JP2014139400A - Fiber-based panel having abrasion-resistant surface - Google Patents

Fiber-based panel having abrasion-resistant surface Download PDF

Info

Publication number
JP2014139400A
JP2014139400A JP2014050859A JP2014050859A JP2014139400A JP 2014139400 A JP2014139400 A JP 2014139400A JP 2014050859 A JP2014050859 A JP 2014050859A JP 2014050859 A JP2014050859 A JP 2014050859A JP 2014139400 A JP2014139400 A JP 2014139400A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
layer
panel
core
particles
fibers
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2014050859A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP6433669B2 (en
Inventor
Perben Darko
ダルコ、ペルバン
Lindgren Kent
ケント、リントグレン
Jacobsson Jan
ヤン、ヤコブソン
Haakansson Niclas
ニクラス、ホーカンソン
Boucke Eddy
エディ、ブーケ
Ziegler Goeran
ゲーラン、ツィーグラー
Original Assignee
Vaelinge Innovation Ab
ベーリンゲ、イノベイション、アクチボラグ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US99647307P priority Critical
Priority to SE0702555-4 priority
Priority to SE0702555 priority
Priority to US60/996,473 priority
Priority to US61/042,938 priority
Priority to SE0800776-7 priority
Priority to US4293808P priority
Priority to SE0800776 priority
Application filed by Vaelinge Innovation Ab, ベーリンゲ、イノベイション、アクチボラグ filed Critical Vaelinge Innovation Ab
Publication of JP2014139400A publication Critical patent/JP2014139400A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP6433669B2 publication Critical patent/JP6433669B2/en
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a floor panel that is a fiber-based panel including an abrasion layer having abrasion resistance higher than that of an existing wood fiber-based floor material and preferably having higher impact resistance.SOLUTION: A floor panel includes a core 6, a lower-level layer 6b that is provided on the first surface of the core 6, and a wood veneer layer 5 that is provided on the lower-level layer 6b. The lower-level layer 6b includes cork or wood fibers, which is or are mixed with a binder. The floor panel also includes a balance layer 7 that is provided on the second surface of the core 6.

Description

開示の説明Disclosure explanation
[技術分野]
この開示は全般的に建物用パネル、好ましくはフロアパネルのための、耐摩耗性表面を有した繊維ベースのパネルの分野に関する。この開示は、そのような耐摩耗性の表面を有した建物用パネル、およびそのようなパネルを製造するための製造方法に関する。
[Technical field]
This disclosure relates generally to the field of fiber-based panels with wear-resistant surfaces for building panels, preferably floor panels. This disclosure relates to a building panel having such a wear-resistant surface and a manufacturing method for manufacturing such a panel.
[適用分野]
本開示は、木質繊維コアおよび装飾的な耐摩耗性表面を有したフロアパネルを備える浮床への使用に特に適している。したがって、以下の技術的な説明、公知のシステムの課題および本発明の目的および特徴は、非限定的な実施例として、とりわけこの適用分野、特に従来の木質繊維ベースの浮動積層床板に類似する床材に向けられている。この開示は、サブフロアに接着される床を除外するものではない。
[Application field]
The present disclosure is particularly suitable for use in floating floors comprising a wood fiber core and a floor panel having a decorative wear-resistant surface. Accordingly, the following technical description, known system issues and objects and features of the present invention are, by way of non-limiting example, notably in this field of application, particularly floors similar to conventional wood fiber based floating laminate floorboards. It is directed to the material. This disclosure does not exclude floors that are bonded to sub-floors.
ここで強調されるべきことは、この開示が、パネルとして、あるいは例えばコアに接着される表面層として用い得ることである。この開示はまた、例えば壁パネル、天井、家具の部品およびそれに類した物の用途に用いることができる。さらに、工業、例えば自動車部品に一般的に用いられている金属製または樹脂製の部品に取って代わり得る部品を製造することも可能である。そのような部品は、高度な形状および特性で製造することができる。耐摩耗性、耐衝撃性、摩擦およびコスト構造は、他の従来の材料に匹敵しあるいはより良好なものとすることができる。   It should be emphasized here that this disclosure can be used as a panel or as a surface layer, for example bonded to the core. This disclosure can also be used in applications such as wall panels, ceilings, furniture parts and the like. Furthermore, it is also possible to produce parts that can replace metal or resin parts commonly used in industry, for example automotive parts. Such parts can be manufactured with advanced shapes and characteristics. The abrasion resistance, impact resistance, friction and cost structure can be comparable or better than other conventional materials.
[背景技術]
木質繊維をベースとしてダイレクトプレスされた積層床材は、通常6〜12mmの繊維板のコア、厚さ0.2mmの積層された上側装飾表面層、および厚さ0.1〜0.2mmの樹脂、紙あるいは類似の部材の積層された下側バランス層を備える。
[Background technology]
Laminated flooring directly pressed on the basis of wood fibers usually has a fiberboard core of 6 to 12 mm, a laminated upper decorative surface layer of 0.2 mm thickness, and a resin of 0.1 to 0.2 mm thickness A lower balance layer of paper or similar material laminated.
積層体の表面は、一般的に、厚さ0.1mmの印刷された装飾紙と、この装飾紙の上に付加されてこの装飾紙を摩耗から保護することを目的とした厚さ0.05〜0.1mmの透明な被覆紙の2枚の紙のシートから構成されている。透明でない装飾紙上の印刷は、厚さが約0.01mmにすぎない。透明な被覆は、微細なαセルロース繊維から作られ、小さな硬くて透明なアルミニウム酸化物の粒子を含んでいる。微細な繊維は約2〜5mmとかなり長く、これが被覆紙に必要な強さを与えている。透明性を得るために、未使用の木質繊維内に存在しているすべての天然樹脂が取り除かれ、装飾紙上の非常に薄い層としてアルミニウム酸化物粒子が付加される。この積層床の表面層の特徴は、一方が他方の上にある2枚の別々の層によってその装飾および摩耗の特性が得られている点にある。   The surface of the laminate is typically a printed decorative paper with a thickness of 0.1 mm and a thickness of 0.05 which is applied on top of the decorative paper to protect the decorative paper from abrasion. It is composed of two paper sheets of transparent coated paper of ˜0.1 mm. Printing on non-transparent decorative paper is only about 0.01 mm thick. The transparent coating is made from fine alpha cellulose fibers and contains small hard and transparent aluminum oxide particles. The fine fibers are fairly long, about 2-5 mm, which gives the required strength to the coated paper. To obtain transparency, all natural resin present in the unused wood fibers is removed and aluminum oxide particles are added as a very thin layer on the decorative paper. The feature of the surface layer of this laminate floor is that its decoration and wear characteristics are obtained by two separate layers, one on top of the other.
印刷された装飾紙および被覆にはメラミン樹脂が含浸され、熱と圧力の下で木質繊維ベースのコアに積層される。   The printed decorative paper and coating are impregnated with melamine resin and laminated to a wood fiber based core under heat and pressure.
小さなアルミニウム酸化物粒子は、20〜100ミクロンの範囲の寸法とすることができる。この粒子は、いくつかの方法で表面層に取り込むことができる。それらは、例えば被覆紙を製造する間にパルプに取り込むことができる。それらはまた、被覆を含浸させる手順の間に濡れているラッカー上に振りかけることもできるし、あるいは被覆を含浸するために用いるラッカーに取り込むこともできる。   Small aluminum oxide particles can be sized in the range of 20-100 microns. The particles can be incorporated into the surface layer in several ways. They can be incorporated into the pulp, for example during the production of the coated paper. They can also be sprinkled on the wet lacquer during the procedure of impregnating the coating, or incorporated into the lacquer used to impregnate the coating.
この摩耗層は、セルロースの被覆なしに製造することもできる。そのような場合、メラミン樹脂およびアルミニウム酸化物粒子は、上述したものと同じ方法でラッカー塗布層として装飾紙の上に直接付加される。そのような摩耗層は、一般的に液体被覆と呼ばれる。   This wear layer can also be produced without a cellulose coating. In such a case, the melamine resin and aluminum oxide particles are applied directly on the decorative paper as a lacquer coating layer in the same manner as described above. Such a wear layer is commonly referred to as a liquid coating.
この製造方法によると、耐摩耗性に非常に優れた表面を得ることができる。この種の表面は、主に積層床板に用いられるが、それはまた家具の構成部品および同様の用途に用いることができる。高品質な積層床板は、4000〜6000回転の耐摩耗性を有するが、それはISO規格に準拠したテーバー式摩耗試験機で計測する摩耗クラスのAC4およびAC5に相当する。   According to this manufacturing method, it is possible to obtain a surface with very excellent wear resistance. This type of surface is mainly used for laminated floorboards, but it can also be used for furniture components and similar applications. A high-quality laminated floor board has a wear resistance of 4000 to 6000 revolutions, which corresponds to the wear classes AC4 and AC5 measured with a Taber abrasion tester compliant with ISO standards.
木の表面を被覆する透明なラッカー内に酸化アルミニウム粒子を取り込むことにより、ラッカーを塗布した木の表面の耐摩耗性を大幅に改良できることもまた良く知られている。   It is also well known that by incorporating aluminum oxide particles into a transparent lacquer covering the surface of the wood, the abrasion resistance of the lacquered wood surface can be significantly improved.
積層床板に用いられる最も一般的なコア材は、通常HDF 高密度繊維板 と呼ばれる、高い密度と良好な安定性を有した繊維板である。時には、MDF 中密度繊維板 がコアとして用いられる。パーティクルボードのような他のコア材料もまた用いられる。   The most common core material used in laminated floorboards is a fiberboard with high density and good stability, usually called HDF high density fiberboard. Sometimes MDF medium density fiberboard is used as the core. Other core materials such as particle board are also used.
HDFは、以下のようにして製造される。丸材、例えば松、カラマツあるいはトウヒを木材チップへと煮詰め、次いで精砕機において繊維に分解する。その後、この繊維をバインダと混合し、次いで高圧および高温を負荷して板材を形成する。   The HDF is manufactured as follows. Round wood such as pine, larch or spruce is boiled into wood chips and then broken down into fibers in a refiner. Thereafter, this fiber is mixed with a binder, and then a high pressure and a high temperature are applied to form a plate.
[いくつかの用語の定義]
以下の文においては、設置されたフロアパネルのうち見える側の表面を「前側」と呼び、サブフロアに対向するこのフロアパネルの反対側を「後側」と呼ぶ。パネルの主要な部分を構成するとともに必要な安定性をパネルにもたらすシート状に成形された材料を「コア」と呼ぶ。このコアが、前側に最も近い表面層で覆われ、かつ好ましくは後側に最も近いバランス層で覆われると、それは、この半製品がその後の操作において複数のフロア要素に分割される場合に「床板」または「床要素」と呼ばれる半製品を形成する。この床要素は、連結システムを有したそれらの最終的な形状を得るためにその縁部に沿って機械加工されると「フロアパネル」と呼ばれる。「表面層」は、パネルに装飾的な特性および耐摩耗性をもたらすとともに、前側に最も近いコアに付加されて好ましくはフロアボードの前側の全体を覆う、全ての層を意味する。「装飾表面層」は、フロアにその装飾的な外観を与えることが主に意図されている層を意味する。「摩耗層」は、前側の耐久性を高めるように構成された層に関連する。
[Definition of some terms]
In the following text, the visible surface of the installed floor panel is called the “front side”, and the opposite side of this floor panel facing the sub-floor is called the “rear side”. A sheet-shaped material that constitutes the main part of the panel and provides the panel with the necessary stability is called the “core”. When this core is covered with a surface layer closest to the front side and preferably with a balance layer closest to the rear side, it is said that if this semi-finished product is divided into a plurality of floor elements in a subsequent operation. Forms a semi-finished product called “floor board” or “floor element”. The floor elements are called “floor panels” when machined along their edges to obtain their final shape with a connection system. “Surface layer” means all layers that provide decorative properties and abrasion resistance to the panel and are added to the core closest to the front side, preferably covering the entire front side of the floorboard. “Decorative surface layer” means a layer that is primarily intended to give the floor its decorative appearance. A “wear layer” refers to a layer configured to increase the durability of the front side.
「水平面」は、表面層の外側部分に対して平行に延びる面を意味する。「水平に」とは水平面に対して平行であることを意味し、かつ「垂直に」とは水平面に対して垂直であることを意味する。「上側に」とは前側に向かうことを意味し、かつ「下側に」とは後側に向かうことを意味する。   “Horizontal plane” means a plane extending parallel to the outer portion of the surface layer. “Horizontal” means parallel to the horizontal plane, and “perpendicular” means perpendicular to the horizontal plane. “Upward” means going to the front, and “downward” means going to the rear.
[公知技術およびその問題]
多くの床材、特に積層床材に用いられる耐磨耗性の透明層は、一般的に、木質繊維ベースのコアに付加された装飾的な印刷紙の上に、あるいは装飾的な印刷表面の上に設けられる。この装飾層は、薄くて透明な保護的な摩耗層が摺り減ると損傷する。
[Known technology and its problems]
Abrasion-resistant transparent layers used in many flooring materials, especially laminated flooring materials, are typically on decorative printing paper applied to a wood fiber based core or on decorative printing surfaces. Provided on top. This decorative layer is damaged when the thin and transparent protective wear layer is worn away.
多くの用途、主として店、ホテル、レストランおよび類似の領域におけるそのような床の耐摩耗性は十分ではない。その主な理由は、人々がその靴の下に砂を付けたまま床の上を歩くことによる。積層床材の装飾層は、多くの場合、特に入口領域の周辺あるいは通路のような交通および摩耗の激しい領域において、かなり短い期間に損傷する。積層床材は、石の床あるいはセラミックタイルから作られている床と同じ耐摩耗性には到達し得ない。   The wear resistance of such floors in many applications, primarily stores, hotels, restaurants and similar areas is not sufficient. The main reason is that people walk on the floor with sand under their shoes. The decorative layer of laminated flooring is often damaged in a fairly short period of time, especially in the area of traffic and high wear, such as around the entrance area or passageways. Laminate flooring cannot reach the same wear resistance as stone floors or floors made from ceramic tiles.
リノリュームは、木粉、コルク粉末、石灰岩および着色顔料と組み合わせた凝固亜麻仁油から作られる、良く知られた床仕上げ材である。それは、装飾的な特性と耐摩耗性を組み合わせた固体の表面層を有している。しかしながら、この床材はいくつかの短所を有している。その耐衝撃性および耐摩耗性は低く、かつ高度なデザインを作り出すことが困難である。生産コストも、かなり高い。   Linoleum is a well known floor finish made from solidified linseed oil combined with wood flour, cork powder, limestone and colored pigments. It has a solid surface layer that combines decorative properties and abrasion resistance. However, this flooring has several disadvantages. Its impact resistance and wear resistance are low and it is difficult to create sophisticated designs. Production costs are also quite high.
積層床材の耐摩耗性を高めるためにいくつかの方法が用いられてきたが、それらは、印刷された紙あるいは印刷されたデザイン上の上側にある透明層に、より耐磨耗性の高い粒子、例えば酸化アルミニウムを含ませるという原理をベースとしている。この方法の主な短所は、印刷デザインが明瞭にならないことにある。そのような厚い被覆が、完全には透明でない灰色の層を作り出すからである。   Several methods have been used to increase the abrasion resistance of laminated flooring, but they are more abrasion resistant to the printed paper or the upper transparent layer on the printed design. It is based on the principle of including particles, for example aluminum oxide. The main disadvantage of this method is that the print design is not clear. This is because such a thick coating creates a gray layer that is not completely transparent.
耐磨耗性の表面層を形成するためにいくつかの透明な被覆を装飾紙上にプレスできること、およびそのような複数の被覆がその下側に印刷パターンを具備し得ることは公知である。この設計は、上側層が摺り減ったときに、下側の透明層が印刷パターンを保護するように適合させることができる。含浸の間における被覆の制御されない膨潤のために、魅力的で耐磨耗性の表面層を作り出すことはきわめて困難である。他の短所は、そのような複数層の被覆が、灰色で明瞭でないデザインパターンをもたらし、より多くの張力および湿度の変化により敏感な表面を作り出すことにある。   It is known that several transparent coatings can be pressed onto a decorative paper to form an abrasion resistant surface layer, and that such multiple coatings can have a printed pattern underneath. This design can be adapted so that the lower transparent layer protects the printed pattern when the upper layer is worn away. Due to the uncontrolled swelling of the coating during impregnation, it is very difficult to create an attractive and wear resistant surface layer. Another disadvantage is that such multiple layers of coating result in a gray and indistinct design pattern, creating a surface that is more sensitive to more tension and humidity changes.
積層床板は、多くの良好な特性を有するとともに、木の床材や石の床材のような多くの他のタイプの床材よりも製造のためのコスト効果が高い。この床が1977年3月に発明されたときから、多くの改善がなされてきた。しかしながら、その製造は、未だにかなり資本集約的であり、かつ以下のような多くの段階から成っている。
1.HDFの製造
2.均一な表面を作り出すためのHDFの研摩
3.装飾紙の製造
4.装飾紙の印刷
5.被覆の製造
6.装飾紙の含浸
7.被覆の含浸
8.装飾紙および被覆のHDFコアへのプレスおよびフロアボードの形成
9.床板の個々の床要素への分割
10.係止システムを形成するためのフロアパネルの縁部の機械加工
Laminate flooring has many good properties and is more cost effective to manufacture than many other types of flooring such as wood flooring and stone flooring. Many improvements have been made since the floor was invented in March 1977. However, its production is still quite capital intensive and consists of many stages:
1. 1. Production of HDF 2. Polishing HDF to create a uniform surface. 3. Production of decorative paper 4. Printing decorative paper 5. Manufacture of coating 6. Impregnation of decorative paper 7. Impregnation of coating 8. Pressing decorative paper and coating on HDF core and forming floorboard 9. Dividing the floorboard into individual floor elements Machining the edge of the floor panel to form a locking system
これらの製造段階のいくつかを取り除くことができれば、それは大きな利点となる。   It would be a great advantage if some of these manufacturing steps could be removed.
積層床材パネル上の印刷物を、HDFコアの表面上のデジタルあるいは直接印刷に置き換え得ることは知られている。しかしながら、そのような直接印刷による床材の品質は、積層床材に用いる従来の装飾紙の印刷より劣っており、かつ主要なコストの改善も達成されていない。印刷層は、従来の被覆あるいは透明な摩耗耐性層を有したコーティングによって保護されている。耐摩耗性および耐衝撃性は、一般的に、従来の積層床材より劣っている。   It is known that prints on laminate flooring panels can be replaced with digital or direct printing on the surface of the HDF core. However, the quality of flooring by such direct printing is inferior to conventional decorative paper printing used for laminated flooring, and no major cost improvements have been achieved. The printed layer is protected by a conventional coating or a coating having a transparent abrasion resistant layer. Abrasion resistance and impact resistance are generally inferior to conventional laminate flooring.
積層床材は、印刷パターンとエンボス加工された表面構造とが整合する、きわめて進歩した設計で製造することができる。エンボスは、積層の間に、エンボス加工された構造の鋼板に表面をプレスするときに作られる。これは、鋼板および印刷紙が所定の位置に正確に配置されることを必要とする。位置決めを得るために特別なカメラを用いなければならず、かつ含浸の間における装飾紙の制御されない膨潤が主な問題を生じさせる。エンボスの深さは、エンボスが鋭い縁部にあるいは0.2〜0.3ミリメートルを超える深さに成形されるときに損傷し得る紙によって制約される。粗い石の表面、手作業でなめした木の表面に似ているエンボス加工された表面、あるいはパネルに斜面を作るために用い得る深い溝を、現在のプレス技術、および現在の技術的な特性および設計を維持するための合理的な原価構成で作ることは可能ではない。   Laminate flooring can be manufactured with a highly advanced design that matches the printed pattern with the embossed surface structure. Embossing is created when the surface is pressed into an embossed steel plate during lamination. This requires that the steel plate and the printed paper be accurately placed in place. A special camera must be used to obtain the positioning, and the uncontrolled swelling of the decorative paper during impregnation creates a major problem. The embossing depth is constrained by paper that can be damaged when the embossing is molded to sharp edges or to a depth greater than 0.2-0.3 millimeters. A rough stone surface, an embossed surface resembling the surface of a manually tanned wood, or a deep groove that can be used to make a slope in a panel, current press technology, and current technical characteristics and It is not possible to make it with a reasonable cost structure to maintain the design.
積層床板および直接印刷床材に類似した木質繊維ベースの床材は、耐摩耗性および耐衝撃性を高めることができ、1つ若しくはいくつかの製造段階を省くことができ、より魅力的なデザインを得ることができれば、かなりの市場占有率を得ることができる。   Wood fiber-based flooring, similar to laminate flooring and direct printing flooring, can increase wear and impact resistance, save one or several manufacturing steps, and more attractive design You can get a significant market share.
[目的および概要]
この開示の実施形態の全体的な目的は、公知の建物用パネルよりも良好な特性および/または原価構成を有した建物用パネル、好ましくは床パネルを提供することにある。
[Purpose and Overview]
The overall objective of the disclosed embodiments is to provide a building panel, preferably a floor panel, that has better properties and / or cost structure than known building panels.
この開示の実施形態の第1の目的は、現存する木質繊維ベースの床材より高い耐摩耗性および好ましくはより高い耐衝撃性を具備した摩耗層を有する、繊維ベースのパネル、好ましくは床用パネルを提供することにある。   The primary objective of the embodiments of this disclosure is to provide a fiber-based panel, preferably floor, having a wear layer with higher wear resistance and preferably higher impact resistance than existing wood fiber-based flooring. To provide a panel.
この開示の実施形態の第2の目的は、公知のタイプの床よりコスト効果の高い方法で床パネルを製造し、かついくつかの製造段階のうちの1つがよりコスト効果の高い方法で作られあるいは完全に取り除かれる、繊維ベースの床材およびそのような床材を製造するための製造方法を提供することにある。   A second object of the disclosed embodiments is to produce floor panels in a more cost effective manner than known types of floors, and one of several production stages is made in a more cost effective manner. Alternatively, it is to provide a fiber-based flooring that is completely removed and a manufacturing method for manufacturing such a flooring.
この開示の実施形態の第3の目的は、好ましくは高い耐摩耗性およびコスト効果の高い製造と組み合わせることができる、新しい魅力的なデザインの繊維ベースの床材を提供することにある。   A third object of the disclosed embodiments is to provide a new attractive design of fiber-based flooring that can be combined with preferably high wear resistance and cost effective manufacturing.
この開示の実施形態の第4の目的は、より有利な原価構成および/または設計および/または摩耗、衝撃および音のような特性を具備したパネル、好ましくは床パネルを製造するために用いることができるコア材、表面層、あるいは表面層とコア材の組合せを提供することにある。   A fourth object of embodiments of the present disclosure is to be used to manufacture more advantageous cost structures and / or designs and / or panels with properties such as wear, impact and sound, preferably floor panels. It is to provide a core material, a surface layer, or a combination of a surface layer and a core material.
この開示の第1の態様によると、木質繊維を含む表面層およびコアを備えた建物用パネルが提供される。この表面層は、天然樹脂、バインダおよび耐磨耗性粒子を含む木質繊維の実質的に均一な混合物を備える。   According to a first aspect of the present disclosure, a building panel is provided that includes a surface layer including a wood fiber and a core. This surface layer comprises a substantially uniform mixture of wood fibers including natural resin, binder and wear resistant particles.
この開示の実施形態は、公知の技術、特に通常の積層床板対していくつかの利点をもたらす。
− 均質な混合物である耐磨耗性の表面層を極めて厚く作ることができるとともに、極めて高い耐摩耗性を達成することができる。
− 均質な表面層に取り込むことができるとともにエンボス加工と整合する深いエンボス加工および別々の装飾材料により、新規かつ極めて進歩した装飾効果を得ることができる。
− より厚くてより高い密度を有した均質な表面層により、増加した耐衝撃性を達成することができる。
− 均質な表面層は、音および耐湿性に対して明確な効果を有する粒子を含む
− より安価な材料を用いることができるとともにいくつかの製造段階を省くことができるので、生産コストを減少させることができる。
Embodiments of this disclosure provide several advantages over known techniques, particularly conventional laminate floorboards.
-A wear-resistant surface layer which is a homogeneous mixture can be made very thick and very high wear resistance can be achieved.
New and highly advanced decorative effects can be obtained with deep embossing and separate decorative materials that can be incorporated into a homogeneous surface layer and consistent with embossing.
-Increased impact resistance can be achieved with a thicker and higher density homogeneous surface layer.
-Homogeneous surface layer contains particles that have a definite effect on sound and moisture resistance-Reduced production costs because cheaper materials can be used and several manufacturing steps can be omitted be able to.
耐摩耗性の粒子は、好ましくはアルミニウム酸化物の粒子である。他の適切な材料は、例えばシリカあるいは炭化ケイ素である。一般的に、70あるいはそれ以上のロックウェルC硬度の材料の全てを用いることができる。   The wear resistant particles are preferably aluminum oxide particles. Other suitable materials are, for example, silica or silicon carbide. In general, any Rockwell C hardness material of 70 or higher can be used.
この開示の実施形態は、均質な混合物でありかつ別々の層ではない耐磨耗性の表面層をより厚く作ることができるとともに、現存する積層床材よりも5〜10倍良好な耐摩耗性を達成することができるという利点をもたらす。その表面摩耗が例えば10,000回転毎に0.10mmの厚みを減少させるにすぎない、耐磨耗性の表面層を作ることができる。50,000回転でも約0.5mmの厚みを減少させるだけであり、かつ耐摩耗性および装飾的な特性は維持される。適切な耐摩耗性粒子は、好ましくは酸化アルミニウムであり、かつバインダは、好ましくはメラミン樹脂のような合成熱硬化性樹脂である。   Embodiments of this disclosure can create a thicker wear-resistant surface layer that is a homogeneous mixture and not a separate layer, and is 5-10 times better than existing laminate floorings. Brings the advantage that can be achieved. A wear-resistant surface layer can be made whose surface wear only reduces the thickness of, for example, 0.10 mm per 10,000 revolutions. Even at 50,000 revolutions only reduces the thickness of about 0.5 mm and the wear resistance and decorative properties are maintained. Suitable wear resistant particles are preferably aluminum oxide and the binder is preferably a synthetic thermosetting resin such as a melamine resin.
装飾効果は、木質繊維、他のタイプの繊維、および/または装飾的な耐摩耗性粒子のみによって得ることができる。しかしながら、装飾効果は、最も好ましい実施形態においては、均質な表面層に付加される着色顔料によって得られる。   The decorative effect can be obtained only with wood fibers, other types of fibers, and / or decorative wear-resistant particles. However, the decorative effect is obtained in the most preferred embodiment by a colored pigment added to the homogeneous surface layer.
天然樹脂、例えばリグニンを含む表面層内の木質繊維は、HDFあるいはパーティクルボードに用いるものと同じタイプとすることができる。したがって、それらは不透明であり、被覆紙シートのように透明ではないそのような繊維の原材料の価格は、透明性を得るために製造工程において天然樹脂が取り除かれるαセルロース繊維のそれよりかなり低い。   The wood fibers in the surface layer containing a natural resin, such as lignin, can be of the same type as used for HDF or particleboard. Thus, they are opaque and the price of raw materials for such fibers that are not transparent, such as coated paper sheets, is considerably lower than that of alpha cellulose fibers from which natural resin is removed in the manufacturing process to obtain transparency.
特に好ましい実施形態は、表面層および木質繊維ベースのHDFあるいはパーティクルボードのコアを備える床パネルである。表面層は、HDFあるいはパーティクルボードに用いられるものと同じタイプの天然樹脂、合成熱硬化性樹脂のバインダ、酸化アルミニウム粒子および着色顔料を含む木質繊維の実質的に均質な混合物を備えている。   A particularly preferred embodiment is a floor panel comprising a surface layer and a wood fiber based HDF or particleboard core. The surface layer comprises a substantially homogeneous mixture of wood fibers including a natural resin of the same type used in HDF or particle board, a binder of synthetic thermosetting resin, aluminum oxide particles and a color pigment.
ここで言及できることは、非限定的な実施例としての表面層を、例えば約25(重量)%の酸化アルミニウム、約25%の木質繊維、約25%のメラミンホルムアルデヒド樹脂、および約25%の着色顔料を含んで構成できることである。表面層は、例えば0.1mm 〜 3mmの範囲、あるいはより大きい厚みを有することができる。他の組合せも、もちろん可能である。メラミン樹脂の部分は、例えば10〜35%の間で変化させることができる。着色顔料の含有量は、きわめて低く例えば約0.1〜5%である。耐摩耗性の粒子は、同じ範囲とすることができるが、数パーセント〜35%およびより多い範囲で変化させることができる。この混合物は、所望の特性および原価構成に適したものでなければならない。バインダは、一般的に、高い耐衝撃性および耐湿性の表面をもたらすために貢献するが、それらの費用はかなり高い。いくつかの耐摩耗性の粒子もまたかなり費用が高い。木質繊維および他の繊維は、一般的に、特にそれらがリサイクルされた部材に由来する場合はかなり安価である。   It may be mentioned here that the surface layer as a non-limiting example is for example about 25% by weight aluminum oxide, about 25% wood fiber, about 25% melamine formaldehyde resin, and about 25% coloration. It can be configured to contain pigments. The surface layer can have a thickness in the range of, for example, 0.1 mm to 3 mm, or greater. Other combinations are of course possible. The part of the melamine resin can be varied, for example, between 10 and 35%. The content of the color pigment is very low, for example about 0.1 to 5%. The wear resistant particles can be in the same range, but can vary from a few percent to 35% and more. This mixture must be suitable for the desired properties and cost structure. Binders generally contribute to provide a high impact and moisture resistant surface, but their cost is quite high. Some wear resistant particles are also quite expensive. Wood fibers and other fibers are generally quite inexpensive, especially when they are derived from recycled parts.
耐摩耗性の粒子、例えば酸化アルミニウムの積層床材の耐衝撃性に対する貢献はきわめて限られている。それが、きわめて薄い層(0.1mm)として付加されるだけであり、かつその含有量が概ね約10〜 30g/m2に過ぎないからである。しかしながら、この開示は、固くて均質な表面層により多くの粒子を用いるとともに、そのような粒子がまた床材の耐衝撃性をかなり増加させることの可能性をもたらす。耐摩耗性の粒子は、好ましくはランダムに分布させるとともに、繊維およびそれらを囲むバインダによって表面層に固定される。非限定的な実施例として言及できることは、この開示による0.5〜1.0mmの表面層が、例えば100〜400g/m2およびそれより多い耐摩耗性の粒子を含み得ることである。下限がないこと、およびそのような粒子が少なくとも部分的に繊維組織に取り込まれる場合には、いくつかの用途においては少ない量でも十分であり得ることは明らかである。   The contribution to the impact resistance of laminated floorings of wear resistant particles, such as aluminum oxide, is very limited. This is because it is only added as a very thin layer (0.1 mm) and its content is generally only about 10-30 g / m2. However, this disclosure uses more particles in a hard and homogeneous surface layer and offers the possibility that such particles can also significantly increase the impact resistance of the flooring. The wear resistant particles are preferably distributed randomly and fixed to the surface layer by the fibers and the binder surrounding them. It can be mentioned as a non-limiting example that a 0.5-1.0 mm surface layer according to this disclosure can contain, for example, 100-400 g / m 2 and more wear-resistant particles. Obviously, there is no lower limit, and if such particles are at least partially incorporated into the fiber structure, a small amount may be sufficient for some applications.
耐摩耗性でありかつ装飾的な表面層は、いくつかの選択的な方法で形成することができる。例えばバインダの含有量を増やすことにより、および/または繊維、好ましくは耐摩耗性の粒子の一部を置き換えるために用い得る耐摩耗性の繊維を取り込むことにより、少量の耐摩耗性粒子で強い表面層を生み出すことが可能である。合成樹脂繊維、例えばナイロン繊維またガラス繊維のような鉱物の繊維は、均質な表面層の材料の耐摩耗性を大幅に改良することができる。   A wear-resistant and decorative surface layer can be formed in several selective ways. A strong surface with a small amount of wear-resistant particles, for example by increasing the binder content and / or by incorporating wear-resistant fibers that can be used to replace some of the fibers, preferably wear-resistant particles. It is possible to create a layer. Synthetic resin fibers, such as mineral fibers such as nylon fibers or glass fibers, can greatly improve the wear resistance of homogeneous surface layer materials.
この開示の第2の態様によると、木質繊維を含んでなるコアに接続された表面層を備えた建物用パネルが提供される。このパネルに装飾効果および耐摩耗性をもたらす表面層は、繊維、着色顔料、バインダおよび耐摩耗性の粒子を含む均質な層である。   According to a second aspect of the present disclosure, a building panel is provided having a surface layer connected to a core comprising wood fibers. The surface layer that gives the panel a decorative effect and abrasion resistance is a homogeneous layer comprising fibers, colored pigments, binders and abrasion resistant particles.
この第2の態様による表面層内の木質繊維は、完全にまたは部分的に他の繊維に置き換えることができる。好ましい実施形態は、例えば黄麻、亜麻、麻、綿、大麻、竹、バガスおよびシサル麻といった植物性繊維のような繊維を含むとともに、そのような繊維は、植物性繊維ベースの耐摩耗性の表面層を作り出すために耐摩耗性の粒子、例えば酸化アルミニウムと混合することができる。合成樹脂繊維、例えばナイロン繊維、または鉱物繊維、例えばガラス繊維はまた、特に好ましい実施形態に用いることができる。上述した繊維の全ては、例えば木/竹、ナイロン/ガラス繊維と混合することができる。セラミックバブルは、例えば断熱性および音響吸収性を高めるために繊維と混合することができる。そのような粒子はまた不燃性でもある。   The wood fibers in the surface layer according to this second aspect can be completely or partially replaced by other fibers. Preferred embodiments include fibers such as vegetable fibers such as jute, flax, hemp, cotton, cannabis, bamboo, bagasse and sisal hemp, such fibers being a vegetable fiber based wear resistant surface. It can be mixed with wear-resistant particles, such as aluminum oxide, to create a layer. Synthetic resin fibers such as nylon fibers or mineral fibers such as glass fibers can also be used in particularly preferred embodiments. All of the above mentioned fibers can be mixed with, for example, wood / bamboo, nylon / glass fibers. Ceramic bubbles can be mixed with fibers to enhance thermal insulation and sound absorption, for example. Such particles are also non-flammable.
コア内の木質繊維はまた、表面層について上述したものと同一の方法で、部分的にまたは完全に合成樹脂繊維、鉱物繊維あるいは植物性繊維で置き換えることができる。   The wood fibers in the core can also be replaced partially or completely with synthetic resin fibers, mineral fibers or vegetable fibers in the same way as described above for the surface layer.
熱硬化性のバインダが好しいが、熱可塑性樹脂バインダもまた用いることができる。この開示の全ての実施形態において、コアおよび表面層に同じタイプのバインダを含むことが好ましいが、例えばコアの熱硬化性バインダと表面層またはその反対側の熱可塑性樹脂バインダとの組み合わせは排除されない。   Thermosetting binders are preferred, but thermoplastic resin binders can also be used. In all embodiments of this disclosure, it is preferred to include the same type of binder in the core and surface layer, but combinations of, for example, a thermosetting binder in the core and a thermoplastic resin binder on the surface layer or the opposite side are not excluded. .
高密度の、例えば酸化アルミニウムのような耐摩耗性粒子を含むとともに、そのような粒子が表面層の実質的な厚さ、例えば0.2〜1.0mmにわたって上述したように分布している表面層は、特にそのような層が高含有率のバインダを含む場合に、現存する積層表面より高い密度を有することができる。   A surface comprising a high density of wear-resistant particles such as aluminum oxide, and such particles distributed as described above over a substantial thickness of the surface layer, for example 0.2 to 1.0 mm The layer can have a higher density than existing laminate surfaces, especially when such a layer includes a high content of binder.
そのような表面層は1500〜2000kg/m2またはそれ以上の高い密度を有することができ、その耐衝撃性は、0.10mm以下の厚みで画成された極めて薄い被覆にのみ酸化アルミニウムが用いられている従来の積層床材よりかなり高い。この密度は低くすることもできるが、好ましくは1000kg/m3低くすべきではない。十分な耐衝撃性は、MDFまたはパーティクルボードのような柔軟なコア材の高密度な表面層においても得ることができる。高い密度はまた、本物の石の床と同様な音および感覚を床に与えることができる。   Such a surface layer can have a high density of 1500 to 2000 kg / m 2 or more, and its impact resistance is that aluminum oxide is used only for very thin coatings defined with a thickness of 0.10 mm or less. It is considerably higher than conventional laminate flooring. This density can be lowered, but preferably should not be lowered by 1000 kg / m 3. Sufficient impact resistance can also be obtained in a dense surface layer of a flexible core material such as MDF or particleboard. High density can also give the floor a sound and feel similar to a real stone floor.
コアはまた、特に小さくコンパクトな繊維を多量のバインダと混合して高い圧力下でプレスする場合に、高い密度で製造することができる。   The core can also be produced at high density, especially when small and compact fibers are mixed with a large amount of binder and pressed under high pressure.
第1の態様の全ての好ましい実施形態を、第2の態様の好ましい実施形態と組み合わせ得ることは明らかである。このことは、例えば同一の圧力、プレス時間、バインダ、繊維、耐摩耗性の粒子、材料組成等を用い得ることを意味している。   It is clear that all preferred embodiments of the first aspect can be combined with preferred embodiments of the second aspect. This means that, for example, the same pressure, pressing time, binder, fiber, wear-resistant particles, material composition, etc. can be used.
この開示の第3の態様によると、以下の段階を備える製造方法が提供される。
1.繊維、バインダ、着色顔料および耐摩耗性粒子を含んでなる粒子を混合する。
2.粒子、繊維、着色顔料、バインダおよび小さい耐摩耗性粒子を高い圧力および温度の下にもたらして、それらを建物用パネルに形成する。
According to a third aspect of the disclosure, a manufacturing method is provided that includes the following steps.
1. Mix particles comprising fiber, binder, color pigment and wear resistant particles.
2. Particles, fibers, color pigments, binders and small wear-resistant particles are brought under high pressure and temperature to form them in building panels.
この製造方法は、この開示のすべての実施形態を製造するために用いることができる。   This manufacturing method can be used to manufacture all embodiments of this disclosure.
この製造方法は、好ましい実施形態においては、床材を形成するプレス操作において表面層が形成されてHDFコアまたはパーティクルボードコアに結合された、木質繊維、酸化アルミニウムおよび熱硬化性樹脂を含む表面層をベースとしたものである。この好ましい製造方法は、以下の工程を備える:
1.木をチップに煮詰めて木の繊維に分解する。
2.木質繊維を合成熱硬化性樹脂、着色顔料および酸化アルミニウム粒子と混合する。
3.木質繊維、着色顔料、酸化アルミニウム粒子および合成熱硬化性樹脂を、HDFまたはパーティクルボードのコアの表面上に付加するとともに、高い圧力および温度を負荷してコア上の均質な固体の表面層に形成して床材を形成する。
In this preferred embodiment, in a preferred embodiment, a surface layer comprising a wood fiber, aluminum oxide, and a thermosetting resin is formed by bonding a surface layer to an HDF core or a particle board core in a press operation for forming a flooring material. It is based on. This preferred manufacturing method comprises the following steps:
1. The wood is boiled into chips and broken down into wood fibers.
2. The wood fiber is mixed with a synthetic thermosetting resin, a color pigment and aluminum oxide particles.
3. Add wood fibers, color pigments, aluminum oxide particles and synthetic thermosetting resin onto the surface of the HDF or particleboard core and form a homogeneous solid surface layer on the core under high pressure and temperature To form a flooring.
例えば含浸紙である別のバランス層を、好ましくはプレス操作の間にコアの後側に付加することができる。   Another balance layer, for example impregnated paper, can be added to the back side of the core, preferably during the pressing operation.
着色顔料は、魅力的なデザインを生じさせるために好ましい。もちろん、着色顔料なしのパネルを製造するために、この製造方法を用いることもできる。装飾的な効果は、異なる繊維あるいは耐摩耗性粒子だけによって得ることもできる。酸化アルミニウムは、例えば異なる色で製造することができる。   Color pigments are preferred to produce an attractive design. Of course, this manufacturing method can also be used to manufacture panels without colored pigments. The decorative effect can also be obtained with different fibers or wear resistant particles alone. Aluminum oxide can be produced in different colors, for example.
紙を用いないことおよび積層を必要としないことにより、(2〜8を上回る)製造段階のうちの7割を省くことができる。印刷は、フロアボードの製造に合わせて行うことができる。バインダは、好ましくはメラミンホルムアルデヒド、尿素アホルムアルデヒド樹脂、フェノールホルムアルデヒド樹脂、またはこれらの樹脂の組合せである。適切な圧力は好ましくは約300〜800N/cm3であり、かつ温度は120〜220℃とすることができる。プレス時間は、例えば20秒〜5分まで変化させることができる。特にプレスの前に薄い繊維層をHDFコア上に付加する実施形態においては、きわめて短い、例えば約10秒あるいはより短いプレス時間を用いることもできる。PVC、PE、PPのような熱可塑性樹脂バインダを用いることができる。他の可能性は、例えば糖またはリグニンのような天然樹脂である。   By not using paper and not requiring lamination, 70% of the manufacturing steps (over 2-8) can be omitted. Printing can be performed in accordance with the manufacture of the floorboard. The binder is preferably melamine formaldehyde, urea aformaldehyde resin, phenol formaldehyde resin, or a combination of these resins. A suitable pressure is preferably about 300-800 N / cm 3 and the temperature can be 120-220 ° C. The pressing time can be changed, for example, from 20 seconds to 5 minutes. Particularly in embodiments where a thin fiber layer is applied on the HDF core prior to pressing, very short pressing times, for example about 10 seconds or even shorter, can be used. A thermoplastic resin binder such as PVC, PE, or PP can be used. Another possibility is a natural resin such as sugar or lignin.
この製造方法は、好ましくは、繊維が部分的に圧縮されるが硬化しない中間プレス段階を備えることができる。印刷あるいは装飾材料の付加は、中間および最終のプレス加工の間に行うことができる。   This manufacturing method can preferably comprise an intermediate pressing stage in which the fibers are partially compressed but not cured. Printing or application of decorative material can take place during intermediate and final pressing.
装飾的な特徴はまた、硬化の後に付加することもできる。表面を彫るために例えばレーザーを用いることができるとともに、上側の表面部分とは異なる色またデザインの層を含む下側の表面部分まで表面材料が取り除かれるようにして装飾的な溝を作ることができる。色を変えるために、または表面に他のエンボス加工を生じさせるために、さらなる熱および圧力を付加することができる。   Decorative features can also be added after curing. For example, a laser can be used to carve the surface, and the decorative groove can be made so that the surface material is removed to the lower surface part, including layers of a different color or design than the upper surface part. it can. Additional heat and pressure can be applied to change color or to cause other embossing on the surface.
例えば木または石を再生するための暗い線あるいは点のような装飾的な模様および効果を生じさせるべく、最終的なプレスの前にレーザを用いることができる。   The laser can be used before the final press to produce decorative patterns and effects such as dark lines or dots for regenerating wood or stone, for example.
この方法は、床材の全体を製造するために用いることができる。この方法はまた、公知の繊維板あるいはパーティクルボードのコア、好ましくはHDFコア上に付加される、上側および/または下側の層を製造するために用いることができる。この方法はまた、個々の床要素、あるいは縁部やロックシステムの部品あるいはその全体がプレス加工の間に形成される、完成した床パネルを製造するために用いることもできる。   This method can be used to produce the entire flooring. This method can also be used to produce upper and / or lower layers that are applied on known fiberboard or particleboard cores, preferably HDF cores. This method can also be used to produce finished floor panels in which individual floor elements, or edges and parts of a locking system, or the entirety thereof, are formed during pressing.
1つの好ましい実施形態によると、コアおよび表面層を備えたパネルを形成するために、繊維、バインダ、着色顔料および耐摩耗性の粒子あるいは繊維が好ましくは異なる材料組成の少なくとも3つの層で付加される、連続した製造ラインにおいてパネルの全体が製造される。実質的に同一のプレス操作において、連続的にまたは不連続的に表面層およびコアが一体的に形成される好ましい実施形態は、「一体成形パネル」またはIFPと称される。下側の層または一部は、表面層とのバランス取りに適した、実質的に木質繊維およびバインダだけを含むバランス層とすることができる。このバランス層はまた、プレスの間にコアに溶着できる予め製造された別々の材料として付加することができる。
それはまた、それらがプレスに移動するときに、繊維のための支持体として用いることができる。中間層あるいは中間部分は好ましくは木質繊維およびバインダだけを含むコア層であり、かつ上側の層は木質繊維、着色顔料、耐摩耗性粒子または化学薬品を含む表面層である。
According to one preferred embodiment, fibers, binders, colored pigments and abrasion-resistant particles or fibers are preferably added in at least three layers of different material composition to form a panel with a core and a surface layer. The entire panel is manufactured in a continuous manufacturing line. A preferred embodiment in which the surface layer and the core are integrally formed continuously or discontinuously in substantially the same pressing operation is referred to as a “monolithic panel” or IFP. The lower layer or portion may be a balance layer that includes substantially only wood fibers and a binder suitable for balancing with the surface layer. This balance layer can also be added as a prefabricated separate material that can be welded to the core during pressing.
It can also be used as a support for the fibers as they move into the press. The intermediate layer or intermediate portion is preferably a core layer containing only wood fibers and a binder, and the upper layer is a surface layer containing wood fibers, color pigments, abrasion resistant particles or chemicals.
これらの層は、好ましくはコンベヤベルト上に付加されて移動させられ、かつ選択的に、例えば30〜50mmの最初の厚みから例えば10〜20mmの中間的な厚みへと予備プレスされる。装飾模様は、予備プレスされた表面にインクが貫通するようにする、例えばインクジェット式デジタル装置によって、予備プレスされた表面上にインラインで付加される。この板は、製造ラインの終端にある好ましくは連続したプレス操作において、熱および圧力の下で例えば4〜10mmの厚さへと最終的にプレスされるが、必要ならば正確な厚さを得るために下側のバランス層の研摩を選択的に行うことができる。   These layers are preferably applied and moved on a conveyor belt and are optionally pre-pressed from an initial thickness of eg 30-50 mm to an intermediate thickness of eg 10-20 mm. The decorative pattern is applied inline on the pre-pressed surface by, for example, an ink jet digital device that allows ink to penetrate the pre-pressed surface. This plate is finally pressed to a thickness of eg 4-10 mm under heat and pressure, preferably in a continuous press operation at the end of the production line, but if necessary, an accurate thickness is obtained. Therefore, the lower balance layer can be selectively polished.
IFPパネルはまた、積層床材の製造に一般的に用いられる従来型の不連続なプレスを備えた製造ラインで製造することができる。コア、表面層、および好ましくはバランス層は、不連続なプレスにおいて形成されて互いに接続される。   IFP panels can also be manufactured on a production line with a conventional discontinuous press commonly used in the manufacture of laminated flooring. The core, surface layer, and preferably the balance layer are formed in a discontinuous press and connected to each other.
この製造は、好ましくはまた、コアおよび表面層を得る製造段階が2つの別の操作において実行される2段階プロセスにおいて行われる。この製造方法は、「コア上表面(surface on core)」製造あるいはまたはSOCと称される。例えばHDF、MDF、パーティクルボード、OSB、合板および類似のシート状材料のような木質繊維ベースの板材のコアは、従来の方法で製造することができる。表面層および選択的にバランス層を備える下側および/または上側の層は、その後、散乱装置によってコアに付加されるが、これはその表面に装飾的な特性を与える段階と一体化することもできる。別々のバランス層を、別々の製造段階で付加することができる。好ましくは上下の層を有したコアは、その後、連続しあるいは不連続なプレス操作においてプレスされ、上側の表面層および選択的なバランス層は硬化して予め製造されたコアに積層されるようにする。全ての種類のコア材料を用いることができるとともに、この方法は、柔軟なコア材およびその表面部分が粗いコア材にも極めて適している。装飾的な表面層は、コアの不規則な表面部分を充填してコアを補強し、あらゆる種類の装飾的な表面構造を有する耐衝撃性のパネルを得ることができるようにする。この装飾的な表面は、従来のラミネートおよび単板床材におけるように、コアの表面による影響を受けない。   This production is preferably also carried out in a two-stage process in which the production stages for obtaining the core and the surface layer are carried out in two separate operations. This manufacturing method is referred to as “surface on core” manufacturing or SOC. For example, wood fiber based board cores such as HDF, MDF, particle board, OSB, plywood and similar sheet materials can be produced by conventional methods. The lower layer and / or the upper layer, optionally with a surface layer and optionally a balance layer, are then added to the core by means of a scattering device, which can also be integrated with the step of imparting decorative properties to the surface. it can. Separate balance layers can be added at separate manufacturing stages. Preferably, the core with the upper and lower layers is then pressed in a continuous or discontinuous pressing operation so that the upper surface layer and the optional balance layer are cured and laminated to the pre-fabricated core. To do. All kinds of core materials can be used, and this method is also very suitable for soft core materials and core materials with rough surfaces. The decorative surface layer fills the irregular surface portions of the core and reinforces the core, making it possible to obtain impact-resistant panels with all kinds of decorative surface structures. This decorative surface is not affected by the surface of the core, as in conventional laminates and veneer flooring.
コア材料と上側表面層あるいは下側バランス層は、好ましい実施形態によると、3つの製造段階で別々に製造し、また別々の層を例えば接着によってコアに接続することができる。   According to a preferred embodiment, the core material and the upper surface layer or the lower balance layer can be produced separately in three production stages, and the separate layers can be connected to the core, for example by gluing.
別々の木質繊維あるいは繊維層は、主に表面層としてまたはバランス層として用いることができるが、以下においては「別々の表面層(separate surface layer)」またはSSLと呼ばれるとともに、連続的にあるいは不連続的に例えば0.3〜 2mmの厚みに製造することができる。そのような表面層は、積層床材および木質床材の積層板、単板あるいは木質層を、例えばHDF、MDF、パーティクルボード、合板、薄板木質コア等のコアで置き換えるために用いることができる。この表面層は、柔軟なコア材と組み合わせる場合であっても、高い密度および耐衝撃性を有することができる。   Separate wood fibers or fiber layers can be used primarily as surface layers or as balance layers, but in the following referred to as "separate surface layers" or SSL and are either continuous or discontinuous For example, it can manufacture to the thickness of 0.3-2 mm. Such surface layers can be used to replace laminated floors and laminates of wood floors, veneers or wood layers with cores such as HDF, MDF, particle board, plywood, thin wood core, for example. This surface layer can have high density and impact resistance even when combined with a flexible core material.
これらの3つの基礎的な実施形態、IFP、SOCおよびSSLは、この開示による床を製造するために用いることができる。そのような床は、この出願において、全般的に繊維複合床(Fibre Composite Floor)またはFCFと呼ばれる。それらは、上述したように連続的なあるいは不連続なプレスによって製造することができるとともに、その製造段階は部分的に組み合わせることができる。例えばコアと表面層あるいはコアとバランス層は、IFPに類似する一体的な形成操作において製造するとともに、SOCに類似した別々の製造段階においてバランス層または表面層を付加することができる。様々な中間段階による予備的な硬化および最終的な硬化を用いることもできる。   These three basic embodiments, IFP, SOC and SSL, can be used to produce a floor according to this disclosure. Such floors are generally referred to in this application as Fiber Composite Floors or FCFs. They can be produced by continuous or discontinuous pressing as described above, and their production stages can be partially combined. For example, the core and surface layer or the core and balance layer can be manufactured in an integral forming operation similar to IFP, and the balance layer or surface layer can be added in separate manufacturing stages similar to SOC. Pre-curing and final curing with various intermediate steps can also be used.
装飾的な特性は、いくつかの方法で得ことができる。表面は、一実施形態においては、好ましくは木質繊維に混入される着色顔料によって装飾される。パネルの全体を着色することができる。あるいは着色顔料は、例えば木質繊維、バインダおよび上側層内の耐摩耗性粒子と混合することができる。印刷パターンは、基本的な色彩で提供することができる。印刷は好ましくは最終的なプレスおよび硬化の操作の前になされるべきであり、このことは印刷が上側繊維層の中に深く浸透するようにする。印刷は、プレスの後で上側の繊維層内にかなりの距離、例えば0.1〜1.0mm入り込むような方法で付加することができる。負圧は、ベース繊維内への印刷の浸透を容易にしかつガイドするために用いることができる。そのような印刷は、石および木の製品の非常に正確な複製品を作り出すことができるとともに、表面層がかなりすり減ったときにもそのパターンを維持する。非常に耐久性があり装飾的で耐摩耗性の表面は、非常に費用効果的な方法で作り出すことができる。表面層内の微細で良好に分布している繊維は、非常に明瞭かつ正確な耐摩耗性印刷パターンの生成を可能にする。   Decorative properties can be obtained in several ways. In one embodiment, the surface is decorated with colored pigments that are preferably incorporated into the wood fibers. The entire panel can be colored. Alternatively, the colored pigment can be mixed with, for example, wood fibers, a binder and wear resistant particles in the upper layer. The print pattern can be provided in basic colors. Printing should preferably be done prior to the final pressing and curing operation, which allows the printing to penetrate deeply into the upper fiber layer. The printing can be applied in such a way that after pressing, a considerable distance, for example 0.1-1.0 mm, enters the upper fiber layer. Negative pressure can be used to facilitate and guide the penetration of printing into the base fiber. Such printing can create very accurate reproductions of stone and wood products, and maintains that pattern even when the surface layer is worn away considerably. Very durable, decorative and wear resistant surfaces can be created in a very cost effective manner. The fine and well-distributed fibers in the surface layer allow the production of very clear and accurate wear-resistant printed patterns.
この装飾効果は、むしろ柔らかい別個の材料、例えば異なるタイプの繊維、木のチップあるいは粒子、織物、樹脂、コルク等から得ることもできるが、それらは選択的に着色顔料と混合することができるとともに、ベース繊維の表面上に突出するパターンとして、最終的なプレスの前に、例えば散乱または押し出しによって付加することができる。   This decorative effect can also be obtained from rather soft separate materials such as different types of fibers, wood chips or particles, fabrics, resins, corks, etc., but they can be selectively mixed with colored pigments As a pattern protruding on the surface of the base fiber, it can be applied before final pressing, for example by scattering or extrusion.
繊維は、機械的な性質を改良するために用いることもできる。例えばガラス繊維のような鉱物の繊維は、強さおよび柔軟性を高めることができるとともに、熱および炎に対する抵抗性を高める。天然繊維は、特性に対してプラスの影響を有している。繊維方向のバラツキは、装飾効果を高めるために用いることができる。   Fibers can also be used to improve mechanical properties. For example, mineral fibers such as glass fibers can increase strength and flexibility and increase resistance to heat and flame. Natural fibers have a positive effect on properties. The variation in the fiber direction can be used to enhance the decorative effect.
ベース表面上に付加される別個の材料は、プレス後にベース表面の繊維内に浸透する。
この浸透は、非常に正確に制御することができる。固い材料組成は、より柔らかい基礎的な繊維の内部に深く浸透する。より柔らかい別個の材料は、より圧縮されてより大きい表面領域に分布する。これらの別個の材料は、好ましくはベース繊維と異なる寸法および/または構造および/または方向付けおよび/または光学的な効果を持つべきであり、それらは所望のパターンと表面構造との間の完全なフィットを自動的に作り出す。別個の材料がベースの繊維組織とは異なる耐摩耗性を有する場合に、設計の効果はさらに顕著となり得る。その表面はブラシをかけることができ、かつ異なる繊維組織は本物の木または石の床のようにより視認性が高くなる。印刷プロセスの間に局所的に付加される耐摩耗性粒子を印刷塗料が含む場合には、類似の効果を得ることができる。表面は、プレスの後に膨張し、拡大しあるいは縮小し得る粒子を含むことができ、それによって平坦ではないあるいはエンボス加工された表面が作り出される。それらが表面層の中に深く延びていることにより、これらの設計効果の全ては、長い期間の間に表面がかなり摩耗したときにも維持することができる。印刷パターンの反復効果は回避することができる。
The separate material added on the base surface penetrates into the fibers of the base surface after pressing.
This penetration can be controlled very accurately. The hard material composition penetrates deeply into the softer basic fibers. The softer separate material is more compressed and distributed over a larger surface area. These separate materials should preferably have different dimensions and / or structure and / or orientation and / or optical effects than the base fibers, so that they are completely between the desired pattern and surface structure. Create a fit automatically. The effect of the design can be even more pronounced if the separate material has a different wear resistance than the base fiber structure. Its surface can be brushed and the different fiber textures are more visible like a real wood or stone floor. A similar effect can be obtained if the printing paint contains abrasion-resistant particles that are added locally during the printing process. The surface can include particles that can expand and expand or shrink after pressing, thereby creating a non-planar or embossed surface. Because of their deep extension into the surface layer, all of these design effects can be maintained even when the surface is significantly worn over a long period of time. Repeated effects of the printing pattern can be avoided.
耐摩耗性が特に高くて装飾的な非木質繊維ベースの材料、例えば、好ましくは0.01〜0.10mmのサイズの合成ダイヤモンドの粉末あるいはダイヤモンドの粒子を表面に取り込むことができる。そのようなダイヤモンド粒子は、耐摩耗性を増加させるとともに床の摩擦特性を改善する。他の代替物は、金属の粉または薄片、石の粉末、セラミックの粉体または粒子、砂および他の類似の公知の装飾材料である。   A particularly wear-resistant and decorative non-wood fiber based material, such as synthetic diamond powder or diamond particles preferably having a size of 0.01 to 0.10 mm, can be incorporated into the surface. Such diamond particles increase wear resistance and improve floor friction properties. Other alternatives are metal powder or flakes, stone powder, ceramic powder or particles, sand and other similar known decorative materials.
ナノ粒子は、取り込むこともできるし、光沢度、清浄性、UV安定性、摩擦、耐摩耗性等に関連する改良された特性を表面にもたらすために用いることができる。   Nanoparticles can be incorporated or used to provide surfaces with improved properties related to gloss, cleanliness, UV stability, friction, wear resistance, and the like.
装飾的な効果を作り出すために、エンボス加工された鋼製のシートまたはベルトまたは紙マトリックスに表面をプレスする、従来の方法を用いることもできる。その利点は、積層の間に損傷を受ける紙が無いことにより、従来の積層床材よりも非常に深いエンボスを加工できることにある。縁部あるいは主要な表面部分にグラウト線、溝および斜面を作ることができ、そのような構造は主要な表面と同じあるいは異なるタイプのデザインとすることができる。溝は、上述した通りの別個の材料で、部分的にまたは完全に充填することができる。   Conventional methods of pressing the surface to an embossed steel sheet or belt or paper matrix can also be used to create a decorative effect. The advantage is that embossments that are much deeper than conventional laminate flooring can be processed because no paper is damaged during lamination. Grout lines, grooves and bevels can be made at the edges or major surface portions, and such structures can be the same or different types of designs as the major surfaces. The grooves can be partially or completely filled with a separate material as described above.
これらの設計効果の全てを、組み合わせることができる。本発明は、ベース繊維組織上の追加の透明あるいは不透明な層、コーティングまたは類似物を排除するものではない。
これらの設計効果は、耐摩耗性粒子あるいは着色顔料を含まない繊維パネルに独立して用いることもできる。この場合、耐摩耗性は、木質繊維およびバインダだけによって生じさせることができる。
All of these design effects can be combined. The present invention does not exclude additional transparent or opaque layers, coatings or the like on the base fibrous structure.
These design effects can also be used independently for fiber panels that do not contain wear-resistant particles or color pigments. In this case, the wear resistance can be caused only by the wood fibers and the binder.
これらの設計効果の全ては、公知の技術に反して、印刷および色彩が好ましくは予め形成されてほぼ完成した表面層の内部に深く浸透し、あるいは別個の装飾材料が主な表面層に取り込まれあるいは付加される方法によって作り出される。   All of these design effects, contrary to known techniques, penetrate deep into the surface layer, which is preferably pre-formed with printing and color, or separate decorative materials are incorporated into the main surface layer. Or it is created by an added method.
この開示の実施形態によると、積層されあるいはラッカーが塗られた表面と同様の非常に光沢がある表面を作り出すことができる。この開示は、更なる製造段階においてより魅力的な表面へとその表面を磨きあるいはブラシをかけ、あるいは取り付けの後に硬い粒子、例えばダイヤモンドの粉末を含むブラシにより数回磨くことができるという利点をもたらす。激しく摩耗した数年後においてさえ、最初の光沢面を再現することができる。   According to embodiments of this disclosure, a very glossy surface similar to a laminated or lacquered surface can be created. This disclosure offers the advantage that the surface can be polished or brushed to a more attractive surface in a further manufacturing stage, or can be polished several times after installation with a brush containing hard particles, such as diamond powder. . Even after years of intense wear, the original glossy surface can be reproduced.
特別な装飾効果および機械的な性質は、異なるタイプの木の繊維あるいは2つ以上の種類の木の組合せ、例えばかしの木、トネリコ、カエデ、ブナ、松、トウヒ、樺、太平洋鉄木または類似物の任意の組み合わせを備えた表面層によって得ることができる。これらの異なる木質繊維は、それらが表面層として付加される前に、類似の方法で着色し、熱処理し、改質することができる。   Special decorative effects and mechanical properties can be found in different types of wood fibers or combinations of two or more types of wood, such as scarecrow, ash, maple, beech, pine, spruce, firewood, Pacific iron or It can be obtained by a surface layer with any combination of analogues. These different wood fibers can be colored, heat treated and modified in a similar manner before they are added as a surface layer.
高度な装飾効果は、静電的に付加して配置することができる繊維と装飾的な粒子から得ることができる。この方法は、例えばベニヤに類似した構造を作り出すべく木質繊維を配置して方向付けすることを可能にする。制御された方法で繊維および粒子を分布させるために、重力および気流を用いることができる。   A high degree of decorative effect can be obtained from fibers and decorative particles that can be placed electrostatically. This method makes it possible, for example, to place and orient wood fibers to create a structure similar to veneer. Gravity and airflow can be used to distribute the fibers and particles in a controlled manner.
この開示のすべての実施形態における木質繊維を部分的にあるいは完全に置き換えるために、小さい粒子または塵の形態のコルク材料を用いることができる。   Cork material in the form of small particles or dust can be used to partially or completely replace the wood fibers in all embodiments of this disclosure.
コルクが床材の表面または支持層として用い得ることは知られている。この層は、接着されたコルクの顆粒から作ることができし、あるいはコルクの薄板の形態とすることができる。コルクは、主として音を弱めるために、あるいは装飾的な目的のために用いられる。コルクの顆粒は、低い熱伝導率、低い密度あるいは良好なエネルギ吸収性を得るために、例えばコンクリートに混入することができる。床板の表面層を形成するために、粉状コルクをバインダ、好ましくは合成熱硬化性バインダおよび耐摩耗性粒子と混合し得ることは知られていない。   It is known that cork can be used as a flooring surface or support layer. This layer can be made from glued cork granules or can be in the form of cork lamina. Cork is used primarily to attenuate sound or for decorative purposes. Cork granules can be incorporated, for example, in concrete to obtain low thermal conductivity, low density or good energy absorption. It is not known that powdered cork can be mixed with a binder, preferably a synthetic thermosetting binder and wear-resistant particles, to form the surface layer of the floorboard.
この開示の第4の態様によると、表面層および木質繊維あるいはコルク粒子を含むコアを備えた建物用パネルが提供される。表面層は、コルク粒子、合成バインダおよび耐摩耗性粒子の実質的に均質な混合物を含む。   According to a fourth aspect of this disclosure, a building panel is provided that includes a surface layer and a core comprising wood fibers or cork particles. The surface layer includes a substantially homogeneous mixture of cork particles, synthetic binder and wear resistant particles.
コアは、従来の木質繊維ベースのコア、例えばHDFあるいは類似物とすることができるし、あるいは部分的または全体的にコルク粒子とバインダ、好ましくは熱硬化性バインダを含むコアとすることもできる。着色顔料を含めることもできる。   The core can be a conventional wood fiber based core, such as HDF or the like, or can be partially or wholly a core comprising cork particles and a binder, preferably a thermosetting binder. Color pigments can also be included.
特に好ましい実施形態は、表面層と木質繊維あるいはコルク粒子を含んでなるコアとを備えたフロアパネルである。表面層は、天然樹脂、合成熱硬化性バインダ、および酸化アルミニウムの耐摩耗性粒子を含むコルク粒子の実質的に均質な混合物を備える。   A particularly preferred embodiment is a floor panel comprising a surface layer and a core comprising wood fibers or cork particles. The surface layer comprises a substantially homogeneous mixture of cork particles including natural resin, a synthetic thermosetting binder, and aluminum oxide wear-resistant particles.
コルク表面層の密度は好ましくは800〜1400kg/m3であり、コアの密度は600〜1000kg/m3である。   The density of the cork surface layer is preferably 800 to 1400 kg / m3, and the density of the core is 600 to 1000 kg / m3.
この開示の実施形態は、従来の積層床材よりも可撓性があって柔らかい表面層を作ることができ、これを維持されたあるいはさらに改良された摩耗および耐衝撃性と組み合わせることができるという利点をもたらす。これはまた、より魅力的な騒音レベルおよびより低い熱伝導率に結びつく。その結果は、より静かでより暖かい床である。   Embodiments of this disclosure can create a softer and softer surface layer than conventional laminate flooring, which can be combined with maintained or even improved wear and impact resistance. Bring benefits. This also leads to a more attractive noise level and lower thermal conductivity. The result is a quieter and warmer floor.
コルク粒子を含むフロアパネルは、上述したIFP、SOCおよびSSLと同じ3つの基礎的な実施形態により製造することができる。   Floor panels containing cork particles can be manufactured according to the same three basic embodiments as the IFP, SOC and SSL described above.
この開示の原理は、従来の木質繊維ベースのコア、例えばHDFパネルを置き換えるために用いることができる、コルクを含むコアを製造するために用いることもできる。   The principles of this disclosure can also be used to manufacture cork containing cores that can be used to replace conventional wood fiber based cores, such as HDF panels.
2〜5mmのサイズのコルクチップを、密度が300kg/m3を超えないパネルへと、きわめて低い圧力で接着できることは知られている。しかしながら、例えば1.0mm未満のきわめて小さいコルク粒子を熱硬化性バインダと混合し、高い圧力でプレスして、例えばフロアパネルのコア材料として用いることができる高密度パネルを形成することは知られていない。   It is known that cork chips with a size of 2-5 mm can be bonded to a panel with a density not exceeding 300 kg / m3 with very low pressure. However, it is known to mix very small cork particles, for example less than 1.0 mm, with a thermosetting binder and press under high pressure to form a high density panel that can be used as a core material for floor panels, for example. Absent.
この開示の第5の態様によると、密度が600kg/m3を上回るパネルへと一体にプレスされる小さいコルク粒子および熱硬化性バインダを含む建物用パネルが提供される。そのようなコルク粒子をベースとするコアは、コルク粒子を含む表面層あるいはこの開示の第1および第2の態様による表面層と一緒に用いることができるが、従来の表面層を有したフロアのコアとして用いることもできる。   According to a fifth aspect of this disclosure, a building panel is provided that includes small cork particles and a thermosetting binder that are pressed together into a panel having a density greater than 600 kg / m 3. Such a core based on cork particles can be used together with a surface layer comprising cork particles or a surface layer according to the first and second aspects of this disclosure, but for a floor with a conventional surface layer. It can also be used as a core.
コルクのコアまたは表面層は、通常のHDF材料と同様あるいはそれより良好な、耐湿性、せん断強さ、密度および耐衝撃性といった特性を有することができる。また、コルクのコアの縁部に、強くて高品質な係止システムを形成することができる。コルク粒子の柔軟性は、高い耐衝撃性の達成を可能とする。この特性は、主に熱硬化性樹脂、例えば粉末の形態のメラミンを、好ましくは10分の数ミリメートルあるいは100分の数ミリメートルまで小さいコルク粒子と混合し、その後、約300〜400N/cm2の圧力および140〜180℃の温度でプレスすることによって達成される。   The cork core or surface layer can have properties such as moisture resistance, shear strength, density and impact resistance that are similar to or better than normal HDF materials. Also, a strong and high quality locking system can be formed at the edge of the cork core. The flexibility of the cork particles makes it possible to achieve a high impact resistance. This property is mainly due to the mixing of thermosetting resin, for example melamine in the form of powder, with cork particles which are preferably small to a few tenths of a millimeter or a few hundredths of a millimeter and then a pressure of about 300-400 N / cm2. And by pressing at a temperature of 140-180 ° C.
このコルク製のコアは、例えば積層体、弾力のある表面、繊維ベースの表面、木、ベニヤ、リノリューム、コルクの薄板、壁から壁に敷き詰めたカーペットおよび類似物等の、公知の表面材料と組み合わせて用いることができる。いくつかの利点を達成することができる。薄い表面層、例えばベニヤを、プレスの前に、コルク粒子およびバインダを含んでなる下位の層の上に付加することができる。プレスは、深いエンボス加工あるいは深い溝を作り出すことができるプレス板に対して行うことができる。薄い表面層は、形成されて下位の層に積層される。薄い表面層は、損傷を受けない。コルク粒子がプレス板の構造にしたがって圧縮されて形成されるからである。この加工技術は、プレスによって成形することができる木質繊維あるいは他のタイプの繊維から下位の層が構成されているパネルに用いることもできる。   This cork core is combined with known surface materials such as laminates, resilient surfaces, fiber-based surfaces, wood, veneer, linoleum, cork lamina, wall-to-wall carpets and the like Can be used. Several advantages can be achieved. A thin surface layer, such as veneer, can be applied on top of the underlying layer comprising cork particles and binder prior to pressing. The pressing can be performed on a pressed plate that can create deep embossing or deep grooves. A thin surface layer is formed and laminated to the underlying layer. The thin surface layer is not damaged. This is because the cork particles are formed by being compressed according to the structure of the press plate. This processing technique can also be used for panels in which the lower layers are composed of wood fibers or other types of fibers that can be molded by pressing.
組合せたコアあるいはパネルは、コルク粒子、あるいは木質繊維の粒子、または木質繊維とコルク粒子の混合物だけを含む異なる層によって製造することもできる。   The combined core or panel can also be made with different layers containing only cork particles, or wood fiber particles, or a mixture of wood fibers and cork particles.
すべての実施形態において、繊維、耐摩耗性粒子、バインダおよび着色顔料のような異なる材料および異なる材料の混合物を、乾燥した形態で分配して散乱させる乾燥プロセスを用いることが好ましい。しかしながら、例えばバインダが液体の状態で繊維または粒子に混入する、液体あるいは半液体プロセスは除外されない。散乱は、好ましくは乾燥した材料の1つあるいは複数の層に適用される、エンボス加工されあるいは彫刻されたローラーおよびブラシを備える、いくつかのステーションで行うことができる。   In all embodiments, it is preferred to use a drying process that distributes and scatters different materials and mixtures of different materials, such as fibers, abrasion resistant particles, binders and colored pigments, in a dry form. However, liquid or semi-liquid processes where, for example, the binder is mixed with the fibers or particles in a liquid state are not excluded. Scattering can be done at several stations, preferably with embossed or engraved rollers and brushes applied to one or more layers of dry material.
耐摩耗性粒子を用いるあるいは用いないすべての実施形態は、屋内あるいは屋外の用途の壁パネルとして直立させて壁に付加するパネルを製造するために用いることができる。
そのようなパネルは、斜面部分と係合できる機械的な係止装置を長い縁部上に、かつ例えば国際特許公開WO2006/043893号公報に記載されているような垂直方向の折り返しを可能にする可撓舌片を有した係止装置を短い縁部上に、有することができる。
All embodiments with or without wear resistant particles can be used to produce panels that stand upright and attach to the wall as wall panels for indoor or outdoor applications.
Such a panel allows a mechanical locking device that can engage the beveled portion on a long edge and in a vertical fold as described, for example, in International Patent Publication No. WO 2006/043893. A locking device with a flexible tongue can be provided on the short edge.
この開示は、添付の例示的な図面を参照しつつ、好ましい実施形態に関連させてその詳細が以下に説明される。   The disclosure is described in detail below in connection with preferred embodiments with reference to the accompanying exemplary drawings.
図1a〜図1dは、従来の積層されたフロアパネルを示す図である。1a to 1d are views showing a conventional laminated floor panel. 図2a〜図2dは、従来のフロアパネルの表面層を示す図である。2a to 2d are views showing a surface layer of a conventional floor panel. 図3a〜図dは、この開示の一実施形態のフロアパネルを示す図である。3a to d are diagrams illustrating a floor panel according to an embodiment of the present disclosure. 図4a〜図4bは、この開示の好ましい実施形態による製造方法を示す図である。4a-4b are diagrams illustrating a manufacturing method according to a preferred embodiment of the present disclosure. 図5a〜図5cは、この開示の好ましい実施形態による方法、および装飾的な表面を製造するための製造方法を示す図である。Figures 5a to 5c illustrate a method according to a preferred embodiment of the present disclosure and a manufacturing method for manufacturing a decorative surface. 図6a〜図6fは、装飾的な効果を生じさせるための好ましい方法を示す図である。Figures 6a to 6f illustrate a preferred method for producing a decorative effect. 図7a〜図7dは、フロアパネルおよび縁部分を製造するための方法を示す図である。Figures 7a to 7d illustrate a method for manufacturing a floor panel and an edge portion. 図8a〜図8dは、パネルの表面およびそのような表面を形成するための方法を示す図である。Figures 8a-8d show the surface of the panel and the method for forming such a surface. 図9a〜図9bは、散乱ステーションを示す図である。9a to 9b are diagrams showing a scattering station. 図10a〜図10cは、表面層を形成する方法を示す図である。10a to 10c are diagrams illustrating a method for forming a surface layer. 図11a〜図11cは、表面層上に装飾効果を作り出す方法を示す図である。11a to 11c are diagrams showing a method for creating a decorative effect on the surface layer. 図12a〜図12eは、予め製造されたコア上への表面層の不連続なプレスおよび成形を示す図である。Figures 12a to 12e show discontinuous pressing and shaping of the surface layer onto a prefabricated core. 図13a〜図13kは、前側および後側に装飾的な表面を有したフロアパネルの係止を示す図である。Figures 13a to 13k are diagrams showing the locking of a floor panel with decorative surfaces on the front and rear sides. 図14a〜図14eは、異なるデザインの床板から形成されたフロアパネルに高度なパターンを作り出す方法を示す図である。FIGS. 14a to 14e are diagrams illustrating a method for creating advanced patterns on floor panels formed from floor boards of different designs. 図15a〜図15dは、異なるデザインの床板から形成されたフロアパネルの好ましい実施形態を示す図である。Figures 15a to 15d show a preferred embodiment of a floor panel formed from floorboards of different designs. 図16a〜図16eは、表面層のレジスタエンボス加工を得る方法を示す図である。16a to 16e are diagrams showing a method for obtaining a register embossing of a surface layer. 図17a〜図17fは、一体的に形成されたパネルの好ましい実施形態を詳細に示す図である。Figures 17a to 17f show in detail a preferred embodiment of an integrally formed panel.
[実施形態の詳細な説明]
図1aに示す公知技術の積層フロアパネル1は、表面層5、コア6およびバランス層7を備えている。
[Detailed Description of Embodiment]
A known laminated floor panel 1 shown in FIG. 1 a includes a surface layer 5, a core 6 and a balance layer 7.
図1cは、表面層5を示している。それは、摩耗強度の高い透明材料の上側摩耗層13を有している。そのような摩耗層は、一般的に、メラミン樹脂が含浸されるとともに酸化アルミニウム粒子12が添加された透明な紙(被覆)から構成されている。酸化アルミニウム粒子は、プレス加工の間の摩耗からプレス板を保護するために、一般的に被覆の下側部分に配置されている。印刷パターン11を具備した紙を備えた装飾層10は、メラミン樹脂が含浸されるとともに透明な摩耗層13の下側に配置されている。摩耗層13および装飾層10は、厚さが約0.2mmの表面層5に対する圧力および熱の下で、一般的にHDFのような繊維ベースのコアに積層されている。   FIG. 1 c shows the surface layer 5. It has an upper wear layer 13 of transparent material with high wear strength. Such a wear layer is generally composed of a transparent paper (coating) impregnated with melamine resin and added with aluminum oxide particles 12. Aluminum oxide particles are typically placed in the lower portion of the coating to protect the press plate from wear during pressing. A decorative layer 10 comprising paper with a printed pattern 11 is impregnated with melamine resin and disposed below the transparent wear layer 13. The wear layer 13 and the decorative layer 10 are generally laminated to a fiber-based core such as HDF under pressure and heat against the surface layer 5 having a thickness of about 0.2 mm.
図1bは、一般的にメラミン含浸紙であるバランス層7を示している。このバランス層は、時間の経過とともに湿度が変化するときにフロアパネルを平坦に保つ。透明な摩耗層は一般的に0.05〜0.10mmの厚みである。摩耗層が摺り減ると、装飾的な印刷パターン11は損なわれる。   FIG. 1b shows a balance layer 7 which is generally melamine impregnated paper. This balance layer keeps the floor panel flat when the humidity changes over time. The transparent wear layer is generally 0.05 to 0.10 mm thick. If the wear layer is worn away, the decorative print pattern 11 is damaged.
図1dは、上述した従来の積層床材の上側の表面部分を詳細に示している。透明な酸化アルミニウム粒子12は、透明な被覆13を製造する間にパルプに含まれている。   FIG. 1d shows in detail the upper surface portion of the conventional laminate flooring described above. Transparent aluminum oxide particles 12 are included in the pulp during the production of the transparent coating 13.
図2aは、複数の被覆13を備えた公知の表面層を示しているが、摩耗特性を改善するために適合された印刷をその下側に有している。この表面層においては、これらの層が装飾層10の上に配置されている。   FIG. 2a shows a known surface layer with a plurality of coatings 13 but with a print on the underside adapted to improve the wear characteristics. In this surface layer, these layers are arranged on the decorative layer 10.
図2bに示されている公知の被覆は概ね半透明であり、着色顔料15で着色されるとともに装飾層10の上に配置されている。   The known coating shown in FIG. 2 b is generally translucent and is colored with the colored pigment 15 and disposed on the decorative layer 10.
すべての被覆は、微細なαセルロース繊維から作られている。透明性を得るために、未使用の(バージン)木質繊維に存在するすべての天然樹脂が取り除かれている。ラミネート床材の公知の表面は、すべての実施形態において、一定の厚みの明瞭な紙の層から構成されている。装飾特性および摩耗特性を達成するために別個の層が用いられている。すべての耐摩耗層の全体の厚みは0.2mmを超えない。上側の表面層に用いられる精製された高価な繊維と、コアに用いられる精製されていない安価な木質繊維との間には明らかな差がある。   All coatings are made from fine alpha cellulose fibers. In order to obtain transparency, all natural resins present in the unused (virgin) wood fibers have been removed. The known surface of the laminate flooring is composed of a clear paper layer of constant thickness in all embodiments. Separate layers are used to achieve decorative and wear properties. The total thickness of all wear resistant layers does not exceed 0.2 mm. There is a clear difference between the refined expensive fiber used for the upper surface layer and the unrefined cheap wood fiber used for the core.
図2cは、HDFパネル上の公知の直接印刷を示している。着色顔料15を含むベースカラー16は、コア6上に付加されている。印刷11は、ベースカラー上に付加されるとともに、透明ワニス18によって、またいくつかの用途においては酸化アルミニウムを含んで構成しうる上塗層17によって摩耗から保護されている。そのような表面層は、色をベースとしたものであり、繊維は用いられていない。   FIG. 2c shows a known direct printing on an HDF panel. A base color 16 including a color pigment 15 is added on the core 6. The print 11 is applied on the base collar and protected from abrasion by a clear varnish 18 and in some applications by an overcoat layer 17 which may comprise aluminum oxide. Such surface layers are based on color and no fibers are used.
図2dに示されている公知の着色HDFパネルにおいては、着色顔料15がコアに含まれている。表面は、透明な上塗層17で覆われている。そのようなパネルの耐摩耗性および耐衝撃性は低い。   In the known colored HDF panel shown in FIG. 2d, a colored pigment 15 is included in the core. The surface is covered with a transparent topcoat layer 17. Such panels have low wear resistance and impact resistance.
図3aは、この開示の一実施形態のフロアパネル1を示している。このパネル1には、木質繊維ベースのコア6と、均質で非透明な装飾層5、および好ましくはバランス層7が設けられている。このパネル1は、表面層、コアおよびバランス層が同一のプレス操作で形成される製造工程において一体的に形成される。   FIG. 3a shows a floor panel 1 of one embodiment of this disclosure. The panel 1 is provided with a wood fiber based core 6, a homogeneous and non-transparent decorative layer 5, and preferably a balance layer 7. The panel 1 is integrally formed in a manufacturing process in which the surface layer, the core, and the balance layer are formed by the same pressing operation.
図3bは、表面層5を示している。それは、木質繊維14、小さく固い耐摩耗性粒子12、12、およびバインダ19の混合物を含んでなる。好ましくは、木質繊維は、精製されてない、HDFおよびパーティクルボードに用いられるものと同じタイプのものであり、それらはリグニンのような天然樹脂を含んでいる。耐摩耗性粒子(12,12')は、好ましくは酸化アルミニウム粒子である。他の適切な材料は、例えば二酸化ケイ素またはカーボランダムである。ダイヤモンド結晶あるいは粉末を表面層に加えることもできる。一般的に、ロックウェルC硬度が70以上のすべての材料を用いることができるが、それらは透明である必要はない。2つ以上の材料の混合物を用いることもできる。図3bから判るように、コア6と表面層5の間の結合34は、2つの層の繊維が混合して融着しているという事実により、明瞭な層ではない。このことが、コアと表面層とのきわめて強い結合をもたらしている。   FIG. 3 b shows the surface layer 5. It comprises a mixture of wood fibers 14, small hard wear-resistant particles 12, 12 and a binder 19. Preferably, the wood fibers are of the same type as those used in HDF and particleboard, which are not refined, and they contain a natural resin such as lignin. The wear resistant particles (12, 12 ') are preferably aluminum oxide particles. Other suitable materials are, for example, silicon dioxide or carborundum. Diamond crystals or powder can also be added to the surface layer. In general, any material with a Rockwell C hardness of 70 or greater can be used, but they need not be transparent. Mixtures of two or more materials can also be used. As can be seen from FIG. 3b, the bond 34 between the core 6 and the surface layer 5 is not a distinct layer due to the fact that the fibers of the two layers are mixed and fused. This results in a very strong bond between the core and the surface layer.
表面層は、好ましくは着色顔料15あるいは他の装飾材料若しくは化学薬品を含んでいる。   The surface layer preferably contains the colored pigment 15 or other decorative material or chemical.
この開示の実施形態は、公知のフロアパネルにおけるよりも耐摩耗層5をきわめて厚くすることができるという利点をもたらす。耐摩耗層および装飾層の厚みは、例えば0.1〜0.2mmから例えば2〜4mmあるいはそれ以上へと変更することができる。装飾的な特性が維持されている時の耐摩耗性は極めて高く、厚みが約1.0mmの表面層においては、例えば約100,000回転の範囲あるいはより高い。   The embodiment of this disclosure provides the advantage that the wear-resistant layer 5 can be much thicker than in known floor panels. The thickness of the wear-resistant layer and the decorative layer can be changed, for example, from 0.1 to 0.2 mm to, for example, 2 to 4 mm or more. The wear resistance when the decorative properties are maintained is very high, for example in the range of about 100,000 revolutions or higher in a surface layer with a thickness of about 1.0 mm.
そのようなパネルは、フロアパネルとして用いることができるが、高い耐摩耗性が必要とされる機械や自動車等の部品として用いることもでき、また例えばガラス繊維で補強される複雑な射出成形あるいは押出部品を形成することもできる。   Such a panel can be used as a floor panel, but it can also be used as a part for machines and automobiles that require high wear resistance, and it is a complex injection molding or extrusion that is reinforced with glass fiber, for example Parts can also be formed.
この開示の好ましい実施形態の表面層は、この表面層の上側部分に配置されるとともに第1の耐摩耗性粒子12を含む第1の上側水平面H1を有した垂直部分Pを備えている。それは、第1の耐摩耗性粒子12の下側に配置されるとともに天然樹脂と木質繊維を含む第2の中間水平面H2を有している。それは、第2の水平面H2の下側に配置されるとともに第2の摩耗性粒子12を含む第3の下側水平面H3を有している。繊維および耐摩耗性粒子は、好ましくは着色顔料と混合することができる。そのような実施形態は、その装飾的な特性を維持する耐磨耗性の高い表面層をもたらす。摩耗が第2の水平面H2まで第1の上側繊維を取り除いたときにも、この表面は損傷を受けない。約0.1mmの表面だけが取り除かれる。それから、摩耗は第2の水平面H2まで材料を取り除くが、この表面はその装飾的な特性をまだ維持している。摩耗は、第3の水平面まで材料を取り除かなければならない。そして、耐摩耗性粒子あるいは着色顔料を含む更なる水平面がなくなると、表面はその装飾的な特性を変える。表面層は、互いに隣接するとともにパネルの前側から異なる距離で、例えば0.1mm、0.2mm、0.3mm、0.4mm、0.5mm等で配置された多くの水平面を有することができるが、それらは耐摩耗性粒子あるいは木質繊維を含んでなることができる。この開示の実施形態は、かなり良好な、例えば現存する積層床材より5〜10倍良好な耐摩耗性を達成できるという利点をもたらす。表面の摩耗は、表面層の厚みを減らすだけである。耐摩耗性および装飾的な特性は、制御されかつ予め定められた方法で完全にあるいは基本的に維持され若しくは変化する。   The surface layer of the preferred embodiment of the present disclosure comprises a vertical portion P having a first upper horizontal plane H1 disposed on the upper portion of the surface layer and containing the first wear-resistant particles 12. It has a second intermediate horizontal plane H2 which is arranged below the first wear-resistant particles 12 and which contains natural resin and wood fibres. It has a third lower horizontal plane H3 which is arranged below the second horizontal plane H2 and contains the second wearable particles 12. The fibers and wear resistant particles can preferably be mixed with a colored pigment. Such an embodiment results in a highly wear-resistant surface layer that maintains its decorative properties. This surface is also not damaged when the abrasion removes the first upper fiber to the second horizontal plane H2. Only about 0.1 mm of the surface is removed. The wear then removes the material to the second horizontal plane H2, but this surface still maintains its decorative properties. Abrasion must remove material to the third horizontal plane. The surface then changes its decorative properties when there are no further horizontal surfaces containing wear-resistant particles or colored pigments. The surface layer can have many horizontal planes arranged adjacent to each other and at different distances from the front side of the panel, for example, 0.1 mm, 0.2 mm, 0.3 mm, 0.4 mm, 0.5 mm, etc. They can comprise wear-resistant particles or wood fibers. Embodiments of this disclosure provide the advantage that abrasion resistance can be achieved that is much better, eg, 5-10 times better than existing laminate floorings. Surface wear only reduces the thickness of the surface layer. Wear resistance and decorative properties are maintained or changed completely or essentially in a controlled and predetermined manner.
好ましいバインダは、メラミンあるいは尿素ホルムアルデヒド樹脂である。その他のバインダ、好ましくは合成熱硬化性樹脂を用いることもできる。   A preferred binder is melamine or urea formaldehyde resin. Other binders, preferably synthetic thermosetting resins, can also be used.
図3cは、好ましくは木質繊維14″およびバインダを含んでなるバランス層7を、フロアパネルの下側に設け得ることを示している。繊維、バインダおよびプレス温度は、表面層のバランスをとるとともにパネルを平坦に保つために適切な方法で調整しなければならない。バランス層7は、好ましくはより高い温度、例えば表面層5より5〜20度高い温度でプレスされる。   FIG. 3c shows that a balance layer 7 preferably comprising wood fibers 14 ″ and a binder can be provided on the underside of the floor panel. The fibers, binder and pressing temperature balance the surface layer and The balance layer 7 is preferably pressed at a higher temperature, for example 5-20 degrees higher than the surface layer 5, in order to keep the panel flat.
ここで非限定的な実施例として言及すると、表面層は、例えば25%(重量)の酸化アルミニウム、25%の木質繊維、25%のメラミン樹脂および25%の着色顔料を含むことができる。表面層は、例えば0.1mm〜3mmの範囲あるいはより大きい厚みを有することができる。最も好ましい厚みは、0.5〜1.5mmである。   Referring now to a non-limiting example, the surface layer can comprise, for example, 25% (by weight) aluminum oxide, 25% wood fiber, 25% melamine resin and 25% colored pigment. The surface layer can have a thickness in the range of 0.1 mm to 3 mm or greater, for example. The most preferable thickness is 0.5 to 1.5 mm.
図3dは、SOC原理に基づく事前の別個の操作で製造されたコア6上に表面層5が形成されたパネルを示している。コア6と表面層5との間には明瞭な結合34がある。この結合34は、きわめて強いものとすることができる。特にコアが例えばパーティクルボードのようなHDFあるいは木質ベースのパネルである場合に、表面層5からのバインダ19がコア6の上部に浸透するからである。表面層5内のバインダ19は、例えば耐湿性を高めるべくコアの上側部分に浸透して補強するように特別に調整することができる。表面層5の上側部分および下側部分には、異なるバインダあるいはバインダ含有量を用いることができる。   FIG. 3d shows a panel in which a surface layer 5 is formed on a core 6 manufactured in a prior separate operation based on the SOC principle. There is a clear bond 34 between the core 6 and the surface layer 5. This bond 34 can be very strong. This is because the binder 19 from the surface layer 5 penetrates into the upper portion of the core 6 particularly when the core is an HDF or a wood-based panel such as a particle board. The binder 19 in the surface layer 5 can be specially adjusted to penetrate and reinforce the upper part of the core, for example, in order to increase moisture resistance. Different binders or binder contents can be used for the upper part and the lower part of the surface layer 5.
図4a、図4bおよび図5aは、繊維ベースのパネルを製造するために用い得る好ましい製造方法を模式的に示している。この方法は、模式的にかつ表面層を上側の層として記載されている。この製造が、表面層を下側の層として行い得ることは明らかである。   Figures 4a, 4b and 5a schematically illustrate a preferred manufacturing method that can be used to manufacture fiber-based panels. This method is described schematically and with the surface layer as the upper layer. It is clear that this production can be performed with the surface layer as the lower layer.
図4aは、パネル、好ましくはIFP原理に基づくフロアパネルの製造を示している。
散乱ステーションは、バランス層を構成する第1層7をコンベヤ20上に付加するために用いられる。コア層を構成する第2層6は、バランス層上に同様に付加される。これらの2つの層は、好ましくは木質繊維およびバインダだけを含む。第3層、表面層5は、コア層6上に拡散ステーションによって付加される。この表面層5は、好ましくは木質繊維、バインダおよび耐摩耗性粒子を含む。この表面層5はまた、好ましくは、表面層にベース色を与える着色顔料を含む。この製造方法は、好ましくは中間のプレス段階を含み、木質繊維はローラ21、若しくは連続したプレス装置、あるいは類似の装置によって部分的に圧縮される。繊維は、好ましくは、この中間の製造段階においては少なくとも完全には硬化しない。
FIG. 4a shows the manufacture of a panel, preferably a floor panel based on the IFP principle.
The scattering station is used to add the first layer 7 constituting the balance layer on the conveyor 20. The second layer 6 constituting the core layer is similarly added on the balance layer. These two layers preferably contain only wood fibers and a binder. The third layer, the surface layer 5, is applied on the core layer 6 by a diffusion station. This surface layer 5 preferably comprises wood fibers, a binder and wear resistant particles. This surface layer 5 also preferably contains colored pigments that give the surface layer a base color. This manufacturing method preferably includes an intermediate pressing stage, in which the wood fibers are partially compressed by the roller 21 or a continuous pressing device or similar device. The fibers are preferably not at least fully cured during this intermediate manufacturing stage.
散乱ステーション60は、各材料組成毎に1つずつの、いくつかの散乱ユニット60a、60b、60cを有することができる。高度な製造ラインは、最高で10およびそれ以上の散乱ユニットを備えることができる。   Scattering station 60 can have several scattering units 60a, 60b, 60c, one for each material composition. Advanced production lines can have up to 10 and more scattering units.
表面層5に装飾的な特徴を与える、例えばインクジェットプリンタ22あるいは類似の製造装置による表面上の印刷、着色および類似のデザイン効果は、床板の製造に合わせて用いることができる。印刷は、好ましくは、最終的なプレスの前に、予備プレスされた表面上になされる。   The printing, coloring and similar design effects on the surface by, for example, an ink jet printer 22 or similar manufacturing equipment that gives the surface layer 5 decorative features can be used in conjunction with the manufacture of floorboards. Printing is preferably done on the pre-pressed surface prior to final pressing.
散乱ステーションは、例えば追加の装飾的な粒子を付加するために、予備プレスの後で用いることもできる。第2の予備プレスおよび装飾材料の更なる付加は、最終的なプレスの前に行うことができる。   The scattering station can also be used after pre-pressing, for example to add additional decorative particles. Further additions of the second pre-press and decorative material can be made before the final press.
予備プレスされた層は、そのような製造段階を用いる場合には印刷の後に熱および圧力の下でプレスされ、繊維および耐摩耗性粒子は熱および圧力の下で硬化するバインダによって結合する。固くて装飾的な表面層を備えたパネルが得られる。   The pre-pressed layer is pressed under heat and pressure after printing when such a manufacturing stage is used, and the fibers and wear-resistant particles are bonded by a binder that cures under heat and pressure. A panel with a hard and decorative surface layer is obtained.
連続したプレスが好ましいが、1つあるいは複数の隙間を有した不連続なプレスを用いることもできる。   A continuous press is preferred, but a discontinuous press with one or more gaps can also be used.
選択的に表面デザインと整合させ得るエンボス加工された表面を作り出すために、プレスは、エンボス加工された圧力マトリックス、例えばスチールベルト23、エンボスシートあるいは紙ベースのエンボス加工されたマトリックスに対して行うことができる。高品質に整合したデザインおよびエンボス加工は、統合されたプレスおよび設計法によって得ることができるが、それは床材の工業分野には用いられない。全てのそのような設計上の特徴は、印刷およびプレスの2つの別個の段階に基づいているからである。   In order to create an embossed surface that can be selectively aligned with the surface design, the press should be performed on an embossed pressure matrix, such as a steel belt 23, embossed sheet or paper-based embossed matrix Can do. A design and embossing consistent with high quality can be obtained by integrated pressing and design methods, but it is not used in the flooring industry. All such design features are based on two distinct stages of printing and pressing.
この開示の実施形態によると、統合されたプレスおよびデザイン「スタンプ」法を用いることができる。それによって、突起を有しているエンボス加工された圧力マトリックスを用いることができるが、それらの突起は、例えば突起の間の低い部分に配置されたマトリックスの部分にではなく突起にだけ塗料を付加するゴムローラにより、選択された塗料で覆われる。プレスの間、表面層の一番上の部分の下側にプレスされる表面の部分にだけ選択された塗料を付加することができ、完全に整合したデザインおよび構造を得ることができる。この「スタンプ」法は、図16a〜図16eに更に詳細に記載されている。プレスサイクルの最初の部分の間に塗料が繊維構造内に浸透するように、塗料およびプレスを選択することができる。塗料とは別の材料、例えば特別な繊維あるいは粒子をプレスマトリックス上に配置されている突起上に付加するために、また表面の一番上の部分よりも深い構造にそれらを付加するために、同じ方法を用いることができる。   According to embodiments of this disclosure, an integrated press and design “stamp” method can be used. Thereby, an embossed pressure matrix with protrusions can be used, but these protrusions only apply paint to the protrusions, for example to the part of the matrix located in the lower part between the protrusions The rubber roller is covered with the selected paint. During pressing, the selected paint can be applied only to the portion of the surface that is pressed under the top portion of the surface layer, resulting in a perfectly matched design and structure. This “stamp” method is described in more detail in FIGS. 16a-16e. The paint and press can be selected so that the paint penetrates into the fiber structure during the first part of the press cycle. To add materials other than paint, such as special fibers or particles, on the protrusions arranged on the press matrix, and to add them to structures deeper than the top part of the surface, The same method can be used.
バインダは、好ましくはメラミンホルムアルデヒド樹脂である。圧力は、好ましくは約300〜800N/cm2であり、かつ温度は120〜220℃とすることができる。プレス時間は、製造速度、パネルの厚み、バインダ、その他に応じて、例えば20秒〜5分まで変更することができる。床材の密度は、好ましくは700〜1000kg/m3である。密度が1000〜1500kg/m3で、耐湿性および耐衝撃性がきわめて高い床材を製造することは可能である。表面層は、基本的に1mmより小さい木質繊維を含むかあるいはそれから構成することができる。表面層は、基本的に0.5mmより小さい粉末の形態の木質繊維を含みむかあるいはそれから構成することができる。表面層は、約0.1〜0.3mmの範囲あるいはそれより小さい粒子を有した木の粉末の形態の繊維を含むかあるいはそれから構成することができる。コア部分内の繊維の粒子は、0.1〜1.0mmあるいはそれより大きいものとすることができる。   The binder is preferably a melamine formaldehyde resin. The pressure is preferably about 300-800 N / cm 2 and the temperature can be 120-220 ° C. The pressing time can be changed, for example, from 20 seconds to 5 minutes, depending on the manufacturing speed, panel thickness, binder, and the like. The density of the flooring is preferably 700 to 1000 kg / m3. It is possible to produce a flooring material having a density of 1000 to 1500 kg / m3 and extremely high moisture resistance and impact resistance. The surface layer can basically comprise or consist of wood fibers smaller than 1 mm. The surface layer can comprise or consist of wood fibers which are basically in the form of a powder smaller than 0.5 mm. The surface layer may comprise or consist of fibers in the form of wood powder having particles in the range of about 0.1 to 0.3 mm or smaller. The fiber particles in the core portion can be 0.1-1.0 mm or larger.
特に高品質な表面層5は、バインダ、着色顔料および耐摩耗性粒子と混合された木質繊維が予めコーティングされ、バインダ、例えばメラミンあるいは尿素ホルムアルデヒド樹脂とともに完全にまたは部分的に予め硬化し、あるいはプレスされ、次いで、好ましくは当初の木質繊維より小さくてコンパクトな木質繊維の粉末あるいは木質繊維のチップに分離される場合に達成することができる。そのような繊維の組成は、耐摩耗性粒子と混合するのに特によく適しており、印刷操作のためにコンパクトで明瞭なベースを作り出すことができる。耐摩耗性粒子は、表面層の全体にわたって均一に散乱させることができ、高い耐摩耗性および耐スクラッチ性を達成することができる。そのようなコーティングされた繊維は、機械的に切断して小さな木質繊維チップおよび/または木質繊維に分離できるリサイクルされたHDFあるいはHDFベースの積層床材から得ることができる。これらのチップおよび繊維は、それらが酸化アルミニウムまたは小さいメラミン/紙フレークを含む場合であっても、すべての層(5、6、7)に用いることができる。木質繊維は、メラミンおよび紙粒子から分離するとともに、表面層5および/またはコア6および/またはバランス層7にメラミンコート繊維として用いることができる。   A particularly high quality surface layer 5 is pre-coated with wood fibers mixed with a binder, color pigments and wear-resistant particles, precured completely or partially with a binder, for example melamine or urea formaldehyde resin, or pressed Can then be achieved if preferably separated into wooden fiber powder or wood fiber chips which are smaller and more compact than the original wood fiber. Such fiber composition is particularly well suited for mixing with wear resistant particles and can create a compact and clear base for printing operations. The wear resistant particles can be uniformly scattered throughout the surface layer, and high wear and scratch resistance can be achieved. Such coated fibers can be obtained from recycled HDF or HDF-based laminate flooring that can be mechanically cut into small wood fiber chips and / or wood fibers. These chips and fibers can be used for all layers (5, 6, 7), even if they contain aluminum oxide or small melamine / paper flakes. The wood fibers can be separated from melamine and paper particles and used as melamine coated fibers in the surface layer 5 and / or the core 6 and / or the balance layer 7.
図4bが示す、実質的に同一な製造方法は、この好ましい実施形態においてSOCパネルを製造するために用いられる。バランス層7は、コンベヤ上に付加される。バランス層は、上述したような木質繊維ベースの層、あるいは従来の積層床材の製造に用いられる従来のバランス紙とすることができる。予め成形されたコア6、例えばHDF若しくはパーティクルボードあるいは任意のタイプの板は、バランス層の上に配置される。表面層5は、上述したものと同じ方法により散乱ステーション60においてコア上に付加され、上側の層および下側の層はプレスの際にコアに接続されて、表面層5、コア6およびバランス層7からパネルが形成されるようにする。   The substantially identical manufacturing method shown in FIG. 4b is used to manufacture the SOC panel in this preferred embodiment. A balance layer 7 is applied on the conveyor. The balance layer can be a wood fiber based layer as described above or a conventional balance paper used in the manufacture of conventional laminated flooring. A pre-molded core 6, such as HDF or particle board or any type of plate, is placed on the balance layer. The surface layer 5 is applied on the core at the scattering station 60 in the same manner as described above, the upper layer and the lower layer being connected to the core during pressing, the surface layer 5, the core 6 and the balance layer. A panel is formed from 7.
バランス層7は、装飾的なものとし、かつ耐摩耗性粒子を含むことができる。これは、この開示によるパネルが、その両側に表面層5、5'を有することができることを意味している。そのような表面層は異なるデザインとすることができ、輸送されかつ貯蔵されなければならない物品の数を減少させる。この開示の実施形態はそのような両面パネルにきわめて適している。装飾的な層を後側に設けるためのコストを、かなり限定することができるからである。好ましくは水平方向あるいは垂直方向のスナップ嵌合によってそのようなパネルの係止を可能とするために、機械的な係止システムを適合させることができる。   The balance layer 7 is decorative and can contain wear-resistant particles. This means that a panel according to this disclosure can have surface layers 5, 5 'on both sides thereof. Such surface layers can be of different designs, reducing the number of articles that must be transported and stored. The embodiments of this disclosure are well suited for such double-sided panels. This is because the cost for providing the decorative layer on the rear side can be considerably limited. A mechanical locking system can be adapted to allow locking of such panels, preferably by horizontal or vertical snap fit.
図5aは、別々の表面層として用いることができるパネルを形成するSSL原理を示している。この製造装置は、上述した他の2つの方法と同じ基本的な方法で用いられる。主な違いは、床材3が、好ましくは約0.5〜3mmの厚みの表面層5であるということである。この表面層は、好ましくは接着剤によって、任意のタイプのコア材料に結合することができる。   FIG. 5a shows the SSL principle of forming a panel that can be used as a separate surface layer. This manufacturing apparatus is used in the same basic method as the other two methods described above. The main difference is that the flooring 3 is a surface layer 5, preferably about 0.5-3 mm thick. This surface layer can be bonded to any type of core material, preferably by an adhesive.
装飾的な特徴は、多くの代りの方法で得ることができる。最も基礎的な実施形態においては、この表面は、実質的に木質繊維および耐摩耗性粒子だけから構成することができる。1つのベース色のデザインがあけば十分であり、そのような場合、着色顔料は木の繊維と混合され、他の設計段階のためのベース構造を形成する予備プレスは必要ではない。しかしながら、予備プレスは、以下の文に後述するように他の目的のために用いることができる。   Decorative features can be obtained in many alternative ways. In the most basic embodiment, this surface can consist essentially of wood fibers and wear-resistant particles. It is sufficient to open one base color design, in which case the colored pigment is mixed with the wood fibers and no pre-press is required to form the base structure for the other design steps. However, the pre-press can be used for other purposes as will be described later in the text below.
図5bは、装飾的な模様が、異なる色30、31および/または異なる繊維構造、繊維サイズ、繊維タイプの繊維を混合することによって得られることを示している。   FIG. 5b shows that the decorative pattern is obtained by mixing fibers of different colors 30, 31 and / or different fiber structures, fiber sizes, fiber types.
図5cは、好ましくは予備プレスされた表面上の印刷に類似した印刷32あるいパターンを付加するために用い得るインクジェットスプレーヘッド24を示している。インクは、プレスの前に繊維に浸透し、プレスの後においては硬化した表面の内部深くに配置される。インクまたは着色粒子は、表面の上側部分の下方の0.1〜1.0mmあるいはより深いところに付加することができる。このインクは、好ましくは、上側の耐摩耗性粒子より下側のレベルに浸透する。   FIG. 5c shows an inkjet spray head 24 that can be used to apply a print 32 or pattern similar to the print on a pre-pressed surface. The ink penetrates the fibers before pressing and is placed deep inside the cured surface after pressing. Ink or colored particles can be added 0.1-1.0 mm below or deeper below the upper portion of the surface. This ink preferably penetrates to a level below the upper wear-resistant particles.
図6aは、例えば、押し出しヘッド26を有した押出機25が、色および/または構造および/または密度および/または耐摩耗性が異なる、別々に押出成形された繊維33をベース繊維層上に付加できることを示している。押出成形される繊維は、好ましくはバインダおよび選択的に耐摩耗性の粒子と混合される。   FIG. 6a shows, for example, that an extruder 25 with an extrusion head 26 adds separately extruded fibers 33 of different color and / or structure and / or density and / or wear resistance onto the base fiber layer. It shows what you can do. The fibers to be extruded are preferably mixed with a binder and optionally wear resistant particles.
図6bは、別個の繊維33をプレスして表面層5に接合できることを示している。   FIG. 6 b shows that separate fibers 33 can be pressed and bonded to the surface layer 5.
図6cは、ベース繊維の表面より低い耐摩耗性の別個の繊維35を付加できることを示している。表面にブラシをかけると、別個の繊維35の上側の表面の一部が取り除かれて装飾的な溝が得られる。これは、構造と着色デザインとが完全に整合するようにする。   FIG. 6c shows that separate fibers 35 can be added that are less wear resistant than the surface of the base fiber. When the surface is brushed, a portion of the upper surface of the separate fiber 35 is removed, resulting in a decorative groove. This ensures that the structure and coloring design are perfectly matched.
図6dは、表面に装飾的な特性を与えるために、例えば木、金属、合成樹脂その他のフレーク36のような他の別個の材料を用い得ることを示しており、かつこれらの別個の材料はベース繊維の表面にプレスすることができる。   FIG. 6d shows that other distinct materials such as wood, metal, synthetic resin and other flakes 36 can be used to impart decorative properties to the surface, and these distinct materials are It can be pressed onto the surface of the base fiber.
図6eは、表面にマトリックスをプレスして溝、斜面、グラウトラインおよび類似の物を作り出し得ることを示している。そのようなエンボスは、紙が損傷を受ける従来の積層床材により非常に深くいものとすることができる。例えば1〜2mmあるいはより深いエンボスを容易に得ることができる。   FIG. 6e shows that the matrix can be pressed onto the surface to create grooves, bevels, grout lines and the like. Such embossing can be much deeper with conventional laminate flooring where the paper is damaged. For example, 1-2 mm or deeper embossing can be easily obtained.
図6fは、表面のデザインが、表面上のパターン内に配置される例えば木の繊維、好ましくは本質的に個々の繊維あるいは個々の繊維の一群から得られることを示している。それらは、本物の木と同様な材料層を構築するように整合された、いくつかの層に付加することができる。   FIG. 6f shows that the surface design is derived from, for example, wood fibers, preferably essentially individual fibers or groups of individual fibers, arranged in a pattern on the surface. They can be added to several layers that are aligned to build a material layer similar to real wood.
デザイン効果を作り出す上述した全ての方法は、予備プレス操作の有無にかかわらずIFP、SOCおよびSLLの実施形態に用いることができる。   All of the above-described methods of creating design effects can be used for IFP, SOC and SLL embodiments with or without a pre-press operation.
図7aは、この開示の一実施形態のパネルを示している。このパネルが備える表面層5は、この開示の一実施形態によって製造されるとともに、公知のコア材6に接着されあるいは積層される。バランス層7は、図7bに示したように後側に付加されている。この床材3は、上述したIFP、SOCあるいはSSLの原理で製造される。図7cは、いくつかの床要素2に切断された後の床板を示している。図7dは、長い縁部にある機械的な係止システム4、4'によってフロアパネル1に形成された床要素を示している。機械的な係止システムは、一般的に短い縁部上にも形成される。傾斜、水平および垂直方向のスナップ嵌合およびサイドプッシュ等の係止を可能とする全ての係止システムを用いることができる。しかしながら、フロアパネルは、むしろ単純な係止システムあるいはタイルや石に類似した直線的な縁部を持つことができ、かつそれらはサブフロアに接着することができる。   FIG. 7a shows a panel of one embodiment of this disclosure. The surface layer 5 included in the panel is manufactured according to an embodiment of the present disclosure, and is bonded or laminated to a known core material 6. The balance layer 7 is added to the rear side as shown in FIG. 7b. This flooring 3 is manufactured on the principle of IFP, SOC or SSL described above. FIG. 7 c shows the floorboard after it has been cut into several floor elements 2. FIG. 7d shows the floor element formed in the floor panel 1 by a mechanical locking system 4, 4 ′ at the long edge. Mechanical locking systems are also typically formed on short edges. Any locking system that allows locking such as tilt, horizontal and vertical snap-fit and side push can be used. However, the floor panels can have rather simple locking systems or straight edges similar to tiles and stones, and they can be glued to the subfloor.
図8aが示している、この開示の一実施形態のパネルは、一般的に従来の積層床材の製造に用いられるものと同じ基礎的な装置で製造することができる。このパネルは、表面層5、HDFコア6およびバランス層7を備えている。表面層は好ましくは粉末の形態であり、薄い層として散乱させることができるとともに、予め製造された繊維ベースのコア、好ましくは6〜8mmのHDFコア上に0.1〜0.5mmの表面層を形成できるようになっている。バインダは、今日用いられているパラメータと同様のプレス時間、温度および圧力で、従来の連続したあるいは不連続な直接積層プレスでプレスすることができるように適合させることができる。表面層の厚さは変更することができるが、表面層の最終的な厚みがエンボスの深さを上回り、あるいは少なくともこれらのパラメータが本質的に同じ範囲内にあることが好ましい。切断し機械加工した縁部をリサイクルしたHDF繊維を、表面層に用いることができる。   The panel of one embodiment of this disclosure, shown in FIG. 8a, can be manufactured with the same basic equipment that is typically used in the manufacture of conventional laminate flooring. This panel includes a surface layer 5, an HDF core 6 and a balance layer 7. The surface layer is preferably in the form of a powder and can be scattered as a thin layer and has a 0.1-0.5 mm surface layer on a pre-fabricated fiber-based core, preferably a 6-8 mm HDF core Can be formed. The binder can be adapted so that it can be pressed in a conventional continuous or discontinuous direct lamination press with press times, temperatures and pressures similar to the parameters used today. Although the thickness of the surface layer can vary, it is preferred that the final thickness of the surface layer exceeds the depth of the embossment, or at least these parameters are essentially within the same range. Cut and machined edges recycled HDF fibers can be used for the surface layer.
図8bに示した床パネル1、1'が備える機械的な係止システムは、係止溝44と協動してパネル1、1を水平方向に係止する係止要素48を具備した条片46を有している。
この係止システムはまた、舌片溝49と協動してパネル1、1'を垂直方向に係止する舌片40を備えている。柔軟な密封材50は、製造の間にあるいは組立の間に、装飾的な効果を生じさせるためにおよび/または連結部に浸透する湿気を防止するために、2つの縁部の間に付加することができる。製造の間に熱可塑性材料を繊維に取り込むとともに、隣接する縁部の一方あるいは両方と一体化した縁部密封材へと機械加工することができる。
The mechanical locking system of the floor panel 1, 1 ′ shown in FIG. 8 b is a strip with a locking element 48 that cooperates with the locking groove 44 to lock the panel 1, 1 in the horizontal direction. 46.
The locking system also includes a tongue 40 that cooperates with the tongue groove 49 to lock the panels 1, 1 ′ vertically. A flexible seal 50 is added between the two edges to produce a decorative effect and / or prevent moisture from penetrating the connection during manufacture or during assembly. be able to. The thermoplastic material can be incorporated into the fiber during manufacture and machined into an edge seal integral with one or both of the adjacent edges.
縁部の形成は、大きな回転ダイヤモンド工具によって従来の方法で行うことができる。
上側の縁部は、いくつかの実施形態においては耐摩耗性を極めて高めることができるが、木質繊維マトリックスから耐摩耗性粒子を破壊して分離する高品質なダイヤモンド工具で形成することができる。それに代えて、レーザあるいはダイヤモンド工具による彫刻を用いることもできる。好ましい実施形態は、レーザと彫刻の組合せであり、直線的な切断部分および好ましくは上側の縁部をレーザで形成し、好ましくは表面層の下側のより柔軟なコア材料にあるU字溝、空洞および丸められる部分を彫刻によって形成する。レーザ光線は、縁部、好ましくは上側の縁部を熱でシールするために用いることもできる。
The edge formation can be done in a conventional manner with a large rotating diamond tool.
The upper edge can be very wear resistant in some embodiments, but can be formed of a high quality diamond tool that breaks and separates the wear resistant particles from the wood fiber matrix. Alternatively, engraving with a laser or diamond tool can be used. A preferred embodiment is a combination of laser and engraving, with a straight cut and preferably an upper edge formed with a laser, preferably a U-groove in the softer core material below the surface layer, The cavity and the rounded part are formed by engraving. The laser beam can also be used to heat seal the edge, preferably the upper edge.
レーザ切断は、粗い石あるいはタイルと同様に見える粗い構造の縁部または溝を形成するために特に適している。そのような粗い縁部は、例えばパネルの縁部の一部がレーザ切断ヘッドに対して変位するときに、焦点位置および/または焦点距離および/またはビームの幾何学的形状が縁部に沿って変化する光線を有したレーザ切断ヘッドで形成することができる。そのような縁部は、従来の切削ツールで形成することができない。これらの方法および実施形態の全ては、従来の積層および木質のフローリングに用いることができる。   Laser cutting is particularly suitable for forming rough structured edges or grooves that look similar to a rough stone or tile. Such a rough edge is such that when a part of the edge of the panel is displaced relative to the laser cutting head, the focal position and / or focal length and / or beam geometry is along the edge. It can be formed with a laser cutting head having a changing light beam. Such edges cannot be formed with conventional cutting tools. All of these methods and embodiments can be used for conventional lamination and wood flooring.
図8cに示されている組み合わせコアを備えるフロアパネルは、例えば表面層5、この開示の一実施形態により互いに結合された例えばコルク粒子を含むコア層6a、木質繊維を含む木質繊維ベースのコア6、および例えばコルク粒子を含むバランス層7を有している。すべての層は、密度を異ならせることができる。   The floor panel comprising the combination core shown in FIG. 8c comprises, for example, a surface layer 5, a core layer 6a comprising eg cork particles bonded together according to one embodiment of the disclosure, a wood fiber based core 6 comprising wood fibers. And a balance layer 7 containing, for example, cork particles. All layers can have different densities.
図8dは、本質的に水平方向に延びる溝52を、表面層の下側のコアにおける、例えば彫刻、従来の機械加工あるいはレーザ切断によって形成できることを示している。本質的に垂直な切断部分51は、同じ方法で表面層に形成することができる。また、上側の表面は限定された機械加工および工具によって取り除くことができる。粗い傾斜部分は、同様の方法で縁部に形成することができる。   FIG. 8d shows that the essentially horizontally extending groove 52 can be formed in the lower core of the surface layer, for example by engraving, conventional machining or laser cutting. The essentially vertical cut portion 51 can be formed in the surface layer in the same way. Also, the upper surface can be removed with limited machining and tools. The rough sloped portion can be formed on the edge in a similar manner.
図9a、図9bは、乾燥した材料を層に分布させるために用いることができる散乱ステーション60を示している。繊維、耐摩耗性粒子、粉末の形態のバインダおよび粉末の形態の着色顔料は、例えば混合して、彫刻ローラ53に接触している容器55に加えることができる。このローラ53は、回転の間に混合材料56がブラシローラ54と接触するようにし、材料56はコンベヤベルト20上にあるいは他の層若しくは板の材料上に付加される。   Figures 9a and 9b show a scattering station 60 that can be used to distribute the dried material into layers. The fibers, the wear-resistant particles, the binder in the form of powder and the colored pigment in the form of powder can be mixed and added to the container 55 in contact with the engraving roller 53, for example. This roller 53 causes the mixed material 56 to contact the brush roller 54 during rotation, and the material 56 is applied on the conveyor belt 20 or on other layers or plates of material.
大きくて重い材料が軽い粒子の下に付加される図9aから判るように、かつそれとは反対のことが生じる図9bから判るように、材料の流れの方向は粒子の位置に影響を与え得る。異なる層への粒子の分離は、コンベヤベルト20に向かってより垂直方向に落下する軽い粒子よりも遠くに重い粒子が分散するようにするブラシローラ54によって得ることができる。   As can be seen from FIG. 9a where large and heavy material is added under the light particles, and vice versa, the direction of material flow can affect the position of the particles. Separation of the particles into different layers can be obtained by a brush roller 54 that causes heavier particles to disperse farther than light particles that fall more vertically toward the conveyor belt 20.
硬い耐摩耗性粒子は、製造の間に鋼板上にひどい摩耗を生じさせる。この問題は、以下に述べるいくつかの方法のうちの1つを用いることによって回避することができる。   Hard wear resistant particles cause severe wear on the steel sheet during manufacture. This problem can be avoided by using one of several methods described below.
上側の層は、メラミン粉末および基本的に平らな酸化アルミニウム粒子を含むことができる。   The upper layer can contain melamine powder and essentially flat aluminum oxide particles.
例えば繊維およびバインダだけで酸化アルミニウム粒子を含まないきわめて薄い上側の層を、耐摩耗性の層の上に付加することもできる。この薄い層は、取付けの後に短期間で消失する。しかしながら、装飾的な効果は、この表面層の固い構造によって維持される。   For example, a very thin upper layer with only fibers and binder and no aluminum oxide particles can be applied over the wear-resistant layer. This thin layer disappears in a short time after installation. However, the decorative effect is maintained by the hard structure of this surface layer.
表面層の上側部分は、例えば本質的にメラミン樹脂のみから成る、薄い層から構成することができる。   The upper part of the surface layer can consist of a thin layer, for example consisting essentially of melamine resin.
表面層の上側部分にある耐摩耗性粒子は、極めて小さく、ナノサイズの粒径を有している。   The wear-resistant particles in the upper part of the surface layer are very small and have a nano-sized particle size.
薄い単板は、より厚くてより固い木の表面層と同様の外観を与える表面層を製造するために、繊維層と組み合わせることができる。単板はまた、コアを形成するために用いるものと同じ製造段階で形成して木質繊維ベースのコアに接続することができる。この方法は、この開示の実施形態の全体的な目的により、コストを減少させるとともに製造段階を省くことができる。   A thin veneer can be combined with a fiber layer to produce a surface layer that gives an appearance similar to that of a thicker and harder wood surface layer. The veneer can also be formed and connected to a wood fiber based core at the same manufacturing stage used to form the core. This method can reduce costs and eliminate manufacturing steps according to the overall objectives of the disclosed embodiments.
図10a〜図10cは、薄い表面層5、例えば0.3〜1.0mmの厚みの単板の層を、むくの木と同様の外観を与える深層構造と共に如何にして形成することができるかを示している。図10aは、如何にして床板を製造できるかを示している。薄い表面層5は、例えば、バインダ好ましくは熱硬化性のバインダと混合されるコルク6aまたは木質繊維を含んでなる下位層6b上に付加される。下位層6bは、例えば木質繊維ベースのコア、好ましくはHDFコア上に付加される。他のコア材、例えばパーティクルボード、合板、可塑材、天然繊維の不織含浸材料、その他を用いることができる。バランス層7は、コア6上に付加することもできる。図10bは、コア層がエンボス加工されている圧力マトリックス23によって如何にプレスされるか示している。このプレスは、熱および圧力の下で互いに結合して硬化する、下位層6bおよび表面層5を形成する。きわめて深いエンボスを得ることができるとともに、手作業でなめしたむくの木と同様な粗い表面を薄い単板から生成することができる。下位層は、表面層の特性、例えば吸音性および耐衝撃性を改良するために用いることができる。この方法はまた、IFP原理に基づいてコア上に単板を直接付加するために用いることができるし、従来のHDF製造ラインに用いることもできる。HDFが形成されるとともに、単板は同じ製造段階においてコアに積層される。この方法は、HDFの研摩および薄板の接着を省くことができるので、コストを低減する。   Figures 10a to 10c show how a thin surface layer 5, e.g. a single-sheet layer with a thickness of 0.3 to 1.0 mm, can be formed with a deep structure that gives an appearance similar to a peeled tree. ing. FIG. 10a shows how a floorboard can be produced. The thin surface layer 5 is applied, for example, on a cork 6a or a lower layer 6b comprising wood fibers mixed with a binder, preferably a thermosetting binder. The lower layer 6b is applied, for example, on a wood fiber based core, preferably an HDF core. Other core materials such as particle board, plywood, plastic material, non-woven impregnated material of natural fibers, etc. can be used. The balance layer 7 can also be added on the core 6. FIG. 10 b shows how the core layer is pressed by the embossed pressure matrix 23. This press forms a lower layer 6b and a surface layer 5 that are bonded and cured together under heat and pressure. A very deep embossing can be obtained and a rough surface similar to a manually tanned tree can be produced from a thin veneer. The lower layer can be used to improve the properties of the surface layer, such as sound absorption and impact resistance. This method can also be used to add a veneer directly on the core based on the IFP principle, or it can be used in a conventional HDF production line. As the HDF is formed, the veneer is laminated to the core in the same manufacturing stage. This method reduces costs by eliminating HDF polishing and sheet adhesion.
上述した実施形態の全てを、個別に、あるいは組合せて用いることができる。   All of the embodiments described above can be used individually or in combination.
この開示の実施形態による耐摩耗性の高い表面層を有した床パネルは、従来の鋸で切断することが困難である。この床パネルは、図6fに示したように表面層5の下側まで溝39を作ることができる後側から切断することが好ましい。次いで、この床パネルは、折り曲げて分割しあるいは分離することができる。   A floor panel having a highly wear-resistant surface layer according to embodiments of the present disclosure is difficult to cut with a conventional saw. The floor panel is preferably cut from the rear side, where a groove 39 can be made down to the lower side of the surface layer 5 as shown in FIG. 6f. The floor panel can then be folded and split or separated.
同一のプレス操作において、個々の床要素2あるいは床パネル1を製造し、係止システムの一部を形成することができる。タイルおよび石の形の製品を係止システムのない個々の製品として製造するとともに、それらの係止システムを予め接着された層によって後側に形成して、サブフロアに取り付けることによって従来の方法で容易に組み立てることができるすることができる。機械的な係止システムはまた、従来の方法である接着剤による取り付けを容易にするために用いることもできる。後側は、接着を容易にする、粗い構造あるいは特別に適合させた構造で製造することができる。   In the same pressing operation, individual floor elements 2 or floor panels 1 can be produced and form part of the locking system. Tile and stone shaped products are manufactured as individual products without a locking system, and the locking systems are formed on the back side by a pre-adhered layer and attached to the sub-floor to facilitate in the conventional way Can be assembled into. A mechanical locking system can also be used to facilitate attachment by an adhesive, which is a conventional method. The rear side can be manufactured with a rough or specially adapted structure that facilitates adhesion.
製造を簡単にして工具の摩耗を減少させるために、耐摩耗性粒子なしの特別に柔軟な繊維あるいは材料を、床板の床パネルへの分離が行われるとともに係止システムの部品が形成される表面に、局所的に付加することができる。後側に予め形成された溝は、分離を容易なものとすることができる。   Surfaces on which specially soft fibers or materials without wear-resistant particles are separated into floor panels and parts of the locking system are formed in order to simplify manufacturing and reduce tool wear Can be added locally. A groove formed in advance on the rear side can be easily separated.
図11aは、好ましくは設計あるいは構造が異なる2つの別々の表面層5、5'を備えたパネルを示している。装飾的な溝8は、図11bに示したように、下側の表面層5'が見えるような深さに形成することができる。きわめて精密で魅力的なデザイン効果を得ることができる。   FIG. 11a shows a panel with two separate surface layers 5, 5 ′, preferably of different design or structure. The decorative groove 8 can be formed to such a depth that the lower surface layer 5 'is visible, as shown in FIG. 11b. A very precise and attractive design effect can be obtained.
図11cに示したようなパターンの形態あるいはシャブロン(schablon)27を介した散乱は、装飾効果を作り出すために用いることができる。好ましくは、バインダ19および/または着色顔料15および/または耐摩耗性粒子12と混合した、異なる色および構造の繊維14は、明瞭な表面部分上に付加することができる。   Pattern morphology as shown in FIG. 11c or scattering through a schablon 27 can be used to create a decorative effect. Preferably, the fibers 14 of different colors and structures mixed with the binder 19 and / or the color pigment 15 and / or the abrasion resistant particles 12 can be applied on distinct surface portions.
様々な方法で、表面上に装飾的な部分を形成するために、異なる色または構造の繊維を用いることもできる。例えば、プレスの前に取り除かれあるいは表面に含めることができる材料から構成されている薄い壁によって区切られている明確に定められた表面部分に繊維を付加する別々の押出機によって、好ましくはプレスの間に下に向けられているパネル表面の製造の際に行うことができる。   Different colors or structures of fibers can also be used to form decorative parts on the surface in various ways. For example, by a separate extruder that adds fibers to a well-defined surface portion delimited by a thin wall made up of material that can be removed or included on the surface prior to pressing, preferably in the press This can be done in the production of panel surfaces that are faced down in between.
図12a〜図12eは、好ましいSOC原理のパネルが不連続なプレス操作において如何に形成されるか、およびそのような製造に関連する問題を、いくつかの段階で示している。例えばHDFの予め製造されたコア6は、図12a,図12bに示したように予め製造されたバランス層7上に配置される。好ましくは乾燥した形態の木質繊維、バインダおよび着色顔料を含んでなる表面層5は、図12cに示したように、散乱あるいは塵散乱装置によってコア上に配置される。表面層およびバランス層を有したコアは、図12dに示したように不連続なプレスにおいてプレスされ、図12eに示したような床板に形成される。図12cおよび図12dは、柔軟な表面層5が、最終プレスの前に、上側37および下側37'のプレステーブルが閉じるときに排気されなければならない多量の空気45を含んでいることを示している。これは、制御されない方法で柔軟な表面材料を変位させる空気流45を生じさせる。この問題は、異なる方法で、例えば最終プレスの前の表面層の予備プレスによって、あるいは過剰な空気を抜き取る負圧を負荷することによって、解決することができる。負圧は、コアの後側に負荷することができるとともに、例えばマトリックスあるいは表面上の剥離紙と組み合わせて用いることができる。HDFコアは十分な有孔率を有しており、後側に負荷された負圧が前側の表面に影響を及ぼす。表面層を安定させるために、繊維上にスプレーされる液状の樹脂あるいは水を用いることもできる。   Figures 12a to 12e illustrate in several stages how a preferred SOC principle panel is formed in a discontinuous press operation and the problems associated with such manufacturing. For example, the HDF prefabricated core 6 is disposed on the prefabricated balance layer 7 as shown in FIGS. 12a and 12b. A surface layer 5 comprising preferably wood fibers, binder and colored pigments in dry form is placed on the core by means of a scattering or dust scattering device, as shown in FIG. 12c. The core with the surface layer and the balance layer is pressed in a discontinuous press as shown in FIG. 12d and formed into a floorboard as shown in FIG. 12e. Figures 12c and 12d show that the flexible surface layer 5 contains a large amount of air 45 that must be evacuated when the upper 37 and lower 37 'press tables close before the final press. ing. This creates an air flow 45 that displaces the flexible surface material in an uncontrolled manner. This problem can be solved in different ways, for example by pre-pressing the surface layer before the final press or by applying a negative pressure to extract excess air. The negative pressure can be applied to the back side of the core and can be used in combination with, for example, a matrix or a release paper on the surface. The HDF core has a sufficient porosity, and negative pressure applied to the rear side affects the front surface. In order to stabilize the surface layer, a liquid resin or water sprayed on the fiber may be used.
図13a〜図13kは、その両側に表面層5,5'を備えるとともに、垂直方向のスナップ嵌合(図13a、図13d)、傾斜したスナップ嵌合(図13g,図13h)、および水平方向のスナップ嵌合(図13i)によってそのようなパネルの取り付けを可能にする係止システムを備えた、両面フロアパネルの実施形態を示している。この係止システムは、図示の実施形態においては、低い係合抵抗によってスナップ嵌合を容易にする別個の柔軟な舌片9あるいは係止要素9aを有している。類似の単一片の係止システムを用いることもできる。公知の係止システムは、隣接するパネルの前側および後側が、好ましくは締まり嵌めによって互いに係合し得る縁部表面38,38'を有するように適合されている。この開示に記載した床パネルのケースの場合のように、第2の表面層のための追加の費用が抑制されるならば、床パネルの両側を用い得ることは有利である。   FIGS. 13a to 13k are provided with surface layers 5, 5 ′ on both sides, with vertical snap fitting (FIGS. 13a, 13d), inclined snap fitting (FIGS. 13g, 13h), and horizontal direction. FIG. 13 shows an embodiment of a double-sided floor panel with a locking system that allows the attachment of such a panel by a snap fit (FIG. 13i). This locking system has, in the illustrated embodiment, a separate flexible tongue 9 or locking element 9a that facilitates snap-fitting with low engagement resistance. A similar single piece locking system can also be used. Known locking systems are adapted such that the front and rear sides of adjacent panels have edge surfaces 38, 38 'that can be engaged with each other, preferably by an interference fit. It would be advantageous to be able to use both sides of the floor panel if the additional cost for the second surface layer is constrained, as in the case of the floor panel case described in this disclosure.
図14a〜図14eは、ベースのオリジナルの床板がむしろ単純な表面デザインを有している場合はもちろん、きわめて進歩的な表面デザインの床パネルを製造するために用い得る方法を示している。この「コンビパネル」法は、特にこの開示の実施形態の複合床材に適しているが、例えば積層床板、リノリュームおよび弾力のある床材に用いられる印刷、着色、あるいは他の人工的なデザインをベースとした表面デザインの他の床パネルに用いることもできる。   FIGS. 14a-14e illustrate methods that can be used to produce floor panels with very advanced surface designs, as well as when the base original floorboard has a rather simple surface design. This “combination panel” method is particularly suitable for the composite flooring of the embodiments of the present disclosure, but for example printing, coloring or other artificial designs used for laminated flooring, linoleum and elastic flooring. It can also be used for other floor panels with a base surface design.
この方法は、異なるデザインあるいは構造の第1および第2のオリジナルの床材3,3'(図14a)が、第1のタイプの床要素2,2'に切断される(図14b)製造段階を有している。この第1のタイプの床要素は、第1および第2のオリジナルの床板の少なくとも一つの床要素を備えたコンビ床板3aに接続される(図14c)。このコンビ床板3aは、第1および第2のオリジナルの床板の表面部分を含む第2のタイプのコンビ床要素2aに切断される(図14d)とともに、好ましくは縁部にある機械的な係止システムによってコンビ床板1に形成される(図14e)。第1のタイプの床要素2,2'は、コンビ床板3aを形成するために、機械的な係止システムによって互いに接続される。従来の舌片および溝もまた用いることができる。この方法は、限られた範囲のむしろ単純なオリジナルの床板3,3'から、広い範囲のきわめて進歩的なコンビ床板1を製造できるという利点をもたらす。様々なタイプのプレス板の必要性が低下する。例えば広い範囲の積層床材を、限られた範囲の装飾紙から製造することができる。   In this method, the first and second original floor coverings 3, 3 ′ (FIG. 14a) of different designs or structures are cut into a first type of floor elements 2, 2 ′ (FIG. 14b). have. This first type floor element is connected to a combination floor board 3a comprising at least one floor element of the first and second original floor boards (FIG. 14c). This combination floor 3a is cut into a second type of combination floor element 2a containing the surface portions of the first and second original floor (FIG. 14d) and preferably mechanically locked at the edge The combination floor board 1 is formed by the system (FIG. 14e). The first type floor elements 2, 2 'are connected to each other by a mechanical locking system to form a combination floorboard 3a. Conventional tongues and grooves can also be used. This method offers the advantage that a wide range of highly advanced combination floorboards 1 can be produced from a limited range rather simple original floorboards 3, 3 '. The need for various types of press plates is reduced. For example, a wide range of laminated flooring can be produced from a limited range of decorative paper.
図15a〜図15dは、極めて進歩的な装飾効果をコスト効果的な方法で作り出すために、このコンビパネル法を用い得ることを示している。第1のタイプのコンビ床板3aは、上述したように製造することができるとともに、同様に製造された異なる床要素の組合せあるいはデザインの第2のタイプ3aのコンビ床板と接続することができる。第1および第2のタイプのコンビ床板3a,3a'は、図15bに示したように新規なコンビ床板3bに接続することができるとともに、図15cに示したように新規なコンビ床要素2bに切断することができる。そのような新規なコンビ床要素2bは、2つ、3つ、4つあるいはそれ以上のオリジナルの床板の表面部分を備えることができる。コンビ床板に組み合わせられる異なるサイズのコンビ床要素を形成するために、2、3のオリジナルの床板を用いる場合においても、その組合せ効果はほぼ無制限である。装飾的な溝を有した床要素は、装飾効果を高めることができる。オリジナルのエンボスの方向を回転させると、さらに装飾的な組合せが増加する。異なるサイズの好ましくは装飾的な溝を有したコンビ床要素を用いる場合には、例えば白と黒のオリジナルな床板の組合せでさえ、進歩した装飾効果を生じさせ得る。   Figures 15a to 15d show that this combination panel method can be used to create a highly progressive decorative effect in a cost effective manner. The first type combination floorboard 3a can be manufactured as described above, and can be connected to the second type 3a combination floorboard of a similarly manufactured or combination of different floor elements. The first and second types of combination floorboards 3a and 3a ′ can be connected to the new combination floorboard 3b as shown in FIG. 15b, and the new combination floorboard 2b as shown in FIG. 15c. Can be cut. Such a new combination floor element 2b can comprise two, three, four or more original floorboard surface portions. Even when a few original floorboards are used to form different sized combination floor elements that can be combined with the combination floorboard, the combined effect is almost unlimited. Floor elements with decorative grooves can enhance the decorative effect. Rotating the direction of the original embossing further increases the decorative combination. When using combination floor elements of different sizes, preferably with decorative grooves, even a combination of white and black original floorboards can produce an advanced decorative effect.
コンビ床要素の長い縁部は、図14cに示したように形成することができるとともに、図14fに示したようにコンビ床パネル1の短い縁部にある、係止システムとして用いることができる係止システム4a,4bによって接続することができる。このことは、係止システムを形成するための短い縁部の最終的な機械加工を不要とし、かつ全てのコンビ床要素を同一サイズとすることができるので、製造コストを減少させる。より高度な係止システム、例えば垂直方向の係止を可能とする柔軟な舌片を有した係止システムを、最終的な機械加工プロセスにおいて短い縁部上に形成するために用い得る、特別な係止システムもまた作ることができる。最終的な機械加工は、きわめて単純なものであり、かつ単純な水平方向あるいは垂直方向の溝に限られる。   The long edge of the combination floor element can be formed as shown in FIG. 14c and can be used as a locking system at the short edge of the combination floor panel 1 as shown in FIG. 14f. The stop systems 4a and 4b can be connected. This eliminates the need for final machining of the short edges to form the locking system and reduces the manufacturing cost as all combi floor elements can be the same size. Special locking systems, such as locking systems with flexible tongues that allow vertical locking, can be used to form on short edges in the final machining process A locking system can also be made. Final machining is very simple and is limited to simple horizontal or vertical grooves.
図16a〜図16eは、特にこの開示の実施形態の複合床材において、整合したエンボス表面(EIR)を具備した表面層を生成するための好ましい方法を示している。エンボス圧力マトリックス23は、好ましくは、図16aに示したようにエンボス突起29を有した表面を有するシート、構造化された紙、ローラおよび類似物として提供される。装飾材料、例えば塗料あるいは着色繊維または類似物は、付加装置、例えばゴムローラ28あるいは類似物によって突起29上に付加される。図16cに示したように硬化していない繊維およびバインダを含む表面層5が提供され、かつ図16dに示したように圧力マトリックス23が表面層5にプレスされる。装飾材料29が最も低い表面部分に配置され、図16eに示したように完全に整合したエンボスが得られる。   FIGS. 16a-16e illustrate a preferred method for producing a surface layer with an aligned embossed surface (EIR), particularly in the composite flooring of embodiments of the present disclosure. The embossing pressure matrix 23 is preferably provided as a sheet, structured paper, roller and the like having a surface with an embossing protrusion 29 as shown in FIG. 16a. A decorative material, such as paint or colored fibers or the like, is applied onto the protrusions 29 by an additional device, such as a rubber roller 28 or the like. A surface layer 5 comprising uncured fibers and binder is provided as shown in FIG. 16c, and a pressure matrix 23 is pressed onto the surface layer 5 as shown in FIG. 16d. The decorative material 29 is placed on the lowest surface portion, resulting in a perfectly aligned embossment as shown in FIG. 16e.
この方法は、プレス操作における表面の最終的な形成および硬化の間に装飾的な部分を表面に含めることができる、全ての種類の表面に極めて適している。プレスの間にベースの繊維構造に浸透する塗料を用いることができる。   This method is very suitable for all types of surfaces that can include decorative portions on the surface during final formation and curing of the surface in a pressing operation. Paints that penetrate the fiber structure of the base during pressing can be used.
以下の説明および図17a〜図17fは、この開示の範囲内で調査されたいくつかのプロセスの変形例の説明的な実施形態を示すことを意図したものである。   The following description and FIGS. 17a-17f are intended to illustrate illustrative embodiments of several process variations investigated within the scope of this disclosure.
第1の実施例は、全体厚さ8〜10mm、約1mmの表面層、約1mmのバランス層を有する一体成形パネル(IFP)に関するものである。   The first embodiment relates to an integrally molded panel (IFP) having an overall thickness of 8-10 mm, a surface layer of about 1 mm, and a balance layer of about 1 mm.
<実施例1>
このケースでは、結果として得られた製品は、エンボス紙を介して達成された装飾的な表面組織を有している。
<Example 1>
In this case, the resulting product has a decorative surface texture achieved through embossed paper.
以下の原材料を用いた:
− 粉末の形態のメラミン樹脂
− 粉末の形態70〜110ミクロンの酸化アルミニウム
− 着色顔料
− 機械的に分離された、天然樹脂を含む、HDF/MDFパネルの木質繊維
The following raw materials were used:
-Melamine resin in powder form-Aluminum oxide in powder form 70-110 microns-Color pigment-Mechanically separated, wood fiber of HDF / MDF panel containing natural resin
プロセス操作:
− 乾燥および湿度の制御
木質繊維は、プロセスに適した含水量、例えば5〜8%に乾燥させた。
− 篩分け
篩分け操作は、更なる処理に適した繊維、および寸法をさらに小さくするために機械的な製粉を必要とする繊維へと、繊維を分離しかつ分類するために用いられる。
− 製粉
大きな繊維を含む繊維留分は有用なサイズに製粉されて、篩分け操作へと再循環させる
− 混合
原材料は、均質な混合を保証する機械的な乾燥混合技術を用いて、表面層、コアおよびバランス層のような異なる層に適した組成に混合される。異なる組成物は、別々の容器に格納される。
− 表面層の組成
IFP製品の表面層は、メラミン樹脂(例えば、Kauramine 773, BASF,ドイツ)、酸化アルミニウム(例えば、ZWSK180, Treibacher,オーストリア)、着色顔料、例えば黒色顔料(例えば、Bone Black, Alfort & Cronholm, スウェーデン)、および150μmより小さい繊維サイズに篩をかけた木質繊維(例えば積層床材の倣削りの製造廃棄物)の以下の混合物をベースとしたものである。
Process operations:
-Drying and humidity control The wood fibers were dried to a moisture content suitable for the process, eg 5-8%.
-Sieving The sieving operation is used to separate and classify the fibers into fibers that are suitable for further processing and fibers that require mechanical milling to further reduce dimensions.
-Milling Fiber fractions containing large fibers are milled to useful sizes and recycled to the sieving operation-Mixing The raw material is a surface layer, using mechanical dry mixing techniques to ensure homogeneous mixing. Mixed into a composition suitable for different layers such as core and balance layer. Different compositions are stored in separate containers.
-Composition of the surface layer The surface layer of the IFP product consists of melamine resin (eg Kauramine 773, BASF, Germany), aluminum oxide (eg ZWSK180, Treibacher, Austria), colored pigments such as black pigments (eg Bone Black, Alfort & Cronholm, Sweden) and the following mixtures of wood fibers sieved to a fiber size of less than 150 μm (for example, manufacturing waste from laminate flooring):
この説明的な実施形態においては、以下の調合を用いた。
In this illustrative embodiment, the following formulation was used.
コア層
パネルのコア層は、メラミン樹脂(例えばKauramine 773, BASF,ドイツ)と、150〜600μmの範囲の繊維に製粉した木質繊維(例えば積層床材の倣削りの製造廃棄物)との混合物をベースとしたものである。
Core layer The core layer of the panel is made of a mixture of melamine resin (eg Kauramine 773, BASF, Germany) and wood fiber (eg production waste from laminated flooring) milled into fibers in the range of 150-600 μm. It is based.
以下の調合の組成を用いた:
The following formulation was used:
バランス層
パネルのバランス層は、メラミン樹脂(例えば、Kauramine 773, BASF,ドイツ)、黄色顔料(例えば、Yellow Ochre, Alfort & Cronholm,スウェーデン)、および150μmより小さい繊維寸法へと篩にかけた木質繊維(例えば積層床材の倣削りの製造廃棄物)の混合物をベースとしたものである。
Balance layer The balance layer of the panel consists of melamine resin (eg Kauramine 773, BASF, Germany), yellow pigment (eg Yellow Ocher, Alfort & Cronholm, Sweden), and wood fibers (screened to a fiber size of less than 150 μm) For example, it is based on a mixture of laminate flooring copying production waste).
以下の調合の組成を用いた:
The following formulation was used:
− 最上層の散乱
パネルはその装飾層を下向きにして製造される。したがって、散乱の初期ステップは、エンボス加工紙23(Sappi、米国)のような表面組織材料を図17aに示す薄いアルミニウム板上に配置することである
次いで、図9aに示した散乱装置を用いて最上層の材料5をエンボス加工紙23上に散乱させた。これは、図17bに示されている。
コア層6の材料は、図17cに示すように最上層5上に散乱させた。
-The top scattering panel is manufactured with its decorative layer facing down. Thus, the initial step of scattering is to place a surface texture material such as embossed paper 23 (Sappi, USA) on a thin aluminum plate as shown in FIG. 17a. Then, using the scattering device shown in FIG. 9a. The top layer material 5 was scattered on the embossed paper 23. This is shown in FIG. 17b.
The material of the core layer 6 was scattered on the top layer 5 as shown in FIG. 17c.
− 支持層の散乱
バランス層7は、図17dに示したようにコア層6上に散乱させて剥離紙で覆われる。
-Scattering of the support layer The balance layer 7 is scattered on the core layer 6 and covered with release paper as shown in Fig. 17d.
− ローディング
散乱させた層を担持するアルミニウム板をプレスに装着する。
-Loading An aluminum plate carrying the scattered layer is mounted on the press.
− プレス
散乱させた層は、図17eに示したように、プレスの上側および下側のプレステーブル37,37'により40キログラム/平方センチメートルの圧力でプレスした。プレスは、両側から160℃まで加熱し、2分間拘束した。積層された材料は、プレスを開放する前に40℃まで冷却した。
-Press The scattered layer was pressed at a pressure of 40 kilograms per square centimeter by means of press tables 37, 37 'on the upper and lower sides of the press, as shown in Fig. 17e. The press was heated from both sides to 160 ° C. and restrained for 2 minutes. The laminated material was cooled to 40 ° C. before opening the press.
− アンローディング
プレスを開放したときに、積層されたパネルを持ち上げてプレスから取り出し、エンボス紙および剥離紙を取り除いた。その結果として得られた製品は、本実施形態においては床板3であり、図17fに示されている。この床板は、その装飾的な表面層5を上向きにして示されている。
-When the unloading press was released, the laminated panel was lifted out of the press and the embossed paper and release paper were removed. The resulting product is the floorboard 3 in this embodiment and is shown in FIG. 17f. The floorboard is shown with its decorative surface layer 5 facing up.
− 鋸引き、倣削り及び包装
床板は、床要素に切断するとともに、その縁部に機械的な係止システムを有した床パネルに機械加工した。最終的な製品は、好ましくは包装および輸送の前に適切な環境に調節することができる。
-Sawing, copying and packaging The floorboard was cut into floor elements and machined into floor panels with a mechanical locking system at their edges. The final product can preferably be adjusted to the appropriate environment prior to packaging and shipping.
<実施例2>
以下のプロセスの説明は、予め製造された別々のコア上に表面層が製造されるコアパネル上の表面層(SOC)に関連している。この好ましい実施例のパネルは、約0.4mmの装飾層を備え、かつ全体厚さは約8mmである。
<Example 2>
The following process description relates to the surface layer (SOC) on the core panel where the surface layer is manufactured on separate pre-fabricated cores. The panel of this preferred embodiment has a decorative layer of about 0.4 mm and an overall thickness of about 8 mm.
以下の原材料を用いた:
− 粉末の形態のメラミン樹脂
− 酸化アルミニウム
− 顔料
− 木質繊維
− コアとしての高密度繊維板(HDF)
− バランス層としての裏紙
The following raw materials were used:
-Melamine resin in powder form-Aluminum oxide-Pigment-Wood fiber-High density fiberboard (HDF) as core
-Backing paper as a balancing layer
プロセス操作:
乾燥および湿度の制御、篩分け、製粉および混合操作は、上述したIFPパネルにおけるものと実質的に同一である。
Process operations:
Drying and humidity control, sieving, milling and mixing operations are substantially the same as in the IFP panel described above.
− 表面層
この製品の表面層は、メラミン樹脂(例えば、Kauramine 773, BASF,ドイツ)、酸化アルミニウム(例えば、ZWSK180, Treibacher,オーストリア)、黒色顔料(例えば、Bone Black, Alfort & Cronholm,スウェーデン)、および150μmより小さい繊維寸法へと篩にかけた木質繊維(例えば、積層床材の倣削りの製造廃棄物)の混合物をベースとしたものである。
-Surface layer The surface layer of this product consists of melamine resin (eg Kauramine 773, BASF, Germany), aluminum oxide (eg ZWSK180, Treibacher, Austria), black pigment (eg Bone Black, Alfort & Cronholm, Sweden), And based on a mixture of wood fibers that have been sieved to a fiber size of less than 150 μm (for example, manufacturing waste from laminated flooring).
表面層の組成は、以下の通りである:
The composition of the surface layer is as follows:
− コア上への散乱
この製品は、その装飾的な表面層を上側にして製造された。したがって、散乱の最初のステップは、コア材料(7.8mmのVarioboard(高密度繊維板(HDF))、Wiwood、スウェーデン)を図9aに示した散乱装置の下側に配置することである。
次いで、表面層の材料をHDF上に散乱させた。
-Scattering onto the core This product was produced with its decorative surface layer on top. Thus, the first step in scattering is to place the core material (7.8 mm Varioboard (HDF), Wiwood, Sweden) below the scattering device shown in FIG. 9a.
The surface layer material was then scattered on the HDF.
− ローディング
散在する表面層を支持しているHDFを、剥離箔で支持されている裏紙(例えば、メラミン樹脂を含浸させた、200g/m2の紙、DKB、ドイツ)の上面に配置した。また、散乱層は剥離箔で覆った。この材料をプレスに装着した。
-Loading HDF supporting the interspersed surface layer was placed on top of a backing paper (eg 200 g / m2 paper impregnated with melamine resin, DKB, Germany) supported by a release foil. The scattering layer was covered with a release foil. This material was mounted on a press.
− プレス
プレスを閉じて、40kg/cm2の圧力とした。このプレスは、両側から約180℃に予熱して20秒間保持した。
-Press The press was closed to a pressure of 40 kg / cm2. The press was preheated to about 180 ° C. from both sides and held for 20 seconds.
− アンローディング
プレスを高温状態で開放したときに、積層された製品を持ち上げてプレスから取り出し、剥離箔を取り除いた。製品を放置して周囲温度に冷却した。
-Unloading When the press was opened at high temperature, the laminated product was lifted and removed from the press to remove the release foil. The product was left to cool to ambient temperature.
− 鋸引き、倣削り、包装、その他は、IFPパネルと同様に行った。   -Sawing, copying, packaging, etc. were performed in the same manner as the IFP panel.
記載したSOC製造方法は、従来の積層床板に対して約4倍の耐摩耗性を有する表面層を床パネルに生成することを可能とする。耐衝撃性は、より良好である。プレス時間は実質的に同一であり、これはプレスの能力およびコストが両方の製品について実質的に同一であることを意味している。しかしながら、従来の積層床材パネルにおけるより多くの酸化アルミニウムおよび着色顔料を表面層が含んでいる実施形態においても、SOCパネルの表面層の原材料のコストは低い。主要なコストの優位性は、表面紙を製造し、印刷し、含浸させる必要がないという事実にある。   The described SOC manufacturing method makes it possible to produce a surface layer on the floor panel that has a wear resistance of about 4 times that of a conventional laminated floor board. The impact resistance is better. The press time is substantially the same, which means that the press capacity and cost are substantially the same for both products. However, even in embodiments where the surface layer contains more aluminum oxide and color pigment in conventional laminated floor panel, the cost of the raw material for the surface layer of the SOC panel is low. A major cost advantage lies in the fact that face paper does not need to be manufactured, printed and impregnated.
表面層の繊維は、上述したように、好ましくは縁部の切断および機械加工からリサイクルした繊維である。上述した実施例におけるSOCパネルの表面の繊維含有量は全体の繊維含有量の約5%であり、これは縁部の機械加工から得られる繊維の量と実質的に同一な量である。これは、繊維のコストがほぼ0であることを意味している。従来の積層床材の製造は、かなりの量の過剰な繊維を生じさせ、そのような繊維はこの開示に基づいて床パネルの表面、コアおよびバランス層に用いることができる。   The surface layer fibers are preferably fibers recycled from edge cutting and machining as described above. The fiber content on the surface of the SOC panel in the embodiment described above is about 5% of the total fiber content, which is substantially the same as the amount of fiber obtained from edge machining. This means that the cost of the fiber is almost zero. Conventional laminate flooring production produces a significant amount of excess fiber, which can be used for floor panel surfaces, cores and balance layers based on this disclosure.
一般的にHDFより生産コストの低いパーティクルボードコアは、製造コストをさらにさらに減少させるために用いることができる。   In general, particle board cores that are less expensive to produce than HDFs can be used to further reduce manufacturing costs.
本発明は、記載した実施形態および図には限定されない。   The invention is not limited to the described embodiments and figures.
バインダは、例えばホルムアルデヒドフリーなバインダから構成することができるが、それは積層床材に使用されている従来のバインダより環境にフレンドリーであるとみなすことができる。好ましいホルムアルデヒドフリーな合成バインダは、適切な架橋剤を含む例えばカルボキシあるいはヒドロキシファンクションポリエステルのような、液体あるいは乾燥した熱硬化性バインダである。そのようなものの実例は、カルボキシ・ファンクション・ポリエステルUralac P880 (DSM, NE)および硬化剤Primid XL-552の組合せである。
用いることのできる他の合成熱硬化性バインダは、官能化されたポリアクリレートである。適切な官能基化は例えばカルボン酸であるが、それはエポキシおよび/またはヒドロキシ官能価と組み合わせることができる。ヒドロキシおよびカルボキシ官能基化の組合せの実施例は、例えばBASF(ドイツ)によって作られているAcrodur 950Lに見いだすことができる。バインダの比率、プレス時間および圧力は、実質的にメラミンホルムアルデヒド樹脂に関するものと同じである。使用可能な他のホルムアルデヒドフリーな熱硬化性バインダは、ポリエステル、ポリカーボネート、ポリカプロラクトンをベースとするポリオール化合物の組合せのようなウレタン化学をベースとするもの、またはジフェニルメタンジイソシアネート(MDI)のような塩基性イソシアネートを含むイソシアネートファンクショナル化合物等のポリアシレート化学をベースとするものである。クルードMDI(pMDI)は、イソシアネート反応基を含む化合物の更なる添加なしに用いることができる。
The binder can be composed of, for example, a formaldehyde-free binder, which can be considered more environmentally friendly than conventional binders used in laminated flooring. Preferred formaldehyde-free synthetic binders are liquid or dry thermosetting binders such as carboxy or hydroxy functional polyesters with suitable crosslinking agents. An example of such is the combination of a carboxy function polyester Urac P880 (DSM, NE) and a curing agent Primid XL-552.
Another synthetic thermosetting binder that can be used is a functionalized polyacrylate. A suitable functionalization is for example a carboxylic acid, which can be combined with epoxy and / or hydroxy functionality. Examples of combinations of hydroxy and carboxy functionalization can be found, for example, in Acrodur 950L made by BASF (Germany). The binder ratio, press time and pressure are substantially the same as for melamine formaldehyde resin. Other formaldehyde-free thermosetting binders that can be used are those based on urethane chemistry such as polyester, polycarbonate, a combination of polyol compounds based on polycaprolactone, or basic such as diphenylmethane diisocyanate (MDI). It is based on polyacylate chemistry such as isocyanate functional compounds containing isocyanate. Crude MDI (pMDI) can be used without further addition of compounds containing isocyanate reactive groups.
バインダとして天然樹脂、例えばリグニン、スベリン、変性デンプンあるいは改質タンパク質、または他の類似の天然樹脂を用いることにより、環境にやさしい「グリーンな」製品を得ることもできる。   By using natural resins such as lignin, suberin, modified starch or modified protein, or other similar natural resins as binders, it is also possible to obtain environmentally friendly “green” products.
密度を低下させるためにおよび/または装飾効果を得るためのプレスの後で厚みを増加させるために、バインダと共に重炭酸ナトリウムのような化学発泡剤を用いることができる。他の類似の発熱性あるいは吸熱性の化学発泡剤は、アゾイソブチロニトリル(AIBN)およびアゾジカルボンアミド(ADC)である。液体を充填したプラスチック微小球体、例えばExpancel(登録商標)の添加により、発泡を容易にするガスまたは液体を用いることもできる。   A chemical blowing agent such as sodium bicarbonate can be used with a binder to reduce the density and / or increase the thickness after pressing to obtain a decorative effect. Other similar exothermic or endothermic chemical blowing agents are azoisobutyronitrile (AIBN) and azodicarbonamide (ADC). Gases or liquids that facilitate foaming by the addition of liquid filled plastic microspheres such as Expancel® can also be used.
シリカエーロゲル、例えばCabosilのような低密度充填剤の導入により、より低い密度を達成することができる。   Lower densities can be achieved with the introduction of low density fillers such as silica aerogels such as Cabosil.
好ましくはドライプロセスであるプレス操作は、ウェットプロセスに置き換えることができるが、そこにおいては、例えば面取りされた縁部および好ましくは係止システムを有したフロアパネルを形成することができるように、低い圧力あるいは高い圧力での連続したあるいは不連続な型充填のために、木質繊維、バインダ、好ましくは合成熱硬化性バインダ、および耐摩耗性粒子、好ましくはアルミニウム酸化物を含んでなる粉末スラリーまたはペーストを用いることができる。そのような製造方法は、上述した実施形態よりも複雑かつ高コストであるが、例えば耐摩耗性のベースモールディングのような特別な用途に用いることができる。   The pressing operation, which is preferably a dry process, can be replaced by a wet process, where it is low, for example so that a floor panel with chamfered edges and preferably a locking system can be formed. Powder slurry or paste comprising wood fiber, binder, preferably synthetic thermosetting binder, and wear resistant particles, preferably aluminum oxide, for continuous or discontinuous mold filling at pressure or high pressure Can be used. Such a manufacturing method is more complex and costly than the embodiment described above, but can be used for special applications such as wear-resistant base molding.
「スタンプ」法を用いた印刷は、「振動」法に置き換えることができる。パネルがマトリックスに対してその前側を下にして製造される場合は、第1の表面層をマトリックス上に散乱させた後に、振動段階を追加することができる。この振動は、例えばある種の色あるいは耐スクラッチ性の粒子を含む散在させた材料を、マトリックスの最も深い点に配置するために用いることができる。これは、マトリックス上の最も深い部分が、最終的なパネルにおいては最も高い場所にあることを意味する。一般的に位置合わせされたエンボス(EIR)と呼ばれる、デザインとエンボスとの間の「完全な」整合を達成することができる。それらがマトリックス上の上側部分およびパネル表面上の下側部分を構成するように、追加の装飾層をマトリックス上に付加することができる。   Printing using the “stamp” method can be replaced by the “vibration” method. If the panel is manufactured with its front side down relative to the matrix, an oscillation step can be added after the first surface layer has been scattered over the matrix. This vibration can be used, for example, to place interspersed material containing certain colors or scratch resistant particles at the deepest point of the matrix. This means that the deepest part on the matrix is at the highest place in the final panel. A “perfect” alignment between the design and the embossment, commonly referred to as aligned embossing (EIR), can be achieved. Additional decorative layers can be added on the matrix so that they constitute the upper part on the matrix and the lower part on the panel surface.
例えば表面の硬化の前あるいは硬化の間に、パネル表面上に間接的に印刷を付加するべく、デジタルあるいはダイレクト印刷を用いることができる。「転写」印刷は、アルミ箔あるいはプレス板あるいは構造化させた紙のような支持体上に提供することができる。この印刷は、プレスの前にあるいはプレスの間に支持体からパネル表面へと転写することができる。印刷装置は連続プレスにおいては上側に配置することができ、かつ印刷はスチールベルトのエンボスに対して位置合わせすることができる。そのような転写印刷はまた、最初に構造化した箔上に例えばローラによって色を付加するとともに、構造化した箔の外側部分からスクレーパで色を取り除き、次いで例えばゴムローラでこれらの外側部分の上に新しい色を追加することによって達成することができる。   For example, digital or direct printing can be used to add printing indirectly on the panel surface before or during curing of the surface. "Transfer" printing can be provided on a support such as aluminum foil or press plate or structured paper. This printing can be transferred from the support to the panel surface before or during the press. The printing device can be arranged on the upper side in a continuous press and the printing can be aligned with the embossing of the steel belt. Such transfer printing also adds color, for example by rollers, onto the first structured foil and removes the color from the outer part of the structured foil with a scraper and then on these outer parts, for example with a rubber roller. This can be achieved by adding new colors.
オリジナルの製品、例えば石が、色およびエンボスの両方との関係において複製されると、上述した方法で「完全な」再生を得ることができる。再生されたパネルが本物の石のように感じられかつ機能するように、密度および耐摩耗性を調製することができる。着色顔料および他の装飾的であるいは非装飾的な材料を表面に含ませると、異なる熱および/または圧力を負荷したときに異なるデザイン効果を達成することができる。このことは、同一のベース材料で異なる装飾を生じさせるためにプレス板の表面上の熱を変更することにより、装飾的な効果が得られることを意味している。異なる圧力を生じさせるためにプレスマトリックスの構造を用いると、表面上の低い場所および高い場所に異なるデザインを与えることができる。いくつかの表面部分の上に他の隣接部分よりも多くの材料を付加することにより、高い圧力を局所的に得ることができる。好ましくは最終的な床パネルの縁部を構成する特定の部分における高い密度もまた、同様の方法で作り出すことができる。これは、強い係止システムを形成して耐湿性を改良するために用いることができる。このことは、表面あるいはコアの水平面に沿って密度の分布を変化させ得ることを意味する。耐摩耗性、耐衝撃性を高めあるいは装飾的な効果を生じさせるために、突出している表面部分の上に、耐摩耗性粒子および/またはバインダの量を増加させて付加することができる。この開示のこの実施形態は、パネルが突出した部分および低い部分を有するとともに、この突出した表面部分が低い部分とは異なる材料組成から成ることを特徴とする。   When an original product, such as stone, is replicated in relation to both color and embossing, a “perfect” reproduction can be obtained in the manner described above. Density and abrasion resistance can be adjusted so that the regenerated panel feels and functions like a real stone. Inclusion of colored pigments and other decorative or non-decorative materials on the surface can achieve different design effects when subjected to different heat and / or pressure. This means that a decorative effect can be obtained by changing the heat on the surface of the press plate to produce different decorations with the same base material. Using a press matrix structure to produce different pressures can give different designs for low and high locations on the surface. By adding more material on some surface parts than on other adjacent parts, a high pressure can be obtained locally. High densities in the specific portions that preferably make up the edges of the final floor panel can also be created in a similar manner. This can be used to form a strong locking system and improve moisture resistance. This means that the density distribution can be varied along the surface or the horizontal plane of the core. In order to increase wear resistance, impact resistance or to produce a decorative effect, an increased amount of wear resistant particles and / or binder can be added over the protruding surface portion. This embodiment of the present disclosure is characterized in that the panel has a protruding portion and a low portion, and the protruding surface portion is of a different material composition than the low portion.
プレス操作の間に最も上の層に溶けて入り込む印刷箔を用いることができる。そのような箔は、追加の耐摩耗性粒子、デザイン粒子、耐水性のために含浸させる化学薬品、あるいは光沢面を生成する特別な化学薬品と組み合わせることができる。   A printing foil that melts into the top layer during the pressing operation can be used. Such foils can be combined with additional wear-resistant particles, design particles, chemicals that are impregnated for water resistance, or special chemicals that produce a glossy surface.
3次元の「印刷」効果を有した石の複製を製造するために、装飾的な粒子、例えば着色用の剥片あるいは繊維を用いることができる。プレス操作の間に完全にまたは部分的に溶融する、着色顔料を含む熱可塑性樹脂の粒子を表面層に用いることができる。装飾的な粒子によって生じる装飾的な効果を制御するために、加熱された状態において粘性が異なる粒子を用いることができる。   To produce stone replicas with a three-dimensional “printing” effect, decorative particles, such as colored flakes or fibers, can be used. Particles of thermoplastic resin containing colored pigments that melt completely or partially during the pressing operation can be used for the surface layer. To control the decorative effect produced by the decorative particles, particles having different viscosities in the heated state can be used.
支持体層あるいは表面層を構成する例えばHDFのコアを散在させた繊維層の上に配置したときには、特別な問題が生じ得る。特にプレスサイクルを可能な限り短くすることが意図されている場合にコアを繊維層に向かって降下させると、コアの空気流が繊維を吹き飛ばすのである。まだ硬化していない上側の繊維層に対してプレステーブルを閉じる場合に、同じ問題が生じる。そのような問題は、繊維上に液体、例えば液体バインダあるいは類似物を付加することによって解決することができる。他の解決策は、過剰な空気を排出するために、散乱させた繊維組織上に特別な真空装置を用いて板材を配置することである。薄い板材を機械加工しなければならないときによく用いられる真空テーブルと同じ特性を有する真空グリッパを用いることができる。プレス内への送り込みの間にバランス層、コアおよび表面層を安定させるために、穴の明いた裏当材もまた用いることができる。最終プレスの前の予備プレスを完全にまたは部分的に置き換えるために、真空を用いることができる。   Special problems can arise when the support layer or the surface layer is arranged on a fiber layer interspersed with, for example, HDF cores. When the core is lowered toward the fiber layer, especially when the press cycle is intended to be as short as possible, the core air stream blows away the fibers. The same problem occurs when closing the press table against the upper fiber layer which has not yet been cured. Such a problem can be solved by adding a liquid, such as a liquid binder or the like, onto the fiber. Another solution is to place the board with a special vacuum device on the scattered fiber structure in order to exhaust excess air. A vacuum gripper having the same characteristics as a vacuum table often used when thin plates must be machined can be used. A perforated backing can also be used to stabilize the balance layer, core and surface layer during infeed into the press. A vacuum can be used to completely or partially replace the preliminary press before the final press.
耐摩耗性を改良するために、構造化した紙/箔を、酸化アルミニウムと混合した液体メラミン樹脂で被覆して乾燥させることができる。この乾燥した表面に印刷を付加すると、この印刷は、パネルがプレス内で硬化するときに、上側の好ましくは耐摩耗性の繊維表面に転写される。いくつかの利点を得ることができる。
a) 装飾的な溝部分を生じさせるために、異なるデザインの下側部分へと延びる上側の装飾的な部分の溝を作ることができる。
b) 天然の石の摩耗と同様に、製品の寿命の間に表面部分の一部が摩耗したときに変化し得るデザインを作り出すことができる。
In order to improve the abrasion resistance, the structured paper / foil can be coated with a liquid melamine resin mixed with aluminum oxide and dried. When printing is applied to the dried surface, the printing is transferred to the upper, preferably wear-resistant, fiber surface as the panel cures in the press. Several benefits can be obtained.
a) An upper decorative part groove can be made that extends to a lower part of a different design to produce a decorative groove part.
b) Similar to natural stone wear, designs can be created that can change when part of the surface wears over the life of the product.
この方法はまた、従来の積層床材における耐スクラッチ性を高めるために用いることができる。   This method can also be used to increase the scratch resistance in conventional laminated flooring.
ランダムな色の分布は、エアブラシ技術によって達成し、かつ「ランダムジェネレータ」によってプログラムしおよび/または生じさせることができる。   Random color distribution can be achieved by airbrush technology and programmed and / or generated by a “random generator”.
2つの表面のいずれかを表面側としつつ全てのパネルが他の任意のパネルに対して係止されるように、取り付けの間に縁部に付加される柔軟な舌片あるいは別個の材料を有した、両面パネルを製造することもできる。   Having a flexible tongue or separate material added to the edge during mounting so that all panels are locked to any other panel, with either of the two surfaces facing up A double-sided panel can also be manufactured.
被覆を耐摩耗性粒子と共に用いることは除外されず、そうすれば耐摩耗性が増加する。   The use of a coating with wear-resistant particles is not excluded, so that the wear resistance is increased.

Claims (63)

  1. 表面層(5)とコア(6)を備え、前記コアが木質繊維(14)を含んでいる建物用パネルにおいて、
    前記表面層(5)が、天然樹脂、バインダ(19)および耐摩耗性粒子(12)を含む木質繊維(14)の実質的に均質な混合物から構成されていることを特徴とする建物用パネル。
    In a building panel comprising a surface layer (5) and a core (6), the core comprising wood fibers (14),
    Building panel characterized in that said surface layer (5) is composed of a substantially homogeneous mixture of wood fibers (14) comprising natural resin, binder (19) and wear-resistant particles (12) .
  2. 前記パネルが、バランス層(7)を備えているフロアパネルであることを特徴とする請求項1に記載の建物用パネル。   The building panel according to claim 1, wherein the panel is a floor panel provided with a balance layer.
  3. 前記バインダ(19)が、熱硬化性または熱可塑性の樹脂であることを特徴とする請求項2に記載の建物用パネル。   The building panel according to claim 2, wherein the binder is a thermosetting or thermoplastic resin.
  4. 前記バインダ(19)が熱硬化性樹脂であることを特徴とする請求項3に記載の建物用パネル。   The building panel according to claim 3, wherein the binder (19) is a thermosetting resin.
  5. 前記耐摩耗性粒子(12)が、酸化アルミニウムを含むことを特徴とする請求項4記載の建物用パネル。   The building panel according to claim 4, wherein the wear-resistant particles (12) comprise aluminum oxide.
  6. 前記コア(6)が板、例えばHDFあるいはパーティクルボードであり、
    前記表面層(5)が着色顔料(15)を含み、
    前記表面層(5)の木質繊維(14)が、前記コア(6)と同一な材料タイプの繊維を含むことを特徴とする請求項5に記載の建物用パネル。
    The core (6) is a plate, such as an HDF or a particle board;
    The surface layer (5) comprises a colored pigment (15);
    6. Building panel according to claim 5, characterized in that the wood fibers (14) of the surface layer (5) comprise fibers of the same material type as the core (6).
  7. 前記バインダ(19)がメラミン樹脂を含むことを特徴とする請求項4〜6のいずれか一項に記載の建物用パネル。   The said panel (19) contains the melamine resin, The panel for buildings as described in any one of Claims 4-6 characterized by the above-mentioned.
  8. 前記耐摩耗性粒子(12)が、前記メラミン樹脂によって前記木質繊維(14)に結合されていることを特徴とする請求項7に記載の建物用パネル。   The building panel according to claim 7, wherein the wear-resistant particles (12) are bonded to the wooden fibers (14) by the melamine resin.
  9. 前記表面層(5)は、前記パネル(1)の主な平面と平行に延びる3つの水平面(H1、H2、H3)を具備した垂直部分(P)を有しており、
    前記表面層(5)の上側部分上に配置された第1の上側平面(H1)は第1の酸化アルミニウム粒子(12)を含み、
    前記第1の酸化アルミニウム粒子(12)の下側に配置された第2の中間平面(H2)は木を含み、
    前記第2の平面(H2)の下側の前記第3の下側平面(H3)は第2の酸化アルミニウム粒子(12’)を含み、
    前記酸化アルミニウム粒子(12’)が、前記コア(6)の上部と直接的に接触していることを特徴とする請求項5〜8のいずれか一項に記載の建物用パネル。
    The surface layer (5) has a vertical part (P) with three horizontal planes (H1, H2, H3) extending parallel to the main plane of the panel (1),
    The first upper plane (H1) arranged on the upper part of the surface layer (5) comprises first aluminum oxide particles (12),
    A second intermediate plane (H2) disposed below the first aluminum oxide particles (12) comprises wood;
    The third lower plane (H3) below the second plane (H2) includes second aluminum oxide particles (12 ′);
    The building panel according to any one of claims 5 to 8, wherein the aluminum oxide particles (12 ') are in direct contact with the upper part of the core (6).
  10. 前記表面層(5)内の酸化アルミニウム粒子の重量含有量が、前記表面層の総重量の約5%〜約30%の範囲であることを特徴とする請求項5〜9のいずれか一項に記載の建物用パネル。   10. The weight content of aluminum oxide particles in the surface layer (5) is in the range of about 5% to about 30% of the total weight of the surface layer. Building panels as described in.
  11. 前記表面層(5)内の酸化アルミニウム粒子の重量含有量が、少なくとも100グラム/平方メートルであることを特徴とする請求項5〜9のいずれか一項に記載の建物用パネル。   The building panel according to any one of claims 5 to 9, characterized in that the weight content of aluminum oxide particles in the surface layer (5) is at least 100 grams / square meter.
  12. 前記コア(6)がHDFであることを特徴とする請求項1〜11のいずれか一項に記載した建物用パネル。   The building panel according to any one of claims 1 to 11, wherein the core (6) is an HDF.
  13. 前記コア(6)がパーティクルボードであることを特徴とする請求項1〜11のいずれか一項に記載の建物用パネル。   The building panel according to any one of claims 1 to 11, wherein the core (6) is a particle board.
  14. 前記表面層(5)が、前記上側の耐摩耗性粒子(12)の下方の表面内に延びる印刷をさらに有していることを特徴とする請求項1〜13のいずれか一項に記載の建物用パネル。   14. The surface layer (5) according to any one of claims 1 to 13, characterized in that it further comprises a print that extends into the lower surface of the upper wear-resistant particles (12). Panel for building.
  15. 前記表面層(5)が、繊維組織が異なる、ブラシをかけられた部分を有していることを特徴とする請求項1〜24のいずれか一項に記載の建物用パネル。   25. Building panel according to any one of the preceding claims, characterized in that the surface layer (5) has a brushed part with a different fiber structure.
  16. 前記表面層(5)が、耐摩耗性が異なる、ブラシをかけられた部分を有していることを特徴とする請求項1〜14のいずれか一項に記載の建物用パネル。   15. The building panel according to any one of claims 1 to 14, characterized in that the surface layer (5) has a brushed part with different wear resistance.
  17. 前記表面層(5)は、精製されていないリグニンを含む木質繊維(14)を含むことを特徴とする請求項1〜16のいずれか一項に記載の建物用パネル。   17. The building panel according to any one of claims 1 to 16, characterized in that the surface layer (5) comprises wood fibers (14) containing unrefined lignin.
  18. 前記表面層(5)の木質繊維(14)が本質的に1mmより小さいことを特徴とする請求項1〜16のいずれか一項に記載の建物用パネル。   The building panel according to any one of the preceding claims, characterized in that the wood fibers (14) of the surface layer (5) are essentially smaller than 1 mm.
  19. 前記表面層(5)は、基本的に0.5mmより小さい粉末の形態の木質繊維(14)を含むことを特徴とする請求項1〜18のいずれか一項に記載の建物用パネル。   19. Building panel according to any one of the preceding claims, characterized in that the surface layer (5) comprises wood fibers (14) in the form of a powder that is basically smaller than 0.5 mm.
  20. パネルの縁部が、類似の他のパネルにパネルを係止するための機械的な係止装置(4,4’)を有しており、かつそのような係止装置が前記コア(6)に形成されていることを特徴とする請求項1〜19のいずれか一項に記載の建物用パネル。   The edge of the panel has a mechanical locking device (4, 4 ') for locking the panel to another similar panel, and such locking device is said core (6) The building panel according to any one of claims 1 to 19, wherein the building panel is formed.
  21. コア(6)に連結された表面層(5)を備えるとともに、前記コアが木質繊維を含む建物用パネルにおいて、
    前記表面層(5)は、前記パネルに装飾的な効果および耐摩耗性をもたらすとともに、繊維(14)、着色顔料(15)、バインダ(19)および耐摩耗性粒子(12)の部分を有する均質な層であることを特徴とする建物用パネル
    In a building panel comprising a surface layer (5) connected to a core (6), wherein the core comprises wood fibers,
    The surface layer (5) provides a decorative effect and abrasion resistance to the panel, and has portions of fibers (14), color pigments (15), binder (19) and abrasion resistant particles (12). Building panels characterized by a homogeneous layer
  22. 前記表面層(5)の全ての部分が、前記表面層(5)の外側表面と前記コア(6)に連結されている内側の下側部分に存在していることを特徴とする請求項2に記載の建物用パネル。   All the parts of the surface layer (5) are present on the outer surface of the surface layer (5) and the inner lower part connected to the core (6). Building panels as described in.
  23. 前記パネルは、バランス層(7)を備える床用パネルであることを特徴とする請求項21または22に記載の建物用パネル。   23. A building panel according to claim 21 or 22, characterized in that the panel is a floor panel comprising a balance layer (7).
  24. 前記バインダ(19)が熱硬化性樹脂を含むことを特徴とする請求項21〜23のいずれか一項に記載の建物用パネル。   24. The building panel according to any one of claims 21 to 23, wherein the binder (19) contains a thermosetting resin.
  25. 前記バインダ(19)がメラミン樹脂を含むことを特徴とする請求項24に記載の建物用パネル。   25. The building panel according to claim 24, wherein the binder (19) comprises melamine resin.
  26. 前記耐摩耗性粒子(12)が、前記メラミン樹脂によって前記繊維(14)に結合されていることを特徴とする請求項26に記載の建物用パネル。   27. A building panel according to claim 26, wherein the wear-resistant particles (12) are bonded to the fibers (14) by the melamine resin.
  27. 前記バインダ(19)が熱可塑性樹脂であることを特徴とする請求項21〜24のいずれか一項に記載の建物用パネル。   25. The building panel according to any one of claims 21 to 24, wherein the binder (19) is a thermoplastic resin.
  28. 前記耐摩耗性粒子(12)が酸化アルミニウムを含むことを特徴とする請求項21〜24のいずれか一項に記載の建物用パネル。   25. The building panel according to any one of claims 21 to 24, wherein the wear resistant particles (12) comprise aluminum oxide.
  29. 前記表面層(5)は、前記パネル(1)の主要な平面と平行に延びる3つの水平面(H1、H2、H3)を具備した垂直部分(P)を備え、
    第1の上側平面(H1)は、前記表面層(5)の上側部分に配置された第1の酸化アルミニウム粒子(12)を有し、
    第2の中間平面(H2)は、第1の酸化アルミニウム粒子(12)の下側に配置された繊維を有し、
    前記第2の平面(H2)の下側の第3の下側平面(H3)は、第2の酸化アルミニウム粒子(12’)を有し、
    前記酸化アルミニウム粒子(12’)が前記コア(6)の上部と直接的に接触していることを特徴とする請求項28に記載の建物用パネル。
    The surface layer (5) comprises a vertical part (P) with three horizontal planes (H1, H2, H3) extending parallel to the main plane of the panel (1),
    The first upper plane (H1) has first aluminum oxide particles (12) arranged in the upper part of the surface layer (5),
    The second intermediate plane (H2) has fibers arranged below the first aluminum oxide particles (12),
    The third lower plane (H3) below the second plane (H2) has second aluminum oxide particles (12 ′),
    29. Building panel according to claim 28, characterized in that the aluminum oxide particles (12 ') are in direct contact with the upper part of the core (6).
  30. 前記表面層(5)内の前記酸化アルミニウム粒子の重量含有量が、前記表面層の総重量の約5%〜約30%の範囲であることを特徴とする請求項28または29に記載の建物用パネル。   30. Building according to claim 28 or 29, wherein the weight content of the aluminum oxide particles in the surface layer (5) ranges from about 5% to about 30% of the total weight of the surface layer. Panel.
  31. 前記表面層(5)内の前記酸化アルミニウム粒子の重量含有量が、少なくとも100グラム/平方メートルであることを特徴とする請求項28または29に記載の建物用パネル。   30. Building panel according to claim 28 or 29, wherein the weight content of the aluminum oxide particles in the surface layer (5) is at least 100 grams / square meter.
  32. 前記コア(6)がHDFであることを特徴とする請求項21〜31のいずれか一項に記載の建物用パネル。   The building panel according to any one of claims 21 to 31, wherein the core (6) is an HDF.
  33. 前記コア(6)がパーティクルボードであることを特徴とする請求項21〜31のいずれか一項に記載の建物用パネル。   The building panel according to any one of claims 21 to 31, wherein the core (6) is a particle board.
  34. 前記表面層(5)が、上側の耐摩耗性粒子(12)の下側の表面内に延びる印刷をさらに有していることを特徴とする請求項21〜33のいずれか一項に記載の建物用パネル。   34. A surface layer (5) according to any one of claims 21 to 33, characterized in that the surface layer (5) further comprises a print extending into the lower surface of the upper wear-resistant particles (12). Panel for building.
  35. 表面層(5)は、繊維組織が異なる、ブラシをかけられた部分を有していることを特徴とする請求項21〜34のいずれか一項に記載の建物用パネル。   35. Building panel according to any one of claims 21 to 34, characterized in that the surface layer (5) has brushed parts with different fiber structures.
  36. 前記表面層(5)は、耐摩耗性が異なる、ブラシを掛けられた部分を有していることを特徴とする請求項21〜35のいずれか一項に記載の建物用パネル。   The building panel according to any one of claims 21 to 35, characterized in that the surface layer (5) has a brushed part with different wear resistance.
  37. 前記表面層(5)が、鉱物繊維を含むことを特徴とする請求項21〜36のいずれか一項に記載の建物用パネル。   The building panel according to any one of claims 21 to 36, wherein the surface layer (5) contains mineral fibers.
  38. 前記表面層(5)が、基本的に1mmより小さい木質繊維を含むことを特徴とする請求項21〜37のいずれか一項に記載の建物用パネル。   38. A building panel according to any one of claims 21 to 37, wherein the surface layer (5) basically comprises wood fibers smaller than 1 mm.
  39. 前記表面層(5)が、基本的に0.5mmより小さい粉末の形態の木質繊維を含むことを特徴とする請求項21〜38のいずれか一項に記載の建物用パネル。   39. Building panel according to any one of claims 21 to 38, characterized in that the surface layer (5) comprises wood fibers in the form of a powder basically smaller than 0.5 mm.
  40. パネルの縁部が、類似の他のパネルにパネルを係止するための機械的な係止装置(4,4’)を有しており、かつそのような係止装置が前記コアに形成されていることを特徴とする請求項21〜39のいずれか一項に記載の建物用パネル。   The edge of the panel has a mechanical locking device (4, 4 ') for locking the panel to another similar panel, and such locking device is formed in the core The building panel according to any one of claims 21 to 39, wherein the building panel is provided.
  41. 建物用パネル(1)を製造する方法であって、
    繊維あるいはバインダ(19)を有した繊維(14)、着色顔料(15)、および小さい耐摩耗性粒子(12)を含む粒子を混合する段階と、
    前記粒子あるいは前記繊維(14)、前記着色顔料(15)、前記バインダ(19)および前記小さい耐摩耗性粒子(12)を高い圧力および温度の下にもたらして、それらを建物用パネルに形成する段階と、
    を備えることを特徴とする方法。
    A method of manufacturing a building panel (1), comprising:
    Mixing fibers (14) with fibers or binders (19), colored pigments (15), and particles comprising small wear-resistant particles (12);
    Bringing the particles or fibers (14), the color pigment (15), the binder (19) and the small wear-resistant particles (12) under high pressure and temperature to form them in a building panel Stages,
    A method comprising the steps of:
  42. 前記パネルがフロアパネルであることを特徴とする請求項41に記載の方法。   42. The method of claim 41, wherein the panel is a floor panel.
  43. 前記繊維(14)が木質繊維であることを特徴とする請求項41または42に記載の方法。   43. A method according to claim 41 or 42, characterized in that the fibers (14) are wood fibres.
  44. 前記バインダ(19)が熱可塑性樹脂であることを特徴とする請求項41〜43のいずれか一項に記載の方法。   44. A method according to any one of claims 41 to 43, characterized in that the binder (19) is a thermoplastic resin.
  45. 前記バインダ(12)が熱硬化性樹脂であることを特徴とする請求項41〜43のいずれか一項に記載の方法。   44. A method according to any one of claims 41 to 43, wherein the binder (12) is a thermosetting resin.
  46. 前記小さくて硬い粒子(12)が酸化アルミニウムを含むことを特徴とする請求項41〜45のいずれか一項に記載の方法。   46. A method according to any one of claims 41 to 45, wherein the small and hard particles (12) comprise aluminum oxide.
  47. 木質繊維ベースの板から成るコア(6)上に前記混合粒子を付加する段階をさらに備えることを特徴とすることを特徴とする請求項41〜46のいずれか一項に記載の方法。   47. A method according to any one of claims 41 to 46, further comprising the step of adding the mixed particles onto a core (6) comprising a wood fiber based board.
  48. 前記木質繊維ベースの板がHDFであることを特徴とする請求項47に記載の方法。   48. The method of claim 47, wherein the wood fiber based board is HDF.
  49. 木質繊維ベースの板がパーティクルボードであることを特徴とする請求項47に記載の方法。   48. The method of claim 47, wherein the wood fiber based board is a particle board.
  50. 最終的なプレスの前に予備プレスする段階をさらに備えることを特徴とする請求項41〜49のいずれか一項に記載の方法。   50. A method according to any one of claims 41 to 49, further comprising pre-pressing prior to final pressing.
  51. 最終的なプレスの前に印刷操作する段階をさらに備えることを特徴とする請求項41〜51のいずれか一項に記載の方法。   52. The method according to any one of claims 41 to 51, further comprising the step of performing a printing operation prior to final pressing.
  52. 前記建物用パネルを、両側の縁部に機械的な係止装置(4、4’)を有するフロアパネル(1)に形成することを備えた機械加工作業の段階を備えることを特徴とする請求項41〜51のいずれか一項に記載の方法。   Machining step comprising forming the building panel into a floor panel (1) having mechanical locking devices (4, 4 ') at the edges on both sides. Item 52. The method according to any one of Items 41 to 51.
  53. 木質繊維(14)およびバインダ(19)を含むコア層(6)上に粒子を配置する段階、
    木質繊維およびバインダを含むバランス層(7)上に前記コア層(6)を配置する段階、
    前記粒子、前記コア(6)および前記バランス層(7)を含む3つの層に熱および圧力を負荷する段階、
    をさらに備えることを特徴とする請求項41に記載の方法。
    Placing particles on a core layer (6) comprising wood fibers (14) and a binder (19);
    Disposing the core layer (6) on a balance layer (7) comprising wood fibers and a binder;
    Applying heat and pressure to three layers including the particles, the core (6) and the balance layer (7);
    42. The method of claim 41, further comprising:
  54. コア層(6)より高い密度のバランス層(7)を付加する段階を備えることを特徴とする請求項53に記載の方法。   54. Method according to claim 53, comprising the step of adding a higher density balance layer (7) than the core layer (6).
  55. 前記バインダが熱硬化性樹脂であり、かつ前記耐摩耗性粒子が酸化アルミニウム(12)を含むことを特徴とする請求項53または54に記載の方法。   55. A method according to claim 53 or 54, wherein the binder is a thermosetting resin and the wear-resistant particles comprise aluminum oxide (12).
  56. 木質繊維(14)、バインダ(19)、着色顔料(15)および摩耗耐性(12)粒子は、乾燥した形態であることを特徴とする請求項41〜55のいずれか一項に記載の方法。   The method according to any one of claims 41 to 55, characterized in that the wood fibers (14), the binder (19), the color pigment (15) and the abrasion resistant (12) particles are in a dry form.
  57. 表面層(5)およびコア(6)を備える建物用パネルにおいて、
    前記表面層(5)が、コルク粒子(14)、バインダ(12)および酸化アルミニウムの耐摩耗性粒子(12)を含む均質な層であることを特徴とする建物用パネル。
    In a building panel comprising a surface layer (5) and a core (6),
    Building panel characterized in that the surface layer (5) is a homogeneous layer comprising cork particles (14), a binder (12) and aluminum oxide wear-resistant particles (12).
  58. 前記コア(6)が、木質繊維またはコルク粒子を含んでなることを特徴とする請求項57に記載の建物用パネル。   58. Building panel according to claim 57, characterized in that the core (6) comprises wood fibers or cork particles.
  59. 前記パネルが、フロアパネルであることを特徴とする請求項57または58に記載の建物用パネル。   59. The building panel according to claim 57 or 58, wherein the panel is a floor panel.
  60. 前記コア(6)が、コルク粒子および熱硬化性樹脂のバインダ(12)を含み、前記パネル内のコルク粒子の大部分が1.0mmより小さく、かつ前記パネルの密度が600キログラム/立方メートルを上回ることを特徴とする請求項59に記載の建物用パネル。   The core (6) includes cork particles and a thermosetting resin binder (12), the majority of the cork particles in the panel are less than 1.0 mm and the density of the panel is greater than 600 kilograms / cubic meter. 60. A building panel according to claim 59.
  61. 装飾的な表面層(5)を備えるフロアパネル(1)を製造する方法であって、
    デザインあるいは構造が異なる第1(3)および第2(3’)のオリジナルの床板を提供する段階、
    前記オリジナルの床板を第1のタイプの床要素(2、2’)に分割する段階と、
    前記第1のタイプの床要素を、前記第1および第2のオリジナルの床板の少なくとも1つの床要素を有するコンビ床板(3a)に接続する段階と、
    前記コンビ床板を、前記第1および第2のオリジナルの床板(3,3’)の表面部分から成る第2のタイプのコンビ床要素(2a)に分割する段階と、
    前記第2のタイプのコンビ床要素(2a)の少なくとも2つの反対側の縁部上に機械的な係止装置を形成する段階と、
    を備えることを特徴とする方法。
    A method for producing a floor panel (1) comprising a decorative surface layer (5), comprising:
    Providing first (3) and second (3 ′) original floorboards of different design or structure;
    Dividing the original floorboard into first type floor elements (2, 2 ');
    Connecting the first type floor element to a combination floor board (3a) having at least one floor element of the first and second original floor boards;
    Dividing the combination floorboard into second type combination floor elements (2a) consisting of surface portions of the first and second original floorboards (3, 3 ');
    Forming a mechanical locking device on at least two opposite edges of the second type combination floor element (2a);
    A method comprising the steps of:
  62. 前記表面層が、繊維(14)、バインダ(19)、着色顔料(15)および耐摩耗性粒子(12)の均質な層を備えたことを特徴とする請求項61に記載の方法。   62. A method according to claim 61, characterized in that the surface layer comprises a homogeneous layer of fibers (14), binder (19), color pigment (15) and wear-resistant particles (12).
  63. 前記フロアパネルが、積層されたフロアパネルであることを特徴とする請求項61に記載の方法。   62. The method of claim 61, wherein the floor panel is a laminated floor panel.
JP2014050859A 2007-11-19 2014-03-13 Floor board manufacturing method Active JP6433669B2 (en)

Priority Applications (8)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US99647307P true 2007-11-19 2007-11-19
SE0702555-4 2007-11-19
SE0702555 2007-11-19
US60/996,473 2007-11-19
US4293808P true 2008-04-07 2008-04-07
SE0800776 2008-04-07
US61/042,938 2008-04-07
SE0800776-7 2008-04-07

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010534448A Division JP5595924B2 (en) 2007-11-19 2008-11-13 Fiber-based panel with wear-resistant surface

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2014139400A true JP2014139400A (en) 2014-07-31
JP6433669B2 JP6433669B2 (en) 2018-12-05

Family

ID=42261712

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014050859A Active JP6433669B2 (en) 2007-11-19 2014-03-13 Floor board manufacturing method

Country Status (7)

Country Link
JP (1) JP6433669B2 (en)
AU (1) AU2008328030C1 (en)
CA (1) CA2705174C (en)
IL (1) IL205553D0 (en)
MX (1) MX2010005489A (en)
RU (1) RU2628514C2 (en)
ZA (1) ZA201003051B (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2018502737A (en) * 2014-11-20 2018-02-01 フローリング・テクノロジーズ・リミテッドFlooring Technologies Ltd. How to finish wooden boards

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP3848422A1 (en) * 2017-08-22 2021-07-14 Agfa Nv Manufacturing decorative panels

Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH01223261A (en) * 1988-02-29 1989-09-06 Sekaicho Rubber Co Ltd Flooring with complex cork board and cork board
JPH0656309U (en) * 1993-01-11 1994-08-05 株式会社ノダ Floor board
JPH08232450A (en) * 1996-02-08 1996-09-10 Eidai Co Ltd Woody sound proof floor member
JPH0948090A (en) * 1995-08-08 1997-02-18 Okura Ind Co Ltd Manufacture for decorative sheet
DE20214532U1 (en) * 2002-09-20 2004-02-19 Hw-Industries Gmbh & Co. Kg Lining plate for building interiors, in particular, for floors, walls or ceilings incorporates one or two fleece layer in the form of a fleece matting consisting of regrowable raw materials
JP2005522605A (en) * 2002-04-08 2005-07-28 ベーリンゲ、イノベイション、アクチボラグ Flooring floorboard

Family Cites Families (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
GB984170A (en) * 1962-06-21 1965-02-24 Conway Dolman Ltd Improvements in or relating to chipboard
JPS564427B1 (en) * 1970-06-24 1981-01-30
DE7148789U (en) * 1971-12-24 1972-04-20 Ebert K CLADDING OR DECORATIVE PANEL
CA2092834C (en) * 1992-03-31 1997-09-16 Ritsuo Iwata Wood based panels and their method of manufacture
JP3658714B2 (en) * 1996-02-09 2005-06-08 アイン興産株式会社 Pattern formation method for woody synthetic board
JP3340419B2 (en) * 2000-04-26 2002-11-05 ニチハ株式会社 Building board and surface decoration device
US20040086678A1 (en) * 2002-11-01 2004-05-06 Chen Hao A. Surface covering panel
BRPI0407674B1 (en) * 2003-02-24 2015-01-06 Vaelinge Innovation Ab FLOOR BOARD MANUFACTURING METHOD
EP1584378A1 (en) * 2004-04-08 2005-10-12 DSM IP Assets B.V. Coated substrate
DE102005002059A1 (en) * 2005-01-14 2006-07-27 Kronotec Ag Wood material with dissipative surface
DE102005006599B4 (en) * 2005-02-11 2011-11-24 Kronotec Ag Wood-based panel with a surface coating applied at least in sections
DE102005046264B4 (en) * 2005-09-27 2013-10-17 Kronotec Ag Method for producing a panel with a surface coating
DE202006007797U1 (en) * 2006-05-16 2006-08-17 Rehau Ag + Co. Extruded profile with wood-like surface, e.g. for window frames, comprises colored polyvinyl chloride with brushed and subsequently sealed surface

Patent Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH01223261A (en) * 1988-02-29 1989-09-06 Sekaicho Rubber Co Ltd Flooring with complex cork board and cork board
JPH0656309U (en) * 1993-01-11 1994-08-05 株式会社ノダ Floor board
JPH0948090A (en) * 1995-08-08 1997-02-18 Okura Ind Co Ltd Manufacture for decorative sheet
JPH08232450A (en) * 1996-02-08 1996-09-10 Eidai Co Ltd Woody sound proof floor member
JP2005522605A (en) * 2002-04-08 2005-07-28 ベーリンゲ、イノベイション、アクチボラグ Flooring floorboard
DE20214532U1 (en) * 2002-09-20 2004-02-19 Hw-Industries Gmbh & Co. Kg Lining plate for building interiors, in particular, for floors, walls or ceilings incorporates one or two fleece layer in the form of a fleece matting consisting of regrowable raw materials

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2018502737A (en) * 2014-11-20 2018-02-01 フローリング・テクノロジーズ・リミテッドFlooring Technologies Ltd. How to finish wooden boards

Also Published As

Publication number Publication date
AU2008328030A1 (en) 2009-05-28
CA2705174A1 (en) 2009-05-28
AU2008328030B2 (en) 2014-11-06
IL205553D0 (en) 2010-12-30
RU2628514C2 (en) 2017-08-17
AU2008328030C1 (en) 2015-02-26
CA2705174C (en) 2016-07-05
MX2010005489A (en) 2010-08-04
RU2013109058A (en) 2014-09-10
ZA201003051B (en) 2011-12-28
JP6433669B2 (en) 2018-12-05

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5595924B2 (en) Fiber-based panel with wear-resistant surface
US20190292796A1 (en) Fibre based panels with a wear resistance surface
US20200055287A1 (en) Method of producing a veneered element and such a veneered element
ES2693125T3 (en) Method of manufacturing a floor board based on wood fiber
CN102917878A (en) Method for manufacturing a building panel comprising a powder overlay
JP6433669B2 (en) Floor board manufacturing method
CN104822538B (en) Include the wear-resistant protective layer of ellipsoid solid particle

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20150508

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20150807

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20151001

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20160311

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20160610

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20161125

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20170327

A911 Transfer to examiner for re-examination before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20170502

A912 Re-examination (zenchi) completed and case transferred to appeal board

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A912

Effective date: 20170714

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20180725

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20180827

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20181107

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6433669

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250