to 31 includes features similar to features of the above embodiment for FIG. 1 to 24, like components in the embodiment of FIG. 25 to 31 is the reference number of the "4xx" series referenced similarly used. 既に上記で説明した図25〜31の態様のいくつかの特徴の説明を簡潔さのために減らすかまたは省くことがあることが理解されよう。 Already it will be understood that there is reduced or eliminated that for some explaining brevity of the features of the embodiment of FIG. 25 to 31 described above. 上記のように、ヘッド402は、フェース412から後方に延びるボディ408を有するフェース412を含む。 As described above, the head 402 includes a face 412 having a body 408 extending from the face 412 to the rear. フェース412およびボディ408は、フェアウェイウッドタイプクラブとしての使用のために構成されており、したがって、図1〜24に記載されるドライバウッドタイプ打球装置100、200またはハイブリッドタイプ打球装置300とは異なる体積および異なる形状を有しうる。 Face 412 and body 408 is configured for use as a fairway wood type club, therefore, different volumes from the driver wood-type ball striking device 100, 200 or a hybrid-type ball striking device 300 as described in Figure 1-24 and it may have different shapes. 別の態様において、フェアウェイウッドタイプヘッド402のボディ408に一つまたは複数のチャネル、たとえば図9〜14のヘッド202に関する上記のチャネルを設けることができる。 In another embodiment, one or more channels in the body 408 of the fairway wood type head 402, for example, can be provided above the channel to a head 202 of FIG. 9-14.

この態様において、フェース412は、フェース412の内面411に突出部を創製するように内向きに延びるフェース412の内面411上の肉厚部430を含む。 In this embodiment, the face 412 includes a thick portion 430 on the inner surface 411 of the face 412 extending inwardly so as to create a protrusion on the inner surface 411 of the face 412. 肉厚部430は、フェース412の周囲区域よりも大きな厚さ、およびフェース412の任意の他の部分よりも大きな厚さを有する。 Thick portion 430 has a large thickness than the surrounding areas of the face 412, and have any thickness greater than other portions of the face 412. 一つの態様において、肉厚部430は、概して一定の厚さを有する少なくとも一つのプラトー区域431と、境界縁433、434の間で増大または減少するテーパ厚を有する少なくとも一つのテーパ区域432とを有する。 In one embodiment, the thick portion 430 is generally at least one plateau region 431 has a constant thickness, and at least one tapered region 432 having a tapered thickness that increases or decreases between the boundary edges 433, 434 a. 図25〜31に示す態様において、肉厚部430は単一のプラトー区域431を含み、プラトー区域は、プラトー区域431の外縁を画定する上部または内部の縁または境界433と下部または外部の縁または境界434とを有する環状テーパ区域432によって完全に境界づけられ、画定される。 In the embodiment shown in FIG. 25 to 31, the thick portion 430 includes a single plateau region 431, the plateau area, the upper or internal edge or boundary 433 and a lower or external defining the outer edge of the plateau region 431 rim or completely bounded by the annular tapered section 432 and a boundary 434 is defined. プラトー区域431は、フェース412全体の最大フェース厚である概して一定の厚さを有する。 Plateau region 431 has a generally constant thickness is the largest face thickness of the entire face 412. テーパ区域432の厚さは内縁433から外縁434まで減少する。 The thickness of the tapered section 432 decreases from the inner edge 433 to the outer edge 434. 図25〜31に示す態様において、テーパ区域432は概して曲線状の先細りを有する。 In the embodiment shown in FIG. 25 to 31, tapered section 432 has a generally curved tapered. フェース412はテーパ区域432の外縁434において概して一定の厚さを有し、テーパ区域432を包囲する周囲区域435は概して一定の厚さを有する。 Face 412 has a generally constant thickness at the outer edge 434 of the tapered section 432 has a peripheral zone 435 generally constant thickness surrounding the tapered section 432.

一つの態様において、環状テーパ区域432の内縁433および外縁434の少なくとも一方は、外縁437Aが凸形外郭を有する第一の出張り部437、外縁437Bが凸形外郭を有する第二の出張り部437、および出張り部437の間で延びる接続部438を含む形状の外縁を画定し、接続部438は、第一および第二の出張り部437の外縁437A〜Bの間で延びる外縁438A〜Bによって画定され、接続部438の外縁438A〜Bの少なくとも一方は凹状輪郭を有する。 In one embodiment, at least one of the inner edge 433 and outer edge 434 of the annular tapered section 432, the first ledge 437 outer edge 437A has a convex outer, second ledge outer edge 437B has a convex outer 437, and defines an outer edge of the shape including the connection portion 438 extending between ledge portion 437, connecting portion 438, an outer edge extending between the outer edge 437A~B of the first and second ledge 437 438A~ is defined by B, at least one of the outer edge 438A~B connecting portion 438 has a concave contour. 図25〜31に示す態様において、テーパ区域432の内縁433および外縁434はいずれもピーナッツ形を画定し、接続部438の上縁および下縁438A〜Bは凹状輪郭を有する。 In the embodiment shown in FIG. 25 to 31, both the inner edge 433 and outer edge 434 of the tapered section 432 defines a peanut, upper and lower edges 438A~B connecting portion 438 has a concave contour. テーパ区域432の内縁433がプラトー区域431の外縁を形成することから、プラトー区域431の外縁も上記のようなピーナッツ形を画定する。 Since the inner edge 433 of the tapered section 432 to form an outer edge of the plateau region 431, the outer edge of the plateau region 431 also defines a peanut shape as described above. さらには、テーパ区域432の内縁433および外縁434のいずれかまたは両方が、フェースの周囲区域よりも大きなフェース厚を有しかつ上記のようなピーナッツ形を画定する外縁を有する隆起区域436を画定すると考えられうる。 Further, when either or both of the inner 433 and outer edge 434 of the tapered section 432 defines a raised area 436 having an outer edge defining a peanut shape as and above have a large face thickness than the surrounding areas of the face It can be considered.

さらには、図25〜31に示す態様において、プラトー区域431および隆起区域436の形状を含む、テーパ区域432の縁433、434によって画定される形状は、長軸(たとえば図30においては概して水平)に沿って細長い。 Further, in the embodiment shown in FIG. 25 to 31, including the shape of the plateau regions 431 and raised areas 436, shape defined by the edges 433 and 434 of the tapered section 432, (generally horizontal in example 30) the major axis elongated along the. この態様において、出張り部437は、長軸に垂直な第二の軸(たとえば図30においては概して鉛直)に沿って測定される寸法をそれぞれ有し、出張り部437は、出張り部437に比べて狭窄した接続区域438よりも大きな、長軸に垂直な寸法を有する。 In this embodiment, ledge portion 437 has a dimension measured along the (typically vertical in example 30) a second axis perpendicular to the long axis, respectively, lobes 437, lobes 437 larger than the connection area 438 which is constricted in comparison with, has a dimension perpendicular to the long axis.

図25〜31に示すフェース412の一つの態様において、フェースプレート428の内面411は総面積約1900mm 2を有し、プラトー区域431は面積約188mm 2を有し、テーパ区域431は面積約415mm 2を有し、周辺区域435は面積約1297mm 2を有する。 In one embodiment of the face 412 shown in FIG. 25 to 31, the inner surface 411 of the face plate 428 has a total area of about 1900 mm 2, the plateau region 431 has an area of about 188 mm 2, the tapered section 431 is an area of about 415 mm 2 It has a peripheral zone 435 has an area of about 1297mm 2. さらには、図25〜31に示すフェース412の一つの態様において、プラトー区域431は概して一定の厚さ約2.1mmを有し、周辺区域435は概して一定の厚さ約1.6mmを有する。 Furthermore, in one embodiment of the face 412 shown in FIG. 25 to 31, the plateau region 431 has a generally constant thickness about 2.1 mm, the peripheral zone 435 has a generally constant thickness of about 1.6 mm. 別の態様において、プラトー区域431は概して一定の厚さ約3mmを有し、周辺区域435は概して一定の厚さ約2mmを有する。 In another embodiment, the plateau region 431 has a generally constant thickness about 3 mm, the peripheral zone 435 has a generally constant thickness of about 2 mm. プラトー区域431および/または周辺区域が概して一定の厚さを有さない代替態様において、プラトー区域431の最大厚さは約2.1mmまたは約3mmであり、周辺区域435の最小厚さは約1.6mmまたは約2mmである。 In an alternative embodiment plateau regions 431 and / or peripheral zone does not generally have a constant thickness, the maximum thickness of the plateau region 431 is about 2.1mm, or about 3 mm, the minimum thickness of the peripheral zone 435 about 1.6mm or about 2mm. 一つの態様において、フェース412のこれら様々な部分の厚さを、厚さの相対差が同じかまたはほぼ同じであるように維持しながら、その割合でまたは絶対差として増大または減少させることができることが理解されよう。 In one embodiment, the thickness of various portions of the face 412, while maintaining as the relative difference in thickness is approximately or equal the same, it is possible to increase or decrease its rate or as an absolute difference There will be appreciated.

図25〜31に示す態様において、上記で同様に記載されるように、フェース412はL字形フェース部材428によって形成され、フェース部材は、フェース412と、フェース412の底縁415から後方に延びる壁425とを含む。 In the embodiment shown in FIG. 25 to 31, as described similarly above, the face 412 is formed by a L-shaped face member 428, face member, the face 412, wall extending from the bottom edge 415 of the face 412 to the rear and a 425. ボディ408は、フェース部材428に接続されかつフェース部材428から後方に延びる一つまたは複数のボディ部材429によって少なくとも部分的に形成される。 Body 408 is at least partially formed by one or more of body member 429 extending rearwardly from the connected and the face member 428 to the face member 428. たとえば、ボディ部材429をたとえば溶接によって壁425、およびフェース412の他の縁413、417、419に接続することができる。 For example, it can be connected to other edges 413,417,419 of the wall 425, and face 412 of body member 429 for example by welding. この構成において、壁425はボディ408のソール418の一部分を形成することができる。 In this configuration, the wall 425 can form a portion of the sole 418 of the body 408. 別の態様においては、フェース412を逆L字形フェース部材(図示せず)の一部として形成することができ、フェース部材は、フェース412の頂縁413から後方に延びかつボディ408のクラウン416の一部分を形成する壁を有しうる。 In another embodiment, it is possible to form a face 412 as part of the inverted L-shaped face member (not shown), face member, the top edge 413 of the face 412 extends rearwardly and crown 416 of the body 408 It may have a wall that forms part. さらなる態様において、フェース412はフェースプレート、カップフェース構造または別の構成として形成されうる。 In a further embodiment, the face 412 may be formed as a face plate, a cup face structure or another structure.

図18〜24に示すヘッド302および図25〜31に示すヘッド402の態様において、L字形フェース部材328、428は、ボールの変形を制限し、それにより衝突中のエネルギーおよび速度の損失を制限するために、フェース312、412上で打たれるボールとのより緩やかな衝突の実現を支援する。 In embodiments of the head 402 shown in head 302 and FIG. 25 to 31 shown in FIG. 18 to 24, L-shaped face member 328, 428 limits the deformation of the ball, restricting it by the loss of energy and speed during collision in order to support the realization of a more gradual impact with the ball is struck on the face 312, 412. フェース部材328、428は、フェース312、412の変形を増大させるように可撓性が高くなることができ、一方、肉厚部330、430は、フェース312、412の剛性の保持を支援する。 Face member 328, 428 is flexible so as to increase the deformation of the face 312, 412 is that it is high, whereas, the thick portion 330, 430 to help retain the rigidity of the face 312, 412. たとえば、フェース部材328、428は、可撓性を増大させるように、フェース312、412と壁325、425との間の接合部またはその付近で通常よりも小さな厚さを伴って形成されることができる。 For example, face member 328, 428 is flexible so as to increase the, be formed with a joint or smaller thickness than usual in the vicinity thereof between the face 312 and 412 and the wall 325,425 can. 一つの態様において、この厚さ(図23および30においてTで示される)は1〜2mmであることができ、別の態様において、厚さTは1〜2.5mmであることができ、これらの厚さは標準的なゴルフクラブフェースの対応する厚さTよりも比較的薄い。 In one embodiment, the thickness (indicated by T in FIG. 23 and 30) may be a 1 to 2 mm, in another embodiment, the thickness T can be a 1 to 2.5 mm, these the thickness is relatively smaller than the thickness T of the corresponding standard golf club face. フェース部材328、428は、許容しがたい破損の危険性なしにフェース312、412の変形を可能にするように高強度材料で有利に形成されうる。 Face member 328, 428 may be advantageously formed without the risk of unacceptable damage in high-strength material to allow deformation of the face 312, 412. 一つの態様において、フェース部材328、428が高強度Carpenter 455または465ステンレス鋼で形成されうる一方、ボディ308、408は17-4ステンレス鋼で形成される。 In one embodiment, while the face member 328, 428 may be formed of a high strength Carpenter 455 or 465 stainless steel, the body 308 and 408 are formed at 17-4 stainless steel. 本明細書に記載される他の態様は、これらの同じ材料を組み込むことができる。 Other aspects described herein may incorporate these same materials. これらの態様および本明細書における他の態様においてボディ部材329、429および/またはフェース部材312、412に使用可能な代替材料としては、高強度チタン、繊維強化ありまたはなしのPEEKポリマー、アモルファス液体金属、体積弾性率を考慮した複合材などが挙げられる。 Alternative materials that can be used in the body member 329,429 and / or face members 312 and 412 In another aspect of these embodiments and the specification, high strength titanium, fiber-reinforced or without PEEK polymer, amorphous liquid metal and composite materials and the like in consideration of the bulk modulus.

図32〜36は、本発明の少なくともいくつかの例の、ゴルフアイアンの形態の打球装置500を示す。 Figure 32 to 36 is, at least some examples of this invention, showing a hitting device 500 in the form of golf irons. 図32〜36に示すアイアンタイプ打球装置500の態様は、図1〜31に関する上記の態様の特徴と同様の特徴を含み、図32〜36の態様における同様のコンポーネントは、「5xx」系列の参照番号を使用して同様に参照される。 Aspects of the iron type hitting device 500 shown in FIG. 32 to 36 includes features similar to features of the above embodiment for FIG. 1 to 31, like components in the embodiment of FIG. 32 to 36, refer "5xx" series It is similarly referenced using numbers. 既に上記で説明した図32〜36の態様のいくつかの特徴の説明を簡潔さのために減らすかまたは省くことがあることが理解されよう。 Already it will be understood that there is reduced or eliminated that for some explaining brevity of the features of the embodiment of FIG. 32 - 36 described above. 打球装置500は、ゴルフクラブヘッド502およびヘッド502に取り付けられたシャフト504を含む。 Hitting device 500 includes a shaft 504 which is attached to the golf club head 502 and the head 502. 図32〜36のゴルフクラブヘッド502は、本発明の例の任意のアイアンタイプゴルフクラブヘッドを代表することができる。 Golf club head 502 of FIG. 32 to 36 may be representative of any iron type golf club head of the present invention.

図32〜36に示すように、ゴルフクラブヘッド502は、ボディ508に接続されたフェース512と、シャフト504の取り付けのためにボディ508から延びるホーゼル509とを含む。 As shown in FIG. 32 to 36, the golf club head 502 includes a face 512 that is connected to the body 508, and a hosel 509 extending from the body 508 for attachment shaft 504. シャフト504、およびシャフト504とホーゼル509との間の接続部は、図1〜8の装置100に関する上記のそれと同様でありうる。 The connection between the shaft 504 and the shaft 504 and the hosel 509 may be a above similar to apparatus 100 of FIG. 1-8. シャフト504は、上記のようなグリップ(図示せず)を含むこともできる。 Shaft 504 may also include a grip (not shown) as described above. 参照のために、ヘッド502は概して、頂部516、底部またはソール518、ホーゼル509に近接するヒール520、およびホーゼル509から遠いトウ522、ならびに前面524および背面または後部526を有する。 For reference, the head 502 generally has a top 516, bottom or sole 518, a heel 520 proximate the hosel 509, and hosel 509 from distant toe 522 and front 524 and rear or rear 526,. 図示される態様において、フェース512は、ヘッド502のソール518から上向きに延びている。 In the embodiment shown, the face 512 extends upwardly from the sole 518 of the head 502. ヘッド502の形状および設計は、装置500の所期の用途によって部分的に決まることもある。 The shape and design of the head 502 may also depend in part by the intended use of the device 500. ヒール部520はホーゼル509に取り付けられかつ/またはそこから延びる(たとえば単一または一体の1ピース構成、別々の接続された要素、などとして)。 Heel 520 extending therefrom attached and / or the hosel 509 (e.g., one-piece construction of a single or integral, separate connected elements, the like).

フェース512は、ヘッド502の前面524に位置し、その上に位置する打球面510、および打球面510とは反対側の後面または内面511(図33〜35参照)を有する。 Face 512 is located on the front 524 of the head 502, having followed the opposite surface or the inner surface 511 (see FIG. 33 to 35) is a ball striking face 510, and the ball striking face 510 located thereon. ヘッド502は、フェース512の後面511によって画定された後部キャビティ506と、フェース512から後方に延びる一つまたは複数の壁525と、ヘッド502の後部526においてソール518から上方に延びる後部壁523とを有する。 Head 502 includes a rear cavity 506 defined by the rear surface 511 of the face 512, and one or more walls 525 extending from the face 512 to the rear, and a rear wall 523 extending from the sole 518 upwardly at the rear 526 of the head 502 a. 図33および35に見られるように、この態様において、後部壁523は後部キャビティ511を部分的に開放させるが、他の態様においては、後部キャビティ511は閉鎖されていてもよく、より大きな程度開放されていてもよい。 As seen in FIGS. 33 and 35, in this embodiment, although the rear wall 523 to open the rear cavity 511 partially, in other embodiments, may be a rear cavity 511 is being closed, a greater degree open it may be. アイアンタイプゴルフクラブ500のいくつかの態様において、フェース512の後面511は、たとえばヘッド502が内部キャビティを有さないとき、ボディ508の表面でありうることが理解されよう。 In some embodiments of the iron-type golf club 500, surface 511 after the face 512, for example, when the head 502 does not have an internal cavity, it will be appreciated that be a surface of the body 508. 別の態様において、アイアンタイプヘッド502のボディ508に一つまたは複数のチャネル、たとえば図9〜14のヘッド202に関する上記のチャネルを設けることができる。 In another embodiment, one or more channels in the body 508 of the iron type heads 502, for example, can be provided above the channel to a head 202 of FIG. 9-14.

打球面510は、概してフェース512の外面であり、この外面は使用中にボール(図示せず)に対面するように構成され、たとえばスイングによって装置500が動かされたとき、ボールを打つように適合されている。 Striking face 510 is generally a outer surface of the face 512, the outer surface is configured to face the ball (not shown) during use, for example when the device 500 is moved by the swing, adapted to strike the ball It is. 図示するように、打球面510は、相対的に平坦であり、フェース512の大部分を占める。 As shown, the ball striking surface 510 is relatively flat, the majority of the face 512. 打球面510は、打球中にフェース512から水および草を除去するための溝521(たとえば、図示例ではフェース512を横切って延びる概して水平な溝521)を含みうる。 Striking surface 510, the groove 521 to remove water and grass from the face 512 in hitting (e.g., in the illustrated example generally horizontal grooves 521 extending across the face 512) may include. 当然、本発明を逸脱することなく、従来の溝パターンおよび/または溝構成を含む任意の数の溝、所望の溝パターンおよび/または溝構成を設けることができる(あるいは望むならば溝パターンなしであっても)。 Naturally, without departing from this invention, any number of grooves, including conventional groove patterns and / or grooves configured, without the groove pattern, if desired groove pattern and / or can be provided a groove configuration (or hope Even so).

参照のために、フェース頂縁513およびフェースヒール縁517に最も近いフェース512の部分を「ハイヒール区域」と呼び、フェース頂縁513およびフェーストウ縁519に最も近いフェース512の部分を「ハイトウ区域」と呼び、フェース底縁515およびフェースヒール縁517に最も近いフェース512の部分を「ロウヒール区域」と呼び、フェース底縁515およびフェーストウ縁519に最も近いフェース512の部分を「ロウトウ区域」と呼ぶ。 For reference, the portion of the face top edge 513 and the face heel edge 517 closest to the face 512 is referred to as "high heel zone", the nearest part of the face 512 to face the top edge 513 and the face toe edge 519 "Dividends zone" and call, a portion of the face bottom edge 515 and the face heel edge 517 closest to the face 512 is referred to as "Rouhiru zone", the portion of the face bottom edge 515 and the face toe edge 519 closest to the face 512 is referred to as "followers zone" . 概念的に、これらの区域は、実質的に等しいサイズの四分円(および/またはフェース512の幾何学的中心から延びる四分円)と認識し、そう呼ぶことができるが、必ずしも対称の寸法を有するわけではない。 Conceptually, these areas are recognized as quadrant of substantially equal size (quadrant extending from the geometric center and / or face 512) and may be referred to as so, the necessarily symmetric dimensions It does not have a. フェース512は、当技術分野において公知であり、一般的であるように、上下方向および/またはヒール−トウ方向にいくらかのカーブ(たとえばバルジおよびロール特性)を含みうる。 Face 512 are known in the art, as is common, vertical and / or heel - may include some of the curve (eg bulge and roll characteristics) in the toe direction. 他の態様においては、表面510がフェース512の異なる割合を占めることもできるし、またはボディ508が、その上に複数の打球面510を有することもできる。 In other embodiments, can either be surface 510 occupies a different proportion of the face 512 or body 508 and may have a plurality of the ball striking face 510 thereon. 図32〜36に示す例示的態様において、打球面510は傾斜して(すなわちロフト角を有して)、打ったときにボールに相当な程度のリフトおよびスピンを加える。 In the exemplary embodiment shown in FIG. 32 to 36, the ball striking surface 510 is inclined (i.e. a loft angle), added significant degree of lift and spin the ball when struck. 他の例示的態様において、打球面510は、ボールの弾道に影響するように異なる傾斜またはロフト角を有しうる。 In another exemplary embodiment, the ball striking surface 510 may have a different tilt or loft angle to affect the trajectory of the ball. さらには、いくつかの態様において、フェース512は、可変性の厚さを有してもよく、および/または一つまたは複数の内部もしくは外部インサートを有してもよい。 Further, in some embodiments, the face 512 may have a variable thickness, and / or may have one or more internal or external inserts.

フェース512、ボディ508および/またはホーゼル509は、単一のピースとして形成されることもできるし、または接合される別々のピースとして形成されることもできる。 Face 512, body 508 and / or the hosel 509 can either be formed as a single piece, or joined by may be formed as separate pieces. たとえば、フェース512、ボディ508およびホーゼル509は、鍛造、鋳造、または他の一体形成技術によって単一のピースとして一緒に形成されることができる。 For example, the face 512, the body 508 and hosel 509, forging, may be formed together as a single piece by casting or other integral forming techniques. 別の例として、フェース512、ボディ508およびホーゼル509は、フェース部材およびボディ部材などの別々のピースとして形成されることができ、これらのピースは、溶接などの一体接合技術、または他の接合技術によって一緒に接合されることができる。 As another example, the face 512, the body 508 and the hosel 509 may be formed as separate pieces, such as the face member and the body member, these pieces are integral joining technique such as welding or other bonding techniques, it can be joined together by. 一つの態様において、マルチピースヘッド502のフェース部材は、フェースプレート、L字形フェース部材、カップフェース部材、または別の形態といった形態でありうる。 In one embodiment, the face member of the multi-piece head 502, faceplate, L-shaped face member may be in the form such as a cup face member or another form. 別の態様において、ゴルフアイアンセットは、本明細書に記載され、図32〜36に示されるような構造を有することがあり、より長いアイアン(例えば4〜7番)は、溶接によって接合されたフェースプレートおよびボディ部材を含む二つのピースで形成され、より短いアイアン(例えば8番、9番、P、S、A)は、鋳造または鍛造された単一のピースで形成される。 In another embodiment, a golf iron set is described herein, may have a structure as shown in FIG. 32 to 36, the longer irons (e.g. 4-7 No.) is joined by welding is formed in two pieces comprising the faceplate and the body member, a shorter irons (e.g. 8th, 9th, P, S, a) is formed by casting or forged single piece. この態様において、単一ピースヘッドおよび/またはボディ部材は17-4ステンレス鋼から作製されてもよく、フェースプレート部材は455または465ステンレス鋼で形成されてもよく、他の材料が使用されることもある。 In this embodiment, a single piece head and / or body member may be made from 17-4 stainless steel, face plate member may be formed with 455 or 465 stainless steel, that other materials are used there is also.

この態様において、フェース512は、フェース512の内面511に突出部を創製するように内向きに延びるフェース512の内面511上の肉厚部530を含む。 In this embodiment, the face 512 includes a thick portion 530 on the inner surface 511 of the face 512 extending inwardly so as to create a protrusion on the inner surface 511 of the face 512. 肉厚部530は、フェース512の周囲区域よりも大きな厚さ、およびフェース512の任意の他の部分よりも大きな厚さを有する。 Thick portion 530 has a large thickness than the surrounding areas of the face 512, and have any thickness greater than other portions of the face 512. 図示される態様において、肉厚部530は、フェース512の頂縁513よりも底縁515の方により近接しており、一つの態様において、肉厚部530の中心はフェース512の底縁515から約15〜22mmである。 In the embodiment shown, the thick portion 530 is closer to the direction of the bottom edge 515 than the top edge 513 of the face 512, in one embodiment, the center of the thick portion 530 from bottom edge 515 of the face 512 it is about 15~22mm. 他の態様においてはこの距離は異なることがあり、一つの態様において、セット内の異なるクラブは、肉厚部530とフェース512の底縁515との間隔が異なることがある。 There are different that the distance in another aspect, in one embodiment, different clubs within a set may spacing between bottom edge 515 of the thick portion 530 and the face 512 are different.

一つの態様において、肉厚部530は、概して一定の厚さを有する少なくとも一つのプラトー区域531と、境界縁533、534の間で増大または減少するテーパ厚を有する少なくとも一つのテーパ区域532とを有する。 In one embodiment, the thick portion 530 is generally at least one plateau region 531 has a constant thickness, and at least one tapered region 532 having a tapered thickness that increases or decreases between the boundary edges 533, 534 a. 図32〜36に示す態様において、肉厚部530は単一のプラトー区域531を含み、プラトー区域は、プラトー区域531の外縁を画定する上部または内部の縁または境界533と下部または外部の縁または境界534とを有する環状テーパ区域532によって完全に境界づけられ、画定される。 In the embodiment shown in FIG. 32 to 36, the thick portion 530 includes a single plateau region 531, the plateau area, the upper or internal edge or boundary 533 and a lower or external defining the outer edge of the plateau region 531 rim or completely bounded by the annular tapered section 532 and a boundary 534 is defined. プラトー区域531は、フェース512全体の最大フェース厚である概して一定の厚さを有する。 Plateau region 531 has a generally constant thickness is the largest face thickness of the entire face 512. テーパ区域532の厚さは内縁533から外縁534まで減少する。 The thickness of the tapered section 532 decreases from the inner edge 533 to the outer edge 534. 図32〜36に示す態様において、テーパ区域532は概して曲線状の先細りを有する。 In the embodiment shown in FIG. 32 to 36, tapered section 532 has a generally curved tapered. フェース512はテーパ区域532の外縁534において概して一定の厚さを有し、テーパ区域532を包囲する周囲区域535は概して一定の厚さを有する。 Face 512 has a generally constant thickness at the outer edge 534 of the tapered section 532 has a peripheral zone 535 generally constant thickness surrounding the tapered section 532.

一つの態様において、環状テーパ区域532の内縁533および外縁534の少なくとも一方は、外縁537Aが凸形外郭を有する第一の出張り部537、外縁537Bが凸形外郭を有する第二の出張り部537、および出張り部537の間で延びる接続部538を含む形状の外縁を画定し、接続部538は、第一および第二の出張り部537の外縁537A〜Bの間で延びる外縁538A〜Bによって画定され、接続部538の外縁538A〜Bの少なくとも一方は凹状輪郭を有する。 In one embodiment, at least one of the inner edge 533 and outer edge 534 of the annular tapered section 532, the first ledge 537 outer edge 537A has a convex outer, second ledge outer edge 537B has a convex outer 537, and defines an outer edge of the shape including the connection portion 538 extending between ledge portion 537, connecting portion 538, an outer edge extending between the outer edge 537A~B of the first and second ledge 537 538A~ is defined by B, at least one of the outer edge 538A~B connecting portion 538 has a concave contour. 図32〜36に示す態様において、テーパ区域532の内縁533および外縁534はいずれもピーナッツ形を画定し、接続部538の上縁および下縁538A〜Bは凹状輪郭を有する。 In the embodiment shown in FIG. 32 to 36, both the inner edge 533 and outer edge 534 of the tapered section 532 defines a peanut, upper and lower edges 538A~B connecting portion 538 has a concave contour. テーパ区域532の内縁533がプラトー区域531の外縁を形成することから、プラトー区域531の外縁も上記のようなピーナッツ形を画定する。 Since the inner edge 533 of the tapered section 532 to form an outer edge of the plateau region 531, the outer edge of the plateau region 531 also defines a peanut shape as described above. さらには、テーパ区域532の内縁533および外縁534のいずれかまたは両方が、フェースの周囲区域よりも大きなフェース厚を有しかつ上記のようなピーナッツ形を画定する外縁を有する隆起区域536を画定すると考えられうる。 Further, when either or both of the inner 533 and outer edge 534 of the tapered section 532 defines a raised area 536 having an outer edge defining a peanut shape as and above have a large face thickness than the surrounding areas of the face It can be considered.

さらには、図32〜36に示す態様において、プラトー区域531および隆起区域536の形状を含む、テーパ区域532の縁533、534によって画定される形状は、長軸(図34においては水平から約12°反時計回りに上昇)に沿って細長い。 Further, in the embodiment shown in FIG. 32 to 36, including the shape of the plateau regions 531 and raised areas 536, shape defined by the edges 533 and 534 of the tapered section 532 is about the horizontal in the long axis (Fig. 34 12 ° elongate along a rise) in the counterclockwise direction. この態様において、出張り部537は、長軸に垂直な第二の軸(たとえば図34においては鉛直から約12°反時計回り)に沿って測定される寸法をそれぞれ有し、出張り部537は、出張り部537に比べて狭窄した接続区域538よりも大きな、長軸に垂直な寸法を有する。 In this embodiment, ledge portion 537 respectively have a dimension measured along a perpendicular second axis to the long axis (e.g., about 12 ° counterclockwise from the vertical in FIG. 34), the lobes 537 is greater than the connection region 538 which is constricted in comparison with the ledge portion 537 has a vertical dimension to the long axis. この態様における長軸の角度は、一人または複数のゴルファーの通常の打球パターンに基づきうる。 Angle of the major axis in this embodiment can be based on the normal hitting pattern One or more of the golfer. 他の態様において、肉厚部530は、異なる打球パターンおよび/または他の要因に基づく異なる向きおよび/または長軸を有することがあり、セット内の異なるクラブは、クラブごとに異なる打球パターンに基づく異なる長軸を有する肉厚部530を有することがある。 In another aspect, the thick portion 530 may have different orientations and / or major axis based on different hitting patterns and / or other factors, different clubs within a set is based on a different hitting patterns for each club it may have a thick portion 530 having a different length axis. たとえば、一つの態様において、ゴルフアイアンセットは、本明細書に記載され、図32〜36に示されるような構造を有することがあり、肉厚部530の長軸の角度は、セット内のより短い(すなわちロフト角がより大きい)クラブにおいて水平により近く、より長い(すなわちロフト角がより小さい)クラブにおいて水平からより遠いことがある。 For example, in one embodiment, the golf iron set, as described herein, may have a structure as shown in FIG. 32 to 36, the angle of the major axis of the thick portion 530 is more in the set short (i.e. greater loft angle) closer to the horizontal in the club, it may further from the horizontal at longer (i.e. smaller loft angle) club. 様々な態様において、長軸の角度は水平から0〜15°または0〜18°でありうる。 In various embodiments, the angle of the major axis may be 0 to 15 ° or 0 to 18 ° from horizontal.

図32〜36に示すフェース512の一つの態様において、プラトー区域531は概して一定の厚さ約3mmを有し、周辺区域535は概して一定の厚さ約2mmを有する。 In one embodiment of the face 512 shown in FIG. 32 to 36, the plateau region 531 has a generally constant thickness about 3 mm, the peripheral zone 535 has a generally constant thickness of about 2 mm. プラトー区域531および/または周辺区域が概して一定の厚さを有さない代替態様において、プラトー区域531の最大厚さは約3mmであり、周辺区域535の最小厚さは約2mmである。 In an alternative embodiment plateau regions 531 and / or peripheral zone does not generally have a constant thickness, the maximum thickness of the plateau region 531 is about 3 mm, the minimum thickness of the peripheral zone 535 is about 2 mm. 上記のように、他の態様においてフェース512および肉厚部530は異なる厚さを有しうる。 As described above, the face 512 and thick portion 530 in other embodiments may have different thicknesses. 一つの態様において、フェース512のこれら様々な部分の厚さを、厚さの相対差が同じかまたはほぼ同じであるように維持しながら、その割合でまたは絶対差として増大または減少させることができることが理解されよう。 In one embodiment, the thickness of various portions of the face 512, while maintaining as the relative difference in thickness is approximately or equal the same, it is possible to increase or decrease its rate or as an absolute difference There will be appreciated.

本明細書に示され、記載されるヘッド102(以下参照)は、当技術分野において従来公知であり、使用される材料、たとえば鋼、チタン、アルミニウム、タングステン、グラファイト、ポリマーもしくは複合材、またはその組み合わせを含む多種多様な異なる材料から構築されうる。 Shown herein, the head 102 to be described (see below) are well-known in the art, the materials used, such as steel, titanium, aluminum, tungsten, graphite, polymers or composites or, It may be constructed from a wide variety of different materials, including combinations. また、望むならば、クラブヘッド102(以下参照)を、任意の数のピース(たとえば別々のフェースプレートなどを有する)から、ならびに/または鋳造、鍛造、溶接、および/もしくは当技術分野において公知であり、使用される他の方法をたとえば含む任意の構築技術によって、作製することもできる。 Further, if desired, the club head 102 (see below), from any number of pieces (e.g., having such separate faceplate), and / or casting, forging, welding, and / or known in the art There can also be by any construction technique, including other methods used for example to produce. 本明細書に記載されるようなフェース112(以下参照)またはフェース部材128(以下参照)を形成するために使用可能な材料のより具体的な例としては、C455およびC465などの高強度ステンレス鋼、17-4などの他のステンレス鋼、マルエージング鋼(たとえばMaraging 250)またはAerMet鋼などの他の鋼材、6-4、SP700、8-1-1、15-3-3-3および2041などの高強度チタン合金、繊維強化ありまたはなしのPEEKポリマー、アモルファス「液体金属」合金、体積弾性率を考慮した複合材などをはじめとする上記の材料が挙げられる。 More specific examples of materials that can be used to form a face 112 as described (see below) or the face member 128 (see below) herein, high strength stainless steel such as C455 and C465 other stainless steels such as 17-4, other steel such as maraging steel (e.g. maraging 250) or AerMet steel, 6-4, etc. SP700,8-1-1,15-3-3-3 and 2041 high strength titanium alloys, fiber-reinforced or without PEEK polymer, amorphous "liquid metal" alloy, the above materials are mentioned, including such composite considering bulk modulus. 高強度合金および他の材料は、約230〜240ksi以上の降伏強度および約250〜260ksi以上の極限強度を有しうる。 High strength alloys and other materials may have a yield strength and about ultimate strength of at least 250~260ksi above about 230~240Ksi. 一つの態様において、フェアウェイウッド412またはハイブリッドタイプクラブのフェース312は、少なくとも240ksiの降伏強度および少なくとも260ksiのUTSを実現するために、482℃で4時間エージングされたC465合金から作製されうる。 In one embodiment, fairway wood 412 or hybrid type clubs face 312, in order to realize a UTS of at least the yield strength of 240ksi and at least 260Ksi, can be prepared from 4 hours aged C465 alloy 482 ° C.. 別の態様において、ドライバウッドタイプクラブのフェース112、212は、482℃で6〜8時間のエージングが可能でかつ/またはアニーリングが可能な高強度チタン合金(たとえば6-4)から作製され得、約120〜150ksi以上の降伏強度および約130〜165以上の極限強度を有しうる。 In another embodiment, the driver wood-type club face 112, 212 can be made of possible aging 6-8 hours at 482 ° C. and / or annealing capable high-strength titanium alloy (e.g. 6-4), It may have a yield strength and about 130 to 165 or more ultimate strength of at least about 120~150Ksi. さらなる態様において、ドライバウッドタイプクラブのフェース112、212は、480℃で2〜14時間のエージングが可能な15-3-3-3チタン合金から作製され得、約145〜181ksi以上の降伏強度および約165〜200ksi以上の極限強度を有しうる。 In a further embodiment, the face 112, 212 of the driver wood-type club is manufactured from 480 ° C. can be aged 2 to 14 hours at a 15-3-3-3 titanium alloy obtained about 145~181ksi more yield strength and It can have an ultimate strength of at least about 165~200Ksi.

打球装置100(以下参照)、ヘッド102(以下参照)、フェース112(以下参照)、および本明細書に記載される他のコンポーネントの態様のいずれかが、特に断りない限り、本明細書に記載される他の態様に関して本明細書に記載される特徴のいずれかを含みうることが理解されよう。 Hitting device 100 (see below), (see below) the head 102, face 112 (see below), and any of the embodiments of the other components described herein, unless otherwise specified, as described herein it will be appreciated that may include any of the features described herein with respect to other of the embodiments. 本明細書に記載される打球装置100(以下参照)およびヘッド102(以下参照)の様々なコンポーネントの特定のサイズ、形状、向きおよび場所が単に例であって、他の態様においてこれらの特徴または性質のいずれかを改変可能であることが理解されよう。 Specific size of the various components of the hitting device 100 is described herein (see below) (see below) and the head 102, the shape, a direction and location of example only, of the other aspects features or it will be appreciated that any of the properties can be modified.

図1〜36に示す肉厚部130(以下参照)の所望の形状、向き、構成などは、多くのゴルファーのスイング中にフェースの衝突が起こる通常のまたは一般的な場所、フェースの幾何形状および性質、チャネル240などのボディの特徴、ならびに、フェース112(以下参照)の衝突物理現象に影響または作用する他の特徴によって作用されうる。 Desired shape of the thick portion 130 shown in FIG. 1 to 36 (see below), the orientation, etc. configuration, normal or common place collision face occurs during a swing of many golfers, the geometry of the face and nature, characteristics of the body, such as channel 240, and can be acted upon by other features that affect or act on collision physics of the face 112 (see below). たとえば、多くのゴルファーは、ミスヒット時にフェース112(以下参照)のロウヒール区域またはハイトウ区域上でボールを打つ傾向があり、肉厚部130(以下参照)の向き(たとえば長軸の角度)はそのパターンを反映しうる。 For example, many golfers tend to hit the ball at a mishit on Rouhiru area or payout region of the face 112 (see below), (angle of e.g. long axis) direction of the thick portion 130 (see below) that It may reflect a pattern. さらなる態様において、異なる衝突物理現象を実現するように、またはクラブヘッド102(以下参照)の他の部分の変化の原因となるように、肉厚部130(以下参照)の形状を改変することができる。 In a further embodiment, to achieve different collision physical phenomena, or the club head 102 so as to cause a change in the other part of (see below), it is altering the shape of the thick portion 130 (see below) it can. 上記で言及した要因またはさらなる要因のいずれかを組み込むことができる、肉厚部130(以下参照)、および/またはフェース112(以下参照)の他の部分の幾何形状の設計との関連で、有限要素解析を使用することができる。 It can be incorporated into either the source or additional factors mentioned above, in connection with the thick portion 130 (see below), and / or geometry of the design of the other parts of the face 112 (see below), finite it is possible to use the element analysis.

本明細書に開示される特徴を組み込むヘッド102(以下参照)は、打球装置またはその一部として使用することができる。 Head 102 incorporating features disclosed herein (see below) it can be used as a ball striking device or a part thereof. たとえば、図1に示すゴルフクラブ100は、シャフトまたはハンドル104を、提供されるヘッド、たとえば上記のようなヘッド102に取り付けることによって製造しうる。 For example, the golf club 100 shown in FIG. 1, a shaft or handle 104 may be prepared by attaching the head to be provided, for example, the head 102 as described above. 本明細書で使用される、ヘッドを「提供する」とは、広く、物品を、その物品に対して実施される将来の動作のために利用可能または使用可能にすることをいい、その物品を提供する当事者がその物品を製造、生産または供給したこと、あるいはその物品を提供する当事者がその物品の所有権または管理を有することを意味しない。 As used herein, the term "providing" a head, wide, the article refers to enable or usable available for future operations to be performed on the article, the article party producing the article to be provided, it was produced or supplied, or party providing the article does not mean that it has ownership or management of the article. 他の態様において、本明細書に記載される原理にしたがって様々なタイプの打球装置を製造することができる。 In another embodiment, it is possible to produce a ball striking devices of various types according to the principles described herein. 一つの態様において、少なくとも一つのクラブが本明細書に記載される一つまたは複数の態様のヘッドを有する、ゴルフクラブセットを製造することができる。 In one embodiment, at least one of the club of one or more embodiments described herein heads, it is possible to produce a golf club set. そのようなセットは少なくとも一つのウッドタイプクラブおよび/または少なくとも一つのアイアンタイプクラブを含みうる。 Such sets may comprise at least one wood-type club and / or at least one iron-type clubs. たとえば、各クラブが異なるロフト角を有し、各クラブが上記のようなヘッドを有する、アイアンタイプゴルフクラブセットを提供することができる。 For example, having a loft angle of each club is different, each club having a head as described above, it is possible to provide a iron-type golf club set. セット中の様々なクラブは、クラブのロフト角に基づいて形状、サイズ、場所、向きなどがわずかに異なりうる肉厚部130(以下参照)を有しうる。 Various clubs in the set may have the shape based on the loft angle of the club, size, location, thickness, etc. may differ slightly orientation section 130 (see below). さらには、肉厚部130(以下参照)の形状、サイズ、場所、向きなどのうち少なくとも一つがゴルファーによる通常の打球パターンに基づいて構成された、上記のようなヘッドを有するクラブを提供することで、一つまたは複数のクラブを特定のユーザのためにカスタマイズすることができる。 It further provides that the shape of the thick portion 130 (see below), the size, location, at least one of such direction is configured on the basis of the normal hitting pattern by a golfer, the club having a head as described above in, it is possible to customize one or more of the club for a particular user. さらなるカスタマイズ用技術を含むなおさらなる態様および変形が可能である。 It is possible to still further embodiments and variations containing additional customization technologies.

本明細書に記載される肉厚部130(以下参照)、および肉厚部130(以下参照)の様々なコンポーネントの形状は、打球面110(以下参照)とゴルフボールなどのボールとの間の衝突に関するエネルギー移動および衝突速度を増大させることができる。 Thick portion 130 as described herein (see below), and the shape of the various components of the thick portion 130 (see below), (see below) the ball striking surface 110 and between the ball and golf ball it is possible to increase the energy transfer and impact velocity about the collision. 肉厚部130(以下参照)は、フェースの補剛された中心部分を創製し、これによりフェース112(以下参照)の他の区域を(たとえば厚さを減少させることで)より可撓性にして、ボールとのより緩やかな衝突を作り出すことが可能になり、これにより全体的なボール変形を減少させることができる。 Thick portion 130 (see below) is to create a stiffened central portion of the face, thereby (by reducing the thickness, for example) to other areas of the face 112 (see below) to more flexible Te, it is possible to create a more gradual impact with the ball, thereby reducing the overall ball deformation. 著しいエネルギー損失が過剰なボール変形によって起こりうることから、フェース112(以下参照)の構成は、衝突時のエネルギー損失の低下ならびにエネルギーおよび速度の増大を生じさせることができる。 Since a significant energy loss can result from excessive ball deforming the configuration of the face 112 (see below) is capable of producing a reduction in energy loss and increased energy and velocity at impact. ヘッド202(以下参照)がチャネル240(以下参照)を含む態様において、チャネル240(以下参照)は衝突中に屈曲することでフェース212(以下参照)と協働してボール変形を減少させ、それにより衝突時のエネルギーおよび速度を増大させることができる。 In embodiments including a head 202 (see below) the channel 240 (see below), the channel 240 (see below) reduces the ball deforming in cooperation with the face 212 (see below) by bending in a collision, it it is possible to increase the energy and speed of the collision by. 一態様において、チャネル240(以下参照)の屈曲は、フェース112(以下参照)の屈曲に続いて起こりうるし、フェース112(以下参照)に比べて小さなボール変形に対する効果を示しうる。 In one embodiment, the bending of the channel 240 (see below), to can occur following the bending of the face 112 (see below), may exhibit the effect on small ball deformation than the face 112 (see below). さらには、補剛された中心部分およびより可撓性の周辺部分は、あてはまるUSGA規則になおフェース112(以下参照)を適合させながら、フェース112(以下参照)のトランポリン効果を増大させ、高い応答(たとえばCOR)を示す「ホットゾーン」のサイズを増大させることで、オフセンターヒット時のボール速度を向上させる。 Furthermore, stiffened central portion and than the peripheral portion of the flexible, while adapting Incidentally face 112 to USGA rules apply (see below), to increase the trampoline effect of the face 112 (see below), high response (for example COR) to increase the size of the "hot zone" indicating, improve ball speed at the time of off-center hits. また、肉厚部130(以下参照)は、フェース112(以下参照)の中心、および周囲区域に耐久性を付加し、これによりフェースの耐用期間を延ばすことができる。 Further, the thick portion 130 (see below), the center of the face 112 (see below), and adds durability to ambient area, thereby extending the life of the face. 当業者は、なおさらなる利点を認識および理解することができる。 One skilled in the art and is still capable of recognizing and understanding the additional advantage.

本発明を実施する好ましい形態を含む具体例に関して本発明を詳細に説明したが、当業者は、上記システムおよび方法の数多くの変形および入れ替えがあることを理解するであろう。 While the invention has been described in detail with respect to specific examples including preferred modes of carrying out the invention, those skilled in the art will appreciate that there are numerous variations and permutations of the above described systems and methods. したがって、本発明の真意および範囲は、請求の範囲に述べられるように広義に解釈されるべきである。 Therefore, the spirit and scope of the invention should be construed broadly as set forth in the appended claims.

Claims (43)

  1. その外面でボールを打つように構成されたフェースであって、該外面とは反対側の内面を有する、フェースと; A constructed face to strike the ball with an outer surface thereof, having an inner surface opposite the outer surface, and a face;
    該フェースに接続されかつ該フェースから後方に延びるボディと; A body extending rearwardly from the connected and the face in the face;
    該フェースの該内面から内向きに延びる突出部を形成する、該フェースの肉厚部であって、 Forming a protrusion extending inwardly from the inner surface of the face, a thick portion of the face,
    該肉厚部が環状テーパ区域を含み、 Thick wall portion includes an annular tapered section,
    該環状テーパ区域は、上部境界と下部境界との間で厚さが漸減し、かつ該上部境界によって境界づけられる隆起区域を包囲し、 Annular tapered zone is gradually reduced in thickness between the upper boundary and the lower boundary, and surrounds the raised areas bounded by the upper boundary,
    該上部境界および該下部境界の少なくとも一方が、 At least one of the upper boundary and said lower boundary,
    凸状外郭を有する第一の外縁を有する第一の出張り部、 First ledge having a first edge having a convex outer,
    凸状外郭を有する第二の外縁を有する第二の出張り部、および Second lobe having a second outer edge having a convex outer, and
    該第一の出張り部と該第二の出張り部との間で延びる接続部 を含む形状を画定し、そのため該接続部が、該第一の外縁と該第二の外縁との間で延びる第三の外縁および第四の外縁によって画定され、 Defining a shape including a connecting portion extending between said first ledge and said second lug, therefore the connecting portion, between the outer edge and said second edge of said first is defined by a third edge and a fourth edge extending,
    該第三の外縁および該第四の外縁の少なくとも一方が凹状外郭を有する、肉厚部とを含む、ゴルフクラブヘッド。 At least one of said third edge and said fourth edge has a concave contour, and a thick portion, the golf club head.
  2. 隆起区域の少なくとも一部分が概して一定の厚さを有する、請求項1記載のゴルフクラブヘッド。 At least a portion has a generally constant thickness, claim 1 golf club head according to raised areas.
  3. 隆起区域が、環状テーパ区域の上部境界内の全区域にわたって概して一定の厚さを有するプラトー区域である、請求項1記載のゴルフクラブヘッド。 Raised areas is a plateau zone having a generally constant thickness over the entire area of ​​the upper boundary of the annular tapered zone claim 1 golf club head according.
  4. 隆起区域が、多層的であり、かつ 第一の概して一定のフェース厚を有する第一のプラトー区域、 Raised areas is a multi-layered, and the first generally first plateau zone having a constant face thickness,
    第二の概して一定のフェース厚を有する第二のプラトー区域、および 該第一のプラトー区域と該第二のプラトー区域との間で延びるテーパ区域を含む、請求項1記載のゴルフクラブヘッド。 The second plateau zone and a tapered zone extending between said first plateau zone and said second plateau zone claim 1 golf club head according to a second generally constant face thickness.
  5. 第三の外縁が第四の外縁に比べてフェースの頂部により近接しており、かつ 該第三の外縁が凹状外郭を有し、第四の外縁が凸状外郭を有する、請求項1記載のゴルフクラブヘッド。 Third edge are closer to the top of the face compared to the fourth edge, and said third edge has a concave outer, fourth outer edge has a convex outer, according to claim 1, wherein golf club head.
  6. 第三の外縁および第四の外縁がいずれも凹状外郭を有する、請求項1記載のゴルフクラブヘッド。 Third edge and a fourth edge having a concave outer none, claim 1 golf club head according.
  7. ボディが、内向きに陥凹したチャネルをさらに含み、該チャネルが、該ボディのソールの少なくとも一部分にわたって延びかつフェースの底縁から後方に離間している、請求項1記載のゴルフクラブヘッド。 Body further comprises a recessed channel inwardly, the channel is at least extends over a portion and spaced apart from the bottom edge of the face backwards, claim 1 golf club head according sole of the body.
  8. チャネルが、 Channel,
    フェースの底縁と概して平行に延びる二つの境界縁、および 曲線輪郭を有する陥凹谷部を形成するように該境界縁から内向きに延びる二つの壁を含む、請求項7記載のゴルフクラブヘッド。 Two boundary edge extending generally parallel to the bottom edge of the face, and two walls extending inwardly from the boundary edge to form a recess trough having a contoured golf club head according to claim 7, wherein .
  9. 肉厚部が第二の環状テーパ区域をさらに含み、 Thick portion further comprises a second annular taper region,
    該第二の環状テーパ区域は、第二の上部境界と第二の下部境界との間で厚さが漸減し、かつ前記環状テーパ区域および隆起区域を完全に包囲する、請求項1記載のゴルフクラブヘッド。 Annular tapered section of said second, the thickness gradually decreases between the second upper boundary and a second lower bound, and completely surrounds the annular tapered section and raised areas, golf claim 1, wherein club head.
  10. 肉厚部が、 Thick portion is,
    概して一定の厚さを有する環状プラトー区域であって、前記環状テーパ区域と前記第二の環状テーパ区域との間で延びる、環状プラトー区域をさらに含む、請求項9記載のゴルフクラブヘッド。 Generally an annular plateau zone having a constant thickness, extending between said annular tapered section and said second annular tapered zone, further comprising the golf club head of claim 9, wherein the annular plateau region.
  11. 第二の上部境界および第二の下部境界の少なくとも一方が、 At least one of the second upper boundary and the second lower boundary,
    凸状外郭を有する第五の外縁を有する第三の出張り部、 Third ledge having a fifth outer edge having a convex outer,
    凸状外郭を有する第六の外縁を有する第四の出張り部、および 該第三の出張り部と該第四の出張り部との間で延びる第二の接続部を含む形状を画定し、そのため該第二の接続部が、該第五の外縁と該第六の外縁との間で延びる第七の外縁および第八の外縁によって画定され、 Fourth ledge having a sixth edge having a convex outer, and defining a shape including a second connecting portion extending between said third lug and said fourth ledge , therefore the connection portion of the second is defined by the seventh edge and eighth edge extending between the outer edge and said sixth outer edge of said fifth,
    該第七の外縁および該第八の外縁の少なくとも一方が凹状外郭を有する、請求項9記載のゴルフクラブヘッド。 At least one of said seventh outer edge and said eighth outer edge has a concave outer golf club head according to claim 9, wherein.
  12. 形状が、第一の軸に沿った最大寸法を有するように細長く、 Shape, elongated to have a maximum dimension along a first axis,
    第一の出張り部が、該第一の軸に垂直な第二の軸に沿った第一の寸法を有し、 First lug portion has a first dimension along a second axis perpendicular to said first axis,
    第二の出張り部が、該第二の軸に沿った第二の寸法を有し、 Second ledge has a second dimension along the said second axis,
    接続部が、該第一の寸法および該第二の寸法よりも小さな、該第二の軸に沿った第三の寸法を有する、請求項1記載のゴルフクラブヘッド。 Connecting portion, smaller than the dimension and said second dimension of said first, it has a third dimension along the said second axis, claim 1 golf club head according.
  13. フェースが、該フェースと該フェースの周縁から後方に延びる複数の壁とを含むカップフェース構成を有するフェース部材の一部として形成され、ボディが、該壁に接続されかつ該フェース部材から後方に延びる一つまたは複数のボディ部材によって少なくとも部分的に形成される、請求項1記載のゴルフクラブヘッド。 Face is formed as a portion of the face member having a cup face structure including a plurality of walls extending rearwardly from the periphery of the face and the face, body, extend rearward from the connected and the face member to the wall at least partially formed by one or more body members, claim 1 golf club head according.
  14. フェースが、該フェースと該フェースの底縁から後方に延びる壁とを含むフェース部材の一部として形成され、ボディが、該壁、および該フェースの周縁に接続されかつ該フェース部材から後方に延びる一つまたは複数のボディ部材によって、少なくとも部分的に形成される、請求項1記載のゴルフクラブヘッド。 Face is formed as a portion of the face member including a wall extending rearwardly from the bottom edge of the face and the face, body, extending wall, and is connected to the periphery of the face and from said face member rearwardly by one or more body member is at least partially formed, claim 1 golf club head according.
  15. 請求項1記載のゴルフクラブヘッドと、該ヘッドに係合したシャフトとを含む、ゴルフクラブ。 It includes a golf club head according to claim 1 and a shaft engaged with the head, a golf club.
  16. その外面でボールを打つように構成されたフェースであって、 In its outer surface a face configured to hit the ball,
    該フェースが該外面とは反対側の内面を有し、 The face has an inner surface opposite the outer surface,
    該フェースの該内面が、該内面から突出しかつ該フェースの周囲部分に比べて増大した厚さを有する隆起区域を有し、 Inner surface of the face is protruded from the inner surface and having a raised area with an increased thickness than the surrounding parts of the face,
    該隆起区域が、該隆起区域から外方に向かって厚さが減少する環状テーパ区域によって完全に包囲され、 The raised zone, is completely surrounded by an annular tapered section that decreases in thickness toward the outside of the the raised area,
    該隆起区域が、該テーパ区域の内縁によって画定される周縁を有し、 The raised area has a perimeter defined by the inner edge of the tapered section,
    該周縁が、 The peripheral edge,
    凸状外郭を有する第一の外縁を有する第一の出張り部、 First ledge having a first edge having a convex outer,
    凸状外郭を有する第二の外縁を有する第二の出張り部、および 該第一の出張り部と該第二の出張り部との間で延びる接続部 を含む形状を画定し、そのため該接続部が、該第一の外縁と該第二の外縁との間で延びる第三の外縁および第四の外縁によって画定され、 Defining a second lobe having a second outer edge having a convex outer, and a shape including a connecting portion extending between said first ledge and said second lug, therefore the connecting portion is defined by a third edge and a fourth edge extending between said first edge and said second edge,
    該第三の外縁および該第四の外縁の少なくとも一方が凹状外郭を有する、フェースと; At least one of said third edge and said fourth edge has a concave outer, and face;
    該フェースに接続されかつ該フェースから後方に延びるボディとを含む、ゴルフクラブヘッド。 And connected to said face and a body extending rearwardly from said face, the golf club head.
  17. 隆起区域の少なくとも一部分が概して一定の厚さを有する、請求項16記載のゴルフクラブヘッド。 At least a portion has a generally constant thickness, golf club head according to claim 16, wherein the raised areas.
  18. 隆起区域が、環状テーパ区域の内縁内の全区域にわたって概して一定の厚さを有するプラトー区域である、請求項16記載のゴルフクラブヘッド。 Raised areas is a plateau zone having a generally constant thickness over the entire area of ​​the inner edge of the annular tapered section, golf club head according to claim 16, wherein.
  19. 隆起区域が、多層的であり、かつ 第一の概して一定のフェース厚を有する第一のプラトー区域、 Raised areas is a multi-layered, and the first generally first plateau zone having a constant face thickness,
    第二の概して一定のフェース厚を有する第二のプラトー区域、および 該第一のプラトー区域と該第二のプラトー区域との間で延びるテーパ区域を含む、請求項16記載のゴルフクラブヘッド。 The second plateau zone and a tapered zone extending between said first plateau zone and said second plateau area, the golf club head of claim 16, further comprising a second generally constant face thickness.
  20. 第三の外縁が第四の外縁に比べてフェースの頂部により近接しており、かつ 第三の外縁が凹状外郭を有し、第四の外縁が凸状外郭を有する、請求項16記載のゴルフクラブヘッド。 Third edge are closer to the top of the face compared to the fourth edge, and a third outer edge has a concave outer, fourth outer edge has a convex outer, golf claim 16, wherein club head.
  21. 第三の外縁および第四の外縁がいずれも凹状外郭を有する、請求項16記載のゴルフクラブヘッド。 Third edge and a fourth edge having a concave outer none, golf club head according to claim 16, wherein.
  22. ボディが、内向きに陥凹したチャネルをさらに含み、該チャネルが、該ボディのソールの少なくとも一部分にわたって延びかつフェースの底縁から後方に離間している、請求項16記載のゴルフクラブヘッド。 Body further comprises a recessed channel inwardly, the channel is at least extends over a portion and spaced apart from the bottom edge of the face to the rear, the golf club head of claim 16, wherein the sole of the body.
  23. 形状が、第一の軸に沿った最大寸法を有するように細長く、 Shape, elongated to have a maximum dimension along a first axis,
    第一の出張り部が、該第一の軸に垂直な第二の軸に沿った第一の寸法を有し、 First lug portion has a first dimension along a second axis perpendicular to said first axis,
    第二の出張り部が、該第二の軸に沿った第二の寸法を有し、 Second ledge has a second dimension along the said second axis,
    接続部が、該第一の寸法および該第二の寸法よりも小さな、該第二の軸に沿った第三の寸法を有する、請求項16記載のゴルフクラブヘッド。 Connecting portion, smaller than the dimension and said second dimension of said first, it has a third dimension along the said second axis, the golf club head of claim 16, wherein.
  24. フェースが、該フェースと該フェースの周縁から後方に延びる複数の壁とを含むカップフェース構成を有するフェース部材の一部として形成され、ボディが、該壁に接続されかつ該フェース部材から後方に延びる一つまたは複数のボディ部材によって少なくとも部分的に形成される、請求項16記載のゴルフクラブヘッド。 Face is formed as a portion of the face member having a cup face structure including a plurality of walls extending rearwardly from the periphery of the face and the face, body, extend rearward from the connected and the face member to the wall at least partially formed by one or more body members, golf club head according to claim 16, wherein.
  25. フェースが、該フェースと該フェースの底縁から後方に延びる壁とを含むフェース部材の一部として形成され、ボディが、該壁、および該フェースの周縁に接続されかつ該フェース部材から後方に延びる一つまたは複数のボディ部材によって、少なくとも部分的に形成される、請求項16記載のゴルフクラブヘッド。 Face is formed as a portion of the face member including a wall extending rearwardly from the bottom edge of the face and the face, body, extending wall, and is connected to the periphery of the face and from said face member rearwardly by one or more body member is at least partially formed, golf club head according to claim 16, wherein.
  26. 請求項16記載のゴルフクラブヘッドと、該ヘッドに係合したシャフトとを含む、ゴルフクラブ。 It includes a golf club head of claim 16 and a shaft engaged with the head, a golf club.
  27. その外面でボールを打つように構成されたフェースであって、 In its outer surface a face configured to hit the ball,
    該フェースが該外面とは反対側の内面を有し、 The face has an inner surface opposite the outer surface,
    該フェースの該内面が、該内面から突出しかつ該フェースの周囲部分に比べて増大した厚さを有する隆起区域を有し、 Inner surface of the face is protruded from the inner surface and having a raised area with an increased thickness than the surrounding parts of the face,
    該隆起区域が、該隆起区域から外方に向かって厚さが減少する環状テーパ区域によって完全に包囲され、 The raised zone, is completely surrounded by an annular tapered section that decreases in thickness toward the outside of the the raised area,
    該隆起区域が、該テーパ区域の内縁によって画定される周縁を有し、 The raised area has a perimeter defined by the inner edge of the tapered section,
    該周縁が、第一の軸に沿った最大寸法を有するように細長い形状を画定し、 Peripheral edge defining an elongated shape so as to have a maximum dimension along a first axis,
    該形状が、 The shape is,
    該第一の軸に垂直な第二の軸に沿った第一の寸法を有する第一の拡大区域、 First expansion zone having a first dimension along a second axis perpendicular to said first axis,
    該第二の軸に沿った第二の寸法を有する第二の拡大区域、および Second expansion zone having a second dimension along the said second axis, and
    該第一の区域と該第二の区域とを接続する狭窄した接続部を含み、 Includes a connecting portion constricted connecting the said first zone and said second zone,
    該接続部が、該第一の寸法および該第二の寸法よりも小さな、該第二の軸に沿った第三の寸法を有する、フェースと; The connection portion is smaller than the dimension and said second dimension of said first, has a third dimension along the said second axis, and a face;
    該フェースに接続されかつ該フェースから後方に延びるボディとを含む、ゴルフクラブヘッド。 And connected to said face and a body extending rearwardly from said face, the golf club head.
  28. 第一の軸が、ボディのソールによって画定される水平方向に対して斜角をなす、請求項27記載のゴルフクラブヘッド。 First axis, the horizontal direction forms an oblique angle with respect to a golf club head of claim 27 defined by the body of the sole.
  29. 第一の軸が水平方向に対して最大約18°の斜角をなす、請求項28記載のゴルフクラブヘッド。 Up to about 18 forms an oblique angle °, golf club head according to claim 28 relative to the first axis in the horizontal direction.
  30. 隆起区域の少なくとも一部分が概して一定の厚さを有する、請求項27記載のゴルフクラブヘッド。 At least a portion has a generally constant thickness, golf club head according to claim 27, wherein the raised areas.
  31. 隆起区域が、環状テーパ区域の内縁内の全区域にわたって概して一定の厚さを有するプラトー区域である、請求項27記載のゴルフクラブヘッド。 Raised areas is a plateau zone having a generally constant thickness over the entire area of ​​the inner edge of the annular tapered section, golf club head of claim 27.
  32. 隆起区域が、多層的であり、かつ 第一の概して一定のフェース厚を有する第一のプラトー区域、 Raised areas is a multi-layered, and the first generally first plateau zone having a constant face thickness,
    第二の概して一定のフェース厚を有する第二のプラトー区域、および 該第一のプラトー区域と該第二のプラトー区域との間で延びるテーパ区域を含む、請求項27記載のゴルフクラブヘッド。 The second plateau zone and a tapered zone extending between said first plateau zone and said second plateau area, the golf club head of claim 27 further comprising a second generally constant face thickness.
  33. ボディが、内向きに陥凹したチャネルをさらに含み、該チャネルが、該ボディのソールの少なくとも一部分にわたって延びかつフェースの底縁から後方に離間している、請求項27記載のゴルフクラブヘッド。 Body further comprises a recessed channel inwardly, the channel is at least extends over a portion and spaced apart from the bottom edge of the face to the rear, the golf club head of claim 27, wherein the sole of the body.
  34. フェースが、該フェースと該フェースの周縁から後方に延びる複数の壁とを含むカップフェース構成を有するフェース部材の一部として形成され、ボディが、該壁に接続されかつ該フェース部材から後方に延びる一つまたは複数のボディ部材によって少なくとも部分的に形成される、請求項27記載のゴルフクラブヘッド。 Face is formed as a portion of the face member having a cup face structure including a plurality of walls extending rearwardly from the periphery of the face and the face, body, extend rearward from the connected and the face member to the wall at least partially formed by one or more body members, golf club head of claim 27.
  35. フェースが、該フェースと該フェースの底縁から後方に延びる壁とを含むフェース部材の一部として形成され、ボディが、該壁、および該フェースの周縁に接続されかつ該フェース部材から後方に延びる一つまたは複数のボディ部材によって、少なくとも部分的に形成される、請求項27記載のゴルフクラブヘッド。 Face is formed as a portion of the face member including a wall extending rearwardly from the bottom edge of the face and the face, body, extending wall, and is connected to the periphery of the face and from said face member rearwardly by one or more body member is at least partially formed, golf club head of claim 27.
  36. 接続部が、第一の拡大区域と第二の拡大区域との間で延びる頂縁および底縁を有し、該頂縁および該底縁の少なくとも一方が凹状輪郭を有する、請求項27記載のゴルフクラブヘッド。 Connecting portion has a top edge and bottom edge extending between the first expansion section and a second expansion zone, at least one of said top edge and bottom edge has a concave profile, according to claim 27, wherein golf club head.
  37. 請求項27記載のゴルフクラブヘッドと、該ヘッドに係合したシャフトとを含む、ゴルフクラブ。 It includes a golf club head of claim 27 and a shaft engaged with the head, a golf club.
  38. その外面でボールを打つように構成されたフェース、および該フェースの底縁から後方に延びる壁を含むフェース部材であって、 Configured face to strike the ball with an outer surface thereof, and from the bottom edge of the face a face member including a wall extending rearward,
    該フェースが該外面とは反対側の内面を有し、 The face has an inner surface opposite the outer surface,
    該フェースの該内面が、該内面から突出しかつ該フェースの周囲部分に比べて増大した厚さを有する隆起区域を有する、フェース部材と; Inner surface of the face is protruded from the inner surface and having a raised area with an increased thickness than the surrounding parts of the face, the face member;
    該フェースに接続されかつ該フェースから後方に延びる少なくとも一つのボディ部材を含むボディであって、 A body comprising at least one body member extending rearwardly from the connected and the face in the face,
    該少なくとも一つのボディ部材が、該壁、および該フェースの周縁の周りに接続され、そのため該壁が該ボディのソールの一部分を形成し、 Said at least one body member, the wall, and is connected around the periphery of the face, therefore the wall forms a portion of the sole of the body,
    該フェース部材および該少なくとも一つのボディ部材が一緒になって内部キャビティを画定する、ボディとを含む、ゴルフクラブヘッド。 Defining an internal cavity said face member and said at least one body member together, comprising a body, a golf club head.
  39. 隆起区域が、該隆起区域から外方に向かって厚さが減少する環状テーパ区域によって完全に包囲される、請求項38記載のゴルフクラブヘッド。 Raised zone, the raised area thickness outwardly from is is completely surrounded by decreasing annular tapered zones, golf club head of claim 38.
  40. 隆起区域が、環状テーパ区域の内縁によって画定される周縁を有し、 Raised areas has a perimeter defined by the inner edge of the annular tapered section,
    該周縁が、 The peripheral edge,
    凸状外郭を有する第一の外縁を有する第一の出張り部、 First ledge having a first edge having a convex outer,
    凸状外郭を有する第二の外縁を有する第二の出張り部、および 該第一の出張り部と該第二の出張り部との間で延びる接続部 を含む形状を画定し、そのため該接続部が、該第一の外縁と該第二の外縁との間で延びる第三の外縁および第四の外縁によって画定され、 Defining a second lobe having a second outer edge having a convex outer, and a shape including a connecting portion extending between said first ledge and said second lug, therefore the connecting portion is defined by a third edge and a fourth edge extending between said first edge and said second edge,
    該第三の外縁および該第四の外縁の少なくとも一方が凹状外郭を有する、請求項39記載のゴルフクラブヘッド。 At least one of said third edge and said fourth edge has a concave outer golf club head according to claim 39, wherein.
  41. 隆起区域が、環状テーパ区域の内縁によって画定される周縁を有し、 Raised areas has a perimeter defined by the inner edge of the annular tapered section,
    該周縁が、第一の軸に沿った最大寸法を有するように細長い形状を画定し、 Peripheral edge defining an elongated shape so as to have a maximum dimension along a first axis,
    該形状が、 The shape is,
    該第一の軸に垂直な第二の軸に沿った第一の寸法を有する第一の拡大区域、 First expansion zone having a first dimension along a second axis perpendicular to said first axis,
    該第二の軸に沿った第二の寸法を有する第二の拡大区域、および 該第一の区域および該第二の区域を接続する狭窄した接続部 を含み、 Includes a second expansion zone, and the connection portion constricted connecting said first zone and said second zone having a second dimension along the said second axis,
    該接続部が、該第一の寸法および該第二の寸法よりも小さな、該第二の軸に沿った第三の寸法を有する、請求項39記載のゴルフクラブヘッド。 The connection portion is smaller than the dimension and said second dimension of said first, has a third dimension along the said second axis, the golf club head of claim 39.
  42. ゴルフクラブヘッドがウッドタイプゴルフクラブヘッドまたはハイブリッドタイプゴルフクラブヘッドであり、内部キャビティが、フェース部材および少なくとも一つのボディ部材によって完全に包囲されている、請求項38記載のゴルフクラブヘッド。 Golf club head is a wood-type golf club head or hybrid type golf club head, an internal cavity, the face member and at least by one of the body member are completely surrounded, golf club head of claim 38.
  43. 請求項38記載のゴルフクラブヘッドと、該ヘッドに係合したシャフトとを含む、ゴルフクラブ。 It includes a golf club head of claim 38 and a shaft engaged with the head, a golf club.
JP2014525978A 2011-08-17 2011-08-17 Golf club head or other ball striking device having a stiffening face portion Pending JP2014521484A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
PCT/US2011/048126 WO2013025212A1 (en) 2011-08-17 2011-08-17 Golf club head or other ball striking device having stiffened face portion

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2014521484A true JP2014521484A (en) 2014-08-28
JP2014521484A5 JP2014521484A5 (en) 2016-08-04

Family

ID=44515055

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014525978A Pending JP2014521484A (en) 2011-08-17 2011-08-17 Golf club head or other ball striking device having a stiffening face portion

Country Status (4)

Country Link
EP (1) EP2744577A1 (en)
JP (1) JP2014521484A (en)
CN (1) CN103930173B (en)
WO (1) WO2013025212A1 (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5848839B1 (en) * 2015-06-03 2016-01-27 ダンロップスポーツ株式会社 Golf club head
JP2016116842A (en) * 2014-10-24 2016-06-30 アクシュネット カンパニーAcushnet Company Golf club head

Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20040082404A1 (en) * 2002-10-24 2004-04-29 Kraig Willett Golf club face plate and method of manufacture
JP2004187795A (en) * 2002-12-09 2004-07-08 Bridgestone Sports Co Ltd Golf club head
US20100178997A1 (en) * 2004-10-07 2010-07-15 Callaway Golf Company Golf club head with variable face thickness
JP2010530783A (en) * 2007-06-21 2010-09-16 ナイキ インコーポレーティッド High moment of inertia wood-type golf clubs and golf club head
JP2011010761A (en) * 2009-06-30 2011-01-20 Globeride Inc Golf club
US20110021284A1 (en) * 2009-07-24 2011-01-27 Nike, Inc. Golf Club Head or Other Ball Striking Device Having Impact-Influencing Body Features
JP2011125723A (en) * 2009-12-21 2011-06-30 Acushnet Co Golf club with improved performance

Family Cites Families (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US1184909A (en) 1915-07-17 1916-05-30 Joseph Ziemienik Burglar-proof lock.
US1185009A (en) 1915-10-16 1916-05-30 William Searby Extracting sugar.
US1184809A (en) 1915-12-31 1916-05-30 Nicholas W Anthony Burner.
US1526411A (en) 1924-08-12 1925-02-17 Ivan C Bell Mechanically-packed packer
US6202909B1 (en) 1999-05-04 2001-03-20 Draw-Tite Corporation Storable hitch mounted cargo carrier
US7682262B2 (en) * 2000-04-18 2010-03-23 Acushnet Company Metal wood club with improved hitting face
US8439769B2 (en) * 2005-09-07 2013-05-14 Acushnet Company Metal wood club with improved hitting face
JP2002315854A (en) * 2001-02-14 2002-10-29 Kasco Corp Wood type golf club head
WO2004009186A1 (en) 2002-07-24 2004-01-29 Burrows Golf, Inc. Temporary golf club shaft-component connection
US6887165B2 (en) 2002-12-20 2005-05-03 K.K. Endo Seisakusho Golf club
US7294064B2 (en) 2003-03-31 2007-11-13 K.K Endo Seisakusho Golf club
US7601078B2 (en) * 2007-03-29 2009-10-13 Karsten Manufacturing Corporation Golf club head with non-metallic body
JP4348379B2 (en) * 2007-04-10 2009-10-21 Sriスポーツ株式会社 Wood-type golf club head
JP5247101B2 (en) * 2007-09-26 2013-07-24 ブリヂストンスポーツ株式会社 Golf club head
US7988568B2 (en) * 2008-01-17 2011-08-02 Nike, Inc. Golf clubs and golf club heads with adjustable center of gravity and moment of inertia characteristics
US8070623B2 (en) * 2008-11-21 2011-12-06 Nike, Inc. Golf club head or other ball striking device having stiffened face portion
US8435132B2 (en) * 2009-07-10 2013-05-07 Nike, Inc. Golf clubs and golf club heads

Patent Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20040082404A1 (en) * 2002-10-24 2004-04-29 Kraig Willett Golf club face plate and method of manufacture
JP2004187795A (en) * 2002-12-09 2004-07-08 Bridgestone Sports Co Ltd Golf club head
US20100178997A1 (en) * 2004-10-07 2010-07-15 Callaway Golf Company Golf club head with variable face thickness
JP2010530783A (en) * 2007-06-21 2010-09-16 ナイキ インコーポレーティッド High moment of inertia wood-type golf clubs and golf club head
JP2011010761A (en) * 2009-06-30 2011-01-20 Globeride Inc Golf club
US20110021284A1 (en) * 2009-07-24 2011-01-27 Nike, Inc. Golf Club Head or Other Ball Striking Device Having Impact-Influencing Body Features
JP2011125723A (en) * 2009-12-21 2011-06-30 Acushnet Co Golf club with improved performance

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2016116842A (en) * 2014-10-24 2016-06-30 アクシュネット カンパニーAcushnet Company Golf club head
JP5848839B1 (en) * 2015-06-03 2016-01-27 ダンロップスポーツ株式会社 Golf club head

Also Published As

Publication number Publication date
WO2013025212A1 (en) 2013-02-21
CN103930173B (en) 2017-07-14
EP2744577A1 (en) 2014-06-25
CN103930173A (en) 2014-07-16

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7520819B2 (en) Metal wood club with improved hitting face
US7066832B2 (en) Golf club head
JP4378298B2 (en) Golf club head
US7927229B2 (en) Golf club heads and methods to manufacture the same
US7887434B2 (en) Golf club
US8376876B2 (en) Golf club head with variable face thickness
US7377860B2 (en) Metal wood golf club head
AU2004211946B2 (en) Golf club head
EP2355908B1 (en) Golf club head having stiffened face portion
US8100779B2 (en) Golf club head with a three-dimensional alignment member and methods to manufacture golf club heads
CN102448552B (en) Golf club head or other ball striking device having a reinforced or localized stiffened face portion
US7056228B2 (en) Golf club head providing enhanced acoustics
US20150105177A1 (en) Fairway wood center of gravity projection
CN102625723B (en) Golf club head or other ball striking device having impact-influence body features
US20090275424A1 (en) Metal wood club with improved hitting face
US20050119070A1 (en) Golf club head
US7018303B2 (en) Golf clubhead
JP5400337B2 (en) Golf club head
US8784232B2 (en) Golf club heads and methods to manufacture the same
US7371191B2 (en) Golf club head
US8109838B2 (en) Golf club head with a three-dimensional alignment member and methods to manufacture golf club heads
US7303488B2 (en) Golf club head
US7704162B2 (en) Metal wood club with improved hitting face
US8187118B2 (en) Golf club head
US8353787B2 (en) Golf club head with progressive face stiffness

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20140218

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20140415

A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A711

Effective date: 20140703

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20150324

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20150624

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20150708

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20151007

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20151106

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20151130

A524 Written submission of copy of amendment under section 19 (pct)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A524

Effective date: 20151130

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20160106

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20160506

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20160617

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20160622

A912 Removal of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A912

Effective date: 20160902

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20170712

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20170804

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20170911