JP2014166541A - 弾球遊技機 - Google Patents

弾球遊技機 Download PDF

Info

Publication number
JP2014166541A
JP2014166541A JP2014078564A JP2014078564A JP2014166541A JP 2014166541 A JP2014166541 A JP 2014166541A JP 2014078564 A JP2014078564 A JP 2014078564A JP 2014078564 A JP2014078564 A JP 2014078564A JP 2014166541 A JP2014166541 A JP 2014166541A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
game
symbol
special
small hit
big hit
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2014078564A
Other languages
English (en)
Inventor
Makoto Kato
誠 加藤
Original Assignee
Taiyo Elec Co Ltd
タイヨーエレック株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Taiyo Elec Co Ltd, タイヨーエレック株式会社 filed Critical Taiyo Elec Co Ltd
Priority to JP2014078564A priority Critical patent/JP2014166541A/ja
Publication of JP2014166541A publication Critical patent/JP2014166541A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】当りの種類によって大入賞口の複数の領域への遊技球の振分割合が異なるように、当り遊技中の遊技興趣を高めるができる弾球遊技機を提供する。
【解決手段】小当り遊技は、大当り遊技よりも第1領域に遊技球が通過する可能性が高くなるように振分手段を制御し、大当り遊技は、小当り遊技よりも第2領域に遊技球が通過する可能性が高くなるように振分手段を制御するとともに、小当り遊技が実行され第1領域に遊技球を振り分けるよりも、大当り遊技が実行され第2領域に遊技球を振り分ける可能性が高くなるように振分手段を制御する。
【選択図】図28

Description

本発明は、遊技領域が形成された遊技盤に遊技球を発射することによって遊技を行うパ
チンコ機等の弾球遊技機に関する。
遊技盤に設けられた始動口に遊技球が入球することを契機に、図柄を変動表示させて停
止表示させる「図柄変動遊技」を実行する弾球遊技機が知られている。こうした弾球遊技
機の中には、図柄変動遊技にて「大当り図柄」が停止表示されることで、大入賞口を開放
状態とする大当り遊技(直当りの大当り遊技)を実行するものや、図柄変動遊技にて「小
当り図柄」が停止表示されることで、大入賞口を開放状態とする小当り遊技を実行し、該
小当り遊技中に大入賞口内の特定領域を遊技球が通過することで大当り遊技(小当り経由
の大当り遊技)を実行するものが知られている。
近年では、上述した「直当りの大当り遊技」と「小当り経由の大当り遊技」の両方を実
行する弾球遊技機(いわゆる第1種第2種複合機)が存在する(特許文献1)。
特開2009−178259号公報
大当り遊技が開始されるまでの課程を多様にすることはできるものの、当り遊技中の遊技興趣を十分に高められるものではなかった。
本発明は、上述した課題を解決するためになされたものであり、当り遊技中の遊技興趣を高めることができる弾球遊技機を提供することを目的とする。
上述した課題の少なくとも一部を解決するために、本発明の弾球遊技機は次の構成を採
用した。すなわち、
遊技盤上に発射された遊技球の始動口への入球に基づいて、図柄表示装置にて図柄を変動表示させて停止表示する図柄変動遊技を実行する弾球遊技機において、
前記始動口として、第1始動口と遊技球の入球可能性が変化可能な第2始動口とを備え、
遊技球が入球不能な閉鎖状態と遊技球が入球可能な開放状態とに変化可能であって、内部に第1領域と第2領域が設けられる大入賞口と、
前記大入賞口内に設けられ、開放状態にある前記大入賞口に入球した遊技球を前記第1領域または前記第2領域に振り分ける振分手段と、
所定の小当り図柄が停止表示されると、小当り遊技を実行する小当り遊技実行手段と、
所定の大当り図柄が停止表示されると、大当り遊技を実行する大当り遊技実行手段と、
前記大入賞口に入球した遊技球が前記第2領域を通過すると、大当り遊技の終了後に、前記第2始動口への入球頻度が高まる特定状態を発生させる特定状態発生手段と、を備え、
前記小当り遊技が実行される場合は、前記大当り遊技が実行される場合よりも前記第1領域に遊技球が通過する可能性が高くなるように前記振分手段を制御し、前記大当り遊技が実行される場合は、前記小当り遊技が実行される場合よりも前記第2領域に遊技球が通過する可能性が高くなるように前記振分手段を制御するとともに、
前記小当り遊技が実行され前記第1領域に遊技球を振り分けるよりも、前記大当り遊技が実行され前記第2領域に遊技球を振り分ける可能性が高くなるように前記振分手段を制御する
ことを特徴とする。
このような弾球遊技機では、大当り図柄の停止表示を契機に実行される大当り遊技(以
下、「直当りの大当り遊技」ともいう)と、小当り遊技中に大入賞口に入球した遊技球が
第1特定領域を通過することを契機に実行される大当り遊技(以下、「小当り経由の大当
り遊技」ともいう)とにおいて、大当り遊技中に大入賞口に入球した遊技球が第2特定領
域を通過すると、該大当り遊技の終了後に「小当り遊技の実行頻度が高まる特定状態」を
発生させることとしている。特定状態が発生すると、小当り遊技が実行される頻度が高ま
り、結果的に「小当り経由の大当り遊技」が実行される可能性が高まることとなる。つま
り、小当り遊技中は、「小当り経由の大当り遊技」が開始されることを所望させて「大入
賞口から入球した遊技球が第1特定領域を通過すること」に遊技者を期待させ、大当り遊
技中は、「小当り経由の大当り遊技」が開始される確率が高まる状態(特定状態)が発生
することを所望させて「大入賞口から入球した遊技球が第2特定領域を通過すること」に
遊技者を期待させることができる。すなわち、同じ大入賞口に入球した遊技球に対して、
小当り遊技中と大当り遊技中とで異なる特定領域を通過することに期待させることができ
る。この結果、大当り遊技中および大当り遊技終了後に新たな面白みを付加でき、大当り
遊技中および大当り遊技終了後の遊技興趣を高めることができる。
尚、「特定状態」としては、「小当り遊技が実行される可能性が特定状態の発生前より
高まる状態」であればよく、例えば、「入球を契機として小当り図柄が停止表示される確
率が低く設定された第1始動口」と「入球を契機として小当り図柄が停止表示される確率
が高く設定された第2始動口」とを設ける場合に、第2始動口への遊技球の入球頻度を向
上させる第2始動口入球頻度向上状態等が例示できる。また、大入賞口内には「第1特定
領域」と「第2特定領域」の他に、大当り遊技や特定状態の発生契機とならない「非特定
領域」が形成されていてもよい。
また、上述した弾球遊技機は、
前記大当り図柄が停止表示されることを契機として前記大当り遊技が実行される場合と
、前記小当り遊技中に前記大入賞口に入球した遊技球が前記第1特定領域を通過したこと
を契機として前記大当り遊技が実行される場合とで、該大当り遊技中に前記大入賞口に入
球した遊技球が前記第2特定領域を通過する可能性を変更する第1の可能性変更手段を備
える
こととしてもよい。
このような弾球遊技機によれば、大当り遊技が実行される場合に、該大当り遊技が「直
当りの大当り遊技」であるか「小当り経由の大当り遊技」であるかに応じて、大当り遊技
中に第2特定領域を遊技球が通過する可能性が変化することとなる。この結果、大当り遊
技の実行契機に対する遊技者の関心を大当り遊技中にまで継続させることができ、遊技興
趣を高めることが可能となる。
また、上述した弾球遊技機は、
前記小当り図柄を複数種類設け、
前記小当り遊技中に前記大入賞口に入球した遊技球が前記第1特定領域を通過したこと
を契機として前記大当り遊技が実行された場合に、該小当り遊技の実行契機となった前記
小当り図柄の種類に応じて、当該大当り遊技中に前記大入賞口に入球した遊技球が前記第
2特定領域を通過する可能性を変更する第2の可能性変更手段を備える
こととしてもよい。
このような弾球遊技機によれば、小当り経由の大当り遊技が実行される場合に、該小当
り遊技の実行契機となった小当り図柄の種類に応じて、大当り遊技中に第2特定領域を遊
技球が通過する可能性が変化することとなる。この結果、小当り図柄の種類に対する遊技
者の関心を大当り遊技中にまで継続させることができ、遊技興趣を高めることが可能とな
る。
尚、「大当り遊技中に大入賞口に入球した遊技球が第2特定領域を通過する可能性を変
更する」とは、振分手段の作動によって「大入賞口に入球した遊技球が第2特定領域に振
り分けられる可能性の高低を変更すること」や、大入賞口の開放時間や開放回数によって
「大入賞口に遊技球が入球する可能性の高低を変更すること」等が例示できる。
本発明によれば、当りの種類によって大入賞口の複数の領域への遊技球の振分割合が異なるため、当り遊技中の遊技興趣を高めることができる。
本実施例の遊技機(パチンコ機1)の正面図である。 本実施例の遊技盤の盤面構成を示す説明図である。 本実施例の第1図柄表示装置および第2図柄表示装置の構成を示す説明図である。 本実施例の演出表示装置の画面構成を示す説明図である。 本実施例の第2始動入賞装置の構成を示す説明図である。 本実施例のパチンコ機の下部装置ユニットの構成を示す斜視図である。 本実施例の開閉板を排除した大入賞装置の内部構造を示す斜視図である。 本実施例の大入賞装置の内部の動作を示す説明図である。 本実施例の大入賞装置の内部の動作を示す説明図である。 本実施例の遊技機における制御回路の構成を示したブロック図である。 本実施例の普通図柄表示部の表示態様を示した説明図である。 本実施例の第1特別図柄あるいは第2特別図柄が変動表示する特別図柄を示した説明図である。 本実施例の演出表示装置で行われる演出の一態様を例示した説明図である。 本実施例の遊技制御処理を示すフローチャートである。 本実施例の特図保留関連処理を示すフローチャートである。 本実施例の特別図柄遊技処理を示したフローチャートである。 本実施例の特別図柄遊技処理を示したフローチャートである。 本実施例の特図変動表示処理を示すフローチャートである。 本実施例の特図変動表示処理を示すフローチャートである。 本実施例の当り判定テーブルを概念的に示す説明図である。 本実施例の大当り図柄決定テーブルおよび小当り図柄決定テーブルを概念的に示す説明図である。 本実施例の小当り遊技中の大入賞口開放パターンおよび可動ガイド部材動作パターンを示す説明図である。 本実施例の小当り遊技中の第1特定領域の通過し易さを示す説明図である。 本実施例の「直当りの大当り遊技」における大入賞口開放パターンおよび可動ガイド部材動作パターンを示す説明図である。 本実施例の小当り遊技処理を示すフローチャートである。 本実施例の「小当り経由の大当り遊技」における大入賞口開放パターンおよび可動ガイド部材動作パターンを示す説明図である。 本実施例の大当り遊技処理を示すフローチャートである。 本実施例のパチンコ機の遊技性を示す説明図である。
上述した本発明の内容を明確にするために、本発明を「セブン機」や「デジパチ」と呼
ばれるタイプのパチンコ機に適用した実施例について説明する。
A.パチンコ機の装置構成 :
A−1.装置前面側の構成 :
図1は、本実施例のパチンコ機1の正面図である。図1に示すように、パチンコ機1の
前面部は、大きくは、前面枠4、上皿部5、下皿部6、遊技盤10などから構成されてい
る。なお、図1では遊技盤10の詳細な図示を省略している。前面枠4は、図示しない中
枠3に取り付けられており、中枠3は図示しない本体枠2に取り付けられている。中枠3
はプラスチック材料で成形されており、本体枠2の内側に取り付けられている。本体枠2
は、木製の板状部材を組み立てて構成された略長方形の枠体であり、パチンコ機1の外枠
を形成している。前面枠4の一端は中枠3に対して回動可能に軸支されており、中枠3の
一端は本体枠2に対して回動可能に軸支されている。遊技盤10は中枠3の前面側に着脱
可能に取り付けられており、その前面側が前面枠4で覆われている。
前面枠4は、プラスチック材料で成形されており、略中央部には円形状の窓部4aが形
成されている。この窓部4aにはガラス板等の透明板が嵌め込まれており、奥側に配置さ
れる遊技盤10の盤面が視認可能となっている。また、前面枠4には、遊技効果を高める
ための各種ランプ類4b〜4fが設けられている。前面枠4の下方には上皿部5が設けら
れており、上皿部5の下方には下皿部6が設けられている。また、前面枠4の右側には施
錠装置9が設けられており、前面枠4の左側にはプリペイドカード式の球貸装置13(C
Rユニット)が設けられている。
上皿部5には、皿状の凹部と、凹部を取り巻くように形成された皿外縁部5aとが設け
られている。遊技球は、上皿部5に形成された凹部に投入されて、発射装置ユニット12
(図6参照)に供給される。また、皿外縁部5aには、遊技球の球貸スイッチ5b、返却
スイッチ5c、投入した遊技球を排出するための排出ボタンなど、各種のボタン類が設け
られている。上皿部5の左部には第1スピーカー5yが設けられている。また、上皿5の
前面側には、演出ボタンBTが設けられている。遊技者は、演出ボタンBTを押すことに
よって、遊技演出に関連する項目を選択するなど、遊技演出の進行に介入することが可能
となっている。
下皿部6には、パチンコ機1の内部から遊技球を排出するための排出口6aが設けられ
ており、排出された遊技球は下皿部6内に貯留される。下皿部6の右端には発射ハンドル
8が設けられている。発射ハンドル8には、遊技者がハンドルに触れていることを検出す
るタッチスイッチ8aが設けられている。発射ハンドル8の回転軸は、下皿部6の奥側に
搭載された図示しない発射装置ユニット12に接続されており、遊技者が発射ハンドル8
を回転させると、その動きが発射装置ユニット12に伝達され、ユニットに内蔵された図
示しない発射モータが回転して、回転角度に応じた強さで遊技球が発射される。発射ハン
ドル8の左側面には、遊技者が操作して遊技球の発射を一時的に停止する発射停止スイッ
チ8bが配置されている。
A−2.遊技盤の構成 :
図2は、遊技盤10の盤面構成を示す説明図である。前述したように、遊技盤10は中
枠3の前面側に着脱可能に取り付けられている。図2に示すように、遊技盤10の中央に
は、外レール14と内レール15とによって囲まれた略円形状の遊技領域11が形成され
ている。上述した発射装置ユニット12から発射された遊技球は、外レール14と内レー
ル15との間を通って遊技領域11に放出され、遊技領域11の上方から下方に向かって
流下する。
遊技領域11の略中央には中央装置26が設けられており、中央装置26のほぼ中央に
は、演出表示装置27が設けられている。演出表示装置27は液晶表示器によって構成さ
れており、その表示画面上では、識別図柄や背景画像などの種々の演出図柄を変動表示し
た後に停止表示することが可能となっている。演出表示装置27の表示画面上で表示され
る各種の演出図柄については後述する。
演出表示装置27の左斜め下方には第1図柄表示装置28が設けられ、演出表示装置2
7の右斜め下方には第2図柄表示装置32が設けられている。このうち、演出表示装置2
7の左下方に設けられた第1図柄表示装置28では、普通図柄や第1特別図柄を変動停止
表示することが可能となっており、演出表示装置27の右下方に設けられた第2図柄表示
装置32では、第2特別図柄を変動表示することが可能となっている。第1図柄表示装置
28や、第2図柄表示装置32の詳細な構成については後述する。尚、以下では、第1特
別図柄を単に「第1特図」と略記し、第2特別図柄を単に「第2特図」と略記することが
あるものとする。
遊技領域11の左側および右側には、普通図柄作動左ゲート36と普通図柄作動右ゲー
ト37とが設けられており、これらのゲートの内部には、遊技球の通過を検出するゲート
スイッチ36s,37sがそれぞれ設けられている。更に、普通図柄作動左ゲート36の
下方には、ランプ風車24が設けられている。これら各遊技装置の間および周辺には、多
数の障害釘(図示略)が設けられている。
演出表示装置27の下方には第1始動口16aを有する第1始動入賞装置16が設けら
れている。第1始動口16aは、遊技球の入球を許容する遊技球受入口の大きさが不変(
一定)で、遊技球が常時入球可能となっている固定式の入球口である。また、演出表示装
置27の右側、且つ、普通図柄作動ゲート37の下方には、第2始動口17aを有する第
2始動入賞装置17が設けられている。第2始動入賞装置17には、第2始動口17aを
挟んで両側に一対の翼片部が開閉可能に取り付けられている。すなわち、第2始動口17
aは、いわゆるチューリップ式の入球口となっている。第2始動入賞装置17の詳細な構
成については、別図を用いて後述する。
第1始動口16aあるいは第2始動口17aに入球した遊技球は、それぞれの内部に設
けられた通路を通って遊技盤10の裏面側に導かれる。第1始動口16aの内部の通路の
途中には第1始動口スイッチ16sが設けられ、第2始動口17aの内部の通路の途中に
は第2始動口スイッチ17sが設けられており、第1始動口16aあるいは第2始動口1
7aに入球した遊技球はそれぞれ第1始動口スイッチ16sあるいは第2始動口スイッチ
17sによって検出されるようになっている。
第1始動入賞装置16の下方には大入賞装置50が設けられている。大入賞装置50は
略長方形状に大きく開放する大入賞口50aや、大入賞口50aを開閉させる開閉板50
b、開閉板50bを駆動する大入賞口ソレノイド50c等から構成されている。また、大
入賞装置50には、大入賞口50へ遊技球が入球したことを検出する大入賞口スイッチ5
0sが設けられている。大入賞装置50の詳細な構成については、別図を用いて後述する
。遊技盤10の最下部にはアウト口48が設けられている。何れの入球口にも入球しなか
った(入賞しなかった)遊技球は、アウト口48を介して遊技領域11から排出される。
図3は、本実施例のパチンコ機1に搭載された第1図柄表示装置28および第2図柄表
示装置32の構成を示す説明図である。図3(a)は第1図柄表示装置28を表しており
、図3(b)は第2図柄表示装置32を表している。初めに第1図柄表示装置28の構成
について説明する。図3(a)示されているように、本実施例の第1図柄表示装置28は
、略矩形の領域内に12個の小さな発光ダイオード(LED)が組み込まれて構成されて
いる。これら12個のLEDのうちの、3個のLEDは普通図柄表示部29を構成してお
り、残りの9個のLEDは第1特別図柄表示部30を構成している。更に、普通図柄表示
部29は、普通図柄を表示するための1個のLED(以下、普通図柄LED29aと呼ぶ
)と、普通図柄の保留数を表示するための2個のLED(以下、普図保留表示LED29
bと呼ぶ)とから構成されている。また、第1特別図柄表示部30は、第1特別図柄を表
示するための7個のLED(以下、第1特別図柄LED30aと呼ぶ)と、第1特別図柄
の保留数を表示するための2個のLED(以下、第1特図保留表示LED30bと呼ぶ)
とから構成されている。尚、以下では、第1特別図柄(第1特図)の保留を「第1特図保
留」と呼び、第1特図の保留数を「第1特図保留数」と呼ぶことがあるものとする。
図3(b)に示した第2図柄表示装置32は、上述した第1図柄表示装置28に対して
普通図柄表示部29を取り除いた構成となっている。すなわち、第2図柄表示装置32に
は、9個のLEDから構成される第2特別図柄表示部33が設けられており、そのほぼ中
央に設けられた7個のLEDは、第2特別図柄を表示するためのLED(以下、第2特別
図柄LED33aと呼ぶ)であり、残りの2個のLEDは、第2特別図柄の保留数を表示
するためのLED(以下、第2特図保留表示LED33bと呼ぶ)となっている。尚、以
下では、第2特別図柄(第2特図)の保留を「第2特図保留」と呼び、第2特図の保留数
を「第2特図保留数」と呼ぶことがあるものとする。
図4は、本実施例のパチンコ機1に搭載された演出表示装置27の画面構成を示す説明
図である。前述したように、演出表示装置27は液晶表示器を用いて構成されており、そ
の表示画面上には、3つの識別図柄27a,27b,27cと、その背景の背景画像27
dが表示されている。3つの識別図柄27a,27b,27cは、第1特別図柄表示部3
0および第2特別図柄表示部33における特別図柄の変動表示の開始タイミングと同期し
て変動表示を開始し、その後、特別図柄の変動時間が経過するまで種々の態様で変動表示
を行う。そして、特別図柄の変動表示の終了タイミング(特別図柄の停止表示)と同期し
て3つの識別図柄27a,27b,27cの変動表示が終了する。この3つの識別図柄2
7a,27b,27cの変動表示および停止表示によって図柄変動演出が実現される。
図5は、本実施例のパチンコ機1の第2始動入賞装置17の構成を示す説明図である。
前述したように第2始動入賞装置17には第2始動口17aが設けられている。また、第
2始動口17aは、一対の翼片部17wによって開閉式(チューリップ式)の入球口(可
変始動口)として構成されている。具体的には、一対の翼片部17wは、ほぼ直立した閉
鎖状態(図5(a)参照)と、外側に向かって回転した開放状態(図5(b)参照)との
2つの状態を取ることが可能である。図5(a)に示すように、一対の翼片部17wがほ
ぼ直立した第2始動口17aの閉鎖状態は、第2始動口17aの上方に設けられた障害釘
23が障害となって、遊技球が第2始動口17aに入球することができない状態である。
これに対して、図5(b)に示すように、一対の翼片部17wが外側に開いた第2始動口
17aの開放状態は、遊技球が障害釘23と翼片部17wとの間を通過して、第2始動口
17aに入球し得る状態である。
図6は、本実施例のパチンコ機1の下部装置ユニットの構成を示す斜視図である。図2
に示すように、下部装置ユニット70Uは遊技盤10の前面(盤面)に装着されるベース
基板70Bを備える。このベース基板70Bは、正面形状が略L字形状の板状体で構成さ
れ、遊技盤10における第1始動入賞装置16の右側方から下方に至る部位に配設される
。つまり、ベース基板70Bは、ベース基板70Bの後方に突出する構成を遊技盤10に
形成される取付孔(図示せず)に挿入し、ベース基板70Bの周縁部が遊技盤10の前面
部にビス止めされることで、遊技盤10に固定されている。また、ベース基板70Bにお
いて、第1始動入賞装置16の真下に位置する部位に大入賞装置50が配設される。
大入賞装置50は、図6に示すように、遊技球が受け入れ可能に開口される大入賞口5
0aと、大入賞口50aを開閉するための開閉板50bと、この開閉板50bを駆動する
ための大入賞口ソレノイド50cとを備える。開閉板50bは正面形状が略矩形とされ、
その下端部が「ベース基板30Bにおける大入賞口50aの下端側を構成する部位」に軸
支されることで、前方に傾動可能に構成されている。開閉板50bが起立姿勢にあるとき
には大入賞口50aは閉鎖状態となり、この状態で大入賞口ソレノイド50cを駆動(通
電)すると、開閉板50bの姿勢が前傾姿勢に変更され、大入賞口50aは開放状態とな
る。その状態で大入賞口ソレノイド50cの駆動(通電)を停止すると、開閉板50bの
姿勢が起立姿勢に戻される。開閉板50bが起立姿勢となると、開閉板50bが大入賞口
50aを閉鎖するため、大入賞口50aへの遊技球の入球が不可能となり(閉鎖状態)、
開閉板50bがその下端部を支点に前方に傾動して前傾姿勢となると、大入賞口50aが
開放されて大入賞口50aへの遊技球の入球が可能となる(開放状態)。
次に、大入賞装置50の内部構造について図7〜図9を用いて説明する。
図7は開閉板を排除した大入賞装置50の内部構造を示す斜視図であり、図8および図
9は大入賞装置50の内部の動作を示す説明図である。大入賞装置50において、開閉板
50bの姿勢が前傾姿勢にあるときには大入賞装置50aが開放状態となり、大入賞装置
50の内部(大入賞口50aの内部)を前方から遊技者が視認可能となっている。図7に
示すように、大入賞装置50の内部には、大入賞口50aに入球した遊技球が通過可能な
第1特定領域300と、遊技球が第1特定領域300を通過したこと検出する第1特定領
域検出スイッチ300sが設けられている。また、大入賞口50aに入球した遊技球が通
過可能な第2特定領域301と、遊技球が第2特定領域301を通過したこと検出する第
2特定領域検出スイッチ301sが設けられている。また、大入賞口50aに入球した遊
技球を第1特定領域300と第2特定領域301のいずれかに振り分ける振分部400と
、後述の可動ガイド部材400aを駆動させるための振分ソレノイド401が設けられて
いる。第1特定領域検出スイッチ300sおよび第2特定領域検出スイッチ301sは各
々「フォトセンサ」で構成されている。
次に、振分部400の動作について説明する。図7〜図9に示すように、振分部400
は、可動ガイド部材400aと、固定ガイド部材400bと、可動ガイド部材回動支点4
00cとから構成されている。そして、固定ガイド部材400bの上方奥側には、遊技球
が通過可能な第1特定領域300が形成され、固定ガイド部材400bの下方奥側には、
第2特定領域301が形成されている。また、第1特定領域300を通過した遊技球が転
動する通路上には、第1特定領域検出スイッチ300sが配設され、第2特定領域301
を通過した遊技球が転動する通路上には、第2特定領域検出スイッチ301sが配設され
る(図示省略)。
可動ガイド部材400aおよび固定ガイド部材400bは、大入賞口50aに入球した
遊技球を第1特定領域300または第2特定領域301に誘導する(振り分ける)ための
ものである。これらガイド部材400a,400bは、各々板状体であって、左方から右
方に向けて傾斜し、少なくとも遊技球1個が通過可能の幅を有して構成されている。固定
ガイド部材400bは、図7に示すように、平面視すると台形状を呈しており、上部を転
動する遊技球を奥側の第1特定領域300に誘導可能に若干手前側から奥側に傾斜して設
けられている。また、可動ガイド部材400aは、平面視すると固定ガイド部材400b
と逆の台形状(逆台形状)を呈しており、左端部に設けられる可動ガイド部材回動支点4
00cを軸心として上下方向に傾動可能(回動可能)に構成されている。また、固定ガイ
ド部材400bの手前側に設けられる進入防止壁400d(図7参照)によって、大入賞
口50aに入球する遊技球は固定ガイド部材400b上に直接誘導されることが阻止され
、大入賞口50aに入球した遊技球は全て可動ガイド部材400a上を転動して、第1特
定領域300または第2特定領域301に誘導されるように構成されている。なお、本実
施例では、進入防止壁400dを透明としており、遊技球が固定ガイド部材400b上に
誘導されたか否か(遊技球の行方)は前方から遊技者が視認可能な構成となっている。
可動ガイド部材400aは、大入賞装置50に配設される振分ソレノイド401の駆動
(通電)を停止している場合には(振分ソレノイド401:OFF)、図8に示すように
、その右端部が固定ガイド部材400bよりも下方に傾いた状態(第2特定領域誘導状態
)となる。この状態では、大入賞口50aに入球した遊技球が、可動ガイド部材400a
上を転動して固定ガイド部材400の下方奥側に位置する第2特定領域301に誘導され
る。一方、振分ソレノイド401を駆動(通電)すると(振分ソレノイド401:ON)
、可動ガイド部材400aは、図7および図9に示すように、その右端部上面と固定ガイ
ド部材400bの左端部上面とが略面一となって、可動ガイド部材400aと固定ガイド
部材400bとで一通路を形成する状態(第1特定領域誘導状態)となる。この状態では
、大入賞口50aに入球した遊技球が、固定ガイド部材400b上を転動して第1特定領
域300に誘導される。すなわち、大入賞口50aに入球した遊技球(大入賞装置50内
に進入した遊技球)は、振分部400による振り分けによって第1特定領域300および
第2特定領域301のいずれか一方に誘導されることとなる。尚、本実施例では、後述の
大当り遊技および小当り遊技の何れも行われていない通常の遊技状態では振分ソレノイド
401の駆動(通電)を停止しており、大当り遊技および小当り遊技の何れかが行われて
いる間に、所定の駆動パターン(通電パターン)にしたがって振分ソレノイド401の駆
動(通電)を行うこととしている。この点の詳細については後述する。
A−3.制御回路の構成 :
次に、本実施例のパチンコ機1における制御回路の構成について説明する。図10は、
本実施例のパチンコ機1における制御回路の構成を示したブロック図である。図示されて
いるようにパチンコ機1の制御回路は、多くの制御基板や、各種基板、中継端子板などか
ら構成されているが、その機能に着目すると、遊技の基本的な進行や賞球に関わる当否に
ついての制御を司る主制御基板200と、演出図柄やランプや効果音を用いた遊技の演出
の制御を司るサブ制御基板220と、サブ制御基板220の制御の下で演出表示装置27
の具体的な制御を行う演出制御基板230と、貸球や賞球を払い出す動作の制御を司る払
出制御基板240と、遊技球の発射に関する制御を司る発射制御基板260などから構成
されている。これら制御基板は、各種論理演算および算出演算を実行するCPUや、CP
Uで実行される各種プログラムやデータが記憶されているROM、プログラムの実行に際
してCPUが一時的なデータを記憶するRAMなど、種々の周辺LSIがバスで相互に接
続されて構成されている。尚、図10中に示した矢印の向きは、データあるいは信号を入
出力する方向を表している。また、図10では、主制御基板200に搭載されたCPU2
01やROM202、RAM203、サブ制御基板220に搭載されたCPU221、R
OM222、RAM223のみが図示されている。
主制御基板200は、第1始動口スイッチ16sや、第2始動口スイッチ17s、大入
賞口スイッチ50s、ゲートスイッチ36s,37s、第1特定領域検出スイッチ300
s、第2特定領域検出スイッチ301sなどから遊技球の検出信号の入力があると、その
検出信号の入力のあったスイッチに応じて定められる各種動作を指令するコマンドを、サ
ブ制御基板220や、払出制御基板240、発射制御基板260などに向かって送信する
。また、主制御基板200には、第2始動入賞装置17の第2始動口17aに設けられた
一対の翼片部17wを開閉させるための始動口ソレノイド17mや、大入賞口50aを開
閉させるための大入賞口ソレノイド50c、可動ガイド部材400aを駆動するための振
分ソレノイド401、更には、第1図柄表示装置28や第2図柄表示装置32などが中継
端子板(図示略)を介して接続されており、これら各種ソレノイド17m,50c,40
1、第1図柄表示装置28、第2図柄表示装置32に向かって駆動信号を送信することに
より、これらの動作の制御も行う。
サブ制御基板220は、主制御基板200からの各種コマンドを受信すると、コマンド
の内容を解析して、その結果に応じた遊技の演出を行う。すなわち、前述した演出表示装
置27の表示制御を行う演出制御基板230に対して表示内容を指定するコマンドを送信
したり、各種のスピーカー5yを駆動するアンプ基板224、装飾用の各種LEDやラン
プを駆動する装飾駆動基板226に駆動信号を送信したりすることにより、遊技の演出を
行う。また、サブ制御基板220は、演出ボタン基板228を介して演出ボタンBTに対
する遊技者の操作を検出すると、該操作を反映させた遊技の演出を行う。
演出制御基板230は、CPU231、ROM232、RAM233に加えて、画像R
OM234やVDP(図示略)を備えている。演出制御基板230のCPU231は、サ
ブ制御基板220からの制御コマンド(表示制御コマンド)を受信すると、その受信した
コマンドに対応する制御プログラムをROM232から読み出して、RAM233をワー
クエリアとして用いながら、演出画像を演出表示装置27の表示画面に表示するための制
御を行う。画像ROM234には、図柄変動演出や大当り遊技演出など種々の遊技演出に
対応する演出画像のデータ(例えば、所定のキャラクタに対応する画像を表示するための
スプライトデータや動画データなど)が格納されている。
払出制御基板240は、いわゆる貸球や賞球の払い出しに関する各種の制御を司ってい
る。例えば、遊技者が前述した上皿部5に設けられた球貸スイッチ5bや返却スイッチ5
cを操作すると、この信号は、球貸表示基板242から中継端子板(図示略)を介して、
球貸装置13に伝達される。球貸装置13は、払出制御基板240とデータを通信しなが
ら、貸球の払い出しを行う。また、主制御基板200が賞球の払出コマンドを送信すると
、このコマンドを払出制御基板240が受信して、払出モータ109mに駆動信号を出力
することによって賞球の払い出しが行われる。
B.遊技の概要 :
本実施例のパチンコ機1では、次のようにして遊技が行われる。先ず、遊技者が上皿部
5の凹部に遊技球を投入して発射ハンドル8を回転させると、上皿部5に投入された遊技
球が、1球ずつ発射装置ユニット12に供給されて、図2を用いて前述した遊技領域11
に発射される。遊技球を打ち出す強さは、発射ハンドル8の回転角度によって調整するこ
とが可能となっており、遊技者は発射ハンドル8の回転角度を変化させることによって、
遊技球の狙いを付けることができる。
発射した遊技球が、遊技領域11の左右に設けられた普通図柄作動左ゲート36、普通
図柄作動右ゲート37の何れかを通過すると、演出表示装置27の左下方に設けられた第
1図柄表示装置28において普通図柄の変動表示が開始される。図4を用いて前述したよ
うに、第1図柄表示装置28には普通図柄表示部29が設けられており、普通図柄表示部
29には、普通図柄LED29aおよび普図保留表示LED29bが搭載されている。こ
のうち、普通図柄LED29aを用いて普通図柄の変動表示を行う。
図11(a)は、普通図柄が変動表示する様子を概念的に示した説明図である。本実施
例のパチンコ機1では、普通図柄LED29aの点滅を繰り返すことによって、普通図柄
の変動表示を行う。図11では、普通図柄LED29aが点灯している状態を放射状の実
線で表し、消灯している状態を破線で表している。そして、予め定められた時間だけ点滅
を繰り返した後、普通図柄LED29aが点灯状態で停止した場合には、普通図柄の当り
となって、第2始動口17aが所定の開放時間だけ開放状態となる。逆に、消灯状態で停
止した場合には普通図柄の外れとなって、第2始動口17aが開放することはない。また
、普通図柄の変動表示中に遊技球が普通図柄作動左ゲート36または普通図柄作動右ゲー
ト37を通過した場合は、この遊技球の通過が普通図柄の保留(普図保留)としてRAM
203の記憶領域(普図保留記憶領域)に記憶され、現在の普通図柄の変動表示が終了し
た後に、その普図保留に基づき変動表示が行われる。普図保留は最大4個まで記憶可能と
なっており、記憶されている普通図柄の保留数(普図保留数)は、普図保留表示LED2
9bによって表示される。
図11(b)は、第1図柄表示装置28に設けられた普図保留表示LED29bによっ
て普図保留数が表示される様子を示した説明図である。普図保留が無い場合(すなわち、
普図保留が0個の場合)は、2個の普図保留表示LED29bは何れも消灯している。普
図保留が1個の場合は、向かって左側の普図保留表示LED29bは消灯したままで、右
側の普図保留表示LED29bが点灯する。普図保留が2個になると、右側の普図保留表
示LED29bに加えて左側の普図保留表示LED29bが点灯する。次いで、普図保留
が3個になると、右側の普図保留表示LED29bが点滅し、左側の普図保留表示LED
29bが点灯する。更に普図保留が増加して上限値である4個になると、左右の普図保留
表示LED29bが点滅した状態となる。このように普通図柄表示部29では、2個の普
図保留表示LED29bを点灯、消灯、あるいは点滅させることによって、0個から4個
までの普図保留数を表示することができる。
また、図3(a)を用いて前述したように、第1図柄表示装置28には、第1特別図柄
表示部30が設けられており、第1特別図柄(第1特図)を変動表示可能となっている。
更に、図3(b)に示したように、第2図柄表示装置32に設けられた第2特別図柄表示
部33では、第2特別図柄(第2特図)を変動表示可能となっている。このうち、第1特
別図柄は第1始動口16aに対応し、第2特別図柄は第2始動口17aに対応しており、
第1特別図柄あるいは第2特別図柄は、それぞれ対応する始動口に遊技球が入球すると変
動表示を開始する。また、前述したように第1特別図柄表示部30および第2特別図柄表
示部33は、何れも同様な構成をしており、第1特別図柄も第2特別図柄も同様な態様で
変動表示を行う。
図12は、第1特別図柄あるいは第2特別図柄として停止表示する図柄の種類を示す説
明図である。尚、第1特別図柄も第2特別図柄も停止表示する図柄は同様であるため、こ
こでは両者を区別することなく、単に、特別図柄と称するものとする。図8に示されてい
るように、特別図柄として停止表示する図柄として、80種類の大当り図柄(「1」〜「
80」)と、20種類の小当り図柄(「81」〜「100」)と、1種類の外れ図柄(「
101」)との合計で101種類の図柄が設けられている。図3を用いて前述したように
、第1特別図柄表示部30および第2特別図柄表示部33の何れも7個のLEDによって
構成されており、各大当り図柄、各小当り図柄、外れ図柄は、点灯させるLEDの組合せ
を互いに異ならせて設定されている。すなわち、第1図柄表示装置28および第2図柄表
示装置32では、それぞれ7個のLED(第1特別図柄LED30aおよび第2特別図柄
LED33a)を所定の変動時間にわたって点滅させることによって特別図柄の変動表示
を行い、その変動時間が経過すると、所定の組合せのLEDを点灯させることで何れかの
大当り図柄、小当り図柄、外れ図柄を停止表示する。そして、大当り図柄「1」〜「80
」の何れかが停止表示されると、大入賞口50aが長時間(例えば、30秒×10回)開
放状態となる大当り遊技が開始される(大当りが発生する)。大当り遊技では大入賞口5
0aに遊技球が入球することを契機として遊技球が払い出される。各大当り図柄は、互い
に点灯するLEDの組合せが異なり、この組合せパターンは80種類設定されている。
一方、小当り図柄「81」〜「100」の何れかが停止表示されると、大入賞口50a
が短時間(例えば、0.5秒×2回)開放状態となる小当り遊技が開始される(小当りが
発生する)。小当り遊技では大入賞口50aに遊技球が入球することを契機として遊技球
が払い出される。また、大入賞口50aに入球した遊技球が、大入賞装置50内部の第1
特定領域300を通過すると、上述した大当り遊技が開始される。各小当り図柄は、互い
に点灯するLEDの組合せが異なり、この組合せパターンは20種類設定されている。
このように本実施例のパチンコ機1では、「特別図柄として大当り図柄が停止表示され
た場合」および「特別図柄として小当り図柄が停止表示されて小当り遊技が開始された後
、該小当り遊技中に遊技球が第1特定領域300を通過した場合」に大当り遊技が開始さ
れる。
第1始動口16aあるいは第2始動口17aへの遊技球の入球は、該入球を契機とする
特別図柄の変動表示が開始されるまで、第1特別図柄の保留(第1特図保留)あるいは第
2特別図柄の保留(第2特図保留)としてRAM203の記憶領域(特図保留記憶領域)
に記憶される。第1特図保留および第2特図保留は、それぞれ最大4個まで記憶可能とな
っており、第1特図保留の個数(第1特図保留数)については第1特図保留表示LED3
0bに表示され、第2特図保留の個数(第2特図保留数)については第2特図保留表示L
ED33bに表示される。第1特図保留表示LED30bあるいは第2特図保留表示LE
D33bに特別図柄の保留数を表示する態様は、図11(a)に示した普図保留表示LE
D29bによる普通図柄の保留数表示と同様であるため、ここでは説明を省略する。
第1特別図柄あるいは第2特別図柄の変動表示および停止表示に合わせて、演出表示装
置27では演出図柄(識別図柄27a,27b,27cなど)を用いた各種の演出(図柄
変動演出)が行われる。図13は、演出表示装置27で行われる演出の一態様を例示した
説明図である。演出表示装置27を構成する液晶表示画面には、3つの識別図柄27a,
27b,27cが表示されている。第1図柄表示装置28あるいは第2図柄表示装置32
の何れかで特別図柄の変動表示が開始されると、演出表示装置27においても3つの識別
図柄27a,27b,27cが一斉に変動表示を開始する。本実施例では、識別図柄とし
て「1」〜「9」までの9つの数字を意匠化した図柄が用意されている。
図13(a)には、3つの識別図柄27a,27b,27cが一斉に変動表示している
様子が概念的に示されている。変動表示が開始された後、所定時間が経過すると、初めに
左識別図柄27aが「1」〜「9」のいずれかの図柄で停止表示され、次いで、右識別図
柄27cが停止表示され、最後に中識別図柄27bが停止表示される。これら演出表示装
置27で停止表示される3つの識別図柄27a,27b,27cの組合せは、前述した第
1図柄表示装置28あるいは第2図柄表示装置32で停止表示される特別図柄(第1特別
図柄あるいは第2特別図柄)の停止表示態様と連動するように構成されている。例えば、
第1特別図柄あるいは第2特別図柄として「大当り図柄」が停止表示される場合は、演出
表示装置27の3つの識別図柄27a,27b,27cが同じ図柄となる図柄組合せ(ゾ
ロ目)で停止表示される。また、第1特別図柄あるいは第2特別図柄として「小当り図柄
」あるいは「外れ図柄」が停止表示される場合は、3つの識別図柄27a,27b,27
cは同じ図柄で揃わない図柄組合せ(バラケ目)で停止表示される。
このように、第1図柄表示装置28あるいは第2図柄表示装置32で表示される特別図
柄と、演出表示装置27で表示される3つの識別図柄27a,27b,27cとは、表示
内容が互いに対応しており、変動表示中の第1特別図柄あるいは第2特別図柄が停止表示
する際には、3つの識別図柄27a,27b,27cも停止表示するようになっている。
しかも、図2に示すように、演出表示装置27は、第1図柄表示装置28や第2図柄表示
装置32よりも目に付き易い位置に設けられており、表示画面も大きく、表示内容も分か
り易いので、遊技者は演出表示装置27の画面を見ながら遊技を行うことが通常である。
従って、演出表示装置27の表示画面上で初めに停止表示される左識別図柄27aと、続
いて停止表示される右識別図柄27cとが同じ図柄であった場合には、最後に停止表示さ
れる中識別図柄27bも同じ図柄で停止して、いわゆる大当り遊技が開始されるのではな
いかと、遊技者は識別図柄の変動表示(図柄変動演出)を注視することになる。このよう
に、2つの識別図柄を同じ図柄(大当り図柄となり得る態様)で停止させて最後の識別図
柄を変動表示させた状態で行われる演出は「リーチ演出」と呼ばれており、このリーチ演
出を発生させることで遊技興趣を高めることが可能となっている。尚、大当り遊技中およ
び小当り遊技中は、それぞれの遊技に対応した演出(それぞれの遊技中であることを遊技
者に報知する演出)が演出表示装置27上で実行される。
C.遊技機の制御内容 :
C−1.遊技制御処理 :
図14は、主制御基板200に搭載されたCPU201が、遊技の進行を制御するため
に行う遊技制御処理の大まかな流れを示したフローチャートである。
図14に示すように、遊技制御処理では、「賞球関連処理」「普通図柄遊技処理」「第
2始動口閉鎖処理」「特図保留関連処理」「特別図柄遊技処理」「小当り遊技処理」「大
当り遊技処理」などの各処理が繰り返し実行されている。CPU201は、所定周期毎に
発生するタイマ割り込みに基づき遊技制御処理を行うように構成されており、本実施例で
は、4msec毎にタイマ割り込みが発生するものとなっている。つまり、図14に示す
遊技制御処理は、CPU201における4msec毎のタイマ割り込み処理として実行さ
れる。そして、遊技制御処理中に、サブ制御基板220を初めとする各種制御基板に向け
て、主制御基板200から各種コマンドを送信する。こうすることにより、パチンコ機1
全体の遊技が進行するとともに、サブ制御基板220では、遊技の進行に合わせた演出の
制御が行われることになる。以下、フローチャートに従って、主制御基板200に搭載さ
れたCPU201が行う遊技制御処理について説明する。
CPU201は、遊技制御処理を開始すると、遊技球を賞球として払い出すための処理
(賞球関連処理)を行う(S50)。この処理では、主制御基板200に接続された各種
スイッチのうち、遊技球の入賞に関わるスイッチ(第1始動口スイッチ16sや、第2始
動口スイッチ17s、大入賞口スイッチ50sなど)について、遊技球が入球したか否か
を検出する。そして、遊技球の入球が検出された場合には、払い出すべき賞球数を算出し
た後、払出制御基板240に向かって賞球数指定コマンドを送信する。払出制御基板24
0は、主制御基板200から送信された賞球数指定コマンドを受信するとコマンドの内容
を解釈し、その結果に従って、払出装置(図示せず)に搭載された払出モータ109mに
駆動信号を送信することにより、実際に賞球を払い出す処理を行う。
主制御基板200のCPU201は、賞球関連処理(S50)に続いて、普通図柄遊技
処理を行うか否かを判断する(S100)。この判断は、第2始動口17aが開放状態で
あるか否かを検出することによって行う。第2始動口17aが開放状態でなければ普通図
柄遊技処理を行うものと判断し(S100:yes)、第2始動口17aが開放状態であ
れば普通図柄遊技処理は行わないものと判断する(S100:no)。そして、普通図柄
遊技処理を行うと判断した場合は(S100:yes)、以下に説明する普通図柄遊技処
理を行う(S150)。これに対して、普通図柄遊技処理を行わないと判断した場合は(
S100:no)、普通図柄遊技処理(S150)は省略する。
普通図柄遊技処理(S150)では、主に次のような処理を行う。先ず、普通図柄の保
留(普図保留)が存在するか否か(「0」であるか否か)を判定し、普図保留が存在する
場合には普通図柄の当り判定を行う。ここで、普図保留は、遊技球が普通図柄作動ゲート
36,37を通過することにより取得される普図当り判定乱数を記憶するものであり、本
実施例では、その保留数の上限値を「4」としている。そして、普通図柄の当り判定の結
果に基づき、普通図柄を当り図柄(図7(a)参照)で停止表示させるか、外れ図柄で停
止表示させるかを決定する。続いて、普通図柄の変動表示時間を設定した後、普通図柄の
変動表示を開始し、その後、変動表示時間が経過すると、決定しておいた図柄で普通図柄
を停止表示させる。このとき、普通図柄の当り図柄が停止表示された場合には、始動口ソ
レノイド17mを作動させて、第2始動口17aに設けられた翼片部17wを両側に回動
させることにより、第2始動口17aを開放状態とする(図5(b)参照)。
以上のようにして普通図柄遊技処理を終了したら、第2始動口17aが開放状態である
か否かを判断する(S190)。そして、開放状態である場合は(S190:yes)、
第2始動口17aを開放状態から閉鎖状態にするための処理(第2始動口閉鎖処理)を行
う(S200)。一方、第2始動口17aが開放状態でない場合は(S190:no)、
第2始動口閉鎖処理を行う必要はないので省略する。
第2始動口閉鎖処理(S200)では、次の何れかの条件が満足された場合、すなわち
、第2始動口17aの開放時間が経過したか、若しくは、第2始動口17aに規定数の遊
技球が入球したかの何れかの条件が成立したか否かを判断し、何れかの条件(始動口開放
終了条件)が成立した場合に、開放状態の第2始動口17aを閉鎖状態にする処理を行う
。一方、第2始動口17aの開放時間が経過しておらず、第2始動口17aへの入球数も
規定数に達していない場合(始動口開放終了条件が成立していない場合)は、第2始動口
17aを開放状態としたまま、第2始動口閉鎖処理(S200)を終了する。
ここで、本実施例のパチンコ機1の遊技状態は、第2始動口17aが開放状態になる際
の開放時間の設定状況に基づき決定される。つまり、本実施例のパチンコ機1では、第2
始動口17aの開放時間の設定状況に基づく遊技状態として「開放延長状態」と「非開放
延長状態」の何れかに設定される。「開放延長状態」は「非開放延長状態」に比べ、前述
の普通図柄の当り判定の結果が「当り」となる確率(普図当り確率)が高く、普通図柄の
変動表示時間(普図変動時間)が短く、第2始動口17aの開放時間が長く設定される。
従って、開放延長状態は、非開放延長状態と比較して、第2始動口17aが頻繁に開放状
態になるとともに該開放状態にある期間が長くなるので、第2始動口17aへの遊技球の
入球可能性が高くなる。このような構成を実現するために、本実施例のパチンコ1では、
遊技状態が「開放延長状態」に設定されている場合は「開放延長フラグ」および「変動短
縮フラグ」がONに設定され、遊技状態が「非開放延長状態」に設定されている場合はこ
れらのフラグがOFFに設定される。そして、主制御基板200のCPU201は、「変
動短縮フラグ」がONに設定されていることに基づき、普図当り確率を高確率(例えば「
99/100」)、普図変動時間を短時間(例えば「1秒」)にそれぞれ設定し、「開放
延長フラグ」がONに設定されていることに基づき、第2始動口17aの開放時間を長時
間(例えば「1.5秒×3回開放=4.5秒」)に設定する。一方、主制御基板200の
CPU201は、変動短縮フラグがOFFに設定されていることに基づき、普図当り確率
を低確率(例えば「2/100」)、普図変動時間を長時間(例えば「20秒」)にそれ
ぞれ設定し、開放延長フラグがOFFに設定されていることに基づき、第2始動口17a
の開放時間を短時間(例えば「0.1秒×3回開放=0.3秒」)に設定する。尚、変動
短縮フラグおよび開放延長フラグは、同じタイミングでONあるいはOFFに設定される
ので、何れか一方のフラグのみを設定して、該一方のフラグを他方のフラグに代えて利用
する構成としてもよい。
こうして、第2始動口閉鎖処理を行ったら(S200)、あるいは、第2始動口17a
が閉鎖中であると判断したら(S190:no)、特図保留関連処理を行う(S250)
C−2.特図保留関連処理 :
図15は、特図保留関連処理を示すフローチャートである。特図保留関連処理(S25
0)では、先ず初めに、第1始動口16aに遊技球が入球したか否かを判断する(S25
2)。その結果、第1始動口16aに遊技球が入球した場合は(S252:yes)、第
1特別図柄の保留数(第1特図保留数)が上限値(本実施例では「4」)に達しているか
否かを判断する(S254)。そして、第1特図保留数が上限値に達していなければ(S
254:no)、判定乱数を取得する(S256)。ここで、判定乱数としては、後述す
る当り判定を行うために用いられる当り判定乱数や、第1図柄表示装置28(あるいは第
2図柄表示装置32)で停止表示する図柄を決定するために用いられる当り図柄決定乱数
、図柄が停止表示するまでの変動パターンを決定するために用いられる変動パターン決定
乱数、演出表示装置27でリーチ演出を行うか否かを決定するために用いられるリーチ決
定乱数などの乱数を取得する。続いて、取得した判定乱数を、主制御基板200に搭載さ
れたRAM203(特図保留記憶領域)に第1特図保留として記憶する(S258)。
こうして、第1特図保留を記憶したら(S258)、第1特図保留数に「1」を加算す
る(S260)。これに対して、第1始動口16aに遊技球が入球していない場合や(S
252:no)、第1特図保留数が上限値(ここでは「4」)に達していた場合は(S2
54:yes)、判定乱数を取得したり、判定乱数を第1特図保留(第1保留)として記
憶したりする一連の処理(S256〜S260)は省略する。
以上のようにして、第1特図保留(第1保留)に関する処理を終了したら、続いて第2
特図保留(第2保留)に関する処理を開始する。第2特図保留に関する処理は、第1始動
口16aに対して行った上述の第1特図保留に関する処理を、第2始動口17aに対して
行う処理である。以下、簡単に説明すると、先ず初めに、第2始動口17aに遊技球が入
球したか否かを判断し(S264)、第2始動口17aに遊技球が入球していれば(S2
64:yes)、第2特図保留数が上限値(本実施例では「4」)に達しているか否かを
判断する(S266)。その結果、第2特図保留数が上限値に達していなければ(S26
6:no)、判定乱数(当り判定乱数、当り図柄決定乱数、リーチ決定乱数など)を取得
して(S268)、取得した判定乱数を、主制御基板200に搭載されたRAM203(
特図保留記憶領域)に第2特図保留として記憶する(S270)。そして、第2特図保留
数に「1」を加算する(S272)。一方、第2始動口17aに遊技球が入球していない
場合や(S264:no)、第2特図保留数が上限値(ここでは「4」)に達していた場
合は(S266:yes)、判定乱数を取得したり、判定乱数を第2特図保留として記憶
したりする一連の処理(S268〜S272)は省略する。
以上のようにして、第1特図保留および第2特図保留に関する処理を終了したら、図1
5に示した特図保留関連処理を終了して、図14の遊技制御処理に復帰する。そして、特
図保留関連処理から復帰すると、遊技制御処理では、以下に説明する特別図柄遊技処理(
S300)を開始する。
C−3.特別図柄遊技処理 :
図16および図17は、特別図柄遊技処理を示したフローチャートである。主制御基板
200のCPU201は、特別図柄遊技処理を開始すると、小当り遊技中であるか否かを
判断する(S301)。そして、小当り遊技中であった場合は(S301:yes)、そ
のまま特別遊技処理を終了して、図14の遊技制御処理に復帰する。小当り遊技中ではな
かった場合は(S301:no)、今度は、大当り遊技中であるか否かを判断する(S3
02)。そして、大当り遊技中であった場合も(S302:yes)、そのまま特別遊技
処理を終了して、図14の遊技制御処理に復帰する。これに対して、小当り遊技中でも大
当り遊技中でもなかった場合は(S302:no)、第1特図または第2特図の何れかが
変動表示中か否かを判断する(S304)。
第1特図あるいは第2特図の何れも変動表示中でない場合は(S304:no)、第1
特図あるいは第2特図の停止表示時間中であるか否かを判断する(S306)。すなわち
、第1特図あるいは第2特図の何れも、変動表示が終了してから暫くの期間は、変動表示
の終了に伴い停止表示された図柄を遊技者が確認するための確認時間として停止表示時間
が設けられているので、この停止表示時間中か否かを判断する。その結果、第1特図およ
び第2特図が変動表示しておらず且つ特別図柄の停止表示時間も経過していることが確認
された場合は(S306:no)、特別図柄の変動表示を開始するための処理(特図変動
表示処理)を開始する(S310)。
図18および図19は特図変動表示処理を示したフローチャートである。図示されるよ
うに、特図変動表示処理では、先ず、第2特図保留数が「0」であるか否かを判断する(
S3100)。その結果、第2特図保留数が「0」でなければ(第2特図保留数≧1)(
S3100:no)、記憶されている第2特図保留の中から最も古くに記憶された第2特
図保留を読み出す(S3102)。このS3102の処理では、第2特図保留として記憶
されている各種の判定乱数を読み出す。そして、第2特図用当り判定テーブルを選択する
(S3120)。当り判定テーブルとは、当り判定乱数の値に対応付けて「大当り」「小
当り」「外れ」の判定結果が設定されているテーブルであり、主制御基板200のROM
202に予め記憶されている。当り判定テーブルについては、後に詳しく説明する。
一方、第2特図保留数が「0」である場合は(S3100:yes)、第1特図保留数
が「0」であるか否かを判断する(S3104)。その結果、第1特図保留数が「0」で
なければ(第1特図保留数≧1)(S3104:no)、記憶されている第1特図保留の
中から最も古くに記憶された第1特図保留を読み出す(S3106)。そして、第1特図
用当り判定テーブルを選択する(S3122)。これに対して、第1特図保留数が「0」
である場合は(S3104:yes)、既に第2特図保留数も「0」と判断されているこ
とから、第1特図保留および第2特図保留の何れも記憶されていないと判断されるので、
後述の当り判定や第1特図あるいは第2特図の変動表示を開始する必要はない。そこで、
図18および図19の特図変動表示処理を終了して、図16および図17に示した特別図
柄遊技処理に復帰する。
尚、上述したように特図変動表示処理では、先ず初めに第2特図保留が記憶されている
か否かを判断し(S3100)、第2特図保留が記憶されてない場合にだけ(S3100
:yes)、第1特図保留が記憶されているか否かを判断している(S3104)。従っ
て、第1特図保留と第2特図保留とが両方とも記憶されている場合には、常に第2特図保
留が第1特図保留に優先して読み出されることとなり(第2特図保留を優先消化すること
となり)、第1特図保留が読み出されるのは、第2特図保留が記憶されていない場合に限
られる。
図20は、本実施例のパチンコ機1に記憶されている当り判定テーブルを例示した説明
図である。図20(a)には第1特図用当り判定テーブルが示されており、図20(b)
には第2特図用当り判定テーブルが示されている。第1特図用当り判定テーブルは、第1
特図保留として取得された当り判定乱数に基づき当り判定をするためのデータテーブルで
あり、第2特図用当り判定テーブルは、第2特図保留として取得された当り判定乱数に基
づき当り判定をするためのデータテーブルである。
図20(a)に示すように、第1特図用当り判定テーブルには、「0」〜「4399」
(4400個)の当り判定乱数の値のうち、「389」〜「399」(11個)の値に対
して「大当り」の判定結果が設定されており、「400」〜「443」(44個)の値に
対して「小当り」の判定結果が設定されている。従って、第1特図保留として取得された
当り判定乱数に基づき当り判定が行われる場合は、400分の1の確率で判定結果が「大
当り」となり、100分の1の確率で判定結果が「小当り」となる。
図20(b)に示すように、第2特図用当り判定テーブルには、「0」〜「4399」
(4400個)の当り判定乱数の値のうち、「389」〜「399」(11個)の値に対
して「大当り」の判定結果が設定されており、「400」〜「4399」(4000個)
の値に対して「小当り」の判定結果が設定されている。従って、第2特図保留として取得
された当り判定乱数に基づき当り判定が行われる場合は、400分の1の確率で判定結果
が「大当り」となり、1.1分の1の確率で判定結果が「小当り」となる。
第1特図用当り判定テーブルと第2特図用当り判定テーブルとを比較すれば明らかなよ
うに、当り判定の結果が「大当り」となる確率は、該当り判定が第1特図保留および第2
特図保留の何れに基づき行われたとしても同じであるが、当り判定の結果が「小当り」と
なる確率は、該当り判定が第2特図保留に基づき行われる場合の方が第1特図保留に基づ
き行われる場合よりも高い。すなわち、第2特図保留に基づき(第2始動口17aへの遊
技球の入球を契機として)当り判定が行われる場合の方が、第1特図保留に基づき(第1
始動口16aへの遊技球の入球を契機として)当り判定が行われる場合よりも、高確率で
「小当り」の判定結果が得られることとなる。
続いて、図19の特図変動表示処理では、S3120またはS3122の処理で選択し
た当り判定テーブルを参照して、第1特図保留または第2特図保留として読み出した当り
判定乱数の値が「大当り」に対応する値(大当り値)か否かを判断する(S3124)。
つまり、今回の当り判定の結果が大当りか否かを判断する。
その結果、今回の当り判定の結果が大当りでない場合は(S3124:no)、今度は
、第1特図保留または第2特図保留として読み出した当り判定乱数の値が「小当り」に対
応する値(小当り値)か否かを判断する(S3132)。つまり、今回の当り判定の結果
が小当りか否かを判断する。その結果、今回の当り判定の結果が小当りでもない場合(S
3132:no)、すなわち、今回の当り判定の結果が外れである場合は、外れ変動パタ
ーンを選択する処理を行う(S3140)。外れ変動パターン選択処理では、第1図柄表
示装置28または第2図柄表示装置32で特別図柄(第1特図または第2特図)の変動表
示を開始してから停止表示させるまでの変動パターンのうち、外れ図柄で停止表示させる
際の変動パターン(外れ変動パターン)を選択する処理が行われる。具体的には、まず、
S3102またはS3106で第1特図保留または第2特図保留として読み出した判定乱
数のうち、変動パターン決定乱数を把握する。そして、外れ変動パターンが複数設定され
た外れ変動パターンテーブルを参照して、把握した変動パターン決定乱数に対応する外れ
変動パターンを選択する。外れ変動パターンを選択したら(S3140)、停止表示させ
る図柄(停止図柄)として、図12を用いて前述した外れ図柄「101」をRAM203
の記憶領域(停止図柄記憶領域)に記憶する(S3142)。
一方、今回の当り判定の結果が大当りであると判断された場合には(S3124:ye
s)、大当り図柄を選択するための処理(大当り図柄選択処理)を行う。この処理では、
先ず、S3102またはS3106で第1特図保留または第2特図保留として読み出した
判定乱数のうち当り図柄決定乱数を用いて、その当り図柄決定乱数に対応する大当り図柄
を、大当り図柄決定テーブルを参照して選択(決定)する(S3126)。
図21(a)は、大当り図柄決定テーブルを概念的に示した説明図である。大当り図柄
決定テーブルは、当り図柄決定乱数の値に対応付けて複数の大当り図柄が設定されている
テーブルであり、主制御基板200のROM202に予め記憶されている。図12を用い
て前述したように、本実施例のパチンコ機1には、当り判定結果が大当りである場合に停
止表示する大当り図柄として、80種類の大当り図柄「1」〜「80」が設定されている
。大当り図柄決定テーブルには、図21に示すように「0〜79」の80個の当り図柄決
定乱数が設定されており、各当り図柄決定乱数に対応付けて大当り図柄「1」〜「80」
が設定されている。S3126の処理では、このような大当り図柄決定テーブルを参照し
て当り図柄決定乱数に対応する大当り図柄を選択する。こうして大当り図柄を選択したら
(S3126)、該大当り図柄を停止図柄としてRAM203の記憶領域(停止図柄記憶
領域)に記憶する(S3128)。
停止図柄記憶領域に大当り図柄を記憶したら(S3128)、大当り変動パターンを選
択する処理(大当り変動パターン選択処理)を行う(S3130)。大当り変動パターン
選択処理では、第1図柄表示装置28または第2図柄表示装置32で特別図柄(第1特図
または第2特図)の変動表示を開始してから停止表示させるまでの変動パターンのうち、
大当り図柄で停止表示させる際の変動パターン(大当り変動パターン)を選択する処理が
行われる。具体的には、まず、S3102またはS3106で第1特図保留または第2特
図保留として読み出した判定乱数のうち、変動パターン決定乱数を把握する。そして、大
当り変動パターンが複数設定された大当り変動パターンテーブルを参照して、把握した変
動パターン決定乱数に対応する大当り変動パターンを選択する。
一方、今回の当り判定の結果が小当りであると判断された場合には(S3132:ye
s)、小当り図柄を選択するための処理(小当り図柄選択処理)を行う。この処理では、
先ず、S3102またはS3106で第1特図保留または第2特図保留として読み出した
判定乱数のうち当り図柄決定乱数を用いて、その当り図柄決定乱数に対応する小当り図柄
を、小当り図柄決定テーブルを参照して選択(決定)する(S3136)。
図21(b)は、小当り図柄決定テーブルを概念的に示した説明図である。小当り図柄
決定テーブルは、当り図柄決定乱数の値に対応付けて複数の小当り図柄が設定されている
テーブルであり、主制御基板200のROM202に予め記憶されている。図12を用い
て前述したように、本実施例のパチンコ機1には、当り判定結果が小当りである場合に停
止表示する小当り図柄として、20種類の小当り図柄「81」〜「100」が設定されて
いる。小当り図柄決定テーブルには、図21に示すように「0〜79」の80個の当り図
柄決定乱数が設定されており、各当り図柄決定乱数に対応付けて小当り図柄「81」〜「
100」が設定されている。S3136の処理では、このような小当り図柄決定テーブル
を参照して当り図柄決定乱数に対応する小当り図柄を選択する。こうして小当り図柄を選
択したら(S3136)、該小当り図柄を停止図柄としてRAM203の記憶領域(停止
図柄記憶領域)に記憶する(S3138)。
停止図柄記憶領域に小当り図柄を記憶したら(S3138)、小当り変動パターンを選
択する処理(小当り変動パターン選択処理)を行う(S3139)。小当り変動パターン
選択処理では、第1図柄表示装置28または第2図柄表示装置32で特別図柄(第1特図
または第2特図)の変動表示を開始してから停止表示させるまでの変動パターンのうち、
小当り図柄で停止表示させる際の変動パターン(小当り変動パターン)を選択する処理が
行われる。具体的には、まず、S3102またはS3106で第1特図保留または第2特
図保留として読み出した判定乱数のうち、変動パターン決定乱数を把握する。そして、小
当り変動パターンが複数設定された小当り変動パターンテーブルを参照して、把握した変
動パターン決定乱数に対応する小当り変動パターンを選択する。
こうして、停止表示する図柄を停止図柄記憶領域に記憶するとともに(S3128、S
3138、S3142)変動パターンを選択したら(S3130、S3139、S314
0)、先に行われた当り判定が、第2特図保留に基づいて行われたものであるか否かを判
断する(S3152)。その結果、第2特図保留に基づいて行われたものであった場合は
(S3152:yes)、選択した変動パターンに従って、第2図柄表示装置32で特別
図柄(第2特図)の変動表示を開始した後(S3154)、第2特図保留数から「1」を
減算する(S3156)。一方、当り判定が第2特図保留に基づいて行われたものではな
かった場合、すなわち第1特図保留に基づいて行われたものである場合は(S3152:
no)、選択した変動パターンに従って、第1図柄表示装置28で特別図柄(第1特図)
の変動表示を開始した後(S3158)、第1特図保留数から「1」を減算する(S31
60)。
こうして第2特図保留数または第1特図保留数から「1」を減算したら(S3156ま
たはS3160)、今回、変動表示を開始した第1特図または第2特図の変動パターンの
種類を指定する(変動パターン識別情報が含まれた)変動パターン指定コマンドや、変動
表示を経て停止表示される特別図柄の停止図柄を指定する停止図柄指定コマンドを、変動
開始時コマンドとしてサブ制御基板220に向けて送信する(S3162)。
尚、サブ制御基板220に搭載されたCPU221は、上述の変動開始時コマンドを受
信すると、特別図柄の停止図柄を指定する停止図柄指定コマンドに基づき演出表示装置2
7で停止表示する識別図柄を選択するとともに、変動パターンの種類を指定する変動パタ
ーン指定コマンドに基づき演出表示装置27での識別図柄の演出パターンを選択する。す
なわち、変動パターン指定コマンドが、大当り変動パターンを示すものであれば、識別図
柄27a,27b,27cが大当り態様で停止表示される演出パターンが選択される。ま
た、変動パターン指定コマンドが、小当り変動パターンを示すものであれば、識別図柄2
7a,27b,27cが小当り態様(例えば特殊な識別図柄の組合せ等)で停止表示され
る演出パターンが選択される。また、変動パターン指定コマンドが、外れ変動パターンを
示すものであれば、識別図柄27a,27b,27cが外れ態様で停止表示される演出パ
ターンが選択される。サブ制御基板220のCPU221は、選択された演出パターンお
よび識別図柄を用いて、演出表示装置27の表示画面上で図柄変動演出を実行する。
こうして変動開始時コマンド(変動パターン指定コマンドおよび停止図柄指定コマンド
)を、サブ制御基板220に向かって送信したら(S3162)、図18および図19に
示した特図変動表示処理を終了して、図16および図17の特別図柄遊技処理に復帰する
以上では、特別図柄遊技処理の実行に際して小当り遊技中でも大当り遊技中でもなく(
S301:no、S302:no)、第1特図および第2特図の何れも変動表示していな
い(S304:no)と判断された場合の処理について説明した。これに対して、小当り
遊技中でも大当り遊技中でもないが(S301:no、S302:no)、第1特図また
は第2特図の何れかが変動表示中であると判断された場合は(S304:yes)、既に
、特別図柄(第1特図または第2特図)の変動パターンと停止図柄とが決定されて、第1
特図または第2特図の変動が開始されている場合に該当する。そこで、特別図柄の変動時
間が経過したか否かを判断する(S312)。第1特図または第2特図の変動時間は変動
パターンに応じて予め定められているので、第1特図または第2特図の変動を開始すると
同時に所定のタイマ(変動時間計測タイマ)に変動時間を設定することにより、所定の変
動時間が経過したかを判断することができる(変動時間計測手段)。その結果、未だ変動
時間が経過していない場合は(S312:no)、そのまま特別図柄遊技処理を終了して
、図14に示す遊技制御処理に復帰する。
これに対して、変動時間が経過したと判断された場合は(S312:yes)、変動表
示中の第1特図あるいは第2特図を停止表示させることを示すコマンド(図柄停止コマン
ド)をサブ制御基板220に向かって送信し(S314)、変動表示中の第1特図または
第2特図を、図19のS3128、S3138、S3142の処理で停止図柄記憶領域に
記憶した図柄で停止表示させる(S316)。そして、停止表示させた特別図柄を停止状
態のまま保持する時間(停止表示時間)を設定した後(S318)、設定した停止表示時
間が経過したか否かを判断する(S320)。その結果、停止表示時間が経過していない
場合は(S320:no)、そのまま特別図柄遊技処理を終了して図14に示す遊技制御
処理に復帰する。
こうして第1特図あるいは第2特図が停止表示された状態で、図14の遊技制御処理に
復帰した後、再び図16および図17の特別図柄遊技処理が開始されると、第1特図およ
び第2特図が変動表示中ではないと判断され(S304:no)、続いて、特別図柄の停
止表示時間中か否かの判断では、停止表示時間中と判断されるので(S306:yes)
、再び停止表示時間が経過したか否かを判断する(S320)。このような判断を繰り返
しているうちに停止表示時間が経過したと判断されると(S320:yes)、停止表示
された特別図柄(第1特図あるいは第2特図)が「小当り図柄」であるか否か(停止図柄
記憶領域に記憶されている図柄が小当り図柄か否か)を判断する(図13のS322)。
その結果、停止表示された特別図柄が「小当り図柄」であった場合は(S322:yes
)、該小当り図柄が停止表示された「特別図柄の種別」(第1特図および第2特図の何れ
か)を記憶する(S324)。換言すると、該小当り図柄の停止表示が第1特図保留およ
び第2特図保留のうち何れを契機とするものであったかを記憶する。続いて、今回開始す
る小当り遊技における大入賞口50aの開放パターンを設定する(S326)。すなわち
、本実施例のパチンコ機1では、小当り遊技中は大入賞口50aを適宜開放状態にする。
図22(a)は、小当り遊技における大入賞口50aの開放パターンを示す説明図であ
る。小当り遊技における大入賞口50aの開放パターンは、小当り図柄が停止表示された
「特別図柄の種別」および「小当り図柄の種類」に応じて設定される。すなわち、図22
(a)に示すように、「特別図柄の種別」が第1特図であって「小当り図柄の種類」が「
81」〜「90」の場合は、小当り遊技における大入賞口50aの開放パターンとして、
0.5秒間の開放が2回行われるパターンが設定される。また、「特別図柄の種別」が第
1特図であって「小当り図柄の種類」が「91」〜「100」の場合は、0.5秒間の開
放が3回行われるパターンが設定される。また、「特別図柄の種別」が第2特図である場
合は「小当り図柄の種類」が何れであっても、0.5秒間の開放が行われるパターンが設
定される。
こうして、今回開始する小当り遊技における大入賞口50aの開放パターンを設定した
ら(S326)、小当り遊技における可動ガイド部材400aの動作パターンを設定する
(S327)。図6〜図9を用いて前述したように、可動ガイド部材400aは、大入賞
装置50において、大入賞口50aが開放状態になると視認できる位置に設けられた部材
である。可動ガイド部材400aは、大入賞口50aから入球した遊技球を第1特定領域
300に誘導する第1特定領域誘導状態と、大入賞口50aから入球した遊技球を第2特
定領域301に誘導する第2特定領域誘導状態とに動作される。S327の処理では、こ
れらの状態をとる可動ガイド部材400aの動作パターンが設定される。
図22(b)は、小当り遊技における可動ガイド部材400aの動作パターンを示す説
明図である。小当り遊技における可動ガイド部材400aの動作パターンは、小当り図柄
が停止表示された「特別図柄の種別」および「小当り図柄の種類」に応じて設定される。
すなわち、図22(b)に示すように、「特別図柄の種別」が第1特図であって「小当り
図柄の種類」が「81」〜「90」の場合は、小当り遊技における可動ガイド部材400
aの動作パターンとして、1回の大入賞口50aの開放につき(大入賞口50aが1回開
放状態になると)0.2秒間第1特定領域誘導状態となるパターンが設定される。また、
「特別図柄の種別」が第1特図であって「小当り図柄の種類」が「91」〜「100」の
場合は、1回の大入賞口50aの開放につき0.3秒間第1特定領域誘導状態となるパタ
ーンが設定される。また、「特別図柄の種別」が第2特図である場合は「小当り図柄の種
類」が何れであっても、1回の大入賞口50aの開放につき0.4秒間第1特定領域誘導
状態となるパターンが設定される。尚、可動ガイド部材400aは、上述した第1特定領
域誘導状態にあるとき以外は、第2特定領域誘導状態に動作される。
図23は、小当り遊技における遊技球が第1特定領域300を通過する可能性(第1特
定領域300の通過難易度)を説明するための図であり、この図では、図22(a)およ
び図22(b)を連結させた上で該可能性(すなわち、1回の小当り遊技中に遊技球が第
1特定領域300を通過可能な累計時間)を示している。図23に示すように、「特別図
柄の種別」が第1特図であって「小当り図柄の種類」が「81」〜「90」の場合は、大
入賞口50aが2回開放するとともに、該開放1回につき可動ガイド部材400aが0.
2秒間第1特定領域誘導状態となる。すなわち、この場合の小当り遊技中は、0.4秒間
(0.2秒間×2回)遊技球が第1特定領域300を通過可能となる。また、「特別図柄
の種別」が第1特図であって「小当り図柄の種類」が「91」〜「100」の場合は、大
入賞口50aが3回開放するとともに、該開放1回につき可動ガイド部材400aが0.
3秒間第1特定領域誘導状態となる。すなわち、この場合の小当り遊技中は、0.9秒間
(0.3秒間×3回)遊技球が第1特定領域300を通過可能となる。また、「特別図柄
の種別」が第1特図であって「小当り図柄の種類」が「91」〜「100」の場合は、大
入賞口50aが3回開放するとともに、該開放1回につき可動ガイド部材400aが0.
4秒間第1特定領域誘導状態となる。すなわち、この場合の小当り遊技中は、1.2秒間
(0.4秒間×3回)遊技球が第1特定領域300を通過可能となる。
以上のように、本実施例のパチンコ機1では、小当り図柄が停止表示された「特別図柄
の種別」および「小当り図柄の種類」に応じて、小当り遊技中に遊技球が第1特定領域3
00を通過する可能性を異ならせている。また、本実施例のパチンコ機1では、小当り遊
技中に第1特定領域300を遊技球が通過すると大当り遊技を開始する。従って、小当り
図柄が停止表示された「特別図柄の種別」および「小当り図柄の種類」に遊技者を注目さ
せることができ、その結果、遊技興趣を高めることが可能となる。
こうして、可動ガイド部材400aの動作パターンを設定したら(図17のS327)
、小当り遊技を開始すべく、小当りフラグをONに設定する(S328)。小当りフラグ
とは、小当り遊技が実行されている(小当り遊技中である)ことを表すフラグであり、主
制御基板200に搭載されたRAM203の所定のアドレスが小当りフラグの記憶領域と
して確保されている。主制御基板200のCPU201は、小当りフラグの設定状態に応
じて、小当り遊技の実行中か否かを把握する。小当りフラグがONに設定された状態で、
図14の遊技制御処理に復帰すると、小当り遊技が開始される。
小当りフラグをONに設定したら(S328)、小当り遊技を開始する旨を表すコマン
ド(小当り遊技開始コマンド)をサブ制御基板220に向かって送信する(S332)。
サブ制御基板220のCPU221は、小当り遊技開始コマンドを受信すると、小当り遊
技に対応した表示演出を演出表示装置27の液晶画面上で実行する。小当り遊技開始コマ
ンドを送信したら(S332)、図16および図17に示した特別図柄遊技処理を終了し
て、図14の遊技制御処理に復帰する。
以上は、第1図柄表示装置28あるいは第2図柄表示装置32で停止表示された特別図
柄(すなわち第1特図あるいは第2特図)が小当り図柄であった場合(S322:yes
)の処理について説明したが、停止表示された特別図柄が小当り図柄でなかった場合は(
S322:no)、該停止表示された特別図柄が大当り図柄であるか否か(停止図柄記憶
領域に記憶されている図柄が大当り図柄か否か)を判断する(S334)。その結果、停
止表示された特別図柄が「大当り図柄」であった場合は(S334:yes)、該大当り
図柄が停止表示された「特別図柄の種別」(第1特図および第2特図の何れか)を記憶す
る(S336)。換言すると、該大当り図柄の停止表示が第1特図保留および第2特図保
留のうち何れを契機とするものであったかを記憶する。続いて、今回開始する大当り遊技
における大入賞口50aの開放パターンを設定する(S338)。すなわち、本実施例の
パチンコ機1では、大当り遊技中は大入賞口50aを適宜開放状態にする。尚、詳しくは
後述するが、本実施例のパチンコ機1では大当り遊技として、上述したような特別図柄と
して大当り図柄が停止表示した場合に開始される大当り遊技(以下、「直当りの大当り遊
技」とも表記する)と、後述する小当り遊技中に遊技球が第1特定領域300を通過する
と開始される大当り遊技(以下、「小当り経由の大当り遊技」とも表記する)とを実行可
能である。もちろん、S338の処理では、「直当りの大当り遊技」における大入賞口5
0aの開放パターンを設定する。
図24(a)は、「直当りの大当り遊技」における大入賞口50aの開放パターンを示
す説明図である。本実施例のパチンコ機1の「直当りの大当り遊技」では、大入賞口50
aが開放状態となるラウンド遊技が10回行われる(1ラウンド目から10ラウンド目ま
でのラウンド遊技が行われる)。そして、「直当りの大当り遊技」における大入賞口50
aの開放パターンは、大当り図柄が停止表示された「特別図柄の種別」および「大当り図
柄の種類」に応じて「10ラウンド目」の大入賞口50aの開放時間が異なるパターンが
複数記憶されている。
すなわち、図24(a)に示すように、「特別図柄の種別」が第1特図であって「大当
り図柄の種類」が「1」〜「40」の場合は、「直当りの大当り遊技」における大入賞口
50aの開放パターンとして、1ラウンド目から9ラウンド目のラウンド遊技において3
0秒間の開放が行われ、10ラウンド目のラウンド遊技において20秒間の開放が行われ
るパターンが設定される。また、「特別図柄の種別」が第1特図であって「大当り図柄の
種類」が「41」〜「80」の場合は、1ラウンド目から10ラウンド目のラウンド遊技
において30秒間の開放が行われるパターンが設定される。また、「特別図柄の種別」が
第2特図である場合は「大当り図柄の種類」が何れであっても、1ラウンド目から10ラ
ウンド目のラウンド遊技において30秒間の開放が行われるパターンが設定される。
こうして、今回開始する「直当りの大当り遊技」における大入賞口50aの開放パター
ンを設定したら(S338)、「直当りの大当り遊技」における可動ガイド部材400a
の動作パターンを設定する(S339)。図6〜図9を用いて前述したように、可動ガイ
ド部材400aは、大入賞装置50において、大入賞口50aが開放状態になると視認で
きる位置に設けられた部材である。可動ガイド部材400aは、大入賞口50aから入球
した遊技球を第1特定領域300に誘導する第1特定領域誘導状態と、大入賞口50aか
ら入球した遊技球を第2特定領域301に誘導する第2特定領域誘導状態とに動作される
。S339の処理では、これらの状態をとる可動ガイド部材400aの動作パターンが設
定される。
図24(b)は、「直当りの大当り遊技」における可動ガイド部材400aの動作パタ
ーンを示す説明図である。「直当りの大当り遊技」における可動ガイド部材400aの動
作パターンは、大当り図柄が停止表示された「特別図柄の種別」および「大当り図柄の種
類」に応じて設定される。すなわち、図24(b)に示すように、「特別図柄の種別」が
第1特図であって「大当り図柄の種類」が「1」〜「40」の場合は、「直当りの大当り
遊技」における可動ガイド部材400aの動作パターンとして、10ラウンド目のラウン
ド遊技において、第1特定領域誘導状態と第2特定領域誘導状態とを繰り返すように可動
ガイド部材400aを作動させて、10ラウンド目のラウンド遊技中に可動ガイド部材4
00aが第2特定領域誘導状態となる合計時間(遊技球が第2特定領域301を通過可能
な時間)が15秒となるパターンが設定される。また、「特別図柄の種別」が第1特図で
あって「大当り図柄の種類」が「41」〜「80」の場合は、10ラウンド目のラウンド
遊技において、可動ガイド部材400aが第2特定領域誘導状態のまま維持されるように
可動ガイド部材400aを作動させて、10ラウンド目のラウンド遊技中に可動ガイド部
材400aが第2特定領域誘導状態となる合計時間が30秒となるパターンが設定される
。また、「特別図柄の種別」が第2特図である場合は「大当り図柄の種類」が何れであっ
ても、10ラウンド目のラウンド遊技において、第1特定領域誘導状態と第2特定領域誘
導状態とを繰り返すように可動ガイド部材400aを作動させて、10ラウンド目のラウ
ンド遊技中に可動ガイド部材400aが第2特定領域誘導状態となる合計時間が20秒と
なるパターンが設定される。
こうして、可動ガイド部材400aの動作パターンを設定したら(図17のS339)
、大当り遊技を開始すべく、大当りフラグをONに設定する(S340)。大当りフラグ
とは、大当り遊技(「直当りの大当り遊技」および「小当り経由の大当り遊技」の何れか
)が実行されている(大当り遊技中である)ことを表すフラグであり、主制御基板200
に搭載されたRAM203の所定のアドレスが大当りフラグの記憶領域として確保されて
いる。主制御基板200のCPU201は、大当りフラグの設定状態に応じて、大当り遊
技の実行中か否かを把握する。大当りフラグがONに設定された状態で、図14の遊技制
御処理に復帰すると、大当り遊技が開始される。
また、大当り遊技の開始時が開放延長状態であったならば、該開放延長状態に対応する
開放延長フラグおよび変動短縮フラグをOFFに設定する(S342)。すなわち、小当
り遊技が開始される場合は開放延長状態が設定されていても開放延長状態を継続するが、
大当り遊技が開始される場合は開放延長状態が設定されていたら開放延長状態を終了する
。こうして大当り遊技を開始するにあたってのフラグ設定処理を終了すると(S340お
よびS342)、大当り遊技を開始する旨を示すコマンド(大当り遊技開始コマンド)を
サブ制御基板220に向かって送信する(S344)。サブ制御基板220のCPU22
1は、大当り遊技開始コマンドを受信すると、大当り遊技に対応した表示演出を演出表示
装置27の液晶画面上で実行する。大当り遊技開始コマンドを送信したら(S344)、
図16および図17に示した特別図柄遊技処理を終了して、図14の遊技制御処理に復帰
する。
以上は、第1図柄表示装置28あるいは第2図柄表示装置32で停止表示された特別図
柄(すなわち第1特図あるいは第2特図)が小当り図柄であった場合(S322:yes
)および大当り図柄であった場合(S334:yes)の処理について説明したが、停止
表示された特別図柄が小当り図柄および大当り図柄の何れでもなかった場合は(S334
:no)、遊技状態が開放延長状態である期間(開放延長期間)の進行に関する処理を行
う。本実施例のパチンコ機1では、大当り遊技中に遊技球が第2特定領域301を通過す
ると該大当り遊技の終了に続いて開放延長期間が開始される。この開放延長期間は、開始
してから第1特図の変動表示回数と第2特図の変動表示回数との合計(遊技回数)が所定
回数(本実施例では50回)に到達すると、終了するように構成されている。そこで、開
放延長期間の進行に関する処理では、先ず、変動短縮フラグがONに設定されているか否
か(開放延長期間か否か)を判断する(S346)。その結果、開放延長期間である場合
は(S346:yes)、変動短縮カウンタの値から「1」を減算する(S348)。変
動短縮カウンタは、開放延長期間が終了するまでの特別図柄の残り変動表示回数(遊技回
数)が設定されているカウンタで、特別図柄の変動表示(1回の遊技)が終了する毎(停
止表示する毎)に「1」減算される。S348の処理により「1」減算した後の変動短縮
カウンタの値が「0」、すなわち、開放延長期間での特別図柄の残り変動表示回数が「0
回」になったら(S350:yes)、開放延長期間を終了すべく、開放延長フラグおよ
び変動短縮フラグをOFFに設定する(S352)。
こうして開放延長期間を終了させる処理を行ったら(S352)、遊技状態が非開放延
長状態になることを示す遊技状態指定コマンドをサブ制御基板220に向かって送信する
(S354)。その後、特別図柄遊技処理を終了して、図14に示す遊技制御処理に復帰
する。
S344の処理で、開放延長期間での特別図柄の残り変動表示回数が「0回」ではない
と判断した場合は(S350:no)、未だ開放延長期間を終了させないので、そのまま
特別図柄遊技処理を終了して、図14に示す遊技制御処理に復帰する。また、開放延長期
間ではないと判断された場合は(S346:no)、変動短縮カウンタや、変動短縮フラ
グ、開放延長フラグの設定に係る処理を行うことなく、特別図柄遊技処理を終了して、図
14に示す遊技制御処理に復帰する。
図14に示すように、遊技制御処理では、特別図柄遊技処理から復帰すると、小当りフ
ラグがONに設定されているか否かを判断する(S400)。前述したように小当りフラ
グは、遊技状態が小当り遊技であることを示すフラグである。そこで、主制御基板200
のCPU201は、小当りフラグがONに設定されている場合は(S400:yes)、
以下に説明する小当り遊技処理を開始する(S500)。
C−4.小当り遊技処理 :
図25は、本実施例の小当り遊技処理を示すフローチャートである。この小当り遊技処
理が実行されることによって、小当り遊技が行われる。以下、図25を参照しながら小当
り遊技処理について説明する。
小当り遊技処理(S500)を開始すると、主制御基板200のCPU201は先ず、
大入賞口50aが開放中(開放状態にある)か否かを判断する(S502)。上述した特
別図柄遊技処理によって小当り遊技が開始された直後は、図16および図17を用いて前
述した特別図柄遊技処理のS328において、小当りフラグがONに設定されただけであ
り、大入賞口50aは未だ開放状態となっていないから、S502では「no」と判断さ
れる。続いて、小当り遊技の終了条件が成立したか否か、すなわち、設定された開放パタ
ーン(図22(a)参照)に応じて定まる回数だけ大入賞口50aが開放したか否かを判
断する(S508)。図25の小当り遊技処理が開始された直後は、当然ながら、小当り
遊技の終了条件は成立していないから、S508では「no」と判断され、次に、大入賞
口50aの閉鎖時間が経過したか否かが判断される(S510)。ここで、閉鎖時間とは
、大入賞口50aを複数回開放状態とする場合に、大入賞口50aを閉鎖してから次に開
口するまでの(閉鎖状態とする)時間である。従って、図25の小当り遊技処理が開始さ
れた直後は、閉鎖時間が経過したと判断されて(S510:yes)、大入賞口50aを
開放状態とする(S512)。続いて、大入賞口50aを開放状態としたことにともなっ
て、可動ガイド部材400aの動作を開始させる処理を行う(S534)。この処理では
、特別図柄遊技処理のS327(図17)で設定された動作パターン(図22(b)参照
)で可動ガイド部材400aが動作するように、振分ソレノイド401の制御を開始する
。こうして、可動ガイド部材400aの動作を開始する処理を行ったら(S534)、図
25に示す小当り遊技処理を終了して、図14に示す遊技制御処理に復帰する。
一方、小当り遊技処理を開始した際に、大入賞口50aが開放状態である判断されると
(S502:yes)、今度は、大入賞口50aの開放時間が経過したか否かを判断する
(S504)。ここで、大入賞口50aの開放時間とは、小当り遊技中における大入賞口
50aの1回の開放につき、該大入賞口50aを開放状態とする時間である。この開放時
間は、特別図柄遊技処理のS326(図17)で、小当り遊技開始時に開放パターン(図
22(a)参照)として設定されている。大入賞口50aの開放時間が経過していない場
合は(S504:no)、図25に示す小当り遊技処理を終了して、図14の遊技制御処
理に復帰する。そして、図14に示す一連の処理を行った後、再び図25の小当り遊技処
理を開始して、大入賞口50aの開放時間が経過したか否かを判断する(S504)。こ
うした処理を繰り返しているうちに、やがて大入賞口50aの開放時間が経過したと判断
されたら(S504:yes)、大入賞口50aを閉鎖状態とする(S506)。続いて
、大入賞口50aを閉鎖状態としたことにともなって、可動ガイド部材400aの動作を
停止させる処理を行う(S507)。すなわち、大入賞口50aの開放中は、特別図柄遊
技処理のS327(図17)で設定された動作パターン(図22(b)参照)で可動ガイ
ド部材600aが動作しているので、該動作を停止させる。
続いて、小当り遊技の終了条件が成立したか否かを判断する(S508)。すなわち、
設定された開放パターン(図22(a)参照)の開放回数に、大入賞口50aの開放回数
が到達したか否かを判断する。大入賞口50aを閉鎖状態とした段階(S506)で、小
当り遊技の終了条件が成立していないと判断された場合は(S508:no)、大入賞口
50aの閉鎖時間が経過したか否かを判断する(S510)。そして、閉鎖時間が経過し
ていないものと判断された場合は(S510:no)、図25に示す小当り遊技処理を終
了して、図14に示す遊技制御処理に復帰する。一方、大入賞口50aの閉鎖時間が経過
したものと判断された場合は(S510:yes)、大入賞口50aを開放させるととも
に(S512)、可動ガイド部材400aの動作を開始させる処理を行う(S534)。
その後、図25に示す小当り遊技処理を終了して、図14に示す遊技制御処理に復帰する
このような処理を繰り返しているうちに、やがて、小当り遊技の終了条件が成立したと
判断されるので(S508:yes)、小当り遊技を終了するべく、小当りフラグをOF
Fに設定すると共に(S514)、小当り遊技の終了を指定する小当り終了コマンドを、
サブ制御基板220に向かって出力する(S515)。
続いて、大入賞口50aの開放中に、遊技球が大入賞口50aから入球したか否かを判
断する(S516)。図10を用いて前述したように、大入賞口50aには大入賞口スイ
ッチ50sが設けられており、大入賞口50aから入球した遊技球は必ず大入賞口スイッ
チ50sで検出されるようになっている。このため、小当り遊技中に大入賞口スイッチ5
0sで遊技球が検出されたか否かによって、遊技球が大入賞口50aに入球したか否かを
容易に判断することができる。その結果、小当り遊技中に遊技球が大入賞口50aに入球
していないと判断された場合は(S516:no)、図25に示す小当り遊技処理を終了
する。
これに対して、大入賞口50aに遊技球が入球したと判断された場合は(S516:y
es)、該入球した遊技球が全て排出されたか否かを判断する(S518)。図7〜図9
を用いて前述したように、大入賞口50aに入球した遊技球は、可動ガイド部材400a
によって第1特定領域300または第2特定領域301の何れかに振り分けられる。そし
て、第1特定領域300に振り分けられた場合には、第1特定領域検出スイッチ300s
で検出され、第2特定領域301に振り分けられた場合には、第2特定領域検出スイッチ
301sで検出される。従って、第1特定領域検出スイッチ300sおよび第2特定領域
検出スイッチ301sで検出された遊技球数を加算して、大入賞口50aに入球した遊技
球数と比較することにより、全ての遊技球が排出されたか否かを判断することができる。
その結果、未だ全ての遊技球は排出されていないと判断された場合は(S518:no)
、518の判断を繰り返しながら待機状態となる。
こうして判断を繰り返しているうちに、やがて全ての遊技球が排出されたと判断される
ので(S518:yes)、今度は、今回の小当り遊技中に遊技球が第1特定領域300
を通過したか否かを判断する(S522)。第1特定領域300を通過したか否かは、第
1特定領域検出スイッチ300sで遊技球が検出されたか否かに基づいて判断する。その
結果、第1特定領域検出スイッチ300sで遊技球が検出されなかった場合は、第1特定
領域300を通過していないと判断される(S522:no)。この場合は、開放延長期
間の進行に関する処理を行う(S536)。前述したように、本実施例のパチンコ機1の
開放延長期間は、開始してから第1特図の変動表示回数と第2特図の変動表示回数との合
計(遊技回数)が所定回数(本実施例では50回)に到達すると、終了するように構成さ
れている。そこで、小当り遊技が実行されたものの第1特定領域300を遊技球が通過し
なかった場合も、開放延長期間であれば今回の遊技(小当り図柄が停止表示した遊技)を
開放延長期間における1回の遊技として計数すべく、図17のS346〜S354と同じ
開放延長期間の進行に関する処理を行う。その後、図25に示す小当り遊技処理を終了し
て、図14に示す遊技制御処理に復帰する。
これに対して、遊技球が第1特定領域300を通過したと判断された場合は(S522
:yes)、大当り遊技を開始するための処理を行う。すなわち、前述したように、本実
施例のパチンコ機1では、小当り遊技中に遊技球が第1特定領域300を通過すると大当
り遊技(つまり、「小当り経由の大当り遊技」)を開始することから、該大当り遊技を開
始するための処理を行う。この処理は、特別図柄として大当り図柄が停止表示した場合に
「直当りの大当り遊技」を開始する処理(図17のS338〜S344)と同様であるが
、大入賞口50aの開放パターンおよび可動ガイド部材400aの動作パターンの設定内
容が異なる。
小当り経由の大当り遊技を開始するための処理では、先ず、今回開始する大当り遊技に
おける大入賞口50aの開放パターンを設定する(S524)。
図26(a)は、「小当り経由の大当り遊技」における大入賞口50aの開放パターン
を示す説明図である。「小当り経由の大当り遊技」においても10回のラウンド遊技が実
行される。「小当り経由の大当り遊技」における大入賞口50aの開放パターンとしては
、該小当り遊技の契機となった小当り図柄が停止表示された「特別図柄の種別」および「
小当り図柄の種類」に応じて「10ラウンド目」の大入賞口50aの開放時間が異なるパ
ターンが複数記憶されている。尚、「小当り経由の大当り遊技」においても「直当りの大
当り遊技」と同じく10回のラウンド遊技が実行される。
すなわち、図26(a)に示すように、小当り図柄の停止表示した「特別図柄の種別」
が第1特図であって「小当り図柄の種類」が「81」〜「90」の場合は、「小当り経由
の大当り遊技」における大入賞口50aの開放パターンとして、1ラウンド目から10ラ
ウンド目のラウンド遊技において30秒間の開放が行われるパターンが設定される。また
、小当り図柄の停止表示した「特別図柄の種別」が第1特図であって「小当り図柄の種類
」が「91」〜「100」の場合は、1ラウンド目から9ラウンド目のラウンド遊技にお
いて30秒間の開放が行われ、10ラウンド目のラウンド遊技において20秒間の開放が
行われるパターンが設定される。また、小当り図柄の停止表示した「特別図柄の種別」が
第2特図である場合は「小当り図柄の種類」が何れであっても、1ラウンド目から10ラ
ウンド目のラウンド遊技において30秒間の開放が行われるパターンが設定される。
こうして、今回開始する「小当り経由の大当り遊技」における大入賞口50aの開放パ
ターンを設定したら(S524)、「小当り経由の大当り遊技」における可動ガイド部材
400aの動作パターンを設定する(S526)。
図26(b)は、「小当り経由の大当り遊技」における可動ガイド部材400aの動作
パターンを示す説明図である。「小当り経由の大当り遊技」における可動ガイド部材40
0aの動作パターンは、該小当り遊技の契機となった小当り図柄が停止表示された「特別
図柄の種別」および「小当り図柄の種類」に応じて設定される。すなわち、図26(b)
に示すように、小当り図柄の停止表示した「特別図柄の種別」が第1特図であって「小当
り図柄の種類」が「81」〜「90」の場合は、大当り遊技における可動ガイド部材40
0aの動作パターンとして、10ラウンド目のラウンド遊技において、第1特定領域誘導
状態と第2特定領域誘導状態とを繰り返すように可動ガイド部材400aを作動させて、
10ラウンド目の遊技中に可動ガイド部材400aが第2特定領域誘導状態となる合計時
間(遊技球が第2特定領域301を通過可能な時間)が20秒となるパターンが設定され
る。また、小当り図柄の停止表示した「特別図柄の種別」が第1特図であって「小当り図
柄の種類」が「91」〜「100」の場合は、10ラウンド目のラウンド遊技において、
可動ガイド部材400aが第2特定領域誘導状態のまま維持されるように可動ガイド部材
400aを作動させて、10ラウンド目のラウンド遊技中に可動ガイド部材400aが第
2特定領域誘導状態となる合計時間が10秒となるパターンが設定される。また、小当り
図柄の停止表示した「特別図柄の種別」が第2特図である場合は「小当り図柄の種類」が
何れであっても、10ラウンド目のラウンド遊技において、第1特定領域誘導状態と第2
特定領域誘導状態とを繰り返すように可動ガイド部材400aを作動させて、10ラウン
ド目のラウンド遊技中に可動ガイド部材400aが第2特定領域誘導状態となる合計時間
が20秒となるパターンが設定される。尚、これらの動作パターンは、10ラウンド目以
外のラウンド遊技では、可動ガイド部材400aを第1特定領域誘導状態に維持するパタ
ーンである。
こうして、可動ガイド部材400aの動作パターンを設定したら(図25のS526)
、「小当り経由の大当り遊技」を開始すべく、大当りフラグをONに設定する(S528
)。また、「小当り経由の大当り遊技」の開始時が開放延長状態であったならば、該開放
延長状態を終了すべく開放延長フラグおよび変動短縮フラグをOFFに設定する(S53
0)。こうして大当り遊技を開始するにあたってのフラグ設定処理を終了すると(S32
8およびS330)、大当り遊技を開始する旨を示すコマンド(大当り遊技開始コマンド
)をサブ制御基板220に向かって送信する(S532)。大当り遊技開始コマンドを送
信したら(S532)、図25に示す小当り遊技処理を終了して、図14の遊技制御処理
に復帰する。
C−5.大当り遊技処理 :
図14に示すように、遊技制御処理では小当り遊技処理から復帰すると、大当りフラグ
がONに設定されているか否かを判断する(S600)。大当りフラグは、図16および
図17を用いて前述した特別図柄遊技処理の中で大当り図柄が停止表示されることによっ
てONに設定される場合(「直当りの大当り遊技」が開始される場合)(図17のS34
0)と、上述した図25の小当り遊技処理の中で遊技球が第2特定領域301を通過する
ことによってONに設定される場合(「小当り経由の大当り遊技」が開始される場合)(
図21のS528)とが存在している。そこで、図14に示した遊技制御処理では、特別
図柄遊技処理(S300)および小当り遊技処理(S500)が終了した後に、大当りフ
ラグがONに設定されているか否かを判断する(S600)。そして、大当りフラグがO
Nに設定されている場合には(S600:yes)、以下に説明する大当り遊技処理を開
始する(S700)。これに対して、大当りフラグがONに設定されていない場合は(S
700:no)、大当り遊技処理は不要であるのでスキップする。
図27は、本実施例の大当り遊技処理を示すフローチャートである。この大当り遊技処
理が実行されることによって、大当り遊技(「直当りの大当り遊技」あるいは「小当り経
由の大当り遊技」)が行われる。以下、図27を参照しながら大当り遊技処理について説
明する。
大当り遊技処理(S700)を開始すると、主制御基板200のCPU201は先ず、
大入賞口50aが開放中か否かを判断する(S702)。大当り遊技処理が開始された直
後は、大当りフラグがONに設定されているだけで大入賞口50aはまだ開放していない
から、S702では「no」と判断されて、大当り遊技の終了条件が成立したか否かが判
断される(S708)。大当り遊技の終了条件は、所定回数のラウンド遊技が終了したか
否かによって判断される。従って、S708では、ラウンド遊技回数が所定回数に達した
か否かを判断して、達していれば、大当り遊技の終了条件が成立したと判断され(S70
8:yes)、達していなければ、終了条件が成立していないと判断されることになる(
S708:no)。尚、本実施例のパチンコ機1の大当り遊技は、図24および図26を
用いて前述したように、10回のラウンド遊技が行われると終了する。従って、S708
では、ラウンド遊技回数が10回に達したか否かが判断される。
図27の大当り遊技を開始した直後は、当然ながらラウンド遊技は10回に達していな
いので、S708では「no」と判断され、続いて、大入賞口50aの閉鎖時間が経過し
たか否かを判断する(S710)。ここで大入賞口50aの閉鎖時間とは、ラウンド遊技
とラウンド遊技との間で、大入賞口50aを閉鎖しておく時間である。大当り遊技を開始
した直後は、当然ながら、閉鎖時間は経過したものと判断されて(S710:yes)、
大入賞口50aを開放状態とする(S712)。続いて、大入賞口50aを開放状態とし
たことにともなって、可動ガイド部材400aの動作を開始させる処理を行う(S730
)。この処理では、先ず、今回大入賞口50aを開放状態とすることによって10回目の
ラウンド遊技を開始するか否かを判断する。そして、10回目のラウンド遊技であれば、
特別図柄遊技処理のS339(図17)あるいは小当り遊技処理のS526(図25)で
設定された動作パターン(図24(b)および図26(b)参照)で可動ガイド部材40
0aが動作するように、振分ソレノイド401の制御を開始する。これにより、大当り遊
技中は10回目のラウンド遊技で、遊技球が第2特定領域301を通過することが可能と
なる。こうして、可動ガイド部材400aの動作を開始する処理を行ったら(S730)
、図27に示す大当り遊技処理を終了して、図14に示す遊技制御処理に復帰する。次に
図27の大当り遊技処理を開始した際には、S702において、大入賞口50aが開放中
と判断され(S702:yes)、今度は、大入賞口50aの開放終了条件が成立したか
否かを判断する(S704)。大入賞口50aの開放終了条件としては、所定の開放時間
が経過したか、あるいは開放中の大入賞口50aに規定個数(例えば10個)の遊技球が
入球することが条件として設定されている。当然ながら、大入賞口50aが開放した直後
は、開放終了条件は成立していないから(S704:no)、図27に示す大当り遊技処
理を終了して、図14に示す遊技制御処理に復帰する。そして、再び大当り遊技処理を開
始すると、大入賞口50aが開口しているか否か(S702)、および開放している大入
賞口50aの開口終了条件が成立したか否かを判断し(S704)、開放終了条件が成立
していなければ(S704:no)、図27に示す大当り遊技処理を終了して、図14に
示す遊技制御処理に復帰する。
このような処理を繰り返しているうちに、やがて大入賞口50aの開放終了条件が成立
したと判断されるので(S704:yes)、大入賞口50aを閉鎖状態とする(S70
6)。続いて、大入賞口50aを閉鎖状態としたことにともなって、可動ガイド部材40
0aの動作を停止させる処理を行う(S707)。この処理では、今回大入賞口50aを
閉鎖状態とすることによって10回目のラウンド遊技を終了するか否かを判断する。そし
て、10回目のラウンド遊技であれば、特別図柄遊技処理のS339(図17)あるいは
小当り遊技処理のS526(図25)で設定された動作パターン(図24(b)および図
26(b)参照)で可動ガイド部材400aが動作しているので、該動作を停止させる。
続いて、大当り遊技の終了条件が成立していない場合は(S708:no)、大入賞口
50aの閉鎖時間が経過したか否かを判断し(S710)、閉鎖時間が経過していなけれ
ば(S710:no)、図27に示す大当り遊技処理を終了して、図14に示す遊技制御
処理に復帰する。一方、大入賞口50aの閉鎖時間が経過したと判断されたら(S710
:yes)、大入賞口50aを再び開放させる(S712)。その後、図27に示す大当
り遊技処理を終了して、図14に示す遊技制御処理に復帰する。
以上のように、大入賞口31dの閉鎖(S706)と開口(S712)とを繰り返して
いるうちに、やがて、予め定められたラウンド遊技回数を消化して、大当り遊技の終了条
件が成立したと判断されるので(S708:yes)、大当り遊技を終了するべく、大当
りフラグをOFFに設定すると共に(S714)、大当り遊技の終了を指定するコマンド
(大当り終了コマンド)をサブ制御基板220に出力する(S715)。
続いて、10回目のラウンド遊技中に、遊技球が大入賞口50aから入球したか否かを
判断する(S716)。図10を用いて前述したように、大入賞口50aには大入賞口ス
イッチ50sが設けられており、大入賞口50aから入球した遊技球は必ず大入賞口スイ
ッチ50sで検出されるようになっている。このため、10回目のラウンド遊技中に大入
賞口スイッチ50sで遊技球が検出されたか否かによって、遊技球が大入賞口50aに入
球したか否かを容易に判断することができる。その結果、10回目のラウンド遊技中に遊
技球が大入賞口50aに入球していないと判断された場合は(S716:no)、図27
に示す大当り遊技処理を終了する。
これに対して、大入賞口50aに遊技球が入球したと判断された場合は(S716:y
es)、該入球した遊技球が全て排出されたか否かを判断する(S718)。図7〜図9
を用いて前述したように、大入賞口50aに入球した遊技球は、可動ガイド部材400a
によって第1特定領域300または第2特定領域301の何れかに振り分けられる。そし
て、第1特定領域300に振り分けられた場合には、第1特定領域検出スイッチ300s
で検出され、第2特定領域301に振り分けられた場合には、第2特定領域検出スイッチ
301sで検出される。従って、第1特定領域検出スイッチ300sおよび第2特定領域
検出スイッチ301sで検出された遊技球数を加算して、大入賞口50aに入球した遊技
球数と比較することにより、全ての遊技球が排出されたか否かを判断することができる。
その結果、未だ全ての遊技球は排出されていないと判断された場合は(S718:no)
、718の判断を繰り返しながら待機状態となる。
こうして判断を繰り返しているうちに、やがて全ての遊技球が排出されたと判断される
ので(S718:yes)、今度は、10回目のラウンド遊技中に遊技球が第2特定領域
301を通過したか否かを判断する(S722)。第2特定領域301を通過したか否か
は、第2特定領域検出スイッチ301sで遊技球が検出されたか否かに基づいて判断する
。その結果、第2特定領域検出スイッチ301sで遊技球が検出されなかった場合は、第
2特定領域301を通過していないと判断されて(S722:no)、そのまま図27に
示す大当り遊技処理を終了して、図14に示す遊技制御処理に復帰する。
これに対して、遊技球が第2特定領域301を通過したと判断された場合は(S722
:yes)、今回の大当り終了後に開放延長期間を開始すべく(遊技状態を開放延長状態
にすべく)、開放延長フラグおよび変動短縮フラグをONに設定する(S724)。また
、該開放延長期間を50回の遊技が行われるまで継続すべく(開放延長期間の継続期間を
50回にすべく)、変動短縮カウンタの値に「50」を設定する(S726)。こうして
、遊技状態を開放延長状態に設定する処理を行ったら(S724、S726)、図27に
示す大当り遊技処理を終了する。
尚、大入賞口50aは、遊技球が入球不能な閉鎖状態と遊技球が入球可能な開放状態と
に変化可能に設けられ、内部に第1特定領域300と第2特定領域301とが形成されて
いる。従って、大入賞口50aは、本発明における「大入賞口」に対応している。また、
可動ガイド部材400aは、大入賞口50a内に設けられ、開放状態にある大入賞口50
aに入球した遊技球を第1特定領域300と第2特定領域301の何れかに振り分ける。
従って、可動ガイド部材400aは、本発明における「振分手段」に対応している。
また、主制御基板200のCPU201は上述した処理を実行することによって、第1
特図または第2特図(特別図柄)が小当り図柄で停止表示されると、大入賞口50aを開
放状態にする小当り遊技を実行する。従って、主制御基板200に搭載されたCPU22
1は、本発明における「小当り遊技実行手段」に対応している。また、主制御基板200
のCPU201は上述した処理を実行することによって、小当り遊技中に大入賞口50a
から入球した遊技球が第1特定領域300を通過した場合、および、第1特図または第2
特図(特別図柄)が大当り図柄で停止表示された場合に、小当り遊技中に大入賞口50a
を開放状態とする時間よりも長い時間、大入賞口50aを開放状態にする大当り遊技を実
行する。従って、主制御基板200に搭載されたCPU221は、本発明における「大当
り遊技実行手段」に対応している。また、主制御基板200のCPU201は上述した処
理を実行することによって、大当り遊技中に大入賞口50aから入球した遊技球が第2特
定領域301を通過すると、「特別図柄が小当り図柄で停止表示される確率の高い第2始
動口17a」に遊技球が入球し易い開放延長状態(特別図柄が小当り図柄で停止表示され
る確率が高まる特定状態)を大当り遊技終了後に発生させる。従って、主制御基板200
に搭載されたCPU221は、本発明における「特定状態発生手段」に対応している。
また、主制御基板200のCPU201は図24および図26を用いて上述した処理を
実行することによって、「直当りの大当り遊技」(大当り図柄が停止表示されることを契
機として大当り遊技)が実行される場合と、「小当り経由の大当り遊技」(小当り遊技中
に大入賞口に入球した遊技球が第1特定領域を通過したことを契機として大当り遊技)が
実行される場合とで、大当り遊技中に大入賞口50aに入球した遊技球が第2特定領域3
01を通過する可能性を変更している。従って、主制御基板200に搭載されたCPU2
01は、本発明における「第1の可能性変更手段」に対応している。また、主制御基板2
00のCPU201は図26を用いて上述した処理を実行することによって、「小当り経
由の大当り遊技」(小当り遊技中に大入賞口に入球した遊技球が第1特定領域を通過した
ことを契機として大当り遊技)が実行された場合に、該小当り遊技の実行契機となった小
当り図柄の種類に応じて、当該大当り遊技中に大入賞口50aに入球した遊技球が第2特
定領域301を通過する可能性を変更している。従って、主制御基板200に搭載された
CPU201は、本発明における「第2の可能性変更手段」に対応している。
D.本実施例のパチンコ機によって実現される遊技性 :
図28は、本実施例のパチンコ機1における遊技の流れを示す説明図である。尚、以下
の説明中の括弧内の符号(ev.N)は、図28中の符号に対応している。
上述したように、本実施例のパチンコ機1では、遊技状態が非開放延長状態に設定され
ている場合は、第2始動口17aが開放状態になる機会が少ないことから、第1始動口1
6aへの遊技球の入球(ev.1)を契機とする「第1特別図柄の変動表示」(ev.2
)が行われる遊技が専ら実行される。非開放延長状態において、第1特別図柄が大当り図
柄で停止表示されると(ev.3)「直当りの大当り遊技」が開始される(ev.4)。
また、非開放延長状態において、第1特別図柄が小当り図柄で停止表示されると(ev
.5)小当り遊技が開始される(ev.6)。小当り遊技中は、大入賞口50aが開放し
て、遊技球が大入賞口50aに入球可能になる。そして、大入賞口50aに入球した遊技
球が、第1特定領域300を通過すると(ev.7)「小当り経由の大当り遊技」が開始
される(ev.4)。小当り遊技が開始されても第1特定領域300を遊技球が通過しな
い場合(ev.8)および第1特別図柄が外れ図柄で停止表示された場合は(ev.9)
、大当り遊技は開始されない(ev.10)。
ここで、図20(a)を用いて前述したように、第1特別図柄が大当り図柄で停止表示
される確率は400分の1であり、第1特別図柄が小当り図柄で停止表示される確率は1
00分の1である。すなわち、第1特別図柄の変動表示が専ら行われる非開放延長状態は
、「直当りの大当り遊技」および「小当り経由の大当り遊技」の何れが開始される確率(
発生確率)も低い状態である。
大当り遊技(「直当りの大当り遊技」あるいは「小当り経由の大当り遊技」)が開始さ
れると(ev.4)、大入賞口50aが開放状態となるラウンド遊技が10回実行される
。そして、10回目のラウンド遊技(特定のラウンド遊技)において(ev.11)、大
入賞口50aから入球した遊技球が、第2特定領域301を通過すると(ev.12)、
大当り遊技が終了してから特別図柄の変動表示が50回実行されるまで、遊技状態が開放
延長状態に設定される(ev.13)。これに対して、遊技球が第2特定領域301を通
過しない場合は(ev.14)、遊技状態は開放延長状態には設定されず、非開放延長状
態に設定される(ev.15)。
遊技状態が開放延長状態に設定されている場合は、非開放延長状態が設定されている場
合よりも第2始動口17aが開放状態になる機会が多いことから、遊技球の使用を抑制で
きるとともに、第2始動口17aへの遊技球の入球を契機とする「第2特別図柄の変動表
示」が行われる遊技が専ら実行される。「第2特別図柄の変動表示」が行われる場合も、
上述した「第1特別図柄の変動表示」が行われる場合と同様の流れで遊技が進行するが、
特別図柄が小当り図柄で停止表示される確率が「第1特別図柄の変動表示」が行われる場
合よりも高くなっている。すなわち、第1特別図柄が小当り図柄で停止表示される確率は
100分の1であるのに対して、図20(b)を用いて前述したように、第2特別図柄が
小当り図柄で停止表示される確率は1.1分の1である。従って、開放延長状態は、小当
り遊技が非開放延長状態よりも高い確率で開始される(発生する)状態である。
また、小当り遊技が高確率で発生すると、遊技球が大入賞口50aに入球して第1特定
領域300を通過する確率も高くなることから、「小当り経由の大当り遊技」が高い確率
で開始される。従って、開放延長状態は、「小当り経由の大当り遊技」が非開放延長状態
よりも高い確率で開始される(発生する)状態である。
開放延長状態において「直当りの大当り遊技」および「小当り経由の大当り遊技」の何
れも発生しないまま特別図柄の変動表示が50回行われた場合は、遊技状態が非開放延長
状態に設定されて、「第1特別図柄の変動表示」が行われる遊技が専ら実行される状態と
なる。
本実施例のパチンコ機1は以上のように構成されているので、小当り遊技中は、「小当
り経由の大当り遊技」が開始されることを所望させて「大入賞口50aから入球した遊技
球が第1特定領域300を通過すること」に遊技者を期待させ、大当り遊技中は、「小当
り経由の大当り遊技」が開始される確率が高まる状態(特定状態)が発生することを所望
させて「大入賞口50aから入球した遊技球が第2特定領域301を通過すること」に遊
技者を期待させることができる。すなわち、同じ大入賞口50aに入球した遊技球に対し
て、小当り遊技中と大当り遊技中とで異なる特定領域を通過することに期待させることが
できる。この結果、大当り遊技中および大当り遊技終了後に新たな面白みを付加でき、大
当り遊技中および大当り遊技終了後の遊技興趣を高めることが可能となる。
また、大当り遊技中に10回実行されるラウンド遊技のうち(複数回のラウンド遊技の
うち)、10回目のラウンド遊技(特定のラウンド遊技)中に遊技球が第2特定領域30
1を通過すると、大当り遊技終了後の遊技状態が開放延長状態に設定されるので、大当り
遊技中に実行される複数回のラウンド遊技のなかでも、特に特定のラウンド遊技(10回
目のラウンド遊技)に、遊技者を注目させることができ、遊技興趣を高めることが可能と
なる。
また、図23に示すように、小当り遊技中は、該小当り遊技の実行契機となった小当り
図柄の種類や、該小当り図柄が停止表示された特図種別に応じて、遊技球が第1特定領域
300を通過することの難易度(すなわち、「小当り経由の大当り遊技」の発生し易さ)
が設定されている。これにより、遊技者に小当り図柄の種類および該小当り図柄が停止表
示された特図種別に注目させることができ、遊技興趣を高めることができる。
また、図24および図26を比較すれば明らかなように、「小当り経由の大当り遊技」
中と「直当りの大当り遊技」中とで、大当り遊技中に遊技球が第2特定領域301を通過
することの難易度(すなわち、開放延長状態の発生し易さ)が設定されている。この結果
、大当り遊技の実行契機に対する遊技者の関心を大当り遊技中にまで継続させることがで
き、遊技興趣を高めることが可能となる。
また、図26に示すように、特別図柄が小当り図柄で停止表示されたことを契機として
小当り遊技が開始され、小当り遊技中に遊技球が第1特定領域300を通過したことを契
機として「小当り経由の大当り遊技」が開始された場合は、該小当り遊技の実行契機とな
った小当り図柄の種類や、該小当り図柄が停止表示された特図種別に応じて、該「小当り
経由の大当り遊技」中に遊技球が第2特定領域301を通過することの難易度(すなわち
、開放延長状態の発生し易さ)が設定されている。これにより、小当り遊技の実行契機と
なった小当り図柄の種類や、該小当り図柄が停止表示された特図種別に対する遊技者の関
心を、「小当り経由の大当り遊技」中にまで継続させることができ、遊技興趣を高めるこ
とが可能となる。
また、図24に示すように、「直当りの大当り遊技」中は、該大当り遊技の実行契機と
なった大当り図柄の種類や、該大当り図柄が停止表示された特図種別に応じて、遊技球が
第2特定領域301を通過することの難易度(すなわち、開放延長状態の発生し易さ)が
設定されている。これにより、遊技者に大当り図柄の種類および該大当り図柄が停止表示
された特図種別に注目させることができ、遊技興趣を高めることができる。
以上、本発明について実施の形態を説明したが、本発明はこれに限定されるものではな
く、各請求項に記載した範囲を逸脱しない限り、各請求項の記載文言に限定されず、当業
者がそれらから容易に置き換えられる範囲にも及び、かつ、当業者が通常有する知識に基
づく改良を適宜付加することができる。
例えば、上述した実施例では、大当り遊技中に遊技球が第2特定領域301を通過した
場合は、開放延長状態を発生させて第2始動口17aに遊技球を入球し易くする構成にす
ることによって、小当り遊技が開始され易い状態(特定状態:「小当り経由の大当り遊技
」が開始され易い状態)を発生させた。この開放延長状態に代えて、大当り遊技中に遊技
球が第2特定領域301を通過した場合に、第1始動口17aへの入球を契機として特別
図柄が変動表示される場合に小当り図柄が停止表示される確率を高くする「小当り高確率
状態」を発生させる構成としてもよい。つまり、大当り遊技中に遊技球が第2特定領域3
01を通過した場合は、当該大当り遊技の終了後からの所定期間の特別図柄遊技にて、当
否判定処理で小当りと判定される確率を高くする。この場合は、第2始動口17aは設け
なくても、小当り遊技が開始され易い状態を発生させることが可能となる。また、上述し
た実施例における「開放延長状態」に代えて、大当り遊技中に遊技球が第2特定領域30
1を通過した場合に、第2始動口17aの開放時間を通常と変化させることなく普通図柄
の当り判定にて「当り」と判定される確率を高める「普図当り高確率状態」を発生させる
構成としてもよい。このような構成でも、第2始動口17aへの入球頻度を高めることが
でき、上述の実施例と同等の効果を得ることが可能となる。
また、上述した実施例では、大入賞口50aには第1特定領域300と第2特定領域3
01が設けられている構成としたが、これらに加えて、遊技球が通過しても大当り遊技や
開放延長状態の発生契機とならない「非特定領域」を大入賞口50aに設ける構成として
もよい。
本発明は、遊技ホールで用いられる弾球遊技機に利用することができる。
1…パチンコ機、16a…第1始動口(始動口)、17a…第2始動口(始動口)、2
8…第1図柄表示装置、32…第2図柄表示装置、50a…大入賞口、300…第1特定
領域、301…第2特定領域、400a…可動ガイド部材(振分手段)、200…主制御
基板(遊技制御手段)、201…CPU(小当り遊技実行手段、大当り遊技実行手段、特
定状態発生手段、第1の可能性変更手段、第2の可能性変更手段)、220…サブ制御基
板、221…CPU

Claims (1)

  1. 遊技盤上に発射された遊技球の始動口への入球に基づいて、図柄表示装置にて図柄を変動表示させて停止表示する図柄変動遊技を実行する弾球遊技機において、
    前記始動口として、第1始動口と遊技球の入球可能性が変化可能な第2始動口とを備え、
    遊技球が入球不能な閉鎖状態と遊技球が入球可能な開放状態とに変化可能であって、内部に第1領域と第2領域が設けられる大入賞口と、
    前記大入賞口内に設けられ、開放状態にある前記大入賞口に入球した遊技球を前記第1領域または前記第2領域に振り分ける振分手段と、
    所定の小当り図柄が停止表示されると、小当り遊技を実行する小当り遊技実行手段と、
    所定の大当り図柄が停止表示されると、大当り遊技を実行する大当り遊技実行手段と、
    前記大入賞口に入球した遊技球が前記第2領域を通過すると、大当り遊技の終了後に、前記第2始動口への入球頻度が高まる特定状態を発生させる特定状態発生手段と、を備え、
    前記小当り遊技が実行される場合は、前記大当り遊技が実行される場合よりも前記第1領域に遊技球が通過する可能性が高くなるように前記振分手段を制御し、前記大当り遊技が実行される場合は、前記小当り遊技が実行される場合よりも前記第2領域に遊技球が通過する可能性が高くなるように前記振分手段を制御するとともに、
    前記小当り遊技が実行され前記第1領域に遊技球を振り分けるよりも、前記大当り遊技が実行され前記第2領域に遊技球を振り分ける可能性が高くなるように前記振分手段を制御する
    ことを特徴とする弾球遊技機。
JP2014078564A 2014-04-07 2014-04-07 弾球遊技機 Withdrawn JP2014166541A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2014078564A JP2014166541A (ja) 2014-04-07 2014-04-07 弾球遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2014078564A JP2014166541A (ja) 2014-04-07 2014-04-07 弾球遊技機

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2011278934A Division JP5522159B2 (ja) 2011-12-20 2011-12-20 弾球遊技機

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2014166541A true JP2014166541A (ja) 2014-09-11

Family

ID=51616576

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014078564A Withdrawn JP2014166541A (ja) 2014-04-07 2014-04-07 弾球遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2014166541A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2016165416A (ja) * 2015-03-10 2016-09-15 株式会社高尾 遊技機

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009131543A (ja) * 2007-11-30 2009-06-18 Aruze Corp 遊技機
JP2010063502A (ja) * 2008-09-08 2010-03-25 Sammy Corp パチンコ遊技機

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009131543A (ja) * 2007-11-30 2009-06-18 Aruze Corp 遊技機
JP2010063502A (ja) * 2008-09-08 2010-03-25 Sammy Corp パチンコ遊技機

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2016165416A (ja) * 2015-03-10 2016-09-15 株式会社高尾 遊技機

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5733202B2 (ja) 弾球遊技機
JP5670934B2 (ja) 弾球遊技機
JP2012245034A (ja) 弾球遊技機
JP2013128590A (ja) 弾球遊技機
JP2015208335A (ja) 遊技機
JP5516638B2 (ja) 弾球遊技機
JP5522159B2 (ja) 弾球遊技機
JP5304845B2 (ja) 弾球遊技機
JP5516639B2 (ja) 弾球遊技機
JP2013128591A (ja) 弾球遊技機
JP5668743B2 (ja) 弾球遊技機
JP5435012B2 (ja) 弾球遊技機
JP5949828B2 (ja) 遊技機
JP2014166541A (ja) 弾球遊技機
JP2016146976A (ja) 遊技機
JP2015167755A (ja) 弾球遊技機
JP6152864B2 (ja) 遊技機
JP5920391B2 (ja) 弾球遊技機
JP5435117B1 (ja) 弾球遊技機
JP5413437B2 (ja) 弾球遊技機
JP2016034407A (ja) 遊技機
JP2020081709A (ja) 遊技機
JP6337289B2 (ja) 遊技機
JP2013230379A (ja) 弾球遊技機
JP2020099452A (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20150515

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20150519

A761 Written withdrawal of application

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A761

Effective date: 20150708