JP2014144353A - Dose counters for inhalers, inhalers and shafts thereof - Google Patents

Dose counters for inhalers, inhalers and shafts thereof Download PDF

Info

Publication number
JP2014144353A
JP2014144353A JP2014042633A JP2014042633A JP2014144353A JP 2014144353 A JP2014144353 A JP 2014144353A JP 2014042633 A JP2014042633 A JP 2014042633A JP 2014042633 A JP2014042633 A JP 2014042633A JP 2014144353 A JP2014144353 A JP 2014144353A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
dose
counters
counter
canister
inhalers
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2014042633A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP5820006B2 (en )
Inventor
A Karg Jeffrey
カーグ,ジェフリー,エイ.
Derek Fenlon
デリク,フェンロン
Walsh Declan
ウォルシュ,デクラン
Kaar Simon
カール,サイモン
Geert Hazenberg Jan
ヘイゼンバーグ,ジャン,ゲイート
Buck Dan
バック,ダン
Clancy Paul
クランキー,ポール
Charles Uschold Robert
ウショールド,ロバート,チャールズ
Original Assignee
Ivax Pharmaceuticals Ireland
アイバックス ファーマシューティカルズ アイルランド
Norton Waterford
ノートン ウォーターフォード
Teva Pharmaceuticals Ireland
テバ ファーマシューティカルズ アイルランド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Family has litigation

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M15/00Inhalators
    • A61M15/0065Inhalators with dosage or measuring devices
    • A61M15/0068Indicating or counting the number of dispensed doses or of remaining doses
    • A61M15/007Mechanical counters
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M11/00Sprayers or atomisers specially adapted for therapeutic purposes
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M15/00Inhalators
    • A61M15/0001Details of inhalators; Constructional features thereof
    • A61M15/0021Mouthpieces therefor
    • A61M15/0025Mouthpieces therefor with caps
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M15/00Inhalators
    • A61M15/0001Details of inhalators; Constructional features thereof
    • A61M15/0021Mouthpieces therefor
    • A61M15/0025Mouthpieces therefor with caps
    • A61M15/0026Hinged caps
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M15/00Inhalators
    • A61M15/0065Inhalators with dosage or measuring devices
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M15/00Inhalators
    • A61M15/0065Inhalators with dosage or measuring devices
    • A61M15/0068Indicating or counting the number of dispensed doses or of remaining doses
    • A61M15/007Mechanical counters
    • A61M15/0071Mechanical counters having a display or indicator
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M15/00Inhalators
    • A61M15/0065Inhalators with dosage or measuring devices
    • A61M15/0068Indicating or counting the number of dispensed doses or of remaining doses
    • A61M15/007Mechanical counters
    • A61M15/0071Mechanical counters having a display or indicator
    • A61M15/0078Mechanical counters having a display or indicator on a strip
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M15/00Inhalators
    • A61M15/009Inhalators using medicine packages with incorporated spraying means, e.g. aerosol cans
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06MCOUNTING MECHANISMS; COUNTING OF OBJECTS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • G06M1/00Design features of general application
    • G06M1/22Design features of general application for visual indication of the result of count on counting mechanisms, e.g. by window with magnifying lens
    • G06M1/24Drums; Dials; Pointers
    • G06M1/246Bands; Sheets
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M2202/00Special media to be introduced, removed or treated
    • A61M2202/06Solids
    • A61M2202/064Powder
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M2205/00General characteristics of the apparatus
    • A61M2205/60General characteristics of the apparatus with identification means
    • A61M2205/6063Optical identification systems
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M2207/00Methods of manufacture, assembly or production
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M2207/00Methods of manufacture, assembly or production
    • A61M2207/10Device therefor
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T29/00Metal working
    • Y10T29/49Method of mechanical manufacture
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T29/00Metal working
    • Y10T29/49Method of mechanical manufacture
    • Y10T29/49764Method of mechanical manufacture with testing or indicating
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T29/00Metal working
    • Y10T29/49Method of mechanical manufacture
    • Y10T29/49826Assembling or joining

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a dose counter that makes it possible to determine how much active drug is left in an inhaler, and an inhaler incorporating the dose counter.SOLUTION: The invention provides a method of manufacturing a series of incremental dose counters for inhalers, the method including the step of manufacturing the dose counters with nominal canister fire and dose count positions of a dose counter actuator relative to a dose counter chassis or inhaler main body, and the step of building the dose counters with the average dose count position in the series being, in canister fire process, at or after the average canister fire position in the series.

Description

本発明は、吸入器のための用量カウンタ、吸入器及びそのシャフト、並びにその組み立て方法に関する。 The present invention is a dose counter for the inhaler, the inhaler and its shaft, and to their assembly method. 本発明は特に、ドライパウダー薬剤吸入器、呼吸作動式吸入器及び手動操作式計量式薬剤吸入器を含む、計量式薬剤吸入器に適用可能である。 The present invention is particularly dry powder medicament inhaler, comprising a breath-actuated inhalers and manually operated metered medicament inhaler, is applicable to metered medicament inhaler.

計量式吸入器は、活性薬剤と推進剤との混合物を収容する、薬剤収容加圧キャニスタを含むことができる。 Metered dose inhaler houses the mixture of active agent and propellant can comprise a medicament containing pressurized canister. このようなキャニスタは通常、計量バルブアッセンブリを保持する、圧着された蓋を有する深絞りアルミニウムカップから形成される。 Such canisters typically holds the metering valve assembly is formed from a deep drawn aluminum cup having a crimped lid. 計量バルブアッセンブリは、突出したバルブ軸を備えており、使用においては、薬剤送達出口を有する吸入器のアクチュエータ本体中の軸ブロックに、当該バルブ軸が押し込み挿入される。 Metering valve assembly is provided with the valve shaft projecting, in use, the shaft blocks in the actuator body of the inhaler with a drug delivery outlet, said valve shaft is inserted into position. 手動操作式吸入器を作動させるために、ユーザは、手でキャニスタの閉端に圧力を加える‐計量バルブアッセンブリの内部部品はばね仕掛けであり、約15から30Nの圧縮力が、いくつかの典型的な状況で装置を作動させるために要求される。 To operate the manually operated inhalers, the user may manually apply pressure to the closed end of the canister - the internal components of the metering valve assembly are spring loaded, typically from about 15 compressive force of 30N is, some It is required to operate the device in a situation. この圧縮力に応答して、キャニスタはバルブ軸に関して軸方向に動き、この軸方向の運動は、計量バルブを作動させ、また、計量された量の薬剤と推進剤とがバルブ軸を通って排出されるようにするために十分である。 In response to this compressive force, the canister moves axially with respect bulb axis, movement of the axial actuates the metering valve, also discharged metered amount of drug and propellant through the valve shaft it is sufficient to be. 続いてこれは軸ブロックのノズルを通じて吸入器のマウスピースの中に放出され、ゆえに、吸入器の出口を通じて呼吸をするユーザは、計量された用量の薬剤を受け取るだろう。 Then it is released into the mouthpiece of the inhaler through the shaft block nozzle, therefore the user to breathe through the outlet of the inhaler will receive drug metered dose.

吸入器からの自己投与の欠点は、吸入器の中にどのくらいの活性薬剤及び/又は推進剤、とりわけ活性薬剤が残存しているかを確定することが難しいことである。 A disadvantage of self-administration from an inhaler is how much of the active agent and / or propellant into the inhaler, and in particular it is difficult to determine whether the active agent is left. そして、投薬が信頼できないものとなり、バックアップの装置がいつも有るとは限らないので、このことはユーザにとって潜在的に危険である。 And, medication becomes unreliable, because not always the backup of the device is always there, this is potentially dangerous to the user.
ゆえに、用量カウンタが組み込まれた吸入器が知られてきた。 Therefore, inhaler dose counter is incorporated has been known.

WO98/280733は、テープ駆動の用量カウンタを動かすためのラチェット機構を有する吸入器を開示している。 WO98 / 280 733 discloses an inhaler having a ratchet mechanism for moving the dose counter of the tape drive. 上にテープが巻かれたシャフトは、逆回転に対してシャフトを抑止するために、摩擦クラッチもしくはスプリングを有している。 Shaft tape is wound on in order to prevent the shaft against reverse rotation, and a friction clutch or spring.

EP−A−1486227は、吸入器のマウスピースが閉じている時に操作される、テープ用量カウンタのためのラチェット機構を有するドライパウダー薬剤のための吸入器を開示している。 EP-A-1486227 is operated when the mouthpiece of the inhaler is closed, it discloses an inhaler for dry powder medicament having a ratchet mechanism for a tape dose counter. マウスピースの開閉の状態によって、ヨークに取り付けられた装置の作動歯止めが、マウスピースの開閉に応じて一定距離の公知の長さのストロークで動く。 The state of opening and closing the mouthpiece, actuation pawl device attached to the yoke moves with the stroke of a known length of the predetermined distance in response to the opening and closing of the mouthpiece.

WO2008/119552は、3.04mm±0.255mmの公知で一定なキャニスタのストローク距離で動作し、呼吸作動式装置に好適な計量式吸入器を開示している。 WO2008 / one hundred nineteen thousand five hundred fifty-two operates at the stroke distance constant canister known 3.04 mm ± 0.255 mm, discloses a suitable metered dose inhaler to the respiratory actuated device. テープが巻き出されるカウンタのストックボビンは、ストックボビンの緊張を保持するようにされたスプリットピンを有するシャフト上で回転する。 Stock bobbin counter the tape is unwound rotates on a shaft having a split pin which is adapted to hold the tension of the stock bobbins.

より最近ではさらに用量カウンタを改良することが望まれるようになっており、特に、手動操作式のキャニスタタイプの計量式吸入器のために極めて正確な用量カウンタを提供することが有益であると感じられている。 Being adapted for a more recently desired to improve further the dose counter is particularly felt it would be beneficial to provide a very precise dose counter for manually operated metered dose inhaler canister type It is. 不運にも、本発明の途上で、これらの吸入器では、使用におけるキャニスタのストローク距離は、ユーザの操作による各投薬でとても広い範囲にわたって調節されることが判明した。 Unfortunately, in the course of the present invention, in these inhalers, stroke distance of the canister in use it was found to be regulated over a very broad range in each dose by the operation of the user. それゆえ、ストローク距離は極めて多様であり、これらの適用の為に信頼性の高い用量カウンタを提供することは極めて難しいことが見いだされた。 Therefore, the stroke distance is very diverse, it has been found to be extremely difficult to provide a higher dose counter reliable for these applications. キャニスタが発射しなかった時には、用量カウンタはカウントしてはならない。 When the canister was not fired, the dose counter should not be counted. なぜなら、これはユーザに対して投薬がなされたと間違って示すかもしれないからである。 Because this is because it may indicate wrong with the dosage it has been made to the user. そして、もしそれが繰り返されれば、ユーザは、本当に装置を交換すべき時よりも前にキャニスタや装置全体を捨ててしまうであろう。 And if it it is repeated, the user will throw away the entire canister and device prior to the time really should be replaced device. また、用量カウンタがカウントすること無しにキャニスタが発射してはならない。 Further, the canister without the dose counter counts must not fired. なぜなら、ユーザはキャニスタが発射していないものと考えてさらに投薬をする可能性があるからであり、これが繰り返されれば、カウンタによれば装置はまだ使用できるとユーザが考えているうちに、活性薬剤及び/又は推進剤が使い尽くされてしまうかもしれないからである。 This is because, while the user is because there is a possibility of further dosing believes that the canister is not fired, if this is repeated, the device according to the counter is still users considered to be used, the active agents and / or propellant is because it may become exhausted. また、ある公知の吸入装置とそのための用量カウンタの組み合わせは相当難しいことが見いだされた。 Also, the combination of certain known inhalation device the dose counter therefor was found to be equivalent difficult. さらに、吸入器が水洗された後にそれを簡単に使用できるようにすることによって、吸入器を改良することが望まれていると思われた。 Furthermore, by allowing use it easily after the inhaler was washed with water, it appeared it is desired to improve the inhaler. 例えば、固い面の上に落とされた場合などに、特に信頼できるカウントを維持することができない恐れのある用量カウンタもある。 For example, in a case where it dropped on a hard surface, in particular a reliable dose counter that counts might not be able to maintain.

WO98/280733号公開パンフレット WO98 / 280733 publication pamphlet EP−A−1486227号 EP-A-1486227 No. WO2008/119552号公開パンフレット WO2008 / 119552 Patent Publication Pamphlet

本発明は、先行技術の問題の一又は複数を少なくともある程度まで軽減することを目的とする。 The present invention aims to alleviate one or more of the problems of the prior art at least to some extent.
本発明の第一の局面によれば、所与の形態の薬剤キャニスタを保持し、本体に関するキャニスタの動作のために配置された本体を有する、計量式吸入器のための用量カウンタがここに提供される;用量カウンタは次のものを有する。 According to a first aspect of the present invention, it retains the drug canister of a given form, having arranged the body for the operation of the canister about the body, providing the dose counter is here for the metered dose inhaler It is; the dose counter has what follows.

用量をカウントするための増加カウントシステム、当該増加カウントシステムは、主本体と、キャニスタの動きに応答して駆動され、また、キャニスタの動きに応答して増加出力部材を動かすよう配置されたアクチュエータとを有し、前記アクチュエータと増加出力部材は、キャニスタの発射シークエンス中に予め決められたキャニスタの発射及びカウント形態を有するよう設定されており、前記キャニスタの発射形態は、キャニスタが薬剤を発射する基準(datum)に関するアクチュエータの位置によって決められ、前記カウント形態は、増加カウントシステムが増加カウントをする基準(datum)に関するアクチュエータの位置によって決められ、前記アクチュエータは、前記キャニスタの発射形態の位置又は後ろにおいて、前記カウント形態 Increase counting system, the increase in the count system for counting the doses, and the main body are driven in response to movement of the canister, also, the actuator disposed to move the increased output member in response to movement of the canister having the actuator and increasing the output member is set to have a firing and count the form of a predetermined canister during firing sequence of the canister, the firing mode of the canister, the canister is fired drug reference is determined by the position of the actuator about (datum), the counting mode, increases the count system is determined by the position of the actuator with respect to a reference (datum) to increase the count, the actuator, the position or behind the firing mode of the canister the count mode の位置に到達するよう配置されている。 It is arranged so as to reach the position.

この配置はきわめて有利であることが見いだされた。 That this arrangement is highly advantageous were found. なぜならそれは、手動操作式の計量式吸入器と共に使用するために好適である、極めて正確な用量カウンタを提供するものだからである。 Because it is suitable for use with manually operated metered dose inhaler, it is because that provides a very accurate dose counter. これらの特徴を有する用量カウンタは、100万回の完全なキャニスタ作動をさせる加圧に対して50未満のミスカウントというミス割合を有することが見いだされた。 The dose counter with these characteristics, have a miss rate of miscount of less than 50 were found against pressure for a full canister actuation of million times. 本発明の途上で、予想外にも、キャニスタが発射する点又はすぐ後でカウントをする用量カウンタによって、信頼性の高いカウントが達成されることが見いだされた。 In developing the present invention, unexpectedly, the dose counter canister to a point or immediately count later firing, it counted reliable has been found to be achieved. 本発明者らによって、キャニスタの発射に関連する運動量と運動や、いくつかの実施態様ではキャニスタ発射時におけるユーザへのキャニスタ背圧のわずかな減少が、カウント点の後のさらなる付加的な運動を非常に確実に招来することが発見された。 By the present inventors, the momentum associated with the firing of the canister movement and a slight decrease in the canister back pressure to the user when the canister fired in some embodiments is, a further additional movement after counting point it has been discovered that very reliably Shorai.

アクチュエータと増加カウントシステムは、アクチュエータが、カウント形態と発射形態の位置の間で、本体に対する変位が1mmであるよう配置されていてもよく、典型的には0.25から0.75mmであり、より好ましくは0.4から0.6mmであり、約0.48mmが好ましい。 Actuator with increased count system, the actuator, between the position of the firing mode the count mode may be arranged such that the displacement relative to the body is in 1 mm, is typically 0.75mm to 0.25, more preferably 0.6mm 0.4, about 0.48mm is preferable. 実質的にアクチュエータに従って動き得るキャニスタは、この付加的な距離を確実に動くことができ、ゆえに、非常に確実なカウントを達成する。 Canister for movement substantially in accordance with the actuator, can move the additional distance ensures, therefore, to achieve a very reliable count.

増加カウントシステムはラチェット機構を含んでもよく、増加出力部材はアクチュエータに係合するように配置された、円周方向に離間した複数の歯を有するラチェットホイールを含んでもよい。 Increase counting system may include a ratchet mechanism, increase the output member is arranged to engage the actuator may include a ratchet wheel having a plurality of teeth spaced circumferentially.

アクチュエータは、ラチェットホイールの歯に係合するように配置されたアクチュエータ歯止めを有してもよい。 The actuator may have arranged the actuator pawl to engage the teeth of the ratchet wheel. アクチュエータ歯止めは、薬剤キャニスタの下部フランジに係合され、また、それによって圧縮されるように配置されたアクチュエータピンと結合され、又は一体になるように配置されていてもよい。 The actuator pawl is engaged with the lower flange of the drug canister, also thereby coupled with arranged actuator pin to be compressed, or may be disposed so as to become integrated. アクチュエータ歯止めは、それに実質的に垂直に配置された中央歯止め部材を引っ張るように配置された、2つの並行な腕を有する大略的にU字型でありうる。 The actuator pawl, it can be substantially arranged to pull vertically disposed central pawl member, generally U-shaped with two parallel arms. これは、ラチェットホイールの歯を確実に引き付けることができる、非常に確実なアクチュエータ歯止めを提供する。 This can attract teeth of the ratchet wheel securely provides a very reliable actuator pawl.

増加カウントシステムは、そこに位置する増加用量マークを有するテープを有するテープカウンタを含んでもよい。 Increase counting system may include a tape counter having a tape with an increased dose mark located therein. テープは、テープストックボビンに設置され、そこから巻き出されるように配置されている。 Tape is placed on the tape stock bobbin, it is disposed so as to be unwound therefrom.

アクチュエータと増加出力部材は、アクチュエータがラチェット出力部材から離間しているスタート形態と、アクチュエータがキャニスタ発射シークエンスの間、増加出力部材と係合するようにされるリセット形態と、アクチュエータがキャニスタ発射シークエンスの間、ラチェット出力から外れているエンド形態を提供するように設計されている。 Actuator with increased output member, the actuator is a start configuration which is spaced from the ratchet output member, the actuator is between the canister firing sequence, a reset form that is adapted to engage and increase the output member, the actuator of the canister firing sequence during, it is designed to provide an end form is out of the ratchet output.

アクチュエータは、スタート形態のとき、発射形態におけるアクチュエータの位置から約1.5から2.0mmに位置することができ、約1.8mmが好ましい。 The actuator, when the start form, can be positioned about 1.5 from the position of the actuator to 2.0mm in firing mode, approximately 1.8mm is preferred.

アクチュエータは、リセット形態のとき、発射形態におけるアクチュエータの位置から約1.0から1.2mmに位置することができ、約1.11mmが好ましい。 The actuator, when the reset mode can be located about 1.0 from the position of the actuator to 1.2mm in firing mode, approximately 1.11mm is preferred.

アクチュエータは、エンド形態のとき、発射形態におけるアクチュエータの位置から約1.1から1.3mmに位置することができ、約1.18mmが好ましい。 The actuator, when the end form, can be positioned about 1.1 from the position of the actuator to 1.3mm in firing mode, approximately 1.18mm is preferred.

これらの配置は、特に手動操作式のキャニスタタイプの計量式吸入器で、極めて確実な用量カウントを提供する。 These arrangements, especially in metered dose inhaler canister type manually operated, provides an extremely reliable dose counting.

主本体は、アクチュエータが、アクチュエータがエンド形態を過ぎて動かされた時、増加出力部材から外れるようにさせるための構造を含んでいてもよい。 The main body, the actuator, when the actuator is moved past the end form, may include a structure for such out of the increased output member. 当該構造は、キャニスタの発射シークエンスの間、それに対してアクチュエータが係合し、またそれに沿ってスライドするよう配置されている、別の大略的に直線的な表面の突起部材を有していてもよい。 The structure during the firing sequence of the canister, the actuator is engaged to it, and is also arranged to slide along it, have a projection member of another generally-straight surfaces good.

用量カウンタは、カウンタ歯止めを含んでもよい。 The dose counter may include a counter pawl. カウンタ歯止めは、増加出力部材に係合するよう配置された歯を有し、当該歯と増加出力部材は、それらの相対的な増加運動において一方向のみが許容されるように配置されている。 Counter pawl has disposed to engage the increased output member teeth, the teeth with increased output member only in one direction in their relative increase movement are arranged to be allowed. 増加出力部材がラチェットホイールを含む時、前記の歯はすなわち、ラチェットホイールのための逆行抑止歯としての役割を果たすことができる。 When increasing the output member comprises a ratchet wheel, the teeth i.e., can serve as a retrograde deterrent teeth for the ratchet wheel.

カウンタ歯止めは、増加カウントシステムの主本体上に実質的に固定して備えられてもよく、カウンタ歯止めは、カウンタが動くにつれて、逆行抑止インターロック配置における増加出力部材の等間隔の歯で繰り返し係合が可能であるように設計されてもよい。 Counter pawl may be provided with substantially fixed on the main body of the increased count system, counter pawl, as the counter moves, engagement repeated at regular intervals of the teeth of increasing the output member in retrograde suppression interlock arrangement it may be designed to focus are possible. カウンタ歯止めは、アクチュエータと増加出力部材とがそのエンド形態にある時に、増加出力部材が、一つの逆行抑止インターロック配置から次への半分又は実質的に半分、動かされるように配置されてもよい。 Counter pawl when the actuator and the increased output member is in its end form, increase the output member, a retrograde suppression half from the interlock arrangement to the next or substantially half, may be arranged to be moved . これは、用量カウンタのダブルカウント又はノーカウントのリスクを最小化する点で非常に有利である。 This is very advantageous in that it minimizes the risk of double counting or no count of the dose counter.

本発明のさらなる局面によれば、所与の形態の薬剤キャニスタを保持するように配置された主本体と、当該主本体に取り付けられた用量カウンタとを含む吸入器が提供される。 According to a further aspect of the present invention, the inhaler comprising a main body that is arranged to hold the medicament canister of a given form, and a dose counter attached to the main body is provided. 当該用量カウンタは、本発明の少なくとも一つのさらなる局面を提示するものである。 The dose counter is for presenting at least one further aspect of the present invention.

吸入器主本体は、キャニスタ受け部材と分離したカウンタチャンバを含んでもよく、用量カウンタは前記主本体の中に位置されており、増加出力部材とアクチュエータはカウンタチャンバの内側にあり、吸入器の主本体は、キャニスタ受け部とカウンタチャンバとを分ける壁面を有し、当該壁面は導通孔を備え、アクチュエータ部材は前記導通孔を通って、キャニスタの動きをアクチュエータに伝達するよう延在している。 Inhaler main body may include a counter chamber separate from the canister receiving member, the dose counter is located within the main body, increasing the output member and the actuator is inside the counter chamber, a main inhalers body has a wall separating the canister receiving portion and the counter chamber, the wall is provided with a through hole, the actuator member through said through hole and extends to transmit the movement of the canister into the actuator.

本発明のさらなる局面によれば、計量式薬剤吸入のための吸入器がここに提供される。 According to a further aspect of the present invention, the inhaler is provided herein for the metered medicament inhalation. 吸入器は、そこでの動作のために薬剤キャニスタを保持するように配置されているキャニスタハウジングを有する主本体と用量カウンタとを含み、当該用量カウンタは、薬剤キャニスタの動きによる操作のための、キャニスタハウジング内に位置する部材を少なくとも有するアクチュエータ部材を有しており、前記キャニスタハウジングは、内壁と、前記アクチュエータ部材に直接隣接するよう位置している第一の内壁キャニスタ支持構造とを有している。 Inhaler, comprises a main body and a dose counter having a canister housing being arranged to hold the medicament canister for operation therein, said dose counter is for operation by the movement of the drug canister, the canister has an actuator member having at least a member located in a housing, the canister housing has an inner wall, a first inner wall canister support structure is disposed to abut directly to the actuator member . これは、第一の内壁キャニスタ支持構造が、キャニスタの吸入器の主本体に関する過度の揺動を回避するという点で極めて有利である。 This is the first inner wall canister support structure, it is extremely advantageous in terms of avoiding excessive swing with respect to the main body of the inhaler canister. キャニスタが用量カウンタのアクチュエータ部材を操作することもできるので、これは本質的に用量カウントを改良し、カウンタエラーを回避するものである。 Because the canister is also possible to operate the actuator member of the dose counter, this is what essentially improved dose count, to avoid counter errors.

キャニスタハウジングは、中央出口ポートを貫通する長手方向軸を有していてもよく、当該中央出口ポートは、薬剤キャニスタの外側キャニスタ発射軸、内壁キャニスタ支持構造、アクチュエータ部材、及び、前記長手方向軸と一致する共通面に位置している出口ポートと会合するように配置されている。 Canister housing may have a longitudinal axis extending through the central outlet port, the said central outlet port, the outer canister firing axis of the drug canister, the inner wall canister support structure, the actuator member, and, with the longitudinal axis It is located in a common plane that match are arranged to associate with the outlet port. さらにこの構造は、キャニスタが用量カウンタアクチュエータ部品の位置に向かって揺動することを回避しうるので、すなわち、カウントにおけるエラーを最小化する。 This structure further, since the canister may be prevented from being swung towards the position of the dose counter actuator parts, i.e., to minimize errors in the count.

キャニスタハウジングは、アクチュエータ部材の逆側又は実質的に逆側の内壁に位置する、さらなる内壁キャニスタ支持構造を有してもよい。 Canister housing, located on the opposite side or substantially on the opposite side inner walls of the actuator member may have additional inner wall canister support structure. さらに、キャニスタは、カウントのエラーを最小化するように、アクチュエータ部材から離間し、揺動に対抗して支持されていてもよい。 Further, the canister so as to minimize the count errors, spaced from the actuator member, may be supported against the swing.

キャニスタハウジングは、大略的に真っ直ぐで管状であり、前記の各内壁支持構造は、内壁に沿って長手方向に延在するレールを含む配置を有してもよい。 Canister housing is generally-tubular in straight, each inner wall support structure above may further have an arrangement including a rail extending longitudinally along the inner wall.

前記各レールは段階的であってもよく、各レールは、内壁の主表面から第一の距離で内側に延在する、薬剤出口端又はキャニスタハウジングのステムブロックに向かって位置する第一の部分、及び、内壁の主表面から第二の、より少ない距離で内側に延在する、キャニスタチャンバの逆側の端に向かって位置する第二の部分を有することができる。 Wherein each rail may be a stepwise, each rail includes a first portion positioned from the main surface of the inner wall extends inwardly at a first distance, towards the stem block of the drug outlet end or canister housing , and may have a second portion positioned from the main surface of the inner wall a second, inwardly extending with less distance, toward the opposite end of the canister chamber. つまりこれは、キャニスタハウジングにキャニスタを容易に挿入することを可能にし、キャニスタはキャニスタハウジングに挿入されると、ステップワイズな機能で段階的に調整されうる。 That which makes it possible to easily insert the canister into the canister housing, the canister is inserted into the canister housing, can be adjusted stepwise in stepwise function.

吸入器は、キャニスタハウジングの内壁の内側辺縁の周囲から離間し、それに沿って長手方向に延在する、さらなるキャニスタ支持レールを含むことができる。 Inhaler, away from the periphery of the inner edge of the inner wall of the canister housing, extending longitudinally along it, can contain additional canister support rails.

前記のさらなるレールの少なくとも一本は、内壁の主表面から内側に一定の距離で延在することができる。 At least one additional rail above, can extend at a certain distance from the main surface of the inner wall on the inside.

さらなるレールの少なくとも1本は、第一の内壁キャニスタ支持構造と同様の形態として形成されていてもよい。 At least one additional rail, may be formed as a same form as the first inner wall canister support structure.

用量カウンタは、前記のアクチュエータ部材の少なくとも一部から離れて、キャニスタハウジングから分離されたカウンタチャンバの中に位置されることができ、アクチュエータ部材は、カウンタチャンバとキャニスタハウジングとを隔てる壁の開口を通じて延在するピンを含む。 Dose counter, apart from at least a portion of said actuator member, be positioned in the separate counter chamber from the canister housing can, the actuator member, through an opening of the wall separating the counter chamber and the canister housing including extending pin.

本発明のさらなる局面によれば、薬剤を吸入するための吸入器が提供され、吸入器は;薬剤収容部を保持する本体を有し;当該本体は用量カウンタを含み、当該用量カウンタは可動なアクチュエータと当該アクチュエータのための戻りばねとを有し、当該戻りばねは大略的に円筒状で環状の端部を有し、前記本体は前記戻りばねの前記端を支持するための支持構造を有し、当該支持構造は、前記端が係合可能である棚と、当該棚の下の凹部とを含む。 According to a further aspect of the present invention, the inhaler for inhalation of a medicament is provided, the inhaler; has a body for holding the medicine accommodating portion; the body includes a dose counter, the dose counter is movable and a return spring for the actuator and the actuator, the return spring has an end portion of the annular in generally-cylindrical, said body have a support structure for supporting the end of the return spring and, the support structure includes a rack said end is engageable, and a recess in the bottom of the shelf.

この棚と凹部の配置は非常に有利である。 Arrangement of the shelf and the recess is very advantageous. なぜなら、その配置は、その棚の上にアクチュエータの戻りばねを置くために工具(例えば、手動又は機械的なピンセット)が用いられることや、その後、その凹部を少なくとも部分的に通じて当該工具を引き出すことを可能とするからである。 Because its arrangement, the tool to place an actuator return spring on the shelves (e.g., manual or mechanical tweezers) that is used and, subsequently, the tool through the recess at least partially This is because makes it possible to pull out.

前記棚は、U字型であってもよい。 The shelf may be a U-shape.
前記支持構造は、U字型の棚の周囲に延在するU字型の立壁を含み、すなわち棚と立壁とが階段状の配置の蹴上げ(riser)と段(step)とを形成していてもよい。 Wherein the support structure includes a vertical wall of the U-shaped extending around the U-shaped shelf, i.e. form a riser shelves and vertical wall Metropolitan stepped arrangement and (riser) and the step (step) it may be.

前記の棚の下の凹部もまたU字型でありえる。 Recess under the shelf there may be also in U-shape.
少なくとも一つの面取りされた面が棚の入口に設けられうる。 At least one chamfered surface may be provided at the inlet of the shelf. これは、アクチュエータ及び戻りばねを所定の位置に挿入するときに役に立つ。 This is useful when inserting the actuator and return spring in place.

本発明のさらなる局面は、前記棚の上に、前記ばねの端を組み立て具で配置し、続いて、少なくとも部分的に前記凹部を通じて前記組み立て具を取り外すステップを含む、吸入器の組み立て方法を提供する。 A further aspect of the present invention, on the shelf, the ends of the spring are arranged in the assembled tool, followed by including the step of removing the assembled instrument through at least partially the recess, provide a method of assembling the inhaler to. この組み立て方法は、ばねの挿入が困難で、工具の取り外しがばねまでも外してしまうことのあった従来技術の方法と比較して非常に有利である。 This method of assembly, insertion of the spring is difficult, it is very advantageous compared to a prior art method of the removal tool will remove even the spring.

ばねの円筒形で環状の端は、前記棚の中に位置される間、その円筒方向を横断する方向に可動でありえる。 Annular end cylindrical springs, while being located within said shelf, be a movable transverse to the cylindrical direction.

本発明のさらなる局面によれば、薬剤を吸入するための吸入器であって、薬剤収容部を保持するための本体;及び用量カウンタを有し、当該用量カウンタは可動なアクチュエータ及び本体に取り付けられたシャーシを有し;当該シャーシは前記本体に熱かしめされている、吸入器が提供される。 According to a further aspect of the present invention, there is provided a inhaler for inhaling medicament, body for holding the medicine accommodating portion; have and dose counter, the dose counter is mounted on the movable actuator and the main body It had chassis; the chassis is thermally caulked to the body, the inhaler is provided.

シャーシは極めて正確に配置されることができ、その場所に堅固に保持され、そのため、スナップ固定で、本体に対してシャーシがいくらか動くことが容認されていた先行技術の配置と比較して。 Chassis can be very accurately positioned, is rigidly held in place, therefore, a snap fixing, as compared to the arrangement of the prior art that the chassis is moved somewhat with respect to the main body has been accepted. カウントの正確さがさらに改良されるという点で、非常に有利である。 In that the accuracy of the count is further improved, which is very advantageous.

前記シャーシは、各開口又は本体のピンに熱かしめされた、少なくとも一つのピン又は開口を有してもよい。 The chassis, the pins of each opening or body is thermally caulked, it may have at least one pin or openings.

前記シャーシは、そこに取り付けられたラチェットカウンタ出力部材を有してもよい。 The chassis may have a ratchet counter output member attached thereto.
ラチェットカウンタ出力部材は、用量マークが付けられた用量計量テープを増加の方向に巻き取るよう配置されているラチェットホイールを含んでもよい。 Ratchet counter output member may comprise a ratchet wheel doses marks are arranged such that winding in the direction of increasing the dose metering tape attached.

本発明のさらなる局面によれば、前記の発明の局面に従った吸入器を組み立てる方法であって、シャーシを本体に熱かしめするステップを含む方法が提供される。 According to a further aspect of the present invention, there is provided a method of assembling an inhaler in accordance with an aspect of the invention, a method comprising the step of thermally caulking the chassis to the body is provided. 熱かしめのステップは、組み立てられた吸入器において非常に正確な用量カウントを成し遂げるために、本体にシャーシを固定的に配置することにおいて非常に有利である。 Heat staking step is to achieve a very precise dose count in the inhaler which is assembled, it is very advantageous in that fixedly position the chassis to the body.

前記組み立て方法は、シャーシを所定の位置に熱かしめする前に、ばね戻り式のラチェットアクチュエータを本体に取り付けることを含んでもよい。 The assembly method, prior to heat staking the chassis in position, a spring return ratchet actuator may include attaching to the body.

前記方法は、シャーシを所定位置に熱かしめするステップの前に、用量計量テープをシャーシに予め組み付けることを含んでもよい。 The method, before the step of heat staking the chassis in position may include assembling previously metered dose tape to the chassis.

前記方法は、熱かしめステップの後に、本体に、用量メータカバーを取り付けることを含んでもよい。 The method, after the heat caulking step, the body may include attaching a dose meter cover. カバーは、本体に溶接されてもよいし、又は、ある態様では糊付けされ、または所定位置に付けられてもよい。 The cover may be welded to the body, or glued in some embodiments, or may be attached to a predetermined position.

本発明のさらなる局面によれば、薬剤を吸入するための、本体を有する吸入器であって、当該本体は薬剤収容部を保持するための主要部と;用量カウンタとを含み、当該用量カウンタは、本体主要部から分離された本体の用量カウンタチャンバに位置しており、当該本体の用量カウンタチャンバは、用量ディスプレイを有し、用量カウンタチャンバ内の水蒸気又は水性物質を大気へ放出できるよう穴が開いている吸入器が提供される。 According to a further aspect of the present invention, for inhalation drugs, a inhaler having a body, the body main portion and for holding the medicine accommodating portion; and a dose counter, the dose counter is located on the dose counter chamber of the body which is separated from the body main portion, the dose counter chamber of the body has a dose display, water vapor or aqueous material in the dose counter chamber hole to allow discharge into the atmosphere inhaler is open is provided.

これは、吸入器が完全に洗浄されることを可能にし、また、用量カウントチャンバはその後完全に乾燥させられることができるので、非常に有利である。 This allows the inhaler is fully washed, and since the dose counting chamber can be then allowed to completely dry, it is very advantageous.

前記ディスプレイは、用量カウンタチャンバ内の機械的なカウンタディスプレイと、当該機械的なカウンタディスプレイを見るための窓を含んでもよい。 The display includes a mechanical counter display dose counter chamber may comprise a window for viewing the mechanical counter display. 当該機械的なカウンタディスプレイは、テープを含んでもよい。 The mechanical counter display may include a tape. 穴の開けられた用量カウンタチャンバは、使用者が望む時に、吸入器の確実に洗浄し、ディスプレイ窓が曇ることなく乾燥させることを可能にする。 The dose counter chamber drilled with holes, when the user desires to ensure cleaning of the inhaler makes it possible to dry without display window fog.

用量カウンタチャンバは、本体の外穴を通って形成されるドレイン孔によって穴が開けていてもよい。 The dose counter chamber may be pierced by a drain hole which is formed through the outer bore of the body. 当該ドレイン孔は、吸入器本体の底部部材に配置されていてもよく、それゆえ、洗浄後に吸入器を上向きにした時、吸入器は完全に排水されるよう促される。 The drain holes may be arranged at the bottom member of the inhaler body, thus, when the inhaler was upward after washing, the inhaler is prompted to be completely drained.

本発明のさらなる局面によれば、吸入器のための用量カウンタが提供され、当該用量カウンタは、増加テープ巻き上げ操作シャフト上に、テープストックボビンから漸増的に動かされるように配置されたディスプレイテープを有し、当該ボビンは支持シャフトに支持された、支持シャフト周りの回転のための内部ボアを有し、ボア及び支持シャフトの少なくとも一方は、ボア及び支持シャフトの他方と弾性的に付勢され、長手方向に延在する相互摩擦相互作用で摩擦係合する突起を有している。 According to a further aspect of the present invention, the dose counter for the inhaler there is provided a dose counter, on the increase tape winding up operation shaft, the arranged display tapes as incrementally moved from the tape stock bobbin a, the bobbin is supported by the support shaft, having an internal bore for rotation about the supporting shaft, at least one of the bores and the support shaft, the other of resiliently biased bore and the support shaft, and a projection frictionally engaged with each other frictionally interacting longitudinally extending.

この配置はボビンに良好な摩擦を提供し、ゆえに、テープカウンタディスプレイの正確さを改良し、例えば吸入器が突発的に落とされた時などに、ボビンが望まずほどけることが回避される。 This arrangement provides a good friction to the bobbin, thus, to improve the accuracy of the tape counter display, for example, such as when the inhaler is suddenly dropped, is avoided unraveling not desired bobbin.

前記支持シャフトは、支持シャフトとボアを摩擦係合させるよう弾性的に付勢するためにフォーク状に分岐し、弾性を有していてもよい。 Wherein the support shaft is branched into a fork shape in order to resiliently bias to cause the support shaft and the bore frictionally engaged may have elasticity.

前記支持シャフトは二股、又はある態様ではより多くの分岐を有し、各々は、長手方向の摩擦相互作用で支持シャフトのボアを摩擦係合するための、支持シャフトの長手方向軸に平行な方向の摩擦端を有し、放射状に延在する突起を有してもよい。 Wherein the support shaft has more branches in a bifurcated or certain aspects, each of for frictionally engaging the bore of the support shaft in the longitudinal direction of the friction interaction, a direction parallel to the longitudinal axis of the support shaft has a friction end may have a projection extending radially.

前記ボアは、平滑で円形で円筒状、又は実質的に円筒状のボアでありうる。 The bore may be a cylindrical, or substantially cylindrical bore in the circular smooth.

本発明の局面による上記の吸入器の各々は、そこに取り付けられた薬剤キャニスタを有してもよい。 Each of the above inhaler according to aspects of the present invention may have a drug canister attached thereto.

前記キャニスタは、キャニスタから延在する相互可動軸を有し、例えばキャニスタ本体内部の計量バルブを操作することによって、圧力下において計量された薬剤を放出するためにメインキャニスタ部材へと動き得る、加圧された計量キャニスタを含んでもよい。 The canister has a mutual movable shaft extending from the canister, for example by manipulating the canister body interior of the metering valve can move to the main canister member to release the drug which is metered under pressure, the pressurized pressure metering canister may contain. キャニスタは、メインキャニスタ本体を手で加圧することで操作されるのでもよい。 The canister may be of being manipulated by pressurizing by hand main canister body.

一又は複数の支持レール又は内壁支持構造が備えられる場合、キャニスタは、キャニスタチャンバ内では常に、第一の内壁支持構造から約0.25から0.35mmのクリアランスを有することができる。 If one or a plurality of support rails or inner wall support structure is provided, canister, the canister chamber can always have a 0.35mm clearance from about 0.25 the first inner wall support structure. クリアランスはほぼ正確に0.3mmでありえる。 Clearance can be a almost exactly 0.3mm. キャニスタ本体自体に適用されるか、一旦標識が付けられたキャニスタに適用されるこのクリアランスは、吸入器におけるキャニスタのスムーズな動作を可能にし、同時に、特にキャニスタの下部面がカウントのために用量カウンタのアクチュエータ部材と係合するように配置されている時、吸入器の用量カウンタによる不正確なカウントを招来する、キャニスタの実質的な揺動を回避するのに十分である。 Or applied to the canister body itself, once the clearance label is applied to a canister attached allows a smooth operation of the canister in the inhaler, at the same time, the dose counter in particular for a lower surface of the canister is counted when disposed to the actuator member and engageable, to lead to inaccurate counting by the dose counter of the inhaler, it is sufficient to avoid substantial swinging of the canister.

本発明のさらなる局面は、吸入器のための用量カウンタを組み立てる方法であって: A further aspect of the present invention is a method of assembling a dose counter for the inhaler:
用量マークの付いたテープを準備すること; To prepare a tape with a dose mark;
当該テープにテープ位置マークを付けること;及び、 Pricing tape position marks on the tape; and,
センサで当該テープ位置マークをモニターしながら、テープを収容すること、を含む方法を提供する。 While monitoring the tape position mark sensor, to accommodate the tape, the method comprising.

当該方法は、例えば巻き取りによって効率的かつ確実にテープを収容することを可能とする。 The method makes it possible to accommodate a tape efficiently and reliably by the winding, for example.

前記方法は、用量マークを数字として備えることを含んでもよい。 The method may include providing the dosage mark as numbers.

前記方法は、テープ位置マークを、テープを横断する1又は複数のラインとして備えることを含んでもよい。 The method of the tape position mark may comprise include as one or more lines across the tape.

前記の収容には、テープをボビン又はシャフト上にテープを巻くことを含んでもよい。 The housing of the may include winding a tape of the tape on the bobbin or shaft.

前記の方法は、位置マークが所定の位置にある時に巻き取りをストップすることを含んでもよい。 The method may comprise that the position marks are stop winding when in the predetermined position.

前記の方法は、位置マークからテープに沿って離間した位置に、ピクセルで表されたマークを有するテープを備えることを含んでもよい。 The method is a position away from the position marks along the tape may include providing the tape with a mark expressed in pixels.

前記の方法は、プライミングドット(priming dot)のあるテープを備えることを含んでもよい。 The method may include providing the tape with a priming dot (priming dot).

本発明のさらなる局面は、吸入器の用量カウンタのためのテープシステムを提供し、当該テープシステムは、メインの細長テープ構造物を有し、当該テープ構造物には用量マークとテープ位置マークとが付されている。 A further aspect of the present invention is to provide a tape system for a dose counter of the inhaler, the tape system has a main elongate tape structure, the said tape structure and a dose mark and tape position mark It is given.

前記テープ位置マークは、テープ構造物を横切って延在する少なくとも一つのラインを含んでもよい。 It said tape position mark may include at least one line extending across the tape structure.

前記テープシステムは、テープ構造物の上に付され、位置マークから離間している、ピクセルで表されたマークを含んでもよい。 The tape system is subjected on the tape structure, spaced apart from the position mark may include a mark in pixels.

前記テープシステムは、テープ構造物に付されたプライミングドット(priming dot)を含んでもよい。 The tape system may include a priming dot attached to a tape structure (priming dot).

前記位置マークは、タイミングドットとピクセルで表されたマークの間に付されていてもよい。 It said position marks may be attached between the mark represented by the timing dots and pixels.

前記メインの細長テープ構造物は、少なくともその一端がボビン又はシャフト上に巻かれていてもよい。 It said main elongated tape structure, at least one end may be wound on a bobbin or shaft.

本発明のさらなる局面は、吸入器のための増加用量カウンタをデザインする方法であって: A further aspect of the present invention is a method for designing an increase dose counters for inhaler:
吸入器の用量カウンタアクチュエータのために、キャニスタ発射と吸入器の用量カウンタの公称(nominal)位置を計算すること、前記用量カウンタアクチュエータが適用される吸入器の各発射をカウントするための許容範囲(tolerance)レベルで作られた用量カウンタの正/誤割合を計算すること;及び、 For dose counter actuator of the inhaler, calculating the nominal (nominal Device) position of the dose counter of the canister and firing the inhaler, the allowable range for counting each firing of the inhaler the dose counter actuator applies ( it calculates the True / false percentage of produced dose counter tolerance) level; and,
前記の正/誤割合が、所与の値と同じ又は低く/高くなるように、許容誤差範囲を選定すること、 True / False percentage of the can, so that the same or lower / higher the given value, to select a tolerance range,
を含む方法を提供する。 The method comprising.

これは、前記デザインに従って作られた一連の吸入カウンタの信頼性の効果的かつ正確な予測を可能とするため、非常に有利である。 This is in order to enable efficient and accurate prediction of the reliability of a series of suction counter made according to the design, it is very advantageous.

前記方法は、正/誤割合が、5000万分の1を超えない過誤割合となるよう選定することを含んでもよい。 The method, True / False ratio may comprise selecting to be a mistake rate not exceeding 50 million parts per.

前記方法は、許容範囲がキャニスタ発射動作の間の平均的な発射位置、又はその後ろであるよう構築された、用量カウンタのための平均カウント位置を設定することを含んでもよい。 The method allowable range is constructed to be a average firing position, or behind thereof during canister firing operation may include setting the average count position for the dose counter.

前記方法は、平均カウント位置が、平均発射位置の約0.4から0.6mm、例えば約0.48mm後ろであるよう設定することを含んでもよい。 The method has an average count position is about 0.4 of the average firing position 0.6 mm, it may include setting that is for example, about 0.48mm behind.

前記方法は、許容範囲が約0.12から0.16mm、例えば約0.141mmであるように構築された用量カウンタにおける、発射位置の標準偏差のための許容範囲を設定することを含んでもよい。 The method tolerance 0.16mm of about 0.12, at a dose counter that is constructed such that, for example, about 0.141 mm, may include setting an allowable range for the standard deviation of the firing position .

前記方法は、許容範囲が約0.07mmから0.09mm、例えば約0.08mmであるよう構築された用量カウンタにおける、カウント位置の標準偏差のための許容範囲を設定することを含んでもよい。 The method tolerance 0.09mm of about 0.07 mm, for example at a dose counter that is constructed so as to be about 0.08 mm, may include setting an allowable range for the standard deviation of the count positions.

本発明のさらなる局面は、直前で述べられた本発明の局面の方法を含む吸入器のための増加用量カウンタをデザインする、コンピュータで実行される方法を含む。 A further aspect of the present invention, to design increase the dose counter for an inhaler comprising a method aspect of the invention described immediately above includes a process to be executed by a computer. 当該コンピュータで実行される方法は、上述のいずれの付加的な特徴を含んでもよい。 Method executed in the computer, may include any of the additional features described above.

本発明のさらなる局面は、一連の吸入器のための増加用量カウンタの生産工程における製造方法であって、少なくとも一つの前述の発明の局面に開示されたデザイン方法に従って、一連の用量カウンタを製造することを含む方法を提供する。 A further aspect of the present invention is a manufacturing method in increasing the dose counter of the production process for the series of the inhaler, according to the design method disclosed in aspects of at least one of the foregoing invention, to produce a series of doses counter the method comprising.

本発明のさらなる局面は、一連の吸入器のための増加用量カウンタを製造する方法であって、用量カウンタシャーシ(又は吸入器本体)に対する用量カウンタアクチュエータのキャニスタ発射及び用量カウント公称位置を有する用量カウンタを製造することを含み、また、キャニスタ発射プロセスにおいて、一連中の平均用量カウント位置が一連中の平均キャニスタ発射位置、又は後ろである前記用量カウンタを構築すること含む方法を含む。 A further aspect of the present invention is directed to a method of producing an increase dose counter for a series of inhalers, the dose counter having a canister firing and dose counting the nominal position of the dose counter actuator for the dose counter chassis (or inhaler body) It comprises preparing a also includes the canister firing process, the method comprising the average dose count positions in the series to build the dose counter is an average canister fired position, or behind in a series.

前記方法は、一連中の平均用量カウント位置が、一連の平均発射位置の後ろ、約0.4から0.6mm、例えば約0.48mmである用量カウンタを構築することを含んでもよい。 The method, the average dose count positions in the series is, behind the series of average firing position, may comprise from about 0.4 0.6 mm, to construct a dose counter, for example about 0.48 mm.

前記方法は、一連中の発射位置の標準偏差が約0.12から0.16mm、例えば約0.14mmである用量カウンタを構築することを含んでもよい。 The method may include constructing 0.16 mm, for example, the dose counter is about 0.14mm standard deviation of the firing position in the series is about 0.12.

前記方法は、一連中の用量カウント位置の標準偏差が約0.07から0.09mm、例えば約0.08mmである用量カウンタを構築することを含んでもよい。 The method may comprise the standard deviation of the dose count positions in the series is constructed 0.09mm to about 0.07, for example, the dose counter is about 0.08 mm.

本発明のさらなる局面は、一連の吸入器を製造するための方法であって、少なくとも一つの前述の発明の局面の方法を実行することを含み、また、一連の増加用量カウンタの中の各用量カウンタを、対応する吸入器の本体に取り付けることを含む方法を提供する。 A further aspect of the present invention is a method for manufacturing a series of inhalers includes performing the method aspects of at least one of the foregoing invention, and each dose in a series of increasing the dose counter the counter, which method comprises attaching to the body of the corresponding inhalers.

これらの局面は、操作において信頼性のある一連の吸入器や用量カウンタの製造工程を有利に提供するものである。 These aspects are those advantageously provides a series of inhalers and dose counters manufacturing process reliable in operation.

本発明のさらなる局面は、本体に対するキャニスタの動作のためにキャニスタを保持するよう配置された本体を有する、計量式吸入器のための増加用量カウンタであって、当該増加用量カウンタは、主本体と、キャニスタの動作に応答してカウント方向へ増加出力部材を動かし、動かされるアクチュエータとを有し、当該アクチュエータはカウント方向と逆方向への出力部材の動きを制限するよう構成されている、増加用量カウンタを提供する。 A further aspect of the present invention have arranged body to hold the canister for operation of the canister relative to the body, and an increase the dose counter for a metered dose inhaler, the increased dose counter comprises a main body , move the increased output member to the counting direction in response to the operation of the canister, and a actuator to be moved, the actuator is configured to limit movement of the output member in the counting direction and the opposite direction, increasing doses to provide a counter. これは、吸入器の用量カウンタが例えば落下したり揺さぶられたりしても、残存用量の正しいカウントを維持することを有利に可能とする。 This also inhaler dose counter of or shaken or dropped for example, advantageously allows to maintaining a proper count of the remaining dose.

前記出力部材は、ラチェットホイールを含んでもよい。 The output member may include a ratchet wheel.

前記アクチュエータは歯止めを有し、ラチェットホイールと歯止めとは、歯止めに対するホイールの一方向のラチェット動作のみを許容するよう設計されていてもよい。 Wherein the actuator includes a pawl, the ratchet wheel and the pawl may be designed to permit only ratcheting unidirectional wheel against pawl.

前記用量カウンタは、主本体に固定された逆回転防止部材を含んでもよい。 The dose counter may include a reverse-rotation preventing member fixed to the main body.

用量カウンタの休止位置では、前記ラチェットホイールは、ホイールの一つの歯の裏面が逆回転防止部材と係合し、歯止めとホイールの間には、有効な動作/ブロック係合が無い状態で、歯止めがラチェットホイールの別の歯の裏面に隣接して離間している形態をとることを許容するようになっていてもよい。 In the rest position of the dose counter, the ratchet wheel is engaged one of the engaging back surface and the reverse rotation preventing member of the teeth of the wheel, between the pawl and the wheel, while effective operation / block engagement is not, pawl There may be adapted to permit in a form spaced adjacent the rear surface of another tooth of the ratchet wheel.

少なくとも一つの前述の発明の局面において、増加カウントシステムは、カウンタディスプレイが、アクチュエータへの入力に応答して、第一ステーションから第二ステーションへ第一の方向へ増加的(incrementally)に動くように配置されており、第一ステーションのカウンタディスプレイの増加動作を調整するために、第一ステーションのカウンタディスプレイに作用するように配置されたレギュレータが備えられていてもよい。 In an aspect of at least one of the foregoing invention, the increase counting system, the counter display, in response to an input to the actuator, to move from the first station to the second station incrementally to the first direction (The incrementally) are arranged, in order to adjust the increased operation of the counter display of the first station, it may be provided with arranged regulator to act on the counter display of the first station.

本発明の他の局面によれば、吸入器のための用量カウンタが提供され、当該用量カウンタは、用量情報を示すよう配置されたカウンタディスプレイと、アクチュエータへの入力に応答して第一ステーションから第二ステーションへ第一の方向へ増加的(incrementally)に動くカウンタディスプレイを動かすよう配置されたドライブシステムを有し、第一ステーションのカウンタディスプレイの増加動作を調整するために第一ステーションのカウンタディスプレイに作用するように配置されたレギュレータが備えられている、用量カウンタが提供される。 According to another aspect of the present invention, there is provided a dose counter for the inhaler, the dose counter is a counter display arranged to indicate the dose information, from a first station in response to an input to the actuator have arranged the drive system to move the counter display to move incrementally to the second station to the first direction (the incrementally), the first station of the counter display in order to adjust the increased operation of the counter display of the first station is arranged regulator to act is provided, the dose counter is provided.

レギュレータは、例えカウンタが落下しても、カウンタディスプレイの望まない動きを回避する助けになるために有利である。 Regulator, even if the counter has dropped, it is advantageous to help to avoid the movement undesired counter display.

好ましくは、カウンタはテープを含む。 Preferably, the counter comprises a tape.
好ましくは、当該テープはそこに表示された用量カウントマークを有する。 Preferably, the tape has a dose counting mark displayed there. 前記第一ステーションは、テープが保持される用量カウンタ領域を含んでも良く、当該箇所は、カウントマークのためのディスプレイ領域(例えばディスプレイ窓)の前に位置する。 The first station may comprise a dose counter area where the tape is held, the point is located in front of the display area for the count mark (eg, a display window).

前記第一ステーションは、第一シャフトとテープを含んでもよく、当該テープは当該第一シャフト上にあり、カウンタディスプレイの動きに応じて引きだされる。 The first station may comprise a first shaft and the tape, the tape is on the first shaft is pulled in accordance with the movement of the counter display.

前記第一シャフトは、用量カウンタの実質的に回転可能に固定された部材に関する、回転のために装着されていてもよい。 Wherein the first shaft is directed substantially rotatably fixed member dose counter, it may be mounted for rotation.

前記レギュレータは、第一シャフト及び実質的に回転可能に固定された部材の一方の上に少なくとも一つの突起を含み、当該突起は、第一シャフト及び実質的に回転固定された部品の他方の上の一又は複数の形状と増加的に係合するように配置されてもよい。 The regulator includes at least one protrusion on one of the first shaft and substantially rotationally fixed member, the projection includes a first shaft and substantially rotationally fixed parts of the other on it may be arranged to increase engagement with one or more of the shape of.

少なくとも二つの前記突起が備えられてもよい。 At least two of the projections may be provided. 正確に二つの突起が備えられてもよい。 Exactly it may be provided with two projections.

各突起は、放射状の表面を含んでもよい。 Each projection may comprise a radial surface.

前記少なくとも一つの突起は、用量カウンタの主本体に固定された固定シャフトを含みうる実質的に固定された部材に位置してもよく、前記第一シャフトは、固定シャフトに回転可能に取り付けられている。 Said at least one projection may be located in a substantially fixed member may include a fixed shaft fixed to the main body of the dose counter, the first shaft is rotatably mounted to the fixed shaft there.

好ましくは、前記固定シャフトは、少なくとも二つの弾性的でフレキシブルな脚部(もしくはフォーク状分岐)を有する。 Preferably, the fixed shaft has at least two resilient and flexible legs (or forked branches). 各脚部は外向きに面する方向に形成された少なくとも一つの前述の突起を有してもよく、前記一又は複数の形状は第一シャフトの内向きに面する係合表面に形成されており、前記少なくとも一つの突起は、前記一又は複数の形状に弾性的に係合するように配置されている。 Each leg may have at least one of the foregoing projections are formed in a direction facing outwardly, said one or more shapes are formed on the engaging surface facing inwardly of the first shaft cage, wherein the at least one projection is arranged to resiliently engage said one or more shapes. 好ましくは、前記の形状の一連が備えられている。 Preferably, a series of the shapes is provided. また偶数の前述の形状が備えられる。 The even number of the above-mentioned shape is provided. 8ないし12の前述の形状が備えられる。 8 to the aforementioned shape 12 is provided. 一つの態様では、10の前記形状が備えられる。 In one embodiment, said shape of 10 is provided.

各前記形状は、係合表面に形成された凹面を含んでもよい。 Each said shape may comprise a concave surface which is formed on the engagement surface. 各凹面は、少なくとも一面が平坦な壁部分表面と結合している、放射状の表面壁部材を含んでもよい。 Each concave surface, at least one surface is bonded to the flat wall portion surfaces may comprise a radial surface wall member. 係合表面は、一連の前記凹面を含んでもよく、隣接する二つの前記凹面の間に、凸状の放射状壁部分である、係合表面の凸状壁部分が形成されていてもよい。 Engagement surface may include a series of the concave, between the two said concave surface adjacent a convex radial wall portion, the convex wall portion of the engagement surface may be formed.

各凸状壁部分の各凸状放射状壁部分は、各隣接する凹面に、前記の平坦壁部分面によって連結されていてもよい。 Each convex radial wall portion of each convex wall portion, the concave surface of each adjacent, may be linked by a flat wall portion surfaces of the.

固定シャフトは、フォーク状に分岐した脚部のあるスプリットピンを含んでもよく、各突起は当該フォーク状に分岐した脚部に位置していてもよい。 Stationary shaft may comprise a split pin with legs branches forked, each projection may be located legs branching to the fork.

第一シャフトは実質的に空洞のボビンを含んでもよい。 The first shaft may include a bobbin of substantially hollow.

前記少なくとも一つの形状は、ボビンの内部表面に位置していてもよい。 It said at least one shape may be located on the inner surface of the bobbin. 他の態様では、外側表面に位置していてもよい。 In other embodiments, it may be located on the outer surface. 前記係合表面は、部分的に前記ボビンに沿って延在してもよく、各内/外表面の残余部又は他部は、少なくとも一部がそれに沿っている大略的に平滑なジャーナル部材を有してもよい。 It said engagement surface may extend along a part on the bobbin, residual portions or other portions of the respective inner / outer surface, a generally-smooth journal member at least partially in line with it it may have.

ドライブシステムは、第二ステーションに位置する第二シャフトに作用するよう配置されている歯付きラチェットホイールを含んでもよく、当該第二シャフトは、第二シャフト上にテープを巻くために回転可能となっている。 Drive system may include a toothed ratchet wheel is arranged to act on the second shaft positioned in the second station, said second shaft is rotatable for winding the tape on the second shaft ing.

第二シャフトは第一シャフトと平行に離間して用量カウンタの主本体に位置してもよい。 The second shaft may be located in the main body of the dose counter spaced parallel to the first shaft.

前記ラチェットホイールは、第二シャフトに固定されそこで回転するよう配置されていてもよい。 The ratchet wheel may be arranged to be secured where the rotation to the second shaft. ラチェットホイールは、第二シャフトの末端に固定され、第二シャフトと同軸に配置されてもよい。 The ratchet wheel is fixed to the end of the second shaft may be disposed on the second shaft coaxially.

用量カウンタは、第二シャフトの動きを制限するよう配置された逆回転防止システムを含んでもよい。 The dose counter may include a reverse rotation prevention system which is arranged to limit the movement of the second shaft. 当該逆回転防止システムは、ラチェットホイールの歯に作用するよう配置された実質的に固定された歯を含みうる。 The reverse rotation prevention system may include arranged substantially fixed teeth to act on the teeth of the ratchet wheel.

本発明のさらなる局面によれば、吸入器の用量カウンタにおけるカウンタテープを保持するためのシャフトが提供される。 According to a further aspect of the present invention, a shaft for holding counter tape in a dose counter of the inhaler is provided. 当該シャフトはシャフトの辺縁周りに位置する、増加的に離間した形状を含む係合表面を有し、当該形状は、一連の湾曲した凹面と凸状部分とを含む。 The shaft is located around periphery of the shaft, an engagement surface including incrementally spaced shape, the shape includes a series of curved concave and convex portions.

シャフトは空洞のボビンを含んでもよい。 The shaft may include a bobbin cavity.
係合表面は、大略的に円筒形で内部向きの表面でもよい。 Engagement surface may be an internal facing surfaces generally cylindrical.

係合表面は、各凹面及び凸状壁面を連結する、平坦な表面壁部分を含んでもよい。 Engagement surfaces connecting each concave and convex wall surfaces, may include a flat surface wall portion.

各凹面は放射状の壁部分を含んでもよい。 Each concave surface may include a radial wall portion.

各凸状壁部材は放射状の壁部材を含んでもよい。 Each convex wall member may include a radial wall member.

前記の凹面は、シャフトの長手方向軸周りに等間隔に離間していてもよい。 Concave above, it may be equally spaced about the longitudinal axis of the shaft.

前記の凸面壁部材は、シャフトの長手方向軸周りに等間隔に離間していてもよい。 The convex wall member may be equally spaced about the longitudinal axis of the shaft.

ある態様では、長手方向軸周りに等間隔に離間して、8ないし12の凹面及び/又は凸面があってもよい。 In some embodiments, spaced equidistantly about the longitudinal axis, there may be concave and / or convex of 8 to 12.

一つの態様では、シャフトの長手方向軸の周囲に等間隔に離間して、10の前記の凹面及び/又は凸状壁部分を含む。 In one embodiment, spaced equidistantly about the longitudinal axis of the shaft, including the concave and / or Totsujokabe portion 10.

本発明のさらなる局面によれば、吸入器の用量カウンタでの使用のためのシャフト及びカウンタテープアセンブリが提供され、当該アセンブリは、回転可能なシャフトと、シャフトの周りに巻かれ、吸入器の動きに応じてそこから巻き出されるよう配置されたカウンタテープを含み、当該シャフトは、シャフト辺縁の周囲に位置する増加的に離間した形状を含む係合表面を有している。 According to a further aspect of the present invention, the inhaler shaft and counter tape assembly for use with a dose counter is provided for, the assembly includes a shaft rotatable, wrapped around the shaft, the movement of the inhaler include arranged counter tape to be unwound therefrom in accordance with, the shaft includes an engaging surface including incrementally spaced shape located around the shaft edge.

本発明のさらなる局面によれば、薬剤及び類似体の吸入のための吸入器であって、本発明の第二から最後までの局面の用量カウンタを含むものが提供される。 According to a further aspect of the present invention, there is provided a suction device for the inhalation of drugs and analogs, one containing a dose counter aspects from the second present invention to the end is provided.

好ましい態様は、キャニスタの動きによってアクチュエートされるアクチュエータ歯止めによって順に動かされるラチェットホイールによって動かされ、吸入器の使用中にストックボビンから巻き出される用量ディスプレイテープを含む用量カウンタチャンバを含む、手動操作式の計量式用量カウンタであって、ストックボビンのために備えられ、スプリットピンの弾性的なフォーク状分岐の上の突起の形態でコントロール部材に対して係合する凹面のある波状の係合表面を含む、回転レギュレータを有し、ゆえに、ストックボビンの増加的な巻き出しは許容する一方で、吸入器が固い表面に落とされても、過剰な回転には対抗する。 Preferred embodiments are driven by a ratchet wheel which is moved sequentially by the actuator pawl being actuated by movement of the canister, including the dose counter chamber containing a dose display tape unwound from a stock bobbin during use of the inhaler, manually operated of a metered dose counter, provided for the stock bobbins, the engagement surface of the wave with a concave surface is engaged with the control member in the form of projections on the elastic forked branches of the split pin including, has a rotation regulator, thus unwinds increase specific stock bobbins while permitting, be dropped on inhalers hard surface, to counteract the excessive rotation.

本発明は多様な方法で実行されることができ、用量カウンタ、シャフト、吸入器及び組み立て方法、デザイン、製造の方法の好ましい態様は、添付の図面を参照して説明される。 The invention can be implemented in various ways, preferred embodiments of the dose counter, shaft, inhalers and assembly method, design, manufacturing methods are described with reference to the accompanying drawings.

図1は、本発明に従った好ましい態様の吸入器の主本体及びそのマウスピースキャップの等角図である。 Figure 1 is an isometric view of a main body and a mouthpiece cap of the inhaler of the preferred embodiments according to the present invention. 図2は、図1に示された構成要素の上面図である。 Figure 2 is a top view of the components shown in FIG. 図3Aは、図2の3A−3A断面図である。 Figure 3A is a 3A-3A cross-sectional view of FIG. 図3Bは、図3Aに対応する図である。 Figure 3B is a view corresponding to Figure 3A. 但し、吸入器本体に適合した用量カウンタを伴っている。 However, accompanied by a dose counter that is adapted to the inhaler body. 図4Aは、吸入器主本体、マウスピースキャップ、用量カウンタ及び用量カウンタ窓の分解図である。 4A is inhaler main body, mouthpiece cap is an exploded view of the dose counter and the dose counter window. 図4Bは、用量カウンタのばね保持具の、図4Cにおける4B方向の図である。 Figure 4B of the spring retainer of the dose counter is a diagram 4B direction in FIG 4C. 図4Cは、図4Bのばね保持具の上面図である。 Figure 4C is a top view of the spring retainer of Figure 4B. 図5は、吸入器本体、マウスピースキャップ、用量カウンタ及び用量カウンタ窓の組み立てられた底面図である。 5, the inhaler body, the mouthpiece cap is a bottom view of the assembled dose counter and the dose counter window. 図6A、6B、6C、6D及び6Eは吸入器の用量カウンタ構成要素の様々な図である。 Figure 6A, 6B, 6C, 6D and 6E are various views of the dose counter components of the inhaler. 図6F及び6Gは吸入器の用量カウンタ構成要素の図である。 Figure 6F and 6G are views of the dose counter components of the inhaler. 図6Hは吸入器の用量カウンタ構成要素の図である。 Figure 6H is a diagram of the dose counter components of the inhaler. 図7A、7Bは、吸入器の主本体内部のキャニスタのクリアランスを示す断面図である。 Figure 7A, 7B are cross-sectional views showing the clearance of the main body of the canister of the inhaler. 図7Cは、図7Bと同様のさらなる断面図である。 Figure 7C is a further cross-sectional view similar to Figure 7B. 但し、キャニスタは取り外されている。 However, the canister is removed. 図7Dは、吸入器主本体の上面図である。 Figure 7D is a top view of the inhaler main body. 図8A、8B及び8Cは、組み立ての間の、吸入器本体と用量カウンタ構成要素とを示している。 Figure 8A, 8B and 8C, during the assembly, show the inhaler body and the dose counter components. 図8Dは、組み立ての間の、吸入器本体と用量カウンタ構成要素とを示している。 Figure 8D, during the assembly, show the inhaler body and the dose counter components. 図9は、用量カウンタのアクチュエータ歯止めのための基準線の側断面図を示している。 Figure 9 shows a side sectional view of the reference line for the actuator pawl of the dose counter. 図10Aは、アクチュエータ歯止め、ラチェットホイール、及びカウント歯止めの位置及び形態の側面図を示している。 Figure 10A is an actuator pawl shows a side view of the position and form of the ratchet wheel, and count pawl. 図10Bは、アクチュエータ歯止め、ラチェットホイール、及びカウント歯止めの位置及び形態の側面図を示している。 10B is an actuator pawl shows a side view of the position and form of the ratchet wheel, and count pawl. 図10Cは、アクチュエータ歯止め、ラチェットホイール、及びカウント歯止めの位置及び形態の側面図を示している。 10C is an actuator pawl shows a side view of the position and form of the ratchet wheel, and count pawl. 図10Dは、アクチュエータ歯止め、ラチェットホイール、及びカウント歯止めの位置及び形態の側面図を示している。 FIG. 10D, the actuator pawl, shows a side view of the position and form of the ratchet wheel, and count pawl. 図10Eは、アクチュエータ歯止め、ラチェットホイール、及びカウント歯止めの位置及び形態の側面図を示している。 Figure 10E is an actuator pawl shows a side view of the position and form of the ratchet wheel, and count pawl. 図10Fは、アクチュエータ歯止め、ラチェットホイール、及びカウント歯止めの位置及び形態の側面図を示している。 Figure 10F is an actuator pawl shows a side view of the position and form of the ratchet wheel, and count pawl. 図11は、用量カウンタのアクチュエータのスタート、リセット、発射、カウント及びエンド位置の許容範囲の分布を示している。 Figure 11 shows the actuator start of the dose counter, reset, firing, the distribution of the allowable range of the count and the end position. 図12は、図4Aの一部の拡大図である。 Figure 12 is an enlarged view of a portion of Figure 4A. 図13は、用量カウンタのテープの終端部を示している。 Figure 13 indicates the end of the tape of the dose counter. 図14は、用量カウンタを設計するためのコンピュータシステムを示している。 Figure 14 illustrates a computer system for designing the dose counter. 図15は、図1〜14の吸入器の変形例において用いられるストックボビンの等角図である。 Figure 15 is an isometric view of the stock bobbins used in the modification of the inhaler of Figure 1-14. 図16は、図15のストックボビンの端面図である。 Figure 16 is an end view of the stock bobbin of Figure 15. 図17は、図15及び図16のストックボビンの長手方向軸に沿った断面図である。 Figure 17 is a cross-sectional view along the longitudinal axis of the stock bobbin FIGS. 図18A〜図18Cは、図1〜14の用量カウンタシャーシに取り付けられる図15〜17のストックボビンの図であり、第2シャフト(又はスプリットピン)のフォーク状分岐のコントロール部材を有している。 Figure 18A~-18C are views of the stock bobbin 15-17 attached to the dose counter chassis of Figure 1-14, has a forked branch control member of the second shaft (or split pin) . 第2シャフトはフォークが圧縮された形態にあり、図6Fのものとは僅かに異なる外形をしている。 The second shaft is in the form of a fork is compressed, and a slightly different outer shape from those of Figure 6F. 図19A〜図19Cは、図18A〜図18Cと同様の図である。 Figure 19A~-19C are views similar to FIG 18A~ Figure 18C. 但し、ストックボビンが異なる回転位置であるために、フォークはより拡張された形態にある。 However, since the stock bobbin is different rotational positions, the fork is more expanded configuration. 図20は、図15〜17のストックボビンを含む組み立てられたシャーシの等角図である。 Figure 20 is an isometric view of the chassis of the assembled including stock bobbin 15 to 17. 但し、明確さのためにテープは省かれている。 However, the tape is omitted for the sake of clarity. 図21は、本発明に従った、ドライパウダー吸入器の好ましい態様の図である。 Figure 21, in accordance with the present invention, is a diagram of a preferred embodiment of the dry powder inhaler. 図22は、図21の吸入器の分解図である。 Figure 22 is an exploded view of the inhaler of Figure 21. 図23は、図21の吸入器の用量カウンタの図である。 Figure 23 is an illustration of the dose counter of the inhaler of Figure 21. 図24は、図23の用量カウンタの分解図である。 Figure 24 is an exploded view of the dose counter of Figure 23. 図25は、図21の吸入器の部分的な分解図である。 Figure 25 is a partial exploded view of the inhaler of Figure 21. 図26は、図21の吸入器のヨークの図である。 Figure 26 is a diagram of the inhaler of the yoke of Figure 21.

図1は、本発明の好ましい態様に従った手動操作式の計量式用量吸入器12のメイン本体10を示している。 Figure 1 shows the main body 10 of the manually operated type metered dose inhaler 12 in accordance with a preferred embodiment of the present invention. メイン本体のマウスピース16に固定されうるマウスピースキャップ14を有している。 And a mouthpiece cap 14 may be secured to the mouthpiece 16 of the main body.

メイン本体はキャニスタチャンバ18を有しており、その中にはキャニスタ20(図7A)をスライド収容できる。 The main body has a canister chamber 18 can slide accommodate canister 20 (FIG. 7A) is therein. キャニスタ20は、大略的に円筒状の主側壁24を有し、テーパ部26によって頭部28へとつながっている。 The canister 20 is generally-has a cylindrical main side wall 24, is connected to the head 28 by the tapered portion 26. 頭部28は実質的に平坦な下面30を有し、下面30は外環状駆動面32を有し、外環状駆動面32は、後述されるように、用量カウンタ36のアクチュエーションピン34に連結してそれを動かすように設計されている。 Head 28 has a substantially planar lower surface 30, bottom surface 30 has an outer annular drive surface 32, the outer annular drive surface 32, as will be described later, connected to the actuation pin 34 of the dose counter 36 It is designed to to move it. 下面30から中央に軸方向に延在するバルブ軸38があり、バルブ軸38は、吸入器12のメイン本体10のバルブ軸ブロック40に密着して係合するよう設計されている。 There is a valve shaft 38 extending from the lower surface 30 in the axial direction in the center, the valve shaft 38 is designed to engage in close contact with the valve stem block 40 of the main body 10 of the inhaler 12. バルブ軸ブロック40は、キャニスタ20の内容物、特に、活性薬剤や推進剤を吸入器メイン本体12の空気出口46に向かって導くために、ノズル44につながる経路42を有する。 Valve stem block 40, the contents of the canister 20, in particular, to guide toward the active agent and propellant into the air outlet 46 of the inhaler main body 12, it has a path 42 leading to the nozzle 44. キャニスタ20と吸入器12のメイン本体10の内壁50との間にあるギャップ48によって、メイン本体10の開口上面52が、空気出口46のある経路54を通じて貫通して、吸入器12への空気口を形成していることは注目されるべきであり、それゆえに、ノズル44にあるキャニスタ内容物は空気経路54を通じて使用者によって吸い込まれた空気と混合し、ともに空気出口を通じて使用者の口中に流れるようになる(不図示)。 By a gap 48 that is between the inner wall 50 of the main body 10 of the canister 20 and the inhaler 12, opening the upper surface 52 of the main body 10, it penetrates through a path 54 with an air outlet 46, air inlet to the inhaler 12 it forms a should be noted, flows therefore canister contents in the nozzle 44 is mixed with the air sucked by the user through the air path 54, both in the mouth of the user through the air outlet so as to (not shown).

ここで用量カウンタ36が説明される。 Here a dose counter 36 is described. 用量カウンタ36は、メイン本体10に組み込まれた戻りばね56によって下から上に付勢されるアクチュエーションピン34を含む。 The dose counter 36 comprises actuation pin 34 is urged from the bottom up by the return spring 56 incorporated in the main body 10.
図4A、6H及び8Aに最も示されるように、ピン34は側面58、60を有し、側面58、60は、メイン本体10の用量カウンタチャンバ66にあるガイド面62、64に対応してその間をスライドするよう設計されている。 Figure 4A, as best shown in 6H and 8A, the pin 34 has a side surface 58, side surfaces 58 and 60, while in correspondence with the guide surface 62, 64 on the dose counter chamber 66 of the main body 10 It is designed to slide. 同様に終端面68は、用量カウンタチャンバ66に形成された末端70で係合するよう設計されて、ピン34の上方への動きを制限する。 Similarly end face 68 is designed to engage at the end 70 formed in the dose counter chamber 66, limits the upward movement of the pin 34. ピン34は、上部72を有し、上部72は円環筒状であり、用量カウンタチャンバ66からキャニスタチャンバ18を分離する分離壁76を通って形成される開口74を通って延在する。 Pin 34 has an upper 72, the upper 72 is circular cylindrical, extends through an opening 74 formed through the separating wall 76 from the dose counter chamber 66 for separating the canister chamber 18. ピン34の上部72は、キャニスタ20の外環状駆動面32に係合するよう配置された平坦な上面78を有している。 The top of the pin 34 72 has a flat upper surface 78 disposed to engage the outer annular drive surface 32 of the canister 20.

アクチュエーションピン34は、ドライブ又はアクチュエータ歯止め80と一体的に形成される。 Actuation pin 34 is formed integrally with the drive or actuator pawl 80 manner. アクチュエータ歯止め80は、大略的に逆U字型であり、2つの並行する互いに離間したアーム82、84を有し、アーム82、84はアクチュエーションピン34の下部から延在しており、各々は末端88で、アーム82、84と実質的に垂直方向に延在する歯止め歯部材90の逆端を保持している。 The actuator pawl 80 is generally-inverted U-shape, has an arm 82, 84 spaced from each other to the two parallel arms 82, 84 extends from the lower portion of the actuation pins 34, each at the end 88, holding the opposite ends of the arms 82, 84 substantially pawl teeth member 90 extending in the vertical direction. そのために、用量カウンタ36の増加ドライブシステム96又はラチェットメカニズム96のラチェットホイール94の11個のドライブ歯92の各々を引っ張るための「鞍状」ドライブと考えられるものが提供される。 Therefore, what is considered a "saddle" drive for pulling each of eleven drive teeth 92 of the ratchet wheel 94 increases the drive system 96 or a ratchet mechanism 96 of the dose counter 36 is provided. 例えば図10Bに示されるように、歯止め歯部材90は、ドライブ歯92に係合するよう配置された鋭い下部長手側端98を有し、この係合によってもたらされる端‐面接触は、アクチュエータ歯止め80の非常に正確な位置と、それによるラチェットホイール94の回転位置を提供する。 For example, as shown in FIG. 10B, the pawl teeth member 90 has a sharp lower longitudinal side edge 98 which is arranged to engage with the drive teeth 92, the edge brought about by this engagement - surface contact, the actuator and a very exact position of the pawl 80, to provide a rotational position of the ratchet wheel 94 by it.

用量カウンタ36はまた、図4A及び6Aに示されるように、テープリールシャフト106に固定されたラチェットホイール94を受ける第一シャフト104と、第一シャフト104と平行して離間しており、テープストックボビン110をスライド可能かつ回転可能な状態で受ける第二シャフト(又はスプリットピン)108とを有するシャーシ102を含む、シャーシプレアッセンブリ100を有する。 The dose counter 36 also, as shown in FIGS. 4A and 6A, a first shaft 104 for receiving the ratchet wheel 94 fixed to the tape reel shaft 106, spaced apart in parallel with the first shaft 104, the tape stock including chassis 102 and a second shaft (or split pin) 108 for receiving the bobbin 110 in slidable and rotatable state, it has a chassis preassembly 100.

図6Bに示されるように、吸入器が全く使用されていない時、テープ112のほとんどはテープストックボビン110上に巻かれ、テープ112は、キャニスタ20内に残る用量を示す数字を示す、テープに沿って等間隔に付された一連の数字114を有している。 As shown in Figure 6B, when the inhaler is not used at all, most of the tape 112 wound on the tape stock bobbin 110, the tape 112 shows a number indicating the dose remaining in the canister 20, the tape It has a series of numbers 114 assigned at equal intervals along. 吸入器が繰り返し使用されるにつれて、ラチェットホイール94は、キャニスタ20によるアクチュエーションピン34の動作に起因するアクチュエータ歯止め80によって回転させられる。 As the inhaler is repeatedly used, the ratchet wheel 94 is rotated by the actuator pawl 80 due to the operation of the actuation pin 34 by the canister 20. テープ112は、第二シャフト108から漸増的・段階的に、テープリールシャフト106に巻かれる。 Tape 112 is incrementally-stepwise from the second shaft 108 is wound on the tape reel shaft 106. テープ112はシャーシ102のテープガイド116に沿って通過し、それによって、数字114は、用量マーカー132が作られ又は付けられている用量カウンタチャンバカバー120にある窓118を通して、表示される。 Tape 112 passes along the tape guide 116 of the chassis 102, whereby the numeral 114, through a window 118 in the dose counter chamber cover 120 dose marker 132 is made or attached, is displayed.

図6A及び6Dに示されるように、第二シャフト108は2つの分枝124、126に分岐している。 As shown in FIGS. 6A and 6D, the second shaft 108 is branched into two branches 124, 126. 分枝124、126は互いに離れる方向に付勢されている。 Branched 124,126 are urged away from each other. これら分枝は、それぞれの分枝の、第二シャフト108上の半径方向逆側に、摩擦又はコントロール部品128、130を備えられている。 These branches, each branch, radially opposite side of the second shaft 108 is provided with a friction or control parts 128, 130. 各コントロール部品は、各分枝124、136に沿って長手方向に延在しており、長手方向に延在する摩擦面132、134を有している。 Each control component extends longitudinally along each branch 124 and 136, and has a friction surface 132, 134 extending in the longitudinal direction. 摩擦面132、134は、第二シャフトの長手方向軸に実質的に平行に延在し、テープストックボビン110の内側の実質的に円筒形のボア136に内側係合するのに適している。 Friction surfaces 132 and 134, extends substantially parallel to the longitudinal axis of the second shaft, suitable for inner engagement inside the substantially cylindrical bore 136 of the tape stock bobbin 110. この、ボア136とコントロール部品128、130との間で提供されるコントロール設計は、テープストックボビン110に良好な回転コントロールをもたらす。 The control design is provided between the bore 136 and the control part 128, 130 provides a good rotation control on the tape stock bobbin 110. ゆえに、例えば吸入器が落下した時などに、望まないテープの緩みなどが生じることがない。 Thus, for example, such as when the inhaler is dropped, causing no such tape slack unwanted. テープストックボビン110を緩ませ、この摩擦力を克服するために必要なテープの力は、約0.1Nである。 Loosen the tape stock bobbin 110, the tape of the force required to overcome this frictional force is about 0.1 N.

図6Dや、図6G及び10Aから10Fに見られるように、シャーシ102は、そこに弾性的かつ実質的に固定して配設された逆回転防止歯138又はカウント歯止め138を備えている。 Figure 6D and, as seen in 10F Figures 6G and 10A, the chassis 102 is provided with a reverse rotation preventing tooth 138 or count pawl 138 disposed therein resiliently and substantially fixed. 下記で説明され、また、図10Aから10Fに見られるように、アクチュエーションピン34が、キャニスタ20内部の計量バルブ(不図示)を発射させるように完全に圧縮された時、アクチュエータ歯止め80は、ラチェットホイール94の歯の一つ92を引き下げ、図6Dに示されるようにホイール94を逆時計回りに回転させ、そうして一つの歯92がカウント歯止め138を飛んで過ぎ、ゆえに、1用量分が使用されたことを示すように、用量カウンタチャンバ120上の用量マーカー122に関する増加方向の距離分だけテープ112が巻かれる。 Is described below, also as seen in 10F from FIG. 10A, when the actuation pin 34 has been fully compressed so as to fire the canister 20 inside the metering valve (not shown), the actuator pawl 80, to lower one 92 of the teeth of the ratchet wheel 94, rotates the wheel 94 in a counterclockwise, as shown in FIG. 6D, thus one tooth 92 is too flying count pawl 138, thus, 1 dosage- so it indicates that it has been used, the distance portion of increasing direction regarding dose marker 122 on the dose counter chamber 120 tape 112 is wound.

図10Bを参照すると、ラチェットホイール94の歯は、平坦面140、142の間に、半径0.1mmの先端143を有している。 Referring to Figure 10B, the teeth of the ratchet wheel 94, between the flat surface 140, 142 has a distal end 143 of radius 0.1 mm. ラチェットホイール94は、基準面220(図9)より0.11mm上である中心軸145を有している。 The ratchet wheel 94 has a reference surface 220 central axis 145 is on 0.11mm than (Fig. 9). 逆回転防止歯138の先端/ノーズ面147は基準面220より0.36mm上に位置している。 Tip / nose surface 147 of the reverse-rotation preventing tooth 138 is located on 0.36mm from the reference plane 220. 逆回転防止歯の先端ノーズ面147の間の垂直距離(すなわち、図9の基準面を横切る方向)は、ホイール94の中心軸145から0.25mmである。 Vertical distance between the reverse-rotation preventing tooth tip nose surface 147 (i.e., the direction transverse to the reference plane of FIG. 9) is a 0.25mm from the center axis 145 of the wheel 94. 隆起面144は側方向長さが0.20mmで平面145´自体の垂直方向長さが1mmであり、隆起表面の幅が1.22mm(軸145の方向)であり、隆起表面144の先端149は軸145の垂直方向下3.02mmであり、平面145´は軸145から横向きに2.48mm離間して(すなわち基準面220と平行)いる。 Raised surface 144 is vertical length of the plane 145' own lateral length at 0.20mm is 1 mm, the width of the raised surface is 1.22 mm (axis 145), the distal end 149 of the raised surface 144 is a vertical under 3.02mm axis 145, the plane 145' is spaced 2.48mm from the shaft 145 sideways are (i.e. parallel to the reference plane 220). ピン34(図6H)の先端面78は、アクチュエータ歯止め80とピン34がスタート形態にある時、基準面220(図9)から11.20mmである。 Pin tip surface 78 of the 34 (FIG. 6H), when the actuator pawl 80 and the pin 34 is in starting mode, a 11.20mm from the reference surface 220 (FIG. 9). バルブステム22の長さは11.39mmであり、キャニスタ20のドライブ面32は、キャニスタが作動されるのを待機してレスト形態である時、基準面220の上11.39mmである。 The length of the valve stem 22 is 11.39Mm, drive surface 32 of the canister 20 when the canister is in rest mode waiting to be activated, a 11.39Mm on the reference plane 220. すなわち、この設定では、キャニスタ20とピン34の間のクリアランスは0.19mmである。 That is, in this setting, the clearance between the canister 20 and the pin 34 are 0.19 mm.

図10A及び10Bは、アクチュエータ歯止め80と、スタート位置にあって、ピン34の平坦な先端78が未だキャニスタ20の外環状駆動面32によって係合していないか、又は少なくともキャニスタが圧縮されて押し下げられていない状態である、ラチェットホイール94とカウンタ歯止め138を示している。 10A and 10B, the actuator pawl 80, in the starting position, or flat tip 78 of the pin 34 is not yet engaged by the outer annular drive surface 32 of the canister 20, or depressed at least canister is compressed it is a state not show a ratchet wheel 94 and the counter pawl 138.

この“スタート”位置では、カウンタ歯止め138はラチェットホイール94の一つの歯92の非逆回転面140と係合している。 This "start" positions, the counter pawl 138 is engaged with the non-reverse rotation surface 140 of one tooth 92 of the ratchet wheel 94. アクチュエータ歯止めの下部側端98はバルブブロック40の底面又は肩41を通る基準面220より上1.33mm(距離「D」)にある。 Lower end 98 of the actuator pawl is above the reference plane 220 passing through the bottom or the shoulder 41 of the valve block 40 1.33 mm (distance "D"). 基準面220は、吸入器12のメイン本体10の主軸「X」に垂直であり、バルブ軸ブロックボア43の中心と同軸で、キャニスタが発射される時、吸入器12のメイン本体10でのキャニスタ20のスライド方向と平行である。 Reference surface 220 is perpendicular to the main axis "X" of the main body 10 of the inhaler 12, the canister at the center coaxial with the valve shaft block bore 43, when the canister is fired, the main body 10 of the inhaler 12 20 is parallel to the sliding direction of.

図10Bに示されるように、この構造の有利な特徴は、歯止め歯/アクチュエータ90が、吸入器12が吸入の為に使用されない時には、補充的な逆回転防止部材として作用することである。 As shown in FIG. 10B, an advantageous feature of this structure is, pawl tooth / actuator 90, when the inhaler 12 is not used for inhalation is to act as a supplemental reverse rotation preventing member. 特に、吸入器12が偶然に落下して、用量カウンタ36が揺動し、ホイール94が図10Bに示されるように時計回り(逆回転)に回転しようとすれば、歯の裏面140が係合して歯止め80の歯部材90によってブロックされる。 In particular, the inhaler 12 is dropped accidentally, the dose counter 36 is swung, if the wheel 94 is urged to rotate around (reverse rotation) clockwise as shown in FIG. 10B, the rear surface 140 of the tooth engagement blocked by the teeth members 90 of the pawl 80 in. つまり、例えそのような揺動で後退防止ドライブ歯138が一時的に折れたり乗り越えられたりしても、正しい位置に保持するためにホイール94の望まない逆回転は回避され、それゆえに用量カウンタ36は正しい用量指示を提供し続ける。 In other words, even or such swings anti-backup drive teeth 138 are overcome or temporarily break even, the reverse rotation is not desired wheel 94 to hold in position is avoided, thus the dose counter 36 continues to provide the correct dose instructions.

図10Cは、アクチュエータ歯止め80が、キャニスタ20によってピン34で、歯止め歯部材90の側端98がちょうど一つの歯92に係合する位置まで押圧されている形態を示しており、すなわち、さらなるピン34の押圧がホイール94を回し始めるだろう。 Figure 10C, the actuator pawl 80, a pin 34 by canister 20 shows a form that is pressed to a position to engage the side edge 98 exactly one tooth 92 of the pawl teeth member 90, i.e., a further pin 34 pressing of will begin to turn the wheel 94. これは「リセット」位置又は形態と称される。 This is referred to as the "reset" position or form. この形態では、アクチュエータ80の下部側端98が、基準面220より0.64mm大きい。 In this embodiment, the lower end 98 of the actuator 80, 0.64 mm larger than the reference plane 220.

図10Dは、アクチュエータ歯止め80が図10Cで示されたよりも低い位置にある形態であって、ノズル44を通じて活性薬剤と推進剤とを放出するために、まさにこの位置でキャニスタ内部の計量式用量バルブ(不図示)が発射する形態を示している。 FIG. 10D, the actuator pawl 80 is in the form which is in a position lower than shown in Figure 10C, in order to release the active drug and propellant through a nozzle 44, exactly the canister internal metered dose valve in this position (not shown) indicates a mode of firing. この形態では、カウンタ歯止め138は、図10Dの形態では係合していた同じ歯92の裏面140から非常に僅かに離間していることに注目すべきである。 In this embodiment, counter pawl 138 is in the form of FIG. 10D is to be noted that it is very slightly spaced from the rear surface 140 of the same tooth 92 that has been engaged. 図10Dに示される形態は、「発射」形態として知られる。 Embodiment shown in FIG. 10D is known as "firing" form. この形態において、アクチュエータ80の下部側端98は基準面220の0.47mm下である。 In this embodiment, the lower end 98 of the actuator 80 is 0.47mm under reference plane 220.

図10Eは、シークエンスのさらなるステップを示しており、「カウント」形態と呼ばれ、当該形態では、アクチュエータ歯止め80が、二つの歯92の間の円周方向の角度分だけラチェットホイール94を回転させており、カウンタ歯止め138は、歯92の一つの前面142に沿って進み、弾性的に歯を飛び越えて、次の歯の裏面140と係合したところである。 Figure 10E shows a further step of the sequence, referred to as "Count" form, in this embodiment, the actuator pawl 80 rotates in the circumferential direction of the angular amount corresponding ratchet wheel 94 between the two teeth 92 and, counter pawl 138 travels along one of the front 142 of the teeth 92, jumping over the resiliently tooth is where the engagement with the rear surface 140 of the next tooth. さらにこの「カウント」形態では、ピン34の十分に長いストローク運動が、用量カウンタ36のテープ112の、1用量分のカウントダウンをもたらしている。 Further in this "count" form, sufficiently long stroke motion of the pin 34, the tape 112 of the dose counter 36 has led to the countdown 1 doses of. この形態では、アクチュエータの下部側端98は基準面220の0.95mm下である。 In this embodiment, the lower end 98 of the actuator is 0.95mm under reference plane 220. さらにこの位置では、端98も含む一般的なアクチュエータ80は、発射形態から0.48mm下である。 Moreover in this position, the common actuator 80, including also the end 98 is 0.48mm under the firing form. カウント形態は発射形態よりもさらに先で起こるにも関わらず、カウントは非常に高信頼性を有することが見いだされており、100万中50分の1を超えない割合である。 Count form despite occurs in farther than the firing mode, the count is found to have a very high reliability, a rate not exceeding 1 1,000,000 in 50 minutes. これは少なくとも部分的には、運動量効果と、いくつかの実施態様では、内部計量バルブが発射するときにキャニスタが使用者に何らかの背圧を発出することによっている。 This is at least in part, and momentum effects, in some embodiments, are by issuing some back pressure in the canister user when an internal metering valve fires.

図10Fの形態において、歯止め80はキャニスタ20によってピン34で、歯92の一つから離合する位置へとさらに圧縮され、アクチュエータ歯止め80はこの離合において、アーム84の一つとシャーシ102(図6G参照)の隆起表面144との係合によってアシストされ、この離合の点(「エンド」形態と呼ばれる)においては、カウンタ歯止め138は2つのドライブ歯92の正確に中間か、実質的に中間に位置している。 In the embodiment of FIG 10F, a pin 34 by the pawl 80 is the canister 20 is further compressed to a position disengaging from the one tooth 92, the actuator pawl 80 is in this Rigo, one with the chassis 102 of the arm 84 (see FIG. 6G assisted by the engagement between the raised surface 144 of), in the point of the disengaging (referred to as "end" form), the counter pawl 138 is exactly one intermediate two drives teeth 92, substantially located in the middle ing. すなわちこの有用性は、望まれないダブルカウントやノーカウント(カウントされないこと)のあらゆる可能性を最小限の機会とすることを意味している。 That this utility has all the possibilities of unwanted double counting and no count (not counted) meant to minimize opportunities. エンド形態において、アクチュエータの側端98は基準面の1.65mm下である。 In the end embodiment, the side edge 98 of the actuator is 1.65mm under reference plane. 図10Fに示される「エンド」形態を過ぎたさらなるアクチュエータ歯止め80とピン34のどんな圧縮も、用量カウンタ36によって表示されるテープ112の位置に何の影響も与えない。 Any compression that shown in FIG. 10F "end" further actuator pawl 80 past form and the pin 34, have no effect on the position of the tape 112 to be displayed by the dose counter 36. なぜなら、図10Fに示されたよりも下の位置にあるときには、アクチュエータ歯止め80はラチェットホイール94から離合しているからである。 This is because, when in a position below that shown in FIG. 10F, the actuator pawl 80 is because are disengaging from the ratchet wheel 94.

図7C及び7Dに示されるように、主本体10の内壁50は、メイン本体内側に沿って長手方向に延在し、開口74に隣接する2段階の支持レール144が備えられている。 As shown in FIGS. 7C and 7D, the inner wall 50 of the main body 10 extends longitudinally along the inner main body, the two steps of the support rails 144 which are adjacent are provided in the opening 74. 図7Bに示されるように、半径方向逆側に2段階レール146がまた備えられており、この半径方向逆側とは、垂直面(不図示)が、実質的に直接に第一レール144、開口74、バルブ軸ブロック40の中央開口148(ここにキャニスタ25が位置する)、及び第二の2段階レール146を通りうるという意味である。 As shown in Figure 7B, the radially opposite side is provided with Kamata 2-step rail 146, and the radially opposite side, the vertical plane (not shown), substantially directly to the first rail 144, opening 74, a central opening 148 (here canister 25 is located) of the valve shaft block 40, and a sense that can pass through the second second stage rails 146. 図7Aに示され、図7Bに概略的に示されるように、レール144、146は、キャニスタ20とレール144、146の間に、半径方向にほぼ正確に0.3mm、典型的には約0.25mmから0.35mmの範囲で、最大クリアランスを備える。 Shown in Figure 7A, as shown schematically in FIG. 7B, rails 144, 146 between the canister 20 and the rail 144, 146, almost exactly 0.3mm radially, typically about 0 in the range of 0.35mm .25mm, equipped with a maximum clearance. この面におけるこのクリアランスは、キャニスタ20が、アクチュエーションピン34から離れる方へ向かって、この面で後ろ向き又は前向きのみに揺動しうることを意味している。 The clearance in this plane, the canister 20, toward the away from the actuation pin 34, which means that can swing only backward or forward in this plane. 相対的に小さな距離とこの構成はすなわち、キャニスタがぐらつき、また、アクチュエーションピン34の高さを変化させて、用量カウンタ36の正確性を望まず改変してしまうことを回避できる。 Relatively small distance between this configuration i.e., canister wobble, also can be avoided by changing the height of the actuation pin 34, thus modifying not want the accuracy of the dose counter 36.

吸入器12の内部で自由なキャニスタの動きを許容しながらも、過度の揺れを回避するために、内壁50の辺縁の周辺に離間して設けられている全てのレール144、146、150、152、154について、キャニスタ20周りの最大クリアランスがほぼ正確に0.3mmになるように、メイン本体10の内壁50は、2つのさらなる2段階レール150と、内壁50から内側に異なる一定の半径方向量で延在している2ペアのレール152、154とを備えている。 While permitting movement of the free canister inside the inhaler 12, in order to avoid excessive shaking, all of the rails are provided spaced around the periphery of the inner wall 50 144,146,150, for 152 and 154, so that the maximum clearance around the canister 20 is almost exactly 0.3 mm, the inner wall 50 of the main body 10 includes two additional two-step rail 150, constant radial different from the inner wall 50 on the inside and a rail 152, 154 two pairs extending in an amount. 例えば2段階レールがキャニスタチャンバ18の出口端156近くの第一部分を有し、当該第一部分は実質的に一定の半径又は内向きに延在する幅を有し、第一のステップ160はレールの第二の段階162に続き、第二部分102は第一部分156よりも小さい半径又は内向きの延在範囲を有し、第二ステップ164の最後ではレールはメイン内壁50の主表面に結合していることが、図7Cから明らかになるであろう。 For example a two-step rail a first portion near the outlet end 156 of the canister chamber 18, the first portion has a width extending substantially constant radius or inward, the first step 160 of the rail Following the second step 162, second portion 102 has a smaller extension of the radius or inward than the first portion 156, at the end of the second step 164 the rail is bonded to the main surface of the main inner wall 50 it will be apparent from Figure 7C you are.

吸入器12の組み立て方法が説明される。 Method of assembling the inhaler 12 is described.

図8Aを参照すると、吸入器12の主本体10は、互いに連結されて示された形態となる、2又はそれ以上のプラスチックの成形品で形成されている。 8A, the main body 10 of the inhaler 12 is formed in each other become linked with the indicated form, two or more moldings of plastics.

図8Bに示されるように、アクチュエータ歯止め80とピン34が、用量カウンタチャンバ66にあるピン受けエリア166の中の位置へとまっすぐ前向きに入れられる。 As shown in FIG. 8B, the actuator pawl 80 and the pin 34 is straight is positively placed into position in the pin receiving area 166 is in the dose counter chamber 66. また、ピン34とアクチュエータ80は、ピン34が開口74を通って出るまで持ち上げられる。 The pin 34 and the actuator 80, the pin 34 is lifted up and out through the opening 74.

次に、戻りばね56がピン34の下に挿入されて、ばね56の大略的に円筒形で環状の下部端168が、ピンセットかピンセット様の組み立て工具(不図示)で動かされて、用量カウンタチャンバ66にあるばね受け172の棚170に係合させられる。 Next, the return spring 56 is inserted under the pin 34, an annular lower end 168 with generally-cylindrical spring 56, is moved with tweezers or forceps-like assembly tool (not shown), the dose counter engaged on the shelves 170 of the spring receiver 172 is in the chamber 66. ばね受け172はU字型であり、棚170はU字型であってその下に形成された凹部174を有する。 Spring receiver 172 is U-shaped, the shelf 170 has a recess 174 formed in the lower a U-shape. 図4B、4C及び12に示されるように、棚170は、ばね168の下端を、組み立て工具(不図示)を用いて棚の上の位置に動かすときにアシストするように配置された3つの面取り面176、178、180を含んでいる。 As shown in FIG. 4B, 4C and 12, the shelf 170, the lower end of the spring 168, three chamfers arranged to assist when moving to the position on the shelf using the assembly tool (not shown) it includes a surface 176, 178, 180. ばね168の下端を一度位置すれば、組み立て工具(不図示)は、ばね56の下端168の下の凹部174を少なくとも部分的に通じて、簡単に取り除かれる。 Once located the lower end of the spring 168, the assembly tool (not shown), the recess 174 below the lower end 168 of the spring 56 through at least in part, easily removed.

テープ112はテープストックボビン110に一端(不図示)が付けられており、ボビンの六角形のソケット204(図6B)に係合している六角形の出力シャフト202を有するモータ200(図13)によってボビン上に巻かれている。 Tape 112 is a motor 200 having an output shaft 202 of the hexagonal end on the tape stock bobbin 110 (not shown) is attached, which is engaged with the socket 204 of the hexagonal bobbin (Figure 6B) (FIG. 13) It is wound on the bobbin by. 巻いている間、テープはセンサ206でモニターされており、モニター206はカメラまたはレーザースキャナの形式であって、モータ200のためにコンピュータコントローラ205へデータをフィードする。 While winding, the tape is monitored by the sensor 206, the monitor 206 is a form of camera or laser scanner, to feed the data to a computer controller 205 for the motor 200. コントローラ205はテープ112を横切るラインの形状である3つの位置マーカ210を認識し、テープ112がほぼ全部がボビンに巻かれた時に、テープ112の遠い方の端が例えば接着によってテープリールシャフト106に固定されるように、モータ202を止める。 The controller 205 recognizes the three position marker 210 is in the shape of a line across the tape 112, when the tape 112 is almost entirely wound on the bobbin, the tape reel shaft 106 by the end of, for example, adhesion farther the tape 112 as will be fixed, stop motor 202. 前記コントローラ205はまた、センサ206に観察されるピクセルで表されたテープサイズマーカ214を認識し、例えば、120や200といったテープ上の数字の数114などのテープ112の詳細をデータストア217のストックシステムに記録する。 The controller 205 also recognizes the tape size marker 214 represented by pixels that are observed in the sensor 206, for example, the details of the tape 112, such as the number 114 of figures on the tape such 120 and 200 of the data store 217 Stock It is recorded in the system. 続いて、テープリールシャフトがライン210の適切な位置まで巻かれる。 Subsequently, wound tape reel shaft to the appropriate position of the line 210. 当該位置は、ボビン110及びリールシャフト106が第二シャフト108及び第二シャフト104の上にスライド挿入され、吸入器112が完全に組み立てられた時に、プライミングドット(一点破線)216が窓118に位置することになる位置である。 The position, the bobbin 110 and the reel shaft 106 is slid into on the second shaft 108 and second shaft 104, when the inhaler 112 is fully assembled, located priming dot (dashed line) 216 is a window 118 is a position that will be. 実施形態では、ボビン110とリールシャフト106は、テープ112がリールシャフト106に固定される前にシャフト108、104にスライド挿入されてもよく、それから、リールシャフトがプライミングドット216に位置合わせするように巻かれるのでもよい。 In embodiments, the bobbin 110 and the reel shaft 106 may be slid into the shaft 108 and 104 before the tape 112 is fixed to the reel shaft 106, then, as the reel shaft is aligned with the priming dot 216 it's the be wound.

続いて、図6Bに示されるシャーシプレアッセンブリ100の組み立てられた用量カウンタ部品が、図8Cに示されるように、用量カウンタチャンバ66の主本体10に形成されたピン182、184、186をシャーシ102に形成された開口又はスロット188、190、192に通して、ピン182、184、186が開口又はスロット188、190、192に貫通する(少なくとも入る)ようにして、用量カウンタチャンバ66に挿入される。 Subsequently, the chassis dose counter parts the assembled preassembly 100, as shown in FIG. 8C, the chassis 102 pins 182, 184 formed in the main body 10 of the dose counter chamber 66 shown in FIG. 6B through formed openings or slots 188, 190, 192, the pin 182, 184 penetrate the openings or slots 188, 190, 192 (entering at least) manner, is inserted into the dose counter chamber 66 . シャーシ102はメイン本体10に向かって相対的に確実に押し込まれ、そして、ピン182、184、186は熱かしめされる。 Chassis 102 is pressed into the relatively reliably toward the main body 10, and the pin 182, 184 and 186 are shown or heat. ゆえに、シャーシ102はこの後この位置で主本体に対して非常に堅固に保持され、動くことができなくなる。 Thus, the chassis 102 is very firmly held relative to the main body at the position after this, it can not be moved. ゆえに、用量カウンタ36の高い正確性が提供される。 Thus, high accuracy of the dose counter 36 is provided. 次に、図8Dに示されるように、用量カウンタチャンバカバー120が用量カウンタチャンバ66にかぶせ合され、プライミングドット216が窓から表示されている状態で、例えば溶着によって所定位置に固定される。 Next, as shown in FIG. 8D, the dose counter chamber cover 120 is engaged over the dose counter chamber 66, priming dot 216 in the state being displayed through a window, it is fixed to a predetermined position, for example by welding.

最初の使用のために吸入器12を準備する時、ユーザはキャニスタを3回押圧することによって吸入器を準備することができる。 When preparing the inhaler 12 for first use, the user can prepare the inhaler by depressing three times canister. 3回の押圧はプライミングドット216があった窓118に、テープの最初の数字114をもたらす。 3 times of pressing the window 118 there was a priming dot 216, leading to the first number 114 of the tape. 図8Dに示された数字「200」は、キャニスタ20及び吸入器12から吐出される薬剤200用量分が残存していることを表示している。 The number "200" as shown in Figure 8D, displaying that 200 doses of medicament to be discharged from the canister 20 and the inhaler 12 is left.

図8D及び図5に示されるように、開口したドレイン孔194が、吸入器の主本体10の下部表面198にある半円の切欠き又は凹部形状196で、用量カウンタチャンバ66の底部に設けられている。 As shown in Figure 8D and Figure 5, the drain hole 194 which is open are, with notches or recesses shaped 196 semi-circular at the bottom surface 198 of the main body 10 of the inhaler, provided at the bottom of the dose counter chamber 66 ing. さらに、例えば非衛生的な状況に遭遇した後や単なる選択事項として、ユーザ(不図示)が吸入器の主本体10を洗おうと決めた場合、ドレイン孔194は、用量カウンタチャンバ66の内側からの水の初期的な排出と、またそれゆえに用量カウンタチャンバ66内の水又は何らかの水性の物質の蒸発とを可能とするので、窓118が望まず曇ることがない。 Furthermore, for example, as a mere matter of choice and after encountering the unhygienic situations, the user if the (not shown) is decided to Arao a main body 10 of the inhaler, the drain hole 194, from the inner side of the dose counter chamber 66 and initial discharge of water, also because thus enabling the evaporation of water or substance of any aqueous in the dose counter chamber 66, from fogging that no not wish window 118.

図14は、用量カウンタ36をデザインするためのコンピュータシステム、特に、基準面220(図9)に関するアクチュエータの下部側端98、つまり、吸入器12のラチェットホイール94、シャーシ102及び吸入器12が完全に組み立てられた時には主本体10のスタート、リセット、発射、カウント及びエンド位置の吸入器の一連の生産物における平均位置と標準偏差を表す分布を計算するためのコンピュータシステム230を示す。 Figure 14 is a computer system for designing the dose counter 36, in particular, the reference surface 220 (FIG. 9) the actuator lower end 98 of the related, that is, the ratchet wheel 94 of the inhaler 12, the chassis 102 and the inhaler 12 is fully Start of the main body 10 when assembled to show a reset, firing, the computer system 230 for calculating a distribution representing the average position and the standard deviation in the series of products of the inhaler counting and end position. コンピュータシステム230はデータストア232、CPU234、入力デバイス236(例えばキーボード又はコミュニケーションポート)及び出力デバイス238(例えばコミュニケーションポート、ディスプレイ画面及び/又はプリンタ)を含む。 Computer system 230 data store 232, CPU 234, an input device 236 (e.g., keyboard or communication port), and an output device 238 (e.g. communication port, a display screen and / or printer). 使用者は、入力デバイス236を通じてデータを入力することができる。 The user can input data through an input device 236. データは、CPU234によって、一連の、所与の平均値と標準偏差がセットされた用量カウンタ位置を備え、あらゆる運動量/慣性の影響と所与のタイプのキャニスタを発射させるときに生じる計量バルブの使用者背圧減少効果とを考慮して、様々な用量カウンタが製造されるとき、カウント失敗率を予測するための数学的な計算において使用されてもよい。 Data, the CPU 234, the series, the use of metering valve which occurs when a given mean and standard deviation comprises a set dose counter position, to fire any momentum / inertia effects and a given type of canister 's back pressure reducing effect and in mind, when a variety of dosage counter is manufactured, may be used in mathematical calculations to predict the count failure rate. コンピュータシステム230はこのように分布をデザインするために数学的に使用される。 Computer system 230 is mathematically used to design such distribution. 用量カウンタ36とキャニスタ20でここに説明された吸入器12のために、図11に示されるように分布がデザインされる。 For dose counter 36 and the canister 20 inhaler 12 described herein, the distribution is designed as shown in Figure 11. X軸は基準面220上のアクチュエータ80の下部側面98の距離を示しており、Y軸は分布を示している。 X axis represents the distance of the lower side 98 of the actuator 80 on the reference plane 220, Y-axis shows the distribution. 曲線240は、スタート位置は基準面200の上、平均1.33mm(標準偏差は0.1mm)であることを示しており、曲線242は、リセット位置は基準面220の上、平均0.64mmであることを示しており、曲線244は、発射位置は基準面220の下0.47mm(標準偏差は0.141mm)であることを示しており、曲線246は、カウント位置では基準面220より下平均0.95mm(標準偏差は0.080m)であることを示しており、曲線248は基準面220より下平均1.65mm(標準偏差は0.144mm)であることを示している。 Curve 240 is the start position above the reference plane 200, it indicates that an average 1.33 mm (standard deviation 0.1 mm), the curve 242 is reset position is above the reference plane 220, the average 0.64mm and a show that is, curve 244 is firing position indicates that it is below the reference plane 220 0.47 mm (standard deviation 0.141 mm), the curve 246 is the reference plane 220 is counting position lower average 0.95 mm (standard deviation 0.080M) indicates that it is, curve 248 indicates that it is below average the reference plane 220 1.65 mm (standard deviation 0.144 mm).

図15から20は、本発明に沿った好ましい態様を示しており、図1から14を参照して説明された態様を変更したものである。 15 to 20 shows a preferred embodiment consistent with the present invention, is obtained by changing the manner described with reference to FIGS. 1 14. これらの図では、以前の図において用いられた符号は同等の要素を意味するよう用いられる。 In these figures, reference numerals used in previous figures are used to mean the same elements. 吸入器12は次の点を除いて図1から14と同様である。 Inhaler 12 is similar to that of FIG. 1 except for the following points 14.

第一に、ラチェットホイール94のドライブ歯92が図1から14と異なる輪郭を有する点で変更点がある。 First, the drive teeth 92 of the ratchet wheel 94 is changes in having a different profile from FIG 14. この態様ではラチェット歯94は11ではなく9だけである。 Ratchet teeth 94 in this embodiment is only 9 rather than 11.

さらに、図18C及び19Cに示されるように、第二のシャフト108のフォーク124、126上のコントロール部材128、130が、図6Fに示されたコントロール部材128、130の輪郭と異なるテーパ形状を有している。 Furthermore, as shown in FIGS. 18C and 19C, the control member 128, 130 on the fork 124, 126 of the second shaft 108, have a contour different from the tapered shape of the control member 128, 130 shown in Figure 6F are doing. いずれにしても、いずれの輪郭も図15から20の態様においても使用され得る。 In any event, may also be used in any aspect of the contour also Figure 15 to 20.

さらに、図15に示されるように、テープストックボビン110は、部分的にそこに延在する波状の、内部に面した大略的に円筒形の係合表面300を有する。 Furthermore, as shown in FIG. 15, the tape stock bobbin 110, wavy extending partially therein, has a generally-cylindrical engagement surface 300 facing the inside. 係合表面300は、それに忠実に沿うストックボビン110の長手方向長さに垂直な横断面301を有する。 Engagement surface 300, it has a cross-section perpendicular 301 to the longitudinal length of the stock bobbin 110 faithfully along. この横断面301は図16にも見られ、10の一定間隔の凹面と10の凸状壁部材304の一連を形成しうる。 The cross-section 301 is also seen in FIG. 16, can form a series of convex wall member 304 of the concave and 10 at regular intervals of 10. 凸状壁部材304は凹部302の間に等間隔である。 Convex wall member 304 is equally spaced between the recesses 302. 各凹部302は半径0.2mmである。 Each recess 302 is the radius 0.2 mm. 各凸状壁部材304もまた半径0.2mmである。 Each convex wall member 304 is also radius 0.2 mm. 最後に、横断面301もまた、凹部302と凸状表面304の全ての曲面状壁部材の間の平坦な壁部分306も含む。 Finally, cross section 301 is also flat wall portions between all surface-like wall member recess 302 and the convex surface 304 306 also includes. 横断面301の形状はゆえに、凹部302及び凸状壁部材304、平坦壁部分306の半径と、10の凹部302と凸状壁部材304とがあるという事項によって定義される。 The shape of cross section 301 therefore is defined by what that recess 302 and the convex wall member 304, and the radius of the flat wall portion 306, there is a recess 302 and the convex wall member 304 of 10.

係合表面300の小半径、つまり、凸状壁部材304と逆の先端の間、は2.46mmである。 Minor radius of the engagement surface 300, that is, the convex wall member 304 opposite the tip during, is 2.46 mm. 係合表面300の大半径、つまり、凹部302の最外部分の間は2.70mmである。 Major radius of the engagement surface 300, i.e., between the outermost portion of the concave portion 302 is 2.70 mm. スプリットピン(第二シャフト)108のフォーク124、126の変形されていない先端から先端への最大直径、つまり、コントロール要素128、130の最大径方向長さの領域においては3.1mmであり、すなわち、ひとたびストックボビン110がスプリットピン108に組み付けられると、スプリットピン108に関してストックボビン110の全ての回転配置において、フォーク124、126は弾性的に圧縮されていることが理解される。 Split pin maximum diameter of the undeformed tip of the fork 124 and 126 (second shaft) 108 to the tip, i.e., in the region of the maximum radial length of the control element 128, 130 is 3.1 mm, i.e. , once the stock bobbin 110 is assembled to the split pin 108, in all rotational placement of the stock bobbin 110 with respect to the split pin 108, forks 124 and 126 are understood to have been elastically compressed. 図18C及び19Cの横断平面においてフォーク124、126の間の最小のギャップは、スプリットピン108が変形されておらず挿入前の状態であるとき、1mmである。 The minimum gap between the forks 124, 126 in the transverse plane of FIG. 18C and 19C, when the split pin 108 is in a state before insertion has not been modified, it is 1 mm. スプリットピン108が最大圧縮されているとき、図18Aから18Cに示されるように、コントロール要素128、130が凸状壁部材304の先端に係合されるように示されるとき、フォーク124、126の先端310、312の間のギャップ308は0.36mmである。 When the split pin 108 is maximum compression, as shown in 18C Figures 18A, when the control elements 128, 130 are shown to be engaged to the tip of the convex wall member 304, the fork 124, 126 gap 308 between the tips 310 and 312 is 0.36 mm. 一方、スプリットピン108が、図19Aから19Cまでに示されるように最小の圧縮(ストックボビンに入れられた後)であるとき、コントロール要素128、130が凹部302内に留まっているとき、フォーク124,126の先端310、312の間のギャップは0.6mmである。 On the other hand, when the split pin 108, when the minimum compression as shown in FIGS. 19A to 19C (after it has been placed in the stock bobbin), the control element 128 remains in the recess 302, forks 124 , the gap between the 126 tip 310, 312 is 0.6 mm. コントロール部材128、130は、半径がまた0.2mmで外向きに放射状になっており、完全に全体が接触して、ガタつきなく、凹部302に固定して又は接触しないで、凹部302に留まっている(少なくとも、テーパ状のコントロール要素がその最大放射方向位置にある状態の、スプリットピンの軸方向位置において)。 Control member 128, 130, the radius has become radially outwardly at is also 0.2 mm, completely whole in contact, without play, not fixed to the recess 302 or contact, it remains in the recess 302 and that (at least, in a state where tapered control element is in its maximum radial position, in the axial direction position of the split pin). コントロール部材128、130の半径は、ゆえに、実質的に凹部302の半径と同じである。 The radius of the control member 128, 130, therefore, is the same as the radius of the substantially concave portion 302.

一方、図18B及び19Bはストックボビン110とスプリットピン108の同軸である軸に沿った端面図であり、図18A及び図19Aは断面図であることが認められるであろう。 On the other hand, FIGS. 18B and 19B is an end view taken along the axis that is coaxial stock bobbin 110 and the split pin 108, FIGS. 18A and 19A will be appreciated that a cross-sectional view. 図19Aは、図19CのA−A´平面における断面であり、図18Aは同じ平面の断面であるが、言うまでもなく、スプリットピン108に関して回転したストックボビン110を伴うものである。 Figure 19A is a cross-section at A-A'plane of FIG. 19C, FIG. 18A is a cross-section of the same plane, of course, is accompanied by stock bobbin 110 that is rotated with respect to the split pin 108.

吸入器12が使用され、ラチェットホイール94が使用用量をカウントするために回転するにつれて、ストックボビンは回転に抵抗する回転位置を通って増加的に回転する(つまり、そのような回転位置でのスプリットピン108の増加する圧力による)、そして、その回転における回転位置に進められる(つまり、そのような回転位置でのスプリットピン108の減少する圧力による)、そしてこのことが、図19Aから19Cではスプリットピンのコントロール部材128、130が凹部302の位置しているのと同じように、ストックボビン110を次の位置へと段階的に進めることになる。 Inhaler 12 is used, as the ratchet wheel 94 is rotated to count the doses used, stock bobbin increases to rotate through a rotational position that resists rotation (i.e., split in such a rotational position by increasing the pressure of the pin 108) and proceeds to the rotational position in the rotation (that is, by decreasing the pressure of the split pin 108 at such rotational position), and this is split in 19C from Figure 19A Just as the pin of the control member 128 is positioned in recess 302, thereby advancing the stock bobbin 110 in steps to the next position. この機能は第一に、ストックボビンが使用中に要求に応じて巻き出されることを許容する、しかしまた、移動中に吸入器12が例えば固い表面の上などに落とされたとしても、テープ112が緩むことを回避できる。 This feature is in the first, the stock bobbin allows the unwound on demand during use, but also as an inhaler 12 is dropped such as above eg hard surface during movement, the tape 112 It can be avoided that the loose. このことは極めて有利である、なぜなら、テープ11は、キャニスタの用量数に関して不正確な読みを与えるかもしれない位置に動くことが回避されるからである。 This is very advantageous, because the tape 11 is because it is avoided to move to a position that might give inaccurate readings regarding the number of doses of the canister.

図18C及び19Cに示された2つの形態の間の、放射状方向におけるフォークの拡張と加圧の間、フォーク124、126はスプリットピン上の点316の周りを回転する、その位置にはフォーク124、126がともにやってくる。 Between the two forms shown in FIGS. 18C and 19C, during the expansion and pressurization of the fork in the radial direction, the fork 124, 126 rotate about point 316 on the split pin, fork 124 is in that position , 126 are both coming. この回転運動はフォーク124、126と係合表面300との間には著しい摩擦のないカム作用があることを意味する、しかしながら、それにも関わらず、係合表面300とフォーク124、126とによって形成されるレギュレータによって提供される弾性力はテープの巻き出しを調節することができ、そして、移動中や吸入器12が落とされた場合に、簡単には巻き出し(緩み)が生じないようになる。 This rotational movement means that there is a camming No significant friction between the fork 124 and the engaging surface 300, however, nevertheless, formed by the engagement surface 300 and forks 124, 126 elastic force provided by the regulator to be can be adjusted unwinding of the tape, and, when the move or in the inhaler 12 is dropped, so easily it unwinds (loose) does not occur . テストの間に、0.3から0.4Nの力が、ストックボビン110でレギュレータを克服するためにテープ112に与えられねばならないことが見いだされた。 During the test, the force of 0.4N 0.3 have been found that must be given to the tape 112 to overcome the regulator stock bobbin 110. 図19Cに示される形状を有するコントロール部材128では0.32Nが得られ、図6Fを参照して説明されて示されたコントロール部材128の形状では0.38Nが得られた。 Is 0.32N in the control member 128 having a shape shown in FIG. 19C is obtained, 0.38N were obtained in the form of a control member 128 shown is described with reference to FIG. 6F. これらの力は、上述された0.1Nの力よりも実質的に大きく、テープの望まない動きが、吸入器が固い表面上に落とされた時でも、実質的に回避される。 These forces are substantially than the force of 0.1N, which is above large movement unwanted tape, even when dropped on inhalers hard surface, it is substantially avoided. 図15から20の改変された配置は、この力を「定常的に」提供することがない、ゆえに、テープ112が用量カウンタの他の部材を通過するときのテープ112の望まない大きな摩擦は生じることがない。 Modified arrangement of FIG. 15 from 20 is not to provide this force "constantly", therefore, it produces large friction unwanted tape 112 of the tape 112 passes through the other member of the dose counter that there is no. なぜなら、レギュレータでの弾性力の漸増的な特性によって、テープ112は固定されたシャーシ部材上をスライドしながら、漸増的に弛緩することが可能だからである。 This is because the incremental characteristic of the elastic force of the regulator, tape 112 while sliding the fixed chassis member above, is because it is possible to incrementally relaxed.

10の凹部302と凸状壁部材304を有する代わりに、例えば8や12など異なる数も用いられ得る。 Instead of having a recess 302 and the convex wall member 304 of the 10, it can also be used a different number, for example 8 or 12. しかしながら、偶数が好ましい、なぜなら、特にコントロール部材128、130が設けられており、ゆえにコントロール部材128、130の全部が同時に拡張し、縮小しうるからである。 However, an even preferred, because, in particular are control members 128, 130 are provided, thus wholly expanded simultaneously control member 128, because can shrink. しかしながら、3以上のフォークを有する他の配置も考えられ、凹部/凸状壁部材の数は、同時に拡張/縮小するという機構を維持するためにフォークの数で割り切れる整数とされることもできる。 However, also considered other arrangement having three or more forks, the number of concave / convex wall member may be an integer divisible by the number of forks in order to maintain the mechanism of extending / shrinking at the same time. 例えば、3つのフォークを有し、9、12、15の凹部/凸状壁部材を用いることが考えられる。 For example, it has three forks, it is considered to use a concave / convex wall member 9, 12 and 15.

ストックボビン110の内側に係合表面300を有する代わりに、係合表面300は、フレキシブルな外部脚/歯止めによって係合されるように、ストックボビン110の外側に配置されるのでもよい。 Inside the stock bobbin 110 instead of having an engagement surface 300, the engagement surface 300 to be engaged by a flexible external legs / pawl may also be disposed on the outside of the stock bobbin 110.

係合表面300とフォーク124、126によってもたらされるレギュレータは、ラチェットホイール94の場合のように一方向のみのストックボビンの回転を許容するものではないことは留意されるべきである。 Regulator caused by the engagement surface 300 and forks 124 and 126, it does not allow the rotation of the stock bobbins in only one direction as in the case of the ratchet wheel 94 it is to be noted. 両方向、すなわち前方及び後方への回転が可能である。 Bidirectional, i.e. it is possible to rotate forward and backward. このことは、組み立ての際、ストックボビン110は、ボビン100、シャフト106及びテープ112がキャリッジ112上に取り付けられる間に又はその後に、所望に応じて後方に巻き戻されうることを意味している。 This is the time of assembly, the stock bobbin 110, means that the bobbin 100, during or after the shaft 106 and the tape 112 is mounted on the carriage 112 can be rewound backwards as desired .

スプリットピン108を含むストックボビン110及びキャリッジ102はいずれも、ポリプロピレン材料で成型される。 Both stock bobbin 110 and the carriage 102 includes a split pin 108 is molded of polypropylene material.

図16からは、横断面の形態301は六角形のソケット204の中でシンメトリーでないことが見て取れるだろう。 From Figure 16, form 301 cross-section will be seen to be non-symmetrical in the hexagonal socket 204. このことは、六角形のソケット204と六角形状と干渉することなくフィットするために横断面301のサイズと配置を所望のものとしつつも、六角形のソケット204が使いやすいサイズに維持されることを許容する。 This also while the size and placement of the cross-section 301 in order to fit without interfering with the hexagonal socket 204 and hexagonal and desired one, the hexagonal socket 204 is maintained in an easy-to-use size to allow. また、製造において成型することを可能にする。 Also allows molding in the production.

図17に示されるように、ストックボビン110は一連の4つの円周状のリブ330をその内側にそれに沿う間隔を開けて有する。 As shown in FIG. 17, the stock bobbin 110 has spaced along its series of four circumferential ribs 330 on its inner side. これらは、ストックボビン110を、成型の間、成型ツールの正しい側に保持しておく。 These stock bobbin 110, during the molding, holds the correct side of the molding tool.

図21と22は、患者の吸入のために、計量された用量でドライパウダー薬剤を吐出するための吸入器510の発明に沿った、好ましい態様を示す。 21 and 22, for inhalation of the patient, along to the invention of the inhaler 510 for discharging the dry powder drug in metered dose, indicating preferred embodiments. 吸入器510はEP−A−1330280の図1から16に開示されたもので、その内容はここに全体的に参照によって引用される、しかし、用量カウンタ516のストックボビン110と第二シャフト108は、本願の図15から20のもののように改変されている。 The inhaler 510 has been disclosed in FIG. 1 from 16 to EP-A-1330280, the contents of which are incorporated by reference in its entirety herein, however, the stock bobbin 110 of the dose counter 516 the second shaft 108 It has been modified to those from FIG. 15 of the present application 20. すなわちドライパウダー吸入器510は、大略的にハウジング518と、ハウジングに受容されるアッセンブリ512を含む(図21を参照)、ハウジング518は、患者の吸入のために開口端522とマウスピース524(図25)を有するケース520と、ケース520に取り付けられて開口端522を閉じるキャップ526と、そして、マウスピース524をカバーするためにケース520に枢動可能に取り付けられたカバー528とを含む。 That dry powder inhaler 510 includes a generally-housing 518 (see FIG. 21) including the assembly 512 received in the housing, the housing 518 is open end 522 and the mouthpiece 524 (Fig for patient inhalation includes a case 520 having a 25), attached to the case 520 and the cap 526 closes the open end 522 and a cover 528 pivotally attached to the case 520 to cover the mouthpiece 524. 図22に示されるように、吸入器510はまた、アクチュエータばね569、開口572のある第一ヨーク566、冠部574のあるべローズ540、貯蔵部514、ホッパー542のある第二ヨーク568、及び、そこに備え付けられた用量カウンタ516を含み、ケース520は、用量カウントテープマーク5128を見るためにそこに透明な窓5130を有している。 As shown in FIG. 22, the inhaler 510 The actuator spring 569, a first yoke 566 with opening 572, is bellows 540 of crown 574, the storage unit 514, the second yoke 568 with hopper 542 and, comprises a dose counter 516 equipped therein, the case 520 has a transparent window 5130 there to see the dose count tape mark 5128. 用量カウントシステムはまた、マウスピースカバー528に備えられ、開及び閉位置の間でカバー528と共に可動である、二つのカム570を含む。 The dose counting system is provided in the mouthpiece cover 528, which is movable together with the cover 528 between open and closed positions, including two cams 570. カム570の各々は、ケース520の外側に延在するヒンジ584が、カバー528の第一の凹部584へと貫通し、受容されることを許容するための開口580を含む。 Each cam 570, a hinge 584 that extends outside of the casing 520, penetrates into the first recess 584 of the cover 528 includes an opening 580 for allowing to be receptive. カム570はまた、外側向きに延在し、カバー528の第二の凹部588に受容されるボス586を含み、ゆえに、カバー528はヒンジ582に関して枢動し、カム570はヒンジ582に関してカバー528と共に動く。 Cam 570 also extends outward, comprises a boss 586 which is received in the second recess 588 of the cover 528, thus, the cover 528 pivots with respect to the hinge 582, the cam 570 together with the cover 528 with respect to the hinge 582 move. EP−A−1330280で説明されたように、カム570は第二のヨーク568を上下に動かすためにカムサポータ578に作用し、それで、歯5136のある第二のヨーク568の歯止め5138の係合によって、用量カウンタを操作する。 As described in EP-A-1330280, the cam 570 acts on Kamusapota 578 to move the second yoke 568 in the vertical, so, by the engagement of the pawl of the second yoke 568 with toothed 5136 5138 , to manipulate the dose counter. 吸入器の残りの部材は、EP−A−1330280で説明されたように設けられ、操作される。 The remaining members of the inhaler is provided as described in EP-A-1330280, it is operated.

すなわち用量カウントシステム516は、印刷された連続数の、又は他の適切なマークを有し、ハウジング18(図22参照)に備えられた透明の窓5130に一致する、リボン又はテープ5128(図23、24)を含む。 That dose counting system 516 has printed the number of continuous, or other suitable mark, housing 18 matches the transparent window 5130 provided (see FIG. 22), a ribbon or tape 5128 (FIG. 23 , including the 24). 用量カウントシステム516は、回転可能なストックボビン110(上述)と、一方向に回転可能なインテックススプール5134と、リボン5128とを含み、リボン5128は、ボビン110上で回転し、ボビン110に支持され、スプール5134に固定された第一端5127を有しており、スプール5128ではリボン5128はボビン110から巻き出されて、マークは、スプール5134が回転し前進するにつれて、連続的にディスプレイされる。 Dose counting system 516 includes a rotatable stock bobbin 110 (described above), and Intex spool 5134 rotatable in one direction, and a ribbon 5128, the ribbon 5128 is rotated on the bobbin 110, it is supported on the bobbin 110 has a first end 5127 that is fixed to the spool 5134, the ribbon 5128 in spool 5128 is unwound from the bobbin 110, the mark, as the spool 5134 is rotated to move forward, it is continuously display. 図23及び24ではボビン110の波状の係合表面300は明瞭性の観点から示されていない。 Wavy engagement surface 300 of FIG. 23 and 24 in the bobbin 110 are not shown in terms of clarity.

スプール134は、貯蔵部514からの薬剤用量の送達に作用するヨーク566、568の動きにつれて回転して、リボン5128上の数字は、吸入器510によって吐出された用量を表示するために前進する。 Spool 134 is rotated As the movement of the yoke 566, 568 which acts on the delivery of the medicament dose from the reservoir 514, the numbers on the ribbon 5128 is advanced to display the dose discharged by the inhaler 510. リボン5128は、スプール5134の回転に従って、数字又は他の適切なマークを、増加又は減少させるように設計されうる。 Ribbon 5128, in accordance with rotation of the spool 5134, the numbers or other suitable marks can be designed to increase or decrease. 例えば、リボン5128は、吸入器510に残存している用量の数を表示するために、スプールの回転に従って、数字又は他の適切なマークが減少するように設計され得る。 For example, the ribbon 5128, in order to display the number of doses remaining in the inhaler 510 according to rotation of the spool, numbers or other suitable marks can be designed to reduce. 代替的に、リボン5128は、吸入器10によって吐出された用量の数を表示するために、スプール5134の回転に従って、数字又は他の適切なマークが増加するように設計されてもよい。 Alternatively, the ribbon 5128, in order to display the number of doses expelled by the inhaler 10, according to rotation of the spool 5134, the numbers or other suitable marks may be designed to increase.

インデックススプール5134は、放射状に延在する歯5136を含み、当該歯は、インデックススプール5134を回転させ又は前進させるためのヨークの動きに従って、第二ヨーク568のカムサポータ578から延在する歯止め5138によって係合されている。 Index spool 5134 includes teeth 5136 extending radially, the teeth, according to the movement of the yoke to be rotated or advance the index spool 5134, engaged by pawl 5138 extending from Kamusapota 578 of the second yoke 568 It has been engaged. より特定的には、歯止め5138は、歯5136と係合し、インデックススプール5134を、マウスピースカバー528が閉じられ、ヨーク566、568がハウジング518のキャップ526に逆戻りしているときのみ、インデックススプール5134を前進させるように形成され、配置されている。 More specifically, pawl 5138 engages the teeth 5136, the index spool 5134, is closed mouthpiece cover 528, only when the yoke 566 is reverted to the cap 526 of the housing 518, the index spool is formed so as to advance the 5134, it is arranged.

用量カウントシステム516はまた、用量カウントシステムをホッパ542に固定するシャーシ5140を含み、ボビン110とインデックススプール5134を受けるためのシャフト108、5144を含む。 The dose counting system 516 includes a chassis 5140 that secures the dose counting system to the hopper 542 includes a shaft 108,5144 for receiving the bobbin 110 and the index spool 5134. 図15から20を参照して上述されたように、ボビンシャフト108はフォーク状に分岐していて、ボビン110の内側の波状係合表面300と係合することによって、シャフト108上のボビン110の回転への弾性抵抗を作り出す放射状に突出する突起5146を含む。 As described above with reference to FIG. 15 to 20, the bobbin shaft 108 is branched into a fork shape, by engaging with the inside of the wavy engaging surface 300 of the bobbin 110, the bobbin 110 on the shaft 108 It includes a protrusion 5146 protruding radially to create a resilient resistance to rotation. クラッチばね5148は、インデキシングスプール5134の端に受けられ、スプール5134の回転を一方向のみに許容するようにロックされている。 Clutch spring 5148 is received on the end of the Indexing Things pool 5134, and is locked to allow rotation of the spool 5134 in only one direction.

特許法下で解釈される添付の請求項によって定義される発明の射程から解離することなく、上記に示され説明された態様には、様々な改変が加えられ得る。 Without dissociating from range of the invention as defined by the appended claims as interpreted under patent law, the aspects described indicated above, may various modifications are added.

Claims (5)

  1. 一連の吸入器のための増加用量カウンタを製造する方法であって、 A method of producing an increase dose counter for a series of inhalers,
    用量カウンタシャーシ又は吸入器本体に対する用量カウンタアクチュエータのキャニスタ発射及び用量カウント公称位置を有する用量カウンタを製造することを含み、また、キャニスタ発射プロセスにおいて、一連中の平均用量カウント位置が一連中の平均キャニスタ発射位置、又は後ろである前記用量カウンタを構築することを含む方法。 Comprises preparing a dose counter having a canister firing and dose counting the nominal position of the dose counter actuator for the dose counter chassis or inhaler body, The average canister of the canister firing process, during a series average dose count positions in the series method comprising firing position, or to build the dose counter is behind.
  2. 一連の平均用量カウント位置が、一連の平均発射位置の後ろ、0.4から0.6mmである用量カウンタを構築することを含む、請求項1に記載の方法。 A series of mean dose count positions, behind a series of average firing position, includes building the dose counter is 0.6mm 0.4 The method of claim 1.
  3. 一連中の発射位置の標準偏差が0.12から0.16mmである用量カウンタを構築することを含む、請求項1又は請求項2に記載の方法。 The standard deviation of the firing position in the series comprises constructing a dose counter is 0.16mm 0.12 The method of claim 1 or claim 2.
  4. 一連中の用量カウント位置の標準偏差が0.07から0.09mmである用量カウンタを組み立てることを含む、請求項1から請求項3のいずれかに記載の方法。 The standard deviation of the dose count positions in the series comprises assembling a dose counter is 0.09mm 0.07 A method according to any one of claims 1 to 3.
  5. 一連の吸入器を製造するための方法であって、請求項1から4のいずれかに記載の方法を実行すること、及び、一連の増加用量カウンタの中の各用量カウンタを、対応する吸入器の本体に取り付けることを含む方法。 A method for manufacturing a series of inhalers, performing a method according to any one of claims 1 to 4, and, each dose counter in a series of increasing the dose counter, corresponding inhaler the method comprising attaching to the body.
JP2014042633A 2010-05-18 2014-03-05 The dose counter for an inhaler, the inhaler and its shaft Active JP5820006B2 (en)

Priority Applications (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US34576310 true 2010-05-18 2010-05-18
US61/345,763 2010-05-18
US41765910 true 2010-11-29 2010-11-29
US61/417,659 2010-11-29

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2013510519 Division 2011-05-18

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2014144353A true true JP2014144353A (en) 2014-08-14
JP5820006B2 JP5820006B2 (en) 2015-11-24

Family

ID=44971401

Family Applications (14)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2013510519A Active JP5497964B2 (en) 2010-05-18 2011-05-18 The dose counter for an inhaler, the inhaler and its shaft
JP2014042634A Active JP5820007B2 (en) 2010-05-18 2014-03-05 The dose counter for an inhaler, the inhaler and its shaft
JP2014042631A Active JP5900932B2 (en) 2010-05-18 2014-03-05 The dose counter for an inhaler, the inhaler and its shaft
JP2014042633A Active JP5820006B2 (en) 2010-05-18 2014-03-05 The dose counter for an inhaler, the inhaler and its shaft
JP2014042628A Active JP5806355B2 (en) 2010-05-18 2014-03-05 The dose counter for an inhaler, the inhaler and its shaft
JP2014042630A Active JP5933607B2 (en) 2010-05-18 2014-03-05 The dose counter for an inhaler, the inhaler and its shaft
JP2014042632A Active JP5820005B2 (en) 2010-05-18 2014-03-05 The dose counter for an inhaler, the inhaler and its shaft
JP2014042627A Active JP5806354B2 (en) 2010-05-18 2014-03-05 The dose counter for an inhaler, the inhaler and its shaft
JP2014042629A Active JP5896487B2 (en) 2010-05-18 2014-03-05 The dose counter for an inhaler, the inhaler and its shaft
JP2015193579A Pending JP2016025944A (en) 2010-05-18 2015-09-30 Dose counter for inhalator, inhalator and shaft thereof
JP2015193578A Active JP6273242B2 (en) 2010-05-18 2015-09-30 The dose counter for an inhaler, the inhaler and its shaft
JP2015193577A Active JP6227608B2 (en) 2010-05-18 2015-09-30 The dose counter for an inhaler, the inhaler and its shaft
JP2015256386A Active JP6301904B2 (en) 2010-05-18 2015-12-28 The dose counter for an inhaler, the inhaler and its shaft
JP2017149821A Pending JP2017205580A (en) 2010-05-18 2017-08-02 Dose counters for inhalers, inhalers, and shafts thereof

Family Applications Before (3)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2013510519A Active JP5497964B2 (en) 2010-05-18 2011-05-18 The dose counter for an inhaler, the inhaler and its shaft
JP2014042634A Active JP5820007B2 (en) 2010-05-18 2014-03-05 The dose counter for an inhaler, the inhaler and its shaft
JP2014042631A Active JP5900932B2 (en) 2010-05-18 2014-03-05 The dose counter for an inhaler, the inhaler and its shaft

Family Applications After (10)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014042628A Active JP5806355B2 (en) 2010-05-18 2014-03-05 The dose counter for an inhaler, the inhaler and its shaft
JP2014042630A Active JP5933607B2 (en) 2010-05-18 2014-03-05 The dose counter for an inhaler, the inhaler and its shaft
JP2014042632A Active JP5820005B2 (en) 2010-05-18 2014-03-05 The dose counter for an inhaler, the inhaler and its shaft
JP2014042627A Active JP5806354B2 (en) 2010-05-18 2014-03-05 The dose counter for an inhaler, the inhaler and its shaft
JP2014042629A Active JP5896487B2 (en) 2010-05-18 2014-03-05 The dose counter for an inhaler, the inhaler and its shaft
JP2015193579A Pending JP2016025944A (en) 2010-05-18 2015-09-30 Dose counter for inhalator, inhalator and shaft thereof
JP2015193578A Active JP6273242B2 (en) 2010-05-18 2015-09-30 The dose counter for an inhaler, the inhaler and its shaft
JP2015193577A Active JP6227608B2 (en) 2010-05-18 2015-09-30 The dose counter for an inhaler, the inhaler and its shaft
JP2015256386A Active JP6301904B2 (en) 2010-05-18 2015-12-28 The dose counter for an inhaler, the inhaler and its shaft
JP2017149821A Pending JP2017205580A (en) 2010-05-18 2017-08-02 Dose counters for inhalers, inhalers, and shafts thereof

Country Status (9)

Country Link
US (20) US8978966B2 (en)
EP (12) EP2502644B8 (en)
JP (14) JP5497964B2 (en)
KR (12) KR101559643B1 (en)
CN (6) CN102892448B (en)
CA (3) CA2799625C (en)
DK (8) DK2514462T3 (en)
ES (8) ES2534668T3 (en)
WO (1) WO2011144326A3 (en)

Families Citing this family (44)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
GB0910537D0 (en) 2009-06-18 2009-07-29 Ivax Pharmaceuticals Ireland Inhaler
DK2514462T3 (en) * 2010-05-18 2017-01-09 Ivax Pharmaceuticals Ireland Process for the preparation of a series of dosistællere
US9128664B1 (en) * 2012-01-18 2015-09-08 Google Inc. Invertible clamshell notebook computer
JP2016518184A (en) * 2013-04-10 2016-06-23 サノフイ Drug delivery device of the drive mechanism
JP2016514592A (en) * 2013-04-10 2016-05-23 サノフイ Drug delivery device of the drive mechanism
GB201306471D0 (en) * 2013-04-10 2013-05-22 Astrazeneca Ab Counter mechansim for a drug administration device
USD783805S1 (en) * 2013-07-10 2017-04-11 Teva Pharmaceutical Industries Limited Respiratory apparatus
US20150100276A1 (en) * 2013-10-04 2015-04-09 National Applied Research Laboratories Medication recording apparatus and method
USD783806S1 (en) * 2013-10-07 2017-04-11 Teva Pharmaceutical Industries Limited Respiratory apparatus
USD783151S1 (en) * 2013-10-07 2017-04-04 Teva Pharmaceutical Industries Limited Respiratory apparatus
USD783150S1 (en) * 2013-10-07 2017-04-04 Teva Pharmaceutical Industries Limited Respiratory apparatus
USD782651S1 (en) * 2013-10-07 2017-03-28 Teva Pharmaceutical Industries Limited Respiratory apparatus
USD782650S1 (en) * 2013-10-07 2017-03-28 Teva Pharmaceutical Industries Limited Respiratory apparatus
USD783159S1 (en) * 2013-10-07 2017-04-04 Teva Pharmaceutical Industries Limited Respiratory apparatus
USD783807S1 (en) * 2013-10-07 2017-04-11 Teva Pharmaceutical Industries Limited Respiratory apparatus
USD783148S1 (en) * 2013-10-08 2017-04-04 Teva Pharmaceutical Industries Limited Respiratory apparatus
USD783158S1 (en) * 2013-10-08 2017-04-04 Teva Pharmaceutical Industries Limited Respiratory apparatus
USD783804S1 (en) * 2013-10-08 2017-04-11 Teva Pharmaceutical Industries Limited Respiratory apparatus
USD782649S1 (en) * 2013-10-08 2017-03-28 Teva Pharmaceutical Industries Limited Respiratory apparatus
USD783153S1 (en) * 2013-10-08 2017-04-04 Teva Pharmaceutical Industries Limited Respiratory apparatus
USD782653S1 (en) * 2013-10-08 2017-03-28 Teva Pharmaceutical Industries Limited Respiratory apparatus
USD783152S1 (en) * 2013-10-08 2017-04-04 Teva Pharmaceutical Industries Limited Respiratory apparatus
USD782648S1 (en) * 2013-10-08 2017-03-28 Teva Pharmaceutical Industries Limited Respiratory apparatus
USD783155S1 (en) * 2013-10-08 2017-04-04 Teva Pharmaceutical Industries Limited Respiratory apparatus
USD783157S1 (en) * 2013-10-08 2017-04-04 Teva Pharmaceutical Industries Limited Respiratory apparatus
USD782647S1 (en) * 2013-10-08 2017-03-28 Teva Pharmaceutical Industries Limited Respiratory apparatus
USD783154S1 (en) * 2013-10-08 2017-04-04 Teva Pharmaceutical Industries Limited Respiratory apparatus
USD782652S1 (en) * 2013-10-08 2017-03-28 Teva Pharmaceutical Industries Limited Respiratory apparatus
USD783147S1 (en) * 2013-10-08 2017-04-04 Teva Pharmaceutical Industries Limited Respiratory appartus
USD783156S1 (en) * 2013-10-08 2017-04-04 Teva Pharmaceutical Industries Limited Respiratory apparatus
USD783149S1 (en) * 2013-10-08 2017-04-04 Teva Pharmaceutical Industries Limited Respiratory apparatus
USD772395S1 (en) * 2013-11-29 2016-11-22 Norton (Waterford) Limited Respiratory apparatus
USD769436S1 (en) * 2013-11-29 2016-10-18 Norton (Waterford) Limited Respiratory apparatus
USD772394S1 (en) * 2013-11-29 2016-11-22 Norton (Waterford) Limited Respiratory apparatus
USD769437S1 (en) * 2013-11-29 2016-10-18 Norton (Waterford) Limited Respiratory apparatus
GB2522664B (en) * 2014-01-31 2016-05-04 Consort Medical Plc Dose counter and dispensing apparatus
USD752734S1 (en) 2014-03-10 2016-03-29 Civitas Therapeutics, Inc. Inhaler grip
USD755367S1 (en) * 2014-03-10 2016-05-03 Civitas Therapeutics, Inc. Indicator for an inhaler
USD752204S1 (en) * 2014-03-10 2016-03-22 Civitas Therapeutics, Inc. Indicator for an inhaler
US9272102B1 (en) * 2014-08-05 2016-03-01 National Applied Research Laboratories Medicine box counter
CA2958883A1 (en) 2014-08-28 2016-03-03 Microdose Therapeutx, Inc. Compliance monitoring module for an inhaler
WO2016033419A8 (en) * 2014-08-28 2017-03-23 Microdose Therapeutx, Inc. Compliance monitoring module for a breath-actuated inhaler
CN104907621B (en) * 2015-06-17 2017-03-01 营口瀚为科技有限公司 Wheel balancing weights private automatic cutting device
KR101700816B1 (en) 2016-09-07 2017-01-31 주식회사 보은기계 Soft Ground Reinforced spinning top pile

Family Cites Families (55)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3456644A (en) * 1967-01-19 1969-07-22 Dart Ind Inc Inhalation-actuated aerosol dispensing device
JPS495913Y1 (en) * 1968-09-24 1974-02-12
US4174890A (en) 1976-08-03 1979-11-20 Bell & Howell Company Electronically controlled microfilm photographic image utilization device
US4291688A (en) * 1979-01-11 1981-09-29 Schering Corp. Inhalation device
US4687359A (en) * 1984-04-11 1987-08-18 Printronix, Inc. Color printer
DK481884D0 (en) * 1984-10-09 1984-10-09 Karl Holm Medical foot or svaelgsprayapparat
US4669838A (en) 1984-12-28 1987-06-02 Infoquest Corporation Roll film document image storage and retrieval apparatus and system
US4994117A (en) 1986-08-13 1991-02-19 Fehder Carl G Quantitative carbon dioxide detector
JPH0450059U (en) * 1990-09-05 1992-04-27
JP3023520B2 (en) * 1990-09-13 2000-03-21 富士写真フイルム株式会社 Film image input device
JPH0732679B2 (en) 1991-06-21 1995-04-12 朋和産業株式会社 Rice balls for the package
JPH07100205A (en) 1993-10-01 1995-04-18 Machida Endscope Co Ltd Supplying device for liquid for medical treatment
US5482030A (en) * 1994-06-13 1996-01-09 Klein; David Aerosol and non-aerosol spray counter
EP0814861B1 (en) 1995-03-14 2002-06-05 Siemens Aktiengesellschaft Ultrasonic atomizer device with removable precision dosing unit
GB9626538D0 (en) * 1996-12-20 1997-02-05 Norton Healthcare Ltd Inhaler dose counter
JP3487865B2 (en) * 1997-06-10 2004-01-19 グラクソ、グループ、リミテッド Dispenser with a dose counter
EP1047467B1 (en) * 1998-01-16 2004-06-23 1263152 Ontario Inc. Indicating device for use with a dispensing device
EP1066075B1 (en) * 1998-03-27 2005-05-04 AstraZeneca AB Inhalation device
GB2337040B (en) * 1999-06-21 2000-06-07 Bespak Plc Improvements in or relating to dispensing apparatus
CN1144744C (en) * 1999-10-16 2004-04-07 葛兰素集团有限公司 Device housing for aerosol container
GB0011739D0 (en) 2000-05-17 2000-07-05 Orion Corp Inhaler with a dose counter
ES2233659T3 (en) 2000-06-23 2005-06-16 Norton Healthcare Limited Inhaler drugs.
WO2002005879A1 (en) * 2000-07-15 2002-01-24 Glaxo Group Limited Medicament dispenser
US6850209B2 (en) 2000-12-29 2005-02-01 Vert, Inc. Apparatuses, methods, and computer programs for displaying information on vehicles
EP1369139A1 (en) * 2002-06-03 2003-12-10 3M Innovative Properties Company Dose indicators and dispensing canister-indicator assemblies
GB0212896D0 (en) * 2002-06-05 2002-07-17 Trumeter Company Ltd Counter
ES2421402T3 (en) * 2002-06-21 2013-09-02 Glaxo Group Ltd Actuation indicator for dispensing device
GB0226020D0 (en) * 2002-11-07 2002-12-18 Glaxo Group Ltd A holder
US7494243B2 (en) 2002-11-18 2009-02-24 Whitegate Partners, Llc Multi-color illumination display apparatus
US20050028815A1 (en) 2003-07-23 2005-02-10 Deaton Daniel M. Apparatus for electronic dosage counter
US7621273B2 (en) * 2003-10-28 2009-11-24 Trudell Medical International Indicating device with warning dosage indicator
US20060107979A1 (en) 2003-10-29 2006-05-25 Young-Jun Kim Portable combination umbrella and chair
GB0409197D0 (en) * 2004-04-24 2004-05-26 Innovata Biomed Ltd Device
US7882982B2 (en) 2004-04-29 2011-02-08 Valois Sas Indicator for a device for dispensing a liquid or powdery product
WO2006062449A1 (en) * 2004-12-10 2006-06-15 Ernst Hörlins Ingenjörsbyra AB Breath actuated dose inhaler
CA2501726A1 (en) * 2005-03-21 2006-09-21 Sluggo Lighting Ltd. Modular scroll sign display system
CN101252964A (en) * 2005-05-12 2008-08-27 科斯生命科学公司 Dose counting in metered dose inhaler
GB0515478D0 (en) * 2005-07-27 2005-08-31 Cambridge Consultants Canister-supported gauge-type count readout assembly for a metered dose inhaler
EP2436453B1 (en) * 2005-08-24 2013-10-02 Boehringer Ingelheim International Gmbh Atomiser comprising a counter and an end of operation lock
WO2007062518A1 (en) 2005-11-29 2007-06-07 Sport Maska Inc. Visor accessory with warning device
WO2008023019A3 (en) * 2006-08-22 2008-05-29 Glaxo Group Ltd Drug dispenser
WO2008023017A3 (en) 2006-08-22 2008-05-29 Glaxo Group Ltd Drug dispenser
US7614974B2 (en) * 2007-03-28 2009-11-10 Thyssenkrupp Presta Ag Transmission for vehicle steering apparatus
GB0706999D0 (en) * 2007-04-11 2007-05-16 Ivax Pharmaceuticals Ireland Metered-dose inhaler
JP2008261423A (en) 2007-04-12 2008-10-30 Nsk Ltd Extensible rotation transmission shaft
GB0712305D0 (en) * 2007-06-25 2007-08-01 Kind Group Ltd A system comprising a simulated cigarette device and a refill unit
RU2479322C2 (en) 2007-09-26 2013-04-20 Оцука Фармасьютикал Ко., Лтд. Measured dose inhaler
JP2008094103A (en) 2007-10-26 2008-04-24 Brother Ind Ltd Tape for label writer, and tape cassette in which tape is housed
JP2009257392A (en) 2008-04-14 2009-11-05 Jtekt Corp Power transmission shaft
JP2012503518A (en) * 2008-09-26 2012-02-09 スタンフォード・デバイシズ・リミテッド Supplemental oxygen delivery device
JP5062135B2 (en) 2008-10-17 2012-10-31 日本精工株式会社 Telescopic rotation transmission shaft
US8596265B2 (en) * 2008-10-22 2013-12-03 Trudell Medical International Modular aerosol delivery system
CA2839044C (en) * 2009-07-30 2016-07-26 Ivax International B.V. Dose counter for a metered-dose inhaler
US8539945B2 (en) * 2009-08-18 2013-09-24 Teva Pharmaceutical Industries Ltd. Dose counter and recording method
DK2514462T3 (en) * 2010-05-18 2017-01-09 Ivax Pharmaceuticals Ireland Process for the preparation of a series of dosistællere

Also Published As

Publication number Publication date Type
KR20130101169A (en) 2013-09-12 application
KR20130101170A (en) 2013-09-12 application
KR20130103825A (en) 2013-09-24 application
US20140096356A1 (en) 2014-04-10 application
EP2514462B1 (en) 2016-09-21 grant
DK2514467T3 (en) 2015-02-02 grant
US9216260B2 (en) 2015-12-22 grant
US9108010B2 (en) 2015-08-18 grant
CN102892448B (en) 2016-01-06 grant
JP2015231585A (en) 2015-12-24 application
US20150238715A1 (en) 2015-08-27 application
KR20130103826A (en) 2013-09-24 application
EP2514465A2 (en) 2012-10-24 application
JP5497964B2 (en) 2014-05-21 grant
DK2436414T3 (en) 2015-04-13 grant
EP2987523A1 (en) 2016-02-24 application
US20170000961A1 (en) 2017-01-05 application
EP2502644B1 (en) 2014-12-31 grant
EP2514464A2 (en) 2012-10-24 application
JP2014111199A (en) 2014-06-19 application
CA2887315A1 (en) 2011-11-24 application
JP2014140757A (en) 2014-08-07 application
KR20160066563A (en) 2016-06-10 application
EP2514468A2 (en) 2012-10-24 application
EP2502644A1 (en) 2012-09-26 application
EP2514468A3 (en) 2013-03-06 application
KR101618937B1 (en) 2016-05-09 grant
US20140096711A1 (en) 2014-04-10 application
JP2017205580A (en) 2017-11-24 application
US20150246191A1 (en) 2015-09-03 application
US20170000962A1 (en) 2017-01-05 application
US20150246193A1 (en) 2015-09-03 application
US8978966B2 (en) 2015-03-17 grant
US20160375208A1 (en) 2016-12-29 application
JP2013526353A (en) 2013-06-24 application
JP5806355B2 (en) 2015-11-10 grant
JP5820005B2 (en) 2015-11-24 grant
US20140096349A1 (en) 2014-04-10 application
JP2014140758A (en) 2014-08-07 application
ES2544501T3 (en) 2015-09-01 grant
JP2014128708A (en) 2014-07-10 application
DK2514464T3 (en) 2015-07-27 grant
DK2514462T3 (en) 2017-01-09 grant
EP2514466B1 (en) 2015-07-01 grant
US9533111B2 (en) 2017-01-03 grant
CN105597206A (en) 2016-05-25 application
EP2514467A3 (en) 2013-05-01 application
US20150246190A1 (en) 2015-09-03 application
JP6301904B2 (en) 2018-03-28 grant
EP2514465A3 (en) 2013-02-27 application
ES2544278T3 (en) 2015-08-28 grant
EP2514467B1 (en) 2014-12-31 grant
ES2544437T3 (en) 2015-08-31 grant
ES2544277T3 (en) 2015-08-28 grant
WO2011144326A2 (en) 2011-11-24 application
US20150238714A1 (en) 2015-08-27 application
JP2014128709A (en) 2014-07-10 application
KR101618933B1 (en) 2016-05-09 grant
CA2887315C (en) 2017-07-04 grant
EP2436414A2 (en) 2012-04-04 application
WO2011144326A3 (en) 2012-08-16 application
EP2514463A3 (en) 2013-02-27 application
ES2534668T3 (en) 2015-04-27 grant
KR101718674B1 (en) 2017-03-21 grant
CN102892448A (en) 2013-01-23 application
KR20130103820A (en) 2013-09-24 application
KR20130103823A (en) 2013-09-24 application
US9808587B2 (en) 2017-11-07 grant
CA2799625C (en) 2015-06-30 grant
US20150157813A1 (en) 2015-06-11 application
US20170333647A1 (en) 2017-11-23 application
US20170007785A1 (en) 2017-01-12 application
ES2529358T3 (en) 2015-02-19 grant
KR20130103828A (en) 2013-09-24 application
JP2014144352A (en) 2014-08-14 application
JP2016025944A (en) 2016-02-12 application
US20180056014A1 (en) 2018-03-01 application
CN105597204A (en) 2016-05-25 application
EP2514466A3 (en) 2013-03-06 application
EP2987521A1 (en) 2016-02-24 application
KR101628934B1 (en) 2016-06-09 grant
JP6227608B2 (en) 2017-11-08 grant
EP2436414B1 (en) 2015-03-11 grant
US20150231342A1 (en) 2015-08-20 application
CN105903110A (en) 2016-08-31 application
JP5806354B2 (en) 2015-11-10 grant
EP2514464A3 (en) 2013-03-06 application
KR101618936B1 (en) 2016-05-09 grant
KR101618934B1 (en) 2016-05-09 grant
DK2514466T3 (en) 2015-07-27 grant
KR101618421B1 (en) 2016-05-04 grant
KR101618931B1 (en) 2016-05-09 grant
KR101471739B1 (en) 2014-12-10 grant
US20170072146A1 (en) 2017-03-16 application
DK2514465T3 (en) 2015-07-27 grant
ES2529229T3 (en) 2015-02-18 grant
US9463289B2 (en) 2016-10-11 grant
EP2514465B1 (en) 2015-07-01 grant
US9731087B2 (en) 2017-08-15 grant
EP2514462A2 (en) 2012-10-24 application
US9174013B2 (en) 2015-11-03 grant
JP5933607B2 (en) 2016-06-15 grant
EP2514462A3 (en) 2013-02-27 application
KR20130101171A (en) 2013-09-12 application
EP2514466A2 (en) 2012-10-24 application
EP2514467A2 (en) 2012-10-24 application
CA2936362A1 (en) 2011-11-24 application
US20150246192A1 (en) 2015-09-03 application
US9526850B2 (en) 2016-12-27 grant
JP2014128707A (en) 2014-07-10 application
US9526851B2 (en) 2016-12-27 grant
KR101618935B1 (en) 2016-05-09 grant
KR20130020903A (en) 2013-03-04 application
EP2514464B1 (en) 2015-07-01 grant
US20140096769A1 (en) 2014-04-10 application
KR101559643B1 (en) 2015-10-13 grant
JP2015231584A (en) 2015-12-24 application
EP2987522A1 (en) 2016-02-24 application
JP2016041380A (en) 2016-03-31 application
EP2514463A2 (en) 2012-10-24 application
EP2514468B1 (en) 2015-07-01 grant
JP5900932B2 (en) 2016-04-06 grant
US9737674B2 (en) 2017-08-22 grant
JP6273242B2 (en) 2018-01-31 grant
KR101618932B1 (en) 2016-05-09 grant
JP5820006B2 (en) 2015-11-24 grant
KR20130103827A (en) 2013-09-24 application
EP2436414A3 (en) 2012-08-08 application
DK2514468T3 (en) 2015-07-27 grant
CA2799625A1 (en) 2011-11-24 application
JP5896487B2 (en) 2016-03-30 grant
JP5820007B2 (en) 2015-11-24 grant
US20110283997A1 (en) 2011-11-24 application
DK2502644T3 (en) 2015-02-02 grant
EP2436414B8 (en) 2015-04-22 grant
CN106063964A (en) 2016-11-02 application
ES2607956T3 (en) 2017-04-04 grant
CN105597205A (en) 2016-05-25 application
KR20130103824A (en) 2013-09-24 application
EP2502644B8 (en) 2015-03-04 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6561384B2 (en) Medicament dispensing device and method for the use thereof
US5349945A (en) Aerosol dispenser comprising an indicator assembly
EP1369139A1 (en) Dose indicators and dispensing canister-indicator assemblies
US20040221840A1 (en) Inhaler
US20080178872A1 (en) Dose selective breath actuated inhaler
US6446627B1 (en) Inhaler dose counter
WO2006110080A1 (en) Inhaler device counter
WO2005060535A2 (en) Dose counter for dispensers
WO2008119552A1 (en) Metered-dose inhaler
US20110283997A1 (en) Dose counters for inhalers, inhalers and methods of assembly thereof
US20100324497A1 (en) Biasing mechanism for a drug delivery device
US7249687B2 (en) Medicament dispenser
JP2007526562A (en) Counter for drug dispenser
JP2012148198A (en) Drug delivery device
WO2010114506A1 (en) Dry powder inhaler device
WO2010114505A1 (en) A counter for a dry powder inhaler device
WO2009077697A1 (en) Device for distributing a fluid product
WO2011012327A1 (en) Dose counter for a metered-dose inhaler
US20090283095A1 (en) Fluid-product dispensing device
CN1933864A (en) Medication dispensing apparatus with gear set having drive member accommodating opening
WO2010114504A1 (en) Dry powder inhaler device and lock mechanism
WO2007012854A1 (en) Canister-supported rotating ring count readout assembly for a metered dose inhaler
US20090114219A1 (en) Improvements in or relating to inhalers
WO2004041339A2 (en) Pressurised inhalers
WO2008012456A2 (en) Fluid-product dispensing device

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20141226

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20150106

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20150403

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20150902

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20151001

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5820006

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

S631 Written request for registration of reclamation of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313631

S633 Written request for registration of reclamation of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313633

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350