JP2014171835A - 加熱調理器 - Google Patents

加熱調理器 Download PDF

Info

Publication number
JP2014171835A
JP2014171835A JP2013050255A JP2013050255A JP2014171835A JP 2014171835 A JP2014171835 A JP 2014171835A JP 2013050255 A JP2013050255 A JP 2013050255A JP 2013050255 A JP2013050255 A JP 2013050255A JP 2014171835 A JP2014171835 A JP 2014171835A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
temperature
cooking
heating
initial
time
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2013050255A
Other languages
English (en)
Other versions
JP5852602B2 (ja
Inventor
Norimasa Nesasa
典政 根笹
Masumi Sugiyama
真澄 杉山
Original Assignee
Rinnai Corp
リンナイ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Rinnai Corp, リンナイ株式会社 filed Critical Rinnai Corp
Priority to JP2013050255A priority Critical patent/JP5852602B2/ja
Publication of JP2014171835A publication Critical patent/JP2014171835A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5852602B2 publication Critical patent/JP5852602B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

【課題】円滑に繰り返し加熱庫を利用した調理を行うことができる加熱調理器を提供する。
【解決手段】加熱庫2と、ガスバーナ55,56と、庫内温度を検知する検知部14と、調理条件を設定する調理条件設定部380とを備え、調理中、ガスバーナ55,56を強制消火するための異常過熱防止温度が設定される加熱調理器であって、同一の調理条件に対して、調理開始時の初期温度に基づき複数の燃焼パターンを設定し、同一の調理条件に対して初期温度ごとに設定された複数の燃焼パターンのうち、初期温度が高いときの高温燃焼パターンを、初期温度が低いときの低温燃焼パターンに比べて、火力切替のタイミングが早期で、且つ火力切替時の火力強度の低下を大きく設定する。
【選択図】図4

Description

本発明は、加熱庫を有する加熱調理器に関する。特に、本発明は、調理物をオートモードで調理可能な加熱調理器に関する。
従来、調理物を加熱する加熱庫と、加熱庫内を加熱するガスバーナと、加熱庫内の庫内温度を検知する温度センサと、調理物の種類や焼き加減を含む調理条件を設定するための各種スイッチを備えた調理条件設定部とを有し、調理条件に応じて調理時間が自動設定されて、種々の調理物をオートモードで美味しく焼き上げることができる加熱調理器が知られている。
例えば、調理物の焼き過ぎが生じないように調理時間を設定するため、予想される最小調理量の調理物を実質的に焼き上げるのに必要な最小所要時間Xminを設定する加熱時間設定手段と、調理物の仕上げ焼き用上昇温度ΔTを設定する上昇温度設定手段と、調理開始後に最小所要時間Xminまでガスバーナを燃焼させた時点での温度センサの庫内温度Sを基準温度Tminとして記憶する基準温度設定手段とを有し、調理開始時にガスバーナを燃焼させた後には、基準温度設定手段が記憶する基準温度Tminよりも上昇温度設定手段で設定された仕上げ焼き用上昇温度ΔTだけ高温の消火温度を温度センサが検知するまでガスバーナを燃焼させる加熱調理器が本出願人によって先に提案されている(特許文献1)。
上記加熱調理器によれば、ガスバーナの強制燃焼時間が最小調理量に対応する最小所要時間Xminに設定されるとともに、調理量に応じて調理物の仕上げ焼き時間が長くなるから、調理物の焼き具合いに過不足が生じず、料理の食味向上を図ることができる。
特開2006−20718号公報
ところで、上記のような加熱調理器では、ガスバーナの消火不全などの誤動作が生じた場合を考慮して、温度センサで検知される庫内温度が所定の異常過熱防止温度になると、強制的にガスバーナを消火させるように燃焼制御されている。
一方、調理量が多い場合など、繰り返し加熱庫を利用して調理を行いたい場合がある。このような繰り返し加熱庫を利用する調理を行なう場合、前の調理が終了してから短時間内に調理を開始すると、初期温度がかなり高い状態から調理が行われることとなる。その結果、上記のような異常過熱防止温度が設定されていると、誤動作が生じていないにも関わらず、調理が終了する前に加熱庫内の庫内温度が異常過熱防止温度まで上昇してしまい、ガスバーナが強制消火されるという不都合がある。このため、特許文献1では、調理開始時の初期温度が70℃未満の低温である場合には、異常過熱防止温度を240℃に設定し、初期温度が70℃以上である場合には、異常過熱防止温度を265℃に設定して、調理時間を確保するようにしている。
しかしながら、調理終了時の加熱庫内は200℃以上の高温となっており、異常過熱防止温度近辺まで上昇している。それゆえ、実際に繰り返し加熱庫を利用する調理を行う場合、特許文献1のように異常過熱防止温度を上昇させる程度では、短時間で庫内温度が異常過熱防止温度まで上昇して、ガスバーナが強制消火されてしまい、調理時間を十分に確保できない。そのため、特許文献1の加熱調理器では、前の調理が終了してから加熱庫内の庫内温度がある程度、低下するまでの一定時間は、調理を行うことができないという問題がある。
また、特許文献1では、繰り返し加熱庫を利用した調理を行うために、調理開始時の初期温度が70℃程度の低温の判別温度に基づき、先に調理が行われていたかどうかを判別している。上記のように加熱庫を70℃近くまで一定時間冷却することを前提とする場合には、このような低温の判別温度で初期温度を分類し、70℃未満のときの燃焼パターンから大きく変更することなく、初期温度が70℃以上のときの燃焼パターンを設定することもできる。しかしながら、調理終了時の加熱庫内の庫内温度は、特許文献1で初期温度を判別するために設定された温度よりもかなり高温となっている。それゆえ、低温の初期温度から調理を開始した場合と、前の調理が終了してから短時間内の高温の初期温度から調理を開始した場合とでは、調理の進み具合が全く異なってくる。その結果、繰り返し加熱庫を利用した調理を行うにあたって、初期温度が高温の場合に、低温の場合と同様の燃焼パターンで調理を行うと、調理物が加熱されすぎ、食味を低下させるという問題がある。
本発明は上記課題を解決するためになされたものであり、本発明の目的は、加熱庫を利用した調理が行われる場合に、ガスバーナを強制消火させるための異常過熱防止温度が設定される加熱調理器において、高温の初期温度からでも、食味を低下させることなく、円滑に繰り返して調理を行うことができる加熱調理器を提供することにある。
本発明は、調理物を加熱する加熱庫と、
前記加熱庫内を加熱するガスバーナと、
前記加熱庫内の庫内温度を検知する検知部と、
前記加熱庫内で調理する調理物の種類及び焼き加減を含む調理条件を設定する調理条件設定部と、
前記検知部で検知される調理開始時の初期温度に基づいて、調理中の異常過熱時に前記ガスバーナを強制消火するための異常過熱防止温度を設定する異常過熱防止温度設定部と、
前記調理条件設定部で設定された調理条件、及び前記検知部で検知される調理開始時の初期温度に対応して、前記調理開始から所定の初期加熱時間、前記ガスバーナを強火力で燃焼させた後、前記ガスバーナの火力を弱める火力切替を含む燃焼パターンが設定された燃焼パターン設定部と、
前記燃焼パターン設定部で設定された燃焼パターンで前記ガスバーナを燃焼させる燃焼制御部と、を備え、
前記燃焼パターンは、同一の調理条件に対して、前記調理開始時の初期温度に基づき複数の温度帯に分類して設けられており、
前記調理条件が同一であるときの前記調理開始時の初期温度に基づき設定された複数の燃焼パターンのうち、前記調理開始時の初期温度が高いときの高温燃焼パターンは、前記調理開始時の初期温度が低いときの低温燃焼パターンに比べて、前記火力切替のタイミングが早期で、且つ前記火力切替時の火力強度の低下が大きくなるように設定されている、加熱調理器である。
上記加熱調理器によれば、加熱庫を利用した調理を行うにあたって、調理条件設定部で設定された調理条件、及び検知部で検知される調理開始時の初期温度に基づいて調理中のガスバーナの燃焼パターンが設定され、該燃焼パターンにより、所定の初期加熱時間、強火力でガスバーナが燃焼された後、ガスバーナの火力を弱める火力切替が行われる。また、上記加熱調理器では、繰り返し加熱庫を利用した調理を行うことを考慮して、調理開始時の初期温度に基づいて、調理中の異常過熱時にガスバーナを強制消火するための異常過熱防止温度が変更可能に構成されるとともに、燃焼パターンは、調理条件ごとに、調理開始時の初期温度に基づいて複数の温度帯に分類して設定される。そして、調理条件が同一であっても、調理開始時の初期温度に基づき設定された複数の燃焼パターンのうち、調理開始時の初期温度が高いときの高温燃焼パターンは、調理開始時の初期温度が低いときの低温燃焼パターンに比べて、火力切替のタイミングが早期で、且つ火力切替時の火力強度の低下が大きくなるように設定されているから、初期温度が高い場合でも、調理中の加熱庫内の温度が短時間で上昇するのを抑えることができる。これにより、調理中の庫内温度が異常過熱防止温度に到達するまでに一定時間を確保することができ、ガスバーナの強制消火を回避しながら、良好な調理を行うことができる。しかも、初期温度に対応して、火力切替のタイミングだけでなく、低下させる火力強度の大きさも変更するから、調理物の種類や焼き加減を含む調理条件、及び調理開始時の初期温度に適した燃焼パターンで調理物を加熱することができる。
上記加熱調理器において、好ましくは、
前記高温燃焼パターンは、少なくとも前記調理開始時の初期温度が最も高いときの温度帯に設定され、前記低温燃焼パターンは、前記調理開始時の初期温度が最も低い温度帯に設定される。
上記加熱調理器によれば、初期温度の差が大きく、調理の進行が大きく異なる最も高温の温度帯の高温燃焼パターンが、最も低温の温度帯に用いられる低温燃焼パターンに比べて、火力切替のタイミングが早期で、且つ火力切替時の火力強度の低下が大きくなるように少なくとも設定されているから、異常過熱防止温度を高温に変更しても、調理物の焼き過ぎが確実に抑えられ、調理開始時の初期温度に適した燃焼パターンで調理物を加熱することができる。
以上説明したように、本発明によれば、繰り返し加熱庫を利用した調理を行う場合にガスバーナを強制消火させる異常過熱防止温度を高温に変更して、初期温度が高温であっても一定の調理時間を確保できるから、前の調理が終了してから短時間内に調理を再開することができる。また、調理開始時の初期温度に応じて適切な燃焼パターンで調理できるから、調理物の焼き具合の過不足が抑えられ、高温の初期温度から調理を開始しても、料理の食味が低下することを防止できる。
図1は、本発明の実施の形態に係る加熱調理器の一例を示す概略斜視図である。 図2は、図1の加熱調理器の概略縦断面図である。 図3は、本発明の実施の形態に係る加熱調理器の調理条件設定部で設定された調理条件を示す液晶表示部の説明図であり、(a)は、調理物の種類が、「姿焼」で、焼き加減が、「標準」の場合の表示画面を、(b)は、調理物の種類が、「切身」で、焼き加減が、「強め」の場合の表示画面を、(c)は、調理物の種類が、「干物」で、焼き加減が、「弱め」の場合の表示画面を示す。 図4は、本発明の実施の形態に係る加熱調理器における同一の調理条件の燃焼パターンで、火力切替のタイミングと火力切替時の火力の関係の一例を示す相関図であり、(a)は、調理物の種類が、「姿焼」で、焼き加減が、「強め」の場合の燃焼パターンを、(b)は、調理物の種類が、「姿焼」で、焼き加減が、「標準」の場合の燃焼パターンを、(c)は、調理物の種類が、「姿焼」で、焼き加減が、「弱」の場合の燃焼パターンを示す。 図5は、本発明の実施の形態に係る加熱調理器で焼網オート調理を行う場合の初期設定制御プログラムにおける制御動作を説明するフローチャートである。 図6は、本発明の実施の形態に係る加熱調理器で焼網オート調理を行う場合の燃焼制御プログラムにおける制御動作を説明するフローチャートである。 図7は、本発明の実施の形態に係る加熱調理器で焼網オート調理を行う場合の焼き上げ判定制御プログラムにおける制御動作を説明するフローチャートである。 図8は、本発明の実施の形態に係る加熱調理器で焼き上げ判定を行うための調理物の加熱時間と、加熱庫内の庫内温度との関係を示す相関図である。
以下、図面を参照しながら本実施の形態に係る加熱調理器を具体的に説明する。
図1は、システムキッチンのカウンタトップKに開設された開口K1に収容されるビルトインコンロに適用した本実施の形態の加熱調理器の一例を示す概略斜視図である。
コンロ本体3の天板30上には五徳33,34,35とガスバーナ31,32,36が位置しているとともに、コンロ本体3の正面中央にはグリル庫(加熱庫)2の開閉扉21が配設されている。また、天板30上面の前方には、運転状態や調理条件等を表示する液晶表示部300が配設されており、表示盤が視認できるように構成されている。
グリル庫2の開閉扉21の右側に位置するコンロ操作部23には、電源スイッチ29とガスバーナ31,32,36の点・消火と火力調整機能を兼備した操作摘み24,25,28が配設されている。操作摘み24,25,28は、押し込み操作の繰り返しによってコンロ操作部23から突出した使用状態と、コンロ操作部23と面一になった不使用状態との2状態に変化するようになっている。また、操作摘み24,25,28の下方には、コンロ部の種々の機能をセットする引き出し式操作部39が設けられている。引き出し式操作部39は、後述するグリル用の引き出し式操作部38と同様に、コンロ本体3に対して、引き出し・押し込み自在に装着されている。
一方、グリル庫2の開閉扉21の左側に形成されたグリル用操作部22には、グリル用摘み37と、その下方の引き出し式操作部38が設けられている。グリル用の引き出し式操作部38は、コンロ本体3に対して引出し・押し込み自在に装着されており、不使用時には該引き出し式操作部38をコンロ本体3に対して押し込んだ収納状態にできるように構成されている。
図1に示すように、グリル用の引き出し式操作部38をコンロ本体3から引き出すと、引き出し式操作部38の内部に設けられたタッチパネル式操作部(調理条件設定部)380が現れる。このタッチパネル式操作部380には、グリル庫2内の焼網53上に魚などの調理物を載置して、自動調理するオートスイッチ41と、グリル庫2内に調理物を収容した調理容器(図示せず)を設置し、自動調理するメニュースイッチ42と、各種設定を変更する設定変更スイッチ43と、さらに子供による悪戯を防止するためのロックキー44とが設けられている。
また、メニュースイッチ42に隣接して、オートスイッチ41やメニュースイッチ42を押すことにより選択された調理モードに基づき、調理物の種類を選択する上下スイッチ45,46が設けられている。この上下スイッチ45,46は、オートスイッチ41を押した後、上スイッチ45または下スイッチ46を繰り返して押すごとに、図3の液晶表示部300の説明図(a)〜(c)に示すように、「姿焼」、「切身」、及び「干物」の調理物の種類が選択できるように構成されている。さらに、オートスイッチ41及びメニュースイッチ42の上方にはそれぞれ、+及び−スイッチ47,48が設けられている。この+及び−スイッチ47,48は、オートスイッチ41を押した後、+スイッチ47または−スイッチ48を繰り返して押すごとに、図3の液晶表示部300の説明図(a)〜(c)に示すように、「弱め」、「標準」、及び「強め」の調理物の焼き加減が選択できるように構成されている。さらに、図示しないが、メニュースイッチ42を押した後、上スイッチ45または下スイッチ46を繰り返して押すごとに、調理容器を用いて調理するときの「焼き魚」、「鶏もも焼」等の調理物の種類が選択できるように構成されており、+スイッチ47または−スイッチ48を押すごとに、「弱め」、「標準」、及び「強め」の調理物の焼き加減が選択できるように構成されている。なお、液晶表示部300では、選択された調理条件が白黒反転して表示されるように構成されている。
図2に示すように、グリル庫2は、前方の開口100を開閉する開閉扉21を具備している。また、開閉扉21の裏面には、パン載置トレイ19が連設され、パン載置トレイ19に載置されたグリルパン16には、焼網53が配設されており、焼網53の前後端からは支持脚51,52が垂下している。そして、支持脚51,52をグリルパン16の外周フランジ160の差込穴(図示せず)に差し込むことによって、焼網53がグリルパン16から持ち上げられた状態になっている。なお、グリルパン16は、調理中のグリルパン16の温度を低下させて、調理物からグリルパン16に落ちた脂が発火しないように、伝熱性に優れるアルミニウムからなり、上面にはグリル庫2内の熱を反射しやすいようクリア塗装が施されているとともに、下面にはグリルパン16が受けた熱を下方に円滑に放熱させるよう表面積を大きくするためのブラスト仕上げが施されている。
グリル庫2の左右側壁の近傍にはそれぞれ、パイプ状の下火バーナ55,55が配設されており、各下火バーナ55の炎孔550は、グリルパン16と焼網53の上下間隔54に対して横方向から臨んでいる。また、グリル庫2の天井には、上火バーナ56が配設されているとともに、グリル庫2の奥端には排気ダクト17が連設されており、排気ダクト17が排気通路13となっている。そして、この排気通路13の上流端近傍には、排気通路13を流れる燃焼排気の温度を検知する温度センサ(検知部)14が配設されており、該温度センサ14でグリル庫2内の温度が検知されるようにしている。
グリル庫2を制御する制御装置(図示せず)には、図5〜図7のフローチャートで示す内容の制御プログラムが格納されたマイクロコンピュータが組み込まれている。マイクロコンピュータは、温度センサ14によって検知される庫内温度や後述するデータテーブルに基づいて上下バーナ55,56の燃焼制御を行う燃焼制御部を有している。また、マイクロコンピュータのメモリには、調理条件及び調理開始時の初期温度に基づいて調理中の上下バーナ55,56の火力を制御するために設定される燃焼パターンの設定条件、調理中に所定の異常状態になった場合に、上下バーナ55,56を強制消火するための異常過熱防止温度や異常過熱防止時間、さらに各燃焼パターンで調理したときに焼き上げ判定を行うための判定条件のデータテーブルが格納されている。表1に、調理物が「姿焼」の場合のデータテーブルを示す。これらの数値は、実験により予め求められたものである。なお、調理物が「切身」及び「干物」の場合についても、「姿焼」の場合と各設定値は異なるが、同様に実験により求められたデータテーブルがメモリに格納されている。従って、本実施の形態では、マイクロコンピュータに格納されているデータテーブルが、燃焼パターン設定部、及び異常過熱防止温度設定部として機能する。
表1に示すように、燃焼パターンは、特定の調理物の種類(例えば、「姿焼」)と焼き加減(例えば、「強め」)が選択されると、その選択された調理条件で、繰り返しグリル庫2を利用した調理を行う場合を考慮して、上下バーナ55,56の火力を弱めていくための火力切替のタイミング及び火力切替時の火力が異なった条件で設定されるように構成されている。すなわち、本実施の形態では、同一の調理条件ごとに、初期温度に基づいて、燃焼パターンを、L(低温:90℃以下)、H(第1中温:90〜150℃)、HH(第2中温:150〜210℃)、及びSH(高温:210℃以上)の4つの温度帯に分類し、各温度帯で異なる燃焼パターン(火力切替のタイミング及び火力切替時の火力)が設定されるように構成されている。
上記の各温度帯は、初回調理を行った場合をL(低温)、前の調理後、短時間内に調理を行った場合をSH(高温)に分類し、初期温度がL(低温)とSH(高温)との間で、調理を再開するまでの経過時間の相違を考慮してH(第1中温)及びHH(第2中温)に分類したものである。なお、本実施の形態では、初期温度により温度帯を4つに分類した場合に、初期温度が初回調理を行う場合を含む最も低温の温度帯(L)のときの燃焼パターンを低温燃焼パターン、初期温度が最も高温の温度帯(SH)のときの燃焼パターンを高温燃焼パターンといい、初期温度がこれらの温度帯の中間に位置する温度帯(H,HH)のときの燃焼パターンを中温燃焼パターンという。このように調理開始時の初期温度により、同一の調理条件でも、4つ以上の燃焼パターンを設定することにより、各温度帯でフォローできる調理温度の範囲が狭くなるから、異常過熱防止温度を高温に変更しても、細かな燃焼制御を行うことができる。また、本実施の形態では、初期温度の差が大きい低温の場合と高温の場合だけでなく、全ての温度帯で燃焼パターンを個別に設定しているから、調理条件及び調理開始時の庫内温度に応じて適切に調理物を調理することができる。
本実施の形態の加熱調理器でグリル庫2を利用した調理を行う場合の各燃焼パターンについて詳述すると、調理条件及び初期温度に基づいて設定された燃焼パターンにより、調理開始から所定の初期加熱時間、上下バーナ55,56を強火力で燃焼させ、その後、火力を弱めるように上下バーナ55,56の燃焼制御が行われる。例えば、調理物の種類が、「姿焼」、焼き加減が、「強め」で、初期温度が「L」(低温)の場合、調理開始から5分間は、上下バーナ55,56がいずれも「強」で燃焼制御され、5分間経過すると、上火バーナ56が「弱」に弱められるように火力切替が行われる。また、同一の調理条件で、初期温度が、「H」(第1中温)の場合、調理開始から4分間は、上下バーナ55,56がいずれも「強」で燃焼制御され、4分間経過すると、上火バーナ56が「弱」に弱められるように火力切替が行われる。さらに、同一の調理条件で、初期温度が、「HH」(第2中温)の場合、調理開始から4分間は、上下バーナ55,56がいずれも「強」で燃焼制御され、4分間経過すると、上下バーナ55,56いずれも「弱」に弱められるように火力切替が行われる。そして、同一の調理条件で、初期温度が、「SH」(高温)の場合、調理開始から2分間は、上下バーナ55,56がいずれも「強」で燃焼制御され、2分間経過すると、上下バーナ55,56いずれも「弱」に弱められるように火力切替が行われる。なお、表1に示すように、本実施の形態の加熱調理器では、初期温度がL(低温)及びH(第1中温)の場合、焼き上がり時に調理物の内部まで熱を十分に行き渡らせるために、所定時間経過後に火力を上下バーナ55,56いずれも「強」となるよう火力切替が行われているが、上下バーナ55,56の能力によっては必ずしも再度火力を高く設定しなくてもよい。
図4は、調理条件ごとの火力切替のタイミングと火力との関係の一例を示す燃焼パターンであり、(a)は、調理物の種類が、「姿焼」、焼き加減が、「強め」の場合の燃焼パターンを、(b)は、調理物の種類が、「姿焼」、焼き加減が、「標準」の場合の燃焼パターンを、(c)は、調理物の種類が、「姿焼」、焼き加減が、「弱」の場合の燃焼パターンを示す。各燃焼パターンの消火時間は、上下バーナ55,56を強制消火させる異常過熱防止時間を使用したものである。図に示すように、本実施の形態では、同一の調理条件であっても、初期温度がL(低温)の場合に比べて、初期温度がSH(高温)の場合には、上火バーナ56、下火バーナ55のいずれかあるいは両方の火力を弱める火力切替のタイミングが早期に行われるとともに、火力切替時の火力の強度低下が大きくなるように設定されている。これにより、調理中に庫内温度が上下バーナ55,56を強制消火させる異常過熱防止温度まで上がり難くなるから、円滑に調理を行うことができる。また、調理中に庫内温度が急激に上がり難くなるから、異常過熱防止温度を高温に設定しても、庫内火災も生じ難い。
また、本実施の形態では、上記調理条件において、初期温度がHH(第2中温)の場合も、初期温度がL(低温)の場合より、火力切替のタイミングを早期に行うとともに、火力の強度低下を大きくしているが、初期温度がSH(高温)の場合より火力切替のタイミングを遅く行うようにしている。初期温度が高温になる程、火力切替のタイミングをより早期に行うとともに、火力切替時の火力の強度低下がより大きくなるように燃焼パターンを設定することが好ましい。さらに、初期温度がH(第1中温)の場合、火力切替のタイミングのみを初期温度がL(低温)の場合に比べて早期とし、火力切替時の火力強度の低下は初期温度がL(低温)の場合と同一としているが、火力切替のタイミング及び火力の両方を変更してもよい。
さらに、表1に示すように、データテーブルには、後述する限界調理温度Tcを超えても上下バーナ55,56が消火しない誤動作発生時に上下バーナ55,56を強制消火するための異常過熱防止温度Tkが初期温度に応じて設定されている。すなわち、繰り返しグリル庫2を利用した調理を行う場合、前の調理が終了してから短時間内に調理を開始すると、初期温度が低温の場合と同一の異常過熱防止温度Tkのままでは、強火力で調理物を加熱する所定の初期加熱時間内に異常過熱防止温度Tkまで庫内温度が上昇してしまい、上下バーナ55,56が消火されて、調理が終了されることとなる。しかしながら、既述したように、本実施の形態の加熱調理器では、繰り返しグリル庫2を利用して調理を行うために、初期温度がSH(高温)の場合の火力切替のタイミング及び火力切替時の火力の強度低下を、初期温度がL(低温)の場合のそれよりも早期、且つ大きく設定しているから、高温の初期温度から調理を開始しても、一定時間、調理時間を確保することができる。
また、データデーブルには、燃焼パターン、異常過熱防止温度Tkや、調理時間が後述する限界調理時間Xmaxを超えても消火しなかった場合に、ガスバーナを強制消火させる異常過熱防止時間Xkの他に、図7のフローチャートに示す焼き上がり判定の制御プログラムを実行するための各燃焼パターンにおける判定条件が格納されている。本実施の形態では、調理物の種類、焼き加減、及び初期温度に基づいて、焼き上げ判定のための最小所要時間Xminや仕上げ焼き用上昇温度ΔT等が異なった値に設定されるようになっており、既述した燃焼パターンで燃焼制御が実行されているときに、所定の焼き上げ判定の判定条件に該当した場合、上下バーナ55,56が消火されるように構成されている。
これをさらに詳細に説明すると、限界調理温度Tcは、上下バーナ55,56を消火させるための判断要素の一つであり、最小所要時間Xminの経過後に温度センサ14で検知される庫内温度が、仕上げ焼き用上昇温度ΔTだけ昇温する前に、限界調理温度Tcに到達したときは、上下バーナ55,56を消火させるための判断温度である。前記限界調理温度Tcに基づいて加熱制御するのは次の理由による。すなわち、魚の焼き上がり状態は魚の大きさだけでなく、水分量や、形状、さらには油含有量等、種々の要因によって異なることから、仕上げ焼き用上昇温度ΔTのみに基づいて調理の終了を判断する場合の食味担保の限界を是正するため、調理物の種類ごとに食味が担保できる限界温度としての限界調理温度Tcで上下バーナ55,56を消火させることにより、料理としての許容範囲を超える調理物が焼き上がってしまう不都合を未然に防止したものである。
また、最小所要時間Xminは、調理開始後に上下バーナ55,56を継続燃焼させる時間であり、限界調理時間Xmaxは、温度センサ14で検知される庫内温度が限界調理温度Tc及び仕上げ焼き用上昇温度ΔTに到達しない場合でも、一定の調理時間が経過した場合、上下バーナ55,56を強制消火させるための時間である。さらに、仕上げ焼き用時間Xa、及び仕上げ焼き用上昇温度ΔTはそれぞれ、最小所要時間Xminの経過後に、調理量に応じて調理物の焼き具合を判定するための仕上げ焼を行なうのに必要な時間、及び温度上昇幅である。
図5は、本実施の形態の加熱調理器で、グリル庫2を利用して焼網オート調理で調理物を調理する場合の初期設定の制御プログラムを示すフローチャートである。
まず、オートスイッチ41で焼網オート調理の選択を受け付け、さらに上下スイッチ45,46で調理物の種類と、+及び−スイッチ47,48で焼き加減が設定されると(ステップST1〜ST3)、温度センサ14に基づき、グリル庫2内の初期の庫内温度Sが判別される(ステップST4)。そして、設定された調理条件及び庫内温度Sに基づき、火力の切替時間t1,t2、火力切替時の切替火力P1,P2、異常過熱防止温度Tk、異常過熱防止時間Xk、限界調理温度Tc、最小所要時間Xmin、限界調理時間Xmax,仕上げ焼き用時間Xa、及び仕上げ焼き用上昇温度△Tの各設定値がデータテーブルから読み込まれる(ステップST5)。
次いで、点火スイッチ26による点火操作がされたか否かを判断し(ステップST6)、点火操作がされた場合(ステップST6で、Yes)、上下バーナ55,56を強火力で燃焼させるとともに、マイクロコンピュータに内蔵された加熱タイマX1をリセットする(ステップST7)。上記の初期設定が終了すると、図6に示す燃焼制御の制御プログラムと、図7に示す焼き上げ判定の制御プログラムとをそれぞれスタートさせる(ステップST8及びST9)。
燃焼制御プログラムでは、まず、点火操作からの所定の初期加熱時間を測定する加熱タイマX1の測定時間が所定の切替時間t1に到達したか否かを判断し(ステップST21)、到達した場合(ステップST21で、Yes)、下火バーナ55、上火バーナ56の一方または両方を弱火燃焼させる(ステップST22)。
そして、設定された燃焼パターンに切替時間t2がセットされているかどうかを判断し(ステップST23)、切替時間t2がセットされている場合(ステップST23で、Yes)、さらに、加熱タイマX1の測定時間が所定の切替時間t2に到達したか否かを判断し(ステップST24)、到達した場合(ステップST24で、Yes)、再度、上下バーナ55,56の両方を強火力で燃焼させ、強火燃焼を継続させる(ステップST25)。一方、切替時間t2がセットされていない場合(ステップST23で、No)、弱火燃焼が継続される。
本実施の形態の加熱調理器では、上記の燃焼制御の制御プログラムが実行されている間、図7に示す焼き上げ判定の制御プログラムが実行される。焼き上げ判定の制御プログラムでは、まず、既述した加熱タイマX1の測定時間が最小所要時間Xminに達したか否かが判断される(ステップST41)。これにより、最小所要時間Xminに到達するまでは調理物が加熱されるから、グリル庫2に収容した調理量が最小調理量であれば、これが実質的に焼き上がった状態になる。なお、切替時間t1が最小所要時間Xminより短い場合は、最小所要時間Xminの経過前に上下バーナ55,56の一方または両方の火力が弱められるから、後述するように、「(庫内温度S−基準温度Tmin)≧仕上げ焼き用上昇温度ΔT」の条件成立を監視する時間が、強火燃焼の場合に比べて長くなる。
加熱タイマX1の測定する調理時間が最小所要時間Xmin未満の場合(ステップST41で、No)、庫内温度Sが、所定の異常過熱防止温度Tk以上であるか否かを判断し(ステップST42)、異常過熱防止温度Tk未満である場合(ステップST42で、No)、ステップST41に制御動作を戻す一方、異常過熱防止温度Tk以上である場合(ステップST42で、Yes)、上下バーナ55,56を消火させるとともに、消火させたことをブザーや音声で報知する(ステップST43)。なお、庫内温度Sが異常過熱防止温度Tk以上であるときに上下バーナ55,56を消火させる制御は、図8の加熱時間と庫内温度の相関図の例1のパターンに対応する。
次に、加熱タイマX1の測定する調理時間が最小所要時間Xmin以上の場合(ステップST41で、Yes)、最小所要時間Xminのときの庫内温度Sを基準温度Tminとしてマイクロコンピュータのメモリに記憶させる。
次に、庫内温度Sが異常過熱防止温度Tk以上であるか否かを判断し(ステップST45)、異常過熱防止温度Tk以上である場合(ステップST45で、Yes)、上下バーナ55,56を消火させるとともに、消火させたことをブザーや音声で報知する(ステップST43)。
一方、庫内温度Sが異常過熱防止温度Tk未満である場合(ステップST45で、No)、庫内温度Sと基準温度Tminとの差が仕上げ焼き用上昇温度ΔT以上であるか否かが判断される(ステップST46)。すなわち、最小所要時間Xminと限界調理時間Xmaxとの間で、温度センサ14が基準温度Tminよりも仕上げ焼き用上昇温度ΔTだけ高温の消火温度を検知している場合、上下バーナ55,56を消火させる(図8の例4,例5のパターン参照)。
ここで、最小所要時間Xminが到来してから仕上げ焼き用上昇温度ΔTだけ昇温するまでの時間は、調理量の増加に伴って長くなるから、調理量を考慮した調理が実現できる。このように、本実施の形態に係る加熱調理器によれば、異常過熱状態でなければ、最小調理量に対応する最小所要時間Xminの時間は上下バーナ55,56が強制燃焼されるとともに、調理量に応じて調理物の仕上げ焼き時間が長くなるから、調理物の焼き具合いに過不足が生じず、料理の食味向上が図れる。特に、上下バーナ55,56を弱火力に切替えた後に仕上げ焼き用上昇温度ΔTの昇温を監視する場合は、該仕上げ焼き用上昇温度ΔTの昇温に必要な時間が一層長くなるとともに、この時間は調理量に依存して顕著に変化するから、調理量の反映度の高い加熱制御を行なうことができる。
一方、庫内温度Sと基準温度Tminとの差が仕上げ焼き用上昇温度ΔT未満である場合(ステップST46で、No)、庫内温度Sが限界調理温度Tc以上か否かが判断される(ステップST47)。そして、庫内温度Sが限界調理温度Tc以上の場合(ステップST47で、Yes)、上下バーナ55,56を消火させる(図8の例2,例3のパターン参照)。
また、庫内温度Sが限界調理温度Tc未満であると判断された場合(ステップST47で、No)、加熱タイマX1が測定する調理時間が限界調理時間Xmax以上になっているかどうかが判断される(ステップST49)(図8の例6参照)。さらに、調理時間が限界調理時間Xmax未満であっても、異常過熱防止時間Xk以上になっている場合(ステップST49で、Yes)、上下バーナ55,56を消火させる。
(その他の実施の形態)
(1)上記実施の形態では、グリル調理について説明したが、ガスバーナにより発生させた熱気を循環させるオーブン調理にも本発明を適用することができる。
(2)上記実施の形態では、火力切替を行う場合、火力を段階的に低下あるいは増加させているが、連続的に低下あるいは増加させてもよい。
(3)上記実施の形態では、初期温度がSH(高温)の場合、火力切替時に上下バーナをいずれも弱火力としているが、初期温度がL(低温)の場合と比べ、火力切替のタイミングが早期で、且つ火力切替時の火力を低下させていれば、上火バーナまたは下火バーナのいずれかが弱火力に設定される燃焼パターンとしてもよい。
2 グリル庫(加熱庫)
14 温度センサ(検知部)
55 下火バーナ
56 上火バーナ
380 タッチパネル式操作部(調理条件設定部)

Claims (2)

  1. 調理物を加熱する加熱庫と、
    前記加熱庫内を加熱するガスバーナと、
    前記加熱庫内の庫内温度を検知する検知部と、
    前記加熱庫内で調理する調理物の種類及び焼き加減を含む調理条件を設定する調理条件設定部と、
    前記検知部で検知される調理開始時の初期温度に基づいて、調理中の異常過熱時に前記ガスバーナを強制消火するための異常過熱防止温度を設定する異常過熱防止温度設定部と、
    前記調理条件設定部で設定された調理条件、及び前記検知部で検知される調理開始時の初期温度に対応して、前記調理開始から所定の初期加熱時間、前記ガスバーナを強火力で燃焼させた後、前記ガスバーナの火力を弱める火力切替を含む燃焼パターンが設定された燃焼パターン設定部と、
    前記燃焼パターン設定部で設定された燃焼パターンで前記ガスバーナを燃焼させる燃焼制御部と、を備え、
    前記燃焼パターンは、同一の調理条件に対して、前記調理開始時の初期温度に基づき複数の温度帯に分類して設けられており、
    前記調理条件が同一であるときの前記調理開始時の初期温度に基づき設定された複数の燃焼パターンのうち、前記調理開始時の初期温度が高いときの高温燃焼パターンは、前記調理開始時の初期温度が低いときの低温燃焼パターンに比べて、前記火力切替のタイミングが早期で、且つ前記火力切替時の火力強度の低下が大きくなるように設定されている、加熱調理器。
  2. 請求項1に記載の加熱調理器において、
    前記高温燃焼パターンは、少なくとも前記調理開始時の初期温度が最も高いときの温度帯に設定され、前記低温燃焼パターンは、前記調理開始時の初期温度が最も低い温度帯に設定されている加熱調理器。

JP2013050255A 2013-03-13 2013-03-13 加熱調理器 Active JP5852602B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013050255A JP5852602B2 (ja) 2013-03-13 2013-03-13 加熱調理器

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013050255A JP5852602B2 (ja) 2013-03-13 2013-03-13 加熱調理器

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2014171835A true JP2014171835A (ja) 2014-09-22
JP5852602B2 JP5852602B2 (ja) 2016-02-03

Family

ID=51693741

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2013050255A Active JP5852602B2 (ja) 2013-03-13 2013-03-13 加熱調理器

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5852602B2 (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2017148306A (ja) * 2016-02-25 2017-08-31 株式会社ハーマン グリル
JP2017148305A (ja) * 2016-02-25 2017-08-31 株式会社ハーマン グリル

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001340232A (ja) * 2000-06-01 2001-12-11 Matsushita Electric Ind Co Ltd ガス加熱調理器
JP2006051114A (ja) * 2004-08-10 2006-02-23 Rinnai Corp グリル装置

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001340232A (ja) * 2000-06-01 2001-12-11 Matsushita Electric Ind Co Ltd ガス加熱調理器
JP2006051114A (ja) * 2004-08-10 2006-02-23 Rinnai Corp グリル装置

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2017148306A (ja) * 2016-02-25 2017-08-31 株式会社ハーマン グリル
JP2017148305A (ja) * 2016-02-25 2017-08-31 株式会社ハーマン グリル

Also Published As

Publication number Publication date
JP5852602B2 (ja) 2016-02-03

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4969991B2 (ja) 加熱調理器
JP4098757B2 (ja) グリル装置
JP5852602B2 (ja) 加熱調理器
JP3670224B2 (ja) 加熱調理器
JP4098760B2 (ja) グリル装置
JP5785974B2 (ja) 加熱調理器
JP2017093910A (ja) 加熱調理器
JP5940575B2 (ja) 加熱調理器
JP5906218B2 (ja) 加熱調理器
JP6151076B2 (ja) コンロ
JP6857558B2 (ja) 加熱調理器
JP5996586B2 (ja) 加熱調理器
JP5973491B2 (ja) 加熱調理器
JP2006043330A (ja) グリル装置
JP2017189531A (ja) 加熱調理器
JP4098759B2 (ja) グリル装置
KR100916982B1 (ko) 쿡탑, 쿡탑의 온도조정방법
KR100854839B1 (ko) 쿡탑, 쿡탑의 온도조정방법
JP2020003131A (ja) 加熱調理器
JP4382971B2 (ja) 加熱調理器
JP2020062104A (ja) 加熱調理器
JP2020186899A (ja) 加熱調理器
JP6510295B2 (ja) グリル装置
JP5759215B2 (ja) 加熱調理器
JP2020199202A (ja) 加熱調理器

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20140821

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20150624

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20150630

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20150821

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20151110

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20151204

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5852602

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250