JP2014159396A - Silicone-modified wax, composition containing the same, cosmetic, and production method of silicone-modified wax - Google Patents

Silicone-modified wax, composition containing the same, cosmetic, and production method of silicone-modified wax Download PDF

Info

Publication number
JP2014159396A
JP2014159396A JP2013185741A JP2013185741A JP2014159396A JP 2014159396 A JP2014159396 A JP 2014159396A JP 2013185741 A JP2013185741 A JP 2013185741A JP 2013185741 A JP2013185741 A JP 2013185741A JP 2014159396 A JP2014159396 A JP 2014159396A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
silicone
oil
modified
modified wax
acid
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2013185741A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Hiroomi Ino
博臣 伊能
Masahiko Minemura
正彦 峯村
Original Assignee
Shin Etsu Chem Co Ltd
信越化学工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a silicone-modified wax having high compatibility to an oil solution such as volatile and non-volatile silicone oil, hydrocarbon oil, ester oil, and natural animal or vegetable oil solutions, and thickening various oil solutions to give a pasty or solid composition with smoothness and good spread; a production method thereof; a composition comprising the silicone-modified wax; and a cosmetic.SOLUTION: A silicone-modified wax having an urethane bond is obtained by urethanization reaction of an alkyl isocyanate with OH of carbinol-modified silicone obtained by hydrosilylation reaction of an alcohol having an unsaturated group at a terminal with organohydrogenpolysiloxane, where the silicone-modified wax is solid or greasy having thixotropy at 25°C.

Description

本発明は、シリコーン変性ワックス、それを含有する組成物、化粧料、及びシリコーン変性ワックスの製造方法に関する。 The present invention, silicone-modified wax, compositions containing them, cosmetic, and a method for manufacturing a silicone-modified wax.

ワックス等の油性増粘剤又はゲル化剤(以下まとめて「増粘剤」という)は、化粧料中の油性成分の粘度を上げて、化粧料の使用性、安定性、外観等を改善する目的で使用される。 Oily thickener or gelling agent such as a wax (hereinafter collectively referred to as "thickeners") is to increase the viscosity of the oil component in the cosmetics, to improve the cosmetic use, stability, appearance, etc. It is used for the purpose. 該油性増粘剤としては、セレシン、ポリエチレン、オゾケライト等の炭化水素系ワックスや、カルナバワックス、キャンデリラワックス等のロウや、ショ糖パルミチン酸エステル等の多糖脂肪酸エステル等が広く利用されている。 The oil thickeners, ceresin, polyethylene, and hydrocarbon-based wax ozokerite such as carnauba wax, and waxes such as candelilla wax, polysaccharide fatty acid esters such as sucrose palmitate and the like are widely used.

これらの増粘剤は、化粧料に配合する際に、通常、増粘剤の融点以上の温度で溶融する必要がある。 These thickeners, when blended in a cosmetic, it is usually necessary to melt at a temperature above the melting point of the thickening agent. 従って、融点が高いものを配合する場合には、化粧料中の他の成分の劣化や分解を来たす場合がある。 Therefore, when formulating a having a high melting point may cause the deterioration or decomposition of other ingredients in cosmetics. このため、融点が低いこと、特に100℃以下であることが望まれる。 Therefore, the low melting point, it is desirable particularly at 100 ° C. or less. しかし、融点が低い増粘剤は、一般に増粘効果が低く、夏場などに化粧料の粘度低下又は相分離を起こす場合がある。 However, a low melting point thickeners are generally thickening effect is low, which may cause such a viscosity reduction or phase separation of the cosmetic summer.

また、増粘剤は、化粧料に配合される低粘度の油剤との相溶性が良好であることが望まれる。 Further, a thickener, it is desirable compatibility with oil of low viscosity to be blended into cosmetics is good. 相溶性が悪いと、経時で油剤と分離したり、冷却された際に増粘剤の結晶が大きくなって化粧料の外観や感触を損ねたりする場合がある。 When the compatibility is poor, or separated from the oil with time, there is a case where crystal thickeners when it is cooled or impair the appearance and feel of larger becomes in cosmetics. シリコーン油は、さらっとした感触で、伸びが良く、撥水性が良い等の優れた特性から化粧料用油剤として多用されている。 Silicone oils, in feel and smooth, good spreadability, are frequently used as cosmetic oil from excellent properties water repellency is good, and the like. なかでも揮発性シリコーン油は、べたつきが無く感触が軽い化粧料を構成するために多用されている。 Among these volatile silicone oils, it is frequently used for stickiness without feeling constitutes the lighter cosmetics. しかしながら、シリコーン油は一般の油剤との相溶性、及び増粘剤との相性が悪く、上述の問題を起こし易い。 However, silicone oils compatibility with ordinary oil, and poor compatibility with thickening agents, susceptible to the problems discussed above.

上記問題を解決するために、揮発性シリコーン油を増粘することができる増粘剤が開発されている(特許文献1、特許文献2)。 In order to solve the above problems, a thickener capable of thickening the volatile silicone oils have been developed (Patent Documents 1 and 2). しかしながら、これらは単独でシリコーン油を滑らかに増粘することは難しく、また得られる増粘物は、化粧料で求められる滑らかさに欠けるものであった。 However, it is difficult to smoothly thicken silicone oils alone, increasing the resulting Nebabutsu were those lacks smoothness required in cosmetics. そこで、これらの問題を解決するものとして、シリコーン変性オレフィン系ワックスが提案されている(特許文献3)。 Therefore, In order to solve these problems, it has been proposed silicone-modified olefin wax (Patent Document 3).

上記の増粘剤を化粧料に配合する際には、油剤と共に加熱溶解する。 In formulating the thickener in cosmetics, dissolved by heating with oil. 加熱溶解の温度については不明であるが、通常、ワックスの融点以上である。 It is unclear temperature of heated and dissolved, but is usually a wax having a melting point or more. 上記シリコーン変性オレフィン系ワックスを油剤と共に加熱溶解した後、冷却して室温まで戻すと、流動性の無いシリコーン系室温固化組成物が得られ、該組成物を化粧料として使用することができるとある(特許文献3、段落0195)。 After dissolved by heating with oil the silicone-modified olefin wax, there Returning to cooling to room temperature, the silicone-modified room temperature-solidifying composition having no fluidity is obtained, and it is possible using the compositions as cosmetics (Patent Document 3, paragraph 0195). しかし、該組成物は伸び性、感触の点で、改良の余地がある。 However, the composition extensibility in terms of feel, there is room for improvement.

特許第4664991号 Patent No. 4664991 WO2004/110393 WO2004 / 110393 特開2008−174571号公報 JP 2008-174571 JP

本発明は、上記事情に鑑みなされたもので、揮発性及び不揮発性のシリコーン油、炭化水素油、エステル油、天然動植物油剤等の油剤への相溶性が高く、各種油剤を増粘させて滑らかで延びが良いペースト状又は固形状の組成物とすることができるシリコーン変性ワックス及びその製造方法、該シリコーン変性ワックスを含む組成物、化粧料を提供することを目的とする。 The present invention has been made in view of the above circumstances, volatile and non-volatile silicone oils, hydrocarbon oils, ester oils, high compatibility to oil of natural animal and vegetable oils such as smooth various oils and thickened in the silicone-modified wax, a method of manufacturing the same can extend to a good pasty or solid form of the composition, the composition comprising the silicone-modified wax, and an object thereof is to provide a cosmetic.

上記課題を解決するために、本発明によれば、末端に不飽和基を有するアルコールとオルガノハイドロジェンポリシロキサンとをヒドロシリル化反応させて得られるカルビノール変性シリコーンのOHに、アルキルイソシアネートをウレタン化反応させることにより得られるものであり、25℃において固体またはチキソ性を有するグリース状のものであることを特徴とするウレタン結合を有するシリコーン変性ワックスを提供する。 In order to solve the above problems, according to the present invention, an alcohol and an organohydrogenpolysiloxane having an unsaturated group at the end to OH carbinol modified silicone obtained by a hydrosilylation reaction, urethanization alkyl isocyanate are those obtained by reacting, to provide a silicone-modified wax having a urethane bond, characterized in that the grease-like with a solid or thixotropy at 25 ° C..

このような本発明のシリコーン変性ワックスは、揮発性及び不揮発性のシリコーン油、炭化水素油、エステル油、天然動植物油剤等の油剤への相溶性が高く、各種油剤をペースト状、又は固化することができるため、特に、化粧料に配合される増粘剤として極めて有用である。 Silicone-modified wax of the present invention as described above, volatile and non-volatile silicone oils, hydrocarbon oils, ester oils, high compatibility to oil of natural animal and vegetable oils such as various types of oil paste, or solidified to since it is, in particular, it is very useful as a thickener in cosmetics. また、本発明のシリコーン変性ワックスを含有する組成物は、滑らかで延びが良いペースト状又は固形状の組成物となる。 A composition containing a silicone-modified wax of the present invention extends smooth is good pasty or solid composition.

また、前記末端に不飽和基を有するアルコールが、下記一般式(A)で表わされるアルコールであり、 Further, an alcohol having an unsaturated group at the terminal, an alcohol represented by the following general formula (A),
(YはO又はCH を示し、nは0〜20の整数を示す。) (Y represents O or CH 2, n is an integer of 0 to 20.)
前記オルガノハイドロジェンポリシロキサンが、下記一般式(B)で表わされるケイ素原子に結合する水素原子(即ち、SiH基)を1分子中に下記置換基R 〜R 合計の1〜70モル%含有するオルガノハイドロジェンポリシロキサンであり、 The organohydrogenpolysiloxane is a hydrogen atom bonded to a silicon atom represented by the following general formula (B) (i.e., SiH group) 1 to 70 mol% of the following substituents R 1 to R 4 total in one molecule an organohydrogenpolysiloxane containing,
(R 、R 、R 、R は、それぞれ独立に、水素原子、同一又は異種の、分岐ポリグリセロール鎖が結合した連結基若しくは置換基を有していてもよい、炭素数1〜22の直鎖もしくは分岐鎖のアルキル基又はアルコキシ基、炭素数6〜22のアリール基、及びフッ素置換アルキル基のいずれかを示す。但し、R 、R のうち少なくとも1つは水素原子を示し、R 、R のうち少なくとも1つはメチル基を示す。mは0〜300の整数を示す。) (R 1, R 2, R 3, R 4 are each independently a hydrogen atom, the same or different, may have a linking group or a substituent branched polyglycerol chain is bonded, 1 to carbon atoms straight or branched chain alkyl or alkoxy group of 22, indicating either the aryl groups, and fluorine-substituted alkyl group having 6 to 22 carbon atoms. However, at least one hydrogen atom of R 1, R 3 shown, at least one of R 2, R 4 is .m showing the methyl group is an integer of 0 to 300.)
前記アルキルイソシアネートが、炭素数8〜20の中から選ばれる直鎖状の飽和アルキルイソシアネートであることが好ましい。 It said alkyl isocyanate is preferably a straight-chain saturated alkyl isocyanates selected from among 8 to 20 carbon atoms.

このような材料を用いたシリコーン変性ワックスであれば、より一層、揮発性及び不揮発性のシリコーン油、炭化水素油、エステル油、天然動植物油剤等の油剤への相溶性が高く、確実に各種油剤をペースト状、又は固化することができる。 If silicone-modified wax using such materials, more volatile and nonvolatile silicone oils, hydrocarbon oils, ester oils, high compatibility to oil of natural animal and vegetable oils such as, reliably various oil the can be a paste, or solidified.

また、前記シリコーン変性ワックスは、融点(常圧)が40〜100℃であることが好ましい。 Further, the silicone-modified wax is preferably the melting point (atmospheric pressure) is 40 to 100 ° C..

このようなシリコーン変性ワックスであれば、夏場などに化粧料の粘度低下又は相分離を起こす恐れがなく、また、化粧料中の他の成分の劣化や分解を来たす恐れがないために好ましい。 With such a silicone-modified wax, there is no possibility of causing such as cosmetic viscosity reduction or phase separation of the summer, also preferred because there is no possibility of causing deterioration and decomposition of the other components in cosmetics.

また、本発明では、前記シリコーン変性ワックスを5〜40質量%含み、25℃常圧においてペースト状又は固体状であることを特徴とする組成物を提供する。 In the present invention, the silicone-modified wax include from 5 to 40 wt%, to provide a composition which is a pasty or solid form at 25 ° C. under normal pressure.

本発明のシリコーン変性ワックスは、シリコーン油等の油剤との相溶性が高く、また増粘効果が高いために、各種油剤を滑らかで延びが良い、ペースト状、又は固体状の組成物(25℃常圧)とすることができ、該組成物は化粧料に好適に配合することができる。 Silicone-modified wax of the present invention has high compatibility with oil agents such as silicone oil, also due to the high thickening effect, various oil extended smooth is good, pasty, or solid composition (25 ° C. be a normal pressure), the composition can be suitably formulated into cosmetics.

また、本発明では、上記本発明のシリコーン変性ワックスを含むものであることを特徴とする化粧料を提供する。 Further, the present invention provides a cosmetic which is characterized in that those comprising a silicone-modified wax of the present invention.

本発明のシリコーン変性ワックスは、化粧料に用いられる各種油剤への相溶性が高く、各種油剤を滑らかで延びが良いペースト状、又は固体状の組成物とすることができるため、化粧料に好適に用いられる。 Silicone-modified wax of the present invention has a high compatibility with various oils used in cosmetics, various oils smooth extend good pasty, or to be a solid composition in the form of, preferably in the cosmetic used to. 更に、本発明のシリコーン変性ワックスは、融点が40〜100℃、更には50〜80℃を達成することができるため、夏場などに化粧料の粘度低下又は相分離を起こす恐れがなく、化粧料中の他の成分の劣化や分解を来たす恐れがない。 Furthermore, silicone-modified wax of the present invention has a melting point of 40 to 100 ° C., even it is possible to achieve 50 to 80 ° C., there is no possibility of causing such as cosmetic viscosity reduction or phase separation of the summer, cosmetics there is no possibility to cause the other of deterioration and decomposition of the components in.

また、本発明では、(I)末端に不飽和基を有するアルコールとオルガノハイドロジェンポリシロキサンとを触媒存在下でヒドロシリル化反応させ、カルビノール変性シリコーンを得る工程と、 Further, in the present invention, a step of obtaining an alcohol and an organohydrogenpolysiloxane reacted hydrosilylation in the presence of a catalyst, carbinol-modified silicone having an unsaturated group in (I) ends,
(II)前記カルビノール変性シリコーンとアルキルイソシアネートとを無触媒又は、触媒存在下でウレタン化反応させ、ウレタン結合を有する化合物を得る工程と、 (II) the carbinol-modified silicone and alkyl isocyanate and a non-catalyst or by urethanization reaction in the presence of a catalyst, obtaining a compound having a urethane bond,
を含むことを特徴とするシリコーン変性ワックスの製造方法を提供する。 To provide a method of manufacturing a silicone-modified wax, which comprises a.

このような本発明のシリコーン変性ワックスの製造方法によれば、揮発性及び不揮発性のシリコーン油、炭化水素油、エステル油、天然動植物油剤等の油剤への相溶性が高く、各種油剤をペースト状、又は固化することができるシリコーン変性ワックスを製造することができる。 According to the manufacturing method of the silicone-modified wax of the present invention, volatile and non-volatile silicone oils, hydrocarbon oils, ester oils, high compatibility to oil of natural animal and vegetable oils such as, paste various oil , or can be prepared silicone-modified wax can be solidified.

また、前記末端に不飽和基を有するアルコールとして、下記一般式(A)で表わされるアルコールを用い、 Further, as the alcohol having an unsaturated group at the end, with an alcohol represented by the following general formula (A),
(YはO又はCH を示し、nは0〜20の整数を示す。) (Y represents O or CH 2, n is an integer of 0 to 20.)
前記オルガノハイドロジェンポリシロキサンとして、下記一般式(B)で表わされるケイ素原子に結合する水素原子(即ち、SiH基)を1分子中に下記置換基R 〜R 合計の1〜70モル%含有するオルガノハイドロジェンポリシロキサンを用い、 The organohydrogenpolysiloxane, the hydrogen atom (i.e., SiH group) bonded to the silicon atom represented by the following general formula (B) 1 to 70 mol% of the following substituents R 1 to R 4 total in one molecule with an organohydrogenpolysiloxane containing,
(R 、R 、R 、R は、それぞれ独立に、水素原子、同一又は異種の、分岐ポリグリセロール鎖が結合した連結基若しくは置換基を有していてもよい、炭素数1〜22の直鎖もしくは分岐鎖のアルキル基又はアルコキシ基、炭素数6〜22のアリール基、及びフッ素置換アルキル基のいずれかを示す。但し、R 、R のうち少なくとも1つは水素原子を示し、R 、R のうち少なくとも1つはメチル基を示す。mは0〜300の整数を示す。) (R 1, R 2, R 3, R 4 are each independently a hydrogen atom, the same or different, may have a linking group or a substituent branched polyglycerol chain is bonded, 1 to carbon atoms straight or branched chain alkyl or alkoxy group of 22, indicating either the aryl groups, and fluorine-substituted alkyl group having 6 to 22 carbon atoms. However, at least one hydrogen atom of R 1, R 3 shown, at least one of R 2, R 4 is .m showing the methyl group is an integer of 0 to 300.)
前記アルキルイソシアネートとして、炭素数8〜20の中から選ばれる直鎖状の飽和アルキルイソシアネートを用いることが好ましい。 As the alkyl isocyanate, it is preferable to use a linear saturated alkyl isocyanates selected from among 8 to 20 carbon atoms.

このようなシリコーン変性ワックスの製造方法であれば、より一層、揮発性及び不揮発性のシリコーン油、炭化水素油、エステル油、天然動植物油剤等の油剤への相溶性が高く、確実に各種油剤をペースト状、又は固化することができるシリコーン変性ワックスを製造することができる。 With such a method for producing a silicone-modified wax, more volatile and nonvolatile silicone oils, hydrocarbon oils, ester oils, high compatibility to oil of natural animal and vegetable oils such as, reliably various oil paste, or can be prepared silicone-modified wax can be solidified.

本発明のシリコーン変性ワックスは揮発性及び不揮発性シリコーン油、炭化水素油、エステル油、天然動植物油剤等の油剤に対する相溶性が高いため、各種油剤を滑らかで延びが良いペースト状又は固形状の組成物とすることができる。 Silicone-modified wax of the present invention is volatile and non-volatile silicone oils, hydrocarbon oils, ester oils, for compatibility with high oil of natural animal and vegetable oils such as smooth extends good pasty or solid compositions to a variety of oil it can be a thing. また、融点を40〜100℃に有するため、夏場などに化粧料の粘度低下又は相分離を防ぎ、組成物にする際(加熱溶融時)に他成分の劣化や分解を防ぐことができるため、化粧料として好適に使用することができる。 Moreover, since it has a melting point of 40 to 100 ° C., it is possible to prevent such a summer cosmetics prevents viscosity reduction or phase separation, deterioration or decomposition of other ingredients when (during heat melting) to the composition, it can be suitably used as a cosmetic.

以下、本発明をより詳細に説明する。 Hereinafter, the present invention will be described in more detail.
上記のように、揮発性及び不揮発性のシリコーン油、炭化水素油、エステル油、天然動植物油剤等への相溶性が高く、各種油剤をペースト状、又は固化することができる増粘剤が求められていた。 As described above, volatile and non-volatile silicone oils, hydrocarbon oils, ester oils, high compatibility to natural animal and plant oils such as various types of oil paste or solidified thickeners can be is required which was.

本発明者らは、上記課題を解決すべく鋭意検討した結果、末端に不飽和基を有するアルコールとオルガノハイドロジェンポリシロキサンとをヒドロシリル化反応させて得られるカルビノール変性シリコーンのOHに、アルキルイソシアネートをウレタン化反応させることにより得られるものであり、25℃において固体またはチキソ性を有するグリース状のものであることを特徴とするウレタン結合を有するシリコーン変性ワックスが、揮発性及び不揮発性のシリコーン油、炭化水素油、エステル油、天然動植物油剤等への相溶性が高く、各種油剤を増粘させて滑らかで延びが良いペースト状又は固形状の組成物とすることができることを見出した。 The present inventors have made intensive studies to solve the above problems, an alcohol and an organohydrogenpolysiloxane having an unsaturated group at the end to OH carbinol modified silicone obtained by a hydrosilylation reaction, alkyl isocyanates the are those obtained by urethanization reaction, silicone-modified wax having a urethane bond, characterized in that greasy with solid or thixotropy at 25 ° C. is volatile and non-volatile silicone oils , hydrocarbon oils, ester oils, high compatibility to natural animal and plant oil such as various oils and thickened extend smooth it was found that it is possible to good pasty or solid form of the composition.

即ち、本発明は、末端に不飽和基を有するアルコールとオルガノハイドロジェンポリシロキサンとをヒドロシリル化反応させて得られるカルビノール変性シリコーンのOHに、アルキルイソシアネートをウレタン化反応させることにより得られるものであり、25℃において固体またはチキソ性を有するグリース状のものであることを特徴とするウレタン結合を有するシリコーン変性ワックスを提供する。 That is, the present invention, the OH of carbinol-modified silicone obtained by an alcohol and an organohydrogenpolysiloxane having an unsaturated group at the end by a hydrosilylation reaction, in which the alkyl isocyanate can be obtained by urethane reaction There is provided a silicone-modified wax having a urethane bond, characterized in that greasy with solid or thixotropy at 25 ° C..

また、本発明は、 In addition, the present invention is,
(I)末端に不飽和基を有するアルコールとオルガノハイドロジェンポリシロキサンとを触媒存在下でヒドロシリル化反応させ、カルビノール変性シリコーンを得る工程と、 (I) an alcohol and organohydrogenpolysiloxane having a terminal unsaturated group is reacted hydrosilylation in the presence of a catalyst, obtaining a carbinol-modified silicone,
(II)前記カルビノール変性シリコーンとアルキルイソシアネートとを無触媒又は、触媒存在下でウレタン化反応させ、ウレタン結合を有する化合物を得る工程と、 (II) the carbinol-modified silicone and alkyl isocyanate and a non-catalyst or by urethanization reaction in the presence of a catalyst, obtaining a compound having a urethane bond,
を含むことを特徴とするシリコーン変性ワックスの製造方法を提供する。 To provide a method of manufacturing a silicone-modified wax, which comprises a.

本発明に用いる末端に不飽和基を有するアルコールとしては、炭素数が3〜20の末端に不飽和基を有するアルコールが好ましい。 Examples of the alcohol having a terminal unsaturated group used in the present invention, the alcohol carbon atoms having an unsaturated group at the end of 3 to 20 is preferred. 具体的には、アリルアルコール、3−ブテノール、4−ペンテノール、5−へキセノール、6−ヘプテノール、7−オクテノール、8−ノネノール、9−デセノール、10−ウンデセノール、11−ドデセノール、12−トリデセノール、13−テトラデセノール、14−ペンタデセノール、15−ヘキサデセノール、16−ヘプタデセノール、17−オクタデセノール、エチレングリコールモノアリルエーテルである。 Specifically, allyl alcohol, 3-butenol, Kisenoru 4- pentenol, the 5-, 6- heptenol, 7- octenol, 8-nonenol, 9 decenol, 10-undecenol, 11-dodecenol, 12 Toridesenoru, 13-tetradecenol, 14- Pentadesenoru, 15 hexadecenol, 16 Heputadesenoru, 17-octadecenol, ethylene glycol monoallyl ether. 末端の不飽和基は直鎖であっても分岐を有する構造であっても良いが、直鎖構造が好ましい。 Terminal unsaturated group may be a structure having a branch may be linear, but a linear structure is preferred. これらの化合物は単独で使用してもよく、また2種以上を混合しても良い。 These compounds may be used alone, or may be a mixture of two or more thereof.

本発明に用いるオルガノハイドロジェンポリシロキサンは、1分子中にケイ素原子に直結した水素原子、ケイ素原子に直結したメチル基をそれぞれ少なくとも1つ有するオルガノポリシロキサンであり、下記構造式(B)で表わされるケイ素原子に結合する水素原子(即ち、SiH基)を1分子中に下記置換基R 〜R 合計の1〜70モル%含有するオルガノハイドロジェンポリシロキサンとすることができる。 Organohydrogenpolysiloxane used in the present invention, hydrogen atoms directly bonded to silicon atoms within each molecule, an organopolysiloxane having at least one methyl group bonded directly to a silicon atom, respectively, represented by the following structural formula (B) hydrogen atom (i.e., SiH group) bonded to the silicon atoms may be an organohydrogenpolysiloxane containing 1 to 70 mol% of the following substituents R 1 to R 4 total in a molecule.
(R 、R 、R 、R は、それぞれ独立に、水素原子、同一又は異種の、分岐ポリグリセロール鎖が結合した連結基若しくは置換基を有していてもよい、炭素数1〜22の直鎖もしくは分岐鎖のアルキル基又はアルコキシ基、炭素数6〜22のアリール基、及びフッ素置換アルキル基のいずれかを示す。但し、R 、R のうち少なくとも1つは水素原子を示し、R 、R のうち少なくとも1つはメチル基を示す。mは0〜300の整数を示す。) (R 1, R 2, R 3, R 4 are each independently a hydrogen atom, the same or different, may have a linking group or a substituent branched polyglycerol chain is bonded, 1 to carbon atoms straight or branched chain alkyl or alkoxy group of 22, indicating either the aryl groups, and fluorine-substituted alkyl group having 6 to 22 carbon atoms. However, at least one hydrogen atom of R 1, R 3 shown, at least one of R 2, R 4 is .m showing the methyl group is an integer of 0 to 300.)

これらの中でも、好ましくは、Si−Hを分子内に1つ有するハイドロジェンオルガノポリシロキサンであり、更に好ましくは分子片末端にSi−Hを有するα−ハイドロジェンオルガノポリシロキサンである。 Among these, it is preferably a hydrogen organopolysiloxane having one in the molecule Si-H, alpha-hydrogen organopolysiloxane and more preferably having a Si-H in molecular one-terminal.

本発明に用いるオルガノハイドロジェンポリシロキサン(メチルハイドロジェンシロキサン)の合成方法としては、ヘキサメチルシロキサン、オクタメチルシクロテトラシロキサン(D4)とテトラメチルテトラハイドロジェンシクロテトラシロキサン(H4)とを反応容器に仕込み、酸触媒を加え、常温で一晩攪拌を行った後、中和、脱色、脱臭等の精製処理を行うことにより、オルガノハイドロジェンポリシロキサン(メチルハイドロジェンシロキサン)を得ることができる。 As a method for synthesizing organohydrogenpolysiloxane used in the present invention (methylhydrogensiloxane) is hexamethyldisiloxane, octamethylcyclotetrasiloxane (D4) and tetramethyl hydrogen cyclotetrasiloxane (H4) and to the reaction vessel were charged, the acid catalyst is added, after stirring overnight at ambient temperature, neutralization, bleaching, by performing the purification treatment of deodorization, etc., can be obtained organohydrogenpolysiloxane (methylhydrogensiloxane).

上記オルガノハイドロジェンポリシロキサン(メチルハイドロジェンオルガノポリシロキサン)と−CH=CH 基等の不飽和基を有するアルコールとをSi−H基/−CH=CH 基(不飽和基)のモル比で0.5以上1.5未満、好ましくは、0.8以上1.2未満で付加させる。 The organohydrogenpolysiloxane (methyl hydrogen organopolysiloxane) and Si-H groups / -CH = CH 2 group and an alcohol having an unsaturated group such as -CH = CH 2 group molar ratio of (unsaturated group) in less than 0.5 and less than 1.5, preferably, it is added in less than 0.8 or more 1.2.

該付加反応は白金触媒又はロジウム触媒の存在下で行うことが好ましい。 The addition reaction is preferably conducted in the presence of a platinum catalyst or rhodium catalyst. 好ましい触媒の例としては、塩化白金酸、アルコール変性塩化白金酸、塩化白金酸−ビニルシロキサン錯体等が挙げられる。 Examples of preferred catalysts include chloroplatinic acid, alcohol-modified chloroplatinic acid, chloroplatinic acid - vinyl siloxane complex, and the like.

上記付加反応は必要に応じて無溶媒あるいは有機溶媒中で行ってもよい。 The above addition reaction may be carried out without a solvent or in an organic solvent as needed. 有機溶剤としては、例えば、メタノール、エタノール、2−プロパノール、ブタノール等の脂肪族アルコール、トルエン、キシレン等の芳香族炭化水素、n−ペンタン、n−ヘキサン、シクロヘキサン等の脂肪族または脂環式炭化水素、ジクロロメタン、クロロホルム、四塩化炭素等のハロゲン化炭化水素等が挙げられる。 As the organic solvent, such as methanol, ethanol, 2-propanol, aliphatic alcohols butanol, toluene, xylene and like aromatic hydrocarbons, n- pentane, n- hexane, aliphatic such as cyclohexane or alicyclic hydrocarbons hydrogen, dichloromethane, chloroform, and halogenated hydrocarbons such as carbon tetrachloride.

付加反応条件は特に限定されるものではないが、還流下で1〜10時間反応させることが好ましい。 The addition reaction conditions are not particularly limited, it is preferred to 10 hours under reflux.

付加反応後、公知の方法により弱塩酸によるアリルエーテル基の除去あるいは水素添加反応によるアルキル化を行っても良い。 After the addition reaction may be performed by alkylation with removal or hydrogenation reaction of allyl ether groups by weak hydrochloric acid by known methods. また、酸化防止剤としてトコフェロールやBHT(ジブチルヒドロキシトルエン)を添加しても良い。 Also, it may be added tocopherol and BHT (dibutylhydroxytoluene) as an antioxidant.

上記カルビノール変性シリコーンとアルキルイソシアネートをウレタン化反応させる。 The carbinol-modified silicone and an alkyl isocyanate to urethane reaction. このアルキルイソシアネートのアルキル基としては、炭素数4〜30とすることができ、更には炭素数8〜20のアルキル基が好ましい。 The alkyl group of the alkyl isocyanate can be a 4 to 30 carbon atoms, more preferably an alkyl group having 8 to 20 carbon atoms. 該アルキル基は、オクチル基、ノニル基、デシル基、ウンデシル基、ドデシル基、トリデシル基、テトラデシル基、ペンタデシル基、ヘキサデシル基、ヘプタデシル基、オクタデシル基、ノナデシル基および、エイコシル基である。 The alkyl group, octyl group, nonyl group, decyl group, undecyl group, dodecyl group, tridecyl group, tetradecyl group, pentadecyl group, hexadecyl group, heptadecyl group, octadecyl group, nonadecyl group and an eicosyl group. アルキル基は直鎖であっても、分岐を有する構造であっても良いが、直鎖アルキル基が好ましい。 Alkyl group may be linear, may be a structure having a branch, but straight-chain alkyl groups are preferred. これらの化合物は単独で使用してもよく、また2種以上を混合しても良い。 These compounds may be used alone, or may be a mixture of two or more thereof.

上述のウレタン化反応条件は特に限定されるものではないが、得られるシリコーンワックスは常温(25℃)で固体又はグリース状であるので、シリコーンワックスの融点以上の反応温度で反応させることが、反応系を均一にする点で好ましく、有機溶媒中で反応を行う際には還流下で5〜10時間反応させることが好ましい。 Although urethanization reaction conditions described above are not particularly limited, since the resulting silicone wax which is solid or greasy at ordinary temperature (25 ° C.), be reacted at a reaction temperature above the melting point of the silicone waxes, reaction preferably in that a uniform system, when performing the reaction in an organic solvent are preferably reacted for 5-10 hours under reflux.

本発明のシリコーン変性ワックスは、25℃で固体またはチキソ性を持つグリース状であり、また、当該シリコーン変性ワックスは、融点が40〜100℃、更には50〜80℃を達成することができる。 Silicone-modified wax of the present invention is a greasy with solid or thixotropy at 25 ° C., also the silicone-modified wax has a melting point of 40 to 100 ° C., more can be achieved 50 to 80 ° C.. 融点が40℃以上であれば、一般に増粘効果が十分であり、夏場などに化粧料の粘度低下又は相分離を起こす恐れが少ない。 If a melting point of 40 ° C. or higher, generally thickening effect is sufficient, it is less likely to cause such as cosmetic viscosity reduction or phase separation of the summer. 逆に100℃以下であれば化粧料中の他の成分の劣化や分解を来たす恐れがないために好ましい。 It preferred for there is no possibility of causing deterioration and decomposition of the other components in cosmetics as long as 100 ° C. or less reversed.

また、本発明の該シリコーン変性ワックスは、ゲルパーミエーションクロマトグラフィー(GPC)により測定される重量平均分子量が好ましくは1000〜25000である。 Further, the silicone-modified wax of the present invention has a weight average molecular weight measured by gel permeation chromatography (GPC) is preferably 1,000 to 25,000.

[組成物] [Composition]
本発明に係る組成物は、上記本発明のシリコーン変性ワックスを5〜40質量%含むものである。 The composition according to the present invention contains 5 to 40 mass% of silicone-modified wax of the present invention. 該シリコーン変性ワックスが各種油剤等を増粘させるため、各種油剤と混合することによって、25℃常圧において、滑らかで延びが良いペースト状又は固体状の組成物となり、各種油剤との相溶性が高いものとなる。 Since the silicone-modified wax to thicken the various oils and the like, by mixing with various oils, at 25 ° C. under normal pressure, it extends becomes a good pasty or solid composition smooth and compatibility with various oil is It becomes high. 該組成物は、例えば、本発明のシリコーン変性ワックスと後述するシリコーン油の混合物であり、後述する化粧料の他、カーワックス、各種離型剤等に使用することができる。 The composition may, for example, a mixture of silicone oil, which will be described later with the silicone-modified wax of the present invention, other cosmetics which will be described later, can be used for car wax, various release agents and the like.

[化粧料] [Cosmetics]
本発明のシリコーン変性ワックスは、各種の化粧料に使用することができ、特にスキンケア製品、メイクアップ製品、頭髪製品、制汗剤製品、紫外線防除製品等の皮膚や毛髪に外用される化粧料の原料として好適である。 Silicone-modified wax of the present invention can be used for various cosmetics, in particular skin care products, makeup products, hair products, antiperspirant products, such as UV control product skin and hair cosmetics that are external to it is suitable as a raw material. 該化粧料中の、該シリコーン変性ワックスの配合量は、化粧料の種類及び配合するシリコーン油の種類に応じて、全質量の0.5〜95質量%、好ましくは1〜70質量%の範囲で適宜調整することができる。 In the cosmetic, the amount of the silicone-modified wax, depending on the type and class of silicone oil formulation of cosmetics, 0.5 to 95% by weight of the total weight, ranges preferably from 1 to 70 wt% in can be appropriately adjusted. 例えば、クリーム状化粧料では化粧料全体の0.5〜10質量%、好ましくは0.5〜5質量%、粉体成分が処方全体の25%以下の固形状又はスティック状化粧料においては、化粧料全体の2〜70質量%、好ましくは2〜50質量%の配合が好適であり、粉体成分が処方全体の80%以上の固形状化粧料である場合は、化粧料全体の1〜10質量%、好ましくは1〜5質量%で配合される。 For example, 0.5 to 10% by weight of the total cosmetic creamy cosmetic, in preferably 0.5 to 5 mass%, solid powder component is less than 25% of the total formulation like or stick cosmetics, 2 to 70 wt% of the total cosmetic, preferably suitably 2 to 50 wt% of the formulation, when the powder component is 80% or more solid cosmetic of the total formulation, 1 to the total cosmetics 10 wt%, preferably formulated with 1 to 5 mass%.

該シリコーン変性ワックスは、シリコーン油と共に化粧料に配合されることが好ましい。 The silicone-modified wax is preferably incorporated in a cosmetic together with silicone oils. 本明細書において、シリコーン油には、常温(25℃)で液体状のシリコーン化合物だけでなく、常温で樹脂状、ガム状のシリコーン樹脂が、低粘度の油剤、例えば、慣用のシリコーン油、炭化水素油、エステル油等の油剤中に溶解又は分散されて油状になっているものも包含される。 In the present specification, the silicone oils, normal temperature (25 ° C.) in well liquid silicone compound, ambient temperature resinous, gummy silicone resin, oil of low viscosity, for example, a conventional silicone oils, hydrocarbons hydrocarbon oils, are also included those which are dissolved or dispersed in oil ester oil such as has become oily. これらのシリコーン油は、上記シリコーン変性ワックスと混合することによって、滑らかで延びが良いペースト状又は固形状の組成物を与える。 These silicone oils, by mixing with the silicone-modified wax, extend smooth gives a good pasty or solid composition.

好ましいシリコーン油には下記のものが包含される。 The followings are included in the preferred silicone oils.
(上式でR は、水素原子、水酸基又は炭素数1〜20の1価の非置換又はフッ素置換されたアルキル基、アリール基、アミノ置換アルキル基、アルコキシ基及び一般式(CH SiO{(CH SiO} Si(CH CH CH −で示される基からなる群より選択される基である。aは0〜1000の整数、lは0〜1000の整数、l+aが1〜1000の整数、x、yは0、1、2又は3、p及びqは0〜8の整数で3≦p+q≦8、rは1〜4の整数である。) (R 5 in the above formula, a hydrogen atom, a hydroxyl group or a monovalent unsubstituted or fluorine-substituted alkyl group having 1 to 20 carbon atoms, an aryl group, an amino-substituted alkyl group, an alkoxy group and the general formula (CH 3) 3 SiO {(CH 3) 2 SiO } s Si (CH 3) 2 CH 2 CH 2 - is a radical selected from the group consisting of groups represented by .a is an integer of 0 to 1,000, l is 0 to 1000 integer, l + a is 1 to 1000 integer, x, y is 0, 1, 2 or 3, p and q are 3 ≦ p + q ≦ 8, r an integer from 0 to 8 is an integer from 1 to 4.)

の例には、メチル基、エチル基、プロピル基、ブチル基、ヘキシル基、オクチル基、デシル基、ドデシル基、テトラデシル基、ヘキサデシル基、オクタデシル基、トリフロロプロピル基、ノナフロロヘキシル基、ヘプタデシルフロロデシル基、フェニル基、アミノプロピル基、ジメチルアミノプロピル基、アミノエチルアミノプロピル基、ステアロキシ基、ブトキシ基、エトキシ基、プロポキシ基、セチロキシ基、ミリスチロキシ基、スチリル基、α−メチルスチリル基等が挙げられるが、ヘキシル基、オクチル基、デシル基、ドデシル基、テトラデシル基、ヘキサデシル基、オクタデシル基、トリフロロプロピル基、フェニル基、アミノプロピル基、アミノエチルアミノプロピル基が好ましい。 Examples of R 5 include methyl group, ethyl group, propyl group, butyl group, hexyl group, octyl group, decyl group, dodecyl group, tetradecyl group, hexadecyl group, octadecyl group, trifluoropropyl group, nonafluorobutyl fluoroalkyl hexyl group, heptadecyl Fluorochemicals decyl group, a phenyl group, aminopropyl group, dimethylaminopropyl group, aminoethylaminopropyl group, stearoxy group, butoxy group, an ethoxy group, a propoxy group, Sechirokishi group, Mirisuchirokishi group, a styryl group, alpha-methyl styryl groups Although and the like, hexyl group, octyl group, decyl group, dodecyl group, tetradecyl group, hexadecyl group, octadecyl group, trifluoropropyl group, phenyl group, aminopropyl group, aminoethylaminopropyl group.

シリコーン油の例には、ジメチルポリシロキサン、メチルフェニルポリシロキサン,メチルハイドロジェンポリシロキサン、ジメチルシロキサン・メチルフェニルシロキサン共重合体等の低粘度から高粘度、好ましくは粘度0.65〜1,000,000mm /sの常温で液状であるオルガノポリシロキサン、オクタメチルシクロテトラシロキサン(D4)、デカメチルシクロペンタシロキサン(D5)、ドデカメチルシクロヘキサシロキサン(D6)、テトラメチルテトラハイドロジェンシクロテトラシロキサン(H4)、テトラメチルテトラフェニルシクロテトラシロキサン等の環状シロキサン、トリストリメチルシロキシシラン(M3T)、テトラキストリメチルシロキシシラン(M4Q)、トリストリメチルシロキシフェニルシ Examples of silicone oils, dimethylpolysiloxane, methylphenyl polysiloxane, methyl hydrogen polysiloxane, high-viscosity low viscosity such as dimethyl siloxane-methyl phenyl siloxane copolymer, preferably a viscosity 0.65~1,000, organopolysiloxanes which are liquid at normal temperature 000 mm 2 / s, octamethylcyclotetrasiloxane (D4), decamethylcyclopentasiloxane (D5), dodecamethylcyclohexasiloxane (D6), tetramethyl hydrogen cyclotetrasiloxane ( H4), cyclic siloxanes such as tetramethyl tetraphenyl cyclotetrasiloxane, tristrimethylsiloxysilane (M3T), tetraquistrimethylsiloxysilane (M4Q), tris Trimethylsiloxyphenyl Shi ン等の分岐状シロキサン、ステアロキシリコーン等の高級アルコキシ変性シリコーン、アルキル変性シリコーン、アミノ変性シリコーン、フッ素変性シリコーン等が包含される。 Branched siloxane emissions such, higher alkoxy-modified silicones such as stearoxysilicone silicones, alkyl-modified silicones, amino-modified silicones, fluorine-modified silicone, and the like.

また、低粘度油剤中に溶解又は分散して使用するシリコーン樹脂で好ましいものの1つは、アルキルハイドロジェンポリシロキサンと、分子鎖中に少なくとも2つの反応性のビニル性不飽和基を有する架橋剤とを反応させることによって得られる架橋型オルガノポリシロキサンを、自重以上の油剤、特に自重以上の粘度0.65〜10.0mm /sのシリコーン油により膨潤させたものが挙げられる。 Also, One of the preferred silicone resins used dissolved or dispersed in a low viscosity oil in the alkyl hydrogen polysiloxane, a crosslinking agent having at least two reactive vinyl unsaturated groups in the molecular chain the crosslinkable organopolysiloxane obtained by reacting, self-weight or more oils include those swollen particularly with a silicone oil own weight more viscosity 0.65~10.0mm 2 / s. アルキルハイドロジェンポリシロキサンとしては直鎖ないし一部分岐単位を有するメチルハイドロジェンポリシロキサン、炭素数が6〜20のアルキル鎖がグラフトされたメチルハイドロジェンポリシロキサン、ポリオキシエチレン鎖がグラフトされたメチルハイドロジェンポリシロキサン等をあげることができる。 Alkylhydrogenpolysiloxane as methyl hydrogen polysiloxane having a straight-chain or partially branched units, methylhydrogenpolysiloxane carbon atoms alkyl chains of 6 to 20 grafted, methyl polyoxyethylene chain grafted hydro polysiloxane or the like can be mentioned. ケイ素原子に結合した水素原子は、分子中に平均で二つ以上必要である。 Hydrogen atoms bonded to silicon atoms are necessary and is two or more in average in the molecule. 架橋剤としては、メチルビニルポリシロキサンやα、ω−アルケニルジエン、グリセリントリアリルエーテル、ポリオキシアルキニル化グリセリントリアリルエーテル、トリメチロールプロパントリアリルエーテル、ポリオキシアルキニル化トリメチロールプロパントリアリルエーテルなどのように、分子中に二つ以上のビニル性反応部位をもつものが挙げられる。 The crosslinking agent, methyl vinyl polysiloxane and alpha, .omega. Arukenirujien, glycerol triallyl ether, polyoxyalkylene alkenyl glycerin triallyl ether, trimethylolpropane triallyl ether, such as polyoxyalkylene alkenyl trimethylolpropane triallyl ether as such, it includes those having two or more vinylic reactive sites in the molecule.

更に、この架橋型オルガノポリシロキサンは、ポリオキシアルキレン部分、ポリグリセリン部分、アルキル部分、アルケニル部分、アリール部分、及びフルオロアルキル部分からなる群から選択される少なくとも1種を架橋分子中に含有することが好ましい。 Furthermore, the crosslinked organopolysiloxane, polyoxyalkylene moiety, polyglycerol moiety, alkyl moiety, alkenyl moiety, aryl moiety, and contain at least one in the crosslinked molecule selected from the group consisting of fluoroalkyl moiety It is preferred. 具体例としては、特開平2−43263号、特開平2−214775号、特許2631772号、特開平9−136813号(KSG30)、特開2001−342255号、国際公開WO03/20828号(KSG210)、国際公開WO03/24413号(KSG40)に記載されているものが好ましい。 As a specific example, JP-A-2-43263, JP-A-2-214775, JP 2631772 Patent, JP 9-136813 (KSG30), Japanese Patent No. 2001-342255, International Publication WO03 / No. 20828 (KSG210), those described in International Publication WO03 / No. 24413 (KSG40) are preferred. この架橋型オルガノポリシロキサンを用いることにより、てかり防止効果、マット感付与効果、密着性向上効果、色移り性防止効果の特性付与を期待できる。 By using this crosslinked organopolysiloxane, shiny prevention effect, matte imparting effect, adhesion improving effect, a characteristic application of the color transfer resistance prevention effect can be expected.

上記架橋型オルガノポリシロキサンとシリコーン油、炭化水素油、エステル油等の油剤からなる組成物の具体例としては、KSG−15,16,17,18,21,210,31,32,33,34,310,320,330,340,41,42,43,44,710,810,820,830,840(信越化学工業製商品名)が挙げられる。 The crosslinked organopolysiloxane and the silicone oils, hydrocarbon oils, specific examples of compositions consisting of oil of ester oils such as, KSG-15,16,17,18,21,210,31,32,33,34 , it includes the 310,320,330,340,41,42,43,44,710,810,820,830,840 (manufactured by Shin-Etsu Chemical Co., trade name).

低粘度油剤中に溶解又は分散して使用するシリコーン樹脂で好ましい第2のものは、常温でガム状ないし固体状で、且つ、好ましくはデカメチルシクロペンタシロキサンに溶解するシリコーン樹脂である。 In preferred second one silicone resin used dissolved or dispersed in a low viscosity oil in, in gummy or solid at room temperature, and is preferably a silicone resin which is soluble in decamethylcyclopentasiloxane. ガム状シリコーン樹脂は、一般式(CH SiO{(CH SiO} {(CH )R SiO} Si(CH で示される直鎖状シリコーンにおいて、R が炭素数6〜20のアルキル基、炭素数3〜15のアミノ基含有アルキル基、フッ素置換アルキル基、4級アンモニウム塩基含有アルキル基からなる群より選択され、tは1001〜20000、uは0〜5000、t+uが1001〜25000であるものが好ましい。 Gum-like silicone resin, in the general formula (CH 3) 3 SiO {( CH 3) 2 SiO} t linear silicone represented by {(CH 3) R 6 SiO } u Si (CH 3) 3, R 6 There is selected from the group consisting of alkyl group, amino group-containing alkyl group having 3 to 15 carbon atoms, a fluorine-substituted alkyl group, quaternary ammonium base-containing alkyl group having 6 to 20 carbon atoms, t is 1,001 to 20000, u is 0 ~5000, t + u is what is preferably 1,001 to 25,000.

固体状のシリコーン樹脂は、トリアルキルシロキシ単位(M単位)、ジアルキルシロキシ単位(D単位)、モノアルキルシロキシ単位(T単位)、4官能性のシロキシ単位(Q単位)の任意の組み合わせからなるMQ樹脂、MDQ樹脂、MTQ樹脂、MDTQ樹脂、TD樹脂、TQ樹脂、TDQ樹脂であるシリコーン網状化合物であることが好ましい。 Solid silicone resin, trialkylsiloxy unit (M unit), consisting of any combination of dialkylsiloxy unit (D unit), monoalkyl siloxy units (T units), tetrafunctional siloxy units (Q units) MQ resins, MDQ resins, MTQ resins, MDTQ resin, TD resin, TQ resin, that is a silicone network compound is TDQ resin. 特に好ましくは、ピロリドン部分、長鎖アルキル部分、ポリオキシアルキレン部分及びフルオロアルキル部分からなる群から選択される少なくとも1部分を分子中に含有するシリコーン網状化合物である(特開平2000−234062号、特許第3218872号公報参照)。 Particularly preferably, pyrrolidone moiety, long chain alkyl moiety, a silicone network compound containing at least a portion in the molecule selected from the group consisting of polyoxyalkylene moieties and fluoroalkyl moieties (JP 2000-234062, JP No. 3218872 see Japanese).

低粘度油剤中に溶解又は分散して使用するシリコーン樹脂で好ましい第3のものは、常温で半固体〜固体状であるアクリルシリコーン樹脂を揮発性シリコーン、揮発性炭化水素油、不揮発性シリコーン、不揮発性炭化水素油へ溶解したものである。 In preferred third one silicone resin used dissolved or dispersed in a low viscosity oil in a volatile silicone acrylic silicone resin is a semi-solid or solid at room temperature, volatile hydrocarbon oils, non-volatile silicone, nonvolatile it is obtained by dissolving the sex hydrocarbon oil. このアクリルシリコーン樹脂はピロリドン部分、長鎖アルキル部分、ポリオキシアルキレン部分及びフルオロアルキル部分からなる群から選択される少なくとも1つの部分を分子中に含有するアクリルシリコーン樹脂であることが特に好ましい。 The acrylic silicone resin pyrrolidone moiety, long chain alkyl moiety, it is particularly preferably an acrylic silicone resin containing at least one moiety in the molecule selected from the group consisting of polyoxyalkylene moieties and fluoroalkyl moieties. かかるアクリルシリコーン樹脂の構造は、シリコーン鎖、またはアクリル鎖の一方がグラフト状であっても、シリコーン鎖とアクリル鎖のブロック状であっても構わない(特開平1−319518号、特許第2704730号、特許第2767633号、特許第2767636号、特開2000−344829号公報参照)。 Structure of the acrylic silicone resin, silicone chain or even one of the acrylic chain a graft type, it may be a block-shaped silicone chain and an acrylic chain (JP-A-1-319518, Japanese Patent No. 2704730, Patent No. 2767633, Japanese Patent No. 2767636, see JP 2000-344829).

以上述べたシリコーン油のうち、好ましくは、粘度1〜30mm /s(25℃)のジメチルポリシロキサン、デカメチルシクロペンタシロキサン、自重以上の、粘度0.65〜10.0mm /sのシリコーンにより膨潤されてなる架橋型ジメチルポリシロキサン、架橋型ポリエーテル変性シリコーン、揮発性油に溶解したアクリルシリコーン樹脂が使用される。 Among the above-mentioned silicone oils, preferably dimethyl polysiloxane having a viscosity 1~30mm 2 / s (25 ℃) , decamethylcyclopentasiloxane, above its own weight, silicone of viscosity 0.65~10.0mm 2 / s crosslinked dimethylpolysiloxane comprising swollen, crosslinked polyether-modified silicone, acryl silicone resin dissolved in a volatile oil is used by. これらの各シリコーン油は、単独で、又は混合物として用いてよい。 Each of these silicone oils may be used alone or as a mixture.

本発明のシリコーン変性ワックスとシリコーン油とは、重量比で1:0.01〜1:45、好ましくは1:0.5〜1:20で混合して、好ましくはシリコーン変性ワックスを5〜40質量%含むように混合して、均一なペースト状、ゲル状、又は固形状の組成物として、化粧料に配合することが好ましい。 The silicone-modified wax and silicone oils of the present invention, a weight ratio of 1: 0.01 to 1: 45, preferably from 1: 0.5 to 1: were mixed in 20, a preferably a silicone-modified wax 5-40 were mixed to include mass%, uniform paste, as gel, or solid composition, it is preferably blended in cosmetics. 化粧料全体中でのシリコーン油の配合量は、化粧料の種類に応じて適宜調整することができるが、典型的には1〜70質量%、好ましくは3〜60質量%の範囲である。 The amount of silicone oil in total cosmetics, may be adjusted depending on the type of the cosmetic, typically 1 to 70% by weight, preferably from 3 to 60 mass%. ここで、シリコーン油の質量は、溶媒も含む量である。 Here, the mass of the silicone oil is an amount that also includes a solvent.

本発明の化粧料には、シリコーン油以外に、その目的に応じて1種又は2種以上の油剤を配合することができる。 In the cosmetics of the present invention, in addition to silicone oil, it is possible to formulate one or more kinds of oil agents depending on the purpose. 通常の化粧料に使用されるものであれば、固体、半固体、液状、いずれの油剤も使用することができる。 As long as it can be usually used in cosmetics, solid, semi-solid, liquid, any oil can be used. かかる油剤の例としては、天然動植物油脂類及び半合成油脂、炭化水素油、高級アルコール油剤、エステル油、及びフッ素系油剤が挙げられる。 Examples of such oils, natural animal or plant oils and semisynthetic oils, hydrocarbon oils, higher alcohols oils, ester oils, and include fluorine-based oil agents.

例えば、天然動植物油脂類及び半合成油脂としては、アボガド油、アマニ油、アーモンド油、イボタロウ、エノ油、オリーブ油、カカオ脂、カポックロウ、カヤ油、カルナウバロウ、肝油、キャンデリラロウ、牛脂、牛脚脂、牛骨脂、硬化牛脂、キョウニン油、鯨ロウ、硬化油、小麦胚芽油、ゴマ油、コメ胚芽油、コメヌカ油、サトウキビロウ、サザンカ油、サフラワー油、シアバター、シナギリ油、シナモン油、ジョジョバロウ、セラックロウ、タートル油、大豆油、茶実油、ツバキ油、月見草油、トウモロコシ油、豚脂、ナタネ油、日本キリ油、ヌカロウ、胚芽油、馬脂、パーシック油、パーム油、パーム核油、ヒマシ油、硬化ヒマシ油、ヒマシ油脂肪酸メチルエステル、ヒマワリ油、ブドウ油、ベイベリーロウ、ホホバ油、マカデミア For example, natural animal or plant oils and semisynthetic oils include avocado oil, linseed oil, almond oil, Chinese wax, perilla oil, olive oil, cacao butter, kapok wax, kaya oil, carnauba wax, liver oil, candelilla wax, beef tallow, hoof , beef bone fat, hydrogenated beef tallow, apricot kernel oil, spermaceti, hydrogenated oil, wheat germ oil, sesame oil, rice germ oil, rice bran oil, sugar cane wax, sasanqua oil, safflower oil, shea butter, Chinese tung oil, cinnamon oil, jojoba Barrow, shellac wax, turtle oil, soybean oil, tea seed oil, camellia oil, evening primrose oil, corn oil, lard, rapeseed oil, Japanese tung oil, rice bran wax, germ oil, horse fat, persic oil, palm oil, palm kernel oil , castor oil, hydrogenated castor oil, castor oil fatty acid methyl ester, sunflower oil, grape oil, bayberry wax, jojoba oil, macadamia ッツ油、ミツロウ、ミンク油、綿実油、綿ロウ、モクロウ、モクロウ核油、モンタンロウ、ヤシ油、硬化ヤシ油、トリヤシ油脂肪酸グリセライド、羊脂、落花生油、ラノリン、液状ラノリン、還元ラノリン、ラノリンアルコール、硬質ラノリン、酢酸ラノリン、ラノリン脂肪酸イソプロピル、ラウリン酸ヘキシル、POEラノリンアルコールエーテル、POEラノリンアルコールアセテート、ラノリン脂肪酸ポリエチレングリコール、POE水素添加ラノリンアルコールエーテル、卵黄油等が挙げられる。 Tsu Tsu oil, beeswax, mink oil, cottonseed oil, cotton wax, Japan wax, Japan wax kernel oil, montan wax, coconut oil, hardened coconut oil, tri-coconut oil fatty acid glyceride, mutton tallow, peanut oil, lanolin, liquid lanolin, reduced lanolin, lanolin alcohol , hard lanolin, lanolin acetate, lanolin fatty acid isopropyl, hexyl laurate, POE lanolin alcohol ether, POE lanolin alcohol acetate, lanolin fatty acid polyethylene glycol, POE hydrogenated lanolin alcohol ether, yolk oil, and the like. 但し、POEはポリオキシエチレンを意味する。 However, POE means polyoxyethylene.

炭化水素油として、オゾケライト、スクワラン、スクワレン、セレシン、パラフィン、パラフィンワックス、ポリエチレンワックス、ポリエチレン−ポリプロピレン共重合体、流動パラフィン、プリスタン、ポリイソブチレン、マイクロクリスタリンワックス、ワセリン等;高級脂肪酸としては、ラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、ベヘン酸、ウンデシレン酸、オレイン酸、リノール酸、リノレン酸、アラキドン酸、エイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)、イソステアリン酸、12−ヒドロキシステアリン酸等が挙げられる。 Examples of the hydrocarbon oils include ozokerite, squalane, squalene, ceresin, paraffin, paraffin wax, polyethylene wax, polyethylene - polypropylene copolymer, liquid paraffin, pristane, polyisobutylene, microcrystalline wax, vaseline and higher fatty acids, lauric acid , myristic acid, palmitic acid, stearic acid, behenic acid, undecylenic acid, oleic acid, linoleic acid, linolenic acid, arachidonic acid, eicosapentaenoic acid (EPA), docosahexaenoic acid (DHA), isostearic acid, 12-hydroxystearic acid, etc. and the like.

高級アルコールとしては、ラウリルアルコール、ミリスチルアルコール、パルミチルアルコール、ステアリルアルコール、ベヘニルアルコール、ヘキサデシルアルコール、オレイルアルコール、イソステアリルアルコール、ヘキシルドデカノール、オクチルドデカノール、セトステアリルアルコール、2−デシルテトラデシノール、コレステロール、フィトステロール、POEコレステロールエーテル、モノステアリルグリセリンエーテル(バチルアルコール)、モノオレイルグリセリルエーテル(セラキルアルコール)等が挙げられる。 As the higher alcohol, lauryl alcohol, myristyl alcohol, palmityl alcohol, stearyl alcohol, behenyl alcohol, hexadecyl alcohol, oleyl alcohol, isostearyl alcohol, hexyl dodecanol, octyl dodecanol, cetostearyl alcohol, 2-decyltetradecinol, cholesterol, phytosterol, POE cholesterol ether, monostearyl glycerol ether (batyl alcohol), monooleyl glyceryl ether (cerakyl alcohol).

エステル油としては、アジピン酸ジイソブチル、アジピン酸2−ヘキシルデシル、アジピン酸ジ−2−ヘプチルウンデシル、モノイソステアリン酸N−アルキルグリコール、イソステアリン酸イソセチル、トリイソステアリン酸トリメチロールプロパン、イソノナン酸イソトリデシル、イソノナン酸イソノニル、ジ−2−エチルヘキサン酸エチレングリコール、2−エチルヘキサン酸セチル、トリ−2−エチルヘキサン酸トリメチロールプロパン、テトラ−2−エチルヘキサン酸ペンタエリスリトール、オクタン酸セチル、オクチルドデシルガムエステル、オレイン酸オレイル、オレイン酸オクチルドデシル、オレイン酸デシル、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、クエン酸トリエチル、コハク酸2−エチエチルヘキシル、酢酸アミル、 Examples of the ester oils include diisobutyl adipate, 2-hexyl decyl adipate, di-2-heptyl undecyl, N- alkyl glycol monoisostearate, isocetyl isostearate, trimethylolpropane triisostearate, isotridecyl isononanoate, isononyl isononyl, ethylene glycol di-2-ethylhexanoate, cetyl 2-ethylhexanoate, tri-2-ethylhexanoate trimethylolpropane, pentaerythritol tetra-2-ethylhexanoate, cetyl octanoate, octyldodecyl gum ester, oleyl oleate, octyldodecyl oleate, decyl oleate, neopentyl glycol dicaprate, triethyl citrate, succinic acid 2-ethyl hexyl, amyl acetate, 酸エチル、酢酸ブチル、ステアリン酸イソセチル、ステアリン酸ブチル、セバシン酸ジイソプロピル、セバシン酸ジ−2−エチルヘキシル、乳酸セチル、乳酸ミリスチル、パルミチン酸イソプロピル、パルミチン酸2−エチルヘキシル、パルミチン酸2−ヘキシルデシル、パルミチン酸2−ヘプチルウンデシル、12−ヒドロキシステアリル酸コレステリル、ジペンタエリスリトール脂肪酸エステル、ミリスチン酸イソプロピル、ミリスチン酸オクチルドデシル、ミリスチン酸2−ヘキシルデシル、ミリスチン酸ミリスチル、ジメチルオクタン酸ヘキシルデシル、ラウリン酸エチル、ラウリン酸ヘキシル、N−ラウロイル−L−グルタミン酸−2−オクチルドデシルエステル、リンゴ酸ジイソステアリル等;グリセライド油としては、アセ Ethyl, butyl acetate, isocetyl stearate, butyl stearate, diisopropyl sebacate, di-2-ethylhexyl sebacate, cetyl lactate, myristyl lactate, isopropyl palmitate, 2-ethylhexyl palmitate, palmitate 2-hexyl decyl palmitate acid 2-heptyl undecyl, 12-hydroxy stearyl acid cholesteryl, dipentaerythritol fatty acid esters, isopropyl myristate, octyldodecyl myristate, myristic acid 2-hexyl decyl, myristyl myristate, dimethyl octanoic acid hexyl decyl, ethyl laurate, hexyl laurate, N- lauroyl -L- glutamic acid-2-octyldodecyl ester, diisostearyl malate, and the like; the glyceride oil, acetate グリセリル、トリイソオクタン酸グリセリル、トリイソステアリン酸グリセリル、トリイソパルミチン酸グリセリル、モノステアリン酸グリセリル、ジ−2−ヘプチルウンデカン酸グリセリル、トリミリスチン酸グリセリル、ミリスチン酸イソステアリン酸ジグリセリル等が挙げられる。 Glyceryl triisooctanoate glyceryl triisostearate, glyceryl triisopalmitate, glyceryl monostearate, di-2-heptyl undecanoic acid, glyceryl trimyristate, diglyceryl, and the like myristyl isostearate.

フッ素系油剤としては、パーフルオロポリエーテル、パーフルオロデカリン、パーフルオロオクタン等が挙げられる。 Examples of the fluorine-containing oil, perfluoropolyether, perfluorodecalin, perfluorooctane and the like.

これらの油剤の配合量は、化粧料全体の5〜95質量%の範囲が好適である。 The amount of the oil in the range of 5 to 95 wt% of the total cosmetics. 特に、化粧料の形状が固形又はスティック状である固形状の場合は、化粧料全体の10〜50質量%の配合が好適である。 In particular, when the cosmetic shape solid form is a solid or stick, the cosmetic total 10 to 50% by weight of the formulation are preferred.

本発明の化粧料には、その目的に応じて分子構造中にアルコール性水酸基を有する化合物を1種又は2種以上、用いることもできる。 In the cosmetics of the present invention, a compound having an alcoholic hydroxyl group one or more in the molecular structure according to the purpose, it can also be used. 本発明において添加することができるアルコール性水酸基を有する化合物としては、エタノール、イソプロパノール等の低級アルコール、ソルビトール、マルトース等の糖アルコール等があり、コレステロール、シトステロール、フィトステロール、ラノステロール等のステロール、ブチレングリコール、プロピレングリコール、ジブチレングリコール、ペンチレングリコール等の多価アルコール等がある。 Examples of the compound having an alcoholic hydroxyl group which can be added in the present invention, ethanol, lower alcohols such as isopropanol, sorbitol, there are sugar alcohols such as maltose, etc., cholesterol, sitosterol, phytosterol, sterols such as lanosterol, butylene glycol, propylene glycol, dibutylene glycol, polyhydric alcohols such as pentylene glycol. 配合量としては、化粧料全体の0.1〜98質量%の範囲が好適である。 The amount in the range of 0.1 to 98 wt% of the total cosmetics.

本発明の化粧料には、その目的に応じて水を配合することも出来る。 The cosmetic of the present invention can also be formulated with water in accordance with its purpose. その配合量は、化粧料全体の1〜95質量%の範囲が好適である。 Its amount is in the range of 1 to 95 wt% of the total cosmetics.

本発明の化粧料には、その目的に応じて粉体及び/又は着色剤を有する化合物を1種又は2種以上を用いることもできる。 In the cosmetics of the present invention, a compound having a powder and / or coloring agents may be used alone or in combination depending on the purpose.

粉体としては、通常の化粧料に使用されるものであれば、その形状(球状、針状、板状等)や粒子径(煙霧状、微粒子、顔料級等)、粒子構造(多孔質、無孔質等)を問わず、いずれのものも使用することができる。 The powder, as long as it is usually used in cosmetics, its shape (spherical, needle, plate, etc.) and particle size (fume, fine particles, pigment-grade, etc.), particle structure (porous, regardless of nonporous, etc.), it may be used any ones. 例えば無機粉体、有機粉体、界面活性剤金属塩粉体、有色顔料、パール顔料、金属粉末顔料、タール色素、天然色素等が挙げられる。 For example inorganic powders, organic powders, surfactant metal salt powders, colored pigments, pearl pigments, metallic powder pigments, tar pigments, natural pigments, and the like.

無機粉体の具体例としては、酸化チタン、酸化ジルコニウム、酸化亜鉛、酸化セリウム、酸化マグネシウム、硫酸バリウム、硫酸カルシウム、硫酸マグネシウム、炭酸カルシウム、炭酸マグネシウム、タルク、マイカ、カオリン、セリサイト、白雲母、合成雲母、金雲母、紅雲母、黒雲母、リチア雲母、ケイ酸、無水ケイ酸、ケイ酸アルミニウム、ケイ酸マグネシウム、ケイ酸アルミニウムマグネシウム、ケイ酸カルシウム、ケイ酸バリウム、ケイ酸ストロンチウム、タングステン酸金属塩、ヒドロキシアパタイト、バーミキュライト、ハイジライト、ベントナイト、モンモリロナイト、ヘクトライト、ゼオライト、セラミックスパウダー、第二リン酸カルシウム、アルミナ、水酸化アルミニウム、窒化ホウ素、シリカ等が挙げられる。 Specific examples of the inorganic powder, titanium oxide, zirconium oxide, zinc oxide, cerium oxide, magnesium oxide, barium sulfate, calcium sulfate, magnesium sulfate, calcium carbonate, magnesium carbonate, talc, mica, kaolin, sericite, muscovite , synthetic mica, phlogopite, lepidolite, biotite, lithia mica, silicic acid, silicic anhydride, aluminum silicate, magnesium silicate, aluminum magnesium silicate, calcium silicate, barium silicate, strontium silicate, tungstic acid metal salts, hydroxyapatite, vermiculite, Higilite, bentonite, montmorillonite, hectorite, zeolite, ceramics powder, calcium secondary phosphate, alumina, aluminum hydroxide, boron nitride, silica and the like.

有機粉体の具体例としては、ポリアミドパウダー、ポリエステルパウダー、ポリエチレンパウダー、ポリプロピレンパウダー、ポリスチレンパウダー、ポリウレタン、ベンゾグアナミンパウダー、ポリメチルベンゾグアナミンパウダー、テトラフルオロエチレンパウダー、ポリメチルメタクリレートパウダー、セルロース、シルクパウダー、ナイロンパウダー、12ナイロン、6ナイロン、ジメチルシリコーンを架橋した構造を持つ架橋型シリコーン微粉末、ポリメチルシルセスキオキサンの微粉末、架橋型シリコーン上にポリメチルシルセスキオキサンが結合した複合粉体、スチレン・アクリル酸共重合体、ジビニルベンゼン・スチレン共重合体、ビニル樹脂、尿素樹脂、フェノール樹脂、フッ素樹脂、ケイ素樹脂、アクリル樹脂、メラミ Specific examples of the organic powder include polyamide powder, polyester powder, polyethylene powder, polypropylene powder, polystyrene powder, polyurethane, benzoguanamine powder, polymethyl benzoguanamine powder, tetrafluoroethylene powder, polymethylmethacrylate powder, cellulose, silk powder, nylon powder, 12 nylon, 6 nylon, crosslinking type silicone fine powder having a structure crosslinked dimethyl silicone, fine powder of polymethylsilsesquioxane, polymethylsilsesquioxane on cross-linked silicone is bonded composite powder, styrene-acrylic acid copolymer, divinylbenzene-styrene copolymer, vinyl resin, urea resin, phenol resin, fluorine resin, silicone resin, acrylic resin, melamine 樹脂、エポキシ樹脂、ポリカーボネイト樹脂、微結晶繊維粉体、デンプン末、ラウロイルリジン等が挙げられる。 Resins, epoxy resins, polycarbonate resin, microcrystalline fiber powder, starch powder, and lauroyl lysine.

界面活性剤金属塩粉体(金属石鹸)の具体例としては、ステアリン酸亜鉛、ステアリン酸アルミニウム、ステアリン酸カルシウム、ステアリン酸マグネシウム、ミリスチン酸亜鉛、ミリスチン酸マグネシウム、セチルリン酸亜鉛、セチルリン酸カルシウム、セチルリン酸亜鉛ナトリウム等が挙げられる。 Specific examples of surfactant metal salt powders (metal soaps) include zinc stearate, aluminum stearate, calcium stearate, magnesium stearate, zinc myristate, magnesium myristate, zinc cetyl phosphate, calcium cetyl phosphate, zinc cetyl phosphate sodium and the like.

有色顔料の具体例としては、酸化鉄、水酸化鉄、チタン酸鉄の無機赤色顔料、γ−酸化鉄等の無機褐色系顔料、黄酸化鉄、黄土等の無機黄色系顔料、黒酸化鉄、カーボンブラック等の無機黒色顔料、マンガンバイオレット、コバルトバイオレット等の無機紫色顔料、水酸化クロム、酸化クロム、酸化コバルト、チタン酸コバルト等の無機緑色顔料、紺青、群青等の無機青色系顔料、タール系色素をレーキ化したもの、天然色素をレーキ化したもの、及びこれらの粉体を複合化した合成樹脂粉体等が挙げられる。 Examples of colored pigments, iron oxide, iron hydroxide, inorganic red pigments iron titanate, .gamma. inorganic brown pigments such as iron oxide, yellow iron oxide, inorganic yellow pigments loess, etc., black iron oxide, inorganic black pigments such as carbon black, manganese violet, inorganic violet pigments such as cobalt violet, chromium hydroxide, chromium oxide, cobalt oxide, inorganic green pigments cobalt titanate, iron blue, an inorganic blue pigment, tar such as ultramarine which dye was laked, those natural pigments were laked, and synthetic resin powder or the like composite of these powder and the like.

パール顔料の具体例としては、酸化チタン被覆雲母、酸化チタン被覆マイカ、オキシ塩化ビスマス、酸化チタン被覆オキシ塩化ビスマス、酸化チタン被覆タルク、魚鱗箔、酸化チタン被覆着色雲母等;金属粉末顔料としては、アルミニウムパウダー、カッパーパウダー、ステンレスパウダー等が挙げられる。 Specific examples of the pearl pigment, titanium oxide-coated mica, titanium oxide-coated mica, bismuth oxychloride, titanium oxide-coated bismuth oxychloride, titanium oxide coated talc, fish scales, and titanium oxide-coated colored mica; metal powder pigment, aluminum powder, copper powder and stainless steel powder, and the like.

タール色素としては、赤色3号、赤色104号、赤色106号、赤色201号、赤色202号、赤色204号、赤色205号、赤色220号、赤色226号、赤色227号、赤色228号、赤色230号、赤色401号、赤色505号、黄色4号、黄色5号、黄色202号、黄色203号、黄色204号、黄色401号、青色1号、青色2号、青色201号、青色404号、緑色3号、緑色201号、緑色204号、緑色205号、橙色201号、橙色203号、橙色204号、橙色206号、橙色207号等;天然色素としては、カルミン酸、ラッカイン酸、カルサミン、ブラジリン、クロシン等から選ばれる粉体である。 The tar pigments include Red No. 3, No. 104 Red, Red No. 106, Red No. 201, Red No. 202, Red No. 204, Red No. 205, 220 Nos Red No. 226, Red No. 227, Red No. 228, Red 230 No., red No. 401, red No. 505, yellow No. 4, yellow No. 5, yellow No. 202, yellow No. 203, yellow No. 204, yellow No. 401, blue No. 1, blue No. 2, blue No. 201, blue No. 404 , green No. 3, green No. 201, green No. 204, green No. 205, orange No. 201, No. 203 orange, orange No. 204, No. 206 orange 207 orange No., etc .; as a natural pigment, carminic acid, laccaic acid, carthamin a powder selected brazilin, and crocin.

これらの粉体は、粉体を複合化したものや一般油剤、シリコーン油、フッ素化合物、界面活性剤等で処理したものも使用することができ、必要に応じて一種、又は二種以上用いることができる。 These powders, powder objects or general oil complexed, silicone oils, fluorine compounds, those treated with a surfactant or the like may also be used, one as needed, or to use two or more can. また、配合量としては、化粧料全体の0.1〜99質量%の範囲が好適である。 As the amount in the range of 0.1 to 99 wt% of the total cosmetics. 特に、粉末固形化粧料の場合の配合量としては、化粧料全体の80〜99質量%の範囲が好適である。 In particular, as the amount in the case of a powder solid cosmetic, the range of 80 to 99 wt% of the total cosmetics.

本発明の化粧料には、その目的に応じて1種又は2種以上の界面活性剤を用いることもできる。 The cosmetic of the present invention can also be used alone or in combination of two or more surfactants according to the purpose. このような界面活性剤としては、アニオン性、カチオン性、非イオン性及び両性の活性剤があるが、特に制限されるものではなく、通常の化粧料に使用されるものであれば、いずれのものも使用することができる。 Examples of such surfactants include anionic, cationic, there is a nonionic or amphoteric, the present invention is not particularly limited, as long as it is usually used in cosmetics, either it can be also be used.

以下に例示すると、アニオン性界面活性剤としては、ステアリン酸ナトリウムやパルミチン酸トリエタノールアミン等の脂肪酸セッケン、アルキルエーテルカルボン酸及びその塩、アミノ酸と脂肪酸の縮合物塩、アルカンスルホン酸塩、アルケンスルホン酸塩、脂肪酸エステルのスルホン酸塩、脂肪酸アミドのスルホン酸塩、ホルマリン縮合系スルホン酸塩、アルキル硫酸エステル塩、第二級高級アルコール硫酸エステル塩、アルキル及びアリルエーテル硫酸エステル塩、脂肪酸エステルの硫酸エステル塩、脂肪酸アルキロールアミドの硫酸エステル塩、ロート油等の硫酸エステル塩類、アルキルリン酸塩、エーテルリン酸塩、アルキルアリルエーテルリン酸塩、アミドリン酸塩、N−アシルアミノ酸系活性剤等;カチオン性界面活性剤とし To illustrate below, as the anionic surfactants, fatty acids such as sodium stearate and triethanolamine palmitate soap, alkyl ether carboxylic acids and salts thereof, salts of condensates of amino acids and fatty acids, alkane sulfonates, alkene sulfonate , sulfonates of fatty acid esters, sulfonates of fatty acid amides, formalin condensation sulfonates, alkyl sulfates, secondary higher alcohol sulfuric ester salts, alkyl and allyl ether sulfate, sulfates of fatty acid esters ester salts, sulfuric ester salts of fatty acid alkylol amides, sulfates of Turkey Red oil, alkyl phosphates, ether phosphates, alkyl allyl ether phosphates, amide phosphates, etc. N- acylamino acid-based active agent; a cationic surfactant は、アルキルアミン塩、ポリアミン及びアミノアルコール脂肪酸誘導体等のアミン塩、アルキル四級アンモニウム塩、芳香族四級アンモニウム塩、ピリジウム塩、イミダゾリウム塩等が挙げられる。 The alkylamine salts, polyamines and amine salts such as an amino alcohol fatty acid derivatives, alkyl quaternary ammonium salts, aromatic quaternary ammonium salts, pyridinium salts and imidazolium salts.

非イオン性界面活性剤としては、ソルビタン脂肪酸エステル、グリセリン脂肪酸エステル、ポリグリセリン脂肪酸エステル、プロピレングリコール脂肪酸エステル、ポリエチレングリコール脂肪酸エステル、ショ糖脂肪酸エステル、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、ポリオキシプロピレンアルキルエーテル、ポリオキシエチレンアルキルフェニルエーテル、ポリオキシエチレン脂肪酸エステル、ポリオキシエチレンソルビタン肪酸エステル、ポリオキシエチレンソルビトール脂肪酸エステル、ポリオキシエチレング脂リセリン脂肪酸エステル、ポリオキシエチレンプロピレングリコール脂肪酸エステル、ポリオキシエチレンヒマシ油、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ポリオキシエチレンフィトスタノールエーテル、ポリオキシエチ Examples of the nonionic surfactant, sorbitan fatty acid esters, glycerin fatty acid esters, polyglycerol fatty acid esters, propylene glycol fatty acid esters, polyethylene glycol fatty acid esters, sucrose fatty acid esters, polyoxyethylene alkyl ethers, polyoxypropylene alkyl ethers, poly polyoxyethylene alkyl phenyl ethers, polyoxyethylene fatty acid esters, polyoxyethylene sorbitan fatty acid esters, polyoxyethylene sorbitol fatty acid esters, polyoxyethylene grayed fat glycerin fatty acid esters, polyoxyethylene propylene glycol fatty acid esters, polyoxyethylene castor oil, polyoxyethylene hydrogenated castor oil, polyoxyethylene phytostanol ether, polyoxyethylene ンフィトステロールエーテル、ポリオキシエチレンコレスタノールエーテル、ポリオキシエチレンコレステリルエーテル、ポリオキシアルキレン変性オルガノポリシロキサン(特許第2137062号、特開平7−330907号公報参照)、ポリグリセリン変性オルガノポリシロキサン(特公昭62−34039号、特許第2613124号、特許第2844453号、特開2002−179798号公報参照)、ポリオキシアルキレン・アルキル共変性オルガノポリシロキサン(特開昭61−90732号、特開平9−59386号公報参照)、アルカノールアミド、糖エーテル、糖アミド等が挙げられ、両性界面活性剤としては、ベタイン、アミノカルボン酸塩、イミダゾリン誘導体、アミドアミン型等が挙げられる。 Down phytosterol ether, polyoxyethylene cholestanol ether, polyoxyethylene cholesteryl ether, polyoxyalkylene-modified organopolysiloxane (Japanese Patent No. 2137062, see JP Hei 7-330907), polyglycerin-modified organopolysiloxane (Japanese 62 No. -34039, Japanese Patent No. 2613124, Patent No. 2,844,453, see JP 2002-179798), polyoxyalkylene-alkyl co-modified organopolysiloxanes (JP 61-90732, JP-a 9-59386 Patent Publication see), alkanolamide, sugar ethers, include sugar amides, and examples of the amphoteric surfactant include betaine, aminocarboxylates, imidazoline derivatives, and amide amine type. また、配合量としては、化粧料全体の0.1〜20質量%、特に好ましくは、0.2〜10質量%の範囲が好適である。 As the amount from 0.1 to 20% by weight, based on the total cosmetics, particularly preferably in the range of 0.2 to 10 mass% is preferred.

更に本発明の化粧料には、通常の化粧料に使用される成分、例えば油溶性ゲル化剤、有機変性粘土鉱物、樹脂、制汗剤、紫外線吸収剤、紫外線吸収散乱剤、保湿剤、防腐剤、抗菌剤、香料、塩類、酸化防止剤、pH調整剤、キレート剤、清涼剤、抗炎症剤、美肌用成分(美白剤、細胞賦活剤、肌荒れ改善剤、血行促進剤、皮膚収斂剤、抗脂漏剤等)、ビタミン類、アミノ酸類、核酸、ホルモン、包接化合物、毛髪用固形化剤等を添加することができる。 Further cosmetic of the present invention, components usually used in cosmetics, for example, oil-soluble gelling agents, clay minerals modified with organic compounds, resins, antiperspirants, ultraviolet absorbents, ultraviolet absorbing scattering agents, moisturizing agents, preservatives agents, antimicrobial agents, perfumes, salts, antioxidants, pH adjusting agents, chelating agents, refreshing agents, anti-inflammatory agents, skin beautifying components (whitening agents, cell activating agents, rough skin improving agent, blood circulation promoter, skin astringent, antiseborrheic agents, etc.), vitamins, amino acids, nucleic acids, hormones, clathrate compounds, can be added to hair solidifying agent.

油溶性ゲル化剤としては、アルミニウムステアレート、マグネシウムステアレート、ジンクミリステート等の金属セッケン、N−ラウロイル−L−グルタミン酸、α,γ−ジ−n−ブチルアミン等のアミノ酸誘導体、デキストリンパルミチン酸エステル、デキストリンステアリン酸エステル、デキストリン2−エチルヘキサン酸パルミチン酸エステル等のデキストリン脂肪酸エステル、フラクトオリゴ糖ステアリン酸エステル、イヌリン2−エチルヘキサン酸ステリン酸エステル等のフラクトオリゴ糖脂肪酸エステル、ショ糖パルミチン酸エステル、ショ糖ステアリン酸エステル等のショ糖脂肪酸エステル、モノベンジリデンソルビトール、ジベンジリデンソルビトール等のソルビトールのベンジリデン誘導体、ジメチルベンジルドデシルアン The oil-soluble gelling agents, aluminum stearate, magnesium stearate, zinc myristate and the like of the metal soap, N- lauroyl -L- glutamic acid, alpha, amino acid derivatives such as γ- di -n- butylamine, dextrin palmitic acid ester , dextrin stearate, dextrin fatty acid esters such as dextrin 2-ethylhexanoate palmitate, fructooligosaccharide stearate, fructooligosaccharide fatty acid esters such as inulin 2-ethylhexanoic acid sterols esters, sucrose palmitate esters, sucrose sucrose fatty acid esters, such as sugar stearic acid ester, mono benzylidene sorbitol, benzylidene derivatives of sorbitol such as dibenzylidene sorbitol, dimethylbenzyl dodecyl en モニウムモンモリロナイトクレー、ジメチルジオクタデシルアンモニウムモンモリナイトクレー等の有機変性粘土鉱物等から選ばれるゲル化剤が挙げられる。 Trimonium montmorillonite clay, a gelling agent selected from organic modified clay minerals such as dimethyl dioctadecyl ammonium montmorillonite clay and the like.

制汗剤としては、アルミニウムクロロハイドレート、塩化アルミニウム、アルミニウムセスキクロロハイドレート、ジルコニルヒドロキシクロライド、アルミニウムジルコニウムヒドロキシクロライド、アルミニウムジルコニウムグリシン錯体等から選ばれる制汗剤が挙げられる。 The antiperspirant aluminum chlorohydrate, aluminum chloride, aluminum sesqui chlorohydrate, zirconyl hydroxy chloride, aluminum zirconium hydroxychloride, aluminum zirconium glycine complexes, such as antiperspirant selected from the like.

紫外線吸収剤としては、パラアミノ安息香酸等の安息香酸系紫外線吸収剤、アントラニル酸メチル等のアントラニル酸系紫外線吸収剤、サリチル酸メチル等のサリチル酸系紫外線吸収剤、パラメトキシケイ皮酸オクチル等のケイ皮酸系紫外線吸収剤、2,4−ジヒドロキシベンゾフェノン等のベンゾフェノン系紫外線吸収剤、ウロカニン酸エチル等のウロカニン酸系紫外線吸収剤、4−t−ブチル−4'−メトキシ−ジベンゾイルメタン等のジベンゾイルメタン系紫外線吸収剤等が挙げられ、紫外線吸収散乱剤としては、微粒子酸化チタン、微粒子鉄含有酸化チタン、微粒子酸化亜鉛、微粒子酸化セリウム及びそれらの複合体等、紫外線を吸収散乱する粉体が挙げられる。 As the ultraviolet absorber, benzoate-based ultraviolet absorbers such as para-aminobenzoic acid, anthranilic acid UV absorbers methyl anthranilate and the like, salicylic acid ultraviolet absorbers such as methyl salicylate, cinnamic such as p-methoxy octyl cinnamate acid UV absorbers, 2,4 benzophenone ultraviolet absorbers dihydroxy benzophenone, urocanic acid-based ultraviolet absorbers such as ethyl urocanate, 4-t-butyl-4'-methoxy - dibenzoyl dibenzoyl methane They include methane-based ultraviolet absorbers, and examples of the ultraviolet absorber scattering agents, include fine particles of titanium oxide, fine particle iron-containing titanium oxide, zinc oxide particles, fine particles of cerium oxide and their complexes such as the powder to absorb scatter ultraviolet It is.

保湿剤としては、グリセリン、ソルビトール、プロピレングリコール、ジプロピレングリコール、1,3−ブチレングリコール、ペンチレングリコール、グルコース、キシリトール、マルチトール、ポリエチレングリコール、ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸、ピロリドンカルボン酸塩、ポリオキシエチレンメチルグルコシド、ポリオキシプロピレンメチルグルコシド等がある。 Examples of moisture retention agents include glycerin, sorbitol, propylene glycol, dipropylene glycol, 1,3-butylene glycol, pentylene glycol, glucose, xylitol, maltitol, polyethylene glycol, hyaluronic acid, chondroitin sulfate, pyrrolidone carboxylate, polyoxy ethylene methyl glucoside, there is polyoxypropylene methyl glucoside.

防菌防腐剤としては、パラオキシ安息香酸アルキルエステル、安息香酸、安息香酸ナトリウム、ソルビン酸、ソルビン酸カリウム、フェノキシエタノール等、抗菌剤としては、安息香酸、サリチル酸、石炭酸、ソルビン酸、パラオキシ安息香酸アルキルエステル、パラクロルメタクレゾール、ヘキサクロロフェン、塩化ベンザルコニウム、塩化クロルヘキシジン、トリクロロカルバニリド、感光素、フェノキシエタノール等がある。 The antiseptics, alkyl paraoxybenzoates, benzoic acid, sodium benzoate, sorbic acid, potassium sorbate, phenoxyethanol, the antimicrobial agent, benzoic acid, salicylic acid, carbolic acid, sorbic acid, p-hydroxybenzoic acid alkyl ester , parachloromethacresol-cresol, hexachlorophene, benzalkonium chloride, chlorhexidine chloride, trichlorocarbanilide, photosensitizer and phenoxyethanol.

香料としては、アロエ、ウコン、ウーロン茶、オリーブ、オレンジ、カンゾウ、キイチゴ、ケイヒ、サルビア、シソ、シャクヤク、ニンジン、ビワ、ベニバナ、ペパーミント、モモ、ライム、ラベンダー、緑茶、ローズマリー、ローヤルゼリー、ワイルドタイム等の抽出液等がある。 The perfume, aloe, turmeric, oolong tea, olive, orange, licorice, raspberry, cinnamon, sage, shiso, peony root, ginseng, loquat, safflower, peppermint, peach, lime, lavender, green tea, rosemary, royal jelly, wild time, etc. there is an extraction liquid or the like.

塩類としては、無機塩、有機酸塩、アミン塩及びアミノ酸塩が挙げられる。 Salts, inorganic salts, organic acid salts, amine salts and amino acid salts. 無機塩としては、たとえば、塩酸、硫酸、炭酸、硝酸等の無機酸のナトリウム塩、カリウム塩、マグネシウム塩、カルシウム塩、アルミニウム塩、ジルコニウム塩、亜鉛塩等;有機酸塩としては、例えば酢酸、デヒドロ酢酸、クエン酸、りんご酸、コハク酸、アスコルビン酸、ステアリン酸等の有機酸類の塩;アミン塩及びアミノ酸塩としては、例えば、トリエタノールアミン等のアミン類の塩、グルタミン酸等のアミノ酸類の塩等がある。 Examples of the inorganic salts, for example, hydrochloric acid, sulfuric acid, carbonate, sodium salts of inorganic acids such as nitric, potassium salts, magnesium salts, calcium salts, aluminum salts, zirconium salts, zinc salts and the like; organic acid salts such as acetic acid, dehydroacetic acid, citric acid, malic acid, succinic acid, ascorbic acid, salts of organic acids such as stearic acid; the amine salts and amino acid salts, e.g., salts of amines such as triethanolamine, amino acids glutamic acid, etc. there is salt, and the like. また、その他、ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸等の塩、アルミニウムジルコニウムグリシン錯体等や、更には、化粧品処方の中で使用される酸−アルカリの中和塩等も使用することができる。 Also, other, hyaluronic acid, salts such as chondroitin sulfate, and aluminum zirconium glycine complex and the like, furthermore, the acid is used in cosmetic formulations - can also be used alkaline neutralization reaction.

酸化防止剤としては、トコフェロール、ブチルヒドロキシアニソール、ジブチルヒドロキシトルエン、フィチン酸等、pH調整剤としては、乳酸、クエン酸、グリコール酸、コハク酸、酒石酸、dl−リンゴ酸、炭酸カリウム、炭酸水素ナトリウム、炭酸水素アンモニウム等、キレート剤としては、アラニン、エデト酸ナトリウム塩、ポリリン酸ナトリウム、メタリン酸ナトリウム、リン酸等、清涼剤としては、L−メントール、カンフル等、抗炎症剤としては、アラントイン、グリチルリチン酸及びその塩、グリチルレチン酸及びグリチルレチン酸ステアリル、トラネキサム酸、アズレン等が挙げられる。 As the antioxidant, tocopherol, butylhydroxyanisole, dibutylhydroxytoluene, phytic acid, as a pH adjusting agent, lactic acid, citric acid, glycolic acid, succinic acid, tartaric acid, dl-malic acid, potassium carbonate, sodium hydrogen carbonate , etc. ammonium bicarbonate, as the chelating agent include alanine, sodium edetate, sodium polyphosphate, sodium metaphosphate, and phosphoric acid, as a cooling agent, L- menthol, camphor, anti-inflammatory agents include allantoin, glycyrrhizic acid and its salts, glycyrrhetinic acid and stearyl glycyrrhetinate, tranexamic acid and azulene.

美肌用成分としては、胎盤抽出液、アルブチン、グルタチオン、ユキノシタ抽出物等の美白剤、ロイヤルゼリー、感光素、コレステロール誘導体、幼牛血液抽出液等の細胞賦活剤、肌荒れ改善剤、ノニル酸ワレニルアミド、ニコチン酸ベンジルエステル、ニコチン酸β−ブトキシエチルエステル、カプサイシン、ジンゲロン、カンタリスチンキ、イクタモール、カフェイン、タンニン酸、α−ボルネオール、ニコチン酸トコフェロール、イノシトールヘキサニコチネート、シクランデレート、シンナリジン、トラゾリン、アセチルコリン、ベラパミル、セファランチン、γ−オリザノール等の血行促進剤、酸化亜鉛、タンニン酸等の皮膚収斂剤、イオウ、チアントロール等の抗脂漏剤等が挙げられる。 The skin-beautifying components, placenta extract, arbutin, glutathione, whitening agents such as saxifrage extract, royal jelly, photosensitizers, cholesterol derivatives, cell activators, such as calf blood extract, rough skin improving agent, Wareniruamido nonyl acid, nicotinic acid benzyl ester, nicotinic acid β- butoxyethyl ester, capsaicin, zingerone, cantharides tincture, ichthammol, caffeine, tannic acid, alpha-borneol, tocopherol nicotinate, inositol hexanicotinate, cyclandelate, cinnarizine, tolazoline, acetylcholine, verapamil, cepharanthine, blood circulation promoters such as γ- oryzanol, zinc oxide, skin astringents such as tannic acid, sulfur, anti-seborrheic agents such as thianthol.

ビタミン類としては、ビタミンA油、レチノール、酢酸レチノール、パルミチン酸レチノール等のビタミンA類、リボフラビン、酪酸リボフラビン、フラビンアデニンヌクレオチド等のビタミンB2類、ピリドキシン塩酸塩、ピリドキシンジオクタノエート、ピリドキシントリパルミテート等のビタミンB6類、ビタミンB12及びその誘導体、ビタミンB15及びその誘導体等のビタミンB類、L−アスコルビン酸、L−アスコルビン酸ジパルミチン酸エステル、L−アスコルビン酸−2−硫酸ナトリウム、L−アスコルビン酸リン酸ジエステルジカリウム等のビタミンC類、エルゴカルシフェロール、コレカルシフェロール等のビタミンD類、α−トコフェロール、β−トコフェロール、γ−トコフェロール、酢酸dl−α−トコフェロー As vitamins, vitamin A oil, retinol, retinol acetate, vitamin A such as retinol palmitate, riboflavin, riboflavin butyrate, vitamin B2 such as flavin adenine nucleotide, pyridoxine hydrochloride, pyridoxine dioctanoate, pyridoxine tri palmitate vitamin B6 such as lactate, vitamin B12 and its derivatives, vitamin B such as vitamin B15 and its derivatives, L- ascorbic acid, L- ascorbic acid dipalmitate ester, L- ascorbic acid-2-sodium sulfate, L- vitamin C such as ascorbic acid phosphoric acid diester dipotassium, ergocalciferol, vitamin D such as cholecalciferol, alpha-tocopherol, beta-tocopherol, .gamma.-tocopherol, acetic acid dl-alpha-tocopherol Fellows 、ニコチン酸dl−α−トコフェロール、コハク酸dl−α−トコフェロール等のビタミンE類、ビタミンH、ビタミンP、ニコチン酸、ニコチン酸ベンジル、ニコチン酸アミド等のニコチン酸類、パントテン酸カルシウム、D−パントテニルアルコール、パントテニルエチルエーテル、アセチルパントテニルエチルエーテル等のパントテン酸類、ビオチン等がある。 , Nicotinic acid dl-alpha-tocopherol, vitamin E such as succinic acid dl-alpha-tocopherol, vitamin H, vitamin P, nicotinic acid, benzyl nicotinate, nicotinic acids such as nicotinic acid amide, calcium pantothenate, D- punt butenyl alcohol, pantothenyl ethyl ether, pantothenic acids such as acetyl pantothenyl ethyl ether, biotin, and the like.

アミノ酸類としては、グリシン、バリン、ロイシン、イソロイシン、セリン、トレオニン、フェニルアラニン、アルギニン、リジン、アスパラギン酸、グルタミン酸、シスチン、システイン、メチオニン、トリプトファン等、核酸としては、デオキシリボ核酸等、ホルモンとしては、エストラジオール、エテニルエストラジオール等が挙げられる。 Examples of the amino acids include glycine, valine, leucine, isoleucine, serine, threonine, phenylalanine, arginine, lysine, aspartic acid, glutamic acid, cystine, cysteine, methionine, tryptophan, etc., as the acid, a deoxyribonucleic acid and the like, as the hormone, estradiol and ethenyl estradiol.

包接化合物としては、シクロデキストリン、クラウンエーテル類等が挙げられる。 The inclusion compound, cyclodextrin, crown ethers, and the like.

毛髪固定用高分子化合物としては、両性、アニオン性、カチオン性、非イオン性の各高分子化合物が挙げられ、ポリビニルピロリドン、ビニルピロリドン/酢酸ビニル共重合体等の、ポリビニルピロリドン系高分子化合物、メチルビニルエーテル/無水マレイン酸アルキルハーフエステル共重合体等の酸性ビニルエーテル系高分子化合物、酢酸ビニル/クロトン酸共重合体等の酸性ポリ酢酸ビニル系高分子、(メタ)アクリル酸/アルキル(メタ)アクリレート共重合体、(メタ)アクリル酸/アルキル(メタ)アクリレート/アルキルアクリルアミド共重合体等の酸性アクリル系高分子化合物、N−メタクリロイルエチル−N、N−ジメチルアンモニウム・α−N−メチルカルボキシベタイン/アルキル(メタ)アクリレート共重合体、ヒ The polymers for hair setting include amphoteric, anionic, cationic, each polymer compound nonionic and the like, polyvinyl pyrrolidone, and vinyl pyrrolidone / vinyl acetate copolymers, polyvinyl pyrrolidone polymer compounds, acidic vinyl ether polymer compounds such as methyl vinyl ether / maleic anhydride alkyl half ester copolymer, acidic polyvinyl acetate polymers such as vinyl acetate / crotonic acid copolymers, (meth) acrylic acid / alkyl (meth) acrylate copolymer, (meth) acrylic acid / alkyl (meth) acrylate / alkyl acrylamide copolymer, and amphoteric acrylic polymer compounds, N- methacryloyl ethyl -N, N- dimethylammonium · alpha-N-methyl carboxy betaine / alkyl (meth) acrylate copolymer, human ロキシプロピル(メタ)アクリレート/ブチルアミノエチルメタクリレート/アクリル酸オクチルアミド共重合体等の両性アクリル系高分子化合物が挙げられる。 Rokishipuropiru (meth) acrylate / butylaminoethyl methacrylate / amphoteric acrylic polymer compounds such as acrylic acid octyl amide copolymers. また、セルロースまたはその誘導体、ケラチンおよびコラーゲンまたはその誘導体等の天然由来高分子化合物も好適に用いることができる。 Further, it can also be suitably used naturally occurring polymer compounds such as cellulose or its derivatives, keratin and collagen or derivatives thereof.

本発明において化粧料には、化粧水、乳液、クリーム、クレンジング、パック、オイルリキッド、マッサージ料、洗浄剤、脱臭剤、ハンドクリーム、リップクリーム等のスキンケア化粧料、メイクアップ下地、白粉、リキッドファンデーション、油性ファンデーション、頬紅、アイシャドウ、マスカラ、アイライナー、アイブロウ、口紅等のメイクアップ化粧料、シャンプー、リンス、トリートメント、セット剤等の毛髪化粧料、制汗剤、日焼け止め乳液や日焼け止めクリームなどの紫外線防御化粧料等が包含される。 In the cosmetics in the present invention, skin lotion, milky lotion, cream, cleansing, pack, oil liquid, massage materials, cleaning agents, deodorants, hand cream, skin care cosmetics lip balm, etc., make-up foundation, face powder, liquid foundation , oil-based foundation, blush, eye shadow, mascara, eyeliner, eyebrow, makeup cosmetics such as lipstick, shampoo, rinse, treatment, hair cosmetics such as setting agent, antiperspirant, such as sunscreen milky lotion or sunscreen cream UV protective cosmetic, and the like of.

またこれらの化粧料の形状としては、液状、乳液状、クリーム状、固形状、ペースト状、ゲル状、粉末状、プレス状、多層状、ムース状、スプレー状、スティック状、ペンシル状等、種々の形態を選択することができるが、特に、固形状又はスティック状が好ましい。 As the shape of these cosmetics, liquid, emulsion, cream, solid, paste, gel, powder, press-shaped, multi-layered, mousse, sprays, sticks, pencil or the like, various Although it is possible to select a form, in particular, solid or stick is preferred.

以下に合成実施例、合成比較例、実施例及び比較例を示し、本発明をより具体的に説明するが、本発明はこれによって限定されるものではない。 Synthesis Example below, Comparative Synthesis Examples, Examples and shows a comparative example, the present invention will be described more specifically, the present invention is not limited thereto. 尚、本明細書において、Meはメチル基、Buはブチル基を示す。 In the present specification, Me represents a methyl group, Bu a butyl group.

(合成実施例1) (Synthesis Example 1)
三口フラスコに、4−ペンテノール(二重結合5.0モル)、下記構造のオルガノハイドロジェンポリシロキサン(Si−H1.0モル)を加え、触媒として塩化白金酸の3%エタノール溶液を0.02質量%の量を加え、窒素気流下、温度100℃で8時間の付加反応を行い、その後、減圧下で加熱ストリップすることによりカルビノール変性シリコーンを得た。 A three-necked flask, 4- pentenol (double bond 5.0 mol), added organohydrogenpolysiloxane having the following structure (Si-H1.0 mol), 3% ethanol solution of chloroplatinic acid as catalyst 0. 02 wt% of the amount added, under a nitrogen stream, performs an addition reaction of 8 hours at a temperature 100 ° C., then, to obtain a carbinol-modified silicone by heating stripped under reduced pressure. 得られたカルビノール変性シリコーンのOH1.0モルに対し、オクタデシルイソシアネート4.90モルを仕込み、無触媒で、窒素気流下、温度100℃、8時間のウレタン化反応を行い、下記構造式(I)の常温で白色固体の生成物を得た。 To OH1.0 moles of the obtained carbinol modified silicone was charged with octadecyl isocyanate 4.90 mol, in the absence of a catalyst, under a nitrogen gas stream, temperature of 100 ° C., subjected to urethanization reaction for 8 hours, the following structural formula (I to give the product as a white solid at room temperature) of.

オルガノハイドロジェンポリシロキサン: Organohydrogenpolysiloxane:

(式(I)中のVは下記構造式(V)である。) (V in formula (I) is the following formula (V).)

(合成実施例2) (Synthesis Example 2)
三口フラスコに、エチレングリコールモノアリルエーテル(二重結合5.0モル)、下記構造のオルガノハイドロジェンポリシロキサン(Si−H1.0モル)を加え、触媒として塩化白金酸の3%エタノール溶液を0.02質量%の量を加え、窒素気流下、温度100℃で8時間の付加反応を行い、その後、減圧下で加熱ストリップすることによりカルビノール変性シリコーンを得た。 Necked flask, ethylene glycol monoallyl ether (double bond 5.0 mol), organohydrogenpolysiloxane (Si-H1.0 mol) of the following structure, 3% ethanol solution of chloroplatinic acid as catalyst 0 .02 wt% of the amount added, under a nitrogen stream, performs an addition reaction of 8 hours at a temperature 100 ° C., then, to obtain a carbinol-modified silicone by heating stripped under reduced pressure. 得られたカルビノール変性シリコーンのOH1.0モルに対し、オクタデシルイソシアネート4.90モルを仕込み、無触媒で、窒素気流下、温度100℃、8時間のウレタン化反応を行い、下記構造式(J)の常温で白色固体の生成物を得た。 To OH1.0 moles of the obtained carbinol modified silicone was charged with octadecyl isocyanate 4.90 mol, in the absence of a catalyst, under a nitrogen gas stream, temperature of 100 ° C., subjected to urethanization reaction for 8 hours, the following structural formula (J to give the product as a white solid at room temperature) of.

オルガノハイドロジェンポリシロキサン: Organohydrogenpolysiloxane:

(式(J)中のWは下記構造式(W)である。) (W in the formula (J) is the following formula (W).)

(合成実施例3) (Synthesis Example 3)
三口フラスコに、7−オクテノール(二重結合5.0モル)、下記構造のオルガノハイドロジェンポリシロキサン(Si−H1.0モル)を加え、触媒として塩化白金酸の3%エタノール溶液を0.02質量%の量を加え、窒素気流下、温度100℃で8時間の付加反応を行い、その後、減圧下で加熱ストリップすることによりカルビノール変性シリコーンを得た。 Necked flask, 7- octenol (double bond 5.0 mol), added organohydrogenpolysiloxane (Si-H1.0 mol) of the following structure, as a catalyst of 3% ethanol solution of chloroplatinic acid 0.02 mass% of the amount added, under a nitrogen stream, performs an addition reaction of 8 hours at a temperature 100 ° C., then, to obtain a carbinol-modified silicone by heating stripped under reduced pressure. 得られたカルビノール変性シリコーン1.0モルに対し、オクタデシルイソシアネート4.90モルを仕込み、無触媒で、窒素気流下、温度100℃、8時間のウレタン化反応を行い、下記構造式(K)の常温で白色固体の生成物を得た。 The obtained carbinol-modified silicone 1.0 moles were charged octadecyl isocyanate 4.90 mol, in the absence of a catalyst, under a nitrogen gas stream, temperature of 100 ° C., subjected to urethanization reaction for 8 hours, the following structural formula (K) to give a white solid product in cold.

オルガノハイドロジェンポリシロキサン: Organohydrogenpolysiloxane:

(式(K)中のXは下記構造式(X)である。) (X in the formula (K) is the following structural formula (X).)

(合成実施例4) (Synthesis Example 4)
三口フラスコに、10−ウンデセノール(二重結合5.0モル)、下記構造のオルガノハイドロジェンポリシロキサン(Si−H1.0モル)を加え、触媒として塩化白金酸の3%エタノール溶液を0.02質量%の量を加え、窒素気流下、温度100℃で8時間の付加反応を行い、その後、減圧下で加熱ストリップすることによりカルビノール変性シリコーンを得た。 Necked flask, 10-undecenol (double bond 5.0 mol), added organohydrogenpolysiloxane (Si-H1.0 mol) of the following structure, as a catalyst of 3% ethanol solution of chloroplatinic acid 0.02 mass% of the amount added, under a nitrogen stream, performs an addition reaction of 8 hours at a temperature 100 ° C., then, to obtain a carbinol-modified silicone by heating stripped under reduced pressure. 得られたカルビノール変性シリコーンのOH1.0モルに対し、オクタデシルイソシアネート4.90モルを仕込み、無触媒で、窒素気流下、温度100℃、8時間のウレタン化反応を行い、下記構造式(L)の常温で白色固体の生成物を得た。 To OH1.0 moles of the obtained carbinol modified silicone was charged with octadecyl isocyanate 4.90 mol, in the absence of a catalyst, under a nitrogen gas stream, temperature of 100 ° C., subjected to urethanization reaction for 8 hours, the following structural formula (L to give the product as a white solid at room temperature) of.

オルガノハイドロジェンポリシロキサン: Organohydrogenpolysiloxane:

(式(L)中のYは下記構造式(Y)である。) (Y in the formula (L) is the following formula (Y).)

(合成比較例1) (Synthesis Comparative Example 1)
三口フラスコに、ステアリルアルコール(OH5.0モル)、触媒として塩化白金酸の0.5%トルエン溶液を0.2質量%、酢酸を加え、溶媒としてトルエン30重量%を加え、窒素気流下、温度50〜60℃で攪拌しながら、下記構造のオルガノハイドロジェンポリシロキサン(Si−H1.0モル)を滴下した。 Necked flask, stearyl alcohol (OH5.0 mol), 0.2 wt% and 0.5% toluene solution of chloroplatinic acid as the catalyst, acetic acid was added, toluene 30% by weight was added as a solvent, under a stream of nitrogen, the temperature with stirring at 50-60 ° C., it was added dropwise organohydrogenpolysiloxane having the following structure (Si-H1.0 mol). 滴下終了後、60℃で10時間攪拌して脱水素反応を行った。 After completion of the dropwise addition, the dehydrogenation reaction was carried out by stirring for 10 hours at 60 ° C.. その後、水洗、有機層を抽出し、溶媒除去のため、減圧下で加熱ストリップを行った後、下記構造式(M)の白色の半固体状の生成物を得た。 Thereafter, washing with water, the organic layer was extracted, for solvent removal, after the heat strip under reduced pressure to give a white semi-solid products of the following structural formula (M).

オルガノハイドロジェンポリシロキサン: Organohydrogenpolysiloxane:

(式(M)中のZは−O−C 1837である。) (Z in the formula (M) is -O-C 18 H 37.)

下記表1に実施例1〜4、合成比較例1に記載の化合物の融点と重量平均分子量をそれぞれ示す。 It is shown below in Table 1 in Example 1-4, the melting point and the weight average molecular weight of a compound according to Synthesis Comparative Example 1, respectively.

合成実施例1〜4の化合物はOH基とイソシアネート(NCO)基とのウレタン化反応で得られるウレタン化合物であり、ウレタン結合を有しているため、合成比較例1の化合物よりも高い融点を有した。 Compound of Example 1-4 is a urethane compound obtained by the urethanization reaction of the OH groups to isocyanate (NCO) groups, because it has a urethane bond, a higher than the compound of Synthesis Comparative Example 1 mp It has been.

増粘剤の油剤への相溶性と組成物の評価合成実施例1〜4、合成比較例1の各種油剤に対する相溶性を評価するため、各種油剤9gに対して、各増粘剤を1g添加し、80℃で加熱溶解、室温にて冷ました後、組成物の状態を評価した。 To evaluate the compatibility of the evaluation various oils of Example 1-4, Comparative Synthesis Example 1 of compatibility with the composition of the oil thickeners, for various oil 9 g, each thickener 1g added was, heated and dissolved at 80 ° C., after cooling at room temperature, to evaluate the state of the composition.

相溶性の評価は以下の通りとした。 Evaluation of the compatibility were as follows.
○:溶解、△:微濁、×:不溶 ○: dissolution, △: slightly cloudy, ×: insoluble

ジメチルポリシロキサンは信越化学工業(株)製のKF−96−2cs、6cs Dimethylpolysiloxane Shin-Etsu Chemical Co., Ltd. KF-96-2cs, 6cs

増粘効果の評価は以下の通りとした。 Evaluation of thickening effect were as follows.
◎:固化、○:増粘、△:一部分離、×:分離、□:透明液体 ◎: solidification, ○: thickening, △: partially separated, ×: separation, □: transparent liquid

表2、3に示した通り、合成実施例1〜4の増粘剤は各種油剤に対して相溶性が高く、増粘効果が確認できた。 As shown in Tables 2 and 3, the thickener of Example 1-4 have high compatibility with various oils, thickening effect was confirmed. これに対し、合成比較例1の増粘剤は油剤への相溶性は高いものの、油剤へ溶解してしまい、増粘効果が確認できなかった。 In contrast, although thickeners Synthesis Comparative Example 1 is compatibility with oil high, will dissolve into the oil, thickening effect could not be confirmed. これは、合成実施例1〜4のシリコーンワックスはより高い融点を有するため、各種油剤への凝固性、又は増粘性効果が高いためであると考えられる。 This silicone waxes Synthesis Examples 1 to 4 because with a higher melting point, solidification of the various oils, or thickening effect is believed to be because high.

合成実施例1〜4、合成比較例1の増粘剤を用いて化粧料にして評価を行った。 Synthesis Examples 1 to 4 were carried out in the cosmetics using thickeners Synthesis Comparative Example 1.
(実施例1)乳液(成分) 質量(%) (Example 1) emulsion (Component) Weight (%)
1. 1. 合成実施例1で得たシリコーン変性ワックス 2.0 Silicone-modified wax 2.0 obtained in Synthesis Example 1
2. 2. ジメチルポリシロキサン2cs 30.0 Dimethylpolysiloxane 2cs 30.0
3. 3. デカメチルシクロペンタシロキサン 10.0 Decamethylcyclopentasiloxane 10.0
4. 4. トリオクタン酸グリセリル 5.0 Trioctanoate glyceryl 5.0
5. 5. ポリエーテル変性シリコーン(注1) 5.0 Polyether-modified silicone (Note 1) 5.0
6.1,3−ブチレングリコール 5.0 6.1,3- butylene glycol 5.0
7. 7. 防腐剤 適量 8. Preservative qs 8. 香料 適量 9. Perfume appropriate amount 9. 精製水 43.0 Purified water 43.0
(注1)信越化学工業(株)製:KF−6017(商品名) (Note 1) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: KF-6017 (trade name)
(製造方法) (Production method)
A)成分1〜5を加熱溶解する。 Were dissolved by heating A) Components 1 to 5.
B)成分6〜7及び9を混合した後、上記A)を加えて乳化する。 B) After mixing the components 6-7 and 9, emulsified by adding the A).
C)上記B)を冷却し、成分8を加えて乳液を得る。 C) cooling the B), to obtain an emulsion by adding a component 8.
以上のようにして得られた本発明品の乳液は、べたつきがなく、のびも良かった。 Milk product of the present invention obtained as described above, non-sticky, spreadability was good. また、皮膚に施与されたときに、つやのある仕上がりが得られた。 Further, when it is applied to the skin, glossy finish was obtained.

(実施例2)油中水型クリーム(成分) 質量(%) (Example 2) water-in-oil cream (Component) Weight (%)
1. 1. スクワラン 10.0 Squalane 10.0
2. 2. デカメチルシクロペンタシロキサン 7.0 Decamethylcyclopentasiloxane 7.0
3. 3. ジメチルポリシロキサン2cs 5.0 Dimethylpolysiloxane 2cs 5.0
4. 4. ポリエーテル変性分岐型シリコーン(注1) 2.0 Branched polyether-modified silicone (Note 1) 2.0
5. 5. 合成実施例2で得たシリコーン変性ワックス 1.0 Silicone-modified wax 1.0 obtained in Synthesis Example 2
6. 6. ジプロピレングリコール 7.0 Dipropylene glycol 7.0
7. 7. 防腐剤 適量 8. Preservative qs 8. 香料 適量 9. Perfume appropriate amount 9. 精製水 68.0 Purified water 68.0
(注1)信越化学工業(株)製:KF−6028(商品名) (Note 1) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: KF-6028 (trade name)
(製造方法) (Production method)
A)成分1〜5を加熱混合する。 Heating mixed A) Components 1 to 5.
B)成分6〜9を混合し、上記A)に加えて攪拌乳化する。 B) The components 6 to 9 were mixed and added and emulsified the A).
以上のようにして得られた本発明品の油中水型クリームは、べたつきがなく、のびの良い油中水型クリームであった。 Above manner, the present invention product of water-in-oil cream thus obtained are non-sticky, had a good water-in-oil cream elongation.

(実施例3)油中水型クリーム(成分) 質量(%) (Example 3) water-in-oil cream (Component) Weight (%)
1. 1. 合成実施例3で得たシリコーン変性ワックス 2.0 Silicone-modified wax 2.0 obtained in Synthesis Example 3
2. 2. ジメチルポリシロキサン6cs 10.0 Dimethylpolysiloxane 6 cs 10.0
3. 3. 架橋型ポリエーテル変性シリコーン(注1) 5.0 Crosslinked polyether-modified silicone (Note 1) 5.0
4. 4. ジプロピレングリコール 10.0 Dipropylene glycol 10.0
5. 5. クエン酸ナトリウム 0.2 Sodium citrate 0.2
6. 6. エタノール 5.0 Ethanol 5.0
7. 7. 防腐剤 適量 8. Preservative qs 8. 香料 適量 9. Perfume appropriate amount 9. 精製水 67.8 Purified water 67.8
(注1)信越化学工業(株)製:KSG−21(商品名) (Note 1) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: KSG-21 (trade name)
(製造方法) (Production method)
A)成分1〜3を加熱溶解する。 Were dissolved by heating A) Components 1 to 3.
B)成分4〜9を混合溶解し、上記A)に加えて攪拌乳化する。 B) The components 4 to 9 were mixed and dissolved, and stirred emulsion in addition to the above A).
以上のようにして得られた本発明品の油中水型クリームは、油っぽさ、べたつきがなく、のびが良かった。 Above manner, the present invention product of water-in-oil cream thus obtained is greasy, non-sticky, elongation was good. また、マット感のある仕上がりが得られた。 In addition, finish with a matte texture is obtained.

(実施例4)油中水型クリームメイクアップ下地(成分) 質量(%) (Example 4) water-in-oil cream makeup foundation (Component) Weight (%)
1. 1. 架橋型ポリエーテル変性シリコーン(注1) 4.0 Crosslinked polyether-modified silicone (Note 1) 4.0
2. 2. 架橋型ジメチルポリシロキサン(注2) 1.0 Crosslinked dimethylpolysiloxane (Note 2) 1.0
3. 3. ポリエーテル変性シリコーン(注3) 0.5 Polyether-modified silicone (Note 3) 0.5
4. 4. ジメチルポリシロキサン(6mm /秒(25℃)) 6.0 Dimethylpolysiloxane (6 mm 2 / s (25 ℃)) 6.0
5. 5. ジメチルポリシロキサン(20mm /秒(25℃)) 2.0 Dimethylpolysiloxane (20 mm 2 / s (25 ℃)) 2.0
6. 6. デカメチルシクロペンタシロキサン 3.0 Decamethylcyclopentasiloxane 3.0
7. 7. 酸化チタン/シクロペンタシロキサン分散物(注4) 10.0 Titanium oxide / cyclopentasiloxane dispersion (Note 4) 10.0
8. 8. 合成実施例2で得たシリコーン変性ワックス 1.0 Silicone-modified wax 1.0 obtained in Synthesis Example 2
9. 9. ジプロピレングリコール 5.0 Dipropylene glycol 5.0
10. 10. クエン酸ナトリウム 0.2 Sodium citrate 0.2
11. 11. メチルセルロース(2%水溶液)(注5) 2.5 Methylcellulose (2% aqueous solution) (Note 5) 2.5
12. 12. エタノール 3.0 Ethanol 3.0
13. 13. 防腐剤 適量14. Preservative qs 14. 香料 適量15. Perfume appropriate amount of 15. 精製水 61.8 Purified water 61.8
(注1)信越化学工業(株)製:KSG−21(商品名) (Note 1) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: KSG-21 (trade name)
(注2)信越化学工業(株)製:KSG−15(商品名) (Note 2) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: KSG-15 (trade name)
(注3)信越化学工業(株)製:KF−6017(商品名) (Note 3) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: KF-6017 (trade name)
(注4)信越化学工業(株)製:SPD−T1S(商品名) (Note 4) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: SPD-T1S (trade name)
(注5)信越化学工業(株)製:メトローズ65−SH4000(商品名) (Note 5) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: Metolose 65-SH4000 (trade name)
(製造方法) (Production method)
A)成分1〜8を加熱混合する。 Heating mixed A) component 1-8.
B)成分9〜15を混合溶解し、上記A)に加えて攪拌乳化する。 B) The components 9 to 15 were mixed and dissolved, and stirred emulsion in addition to the above A).
以上のようにして得られた本発明品の油中水型メイクアップ下地は、油っぽさ、べたつきがなく、のびも良かった。 Water-in-oil make-up foundation of the present invention product obtained as described above, oily, non-sticky, spreadability was good. さらに、みずみずしいさっぱりとした使用性を持ち、マット感のある仕上がりが得られた。 In addition, it has a fresh and refreshing usability, finish with a matte texture is obtained.

(実施例5)水中油型クリーム(成分) 質量(%) (Example 5) oil-in-water cream (Component) Weight (%)
1. 1. 合成実施例4で得たシリコーン変性ワックス 2.0 Silicone-modified wax 2.0 obtained in Synthesis Example 4
2. 2. 架橋型ジメチルポリシロキサン(注1) 15.0 Crosslinked dimethylpolysiloxane (Note 1) 15.0
3. 3. デカメチルシクロペンタシロキサン 10.0 Decamethylcyclopentasiloxane 10.0
4. 4. ジメチルポリシロキサン20cs 18.0 Dimethylpolysiloxane 20 cs 18.0
5. 5. ポリエーテル変性シリコーン(注2) 0.7 Polyether-modified silicone (Note 2) 0.7
6. 6. プロピレングリコール 3.0 Propylene glycol 3.0
7. 7. ポリアクリルアミド系混合物(注3) 0.8 Polyacrylamide mixture (Note 3) 0.8
8. 8. キサンタンガム(2%水溶液) 8.0 Xanthan gum (2% aqueous solution) 8.0
9. 9. 防腐剤 適量10. Preservative qs 10. 香料 適量11. Perfume appropriate amount of 11. 精製水 42.5 Purified water 42.5
(注1)信越化学工業(株)製:KSG−16(商品名) (Note 1) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: KSG-16 (trade name)
(注2)信越化学工業(株)製:KF−6011(商品名) (Note 2) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: KF-6011 (trade name)
(注3)SEPIC製:セピゲル305(商品名) (Note 3) manufactured by SEPIC: Sepigel 305 (trade name)
(製造方法) (Production method)
A)成分1〜4を加熱混合する。 Heating mixed A) Components 1 to 4.
B)成分5〜11を混合溶解する。 B) The components 5 to 11 is mixed dissolved.
C)上記A)を上記B)に加えて攪拌乳化する。 The C) above A) to added and emulsified the B).
以上のようにして得られた本発明品の水中油水型クリームは、のびの軽い、さっぱりとした使用性を持つ、優れた水中油水型クリームであることがわかった。 Above manner, the present invention product of oil-water cream thus obtained is lighter elongation, with and refreshing usability, it was found that an excellent water-oil-in-water type cream.

(実施例6)油中水型固形クリーム(成分) 質量(%) (Example 6) A water-in-oil solid cream (Component) Weight (%)
1. 1. 合成実施例2で得たシリコーン変性ワックス 30.0 Silicone-modified wax 30.0 obtained in Synthesis Example 2
2. 2. ジメチルポリシロキサン20cs 24.0 Dimethylpolysiloxane 20 cs 24.0
3. 3. デカメチルシクロペンタシロキサン 24.0 Decamethylcyclopentasiloxane 24.0
4. 4. ポリエーテル変性シリコーン(注1) 2.0 Polyether-modified silicone (Note 1) 2.0
5.1,3−ブチレングリコール 2.0 5.1,3- butylene glycol 2.0
6. 6. 防腐剤 適量 7. Preservative qs 7. 香料 適量 8. Perfume appropriate amount of 8. 精製水 18.0 Purified water 18.0
(注1)信越化学工業(株)製:KF−6017(商品名) (Note 1) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: KF-6017 (trade name)
(製造方法) (Production method)
A)成分1〜4を加熱溶解した。 Was heated and dissolved A) Components 1 to 4.
B)成分5〜8を混合溶解し、上記A)に加えて攪拌乳化した。 B) The components 5 to 8 were mixed and dissolved, was added and emulsified the A).
C)上記B)を充填して製品とした。 C) and a product by filling the B).
以上のようにして得られた本発明品の油中水型固形クリームは、油剤が多いにもかかわらず油っぽさ、べたつきがなく、のびも良かった。 Above manner, the present invention product of water-in-oil solid cream obtained by the oil often despite greasy, non-sticky, spreadability was good.

(実施例7)口紅(成分) 質量(%) (Example 7) Lipstick (Component) Weight (%)
1. 1. 合成実施例1で得たシリコーン変性ワックス 35.0 Silicone-modified wax 35.0 obtained in Synthesis Example 1
2. 2. ポリエチレンワックス 5.0 Polyethylene wax 5.0
3. 3. スクワラン 30.0 Squalane 30.0
4. 4. デカメチルシクロペンタシロキサン 26.0 Decamethylcyclopentasiloxane 26.0
5. 5. アクリルシリコーン樹脂(注1) 4.0 Acrylic silicone resin (Note 1) 4.0
6. 6. 顔料 適量 7. Pigment suitable amount 7. 防腐剤 適量 8. Preservative qs 8. 香料 適量(注1)信越化学工業(株)製:KP−545(商品名) Fragrance appropriate amount (Note 1) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: KP-545 (trade name)
(製造方法) (Production method)
A)成分1〜4を加熱溶解した。 Was heated and dissolved A) Components 1 to 4.
B)成分5〜7を混合分散し、上記A)に加えて均一に攪拌した。 B) The components 5 to 7 were mixed and dispersed, and uniformly stirred in addition to the above A).
C)上記B)に成分8を添加し、充填して製品とした。 Component 8 was added to C) above B), and the product is filled.
以上のようにして得られた本発明品の口紅は、油っぽさ、べたつきがなく、軽い滑りでのびも良かった。 Lipsticks of the present invention product obtained as described above, oily, non-sticky, was good elongation with a light sliding.

(実施例8)パウダーファンデーション(成分) 質量(%) (Example 8) Powder Foundation (Component) Weight (%)
1. 1. セリサイト 40.0 Sericite 40.0
2. 2. マイカ 10.0 Mica 10.0
3. 3. タルク 残量 4. Talc remaining 4. 酸化チタン 10.0 Titanium oxide 10.0
5. 5. 微粒子酸化チタン 5.0 The fine particles of titanium oxide 5.0
6. 6. ステアリン酸マグネシウム 3.0 Magnesium stearate 3.0
7. 7. 顔料 4.2 Pigment 4.2
8. 8. 合成実施例3で得たシリコーン変性ワックス 1.0 Silicone-modified wax 1.0 obtained in Synthesis Example 3
9. 9. スクワラン 3.0 Squalane 3.0
10. 10. 防腐剤 適量11. Preservative qs 11. 香料 適量(製造方法) Perfume qs (Manufacturing Method)
A)成分8〜11を混合する。 Mixing the A) component 8-11.
B)成分1〜7を混合した後、上記A)を加えて均一に混合する。 B) After mixing the components 1-7 and uniformly mixed with the above A).
C)上記B)を金型にプレス成型し、パウダーファンデーションを得る。 The C) above B) was press-molded into a mold to obtain a powder foundation.
以上のようにして得られた本発明品のパウダーファンデーションは、べたつきがなく、のびも良かった。 Powder foundation of the product of the present invention obtained as described above, there is no stickiness, spreadability also was good. しかも、つやのある仕上がりが得られるパウダーファンデーションであることがわかった。 Moreover, it was found that a powder foundation glossy finish can be obtained.

(実施例9)クリームファンデーション(成分) 質量(%) (Example 9) Cream Foundation (Component) Weight (%)
1. 1. 架橋型ポリエーテル変性シリコーン(注1) 4.0 Crosslinked polyether-modified silicone (Note 1) 4.0
2. 2. トリオクタン酸グリセリル 3.0 Trioctanoate glyceryl 3.0
3. 3. リンゴ酸ジイソステアリル 5.0 Malic acid diisostearyl 5.0
4. 4. デカメチルシクロペンタシロキサン 6.0 Decamethylcyclopentasiloxane 6.0
5. 5. 合成実施例3で得たシリコーン変性ワックス 2.0 Silicone-modified wax 2.0 obtained in Synthesis Example 3
6. 6. フッ素変性ハイブリッドシリコーン複合粉体(注2) 2.5 Fluorine modified hybrid silicone composite powder (Note 2) 2.5
7. 7. 顔料 8.0 Pigment 8.0
8. 8. アクリルシリコーン樹脂(注3) 5.0 Acrylic silicone resin (Note 3) 5.0
9. 9. ジプロピレングリコール 5.0 Dipropylene glycol 5.0
10. 10. クエン酸ナトリウム 0.2 Sodium citrate 0.2
11. 11. 防腐剤 適量12. Preservative qs 12. 香料 適量13. Perfume appropriate amount of 13. 精製水 59.3 Purified water 59.3
(注1)信越化学工業(株)製:KSG−21(商品名) (Note 1) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: KSG-21 (trade name)
(注2)信越化学工業(株)製:KSP−200(商品名) (Note 2) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: KSP-200 (trade name)
(注3)信越化学工業(株)製:KP−545(商品名) (Note 3) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: KP-545 (trade name)
(製造方法) (Production method)
A)成分1〜6を加熱混合する。 Heating mixed A) Components 1 to 6.
B)成分9〜13を混合溶解し、上記A)に加えて攪拌乳化する。 B) The components 9 to 13 were mixed and dissolved, and stirred emulsion in addition to the above A).
C)成分7〜8を混合し、上記B)に加えて均一にする。 C) The components 7-8 are mixed and uniformly in addition to the above B).
以上のようにして得られた本発明品のクリームファンデーションは、べたつきがなく、のびも良く、マット感のある仕上がりが得られるものであることがわかった。 Cream foundation of the product of the present invention obtained as described above, there is no stickiness, spreadability is good, it was found that one in which finish with a mat feeling is obtained.

(実施例10)固形ファンデーション(成分) 質量(%) (Example 10) Solid Foundation (Component) Weight (%)
1. 1. 合成実施例1で得たシリコーン変性ワックス 30.0 Silicone-modified wax 30.0 obtained in Synthesis Example 1
2. 2. ポリエチレンワックス 5.0 Polyethylene wax 5.0
3. 3. リンゴ酸ジイソステアリル 32.5 Diisostearyl malate 32.5
4. 4. デカメチルシクロペンタシロキサン 28.5 Decamethylcyclopentasiloxane 28.5
5. 5. アクリルシリコーン樹脂(注1) 4.0 Acrylic silicone resin (Note 1) 4.0
6. 6. 顔料 適量 7. Pigment suitable amount 7. 防腐剤 適量 8. Preservative qs 8. 香料 適量(注1)信越化学工業(株)製:KP−545(商品名) Fragrance appropriate amount (Note 1) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: KP-545 (trade name)
(製造方法) (Production method)
A)成分1〜4を加熱溶解した。 Was heated and dissolved A) Components 1 to 4.
B)成分5〜7を混合分散し、上記A)に加えて均一に攪拌した。 B) The components 5 to 7 were mixed and dispersed, and uniformly stirred in addition to the above A).
C)上記B)に成分8を添加し、充填して製品とした。 Component 8 was added to C) above B), and the product is filled.
以上のようにして得られた本発明品の固形ファンデーションは、油っぽさ、べたつきがなく、のびの良いものであることがわかった。 The solid foundation of the present invention product obtained as described above, oily, non-sticky, was found to be good elongation.

(実施例11)油中水型コンパクトファンデーション(成分) 質量(%) (Example 11) Water-in-oil compact foundation (Component) Weight (%)
1. 1. 合成実施例4で得たシリコーン変性ワックス 25.0 Silicone-modified wax 25.0 obtained in Synthesis Example 4
2. 2. キャンデリラワックス 5.0 Candelilla wax 5.0
3. 3. トリ2エチルへキサン酸グリセリル 24.0 Hexanoic acid glyceryl birds 2-ethyl 24.0
4. 4. デカメチルシクロペンタシロキサン 22.0 Decamethylcyclopentasiloxane 22.0
5. 5. アクリルシリコーン樹脂(注1) 4.0 Acrylic silicone resin (Note 1) 4.0
6. 6. トリメチルシロキシケイ酸(注2) 1.0 Trimethylsiloxysilicate (Note 2) 1.0
7. 7. ポリエーテル変性シリコーン(注3) 2.0 Polyether-modified silicone (Note 3) 2.0
8. 8. 顔料 適量 9.1,3−ブチレングリコール 2.0 Pigment qs 9.1,3- butylene glycol 2.0
10. 10. 防腐剤 適量11. Preservative qs 11. 香料 適量12. Perfume appropriate amount of 12. 精製水 15.0 Purified water 15.0
(注1)信越化学工業(株)製:KP−545(商品名) (Note 1) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: KP-545 (trade name)
(注2)信越化学工業(株)製:KF−7312J(商品名) (Note 2) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: KF-7312J (trade name)
(注3)信越化学工業(株)製:KF−6017(商品名) (Note 3) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: KF-6017 (trade name)
(製造方法) (Production method)
A)成分1〜4、7を加熱溶解した。 It was heated and dissolved A) component 1~4,7.
B)成分9、10及び12を混合溶解し、上記A)に加えて攪拌乳化した。 B) The components 9, 10 and 12 were mixed and dissolved, was added and emulsified the A).
C)成分5、6、8を混合分散し、上記B)に加えて均一に攪拌した。 C) The components 5, 6 and 8 were mixed and dispersed, and uniformly stirred in addition to the above B).
D)上記C)に成分11を添加し、充填して製品とした。 D) was added to component 11 to the C), and the product is filled.
以上のようにして得られた本発明品の油中水型コンパクトファンデーションは、油剤が多いにもかかわらず油っぽさ、べたつきがなく、のびも良かった。 The water-in-oil compact foundation of the product of the present invention obtained as described above, oil is often despite greasy, non-sticky, spreadability also was good.

(実施例12)アイシャドウ(成分) 質量(%) (Example 12) Eye Shadow (component) weight (%)
1. 1. セリサイト 40.0 Sericite 40.0
2. 2. マイカ 10.0 Mica 10.0
3. 3. タルク 残量 4. Talc remaining 4. 酸化チタン 10.0 Titanium oxide 10.0
5. 5. 微粒子酸化チタン 5.0 The fine particles of titanium oxide 5.0
6. 6. ステアリン酸マグネシウム 3.0 Magnesium stearate 3.0
7. 7. 顔料 適量 8. Pigment suitable amount 8. オクチルドデカノール 3.0 Octyldodecanol 3.0
9. 9. トリ2エチルへキサン酸グリセリル 8.0 Hexanoic acid glyceryl to the bird 2 ethyl 8.0
10. 10. 合成実施例3で得たシリコーン変性ワックス 2.0 Silicone-modified wax 2.0 obtained in Synthesis Example 3
11. 11. 防腐剤 適量12. Preservative qs 12. 香料 適量(製造方法) Perfume qs (Manufacturing Method)
A)成分8〜11を加熱混合する。 Heating mixed A) component 8-11.
B)成分1〜7を混合した後、上記A)を加えて均一に混合する。 B) After mixing the components 1-7 and uniformly mixed with the above A).
C)成分12を上記B)に添加する。 The C) component 12 is added to the above B).
以上のようにして得られた本発明品のアイシャドウは、べたつきがなく、のびも良く、しかも、つやのある仕上がりが得られるものであることがわかった。 The eye shadow of the present invention product is obtained as a, no stickiness, spreadability is good, moreover, it was found that those glossy finish is obtained.

(実施例13)パウダーアイブロウ(成分) 質量(%) (Example 13) Powder Eyebrow (component) weight (%)
1. 1. 合成実施例2で得たシリコーン変性ワックス 3.0 Silicone-modified wax 3.0 obtained in Synthesis Example 2
2. 2. ホホバ油 5.0 Jojoba oil 5.0
3. 3. トリオクタン酸グリセリル 2.0 Trioctanoate glyceryl 2.0
4. 4. シリコーン処理マイカ 40.0 Silicone-treated mica 40.0
5. 5. シリコーン処理硫酸バリウム 15.0 Siliconized barium sulfate 15.0
6. 6. シリコーン処理酸化チタン 10.0 Silicone-treated titanium oxide 10.0
7. 7. シリコーン処理顔料 適量 8. Silicone-treated pigment suitable amount 8. ハイブリッドシリコーン複合粉体(注1) 1.5 Composite powder of hybrid silicone (Note 1) 1.5
9. 9. 球状ポリメチルシルセスキオキサン粉体(注2) 2.5 Spherical polymethylsilsesquioxane powder (Note 2) 2.5
10. 10. シリコーン処理タルク 残量11. Silicone-treated talc remaining 11. 防腐剤 適量12. Preservative qs 12. 香料 適量(注1)信越化学工業(株)製:KSP−100(商品名) Fragrance appropriate amount (Note 1) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: KSP-100 (trade name)
(注2)信越化学工業(株)製:KMP−590(商品名) (Note 2) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: KMP-590 (trade name)
(製造方法) (Production method)
A)成分4〜12を混合、均一にする。 Mixing A) component 4-12 is uniform.
B)成分1〜3を混合溶解し、上記A)に加えて均一にする。 B) The components 1 to 3 were mixed and dissolved to be uniform in addition to the above A).
C)上記B)を金型にプレス成型し、パウダーアイブロウを得る。 The C) above B) was press molded in a mold to obtain a powder eyebrow.
以上のようにして得られた本発明品のアイブロウは、べたつきがなく、のびも良く、しかも、つやのある仕上がりが得られるものであることがわかった。 Eyebrow product of the present invention obtained as described above, non-sticky, spreadability is good, moreover, it was found that those glossy finish is obtained.

(実施例14)ペンシル状アイブロウ(成分) 質量(%) (Example 14) pencil eyebrow (Component) Weight (%)
1. 1. 合成実施例4で得たシリコーン変性ワックス 40.0 Silicone-modified wax 40.0 obtained in Synthesis Example 4
2. 2. ポリエチレンワックス 10.0 Polyethylene wax 10.0
3. 3. ホホバ油 40.0 Jojoba oil 40.0
4. 4. デカメチルシクロペンタシロキサン 5.0 Decamethylcyclopentasiloxane 5.0
5. 5. アクリルシリコーン樹脂(注1) 5.0 Acrylic silicone resin (Note 1) 5.0
6. 6. 顔料 適量 7. Pigment suitable amount 7. 防腐剤 適量 8. Preservative qs 8. 香料 適量(注1)信越化学工業(株)製:KP−545(商品名) Fragrance appropriate amount (Note 1) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: KP-545 (trade name)
(製造方法) (Production method)
A)成分1〜4を加熱溶解した。 Was heated and dissolved A) Components 1 to 4.
B)成分5〜7を混合分散し、上記A)に加えて均一に攪拌した。 B) The components 5 to 7 were mixed and dispersed, and uniformly stirred in addition to the above A).
C)上記B)に成分8を添加し、充填して製品とした。 Component 8 was added to C) above B), and the product is filled.
以上のようにして得られた本発明品のペンシル状アイブロウは、粉飛びがなく滑り性に優れ、延びのよいものであった。 Pencil eyebrow of the present invention product obtained as above is excellent in sliding property without skipping powder was good in extending.

(実施例15)ヘアクリーム(成分) 質量(%) (Example 15) Hair cream (Component) Weight (%)
1. 1. 合成実施例4で得たシリコーン変性ワックス 2.0 Silicone-modified wax 2.0 obtained in Synthesis Example 4
2. 2. モノイソステアリン酸ジグリセリル 5.0 Monoisostearate diglyceryl 5.0
3. 3. デカメチルシクロペンタシロキサン 8.0 Decamethylcyclopentasiloxane 8.0
4. 4. 塩化ステアリルトリメチルアンモニウム 1.5 Stearyl trimethyl ammonium chloride 1.5
5. 5. グリセリン 3.0 Glycerin 3.0
6. 6. プロピレングリコール 5.0 Propylene glycol 5.0
7. 7. ヒドロキシエチルセルロース 0.2 Hydroxyethyl cellulose 0.2
8. 8. 防腐剤 適量 9. Preservative qs 9. 香料 適量10. Perfume appropriate amount of 10. 精製水 75.3 Purified water 75.3
(製造方法) (Production method)
A)成分1〜3を加熱溶解する。 Were dissolved by heating A) Components 1 to 3.
B)成分4〜8及び10を均一に混合溶解する。 B) uniformly mixed and dissolved components 4-8 and 10.
C)上記B)を上記A)に加えて乳化後、冷却して成分9を加える。 After emulsifying C) above B) in addition to the above A), added to component 9 is cooled.
以上のようにして得られた本発明品のヘアクリームは、塗布時の伸び、使用後の髪の柔軟性、なめらかさ、しっとり感、ツヤにおいて、きわめて優れた効果を示すもので、総合的に非常に優れたヘアクリームであることがわかった。 The present invention products of a hair cream obtained as described above, elongation at application, the flexibility of the hair after use, smoothness, moist feeling, in gloss, show a very excellent effect, overall It was found to be a very good hair cream.

(実施例16)コンディショニングムース(成分) 質量(%) (Example 16) Conditioning mousse (Component) Weight (%)
1. 1. 合成実施例2で得たシリコーン変性ワックス 0.5 Silicone-modified wax 0.5 obtained in Synthesis Example 2
2. 2. モノイソステアリン酸ジグリセリル 2.0 Monoisostearate diglyceryl 2.0
3. 3. 架橋型ジメチルポリシロキサン(注1) 0.5 Crosslinked dimethylpolysiloxane (Note 1) 0.5
4. 4. トリオクタン酸グリセリル 1.5 Trioctanoate glyceryl 1.5
5. 5. グリセリン 3.0 Glycerin 3.0
6. 6. 塩化ステアリルジメチルベンジルアンモニウム 0.5 Chloride stearyl dimethyl benzyl ammonium 0.5
7. 7. ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油 0.5 Polyoxyethylene hydrogenated castor oil 0.5
8. 8. エタノール 7.0 Ethanol 7.0
9. 9. 防腐剤 適量10. Preservative qs 10. 香料 適量11. Perfume appropriate amount of 11. 精製水 残量12. Purified water Balance 12. 液化石油ガス 5.0 Liquefied petroleum gas 5.0
(注1)信越化学工業(株)製:KSG−16(商品名) (Note 1) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: KSG-16 (trade name)
(製造方法) (Production method)
A)成分1〜4を加熱溶解する。 Were dissolved by heating A) Components 1 to 4.
B)成分5〜9及び11を均一に混合溶解する。 B) uniformly mixed and dissolved components 5-9 and 11.
C)上記B)を上記A)に加えて乳化後、冷却して成分10を加える。 After emulsifying C) above B) in addition to the above A), added to component 10 by cooling.
D)上記C)をエアゾール用缶に詰め、成分12を充填し、コンデショニングムースを得る。 D) the C) packed in an aerosol can, filling the component 12 to obtain a conditioning mousse.
以上のようにして得られた本発明品のコンデショニングムースは、しっとり感、柔軟性、なめらかさに優れ、油性感のない良好な感触のもので、しかも、マット感のある仕上がりが得られるコンデショニングムースであることがわかった。 Above manner, the present invention product of conditioning mousse thus obtained is moist good feeling, flexibility, smoothness, but without good feel of oiliness, moreover, Conde to finish with a matte feeling is obtained It was found to be a partitioning mousse.

(実施例17)ロールオンタイプ制汗剤(成分) 質量(%) (Example 17) roll-on type antiperspirant (Component) Weight (%)
1. 1. 合成実施例1で得たシリコーン変性ワックス 5.0 Silicone-modified wax 5.0 obtained in Synthesis Example 1
2. 2. 架橋型ポリエーテル変性シリコーン(注1) 20.0 Crosslinked polyether-modified silicone (Note 1) 20.0
3. 3. 流動パラフィン 10.0 Liquid paraffin 10.0
4. 4. 架橋型ジメチルポリシロキサン(注2) 15.0 Crosslinked dimethylpolysiloxane (Note 2) 15.0
5. 5. デカメチルシクロペンタシロキサン 30.0 Decamethylcyclopentasiloxane 30.0
6. 6. アルミニウムジルコニウムテトラクロロハイドレイト 20.0 Aluminum zirconium tetrachloro-hydrate 20.0
7. 7. 香料 適量(注1)信越化学工業(株)製:KSG−21(商品名) Fragrance appropriate amount (Note 1) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: KSG-21 (trade name)
(注2)信越化学工業(株)製:KSG−15(商品名) (Note 2) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: KSG-15 (trade name)
(製造方法) (Production method)
A)成分1〜5を加熱混合する。 Heating mixed A) Components 1 to 5.
B)上記Aに成分6、7を加え、均一に分散する。 B) The components 6 and 7 in addition to the above A, and uniformly dispersed.
以上のようにして得られたロールオンタイプの制汗剤は、のびが良く、べたつきや油感がなく、温度や経時による変化もなく、使用性も安定性も非常に優れているものであった。 The thus roll-on type antiperspirant thus obtained has good elongation, non-sticky and oil feel, had no change with temperature or time, it was those very excellent usability and stability .

(実施例18)油中水型タイプ制汗剤(成分) 質量(%) (Example 18) Water-in-oil type antiperspirant (Component) Weight (%)
1. 1. 合成実施例3で得たシリコーン変性ワックス 2.0 Silicone-modified wax 2.0 obtained in Synthesis Example 3
2. 2. 架橋型ポリエーテル変性シリコーン(注1) 7.0 Crosslinked polyether-modified silicone (Note 1) 7.0
3. 3. デカメチルシクロペンタシロキサン 7.0 Decamethylcyclopentasiloxane 7.0
4. 4. 流動パラフィン 8.0 Liquid paraffin 8.0
5.1,3−ブチレングリコール 5.0 5.1,3- butylene glycol 5.0
6. 6. クエン酸ナトリウム 0.2 Sodium citrate 0.2
7. 7. アルミニウムクロロハイドレート 20.0 Aluminum chlorohydrate 20.0
8. 8. 香料 適量 9. Perfume appropriate amount 9. 精製水 50.8 Purified water 50.8
(注1)信越化学工業(株)製:KSG−21(商品名) (Note 1) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: KSG-21 (trade name)
(製造方法) (Production method)
A)成分1〜4を加熱混合する。 Heating mixed A) Components 1 to 4.
B)成分5〜6及び8を混合し、成分7、9を加え溶解する。 B) mixing the components 5-6 and 8, to dissolve added components 7,9.
C)上記A)に上記B)を加え攪拌して乳化する。 C) emulsified by stirring adding the B) in the above A).
以上のようにして得られた油中水型タイプの制汗剤は、のびが良く、べたつきや油感がなく、温度や経時による変化もなく、使用性も安定性も非常に優れている油中水型タイプの制汗剤であった。 Above manner, the antiperspirant agent in the water-type oil obtained has good elongation, non-sticky and oil feel, had no change with temperature or time, oil usability and stability are very good It was a mid-water-type of antiperspirant.

(実施例19)固形制汗剤(成分) 質量(%) (Example 19) Solid antiperspirant (Component) Weight (%)
1. 1. 合成実施例4で得たシリコーン変性ワックス 22.0 Silicone-modified wax 22.0 obtained in Synthesis Example 4
2. 2. ポリエチレン−ポリプロピレン共重合体 4.0 Polyethylene - polypropylene copolymer 4.0
3. 3. ジメチルポリシロキサン(6mm /秒(25℃)) 22.0 Dimethylpolysiloxane (6 mm 2 / s (25 ℃)) 22.0
4. 4. デカメチルシクロペンタシロキサン 22.0 Decamethylcyclopentasiloxane 22.0
5. 5. 架橋型ジメチルポリシロキサン(注1) 15.0 Crosslinked dimethylpolysiloxane (Note 1) 15.0
6. 6. アルミニウムジルコニウムテトラクロロハイドレイト 15.0 Aluminum zirconium tetrachloro-hydrate 15.0
7. 7. 香料 適量(注1)信越化学工業(株)製:KSG−16(商品名) Fragrance appropriate amount (Note 1) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: KSG-16 (trade name)
(製造方法) (Production method)
A)成分1〜5を加熱均一にした。 It was A) Components 1 to 5 in heating uniformity.
B)成分6、7を上記A)に混合分散した。 The B) component 6,7 was mixed and dispersed in the A).
C)上記B)を充填して製品とした。 C) and a product by filling the B).
以上のようにして得られた固形制汗剤は、のびが良く、べたつきや油感がなく、温度や経時による変化もなく、使用性も安定性も非常に優れている固形制汗剤であった。 The thus solidified antiperspirant thus obtained has good elongation, non-sticky and oil feel, had no change with temperature or time, was a solid antiperspirant is very excellent usability and stability It was.

(実施例20)固形制汗剤(成分) 質量(%) (Example 20) Solid antiperspirant (Component) Weight (%)
1. 1. 合成実施例1で得たシリコーン変性ワックス 25.0 Silicone-modified wax 25.0 obtained in Synthesis Example 1
2. 2. ポリエチレンワックス 8.0 Polyethylene wax 8.0
3. 3. ジメチルポリシロキサン(6mm /秒(25℃)) 25.0 Dimethylpolysiloxane (6 mm 2 / s (25 ℃)) 25.0
4. 4. デカメチルシクロペンタシロキサン 22.0 Decamethylcyclopentasiloxane 22.0
5. 5. 架橋型ジメチルポリシロキサン(注1) 5.0 Crosslinked dimethylpolysiloxane (Note 1) 5.0
6. 6. アルミニウムジルコニウムテトラクロロハイドレイト(グリシン塩) Aluminum zirconium tetrachloro-hydrate (glycine salt)
15.0 15.0
7. 7. 香料 適量(注1)信越化学工業(株)製:KSG−16(商品名) Fragrance appropriate amount (Note 1) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: KSG-16 (trade name)
(製造方法) (Production method)
A)成分1〜5を加熱均一にした。 It was A) Components 1 to 5 in heating uniformity.
B)成分6、7を上記A)に混合分散した。 The B) component 6,7 was mixed and dispersed in the A).
C)上記B)を充填して製品とした。 C) and a product by filling the B).
以上のようにして得られた固形制汗剤は、のびが良く、べたつきや油感がなく、温度や経時による変化もなく、使用性も安定性も非常に優れている固形制汗剤であった。 The thus solidified antiperspirant thus obtained has good elongation, non-sticky and oil feel, had no change with temperature or time, was a solid antiperspirant is very excellent usability and stability It was.

(実施例21)UVカット油中水型クリーム(成分) 質量(%) (Example 21) UV-cut water-in-oil cream (Component) Weight (%)
1. 1. シリコーン処理酸化亜鉛 20.0 Silicone-treated zinc oxide 20.0
2. 2. アクリル変性シリコーン樹脂(注1) 12.0 Acrylic-modified silicone resin (Note 1) 12.0
3. 3. デカメチルシクロペンタシロキサン 20.0 Decamethylcyclopentasiloxane 20.0
4. 4. トリオクタン酸グリセリル 3.0 Trioctanoate glyceryl 3.0
5. 5. 合成実施例2で得たシリコーン変性ワックス 2.0 Silicone-modified wax 2.0 obtained in Synthesis Example 2
6. 6. 架橋型ポリエーテル変性シリコーン(注2) 5.0 Crosslinked polyether-modified silicone (Note 2) 5.0
7. 7. ポリエーテル変性シリコーン(注3) 1.0 Polyether-modified silicone (Note 3) 1.0
8. 8. アルキル・ポリエーテル共変性シリコーン(注4) 1.0 Alkyl-polyether co-modified silicone (Note 4) 1.0
9. 9. メトキシ桂皮酸オクチル 6.0 Octyl methoxycinnamate 6.0
10. 10. クエン酸ナトリウム 0.2 Sodium citrate 0.2
11. 11. ジプロピレングリコール 3.0 Dipropylene glycol 3.0
12. 12. 防腐剤 適量13. Preservative qs 13. 香料 適量14. Perfume appropriate amount of 14. 精製水 26.8 Purified water 26.8
(注1)信越化学工業(株)製:KP−545(商品名) (Note 1) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: KP-545 (trade name)
(注2)信越化学工業(株)製:KSG−21(商品名) (Note 2) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: KSG-21 (trade name)
(注3)信越化学工業(株)製:KF−6017(商品名) (Note 3) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: KF-6017 (trade name)
(注4)信越化学工業(株)製:KF−6026(商品名) (Note 4) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: KF-6026 (trade name)
(製造方法) (Production method)
A)成分3の一部、及び4〜9を加熱混合する。 Some of the A) component 3, and 4-9 are mixed heating.
B)成分10〜12、14を混合し、上記A)に加えて攪拌乳化する。 B) The component 10~12,14 were mixed and added and emulsified the A).
C)成分1、2及び3の残部を混合分散し、上記B)に成分13を加えて均一にする。 C) the remainder of the ingredients 1, 2 and 3 were mixed and dispersed, to uniform the ingredients 13 in addition to the above B).
以上のようにして得られた油中水型タイプのUVカットクリームは、のびが良く、べたつきや油感がなく、透明感があり、温度や経時による変化もなく、使用性も安定性も非常に優れているUVカットクリームであった。 Above manner, the water-in-oil type UV cut cream thus obtained had a good spreadability, stickiness and no oil feel, there is transparency, no change with temperature or time, very usability and stability It was a UV cut cream has excellent.

(実施例22)UVカット油中水型乳液(成分) 質量(%) (Example 22) UV-cut water-in-oil emulsion (component) weight (%)
1. 1. ジメチルポリシロキサン(6mm /秒(25℃)) 5.0 Dimethylpolysiloxane (6 mm 2 / s (25 ℃)) 5.0
2. 2. 架橋型ポリエーテル変性シリコーン(注1) 5.0 Crosslinked polyether-modified silicone (Note 1) 5.0
3. 3. トリオクタン酸グリセリル 2.0 Trioctanoate glyceryl 2.0
4. 4. 合成実施例2で得たシリコーンワックス(C) 1.0 Silicone waxes obtained in Synthesis Example 2 (C) 1.0
5. 5. ポリエーテル変性シリコーン(注2) 1.0 Polyether-modified silicone (Note 2) 1.0
6. 6. 酸化チタン/デカメチルシクロペンタシロキサン分散物(注3) Titanium oxide / decamethylcyclopentasiloxane dispersion (Note 3)
30.0 30.0
7. 7. 酸化亜鉛/デカメチルシクロペンタシロキサン分散物(注4)30.0 Zinc oxide / decamethylcyclopentasiloxane dispersion (Note 4) 30.0
8. 8. ジプロピレングリコール 3.0 Dipropylene glycol 3.0
9. 9. クエン酸ナトリウム 0.2 Sodium citrate 0.2
10. 10. 防腐剤 適量11. Preservative qs 11. 香料 適量12. Perfume appropriate amount of 12. 精製水 22.8 Purified water 22.8
(注1)信越化学工業(株)製:KSG−21(商品名) (Note 1) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: KSG-21 (trade name)
(注2)信越化学工業(株)製:KF−6017(商品名) (Note 2) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: KF-6017 (trade name)
(注3)信越化学工業(株)製:SPD−T1S(商品名) (Note 3) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: SPD-T1S (trade name)
(注4)信越化学工業(株)製:SPD−Z1(商品名) (Note 4) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: SPD-Z1 (trade name)
(製造方法) (Production method)
A)成分1〜5を加熱混合する。 Heating mixed A) Components 1 to 5.
B)成分8〜10、12を混合溶解し、上記A)に加えて攪拌乳化する。 B) The component 8~10,12 were mixed and dissolved, and stirred emulsion in addition to the above A).
C)成分6、7、11を上記B)に加えて均一にする。 The C) component 6, 7, 11 to be uniform in addition to the above B).
以上のようにして得られた油中水型タイプのUVカット乳液は、のびが良く、べたつきや油感がなく、透明感があり化粧持ちが良く、温度や経時による変化もなく、使用性も安定性も非常に優れているUVカット乳液であった。 The UV cut milky lotion of resulting water-in-oil type as described above, good spreadability, non-sticky and oil feel, there is transparency cosmetic durability better, had no change with temperature or time, also usability stability was a UV cut milky lotion are very good.

(実施例23)UVカット水中油型クリーム(成分) 質量(%) (Example 23) UV-cut oil-in-water cream (Component) Weight (%)
1. 1. 架橋型オルガノポリシロキサン(注1) 5.0 Cross-linked organopolysiloxane (Note 1) 5.0
2. 2. イソオクタン酸セチル 5.0 Cetyl isooctane acid 5.0
3. 3. 合成実施例3で得たシリコーン変性ワックス 1.0 Silicone-modified wax 1.0 obtained in Synthesis Example 3
4. 4. 酸化チタン/デカメチルシクロペンタシロキサン分散物(注2)15.0 Titanium oxide / decamethylcyclopentasiloxane dispersion (Note 2) 15.0
5. 5. ポリエーテル変性シリコーン(注3) 1.0 Polyether-modified silicone (Note 3) 1.0
6. 6. ポリエーテル変性シリコーン(注4) 1.0 Polyether-modified silicone (Note 4) 1.0
7. 7. アクリル酸アミド系混合物(注5) 2.0 Acrylic acid amide mixture (Note 5) 2.0
8. 8. プロピレングリコール 5.0 Propylene glycol 5.0
9. 9. メチルセルロース(2%水溶液)(注6) 5.0 Methylcellulose (2% aqueous solution) (Note 6) 5.0
10. 10. 防腐剤 適 量11. Preservative Appropriate amount of 11. 香料 適 量12. Perfume Appropriate amount of 12. 精製水 60.0 Purified water 60.0
(注1)信越化学工業(株)製:KSG−18(商品名) (Note 1) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: KSG-18 (trade name)
(注2)信越化学工業(株)製:SPD−T1S(商品名) (Note 2) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: SPD-T1S (trade name)
(注3)信越化学工業(株)製:KF−6027(商品名) (Note 3) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: KF-6027 (trade name)
(注4)信越化学工業(株)製:KF−6011(商品名) (Note 4) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: KF-6011 (trade name)
(注5)SEPIC製:セピゲル305(商品名) (Note 5) made SEPIC: Sepigel 305 (trade name)
(注6)信越化学工業(株)製:メトローズSM−4000(商品名) (Note 6) Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.: Metolose SM-4000 (trade name)
(製造方法) (Production method)
A)成分5〜8及び10、12を混合する。 Mixing the A) component 5-8 and 10, 12.
B)成分1〜3を加熱混合し、上記A)に加えて攪拌乳化する。 B) The components 1 to 3 heating mixed and added and emulsified the A).
C)成分4を上記B)に加え、さらに成分9、11を加えて均一にする。 Adding C) component 4 in the B), to equalize further a component 9,11 added.
以上のようにして得られた水中油型タイプのUVカットクリームは、のびが良く、べたつきや油感がなく、透明感があり化粧持ちが良く、温度や経時による変化もなく、使用性も安定性も非常に優れているUVカットクリームであった。 Above manner, the oil-in-water type UV cut cream thus obtained had a good spreadability, non-sticky and oil feel, there is transparency cosmetic durability better, had no change with temperature or time, stable usability sex was also UV cut cream are very good.

(比較例1)固形ファンデーション 実施例10において、成分1. (Comparative Example 1) Solid foundation Example 10, component 1. シリコーン変性ワックスに代えて合成比較例1で得られた増粘剤を用いたことを除き、実施例10と同様にして固形ファンデーションを作った。 Except using thickener obtained in Synthesis Comparative Example 1 in place of the silicone-modified wax, we made solid foundation in the same manner as in Example 10. 得られた固形ファンデーションは、実施例10のファンデーションに比べてべたつきが有り、広がりも悪かった。 The resulting solid foundation, stickiness compared to the foundation of Example 10 there, spread also was bad.

なお、本発明は、上記実施形態に限定されるものではない。 The present invention is not limited to the above embodiment. 上記実施形態は例示であり、本発明の特許請求の範囲に記載された技術的思想と実質的に同一な構成を有し、同様な作用効果を奏するものは、いかなるものであっても本発明の技術的範囲に含有される。 The above embodiments are illustrative, have the technical idea substantially the same configuration described in the claims of the present invention, which achieves the same effect, the present invention be any one contained in the technical scope.

Claims (7)

  1. 末端に不飽和基を有するアルコールとオルガノハイドロジェンポリシロキサンとをヒドロシリル化反応させて得られるカルビノール変性シリコーンのOHに、アルキルイソシアネートをウレタン化反応させることにより得られるものであり、25℃において固体またはチキソ性を有するグリース状のものであることを特徴とするウレタン結合を有するシリコーン変性ワックス。 Alcohol and organohydrogenpolysiloxane having an unsaturated group at the end to OH carbinol modified silicone obtained by a hydrosilylation reaction, which alkyl isocyanates can be obtained by urethane reaction, solid at 25 ° C. or silicone-modified wax having a urethane bond, characterized in that greasy having thixotropy.
  2. 前記末端に不飽和基を有するアルコールが、下記一般式(A)で表わされるアルコールであり、 Alcohols having an unsaturated group at the terminal, an alcohol represented by the following general formula (A),
    (YはO又はCH を示し、nは0〜20の整数を示す。) (Y represents O or CH 2, n is an integer of 0 to 20.)
    前記オルガノハイドロジェンポリシロキサンが、下記一般式(B)で表わされるケイ素原子に結合する水素原子(即ち、SiH基)を1分子中に下記置換基R 〜R 合計の1〜70モル%含有するオルガノハイドロジェンポリシロキサンであり、 The organohydrogenpolysiloxane is a hydrogen atom bonded to a silicon atom represented by the following general formula (B) (i.e., SiH group) 1 to 70 mol% of the following substituents R 1 to R 4 total in one molecule an organohydrogenpolysiloxane containing,
    (R 、R 、R 、R は、それぞれ独立に、水素原子、同一又は異種の、分岐ポリグリセロール鎖が結合した連結基若しくは置換基を有していてもよい、炭素数1〜22の直鎖もしくは分岐鎖のアルキル基又はアルコキシ基、炭素数6〜22のアリール基、及びフッ素置換アルキル基のいずれかを示す。但し、R 、R のうち少なくとも1つは水素原子を示し、R 、R のうち少なくとも1つはメチル基を示す。mは0〜300の整数を示す。) (R 1, R 2, R 3, R 4 are each independently a hydrogen atom, the same or different, may have a linking group or a substituent branched polyglycerol chain is bonded, 1 to carbon atoms straight or branched chain alkyl or alkoxy group of 22, indicating either the aryl groups, and fluorine-substituted alkyl group having 6 to 22 carbon atoms. However, at least one hydrogen atom of R 1, R 3 shown, at least one of R 2, R 4 is .m showing the methyl group is an integer of 0 to 300.)
    前記アルキルイソシアネートが、炭素数8〜20の中から選ばれる直鎖状の飽和アルキルイソシアネートであることを特徴とする請求項1に記載のシリコーン変性ワックス。 It said alkyl isocyanate, silicone-modified wax as claimed in claim 1, characterized in that the linear saturated alkyl isocyanates selected from among 8 to 20 carbon atoms.
  3. 前記シリコーン変性ワックスは、融点が40〜100℃であることを特徴とする請求項1又は請求項2に記載のシリコーン変性ワックス。 The silicone-modified wax, silicone-modified wax as claimed in claim 1 or claim 2, wherein the melting point of 40 to 100 ° C..
  4. 請求項1乃至請求項3のいずれか一項に記載のシリコーン変性ワックスを5〜40質量%含み、25℃常圧においてペースト状又は固体状であることを特徴とする組成物。 Includes 5 to 40 mass% of silicone-modified wax as claimed in any one of claims 1 to 3, the composition, which is a pasty or solid form at 25 ° C. under normal pressure.
  5. 請求項1乃至請求項3のいずれか一項に記載のシリコーン変性ワックスを含むものであることを特徴とする化粧料。 Cosmetics, characterized in that those comprising a silicone-modified wax as claimed in any one of claims 1 to 3.
  6. (I)末端に不飽和基を有するアルコールとオルガノハイドロジェンポリシロキサンとを触媒存在下でヒドロシリル化反応させ、カルビノール変性シリコーンを得る工程と、 (I) an alcohol and organohydrogenpolysiloxane having a terminal unsaturated group is reacted hydrosilylation in the presence of a catalyst, obtaining a carbinol-modified silicone,
    (II)前記カルビノール変性シリコーンとアルキルイソシアネートとを無触媒又は、触媒存在下でウレタン化反応させ、ウレタン結合を有する化合物を得る工程と、 (II) the carbinol-modified silicone and alkyl isocyanate and a non-catalyst or by urethanization reaction in the presence of a catalyst, obtaining a compound having a urethane bond,
    を含むことを特徴とするシリコーン変性ワックスの製造方法。 Method for producing a silicone-modified wax, which comprises a.
  7. 前記末端に不飽和基を有するアルコールとして、下記一般式(A)で表わされるアルコールを用い、 As the alcohol having an unsaturated group at the end, with an alcohol represented by the following general formula (A),
    (YはO又はCH を示し、nは0〜20の整数を示す。) (Y represents O or CH 2, n is an integer of 0 to 20.)
    前記オルガノハイドロジェンポリシロキサンとして、下記一般式(B)で表わされるケイ素原子に結合する水素原子(即ち、SiH基)を1分子中に下記置換基R 〜R 合計の1〜70モル%含有するオルガノハイドロジェンポリシロキサンを用い、 The organohydrogenpolysiloxane, the hydrogen atom (i.e., SiH group) bonded to the silicon atom represented by the following general formula (B) 1 to 70 mol% of the following substituents R 1 to R 4 total in one molecule with an organohydrogenpolysiloxane containing,
    (R 、R 、R 、R は、それぞれ独立に、水素原子、同一又は異種の、分岐ポリグリセロール鎖が結合した連結基若しくは置換基を有していてもよい、炭素数1〜22の直鎖もしくは分岐鎖のアルキル基又はアルコキシ基、炭素数6〜22のアリール基、及びフッ素置換アルキル基のいずれかを示す。但し、R 、R のうち少なくとも1つは水素原子を示し、R 、R のうち少なくとも1つはメチル基を示す。mは0〜300の整数を示す。) (R 1, R 2, R 3, R 4 are each independently a hydrogen atom, the same or different, may have a linking group or a substituent branched polyglycerol chain is bonded, 1 to carbon atoms straight or branched chain alkyl or alkoxy group of 22, indicating either the aryl groups, and fluorine-substituted alkyl group having 6 to 22 carbon atoms. However, at least one hydrogen atom of R 1, R 3 shown, at least one of R 2, R 4 is .m showing the methyl group is an integer of 0 to 300.)
    前記アルキルイソシアネートとして、炭素数8〜20の中から選ばれる直鎖状の飽和アルキルイソシアネートを用いることを特徴とする請求項6に記載のシリコーン変性ワックスの製造方法。 Wherein the alkyl isocyanate method for producing a silicone-modified wax as claimed in claim 6, characterized by using a linear saturated alkyl isocyanates selected from among 8 to 20 carbon atoms.
JP2013185741A 2013-01-22 2013-09-06 Silicone-modified wax, composition containing the same, cosmetic, and production method of silicone-modified wax Withdrawn JP2014159396A (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013009179 2013-01-22
JP2013009179 2013-01-22
JP2013185741A JP2014159396A (en) 2013-01-22 2013-09-06 Silicone-modified wax, composition containing the same, cosmetic, and production method of silicone-modified wax

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013185741A JP2014159396A (en) 2013-01-22 2013-09-06 Silicone-modified wax, composition containing the same, cosmetic, and production method of silicone-modified wax

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2014159396A true true JP2014159396A (en) 2014-09-04

Family

ID=51611417

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2013185741A Withdrawn JP2014159396A (en) 2013-01-22 2013-09-06 Silicone-modified wax, composition containing the same, cosmetic, and production method of silicone-modified wax

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2014159396A (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2014141421A (en) * 2013-01-22 2014-08-07 Shin Etsu Chem Co Ltd Silicone-modified wax, composition and cosmetic containing the same, and method for producing silicone-modified wax

Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6211717A (en) * 1985-05-15 1987-01-20 Teitsutomusu Oirokoron Kontaku Modified silicone rubber, its use as optical lens material and optical lens comprising said material
JPH101429A (en) * 1996-03-14 1998-01-06 General Electric Co <Ge> Cosmetic composition made of hydroxycarbamate-functioned silicone
JPH1067857A (en) * 1996-03-14 1998-03-10 General Electric Co <Ge> Carbonate and hydroxycarbamate-functional silicone
JP2014141421A (en) * 2013-01-22 2014-08-07 Shin Etsu Chem Co Ltd Silicone-modified wax, composition and cosmetic containing the same, and method for producing silicone-modified wax

Patent Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6211717A (en) * 1985-05-15 1987-01-20 Teitsutomusu Oirokoron Kontaku Modified silicone rubber, its use as optical lens material and optical lens comprising said material
JPH101429A (en) * 1996-03-14 1998-01-06 General Electric Co <Ge> Cosmetic composition made of hydroxycarbamate-functioned silicone
JPH1067857A (en) * 1996-03-14 1998-03-10 General Electric Co <Ge> Carbonate and hydroxycarbamate-functional silicone
JP2014141421A (en) * 2013-01-22 2014-08-07 Shin Etsu Chem Co Ltd Silicone-modified wax, composition and cosmetic containing the same, and method for producing silicone-modified wax

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2014141421A (en) * 2013-01-22 2014-08-07 Shin Etsu Chem Co Ltd Silicone-modified wax, composition and cosmetic containing the same, and method for producing silicone-modified wax

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20050008600A1 (en) Alternating copolymer of organopolysiloxane with grycerol derivative and a cosmetic comprising the same
US20060034875A1 (en) Novel organopolysiloxane polymer, pasty composition, and cosmetic preparation containing the composition
US20070071980A1 (en) Organopolysiloxane combination for surface treatment, powder treated with the combination and cosmetic comprising the power
US20070196291A1 (en) Cosmetic comprising a silicone polymer
US20040091440A1 (en) Hydrophilized powder and a composition comprising the same
US20020058053A1 (en) Cosmetic material comprising organopolysiloxane-grafted silicone compound
US20040234477A1 (en) Composition and cosmetic preparation containing the same
US20040253197A1 (en) Pasty composition and cosmetics containing the same
US20030082218A1 (en) Cosmetics
US20040241126A1 (en) Cosmetic
US20020131947A1 (en) Polyhydric alcohol-modified silicone and cosmetic material containing same
WO2011049246A1 (en) Novel organopolysiloxane copolymer
US6747115B2 (en) Silicone polymer, silicone composition, and cosmetic preparation containing the same
WO2011049248A1 (en) Novel co-modified organopolysiloxane
EP1213006A1 (en) Cosmetics
US20070207176A1 (en) Powder treated with a power treating agent comprising an organopolysiloxane and cosmetic comprising the powder
JP2001072891A (en) New silicon powder treating agent, powder having surface-treated by using the same, and cosmetic comprising the powder
US20090232859A1 (en) Cosmetic
WO2011049247A1 (en) Thickening or gelling agent for oily raw materials
US20080311060A1 (en) Organopolysiloxane, a method of preparing the same and a cosmetic comprising the same
US20040091439A1 (en) Powder composition, a dispersion of powder in oil, and a cosmetic comprising the same
US20040146472A1 (en) Polyhydric alcohol-modified silicone and cosmetic material containing same
JP2001039819A (en) New silicone compound and cosmetic containing the same
US20090252774A1 (en) Powder surface-treated with an organopolysiloxane having carboxyl groups, a dispersion of the same, and a cosmetic comprising the same
JP2002363445A (en) Powder-treating agent of organopolysiloxane, surface- treated powder treated by using the same, and cosmetic containing the surface-treated powder

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20150827

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20160105

A761 Written withdrawal of application

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A761

Effective date: 20160212