JP2014136849A - Polyurethane fiber - Google Patents

Polyurethane fiber Download PDF

Info

Publication number
JP2014136849A
JP2014136849A JP2013007737A JP2013007737A JP2014136849A JP 2014136849 A JP2014136849 A JP 2014136849A JP 2013007737 A JP2013007737 A JP 2013007737A JP 2013007737 A JP2013007737 A JP 2013007737A JP 2014136849 A JP2014136849 A JP 2014136849A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
polyurethane
substantivity
methyl
perfume
fiber
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2013007737A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Toshihiro Tanaka
利宏 田中
Yasushi Sasaki
康 佐々木
Koji Hirano
康二 平野
Yasushi Fujita
泰史 藤田
Akiyasu Mori
章恭 森
Original Assignee
Toray Opelontex Co Ltd
東レ・オペロンテックス株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Classifications

    • DTEXTILES; PAPER
    • D01NATURAL OR ARTIFICIAL THREADS OR FIBRES; SPINNING
    • D01FCHEMICAL FEATURES IN THE MANUFACTURE OF ARTIFICIAL FILAMENTS, THREADS, FIBRES, BRISTLES OR RIBBONS; APPARATUS SPECIALLY ADAPTED FOR THE MANUFACTURE OF CARBON FILAMENTS
    • D01F6/00Monocomponent artificial filaments or the like of synthetic polymers; Manufacture thereof
    • D01F6/58Monocomponent artificial filaments or the like of synthetic polymers; Manufacture thereof from homopolycondensation products
    • D01F6/70Monocomponent artificial filaments or the like of synthetic polymers; Manufacture thereof from homopolycondensation products from polyurethanes
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C11ANIMAL AND VEGETABLE OILS, FATS, FATTY SUBSTANCES AND WAXES; FATTY ACIDS THEREFROM; DETERGENTS; CANDLES
    • C11DDETERGENT COMPOSITIONS; USE OF SINGLE SUBSTANCES AS DETERGENTS; SOAP OR SOAP-MAKING; RESIN SOAPS; RECOVERY OF GLYCEROL
    • C11D3/00Other compounding ingredients of detergent compositions covered in group C11D1/00
    • C11D3/50Perfumes
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C11ANIMAL AND VEGETABLE OILS, FATS, FATTY SUBSTANCES AND WAXES; FATTY ACIDS THEREFROM; DETERGENTS; CANDLES
    • C11DDETERGENT COMPOSITIONS; USE OF SINGLE SUBSTANCES AS DETERGENTS; SOAP OR SOAP-MAKING; RESIN SOAPS; RECOVERY OF GLYCEROL
    • C11D3/00Other compounding ingredients of detergent compositions covered in group C11D1/00
    • C11D3/50Perfumes
    • C11D3/502Protected perfumes
    • C11D3/505Protected perfumes encapsulated or adsorbed on a carrier, e.g. zeolite or clay
    • DTEXTILES; PAPER
    • D06TREATMENT OF TEXTILES OR THE LIKE; LAUNDERING; FLEXIBLE MATERIALS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • D06MTREATMENT, NOT PROVIDED FOR ELSEWHERE IN CLASS D06, OF FIBRES, THREADS, YARNS, FABRICS, FEATHERS, OR FIBROUS GOODS MADE FROM SUCH MATERIALS
    • D06M13/00Treating fibres, threads, yarns, fabrics or fibrous goods made from such materials, with non-macromolecular organic compounds; Such treatment combined with mechanical treatment
    • D06M13/005Compositions containing perfumes; Compositions containing deodorants
    • DTEXTILES; PAPER
    • D06TREATMENT OF TEXTILES OR THE LIKE; LAUNDERING; FLEXIBLE MATERIALS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • D06MTREATMENT, NOT PROVIDED FOR ELSEWHERE IN CLASS D06, OF FIBRES, THREADS, YARNS, FABRICS, FEATHERS, OR FIBROUS GOODS MADE FROM SUCH MATERIALS
    • D06M2101/00Chemical constitution of the fibres, threads, yarns, fabrics or fibrous goods made from such materials, to be treated
    • D06M2101/16Synthetic fibres, other than mineral fibres
    • D06M2101/30Synthetic polymers consisting of macromolecular compounds obtained otherwise than by reactions only involving carbon-to-carbon unsaturated bonds
    • D06M2101/38Polyurethanes

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide scent-lingering fibers capable of maintaining scent even when a long time passes after absorbing perfume ingredients.SOLUTION: In the scent-lingering polyurethane fibers, the total desorption amount of perfume ingredients after 48 hours from absorption of the perfume ingredients is 0.1 μg/g/h or more and 1000 μg/g/h or less.

Description

本発明は、香料成分を含む洗濯用柔軟剤及び/又は洗剤等に対する香気持続性に優れたポリウレタン系繊維に関する。 The present invention relates to a polyurethane fiber having excellent fragrance lasting for laundry softener and / or detergent, etc. containing perfume ingredients.

日常生活の中で香りを楽しみたいという要望が高まっており、衣服用布帛をはじめ、寝具等種々の繊維構造物に対して香りが付着しやすく、付着後も揮発等により消失せず、また少量でも香りの強い香料類、香料処方、香料をカプセル化する技術の研究や開発が成されている。 There has been a growing desire to enjoy the scent in everyday life, including clothes for the fabric, the smell is liable to adhere to the bedding, such as various kinds of fiber structure, also without loss by volatilization after deposition, also a small amount strong perfumes scented But, perfume prescription, research and development of technology to encapsulate the perfume have been made.

そして、近年、日常の洗濯時に香りを付与することが好んで行われる様になった。 And, in recent years, it came to be carried out in favor of imparting aroma at the time of daily washing. その代表的手段は香料を付与した洗濯柔軟剤や洗剤により、布帛や衣類が乾燥途中であっても、さらに当然ながら、乾燥後の長期間に渡り心地よい香りが持続する洗剤、柔軟剤を使用することである。 The representative means washing softener or detergent impart flavor, cloth or clothes even during drying, will be further understood, detergent pleasant odor for a long time after drying lasts, using the softener it is. それらに適用する香料組成物が多々発明されてきた。 Perfume composition applied to them have been many invention.

香りそのものである香料類、香料処方、それらを適用した柔軟剤、洗剤、洗濯専用香料パッケージ、洗濯後噴霧型香料パッケージ等、香料側の発明は多種、多義に渡る。 Perfumes is fragrance itself, perfume formulations, softener applied to them, detergents, washing dedicated perfume package, after washing spray perfume package or the like, of the perfume side invention across a wide, the ambiguity.

消費者が家庭等において洗濯時に香りを付与する利点を挙げると、まず、ターゲットとする好みの香りを、洗濯の度に繰り返し付与することが出来る点が重要である。 When the consumer is given the advantage to impart a scent at the time of the washing in the home or the like, first of all, the smell of taste that target, it is important can point that repeatedly given to the time of washing. また、異なった香料を付与した衣類に着替えることで異なった香りにリセット出来る点が優れている。 In addition, a point that can be reset to smell a different by change into clothes that were granted a different flavor is excellent. そして、近年の香りの嗜好が、軽快な香りを重視する傾向にある点が重要である。 And, preference in recent years of the scent, the point that there is a tendency to focus a light scent is important. 軽快な香り成分の香料類は低分子で高揮発性を有する場合が多い。 Perfumes nimble scent ingredients often have high volatility with low molecular. すなわち、香水やコロンでは、肌に直接噴霧することを前提としており、高揮発性の香料成分は直ぐ揮発してしまい(トップノート、数分程度の香水の第一印象)、それを長時間に生かすことは困難であり、軽快な香り、さわやかな好ましい香りを持続させることが難しかった。 In other words, the perfume in and colon, is based on the premise that is sprayed directly to the skin, highly volatile perfume ingredients immediately volatilized will be (top note, perfume first impression of the order of a few minutes), it for a long time it is difficult to take, it is difficult to sustain a light fragrance, refreshing preferred scent. 香水やコロンの主機能となる香り(ミドルノート、ベースノート、香水の余韻香)は重い香りと言われ、フォーマルな印象と傾向が強いと言われる。 Perfumes and colon of the main functions and become fragrant (middle notes, base notes, lingering scent of perfume) is said to be heavy scent, formal impression and the trend is said to be strong.

しかしながら、香りを付与される対象物である布帛側にはこの要望に応える試みはなされてこなかった。 However, an attempt to meet this need is the fabric side is a target to be imparted aroma have not been made. すなわち、繊維構造物側の素材を改良追求することによる香料吸着率を高め、香りが長く続くことを狙った技術思想はなかった。 That is, increasing the perfume adsorption rate by improving pursue material fiber structure side, there was no technical idea aimed at the aroma it continues for a long time. 特に軽快な香りを長く続かせることを狙った技術思想は全くなかった。 In particular, the technical concept aimed at making last long nimble scent was no.

これに近い試みとして、繊維や繊維構造物に、その製造時に香り成分又は消臭成分等を付与しておく例が挙げられる(特許文献1及び特許文献2)。 In an attempt close to this, the fiber or fiber structure, examples to be granted fragrance ingredient or deodorant components, and the like at the time of preparation (Patent Documents 1 and 2). また、芳香剤に用いられる香料基材の例として特許文献3が挙げられる。 Further, Patent Document 3 mentioned as examples of perfume base material used in fragrances.

すなわち、初期から特定の香料を具備するものである。 That is, those having a specific flavor from the initial. 特許文献1及び特許文献2には繊維物質に製造時に香料を付与するものが記載されている。 Patent Document 1 and Patent Document 2 describes those which confer fragrance during manufacturing the fiber material. しかし、残念ながら、香りは嗜好性が非常に高く、個人の感性に結びつくものであり、これに合わせ、予め、多種類の香りを示す製品を取りそろえることは大変不経済である。 But, unfortunately, fragrance palatability is very high, which leads to personal sensibility, this suit, in advance, that the assortment of products that show many kinds aroma is very uneconomical. そして、製造時に予め特定の香料を付与しておくことは好みの香料を消費者が後ほど洗濯時等に付与した場合に、予め付与された香料が残存することによって好みの香気が得られない等本件目的を阻害する場合もある。 When that you grant pre-specified perfume during manufacturing is granted to consumers later washing or the like perfume preferences can not be obtained aroma taste by the remaining pre-granted perfumes sometimes inhibit present purpose. 更に、この手法は前述の繰り返し香りをリセットする要求、軽快な香りに対する要求も満たさない。 In addition, this technique required to repeatedly reset the smell of the foregoing, does not satisfy the demand for light scent.

出願人の知る限り、香気持続性を備えた香料類の報告はあるが、香気持続性を備えた布帛を得ることができたとは、未だ報告されていないのが現状である。 Applicant's knowledge, there are reports of perfumes with aroma persistence, and it was possible to obtain a fabric having a fragrance lasting, it has not yet been reported.

特開2012−012710号公報 JP 2012-012710 JP 特開2011−162906号公報 JP 2011-162906 JP 特表2008−519145号公報 JP-T 2008-519145 JP

上記の通り、満足できる香気持続性を備えた布帛は報告されていない。 As described above, the fabric having a fragrance lasting satisfactory has not been reported.
本発明は、製造時に予め香料を付着させることなく、上記香りを受容する繊維構造物側の問題点に鑑みて、香りを付与される対象物である布帛を構成する繊維を改良することにより、香料成分を吸収後、長時間(例えば、48時間程度)が経っても香気が持続する残香性繊維を提供することを目的とする。 The present invention is not be deposited in advance perfume during manufacturing, in view of the problems of the fiber structure side for receiving the fragrance, by improving the fiber constituting the fabric as an object to be granted fragrance, after absorption of perfume ingredients, long (e.g., about 48 hours) and to provide a substantivity fibers lasting aroma even after the.

本発明者等は、本発明のポリウレタン系繊維からなる衣服、特に下着や中衣は、肌より低温で香料成分を穏やかに揮発させることが可能であり、そのような衣服の構成素材を香料の含浸基材、特に高揮発性香料吸収基材として活用することにより、高揮発香料の軽快な香りを持続させるという驚くべき効果が得られることを見いだした。 The present inventors have, clothes made of polyurethane fiber of the present invention, particularly underwear and Chukoromo is possible to gently volatile perfume ingredients at a temperature lower than the skin, the constituent material of the perfume of such garments impregnated substrate, in particular by utilizing a highly volatile perfume absorbent substrate, it has been found that surprising effect to prolong the light aroma of highly volatile perfume is obtained. 本発明は、このような知見に基づき、更に鋭意開発を重ねて完成に至ったものである。 The present invention is based on such knowledge, which has led to completion further intensive development. すなわち、本発明は以下の発明に関する。 That is, with the present invention are the following invention.

[1]香料成分の吸収から48時間後における香料成分の総放散量が0.1μg/g・h以上1000μg/g・h以下であることを特徴とする残香性ポリウレタン系繊維。 [1] substantivity polyurethane fiber the total emission amount of perfume ingredients in the 48 hours after the absorption of the perfume component is equal to or less than 0.1 [mu] g / g · h or more 1000μg / g · h.
[2]前記ポリウレタン系繊維が、ポリウレタン繊維及び/又はポリウレタンウレア繊維であることを特徴とする前記[1]に記載の残香性ポリウレタン系繊維。 [2] The polyurethane fiber is substantivity polyurethane fiber according to [1], which is a polyurethane fiber and / or polyurethane urea fibers.
[3]前記ポリウレタン系繊維のウレタン基濃度及びウレア基濃度の合計が1.0mol/kg以上5.0mol/kg以下であることを特徴とする前記[1]又は[2]に記載の残香性ポリウレタン系繊維。 [3] substantivity according to [1] or [2] the total of the urethane group concentration and urea group concentration of the polyurethane fiber is equal to or less than 1.0 mol / kg or more 5.0 mol / kg polyurethane fiber.
[4]前記ポリウレタン系繊維の1g当たりの繊維表面積が0.02m 以上0.2m 以下及び/又はポリウレタン繊維の単繊維繊度が3デシテックス以上300デシテックス以下であることを特徴とする前記[1]〜[3]のいずれかに記載の残香性ポリウレタン系繊維。 [4] the fiber surface area per 1g of the polyurethane fiber is characterized in that the single fiber fineness of 0.02 m 2 or more 0.2 m 2 or less and / or polyurethane fibers is 3 dtex to 300 dtex or less [1 ] substantivity polyurethane fiber according to any one of - [3].
[5]前記香料成分が炭素数3以上15以下、分子量50以上350以下、沸点20℃以上200℃以下の化合物であることを特徴とする前記[1]〜[4]のいずれかに記載の残香性ポリウレタン系繊維。 [5] The perfume component having 3 to 15 carbon atoms, a molecular weight 50 to 350, wherein which is a compound of 200 ° C. or less above the boiling point 20 ° C. [1] ~ according to any one of [4] substantivity polyurethane fiber.
[6]前記香料成分の吸収が香料成分を含む洗濯用柔軟剤及び/又は洗剤による水浴中での洗浄によるものであることを特徴とする前記[1]〜[5]のいずれかに記載の残香性ポリウレタン系繊維。 [6] according to any one of [1] to [5], wherein the absorption of the perfume ingredients is by washing in a water bath by laundry softener and / or detergents containing perfume ingredients substantivity polyurethane fiber.
[7]前記香料成分の吸収が香料成分を含む洗濯用柔軟剤及び/又は洗剤によるドライクリーニング溶剤中での洗浄によるものであることを特徴とする前記[1]〜[5]のいずれかに記載の残香性ポリウレタン系繊維。 [7] to any one of [1] to [5], wherein the absorption of the perfume ingredients is by washing with dry-cleaning solvent due to laundry softener and / or detergents containing perfume ingredients substantivity polyurethane-based fiber according.
[8]前記香料成分の吸収が香料成分を含む液体状物質の噴霧によるものであることを特徴とする前記[1]〜[5]のいずれかに記載の残香性ポリウレタン系繊維。 [8] substantivity polyurethane fiber according to any one of [1] to [5] for the absorption of the perfume component is characterized in that by spraying a liquid substance containing the fragrance ingredient.
[9]前記[1]〜[8]のいずれかに記載の残香性ポリウレタン系繊維を有することを特徴とする残香性布帛。 [9] The [1] substantivity fabric characterized by having a substantivity polyurethane fiber according to any one of to [8].
[10]香料成分の吸収から48時間後における香料成分の総放散量が0.01μg/g・h以上1000μg/g・h以下であることを特徴とする前記[9]に記載の残香性布帛。 [10] substantivity fabric according to [9], the total emission amount of perfume ingredients in the 48 hours after the absorption of the perfume component is equal to or less than 0.01 [mu] g / g · h or 1000 [mu] g / g · h .
[11]残香性ポリウレタン系繊維の含有量が2重量%以上100重量%以下であることを特徴とする前記[9]又は[10]に記載の残香性布帛。 [11] substantivity fabric according to above, wherein [9] or [10] in that the content of substantivity polyurethane fiber is 100 wt% or less than 2% by weight.
[12]前記[1]〜[8]のいずれかに記載の残香性ポリウレタン系繊維に香料成分を吸収させて得られる残香性ポリウレタン系繊維素材。 [12] The [1] to [8] substantivity polyurethane fiber materials obtained by the substantivity polyurethane fiber to absorb the perfume ingredients according to any one of.
[13]香料成分を吸収させることを特徴とする前記[1]〜[8]のいずれかに記載の残香性ポリウレタン系繊維の使用。 [13] Use of substantivity polyurethane fiber according to any one of [1] to [8], wherein the imbibing perfume ingredients.
[14]前記[1]〜[8]のいずれかに記載の残香性ポリウレタン系繊維に香料成分を吸収させる過程を有することを特徴とする、残香性ポリウレタン系繊維の香気保持方法。 [14] The [1] to [8] or features that, aroma retention method substantivity polyurethane fiber to have a process to absorb perfume ingredients substantivity polyurethane fiber according to the.
[15]前記[1]〜[8]のいずれかに記載の残香性ポリウレタン系繊維に香料成分を吸収させる工程を有することを特徴とする、残香性ポリウレタン系繊維素材の製造方法。 [15] The [1] to [8] or substantivity to polyurethane fiber characterized by having a step of absorption of perfume ingredients, substantivity polyurethane fiber material manufacturing method according to the.
[16]前記香料成分を吸収させる工程を2回以上有することを特徴とする、前記[15]に記載の残香性ポリウレタン系繊維素材の製造方法。 [16] The, characterized in that the step of absorbing the perfume ingredients having more than once, the [15] substantivity polyurethane fiber material manufacturing method according to.

本発明のポリウレタン系繊維は、優れた残香性、特に香料成分を含む洗濯用柔軟剤及び/又は洗剤等の残香機能を助け、該ポリウレタン繊維、該ポリウレタン繊維を含有する布帛及び該布帛を使用した衣類において、洗濯乾燥後の長期間に渡り心地よい香りが持続する。 Polyurethane fiber of the present invention was used superior substantivity, especially helps substantivity functions such as laundry softener and / or detergents containing perfume ingredients, the polyurethane fibers, fabrics and the fabrics containing the polyurethane fibers in clothing, pleasant fragrance over a long period of time after washing and drying is sustained. 更に、本発明のポリウレタン繊維は、そのような優れた機能が劣化しないか劣化の度合いが小さく、例えば、洗濯等に対する耐久性の面で、非常に優れている。 Furthermore, the polyurethane fiber of the present invention, such excellent features small degree of deterioration or not degraded, for example, in terms of durability to laundering, etc., are very good.

本発明における香料成分の総放散量を測定する装置を示す模式図である。 The device for measuring the total emission amount of perfume ingredients in the present invention is a schematic diagram showing. 実施例19におけるGC/MSトータルイオンクロマトグラムである。 Is a GC / MS total ion chromatogram in Example 19. 実施例20におけるGC/MSトータルイオンクロマトグラムである。 Is a GC / MS total ion chromatogram in Example 20. 比較例19におけるGC/MSトータルイオンクロマトグラムである。 It is a GC / MS total ion chromatogram of Comparative Example 19. 比較例20におけるGC/MSトータルイオンクロマトグラムである。 It is a GC / MS total ion chromatogram of Comparative Example 20.

以下、本発明の残香性ポリウレタン系繊維を詳細に説明する。 Hereinafter, describing the substantivity polyurethane fiber of the present invention in detail.

本発明の残香性ポリウレタン系繊維は、香料成分の吸収から48時間後における香料成分の総放散量が0.1μg/g・h以上1000μg/g・h以下であることを特徴とする。 Substantivity polyurethane fiber of the present invention is characterized in that the total emission amount of perfume ingredients in the 48 hours after absorption of the perfume ingredient is not more than 0.1 [mu] g / g · h or more 1000μg / g · h.

本発明において、残香性とは、付与された香気が長時間持続することを表す。 In the present invention, it indicates that the substantivity, aroma imparted is long lasting. 本発明のポリウレタン系繊維が残香性を備える場合、本発明のポリウレタン繊維を含有する布帛等において、洗濯時に付与された好ましい香気が、例えば、乾燥後約24時間以上経っても感知可能であり、好ましくは、48時間以上、より好ましくは、約72時間以上、さらに好ましくは約144時間以上経っても感知可能である。 If polyurethane fiber of the present invention comprises a substantivity, in cloth or the like containing the polyurethane fiber of the present invention, preferable aroma imparted during washing, for example, even after about 24 hours or more after drying may be sensed, preferably, more than 48 hours, more preferably, about 72 hours or more, further preferably can sense even after more than about 144 hours. 本発明のポリウレタン系繊維又は布帛の香気が良好に感知されることの目安としては、例えば、下記の6段階臭気強度表示法(官能試験1)による評価が2.5以上、好ましくは3.0以上であることが挙げられる。 The indication that the polyurethane fiber or fabric odor of the present invention are well perceived, for example, 6 grade odor method described below (sensory test 1) by evaluation of 2.5 or more, preferably 3.0 and the like that is greater than or equal to. また、下記の9段階快・不快度表示法(官能試験2)による評価としては、2以上であるものが好ましく、3以上であるものがより好ましい。 As the evaluation by 9 out pleasure-displeasure level display method described below (sensory test 2), preferably it has 2 or more, it is more preferable three or more. 機能保持耐久試験における9段階快・不快度表示法(官能試験3)による評価としても、2以上であるものが好ましく、3以上であるものがより好ましい。 Even evaluation by 9 out pleasure-displeasure of notation in the functional holding endurance test (sensory test 3), preferably has 2 or more, it is more preferable three or more.

また、前記残香性は、例えば、繊維又は布帛が香料成分に暴露され、香料成分を吸収する工程(例えば、洗濯工程等)の後、乾燥を経て48時間後における香料成分の総放散量で表すことが出来る。 Furthermore, the substantivity, for example, fibers or fabric is exposed to perfume ingredients, the step of absorbing the flavor component (e.g., a washing step, etc.) after, represented by the total emission amount of perfume ingredients after 48 hours a drying it can be. このような総放散量としては、例えば、繊維又は布帛から発生した香料成分を捕集し、ガスクロマトグラフィー等で捕集量を分析して得られた値を用いてよい。 Such total emission rate, for example, collecting the perfume component generated from fiber or fabric, may be used a value obtained by analyzing the amount collected by the gas chromatography. 前記総放散量は、通常、約18℃〜45℃で測定されたものを用い、好ましくは、約20℃〜25℃で測定されたものを用いる。 The total emission rate is usually used as measured at about 18 ° C. to 45 ° C., preferably, used as measured at about 20 ° C. to 25 ° C.. より好ましくは、約22℃〜24℃で測定されたものを用いる。 It is more preferable to use those measured at about 22 ° C. to 24 ° C.. 前記総放散量は、0.1μg/g・h以上1000μg/g・h以下であることが好ましく、0.2μg/g・h以上500μg/g・h以下であることがより好ましく、0.3μg/g・h以上200μg/g・h以下であることが最も好ましい。 The total emission amount is preferably from 0.1 [mu] g / g · h or 1000 [mu] g / g · h, more preferably at most 0.2 [mu] g / g · h or 500μg / g · h, 0.3μg / most preferably g · h or less or more 200 [mu] g / g · h. 但し、μg/g・hとは、本発明のポリウレタン系繊維又は該繊維を有する本発明の布帛1gが1時間当たりに放散する香料成分の総放散量(μg)を示す。 However, the [mu] g / g · h, the total emission amount of perfume ingredients which polyurethane fiber or fabric 1g of the present invention having the fiber to dissipate per hour of the present invention ([mu] g) shown. 0.1μg/g・h未満であると、想定される布帛の残香性、臭気強度は不満足なものになる。 If it is less than 0.1 [mu] g / g · h, substantivity of the fabric envisaged, odor intensity is unsatisfactory. 1000μg/g・hより大きいと、臭気強度自体が高すぎるため、好ましい香りが得られない場合がある。 Larger than 1000 [mu] g / g · h, for odor intensity itself is too high, there may not be obtained is preferable fragrance.

本発明のポリウレタン系繊維は、例えば、ポリオール、ジイソシアネート化合物、ジアミン化合物及びジオール化合物等から重合されるものであってもよいが、本発明においては特に限定されるものではない。 Polyurethane fiber of the present invention, for example, a polyol, a diisocyanate compound, or it be one that is polymerized from a diamine compound and a diol compound and the like, are not particularly limited in the present invention. また、その合成法も特に限定されるものではない。 Further, the invention is not particularly limited their synthesis. 前記ポリウレタン系繊維は、例えば、 The polyurethane-based fibers are, for example,
ポリマージオール、ジイソシアネート及び低分子量ジアミン等から重合されてなるポリウレタンウレア繊維であってもよく、また、ポリマージオール、ジイソシアネート及び低分子量ジオール等から重合されてなるポリウレタン繊維(ポリウレタンウレタン繊維)であってもよい。 Polymer diol may be a polyurethane urea fibers comprising polymerized from a diisocyanate and a low molecular weight diamine, also polymeric diol, even polyurethane fiber comprising polymerized from a diisocyanate and a low molecular weight diol (polyurethane urethane fibers) good. さらに、鎖伸長剤として水酸基とアミノ基を分子内に有する化合物を使用したポリウレタンウレア繊維であってもよい。 Furthermore, it may be a polyurethane urea fibers using a compound having a hydroxyl group and an amino group in the molecule as a chain extender. 本発明の効果を妨げない範囲で3官能性以上の多官能性のグライコールやイソシアネート等が使用されることも好ましい。 It is also preferred that the polyfunctional of glycol and isocyanate or more trifunctional within a range which does not impair the effects of the present invention is used. ポリマージオールはポリエーテル系、ポリエステル系ジオール、ポリカーボネートジオール等が好ましい。 Polymer diol polyether, polyester diols, polycarbonate diols and the like are preferable. そして、特に溶解性の異なる、親水性香料及び親油性香料を効率よく糸に付与する観点からポリエーテル系ジオールが使用されることが好ましい。 Then, in particular, different solubility, hydrophilic perfume and lipophilic perfume from the viewpoint of imparting efficiently yarn polyether diol is preferably used.

本発明で使用するポリオールは、分子量比が約0.5以上であり、かつ、重量平均分子量/数平均分子量の比が約1.8以上が好ましい。 Polyols for use in the present invention is the molecular weight ratio of about 0.5 or more, and the ratio of the weight average molecular weight / number average molecular weight is preferably about 1.8 or more. このようなポリオールを使用することにより機械物性の観点、香料を効率よく糸に付与する観点、香料吸収放散機能の保持率の観点から、優れたポリウレタン系繊維を得ることが出来る。 The viewpoint of the mechanical properties by the use of such polyols, perfume viewpoint of imparting efficiently yarn, in terms of retention of perfume absorbing dissipating functional, it is possible to obtain an excellent polyurethane fiber. 好ましくは、分子量比が約1.5以上3以下、重量平均分子量/数平均分子量の比が約2以上10以下である。 Preferably, the molecular weight ratio of about 1.5 to 3, the ratio of the weight average molecular weight / number average molecular weight of about 2 to 10.

尚、ポリオールの分子量比は、以下の式(1)によって求めることができる。 The molecular weight ratio of the polyol can be obtained by the following equation (1).

また重量平均分子量、数平均分子量はGPCで測定してポリスチレンにより換算した結果を用いる。 The weight average molecular weight, number average molecular weight using a result obtained by converting the polystyrene as measured by GPC.

本発明で用いるポリオールは単一であってもよいし、分子量の異なる2種以上のポリオール(相対的に高分子量のポリオールと低分子量のポリオール)をブレンドすることにより上記の範囲の中の所望の分子量にしても良いが、分子量の異なる2種以上のポリオールをブレンドして所定の分子量にすることが好ましい。 Polyols used in the present invention may be a single molecular weight of two or more different polyols (relatively high molecular weight polyols and low molecular weight polyol) the by blending the desired within the scope of the it may be the molecular weight, but preferably in a blend of two or more polyols having different molecular weights to a predetermined molecular weight. ブレンドすることにより伸度、応力特性に優れたポリウレタン繊維を得やすくなる。 Elongation by blending, easily obtain a good polyurethane fiber stress characteristics. 混合するポリオールの分子量は特に規定されるものではなく、例えば分子量が約600未満のポリオールと分子量が約1600より大きいポリオールとを混合してもよいし、混合する別のポリオールよりも分子量が低いものの分子量が約600以上であるポリオールと、混合する別のポリオールよりも分子量が高いものの分子量が約1600以下であるポリオールとを混合してもよい。 The molecular weight of the mixed polyol is not particularly defined, for example, to a polyol having a molecular weight having a molecular weight less than about 600 may also be mixed with approximately 1600 greater than the polyol, although lower molecular weight than another polyol mixture a polyol molecular weight of about 600 or more, the molecular weight of those high molecular weight than another polyol mixture may be mixed with the polyol and is about 1600 or less. 但し、ブレンドする複数種のポリオールの分子量が大きく解離しているとポリオールそれぞれの反応性が異なってしまうので、ブレンドする複数種のポリオールの分子量差は約1000以内に留めておくことが好ましい。 However, since the more reactive the molecular weight is dissociated significantly polyol of each polyol blend becomes different, the molecular weight difference between the plurality of kinds of polyol to be blended is preferably keep within about 1000. 分子量差が約600以内であるとより好ましい。 More If the molecular weight difference of about 600 within preferred.

ポリエーテル系ポリオールとして、例えばポリエチレンオキシド、ポリエチレングリコール、ポリエチレングリコールの誘導体、ポリプロピレングリコール、ポリテトラメチレンエーテルグリコール(以下、PTMGと略す)、テトラヒドロフラン(THF)及び3−メチルテトラヒドロフランの共重合体である変性PTMG(以下、3M−PTMGと略する)、THF及び2,3−ジメチルTHFの共重合体である変性PTMG、特許第2615131号公報等に開示される側鎖を両側に有するポリオール、THFとエチレンオキサイド及び/又はプロピレンオキサイドが不規則に配列したランダム共重合体等が挙げられる。 As polyether polyols, such as polyethylene oxide, polyethylene glycol, derivatives of polyethylene glycol, polypropylene glycol, polytetramethylene ether glycol (hereinafter, abbreviated as PTMG), a copolymer of tetrahydrofuran (THF) and 3-methyltetrahydrofuran modified PTMG (hereinafter, abbreviated as 3M-PTMG), THF and 2,3-dimethyl THF copolymer is a modified PTMG, polyols having a side chain on either side as disclosed in Japanese Patent No. 2615131 discloses such, THF and ethylene oxide and / or propylene oxide include random copolymers were irregularly arranged. これらを2種以上混合もしくは共重合して用いてもよいが、糸の強伸度と回復力の観点からPTMG、3M−PTMG、この2種をブレンドしたポリオール等を用いることが好ましい。 These may be used by mixing or copolymerizing 2 or more kinds, PTMG in terms of resilience and yarn strength and elongation, 3M-PTMG, it is preferable to use a blended polyol the two. PTMG、3M−PTMG、もしくはこの2種をブレンドしたポリオール等に対して特性を損なわない程度に他のポリオールを混合もしくは共重合しても何ら構わない。 PTMG, 3M-PTMG, or may in any way be mixed or copolymerized with other polyols to the extent of not impairing the properties of the polyol such as a blend of the two.
特に、水系洗濯時に親水性香料を受容する場合はエチレンオキシドを含有するグリコール等の使用が好まれ、ポリエチレンオキシドグリコール、ポリエチレングリコールの誘導体等の含有が好適であり、親油性香料を受容、吸収する場合はポリプロピレングリコール、PTMG、3M−PTMG等の使用が好適である。 In particular, when receiving the hydrophilic perfume during aqueous washing prefer the use of such glycols which contain ethylene oxide, polyethylene oxide glycol, a suitable content such as derivative of polyethylene glycol, receiving a lipophilic perfume, to absorb polypropylene glycol, PTMG, the use of such 3M-PTMG is preferred.

次に本発明に使用される有機ジイソシアネート化合物としては、芳香族、脂環族及び脂肪族ジイソシアネート化合物等を用いることが出来る。 As organic diisocyanate compound used in the present invention is then an aromatic, alicyclic and aliphatic diisocyanate compounds may be used. 芳香族ジイソシアネート化合物として、例えばジフェニルメタンジイソシアネート(以下、MDIと略す)、トリレンジイソシアネート、1,4−ジイソシアネートベンゼン、キシリレンジイソシアネート、2,6−ナフタレンジイソシアネート等が挙げられる。 As the aromatic diisocyanate compound, for example, diphenylmethane diisocyanate (hereinafter, abbreviated to MDI), tolylene diisocyanate, 1,4-diisocyanate benzene, xylylene diisocyanate, 2,6-naphthalene diisocyanate. 脂環族、脂肪族ジイソシアネートとして、例えば、メチレンビス(シクロヘキシルイソシアネート)(以下、H12MDIと称する。)、イソホロンジイソシアネート、メチルシクロヘキサン2,4−ジイソシアネート、メチルシクロヘキサン2,6−ジイソシアネート、シクロヘキサン1,4−ジイソシアネート、ヘキサヒドロキシリレンジイソシアネート、ヘキサヒドロトリレンジイソシアネート及びオクタヒドロ1,5−ナフタレンジイソシアネート等が挙げられる。 Alicyclic, aliphatic diisocyanates, for example, methylenebis (cyclohexyl isocyanate) (hereinafter referred to as H12MDI.), Isophorone diisocyanate, methylcyclohexane 2,4-diisocyanate, methylcyclohexane 2,6-diisocyanate, cyclohexane 1,4-diisocyanate , hexa hydroxy Li diisocyanate, hexahydrotolylene diisocyanate and octahydro 1,5-naphthalene diisocyanate, and the like. これらの有機ジイソシアネート化合物は単独で使用してもよいし、2種以上を併用してもよい。 These organic diisocyanate compounds may be used alone or in combination of two or more. これらの有機ジイソシアネート化合物のうち、繊維の強度や耐熱性等に優れることから芳香族ジイソシアネート化合物等を用いることが好ましく、MDI等を用いることがさらに好ましい。 Among these organic diisocyanate compound, it is preferable to use an aromatic diisocyanate compounds because of their excellent fiber strength and heat resistance, it is more preferred to use MDI, and the like. MDIに対して他の1種又は2種以上の芳香族ジイソシアネート化合物等を混合して用いてもよい。 It may be mixed with other one or more aromatic diisocyanate compound or the like to the MDI.

ポリオールと有機ジイソシアネート化合物の反応当量比(モル比)は約8以下であることが好ましい。 The reaction equivalent ratio of the polyol and organic diisocyanate compound (molar ratio) is preferably is about 8 or less. この範囲であると強伸度及び回復力に優れるだけでなく、加工性にも優れた繊維を得ることが出来る。 Not only excellent TsuyoShin degree and resilience Within this range, it is possible to obtain a fiber excellent in workability. すなわち、約8を超えると重合プロセスによってはゲルが生成するため紡糸性に問題が生じるおそれがある。 That is, there is a possibility that a problem in spinnability occurs to produce the gel by the polymerization process more than about 8. さらにはゲルの部分が弱糸になることがあり品質が安定しにくくなる。 Further quality may be part of the gel becomes weak yarn is hardly stable. 特に重合プロセスが溶液中の場合は、約8以下であることが好ましく、約6以下がより好ましく、約3以下が最も好ましい。 Especially if the polymerization process is in the solution is preferably about 8 or less, more preferably about 6 or less, about 3 or less is most preferred. 一方、1未満であると耐熱性が悪くなりかつ破断強伸度も低くなり易くなるため品質に問題が生じるおそれがある。 On the other hand, there is a fear that problems in quality for heat resistance is less than 1 tends become and breaking strength and elongation is also lowered poor results. したがって、下限としては、約1以上であることが好ましく、約1.4以上であることがより好ましい。 Therefore, the lower limit is preferably about 1 or more, and more preferably about 1.4 or more.

次に、ポリウレタン系樹脂を構成する構造単位の鎖伸長剤としては、低分子量ジアミン及び低分子量ジオールのうち少なくとも1種又は2種以上を使用するのも好ましい。 Then, as the chain extender of a structural unit which constitutes the polyurethane resin is also preferred to use at least one or more of the low molecular weight diamines and low molecular weight diols. なお、エタノールアミンのように、水酸基とアミノ基の両方を分子中に有するものであってもよい。 Incidentally, as in ethanolamine, it may have both hydroxyl and amino groups in the molecule.

好ましい低分子量ジオールとしては、エチレングリコール(以下、EGと略す)、1,3−プロパンジオール、1,4−ブタンジオール、ビスヒドロキシエトキシベンゼン、ビスヒドロキシエチレンテレフタレート、1−メチル−1,2−エタンジオール等は代表的なものである。 Preferred low molecular weight diol, ethylene glycol (hereinafter, abbreviated as EG), 1,3-propanediol, 1,4-butanediol, bishydroxyethoxybenzene, bishydroxyethylene terephthalate, 1-methyl-1,2-ethane diol, is a typical example. 特に好ましくはEG、1,3−プロパンジオール及び1,4−ブタンジオール等である。 Particularly preferably EG, 1,3-propanediol and 1,4-butanediol and the like. これらを用いると、ジオール伸長のポリウレタン系樹脂としては耐熱性が高く、また、ポリウレタン系繊維とした場合に強度を高くすることができる。 Using these, the polyurethane resin of diol extended high heat resistance, and can increase the strength when the polyurethane fiber.

本発明のポリウレタン系繊維の鎖伸長剤として好ましいジアミン化合物を挙げる。 Cited preferred diamine compound as a chain extender of polyurethane fiber of the present invention. ジアミン化合物を用いることにより、高い回復力を達成することが可能となると共に、生成したウレア基の強力な水素結合力により水親和性の香料類までも捕捉し易く、香気持続性に寄与することが可能となる。 By using the diamine compound, it becomes possible to achieve high resilience, easily be captured until the water affinity of perfumes by strong hydrogen bonding strength of the generated urea groups, thereby contributing to aroma persistence it is possible. ジアミン化合物として、低分子量ジアミン化合物、例えばヒドラジン、エチレンジアミン、1,2−プロパンジアミン、1,3−プロパンジアミン、2−メチル−1,5−ペンタンジアミン、1,2−ジアミノブタン、1,3−ジアミノブタン、1−アミノ−3,3,5−トリメチル−5−アミノメチルシクロヘキサン、2,2−ジメチル−1,3−ジアミノプロパン、1,3−ジアミノ−2,2−ジメチルブタン、2,4−ジアミノ−1−メチルシクロヘキサン、1,3−ペンタンジアミン、1,3−シクロヘキサンジアミン、ビス(4−アミノフェニル)ホスフィンオキサイド、ヘキサメチレンジアミン、1,3−シクロヘキシルジアミン、ヘキサヒドロメタフェニレンジアミン、2−メチルペンタメチレンジアミン及びビス(4−アミ As the diamine compound, a low molecular weight diamine compounds, such as hydrazine, ethylenediamine, 1,2-propanediamine, 1,3-propanediamine, 2-methyl-1,5-pentane diamine, 1,2-diaminobutane, 1,3 diaminobutane, 1-amino-3,3,5-trimethyl-5-aminomethyl cyclohexane, 2,2-dimethyl-1,3-diaminopropane, 1,3-diamino-2,2-dimethylbutane, 2,4 - diamino-1-methylcyclohexane, 1,3-pentanediamine, 1,3-cyclohexanediamine, bis (4-aminophenyl) phosphine oxide, hexamethylene diamine, 1,3-cyclohexyl diamine, hexahydroterephthalic metaphenylene diamine, 2 - methyl pentamethylene diamine and bis (4-Ami フェニル)ホスフィンオキサイド等を挙げることができる。 It may be mentioned phenyl) phosphine oxide, and the like. これらの中から1種もしくは2種以上を混合して使うことが可能である。 It is possible to use a mixture of one or more from these. また特性を損なわない程度にエチレングリコール等の低分子量ジオール化合物等を併用してもよい。 Also to the extent not to impair the properties may be used in combination of a low molecular weight diol compounds such as ethylene glycol. ジアミン化合物において好ましいのは炭素数が2から5のジアミン化合物であり、伸度及び弾性回復性等に優れた繊維を製造するという観点からすると、エチレンジアミン等を用いることが特に好ましい。 Preferred in the diamine compound is a diamine compound having 2 to 5 carbon atoms, from the viewpoint of producing a fiber excellent in elongation and elastic recovery property and the like, it is particularly preferable to use ethylene diamine and the like. これらの鎖伸長剤の他に、架橋構造を形成することのできるトリアミン化合物(例えばジエチレントリアミン等)等を、本発明の効果を失わない程度であれば併用してもよい。 In addition to these chain extenders, triamine compound that can form a crosslinked structure (for example, diethylenetriamine, etc.) or the like, may be used in combination as long as they do not impair the advantageous effects of the present invention. 得られるポリウレタンの分子量を制御するために、鎖伸長反応時に鎖末端停止剤を併用することが好ましい。 To control the molecular weight of the resulting polyurethane, it is preferable to use a chain terminating agent in the chain elongation reaction. 紡糸後の糸特性が安定することから鎖停止剤に対する鎖伸長剤のモル比は約10〜20の間であることが好ましい。 Molar ratio yarn characteristics of the chain extender for chain stopping agent since it stably after spinning is preferably is between about 10-20. より好ましくは約14〜18の間である。 More preferably between about 14 to 18.
かかる鎖末端停止剤としては、n−ブタノールのようなモノアルコール化合物及びジメチルアミン、ジエチルアミン、シクロヘキシルアミン、n−ヘキシルアミンのようなモノアミン化合物等を用いることができる。 Such a chain terminating agent, can be used mono-alcohol compound and dimethylamine as n- butanol, diethylamine, cyclohexylamine, monoamine compounds, such as n- hexylamine, and the like. 好ましくはモノアミン化合物であり、更に好ましくはジエチルアミンである。 Preferably a monoamine compound, more preferably diethylamine. 鎖末端停止剤は、通常、鎖伸長剤と混合して使用される。 Chain terminating agent is usually used in admixture with a chain extender.

以上のようなポリオールと有機ジイソシアネート化合物とジアミン化合物等から重合されるポリウレタンの重合方法は特に限定されるものではなく、溶融重合法、溶液重合法のいずれでもよく、他の方法でもよいが、より好ましいのは溶液重合法である。 Or polymerization of the polyurethane polymerized from a polyol and an organic diisocyanate compound and a diamine compound such as is not limited in particular, the melt polymerization method, may be any of solution polymerization, but may be other methods, more preferred is a solution polymerization method. 溶液重合法の場合には、ポリウレタン中にゲル等の異物の発生が少ない利点がある。 In the case of solution polymerization is advantageous generation of foreign matter such as gel is less in the polyurethane.

溶液重合法の場合、例えば、DMAc、DMF、DMSO及びNMP等やこれらを主成分とする溶剤の中で、ポリオールと有機ジイソシアネート化合物、及びジアミン化合物等の原料を用い重合を行なうことによりポリウレタン溶液を得ることができる。 For solution polymerization, for example, DMAc, DMF, in a solvent to DMSO and NMP or the like and composed mainly of these, polyol and an organic diisocyanate, and a polyurethane solution by carrying out the polymerization using a raw material of a diamine compound such as it is possible to obtain. その反応方法についても特に限定されるものではなく、例えば溶剤中に各原料を投入して溶解させ、適度な温度に加熱し反応させるワンショット法、ポリオールと有機ジイソシアネート化合物とをまず無溶媒下で反応させてプレポリマーとし、しかる後に、該プレポリマーを溶剤に溶解、ジアミン化合物で鎖伸長反応させ、ポリウレタンを合成するプレポリマー法等が挙げられるが、好ましくはプレポリマー法である。 There is no particular limitation on the reaction method, for example in a solvent and dissolved by introducing the raw materials, moderate temperature to the heated one-shot method of reacting the polyol and organic diisocyanate compound first in the absence of a solvent It was reacted to with the prepolymer, and thereafter, dissolving the prepolymer in a solvent, to a chain extension reaction with the diamine compound, but the prepolymer method, and the like to synthesize a polyurethane, preferably a prepolymer method.

なお、かかるポリウレタンの合成に際し、アミン系触媒や有機金属触媒等の触媒が1種もしくは2種以上混合して使用されることも好ましい。 Incidentally, upon synthesis of such polyurethanes, it is also preferable to use a catalyst such as amine catalyst and organic metal catalyst were mixed one or more. アミン系触媒としては、例えば、N,N−ジメチルシクロヘキシルアミン、N,N−ジメチルベンジルアミン、トリエチルアミン、N−メチルモルホリン、N−エチルモルホリン、N,N,N',N'−テトラメチルエチレンジアミン、N,N,N',N'−テトラメチル−1,3−プロパンジアミン、N,N,N',N'−テトラメチルヘキサンジアミン、ビス−2−ジメチルアミノエチルエーテル、N,N,N',N'−ペンタメチルジエチレントリアミン、テトラメチルグアニジン、トリエチレンジアミン、N,N'−ジメチルピペラジン、N−メチル−N'−ジメチルアミノエチル−ピペラジン、N−(2−ジメチルアミノエチル)モルホリン、1−メチルイミダゾール、1,2−ジメチルイミダゾール、N,N−ジメチルアミノエタノール、N, Examples of the amine catalysts, e.g., N, N- dimethylcyclohexylamine, N, N- dimethylbenzylamine, triethylamine, N- methylmorpholine, N- ethylmorpholine, N, N, N ', N'-tetramethylethylenediamine, N, N, N ', N'- tetramethyl-1,3-propanediamine, N, N, N', N'- tetramethyl hexanediamine, bis-2-dimethylaminoethyl ether, N, N, N ' , N'- pentamethyldiethylenetriamine, tetramethylguanidine, triethylenediamine, N, N'- dimethylpiperazine, N- methyl -N'- dimethylaminoethyl - piperazine, N- (2-dimethylaminoethyl) morpholine, 1-methyl imidazole, 1,2-dimethylimidazole, N, N-dimethylaminoethanol, N, N,N'−トリメチルアミノエチルエタノールアミン、N−メチル−N'−(2−ヒドロキシエチル)ピペラジン、2,4,6−トリス(ジメチルアミノメチル)フェノール、N,N−ジメチルアミノヘキサノール及びトリエタノールアミン等が挙げられる。 N, N'-trimethyl aminoethyl ethanol amine, N- methyl -N '- (2-hydroxyethyl) piperazine, 2,4,6-tris (dimethylaminomethyl) phenol, N, N- dimethylamino hexanol and triethanolamine amine, and the like.
また、有機金属触媒としては、オクタン酸スズ、二ラウリン酸ジブチルスズ及びオクタン酸鉛ジブチル等が挙げられる。 The organic metal catalyst, stannous octoate, dibutyltin dilaurate and lead octoate, dibutyl, and the like.

得られたポリウレタン溶液中のポリウレタンの濃度は、特に限定されるものではないが、ポリウレタンの分子量及び溶液粘度、得られる繊維の伸縮特性から、約20〜60重量%の間であることが好ましい。 The concentration of the polyurethane of the resulting polyurethane solution, is not particularly limited, the molecular weight and solution viscosity of the polyurethane, the stretch properties of the resulting fibers is preferably between about 20 to 60 wt%. より好ましくは約30〜50重量%の間であり、更に好ましくは約35〜45重量%の間である。 More preferably between about 30 to 50 wt%, more preferably between about 35 to 45 wt%.

得られたポリウレタン溶液中、ポリウレタンのジアミン化合物に由来する末端基濃度は、ポリウレタンに対して約5〜50meq/kgであることが好ましい。 In the resulting polyurethane solution, end group concentration derived from a diamine compound of the polyurethane is preferably about 5~50meq / kg of the polyurethane. より好ましくは約10〜45meq/kgの間である。 More preferably between about 10~45meq / kg. 末端基濃度が約50meq/kgよりも高くなるとポリマーの分子量が小さく、応力、回復力が却って低くなり易いため、衣服等に用いるのに適さない繊維となるおそれがある。 When terminal group concentration is higher than about 50 meq / kg reduced the molecular weight of the polymer, the stress, liable resilience is rather low, it may become fibers unsuitable for use in clothes. また、約5meq/kg未満であると分子量が高くなるため、一部がゲル化してしまい伸度、強度の低い部分が生じてしまい、品質が安定しない、溶液粘度の観点から濃度を高くすることが困難となり生産性が低下してしまうといった問題が生じやすい。 Also, about the molecular weight is less than 5 meq / kg increases, elongation will be partially gelled, will occur is low portion of strength, quality is not stable, increasing the concentration in terms of solution viscosity It is likely to occur problems such as decreases productivity becomes difficult.

なお、ポリウレタンのジアミン化合物に由来する末端基濃度を測定するには次のように行うことができる。 Incidentally, in measuring the terminal group concentration derived from a diamine compound of the polyurethane can be carried out as follows. ポリウレタン溶液にDMAcを加え、ポリウレタン濃度が約1.77重量%の溶液とする。 DMAc was added to the polyurethane solution, the polyurethane concentration from about 1.77% by weight of the solution. そして、三菱化学(株)製自動滴定装置GT−100を用いて、p−トルエンスルホン酸(0.01N)で電位差滴定をして、第1級アミンと2級アミンとの含量合計(A)を求める。 Then, using an automatic titrator GT-100 manufactured by Mitsubishi Chemical Corporation, and the potentiometric titration with p- toluenesulfonic acid (0.01 N), total content of primary amines and secondary amines (A) the seek. 次いで、同様に調製したポリウレタン溶液にサリチルアルデヒド(20%イソプロピルアルコール溶液)を添加して、第1級アミンと反応させた後、第2級アミンをp−トルエンスルホン酸(0.01N)で電位差滴定し、第2級アミン含量(B)を求める。 Then, similarly prepared polyurethane solution salicylaldehyde (20% isopropyl alcohol solution) was added and potential difference is reacted with a primary amine, a secondary amine p- toluenesulfonic acid (0.01 N) titration to determine the secondary amine content (B). 次式によりジアミン化合物に由来する末端基濃度を算出することができる。 It can be calculated end group concentration derived from a diamine compound by the following equation.

そして、本発明で使用されるポリウレタン系樹脂として特に好ましいのは、工程通過性も含め、実用上の問題がなく、かつ、高耐熱性に優れたものを得る観点から、ポリマージオールとジイソシアネートとを反応させて得られるものを含有し、かつ高温側の融点が約150℃以上300℃以下の範囲となるものである。 Then, Particularly preferred as a polyurethane resin used in the present invention, including the process passing property, without practical problems, and, from the viewpoint of obtaining excellent in high heat resistance, a polymer diol and a diisocyanate containing those obtained by reacting and melting point of the high-temperature side is made of a range of about 0.99 ° C. or higher 300 ° C. or less. ここで、高温側の融点とは、示差走査熱量計(DSC)で測定した際のポリウレタン又はポリウレタンウレアのいわゆるハードセグメント結晶の融点が該当する。 Here, the high-temperature melting point, the melting point of the so-called hard segment crystals of the polyurethane or polyurethane urea when measured by a differential scanning calorimeter (DSC) corresponds.

さらに、残香性の観点から、本発明で使用されるポリウレタン系繊維におけるウレタン基濃度とウレア基濃度の合計は、好ましくは約1.0mol/kg以上5.0mol/kg以下、より好ましくは約1.0mol/kg以上4.5mol/kg以下、より好ましくは、約1.2mol/kg以上4.0mol/kg以下である。 Further, from the viewpoint of substantivity, the total of the urethane group concentration and urea group concentration in the polyurethane fiber used in the present invention is preferably not more than about 1.0 mol / kg or more 5.0 mol / kg, more preferably about 1 .0mol / kg or 4.5 mol / kg or less, more preferably, less than or equal to about 1.2 mol / kg or more 4.0 mol / kg. 該ウレタン基濃度及びウレア基濃度は、以下の式に従って求めることができる。 The urethane group concentration and urea group concentration can be determined according to the following equation.

さらに、本発明で使用されるポリウレタンには、後述の各種添加剤類を添加することが好ましい場合がある。 Furthermore, the polyurethane used in the present invention may preferably be added with various additives such later.

特に残香性を向上させる観点から、ポリウレタン系樹脂を構成するウレタン基濃度とウレア基濃度の総計を調整するために第3級窒素含有ジオール及び/又は第3級窒素含有ジアミン並びに有機ジイソシアネートを含有するポリウレタン及び/又はポリウレタンウレア重合体を添加することが挙げられる。 From the viewpoint of particularly improving the substantivity, containing tertiary nitrogen-containing diol and / or a tertiary nitrogen-containing diamine and an organic diisocyanate in order to adjust the total of the urethane group concentration and urea group concentration which constitute the polyurethane resin It includes the addition of polyurethane and / or polyurethane-urea polymer. さらには、これらの重合体等にN,N−ジアルキルセミカルバジド末端基を持たせた重合体を添加することも挙げられる。 Further, N in these polymers and the like, may be mentioned the addition of N- dialkyl gave the semicarbazide end groups the polymer. 第3級窒素を主鎖に有し、かつ末端にN,N−ジアルキルセミカルバジドを有する化合物は低濃度のN,N−ジアルキルセミカルバジドであっても染色時における高耐熱性を発揮することができ、未配合の場合より高強伸度なものにできる。 Having a tertiary nitrogen in the main chain, and a compound having N, the N- dialkyl semicarbazide terminal can lower the concentration of N, even N--dialkyl semicarbazide exhibits high heat resistance during dyeing, possible to Takatsuyo elongation ones than the unblended.

前記第3級窒素含有ジオールの好ましい具体的としては、例えば、N−メチル−N,N−ジエタノールアミン、N−メチル−N,N−ジプロパノールアミン、N−メチル−N,N−ジイソプロパノールアミン、N−ブチル−N,N−ジエタノールアミン、N−t−ブチル−N,N−ジエタノールアミン、N−オクタデカン−N,N−ジエタノールアミン、N−ベンジル−N,N−ジエタノールアミン、N−t−ブチル−N,N−ジイソプロパノールアミン等、及びビスヒドロキシエチルピペラジン、ビスヒドロキシイソプロピルピペラジン等のピペラジン誘導体等も使用することができる。 As the preferable specific tertiary nitrogen-containing diol, for example, N- methyl -N, N- diethanolamine, N- methyl -N, N- dipropanolamine, N- methyl -N, N- diisopropanolamine, N- butyl -N, N- diethanolamine, N-t-butyl -N, N- diethanolamine, N- octadecane -N, N- diethanolamine, N- benzyl -N, N- diethanolamine, N-t-butyl -N, N- diisopropanolamine, and bis-hydroxyethyl piperazine, piperazine derivatives such as bis-hydroxy isopropyl piperazine and the like can also be used. この中で特に好ましいのはN−t−ブチル−N,N−ジエタノールアミン又はN−ベンジル−N,N−ジエタノールアミン等である。 Particularly preferred are N-t-butyl--N in this, N- diethanolamine or N- benzyl -N, is N- diethanolamine.

前記第3級窒素含有ジアミンの好ましい具体的としては、例えば、N−メチル−3,3'−イミノビス(プロピルアミン)、N−ブチル−アミノビス−プロピルアミン、N−メチル−アミノビス−エチルアミン、N−t−ブチル−アミノビス−プロピルアミン、ピペラジン−N,N'−ビス(3−アミノプロピル)及びピペラジン−N,N'−ビス(2−アミノエチル)等を使用することができる。 As the preferable specific tertiary nitrogen-containing diamine, for example, N- methyl-3,3'-iminobis (propylamine), N- butyl - amino bis - propylamine, N- methyl - amino bis - ethylamine, N- t- butyl - amino bis - propylamine, piperazine -N, N'- bis (3-aminopropyl) and piperazine -N, it can be used N'- bis (2-aminoethyl) or the like. この中で特に好ましいのは、N−メチル−3,3'−イミノビス(プロピルアミン)又はピペラジン−N,N'−ビス(3−アミノプロピル)等である。 Particularly preferable among them, N- methyl-3,3'-iminobis (propylamine) or piperazine -N, N'-bis (3-aminopropyl), and the like.

前述の第3級窒素含有ジオール及び/又は第3級窒素含有ジアミン並びに有機ジイソシアネートを含有するポリウレタン及び/又はポリウレタンウレア重合体における有機ジイソシアネートの好ましい具体的としては、例えば、メチレン−ビス(4−シクロヘキシルイソシアネート)、イソホロンジイソシアネート、リジンジイソシアネート、及びダイマー酸から誘導されるDDI等の脂肪族ジイソシアネート等を使用することができる。 Preferred specific organic diisocyanates in the tertiary nitrogen-containing diol and / or polyurethane and / or polyurethane-urea polymer containing tertiary nitrogen-containing diamine and organic diisocyanates described above, for example, methylene - bis (4-cyclohexyl isocyanate), isophorone diisocyanate, lysine diisocyanate, and aliphatic diisocyanates such as the DDI or the like derived from the dimer acid may be used. この中で特に好ましいのは、メチレン−ビス(4−シクロヘキシルイソシアネート)又はイソホロンジイソシアネート等である。 Particularly preferred among this, methylene - bis (4-cyclohexyl isocyanate) or isophorone diisocyanate.
そして、ポリウレタン又はポリウレタンウレアの末端基はセミカルバジド基を形成せしめたものも好ましい。 The end groups of the polyurethane or polyurethane urea is preferred that allowed forming a semicarbazide group. 有機ジイソシアネートと反応して末端セミカルバジド基とする場合は、置換ヒドラジン等が用いられるのが好ましい。 If the terminal semicarbazide group by reacting with the organic diisocyanate is preferably substituted hydrazine or the like is used. 置換ヒドラジンの好ましい具体的としては、例えば、N,N−ジメチルヒドラジン、N,N−ジエチルヒドラジン、N,N−ジプロピルヒドラジン、N,N−ジイソプロピルヒドラジン、N,N−ジブチルヒドラジン、N,N−ジイソブチルヒドラジン、N,N−ジヒドロキシエチルヒドラジン、及びN,N−ジヒドロキシイソプロピルヒドラジン等を使用することができる。 Preferred specific of substituted hydrazines, for example, N, N-dimethylhydrazine, N, N-diethyl hydrazine, N, N-dipropyl hydrazine, N, N-diisopropyl hydrazine, N, N-dibutyl hydrazines, N, N - diisobutyl hydrazine, N, N- dihydroxyethyl hydrazine and N, it may be used N- dihydroxyisopropyl hydrazine. この中で特に好ましいのは、N,N−ジメチルヒドラジン及びN,N−ジヒドロキシエチルヒドラジン等である。 Particularly preferred among this, N, N- dimethylhydrazine and N, N- dihydroxyethyl hydrazine.

前述の第3級窒素含有ジオール及び/又は第3級窒素含有ジアミン並びに有機ジイソシアネートを含有するポリウレタン及び/又はポリウレタンウレア重合体として特に好ましいのは、N−t−ブチル−N,N−ジエタノールアミンとメチレン−ビス(4−シクロヘキシルイソシアネート)の反応によって生成せしめたポリウレタン又はN−t−ブチル−N,N−ジエタノールアミン、メチレン−ビス(4−シクロヘキシルイソシアネート)の反応によって生成せしめたポリウレタンにN,N−ジメチルヒドラジンを末端に反応させたポリウレタン、及びN−メチル−3,3'−イミノビス(プロピルアミン)とメチレン−ビス(4−シクロヘキシルイソシアネート)の反応によって生成せしめたポリウレア等である。 Aforementioned particularly preferred as the tertiary nitrogen-containing diol and / or polyurethane and / or polyurethane-urea polymer containing tertiary nitrogen-containing diamine and an organic diisocyanate, N-t-butyl -N, N-diethanolamine and methylene - bis polyurethane or N-t-butyl--N yielding by the reaction of (4-cyclohexyl isocyanate), N- diethanolamine, methylene - bis N in polyurethane yielding by the reaction of (4-cyclohexyl isocyanate), N- dimethyl polyurethane was reacted with hydrazine to end, and N- methyl-3,3'-iminobis (propylamine) and methylene - a polyurea or the like yielding by the reaction of bis (4-cyclohexyl isocyanate). N−t−ブチル−N,N−ジエタノールアミンとメチレン−ビス(4−シクロヘキシルイソシアネート)との反応比率は、本発明の効果を妨げない限り特に限定されないが、例えば、約1:1.05の反応によって生成せしめたものが好ましく、この場合の交互共重合体のウレタン基濃度とウレア基濃度の総計は約5.1mol/kgである。 N-t-butyl -N, N-diethanolamine and methylene - the reaction ratio of bis (4-cyclohexyl isocyanate), it is not particularly limited as long as it does not impair the effects of the present invention, for example, from about 1: 1.05 Reaction of preferably those yielding by a total of the urethane group concentration and urea group concentration of alternating copolymer of this case is about 5.1 mol / kg.

さらに、残香性を向上させる観点から、ステアリン酸マグネシウム等の金属石鹸、炭酸カルシウム等の炭酸塩類も香料の吸収基材となり、有用に作用できる。 Further, from the viewpoint of improving the substantivity, metal soaps such as magnesium stearate, carbonates such as calcium carbonate also becomes absorbing base material of perfume can act usefully.

さらに、残香性を向上させる観点から、本発明で使用されるポリウレタン系繊維には、シクロデキストリン及び/又はその誘導体を含有することも好ましい。 Further, from the viewpoint of improving the substantivity, the polyurethane fiber used in the present invention preferably contains a cyclodextrin and / or derivatives thereof. 例えば、α−シクロデキストリン、β−シクロデキストリン、γ−シクロデキストリンやメチル化あるいはヒドロキシプロピル化されたシクロデキストリンのいずれも使用することができる。 For example, alpha-cyclodextrin, beta-cyclodextrin, none of γ- cyclodextrin or methylated or hydroxypropylated cyclodextrin may be used.

さらに、残香性を向上させる観点から、本発明で使用されるポリウレタン系繊維には、無機系化合物を配合することも好ましい。 Further, from the viewpoint of improving the substantivity, the polyurethane fiber used in the present invention, it is also preferable to blend an inorganic compound. 特に、層状結晶構造の無機系化合物、層状の粘土鉱物、天然及び合成ゼオライト、天然及び合成ハイドロタルサイト、金属化合物を配合することも好ましい。 In particular, inorganic compounds having a layered crystal structure, layered clay minerals, natural and synthetic zeolites, natural and synthetic hydrotalcite, it is also preferable to incorporate the metal compound. 層状無機系化合物としては、例えば、層状無機物及びその有機処理物が挙げられる。 The layered inorganic compound, for example, the layered inorganic material and organic treated. 層状無機系化合物は、固体であってもよいし、流動性を有していてもよい。 Layered inorganic compound may be a solid, or may have a fluidity. 層状無機系化合物は、1種のみであっても良いし、2種以上であっても良い。 Layered inorganic compound may be only one kind, or may be two or more. 層状無機物を形成できる無機物としては、例えば、ケイ酸塩、粘土鉱物等が挙げられる。 The inorganic material capable of forming a layered inorganic material, for example, silicates, clay minerals, and the like. 中でも、層状無機物としては、層状粘土鉱物が好ましい。 Among them, the layered inorganic material, the layered clay mineral is preferable. 層状粘土鉱物としては、例えば、モンモリロナイト、バイデライト、ヘクトライト、サポナイト、ノントロナイト、スチーブンサイト等のスメクタイト;バーミキュライト;ベントナイト;カネマイト、ケニアナイト、マカナイト等の層状ケイ酸ナトリウム等が挙げられる。 The layered clay minerals such as montmorillonite, beidellite, hectorite, saponite, nontronite, smectite such stevensite; vermiculite; bentonites; kanemite, Kenya Knight, layered sodium silicate such as Makanaito like. このような層状粘土鉱物は、天然の鉱物として産するものであっても良いし、化学合成法によって製造されたものであっても良い。 Such layered clay minerals may be those which produce the naturally occurring mineral, or may be produced by chemical synthesis. 中でも好ましくはゼオライトが挙げられる。 Among these preferably include zeolite. ゼオライトの特長は、無定形もしくは蜂の巣状の無数のミクロン細孔を有しており比表面積が大きい点である。 Zeolite feature is that a large specific surface area has numerous micron pore amorphous or honeycomb. このため水系洗濯工程では、水分がこの細孔中に吸い込まれ、さらに水分と同時に各種高揮発性、低分子量香料が吸い込まれる。 For this reason aqueous washing step, moisture is drawn into the pores, further water at the same time various high volatility, low molecular weight flavor is drawn. 例えば、ハイドロタルサイト類化合物としては、Mg Al (OH) 16 CO ・4H O及びMg 4.5 Al (OH) 13 CO ・3.5H O等が好ましい。 For example, as the hydrotalcite compound, Mg 6 Al 2 (OH) 16 CO 3 · 4H 2 O and Mg 4.5 Al 2 (OH) 13 CO 3 · 3.5H 2 O and the like are preferable. また、ハンタイトとハイドロマグネサイトの混合物であるMg Ca(CO 及びMg (CO ・Mg(OH) ・4H Oの混合物も好ましい。 Mixtures of huntite and Mg 2 Ca (CO 3) 4, and Mg 4 (CO 3) a mixture of hydromagnesite 4 · Mg (OH) 3 · 4H 2 O is also preferred. また、金属化合物ではCa、Mg、AlもしくはBaから選ばれた金属の炭酸塩としては、炭酸カルシウム、炭酸マグネシウム、炭酸バリウム等が好ましい。 Further, Ca is a metal compound, Mg, as carbonate of a metal selected from Al or Ba are calcium carbonate, magnesium carbonate, barium carbonate, etc. are preferable. 酸化物としては、酸化マグネシウム、酸化アルミニウム等が好ましく、水酸化物としては、水酸化カルシウム、水酸化マグネシウム、水酸化アルミニウム等が好ましい。 The oxide, magnesium oxide, aluminum oxide, etc. are preferable, Examples of the hydroxide, calcium hydroxide, magnesium hydroxide, aluminum hydroxide and the like are preferable. 複合酸化物としては、MgO・Al 等が好ましい。 As the composite oxide, MgO · Al 2 O 3 and the like are preferable. 上記無機系化合物の中でも、特には、ハイドロタルサイト類化合物Mg Al (OH) 16 CO ・4H O、ハンタイトとハイドロマグネサイトの混合物、複合酸化物MgO・Al が好ましい。 Among the inorganic compounds, in particular, hydrotalcite compound Mg 6 Al 2 (OH) 16 CO 3 · 4H 2 O, a mixture of huntite and hydromagnesite, a composite oxide MgO · Al 2 O 3 preferably. こうした無機系化合物を含有させることにより、残香性の効果を高めることができる。 By containing such an inorganic compound, it is possible to enhance the effect of substantivity.

これら無機系化合物は、ポリウレタン系繊維の紡糸溶液中に配合されるので、紡糸安定性の観点から、平均粒径約2μm以下であることが好ましく、平均粒径約1μm以下であることがより好ましい。 These inorganic compounds may therefore be formulated in the spinning solution of polyurethane fiber, in view of the spinning stability, it is preferable that the average particle is of about 2μm or less, and more preferably less than or equal to the average particle diameter of about 1μm . 本発明において平均粒径とは、ふるい分け法によって測定した粒度分布の積算重量が50重量%に到達する粒径で定義される値を示す。 The average particle diameter in the present invention, showing the value accumulated weight particle size distribution measured by sieving method is defined by particle size reaches 50% by weight. また、これら無機系化合物の糸中への分散性をさらに向上させ、紡糸を安定化させる等の目的で、例えば、脂肪酸、脂肪酸エステル、リン酸エステル、ポリオール系有機物等の有機物、シラン系カップリング剤、チタネート系カップリング剤、水ガラス、脂肪酸金属塩又はこれらの混合物等で表面処理された無機系化合物を用いることも好ましい。 Also, to further improve the dispersibility in the yarn of inorganic compounds, for the purpose of stabilizing the spinning, for example, fatty acids, fatty acid esters, phosphoric acid esters, organic matter such as a polyol organic, silane coupling agent, titanate coupling agent, water glass, it is also preferable to use a fatty acid metal salt or a surface-treated inorganic compound in these mixtures.

各種添加剤類の添加方法としては、任意の方法が採用できる。 The method of adding various additives such, any method can be adopted. その代表的な方法としては、スタティックミキサーによる方法、攪拌による方法、ホモミキサーによる方法、2軸押し出し機を用いる方法等各種の手段が採用できる。 As typical methods, a method with a static mixer, methods by stirring, methods by a homomixer, a method in various means using a biaxial extruder may be employed. ここで、添加される各種添加剤類は、ポリウレタン系繊維を溶液重合により合成する場合、均一な添加を行う観点から、溶液にして添加することが好ましい。 Here, various additives such added is when synthesizing by solution polymerization of a polyurethane fiber, from the viewpoint of performing uniform addition, it is preferable to add in the solution.

なお、各種添加剤類のポリウレタン溶液への添加により、添加後の混合溶液の溶液粘度が添加前のポリウレタン溶液粘度に比べ予想以上に高くなる現象が発生する場合がある。 Incidentally, by addition to the polyurethane solution of various additives such, it becomes higher phenomenon than expected compared to the polyurethane solution viscosity of the solution viscosity before the addition of the mixed solution after the addition may occur. この現象を防止する観点から、ジメチルアミン、ジイソプロピルアミン、エチルメチルアミン、ジエチルアミン、メチルプロピルアミン、イソプロピルメチルアミン、ジイソプロピルアミン、ブチルメチルアミン、イソブチルメチルアミン、イソペンチルメチルアミン、ジブチルアミン、ジアミルアミン等のモノアミン、エタノール、プロパノール、ブタノール、イソプロパノール、アリルアルコール、シクロペンタノール等のモノオール、フェニルイソシアネート等のモノイソシアネート等の末端封鎖剤を1種又は2種以上混合して使用することも好ましい。 From the viewpoint of preventing this phenomenon, dimethylamine, diisopropylamine, ethylmethylamine, diethylamine, methyl propylamine, isopropyl methylamine, diisopropylamine, butyl methylamine, isobutyl methyl amine, isopentyl methylamine, dibutylamine, such as diamylamine monoamines, ethanol, propanol, butanol, isopropanol, allyl alcohol, monools such as cyclopentanol, it is also preferable to use a mixture of endblocking agents one or more monoisocyanates such as phenyl isocyanate.

さらに、本発明で使用されるポリウレタン系繊維には、必要に応じ、本発明の効果を損なわない範囲内で、各種安定剤や顔料等が含有されていてもよい。 Furthermore, the polyurethane fiber used in the present invention, if necessary, within a range that does not impair the effects of the present invention, various stabilizers and pigments and the like may be contained. 例えば、ジビニルベンゼンとp−クレゾールとの付加重合体(デュポン社製“メタクロール”(登録商標)2390)等の安定剤;耐光剤;酸化防止剤等として、いわゆるBHTや住友化学工業(株)製の“スミライザー”GA−80等をはじめとする両ヒンダードフェノール系薬剤;チバガイギー社製“チヌビン”等のベンゾトリアゾール系、ベンゾフェノン系薬剤;住友化学工業(株)製の“スミライザー”P−16等のリン系薬剤;各種のヒンダードアミン系薬剤;酸化チタン、カーボンブラック等の無機顔料;フッ素系樹脂粉体又はシリコーン系樹脂粉体;銀や亜鉛やこれらの化合物等を含む殺菌剤;消臭剤;シリコーン、鉱物油等の滑剤;硫酸バリウム、酸化セリウム、ベタイ及びリン酸系等の各種の帯電防止剤等を添加してもよ For example, an addition polymer of divinylbenzene and p- cresol stabilizers such as (made by DuPont "meta crawl" (registered trademark) 2390); light stabilizer; as antioxidant, so-called BHT and Sumitomo Chemical Co., made in "Sumilizer" GA-80, etc. both hindered phenol agent including; manufactured by Ciba-Geigy "Tinuvin" like benzotriazole, benzophenone agent; manufactured by Sumitomo Chemical Co., Ltd. "Sumilizer" P-16 fungicides containing silver and zinc and combinations of these, and the like; various hindered amine-based agents; titanium oxide, carbon black, inorganic pigments; fluorine-based resin powder or silicone resin powder phosphorus-based drugs and the like deodorants barium sulfate, cerium oxide, be added Betai and phosphate various antistatic agents such like; silicone, lubricants such as mineral oil し、またポリマーと反応させて存在させてもよい。 And, also may be present are reacted with the polymer. 抗菌剤としては、有機系・無機系等の各種抗菌剤が挙げられ、有機窒素硫黄系化合物、第4級アンモニウム系化合物、リン酸エステル系化合物及び金属イオンを含有する無機系化合物等のいずれか1種以上よりなるものであることが好ましい。 Antibacterial agents, organic - Various antibacterial agents inorganic and the like, organic nitrogen sulfur-based compounds, quaternary ammonium compounds, either inorganic compounds containing phosphorus acid ester compound and a metal ion it is preferable that consists of 1 or more. 有機系抗菌剤としては、有機窒素硫黄系化合物、フェノール系化合物、有機錫化合物、有機銅化合物、有機銀化合物等の抗菌性金属イオンを有する有機抗菌剤、各種有機シリコーン系第4級アンモニウム塩、アルキルリン酸エステルの第4級アンモニウム塩(例えば、セチルジメチルアンモニウムクロライド等)、塩化ベンザルコニウム、アルキルアリールスルホネート、ハロフェノール及び酢酸フェノール第二水銀等有機系抗菌剤、ポリフェノール類、キトサン等が挙げられる。 Examples of the organic antimicrobial agents, organic nitrogen sulfur-based compounds, phenol compounds, organic tin compounds, organic copper compounds, organic antimicrobial agent having an antimicrobial metal ion such as an organic silver compound, various organic silicone quaternary ammonium salt, quaternary ammonium salts of alkyl phosphoric acid esters (e.g., cetyl dimethyl ammonium chloride, etc.), benzalkonium chloride, alkyl aryl sulfonate, halo phenol and acid phenol mercuric like organic antimicrobial agents, polyphenols, like chitosan is It is. また、消臭剤としては、ゼオライト、アパタイト(リン灰石)、活性炭、活性アルミナ、活性シリカゲル、ベントナイト、又はセピオライト等のセラミックス粉末、及び絹繊維含有物等又は鉄、銅等の金属塩並びにこれらの混合物等を挙げることができる。 As the deodorant, zeolite, apatite (apatite), activated carbon, activated alumina, activated silica gel, bentonite, or ceramic powder, such as sepiolite, and silk fiber-containing, etc. or iron, such as copper metal salt and their mixtures of the like. これらの消臭剤は、消臭作用のみならず吸湿作用をも兼ね備えているため、1成分で布帛に脱臭、吸湿の両機能を付与することができる。 These deodorants, and combines a hygroscopic effect not only deodorant effect, deodorization to the fabric in one component, can be imparted to both functions of moisture absorption. そして、特に光や各種の酸化窒素等への耐久性をさらに高めるためには、例えば、日本ヒドラジン(株)製のHN−150等の酸化窒素捕捉剤、住友化学工業(株)製の“スミライザー”GA−80等の熱酸化安定剤、住友化学工業(株)製の“スミソーブ”300#622等の光安定剤等を含有させてもよい。 And in particular in order to further enhance the durability against light and various nitrogen oxides, etc., for example, nitric oxide scavenger HN-0.99, etc. manufactured by Nippon Hydrazine Co., Sumitomo Chemical Co. of Co. "Sumilizer "thermal oxidation stabilizer such as GA-80, manufactured by Sumitomo Chemical Co., Ltd." Sumisorb "300 light stabilizer and the like may be contained, such as # 622.

また、これら無機系添加剤を配合する場合には、その糸中への分散性を向上させ、紡糸を安定化させる等の目的で、例えば、脂肪酸、脂肪酸エステル、ポリオール系有機物等の有機物、シラン系カップリング剤、チタネート系カップリング剤又はこれらの混合物で表面処理された無機薬品を用いることも好ましい。 Further, in the case of blending these inorganic additives, to improve the dispersibility into the yarn in, for the purpose of stabilizing the spinning, for example, fatty acids, fatty acid esters, organic matter such as a polyol organic, silane system coupling agent, it is also preferable to use a surface-treated inorganic chemicals in titanate coupling agent or a mixture thereof.

本発明においてポリウレタン系繊維は公知である湿式紡糸法、溶融紡糸法、乾式紡糸法のいずれの方法でも紡糸することが可能であるが、生産性や得られる弾性繊維の特性の観点から、ポリウレタンを乾式もしくは溶融紡糸することが好ましい。 Polyurethane fiber in the present invention wet spinning is known, the melt spinning method, it is possible to spin in any way dry spinning method, in view of the characteristics of productivity and resultant elastic fiber, the polyurethane it is preferred to dry or melt spinning. そして、残香性の観点から乾式紡糸することがより好ましい。 Then, it is more preferable to dry spinning from the viewpoint of substantivity. 主要な香料類は親油性であり、乾式紡糸法によるポリウレタン繊維は繊維表面が親油性となること、さらには、乾式紡糸法によるポリウレタン繊維は単糸繊度を制御し易く、繊維表面積を制御し易いのである。 Major perfumes are lipophilic, polyurethane fibers by dry spinning process is that the fiber surface becomes lipophilic, further, polyurethane fibers by dry spinning process is easy to control the single yarn fineness it is easy to control the fiber surface area than is.

また、本発明のポリウレタン系繊維には、紡糸後、必要に応じて油剤等の処理剤を適用してもよい。 Furthermore, the polyurethane fiber of the present invention, after spinning, may be applied to treating agent such as oil, if necessary. 処理剤は、例えば、オイリングローラー等によって塗布されうる。 Treatment agent, for example, can be applied by oiling roller or the like. 前記油剤としては、得られる繊維が残香性に優れる点から、例えば、シリコーン及び鉱物油等を用いることが好ましい。 Examples of the oil agent, from the viewpoint of the resulting fibers are excellent substantivity, for example, it is preferable to use a silicone and mineral oil. 本発明のポリウレタン系繊維は、所望の香料成分を洗濯等の方法で後から吸収させて用いるため、該香料成分の好ましい香気を阻害しないよう、香料成分を吸収させる前の状態では、他の香料成分を含有していないことが好ましい。 Polyurethane fiber of the present invention, for use by absorbed later by the method of washing such a desired perfume ingredients, such that it does not interfere with preferred aroma of perfume ingredients, before the absorbing a perfume ingredients, other flavors preferably it does not contain ingredients.

本発明のポリウレタン系繊維としては、例えば、織編物1g当たりの繊維表面積が約0.02m 以上0.2m 以下であるものが好ましく、約0.1m 以上0.2m 以下であるものがより好ましく、約0.12m 以上0.2m 以下であるものがさらに好ましい。 What The polyurethane fiber of the present invention, for example, preferably those fiber surface area per woven or knitted fabric 1g is about 0.02 m 2 or more 0.2 m 2 or less, is 0.2 m 2 or less to about 0.1 m 2 or more and still more preferably not more about 0.12 m 2 or more 0.2 m 2 or less. また、本発明の合成繊維としては、例えば、単繊維繊度が約3デシテックス(dtex)以上300デシテックス以下であるものが好ましく、10デシテックス以上150デシテックス以下であるものがさらに好ましい。 Further, as the synthetic fiber of the present invention, for example, preferably has a single fiber fineness of less than about 3 decitex (dtex) or 300 dtex, more preferably not more 10 dtex to 150 dtex or less. このような繊維表面積及び/又は単繊維繊度を有するものは、軽快な香りをより長時間保持することができる。 Such fiber surface area and / or those having a single fiber fineness can be longer holds the light scent.

本発明のポリウレタン系繊維を含有する繊維素材又は布帛は、他の繊維を含有するものであってよく、特に、他の合成繊維を含有するものが好ましい。 Fiber material or fabric containing polyurethane fiber of the present invention may be those containing other fibers, particularly preferably those containing other synthetic fibers. 他の合成繊維としては、本発明の効果を妨げない限り特に限定されないが、例えば、ポリエステル系繊維、ポリアミド系繊維、ポリアクリルニトリル系繊維、ポリビニルアルコール系繊維及びポリ塩化ビニル系繊維等が挙げられ、好ましくは、ポリエステル系繊維等が挙げられる。 Other synthetic fibers is not particularly limited as long as not impairing the effects of the present invention, for example, polyester fibers, polyamide fibers, polyacrylonitrile fibers, polyvinyl alcohol fibers and polyvinyl chloride fibers, and the like , preferably, a polyester fiber or the like.

香料吸収の原因であるポリウレタン繊維との組み合わせで、ポリエステル繊維は香料吸収、とりわけ、親油性香料の吸収を助け、残香性に有用に作用する。 In combination with the polyurethane fibers is responsible for flavor absorption, polyester fiber flavor absorption, among others, help the absorption of lipophilic perfume, acting useful for substantivity.

例えば、ポリエチレンテレフタレート、ポリブチレンテレフタレート、又はエチレンテレフタレート単位を主たる繰り返し成分とするもの(好ましくは繰り返し単位の約90モル%以上のもの)、ブチレンテレフタレート単位を主たる繰り返し成分とするもの(好ましくは繰り返し単位の約90モル%以上のもの)等からなる繊維を好ましく用いることができる。 For example, polyethylene terephthalate, polybutylene terephthalate, or ethylene terephthalate units which the main repeating component (preferably more than about 90 mole% of the repeating units), which butylene terephthalate units as main repeating component (preferably the repeating unit fibers consisting of about 90 mole% or more) or the like can be preferably used. 中でも、エチレンテレフタレート単位が約90モル%以上繰り返し成分とするポリエステルからなる繊維が好ましく、エチレンテレフタレート単位が約95モル%以上繰り返し成分とするポリエステルからなる繊維であることがより好ましい。 Among them, fibers ethylene terephthalate units consists of a polyester to be about 90 mol% or more repeating component is preferable, and more preferably ethylene terephthalate units is a fiber comprising a polyester and from about 95 mol% or more repeating components. エチレンテレフタレート単位が約100モル%繰り返し成分とするポリエステル、すなわち、ポリエチレンテレフタレートからなる繊維であることはさらに好ましい。 Polyester ethylene terephthalate units is about 100 mole% repeating component, i.e., it is more preferably a fiber composed of polyethylene terephthalate. このポリエチレンテレフタレート系繊維は、良好な風合い、光沢を有し、またしわになりにくい等のイージーケア性があり、伸縮性を有する布帛を構成する繊維素材として好適である。 The polyethylene terephthalate fibers have good texture, luster, also has easy care properties, such as wrinkle, it is suitable as a fiber material constituting the fabric having stretchability. また、ポリエチレンテレフタレート系繊維は、本発明で好ましく用いられるポリウレタンウレア繊維との組合せで用いる場合に好適であって、良好な布帛とすることが可能である。 Further, a polyethylene terephthalate fiber is a preferable when used in combination with the polyurethane urea fibers preferably used in the present invention, it is possible to good fabric.

本発明において、ポリエステル繊維の断面形態は丸形、異形を問わない。 In the present invention, the cross-sectional form of the polyester fibers is not limited round, profiled. また、吸水速乾性ポリエステル繊維糸等が好ましく用いられる。 Further, water-absorbing quick-drying polyester fiber yarns are preferably used. 吸水速乾性のポリエステル繊維としては、中空繊維の壁面に更に小さな孔が多数設けられている繊維や、繊維表面等に多くの溝や孔等が設けられて、吸水性はこれら繊維自体の微小な孔、繊維表面の溝、繊維間、糸間の空隙に水分が吸収されるようにした異形断面形状の繊維等で、合成繊維メーカーにより、吸水速乾性繊維として各種市販されているものを用いることができる。 The polyester fibers absorb moisture, or fibers smaller hole in the wall of the hollow fibers are provided a number, and a number of grooves or holes or the like provided on the fiber surface and the like, water absorption of these fibers themselves small holes, grooves in the fiber surface, between the fibers, in such a manner the fibers of irregular cross section shape moisture is absorbed in the gap between the yarns, the synthetic fiber manufacturers, the use of those various commercially available as water-absorbing quick-drying fibers can. 例えば、吸水速乾性ポリエステル繊維としては、インビスタ社製“クールマックス”、東レ株式会社製“セオα”、帝人ファイバー株式会社製“ウエルキイ”、東洋紡績株式会社製“ドライファスト”、旭化成せんい株式会社製“テクノファイン”等が挙げられる。 For example, the water-absorbing quick-drying polyester fiber, INVISTA Inc. "Cool Max", manufactured by Toray Industries, Inc. "Theo α", Teijin Fiber Co., Ltd. "Uerukii", manufactured by Toyobo Co., Ltd. "dry fast", Asahi Kasei Fibers Co., Ltd. Ltd. "Techno" and the like.

吸水速乾性を付与するには、前述したようにポリエステル繊維やアクリル繊維等重合体自体として吸湿性の少ない素材を用い、中空繊維状にしてその壁面に更に小さな孔が多数設けられている繊維の形状にしたものや、繊維表面等に多くの溝や孔等が設けられて、吸水性はこれら繊維自体の微小な孔、繊維表面の溝、繊維間、糸間の空隙に水分が吸収されるようにした異形断面形状の繊維等、水分の入り込む微小な孔や空隙を設けたもの等が挙げられる。 To give water-absorbing quick-drying, using a material less hygroscopic as polyester fiber or acrylic fiber, polymer itself as described above, fibers smaller pores on its wall surface in the hollow fiber is provided a number those in shape and, in many grooves or holes or the like provided on the fiber surface and the like, water absorption microvoids of these fibers themselves, the grooves of the fiber surface, between fibers, moisture in voids between the yarns is absorbed fibers such modified cross-section shape as, such as those provided with minute pores or voids entering moisture and the like.

また、必要なら帯電防止性の合成繊維として、ポリエステル導電性繊維等を用いてもよい。 Also, as synthetic fibers if needed antistatic properties, it may be used a polyester conductive fiber or the like. 導電性繊維としては、導電性物質として例えばカーボンブラックを用いた複合ポリエステル繊維(例えばカネボウ合繊株式会社製“ベルトロン”)、白色のヨウ化銅や金属複合酸化物(例えば、TiO ・SnO ・Sb )を用いた複合ポリエステル繊維等が挙げられるが、これらに限定されるものではない。 The conductive fibers, bicomponent polyester fibers (e.g. manufactured by Kanebo Gosen Co. "Belltron") using, for example, carbon black as a conductive material, white copper iodide or a metal composite oxide (e.g., TiO 2 · SnO 2 · bicomponent polyester fibers or the like using sb 2 O 2), and the like, but not limited thereto.

さらに、本発明で用いるポリエステル繊維も前述ポリウレタン同様、必要に応じ、本発明の効果を損なわない範囲内で、各種安定剤や顔料等が含有されていてもよい。 Further, the polyester fiber used in the present invention likewise above polyurethane, optionally, within a range that does not impair the effects of the present invention, various stabilizers and pigments and the like may be contained. 例えば、ジビニルベンゼンとp−クレゾールとの付加重合体(デュポン社製“メタクロール”(登録商標)2390)等の安定剤;t−ブチルジエタノールアミンとメチレン−ビス−(4−シクロヘキシルイソシアネ−ト)の反応によって生成せしめたポリウレタン(デュポン社製“メタクロール”(登録商標)2462);耐光剤;酸化防止剤等として、いわゆるBHTや住友化学工業(株)製の“スミライザー”GA−80等をはじめとする両ヒンダードフェノール系薬剤;チバガイギー社製“チヌビン”等のベンゾトリアゾール系、ベンゾフェノン系薬剤;住友化学工業(株)製の“スミライザー”P−16等のリン系薬剤;各種のヒンダードアミン系薬剤;酸化チタン、カーボンブラック等の無機顔料;フッ素系樹脂粉体又はシリコ For example, an addition polymer of divinylbenzene and p- cresol stabilizers such as (made by DuPont "meta crawl" (registered trademark) 2390); t-butyl diethanolamine and methylene - bis - (4-cyclohexyl diisocyanate - g) polyurethanes yielding by the reaction of (made by DuPont "meta crawl" (registered trademark) 2462); light stabilizer; as antioxidants, the so-called BHT and Sumitomo Chemical Co., Ltd. "Sumilizer" GA-80, etc. Introduction to both hindered phenol agent; Ciba-Geigy Corp. "Tinuvin" like benzotriazole, benzophenone agent; manufactured by Sumitomo Chemical Co., Ltd. "Sumilizer" phosphorus-based agents such as P-16; various hindered amine agent; titanium oxide, inorganic pigments such as carbon black; fluorine-based resin powder or silicone ン系樹脂粉体;ステアリン酸マグネシウム等の金属石鹸;また、銀や亜鉛やこれらの化合物等を含む殺菌剤;消臭剤;シリコーン、鉱物油等の滑剤;硫酸バリウム、酸化セリウム、ベタインやリン酸系等の各種の帯電防止剤等を添加してもよいし、またポリマーと反応して存在させてもよい。 Emissions-based resin powder; metal soaps such as magnesium stearate; and fungicides containing silver and zinc and combinations of these, and the like; deodorants; silicone, lubricants such as mineral oil; barium sulfate, cerium oxide, betaine and phosphoric it may be added an acid-based various antistatic agents such like, also may be present to react with the polymer. そして、特に光や各種の酸化窒素等への耐久性をさらに高めるためには、酸化窒素捕捉剤、例えば日本ヒドラジン(株)製のHN−150、熱酸化安定剤、例えば、住友化学工業(株)製の“スミライザー”GA−80等、光安定剤、例えば、住友化学工業(株)製の“スミソーブ”300#622等の光安定剤等を含有させてもよい。 And in particular in order to further enhance the durability against light and various nitrogen oxides, etc. of the nitric oxide scavenger, for example by Japan Hydrazine Co., Ltd. HN-0.99, thermal oxidation stabilizers, for example, Sumitomo Chemical (Co. ) made of "Sumilizer" GA-80, etc., light stabilizers, for example, may contain a light stabilizer such as Sumitomo Chemical Co., Ltd. "Sumisorb" 300 # 622.

本発明のポリウレタン系繊維を有する布帛も、本発明の一態様である。 Fabric having a polyurethane fiber of the present invention is also an aspect of the present invention. かかる布帛は、例えばポリエステル糸やナイロン糸等を混用した混用弾性布帛においても本発明の効果を発現することができる。 Such fabrics can also exhibit the effect of the present invention in a mix elastic fabric that mix such as polyester yarn, nylon yarn, or the like.

本発明の布帛は、例えば、前記ポリウレタン系繊維及びその他の合成繊維等から常法に従って布帛を製造することにより得られるものであってもよく、特に前記ポリウレタン系繊維を含有することが好ましく、前記ポリウレタン系繊維を含む2種以上の合成繊維を含有することがさらに好ましい。 Fabric of the present invention may be, for example, one obtained by producing the fabric according to a conventional method from the polyurethane fiber and other synthetic fibers, are preferred in particular contains the polyurethane fiber, the more preferably contains two or more synthetic fibers containing polyurethane fiber. 本発明の布帛は、織物、編物もしくは不織布のいずれであってもよい。 Fabric of the present invention, the fabric may be either knitted or nonwoven. 例えば、ポリウレタン繊維に合成繊維をカバーリングしてカバーリング繊維として布帛を得てもよいし、合成繊維にポリウレタン繊維を裸糸(ベア)のまま織り・編みこんで交編織編地としてもよい。 For example, it may be obtained fabric as a cover ring fiber was covering the synthetic fibers to the polyurethane fiber, a polyurethane fiber to the synthetic fibers may be left weaving, knitting crowded in mixed knitting woven knitted fabric of Hadakaito (Bear).

布帛化する際に従来であれば、例えば44デシテックスの糸でなければ達成出来なかった着圧を、本発明において、ウレタン濃度及び/又はウレア濃度の高いポリウレタン繊維を使用した場合、繊度が33デシテックス〜22デシテックス程度の繊維で達成することもできる。 If conventional when fabric of, for example, the arrival pressure could not be achieved unless the yarn 44 dtex, in the present invention, when using a high polyurethane fibers urethane concentration and / or urea concentration, fineness of 33 dtex It can also be achieved in the fiber of the order to 22 dtex. この場合、より薄く、より軽い布帛で快適な着圧、フィット感を達成することが可能となり、布帛の薄地、軽量化が可能となることにより、衣服の着用感も改善することが可能となる。 In this case, thinner, comfortable in a lighter fabric wearing pressure, it is possible to achieve the fit, the fabric of thin cloth, by weight reduction is possible, it is possible to also improve Wearing clothes .

混用布帛におけるポリウレタン繊維の混率は、相手糸や編組織、織組織によるが、例えば、約2%から40%の範囲であってもよい。 Mixing ratio of polyurethane fibers in mix fabric mating thread or knitting structure, depending on the weave, for example, it may range from about 2% to 40%. かかる混率であれば、締め付け感、フィット感に優れ、かつ、従来に比べて薄く、軽い布帛とすることが可能である。 With such a mixing ratio, tightening feeling, excellent fit and thinner than conventional, it may be a lighter fabric.

本発明の布帛が織物の場合、合成繊維のみで製織されていてもよく、また、それ以外の繊維が交織されていてもよい。 If the fabric of the present invention is woven, it may be woven only with synthetic fibers, also other fibers may be interwoven. 前記合成繊維としては、前記ポリウレタン系繊維を含む2種以上が含有されることが好ましい。 Examples of the synthetic fiber, it is preferable that two or more, including the polyurethane fiber is contained. ポリウレタン繊維を織物の組織は、平織、斜文織、朱子織等の三原組織、変化平織、変化斜文織、変化朱子織等の変化組織、蜂の巣織、模紗織、梨地織等の特別組織、たて二重織、よこ二重織等の片二重組織、風通織、袋織、二重ビロード等の二重織組織、ベルト織等の多層組織、たてビロード、タオル、シール、ベロア等のたてパイル織、別珍、よこビロード、ベルベット、コール天等のよこパイル織、絽、紗、紋紗等のからみ組織等が好ましい。 Organization of the polyurethane fiber of the fabric, plain weave, twill weave, Mihara organization of Hitoshi しゅすおり, change plain weave, twill weave change, change the organization of equal change satin weave, woven honeycomb, Moshao, special organizations such as woven satin, vertical double weave, single double organizations such as horizontal double weave, Futsuori, hollow weave, double velvet such as double weave, multi-layered organization such as a belt woven, vertical velvet, towel, seal, was of velor, etc. woven pile Te, velveteen, next to velvet, velvet, woven weft pile of call heaven, etc., gauze, gauze, seen from the organization such as Monsha is preferable.

製織は、本発明の効果を妨げない限り特に限定されないが、有杼織機(フライシャットル織機等)又は無杼織機(レピア織機、グリッパー織機、ウォータージェット織機、エアージェット織機等)等によって行われるのが好ましい。 Weaving, the is not particularly limited as long as not impairing the effects of the present invention, Yuhi loom (fly shuttle loom, etc.) or a shuttleless loom (a rapier loom, a gripper loom, water jet loom, air jet loom or the like) is carried out by such It is preferred.

また、本発明の布帛が編物の場合も、合成繊維のみで製編されていてもよく、また、これら以外の繊維が交編されていてもよい。 Further, even if the fabric of the present invention is knitted may be knitted only synthetic fibers, also other than these fibers may be mixed knitting. 前記合成繊維としては、前記ポリウレタン系繊維を含む2種以上が含有されることが好ましい。 Examples of the synthetic fiber, it is preferable that two or more, including the polyurethane fiber is contained. 編物の種類は、よこ(緯)編物であってもよく、また、たて(経)編物等であってもよい。 Types of knitting may be a lateral (weft) knitting, or may be a vertical (via) knitted like. 編物の組織は、よこ編は、平編、ゴム編、両面編、パール編、タック編、浮き編、片畦編、レース編及び添毛等が好ましく、たて編は、シングルデンビー編、シングルアトラス編、ダブルコード編、ハーフトリコット編、裏毛編及びジャカード編等が好ましい。 Knit organization, flat knitting is Tairahen, rubber knitting, double-sided knitting, pearl knitting, tuck knitting, float knitting, Kataaze ed, preferably lace knitting and 添毛 etc., warp knit is single Den Bee ed, Single atlas, ed., double cord stitch, half tricot knitting, fleece knitting and jacquard knitting, and the like are preferable. 層数も単層でもよいし、2層以上の多層でもよい。 Number of layers also may be a single layer, or may be two or more layers.

製編は、本発明の効果を妨げない限り特に限定されないが、丸編機、横編機、コットン式編機のような平型編機、トリコット編機、ラッシェル編機、ミラニーズ編機等によって行われるのが好ましい。 Knitting is not particularly limited as long as it does not impair the effects of the present invention, a circular knitting machine, knitting machine, flat knitting machine, such as cotton-type knitting machine, tricot knitting machine, raschel knitting machine, by Milanese knitting machine or the like preferably carried out.

さらに、本発明の布帛は、例えば、コート、着物、スーツ、ユニフォーム、セーター、スカート、スラックス、カーディガン、スポーツウェア、ドレスシャツ、カジュアルウェア等の外衣、タイツ、ストッキング、パンティストッキング、ソックス等の靴下類、パジャマ、ショーツ、ランジェリー、ファンデーション、ホージャリー等の下着類、シーツ、布団カバー、布団側地、毛布、枕カバー等の寝装具類、ソファーカバー、テーブルクロス等のインテリア類、及び手袋、ネクタイ、スカーフ、ショール等の小物類等に対して用いられ、香料成分の放散の点で、特に、下着類、靴下類及び寝装具類等に対して好適に用いられる。 In addition, the fabric of the present invention is, for example, coat, kimono, suits, uniforms, sweaters, skirts, slacks, cardigan, sportswear, dress shirts, outer garment, tights, stockings, pantyhose, hosiery, such as socks, such as casual wear , pajamas, shorts, lingerie, foundation, underwear such as Hojari, sheets, duvet covers, futon side areas, blankets, sleeping equipment such as pillow cover, sofa cover, interior such as tablecloths, and gloves, neckties, scarves , it is used for shawls accessories such as such, in terms of dissipation of perfume ingredients, particularly underwear, is suitably used for hosiery and sleeping appliances and the like.

本発明の布帛としては、例えば、前記合成繊維を約2〜100重量%含有するものが好ましく、約50〜100重量%含有するものがさらに好ましく、約80〜100重量%含有するものがさらに好ましい。 As the fabric of the present invention is preferably, for example, those containing the synthetic fiber of about 2 to 100 wt%, more preferably those containing from about 50 to 100 wt%, more preferably contains from about 80 to 100 wt% . また、香気持続性が特に優れる点から、繊維成分が合成繊維のみであるものも好ましい。 From the viewpoint of aroma persistence excellent especially those also preferred fiber component is only synthetic fibers. また、香気持続性に優れる点から、合成繊維全体に対し、ポリウレタン繊維を約1〜30重量%含有するものが好ましく、約5〜20重量%含有するものがさらに好ましい。 Further, from the viewpoint of excellent aroma durability, on the whole synthetic fibers, preferably those containing about 1-30% by weight of polyurethane fibers, and more preferably contains from about 5 to 20 wt%.

また、本発明の布帛は、香気持続性が特に優れる点から、目付が80〜1000g/m であることが好ましく、100〜500g/m であることがより好ましく、100〜280g/m であることがさらに好ましい。 The fabric of the present invention, from the viewpoint of aroma durability particularly excellent, it is preferable that the basis weight is 80~1000g / m 2, more preferably from 100~500g / m 2, 100~280g / m 2 and more preferably. また、伸長率がタテ方向及び/又はヨコ方向とも5%以上であることが好ましい。 Further, it is preferable that elongation is longitudinal and / or transverse direction with more than 5%.

本発明における香料成分としては、本発明の効果を妨げない限り特に限定されないが、高い香気持続性を示しうることから、ウレア基やウレタン基と相互作用を持つ官能基を有することが好ましいが、布帛が香料を放散する観点から単純な炭化水素系化合物、含窒素系化合物、含硫黄系化合物等でも好ましい。 The perfume component in the present invention is not particularly limited as long as it does not interfere with the effect of the present invention, since the can exhibit high aroma persistence, it is preferable to have a functional group having an interaction with a urea group or urethane group, fabric simple hydrocarbon compounds from the standpoint of dissipating a perfume, nitrogen-containing compounds, preferably in sulfur-containing compounds.

本発明における香料成分としては、公知の香料成分等を広く用いることができ、様々な文献、例えば「パーヒューム・エンド・フレーバー・ケミカルズ(Perfume and Flavor Chemicals)(アロマ・ケミカルズ)」ステフェン・アークタンダー、Vol. The perfume component in the present invention can be used widely known perfume components such as various documents, such as "perfume End Flavor Chemicals (Perfume and Flavor Chemicals) (Aroma Chemicals)," Steffen Arctander, Vol. Iand II(1994)、「香りの百科」、日本香料協会編、朝倉書店(1989)等に記載されたものであってもよい。 Iand II (1994), "the smell of Encyclopedia", Japan perfume Kyokai, or may be those described in Asakura Shoten (1989), and the like. 以下に香料の代表例を挙げるが、これらに限定されるものではない。 Representative examples of perfume below, but the invention is not limited thereto.

アルコール系化合物としては、3−メチル−1−ペンタノール、ゲラニオール、セドロール、シトロネロール、ロジノール、ネロール、ジヒドロリナロール、リナロール、テトラヒドロリナロール、ジメチルオクタノール、テトラヒドロムゴール、ムゴール、ミルセノール、ジヒドロミルセノール、オシメノール、テトラヒドロミルセノール、ラバンジュロール、イソジヒドロラバンジュロール、ヒドロキシシトロネロール、ノナディル(6,8−ジメチル−2−ノナノール)、エチルリナロール、イソプレゴール、テルピネオール、ジヒドロテルピネオール、テルピネオール−4、ペリラアルコール、4−ツヤノール、3−ツヤノール、ファルネソール、ネロリドール、α−ビサボロール、β−カリオフィレンアルコール、サンタロール、ベ The alcohol-based compounds, 3-methyl-1-pentanol, geraniol, cedrol, citronellol, rhodinol, nerol, dihydro linalool, linalool, tetra hydro linalool, dimethyl octanol, tetrahydrophthalic beam goal Mugoru, myrcenol, dihydromyrcenol, Oshimenoru , tetrahydropyran mill Se Nord, lavandulol, iso-dihydro lavandulol, hydroxy citronellol, Nonadiru (6,8-dimethyl-2-nonanol), ethyl linalool, isopulegol, terpineol, dihydro terpineol, terpineol -4, perilla alcohol, 4 - Tsuyanoru, 3-Tsuyanoru, farnesol, neroli Doll, α- bisabolol, β- caryophyllene alcohol, Santa roll, base チベロール、セドレノール、3−l−メントキシプロパン−1,2−ジオール、パチュリアルコール、ジヒドロカルベオール、フィトール、イソフィトール、スクラレオール、カルベオール、メントール、エチルアルコール、プロピルアルコール、ブタノール、イソアミルアルコール、1−ヘプタノール、2−ヘプタノール、3−ヘプタノール、1−オクタノール、2−オクタノール、3−オクタノール、2−エチルヘキサノール、1−ノナノール、2−ノナノール、イソノニルアルコール(3,5,5−トリメチル−1−ヘキサノール)、1−デカノール、1−ウンデカノール、2−ウンデカノール、1−ドデカノール、プレノール(3−メチル−2−ブテン−1−オール)、2−メチル−3−ブテン−2−オール、β−ペンテノール(1 Chiberoru, Sedorenoru, 3-l-menthoxypropane-1,2-diol, patchouli alcohol, dihydro carveol, phytol, isophytol, sclareol, carveol, menthol, ethyl alcohol, propyl alcohol, butanol, isoamyl alcohol, 1-heptanol , 2-heptanol, 3-heptanol, 1-octanol, 2-octanol, 3-octanol, 2-ethylhexanol, 1-nonanol, 2-nonanol, isononyl alcohol (3,5,5-trimethyl-1-hexanol) , 1-decanol, undecanol, 2-undecanol, 1-dodecanol, prenol (3-methyl-2-buten-1-ol), 2-methyl-3-buten-2-ol, beta-pentenol (1 ペンテン−3−オール)、リーフアルコール(cis−3−ヘキセノール)、trans−2−ヘキセノール、trans−3−ヘキセノール、cis−4−ヘキセノール、2,4−ヘキサジエン−1−オール、マツタケオール(1−オクテン−3−オール)、cis−6−ノネノール、キュカンバーアルコール(2,6−ノナジエノール)、アンドロール(1−ノネン−3−オール)、ロザルバ(9−デセノール)、1−ウンデセノール、ウンデカベルトール(4−メチル−3−デセン−5−オール)、オシロール(3,7−ジメチル−7−メトキシ−2−オクタノール)、サンタリノール(2−メチル−4−(2,2,3−トリメチル−3−シクロペンテン−1−イル)−2−ブテン−1−オール)、p,α−ジメチルベンジルアルコー Penten-3-ol), leaf alcohol (cis-3- hexenol), trans-2-hexenol, trans-3- hexenol, cis-4-hexenol, 2,4-hexadiene-1-ol, Matsutake ol (1- octen-3-ol), cis-6- nonenol, particulate Cumberland alcohol (2,6 nonadienol), and roll (1-nonene-3-ol), Rosalba (9-decenol), 1-undecenol, Undekaberu tall (4-methyl-3-decene-5-ol), Oshiroru (3,7-dimethyl-7-methoxy-2-octanol), Santa linoleic (2-methyl-4- (2,2,3-trimethyl - 3-cyclopenten-1-yl) -2-buten-1-ol), p, alpha-dimethylbenzyl alcohol 、2,2,6−トリメチルシクロヘキシル−3−ヘキサノール、1,2−ペンタンジオール、ベンジルアルコール、アニスアルコール、β−フェニルエチルアルコール、スチラリルアルコール(1−フェニル−1−ヒドロキシエタン)、ヒドラトロパアルコール、メチルβ−フェニルエチルアルコール、α−プロピルフェニルエチルアルコール、バニリルアルコール、デカヒドロβ−ナフトール、フルフリルアルコール、3−メチル−1−フェニル−3−ペンタノール、アミルシンナミックアルコール、シンナミックアルコール、フェノキサノール(3−メチル−5−フェニルペンタノール)、1,2−ペンタンジオール、2−エチルヘキサノール、ジメトール(2,6−ジメチルヘプタノール)、3,6−ジメチル−3−オクタノール、コヒ , 2,2,6-trimethyl cyclohexyl-3-hexanol, 1,2-pentanediol, benzyl alcohol, anise alcohol, beta-phenylethyl alcohol, styrallyl alcohol (1-phenyl-1-hydroxy ethane), Hidoratoropa alcohol, methyl β- phenylethyl alcohol, alpha-propyl-phenylethyl alcohol, vanillyl alcohol, decahydro β- naphthol, furfuryl alcohol, 3-methyl-1-phenyl-3-pentanol, amyl cinnamic alcohol, cinnamic alcohol , phenoxazine Nord (3-methyl-5-phenyl pentanol), 1,2-pentanediol, 2-ethylhexanol, Jimetoru (2,6-dimethyl heptanol), 3,6-dimethyl-3-octanol, Kohi ノール(3,4,5,6,6−ペンタメチル−2−ヘプタノール)、ブラハマノール(メチルトリメチルシクロペンテニルブタノール)、バクダノール(2−エチル−4−(2,2,3−トリメチル−3−シクロペンテン−1−イル)−2−ブテン−1−オール)、サンダール(3−メチル−5−(2,2,3−トリメチルシクロペンタ−3−エン−イル)−ペンタン−2−オール)、サンダロール(3−メチル−5−(2,2,3−トリメチルシクロペンタ−3−エン−1−イル)ペンタン−2−オール)、シクロヘキシルエチルアルコール、アポパチョン(p−イソプロピルシクロヘキサノール)、フロラロール(2,4−ジメチル−3−シクロヘキセン−1−メタノール)、パチョン(p−tert−ブチルシクロヘキサノール)、ベ Nord (3,4,5,6,6- pentamethyl-2-heptanol), Burahamanoru (trimethyl cyclopentenyl butanol), Bakudanoru (2-ethyl-4- (2,2,3-trimethyl-3-cyclopentene -1 - yl) -2-buten-1-ol), Sandaru (3-methyl-5- (2,2,3-trimethylcyclopent-3-en - yl) - pentan-2-ol), sander rolls (3 - methyl-5- (2,2,3-trimethylcyclopent-3-en-1-yl) pentan-2-ol), cyclohexyl ethyl alcohol, Apopachon (p- isopropyl cyclohexanol), Furoraroru (2,4 dimethyl-3-cyclohexene 1-methanol), Pachon (p-tert-butyl cyclohexanol), base ドール(o−tert−ブチルシクロヘキサノール)、マイヨー(p−イソプロピルシクロヘキシルメタノール)、シクロメチレンシトロネロール、アンブリノール(2,5,5−トリメチル−オクタヒドロ−2−ナフトール)、メチルサンデフロール(5'or6'−メチルノルボルン−5'−エン−2−イル)−2−メチルペント−1−エン−3−オール)、チンベロール(2,2,6−トリメチルシクロヘキシル−3−ヘキサノール)、ポリサントール(3,3−ジメチル−5−(2,2,3−トリメチル−3−シクロペンテン−1−イル)−4−ペンテン−2−オール)、ヒドロキシシトロネロール、ノナディル(6,8−ジメチル−2−ノナノール)、イソプレゴール、イソシクロゲラニオール、ミルテノール、ノポール(6,6− Doll (o-tert-butyl cyclohexanol), Maillot (p- isopropyl cyclohexyl methanol), cycloalkyl methylene citronellol, ambrinol (2,5,5-trimethyl - octahydro-2-naphthol), methyl Sande Flor (5'Or6 ' - methyl nor Born-5'-en-2-yl) -2-methylpent-1-en-3-ol), Chinberoru (2,2,6-trimethyl cyclohexyl-3-hexanol), poly San Torr (3,3 - dimethyl-5- (2,2,3-trimethyl-3-cyclopenten-1-yl) -4-penten-2-ol), hydroxy citronellol, Nonadiru (6,8-dimethyl-2-nonanol), isopulegol, iso cyclo geraniol, myrtenol, Noporu (6,6 メチルビシクロ[3.1.1]ヘプト−2−エン−2−エタノール)、ピノカルベオール、α−フェンキルアルコール、ボルネオール、イソボルネオール、パチョミント(2−(3,3−ジメチルビシクロ[2.2.1]ヘプト−2−イリデン)エタノール)、カメコール(トリメチルノルボルナンメタノール)、ジメチルサイクロモル、サンタレックスT(イソカンフィルシクロヘキサノール)、ゲラニルリナロール、クミンアルコール、2−メトキシフェニルエチルアルコール、フェノキシエチルアルコール(1−ヒドロキシ−2−フェノキシエタン)、α,α−ジメチルフェニルエチルアルコール、イソブチルベンジルカルビノール、p−メチルベンジルカルビノール、ヒドロシンナミックアルコール、センチフォール(1,1−ジメチ Methylbicyclo [3.1.1] hept-2-ene-2-ethanol), Pinot carveol, alpha-fenchyl alcohol, borneol, iso borneol, Pachominto (2- (3,3-dimethyl-bicyclo [2.2 .1] hept-2-ylidene) ethanol), Kamekoru (trimethyl norbornane methanol), dimethyl cyclo mol, Santa Rex T (isocamphylcyclohexanol), geranyl linalool, cumin alcohol, 2-methoxy-phenylethyl alcohol, phenoxyethyl alcohol (1-hydroxy-2-phenoxy ethane), alpha, alpha-dimethyl-phenylethyl alcohol, isobutyl benzyl carbinol, p- methylbenzyl carbinol, hydro cinnamic alcohol, cm fall (1,1-dimethylolpropionic ル−3−フェニルプロパノール−1)、ミュゲットアルコール(2,2−ジメチル−3−フェニルプロパノール)、フェニルヘキサノール、デカヒドロβ−ナフトール、AR−1(3,6−ジメチルオクタン−3−オール)、アビトール(ヒドロアビエチルアルコール)、α−プロピルフェニルエチルアルコール、p−メチルジメチルベンジルカルビノール、ムゲタノール(1−(4−イソプロピルシクロヘキシル)エタノール)、フロロール(2−イソブチル−4−ヒドロキシ−4−メチルテトラヒドロピラン)、プロピレングリコール、ジプロピレングリコール、ヘキシレングリコール等が挙げられる。 -3-phenyl propanol-1), Myu get alcohol (2,2-dimethyl-3-phenyl propanol), phenyl hexanol, decahydro β- naphthol, AR-1 (3,6-dimethyl-octan-3-ol), Abitoru (hydroabietyl alcohol), alpha-propyl-phenylethyl alcohol, p- methyl dimethylbenzyl carbinol, Mugetanoru (1- (4-isopropyl-cyclohexyl) ethanol), Furororu (2-isobutyl-4-hydroxy-4-methyltetrahydropyran pyran), propylene glycol, dipropylene glycol, hexylene glycol, and the like.

フェノール系及びフェノールエーテル系化合物としては、アニソール、エストラゴール、チャビコール、アネトール、クレオゾール、カルバクロール、p−クレゾール、p−クレジルメチルエーテル、β−ナフトールメチルエーテル、β−ナフトールエチルエーテル、β−ナフトールイソブチルエーテル、ベラトロール(1,2−ジメトキシベンゼン)、1,3−ジメトキシベンゼン、1,4−ジメトキシベンゼン、カテコール、レゾルシノール、グアヤコール、バルスパイス(4−メチルグアヤコール)、4−エチルグアヤコール、オルシニル3(3−メトキシ−5−メチルフェノール)、チモール、メチルチモール、プロペニルグアエトール(trans−2−エトキシ−5−(1−プロペニル)−フェノール)、o−エチルフェノール、 Phenolic and phenol ether compound, anisole, estragole, Chabikoru, anethole, creosol, carvacrol, p- cresol, p- cresyl methyl ether, beta-naphthol methyl ether, beta-naphthol ethyl ether, beta-naphthol isobutyl ether, veratrole (1,2-dimethoxybenzene), 1,3-dimethoxybenzene, 1,4-dimethoxybenzene, catechol, resorcinol, guaiacol, Val spices (4-methyl guaiacol), 4-ethyl guaiacol, Orushiniru 3 ( 3-methoxy-5-methylphenol), thymol, methyl thymol, propenyl guaethol (trans-2-ethoxy-5- (1-propenyl) - phenol), o-ethylphenol, −エチルフェノール、p−エチルフェノール、2−tert−ブチルフェノール、シリンゴール(2,6−ジメトキシフェノール)、ハイドロキノンジメチルエーテル、レゾルシンジメチルエーテル、オイゲノール、イソオイゲノール、ジヒドロオイゲノール、メチルオイゲノール、メチルイソオイゲノール、エチルイソオイゲノール、ベンジルオイゲノール、ベンジルイソオイゲノール、ジオスフェノール、ヒノキチオール、バニトロープ(1−エトキシ−2−ヒドロキシ−4−プロペニルベンゼン)、ショーガオール、ジンゲロール、アセチルオイゲノール、アセチルイソオイゲノールサフロール、イソサフロール、ジフェニルオキサイド、ベチバーエーテル(tert−ブチルハイドロキノンジメチルエーテル)等が挙げられる。 - ethylphenol, p- ethylphenol, 2-tert-butylphenol, cylindrical goals (2,6-dimethoxy phenol), hydroquinone dimethyl ether, resorcinol dimethyl ether, eugenol, isoeugenol, dihydroeugenol, methyl eugenol, methyl isoeugenol, ethyl isoeugenol , benzyl eugenol, benzyl isoeugenol, GEOS phenol, hinokitiol, Banitoropu (1-ethoxy-2-hydroxy-4-propenyl benzene), shogaol, gingerols, acetyl eugenol, acetyl isoeugenol safrole, isosafrole, diphenyl oxide, vetiver ether (tert- butyl hydroquinone dimethyl ether) and the like.

アルデヒド系化合物としては、シトロネラール、シトラール、3,7−ジメチル−1−オクタナール、ヒドロキシシトロネラール、メトキシシトロネラール、ペリラアルデヒド、ミルテナール、カリオフィレンアルデヒド、n−ヘキサナール、2−メチルブタナール、イソバレルアルデヒド、n−バレルアルデヒド、アセトアルデヒド、n−ヘプタナール、n−オクタナール、n−ノナナール、2−メチルオクタナール、3,5,5−トリメチルヘキサナール、1−デカナール、ウンデカナール、ドデカナール、2−メチルデカナール、2−メチルウンデカナール、トリデカナール、テトラデカナール、2−ペンテナール、cis−3−ヘキセナール、trans−2−ヘキセナール、trans−2−ヘプテナール、4−ヘプテナール、t As the aldehyde compound, citronellal, citral, 3,7-dimethyl-1-octanal, hydroxy citronellal, methoxy citronellal, perilla aldehyde, Mirutenaru, caryophyllene aldehyde, n- hexanal, 2-methyl butanal, Isobareru aldehydes, n- valeraldehyde, acetaldehyde, n- heptanal, n- octanal, n- nonanal, 2-methyl-octa-Nar, 3,5,5-trimethyl hexanal, 1-decanal, undecanal, dodecanal, 2-methyl-deca knurl , 2-methyl undecanal, tridecanal, tetradecanal, 2-pentenal, cis-3- hexenal, trans-2-hexenal, trans-2-heptenal, 4-heptenal, t ans−2−オクテナール、trans−2−ノネナール、cis−6−ノネナール、メロナール(2,6−ジメチル−5−ヘプテナール)、trans−4−デセナール、cis−4−デセナール、trans−2−デセナール、グリナール(2,5,6−トリメチル−4−ヘプテナール)、10−ウンデセナール、trans−2−ウンデセナール、trans−2−ドデセナール、マンダリンアルデヒド(3−ドデセナール)、trans−2−トリデセナール、アドキサール(2,6,10−トリメチル−9−ウンデセン−1−アール)、2,4−ヘキサジエナール、2,4−ヘプタジエナール、2,4−オクタジエナール、2,4−ノナジエナール、2,6−ノナジエナール、2,4−デカジエナール、2,4−ウンデカジエナ ans-2-octenal, trans-2-nonenal, cis-6- nonenal, Meronaru (2,6-dimethyl-5-heptenal), trans-4-decenal, cis-4-decenal, trans-2-decenal, Gurinaru (2,5,6-trimethyl-4-heptenal), 10-undecenal, trans-2-undecenal, trans-2-dodecenal, mandarin aldehyde (3-dodecenal), trans-2-Toridesenaru, Adokisaru (2,6, 10-trimethyl-9-undecene-1-al), 2,4-hexamethylene diethylene knurl, 2,4-heptadienal, 2,4-octadienal, 2,4-nonadienal, 2,6-nonadienal, 2,4 - decadienal, 2,4-Undekajiena ル、2,4−ドデカジエナール、ゲラルデヒド(5,9−ジメチル−4,8−デカジエナール)、トリメナール(3,7,9−トリメチル−2,6−デカジエン−1−アール)、オンシダール(2,6,10−トリメチル−5,9−ウンデカジエナール)、ベルガマール(α−メチレンシトロネラール)、カンフォレンアルデヒド、シクロシトラール、イソシクロシトラール、サフラナール(2,6,6−トリメチル−1,3−シクロヘキサジエン−1−カルボキシアルデヒド)、ミュゲアルデヒド(6,10−ジメチル−3−オキサ−9−ウンデセナール)、ゲラニルオキシアセトアルデヒド、トリプラール(ジメチルテトラヒドロベンズアルデヒド)、クリサンタール(3−プロピルビシクロ[2.2.1]−5−ヘプテン−2−カルボ Le, 2,4 Dodekajienaru, Gerarudehido (5,9-dimethyl-4,8-decadienal), Torimenaru (3,7,9- trimethyl-2,6-decadiene-1-al), Onshidaru (2,6, 10- trimethyl-5,9-undecalactone diethyl Nar), Berugamaru (alpha-methylene citronellal), Kang follower Ren aldehydes, cyclocitral, iso cyclo citral, Safranal (2,6,6-trimethyl-1,3 cyclohexadiene-1-carboxaldehyde), muguet aldehyde (6,10-dimethyl-3-oxa-9-undecenal), geranyl oxy acetaldehyde, Toripuraru (dimethyl tetrahydrobenzaldehyde), Kurisantaru (3-propyl [2.2.1 ] -5-heptene-2- シアルデヒド)、センテナール(メトキシジシクロペンタジエンカルボキシアルデヒド)、デュピカール(4−トリシクロデシリデンブタナール)、4−(4−メチル−3−シクロヘキセニリデン−1)ペンタナール、マイラックアルデヒド(4(3)−(4−メチル−3−ペンテン−1−イル)−3−シクロヘキセン−1−カルボキシアルデヒド)、セトナール(トリメチルシクロヘキセンメチルブタナール)、イノナール(2−メチル−4−(2,6,6−トリメチル−1(2)−シクロヘキセニル)−ブテナール)、テレストラール(4−シクロオクテン−1−カルボキシアルデヒド)、ベンズアルデヒド、p−トリルアルデヒド、フェニルアセトアルデヒド、トリフェルナール(3−フェニルブタナール)、クミンアルデヒド、p Shi aldehyde), Sentenaru (methoxy dicyclopentadiene carboxyaldehyde), Deyupikaru (4-cyclo cyclododecylidene isopropylidene butanal), 4- (4-methyl-3-cyclohexenylene isopropylidene -1) pentanal, My rack aldehyde (4 (3 ) - (4-methyl-3-penten-1-yl) -3-cyclohexene-1-carboxaldehyde), Setonaru (trimethyl cyclohexene methylbutanal), Inonaru (2-methyl-4- (2,6,6 trimethyl -1 (2) - cyclohexenyl) - butenal), Teresutoraru (4-cyclooctene-1-carboxaldehyde), benzaldehyde, p- tolyl aldehyde, phenylacetaldehyde, tri Fell knurl (3-phenylbutanal), cuminaldehyde , p メチルフェニルアセトアルデヒド、p−イソプロピルフェニルアセトアルデヒド、ヒドラトロパアルデヒド、p−メチルヒドラトロパアルデヒド、p−イソプロピルヒドラトロパアルデヒド、フェニルプロピオンアルデヒド、β−メチルヒドロシンナミックアルデヒド、ジャスモランジ(2−メチル−3−(4−メチルフェニル)−プロパナール)、ブルジェオナール(p−tert−ブチルヒドロシンナミックアルデヒド)、シクラメンアルデヒド(2−メチル−3−(p−イソプロピルフェニル)−プロピオンアルデヒド)、フロラロゾン(p−エチル−α,α−ジメチルヒドロシンナミックアルデヒド)、スザラール(p−イソブチル−α−メチルヒドロシンナミックアルデヒド)、シンナミックアルデヒド、サリチルアルデヒド、アニ Methyl phenylacetaldehyde, p- isopropyl phenylacetaldehyde, hydra Toro Pas aldehyde, p- methylhydrazono Toro Pas aldehyde, p- isopropyl hydra Toro Pas aldehyde, phenylpropionaldehyde, beta-methylhydrosiloxane cinnamic aldehyde, Jasumoranji (2-methyl-3 - (4-methylphenyl) - propanal), Bull geo knurl (p-tert-butyl hydroperoxide cinnamic aldehyde), cyclamen aldehyde (2-methyl-3-(p- isopropylphenyl) - propionaldehyde), Furorarozon (p- ethyl-.alpha., alpha-dimethyl hydro cinnamic aldehyde), Suzararu (p- isobutyl -α- methylhydrosiloxane cinnamic aldehyde), cinnamic aldehyde, salicylaldehyde, Ani アルデヒド、o−メトキシベンズアルデヒド、o−メトキシシンナミックアルデヒド、カントキサール(2−メチル−3−(p−メトキシフェニル)−プロパナール)、バニリン、エチルバニリン、メチルバニリン(3,4−ジメトキシベンズアルデヒド)、ヘリオトロピン、ヘリオナール(α−メチル−3,4−メチレンジオキシヒドロシンナミックアルデヒド)、フェノキシアセトアルデヒド、p−メチルフェノキシアセトアルデヒド、フルフラール、5−メチルフルフラール、5−ヒドロキシメチル−2−フルフラール、フリルアクロレイン、リラール(4(3)−(4−ヒドロキシ−4−メチルペンチル)−3−シクロヘキセン−1−カルボキシアルデヒド)、ベルンアルデヒド(1−メチル−4−(4−メチルペンチル)−3−シ Aldehydes, o- methoxybenzaldehyde, o- methoxy cinnamic aldehyde, Kantokisaru (2-methyl-3-(p-methoxyphenyl) - propanal), vanillin, ethyl vanillin, methyl vanillin (3,4-dimethoxybenzaldehyde), Helio tropine, ocean propanal (alpha-methyl-3,4-methylenedioxy hydro cinnamic aldehyde), phenoxy acetaldehyde, p- methylphenoxy acetaldehyde, furfural, 5-methyl furfural, 5-hydroxymethyl-2-furfural, furylacrolein, lyral (4 (3) - (4-hydroxy-4-methylpentyl) -3-cyclohexene-1-carboxaldehyde), Bern aldehyde (1-methyl-4- (4-methylpentyl) -3- クロヘキセンカルボキシアルデヒド)、ホモマイラックアルデヒド(1−メチル−4(4−メチル−3−ペンテニル)−3−シクロヘキセンカルボキシアルデヒド)、ジュニパール(4(5)−ホルミル−7,7,9−トリメチルビシクロ[4.3.0]−ノネン)、ヴェルトラール(オクタヒドロ−4,7−メタノインデンカルボキシアルデヒド)、リリアール(p−tert−ブチル−α−メチルヒドロシンナミックアルデヒド)、メフラナール(3−メチル−5−フェニルバレラルデヒド)、エグランタール(4−メチル−2−フェニル−2−ペンテナール)、コカール(5−メチル−2−フェニル−2−ヘキセナール)、α−メチルシンナミックアルデヒド、α−ブチルシンナミックアルデヒド、α−アミルシンナミックアルデヒド、α Cyclohexene carboxaldehyde), homo My rack aldehyde (1-methyl-4 (4-methyl-3-pentenyl) -3-cyclohexene carboxaldehyde), Juniper Le (4 (5) - formyl -7,7,9- trimethyl bicyclo [4.3.0] - nonene), Welt Lal (octahydro-4,7-methanolate indene carboxaldehyde), lilial (p-tert-butyl -α- methylhydrosiloxane cinnamic aldehyde), Mefuranaru (3-methyl - 5-phenyl Barrera aldehyde), Egurantaru (4-methyl-2-phenyl-2-pentenal), Kokaru (5-methyl-2-phenyl-2-hexenal), alpha-methyl cinnamic aldehyde, alpha-butyl cinnamic aldehyde , α- amyl cinnamic aldehyde, α −ヘキシルシンナミックアルデヒド、ホルミルエチルテトラメチルテトラリン(6−エチル−7−フォルミル−1,1,4,4−テトラメチル−1,2,3,4−テトラヒドロナフタレン)等が挙げられる。 - hexyl cinnamic aldehyde, formyl ethyl tetramethyl tetralin (6-ethyl-7-formyl-1,1,4,4-tetramethyl-1,2,3,4-tetrahydronaphthalene), and the like.

アセタール系及びケタール系化合物としては、マグノラン(2,4−ジメチル−4,4a,5,9b−テトラヒドロインデノ[1.2d]−1,3−ジオキサン)、アントキサン(4−イソプロピル−5,5−ジメチル−1,3−ジオキサン)、インドフロール(ジヒドロインデニル−2,4−ジオキサン)、ボアサンブレンフォルテ(ホルムアルデヒドシクロドデシルエチルアセタール)、アセトアルデヒドジエチルアセタール、リーフアセタール(アセトアルデヒドエチルヘキセニルアセタール)、アセトアルデヒドエチルヘキシルアセタール、シトロネリルメチルアセタール、エリンタール(アセトアルデヒドエチルリナリルアセタール)、ボナロックス(2,4−ジオキサン−3−メチル−7,10−メタノスピロ[5.5]ウンデ The acetal and ketal compounds, Magunoran (2,4-dimethyl-4,4a, 5,9b-tetrahydronaphthalene-indeno [1.2d]-1,3-dioxane), Antokisan (4-isopropyl -5, 5-dimethyl-1,3-dioxane), India Flor (dihydroindenyl 2,4-dioxane), bore San Bren Forte (formaldehyde cyclododecyl ethyl acetal), acetaldehyde diethyl acetal, leaf acetal (acetaldehyde ethyl hexenyl acetal), acetaldehyde ethylhexyl acetal, citronellyl methyl acetal, Erintaru (acetaldehyde ethyl linalyl acetal), Bonarokkusu (2,4-dioxane-3-methyl-7,10-Metanosupiro [5.5] undec ン)、エフェタール(アセトアルデヒドエチルフェニルアセタール)、アセトアルデヒドエチルイソオイゲニルアセタール、アセタールR(アセトアルデヒドフェニルエチルn−プロピルアセタール)、フロロパール(アセトアルデヒド2−フェニル−2,4−ペンタンジオールアセタール)、スピロフロール(3−エチル−2,4−ジオキサスピロ[5.5]ウンデセン−8−エン)、エチルジメチルジオキサスピロウンデセン、ヘルボキサン(2−ブチル−4,4,6−トリメチル−1,3−ジオキサン)、カラナール(2−(2,4−ジメチルシクロヘキ−3−セン−1−イル)−5−メチル−5(1−メチルプロピル)1,3−ジオキサン)、ヘキサナールジメチルアセタール、ヘキサナールジエチルアセタール、ヘキサナールプ Emissions), Efetaru (acetaldehyde ethyl phenyl acetal), acetaldehyde ethyl Isoo Ige acetal, acetal R (acetaldehyde phenylethyl n- propyl acetal), fluorosilicone Pearl (acetaldehyde 2-phenyl-2,4-pentanediol acetal), spiro Flor ( 3-ethyl-2,4-dioxaspiro [5.5] undecene-8-ene), ethyl dimethyl geo Kisasu pyromellitic undecene, Herubokisan (2-butyl-4,4,6-trimethyl-1,3-dioxane), Karanaru (2- (2,4-dimethyl-cyclohex-3-Sen-1-yl) -5-methyl-5 (1-methylpropyl) 1,3-dioxane), hexanal dimethyl acetal, hexanal diethyl acetal, Hekisanarupu ピレングリコールアセタール、カロティン(4,7−ジヒドロ−2−(3−ペンタニル)−1,3−ジオキセピン)、2−ヘキセナールジエチルアセタール、cis−3−ヘキセナールジエチルアセタール、ヘプタナールジメチルアセタール、ヘプタナールジエチルアセタール、ヘプタナールエチレングリコールアセタール、2−ヘキシル−5−メチル−1,3−ジオキソラン、5−メチル−5−プロピル−2−(1−メチルブチル)−1,3−ジオキサン、オクタナールジメチルアセタール、オクタナールジエチルアセタール、ノナナールジメチルアセタール、ノナナールジエチルアセタール、デカナールジメチルアセタール、デカナールジエチルアセタール、2−メチルウンデカナールジメチルアセタール、ドデカナールジメチルアセタ Propylene glycol acetal, Karotin (4,7-dihydro-2- (3-pentanyl) -1,3-dioxepin), 2-hexenal diethyl acetal, cis-3-hexenal diethyl acetal, hepta knurl dimethyl acetal, hepta knurl diethyl acetal , hepta knurl ethylene glycol acetal, 2-hexyl-5-methyl-1,3-dioxolane, 5-methyl-5-propyl-2- (1-methylbutyl) -1,3-dioxane, octa knurl dimethyl acetal, octanal diethyl acetal, nona knurl dimethyl acetal, nona knurl diethyl acetal, deca knurl dimethyl acetal, deca knurl diethyl acetal, 2-methyl undecanal dimethyl acetal, dodecamethylene knurl dimethylacetamide ール、シトラールジメチルアセタール、シトラールジエチルアセタール、シトラールプロピレングリコールアセタール、シトロネラールシクロモノグリコールアセタール、ヒドロキシシトロネラールジメチルアセタール、ヒドロキシシトロネラールジエチルアセタール、cis−3−ヘキセナールジエチルアセタール、ベンズアルデヒドジメチルアセタール、ベンズアルデヒドジエチルアセタール、ベンズアルデヒドプロピレングリコールアセタール、ベンズアルデヒドグリセリンアセタール、フェニルアセトアルデヒドジメチルアセタール、フェニルアセトアルデヒドエチレングリコールアセタール、フェニルアセトアルデヒドジイソブチルアセタール、フェニルアセトアルデヒドプロピレングリコールアセタール、フェニルアセトアルデ Lumpur, citral dimethyl acetal, citral diethyl acetal, citral propylene glycol acetal, citronellal cycloalkyl mono glycol acetal, hydroxy citronellal dimethyl acetal, hydroxy citronellal diethyl acetal, cis-3- hexenal diethyl acetal, benzaldehyde dimethyl acetal, benzaldehyde diethyl acetal, benzaldehyde propylene glycol acetal, benzaldehyde glycerin acetal, phenylacetaldehyde dimethyl acetal, phenylacetaldehyde ethylene glycol acetal, phenylacetaldehyde diisobutyl acetal, phenylacetaldehyde propylene glycol acetal, phenyl acetaldehyde ド2,3−ブチレングリコールアセタール、フェニルアセトアルデヒドグリセリルアセタール、レセダボディ(フェニルアセトアルデヒド−2,4−ジヒドロキシ−2−メチルペンタンアセタール)、3−フェニルプロピオンアルデヒドジメチルアセタール、ヒドラトロパアルデヒドジメチルアセタール、ヒドラトロパアルデヒドエチレングリコールアセタール、オスミナールDMA(アミルシンナミックアルデヒドジメチルアセタール)、オスミナールDEA(アミルシンナミックアルデヒドジエチルアセタール)、ヘリオトロピンジメチルアセタール、ヘリオトロピンジエチルアセタール、バニリンプロピレングリコールアセタール、ベルドキサン(2,2,5,5−テトラメチル−4−イソプロピル−1,3−ジオキサン)、アンバ De 2,3-butylene glycol acetal, phenylacetaldehyde glyceryl acetal, Resedabodi (phenylacetaldehyde 2,4-dihydroxy-2-methylpentane acetal), 3-phenylpropionic aldehyde dimethyl acetal, hydra Toro Pas dimethyl acetal, Hidoratoropa aldehyde ethylene glycol acetal, Osuminaru DMA (amyl cinnamic aldehyde dimethyl acetal), Osuminaru DEA (amyl cinnamic aldehyde diethyl acetal), Helio Toro pins dimethyl acetal, Helio Toro pins diethyl acetal, vanillin propylene glycol acetal, Berudokisan (2,2,5, 5-tetramethyl-4-isopropyl-1,3-dioxane), invar セージ(4,7−ジヒドロ−2−イソペンチル−2−メチル−1,3−ジオキセピン)、アセトケタール(2,5,5−トリメチル−2−フェニル−1,3−ジオキサン)、ジャスモナン(2−ブチル−4−ジオキサスピロ[4.4]ノナノン)、フレイストン(エチル−2,4−ジメチル−1,3−ジオキソラン−2−アセテート)、フルクトン(エチル−2−メチル−1,3−ジオキソラン−2−アセテート)等が挙げられる。 Sage (4,7-dihydro-2-isopentyl-2-methyl-1,3-dioxepin), Asetoketaru (2,5,5-trimethyl-2-phenyl-1,3-dioxane), Jasumonan (2-butyl - 4- dioxaspiro [4.4] nonanone), Fureisuton (ethyl-2,4-dimethyl-1,3-dioxolan-2-acetate), fructone (ethyl-2-methyl-1,3-dioxolane-2-acetate) etc. the.

ケトン系化合物としては、アセチルカリオフィレン、カルボン、プレゴン、ピペリテノン、ピペリトン、メントン、ショウ脳、オキソセドラン、イソロンギフォラノン、ヌートカトン、2−ヘプタノン、2−ペンタノン、3−ヘキサノン、3−ヘプタノン、4−ヘプタノン、2−オクタノン、3−オクタノン、2−ノナノン、3−ノナノン、2−ウンデカノン、2−トリデカノン、メチルイソプロピルケトン、エチルイソアミルケトン、メシチルオキサイド、ブチリデンアセトン、メチルヘプタジエノン、メチルヘプテノン、ジメチルオクテノン、コアボン(4−メチレン−3,5,6,6−テトラメチル−2−ヘプタノン)、ゲラニルアセトン、ファルネシルアセトン、アセトイン、ブチロイン(5−ヒドロキシ−4−オクタノン)、メチ Examples of the ketone compound, acetyl caryophyllene, carboxylic, pulegone, piperitenone, piperitone, menthone, camphor, Okisosedoran, isolongifolol follower la non, nootkatone, 2-heptanone, 2-pentanone, 3-hexanone, 3-heptanone, 4-heptanone , 2-octanone, 3-octanone, 2-nonanone, 3-nonanone, 2-undecanone, 2-Toridekanon, methyl isopropyl ketone, ethyl isoamyl ketone, mesityl oxide, butylidene acetone, methyl hept dienone, methylheptenone, dimethyl oct non, Koabon (4-methylene -3,5,6,6- tetramethyl-2-heptanone), geranyl acetone, farnesyl acetone, acetoin, butyroin (5-hydroxy-4-octanone), methylol ラベンダーケトン(3−ヒドロキシメチル−2−ノナン)、ジアセチル、2,3−ペンタジオン、2,3−ヘキサジオン、3,4−ヘキサジオン、2,3−ヘプタジオン、アセチルイソバレリル、アミルシクロペンタノン、アミルシクロペンテノン、2−シクロペンチルシクロペンタノン、ヘキシルシクロペンタノン、フルウラモン(2−n−ヘプチルシクロペンタノン)、cis−ジャスモン、ジヒドロジャスモン、イソジャスモン、トリメチルペンチルシクロペンタノン、セダモン(2−ブチリデン−3,5,5(3,3,5)−トリメチルシクロペンタノン)、サンデックス(3−メチル−5−(2,2,3−トリメチル−3−シクロペンテニル)−3−ペンテン−2−オン)、シクロテン、コロノール(3,5−ジメチル−1,2 Lavender ketone (3-hydroxymethyl-2-nonane), diacetyl, 2,3-pentanedione, 2,3-hexadione, 3,4-hexadione, 2,3-heptadione, acetyl isovaleryloxy, amyl cyclopentanone, amyl cyclopentenone, 2-cyclopentyl cyclopentanone, hexyl cyclopentanone, Furuuramon (2-n-heptyl cyclopentanone), cis-jasmone, dihydrojasmonate, Isojasumon, trimethylpentyl cyclopentanone, Sedamon (2-butylidene - 3,5,5 (3,3,5) - trimethyl cyclopentanone), SANDEX (3-methyl-5- (2,2,3-trimethyl-3-cyclopentenyl) -3-penten-2-one ), cyclotene, Koronoru (3,5-dimethyl-1,2 シクロペンタジオン)、メチルコリロン(3,4−ジメチル1,2−シクロペンタジオン)、ベルドン(2−tert−ブチルシクロヘキサノン)、p−tert−ブチルシクロヘキサノン、ヘルバック(3,3−ジメチルシクロヘキシルメチルケトン)、フレスコメンテ(2−sec−ブチルシクロヘキサノン)、アルテモン(1−アセチル−3,3−ジメチル−1−シクロヘキセン)、セルリーケトン(3−メチル−5−プロピル−2−シクロヘキセノン)、クリプトン(4−イソプロピル−2−シクロヘキサノン)、オリボン(p−tert−ペンチルシクロヘキサノン)、メチルシクロシトロン(2,3,5−トリメチル−4−シクロヘキセニル−1−メチルケトン)、ネロン(1−(p−メンテン−6−イル)−1−プロパン)、 Cyclopentadione), Mechirukoriron (3,4-dimethyl 1,2-cyclopentadione), Berudon (2-tert-butyl cyclohexanone), p-tert-butyl cyclohexanone, Herubakku (3,3-dimethylcyclohexyl methyl ketone), fresco maintenance (2-sec-butyl cyclohexanone), Arutemon (1-acetyl-3,3-dimethyl-1-cyclohexene), celery ketone (3-methyl-5-propyl-2-cyclohexenone), krypton (4-isopropyl 2-cyclohexanone), Oribon (p-tert-pentyl cyclohexanone), methylcyclopentadienyl citron (2,3,5-trimethyl-4-cyclohexenyl-1-methyl ketone), Neron (1-(p-menthene-6-yl ) -1-propane), ベチバール(4−シクロヘキシル−4−メチル−2−ペンタノン)、ハバノール(2−(1−シクロヘキセン−1−イル)−シクロヘキサノン)、マルトール、エチルマルトール、オキサイドケトン(cis−2−アセトニル−4−メチル−テトラヒドロピラン)、エモキシフロン(5−エチル−3−ヒドロキシ−4−メチル−2[5H]−フラノン)、ホモフロール(2−エチル−4−ヒドロキシ−5−メチル−3[2H]−フラノン and 5−エチル−4−ヒドロキシ−2−メチル−3[2H]−フラノン)、ソトロン(3−ヒドロキシ−4,5−ジメチル−2[5H]−フラノン)、フラネオール(2,5−ジメチル−4−ヒドロキシ−3[2H]−フラノン)、アセチルジメチルフラン、フルフラールアセトン、2−アセチル−5 Bechibaru (4-cyclohexyl-4-methyl-2-pentanone), Habanoru (2- (1-cyclohexen-1-yl) - cyclohexanone), maltol, ethyl maltol, oxide ketone (cis-2-acetonyl-4-methyl - tetrahydropyran), Emokishifuron (5-ethyl-3-hydroxy-4-methyl -2 [5H] - furanone), Homofuroru (2-ethyl-4-hydroxy-5-methyl -3 [2H] - furanone and 5-ethyl 4-hydroxy-2-methyl -3 [2H] - furanone), sotolon (3-hydroxy-4,5-dimethyl -2 [5H] - furanone), furaneol (2,5-dimethyl-4-hydroxy-3 [2H] - furanone), acetyl dimethyl furan, furfural acetone, 2-acetyl -5 メチルフラン、2−アセチルフラン、メチルテトラヒドロフラノン、ジベンジルケトン、ベンゾフェノン、メチルナフチルケトン、4−ダマスコール(5−フェニル−5−メチル−3−ヘキサノン)、ベチコン(4−メチル−4−フェニル−2−ペンタノン)、α−メチルアニサルアセトン、ヘリオトロピルアセトン、アニシリデンアセトン、アニシルアセトン、p−メトキシフェニルアセトン、ラズベリーケトン(4−(p−ヒドロキシフェニル)−2−ブタノン)、ラバンドゾン(3−メチル−4−フェニル−3−ブテン−2−オン)、ベンジリデンアセトン、p−メトキシアセトフェノン、p−メチルアセトフェノン、プロピオフェノン、アセトフェノン、ダマセノン、ダマスコン、イソダマスコン、α−ダイナスコン(1−(5,5 Methylfuran, 2-acetyl furan, methyl tetrahydrophthalic furanone, dibenzyl ketone, benzophenone, methyl naphthyl ketone, 4- Damasukoru (5-phenyl-5-methyl-3-hexanone), Bechikon (4-methyl-4-phenyl-2 - pentanone), alpha-methyl anisole monkey acetone, Helio Toro pills acetone, anisole idene acetone, anisyl acetone, p- methoxyphenyl acetone, raspberry ketone (4-(p-hydroxyphenyl) -2-butanone), Rabandozon (3- methyl-4-phenyl-3-buten-2-one), benzylidene acetone, p- methoxyacetophenone, p- methylacetophenone, propiophenone, acetophenone, damascenone, damascone, Isodamasukon, alpha-Dainasukon (1- (5,5 ジメチルシクロヘキセン−1−イル)−4−ペンテン−1−オン)、イリトン(4−(2,4,6−トリメチル−3−シクロヘキセン−1−イル)−3−ブテン−2−オン and 4−3,5,6−トリメチル−3−シクロヘキセン−1−イル)−3−ブテン−2−オン)、ヨノン、プソイドヨノン、メチルヨノン、メチルイリトン(3−メチル−4−(2,4,6−トリメチル−3−シクロヘキセニル)−3−ブテン−2−オン)、シクロウッド(2,4−ジ−tert−ブチルシクロヘキサノン)、イロン、アリルヨノン、2,6,6−トリメチル−2−シクロヘキセン−1,4−ジオン、カメクDH(2−アセチル−3,3−ジメチルノルボルナン)、フロレックス(6−エチリデンオクタヒドロ−5,8−メタノ−2H−1−ベンゾ Dimethyl-cyclohexen-1-yl) -4-penten-1-one), Iriton (4- (2,4,6-trimethyl-3-cyclohexen-1-yl) -3-buten-2-one and 4-3 , 5,6-trimethyl-3-cyclohexen-1-yl) -3-buten-2-one), ionone, Pusoidoyonon, methyl ionone, Mechiruiriton (3-methyl-4- (2,4,6-trimethyl-3 cyclohexenyl) -3-buten-2-one), cyclo Wood (2,4-di -tert- butyl cyclohexanone), nylon, Ariruyonon, 2,6,6-trimethyl-2-cyclohexen-1,4-dione, Kameku DH (2-acetyl-3,3-dimethyl norbornane), off Rolex (6-ethylidene octahydro-5,8-methano-2H-1-benzo ラン−2−オン)、プリカトン(4−メチルトリシクロ[6.2.1.02.7]ウンデカン−5−オン)、オキソセドラン、ベルトフィックス(9−アセチル−2,6,6,8−テトラメチルトリシクロ[5.3.11.7.01.5]−8−ウンデセン)、ベルベノン(4,6,6−トリメチル−(1R)−ビシクロヘプト−3−エン−2−オン)、フェンコン、カロン(7−メチル−3,5−ジヒドロ−2H−ベンゾジオキセピン−3−オン)、トリモフィックスO(2,6,10−トリメチル−1−アセチル−2,5,9−シクロドデカトリエン)、ビタライド(アセチルジメチルテトラヒドロベンツインダン)、エピトン(7(8)−アセチル−5−イソプロピル−2−メチルビシクロ[2.2.2]オクト−2−エン)、アトリノン(4( Run 2-one), Purikaton (4-methyl-tricyclo [6.2.1.02.7] undecane-5-one), Okisosedoran, belt fix (9-acetyl -2,6,6,8- tetra methyltricyclo [5.3.11.7.01.5] -8-undecene), verbenone (4,6,6-trimethyl - (1R) - Bishikuroheputo-3-en-2-one), fenchone, Charon (7-methyl-3,5-dihydro -2H- benzodioxepin-3-one), tri mode fixes O (2,6,10-trimethyl-1-acetyl -2,5,9- cyclododecatriene), Bitaraido (acetyl dimethyltetrahydrofuro Benz indane), Epiton (7 (8) - acetyl-5-isopropyl-2-methylbicyclo [2.2.2] oct-2-ene), Atorinon (4 ( )−アセチル−7,7,9(7,7,9)−トリメチルビシクロ[4.3.0]−1−ノネン)、カシュメラン(6,7−ジヒドロ−1,1,2,3,3−ペンタメチル−4(5H)−インダノン)、ムスコン(3−メチルシクロペンタデカノン−1)、ムセノンデルタ(3−メチルペンタデカ−4−エノン)、シベトン(シクロヘプタデカ−9−エン−1−オン)、エキザルトン(シクロペンタデカノン)、ムスクTM−II(シクロヘキサデセノン)、ファントリド(5−アセチル−1,1,2,3,3,6−ヘキサメチルインダン)、セレストリド(4−アセチル−6−tert−ブチル−1,1−ジメチルインダン)、トラセオライド(5−アセチル−3−イソプロピル−1,1,2,6−テトラメチルインダン)、トナリド(6− ) - acetyl -7,7,9 (7,7,9) - trimethylbicyclo [4.3.0] -1-nonene), Kashumeran (6,7-dihydro -1,1,2,3,3- pentamethyl -4 (5H) - indanone), muscone (3-methyl cyclopentadecanone -1), Musenonderuta (3-methyl pentadecanoyl enone), civetone (cyclo hepta dec-9-en-1-one) , Ekizaruton (cyclopentadecanone), musk TM-II (cyclohexadecen cyclohexenone) Fantorido (5-acetyl -1,1,2,3,3,6- hexamethyl indane), Seresutorido (4-acetyl-6 tert- butyl-1,1-dimethyl indane), Toraseoraido (5-acetyl-3-isopropyl--1,1,2,6- tetramethyl indane), tonalid (6 アセチル−1,1,2,4,4,7−ヘキサメチルテトラヒドロナフタレン)、ビタライド(アセチルジメチルテトラヒドロベンズインダン)、イソ・イー・スーパー(7−アセチル−1,2,3,4,5,6,7,8−オクタヒドロ−1,1,6,7−テトラメチルナフタレン)、ジヒドロカルボン、ジオスフェノール、ジンゲロン等が挙げられる。 Acetyl -1,1,2,4,4,7- hexamethyl tetrahydronaphthalene), Bitaraido (acetyl dimethyl tetrahydrobenz indane), iso-E super (7-acetyl -1,2,3,4,5,6 7,8 octahydro -1,1,6,7- tetramethyl naphthalene), dihydrocarvone, GEOS phenol, zingerone, and the like.

エーテル系化合物としては、メチルヘキシルエーテル、デシルメチルエーテル、デシルビニルエーテル、ジエチレングリコールモノメチルエーテル、ジエチレングリコールモノエチルエーテル、シトロネリルエチルエーテル、ゲラニルエチルエーテル、α−テルピニルメチルエーテル、ハーバベルト(3,3,5−トリメチルシクロヘキシルエチルエーテル)、イソボルニルメチルエーテル、トリシクロデセニルメチルエーテル、イソプロキセン(2−エチリデン−6−イソプロポキシビシクロ[2.2.1]ヘプタン)、ジュニパローム(メトキシジメチルトリシクロ[5.2.1.02.6]デカン)、シクロドデシルメチルエーテル、マドロックス(1−メチルシクロドデシルメチルエーテル)、フィゼオール(2−エトキシ−2,6,6 Examples of the ether compound, methyl hexyl ether, decyl methyl ether, decyl vinyl ether, diethylene glycol monomethyl ether, diethylene glycol monoethyl ether, citronellyl ethyl ether, geranyl ethyl ether, alpha-terpinyl methyl ether, Herba belts (3,3, 5-trimethylcyclohexyl ethyl ether), isobornyl methyl ether, tricyclodecenyl methyl ether, isopropenyl cyclohexene (2-ethylidene-6-isopropoxide Sibi [2.2.1] heptane), Juniparomu (methoxy dimethyl tricyclo [5.2.1.0 @ 2,6] decane), cyclododecyl methyl ether, Madorokkusu (1-methyl cyclododecyl methyl ether), Fizeoru (2-ethoxy -2,6,6 トリメチル−9−メチレンビシクロ[3.3.1]−ノナン)、セドランバー(セドロールメチルエーテル)、メチルベンジルエーテル、メチルフェニルエチルエーテル、エチル2−メトキシベンジルエーテル、アリルフェニルエチルエーテル、イソアミルベンジルエーテル、アンサー(イソアミルフェニルエチルエーテル)、ジャセン(2−メチル−2−ブテニルフェニルエチルエーテル)、ジベンジルエーテル、シクロヘキシルフェニルエーテル、ミロオキサイド(オシメンエポキシド)、リモネンオキサイド(p−メンタ−8−エン−1,2−エポキシド)、ルボフィクス(スピロ[1,4−メタノナフタレン−2(1H),2'−オキシラン],−3,4,4a,5,8,8a−ヘキサヒドロ−3',7−ジメチル and スピロ[1 Trimethyl-9-methylene-bicyclo [3.3.1] - nonane), Sedoranba (Sedo roll methyl ether), benzyl ether, methyl phenyl ether, ethyl 2-methoxy benzyl ether, allyl phenyl ether, isoamyl benzyl ether, Answer (isoamyl phenylethyl ether), Jasen (2-methyl-2-butenyl phenyl ethyl ether), di-benzyl ether, phenyl ether, Milo oxide (oscillation member epoxide), limonene oxide (p- mentha-8-en-1, 2-epoxide), Rubofikusu (spiro [1,4-methanonaphthalen--2 (IH), 2'oxirane], - 3,4,4a, 5,8,8a- hexahydro-3 ', 7-dimethyl and spiro [1 4−メタノナフタレン−2(1H),2'−オキシラン],−3,4,4a,5,8,8a−ヘキサヒドロ−3',6−ジメチル)、トリメチルシクロドデカトリエンエポキシド、カリオフィレンオキサイド、セドレンエポキシド、イソロンギフォレンエポキシド、リナロールオキサイド、シトロオキサイド(2,2−ジメチル−5(1−メチル−1−プロペニル)−テトラヒドロフラン)、ヘルボオキサイド(5−イソプロペニル−2−メチル−2−ビニルテトラヒドロフラン)、ローズフラン(3−メチル−2−(3−メチル−2−ブテニル)−フラン)、ヘプタベルト(2−ヘプチルテトラヒドロフラン)、メントフラン、テアスピラン、オキシベット(2−オキサスピロ[4,7]ドデカン)、ムスコゲン(3−オキサビシクロ[10 4-methanonaphthalen--2 (IH), 2'oxirane], - 3,4,4a, 5,8,8a- hexahydro-3 ', 6-dimethyl), trimethyl cyclododecatriene epoxide, caryophyllene oxide, cedrene epoxides, isolongifolol follower alkylene epoxide, linalool oxide, Citrobacter oxide (2,2-dimethyl-5 (1-methyl-1-propenyl) - tetrahydrofuran), Hell Bo oxide (5-isopropenyl-2-methyl-2-vinyl tetrahydrofuran ), Rose furan (3-methyl-2- (3-methyl-2-butenyl) - furan), Heputaberuto (2-heptyl tetrahydrofuran), menthofuran, theaspirane, oxy bet (2-oxaspiro [4,7] dodecane) , Musukogen (3-oxabicyclo [10 3.0]−6−ペンタデセン)、シクランバー(13−オキサビシクロ[10.3.0]ペンタデカン)、アンブロキサン(デカヒドロ−3a,6,6,9a−テトラメチルナフト[2.1−b]フラン)、グリサルバ(3a−エチルドデカヒドロ−6,6,9a−トリメチルナフト[2.1−b]フラン)、1,8−シネオール、1,4−シネオール、ガラクソリド(1,3,4,6,7,8−ヘキサヒドロ−4,6,6,7,8,8−ヘキサメチルシクロペンタ−γ−2−ベンゾピラン)、ローズオキサイド、ネロールオキサイド、リメトール(2,2,6−トリメチル−6−ビニルテトラヒドロピラン)、ジラン(2−ブチル−4,6−ジメチルジヒドロピラン)、ドレモックス(テトラヒドロ−4−メチル−2−フェニル−2H−ピ 3.0] -6-pentadecene), Shikuranba (13-oxabicyclo [10.3.0] pentadecane), ambroxan (decahydro -3a, 6,6,9a-tetramethyl-naphthaldehyde [2.1-b] furan ), Gurisaruba (3a- ethyl dodeca hydro -6,6,9a- Torimechirunafuto [2.1-b] furan), 1,8-cineole, 1,4-cineole, Garakusorido (1,3,4,6, 7,8-hexahydro -4,6,6,7,8,8- hexamethyl cyclopenta-gamma-2-benzopyran), rose oxide, nerol oxide, Rimetoru (2,2,6-trimethyl-6-vinyl tetrahydropyran), Jiran (2-butyl-4,6-dimethyl-dihydro-pyran), Doremokkusu (tetrahydro-4-methyl-2-phenyl -2H- pin ラン)、ルボフロア(9−エチリデン−3−オキサトリシクロ[6.2.1.02.7]ウンデカン)、ヘキサヒドロインデノピラン等が挙げられる。 Lan), Rubofuroa (9 ethylidene-3-oxatricyclo [6.2.1.02.7] undecane), hexahydroisochromeno indeno-pyran, and the like.

酸系化合物としては、ゲラン酸、酢酸、プロピオン酸、ピルビン酸、酪酸、イソ酪酸、2−メチル酪酸、2−エチル酪酸、吉草酸、イソ吉草酸、2−メチル吉草酸、3−メチル吉草酸、ヘキサン酸、イソヘキサン酸、2−ヘキサン酸、4−ペンテン酸、2−メチル−2−ペンテン酸、ヘプタン酸、2−メチルヘプタン酸、オクタン酸、ノナン酸、デカン酸、2−デセン酸、ウンデシレン酸、ドデカン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、アントラニル酸、オレイン酸、レブリン酸、乳酸、安息香酸、フェニル酢酸、ケイ皮酸、3−フェニルプロピオン酸、バニリン酸、バリン、アビエチン酸、ソルビン酸等が挙げられる。 As the acid compounds, geranic acid, acetic acid, propionic acid, pyruvic acid, butyric acid, isobutyric acid, 2-methylbutyric acid, 2-ethyl butyric acid, valeric acid, isovaleric acid, 2-methyl valeric acid, 3-methyl valeric acid , hexanoic acid, isohexane acid, 2-hexanoic acid, 4-pentenoic acid, 2-methyl-2-pentenoic acid, heptanoic acid, 2-methyl heptanoic acid, octanoic acid, nonanoic acid, decanoic acid, 2-decenoic acid, undecylenic acid, dodecanoic acid, myristic acid, palmitic acid, stearic acid, anthranilic acid, oleic acid, levulinic acid, lactic acid, benzoic acid, phenylacetic acid, cinnamic acid, 3-phenylpropionic acid, vanillic acid, valine, abietic acid, sorbic acid and the like.

ラクトン系化合物としては、ペンタリド(シクロペンタデカノリド)、ハバノリド(オキサシクロヘキサデセン−2−オン)、アンブレットリド、シクロヘキサデカノリド、10−オキサヘキサデカノリド、11−オキサヘキサデカノリド、12−オキサヘキサデカノリド、エチレンドデカンジオエート、γ−ブチロラクトン、γ−バレロラクトン、アンゲリカラクトン、γ−ヘキサラクトン、γ−ヘプタラクトン、γ−オクタラクトン、γ−ノナラクトン、ウイスキーラクトン(3−メチル−4−オクタノリド)、γ−デカラクトン、γ−ウンデカラクトン、γ−ドデカラクトン、γ−ジャスモラクトン、ジャスミンラクトン、シスジャスモンラクトン、ラクトジャスモン(4−メチル−4−デカノリド)、ジャスモラクトン(テトラヒドロ−6 The lactone compounds, Pentarido (cyclopentadecanolide), Habanorido (oxa-cyclohexadecen-2-one), ambrettolide, cyclohexanol deca laver de, 10-oxa-hexadecanol laver de, 11-oxa-hexadecanol glue de, 12-oxa-hexadecanol laver de, ethylene dodecanedioate, .gamma.-butyrolactone, .gamma.-valerolactone, angelica lactone, .gamma.-hexalactone, .gamma.-heptalactone, .gamma.-octalactone, .gamma.-nonalactone, whiskey lactone (3 - methyl-4-octanolide), .gamma.-decalactone, .gamma.-undecalactone, .gamma.-dodecalactone, .gamma. jasmonate-lactone, jasmine lactone, cis-jasmone lactone, lacto jasmonic (4-methyl-4-decanolide), Jasumo lactone (tetrahydro -6 (3−ペンテニル)−2H−ピラン−2−オン)、メンタラクトン(3,6−ジメチル−5,6,7,7a−テトラヒドロ−2(4H)−ベンゾフラノン)、n−ブチルフタリド、プロピリデンフタリド、ブチリデンフタリド、δ−ヘキサラクトン、δ−オクタラクトン、トリバロン(4,6,6(4,4,6)−トリメチルテトラヒドロピラン−2−オン)、δ−ノナラクトン、δ−デカラクトン、δ−2−デセノラクトン、δ−ウンデカラクトン、δ−ドデカラクトン、δ−トリデカラクトン、δ−テトラデカラクトン、ラクトスカトン(デカヒドロ−4,α−ヒドロキシ−2,8,8−トリメチルナフタリン−2−カルボキシアシッド−δ−ラクトン)、クマリン、ジヒドロクマリン、シクロヘキシルラクトン、6−メチルクマリン、ε−デカ (3-pentenyl) -2H- pyran-2-one), Mentha lactone (3,6-dimethyl -5,6,7,7a- tetrahydro -2 (4H) - benzofuranone), n-butylphthalide, propylidene phthalide , butylidene phthalide, .delta. hexalactone, .delta. octalactone, Toribaron (4,6,6 (4,4,6) - trimethyl tetrahydropyran-2-one), .delta. nonalactone, .delta.-decalactone, [delta]-2 - Desenorakuton, .delta.-undecalactone, .delta.-dodecalactone, .delta. tridecafluoro-lactone, .delta. tetradecanoyl-lactone, Rakutosukaton (decahydro -4, alpha-hydroxy -2,8,8- trimethyl naphthalene-2-carboxylate acid - δ- lactone), coumarin, dihydrocoumarin, cyclohexyl lactone, 6-methylcoumarin, .epsilon. deca ラクトン、ε−ドデカラクトン等が挙げられる。 Lactone, .epsilon.-dodecalactone, and the like.

エステル系化合物としては、ギ酸エチル、ギ酸プロピル、ギ酸ブチル、ギ酸アミル、ギ酸イソアミル、ギ酸ヘキシル、ギ酸cis−3−ヘキセニル、ギ酸オクチル、ギ酸リナリル、ギ酸シトロネリル、ギ酸ゲラニル、ギ酸ネリル、ギ酸ロジニル、ギ酸テルピニル、ギ酸セドリル、ギ酸カリオフェイレン、アフェルマート(α,3,3−トリメチルシクロヘキサンメチルフォーメート)、ギ酸オキシオクタリン、ギ酸ベンジル、ギ酸シンナミル、ギ酸フェニルエチル、ギ酸アニシル、ギ酸オイゲニル、ギ酸デカヒドロ−β−ナフチル酸メチル、酢酸エチル、酢酸プロピル、酢酸イソプロピル、酢酸ブチル、酢酸イソブチル、酢酸2−メチルブチル、酢酸イソアミル、酢酸アミル、酢酸プレニル、酢酸ヘキシル、酢酸cis−3−ヘキセニル、酢酸 Examples of the ester compound, ethyl formate, propyl formate, butyl formate, amyl formate, isoamyl formate, hexyl formate, formic acid cis-3- hexenyl, octyl formate, linalyl formate, citronellyl formate, geranyl formate, neryl formate, Rojiniru formic acid, formic acid terpinyl, cedryl formate, formic acid Kallio Fei Ren, Aferumato (alpha, 3,3-trimethylcyclohexane methyl formate), formic acid octadecanoic phosphorus, benzyl formate, cinnamyl formate, phenyl ethyl formate, anisyl formate, Oigeniru formic acid, decahydro formic acid -β- methyl naphthyl acid, ethyl acetate, propyl acetate, isopropyl acetate, butyl acetate, isobutyl acetate, 2-methylbutyl, isoamyl acetate, amyl acetate, prenyl acetate, hexyl acetate, acetic acid cis-3- hexenyl acetate trans−2−ヘキセニル、酢酸2−エチルヘキシル、酢酸ヘプチル、酢酸オクチル、酢酸3−オクチル、酢酸オクテニル、酢酸ノニル、酢酸デシル、酢酸トリメチルヘキシル、酢酸デセニル、酢酸ノナンジオール、酢酸ドデシル、酢酸ジメチルウンデカジエニル、ジアセチル、ジアセチン、トリアセチン、エチレングリコールジアセテート、エチレングリコールモノブチルエーテルアセテート、アリルアミルグリコレート、酢酸オシメニル、酢酸ミルセニル、酢酸ジヒドロミルセニル、酢酸ジメチルオクタニル、酢酸リナリル、酢酸シトロネリル、酢酸ロジニル、酢酸ゲラニル、酢酸ネリル、酢酸テトラヒドロムゴール、酢酸エチルリナリル、酢酸ラバンジュリル、酢酸イソヒドロラバンジュリル、酢酸ネロリドール、酢酸カルビル、酢 trans-2-hexenyl, 2-ethylhexyl acetate, heptyl acetate, octyl acetate, acetic acid 3-octyl, octenyl acetate, nonyl acetate decyl acetate trimethyl hexyl, decenyl acetate, nonane diol, dodecyl acetate, dimethyl down decadienyl , diacetyl, diacetin, triacetin, ethylene glycol diacetate, ethylene glycol monobutyl ether acetate, allyl amyl glycolate, acetate Oshimeniru acetate myrcenyl acetate dihydro myrcenyl acetate dimethyl octanyl, linalyl acetate, citronellyl acetate, acetic Rojiniru acetate geranyl, neryl acetate, acetic acid tetrahydropyran-time goal, acetic Echirurinariru acetate Rabanjuriru, acetate isobutyrate hydrochloride Laban Juli Le, acetic nerolidol, acetic carbyl, vinegar ジヒドロカルビル、酢酸ジヒドロクミニル、酢酸テルピニル、酢酸イソプレゴール、酢酸メンチル、酢酸シトリル、酢酸ミルテニル、酢酸ノピル、酢酸フェンキル、酢酸ボルニル、酢酸イソボルニル、酢酸セドリル、カリオフィレンアセテート、酢酸サンタリル、酢酸ベチベリル、酢酸グアヤック、シクロペンチリデン酢酸メチル、酢酸シクロヘキシル、酢酸p−イソプロピルシクロヘキサニル、酢酸tert−アミルシクロヘキシル、酢酸ジヒドロテルピニル、酢酸シクロヘキシルエチル、フロラレート(酢酸2,4−ジメチル−3−シクロヘキセニルメチル)、ロザムスク(酢酸α,3,3−トリメチルシクロヘキサンメチル)、ベルテネックス(酢酸p−tert−ブチルシクロヘキシル)、ベルドックス(酢酸o−tert−ブチル Dihydrocarbyl acetate dihydro Kumi sulfonyl, terpinyl acetate, acetate isopulegol, menthyl acetate, acetic citryl acetate Miruteniru acetate Nopiru acetate fenchyl, bornyl acetate, isobornyl acetate, acetic cedryl, caryophyllene acetate, acetic Santariru acetate vetiveryl acetate guaiac, cyclopentylidene methyl acetate, cyclohexyl acetate, acetic acid p- isopropyl cyclohexanyl acetate tert- amyl cyclohexyl, acetate dihydro terpinyl, cyclohexylethyl acetate, Furorareto (acetate 2,4-dimethyl-3-cyclohexenyl-methyl), Rozamusuku (acetic alpha, 3,3-trimethylcyclohexane methyl), vertenex (acetate p-tert-butylcyclohexyl), Bell Dox (acetate o-tert-butyl シクロヘキシル)、酢酸1−エチニルシクロヘキシル、ジヒドロアンブレート(1−アセトキシ−2−sec−ブチル−1−ビニルシクロヘキサン)、酢酸ミラルディル(4(3)−(4−メチル−3−ペンテニル)−3−シクロヘキセニルメチルアセテート)、酢酸トリシクロデセニル、酢酸トリシクロデシル、酢酸ベンジル、酢酸p−クレジル、酢酸フェニルエチル、酢酸スチラリル、酢酸p−メチルベンジル、酢酸アニシル、酢酸ピペロニル、アセチルバニリン、ローズフェノン、酢酸ヒドラトロピル、酢酸2,4−ジメチルベンジル、酢酸シンナミル、酢酸フェニルプロピル、酢酸クミニル、酢酸ジメチルベンジルカルビニル、フェニルグリコールジアセテート、酢酸ジメチルフェニルエチルカルビニル、酢酸フェニルエチルメチル Cyclohexyl) acetic acid 1-ethynyl-cyclohexyl, dihydro Ambrose rate (1-acetoxy -2-sec-butyl-1-vinylcyclohexane), acetic acid Mirarudiru (4 (3) - (4-methyl-3-pentenyl) -3-cyclopropyl hexenyl methyl acetate), acetic acid tricyclodecenyl acetate tricyclodecyl, benzyl acetate, p- cresyl, phenyl ethyl acetate, styrallyl acetate p- methylbenzyl acetate anisyl acetate piperonyl, acetyl vanillin, rose phenone, acetate Hidoratoropiru, acetate 2,4-dimethylbenzyl, cinnamyl acetate, acetic phenylpropyl acetate Kuminiru acetate dimethylbenzyl carbinyl, phenyl glycol diacetate, acetic acid dimethyl phenylethyl carbinyl acetate phenylethyl methyl チルカルビニル、ベチコールアセテート(4−メチル−4−フェニル−2−ペンチルアセテート)、酢酸α−アミルシンナミル、ジャスマロール(trans−デカヒドロ−β−ナフチルアセテート)、酢酸フルフリル、酢酸テトラヒドロフルフリル、ジャスマール(酢酸3−ペンチルテトラヒドロピラニル)、ジャスメリア(酢酸5−メチル−3−ブチルテトラヒドロピラニル)、アセト酢酸エチル、ジェッサーテ(2−ヘキシルアセト酢酸エチル)、ベンジルアセト酢酸エチル、シクロヘキシル酢酸アリル、シクロヘキセニル酢酸イソプロピル、プロピオン酸エチル、プロピオン酸プロピル、プロピオン酸アリル、プロピオン酸ブチル、プロピオン酸イソブチル、プロピオン酸イソアミル、プロピオン酸ヘキシル、プロピオン酸cis− Chirukarubiniru, Bechi call acetate (4-methyl-4-phenyl-2-pentyl acetate), acetic acid α- Amirushin'namiru, Jass Maroru (trans- decahydro -β- napthyl acetate), acetic acid furfuryl acetate tetrahydrofurfuryl, Jasumaru (acetate 3 - pentyl tetrahydropyranyl), Jasumeria (acetate 5-methyl-3-butyl-tetrahydropyranyl), ethyl acetoacetate, Gessate (2-hexyl ethyl acetoacetate), benzyl ethyl acetoacetate, cyclohexyl allyl acetate, cyclohexenyl isopropyl acetate, ethyl propionate, propyl propionate, allyl propionate, butyl propionate, isobutyl propionate, isoamyl propionate, hexyl propionate, propionic acid cis- −ヘキセニル、プロピオン酸trans−2−ヘキセニル、プロピオン酸デセニル、プロピオン酸リナリル、プロピオン酸シトロネリル、プロピオン酸ロジニル、プロピオン酸ゲラニル、プロピオン酸ネリル、プロピオン酸カルビル、プロピオン酸テルピニル、プロピオン酸メンチル、プロピオン酸ボルニル、プロピオン酸イソボルニル、プロピオン酸トリシクロデセニル、プロピオン酸ベンジル、プロピオン酸スチラリル、プロピオン酸アニシル、プロピオン酸フェニルエチル、プロピオン酸シンナミル、プロピオン酸フェニルプロピル、プロピオン酸ジメチルベンジルカルビニル、プロピオン酸フェノキシエチル、プロピオン酸プロピレングリコールジプロピオネート、アリルシクロヘキサンプロピオネート、ラブダナックス(3−ヒ - hexenyl, propionic acid trans-2-hexenyl, decenyl propionate, linalyl propionate, citronellyl propionate, Rojiniru propionate, geranyl propionate, neryl propionate, carbyl propionate, terpinyl propionate, menthyl propionate, bornyl propionate , isobornyl propionate, propionic acid tricyclodecenyl, benzyl propionate, styrallyl propionate, anisyl propionate, phenylethyl propionate, cinnamyl propionate, propionic acid phenylpropyl, propionate dimethylbenzyl carbinyl, propionate phenoxyethyl , propylene glycol dipropionate propionate, allyl cyclohexane propionate, Rabudanakkusu (3-arsenate ロキシ−3フェニルプロピオン酸エチル)、フランプロピオン酸イソブチル、酪酸メチル、酪酸エチル、酪酸プロピル、酪酸イソプロピル、酪酸アリル、酪酸ブチル、酪酸イソブチル、酪酸アミル、酪酸イソアミル、酪酸ヘキシル、酪酸ヘプチル、酪酸cis−3−ヘキセニル、酪酸trans−2−ヘキセニル、酪酸オクチル、プロピレングリコールジブチレート、酪酸リナリル、酪酸シトロネリル、酪酸ロジニル、酪酸ゲラニル、酪酸ネリル、酪酸テルピニル、酪酸シクロヘキシル、酪酸ベンジル、酪酸シンナミル、酪酸フェニルエチル、酪酸ジメチルベンジルカルビニル、酪酸テトラヒドロフルフリル、酪酸サンタリル、イソ酪酸メチル、イソ酪酸エチル、イソ酪酸プロピル、イソ酪酸イソプロピル、イソ酪酸ブチル、イソ酪酸イソブ Proxy -3-phenylpropionic acid ethyl) furan acid isobutyl, methyl butyrate, ethyl butyrate, propyl butyrate, isopropyl butyrate, allyl butyrate, butyl butyrate, isobutyl butyrate, amyl butyrate, isoamyl butyrate, hexyl butyrate, heptyl butyrate, cis- 3-hexenyl, butyric acid trans-2-hexenyl, butyric acid octyl, propylene glycol dibutyrate, butyrate, linalyl butyrate, citronellyl butyrate Rojiniru, butyrate, geranyl butyrate neryl butyrate terpinyl butyrate cyclohexyl, benzyl butyrate, butyrate cinnamyl butyrate phenylethyl, acid dimethyl benzyl carbinyl butyrate tetrahydrofurfuryl butyrate Santariru, methyl isobutyrate, ethyl isobutyrate, isobutyric acid propyl isobutyrate isopropyl, isobutyl butyrate, isobutyrate isobutylene チル、イソ酪酸イソアミル、イソ酪酸ヘキシル、イソ酪酸cis−3−ヘキセニル、イソ酪酸2,4−ヘキサジエニル、イソペンチレート(イソ酪酸1,3−ジメチル−3−ブテニル)、イソ酪酸オクチル、イソ酪酸リナリル、イソ酪酸シトロネリル、イソ酪酸ロジニル、イソ酪酸ゲラニル、イソ酪酸ネリル、イソ酪酸テルピニル、イソ酪酸トリシクロデセニル、イソ酪酸ベンジル、イソ酪酸p−クレジル、イソ酪酸シンナミル、イソ酪酸フェニルエチル、イソ酪酸フェニルプロピル、イソ酪酸スチラリル、イソ酪酸ジメチルカルビニル、イソ酪酸ジメチルフェニルエチルカルビニル、フロラノール(イソ酪酸フェノキシエチル)、イソ酪酸デカヒドロ−β−ナフチル、2−メチル酪酸メチル、2−メチル酪酸エチル、2−メチル酪酸−2メ Chill, isobutyric acid isoamyl isobutyrate hexyl, isobutyric acid cis-3- hexenyl, isobutyric acid 2,4-hexadienyl, isopentyl rate (isobutyrate 1,3-dimethyl-3-butenyl), isobutyric acid octyl, isobutyrate, linalyl , isobutyrate, citronellyl isobutyrate Rojiniru, isobutyrate, geranyl isobutyrate neryl isobutyrate terpinyl isobutyrate tricyclodecenyl isobutyrate benzyl, isobutyric acid p- cresyl isobutyrate cinnamyl isobutyrate phenylethyl, isobutyrate phenylpropyl, isobutyrate styrallyl isobutyrate dimethyl carbinyl isobutyrate dimethylphenyl ethyl carbinyl, Furoranoru (phenoxyethyl isobutyrate), isobutyric acid decahydro -β- naphthyl, 2-methyl butyric acid methyl, 2-methylbutyrate, 2 - methyl butyrate -2 main ルブチル、シドラン(2−メチル酪酸ヘキシル)、2−メチル酪酸cis−3−ヘキセニル、2−メチル酪酸ベンジル、2−メチル酪酸フェニルエチル、2−エチル酪酸アリル、 Rubuchiru, Sidran (2-methyl-butyric acid hexyl), 2-methylbutyric acid cis-3- hexenyl, 2-methylbutyric acid benzyl, 2-methyl butyrate phenylethyl, 2-ethyl butyrate allyl,

3−ヒドロキシ酪酸エチル、吉草酸メチル、吉草酸エチル、吉草酸ブチル、吉草酸イソブチル、吉草酸アミル、吉草酸cis−3−ヘキセニル、吉草酸ベンジル、吉草酸フェニルエチル、吉草酸フルフリル、イソ吉草酸メチル、イソ吉草酸エチル、イソ吉草酸プロピル、イソ吉草酸イソプロピル、イソ吉草酸アリル、イソ吉草酸ブチル、イソ吉草酸イソブチル、イソ吉草酸イソアミル、イソ吉草酸アミル、イソ吉草酸2−メチルブチル、イソ吉草酸cis−3−ヘキセニル、イソ吉草酸ヘキシル、イソ吉草酸オクチル、イソ吉草酸リナリル、イソ吉草酸シトロネリル、イソ吉草酸ゲラニル、イソ吉草酸メンチル、イソ吉草酸テルピニル、イソ吉草酸シクロヘキシル、イソ吉草酸ベンジル、イソ吉草酸フェニルエチル、イソ吉草酸フェニルプロ 3-hydroxybutyrate, methyl valerate, ethyl valerate, valerate butyl valerate, isobutyl valerate, amyl valerate cis-3-hexenyl, valeric acid benzyl, phenyl valerate ethyl valerate furfuryl, isovaleric acid methyl, ethyl isovalerate, isovaleric acid propyl isovalerate isopropyl, isovaleric acid allyl isovalerate butyl isovalerate isobutyl, isoamyl isovalerate, isovaleric acid isoamyl isovalerate 2-methylbutyl, iso valeric acid cis-3- hexenyl, isovaleric acid hexyl, iso-valeric acid octyl isovalerate, linalyl isovalerate, citronellyl isovalerate, geranyl isovalerate, menthyl isovalerate terpinyl isovalerate cyclohexyl, Isokichi Kusasan benzyl, isovalerate phenylethyl isovalerate phenyl Pro ル、イソ吉草酸シンナミル、マンザネート(2−メチル吉草酸エチル)、フェニルサリシレート、ペラナト(2−メチル吉草酸2−メチルペンチルエステル)、ヘキサン酸メチル、ヘキサン酸エチル、ヘキサン酸プロピル、ヘキサン酸イソプロピル、ヘキサン酸アリル、ヘキサン酸ブチル、ヘキサン酸イソブチル、ヘキサン酸アミル、ヘキサン酸イソアミル、ヘキサン酸ヘキシル、ヘキサン酸cis−3−ヘキセニル、ヘキサン酸trans−2−ヘキセニル、ヘキサン酸ヘプチル、ヘキサン酸リナリル、ヘキサン酸シトロネリル、ヘキサン酸ゲラニル、ヘキサン酸シトロネリル、ヘキサン酸ベンジル、イソヘキサン酸メチル、2−ヘキセン酸メチル、trans−2−ヘキセン酸エチル、3−ヘキセン酸メチル、3−ヘキセン酸エチル、 Le, isovaleric acid cinnamyl, Manzaneto (2-methyl valeric acid ethyl), phenyl salicylate, Peranato (2-methyl-valeric acid 2-methylpentyl ester), methyl hexanoate, ethyl hexanoate, hexanoic acid propyl, isopropyl hexanoate, hexanoate allyl, butyl hexanoate, isobutyl hexanoate, hexanoic acid amyl, hexanoic acid isoamyl, hexyl hexanoate, hexanoic acid cis-3- hexenyl, hexanoic acid trans-2-hexenyl, heptyl hexanoate, hexanoate, linalyl hexanoate citronellyl hexanoate, geranyl hexanoate, citronellyl benzyl hexanoate, methyl iso-hexane acid, 2-hexenoic acid methyl trans-2-hexenoic acid ethyl, 3-hexene, methyl ethyl 3-hexenoic acid, −ヒドロキシヘキサン酸メチル、3−ヒドロキシヘキサン酸エチル、2−エチルヘキサン酸エチル、メルサット(3,5,5−トリメチルヘキサン酸エチル)、ベリフロ(エチル6−アセトキシヘキサノエート)、ヘプタン酸メチル、ヘプタン酸エチル、ヘプタン酸プロピル、ヘプタン酸アリル、ヘプタン酸オクチル、オクタン酸メチル、オクタン酸エチル、オクタン酸アミル、オクタン酸ブチル、オクタン酸プロピル、オクタン酸アリル、オクタン酸イソアミル、オクタン酸ヘキシル、オクタン酸ヘプチル、オクタン酸オクチル、オクタン酸リナリル、オクタン酸ベンジル、オクタン酸フェニルエチル、オクタン酸p−クレジル、2−オクテン酸エチル、ノナン酸メチル、ノナン酸エチル、ノナン酸フェニルエチル、ブーバルテート(2− - hydroxy hexanoate, 3-hydroxy hexanoic acid ethyl, 2-ethylhexanoic acid ethyl Merusatto (3,5,5-trimethyl hexanoate), Veriflo (ethyl 6-acetoxy hexanoate), heptanoate, heptane ethyl, heptanoate propyl, allyl heptanoate, heptanoic acid octyl, methyl octanoate, ethyl octanoate, octanoic acid amyl, butyl octanoic acid, octanoic acid propyl, allyl octanoate, octanoic acid isoamyl, hexyl octanoate, heptyl octanoate , octyl octanoate, linalyl octanoate, benzyl octanoate, phenylethyl octanoate, octanoic acid p- cresyl, ethyl 2-octene, methyl nonanoate, ethyl nonanoate, phenylethyl nonanoate, Bubaruteto (2- ノネン酸メチル)、3−ノネン酸メチル、デカン酸メチル、デカン酸エチル、デカン酸イソプロピル、デカン酸ブチル、デカン酸イソアミル、2−デセン酸エチル、2,4−デカジエン酸エチル、2,4−デカジエン酸プロピル、ウンデシレン酸メチル、ウンデシレン酸ブチル、ウンデシレン酸イソアミル、ドデカン酸メチル、ドデカン酸エチル、ドデカン酸ブチル、ドデカン酸イソアミル、ミリスチン酸エチル、ミリスチン酸メチル、ミリスチン酸イソプロピル、パルミチン酸エチル、ステアリン酸エチル、ステアリン酸ブチル、オレイン酸メチル、オレイン酸エチル、安息香酸メチル、安息香酸エチル、安息香酸プロピル、安息香酸イソプロピル、安息香酸アリル、安息香酸イソブチル、安息香酸イソアミル、安息香酸プレニル、安息香 Nonene methyl), 3-nonene acid, methyl decanoate, ethyl decanoate, isopropyl decanoate, butyl decanoate, decanoic acid isoamyl, ethyl 2-decenoic acid, 2,4-decadiene, ethyl 2,4-decadiene propyl, butyl undecylenate methyl, undecylenic acid, undecylenic acid isoamyl, methyl dodecanoate, ethyl dodecanoate, butyl dodecanoate, dodecanoic acid isoamyl, ethyl myristate, methyl myristate, isopropyl myristate, ethyl palmitate, ethyl stearate , butyl stearate, methyl oleate, ethyl oleate, methyl benzoate, ethyl benzoate, propyl benzoate, isopropyl benzoate, allyl benzoate, isobutyl benzoate, isoamyl benzoate, prenyl benzoate, benzoic ヘキシル、安息香酸cis−3−ヘキセニル、安息香酸リナリル、安息香酸ゲラニル、安息香酸ベンジル、安息香酸フェニルエチル、安息香酸シンナミル、アニス酸メチル、アニス酸エチル、o−メトキシ安息香酸メチル、o−メトキシ安息香酸エチル、チグリン酸エチル、チグリン酸ヘキシル、チグリン酸cis−3−ヘキセニル、チグリン酸シトロネリル、 Hexyl, benzoic acid cis-3- hexenyl, linalyl benzoate, geranyl benzoate, benzyl benzoate, phenylethyl benzoate, cinnamyl benzoate, methyl anisate, ethyl anisate, o- methoxybenzoate, o- methoxybenzoate ethyl, ethyl tiglate, tiglate hexyl, tiglate cis-3- hexenyl, tiglate, citronellyl

チグリン酸ゲラニル、チグリン酸ベンジル、チグリン酸フェニルエチル、チグリン酸シンナミル、アンゲリカ酸メチル、アンゲリカ酸ブチル、アンゲリカ酸イソブチル、アンゲリカ酸イソアミル、アンゲリカ酸プレニル、アンゲリカ酸cis−3−ヘキセニル、アンゲリカ酸3−メチルペンチル、アンゲリカ酸フェニルエチル、アクリル酸エチル、メタクリル酸フェニルエチル、クロトン酸エチル、クロトン酸イソブチル、クロトン酸シクロヘキシル、フルチナト(4−メチル−ペンタン−2−オール−クロトネート)、ピロプルナト(2−シクロペンチル−シクロペンチルクロトネート)、ダチラト(1−シクロヘキシルエチルクロトネート)、レブリン酸エチル、レブリン酸ブチル、レブリン酸イソアミル、乳酸メチル、乳酸エチル、乳 Tiglate, geranyl tiglate benzyl, tiglate phenylethyl, tiglate cinnamyl, methyl angelic acid, butyl angelic acid, angelic acid isobutyl, angelic acid isoamyl, angelic acid prenyl, angelic acid cis-3- hexenyl, angelic acid 3-methyl pentyl, angelic acid phenylethyl, ethyl acrylate, phenylethyl methacrylate, ethyl crotonate, isobutyl crotonate, cyclohexyl crotonate, Furuchinato (4-methyl - pentan-2-ol - crotonate), Piropurunato (2-cyclopentyl - cyclopentyl crotonate), Dachirato (1-cyclohexylethyl crotonate), ethyl levulinate, butyl levulinate, isoamyl, methyl lactate, ethyl lactate, milk アミル、乳酸イソブチル、乳酸cis−3−ヘキセニル、ブチリル乳酸ブチル、ピルビン酸エチル、ゲラン酸メチル、ゲラン酸エチル、シクロゲラン酸メチル、シクロゲラン酸エチル、エチルメチルフェニルグリシデート、フルテート(エチルトリシクロ[5.2.1.02.6]デカン−2−イルカルボキシレート)、ジベスコン(エチル−2−エチル−6,6−ジメチル−2−シクロヘキセン−1−カルボキシレート and エチル−2,3,6,6−テトラメチル−2−シクロヘキセンカルボキシレート)、エチルサフラネート(エチルデヒドロシクロゲラネート)、シクロヘキシルプロピオン酸アリル、シクロガルバネート(アリルシクロヘキシルオキシアセテート)、カリクソール(エチル−2−メチル−6−ペンチル−4−オキソシ Amyl, isobutyl lactate, cis-3- hexenyl, butyryl butyl lactate, ethyl pyruvate, methyl geranic acid, ethyl geranic acid, methyl Shikurogeran acid, ethyl Shikurogeran acid, ethyl methyl phenyl glycidate, Furuteto (ethyl tricyclo [5. 2.1.02.6] decan-2-yl-carboxylate), Jibesukon (ethyl-2-ethyl-6,6-dimethyl-2-cyclohexene-1-carboxylate and ethyl -2,3,6,6- tetramethyl-2-cyclohexene carboxylate), ethyl Safra sulphonate (ethyl dehydroepiandrosterone cyclo galley sulfonate), cyclohexyl propionic acid allyl, cyclo galvanic sulfonates (allyl cyclohexyl oxyacetate) Karikusoru (ethyl-2-methyl-6-pentyl-4- Okisoshi クロヘキシ−2−エンカルボキシレート)、タクリサーテ(メチル−1−メチル−3−シクロヘキセンカルボキシレート)、フロラメート(エチル−2−tert−ブチルシクロヘキシルカルボネート)、ジャスマシクレート(メチルシクロオクチルカルボネート)、マハゴネート(1−メチル−4−イソプロピル−2−カルボメトキシビシクロ[2.2.2]−オクト−5−エン)、ピバル酸フェニルエチル、ジャスモン酸メチル、ヘディオン(ジヒドロジャスモン酸メチル)、ベラモス(メチル−3,6−ジメチル−β−レゾルシレート)、フランカルボン酸メチル、フランカルボン酸エチル、フランアクリル酸プロピル、ヘプチンカルボン酸メチル、ヘプチンカルボン酸エチル、ヘプチンカルボン酸イソアミル、オクチンカルボン酸メ Kurohekishi-2-ene-carboxylate), Takurisate (methyl 1-methyl-3-cyclohexene carboxylate), Furorameto (ethyl -2-tert- butylcyclohexyl carbonate), Jass machine crate (methyl cyclooctyl carbonate), Mahagoneto (1-methyl-4-isopropyl-2-carbomethoxy-bicyclo [2.2.2] - oct-5-ene), phenylethyl pivalate, methyl jasmonate, Hedion (methyl dihydrojasmonate), Beramosu (methyl - 3,6-dimethyl--β- resorcylate) furan carboxylate, furan carboxylate, furan acrylate, propyl f leptin carboxylate, f leptin-carboxylate, f leptin carboxylic acid isoamyl, octene Chin carboxylic Sanme ル、オクチンカルボン酸エチル、デシンカルボン酸メチル、グリコメル(3−(ビシクロ[2.2.1]ヘプト−5−エン−2−イル)−3メチルオキシランカルボキシアシッドのメチルエステル)、フェニルグリシド酸メチル、フェニルグリシド酸エチル、アルデヒドC−16(3−メチル−3−フェニルグリシド酸エチル)、アルデヒドC−20(p−メチル−β−フェニルグリシド酸エチル)、メチルp−トリルグリシド酸エチル、シュウ酸エチルシトロネリル、コハク酸ジエチル、コハク酸ジメチル、マロン酸ジエチル、酒石酸ジエチル、アジピン酸ジエチル、セバチン酸ジエチル、クエン酸トリエチル、フタル酸ジメチル、フタル酸ジエチル、フタル酸ジブチル、フェニル酢酸メチル、フェニル酢酸エチル、フェニル酢酸イソプロ Le, ethyl Ok Chin carboxylic acids, decyne carboxylate, Gurikomeru (3- (bicyclo [2.2.1] hept-5-en-2-yl) -3-methyl-oxirane carboxymethyl ester acid), phenylglycidic acid methyl, phenylglycidic acid ethyl, aldehyde C-16 (3- methyl-3-phenyl-glycidic acid ethyl), aldehyde C-20 (p- methyl -β- phenylglycidic acid ethyl), methyl p- Torirugurishido ethyl , ethyl oxalate citronellyl, diethyl succinate, dimethyl succinate, diethyl malonate, diethyl tartrate, diethyl adipate, sebacic acid diethyl, triethyl citrate, dimethyl phthalate, diethyl phthalate, dibutyl phthalate, phenylacetate, ethyl phenylacetate, phenylacetic acid isopropyl ル、フェニル酢酸ブチル、フェニル酢酸プロピル、フェニル酢酸イソブチル、フェニル酢酸イソアミル、フェニル酢酸ヘキシル、フェニル酢酸cis−3−ヘキセニル、フェニル酢酸シトロネリル、フェニル酢酸ロジニル、フェニル酢酸ゲラニル、フェニル酢酸メンチル、フェニル酢酸ベンジル、フェニル酢酸フェニルエチル、フェニル酢酸p−クレジル、フェニル酢酸オイゲニル、フェニル酢酸イソオイゲニル、ケイ皮酸メチル、ケイ皮酸エチル、ケイ皮酸プロピル、ケイ皮酸イソプロピル、ケイ皮酸アリル、ケイ皮酸イソブチル、ケイ皮酸イソアミル、ケイ皮酸リナリル、ケイ皮酸ベンジル、ケイ皮酸シンナミル、ケイ皮酸フェニルエチル、サリチル酸メチル、サリチル酸エチル、サリチル酸ブチル、サリチル酸イソブチル、サリチル Le, butyl phenylacetate, phenylacetic acid propyl, phenyl acetate, isobutyl phenyl isoamyl acetate, phenyl hexyl acetate, phenyl acetate cis-3- hexenyl, phenyl citronellyl acetate, phenyl acetate Rojiniru, phenylacetic acid, geranyl phenyl menthyl acetate, phenyl acetate, benzyl acetate, phenylacetic acid phenylethyl, phenyl acetate p- cresyl, phenyl acetate Oigeniru, phenylacetic acid Isooigeniru, methyl cinnamate, ethyl cinnamate, cinnamic acid propyl, isopropyl cinnamate, allyl cinnamate, isobutyl cinnamate, Kay cinnamate, isoamyl, linalyl cinnamate, benzyl cinnamate, cinnamyl cinnamate, phenylethyl cinnamate, methyl salicylate, ethyl salicylate, butyl salicylate, isobutyl, salicyl アミル、サリチル酸イソアミル、サリチル酸ヘキシル、サリチル酸cis−3−ヘキセニル、サリチル酸シクロヘキシル、サリチル酸フェニル、サリチル酸ベンジル、サリチル酸フェニルエチル、シクロピデン(メチルシクロペンチリデンアセテート)、アバリン(メチルアビエテート)、ハーコリン(メチルジヒドロアビエテート)、サリチル酸p−クレジル、フェノキシ酢酸アリル、フェニルプロピオン酸エチル、エチレンブラシレート、トリアセチン等が挙げられる。 Amyl, isoamyl salicylate, hexyl salicylate, salicylic acid cis-3- hexenyl, cyclohexyl salicylate, phenyl salicylate, benzyl salicylate, phenyl salicylate ethyl, Shikuropiden (methyl cyclopentylidene acetate), Abarin (methyl abietate), Hercolyn (methyl dihydro abietates ), salicylic p- cresyl, phenoxyacetic acid allyl, phenylpropionic acid ethyl, ethylene brassylate, triacetin and the like.

含窒素系化合物としては、アントラニル酸メチル、アントラニル酸エチル、アントラニル酸ブチル、アントラニル酸cis−3−ヘキセニル、アントラニル酸フェニルエチル、アントラニル酸シンナミル、N−メチルアントラニル酸メチル、オーランチオール(ヒドロキシシトロネラール−メチルアンスラニレートのシッフベース)、メバントラール(メチルプロピルアセトアルデヒド−メチルアンスラニレートのシッフベース)、ジャスメンチン(α−アミルシンナミックアルデヒド−メチルアンスラニレートのシッフベース)、リガントラール(メチル−(3,5−ジメチル−3−シクロヘキセン−1−イル)メチレンアンスラニレート)、インドール、スカトール、クロナール(ドデカンニトリル)、タンジェニール(2−トリデセン The nitrogen-containing compound, methyl anthranilate, ethyl anthranilate, butyl anthranilate, anthranilic acid cis-3- hexenyl, phenylethyl anthranilate, cinnamyl anthranilate, N- methyl anthranilate methyl, O-lunch-ol (hydroxy citronellyl Lahr - Schiff base methyl anthranilate), Mebantoraru (methylpropyl acetaldehyde - Schiff methyl anthranilate), Jasumenchin (alpha-amyl cinnamic aldehyde - Schiff methyl anthranilate), Rigantoraru (methyl - (3,5 - dimethyl-3-cyclohexen-1-yl) methylene anthranilate), indole, skatole, clonal (dodecane nitrile), Tangier Neil (2- tridecenoic トリル)、シトラルバ(ゲラニルニトリル)、シトロネリルニトリル、レモニール(3,7−ジメチル−2,6−ノナジエニトリル)、クミニルニトリル、シンナマルバ(シンナミルニトリル)、トリメチルアミン、ピリジン、3−エチルピリジン、2−アセチルピリジン、3−アセチルピリジン、2−イソブチルピリジン、3−イソブチルピリジン、2−n−ペンチルピリジン、5−エチル−2−メチルピリジン、ニコチン酸メチル、4−(1,4,8−トリメチル−3,7−ノナジエニル)ピリジン、キノリン、イソキノリン、p−メチルキノリン、テトラヒドロ−p−メチルキノリン、6−イソプロピルキノリン、イソブチルキノリン、2−イソブチルキノリン、6−sec−ブチルキノリン、8−sec−ブチルキノリン、6(p) Tolyl), citralva (geranyl nitrile), citronellyl nitrile, Remoniru (3,7-dimethyl-2,6-Nonajienitoriru), Kumi alkenyl nitrile, Shin'namaruba (cinnamyl nitrile), trimethylamine, pyridine, 3-ethyl pyridine, 2- acetylpyridine, 3-acetylpyridine, 2-isobutyl-pyridin, 3-isobutyl pyridine, 2-n-pentyl pyridine, 5-ethyl-2-methylpyridine, methyl nicotinate, 4- (1,4,8-trimethyl -3 , 7-nonadienyl) pyridine, quinoline, isoquinoline, p- methyl quinoline, tetrahydro -p- methylquinoline, 6-isopropyl-quinoline, isobutyl quinoline, 2-isobutyl quinoline, 6-sec-butyl quinoline, 8-sec-butyl quinoline, 6 (p) −tert−ブチルキノリン、2−tert−ブチルキノリン、N−置換−パラメンタン−3−カルボキサミド、ピラジン、2−メチルピラジン、2,5−ジメチルピラジン、2,6−ジメチルピラジン、2,3,5−トリメチルピラジン、2−エチルピラジン、2−エチル−3−メチルピラジン、2−エチル−5−メチルピラジン、2−エチル−3,5(3,6)−ジメチルピラジン、2,3−ジエチルピラジン、2,3−ジエチル−5−メチルピラジン、テトラメチルピラジン、2−メチル−5−ビニルピラジン、メトキシピラジン、2−メトキシ−3−メチルピラジン、2−メトキシ−3−エチルピラジン、2−メトキシ−3−イソプロピルピラジン、2−イソブチル−3−メトキシピラジン、2−アセチルピラジン、2−アセチル− -tert- butyl quinoline, 2-tert-butyl quinoline, N- substituted - Paramentan 3-carboxamide, pyrazine, 2-methylpyrazine, 2,5-dimethyl pyrazine, 2,6-dimethyl pyrazine, 2,3,5 trimethyl pyrazine, 2-ethyl pyrazine, 2-ethyl-3-methyl pyrazine, 2-ethyl-5-methyl pyrazine, 2-ethyl-3,5 (3,6) - dimethyl pyrazine, 2,3-diethyl pyrazine, 2 , 3-diethyl-5-methylpyrazine, tetramethylpyrazine, 2-methyl-5-vinyl pyrazine, methoxy pyrazine, 2-methoxy-3-methyl pyrazine, 2-methoxy-3-ethyl pyrazine, 2-methoxy-3- isopropyl pyrazine, 2-isobutyl-3-methoxy pyrazine, 2-acetyl pyrazine, 2-acetyl - −エチルピラジン、メチルチオメチルピラジン、コリロンピラジン(5−メチル−6,7−ジヒドロシクロペンタピラジン)、5−メチルキノキサリン、シクロヘキサピラジン(5,6,7,8−テトラヒドロキノキサリン)、1−メチルピロール、2−アセチルピロール、ピロリジン、インドレン(インドール−ヒドロキシシトロネラールのシッフベース)、2−メチルベンゾオキサゾール、デカヒドロシクロドデカオキサゾール、5−メチル−3−ヘプタノンオキシム、ブコキシム(ビシクロ[3.2.1]オクタン−8−オン,1,5−ジメチル−,オキシム)、ガルダマイド(N−メチル−N−フェニル−2−メチルブチルアミド)、ムスクキシロール、ムスクケトン、ムスクアンブレット、ムスクチベテン、モスケン、2,6− - ethyl pyrazine, methylthiomethyl pyrazine, coli Ron pyrazine (5-methyl-6,7-dihydrocyclopenta pyrazine), 5-methyl-quinoxaline, cyclohexanol pyrazine (5,6,7,8-tetrahydroquinoxaline), 1-methyl pyrrole, 2-acetyl pyrrole, pyrrolidine, indolene (indole - Schiff hydroxy citronellal), 2-methyl-benzoxazole, decahydro-cyclododecatriene oxazole, 5-methyl-3-cycloheptanone oxime, Bukokishimu (bicyclo [3.2 .1] octan-8-one, 1,5-dimethyl -, oxime), Garudamaido (N- methyl -N- phenyl-2-methyl butyl amide), musk xylene roll, musk ketone, musk ambrette, Musukuchibeten, Mosuken, 2 , 6- チジン、ピペリジン、2−(1,4,8−トリメチル−3,7−ノナジエニル)ピリジン、2−(2−ピネン−10−イルメチル)ピリジン、4−(2−ピネン−10−イソメチル)ピリジン、ピペリン、カプサイシン、ノナン酸バニリルアミド、キニーネ、ペリラルチン(L−ペリラアルデヒド α−アンチ−アルドオキシム)、2−イソプロピル−4−メチルチアゾール、2−イソブチルチアゾール等が挙げられる。 Cytidine, piperidine, 2- (1,4,8-trimethyl-3,7-nonadienyl) pyridine, 2- (2-pinene-10-ylmethyl) pyridine, 4- (2-pinene 10-isomethyl) pyridine, piperine , capsaicin, nonanoic acid vanillylamide, quinine, perillartine (L- perillaldehyde α- anti - aldoxime), 2-isopropyl-4-methylthiazole, 2-isobutyl thiazole, and the like.

含硫黄系化合物としては、チアゾール、4−メチルチアゾール、4,5−ジメチルチアゾール、トリメチルチアゾール、2−メチル−5−メトキシチアゾール、2−イソプロピル−4−メチルチアゾール、4−メチル−5−ビニルチアゾール、2−イソブチルチアゾール、スルフロール(4−メチル−5−チアゾールエタノール)、スルフリールアセテート(4−メチル−5−チアゾールエタノールアセテート)、2−アセチルチアゾール、5−アセチル−2,4−ジメチルチアゾール、ベンゾチアゾール、プロピルメルカプタン、硫化水素、イソプロピルメルカプタン、2−メチル−3−ブタンチオール、アリルメルカプタン、イソアミルメルカプタン、チオゲラニオール、リモネンチオール、スルフォックス(8−メルカプトメントン) The sulfur-containing compounds, thiazole, 4-methylthiazole, 4,5-dimethylthiazol, tri-methylthiazole, 2-methyl-5-methoxy benzothiazole, 2-isopropyl-4-methylthiazole, 4-methyl-5-vinyl thiazole , 2-isobutyl thiazole, sulfurol (4-methyl-5-thiazolecarboxylic ethanol), sul access Le acetate (4-methyl-5-thiazolecarboxylic ethanol acetate), 2-acetyl thiazole, 5-acetyl-2,4-dimethyl thiazole, benzothiazole, propyl mercaptan, hydrogen sulfide, isopropyl mercaptan, 2-methyl-3-butanethiol, allyl mercaptan, isoamyl mercaptan, thio geraniol, limonene thiol, sul Fox (8-mercapto menthone) ェニルメルカプタン、o−チオクレゾール、2−エチルチオフェノール、2−ナフチルメルカプタン、フルフリルメルカプタン、2−メチル−3−フランチオール、ジメチルスルフィド、ジメチルジスルフィド、ジメチルトリスルフィド、メチルプロピルジスルフィド、メチルプロピルトリスルフィド、プロピルジスルフィド、ジプロピルトリスルフィド、ジアリルスルフィド、ジアリルジスルフィド、ジブチルスルフィド、メチオノール(3−(メチルチオ)−1−プロパノール)、3−メチルチオ−1−ヘキサノール、メチオナール(3−(メチルチオ)プロピオンアルデヒド)、ミントスルフィド、ジチオスピロフラン、フルフリルメチルスルフィド、2−メチル−5−メチルチオフラン、メチルフルフリルジスルフィド、フルフリ E alkenyl mercaptan, o- thiocresol, 2-ethyl-thiophenol, 2-naphthyl mercaptan, furfuryl mercaptan, 2-methyl-3-furanthiol, dimethyl sulfide, dimethyl disulfide, dimethyl trisulfide, methylpropyl disulfide, methylpropyl trisulfide , propyl disulfide, dipropyl trisulfide, diallyl sulfide, diallyl disulfide, dibutyl sulfide, Mechionoru (3- (methylthio) -1-propanol), 3-methylthio-1-hexanol, methional (3- (methylthio) propionaldehyde), Mintosurufido, dithio spiro furan, furfuryl methyl sulfide, 2-methyl-5-methylthio furan, methyl furfuryl disulfide, Furufuri ジスルフィド、チオフェン、テトラヒドロチオフェン、3−チオフェンカルボキシアルデヒド、5−メチル−2−チオフェンカルボキシアルデヒド、テトラヒドロチオフェン−3−オン、トリチオアセトン、チオグリコール酸、メチルチオ酢酸メチル、メチルチオ酢酸エチル、2−メルカプトプロピオン酸、パイナップルメルカプタン(メチルメルカプトメチルプロピオネート)、3−メチルチオプロピオン酸エチル、チオ酢酸エチル、チオ酢酸フルフリル、チオプロピオン酸フルフリル、チオ酪酸メチル、メチルメタンチオスルフォネート、イソチオシアン酸アリル、イソチオシアン酸ベンジル、チアルジン(2,4,6−トリメチル−4,5−ジヒドロ−1,3,5−ジチアゾン)、オキサン(2−メチル−4−プロピル−1,3−オキ Disulfide, thiophene, tetrahydrothiophene, 3-thiophenecarboxaldehyde, 5-methyl-2-thiophenecarboxaldehyde, tetrahydrothiophene-3-one, trithiocarbonate acetone, thioglycolic acid, methylthio methyl acetate, methylthio ethyl acetate, 2-mercaptopropionic acid, pineapple mercaptan (methyl mercaptomethyl propionate), 3-methyl thio ethyl propionate, ethyl thioacetate, thioacetate furfuryl, thiopropionic acid furfuryl, methylthio butyrate, methyl methane thiosulfonate, allyl isothiocyanate, isothiocyanate benzyl, Chiarujin (2,4,6-trimethyl-4,5-dihydro-1,3,5-Jichiazon), dioxane (2-methyl-4-propyl-1,3 Oki サチアン)等が挙げられる。 Sachian), and the like.

天然系香料としては、アサフェチダレジノイド、アジョワンオイル、スターアニスオイル、アビエスオイル、アミリスオイル、アンブレットシードオイル、アンバーグリスチンキ、イランイランオイル、イランイランアブソリュート、イリスレジノイド、イリスアブソリュート、イリスオイル、ウィンターグリーンオイル、エレミオレオレジン、エレミレジノイドアブソリュート、エレミチンキ、オークモスコンクリート、オークモスアブソリュート、オークモスレジン、オークモスレジノイド、オコティアオイル、オスマンサスアブソリュート、オスマンサスコンクリート、オポパナックスレジノイド、オポパナックスアブソリュート、オポパナックスオイル、オリバナムレジノイド、オリバナムアブソリュート、オリバナムオイル、オー Examples of the natural perfume, hemp fetish da resinoid, Ajowan oil, star anise oil, Abiesuoiru, Amyris oil, ambrette seed oil, ambergris tincture, ylang-ylang oil, ylang-ylang absolute, Iris resinoid, Iris absolute, Iris oil, wintergreen oil, elemi oleoresin, elemi resinoid absolute, Eremichinki, oak moss concrete, oak moss absolute, oak moss resin, oak moss resinoid, Oko-tier oil, Ottoman suspension absolute, Ottoman suspension concrete, opportunistic Panax resinoid, opportunistic Panax absolute, Opopa LINUX oil, Oliva Nam resinoid, Oliva Nam absolute, Oliva Nam oil, Eau スパイスオイル、オリガナムオイル、オレガノオイル、オレガノオレオレジン、オレンジオイル、オレンジフラワーアブソリュート、オレンジフラワーコンクリート、カナンガオイル、ガージュンバルサム、ガージュンバルサムオイル、カスカリラバークオイル、カストリウムアブソリュート、カッシーアブソリュート、カッシーフラワーオイル、カッシアオイル、ガーデニアアブソリュート、カーネションアブソリュート、カブリューバオイル、カモミルオイル、カルダモンオイル、ガルバナムオイル、ガルバナムレジン、ガルバナムレジノイド、キャラウェーシードオイル、キャロットシードオイル、グァヤックウッドオイル、グァヤックレジン、グァヤックコンクリート、クスノキオイル、クベバオイル、クミンオイル、クミンアブ Spice oil, Olga Nam oil, oregano oil, oregano oleoresin, orange oil, orange flower absolute, orange flower concrete, Kanangaoiru, gar Jun balsam, Gar Jun balsam oil, dregs Caol Ila bark oil, dregs thorium absolute, Cassie absolute, Cassie Flower oil, cassia, gardenia absolute, kernel and Deployment absolute, turnip Ryuba oil, Kamomiruoiru, cardamom oil, galvanometer Nam oil, galvanometer Nam resin, galvanic Nam resinoid, caraway seed oil, carrot seed oil, Guadalmedina Yak wood oil, Guadalmedina Yak resin, Guadalmedina Yak concrete, camphor oil, Kubebaoiru, cumin oil, Kumin'abu リュート、クミンオレオレジン、クラリセージオイル、グレープフルーツオイル、クローブオイル、コスタスオイル、コパイババルサム、コパイババルサムオイル、コパイババルサムレジン、コリアンダーオイル、サッサフラスオイル、サンダルウッドオイル、ジュネアブソリュート、シソオイル、シトロネラオイル、ジャスミンオイル、ジャスミンアブソリュート、ジャスミンコンクリート、ジュニパーベリーオイル、シベットアブソリュート、シベットチンキ、ジョンキルアブソリュート、アガーウッドオイル、ジンジャーオイル、シナモンオイル、シナモンバークオイル、シナモンリーフオイル、スギオイル、スチラックスオイル、スチラックスレジノイド、スペアミントオイル、セイボリーオイル、セージオイル、セダーオイル、セ Lute, cumin oleoresin, clary sage oil, grapefruit oil, clove oil, Costas oil, copaiba balsam, copaiba balsam oil, copaiba balsam resin, coriander oil, sassafras oil, sandalwood oil, Genet absolute, Shisooiru, citronella oil, jasmine oil , jasmine absolute, jasmine concrete, juniper berry oil, civet absolute, civet tincture, Jonquil absolute, agar wood oil, ginger oil, cinnamon oil, cinnamon bark oil, cinnamon leaf oil, Sugioiru, steel Lux oil, steel Lux resinoid, spearmint oil , savory oil, sage oil, cedar oil, Se ダーリーフオイル、ゼラニウムオイル、セロリーシードオイル、タイムオイル、タゲットオイル、タラゴンオイル、チュベローズアブソリュート、ディルオイル、ティーツリーオイル、トリーモスアブソリュート、トルーバルサム、ナツメッグオイル、ナルシサスアブソリュート、ネロリオイル、バイオレットリーフアブソリュート、パインオイル、パインニードルオイル、バジルオイル、パセリリーフオイル、パセリシードオイル、パセリハーブオイル、パチョリオイル、ハッカオイル、バニラアブソリュート、ハネーサックルアブソリュート、パルマローザオイル、バレリアンオイル、ビターオレンジオイル、ヒソップオイル、ヒバオイル、ヒヤシンスアブソリュート、フェンネルオイル、フィグアブソリュート、プチグレンオイル、ブ Dah leaf oil, geranium oil, celery seed oil, thyme oil, data get oil, tarragon oil, tuberose absolute, dill oil, tea tree oil, tree moss absolute, tolu balsam, nutmeg oil, and shea suspension absolute, neroli oil, violet leaf absolute, pine oil, pine needle oil, basil oil, parsley leaf oil, parsley seed oil, parsley herb oil, patchouli oil, peppermint oil, vanilla absolute, Hannay sack Le absolute, palmarosa oil, valerian oil, bitter orange oil, hyssop oil, Hibaoiru, hyacinth absolute, fennel oil, fig absolute, Petit Glen oil, blanking チョオイル、ベイオイル、ベチバーオイル、ペニーロイヤルオイル、ペッパーオイル、ペパーミントアブソリュート、ペパーミントオイル、ベルガモットオイル、ペルーバルサム、ベンゾインチンキ、ベンゾインレジノイド、ボアドローズオイル、ホウショウオイル、ホップオイル、ホップコンクリート、ホップアブソリュート、マージョラムオイル、マンダリンオイル、ミカンオイル、ミモザコンクリート、ミモザアブソリュート、ミモザオイル、ミルレジノイド、ミルアブソリュート、ミルオイル、ムスクアブソリュート、ムスクチンキ、ユーカリオイル、ユズオイル、ヨモギオイル、ライムオイル、ラブダナムオイル、ラブダナムレジノイド、ラベンダーオイル、ラベンダーアブソリュート、ラバンジンオイル、ラバンジンアブソリ Chooiru, bay oil, vetiver oil, pennyroyal oil, pepper oil, peppermint absolute, peppermint oil, bergamot oil, Peru balsam, benzoin tincture, benzoin resinoid, bore de rose oil, Hou Shou oil, hop oil, hop concrete, hop absolute, marjoram oil, Mandarin oil, tangerine oil, Mimosa concrete, Mimosa absolute, mimosa oil, Mirurejinoido, mill absolute, mill oil, musk absolute, Musukuchinki, eucalyptus oil, Yuzuoiru, wormwood oil, lime oil, Love Dunham oil, Love Dunham resinoid, lavender oil, lavender absolute, lavandin oil, lavandin Abu sled ート、リナロエオイル、レモンオイル、レモングラスオイル、ローズオイル、ローズアブソリュート、ローズコンクリート、ローズマリーオイル、ロベージオイル、ローレルオイル、ローレルリーフオイル、ワームウッドオイル、麝香、霊猫香、竜ぜん香、海狸香、ムスク・チバタ等が挙げられる。 Over door, Rinaroeoiru, lemon oil, lemon grass oil, rose oil, rose absolute, rose concrete, rosemary oil, Robejioiru, Laurel oil, laurel leaf oil, wormwood oil, musk, Reinekoko, dragon Zen incense, Castoreum , musk-Chibata, and the like.

炭化水素系化合物としては、オシメン、ジヒドロミルセン、ファルネセン、セドレン、α−ピネン、β−ピネン、リモネン、ジペンテン、カンフェン、フェランドレン、テルピネン、3−カレン、テルピノーレン、ビサボレン、β−カリオフィレン、カジネン、バレンセン、ツヨプセン、グアイエン、アロオシメン、ミルセン、ロンギホレン、ベルドラシン(1,3,5−ウンデカトリエン)、p−サイメン、4−イソプロピル−1−メチル−2−プロペニルベンゼン、ジフェニル、ジフェニルメタン、オレンジテルペン、レモンテルペン、ベルガモットテルペン、ペパーミントテルペン、スペアミントテルペン、ライムテルペン、ベチバーテルペン、ローズワックス、ジャスミンワックス、リモネンダイマー、ペンタン、ヘキサン、ヘプタン Examples of the hydrocarbon compounds, ocimene, dihydromyrcene, farnesene, cedrene, alpha-pinene, beta-pinene, limonene, dipentene, camphene, phellandrene, terpinene, 3-carene, terpinolene, bisabolene, beta-caryophyllene, cadinene, valencene, thujopsene, Guaien, alloocimene, myrcene, longifolene, Berudorashin (1,3,5-undecatriene), p-cymene, 4-isopropyl-1-methyl-2-propenyl benzene, diphenyl, diphenyl methane, orange terpenes, lemon terpene, bergamot terpenes, peppermint terpenes, spearmint terpenes, lime terpene, vetiver terpene, rose wax, jasmine wax, limonene dimer, pentane, hexane, heptane オクタン、ノナン、デカン、ウンデカン、ドデカン、トリデカン、テトラデカン、ペンタデカン、ヘキサデカン、ヘプタデカン、オクタデカン、ノナデカン、イコサン、ヘンイコサン、ドコサン、トリコサン、テトラコサン、ペンタコサン、ヘキサコサン、ヘプタコサン、オクタコサン、ノナコサン、トリアコンタン等が挙げられる。 Octane, nonane, decane, undecane, dodecane, tridecane, tetradecane, pentadecane, hexadecane, heptadecane, octadecane, nonadecane, icosane, heneicosane, docosane, tricosane, tetracosane, pentacosane, hexacosane, heptacosane, octacosane, nonacosane, triacontane and the like .

更に、本発明の香料成分は、香料用溶剤を含有するものであってもよく、該香料用溶剤としては、水、アルコール類(エタノール、3−メトキシ−3−メチルブタノ―ル、トリエチルシトレ―ト等)、アセチン(トリアセチン)、MMBアセテート(3−メトキシ−3−メチルブチルアセテート)、エチレングリコールジブチレート、ヘキシレングリコール、ジブチルセバケート、デルチールエキストラ(イソプロピルミリステート)、メチルカルビトール(ジエチレングリコールモノメチルエーテル)、カルビトール(ジエチレングリコールモノエチルエーテル)、TEG(トリエチレングリコール)、安息香酸ベンジル、プロピレングリコール、フタル酸ジエチル、トリプロピレングリコール、アボリン(ジメチルフタレート)、デルチ Furthermore, perfume components of the present invention may be those containing perfume solvent, as the solvent for the perfume, water, alcohol (ethanol, 3-methoxy-3-Mechirubutano - le, Toriechirushitore - DOO etc.), acetins (triacetin), MMB acetate (3-methoxy-3-methyl-butyl acetate), ethylene glycol dibutyrate, hexylene glycol, dibutyl sebacate, del steel extra (isopropyl myristate), methyl carbitol (diethylene glycol monomethyl ether), carbitol (diethylene glycol monoethyl ether), TEG (triethylene glycol), benzyl benzoate, propylene glycol, diethyl phthalate, tripropylene glycol, Aborin (dimethyl phthalate), Deruchi プライム(イソプロピルパルミテート)、ジプロピレングリコールDPG−FC(ジプロピレングリコール)、ファルネセン、ジオクチルアジペート、トリブチリン(グリセリルトリブタノエート)、ヒドロライト−5(1,2−ペンタンジオール)、プロピレングリコールジアセテート、セチルアセテート(ヘキサデシルアセテート)、エチルアビエテート、アバリン(メチルアビエテート)、シトロフレックスA−2(アセチルトリエチルシトレート)、シトロフレックスA−4(トリブチルアセチルシトレート)、シトロフレックスNo. Prime (isopropyl palmitate), dipropylene glycol DPG-FC (dipropylene glycol), farnesene, dioctyl adipate, tributyrin (glyceryl tributyl Tano benzoate), hydroperoxides write -5 (1,2-pentanediol), propylene glycol diacetate, cetyl acetate (hexadecyl acetate), ethyl abietate, Abarin (methyl abietate), Citroflex A-2 (acetyl triethyl citrate), Citroflex A-4 (tributyl acetyl citrate), Citroflex No. 2(トリエチルシトレート)、シトロフレックスNo. 2 (triethyl citrate), Citroflex No. 4(トリブチルシトレート)、ドゥラフィックス(メチルジヒドロアビエテート)、MITD(イソトリデシルミリステート)、ポリリモネン(リモネンポリマー)、プロピレングリコール、1,3−ブチレングリコール等が挙げられる。 4 (tributyl citrate), de la fix (methyl dihydro abietates), MITD (isotridecyl myristate), polylimonene (limonene polymer), propylene glycol, 1,3-butylene glycol, and the like.

上記溶剤のうちエタノール、エチレングリコールジブチレート、ヘキシレングリコール、メチルカルビトール(ジエチレングリコールモノメチルエーテル)、カルビトール(ジエチレングリコールモノエチルエーテル)、プロピレングリコール、ジプロピレングリコールDPG−FC(ジプロピレングリコール)、プロピレングリコール、1,3−ブチレングリコール等の香料用溶剤が香気力価を調整する為に用いることができる。 Ethanol Among the above solvents, ethylene glycol dibutyrate, hexylene glycol, methyl carbitol (diethylene glycol monomethyl ether), carbitol (diethylene glycol monoethyl ether), propylene glycol, dipropylene glycol DPG-FC (dipropylene glycol), propylene glycol , perfume solvent such as 1,3-butylene glycol can be used to adjust the aroma titers. これら溶剤の使用量は、上記香料及び該溶剤からなる香料組成物中に約0.1〜99質量%配合されるが、好ましくは、約1〜40質量%配合される。 The amount of the solvent is to be the perfumes and the solvent in the perfume composition to about 0.1 to 99 wt% blend consisting are preferably formulated about 1 to 40 wt%.

本発明における香料配合洗剤、柔軟剤、香剤等には、かかる香料組成物が、通常、約0.00001〜50質量%配合されるが、好ましくは、約0.0001〜30質量%配合される。 Perfume formulations detergents in the present invention, softener, the pastilles, etc., such perfume compositions, usually formulated about 0.00001 to 50 wt%, is preferably formulated about 0.0001-30 wt% that. 配合量が約0.00001質量%未満だと十分な香味が得られない場合があり、約50質量%を超えると香気が強すぎ、洗濯時の作業性を低下させてしまう場合がある。 May amount is not sufficient flavor is obtained that it is less than about 0.00001 percent by weight, above about 50% by weight too is strong aroma, in some cases reduce the workability during washing.

本発明における香料成分としては、布帛に対し好ましい軽快な香りを付与する面からは、高揮発性のものが好ましく、特に、軽快な香りに好感をもたれ、さわやかな香りであるものが好ましい。 The perfume component in the present invention, from the viewpoint of imparting preferred light scent to fabric, preferably has a high volatility, in particular, lean good feeling lightly scented it is preferable refreshing scent. そのような香料としては、例えば、α−ピネン、β−ピネン、リナロ―ル、フェニルエチルアルコ―ル、リモネン、ベンジルアセテ―ト、シトロネロ―ル、ゲラニオ―ル、タ―ピネオ―ル、タ―ピニルアセテ―ト、オイゲノ―ル、メチルジャスモネ―ト、ベンジルアルコ―ル、α-イオノン、β-イオノン、α-メチルイオノン、β-メチルイオノン等の合成香料が好ましく挙げられる。 Such perfumes, for example, alpha-pinene, beta-pinene, Linaro - Le, phenylethyl alcohol - le, limonene, Benjiruasete - DOO, Shitoronero - le, Geranio - le, data - Pineo - le, data - Piniruasete - DOO, Oigeno - Le, methyl Jass Monet - DOO, benzyl alcohol - le, alpha-ionone, beta-ionone, alpha-methyl ionone, synthetic perfumes such as beta-ionone and the like preferably. また天然香料としては、3mmHg前後,約32〜100℃の減圧蒸留で得られる留分が概ね本発明の香料に合致する。 Examples of natural flavors, 3 mmHg before and after meeting the perfume generally present invention fractions obtained by vacuum distillation of about 32 to 100 ° C..

高揮発性香料成分としては、例えば、アネトール、ベンズアルデヒド、酢酸ベンジル、ベンジルアルコール、ギ酸ベンジル、酢酸イソボルニル、カンフェン、cis−シトラール(ネラール)、シトロネラール、シトロネロール、酢酸シトロネリル、p−クメン、デカナール、ジヒドロリナロール、ジヒドロミルセノール、ジメチルフェニルカルビノール、オイカリプトール、ゲラニアール、ゲラニオール、酢酸ゲラニル、ゲラニルニトリル、酢酸cis−3−ヘキセニル、ヒドロキシシトロネラール、d−リモネン、リナロール、リナロールオキシド、酢酸リナリル、プロピオン酸リナリル、アントラニル酸メチル、α−メチルヨノン、メチルノニルアセトアルデヒド、酢酸メチルフェニルカルビニル、酢酸ラエボ−メンチル、メントーン、イソメ The highly volatile perfume ingredients, for example, anethole, benzaldehyde, benzyl acetate, benzyl alcohol, benzyl formate, isobornyl acetate, camphene, cis-citral (neral), citronellal, citronellol, citronellyl acetate, p- cumene, decanal, dihydro linalool , dihydromyrcenol, dimethyl phenyl carbinol, eucalyptol, geranial, geraniol, geranyl acetate, geranyl nitrile, acid cis-3- hexenyl, hydroxy citronellal, d-limonene, linalool, linalool oxide, linalyl acetate, linalyl propionate , methyl anthranilate, alpha-methyl ionone, methyl nonyl acetaldehyde, methyl acetate phenyl carbinyl acetate Raebo - menthyl, menthone, isomerate トーン、ミルセン、酢酸ミルセニル、ミルセノール、ネロール、酢酸ネリル、酢酸ノニル、フェニルエチルアルコール、α−ピネン、β−ピネン、γ−テルピネン、α−テルピネオール、β−テルピネオール、酢酸テルピニル、及びベルテネックス(酢酸p−t−ブチルシクロヘキシル)等が挙げられる。 Tone, myrcene, acetic myrcenyl, myrcenol, nerol, neryl acetate, nonyl acetate, phenyl ethyl alcohol, alpha-pinene, beta-pinene, .gamma.-terpinene, alpha-terpineol, beta-terpineol, terpinyl acetate, and vertenex (acetate p -t- butyl cyclohexyl), and the like. また、天然油で高揮発性香料成分を高割合で含有するものも好ましく挙げられ、例えば、ラバンジンは、主成分としてリナロール、酢酸リナリル、ゲラニオール及びシトロネロールを含有し、好ましい。 Moreover, the highly volatile perfume ingredients in natural oils include also preferred those containing a high proportion, for example, lavandin contains linalool, linalyl acetate, geraniol and citronellol as the main component, preferable. また、レモン油及びオレンジテルペンも、両方ともd−リモネンを、例えば約95%含有し、好ましい。 Further, lemon oil and orange terpenes also the both d- limonene, containing for example about 95%, preferably.

中揮発性香料成分としては、例えば、アミルケイ皮アルデヒド、サリチル酸イソアミル、β−カリオフィレン、セドレン、ケイ皮アルコール、クマリン、酢酸ジメチルベンジルカルビニル、エチルバニリン、オイゲノール、イソオイゲノール、酢酸フロル、ヘリオトロピン、サリチル酸3−cis−ヘキセニル、サリチル酸ヘキシル、リリアール(p−t−ブチル−α−メチルヒドロケイ皮アルデヒド)、γ−メチルヨノン、ネロリドール、パッチュリアルコール、フェニルヘキサノール、β−セリネン、酢酸トリクロロメチルフェニルカルビニル、クエン酸トリエチル、バニリン、及びベラトルムアルデヒド等が挙げられる。 The medium-volatile perfume ingredients, for example, Amirukei skin aldehyde, isoamyl salicylate, beta-caryophyllene, cedrene, cinnamic alcohol, coumarin, acetic dimethylbenzyl carbinyl, ethyl vanillin, eugenol, isoeugenol, acetic Furoru, heliotropin, salicylic acid 3-cis-hexenyl salicylate, hexyl salicylate, lilial (p-t-butyl -α- methylhydrosiloxane cinnamic aldehyde), .gamma. methyl ionone, nerolidol, patchouli alcohol, phenyl hexanol, beta-selinene, acetate trichloromethyl phenyl carbinyl , triethyl citrate, vanillin, and veratraldehyde and the like. シダー材テルペンは、主としてα−セドレン、β−セドレン、及び他のC 1524セスキテルペンからなる。 Cedar terpenes consists mainly α- cedrene, beta-cedrene, and other C 15 H 24 sesquiterpenes.

低揮発性香料成分としては、例えば、ベンゾフェノン、サリチル酸ベンジル、エチレンブラシレート、ガラキソライド(1,3,4,6,7,8−ヘキサヒドロ−4,6,6,7,8,8−ヘキサメチルシクロペンタ−γ−2−ベンゾピラン)、ヘキシルケイ皮アルデヒド、リラール(4−(4−ヒドロキシ−4−メチルペンチル)−3−シクロヘキセン−10−カルボキシアルデヒド)、メチルセドリロン、メチルジヒドロジャスモネート、メチル−β−ナフチルケトン、ムスクインダノン、ムスクケトン、ムスクチベテン、及び酢酸フェニルエチルフェニル等が挙げられる。 The low volatility perfume ingredients, for example, benzophenone, benzyl salicylate, ethylene brassylate, Garakisoraido (1,3,4,6,7,8-hexahydro -4,6,6,7,8,8- hexamethylcyclotrisiloxane penta-gamma-2-benzopyran), Hekishirukei skin aldehyde, lyral (4- (4-hydroxy-4-methylpentyl) -3-cyclohexene-10-carboxaldehyde), methyl cedrylone, methyl dihydro jasmonate, methyl - β- naphthyl ketone, musk indanone, musk ketone, Musukuchibeten, and phenylethyl phenyl, and the like acid.

本発明における香料成分としては、布帛に対し好ましい軽快な香りを付与することから沸点約250℃以下の化合物であることが好ましく、沸点約20℃以上200℃以下であるものを含有することがより好ましい。 The perfume component in the present invention, more that is preferably a compound having a boiling point of about 250 ° C. or less because it imparts desirable light scent to fabric, containing a boiling point of about 20 ° C. or higher 200 ° C. or less preferable. また、炭素数3以上15以下程度のものも好ましく、分子量50以上350以下程度のものも好ましい。 Also, preferably of the order number 3 to 15 carbon atoms, is preferable of the order molecular weight 50 to 350. 特に、炭素数3以上5以下かつ分子量50以上350以下かつ沸点20℃以上200℃以下の香料成分が好ましい。 In particular, the number 3 to 5 and a molecular weight 50 to 350 and a boiling point 20 ° C. or higher 200 ° C. or less of the perfume ingredients preferably having a carbon. そのような香料成分としては、本発明の効果を妨げない限り特に限定されないが、例えば、1,8−シネオール、1,4−シネオール、α-イオノン、β-イオノン、リリアール等が挙げられる。 Such perfume ingredients are not particularly limited as long as it does not interfere with the effect of the present invention, for example, 1,8-cineole, 1,4-cineole, alpha-ionone, beta-ionone, lilial, and the like. 前記沸点及び分子量等は、例えば、前記の「パーヒューム・エンド・フレーバー・ケミカルズ(Perfume and Flavor Chemicals)(アロマ・ケミカルズ)」等、公知の文献に記載のものを参考にしてもよい。 The boiling point and molecular weight, etc., for example, the aforementioned "perfume End Flavor Chemicals (Perfume and Flavor Chemicals) (Aroma Chemicals)", etc., may be by reference to those described in known literature.

前記洗濯用柔軟剤及び洗剤等は、香料成分を含むものであれば特に限定されず、最初から香料成分を含むものであってもよく、市販の香剤等の香料成分を添加したものであってもよい。 The laundry softeners and detergents, etc., is not particularly limited as long as it contains a perfume component may comprise a first from perfume ingredients, a liquid obtained by adding the perfume ingredients, such as commercial pastilles it may be. 洗濯用柔軟剤及び/又は洗剤等に香料成分を添加する方法としては、特に限定されないが、例えば、洗濯用柔軟剤及び/又は洗剤等に予め混合して用いることができる。 As a method of adding a perfume ingredient to the laundry softener and / or detergent, etc., it is not particularly limited, for example, can be used in premixed laundry softener and / or detergent or the like.

本発明における洗濯用柔軟剤としては、衣料用洗濯柔軟剤組成物等、各種柔軟剤を適用することができ、特に限定されるものではないが、例えば、ワックスエマルジョン、両性界面活性剤系、カチオン性界面活性剤系、ノニオン界面活性剤系、油脂系及び多価アルコール系の柔軟剤等を用いることができる。 The laundry softening agent in the present invention, clothes washing softener composition, etc., various softeners can be applied, but are not particularly limited, for example, a wax emulsion, an amphoteric surfactant systems, cationic sex surfactant system, a nonionic surfactant system, it is possible to use a softening agent such as fats system and polyhydric alcohol. 本発明の洗濯用柔軟剤は、水系洗濯用であってもよく、溶剤洗濯用であってもよい。 Laundry softener of the present invention may be for aqueous washing, or a solvent washing.
特にアミノ基含有シリコーン、オキシアルキレン基含有シリコーン、界面活性剤を含有するものを使用することが好ましい。 In particular the amino group-containing silicone, oxyalkylene group-containing silicone, it is preferred to use those containing a surfactant. 界面活性剤としては、カルボン酸塩系のアニオン界面活性剤;スルホン酸塩系のアニオン界面活性剤;硫酸エステル塩系のアニオン界面活性剤;リン酸エステル塩系のアニオン界面活性剤(特にアルキルリン酸エステル塩)等のアニオン界面活性剤;ソルビタン脂肪酸エステル、ジエチレングリコールモノステアレート、ジエチレングリコールモノオレエート、グリセリルモノステアレート、グリセリルモノオレート、プロピレングリコールモノステアレート等の多価アルコールモノ脂肪酸エステル;N−(3−オレイロキシ−2−ヒドロキシプロピル)ジエタノールアミン、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ポリオキシエチレンソルビット蜜ロウ、ポリオキシエチレンソルビタンセスキステアレート、ポリオキシエチレンモノオレエート As the surfactant, anionic surfactants of the carboxylic acid salt; anionic surfactants of the sulfonic acid salt-based, anionic surfactants sulfate ester salts; phosphoric acid ester salt-based anionic surfactant (particularly alkylphosphoric anionic surfactants such as ester salt); sorbitan fatty acid esters, diethylene glycol monostearate, diethylene glycol monooleate, glyceryl monostearate, glyceryl monooleate, polyhydric alcohol mono fatty acid esters such as propylene glycol monostearate; N- (3 Oreirokishi-2-hydroxypropyl) diethanolamine, polyoxyethylene hydrogenated castor oil, polyoxyethylene sorbit beeswax, polyoxyethylene sorbitan sesquistearate, polyoxyethylene monooleate ポリオキシエチレンソルビタンセスキステアレート、ポリオキシエチレングリセリルモノオレート、ポリオキシエチレンモノステアレート、ポリオキシエチレンモノラウレート、ポリオキシエチレンモノオレエート、ポリオキシエチレンセチルエーテル、ポリオキシエチレンラウリルエーテル等の非イオン系界面活性剤;第4級アンモニウム塩、アミン塩又はアミン等のカチオン界面活性剤;カルボキシ、スルホネート、サルフェートを含有する第2級若しくは第3級アミンの脂肪族誘導体;及び複素環式第2級若しくは第3級アミンの脂肪族誘導体等の両性イオン界面活性剤等を挙げることができる。 Polyoxyethylene sorbitan sesquistearate, polyoxyethylene glyceryl monooleate, polyoxyethylene monostearate, polyoxyethylene monolaurate, polyoxyethylene monooleate, polyoxyethylene cetyl ether, non polyoxyethylene lauryl ether ionic surface active agent; a quaternary ammonium salt cationic surfactants such as amine salts or amine; carboxy, sulfonate, aliphatic derivatives of secondary or tertiary amines containing sulfate; and heterocyclic second and the like nonionic surfactants such as grade or aliphatic derivatives of tertiary amines. 残香性の観点から、最も好ましい界面活性剤は、非イオン系界面活性剤である。 From the viewpoint of substantivity, most preferred surfactant is a nonionic surfactant.

本発明における洗剤としては、衣料用洗剤組成物等、各種洗剤を適用することができ、特に限定されるものではないが、例えば、通常の粉体又は液体の配合組成となる衣料用の洗剤組成物を用いることができ、好ましくは、非イオン系界面活性剤を含有する粉体又は液体の洗剤組成物が挙げられる。 The detergent of the present invention, laundry detergent compositions, etc., various detergents can be applied, but are not particularly limited, for example, a detergent composition for clothing comprising the composition of the conventional powder or liquid can be used an object, preferably, the detergent composition of the powder or liquid containing the nonionic surface active agents. 本発明の洗剤は、水系洗濯用であってもよく、溶剤洗濯用であってもよい。 Detergent of the invention may be for aqueous washing, or a solvent washing.

前記香料成分を保持させる目的での本発明のポリウレタン系繊維の使用も、本発明に包含される。 Use of polyurethane fiber of the present invention for the purpose of holding the perfume ingredients are also encompassed by the present invention. 本発明のポリウレタン系繊維に香料成分を吸収させることで、前記洗濯用柔軟剤及び/又は洗剤等に含有される好ましい香気を有する香料成分を、有効に保持することができ、その結果、好ましい香気が長時間持続する、香気持続性を示す。 By absorbing a polyurethane fiber in perfume ingredients of the present invention, the perfume ingredients having a favorable aroma contained in the laundry softener and / or detergent or the like, can be effectively held, as a result, preferable aroma There persists a long period of time, indicating the aroma persistence.

本発明のポリウレタン系繊維に対し、香気成分を吸収させる過程を有する、布帛の香気保持方法も、本発明に包含される。 To polyurethane fiber of the present invention, comprises the step of absorbing aroma, aroma holding method of the fabric are also encompassed by the present invention. 香料成分を吸収させる方法としては、好ましくは、洗濯による方法が挙げられ、該洗濯とは、水浴中での洗浄(水系洗濯)であっても、ドライクリーニング溶剤中での洗浄(溶剤洗濯)であってもよいが、各家庭で日常的に行われる面では、水系洗濯が好ましい。 As a method for absorbing perfume ingredients, preferably, the method can be mentioned by washing, and the washing, even washing in a water bath (aqueous washing), in washing with dry-cleaning solvent (solvent washing) it may be, but the surface to be routinely performed at home, water washing are preferred. また、香料成分を吸収させる方法の他の態様としては、香料成分を含む液体状物質の噴霧等が挙げられる。 As another embodiment of the method for absorbing perfume ingredients, spraying or the like of the liquid material containing perfume components. また、本発明のポリウレタン系繊維に香料成分を吸収させて得られる繊維素材も本発明に包含される。 The fiber material obtained by the polyurethane fiber of the present invention to absorb perfume ingredients are also encompassed by the present invention. このような繊維素材として本発明品を提供する場合、残香性に優れる点から、香料を吸収させる工程を2回以上行って得られるものが好ましい。 When providing such a present invention product as a fiber material, from the viewpoint of excellent substantivity are those preferably to obtain a step of absorption of perfume carried out two or more times.

前記洗濯とは、本発明の効果を妨げない限り特に限定されないが、例えば、洗浄工程、すすぎ工程及び乾燥工程を有していてもよく、前記洗浄工程及び/又はすすぎ工程は、必要に応じ、複数回行ってもよい。 The washing and is not particularly limited as long as it does not impair the effects of the present invention, for example, cleaning process may have a rinsing and drying steps, the washing step and / or rinsing process, if necessary, it may be performed more than once. 乾燥方法としては、例えば、吊干し等による自然乾燥及びタンブラー乾燥等が挙げられる。 As the drying method, for example, air drying and tumble drying according hanging dry like. 前記水系洗濯としては、香料成分を含有する洗濯用柔軟剤及び/又は洗剤を用いるものであれば、特に限定されないが、洗濯機を用いてもよく、手洗いであってもよい。 Examples of the water-based washing, as long as the use of laundry softener and / or detergent containing a perfume component is not particularly limited, may be used a washing machine, it may be a hand wash. また、前記溶剤洗濯とは、水以外の溶剤を媒液とする洗浄法であり、前記溶剤としては、本発明の効果を妨げない限り特に限定されないが、パラフィン、ナフテン及び芳香族炭化水素等の石油系溶剤;並びにテトラクロロエチレン、ジクロロペンタフルオロプロパン等の合成溶剤等が挙げられる。 Moreover, the the solvent washing, a washing method using a solvent other than water and transfer fluid, as the solvent is not particularly limited as long as it does not impair the effects of the present invention, paraffin, such as naphthenes and aromatic hydrocarbons petroleum solvents; and tetrachlorethylene, synthetic solvents such as dichloropentafluoropropane propane. 前記洗濯に関し、温度、時間等の諸条件は、布帛の種類等によっても異なるが、適宜設定することができる。 Relates to the aforementioned washing, temperature, conditions such as time varies depending on the type of fabric it can be appropriately set.

また、洗濯により本発明のポリウレタン系繊維に香料成分を吸収させる場合、該香料成分は、洗剤に含まれていても、洗濯用柔軟剤に含まれていてもよく、その両方であってもよい。 Also, if to absorb polyurethane fiber in perfume ingredients of the present invention by washing, perfume components, be included in the detergent, may be included in the laundry softener, it may be both . また、香料成分を含有する香剤を洗濯用柔軟剤及び/又は洗剤と併用する形態であってもよい。 It may also be in the form used in combination with laundry softener and / or detergent pastilles containing the fragrance ingredient. 特に、洗濯時の最終すすぎ工程で香料成分を吸収させることが好ましく、この場合、前記洗濯用柔軟剤を含有するすすぎ水等を用いることが好ましい。 In particular, it is preferable to absorb the perfume ingredients in the final rinse step during washing, in this case, it is preferable to use the rinsing water or the like containing the laundry softeners. また、香料成分が、前記洗濯用柔軟剤及び/又は洗剤に約0.0001〜1重量%配合されることが好ましく、約0.01〜0.5重量%配合されることがより好ましい。 Further, perfume ingredients, the laundry softener and / or about 0.0001 preferably be wt% blended in detergents, it is more preferred that the formulation about 0.01 to 0.5 wt%. 洗濯時間としては、特に限定されないが、例えば、数分間から乾燥工程を含めて約48時間であってもよく、数分間から乾燥工程を含めて約24時間であることが好ましい。 As washing time is not particularly limited, for example, may be about 48, including from minutes drying step h, it is preferable, including a few minutes in a drying step of about 24 hours.

本発明で洗濯対象となる布帛及び該布帛を使用した衣料は、洗濯の対象となるものであれば、特に限定されるものではない。 Apparel using fabrics and the fabrics to be washing target in the present invention, as long as the washing of the object, but the invention is not particularly limited. 本発明の洗濯方法では、イオン性又はイオン交換性の官能基やそれを含む添加剤を含有する繊維への影響、すなわち、洗剤組成物によるイオン性又はイオン交換性能(イオン性香料の吸収能)の低下を防止するために、衣料用洗剤組成物中に含有せしめる界面活性剤としてHLB10〜17の非イオン系界面活性剤を用いることが好ましいものとなる。 In the washing method of the present invention, the influence of the fibers containing ionic or ion exchangeable functional groups and additives containing it, i.e., ionic or ion exchange performance due to detergent compositions (absorption capacity of ionic perfume) to prevent a reduction in, it becomes it is preferable to use a nonionic surfactant HLB10~17 as surfactants allowed to contain in the laundry detergent composition. 非イオン系界面活性剤としては、例えば、直鎖状又は分岐型のアルコールエトキシレートのエチレンオキシド付加体又はプロピレンオキシド付加体、あるいはエチレンオキシド・プロピレンオキシド付加体(ブロック体、ランダム体)等が挙げられる。 Examples of the nonionic surfactant, for example, linear or ethylene oxide adducts of branched alcohols ethoxylates or propylene oxide adducts or ethylene oxide-propylene oxide adduct (block body, the random form) and the like.

そのような非イオン系界面活性剤としては、例えば、炭素数6〜22、好ましくは、8〜18の脂肪族アルコールに炭素数2〜4のアルキレンオキシドを平均3〜30モル、好ましくは7〜20モル付加したポリオキシアルキレンアルキル(又はアルケニル)エーテルが挙げられ、この中でも、ポリオキシエチレンアルキル(又はアルケニル)エーテル、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンアルキル(又はアルケニン)エ−テルポリオキシエチレンアルキル(又はアルケニル)フェニルエーテルが特に好ましい。 Such nonionic surface active agents, for example, 6 to 22 carbon atoms, preferably, an average of 3 to 30 moles of alkylene oxide having 2 to 4 carbon atoms in the 8-18 fatty alcohols, preferably 7 to include polyoxyalkylene alkyl (or alkenyl) ether obtained by addition of 20 moles, among this, polyoxyethylene alkyl (or alkenyl) ethers, polyoxyethylene polyoxypropylene alkyl (or alkenynes) d - ether polyoxyethylene alkyl (or alkenyl) phenyl ether are particularly preferred. また、長鎖脂肪酸アルキルエステルのエステル結合間にアルキレンオキシドが付加した化合物、ポリオキシエチレンソルビット脂肪酸エステル、グリセリン脂肪酸エステル、及び炭素数6〜18の脂肪酸と、炭素数5〜6の単糖類又はそのモノアルキルエーテルとのエステル等から選ばれる糖エステル系非イオン系界面活性剤等が挙げられる。 The compound alkylene oxide is added between the ester bond of a long chain fatty acid alkyl esters, polyoxyethylene sorbitol fatty acid esters, glycerin fatty acid ester, and a fatty acid having 6 to 18 carbon atoms, monosaccharides having a carbon number of 5 to 6 or a sugar ester nonionic surfactants selected from the esters of the monoalkyl ether.

また、その他に用いることができる非イオン系界面活性剤として、エチレンオキシド基/プロピレンオキシド基を含有するものが好ましく、エチレンオキシドの平均付加モル数nが3〜20であり、n=0である未反応アルコールの量が10質量%以下で示される非イオン系界面活性剤、炭素数10〜16の第2級アルコールにエチレンオキシドを平均5〜15モル付加した化合物、最も短い分岐鎖の炭素数が5以下である総炭素数8〜22の分岐アルキル基又はアルケニル基を有する第1級アルコールにエチレンオキシドを平均5〜15モル付加した非イオン系界面活性剤が挙げられる。 Further, as the non-ionic surface active agent that can be used in other, preferably those which contain ethylene oxide group / propylene oxide groups, the average addition molar number n of ethylene oxide is 3 to 20, unreacted is n = 0 nonionic surfactant amount of alcohol is represented by 10 wt% or less, compounds of ethylene oxide to secondary alcohol by averaging 5-15 moles addition of 10 to 16 carbon atoms, the shortest branched carbon atoms 5 or less nonionic surfactant of ethylene oxide and average 5-15 moles added to a primary alcohol having a total branched alkyl group or alkenyl group having a carbon number of 8 to 22 is like.
更に用いることができる非イオン系界面活性剤として、脂肪酸エステルあるいは硬化ヒマシ油を基本骨格とするHLB10〜16の非イオン系界面活性剤が挙げられ、この界面活性剤は上記基本骨格に対して親水基が付加されたものであり、例えば、ソルビタン脂肪酸エステル、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル、モノステプリン酸ポリエチレングリコール、イソステプリン酸ポリエチレングリコール、イソステプリン酸ポリオキシエチレングリセリル、トリイソステアリシ酸ポリオキシエチレングリセリル、トリオレイン酸ポリオキシエチレングリセリル、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ポリオキシエチレンヒマシ油、ラフリン酸ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、イソステプリン酸ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油等が As nonionic surface active agents which can be used further include nonionic surface active agents HLB10~16 that the fatty acid ester or hydrogenated castor oil as a basic skeleton, the surfactant hydrophilic with respect to the basic skeleton are those groups is added, for example, sorbitan fatty acid esters, polyoxyethylene sorbitan fatty acid esters, monostearyl purine acid polyethylene glycol, Isosutepurin acid polyethylene glycol, Isosutepurin polyoxyethylene glyceryl, triisostearate Rishi polyoxyethylene glyceryl, trioleate polyoxyethylene glyceryl, polyoxyethylene hydrogenated castor oil, polyoxyethylene castor oil, Laughlin acid polyoxyethylene hydrogenated castor oil, polyoxyethylene hardened castor oil, and Isosutepurin acid いられる。 It is needed.

本発明方法において、HLBが10〜17の範囲を外れる非イオン系界面活性剤では、各種汚れに対する洗浄効果が低下し、好ましくない。 In the method of the present invention, the nonionic surfactant having an HLB is outside the range of 10 to 17, the cleaning effect against various stains is reduced, which is undesirable. HL非イオン系界面活性剤の含有量は、好ましくは、洗剤組成物全量に対して、10〜60質量%である。 The content of HL nonionic surfactant, preferably, relative to the detergent composition the total amount, 10 to 60 wt%. なお、本発明方法に用いる衣料用洗剤組成物には、上記各種のHLB10〜17の非イオン系性界面活性剤の他、通常洗剤原料に配合されている成分、例えば、非晶質シリカ等の多孔質無機酸化粉体、モンモリロナイトやヘクトライト等の粘土化合物、アルミノ珪酸塩、炭酸ナトリウム等の無機質アルカリビルダー、蛍光剤、酵素、牛脂石鹸、粉砕助剤、流動性改善剤等を適宜配合することができる。 Incidentally, the laundry detergent composition used in the method of the present invention, other non-ionic surfactant of the various HLB10~17, components that are commonly incorporated in the detergent raw material, for example, such as amorphous silica porous inorganic oxide powder, clay compounds such as montmorillonite and hectorite, aluminosilicates, inorganic alkaline builders such as sodium carbonate, fluorescent agents, enzymes, beef tallow soap, grinding aids, be appropriately blended fluidity improving agent can.

洗剤成分も柔軟剤成分も本件残香性への影響は小さいが、残香性を有効に発揮するためには洗剤成分は強いすすぎ工程や脱水でできるだけ除去することが好ましい。 Although detergent components also softener component impact on the present substantivity small, detergent ingredients in order to effectively exhibit the substantivity is preferably removed as much as possible with a strong rinsing step and dehydrating.

香料成分を含む液体状物質を噴霧することで本発明のポリウレタン系繊維に香料成分を吸収させる場合、該液体状物質としては、本発明の効果を妨げない限り特に限定されないが、前記香料用溶剤を含有する液体であってよく、香料成分が約0.0001〜1重量%配合される液体が好ましく、約0.01〜0.5重量%配合される液体がより好ましい。 When imbibing polyurethane fiber in perfume ingredients of the present invention by spraying a liquid material containing perfume ingredients, as the liquid-like substance is not particularly limited as long as not impairing the effects of the present invention, said perfume solvent may be a liquid containing, preferably a liquid perfume component is formulated from about 0.0001 wt%, the liquid to be blended from about 0.01 to 0.5 wt% more preferred.

以下、実施例と比較例を示し、本発明を具体的に説明するが、本発明は下記の実施例に制限されるものではない。 Hereinafter, Examples and Comparative Examples, the present invention will be described in detail, the present invention is not intended to be limited to the following examples. なお、以下に単に「%」とあるのは、「重量%」を意味する。 Incidentally, simply "%" in the following means "% by weight".

各実施例において、各香料の付与は下記の通り行った。 In each embodiment, application of each perfume was carried out as follows.

(モデル香料の付与方法) (Method of applying the model perfume)
モデル香料としては、シネオール、α−イオノン及びリリアールを、0.15gずつエタノール100mlに溶解した溶液を用いた。 The model perfume, cineole, alpha-ionone and lilial, was used a solution prepared by dissolving 0.15g each of ethanol 100 ml. この溶液20mlを水980mlで希釈した希釈液を2回目すすぎ水として使用した。 The solution 20ml was used diluted solution diluted with water 980ml as second rinsing water. 2回目すすぎ水90ml中の絶対量としては、以下のような組成とする。 The absolute amount in the second rinse water 90 ml, and the following compositions.
・シネオール 2700μg - cineole 2700μg
・α−イオノン 2700μg · Α- ionone 2700μg
・リリアール 2700μg - lilial 2700μg
・エタノール 1.8g Ethanol 1.8g
・純水 残り 洗濯操作として、100mlのメジューム瓶に、試験片3.00g、JAFET標準洗剤0.12ml、純水90mlを入れ、初期温度40℃で5分間、振盪機で振盪させた。 - As Pure water remainder laundering operation, the Mejumu bottle 100 ml, the test piece 3.00 g, Jafet standard detergent 0.12 ml, placed in pure water 90 ml, initial temperature 40 ° C. for 5 minutes, shaken in shaker. その後、脱水操作として、3000rpmで2分間遠心分離を行った。 Thereafter, the dehydration operation was carried out for 2 min centrifugation at 3000 rpm. 1回目すすぎ操作として、100mlのメジューム瓶に脱水操作後の試験片及び純水90mlを入れ、初期温度40℃で2分間、振盪機で振盪させ、前記脱水操作を行った。 As the first rinsing operation, charged with test specimens and pure water 90ml of dehydrated operations Mejumu bottle 100 ml, the initial temperature of 40 ° C. for 2 minutes, shaking at shaker performing the dehydration operation. 2回目すすぎ操作として、100mlのメジューム瓶に試験片及び2回目すすぎ水90mlを入れ、初期温度23℃で2分間、振盪機で振盪させた後、前記脱水操作を行った。 As second rinsing operation, charged with test piece and the second rinse water 90ml to Mejumu bottle 100 ml, the initial temperature of 23 ° C. for 2 minutes, after shaking in a shaker and subjected to the dehydration operation. 機能保持耐久試験として機能保持率を評価するために複数回洗濯する場合には1回目の脱水の工程を省略し、1回とする以外は同様に、この洗浄処理を繰り返した。 To omit the step of first dewatering in the case of washing a plurality of times in order to evaluate the functional retention as a function holding durability test, likewise except that once, repeating the cleaning process. このように洗浄処理を行った後、相対湿度65%で、室温にて24時間吊り干しを行うことにより、乾燥させた。 After cleaning in this manner, a relative humidity of 65% by performing the dried suspension at room temperature for 24 hours, and dried.

(市販香料の付与方法) (Method of applying a commercially available perfume)
市販の綿タオル(綿100%)10枚(質量1000±100g)、サイズLL(男性用)相当シャツ状縫製物2枚(シャツ状縫製物の胴部を適宜、裁断除去して合計質量400±40gに調整)及び洗剤をを、全自動洗濯機(東芝社製、「AW−80VC(WL)」)に投入し、水量を12Lに設定し、柔軟剤を柔軟剤ケースに入れ、お任せコ−スで洗浄(6分間)、すすぎ2回、脱水(6分間)を順次行う洗浄処理を行った。 Commercially available cotton towel (100% cotton) 10 sheets (weight 1000 ± 100 g), size LL (for men) corresponds shirt-like sewing two pieces (shirt-like sewn torso appropriate, the total mass 400 ± and cut removed the the 40g to adjustment) and detergent, fully automatic washing machine (Toshiba Co., Ltd., "AW-80VC (WL)" was put into), to set the amount of water to 12L, put the softener to the softener case, leave co - washing with scan (6 min), twice rinsed, washing treatment was performed to conduct dewatering (6 min) sequentially. なお、洗濯に用いる水には、水道水を用いた。 It is to be noted that the water used for washing, using tap water. 機能保持耐久試験として機能保持率を評価するために複数回洗濯する場合にはこの洗浄処理を所定回数繰り返した。 It was repeated a predetermined number of times this washing process in the case of washing a plurality of times in order to evaluate the functional retention as a function held durability test. 洗浄処理後、24時間の吊り干しにより、乾燥を行った。 After cleaning, the hanging dried for 24 hours, was dried.
洗剤:JAFET標準洗剤(無香料)16mL Detergent: JAFET standard detergent (fragrance-free) 16mL
レノアハピネスアロマジュエル ルビー(P&G社製)5g Lenoir Happiness aroma Jewel Ruby (P & G Co., Ltd.) 5g
柔軟剤:なし Softener: None

各実施例において、各官能試験は下記の通り行った。 In each example, the sensory test was carried out as follows.

(官能試験1:6段階臭気強度表示法) (Sensory Test 1: 6 grade odor method)
臭気判定士4名が、以下に記載の6段階臭気強度に基づき、各試料の臭気を0.5刻みで評価し、各判定士の評価の平均値を採用した。 Odor judgment mechanic 4 people, based on the 6 grade odor described below, the odor of each sample was evaluated at steps of 0.5, it was used the average value of the evaluation of each determination mechanic. なお、本官能試験は、柔軟剤臭を嗅ぎ分けたものであり、前記臭気強度は、柔軟剤臭のみに関する強度である。 The present functional test, which has sniff softener odor, the odor intensity is an intensity related only softener smell. 評価は、乾燥後24時間経過時点、48時間経過時点及び72時間経過時点の3点で行った。 Evaluation 24 hours lapse after drying was conducted at three points of the elapsed time 48 hours elapsed time and 72 hours.
臭気強度 Odor intensity
0: 無臭 1: やっと感知できるにおい 2: 何のにおいかがわかる弱いにおい 3: らくに感知できるにおい 4: 強いにおい 5: 強烈なにおい 0: odorless 1: barely sensing can smell 2: What smell or is seen weak odor 3: Rakuni appreciable odor 4: strong odor 5: intense odor

(官能試験2:9段階快・不快度表示法) (Sensory Test 2: 9 steps pleasure, discomfort level display method)
臭気判定士4名が、以下に記載の9段階快・不快度に基づき、各試料の臭気を0.5刻みで評価し、各判定士の評価の平均値を採用した。 Odor judgment mechanic 4 people, based on the nine steps pleasure-displeasure degree described below, the odor of each sample was evaluated at steps of 0.5, it was used the average value of the evaluation of each determination mechanic. また、臭いの質が具体的にどのようなものであるか評価した。 The smell quality was evaluated whether is such how specifically. なお、本官能試験は、試料の臭気全体に関するものであり、柔軟剤臭及び布帛臭を含有する臭気が評価対象となっている。 The present functional test is related to the overall odor of the sample, the odor containing softener odor and fabric odor becomes evaluated. 評価は、乾燥後48時間経過時点で行った。 The evaluation was carried out in 48 hours elapsed time after drying.
快・不快度 Comfort, discomfort degree
+4: 極端に快 +3: 非常に快 +2: 快 +1: やや快 0: 快でも不快でもない −1: やや不快 −2: 不快 −3: 非常に不快 −4: 極端に不快 +4: Extremely pleasure +3: very pleasant +2: pleasure +1: Slightly pleasure 0: pleasant even nor unpleasant -1: slightly unpleasant -2: unpleasant -3: very uncomfortable -4: extremely unpleasant

(官能試験3:機能保持耐久試験) (Functional test 3: function held endurance test)
布帛試料として洗浄処理50回実施後の布帛を用いる以外は、官能試験2と同じ試験を行った。 Except for using the fabric after the washing process 50 times implemented as fabric sample was subjected to the same tests as functional testing 2.

(香料成分の総放散量の測定) (Measurement of the total emission amount of perfume ingredients)
各実施例において、香料成分の総放散量の測定は下記の通り行った。 In each embodiment, the measurement of the total emission amount of perfume ingredients was carried out as follows.
機器分析試験はガスクロマトグラフィー質量分析法(以下GC/MSと略する。)により行った。 Instrumental analysis test was carried out by gas chromatography-mass spectrometry (hereinafter abbreviated as GC / MS.).
具体的には、乾燥後48時間経過した試料から、それぞれ10cm×20cm角の布片を2枚切り出して秤量し、ガラス容器(インピンジャー)に入れた。 Specifically, from the 48 hours after drying the samples, the fabric pieces each 10 cm × 20 cm square and weighed cut two, was placed in a glass container (impinger). このガラス容器に室温(23℃±3℃)又は40℃で空気(AirzeroA)を100mL/minで1時間流し、発生ガスを吸着管(吸着剤 Tenax−GR)に捕集した。 The glass container at room temperature (23 ° C. ± 3 ° C.) or 40 ° C. flowed 1 hour of air (AirzeroA) in 100 mL / min, were collected generated gas suction pipes (adsorbent Tenax-GR). 標準芳香剤単体を測定する場合も、上記と同様に発生ガスを捕集した。 Also when measuring the standard fragrance alone was collected in the same manner as described above generated gas. 捕集時に使用した装置の模式図を図1に示す。 A schematic diagram of the device used during the collection shown in Figure 1. 発生ガスを捕集した吸着管について、熱脱離GC/MS法により以下に示す条件で測定した。 Adsorption tubes were collected generated gas was measured under the following conditions by thermal desorption GC / MS method.

検量線はトルエンの標準品0.1152gを100mLメスフラスコに採取し、メタノールで定容して標準溶液を作成した。 The calibration curve was taken standard 0.1152g of toluene 100mL volumetric flask to prepare a standard solution with a constant volume with methanol. この溶液を適宜希釈して作成した3水準の標準溶液から1μlを採取して吸着管に注入した。 The solution was taken 1μl from standard solutions of 3 levels created appropriately diluted were injected into the suction tube. これらの吸着管を下記GC/MS測定の条件で分析した。 These suction tubes was analyzed under the following conditions GC / MS measurements. 注入した成分の絶対量(μg)とGC/MSトータルイオンクロマトグラムのピーク面積との関係から検量線を作成した。 The absolute amount of injected component ([mu] g) and the relationship between the peak area of ​​GC / MS total ion chromatogram created the calibration curve. 試料のGC/MSトータルイオンクロマトグラムより検出された全ピークの総面積からトルエン検量線より総放散量を求めた。 From the total area of ​​all peaks detected from GC / MS total ion chromatogram of the sample was determined total emission amount from toluene standard curve.

熱脱離装置 :JTD−505II型(日本分析工業社製) Thermal desorption apparatus: JTD-505II type (manufactured by Japan Analytical Industry Co., Ltd.)
一次熱脱離条件 :脱離温度260℃,トラップ温度−60℃、15分間 二次熱脱離条件 :280℃、180秒間 GC装置 :HP5890(Hewlett Packard社製) Primary heat desorption conditions: desorption temperature 260 ° C., a trap temperature of -60 ° C., 15 min secondary heat elimination conditions: 280 ° C., 180 sec GC apparatus: HP5890 (manufactured by Hewlett Packard Co.)
カラム :DB−5MS(J&W社製) 30m×0.25mmID 膜厚0.5μm Column: DB-5MS (J & W Co., Ltd.) 30m × 0.25mmID thickness of 0.5μm
カラム温度 :40℃(4min) 280℃(昇温速度 6℃/min) Column temperature: 40 ℃ (4min) 280 ℃ (heating rate 6 ° C. / min)
MS装置 :JMS−SX102A 質量分析計(日本電子社製) MS apparatus: JMS-SX102A mass spectrometer (manufactured by Nippon Electronics Co., Ltd.)
イオン化方法 :EI Ionization method: EI
走査範囲 :m/z 10〜500(1.2sec/scan) Scan range: m / z 10~500 (1.2sec / scan)
TIC 質量範囲 :m/z 29〜500” TIC mass range: m / z 29~500 "

(評価基準) (Evaluation criteria)
各実施例品及び比較例品に関し、乾燥後48時間経過時点での官能試験1による臭気強度が2.0以上かつ室温(23℃±3℃)で測定した香料成分の総放散量が0.1μg/g・h以上のものを、「○」、そうでないものを「×」として、表3及び表4に示した。 For each example of the invention and comparative examples, the total emission amount of perfume ingredients measured in odor intensity by organoleptic test 1 at 48 hours elapsed time after drying of 2.0 or more and at room temperature (23 ℃ ± 3 ℃) is 0. 1 [mu] g / g · h or more things, "○", as "×" and what not, are shown in tables 3 and 4.

[実施例1] [Example 1]
分子量3500のテトラメチレンエーテルジオール1モルに対し4,4'−MDIを2.06モルになるように容器に仕込み、触媒としてトリエチルアミンを用い、90℃で反応せしめ、得られた反応生成物をN,N−ジメチルアセトアミド(DMAc)に十分に撹拌し、溶解させて溶液を得た。 It was charged with 4,4'-MDI to polytetramethylene ether diol 1 mole of molecular weight 3500 to the container so that 2.06 mol, using triethylamine as a catalyst, reacted at 90 ° C., the resulting reaction product N and sufficient agitation to N- dimethylacetamide (DMAc), a solution was obtained by dissolving. 次に、鎖伸長剤としてエチレンジアミン(EDAと略す。)を含むDMAc溶液を、前記反応物を溶解させた溶液に添加し、さらに末端封鎖剤としてジエチルアミンを含むDMAc溶液を添加して、その後、安定剤として、ジビニルベンゼンとp−クレゾールとの付加重合体(デュポン社製“メタクロール”(登録商標)2390)を固形分比1%添加して、全固体分が33重量%であるポリウレタンウレア溶液、PUU−Aを調製した。 Then, a DMAc solution containing ethylenediamine (abbreviated as EDA.) As a chain extender, was added to a solution prepared by dissolving the reaction product, was added DMAc solution containing diethylamine as further endblocker, then stable as agents, an addition polymer of divinylbenzene and p- cresol was added (made by DuPont "meta crawl" (registered trademark) 2390) having a solid content ratio of 1%, polyurethane urea total solids of 33 wt% solution , was prepared PUU-a. 得られた溶液は40℃で約2800ポイズの粘度を有していた。 The resulting solution had a viscosity of about 2800 poise at 40 ° C.. 重合体はDMAc中で0.5g/100mlの溶液濃度で25℃で測定すると、0.98の極限粘度であった。 Polymer as measured at 25 ° C. with a solution concentration of 0.5 g / 100 ml in DMAc, it was intrinsic viscosity 0.98.

PUU−Aを紡糸口金から高温(350℃)の不活性ガス(窒素ガス)中に4フィラメントで吐出し、この高温ガス中の通過により乾燥し、乾燥途中の糸が撚り合わされるようにエアージェット式撚糸機を通し、4フィラメントを合着させ、ゴデローラーを経てオイリングローラー上で処理剤を付与した。 Ejecting PUU-A spinneret with 4 filaments in an inert gas (nitrogen gas) of high temperature (350 ° C.), air jet as the high temperature passed by drying in a gas, yarn course drying is twisted through the expression twister, to coalesce the 4 filaments, the application of the treatment agent on the oiling roller through the godet roller. なお、オイリングローラーへ付与された処理剤は、25℃での粘度が10センチストークスのシリコーン油96重量%、ステアリン酸マグネシウム4重量%からなる油剤であった。 The processing agent is applied to the oiling roller was oiling agent a viscosity at 25 ° C. of 10 centistokes silicone oil 96% by weight, magnesium stearate 4% by weight. また、油剤の付着量が繊維に対し5重量%になるようオイリングロールの回転数を調整した。 Further, the adhesion amount of oil was adjusted the rotational speed of the oiling roll so as to be 5% by weight based on fibers. 540m/分のスピードで巻き取り、4フィラメント、33dtexのポリウレタンウレア繊維PUU−1を製造した。 Wound up in the 540m / min speed, 4 filament, to produce a polyurethane urea fiber PUU-1 of 33dtex. PUU−1を構成するポリウレタンウレアのウレタン基濃度およびウレア基濃度の総和は1.00mol/kgであり、有効末端アミン濃度は34meq/kgであった。 The sum of the urethane group concentration and urea group concentration of the polyurethane urea constituting the PUU-1 is 1.00 mol / kg, the effective terminal amine concentration was 34meq / kg. なお、PUU−1の高温側融点は253℃であった。 Incidentally, the high-temperature side melting point of the PUU-1 was 253 ° C..

PUU−1のみを使用し、320針、釜径3.5インチ(29ゲージ)の1口筒編み機に供給して編成し、120℃にて1分間のスチームセットを行い幅約5cmの筒編み地(38g/m )を得た。 Use only PUU-1, 320 needles, knitted supplied to 1-neck tube knitting machine Kama径 3.5 inches (29 gauge), 120 1 minute perform steam set width of about 5cm of the tube knitted at ℃ to give the earth (38g / m 2). これを開反しないままサンプルとした(38g/m の編地2枚重ねに相当する)。 This was used as a sample without contrary Open (corresponding to the knitted fabric two-ply of 38g / m 2). 表3に記載の香料を付与した後、前記官能試験1〜3及び香料成分の総放散量の測定を実施した。 After applying the perfume according to Table 3, measurements were made of the total emission amount of the functional tests 1-3 and perfume ingredients. その結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 48時間経過時点の臭気強度は4.0であった。 Odor intensity of 48 hours elapsed time was 4.0. 48時間経過時点の香料放散量1は3.56μg/g・hであった。 Perfume emission rate 1 48 hours elapsed time was 3.56μg / g · h.

[実施例2] [Example 2]
分子量1800のテトラメチレンエーテルジオール1モルに対し4,4'−MDIを1.70モルになるように容器に仕込み、90℃で反応せしめ、得られた反応生成物をN,N−ジメチルアセトアミド(DMAc)に十分に撹拌し、溶解させて溶液を得た。 Tetramethylene ether diol 1 mole 4,4'-MDI having a molecular weight of 1800 were charged into a container so that the 1.70 mole, reacted at 90 ° C., the resulting reaction product N, N- dimethylacetamide ( Mix well in DMAc), a solution was obtained by dissolving. 次に、鎖伸長剤としてエチレンジアミン(EDAと略す。)を含むDMAc溶液を、前記反応物を溶解させた溶液に添加し、さらに末端封鎖剤としてジエチルアミンを含むDMAc溶液を添加して、その後、安定剤として、ジビニルベンゼンとp−クレゾールとの付加重合体(デュポン社製“メタクロール”(登録商標)2390)を固形分比1%添加して、全固体分が30重量%であるポリウレタンウレア溶液、PUU−Bを調製した。 Then, a DMAc solution containing ethylenediamine (abbreviated as EDA.) As a chain extender, was added to a solution prepared by dissolving the reaction product, was added DMAc solution containing diethylamine as further endblocker, then stable as agents, an addition polymer of divinylbenzene and p- cresol was added (made by DuPont "meta crawl" (registered trademark) 2390) having a solid content ratio of 1%, polyurethane urea total solids of 30 wt% solution It was prepared PUU-B. 得られた溶液は40℃で約3000ポイズの粘度を有していた。 The resulting solution had a viscosity of about 3000 poise at 40 ° C.. 重合体はDMAc中で0.5g/100mlの溶液濃度で25℃で測定すると、1.05の極限粘度であった。 Polymer as measured at 25 ° C. with a solution concentration of 0.5 g / 100 ml in DMAc, it was intrinsic viscosity 1.05.

PUU−Bにt−ブチルジエタノールアミンとメチレン−ビス−(4−シクロヘキシルイソシアネ−ト)の反応によって生成せしめたポリウレタン(デュポン社製“メタクロール”(登録商標)2462)を固形分比2%添加して後、紡糸口金から高温(350℃)の不活性ガス(窒素ガス)中に4フィラメントで吐出し、この高温ガス中の通過により乾燥し、乾燥途中の糸が撚り合わされるようにエアージェット式撚糸機を通し、複数フィラメントを合着させ、ゴデローラーを経て、実施例1と同様にオイリングローラー上で処理剤を付与した。 PUU-B in t- butyl diethanolamine and methylene - bis - (4-cyclohexyl diisocyanate - g) polyurethane yielding by the reaction of (made by DuPont "meta crawl" (registered trademark) 2462) having a solid content of 2 percent added after to, in an inert gas having a high temperature (350 ° C.) through a spinneret (nitrogen gas) discharged at 4 filaments, air jet as the high temperature passed by drying in a gas, yarn course drying is twisted through the expression twister, to coalesce multiple filaments, through the godet roller, the application of the treatment agent in the same manner on the oiling roller in example 1. 540m/分のスピードで巻き取り、4フィラメント合着で33dtex、44dtex、55dtex、及び2フィラメント合着で22dtexのポリウレタンウレア繊維、PUU−2を製造した。 Taken up at 540m / min speed, 33 dtex at 4 filaments coalesced, produced 44 dtex, 55Dtex, and polyurethane urea fibers 22dtex 2 filaments coalesced, the PUU-2. PUU−2を構成するポリウレタンウレアのウレタン基濃度およびウレア基濃度の総和は1.51mol/kgであり、有効末端アミン濃度は19meq/kgであった。 The sum of the urethane group concentration and urea group concentration of the polyurethane urea constituting the PUU-2 is 1.51 mol / kg, the effective terminal amine concentration was 19meq / kg. なお、PUU−2の高温側融点は280℃であった。 Incidentally, the high-temperature side melting point of the PUU-2 was 280 ° C..

33dtexのPUU−2のみを使用し、320針、釜径3.5インチ(29ゲージ)の1口筒編み機に供給して編成し、120℃にて1分間のスチームセットを行い幅約5cmの筒編み地(38g/m )を得た。 Using only PUU-2 of 33 dtex, 320 needles, knitted supplied to 1-neck tube knitting machine Kama径 3.5 inches (29 gauge), 120 ° C. for 1 minute steam set was carried out in the width of about 5cm of It was obtained tubular knitted fabric of the (38g / m 2). これを開反しないままサンプルとした(38g/m の編地2枚重ねに相当する)。 This was used as a sample without contrary Open (corresponding to the knitted fabric two-ply of 38g / m 2). 表3に記載の香料を付与した後、前記官能試験1〜3及び香料成分の総放散量の測定を実施した。 After applying the perfume according to Table 3, measurements were made of the total emission amount of the functional tests 1-3 and perfume ingredients. その結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 48時間経過時点の臭気強度は5.0であった。 Odor intensity of 48 hours elapsed time was 5.0. 48時間経過時点の香料放散量1は22.4μg/g・hであった。 Perfume emission rate 1 48 hours elapsed time was 22.4μg / g · h.

[実施例3] [Example 3]
脱水されたテトラヒドロフラン87.5モルと脱水された3−メチル−テトラヒドロフラン12.5モルとを撹拌機付き反応器に仕込み、窒素シール下、温度10℃で、触媒(過塩素酸70重量%及び無水酢酸30重量%の混合物)の存在下で8時間重合反応を行ない、反応終了液に水酸化ナトリウム水溶液で中和する共重合方法により得られた、数平均分子量2000の共重合テトラメチレンエーテルジオール(3−メチル−テトラヒドロフラン由来の構造単位(a)を12.5モル%含む)を、ポリアルキレンエーテルジオールとして用いた。 Dehydrated tetrahydrofuran 87.5 mol and dehydrated 3-methyl - charged tetrahydrofuran 12.5 mol stirred reactor, under a blanket of nitrogen, at a temperature 10 ° C., the catalyst (70 wt% perchloric acid and anhydride performs 8 hours the polymerization reaction in the presence of acetic acid a mixture of 30 wt%), obtained by copolymerization methods of neutralization with aqueous sodium hydroxide to the reaction-terminated liquid, the number-average copolymerized tetramethylene ether diol having a molecular weight of 2000 ( 3-methyl - a structural unit derived from tetrahydrofuran (a) to contain 12.5 mol%) was used as the polyalkylene ether diol. この共重合テトラメチレンエーテルジオール1モルに対しMDIを4.9モルになるように容器に仕込み、90℃で反応せしめ、得られた反応生成物をN,N−ジメチルアセトアミド(DMAc)に十分に溶解させた。 Charged copolymerization tetramethylene ether diol per mol MDI to the container so that 4.9 mol, reacted at 90 ° C., the resulting reaction product N, sufficiently to N- dimethylacetamide (DMAc) It was dissolved. 次に、鎖伸長剤としてMBAを含むDMAc溶液を、前記反応物が溶解した溶液に添加して、その後、安定剤として、ジビニルベンゼンとp−クレゾールとの付加重合体(デュポン社製“メタクロール”(登録商標)2390)を固形分比1%添加して、全固体分が32重量%であるポリウレタンウレア溶液PUU−Cを調製した。 Then, a DMAc solution containing MBA as chain extender, was added to a solution of the reaction product is dissolved, then, as a stabilizer, an addition polymer of divinylbenzene and p- cresol (made by DuPont "meta crawl "(R) 2390) was added solid content ratio of 1%, the total solids content was prepared polyurethaneurea solution PUU-C is 32% by weight.

PUU−Cを紡糸口金から高温(350℃)の不活性ガス(N2)中に3フィラメントで吐出し、この高温ガス中の通過により乾燥し、乾燥途中の糸が撚り合わされるようにエアージェット式撚糸機を通し、3フィラメントを合着させ、ゴデローラーを経て、実施例1と同様にオイリングローラー上で処理剤を付与した。 PUU-C the discharge at 3 filaments inert gas (N2) of the high temperature (350 ° C.) through a spinneret, dried by passage of the hot gas, air jet as the yarn of the middle drying is twisted through twisting machine, to coalesce the 3 filaments, through the godet roller, the application of the treatment agent in the same manner on the oiling roller in example 1. 500m/分のスピードで巻き取り、3フィラメント合着で33dtexのポリウレタンウレア繊維、PUU−3を製造した。 Wound up in the 500m / min speed, polyurethane urea fiber of 33dtex in 3 filament coalesced to produce a PUU-3. なお、PUU−3を構成するポリウレタンのウレタン基濃度およびウレア基濃度の総和は3.00mol/kgであり、有効末端アミン濃度は32meq/kgであった。 Incidentally, the sum of the urethane group concentration and urea group concentration of the polyurethane constituting the PUU-3 is 3.00 mol / kg, the effective terminal amine concentration was 32meq / kg. なお、PUU−3の高温側融点は266℃であった。 Incidentally, the high-temperature side melting point of the PUU-3 was 266 ° C..

PUU−3のみを使用し、320針、釜径3.5インチ(29ゲージ)の1口筒編み機に供給して編成し、120℃にて1分間のスチームセットを行い幅約5cmの筒編み地(38g/m )を得た。 Use only PUU-3, 320 needles, knitted supplied to 1-neck tube knitting machine Kama径 3.5 inches (29 gauge), 120 1 minute perform steam set width of about 5cm of the tube knitted at ℃ to give the earth (38g / m 2). これを開反しないままサンプルとした(38g/m の編地2枚重ねに相当する)。 This was used as a sample without contrary Open (corresponding to the knitted fabric two-ply of 38g / m 2). 表3に記載の香料を付与した後、前記官能試験1〜3及び香料成分の総放散量の測定を実施した。 After applying the perfume according to Table 3, measurements were made of the total emission amount of the functional tests 1-3 and perfume ingredients. その結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 48時間経過時点の臭気強度は5.0であった。 Odor intensity of 48 hours elapsed time was 5.0. 48時間経過時点の香料放散量1は42.5μg/g・hであった。 Perfume emission rate 1 48 hours elapsed time was 42.5μg / g · h.

[実施例4] [Example 4]
脱水されたテトラヒドロフラン85.5モルと脱水された3−メチル−テトラヒドロフラン14.5モルとを撹拌機付き反応器に仕込み、窒素シール下、温度10℃で、触媒(過塩素酸70重量%及び無水酢酸30重量%の混合物)の存在下で8時間重合反応を行ない、反応終了液に水酸化ナトリウム水溶液で中和する共重合方法により得られた、数平均分子量1000の共重合テトラメチレンエーテルジオール(3−メチル−テトラヒドロフラン由来の構造単位(a)を14.5モル%含む)を、ポリアルキレンエーテルジオールとして用いた。 Dehydrated tetrahydrofuran 85.5 mol and dehydrated 3-methyl - charged tetrahydrofuran 14.5 mol stirred reactor, under a blanket of nitrogen, at a temperature 10 ° C., the catalyst (70 wt% perchloric acid and anhydride performs polymerization reaction for 8 hours in the presence of a mixture of acetic acid 30% by weight), obtained by copolymerization method of neutralizing with sodium hydroxide solution to the reaction-terminated liquid, the number copolymerized tetramethylene ether diol having an average molecular weight of 1,000 ( 3-methyl - a structural unit derived from tetrahydrofuran (a) to contain 14.5 mol%) was used as the polyalkylene ether diol. この共重合テトラメチレンエーテルジオール1モルに対しMDIを5.3モルになるように容器に仕込み、90℃で反応せしめ、得られた反応生成物をN,N−ジメチルアセトアミド(DMAc)に十分に溶解させた。 Charged copolymerization tetramethylene ether diol per mol MDI to the container so that 5.3 mol, reacted at 90 ° C., the resulting reaction product N, sufficiently to N- dimethylacetamide (DMAc) It was dissolved. 次に、鎖伸長剤としてジエチルアミンとMBAを含むDMAc溶液を、前記反応物が溶解した溶液に添加して、その後、安定剤として、ジビニルベンゼンとp−クレゾールとの付加重合体(デュポン社製“メタクロール”(登録商標)2390)を固形分比1%添加して、全固体分が32重量%であるポリウレタンウレア溶液、PUU−Dを調製した。 Then, a DMAc solution containing diethylamine and MBA as chain extender, was added to a solution of the reaction product is dissolved, then, as a stabilizer, an addition polymer of divinylbenzene and p- cresol (made by DuPont " meta crawl "(registered trademark) 2390) was added solid content ratio of 1%, polyurethane urea solution total solids is 32% by weight, to prepare a PUU-D.

PUU−Dを紡糸口金から高温(350℃)の不活性ガス(N2)中に3フィラメントで吐出し、この高温ガス中の通過により乾燥し、乾燥途中の糸が撚り合わされるようにエアージェット式撚糸機を通し、3フィラメントを合着させ、ゴデローラーを経て、実施例1と同様にオイリングローラー上で処理剤を付与した。 PUU-D the discharge at 3 filaments inert gas (N2) of the high temperature (350 ° C.) through a spinneret, dried by passage of the hot gas, air jet as the yarn of the middle drying is twisted through twisting machine, to coalesce the 3 filaments, through the godet roller, the application of the treatment agent in the same manner on the oiling roller in example 1. 500m/分のスピードで巻き取り、3フィラメント合着で33dtexのポリウレタンウレア繊維、PUU−4を製造した。 Wound up in the 500m / min speed, polyurethane urea fiber of 33dtex in 3 filament coalesced to produce a PUU-4. なお、PUU−4を構成するポリウレタンのウレタン基濃度およびウレア基濃度の総和は4.50mol/kgであり、有効末端アミン濃度は21meq/kgであった。 Incidentally, the sum of the urethane group concentration and urea group concentration of the polyurethane constituting the PUU-4 is 4.50 mol / kg, the effective terminal amine concentration was 21meq / kg. なお、PUU−4の高温側融点は288℃であった。 Incidentally, the high-temperature side melting point of the PUU-4 was 288 ° C..

PUU−4のみを使用し、320針、釜径3.5インチ(29ゲージ)の1口筒編み機に供給して編成し、120℃にて1分間のスチームセットを行い幅約5cmの筒編み地(38g/m )を得た。 Use PUU-4 alone, 320 needles, knitted supplied to 1-neck tube knitting machine Kama径 3.5 inches (29 gauge), 120 1 minute perform steam set width of about 5cm of the tube knitted at ℃ to give the earth (38g / m 2). これを開反しないままサンプルとした(38g/m の編地2枚重ねに相当する)。 This was used as a sample without contrary Open (corresponding to the knitted fabric two-ply of 38g / m 2). 表3に記載の香料を付与した後、前記官能試験1〜3及び香料成分の総放散量の測定を実施した。 After applying the perfume according to Table 3, measurements were made of the total emission amount of the functional tests 1-3 and perfume ingredients. その結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 48時間経過時点の臭気強度は4.0であった。 Odor intensity of 48 hours elapsed time was 4.0. 48時間経過時点の香料放散量1は2.6μg/g・hであった。 Perfume emission rate 1 48 hours elapsed time was 2.6μg / g · h.

[実施例5] [Example 5]
分子量1800のテトラメチレンエーテルジオール1モルに対し4,4'−MDIを2.60モルになるように容器に仕込み、80℃で反応せしめ、得られた反応生成物をN,N−ジメチルアセトアミド(DMAc)に十分に撹拌し、溶解させて溶液を得た。 G of 4,4'-MDI to polytetramethylene ether diol 1 mole of molecular weight 1800 to the container so that the 2.60 mole, reacted at 80 ° C., the resulting reaction product N, N- dimethylacetamide ( Mix well in DMAc), a solution was obtained by dissolving. 次に、鎖伸長剤としてエチレングリコール、触媒として無水酢酸を含むDMAc溶液を、前記反応物を溶解させた溶液に添加し、さらに末端封鎖剤としてブタノールを含むDMAc溶液を添加して、その後、安定剤として、ジビニルベンゼンとp−クレゾールとの付加重合体(デュポン社製“メタクロール”(登録商標)2390)を固形分比1%添加して、全固体分が35重量%であるポリウレタンウレタン溶液、PU−Eを調製した。 Next, ethylene glycol as a chain extender, a DMAc solution containing acetic anhydride as a catalyst was added to a solution obtained by dissolving the reaction product, was added DMAc solution containing butanol as further endblocker, then stable agent as an addition polymer of divinylbenzene and p- cresol was added (made by DuPont "meta crawl" (registered trademark) 2390) having a solid content ratio of 1%, polyurethane urethane solution total solids is 35 wt% , was prepared PU-E. 得られた溶液は40℃で約3500ポイズの粘度を有していた。 The resulting solution had a viscosity of about 3500 poise at 40 ° C.. 重合体はDMAc中で0.5g/100mlの溶液濃度で25℃で測定すると、1.10の極限粘度であった。 When the polymer is measured at 25 ° C. with a solution concentration of 0.5 g / 100 ml in DMAc, it was intrinsic viscosity 1.10.

このポリウレタンウレタン溶液PU−Eを、紡糸口金から高温(350℃)の不活性ガス(窒素ガス)中に2フィラメントで吐出し、この高温ガス中の通過により乾燥し、乾燥途中の糸が撚り合わされるようにエアージェット式撚糸機を通し、2フィラメントを合着させ、ゴデローラーを経て、実施例1と同様にオイリングローラー上で処理剤を付与した。 The polyurethane urethane solution PU-E, in an inert gas having a high temperature (350 ° C.) through a spinneret (nitrogen gas) discharged by 2 filaments, dried by passage of the hot gas, the yarn in the middle of drying twisted so that the through air jet twister, to coalesce the second filament, through a godet roller, the application of the treatment agent on Similarly oiling roller in example 1. 600m/分のスピードで巻き取り、2フィラメント合着で33dtexのポリウレタンウレタン繊維、PU−5を製造した。 Wound up in the 600m / min speed, polyurethane urethane fibers of 33dtex in the second filament coalesced to produce a PU-5. PU−5を構成するポリウレタンウレタンのウレタン基濃度およびウレア基濃度の総和は1.95mol/kgであった。 The sum of the urethane group concentration and urea group concentration of the polyurethane urethane constituting the PU-5 was 1.95 mol / kg. なお、PU−5の高温側融点は220℃であった。 Incidentally, the high-temperature side melting point of PU-5 was 220 ° C..

PU−5のみを使用し、320針、釜径3.5インチ(29ゲージ)の1口筒編み機に供給して編成し、120℃にて1分間のスチームセットを行い幅約5cmの筒編み地(38g/m )を得た。 Using only PU-5, 320 needles, knitted supplied to 1-neck tube knitting machine Kama径 3.5 inches (29 gauge), 120 1 minute perform steam set width of about 5cm of the tube knitted at ℃ to give the earth (38g / m 2). これを開反しないままサンプルとした(38g/m の編地2枚重ねに相当する)。 This was used as a sample without contrary Open (corresponding to the knitted fabric two-ply of 38g / m 2). 表3に記載の香料を付与した後、前記官能試験1〜3及び香料成分の総放散量の測定を実施した。 After applying the perfume according to Table 3, measurements were made of the total emission amount of the functional tests 1-3 and perfume ingredients. その結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 48時間経過時点の臭気強度は5.0であった。 Odor intensity of 48 hours elapsed time was 5.0. 48時間経過時点の香料放散量1は10.2μg/g・hであった。 Perfume emission rate 1 48 hours elapsed time was 10.2μg / g · h.

[実施例6] [Example 6]
分子量2000のテトラメチレンエーテルジオール0.5モルと分子量2000のポリエチレングリコール0.5モルとに対し4,4'−MDIを5.30モルになるように容器に仕込み、80℃で反応せしめ、得られた反応生成物をN,N−ジメチルアセトアミド(DMAc)に十分に撹拌し、溶解させて溶液を得た。 The 4,4'-MDI relative to polyethylene glycol 0.5 moles of polytetramethylene ether diol 0.5 mole and molecular weight of 2000 molecular weight 2000 were charged to the vessel so that the 5.30 mole, reacted at 80 ° C., to obtain the obtained reaction product N, stirred N- dimethylacetamide (DMAc) to a fully, to obtain a solution by dissolving. 次に、鎖伸長剤としてエチレングリコール、触媒として無水酢酸を含むDMAc溶液を、前記反応物を溶解させた溶液に添加し、さらに末端封鎖剤としてブタノールを含むDMAc溶液を添加して、その後、安定剤として、ジビニルベンゼンとp−クレゾールとの付加重合体(デュポン社製“メタクロール”(登録商標)2390)を固形分比1%添加して、全固体分が35重量%であるポリウレタンウレタン溶液PU−Fを調製した。 Next, ethylene glycol as a chain extender, a DMAc solution containing acetic anhydride as a catalyst was added to a solution obtained by dissolving the reaction product, was added DMAc solution containing butanol as further endblocker, then stable agent as an addition polymer of divinylbenzene and p- cresol was added (made by DuPont "meta crawl" (registered trademark) 2390) having a solid content ratio of 1%, polyurethane urethane solution total solids is 35 wt% the PU-F was prepared. 得られた溶液は40℃で約3500ポイズの粘度を有していた。 The resulting solution had a viscosity of about 3500 poise at 40 ° C.. 重合体はDMAc中で0.5g/100mlの溶液濃度で25℃で測定すると、0.90の極限粘度であった。 Polymer as measured at 25 ° C. with a solution concentration of 0.5 g / 100 ml in DMAc, it was intrinsic viscosity 0.90.

このポリウレタンウレタン溶液PU−Fを、紡糸口金から高温(350℃)の不活性ガス(窒素ガス)中に2フィラメントで吐出し、この高温ガス中の通過により乾燥し、乾燥途中の糸が撚り合わされるようにエアージェット式撚糸機を通し、2フィラメントを合着させ、ゴデローラーを経て、実施例1と同様にオイリングローラー上で処理剤を付与した。 The polyurethane urethane solution PU-F, in an inert gas having a high temperature (350 ° C.) through a spinneret (nitrogen gas) discharged by 2 filaments, dried by passage of the hot gas, the yarn in the middle of drying twisted so that the through air jet twister, to coalesce the second filament, through a godet roller, the application of the treatment agent on Similarly oiling roller in example 1. 600m/分のスピードで巻き取り、2フィラメント合着で33dtexのポリウレタンウレタン繊維、PU−6を製造した。 Wound up in the 600m / min speed, polyurethane urethane fibers of 33dtex in the second filament coalesced to produce a PU-6. PU−6を構成するポリウレタンウレタンのウレタン基濃度およびウレア基濃度の総和は3.95mol/kgであった。 The sum of the urethane group concentration and urea group concentration of the polyurethane urethane constituting the PU-6 was 3.95mol / kg. なお、PU−6の高温側融点は240℃であった。 Incidentally, the high-temperature side melting point of PU-6 was 240 ° C..

PU−6のみを使用し、320針、釜径3.5インチ(29ゲージ)の1口筒編み機に供給して編成し、120℃にて1分間のスチームセットを行い幅約5cmの筒編み地(38g/m )を得た。 Using only PU-6, 320 needles, knitted supplied to 1-neck tube knitting machine Kama径 3.5 inches (29 gauge), 120 1 minute perform steam set width of about 5cm of the tube knitted at ℃ to give the earth (38g / m 2). これを開反しないままサンプルとした(38g/m の編地2枚重ねに相当する)。 This was used as a sample without contrary Open (corresponding to the knitted fabric two-ply of 38g / m 2). 表3に記載の香料を付与した後、前記官能試験1〜3及び香料成分の総放散量の測定を実施した。 After applying the perfume according to Table 3, measurements were made of the total emission amount of the functional tests 1-3 and perfume ingredients. その結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 48時間経過時点の臭気強度は4.5であった。 Odor intensity of 48 hours elapsed time was 4.5. 48時間経過時点の香料放散量1は8.28μg/g・hであった。 Perfume emission rate 1 48 hours elapsed time was 8.28μg / g · h.

[実施例7] [Example 7]
実施例1で使用したPUU−Aに、t−ブチルジエタノールアミンとメチレン−ビス−(4−シクロヘキシルイソシアネ−ト)の反応によって生成せしめたポリウレタン(デュポン社製“メタクロール”(登録商標)2462)を固形分対比、20%を添加して後、紡糸口金から高温(350℃)の不活性ガス(窒素ガス)中に4フィラメントで吐出し、この高温ガス中の通過により乾燥し、乾燥途中の糸が撚り合わされるようにエアージェット式撚糸機を通し、4フィラメントを合着させ、ゴデローラーを経て、実施例1と同様にオイリングローラー上で処理剤を付与した。 The PUU-A used in Example 1, t-butyl diethanolamine and methylene - bis - polyurethane yielding by the reaction of - (4-cyclohexyl diisocyanate g) (manufactured by DuPont "meta crawl" (registered trademark) 2462) solids comparison, after the addition of 20%, in an inert gas having a high temperature (350 ° C.) through a spinneret (nitrogen gas) discharged at 4 filaments, dried by passage of the hot gas, the drying of the middle through an air jet twister so the yarn is twisted, to coalesce the 4 filaments, through a godet roller, the application of the treatment agent in the same manner on the oiling roller in example 1. 540m/分のスピードで巻き取り、4フィラメント合着で33dtexのポリウレタンウレア繊維、PUU−7を製造した。 Wound up in the 540m / min speed, polyurethane urea fiber of 33dtex at 4 filament coalesced to produce a PUU-7. PUU−7を構成するポリウレタンウレアのウレタン基濃度およびウレア基濃度の総和は1.82mol/kgであり、有効末端アミン濃度は24meq/kgであった。 The sum of the urethane group concentration and urea group concentration of the polyurethane urea constituting the PUU-7 is 1.82 mol / kg, the effective terminal amine concentration was 24 meq / kg. なお、PUU−7の高温側融点は246℃であった。 Incidentally, the high-temperature side melting point of the PUU-7 was 246 ° C..

PUU−7のみを使用し、320針、釜径3.5インチ(29ゲージ)の1口筒編み機に供給して編成し、120℃にて1分間のスチームセットを行い幅約5cmの筒編み地(38g/m )を得た。 Use PUU-7 alone, 320 needles, knitted supplied to 1-neck tube knitting machine Kama径 3.5 inches (29 gauge), 120 1 minute perform steam set width of about 5cm of the tube knitted at ℃ to give the earth (38g / m 2). これを開反しないままサンプルとした(38g/m の編地2枚重ねに相当する)。 This was used as a sample without contrary Open (corresponding to the knitted fabric two-ply of 38g / m 2). 表3に記載の香料を付与した後、前記官能試験1〜3及び香料成分の総放散量の測定を実施した。 After applying the perfume according to Table 3, measurements were made of the total emission amount of the functional tests 1-3 and perfume ingredients. その結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 48時間経過時点の臭気強度は4.5であった。 Odor intensity of 48 hours elapsed time was 4.5. 48時間経過時点の香料放散量1は10.3μg/g・hであった。 Perfume emission rate 1 48 hours elapsed time was 10.3μg / g · h.

[実施例8] [Example 8]
実施例2で使用したPUU−Bに、t−ブチルジエタノールアミンとメチレン−ビス−(4−シクロヘキシルイソシアネ−ト)の反応によって生成せしめたポリウレタン(デュポン社製“メタクロール”(登録商標)2462)、N−メチル−3,3'−イミノビス(プロピルアミン)とメチレン−ビス(4−シクロヘキシルイソシアネート)の反応によって生成せしめたポリウレアを固形分対比、それぞれ2%、2%を添加して後、紡糸口金から高温(350℃)の不活性ガス(窒素ガス)中に4フィラメントで吐出し、この高温ガス中の通過により乾燥し、乾燥途中の糸が撚り合わされるようにエアージェット式撚糸機を通し、4フィラメントを合着させ、ゴデローラーを経て、実施例1と同様にオイリングローラー上で処理剤を付与した The PUU-B used in Example 2, t-butyl diethanolamine and methylene - bis - polyurethane yielding by the reaction of - (4-cyclohexyl diisocyanate g) (manufactured by DuPont "meta crawl" (registered trademark) 2462) , N- methyl-3,3'-iminobis (propylamine) and methylene - bis polyurea solids comparison of yielding by the reaction of (4-cyclohexyl isocyanate), respectively 2%, after the addition of 2%, the spinning discharged with 4 filaments from spinneret during high temperature (350 ° C.) of inert gas (nitrogen gas), dried by passage of the hot gas, as yarn course drying is twisted through an air jet twister , to coalesce the 4 filaments, through a godet roller, the application of the treatment agent on Similarly oiling roller in example 1 . 540m/分のスピードで巻き取り、4フィラメント合着で33dtexのポリウレタンウレア繊維、PUU−8を製造した。 Wound up in the 540m / min speed, polyurethane urea fiber of 33dtex at 4 filament coalesced to produce a PUU-8. PUU−8を構成するポリウレタンウレアのウレタン基濃度およびウレア基濃度の総和は1.52mol/kgであり、有効末端アミン濃度は19meq/kgであった。 The sum of the urethane group concentration and urea group concentration of the polyurethane urea constituting the PUU-8 is 1.52 mol / kg, the effective terminal amine concentration was 19meq / kg. なお、PUU−8の高温側融点は285℃であった。 Incidentally, the high-temperature side melting point of the PUU-8 was 285 ° C..

PUU−8のみを使用し、320針、釜径3.5インチ(29ゲージ)の1口筒編み機に供給して編成し、120℃にて1分間のスチームセットを行い幅約5cmの筒編み地(38g/m )を得た。 Use the PUU-8 only, 320 needles, knitted supplied to 1-neck tube knitting machine Kama径 3.5 inches (29 gauge), 120 1 minute perform steam set width of about 5cm of the tube knitted at ℃ to give the earth (38g / m 2). これを開反しないままサンプルとした(38g/m の編地2枚重ねに相当する)。 This was used as a sample without contrary Open (corresponding to the knitted fabric two-ply of 38g / m 2). 表3に記載の香料を付与した後、前記官能試験1〜3及び香料成分の総放散量の測定を実施した。 After applying the perfume according to Table 3, measurements were made of the total emission amount of the functional tests 1-3 and perfume ingredients. その結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 48時間経過時点の臭気強度は5.0であった。 Odor intensity of 48 hours elapsed time was 5.0. 48時間経過時点の香料放散量1は46.8μg/g・hであった。 Perfume emission rate 1 48 hours elapsed time was 46.8μg / g · h.

[実施例9] [Example 9]
実施例2で使用したPUU−Bに、t−ブチルジエタノールアミンとメチレン−ビス−(4−シクロヘキシルイソシアネ−ト)の反応によって生成せしめたポリウレタン(デュポン社製“メタクロール”(登録商標)2462)、イソフラボン誘導体抽出物と分岐型マルトシルα- サイクロデキストリンを主成分とするサイクロデキストリン(イソエリートP、塩水港精糖社製)を固形分対比、それぞれ2%、2%を添加して後、紡糸口金から高温(350℃)の不活性ガス(窒素ガス)中に4フィラメントで吐出し、この高温ガス中の通過により乾燥し、乾燥途中の糸が撚り合わされるようにエアージェット式撚糸機を通し、4フィラメントを合着させ、ゴデローラーを経て、実施例1と同様にオイリングローラー上で処理剤を付与した。 The PUU-B used in Example 2, t-butyl diethanolamine and methylene - bis - polyurethane yielding by the reaction of - (4-cyclohexyl diisocyanate g) (manufactured by DuPont "meta crawl" (registered trademark) 2462) , cyclodextrin (iso Elite P, by Ensuiko Sugar Refining Co., Ltd.) composed mainly of branched maltosyl α- cyclodextrin and isoflavone derivatives extract solids comparison, respectively 2%, after the addition of 2%, a spinneret from discharge at 4 filaments in an inert gas (nitrogen gas) of high temperature (350 ° C.), and dried by passage of the hot gas, as yarn course drying is twisted through an air jet twister, 4 is coalesced filaments, through a godet roller, the application of the treatment agent on Similarly oiling roller in example 1. 540m/分のスピードで巻き取り、4フィラメント合着で33dtexのポリウレタンウレア繊維、PUU−9を製造した。 Wound up in the 540m / min speed, polyurethane urea fiber of 33dtex at 4 filament coalesced to produce a PUU-9. PUU−9を構成するポリウレタンウレアのウレタン基濃度およびウレア基濃度の総和は1.48mol/kgであり、有効末端アミン濃度は19meq/kgであった。 The sum of the urethane group concentration and urea group concentration of the polyurethane urea constituting the PUU-9 is 1.48 mol / kg, the effective terminal amine concentration was 19meq / kg. なお、PUU−9の高温側融点は280℃であった。 Incidentally, the high-temperature side melting point of the PUU-9 was 280 ° C..

PUU−9のみを使用し、320針、釜径3.5インチ(29ゲージ)の1口筒編み機に供給して編成し、120℃にて1分間のスチームセットを行い幅約5cmの筒編み地(38g/m )を得た。 Use PUU-9 alone, 320 needles, knitted supplied to 1-neck tube knitting machine Kama径 3.5 inches (29 gauge), 120 1 minute perform steam set width of about 5cm of the tube knitted at ℃ to give the earth (38g / m 2). これを開反しないままサンプルとした(38g/m の編地2枚重ねに相当する)。 This was used as a sample without contrary Open (corresponding to the knitted fabric two-ply of 38g / m 2). 表3に記載の香料を付与した後、前記官能試験1〜3及び香料成分の総放散量の測定を実施した。 After applying the perfume according to Table 3, measurements were made of the total emission amount of the functional tests 1-3 and perfume ingredients. その結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 48時間経過時点の臭気強度は5.0であった。 Odor intensity of 48 hours elapsed time was 5.0. 48時間経過時点の香料放散量1は39.2μg/g・hであった。 Perfume emission rate 1 48 hours elapsed time was 39.2μg / g · h.

[実施例10] [Example 10]
実施例2で使用したPUU−Bに、t−ブチルジエタノールアミンとメチレン−ビス−(4−シクロヘキシルイソシアネ−ト)の反応によって生成せしめたポリウレタン(デュポン社製“メタクロール”(登録商標)2462)、金属化合物として、ハイドロタルサイト(戸田工業(株)製NAOX−19)を900℃で焼成して得られた複合酸化物MgO・Al2O3を固形分対比、それぞれ2%、2%を添加して後、紡糸口金から高温(350℃)の不活性ガス(窒素ガス)中に4フィラメントで吐出し、この高温ガス中の通過により乾燥し、乾燥途中の糸が撚り合わされるようにエアージェット式撚糸機を通し、4フィラメントを合着させ、ゴデローラーを経て、実施例1と同様にオイリングローラー上で処理剤を付与した。 The PUU-B used in Example 2, t-butyl diethanolamine and methylene - bis - polyurethane yielding by the reaction of - (4-cyclohexyl diisocyanate g) (manufactured by DuPont "meta crawl" (registered trademark) 2462) as the metal compound, hydrotalcite (Toda Kogyo Corp. NAOX-19) solid contrasting composite oxide MgO · Al2 O3 obtained by firing at 900 ° C. and 2% respectively, with the addition of 2% after, in an inert gas having a high temperature (350 ° C.) through a spinneret (nitrogen gas) discharged at 4 filaments, dried by passage of the hot gas, air jet twister as thread course drying is twisted through machine, to coalesce the 4 filaments, through a godet roller, the application of the treatment agent in the same manner on the oiling roller in example 1. 540m/分のスピードで巻き取り、4フィラメント合着で33dtexのポリウレタンウレア繊維、PUU−10を製造した。 Wound up in the 540m / min speed, polyurethane urea fiber of 33dtex at 4 filament coalesced to produce a PUU-10. PUU−10を構成するポリウレタンウレアのウレタン基濃度およびウレア基濃度の総和は1.48mol/kgであり、有効末端アミン濃度は19meq/kgであった。 The sum of the urethane group concentration and urea group concentration of the polyurethane urea constituting the PUU-10 is 1.48 mol / kg, the effective terminal amine concentration was 19meq / kg. なお、PUU−10の高温側融点は280℃であった。 Incidentally, the high-temperature side melting point of the PUU-10 was 280 ° C..

PUU−10のみを使用し、320針、釜径3.5インチ(29ゲージ)の1口筒編み機に供給して編成し、120℃にて1分間のスチームセットを行い幅約5cmの筒編み地(38g/m )を得た。 Use only PUU-10, 320 stitches, knitted by supplying the 1-necked barrel knitting machine Kama径 3.5 inches (29 gauge), 120 1 minute perform steam set width of about 5cm of the tube knitted at ℃ to give the earth (38g / m 2). これを開反しないままサンプルとした(38g/m の編地2枚重ねに相当する)。 This was used as a sample without contrary Open (corresponding to the knitted fabric two-ply of 38g / m 2). 表3に記載の香料を付与した後、前記官能試験1〜3及び香料成分の総放散量の測定を実施した。 After applying the perfume according to Table 3, measurements were made of the total emission amount of the functional tests 1-3 and perfume ingredients. その結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 48時間経過時点の臭気強度は5.0であった。 Odor intensity of 48 hours elapsed time was 5.0. 48時間経過時点の香料放散量1は44.9μg/g・hであった。 Perfume emission rate 1 48 hours elapsed time was 44.9μg / g · h.

[比較例1] [Comparative Example 1]
ポリエチレンテレフタレート糸(E)(44dtex、36fil)のみを使用し、320針、釜径3.5インチ(29ゲージ)の1口筒編み機に供給して編成し、120℃にて1分間のスチームセットを行い幅約5cmの筒編み地(55g/m )、pet−1を得た。 Use of polyethylene terephthalate yarn (E) (44dtex, 36fil) only, 320 needles, knitted supplied to 1-neck tube knitting machine Kama径 3.5 inches (29 gauge), steam set for 1 minute at 120 ° C. the conducted width of about 5cm of the tube knitted fabric (55g / m 2), to obtain a pet-1. これを開反しないままサンプルとした(55g/m の編地2枚重ねに相当する)。 This was used as a sample without contrary Open (corresponding to the knitted fabric two-ply of 55g / m 2). 表3に記載の香料を付与した後、前記官能試験1〜3及び香料成分の総放散量の測定を実施した。 After applying the perfume according to Table 3, measurements were made of the total emission amount of the functional tests 1-3 and perfume ingredients. その結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3.

[比較例2] [Comparative Example 2]
ウーリーナイロン糸(N)(44dtex、34fil)のみを使用し、320針、釜径3.5インチ(29ゲージ)の1口筒編み機に供給して編成し、120℃にて1分間のスチームセットを行い幅約5cmの筒編み地(55g/m )、ny−2を得た。 Woolly nylon thread (N) (44dtex, 34fil) use only, 320 needles, knitted supplied to 1-neck tube knitting machine Kama径 3.5 inches (29 gauge), steam set for 1 minute at 120 ° C. the conducted width of about 5cm of the tube knitted fabric (55g / m 2), to obtain a ny-2. これを開反しないままサンプルとした(55g/m の編地2枚重ねに相当する)。 This was used as a sample without contrary Open (corresponding to the knitted fabric two-ply of 55g / m 2). 表3に記載の香料を付与した後、前記官能試験1〜3及び香料成分の総放散量の測定を実施した。 After applying the perfume according to Table 3, measurements were made of the total emission amount of the functional tests 1-3 and perfume ingredients. その結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3.

[比較例3] [Comparative Example 3]
精練を行ったコットン原綿繊維(インド綿)をから豊田自動織機社製リング織精紡機を使用して、30番手英式綿番手の紡績糸を作成した。 Cotton raw cotton fiber that was scoured using a Toyota Industries Co., Ltd. ring Osei spinning machine from the (Indian cotton), was to create a spun yarn of 30 fastest English expressions cotton count. 作成した紡績糸より丸編み生地(釜径38インチ、24ゲージ、114フィーダー)を作成し、120℃1分間のスチームセットを行い、布帛co−3を得た。 Created spun yarn from the circular knitting fabric (Kama径 38 inches, 24 gauge, 114 feeders) Create and perform steam set of 120 ° C. 1 minute, to obtain a fabric co-3. 表3に記載の香料を付与した後、前記官能試験1〜3及び香料成分の総放散量の測定を実施した。 After applying the perfume according to Table 3, measurements were made of the total emission amount of the functional tests 1-3 and perfume ingredients. その結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3.

[比較例4] [Comparative Example 4]
分子量3500のテトラメチレンエーテルジオール1モルに対し4,4'−MDIを1.05モルになるように容器に仕込み、触媒としてトリエチルアミンを用い、90℃で反応せしめ、得られた反応生成物をN,N−ジメチルアセトアミド(DMAc)に十分に撹拌し、溶解させて溶液を得た。 It was charged with 4,4'-MDI to polytetramethylene ether diol 1 mole of molecular weight 3500 to the container so that 1.05 mol, using triethylamine as a catalyst, reacted at 90 ° C., the resulting reaction product N and sufficient agitation to N- dimethylacetamide (DMAc), a solution was obtained by dissolving. 次に、鎖伸長剤としてエチレンジアミン(EDAと略す。)を含むDMAc溶液を、前記反応物を溶解させた溶液に添加し、さらに末端封鎖剤としてジエチルアミンを含むDMAc溶液を添加して、その後、安定剤として、ジビニルベンゼンとp−クレゾールとの付加重合体(デュポン社製“メタクロール”(登録商標)2390)を固形分比1%添加して、全固体分が33重量%であるポリウレタンウレア溶液、puu−gを調製した。 Then, a DMAc solution containing ethylenediamine (abbreviated as EDA.) As a chain extender, was added to a solution prepared by dissolving the reaction product, was added DMAc solution containing diethylamine as further endblocker, then stable as agents, an addition polymer of divinylbenzene and p- cresol was added (made by DuPont "meta crawl" (registered trademark) 2390) having a solid content ratio of 1%, polyurethane urea total solids of 33 wt% solution , was prepared puu-g. 得られた溶液は40℃で約2800ポイズの粘度を有していた。 The resulting solution had a viscosity of about 2800 poise at 40 ° C.. 重合体はDMAc中で0.5g/100mlの溶液濃度で25℃で測定すると、0.98の極限粘度であった。 Polymer as measured at 25 ° C. with a solution concentration of 0.5 g / 100 ml in DMAc, it was intrinsic viscosity 0.98.

puu−gを紡糸口金から高温(350℃)の不活性ガス(窒素ガス)中に4フィラメントで吐出し、この高温ガス中の通過により乾燥し、乾燥途中の糸が撚り合わされるようにエアージェット式撚糸機を通し、4フィラメントを合着させ、ゴデローラーを経てオイリングローラー上で処理剤を付与した。 Ejecting puu-g through a spinneret with 4 filaments in an inert gas (nitrogen gas) of high temperature (350 ° C.), air jet as the high temperature passed by drying in a gas, yarn course drying is twisted through the expression twister, to coalesce the 4 filaments, the application of the treatment agent on the oiling roller through the godet roller. なお、オイリングローラーへ付与された処理剤は、25℃での粘度が10センチストークスのシリコーン油96重量%、ステアリン酸マグネシウム4重量%からなる油剤であった。 The processing agent is applied to the oiling roller was oiling agent a viscosity at 25 ° C. of 10 centistokes silicone oil 96% by weight, magnesium stearate 4% by weight. また、油剤の付着量が繊維に対し5重量%になるようオイリングロールの回転数を調整した。 Further, the adhesion amount of oil was adjusted the rotational speed of the oiling roll so as to be 5% by weight based on fibers. 540m/分のスピードで巻き取り、2フィラメント合着で33dtexのポリウレタンウレア繊維puu−4を製造した。 Wound up in the 540m / min speed, to produce a polyurethane urea fiber puu-4 of 33dtex in the second filament bonding. puu−4を構成するポリウレタンウレアのウレタン基濃度およびウレア基濃度の総和は0.50mol/kgであり、有効末端アミン濃度は34meq/kgであった。 The sum of the urethane group concentration and urea group concentration of the polyurethane urea constituting the puu-4 is 0.50 mol / kg, the effective terminal amine concentration was 34meq / kg. なお、puu−4の高温側融点は253℃であった。 Incidentally, the high-temperature side melting point of puu-4 was 253 ° C..

puu−4のみを使用し、320針、釜径3.5インチ(29ゲージ)の1口筒編み機に供給して編成し、120℃にて1分間のスチームセットを行い幅約5cmの筒編み地(38g/m )を得た。 Use puu-4 alone, 320 needles, knitted supplied to 1-neck tube knitting machine Kama径 3.5 inches (29 gauge), 120 1 minute perform steam set width of about 5cm of the tube knitted at ℃ to give the earth (38g / m 2). これを開反しないままサンプルとした(38g/m の編地2枚重ねに相当する)。 This was used as a sample without contrary Open (corresponding to the knitted fabric two-ply of 38g / m 2). 表3に記載の香料を付与した後、前記官能試験1〜3及び香料成分の総放散量の測定を実施した。 After applying the perfume according to Table 3, measurements were made of the total emission amount of the functional tests 1-3 and perfume ingredients. その結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 48時間経過時点の臭気強度は1.5であった。 Odor intensity of 48 hours elapsed time was 1.5. 48時間経過時点の香料放散量1は0.0488μg/g・hであった。 Perfume emission rate 1 48 hours elapsed time was 0.0488μg / g · h.

[比較例5] [Comparative Example 5]
L/Dが40の2軸押出機に、分子量2000のPTMG1モルに対し4,4'−MDIを7.50モル、鎖伸長剤として1,4−ブタンジオールを窒素シール下で連続的に供給し、ワンショット法により反応させた。 The L / D of 40 biaxial extruder, continuously feeding 7.50 moles of 4,4'-MDI to PTMG1 mole of molecular weight 2000, as a chain extender, 1,4-butanediol under a blanket of nitrogen and, it was reacted by the one-shot method. 反応温度は240℃とし、生成ポリウレタンを約3mmφのストランドとして吐出し、水冷した後、切断してペレット化した。 The reaction temperature was 240 ° C., discharged the product polyurethane as a strand of about 3 mm.phi, cooled with water and pelletized by cutting. 得られたポリウレタン(pu−h)の重量平均分子量はポリスチレン換算で17万であり、220℃における溶融粘度は剪断速度1000sec−1で200ポイズであった。 The weight average molecular weight of the obtained polyurethane (pu-h) is 170,000 in terms of polystyrene, the melt viscosity at 220 ° C. was 200 poise at a shear rate of 1,000 sec-1.

得られたペレットを真空バッチ式乾燥機にて、80℃ で、12時間予備乾燥した。 At resulting pellet vacuum batch dryer at 80 ° C., it was pre-dried for 12 hours. 乾燥後、ペレットを一軸スクリュー押出機にて溶融し、ギヤポンプで計量し、口金から冷却空気が流れている紡糸筒に吐出せしめ、ゴデローラーと巻取機の速度比を1.4とし、ゴデローラーを経て、比較例1と同様にオイリングローラー上で処理剤を付与した。 After drying, the pellets were melted at a single screw extruder, metered with a gear pump, allowed discharge the spinning chimney cooling air is flowing from the mouthpiece, the speed ratio of the godet roller and winder and 1.4, through the godet roller , the application of the treatment agent in the same manner on the oiling roller and Comparative example 1. 毎分220mの速度で溶融紡糸し、2フィラメント合着で33dtexの糸を巻き取り、80℃で、24時間加熱熟成、ポリウレタンウレタン繊維(pu−5)を製造した。 Melt spun at a rate of 220 m, 2 winding the yarn 33dtex filaments coalesce at 80 ° C., 24 hours heat digestion, to produce a polyurethane urethane fibers (pu-5). pu−5を構成するポリウレタンのウレタン基濃度およびウレア基濃度の総和は5.50mol/kgであり、得られた糸の特性を表2に示す。 The sum of the urethane group concentration and urea group concentration of the polyurethane constituting the pu-5 is 5.50mol / kg, Table 2 shows the properties of the resulting yarn. なお、pu−5の高温側融点は245℃であった。 Incidentally, the high-temperature side melting point of the pu-5 was 245 ° C..

pu−5のみを使用し、320針、釜径3.5インチ(29ゲージ)の1口筒編み機に供給して編成し、120℃にて1分間のスチームセットを行い幅約5cmの筒編み地(38g/m )を得た。 Use only pu-5, 320 needles, knitted supplied to 1-neck tube knitting machine Kama径 3.5 inches (29 gauge), 120 1 minute perform steam set width of about 5cm of the tube knitted at ℃ to give the earth (38g / m 2). これを開反しないままサンプルとした(38g/m の編地2枚重ねに相当する)。 This was used as a sample without contrary Open (corresponding to the knitted fabric two-ply of 38g / m 2). 表3に記載の香料を付与した後、前記官能試験1〜3及び香料成分の総放散量の測定を実施した。 After applying the perfume according to Table 3, measurements were made of the total emission amount of the functional tests 1-3 and perfume ingredients. その結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 48時間経過時点の臭気強度は2.0であった。 Odor intensity of 48 hours elapsed time was 2.0. 48時間経過時点の香料放散量1は0.0673μg/g・hであった。 Perfume emission rate 1 48 hours elapsed time was 0.0673μg / g · h.

[比較例6] [Comparative Example 6]
L/Dが40の2軸押出機に、分子量2000のPTMG1モルに対し4,4'−MDIを9.50モル、鎖伸長剤として1,4−ブタンジオールを窒素シール下で連続的に供給し、ワンショット法により反応させた。 The L / D of 40 biaxial extruder, continuously feeding 9.50 moles of 4,4'-MDI to PTMG1 mole of molecular weight 2000, as a chain extender, 1,4-butanediol under a blanket of nitrogen and, it was reacted by the one-shot method. 反応温度は240℃とし、生成ポリウレタン(pu−i)を約3mmφのストランドとして吐出し、水冷した後、切断してペレット化した。 The reaction temperature was 240 ° C., discharged generate polyurethane (pu-i) as a strand of about 3 mm.phi, cooled with water and pelletized by cutting. 220℃における溶融粘度は剪断速度1000sec−1で350ポイズであった。 Melt viscosity at 220 ° C. was 350 poise at a shear rate of 1,000 sec-1.

得られたペレットを真空バッチ式乾燥機にて、80℃ で、12時間予備乾燥した。 At resulting pellet vacuum batch dryer at 80 ° C., it was pre-dried for 12 hours. 乾燥後、ペレットを一軸スクリュー押出機にて溶融し、ギヤポンプで計量し、口金から冷却空気が流れている紡糸筒に吐出せしめ、ゴデローラーと巻取機の速度比を1.1とし、ゴデローラーを経て、実施例1と同様にオイリングローラー上で処理剤を付与した。 After drying, the pellets were melted at a single screw extruder, metered with a gear pump, allowed discharge the spinning chimney cooling air is flowing from a nozzle, and 1.1 and a speed ratio of the godet roller and winder, through the godet roller , the application of the treatment agent in the same manner on the oiling roller in example 1. 毎分110mの速度で溶融紡糸し、2フィラメント合着で33dtexの糸を巻き取り、80℃で、24時間加熱熟成、ポリウレタンウレタン繊維(pu−6)を製造した。 Melt spun at a rate of 110m, 2 winding the yarn 33dtex filaments coalesce at 80 ° C., 24 hours heat digestion, to produce a polyurethane urethane fibers (pu-6). pu−6を構成するポリウレタンのウレタン基濃度およびウレア基濃度の総和は7.00mol/kgであり、得られた糸の特性を表2に示す。 pu-6 of the urethane group concentration and urea group concentration of the polyurethane that constitutes the sum is 7.00mol / kg, Table 2 shows the properties of the resulting yarn. なお、pu−6の高温側融点は255℃であった。 Incidentally, the high-temperature side melting point of the pu-6 was 255 ° C..

pu−6のみを使用し、320針、釜径3.5インチ(29ゲージ)の1口筒編み機に供給して編成し、120℃にて1分間のスチームセットを行い幅約5cmの筒編み地(38g/m )を得た。 Use the pu-6 only, 320 needles, knitted supplied to 1-neck tube knitting machine Kama径 3.5 inches (29 gauge), 120 1 minute perform steam set width of about 5cm of the tube knitted at ℃ to give the earth (38g / m 2). これを開反しないままサンプルとした(38g/m の編地2枚重ねに相当する)。 This was used as a sample without contrary Open (corresponding to the knitted fabric two-ply of 38g / m 2). 表3に記載の香料を付与した後、前記官能試験1〜3及び香料成分の総放散量の測定を実施した。 After applying the perfume according to Table 3, measurements were made of the total emission amount of the functional tests 1-3 and perfume ingredients. その結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 48時間経過時点の臭気強度は1.5であった。 Odor intensity of 48 hours elapsed time was 1.5. 48時間経過時点の香料放散量1は0.0189μg/g・hであった。 Perfume emission rate 1 48 hours elapsed time was 0.0189μg / g · h.

[比較例7] [Comparative Example 7]
実施例1のポリウレタンウレア繊維(PUU−1)と同一の操作を行い、油剤種のみ変更した。 Performs the same operation as polyurethaneurea fibers of Example 1 (PUU-1), change only oil species. 25℃での粘度が10センチストークスの鉱物油92重量%、リモネン8重量%からなる油剤を用いた。 Viscosity 92 wt% 10 centistokes mineral oil at 25 ° C., using an oil agent composed of 8% by weight limonene.
48時間経過時点の臭気強度は、5.0であった。 Odor intensity of 48 hours elapsed time was 5.0. 48時間経過時点の香料放散量1は4.63μg/g・hであった。 Perfume emission rate 1 48 hours elapsed time was 4.63μg / g · h. しかしながら、<残香性試験2>9段階快・不快度では−3.0であり、においの質として非常に不快な、熟しきった柑橘類様の香りであった。 However, in the <substantivity test 2> 9 stage pleasure, discomfort level is -3.0, very uncomfortable as the quality of smell, was a citrus was fully ripe like the smell of.

[比較例8] [Comparative Example 8]
実施例1のポリウレタンウレア繊維(PUU−1)と同一の操作を行い、油剤種のみ変更した。 Performs the same operation as polyurethaneurea fibers of Example 1 (PUU-1), change only oil species. 25℃での粘度が10センチストークスの鉱物油98重量%、ヒノキチオール2重量%からなる油剤を用いた。 98% by weight viscosity at 25 ° C. 10 centistokes mineral oil, was used an oil agent composed of hinokitiol 2 wt%.
48時間経過時点の臭気強度は、4.0であった。 Odor intensity of 48 hours elapsed time was 4.0. しかしながら、<残香性試験2>9段階快・不快度では−4.0であり、においの質として極端に不快な臭気で、市販香料との香気バランスを著しく損ねるものであった。 However, the <substantivity Test 2> 9 stages pleasure-displeasure degree is -4.0, an extremely unpleasant odor as a quality of odor was achieved significantly impair the flavor balance of the commercial perfume.

[比較例9] [Comparative Example 9]
"Pebax"4033(ARKEMA社、融点160℃)のペレットを真空バッチ式乾燥機にて、80℃で、12時間予備乾燥した。 "Pebax" 4033 (ARKEMA Co., melting point 160 ° C.) the pellet in a vacuum batch dryer for, at 80 ° C., for 12 hours pre-dried. 乾燥後、ペレットを一軸スクリュー押出機にて溶融し、ギヤポンプで計量し、口金から冷却空気が流れている紡糸筒に吐出せしめ、ゴデローラーと巻取機の速度比を2.00とし、ゴデローラーを経て、実施例1と同様にオイリングローラー上で処理剤を付与した。 After drying, the pellets were melted at a single screw extruder, metered with a gear pump, allowed discharge the spinning chimney cooling air is flowing from the mouthpiece, the speed ratio of the godet roller and winder and 2.00, via a godet roller , the application of the treatment agent in the same manner on the oiling roller in example 1. 毎分110mの速度で溶融紡糸し、2フィラメント合着で33dtexの糸を巻き取り、80℃で、24時間加熱熟成、pae−9を製造した。 Melt spun at a rate of 110m, 2 winding the yarn 33dtex filaments coalesce at 80 ° C., to produce heating for 24 hours aging, the pae-9. 得られた糸の特性を表2に示す。 Characteristics of the resulting yarn are shown in Table 2. なお、pae−9の高温側融点は165℃であった。 Incidentally, the high-temperature side melting point of the pae-9 was 165 ° C..

pae−9のみを使用し、320針、釜径3.5インチ(29ゲージ)の1口筒編み機に供給して編成し、120℃にて1分間のスチームセットを行い幅約5cmの筒編み地(38g/m )を得た。 Use pae-9 alone, 320 needles, knitted supplied to 1-neck tube knitting machine Kama径 3.5 inches (29 gauge), 120 1 minute perform steam set width of about 5cm of the tube knitted at ℃ to give the earth (38g / m 2). これを開反しないままサンプルとした(38g/m の編地2枚重ねに相当する)。 This was used as a sample without contrary Open (corresponding to the knitted fabric two-ply of 38g / m 2). 表3に記載の香料を付与した後、前記官能試験1〜3及び香料成分の総放散量の測定を実施した。 After applying the perfume according to Table 3, measurements were made of the total emission amount of the functional tests 1-3 and perfume ingredients. その結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 48時間経過時点の臭気強度は2.0であった。 Odor intensity of 48 hours elapsed time was 2.0. 48時間経過時点の香料放散量1は0.0222μg/g・hであった。 Perfume emission rate 1 48 hours elapsed time was 0.0222μg / g · h.

[比較例10] [Comparative Example 10]
"Pellethane"2102-90A(Dow Chemicals社、融点214℃)のペレットを真空バッチ式乾燥機にて、80℃で、12時間予備乾燥した。 "Pellethane" 2102-90A (Dow Chemicals Co., melting point 214 ° C.) the pellet in a vacuum batch dryer for, at 80 ° C., for 12 hours pre-dried. 乾燥後、ペレットを一軸スクリュー押出機にて溶融し、ギヤポンプで計量し、口金から冷却空気が流れている紡糸筒に吐出せしめ、ゴデローラーと巻取機の速度比を1.30とし、ゴデローラーを経て、実施例1と同様にオイリングローラー上で処理剤を付与した。 After drying, the pellets were melted at a single screw extruder, metered with a gear pump, allowed discharge the spinning chimney cooling air is flowing from the mouthpiece, the speed ratio of the godet roller and winder 1.30, via a godet roller , the application of the treatment agent in the same manner on the oiling roller in example 1. 毎分110mの速度で溶融紡糸し、2フィラメント合着で33dtexの糸を巻き取り、80℃で、24時間加熱熟成、pu−10を製造した。 Melt spun at a rate of 110m, 2 winding the yarn 33dtex filaments coalesce at 80 ° C., to produce heating for 24 hours aging, the pu-10. 得られた糸の特性を表2に示す。 Characteristics of the resulting yarn are shown in Table 2. なお、pu−10の高温側融点は220℃であった。 Incidentally, the high-temperature side melting point of the pu-10 was 220 ° C..

pu−10のみを使用し、320針、釜径3.5インチ(29ゲージ)の1口筒編み機に供給して編成し、120℃にて1分間のスチームセットを行い幅約5cmの筒編み地(38g/m )を得た。 Use only pu-10, 320 stitches, knitted by supplying the 1-necked barrel knitting machine Kama径 3.5 inches (29 gauge), 120 1 minute perform steam set width of about 5cm of the tube knitted at ℃ to give the earth (38g / m 2). これを開反しないままサンプルとした(38g/m の編地2枚重ねに相当する)。 This was used as a sample without contrary Open (corresponding to the knitted fabric two-ply of 38g / m 2). 表3に記載の香料を付与した後、前記官能試験1〜3及び香料成分の総放散量の測定を実施した。 After applying the perfume according to Table 3, measurements were made of the total emission amount of the functional tests 1-3 and perfume ingredients. その結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 48時間経過時点の臭気強度は2.5であった。 Odor intensity of 48 hours elapsed time was 2.5. 48時間経過時点の香料放散量1は0.0619μg/g・hであった。 Perfume emission rate 1 48 hours elapsed time was 0.0619μg / g · h.

[実施例11〜18] [Example 11 to 18]
ポリウレタン繊維PUU−2を使用し、表4に示す各繊維含有率の組み合わせにて布帛を製作した。 Using the polyurethane fibers PUU-2, were manufactured fabric in combination of fiber content shown in Table 4. 布帛Aは表1の布帛化工程−Lにより、布帛Bは表1の布帛化工程−L2により、布帛C、Dは表1の布帛化工程−Mにより、布帛Eは表1の布帛化工程−M2により、布帛Fは表1の布帛化工程−Nにより製作した。 The fabric A is fabric step -L Table 1, the fabric B by fabric step -L2 in Table 1, the fabric C, D by fabric step -M in Table 1, the fabric E is shown in Table 1 fabric step the -M2, fabric F was fabricated by the fabric step -N Table 1. 得られた布帛に、表4に記載の香料を付与した後、前記官能試験1及び香料成分の総放散量の測定を実施した。 The obtained cloth, after applying the perfume described in Table 4, measurements were made of the total emission amount of the functional tests 1 and perfume ingredients. 結果を表4に示す。 The results are shown in Table 4.

[比較例11〜18] Comparative Example 11 to 18]
ポリウレタン繊維puu−4、pu−5、pu−6を使用し、表4に示す各繊維含有率の組み合わせにて布帛を製作した。 Using the polyurethane fibers puu-4, pu-5, pu-6, were fabricated fabric in combination of fiber content shown in Table 4. 布帛xは表2の布帛化工程−oにより、布帛yは表2の布帛化工程−pにより、布帛a13〜a15は表2の布帛化工程−tにより製作した。 The fabric x is fabric step -o Table 2, the fabric y by fabric step -p Table 2, fabric a13~a15 was fabricated by fabric step -t Table 2. 得られた布帛に、表4に記載の香料を付与した後、前記官能試験1及び香料成分の総放散量の測定を実施した。 The obtained cloth, after applying the perfume described in Table 4, measurements were made of the total emission amount of the functional tests 1 and perfume ingredients. 結果を表4に示す。 The results are shown in Table 4.

[実施例19] [Example 19]
実施例17に使用した検体および香料付与条件で、香料総放散量の測定過程におけるGC/MSトータルイオンクロマトグラムより検出されたピークチャートを図2に示す。 In the sample and perfumed conditions used in Example 17 shows a peak chart detected from GC / MS total ion chromatogram in the measurement process of the perfume total emission amount in FIG. 但し、試料は乾燥後すぐのものを2.4±0.1g分使用し、ガラス管に空気を流して発生ガスを捕集する際の温度は40℃、時間は24時間とした(乾燥後0時間〜24時間)。 However, the sample using 2.4 ± 0.1 g fraction things dry immediately after, the temperature at the time of collecting the flowing air generated gas in the glass tube 40 ° C., time was 24 hours (after drying 0 to 24 hours).

[実施例20] [Example 20]
実施例19の「吸着管捕集処理」後、連続して別の吸着管に交換し(試料はそのまま同じものを用いた)、同様に24時間かけて発生ガスを捕集した(乾燥後24時間〜48時間)。 After "suction pipes collection process" in Example 19, it is continuously replaced with another adsorption tube (the sample was used as is the same), was collected over 24 hours gas generated in the same manner (after drying 24 time to 48 hours). 実施例19と同様、GC/MSトータルイオンクロマトグラムより検出されたピークチャートを得た。 As in Example 19 to obtain a peak chart detected from GC / MS total ion chromatogram. これを図3に示す。 This is shown in Figure 3.

[比較例19] [Comparative Example 19]
比較例17に使用した検体および香料付与条件で、香料総放散量の測定過程におけるGC/MSトータルイオンクロマトグラムより検出されたピークを図4に示す。 In the sample and perfumed conditions used in Comparative Example 17 shows a peak detected from the GC / MS total ion chromatogram in the measurement process of the perfume total emission amount in FIG. 但し、試料は乾燥後すぐのものを2.4±0.1g分使用し、ガラス管に空気を流して発生ガスを捕集する際の温度は40℃、時間は24時間とした(乾燥後0時間〜24時間)。 However, the sample using 2.4 ± 0.1 g fraction things dry immediately after, the temperature at the time of collecting the flowing air generated gas in the glass tube 40 ° C., time was 24 hours (after drying 0 to 24 hours).

[比較例20] [Comparative Example 20]
比較例19の「吸着管捕集処理」後、連続して別の吸着管に交換し(試料はそのまま同じものを用いた)、同様に24時間かけて発生ガスを捕集した(乾燥後24時間〜48時間)。 After "suction pipes collection process" in Comparative Example 19, and successively replaced with another adsorption tube (the sample was used as is the same), was collected over 24 hours gas generated in the same manner (after drying 24 time to 48 hours). 実施例19と同様、GC/MSトータルイオンクロマトグラムより検出されたピークチャートを得た。 As in Example 19 to obtain a peak chart detected from GC / MS total ion chromatogram. これを図5に示す。 This is shown in FIG.

前記図2〜図5において、水平軸は検出時間(分)を表す(範囲:0〜55)。 In FIG. 2 to FIG. 5, the horizontal axis represents the detection time (min) (Range: 0 to 55). 垂直軸は信号検出強度を表し、図2〜図5では同一の信号検出強度レンジとし、範囲0〜100にて示す。 The vertical axis represents the signal detected intensity, and FIGS. 2 to 5 In the same signal detection intensity range, shown by the range 0-100. 布帛のみが異なる、実施例19(図2)と比較例19(図4)を比べると、乾燥後0時間から24時間までの24時間の香料成分の放散程度はGC/MSトータルイオンクロマトグラムから実施例19の方が比較例19よりも大きいことが明らかである。 Only fabric is different, compared to Example 19 (Fig. 2) and Comparative Example 19 (FIG. 4), dissipation of about perfume ingredients 24 hours from 0 hour after drying up to 24 hours from the GC / MS total ion chromatogram it is clear that better of example 19 is greater than that of Comparative example 19. 同様に乾燥後24時間から48時間までの24時間の香料成分の放散程度は実施例20(図3)と比較例20(図5)を比べると、実施例20の方が比較例20よりも大きいことが明らかである。 Likewise dissipate about perfume ingredients 24 hours from 24 hours after drying to 48 hours compared to Example 20 (FIG. 3) and Comparative Example 20 (FIG. 5), than in the comparative example 20 is more of Example 20 big it is clear.

本発明のポリウレタン系繊維は、優れた残香性を有しつつ、優れた機械特性を有するものであるので、この繊維を使用した衣服、資材などは優れた残香性を有したものとなる。 Polyurethane fiber of the present invention is excellent while having substantivity, because it has excellent mechanical properties, garment using this fiber material, etc. becomes one having excellent substantivity. これらの優れた特性を有することから、本発明のポリウレタン系繊維は単独での使用はもとより、各種繊維や不織布との組み合わせにより、残香性に優れた布帛を得ることが可能で、編成、織成、紐加工、ホットメルト接着加工に好適である。 Because it has these excellent properties, polyurethane fiber of the present invention is used alone as well as by a combination of various fibers or nonwoven fabric, it can be obtained an excellent fabric substantivity, knitting, weaving , string processing, is suitable for hot melt adhesive processing. その使用可能な具体的用途としては、下着、寝具をはじめ、ソックス、ストッキング、タイツ、水着、スキーウエア、ゴルフウエア、Yシャツ、スーツ、ウエットスーツ、ブラジャー、ガードル、作業服、煙火服、手袋、サポーター、セーター、丸編、トリコット、織物等の各種繊維製品、香料吸収用繊維構造物、アロマテラピー等香料使用時の繊維構造物、各種インテリア用繊維構造物、締め付け材料、さらには、低応力で伸長できる伸縮性シートを得られることもあり、紙おむつ、生理ナプキンなどサニタニー用品やその漏れ防止用ギャザー、さらには、各種フィルター類、特に冷暖房器具や空気清浄機のフィルター、造花、ワイピングクロス、コピークリーナー、ガスケット、ペット用品、電気絶縁材、壁紙相当布帛などが挙げられる As the usable concrete applications, underwear, including bedding, socks, stockings, tights, swimwear, ski wear, golf wear, Y-shirts, suits, wet suits, bras, girdles, work clothes, fireworks clothing, gloves, supporters, sweaters, circular knitting, tricot, various fiber products, perfume absorbing fiber structure such as a woven, fibrous structure at the time of aromatherapy such as perfume use, various interior for the fiber structure, tightening material, and even more, at low stress sometimes resulting elongation can stretchable sheet, disposable diapers, Sanitani supplies and the leakage preventing gather such sanitary napkins, furthermore, various filters, in particular for air conditioning equipment and air purifier filters, artificial flowers, wiping cloths, copy cleaners , gasket, pet supplies, electrical insulating material, such as wallpaper equivalent fabric, and the like

1 吸着管 2 ガラス製容器(インピンジャー) 1 suction pipes 2 glass container (impinger)
3 試料 3 sample

Claims (16)

  1. 香料成分の吸収から48時間後における香料成分の総放散量が0.1μg/g・h以上1000μg/g・h以下であることを特徴とする残香性ポリウレタン系繊維。 Substantivity polyurethane fiber the total emission amount of perfume ingredients in the 48 hours after the absorption of the perfume component is equal to or less than 0.1 [mu] g / g · h or more 1000μg / g · h.
  2. 前記ポリウレタン系繊維が、ポリウレタン繊維及び/又はポリウレタンウレア繊維であることを特徴とする請求項1に記載の残香性ポリウレタン系繊維。 The polyurethane fiber is substantivity polyurethane fiber according to claim 1, characterized in that the polyurethane fiber and / or polyurethane urea fibers.
  3. 前記ポリウレタン系繊維のウレタン基濃度及びウレア基濃度の合計が1.0mol/kg以上5.0mol/kg以下であることを特徴とする請求項1又は2に記載の残香性ポリウレタン系繊維。 Substantivity polyurethane fiber according to claim 1 or 2, wherein the total of the urethane group concentration and urea group concentration of the polyurethane fiber is not more than 1.0 mol / kg or more 5.0 mol / kg.
  4. 前記ポリウレタン系繊維の1g当たりの繊維表面積が0.02m 以上0.2m 以下及び/又はポリウレタン繊維の単繊維繊度が3デシテックス以上300デシテックス以下であることを特徴とする請求項1〜3のいずれかに記載の残香性ポリウレタン系繊維。 Of claim 1, wherein the fiber surface area per 1g of the polyurethane fiber is 0.02m single fiber fineness of 2 or more 0.2 m 2 or less and / or polyurethane fibers of 300 dtex or less than 3 dtex substantivity polyurethane fiber according to any one.
  5. 前記香料成分が炭素数3以上15以下、分子量50以上350以下、沸点20℃以上200℃以下の化合物であることを特徴とする請求項1〜4のいずれかに記載の残香性ポリウレタン系繊維。 It said perfume ingredient having 3 to 15 carbon atoms, a molecular weight 50 to 350, substantivity polyurethane fiber according to claim 1 which is a compound of 200 ° C. or less above the boiling point 20 ° C..
  6. 前記香料成分の吸収が香料成分を含む洗濯用柔軟剤及び/又は洗剤による水浴中での洗浄によるものであることを特徴とする請求項1〜5のいずれかに記載の残香性ポリウレタン系繊維。 Substantivity polyurethane fiber according to any one of claims 1 to 5, wherein the absorption of the perfume ingredients is by washing in a water bath by laundry softener and / or detergents containing perfume ingredients.
  7. 前記香料成分の吸収が香料成分を含む洗濯用柔軟剤及び/又は洗剤によるドライクリーニング溶剤中での洗浄によるものであることを特徴とする請求項1〜5のいずれかに記載の残香性ポリウレタン系繊維。 Substantivity polyurethane according to any one of claims 1 to 5, wherein the absorption of the perfume ingredients is by washing with dry-cleaning solvent due to laundry softener and / or detergents containing perfume ingredients fiber.
  8. 前記香料成分の吸収が香料成分を含む液体状物質の噴霧によるものであることを特徴とする請求項1〜5のいずれかに記載の残香性ポリウレタン系繊維。 Substantivity polyurethane fiber according to any one of claims 1 to 5, wherein the absorption of the perfume ingredients is by spraying a liquid substance containing the fragrance ingredient.
  9. 請求項1〜8のいずれかに記載の残香性ポリウレタン系繊維を有することを特徴とする残香性布帛。 Substantivity fabric characterized by having a substantivity polyurethane fiber according to claim 1.
  10. 香料成分の吸収から48時間後における香料成分の総放散量が0.01μg/g・h以上1000μg/g・h以下であることを特徴とする請求項9に記載の残香性布帛。 Substantivity fabric according to claim 9, the total emission amount of perfume ingredients in the 48 hours after the absorption of the perfume component is equal to or less than 0.01 [mu] g / g · h or more 1000μg / g · h.
  11. 残香性ポリウレタン系繊維の含有量が2重量%以上100重量%以下であることを特徴とする請求項9又は10に記載の残香性布帛。 Substantivity fabric according to claim 9 or 10, wherein the content of substantivity polyurethane fiber is 100 wt% or less than 2% by weight.
  12. 請求項1〜8のいずれかに記載の残香性ポリウレタン系繊維に香料成分を吸収させて得られる残香性ポリウレタン系繊維素材。 Substantivity polyurethane fiber materials obtained by absorbing the perfume ingredients substantivity polyurethane fiber according to claim 1.
  13. 香料成分を吸収させることを特徴とする請求項1〜8のいずれかに記載の残香性ポリウレタン系繊維の使用。 Use of substantivity polyurethane fiber according to claim 1, characterized in that to absorb the perfume ingredients.
  14. 請求項1〜8のいずれかに記載の残香性ポリウレタン系繊維に香料成分を吸収させる過程を有することを特徴とする、残香性ポリウレタン系繊維の香気保持方法。 It characterized by having a process to absorb perfume ingredients substantivity polyurethane fiber according to claim 1, aroma retention method substantivity polyurethane fiber.
  15. 請求項1〜8のいずれかに記載の残香性ポリウレタン系繊維に香料成分を吸収させる工程を有することを特徴とする、残香性ポリウレタン系繊維素材の製造方法。 It characterized by having a step of absorbing the substantivity polyurethane fibers perfume ingredients according to claim 1, substantivity polyurethane fiber material production method.
  16. 前記香料成分を吸収させる工程を2回以上有することを特徴とする、請求項15に記載の残香性ポリウレタン系繊維素材の製造方法。 Wherein the step of absorbing the perfume component and having two or more times, substantivity polyurethane fiber material production method according to claim 15.
JP2013007737A 2013-01-18 2013-01-18 Polyurethane fiber Pending JP2014136849A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013007737A JP2014136849A (en) 2013-01-18 2013-01-18 Polyurethane fiber

Applications Claiming Priority (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013007737A JP2014136849A (en) 2013-01-18 2013-01-18 Polyurethane fiber
CN 201480005386 CN104937149A (en) 2013-01-18 2014-01-17 Polyurethane fiber
US14760062 US10006151B2 (en) 2013-01-18 2014-01-17 Polyurethane fiber
EP20140740633 EP2947185B1 (en) 2013-01-18 2014-01-17 Polyurethane fiber and its use
PCT/JP2014/050817 WO2014112588A1 (en) 2013-01-18 2014-01-17 Polyurethane fiber

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2014136849A true true JP2014136849A (en) 2014-07-28

Family

ID=51209677

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2013007737A Pending JP2014136849A (en) 2013-01-18 2013-01-18 Polyurethane fiber

Country Status (5)

Country Link
US (1) US10006151B2 (en)
EP (1) EP2947185B1 (en)
JP (1) JP2014136849A (en)
CN (1) CN104937149A (en)
WO (1) WO2014112588A1 (en)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN105586662A (en) * 2016-02-25 2016-05-18 龚文忠 Composite fiber of spices and preparation method and application of composite fiber

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0574128B2 (en) * 1983-10-28 1993-10-15 Sony Corp
WO2009101995A1 (en) * 2008-02-15 2009-08-20 Opelontex Co., Ltd. Deodorizing material
JP2011162906A (en) * 2010-02-09 2011-08-25 Toray Opelontex Co Ltd Elastic polyurethane yarn comprising treatment agent, and method of producing the same

Family Cites Families (20)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2615131B2 (en) 1988-05-11 1997-05-28 旭化成工業株式会社 Segmented polyurethane and a production method thereof
JPH0574128A (en) 1991-09-13 1993-03-26 Canon Inc Cleaning device for encoder
US5668094A (en) * 1996-02-26 1997-09-16 The Procter & Gamble Company Fabric softening bar compositions containing fabric softener and enduring perfume
GB9721586D0 (en) * 1997-10-10 1997-12-10 Unilever Plc Textile treatment
GB9721587D0 (en) 1997-10-10 1997-12-10 Quest Int Perfume composition
JP4132244B2 (en) * 1998-07-06 2008-08-13 株式会社クラレ Polyurethane elastic fiber and a manufacturing method thereof comprising a thermoplastic polyurethane
CN1254527C (en) * 2000-06-05 2006-05-03 宝洁公司 Fabric care compositions and systems for delivering clean, fresh scent in lipophilic fluid treatment process
CN1385579A (en) * 2002-04-30 2002-12-18 朱家华 Fragrant agent for fabric
EP1655344A1 (en) 2004-11-05 2006-05-10 THE PROCTER &amp; GAMBLE COMPANY Polymeric compositions for sustained release of volatile materials
US20070249516A1 (en) * 2006-04-19 2007-10-25 Conopco, Inc., D/B/A Unilever Rinse-added fabric treatment composition
JP5128142B2 (en) * 2007-02-09 2013-01-23 旭化成せんい株式会社 Polyurethane elastic fiber and a method of manufacturing the same
EP2152839A4 (en) * 2007-06-12 2011-05-18 Rhodia Detergent composition with hydrophilizing soil-release agent and methods for using same
US20110059143A1 (en) * 2007-08-15 2011-03-10 INVISTA North Americ S.a.r.l. Non-textile polymer compositions and methods
JP5074128B2 (en) * 2007-08-20 2012-11-14 住友重機械工業株式会社 The method of assembling the deceleration device and with an output gear
CN101187083B (en) * 2007-12-04 2010-06-09 华东理工大学 Fragrant artificial lawn fiber and its preparation method
JP4235244B1 (en) * 2008-02-15 2009-03-11 オペロンテックス株式会社 Stretch fabric
CN102037112A (en) * 2008-05-28 2011-04-27 宝洁公司 Fabric softening laundry detergents with good stability
JP2012012710A (en) 2010-06-29 2012-01-19 Kao Corp Nanofiber sheet
JP5636616B2 (en) 2010-12-16 2014-12-10 東レ・オペロンテックス株式会社 Stretch fabric
CN102766983A (en) * 2012-06-26 2012-11-07 吴江亚太化纺有限公司 Terylene fine denier ATY with fragrance

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0574128B2 (en) * 1983-10-28 1993-10-15 Sony Corp
WO2009101995A1 (en) * 2008-02-15 2009-08-20 Opelontex Co., Ltd. Deodorizing material
JP2011162906A (en) * 2010-02-09 2011-08-25 Toray Opelontex Co Ltd Elastic polyurethane yarn comprising treatment agent, and method of producing the same

Also Published As

Publication number Publication date Type
EP2947185A1 (en) 2015-11-25 application
US20160002827A1 (en) 2016-01-07 application
WO2014112588A1 (en) 2014-07-24 application
EP2947185A4 (en) 2016-08-24 application
US10006151B2 (en) 2018-06-26 grant
EP2947185B1 (en) 2018-02-28 grant
CN104937149A (en) 2015-09-23 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6379658B1 (en) Human sweat malodor counteractant composition and process for using same
US5232769A (en) Microcapsule, treating liquids containing the same, and textile structure having microcapsules adhering thereto
US7226607B2 (en) Compositions comprising a dispersant and microcapsules containing an active material and a stabilizer
US20040018359A1 (en) Encapsulated active particles and methods for making and using the same
US20070270327A1 (en) Dryer-added fabric care articles imparting fabric feel benefits
US6689740B1 (en) Method for preparing fragrance products
US20050106200A1 (en) Polymeric compositions for sustained release of volatile materials
WO2002081611A1 (en) Fabric softener compositions
WO1999018926A1 (en) Perfume compositions
US2249118A (en) Impregnated paper
WO1991017300A1 (en) Non-destructive carriers for cyclodextrin complexes
CN1732019A (en) Deodorant composition
JP2004262900A (en) Body odor-suppressing perfume composition
JP2006028453A (en) Polyurethane elastomer and elastic fiber
US20050255078A1 (en) Deodorant fiber and fibrous article and product made thereof
US20040220064A1 (en) Fragrance delivery vehicle
WO2007135646A1 (en) Perfume delivery systems for consumer goods
CN103147195A (en) Skincare aromatic textile material and manufacturing method thereof
CN103147164A (en) Antibacterial and efficient blend ester fiber and preparation method thereof
US20090087401A1 (en) Deodorant composition
JP2003183698A (en) Detergent composition for bathroom
JP2005048306A (en) Polyurethane fiber and method for producing the same
CN1646741A (en) Elastic fiber and use thereof
JP2001072785A (en) Functional biodegradable plastic molding and its production
JP2006169677A (en) Method for producing polyurethane yarn

Legal Events

Date Code Title Description
A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20140617