New! View global litigation for patent families

JP2014501119A - Implantable fastener cartridge having a non-forming component - Google Patents

Implantable fastener cartridge having a non-forming component Download PDF

Info

Publication number
JP2014501119A
JP2014501119A JP2013531687A JP2013531687A JP2014501119A JP 2014501119 A JP2014501119 A JP 2014501119A JP 2013531687 A JP2013531687 A JP 2013531687A JP 2013531687 A JP2013531687 A JP 2013531687A JP 2014501119 A JP2014501119 A JP 2014501119A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2013531687A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
ワイデンハウス・タマラ
シェルトン・フレデリック・イー・ザ・フォース
Original Assignee
エシコン・エンド−サージェリィ・インコーポレイテッドEthicon Endo−Surgery,Inc.
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

締結具カートリッジは、圧縮可能であり、折り畳み可能であり、及び/又は圧壊可能なカートリッジ本体、及び組織を締結するために使用され得る、カートリッジ本体内に埋め込まれた締結具を含む。 Fastener cartridge is compressible, foldable include, and / or collapsible cartridge body, and tissues can be used to fasten the fastener that is embedded in the cartridge body. 使用中、締結具カートリッジが外科用締結装置の第1ジョー内に位置付けられる場合があり、第1ジョーは、第2ジョー、又はアンビルと反対側に位置付けられ得る。 In use, may fasteners cartridge is positioned within the first jaw of the surgical fastening apparatus, the first jaw may second jaw, or anvil positioned opposite. アンビルは、カートリッジ本体を圧縮し、折り畳み、及び/又は圧壊させ、及び変形させ、ないしは別の方法で内部に収容された締結具を展開する締結具カートリッジと係合し得る。 Anvil compresses the cartridge body, folding, and / or by crushing and deforming, or may fastener cartridge and engage deploying a fastener contained therein in a different way. 締結具が変形又は展開されると、締結具が、締結される組織の少なくとも一部分と共に、内部にカートリッジ本体の一部分を捕捉することができる。 When the fastener is deformed or expanded, it can be fasteners, with at least a portion of the tissue to be fastened, to capture a portion of the cartridge body therein. カートリッジ本体は、これにわたって均一ではない厚さを含み得る。 The cartridge body may include a thickness not uniform over this. 少なくとも一実施形態において、締結具は異なる非形成高さ及び/又は異なる形成高さを含み得る。 In at least one embodiment, the fastener may include a non-formed heights and / or different form different heights.

Description

本発明は、外科用器具に関連し、様々な実施形態において、外科用切断及びステープリング器具、並びにステープルカートリッジ(したがってこれらは組織を切断及びステープリングするように設計される)に関連する。 The present invention relates to a surgical instrument, in various embodiments, the surgical cutting and stapling instrument and a staple cartridge (hence these are being designed to cutting and stapling the tissue) associated with.

内視鏡外科用器具は、多くの場合、より小さな切開部が手術後の回復時間及び合併症を低減させる傾向にあるために、従来の開腹手術装置よりも好ましい。 Endoscopic surgical instruments are often to tend to reduce the smaller incision recovery time and post-surgical complications, preferred over traditional open surgical devices. したがって、トロカールのカニューレを通じて所望の手術部位に正確に配置するのに適した広範囲の内視鏡外科器具が開発されるに到った。 Thus, a wide range of endoscopic surgical instruments that are suitable for precise placement of a desired surgical site through a cannula of a trocar has reached the developed. これらの遠位端エンドエフェクタは診断又は治療効果を得るために様々な接触の仕方で組織と接触する(例えば、エンドカッター、把持器、カッター、ステープラー、クリップ適用器、アクセス装置、薬剤/遺伝子送達装置、及び超音波、高周波、レーザーなどを使用するエネルギー装置など)。 These distal end end effector is in contact with tissue in a manner of a variety of contact in order to obtain a diagnostic or therapeutic effect (e.g., endocutter, grasper, cutter, staplers, clip applier, access device, drug / gene delivery apparatus, and ultrasound, radio frequency, and energy device using a laser, etc.).

多くの内視鏡外科用用途において、特定の外科手術を達成するために必要なだけの大きさのみを有する、エンドエフェクタを利用することが望ましい。 In many endoscopic surgical applications, having only magnitude as necessary to achieve a particular surgical, it is desirable to utilize the end effector. 小さなエンドエフェクタは、手術部位のより良好な視認性をもたらす。 Small end effector, provide better visibility of the surgical site. 小さなエンドエフェクタはまた小さな空間における良好なアクセス及び操作を可能にする。 Small end effector also allows good access and operation in a small space. このようなエンドエフェクタの設計者は、小さなエンドエフェクタを開発しようとする際に、多くの課題に直面する。 The end effector of designers, when trying to develop a small end-effector, to face many challenges. 小さなエンドエフェクタ及び、より具体的に、組織を切断及びステープリングするように設計された小さなエンドカッターを操作する能力は、ステープルと切断された組織とが直線を形成するために一般的に必要とされる作動力の規模により阻害される。 Small end effector and, more specifically, the ability to manipulate the small end cutter designed to cut and stapling the tissue, the tissue is cut and staples generally required to form a straight line It is inhibited by the scale of the working force that is. このような作動力はまた、処理される組織の厚さ及び成分により変化し得る。 Such actuating force may also vary with the thickness and composition of the tissue to be treated. 例えば、厚い組織を切断及びステープリングするために、より大きな作動力が一般的に必要とされる。 For example, a thick tissue to cutting and stapling a larger actuation force is generally required. 一方で、より薄い組織を切断及びステープリングするために必要とされる作動力の規模は、一般的により小さい。 On the other hand, thinner tissue cutting and scale of operation force required to stapling is generally smaller. したがって、多くの既存のエンドカッターは典型的には、特定の範囲の組織厚さに適合するように構成された、堅牢なアンビル閉鎖システム及びステープル駆動システムを利用する。 Therefore, many existing end cutter typically configured to conform to the tissue thickness in a specific range, utilizes a robust anvil closure system and staple driver system. このような装置は、しかしながら、より薄い組織を処理するために好適でない場合が多い。 Such devices, however, are often not suitable for handling thinner tissue.

従来のエンドカッター装置はまた一般的に、組織において切断部の両側でステープルが駆動及び形成される際に、組織を切断する。 In conventional end cutting device also generally when the staple on either side of the cut in the tissue being driven and formed, to cut the tissue. これらの装置は、組織が切断及び締結されることを必要とする、これらの手術において非常に有効であるが、これらは外科医に、組織を切断せずに締結具を挿入するという選択肢を与えない。 These devices, tissue needs to be cut and fastened, are very effective in these procedures, it does not provide the option of the surgeon to insert the fastener without cutting the tissue . 同様に、アクセスを改善するために、様々な形態の作動エンドカッターが開発されてきたが、このような装置において一般的に利用される構成要素は、十分な発射及び閉鎖力を生成し、装置のハンドルからエンドエフェクタに伝達し得る構造に適合するために実質的に十分なものでなければならない。 Similarly, in order to improve access, although working end cutters in various forms have been developed, generally components that are utilized to generate a sufficient firing and closing force in such a system, device It must be substantially sufficient to fit from the handle structure capable of transmitting to the end effector. したがって、このようなエンドエフェクタは、身体内の狭い空間に効果的にアクセスするためには大きすぎる場合が多い。 Thus, such end effectors, often too large to effectively access the narrow space within the body.

したがって、上記の課題の多くに対処する、外科用切断及びステープリング器具並びにステープルカートリッジ構成に対する必要性が存在する。 Therefore, to cope with many of the above problems, a need exists for a surgical cutting and stapling instrument and a staple cartridge configured.

上述の議論は、本発明の分野にその当時に存在した欠点のいくつかを説明することのみを意図したものであり、特許請求の範囲を否定するものとみなされるべきではない。 The above discussion is intended only to illustrate some of the disadvantages present that at the time the field of the present invention and should not be considered to deny the claims.

少なくとも一形態において、ステープルカートリッジは、複数のステープル及び埋め込み可能なカートリッジ本体を含む場合があり、前記埋め込み可能なカートリッジ本体は、圧縮可能な材料を含み、複数のステープルは圧縮可能な材料内に埋め込まれる。 In at least one embodiment, staple cartridge may contain a plurality of staples and implantable cartridge body, the implantable cartridge body includes a compressible material, the plurality of staples embedded in the compressible material It is. 埋め込み可能なカートリッジ本体は、第1端部であって、埋め込み可能な材料が第1端部及びにおいて第1厚さを含む第1端部と、第2端部であって、圧縮可能な材料が第2端部において第2厚さを含む第2端部とを含み、第1厚さは、第2厚さとは異なる。 Implantable cartridge body, a first end, a first end capable material embedding comprises a first thickness at and the first end, a second end, compressible material There and a second end including a second thickness at a second end, the first thickness is different from the second thickness.

少なくとも一形態において、ステープルカートリッジは、複数のステープル及び埋め込み可能なカートリッジ本体を含む場合があり、前記埋め込み可能なカートリッジ本体は、圧縮可能な材料から構成され、複数のステープルは圧縮可能な材料内に埋め込まれる。 In at least one embodiment, staple cartridge may contain a plurality of staples and implantable cartridge body, the implantable cartridge body is composed of compressible material, the plurality of staples within the compressible material It is embedded. 埋め込み可能なカートリッジ本体は、第1端部、第2端部、第1端部と第2端部との間で延びる第1側部、第1端部と第2端部との間で延びる第2側部、及び第1側部と第2側部との中間に位置する中央部分を含み、埋め込み可能なカートリッジ本体の厚さは、中央部分において、第1側部及び第2側部よりも厚い。 Implantable cartridge body extends between a first end, a second end, a first side, a first end and a second end portion extending between the first end and the second end includes a central portion located intermediate the second side, and a first side and a second side, the thickness of the implantable cartridge body, in the central portion, than the first and second sides thicker.

少なくとも一形態において、ステープルカートリッジは、圧縮可能な表面、複数のポケット及び圧縮表面上に位置付けられるバットレス材料の断片を含むアンビルを含む場合があり、バットレス材料の断片は組織接触表面を含む。 In at least one embodiment, staple cartridge compressible surface, may contain an anvil comprising a fragment of buttress material positioned in a plurality of pockets and compression on the surface, a fragment of the buttress material includes a tissue contacting surface. ステープルカートリッジシステムは更に、ステープルカートリッジ取り付け部分、及びステープルカートリッジ取り付け部分に取り付け可能なステープルカートリッジを含み、ステープルカートリッジは、複数のステープル及び埋め込み可能なカートリッジ本体を含み、埋め込み可能なカートリッジ本体は、圧縮可能な材料から構成され、複数のステープルは圧縮可能な材料内に位置付けられ、埋め込み可能なカートリッジ本体は、ステープルがアンビルによって変形された後に、ステープルによって適用されるクランピング圧力を制御するための手段を含む。 Furthermore staple cartridge system, the staple cartridge mounting portion, and includes a staple cartridge that is attachable to the staple cartridge attachment portion, the staple cartridge includes a plurality of staples and implantable cartridge body, the cartridge body implantable, the compressible consists materials, the plurality of staples positioned in compressible material, the cartridge body implantable, after the staples have been deformed by the anvil, the means for controlling the clamping pressure applied by the staples including.

本発明の上記の、並びに他の特徴及び利点、並びにそれらを実現する方法は、本発明の実施形態の以下の説明文を添付の図面と併せて参照することでより明らかとなり、また発明自体のより深い理解が得られるであろう。 Of the invention described above, as well as other features and advantages, as well as how to achieve them, it will become more apparent by referring also to the following description of embodiments of the present invention with the accompanying drawings, and the invention itself will a deeper understanding can be obtained.
本発明の外科用器具実施形態の断面図。 Sectional view of the surgical instrument embodiment of the present invention. 本発明の埋め込み可能なステープルカートリッジの一実施形態の斜視図。 Perspective view of one embodiment of an implantable staple cartridge of the present invention. 本発明の埋め込み可能なステープルカートリッジ実施形態で組織をクランピング及びステープリングする、本発明の様々な実施形態のエンドエフェクタの部分を例示する。 Clamping and stapling tissue with implantable staple cartridge embodiments of the present invention, illustrating a portion of the end effector of various embodiments of the present invention. 本発明の埋め込み可能なステープルカートリッジ実施形態で組織をクランピング及びステープリングする、本発明の様々な実施形態のエンドエフェクタの部分を例示する。 Clamping and stapling tissue with implantable staple cartridge embodiments of the present invention, illustrating a portion of the end effector of various embodiments of the present invention. 本発明の埋め込み可能なステープルカートリッジ実施形態で組織をクランピング及びステープリングする、本発明の様々な実施形態のエンドエフェクタの部分を例示する。 Clamping and stapling tissue with implantable staple cartridge embodiments of the present invention, illustrating a portion of the end effector of various embodiments of the present invention. 本発明の埋め込み可能なステープルカートリッジ実施形態で組織をクランピング及びステープリングする、本発明の様々な実施形態のエンドエフェクタの部分を例示する。 Clamping and stapling tissue with implantable staple cartridge embodiments of the present invention, illustrating a portion of the end effector of various embodiments of the present invention. 断面図で図示される、本発明のエンドエフェクタ実施形態及び外科用ステープリング器具の実施形態の一部分の、分解組立図。 Illustrated in cross-section, of a portion of the end effector embodiments and embodiments of the surgical stapling instrument of the present invention, it exploded view. 本発明のアンビル実施形態の側方立面図。 Side elevational view of the anvil embodiment of the present invention. 図1に示されるハンドルアセンブリの一部分の断面図。 Cross-sectional view of a portion of the handle assembly shown in FIG. 図1の直線5−5に沿って取られた、図1のハンドルアセンブリの部分断面図。 Taken along line 5-5 of FIG. 1, partial cross-sectional view of the handle assembly of FIG. 本発明の発射伝達器の実施形態の一部分の斜視図。 Perspective view of a portion of an embodiment of the firing transmitter of the present invention. 図1の直線7−7に沿ってとった、図1のハンドルアセンブリの部分断面図。 And taken along line 7-7 of FIG. 1, partial cross-sectional view of the handle assembly of FIG. 図7の直線8−8に沿ってとった、図7のハンドルアセンブリの一部分の部分断面図。 And taken along line 8-8 in FIG. 7, partial cross-sectional view of a portion of the handle assembly of FIG. エンドエフェクタが外科用器具のスパイン部分に連結された後、及びこれに固定される前の、本発明の外科用器具実施形態の断面図。 After the end effector is coupled to the spine portion of the surgical instrument, and before being secured thereto, a cross-sectional view of the surgical instrument embodiment of the present invention. エンドエフェクタ及び図10の外科用器具の一部分の拡大図。 Enlarged view of a portion of the surgical instrument of the end effector and 10. エンドエフェクタが外科用器具のスパイン部分に固定された後の、図9の外科用器具の断面図。 After the end effector is secured to the spine portion of the surgical instrument, sectional view of the surgical instrument of FIG. エンドエフェクタ及び図10の外科用器具の一部分の拡大図。 Enlarged view of a portion of the surgical instrument of the end effector and 10. 第1発射アダプタが、アンビルのクランピング傾斜部の開始部まで前進した後の、図9及び図10の外科用器具の断面図。 First firing adapter, after advancing to the beginning of the clamping inclined portion of the anvil, sectional view of the surgical instrument of FIGS. エンドエフェクタ及び図11の外科用器具の一部分の拡大図であり、そのアンビルとステープルカートリッジとの間に組織が受容されている。 It is an enlarged view of a portion of the surgical instrument of the end effector and 11, tissue is received between the anvil and the staple cartridge. 第1発射アダプタがアンビルのクランピング傾斜部にわたり前進した後の、図9〜11の外科用器具の断面図。 After first firing adapter is advanced over the clamping inclined portion of the anvil, sectional view of the surgical instrument of FIGS. 9-11. エンドエフェクタ及び図12の外科用器具の一部分の拡大図。 Enlarged view of a portion of the surgical instrument of the end effector and FIG. 埋め込み可能なステープルカートリッジ内で、ステープルを完全に形成するために、第1発射アダプタがステープル形成傾斜面にわたって前進された後の、図9〜12の外科用器具の断面図。 In the implantable staple cartridge, in order to fully form the staples, after the first firing adapter is advanced over the staple forming inclined surfaces, cross-sectional view of the surgical instrument of FIG. 9-12. エンドエフェクタ及び図13の外科用器具の一部分の拡大図。 Enlarged view of a portion of the surgical instrument of the end effector and 13. 埋め込み可能なステープルカートリッジ内でステープルを完全に形成するために、ステープル形成傾斜面にわたって第1発射アダプタが前進した後、かつエンドエフェクタを通じてナイフバーが長手方向に前進した後の、図9〜13の外科用器具の断面図。 To complete formation of the staples in the implantable staple cartridge, after advancing the first firing adapter for staple forming inclined surfaces, and after the knife bar is advanced longitudinally through the end effector, surgery 9-13 sectional view of the use appliance. エンドエフェクタ及び図14の外科用器具の一部分の拡大図。 Enlarged view of a portion of the surgical instrument of the end effector and 14. 本発明の別のエンドエフェクタの実施形態の分解図であり、本発明の外科用器具の実施形態のスパイン部材の一部分が断面図で図示されている。 Is an exploded view of an embodiment of another of the end effector of the present invention, a portion of the spine member embodiment of the surgical instrument of the present invention is shown in cross-section. 開放位置にあり、外科用器具の実施形態に取り付けられた、図15のエンドエフェクタ実施形態の部分断面図。 In an open position, attached to the embodiment of the surgical instrument, partial cross-sectional view of the end effector embodiment of FIG. 15. 完全にクランピングした位置にある、図15及び図16のエンドエフェクタの実施形態の別の部分断面図。 Fully in position clamping, another partial cross-sectional view of an embodiment of the end effector of FIGS. 15 and 16. 完全に発射した位置、及び遠位ナイフ部材の前進の前の、図15〜17のエンドエフェクタの実施形態の別の部分断面図。 Fully fired position, and before the advancement of the distal knife member, another partial cross-sectional view of an embodiment of the end effector of FIG. 15-17. 完全に発射した位置、及び遠位ナイフ部材の前進の前の、図15〜18のエンドエフェクタの実施形態の別の部分断面図。 Fully fired position, and before the advancement of the distal knife member, another partial cross-sectional view of an embodiment of the end effector of FIG. 15-18. 本発明の別のハンドルアセンブリ実施形態の一部分の断面図。 Cross-sectional view of a portion of another handle assembly embodiment of the present invention. 図20の直線21−21に沿ってとった、図20のハンドルアセンブリの一部分の部分断面図。 Taken along the line 21-21 in FIG. 20, partial cross-sectional view of a portion of the handle assembly of FIG. 20. 図20の直線22−22に沿ってとった、図20のハンドルアセンブリの一部分の部分断面図。 Taken along the line 22-22 in FIG. 20, partial cross-sectional view of a portion of the handle assembly of FIG. 20. 図20の直線23−23に沿ってとった、図20のハンドルアセンブリの一部分の部分断面図。 Taken along the line 23-23 in FIG. 20, partial cross-sectional view of a portion of the handle assembly of FIG. 20. 本発明の別のハンドルアセンブリ実施形態の一部分の断面図。 Cross-sectional view of a portion of another handle assembly embodiment of the present invention. エンドエフェクタが本発明の外科用ステープルカートリッジ実施形態を支持し、そのアンビルが開放位置にある、本発明の外科用器具の実施形態の一部分に連結された、本発明の別のエンドエフェクタ実施形態の部分断面図。 End effector supporting the surgical staple cartridge embodiment of the present invention, the anvil is in the open position, is connected to a portion of the embodiment of the surgical instrument of the present invention, another end effector embodiment of the present invention partial cross-sectional view. 閉鎖位置における、図25のエンドエフェクタの別の部分断面図。 In the closed position, another partial cross-sectional view of the end effector of FIG. 25. ナイフバーがエンドエフェクタを通じて前進し始める際の、図25及び図26のエンドエフェクタの別の部分断面図。 Knife bar when starting to move forward through the end effector, another partial cross-sectional view of the end effector of FIGS. 25 and 26. ナイフバーが内部を通じて部分的に前進した、図25〜27のエンドエフェクタの別の部分断面側面図。 Knife bar is partially advanced through the interior, another partial cross-sectional side view of the end effector of FIG. 25-27. エンドエフェクタが本発明の別の外科用ステープルカートリッジ実施形態を支持し、そのアンビルが開放位置にある、本発明の外科用器具の実施形態の一部分に連結された、本発明の別のエンドエフェクタ実施形態の部分断面図。 End effector supporting another surgical staple cartridge embodiment of the present invention, the anvil is in the open position, is connected to a portion of the embodiment of the surgical instrument of the present invention, another end effector embodiment of the present invention partial cross-sectional view of the embodiment. ナイフバーが内部を通じて部分的に前進した、図29のエンドエフェクタの別の部分的な断面側面図。 Knife bar is partially advanced through the interior, another partial cross-sectional side view of the end effector of FIG. 29. そのエンドエフェクタのアンビルが開放位置にある、本発明の別の外科用器具の実施形態の断面図。 Anvil of the end effector is in the open position, sectional view of an embodiment of another surgical instrument of the present invention. 断面図で図示される、エンドエフェクタ実施形態及び図31の外科用ステープリング器具の実施形態の一部分の分解組立図。 Illustrated in cross-section, exploded view of a portion of an embodiment of a surgical stapling instrument of the end effector embodiment and FIG. 31. エンドエフェクタ、及び図31の外科用器具の細長いシャフトアセンブリの一部分の平面図であり、その部分が、図31の線33−33に沿ってとった断面図として図示されている。 The end effector, and a plan view of a portion of the elongate shaft assembly of the surgical instrument of FIG. 31, a portion thereof is illustrated as a sectional view taken along line 33-33 of Figure 31. エンドエフェクタ及び図31の外科用器具の細長いシャフトアセンブリの一部分の平面図であり、その部分が断面図で図示されている。 Is a plan view of a portion of the elongate shaft assembly of the surgical instrument of the end effector and 31, part of which is shown in cross-section. エンドエフェクタ、及び図31の外科用器具の細長いシャフトアセンブリの一部分の別の平面図であり、エンドエフェクタが関節運動した向きにあり、エンドエフェクタが開放位置にある。 The end effector, and is another plan view of a portion of the elongate shaft assembly of the surgical instrument of FIG. 31, is in the direction in which the end effector is articulated, the end effector is in the open position. エンドエフェクタが閉鎖又はクランプ位置にある、図35のエンドエフェクタの別の平面図。 The end effector is in the closed or clamped position, another plan view of the end effector of FIG. 35. 図36に示されるエンドエフェクタ及び外科用器具実施形態の一部分の拡大図。 Enlarged view of a portion of the end effector and the surgical instrument embodiment shown in Figure 36. 図31の外科用器具のハンドルアセンブリの一部分の断面図。 Cross-sectional view of a portion of the handle assembly of the surgical instrument of FIG. 31. 図38の直線39−39に沿ってとった、図38のハンドルアセンブリの部分の別の断面図。 Taken along the line 39-39 in FIG. 38, another cross-sectional view of a portion of the handle assembly of Figure 38. 本発明の様々な実施形態の関節運動ボール及びソケット構成の部分斜視分解図。 Partial perspective exploded view of the articulation ball and socket arrangement of the various embodiments of the present invention. 関節運動していない位置における、本発明の別の外科用器具実施形態の、エンドエフェクタ及び細長いシャフトアセンブリの一部分の平面図。 At locations not articulated, another surgical instrument embodiment, plan view of a portion of the end effector and elongate shaft assembly of the present invention. 関節運動した位置にある、図41のエンドエフェクタ及び細長いシャフトアセンブリの一部分の別の平面図。 In articulated position, another plan view of a portion of the end effector and elongate shaft assembly of FIG. 41. 本発明の別の外科用器具実施形態の断面図。 Cross-sectional view of another surgical instrument embodiment of the present invention. 図43の外科用器具実施形態の関節運動したシャフトアセンブリの一部分の部分断面図。 Partial cross-sectional view of a portion of the articulated shaft assembly of the surgical instrument embodiment of FIG. 43. Aは、図44の関節運動したシャフトアセンブリの一部分の断面図。 A is a cross-sectional view of a portion of the articulated shaft assembly of FIG. 44. B〜Fは、図44の関節運動したシャフトアセンブリの別の部分の別の断面図。 B~F is another cross-sectional view of another portion of the articulated shaft assembly of FIG. 44. 図44の直線45−45に沿ってとった、図44の関節運動したシャフトアセンブリの部分断面図。 Taken along the line 45-45 in FIG. 44, partial cross-sectional view of the articulated shaft assembly of FIG. 44. 図44の直線46−46に沿ってとった、図44の関節運動したシャフトアセンブリの部分断面図。 Taken along the line 46-46 in FIG. 44, partial cross-sectional view of the articulated shaft assembly of FIG. 44. そのエンドエフェクタが完全に関節運動した位置にあるものとして図示される、図43の外科用器具の別の断面図。 The end effector is shown as being fully articulated position, another cross-sectional view of the surgical instrument of FIG. 43. ベローズ状のカバーが関節部にわたって延びる、図47のエンドエフェクタの断面図。 Bellows-shaped cover extends over the joint, cross-sectional view of the end effector of FIG. 47. 本発明の別の外科用器具実施形態のハンドルアセンブリの断面図。 Cross-sectional view of the handle assembly of another surgical instrument embodiment of the present invention. 図49の細長いシャフトアセンブリのエンドエフェクタ及び遠位端の断面分解組立図。 Sectional exploded view of the end effector and a distal end of the elongate shaft assembly of FIG. 49. エンドエフェクタが開放位置にある、エンドエフェクタ及び図50の細長いシャフトアセンブリの一部分の別の断面図。 The end effector is in the open position, another cross-sectional view of a portion of the elongate shaft assembly of the end effector and 50. エンドエフェクタが閉鎖位置にある、エンドエフェクタ及び細長いシャフトアセンブリの部分の別の断面図。 The end effector is in the closed position, another cross-sectional view of a portion of the end effector and elongate shaft assembly. ナイフ部材が完全に発射した位置にある、エンドエフェクタ、及び図49〜52の細長いシャフトアセンブリの部分の別の断面図。 Knife member is in a position fully fired, the end effector, and another cross-sectional view of a portion of the elongate shaft assembly of FIG. 49 to 52. 開放位置にある、図51〜53のエンドエフェクタの斜視図。 In the open position, perspective view of the end effector of FIG. 51 to 53. 図51の直線55−55に沿ってとった、図51〜54のエンドエフェクタの断面図。 Taken along the line 55-55 in FIG. 51, a cross-sectional view of the end effector of FIG. 51 to 54. 本発明のエンドエフェクタ実施形態に取り付けられた、本発明の別の実施形態の細長いシャフトアセンブリの部分斜視図。 Attached to the end effector embodiment of the present invention, partial perspective view of an elongate shaft assembly of another embodiment of the present invention. 本発明の別の外科用器具実施形態のハンドルアセンブリの部分断面図。 Partial cross-sectional view of the handle assembly of another surgical instrument embodiment of the present invention. 図57の直線58−58に沿ってとった、図56及び57の細長いシャフトアセンブリの一部分の断面図。 Taken along the line 58-58 in FIG. 57, a cross-sectional view of a portion of the elongate shaft assembly of FIGS. 56 and 57. 図57のハンドルアセンブリの一部分の拡大図。 Enlarged view of a portion of the handle assembly of FIG. 57. 図56〜59の細長いシャフトアセンブリの遠位端部分の断面図。 Cross-sectional view of the distal end portion of the elongate shaft assembly of FIG. 56 to 59. 本発明のエンドエフェクタ実施形態に取り付けられた、本発明の別の実施形態の細長いシャフトアセンブリの部分斜視図。 Attached to the end effector embodiment of the present invention, partial perspective view of an elongate shaft assembly of another embodiment of the present invention. 図61の細長いシャフトの再構成可能なシャフト区分の一部分の断面図。 Sectional view of a portion of the reconfigurable shaft section of the elongate shaft of FIG. 61. 本発明のエンドエフェクタ実施形態に取り付けられた、本発明の別の実施形態の細長いシャフトアセンブリの部分斜視図。 Attached to the end effector embodiment of the present invention, partial perspective view of an elongate shaft assembly of another embodiment of the present invention. 本発明の別の外科用器具実施形態のハンドルアセンブリの断面図。 Cross-sectional view of the handle assembly of another surgical instrument embodiment of the present invention. 図64の直線65−65に沿ってとった、図63及び64の細長いシャフトアセンブリの一部分の断面図。 Taken along the line 65-65 in FIG. 64, a cross-sectional view of a portion of the elongate shaft assembly of FIGS. 63 and 64. 図64のハンドルアセンブリの一部分の拡大図。 Enlarged view of a portion of the handle assembly of FIG. 64. その管状連結部分が実質的に直線上に位置合わせされた、図63に図示される再構成可能なシャフト区分の一部分の断面図。 Its tubular coupling portion is aligned substantially straight line, cross-sectional view of a portion of the reconfigurable shaft segment illustrated in Figure 63. その管状連結部分が、実質的に曲線上(非同軸状)の向きで位置合わせされている、図63及び図67に示される、再構成可能なシャフト区分の一部分の断面図。 Its tubular coupling parts are aligned in the direction substantially on the curve (non-coaxial), as shown in FIGS. 63 and 67, cross-sectional view of a portion of a reconfigurable shaft segment. 本発明の、外科用切断及びステープリング装置の実施形態内に挿入された、本発明の代替的ステープルカートリッジ実施形態の斜視図。 Of the present invention, inserted in the embodiment of the surgical cutting and stapling apparatus, perspective view of an alternative staple cartridge embodiment of the present invention. 図69に示される装置の外科用ステープルカートリッジ及び細長いチャネルの平面図。 Plan view of a surgical staple cartridge and elongate channel of the device shown in Figure 69. 本発明のエンドエフェクタ実施形態の細長いチャネル内に挿入された、本発明の別の外科用ステープルカートリッジ実施形態の平面図。 It inserted elongate in the channel of the end effector embodiment of the present invention, a plan view of another surgical staple cartridge embodiment of the present invention. 本発明のアンビル実施形態の底面図。 Bottom view of the anvil embodiment of the present invention. 本発明のステープルのライン実施形態の一部分を形成する複数のステープルの部分斜視図。 Partial perspective view of a plurality of staple forming part of the staple line embodiment of the present invention. 外科用切断及びステープリング装置のアンビルと接触することにより形成された後のそのステープルを備える、図73のステープルのライン実施形態の別の部分斜視図。 Provided with the staple after it has been formed by contact with an anvil of a surgical cutting and stapling apparatus, another partial perspective view of the staple line embodiment of Figure 73. 本発明の代替的ステープルのライン実施形態の一部分を形成する、他のステープルの部分斜視図。 It forms a portion of an alternative staple line embodiment of the present invention, partial perspective view of another staple. 本発明の代替的ステープルのライン実施形態の一部分を形成する、他のステープルの部分斜視図。 It forms a portion of an alternative staple line embodiment of the present invention, partial perspective view of another staple. 本発明の代替的ステープルのライン実施形態の一部分を形成する、他のステープルの部分斜視図。 It forms a portion of an alternative staple line embodiment of the present invention, partial perspective view of another staple. 本発明のステープルカートリッジ実施形態を支持する、本発明のエンドエフェクタ実施形態の断面図。 Supporting a staple cartridge embodiment of the present invention, cross-sectional view of the end effector embodiment of the present invention. 埋め込み可能なステープルカートリッジ本体部分及びステープルが取り除かれた後の、図78のエンドエフェクタの細長いチャネル部分の断面図。 After implantable staple cartridge body portion and the staple is removed, cross-sectional view of the elongate channel portion of the end effector of FIG. 78. 本発明の別のステープルカートリッジ実施形態を支持する、本発明のエンドエフェクタ実施形態の断面図。 Supporting another staple cartridge embodiments of the present invention, cross-sectional view of the end effector embodiment of the present invention. カートリッジ固定システムを非固定位置に動かすために、ステープルカートリッジがそのエンドエフェクタ内に支持された、本発明の外科用ステープリング器具実施形態の部分断面図。 To move the cartridge fixing system in unlocked position, the staple cartridge is supported in its end effector, partial cross-sectional view of the surgical stapling instrument embodiment of the present invention. ステープルカートリッジがエンドエフェクタから取り除かれ、カートリッジ固定システムが固定位置にある、図81の外科用ステープリング器具の別の部分断面図。 Staple cartridge is removed from the end effector, cartridge fixing system is in a fixed position, another partial cross-sectional view of the surgical stapling instrument of FIG. 81. 少なくとも1つの実施形態による、折り畳み式ステープルカートリッジ内に位置付けられた、外科用ステープルの変形を示す図。 According to at least one embodiment, positioned within collapsible staple cartridge, it shows a variant of surgical staples. 少なくとも1つの実施形態による、折り畳み式ステープルカートリッジ内に位置付けられた、外科用ステープルの変形を示す図。 According to at least one embodiment, positioned within collapsible staple cartridge, it shows a variant of surgical staples. 少なくとも1つの実施形態による、折り畳み式ステープルカートリッジ内に位置付けられた、外科用ステープルの変形を示す図。 According to at least one embodiment, positioned within collapsible staple cartridge, it shows a variant of surgical staples. 少なくとも1つの実施形態による、折り畳み式ステープルカートリッジ内に位置付けられた、外科用ステープルの変形を示す図。 According to at least one embodiment, positioned within collapsible staple cartridge, it shows a variant of surgical staples. 圧壊式ステープルカートリッジ本体内に位置付けられる、ステープルを例示する図。 Positioned crush type staple cartridge body, diagram illustrating a staple. アンビルにより圧壊される、図84Aの圧壊式ステープルカートリッジ本体を例示する図。 It is crushed by an anvil, diagram illustrating a crush-type staple cartridge body of FIG. 84A. アンビルにより更に圧壊される、図84Aの圧壊式ステープルカートリッジを例示する図。 It is further crushed by the anvil, diagram illustrating a crush-type staple cartridge of FIG. 84A. 完全に形成された状態の図84Aのステープル、及び完全に圧壊した状態の図84Aの圧壊式ステープルカートリッジを例示する図。 Fully formed state in FIG. 84A of the staple, and thoroughly diagram illustrating a crush-type staple cartridge of FIG. 84A crush state. ステープルカートリッジ支持表面に対して位置付けられたステープルを示し、その間の潜在的な相対移動を例示する図。 It shows a staple positioned against the staple cartridge support surface diagram illustrating a potential relative movement therebetween. 図85のステープルの基部を安定化させるように構成された、スロット又はトラフを含む、ステープルカートリッジ支持表面の断面図。 The staples of the base of FIG. 85 is configured to stabilize includes a slot or trough, sectional view of the staple cartridge support surface. 少なくとも1つの代替的実施形態により、オーバーモールドされたクラウン、及びクラウンの一部分を受容するように構成されたスロット又はトラフを含む、ステープルの断面図。 At least one alternative embodiment, the overmolded crown, and the configured slot or trough to receive a portion of the crown, sectional view of the staple. 折り畳み式ステープルカートリッジ本体内に埋め込まれたステープルを含む、少なくとも一実施形態による、ステープルカートリッジの平面図。 Including embedded collapsible staple cartridge body staples, according to at least one embodiment, a plan view of the staple cartridge. 図88のステープルカートリッジの立面図。 Elevational view of the staple cartridge of FIG. 88. 折り畳み式ステープルカートリッジ本体内に位置付けられた、ステープルを囲む、保護層を含む、少なくとも一実施形態によるステープルカートリッジの立面図。 Positioned in folding the staple cartridge body, surrounding the staples, a protective layer, elevational view of the staple cartridge according to at least one embodiment. 図90の直線91−91に沿ってとった、図90のステープルカートリッジの断面図。 Taken along the line 91-91 in FIG. 90, a cross-sectional view of the staple cartridge of FIG. 90. 折り畳み式ステープルカートリッジ本体の外側で少なくとも部分的に延びるステープルと、ステープルカートリッジ本体を囲む保護層とを含む、少なくとも一実施形態による、ステープルカートリッジの立面図。 Comprising a staple extending at least partially outside of the folding staple cartridge body, and a protective layer surrounding the staple cartridge body, in accordance with at least one embodiment, elevational view of the staple cartridge. 図92の直線93−93に沿ってとった、図92のステープルカートリッジの断面図。 Taken along the line 93-93 in FIG. 92, a cross-sectional view of the staple cartridge of FIG. 92. 少なくとも一部が折りたたみ式のステープルカートリッジ本体内に埋め込まれた、ステープルを含む、少なくとも1つの実施形態による、ステープルカートリッジの部分切り欠き図であり、ステープルは、少なくとも一部分が、ステープルカートリッジ本体のステープル空洞部内に位置付けられる。 At least partially embedded in the folding of the staple cartridge body includes a staple, according to at least one embodiment, a partial cut-away view of a staple cartridge, staples, at least in part, the staple cavities of the staple cartridge body It is positioned in the section. 図94の直線95−95に沿ってとった、図94のステープルカートリッジの断面図。 Taken along the line 95-95 in FIG. 94, a cross-sectional view of the staple cartridge of FIG. 94. 少なくとも一実施形態による、ステープルカートリッジの部分切り欠き図。 According to at least one embodiment, partial cut-away view of the staple cartridge. 少なくとも一部分が折り畳み式ステープルカートリッジ内に埋め込まれステープルと、ステープルを接続し、ステープルを互いに対して位置合わせさせる、位置合わせマトリックスとを含む、少なくとも一実施形態による、ステープルカートリッジの部分切り欠き図。 And at least a portion embedded in the folding staple cartridge staple, connected staples, to align the staples against one another, aligned and a matrix, according to at least one embodiment, partial cut-away view of the staple cartridge. 図97の直線98−98に沿ってとった、図97のステープルカートリッジの断面図。 Taken along the line 98-98 in FIG. 97, a cross-sectional view of the staple cartridge of FIG. 97. 圧縮可能なカートリッジ本体の内層の部分切り欠き図。 Partial cut-away view of the inner layer of the compressible cartridge body. 移送プレートと支持プレートとの間で圧縮される、図99の内層を例示する図。 It is compressed between the transfer plate and the support plate, drawing illustrating the lining of FIG. 99. 図100の圧縮された内層内に挿入されたステープルを例示する図。 Diagram illustrating the inserted staple compressed inner layer of FIG. 100. 内層から取り除かれた、図100の支持プレートの図。 Removed from the inner layer, an illustration of the support plate of FIG. 100. 図99の内層と、外層に挿入された図101のステープルとを含む、サブアセンブリの図。 Comprising an inner layer of FIG. 99, the staple of FIG. 101 which is inserted into the outer layer, the sub-assembly of FIG. 封止したステープルカートリッジを形成するために封止された、図103の外層を例示する図。 It sealed to form a sealed staple cartridge diagram illustrating an outer layer in FIG. 103. 図104の封止したステープルカートリッジの断面図。 Sectional view of the sealed staple cartridge of FIG. 104. 少なくとも一実施形態による、ステープルカートリッジ、及びステープルカートリッジチャネルの断面図。 According to at least one embodiment, staple cartridge, and a cross-sectional view of the staple cartridge channel. 変形した状態の図106のステープルカートリッジの一部分を例示する図。 Diagram illustrating a portion of the staple cartridge of FIG. 106 of the deformed state. 開放位置におけるアンビルと、ステープルカートリッジチャネル内に位置付けられるステープルカートリッジとを含む、外科用ステープラーのエンドエフェクタの立面図。 An anvil in the open position, and a staple cartridge positioned in the staple cartridge channel, elevational view of the end effector of a surgical stapler. 閉鎖位置にあるアンビル、及びアンビルとステープルカートリッジチャネルとの間で圧縮されるステープルカートリッジを例示する、図108のエンドエフェクタの立面図。 Anvil in the closed position, and illustrating a staple cartridge that is compressed between the anvil and the staple cartridge channel, elevational view of the end effector of FIG. 108. 代替的様式でステープルカートリッジチャネル内に位置付けられる、図108のステープルカートリッジを例示する、図108のエンドエフェクタの立面図。 Positioned staple cartridge channel in alternate fashion, illustrates the staple cartridge of FIG. 108, elevational view of the end effector of FIG. 108. ステープルカートリッジチャネル内に位置付けられた圧縮可能なステープルカートリッジ、及びアンビルに取り付けられた一片のバットレス材料を含む、外科用ステープラーのエンドエフェクタの断面図。 Staple cartridge channel compressible staple cartridge positioned within, and a buttress material attached piece to the anvil, cross-sectional view of the end effector of a surgical stapler. 閉鎖位置にあるアンビルを例示する、図111のエンドエフェクタの断面図。 Illustrate an anvil in a closed position, cross-sectional view of the end effector of FIG. 111. 水不透過性層を含むステープルカートリッジを含む、外科用ステープラーのエンドエフェクタの代替的実施形態の断面図。 It includes a staple cartridge containing a water-impermeable layer, cross-sectional view of an alternative embodiment of the end effector of a surgical stapler. 外科用ステープラーのエンドエフェクタの別の代替的実施形態の断面図。 Cross-sectional view of another alternative embodiment of the end effector of a surgical stapler. ステップ付きアンビルを含む外科用ステープラーのエンドエフェクタ、及び、ステップ付きカートリッジ本体を含むステープルカートリッジの代替的実施形態の断面図。 An end effector of a surgical stapler comprising anvil, and, cross-sectional view of an alternative embodiment of a staple cartridge including a stepped cartridge body. 外科用ステープラーのエンドエフェクタの別の代替的実施形態の断面図。 Cross-sectional view of another alternative embodiment of the end effector of a surgical stapler. 傾斜した組織接触表面を含む外科用ステープラーのエンドエフェクタの代替的実施形態の断面図。 Cross-sectional view of an alternative embodiment of the end effector of a surgical stapler includes an angled tissue contacting surface. 傾斜した組織接触表面を含む外科用ステープラーのエンドエフェクタの別の代替的実施形態の断面図。 Cross-sectional view of another alternative embodiment of the end effector of a surgical stapler includes an angled tissue contacting surface. ステープルカートリッジを支持するように構成された支持インサートを含む、外科用ステープラーのエンドエフェクタの代替的実施形態の断面図。 Including the configured bearing insert to support a staple cartridge, sectional view of an alternative embodiment of the end effector of a surgical stapler. 複数の圧縮可能な層を含む、ステープルカートリッジを含む、外科用ステープラーのエンドエフェクタの代替的実施形態の断面図。 Comprising a plurality of compressible layer includes a staple cartridge, sectional view of an alternative embodiment of the end effector of a surgical stapler. ステップ付き圧縮可能カートリッジ本体を含む、ステープルカートリッジを含む、外科用ステープラーのエンドエフェクタの代替的実施形態の断面図。 It stepped containing compressible cartridge body includes a staple cartridge, sectional view of an alternative embodiment of the end effector of a surgical stapler. ステップ付き圧縮可能なカートリッジ本体を含む、ステープルカートリッジを含む、外科用ステープラーのエンドエフェクタの別の代替的実施形態の断面図。 It stepped containing compressible cartridge body includes a staple cartridge, sectional view of another alternative embodiment of the end effector of a surgical stapler. 湾曲した組織接触表面を含む、ステープルカートリッジを含む、外科用ステープラーのエンドエフェクタの代替的実施形態の断面図。 Including a curved tissue contacting surface includes a staple cartridge, sectional view of an alternative embodiment of the end effector of a surgical stapler. 傾斜した組織接触表面を有する、ステープルカートリッジを含む、外科用ステープラーのエンドエフェクタの代替的実施形態の断面図。 Having an inclined tissue contacting surface includes a staple cartridge, sectional view of an alternative embodiment of the end effector of a surgical stapler. ステープル及び内部に貯蔵された少なくとも1種の薬剤を含む、圧縮可能なステープルの断面図。 Comprising at least one agent stored staple and inside, cross-sectional view of a compression staple. 圧縮され、内部に収容されたステープルが変形した後の、図125の圧縮可能なステープルカートリッジを例示する図。 Compressed, after the staples contained therein is deformed, diagram illustrating a compressible staple cartridge of FIG. 125. 少なくとも一実施形態による、ステープルカートリッジの部分切り欠き図。 According to at least one embodiment, partial cut-away view of the staple cartridge. 図127のステープルカートリッジの断面図。 Sectional view of the staple cartridge of FIG. 127. 少なくとも1つの代替的実施形態による、埋め込まれたステープルカートリッジの斜視図。 According to at least one alternative embodiment, a perspective view of the embedded staple cartridge. 図129の埋め込まれたステープルの断面図。 Sectional view of the embedded staple 129. ステープルカートリッジの外層から延びる変形可能な部材を含む、ステープルカートリッジの代替的実施形態の斜視図。 Comprising a deformable member extending from the outer layer of the staple cartridge, perspective view of an alternate embodiment of the staple cartridge. 内層に組み合わされたステープルカートリッジの外層を含むステープルカートリッジの代替的実施形態の斜視図。 Perspective view of an alternative embodiment of a staple cartridge including an outer layer of staple cartridge in combination in the inner layer. 複数のステープル、圧縮可能な層、及びプレジット層を含む、ステープルカートリッジの代替的実施形態の断面図。 A plurality of staples, compressible layer, and a pledget layer, cross-sectional view of an alternative embodiment of the staple cartridge. 図133のプレジット層の斜視図。 Perspective view of the pledget layer of Figure 133. 図133のプレジット層から分離にされたプレジット、及びプレジットの溝と位置合わせされたステープルの斜視図。 Perspective view of the staple of pledget has been separated from the layer pledget, and the grooves of the pledget aligned in Figure 133. 図133のプレジット層からの、2つの接続されたプレジットの斜視図。 Figure from pledget layer 133, two connected perspective view of the pledget. 分離されたプレジットから取り除かれた、図133のプレジット層のプレジット支持フレームの斜視図。 Removed from the separated pledget, perspective view of the pledget support frame pledget layer of Figure 133. 内部にステープルを含む圧縮可能なステープルカートリッジ、及びアンビルに対してステープルを駆動するためのシステムの代替的実施形態の分解斜視図。 Compressible staple cartridge containing staples therein, and exploded perspective view of an alternative embodiment of a system for driving a staple against the anvil. 図138のステープルカートリッジの代替的実施形態の部分切り欠き図。 Partial cut-away view of an alternate embodiment of the staple cartridge of FIG. 138. 図138のステープルカートリッジの断面図。 Sectional view of the staple cartridge of FIG. 138. 図138のステープルカートリッジを横断し、ステープルをアンビルの方に動かすように構成されたスレッドの立面図。 Across the staple cartridge of FIG. 138, elevational view of the thread that is configured to move the staples toward the anvil. 図140のスレッドによって、アンビルの方に持ち上げられ得る、ステープルドライバの図。 By the thread of Figure 140, it may be lifted toward the anvil, FIG staple driver. ステープルドライバ内に位置付けられた、ステープルを含む少なくとも1つの代替的実施形態による、ステープルカートリッジの切り欠き図。 Positioned within the staple driver, in accordance with at least one alternative embodiment includes a staple, cut-away view of the staple cartridge. ステープルカートリッジチャネル内に位置付けられた、図142のステープルカートリッジの断面図。 Positioned in staple cartridge channel, cross-sectional view of the staple cartridge of FIG. 142. 閉鎖位置に動かされたアンビル、及びアンビルにより変形されたステープルカートリッジ内に収容されるステープルを例示する、図142のステープルカートリッジの断面図。 Anvil moved to a closed position, and illustrating the staple accommodated in the deformed in the staple cartridge by the anvil, sectional view of the staple cartridge of FIG. 142. アンビルから上方に動かされたステープルを例示する、図142のステープルカートリッジの断面図。 Illustrating the staples moved upwardly from the anvil, sectional view of the staple cartridge of FIG. 142. ステープルカートリッジの可撓性側部を接続するストラップを含む、ステープルカートリッジの代替的実施形態の斜視図。 Including a strap for connecting the flexible sides of the staple cartridge, perspective view of an alternate embodiment of the staple cartridge. スレッド及び切断部材アセンブリの斜視図。 Perspective view of the sled and cutting member assembly. 図142のステープルカートリッジのステープルを持ち上げるために使用される、図147のスレッド及び切断部材アセンブリの図。 It is used to lift the staple of the staple cartridge of FIG. 142, FIG thread and cutting member assembly of Figure 147. ステープルと係合してこれをアンビルの方に持ち上げるように構成されたスレッド及び、スレッドが遠位方向に移動することを選択的に可能にするように構成されたロックアウトシステムを例示する図。 Diagram illustrating a lockout system that is configured so that it engages the staple configured thread and to lift towards the anvil, the thread is selectively possible to move in a distal direction. A〜Cは、ステープルクラウン内に挿入されるステープルの前進を例示する。 A~C illustrates the advancement of a staple to be inserted into the staple crown. 支持パン又は保持器を含むステープルカートリッジの断面図。 Sectional view of the staple cartridge containing a supporting pan or the retainer. 少なくとも1つの代替的実施形態による、圧縮可能なステープルカートリッジの部分断面図。 According to at least one alternative embodiment, partial cross-sectional view of the compression staple cartridge. 埋め込まれた状態の図152のステープルカートリッジを例示する図。 Diagram illustrating the staple cartridge of FIG. 152 of the embedded state. 少なくとも1つの代替的な実施形態による、圧縮可能なステープルカートリッジの部分切り欠き図。 According to at least one alternative embodiment, partial cut-away view of a compressible staple cartridge. 図154のステープルカートリッジの部分断面図。 Partial cross-sectional view of the staple cartridge of FIG. 154. 埋め込まれた状態の図154のステープルカートリッジを例示する図。 Diagram illustrating the staple cartridge of FIG. 154 of the embedded state. 少なくとも1つの代替的実施形態による、圧壊式ステープルカートリッジの部分断面図。 According to at least one alternative embodiment, partial cross-sectional view of a crushing-type staple cartridge. 複数の折り畳み式要素を含む、少なくとも1つの実施形態による、折り畳み式ステープルカートリッジの部分切り欠き図。 It includes a plurality of folding elements, in accordance with at least one embodiment, partial cut-away view of a collapsible staple cartridge. 折り畳まれていない状態の、図158の折り畳み式要素の斜視図。 The unfolded state, perspective view of the folding element in FIG 158. 折り畳まれた状態の、図159の折り畳み式要素の斜視図。 The folded state, perspective view of the folding element in FIG 159. ジョー、ジョーと反対側に位置付けられるステープルカートリッジチャネル、及びステープルカートリッジチャネル内に位置付けられるステープルカートリッジを含む、外科用ステープリング器具のエンドエフェクタの部分断面図であり、ジョーはそこに取り付けられた保持マトリックスを含む。 Joe, Joe and staple cartridge channel positioned on the opposite side, and a staple cartridge positioned in the staple cartridge channel, a partial cross-sectional view of the end effector of the surgical stapling instrument, retaining matrix jaws attached thereto including. ステープルカートリッジチャネルの方に動かされるジョー、アンビル及び保持マトリックによって圧縮されるステープルカートリッジ、並びに保持マトリックス及びステープルカートリッジの中間に位置付けられる組織を通じて少なくとも部分的に延びるステープルを例示する、図161Aのエンドエフェクタの部分断面図。 Jaw which is moved toward the staple cartridge channel, a staple cartridge that is compressed by the anvil and retention matrix, and illustrates at least partially extending staple through tissue positioned intermediate the retention matrix and staple cartridge, the end effector of FIG. 161A partial cross-sectional view. 最終位置にあるジョー、及び図161Bのステープルと係合する保持マトリックスを例示する図161Aのエンドエフェクタの部分断面図。 Joe is in the final position, and partial cross-sectional view of the end effector of FIG. 161A illustrating the retention matrix staple engaging in Figure 161B. 埋め込まれたステープルカートリッジ及び保持マトリックスからジョー及びステープルカートリッジチャネルが取り除かれていることを例示する、図161Aのエンドエフェクタの部分断面図。 Embedded jaw and the staple cartridge channel from the staple cartridge and retaining matrix illustrates that has been removed, partial cross-sectional view of the end effector of FIG 161A. 内部を通じて延びる締結具脚部と係合するように構成された複数の保持部材を含む、少なくとも1つの代替的実施形態による、保持マトリックスの保持開口部の斜視図。 It includes a plurality of holding members configured to engage the fastening Guashi extending through an internal, in accordance with at least one alternative embodiment, a perspective view of the holding aperture of the holding matrix. 6つの保持部材を含む、少なくとも1つの代替的実施形態による、保持マトリックスの保持開口部の斜視図。 It comprises six holding members, in accordance with at least one alternative embodiment, a perspective view of the holding aperture of the holding matrix. 8つの保持部材を含む、少なくとも1つの代替的実施形態による、保持マトリックスの保持開口部の斜視図。 Including eight holding members, in accordance with at least one alternative embodiment, a perspective view of the holding aperture of the holding matrix. 内部を通じて延びる締結具脚部と係合するように構成された複数の保持部材を含む、少なくとも1つの代替的実施形態による、保持マトリックスの保持開口部の斜視図。 It includes a plurality of holding members configured to engage the fastening Guashi extending through an internal, in accordance with at least one alternative embodiment, a perspective view of the holding aperture of the holding matrix. 6つの保持部材を含む、少なくとも1つの代替的実施形態による、保持マトリックスの保持開口部の斜視図。 It comprises six holding members, in accordance with at least one alternative embodiment, a perspective view of the holding aperture of the holding matrix. 8つの保持部材を含む、少なくとも1つの代替的実施形態による、保持マトリックスの保持開口部の斜視図。 Including eight holding members, in accordance with at least one alternative embodiment, a perspective view of the holding aperture of the holding matrix. 金属シートからスタンピングされた、複数の保持部材を含む、少なくとも1つの代替的実施形態による、保持マトリックの保持開口部の斜視図。 It is stamped from a metal sheet, comprising a plurality of retaining members, in accordance with at least one alternative embodiment, a perspective view of the holding aperture of the holding matrix. 保持開口部の外辺部の周囲に延びる、複数の開口部を含む、少なくとも1つの代替的実施形態による、保持マトリックスの保持開口部の斜視図。 Extending around the perimeter of the holding opening, comprising a plurality of openings, in accordance with at least one alternative embodiment, a perspective view of the holding aperture of the holding matrix. 少なくとも1つの代替的実施形態による保持マトリックスの保持開口部の平面図。 Plan view of the holding aperture of the holding matrix according to at least one alternative embodiment. 少なくとも1つの代替的実施形態による保持マトリックスの保持開口部の平面図。 Plan view of the holding aperture of the holding matrix according to at least one alternative embodiment. 少なくとも1つの代替的実施形態による保持マトリックスの保持開口部の平面図。 Plan view of the holding aperture of the holding matrix according to at least one alternative embodiment. 少なくとも1つの代替的実施形態による保持マトリックスの保持開口部の平面図。 Plan view of the holding aperture of the holding matrix according to at least one alternative embodiment. 少なくとも1つの代替的実施形態による保持マトリックスの保持開口部の平面図。 Plan view of the holding aperture of the holding matrix according to at least one alternative embodiment. 少なくとも一実施形態による、保持開口部内に延びる保持タブを含む、保持マトリックスの保持開口部の平面図。 According to at least one embodiment, includes a retaining tab extending into the retaining opening, a plan view of the holding aperture of the holding matrix. 少なくとも1つの代替的実施形態による、保持開口部内に延びる保持タブを含む、保持マトリックスの保持開口部の平面図。 According to at least one alternative embodiment, including a retaining tab extending into the retaining opening, a plan view of the holding aperture of the holding matrix. 複数のステープル、ステープルと係合する保持マトリックス、及びステープルを位置合わせするように構成された位置合わせマトリックスを含む、締結システムの斜視図。 It includes a plurality of staple retention matrix for engaging a staple, and configured aligned matrix to align the staples, perspective view of a fastening system. 図177の保持マトリックスの斜視図。 Perspective view of the retaining matrix of Figure 177. 図177の位置合わせマトリックスの斜視図。 Perspective view of the alignment matrix of FIG. 177. 図177のステープルと係合する、図177の保持マトリックスの部分平面図。 Staple engaging in Figure 177, partial plan view of the retaining matrix of Figure 177. 図177のステープルと係合する、図177の保持マトリックスの部分底面図。 Staple engaging in Figure 177, partial bottom view of the retaining matrix of Figure 177. 図177の締結システムの部分立面図。 Partial elevational view of a fastening system of Figure 177. 図177の締結システムの部分斜視図。 Partial perspective view of a fastening system of Figure 177. 図177のステープルと係合する、図177の保持マトリックスの部分平面図。 Staple engaging in Figure 177, partial plan view of the retaining matrix of Figure 177. 図177の締結システムの部分断面図。 Partial cross-sectional view of a fastening system of Figure 177. ステープルの脚部に組み合わせられた保護キャップを更に含む、図177の締結システムの斜視図。 Further comprising a protective cap which is combined to the legs of the staple, perspective view of a fastening system of Figure 177. 図186の締結システム構成の底面斜視図。 Bottom perspective view of a fastening system arrangement of Figure 186. 図186の締結システム構成の部分斜視図。 Partial perspective view of a fastening system arrangement of Figure 186. 図186の締結システム構成の部分断面図。 Partial cross-sectional view of the fastening system configuration of FIG. 186. 開放位置にあるジョー、ジョー内に位置付けられた保持マトリックス及び複数の保護キャップ、並びにステープルカートリッジチャネル内に位置付けられたステープルカートリッジを含む、少なくとも一実施形態による、エンドエフェクタの立面図。 Jaws in an open position, comprising retaining matrix and a plurality of protective caps positioned within the jaws, and a staple cartridge positioned in staple cartridge channel, according to at least one embodiment, elevational view of the end effector. 閉鎖位置にある、図190のエンドエフェクタの立面図。 In the closed position, elevational view of the end effector of FIG. 190. 発射位置にある、図190のエンドエフェクタの立面図。 In the firing position, elevational view of the end effector of FIG. 190. 図190のステープルカートリッジに組み合わされた、図190の保持マトリックス及び保護キャップの立面図。 It combined in the staple cartridge of FIG. 190, elevational view of the retaining matrix, and the protective cap of FIG. 190. 図193の構成の詳細図。 Detailed view of the configuration of FIG. 193. ジョーが開放位置にあり、保持マトリックスとステープルカートリッジとの間により薄い組織が位置付けられているのを例示する、図190のエンドエフェクタの立面図。 Joe is in the open position, illustrating the thin tissue is positioned by between the retaining matrix and the staple cartridge, elevational view of the end effector of FIG. 190. 図195のより薄い組織に対して閉鎖した位置にある、ジョーを例示する、図190のエンドエフェクタの立面図。 In the closed position relative to thinner tissue of FIG. 195 illustrates the jaw, elevational view of the end effector of FIG. 190. 保持マトリックスとステープルカートリッジとの間に、図195のより薄い組織を捕捉するために、発射位置にあるジョーを例示する、図190のエンドエフェクタの立面図。 Between the holding matrix and the staple cartridge in order to capture more thin tissue of FIG. 195 illustrates the jaws in the firing position, elevational view of the end effector of FIG. 190. 図190のステープルカートリッジに組み合わされた、図190の保持マトリックス及び保護キャップの立面図であり、図195の薄い組織がその間に位置付けられている。 Combined in the staple cartridge of FIG. 190 is an elevational view of the retaining matrix, and the protective cap of FIG. 190, the thin tissue of FIG. 195 is positioned therebetween. 図198の構成の詳細図。 Detailed view of the configuration of FIG. 198. 少なくとも1つの代替的実施形態により、ステープル脚部の先端部状に位置付けられる、保護キャップの断面図。 At least one alternative embodiment, be positioned in the staple legs of the tip-like, cross-sectional view of the protective cap. 材料シート内に埋め込まれた複数の保護キャップの斜視図。 Perspective view of a plurality of protective caps embedded in the material sheet. 内部に複数の保護キャップを受容するように構成された、複数の陥没部を含む、ジョーの斜視図。 It is configured to receive a plurality of protective caps therein, including a plurality of depressions, perspective view of the jaw. 図202のジョー内に位置付けられた、保護キャップを被覆するシートを含む、ジョーの一部分の詳細図。 Positioned within the jaws of FIG. 202, comprising a sheet covering the protective cap, detailed view of a portion of the jaw. 保護キャップが内部形成表面を含む、少なくとも1つの代替的実施形態による、ステープル脚部の先端部上に位置付けられた保護キャップの断面図。 Protective cap comprises an inner forming surface, in accordance with at least one alternative embodiment, cross-sectional view of the protective cap positioned on the distal end portion of the staple legs. 形成表面に対して変形された、ステープル脚部を例示する、図204の保護キャップの別の断面図。 It is deformed against the forming surface, illustrating the staple legs, another cross-sectional view of the protective cap of FIG. 204. 複数の接続されたマトリックス要素を含む、保持マトリックスの代替的実施形態の平面図。 Comprising a plurality of connected matrix elements, plan view of an alternative embodiment of a retaining matrix. 複数の接続されたマトリックス要素を含む、保持マトリックスの代替的実施形態の平面図。 Comprising a plurality of connected matrix elements, plan view of an alternative embodiment of a retaining matrix. 複数の接続されたマトリックス要素を含む、保持マトリックスの代替的実施形態の平面図。 Comprising a plurality of connected matrix elements, plan view of an alternative embodiment of a retaining matrix. 複数の接続されたマトリックス要素を含む、保持マトリックスの代替的実施形態の平面図。 Comprising a plurality of connected matrix elements, plan view of an alternative embodiment of a retaining matrix. 複数の接続されたマトリックス要素を含む、保持マトリックスの代替的実施形態の平面図。 Comprising a plurality of connected matrix elements, plan view of an alternative embodiment of a retaining matrix. 圧縮可能なカバーを含む保持マトリックスを含むジョーの部分分解図。 Partial exploded view of a jaw comprising a holding matrix comprising a compressible cover. 図211の保持マトリックスの斜視図。 Perspective view of the retaining matrix of Figure 211. 圧縮可能な層、及び1つ又は2つ以上の薬剤を封入する複数のセルを含む保持マトリックスを含む、締結システムの部分断面図。 Compressible layer, and a retaining matrix comprising one or more agents plurality of cells enclosing a partial cross-sectional view of the fastening system. 保持マトリックスと係合する際に、図213のセルを貫通したステープル脚部を例示する図。 When holding matrix and engaging, drawing illustrating the staple legs penetrating the cell of FIG. 213. 圧縮可能な層を含む、保持マトリックスを含む締結システムの部分断面図。 Including compressible layer, partial cross-sectional view of a fastening system including a retaining matrix. ホルダー、第1締結カートリッジ、及び第2締結カートリッジを含む、締結カートリッジ挿入アセンブリの立面図。 Holder, the first fastening cartridge, and a second fastening cartridge, elevational view of the fastening cartridge insertion assembly. 第1ジョー及び第2ジョーを含む、外科用ステープラーのエンドエフェクタの立面図であり、第2ジョーは解放構成において例示されている。 Including a first jaw and second jaw is an elevational view of the end effector of a surgical stapler, the second jaw is illustrated in released configuration. 第2ジョーが閉鎖構成にあり、図216の締結カートリッジ挿入アセンブリが、第1ジョーに第1カートリッジを、第2ジョーに第2カートリッジを充填するために使用されるのを例示する、図217のエンドエフェクタの立面図。 Located second jaw closed configuration, the fastening cartridge insertion assembly of FIG. 216, the first cartridge in the first jaw, illustrate that used to fill the second cartridge to the second jaw, in FIG. 217 elevational view of the end effector. カートリッジ挿入アセンブリがエンドエフェクタから取り除かれ、第2ジョーが再び解放構成にあり、組織が第1ジョーと第2ジョーの中間に位置付けられるのを例示する、図218の充填されたエンドエフェクタの立面図。 Cartridge insertion assembly is removed from the end effector, the second jaw is in the release configuration again, organization exemplified from being positioned intermediate the first jaw and the second jaw, elevation of the filled end effector of FIG. 218 Fig. 発射構成にある、図219の充填されたエンドエフェクタの立面図。 In firing configuration, elevational view of the filled end effector of FIG. 219. 埋め込まれた状態にある、第1カートリッジ及び第2カートリッジの立面図。 In implanted condition, elevational view of the first cartridge and the second cartridge. 少なくとも一実施形態により、第1カートリッジの一部分が依然として第1ジョーと係合しているのを例示する、図217のエンドエフェクタの立面図。 At least one embodiment, a portion of the first cartridge illustrates still for engaged with the first jaw, elevational view of the end effector of FIG. 217. ホルダー、第1締結カートリッジ、及び第2締結カートリッジを含む、締結カートリッジ挿入アセンブリの代替的実施形態の立面図。 Holder, the first fastening cartridge, and a second fastening cartridge, elevational view of an alternate embodiment of a fastening cartridge insertion assembly. エンドエフェクタの第1ジョーに第1カートリッジを充填し、第2ジョーに第2カートリッジを充填するために使用される、図223の締結具カートリッジ挿入アセンブリの立面図。 A first cartridge filled with the first jaw of the end effector, which is used to fill the second cartridge to the second jaw, elevational view of the fastener cartridge insertion assembly of Figure 223. 図224の充填されたエンドエフェクタの断面図。 Sectional view of the filled end effector of FIG. 224. 外科用ステープラーの部分が取り除かれた、少なくとも1つの実施形態による、下方ジョー及び上方ジョーを含む、外科用ステープラーの斜視図。 Portion of the surgical stapler has been removed, in accordance with at least one embodiment, comprises a lower jaw and upper jaw, perspective view of a surgical stapler. 上方ジョーが取り除かれた、図226の外科用ステープラーの斜視図。 Upper jaw has been removed, perspective view of the surgical stapler of FIG. 226. 第1摺動自在アンビル及び第2摺動自在アンビルを含む、図226の外科用ステープラーの上方ジョーの摺動自在アンビルシステムの斜視図。 Including a first slidable anvil and a second slidably anvil, perspective view of the slidable anvil system of the upper jaw of the surgical stapler of FIG. 226. 図228の摺動自在アンビルシステムの端面図。 End view of the slidable anvil system of FIG. 228. 図228の摺動自在アンビルシステムの平面図。 Plan view of the slidable anvil system of FIG. 228. 非発射状態にある、図228の摺動自在アンビルシステムを例示する図。 In a non-firing state, illustrating the slidable anvil system of FIG. 228. 非発射位置にある図228の摺動自在アンビルシステムの第1摺動自在アンビル、及び非展開位置にある下方ジョー内に位置付けられたステープルを例示する図。 Diagram illustrating the staple positioned in the lower jaw in a first slidable anvil, and non-deployed position slidable anvil system of FIG. 228 in a non-firing position. 展開構成にある、下方ジョー内のステープル、及びステープルの第1群のステープル脚部を変形させるように近位方向に引かれた、図232の第1摺動自在アンビルを例示する図。 In a deployed configuration, it pulled in a proximal direction to deform staples, and the staple legs of the first group of staples in the lower jaw, illustrating a first slidable anvil of FIG. 232 Fig. 完全に変形した状態へと変形された、図233の第1群のステープルを例示する図。 It is deformed into a fully deformed state, diagram illustrating a staple of the first group in FIG. 233. 第2群のステープル脚部を変形するように、遠位方向に引かれた、図228の摺動自在アンビルシステムの第2摺動自在アンビルを例示する図。 To deform the staple legs of the second group, drawn distally diagram illustrating a second slidable anvil slidably anvil system of FIG. 228. 少なくとも一実施形態において、複数の形成ポケットを構成するアンビルの部分斜視図。 In at least one embodiment, partial perspective view of the anvil constituting the plurality of forming pockets. 図236のアンビルの断面端面図。 Cross-sectional end view of the anvil of Figure 236. 図236の形成ポケットを製造する第1工程を例示する図。 Diagram illustrating a first step of producing a formed pocket of Figure 236. 図236の形成ポケットを製造する第2工程を例示する図。 Diagram illustrating a second step of producing a formed pocket of Figure 236. 図236のアンビルの、形成ポケット構成の平面図。 Of the anvil of Figure 236, a plan view of the forming pockets configuration. アンビルを製造するための製造プロセスの第1工程を例示する図。 Diagram illustrating a first step of the manufacturing process for manufacturing the anvil. 図241の製造プロセスの第2工程を例示する図。 Diagram illustrating a second step of the manufacturing process of FIG. 241. 図241の製造プロセスの第3工程を例示する図。 Diagram illustrating a third step of the manufacturing process of FIG. 241.

対応する参照符合は、複数の図面を通じて対応する部材を示す。 Reference numerals corresponding indicate corresponding parts throughout the several views. 本明細書において説明される例示は、一形態における本明細書の好ましい実施形態を例示し、このような例示はいかなる方法においても本発明の範囲を制限するものとして解釈されるべきではない。 Exemplary described in this specification, illustrate preferred embodiments herein in one embodiment, should not be construed as limiting the scope of the invention in such exemplifications are any way.

本出願の出願人はまた、本明細書と同日に出願され、それらの全ての内容がそれぞれ、参照によって本明細書に組み込まれる、以下に示す米国特許出願も所有する。 Applicant of the present application also filed herein on the same day, all of their contents each of which is incorporated herein by reference, also owned U.S. patent application below.
米国特許出願番号第______、表題「Surgical Stapling Instrument With a Variable Staple Forming System」、代理人整理番号第END6848USNP/100533号、 US patent application Ser. No. ______, entitled "Surgical Stapling Instrument With a Variable Staple Forming System", Attorney Docket No. END6848USNP / 100533,
米国特許出願番号第_______、表題「Surgical Stapling Instrument With Interchangeable Staple Cartridge Arrangements」、代理人整理番号第END6849USNP/100534号、 US patent application Ser. No. ______, entitled "Surgical Stapling Instrument With Interchangeable Staple Cartridge Arrangements", Attorney Docket No. END6849USNP / 100534,
米国特許出願番号第______、表題「Surgical Cutting and Fastening Instruments With Separate and Distinct Fastener Deployment and Tissue Cutting Systems」、代理人整理番号第END6839USNP/100524号、 U.S. Patent Application No. ______, entitled "Surgical Cutting and Fastening Instruments With Separate and Distinct Fastener Deployment and Tissue Cutting Systems", Attorney Docket No. END6839USNP / 100524,
米国特許出願番号第号_______、表題「Surgical Stapling Instrument With Compact Articulation Control Arrangement」、代理人整理番号第END6847USNP/100532号、 US patent application Ser. No. ______, entitled "Surgical Stapling Instrument With Compact Articulation Control Arrangement", Attorney Docket No. END6847USNP / 100532,
米国特許出願番号第_______、表題「Jaw Closure Arrangements For Surgical Instruments」、代理人整理番号第END6736USNP/100060号、 US patent application Ser. No. ______, entitled "Jaw Closure Arrangements For Surgical Instruments", Attorney Docket No. END6736USNP / 100060,
米国特許出願番号第_______、表題「Surgical Instruments With Reconfigurable Shaft Segments」代理人整理番号第END6734USNP/100058号、 US patent application Ser. No. ______, entitled "Surgical Instruments With Reconfigurable Shaft Segments" Attorney Docket No. END6734USNP / 100058,
米国特許出願番号第_______、表題「Surgical Staple Cartridges Supporting Non−Linearly Arranged Staples and Surgical Stapling Instruments With Common Staple−Forming Pockets」、代理人整理番号第END6735USNP/100059号、 US patent application Ser. No. ______, entitled "Surgical Staple Cartridges Supporting Non-Linearly Arranged Staples and Surgical Stapling Instruments With Common Staple-Forming Pockets", Attorney Docket No. END6735USNP / 100059,
米国特許出願番号第号_______、表題「Surgical Staple Cartridges With Detachable Support Structures and Surgical Stapling Instruments With Systems For Preventing Actuation Motions When a Cartridge is Not Present」、代理人整理番号第END6855USNP/100540号、 US patent application Ser. No. ______, entitled "Surgical Staple Cartridges With Detachable Support Structures and Surgical Stapling Instruments With Systems For Preventing Actuation Motions When a Cartridge is Not Present", Attorney Docket No. END6855USNP / 100540,
米国特許出願番号第号_______、表題「Implantable Fastener Cartridge Comprising a Support Retainer」、代理人整理番号第END6841USNP/100526号、 US patent application Ser. No. ______, entitled "Implantable Fastener Cartridge Comprising a Support Retainer", Attorney Docket No. END6841USNP / 100526,
米国特許出願番号_______、表題「Implantable Fastener Cartridge Comprising Multiple Layers」、代理人整理番号第END6842USNP/100527号、 US patent application Ser. No. ______, entitled "Implantable Fastener Cartridge Comprising Multiple Layers", Attorney Docket No. END6842USNP / 100527,
米国特許出願番号第、表題「Selectively Orientable Implantable Fastener Cartridge」、代理人整理番号第END6843USNP/100528号、 The US patent application Ser. No., entitled "Selectively Orientable Implantable Fastener Cartridge", Attorney Docket No. END6843USNP / 100528,
米国特許出願番号第_______、表題「Implantable Fastener Cartridge Comprising Bioabsorbable Layers」、代理人整理番号第END6856USNP/100541号、 US patent application Ser. No. ______, entitled "Implantable Fastener Cartridge Comprising Bioabsorbable Layers", Attorney Docket No. END6856USNP / 100541,
米国特許出願番号第_______、表題「Compressible Fastener Cartridge」、代理人整理番号第END6857USNP/100542号、 US patent application Ser. No. ______, entitled "Compressible Fastener Cartridge", Attorney Docket No. END6857USNP / 100542,
米国特許出願番号第_______、表題「Fasteners Supported By a Fastener Cartridge Support」、代理人整理番号第END6858USNP/100543号、 US patent application Ser. No. ______, entitled "Fasteners Supported By a Fastener Cartridge Support", Attorney Docket No. END6858USNP / 100543,
米国特許出願番号第_______、表題「Collapsible Fastener Cartridge」、代理人整理番号第END6859USNP/100544号、 US patent application Ser. No. ______, entitled "Collapsible Fastener Cartridge", Attorney Docket No. END6859USNP / 100544,
米国特許出願番号第_______、表題「Fastener System Comprising a Plurality of Connected Retention Matrix Elements」、代理人整理番号第END6860USNP/100546号、 US patent application Ser. No. ______, entitled "Fastener System Comprising a Plurality of Connected Retention Matrix Elements", Attorney Docket No. END6860USNP / 100546,
米国特許出願番号第_______、表題「Fastener System Comprising a Retention Matrix and an Alignment Matrix」、代理人整理番号第END6861USNP/100547号、 U.S. Patent Application No. ______, entitled "Fastener System Comprising a Retention Matrix and an Alignment Matrix", Attorney Docket No. END6861USNP / 100547,
米国特許出願番号第_______、表題「Fastener System Comprising a Retention Matrix」、代理人整理番号第END6862USNP/100548号、 US patent application Ser. No. ______, entitled "Fastener System Comprising a Retention Matrix", Attorney Docket No. END6862USNP / 100548,
米国特許出願番号第_______、表題「Fastening Instrument For Deploying a Fastener System Comprising a Retention Matrix」、代理人整理番号第END6863USNP/100549号、 US patent application Ser. No. ______, entitled "Fastening Instrument For Deploying a Fastener System Comprising a Retention Matrix", Attorney Docket No. END6863USNP / 100549,
米国特許出願番号第_______、表題「Fastener System Comprising a Retention Matrix and a Cover」、代理人整理番号第END6864USNP/100550号、 US patent application Ser. No. ______, entitled "Fastener System Comprising a Retention Matrix and a Cover", Attorney Docket No. END6864USNP / 100550,
米国特許出願番号第_______、表題「Fastener System Comprising a Plurality of Fastener Cartridges」、代理人整理番号第END6865USNP/100551号。 US patent application Ser. No. ______, entitled "Fastener System Comprising a Plurality of Fastener Cartridges", Attorney Docket No. END6865USNP / 100551.

本明細書に開示される装置並びに方法の構造、機能、製造、及び使用の原理の全体的な理解が与えられるよう、特定の例示的実施形態について以下に説明する。 Structure of the apparatus and methods disclosed herein, function, manufacture, and so the overall understanding of the principles of use is given, will be described below specific exemplary embodiments. これらの実施形態の1以上の例を添付図面に示す。 One or more examples of these embodiments are illustrated in the accompanying drawings. 本明細書で詳細に説明され、添付の図面に示される装置及び方法は、非限定的な例示的実施形態であること、並びに、本発明の各種の実施形態の範囲は、特許請求の範囲によってのみ定義されることは、当業者には理解されよう。 Are described in detail herein, devices and methods are shown in the accompanying drawings, it is a non-limiting illustrative embodiments, as well as the scope of the various embodiments of the present invention, by the appended claims only be defined will be understood by those skilled in the art. ある例示的実施形態に関連して例示又は説明される特徴は、他の実施形態の特徴と組み合わせることができる。 The features illustrated or described in connection with one exemplary embodiment may be combined with the features of other embodiments. そのような改変及び変形は、本発明の範囲に含まれるものとする。 Such modifications and variations are intended to be included within the scope of the present invention.

本明細書全体を通して、「様々な実施形態」、「いくつかの実施形態」、「一実施形態」、又は「実施形態」等の参照は、その実施形態との関連において記述されている特定の特徴、構造、又は特性が、少なくとも1つの実施形態に含まれることを意味する。 Throughout this specification, "various embodiments", "some embodiments", "an embodiment", or reference such as "embodiments" means that a particular being described in connection with the embodiment feature, structure, or characteristic described is included in at least one embodiment. したがって、本明細書全体を通して複数の場所に出現する「様々な実施形態では」、「いくつかの実施形態では」、「一実施形態では」、又は「実施形態では」等のフレーズは、必ずしも全てが同一の実施形態を指すものではない。 Thus, "in various embodiments" appearing in multiple locations throughout the specification, "in some embodiments", "in one embodiment", or phrases such as "in an embodiment" are not necessarily all There does not refer to the same embodiment. 更に、特定の特徴、構造、又は特性は、1つ又は2つ以上の実施形態で、任意の好適なやり方で組み合わせることができる。 Furthermore, the particular features, structures, or characteristics, in one or more embodiments may be combined in any suitable manner. 故に、一実施形態に関して図示又は記載される特定の特徴、構造、又は特性は、1つ又は2つ以上の他の実施形態の特徴、構造、又は特性と、全体として又は部分的に、制限なしに組み合わせることができる。 Thus, the particular features illustrated or described with respect to one embodiment, structure, or characteristic is one or more other embodiments of the features, structures, or the characteristics, in whole or in part, without restriction it can be combined to. そのような改変及び変形は、本発明の範囲に含まれるものとする。 Such modifications and variations are intended to be included within the scope of the present invention.

「近位」及び「遠位」という用語は、本明細書において、外科用器具のハンドル部分を操作する臨床医を基準にして用いられている。 The term "proximal" and "distal" is used herein, it is used with reference to a clinician manipulating the handle portion of the surgical instrument. 「近位」という用語は、臨床医に最も近い部分を指し、「遠位」という用語は、臨床医から離れた位置にある部分を指す。 The term "proximal" refers to that portion which is closest to the clinician, the term "distal" will refer to the portion located away from the clinician. 便宜上、及び明確性のために、「垂直」、「水平」、「上」、「下」などの、空間的用語は、本明細書では、図面に関連して使用し得ることが更に理解されよう。 For convenience, and for clarity, "vertical", "horizontal", such as "above", "below", spatial terms are used herein, it is further understood that may be used in conjunction with the drawings Ocean. しかしながら、外科用器具は、多くの向き及び位置で使用されるものであり、これらの用語は、限定的及び/又は絶対的であることを意図したものではない。 However, surgical instruments, which are used in many orientations and positions, and these terms are not intended to be limiting and / or absolute.

腹腔鏡、及び低侵襲性外科手術を行うための、様々な代表的な装置及び方法が提供される。 Laparoscope, and for performing minimally invasive surgery, it is provided a variety of representative apparatus and methods. しかしながら、当業者は、本明細書において開示される様々な方法及び装置が(例えば、開腹外科手術に関連するものを含む)、多くの外科手術及び用途において使用され得ることを容易に理解する。 However, those skilled in the art, various methods and devices disclosed herein (e.g., including those associated with open surgery), readily appreciate that may be used in many surgical procedures and applications. 本明細書の詳細な記載を読み進めると、当業者は、本明細書において開示される様々な器具が、天然の管腔、組織に形成された切開部又は穿孔などを通じて、いずれかの方法により身体内に挿入され得ることを更に理解する。 When proceeding with the detailed description herein, one skilled in the art, various instruments disclosed herein are natural lumen, such as through the formed incision or perforation in the tissue, by any method further understand that may be inserted into the body. 器具の作業部分又はエンドエフェクタ部分は、患者の身体内に直接挿入されてもよく、又は外科用器具のエンドエフェクタ及び細長いシャフトが内部を前進し得る、作業チャネルを有する、アクセス装置を通じて挿入されてもよい。 Working portion or end effector portion of the instrument can be inserted directly into the patient's body, or the end effector and elongate shaft of the surgical instrument may be advanced therethrough, having a working channel, it is inserted through the access device it may be.

図面を参照し、いくつかの図を通して、同様の番号は、同様の構成要素を示し、図1は、本発明のいくつかの固有の利益を実践し得る外科用器具10を示す。 Referring to the drawings, throughout the several views, like numerals indicate like elements, Figure 1 shows a surgical instrument 10 capable of practicing several unique benefits of the present invention. 外科用ステープリング器具10は、これに動作可能に取り付けられた、様々な形状及び大きさのエンドエフェクタ12を操作及び/又は作動させるように設計される。 Surgical stapling instrument 10 is operatively attached to thereto, it is designed to be operated and / or actuating the end effector 12 of various shapes and sizes. 例えば、図1及び図2に示される実施形態において、エンドエフェクタ12は、エンドエフェクタ12の下方ジョー13を形成する細長いチャネル14を含む。 For example, in the embodiment shown in FIGS. 1 and 2, the end effector 12 includes an elongated channel 14 which forms a lower jaw 13 of the end effector 12. 細長いチャネル14は、「埋め込み可能な」ステープカートリッジ30を支持するように構成され、またエンドエフェクタ12の上方ジョー15として機能するアンビル20を動作可能に支持する。 Elongate channel 14 is configured to support the "implantable" stapling cartridge 30, also operably support an anvil 20 which acts as the upper jaw 15 of the end effector 12.

様々な実施形態において、細長いチャネル14は、300 & 400シリーズ、17−4 & 17−7ステンレス・スチール、チタンなどから作製されてもよく、離間した側壁16で形成されてもよい。 In various embodiments, the elongate channel 14, 300 & 400 series, 17-4 and 17-7 stainless steel may be made from titanium, it may be formed in a spaced apart side walls 16. アンビル20は、例えば、300 & 400シリーズ、17−4 & 17−7ステンレス・スチール、チタンなどから作製されてもよく、内部に形成される複数のステープル形成ポケット23を有する、一般的に22として標識される、ステープル形成下面を有し得る。 Anvil 20, for example, 300 & 400 series, 17-4 and 17-7 stainless steel may be made from titanium, having a plurality of staple forming pockets 23 formed therein, as generally 22 labeled by, it may have a staple forming undersurface. 図1B〜1Eを参照されたい。 See Figure 1B~1E. 加えて、アンビル20は、そこから近位方向に突出する、二又の傾斜アセンブリ24を有する。 In addition, the anvil 20 protrudes proximally therefrom, having a tilt assembly 24 bifurcated. アンビルピン26は、細長いチャネル14の側壁16内の対応するスロット又は開口部18内に受容される、傾斜アセンブリ24の各側壁から突出し、ここに可動又は枢動可能に取り付けることを容易にする。 Anvil pins 26 is received in the elongate channel 14 slot or opening 18 corresponding in the side wall 16 of the project from each side wall of the tilt assembly 24 to facilitate the attachment here possible movable or pivotable.

様々な形態の埋め込み可能なステープルカートリッジが、本明細書において開示される外科用器具の様々な実施形態で利用され得る。 Various forms of implantable staple cartridge can be utilized in various embodiments of the surgical instrument disclosed herein. 特定のステープルカートリッジ構成及び構造は、以下で更に詳細に記載される。 Specific staple cartridge configuration and structure is described in more detail below. しかしながら、図1A及び9〜14に示される実施形態において、埋め込み可能なステープルカートリッジ30が示される。 However, in the embodiment shown in FIGS. 1A and 9-14, staple cartridge 30 can be embedded it is shown. 少なくとも一実施形態において、ステープルカートリッジ30は、内部に形成されていない金属ステープル32が並んでいる、例えば、酸化再生セルロース(「ORC」)又は生体吸収性フォームなどの圧縮可能な止血材料からなる、本体部分31を有する。 In at least one embodiment, staple cartridge 30, the metal staple 32 are arranged not formed therein, for example, a compressible hemostatic material, such as oxidized regenerated cellulose ( "ORC") or bioabsorbable foam, It has a body portion 31. 少なくともいくつかの実施形態において、ステープルが影響を受け、止血材料が導入及び配置工程中に活性化することを防ぐため、カートリッジ全体が、生分解性フィルム38、例えば、商標名PDS(登録商標)において販売されるポリジオキサノンフィルム、又はポリグリセロールセバケート(PGS)フィルム、又はPGA(商標Vicrylの商標名で販売されるポリグリセロール酸)、PCL(ポリカプロラクトン)、PLA、若しくはPLLA(ポリ乳酸)、PHA(ポリヒドロキシアルカノエート)、PGCL(商標名Monocrylで販売されるポリグレカプロン25)、又はPGA、PCL、PLA、PDSの複合物(破裂するまでは不透過性である)から形成される他の生分解性フィルムで、コーティング又は被覆さ In at least some embodiments, to prevent the staples are affected and activated during introduction hemostatic material and disposition process, the entire cartridge, biodegradable film 38, for example, trade name PDS (TM) polydioxanone film sold in or polyglycerol sebacate, (PGS) film, or PGA (polyglycerol acids sold under the trade name TM Vicryl), PCL (polycaprolactone), PLA, or PLLA (polylactic acid) , formed from PHA (polyhydroxyalkanoate), PGCL (Porigurekapuron 25 sold under the trade name Monocryl), or PGA, PCL, PLA, composites a top PDS (until rupture is impermeable) in other biodegradable films, coatings or coating of 得る。 Get. ステープルカートリッジ30の本体31は、図示されるように、細長いチャネル14内に取り外し可能に支持されるような大きさであり、それによって、アンビル20がステープルカートリッジ30と接触する際に、内部の各ステープル32が、アンビル内の対応するステープル形成ポケット23と位置合わせされる。 Body 31 of the staple cartridge 30, as shown, an elongated channel removably supported by such magnitude 14, whereby, when the anvil 20 is in contact with the staple cartridge 30, within each staple 32 is aligned with a corresponding staple forming pockets 23 in the anvil.

使用中、一度エンドエフェクタ12が標的組織に隣接するように位置付けられると、エンドエフェクタ12は、ステープルカートリッジ30の上面36と、アンビル20のステープル形成表面22との間に、標的組織を捕捉又はクランプするように操作される。 In use, once the end effector 12 is positioned adjacent to the target tissue, the end effector 12 includes a top surface 36 of the staple cartridge 30, between the staple forming surface 22 of the anvil 20, capture or clamp the target tissue It is engineered to. ステープル32は、細長いチャネル14と実質的に平行な経路内でアンビル20を動かして、ステープル形成表面22、及びより具体的には内部のステープル形成ポケット23を、ステープルカートリッジ30の上面36と実質的に同時に接触されることによって形成される。 Staple 32 to move the elongate channel 14 and substantially the anvil 20 in a parallel path, the staple forming surface 22, and the inside of the staple forming pockets 23 More specifically, substantially the upper surface 36 of the staple cartridge 30 It is formed by being simultaneously contacted. アンビル20がステープルカートリッジ30内に動き続けると、ステープル32の脚部34はアンビル20内の対応するステープル形成ポケット23に接触して、ステープル脚部34を折り曲げ、ステープル32を「B字型」に形成するように機能する。 As the anvil 20 continues to move to the staple cartridge 30, legs 34 of the staple 32 is in contact with the corresponding staple forming pockets 23 in anvil 20, bending the staple legs 34, a staple 32 to "B-shaped" to function so as to form. アンビル20の細長いチャネル14への移動は、ステープル32を更に圧縮して、所望の最終的に形成される高さ「FH」へと形成する。 Movement to the elongate channel 14 of the anvil 20, further compressing the staple 32 is formed into the desired finally formed the height of the "FH".

上記のステープル形成プロセスは、図1B〜1E内で一般的に示される。 The above staple formation process is generally illustrated in Figure 1B to 1E. 例えば図1Bは、アンビル20と埋め込み可能なステープルカートリッジ30の上面36との間に標的組織「T」を有する、エンドエフェクタ12を例示する。 For example, FIG. 1B, having a target tissue "T" between the upper surface 36 of the staple cartridge 30 implantable and anvil 20, illustrating the end effector 12. 図1Cは、アンビル20の初期クランピング位置を例示し、アンビル20は標的組織「T」の上に閉鎖されて、アンビル20とステープルカートリッジ30の上面36との間に標的組織「T」をクランプする。 Figure 1C illustrates the initial clamping position of the anvil 20, the anvil 20 is closed on the target tissue "T", clamping the target tissue "T" between the upper surface 36 of the anvil 20 and staple cartridge 30 to. 図1Dは、初期ステープル形成を例示し、アンビル20はステープルカートリッジ30を圧縮しはじめ、それによってステープル32の脚部34は、アンビル20内のステープル形成ポケット23によって形成され始めている。 Figure 1D illustrates the initial staple formation, the anvil 20 is started to compress the staple cartridge 30, it legs 34 of the staple 32 by, has begun to be formed by staple forming pockets 23 of the anvil 20. 図1Eは、明確性の目的のためにアンビル20が取り除かれた、標的組織「T」を貫通してその最終的な形成状態にある、ステープル32を例示する。 Figure 1E is an anvil 20 for purposes of clarity has been removed, in its final forming state through the target tissue "T", it illustrates the staple 32. 一度ステープル32が標的組織「T」に形成及び締結されると、外科医はアンビル20を開放位置へと移動させて、エンドエフェクタ12が患者から引き抜かれる間、カートリッジ本体31及びステープル32が標的組織に固定されたままとなることを可能にする。 Once staple 32 is formed and fastened to the target tissue "T", the surgeon moves to the open position anvil 20, while the end effector 12 is withdrawn from the patient, the cartridge body 31 and the staple 32 within the target tissue allows the remains fixed. エンドエフェクタ12は、2つのジョー13、15が一緒にクランピングされると、全てのステープルを同時に形成する。 The end effector 12, the two jaws 13 and 15 are clamped together to form all staples simultaneously. 残っている「折り畳み式」本体材料31は、止血剤(ORC)及びステープルのライン補強部(PGA、PDS又は上記の他のいずれかのフィルム組成38)の両方として機能する。 Remaining "folding" body material 31 serves as both a hemostatic agent (ORC) and staple line reinforcement portion (PGA, PDS or the other one of the film composition 38). また、ステープル32は、形成中において、カートリッジ本体31を離れることはないため、ステープル32が形成中に不適切に形成される可能性は極小化される。 Further, the staple 32, during formation, because does not leave the cartridge body 31, the possibility that the staple 32 is improperly formed during formation is minimized. 本明細書において使用するとき、用語「埋め込み可能な」とは、ステープルに加えて、ステープルを支持するカートリッジ本体の材料もまた、患者内に留まり、最終的には患者の身体に吸収されることを意味する。 As used herein, the term "implantable", in addition to the staple, the material of the cartridge body is also supporting the staples, remains in the patient, it is ultimately absorbed into the patient's body It means. このような埋め込み可能なステープルカートリッジは、エンドエフェクタと一緒のままであり、共に取り除かれる従来のカートリッジ構成とは区別される。 Such implantable staple cartridge remains together with the end effector, is distinguished from the conventional cartridge structure together is removed. このような「取り外し可能な」ステープルカートリッジは、典型的には、ステープル駆動構成要素を含むため、本発明のいくつかの固有かつ新規の埋め込み可能なステープルカートリッジ実施形態に関連して採用されるように設計される、本発明のエンドエフェクタよりも遥かに大きい場合がある。 Such "removable" staple cartridge typically to contain the staple driving components, to be employed in connection with several unique and novel implantable staple cartridge embodiments of the present invention it is designed, in some cases much greater than the end effector of the present invention.

様々な実施において、エンドエフェクタ12は、ハンドルアセンブリ100から突出する細長いシャフトアセンブリ40と連結されるように構成される。 In various embodiments, the end effector 12 is configured to be coupled with the elongated shaft assembly 40 which projects from the handle assembly 100. エンドエフェクタ12(閉鎖時)及び細長いシャフトアセンブリ40は、同様の断面形状を有してもよく、トロカール管又は別の形状のアクセス器具内の作業チャネルを動作可能に通過するような大きさであり得る。 The end effector 12 (when closed) and the elongate shaft assembly 40, the same cross-sectional shape may have, be sized to operably pass through the working channel of the access device of the trocar tube or another shape obtain. 本明細書において使用するとき、用語「動作可能に通過」とは、エンドエフェクタ及び細長いシャフトアセンブリの少なくとも一部分が、チャネル又は管開口部を通じて挿入されるか、又は通過することができ、外科用ステープリング手技を完了するために必要性に応じて内部で操作され得ることを意味する。 As used herein, the term "operably pass" may be at least a portion of the end effector and elongate shaft assembly, either be inserted through the channel or tube openings, or through surgical Suthep means that can be manipulated within as required to complete the ring procedure. いくつかの実施形態において、閉鎖位置にある際、エンドエフェクタ12のジョー13及び15は、エンドエフェクタにほぼ円形の断面形状をもたらすことがあり、これは、円形の通路/開口部の通過を容易にする。 In some embodiments, when in the closed position, the jaws 13 and 15 of the end effector 12 can result a substantially circular cross-sectional shape to the end effector, which facilitate the passage of the circular path / opening to. しかしながら、本発明の様々な実施形態のエンドエフェクタ、加えて細長いシャフトアセンブリ実施形態は、非円形の断面形状を有するアクセス経路及び開口部を他の様式で通過する、他の断面形状を備える可能性もある。 However, various end effector embodiments, in addition elongate shaft assembly embodiment of the present invention, an access path and the opening has a non-circular cross-sectional shape passing through in other ways, possibly including other cross-sectional shapes there is also. したがって、閉じたエンドエフェクタの断面の全体的な大きさは、これが通過することを意図される、経路又は開口部の大きさに関連する。 Therefore, the overall size of the cross section of the closed end effector, this is done, related to the magnitude of the path or opening intended to pass. したがって、例えば1つのエンドエフェクタは、「5mm」エンドエフェクタと称されることがあり、これは、このエンドエフェクタが少なくともおよそ5mmの直径の開口部を動作可能に通過し得ることを意味する。 Thus, for example, one end effector is sometimes referred to as "5mm" end effector, this means that the end effector may operably passing through the opening of diameter of at least about 5mm.

本発明の様々な実施形態において、細長いシャフトアセンブリ40は、閉鎖位置にある際に、エンドエフェクタ12の外径と実質的に同じ外径を有し得る。 In various embodiments of the present invention, elongate shaft assembly 40 when in the closed position, may have an outer diameter substantially the same outer diameter of the end effector 12. 例えば、5mmエンドエフェクタは、5mmの断面直径を有する、細長いシャフトアセンブリ40と連結されてもよい。 For example, 5 mm end effector has a cross-sectional diameter of 5 mm, may be coupled with the elongated shaft assembly 40. しかしながら、本発明の詳細な説明を読み進めると、本発明の様々な実施形態が、異なる大きさのエンドエフェクタに関連して有効に使用され得ることが明らかにある。 However, when proceeding with the detailed description of the present invention, various embodiments of the present invention, it is apparent that can be effectively used in connection with the end effector of different sizes. 例えば、10mmエンドエフェクタは、5mmの断面直径を有する、細長いシャフトアセンブリに取り付けられてもよい。 For example, 10 mm end effector has a cross-sectional diameter of 5 mm, it may be attached to the elongate shaft assembly. 逆に、10mm以上のアクセス開口部又は経路が提供されるこれらの用途において、細長いシャフトアセンブリ40は、10mm(又はそれ以上)の断面直径を有してもよいが、また5mm又は10mmのエンドエフェクタを作動させることもできる。 Conversely, in those applications where 10mm or more access openings or paths are provided, elongate shaft assembly 40, 10mm (or more) may have a cross-sectional diameter, also 5mm or 10mm end effector of it is also possible to operate the. したがって、外側シャフト40は、これに取り付けられる閉鎖したエンドエフェクタ12の外径と同じ、又はこれと異なる外径を有してもよい。 Accordingly, the outer shaft 40 is the same as the outer diameter of the closed end effector 12 attached thereto, or which a may have a different outer diameter.

示されるように、細長いシャフトアセンブリ40は、ハンドルアセンブリ100からほぼ直線上に遠位方向に延びて、長手方向軸A−A画定する。 As shown, the elongated shaft assembly 40 extending distally approximately straight line from the handle assembly 100, defining longitudinal axis A-A. 様々な実施形態において、例えば、細長いシャフトアセンブリ40は、およそ229〜406mm(9〜16インチ)の長さであり得る。 In various embodiments, for example, elongate shaft assembly 40 may be a length of approximately 229~406mm (9~16 inches). しかしながら、細長いシャフトアセンブリ40は、他の長さで提供されてもよく、他の実施形態において、以下でより詳細に記載されるように、シャフト又はハンドルアセンブリの他の部分に対する、エンドエフェクタ12の関節運動を容易にするように、内部に関節を有するか、ないしは別の様式で構成されてもよい。 However, the elongated shaft assembly 40 may be provided in other lengths, in other embodiments, as will be described in more detail below, with respect to other portions of the shaft or handle assembly, the end effector 12 to facilitate articulation, either with a joint inside, or may be constructed in a different manner. 様々な実施形態において、細長いシャフトアセンブリ40は、ハンドルアセンブリ100からエンドエフェクタ12まで延びる、スパイン部材50を含む。 In various embodiments, the elongated shaft assembly 40 extends from the handle assembly 100 to the end effector 12 includes a spine member 50. エンドエフェクタ12の細長いチャネル14の近位端は、そこから突出する一対の保持トラニオン17を有し、これはスパイン部材50の遠位端内に提供される、対応するトラニオン開口部又は受台52に受容される大きさであり、エンドエフェクタ12が、細長いシャフトアセンブリ40に取り外し可能に連結されることを可能にする。 The proximal end of the elongate channel 14 of the end effector 12 has a pair of retaining trunnions 17 projecting therefrom, which is provided in the distal end of the spine member 50, the corresponding trunnion openings or cradle 52 to a is the size receptors, the end effector 12, to be removably coupled to the elongated shaft assembly 40. スパイン部材50は、例えば、6061又は7075アルミニウム、ステンレス・スチール、チタンなどから作製されてもよい。 Spine member 50, for example, 6061 or 7075 aluminum, stainless steel, may be made such as of titanium.

様々な実施形態において、ハンドルアセンブリ100は、組み立てる目的のために、2つ以上の部品で作製され得る、ピストルグリップタイプのハウジングを含む。 In various embodiments, the handle assembly 100, for the purpose of assembling can be made of two or more parts, including a housing pistol grip type. 例えば、図示されるハンドルアセンブリ100は、右手ケース部材102、及び左手ケース部材104を含み(図5、7及び8)を含み、これらは、ポリマー又はプラスチック部材から作製され、互いに噛み合うように設計される。 For example, handle assembly 100 illustrated includes a right hand case member 102 and left hand case member 104 includes (FIGS. 5, 7 and 8), they are made from a polymer or plastic member, is designed to mesh with each other that. このようなケース部材102及び104は、成形されたないしは別の方法で内部に形成された、スナップ機構、ペグ及びソケットにより、並びに/又は接着剤、ねじなどにより、互いに取り付けられてもよい。 Such case members 102 and 104, formed therein with molded or otherwise, the snap mechanism, the peg and the socket, and / or adhesive, screws or the like, may be attached to one another. スパイン部材50は、上部に形成されたフランジ56を有する、近位端54を有する。 Spine member 50 has a flange 56 formed in the top portion, a proximal end 54. フランジ56は、各ケース部材102、104から内側に突出する噛み合うリブ108により形成される溝106内に回転可能に支持されるように構成される。 Flange 56 is configured to be rotatably supported within a groove 106 formed by the rib 108 which meshes projecting inwardly from the case members 102 and 104. このような構成は、スパイン部材50のハンドルアセンブリ100への取り付けを促進し、一方でスパイン部材50がハンドルアセンブリ100に対し、長手方向軸A−Aを中心に360°の起動で回転することを可能にする。 Such arrangement facilitates the attachment to the handle assembly 100 of the spine member 50, spine member 50 relative to handle assembly 100 with the other hand, to rotate at a start of 360 ° about the longitudinal axis A-A enable.

図1及び図4に更に見られるように、スパイン部材50は、ハンドルアセンブリ100に回転可能に取り付けられた、取り付けブッシング60を通過し、これによって支持される。 As further seen in FIGS. 1 and 4, the spine member 50 is rotatably mounted to the handle assembly 100, it passes through the mounting bushing 60 is thereby supported. 取り付けブッシング60は、近位フランジ62、及び遠位フランジ64を有し、これらは、その間のハンドルアセンブリ100の鼻部分101を回転可能に受容するように構成される回転可能な溝65を画定する。 Mounting bushing 60 has a proximal flange 62 and distal flange 64, they define a rotatable groove 65 configured to rotatably receive the nose portion 101 therebetween handle assembly 100 . このような構成は、取り付けブッシング60が、ハンドルアセンブリ100に対し、長手方向軸A−Aを中心に回転することを可能にする。 Such an arrangement, the mounting bushing 60 with respect to handle assembly 100, makes it possible to rotate about the longitudinal axis A-A. スパイン部材50は、スパインピン66により、取り付けブッシング60に回転不可能にピン留めされている。 Spine member 50 by Supainpin 66 is pinned non-rotatably to the mounting bushing 60. 加えて、回転ノブ70は、取り付けブッシング60に取り付けられる。 In addition, the rotation knob 70 is mounted to the mounting bushing 60. 一実施形態において、例えば、回転ノブ70は、内部に取り付けブッシング60の一部分を受容するような大きさの中空の取り付けフランジ部分72を有する。 In one embodiment, for example, the rotation knob 70 has a hollow mounting flange portion 72 of such size to receive a portion of the bushing 60 installed inside. 様々な実施形態において、回転ノブ70は例えば、ガラス又は炭素充填ナイロン、ポリカーボネート、Ultem(登録商標)などから作製されてもよく、また同様にスパインピン66によって取り付けブッシング60に取り付けられる。 In various embodiments, the rotation knob 70, for example, glass or carbon filled nylon, polycarbonate, Ultem may be made of (registered trademark), also mounted on the mounting bushing 60 similarly by Supainpin 66. 加えて、内側に突出する保持フランジ74は、取り付けフランジ部分72上に形成され、取り付けブッシング60内に形成された放射状の溝68内に延びるように構成される。 In addition, retaining flange 74 projecting inwardly is formed on the mounting flange portion 72 configured to extend into the mounting bushing radial grooves 68 formed in the 60. したがって、外科医は、回転ノブ70を把持し、これをハンドルアセンブリ100に対して回転させることによって、スパイン部材50(及びこれに取り付けられたエンドエフェクタ12)を長手方向軸A−Aを中心に、360°の経路で回転させてもよい。 Thus, the surgeon grasps the rotary knob 70, by rotating it relative to the handle assembly 100, spine member 50 (and the end effector 12 attached thereto) about the longitudinal axis A-A, it may be rotated in the path of 360 °.

様々な実施形態において、アンビル20は、アンビルばね21、又は図1、9A、10A及び11Aに示されるような他の付勢構成によって開放位置に維持される。 In various embodiments, the anvil 20, anvil spring 21, or FIG. 1,9A, is maintained in the open position by other biasing structure shown in 10A and 11A. アンビル20は、一般的に109として指定される、発射システムによって、開放位置から様々な閉鎖又はクランピング及び発射位置へと、選択的に可動である。 Anvil 20 is generally designated as 109, the firing system, and from the open position to various closed or clamping and firing position, it is selectively movable. 発射システム109は、「発射部材」110を含み、これは様々な実施形態において、中空発射管110を含む。 Firing system 109 includes a "firing member" 110, which in various embodiments, includes a hollow launch tube 110. 中空発射管110は、スパイン部材50上で軸方向に可動であり、したがって、細長いシャフトアセンブリ40の外部を形成する。 Hollow launch tube 110 is movable in the axial direction on the spine member 50, thus forming an external elongate shaft assembly 40. 発射管110は、ポリマー、又は他の好適な材料から作製されてもよく、発射システム109の発射ヨーク114に取り付けられる近位端112を有してもよい。 Launch tube 110, a polymer, or other may be made from a suitable material, it may have a proximal end 112 attached to the firing yoke 114 of the firing system 109. 図4を参照されたい。 See Figure 4. 様々な実施形態において、例えば、発射ヨーク114は、発射管110の近位端112にオーバーモールドされてもよい。 In various embodiments, for example, firing yoke 114 may be overmolded to the proximal end 112 of the launch tube 110. しかしながら、他の締結具配置が利用されてもよい。 However, other fasteners arrangement may be utilized.

図1及び図4に見られるように、発射ヨーク114は、ハンドルアセンブリ100内で軸方向に動くように構成された、支持カラー120内で回転可能に支持されてもよい。 As seen in FIGS. 1 and 4, the firing yoke 114 is configured to move axially within handle assembly 100 may be rotatably supported by the support collar 120.. 様々な実施形態において、支持カラー120は、一対の横方向に延びるフィン122を有し、これはそれぞれ、右手ケース部材102及び左手ケース部材104に形成される、フィンスロット103、及び105内に摺動自在に受容されるような大きさである。 In various embodiments, the support collar 120 has a fin 122 that extends a pair of laterally, which respectively are formed on the right hand case member 102 and left hand case member 104, sliding the fin slots 103, and 105 moving a freely acceptable carrier such magnitude. 図7を参照されたい。 See Figure 7. したがって、支持カラー120はハンドルハウジング100内に軸方向に摺動可能であり得、一方で発射ヨーク114及び発射管110がこれに対して、長手方向軸A−Aを中心に回転することを可能にする。 Therefore, the support collar 120 allows to obtain slidable axially in the handle housing 100, which on the one hand firing yoke 114 and firing tube 110 hand, for rotation about a longitudinal axis A-A to. 図4に見られるように、細長いスロット111が、発射管110を通じて提供され、スパインピン66が内部を通じてスパイン部材50内に延びることを可能にし、一方で、スパイン部材50上における発射管110の軸方向の移動を促進する。 As seen in FIG. 4, the elongated slot 111, is provided through launch tube 110, it possible to extend into the spine member 50 Supainpin 66 through an internal, on the one hand, the axial direction of the launch tube 110 in the spine member 50 on to facilitate the movement of.

発射システム109は更に、スパイン部材50上の発射管110の軸方向の移動を制御するように機能する、発射トリガー130を更に含む。 Firing system 109 further functions to control the axial movement of the launch tube 110 on the spine member 50 further includes a firing trigger 130. 図1を参照されたい。 See Figure 1. 発射管110を遠位方向、軸方向に移動させて、発射のためにアンビル20と相互作用させることは、ここでは「発射運動」と称される。 The launch tube 110 distally, is moved in the axial direction, thereby interacting with the anvil 20 for firing is referred to as "firing motion" here. 図1に見られるように、発射トリガー130は枢動ピン132によってハンドルアセンブリ100に可動、又は枢動可能に連結されている。 As seen in FIG. 1, the firing trigger 130 is movable, or pivotally connected to the handle assembly 100 by pivot pin 132. 発射トリガー130を、ハンドルアセンブリ100のピストルグリップ部分107から、非作動の「解放」又は開始位置へと付勢するために、トーションばね135が利用される。 The firing trigger 130, from the pistol grip portion 107 of the handle assembly 100, for urging to "release" or starting position of the non-actuated, torsion spring 135 is utilized. 図1及び図4に見られるように、発射トリガー130は、支持カラー120に可動に取り付けられた(ピン留めされた)発射リンク136に可動に取り付けられた(ピン留めされ)上部134を有する。 As seen in FIGS. 1 and 4, the firing trigger 130, support collar 120 movably mounted (being pinned) (pinned) movably mounted firing link 136 has an upper 134. したがって、発射位置(図1及び図9)から、ハンドルアセンブリ100のピストルグリップ部分107に隣接する終了位置(図14)への、発射トリガー130の移動により、発射ヨーク114及び発射管110を遠位方向「DD」に移動させる。 Therefore, from the launch position (FIGS. 1 and 9), the end position adjacent to the pistol grip portion 107 of handle assembly 100 in (FIG. 14), the movement of the firing trigger 130, firing yoke 114 and firing tube 110 distally It is moved in the direction "DD". 発射トリガー130のハンドルアセンブリ100のピストルグリップ部分107から離れる動き(トーションばね135の付勢により)により、発射ヨーク114及び発射管110は、スパイン部材50において近位方向「PD」に移動する。 The movement away from the pistol grip portion 107 of handle assembly 100 of the firing trigger 130 (by urging of the torsion spring 135), the firing yoke 114 and firing tube 110 moves in the proximal direction "PD" in spine member 50.

本発明の様々な実施形態は、異なる大きさ及び構成の埋め込み可能なステープルカートリッジと利用することができる。 Various embodiments of the present invention can be utilized with implantable staple cartridge of a different size and configuration. 例えば、外科用器具10は、第1発射アダプタ140と共に使用されるとき、埋め込み可能なステープルカートリッジ30を支持する、およそ20mm長さ(又は他の長さ)の、5mmエンドエフェクタ12と共に使用され得る。 For example, surgical instrument 10, when used together with the first firing adapter 140, which supports a staple cartridge 30 can be embedded, approximately 20mm long (or other length) may be used with 5mm end effector 12 . このようなエンドエフェクタの大きさは、例えば、比較的細かい切開、及び血管横切を完成させるために、特に好適である。 The size of such end effectors, for example, relatively fine incision and blood vessel transection to complete, is particularly suitable. しかしながら、以下でより詳細に記載されるように、外科用器具10はまた、例えば、第1発射アダプタ140を第2発射アダプタ150と交換することにより、他の大きさのエンドエフェクタ及びステープルカートリッジと共に利用され得る。 However, as will be described in more detail below, also surgical instrument 10, for example, by replacing the first firing adapter 140 and the second firing adapter 150, with the end effector and staple cartridge of another size It may be utilized. 更に他の実施形態において、細長いシャフトアセンブリ40は、少なくとも1つの形状又は大きさのエンドエフェクタに取り付けられるように構成され得る。 In yet another embodiment, elongate shaft assembly 40 may be configured to be attached to at least one of the end effector of shape or size. このような実施形態において、例えば、圧力表面146又は158(通常、それぞれ、発射アダプタ140、150上に提供される)は、それと共に使用されるエンドエフェクタの特定の大きさにより、発射管110の遠位端に一体的に形成される。 In such embodiments, for example, a pressure surface 146 or 158 (typically, respectively, are provided on the firing adapter 140, 150) is a specific size of the end effector to be used therewith, the launch tube 110 It is integrally formed at the distal end.

図2に見られるように、第1発射アダプタ140は実質的に中空であり、第1ばね部分142を有し、これは発射管110の開いた遠位端116内に延びるように構成される。 As seen in FIG. 2, the first firing adapter 140 is substantially hollow, having a first spring portion 142, which is configured to extend into the distal end 116 an open launch tube 110 . 第1保持ボタン144は、第1ばね部分142上に形成され、発射管110の遠位端部に提供される保持孔117内に受容されるような大きさである。 The first holding button 144 is formed on the first spring portion 142 is sized such that is received within the holding hole 117 is provided at the distal end of the launch tube 110. 図1及び図2参照。 Referring FIGS. したがって、第1発射アダプタ140を発射管110から取り外すため、ユーザーは單純に、保持孔117から保持ボタン144を押圧し、第1発射アダプタ140を発射管110から引き出す。 Therefore, removing the first firing adapter 140 from launch tube 110, the user is in 單純 presses the holding button 144 from the holding hole 117, pulling out the first firing adapter 140 from launch tube 110. 図2に見られるように、第1発射アダプタ140は、アンビル20の二又の傾斜アセンブリ24と連動するように構成された、内部圧力表面146を有する。 As seen in FIG. 2, the first firing adapter 140 is configured to work with tilt assembly 24 of bifurcated anvil 20 has an inner pressure surface 146.

様々な実施形態において、アンビル20の二又傾斜アセンブリ24は、ブレード受容溝(図示されない)によって分離された、一対の歯45を含む。 In various embodiments, fork tilt assembly 24 of the anvil 20 includes a blade receiving groove separated by (not shown), a pair of teeth 45. 各歯45は、アンビル20が閉鎖位置あるとき、細長いチャネル14の底部と実質的に並行な近位表面27を有する。 Each tooth 45, when the anvil 20 is in a closed position, having a bottom and substantially parallel proximal surface 27 of the elongate channel 14. 近位表面27はその後、近位表面27の遠位にある、クランピング傾斜面28へと遷移する。 Thereafter proximal surface 27 is distal of the proximal surface 27, a transition to the clamping inclined surface 28. 図3を参照されたい。 See Figure 3. クランピング傾斜面28は、近位表面27に対し、クランピング角度「A」で向けられる。 Clamping the inclined surface 28 with respect to the proximal surface 27, directed at the clamping angle "A". 様々な実施形態において、例えば、クランピング角度「A」は、およそ15°〜30°であり得る。 In various embodiments, for example, clamping angle "A" may be approximately 15 ° to 30 °. 以下でより詳細に記載されるように、第1発射アダプタ140の第1圧力表面146は、クランピング傾斜面28と接触するとき、アンビル20は細長いチャネル14の方、より具体的には内部のステープルカートリッジ30の方に動かされる。 As described in more detail below, the first pressure surface 146 of the first firing adapter 140, when in contact with clamping inclined surface 28, the anvil 20 toward the elongate channel 14, the interior of the more specifically It is moved toward the staple cartridge 30. 第1発射アダプタ140が更に遠位に動くと、第1圧力表面146は、アンビル歯45それぞれのステープル形成傾斜面29と接触し、アンビル20をステープルカートリッジ30へと更に駆動し、内部でステープル32を形成する。 When the first firing adapter 140 is further moved distally, the first pressure surface 146 is in contact with the anvil teeth 45 each staple forming the inclined surface 29, further driving the anvil 20 into the staple cartridge 30, the staple 32 within to form. 図3に図示されるように、ステープル形成傾斜面29は、クランピング傾斜面27に対して傾斜角「B」で向けられる。 As illustrated in Figure 3, the staple forming the inclined surface 29 is oriented at an oblique angle relative to the clamping inclined surface 27 "B". 様々な実施形態において、例えば、形成角「B」は、およそ5〜20°であり得る。 In various embodiments, for example, formed angle "B" may be approximately 5 to 20 °. アンビル20の傾斜面アセンブリ24は、上部に傾斜した下面25を更に有してもよく(例えば、角度「C」はおよそ5〜40°)、それによりアンビル20が開放位置にあるとき、傾斜した下面25表面は、アンビル20が、15°解放制限(図11Aの角度「β」)へと枢動することを可能にする。 Inclined plane assembly 24 of the anvil 20 may further include a lower surface 25 which is inclined to the upper (e.g., an angle "C" is approximately 5 to 40 °), whereby when the anvil 20 is in the open position, inclined lower surface 25 surface, the anvil 20 makes it possible to pivot to 15 ° release limit (angle of FIG. 11A "β").

エンドエフェクタ12をスパイン部材50に取り外し可能に連結する1つの方法が説明される。 One way to removably couple the end effector 12 to the spine member 50 is described. 連結プロセスは、細長いチャネル14上の保持トラニオン17を、スパイン部材50のトラニオン受台52内に挿入することにより開始される。 Coupling process, the holding trunnion 17 on the elongate channel 14 is initiated by inserting into the trunnion cradle 52 of the spine member 50. その後、外科医が発射トリガー130を、ハウジングアセンブリ100のピストルグリップ107の方に前進させ、発射管110及び第1発射アダプタ140を、細長いチャネル14の近位端部分47を超えて遠位方向に前進させ、それによってトラニオン17をこれらの各受台52に保持する。 Then forward, the surgeon firing trigger 130, is advanced towards the pistol grip 107 of the housing assembly 100, the launch tube 110 and the first firing adapter 140, distally beyond the proximal end portion 47 of the elongate channel 14 It is allowed, thereby to hold the trunnion 17 on the cradle 52 thereof. 図10及び図10Aを参照されたい。 Please refer to FIG. 10 and FIG. 10A. トラニオン17を超える第1発射アダプタ140のこのような位置は、本明細書において「連結位置」と称される。 Such position of the first firing adapter 140 exceeding trunnion 17 is referred to as "connecting position" herein. 本発明の様々な実施形態はまた、エンドエフェクタ12がスパイン部材50に取り付けられた後、発射トリガー130を適所に固定するために、エンドエフェクタ固定アセンブリ160を有し得る。 Various embodiments of the present invention is also after the end effector 12 is attached to the spine member 50, to secure the firing trigger 130 in position, may have an end effector lock assembly 160.

より具体的に、図5、7及び8を参照し、エンドエフェクタ固定アセンブリ160の一実施形態は、発射トリガー130の上部134内に可動に支持される、保持ピン162を含む。 More specifically, one embodiment of reference to FIGS. 5, 7 and 8, the end effector lock assembly 160 is movably supported in the upper 134 of the firing trigger 130 includes a retaining pin 162. 保持ピン162は、保持ピン166によって、左手ケース部材104の方にばねで付勢される。 Retaining pin 162, the retaining pin 166 is biased by a spring towards the left hand case member 104. 発射トリガー130が非作動(開始)位置にあるとき、保持ピン162は、左手ケース部材104から内側に突出する、開始戻り止め163と隣接して接触するように、付勢される。 When firing trigger 130 is in an unactuated (start) position, the retaining pin 162 protrudes from the left hand case member 104 inwardly, so as to contact adjacent the start detent 163, is biased. 図7及び図8を参照されたい。 See FIGS. 上記のように、発射管110は最初に、第1発射アダプタ140がエンドエフェクタ12の保持トラニオン17をスパイン部材50のトラニオン受台52内に保持する、連結位置へと、遠位方向に前進されなくてはならない。 As described above, launch tube 110 is first first firing adapter 140 to hold the retaining trunnions 17 of the end effector 12 to the trunnion cradle 52 of the spine member 50, to the coupling position, it is advanced distally Must-have. 外科医は、発射トリガー130を開始位置からピストルグリップ107へと引くことによって、発射アダプタ140を連結位置へと遠位方向に前進させる。 The surgeon, by pulling the firing trigger 130 from the start position to the pistol grip 107, is advanced distally into the connecting position firing adapter 140. 発射トリガー130が最初に作動されると、保持ピン162は、発射管110が第1発射アダプタ140を連結位置まで前進させるまで、開始戻り止め163に隣接して接触するまで摺動し、この点において保持ピン162は、左手ケース部材104内に形成される固定空洞164内に付勢される。 When the firing trigger 130 is initially actuated, the retaining pin 162 until launch tube 110 to advance the first firing adapter 140 to the connecting position, slides until it contacts adjacent to the start detent 163, the point the retaining pin 162 in, is biased in a fixed cavity 164 formed in the left casing member 104. 図8を参照されたい。 See Figure 8. 様々な実施形態において、保持ピン162が固定空洞164に入るとき、ピン162は、可聴「クリック音」、又は他の音を生じてもよく、またエンドエフェクタ12がスパイン部材50に「固定された」という触覚的指示を外科医に提供してもよい。 In various embodiments, when the retaining pin 162 enters the fixing cavity 164, the pin 162, the audible "clicks" or other sound may cause, also the end effector 12 is "fixed to the spine member 50 it may be provided to the surgeon tactile indication that ". 加えて、外科医は、保持ピン162を固定空洞164から意図的に付勢しない限り、不注意により発射トリガー130を作動し続けて、ステープル32をエンドエフェクタ12内に形成し始めることはない。 In addition, the surgeon, unless intentionally bias the retaining pin 162 from the fixed cavity 164, and continues to actuate the firing trigger 130 inadvertently, does not begin to form the staples 32 in the end effector 12. 同様に、外科医が発射トリガー130を、これが連結位置にあるときに解放するとき、これは保持ピン162によってこの位置に保持され、発射トリガー130が開始位置に戻り、よってエンドエフェクタ12がスパイン部材50から解放するのを防ぐ。 Similarly, the surgeon firing trigger 130, when it is released when in the engaged position, which is held by a retaining pin 162 in this position, return to the firing trigger 130 is the start position, thus the end effector 12 is spine member 50 prevent the release from.

様々な実施において、発射トリガー取り外しボタン167は、ハンドルアセンブリ100の左手ケース部材104内に取り付けられ、外科医が意図的に保持ピン162を解放することを可能にし、発射トリガー130が更に作動されるか、又は開始位置に戻ることを可能にする。 Or in various embodiments, firing trigger release button 167 is attached to the left hand case member 104 of the handle assembly 100 allows the surgeon to release the intentionally retaining pin 162, firing trigger 130 is further operated or it makes it possible to return to the starting position. 図5、7及び8を参照。 Referring to FIG. 5, 7 and 8. 発射トリガー解放ボタン167は、固定空洞164内に可動に取り付けられ、非作動位置へとばねで付勢される(図8)。 Firing trigger release button 167 is movably mounted in the fixed cavity 164 is biased by a spring into the inoperative position (Fig. 8). 発射トリガー解放ボタン167が内側に押圧されると、保持ピン162と接触し、これを固定空洞163の外に動かし、発射トリガー130が更に作動されることを可能にする。 When the firing trigger release button 167 is pressed inwardly into contact with the retaining pin 162, move it to the outside of the fixed cavity 163 allows the firing trigger 130 is further actuated.

更に記載されるように、外科用器具10は組織を操作/配置するために、把持装置として使用されてもよい。 As further described, the surgical instrument 10 to operate / placing tissue, may be used as a gripping device. トリガー130が固定解除された後(保持解放ボタン167を押圧することにより)、発射トリガー130のピストルグリップ部分107への更なる移動により、発射アダプタ140はアンビル20のクランピング傾斜面28と接触する。 After the trigger 130 is released secured (by pressing the hold releasing button 167), by further movement of the pistol grip portion 107 of the firing trigger 130, firing adapter 140 is in contact with the clamping inclined surface 28 of the anvil 20 . 第1発射アダプタの圧力表面部分146がクランピング傾斜面28を登ると、アンビルが細長いチャネル14内にステープルカートリッジ30の方に移動する。 When the pressure surface portions 146 of the first firing adapter climb clamping inclined surface 28, moves toward the staple cartridge 30 in anvil elongate channel 14. したがって、外科医は、アンビル20をステープルカートリッジ30の方に、又はここから遠ざかるように操作して、ステープルを形成することなく、その間の組織を把持及び解放することができる。 Thus, the surgeon, the anvil 20 toward the staple cartridge 30, or by operating away from here, without forming a staple, it is possible to grasp and release tissue therebetween.

本発明の様々な実施形態は、ハンドルアセンブリ100に枢動可能に取り付けられた、発射システム固定ボタン137を更に含み得る。 Various embodiments of the present invention, pivotally attached to the handle assembly 100 may further include a firing system fixed button 137. 図1及び図4を参照されたい。 Please refer to FIG. 1 and FIG. 一形態において、発射システム固定ボタン137は、その遠位端上に形成されたラッチ138を有し、これは、発射解放ボタンが第1ラッチング位置にあるときに、発射ヨーク114と係合するように向けられる。 In one embodiment, firing system fixed button 137 has a latch 138 formed on its distal end, which, when the firing release button is in the first latching position, to engage a firing yoke 114 It is directed to. 図1及び図4に見られるように、ラッチばね139は、発射システム固定ボタン137を、第1ラッチング位置へと付勢するように機能する(図11及び図12)。 As seen in FIGS. 1 and 4, the latch spring 139, firing system fixed button 137, functions to urge into the first latching position (FIGS. 11 and 12). 以下でより詳細に記載されるように、ラッチ138は、スパイン部材50上の発射ヨーク114の位置が、第1発射アダプタ140の圧力表面146がアンビル20上のクランピング傾斜面28を遠位方向へと前進して上り始める点と対応する点において、発射ヨーク114と係合するように機能する。 As described in more detail below, the latch 138, the position of the firing yoke 114 on the spine member 50, the clamping inclined surface 28 on the pressure surface 146 of the first firing adapter 140 is the anvil 20 distally in the corresponding point as a point to start up and advanced to function to engage the firing yoke 114. 第1発射アダプタ140がクランピング傾斜面28を軸方向に前進して延びると、アンビル20が、そのステープル形成表面部分22がステープルカートリッジ30の上面36と実質的に平行となるようにして経路を移動する。 When the first firing adapter 140 extends forward clamping inclined surface 28 in the axial direction, the anvil 20, a route as the staple forming surface portion 22 is substantially parallel to the upper surface 36 of the staple cartridge 30 Moving.

エンドエフェクタ12がスパイン部材50と連結すると、ステープル形成プロセスは、発射システム固定ボタン137を最初に押圧することによって開始され、発射ヨーク114がスパイン部材50上で遠位方向に更に移動され、最終的にアンビル20をステープルカートリッジ30へと圧迫する。 When the end effector 12 is connected to the spine member 50, the staple formation process is initiated by pressing the firing system fixed button 137 initially is further moved distally on the firing yoke 114 spine member 50, the final compressing the anvil 20 to a staple cartridge 30. 図13を参照されたい。 See Figure 13. 発射システム固定ボタン137を押圧した後、外科医は発射トリガー130をピストルグリップ107の方に作動し続け、それによって第1ステープルカラー140の圧力表面146を、対応するステープル形成傾斜面29を登るように駆動し、アンビル20を、ステープルカートリッジ30内のステープル32と接触するように促進する。 After pressing the firing system fixed button 137, the surgeon continued to actuate the firing trigger 130 toward the pistol grip 107, thereby the pressure surface 146 of the first staple collar 140, so as to climb the corresponding staple forming inclined surfaces 29 driven, the anvil 20, facilitates to contact the staples 32 in the staple cartridge 30. 発射システム固定ボタン137は、外科医がプロセスに備えるまで、ステープル32の不注意による形成を防ぐ。 Firing system fixed button 137, until the surgeon is prepared to process, prevent the formation inadvertent staples 32. この実施形態において、外科医は、発射トリガー130が更に作動されてステープル形成プロセスを開始する前に、発射システム固定ボタン137を押圧しなくてはならない。 In this embodiment, the surgeon, before the firing trigger 130 begins to further actuated by the staple forming process, you must press the firing system fixed button 137.

外科用器具10は、所望される場合、単に、所望により組織ステープリング装置として使用され得る。 Surgical instrument 10, if desired, simply be used as desired tissue stapling apparatus. しかしながら、本発明の様々な実施形態はまた、一般的に170として指定される、組織切断システムを含み得る。 However, various embodiments of the present invention is also generally designated as 170, it may include a tissue cutting system. 少なくとも一形態において、組織切断システム170は、ナイフ部材172を含み、これは、ナイフ前進トリガー200を作動することによって、エンドエフェクタ12の近位端に隣接する非作動位置(図1及び9〜13)から、作動位置(図14)へと選択的に前進し得る。 In at least one embodiment, the tissue cutting system 170 includes a knife member 172, which, by actuating the knife forward trigger 200, a non-actuated position adjacent to the proximal end of the end effector 12 (FIGS. 1 and 9 to 13 from) may be selectively advanced to the operating position (FIG. 14). ナイフ部材172は、スパイン部材50内に可動に支持され、取り付けられ、ないしは別の方法によりナイフロッド180から突出する。 Knife member 172 is movably supported on the spine member 50, attached, or by another method protruding from the knife rod 180. ナイフ部材172は、例えば、38HRC超の硬度(Rockwell硬度Cスケール)を有する420又は440ステンレス・スチールから作製されてもよく、かつその遠位端174上に形成される組織切断縁部176を有し、アンビル20のスロット31、及びステープルカートリッジ30の中央に配置されたスロット33を通じて摺動自在に延びて、エンドエフェクタ12内でクランプされた組織を通じて切断する。 Knife members 172, for example, have a tissue cutting edge 176 may be made from 420 or 440 stainless steel having a 38HRC greater hardness (Rockwell Hardness C scale), and is formed on its distal end 174 and, the slot 31 of the anvil 20, and extends slidably through slots 33 disposed in the center of the staple cartridge 30 to cut through tissue clamped in the end effector 12. 図14Aを参照されたい。 Please refer to FIG. 14A. 図4に見られるように、ナイフロッド180は、スパイン部材50を通じて延び、近位端部分182を有する。 As seen in FIG. 4, the knife rod 180 extends through the spine member 50 has a proximal end portion 182. 近位端部分182は、ナイフ前進トリガー200に動作可能に取り付けられた、ナイフ伝達器190と駆動しながら相互作用する。 Proximal end portion 182, operatively attached to the knife forward trigger 200, interacting with the driving knife transmitter 190. 様々な実施形態において、ナイフ前進トリガー200は、駆動ピン132に取り付けられ、それによってこれは、発射トリガー130を作動することなく、枢動するかないしは別の方法で作動し得る。 In various embodiments, the knife forward trigger 200 is attached to drive pin 132, whereby it is not possible to actuate the firing trigger 130 may operate in one or another way to pivot. 様々な実施形態において、第1ナイフギア192はまた、枢動ピン132に取り付けられ、それによってナイフ前進トリガー200の作動がまた第1ナイフギア192を枢動させる。 In various embodiments, the first Naifugia 192 also mounted on the pivot pin 132, whereby actuation of the knife forward trigger 200 is also pivoting the first Naifugia 192. 発射戻りばね202は、第1ナイフギア192とハンドルハウジング100との間に取り付けられて、ナイフ前進トリガー200を開始又は非作動位置に付勢する。 Firing return spring 202 is mounted between the first Naifugia 192 and the handle housing 100 to bias the start or non-operating position knives forward trigger 200. 図1及び図4を参照されたい。 Please refer to FIG. 1 and FIG.

図5及び図6を参照し、ナイフ伝達器190の様々な実施形態がまた、第2ギアスピンドル193上に回転可能に支持され、第1ナイフギア192と噛合係合する、第2ナイフギア194を含む。 Referring to FIGS. 5 and 6, various embodiments of the knife transmitter 190 also is rotatably supported on the second gear spindles 193, meshing engagement with the first Naifugia 192 includes a second Naifugia 194 . 第2ナイフギア194は、第3ギアスピンドル195上に支持される第3ナイフギア196と噛合係合する。 The second Naifugia 194 meshes engagement with third Naifugia 196 which is supported on the third gear spindle 195. 第4ナイフギア198もまた、第3ギアスピンドル195に支持される。 Fourth Naifugia 198 is also supported by the third gear spindle 195. 第4ナイフギア198は、ナイフロッド180の近位端上で一連の環状ギア歯、及びリング184と駆動しながら係合するように適合される。 The fourth Naifugia 198 is adapted to engage with the drive series of annular gear teeth on the proximal end of knife rod 180, and the ring 184. このような配置は、第4ナイフギア198がナイフロッド180を遠位方向「DD」、又は近位方向「PD」に軸方向に駆動することを可能にし、一方で、発射ロッド180が第4ナイフギア198に対して長手方向軸A−Aを中心に回転することを可能にする。 Such an arrangement, the fourth Naifugia 198 make it possible to drive the knife rod 180 distal direction "DD" or in the proximal direction "PD" in the axial direction, while the firing rod 180 is fourth Naifugia It makes it possible to rotate about the longitudinal axis a-a with respect to 198. したがって、外科医は、ナイフ前進トリガー200をハンドルアセンブリ100のピストルグリップ107の方に引くことによって、発射ロッド180を軸方向に前進させ、最終的にナイフ部材172を遠位方向に前進させることができる。 Thus, the surgeon, by pulling the knife advancement trigger 200 toward the pistol grip 107 of the handle assembly 100 to advance firing rod 180 in the axial direction, and finally it is possible to advance the knife member 172 distally .

本発明の様々な実施形態は、更にナイフロックアウトシステム210を含み、これは、発射トリガー130が完全な発射位置に引かれるとき以外(図13及び図14)、ナイフ部材72の前進を防ぐ。 Various embodiments of the present invention may further include a knife lockout system 210, which, except when firing trigger 130 is pulled fully fired position (FIGS. 13 and 14) to prevent advancement of the knife member 72. このような特徴はしたがって、ステープルが組織内に最初に発射されるか形成されるとき以外、ナイフ前進システム170の作動を防ぐ。 Such features therefore, except when the staples are formed either initially launched into the tissue, prevents actuation of the knife advancement system 170. 図1に見られるように、ナイフロックアウトシステム210の様々な実施は、ハンドルアセンブリ100のピストルグリップ部分107内に枢動可能に支持される、ナイフロックアウトバー211を含む。 As seen in Figure 1, various embodiments of the knife lockout system 210 is pivotally supported in the pistol grip portion 107 of the handle assembly 100 includes a knife lockout bar 211. ナイフロックアウトバー211は、発射トリガー130が完全に発射位置にあるときに、発射トリガー130と係合するように適合される、作動端部212を有する。 Knife lockout bar 211, when the firing trigger 130 is in the fully fired position, adapted to engage the firing trigger 130 has a working end 212. 加えて、ナイフロックアウトバー211は、その他端に保持フック214を有し、これは第1切断ギア192上のラッチロッド216に引っ掛けるようにして係合するように適合される。 In addition, the knife lockout bar 211 has a retaining hook 214 at the other end, which is adapted to engage with the hooked latch rod 216 on the first cutting gear 192. ナイフ固定ばね218は、ナイフロックアウトバー211を、「固定」位置に付勢するように利用され、ここで保持フック214はラッチロッド216と係合した状態に維持され、それによって、発射トリガー130が完全に発射位置にある場合を除いてナイフ前進トリガー200の作動を防ぐ。 Knife fixing spring 218, a knife lockout bar 211, are utilized to urge the "fixed" position, wherein the retaining hooks 214 are maintained in engagement with the latch rod 216, thereby firing trigger 130 except where is in the fully fired position preventing actuation of the knife forward trigger 200. 図9を参照されたい。 See Figure 9.

本発明の外科用器具実施形態の少なくとも1つを操作する様々な方法がここで、図9、9A、10、10A、11、11A、12、12A、13、13A、14及び14Aを参照として説明される。 In a variety of ways to manipulate at least one of the surgical instrument embodiment of the present invention is now described FIG 9, 9A, 10, 10A, 11, 11A, 12, 12A, 13, 13A, 14 and 14A as a reference It is. 図1、9及び9Aから理解され得るように、ナイフバー172が示される「開始」又は非作動位置にある場合、組織切断縁部176は、第1発射アダプタ140の遠位端の近位にあり、それにより鋭い組織切断縁部176がユーザーの方に露出しない。 Figure 1,9 and as can be seen from 9A, when in the "start" or unactuated position shown the knife bar 172, tissue cutting edge 176 is proximate to the distal end of the first firing adapter 140 whereby sharp tissue cutting edge 176 is not exposed towards the user. 細長いシャフトアセンブリが単一の形態又は大きさのエンドエフェクタと共に使用するために製造される、代替的実施形態において(例えば、発射アダプタ140、150は利用されない)、ナイフバー172の切断縁部176は発射管の遠位端の近位方向に位置し、組織切断縁部176が、これらの実施形態においてもユーザーの方に露出することを防ぐ。 Elongate shaft assembly is prepared for use with a single form or size of the end effector, in an alternative embodiment (e.g., firing adapter 140, 150 is not used), the cutting edge 176 of the knife bar 172 is fired located proximally of the distal end of the tube, the tissue cutting edge 176 prevents also exposed towards the user in these embodiments.

図9及び図9Aは、エンドエフェクタ12の保持トラニオン17をスパイン部材50のトラニオン受台52内に挿入することによって、スパイン部材50に取り付けられた後の、エンドエフェクタ12を例示する。 9 and 9A by inserting the retaining trunnions 17 of the end effector 12 in the trunnion cradle 52 of the spine member 50 is illustrated after it has been attached to the spine member 50, the end effector 12. 図9に例示されるように、発射トリガー130は、非作動又は開始位置にあり、エンドエフェクタ12は未だ、第1発射アダプタ140によってスパイン部材50に固定されていない。 As illustrated in Figure 9, the firing trigger 130 is in the unactuated or start position, the end effector 12 is still not fixed to the spine member 50 by the first firing adapter 140. 「P 」は、第1発射アダプタ140がアンビル20のクランピング傾斜部分28を移動して上り始める前に、発射トリガー130が移動し得る距離を表す。 "P O", before the first firing adapter 140 starts up by moving the clamping inclined portion 28 of the anvil 20, represents the distance that the firing trigger 130 can move. ナイフ前進トリガー200はまた、固定した非作動位置にある。 Blade forward trigger 200 also in the non-actuated position fixed.

図10及び図10Aは、第1発射アダプタ40によってエンドエフェクタ12がスピンドル部材50に固定される位置まで前進した後の、発射トリガー130の位置を例示する。 10 and 10A, the end effector 12 by the first firing adapter 40 after advancing to a position that is fixed to the spindle member 50, illustrating the position of the firing trigger 130. この位置は、本明細書において「連結」位置と称される。 This position is referred to as "connecting" position herein. 連結位置にあるとき、保持ピン162は固定空洞164(図8)スナップ嵌めされており、これにより外科医に、エンドエフェクタ12が現在スパイン部材50に固定されているという、可聴及び触覚的指示を提供する。 When in the engaged position, the retaining pin 162 is fitted fixed cavity 164 (FIG. 8) snap, thereby the surgeon, that the end effector 12 is fixed to the currently spine member 50, provides an audible and tactile indication to. 発射トリガー130は、外科医が意図的に発射トリガー解放ボタン167を押圧し(図5、7及び8)、保持ピン62を固定空洞164から外に付勢するまで、更に作動させることはできない。 Firing trigger 130, the surgeon intentionally presses the firing trigger release button 167 (FIGS. 5, 7 and 8), the retaining pin 62 from the fixed cavity 164 until biasing the outside can not be further operated. 第1発射アダプタ140の遠位端141が移動した距離は、距離「l」として表され(図10A)、スピン部材50上で発射ヨーク114が移動した対応する距離は、距離「l'」として表される。 Distance distal end 141 of the first firing adapter 140 has moved, as a distance expressed as "l" (Fig. 10A), the corresponding distance firing yoke 114 is moved on the spine member 50, the distance "l '" expressed. 図11及び図11Aは、解放ボタン(図示されない)が押圧され、外科医が発射トリガー130を作動させて、第1発射アダプタ140をアンビル20上のクランピング傾斜面28の開始部まで移動させた後の、発射トリガー130の位置を例示する。 11 and 11A, the release button (not shown) is pressed, the surgeon actuates the firing trigger 130, after the first firing adapter 140 is moved to the beginning of the clamping inclined surface 28 on the anvil 20 of, to illustrate the position of the firing trigger 130. これらの図に見られるように、アンビルばね21は、アンビル20を開放位置に付勢させている。 As seen in these figures, the anvil spring 21, thereby urging the anvil 20 to the open position. 第1発射アダプタ140の遠位端の移動は、距離「l 」として表され、スパイン部材50上で発射ヨーク114が移動した対応する距離は、「l' 」として表される。 Movement of the distal end of the first firing adapter 140 is represented as distance "l 1", the corresponding distance firing yoke 114 on spine member 50 has moved is expressed as "l '1'. 図12及び図12Aは、アンビル20のステープル形成傾斜面29の開始部まで前進した後の、第1発射アダプタ140の位置を例示する。 Figures 12 and 12A illustrate after advancing to the beginning of the staple forming the inclined surface 29 of the anvil 20, the position of the first firing adapter 140. この位置は、ステープル形成が開始する前に、得られるクランピングの最大力を表す。 This position, before the staple formation starts, represents the maximum force of the resulting clamping. この位置は、本明細書において「最大クランプ位置」と称される。 This position is referred to as "maximum clamping position" herein. 図12に見られるように、発射ヨーク114は、発射トリガー解放ボタン137上のラッチ138と接触しており、したがって発射トリガー解放ボタン137が押圧されるまで、遠位方向に更に前進させることができない。 As seen in Figure 12, the firing yoke 114 is in contact with the latch 138 on the firing trigger release button 137, thus to the firing trigger release button 137 is pressed, it can not be further advanced distally . 図12Aに見られるように、アンビル20のステープル形成表面22は、ステープルカートリッジ30の上面31と実質的に平行である。 As seen in Figure 12A, the staple forming surface 22 of anvil 20 is substantially parallel to the upper surface 31 of the staple cartridge 30. アンビル20のステープル形成部分22と、細長いチャネル14の頂部保持表面との間の距離は、「C max 」として表される。 A staple forming portion 22 of the anvil 20, the distance between the top holding surface of the elongate channel 14 is represented as "C max". 様々な実施形態において、C maxは、例えば、実質的に同等の厚さを有する、本体部分31を有する、ステープルカートリッジ30において、例えば、2.15〜3.65mm(およそ0.085〜0.114インチ)であり得る。 In various embodiments, C max, for example, have substantially the same thickness, it has a body portion 31, the staple cartridge 30, for example, 2.15~3.65Mm (approximately 0.085 to 0. It may be at 114 inches). 少なくとも一実施形態において、例えば、カートリッジ厚さは、ステープルの大きさよりも、0.25mm〜0.76mm(およそ、0.01〜0.03インチ)ほど大きい場合がある。 In at least one embodiment, for example, the cartridge thickness, than the size of the staple, 0.25Mm~0.76Mm (approximately, from .01 to .03 inches) in some cases larger. 第1発射アダプタ140が、開始位置からこの最大クランプ位置まで移動した、合計距離は、「l 」であり、発射ヨーク114がスパイン部材50上で移動した、対応する距離は、「l' 」として表される。 The first firing adapter 140 has moved from the start position to the maximum clamping position, the total distance is the "l 2", firing yoke 114 is moved on the spine member 50, the corresponding distance "l '2 It is expressed as ". 図13及び図13Aは、ステープルカートリッジ30内のステープル32が完全に形成された、完全な発射位置における発射ヨーク114の位置を例示する。 13 and 13A, the staple 32 in the staple cartridge 30 has been completely formed, illustrating the position of the firing yoke 114 in full firing position. この位置にあるとき、アンビル20のステープル形成位置22と、細長いチャネル14の頂部保持表面との間における距離は、「C min 」として表される。 In this position, the staple forming position 22 of the anvil 20, the distance between the top holding surface of the elongate channel 14 is represented as "C min". 様々な実施形態において、「C min 」は例えば、形成されていないときに、およそ1.90mm〜3.40mm(およそ0.075〜0.134インチ)長さ(図1Aにおける距離「UF」)である脚部を有し、完全に形成されたときに、例えば、0.63mm〜1.01mm(およそ0.025インチ〜0.04インチ)(これは、図1Dにおける距離「FF」を含む)の完全に形成された高さを有する、ステープルを支持するステープルカートリッジにおいて、0.38mm〜0.76mm(およそ0.015〜0.030インチ)であり得る。 In various embodiments, "C min", for example, when it is not formed, approximately 1.90Mm~3.40Mm (approximately .075 to .134 inches) long (distance in FIG. 1A "UF") It has a leg is, when it is fully formed, for example, 0.63Mm~1.01Mm (approximately 0.025 inches to 0.04 inches) (which includes a distance "FF" in Fig. 1D having a height which is fully formed in), the staple cartridge for supporting the staples may be 0.38Mm~0.76Mm (approximately 0.015 to 0.030 inches). 第1発射アダプタ140が、開始位置からこの完全に発射した位置まで移動した、合計距離は「l 」であり、発射ヨーク114がスパイン部材50上で移動した、対応する距離は、「l' 」として表される。 The first firing adapter 140 has moved from the start position to the fully fired position, the total distance is "l 3", firing yoke 114 is moved on the spine member 50, the corresponding distance "l ' represented as 3 '. また図13に見られるように、発射トリガー130は、完全に発射した位置にあり、ナイフロックアウトバー211の起動端部212と接触し、保持フック214を、第1切断ギア192上のラッチロッド216の係合から外すように付勢している。 Also as seen in FIG. 13, the firing trigger 130 is in a fully fired position, in contact with the starting end 212 of the knife lockout bar 211, the retaining hook 214, the latch rod on the first cutting gear 192 It urges to disengage from 216 engagement.

特に血管の横切は、いずれかの外科手術において最も負荷の高い工程の1つであり得る。 Especially transection of vessels may be one of the most heavily loaded step in any of the surgery. 腹腔鏡環境において、これは更に負荷が高いことがあり、これは何か失敗が生じれば、深刻な事態が生じることを防ぐために、全手術をほぼ即座に開腹手術に切り替える必要があり得るためである。 In laparoscopic environment, which may further load is high, which if something fails Shojire, in order to prevent serious situation arises, because there may be a need to switch to almost instantly laparotomy all surgery it is. したがって、ステープルが展開された後に、任意により組織を切断する能力を有する、外科用ステープリング器具を利用することが望ましい場合がある。 Thus, after the staple has been deployed, has the ability to cleave any by tissue, it may be desirable to utilize a surgical stapling instrument. 本発明の様々な実施形態は、このような必要性に応じる。 Various embodiments of the present invention, meet this need.

ステープルが、標的組織内に「発射」(形成)された後、外科医は発射トリガー解放ボタン167を押圧して、発射トリガー130が、トーションばね135の付勢力により開始位置に戻ることを可能にし、これによりアンビル20はばね21の付勢力により開放位置に付勢される。 Staples, after being "fired" (formed) in the target tissue, the surgeon presses the firing trigger release button 167 allows the firing trigger 130, returns to the starting position by the biasing force of the torsion spring 135, Thus the anvil 20 is biased in the open position by the urging force of the spring 21. 開放位置にあるとき、外科医は、埋め込み可能なステープルカートリッジ30及びステープル32を後ろに残してエンドエフェクタ12を引いてもよい。 When in the open position, the surgeon may draw the end effector 12, leaving a staple cartridge 30 and the staple 32 can be embedded in the back. エンドエフェクタが、経路、作業チャネルなどを通じて挿入された用途において、外科医は、発射トリガー130を起動して、アンビル20を閉鎖位置に戻し、エンドエフェクタ12が、経路又は作業チャネルを通じて引き出されることを可能にする。 End effector pathway, in the inserted applications such as through the working channel, the surgeon activates the firing trigger 130 to return the anvil 20 in a closed position, allowing the end effector 12 is drawn through the path or working channel to. しかしながら、ステープルの発射の後に外科医が標的組織を切断することを所望する場合、外科医はナイフ前進トリガー200を上記の方法で起動して、標的組織を通じてナイフバー72を、図14、14Aに図示されるように、エンドエフェクタの端部まで駆動する。 However, if it is desired to surgeon after firing staples cleaves the target tissue, the surgeon activates the knife advancement trigger 200 in the manner described above, the knife bar 72 through the target tissue, illustrated in FIG. 14,14A as such, to drive to the end of the end effector. 図14は、異なる長さのエンドエフェクタ/ステープルカートリッジの様々な実施形態における、ナイフ前進トリガー200の移動量を例示し、ナイフバー72は、エンドエフェクタ12内で完全に発射位置まで前進している。 14, in various embodiments different lengths of the end effector / staple cartridge, illustrating the movement of the knife forward trigger 200, the knife bar 72 is advanced to fully fired position the end effector 12. その後、外科医はナイフ前進トリガー200を解放し、これにより発射戻しばね202は、発射伝達器がナイフバー72を開始(非作動)位置(図13、13A)に戻すことを可能にする。 Thereafter, the surgeon releases the knife forward trigger 200, thereby returning the firing spring 202 makes it possible to return to the firing transmitter starts a knife bar 72 (inoperative) position (Fig. 13, 13A). 一度ナイフバー72が開始位置に戻ると、外科医はエンドエフェクタジョー13、15を開き、埋め込み可能なカートリッジ30を患者内で解放し、その後エンドエフェクタ12を患者から引き抜く。 Returning once knife bar 72 is the start position, the surgeon opens the end effector jaws 13 and 15, the cartridge 30 can be embedded and released in the patient, then pulled out the end effector 12 from the patient. したがって、本発明のこのような外科用器具は、比較的小さな作業チャネル及び経路を通じて挿入され得、一方で、外科医に、組織を切断せずにステープルを発射するか、又は所望によりまたステープルが発射された後に組織を切断する選択肢を提供する、小さい埋め込み可能ステープルカートリッジの使用を促進する。 Thus, such surgical instruments of the present invention may be inserted through a relatively small working channel and route, on the one hand, the surgeon, or the firing of the staples without cutting tissue, or optionally also staple firing It provides the option to cut tissue after it has been to promote the use of small implantable staple cartridge.

上記のように、外科用器具10は、他の大きさ及び数のステープルを含む、他の大きさのステープルカートリッジを支持する、他のエンドエフェクタと関連して使用され得る。 As described above, surgical instrument 10 may include other size and number of staples, for supporting the other sizes of staple cartridge, may be used in connection with other end effectors. 図15〜19は、エンドエフェクタ12'の使用を例示し、これは、ステープルカートリッジ30内のステープル32よりも大きな、ステープル32'を有する、ステープルカートリッジ30'を動作可能に支持する。 Figure 15-19 'illustrates the use of which is larger than the staples 32 in the staple cartridge 30, the staple 32' end effector 12 having, operably support a staple cartridge 30 '. 例えば、ステープルカートリッジ30内のステープル32は、およそ2.03〜2.15mm(およそ、0.080〜0.085インチ)のステープルであり得、ステープルカートリッジ30'内のステープル32'は、およそ1.90mm(およそ0.075インチ)であり得る。 For example, staples 32 in the staple cartridge 30 is approximately 2.03~2.15Mm (approximately, 0.080 to 0.085 inches) can be a staple, 'staples 32 in the' staple cartridge 30 is approximately 1 It may be a .90mm (about 0.075 inches). 様々な実施形態において、ステープルカートリッジ30'は、ステープルカートリッジ30よりも長い。 In various embodiments, the staple cartridge 30 'is longer than the staple cartridge 30. 例えば、ステープルカートリッジ30は、およそ20mm(およそ0.78インチ)長さであり得、ステープルカートリッジ30'は、およそ40mm(およそ1.57インチ)長さであり得る。 For example, the staple cartridge 30 may be a about 20 mm (approximately 0.78 inches) long, the staple cartridge 30 'may be approximately 40 mm (approximately 1.57 inches) long. 図15は、エンドエフェクタ12'、第2発射アダプタ150、及びスパイン部材50の遠位端55の分解図である。 15, the end effector 12 'is an exploded view of the distal end 55 of the second firing adapter 150, and spine member 50. 図15に見られるように、細長いチャネル14'は一対の離間した側壁16'を有し、これらはそれぞれ内部にスロット又は開口部18'を有し、これは、対応するアンビルピン26'を受容するような大きさである。 As seen in Figure 15, the elongate channel 14 'is a pair of spaced apart side walls 16' have, they 'have, which, corresponding anvil pins 26' inside the slot or opening 18 respectively receive the size is such that. アンビル20'及び細長いチャネル14'は、一緒にエンドエフェクタ12'を形成してもよく、これは、エンドエフェクタ12'が少なくともおよそ5.0mm(およそ0.20インチ)の直径を有する開口部を通過することを可能にする、全体的な直径を有する。 Anvil 20 'and the elongate channel 14', together 'may be formed, which end effector 12' end effector 12 an opening having a diameter of at least about 5.0 mm (about 0.20 inches) It makes it possible to pass through, having an overall diameter. アンビル20'はまた、内部に複数のステープル形成ポケットを有する、ステープル形成部分22'と、そこから近位方向に突出する二又傾斜アセンブリ24'とを有する。 Anvil 20 'also inside having a plurality of staple forming pockets, the staple forming portion 22' has a, a fork tilt assembly 24 'protruding therefrom proximally. 細長いチャネル14'の近位端15'は、そこから突出する一対の保持トラニオン17'を有し、これらはスパイン部材50内に提供される対応するトラニオン受台52内に受容されるような大きさである。 'The proximal end 15' of the elongate channel 14 has a pair of retaining trunnions 17 'protruding therefrom, they sized to be received in a corresponding trunnion cradle 52 is provided in the spine member 50 is the difference.

図15に見られるように、第2発射アダプタ150は、実質的に中空の本体部分151と、内側に延びる保持突起部154を内部に有する、近位カラー部分152とを有する。 As seen in Figure 15, the second firing adapter 150 includes a substantially hollow body portion 151 has a retaining protrusion 154 extending inwardly therein and a proximal collar portion 152. スロット156が本体部分151と、近位カラー部分152との間に提供され、カラー部分152が本体部分151に対して付勢されて、保持突起部154の、発射管110内の保持孔117内への挿入を容易にする。 And slot 156 the body portion 151 is provided between the proximal collar portion 152, collar portion 152 is biased against the body portion 151, the holding protrusion unit 154, the holding hole 117 in the launch tube 110 to facilitate insertion into. 第2発射アダプタ150を発射管110から取り外すため、外科医は近位カラー部分152を押圧して、保持突起部154を保持孔117の外に動かし、それによって第2発射アダプタ150が、発射管110から遠位方向に引かれることを可能にする。 To remove the second firing adapter 150 from launch tube 110, the surgeon presses the proximal collar portion 152, moves the holding protrusion unit 154 to the outside of the holding hole 117, is thereby a second firing adapter 150, launch tube 110 allowing it to be pulled in a distal direction from.

様々な実施形態において、アンビル20'は、二又傾斜アセンブリ24'を有し、これは一対の歯45'を有し、これはそれぞれ近位表面27'を有し、これは近位表面27'の遠位方向にあるクランプ傾斜面28'へと遷移する。 In various embodiments, the anvil 20 'is bifurcated tilt assembly 24' has a, which 'have, this proximal surface 27', respectively a pair of teeth 45 have, which is proximal surface 27 'in distal clamp the inclined surface 28' transitions to. 図15を参照されたい。 See Figure 15. クランピング傾斜面28'は、近位表面27'に対して角度「A'」で向けられている。 Clamping the inclined surface 28 ', a proximal surface 27' are oriented at an angle "A '" to. 様々な実施形態において、例えば、角度「A'」は、50〜30°である。 In various embodiments, for example, the angle "A '" is 50-30 °. 以下で更に詳細に記載されるように、第2発射アダプタ150の第2圧力表面158がクランピング傾斜面28'と接触すると、アンビル20'は、細長いチャネル14'の方に、より具体的には内部のステープルカートリッジ30'の方に動かされる。 As described in more detail below, 'in contact with the anvil 20' a second pressure surface 158 of the second firing adapter 150 is clamping the inclined surface 28, toward the elongate channel 14 ', more specifically It is moved towards the inside of the staple cartridge 30 '. 図17を参照されたい。 See Figure 17. 第2発射アダプタ150が更に遠位方向に動かされると、第2圧力表面158がアンビル歯45上のステープル形成表面29'と接触し、アンビル20'をステープルカートリッジ30'の方に駆動し、内部にステープル32'を形成する。 When the second firing adapter 150 is moved further distally, a second pressure surface 158 'in contact with the anvil 20' staple forming surface 29 on anvil teeth 45 drives towards the staple cartridge 30 ', the internal to form a staple 32 'to. 図18を参照されたい。 See Figure 18. ステープル形成傾斜面29'は、クランピング傾斜面27'に対して角度「B'」で向けられる。 Staple forming the inclined surface 29 ', clamping the inclined surface 27' is oriented at an angle "B '" to. 様々な実施形態において、例えば、角度「B'」は、5〜20°のである。 In various embodiments, for example, the angle "B '" is 5 to 20 ° to. アンビル20'をこの開放位置に付勢するために、ばね(図示されない)が、傾斜アセンブリ24'と細長いチャネル14'の底部との間に提供されてもよい。 'In order to urge the to the open position, the spring (not shown) is, tilt assembly 24' anvil 20 may be provided between the bottom of the elongate channel 14 '.

図16は、外科医が第2発射アダプタ150を、クランピング傾斜部分28'の開始部へと、遠位方向に前進させた後の、第2発射アダプタ150の位置を図示する。 Figure 16 is a surgeon a second firing adapter 150, shown to the start of the clamping inclined portion 28 ', after being advanced distally, the position of the second firing adapter 150. 第2発射アダプタ150の動作は、発射トリガー130により、第1発射アダプタ140に関して先に記載された方法で制御される。 The operation of the second firing adapter 150 by firing trigger 130, which is controlled in the manner described above with respect to the first firing adapter 140. 図17は、完全にクランプした位置にある、第2発射アダプタ150の位置を例示する。 Figure 17 is entirely in a clamped position, illustrating the position of the second firing adapter 150. 図18は、完全に発射した位置にある、第2発射アダプタ150の位置を例示し、ステープルカートリッジ30'のステープル32'が、クランプした組織(図示されない)を通じて形成されている。 Figure 18 is the fully fired position, illustrate the position of the second firing adapter 150, the 'staple 32' staple cartridge 30 are formed through the clamped tissue (not shown).

上記のように、埋め込まれたステープルカートリッジ30'は、埋め込まれたステープルカートリッジ30よりも長い。 As described above, the embedded staple cartridge 30 'is longer than the staple cartridge 30 embedded. したがって、図15に図示されるように、エンドエフェクタ12'はまた、細長いチャネル14'に可動に支持された遠位ナイフ部材124を含む。 Thus, as illustrated in Figure 15, the end effector 12 'also includes an elongated channel 14' includes a distal knife member 124 supported movably. 遠位ナイフ部材124は、組織切断縁部125、及びナイフバー72と係合するために構成された近位部分126を有する。 The distal knife member 124 has a proximal portion 126 that is configured to engage a tissue cutting edge 125, and a knife bar 72. したがって、外科医はステープルが発射された後に組織を切断することを所望する場合、外科医は発射トリガー200を、上記のように起動してナイフバー172を遠位方向に駆動して遠位ナイフ部材124と接触させ、図19に例示されるように、遠位ナイフ部材124を組織を通じて駆動する。 Therefore, if the surgeon that desires to cut tissue after the staples have been fired, the surgeon a firing trigger 200, a distal knife member 124 by driving the knife bar 172 distally started as described above contact is, as illustrated in Figure 19, the distal knife member 124 is driven through tissue. 遠位ナイフ部材124は、上部に少なくとも1つの保持部分を有してもよく、これは、細長いチャネル14'内に対応する形状のスロット(図示されない)を通じて摺動するように適合される。 The distal knife member 124 may have at least one retaining portion on the top, which is adapted to slide through a shape corresponding to the elongated channel 14 'within a slot (not shown). このような係合は、エンドエフェクタ12'が、ステープルが形成され組織が切断された後に開くことを可能にする。 Such engagement, the end effector 12 ', staples formed tissue to allow the opening after being cut. 遠位ナイフ部材124は、アンビル20'内に留まり、患者から引き抜かれる際に、エンドエフェクタ12'と共に取り除かれる。 The distal knife member 124, anvil 20 'remains in, as it is withdrawn from the patient, the end effector 12' is removed with.

したがって、外科用器具10の様々な実施形態は、別個のステープル及び組織切断機構を有し、それによって外科医は、組織を切断せずに組織をステープリングすることができる。 Accordingly, various embodiments of the surgical instrument 10 has a separate staple and tissue cutting mechanism, whereby the surgeon can stapling the tissue without cutting the tissue. 本発明のステープリング器具の様々な実施形態は、異なる大きさ及び数のステープルに適合する、異なる大きさのエンドエフェクタと共に良好に利用され得る。 Various embodiments of the stapling instrument of the present invention, different sizes and compatible with the number of staples can be better utilized with different sizes of end effectors. 外科用器具は器具10並びに、第1発射アダプタ140及び第2発射アダプタ150を含むキットの形態で提供されてもよく、これは器具が異なる大きさの埋め込み可能なステープルカートリッジを発射するように利用されることを可能にする。 The surgical instrument instrument 10 as well, use may be provided in the form of a kit comprising a first firing adapter 140 and the second firing adapter 150, which is to fire an implantable staple cartridge of the instrument are different sizes is is it possible.

本発明の様々な固有かつ新規の実施形態は、アンビルと接触する実質的に静的な位置にステープルを支持する、圧縮可能なステープルカートリッジを利用する。 Various unique and novel embodiments of the present invention, supporting the staples in a substantially static position in contact with the anvil, utilizing compressible staple cartridge. ステープル駆動要素を利用する、従来の外科用ステープル構成と異なり、本発明の様々な実施形態のカートリッジ内のステープルは、アンビルに駆動されない。 Utilizing staple driving element, unlike conventional surgical staple configuration, the staple in the cartridge of the various embodiments of the present invention is not driven to the anvil. 本発明の様々な実施形態において、アンビルは非形成ステープルへと駆動される。 In various embodiments of the present invention, the anvil is driven to the non-formed staples. 得られるステープル形成の度合いは、アンビルがステープルへと駆動される度合いに依存する。 Resulting degree of staple formation depends on the degree to which the anvil is driven into staple. このような構成は、外科医に、ステープルに適用される形成又は発射圧力の度合いを調節し、それによって最終的に形成されるステープルの高さを変更する能力を提供する。 Such a configuration, the surgeon to adjust the degree of the applied form or firing pressure to the staple, thereby providing the ability to change the height of the staple to be finally formed.

様々な実施形態において、可動アンビルに適用される発射運動の度合いは、発射トリガーの作動の度合いに依存する。 In various embodiments, the degree of firing motion applied to movable anvil is dependent on the degree of actuation of the firing trigger. 例えば、外科医が部分的にのみ形成されたステープルを得ることを所望する場合、発射トリガーは、ピストルグリップ107の方に向かって内側に、部分的にのみ押圧される。 For example, if the surgeon desires to obtain the staple formed only partially, the firing trigger is inwardly toward the pistol grip 107, is pressed only partially. 更なるステープルの形成を得るため、外科医は単純に更に発射トリガーを圧縮し、これによりアンビルは、ステープルとより深く接触するように更に駆動される。 To obtain a formed further staples, the surgeon simply further compress the firing trigger, thereby anvil is further driven so as to contact deeper staple. 本明細書において使用するとき、用語「接触する」とは、ステープル形成表面又はステープル形成ポケットがステープル脚部の端部と接触し、脚部を形成した位置へと形成又は屈曲させ始めたことを意味する。 As used herein, the term "contacting" is that staple forming surface or staple forming pockets are in contact with the end portion of the staple legs, it began to form or bend to a position of forming the leg portions means. ステープル形成の度合いとは、ステープル脚部がどれだけ折り畳まれたかを指し、ひいては、上記のステープル形成高さに関連する。 The degree of staple formation, refers to either staple legs are folded much, therefore, associated with the staple forming height of the. 当業者は更に、アンビル20が、発射運動がそこに適用される際に、ステープルカートリッジと実質的に平行な関係で移動するため、ステープルが実質的に同時に、実質的に同じ形成高さで形成されることを理解する。 One skilled in the art will further recognize, the anvil 20 when the firing motion is applied thereto, formation to move in a substantially parallel relationship with the staple cartridge, staples substantially simultaneously at substantially the same formed heights is is to understand that.

図20〜23は、ステープル高さ指示器アセンブリ220を利用する代替的外科用器具10を例示する。 20-23 illustrate an alternative surgical instrument 10 utilizing a staple height indicator assembly 220. 様々な実施形態において、ステープル高さ指示器アセンブリ220は、一緒に枢動移動するために、発射トリガー130の上部134に取り付けられた指示バー222を含む。 In various embodiments, the staple height indicator assembly 220, in order to pivot move together, including indication bar 222 attached to an upper portion 134 of the firing trigger 130. 上記のように、発射トリガー130がハンドルアセンブリ100のピストル部分107の方に枢動して、アンビル20をステープルカートリッジ30内に圧縮する際、指示器バー222は左手ケース部材104のウィンドー223を通じて可視である。 Visible, as described above, pivots toward the pistol portion 107 of the firing trigger 130 is a handle assembly 100, when compressing anvil 20 to a staple cartridge 30, the indicator bar 222 through window 223 of the left hand case member 104 it is. この実施形態において、ステープル高さ指示器アセンブリ220はまた、一連の戻り止め24、26、28を含み、これらは左手ケース部材104内に形成され、ステープル形成の3段階に対応する。 In this embodiment, also the staple height indicator assembly 220 includes a series of detents 24, 26, 28, they are formed on the left casing member 104, corresponding to three stages of staple formation. 特に、一度発射トリガー130が最初に作動されると、保持ピン162は、発射管110が発射アダプタ140又は150を上記の固定位置まで前進させるまで(この点において保持ピン162は、左手ケース部材104内に形成される固定空洞164内に付勢される)、開始戻り止め163と隣接して接触したまま摺動する。 In particular, once the firing trigger 130 is initially actuated, the holding pin 162, the launch tube 110 is fired adapter 140 or 150 until it is advanced to a fixed position of the (retaining pin 162 in this regard, the left hand case member 104 is urged into the fixed cavity 164 formed within) slides remain in contact adjacent to the start detent 163. 外科医が、エンドエフェクタ12のジョー13、35の閉鎖開始を所望するとき、発射トリガー130が更に作動されるように、保持解放ボタン167が押圧される。 Surgeon, when it is desired to start closing of the jaws 13 and 35 of the end effector 12, as the firing trigger 130 is further actuated, the holding release button 167 is pressed. 発射トリガー解放ボタン167が内側に押圧されると、保持ピン162と接触し、これを固定空洞163の外に動かし、発射トリガー130が作動されることを可能にする。 When the firing trigger release button 167 is pressed inwardly into contact with the retaining pin 162, move it to the outside of the fixed cavity 163, firing trigger 130 to enable it to be operated. 上記のように、外科医はここで、エンドエフェクタ12の下方ジョー13及び上方ジョー15をそれぞれ使用し、組織を把持及び操作してもよい。 As described above, the surgeon where the lower jaw 13 and upper jaw 15 of the end effector 12 respectively using the tissue may gripping and manipulation. 外科医がステープル形成プロセスの開始を所望するとき、発射トリガー解放ボタン167が押され、これにより、外科医が発射トリガー130を押し続ける際に発射ヨーク114が遠位方向に前進することが可能となる。 When the surgeon desires to start the staple forming process, the firing trigger release button 167 is pressed, thereby, it is possible to launch the yoke 114 when the surgeon continues to press the firing trigger 130 is advanced distally.

発射トリガー130の更なる前進により、アンビル20が、ステープルカートリッジ30のステープル32と形成接触する。 By further advancement of firing trigger 130, the anvil 20 is formed in contact with the staple 32 in the staple cartridge 30. 発射トリガー130が更に押圧されると、保持ピン162の平坦な端部165は、開始戻り止め163から摺動して外れて第1戻り止め224と接触し、これは左手ケース部材104上の第1ステープル高さ記号230により表される、第1ステープル形成度合いに対応する。 When the firing trigger 130 is further pressed, the flat end 165 of the retaining pin 162 contacts the first detent 224 off slides from the start detent 163, which is first on the left hand case member 104 of the 1 are represented by the staple height symbol 230, corresponding to the first staple forming degree. 図20を参照されたい。 See Figure 20. 図示されるように、第1ステープル高さ記号230は、丁度形成し始めたステープルの図を含む。 As shown, the first staple height symbol 230 includes a staple of FIG began to just formed. ステープル形成のこの段階を示すために、他の記号/しるしが使用され得る。 To illustrate this stage of the staple forming, other symbols / indicia may be used. 保持ピン162が第1戻り止め224と係合する際に、外科医は可聴クリック音を聞くことがある。 The retaining pin 162 in engagement with the first detent 224, the surgeon may hear an audible clicking sound. 保持ピン162と第1戻り止め224の係合はまた、発射トリガー130を通じ、外科医に何らかの触覚的フィードバックを提供してもよい。 Engagement of the retaining pin 162 and the first detent 224 also through the firing trigger 130 may provide some tactile feedback to the surgeon. 加えて、ステープル高さバー222は、第1高さステープル記号230に隣接する観察ウィンドー223によって、見ることができる。 In addition, staple height bar 222, by the observation window 223 adjacent to the first height staple symbol 230, can be seen. 外科医がステープルカートリッジ内においてステープル32を更に形成しようと所望する場合、保持ピン162は、第2の左手ケース部材104内に形成される、ボタン240を解放することによって第1戻り止め224との係合から押し出される。 If the surgeon desires attempts further form the staples 32 in the staple cartridge, the retaining pin 162 is engaged with the first detent 224 by being formed to a second left hand case member 104, releasing the button 240 It is pushed out of the case. 様々な実施形態において例えば、解放ボタン240は左手ケース部材104の一部であるヒンジ部分242と共に、左手ケース部材104と一体的に形成されてもよい。 For example, in various embodiments, the release button 240 with the hinge portion 242 is a part of the left hand case member 104, the left hand case member 104 may be integrally formed. このような構成は、解放ボタン240が保持ピン162の端部165内に押し込まれて、これを動かし、第1戻り止め224、第2戻り止め226、第3戻り止め228のいずれかの係合と外すことを可能にする。 Such an arrangement, the release button 240 is pushed into the end 165 of the retaining pin 162, move it, first detent 224, the second detent 226, either of the engagement of the third detent 228 It makes it possible to remove a. 一度保持ピン162が、第1戻り止め224から押し出されると、発射トリガー130は、保持ピン162が第2ステープル形成戻り止め226と係合するまで、更に押圧されてもよい。 Once the retaining pin 162, when pushed out of the first detent 224, firing trigger 130, retaining pin 162 until it engages with the second staple forming detents 226 may be further pressed. 発射トリガー130のこのような位置によりアンビル20は更に移動して、ステープルカートリッジ30のステープル32とのステープル形成接触をする。 Anvil 20 by such a position of the firing trigger 130 is further moved to the staple forming contact with staple 32 of the staple cartridge 30. また、保持ピン162は第2ステープル形成戻り止め226へと嵌合し、発射トリガー130が第2ステープル形成位置にあることを示す可聴及び触覚的フィードバックを外科医に提供する。 The holding pin 162 fits into the second staple forming detents 226, providing an audible and tactile feedback indicating that the firing trigger 130 is in the second staple forming position to the surgeon. この場所にあるとき、ステープル高さ指示バー222が、観察ウィンドー223を通じて観察され、第2ステープル高さ記号232に隣接してもよい。 When in this location, staple height indication bar 222 is observed through the observation window 223, it may be adjacent to the second staple height symbol 232. 外科医がステープルカートリッジ30内にステープル32を更に形成することを所望する場合、保持ピン162は、解放ボタン240を押圧することによって、第2戻り止め226との係合から押し出される。 If the surgeon desires to further form the staples 32 in the staple cartridge 30, the retaining pin 162, by pressing the release button 240 is pushed out of engagement with the second detent 226. その後、発射トリガー130は、保持ピン162がステープル形成の最終段階と対応する第3ステープル形成戻り止め228と係合するまで押されても良い。 Thereafter, firing trigger 130, retaining pin 162 may be pressed until it engages the third staple forming detents 228 corresponding to the final stage of the staple forming. また、保持ピン162は、第3ステープル戻り止め228と嵌合し、発射トリガー130が第3ステープル形成位置にあることを示す可聴及び触覚的フィードバックを外科医に提供する。 The holding pin 162 is engaged with the third staple detents 228, providing an audible and tactile feedback indicating that the firing trigger 130 is in the third staple forming position to the surgeon. この場所にあるとき、ステープル高さ指示バー222が、観察ウィンドー223を通じて観察され、第2ステープル高さ記号234に隣接してもよい。 When in this location, staple height indication bar 222 is observed through the observation window 223, it may be adjacent to the second staple height symbol 234. ステープルが所望の程度形成された後、外科医は保持ピン162を第3ステープル高さ戻り止め228から外すように付勢して、発射トリガー130が開始位置に戻ることを可能にするようにしてもよい。 After the staples have been desired degree formation, the surgeon urges to disengage the retaining pin 162 from the third staple height detents 228, be configured to allow the firing trigger 130 is returned to the starting position good. 又は、所望により、外科医はその後、発射トリガー130を開始位置に戻す前に、上記の組織切断手術を開始してもよい。 Or, if desired, the surgeon then before returning to the starting position the firing trigger 130 may initiate the tissue amputation.

図24は、一般的に220'として指定されるステープル高さ指示器アセンブリが、様々なステープル形成に対応する一連の戻り止めを含まない、代替的実施形態を例示する。 Figure 24 is a staple height indicator assembly designated generally as 220 'does not include a series of detents corresponding to different staple forming illustrates an alternative embodiment. しかしながら、この実施形態はステープル高さ指示バー222及び観察ウィンドー223を含む。 However, this embodiment includes a staple height indication bar 222 and the observation window 223. したがって、外科医は観察ウィンドー223を通じてステープル高さ指示バー222の位置を観察することによって達成される、ステープル形成の度合いの観察を行なってもよい。 Thus, the surgeon may perform observation through the window 223 is accomplished by observing the position of the staple height indication bar 222, observation of the degree of staple formation. この実施形態は、上記のステープル高さ指示記号230、232、234を含む。 This embodiment includes the above-described staple height designator 230, 232, 234. 加えて、この実施形態はまた、ステープル32がアンビル20により未だ形成され始めていない、開始位置に対応する、非形成ステープル記号229を含み得る。 In addition, this embodiment also, the staple 32 is not started as yet formed by the anvil 20, corresponding to the start position and may include a non-formed staple symbol 229. この実施形態は他の点においては、上記と同じ方法で動作する。 This embodiment is in other respects, it operates in the same manner as described above.

図25及び図26は、上記のエンドエフェクタ12'と同様の代替的エンドエフェクタ12”を例示するが、ただしナイフバー172'に適合するように構成された、以下の差異を含むものとする。ナイフバー172'は、ナイフロッド180に連結されるか、又はこれから突出し、他の点においては、ナイフバー172に関連する上記の方法で操作される。しかしながら、本実施形態において、ナイフバー172'は、エンドエフェクタ12”の全長を横断するために十分な長さであり、したがって別個の遠位ナイフ部材はエンドエフェクタ12”で利用されない。ナイフバー172'は、その上に形成される、上方横断部材173'、及び下方横断部材175'を有する。上方横断部材173'は、アンビル20”の対応する細長いスロット250 25 and 26, above the end effector 12 'to illustrate a similar alternative end effector 12' and, except knife bar 172 'is configured to fit is intended to include the following differences. Knife bar 172' are either connected to the knife rod 180, or which the project, in other respects, are operated in the manner described above relating to the knife bar 172. However, in the present embodiment, the knife bar 172 ', the end effector 12 " the total length long enough to traverse the, thus separate the distal knife member is not used in the end effector 12 ". the knife bar 172 'is formed on its upper transverse member 173', and the lower 'has a. upper cross member 173' transverse member 175 has an elongated slot 250 corresponding anvil 20 " 摺動自在に横断するように向けられ、下方横断部材175'は、エンドエフェクタ12”の細長いチャネル14”の細長いスロット252を横断するように向けられる。 Oriented to slidably traverse the lower cross member 175 'is oriented so as to cross the elongated slot 252 of "elongate channel 14" to the end effector 12. 係合離脱スロット(図示されない)がまたアンビル20”内に提供され、それによりナイフバー172'が薄いエンドエフェクタ12”と共に終了位置に駆動されるとき、上方横断部材173'は対応するスロットを通じて降下し、アンビル20”が開放位置へと移動して、ステープリング及び切断された組織と係合離脱する。アンビル20”は、その他の点においては上記のアンビル20と同一であり得、細長いチャネル14”はその他の点においては、上記の細長いチャネル14と同一であり得る。 "It is provided in, whereby the knife bar 172 disengagement slot (not shown) Kamata anvil 20 'is thin end effector 12" when driven to the end position with the upper cross member 173' is lowered through corresponding slots the anvil 20 "to move to the open position, stapling and cut tissue and disengaged. anvil 20" may be the same as the above anvil 20 is in other respects, the elongated channel 14 " in other respects it may be identical to the elongate channel 14.

これらの実施形態において、アンビル20”は、ばね又は他の開口部構成(図示されない)によって、完全に開いた位置(図25)に付勢される。アンビル20”は、上記の方法により、発射アダプタ150の軸方向の移動によって、開放位置と、完全にクランプした位置との間で移動する。 In these embodiments, the anvil 20 ", by a spring or other opening configuration (not shown), the fully open position is biased in (Figure 25). Anvil 20", by the methods described above, firing by axial movement of the adapter 150, to move between an open position and a fully clamped position. 一度発射アダプタ150が完全にクランプした位置(図26)まで前進すると、外科医は次にナイフバー172”を上記の方法で遠位方向に前進させてもよい。外科医がエンドエフェクタを、組織を操作するための把持装置として使用すると、発射アダプタは近位方向に移動されて、アンビル20”が細長いチャネル14”から離れるように移動することを可能にする(図27に破線で表される)。この実施形態において、ナイフバー172”が遠位方向に移動すると、上方横断部材173'、及び下方横断部材175'は、アンビル20”及び細長いチャネル14”を一緒に引き、ナイフバー172”がエンドエフェクタ12”を通じて遠位方向に前進するに伴い、所望のステープル形成を達成する。 Once firing adapter 150 is advanced to its fully clamped position (FIG. 26), the surgeon then knife bar 172 "may be advanced distally as described above. Surgeon the end effector to manipulate tissue When used as gripping device for firing adapter is moved proximally, to be moved to the anvil 20 away from the "elongate channel 14" (represented by a broken line in FIG. 27). the in embodiments, "when is moved in a distal direction, the upper transverse member 173 ', and the lower cross member 175' is the anvil 20" knife bar 172 "pulling together, the knife bar 172" and the elongate channel 14 has the end effector 12 " with the advanced distally through, to achieve the desired staple formation. 図28を参照されたい。 See Figure 28. したがって、この実施形態において、ステープル形成は組織切断と同時に生じるが、ステープル自体は、ナイフバー172”が遠位方向に駆動される際に順次形成されてもよい。 Thus, in this embodiment, although the staple formation occurs simultaneously with tissue cutting, the staple itself may be successively formed when the knife bar 172 "is driven distally.

図29及び図30は、例えば、ステンレス・スチール、チタン、PGA(ポリグリコール酸)、又は他の吸収性プラスチックから作製され、若干可撓性である、アンビル20”を有する、エンドエフェクタ12”の使用を例示する。 29 and 30, for example, stainless steel, titanium, made from PGA (polyglycolic acid), or other absorbent plastic, is somewhat flexible, "having the end effector 12" anvil 20 of the It illustrates the use. これらの図はまた、保持マトリックス6250、及び位置合わせマトリックス6206の使用を例示し、これらは以下でより詳細に記載される。 These figures also illustrate the use of retention matrix 6250, and alignment matrix 6206, which are described in more detail below. 図29に見られるように、アンビル20”は、ナイフバー172”が内部を通じて遠位方向に駆動される際に、完全に形成された位置へと屈曲する。 As seen in Figure 29, the anvil 20 ", the knife bar 172" when is driven distally through the internal bends into fully formed position.

多くの外科的用途において、細長いシャフトアセンブリに対して関節運動し得るエンドエフェクタを有する外科用切断及びステープリング器具を利用することが望ましく又は有利である。 In many surgical applications, it is desirable or advantageous to utilize a surgical cutting and stapling instrument having an end effector capable of articulating relative to the elongate shaft assembly. しかしながら、従来的な関節運動可能な器具で、狭い領域にアクセス能力は、多くの場合において、エンドエフェクタの関節運動を生じるために使用される部材の大きさ及び構成により、制限されていた。 However, in a conventional articulatable instruments, access capability in a narrow area, in many cases, the size and configuration of the members used to produce the articulation of the end effector have been limited. 図31〜40は、細長いシャフトに対してエンドエフェクタを関節運動させることができ、ハンドルアセンブリ内において比較的小さい関節運動制御構成を利用する、本発明の別の外科用器具実施形態を例示する。 Figure 31-40 is an end effector relative to the elongate shaft can articulate, utilizes a relatively small articulation control arrangement within the handle assembly, illustrating another surgical instrument embodiment of the present invention.

この実施形態の外科用器具310は、上記の様々な外科用実施形態10と実質的に同様であるが、ただしこの実施形態は、細長い長手方向軸A−Aに対するエンドエフェクタ12の選択的な位置付けを促進する、関節運動するシャフトアセンブリ312を利用する。 The surgical instrument 310 of this embodiment is substantially similar to the various surgical embodiment 10 described above, however this embodiment, the selective positioning of the end effector 12 relative to the elongated longitudinal axis A-A promote, utilize shaft assembly 312 to articulate. 外科用器具310は、本明細書において上記の種類のエンドエフェクタ12と共に使用するためのものとして記載されるが、当業者らは、外科用器具310はまたエンドエフェクタ12'又は他のエンドエフェクタ構成を作動させるために、第2発射アダプタ150と共に利用され得ることを理解する。 The surgical instrument 310 has been described as being for use with the above types of the end effector 12 herein, those skilled in the art, the surgical instrument 310 is also the end effector 12 ', or other end effector configuration to operate the, I understand that may be utilized with the second firing adapter 150. 図31及び図32に見られるように、関節運動するアセンブリ312は、ハンドルアセンブリ100に動作可能に連結する近位シャフトアセンブリ部分316に枢動可能に連結する、遠位シャフトアセンブリ部分314を含む。 As seen in FIGS. 31 and 32, the assembly 312 to articulate is pivotally connected to the proximal shaft assembly portion 316 operatively coupled to the handle assembly 100 includes a distal shaft assembly portion 314. 様々な実施形態において、例えば、遠位シャフトアセンブリ314は、内部にトラニオン17を受容するために、内部に一対のトラニオン受台322を有する、遠位スパイン部材320を含む。 In various embodiments, for example, the distal shaft assembly 314, for receiving a trunnion 17 therein, a pair of trunnions cradle 322 therein, a distal spine member 320. 図32を参照されたい。 See Figure 32. 遠位スパイン部材320は、そこから突出する枢動ピン328を有する、枢動基部326を含む、近位端324を有する。 The distal spine member 320 has a pivot pin 328 projecting therefrom, including a pivoting base 326 has a proximal end 324.

図32に見られるように、近位シャフトセンブリ部分316は、近位枢動基部及びこれに取り付けられたナイフガイド332を有する、近位スパイン区分330を含む。 As seen in Figure 32, the proximal shaft assembly portion 316 includes a proximal pivot base and knife guide 332 attached thereto, including the proximal spine segment 330. ナイフガイド332は例えば、接着剤又は他の締結具構成により、近位スパイン区分330に溶接又は接着されてもよい。 Knife guide 332, for example, by adhesive or other fastener structure may be welded or bonded to the proximal spine segment 330. 枢動孔334が近位枢動基部ナイフガイド332に提供されて、内部に枢動ピン328を回転可能に受容し、遠位スパイン区分320が近位スパイン区分330に対して、長手方向軸A−Aと実質的に横方向の第1枢動軸FA−FAを中心に枢動することを可能にする。 Kururudoana 334 is provided proximally pivoting base knife guide 332, rotatably receiving the pivot pin 328 therein, relative to the proximal spine segment 330 is the distal spine segment 320, the longitudinal axis A It makes it possible to pivot -A substantially about a first pivot axis FA-FA in the lateral direction. 外科用器具310は、第2軸SA−SAを中心に枢動移動するために、一対の発射管連結部380、382に枢動可能に連結される、遠位発射管区分370を更に含む。 The surgical instrument 310 further comprises for pivotal movement about a second axis SA-SA, is pivotally connected to a pair of launch tube connecting portion 380, 382, ​​a distal firing tube segment 370. 遠位発射管区分370は、内部に第1発射アダプタ140の保持ボタン144を受容するために、保持孔372を有する。 The distal firing tube sections 370, for receiving the holding button 144 of the first firing adapter 140 therein, having a holding hole 372. 発射管連結部380、382の対は、近位発射管390に枢動可能に連結されて、これに対し、第3枢動軸TA−TAを中心に枢動移動する。 Pair of launch tube connecting portion 380, 382 is pivotally coupled to the proximal firing tube 390, whereas pivots move around the third pivot axis TA-TA. 図32を参照されたい。 See Figure 32.

様々な実施形態により、近位発射管390は、ハンドルアセンブリ100に対して回転可能に取り付けられた、回転ノブ400に取り付けられる。 According to various embodiments, the proximal firing tube 390, rotatably attached to the handle assembly 100 is attached to the rotary knob 400. 図31、38及び39参照。 See Figure 31 and 38 and 39. 回転ノブ400は、ポリマー又はプラスチック材料から成形され、ハブ部分402、及びハブ部分402から離間したフランジ部分404を含む。 Rotation knob 400 is molded from a polymeric or plastic material, comprises a flange portion 404 spaced from the hub portion 402, and a hub portion 402. ハンドルアセンブリ100の鼻部101が、ハブ部分402と、フランジ部分404との間に受容されて、回転ノブ400が、ハンドルアセンブリ100に対して、長手方向軸A−Aを中心に回転可能である。 Nose 101 of the handle assembly 100, a hub portion 402, is received between the flange portions 404, the rotation knob 400, relative to the handle assembly 100 is rotatable about a longitudinal axis A-A . 他の実施形態において、回転ノブ400は、他の好適な材料から作製され得る。 In other embodiments, the rotation knob 400 may be fabricated from other suitable materials. 示される実施形態において、近位発射管390及び近位スパイン区分330は、それぞれ、回転ノブ400に動かないように取り付けられる。 In the embodiment shown, the proximal firing tube 390 and the proximal spine segment 330, respectively, are mounted immovably on the rotation knob 400. 図38及び図39に見られるように、近位スパイン区分330及び近位発射管390は、ピン406によって回転ノブ400にピン留めされる。 As seen in FIGS. 38 and 39, the proximal spine segment 330 and a proximal firing tube 390 is pinned to the rotating knob 400 by a pin 406. したがって、外科医は、回転ノブ400を回転させることにより、エンドエフェクタ12を、ハンドルハウジング100に対し、長手方向軸A−Aを中心に360°の軌道で回転させてもよい。 Thus, the surgeon, by rotating the rotary knob 400, the end effector 12 relative to handle housing 100 may be rotated in orbit of 360 ° about the longitudinal axis A-A.

図37、38及び40を参照し、様々な実施形態において、エンドエフェクタ12は、遠位枢動基部326に取り付けられた一対の関節運動部材420、430、及び回転ノブ400のソケット408内に回転可能に支持された関節運動球440によって、長手方向軸A−Aに対して選択的に関節運動してもよい。 Referring to FIGS. 37, 38 and 40, rotation in various embodiments, the end effector 12 is distal pivot base 326 pair of articulation members 420 and 430 attached to, and in the socket 408 of the rotational knob 400 possible by supported articulation sphere 440 may be selectively articulated relative to the longitudinal axis A-A. 様々な実施形態において、関節運動部材420、430は、例えば、マルチワイヤケーブル、ニチロール、チタンなどから作製される、ケーブルを含んでもよい。 In various embodiments, the articulation member 420 and 430, for example, multi-wire cable, nitinol, are made from titanium, may include a cable. 第1又は右関節運動部材420は、上部にラグ424を有する遠位端422を有し、このラグ424は、遠位枢動基部326内に提供される第1ケーブル取り付け孔327内に圧力嵌めされるような大きさである。 The first or right articulation member 420 has a distal end 422 having a lug 424 on the top, the lug 424 is press fit to the first cable mounting hole 327 provided in the distal pivot base 326 a is sized such is. 同様に、第2又は左関節運動部材430は、上部にラグ434が形成された遠位端432を有し、このラグ434は、遠位枢動基部326内に提供される第2ケーブル取り付け孔329内に圧力嵌めされるような大きさである。 Similarly, the second or left articulation member 430 has a distal end 432 which lug 434 is formed on the upper, the lugs 434, the second cable mounting hole provided in the distal pivot base 326 is sized such is press fit into the 329. 図37を参照されたい。 See Figure 37. したがって、エンドエフェクタ12は、第1又は右関節運動部材420を引くことによって、第1軸FA−FA(図35及び図36)を中心に右に枢動してもよく、エンドエフェクタ12は、第2又は左関節運動部材430を引くことによって、第1軸FA−FAを中心に左に枢動されてもよい。 Thus, the end effector 12, by pulling the first or right articulation member 420 may be pivoted to the right about the first axis FA-FA (FIGS. 35 and 36), the end effector 12, by subtracting the second or left articulation member 430 may be pivoted to the left about a first axis FA-FA. 様々な実施形態により、右関節運動部材420は、近位スパイン区分330内に形成された右ケーブルチャネル336内に摺動自在に受容されてもよく、左関節運動部材430は、近位スパイン区分330内の左ケーブルチャネル338内に摺動自在に受容されてもよい。 According to various embodiments, the right articulation member 420 may be slidably received in the proximal spine segment right cable channel 336 formed within 330, the left articulation member 430, the proximal spine segment it may be slidably received in the left cable channel 338 in 330.

図38〜40を参照し、左関節運動部材420は、近位端426を有し、これは上部に据込みされるかないしは別の方法でこれに取り付けられる保持球428を有し、これは回転ノブ400のソケット401内に回転可能に支持された関節運動球440内の第1保持スロット442内に受容されるように適合される。 Referring to FIG. 38 to 40, the left articulation member 420 has a proximal end 426, which has a holding balls 428 attached thereto at or or otherwise be included 据 the top, which It is adapted to be received in the first holding slot 442 in the articulation sphere 440 that is rotatably supported in the socket 401 of the rotation knob 400. 同様に、第2関節運動部材430は近位端部436を有し、これは上部に据込みされるか、ないしは別の方法でこれに取り付けられる保持ボール438を有し、これは関節運動球440の第2保持スロット444内に受容されるように適合される。 Similarly, the second articulation member 430 has a proximal end 436, which has a holding balls 438 attached thereto at either or otherwise be included 据 the top, this articulation sphere 440 is adapted to be received in the second holding slot 444. 図40に見られるように、関節運動球440は更に内部を通じた作動スロット446を有し、これは内部の近位発射管区分390の阻害されない経路を促進する。 As seen in FIG. 40, the articulation sphere 440 further has an operating slot 446 through the internal, which facilitates pathway is not inhibited within the proximal firing tube segment 390. 図38に図示されるように、作動スロット446は、より広い開口部448、450から関節運動球440の中央における経路452に向かってテーパ状になっていることがあり、これは、近位発射管区分390の摺動経路をもたらす。 As shown in Figure 38, actuation slot 446 may have a tapered shape toward the wider opening 448, 450 in the path 452 at the center of the articulation sphere 440, which is proximal firing bring the sliding path of the pipe section 390. 以下でより詳細に記載されるように、関節運動球440は、ソケット401内に回転可能又は枢動可能に支持され、中立位置(図38において実線で示される)から第1関節運動制御位置及び第2関節運動制御位置(図38において破線で示される)まで選択的に可動である。 As described in more detail below, articulation sphere 440 is rotatably or pivotally supported in the socket 401, the neutral position first articulation control position and from (shown by a solid line in FIG. 38) second articulation control position is selectively movable up (indicated by the broken line in FIG. 38). 関節運動球440はまたソケット401内で軸方向に可動である。 Articulation sphere 440 is also axially movable in the socket 401.

図40に見られるように、外科用器具310は、関節運動球440を、中立、第1及び第2関節運動制御位置のいずれか1つに固定するために、一般的に453として示される、固定構成を含み得る。 As seen in Figure 40, surgical instrument 310, the articulation sphere 440, neutral, in order to fix any one of the first and second articulation control position, shown generally as 453, It may include fixed configuration. 様々な実施形態において、固定構成453は一連の固定戻り止め区分454を含み、これらは関節運動球440上に提供され、回転ノブ400のソケット領域401内に向けられるハブ部分402内に形成された陥没部408内に形成された固定リブ410と係合するように適合される。 In various embodiments, the fixed structure 453 includes a series of fixed detents segment 454, they are provided on the articulation sphere 440, which is formed in the hub portion 402 which is directed to the socket area 401 of the rotational knob 400 adapted to engage the fixing ribs 410 formed in the recess 408. 作動経路412は、ハブ部分402を通じて延び、関節運動球440内の作動スロット446と位置合わせして、内部を通じた近位発射管区分390に適合する。 Actuation path 412 extends through the hub portion 402, in alignment with the actuation slot 446 in the articulation sphere 440, fit into the proximal firing tube segment 390 through the internal. 図38及び図39に見られるように、作動球ばね456は、回転ノブ400のばね保持ハブ414に軸支されて、関節運動球440を近位方向に付勢し、それによって、固定戻り止め454が、ハブ部分402の固定リブ410と保持係合する。 As seen in FIGS. 38 and 39, actuating ball spring 456 is supported by a spring retaining hub 414 of the rotating knob 400 to bias the articulation sphere 440 in a proximal direction, whereby the fixed detents 454, held engagement with fixing ribs 410 of the hub portion 402.

関節運動球440への関節運動の適用を促進するため、一対の横方向に延びる関節運動ハンドル458、460が関節運動球440から、直径方向反対方向に突出する。 To facilitate the application of the articulation of the articulation sphere 440, articulating handle 458, 460 which extend a pair of laterally from the articulation sphere 440, projecting in diametrically opposite directions. 様々な実施形態において、関節運動球440は、例えば、ポリカーボネート、ナイロン、Ultem(登録商標)(充填物なし、ガラス充填、炭素充填、ミネラル充填)などから作製されてもよく、かつ機械加工又は成形された固定戻り止め454を上部に有する。 In various embodiments, the articulation sphere 440 may be, for example, polycarbonate, nylon, Ultem (TM) (packing none, glass-filled, carbon-filled, mineral-filled) may be made from such, and machining or molding the fixed detent 454 has been having at the top. 関節運動ハンドル458、460は、圧力嵌め、溶接などにより、関節運動球440に取り付けられてもよい。 Articulating handle 458 and 460 are press fit, by welding, or may be attached to the articulation sphere 440. このような固定構成は、関節運動球440が中立、第1又は第2関節運動位置のいずれかに固定されることを可能にする。 Such fixed arrangement allows the articulation sphere 440 is fixed to one of the neutral, first or second articulated position. 一度外科医が、エンドエフェクタの所望の関節運動位置を達成するために、関節運動球440を動かすと、外科医は関節運動球440を解放してもよく、作動球ばね456が関節運動球440を近位方向に付勢し、それによって固定戻り止め454が、ハブ部分402の固定リブ410と保持係合する。 Once the surgeon, in order to achieve the desired articulation position of the end effector, moving the articulation sphere 440, the surgeon may release the articulation sphere 440, the actuation ball spring 456 is articulation sphere 440 near position biased in a direction, it fixed detents 454 by, for holding engagement with fixing ribs 410 of the hub portion 402. 様々な実施形態において、作動球ばね456は、関節運動したエンドエフェクタがトロカール又は同様の開口部を通じて強制的に引かれる際に、関節運動球440が中立位置へとばねで戻り得るような大きさであり得る。 In various embodiments, the actuation ball spring 456, when the articulated end effector is forced pulled through a trocar or similar openings, sized articulation sphere 440 to obtain the return spring to the neutral position It can be in. 更に、関節運動ハンドル458、460の使用は、関節運動の度合いを特定の外科的用途に合わせて「調整する」ことを可能にする。 Furthermore, the use of articulating handle 458 and 460, move the degree of articulation to the particular surgical application allows the "adjusted".

図38に見られるように、第1又は右関節運動ハンドル458は、回転ノブ400の右スロット416を通じて突出し、第2又は左関節運動ハンドル460は、回転ノブ400の左スロット418を通じて突出する。 As seen in Figure 38, the first or right articulation handle 458 protrudes through right slot 416 of the rotational knob 400, the second or left articulation handle 460 protrudes through the left slot 418 of the rotational knob 400. エンドエフェクタ12を長手方向軸A−Aに対して関節運動させるため、外科医は最初に、右関節運動ハンドル458、及び左関節運動ハンドル460を、軸方向に遠位方向「DD」へと動かして、固定戻り止め454を、回転ノブ400のハブ部分402の固定ハブ410から係合離脱させる。 Order to articulate the end effector 12 relative to the longitudinal axis A-A, the surgeon may first right articulation handle 458, and the left articulation handle 460, to move to the distal direction "DD" in the axial direction , fixed detents 454, thereby disengage from the fixed hub 410 of the hub portion 402 of the rotation knob 400. その後、外科医は、関節運動ハンドル458、460を所望の方向に動かすことにより、関節運動球440を枢動させて、関節運動部材420、430に関節運動を適用してもよい。 Thereafter, the surgeon, by moving the articulation handle 458, 460 in the desired direction, by pivoting the articulation sphere 440 may be applied to articulated articulation member 420 and 430. 例えば、エンドエフェクタ12は、右関節運動ハンドル458を近位方向「PD」に、かつ左関節運動ハンドル460を遠位方向「DD」に移動することにより右に枢動されてもよく、右手関節運動部材420に牽引運動(関節運動)を、左関節運動部材430に押圧運動を適用する。 For example, the end effector 12 may be pivoted to the right by moving the right articulation handle 458 in the proximal direction "PD" and the left articulation handle 460 in the distal direction "DD", the right hand joint pulling motion to the motion member 420 (articulation), applying a pressing motion to the left articulation member 430. 同様に、エンドエフェクタ12は、左関節運動ハンドル460を近位方向「PD」に、かつ右関節運動ハンドル458を遠位方向「DD」に移動することにより左に枢動されてもよく、左関節運動部材430に牽引運動(関節運動)を、右手関節運動部材420に押圧運動を適用する。 Similarly, the end effector 12, the left articulation handle 460 in the proximal direction "PD", and may be pivoted to the left by moving the right articulation handle 458 in the distal direction "DD", the left pulling motion to articulation member 430 (articulation), applying a pressing movement on the right articulation member 420. 右関節運動ハンドル458、及び左関節運動ハンドル460の運動の様々な範囲は、図38において破線で例示される。 Various ranges of motion of the right articulation handle 458 and the left articulation handle 460, is illustrated in dashed lines in FIG. 38. このようにして、エンドエフェクタ12は、例えば、細長いシャフトアセンブリ40の回転又は他の運動を必要とせずに、時計回り、又は反時計回りに回転させることにより、様々な角度位置に最適に位置付けることができる。 In this way, the end effector 12, for example, without requiring rotation or other movement of the elongated shaft assembly 40, by rotating clockwise or counterclockwise, optimally positioning it in different angular positions can. 図35は、様々な実施形態において、0°〜45°である、角度αを示す。 Figure 35, in various embodiments, is 0 ° to 45 °, indicating an angle alpha.

外科用器具310の様々な実施形態は、ナイフバー472を含み、これは、中空の近位スパイン区分330内に、かつ狭い近位部分335から広い遠位部分337までテーパ状になっているナイフ支持スロット333を通じて可動に支持され、ナイフバー472がその周囲で屈曲してエンドエフェクタ12の長手方向軸A−Aを中心とした関節運動に適合することを可能にする。 Various embodiments of the surgical instrument 310 includes a knife bar 472, which, knife hollow proximal spine segment 330, and has a narrow proximal tapered from the portion 335 to the wide distal portion 337 supporting is movably supported through the slot 333, knife bar 472 makes it possible to fit the articulation about the longitudinal axis a-a of the end effector 12 is bent at its periphery. 図37を参照されたい。 See Figure 37. 様々な実施形態において、ナイフバー472は、例えば、300又は400シリーズステンレススチールから作製され、その遠位端状に形成された組織切断縁部476を有してもよい。 In various embodiments, the knife bar 472, for example, be made of 300 or 400 series stainless steel, may have a tissue cutting edge 476 formed at a distal end shape. 図37に更にみられるように、ナイフバー472は、遠位枢動基部326内のナイフスロット473を摺動自在に通過する。 As further seen in FIG. 37, the knife bar 472 passes through a knife slot 473 in the distal pivot base 326 slidably. ナイフバー472の近位端478は、近位スパイン区分330を通じて延びるナイフロッド480に取り付けられて、上記のように、発射伝達器190に駆動可能に係合する。 The proximal end 478 of the knife bar 472 is attached to the knife rod 480 extending through the proximal spine segment 330, as described above, to drivingly engage the firing transmitter 190. 図31を参照されたい。 See Figure 31. 保持ピン406は、近位発射管区分390内の長手方向スロット392(図38)、及び近位スパイン区分330の孔339(図39)を通じて、ナイフロッド480の長手方向スロット482内へと延びて、近位発射管区分390、及びナイフロッド480が近位スパイン区分330及びハンドルアセンブリ100に対して軸方向に移動することを可能にする。 Retaining pin 406, longitudinal slot 392 (FIG. 38) of the proximal firing tube segment 390, and through holes 339 of the proximal spine segment 330 (FIG. 39), extend into longitudinal slot 482 of the knife rod 480 , to be moved axially relative to the proximal firing tube segment 390, and knife rod 480 proximal spine segment 330 and the handle assembly 100. したがって、外科医は、ナイフ前進トリガー200を上記の方法で操作して、ナイフバー472を選択的に操作して組織を切断してもよい。 Thus, the surgeon, a knife forward trigger 200 operates in the manner described above, may be cut selectively manipulated to organize knife bar 472.

様々な関節運動構成は、2010年5月7日に出願された、米国特許出願番号第12/775,809号(代理人整理番号第END6755USNP)、表題「Laparoscopic Devices With Articulating End Effectors」(Frederick E.Shelton IVら)、及び2010年5月7日に出願された、米国特許出願番号第12/775,699号(代理人整理番号第END6756USNP)、表題「Bendable Shaft For Handle Positioning」(Frederick E.Shelton IV,et al)に開示され、各開示は本明細書において参照としてその全体が組み込まれる。 Various articulation configuration, filed on May 7, 2010, US patent application Ser. No. 12 / 775,809 (Attorney Docket No. END6755USNP), entitled "Laparoscopic Devices With Articulating End Effectors" (Frederick E .Shelton IV et al.), and was filed on May 7, 2010, US patent application Ser. No. 12 / 775,699 (Attorney Docket No. END6756USNP), entitled "Bendable Shaft For Handle Positioning" (Frederick E. Shelton IV, disclosed in et al), the disclosures of each of the entirety of which is incorporated by reference herein. 図41及び図42は、関節運動するシャフトアセンブリ340と実質的に同一の、関節運動するシャフトアセンブリ340に利用される発射管連結部380と置換される中間発射管区分492を除いて、実質的に同様に操作される、代替的関節運動したシャフトアセンブリ490を例示する。 41 and 42, substantially identical to the shaft assembly 340 to articulate, with the exception of the intermediate firing tube segment 492 to be substituted for launch tube connecting portion 380 which is utilized to shaft assembly 340 to articulate, substantially is operated similarly illustrates an alternative articulated shaft assembly 490. 図41及び図42に見られるように、中間発射管区分492は、遠位発射管区分370から近位発射管区分390まで延びる。 As seen in FIGS. 41 and 42, the intermediate firing tube section 492 extends from the distal launch tube segment 370 to the proximal firing tube section 390. 様々な実施形態において、中間発射管区分492は、ナイロン、Isoplast(登録商標)又は他の可撓性プラスチックから作製され得る。 In various embodiments, the intermediate firing tube segment 492, nylon may be made from Isoplast (R) or other flexible plastic. 様々な実施形態において、中間発射管区分492は、2つの長手方向に延びる圧縮スパイン部分494を有し、ここから、空間498によって隔てられる複数の離間したリブ区分496が延びて、実質的に中空の管区分を形成し、これを通じてスパインアセンブリの他の構成要素及びナイフバーが動作可能に通過し得る。 In various embodiments, the intermediate firing tube segment 492 has a compression spine portion 494 extending two longitudinal, here, extends the rib sections 496 spaced apart a plurality of separated by space 498, substantially hollow of forming a provincial component, through which the other components and the knife bar spine assembly can pass operational. スパイン部分494は、近位発射管区分390から遠位発射管区分370へと圧縮運動を伝達するように構成され、これらの区分はアンビル20を完全に発射した位置へと作動する一方で、エンドエフェクタ12が長手方向軸A−Aに対して選択的に関節運動することを可能にするために、十分な大きさである。 Spine portion 494 is configured to transmit the compressed motion to the distal launch tube segment 370 from the proximal firing tube section 390, these segments are while operating to position fully fired the anvil 20, end for effector 12 makes it possible to selectively articulate relative longitudinal axis a-a, it is large enough. 中間発射管区分492は、例えば、ピン、スロット付き突起部、スナップ機構などによって遠位発射管区分に取り付けられた遠位端部491、並びに同一又は同様の手段により近位発射管区分390に取り付けられた、近位部分493を有してもよい。 The intermediate firing tube segment 492 attached, for example, a pin, slotted projection, a distal end 491 attached to the distal firing tube sections, such as by a snap mechanism, as well as the same or similar means to the proximal firing tube segment 390 It was, may have a proximal portion 493. このような実施形態において、エンドエフェクタ12は、例えば、細長いシャフトアセンブリ490の回転又は他の運動を必要とせずに、時計回り、又は反時計回りに回転させることにより、様々な角度位置に最適に居続けることができる。 In such embodiments, the end effector 12, for example, without requiring rotation or other movement of the elongate shaft assembly 490, clockwise, or by rotating counterclockwise, optimally in different angular positions it can continue to stay. 図42は、様々な実施形態において、0°〜45°である、角度αを示す。 Figure 42, in various embodiments, is 0 ° to 45 °, indicating an angle alpha.

図43〜47は、本発明の別の外科用器具実施形態を例示する。 Figure 43 to 47 illustrate another surgical instrument embodiment of the present invention. 本実施形態の外科用器具510は、以下に記載の様々な差異を除き、上記の外科用器具実施形態310と実質的に同様である。 The surgical instrument 510 of this embodiment, except for the various differences described below, is substantially similar to the surgical instrument embodiment 310 described above. 外科用器具510は、本明細書において上記の種類のエンドエフェクタ12と共に使用するためのものとして記載されるが、当業者らは、外科用器具はまたエンドエフェクタ12'を作動させるための第2発射アダプタ150と共に利用され得るか、又はこれが他のエンドエフェクタ構成と共に使用され得ることを理解する。 The surgical instrument 510 has been described as being for use with the above types of the end effector 12 herein, those skilled in the art, the surgical instrument and the second for actuating the end effector 12 ' or it may be utilized with the firing adapter 150, or which will appreciate that may be used with other end effectors configured. 外科用器具510の様々な実施形態は、関節運動したシャフトアセンブリ512を含み、長手方向軸A−Aに対してエンドエフェクタ12を選択的に位置付けることを促進する。 Various embodiments of the surgical instrument 510 includes a shaft assembly 512 which is articulated to facilitate positioning the end effector 12 selective to the longitudinal axis A-A. 図43及び図44に見られるように、関節運動したシャフトアセンブリ512は、遠位スパイン部材520を有し、これは内部にトラニオン17を受容するために、内部に一対のトラニオン受台522を有する。 43 and as seen in Figure 44, shaft assembly 512 articulated has a distal spine member 520, which is to receive the trunnion 17 therein, a pair of trunnions cradle 522 therein . 遠位スパイン部材520は、近位スパイン区分530の遠位端531に枢動可能に連結される、近位端521を有する。 The distal spine member 520 is pivotally coupled to the distal end 531 of the proximal spine segment 530 has a proximal end 521. 特に、遠位スパイン区分520の近位端521は、一対の離間した遠位スパイン歯523を有し、これは関節運動ピン524を支持し、これは近位スパイン区分530の遠位端531を通じて延びて、長手方向軸A−Aと実質的に横方向である、関節運動軸AA−AAを画定する。 In particular, the proximal end 521 of the distal spine segment 520 has a pair of spaced distal spine teeth 523, which supports an articulation pin 524, which through the distal end 531 of the proximal spine segment 530 extending a longitudinal axis AA substantially transversely to define the articulation axis AA-AA. 図46を参照されたい。 See Figure 46.

本発明の様々な実施形態において、エンドエフェクタ12は、長手方向軸A−Aを中心として、様々な異なる向きに関節運動可能である。 In various embodiments of the present invention, the end effector 12 about the longitudinal axis A-A, is articulatable in a variety of different orientations. 例えば、図47の角度α'は、180°〜90°の範囲であり得る。 For example, the angle of Figure 47 alpha 'may range from 180 ° to 90 °. エンドエフェクタ12は、関節運動連結部540へと連結された、少なくとも1つの関節運動部材550の手段により関節運動する。 The end effector 12 is coupled to the articulation connecting portion 540 articulates by at least one means of articulation members 550. 関節運動連結部540は、遠位ピン542によって、遠位スパイン区分520の遠位端521に枢動可能に連結される。 Articulation connecting portion 540, the distal pin 542 is pivotally coupled to the distal end 521 of the distal spine segment 520. 図43を参照されたい。 See Figure 43. 図46に図示されるように、関節運動連結部540は、関節運動ロッドピン554によって、関節運動ロッド550の遠位端552に枢動可能に連結される。 As shown in FIG. 46, the articulation connecting portion 540, the articulation rod pin 554 is pivotally coupled to the distal end 552 of the articulation rod 550. 図43に見られるように、関節運動部材550は、関節運動したシャフトアセンブリ512を通じて延び、ハンドルアセンブリ100に回転可能に連結された回転ノブ560内に延びる近位端部556を有する。 As seen in FIG. 43, the articulation member 550 extends through the shaft assembly 512 articulated has a proximal end 556 that extends rotatably linked rotary knob 560 on the handle assembly 100. 関節運動部材550の近位端556は、関節運動制御部材又はボタン558に連結され、これは、回転ノブ560に摺動自在に連結してこれに対して選択的に軸方向に移動する。 The proximal end 556 of the articulation member 550 is coupled to the articulation control member or button 558, which is selectively moved in the axial direction with respect thereto and connected slidably to the rotating knob 560. 関節運動ボタン558を遠位方向「DD」で軸方向に摺動させると、エンドエフェクタ12が長手方向軸A−Aを中心に、図47に例示される方法で枢動する。 When sliding axially articulation button 558 in the distal direction "DD", the end effector 12 about the longitudinal axis A-A, pivots in the manner illustrated in Figure 47. エンドエフェクタを、エンドエフェクタが長手方向軸A−A上で同軸的に位置合わせさせた、開始非作動位置に戻すため、外科医は単純に作動ボタン558を、回転ノブ560上で近位方向「PD」に摺動させる。 An end effector, the end effector is allowed coaxially aligned on the longitudinal axis A-A, to return to the starting inoperative position, the surgeon simply actuating button 558, on the rotary knob 560 proximal direction "PD "sliding in.

上記の実施形態のいくつかにおいて、回転ノブ560は、ハンドルアセンブリ100に回転可能に取り付けられた、取り付けブッシング570と回転しないように連結される。 In some of the above embodiments, the rotation knob 560 is rotatably mounted to the handle assembly 100 is coupled against rotation with the mounting bushing 570. 図43及び図47を参照されたい。 Please refer to FIG. 43 and FIG. 47. 取り付けハウジング570は近位フランジ572及び遠位フランジ574を有し、これらは、その間に回転溝575を画定し、その間にハンドルアセンブリ100の鼻部101を回転可能に受容する。 Mounting housing 570 having a proximal flange 572 and a distal flange 574, define a rotary groove 575 therebetween, rotatably receiving the nose portion 101 of the handle assembly 100 therebetween. このような構成は、取り付けブッシング570が、ハンドルアセンブリ100に対し、長手方向軸A−Aを中心に回転することを可能にする。 Such an arrangement, the mounting bushing 570 relative to handle assembly 100, makes it possible to rotate about the longitudinal axis A-A. 近位スパイン区分530は、取り付けブッシング570に回転不能にピン留めされるか、ないしは別の方法で取り付けられ(溶接、接着剤など)、その結果長手方向軸A−Aを中心として回転ノブ560の回転が、エンドエフェクタ12の長手方向軸A−Aを中心とした回転を生じる。 The proximal spine segment 530 is either non-rotatably pinned to the mounting bushing 570, or attached in another manner (welding, adhesive or the like), as a result of the rotation knob 560 about the longitudinal axis A-A rotation results in a rotation about the longitudinal axis a-a of the end effector 12. このような構成は、エンドエフェクタ12の、長手方向軸A−Aを中心とした360°の軌道の回転を促進し得る。 Such a configuration of the end effector 12 may facilitate rotation of 360 ° of the track around the longitudinal axis A-A.

この実施形態はまた、第1発射アダプタ140に連結され、遠位スパイン区分520上で軸方向に可動の、遠位発射管区分580を有する。 This embodiment also is connected to the first firing adapter 140, the axially movable on the distal spine segment 520 has a distal firing tube segment 580. 特に、第1発射アダプタ140上の保持ボタン144は、上記の方法により、遠位発射管区分580の保持孔581内に受容される。 In particular, the holding button 144 on the first firing adapter 140, according to the above method, it is received in the holding hole 581 of the distal firing tube section 580. 遠位発射管区分580は、これに取り付けられた少なくとも1つの発射部材により作動される。 The distal firing tube section 580 is operated by at least one firing member attached thereto. 好ましい実施形態において、遠位発射管区分580は、これに取り付けられた一対の発射バンド582、584によって作動される。 In a preferred embodiment, the distal firing tube section 580 is actuated by a pair of firing bands 582, 584 attached thereto. 発射バンド582、584は、上記の方法で発射ヨーク114に取り付けられた近位発射管区分590に連結されたバンド取り付け部585に取り付けられる。 Firing bands 582, 584 are attached to the band attachment portions 585 coupled to the proximal firing tube segment 590 attached to the firing yoke 114 in the manner described above. また、カバー管592が近位スパイン区分530に軸支され、かつ共に回転するために回転ノブ560に連結される。 Also, is supported by a cover tube 592 is proximal spine segment 530 and is connected to the rotary knob 560 to rotate together. 近位発射管590及びバンド取り付け部585は、カバー管592に対して軸方向に可動である。 The proximal launch tube 590 and the band mounting portion 585 is movable axially relative to the cover tube 592. 図44Cに図示されるように、発射バンド582、584は、遠位スパイン部材520の横方向バンドチャネル526内に手動自在に受容される。 As shown in FIG. 44C, firing bands 582 and 584 is manually freely received in laterally band channel 526 of the distal spine member 520. 様々な実施形態において、発射バンド582、584はそれぞれ、薄い可撓性部材を含み、これは、例えば、ステンレス・スチールから作製されてもよく、それぞれ、遠位発射管区分580を押して、上記の方法でアンビル20を作動又は閉鎖して、埋め込み可能なステープルカートリッジ30内にステープル32を形成することができる。 In various embodiments, each of the firing bands 582 and 584, comprises a thin flexible member, which may for example be made of stainless steel, respectively, by pressing the distal firing tube segment 580, the operating or closing the anvil 20 in a way, it is possible to form the staple 32 to an implantable staple cartridge 30. 発射ケーブル582、584の作動は、発射トリガー130を上記の方法で引くことにより達成される。 Actuation of the firing cable 582, 584 is accomplished by pulling the firing trigger 130 in the manner described above. 発射トリガー130を開始位置に戻すことにより、発射ケーブル582、584を引き、それによって第1発射アダプタ140がアンビル20を開放位置に引くか、又はばね(図示されない)がアンビル20を開放位置に付勢する位置まで移動する。 By returning the firing trigger 130 to the starting position, pull the firing cable 582 and 584, urging it depending on whether the first firing adapter 140 pulls the anvil 20 in an open position, or a spring (not shown) of the anvil 20 in an open position It moves to a position to be energized.

外科用器具510は、遠位スパイン区分520のナイフ支持スロット528内に可動に支持されるナイフ534を更に含み得る。 The surgical instrument 510 may further include a knife 534 that is movably supported in the knife support slot 528 of the distal spine segment 520. 図44Bを参照されたい。 Please refer to FIG. 44B. 様々な実施形態において、ナイフバー534は、例えば、300又は400シリーズステンレススチールなどから作製され、その遠位端上に形成された組織切断縁部535を有してもよい。 In various embodiments, the knife bar 534, for example, be made of such 300 or 400 series stainless steel, may have a tissue cutting edge 535 formed on its distal end. ナイフバー534は、300又は400シリーズステンレススチールから作製され得る、ナイフバンド536に取り付けられる。 Knife bar 534 can be made from 300 or 400 series stainless steel, it is attached to knife bands 536. ナイフバンドは例えば、ロッドよりも硬質の、0.17〜0.305mm(0.007〜0.012インチ)厚さのステンレススチールバンド材料を含み得る。 The knife bands example, harder than the rod may include a stainless steel band material 0.17~0.305mm (0.007~0.012 inch) thick. ナイフケーブル536は、遠位スパイン部材520、及び近位スパイン区分530を通じて延び、上記のように、発射伝達器190に駆動しながら係合する、ナイフロッド480に取り付けられる。 Knife cable 536 extends through the distal spine member 520 and the proximal spine segment 530, as described above, to engage with the drive to the firing transmission 190 is mounted to knife rod 480. したがって、外科医は、ナイフ前進トリガー200を上記の方法で操作して、ナイフバー534を選択的に操作して組織を切断してもよい。 Thus, the surgeon, a knife forward trigger 200 operates in the manner described above, may be cut selectively manipulated to organize knife bar 534. 様々な実施形態はまた、汚れ、組織、くずなどが関節継手を汚さないように、ベローズ様カバー部材594を利用してもよい。 Various embodiments also include dirt, tissue, so Kuzunado does not pollute the articulation, it may be utilized bellows-like cover member 594. 図48を参照されたい。 See Figure 48.

図49〜53は、本発明の別の外科用器具実施形態を例示する。 Figure 49-53 illustrate another surgical instrument embodiment of the present invention. 本実施形態の外科用器具610は、以下に記載の差異を除き、上記の外科用器具実施形態10と実質的に同様である。 The surgical instrument 610 of this embodiment, except for the differences described below, is substantially similar to surgical instrument embodiment 10 described above. 外科用器具610は、2つの可動ジョー613、615を有する、エンドエフェクタ612を作動するように構成される。 The surgical instrument 610 has two movable jaws 613, 615 are configured to actuate the end effector 612. 様々な実施形態において、エンドエフェクタ612は、ハンドルアセンブリ100から突出する細長いシャフトアセンブリ655と連結される。 In various embodiments, the end effector 612 may be connected to the elongate shaft assembly 655 that protrudes from the handle assembly 100. 図49を参照されたい。 See Figure 49. 細長いシャフトアセンブリ655は、細長いスパインアセンブリ658、及びスパインアセンブリ658上で近位方向及び遠位方向で軸方向に可動である細長いクロージャ管アセンブリ680を含む。 Elongate shaft assembly 655 includes an elongated spine assembly 658, and the elongate closure tube assembly 680 in the axial direction is movable proximally and distally on the spine assembly 658. 図示されるように、細長いシャフトアセンブリ655は、長手方向軸A−Aに沿ってほぼ直線状に、ハンドルアセンブリ100から遠位方向に延びる。 As shown, elongate shaft assembly 655, a substantially linearly along the longitudinal axis A-A, extends from the handle assembly 100 in a distal direction. 様々な実施形態において、細長いシャフトアセンブリ655は、228.8mm〜406.4mm(およそ9〜16インチ)長さである。 In various embodiments, the elongate shaft assembly 655, 228.8Mm~406.4Mm (approximately 9 to 16 inches) in length. しかしながら、細長いシャフトアセンブリ655は、他の長さで提供されてもよい。 However, elongate shaft assembly 655 may be provided in other lengths.

図50及び図51を参照し、様々な実施形態において、エンドエフェクタ612の下方ジョー613は細長いチャネル614を含み、上方ジョー615はアンビル620を含む。 Referring to FIGS. 50 and 51, in various embodiments, the lower jaw 613 of the end effector 612 includes an elongated channel 614, upper jaw 615 includes an anvil 620. 細長いチャネル614は、一対の離間した側壁616を有し、これらはそれぞれ、上方に突出するクロージャ端部又は先端部618で終わっている。 Elongate channel 614 has a pair of spaced apart side walls 616, each of which terminates in a closure end portion or tip 618 projecting upward. 細長いチャネル614は、例えば、17−4又は400シリーズステンレススチールから作製されてもよく、ステープルカートリッジ630又は他の形態のステープルカートリッジを内部に動作可能に支持するような大きさである。 Elongate channel 614, for example, may be made from 17-4 or 400 series stainless steel, it is sized to operably support a staple cartridge in the staple cartridge 630 or other form therein. アンビル620は、416、17−4、17−7などのステンレス・スチールから作製されてもよい。 The anvil 620 may be fabricated from stainless steel, such as 416,17-4,17-7. 少なくとも一実施形態において、例えば、エンドエフェクタ612(閉鎖位置にあるとき)及び細長いシャフトアセンブリ655はそれぞれ、装置が、少なくともおよそ8〜12mm(およそ0.31〜0.47インチ)の直径を有する開口部を動作可能に通過することを可能にする、最大外径を有する。 Openings having at least one embodiment, for example, each end effector 612 (when in the closed position) and the elongate shaft assembly 655, device, a diameter of at least about 8 to 12 mm (approximately .31 to .47 inches) It makes it possible to operatively pass a part, having a maximum outer diameter. しかしながら、エンドエフェクタ612及び細長いシャフトアセンブリ655は、他の直径及び形状を有し得る。 However, the end effector 612 and elongate shaft assembly 655 can have other diameters and shapes. エンドエフェクタ612は更に、以下で更に説明されるように、近位スパイン区分670の遠位端と除去可能に連結されるように適合された、遠位スパイン区分660を更に含む。 The end effector 612 further includes, as described further below, is adapted to be coupled removably with the distal end of the proximal spine segment 670 further includes a distal spine segment 660.

アンビル620は、内部に複数のステープル形成ポケットを有する、ステープル形成部分622を有する。 The anvil 620 has a plurality of staple forming pockets therein, has a staple forming portion 622. 加えて、アンビル620は、少なくとも1つ、及び好ましくは一対の下方に延びるクロージャ先端部625を含む、二又クロージャ部分624を有する。 In addition, the anvil 620 includes at least one, and preferably includes a closure tip 625 extending to a pair of downwardly and has a bifurcated closure portion 624. 図50〜53に見られるように、少なくとも一実施形態において、クロージャ先端部625、及び細長いチャネル614の対応するクロージャ端部又は先端部618は、枢動ピン626により、スパインアセンブリ658の遠位スパイン区分660(図55)の二又遠位端662のスパインラグ663に枢動可能にピン留めされ、それによって側部から見た際に、クロージャ先端部625及びクロージャ先端部618は、一般的に628として指定される可動「ハサミ様」クロージャ構造を形成する。 As seen in FIG. 50 to 53, in at least one embodiment, the corresponding closure end or tip 618 of the closure tip 625, and the elongated channel 614, the pivot pin 626, the distal spine assembly 658 spine Category 660 is pivotally pinned clevis to Supainragu 663 of distal end 662 (FIG. 55), thereby when viewed from the side, the closure tip 625 and closure tip 618 is generally 628 is is to form the movable "scissors-like" closure structure designated as. 他の実施形態において、アンビル620は、細長いチャネル614に可動に連結されてもよい。 In another embodiment, the anvil 620 may be movably coupled to the elongate channel 614.

エンドエフェクタ612の様々な実施形態はまた、軸方向に可動なナイフアセンブリ640を含み、これは遠位スパイン区分660のスパインラグ663の間で軸方向に摺動するように構成された、そこから遠位方向に突出する一対の離間したナイフバー644を有する、ナイフプレート642を含む。 Various embodiments of the end effector 612 also includes a movable knife assembly 640 in the axial direction, which is configured to slide in the axial direction between the Supainragu 663 of the distal spine segment 660, far from it position having a pair of spaced apart knife bar 644 protruding in a direction, including a knife plate 642. 図55を参照されたい。 See Figure 55. ナイフ部材646は、ナイフバー644の遠位端に取り付けられるか、ないしは別の方法で上部に形成される。 Knife members 646, or attached to the distal end of the knife bar 644, or is formed on top in a different way. 様々な実施形態において、ナイフバー644及びナイフ部材646は、例えば、300又は400シリーズステンレススチールから作製されてもよい。 In various embodiments, the knife bar 644 and the knife member 646, for example, may be made from 300 or 400 series stainless steel. 組織切断縁部648は、ナイフ部材646の遠位端上に形成される。 Tissue cutting edge 648 is formed on the distal end of the knife member 646. ナイフ部材646の下部649は、細長いシャフト614内に可動に支持される、ステープル駆動スレッド650と係合するように構成される。 Bottom 649 of the knife member 646 is movably supported in the elongate shaft 614 is configured to engage the staple drive sled 650. ステープル駆動スレッド650は、細長いチャネル614のスロット又はスロット構成(図示されない)内に保持されてもよく、開始位置(図50〜52)から終了位置(図53)までのステープル駆動スレッド650の軸方向の移動を促進し、その間細長いチャネル614に接続したままである。 Staple drive sled 650, slot or slot arrangement of the elongate channel 614 may be held within (not shown), the starting position axial staple driving sled 650 (FIG. 50-52) to the end position (Fig. 53) moving promotes the remains connected during the elongate channel 614. ステープル駆動スレッド650は、上部にステープル駆動表面652を有し、これらは、ステープルカートリッジ630内のステープル632と駆動可能に係合し、ナイフ部材646がエンドエフェクタ612を通じて遠位方向に前進する際に、ステープル632を、アンビル620のステープル形成部分622に向かって上方に駆動する。 Staple drive sled 650 includes a staple driving surface 652 on top, it is engaged to drive the staples 632 in the staple cartridge 630, when the knife member 646 is advanced distally through the end effector 612 the staples 632 are driven upwardly toward the staple forming portion 622 of the anvil 620.

また様々な実施形態において、遠位スパインナット668は、スパイン区分660の近位端664と回転可能に連結し、これに対して、長手方向軸A−Aを中心に回転移動する。 In various embodiments, the distal spine nut 668 rotatably coupled with the proximal end 664 of spine segment 660, whereas rotational movement about the longitudinal axis A-A. 遠位スパインナット668は、遠位スパイン区分660が近位スパイン区分670に対して回転するのを可能にするため、ハンドルアセンブリ100から突出する近位スパイン区分670の遠位端672の、対応するトラニオンスロット674に受容される大きさの、一対の内側に延びるトラニオン669を有する。 The distal spine nut 668, to allow the distal spine segment 660 to rotate relative to the proximal spine segment 670, a distal end 672 of the proximal spine segment 670 that protrudes from the handle assembly 100, the corresponding sized to be received in the trunnion slots 674, it has a trunnion 669 extending pair of inner. 図49に見られるように、近位バネ区分670は、長手方向軸A−Aを中心としたエンドエフェクタ612の、360°の軌道の回転を促進するために、上記の方法によりハンドルアセンブリ100に回転可能に取り付けられた回転ノブ70にピン留めされている(ピン66により)。 As seen in Figure 49, the proximal spring segment 670, end effector 612 around the longitudinal axis A-A, in order to facilitate the rotation of the trajectory of 360 °, the handle assembly 100 by the methods described above in a rotatably mounted rotary knob 70 is pinned (by pins 66).

図49に見られるように、フランジ676は、近位スパイン区分670の近位端671上に形成される。 As seen in Figure 49, the flange 676 is formed on the proximal end 671 of the proximal spine segment 670. フランジ676は、各ケース部材102、104から内側に突出する噛み合うリブ108により形成される溝106内に回転可能に支持されるように構成される。 Flange 676 is configured to be rotatably supported within a groove 106 formed by the rib 108 which meshes projecting inwardly from the case members 102 and 104. このような構成は、近位スパイン区分670のハンドルアセンブリ100への取り付けを促進し、一方で、近位スパイン区分670が、ハンドルアセンブリ100に対し、長手方向軸A−Aを中心に360°の軌道で回転することを可能にする。 Such arrangement facilitates the attachment to the proximal handle assembly 100 of the spine segment 670, while the proximal spine segment 670, with respect to the handle assembly 100, a 360 ° about the longitudinal axis A-A It makes it possible to rotate in orbit. 近位クロージャ管区分682は、ポリマー又は他の好適な材料から作製されてもよく、上記の様々な方法により、ハンドルアセンブリ100内に構成され、可動に取り付けられた、発射ヨーク114に取り付けられた近位端部683を有する。 The proximal closure tube segment 682 may be fabricated from a polymer or other suitable material, by various methods described above, is configured to handle assembly 100, attached to the movable, attached to the firing yoke 114 having a proximal end 683. 様々な実施形態により、例えば、発射ヨーク114は、近位クロージャ管区分682の近位端683にオーバーモールドされ得る。 The various embodiments, for example, firing yoke 114 may be overmolded to the proximal end 683 of the proximal closure tube segment 682. しかしながら、他の締結具構成が利用されてもよい。 However, other fastener structure may be utilized. 上記のように、発射ヨーク114は、ハンドルアセンブリ100内で軸方向に動くように構成された、支持カラー120内で回転可能に支持されてもよい。 As described above, the firing yoke 114 is configured to move axially within handle assembly 100 may be rotatably supported by the support collar 120.. 図49に見られるように、長手方向スロット681は、近位クロージャ管区分682を通じて提供されて、スパインピン66が内部を通じて近位端スパイン区分670内に延びることを可能にし、同時に遠位スパイン区分670上の近位クロージャ管区分682の軸方向移動を促進する。 As seen in Figure 49, longitudinal slot 681 is provided through the proximal closure tube segment 682, it possible to extend the proximal end spine segment 670 Supainpin 66 through an internal, at the same time the distal spine segment 670 promoting axial movement of the proximal closure tube segment 682 above.

図49に見られるように、発射トリガー130は、支持カラー120に枢動可能に(ピン留めされた)発射連結部636、638に枢動可能に(ピン留めされた)、上部134を有する。 As seen in Figure 49, firing trigger 130 can be pivotally support collar 120 (which is pinned) pivotally to the firing link 636, 638 (which is pinned) has a top 134. したがって、発射トリガー130のハンドルアセンブリ100のピストルグリップ部分107の方への移動は、発射ヨーク114及び近位クロージャ管区分682の近位方向「PD」(図49において破線で示される)への移動を生じる。 Thus, movement to move towards the pistol grip portion 107 of handle assembly 100 of the firing trigger 130, the proximal direction "PD" of the firing yoke 114 and the proximal closure tube segment 682 (shown by the broken line in FIG. 49) cause. クランプ及び発射トリガー130の、ハンドルアセンブリ100のピストルグリップ部分107から遠ざかる運動により、発射ヨーク114及び発射管110は、近位スパイン区分670上で近位方向「DD」に動く。 Clamping and firing trigger 130, the movement away from the pistol grip portion 107 of the handle assembly 100, the firing yoke 114 and firing tube 110 moves in the proximal direction "DD" on the proximal spine segment 670.

図50〜53に見られるように、近位クロージャ管区分682は、遠位クロージャ管区分690の近位端692に取り付けられるように構成された遠位端684を有する。 As seen in Figure 50-53, the proximal closure tube segment 682 has a distal end 684 configured to be attached to the proximal end 692 of the distal closure tube segment 690. 例示される実施形態において、遠位クロージャ管区分690は、近位クロージャ管区分682の遠位端部684にねじにより取り付けられるように構成されている。 In the illustrated embodiment, the distal closure tube segment 690 is configured to be attached by screws to the distal end 684 of the proximal closure tube segment 682. 遠位クロージャ管区分690の遠位端694は、内部にテーパ状駆動部材696を有し、これははさみ様クロージャ構造628と連動するように構成され、それにより遠位クロージャ管区分690が図51に例示される位置にあるとき、細長いチャネル614とアンビル620との間に位置付けられるエンドエフェクタばね617は、アンビル620をこの図に例示される開放位置まで付勢するように機能する。 The distal end 694 of the distal closure tube segment 690 has a tapered drive member 696 therein, which is configured to work with scissor-like closure structure 628, whereby the distal closure tube segment 690 Figure 51 when in the position illustrated, the end effector spring 617 positioned between the elongate channel 614 and anvil 620 functions to urge to the open position illustrated an anvil 620 in this FIG. しかしながら、遠位クロージャ管区分690は、近位方向「PD」に引かれ、テーパ状駆動部材696は、はさみ様クロージャ構造628に接触し、ジョー613(細長いチャネル614)及び615(アンビル620)を互いに向かって枢動させる。 However, the distal closure tube segment 690 is pulled in the proximal direction "PD", tapered driving member 696 is in contact with the scissor-like closure structure 628, the jaws 613 (the elongate channel 614) and 615 (anvil 620) It is pivoted towards each other. 図52及び図53を参照されたい。 Please refer to FIG. 52 and FIG. 53.

外科用器具610は更に、近位スパイン区分670を通じて延びる、ナイフロッド700を含み、上記の方法でナイフ前進トリガー200に動作可能に取り付けられた、発射伝達器190と駆動可能に連動する近位端部702を有する、ナイフ前進システム639を更に含み得る。 The surgical instrument 610 further extends through the proximal spine segment 670 includes a knife rod 700, operatively attached to the knife forward trigger 200 in the manner described above, the proximal end of interlocked drivable with the firing transmission 190 having a section 702 may further include a knife advancement system 639. したがって、外科医は、ナイフ前進トリガー200を上記の方法でひくことによって、ナイフロッド700を遠位方向に前進させてもよい。 Thus, the surgeon, by subtracting the knife forward trigger 200 in the manner described above, may be advanced to the knife rod 700 distally. 図52及び図53に見られるように、ナイフロッド700は、ナイフプレート642に係合するように構成された、上方ナイフロッド区分706、及び下方ナイフロッド区分708を含む、二又遠位端部704を有する。 As seen in FIGS. 52 and 53, knife rod 700 is configured to engage the knife plate 642 includes an upper knife rod segment 706 and the lower knife rod segment 708, bifurcated distal end with a 704. 図51〜54に見られるように、上方ロッド区分706は、スパインナット668の上方スロット773を通じて摺動するように構成され、下方ナイフロッド区分708は、スパインナット668の下方スロット775を通じて摺動するように構成される。 As seen in FIG. 51 to 54, the upper rod segment 706 is configured to slide through the upper slots 773 of the spine nut 668, the lower knife rod segment 708 slides through the lower slot 775 of the spine nut 668 configured.

外科用器具610を使用するため、スパインナット668上のトラニオン669を、近位スパイン区分670内のこれらの対応するトラニオン受台674に挿入することによってエンドエフェクタ612は、近位スパイン区分670の遠位端672に取り付けられる。 To use the surgical instrument 610, a trunnion 669 on the spine nut 668, the end effector 612 by inserting the trunnion cradle 674 their corresponding proximal spine segment 670 is distal of the proximal spine segment 670 It is attached to the proximal end 672. 図50を参照されたい。 See Figure 50. その後、外科医又は臨床医はエンドエフェクタ612を細長いシャフトアセンブリ655に対して回転させてもよく、遠位クロージャ管区分690を近位クロージャ管区分682上に螺着し、クロージャ管アセンブリ680を形成する。 Thereafter, the surgeon or clinician may rotate the end effector 612 relative to the elongate shaft assembly 655, and screwing the distal closure tube segment 690 on the proximal closure tube segment 682 to form a closure tube assembly 680 . エンドエフェクタ612は、内部にステープルカートリッジ630を有してもよく、又は臨床医は、この時点又は後に、ステープルカートリッジを細長いチャネル614内に据付てもよい。 The end effector 612 may have a staple cartridge 630 therein, or clinician, on this point or later may be mounted to the staple cartridge into the elongate channel 614. 一度エンドエフェクタ612が外科用器具610の細長いシャフトアセンブリ655に取り付けられると、外科医はエンドエフェクタ612及び細長いシャフトアセンブリ655を、患者内に延びるアクセス経路を通じて(例えば、トロカール若しくは内視鏡など、又は開腹手術の場合は切開部を通じて)、エンドエフェクタジョー613、615の間の標的組織を把持する。 Once end effector 612 is attached to an elongate shaft assembly 655 of the surgical instrument 610, the surgeon the end effector 612 and elongate shaft assembly 655, through the access path extending in the patient (e.g., a trocar or endoscope, etc., or laparotomy for surgery through incisions), to grip the target tissue between the end effector jaws 613 and 615. 上記の様々な実施形態におけるように、ジョー613、615は、発射トリガー130を、ハンドルアセンブリ100のピストルグリップ107に対して操作することによって閉鎖される。 As in the various embodiments described above, the jaws 613, 615 is closed by operating the firing trigger 130, against the pistol grip 107 of the handle assembly 100. 一度標的組織が、エンドエフェクタジョー613、615の間で把持されると、外科医は、上記の方法によりアンビル620をステープルカートリッジ630内に圧縮することによって、標的組織内にステープル632を「発射」又は形成し得る。 Once the target tissue, is grasped between the end effector jaws 613, 615, the surgeon, by compressing the anvil 620 within the staple cartridge 630 by the above method, the staples 632 into the target tissue "firing" or It can be formed. 手術が標的組織の切断を必要としない場合、外科医は次に発射トリガー130を解放して、アンビル620が開放位置に動き(ばね617からの付勢運動により)それによりエンドエフェクタ612から埋め込み可能なステープルカートリッジ630を解放ことを可能にする。 If surgery does not require cutting of the target tissue, the surgeon releases the firing trigger 130 then (by the urging movement of the spring 617) motion anvil 620 to an open position which thereby implantable from the end effector 612 to allow release that the staple cartridge 630. 外科医はエンドエフェクタジョー613、615を再閉鎖し、エンドエフェクタ612が、アクセス経路又は作業チャネルを通じて引き出されることを可能にする。 The surgeon then re-closes the end effector jaws 613, 615, end effector 612, to be drawn through the access pathway or working channel. しかしながら、外科医がステープルのライン632の間で標的組織を切断することを所望する場合、外科医は上記の方法でナイフ前進トリガー200を操作してナイフアセンブリ640を発射し、標的組織を通じてナイフ部材648を遠位方向に駆動してもよい。 However, if the surgeon desires to cut the target tissue between the staple lines 632, the surgeon fires the knife assembly 640 by operating the knife advancement trigger 200 in the manner described above, the knife member 648 through the target tissue it may be driven distally. ナイフ部材648が、エンドエフェクタ612を通じて遠位方向に移動すると、これはステープル駆動スレッド650に接触し、これはステープル632をアンビル620のステープル形成表面622と形成接触させるように機能し、ステープル632を更に形成する。 Knife members 648, when moved in a distal direction through the end effector 612, which is in contact with the staple driving sled 650, which is the staple 632 then functions to form contact with the staple forming surface 622 of the anvil 620, the staples 632 further formed. 図53を参照されたい。 See Figure 53. その後、外科医はエンドエフェクタ612を開いて、そこから切断/ステープリングされた組織、及び埋め込み可能なステープルカートリッジ630を解放する。 The surgeon then opens the end effector 612, the cutting / stapling tissue therefrom, and to release the implantable staple cartridge 630.

クロージャ管を遠位方向に動かすことによって、エンドエフェクタのジョーを閉鎖する、固有及び新規クロージャ管構成は、より小さいクロージャ構造が利用される一方で、依然としてステープルを形成するために必要な大きな閉鎖力を生成する能力を維持することを可能にする。 By moving the closure tube distally to close the jaws of the end effector, unique and novel closure tube arrangement, while a smaller closure structure is utilized, it remains a major closure force required to form the staples It makes it possible to maintain the ability to produce. 加えて、本発明の実施形態は、組織を切断する必要のない用途において、組織を切断することなくこれをステープリングするための柔軟性を、外科医に提供する。 In addition, embodiments of the present invention is the need not use cutting tissue, the flexibility to stapling them without cutting the tissue, to provide the surgeon.

図56〜60は、以下に記載される差異を除き、上記の外科用器具610と実質的に同一の、代替的外科用器具実施形態810を例示する。 Figure 56 to 60, except for the differences described below, the surgical instrument 610 is substantially the same above, illustrate an alternative surgical instrument embodiment 810. 外科用器具810は例えば、ハンドルアセンブリ100を形成する、ケース部材102、104それぞれから、内側に突出する噛み合うリブ108により形成される、溝106内に回転可能に受容される、上部にフランジ822を有する近位端を有する、可撓性スパインアセンブリ820を含む。 The surgical instrument 810, for example, to form a handle assembly 100, a case member 102 and 104, respectively, are formed by a rib 108 which meshes inwardly projecting, it is rotatably received in the groove 106, the flange 822 at the top having a proximal end having, including flexible spine assembly 820. 図57及び図58を参照されたい。 Please refer to FIGS. 57 and 58. このような取り付け構成は、可撓性スパインアセンブリ820のハンドルアセンブリ100に対する回転移動を促進する。 Such mounting arrangement facilitates rotational movement relative to the handle assembly 100 of the flexible spine assembly 820. 様々な実施形態において、可撓性スパインアセンブリ820は、例えば、ナイロン、アクリルニトリルブタジエンスチレン(ABS)、ポリカーボネート、液晶ポリマー、ステンレス・スチール、チタンなどから作製されてもよく、かつ上記の種類のエンドエフェクタ612との使用のために構成されてもよい。 In various embodiments, the flexible spine assembly 820, for example, nylon, acrylonitrile butadiene styrene (ABS), polycarbonate, liquid crystal polymer, stainless steel, may be made of titanium, and of the type end it may be configured for use with effector 612.

外科用器具810は更に、一般的に830により表される、細長いシャフトアセンブリを含む。 Surgical instrument 810 is further generally represented by 830, it comprises an elongated shaft assembly. 例えば、様々な実施形態において、細長いシャフトアセンブリ830は、再構成可能なシャフト区分840、及び近位シャフト区分844を含む。 For example, in various embodiments, the elongate shaft assembly 830, reconfigurable shaft segment 840, and a proximal shaft segment 844. 例えば、図56に見られるように、再構成可能なシャフト区分840は、遠位取り付けカラー842を有してもよく、これは例えば、接着剤、溶接、締結具などにより、可撓性スパインアセンブリ820の一部分に動かないように取り付けられる。 For example, as seen in Figure 56, the reconfigurable shaft segment 840 may have a distal mounting collar 842, which for example, adhesives, welding, or the like fasteners, the flexible spine assembly It is mounted so as not to move to a part of the 820. 再構成可能なシャフト区分840は、再構成可能な区分840の全ての部分が互いに実質的に同軸的に位置合わせされた線形構成(すなわち、これらが実質的に直線状の空洞管状構造を有する)と、少なくとも1つの位置と、再構成可能な区分840の別の部分とを同軸状又は線形に位置合わせされていない構成との間で選択的に再構成可能である。 Reconfigurable shaft segment 840 in a linear configuration in which all parts of the reconfigurable segment 840 is substantially coaxially aligned with one another (i.e., they have a substantially straight hollow tubular structure) If, it is selectively reconfigurable between at least one position, a configuration that is not aligned with the another portion of the reconfigurable partition 840 coaxially or linear. 例えば、図56に示される実施形態において、再構成可能なシャフト区分840は、ナイロン、アクリルニトリルブタジエンスチレン(ABS)、ポリカーボネートなどから作製されてもよく、線形又は同軸状に位置合わせされた位置から、非線形又は非同軸状の位置(例えば、S字、湾曲など)への区分840の再構成を促進し、手又は把持装置などの他の外科用器具の使用により、ユーザーがシャフト区分840を再構成するまで、このような向きのままである、複数のリブ846を有する。 For example, in the embodiment shown in FIG. 56, reconfigurable shaft segment 840, nylon, acrylonitrile butadiene styrene (ABS), may be made of polycarbonate or the like, from the aligned position in linear or coaxially , linear or non-coaxial position (e.g., S-shaped, curved etc.) to facilitate the reconstruction of a segment 840 to, the use of other surgical instruments, such as hands or gripping device, the user of the shaft segment 840 again until configuration remains such orientation, it has a plurality of ribs 846. 再構成可能なシャフト区分840は、「受動的に関節運動可能」であり、これは、装置が、区分840の関節運動を能動的に制御するための関節運動手段を備えないことを意味する。 The reconfigurable shaft segment 840 are "passively articulatable", which device is meant by not comprising an articulation means for actively controlling the articulation segment 840.

様々な実施形態において、近位シャフト区分844は、例えば、連結機構又はピンなどにより、再構成可能なシャフト区分840に連結され、ハンドルアセンブリ100への再構成可能なシャフト区分840の回転可能な取り付けを促進するように機能する。 In various embodiments, the proximal shaft segment 844 by, for instance, the coupling mechanism or pin is connected to the reconfigurable shaft segment 840, a rotatable mounting of the reconfigurable shaft segment 840 of the handle assembly 100 functions to promote. 例えば、少なくとも一実施形態において、近位シャフト区分844は、取り付けブッシング60に連結され、これは上記のハンドルアセンブリ100に回転可能に取り付けられる。 For example, in at least one embodiment, proximal shaft segment 844 is connected to the mounting bushing 60, which is rotatably mounted to the handle assembly 100. 図57及び図59を参照されたい。 Please refer to FIG. 57 and FIG. 59.

また、様々な実施形態において、クロージャ管区分832は、その上での選択的な移動のために、可撓性スパインアセンブリ820の一部分に可動に取り付けられる。 Further, in various embodiments, closure tube segment 832 for selective movement thereon, is attached to the movable to a portion of flexible spine assembly 820. 図56及び図60を参照されたい。 See FIGS. 56 and 60. 図60に見られるように、少なくとも一実施形態において、クロージャ管区分832、及びスパインアセンブリ820は、それぞれ対向するフランジ部分833、821を備えるようにして形成され、それによってクロージャ管区分832がスパインアセンブリ820から滑り出すことを防ぐと同時に上部に可動に取り付けられたままとする。 As seen in Figure 60, in at least one embodiment, the closure tube section 832, and spine assembly 820 is formed so as to comprise a flange portion 833,821 respectively facing, whereby the closure tube section 832 spine assembly prevent slipping from 820 when leaving movably mounted upper simultaneously. 様々な実施形態において、可撓性クロージャ部材848は、発射ヨーク114の一部分に連結されるか、又はこれを含む。 In various embodiments, the flexible closure member 848 is either connected to a portion of the firing yoke 114, or comprising the same. 図57及び図59を参照されたい。 Please refer to FIG. 57 and FIG. 59. 可撓性クロージャ部材848は、例えば、ステンレス・スチールなどから作製されてもよく、かつ遠位端部849を有し、これは、スパインアセンブリ820内の細長いスロット834を通じて延び、クロージャ管区分832に連結される。 Flexible closure member 848 may, for example, may be made such as of stainless steel, and has a distal end portion 849, which extends through the elongated slot 834 within the spine assembly 820, the closure tube section 832 It is connected. このような区分は、発射トリガー130を上記の方法で作動することによって、スパインアセンブリ820上の遠位方向「DD」、及び近位方向「PD」での、クロージャ管区分832の移動を促進する。 Such classification is, by actuating the firing trigger 130 in the manner described above, the distal direction "DD" on the spine assembly 820, and in the proximal direction "PD", to facilitate the movement of the closure tube section 832 .

図56に見られるように、外科用器具810は、上記のエンドエフェクタ612と共に利用され得る。 As seen in Figure 56, surgical instrument 810 may be utilized together with the end effector 612. 特に、エンドエフェクタ612は、スパインナット668上のトラニオン669を、スパインアセンブリ820の遠位端825の対応するトラニオンスロット825内に挿入することによって、可撓性スパインアセンブリ820に可動に連結され得る。 In particular, the end effector 612, a trunnion 669 on the spine nut 668, by inserting into the trunnion slots 825 corresponding to the distal end 825 of the spine assembly 820 may be movably coupled to the flexible spine assembly 820. 図60を参照されたい。 See Figure 60. クロージャ管区分832の遠位端835は、上記の方法で遠位クロージャ管区分690の近位端692にねじにより取り付けられるように構成される。 The distal end 835 of the closure tube section 832 is configured to be attached by screws to the proximal end 692 of the distal closure tube segment 690 in the manner described above.

少なくとも一実施形態において、外科用器具810は更に、スパインアセンブリ820を通じて延びる、ナイフロッド700を含み、上記の方法でナイフ前進トリガー200に動作可能に取り付けられた、発射伝達器190と駆動しながら連動する近位端部702を有する、ナイフ前進システム639を更に含む。 Interlocking at least one embodiment, even surgical instrument 810 extends through the spine assembly 820 includes a knife rod 700, operatively attached to the knife forward trigger 200 in the manner described above, while driving the firing transmission 190 It has a proximal end 702, further comprising a knife advancement system 639. したがって、外科医は、ナイフ前進トリガー200を上記の方法でひくことによって、ナイフロッド700を遠位方向に前進させてもよい。 Thus, the surgeon, by subtracting the knife forward trigger 200 in the manner described above, may be advanced to the knife rod 700 distally. ナイフロッド700は、エンドエフェクタ612内のナイフプレート642に係合するように構成された、上方ナイフロッド区分706、及び下方ナイフロッド区分708を含む、二又遠位端部704を有する。 Knife rod 700 is configured to engage the knife plate 642 in the end effector 612, the upper knife rod segment 706, and a lower knife rod segment 708, having a bifurcated distal end portion 704. 図60を参照されたい。 See Figure 60.

外科用器具810を使用するため、スパインナット668上のトラニオン669を、これらの対応するトラニオン受台825に挿入することにより、エンドエフェクタ612が、スパインアセンブリ820の遠位端823に取り付けられる。 To use the surgical instrument 810, a trunnion 669 on the spine nut 668, by inserting these corresponding trunnion cradle 825, the end effector 612 is mounted to the distal end 823 of the spine assembly 820. その後、外科医又は臨床医は、エンドエフェクタ612を回転させて、遠位クロージャ管区分690をクロージャ管区分832に螺着する。 Thereafter, the surgeon or clinician to rotate the end effector 612, screwing the distal closure tube segment 690 to the closure tube section 832. エンドエフェクタ612は、内部にステープルカートリッジ630を有してもよく、又は臨床医は、この時点でステープルカートリッジを細長いチャネル614内に挿入してもよい。 The end effector 612 may have a staple cartridge 630 therein, or clinician may insert the staple cartridge into the elongate channel 614 at this point. 一度エンドエフェクタ612が、外科用器具810の細長いクロージャ管アセンブリ830に取り付けられると、外科医は再構成可能なシャフト区分840を構成してもよく、それにより細長いシャフトアセンブリ部分は、患者内に延びる開口部又は作業チャネル(例えば、トロカール若しくは内視鏡を通じて、又は開腹手術の場合は切開部を通じて)を通じて挿入するために、同軸状に位置合わせされる。 Once end effector 612, when mounted to the elongated closure tube assembly 830 of the surgical instrument 810, the surgeon may constitute a shaft segment 840 reconfigurable thereby elongate shaft assembly portion has an opening that extends into the patient parts or working channel (e.g., through a trocar or endoscope, or in the case of abdominal surgery through the incision) for insertion through and aligned coaxially. その後、外科医は再構成可能なシャフト区分840を、その一部分が互いに同軸状に位置合わせされず、それに取り付けられたエンドエフェクタ612を標的組織に対して所望の位置に向けるように、再構成してもよい。 The surgeon then the shaft segment 840 reconfigurable portion thereof is not aligned coaxially with one another, the end effector 612 attached thereto to direct a desired position relative to the target tissue, and reconstituted it may be. 上記の様々な実施形態におけるように、ジョー613、615は、発射トリガー130を、ハンドルアセンブリ100のピストルグリップ107に対して操作することによって閉鎖される。 As in the various embodiments described above, the jaws 613, 615 is closed by operating the firing trigger 130, against the pistol grip 107 of the handle assembly 100. 一度標的組織が、エンドエフェクタジョー613、615の間で把持されると、外科医は、上記の方法によりアンビル620をステープルカートリッジ630内に圧縮することによって、標的組織内にステープル632を「発射」又は形成し得る。 Once the target tissue, is grasped between the end effector jaws 613, 615, the surgeon, by compressing the anvil 620 within the staple cartridge 630 by the above method, the staples 632 into the target tissue "firing" or It can be formed. 手術が標的組織の切断を必要としない場合、外科医は発射トリガー130を解放して、アンビル620が開放位置に動き(ばね617からの付勢運動により)それによりエンドエフェクタ612から埋め込み可能なステープルカートリッジ630を解放することを可能にしてもよい。 If surgery does not require cutting of the target tissue, the surgeon releases the firing trigger 130, (by the urging movement of the spring 617) anvil 620 moves to the open position thereby implantable from the end effector 612 staple cartridge it may be possible to release the 630. 外科医はその後、エンドエフェクタジョー613、615を再閉鎖し、再構成シャフト区分840を再構成して、エンドエフェクタ612がアクセス経路又は作業チャネルを通じて引き出されることを可能にする。 The surgeon then re-close the end effector jaws 613, 615, reconfigure the reconfigurable shaft segment 840, end effector 612 to allow it to be withdrawn through the access pathway or working channel. しかしながら、外科医がステープルのライン632の間で標的組織を切断することを所望する場合、外科医は上記の方法でナイフ前進トリガー200を操作してナイフアセンブリ640を発射し、標的組織を通じてナイフ部材648を遠位方向に駆動してもよい。 However, if the surgeon desires to cut the target tissue between the staple lines 632, the surgeon fires the knife assembly 640 by operating the knife advancement trigger 200 in the manner described above, the knife member 648 through the target tissue it may be driven distally. ナイフ部材648が、エンドエフェクタ612を通じて遠位方向に移動すると、これはステープル駆動スレッド650に接触し、これはステープル632をアンビル620のステープル形成表面622と接触させるように機能し、ステープル632を更に形成する。 Knife members 648, when moved in a distal direction through the end effector 612, which is in contact with the staple driving sled 650, which is a staple 632 functions into contact with staple forming surface 622 of the anvil 620, further staples 632 Form. その後、外科医はエンドエフェクタ612を開いて、そこから切断/ステープリングされた組織、及び埋め込み可能なステープルカートリッジ630を解放する。 The surgeon then opens the end effector 612, the cutting / stapling tissue therefrom, and to release the implantable staple cartridge 630.

図61及び図62は、上記の外科用器具810実施形態と実質的に同一であるが、エンドエフェクタ612を操作するためにハンドルアセンブリ100に動作可能に連結された、細長いシャフトアセンブリ830'の一部分を含む、再構成されたシャフト区分850を例外とする、別の外科用器具実施形態810'を例示する。 FIGS. 61 and 62, a portion of it is substantially identical to surgical instrument 810 of the above embodiments, that is operably coupled to the handle assembly 100 to operate the end effector 612, elongate shaft assembly 830 ' the containing, the shaft segment 850 is reconstructed with the exception illustrate another surgical instrument embodiment 810 '. 様々な実施形態において、再構成されたシャフト区分850は、複数の可動な相互接続された管状連結部852を含む。 In various embodiments, the shaft segment 850 is reconstructed includes a plurality of movable interconnected tubular coupling portion 852 has. 各管状連結部852は、例えば、ナイロン、アクリルニトリルブタジエンスチレン(ABS)、ポリカーボネート(ガラス又は炭素充填物を有する又は有さない)などから作製されてもよく、かつ管状本体部分854を有する。 Each tubular coupling portion 852 has, for example, nylon, acrylonitrile butadiene styrene (ABS), polycarbonate (with or without glass or carbon filled material) may be made from such, and the tubular body portion 854. 管状本体部分854は、上部に形成された、球面状、又は球形結合部分856を有してもよく、これは内部を通じてスパイン受容経路858を有する。 Tubular body portion 854, formed above, may have a spherical, or spherical binding portion 856, which has a spine receiving path 858 through the internal. 加えて、管状スパイン受容経路858は、隣接する管状連結部852の球状結合部分856を可動に受容するような大きさの、管状本体部分854内に形成される、中空ソケット860内に延びる。 In addition, the tubular spine receiving path 858, the spherical coupling portion 856 of such a size to receive the movable tubular coupling portion 852 adjacent, are formed in the tubular body portion 854, extends into the hollow socket 860. 球状結合部分856は、ソケット860に対し、内部に球状結合部856が嵌合し、シャフト区分が実質的に直線状である構成から、シャフト850が湾曲した(図62)又はS字型の構成を有し得る構成(図61)におけるまで維持されることを可能にするような大きさである。 Spherical binding portion 856, with respect to the socket 860, inside fitted spherical coupling portion 856, from the configuration shaft segment is substantially straight, the shaft 850 is curved (FIG. 62) or S-shaped configuration it is sized to permit it to be maintained until definitive to the structure may have a (Figure 61).

球状結合部分856、及びソケット860は互いに対して、区分850を外力がそこに適用されるまで、所望の構成に維持し得る、その間の少量の摩擦力を生成するような大きさであるが、図60及び図61に示される実施形態は、固定システム862を利用して、管状連結部852を所望の構成において、解放可能に保持するか、又は不動に固定する。 Spherical binding portion 856, and socket 860 with respect to each other, the partition 850 until an external force is applied thereto, may be maintained in the desired configuration, but is sized to generate a small amount of frictional force therebetween, the embodiment shown in FIGS. 60 and 61, utilizing the fastening system 862, the desired configuration of the tubular connection section 852, or releasably held or fixed immovably. これらの図面において見られるように、固定手段862は、その端部853に隣接する管状連結部852の外辺部上に形成される、少なくとも1つの、好ましくは複数の可撓性ラッチナブ又は部材864を含む。 As seen in these figures, the fixing means 862 is formed on the perimeter of the tubular coupling portion 852 adjacent to the end 853, of at least one, preferably a plurality of flexible Ratchinabu or member 864 including. 好ましい実施形態において、4つのラッチナブ864が利用される。 In a preferred embodiment, four Ratchinabu 864 is utilized. 他の実施形態は、1、2、3又は5つ以上のラッチナブ864を含み得る。 Other embodiments may include 1, 2, 3 or 5 or more Ratchinabu 864. 各管状連結部852は、連結部852の他端865に隣接する各ラッチナブ864と対応する固定部材866を更に含む。 Each tubular coupling portion 852 further includes a fixing member 866 corresponding to each Ratchinabu 864 adjacent the other end 865 of the connecting portion 852. 各固定部材866は、内部の隣接する管状連結部852上に形成される、対応するラッチナブ864の一部分を解放可能に受容するように構成された、ラッチ受容ノッチ868を内部に有する。 Each fixing member 866 is formed on the tubular coupling portion 852 inside of the adjacent, configured to releasably receive a portion of the corresponding Ratchinabu 864, a latch-receiving notch 868 therein.

外科用器具810'を使用するため、エンドエフェクタ612は、上記の方法によりスパインアセンブリ820の遠位端823に取り付けられる。 To use the surgical instrument 810 ', the end effector 612 is attached to the distal end 823 of the spine assembly 820 by the aforementioned method. エンドエフェクタ612の遠位クロージャ管区分690は、クロージャ管区分832上に螺着される。 The distal closure tube segment 690 of the end effector 612 is screwed onto the closure tube section 832. 一度エンドエフェクタ612が、外科用器具810'の細長いクロージャ管アセンブリ830に取り付けられると、外科医は再構成可能なシャフト区分850を構成してもよく、それにより細長いシャフトアセンブリ部分は、患者内に延びる開口部又は作業チャネル(例えば、トロカール若しくは内視鏡を通じて、又は開腹手術の場合は切開部を通じて)を通じて挿入するために、同軸状に位置合わせされる。 Once end effector 612, when mounted to the elongated closure tube assembly 830 of the surgical instrument 810 ', the surgeon may constitute a shaft segment 850 reconfigurable thereby elongate shaft assembly portion extends into the patient opening or working channel (e.g., through a trocar or endoscope, or in the case of abdominal surgery through the incision) for insertion through and aligned coaxially. その後、外科医は例えば、把持器具869を利用して、再構成可能なシャフト区分850の可動連結部852を、所望の向きに構成し、各連結部852の適切な固定ナブ864を、これらの対応するラッチ受容ノッチ868に押し込み、連結部852を、所望の向きに固定する。 Thereafter, the surgeon may, for example, by using a grasping instrument 869, the movable coupling part 852 of the reconfigurable shaft segment 850, configured in a desired direction, a suitable fastening nub 864 of each connection portion 852, their corresponding push the latch receiving notches 868, the coupling portion 852 is fixed in a desired direction. 図62を参照されたい。 See Figure 62. 上記の様々な実施形態におけるように、ジョー613、615は、発射トリガー130を、ハンドルアセンブリ100のピストルグリップ107に対して操作することによって閉鎖される。 As in the various embodiments described above, the jaws 613, 615 is closed by operating the firing trigger 130, against the pistol grip 107 of the handle assembly 100. 一度標的組織が、エンドエフェクタジョー613、615の間で把持されると、外科医は、上記の方法によりアンビル620をステープルカートリッジ630内に圧縮することによって、標的組織内にステープル632を「発射」又は形成し得る。 Once the target tissue, is grasped between the end effector jaws 613, 615, the surgeon, by compressing the anvil 620 within the staple cartridge 630 by the above method, the staples 632 into the target tissue "firing" or It can be formed. 手術が標的組織の切断を必要としない場合、外科医は次に発射トリガー130を解放して、アンビル620が開放位置に動き(ばね617からの付勢運動により)それによりエンドエフェクタ612から埋め込み可能なステープルカートリッジ630を解放することを可能にする。 If surgery does not require cutting of the target tissue, the surgeon releases the firing trigger 130 then (by the urging movement of the spring 617) motion anvil 620 to an open position which thereby implantable from the end effector 612 It makes it possible to release the staple cartridge 630. 外科医は、その後エンドエフェクタジョー613、615を再閉鎖し、把持器具869を使用して、固定ナブ864を、これらの対応するラッチ受容ノッチ868から取り外し、連結部852を、装置が、アクセス通路又は作業チャネルを通じて引き出されることを可能にするような方法で位置合わせされるようにする。 The surgeon then re-close the end effector jaws 613 and 615, using a grasping instrument 869, the locking nubs 864, removed from their corresponding latch receiving notches 868, the coupling portion 852, device, access passage or to be aligned in such a way as to permit it to be withdrawn through the working channel. しかしながら、外科医がステープルのライン632の間で標的組織を切断することを所望する場合、外科医は上記の方法でナイフ前進トリガー200を操作してナイフアセンブリ640を発射し、標的組織を通じてナイフ部材648を遠位方向に駆動してもよい。 However, if the surgeon desires to cut the target tissue between the staple lines 632, the surgeon fires the knife assembly 640 by operating the knife advancement trigger 200 in the manner described above, the knife member 648 through the target tissue it may be driven distally. ナイフ部材648が、エンドエフェクタ612を通じて遠位方向に移動すると、これはステープル駆動スレッド650に接触し、これはステープル632をアンビル620のステープル形成表面622と形成接触させるように機能し、ステープル632を更に形成する。 Knife members 648, when moved in a distal direction through the end effector 612, which is in contact with the staple driving sled 650, which is the staple 632 then functions to form contact with the staple forming surface 622 of the anvil 620, the staples 632 further formed. その後、外科医はエンドエフェクタ612を開いて、そこから切断/ステープリングされた標的組織、及び埋め込み可能なステープルカートリッジ630を解放する。 The surgeon then opens the end effector 612, cut / stapled target tissue therefrom, and to release the implantable staple cartridge 630.

図63〜68は、細長いシャフトアセンブリの再構成可能なシャフト区分870、及び関連する固定システム882を除く、上記の外科用器具実施形態810、810'と実質的に同一の、別の外科用器具実施形態810”を例示する。様々な実施形態において、再構成可能なシャフト区分870は、複数の可動に相互接続された管状連結部872を含み、上記のハンドルアセンブリ100内に回転可能に支持される取り付けブッシング60に連結される、近位シャフト区分871に連結される。各管状連結部872は、例えば、ナイロン、アクリルニトリルブタジエンスチレン(ABS)、ポリカーボネートなどから作製されてもよく、管状本体部分874を有する。図67を参照されたい。管状本体部分874は、上部に形成された球面状 Figure 63 to 68 is elongated reconfigurable shaft segment 870 of the shaft assembly, and excluding the associated fixed system 882, substantially identical with the surgical instrument embodiment 810, 810 ', another surgical instrument illustrates an embodiment 810 ". in various embodiments, reconfigurable shaft segment 870 includes a tubular connecting portion 872 interconnected to a plurality of movable, it is rotatably supported on the handle assembly 100 is connected to the mounting bushing 60 that is coupled to the proximal shaft segment 871. each tubular coupling portion 872, for example, nylon, acrylonitrile butadiene styrene (ABS), it may be made of polycarbonate or the like, the tubular body portion having 874. see Figure 67. the tubular body portion 874, a spherical shape is formed on the upper 、又は球形結合部分876を有してもよく、これは内部を通じて延びるスパイン受容経路878を有する。加えて、管状スパイン受容経路878は、隣接する管状連結部872の球状結合部分876を可動に受容するような大きさの、管状本体部分854内に形成される、中空ソケット880内に延びる。球状結合部分876は、ソケット880に対し、内部に球状結合部876が嵌合し、シャフト区分870が実質的に直線状である構成(図67)から、再構成シャフト870が湾曲した(図68)又はS字型の構成を有し得る所望の構成におけるまで維持されることを可能にするような大きさである。 , Or may have a spherical coupling 876, which is. Added with a spine-receiving passage 878 extending therethrough, the tubular spine receiving path 878, receive the spherical binding portion 876 of the tubular coupling portion 872 adjacent to the movable the size of such that are formed in the tubular body portion 854, extending in the hollow socket 880 within. spherical binding portion 876, with respect to the socket 880, the spherical coupling portion 876 is fitted inside the shaft segment 870 substantially constituted a linear (FIG. 67), as reconfigured shaft 870 to allow it to be maintained until the desired configuration that may have the configuration of a curved (Fig. 68) or S-shaped it is the size.

球状結合部分876、及びソケット880は、少なくとも一実施形態において、互いに対して、外力がそこに適用されるまで、再構成可能なシャフト区分870の管状連結部872を所望の構成に維持し得る、その間の少量の摩擦力を生成するような大きさであるが、図63〜68に示される実施形態は、管状連結部872を所望の構成において、解放可能に保持するか、又は不動に固定するために、固定システム882を利用する。 Spherical binding portion 876, and socket 880 in at least one embodiment, with respect to each other, until the external force is applied thereto, can maintain the tubular coupling portion 872 of the reconfigurable shaft segment 870 on the desired configuration, Although sized to generate a small amount of frictional force therebetween, the embodiment shown in FIG. 63 to 68, in the desired configuration of the tubular connection section 872, or releasably held or fixed immovably in order to utilize the fastening system 882. 図67及び図68に見られるように、固定手段882は、少なくとも1つ、及び好ましくは2つの、直径方向反対側の位置にある、管状連結部872を通じて延びる選択的に拡張可能な固定ブラダ884を含む。 As seen in FIGS. 67 and 68, fixing unit 882, at least one, and preferably two, in a position diametrically opposite, selectively expandable fixation bladder 884 extending through the tubular connection section 872 including. 様々な実施形態において、固定ブラダ884は、例えば、ナイロンフィルムなどから作製され、加圧流体源886からの加圧流体を受け取るように適合されてもよい。 In various embodiments, the fixed bladder 884, for example, be made of nylon film, may be adapted to receive pressurized fluid from the pressurized fluid source 886. 図64に表される実施形態において、加圧流体源886は、圧力下で固定ブラダ884に空気を供給するように適合された、流体ポンプ構成888を含む。 In the embodiment represented in FIG. 64, the pressurized fluid source 886, it adapted to supply air to the stationary bladder 884 under pressure includes a fluid pump arrangement 888. 特に、少なくとも一実施形態において、流体ポンプ構成888は、内部にピストン890を有する、円筒889を含む。 In particular, in at least one embodiment, the fluid pump arrangement 888 is internally has a piston 890 includes a cylindrical 889. ピストン890は、その周辺部にOリング、又は他の封止構成891を有し、ハンドルアセンブリ100の一部分とねじにより係合する、螺着ポンプハンドル892に取り付けられる。 The piston 890 has an O-ring or other sealing structure 891, at its periphery, engages with a portion with a screw of the handle assembly 100 is attached to the threaded pump handle 892. したがって、ハンドルアセンブリ100にポンプハンドル892をねじ込むことにより、円筒890内の空気は、円筒890から延びる供給導管893を通じて、スパインアセンブリ820に受容されるマニホールドアセンブリ894まで、圧力下でポンプ移送される。 Therefore, by screwing the pump handle 892 to the handle assembly 100, the air in the cylinder 890, through supply conduit 893 extending from the cylindrical 890, until the manifold assembly 894 to be received in the spine assembly 820, is pumped under pressure. 空気圧力は、ポンプハンドル894を反対方向にねじ込むことにより、固定ブラダ884内に受容され得る。 Air pressure, by screwing the pump handle 894 in the opposite direction, may be received within the fixed bladder 884.

図65に見られるように、マニホールドアセンブリ894は、両側をOリング又は他の封止部896によって封止された、環状マニホールド領域895を含む。 As seen in Figure 65, the manifold assembly 894, sealed on both sides by O-rings or other sealing portion 896 includes an annular manifold area 895. 環状マニホールド領域895は供給ライン897と連通し、これは近位シャフト区分871を通じて延び、排出のための固定ブラダ884に連結される。 Annular manifold region 895 communicates with the supply line 897, which extends through the proximal shaft segment 871 is connected to the fixed bladder 884 for discharge. このような構成は、固定ブラダ884内に加圧空気を供給する一方で、ハンドルアセンブリ100に対する、長手方向軸A−Aを中心としたスパインアセンブリ820の回転移動を促進するように機能する。 Such an arrangement, while supplying the pressurized air into the stationary bladder 884, relative to the handle assembly 100, which functions to facilitate rotational movement of the spine assembly 820 around the longitudinal axis A-A. 本明細書において使用するとき、加圧流体という用語は、例えば、空気、生理食塩水、又は好ましくはグリセリンを含む。 As used herein, the term pressurized fluid includes, for example, air, saline or, preferably glycerin. 代替的実施形態において、管状部材は、非常に低いジュロ硬度のゴム又はエラストマーを充填されてもよい。 In an alternative embodiment, the tubular member may be filled with rubber or elastomer with a very low durometer. 圧力がゴム材料に適用されるとき、これは変形して空隙を満たし、流体による実施形態と非常に似た様式でシャフトを固定する。 When pressure is applied to the rubber material, which fills the voids deformed, to fix the shaft in a very similar manner to the embodiment according to the fluid.

外科用器具810”を使用するため、エンドエフェクタ612は、上記の方法によりスパインアセンブリ820'の遠位端823に取り付けられる。エンドエフェクタ612の遠位クロージャ管区分690は、クロージャ管区分832上に螺着される。一度エンドエフェクタ612が、外科用器具810”の細長いシャフトアセンブリ830”に取り付けられると、外科医は再構成可能なシャフト区分870を構成してもよく、それにより細長いシャフトアセンブリ部分830”は、患者内に延びる開口部又は作業チャネル(例えば、トロカール若しくは内視鏡を通じて、又は開腹手術の場合は切開部を通じて)を通じて挿入するために、同軸状に位置合わせされる。 To use the surgical instrument 810 ', the end effector 612 is attached to the distal end 823 of the spine assembly 820' by the method described above. The distal closure tube segment 690 of the end effector 612 on the closure tube section 832 is screwed. Once end effector 612, when attached to the "elongate shaft assembly 830" to the surgical instrument 810, the surgeon may constitute a shaft segment 870 reconfigurable thereby elongate shaft assembly portion 830 "it is opening or working channel extending into a patient (e.g., through a trocar or endoscope, or in the case of abdominal surgery through the incision) for insertion through and aligned coaxially. その後、外科医は例えば、再構成可能なシャフト区分870の可動連結部872を、所望の向きに構成するために把持器具を利用してもよい。 Thereafter, the surgeon, for example, the movable coupling part 872 of the reconfigurable shaft segment 870, may be utilized grasping instrument to construct the desired orientation. 一度再構成可能なシャフト区分870が所望の向きに向けられると、外科医はポンプハンドル892を、ハンドルハウジング100内にねじ込み、固定ブラダ884を加圧して可動連結部872を、図68に示されるように適所に固定する。 Once reconfigurable shaft segment 870 is directed to the desired orientation, so that the surgeon pump handle 892, screwed into the handle housing 100, a movable coupling portion 872 fixed bladder 884 is pressurized, as shown in FIG. 68 It is fixed in place. 上記の様々な実施形態におけるように、ジョー613、615は、発射トリガー130を、ハンドルアセンブリ100のピストルグリップ107に対して操作することによって閉鎖される。 As in the various embodiments described above, the jaws 613, 615 is closed by operating the firing trigger 130, against the pistol grip 107 of the handle assembly 100. 一度標的組織が、エンドエフェクタジョー613、615の間で把持されると、外科医は、上記の方法によりアンビル620をステープルカートリッジ630内に圧縮することによって、標的組織内にステープル632を「発射」又は形成し得る。 Once the target tissue, is grasped between the end effector jaws 613, 615, the surgeon, by compressing the anvil 620 within the staple cartridge 630 by the above method, the staples 632 into the target tissue "firing" or It can be formed. 手術が標的組織の切断を必要としない場合、外科医は次に発射トリガー130を解放して、アンビル620が開放位置に動き(ばね617からの付勢運動により)それによりエンドエフェクタ612から埋め込み可能なステープルカートリッジ630を解放する。 If surgery does not require cutting of the target tissue, the surgeon releases the firing trigger 130 then (by the urging movement of the spring 617) motion anvil 620 to an open position which thereby implantable from the end effector 612 releasing the staple cartridge 630. 外科医はその後、ポンプハンドル892のねじを反対方向に回すことにより、エンドエフェクタジョー613、615を再閉鎖し、固定ブラダ884内の圧力を解放してもよい。 The surgeon then by turning the screw of the pump handle 892 in the opposite direction, and reclose the end effector jaws 613 and 615 may release the pressure within the fixed bladder 884. 可動連結部872を、実質的に同軸状に位置合わせされた向き(図67)、又は装置を患者から引き抜けるようにするために必要な他の向きになるように操作するために、把持器具が利用され得る。 The movable coupling part 872, substantially aligned coaxially the orientation (FIG. 67), or a device to operate so that other orientations required so that pulled out from the patient, the gripping instrument It may be utilized. しかしながら、外科医がステープルのライン632の間で標的組織を切断することを所望する場合、外科医は上記の方法でナイフ前進トリガー200を操作してナイフアセンブリ640を発射し、標的組織を通じてナイフ部材648を遠位方向に駆動してもよい。 However, if the surgeon desires to cut the target tissue between the staple lines 632, the surgeon fires the knife assembly 640 by operating the knife advancement trigger 200 in the manner described above, the knife member 648 through the target tissue it may be driven distally. ナイフ部材648が、エンドエフェクタ612を通じて遠位方向に移動すると、これはステープル駆動スレッド650に接触し、これはステープル632をアンビル620のステープル形成表面622と形成接触させるように機能し、ステープル632を更に形成する。 Knife members 648, when moved in a distal direction through the end effector 612, which is in contact with the staple driving sled 650, which is the staple 632 then functions to form contact with the staple forming surface 622 of the anvil 620, the staples 632 further formed. その後、外科医はエンドエフェクタ612を開いて、そこから切断/ステープリングされた標的組織、及び埋め込み可能なステープルカートリッジ630を解放する。 The surgeon then opens the end effector 612, cut / stapled target tissue therefrom, and to release the implantable staple cartridge 630.

再構成可能なシャフト区分を含む本明細書において開示される様々な実施形態は、固定可能な関節継手を利用する、従来の関節運動可能な外科用器具構成に対する大幅な改善を提示する。 Various embodiments disclosed herein, including reconfigurable shaft segment utilizes a lockable articulation presents a significant improvement over conventional articulatable surgical instrument configuration. このような外科用器具は、典型的には、エンドエフェクタを横切部位に配置するために、1又は2の自由度に制限される。 Such surgical instruments are typically for placement site transected end effector is limited to 1 or 2 degrees of freedom. 本発明の様々な実施形態は、より広い範囲の可能なエンドエフェクタ位置を実現し、したがって単一のアクセスポートを通じて装置を使用する際に、外科医により高い柔軟性を提供する。 Various embodiments of the present invention is to realize end effector position in a wider range, thus when using the device through a single access port, provides a high flexibility by the surgeon.

本発明の様々な外科用ステープルカートリッジ、及び外科用器具の固有かつ新規の特徴は、これらのカートリッジのステープルが1つ又は2つ以上の線形又は非線形のラインに構成されることを可能にする。 Unique and novel features of the various surgical staple cartridge, and the surgical instrument of the present invention allows the of these cartridges staples are configured to one or more linear or non-linear lines. 複数のこのようなステープルのラインは、内部を通じて組織切断部材を受容するために、ステープルカートリッジ内に中央に配置された、細長いスロットの両側に提供されてもよい。 A plurality of such staple lines, for receiving a tissue cutting member through an internal, centrally disposed within the staple cartridge, may be provided on each side of the elongated slot. 一構成において、例えば、1つのライン上のステープルは、ステープルの隣接するラインのステープルと実質的に平行であるが、ここからオフセットされていてもよい。 In one configuration, for example, one staple on the line is the staple adjacent lines staple substantially parallel, or may be offset therefrom. 更に他の実施形態において、1つ又は2つ以上のステープルのラインは、非線形の性質を有してもよい。 In still other embodiments, one or more staples line may have the properties of non-linear. すなわち、ステープルのラインの少なくとも1つのステープルの基部は、同じステープルのラインの他のステープルの基部と、実質的に横方向である、軸に沿って延びてもよい。 That is, at least one staple of the base of the staple lines, and other staples of the base of the same staple line is substantially transverse, may extend along the axis. 例えば、以下でより詳細に記載されるように、代替的実施形態において、細長いスロットの各側のステープルのラインは、ジグザグの外観を有し得る。 For example, as described in more detail below, in an alternative embodiment, each side of the staple line of the elongated slot may have the appearance of a zigzag. このような非線形のステープル構成は、ステープルがアンビル内へと上方に駆動されないという事実により可能となり得る。 Such non-linear staple configuration may be possible by the fact that the staple is not driven upwardly into the anvil. これらの様々な実施形態の代わりに、アンビルは、不動ステープルの先端部と形成接触する。 Instead of these various embodiments, the anvil is formed in contact with the immobile staple tip. このような非線形のステープル構成は、ステープルが実際に上方に駆動されてアンビルと形成接触する、従来のステープルカートリッジにおいて利用された様々な線形ステープル構成よりも、少ないステープルでより良好な組織締結の結果を得ることがある。 Staple configuration of such nonlinear, staples actually contacts are driven upwardly and anvil formation, than the utilized various linear staple configuration in the conventional staple cartridge, the result of better tissue fastening with less staple there is possible to obtain.

図69は、本発明のエンドエフェクタ実施形態612'の外科用ステープルカートリッジ実施形態900の使用を例示する。 Figure 69 illustrates the use of a surgical staple cartridge embodiment 900 of the end effector embodiments 612 'of the present invention. エンドエフェクタ612'は、上記の様々な方法により、外科用器具610と関連して使用され得る。 The end effector 612 'are subject to various methods described above, may be used in connection with surgical instrument 610. エンドエフェクタ612'は、以下に記載される差異を除いて、上記のエンドエフェクタ612と同一であり得る。 The end effector 612 ', except for differences described below, may be identical to the above-described end effector 612. 図69及び図70に見られるように、外科用ステープルカートリッジ900の実施形態は、近位端903を通じて遠位端605に隣接する領域まで延びる、中央に配置された細長いスロット904を有する、カートリッジ本体902を有する。 As seen in FIG. 69 and FIG. 70, an embodiment of a surgical staple cartridge 900 extends to a region adjacent the distal end 605 through the proximal end 903 has an elongated slot 904 disposed in the center, the cartridge body with a 902. 細長いスロット904は、上記の方法による組織切断操作中において、外科用器具610のナイフ本体646が内部を通じて軸方向に移動することを可能にするように構成される。 Elongated slot 904 in the tissue cutting operation according to the above method, the knife body 646 of surgical instrument 610 is configured so as to be moved in the axial direction through the interior. 少なくとも一実施形態において、カートリッジ本体902は、圧縮可能な止血材料、例えば、酸化再生セルロース(「ORC」)、並びに例えば、PGA(商標名Vicrylで販売されるポリグリコール酸)、PCL(ポリカプロラクトン)、PLA若しくはPLLA(ポリ乳酸)、PDS(ポリジオキサノン)、PHA(ポリヒドロキシアルカノエート)、PGCL(商標名Monocrylで販売されたポリグレカプロン25)又はPGA、PCL、PLA及びPDSの複合物から作製される生分解性フォームからなり、この中で形成されてないステープル922のライン920、930が支持される。 In at least one embodiment, the cartridge body 902, compressible hemostatic material, e.g., oxidized regenerated cellulose ( "ORC"), and for example, PGA (polyglycolic acid sold under the trade name Vicryl), PCL (polycaprolactone) , PLA or PLLA (polylactic acid), PDS (polydioxanone), PHA (polyhydroxyalkanoate) or PGA (Porigurekapuron 25 sold under the trade name Monocryl) PGCL, PCL, made from a composite of PLA and PDS that consists biodegradable foams, lines 920 and 930 of staples 922 which are not formed in this is supported. しかしながら、カートリッジ本体902は、所望の向きで非形成ステープル922を支持するように機能する他の材料から作製されてもよく、これらは、アンビル910がこれらと接触する際に圧縮され得る。 However, the cartridge body 902 may be made from other materials that serve to support the non-formed staple 922 in a desired orientation, these can be compressed when the anvil 910 is in contact with these. 上記の他の様々な実施形態において、ステープルカートリッジ900は、埋め込み可能であり、ステープリング手術が完了した後に、ステープリングした組織に取り付けられたまま残される。 In various other embodiments described above, the staple cartridge 900 is implantable, after stapling operation is complete, is left attached to the stapling tissue. 少なくともいくつかの実施形態において、ステープル922が影響を受け、止血材料が導入及び配置工程中に活性化することを防ぐため、カートリッジ900全体が、生分解性フィルム906、例えば、商標名PDS(登録商標)において販売されるポリジオキサノンフィルム、又はポリグリセロールセバケート(PGS)フィルム、又は例えば、PGA(商標Vicrylの商標名で販売されるポリグリコール酸)、PCL(ポリカプロラクトン)、PLA、若しくはPLLA(ポリ乳酸)、PHA(ポリヒドロキシアルカノエート)、PGCL(商標名Monocrylで販売されるポリグレカプロン25)、又はPGA、PCL、PLA、PDSの複合物(破裂するまでは不透過性である)から作製される他の生分解性フィルムで、コ In at least some embodiments, to prevent the staples 922 are affected and activated during introduction hemostatic material and disposition process, the entire cartridge 900, biodegradable film 906, for example, trade name PDS (registered polydioxanone film sold under the trade) or polyglycerol sebacate (PGS) film, or, for example, PGA (polyglycolic acid sold under the trade name TM Vicryl), PCL (polycaprolactone), PLA, or PLLA (polylactic acid), PHA (polyhydroxyalkanoate), PGCL (Porigurekapuron 25 sold under the trade name Monocryl), or PGA, PCL, PLA, composites a top PDS (until rupture is impermeable) in other biodegradable film made from, co ティング又は被覆され得る。 Coating or may be coated. ステープルカートリッジ900のカートリッジ本体902は、エンドエフェクタ612'の細長いチャネル614内に取り外し可能に支持されるような大きさである。 The cartridge body 902 of staple cartridge 900 is sized to be removably supported in the elongate channel 614 of the end effector 612 '.

図69、73及び74に表される実施形態において、外科用ステープルカートリッジ900は、細長いスロット904の一方の横方向側部907のステープル922の第1ライン920、及び細長いスロット904の他方の横方向側部909のステープル922の第2ライン930を動作可能に支持する。 In the embodiment represented in FIGS. 69, 73 and 74, the surgical staple cartridge 900, the other lateral direction of the first line 920, and an elongated slot 904 of the staple 922 on one lateral side 907 of the elongated slot 904 operatively supporting the second line 930 of staples 922 of the side 909. 様々な実施形態において、ステープル922は、例えば、チタン、チタン合金(例えば、6AI−4Vチタン、3al−2.5Vチタン)、ステンレス・スチールなどの金属材料から作製されてもよく、ステープル基部924、及びそこから突出する2つの起立するステープル脚部926を有する。 In various embodiments, the staple 922, for example, titanium, titanium alloys (e.g., 6Al-4V titanium, 3al-2.5V Titanium), may be made of a metal material such as stainless steel, staple base 924, and having two upstanding staple legs 926 protruding therefrom. 各ステープル脚部926は、上部に形成された組織貫通先端部928を有し得る。 Each staple legs 926 can have a tissue penetrating tip 928 which is formed in the upper. ステープル922の第1ライン920において、少なくとも1つのステープル922のステープル基部924は、別のステープル922のステープル基部と重複する。 In the first line 920 of staples 922, staple base 924 of the at least one staple 922 overlaps with staple base of another staple 922. 好ましい実施形態において、各ステープル922のステープル基部924は、第1ステープルのライン920の各端部上の最後のステープル922の基部924を除き、2つの隣接するステープル922のステープル基部924と重複する。 In a preferred embodiment, the staple base 924 of each staple 922, except for the base portion 924 of the last staple 922 on each end of the first staple line 920, overlapping the staple base 924 of two adjacent staples 922. 図73を参照されたい。 See Figure 73. したがって、第1ステープルのライン920は、実質的に非線形の形状である。 Accordingly, the first staple line 920 is in the form of substantially non-linear. より具体的に、上から見ると、第1ステープルのライン920は、実質的にジグザグの外観を有する。 More specifically, when viewed from above, the first staple line 920 have substantially the appearance of a zigzag.

図72に見られるように、アンビル90は、ポケット912を形成する2つの連続的な長手方向ステープルを有し、それぞれは、ステープル922の第1ライン920の形状に対応する実質的にジグザグの形状を有し、それにより、アンビル910がステープル922と形成接触する際に、その脚部926が図74に示されるように形成される。 As seen in Figure 72, the anvil 90 has two continuous longitudinal staple forming pockets 912, each of the shape of the substantially zigzag corresponding to the shape of the first line 920 of staples 922 has, thus, when the anvil 910 is formed in contact with the staple 922, the legs 926 are formed as shown in FIG. 74. したがって、1つのステープルの遠位脚部が、長手方向に続く次のステープルの近位脚部と、同じポケットを共有する。 Therefore, the distal leg of one staple, and a proximal leg of the next staple following the longitudinal direction, share the same pocket. このような構成は、更にステープル自体が相互作用する(例えば、互いに折り畳まれる)点まで、より密度の高いポケットパターンを可能にする。 Such an arrangement further staple itself interacts (e.g., collapsed as each other) to points, allowing more dense pocket pattern. 従来のステープルポケット構成において、一般的に、1組のポケットから次の組まで、0.127〜0.381(0.005〜0.015インチ)の金属/間隔が存在するべきである。 In the conventional staple pocket arrangement, generally, from a set of pockets to the next set, it should be present metal / spacing from 0.127 to 0.381 (0.005 to 0.015 inches). 本発明の実施形態はしかしながら、1つのステープルが次のステープルと係合するため、0〜0.508(0〜0.02インチ)の連動/重複(本質的には、−0.508(−0.020”))の離間構成を有する。このような構成は、同じ空間に、15〜30%多いステープルを可能にする。更に、ステープルが連結するとき、ステープルの複数の横方向の列に対する必要性がより少ない。従来の構成は、一般的に組織切断線の両側に3つの列を利用し、血液が通過し得る開いた経路の存在を防止する。連結ステープルのラインは、血液が通過し得る経路を残す可能性がより低い。本発明の様々な連結ステープル構成により提供される別の利益は、改善された「破裂強度」に関連し、これはステープルのラインを引き裂いて開くために必要 Embodiments of the present invention, however, since one of the staple is engaged with the next staple, the interlocking / overlap (essentially a 0 to 0.508 (0 to 0.02 inches), -0.508 (- having spaced apart configuration of 0.020 ")). such an arrangement, in the same space, allowing 15-30% more staples. further, when the staple is connected, for a plurality of transverse rows of staples less need. conventional configuration generally uses three columns on either side of the tissue cutting line, to prevent the existence of open pathways through which blood can pass. interlinked staples lines, blood passes less likely to leave and can route. another benefit provided by the various connected staples configuration of the present invention is related to the improved "burst strength", which is to tear open the staple line necessary 力の量に関連する。 Related to the amount of force.

本発明の別のステープル形成ポケット構成は、共通のステープル形成ポケットを含み得る。 Another staple forming pockets configuration of the present invention may comprise a common staple forming pockets. 本明細書において使用するとき、用語「共通のステープル形成ポケット」は、形成される各ステープルの各脚部に対して別個の形成ポケットが提供された従来的なアンビル設計とは異なり、1つの形成ポケットが、ステープルの単一のライン内で全てのステープルを形成し得ることを意味する。 As used herein, the term "common staple forming pockets", unlike conventional anvil design separate forming pockets are provided for each leg of each staple to be formed, the formation of one pocket means that can form all the staples in a single line of staples.

図75は、基部924'が、基部924'のより狭い重複を促進する、オフセット部分928を有する、更に別のステープル実施形態922'を例示する。 Figure 75 'is the base 924' base 924 to facilitate the narrower duplication, has an offset portion 928, to further illustrate another staple embodiment 922 '. 上記のように、ステープルカートリッジ900は、細長いスロット904の第2の横方向側部909上に支持される、ステープル922の第2ライン930を有する。 As mentioned above, staple cartridge 900 includes a second line 930 of the second lateral side 909 is supported on the staple 922 of the elongated slot 904. ステープル922の第2ライン930は、ステープル922の第1ライン920と実質的に同一である。 The second line 930 of the staple 922 is substantially identical to the first line 920 of staples 922. したがって、アンビル910は、内部で形成接触する、ステープルの第2ライン930と対応する、第2の共通ステープル形成ポケット912を有する。 Thus, the anvil 910 is formed in contact with the interior, corresponding to the second line 930 of staples, having a second common staple forming pockets 912. しかしながら、代替的実施形態において、ステープル922の第2ライン930は、ステープルの第1ライン920と、形状、及び恐らくはステープルの数において異なる。 However, in an alternative embodiment, the second line 930 of staples 922 is different from the first line 920 of staples, shaped, and possibly in the number of staples.

図71は、内部に支持されるステープル922のライン920'、930'を除き、上記のステープルカートリッジ900と実質的に同一である、外科用ステープルカートリッジ900'を例示する。 Figure 71 is a line 920 of the staple 922 that is supported within ', 930' except, is substantially identical to the staple cartridge 900 described above, it illustrates the surgical staple cartridge 900 '. 例えば、この実施形態において、ステープル922のライン920'は、少なくとも1つのステープル基部924の基軸S−Sが、少なくとも1つの他の隣接するステープル922のステープル基部924の基軸S−Sと実質的に横方向であるようにして互いに配置される。 For example, in this embodiment, the line 920 of the staple 922 'is at least cornerstone S-S of one staple base 924, at least one other base shaft S-S substantially staple base 924 adjacent staples 922 as is laterally are arranged to each other. ステープルのこのような規定のパターンは、上から見た際に、実質的にジグザグの構成を含む。 Such provision of the pattern of the staple, when viewed from above, includes a substantially zigzag configuration. 図76に示される実施形態において、ステープル922の各基部924は更に、図示されるように上部にオーバーモールドされる、基本支持部材927を有する。 In the embodiment shown in FIG. 76, and each base portion 924 of the staple 922 is overmolded on top as shown, it has a basic support member 927. 様々な実施形態において、基部支持材料927は、例えば、ポリエーテルエーテルケトン「PEEK」などの非吸収性プラスチック、又はポリグリコール酸「PGA」、ポリ乳酸「PLA」又は「PLLA」、ポリジオキサノン「PDS」、PCL(ポリカプロラクトン)、PHA(ポリヒドロキシアルカノエート)、PGCL(ポリグレカプロン25、商標面Monocrylから販売)、若しくはPGS、PDS、PLA、PGA及びPCLの様々な合成混合物などの吸収性プラスチックから作製されてもよい。 In various embodiments, the base support material 927, for example, non-absorbable plastic such as polyetheretherketone "PEEK", or polyglycolic acid "PGA" polylactic acid "PLA" or "PLLA", polydioxanone "PDS" , PCL (polycaprolactone), PHA (polyhydroxyalkanoate), PGCL (Porigurekapuron 25, available from TM surface Monocryl), or PGS, PDS, PLA, an absorbent plastics such as various synthetic mixture of PGA and PCL Preparation may be. 基部支持部材927は、ステープル自体を重複させることなく、ステープルの間の連結を促進する。 Base support member 927, without overlapping the staple itself, promotes the connection between the staples. したがって、このような構成は、ステープルの脚部を互いに重複させることなく、「B」字型、又は反転した「W」字型の形状を形成することができる。 Therefore, such a configuration, without having to duplicate the legs of the staple to one another, can form a "B" shaped or inverted "W" shaped configuration. しかしながら、クラウンは、基部支持部材によって接続され、よってこれらは重複するステープルとして機能する。 However, the crown is connected by base support member, thus it functions as a staple overlapping. このような構成は、組み合わされたポケットが、各脚部のために、2つの別個の経路を有することを可能にする。 Such an arrangement, combined pocket, for each leg, makes it possible to have two separate paths.

図77に示される実施形態は、ステープルのライン920”を利用し、ここで隣接するステープル922の脚部926は、成形ないしは別の方法でこれに取り付けられた連結部929によって互いに連結される。各連結部分929は、例えば、ポリエーテルエーテルケトン「PEEK」、又はポリグリコール酸「PGA」、ポリ乳酸「PLA」又は「PLLA」、ポリジオキサノン「PDS」、PCL(ポリカプロラクトン)、PHA(ポリヒドロキシアルカノエート)、PGCL(ポリグレカプロン25、商標面Monocrylから販売)、若しくはPGS、PDS、PLA、PGA及びPCLの様々な合成混合物、などの吸収性プラスチックから作製されてもよい。 The embodiment shown in Figure 77, utilizes lines 920 'of the staple legs 926 of adjacent staples 922 here are connected to each other by a connecting portion 929 attached thereto by molding or otherwise. each connecting portion 929, for example, polyetheretherketone "PEEK", or polyglycolic acid "PGA" polylactic acid "PLA" or "PLLA", polydioxanone "PDS", PCL (polycaprolactone), PHA (polyhydroxyalkanoate benzoate), PGCL (Porigurekapuron 25, available from TM surface Monocryl), or PGS, PDS, PLA, various synthetic mixture of PGA and PCL, may be made from absorbable plastic such. このようなステープルのライン920”は、上から見た際に、実質的にジグザグの外観を有する。様々な外科用ステープルカートリッジ実施形態900、900'が、エンドエフェクタ612'及び外科用ステープリング器具610との使用に関連して説明されてきたが、ステープリングカートリッジ900、900'は、本明細書において先に記載された他の様々なエンドエフェクタ及び外科用器具と共に効果的に利用され得ることが理解され、アンビルが移動してステープルと形成接触する際に、所望の量のステープル形成を達成するために、これらの器具のアンビル内に、適切なステープル形成ポケット構成が提供される。 Such staple line 920 ", when viewed from above, substantially have the appearance of a zigzag. Various surgical stapling cartridge embodiments 900, 900 'is, the end effector 612' and the surgical stapling instrument It has been described in connection with the use of the 610, stapling cartridge 900, 900 'is effectively that may be utilized with various other end effectors and surgical instruments as described herein above There is understood, the anvil is moved in forming contact with staple, in order to achieve the staple forming the desired amount into the anvil of these instruments, suitable staple forming pockets configuration is provided.

図78及び図79は、本発明の外科用器具10の細長いチャネル14内に支持される別の外科用ステープルカートリッジ940実施形態を例示する。 FIGS. 78 and 79 illustrate another surgical stapling cartridge 940 embodiment is supported elongate channel 14 of the surgical instrument 10 of the present invention. 少なくとも一実施形態において、外科用ステープルカートリッジ940は、内部を通じて少なくとも部分的に延びる、中央に配置された細長いスロット944を有する、カートリッジ本体942を含む。 In at least one embodiment, surgical staple cartridge 940 is at least partially extending therethrough has an elongated slot 944 disposed in the center, includes a cartridge body 942. 細長いスロット944は、上記の方法による組織切断操作中において、外科用器具10のナイフ本体が内部を通じて軸方向に移動することを可能にするように構成される。 Elongated slot 944, during the tissue cutting operation by the above method, the knife main body of the surgical instrument 10 is configured so as to be moved in the axial direction through the interior. 様々な実施形態において、カートリッジ本体942は、非形成ステープル922のライン946、948、950、952が内部に支持される、上記又は下記の種類の酸化再生セルロース(「ORC」)、又は生分解性フォームなど、圧縮可能な止血材料からなる。 In various embodiments, the cartridge body 942, lines 946,948,950,952 of unformed staples 922 are supported within, above or below the type of oxidized regenerated cellulose ( "ORC"), or biodegradable such as forms, consisting of compressible hemostatic material. 少なくともいくつかの実施形態において、ステープル922が影響を受け、止血材料が導入及び配置工程中に活性化することを防ぐため、カートリッジ940全体が、生分解性フィルム954、例えば、商標名PDS(登録商標)において販売されるポリジオキサノンフィルム、又はポリグリセロールセバケート(PGS)フィルム、又は例えば、PGA(商標Vicrylの商標名で販売されるポリグリコール酸)、PCL(ポリカプロラクトン)、PLA、若しくはPLLA(ポリ乳酸)、PHA(ポリヒドロキシアルカノエート)、PGCL(商標名Monocrylで販売されるポリグレカプロン25)、又はPGA、PCL、PLA、PDSの複合物(破裂するまでは不透過性である)から作製される他の生分解性フィルムで、コ In at least some embodiments, to prevent the staples 922 are affected and activated during introduction hemostatic material and disposition process, the entire cartridge 940, biodegradable film 954, for example, trade name PDS (registered polydioxanone film sold under the trade) or polyglycerol sebacate (PGS) film, or, for example, PGA (polyglycolic acid sold under the trade name TM Vicryl), PCL (polycaprolactone), PLA, or PLLA (polylactic acid), PHA (polyhydroxyalkanoate), PGCL (Porigurekapuron 25 sold under the trade name Monocryl), or PGA, PCL, PLA, composites a top PDS (until rupture is impermeable) in other biodegradable film made from, co ティング又は被覆され得る。 Coating or may be coated.

図78に示される実施形態において、カートリッジ940は更に、カートリッジ本体942に連結される、カートリッジ支持部材960を更に含む。 In the embodiment shown in FIG. 78, the cartridge 940 is further coupled to the cartridge body 942 further includes a cartridge support member 960. 様々な実施形態において、カートリッジ支持部材960は、例えば、チタン、ステンレス・スチール、アルミニウム、これらの合金などの剛体材料から作製されてもよく、かつカートリッジ本体942内に部分的に埋め込まれてもよい。 In various embodiments, the cartridge support member 960 is, for example, titanium, stainless steel, aluminum, may be made from a rigid material such as an alloy thereof, and may be partially embedded in the cartridge body 942 . 様々な実施形態において、カートリッジ支持部材960は、例えばフィルム954によって適所に保持されてもよい。 In various embodiments, the cartridge support member 960 may be held in place by, for example, a film 954. 限定的な結合が所望される更に他の実施形態において、2つの構成要素を一緒に「接着」するために、シアノアクリレートの断続的な使用が用いられる。 In yet another embodiment limiting coupling is desired, in order to "glue" the two components together, intermittent use of the cyanoacrylate is used. 更に他の実施形態において、カートリッジ本体942は、加熱されて、カートリッジ支持部材960に「溶接」又は「融着」され得る。 In still other embodiments, the cartridge body 942 is heated, it may be "welded" or "fused" to the cartridge support member 960. 様々な実施形態において、細長いチャネル14と係合するために、カートリッジ支持部材960は、カートリッジ本体942の底面の少なくとも一部分を形成する。 In various embodiments, for engagement with the elongate channel 14, the cartridge support member 960 forms at least a portion of the bottom surface of the cartridge body 942. 好ましい実施形態において、カートリッジ支持部材960は、カートリッジ支持部材960を細長いチャネル14に解放可能に連結するために、そこから突出する1つ又は2つ以上のスナップ機構962を有する。 In a preferred embodiment, the cartridge support member 960, in order to releasably couple the cartridge support member 960 to the elongate channel 14, having one or more snap mechanism 962 protruding therefrom. カートリッジ支持部材960を細長いチャネル14に解放可能に連結するために、他の形態のスナップ機構/締結配置が利用され得る。 To releasably couple the cartridge support member 960 to the elongate channel 14, other forms of snap mechanism / fastening arrangement may be utilized.

様々な実施形態において、カートリッジ支持部材960は、上部に形成された、一連の支持隆起部964、966、968、970、972、974、976を有し、図78に示されるように、ステープルのライン946、948、950、952のステープル922の基部924にいくつかの横方向の支持を提供する。 In various embodiments, the cartridge support member 960, formed above, has a series of support ridges 964,966,968,970,972,974,976, as shown in Figure 78, the staple It provides support several transverse to the base 924 of the staple 922 lines 946,948,950,952. したがって、少なくともいくつかの実施形態において、支持隆起部は、ステープルのラインと実質的に同一の広がりを持つ。 Thus, in at least some embodiments, the support ridges, the staple lines and substantially coextensive. 図80は、ステープル922に追加的な横方向の支持を提供するために、各支持隆起部964、966、968、970、972、976から突出する、起立フィン部分978、979、980、981、982、983を含むことを除き、カートリッジ940と実質的に同一である、代替的ステープルカートリッジ実施形態940'を例示する。 Figure 80, in order to provide additional lateral support to the staple 922, protruding from the supporting ridge 964,966,968,970,972,976, standing fin portions 978,979,980,981, except to include 982,983, cartridge 940 is substantially the same, illustrating an alternative staple cartridge embodiment 940 '. 様々な実施形態において、フィン部分は、カートリッジ支持部材960と一体的に形成されてもよく、カートリッジの高さの約1/2以下の高さを有する。 In various embodiments, the fin portion, the cartridge support member 960 and may be integrally formed, with about half or less of the height of the cartridge. したがって、好ましい実施形態において、例えば、フォームを支持する起立機構は、フォームの最大圧縮高さよりも上に延びることができない。 Accordingly, in a preferred embodiment, for example, standing mechanism for supporting the foam can not extend above the maximum compression height of the form. したがって、例えば、発射される際にその元の高さの1/3まで圧縮するようにカートリッジが設計されると、フィンは、非圧縮高さの66%から、非圧縮高さの10%までもの範囲に及ぶ。 Thus, for example, when the cartridge is designed to compress to 1/3 of its original height when fired, the fins, the 66% of the uncompressed height, up to 10% of the uncompressed height It extends to things range.

使用中、上記のように、一度ステープル922がアンビル20との接触により形成されると、アンビル20が解放されて、エンドエフェクタ12がステープリングされた組織から引かれる。 In use, as described above, once the staple 922 when formed by contact with the anvil 20, the anvil 20 is released, the end effector 12 is withdrawn from the stapled tissue. エンドエフェクタ12がステープリングされた組織から引かれると、カートリッジ本体942は、ステープリングされた組織に締結されたままであり、その後細長いチャネル14と連結されたままであるカートリッジ支持部材960から分離される。 When the end effector 12 is withdrawn from the stapled tissue, the cartridge body 942 remains fastened to the stapled tissue is separated from the cartridge support member 960 remain connected thereafter with the elongate channel 14. 様々な実施形態において、カートリッジ支持部材960は、カートリッジ本体942を含む材料の色、並びに細長いチャネル14の色と異なる色を備える。 In various embodiments, the cartridge support member 960 comprises a material comprising a cartridge body 942 colors, a color different from the color of the elongate channel 14 as well. このような構成は、エンドエフェクタ内にステープルカートリッジが存在しないことを示す、容易に認識可能な指示を外科医にもたらす。 Such arrangement shows that the staple cartridge is not present in the end effector, resulting in the surgeon easily recognizable indication. したがって、外科医は、不注意により、最初に内部に新しいステープルカートリッジを挿入することなく、エンドエフェクタを再挿入/使用しようとすることがない。 Thus, the surgeon inadvertently, without first inserting a new staple cartridge therein, is not to be re-inserted / using an end effector. そのため、外科医は、新しいステープルカートリッジ940のカートリッジ支持部材960が内部に配置されることを可能にするため、カートリッジ支持部材960のスナップ機構を細長いチャネル14から単純に分離する。 Therefore, the surgeon, the cartridge support member 960 of the new staple cartridge 940 to enable it to be placed inside, simply separate the snap mechanism of the cartridge support member 960 from the elongate channel 14. ステープルカートリッジ940、940'を、外科用器具10との関連において説明してきたが、本発明の趣旨及び範囲から逸脱することなく、本発明に開示される他の外科用器具実施形態の多くと効果的に利用されてもよいことが理解される。 The staple cartridge 940,940 ', has been described in connection with a surgical instrument 10, without departing from the spirit and scope of the present invention, and many more effects of other surgical instruments embodiments disclosed invention manner that may be utilized is understood.

図81及び図82は、細長いチャネル14と可動に連結されるかないしは別の方法で内部に支持された、クロージャロックアウト構成991を例外として、上記のエンドエフェクタ12と実質的に同一である、エンドエフェクタ990と関連する、外科用器具実施形態10の使用を例示する。 FIGS. 81 and 82, supported therein an elongated channel 14 and whether or otherwise coupled to the movable, the closure lockout arrangement 991 with the exception, substantially the same as the above end effector 12 , associated with the end effector 990, it illustrates the use of a surgical instrument embodiment 10. 様々な実施形態において、クロージャロックアウト構成991は、遠位端993及び近位端994を有する、ロックアウトアーム992を含む。 In various embodiments, the closure lockout arrangement 991 has a distal end 993 and a proximal end 994, including the lockout arm 992. ロックアウトアーム992は、枢動部材又はトラニオン995を中心として細長いチャネルに枢動可能に連結される。 Lockout arm 992 is pivotally coupled to the elongate channel around the pivot member or trunnion 995. 遠位端部は、これにとりつけられた板ばね996又は他の付勢部材を有し、ロックアウト992を作動又は固定位置へと付勢し、近位端部994は、第1発射カラー141の遠位端141と係合して、第1発射カラー140が、最初に「発射」位置まで遠位方向に前進することを防ぐ。 The distal end portion has a plate spring 996 or other biasing member attached thereto, and urged the lockout 992 to operate or a fixed position, the proximal end 994, first firing collar 141 the distal end 141 engages the first firing collar 140 prevents the advanced distally until first "firing" position. しかしながら、ステープルカートリッジ30が細長いチャネル14内に挿入されるとき、ステープルカートリッジ30によりロックアウトアーム992が非作動又は非固定位置に移動し、発射カラー140は、ロックアウトアーム992を超えて遠位方向に前進し、ステープル発射プロセスを完了してもよい。 However, when the staple cartridge 30 is inserted into the elongate channel 14, it moves the lockout arm 992 is in the unactuated or unlocked position by the staple cartridge 30, the firing collar 140 distally beyond the lockout arm 992 forward to, it may be to complete the staple firing process. 図81を参照されたい。 See Figure 81.

固定位置にあるとき、発射カラー140は、遠位方向に前進して、発射プロセスを完了することができない。 When in the locked position, the firing collar 140 advanced distally, it can not be completed the firing process. 加えて、発射トリガー130は、ナイフロックアウトバー210が非固定位置に前進して、外科医がナイフバー172の前進を可能にする、完全に発射した位置まで前進することができない。 In addition, firing trigger 130, the knife lockout bar 210 is advanced to the unlocked position, the surgeon to allow the advancement of the knife bar 172 can not be advanced to a position fully fired. したがって、エンドエフェクタ990内にカートリッジが存在しない場合、クロージャロックアウト構成991は、ナイフバー172が前進することを最終的に防ぐ、固定位置内にある。 Therefore, if no cartridge is present in the end effector 990, the closure lockout arrangement 991 prevents the knife bar 172 is advanced ultimately is within a fixed position. したがって、外科医は、カートリッジ30がエンドエフェクタ990内に存在しない限り、ナイフバー172を前進させて組織を切断することができない。 Thus, the surgeon, as long as the cartridge 30 is not present in the end effector 990, it is impossible to cut the tissue by advancing the knife bar 172. 上記のクロージャロックアウト構成991は、本発明の趣旨及び範囲から逸脱することなく、本明細書において開示される多くの外科用器具実施形態に、効果的に組み込まれてもよい。 It said closure lockout arrangement 991, without departing from the spirit and scope of the present invention, a number of surgical instruments embodiments disclosed herein may be incorporated effectively.

様々な実施形態において、ステープルカートリッジは、カートリッジ本体、及びカートリッジ本体内に収容される複数のステープルを含み得る。 In various embodiments, the staple cartridge may include a cartridge body, and a plurality of staples contained in the cartridge body. 使用中、ステープルカートリッジは、手術部位に組み込まれ、処理される組織の側に組み込まれ得る。 In use, the staple cartridge is incorporated into the surgical site can be incorporated into the side of the tissue to be treated. 加えて、ステープル形成アンビルは、組織の反対側に位置し得る。 In addition, the staple forming anvil may be positioned on the opposite side of the tissue. 様々な実施形態において、アンビルは、第1ジョーにより保持され得、ステープルカートリッジは、第2ジョーによって保持され得、第1ジョー及び/又は第2ジョーは互いに向かって移動し得る。 In various embodiments, the anvil may be held by the first jaw, the staple cartridge may be held by the second jaw, the first jaw and / or the second jaw may move towards each other. 一度ステープルカートリッジ及びアンビルが組織に対して位置付けられると、ステープルがステープルカートリッジ本体から発射され得、ステープルが組織を貫通してスープル形成アンビルと接触し得る。 Once the staple cartridge and anvil is positioned against the tissue, resulting fired staples from the staple cartridge body, staples can contact the the staple forming anvil through tissue. 一度ステープルがステープルカートリッジ本体から展開されると、ステープルカートリッジ本体がその後、手術部位から取り除かれてもよい。 Once staples are deployed from the staple cartridge body, the staple cartridge body may then be removed from the surgical site. 本明細書において開示される様々な実施形態において、ステープルカートリッジ又はステープルカートリッジの少なくとも一部分が、ステープルと共に埋め込まれ得る。 In various embodiments disclosed herein, at least a portion of the staple cartridge or staple cartridge may be embedded with staples. 少なくとも1つのこのような実施形態において、以下でより詳細に記載されるように、ステープルカートリッジは、アンビルが開放位置から閉鎖位置へと移動するときに、アンビルにより圧縮、圧壊、及び/又は折り畳まれ得る、カートリッジ本体を含み得る。 In at least one such embodiment, as will be described in more detail below, a staple cartridge, when the anvil is moved to the closed position from the open position, compressed by an anvil, crushing, and / or folded obtained, it may include a cartridge body. カートリッジ本体が圧縮、圧壊及び/又は折り畳みされるとき、カートリッジ本体内に位置付けられるステープルは、アンビルによって変形され得る。 When the cartridge body is compressed, it is crushed and / or folding, staples positioned within the cartridge body may be deformed by the anvil. あるいは、ステープルカートリッジを支持するジョーは、アンビルに向かい、閉鎖位置へと移動し得る。 Alternatively, the jaws for supporting the staple cartridge toward the anvil can be moved to the closed position. いずれにせよ、様々な実施形態において、ステープルは、これらが少なくとも部分的にカートリッジ本体内に位置付けられるときに、変形され得る。 Anyway, in various embodiments, the staples, when these are positioned at least partially cartridge body may be deformed. いくつかの実施形態において、ステープルは、ステープルカートリッジから発射されなくてもよく、一方でいくつかの実施形態において、ステープルは、カートリッジ本体の一部分と共に、ステープルカートリッジから発射され得る。 In some embodiments, the staple may not be fired from the staple cartridge, while in some embodiments, the staples with a portion of the cartridge body may be fired from the staple cartridge.

ここで図83A〜83Dを参照し、例えば、ステープルカートリッジ1000などの圧縮可能なステープルカートリッジは、圧縮可能な、埋め込み可能なカートリッジ本体1010、及び、加えて、圧縮可能なカートリッジ本体1010内に位置付けられる、複数のステープル1020を含んでもよいが、図83A〜83Dでは、1つのステープル1020のみが示されている。 Referring now to FIG. 83a to 83d, for example, the compressible staple cartridge, such as staple cartridge 1000, compressible, implantable cartridge body 1010, and, in addition, are positioned within compressible cartridge body 1010 it may include a plurality of staples 1020, but in FIG. 83a to 83d, only one staple 1020 is shown. 図83Aは、ステープルカートリッジ支持体、又はステープルカートリッジチャネル1030によって支持されるカートリッジ1000を例示し、ステープルカートリッジ1000は、非圧縮状態で例示される。 Figure 83A, illustrate cartridge 1000 that is supported by the staple cartridge support member, or staple cartridge channel 1030, staple cartridge 1000 is illustrated in an uncompressed state. このような非圧縮状態において、アンビル1040は、組織Tと接触してもしなくてもよい。 In such a non-compressed state, the anvil 1040 may or may not be in contact with tissue T. 使用中、アンビル1040は、図83Bに見られるように、開放位置から組織Tへと接触するように移動されてもよく、組織Tを、カートリッジ本体1010に対して位置付ける。 In use, the anvil 1040, as seen in Figure 83B, may be moved from an open position in contact with the tissue T, the tissue T, positioned relative to the cartridge body 1010. 図83を再び参照し、アンビル1040は、組織Tをステープルカートリッジ本体1010の組織接触表面1019に対して位置付けることができるが、ステープルカートリッジ本体1010は、このような時点において、圧縮力又は圧力を(受けたとしても)ほとんど受けないことがあり、ステープル1020は、非形成又は非発射状態にあり得る。 Figure 83 Referring again, the anvil 1040 can position the tissue T against the tissue contacting surface 1019 of staple cartridge body 1010, a staple cartridge body 1010, in such a point, the compressive force or pressure ( may not be) received little as received, staple 1020 may be in the non-formation or non-fired state. 図83A及び図83Bに例示されるように、ステープルカートリッジ本体1010は、1つ又は2つ以上の層を含む場合があり、ステープル1020のステープル脚部1021は、これらの層を通じて上方に延びる場合がある。 As illustrated in FIG. 83A and FIG. 83B, the staple cartridge body 1010, may include one or more layers, the staple legs 1021 of staples 1020 may extend upwardly through the layers is there. 様々な実施形態において、カートリッジ本体1010は、第1層1011、第2層1012、第3層1013を含む場合があり、第2層1012は、第1層1011と第3層1013及び第4層1014との中間に位置付けられてもよく、第3層1013は、第2層1012と第4層1014との中間に位置付けられてもよい。 In various embodiments, the cartridge body 1010 includes a first layer 1011, second layer 1012, may include a third layer 1013, second layer 1012 includes a first layer 1011 third layer 1013 and the fourth layer it may be positioned intermediate the 1014, third layer 1013 may be positioned intermediate the second layer 1012 and the fourth layer 1014. 少なくとも一実施形態において、ステープル1020の基部1022は、第4層1014の空洞1015内に位置付けられてもよく、ステープル脚部1021は、基部1022から第4層1014、第3層1013、及び第2層1012を通じて上方に延びてもよい。 In at least one embodiment, the base 1022 of the staple 1020 may be positioned within the cavity 1015 of the fourth layer 1014, the staple legs 1021, the fourth layer 1014 from the base 1022, third layer 1013, and a second it may extend upwardly through the layer 1012. 様々な実施形態において、各変形可能な脚部1021は、先端部、例えば鋭い先端部1023を含んでもよく、これは、例えばステープルカートリッジ1000が非圧縮状態にあるときに、第2層1012内に位置付けられてもよい。 In various embodiments, each deformable legs 1021, the distal end portion, for example, may include a sharp tip 1023, which, for example, when the staple cartridge 1000 is in an uncompressed state, in the second layer 1012 it may be positioned. 少なくとも1つのこのような実施形態において、先端部1023は、第1層1011内に及び/又はこれを通じて延びない場合があり、少なくとも一実施形態において、先端部1023は、ステープルカートリッジ1000が非圧縮状態にあるときに、組織接触表面1019を通じて突出しないことがある。 In at least one such embodiment, the tip 1023 may not extend to and / or through which the first layer 1011, in at least one embodiment, distal portion 1023, staple cartridge 1000 is uncompressed state when in, there may not protrude through the tissue contacting surface 1019. いくつかの他の実施形態において、ステープルカートリッジが非圧縮状態にあるときに、鋭い先端部1023は、第3層1013、及び/又は他の任意の好適な層内に位置付けられてもよい。 In some other embodiments, when the staple cartridge is in an uncompressed state, the sharp tip 1023 may be positioned on the third layer 1013, and / or any other suitable layer. 様々な代替的実施形態において、ステープルカートリッジのカートリッジ本体は、例えば、3層以下、又は5層以上など、任意の好適な数の層を有してもよい。 In various alternative embodiments, the cartridge body of the staple cartridge, for example, three layers or less, or such as five or more layers may have any suitable number of layers.

様々な実施形態において、以下でより詳細に記載されるように、第1層1011は、バットレス材料及び/又はプラスチック材料、例えば、ポリジオキサノン(PDS)及び/又はポリグリコール酸(PGA)を含むことがあり、第2層1012は、生吸収性フォーム材料及び/又は圧縮可能な止血材料、例えば、酸化再生セルロース(ORC)を含むことがある。 In various embodiments, as described in greater detail below, the first layer 1011, the buttress material and / or plastic material, for example, comprise a polydioxanone (PDS) and / or polyglycolic acid (PGA) There, the second layer 1012, bioabsorbable foam material and / or compressible hemostatic material, for example, comprise oxidized regenerated cellulose (ORC). 様々な実施形態により、1つ又は2つ以上の第1層1011、第2層1012、第3層1013、及び第4層1014は、ステープルカートリッジ本体1010内にステープル1020を保持してもよく、加えて、ステープル1020を、互いに位置合わせした状態に維持してもよい。 According to various embodiments, one or more of the first layer 1011, second layer 1012, third layer 1013, and the fourth layer 1014 may hold the staples 1020 within the staple cartridge body 1010, in addition, the staples 1020 may be maintained in a state of being aligned with each other. 様々な実施形態において、第3層1013は、バットレス材料、又は高度に非圧縮性又は非弾性の材料を含んでもよく、これはステープル1020のステープル脚部1021を互いに対して適所に保持するように構成され得る。 In various embodiments, the third layer 1013, the buttress material, or highly may contain incompressible or inelastic material, which is to hold the staple legs 1021 of staples 1020 in position relative to each other It may be configured. 更に、第3層1013の両側に配置される、第2層1012及び第4層1014は、第2層1012及び第4層1014が、圧縮可能なフォーム又は弾性材料を含み得るにもかかわらず、ステープル1020の移動を安定化又は低減することができる。 Further, it disposed on both sides of the third layer 1013, second layer 1012 and the fourth layer 1014, second layer 1012 and the fourth layer 1014, despite may include compressible foam or elastic material, it can stabilize or reduce the movement of the staple 1020. いくつかの実施形態において、ステープル脚部1021のステープル先端部1023は、一部分が第1層1011内に埋め込まれていてもよい。 In some embodiments, the staple tip 1023 of the staple legs 1021, a portion may be embedded in the first layer 1011. 少なくとも1つのこのような実施形態において、第1層1011及び第3層1013は、協調して、かつしっかりと、ステープル脚部1021を適所に保持するように構成され得る。 In at least one such embodiment, the first layer 1011 and third layer 1013, in concert, and firmly, can be configured to hold the staple legs 1021 in position. 少なくとも一実施形態において、第1層1011及び第3層1013はそれぞれ、生吸収性プラスチックのシート、例えば、商標名Vicrylで販売されるポリグリコール酸(PGA)、ポリ乳酸(PLA又はPLLA)、ポリジオキサノン(PDS)、ポリヒドロキシアルカノエート(PHA)、商標名Monocrylで販売されるポリグレカプロン25(PGCL)、ポリカプロラクトン(PCL)、及び/又はPGA、PLA、PDS、PHA、PGCL及び/若しくはPCLの混合物を含んでもよく、第2層1012及び第4層1014はそれぞれ、少なくとも1つの止血材料又は薬剤を含んでもよい。 In at least one embodiment, each of the first layer 1011 and third layer 1013, the bioabsorbable plastic sheet, for example, polyglycolic acid sold under the trade name Vicryl (PGA), polylactic acid (PLA or PLLA), polydioxanone (PDS), polyhydroxyalkanoates (PHA), Porigurekapuron 25 sold under the tradename Monocryl (PGCL), polycaprolactone (PCL), and / or PGA, PLA, PDS, PHA, the PGCL and / or PCL the mixture may comprise, a second layer 1012 and the fourth layer 1014 may each comprise at least one hemostatic material or agent.

第1層1011は、圧縮可能であり得、第2層1012は、第1層1011よりも実質的に圧縮可能である。 The first layer 1011 is obtained is compressible, the second layer 1012 is substantially compressible than the first layer 1011. 例えば、第2層1012は、第1層1011の約2倍圧縮可能、約3倍圧縮可能、約4倍圧縮可能、約5倍圧縮可能、及び/又は約10倍圧縮可能であり得る。 For example, second layer 1012 is about twice compressible first layer 1011, about three times compressible, about four times compressible, can be about 5 times compressible, and / or about 10-fold compressible. 換言すると、第2層1012は、所定の力により第1層1011の約2倍、約3倍、約4倍、約5倍、及び/又は約10倍圧縮し得る。 In other words, the second layer 1012 is about twice that of the first layer 1011 by a predetermined force, about 3-fold, about 4 fold, about 5-fold, and / or may be compressed to about 10 times. いくつかの実施形態において、第2層1012は、第1層1011の、約2倍〜約10倍圧縮可能であり得る。 In some embodiments, the second layer 1012, the first layer 1011 may be about 2 times to about 10 times compressible. 少なくとも一実施形態において、第2層1012は、内部に画定される複数の空隙を含むことがあり、第2層1012における空隙の量及び/又は大きさは、第2層1012の所望の圧縮性を提供するために制御され得る。 In at least one embodiment, the second layer 1012 may include a plurality of voids defined therein, the amount and / or size of voids in the second layer 1012, the desired compressibility of the second layer 1012 It may be controlled to provide. 上記と同様に、第3層1013は圧縮可能である場合があり、第4層1014は、第3層1013よりも実質的に圧縮可能であり得る。 Similar to the above, the third layer 1013 may be compressed, the fourth layer 1014 may be substantially compressible than the third layer 1013. 例えば、第4層1014は、第3層1013の約2倍圧縮可能、約3倍圧縮可能、約4倍圧縮可能、約5倍圧縮可能、及び/又は約10倍圧縮可能であり得る。 For example, the fourth layer 1014, about twice compressible in the third layer 1013, about three times compressible, about four times compressible, can be about 5 times compressible, and / or about 10-fold compressible. 換言すると、第4層1014は、所定の力により第3層1013の約2倍、約3倍、約4倍、約5倍、及び/又は約10倍圧縮し得る。 In other words, the fourth layer 1014 is about twice that of the third layer 1013 by a predetermined force, about 3-fold, about 4 fold, about 5-fold, and / or may be compressed to about 10 times. いくつかの実施形態において、第4層1014は、第3層1013の、約2倍〜約10倍圧縮可能であり得る。 In some embodiments, the fourth layer 1014, the third layer 1013 may be about 2 times to about 10 times compressible. 少なくとも一実施形態において、第4層1014は、内部に画定される複数の空隙を含むことがあり、第4層1014における空隙の量及び/又は大きさは、第4層1014の所望の圧縮性を提供するために制御され得る。 In at least one embodiment, the fourth layer 1014 may include a plurality of voids defined therein, the amount and / or size of voids in the fourth layer 1014, the desired compressibility of the fourth layer 1014 It may be controlled to provide. 様々な状況において、カートリッジ本体の圧縮性、又はカートリッジ本体層は、圧縮率(すなわち、所定量の力において層が圧縮される距離)という観点で表現され得る。 In various circumstances, the compression of the cartridge body, or cartridge body layer, compressibility (i.e., the layer in a predetermined amount of force is the distance to be compressed) may be expressed in terms of. 例えば、高い圧縮率を有する層は、層に適用される所定量の圧縮力において、より低い圧縮率を有する層と比較して、より大きな距離だけ圧縮する。 For example, a layer having a high compression ratio, at a predetermined amount of compressive force applied to the layer, as compared to a layer with a lower compression ratio, compressing by a greater distance. すなわち、第2層1012は、第1層1011よりも高い圧縮率を有することがあり、同様に第4層1014は、第3層1013よりも高い圧縮率を有することがある。 That is, the second layer 1012 may have a higher compression ratio than the first layer 1011, similarly the fourth layer 1014 may have a higher compression ratio than the third layer 1013. 様々な実施形態において、第2層1012及び第4層1014は、同じ材料を含む場合があり、同じ圧縮率を含む場合がある。 In various embodiments, the second layer 1012 and the fourth layer 1014 may comprise the same material, which may contain the same compression ratio. 様々な実施形態において、第2層1012及び第4層1014は、異なる圧縮率を有する材料を含み得る。 In various embodiments, the second layer 1012 and the fourth layer 1014 may include a material having a different compression rate. 同様に第1層1011及び第3層1013は、同じ材料を含むことがあり、同じ圧縮率を含む場合がある。 The first layer 1011 and third layer 1013 Similarly, it may contain the same material, which may contain the same compression ratio. いくつかの実施形態において、第1層1011及び第3層1013は、異なる圧縮率を有する材料を含んでもよい。 In some embodiments, first layer 1011 and third layer 1013 may include a material having a different compression rate.

図83Cに例示されるように、アンビル1040が閉鎖位置に移動すると、アンビル1040は、組織Tに接触し、組織T及びステープルカートリッジ1000に圧縮力を適用することができる。 As illustrated in Figure 83C, when the anvil 1040 is moved to the closed position, the anvil 1040 may be in contact with tissue T, apply a compressive force to the tissue T and the staple cartridge 1000. このような状況において、アンビル1040は、カートリッジ本体1010の頂面又は組織接触表面1019を、ステープルカートリッジ支持体1030に向かって下方に押すことができる。 In such circumstances, the anvil 1040, a top surface or tissue contacting surface 1019 of the cartridge body 1010, can be pushed downward toward the staple cartridge support 1030. 様々な実施形態において、ステープルカートリッジ支持体1030は、カートリッジ支持表面1031を含む場合があり、これは、ステープルカートリッジ1000がカートリッジ支持表面1031と、アンビル1040の組織接触表面1041との間で圧縮される際に、ステープルカートリッジ1000を支持するように構成され得る。 In various embodiments, the staple cartridge support 1030 may contain a cartridge support surface 1031, which is the staple cartridge 1000 and the cartridge support surface 1031 is compressed between the tissue contacting surface 1041 of the anvil 1040 when, may be configured to support a staple cartridge 1000. アンビル1040により適用される圧力により、カートリッジ本体1010は圧縮され得、アンビル1040がステープル1020と接触し得る。 The pressure applied by the anvil 1040, the cartridge body 1010 obtained is compressed, the anvil 1040 may contact with the staple 1020. より具体的に、様々な実施形態において、カートリッジ本体1010の圧縮、及び組織接触表面1019の下方移動により、ステープル脚部1021の先端部1023がカートリッジ本体1010の第1層1011を貫通し、組織Tを貫通し、アンビル1040の形成ポケット1042内に入ることがある。 More specifically, in various embodiments, the compression of the cartridge body 1010, and the downward movement of the tissue contacting surface 1019, the distal end portion 1023 of the staple legs 1021 through the first layer 1011 of the cartridge body 1010, tissue T through the, it may enter into the forming pockets 1042 of anvil 1040. カートリッジ本体1010が、アンビル1040によって更に圧縮されると、先端部1023は形成ポケット1042を画定する壁部に接触することができ、結果として脚部1021は例えば、図83Cに例示されるように、変形するか、内側に湾曲し得る。 The cartridge body 1010 and is further compressed by the anvil 1040, distal portion 1023 can contact the wall portion defining the forming pockets 1042, the legs 1021 as a result, for example, as illustrated in FIG. 83C, or deformation may bend inwardly. やはり図83Cに見られるように、ステープル脚部1021が変形すると、ステープル1020の基部1022は、ステープルカートリッジ1030と接触するか、又はこれによって支持され得る。 As also seen in FIG. 83C, the staple legs 1021 are deformed, the base 1022 of the staple 1020, or in contact with the staple cartridge 1030, or whereby may be supported. 様々な実施形態において、以下により詳細に記載されるように、ステープルカートリッジ支持体1030は例えば、複数の支持機構、例えば、ステープル支持溝、スロット又はトラフ1032を含む場合があり、これらは、ステープル1020が変形される際に、ステープル1020のステープル1020又は少なくとも基部1022を支持するように構成され得る。 In various embodiments, as described in more detail below, a staple cartridge support 1030, for example, a plurality of support mechanisms, for example, may contain a staple support grooves, slots or trough 1032, these are staples 1020 There upon being deformed, can be configured to support a staple 1020, or at least the base 1022 of the staple 1020. また図83Cに例示されるように、第4層1014の空洞1015は、ステープルカートリッジ本体1010に適用された圧縮力の結果として折り畳まれ得る。 As also illustrated in FIG. 83C, the cavity 1015 of the fourth layer 1014 may be folded as a result of the compression force applied to the staple cartridge body 1010. 空洞1015に加えて、ステープルカートリッジ本体1010は、1つ又は2つ以上の空隙、例えば空隙1016を更に含むことがあり、これは、内部に位置付けられたステープルの一部分を含んでも、含まなくてもよく、これは、カートリッジ本体1010が折り畳まれることを可能にするように構成され得る。 In addition to the cavity 1015, the staple cartridge body 1010, one or more air gaps, for example, may further include a gap 1016, which also include a portion of the staple positioned within, be free well, which can be configured to allow the cartridge body 1010 is folded. 様々な実施形態において、空洞1015及び/又は空隙1016は、空洞及び/又は壁部を画定する壁部が下方に屈曲して、カートリッジ支持表面1031と接触し並びに/又は空洞及び/若しくは空隙の下に位置付けられるカートリッジ本体1010の層と接触するようにして、折り畳まれるように構成される。 In various embodiments, the cavity 1015 and / or voids 1016, the wall portion defining a cavity and / or the wall portion is bent downward, under the contact with the cartridge support surface 1031 and / or cavities and / or voids so as to contact with the layer of the cartridge body 1010 that is positioned, configured to fold.

図83B及び図83Cを比較すると、第2層1012及び第4層1014が、アンビル1040によって適用される圧縮圧力によって実質的に圧縮されていることが明らかである。 Comparing FIGS. 83B and FIG. 83C, a second layer 1012 and the fourth layer 1014, it is clear that it is substantially compressed by the compression pressure applied by the anvil 1040. 第1層1011及び第3層1013が同様に圧縮されたことが認識され得る。 The first layer 1011 and third layer 1013 can be recognized to have been similarly compressed. アンビル1040がその閉鎖位置に移動されると、アンビル1040は、組織接触表面1019をステープルカートリッジ支持体1030に向かって下方に押すことによって、カートリッジ本体1010を更に圧縮し続けてもよい。 When the anvil 1040 is moved to its closed position, the anvil 1040 by pressing down towards the tissue contacting surface 1019 to the staple cartridge support member 1030, it may continue to further compress the cartridge body 1010. 図83Dに例示されるように、カートリッジ本体1010が更に圧縮されると、アンビル1040は、ステープル1020を、これらの完全に形成された形状に変形し得る。 As illustrated in Figure 83D, when the cartridge body 1010 is further compressed, the anvil 1040, a staple 1020 may be deformed into these fully formed shape. 図83Dを参照し、各ステープル1020の脚部1021は、変形可能な脚部1021と基部1022との間に、組織T、第1層1011、第2層1012、第3層1013、及び第4層1014の少なくとも一部分を捕捉するため、各ステープル1020の基部1022の方に向かって下方に変形され得る。 Referring to FIG. 83D, the legs 1021 of each staple 1020, between the deformable legs 1021 and the base 1022, tissue T, the first layer 1011, second layer 1012, third layer 1013, and the fourth to capture at least a portion of the layer 1014 may be deformed downward towards the base portion 1022 of each staple 1020. 図83C及び図83Dを比較すると、第2層1012及び第4層1014が、アンビル1040によって適合される圧縮圧力によって実質的に圧縮されていることが明らかである。 Comparing FIGS. 83C and FIG. 83D, the second layer 1012 and the fourth layer 1014, it is clear that it is substantially compressed by the compression pressure that is adapted by the anvil 1040. 同様に、図83C及び図83Dを比較した際に、第1層1011及び第3層1013が更に圧縮されたことに留意してもよい。 Similarly, when comparing FIGS. 83C and FIG. 83D, the first layer 1011 and third layer 1013 may also be noted that it has been further compressed. ステープル1020が完全に又は少なくとも十分に形成された後、アンビル1040が組織Tから離れるように持ち上げられる場合があり、ステープルカートリッジ1030が、ステープルカートリッジ1000から離れるように動かされる、及び/又はこれから分離されることがある。 After the staple 1020 is fully or at least sufficiently formed, may anvil 1040 is lifted away from the tissue T, the staple cartridge 1030 is separated is moved away from the staple cartridge 1000, and / or from which there is Rukoto. 図83Dに示されるように、上記の結果として、カートリッジ本体1010は、ステープル1020と共に埋め込まれ得る。 As shown in FIG. 83D, as a result of the above, the cartridge body 1010 may be embedded with staples 1020. 様々な状況において、埋め込まれたカートリッジ本体1010は、ステープルのラインに沿って組織を支持し得る。 In various circumstances, the cartridge body 1010 that is embedded, can support the tissue along the staple line. いくつかの状況において、埋め込まれたカートリッジ本体1010内に含まれる止血剤及び/又は他の任意の好適な治療用薬剤は、時間と共に組織を治療し得る。 In some situations, the hemostatic agent and / or any other suitable therapeutic agents contained in the embedded cartridge body 1010 may treat tissue over time. 上記のように、止血剤は、ステープリング及び/又は切開された組織の出血を低減させ得る一方で、結合剤又は組織接着剤は、時間と共に組織に強度をもたらし得る。 As described above, the hemostatic agent, while capable of reducing the bleeding of stapling and / or incised tissue, binding agents or tissue adhesive can result in strength to the tissue over time. 埋め込まれたカートリッジ本体1010は、例えば、ORC(酸化再生セルロース)、タンパク質マトリックス、商標名Vircylで販売されるポリグリコール酸(PGA)、ポリ乳酸(PLA又はPLLA)、ポリジオキサノン(PDS)、ポリヒドロキシアルカノエート(PHA)、商標名Monocrylで販売されるポリグレカプロン25(PGCL)、ポリカプロラクトン(PCL)、並びに/又はPGA、PLA、PDS、PHA、PGCL及び/若しくはPCLの混合物などの材料を含み得る。 The cartridge body 1010 that is embedded, for example, ORC (oxidized regenerated cellulose), protein matrix, polyglycolic acid sold under the trade name Vircyl (PGA), polylactic acid (PLA or PLLA), polydioxanone (PDS), polyhydroxy alkanoates benzoate (PHA), Porigurekapuron 25 sold under the tradename Monocryl (PGCL), which may include polycaprolactone (PCL), and / or PGA, PLA, PDS, PHA, a material such as a mixture of PGCL and / or PCL . いくつかの状況において、カートリッジ本体1010は、抗生物質及び/又は抗菌剤物質、例えば、コロイド状銀及び/又はトリクロサンを含んでもよく、これらは、手術部位における感染の可能性を低減させることができる。 In some situations, the cartridge body 1010, an antibiotic and / or antimicrobial substances, for example, may include a colloidal silver and / or triclosan, it can reduce the likelihood of infection at the surgical site .

様々な実施形態において、カートリッジ本体1010の層は、互いに接続され得る。 In various embodiments, the layers of the cartridge body 1010 may be connected to each other. 少なくとも一実施形態において、例えば、繊維素及び/又はタンパク質ヒドロゲルなどの少なくとも1つの接着剤を使用して、第2層1012は、第1層1011に接着されてもよく、第3層1013は、第2層1012に接着されてもよく、第4層1014は第3層1013に接着されてもよい。 In at least one embodiment, for example, using at least one adhesive, such as fibrin and / or protein hydrogel, the second layer 1012 may be adhered to the first layer 1011, third layer 1013, may be bonded to the second layer 1012, the fourth layer 1014 may be adhered to the third layer 1013. いくつかの実施形態において、例示されないが、カートリッジ本体1010の層は、連結機械機構によって互いに連結され得る。 In some embodiments, although not illustrated, a layer of the cartridge body 1010 may be connected to each other by a connecting mechanical system. 少なくとも1つのそのような実施形態において、第1層1011及び第2層1012はそれぞれ、例えば舌部及び溝部構成及び/又はあり継手構成などの、対応する連結機構を含み得る。 In at least one such embodiment, the first layer 1011 and second layer 1012, such as, respectively, for example, tongue and groove arrangement and / or have joint structure may include a corresponding coupling mechanism. 同様に、第2層1012及び第3層1013はそれぞれ、対応する連結機構を含む場合があり、一方で第3層1013及び第4層1014はそれぞれ、対応する連結機構を含み得る。 Similarly, each second layer 1012 and third layer 1013, may include the corresponding coupling mechanism, whereas the third layer 1013 and the fourth layer 1014 may each comprise a corresponding coupling mechanism. いくつかの実施形態において、例示されないが、ステープリングカートリッジ1000は、例えば、カートリッジ本体1010の1つ又は2つ以上の層を通じて延び得る1つ又は2つ以上のリベットを含み得る。 In some embodiments, although not illustrated, stapling cartridge 1000 may comprise, for example, one or more rivets may extend through one or more layers of the cartridge body 1010. 少なくとも1つのこのような実施形態において、各リベットは、第1層1011と隣接するように位置付けられる第1端部又はヘッド、及び第2ヘッドであって、このリベットの第2端部によって組み立てられるか、又は形成され得る第4層1014と隣接するように位置付けられた、第2ヘッドを含み得る。 In at least one such embodiment, each rivet, first end or head is positioned adjacent to the first layer 1011, and a second head, assembled by a second end of the rivet or the fourth layer 1014 may be formed positioned to be adjacent, it may include a second head. カートリッジ本体1010の圧縮可能な性質により、少なくとも一実施において、リベットはカートリッジ本体1010を圧縮してもよく、これにより、リベットのヘッドは、例えば、組織接触表面1019、及び/又はカートリッジ本体1010の底面1018に対して陥没していることがある。 The compressible nature of the cartridge body 1010, in at least one embodiment, the rivet may compress the cartridge body 1010, thereby, the head of the rivet, for example, the bottom surface of the tissue contacting surface 1019, and / or the cartridge body 1010 there is that you are depressed relative to 1018. 少なくとも1つのこのような実施形態において、リベットは、商標名Vircylで販売されるポリグリコール酸(PGA)、ポリ乳酸(PLA又はPLLA)、ポリジオキサノン(PDS)、ポリヒドロキシアルカノエート(PHA)、商標名Monocrylで販売されるポリグレカプロン25(PGCL)、ポリカプロラクトン(PCL)、並びに/又はPGA、PLA、PDS、PHA、PGCL及び/若しくはPCLの混合物などの生吸収性材料を含み得る。 In at least one such embodiment, rivets, polyglycolic acid sold under the trade name Vircyl (PGA), polylactic acid (PLA or PLLA), polydioxanone (PDS), polyhydroxyalkanoates (PHA), trade name Porigurekapuron 25 sold by Monocryl (PGCL), polycaprolactone (PCL), and / or PGA, PLA, PDS, PHA, may include bioabsorbable material such as a mixture of PGCL and / or PCL. いくつかの実施形態において、カートリッジ本体1010の層は、内部に含まれるステープル1020によって以外は、互いに接続されないことがある。 In some embodiments, the layers of the cartridge body 1010, except the staples 1020 contained therein may not be connected to each other. 少なくとも1つのこのような実施形態において、ステープル脚部1021と、カートリッジ本体1010との間の摩擦係合は、カートリッジ本体1010の層を一緒に保持することができ、一度ステープルが形成されると、層はステープル1020内に捕捉され得る。 In at least one such embodiment, the staple legs 1021, frictional engagement between the cartridge body 1010 can hold the layers of the cartridge body 1010 together, once the staple is formed, layer may be captured within the staples 1020. いくつかの実施形態において、ステープル脚部1021の少なくとも一部分は、非平坦化表面又は非平坦なコーティングを含む場合があり、これは、ステープル1020とカートリッジ本体1010との間の摩擦力を含み得る。 In some embodiments, at least a portion of the staple legs 1021 may contain non-textured surface or textured coating, this may include frictional forces between the staple 1020 and the cartridge body 1010.

上記のように、外科用器具は、ステープルカートリッジ1030を含む第1ジョー、及びアンビル1040を含む第2ジョーを含み得る。 As described above, a surgical instrument can include a first jaw including a staple cartridge 1030, and the second jaw including an anvil 1040. 様々な実施形態において、以下でより詳細に記載されるように、ステープルカートリッジ1000は、1つ又は2つ以上の保持機構を含んでもよく、これはステープルカートリッジ支持体1030と係合するように構成されてもよく、結果として、ステープルカートリッジ1000をステープルカートリッジ支持体1030に解放可能に保持する。 In various embodiments, as described in greater detail below, the staple cartridge 1000 may comprise one or more retaining mechanism, which is configured to engage the staple cartridge support 1030 It may be, as a result, to releasably hold the staple cartridge 1000 to the staple cartridge support 1030. いくつかの実施形態において、ステープルカートリッジ1000は、例えば、繊維素及び/又はタンパク質ヒドロゲルなどの少なくとも1つの接着剤によって、ステープルカートリッジ支持体1030に接着され得る。 In some embodiments, the staple cartridge 1000, for example, by at least one adhesive, such as fibrin and / or protein hydrogel, may be bonded to the staple cartridge support 1030. 使用中、少なくとも1つの状況において、特に腹腔鏡及び/又は内視鏡手術において、例えば、第2ジョーは第1ジョーと反対側の閉鎖位置に移動され得、それによって第1及び第2ジョーがトロカールを通じて手術部位に挿入され得る。 In use, in at least one situation, particularly in laparoscopic and / or endoscopic surgery, for example, the second jaw is obtained is moved to the closed position opposite the first jaw, it by the first and second jaw It may be inserted into the surgical site through a trocar. 少なくとも1つのこのような実施形態において、トロカールは、およそ5mmの開口部又はカニューレを画定する場合があり、これを通じて第1及び第2ジョーが挿入され得る。 In at least one such embodiment, the trocar may define an opening or cannula of approximately 5 mm, which first and second jaws can be inserted through. いくつかの実施形態において、第2ジョーは、開放位置と閉鎖位置との中間の部分的に閉鎖した位置に移動することができ、これは、ステープルカートリッジ本体1010内に含まれるステープル1020を変形することなく、トロカールを通じて第1及び第2ジョーが挿入されることを可能にし得る。 In some embodiments, the second jaw can be moved to an intermediate partially closed position in an open position and a closed position, which deforms the staples 1020 contained within the staple cartridge body 1010 it not, the first and second jaw may allow it to be inserted through a trocar. 少なくとも1つの実施形態において、第2ジョーがその部分的に閉じた中間位置にあるとき、アンビル1040は圧縮力をステープルカートリッジ本体1010に適用しないことがあり、他のいくつかの実施形態において、第2ジョーが部分的に閉じた中間位置にあるときに、アンビル1040はステープルカートリッジ本体1010を圧縮し得る。 In at least one embodiment, when the second jaw is in its partially closed intermediate position, anvil 1040 may not apply a compressive force to the staple cartridge body 1010, in some embodiments of the others, the when two jaws are in a partially closed intermediate position, anvil 1040 can compress the staple cartridge body 1010. アンビル1040が、そのような中間位置にあるときに、ステープルカートリッジ本体1010を圧縮し得るにもかかわらず、アンビル1040は、アンビル1040がステープル1020と接触するために、及び/又はステープル1020がアンビル1040によって変形されるために、ステープルカートリッジ本体1010を十分に圧縮しないことがある。 Anvil 1040, when it is in such an intermediate position, despite may compress the staple cartridge body 1010, the anvil 1040 to the anvil 1040 is in contact with the staple 1020, and / or staple 1020 anvil 1040 to be deformed by, it may not be sufficiently compressed the staple cartridge body 1010. 一度第1及び第2ジョーが、トロカールを通じて手術部位に挿入されると、第2ジョーはもう一度開放されることがあり、アンビル1040及びステープルカートリッジ1000は、上記のように標的組織に対して位置付けられることがある。 Once the first and second jaw is inserted into the surgical site through the trocar, it is the second jaw is opened again, the anvil 1040 and staple cartridge 1000 is positioned against the target tissue as described above Sometimes.

様々な実施形態により、図84A〜84Dを参照して、外科用ステープラーのエンドエフェクタは、アンビル1140とステープルカートリッジ支持体1130との中間に位置付けられた埋め込み可能なステープルカートリッジ1100を含むことがある。 According to various embodiments, referring to FIG. 84A-84D, the end effector of the surgical stapler may include a staple cartridge 1100 implantable positioned intermediate the anvil 1140 and staple cartridge support 1130. 上記と同様に、アンビル1140は、組織接触表面1141を含むことがあり、ステープルカートリッジ1100は、組織接触表面1119を含むことがあり、ステープルカートリッジ支持体1130は支持表面1131を含むことがあり、これはステープルカートリッジ1100を支持するように構成されている。 Similar to the above, anvil 1140 may include a tissue contacting surface 1141, staple cartridge 1100 may include a tissue contacting surface 1119, the staple cartridge support member 1130 may include a support surface 1131, which It is configured to support a staple cartridge 1100. 図84Aを参照し、アンビル1140は、ステープルカートリッジ1100を変形することなく、ステープルカートリッジ1100の組織接触表面1119に対して組織Tを位置付けるために使用され得、アンビル1140がこのような位置にあるとき、組織接触表面1141は、ステープルカートリッジ支持表面1131から距離1101aで位置付けられ得、組織接触表面1119は、ステープルカートリッジ支持表面1131から距離1102aで位置付けられ得る。 Referring to FIG. 84A, the anvil 1140, without deforming the staple cartridge 1100, when obtained is used to position the tissue T against the tissue contacting surface 1119 of staple cartridge 1100, the anvil 1140 is in this position , the tissue contacting surface 1141 can be positioned at a distance 1101a from the staple cartridge support surface 1131, tissue contacting surfaces 1119 may be positioned at a distance 1102a from the staple cartridge support surface 1131. その後、アンビル1140がステープルカートリッジ支持体1130に向かって移動され、図84Bを参照して、アンビル1140は、ステープルカートリッジ1100の頂面又は組織接触表面1119を下方に押し、カートリッジ本体1110の第1層1111及び第2層1112を圧縮することができる。 Thereafter, the anvil 1140 is moved toward the staple cartridge support member 1130, referring to FIG. 84B, the anvil 1140, press the top surface or tissue contacting surface 1119 of staple cartridge 1100 downward, the first layer of the cartridge body 1110 it is possible to compress the 1111 and second layer 1112. 図84Bを参照し、層1111及び1112が圧縮されると、第2層1112が圧壊し、ステープル1120の脚部1121が、第1層1111を通過して組織T内に貫通し得る。 Referring to FIG 84B, when the layer 1111 and 1112 is compressed, the second layer 1112 is crushed, the legs 1121 of staples 1120, can penetrate into tissue T through the first layer 1111. 少なくとも一実施形態において、ステープル1120は第2層1112のステープル空洞又は空隙1115内に少なくとも一部分が位置付けられ得、第2層1112が圧縮されると、ステープル空洞1115が折り畳まれ、結果として、第2層1112がステープル1120の周囲で折り畳まれる。 In at least one embodiment, staple 1120 obtained at least partially positioned within staple cavities or voids 1115 of the second layer 1112, the second layer 1112 is compressed, the staple cavities 1115 is folded, as a result, the second layer 1112 is folded around the staples 1120. 様々な実施形態において、第2層1112は、カバー部分1116を含んでもよく、これはステープル空洞1115上に延び、かつステープル空洞1115を包囲するか又は少なくとも一部分を包囲し得る。 In various embodiments, the second layer 1112 may include a cover portion 1116, which may surround or at least a portion extending over the staple cavities 1115, and surrounds the staple cavities 1115. 図84Bは、ステープル空洞1115内へと下方に圧壊される、カバー部分1116を例示する。 Figure 84B is crushed down into staple cavity 1115, illustrates the cover portion 1116. いくつかの実施形態において、第2層1112は、1つ又は2つ以上の弱化部分を含んでもよく、これは第2層1112が折り畳まれるのを促進し得る。 In some embodiments, the second layer 1112 may include one or more weakening, which may facilitate the second layer 1112 is folded. 様々な実施形態において、このような弱化部分は、例えば、刻んだ線、穿孔、及び/又は薄い断面を含んでもよく、これはカートリッジ本体1110の制御された折りたたみを促進し得る。 In various embodiments, such weakening, for example, chopped lines, perforations, and / or thin cross-section may comprise, which may facilitate the controlled folding of the cartridge body 1110. 少なくとも一実施形態において、第1層1111は、1つ又は2つ以上の弱化部分を含んでもよく、これは、第1層1111を通じてステープル脚部1121の貫通を促進し得る。 In at least one embodiment, the first layer 1111 may include one or more weakening, which may facilitate the penetration of the staple legs 1121 through the first layer 1111. 様々な実施形態において、このような弱化部分は、例えば、刻んだ線、穿孔、及び/又は薄い断面を含んでもよく、これはステープル脚部1121と位置合わせされるか又は少なくとも実質的に位置合わせされ得る。 In various embodiments, such weakening, for example, chopped lines, perforations, and / or thin cross-section may comprise, this or at least substantially aligned is aligned with the staple legs 1121 It may be.

図84Aを再び参照し、アンビル1140が、部分的に閉じた、発射していない位置にあるとき、アンビル1140は、カートリッジ支持表面1131から、その間に空隙が画定されるように、距離1101aで位置付けられ得る。 Referring again to FIG. 84A, the anvil 1140, partially closed, when in the position which is not fired, the anvil 1140, the cartridge support surface 1131, as gap is defined therebetween, positioned at a distance 1101a It can be. 空隙はステープルカートリッジ高さ1102aを有するステープルカートリッジ1100、及び組織Tで充填され得る。 Void may be filled in the staple cartridge 1100, and the tissue T having a staple cartridge height 1102a. 図84Bを再び参照し、アンビル1140が下方に移動されてステープルカートリッジ1100を圧縮すると、組織接触表面1141とカートリッジ支持表面1131との間の距離は、距離1101aよりも短い距離1101bによって画定され得る。 Referring again to FIG. 84B, the anvil 1140 compresses the staple cartridge 1100 is moved downward, the distance between tissue contacting surface 1141 and the cartridge support surface 1131 may be defined by a short distance 1101b than the distance 1101a. 様々な状況において、距離1101bにより画定される、アンビル1140の組織接触表面1141と、カートリッジ支持表面1131との間の空隙は、元々の変形していないステープルカートリッジ高さ1102aよりも大きいことがある。 In various circumstances, is defined by the distance 1101b, a tissue contacting surface 1141 of the anvil 1140, the gap between the cartridge support surface 1131 may be larger than the original deformed staple cartridge height not 1102a. ここで図84Cを参照し、アンビル1140がカートリッジ支持表面1131により近く移動されると、第2層1112は、折りたたみ続け、ステープル脚部1121と形成ポケット1142との間の距離は減少し得る。 Referring now to FIG. 84C, the anvil 1140 is moved closer to the cartridge support surface 1131, second layer 1112, continued folding, the distance between the staple legs 1121 and forming pockets 1142 may be reduced. 同様に、組織接触表面1141とカートリッジ支持表面1131との間の距離は1101cまで減少することがあり、これは様々な実施形態において、元の変形してないカートリッジ高さ1102aより大きい、これと等しい、又はこれより小さいことがある。 Similarly, the distance between tissue contacting surface 1141 and the cartridge support surface 1131 may be reduced to 1101c, which in various embodiments, the cartridge height 1102a greater than not the original deformation, equal to this , or it is smaller than this. 図84Dを参照し、アンビル1140は、最終的な、ステープル1120が完全に形成された又は少なくとも所望の高さまで形成された、発射位置まで移動され得る。 Referring to FIG. 84D, the anvil 1140, final, staple 1120 is formed to fully formed, or at least desired height can be moved to the fired position. このような位置において、アンビル1140の組織接触表面1141は、カートリッジ支持表面1131から距離1101dの距離であり得、距離1101dは、元の変形していないカートリッジ高さ1102aより短い場合がある。 In such a position, the tissue contacting surface 1141 of the anvil 1140, obtained there from the cartridge support surface 1131 at a distance of distance 1101d, distance 1101d may shorter than the cartridge height 1102a that is not the original deformation. また図84Dに例示されるように、ステープル空洞1115は、完全に又は少なくとも実質的に、折り畳まれており、ステープル1120は完全に又は少なくとも実質的に折り畳まれた第2層1112によって囲まれる。 As also illustrated in Figure 84D, the staple cavities 1115, completely or at least substantially, are folded, the staple 1120 is surrounded by a second layer 1112 folded completely or at least substantially. 様々な状況において、アンビル1140はその後、ステープルカートリッジ1100から離れるように動く場合がある。 In various circumstances, the anvil 1140 may then sometimes moves away from the staple cartridge 1100. 一度アンビル1140がステープルカートリッジ1100から係合離脱すると、カートリッジ本体1110は、様々な位置において(すなわち、例えばステープル1120に隣接するステープルの中間の位置)、少なくとも部分的に再拡張し得る。 Once the anvil 1140 is disengaged from the staple cartridge 1100, the cartridge body 1110, at various locations (i.e., for example, staples intermediate position adjacent to the staple 1120), may at least partially re-expand. 少なくとも一実施形態において、圧壊したカートリッジ本体1110は、弾性的に再拡張しないことがある。 In at least one embodiment, the cartridge body 1110 collapse may not elastically re extension. 様々な実施形態において、形成されたステープル1120及び、加えて、隣接するステープル1120の中間に位置付けられるカートリッジ本体1110は、組織Tに圧力、又は圧縮力を適用することがあり、これは様々な治療的効果を提供し得る。 In various embodiments, the staple 1120 and formed, in addition, the cartridge body 1110 that is positioned intermediate adjacent staples 1120 may apply pressure or compressive force to tissue T, which is a variety of therapeutic It can provide the effects.

上記のように、図84Aに例示される実施形態を再び参照し、各ステープル1120は、そこから延びるステープル脚部1121を含み得る。 As described above, referring again to the embodiment illustrated in FIG. 84A, each staple 1120 can comprise staple legs 1121 extending therefrom. ステープル1120は、2つのステープル脚部1121を含むものとして示されるが、1つのステープル脚部、又はあるいは2つを超えるステープル脚部、例えば、3つのステープル脚部、又は4つのステープル脚部を含む様々なステープルが使用される場合がある。 Staple 1120 is shown as including two staple legs 1121 includes one staple legs, or alternatively staple legs more than two, for example, three staple legs or four staple legs in some cases various staples are used. 図84Aに例示されるように、各ステープル脚部1121は、ステープル1120が第2層1112内に固定されるように、カートリッジ本体1110の第2層1112内に埋め込まれ得る。 As illustrated in Figure 84A, each staple legs 1121 as the staple 1120 is fixed to the second layer 1112 can be embedded within the second layer 1112 of the cartridge body 1110. 様々な実施形態において、ステープル1120は、ステープル脚部1121の先端部1123が、基部1122の前に空洞1115内に入るようにして、カートリッジ本体1110のステープル空洞1115内に挿入されることがある。 In various embodiments, the staples 1120, distal portion 1123 of the staple legs 1121, so as to enter the cavity 1115 in front of the base 1122, may be inserted into the staple cavity 1115 of the cartridge body 1110. 先端部1123が、空洞1115内に挿入された後、様々な実施形態において、先端部1123は、カバー部分1116に押し込まれて、第2層1112を切開する。 Tip 1123, after being inserted into the cavity 1115, in various embodiments, tip 1123 is pushed into the cover part 1116, cutting the second layer 1112. 様々な実施形態において、ステープル1120は、ステープル1120が第2層1112に対して動かないか、又は少なくとも実質的に動かないように、第2層1112内の十分な深さに位置付けられ得る。 In various embodiments, the staples 1120, the staple 1120 Do not move relative to the second layer 1112, or so as not to move at least substantially be positioned deep enough in the second layer 1112. いくつかの実施形態において、ステープル1120は、基部1122がステープル空洞1115内に位置付けられるか又は埋め込まれるように、第2層1112内の十分な深さに位置付けられ得る。 In some embodiments, the staples 1120, as the base 1122 is embedded or positioned in the staple cavities 1115 can be positioned deep enough in the second layer 1112. 他の様々な実施形態において、基部1122は、第2層1112内に位置付けられないか、又は埋め込まれない場合もある。 In other various embodiments, the base 1122 is either not positioned in the second layer 1112, or embedded not case. いくつかの実施形態において、図84Aを参照し、基部1122は、カートリッジ本体1110の底面1118の下に延びてもよい。 In some embodiments, with reference to FIG. 84A, the base 1122 may extend below the bottom surface 1118 of the cartridge body 1110. いくつかの実施形態において、基部1122は、カートリッジ支持表面1130上に位置し得るか、又はこれに対して直接位置付けられ得る。 In some embodiments, the base 1122, or be located on the cartridge support surface 1130, or it may be located directly against. 様々な実施形態において、カートリッジ支持表面1130は、ここから延びるか、及び/又は内部に画定される支持機構を含む場合があり、少なくとも1つのこのような実施形態において、ステープル1120の基部1122は、以下でより詳細に記載されるように、ステカートリッジ支持体1130内の、1つ又は2つ以上の支持溝、スロット、又はトラフ1132内に位置付けられるか、これによって支持され得る。 In various embodiments, the cartridge support surface 1130 may include a support mechanism that is defined either extending from here, and / or within, at least one such embodiment, the base 1122 of the staple 1120, as described in more detail below, in stearyl cartridge support member 1130, one or more support groove, or positioned in the slot, or trough 1132, thereby may be supported.

上記に加え、図85を参照し、ステープル1120の基部1122は、ステープルカートリッジ支持体1130の支持表面1131に対して直接位置付けられ得る。 In addition to the above, with reference to FIG. 85, the base portion 1122 of the staple 1120 may be positioned directly against the support surface 1131 of the staple cartridge support 1130. 例えば、ステープル基部1122が円形又は弓状の底面1124を含む実施形態を含む、様々な実施形態において、ステープル基部1122は、ステープルカートリッジ支持表面1131に沿って移動又は摺動し得る。 For example, the staple base 1122 includes an embodiment comprising a circular or arcuate bottom surface 1124, in various embodiments, the staple base 1122 may move or slide along the staple cartridge support surface 1131. このような摺動は、アンビル1140がステープル形成プロセス中に、ステープル脚部1121の先端部1123に対して押し付けられる際に生じ得る。 Such sliding, the anvil 1140 is in the staple forming process can occur when pressed against the distal end portion 1123 of the staple legs 1121. いくつかの実施形態により、上記のように、かつ図86を参照し、ステープルカートリッジ支持体1130は、内部に1つ又は2つ以上の支持スロット1132を含む場合があり、これは、ステープル基部1122とカートリッジ支持表面1131との間の相対移動を排除するか又は少なくとも低減するように構成され得る。 According to some embodiments, as described above, and with reference to FIG. 86, the staple cartridge support member 1130 may internally include one or more support slots 1132, which is a staple base 1122 It may be configured to reduce or at least to eliminate the relative movement between the cartridge support surface 1131 and. 少なくとも1つのこのような実施形態において、各支持スロット1132は、内部に位置付けられたステープルの底面の輪郭と適合するか、又は少なくとも実質的に適合する、表面輪郭によって画定され得る。 In at least one such embodiment, each support slot 1132 or fit the contour of the staple bottom positioned within, or at least substantially conforms may be defined by the surface contour. 例えば、図86に示される基部1122の底面1124は、円形又は少なくとも実質的に円形の表面を含む場合があり、支持スロット1132はまた、円形の又は少なくとも実質的に円形の表面を含み得る。 For example, the bottom surface 1124 of the base 1122 shown in FIG. 86, may contain a circular or at least substantially circular surface, the support slot 1132 may also include a circular or at least substantially circular surface. 少なくとも1つのこのような実施形態において、スロット1132を画定する表面は、底面1124を画定する曲率半径を超える又はこれと等しい、曲率半径によって画定され得る。 In at least one such embodiment, the surface defining the slot 1132 is greater than the radius of curvature defining a bottom surface 1124 or equivalent thereto, it may be defined by a radius of curvature. スロット1132は、ステープル1120と、ステープルカートリッジ支持体1130との間の相対的な摺動運動を防ぐ又は低減することを補助し得るが、スロット1132はまたステープル1120とステープルカートリッジ支持体1130との間の回転運動もまた防ぐか又は低減するように構成され得る。 Slot 1132 between the staple 1120, but may assist in preventing or reducing the relative sliding movement between the staple cartridge support member 1130, slot 1132 is also the staple 1120 and staple cartridge support 1130 It can be configured to be rotational movement or or reduce prevented. より具体的に、少なくとも一実施形態において、スロット1132は、ステープル1120が、これが変形する際に回転するか又は捻れることがないように、ステープル1120の軸1129を中心とした回転を防ぐか又は低減するため、基部1122を緊密に受容するように構成され得る。 More specifically, in at least one embodiment, the slot 1132, the staple 1120, this so as not to either rotate or twist during the deformation, or prevent rotation about the axis 1129 of the staple 1120 to reduce, it can be configured to closely receive the base 1122.

上記に加え、様々な実施形態において、各ステープル1120は、丸い、又は少なくとも実質的に丸いワイヤから形成され得る。 In addition to the above, in various embodiments, each staple 1120 may be formed from round, or at least substantially round wire. いくつかの実施形態において、各ステープルの脚部及び基部は、例えば、矩形の断面など、非円形の断面を有するワイヤから形成されることがある。 In some embodiments, the legs and the base of each staple, for example, such as a rectangular cross-section, may be formed from wire having a non-circular cross-section. 少なくとも1つのこのような実施形態において、ステープルカートリッジ1130は、例えば、このようなステープルの基部を受容するように構成された矩形のスロットなどの、対応する非円形のスロットを含む場合がある。 In at least one such embodiment, the staple cartridge 1130, for example, such as configured rectangular slot to receive the base of such a staple may include a corresponding non-circular slot. 様々な実施形態において、ここでは図87を参照し、各ステープル1120は、例えば、基部1122にオーバーモールドされた、クラウン1125などのクラウンを含む場合があり、各クラウン1125は、ステープルカートリッジ支持体1130内の支持スロット内に位置付けられる場合がある。 In various embodiments, where the reference to FIG. 87, each staple 1120, for example, overmolded base 1122, may include a crown, such as crown 1125, each crown 1125, a staple cartridge support 1130 which may be positioned in the inner support within the slot. 少なくとも1つのこのような実施形態において、各クラウン1125は、正方形及び/又は矩形の断面を含む場合があり、これは例えば、ステープルカートリッジ支持体1130内の正方形及び/又は矩形のスロット1134内に受容されるように構成され得る。 In at least one such embodiment, each crown 1125 may contain square and / or rectangular cross-section, which is for example, received in the staple cartridge support square and / or rectangular slots 1134 in 1130 It may be configured to be. 様々な実施形態において、クラウン1125は、商標名Vicrylで市販されるポリグリコール酸(PGA)、ポリ乳酸(PLA又はPLLA)、ポリジオキサノン(PDS)、ポリヒドロキシアルカノエート(PHA)、商標名Monocrylで市販されるポリグレカプロン25(PGCL)、ポリカプロラクトン(PCL)、並びに/又はPGA、PLA、PDS、PHA、PGCL及び/若しくはPCLの混合物などの生吸収性プラスチックを含む場合があり、例えば、射出成形プロセスによって、ステープル1120の基部1122の周囲に形成され得る。 In various embodiments, the crown 1125, polyglycolic acid, commercially available under the trade name Vicryl (PGA), polylactic acid (PLA or PLLA), polydioxanone (PDS), polyhydroxyalkanoates (PHA), sold under the trade name Monocryl Porigurekapuron 25 (PGCL) being, could include polycaprolactone (PCL), and / or PGA, PLA, PDS, PHA, bioabsorbable plastics such as a mixture of PGCL and / or PCL, for example, injection molding by the process, it may be formed around the base portion 1122 of the staple 1120. 様々なクラウン及び様々なクラウンを形成する方法は、2006年9月29日に出願された、米国特許出願番号第11/541,123号、表題「SURGICAL STAPLES HAVING COMPRESSIBLE OR CRUSHABLE MEMBERS FOR SECURING TISSUE THEREIN AND STAPLING INSTRUMENTS FOR DEPLOYING THE SAME」に開示され、その全開時は、本明細書において参照として組み込まれる。 A method of forming a variety of crowns and various crown, filed September 29, 2006, U.S. Patent Application Serial No. 11 / 541,123, entitled "SURGICAL STAPLES HAVING COMPRESSIBLE OR CRUSHABLE MEMBERS FOR SECURING TISSUE THEREIN AND disclosed in STAPLING INSTRUMENTS FOR DEPLOYING tHE SAME ", when its fully opened is incorporated by reference herein. 再び図87を参照し、スロット1134は、クラウン1125をスロット1134に挿入することを促進するように構成され得る、導入部又はベベル1135を更に含み得る。 Referring to FIG 87 again, the slots 1134 may be configured to facilitate the insertion of the crown 1125 to the slot 1134 may further include the introduction portion or bevel 1135. 様々な実施形態において、ステープル1120の基部及び/又はクラウンは、ステープルカートリッジ1100が、ステープルカートリッジ支持体1130に組み立てられる際に、スロット1134内に位置付けられることがある。 In various embodiments, the base and / or crown of the staple 1120, the staple cartridge 1100, when assembled into the staple cartridge support member 1130, which may be positioned in the slot 1134. いくつかの実施形態において、ステープル1120のクラウン1125は、ステープルカートリッジ1100が、ステープルカートリッジ支持体1130に組み立てられる際に、スロット1134位置合わせされることがある。 In some embodiments, the crown 1125 of the staple 1120, the staple cartridge 1100, when assembled into the staple cartridge support member 1130, which may be slot 1134 aligned. 少なくとも1つのこのような実施形態において、クラウン1125は、圧縮力がステープル脚部1121に適用され、ステープル1120の基部及び/又はクラウンが、スロット1134内へと下方に押されるまで、スロット1134に入らないことがある。 In at least one such embodiment, the crown 1125, compressive force is applied to the staple legs 1121, to the base and / or crown of the staple 1120 is pushed downwardly into the slot 1134, entering the slot 1134 no there is.

様々な実施形態において、ここで図88及び図89を参照し、例えば、ステープルカートリッジ1200などのステープルカートリッジは、外層1211及び内層1212を含む、圧縮可能な、埋め込み可能なカートリッジ本体1210を含む場合がある。 In various embodiments, referring now to FIG. 88 and FIG. 89, for example, a staple cartridge, such as staple cartridge 1200 includes an outer layer 1211 and an inner layer 1212, compressible, it may contain a cartridge body 1210 implantable is there. 上記と同様に、ステープルカートリッジ1200は、カートリッジ本体1210内に位置付けられた、複数のステープル1220を含む場合がある。 Similar to the above, staple cartridge 1200 positioned within the cartridge body 1210 may include a plurality of staples 1220. 様々な実施形態において、各ステープル1220は、基部1222及びここから延びる1つ又は2つ以上のステープル脚部1221を含み得る。 In various embodiments, each staple 1220 can comprise one or more staple legs 1221 extending base 1222 and from here. 少なくとも1つのこのような実施形態において、ステープル脚部1221は、内層1212に挿入され、例えば、ステープル1220の基部1222が、内層1212の底面1218と隣接する、及び/又は隣接するように位置付けられるような深さに配置され得る。 In at least one such embodiment, the staple legs 1221 are inserted into the inner layer 1212, for example, so that the base portion 1222 of the staple 1220 is positioned to be adjacent to the bottom surface 1218 of the inner layer 1212, and / or adjacent It may be arranged in such depth. 図88及び図89内に示される実施形態において、内層1212は、ステープル1220の一部分を受容するように構成されたステープル空洞を含まず、他の実施形態において内層1212は、このようなステープル空洞を含み得る。 In the embodiment shown in FIG. 88 and FIG. 89., the inner layer 1212 does not include a configuration staple cavity to receive a portion of staple 1220, the inner layer 1212 in other embodiments, such staple cavities It may include. 上記に加え、様々な実施形態において、内層1212は、例えば、生吸収性フォーム及び/又は酸化再生セルロース(ORC)などの、圧縮可能な材料を含む場合があり、これは、カートリッジ本体1210が圧縮負荷がそこに適用される際に折り畳まれることを可能にするように構成され得る。 In addition to the above, in various embodiments, the inner layer 1212, for example, such as bioabsorbable foam and / or oxidized regenerated cellulose (ORC), may include a compressible material, which, the cartridge body 1210 compression It may be configured to allow it to be folded when the load is applied thereto. 様々な実施形態において、内層1212は、例えば、ポリ乳酸(PLA)及び/又はポリグリコール酸(PGA)を含む凍結乾燥フォームから構成される場合がある。 In various embodiments, the inner layer 1212, for example, be comprised from a lyophilized form that contains a polylactic acid (PLA) and / or polyglycolic acid (PGA). ORCは、商標名Surgicelで市販されていることがあり、遊離した織布(外科用スポンジなど)、遊離した遷移(木綿ボールなど)及び/又はフォームを含み得る。 ORC is sometimes sold under the trade name Surgicel, (such as surgical sponges) liberated fabric may include free transition (such as cotton balls) and / or foams. 少なくとも一実施形態において、内層1212は、内部に収容され及び/又はその上にコーティングされた、凍結乾燥トロンビン及び/又は繊維素などの薬剤(これらは、例えば、水により活性化する及び/又は患者の体内の流体により活性化する)を含む物質から構成され得る。 In at least one embodiment, the inner layer 1212 coated on to and / or contained within, lyophilized thrombin and / or agents such as cellulose (These include, for example, and / or patient activated by water It may be comprised of materials including activated) by the body fluid. 少なくとも1つのこのような実施形態において、凍結乾燥トロンビン及び/又は繊維素は、例えば、Vicryl(PGA)マトリックス上に保持される場合がある。 In at least one such embodiment, lyophilized thrombin and / or cellulose, for example, may be held in the Vicryl (PGA) matrix. しかしながら、いくつかの実施形態において、活性化可能な薬剤は、例えば、ステープルカートリッジ1200が患者内の手術部位に挿入される際に、意図せずして活性化される場合がある。 However, in some embodiments, the activatable agent is, for example, when the staple cartridge 1200 is inserted into a surgical site within a patient, it may be activated unintentionally. 様々な実施形態において、図88及び図89を参照として、外層1211は、水不透過性、又は少なくとも実質的に水不透過性の材料を含む場合があり、それによりカートリッジ本体1210が圧縮されてステープル脚部が外層1211を貫通する後、及び/又は外層1211がなんらかの様式により切開された後まで、液体が内層1212と接触しないか、又は少なくとも実質的に接触しない。 In various embodiments, the reference to FIG. 88 and FIG. 89, the outer layer 1211, water-impermeable, or at least substantially may contain water-impermeable material, thereby the cartridge body 1210 is compressed after the staple legs penetrate the outer layer 1211, and / or until after the outer layer 1211 it is incised by some manner, either liquid does not contact with the inner layer 1212, or at least does not substantially contact. 様々な実施形態において、外層1211は、例えば、ポリジオキサノン(PDS)、及び/又はポリグリコール酸(PGA)などのバットレス材料及び/又はプラスチック材料から構成される場合がある。 In various embodiments, the outer layer 1211, for example, be comprised of buttress material and / or plastic material such as polydioxanone (PDS), and / or polyglycolic acid (PGA). いくつかの実施形態において、外層1211は、内層1212及びステープル1220を囲むラップを含み得る。 In some embodiments, the outer layer 1211 may include a wrap surrounding the inner layer 1212 and staple 1220. より具体的に、少なくとも一実施形態において、ステープル1220は、内層1212内に挿入されることがあり、外層1211は、内層1212及びステープル1220を含むサブアセンブリの周囲に巻かれ、その後封止され得る。 More specifically, in at least one embodiment, staple 1220 may be inserted in the inner layer 1212, outer layer 1211 is wound around the sub-assembly including an inner layer 1212 and the staple 1220 may sealed then sealed .

様々な実施形態において、ここで図90及び図91を参照し、例えば、ステープルカートリッジ1300などのステープルカートリッジは、外層1311及び内層1312を含む、圧縮可能な、埋め込み可能なカートリッジ本体1310を含む場合がある。 In various embodiments, referring now to FIG. 90 and FIG. 91, for example, a staple cartridge, such as staple cartridge 1300 includes an outer layer 1311 and an inner layer 1312, compressible, it may contain a cartridge body 1310 implantable is there. 上記と同様に、ステープルカートリッジ1300は、カートリッジ本体1310内に位置付けられる、ステープル1320を更に含む場合があり、各ステープル1320は、基部1322、及びそこから延びる1つ又は2つ以上の脚部1321を含む場合がある。 Similar to the above, staple cartridge 1300 positioned within the cartridge body 1310, may further include a staple 1320, each staple 1320, base 1322, and one or more legs 1321 extending therefrom there is a case that contains. ステープルカートリッジ1200と同様に、ステープル1320の基部1322は、内層1312の底面1318の下に延びる場合があり、外層1311が基部1322を囲み得る。 Similar to the staple cartridge 1200, the base 1322 of the staple 1320, may extend below the bottom surface 1318 of the inner layer 1312, outer layer 1311 may surround the base 1322. 少なくとも1つのこのような実施形態において、外層1311は、外層1311が基部1322の輪郭に適合するように、各ステープル基部1322を包囲するように、十分に可撓性であり得る。 In at least one such embodiment, the outer layer 1311, as the outer layer 1311 is adapted to the contour of the base 1322 so as to surround each staple base 1322 may be sufficiently flexible. 少なくとも1つの代替的実施形態において、図89を参照し、外層1211は、これが各基部1222に適合することなく、基部1222の周囲に延びるように、十分に剛性であり得る。 In at least one alternative embodiment, referring to FIG. 89, the outer layer 1211, this is not to meet the base 1222, so as to extend around the base 1222 may be sufficiently rigid. いずれにせよ、様々な実施形態において、外層1311は、ステープル1320の基部1322と、例えば、ステープルカートリッジ1300を支持する支持表面1031又は1131などの、ステープルカートリッジ支持表面との中間に位置付けられることがある。 Anyway, in various embodiments, the outer layer 1311 includes a base 1322 of the staple 1320, for example, such as the support surface 1031 or 1131 to support a staple cartridge 1300, which may be positioned intermediate the staple cartridge support surface . 少なくとも1つのこのような実施形態において、外層1311は、基部1322と、例えば、ステープルカートリッジ支持表面内に画定される、スロット1032又は1132などの支持スロットとの中間に位置付けられることがある。 In at least one such embodiment, the outer layer 1311 includes a base 1322, for example, defined in the staple cartridge support the surface and may be positioned intermediate the support slot, such as slot 1032 or 1132. 上記に加え、このような実施形態に少なくとも1つにおいて、外層1311は、基部1322の移動を制限し、並びに/又は基部1322と、ステープルカートリッジ支持表面及び/若しくは支持スロットとの間の摩擦係数を、その間の相対的な移動を低減させるため、増加させるように構成され得る。 In addition to the above, at least one in such embodiment, the outer layer 1311, restricts the movement of the base 1322, and / or a base 1322, a coefficient of friction between the staple cartridge support surface and / or the support slot , to reduce the relative movement therebetween, it may be configured to increase. 様々な代替的実施形態において、図92及び図93を参照し、例えば、ステープルカートリッジ1400などのステープルカートリッジの外層が、内部に位置付けられたステープルを全体的に囲まないことがある。 In various alternative embodiments, referring to FIGS. 92 and 93, for example, the outer layer of the staple cartridge, such as staple cartridge 1400, which may not surround the staples positioned within the overall. 少なくとも1つのこのような実施形態において、圧縮可能な、埋め込み可能なカートリッジ本体1410の外層1411は、ステープル1420のステープル脚部1421が、カートリッジ本体1410内に挿入される前に、内層1412に組み立てられ得る。 In at least one such embodiment, compressible, outer layer 1411 of the implantable cartridge body 1410, the staple legs 1421 of staples 1420, before being inserted into the cartridge body 1410, assembled in the inner layer 1412 obtain. 上記の結果として、ステープル1420の基部1422は、外層1411の外側に延びてもよく、少なくとも1つのこのような実施形態において、基部1422は、例えば、カートリッジ支持表面1031又は1131内の支持スロット1032又は1132内に直接位置付けられることがある。 As a result of the above, the base portion 1422 of the staple 1420 may extend outwardly of the outer layer 1411, at least one such embodiment, the base 1422, for example, the cartridge support surface 1031 or the 1131 support slot 1032 or there be positioned directly in 1132. 様々な実施形態において、ステープル脚部1421は、これらが内部を通じて挿入される際に、外層1411を切開してもよい。 In various embodiments, the staple legs 1421, when they are inserted through the internal, may be dissected outer layer 1411. 様々な状況において、ステープル脚部1421によって生成される孔は、ステープル脚部1421と外層1411との間で流体が(漏れたとしても)ほとんど漏れないように、ステープル脚部1421を緊密に囲むことがあり、これは、ステープルカートリッジ本体1410内に収容される薬剤が、時期尚早に活性化され、及び/又はカートリッジ本体1410から漏れる可能性を低減するか、又はこれを防ぐことがある。 In various circumstances, the hole produced by the staple legs 1421 (even leaks) fluid between the staple legs 1421 and the outer layer 1411 so little leakage, surrounding the staple legs 1421 closely There is, this is a drug contained within the staple cartridge body 1410, prematurely activated, and / or cartridge or reduce the possibility of leakage from the body 1410, or it is to prevent this.

上記のように、図88及び図89を参照して、ステープル1220の脚部1221は、カートリッジ本体1210内に埋め込まれることがあり、ステープル1220の基部1222が、内層1212の底面1218から外側に延びることがある。 As described above, with reference to FIG. 88 and FIG. 89, the legs 1221 of staples 1220 may be embedded within the cartridge body 1210, the base 1222 of the staple 1220, extends from the bottom surface 1218 of the inner layer 1212 outside Sometimes. 上記に加え、様々な実施形態において、内層1212は、ステープル1220を受容するように構成されたステープル空洞を含む場合がある。 In addition to the above, in various embodiments, the inner layer 1212 may include a configuration staple cavity to receive a staple 1220. 様々な他の実施形態により、図94及び図95を参照し、例えば、ステープルカートリッジ1500などのステープルカートリッジは、内部にステープル1520の少なくとも一部分を受容するように構成され得る、ステープル空洞1515を含む、圧縮可能で埋め込み可能なカートリッジ本体1510を含み得る。 The various other embodiments, referring to FIG. 94 and FIG. 95, for example, the staple cartridge, such as staple cartridge 1500 can be configured to receive at least a portion of the staples 1520 therein, including staple cavities 1515, It may include a cartridge body 1510 can be embedded in compressible. 少なくとも1つのこのような実施形態において、ステープル1520のステープル脚部1521の頂部は、内層1512内に埋め込まれてもよく、一方で、ステープル脚部1521の底部、及び基部1522は、ステープル空洞1515内に位置付けられてもよい。 In at least one such embodiment, the top portion of the staple legs 1521 of staples 1520 may be embedded in the inner layer 1512, while the bottom of the staple legs 1521, and base 1522, a staple cavity 1515 it may be positioned. いくつかの実施形態において、基部1522は、ステープル空洞1515内に全体的に位置付けられてもよく、いくつかの実施形態において、基部1522は、少なくともその一部分が、内層1512の底面1518の下に延びてもよい。 In some embodiments, the base 1522 may be generally positioned within the staple cavities 1515, in some embodiments, the base 1522, at least a portion thereof, extends below the bottom surface 1518 of the inner layer 1512 it may be. 上記と同様に、外層1511は、内層1512及び内部に位置付けられたステープル1520を包囲してもよい。 Similar to the above, the outer layer 1511 may surround the inner layer 1512 and the staple 1520 positioned therein. いくつかの他の実施形態において、ここで図96を参照し、ステープルカートリッジ1600は、圧縮可能な、埋め込み可能なカートリッジ本体1610内のステープル空洞1615内に位置付けられたステープル1620を含んでもよく、ステープル1620の少なくとも一部分が外層1611によって囲まれない。 In some other embodiments, wherein reference to FIG. 96, the staple cartridge 1600, compressible, may include staples 1620 positioned in the staple cavity 1615 in the implantable cartridge body 1610, staples at least a portion of the 1620 is not surrounded by the outer layer 1611. 少なくとも1つのこのような実施形態において、ステープル1620は、内層1612内に少なくとも一部分が埋め込まれたステープル脚部1621、及び加えて、外層1611の周囲で外側に延びる基部1622を含む場合がある。 In at least one such embodiment, the staple 1620, the staple legs at least partially embedded in the inner layer 1612 1621, and in addition, may include a base portion 1622 that extends outwardly around the outer layer 1611.

様々な実施形態において、ここで図97及び図98を参照し、例えば、ステープルカートリッジ1700などのステープルカートリッジは、圧縮可能な、埋め込み可能なカートリッジ本体1710、及び少なくとも一部分がカートリッジ本体1710内に位置付けられた、複数のステープル1720を含み得る。 In various embodiments, referring now to FIG. 97 and FIG. 98, for example, a staple cartridge, such as staple cartridge 1700, compressible, the cartridge body 1710, and at least a portion implantable is positioned within the cartridge body 1710 and it may include a plurality of staples 1720. カートリッジ本体1710は、外層1711、内層1712、及び加えて、ステープル1720をカートリッジ本体1710内の適所に位置合わせ及び/又は保持するように構成され得る、位置合わせマトリックス1740を含み得る。 The cartridge body 1710, the outer layer 1711, an inner layer 1712, and in addition, may be configured to align and / or retain the staples 1720 in place within the cartridge body 1710 may include an alignment matrix 1740. 少なくとも一実施形態において、内層1712は、内部に位置合わせマトリックス1740を受容するように構成され得る、陥没部1741を含み得る。 In at least one embodiment, the inner layer 1712 may be configured to receive the alignment matrix 1740 therein, may include a recess 1741. 様々な実施形態において、位置合わせマトリックス1140は、陥没部1741内に圧力嵌めされ得るか、及び/ないしは別の方法により、例えば、繊維素及び/又はタンパク質ヒドロゲルなどの少なくとも1つの接着剤を使用して、内層1712に好適に固定される。 In various embodiments, the alignment matrix 1140, or may be press fit into the recess 1741, and / or by another method, for example, using at least one adhesive, such as fibrin and / or protein hydrogel Te is suitably secured to the inner layer 1712. 少なくとも一実施形態において、陥没部1741は、位置合わせマトリックス1740の底面1742が、内層1712の底面1718と位置合わせされるか又は少なくとも実質的に位置合わせされるように、構成され得る。 In at least one embodiment, depressions 1741, the bottom surface 1742 of the alignment matrix 1740, as or at least substantially aligned is aligned with the bottom surface 1718 of the inner layer 1712 may be configured. いくつかの実施形態において、位置合わせマトリックスの底面1742は、第2層1712の底面1718に対して陥没し得る、及び/又はここから延び得る。 In some embodiments, the bottom surface 1742 of the alignment matrix can recessed with respect to the bottom surface 1718 of the second layer 1712, and / or may extend from here. 様々な実施形態により、各ステープル1720は、基部1722、及び基部1722から延びる1つ又は2つ以上の脚部1721を含む場合があり、ステープル脚部1721の少なくとも一部分が位置合わせマトリックス1740を通じて延びることがある。 According to various embodiments, each staple 1720, may base 1722, and comprising one or more legs 1721 extending from the base 1722, that at least a portion of the staple legs 1721 extend through alignment matrix 1740 there is. 位置合わせマトリックス1740は、例えば、内部を通じて延びる複数の開口部及び/又はスロットを更に含む場合があり、これは、内部にステープル脚部1721を受容するように構成され得る。 Alignment matrix 1740, for example, may further comprise a plurality of openings and / or slots extending therethrough, which may be configured to receive a staple leg 1721 therein. 少なくとも1つのこのような実施形態において、ステープル脚部1721と開口部の側壁との間に(あったとして)ほとんど相対移動が存在しないように、各開口部は、ステープル脚部1721を緊密に受容するように構成される場合がある。 In at least one such embodiment, (as was) between the side walls of the staple leg 1721 and the opening almost like relative movement does not exist, each opening closely receiving the staple legs 1721 there is a case configured to. いくつかの実施形態において、位置合わせマトリックス開口部は、位置合わせマトリックス1740を通じて全体的に延びることがあり、ステープル脚部1721は、ステープル脚部1721がこれを通じて押される際に、位置合わせマトリックス1740を切開することを必要とする場合がある。 In some embodiments, the alignment matrix opening may extend entirely through the alignment matrix 1740, the staple legs 1721, when the staple legs 1721 is pushed through this, the alignment matrix 1740 it may require that the incision.

様々な実施形態において、位置合わせマトリックス1740は、少なくとも一実施形態において、内層1712及び/又は外層1711よりも剛性であるか、又はより圧縮可能でない、形成されたプラスチック本体から構成される場合がある。 In various embodiments, the alignment matrix 1740, in at least one embodiment, either more rigid than the inner layer 1712 and / or outer layer 1711, or not compressible than, be composed from the formed plastic body . 少なくとも1つのこのような実施形態において、位置合わせマトリックス1740は、プラスチック材料及び/又は他の任意の好適な材料、例えば、ポリジオキサノン(PDS)及び/又はポリグリコール酸(PGA)などから構成される場合がある。 In at least one such embodiment, the alignment matrix 1740, plastics materials and / or any other suitable material, for example, polydioxanone (PDS) and / or polyglycolic acid (PGA) From such constructed there is. いくつかの実施形態において、位置合わせマトリックス1740は、内層1712に組み合わされる場合があり、ステープル脚部1721は、その後、位置合わせマトリックス1740を通じて挿入され、内層1712に埋め込まれる場合がある。 In some embodiments, the alignment matrix 1740 may be combined in the inner layer 1712, the staple legs 1721 may then be inserted through the aligned matrix 1740, which may be embedded in the inner layer 1712. 様々な実施形態において、位置合わせマトリックス1740の底面1742は、例えば、1つ又は2つ以上の溝、スロット又はトラフを含む場合があり、これは、ステープル1720の基部1722の少なくとも一部分を受容するように構成され得る。 In various embodiments, the bottom surface 1742 of the alignment matrix 1740, for example, one or more grooves, may contain slots or trough, which is to receive at least a portion of the base portion 1722 of the staple 1720 It may be configured to. 上記と同様に外層1711は、その後、内層1712、位置合わせマトリックス1740、及びステープル1720を含む、サブアセンブリの周囲に配置される場合がある。 The outer layer 1711 in the same manner as described above is then lining 1712, the alignment matrix 1740, and a staple 1720 and may be disposed around the sub-assembly. あるいは、外層1711は、内層1712及び位置合わせマトリックス1740を含む、サブアセンブリの周囲に配置される場合があり、ステープル1720はその後、外層1711、位置合わせマトリックス1740、及び内層1712を通じて挿入され得る。 Alternatively, the outer layer 1711 comprises an inner layer 1712 and alignment matrix 1740, may be disposed around the sub-assembly, the staple 1720 then, the outer layer 1711 may be inserted through the aligned matrix 1740, and an inner layer 1712. いずれにせよ、上記の結果として、内層1712、位置合わせマトリックス1740、及び/又は外層1711は、上記のようにこれらがアンビルによって変形されるまで及び/又はその後に適所にステープル1720を保持するように構成され得る。 In any case, as a result of the above, the inner layer 1712, the alignment matrix 1740, and / or outer layer 1711, so as to hold the staples 1720 in place until and / or after, as described above these are deformed by the anvil It may be configured. 少なくとも1つのこのような実施形態において、位置合わせマトリックス1740、ステープルカートリッジ1700が患者内に埋め込まれる前に、ステープル1720を適所に保持するように機能し、ステープルカートリッジ1700が埋め込まれた後に、ステープルのラインに沿って組織を固定するように機能し得る。 In at least one such embodiment, prior to alignment matrix 1740, staple cartridge 1700 is implanted in the patient, and functions to hold the staples 1720 in place, after the staple cartridge 1700 has been implanted, staple It may function to secure the tissue along the line. 例えば、少なくとも一実施形態において、ステープル1720は、内層1712及び/又は外層1711内に埋め込まれることなく、位置合わせマトリックス1740内に固定され得る。 For example, in at least one embodiment, staple 1720, without being embedded in the inner layer 1712 and / or outer layer in 1711 may be secured within the alignment matrix 1740.

様々な実施形態において、ここで図99〜105を参照し、例えば、ステープルカートリッジ1800などの、ステープルカートリッジは、内層1812を圧縮し、例えば、ステープル1820などのステープルを内層1812内に挿入し、内層1812を外層1811で包むことによって組み立てることができる。 In various embodiments, referring now to FIG. 99 to 105, for example, such as staple cartridge 1800, staple cartridge compresses the inner layer 1812, for example, by inserting the staples, such as staples 1820 in the inner layer 1812, an inner layer 1812 can be assembled by wrapping with an outer layer 1811. 主に図99を参照し、圧縮可能な内層1812が、内部に画定される複数のステープル空洞1815を含むものとして例示されるが、内層1812が上記のステープル空洞を含まない他の実施形態が想到され得る。 Primarily with reference to FIG. 99, the compressible inner layer 1812, is exemplified as including a plurality of staple cavities 1815 defined therein, contemplated are other embodiments where the inner layer 1812 does not contain the staple cavities It may be. 図100を参照し、圧縮可能な内層1812は、移送プレート1850及び支持プレート1860の中間に位置付けられ、かつその、それぞれの圧縮表面1852と1862との間で圧縮され得る。 Referring to FIG. 100, the compressible inner layer 1812 is positioned in the middle of the transfer plate 1850 and the support plate 1860, and its can be compressed between the respective compression surfaces 1852 and 1862. 図100に例示されるように、内面1812の頂面及び底面は、これに対応して、互いに圧縮されることがあり、内面1812は横方向外側に膨らむことがある。 As illustrated in Figure 100, top and bottom surfaces of the inner surface 1812 and, correspondingly, might be compressed together, the inner surface 1812 may bulge laterally outward. いくつかの実施形態において、内層1812は、例えば、その元々の高さのおよそ1/3の高さまで圧縮されることがあり、例えば、その圧縮状態においておよそ1.52mm(0.06”)〜およそ2.03mm(0.08”)の高さ又は厚さを有し得る。 In some embodiments, the inner layer 1812, for example, may be compressed to approximately one-third of the height of the original height, for example, approximately 1.52 mm (0.06 ") in its compressed state ~ It may have an approximate height or thickness of 2.03mm (0.08 "). また図100に例示されるように、移送プレート1850は、複数のステープルウェル1853内に位置付けられた、例えば、ステープル1820などの、複数のステープルを更に含み得る。 As also illustrated in FIG. 100, the transfer plate 1850, positioned in a plurality of staples well 1853, for example, such as staples 1820 may further include a plurality of staples. 加えて、移送プレート1850は、複数のドライバ1851を更に含むことがあり、これは、ステープル1820を上方に、ステープルウェル1853の外側に押すように構成され得る。 In addition, the transfer plate 1850, may further comprise a plurality of drivers 1851, which is a staple 1820 upwards, can be configured to push the outside of the staple wells 1853. 図101を参照し、ドライバ1851は、ステープル1820のステープル脚部1821を、圧縮された内層1812を通じて内部に押すために使用され得る。 Referring to FIG. 101, the driver 1851, the staple legs 1821 of staples 1820 may be used to push the inner through compressed inner layer 1812. 様々な実施形態において、ドライバ1851は、その頂面が、ステープル1820が移送プレート1850のステープルウェル1853から完全に展開された際に、移送プレート1850の圧縮表面1852と、同一平面になるか、又は少なくとも同一平面に近くなるように構成される。 In various embodiments, the driver 1851, the top surface, or when the staple 1820 is fully deployed from the staple wells 1853 of the transfer plate 1850, and the compression surface 1852 of the transfer plate 1850, the same plane, or configured to be close to at least the same plane. いくつかの実施形態において、やはり図101に例示されるように、支持プレート1860は複数の受容開口部1861を含むことがあり、これはステープル脚部1821、又は少なくともステープル脚部1821の先端部を、これらが内層1812を通じて押された後に、受容するように構成され得る。 In some embodiments, as also illustrated in FIG. 101, the support plate 1860 may include a plurality of receiving openings 1861, which is the staple legs 1821, or at least a tip portion of the staple legs 1821 , after which they are pressed through the inner layer 1812 may be configured to receive. 受容開口部1861などは、内層1812がステープル1820の高さよりも低い高さまで圧縮され、したがって、ステープル1820がステープルウェル1853から完全に排出された際に、ステープル脚部1821が圧縮された内層1812の頂面から突出し得る、実施形態において必要とされ得る。 Like receiving opening 1861, the inner layer 1812 is compressed to a height less than the height of the staple 1820, therefore, when the staple 1820 is completely discharged from the staple wells 1853, the staple legs 1821 of the to inner layer 1812 compression may protrude from the top surface, it may be required in embodiments. いくつかの他の実施形態において、内層1812は、ステープル1820の高さよりも高い高さまで圧縮されてもよく、その結果、支持プレート1860の受容開口部1861は不必要であり得る。 In some other embodiments, the inner layer 1812 may be compressed to a higher height than the height of the staple 1820, as a result, the receiving opening 1861 of the support plate 1860 may be unnecessary.

ステープル1820が内面1812内に挿入された後、図102を参照し、支持プレート1860は、内層1812を減圧させるために、移送プレート1850から遠ざかるように移動され得る。 After the staple 1820 is inserted into the inner surface 1812, with reference to FIG. 102, the support plate 1860, in order to depressurize the inner layer 1812 can be moved away from the transfer plate 1850. このような状況において、内層1812は、弾性的にその元の高さ、又は少なくとも元の高さに近い非圧縮高さまで弾力的に再拡張し得る。 In such circumstances, the inner layer 1812, elastically its original height, or at least resiliently re extended to the uncompressed height close to the original height. 内層1812が再拡張すると、内層1812の高さは、これがステープル1820の高さを超えるように増加することがあり、それによりステープル1820のステープル脚部1821は、内層1812の頂面からもはや突出しない。 When the inner layer 1812 is again extended, the height of the inner layer 1812, which may increase to exceed the height of the staple 1820, whereby the staple legs 1821 of staples 1820, no longer protrude from the top surface of the inner layer 1812 . 様々な実施形態により、受容開口部1861は、少なくとも、脚部1821が受容開口部1861内にもはや位置付けられないように、支持プレート1860が十分に離れるように移動されまで、適所にステープル脚部1821を保持するように構成され得る。 According to various embodiments, the receiving opening 1861, at least, as the leg portion 1821 is no longer positioned in the receiving opening 1861, the support plate 1860 until is moved away sufficiently, place the staple legs 1821 It may be configured to hold. このような状況において、受容開口部1861は、内層1812内で、これが再拡張する際に、ステープル1820の相対的位置合わせを維持することを補助し得る。 In such a situation, the receiving opening 1861, in the inner layer 1812, which when re-expansion, may help to maintain the relative alignment of the staple 1820. 様々な状況において、内層1812及び内部に位置付けられたステープル1820は、サブアセンブリ1801を含む場合があり、これは例えば、図103を参照し、外層1811内に挿入され得る。 In various circumstances, the inner layer 1812 and the staple 1820 positioned within the may contain sub-assembly 1801, which for example, with reference to FIG. 103 may be inserted in the outer layer 1811. 少なくとも1つのこのような実施形態において、外層1811は、内部に画定された空洞1802を含む場合があり、これは、内部にサブアセンブリ1801を受容するように構成され得る。 In at least one such embodiment, the outer layer 1811 may contain a cavity 1802 defined therein which can be configured to receive a sub-assembly 1801 therein. 様々な状況において、例えば、プライヤ1855などのツールが、外層1811をサブアセンブリ1801上に引くために利用され得る。 In various circumstances, for example, tools such as pliers 1855 may be utilized to draw the outer layer 1811 on the subassembly 1801. 図104を参照し、一度サブアセンブリ1801が外層1811内に十分に位置付けられると、外層1811が封止され得る。 Referring to FIG. 104, once the sub-assembly 1801 is fully positioned in the outer layer 1811, outer layer 1811 may be sealed. 様々な実施形態において、外層1811は、その一部分への熱エネルギーの適用を利用して封止され得る。 In various embodiments, the outer layer 1811 may be sealed by utilizing the application of heat energy to a portion thereof. より具体的に少なくとも一実施形態において、外層1811は、プラスチック材料から構成される場合があり、外層1811の開放端部は、外層1811の開放端部の外辺部を一緒に結合及び/又は封止するために、1つ又は2つ以上の熱要素又はアイロン1856により熱頭造され得る。 In a more specific at least one embodiment, the outer layer 1811, may consist of a plastic material, the open end of the outer layer 1811, bond and / or seal the perimeter of the open end of the outer layer 1811 together to stop, may be Netsuatama granulated by one or more heat elements or iron 1856. 少なくとも1つのこのような実施形態において、図105を参照し、外層1811の超過部分1857は、取り除かれてもよく、ステープルカートリッジ1800はその後、本明細書に記載されるように使用され得る。 In at least one such embodiment, referring to FIG. 105, the excess portion 1857 of the outer layer 1811 may be removed, the staple cartridge 1800 can then be used as described herein.

上記のように、ステープルカートリッジは、ステープルカートリッジ取り付け部分内に位置付けられ、及び/又はこれに固定され得る。 As described above, the staple cartridge may be secured positioned staple cartridge mounting portion, and / or thereto. 図106及び図107を参照し、様々な実施形態において、ステープルカートリッジ取り付け部分は、例えば、ステープルカートリッジチャネル1930などの、ステープルカートリッジを含む場合があり、これは、内部に例えば、ステープルカートリッジ1900などのステープルカートリッジの少なくとも一部分を受容するように構成され得る。 Referring to FIGS. 106 and Fig. 107, in various embodiments, the staple cartridge attachment portion, for example, such as staple cartridge channel 1930, may include a staple cartridge, which is internal to, for example, such as staple cartridge 1900 It may be configured to receive at least a portion of the staple cartridge. 少なくとも一実施形態において、ステープルカートリッジチャネル1930は、底部支持表面1931、第1横方向支持壁部1940、及び第2横方向支持壁部1941を含み得る。 In at least one embodiment, staple cartridge channel 1930 may include a bottom support surface 1931, a first lateral support wall portion 1940, and a second lateral support wall 1941. 使用中、ステープルカートリッジ1900は、ステープルカートリッジ1900が、底部支持表面1931に対して及び/又はこれに隣接するように位置付けられ、第1横方向支持壁部1940と第2横方向支持壁部1941との中間に位置付けられるように、ステープルカートリッジチャネル1930内に位置付けられ得る。 In use, the staple cartridge 1900, the staple cartridge 1900 and / or its positioned so as to be adjacent to the bottom support surface 1931, a first lateral support wall portion 1940 and the second lateral support wall portion 1941 the to be positioned intermediate can be positioned in the staple cartridge channel 1930. いくつかの実施形態において、第1横方向支持壁部1940及び第2横方向支持壁部1941は、その間に横方向空隙を画定し得る。 In some embodiments, the first lateral support wall portion 1940 and the second lateral support wall portion 1941 may define a lateral gap therebetween. 少なくとも1つのこのような実施形態において、ステープルカートリッジ1900は、横方向幅1903を含む場合があり、これは、支持壁部1940と1941との間で画定される横方向空隙と同じである及び/又はこれより広い横方向幅を含む場合があり、ステープルカートリッジ1900の圧縮可能な、埋め込み可能なカートリッジ本体1910が、壁部1940と1941との間にしっかりと適合し得る。 In at least one such embodiment, the staple cartridge 1900 may comprise a lateral width 1903, which is the same as the lateral gap defined between the support walls 1940 and 1941 and / or may it contains a wider transverse width, compressible staple cartridge 1900, the cartridge body 1910 implantable, it can firmly fit between the wall 1940 and 1941. いくつかの他の実施形態において、ステープルカートリッジ1900の横方向幅1903は、第1側壁1940と第2側壁1941との間に画定される空隙よりも短い場合がある。 In some other embodiments, the lateral width 1903 of the staple cartridge 1900 may be less than a gap defined between the first sidewall 1940 and second sidewall 1941. 様々な実施形態において、壁部1940及び1941、並びに底部支持表面1931の少なくとも一部分は、スタンピングした金属チャネルによって画定される場合があり、一方で少なくとも一実施形態において、横方向支持壁部1940及び/又は横方向支持壁部1941の少なくとも一部分が、例えば、エラストマー材などの可撓性材料を含む場合がある。 In various embodiments, the wall 1940 and 1941, and at least a portion of the bottom support surface 1931, may be defined by stamping metal channel, on the one hand at least one embodiment, lateral support walls 1940 and / or at least a portion of the lateral support wall portion 1941 is, for example, may include a flexible material such as an elastomer material. 主に図106を参照し、ステープルカートリッジチャネル1930の第1側壁1940及び第2側壁1941はそれぞれ、底部支持表面1931から上方に延びる剛性部分1933、及び剛性部分1933から上方に延びる可撓性部分1934を含み得る。 Primarily with reference to FIG. 106, the flexible portion extending each of the first side wall 1940 and second side wall 1941 of staple cartridge channel 1930, the rigid portion 1933 extending from the bottom support surface 1931 upward, and a rigid portion 1933 upward 1934 It may include.

上記に加え、様々な実施形態において、ステープルカートリッジ1900のカートリッジ本体1910は、例えば、第1層1911、及び第2層1912などの1つ又は2つ以上の圧縮可能な層を含み得る。 In addition to the above, in various embodiments, the cartridge body 1910 of staple cartridge 1900, for example, may comprise one or more compressible layer, such as first layer 1911, and a second layer 1912. カートリッジ本体1910が、上記のように、アンビルによって下方支持表面1931に対して圧縮される場合、カートリッジ本体1910の側部が横方向に伸張し得る。 The cartridge body 1910, as described above, when it is compressed against the lower support surface 1931 by the anvil, the side of the cartridge body 1910 may extend laterally. ステープルカートリッジ1930が剛性の側壁を含む実施形態において、カートリッジ本体1910の横方向拡張は、剛性の側壁によって防がれるか、又は少なくとも制限され得、結果として、かなりの量の、内部圧力又は応力が、カートリッジ本体1910内で生じ得る。 In embodiments the staple cartridge 1930 includes a sidewall stiffness, lateral expansion of the cartridge body 1910, or is prevented by the side wall of the rigid or obtain at least limited, as a result, a significant amount, the internal pressure or stress It may occur in the cartridge main assembly 1910. ステープルカートリッジ1930の少なくとも一部が可撓性側壁を含む実施形態において、可撓性側壁は、横方向に屈曲し、可撓性1910の側部が横方向に拡張することを可能にし、それによってカートリッジ本体1910内で生じる内部圧力又は応力を低減する。 In an embodiment at least part of the staple cartridge 1930 includes a flexible side wall, the flexible side wall is bent in the horizontal direction, the sides of the flexible 1910 makes it possible to expand horizontally, thereby internal pressure or stress occurring in the cartridge main assembly 1910 to reduce. カートリッジチャネルが横方向側壁を含むか、又はステープルカートリッジよりも比較的短い横方向側壁を含む実施形態において、ステープルカートリッジの側部は、阻害されずに、又は少なくとも実質的に阻害されずに拡張し得る。 Or cartridge channel includes a lateral side wall, or in embodiments comprising a relatively short transverse side walls than the staple cartridge, the sides of the staple cartridge, without being inhibited, or expand without being at least substantially inhibited obtain. いずれにせよ、図107を参照し、ステープルカートリッジチャネル2030は、横方向側壁2040及び2041を含む場合があり、これらは、例えば、エラストマー材などの可撓性材料を全体的に含み得る。 In any case, with reference to FIG. 107, the staple cartridge channel 2030, may contain lateral sidewalls 2040 and 2041, it can, for example, may generally include a flexible material, such as elastomeric material. ステープルカートリッジ2030は、ステープルカートリッジチャネル2030の底部支持表面2031の側部に沿って延びる横方向スロット2033を更に含む場合があり、これは、内部に横方向側部2040及び2041の少なくとも一部分を受容し、固定するように構成され得る。 Staple cartridge 2030 may further include a transverse slot 2033 extending along the sides of the bottom support surface 2031 of staple cartridge channel 2030, which is to receive at least a portion of the lateral sides 2040 and 2041 in the interior It may be configured to secure. いくつかの実施形態において、横方向側壁2040及び2041は、スナップ嵌め及び/又は圧力嵌め構成によりスロット2033内に固定され得、一方少なくとも一実施形態において、横方向側壁2040及び2041は、1つ又は2つ以上の接着剤によってスロット2033内に固定され得る。 In some embodiments, the lateral side walls 2040 and 2041, a snap-fit ​​and / or force fit may be secured in the slot 2033 by the configuration, whereas in at least one embodiment, the lateral sidewalls 2040 and 2041, one or It may be secured within the slot 2033 by more than one adhesive. 少なくとも一実施形態において、側壁2040及び2041は、使用中に底部支持表面2031から分離能であり得る。 In at least one embodiment, sidewalls 2040 and 2041 may be resolution from the bottom support surface 2031 during use. いずれにせよ、圧縮可能な、埋め込み可能なカートリッジ本体2010は、カートリッジ本体2010がステープル2020と共に埋め込まれるときに、横方向側壁2040及び2041から分離、及び/又は係合離脱し得る。 Anyway, compressible, the cartridge body 2010 implantable, when the cartridge body 2010 is embedded with the staple 2020, separated from the lateral side walls 2040 and 2041, and / or may disengage.

ここで図108を参照し、様々な実施形態において、外科用器具は、シャフト2150、及びシャフト2150の遠位端から延びるエンドエフェクタを含み得る。 Referring now to FIG. 108, in various embodiments, the surgical instrument includes a shaft 2150, and may include an end effector extending from the distal end of the shaft 2150. エンドエフェクタは、上記と同様に、ステープルカートリッジチャネル2130、開放位置と閉鎖位置との間で可動なアンビル2140、及びステープルカートリッジチャネル2130とアンビル2140との中間に位置付けられ得るステープルカートリッジ2100を含み得る。 The end effector, similar to the above, staple cartridge channel 2130 can include a staple cartridge 2100 can be positioned intermediate the movable anvil 2140 and staple cartridge channel 2130 and anvil 2140, between an open position and a closed position. また上記と同様に、ステープルカートリッジ2100は、圧縮可能な、埋め込み可能なカートリッジ本体2110、及びカートリッジ本体内2110に位置付けられる、複数のステープル2120を含み得る。 Also similar to the above, staple cartridge 2100, compressible, positioned in the cartridge body 2110 and the cartridge body 2110, an implantable, may include a plurality of staples 2120. 様々な実施形態において、ステープルカートリッジチャネル2130は、1)ステープルカートリッジ2100がそこに位置付けられ得る底部支持表面2131、2)遠位端2135、及び3)近位端2136を含み得る。 In various embodiments, the staple cartridge channel 2130, 1) bottom support surface staple cartridge 2100 can be positioned therein 2131,2) distal end 2135, and 3) may comprise a proximal end 2136. 図108に例示されるように、少なくとも一実施形態において、ステープルカートリッジ2100は、ステープルカートリッジチャネル2130の遠位端2135内に位置付けることができる、第1端部2105と、ステープルカートリッジチャネル2130の近位端2136に位置付けることができる第2端部2106とを含み得る。 As illustrated in Figure 108, in at least one embodiment, staple cartridge 2100 can be positioned within the distal end 2135 of staple cartridge channel 2130, a first end portion 2105, proximal of the staple cartridge channel 2130 It may include a second end 2106 which may be positioned on the end 2136. 様々な実施形態において、ステープルカートリッジチャネル2130の遠位端2135は、例えば、保持壁部2137などの少なくとも1つの遠位保持機構を含む場合があり、及び同様に、近位端2136は、例えば、保持壁部2138などの少なくとも1つの近位保持機構を含み得る。 In various embodiments, the distal end 2135 of staple cartridge channel 2130, for example, may contain at least one distal retention mechanisms such as retaining walls 2137, and similarly, the proximal end 2136, for example, It may include at least one proximal retention mechanisms such as retaining walls 2138. 少なくとも1つのこのような実施形態において、遠位保持壁部2137及び近位保持壁部2138は、その間に空隙を画定することがあり、これは、ステープルカートリッジ2100の長さと同等以下であり得、それによって、ステープルカートリッジ2100は、ステープルカートリッジ2100が内部に挿入されるときに、ステープルカートリッジチャネル2130内にしっかりと適合し得る。 In at least one such embodiment, the distal retaining wall portion 2137 and the proximal retention wall 2138 may define a gap therebetween, and which may be equal to or less than the length of staple cartridge 2100, thereby, the staple cartridge 2100, when the staple cartridge 2100 is inserted into can securely fit within the staple cartridge channel 2130.

図88及び図89を参照し、様々な実施形態において、例えば、ステープルカートリッジ1200などのステープルカートリッジは、平坦な、又は少なくとも実質的に平坦な、組織接触表面1219を含み得る。 Referring to FIG. 88 and FIG. 89, in various embodiments, for example, a staple cartridge, such as staple cartridge 1200, a flat, or at least substantially flat and may include a tissue contacting surface 1219. 少なくとも1つのこのような実施形態において、ステープルカートリッジ1200のステープルカートリッジ本体1210は、第1の高さ又は厚さ1207によって画定され得る第1端部1205、及び第2高さ又は厚さ1208によって画定され得る第2端部1206を含むことがあり、第1高さ1207は、第2高さ1208と同等であるか、又は少なくとも実質的に同等であり得る。 In at least one such embodiment, the staple cartridge body 1210 of staple cartridge 1200, defined by a first height or may be defined by the thickness 1207 first end 1205 and a second height or thickness 1208 may include a second end 1206 that may be, the first height 1207 is either equal to second height 1208, or be at least substantially equivalent. いくつかの実施形態において、カートリッジ本体1210は、一定の又は少なくとも実質的に一定の、第1端部1205と第2端部1206との間の高さ又は厚さを含み得る。 In some embodiments, the cartridge body 1210, a fixed constant or at least substantially, may include a first end 1205 of the height or thickness between the second end 1206. 少なくとも1つのこのような実施形態において、組織接触表面1219は、カートリッジ本体1210の底面1218と平行であるか、又は少なくとも実質的に平行であり得る。 In at least one such embodiment, tissue contacting surface 1219 is either parallel to the bottom surface 1218 of the cartridge body 1210, or be at least substantially parallel. 再び図108を参照し、様々な実施形態において、ステープルカートリッジ2100のカートリッジ本体2110の第1端部2105は、第2端部2106の第2高さ2108とは異なる第1高さ2107により画定され得る。 Referring again to FIG. 108, in various embodiments, first end portion 2105 of the cartridge body 2110 of staple cartridge 2100, and the second height 2108 of the second end portion 2106 is defined by a different first height 2107 obtain. 例示される実施形態において、第1高さ2107は、高さ2108よりも大きいが、第2高さ2108は、代替的実施形態における第1高さ2107よりも大きいことがある。 In the illustrated embodiment, the first height 2107 is greater than the height 2108, second height 2108 may be larger than the first height 2107 in alternative embodiments. 様々な実施形態において、カートリッジ本体2110の高さは、第1端部2105と第2端部2106との間で直線的に及び/又は幾何級数的に減少し得る。 In various embodiments, the height of the cartridge body 2110 includes a first end 2105 can linearly and / or exponentially decreasing between the second end 2106. 少なくとも1つのこのような実施形態において、第1端部2105と第2端部2106との間で延びる、組織接触表面2119は、その間に画定される角度に沿って向けられてもよい。 In at least one such embodiment, the first end portion 2105 extending between the second end 2106, the tissue contacting surface 2119, may be directed along the angle defined therebetween. 少なくとも1つのこのような実施形態において、組織接触表面2119は、カートリッジ本体2110の底面2118と、及び/又はステープルカートリッジチャネル2130の支持表面2131と平行でないことがある。 In at least one such embodiment, tissue contacting surfaces 2119 may the bottom surface 2118 of the cartridge body 2110, and / or not parallel to the support surface 2131 of staple cartridge channel 2130.

様々な実施形態において、再び、図108及び図109を参照し、アンビル2140は、組織接触表面2141を含む場合があり、これは、図109に例示されるように、アンビル2140が閉鎖位置にあるときに、ステープルカートリッジチャネル2130の支持表面2131と平行であり得るか、又は少なくとも実質的に平行であり得る。 In various embodiments, again with reference to FIG. 108 and FIG 109, the anvil 2140 may include a tissue contacting surface 2141, which, as illustrated in FIG. 109, the anvil 2140 is in the closed position Occasionally, or it may be parallel to the support surface 2131 of staple cartridge channel 2130, or be at least substantially parallel. アンビル2140が、閉鎖位置にあるとき、アンビル2140は、第1端部2105のより高い高さ、及び第2端部2106のより低い高さにより、ステープルカートリッジ2100の第1端部2105を、第2端部2106よりも圧縮するように構成され得る。 When the anvil 2140, in the closed position, the anvil 2140, a higher height of the first end portion 2105, and the lower height of the second end portion 2106, the first end 2105 of the staple cartridge 2100, the It may be configured to compress than second end 2106. 組織接触表面2119と2141との中間に位置付けられる組織Tが一定の、又は少なくとも実質的に一定の厚さを有する状況を含む、いくつかの実施形態において、組織Tとカートリッジ2100との間に生じる圧力は、エンドエフェクタの遠位端において、エンドエフェクタの近位端におけるよりも大きい場合がある。 Of tissue T positioned intermediate the tissue contacting surface 2119 and 2141 is constant, or a situation having an at least substantially constant thickness, in some embodiments, occur between tissue T and the cartridge 2100 pressure, at the distal end of the end effector may be greater than at the proximal end of the end effector. より具体的に、アンビル2140とステープルカートリッジ2100との間の組織Tが実質的に一定の厚さを有する場合、アンビル2140の遠位端2145と、ステープルカートリッジ2100の第1端部2105との中間に位置付けられる組織Tは、アンビル2140の近位端2146と、ステープルカートリッジ2100の第2端部2106との中間に位置付けられる組織Tよりも圧縮されている場合がある。 More specifically, the intermediate case with tissue T substantially constant thickness between the anvil 2140 and staple cartridge 2100, the distal end 2145 of the anvil 2140, and the first end 2105 of the staple cartridge 2100 the tissue T positioned, there is a case where the proximal end 2146 of the anvil 2140 is compressed than the tissue T positioned intermediate the second end 2106 of the staple cartridge 2100. 様々な実施形態において、圧力勾配がエンドエフェクタの近位端と遠位端との間の組織内に生成され得る。 In various embodiments, the pressure gradient may be generated in the tissue between the proximal and distal ends of the end effector. より具体的に、少なくとも一実施形態において、アンビル2140とステープルカートリッジ2100との間の組織Tが実質的に一定の厚さを有し、ステープルカートリッジ2100の高さがエンドエフェクタの遠位端から近位端へと直線的に減少する際、組織T内の圧力は、エンドエフェクタの遠位端から、エンドエフェクタの近位端まで直線的に減少し得る。 More specifically, in at least one embodiment, the tissue T between the anvil 2140 and staple cartridge 2100 has a substantially constant thickness, the near the height of the staple cartridge 2100 from the distal end of the end effector when linearly decreasing to proximal end, the pressure in the tissue T from the distal end of the end effector can be linearly decreasing to the proximal end of the end effector. 同様に、少なくとも一実施形態において、アンビル2140とステープルカートリッジ2100との間の組織Tが実質的に一定の厚さを有し、ステープルカートリッジ2100の高さがエンドエフェクタの遠位端から近位端へと幾何級数的に減少する際、組織T内の圧力は、エンドエフェクタの遠位端から、エンドエフェクタの近位端まで幾何級数的に減少し得る。 Similarly, in at least one embodiment, the tissue T substantially has a constant thickness, the proximal end height of the staple cartridge 2100 from the distal end of the end effector between the anvil 2140 and staple cartridge 2100 when exponentially reduced to the pressure in the tissue T from the distal end of the end effector may exponentially decrease to the proximal end of the end effector.

様々な実施形態において、図108を再び参照し、ステープルカートリッジ2100とアンビル2140との中間に位置づけられる組織Tは、全体を通じて一定の厚さを有さないことがある。 In various embodiments, referring to FIG. 108 again, tissue T positioned intermediate the staple cartridge 2100 and anvil 2140 may not have a constant thickness throughout. 少なくとも1つのこのような状況において、アンビル2140の近位端2146と、ステープルカートリッジ2100の第2端部2106との間に位置付けられる組織Tは、アンビル2140の遠位端2145と、ステープルカートリッジ2100の第1端部2105との間に位置付けられる組織Tよりも厚い場合がある。 In at least one such situation, the proximal end 2146 of the anvil 2140, tissue T positioned between the second end 2106 of the staple cartridge 2100 includes a distal end 2145 of the anvil 2140, the staple cartridge 2100 sometimes thicker than tissue T positioned between the first end 2105. このような状況において、結果として、より厚い組織Tは、ステープルカートリッジ2100のより短い近位端2106の上に一般的に位置付けられてもよく、より薄い組織Tは、より高い遠位端2105の上に一般的に位置付けられてもよい。 In such circumstances, as a result, thicker tissue T may be generally positioned above the shorter proximal end 2106 of the staple cartridge 2100, thinner tissue T is higher distal end 2105 it may be generally positioned above. 図109に例示されるように、使用中、シャフト2150の発射カラー2152は、発射カラー2152がアンビル2140のカム位置2143に係合し、アンビル2140を、ステープルカートリッジ2100の方に回転させるようにして、シャフトスパイン2151に沿って遠位方向に前進することができる。 As illustrated in Figure 109, in use, firing the color 2152 of the shaft 2150, firing collar 2152 engages the cam position 2143 of the anvil 2140, the anvil 2140, and then pivot toward the staple cartridge 2100 , it can be advanced distally along the shaft spine 2151. 一度アンビル2140が完全に閉鎖した位置へと回転すると、組織Tは、組織接触表面2119と2141との間で圧縮されてもよく、ステープルカートリッジ2100の高さがエンドエフェクタの近位端と遠位端との間で一定でないことがあるにもかかわらず、組織Tに適用される圧力又は圧縮力はこれにわたって、一定であるか、少なくとも実質的に一定であり得る。 Once the anvil 2140 is rotated to a fully closed position, tissue T may be compressed between the tissue contacting surfaces 2119 and 2141, a proximal end and a distal height of the staple cartridge 2100 end effector Despite may not be constant between the end, the pressure or compressive force applied to the tissue T is over this, a either constant, it can be at least substantially constant. より具体的に、より薄い組織Tはステープルカートリッジ2100のより高い高さと関連することがあり、より厚い組織Tは、ステープルカートリッジ2100のより短い高さと関連することがあるため、組織T及びステープルカートリッジ2100の累積又は合計高さは、エンドエフェクタの近位端と遠位端との間で、一定又は少なくとも実質的に一定であり得、結果として、アンビル2140によるこの累積高さの圧縮は、これにわたって一定、又は少なくとも実質的に一定であり得る。 More specifically, thinner tissue T is to be associated with a higher height of the staple cartridge 2100, thicker tissue T is due to be associated with a shorter height of the staple cartridge 2100, tissue T and the staple cartridge cumulative or total height of 2100 between the proximal and distal ends of the end effector may be a constant or at least substantially constant, as a result, the compression of the cumulative height by the anvil 2140, which over a, or at least substantially constant.

図108及び図109を参照し、様々な実施形態において、ステープルカートリッジ2100は、対称の構成を含む場合がある。 Referring to FIGS. 108 and Fig. 109, in various embodiments, staple cartridge 2100 may include a symmetrical configuration. 例えば、少なくとも1つのこのような実施形態において、ステープルカートリッジ2100の、その第1端部2105における高さは、カートリッジ2100のその第2端部2106における高さよりも高い場合がある。 For example, in at least one such embodiment, the staple cartridge 2100, the height at the first end portion 2105 may be higher than the height at the second end portion 2106 of the cartridge 2100. いくつかの実施形態において、ステープルカートリッジ2100及び/又はステープルカートリッジチャネル2130は、1つ又は2つ以上の位置合わせ及び/又は保持機構を含む場合があり、これは、ステープルカートリッジ2100が、ステープルカートリッジチャネル2130内において一方向(すなわち、第1端部2105がステープルカートリッジ2130の遠位端2135に位置付けられ、第2端部2106が近位端2136に位置付けられるような方向)でのみ位置付けられ得ることを確実にするように構成され得る。 In some embodiments, the staple cartridge 2100 and / or staple cartridge channel 2130 may include one or more alignment and / or retention mechanism, which is the staple cartridge 2100, staple cartridge channel way in the 2130 that (i.e., the first end 2105 is positioned at the distal end 2135 of staple cartridge 2130, the second end portion 2106 direction as positioned proximal end 2136) can be positioned only in It may be configured to ensure. 様々な代替的実施形態において、ステープルカートリッジ2100及び/又はステープルカートリッジチャネル2130は、1つ又は2つ以上の位置合わせ及び/又は保持機構を含む場合があり、これは、ステープルカートリッジ2100が、ステープルカートリッジチャネル2130内において、2つ以上の向きで位置付けられることを可能にするように構成され得る。 In various alternative embodiments, the staple cartridge 2100 and / or staple cartridge channel 2130 may include one or more alignment and / or retention mechanism, which is the staple cartridge 2100, staple cartridge in the channel 2130 may be configured to allow positioned in more than one orientation. 例えば、図110を参照し、ステープルカートリッジ2100は、ステープルカートリッジ2100の第1端部2105がステープルカートリッジチャネル2130の近位端2136内に位置付けられ得、第2端部2106が遠位端2135内に位置付けられ得るようにして、ステープルカートリッジチャネル2130内に位置付けられ得る。 For example, referring to FIG. 110, the staple cartridge 2100, obtained first end 2105 of the staple cartridge 2100 positioned proximal end 2136 of staple cartridge channel 2130, the second end 2106 within the distal end 2135 and adapted to be positioned it can be positioned in the staple cartridge channel 2130. 様々な実施形態において、結果として、ステープルカートリッジ2100のより短い高さが、遠位保持壁部2137の近位に位置付けられ、ステープルカートリッジ2100のより高い高さが、近位保持壁部2138の近位に位置付けられる場合がある。 In various embodiments, as a result, a shorter height of the staple cartridge 2100 is positioned proximal to the distal retaining wall portion 2137, a higher height of the staple cartridge 2100, near the proximal retention wall 2138 there is a case to be positioned in place. 少なくとも1つのこのような実施形態において、ステープルカートリッジ2100は、エンドエフェクタの遠位端内においてより厚い部分を有し、エンドエフェクタの近位端内においてより薄い部分を有する、組織Tに一定の、又は少なくとも実質的に一定のクランピング圧力を適用するように、好適に構成され得る。 In at least one such embodiment, the staple cartridge 2100 has a thicker portion at the distal end of the end effector, having a thinner portion at the proximal end of the end effector, the constant tissue T, or to at least substantially apply a constant clamping pressure, it may suitably be configured. 様々な実施形態において、ステープルカートリッジ2100は例えば、ステープルカートリッジチャネル2130内で選択的に向けられることがある。 In various embodiments, the staple cartridge 2100, for example, the user may be directed selectively in the staple cartridge channel 2130. 少なくとも1つのこのような実施形態において、ステープルカートリッジ2100の位置合わせ及び/又は保持機構は対称であり得、外科医は、ステープルカートリッジチャネル2130内のステープルカートリッジ2100を、例えば、図108及び図110に示される向きで選択的に配置することができる。 In at least one such embodiment, alignment and / or retention mechanism of the staple cartridge 2100 may be a symmetric, surgeon, indicated the staple cartridge 2100 within the staple cartridge channel 2130, for example, in FIG. 108 and FIG. 110 it can be selectively positioned in an orientation that is.

上記に加え、埋め込み可能なカートリッジ本体2110は、長手方向軸2109を含む場合があり、これは、ステープルカートリッジ2100がステープルカートリッジチャネル2130内に位置付けられる際に、エンドエフェクタの近位端と遠位端との間に延びることがある。 In addition to the above, the cartridge body 2110 possible embedding may contain a longitudinal axis 2109, which, when the staple cartridge 2100 is positioned in the staple cartridge channel 2130, proximal and distal ends of the end effector it may extend between the. 様々な実施形態において、カートリッジ本体2110の厚さは、第1端部2105と、第2端部2106との間で、長手方向軸2109に沿って一般的に減少し得る、及び/又は一般的に増加し得る。 In various embodiments, the thickness of the cartridge body 2110 includes a first end 2105, between the second end 2106 may generally decrease along the longitudinal axis 2109, and / or general It may be increased to. 少なくとも1つのこのような実施形態において、底面2118と組織接触表面2119との間の距離又は高さは、第1端部2105と、第2端部2106との間で一般的に減少する及び/又は一般的に増加し得る。 In at least one such embodiment, the distance or height between the bottom surface 2118 and the tissue contacting surface 2119 includes a first end 2105, generally decreases with the second end portion 2106 and / or it may generally increase. いくつかの実施形態において、カートリッジ本体2110の厚さは、長手方向軸2109に沿って増加し、かつ減少する。 In some embodiments, the thickness of the cartridge body 2110 increases along the longitudinal axis 2109, and decreases. 少なくとも1つのこのような実施形態において、カートリッジ本体2110の厚さは、厚さが増加する1つ又は2つ以上の部分、及び厚さが減少し得る1つ又は2つ以上の部分を含み得る。 In at least one such embodiment, the thickness of the cartridge body 2110 may include one or more portions one or two or more parts which thickness increases, and the thickness may decrease . 図Zを参照し、様々な実施形態において、ステープルカートリッジ2100は、内部に位置付けられた複数のステープル2120を含み得る。 Referring to FIG Z, in various embodiments, the staple cartridge 2100 can comprise a plurality of staples 2120 positioned therein. 使用中、上記のように、ステープル2120は、アンビル2140が閉鎖位置に動かされる際に、変形され得る。 In use, as described above, the staple 2120, when the anvil 2140 is moved to the closed position, may be deformed. いくつかの実施形態において、各ステープル2120は、同じ又は少なくとも実質的に同じ高さを有し得る。 In some embodiments, each staple 2120 may have the same or at least substantially the same height. 少なくとも1つのこのような実施形態において、ステープルの高さは、例えば、ステープルの基部の底部から、ステープルの最も高い脚部の頂部又は先端部まで測定され得る。 In at least one such embodiment, the height of the staples, for example, from the bottom of the staple of the base, may be measured to the top or tip of the highest staple legs.

様々な実施形態において、ステープルカートリッジ内のステープルは、異なるステープル高さを有し得る。 In various embodiments, the staples in the staple cartridge may have different staple heights. 少なくとも1つのこのような実施形態において、ステープルカートリッジは、圧縮可能な本体の第1部分内に位置付けられた第1ステープル高さを有する第1群のステープルと、圧縮可能なカートリッジ本体の第2部分内に位置付けられた第2ステープル高さを有する第2群のステープルとを含み得る。 In at least one such embodiment, the staple cartridge includes a first group of staples having a first staple height positioned within the first portion of the compressible body, the second portion of the compressible cartridge body It may include a second group of staples having a second staple height positioned within. 少なくとも一実施形態において、第1ステープル高さは、第2ステープル高さよりも高いことがあり、第1群のステープルが、ステープルカートリッジ2100の第1端部2105に位置付けられ得る一方で、第2群のステープルは、第2端部2106に位置付けられ得る。 In at least one embodiment, the first staple height be higher than the second staple height, staple first group, while in the second group can be positioned at the first end 2105 of the staple cartridge 2100 staple can be positioned on the second end 2106. あるいは、より高い第1群のステープルは、ステープルカートリッジ2100の第2端部2106に位置付けられることがあり、ステープルのより短い第2端部は、第1端部2105に位置付けられることがある。 Alternatively, the higher the first group staples, may be positioned in the second end 2106 of the staple cartridge 2100, a shorter second ends of the staples may be positioned in the first end 2105. いくつかの実施形態において、複数のステープル群(各群は、異なるステープル高さを有する)が使用され得る。 In some embodiments, a plurality of staple groups (each group has a different staple heights) can be used. 少なくとも1つのこのような実施形態において、中間的なステープル高さを有する第3群は、カートリッジ本体2110内において、第1群のステープルと第2群のステープルとの中間に位置付けられる場合がある。 In at least one such embodiment, the third group with an intermediate staple height, in the cartridge body 2110 and may be positioned intermediate the first group of staples and the second group staple. 様々な実施形態において、ステープルカートリッジ内のステープル列内の各ステープルは、異なるステープル高さを含み得る。 In various embodiments, the staples in the rows of staples in the staple cartridge may include a different staple heights. 少なくとも一実施形態において、ステープル列内の最も高いステープルは、ステープル列の第1端部内に位置付けられる場合があり、最も短いステープルは、ステープル列の反対側の端部に位置付けられる場合がある。 In at least one embodiment, the highest staples in the staple row, may be positioned within the first end portion of the staple rows, the shortest staple, which may be positioned at the opposite end of the staple rows. 少なくとも1つのこのような実施形態において、最も高いステープルと、最も短いステープルとの中間に位置付けられるステープルは、例えば、最も高いステープルと、最も短いステープルとの間でステープル高さが下降するように構成され得る。 In at least one such embodiment, the highest and the staple, the staple to be positioned intermediate the shortest staple, for example, the highest staples, adapted staple height is lowered with the shortest staple It may be.

ここで図111を参照し、外科用ステープラーのエンドエフェクタは、アンビル2240、ステープルカートリッジチャネル2230、及びステープルカートリッジチャネル2230によって支持されるステープルカートリッジ2200を含む場合がある。 Referring now to FIG. 111, the end effector of the surgical stapler may include a staple cartridge 2200 supported by the anvil 2240, a staple cartridge channel 2230 and staple cartridge channel 2230,. ステープルカートリッジ2200は、圧縮可能な、埋め込み可能なカートリッジ本体2210、並びに例えば、内部に位置付けられる、複数のステープル、例えば、ステープル2220a、及びステープル2220bを含み得る。 Staple cartridge 2200, compressible, implantable cartridge body 2210, and for example, is positioned within, a plurality of staples, for example, may include a staple 2220a, and the staple 2220b. 様々な実施形態において、ステープルカートリッジチャネル2230は、カートリッジ支持表面2231、並びに例えば、内部に画定される、複数のステープル支持スロット、例えば、支持スロット2232a、及び2232bを含み得る。 In various embodiments, the staple cartridge channel 2230, the cartridge support surface 2231, and for example, defined therein, a plurality of staple support slots, for example, may include a support slots 2232A, and 2232B. 少なくとも1つのこのような実施形態において、ステープルカートリッジ2200は、2つの外側列のステープル2220a、及び2つの内側列のステープル2220bを含む場合があり、支持スロット2232aは、ステープル2220aを支持するように構成され得、支持スロット2232bは、ステープル2220bを支持するように構成され得る。 In at least one such embodiment, the staple cartridge 2200 may comprise two outer rows of staples 2220a, and two staples 2220b of the inner column, the support slot 2232a is configured to support a staple 2220a are obtained, the support slot 2232b may be configured to support a staple 2220b. 図111及び図112を参照し、アンビル2240は、内部に画定される複数のステープル形成ポケット2242を含む場合があり、これは、アンビル2240がステープルカートリッジ2200の方に動かされる場合に、ステープル2220a及び2220bを受容及び変形するように構成され得る。 Referring to FIG. 111 and FIG 112, the anvil 2240 may include a plurality of staple forming pockets 2242 defined therein which, when the anvil 2240 is moved toward the staple cartridge 2200, staples 2220a and It may be configured to receive and deform the 2220b. 少なくとも1つのこのような実施形態において、支持スロット2232aの底面は、ステープル形成ポケット2242の頂面から第1距離2201aだけ離れている場合があり、一方で支持スロット2232bの底面は、ステープル形成ポケット2242の頂面から第2距離2201bだけ離れていることがある。 In at least one such embodiment, the bottom surface of the support slots 2232a are sometimes are separated by a first distance 2201a from the top surface of the staple forming pockets 2242, while the bottom surface of the support slot 2232b is staple forming pockets 2242 sometimes from the top surface of the spaced apart a second distance 2201 b. 少なくとも1つのこのような実施形態において、第2支持スロット2232bは、支持表面2231内に画定される、隆起ステップにより、アンビル2240の近くに位置付けられる。 In at least one such embodiment, the second support slot 2232b is defined in the support surface 2231, a raised step, is positioned near the anvil 2240. 様々な実施形態において、異なる距離2201a及び2201bにより、ステープル2220aの外側列、及びステープル2220bの内側列は、異なる形成される高さへと変形され得る。 In various embodiments, the different distances 2201a and 2201 b, the outer column, and inner rows of staples 2220b of the staple 2220a may be transformed into a height which is different form. 様々な状況において、異なる形成された高さへと変形されたステープルは、ステープリングされた組織Tに対して異なるクランピング圧力又は力を適用することができる。 In various circumstances, the staples which are deformed to a height which is different form, it is possible to apply different clamping pressure or force against stapled tissue T. 上記に加え、ステープルは、異なる非形成ステープル高さで開始することができる。 In addition to the above, staple can begin at different unformed staple height. 図111を再び参照し、少なくとも1つのこのような実施形態において、外側ステープル2220aは、内側ステープル2220bの、初期の非形成高さよりも高い、初期の非形成高さを有し得る。 Referring again to FIG. 111, in at least one such embodiment, the outer staple 2220a, the inner staple 2220b, higher than the initial non-formed heights, it may have a non-formed heights of the early. 図111及び図112を参照し、外側ステープル2220aよりも短い、非形成高さを有する、内側ステープル2220bはまた、外側ステープル2220bよりも低い形成高さを有し得る。 Referring to FIG. 111 and FIG 112 is shorter than the outer staple 2220a, has a non-formation height, also inside staple 2220b may have a lower forming height than the outer staples 2220b. 様々な代替的実施形態において、内側ステープル2220bは、外側ステープル2220aよりも高い非形成高さを有し得るが、外側ステープル2220aよりも低い変形されたステープル高さを有する。 In various alternative embodiments, the inner staple 2220b is may have a higher non-formation height than the outer staples 2220a, having a staple height which is deformed less than the outer staple 2220a.

上記に加え、様々な実施形態において、アンビル2240は、カートリッジ本体2210を圧縮し、ステープル2220a及び2220bを変形するために、図112に例示されるように、閉鎖位置に動かされる場合がある。 In addition to the above, in various embodiments, the anvil 2240 compresses the cartridge body 2210, in order to deform the staple 2220a and 2220b, as illustrated in Figure 112, which may be moved to a closed position. いくつかの実施形態において、例えば、図111及び図112に示されるエンドエフェクタを含む外科用ステープラーは、更に切断部材を含む場合があり、これはアンビル2240とステープルカートリッジ2200との中間に位置付けられる組織Tを横切するように構成され得る。 In some embodiments, for example, a surgical stapler that includes an end effector shown in FIG. 111 and FIG 112, it may further include a cutting member, which is positioned intermediate the anvil 2240 and staple cartridge 2200 tissue It may be configured to traverse the T. 少なくとも1つのこのような実施形態において、アンビル2240、ステープルカートリッジチャネル2230、及び/又はステープルカートリッジ2200は、内部に切断部材を摺動自在に受容するように構成されたスロットを画定し得る。 In at least one such embodiment, the anvil 2240, a staple cartridge channel 2230 and / or staple cartridge 2200, may define a slot configured to receive slidably the cutting member therein. より具体的に、アンビル2240はスロット部分2249を含む場合があり、ステープルカートリッジ2230は、スロット部分2239を含む場合があり、ステープルカートリッジ2200は、アンビル2240が閉鎖した、又は少なくとも実質的に閉鎖した位置にある際に、互いに位置合わせされるか、又は少なくとも実質的に位置合わせされ得る、スロット部分2203を含み得る。 More specifically, the anvil 2240 may contain slot portion 2249, staple cartridge 2230 may comprise a slot portion 2239, staple cartridge 2200, the anvil 2240 has been closed, or at least substantially closed position when in either aligned with one another, or be at least substantially aligned, may include a slot portion 2203. 様々な実施形態において、切断部材は、アンビル2240が閉鎖し、ステープル2220a、2220bが変形された後に、エンドエフェクタの近位端からエンドエフェクタの遠位端の方へと動かされ得る。 In various embodiments, cutting member, the anvil 2240 is closed, the staple 2220a, after 2220b is deformed can be moved from the proximal end of the end effector towards the distal end of the end effector. 少なくとも1つの実施形態において、切断部材は、ステープル変形プロセスとは別個に動かされる場合がある。 In at least one embodiment, the cutting member may be separately moved to the staple deforming process. いくつかの実施形態において、切断部材は、ステープルが変形されるのと同時に、前進させられることがある。 In some embodiments, cutting member, at the same time as the staples are deformed, which may be advanced. いずれにせよ、少なくとも一実施形態において、切断部材は、ステープル2220bの内側列の中間に位置付けられた経路に沿って、組織を切開するように構成され得る。 In any case, in at least one embodiment, cutting member along a path positioned intermediate the inner row of staples 2220b, it may be configured to cut tissue.

図112に例示されるように、様々な実施形態において、内側ステープル2220bは、外側ステープル2220aよりも低い高さまで形成される場合があり、内側ステープル2220bは、切断部材によって生成される切断線に隣接する組織により大きさクランピング圧力又は力を適用することができる。 As illustrated in Figure 112, in various embodiments, the inner staple 2220b may sometimes be formed to a lower height than the outer staples 2220a, inside staple 2220b are adjacent to the cutting line produced by the cutting member tissue makes it possible to apply the size clamping pressure or force to be. 少なくとも1つのこのような実施形態において、内側ステープル2220bによって生成されるより大きなクランピング圧力又は力は、切開した組織Tからの出血の低減などの、様々な治療的効果をもたらすことがあり、一方で、外側ステープル2220aによって生成されるより小さいクランピング圧力は、ステープリングされた組織内に可撓性を提供し得る。 In at least one such embodiment, a large clamping pressure or force than that produced by the inner staples 2220b is such reduction in bleeding from incised tissue T, it may provide various therapeutic effects, whereas in a small clamping pressure from being generated by the outer staples 2220a may provide flexibility to stapled the organization. 図111及び図112を参照し、様々な実施形態において、アンビル2240は、例えば、これに取り付けられた、バットレス材料2260など、少なくとも一片のバットレス材料を更に含む場合がある。 Referring to FIGS. 111 and Fig. 112, in various embodiments, the anvil 2240, for example, this is attached, such as buttress material 2260 may further comprise at least one piece of buttress material. 少なくとも1つのこのような実施形態において、ステープル2220a、2220bの脚部は、ステープルカートリッジ2200がアンビル2240により圧縮される際に、バットレス材料2260を切開し、及び/又はバットレス材料2260内の開口部を通過し、その後、アンビル2240のステープル形成ポケット2242と接触するように構成され得る。 In at least one such embodiment, the staple 2220a, legs 2220b, when the staple cartridge 2200 is compressed by the anvil 2240, dissected buttress material 2260, and / or the opening of the buttress material within 2260 pass, then, it can be configured to contact the staple forming pockets 2242 of anvil 2240. ステープル2220a、2220bの脚部が変形されると、脚部がバットレス材料2260と再び接触し、及び/又はこれを切開し得る。 Staples 2220a, the legs of 2220b is deformed, may dissected leg is in contact again with the buttress material 2260, and / or the same. 様々な実施形態において、バットレス材料2260は、ステープリングされる組織の止血を改善し及び/又は強度を提供することができる。 In various embodiments, buttress material 2260 can provide an improved and / or intensity hemostasis of the tissue to be stapled.

図111及び図112を参照し、いくつかの実施形態において、カートリッジ本体2210の底面は、ステップ付きの輪郭を含む場合があり、これは、カートリッジ支持表面2231のステップ付きの輪郭と、適合するか又は少なくとも実質的に適合する。 Referring to FIGS. 111 and Fig. 112, in some embodiments, or the bottom surface of the cartridge body 2210 may include a contour with a step, which includes a stepped contour of the cartridge support surface 2231, to conform or at least substantially conforms. いくつかの実施形態において、カートリッジ本体2210の底面は、カートリッジ支持表面2231の輪郭と適合するか、又は少なくとも実質的に適合するように変形し得る。 In some embodiments, the bottom surface of the cartridge body 2210, or compatible with the contour of the cartridge support surface 2231, or may be deformed so as to at least substantially match. ここで図113を参照し、様々な実施形態において、例えば、図111に示されるエンドエフェクタと同様のエンドエフェクタは、内部に位置付けられたステープルカートリッジ2300を含み得る。 Referring now to FIG. 113, in various embodiments, for example, similar to the end effector and the end effector shown in FIG. 111 may include a staple cartridge 2300 positioned therein. ステープルカートリッジ2300は、内層2312及び外層2311を含む、圧縮可能な、埋め込み可能な本体2310を含む場合があり、上記に加えて外層2311は、少なくとも一実施形態において、水不透過性材料を含む場合がある。 If the staple cartridge 2300 includes an inner layer 2312 and the outer layer 2311, compressible, it may include a body 2310 implantable, outer layer 2311 in addition to the above, comprising at least one embodiment, the water-impermeable material there is. 様々な実施形態において、外層2311は、ステープル2220a、2220bの周囲に延びる場合があり、それぞれ、ステープル2220a、2220bと、支持スロット2232a、2232bとの中間に位置付けられる場合がある。 In various embodiments, the outer layer 2311 may extend staples 2220a, around 2220b, respectively, which may staples 2220a, and 2220b, support slots 2232A, is positioned intermediate the 2232B. ここで図114を参照し、様々な実施形態において、例えば、図111に示されるエンドエフェクタと同様のエンドエフェクタは、内部に位置付けられたステープルカートリッジ2400を含み得る。 Referring now to FIG. 114, in various embodiments, for example, similar to the end effector and the end effector shown in FIG. 111 may include a staple cartridge 2400 positioned therein. ステープルカートリッジ2300と同様に、ステープルカートリッジ2400の、圧縮可能な、埋め込み可能なカートリッジ本体2410は、内層2412及び外層2411を含む場合があるが、少なくとも一実施形態において、カートリッジ本体2410は、内部に切断部材スロットを含まないことがある。 Similar to the staple cartridge 2300, the staple cartridge 2400, compressible, the cartridge body 2410 implantable, although may contain an inner layer 2412 and the outer layer 2411, in at least one embodiment, the cartridge body 2410 cut therein it may not include a member slots. 少なくとも1つのこのような実施形態において、切断部材は、これがステープルカートリッジを通じて前進する際に、例えば、内層2412及び/又は外層2411を切開することを必要とされることがある。 In at least one such embodiment, the cutting member, which when advanced through staple cartridge, for example, it is sometimes necessary to incise the inner layer 2412 and / or outer layer 2411.

ここで図115を参照し、外科用ステープラーのエンドエフェクタは、アンビル2540、ステープルカートリッジチャネル2530、及びステープルカートリッジチャネル2530内に位置するステープルカートリッジ2500を含む場合がある。 Referring now to FIG. 115, the end effector of the surgical stapler may include a staple cartridge 2500 positioned on the anvil 2540, a staple cartridge channel 2530, and staple cartridge channel 2530. 上記と同様に、ステープルカートリッジ2500は、圧縮可能な、埋め込み可能なカートリッジ本体2510、外側列のステープル2220a、及び内側列のステープル2220bを含む場合がある。 Similar to the above, staple cartridge 2500, compressible, implantable cartridge body 2510 may include a staple 2220b of the outer rows of staples 2220a, and inner rows. ステープルカートリッジチャネル2530は、平坦な、又は少なくとも実質的に平坦なカートリッジ支持表面2531、及び内部に画定されるステープル支持スロット2532を含む場合がある。 Staple cartridge channel 2530, flat, or may comprise at least substantially flat cartridge support surface 2531, and a staple supporting slot 2532 defined therein. アンビル2540は、ステップ付き表面2541、及び内部に画定される、複数のステープル形成ポケット、例えば、形成ポケット2542a及び2542bを含む場合がある。 The anvil 2540 is stepped surface 2541, and defined therein, a plurality of staple forming pockets, for example, may include a forming pockets 2542a and 2542B. 上記と同様に、形成ポケット2542a及び支持スロット2532はその間に、形成ポケット2452bと、支持スロット2532との間の距離よりも大きな距離を画定し得る。 Similar to the above, forming pockets 2542a and support slots 2532 therebetween, the forming pockets 2452B, may define a greater distance than the distance between the support slot 2532. 様々な実施形態において、アンビル2540は、アンビル2540のステップ付き表面2541に取り付けられた、一片のバットレス材料2560を更に含む場合がある。 In various embodiments, the anvil 2540 is mounted on the stepped surface 2541 of the anvil 2540, it may further comprise a buttress material 2560 piece. 少なくとも1つのこのような実施形態において、バットレス材料2560は、ステップ付き表面2541と一致するか、少なくとも実質的に一致し得る。 In at least one such embodiment, buttress material 2560, it matches the stepped surface 2541, may at least substantially coincident. 様々な実施形態において、バットレス材料2560は、例えば、繊維素及び/又はタンパク質ヒドロゲルなどの、少なくとも1つの接着剤によって、表面2541に取り外し可能に取り付けられ得る。 In various embodiments, buttress material 2560, for example, such as cellulose and / or protein hydrogel, by at least one adhesive, it may be removably attached to the surface 2541. いくつかの実施形態において、カートリッジ本体2510はまた、ステップ付き輪郭を含む場合があり、これは少なくとも一実施形態において、アンビル2540のステップ付き表面2541と平行であるか、又は少なくとも実質的に平行である。 In some embodiments, the cartridge body 2510 also may contain stepped contour, which in at least one embodiment, either parallel to the stepped surface 2541 of the anvil 2540, or at least substantially parallel to is there. より具体的に、少なくとも一実施形態において、アンビル2540は、ステープルカートリッジ2500まで延びるステップ2548を含む場合があり、ステップ2548は、カートリッジ本体2510から延びる、ステップ2508のステップ高さと同等であるか、又は少なくとも実質的に同等であるステップ高さを含み得る。 More specifically, in at least one embodiment, the anvil 2540 may include the step 2548 that extend to the staple cartridge 2500, step 2548, extends from the cartridge body 2510, or is equal to the step height of the step 2508, or may comprise the step height is at least substantially equal. 少なくとも1つのこのような実施形態において、上記の結果として、第1ステープル2220a内に捕捉され得る、圧縮可能なカートリッジ本体2510の量は、例えば、第2ステープル2220b内に捕捉され得る圧縮可能なカートリッジ本体2510の量と異なる場合がある。 In at least one such embodiment, as a result of the above, may be captured within the first staple 2220a, the amount of compressible cartridge body 2510, for example, compressible cartridge that may be trapped within the second staple 2220b it may be different from the amount of the body 2510.

ここで図116を参照し、多くの実施形態において、エンドエフェクタは、アンビル2640、ステープルカートリッジチャネル2530、及びその間に位置付けられたステープルカートリッジ2600を含み得る。 Referring now to FIG. 116, in many embodiments, the end effector, the anvil 2640 may include a staple cartridge 2600 positioned in the staple cartridge channel 2530, and between. ステープルカートリッジ2600は、内層2612、外層2611、並びにその間に位置付けられたステープル2220a及び2200bなどの複数のステープルを含む、圧縮可能な、埋め込み可能なカートリッジ本体2610を含み得る。 Staple cartridge 2600, the inner layer 2612, an outer layer 2611 and includes a plurality of staples, such as staples 2220a and 2200b positioned therebetween, compressible, it may include a cartridge body 2610 implantable. 様々な実施形態において、アンビル2640は、表面2641に複数のステープル形成ポケット2642を含む場合があり、かつステープルカートリッジチャネル2530は、支持表面2531内に画定された複数のステープル形成スロット2532を含み得る。 In various embodiments, the anvil 2640, may the surface 2641 that includes a plurality of staple forming pockets 2642 and staple cartridge channel 2530 may include a plurality of staple forming slots 2532 defined in the support surface 2531. 図116に例示されるように、アンビル表面2641は、カートリッジ支持表面2531と平行又は実質的に平行であり得、各形成ポケット2642は、反対の、対応するステープル支持スロット2532から、等距離又は少なくとも実質的に等距離に位置付けられ得る。 As illustrated in Figure 116, the anvil surface 2641, resulting parallel or substantially parallel to the cartridge support surface 2531, the forming pockets 2642, to the contrary from the corresponding staple supporting slot 2532, equidistant or at least It may substantially positioned equidistant. 様々な実施形態において、ステープルカートリッジ2600は、同じ、又は少なくとも実質的に同じ、初期の非形成ステープル高さ、及び加えて、同じ又は少なくとも実質的に同じ形成されたステープル高さを有する、ステープルを含む場合がある。 In various embodiments, the staple cartridge 2600, the same, or at least substantially the same, initial unformed staple height, and in addition, the same or at least substantially the same formed staple height, staple there is a case that contains. いくつかの他の実施形態において、ステープルの外側列はステープル2220aを含む場合があり、ステープルの内側列はステープル2220bを含む場合があり、上記のように、ステープル2220a及び2220bは、異なる非形成ステープル高さを有し得る。 In some other embodiments, the outer row of staples may contain staples 2220a, the inside rows of staples may contain staples 2220b, as described above, staple 2220a and 2220b are different non-formed staple It may have a height. アンビル2640が、ステープルカートリッジ2600に向かって閉鎖位置へと動かされるとき、ステープル2220a及び2220bは、これらが同じ、又は少なくとも実質的に同じ形成されたステープル高さを有するようにして、形成され得る。 Anvil 2640, when moved to a closed position toward the staple cartridge 2600, staples 2220a and 2220b, it is the same, or so as to have at least substantially the same formed staple height can be formed. 少なくとも1つのこのような実施形態において、上記の結果として、形成された外側ステープル2220a、及び内側ステープル2220bは、同じ又は少なくとも実質的に同じ、内部に収容される圧縮可能なカートリッジ本体2610の量を有してもよいが、外側ステープル2220aが、内側ステープル2220bよりも高い非形成ステープル高さを有しながらも、同じ形成されたステープル高さを有するため、外側ステープル2220aにおいて、例えば内側ステープル2220bよりも高いクランピング圧力が生成され得る。 In at least one such embodiment, as a result of the above, formed outside staple 2220a, and inner staple 2220b are the same or at least substantially the same, the amount of compressible cartridge body 2610 contained therein it may have, but outside staple 2220a is, while having a high non-formed staples height than the inner staples 2220b, for having staple height which is the same form, the outer staple 2220a, for example from inside staple 2220b may be generated high clamping pressures are.

ここで図117を参照し、外科用ステープラーのエンドエフェクタは、アンビル2740、ステープルカートリッジチャネル2530、及びステープルカートリッジチャネル2530内に位置するステープルカートリッジ2700を含む場合がある。 Referring now to FIG. 117, the end effector of the surgical stapler may include an anvil 2740, a staple cartridge 2700 positioned in the staple cartridge channel 2530, and staple cartridge channel 2530. 上記と同様に、ステープルカートリッジ2700は、内層2712、外層2711、並びに、例えば、内部に位置付けられたステープル2220a及び2220bなどの、複数のステープルを含む、圧縮可能な、埋め込み可能なステープルカートリッジ本体2710を含み得る。 Similar to the above, staple cartridge 2700, the inner layer 2712, outer layer 2711, and, for example, such as staples 2220a and 2220b positioned within, including a plurality of staples, compressible, the staple cartridge body 2710 implantable It may include. 少なくとも一実施形態において、カートリッジ本体2710の厚さは、その幅にわたって変化し得る。 In at least one embodiment, the thickness of the cartridge body 2710 may vary over its width. 少なくとも1つのこのような実施形態において、カートリッジ本体2710は、中央部分2708及び側部2709を含む場合があり、中央部分2708は、側部2709の厚さよりも大きな厚さを含み得る。 In at least one such embodiment, the cartridge body 2710 may include a central portion 2708 and side 2709, central portion 2708 may comprise a thickness greater than the thickness of the side 2709. 様々な実施形態において、カートリッジ本体2710の最も厚い部分は、中央部分2708に位置する場合があり、カートリッジ本体2710の最も薄い部分は、側部2709に位置する場合がある。 In various embodiments, the thickest portion of the cartridge body 2710 may be located in the central portion 2708, the thinnest portion of the cartridge body 2710 may be located on the side 2709. 少なくとも1つのこのような実施液体において、カートリッジ本体2710の厚さは、中央部分2708と側部2709との間で段階的に減少し得る。 In at least one such embodiment the liquid, the thickness of the cartridge body 2710 may stepwise reduction between the central portion 2708 and side 2709. いくつかの実施形態において、カートリッジ本体2710の厚さが、中央部分2708と側部2709との間で直線的に及び/又は幾何学的に減少し得る。 In some embodiments, the thickness of the cartridge body 2710 may decrease linearly and / or geometrically between the central portion 2708 and side 2709. 少なくとも1つのこのような実施形態において、カートリッジ本体2710の組織接触表面2719は、中央部分2708から側部2709に向かって下方に傾斜している2つの傾いた、又は角度を有する表面を含む場合がある。 In at least one such embodiment, the tissue contacting surface 2719 of the cartridge body 2710, if the two inclined that slopes downwardly from the central portion 2708 on the side 2709, or including a surface having an angle is there. 様々な実施形態において、アンビル2740は、傾斜した組織接触表面2719と平行であるか、又は少なくとも実質的に平行である、2つの傾いた、又は角度を有する表面を含む場合がある。 In various embodiments, the anvil 2740 is either parallel to the tissue contacting surface 2719 which is inclined, or at least substantially parallel, tilted in two, or may include a surface having an angle. 少なくとも一実施形態において、アンビル2740は、アンビル2740の傾いた表面に取り付けられた、少なくとも一片のバットレス材料2760を更に含む場合がある。 In at least one embodiment, the anvil 2740 is mounted on the inclined surfaces of the anvil 2740, may further comprise a buttress material 2760 of at least one piece.

上記に加え、様々な実施形態において、ステープルカートリッジ2700内の内側列のステープルは、より高いステープル2220aを含む場合があり、外側列のステープルは、より短いステープル2220bを含む場合がある。 In addition to the above, in various embodiments, staples of the inner row of staples cartridge 2700 may contain higher staples 2220a, the outer row staple may include a shorter staple 2220b. 少なくとも一実施形態において、より高いステープル2220aは、より厚い中央部分2708内、及び/又はこれに隣接するように位置付けられることがあり、一方でステープル2220bは、側部2709内及び/又はこれに隣接するように位置付けられることがある。 In at least one embodiment, higher staples 2220a are thicker central portion within 2708, and / or this may be positioned adjacent, on the one hand staples 2220b is in the side 2709 and / or adjacent thereto it may be positioned to. 少なくとも1つのこのような実施形態において、上記の結果として、より高いステープル2220aは、より短いステープル2220bよりも、埋め込み可能なカートリッジ本体2710の材料をより多く捕捉し得る。 In at least one such embodiment, as a result of the higher staples 2220a, rather than shorter staple 2220b, may more capture material of the cartridge body 2710 implantable. このような状況は、ステープル2220bよりも大きなクランピング圧力を組織Tに適用する、ステープル2220aを生じ得る。 This situation applies a large clamping pressure on the tissue T than the staples 2220b, it may cause staples 2220a. いくつかの実施形態において、ステープリング形成ポケット2742a及び2742bの傾斜した構成により、より高いステープル2220aは、より短いステープル2220bよりも、カートリッジ本体2710の材料をより多く捕捉し得るにもかかわらず、ステープル2220aは、より短いステープル2220bよりも、より高い形成されたステープル高さを有し得る。 In some embodiments, the configuration in which the inclination of the stapling forming pockets 2742a and 2742B, higher staples 2220a, rather than shorter staple 2220b, despite be more capture material of the cartridge body 2710, staples 2220a, rather than shorter staple 2220b, it may have a higher forming staple height. ステープル2220a及び2220bによって捕捉される組織内において、所望のクランピング圧力を達成するために、このような検討が行われ、結果として、ステープル2220a内のクランピング圧力は、例えば、ステープル2220bによって組織に適用されるクランピング圧力よりも大きいか、少ないか、又は同等であり得る。 Within tissue captured by a staple 2220a and 2220b, to achieve the desired clamping pressure, such studies have been carried out, as a result, the clamping pressure in the staple 2220a is, for example, in the tissue by the staples 2220b greater than the applied clamping pressure, less or it may be equal. 図117に例示されるエンドエフェクタに対する様々な代替的実施形態において、より短いステープル2220bは、カートリッジ本体2710のより厚い中央部分2708内、及び/又はこれに隣接するように配置され得、より高いステープル2220aは、より薄い側部2709内に配置され得るか及び/又はこれらに隣接するように位置付けることができる。 In various alternative embodiments to the end effector illustrated in FIG. 117, the shorter staple 2220b is thicker within the central portion 2708, and / or be positioned so as to be adjacent thereto of the cartridge body 2710, a higher staples 2220a may be positioned to be adjacent and / or these may be arranged in a thinner side in 2709. 更に、ステープルカートリッジ2700が、ステープルの内側列及び外側列を含むものとして示されるにもかかわらず、ステープルカートリッジ2700は、例えば、ステープルの内側列と外側列との中間に位置付けられるステープル列などの、追加的なステープル列を含み得る。 Further, the staple cartridge 2700, even though the shown as including an inner row and an outer row of staples, the staple cartridge 2700, for example, such as rows of staples positioned intermediate the inner row and the outer row of staples, It may include additional rows of staples. 少なくとも1つのこのような実施形態において、中間ステープル列は、ステープル2220a及び2220bの非形成ステープル高さ、並びに、例えば、ステープル2220a及び2220bの形成されたステープル高さの中間の非形成ステープル高さを有する、ステープルを含み得る。 In at least one such embodiment, the intermediate staple rows is a non-formed staple height of the staple 2220a and 2220b, and, for example, an intermediate non-formed staple height of the staple height which is formed of staple 2220a and 2220b a may include staples.

ここで図118を参照し、外科用ステープラーのエンドエフェクタは、アンビル2840、ステープルカートリッジチャネル2530、及びステープルカートリッジチャネル2530内に位置するステープルカートリッジ2800を含む場合がある。 Referring now to FIG. 118, the end effector of the surgical stapler may include a staple cartridge 2800 positioned within the anvil 2840, a staple cartridge channel 2530, and staple cartridge channel 2530. 上記と同様に、ステープルカートリッジ2800は、内層2812、外層2811、並びに、例えば、内部に位置付けられたステープル2220a及び2220bなどの、複数のステープルを含む、圧縮可能な、埋め込み可能なステープルカートリッジ本体2810を含み得る。 Similar to the above, staple cartridge 2800, the inner layer 2812, outer layer 2811, and, for example, such as staples 2220a and 2220b positioned within, including a plurality of staples, compressible, the staple cartridge body 2810 implantable It may include. 少なくとも一実施形態において、カートリッジ本体2810の厚さは、その幅にわたって変化し得る。 In at least one embodiment, the thickness of the cartridge body 2810 may vary over its width. 少なくとも1つのこのような実施形態において、カートリッジ本体2810は、中央部分2808及び側部2809を含む場合があり、中央部分2808は、側部2809の厚さよりも小さな厚さを含み得る。 In at least one such embodiment, the cartridge body 2810 may include a central portion 2808 and side 2809, central portion 2808 may comprise a thickness less than the thickness of the side 2809. 様々な実施形態において、カートリッジ本体2810の最も薄い部分は、中央部分2808に位置する場合があり、カートリッジ本体2810の最も薄い部分は、側部2809に位置する場合がある。 In various embodiments, the thinnest portion of the cartridge body 2810 may be located in the central portion 2808, the thinnest portion of the cartridge body 2810 may be located on the side 2809. 少なくとも1つのこのような実施液体において、カートリッジ本体2810の厚さは、中央部分2808と側部2809との間で段階的に減少し得る。 In at least one such embodiment the liquid, the thickness of the cartridge body 2810 may stepwise reduction between the central portion 2808 and side 2809. いくつかの実施形態において、カートリッジ本体2810の厚さが、中央部分2808と側部2809との間で直線的に及び/又は幾何学的に増加し得る。 In some embodiments, the thickness of the cartridge body 2810 may increase linearly and / or geometrically between the central portion 2808 and side 2809. 少なくとも1つのこのような実施形態において、カートリッジ本体2810の組織接触表面2819は、中央部分2808から側部2809に向かって上方に傾斜している2つの傾いた、又は角度を有する表面を含む場合がある。 In at least one such embodiment, the tissue contacting surface 2819 of the cartridge body 2810 may be inclined from the central portion 2808 of the two which is inclined upward toward the side 2809, or including a surface having an angle is there. 様々な実施形態において、アンビル2840は、傾斜した組織接触表面2819と平行であるか、又は少なくとも実質的に平行である、2つの傾いた、又は角度を有する表面を含む場合がある。 In various embodiments, the anvil 2840 is either parallel to the tissue contacting surface 2819 which is inclined, or at least substantially parallel, tilted in two, or may include a surface having an angle. 少なくとも一実施形態において、アンビル2840は、アンビル2840の傾いた表面に取り付けられた、少なくとも一片のバットレス材料2860を更に含む場合がある。 In at least one embodiment, the anvil 2840 is mounted on the inclined surfaces of the anvil 2840, may further comprise a buttress material 2860 of at least one piece. 上記に加え、様々な実施形態において、ステープルカートリッジ2800内の外側列のステープルは、より高いステープル2220aを含む場合があり、内側列のステープルは、より短いステープル2220bを含む場合がある。 In addition to the above, in various embodiments, the outer row in the staple cartridge 2800 staples, may contain higher staples 2220a, the staples of the inner column, which may include a shorter staple 2220b. 少なくとも一実施形態において、より高いステープル2220aは、より厚い側部2809内、及び/又はこれに隣接するように位置付けられることがあり、一方でステープル2220bは、中央部分2808内及び/又はこれに隣接するように位置付けられることがある。 In at least one embodiment, higher staples 2220a are thicker side within 2809, and / or this may be positioned adjacent, on the one hand staples 2220b is in the central portion 2808 and / or adjacent thereto it may be positioned to. 少なくとも1つのこのような実施形態において、上記の結果として、より高いステープル2220aは、より短いステープル2220bよりも、埋め込み可能なカートリッジ本体2810の材料をより多く捕捉し得る。 In at least one such embodiment, as a result of the higher staples 2220a, rather than shorter staple 2220b, may more capture material of the cartridge body 2810 implantable.

例えば、図111の実施形態に関連して先に記載されたように、ステープルカートリッジチャネル2230は、アンビル2240に対して異なる高さでステープル2220a及び2220bを支持するように構成され得る、ステップ付き支持表面2231を含み得る。 For example, as previously described in connection with the embodiment of FIG. 111, the staple cartridge channel 2230 may be configured to support a staple 2220a and 2220b at different heights relative to the anvil 2240, the support with the step It may include surface 2231. 様々な実施形態において、ステープルカートリッジチャネル2230は、金属を含んでもよく、支持表面2231のステップは、例えば、粉砕操作によって支持表面2231に形成されてもよい。 In various embodiments, the staple cartridge channel 2230 may include a metal, a step of the support surface 2231, for example, it may be formed on the support surface 2231 by grinding operations. 図119を参照し、様々な実施形態において、外科用器具のエンドエフェクタは、内部に位置付けられた、支持インサート2935を含む、ステープルカートリッジチャネル2930を含み得る。 Referring to FIG. 119, in various embodiments, the end effector of the surgical instrument, positioned within, including a support insert 2935 may include a staple cartridge channel 2930. より具体的に、少なくとも一実施形態において、ステープルカートリッジチャネル2930は、これが、例えば、平坦な、又は少なくとも実質的に平坦な支持表面2931を有するようにして形成され得、これは、ステープルカートリッジ2200のステープル2220a及び2220bを異なる高さで支持するためのステップ付き表面を含む、インサート2935を支持するものとして構成され得る。 More specifically, in at least one embodiment, staple cartridge channel 2930, which is, for example, a flat, or at least substantially be formed so as to have a flat support surface 2931, which is the staple cartridge 2200 comprising the stepped surface for supporting the staple 2220a and 2220b at different heights, it can be configured as to support the insert 2935. 少なくとも1つのこのような実施形態において、挿入部2935は、支持表面2931に対して位置付けられ得る、平坦な又は少なくとも実質的に平面な底面を含み得る。 In at least one such embodiment, the insertion portion 2935 can be positioned against the support surface 2931, it may include a flat or at least substantially planar bottom surface. 挿入部2935は、支持スロット、溝又はトラフ2932a及び2932bを更に含む場合があり、これらはそれぞれ、ステープル2220a及び2220bを異なる高さで支持するように構成され得る。 Insertion portion 2935, the support slot may further include a groove or trough 2932a and 2932B, each of which may be configured to support a staple 2220a and 2220b at different heights. 上記と同様に、インサート2935は、内部に画定されたナイフスロット2939を含む場合があり、これは、切断部材が内部を通過することを可能にするように構成され得る。 As above, the insert 2935, may contain a knife slot 2939 defined therein which can be configured to allow the cutting member to pass through the inside. 様々な実施形態において、ステープルカートリッジチャネル2930は、支持インサート2935と同じ材料又はこれと異なる材料を含む場合がある。 In various embodiments, the staple cartridge channel 2930 may comprise the same material or different from this material and the support insert 2935. 少なくとも一実施形態において、ステープルカートリッジチャネル2930及び支持新サーと2935は両方とも、例えば金属を含む場合があり、一方で他の実施形態において、ステープルカートリッジチャネル2930は、例えば、金属を含んでよく、支持インサート2935は例えばプラスチックを含んでもよい。 In at least one embodiment, both the staple cartridge channel 2930 and support the new server and 2935, for example, may contain metal, while in other embodiments, the staple cartridge channel 2930, for example, may comprise a metal, bearing insert 2935 may comprise, for example, plastic. 様々な実施形態において、支持インサート2935は、ステープルカートリッジチャネル2930に締結され及び/又はこれに溶接され得る。 In various embodiments, the support insert 2935 can be welded are fastened to the staple cartridge channel 2930 and / or thereto. いくつかの実施形態において、支持インサート2935は、ステープルカートリッジチャネル2930にスナップ嵌め及び/又は圧力嵌めされ得る。 In some embodiments, the support insert 2935 can be snapped-fit and / or pressure to the staple cartridge channel 2930. 少なくとも一実施形態において、支持インサート2935は、接着剤を使用して、ステープルカートリッジチャネル2930に固定され得る。 In at least one embodiment, the support insert 2935, using an adhesive, may be secured to the staple cartridge channel 2930.

図120をここで参照し、様々な実施形態において、外科用ステープラーのエンドエフェクタは、アンビル3040、ステープルカートリッジチャネル3030、及びステープルカートリッジチャネル3030内に位置する圧縮可能な、埋め込み可能なステープルカートリッジ3000を含む場合がある。 Figure 120 Referring now, in various embodiments, the end effector of the surgical stapler, the anvil 3040, a staple cartridge channel 3030, and compressible located staple cartridge channel 3030, the staple cartridge 3000 implantable there is a case that contains. 上記と同様に、アンビル3040は、内部に画定された複数のステープル形成ポケット3042、及び内部に切断部材を摺動自在に受容するように構成され得るナイフスロット3049を含む場合がある。 Similar to the above, anvil 3040 may include a knife slot 3049 that may be configured plurality of staple forming pockets 3042 defined therein, and the inside cutting member to receive slidably. 上記と同様に、ステープルカートリッジチャネル3030は、内部に画定された複数のステープル支持スロット3032、及びやはり内部に切断部材を摺動自在に受容するように構成され得るナイフスロット3039を含む場合がある。 Similar to the above, staple cartridge channel 3030 may include a knife slot 3039 in which a plurality of staple support slots 3032 defined therein, and also internal to the cutting member can be configured to receive slidably. 様々な実施形態において、ステープルカートリッジ3000は、第1層3011、第2層3012、並びに、例えば内部に位置付けられたステープル3020a及び3020bなどの、複数のステープルを含む場合がある。 In various embodiments, the staple cartridge 3000, first layer 3011, second layer 3012, and, for example, such as staples 3020a and 3020b positioned therein may include a plurality of staples. 少なくとも一実施形態において、ステープル3020aは、ステープル3020bの非形成ステープル高さよりも高い、非形成ステープル高さを含む場合がある。 In at least one embodiment, staple 3020a may higher than the non-formed staple heights of staples 3020b, including non-formed staple height. 様々な実施形態において、第1層3011は、第1圧縮可能材料を含む場合があり、第2層3012は、第2圧縮可能材料を含む場合がある。 In various embodiments, the first layer 3011 may include a first compressible material, the second layer 3012 may include a second compressible material. いくつかの実施形態において、第1圧縮可能材料は、第2圧縮可能材料よりも高い速さで圧縮され得、いくつかの実施形態において、第1圧縮可能材料は、第2圧縮可能材料よりも低い速度で圧縮され得る。 In some embodiments, the first compressible material may be compressed at a higher speed than the second compressible material, in some embodiments, the first compressible material, than the second compressible material It may be compressed at a low speed. 少なくとも一実施形態において、第1圧縮可能材料は、第1ばね速度を含み得る弾性材料を含む場合があり、第2圧縮可能材料は、第1ばね速度とは異なる第2ばね速度を含み得る、弾性材料を含み得る。 In at least one embodiment, the first compressible material may comprise a resilient material which may comprise a first spring rate, a second compressible material may include a different second spring rate than the first spring rate, It may comprise an elastic material. 様々な実施形態において、第1圧縮可能材料は、第2圧縮可能材料のばね速度よりも高いばね速度を含み得る。 In various embodiments, the first compressible material may comprise a high spring rate than the spring rate of the second compressible material. いくつかの他の実施形態において、第1圧縮可能材料は、第2圧縮可能材料のばね速度よりも低いばね速度を含み得る。 In some other embodiments, the first compressible material may comprise a lower spring rate than the spring rate of the second compressible material. 様々な実施形態において、第1圧縮可能層は、第1剛性を含む場合があり、第2圧縮可能層は、第2剛性を含む場合があり、第1剛性は、第2剛性とは異なる。 In various embodiments, the first compressible layer, may contain a first stiffness, the second compressible layer, may include a second stiffness, the first stiffness is different from the second stiffness. 様々な実施形態において、第1圧縮可能層は、第2圧縮可能層の剛性よりも大きい場合がある。 In various embodiments, the first compressible layer may be greater than the rigidity of the second compressible layer. いくつかの他の実施形態において、第1圧縮可能層は、第2圧縮可能層の剛性よりも小さい場合がある。 In some other embodiments, the first compressible layer may be smaller than the stiffness of the second compressible layer.

図120を再び参照し、様々な実施形態において、ステープルカートリッジ3000の第2層3012は、その幅にわたって一定の、又は少なくとも実質的に一定の厚さを含む場合がある。 Referring again to FIG. 120, in various embodiments, the second layer 3012 of staple cartridge 3000, constant over its width, or can comprise at least substantially constant thickness. 少なくとも一実施形態において、第1層3011は、その幅にわたって変動する厚さを含み得る。 In at least one embodiment, the first layer 3011 may include a thickness that varies across its width. 少なくとも1つのこのような実施形態において、第1層3011は、例えば、中央部分などの、カートリッジ本体3010の中央部分において、カートリッジ3010の厚さを増加させ得る、1つ又は2つ以上のステップ3008を含み得る。 In at least one such embodiment, the first layer 3011, for example, such as a central portion in the central portion of the cartridge body 3010, the thickness of the cartridge 3010 may increase, one or more steps 3008 It may include. 再び図120を参照し、より短いステープル3020bは、ステップ3008(すなわち、カートリッジ本体3010のより厚い部分)に位置付けられるか又はこれと位置合わせされることがあり、より高いステープル3020aは、カートリッジ本体3010のより薄い部分に位置付けられるか、これと位置合わせされ得る。 Referring to FIG. 120 again, a shorter staple 3020b, the step 3008 (i.e., the thicker portion of the cartridge body 3010) is subject to or positioned to the alignment, higher staples 3020a, the cartridge body 3010 or positioned thinner portion than the may be aligned with this. 様々な実施形態において、カートリッジ本体3010のより厚い部分及びより薄い部分の結果として、カートリッジ本体3010の剛性は、ステープルの内側列3020bに沿って、ステープル3020aの外側列よりも高い場合がある。 In various embodiments, as a result of the thicker portion and a thinner portion of the cartridge body 3010, the rigidity of the cartridge body 3010 along the staple of the inner column 3020b, may be higher than the outer row of staples 3020a. 様々な実施形態において、第1層3011は、第2層3012に接続され得る。 In various embodiments, the first layer 3011 may be connected to the second layer 3012. 少なくとも1つのこのような実施形態において、第1層3011及び第2層3012は、層3011及び3012を一緒に保持し得る、連結機構を含み得る。 In at least one such embodiment, the first layer 3011 and second layer 3012 may hold the layers 3011 and 3012 together, may include a coupling mechanism. いくつかの実施形態において、第1層3011は、第1ラミネートを含む場合があり、第2層3012は、第2ラミネートを含む場合があり、第1ラミネートは、1つ又は2つ以上の接着剤により第2ラミネートに接着され得る。 In some embodiments, the first layer 3011 may include a first laminate, the second layer 3012 may include a second laminate, the first laminate, one or more adhesion It may be bonded to the second laminate by agents. 様々な実施形態において、ステープルカートリッジ3000は、内部に切断部材を摺動自在に受容するように構成され得る、ナイフスロット3003を含み得る。 In various embodiments, the staple cartridge 3000, the cutting member therein may be configured to receive slidably may include a knife slot 3003.

ここで図121を参照し、様々な実施形態において、ステープルカートリッジ3100は、単一層の圧縮可能な材料、及び加えて、例えば、内部に配置されたステープル3020bなどの複数のステープルを含む、圧縮可能な、埋め込み可能なカートリッジ本体3110を含み得る。 Referring now to FIG. 121, in various embodiments, the staple cartridge 3100, compressible material of a single layer, and in addition, for example, includes a plurality of staples, such as staples 3020b disposed therein, compressible Do may include implantable cartridge body 3110. 少なくとも一実施形態において、カートリッジ本体3110の厚さは、その幅にわたって変化し得る。 In at least one embodiment, the thickness of the cartridge body 3110 may vary over its width. 少なくとも1つのこのような実施形態において、カートリッジ本体3110は、その側部に沿って延びるステップ3108を含み得る。 In at least one such embodiment, the cartridge body 3110 may include steps 3108 extending along its sides. ここで図122を参照し、様々な実施形態において、ステープルカートリッジ3200は、単一層の圧縮可能な材料、及び加えて、例えば、内部に配置されたステープル3020bなどの複数のステープルを含む、圧縮可能な、埋め込み可能なカートリッジ本体3210を含み得る。 Referring now to FIG. 122, in various embodiments, the staple cartridge 3200, compressible material of a single layer, and in addition, for example, includes a plurality of staples, such as staples 3020b disposed therein, compressible Do may include implantable cartridge body 3210. 少なくとも一実施形態において、カートリッジ本体3210の厚さは、その幅にわたって変化し得る。 In at least one embodiment, the thickness of the cartridge body 3210 may vary over its width. 少なくとも1つのこのような実施形態において、カートリッジ本体3210は、その中央部分に沿って延びるステップ3208を含み得る。 In at least one such embodiment, the cartridge body 3210 may include steps 3208 extending along a central portion. ここで図123を参照し、様々な実施形態において、サンプルカートリッジ3300は、圧縮可能な、埋め込み可能なカートリッジ本体3310を含む場合があり、上記と同様に、カートリッジ本体3310の厚さは、その幅にわたって変動し得る。 Referring now to FIG. 123, in various embodiments, a sample cartridge 3300, compressible, may contain a cartridge body 3310 implantable, similar to the above, the thickness of the cartridge body 3310 has a width It may vary over. 少なくとも一実施形態において、カートリッジ本体3310の厚さは、カートリッジ本体3310の側部と中央部分との間で幾何級数的に増加し得る。 In at least one embodiment, the thickness of the cartridge body 3310 may exponentially increase between the side and the central portion of the cartridge body 3310. 少なくとも1つのこのような実施形態において、カートリッジ本体3310の厚さは、弓状又は湾曲した輪郭によって画定されることがあり、弓状又は湾曲した組織接触表面3319を含む場合がある。 In at least one such embodiment, the thickness of the cartridge body 3310 may be defined by arcuate or curved profile, which may include an arcuate or curved tissue contacting surface 3319. いくつかの実施形態において、本体3310の厚さ、及び組織接触表面3319の輪郭は、例えば、1つの曲率半径、あるいはいくつかの曲率半径によって画定され得る。 In some embodiments, the thickness of the body 3310, and the contour of the tissue contacting surface 3319, for example, may be defined by a single radius of curvature or some radius of curvature. ここで図124を参照し、様々な実施形態において、ステープルカートリッジ3400は、圧縮可能な、埋め込み可能なカートリッジ本体3410を含む場合があり、カートリッジ本体3410の厚さは、カートリッジ本体3410の側部と中央部分との間で直線的に、又は少なくとも実質的に直線的に増加し得る。 Referring now to FIG. 124, in various embodiments, the staple cartridge 3400, compressible, may contain a cartridge body 3410 implantable, the thickness of the cartridge body 3410, and the side of the cartridge body 3410 linearly between the central portion, or at least substantially linearly increasing.

ここで図125を参照し、様々な実施形態において、ステープルカートリッジ3500は、圧縮可能な、埋め込み可能なカートリッジ本体3510、及び内部に位置付けられる、複数のステープル3520を含み得る。 Referring now to FIG. 125, in various embodiments, the staple cartridge 3500, compressible, implantable cartridge body 3510, and is positioned therein may include a plurality of staples 3520. 埋め込み可能な本体3510は、第1内層3512、第2内層3513、及び外層3511を含み得る。 Body 3510 implantable, the first inner layer 3512 can include a second inner layer 3513, and the outer layer 3511. 少なくとも一実施形態において、第1内層3512は第1厚さを含む場合があり、第2内層3513は、第2厚さを含む場合があり、第2内層3513は、第1層3512よりも厚い場合がある。 In at least one embodiment, the first inner layer 3512 may include a first thickness, the second inner layer 3513 may include a second thickness, the second inner layer 3513 is thicker than the first layer 3512 If there is a. 少なくとも1つの代替的実施形態において、第1内層3512は、第2内層3513よりも厚い場合がある。 In at least one alternative embodiment, the first inner layer 3512 may thicker than the second inner layer 3513. 代替的な実施形態において、第1内層3512は、第2内層3513と、同じ又は実質的に同じ、厚さを有し得る。 In an alternative embodiment, the first inner layer 3512, a second inner layer 3513, the same or substantially the same, may have a thickness. いくつかの実施形態において、各ステープル3520は、基部3522、及び基部3522から延びる1つ又は2つ以上の変形可能な脚部3521を含み得る。 In some embodiments, each staple 3520, base 3522, and may include one or more deformable legs 3521 extending from the base 3522. 様々な実施形態において、各脚部3521は、第1内層3511内に埋め込まれた先端部3523を含む場合があり、加えて、ステープル3520の各基部3522は、第2内層3512内に埋め込まれ得る。 In various embodiments, each leg 3521 may include a tip portion 3523 that is embedded in the first inner layer 3511, in addition, the base portion 3522 of the staple 3520 may be embedded in the second inner layer 3512 . 少なくとも一実施形態において、第1内層3512及び/又は第2層3513は、内部に保存された少なくとも1つの薬剤を含む場合があり、様々な実施形態において、外層3511は、第1内層3512及び第2内層3513を封入する場合があり、外層3511がステープル3520によって穿孔される後まで、薬剤はステープルカートリッジ本体3510から流出しない。 In at least one embodiment, the first inner layer 3512 and / or the second layer 3513, may contain at least one agent stored therein, in various embodiments, the outer layer 3511, the first inner layer 3512 and the may encapsulate the second internal 3513, until after the outer layer 3511 is pierced by the staple 3520, the agent does not flow out from the staple cartridge body 3510. より具体的に、上記に加え、アンビルは、ステープルカートリッジ3500の組織接触表面3519に対して位置付けられた組織に対して下方に押し付けられることがあり、それによりカートリッジ本体3510が圧縮されて表面3519が、下方に、少なくとも部分的にステープル先端部3523の下に動かされ、先端部3523が外層3511を破裂させるか又は穿孔する。 More specifically, in addition to the above, anvil, may be pressed downward against the tissue positioned against the tissue contacting surface 3519 of staple cartridge 3500, thereby the cartridge body 3510 is compressed by the surface 3519 is , downward, is moved under at least partially staple tip 3523, distal portion 3523 is or perforated rupture the outer layer 3511. 外層3511がステープル脚部3521によって破断された後、少なくとも1つの薬剤Mが、ステープル脚部3521の周囲のカートリッジ本体3510から流出し得る。 After the outer layer 3511 is broken by the staple legs 3521, at least one agent M, may flow out from the cartridge body 3510 around the staple legs 3521. 様々な状況において、カートリッジ本体3510の追加的な圧縮は、図126に例示される、カートリッジ本体3510の追加的な薬剤Mを絞り出す。 In various circumstances, additional compression of the cartridge body 3510 is illustrated in Figure 126, squeeze out additional agents M of the cartridge body 3510.

図125を参照し、様々な実施形態において、外層3511は、水不透過性の、又は少なくとも実質的に不透過性のラップを含んでもよく、これは1)薬剤がステープルカートリッジ3500から時期尚早に流出するのを防ぎ、2)手術部位の流体が、ステープルカートリッジ3500に時期尚早に流入するのを防ぐように、構成され得る。 Referring to FIG. 125, in various embodiments, the outer layer 3511 is water impervious, or at least substantially may comprise impermeable wrap, which is 1) drug prematurely from the staple cartridge 3500 prevented from flowing out, 2) the surgical site of the fluid, to prevent prematurely flows into the staple cartridge 3500 can be configured. いくつかの実施形態において、第1内層3512は、内部に保存又は吸収される第1薬剤を含む場合があり、第2内層3513は、内部に保存又は吸収された第2薬剤を含む場合があり、第2薬剤は、第1薬剤と異なる場合がある。 In some embodiments, the first inner layer 3512 may include a first agent which is stored or absorbed therein, the second inner layer 3513 may include a second agent which is stored or absorbed therein the second agent may be different from the first agent. 少なくとも一実施形態において、外層3511の破断を生じる、カートリッジ本体3510の最初の圧縮は一般的に、第1薬剤を第1内層3512から絞り出すことができ、その後カートリッジ本体3510の圧縮が、一般的に第2薬剤を第2内層3513から絞り出すことができる。 In at least one embodiment, resulting in rupture of the outer layer 3511, the first compression of the cartridge body 3510 generally the first drug can be squeezed from the first inner layer 3512, subsequent compression of the cartridge body 3510, in general it can squeeze out the second agent from a second inner layer 3513. しかしながら、このような実施形態において、第1薬剤及び第2薬剤の一部分が同時に搾り出されてもよいが、最初に搾り出される薬剤の大部分が第1薬剤を含むことがあり、その後搾り出される薬剤の大部分が、第2薬剤を含む場合がある。 However, of in such an embodiment, may be a portion of the first agent and the second agent is squeezed at the same time, there are the majority of drug squeezed initially contains a first agent, followed squeezed out most of the drug is, it may contain a second drug. 上記に加え、いくつかの実施形態において、第1内層3512は、第2内層3513よりも多くの圧縮可能材料を含む場合があり、それにより後の圧縮力又は圧力よりも低い場合がある、最初の圧縮力又は圧力が、第1内層3512内において、第2内層3513よりも大きい最初の屈曲を生じる場合がある。 In addition to the above, in some embodiments, the first inner layer 3512 may include a number of compressible material than the second inner layer 3513, be lower than the compression force or pressure after the it, first compressive force or pressure is, in the first inner layer 3512, which may cause the first bending greater than the second inner layer 3513. 第1内層3512内のこのようなより大きな最初の屈曲により、第1薬剤が第1内層3512から、第2内層3513からの第2薬剤よりも、多く搾り出される。 Such larger first bending of the first inner layer 3512, the first agent from the first inner layer 3512, than the second agent from a second inner layer 3513, are squeezed more. 少なくとも一実施形態において、第1内層3512は、第2内層3513よりも多孔質及び/又は可撓性であり得る。 In at least one embodiment, the first inner layer 3512 can be porous and / or flexible than the second inner layer 3513. 少なくとも1つのこのような実施形態において、第1内層3512は、内部に画定された複数の孔又は空隙3508を含む場合があり、第2内層3513は、内部に画定された複数の孔又は空隙3509を含む場合があり、様々な実施形態において、孔3508は、第1内層3512内の第1薬剤を保存するように構成され得、孔3509は、第2内層3513内の第2薬剤を保存するように構成され得る。 In at least one such embodiment, the first inner layer 3512 may include a plurality of pores or voids 3508 defined therein, the second inner layer 3513, a plurality of holes or voids defined therein 3509 may contain, in various embodiments, holes 3508 may be configured to store the first drug in the first inner layer 3512, the hole 3509 stores the second agent within the second internal 3513 It can be configured to. いくつかの実施形態において、第1内層3512内の孔3508、及び第2内層3513内の孔3509の大きさ及び密度は、本明細書において所望の結果をもたらすために選択され得る。 In some embodiments, the hole in the first inner layer 3512 3508, and the size and density of the holes 3509 in the second inner layer 3513 may be selected to provide the desired results herein.

図125及び図126を参照し、様々な実施形態において、外層3511、第1内層3512、及び/又は第2内層3513は、生吸収性材料を含み得る。 Referring to FIGS. 125 and Fig. 126, in various embodiments, the outer layer 3511, the first inner layer 3512, and / or the second inner layer 3513 may comprise a bioabsorbable material. 少なくとも一実施形態において、第1内層3512は、第1生吸収性材料を含んでもよく、第2内層3513は、第2生吸収性材料を含んでもよく、外層3511は、第3生吸収性材料を含んでもよく、第1生吸収解性材料、第2生吸収性材料、及び/又は第3生吸収性材料は、異なる材料を含んでもよい。 In at least one embodiment, the first inner layer 3512 may include a first raw absorbable material, the second inner layer 3513 may include a second raw absorbing material, the outer layer 3511, third raw absorbent material it may include a first raw absorbent solution material, second raw absorbable material, and / or third raw absorbent material may comprise different materials. いくつかの実施形態において、第1生吸収性材料は、第1速度において生吸収されてもよく、第2生吸収性材料は、第2速度で生吸収されてもよく、かつ第3生吸収性材料は、第3速度で生吸収されてもよく、第1速度、第2速度及び/又は第3速度は異なる場合がある。 In some embodiments, the first raw absorbable material may be bioabsorbable in the first speed, second raw absorbable material may be bioresorbable at a second speed, and third raw absorption sex material may be bioabsorbable in the third speed, the first speed, second speed and / or the third speed may be different. 少なくとも1つのこのような実施形態において、材料が特定の速度で生吸収されるとき、このような速度は、単位時間において患者の身体により吸収される材料の質量として定義され得る。 In at least one such embodiment, when the material is bioabsorbable at a specific rate, such rate can be defined as the mass of the material to be absorbed by the body of the patient in unit time. 既知であるように、異なる患者の身体は、異なる材料を異なる速度で吸収することがあり、したがってこのような速度は、このようなばらつきを考慮するために、平均速度として表され得る。 As is known, a different patient's body, it is possible to absorb the different materials at different rates, therefore these speeds, in order to account for such variations, it may be represented as the average speed. いずれにせよ、より速い速度とは、より遅い速度に比べ、単位時間において、より多くの質量が生吸収され得るような速度である。 In any case, a higher speed, compared to a slower rate, in unit time, a rate such that more weight can be bioresorbable. 図125及び図126を参照し、様々な実施形態において、第1内層3512及び/又は第2内層3513は、外層3511を含む材料よりも早く生吸収する材料を含む場合がある。 Referring to FIGS. 125 and Fig. 126, in various embodiments, the first inner layer 3512 and / or the second inner layer 3513 may include a material that bioabsorbable faster than the material comprising the outer layer 3511. 少なくとも1つのこのような実施形態において、第1内層3512及び/又は第2内層3513は、生吸収性フォーム、組織封止材、及び/又は止血剤量、例えば、酸化再生セルロース(ORC)を含む場合があり、外層3511は、バットレス材料及び/又はプラスチック材料、例えば、ポリグリコール酸(PGA)(これは、商標名Vicrylで市販される)、ポリ乳酸(PLA又はPLLA)、ポリジオキサン(PDS)、ポリヒドロキシアルカノエート(PHA)、ポリグレカプロン25(PGCL)(これは、商標名Monocrylで市販される)、ポリカプロラクトン(PCL)、及び/又はPGA、PLA、PDS、PHA、PGCL及び/又はPCLの複合物である。 In at least one such embodiment, the first inner layer 3512 and / or the second inner layer 3513 comprises bioabsorbable foam tissue sealant, and / or hemostatic agent amount, for example, oxidized regenerated cellulose (ORC) If there is, the outer layer 3511, the buttress material and / or plastic material, for example, polyglycolic acid (PGA) (which is commercially available under the trade name Vicryl), polylactic acid (PLA or PLLA), polydioxanone (PDS) , polyhydroxyalkanoate (PHA), Porigurekapuron 25 (PGCL) (which is commercially available under the trade name Monocryl), polycaprolactone (PCL), and / or PGA, PLA, PDS, PHA, PGCL and / or it is a composite of the PCL. このような実施形態において、第1内層3512及び/又は第2内層3513は、即座に組織を治療することができ、かつ組織からの出血を低減することができ、外層3514は、長期の構造的支持をもたらすことができ、より遅い速度で生吸収され得る。 In such an embodiment, the first inner layer 3512 and / or the second inner layer 3513 can be immediately treating tissue, and can reduce bleeding from the tissue, the outer layer 3514, long-term structural of can provide support, it may be bioresorbable at a slower rate.

上記に加えて、外層3511の生吸収性のより遅い速度により、外層3511は、ステープルのライン内の組織を、これが治癒するに伴って、強化又は構造的に補強することができる。 In addition to the above, the slower rate of bioabsorbable outer layer 3511, outer layer 3511, the tissue in the staple line, which along with the cure, can be enhanced or structurally reinforced. いくつかの実施形態において、第1内層3512及び第2内層3513の一方が、他方よりも早く生吸収され得る材料を含む場合があり、その結果、少なくとも一実施形態において、層の一方が治療物質の初期放出をもたらすことができ、他方の層が、同じ治療物質及び/又は異なる治療物質の持続放出をもたらすことができる。 In some embodiments, one of the first inner layer 3512 and the second inner layer 3513, may contain materials that may be bioabsorbable faster than the other, as a result, in at least one embodiment, one of the layers therapeutic agent can bring the initial release, the other layer may result in sustained release of the same therapeutic agent and / or a different therapeutic agent. 少なくとも1つのこのような実施形態において、治療物質が層3512、3513から放出され得る速度は、薬剤が吸収又は分散される基材層の生吸収性の関数であり得る。 In at least one such embodiment, the rate at which therapeutic agent can be released from the layer 3512,3513 may be bioabsorbable function of the substrate layer the drug is absorbed or dispersed. 例えば、少なくとも一実施形態において、第1内層3512を含む基材は、第2内層3513を含む基材よりも早く生吸収されることがあり、結果として、薬剤は、例えば、第2層3513よりも早く、第1内層3512から放出され得る。 For example, in at least one embodiment, a substrate comprising a first inner layer 3512 may be bioresorbable faster than substrate comprising a second inner layer 3513, as a result, agent, for example, from the second layer 3513 As early it can be released from the first inner layer 3512. 本明細書において記載されるように、様々な実施形態において、カートリッジ本体3510の層3511、3512及び3513の1つ又は2つ以上が、例えば、繊維素及び/又はタンパク質ヒドロゲルなどの、少なくとも1つの接着剤によって互いに接着され得る。 As described herein, in various embodiments, one of the layers 3511,3512 and 3513 of the cartridge body 3510 or more is, for example, such as cellulose and / or protein hydrogel, at least one It may be bonded together by an adhesive. いくつかの実施形態において、接着剤は、水溶性であり、ステープルカートリッジ3500が埋め込まれる際に、及び/又はその少し後に、層間の接続を解放するように構成され得る。 In some embodiments, the adhesive is water soluble, when the staple cartridge 3500 is embedded, and / or shortly thereafter can be configured to release the connection between the layers. 少なくとも1つのこのような実施形態において、接着剤は、外層3511、第1内層3512及び/又は第2内層3513よりも早く生吸収するように構成され得る。 In at least one such embodiment, the adhesive, the outer layer 3511 may be configured to bioabsorbable faster than the first inner layer 3512 and / or the second inner layer 3513.

図127及び図128を参照し、様々な実施形態において、例えば、ステープルカートリッジ3600などのステープルカートリッジは、圧縮可能な第1層3611、第1層3611に取り付けられた第2層3612、及び第2層3612に取り付けられた取り外し可能な圧縮可能層3613を含む、カートリッジ本体3610を含む場合がある。 Referring to FIGS. 127 and Fig. 128, in various embodiments, for example, a staple cartridge, such as staple cartridge 3600, first layer 3611 compressible, the second layer 3612 attached to the first layer 3611, and a second includes a removable compressible layer 3613 attached to the layer 3612 may include a cartridge body 3610. 少なくとも1つのこのような実施形態において、第1層3611は、圧縮可能なフォーム材料を含む場合があり、第2層3612は、1つ又は2つ以上の接着剤を使用して、第1層3611に接着された積層体材料を含む場合があり、第3層3613は、例えば、1つ又は2つ以上の接着剤を使用して、第2層3612に取り外し可能に取り付けられた圧縮可能フォーム材料を含み得る。 In at least one such embodiment, the first layer 3611, may include a compressible foam material, the second layer 3612 may use one or more adhesives, the first layer It may contain a laminate material adhered to 3611, third layer 3613, for example, one or with two or more adhesive, compressible foam attached removably to the second layer 3612 It may include materials. 様々な実施形態において、ステープルカートリッジ3600は、カートリッジ本体3610内に位置付けられた、例えば、ステープル3620などの、複数のステープルを更に含み得る。 In various embodiments, the staple cartridge 3600, positioned within the cartridge body 3610, for example, such as staples 3620 may further include a plurality of staples. 少なくとも1つのこのような実施形態において、各ステープル3620は、第3層3613内に位置付けられた基部3622、及び基部3622から第2層3612を通じて、第1層3611へと上方に延びる1つ又は2つ以上の変形可能な脚部3621を含み得る。 In at least one such embodiment, each staple 3620, third layer 3613 base positioned within 3622, and through the second layer 3612 from the base 3622, one extending upwardly into the first layer 3611 or 2 One or more may include deformable legs 3621. 上記に加え、使用中、ステープルカートリッジ本体3610の頂面3619は、ステープル脚部3621が、頂面3619及び標的組織を通じて、貫通し、アンビルと接触するまで、アンビルにより下方に押され得る。 In addition to the above, during use, the top surface 3619 of the staple cartridge body 3610, the staple legs 3621, through the top surface 3619 and the target tissue, and through, into contact with the anvil, may be pushed downward by the anvil. ステープル脚部3621が、十分に変形された後、アンビルはステープルカートリッジ3600から、その圧縮可能な層が少なくとも部分的に再拡張されるように、離すように動かされ得る。 After the staple legs 3621 has been sufficiently deformed, the anvil from the staple cartridge 3600, the compressible layer to be at least partially re-expanded, can be moved away. 様々な状況において、組織を通じたステープルの挿入は、組織の出血を生じる場合がある。 In various circumstances, the insertion of the staple through the tissue may cause bleeding tissue. 少なくとも一実施形態において、第3層3613は、例えば、タンパク質ヒドロゲルなどの、吸収性材料を含む場合があり、これは、ステープリングされた組織から血液を回収することができる。 In at least one embodiment, the third layer 3613, for example, could include such proteins hydrogels, absorbent materials, which can be recovered blood from stapling tissue. 上記に加え、又はその代わりに、第3層3613は、止血物質及び/又は組織封止材、例えば、凍結乾燥トロンビン及び/又は繊維素を含む場合があり、これは、組織からの流血を低減するように構成され得る。 In addition to the above, or alternatively, the third layer 3613, hemostats and / or tissue sealant, for example, may contain lyophilized thrombin and / or fibrin, which reduces bloody from tissue It may be configured to. いくつかの実施形態において、第3層3613は、第1層3611及び第2層3612に構造的支持を提供する場合があり、第3層3613は、生吸収性材料及び/又は非生吸収性材料を含むことがある。 In some embodiments, third layer 3613, may provide structural support to the first layer 3611 and second layer 3612, third layer 3613 is bioabsorbable material and / or non-bioresorbable which may include material. いずれにせよ、様々な実施形態において、第3層3613は、ステープルカートリッジ3610が埋め込まれた後に、第2層3612から分離される場合がある。 Anyway, in various embodiments, the third layer 3613, after the staple cartridge 3610 has been embedded, it may be separated from the second layer 3612. 第3層3613が埋め込み可能な品質の材料を含む実施形態において、外科医は、カートリッジ本体3610の第3層3613を取り除くかどうかを選択することができる。 In embodiments including a third layer 3613 is implantable quality materials, the surgeon can select whether removing the third layer 3613 of the cartridge body 3610. 少なくとも一実施形態において、第3層3613は、第2層3612から1つの断片としてとり除かれるように構成され得る。 In at least one embodiment, the third layer 3613 may be configured to be removed from the second layer 3612 as a single fragment.

様々な実施形態において、第1層3611は、第1フォーム材料を含む場合があり、第3層3613は、第1フォーム材料とは異なり得る第2フォーム材料を含む場合がある。 In various embodiments, the first layer 3611, may include a first foam material, the third layer 3613 may include a second foam material which may be different from the first foam material. 少なくとも一実施形態において、第1フォーム材料は、第1密度を含む場合があり、第2フォーム材料は、第2密度を有する場合があり、第1密度は、第2密度と異なる場合がある。 In at least one embodiment, the first foam material may contain a first density, a second foam material, may have a second density, the first density may be different from the second density. 少なくとも1つのこのような実施形態において、第2密度は、第1密度よりも高い場合があり、結果として、第3層3613は第1層3611より圧縮性が低く、又はより低い圧縮速度を有する。 In at least one such embodiment, the second density may be greater than the first density, as a result, the third layer 3613 has a first layer 3611 compressibility is lower than, or lower compression rate . 少なくとも1つのこのような実施形態において、第1密度は、第2密度よりも高い場合があり、結果として、第1層3611は第3層3613より圧縮性が低く、又はより低い圧縮速度を有する。 In at least one such embodiment, first density, may be greater than the second density, as a result, the first layer 3611 comprises a third layer 3613 compressibility is lower than, or lower compression rate . ここで図129及び図130を参照し、様々な実施形態において、ステープルカートリッジ3600と同様に、ステープルカートリッジ3700は、第1圧縮可能フォーム層3711、第1層3711に取り付けられた第2層3712、及び第2層3712に取り外し可能に取り付けられた分離可能な第3圧縮可能フォーム層3713を含む、カートリッジ本体3710を含み得る。 Referring now to FIGS. 129 and Fig. 130, in various embodiments, similar to staple cartridge 3600, the staple cartridge 3700, first compressible foam layer 3711, second layer 3712 that is attached to the first layer 3711, and a second layer 3712 allows the attached third compressible separable removable foam layer 3713 may include a cartridge body 3710. 少なくとも1つのこのような実施形態において、第3層3713は、複数のステープル受容スロット又は切り抜き部3709を含む場合があり、これらはそれぞれ、内部に、例えばステープル基部3622などの、ステープル3620の少なくとも一部分を受容するように構成され得る。 In at least one such embodiment, the third layer 3713, may include a plurality of staple receiving slots or cutouts 3709, of each of which, in the interior, such as staple base 3622, at least a portion of staple 3620 It may be configured to receive. いくつかの実施形態において、ステープル3620は、ステープル受容スロット3709内で摺動するように構成され得、又は換言すると、第3層3713は、ステープルカートリッジ3700が標的組織に対して位置付けられ、アンビルによって圧縮される際に、ステープル3620に対して摺動するように構成され得る。 In some embodiments, the staples 3620 may be configured to slide within the staple receiving slots 3709, or in other words, the third layer 3713, staple cartridge 3700 is positioned against the target tissue, the anvil when it is compressed, it may be configured to slide relative to the staple 3620. 少なくとも一実施形態において、受容スロット3709は、ステープル3620と、受容スロット3709の側壁との間に隙間が存在するように構成され得る。 In at least one embodiment, receiving slot 3709 includes a staple 3620 may be configured so that a gap exists between the side walls of the receiving slots 3709. 図129及び図130に例示されるように、少なくとも1つのこのような実施形態において、上記の結果として、ステープル3620は、ステープル3620が変形されるときに、内部に第3層3713の一部分を捕捉しないことがある。 As illustrated in FIG. 129 and FIG 130, in at least one such embodiment, as a result of the above, the staple 3620, captured when the staple 3620 is deformed, a portion of the third layer 3713 therein some may not. いくつかの他の実施形態において、第2層3712に隣接する、スロット3709を受容するステープルの端部は、第3層3713の一部分によって閉鎖されることがあり、結果として、第3層3713の少なくとも一部分が、ステープル3620内に、これらが変形する際に捕捉され得る。 In some other embodiments, adjacent to the second layer 3712, the end of the staple receiving slots 3709, may be closed by a portion of the third layer 3713, as a result, the third layer 3713 at least a portion, within the staple 3620, it may be captured during the deformation. いずれにせよ、第3層3713は例えば、1つ又は2つ以上の穿孔及び/又は刻んだ線3708を含む場合があり、これは、図129に例示されるように、第3層3713が、2つ以上の断片として、第2層3712から取り除かれることを可能にするように構成され得る。 In any case, the third layer 3713, for example, may include one or more perforations and / or chopped wire 3708, which, as illustrated in FIG. 129, the third layer 3713, as two or more pieces may be configured to allow it to be removed from the second layer 3712. 図129において、第3層3713の断片の1つが、ツール3755から取り除かれるものとして例示される。 In Figure 129, one of the pieces of the third layer 3713 is illustrated as being removed from the tool 3755. 様々な実施形態において、穿孔3708は、第1列のステープルと、第2列のステープルとの中間に位置付けられたラインに沿って配置され得る。 In various embodiments, perforations 3708, a staple of the first row may be arranged along an intermediate in the positioned line between the staple in the second row.

図129及び図130を参照し、様々な実施形態において、ステープル3620の基部3622は、受容スロット3709内に位置付けられる場合があり、少なくとも1つの実施形態において、受容スロット3709の側壁は、ステープル脚部3621と接触して、これらを適所に保持するように構成され得る。 Referring to FIGS. 129 and Fig. 130, in various embodiments, the base 3622 of the staple 3620, may be positioned within the receiving slot 3709, at least one embodiment, the side walls of the receiving slot 3709, the staple legs 3621 in contact with, may be configured to hold them in place. いくつかの実施形態において、例示されないが、第3層3713は、ステープルのライン内のステープルの全てを囲む、細長いスロットを含む場合がある。 In some embodiments, although not illustrated, the third layer 3713 surrounds all staples in the staple line, which may include an elongated slot. 少なくとも1つのこのような実施形態において、例えば、4つのステープル列を含むステープルカートリッジは、ステープルカートリッジの底層内の各ステープル列と位置合わせされた細長いスロットを含む場合がある。 In at least one such embodiment, for example, the staple cartridge includes four rows of staples, which may include elongated slots aligned with each staple row of bottom layer of the staple cartridge. 上記に加え、ステープルカートリッジ3600及び/又はステープルカートリッジ3700の少なくとも一部分が、患者内の埋め込まれる場合があり、ステープルカートリッジの少なくとも一部分が、患者から取り外し可能であってもよい。 In addition to the above, at least a portion of the staple cartridge 3600 and / or staple cartridge 3700, may be embedded within the patient, at least a portion of the staple cartridge may be removable from the patient. 図129及び図130を参照し、少なくとも一実施形態において、第1層3711及び第2層3712は、ステープル3620内に捕捉される場合があり、ステープル3620と共に埋め込まれる場合があり、第3層3713は、任意により、ステープルカートリッジ3700から取り除かれるか、又はここから分離される。 Referring to FIGS. 129 and Fig. 130, in at least one embodiment, first layer 3711 and second layer 3712, may be captured within the staple 3620, may be embedded with the staple 3620, third layer 3713 by any, are separated or removed from the staple cartridge 3700, or from here. 様々な状況において、埋め込まれたステープルカートリッジの一部分の除去は、様々な治療的効果をもたらし得る、患者の身体が再吸収すべき物質の量を低減することができる。 In various circumstances, removal of a portion of the embedded staple cartridge may result in various therapeutic effects, it is possible to reduce the amount of material to be resorbed by the patient's body. 例えば、ステープルカートリッジの一部分が腹腔鏡3755によって、分離され、取り除かれる場合、分離されたステープルカートリッジ部分は、例えば、5mmの開口部を有するトロカールなどの、トロカールを通じて手術部位から取り除かれ得る。 For example, the partially laparoscope 3755 of the staple cartridge, are separated, if removed, the separated staple cartridge portion, for example, such as a trocar having an opening 5 mm, it can be removed from the surgical site through a trocar. いくつかの実施形態において、カートリッジ本体は、取り除かれ得る、2つ以上の層を含む場合がある。 In some embodiments, the cartridge body can be removed, which may include two or more layers. 例えば、カートリッジ本体3710は、第4層を含む場合があり、カートリッジ本体3710の第3層3713は、止血材料を含む場合があり、第4層は、支持層を含む場合がある。 For example, the cartridge body 3710 may include a fourth layer, third layer 3713 of the cartridge body 3710 may include a hemostatic material, the fourth layer may include a support layer. 少なくとも1つのこのような実施形態において、外科医は支持層を取り除き、その後例えば、止血層を取り除くかどうか選択することができる。 In at least one such embodiment, the surgeon removes the support layer, then for example, it is possible to select whether removing the haemostatic layer.

図131を参照し、様々な実施形態において、例えば、ステープルカートリッジ3800などのステープルカートリッジは、外層3811及び内層3812を含む、カートリッジ本体3810を含む場合がある。 Referring to FIG. 131, in various embodiments, for example, the staple cartridge, such as staple cartridge 3800 includes an outer layer 3811 and an inner layer 3812 may include a cartridge body 3810. 内層3812は、圧縮可能なフォーム材料を含む場合があり、外層3811は、少なくともその一部分が、内層3812の周囲に巻かれる場合がある。 The inner layer 3812, may include a compressible foam material, the outer layer 3811, at least a portion thereof, may be wrapped around the inner layer 3812. 少なくとも一実施形態において、外層3811は、内層3812の第1側部上に位置付けられるように構成された第1部分3811a、及び内層3812の第2側部上に位置付けられるように構成された第2部分3811bを含む場合があり、第1部分3811a及び第2部分3811bは、例えばヒンジ3809などの可撓性ヒンジによって接続され得る。 In at least one embodiment, the outer layer 3811, a second that is configured to be positioned first portion 3811A, and the second on the side of the inner layer 3812 that is configured to be positioned on a first side of the inner layer 3812 It may include portions 3811B, a first portion 3811a and second portion 3811B may be connected, for example, by a flexible hinge such as hinges 3809. 少なくとも1つのこのような実施形態において、例えば、繊維素及び/又はタンパク質ヒドロゲルなどの少なくとも1つの接着剤は、そこに外層3811の部分を固定するために、内層3812の第1側部及び/又は第2側部に適用され得る。 In at least one such embodiment, for example, at least one adhesive, such as fibrin and / or protein hydrogel, in order to fix the parts of the outer layer 3811 therein, the first side of the inner layer 3812 and / or It may be applied to the second side. 様々な実施形態において、外層3811は、そこから延びる1つ又は2つ以上の締結部材を含む場合がある。 In various embodiments, the outer layer 3811 may include one or more fastening members extending therefrom. 少なくとも1つのこのような実施形態において、外層3811は、圧縮可能な内層3812内に位置し得る、外層3811の一方の側部から延びる、複数の変形可能な脚部3821を含む場合がある。 In at least one such embodiment, the outer layer 3811 may be located within compressible inner layer 3812 extends from one side of the outer layer 3811 may include a plurality of deformable legs 3821. 少なくとも1つの実施形態において、脚部3821は、内層3812の第2側部から突出しないことがあり、少なくとも1つの代替的実施形態において、脚部3821は、内層3812から少なくとも一部分が突出することがある。 In at least one embodiment, the legs 3821, may not protrude from the second side of the inner layer 3812, at least one alternative embodiment, the legs 3821, that at least a portion protrudes from the inner layer 3812 is there. 圧縮可能なカートリッジ本体3810が使用中に圧縮される際、脚部3821は、内層3812、及び外層3811の第2部分3811bを貫通するように構成され得る。 When compressible cartridge body 3810 is compressed during use, the legs 3821 may be configured to penetrate the second portion 3811b of the inner layer 3812, and the outer layer 3811. いくつかの実施形態において、外層3811の第2部分3811bは、ステープル脚部3821を受容するように構成され得る、内部に画定された、例えば開口部3808などの、開口部を含む場合がある。 In some embodiments, the second portion 3811b of the outer layer 3811 may be configured to receive the staple legs 3821, defined therein, e.g., which may include such as opening 3808, opening. いくつかの実施形態において、ステープルカートリッジ3800の少なくとも部分が、内部に切断部材を摺動自在に受容するように構成され得る、ナイフスロット3803を含む場合がある。 In some embodiments, at least a portion of the staple cartridge 3800, the cutting member therein can be configured to slidably receive, and may include a knife slot 3803. 少なくとも1つのこのような実施形態において、ナイフスロット3803は、カートリッジ本体3810の厚さを通じて全体的に延びることがあり、結果として、切断部材は、カートリッジ本体3810を、これに対して動かす際に切開することがある。 In at least one such embodiment, the knife slot 3803 may extend entirely through the thickness of the cartridge body 3810, as a result, cutting member, a cartridge body 3810, an incision in moving contrast sometimes.

図132を参照して、様々な実施形態において、ステープルカートリッジ3900は、ステープルカートリッジ3800と同様に、内層3812及び外層3811を含むカートリッジ本体3910を含む場合があり、外層3811は、内層3812の第1側部に隣接するように位置付けられた第1部分3811a、及び内層3812の第2側部に隣接するように位置付けられた第2部分3811bを含む場合がある。 Referring to FIG. 132, in various embodiments, the staple cartridge 3900, as in the staple cartridge 3800, may contain a cartridge body 3910 including an inner layer 3812 and the outer layer 3811, outer layer 3811, the first inner layer 3812 it may contain a first portion 3811a positioned adjacent to the side, and a second portion 3811b positioned adjacent to the second side of the inner layer 3812. 少なくとも一実施形態において、上記と同様に、外層3811は、そこから延びる1つ又は2つ以上の締結部材を含み得る。 In at least one embodiment, similar to the above, the outer layer 3811 may include one or more fastening members extending therefrom. 少なくとも1つのこのような実施形態において、外層3811は、圧縮可能な内層3812内に位置し得る、外層3811の一方の側部から延びる、複数の変形可能な脚部3921を含む場合がある。 In at least one such embodiment, the outer layer 3811 may be located within compressible inner layer 3812 extends from one side of the outer layer 3811 may include a plurality of deformable legs 3921. いくつかの実施形態において、各変形可能な脚部3921は、そこから延びる少なくとも1つのフック又は返し部3923を含む場合があり、これは、外層3811の第2部分3811bと係合するように構成される場合があり、結果として、内層3812の外層3811を保持する。 In some embodiments, the deformable legs 3921, may contain at least one hook or barb 3923 extending therefrom which is configured to engage the second portion 3811b of the outer layer 3811 It may be, as a result, retains the outer layer 3811 of the inner layer 3812. 少なくとも1つのこのような実施形態において、返し部3923は、内層3812の第2側部から突出し、外層3811の第2部分3811bの開口部3808を通じて延びるように構成される場合があり、それによって返し部3923は、外層3811の外側表面と係合して、外層3811を内層3812に固定することができる。 In at least one such embodiment, return unit 3923 is sometimes configured so as to extend from the second side of the inner layer 3812 protrudes through an opening 3808 of the second portion 3811b of the outer layer 3811, whereby the return part 3923 engages the outer surface of the outer layer 3811, it is possible to fix the outer 3811 to the inner layer 3812. ステープルカートリッジ3900を構成するために、内層3812は少なくとも一部分が圧縮されて、そこから返し部を突出させ、開口部3808に入れる。 To configure the staple cartridge 3900, the inner layer 3812, at least a portion is compressed, is protruded a return portion therefrom, placed in the opening 3808. 少なくとも1つのこのような実施形態において、ステープルカートリッジ3900は、例えば、これがステープルカートリッジに挿入される際に少なくとも一部分が事前に圧縮されてもよい。 In at least one such embodiment, the staple cartridge 3900, for example, at least a portion may be pre-compressed when this is inserted into the staple cartridge. 上記に加え、いくつかの実施形態において、脚部3921の少なくとも一部分が、外層3811の第1部分3811a内に埋め込まれる場合があり、少なくとも一実施形態において、外層3811は、例えば、ポリジオキサノン(PDS)及び/又はポリグリコール酸(PGA)などのプラスチック材料を含む場合があり、プラスチック材料は、脚部3921の少なくとも一部分の周囲でオーバーモールドされることがある。 In addition to the above, in some embodiments, at least a portion of the leg 3921 is sometimes embedded in the first portion 3811a of the outer layer 3811, in at least one embodiment, the outer layer 3811, for example, polydioxanone (PDS) and / or may contain plastics materials such as polyglycolic acid (PGA), a plastic material may be overmolded around at least a portion of the leg 3921.

図133〜137を参照し、様々な実施形態において、例えば、ステープルカートリッジ4000などのステープルカートリッジは、圧縮可能な第1層4011及び第2層4012を含む、カートリッジ本体4010、加えて、カートリッジ本体4010内に位置付けられた複数のステープル4020を含む場合がある。 Referring to FIG. 133-137, in various embodiments, for example, the staple cartridge, such as staple cartridge 4000 includes a first layer 4011 and second layer 4012 can be compressed, the cartridge body 4010, in addition, the cartridge body 4010 it may contain a plurality of staples 4020 positioned within. 図135を参照し、いくつかの実施形態において、各ステープル4020は、基部4022、及び基部4022から延び変形可能な少なくとも1つの脚部4023を含む場合がある。 Referring to FIG. 135, in some embodiments, each staple 4020 may base 4022, and including at least one leg 4023 deformable extending from the base 4022. 図133を参照し、少なくとも1つの実施形態において、ステープルカートリッジ4000は、ステープルカートリッジチャネル4030と、外科用ステープラーのエンドエフェクタのアンビル4040との間に位置付けられることがあり、カートリッジ本体4010の第2層4012及び/又はステープル4020の基部4022は、ステープルカートリッジチャネル4030に対して位置付けられる場合がある。 Referring to FIG. 133, in at least one embodiment, staple cartridge 4000 may staple cartridge channel 4030 is positioned between the anvil 4040 of an end effector of a surgical stapler, a second layer of the cartridge body 4010 4012 and / or base 4022 of the staple 4020 may be positioned relative to the staple cartridge channel 4030. 図134を参照し、様々な実施形態において、第2層4012は、プレジット支持フレーム4061によって互いに接続された、プレジットの層4060を含み得る。 Referring to FIG. 134, in various embodiments, the second layer 4012, which are connected to each other by pledget support frame 4061 may include a layer 4060 of pledget. 少なくとも1つのこのような実施形態において、プレジット4060及びプレジット支持フレーム4061は、例えば、ポリグリコール酸(PGA)などの、成形されたプラスチック材料を含む場合がある。 In at least one such embodiment, pledget 4060 and pledget support frame 4061, for example, may contain such polyglycolic acid (PGA), a plastic material molded. 各プレジット4060は、図135及び図136において例示されるように、内部を通じて延びるステープル脚部4021を受容するように構成され得る、1つ又は2つ以上の開口部又はスロット4062を含む場合がある。 Each pledget 4060, as illustrated in FIG. 135 and FIG. 136 may be configured to receive a staple leg 4021 extending therethrough, which may include one or more openings or slots 4062 . 各プレジット4060は、ステープル4020の基部4022を受容するように構成され得る、内部に画定された受容スロット4063を更に含む場合がある。 Each pledget 4060 can be configured to receive the base 4022 of the staple 4020 and may further include a receiving slot 4063 defined therein. 再び図134を参照し、様々な実施形態において、プレジット4060及び/又はプレジット支持フレーム4061は、複数の刻んだ線、穿孔などを含む場合があり、これは、プレジット4060が、所望の位置において、プレジット支持フレーム4061から分離されることを可能にするような、構成であり得る。 In reference to various embodiments of FIG. 134 again, pledget 4060 and / or pledget support frame 4061, may include a plurality of chopped wire, drilling and the like, this is pledget 4060, at a desired location, such as to allow it to be separated from the pledget support frame 4061 may be configured. 同様に、図136を参照し、1つ又は2つ以上のプレジット4060は、例えば、穿孔及び/又は刻み線4064を含む線に沿って互いに接続され得る。 Similarly, with reference to FIG. 136, one or more pledget 4060, for example, may be connected to each other along a line including perforations and / or score line 4064. 使用中、圧縮可能なフォーム層4011は、標的組織Tに対して位置付けられる場合があり、カートリッジ本体4010は、アンビル4040がステープル4020を変形し得るように、アンビル4040によって圧縮される場合がある。 In use, compressible foam layer 4011 may be positioned against the target tissue T, the cartridge body 4010 such that anvil 4040 can deform the staples 4020, which may be compressed by the anvil 4040. ステープル4020が変形されると、各ステープル4020のステープル脚部4021が、組織T、第1層4011の一部分、及びプレジット4060を、変形されたステープル内に捕捉し得る。 The staple 4020 is deformed, the staple legs 4021 of each staple 4020, tissue T, a portion of the first layer 4011, and a pledget 4060 can capture the deformed in the staple. 例えば、ステープルカートリッジチャネル4030が、埋め込まれたステープルカートリッジ4060から離れるように動かされると、プレジット支持フレーム4061は、プレジット4060から分離される場合があり、及び/又はプレジット4060が互いに取り外される場合がある。 For example, the staple cartridge channel 4030, the move is away from the staple cartridge 4060 embedded, pledget support frame 4061, may be separated from the pledget 4060, in some cases and / or pledget 4060 is removed from each other . いくつかの状況において、プレジット4060は、上記のようにステープル4020がアンビル4040によって変形される際に、フレーム4061から、及び/又は互いに分離される場合がある。 In some situations, it pledget 4060, when the staple 4020 as described above is deformed by the anvil 4040, in some cases from the frame 4061, and / or are separated from each other.

本明細書において記載される様々な実施形態において、ステープルカートリッジのステープルは、アンビルが閉鎖位置に動かされるときに、アンビルによって完全に形成され得る。 In various embodiments described herein, the staple cartridge staples, when the anvil is moved to a closed position, can be completely formed by the anvil. 図138〜141を参照し、様々な他の実施形態において、例えば、ステープルカートリッジ4100などのステープルカートリッジのステープルは、アンビルが閉鎖位置へと動くときにアンビルによって、加えて、ステープルを閉鎖したアンビルへと動かすステープルドライバシステムによって、変形され得る。 Referring to FIG. 138-141, in various other embodiments, for example, a staple cartridge, such as staple cartridge 4100 staples by the anvil when the anvil is moved to the closed position, in addition, the anvil closed staple the staple driver system for moving and may be deformed. ステープルカートリッジ4100は、例えば、フォーム材料、及び圧縮可能なカートリッジ本体4110内に少なくとも一部分が位置付けられた、複数のステープル4120を含み得る、圧縮可能なカートリッジ本体4110を含み得る。 Staple cartridge 4100 may comprise, for example, foam material, and at least partially positioned in the compressible cartridge body 4110 may include a plurality of staples 4120, a compressible cartridge body 4110. 様々な実施形態において、ステープルドライバシステムは、ドライバホルダ4160、ドライバホルダ4160内に位置付けられた複数のステープルドライバ4162、及びドライバホルダ4160内にステープルドライバ4162を保持するように構成され得るステープルカートリッジパン4180を含み得る。 In various embodiments, the staple driver system, the driver holder 4160, a staple cartridge pan may be configured to hold a staple driver 4162 in the driver holder 4160 plurality of staple drivers positioned within 4162, and the driver holder 4160 4180 It may include. 少なくとも1つのこのような実施形態において、ステープルドライバ4162は、ドライバホルダ4160の1つ又は2つ以上のスロット4163内に位置付けられることがあり、スロット4163の側壁は、ステープルドライバ4162をアンビルに向かって上方に案内することを補助し得る。 In at least one such embodiment, the staple drivers 4162, may be positioned within one or more slots 4163 of the driver holder 4160, the side wall of the slot 4163 toward the staple driver 4162 to the anvil It may assist in guiding upward. 様々な実施形態において、ステープル4120は、ステープルドライバ4162によってスロット4163内に支持されることがあり、少なくとも一実施形態において、ステープル4120は、ステープル4120及びステープルドライバ4162がこれらの非発射位置にある際に、スロット4163内に完全に位置付けられることがある。 In various embodiments, the staples 4120 may be supported within the slot 4163 by the staple driver 4162, in at least one embodiment, staple 4120, when the staple 4120 and staple driver 4162 is in these non-firing position , there may be entirely positioned in the slot 4163. いくつかの他の実施形態において、ステープル4120の少なくとも一部分は、ステープル4120及びステープルドライバ4162がこれらの非発射位置にあるときに、スロット4163の解放端部4161を通じて上方に延び得る。 In some other embodiments, at least a portion of the staple 4120, when the staple 4120 and staple driver 4162 is in these non-firing position, may extend upwardly through the open end portion 4161 of the slot 4163. ここで図139を参照し、少なくとも1つのこのような実施形態において、ステープル4120の基部は、ドライバホルダ4160内に位置付けられることがあり、ステープル4120の先端部は、圧縮可能なカートリッジ本体4110内に埋め込まれることがある。 Referring now to FIG. 139, in at least one such embodiment, the base of the staple 4120, may be positioned within the driver holder 4160, the distal end portion of the staple 4120, the compressible cartridge body 4110 embedded is that there is. いくつかの実施形態において、ステープル4120の高さのおよそ1/3がドライバホルダ4160内に位置付けられる場合があり、ステープル4120のおよそ2/3が、カートリッジ本体4110内に位置付けられることがある。 In some embodiments, there is a case where approximately one-third of the height of the staple 4120 is positioned within the driver holder 4160, approximately two-thirds of the staple 4120 and may be positioned within the cartridge body 4110. 図138Aを参照し、少なくとも一実施形態において、ステープルカートリッジ4100は、例えば、カートリッジ本体4110及びドライバホルダ4160を囲む、水透過性ラップ又は膜4111を更に含む場合がある。 Referring to FIG. 138A, in at least one embodiment, staple cartridge 4100, for example, surrounds the cartridge body 4110 and the driver holder 4160 may further comprise a water-permeable wrap or film 4111.

使用中、ステープルカートリッジ4100は、例えば、ステープルカートリッジチャネル内に位置付けられることがあり、アンビルは、ステープルカートリッジ4100に向かって閉鎖位置へと動かされ得る。 In use, the staple cartridge 4100, for example, may be positioned in the staple cartridge channel, an anvil can be moved to the closed position towards the staple cartridge 4100. 様々な実施形態において、アンビルは、アンビルがその閉鎖位置に動かされるときに、圧縮可能カートリッジ本体4110と接触し、かつこれを圧縮することができる。 In various embodiments, the anvil when the anvil is moved into its closed position, can be contacted with compressible cartridge body 4110, and compresses it. いくつかの実施形態において、アンビルは、アンビルがその閉鎖位置にあるときに、ステープル4120に接触しなくてもよい。 In some embodiments, the anvil when the anvil is in its closed position may not contact the staple 4120. いくつかの他の実施形態において、アンビルは、アンビルがその閉鎖位置に動かされる際に、ステープル4120の脚部に接触し、少なくとも部分的にステープル4120を変形させてもよい。 In some other embodiments, the anvil when the anvil is moved into its closed position, in contact with the legs of the staple 4120 may be deformed at least partially staple 4120. いずれにせよ、ステープルカートリッジ4100は、1つ又は2つ以上のスレッド4170を更に含むことがあり、これは、ステープルカートリッジ4100内で長手方向に前進させられることがあり、それによって、スレッド4170は、連続的にステープルドライバ4162と係合し、ステープルドライバ4162及びステープル4120をアンビルの方に動かすことができる。 In any case, the staple cartridge 4100 may further include one or more threads 4170, which may be advanced in the longitudinal direction in the staple cartridge 4100, thereby, threads 4170, continuously engaged with the staple driver 4162 may move the staple drivers 4162 and staples 4120 toward the anvil. 様々な実施形態において、スレッド4170は、ステープルカートリッジパン4180と、ステープルドライバ4162との間で摺動し得る。 In various embodiments, the thread 4170 includes a staple cartridge pan 4180, may slide between the staple driver 4162. アンビルのクロージャが、ステープル4120の形成プロセスを開始した場合の実施形態において、ステープル4120のアンビルへの上方への移動は、形成プロセスを完了し、ステープル4120をこれらの完全に形成した、又は少なくとも所望の高さへと変形させることができる。 Anvil closure, in the embodiment in the case of starting the formation process of the staple 4120, the upward movement of the anvil of the staple 4120, to complete the formation process, and the staple 4120 is formed so these completely, or at least desired it can be deformed to a height. アンビルのクロージャが、ステープル4120を変形させていない場合の実施形態において、ステープル4120のアンビルへの上方への移動は、形成プロセスを開始及び完了し、ステープル4120をこれらの完全に形成した、又は少なくとも所望の高さへと変形させることができる。 Anvil closure, in the embodiment where not deform the staples 4120, the upward movement of the anvil of the staple 4120, the forming process started and completed, and the staple 4120 is formed so these completely, or at least it can be deformed to a desired height. 様々な実施形態において、スレッド4170は、ステープルカートリッジ4100の近位端から、ステープルカートリッジ4100の遠位端まで前進することができ、それによって、ステープルカートリッジ4100の近位端内に位置付けられるステープル4120は、ステープルカートリッジ4100の遠位端に位置付けられるステープル4120が完全に形成される前に、完全に形成される。 In various embodiments, threads 4170, from the proximal end of the staple cartridge 4100, can be advanced to the distal end of the staple cartridge 4100, thereby staple 4120 positioned within the proximal end of the staple cartridge 4100 before the staples 4120 positioned at the distal end of the staple cartridge 4100 is fully formed, it is completely formed. 図140を参照し、少なくとも一実施形態において、スレッド4170は、それぞれ、少なくとも1つの角度付き、又は傾いた表面4711を含む場合があり、これは、図141に例示されるように、ステープルドライバ4162の下を摺動し、ステープルドライバ4162を持ち上げるように構成され得る。 Referring to FIG. 140, in at least one embodiment, the thread 4170, respectively, may comprise at least one angled or inclined surface 4711, which, as illustrated in FIG. 141, the staple driver 4162 the lower slides, and it may be configured to lift the staple drivers 4162.

様々な実施形態において、上記に加え、ステープル4120は、組織Tの少なくとも一部分、及びステープルカートリッジ4100の圧縮可能なカートリッジ本体4110の少なくとも一部分を内部に捕捉するために、形成され得る。 In various embodiments, in addition to the above, staple 4120, at least a portion of the tissue T, and to capture at least a portion of the compressible cartridge body 4110 of staple cartridge 4100 therein may be formed. ステープル4120が形成された後、外科用ステープラーのアンビル及びステープルカートリッジチャネル4130は、埋め込まれたステープルカートリッジ4100から離れるように動かされ得る。 After the staples 4120 are formed, the anvil and the staple cartridge channel 4130 of the surgical stapler can be moved away from the staple cartridge 4100 embedded. 様々な状況において、カートリッジパン4180は、ステープルカートリッジチャネル4130としっかりと固定され得、その結果、カートリッジパン4180は、ステープルカートリッジチャネル4130が、埋め込まれたカートリッジ本体4110から引き離される際に、圧縮可能なカートリッジ本体4110から取り外され得る。 In various circumstances, cartridge pan 4180 may be rigidly fixed to the staple cartridge channel 4130, as a result, the cartridge pan 4180, when the staple cartridge channel 4130, which is pulled away from the cartridge body 4110 that is embedded, compressible It can be removed from the cartridge body 4110. 図138を再び参照し、様々な実施形態において、カートリッジパン4180は、その間にカートリッジ本体4110が取り外し可能に取り付けられ得る、対向する側壁4181を含む場合がある。 Referring again to FIG. 138, in various embodiments, cartridge pan 4180, the cartridge body 4110 may be removably attached to the meantime, which may include opposed side walls 4181. 少なくとも1つのこのような実施形態において、圧縮可能なカートリッジ本体4110は、カートリッジ本体4110が側壁4181の間で、使用中にその間に取り外し可能に保持され、カートリッジパン4180が引き離される際にカートリッジパン4180から解放可能に係合離脱されるように、圧縮され得る。 In at least one such embodiment, the cartridge body 4110 which can be compressed, between the cartridge body 4110 of side wall 4181, is releasably retaining between them during use, the cartridge pan 4180 when the cartridge pan 4180 is pulled away as is releasably disengaged from, it may be compressed. 少なくとも1つのこのような実施形態において、ドライバホルダ4160は、カートリッジパン4180が手術部位から取り外すときに、ドライバホルダ4160、ドライバ4162、及び/又はスレッド4170が、カートリッジパン4180内に留まり得るようにして、カートリッジパン4180内に接続され得る。 In at least one such embodiment, the driver holder 4160, when the cartridge pan 4180 removed from the surgical site, the driver holder 4160, a driver 4162, and / or thread 4170, so as to obtain remaining within the cartridge pan 4180 It may be connected to the cartridge pan 4180. 他のいくつかの実施形態において、ドライバ4162は、ドライバ4160から排出されて、手術部位に残されることができる。 In some other embodiments, the driver 4162 can be discharged from the driver 4160 is left at the surgical site. 少なくとも1つのこのような実施形態において、ドライバ4162は、商標名Vircylで販売されるポリグリコール酸(PGA)、ポリ乳酸(PLA又はPLLA)、ポリジオキサノン(PDS)、ポリヒドロキシアルカノエート(PHA)、商標名Monocrylで販売されるポリグレカプロン25(PGCL)、ポリカプロラクトン(PCL)、並びに/又はPGA、PLA、PDS、PHA、PGCL及び/若しくはPCLの混合物などの生吸収性材料を含み得る。 In at least one such embodiment, the driver 4162, polyglycolic acid sold under the trade name Vircyl (PGA), polylactic acid (PLA or PLLA), polydioxanone (PDS), polyhydroxyalkanoates (PHA), TM Porigurekapuron 25 sold under the name Monocryl (PGCL), polycaprolactone (PCL), and / or PGA, PLA, PDS, PHA, may include bioabsorbable material such as a mixture of PGCL and / or PCL. 様々な実施形態において、ドライバ4162は、ドライバ4162が、ステープル4120と共に展開されるように、ステープル4120に取り付けられることができる。 In various embodiments, the driver 4162, the driver 4162 is to be deployed with the staples 4120 may be attached to the staple 4120. 少なくとも1つのこのような実施形態において、各ドライバ4162は、例えば、ステープル4120の基部を受容するように構成されたトラフを含む場合があり、少なくとも1つの実施形態において、トラフは、圧力嵌め及び/又はスナップ嵌めの方法により、ステープル器具を受容するように構成され得る。 In at least one such embodiment, each driver 4162, for example, may contain configured trough to receive the base of the staple 4120, in at least one embodiment, the trough is press fit and / or by snap-fit ​​method may be configured to receive a staple instrument.

更に上記に加え、いくつかの実施形態において、ドライバホルダ4160及び/又はスレッド4170は、カートリッジパン4180から排出され得る。 Further to the above, in some embodiments, the driver holder 4160 and / or thread 4170 may be ejected from the cartridge pan 4180. 少なくとも1つのこのような実施形態において、スレッド4170は、カートリッジパン4180と、ドライバホルダ4160との間で摺動する場合があり、それにより、スレッド4170がステープルドライバ4162及びステープル4120を上方に駆動するためにスレッド4170が前進する際に、スレッド4170がドライバホルダ4160も同様に、カートリッジパン4180の外側に上方へと移動させることができる。 In at least one such embodiment, the thread 4170 includes a cartridge pan 4180, it may slide between the driver holder 4160, whereby the threads 4170 drives the staple driver 4162 and the staple 4120 upward when the thread 4170 is advanced to the thread 4170 is similarly driver holder 4160 can be moved upward on the outside of the cartridge pan 4180. 少なくとも1つのこのような実施形態において、ドライバホルダ4160及び/又はスレッド4170は、商標名Vircylで販売されるポリグリコール酸(PGA)、ポリ乳酸(PLA又はPLLA)、ポリジオキサノン(PDS)、ポリヒドロキシアルカノエート(PHA)、商標名Monocrylで販売されるポリグレカプロン25(PGCL)、ポリカプロラクトン(PCL)、並びに/又はPGA、PLA、PDS、PHA、PGCL及び/若しくはPCLの混合物などの生吸収性材料を含み得る。 In at least one such embodiment, the driver holder 4160 and / or thread 4170, polyglycolic acid (PGA) which is sold under the trade name Vircyl, polylactic acid (PLA or PLLA), polydioxanone (PDS), polyhydroxy alkanoates benzoate (PHA), Porigurekapuron 25 (PGCL), polycaprolactone (PCL), and / or PGA, PLA, PDS, PHA, bioabsorbable material such as a mixture of PGCL and / or PCL, which is sold under the trade name Monocryl It may include. 様々な実施形態において、スレッド4170は、ドライババー又は切断部材に一体的に形成される及び/又はこれに取り付けられる場合があり、これはステープルカートリッジ4100を通じてスレッド4170を押す。 In various embodiments, threads 4170, may be attached thereto and / or are integrally formed on the driver bar or cutting member, which pushes the thread 4170 through the staple cartridge 4100. このような実施形態において、スレッド4170は、カートリッジパン4180から排出されなくてもよく、外科用ステープラーと共に留まってもよいが、スレッド4170がドライババーに取り付けられていない他の実施形態において、スレッド4170は、手術部位に残ってもよい。 In such embodiments, the thread 4170 may not be ejected from the cartridge pan 4180, may remain with the surgical staplers, but in other embodiments the thread 4170 is not attached to the driver bar, thread 4170 it may be left in the surgical site. いずれにせよ、上記に加え、カートリッジ本体4110の圧縮性は、ステープルのアンビルが閉じるときにカートリッジ本体4110が圧縮又は収縮し得る際に、より厚いステープルカートリッジが、外科用ステープラーのエンドエフェクタ内で使用されることを可能にし得る。 In any case, in addition to the above, the compression of the cartridge body 4110, when the cartridge body 4110 when the staple anvil is closed can compress or contract, thicker staple cartridge, used in the end effector of a surgical stapler It may enable the can to be. いくつかの実施形態において、アンビルの閉鎖の際に少なくとも一部分が変形されるステープルの結果として、例えば、およそ4.57mm(0.18”)を有するステープルなどのより高いステープルが使用される場合があり、およそ3.05mm(0.12”)のステープル高さが圧縮可能な層4110内に位置付けられる場合があり、圧縮可能な層4110は、例えば、およそ3.56mm(0.14”)の非圧縮高さを有し得る。 In some embodiments, as a result of the staple at least a portion is deformed when the closure of the anvil, for example, if a higher staples such as staples with approximately 4.57 mm (0.18 ") are used Yes, "might staple height is positioned in the layer 4110 compressible, compressible layer 4110, for example, approximately 3.56 mm (0.14 approximately 3.05 mm (0.12)" in) It may have an uncompressed height.

ここで図142〜145を参照し、様々な実施形態において、例えば、ステープルカートリッジ4200などのステープルカートリッジは、圧縮可能なカートリッジ本体4210、内部に位置付けられた複数のステープル4220、及び複数の可撓性横方向支持部材4234を含む場合がある。 Referring now to FIG. 142 to 145, in various embodiments, for example, the staple cartridge, such as staple cartridge 4200, compressible cartridge body 4210, a plurality of staples 4220 positioned therein and a plurality of flexible which may include lateral support member 4234. ここで図143を参照し、様々な実施形態において、ステープルカートリッジ4200は、アンビル4240とステープルカートリッジチャネル4230との中間に位置付けられることがあり、少なくとも一実施形態において、横方向支持部材4234は、ステープルカートリッジチャネル4230に取り付けられる場合がある。 Referring now to FIG. 143, in various embodiments, staple cartridge 4200 may be positioned intermediate the anvil 4240 and the staple cartridge channel 4230, in at least one embodiment, lateral support members 4234 are staple which may be attached to the cartridge channel 4230. 図144に例示されるように、アンビル4240が下方に動かされてカートリッジ本体4210を圧縮し、少なくとも部分的にステープル4220を圧縮するとき、カートリッジ本体4210の側部は、横方向に膨らんで横方向支持部材4234を外側に押すことがある。 As illustrated in Figure 144, the anvil 4240 is moved downward to compress the cartridge body 4210, when compressing at least partially staple 4220, the sides of the cartridge body 4210, lateral bulges laterally it may push the support member 4234 to the outside. 少なくとも1つのこのような実施形態において、横方向支持部材4234は、カートリッジ本体4210に取り付けられることがあり、上記のようにカートリッジ本体4210が横方向に膨らむときに、横方向支持部材4234は、図144に例示されるように、カートリッジ本体4210が分離され得る。 In at least one such embodiment, the lateral support member 4234 is sometimes attached to the cartridge body 4210, when the cartridge body 4210 expands laterally as described above, lateral support members 4234, as shown in FIG. as illustrated in 144, the cartridge body 4210 may be separated. 少なくとも一実施形態において、横方向支持部材4234は、繊維素及び/又はタンパク質ヒドロゲルなどの少なくとも1つの接着剤を使用して、カートリッジ本体4210に接着されることがある。 In at least one embodiment, lateral support members 4234, using at least one adhesive, such as fibrin and / or protein hydrogel, which may be bonded to the cartridge body 4210. 上記と同様に、アンビル4240の閉鎖は、部分的にのみステープル4220を変形させることがあり、ステープル4220の形成は、図145に例示されるようにステープルカートリッジ4200を通じた1つ又は2つ以上のスレッド4270の前進によって完成される場合がある。 Similar to the above, closure of the anvil 4240, may deform the only staple 4220 partially forming the staples 4220, one through staple cartridge 4200 as illustrated in FIG. 145 or more there is a case to be completed by the advancement of the thread 4270. 図147及び図148を参照し、様々な実施形態により、スレッド4270は、切断部材4280によって、ステープルカートリッジ4200の近位端から、ステープルカートリッジ4200の遠位端へと、前進させることができる。 Referring to FIGS. 147 and FIG 148, the various embodiments, threads 4270, the cutting member 4280, from the proximal end of the staple cartridge 4200, can be to the distal end of the staple cartridge 4200 to advance. 少なくとも1つのこのような実施形態において、切断部材4280は、切断要素又はナイフ4283を含むことがあり、これは、組織T及び/又は圧縮可能なカートリッジ本体4210によって前進することができる。 In at least one such embodiment, the cutting member 4280 may may contain cutting element or knife 4283, which can be advanced by tissue T and / or compressible cartridge body 4210. いくつかの実施形態において、切断部材4280は、カム部材4282を含む場合があり、これは、ジョー4230及び4240の外側表面に沿って移動し、ジョーを適所に保持することができる。 In some embodiments, cutting member 4280 is located may include a cam member 4282, which moves along the outer surface of the jaws 4230 and 4240, it is possible to hold the jaws in place. 上記の結果として、様々な実施形態において、ステープル4220は、組織Tが切開されるのと同時に、又は少なくとも実質的に同時に、これらの最終的な形状へと形成され得る。 As a result of the above, in various embodiments, the staples 4220, at the same time the tissue T is incised, or at least substantially simultaneously, may be formed into their final shape. 少なくとも1つのこのような実施形態において、スレッド4270は、ナイフ4283に対して遠位方向に位置付けられることがあり、それにより組織Tは、例えば、組織の処置部分が完全にステープリングしたときにのみ切開される。 In at least one such embodiment, the thread 4270 may be positioned distally relative to the knife 4283, whereby tissue T, for example, only when the treatment portion of the tissue is completely stapling It is incision.

再び図147及び図148を参照し、様々な実施形態において、スレッド4270は、切断部材4280によって一緒に前進する、別個の摺動自在な部材を含み得る。 Referring to FIGS. 147 and Fig. 148 again, in various embodiments, threads 4270 is advanced together by the cutting member 4280 may include a separate slidable member. 少なくとも1つのこのような実施形態において、スレッド4270は、ステープルカートリッジ4200内に収容される場合があり、切断部材4280は発射バー4281によってステープルカートリッジ4200内に前進させられる場合があり、それによって切断部材4280がスレッド4270に係合し、スレッド4270を遠位方向に前進させる。 In at least one such embodiment, the thread 4270 may be housed in the staple cartridge 4200 within the cutting member 4280 is may be advanced to the staple cartridge 4200 within the firing bar 4281, thereby cutting member 4280 engages the threads 4270, to advance the thread 4270 in the distal direction. いくつかの実施形態において、スレッド4270は、互いに接続され得る。 In some embodiments, thread 4270 may be connected to each other. いずれにせよ、各スレッド4270は、角度を有する表面又はカム4271を含む場合があり、これは、ステープル列内で位置合わせされたステープル4220を持ち上げるように構成され得る。 In any case, each thread 4270 may include a surface or a cam 4271 has an angle, which may be configured to lift the staple 4220 that is aligned with the rows of staples. いくつかの実施形態において、角度を有する表面4271は、切断部材4280と一体的に形成され得る。 In some embodiments, the surface 4271 with angles may be integrally formed with the cutting member 4280. 再び図147及び図148を参照し、少なくとも一実施形態において、各ステープル4200は、基部、基部から延びる少なくとも1つの変形可能な部材、並びに基部及び/又はステープル4200の変形可能な部材の少なくとも一部分の周囲にオーバーモールドされた及び/又は位置付けられた、クラウン4229を含む場合がある。 Referring to FIGS. 147 and Fig. 148 again, in at least one embodiment, each staple 4200, the base, at least one deformable member extending from the base, and at least a portion of the deformable member of the base and / or staple 4200 positioned has been and / or over-molded around, which may include a crown 4229. 様々な実施形態において、このようなクラウン4229は、例えば、スレッド4270によって直接駆動されるように構成され得る。 In various embodiments, such crown 4229, for example, may be configured to be driven directly by the thread 4270. より具体的に、少なくとも一実施形態において、ステープル4220のクラウン4229は、スレッド4270の角度を有する表面4271が下方で摺動し、その間にステープルドライバが位置付けられることなく、クラウン4229と直接接触するように構成される。 More specifically, in at least one embodiment, the crown 4229 of the staple 4220, so that the surface 4271 having an angle of thread 4270 slides below, without the staple driver is positioned therebetween, in direct contact with the crown 4229 configured. このような実施形態において、各クラウン4229は、少なくとも1つの協働する角度を有する、又は傾いた表面を含む場合があり、これはスレッド4270の角度を有する表面4271と係合することがあり、スレッド4270がステープル4220の下で摺動する際に、協働する角度を有する表面がステープル4220を上方に駆動し得る。 In such embodiments, each crown 4229 is may contain, or inclined surface having an angle of at least 1 horn cooperating, which may engage a surface 4271 having an angle of thread 4270, when a thread 4270 slides under the staple 4220, the surface having an angle of cooperating may drive the staples 4220 upwardly.

ここで図146を参照し、様々な実施形態において、例えば、ステープルカートリッジ4300などのステープルカートリッジは、圧縮可能な本体4310及び圧縮可能な本体4310内に位置付けられる複数のステープル4320を含む場合がある。 In this case with reference to FIG. 146, the various embodiments, for example, a staple cartridge, such as staple cartridge 4300 may include a plurality of staples 4320 positioned within compressible body 4310 and compressible body 4310. 上記と同様に、ステープルカートリッジ4300は、可撓性の横方向の支持体4334を含む場合があり、これらは、ステープルカートリッジチャネルに取り付けられ及び/又は圧縮可能な本体4310に接着され得る。 Similar to the above, staple cartridge 4300 may comprise a lateral support 4334 of flexible, it can be adhered to attached to staple cartridge channel and / or compressible body 4310. 上記に加え、可撓性横方向支持体4334は、横方向支持体4334を一緒に保持するように構成され得る、1つ又は2つ以上の支材、又は接続部材4335によって一緒に接続され得る。 In addition to the above, a flexible transverse support 4334 can be configured to hold the lateral support 4334 together, can be connected one or more struts, or by connecting members 4335 together . 使用中、接続部材4335は、横方向の支持体4334が、カートリッジ本体4310から時期尚早に分離されることを防ぐか、又は少なくとも抑制するように構成され得る。 In use, connecting members 4335, lateral support 4334 is either prevented from being prematurely separated from the cartridge body 4310, or may be configured to at least inhibit. いくつかの実施形態において、接続部材4335は、ステープルカートリッジ4300がアンビルによって圧縮された後に、横方向支持体4334を一緒に保持するように構成され得る。 In some embodiments, connecting member 4335, after the staple cartridge 4300 has been compressed by the anvil can be configured to hold the lateral support 4334 together. このような実施形態において、横方向支持体4334は、カートリッジ本体4310の横方向部分の、横方向への膨らみ、又は変位に抵抗することがある。 In such embodiments, the lateral support 4334, the lateral portion of the cartridge body 4310, bulge in the transverse direction, or is able to resist displacement. いくつかの実施形態において、例えば、切断部材4280などの切断部材は、切断部材4280が、カートリッジ本体4310内で遠位方向に動く際に、接続部材4335を横切するように構成され得る。 In some embodiments, for example, cutting member, such as cutting member 4280 is the cutting member 4280 is, as it moves distally within the cartridge body 4310 may be configured to traverse the connecting member 4335. 少なくとも1つのこのような実施形態において、切断部材4280は、アンビルに対してステープル4320を形成するために、例えばスレッド4270などの1つ又は2つ以上のスレッドを遠位方向に押すように構成され得る。 In at least one such embodiment, the cutting member 4280 in order to form the staple 4320 against the anvil, it consists of one or two or more threads, such as for example threads 4270 to push distally obtain. 切断部材4280が切断部材4335を、この接続部材4335に隣接するステープル4320が、完全に形成されるか、又は少なくとも所望の高さに形成されるまで、横切しないように、スレッド4270は、切断部材4283を導くことができる。 The cutting member 4280 is the cutting member 4335, staple 4320 adjacent to the connecting member 4335, either fully formed, or at least to be formed to a desired height, so as not to transect the thread 4270 is cut it can lead to member 4283. 様々な状況において、接続部材4335は、横方向支持体4334と協働して、圧縮可能なカートリッジ本体4310の横方向の移動を防ぐか又は少なくとも低減することができ、かつ同時に、カートリッジ本体4310内に位置付けられたステープル4320の横方向の移動を防ぐか、又は少なくとも低減することができる。 In various circumstances, the connecting member 4335, lateral support 4334 in cooperation with, or prevent lateral movement of the compressible cartridge body 4310 or can at least be reduced and at the same time, the cartridge body 4310 It can prevent or lateral movement of the staple 4320 positioned, or at least reducing it to. いくつかの状況において、接続部材4335は、ステープル4320を、これらが変形されるまで適所に保持することができ、接続部材4335はその後カートリッジ本体4310の横方向部分を解放するために切断され得る。 In some situations, the connection member 4335, the staples 4320, they can be held in place until it is deformed, the connecting member 4335 may be subsequently cut to release the lateral portions of the cartridge body 4310. 上記のように、横方向支持体4334は、ステープルカートリッジチャネルに接続される場合があり、結果として、ステープルカートリッジ4300が埋め込まれた後に、ステープルカートリッジチャネルと共に、手術部位から取り外され得る。 As described above, the lateral support 4334, may be connected to staple cartridge channel, as a result, after the staple cartridge 4300 is embedded, together with the staple cartridge channel, it can be removed from the surgical site. いくつかの実施形態において、横方向支持体4334は、埋め込み可能な材料を含む場合があり、手術部位に残される場合がある。 In some embodiments, the lateral support 4334, may contain implantable materials, which may be left in the surgical site. 少なくとも一実施形態において、接続部材4335は、カートリッジ本体4310と組織Tとの中間に位置付けられることがあり、接続部材4335が横方向支持体4334から分離された後に、接続部材4335は、患者の中に埋め込まれたままであり得る。 In at least one embodiment, connecting member 4335, it may be positioned in the middle of the cartridge body 4310 and the tissue T, after the connection member 4335 is separated from the lateral support member 4334, connecting member 4335, in a patient It may remain embedded in. 少なくとも1つのこのような実施形態において、接続部材4335は、埋め込み可能な材料を含む場合があり、いくつかの実施形態において、接続部材4335は、例えば、横方向支持体4334と同じ材料を含み得る。 In at least one such embodiment, the connecting member 4335, may contain implantable materials, in some embodiments, connecting member 4335 may include, for example, the same material as the lateral support member 4334 . 様々な実施形態において、接続部材4335及び/又は横方向支持体4334は、商標名Vircylで販売されるポリグリコール酸(PGA)、ポリ乳酸(PLA又はPLLA)、ポリジオキサノン(PDS)、ポリヒドロキシアルカノエート(PHA)、商標名Monocrylで販売されるポリグレカプロン25(PGCL)、ポリカプロラクトン(PCL)、並びに/又はPGA、PLA、PDS、PHA、PGCL及び/若しくはPCLの混合物などの可撓性生吸収性材料を含み得る。 In various embodiments, connecting member 4335 and / or lateral support 4334, polyglycolic acid (PGA) which is sold under the trade name Vircyl, polylactic acid (PLA or PLLA), polydioxanone (PDS), polyhydroxyalkanoate (PHA), Porigurekapuron 25 sold under the tradename Monocryl (PGCL), polycaprolactone (PCL), and / or PGA, PLA, PDS, PHA, flexible production absorption, such as a mixture of PGCL and / or PCL It may include sexual material. 様々な実施形態において、接続部材は、横方向支持体4334を接続する材料のシートを含む場合がある。 In various embodiments, connecting member may comprise a sheet of material for connecting the transverse support 4334. いくつかの実施形態において、ステープルカートリッジは、カートリッジ本体4310の頂面にわたって延びる接続部材と、加えてカートリッジ本体4310の底面の周囲に延びる接続部材とを含み得る。 In some embodiments, the staple cartridge may include a connecting member extending over the top surface of the cartridge body 4310, and a connecting member extending around the bottom surface of the cartridge body 4310 in addition.

ここで図149を参照し、様々な実施形態において、ステープルカートリッジは、ステープル4420などのステープルを含む場合があり、これは、クラウン部分に挿入されたワイヤ部分を含み得る。 Referring now to FIG. 149, in various embodiments, the staple cartridge may contain staples such as staple 4420, which may include the inserted wire portion to the crown portion. 少なくとも一実施形態において、ワイヤ部分は、例えば、チタン及び/ステンレス・スチールなどの金属、並びに/又は、例えば、ポリジオキサノン(PDS)及び/若しくはポリグリコール酸などのプラスチックを含むことができる。 In at least one embodiment, the wire portion, for example, metals such as titanium and / stainless steel, and / or, for example, can comprise a plastic, such as polydioxanone (PDS) and / or polyglycolic acid. 少なくとも一実施形態において、クラウン部分は、例えば、チタン及び/ステンレス・スチールなどの金属、並びに/又は、例えば、ポリジオキサノン(PDS)及び/又はポリグリコール酸などのプラスチックを含むことができる。 In at least one embodiment, the crown portion, for example, metals such as titanium and / stainless steel, and / or, for example, can comprise a plastic, such as polydioxanone (PDS) and / or polyglycolic acid. いくつかの実施形態において、各ステープル4420のワイヤ部分は、基部4422及び基部4422から延びる変形可能な脚部4421を含む場合があり、各ステープル4420のクラウン部分は、基部4422の少なくとも一部分を内部に受容するように構成され得る、クラウン4429を含み得る。 In some embodiments, the wire portions of each staple 4420, may include deformable legs 4421 extending from the base 4422 and the base 4422, the crown portion of the staple 4420, in the interior at least a portion of the base 4422 It may be configured to receive that may include a crown 4429. ここで図150A〜150Cを参照し、各ステープル4420の部分を組み立てるために、ワイヤ部分の脚部4421が、クラウン4429の開口部4426内に挿入される場合があり、開口部4426は、脚部4421を基部チャンバ4427に案内するように構成され得る。 Referring now to FIG. 150a to 150c, in order to assemble the parts of the staple 4420, may legs 4421 of the wire portion is inserted into the opening 4426 of the crown 4429, openings 4426, legs 4421 the may be configured to guide the base chamber 4427. ワイヤ部分は更に、脚部4421が基部チャンバ4427を出て、ワイヤ部分の基部4422が基部チャンバ4427内に入るように、クラウン4429内に挿入され得る。 Wire portion further exits the base chamber 4427 leg portion 4421, the base 4422 of the wire portions to fall within the base chamber 4427 may be inserted into the crown 4429. 少なくとも1つのこのような実施形態において、ステープル脚部4421が、上方向、又は少なくとも実質的に上方向を向くようにして、基部4422が基部チャンバ4427に入る際に、クラウン4429内でワイヤ部分が回転するように、基部チャンバ4427は構成され得る。 In at least one such embodiment, the staple legs 4421 are upward, or at least substantially facing up direction, when the base 4422 to enter the base chamber 4427, the wire portions in the crown 4429 so as to rotate, the base chamber 4427 can be configured. 再び図149を参照し、様々な実施形態において、クラウン4429は、内部にステープル脚部4421を受容するように構成され得る、出口孔4425を含む場合がある。 In reference to various embodiments to 149 again, the crown 4429 may be configured to receive the staple legs 4421 therein and may include an outlet hole 4425.

上記に加え、様々な実施形態において、外科用ステープラーは、ステープルカートリッジ4400及びステープルカートリッジチャネル4430を横切し、カートリッジ本体4410内に収容されたステープル4420をアンビルの方に動かすように構成されたスレッド4470を含む場合がある。 In addition to the above, in various embodiments, a surgical stapler, transected staple cartridge 4400 and staple cartridge channel 4430, which is configured to staple 4420 housed within the cartridge body 4410 to move toward the anvil threads in some cases, including the 4470. 様々な状況において、スレッド4470は、カートリッジ本体4410及びステープル4420を埋め込むために、ステープルカートリッジチャネル4430の近位端から、カートリッジチャネル4430の遠位端へと動かされる場合がある。 In various circumstances, threads 4470, in order to embed the cartridge body 4410 and staple 4420, from the proximal end of the staple cartridge channel 4430 and it may be moved to the distal end of the cartridge channel 4430. いくつかの状況において、スレッド4470は、カートリッジチャネル4430の近位端に後退するか又は戻される場合があり、別のステープルカートリッジ4400は、カートリッジチャネル4430内に挿入される場合がある。 In some circumstances, it threads 4470 may or returned retracted to the proximal end of the cartridge channel 4430, another staple cartridge 4400 may be inserted into the cartridge channel 4430. 一度新しいステープルカートリッジ4400が、カートリッジチャネル4430内に位置付けられると、スレッド4470は、再び遠位方向に前進し得る。 Once the new staple cartridge 4400 and is positioned within the cartridge channel 4430, thread 4470 may be advanced distally once again. 様々な実施形態において、外科用ステープラーは、新しいカートリッジ4400がカートリッジチャネル4430内に位置付けられることなく、スレッド4470が遠位方向に再び前進することを防ぎ得る、1つ又は2つ以上のロックアウト機構を含む場合がある。 In various embodiments, a surgical stapler, a new cartridge 4400 without is positioned within the cartridge channel 4430, capable of preventing the thread 4470 is again advanced distally, one or more lockout mechanism there is a case that contains the. 再び図149を参照し、少なくとも1つのこのような実施形態において、ステープルカートリッジチャネル4430は、スレッド4470の遠位方向の動きを防ぐか、又は少なくとも制限するように構成され得る、ロックアウト肩部4439を含み得る。 Referring to FIG. 149 again, at least one such embodiment, the staple cartridge channel 4430, or prevent distal movement of the threads 4470, or may be configured to at least limit, the lockout shoulder 4439 It may include. より具体的に、スレッド4470は、ステープルカートリッジ4400内で、最近位ステープル4420の間で延びる、持ち上げ機構4428によって、スレッド4470が肩部4439の上で少なくとも部分的に上方に持ち上げられない限り、肩部4439に隣接するように構成され得る。 More specifically, the thread 4470 is a staple cartridge within 4400, extending between proximal-most staple 4420, the lifting mechanism 4428, as long as the thread 4470 is not lifted at least partially above over the shoulders 4439, shoulder It may be configured so as to be adjacent to the section 4439. 換言すれば、新しいステープルカートリッジ4400内の最近位ステープル4420の存在がない限り、ステープル4470は前進することができない。 In other words, new as long as there is no presence of the proximal-most staples 4420 of staple cartridge 4400, can not be the staple 4470 is to move forward. したがって、拡張したステープルカートリッジ4400がカートリッジチャネル4430内に存在するとき、又はステープルカートリッジ4400が、カートリッジチャネル4430内に全く存在しない場合、スレッド4470は、カートリッジチャネル4430内で前進し得ない。 Accordingly, when the staple cartridge 4400 that extends is present in the cartridge channel 4430, or staple cartridge 4400, if not at all present in the cartridge channel 4430, thread 4470 may not be advanced within cartridge channel 4430.

図151を参照し、上記に加え、例えば、ステープルカートリッジ4500などのステープルカートリッジは、ステープルカートリッジチャネル4530内に位置付けられる場合があり、圧縮カートリッジ本体4510、カートリッジ本体4510内に位置付けられた複数のステープル4520、及びカートリッジパン又は保持具4580を含み得る。 Referring to FIG. 151, in addition to the above, for example, the staple cartridge, such as staple cartridge 4500, may be positioned in the staple cartridge channel 4530, compression cartridge body 4510, a plurality of staples positioned within the cartridge body 4510 4520 , and it may include a cartridge pan or retainer 4580. 様々な実施形態において、圧縮可能なカートリッジ本体4510は、外層4511及び内層4512を含む場合があり、少なくとも一実施形態において、外層4511は、内層4512を封止しながら閉鎖し得る。 In various embodiments, the compressible cartridge body 4510, may contain an outer layer 4511 and an inner layer 4512, in at least one embodiment, the outer layer 4511 may be closed while sealing the inner layer 4512. 少なくとも1つのこのような実施形態において、外層4511は、内層4512とカートリッジパン4580との間で延びることがある。 In at least one such embodiment, the outer layer 4511 may extend between the inner layer 4512 and the cartridge pan 4580. いくつかの他の実施形態において、外層4511は、内層4512を部分的にのみ囲む場合があり、少なくとも1つのこのような実施形態において、外層4511及びカートリッジパン4580は、協働して、内層4512を包囲するか、又は少なくとも実質的に包囲する。 In some other embodiments, the outer layer 4511, may surround the inner layer 4512 only partially, at least one such embodiment, the outer layer 4511 and the cartridge pan 4580 cooperate, the inner layer 4512 surrounding or at least substantially surrounds. 上記に加え、様々な実施形態において、ステープル4520は、カートリッジパン4580により支持される場合があり、カートリッジパン4580は、ステープル4520を支持するように構成された1つ又は2つ以上のステープル支持チャネルを含み得る。 In addition to the above, in various embodiments, the staples 4520 may be supported by the cartridge pan 4580, cartridge pan 4580, one or more staple holding channel configured to support a staple 4520 It may include. いくつかの実施形態において、カートリッジパン4580は、カートリッジ本体4510に取り付けられることがあり、少なくとも1つのこのような実施形態において、カートリッジ本体4510は、カートリッジパン4580の対向する側壁の間で横方向に圧縮される場合がある。 In some embodiments, the cartridge pan 4580, may be attached to the cartridge body 4510, in at least one such embodiment, the cartridge body 4510, laterally between the opposing side walls of the cartridge pan 4580 there is a case to be compressed. 様々な実施形態において、カートリッジパン4580の側壁は、カートリッジ本体4510を横方向に支持することができ、少なくとも1つのこのような実施形態において、カートリッジパン4580は、下方支持体4583からカートリッジ本体4510まで上方に延びる1つ又は2つ以上の壁部又はフィン4582を含む場合がある。 In various embodiments, the side wall of the cartridge pan 4580, it is possible to support the cartridge body 4510 in horizontal direction, at least one such embodiment, the cartridge pan 4580, the lower support 4583 to the cartridge body 4510 it may include one or more walls or fins 4582 extending upward. 少なくとも1つのこのような実施形態において、カートリッジ本体4510は、内部に1つ又は2つ以上のスロット又はチャネルを含む場合があり、これらは壁部4582を受容する、及び/又はこれと連結するように構成され得る。 In at least one such embodiment, the cartridge body 4510, may include one or more slots or channels therein, they receive a wall portion 4582, and / or this and to be coupled It may be configured to. 様々な実施形態において、壁部4582は、カートリッジ本体4510を通じて部分的に又はほぼ全体的に延びる場合がある。 In various embodiments, the wall 4582 may partially or substantially entirely extend through the cartridge body 4510. 少なくとも1つのこのような実施形態において、壁部4582は、ステープルの第1列4520と、ステープルの第2列4520との間で、ステープルカートリッジ4500を通じて長手方向に延びる場合がある。 In at least one such embodiment, the wall portion 4582 includes a first column 4520 of staples, with the second column 4520 of staples, which may extend longitudinally through the staple cartridge 4500.

様々な実施形態において、カートリッジ本体4510及び/又はカートリッジパン4580は、協働する保持機構を含む場合があり、これらは、カートリッジパン4580とカートリッジ本体4510との間にスナップ嵌めを提供する場合がある。 In various embodiments, the cartridge body 4510 and / or cartridge pan 4580, may contain holding mechanism cooperating, it may provide a snap fit between the cartridge pan 4580 and the cartridge body 4510 . いくつかの実施形態において、ステープルカートリッジ4500は、カートリッジチャネル4530内に位置付けられる場合があり、それによってカートリッジパン4580は、カートリッジチャネル4530に対して位置付けられるか、及び/又はこれに取り付けられる。 In some embodiments, the staple cartridge 4500 may be positioned within the cartridge channel 4530, whereby the cartridge pan 4580, or positioned relative to the cartridge channel 4530, and / or attached thereto. 少なくとも一実施形態において、カートリッジパン4580は、カートリッジチャネル4530に分離可能に連結される場合があり、それにより、ステープルカートリッジ4500がアンビル4540によって圧縮されて、ステープル4520が変形された後、カートリッジパン4580は、カートリッジチャネル4530から分離されることがあり、カートリッジ本体4510と共に埋め込まれることがある。 In at least one embodiment, the cartridge pan 4580, may be detachably connected to the cartridge channel 4530, thereby being compressed staple cartridge 4500 by the anvil 4540, after the staples 4520 are deformed, the cartridge pan 4580 it is sometimes separated from the cartridge channel 4530, which may be embedded with the cartridge body 4510. 少なくとも1つのこのような実施形態において、カートリッジパン4580は、商標名Vircylで販売されるポリグリコール酸(PGA)、ポリ乳酸(PLA又はPLLA)、ポリジオキサノン(PDS)、ポリヒドロキシアルカノエート(PHA)、商標名Monocrylで販売されるポリグレカプロン25(PGCL)、ポリカプロラクトン(PCL)、並びに/又はPGA、PLA、PDS、PHA、PGCL及び/若しくはPCLの混合物などの生吸収性材料を含み得る。 In at least one such embodiment, the cartridge pan 4580, polyglycolic acid sold under the trade name Vircyl (PGA), polylactic acid (PLA or PLLA), polydioxanone (PDS), polyhydroxyalkanoates (PHA), Porigurekapuron 25 sold under the tradename Monocryl (PGCL), polycaprolactone (PCL), and / or PGA, PLA, PDS, PHA, may include bioabsorbable material such as a mixture of PGCL and / or PCL. いくつかの実施形態において、外科用ステープラーは、ステープルカートリッジチャネル4530と、カートリッジパン4580上の底部駆動表面との中間で摺動され得る、発射機構及び/又はドライバを更に含む場合があり、これは、カートリッジパン4580を、カートリッジチャネル4530から持ち上げるか、又は発射するように構成され得る。 In some embodiments, the surgical stapler includes a staple cartridge channel 4530 can be slid intermediate the bottom drive surface on the cartridge pan 4580, may further the firing mechanism and / or driver containing, which the cartridge pan 4580, or lifted off the cartridge channel 4530, or may be configured to fire. いくつかの実施形態において、カートリッジ本体4510は、カートリッジパン4580に分離可能に連結されることがあり、それによって、ステープルカートリッジ4500がアンビル4540によって圧縮され、ステープル4520が変形された後にカートリッジ本体4510がカートリッジパン4580から分離され得る。 In some embodiments, the cartridge body 4510, may be detachably connected to the cartridge pan 4580, whereby the staple cartridge 4500 is compressed by the anvil 4540 and the cartridge body 4510 after the staple 4520 is deformed It can be separated from the cartridge pan 4580. 少なくとも1つのこのような実施形態において、カートリッジパン4580は、カートリッジチャネル4530としっかりと係合したままであり、それにより、カートリッジパン4580は、カートリッジチャネル4530と共に手術部位から取り外される。 In at least one such embodiment, the cartridge pan 4580, remains firmly engaged with the cartridge channel 4530, whereby the cartridge pan 4580 is removed from the surgical site along with cartridge channel 4530. いくつかの実施形態において、外科用ステープラーは、ステープルカートリッジパン4580と、カートリッジパン4510上の底部駆動表面との中間で摺動され得る、発射機構及び/又はドライバを更に含む場合があり、これは、カートリッジ本体4510を、カートリッジパン4580から持ち上げるか、又は排出するように構成され得る。 In some embodiments, the surgical stapler includes a staple cartridge pan 4580 can be slid intermediate the bottom drive surface on the cartridge pan 4510, may further the firing mechanism and / or driver containing, which the cartridge body 4510, or lifted from the cartridge pan 4580, or may be configured to discharge. 少なくとも1つのこのような実施形態において、ステープルカートリッジ4500は、カートリッジパン4580とステープル4520との中間に位置付けられたステープルドライバを更に含む場合があり、それにより、発射機構が遠位方向に摺動する際に、ステープルドライバ及びステープル4520がアンビルに向かって上方に駆動され得る。 In at least one such embodiment, the staple cartridge 4500 may further include a staple driver positioned intermediate the cartridge pan 4580 and the staple 4520, whereby the firing mechanism slides distally when, staple driver and staple 4520 may be driven upward toward the anvil. 少なくとも1つのこのような実施形態において、ステープルドライバは、少なくとも一部分が圧縮可能なカートリッジ本体4510内に埋め込まれ得る。 In at least one such embodiment, the staple driver, at least a portion may be embedded in the cartridge body 4510 can be compressed.

上記と同様に、様々な実施形態において、ステープルカートリッジ4500は、非発射ステープルカートリッジ4500がステープルカートリッジチャネル4530内に位置付けられない限り、切断部材の遠位方向の移動を防ぐか又は少なくとも制限するように構成され得る、ロックアウト機構を含み得る。 Similar to the above, in various embodiments, the staple cartridge 4500, as unfired staple cartridge 4500 unless positioned within the staple cartridge channel 4530, at least limit or prevent distal movement of the cutting member may be configured, it may include a lockout mechanism. いくつかの実施形態において、ステープルカートリッジパン4580は、例えば、ステープルカートリッジチャネル4530内で切断部材を上方に、かつ固定表面の上に持ち上げる、表面を含む場合がある。 In some embodiments, a staple cartridge pan 4580, for example, upward cutting member within the staple cartridge channel 4530, and lifted over the fixed surface, which may include a surface. カートリッジパン4580を含むステープルカートリッジ4500が、カートリッジチャネル4530内に存在しない場合、切断部材は前進し得ない。 Staple cartridge 4500 includes a c