JP2014231329A - ハイブリッド車両の駆動装置 - Google Patents

ハイブリッド車両の駆動装置 Download PDF

Info

Publication number
JP2014231329A
JP2014231329A JP2013113770A JP2013113770A JP2014231329A JP 2014231329 A JP2014231329 A JP 2014231329A JP 2013113770 A JP2013113770 A JP 2013113770A JP 2013113770 A JP2013113770 A JP 2013113770A JP 2014231329 A JP2014231329 A JP 2014231329A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
motor generator
inverter
temperature
fan
control means
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2013113770A
Other languages
English (en)
Inventor
横山 亘
Wataru Yokoyama
亘 横山
俊輔 澤野
Shunsuke Sawano
俊輔 澤野
和良 高田
Kazuyoshi Takada
和良 高田
Original Assignee
株式会社豊田自動織機
Toyota Industries Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社豊田自動織機, Toyota Industries Corp filed Critical 株式会社豊田自動織機
Priority to JP2013113770A priority Critical patent/JP2014231329A/ja
Publication of JP2014231329A publication Critical patent/JP2014231329A/ja
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60KARRANGEMENT OR MOUNTING OF PROPULSION UNITS OR OF TRANSMISSIONS IN VEHICLES; ARRANGEMENT OR MOUNTING OF PLURAL DIVERSE PRIME-MOVERS IN VEHICLES; AUXILIARY DRIVES FOR VEHICLES; INSTRUMENTATION OR DASHBOARDS FOR VEHICLES; ARRANGEMENTS IN CONNECTION WITH COOLING, AIR INTAKE, GAS EXHAUST OR FUEL SUPPLY OF PROPULSION UNITS IN VEHICLES
    • B60K6/00Arrangement or mounting of plural diverse prime-movers for mutual or common propulsion, e.g. hybrid propulsion systems comprising electric motors and internal combustion engines ; Control systems therefor, i.e. systems controlling two or more prime movers, or controlling one of these prime movers and any of the transmission, drive or drive units Informative references: mechanical gearings with secondary electric drive F16H3/72; arrangements for handling mechanical energy structurally associated with the dynamo-electric machine H02K7/00; machines comprising structurally interrelated motor and generator parts H02K51/00; dynamo-electric machines not otherwise provided for in H02K see H02K99/00
    • B60K6/20Arrangement or mounting of plural diverse prime-movers for mutual or common propulsion, e.g. hybrid propulsion systems comprising electric motors and internal combustion engines ; Control systems therefor, i.e. systems controlling two or more prime movers, or controlling one of these prime movers and any of the transmission, drive or drive units Informative references: mechanical gearings with secondary electric drive F16H3/72; arrangements for handling mechanical energy structurally associated with the dynamo-electric machine H02K7/00; machines comprising structurally interrelated motor and generator parts H02K51/00; dynamo-electric machines not otherwise provided for in H02K see H02K99/00 the prime-movers consisting of electric motors and internal combustion engines, e.g. HEVs
    • B60K6/42Arrangement or mounting of plural diverse prime-movers for mutual or common propulsion, e.g. hybrid propulsion systems comprising electric motors and internal combustion engines ; Control systems therefor, i.e. systems controlling two or more prime movers, or controlling one of these prime movers and any of the transmission, drive or drive units Informative references: mechanical gearings with secondary electric drive F16H3/72; arrangements for handling mechanical energy structurally associated with the dynamo-electric machine H02K7/00; machines comprising structurally interrelated motor and generator parts H02K51/00; dynamo-electric machines not otherwise provided for in H02K see H02K99/00 the prime-movers consisting of electric motors and internal combustion engines, e.g. HEVs characterised by the architecture of the hybrid electric vehicle
    • B60K6/48Parallel type
    • B60K6/485Motor-assist type
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60LPROPULSION OF ELECTRICALLY-PROPELLED VEHICLES; SUPPLYING ELECTRIC POWER FOR AUXILIARY EQUIPMENT OF ELECTRICALLY-PROPELLED VEHICLES; ELECTRODYNAMIC BRAKE SYSTEMS FOR VEHICLES IN GENERAL; MAGNETIC SUSPENSION OR LEVITATION FOR VEHICLES; MONITORING OPERATING VARIABLES OF ELECTRICALLY-PROPELLED VEHICLES; ELECTRIC SAFETY DEVICES FOR ELECTRICALLY-PROPELLED VEHICLES
    • B60L3/00Electric devices on electrically-propelled vehicles for safety purposes; Monitoring operating variables, e.g. speed, deceleration or energy consumption
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60LPROPULSION OF ELECTRICALLY-PROPELLED VEHICLES; SUPPLYING ELECTRIC POWER FOR AUXILIARY EQUIPMENT OF ELECTRICALLY-PROPELLED VEHICLES; ELECTRODYNAMIC BRAKE SYSTEMS FOR VEHICLES IN GENERAL; MAGNETIC SUSPENSION OR LEVITATION FOR VEHICLES; MONITORING OPERATING VARIABLES OF ELECTRICALLY-PROPELLED VEHICLES; ELECTRIC SAFETY DEVICES FOR ELECTRICALLY-PROPELLED VEHICLES
    • B60L50/00Electric propulsion with power supplied within the vehicle
    • B60L50/10Electric propulsion with power supplied within the vehicle using propulsion power supplied by engine-driven generators, e.g. generators driven by combustion engines
    • B60L50/16Electric propulsion with power supplied within the vehicle using propulsion power supplied by engine-driven generators, e.g. generators driven by combustion engines with provision for separate direct mechanical propulsion
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60WCONJOINT CONTROL OF VEHICLE SUB-UNITS OF DIFFERENT TYPE OR DIFFERENT FUNCTION; CONTROL SYSTEMS SPECIALLY ADAPTED FOR HYBRID VEHICLES; ROAD VEHICLE DRIVE CONTROL SYSTEMS FOR PURPOSES NOT RELATED TO THE CONTROL OF A PARTICULAR SUB-UNIT
    • B60W10/00Conjoint control of vehicle sub-units of different type or different function
    • B60W10/30Conjoint control of vehicle sub-units of different type or different function including control of auxiliary equipment, e.g. air-conditioning compressors or oil pumps
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60WCONJOINT CONTROL OF VEHICLE SUB-UNITS OF DIFFERENT TYPE OR DIFFERENT FUNCTION; CONTROL SYSTEMS SPECIALLY ADAPTED FOR HYBRID VEHICLES; ROAD VEHICLE DRIVE CONTROL SYSTEMS FOR PURPOSES NOT RELATED TO THE CONTROL OF A PARTICULAR SUB-UNIT
    • B60W20/00Control systems specially adapted for hybrid vehicles
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60KARRANGEMENT OR MOUNTING OF PROPULSION UNITS OR OF TRANSMISSIONS IN VEHICLES; ARRANGEMENT OR MOUNTING OF PLURAL DIVERSE PRIME-MOVERS IN VEHICLES; AUXILIARY DRIVES FOR VEHICLES; INSTRUMENTATION OR DASHBOARDS FOR VEHICLES; ARRANGEMENTS IN CONNECTION WITH COOLING, AIR INTAKE, GAS EXHAUST OR FUEL SUPPLY OF PROPULSION UNITS IN VEHICLES
    • B60K1/00Arrangement or mounting of electrical propulsion units
    • B60K2001/003Arrangement or mounting of electrical propulsion units with means for cooling the electrical propulsion units
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02TCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES RELATED TO TRANSPORTATION
    • Y02T10/00Road transport of goods or passengers
    • Y02T10/60Other road transportation technologies with climate change mitigation effect
    • Y02T10/62Hybrid vehicles
    • Y02T10/6213Hybrid vehicles using ICE and electric energy storage, i.e. battery, capacitor
    • Y02T10/6221Hybrid vehicles using ICE and electric energy storage, i.e. battery, capacitor of the parallel type
    • Y02T10/6226Motor-assist type

Abstract

【課題】電力を回生可能なハイブリッド車両の駆動装置において、回生電力の最大値制限を解消または緩和できるものを提供する。
【解決手段】ハイブリッド車両の駆動装置100は、エンジン10と、インバータ13およびモータジェネレータ11と、インバータ温度センサ43またはモータジェネレータの温度を測定するモータ温度センサ41と、車速検出手段45と、ブレーキ開度センサ(減速度操作量検出手段)44と、ファン12と、制御手段30とを備える。制御手段30は、車速およびブレーキ開度に基づき、かつインバータ13の温度またはモータジェネレータ11の温度に基づいて、ファン12の駆動を制御する。
【選択図】図1

Description

本発明はハイブリッド車両の駆動装置に関する。

ハイブリッド車両において減速時の運動エネルギーを電気エネルギーとして回生する機器として、インバータやモータ等が用いられる。これらのインバータやモータは回生に伴って発熱するので、ファンを用いてこれらを冷却する構成が知られている。たとえば特許文献1にはモータにファンを取り付けてインバータを冷却する構成が記載されている。

特開2007−37262号公報

しかしながら、ファンによる冷却では、インバータ又はモータ回生中の冷却能力が回生に伴う発熱量に追いつかない場合がある。このため、従来の構成では、発熱を抑えるために回生電力の最大値を制限しなければならないという問題があった。

本発明は、このような問題を解決するためになされたものであり、回生電力の最大値制限を解消または緩和できるハイブリッド車両の駆動装置を提供することを目的とする。

上述の問題を解決するため、この発明に係る電力を回生可能なハイブリッド車両の駆動装置は、内燃機関と、運動エネルギーを電気エネルギーとして回生する、インバータおよびモータジェネレータと、インバータの温度を測定するインバータ温度測定手段またはモータジェネレータの温度を測定するモータジェネレータ温度測定手段と、車速を検出する車速検出手段と、減速度操作量を検出する減速度操作量検出手段と、インバータまたはモータジェネレータを冷却するファンと、ファンの駆動を制御する制御手段とを備え、制御手段は、車速および減速度操作量に基づき、かつインバータの温度またはモータジェネレータの温度に基づいて、ファンの駆動を制御する機能を有する。

このような構成では、ファンの駆動制御を、単にインバータまたはモータジェネレータの温度に基づいて行うだけでなく、回生電力の最大値に影響する車速および減速度操作量まで考慮しながら行う。なお、「減速度操作量」は、たとえばブレーキ開度を表す値やブレーキの油圧を表す値に基づいて決定することができる。

減速度操作量は、少なくともブレーキ開度に基づいて決定される量であってもよい。
制御手段は、インバータの温度の上限閾値を表すインバータ閾値温度を記憶するか、または、モータジェネレータの温度の上限閾値を表すモータジェネレータ閾値温度を記憶し、制御手段は、ファンの駆動を制御する機能の一部として、インバータの温度およびインバータ閾値温度に基づいてインバータ用ファン駆動力増加要求量を決定する機能か、または、モータジェネレータの温度およびモータジェネレータ閾値温度に基づいてモータジェネレータ用ファン駆動力増加要求量を決定する機能と、インバータ用ファン駆動力増加要求量またはモータジェネレータ用ファン駆動力増加要求量に基づいてファンの駆動を制御する機能とを有してもよい。
ハイブリッド車両の駆動装置は、インバータ温度測定手段およびモータジェネレータ温度測定手段を備え、制御手段は、インバータ閾値温度およびモータジェネレータ閾値温度を記憶し、制御手段は、ファンの駆動を制御する機能の一部として、インバータ用ファン駆動力増加要求量を決定する機能およびモータジェネレータ用ファン駆動力増加要求量を決定する機能を有し、制御手段は、ファンの駆動を制御する機能の一部として、インバータ用ファン駆動力増加要求量およびモータジェネレータ用ファン駆動力増加要求量のうち小さくない方に基づいてファンの駆動を制御する機能を有してもよい。

本発明のハイブリッド車両の駆動装置によれば、車速および減速度操作量に基づいて想定される最大回生電力と、インバータまたはモータジェネレータの温度とに基づいてファンを制御するので、想定される最大回生電力に応じてあらかじめインバータまたはモータジェネレータを冷却しておくことができ、回生中の冷却能力に依存せず回生電力の最大値制限を解消または緩和することができる。

本発明の実施の形態1に係るハイブリッド車両の駆動装置の構成の例を示す図である。 図1の制御手段の処理の流れの例を示すフローチャートである。 車速および減速度操作量とインバータの予測温度差分との関係を表すマップの例である。 温度超過分とファン駆動力増加要求量との関係を表すマップの例である。 エンジンの回転数とエンジンフリクションとの関係を表すマップの例である。 実施の形態2に係る制御手段の処理の流れの一部を示すフローチャートである。 エンジンの回転数と燃料消費量との関係を表すマップの例である。 実施の形態3に係る制御手段の処理の流れの一部を示すフローチャートである。 ファンの回転数とファンの電気負荷との関係を表すマップの例である。 実施の形態4に係る制御手段の処理の流れの一部を示すフローチャートである。

以下、この発明の実施の形態を添付図面に基づいて説明する。
実施の形態1.
図1に、本発明の実施の形態1に係るハイブリッド車両の駆動装置100の構成の例を示す。ハイブリッド車両の駆動装置100は車両用のものであり、車両に搭載される。
ハイブリッド車両の駆動装置100は、燃料を燃焼させて運動エネルギーを得る内燃機関であるエンジン10を備える。また、ハイブリッド車両の駆動装置100は、運動エネルギーと電気エネルギーとを相互に変換するモータジェネレータ11(モータ)を備える。エンジン10とモータジェネレータ11とは、補機ベルト20によって連結され、相互に運動エネルギーを伝達可能である。

また、ハイブリッド車両の駆動装置100は、モータジェネレータ11が発電した電力を貯蓄しまたはモータジェネレータ11に電力を供給するバッテリ14と、モータジェネレータ11およびバッテリ14の間で交流電力および直流電力を相互に変換するインバータ13とを備える。

モータジェネレータ11およびインバータ13は、たとえば車両の減速時に、運動エネルギーを電気エネルギーとして回生することができる。すなわち、ハイブリッド車両の駆動装置100は電力を回生可能な装置である。モータジェネレータ11およびインバータ13は、たとえば電力を回生する際に発熱する。

モータジェネレータ11のロータ部分には、モータジェネレータ11およびインバータ13を冷却するファン12が取り付けられており、ロータ部分と一体に回転して流体(たとえば空気)を流動させる。モータジェネレータ11およびインバータ13は、この流体の流れの中に配置されており、流体によって冷却される。モータジェネレータ11、ファン12およびインバータ13の具体的な構成および位置関係は、たとえば特許文献1に記載されている。

ハイブリッド車両の駆動装置100は、エンジン10の回転数を測定する手段である回転数センサ40と、モータジェネレータ11の温度を測定する手段であるモータ温度センサ41(モータジェネレータ温度測定手段)と、インバータ13の温度を測定する手段であるインバータ温度センサ43(インバータ温度測定手段)と、ブレーキペダルの踏み込み量などから減速度操作量(たとえばブレーキ開度)を検出するブレーキ開度センサ44(減速度操作量検出手段)と、車速を検出する手段である車速センサ45(車速検出手段)とを備える。

ハイブリッド車両の駆動装置100は、ハイブリッド車両の駆動装置100の動作を制御する制御手段30を備える。制御手段30は、回転数センサ40、モータ温度センサ41、インバータ温度センサ43、ブレーキ開度センサ44、車速センサ45に接続されており、これらから出力される信号を受信することにより情報を取得する機能を有する。また、制御手段30は、エンジン10の動作を制御するエンジン制御装置31と、モータジェネレータ11およびインバータ13の動作を制御する電動発電機制御装置32とを含む。制御手段30は、エンジン10の回転数を制御することにより、補機ベルト20を介して間接的にモータジェネレータ11の回転数を制御し、モータジェネレータ11のロータ部分と一体に回転するファン12の駆動を制御することができる。

以上のように構成されるハイブリッド車両の駆動装置100における、制御手段30の動作を、以下に説明する。
図2は、制御手段30の処理の流れの例を示すフローチャートである。制御手段30は、図2の各ステップに示される処理を実行する機能を有する。図2の処理は、たとえば定期的に、たとえば10ミリ秒ごとに実行される。なお、図1に示すように制御手段30はエンジン制御装置31および電動発電機制御装置32を含むが、これらのいずれが図2に示す個々の処理を実行するかは当業者が適宜決定可能である。

まず、制御手段30は様々な情報を取得する(ステップS1)。具体的には、車速センサ45から車速を取得し、インバータ温度センサ43からインバータ13の温度(Tinv)を取得し、モータ温度センサ41からモータジェネレータ11の温度(Tmg)を取得し、回転数センサ40からエンジン10の回転数を取得し、ブレーキ開度センサ44からブレーキ開度を取得する。本実施形態では、減速度操作量の例としてこのブレーキ開度を用いる。

次に、制御手段30は、車速および減速度操作量に基づき、インバータ13およびモータジェネレータ11について、それぞれ予測温度差分ΔTinvおよびΔTmgを算出する(ステップS2)。予測温度差分ΔTinvおよびΔTmgは、現在の車速から、減速度操作量に相当する減速が行われ最大限の回生を行ったと仮定して、その回生によってインバータ13およびモータジェネレータ11の温度が、それぞれどれだけ上昇するかという差分を表す。インバータ13に対する予測温度差分ΔTinvは、たとえば図3に示すマップを用いて決定可能である。モータジェネレータ11に対する予測温度差分ΔTmgも、同様のマップを用いて決定可能である。

次に、制御手段30は減速度操作量に相当する減速が行われ最大限の回生を行ったと仮定して、回生直後のインバータ13の予測温度(Tinv_est)およびモータジェネレータ11の予測温度(Tmg_est)を算出する(ステップS3)。インバータ13の予測温度(Tinv_est)の算出は、インバータ13の温度Tinvと予測温度差分ΔTinvとに基づいて、たとえばこれらを単純に合計することによって行われる。同様に、モータジェネレータ11の予測温度(Tmg_est)の算出は、モータジェネレータ11の温度Tmgと予測温度差分ΔTmgとに基づいて、たとえばこれらを単純に合計することによって行われる。

次に、制御手段30は、予測温度Tinv_estおよびTmg_estが、いずれも所定のインバータ閾値温度X1invおよびモータジェネレータ閾値温度X1mg未満であるか否かを判定する(ステップS4)。なお、インバータ閾値温度X1invおよびモータジェネレータ閾値温度X1mgは、それぞれインバータ13およびモータジェネレータ11の温度の上限閾値を表す値として、あらかじめ制御手段30が記憶しておくことができる。

いずれの予測温度も閾値温度未満である場合(すなわち、予測温度Tinv_estがインバータ閾値温度X1inv未満であり、かつ、予測温度Tmg_estがモータジェネレータ閾値温度X1mg未満である場合)には、制御手段30は図2の処理を終了する。この分岐は、これ以上インバータ13およびモータジェネレータ11を冷却しておかなくとも、ハイブリッド車両の駆動装置100が最大限の電力を回生できる場合に相当する。

いずれかの予測温度が閾値温度以上となる場合(すなわち、予測温度Tinv_estがインバータ閾値温度X1inv以上であるか、または、予測温度Tmg_estがモータジェネレータ閾値温度X1mg以上である場合)には、制御手段30は以下のステップS5〜S9の処理によりファン12の駆動を制御する。この分岐は、インバータ13またはモータジェネレータ11の温度が高いため、最大限の電力を回生しようとすると温度制限に抵触することになり、そのままでは最大限の電力を回生できない場合に相当する。

この分岐において、制御手段30は、モータジェネレータ11およびインバータ13のうち、予測温度が閾値温度以上となるものについて、温度超過分を算出する(ステップS5)。

たとえば、インバータ13について、予測温度Tinv_estが閾値温度X1inv以上である場合には、温度超過分Tinv_droを算出する。温度超過分Tinv_droは、予測温度Tinv_estからインバータ閾値温度X1invを減算することによって求められる。また、モータジェネレータ11について、予測温度Tmg_estが閾値温度X1mg以上である場合には、温度超過分Tmg_droを算出する。温度超過分Tmg_droは、予測温度Tmg_estから閾値温度X1mgを減算することによって求められる。なお、予測温度が閾値温度以上とならないものについては、温度超過分を求める必要はないが、ゼロまたはマイナスの値として温度超過分を求めてもよい。

次に、制御手段30は、モータジェネレータ11およびインバータ13のうち、予測温度が閾値温度以上となるものについて、温度超過分を満足するファン12の駆動力の増加分を表す駆動力増加要求量を求める(ステップS6)。本実施形態では、ファン12は補機ベルト20およびモータジェネレータ11を介してエンジン10に連結され、エンジン10によって駆動可能であるので、ファン12の駆動力増加要求量は、エンジン10の回転数の増加量として表すことができる。なお、駆動力増加要求量は、ファン12の回転数の増加量として表すこともでき、これらは等価なものとして扱うことができる。

この回転数の上昇分のうち、インバータ13の温度超過分Tinv_droに対応するものをインバータ用ファン駆動力増加要求量ΔNe_invとし、モータジェネレータ11の温度超過分Tmg_droに対応するものをモータジェネレータ用ファン駆動力増加要求量ΔNe_mgとする。

インバータ用ファン駆動力増加要求量ΔNe_invは、たとえば図4に示すマップを用いて決定可能である。また、モータジェネレータ用ファン駆動力増加要求量ΔNe_mgも、同様のマップを用いて決定可能である。
このようにして、制御手段30は、温度超過分(すなわち、予測温度と閾値温度との差)に基づいて、要求されるファン12の駆動力増加要求量を求める。

次に、制御手段30は、インバータ用ファン駆動力増加要求量ΔNe_invおよびモータジェネレータ用ファン駆動力増加要求量ΔNe_mgのうち小さくない方(または大きい方)に基づいて、エンジン回転数増加要求量ΔNeを決定する(ステップS7)。たとえば、これらのうち小さくない方(または大きい方)の値をそのままエンジン回転数増加要求量ΔNeの値とする。

次に、制御手段30は、エンジン10におけるエンジンフリクションを考慮し、エンジン10の回転数の最適値を算出する(ステップS8)。エンジン10の回転数が増加すると、インバータ13およびモータジェネレータ11が冷却されて回生可能な電力が増大する可能性があるが、一方でエンジンフリクションが増加し、摩擦損失によって運動エネルギーが失われるため回生可能な電力が減少する可能性がある。制御手段30は、これらの要因を考慮した計算を行い、回生可能な電力を最大とするエンジン10の回転数の最適値を決定する。

この最適値の計算はどのように行われてもよいが、たとえばステップS81〜S83に示すようなループ計算によって行うことができる。この例では、制御手段30はまず、エンジン10の回転数をある値に上昇させた場合の回生電力の増加分を算出する(ステップS81)。

次に、制御手段30は、エンジン10の回転数をその値に上昇させた場合の、エンジンフリクションによる回生電力の低下分を算出する(ステップS82)。エンジンフリクションによる回生電力の低下分は、たとえば図5に示すマップにおけるΔF1として決定可能である。

次に、制御手段30は、ステップS81で得た増加分と、ステップS82で得た低下分とを比較し、正味の回生電力の変動分を算出する(ステップS83)。
制御手段30は、上述のステップS81〜S83の処理を異なる回転数について実行し、正味の回生電力の変動分を最大とする回転数(すなわち、回生電力を最大とする回転数)を最適値として選択する。ただし、ステップS7で求めたΔNeを、回転数増加分の最大値とする。すなわち、ΔNeを超える回転数については、正味の回生電力の変動分は算出しない。このように、エンジン回転数増加要求量ΔNeによって計算処理の範囲を制限することができるので、ステップS8のループ計算に要する時間を短縮することができる。

ステップS8の後、制御手段30は、エンジン10の回転数を最適値に変更するよう制御する(ステップS9)。

以上のように、本発明の実施の形態1に係るハイブリッド車両の駆動装置100によれば、車速および減速度操作量に基づいて想定される最大回生電力と、インバータ13またはモータジェネレータ11の温度とに基づいてファン12を制御するので、想定される最大回生電力に応じてあらかじめインバータ13またはモータジェネレータ11を冷却しておくことができ、回生中の冷却能力に依存せず回生電力の最大値制限を解消または緩和することができる。また、これに伴い、得られる回生電力がより大きくなるので燃費が向上する。

実施の形態2.
実施の形態2は、実施の形態1において、ループ計算による最適値算出に代えて閾値処理を用いるものである。

図6は、実施の形態2に係る制御手段の処理の流れの例を示すフローチャートである。ステップS1〜S7の処理は実施の形態1(図2)と同様である。
ステップS7の後、制御手段は、エンジン10の回転数をエンジン回転数増加要求量ΔNeだけ上昇させたと仮定して、エンジン10における燃料消費量の増加分ΔF2を算出する(ステップS10)。燃料消費量の増加分ΔF2は、たとえば図7に示すマップを用いて、回転数センサ40によって測定される回転数およびΔNeに基づいて決定可能である。

次に、制御手段は、燃料消費量の増加分ΔF2が、所定の消費量閾値X3以下であるか否かを判定する(ステップS11)。なお、消費量閾値X3は、あらかじめ制御手段が記憶しておくことができる。

増加分ΔF2が消費量閾値X3以下である場合には、制御手段は、エンジン回転数増加要求量ΔNeに基づいてエンジン10の回転数を変更するよう制御する(ステップS12)。すなわち、エンジン10の回転数をΔNeだけ上昇させるよう制御する。

一方、増加分ΔF2が消費量閾値X3より大きい場合には、制御手段は、燃料消費量の増加分が消費量閾値X3となるようにエンジン10の回転数を変更するよう制御する(ステップS13)。燃料消費量の増加分が消費量閾値X3となるようなエンジン10の回転数(またはその増加分)は、図7に示すマップ等を用いて決定可能である。

以上のように、本発明の実施の形態2に係るハイブリッド車両の駆動装置によれば、車速および減速度操作量に基づいて想定される最大回生電力と、インバータ13またはモータジェネレータ11の温度とに基づいてファン12を制御するので、実施の形態1と同様に、想定される最大回生電力に応じてあらかじめインバータ13またはモータジェネレータ11を冷却しておくことができ、回生中の冷却能力に依存せず回生電力の最大値制限を解消または緩和することができる。また、これに伴い、得られる回生電力がより大きくなるので燃費が向上する。
さらに、実施の形態2ではループ計算を省略できるので、処理時間をさらに短縮することができる。

実施の形態2において、制御手段30は、消費量閾値X3を動的に変更してもよい。たとえば、道路情報に応じて決定してもよい。道路情報とは、車両が現在走行中の道路の状況を表す情報である。たとえば、車両が減速または停止する可能性が低い道路(たとえば高速道路)を走行中である場合には消費量閾値X3を増加させ、車両が減速または停止する可能性が高い道路(たとえば市街地)を走行中である場合には消費量閾値X3を減少させるよう制御してもよい。このようにすると、回生動作が発生する可能性が高い場合には燃費よりもインバータ13やモータジェネレータ11の冷却を優先することができ、より効率的に回生を行うことができる。

また、実施の形態2において、インバータ13およびモータジェネレータ11の温度を経時的に監視し、結果に応じて消費量閾値X3を決定してもよい。たとえば、ステップS13が実行された後、所定の時間(たとえば図6の処理が実行される間隔よりも長い時間)が経過した時点でインバータ13およびモータジェネレータ11の温度を測定し、ステップS4と同様の計算を行って予測温度(Tinv_estおよびTmg_est)がそれぞれ対応する閾値温度(X1invおよびX1mg)よりも低くなっているか否かを確認してもよい。また、ここで予測温度が閾値温度以上のままである場合には、消費量閾値X3を所定量(たとえばエンジン10の回転数に換算して50rpmの上昇に相当する量)だけ増加してもよい。このようにすると、車両の走行状況に合わせた回生を行うことができる。

実施の形態3.
実施の形態3は、実施の形態1において、ファンを電動とするものである。実施の形態3に係るハイブリッド車両の駆動装置の構成はとくに図示しないが、ファンがモータジェネレータの回転ではなく別途供給される電力によって駆動される点を除けば、図1と同様である。したがって、実施の形態3における制御手段は、実施の形態1における制御手段30のようにエンジン10の回転数を制御するのではなく、ファン12の回転数を制御する。

図8は、実施の形態3における制御手段の処理の流れの例を示すフローチャートである。ステップS1〜S5の処理は実施の形態1(図2)と同様である。
ステップS5の後、制御手段は、モータジェネレータ11およびインバータ13のうち、予測温度が閾値温度以上となるものについて、温度超過分を満足するファン12の駆動力の増加分を表す駆動力増加要求量を求める(ステップS20)。駆動力増加要求量は、たとえばファン12の回転数の増加量として表すことができる。また、ファン12は補機ベルト20およびモータジェネレータ11を介してエンジン10に連結され、エンジン10によって駆動可能であるので、ファン12の駆動力増加要求量は、エンジン10の回転数の上昇分をもって充てることができ、これらは等価なものとして扱うことができる。

この回転数の上昇分のうち、インバータ13の温度超過分Tinv_droに対応するものをインバータ用ファン駆動力増加要求量ΔNf_invとし、モータジェネレータ11の温度超過分Tmg_droに対応するものをモータジェネレータ用ファン駆動力増加要求量ΔNf_mgとする。

インバータ用ファン駆動力増加要求量ΔNf_invは、たとえば図4に示すマップを用いて決定可能である(図4の縦軸では、エンジン10の回転数に対応するΔNe_invが示されているが、上述のようにファン12の回転数に対応するΔNf_invもこれと等価なものとして扱うことができる)。また、モータジェネレータ用ファン駆動力増加要求量ΔNf_mgも、同様のマップを用いて決定可能である。
このようにして、制御手段は、温度超過分(すなわち、予測温度と閾値温度との差)に基づいて、要求されるファン12の駆動力増加要求量を求める。

ステップS20の後、制御手段は、インバータ用ファン駆動力増加要求量ΔNf_invおよびモータジェネレータ用ファン駆動力増加要求量ΔNf_mgのうち小さくない方(または大きい方)に基づいて、ファン回転数増加要求量ΔNfを決定する(ステップS21)。たとえば、これらのうち小さくない方(または大きい方)の値をそのままファン回転数増加要求量ΔNfの値とする。

次に、制御手段は、ファン12の駆動電力における電気負荷の増加分を考慮し、ファン12の回転数の最適値を算出する(ステップS22)。ファン12の回転数が増加すると、インバータ13およびモータジェネレータ11が冷却されて回生可能な電力が増大する可能性があるが、一方で電気負荷の増加によって回生電力が減少する可能性がある。制御手段は、これらの要因を考慮した計算を行い、回生可能な電力を最大とするファン12の駆動電力の最適値を決定する。

この最適値の計算はどのように行われてもよいが、たとえばステップS221〜S223に示すようなループ計算によって行うことができる。この例では、制御手段はまず、ファン12の回転数をある値に増加させた場合の、インバータ13およびモータジェネレータ11の温度低下による回生電力の増加分を算出する(ステップS221)。

次に、制御手段は、ファン12の回転数をその値に上昇させた場合の、電気負荷の増加による回生電力の低下分を算出する(ステップS222)。回生電力の低下分は、たとえば図9に示すマップにおけるΔL1として決定可能である。

次に、制御手段は、ステップS221で得た増加分と、ステップS222で得た低下分とを比較し、正味の回生電力の変動分を算出する(ステップS223)。
制御手段は、上述のステップS221〜S223の処理を異なる回転数について実行し、正味の回生電力の変動分を最大とする回転数(すなわち、回生電力を最大とする回転数)を最適値として選択する。なお、本実施形態ではステップS22においてファン12の回転数を基準として計算を行っているが、ファン12の駆動電力を基準として計算を行ってもよい。

ステップS22の後、制御手段は、ファン12の回転数を最適値に変更するよう制御する(ステップS23)。

以上のように、本発明の実施の形態3に係るハイブリッド車両の駆動装置によれば、車速および減速度操作量に基づいて想定される最大回生電力と、インバータ13またはモータジェネレータ11の温度とに基づいてファン12を制御するので、実施の形態1と同様に、想定される最大回生電力に応じてあらかじめインバータ13またはモータジェネレータ11を冷却しておくことができ、回生中の冷却能力に依存せず回生電力の最大値制限を解消または緩和することができる。また、これに伴い、得られる回生電力がより大きくなるので燃費が向上する。
さらに、実施の形態3によれば、ファン12の駆動電力による電気負荷まで考慮してファン12の回転数の最適値を算出するので、より確実に回生電力を増加させることができる。

実施の形態4.
実施の形態4は、実施の形態3において、ループ計算による最適値算出に代えて閾値処理を用いるものである。

図10は、実施の形態4に係る制御手段の処理の流れの例を示すフローチャートである。ステップS1〜S5、S20およびS21の処理は実施の形態3(図8)と同様である。ステップS21の後、制御手段は、ファン12の回転数をファン回転数増加要求量ΔNfだけ上昇させたと仮定して、ファン12の駆動電力における電気負荷の増加分ΔL2を算出する(ステップS30)。電気負荷の増加分ΔL2は、たとえば図9に示すマップを用いて決定可能である。なおファン12の回転数は、エンジン10の回転数等に基づいて算出可能である。

次に、制御手段は、電気負荷の増加分ΔL2が所定の負荷閾値X4以下であるか否かを判定する(ステップS31)。増加分ΔL2が負荷閾値X4以下である場合には、制御手段は、ファン回転数増加要求量ΔNfに基づいてファン12の駆動に係る電力を変更するよう制御する(ステップS32)。すなわち、ファン12の回転数をΔNfだけ上昇させるよう制御する。

一方、増加分ΔL2が負荷閾値X4より大きい場合には、制御手段は、電気負荷の増加分が負荷閾値X4となるようにファン12の回転数を変更するよう制御する(ステップS33)。電気負荷の増加分が負荷閾値X4となるようなファン12の回転数(またはその増加分)は、図9に示すマップ等を用いて決定可能である。

以上のように、本発明の実施の形態4に係るハイブリッド車両の駆動装置によれば、車速および減速度操作量に基づいて想定される最大回生電力と、インバータ13またはモータジェネレータ11の温度とに基づいてファン12を制御するので、実施の形態1と同様に、想定される最大回生電力に応じてあらかじめインバータ13またはモータジェネレータ11を冷却しておくことができ、回生中の冷却能力に依存せず回生電力の最大値制限を解消または緩和することができる。また、これに伴い、得られる回生電力がより大きくなるので燃費が向上する。

さらに、実施の形態4によれば、実施の形態3と同様に、ファン12の駆動電力による電気負荷まで考慮してファン12の回転数の最適値を算出するので、より確実に回生電力を増加させることができる。
また、実施の形態4によれば、実施の形態2と同様にループ計算を省略できるので、処理時間をさらに短縮することができる。

上述の実施の形態1〜4では、インバータ13およびモータジェネレータ11双方の温度を考慮するが、変形例として、いずれか一方の温度のみ考慮し、他方の温度には依存せず処理を行ってもよい。たとえば、実施の形態1においてインバータ13の温度のみを考慮する場合には、ステップS7において、エンジン回転数増加要求量ΔNeは常にインバータ用ファン駆動力増加要求量ΔNe_invに基づいて決定される。

ブレーキ開度センサ44は、実施の形態1〜4ではブレーキ開度を減速度操作量として直接用いるものであるが、車両の減速の度合に関する操作量を検出する減速度操作量検出手段として機能するものであれば、他の構成をもって代替してもよい。たとえば、ブレーキ開度を直接用いず、ブレーキ開度に基づいて決定される量を用いてもよい。または、ブレーキの油圧を表す量もしくはこれに基づいて決定される量を用いてもよい。

また、減速度操作量は、ブレーキ開度およびブレーキの油圧以外の情報に基づいて決定されるものであってもよい。たとえば、アクセルオフであるか否かの状態に基づくものであってもよく、アクセルをオンからオフに切り替える動作に基づくものであってもよく、変速機のギアの状態に基づくものであってもよく、ギアを切り替える動作(たとえばギアダウン操作)に基づくものであってもよい。

10 エンジン(内燃機関)、11 モータジェネレータ、12 ファン、13 インバータ、14 バッテリ、30 制御手段、41 モータ温度センサ(モータジェネレータ温度測定手段)、43 インバータ温度センサ(インバータ温度測定手段)、44 ブレーキ開度センサ(減速度操作量検出手段)、45 車速センサ(車速検出手段)、100 ハイブリッド車両の駆動装置、
Tinv インバータの温度、Tmg モータジェネレータの温度、X1inv インバータ閾値温度、X1mg モータジェネレータ閾値温度、ΔNe_inv,ΔNf_inv インバータ用ファン駆動力増加要求量、ΔNe_mg,ΔNf_mg モータジェネレータ用ファン駆動力増加要求量。

Claims (4)

  1. 電力を回生可能なハイブリッド車両の駆動装置であって、
    内燃機関と、
    運動エネルギーを電気エネルギーとして回生する、インバータおよびモータジェネレータと、
    前記インバータの温度を測定するインバータ温度測定手段または前記モータジェネレータの温度を測定するモータジェネレータ温度測定手段と、
    車速を検出する車速検出手段と、
    減速度操作量を検出する減速度操作量検出手段と、
    前記インバータまたは前記モータジェネレータを冷却するファンと、
    前記ファンの駆動を制御する制御手段と
    を備え、
    前記制御手段は、前記車速および前記減速度操作量に基づき、かつ前記インバータの前記温度または前記モータジェネレータの前記温度に基づいて、前記ファンの駆動を制御する機能を有する、ハイブリッド車両の駆動装置。
  2. 前記減速度操作量は、少なくともブレーキ開度に基づいて決定される量である、請求項1に記載のハイブリッド車両の駆動装置。
  3. 前記制御手段は、前記インバータの温度の上限閾値を表すインバータ閾値温度を記憶するか、または、前記モータジェネレータの温度の上限閾値を表すモータジェネレータ閾値温度を記憶し、
    前記制御手段は、前記ファンの駆動を制御する機能の一部として、
    前記インバータの前記温度および前記インバータ閾値温度に基づいてインバータ用ファン駆動力増加要求量を決定する機能か、または、前記モータジェネレータの前記温度および前記モータジェネレータ閾値温度に基づいてモータジェネレータ用ファン駆動力増加要求量を決定する機能と、
    前記インバータ用ファン駆動力増加要求量または前記モータジェネレータ用ファン駆動力増加要求量に基づいて前記ファンの駆動を制御する機能と
    を有する、請求項1または2に記載のハイブリッド車両の駆動装置。
  4. 前記ハイブリッド車両の駆動装置は、前記インバータ温度測定手段および前記モータジェネレータ温度測定手段を備え、
    前記制御手段は、前記インバータ閾値温度および前記モータジェネレータ閾値温度を記憶し、
    前記制御手段は、前記ファンの駆動を制御する機能の一部として、前記インバータ用ファン駆動力増加要求量を決定する前記機能および前記モータジェネレータ用ファン駆動力増加要求量を決定する前記機能を有し、
    前記制御手段は、前記ファンの駆動を制御する機能の一部として、前記インバータ用ファン駆動力増加要求量および前記モータジェネレータ用ファン駆動力増加要求量のうち小さくない方に基づいて前記ファンの駆動を制御する機能を有する、請求項3に記載のハイブリッド車両の駆動装置。
JP2013113770A 2013-05-30 2013-05-30 ハイブリッド車両の駆動装置 Pending JP2014231329A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013113770A JP2014231329A (ja) 2013-05-30 2013-05-30 ハイブリッド車両の駆動装置

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013113770A JP2014231329A (ja) 2013-05-30 2013-05-30 ハイブリッド車両の駆動装置
PCT/JP2014/060104 WO2014192424A1 (ja) 2013-05-30 2014-04-07 ハイブリッド車両の駆動装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2014231329A true JP2014231329A (ja) 2014-12-11

Family

ID=51988464

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2013113770A Pending JP2014231329A (ja) 2013-05-30 2013-05-30 ハイブリッド車両の駆動装置

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP2014231329A (ja)
WO (1) WO2014192424A1 (ja)

Family Cites Families (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003259600A (ja) * 2002-03-06 2003-09-12 Toyota Motor Corp 車載用電気装置の冷却構造
JP3784813B2 (ja) * 2003-11-26 2006-06-14 本田技研工業株式会社 車両モータ用高圧電装の冷却装置及びハイブリッド車両
JP2005184979A (ja) * 2003-12-19 2005-07-07 Sanyo Electric Co Ltd 車両用の電源装置およびハイブリッドカーの電源装置
JP2007037262A (ja) * 2005-07-26 2007-02-08 Mitsubishi Electric Corp インバータ一体型回転電機
JP2007221914A (ja) * 2006-02-16 2007-08-30 Toyota Motor Corp 車両用二次電池の制御装置
JP5034316B2 (ja) * 2006-05-22 2012-09-26 トヨタ自動車株式会社 電源装置
JP2010154654A (ja) * 2008-12-25 2010-07-08 Nissan Motor Co Ltd 車両用電池冷却制御装置
JP2010268639A (ja) * 2009-05-15 2010-11-25 Denso Corp 車両の制御装置
JP5499860B2 (ja) * 2010-04-14 2014-05-21 コベルコ建機株式会社 ハイブリッド作業機械の機器冷却装置
JP2013043453A (ja) * 2011-08-22 2013-03-04 Toyota Motor Corp 空冷システムおよびそれを備えるハイブリッド車両

Also Published As

Publication number Publication date
WO2014192424A1 (ja) 2014-12-04

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR101192113B1 (ko) 하이브리드 차량의 제어 장치
US8093843B2 (en) Vehicle controller and control method
JP4665809B2 (ja) 電動機駆動制御システム
JP5085734B2 (ja) ハイブリッド式建設機械
JP4396644B2 (ja) 内燃機関の始動制御装置
JP4513907B2 (ja) ハイブリッド車両
JP4380700B2 (ja) 電動車両
JP2008187794A (ja) 電動機制御システム、シリーズハイブリッド車両、電動機制御装置、及び電動機制御方法
KR101173722B1 (ko) 철도 차량의 구동 장치
JP3540209B2 (ja) ハイブリッド車両の制御装置
US8332088B2 (en) Control device and control method for vehicle
US8234028B2 (en) Hybrid vehicle, control method of hybrid vehicle, and computer-readable recording medium recording program for allowing computer to execute control method
US8098050B2 (en) Charge/discharge control device for secondary battery and vehicle equipped with the same
JP4232789B2 (ja) 内燃機関の停止制御装置および停止制御方法
JP4991555B2 (ja) ハイブリッド自動車及びハイブリッド自動車の動作制御法
JP5489270B2 (ja) ハイブリット車両の可変電圧制御方法
JP2012250676A (ja) ハイブリッド車両のエンジン始動制御装置
CN103079870B (zh) 电动车辆及其控制方法
JP2001069607A (ja) ハイブリッド車両の制御装置
KR101414357B1 (ko) 제어장치
US7999499B2 (en) Rotating electrical machine control system and vehicle drive system
US8428805B2 (en) Engine load management for traction vehicles
US9008883B2 (en) Control device and control method for hybrid vehicle
JP5516588B2 (ja) 組電池の充電状態検出装置および充電状態検出方法
JP2009033947A (ja) 車両用制御装置及び車両駆動制御方法