JP2014122199A - The cosmetic composition - Google Patents

The cosmetic composition Download PDF

Info

Publication number
JP2014122199A
JP2014122199A JP2012280297A JP2012280297A JP2014122199A JP 2014122199 A JP2014122199 A JP 2014122199A JP 2012280297 A JP2012280297 A JP 2012280297A JP 2012280297 A JP2012280297 A JP 2012280297A JP 2014122199 A JP2014122199 A JP 2014122199A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
preferably
cosmetic composition
polyglyceryl
oil
acid
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2012280297A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Makoto Saito
斎藤  誠
Yasuko Harada
康子 原田
Amal David
ダヴィド・アマル
Original Assignee
L'oreal Sa
ロレアル
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toilet preparations
    • A61K8/18Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition
    • A61K8/30Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing organic compounds
    • A61K8/33Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing organic compounds containing oxygen
    • A61K8/37Esters of carboxylic acids
    • A61K8/375Esters of carboxylic acids the alcohol moiety containing more than one hydroxy group
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toilet preparations
    • A61K8/02Cosmetics or similar toilet preparations characterised by special physical form
    • A61K8/04Dispersions; Emulsions
    • A61K8/06Emulsions
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toilet preparations
    • A61K8/02Cosmetics or similar toilet preparations characterised by special physical form
    • A61K8/04Dispersions; Emulsions
    • A61K8/06Emulsions
    • A61K8/068Microemulsions
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toilet preparations
    • A61K8/18Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition
    • A61K8/30Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing organic compounds
    • A61K8/33Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing organic compounds containing oxygen
    • A61K8/37Esters of carboxylic acids
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toilet preparations
    • A61K8/18Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition
    • A61K8/72Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing organic macromolecular compounds
    • A61K8/84Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing organic macromolecular compounds obtained by reactions otherwise than those involving only carbon-carbon unsaturated bonds
    • A61K8/87Polyurethanes
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61QSPECIFIC USE OF COSMETICS OR SIMILAR TOILET PREPARATIONS
    • A61Q5/00Preparations for care of the hair
    • A61Q5/06Preparations for styling the hair, e.g. by temporary shaping or colouring
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K2800/00Properties of cosmetic compositions or active ingredients thereof or formulation aids used therein and process related aspects
    • A61K2800/20Chemical, physico-chemical or functional or structural properties of the composition as a whole
    • A61K2800/21Emulsions characterized by droplet sizes below 1 micron
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K2800/00Properties of cosmetic compositions or active ingredients thereof or formulation aids used therein and process related aspects
    • A61K2800/20Chemical, physico-chemical or functional or structural properties of the composition as a whole
    • A61K2800/26Optical properties
    • A61K2800/262Transparent; Translucent
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K2800/00Properties of cosmetic compositions or active ingredients thereof or formulation aids used therein and process related aspects
    • A61K2800/40Chemical, physico-chemical or functional or structural properties of particular ingredients
    • A61K2800/48Thickener, Thickening system
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K2800/00Properties of cosmetic compositions or active ingredients thereof or formulation aids used therein and process related aspects
    • A61K2800/40Chemical, physico-chemical or functional or structural properties of particular ingredients
    • A61K2800/54Polymers characterized by specific structures/properties
    • A61K2800/548Associative polymers

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To solve the problem that in some instances, it is difficult that a nano-emulsion or a micro-emulsion has a high viscosity or a high consistency, and even when the high viscosity or the high consistency is achieved by using a viscosity improver and so forth, the emulsion hardly has a shape recovery property, and the emulsion with high viscosity has, typically, stickiness.SOLUTION: A cosmetic composition in a state of a nano-emulsion or a micro-emulsion comprises: (a) at least one oil; (b) at least one polyglyceryl fatty acid ester of which HLB value is 8.0-13.0, preferably 9.0-13.0, more preferably 10.0-13.0; (c) at least one associative polyurethane; and (e) water. An amount of the oil included in the cosmetic composition is 0.1-15 mass%, preferably approximately 1-12 mass%, more preferably 2-10 mass% with respect to the total mass of the composition. The cosmetic composition can include a high viscosity or a high consistency, and a shape recovery characteristic. The cosmetic composition can have less stickiness. The cosmetic composition may have a dispersed phase of which diameter is smaller. Therefore, the cosmetic composition can be in a state of the nano-emulsion or the micro-emulsion which is transparent or slightly translucent.

Description

本発明は、ナノエマルション又はマイクロエマルションの形態の化粧品組成物に関する。 The present invention relates to a cosmetic composition in the form of a nanoemulsion or a microemulsion.

水中油型(O/W型)エマルション又は油中水型(W/O型)エマルションは、化粧品及び皮膚科学の分野で、詳細にはミルク、クリーム、トニック、美容液又は化粧水等の化粧品の製造用として、周知である。 Oil-in-water (O / W type) emulsion or a water-in-oil (W / O type) emulsion, in the field of cosmetics and dermatology, in particular milk, cream, tonic, such as serums or cosmetic water of cosmetics as for the production, it is well known. 詳細には、O/W型のナノエマルション又はマイクロエマルションのような微細なエマルションが、その透明な又はわずかに半透明な態様のために、化粧品においてとりわけ興味深い。 In particular, O / W type fine emulsion such as a nano- or microemulsion of, because of its transparent or slightly translucent aspect, particular interest in cosmetics.

例えば、特開平9-110635号公報は、界面活性剤としてのポリグリセリル脂肪酸エステルと、C 10 〜C 22 2-ヒドロキシ脂肪酸との組合せを使用して構成される微細なエマルションを開示している。 For example, Japanese Unexamined Patent Publication No. 9-110635 includes a polyglyceryl fatty acid ester as a surfactant, discloses a fine emulsion formed using a combination of C 10 -C 22 2-hydroxy fatty acid. 更に、特開平11-71256号公報は、ポリグリセリル脂肪酸エステルとベタインとの組合せを使用して構成される微細なエマルションを開示している。 Further, JP-A-11-71256 discloses a fine emulsion formed using a combination of polyglyceryl fatty acid ester and betaine.

特開平9-110635号公報 JP-9-110635 discloses 特開平11-71256号公報 JP-11-71256 discloses 欧州特許第173109号明細書 European Patent No. 173109 仏国特許出願公開0009609号明細書 French Patent Application Publication 0009609 Pat. 米国特許第5364633号明細書 US Pat. No. 5364633 米国特許第5411744号明細書 US Pat. No. 5411744 米国特許第4,874,554号明細書 US Pat. No. 4,874,554 米国特許第4,137,180号明細書 US Pat. No. 4,137,180 米国特許第2,528,378号明細書 US Pat. No. 2,528,378 米国特許第2,781,354号明細書 US Pat. No. 2,781,354

しかし、いくつかの事例では、ナノエマルション又はマイクロエマルションが高粘度又は高稠度を有することは難しい。 However, in some cases, it is difficult to nano or microemulsion has a high viscosity or high consistency. 高粘度又は高稠度が、例えば増粘剤を使用することによって実現したとしても、このことは、該エマルションが形状回復特性を有することを難しくする。 High viscosity or high consistency, even if achieved by using, for example, thickeners, this makes it difficult to the emulsion has a shape recovery characteristics. 更に、高粘度のエマルションには、典型的に、べたつきが生じる。 Furthermore, the emulsions of high viscosity, typically stickiness occurs.

本発明の一目的は、高粘度又は高稠度、及び、形状回復特性、好ましくは迅速な形状回復特性があって、できる限りべたつきの少ない、ナノエマルション又はマイクロエマルションの形態の化粧品組成物を提供することである。 One object of the present invention, high viscosity or high consistency, and shape recovery characteristics, preferably a quick shape recovery properties, less stickiness as possible, to provide a cosmetic composition in the form of a nanoemulsion or a microemulsion it is.

更に、ある種の非イオン性界面活性剤を、ナノエマルション又はマイクロエマルション等の微細なエマルションを製造するために使用するときに、透明な又はわずかに半透明なエマルションの態様、並びに、エマルションの安定性が損なわれることがある。 Furthermore, certain non-ionic surfactant, when used to produce a fine emulsion, such as a nano- or microemulsion, a clear or slightly aspect of translucent emulsion, as well as stability of the emulsion sometimes sex is impaired.

本発明の別の目的は、上記の非イオン性界面活性剤が使用されるときであっても、透明な又はわずかに半透明な、好ましくは透明なエマルションの態様を伴う、ナノエマルション又はマイクロエマルションの形態の安定な化粧品組成物を提供することである。 Another object of the present invention, even when the above nonionic surfactant is used, or slightly translucent transparent, preferably involves aspects of transparent emulsions, nanoemulsions or microemulsions to provide a stable cosmetic compositions in the form.

本発明の上記の目的は、 The above object of the present invention,
(a)少なくとも1種の油と、 (A) at least one oil,
(b)HLB値が8.0から14.0、好ましくは9.0から13.0、より好ましくは10.0から13.0である、少なくとも1種のポリグリセリル脂肪酸エステルと、 (B) HLB value of from 8.0 to 14.0, preferably from 9.0 to 13.0, more preferably from 10.0 13.0, at least one polyglyceryl fatty acid ester,
(c)少なくとも1種の会合性ポリウレタンと、 (C) at least one associative polyurethane,
(d)水とを含み、(a)油の量が、組成物の総質量に対して0.1から15質量%、好ましくは1から12質量%、より好ましくは2から10質量%の範囲である、ナノエマルション又はマイクロエマルションの形態の化粧品組成物により達成され得る。 (D) and water, wherein the amount of (a) an oil, 0.1 to 15% by weight relative to the total weight of the composition, is preferably 1 to 12 wt%, the range and more preferably from 2 to 10 wt% It may be achieved by the cosmetic composition in the form of a nanoemulsion or a microemulsion.

(a)油は、植物起源油又は動物起源油、合成油、シリコーンオイル及び炭化水素油からなる群から選択されてもよい。 (A) oil, vegetable origin oils or animal origin, synthetic oils may be selected from the group consisting of silicone oils and hydrocarbon oils. 好ましくは、(a)油は、室温で液体である炭化水素油から選ばれてもよい。 Preferably, (a) the oil may be selected from hydrocarbon oils that are liquid at room temperature. (a)油は、分子量が600g/mol未満である油から選ばれることが好ましいことがある。 (A) oil, it may be preferable that the molecular weight is selected from the oil is less than 600 g / mol.

(b)ポリグリセリル脂肪酸エステルは、2〜10個のグリセリン、好ましくは3〜6個のグリセリンに由来するポリグリセリル部分を有することができる。 (B) polyglyceryl fatty acid ester, 2-10 glycerol, preferably can have a polyglyceryl moiety derived from 3-6 glycerin.

(b)ポリグリセリル脂肪酸エステルが、2から6個のグリセロール単位を含むカプリン酸ポリグリセリル、2から6個のグリセロール単位を含むトリカプリン酸ポリグリセリル、3から6個のグリセロール単位を含むモノラウリン酸ポリグリセリル、3から6個のグリセロール単位を含むモノ(イソ)ステアリン酸ポリグリセリル、3から6個のグリセロール単位を含むモノオレイン酸ポリグリセリル、及び、3から6個のグリセロール単位を含むジオレイン酸ポリグリセリルから選ばれることが好ましい。 (B) polyglyceryl fatty acid ester, capric acid polyglyceryl containing 2 to 6 glycerol units, tricaprate polyglyceryl containing 2 to 6 glycerol units, polyglyceryl monolaurate containing 6 glycerol units from 3, 3 6 number of polyglyceryl mono (iso) stearate comprising glycerol units, polyglyceryl monooleate comprising 3 to 6 glycerol units, and is preferably selected from dioleate polyglyceryl containing 6 glycerol units from 3.

(b)ポリグリセリル脂肪酸エステルの原料は、ポリグリセリル脂肪酸エステルと、好ましくは、3から6個のグリセリン、より好ましくは5から6個のグリセリンに由来するポリグリセリル部分との混合物から選ばれてもよく、そこで該混合物は、好ましくは、5から6個のグリセリンからなるポリグリセリル部分を有するポリグリセリル脂肪酸エステルを少なくとも30質量%含む。 (B) the raw material of polyglyceryl fatty acid ester, a polyglyceryl fatty acid ester, preferably, 3 to 6 glycerol, more preferably may be selected from a mixture of polyglyceryl moiety derived from six glycerin 5, where the mixture preferably comprises at least 30% by weight of polyglyceryl fatty acid ester having a polyglyceryl moiety of six glycerin 5.

一実施形態では、(b)ポリグリセリル脂肪酸エステルの原料は、脂肪酸と、重合度が4以上であるポリグリセリンを70%以上含むポリグリセリンとのエステル、好ましくは脂肪酸と、重合度が4から11の間であるポリグリセリンを60%以上含むポリグリセリンとのエステル、より好ましくは脂肪酸と、重合度が5であるポリグリセリンを30%以上含むポリグリセリンとのエステルを含む。 In one embodiment, (b) raw material polyglyceryl fatty acid esters, fatty acids and esters of polyglycerol degree of polymerization comprises a polyglycerol is 4 or more 70% or more, preferably a fatty acid having a degree of polymerization from 4 11 esters of a polyglycerol polyglycerol comprising 60% or more is between, more preferably the ester of a fatty acid and a polymerization degree of polyglycerol containing polyglycerol is 5 30% or more.

(b)ポリグリセリル脂肪酸エステルの量は、組成物の総質量に対して0.1から30質量%、好ましくは1から25質量%、より好ましくは3から20質量%の範囲であってもよい。 (B) the amount of polyglyceryl fatty acid ester, 0.1 to 30 wt% by weight, preferably 1 to 25% by weight, more preferably be in the range of 3 to 20 mass%.

(b)ポリグリセリル脂肪酸エステルの、(a)油に対する質量比は、0.3から6、好ましくは0.4から3、より好ましくは0.5から1.5であってもよい。 (B) polyglyceryl fatty acid esters, the weight ratio of (a) oil, from 0.3 to 6, preferably from 0.4 3, more preferably be 1.5 to 0.5.

(c)会合性ポリウレタンは、6から30個の炭素原子、好ましくは6から20個の炭素原子を有する、親水性ブロックにより分離された少なくとも2つの炭化水素系親油性鎖を含むコポリマーであることが好ましい。 It (c) associative polyurethanes, 6 to 30 carbon atoms, a copolymer preferably containing at least two hydrocarbon-based lipophilic chains having from 6 to 20 carbon atoms, separated by a hydrophilic block It is preferred.

(c)会合性ポリウレタンの量は、組成物の総質量に対して0.01から10質量%、好ましくは0.1から5質量%、より好ましくは0.5から3質量%の範囲であってもよい。 (C) the amount of associative polyurethane is from 0.01 to 10% by weight relative to the total weight of the composition, preferably from 0.1 to 5% by weight, more preferably be in the range of 3 mass% to 0.5.

本発明による化粧品組成物は、上記の(b)とは異なる少なくとも1種の非イオン性界面活性剤、及び/又は少なくとも1種のイオン性界面活性剤を更に含んでもよい。 The cosmetic composition according to the present invention, at least one nonionic surfactant, and / or at least one may further comprise an ionic surfactant different from the above (b).

本発明による化粧品組成物は、少なくとも1種のポリオールを更に含んでもよい。 The cosmetic composition according to the present invention may further comprise at least one polyol.

本発明による化粧品組成物は、少なくとも1種のヒドロトロープを更に含んでもよい。 The cosmetic composition according to the present invention may further comprise at least one hydrotrope.

(c)ヒドロトロープは、log Pが-0.7から6であってもよく、非イオンヒドロトロープについては好ましくは-0.5から0.5、イオンの特性を有する(酸性型)ヒドロトロープについては好ましくは-0.5から5.5であってもよい。 (C) hydrotrope, log P well be 6 -0.7, 0.5 preferably from -0.5 for nonionic hydrotropes, for preferably (acid form) hydrotrope having the characteristics of ion -0.5 from may be a 5.5.

本発明による化粧品組成物は、O/W型エマルションの形態であって、(a)油の数平均粒度が300nm以下、好ましくは10nmから150nmである、液滴の形態であることが好ましい。 The cosmetic composition according to the present invention, in the form of O / W type emulsion, the number average particle size of (a) oil 300nm or less, preferably 150nm from 10 nm, it is preferably in the form of droplets.

本発明による化粧品組成物の透明度は、50%超、より好ましくは60%超、更により好ましくは70%超であることが好ましい。 Transparency of the cosmetic composition according to the present invention, more than 50%, more preferably 60 percent, it is preferred even more preferably 70 percent.

更に、本発明は、皮膚を、毛髪を、粘膜を、爪を、まつ毛を、眉毛を、及び/又は頭皮を手入れするための非治療的方法にも関し、本発明による化粧品組成物が、皮膚に、毛髪に、粘膜に、爪に、まつ毛に、眉毛に、又は、頭皮に適用されることを特徴とする。 Furthermore, the present invention is the skin, the hair, mucous membranes, the nails, the eyelashes, eyebrows, and / or also relates to non-therapeutic process for treating the scalp, a cosmetic composition according to the present invention, the skin to, the hair, the mucous membranes, the nails, the eyelashes, the eyebrows, or, characterized in that it is applied to the scalp.

その上、本発明は、体用の、及び/又は、顔面皮膚用の、及び/又は、粘膜用の、及び/又は、頭皮用の、及び/又は、毛髪用の、及び/又は、爪用の、及び/又は、まつ毛用の、及び/又は、眉毛用の、ケア製品としての若しくはケア製品中での、及び/又は、洗浄製品としての若しくは洗浄製品中での、及び/又は、メイクアップ製品としての若しくはメイクアップ製品中での、及び/又は、メイクアップ除去製品としての若しくはメイクアップ除去製品中での、本発明による化粧品組成物の使用にも関する。 Thereon, the present invention is, for the body, and / or, for facial skin, and / or, for mucosal, and / or, for scalp, and / or, for the hair, and / or, pawl of, and / or eyelashes for, and / or, eyebrows for, in a or care products as care products and / or, in a or cleaning products as cleaning products, and / or, make-up in or in makeup products as a product, and / or, in a or makeup-removing product as a make-up-removing product, also relates to the use of a cosmetic composition according to the invention.

鋭意検討の結果、本発明者らは、高粘度又は高稠度、及び、形状回復特性、好ましくは迅速な形状回復特性があって、場合によってはべたつかない、ナノエマルション又はマイクロエマルションの形態の化粧品組成物を提供することが可能であることを発見した。 Result of extensive studies, the present inventors have found that high viscosity or high consistency, and shape recovery characteristics, preferably a quick shape recovery properties, not sticky in some cases, the cosmetic composition in the form of a nanoemulsion or a microemulsion It found that it is possible to provide an object. また、該化粧品組成物は、ナノエマルション又はマイクロエマルション等の微細なエマルションを形成することが難しかった非イオン性界面活性剤を使用するときであっても、安定で、透明な又はわずかに半透明な、好ましくは透明な態様であり得る。 Moreover, the cosmetic composition, even when using a non-ionic surfactant it is difficult to form a fine emulsion, such as a nano- or microemulsion, stable, transparent or slightly translucent Do, preferably a transparent manner.

そのため、本発明は、 Therefore, the present invention is,
(a)少なくとも1種の油と、 (A) at least one oil,
(b)HLB値が8.0から14.0、好ましくは9.0から13.0、より好ましくは10.0から13.0である、少なくとも1種のポリグリセリル脂肪酸エステルと、 (B) HLB value of from 8.0 to 14.0, preferably from 9.0 to 13.0, more preferably from 10.0 13.0, at least one polyglyceryl fatty acid ester,
(c)少なくとも1種の会合性ポリウレタンと、 (C) at least one associative polyurethane,
(d)水とを含み、 (D) and a water,
(a)油の量が、組成物の総質量に対して0.1から15質量%、好ましくは1から12質量%、より好ましくは2から10質量%の範囲である、ナノエマルション又はマイクロエマルションの形態の化粧品組成物である。 (A) the amount of oil, 0.1 to 15 wt% by weight, preferably 1 to 12% by weight, and more preferably from 2 to 10 wt%, the form of nano or microemulsion it is a cosmetic composition.

本発明による化粧品組成物は、高粘度又は高稠度であることが可能であり、したがって、それは、例えばハードジェルの形態であることが可能である。 The cosmetic composition according to the present invention can be a high viscosity or high consistency, therefore, it is possible for example in the form of hard gel. そのため、本発明による化粧品組成物は、例えば、ユーザーにより使用されるときに皮膚又は毛髪から該組成物が滴り落ちることを避ける又は減らすことができる。 Therefore, the cosmetic composition according to the present invention, for example, it is possible to reduce or avoid the composition dripping from the skin or hair when used by the user.

一方、本発明による化粧品組成物は、形状回復特性を有することができる。 On the other hand, the cosmetic composition according to the present invention can have a shape recovery characteristics. したがって、例えば、ユーザーが、容器中の該化粧品組成物(例えば、クリーム又はジェル)の一部を、その水平表面から取り出した場合であっても、該表面は水平状態に回復し得る。 Thus, for example, a user, said cosmetic composition in a container (e.g., cream or gel) part of, even when taken out from the horizontal surface, the surface can recover in a horizontal state. 形状回復は、できるだけ迅速に起きることが好ましい。 Shape recovery, it is preferable that occur as quickly as possible.

更に、本発明による化粧品組成物は、該組成物が高粘度又は高稠度を有することができるにもかかわらず、べたつきが少ないものであることが可能である。 Furthermore, the cosmetic composition according to the present invention, the composition even though it is possible to have a high viscosity or high consistency, it is possible stickiness those less.

その上、本発明による化粧用組成物は、ポリグリセリル脂肪酸エステルと、比較的少量である油との組合せのために、直径がより小さい分散相を有する。 Moreover, the cosmetic composition according to the present invention comprises a polyglyceryl fatty acid ester, for the combination of the oil is relatively small, a smaller diameter dispersed phase. したがって、該化粧品組成物は、透明な又はわずかに半透明な、ナノエマルション又はマイクロエマルションの形態であることが可能である。 Accordingly, the cosmetic composition, or a slightly translucent transparent, can be in the form of a nanoemulsion or a microemulsion.

本発明による化粧品組成物は、透明である又はわずかに半透明であることが可能なため、該組成物は好ましくはローション等に使用することができる。 The cosmetic composition according to the present invention, since it can be a transparent or slightly translucent, the composition can preferably be used in a lotion or the like. 更に、分散相が微細に分散しているため、本発明による化粧品組成物は、独特の、テクスチャー、保湿感及び湿潤感、並びに、増進した柔軟性を提供することができる。 Furthermore, since the dispersed phase is dispersed finely, the cosmetic composition according to the present invention, a unique texture, moisturizing feeling and wet feeling, and can provide enhanced and flexibility. その上、分散相が油相であって1種又は複数の親油性有効成分、又は、更に両親媒性有効成分を含んでいる場合、該分散油相は、有効成分の担体として機能し、有効成分が皮膚に浸透するのを加速させることができ、又は、有効成分を皮膚上に分布させることができる。 Moreover, one or more lipophilic active ingredients dispersed phase is an oil phase, or even if it contains an amphiphilic active ingredient, the dispersed oil phase acts as a carrier for the active ingredient, effective components can be accelerated to penetrate the skin, or can be distributed the active ingredient on the skin. 例えば、UVフィルターが分散油相中に存在する場合、UVフィルターは皮膚上にむらなく塗られ、良好なUVフィルター効果を発揮させ得る。 For example, if the UV filter is present in the dispersed oil phase, UV filters are painted evenly on the skin, capable of exhibiting good UV filter effect.

これ以降、本発明の化粧品組成物を、更に詳しく説明する。 Thereafter, the cosmetic composition of the present invention will be described in more detail.

[油] [oil]
本発明による化粧用組成物は、少なくとも1種の油を含む。 Cosmetic compositions according to the invention comprises at least one oil. 本明細書において、「油」とは、大気圧(760mmHg)下、室温(25℃)で、液体又はペーストの形態(非固体)にある、脂肪化合物又は脂肪物質を意味する。 As used herein, "oil", at atmospheric pressure (760 mmHg) under room temperature (25 ° C.), in the form of a liquid or paste (non-solid), means a fatty compound or fatty substances. 油としては、化粧品中で一般に使用されているものを、単独で又はそれらを組み合わせて使用することができる。 The oil, those generally used in cosmetics can be used alone or in combination thereof. これらの油は揮発性であっても不揮発性であってもよく、好ましくは不揮発性である。 These oils may be volatile be volatile, preferably non-volatile.

油は、炭化水素油、シリコーンオイル等の非極性油;植物性油若しくは動物性油及びエステル油等の極性油;又はそれらの混合物であってもよい。 Oils, hydrocarbon oils, non-polar oils such as silicone oil; may be or a mixture thereof; vegetable oils or animal oils and ester oils polar oil.

(a)油は、植物起源油又は動物起源油、合成油、シリコーンオイル及び炭化水素油からなる群から選択されることが好ましい。 (A) oil, vegetable origin oils or animal origin, synthetic oils, is preferably selected from the group consisting of silicone oils and hydrocarbon oils.

植物性油の例として、挙げることができるのは、例えば、亜麻仁油、ツバキ油、マカダミアナッツ油、トウモロコシ油、ミンク油、オリーブ油、アボカド油、サザンカ油、ヒマシ油、紅花油、ホホバ油、ヒマワリ油、アーモンド油、菜種油、ゴマ油、大豆油、ピーナッツ油、及び、それらの混合物である。 Examples of vegetable oils, the mention may be made, for example, linseed oil, camellia oil, macadamia nut oil, corn oil, mink oil, olive oil, avocado oil, sasanqua oil, castor oil, safflower oil, jojoba oil, sunflower oil, almond oil, rapeseed oil, sesame oil, soybean oil, peanut oil, and mixtures thereof.

動物性油の例として挙げることができるのは、例えばスクアレン及びスクアランである。 Mention may be made, as examples of animal oils, such as squalene and squalane.

合成油の例として挙げることができるのは、例えばエステル油及び人工型トリグリセリドである。 Mention may be made, as examples of synthetic oils, such as ester oils and artificial triglyceride.

エステル油は、好ましくは、飽和又は不飽和の、直鎖又は分枝状の、C 1 〜C 26脂肪族の、一酸又はポリ酸の液状エステル、及び、飽和又は不飽和の、直鎖又は分枝状の、C 1 〜C 26脂肪族の、モノアルコール又はポリアルコールの液状エステルであり、該エステルの炭素原子の総数は10個以上である。 Ester oils are preferably saturated or unsaturated, linear or branched, C 1 -C 26 aliphatic, mono or liquid esters of polyacids, and saturated or unsaturated, linear or branched, of C 1 -C 26 aliphatic, liquid esters of monoalcohols or polyalcohols, the total number of carbon atoms of the ester is 10 or more.

好ましくは、モノアルコールのエステルでは、本発明のエステルが由来するアルコール及び酸のうちの少なくとも1つは分枝状である。 Preferably, the esters of monoalcohols, at least one of the alcohols and acids derived from esters of the present invention are branched.

一酸のモノエステル、及び、モノアルコールのモノエステルの中では、パルミチン酸エチル、パルミチン酸イソプロピル、ミリスチン酸アルキル(ミリスチン酸イソプロピル又はミリスチン酸エチル等)、ステアリン酸イソセチル、イソノナン酸2-エチルヘキシル、ネオペンタン酸イソデシル及びネオペンタン酸イソステアリルを挙げることができる。 Monoesters of mono and, among monoesters of monoalcohols, ethyl palmitate, isopropyl palmitate, myristic acid alkyl (isopropyl myristate or ethyl myristate), isocetyl stearate, isononyl, 2-ethylhexyl, neopentane isodecyl and isostearyl neopentanoate and the like.

C 4 〜C 22ジカルボン酸又はC 4 〜C 22トリカルボン酸と、C 1 〜C 22アルコールとのエステル、並びに、モノカルボン酸、ジカルボン酸又はトリカルボン酸と、非糖C 4 〜C 26ジヒドロキシアルコール、トリヒドロキシアルコール、テトラヒドロキシアルコール又はペンタヒドロキシアルコールとのエステルも使用することができる。 And C 4 -C 22 dicarboxylic acid or C 4 -C 22 tricarboxylic acid, esters of C 1 -C 22 alcohols and monocarboxylic acids, dicarboxylic acids or tricarboxylic acids, non-sugar C 4 -C 26 dihydroxy alcohol, trihydroxy alcohols, also esters of tetrahydroxy alcohols or pentahydroxy alcohols can be used.

とりわけ挙げることができるのは:セバシン酸ジエチル;セバシン酸ジイソプロピル;セバシン酸ビス(2-エチルヘキシル);アジピン酸ジイソプロピル;アジピン酸ジ-n-プロピル;アジピン酸ジオクチル;アジピン酸ビス(2-エチルヘキシル);アジピン酸ジイソステアリル;マレイン酸ビス(2-エチルヘキシル);クエン酸トリイソプロピル;クエン酸トリイソセチル;クエン酸トリイソステアリル;トリ乳酸グリセリル;トリオクタン酸グリセリル;クエン酸トリオクチルドデシル;クエン酸トリオレイル;ジヘプタン酸ネオペンチルグリコール;ジイソノナン酸ジエチレングリコールである。 It is may be mentioned inter alia: diethyl sebacate; diisopropyl sebacate; sebacate bis (2-ethylhexyl); diisopropyl adipate; adipate -n- propyl; dioctyl adipate; bis (2-ethylhexyl) adipate; adipic acid diisostearyl; maleic acid bis (2-ethylhexyl); triisopropyl citrate; citric acid triisocetyl; triisostearyl citrate; tri lactate glyceryl; glyceryl trioctanoate; trioctyldodecyl citrate; citric trioleyl; diheptanoate neopentyl glycol; a Jiisononan diethylene.

エステル油として本組成物が使用できるのは、C 6 〜C 30脂肪酸の、好ましくはC 12 〜C 22脂肪酸の、糖エステル及び糖ジエステルである。 As the present composition is available ester oils, of C 6 -C 30 fatty acids, preferably the C 12 -C 22 fatty acid, sugar esters and sugar diesters. 用語「糖」は、アルデヒド又はケトン官能基の有り無しでいくつかのアルコール官能基を有する、少なくとも4個の炭素原子を含む酸素含有炭化水素系化合物を意味することが想起される。 The term "sugar" includes a number of alcohol functions, with or without aldehyde or ketone function is recalled that means an oxygen-containing hydrocarbon compound containing at least 4 carbon atoms. これらの糖は、単糖類、オリゴ糖類又は多糖類であってもよい。 These sugars, monosaccharides may be oligo- or polysaccharides.

挙げることができる好適な糖の例には、スクロース(又はショ糖)、グルコース、ガラクトース、リボース、フコース、マルトース、フルクトース、マンノース、アラビノース、キシロース及びラクトース、並びに、それらの誘導体、とりわけアルキル誘導体、例えばメチル誘導体、例としてはメチルグルコースがある。 Examples of suitable sugars that may be mentioned include sucrose (or saccharose), glucose, galactose, ribose, fucose, maltose, fructose, mannose, arabinose, xylose and lactose, and their derivatives, especially alkyl derivatives, for example, methyl derivatives, examples have methylglucose.

脂肪酸の糖エステルは、特に、前述した糖と、直鎖若しくは分枝状の、飽和若しくは不飽和のC 6 〜C 30脂肪酸、好ましくはC 12 〜C 22脂肪酸との、エステル又はエステル混合物を含む群から選ぶことができる。 Sugar esters of fatty acids, especially including the sugars described above, the linear or branched, C 6 -C 30 fatty acids, saturated or unsaturated, preferably with C 12 -C 22 fatty acid, an ester or ester mixture it can be selected from the group. これらが不飽和である場合、これらの化合物は、1つから3つの共役又は非共役の炭素-炭素二重結合を有することができる。 If they are unsaturated, these compounds, three conjugated or non-conjugated carbon from one - can have carbon double bonds.

この変形態様によるエステルは、モノエステル、ジエステル、トリエステル、テトラエステル及びポリエステル、並びに、それらの混合物から選択されてもよい。 Esters according to this variation is a monoester, diester, triester, tetraester, and polyesters, and may be selected from mixtures thereof.

これらのエステルは、例えば、オレイン酸エステル、ラウリン酸エステル、パルミチン酸エステル、ミリスチン酸エステル、ベヘン酸エステル、ヤシ油脂肪酸エステル、ステアリン酸エステル、リノール酸エステル、リノレン酸エステル、カプリン酸エステル及びアラキドン酸エステル、又は、それらの混合物、例えば、特にオレオパルミチン酸混合エステル、オレオステアリン酸混合エステル及びパルミトステアリン酸混合エステルであってもよい。 These esters are, for example, oleic acid ester, lauric acid ester, palmitic acid ester, myristic acid ester, behenic acid ester, coconut oil fatty acid esters, stearic acid esters, linoleic acid esters, linolenic acid esters, capric acid esters, and arachidonic acid ester, or a mixture thereof, such as, in particular Oreoparumichin acid mixed ester may be oleostearic mixed esters and palmitostearate mixed esters.

より詳細には、モノエステル及びジエステルが使用され、とりわけスクロース、グルコース若しくはメチルグルコースのモノオレイン酸エステル又はジオレイン酸エステル、ステアリン酸エステル、ベヘン酸エステル、オレオパルミチン酸エステル、リノール酸エステル、リノレン酸エステル及びオレオステアリン酸エステルが使用される。 More particularly, monoesters and diesters are used, inter alia sucrose, monooleate or dioleate ester of glucose or methyl glucose, stearic acid esters, behenic acid esters, Oreoparumichin acid esters, linoleic acid esters, linolenic acid esters and oleostearic ester is used.

挙げることができる例には、Amerchol社によりGlucate(登録商標)DOという名称で販売されている製品があり、これはジオレイン酸メチルグルコースである。 Examples which may be mentioned, there is a product sold under the name Amerchol Corp. by Glucate (R) DO, which is a methyl dioleate.

好ましいエステル油の例として挙げることができるのは、例えば、アジピン酸ジイソプロピル、アジピン酸ジオクチル、ヘキサン酸2-エチルヘキシル、ラウリン酸エチル、オクタン酸セチル、オクタン酸オクチルドデシル、ネオペンタン酸イソデシル、プロピオン酸ミリスチル、2-エチルヘキサン酸2-エチルヘキシル、オクタン酸2-エチルヘキシル、カプリル酸2-エチルヘキシル/カプリン酸2-エチルヘキシル、パルミチン酸メチル、パルミチン酸エチル、パルミチン酸イソプロピル、パルミチン酸エチルヘキシル、ラウリン酸イソヘキシル、ラウリン酸ヘキシル、ステアリン酸イソセチル、イソステアリン酸イソプロピル、ミリスチン酸イソプロピル、オレイン酸イソデシル、グリセリルトリ(2-エチルヘキサノエート)、ペンタエリトリチルテト Mention may be made, as examples of preferred ester oil, for example, diisopropyl adipate, dioctyl adipate, 2-ethylhexyl hexanoate, ethyl laurate, cetyl octanoate, octanoic acid octyldodecyl, isodecyl neopentanoate, myristyl propionate, 2-ethylhexyl 2-ethylhexanoate, octanoate, 2-ethylhexyl, caprylic acid, 2-ethylhexyl / capric acid 2-ethylhexyl, methyl palmitate, ethyl palmitate, isopropyl palmitate, ethylhexyl palmitate, isohexyl laurate, hexyl laurate , isocetyl stearate, isopropyl isostearate, isopropyl myristate, isodecyl oleate, glyceryl tri (2-ethylhexanoate), pentaerythrityl Tet (2-エチルヘキサノエート)、コハク酸2-エチルヘキシル、セバシン酸ジエチル、及び、それらの混合物である。 (2-ethylhexanoate), 2-ethylhexyl succinate, diethyl sebacate, and mixtures thereof.

人工型トリグリセリドの例として挙げることができるのは、例えば、トリミリスチン酸グリセリル、トリパルミチン酸グリセリル、トリリノレン酸グリセリル、トリラウリン酸グリセリル、トリカプリン酸グリセリル、トリカプリル酸グリセリル、グリセリルトリ(カプレート/カプリレート)、及び、グリセリルトリ(カプレート/カプリレート/リノレネート)である。 Mention may be made, as examples of artificial triglycerides, for example, trimyristate, tripalmitate, glyceryl tri-linolenic acid, glyceryl trilaurate, glyceryl capric triglyceride, glyceryl tricaprylate, glyceryl tri (caprate / caprylate) and a glyceryl tri (caprate / caprylate / linolenate).

シリコーンオイルの例として挙げることができるのは、例えば、直鎖有機ポリシロキサン、例えばジメチルポリシロキサン、メチルフェニルポリシロキサン、メチル水素ポリシロキサン等;環状有機ポリシロキサン、例えばオクタメチルシクロテトラシロキサン、デカメチルシクロペンタシロキサン、ドデカメチルシクロヘキサシロキサン等;及びそれらの混合物である。 Mention may be made, as examples of silicone oils, for example, straight-chain organopolysiloxane, such as dimethylpolysiloxane, methylphenyl polysiloxane, methyl hydrogen polysiloxane, cyclic organopolysiloxanes, for example, octamethylcyclotetrasiloxane, decamethyl cyclopentasiloxane, dodecamethylcyclohexasiloxane and the like; a and mixtures thereof.

好ましくは、シリコーンオイルは、液状ポリジアルキルシロキサン、とりわけ液状ポリジメチルシロキサン(PDMS)、及び、少なくとも1つのアリール基を含む液状ポリ有機シロキサンから選ばれる。 Preferably, silicone oil, liquid polydialkylsiloxane, especially liquid polydimethylsiloxane (PDMS), and is selected from liquid polyorganosiloxane containing at least one aryl group.

これらのシリコーンオイルはまた、有機変性であってもよい。 These silicone oils may also be organomodified. 本発明により使用できる有機変性シリコーンは、上に定義しているシリコーンオイルであり、それらの構造中に、炭素水素系基を介して結合されている1つ又は複数の有機官能基を含むシリコーンオイルである。 Organomodified silicones which can be used according to the invention is a silicone oil that defined above, in their structure, the silicone oil containing one or more organofunctional groups attached via a carbon-hydrogen-based group it is.

有機ポリシロキサンは、Walter NollのChemistry and Technology of Silicones(1968年)、Academic Pressにおいて非常に詳細に定義されている。 Organic polysiloxane, Chemistry and Technology of Silicones (1968 years) of Walter Noll, has been very in detail defined in the Academic Press. これらは、揮発性であっても不揮発性であってもよい。 These may be volatile and may be non-volatile.

これらが揮発性である場合、シリコーンは、より詳細には、沸点が60℃から260℃の間であるものから選ばれ、更に、より詳細には、以下のものから選ばれる: These may be volatile, silicones, and more particularly, the boiling point is selected from those which are between 260 ° C. from 60 ° C., further more particularly, chosen from:
(i)3から7個、好ましくは4から5個のケイ素原子を含む環状ポリジアルキルシロキサン。 (I) 3 to 7, preferably cyclic polydialkylsiloxanes containing from 4 to 5, silicon atoms. これらには、例えば、詳細にはUnion CarbideによりVolatile Silicone(登録商標)7207という名称で、又は、RhodiaによりSilbione(登録商標)70045 V2という名称で販売されているオクタメチルシクロテトラシロキサンがあり、Union CarbideによりVolatile Silicone(登録商標)7158という名称で、RhodiaによりSilbione(登録商標)70045 V5という名称で販売されているデカメチルシクロペンタシロキサン、及び、Momentive Performance MaterialsによりSilsoft 1217という名称で販売されているドデカメチルシクロペンタシロキサン、並びに、それらの混合物がある。 These include, for example, by Union Carbide in detail under the name Volatile Silicone (R) 7207, or, there is octamethylcyclotetrasiloxane sold under the name Silbione (R) 70045 V2 by Rhodia, Union Carbide by under the name Volatile Silicone (registered trademark) 7158, decamethylcyclopentasiloxane sold under the name Silbione (R) 70045 V5 by Rhodia, and is sold under the name Silsoft 1217 by Momentive Performance Materials dodecamethyl cyclopentasiloxane, and, there are mixtures thereof. Union Carbide社により販売されているSilicone Volatile(登録商標)FZ 3109等の、式 Union Carbide sold by the company Silicone Volatile such as (registered trademark) FZ 3109, formula
[式中、 [In the formula,

である] In which]
の、ジメチルシロキサン/メチルアルキルシロキサン等の型のシクロコポリマーを挙げることもできる。 Of, it can also be mentioned type cyclo copolymers such as dimethylsiloxane / methylalkylsiloxane. 環状ポリジアルキルシロキサンと有機ケイ素化合物との混合物も挙げることができ、例えばオクタメチルシクロテトラシロキサンとテトラトリメチルシリルペンタエリトリトールとの混合物(50/50)、及び、オクタメチルシクロテトラシロキサンとオキシ-1,1'-ビス(2,2,2',2',3,3'-ヘキサトリメチルシリルオキシ)ネオペンタンとの混合物を挙げることができる。 Mixtures of cyclic polydialkylsiloxanes with organosilicon compounds can also be cited, for example, octamethylcyclotetrasiloxane and a mixture of tetra-trimethylsilyl pentaerythritol (50/50), and, octamethylcyclotetrasiloxane and oxy-1,1 '- bis (2,2,2', 2 ', 3,3'-hexa trimethylsilyloxy) and a mixture of neopentane.
(ii)2から9個のケイ素原子を有し、粘度が25℃で5×10 -6 m 2 /秒以下である直鎖揮発性ポリジアルキルシロキサン。 (ii) 2 having from 9 silicon atoms, linear volatile polydialkylsiloxanes viscosity is less 5 × 10 -6 m 2 / s at 25 ° C.. 詳細な例にはToray Silicone(現在の東レ・ダウコーニング株式会社)によりSH 200という名称で販売されているデカメチルテトラシロキサンがある。 Detailed examples have decamethyltetrasiloxane sold under the name Toray Silicone (current Dow Corning Toray Co., Ltd.) by SH 200. このカテゴリーに属するシリコーンは、Cosmetics and Toiletries、第91巻、1976年1月、27〜32頁、Todd & Byers、Volatile Silicone Fluids for Cosmeticsで公開されている記事にも記載がある。 Silicone belonging to this category, Cosmetics and Toiletries, Vol. 91, January 1976, pp. 27~32, Todd & Byers, there is also described in the article published in the Volatile Silicone Fluids for Cosmetics. 該シリコーンの粘度は、ASTM規格445付録Cに従って25℃で測定されている。 The viscosity of the silicone is measured at 25 ° C. according to ASTM Standard 445 Appendix C.

不揮発性ポリジアルキルシロキサンも使用することができる。 It can also be used non-volatile polydialkylsiloxanes. これらの不揮発性シリコーンは、より詳細にはポリジアルキルシロキサンから選ばれ、その中では、主としてトリメチルシリル末端基を有するポリジメチルシロキサンを挙げることができる。 These non-volatile silicone is more particularly selected from polydialkylsiloxanes, among which may be mentioned polydimethylsiloxane comprising mainly trimethylsilyl end groups.

これらのポリジアルキルシロキサンの中で非限定的に挙げることができるのは、以下の市販製品である: Mention may be made, without limitation among these polydialkylsiloxane are the following commercial products:
- Rhodiaにより販売されているSilbione(登録商標)オイルの47及び70 047シリーズ、又は、Mirasil(登録商標)オイル、例としてはオイル70 047 V 500 000、 - Silbione sold by Rhodia (R) oil 47 and 70 047 series, or, Mirasil (TM) oil, oil 70 047 V 500 000 As an example,
- Rhodia社により販売されているMirasil(登録商標)シリーズのオイル、 - Rhodia sold by the company Mirasil (registered trademark) series of oil,
- Dow Corning社製の200シリーズのオイル、例えば粘度が60000mm 2 /秒であるDC200、 - Dow Corning Corp. 200 series of oils, for example, a viscosity of 60000mm 2 / s DC200,
- General Electric製のViscasil(登録商標)オイル、及び、General Electric製のSFシリーズのある種のオイル(SF 96、SF 18)。 - General Electric made of Viscasil (registered trademark) oil, and, General Electric made of the SF series some sort of oil (SF 96, SF 18).

例えばRhodia社製の48シリーズのオイル等の、ジメチコノールの名称(CTFA)で公知の、ジメチルシラノール末端基を有するポリジメチルシロキサンも挙げることができる。 For example, such Rhodia Inc. of 48 series of oil, known under the name dimethiconol (CTFA), polydimethylsiloxane having dimethylsilanol end groups can also be mentioned.

アリール基を有するシリコーンの中では、ポリジアリールシロキサン、とりわけポリジフェニルシロキサン及びポリアルキルアリールシロキサンがある。 Among the silicones containing aryl groups, polydiene siloxanes, especially there is polydiphenylsiloxanes and polyalkylarylsiloxanes. 挙げることができる例には、以下の名称で販売されている製品がある: Examples that may be mentioned include the products sold under the following names:
- Rhodia製のSilbione(登録商標)オイルの70 641シリーズ、 - Rhodia made of Silbione (registered trademark) oil of 70 641 series,
- Rhodia製のRhodorsil(登録商標)70 633及び763シリーズのオイル、 - Rhodia made of Rhodorsil (R) 70 633 and 763 series of oil,
- Dow Corning製のDow Corning 556 Cosmetic Grade Fluidオイル、 - Dow Corning manufactured by Dow Corning 556 Cosmetic Grade Fluid oil,
- Bayer製のPKシリーズのシリコーン、例えばPK20製品、 - PK series of silicone manufactured by Bayer, for example PK20 products,
- General Electric製のSFシリーズのある種のオイル、例えばSF 1023、SF 1154、SF 1250及びSF 1265。 - General Electric made of SF series some sort of oil, for example SF 1023, SF 1154, SF 1250 and SF 1265.

有機変性された液状シリコーンは、特に、ポリエチレンオキシ基及び/又はポリプロピレンオキシ基を有していてもよい。 Organically modified liquid silicone, in particular, may have a polyethyleneoxy group, and / or polypropylene oxy group. そのため、信越化学工業株式会社によって提案されているシリコーンKF-6017、及び、Union Carbide社製のSilwet(登録商標)L722オイル及びL77オイルを挙げることができる。 Therefore, Shin-Etsu Chemical silicone KF-6017 proposed by Corporation, and may be mentioned Union Carbide Corp. Silwet (TM) L722 oil and L77 oil.

炭化水素油は、以下から選ばれてもよい: Hydrocarbon oils may be selected from the following:
- 直鎖又は分枝状の、任意選択で環状のC 6 〜C 16低級アルカン。 - linear or branched, cyclic C 6 -C 16 lower alkanes optionally. 挙げることができる例には、ヘキサン、ウンデカン、ドデカン、トリデカン及びイソパラフィン、例としてはイソヘキサデカン、イソドデカン及びイソデカン、並びに Examples which may be mentioned, hexane, undecane, dodecane, tridecane and isoparaffins, isohexadecane Examples, isododecane and isodecane, and
- 16個を超える炭素原子を有する直鎖又は分枝状の炭化水素、例えば流動パラフィン、流動ワセリン、ポリデセン及び水素化ポリイソブテン、例えばParleam(登録商標)、及び、スクアラン。 - straight-chain or branched hydrocarbon having 16 more than carbon atoms, such as liquid paraffin, liquid petroleum jelly, polydecenes, and hydrogenated polyisobutene, such as Parleam (registered trademark), and squalane.

炭化水素油の好ましい例として、例えば、直鎖又は分枝状の炭化水素、例えば鉱油(例えば流動パラフィン)、パラフィン、ワセリン又はペトロラタム、ナフタレン等;水素化ポリイソブテン、イソエイコサン、及び、デセン/ブテンコポリマー;並びに、それらの混合物を挙げることができる。 Preferred examples of hydrocarbon oils, for example, straight-chain or branched hydrocarbon, such as mineral oil (such as liquid paraffin), paraffin, vaseline or petrolatum, naphthalene and the like; hydrogenated polyisobutene, isoeicosane, and decene / butene copolymer; and it can include mixtures thereof.

(a)油は、室温で液体である炭化水素油から選ばれることが好ましい。 (A) oil is preferably selected from hydrocarbon oils that are liquid at room temperature.

(a)油が、分子量が600g/mol未満である油から選ばれることも好ましい。 (A) oil, it is also preferable that the molecular weight is selected from the oil is less than 600 g / mol.

好ましくは、(a)油は、600g/mol未満等の低分子量を有し、1つ又は複数の短鎖炭化水素を有するエステル油(例えばミリスチン酸イソプロピル、パルミチン酸イソプロピル、イソノナン酸イソノニル及びパルミチン酸エチルヘキシル)、1つ又は複数の短鎖アルキル基を有する炭化水素油(例えばイソドデカン、イソヘキサデカン及びスクアラン)、オクチルドデカノール等の短鎖アルコール型油の中から選ばれる。 Preferably, (a) the oil has a low molecular weight, such as less than 600 g / mol, ester oils with one or more short-chain hydrocarbons (such as isopropyl myristate, isopropyl palmitate, isononyl isononanoate and palmitic acid ethylhexyl), hydrocarbon oils having one or more short chain alkyl groups (such as isododecane, isohexadecane and squalane), selected from a short chain alcohol type oils such as octyldodecanol.

本発明による化粧品組成物中の(a)油の量は、組成物の総質量に対して0.1から15質量%、好ましくは1から12質量%、より好ましくは2から10質量%の範囲である。 The amount of (a) an oil of a cosmetic composition according to the invention is 0.1 to 15% by weight relative to the total weight of the composition, is preferably 1 to 12 wt%, the range and more preferably from 2 to 10 wt% .

[ポリグリセリル脂肪酸エステル] [Polyglyceryl fatty acid ester]
本発明による化粧品組成物は、HLB(親水性親油性バランス)値が8.0から14.0である、少なくとも1種のポリグリセリル脂肪酸エステルを含む。 The cosmetic composition according to the present invention, HLB (hydrophilic-lipophilic balance) value of 14.0 to 8.0, comprising at least one polyglyceryl fatty acid ester. 単一の型のポリグリセリル脂肪酸エステルを使用してもよいが、2つ以上の異なる型のポリグリセリル脂肪酸エステルを組み合わせて使用することもできる。 May use a single type polyglyceryl fatty acid ester, but can also be used in combination of two or more different types polyglyceryl fatty acid ester.

(b)ポリグリセリル脂肪酸エステルは、2から10個のグリコール、より好ましくは3から6個のグリコール、更により好ましくは5から6個のグリコールに由来するポリグリコール部分を有していることが好ましい。 (B) polyglyceryl fatty acid ester is 2 to 10 glycol, more preferably glycol 3 6, even more preferably preferably has a polyglycol moiety derived from six glycol from 5.

(b)ポリグリセリル脂肪酸エステルのHLB値は、8.0から13.0、好ましくは9.0から13.0、より好ましくは10.0から13.0であってもよい。 (B) HLB value of polyglyceryl fatty acid ester, from 8.0 to 13.0, preferably from 9.0 to 13.0, may be 13.0 more preferably from 10.0. 2種以上のポリグリセリル脂肪酸エステルが使用される場合、そのHLB値は、全てのポリグリセリル脂肪酸エステルのHLB値の質量平均により決定される。 If two or more polyglyceryl fatty acid ester is used, the HLB value is determined by the weight average of the HLB values ​​of all the polyglyceryl fatty acid ester.

(b)ポリグリセリル脂肪酸エステルは、2から30個の炭素原子、好ましくは6から30個の炭素原子、より好ましくは8から30個の炭素原子を有する、飽和又は不飽和の、好ましくは飽和の、ラウリン酸、オレイン酸、ステアリン酸、イソステアリン酸、カプリン酸、カプリル酸及びミリスチン酸等の酸の、モノエステル、ジエステル及びトリエステルから選ぶことができる。 (B) polyglyceryl fatty acid ester, 2 to 30 carbon atoms, preferably 6 to 30 carbon atoms, more preferably having 8 to 30 carbon atoms, saturated or unsaturated, preferably saturated, lauric acid, oleic acid, stearic acid, isostearic acid, capric acid, the acids such as caprylic acid and myristic acid, can be selected from monoesters, diesters and triesters.

ポリグリセリル脂肪酸エステルは、カプリン酸PG2、ジカプリン酸PG2、トリカプリン酸PG2、カプリル酸PG2、ジカプリル酸PG2、トリカプリル酸PG2、ラウリン酸PG2、ジラウリン酸PG2、トリラウリン酸PG2、ミリスチン酸PG2、ジミリスチン酸PG2、トリミリスチン酸PG2、ステアリン酸PG2、ジステアリン酸PG2、トリステアリン酸PG2、イソステアリン酸PG2、ジイソステアリン酸PG2、トリイソステアリン酸PG2、オレイン酸PG2、ジオレイン酸PG2、トリオレイン酸PG2、カプリン酸PG3、ジカプリン酸PG3、トリカプリン酸PG3、カプリル酸PG3、ジカプリル酸PG3、トリカプリル酸PG3、ラウリン酸PG3、ジラウリン酸PG3、トリラウリン酸PG3、ミリスチン酸PG3、ジミリスチン酸PG3、トリミリスチン酸PG3、ステアリン酸PG3、ジステアリン酸PG3、トリステアリン酸PG3、イソステアリン酸P Polyglyceryl fatty acid ester, capric acid PG2, dicaprate PG2, tricaprate PG2, caprylic acid PG2, dicaprylate PG2, tricaprylate PG2, lauric acid PG2, dilaurate PG2, trilaurate PG2, myristic acid PG2, dimyristate PG2, trimyristate PG2, stearic acid PG2, distearate PG2, tristearate PG2, isostearic acid PG2, diisostearate PG2, triisostearate PG2, oleic acid PG2, dioleate PG2, trioleate PG2, capric acid PG3, dicaprate PG3, tricaprate PG3, caprylic acid PG3, dicaprylate PG3, tricaprylate PG3, lauric acid PG3, dilaurate PG3, trilaurate PG3, myristic acid PG3, dimyristate PG3, trimyristate PG3, PG3 stearate, distearate PG3, tristearate PG3, isostearic acid P G3、ジイソステアリン酸PG3、トリイソステアリン酸PG3、オレイン酸PG3、ジオレイン酸PG3、トリオレイン酸PG3、カプリン酸PG4、ジカプリン酸PG4、トリカプリン酸PG4、カプリル酸PG4、ジカプリル酸PG4、トリカプリル酸PG4、ラウリン酸PG4、ジラウリン酸PG4、トリラウリン酸PG4、ミリスチン酸PG4、ジミリスチン酸PG4、トリミリスチン酸PG4、ステアリン酸PG4、ジステアリン酸PG4、トリステアリン酸PG4、イソステアリン酸PG4、ジイソステアリン酸PG4、トリイソステアリン酸PG4、オレイン酸PG4、ジオレイン酸PG4、トリオレイン酸PG4、カプリン酸PG5、ジカプリン酸PG5、トリカプリン酸PG5、カプリル酸PG5、ジカプリル酸PG5、トリカプリル酸PG5、ラウリン酸PG5、ジラウリン酸PG5、トリラウリン酸PG5、ミリスチン酸PG5、ジミリスチン酸PG5、トリミリスチン酸PG5、ステ G3, diisostearate PG3, triisostearate PG3, PG3 oleic acid dioleate PG3, trioleate PG3, capric acid PG4, dicaprate PG4, tricaprate PG4, caprylic acid PG4, dicaprylate PG4, tricaprylate PG4, lauric acid PG4, dilaurate PG4, trilaurate PG4, myristic acid PG4, dimyristate PG4, trimyristate PG4, PG4 stearate, distearate PG4, tristearate PG4, isostearic acid PG4, diisostearate PG4, triisostearate PG4, oleic acid PG4, dioleate PG4, trioleate PG4, capric acid PG5, dicaprate PG5, tricaprate PG5, caprylic acid PG5, dicaprylate PG5, tricaprylate PG5, lauric acid PG5, dilaurate PG5, trilaurate PG5, myristic acid PG5, dimyristate acid PG5, trimyristate PG5, stearyl リン酸PG5、ジステアリン酸PG5、トリステアリン酸PG5、イソステアリン酸PG5、ジイソステアリン酸PG5、トリイソステアリン酸PG5、オレイン酸PG5、ジオレイン酸PG5、トリオレイン酸PG5、カプリン酸PG6、ジカプリン酸PG6、トリカプリン酸PG6、カプリル酸PG6、ジカプリル酸PG6、トリカプリル酸PG6、ラウリン酸PG6、ジラウリン酸PG6、トリラウリン酸PG6、ミリスチン酸PG6、ジミリスチン酸PG6、トリミリスチン酸PG6、ステアリン酸PG6、ジステアリン酸PG6、トリステアリン酸PG6、イソステアリン酸PG6、ジイソステアリン酸PG6、トリイソステアリン酸PG6、オレイン酸PG6、ジオレイン酸PG6、トリオレイン酸PG6、カプリン酸PG10、ジカプリン酸PG10、トリカプリン酸PG10、カプリル酸PG10、ジカプリル酸PG10、トリカプリル酸PG10、ラウリン酸PG10、ジラウリン酸PG10、トリラ Phosphate PG5, distearate PG5, tristearate PG5, isostearic acid PG5, diisostearate PG5, triisostearate PG5, PG5 oleic acid dioleate PG5, trioleate PG5, capric acid PG6, dicaprate PG6, tricaprate PG6 , caprylic acid PG6, dicaprylate PG6, tricaprylate PG6, lauric acid PG6, dilaurate PG6, trilaurate PG6, myristic acid PG6, dimyristate PG6, trimyristate PG6, PG6 stearate, distearate PG6, tristearate PG6, isostearic acid PG6, diisostearate PG6, triisostearate PG6, oleic acid PG6, dioleate PG6, trioleate PG6, capric acid PG10, dicaprate PG10, tricaprate PG10, caprylic acid PG10, dicaprylate PG10, tricaprylate PG10, lauric acid PG10, dilaurate PG10, Torira リン酸PG10、ミリスチン酸PG10、ジミリスチン酸PG10、トリミリスチン酸PG10、ステアリン酸PG10、ジステアリン酸PG10、トリステアリン酸PG10、イソステアリン酸PG10、ジイソステアリン酸PG10、トリイソステアリン酸PG10、オレイン酸PG10、ジオレイン酸PG10及びトリオレイン酸PG10からなる群から選ぶことができる。 Phosphate PG10, myristic acid PG10, dimyristate PG10, trimyristate PG10, PG10 stearate, distearate PG10, tristearate PG10, isostearic acid PG10, diisostearate PG10, triisostearate PG10, PG10 oleic acid dioleate PG10 and can be selected from the group consisting of trioleate PG10.

(b)ポリグリセリル脂肪酸エステルは、以下から選ばれることが好ましい: (B) polyglyceryl fatty acid ester is preferably selected from the following:
- 3から6個のグリセロール単位を含むモノラウリン酸ポリグリセリル、 - polyglyceryl monolaurate three from containing 6 glycerol units,
- 3から6個のグリセロール単位を含むモノ(イソ)ステアリン酸ポリグリセリル、 - mono 3 containing 6 glycerol units (iso) polyglyceryl stearate,
- 3から6個のグリセロール単位を含むモノオレイン酸ポリグリセリル、 - polyglyceryl monooleate comprising 3 to 6 glycerol units,
- 3から6個のグリセロール単位を含むジオレイン酸ポリグリセリル。 - dioleate polyglyceryl comprising 3 to 6 glycerol units.

(b)ポリグリセリル脂肪酸エステルが、2から6個のグリセロール単位を含むカプリン酸ポリグリセリル、2から6個のグリセロール単位を含むトリカプリン酸ポリグリセリル、3から6個のグリセロール単位を含むモノラウリン酸ポリグリセリル、3から6個のグリセロール単位を含むモノ(イソ)ステアリン酸ポリグリセリル、3から6個のグリセロール単位を含むモノオレイン酸ポリグリセリル、及び、3から6個のグリセロール単位を含むジオレイン酸ポリグリセリルから選ばれることが好ましい。 (B) polyglyceryl fatty acid ester, capric acid polyglyceryl containing 2 to 6 glycerol units, tricaprate polyglyceryl containing 2 to 6 glycerol units, polyglyceryl monolaurate containing 6 glycerol units from 3, 3 6 number of polyglyceryl mono (iso) stearate comprising glycerol units, polyglyceryl monooleate comprising 3 to 6 glycerol units, and is preferably selected from dioleate polyglyceryl containing 6 glycerol units from 3.

(b)ポリグリセリル脂肪酸エステルの原料は、好ましくは3から6個のグリセリン、より好ましくは5から6個のグリセリンに由来するポリグリセリル部分を有するポリグリセリル脂肪酸エステルの混合物から選ばれてもよく、該混合物は、好ましくは、5から6個のグリセリンからなるポリグリセリル部分を有するポリグリセリル脂肪酸エステルを少なくとも30質量%含む。 (B) the raw material of polyglyceryl fatty acid ester, preferably glycerol of 3 to 6, and more preferably may be selected from a mixture of polyglyceryl fatty acid ester having a polyglyceryl moiety derived from six glycerin 5, the mixture , preferably at least 30% by weight of polyglyceryl fatty acid ester having a polyglyceryl moiety of six glycerin 5.

一実施形態では、(b)ポリグリセリル脂肪酸エステルの原料は、脂肪酸と、重合度が4以上であるポリグリセリンを70%以上含むポリグリセリンとのエステル、好ましくは脂肪酸と、重合度が4から11の間であるポリグリセリンを60%以上含むポリグリセリンとのエステル、より好ましくは脂肪酸と、重合度が5以上であるポリグリセリンを30%以上含むポリグリセリンとのエステルを含む。 In one embodiment, (b) raw material polyglyceryl fatty acid esters, fatty acids and esters of polyglycerol degree of polymerization comprises a polyglycerol is 4 or more 70% or more, preferably a fatty acid having a degree of polymerization from 4 11 esters of a polyglycerol polyglycerol comprising 60% or more is between, more preferably the ester of a fatty acid and a polymerization degree of polyglycerol containing polyglycerol is 5 or more than 30%.

本発明による化粧品組成物中の(b)ポリグリセリル脂肪酸エステルの量は制限されず、組成物の総質量に対して0.1から30質量%、好ましくは1から25質量%、より好ましくは3から20質量%の範囲であってもよい。 The amount of (b) polyglyceryl fatty acid ester of a cosmetic composition according to the invention is not limited, 0.1 to 30% by weight relative to the total weight of the composition, preferably 1 to 25 wt%, more preferably 3 to 20 mass % of may be in the range.

[会合性ポリウレタン] [Associative polyurethane]
本発明の化粧用組成物は、少なくとも1種の会合性ポリウレタンを含む。 Cosmetic compositions of the present invention comprises at least one associative polyurethane. 単一の型の会合性ポリウレタンを使用してもよいが、2つ以上の異なる型の会合性ポリウレタンを組み合わせて使用することもできる。 It may be used associative polyurethane of a single type, but can also be used in combination associative polyurethane of two or more different types.

会合性ポリウレタンは、陽イオン性であってもよく、非イオン性であってもよい。 Associative polyurethanes may be a cationic, may be non-ionic.

会合性ポリウレタンの中で挙げることができるのは、α,β-モノエチレン不飽和を有するカルボン酸約20から70質量%、α,β-モノエチレン不飽和を有する非界面活性剤モノマー約20から80質量%、モノヒドロキシ化界面活性剤とモノエチレン化不飽和モノイソシアネートとの反応生成物である非イオンモノウレタン約0.5から60質量%の重合により得られるもの等の会合性ポリウレタン誘導体である。 Can be mentioned in the associative polyurethanes, alpha, 70 wt% of carboxylic acid 20 with β- monoethylenically unsaturated, alpha, of a non-surfactant monomer about 20 with β- monoethylenically unsaturated 80% by weight, associative polyurethanes derivatives such as those obtained by polymerization of a non-ionic monourethane about 0.5 which is the reaction product of 60% by weight of the monohydroxy surfactant and a monoethylenically unsaturated monoisocyanate.

類似のものが、詳細には欧州特許第173109号に、より詳細には実施例3に記載されている。 Those of similar, in particular in EP 173 109, is described in Example 3 and more. 更に正確には、このポリマーは、メタクリル酸/メチルアクリレート/ジメチルメタイソプロペニルベンゾイルイソシアネートのエトキシル化ベヘニルアルコール(40EO)ターポリマーであり、25%水性分散液である。 More precisely, this polymer is an ethoxylated behenyl alcohol (40 EO) terpolymer of methacrylic acid / methyl acrylate / dimethyl meta isopropenyl Reuben benzoyl isocyanate, 25% aqueous dispersion. この製品は、AMERCHOL社によりVISCOPHOBE DB1000の参照番号により提供されている。 This product is provided by reference numbers Viscophobe DB1000 by AMERCHOL company.

同様に好適であるのは、陽イオン性会合性ポリウレタンであり、その群は、仏国特許出願公開0009609号において出願人により記載されている。 Also suitable are cationic associative polyurethanes, the group is described by the Applicant in French Patent Application Publication No. 0009609. これは、より詳細には、一般式(A) This is more particularly of the general formula (A)
RX-(P) n -[L-(Y) m ] r -L'-(P') p -X'-R' (A) RX- (P) n - [L- (Y) m] r -L '- (P') p -X'-R '(A)
(式中、R及びR'は、同一であり又は異なり、疎水性基又は水素原子を表し;X及びX'は、同一であり又は異なり、疎水性基を保有しているかそうではないアミン官能基を有する基を表し、又はそうでなければ基L''を表し;L、L'及びL''は、同一であり又は異なり、ジイソシアネートに由来する基を表し;P及びP'は、同一であり又は異なり、疎水性基を保有しているかそうではないアミン官能基を有する基を表し;Yは疎水性基を表し;rは、1から100の間、好ましくは1から50の間、特に1から25の間の整数であり;n、m及びpは、他から独立して、0から1000の間であり;分子は、少なくとも1つのプロトン化した又は第四級化したアミン官能基、及び、少なくとも1つの疎水性基を有する)により表すことができる。 (Wherein, R and R 'are different is or are identical, represent a hydrophobic group or a hydrogen atom; X and X' are different is or are identical, not the case either owns hydrophobic group amine function It represents a group having a group, or else 'represents; L, L' group L 'and L' 'is different is or are identical, represent a group derived from a diisocyanate; P and P' are the same in and or different, represent a group having otherwise the amine functional group or possesses a hydrophobic group; Y represents a hydrophobic group; r is between 1 and 100, preferably between 1 and 50, especially an integer between 1 and 25; n, m and p, independently of the other, be between 0 and 1000; molecule, at least one protonated or quaternized amine function , and it can be represented by at least one hydrophobic group).

非常に有利な実施形態では、これらのポリウレタンの唯一の疎水性基は、鎖の両端にあるR基及びR'基である。 In a very advantageous embodiment, the only hydrophobic groups of these polyurethanes are R and R 'groups at the ends of the chain.

第1の好ましい実施形態によれば、会合性ポリウレタンは、式(A)(式中、R及びR'は、それぞれ独立して、双方とも疎水性基を表し、X、X'はそれぞれL''基を表し、n及びpは1から1000の間であり、L、L'、L''、P、P'、Y及びmは、式(A)で示された意味を有する)に相当する。 According to a first preferred embodiment, associative polyurethane of formula (A) (wherein, R and R 'are each independently, both represent a hydrophobic group, X, X', respectively L ' 'represents a radical, n and p is between 1 to 1000, L, L', L 'corresponds to', P, P ', Y and m have the meanings indicated in formula (a)) to.

本発明の別の好ましい実施形態によれば、会合性ポリウレタンは、式(A)(式中、R及びR'は、それぞれ独立して、双方とも疎水性基を表し、X、X'はそれぞれL''基を表し、n及びpは0に等しく、L、L'、L''、Y及びmは、上に示した式(A)における意味を有する)に相当する。 According to another preferred embodiment of the present invention, associative polyurethane of formula (A) (wherein, R and R 'are each independently, both represent a hydrophobic group, X, X' are each L '' represents a radical, n and p are equal to 0, L, L ', L' ', Y and m correspond to have the meaning in formula (a) shown above).

n及びpが0に等しいということは、これらのポリマーが、重縮合の間にポリマー中へ組み込まれた、アミン官能基を有するモノマーに由来する単位を含んでいないことを意味する。 That n and p are equal to 0, the polymers have been incorporated into the polymer during the polycondensation, which means that it does not contain a unit derived from a monomer having an amine functionality. これらのポリウレタンの、プロトン化したアミン官能基は、鎖の末端で、過剰量で、イソシアネート官能基の加水分加水分解から生じ、その後、疎水性基を有するアルキル化剤により形成される第一級アミン官能基のアルキル化へと続き、つまり、RQ又はR'Q(式中、R及びR'は上に定義したとおりであり、Qは、ハロゲン化物、硫酸塩等の残りの基を示す)型の化合物である。 These polyurethanes, amine functional group protonation at the end of the chain, in excess, resulting from hydrolysis partial hydrolysis of the isocyanate functional groups, then primary formed by an alkylating agent having a hydrophobic group continues to alkylation of the amine functional group, i.e., RQ or R'Q (wherein is as defined above and R and R ', Q is, shows a halide, the remaining groups or sulfate) it is a compound of the type.

本発明の別の好ましい実施形態では、会合性ポリウレタンは、式(A)(式中、R及びR'は、それぞれ独立して、双方とも疎水性基を表し、X及びX'は、それぞれ独立して、双方とも第四級アミンを有する基を表し、n及びpはゼロに等しく、L、L'、Y及びmは、上に示した式(A)における意味を有する)に相当する。 In another preferred embodiment of the present invention, associative polyurethane of formula (A) (wherein, R and R 'are each independently, both represent a hydrophobic group, X and X' are each independently and represents a group having both quaternary amine, n and p are equal to zero, L, L ', Y and m correspond to the formula has the meaning of (a)) shown above.

陽イオン性会合性ポリウレタンの数平均分子量は、一般に400から500,000g/molの間、特に1000から400,000g/molの間、理想的には1000から300,000g/molの間である。 The number average molecular weight of the cationic associative polyurethanes are generally between 400 500,000 g / mol, in particular from 1000 between 400,000 g / mol, and ideally between 1000 and 300,000 g / mol.

X及び/又はX'が、第三級アミン又は第四級アミンを有する基を示す場合、X及び/又はX'は、式 X and / or X 'is, if a group having a tertiary amine or quaternary amine, X and / or X' has the formula

(式中、 (In the formula,
R 2は、1から20個の炭素原子を有する直鎖又は分枝状の、飽和又は不飽和の環を有しているかそうではないアルキレン基、又はアリーレン基を表し、1個又は複数の炭素原子がN、S、O、Pから選ばれるヘテロ原子により置き換えられることが可能であり、 R 2 represents 1 from a straight or branched having 1-20 carbon atoms, saturated or unsaturated alkylene group not so either have a ring, or an arylene group, one or more carbon atom is N, S, O, it can be replaced by a heteroatom selected from P,
R 1及びR 3は、同一であり又は異なり、直鎖又は分枝状のC 1 〜C 30アルキル基又はアルケニル基、アリール基を示し、炭素原子のうちの少なくとも1個がN、S、O、Pから選ばれるヘテロ原子により置き換えられることが可能であり、 R 1 and R 3 are different is or identical, linear or branched C 1 -C 30 alkyl or alkenyl group, an aryl group, at least one is N, S of the carbon atoms, O , it can be replaced by a heteroatom selected from P,
A -は、生理的に受容される対イオンである) A - is a physiologically acceptable counterion)
のうちの1つを表すことができる。 It may represent one of the.

基L、L'及びL''は、式 Group L, L 'and L' 'has the formula

(式中、 (In the formula,
Zは、-O-、-S-又はNH-を表し、 Z is, -O -, - represents S- or NH-,
R 4は、1から20個の炭素原子を有する直鎖又は分枝状の、飽和又は不飽和の環を有しているかそうではないアルキレン基、アリーレン基を表し、炭素原子のうちの少なくとも1個がN、S、O、及び、Pから選ばれるヘテロ原子により置き換えられることが可能である) R 4 is 1 from a straight or branched having 1-20 carbon atoms, saturated or unsaturated alkylene group not so either have a ring, an arylene group, at least one of the carbon atoms number is N, S, O, and, can be replaced by a heteroatom selected from P)
の基を表す。 It represents a group of.

基P及びP'は、アミン官能基を含んでおり、式 Group P and P 'includes a amine functional group, the formula

(式中、 (In the formula,
R 5及びR 7は、上に定義されたR 2と同じ意味であり、R 6 、R 8及びR 9は、上に定義されたR 1及びR 3と同じ意味であり、 R 5 and R 7 are the same meaning as R 2 as defined above, R 6, R 8, and R 9 has the same meaning as R 1 and R 3 as defined above,
R 10は、直鎖又は分枝状のアルキレン基を表し、これは任意選択で不飽和であり、これはN、O、S及びPから選ばれる1個又は複数のヘテロ原子を有していてもよく、 R 10 represents a linear or branched alkylene group, which is an unsaturated optionally, which have N, O, one or more heteroatoms selected from S and P It may be,
A -は、生理的に受容される対イオンである) A - is a physiologically acceptable counterion)
のうちの少なくとも1つを表すことができる。 It may represent at least one of.

Yの意味に関して、疎水性基という表現は、ポリマーの又は非ポリマーの、水に可溶な基を意味すると理解される。 Respect the meaning of Y, the term hydrophobic group, the polymer or non-polymeric, it is understood to mean soluble groups in water. 例として挙げることができるのは、ポリマーが含まれていない場合、エチレングリコール、ジエチレングリコール及びプロピレングリコールである。 Mention may be made, as examples, does not contain the polymer is ethylene glycol, diethylene glycol and propylene glycol. 好ましい実施形態によれば、親水性ポリマーの事例で挙げることができるのは、例としては、ポリエーテル、スルホン化ポリエステル、スルホン化ポリアミド、又はこれらのポリマーの混合物である。 According to a preferred embodiment, may be mentioned in case of hydrophilic polymers, examples, polyethers, sulfonated polyesters, sulfonated polyamides, or mixtures of these polymers. 好ましくは、親水性化合物はポリエーテルであり、詳細にはポリエチレンオキシド又はポリプロピレンオキシドである。 Preferably, the hydrophilic compound is a polyether, in particular polyethylene oxide or polypropylene oxide.

式(A)の陽イオン性会合性ポリウレタンは、ジイソシアネートから、及び、不安定な水素を有する官能基を保持している各種化合物から形成される。 Cationic associative polyurethane of formula (A), the diisocyanate, and are formed of various compounds that retain the functional group having a labile hydrogen. 不安定な水素を有する官能基は、アルコール官能基、第一級若しくは第二級アミン官能基、又は、チオール官能基であってもよく、これらは、ジイソシアネート官能基との反応後に、それぞれ、ポリウレタン、ポリ尿素、及び、ポリチオ尿素を生成する。 Functional group having a labile hydrogen, the alcohol functional group, a primary or secondary amine functional groups, or may be a thiol functional group, these, after reaction with the diisocyanate functional group, respectively, polyurethane , polyurea and, generates a polythiourea. 本発明の用語「ポリウレタン」は、これらの3つの型のポリマー、すなわちポリウレタン固有、ポリ尿素及びポリチオ尿素、並びに、それらのコポリマーを包含する。 The term of the present invention "polyurethane" encompasses these three types of polymer, namely polyurethanes unique, polyureas and polythioureas, and copolymers thereof.

式(A)のポリウレタン生成物の調製の材料となる第1の型の化合物は、アミン官能基を有する少なくとも1個の単位を有する化合物である。 The first type of compounds as a material for preparation of the polyurethane product of formula (A) is a compound having at least one unit with an amine function. この化合物は、多官能性であってもよいが、好ましくは該化合物は二官能性であり、つまり、好ましい実施形態では、この化合物は、例えばヒドロキシル、第一級アミン官能基、第二級アミン官能基又はチオール官能基により保持された2個の不安定な水素原子を有する。 The compound may be polyfunctional, but is preferably the compound bifunctional, i.e., in a preferred embodiment, the compound such as hydroxyl, primary amine functional group, a secondary amine having two labile hydrogen atoms that are held by a functional group or a thiol functional group. 多官能性化合物と二官能性化合物との混合物を使用することも可能であり、そこで多官能性化合物の割合は低い。 It is also possible to use mixtures of the multifunctional compound and the bifunctional compound, where the proportion of the polyfunctional compound is low.

上に示すように、この化合物は、アミン官能基を有する1個超の単位を有していてもよい。 As indicated above, this compound may have a unit of one or greater with an amine function. これは、その場合、アミン官能基を有する繰り返しの単位を保持しているポリマーである。 This is the case, a polymer that holds a unit of repetition with an amine function.

この型の化合物は、式:HZ-(P) n -ZH又はHZ-(P') p -ZH(式中、Z、P、P'、n及びpは上に定義したとおりである)のうちの1つにより表すことができる。 Compounds of this type have the formula: HZ- (P) '(wherein, Z, P, P p -ZH, n and p are as defined above) n -ZH or HZ- (P)' of it can be represented by one of the house.

アミン官能基を有する化合物の例として挙げることができるのは、N-メチルジエタノールアミン、N-tert-ブチルジエタノールアミン、N-スルホエチルジエタノールアミンである。 Mention may be made, as examples of the compound having an amine function, N- methyldiethanolamine, N-tert-butyl diethanolamine, N- sulfoethyl diethanolamine.

式(A)のポリウレタン生成物の調製の材料となる第2の化合物は、式O=C=NR 4 -N=C=O(式中、R 4は上に定義したとおりである)に相当するジイソシアネートである。 A second compound which is a material of the preparation of the polyurethane product of formula (A), corresponding to the formula O = C = NR 4 -N = C = O ( wherein, R 4 is as defined above) it is a diisocyanate.

例として挙げることができるのは、メチレンジフェニルジイソシアネート、メチレンシクロヘキサンジイソシアネート、イソホロンジイソシアネート、トルエンジイソシアネート、ナフタレンジイソシアネート、ブタンジイソシアネート、ヘキサンジイソシアネートである。 Mention may be made, as example, methylene diphenyl diisocyanate, methylene diisocyanate, isophorone diisocyanate, toluene diisocyanate, naphthalene diisocyanate, butane diisocyanate, hexane diisocyanate.

式(A)のポリウレタン生成物中の調製の材料となる第3の化合物は、式(A)のポリマーの末端疎水性基を形成することが意図される疎水性化合物である。 Third compound which is a material for preparation of the polyurethane product of formula (A) is a hydrophobic compound to form a terminal hydrophobic groups of the polymer of formula (A) is intended.

この化合物は、疎水性基、及び、不安定な水素を有する官能基、例えばヒドロキシル、第一級もしく第二級アミン、又は、チオール官能基からなる。 This compound, a hydrophobic group, and, labile functional groups having hydrogen such as hydroxyl, also primary lay secondary amine, or consists thiol functional groups.

例としては、この化合物は、脂肪アルコールであってもよく、例えば、詳細には、ステアリルアルコール、ドデシルアルコール、デシルアルコールであってもよい。 Examples include the compound may be a fatty alcohol, for example, in particular, stearyl alcohol, dodecyl alcohol, may be decyl alcohol. この化合物がポリマー鎖を有する場合、これは、例えばヒドロキシル水素化ポリブタジエンであってもよい。 If the compound has a polymer chain, which can be, for example, hydroxylated hydrogenated polybutadiene.

式(A)のポリウレタンの疎水性基は、少なくとも1個の第三級アミン単位を有する化合物の第三級アミンの第四級化反応からも生じ得る。 The hydrophobic group of the polyurethane of formula (A) may also result from the quaternization reaction of the tertiary amine compound having at least one tertiary amine units. そのため、該疎水性基は、第四級化剤により導入される。 Therefore, the hydrophobic group is introduced by the quaternizing agent. この第四級化剤は、RQ又はR'Q(式中、R及びR'は、上で定義されたものであり、Qは、ハロゲン化物、硫酸塩等の残りの基を示す)型の化合物である。 The quaternizing agent, RQ or R'Q (wherein, R and R 'are as defined above, Q is a halide, showing the rest of the group, such as sulfate) type it is a compound.

陽イオン性会合性ポリウレタンは、親水性配列を更に含んでもよい。 Cationic associative polyurethanes may further comprise a hydrophilic sequence. この配列は、ポリマーの生成物の調製の材料となる第4の型の化合物により付与される。 This sequence is provided by a compound of the fourth type is a material for the preparation of the product polymer. この化合物は、多官能性であってもよい。 This compound may be multifunctional. これは、好ましくは二官能性である。 It is preferably difunctional. 混合物を有することも可能であり、そこで多官能性化合物の割合は低い。 It is also possible to have a mixture, where the proportion of the polyfunctional compound is low.

不安定な水素を有する官能基は、アルコール、第一級若しくは第二級アミン、又は、チオール官能基である。 Functional group having a labile hydrogen, alcohols, primary or secondary amine, or a thiol functional group. この化合物は、不安定な水素を有するこれらの官能基のうちの1つにより、鎖の両端で末端化されたポリマーであってもよい。 This compound, with one of these functional groups having a labile hydrogen may be terminated polymer at both ends of the chain.

例として挙げることができるのは、ポリマーが含まれない場合、エチレングリコール、ジエチレングリコール及びプロピレングリコールである。 Mention may be made, as examples, not contain a polymer, ethylene glycol, diethylene glycol and propylene glycol.

親水性ポリマーの事例として挙げることができるのは、例として、ポリエーテル、スルホン化ポリエステル、スルホン化ポリアミド、又は、これらのポリマーの混合物である。 Mention may be made, as example of hydrophilic polymer, as an example, polyethers, sulfonated polyesters, sulfonated polyamides, or a mixture of these polymers. 好ましくは、親水性化合物はポリエーテルであり、詳細にはポリエチレンオキシド又はポリプロピレンオキシドである。 Preferably, the hydrophilic compound is a polyether, in particular polyethylene oxide or polypropylene oxide.

式(A)においてYと記されている親水性基は、任意選択である。 Hydrophilic groups that are marked as Y in formula (A) is optional. 実際、第四級化した又はプロトン化したアミン官能基を含む単位は、この型のポリマーが水性溶液中で必要とされる溶解性又は水分散性をもたらすのに十分であり得る。 In fact, units containing a quaternized or protonated amine functional group, polymers of this type can be sufficient to provide the solubility or water-dispersibility is required in an aqueous solution. 親水性基Yの存在は任意選択ではあるが、こうした基を有する陽イオン性会合性ポリウレタンは、それでもなお好ましい。 Although the presence of the hydrophilic group Y is a optionally cationic associative polyurethanes having such groups, still it preferred.

本発明で使用される会合性ポリウレタンは、非イオン性、詳細には非イオン性ポリウレタン-ポリエーテルであってもよい。 Associative polyurethanes used in the present invention, non-ionic, in particular non-ionic polyurethane - may be a polyether. より詳細には、前記ポリマーは、それらの鎖の中に、ポリオキシエチレン化した性質であることが多い親水性配列と、単独で脂肪族結合であってもよく及び/又はシクロ脂肪族結合及び/又は芳香族結合であってもよい疎水性配列との双方を有する。 More specifically, the polymer, in their chain, and a hydrophilic sequence often a nature that polyoxyethylenated alone aliphatic bond at a even better and / or cycloaliphatic bound and / or be aromatic coupling having both a good hydrophobic sequence.

好ましくは、これらのポリエーテル-ポリウレタンは、6から30個の炭素原子、好ましくは6から20個の炭素原子を有する、親水性配列により分離されている少なくとも2つの親油性炭化水素鎖を含み、該炭化水素鎖は、ペンダント鎖であること、又は親水性配列の末端の鎖であることが可能である。 Preferably, these polyether - polyurethanes, 6 to 30 carbon atoms, preferably having 6 to 20 carbon atoms, comprising at least two lipophilic hydrocarbon chains are separated by a hydrophilic sequence, the hydrocarbon chain, it is pendent chains, or can be a terminal of a chain of hydrophilic sequence. 詳細には、1つ又は複数のペンダント鎖が含まれることが可能である。 In particular, it is possible to include one or more pendent chains. 加えて、該ポリマーは、親水性配列の1つの端に、又は両端に、炭化水素鎖を有することができる。 In addition, the polymer is at one end of a hydrophilic sequence, or at both ends, can have a hydrocarbon chain.

ポリエーテル-ポリウレタンは、ポリブロックであってもよく、詳細にはトリブロックの形態であってもよい。 Polyether - polyurethane may be a polyblock, may be in the form of a triblock in detail. 疎水性配列は、鎖のそれぞれの端にあってもよく(例えば:親水性中央配列を有するトリブロックコポリマー)、又は、両端に及び鎖中に分布されていてもよい(例えば、ポリブロックコポリマー)。 Hydrophobic sequence may be in each end of the chain (for example: triblock copolymer with a hydrophilic central sequence), or, optionally distributed in and in the chain ends (for example, poly block copolymer) . これらと同じポリマーが、グラフト単位の形態であってもよく、又は、星の形状であってもよい。 These same polymers may be in the form of graft units or may be in the form of a star.

会合性ポリウレタンは、水中で網状を形成することができ、そこで疎水性部分は、上に示す疑似ミセルと結合する。 Associative polyurethanes can form a network in water, where the hydrophobic moiety binds a pseudo micelle shown above.

したがって、会合性ポリウレタンは、本発明による組成物の粘度又は稠度を上げることができる。 Thus, associative polyurethane can increase the viscosity or consistency of the composition according to the invention. そのため、本発明の組成物の適用後、会合性ポリウレタンは、該組成物の元の弾性を迅速に回復させることができる。 Therefore, after application of the composition of the present invention, associative polyurethanes, it can be quickly restored to the original elasticity of the composition.

脂肪鎖を有する非イオン性ポリエーテル-ポリウレタンは、その親水性配列が50から1000のオキシエチレン基を含むポリオキシエチレン化した鎖であるトリブロックコポリマーであってもよい。 Nonionic polyether having a fatty chain - polyurethane, the hydrophilic sequence may be a triblock copolymer is a polyoxyethylenated chain comprising from 50 1000 oxyethylene groups.

非イオン性ポリエーテル-ポリウレタンは、親水性配列の間にウレタン結合を含んでおり、それがこの名称の起源となっている。 Nonionic polyether - polyurethane includes a urethane bond between the hydrophilic sequences, it is the origin of the name.

その意味が拡大されて、その親水性配列が他の化学結合によって疎水性配列に結合されているものも、疎水性鎖を有する非イオン性ポリエーテル-ポリウレタンの中に含まれる。 Its meaning is enlarged, even those whose hydrophilic sequence is bound to a hydrophobic sequence by other chemical bonds, non-ionic polyether having hydrophobic chains - are included in the polyurethane.

本発明中で使用できる、疎水性鎖を有する非イオン性ポリエーテル-ポリウレタンの例として、RHEOX社により販売されている、尿素官能基を有するRheolate(登録商標)205を使用することもまた可能であり、その他、Rheolate(登録商標)208、204若しくは212、並びに、Acrysol RM 184(登録商標)もある。 Can be used in the present invention, the non-ionic polyether having a hydrophobic chain - Examples of polyurethane, it is also possible to use Rheolate (R) 205 having sold by RHEOX Inc., a urea function There, some other, Rheolate (R) 208 and 204 or 212, and, Acrysol RM 184 (R) also.

AKZO製の、C 12 〜C 14アルキル鎖を有する製品ELFACOS T210(登録商標)、及び、C 18アルキル鎖を有する製品ELFACOS T212(登録商標)もまた挙げることができる。 AKZO made, the product Elfacos T210 having a C 12 -C 14 alkyl chains (R), and the product Elfacos T212 (registered trademark) having a C 18 alkyl chain can also be cited.

水中乾燥物質含有量20%で販売されている、C 20アルキル鎖を含んでウレタン結合を有するROHM & HAAS製のDW 1206Bという製品も使用することができる。 Water dry substance is sold under the content 20%, product of ROHM & HAAS made DW 1206B having a urethane bond include C 20 alkyl chain can also be used.

これらのポリマーの、特に水中若しくは水性アルコール性媒質中の溶液又は分散液を使用することも可能である。 These polymers can also be used, in particular water or a solution or dispersion in an aqueous alcoholic medium. こうしたポリマーの例として挙げることができるのは、RHEOX社から販売されているRheolate(登録商標)255、Rheolate(登録商標)278及びRheolate(登録商標)244である。 Mention may be made, as examples of such polymers, Rheolate sold by RHEOX, Inc. (TM) 255, Rheolate (R) 278 and Rheolate (R) is 244. ROHM & HAAS社により提供されている製品DW 1206F及びDW 1206Jを使用することも可能である。 It is also possible to use the product DW 1206F and DW 1206J offered by ROHM & HAAS Company.

使用することができる、上に記載したポリエーテル-ポリウレタンは、G. Fonnum、J. Bakke及びFk. HansenによるColloid Polym. Sci第271巻、380〜389頁(1993年)の記事に記載されているものからも選ぶことができる。 Can be used, polyether described above -.... Polyurethane, G Fonnum, J Bakke and Fk by Hansen Colloid Polym Sci 271 Volume, are described in article pp 380-389 (1993) it can also be selected from those who are.

更により詳細には、本発明によれば、少なくとも3種の化合物:(i)150から180molのエチレンオキシドを含む少なくとも1種のポリエチレングリコール、(ii)ステアリルアルコール又はデシルアルコール、(iii)少なくとも1種のジイソシアネート、の重縮合により得ることができるポリエーテル-ポリウレタンを使用することが好ましい。 Even more particularly, according to the present invention, at least three compounds: (i) 0.99 at least one polyethylene glycol containing ethylene oxide 180mol from, (ii) stearyl alcohol or decyl alcohol, (iii) at least one polyethers can be obtained diisocyanates, by polycondensation of - it is preferable to use polyurethane.

こうしたポリエーテル-ポリウレタンは、詳細には、ROHM & HAAS社によりAculyn 46(登録商標)及びAculyn 44(登録商標)という名称で販売されている[ACULYN 46(登録商標)は、150又は180molのエチレンオキシド、ステアリルアルコール及びメチレンビス(4-シクロヘキシルイソシアネート)(SMDI)を含有しているポリエチレングリコールの重縮合物であってマルトデキストリン(4%)と水(81%)とのマトリックス中で15質量%であり;ACULYN 440は、150又は180molのエチレンオキシド、デシルアルコール及びメチレンビス(4-シクロヘキシルイソシアネート)(SMDI)を含有しているポリエチレングリコールの重縮合物であってプロピレングリコール(39%)と水(26%)との混合物中で35質量%である]。 Such polyether - polyurethanes, in particular, ROHM & HAAS by the company Aculyn 46 (TM) and Aculyn 44 (TM) [ACULYN 46 (registered trademark) sold under the name is 150 or ethylene oxide 180mol a 15 wt% in a matrix of maltodextrin a polycondensate of polyethylene glycol containing stearyl alcohol and methylenebis (4-cyclohexyl isocyanate) (SMDI) (4%) and water (81%) ; ACULYN 440 is ethylene oxide 150 or 180 mol, decyl alcohol and methylenebis (4-cyclohexyl isocyanate) a polycondensate of propylene glycol polyethylene glycol containing a (SMDI) (39%) and water (26%) it is 35 wt% in a mixture of.

本発明によれば、会合性ポリウレタンは、Rheox社によりRheolate FX 1100の名称で販売されているSteareth-100/PEG-136/HDIコポリマーから選択されることが好ましい。 According to the present invention, associative polyurethanes, preferably selected from Steareth-100 / PEG-136 / HDI copolymer sold under the name Rheolate FX 1100 by the company Rheox.

(c)会合性ポリウレタンの量は制限されず、組成物の総質量に対して0.01から10質量%、好ましくは0.1から5質量%、より好ましくは0.5から3質量%の範囲であってもよい。 (C) the amount of associative polyurethane is not limited, from 0.01 to 10% by weight, preferably from 0.1 to 5% by weight, more preferably it may range from 3 wt% from 0.5 .

[水] [water]
本発明による化粧品組成物は水を含む。 The cosmetic composition according to the present invention comprises water.

水の量は制限されず、組成物の総質量に対して50から90質量%、好ましくは55から95質量%、より好ましくは60から80質量%であってもよい。 The amount of water is not limited, 50 to 90% by weight relative to the total weight of the composition, preferably 55 to 95 wt%, may be more preferably from 60 80% by weight.

[追加の界面活性剤] [Additional surfactant]
本発明による化粧品組成物は、上記の(b)とは異なる少なくとも1種の非イオン性界面活性剤、及び/又は少なくとも1種の追加のイオン性界面活性剤を更に含んでもよい。 The cosmetic composition according to the present invention, at least one nonionic surfactant, and / or at least one additional may further comprise an ionic surfactant different from the above (b). 単一の型の追加の界面活性剤を使用してもよいが、2つ以上の異なる型の追加の界面活性剤を組み合わせて使用することもできる。 It may use a single type of additional surfactants, but can also be used in combination of two or more different types of additional surfactants. イオン性界面活性剤は、陽イオン性界面活性剤、陰イオン性界面活性剤及び両性界面活性剤から選ぶことができる。 Ionic surfactants may be selected cationic surfactants, anionic surfactants and amphoteric surfactants.

(非イオン性界面活性剤) (Nonionic surfactant)
追加の非イオン性界面活性剤は、上記の(b)ポリグリセリル脂肪酸エステルと異なっている限りは、限定されない。 Additional non-ionic surfactant, as long as different from the above (b) polyglyceryl fatty acid ester is not limited.

追加の非イオン性界面活性剤のHLB値は、8.0から14.0、好ましくは9.0から13.5、より好ましくは10.0から13.0であってもよい。 HLB value of additional non-ionic surfactant, from 8.0 to 14.0, preferably from 9.0 to 13.5, may be 13.0 more preferably from 10.0. 2種以上の追加の非イオン性界面活性剤を使用する場合、そのHLB値は、全ての追加の非イオン性界面活性剤のHLB値の質量平均により決定される。 When using two or more additional nonionic surfactants, the HLB value is determined by the weight average of the HLB values ​​of all the additional nonionic surfactant.

HLB値が8.0から14.0、好ましくは9.0から13.5、より好ましくは10.0から13.0である(b)非イオン性界面活性剤は、以下から選ばれてもよい: 14.0 from HLB value of 8.0, preferably from 9.0 to 13.5, more preferably from 10.0 13.0 (b) non-ionic surfactant may be selected from the following:
(1)シリコーン界面活性剤、 (1) silicone surfactants,
(2)温度45℃以下で流体である界面活性剤(1から60個のエチレンオキシド単位を含むポリエチレングリコール、ソルビタン、2から30個のエチレンオキシド単位を含むグリセロール、2から10個のグリセロール単位を含むポリグリセロールからなる群から選ばれる少なくとも1種のポリオールのエステルと、少なくとも1種の、飽和又は不飽和の、線状又は分枝状のC 8 〜C 22アルキル鎖を含む少なくとも1種の脂肪酸のエステルから選ばれる)、 (2) Temperature 45 ° C. surfactant is fluid at below (polyethylene glycol containing 1 to 60 ethylene oxide units, sorbitan, glycerol comprising from 2 to 30 ethylene oxide units, poly containing from 2 to 10 glycerol units an ester of at least one polyol selected from the group consisting of glycerol, of at least one, at least one ester of fatty acids containing a saturated or unsaturated, linear or branched C 8 -C 22 alkyl chain chosen) from,
(3)脂肪酸又は脂肪アルコールの混合エステル、カルボン酸及びグリセロールの混合エステル、 (3) mixed esters of fatty acids or fatty alcohols, mixed esters of carboxylic acids and glycerol,
(4)糖の脂肪酸エステル、及び、糖の脂肪アルコールエーテル、 (4) fatty acid esters of sugars and fatty alcohol ethers of sugars,
(5)温度45℃以下で固体である界面活性剤(グリセロールの脂肪エステル、ソルビタンの脂肪エステル及びソルビタンのオキシエチル化脂肪エステル、エトキシル化脂肪エーテル及びエトキシル化脂肪エステルから選ばれる)、並びに (5) Temperature 45 ° C. surfactant which is solid at below (fatty esters of glycerol, ethoxylated fatty esters of sorbitan fatty esters and sorbitan is selected from ethoxylated fatty ethers and ethoxylated fatty esters), and
(6)エチレンオキシド(A)とプロピレンオキシド(B)とのブロックコポリマー。 (6) block copolymers of ethylene oxide (A) and propylene oxide (B).

本発明により使用できるシリコーン界面活性剤として、特許文献US-A-5364633及び、US-A-5411744に開示されているものを挙げることができる。 As silicone surfactants which can be used according to the invention, mention may be made of those disclosed in the patent document US-A-5364633 and, US-A-5411744.

上記の非イオン性界面活性剤としての(1)シリコーン界面活性剤は、式(I) As the above nonionic surfactant (1) silicone surfactants of formula (I)

(式中、 (In the formula,
R 1 、R 2及びR 3は、互いに独立して、C 1 〜C 6アルキル基、又は、基-(CH 2 ) x -(OCH 2 CH 2 ) y -(OCH 2 CH 2 CH 2 ) z -OR 4を表し、基R 1 、R 2又はR 3の少なくとも1つはアルキル基ではなく、 R 1, R 2 and R 3 independently of one another, C 1 -C 6 alkyl group, or a group - (CH 2) x - ( OCH 2 CH 2) y - (OCH 2 CH 2 CH 2) z It represents -OR 4, that at least one alkyl group of the radicals R 1, R 2 or R 3,
R 4は、水素、アルキル基又はアシル基であり、 R 4 is hydrogen, an alkyl group or an acyl group,
Aは、0から200の範囲の整数であり、 A is an integer ranging from 0 to 200,
Bは、0から50の範囲の整数であり、ただしAとBとが同時に0に等しいことはなく、 B is an integer ranging from 0 to 50, provided that A and B are not equal to 0 at the same time,
xは、1から6の範囲の整数であり、 x is an integer ranging from 1 to 6,
yは、1から30の範囲の整数であり、 y is an integer ranging from 1 to 30,
zは、0から5の範囲の整数である) z is an integer ranging from 0 to 5)
の化合物であることが好ましい。 It is preferably a compound.

本発明の好ましい一実施形態では、式(I)の化合物中で、アルキル基はメチル基であり、xは2から6の範囲の整数であり、yは4から30の範囲の整数である。 In a preferred embodiment of the present invention, a compound of formula (I), the alkyl group is a methyl group, x is an integer ranging from 2 to 6, y is an integer ranging from 4 30.

式(I)のシリコーン界面活性剤の例として挙げることができるのは、式(II) Formula can be mentioned as examples of silicone surfactants of (I) have the formula (II)

(式中、Aは20から105の範囲の整数であり、Bは2から10の範囲の整数であり、yは10から20の範囲の整数である) (Wherein, A is an integer ranging from 20 to 105, B is an integer ranging from 2 10, y is an integer ranging from 10 to 20)
の化合物である。 Which is a compound.

式(I)のシリコーン界面活性剤の例として同様に挙げることができるのは、式(III) Formula can be mentioned as well as examples of silicone surfactants of (I) have the formula (III)
H-(OCH 2 CH 2 ) y -(CH 2 ) 3 -[(CH 3 ) 2 SiO] A' -(CH 2 ) 3 -(OCH 2 CH 2 ) y -OH (III) H- (OCH 2 CH 2) y - (CH 2) 3 - [(CH 3) 2 SiO] A '- (CH 2) 3 - (OCH 2 CH 2) y -OH (III)
(式中、A'及びyは、10から20の範囲の整数である) (Wherein, A 'and y are integers ranging from 10 to 20)
の化合物である。 Which is a compound.

使用することができる本発明の化合物は、Dow Corning社によりDC 5329、DC 7439-146、DC 2-5695及びQ4-3667の名称で販売されているものである。 The compounds of the present invention which may be used are those sold under the names DC 5329, DC 7439-146, DC 2-5695 and Q4-3667 by the company Dow Corning. DC5329、DC7439-146及びDC2-5695の化合物は、式(II)(式中、それぞれは、Aは22、Bは2、yは12;Aは103、Bは10、yは12;Aは27、Bは3、yは12である)の化合物である。 DC 5329, a compound of DC7439-146 and DC2-5695 the formula (II) (wherein each, A is 22, B is 2, y is 12; A is 103, B is 10, y is 12; A is 27, B is a compound of 3, y is 12).

Q4-3667の化合物は、式(III)(式中、A'は15、yは13である)の化合物である。 Compounds of Q4-3667 the formula (III) (wherein, A 'is 15, y is 13) a compound of.

(2)温度45℃以下で流体である界面活性剤は、詳細には以下のものであってもよい: (2) Temperature 45 ° C. surfactant is fluid at below may be of the following in detail:
- Unichema社によりPEG 400という名称で販売されている、分子量400のポリエチレングリコールのイソステアリン酸塩、 - Unichema Co. sold under the name PEG 400 by, isostearate of polyethylene glycol having a molecular weight of 400,
- Solvay社により販売されているイソステアリン酸ジグリセリル、 - isostearic acid sold by the company Solvay diglyceryl,
- Solvay社により販売されている、2個のグリセロール単位を含むラウリン酸グリセリル、 - sold by Solvay Co., glyceryl laurate containing 2 glycerol units,
- ICI社によりSpan 80という名称で販売されているオレイン酸ソルビタン、 - ICI Ltd. sold under the name Span 80 by sorbitan oleate,
- 日光ケミカルズ株式会社によりNikkol SI 10Rという名称で販売されているイソステアリン酸ソルビタン、 - sorbitan isostearate sold under the name Nikkol SI 10R by Nikko Chemicals Co., Ltd.,
-Ulice社により販売されている、ヤシ油脂肪酸α-ブチルグルコシド又はカプリン酸α-ブチルグルコシド。 -Ulice sold by the company, coconut oil fatty acid α- butyl glucoside or capric acid α- butyl glucoside.

(3)脂肪酸又は脂肪アルコールの混合エステル、カルボン酸及びグリセロールの混合エステルは、上記の非イオン性界面活性剤として使用可能であり、詳細には、8から22個の炭素原子を有するアルキル鎖を有する脂肪酸又は脂肪アルコールの混合エステル、及び、グリセロールを有するα-ヒドロキシ酸及び/又はコハク酸の混合エステルからなる群から選んでもよい。 (3) fatty acids or mixed esters of fatty alcohols, mixed esters of carboxylic acids and glycerol, can be used as the above nonionic surfactant, in particular, an alkyl chain having from 8 to 22 carbon atoms mixed esters of fatty acids or fatty alcohols having, and may be selected from the group consisting of mixed esters of α- hydroxy acid with glycerol and / or succinic acid. α-ヒドロキシ酸は、例えばクエン酸、乳酸、グリコール酸又はリンゴ酸、並びに、それらの混合物であってもよい。 α- hydroxy acids, such as citric acid, lactic acid, glycolic acid or malic acid, and may be a mixture thereof.

本発明のナノエマルション中で使用できる混合エステルに由来する脂肪酸又は脂肪アルコールのアルキル鎖は、直鎖であっても分枝状であってもよく、飽和であっても不飽和であってもよい。 The alkyl chain of the fatty acids or fatty alcohols derived from mixed esters that can be used in the nanoemulsion of the present invention may be branched may be linear, may be saturated or unsaturated . それらは、特に、ステアリン酸塩、イソステアリン酸塩、リノール酸塩、オレイン酸塩、ベヘン酸塩、アラキドン酸塩、パルミチン酸塩、ミリスチン酸塩、ラウリン酸塩、カプリン酸塩、イソステアリル鎖、ステアリル鎖、リノレイル鎖、オレイル鎖、ベヘニル鎖、ミリスチル鎖、ラウリル鎖、カプリル鎖、又はそれらの混合物であり得る。 They, in particular, stearates, isostearate, salts linoleate, oleate, behenate, arachidonate, palmitate, myristate, laurate, caprate, isostearyl chain, stearyl chain, linoleyl chain, oleyl chains, behenyl chain, myristyl chain, lauryl chain may be caprylic chain, or mixtures thereof.

本発明のナノエマルション中で使用できる混合エステルの例として挙げることができるのは、Huls社によりImwitor 375の名称で販売されている、グリセロールと、クエン酸、乳酸、リノレン酸及びオレイン酸の混合物との混合エステル(CTFA名:クエン酸/乳酸/リノレン酸/オレイン酸グリセリル);Huls社によりImwitor 780Kの名称で販売されている、コハク酸及びイソステアリルアルコールとグリセロールとの混合エステル(CTFA名:コハク酸イソステアリルジグリセリル);Huls社によりImwitor 370の名称で販売されている、クエン酸及びステアリン酸とグリセロールとの混合エステル(CTFA名:ステアリン酸クエン酸グリセリル);Danisco社によりLactodan B30又はRylo LA30の名称で販売されている、乳酸及びステアリン酸とグリセロールとの混合エステル(CTFA名:ステアリン酸乳 Mention may be made, as examples of mixed esters which can be used in the nanoemulsion of the present invention is sold under the name Imwitor 375 by Huls Co., glycerol, and mixtures of citric acid, lactic acid, linolenic acid and oleic acid mixed esters of (CTFA name: citric acid / lactic acid / linolenic acid / glyceryl oleate); Huls Corp. sold under the name Imwitor 780K by, mixed ester of succinic acid and of isostearyl alcohol with glycerol (CTFA name: succinic acid isostearyl diglyceryl); Huls Corp. sold under the name Imwitor 370 by, mixed ester of citric acid and stearic acid with glycerol (CTFA name: stearic acid citrate glyceryl); Danisco by the company Lactodan B30 or Rylo LA30 sold under the name, mixed ester of lactic acid and stearic acid with glycerol (CTFA name: stearic acidified milk グリセリル)である。 It is a glyceryl).

上記の非イオン性界面活性剤として使用できる(4)糖の脂肪酸エステルは、温度45℃以下で好ましくは固体であってもよく、詳細には、C 8 〜C 22脂肪酸と、スクロース、マルトース、グルクロース又はフルクトースとのエステル又はエステル混合物、及び、C 14 〜C 22脂肪酸と、メチルグルコースのエステルとのエステル又はエステル混合物からなる群から選ばれてもよい。 Can be used as the above nonionic surfactant (4) fatty acid esters of sugars may be preferably solid at temperatures 45 ° C. or less, in particular, a C 8 -C 22 fatty acids, sucrose, maltose, ester or ester mixture with Gurukurosu or fructose, and a C 14 -C 22 fatty acids may be selected from the group consisting of ester or ester mixture of esters of methyl glucose.

本発明中で使用できる、エステルの脂肪単位を構成しているC 8 〜C 22又はC 14 〜C 22脂肪酸は、それぞれ、8から22個の炭素原子、又は、14から22個の炭素原子を有する、飽和又は不飽和の、線状アルキル鎖を含む。 Can be used in the present invention, C 8 -C 22 or C 14 -C 22 fatty acids constituting the fatty units of esters, respectively, 8 to 22 carbon atoms, or, 22 carbon atoms from 14 having, including saturated or unsaturated, linear alkyl chain. 該エステルの脂肪単位は、詳細には、ステアリン酸塩、ベヘン酸塩、アラキドン酸塩、パルミチン酸塩、ミリスチン酸塩、ラウリン酸塩及びカプリン酸塩、並びに、それらの混合物から選ばれてもよい。 Fatty unit of the esters, in particular, stearates, behenate, arachidonate, palmitate, myristate, laurate and caprate, and it may be selected from mixtures thereof . ステアリン酸塩が好ましくは使用される。 Stearate is preferably used.

脂肪酸と、スクロース、マルトース、グルクロース又はフルクトースとのエステル又はエステル混合物の例として挙げることができるのは、Croda社によりCrodesta F50, F70、F110及びF160という名称で販売されている製品等の、モノステアリン酸スクロース、ジステアリン酸スクロース及びトリステアリン酸スクロース、並びに、それらの混合物であり;脂肪酸と、メチルグルコースとのエステル又はエステル混合物の例として挙げることができるのは、Goldschmidt社によりTego-care 450という名称で販売されている、メチルグルコースポリグリセリル-3ジステアレートである。 A fatty acid, sucrose, maltose, can be cited as examples of the ester or ester mixture with Gurukurosu or fructose, such as the product sold under the name Crodesta F50, F70, F110 and F160 by Croda Inc., monostearate acid sucrose, sucrose distearate and tristearate sucrose, as well, be a mixture thereof; and fatty acids, can be mentioned as examples of the ester or ester mixture of methyl glucose, name Tego-care 450 by the company Goldschmidt in sold, methyl glucose polyglyceryl 3 distearate. 同様に挙げることができるのは、メチル-o-ヘキサデカノイル-6-D-グルコシド及びo-ヘキサデカノイル-6-D-マルトシド等の、グルコース又はマルトースのモノエステルである。 Similarly Mention may be made, such as methyl -o- hexadecanoyl -6-D-glucoside and o- hexadecanoylaminophenyl -6-D-maltoside, monoesters of glucose or maltose.

上記の非イオン性界面活性剤として使用できる、(4)糖の脂肪アルコールエーテルは、温度45℃以下で固体であってもよく、詳細には、C 8 〜C 22脂肪アルコール及びグルコースと、マルトース、スクロース又はフルクトースとのエーテル又はエーテル混合物、並びに、C 14 〜C 22脂肪アルコールと、メチルグルコースとのエーテル又はエーテル混合物からなる群から選ばれてもよい。 Can be used as the above nonionic surfactant, (4) fatty alcohol ethers of sugars can be solid at a temperature 45 ° C. or less, in particular, a C 8 -C 22 fatty alcohols and glucose, maltose , ethers or ether mixtures of sucrose or fructose, as well as the C 14 -C 22 fatty alcohols, may be selected from the group consisting of ethers or ether mixtures of methyl glucose. これらは、詳細には、アルキルポリグルコシドである。 These are, in particular, an alkyl polyglucoside.

本発明のナノエマルション中で使用できる、エーテルの脂肪単位を構成しているC 8 〜C 22又はC 14 〜C 22脂肪アルコールは、それぞれ、8から22個の炭素原子、又は、14から22個の炭素原子を有する、飽和又は不飽和の線状アルキル鎖を含む。 Can be used in the nanoemulsion of the present invention, C 8 -C 22 or C 14 -C 22 fatty alcohols constitute a fat units of ether, respectively, from 8 to 22 carbon atoms, or, 22 and 14 having carbon atoms, including linear alkyl chain saturated or unsaturated. エーテルの脂肪単位は、詳細には、デシル、セチル、ベヘニル、アラキジル、ステアリル、パルミチル、ミリスチル、ラウリル、カプリル及びヘキサデカノイルの単位、並びに、それらの混合物、例えばセテアリルの単位から選ばれてもよい。 Fatty unit of ethers, in particular, decyl, cetyl, behenyl, arachidyl, stearyl, palmityl, myristyl, lauryl, capryl and hexadecanoyl units, as well as mixtures thereof, may be selected from, for example units of cetearyl .

糖の脂肪アルコールエーテルとして挙げることができるのは、デシルグルコシド及びラウリルグルコシド等のアルキルポリグルコシドであり、これは例えば、Henkel社により、それぞれの名称Plantaren 2000及びPlantaren 1200として販売されており、任意選択でセトステアリルアルコールとの混合物であるセトステアリルグルコシドがあり、SEPPIC社によりMontanov 68の名称で、Goldschmidt社によりTego-care CG90の名称で、Henkel社によりEmulgade KE3302の名称で販売されており、並びに、例えばSEPPIC社によりMontanov 202の名称で販売されている、アラキジルアルコールとベヘニルアルコールとアラキジルグルコシドとの混合物の形態のアラキジルグルコシドがある。 Mention may be made, as fatty alcohol ethers of sugars is an alkyl polyglucoside such as decyl glucoside and lauryl glucoside, which for example, by the company Henkel, and sold as their names Plantaren 2000 and Plantaren 1200, optional in there cetostearyl glucoside which is a mixture of cetostearyl alcohol, under the name Montanov 68 by the company SEPPIC under the name Tego-care CG90 by the company Goldschmidt, it is sold under the name Emulgade KE3302 by the company Henkel, and, for example by the company SEPPIC sold under the name Montanov 202, there is arachidyl glucoside in the form of a mixture of arachidyl alcohol and behenyl alcohol and arachidyl glucoside.

更に特に使用される界面活性剤は、モノステアリン酸スクロース、ジステアリン酸スクロース又はトリステアリン酸スクロース、及び、それらの混合物、ジステアリン酸メチルグルコースポリグリセリル-3、及び、アルキルポリグルコシドである。 Further surfactants in particular are used, sucrose monostearate, sucrose distearate or tristearate sucrose, and mixtures thereof, methyl distearate glucose polyglyceryl -3, and an alkyl polyglucoside.

上記の非イオン性界面活性剤として使用できる(5)グリセロールの脂肪エステルは、温度45℃以下で固体であり、詳細には、16から22個の炭素原子及び1から10個のグリセロール単位を有する飽和線状アルキル鎖を含む少なくとも1種の酸から構成されるエステルからなる群から選ぶことができる。 Fatty esters of (5) glycerol which can be used as the above nonionic surfactant is a solid at a temperature 45 ° C. or less, in particular, has a 10 glycerol units 22 from carbon atoms and 1 to 16 from at least one acid includes saturated linear alkyl chain can be selected from the group consisting of consisting ester. これらのグリセロールの脂肪エステルの1つ又は複数を、本発明中で使用することができる。 One or more fatty esters of these glycerol, may be used in the present invention.

これらのエステルは、詳細には、ステアリン酸エステル、ベヘン酸エステル、アラキジン酸エステル及びパルミチン酸エステル、及び、それらの混合物から選ばれてもよい。 These esters, in particular, stearic acid esters, behenic acid esters, arachidic acid ester and palmitic acid esters, and may be selected from mixtures thereof. ステアリン酸エステル及びパルミチン酸エステルが使用されることが好ましい。 It is preferred that stearic acid ester and palmitic acid esters are used.

本発明において使用できる界面活性剤の例として、モノステアリン酸デカグリセリル、ジステアリン酸デカグリセリル、トリスレアリン酸デカグリセリル、及び、ペンタステアリン酸デカグリセリル(CTFA名:ステアリン酸ポリグリセリル-10、ジステアリン酸ポリグリセリル-10、トリステアリン酸ポリグリセリル-10、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10)を挙げることができ、例えば日光ケミカルズ株式会社により販売されている、それぞれの名称がNikkol Decaglyn 1-S、2-S、3-S及び5-Sの製品があり、並びに、日光ケミカルズによりNikkol DGMSの名称で販売されている製品等のモノステアリン酸ジグリセリル(CTFA名:ステアリン酸ポリグリセリル-2)を挙げることができる。 Examples of surfactants which may be used in the present invention, decaglyceryl monostearate, decaglyceryl distearate, Torisurearin decaglyceryl and penta monostearate decaglyceryl (CTFA name: Polyglyceryl stearate -10, polyglyceryl distearate -10 tristearate polyglyceryl-10, can be mentioned pentaerythritol monostearate polyglyceryl-10), for example sold by Nikko Chemicals Co., respective names Nikkol Decaglyn 1-S, 2-S, 3-S and There are products 5-S, and, diglyceryl monostearate products such as sold under the name Nikkol DGMS by Nikko Chemicals: can be mentioned (CTFA name polyglyceryl stearate -2).

上記の非イオン性界面活性剤として使用できる(5)ソルビタンの脂肪酸エステルは、温度45℃以下で固体であり、ソルビタンのC 16 〜C 22脂肪酸エステル、及び、ソルビタンのオキシエチレン化C 16 〜C 22脂肪酸エステルからなる群から選ばれてもよい。 Fatty acid esters of (5) sorbitan which can be used as the above nonionic surfactant is a solid at a temperature 45 ° C. or less, C 16 -C 22 fatty acid esters of sorbitan, and oxyethylenated C 16 -C sorbitan it may be selected from the group consisting of 22 fatty acid ester. これらは、それぞれが16から22個の炭素原子を有する少なくとも1つの飽和の線状アルキル鎖を含む少なくとも1種の脂肪酸から、及び、ソルビトールから、又は、エトキシル化ソルビトールから構成される。 These are at least one fatty acid comprising at least one linear alkyl chain saturated each with 16 to 22 carbon atoms, and, sorbitol, or composed of ethoxylated sorbitol. オキシエチレン化エステルは、1から100個のエチレングリコール単位、及び、好ましくは2から40個のエチレンオキシド(EO)単位を一般に含む。 Oxyethylenated esters, from 1 to 100 ethylene glycol units, and, preferably from 2 to 40 ethylene oxide and (EO) units in general.

これらのエステルは、詳細には、ステアリン酸エステル、ベヘン酸エステル、アラキジン酸エステル及びパルミチン酸エステル、並びに、それらの混合物から選ばれてもよい。 These esters, in particular, stearic acid esters, behenic acid esters, arachidic acid ester and palmitic acid esters, and may be selected from mixtures thereof. ステアリン酸エステル及びパルミチン酸エステルが使用されることが好ましい。 It is preferred that stearic acid ester and palmitic acid esters are used.

本発明において使用できる上記の非イオン性界面活性剤の例として、ICI社によりSpan 60という名称で販売されているモノステアリン酸ソルビタン(CTFA名:ステアリン酸ソルビタン)、ICI社によりSpan 40という名称で販売されているモノパルミチン酸ソルビタン(CTFA名:パルミチン酸ソルビタン)、及び、ICI社によりTween 65という名称で販売されているトリステアリン酸ソルビタン20 EO(CTFA名:ポリソルベート64)を挙げることができる。 Examples of the nonionic surfactants usable in the present invention, the company ICI by sorbitan monostearate sold under the name Span 60 (CTFA name: Sorbitan Stearate), under the name Span 40 by ICI Ltd. sold by that sorbitan monopalmitate (CTFA name: palmitic acid sorbitan), and sorbitan tristearate, sold under the name Tween 65 by the company ICI 20 EO (CTFA name: polysorbate 64) can be exemplified.

上記の非イオン性界面活性剤として使用できる、温度45℃以下で固体である(5)エトキシル化脂肪エーテルは、好ましくは、1から100個のエチレンオキシド単位、及び、16から22個の炭素原子を有する少なくとも1つの脂肪アルコール鎖から構成されるエーテルである。 Can be used as the above nonionic surfactant is a solid at a temperature 45 ° C. or less (5) ethoxylated fatty ethers, preferably, from 1 to 100 ethylene oxide units, and, 16 to 22 carbon atoms at least one ether formed from fatty alcohols chain having. 該エーテルの脂肪鎖は、詳細には、ベヘン、アラキジル、ステアリル及びセチル単位、並びに、それらの混合物、例えばセテアリル単位から選ばれてもよい。 Fatty chain of the ethers, in particular, behenic, arachidyl, stearyl and cetyl units, as well as mixtures thereof, may be selected for example from cetearyl units. 挙げることができるエトキシル化脂肪エーテルの例として、例えば日光ケミカルズによりNikkol BB5、BB10、BB20及びBB30という名称で販売されている製品等の、5、10、20及び30個のエチレンオキシド単位を含むベヘニルアルコールエーテル(CTFA名:ベヘネス-5、ベヘネス-10、ベヘネス-20、ベヘネス-30)、及び、ICI社によりBrij 72という名称で販売されている製品等の、2個のエチレンオキシド単位を含むステアリルアルコールエーテル(CTFA名:ステアレス-2)がある。 Examples of ethoxylated fatty ethers that may be mentioned, for example, Nikko Chemicals by Nikkol BB5, BB10, such as BB20 and the product sold under the name BB30, behenyl alcohol ethers comprising 5, 10, 20 and 30 ethylene oxide units (CTFA name: beheneth, beheneth -20, beheneth -30), and, ICI by the company such as the product sold under the name Brij 72, stearyl alcohol ether comprising 2 ethylene oxide units ( CTFA name: steareth-2) there is.

上記の非イオン性界面活性剤として使用できる、温度45℃以下で固体である(5)エトキシル化脂肪エステルは、1から100個のエチレンオキシド単位、及び、16から22個の炭素原子を有する少なくとも1つの脂肪酸鎖から構成されるエステルである。 Can be used as the above nonionic surfactant is a solid at a temperature 45 ° C. or less (5) ethoxylated fatty esters, at least one having 1 to 100 ethylene oxide units, and, from 16 to 22 carbon atoms One of the esters composed of fatty acid chains. 該エステル中の脂肪鎖は、詳細には、ステアリン酸エステル、ベヘン酸エステル、アラキジン酸エステル及びパルミチン酸エステルの単位、並びに、それらの混合物から選ばれてもよい。 Fatty chain in the ester, in particular, stearic acid esters, behenic acid esters, units of arachidic acid ester and palmitic acid esters, and may be selected from mixtures thereof. 挙げることができるエトキシル化脂肪エステルの例として、例えばICI社からMyrj 52という名称で販売されている製品等の、40個のエチレンオキシド単位を含むステアリン酸のエステル(CTFA名:ステアリン酸PEG-40)、並びに、Gattefosse社によりCompritol HD5 ATOという名称で販売されている製品等の、8個のエチレンオキシド単位を含むベヘン酸エステル(CTFA名:ベヘン酸PEG-8)がある。 Examples of ethoxylated fatty esters that may be mentioned, for example, products such as the company ICI sold under the name Myrj 52, esters of stearic acid containing 40 ethylene oxide units (CTFA name: Stearic Acid PEG-40) as well as such products sold by the company Gattefosse under the name Compritol HD5 ATO, behenic acid ester comprising 8 ethylene oxide units: there are (CTFA name behenate PEG-8).

本発明によるナノエマルション中で界面活性剤として使用できる、エチレンオキシド(A)とプロピレンオキシド(B)とのブロックコポリマーは、詳細には、式(IV) Can be used as surfactants in the nanoemulsion according to the invention, block copolymers of ethylene oxide (A) and propylene oxide (B) is, in particular, formula (IV)
HO(C 2 H 4 O) x (C 3 H 6 O) y (C 2 H 4 O) z H (IV) HO (C 2 H 4 O) x (C 3 H 6 O) y (C 2 H 4 O) z H (IV)
[式中、x、y及びzは、x+zが2から100の範囲でありyが14から60の範囲であるような整数である] Wherein, x, y and z, x + z is in the range from 2 to 100 y is an integer such that the range of 14 to 60]
のブロックコポリマーから、より特定すると、HLBが8.0から14.0の範囲である式(IV)のブロックコポリマーから選ぶことができる。 From block copolymers, and more particularly, can be selected from the block copolymers of formula (IV) ranges from HLB 8.0 14.0.

(陽イオン性界面活性剤) (Cationic surfactant)
陽イオン性界面活性剤は限定されない。 Cationic surfactants are not limited. 陽イオン性界面活性剤は、任意選択でポリオキシアルキレン化された第一級、第二級及び第三級脂肪アミン塩、第四級アンモニウム塩、及び、それらの混合物からなる群から選択してもよい。 Cationic surfactants are primary, which is polyoxyalkylenated optionally, secondary and tertiary fatty amine salts, quaternary ammonium salts, and, be selected from the group consisting of a mixture it may be.

挙げることができる第四級アンモニウム塩の例には、これだけには限らないが、以下のものが挙げられる: Examples of quaternary ammonium salts that may be mentioned include, but are not limited to this include the following:
一般式(I) The general formula (I)

(式中、 (In the formula,
R 1 、R 2 、R 3及びR 4は、同一であっても異なっていてもよく、1から30個の炭素原子を含み、任意選択で酸素、窒素、硫黄及びハロゲン等のヘテロ原子を含む、直鎖及び分枝状の脂肪族基から選ばれ、該脂肪族基は、例えばアルキル基、アルコキシ基、C 2 〜C 6ポリオキシアルキレン、アルキルアミド、(C 12 〜C 22 )アルキルアミド(C 2 〜C 6 )アルキル、(C 12 〜C 22 )アルキル酢酸塩及びヒドロキシアルキル基;並びに芳香族基、例えばアリール及びアルキルアリールから選ばれてもよく;X -は、ハロゲン化物イオン、リン酸イオン、酢酸イオン、乳酸イオン、(C 2 〜C 6 )アルキル硫酸イオン及びアルキルスルホン酸イオン又はアルキルアリールスルホン酸イオンから選ばれる) R 1, R 2, R 3 and R 4 may be the same or different and comprises from 1 to 30 carbon atoms, including oxygen, nitrogen, sulfur and heteroatom such as halogen, optionally It is selected from linear and branched aliphatic group, the aliphatic groups, for example an alkyl group, alkoxy group, C 2 -C 6 polyoxyalkylene, alkylamido, (C 12 -C 22) alkylamido ( C 2 -C 6) alkyl, (C 12 ~C 22) alkyl acetate and hydroxyalkyl radicals; may be selected from well as aromatic groups such as aryl and alkylaryl; X - is a halide ion, phosphate ion, acetate ion, lactate ion, selected from (C 2 -C 6) alkyl sulfate and alkyl sulfonate ion or an alkyl aryl sulfonate ion)
を有するもの。 Those having.
イミダゾリンの第四級アンモニウム塩、例としては式(II) Quaternary ammonium salts of imidazoline of the formula Examples (II)

(式中、 (In the formula,
R 5は、8から30個の炭素原子を含むアルケニル基及びアルキル基、例えば、獣脂の、若しくはココヤシの、脂肪酸誘導体から選ばれ、 R 5 is an alkenyl group and an alkyl group containing from 8 to 30 carbon atoms, e.g., tallow, or coconut, selected from fatty acid derivatives,
R 6は、水素基、C 1 〜C 4アルキル基、及び、8から30個の炭素原子を含むアルケニル基及びアルキル基から選ばれ、 R 6 is a hydrogen group, C 1 -C 4 alkyl group, and is selected from alkenyl and alkyl radicals containing from 8 to 30 carbon atoms,
R 7は、C 1 〜C 4アルキル基から選ばれ、 R 7 is selected from C 1 -C 4 alkyl group,
X -は、ハロゲン化物イオン、リン酸イオン、酢酸イオン、乳酸イオン、アルキル硫酸イオン、アルキルスルホン酸イオン及びアルキルアリールスルホン酸イオンから選ばれる) X - is a halide ion, phosphate ion, acetate ion, lactate ion, alkyl sulfate ion, selected from alkyl sulfonate ion and alkylaryl sulfonate ion)
を有するもの。 Those having. 一実施形態では、R 5及びR 6は、例えば、12から21個の炭素原子を含むアルケニル基及びアルキル基から選ばれる混合基であり、例えば、獣脂の脂肪酸誘導体等であり、R 7はメチルであり、R 8は水素である。 In one embodiment, R 5 and R 6 are, for example, a mixed group selected from alkenyl and alkyl radicals comprising from 12 to 21 carbon atoms, for example, a fatty acid derivative of tallow, R 7 is methyl in and, R 8 is hydrogen. こうした製品の例には、これだけには限らないが、Witco社により「Rewoquat(登録商標)」W75、W90、W75PG及びW75HPGという名称で販売されているクオタニウム-27(CTFA 1997年)及びクオタニウム-83(CTFA 1997年)が挙げられる。 Examples of such products include, but are not limited to this, the company Witco "Rewoquat (registered trademark)" W75, W90, W75PG and Quaternium -27 (CTFA 1997 years), which is sold under the name W75HPG and quaternium -83 (CTFA 1997 years), and the like.
式(III) The formula (III)

(式中、 (In the formula,
R 9は、16から30個の炭素原子を含む脂肪族基から選ばれ、 R 9 are independently selected from aliphatic groups containing from 16 to 30 carbon atoms,
R 10は、1から4個の炭素原子を含む水素基若しくはアルキル基、又は、基(R 16a )(R 17a )(R 18a )N + (CH 2 ) 3から選ばれ、 R 10 is hydrogen or alkyl group containing from 1 to 4 carbon atoms, or is selected from group (R 16a) (R 17a) (R 18a) N + (CH 2) 3,
R 11 、R 12 、R 13 、R 14 、R 16a 、R 17a及びR 18aは、同一であっても異なっていてもよく、1から4個の炭素原子を含む水素基及びアルキル基から選ばれ、 R 11, R 12, R 13 , R 14, R 16a, R 17a and R 18a, which may be the same or different and selected from 1 of hydrogen and alkyl groups containing 4 carbon atoms ,
X -は、ハロゲン化物イオン、酢酸イオン、リン酸イオン、硝酸イオン、エチルスルホン酸イオン及びメチルスルホン酸イオンから選ばれる) X - is a halide ion, acetate ion, phosphate ion, nitrate ion, selected from ethyl sulfonate ion and methyl sulfonate ion)
のジ四級アンモニウム塩。 Di-quaternary ammonium salt of. こうしたジ四級アンモニウム塩の例は、FINETEXのFINQUAT CT-P(クオタニウム-89)又はFINETEXのFINQUAT CT(クオタニウム-75)である。 Examples of such di-quaternary ammonium salt is FINQUAT of FINETEX CT-P (Quaternium -89) or FINETEX of FINQUAT CT (Quaternium -75).
少なくとも1つのエステル官能基を含む第四級アンモニウム塩、例えば式(IV) Quaternary ammonium salts containing at least one ester function, for example, the formula (IV)

(式中、 (In the formula,
R 22は、C 1 〜C 6アルキル基、並びに、C 1 〜C 6ヒドロキシアルキル基及びジヒドロキシアルキル基から選ばれ、 R 22 is, C 1 -C 6 alkyl group, and is selected from C 1 -C 6 hydroxyalkyl group and a dihydroxyalkyl group,
R 23は、基、 R 23 is a group,

直鎖及び分枝状、飽和及び不飽和のC 1 〜C 22炭化水素系基R 27 、並びに、水素から選ばれ、 Linear and branched, C 1 -C 22 hydrocarbon-based radical R 27 saturated and unsaturated, and are selected from hydrogen,
R 25は、基、 R 25 is a group,

直鎖及び分枝状、飽和及び不飽和のC 1 〜C 6炭化水素系基R 29 、並びに、水素から選ばれ、 Linear and branched, C 1 -C 6 hydrocarbon-based radicals R 29 saturated and unsaturated, and are selected from hydrogen,
R 24 、R 26及びR 28は、同一であっても異なっていてもよく、直鎖及び分枝状の、飽和及び不飽和のC 7 〜C 21炭化水素系基から選ばれ、 R 24, R 26 and R 28, which may be the same or different and linear and branched, selected from C 7 -C 21 hydrocarbon-based group of saturated and unsaturated,
r、s及びtは、同一であっても異なっていてもよく、2から6の範囲の整数から選ばれ、 r, s and t, which may be the same or different and is selected from an integer ranging from 2 to 6,
r1及びt1のそれぞれは、同一であっても異なっていてもよく、0又は1であり、r2+r1=2r及びt1+t2=2tであり、 Each of r1 and t1, which may be the same or different and is 0 or 1, a r2 + r1 = 2r and t1 + t2 = 2t,
yは、1から10の範囲の整数から選ばれ、 y is selected from integers ranging from 1 to 10,
x及びzは、同一であっても異なっていてもよく、0から10の範囲の整数から選ばれ、 x and z, which may be the same or different and is selected from an integer ranging from 0 to 10,
X -は、単体及び錯体の、有機及び無機の陰イオンから選ばれ、ただしx+y+zの和は1から15の範囲であり、ただしxが0であるときR 23はR 27を示し、ただしzが0であるときR 25はR 29を示す) X - is a simple and complex, selected from organic and inorganic anions, provided that the sum of x + y + z is in the range of 1 to 15, provided that R 23 when x is 0 indicates R 27 , provided that R 25 when z is 0 indicates R 29)
を有するもの。 Those having. R 22は、直鎖及び分枝状アルキル基から選ばれてもよい。 R 22 may be selected from linear and branched alkyl groups. 一実施形態では、R 22は、直鎖アルキル基から選ばれる。 In one embodiment, R 22 is selected from linear alkyl groups. 別の実施形態では、R 22は、メチル基、エチル基、ヒドロキシエチル基及びジヒドロキシプロピル基から選ばれ、例えば、メチル基及びエチル基から選ばれる。 In another embodiment, R 22 is selected from methyl, ethyl, hydroxyethyl group, and dihydroxypropyl groups, for example, selected from methyl and ethyl. 一実施形態では、x+y+zの和は、1から10の範囲である。 In one embodiment, the sum of x + y + z is in the range of 1 to 10. R 23が炭化水素系基R 27であるとき、それは、長鎖であって12から22個の炭素原子を含んでいてもよく、又は短鎖であって1から3個の炭素原子を含んでいてもよい。 When R 23 is a hydrocarbon-based radical R 27, which may also contain a long-chain a an in 12 to 22 carbon atoms, or a short-chain contains from 1 to 3 carbon atoms It can have. R 25が炭化水素系基R 29であるとき、それは、例えば1から3個の炭素原子を含んでいてもよい。 When R 25 is a hydrocarbon-based radical R 29, which may, for example may contain from 1 to 3 carbon atoms. 非限定的な例として、一実施形態では、R 24 、R 26及びR 28は、同一であっても異なっていてもよく、直鎖及び分枝状の、飽和及び不飽和の、C 11 〜C 21炭化水素系基から選ばれ、例えば直鎖及び分枝状の、飽和及び不飽和のC 11 〜C 21アルキル基及びアルケニル基から選ばれる。 As a non-limiting example, in one embodiment, R 24, R 26 and R 28, which may be the same or different and linear and branched, saturated and unsaturated, C 11 ~ C 21 is selected from a hydrocarbon-based radical, for example linear and branched, it is chosen from C 11 -C 21 alkyl and alkenyl groups, saturated and unsaturated. 別の実施形態では、x及びzは、同一であっても異なっていてもよく、0又は1である。 In another embodiment, x and z, which may be the same or different and is 0 or 1. 一実施形態では、yは1に等しい。 In one embodiment, y is equal to 1. 別の実施形態では、r、s及びtは、同一であっても異なっていてもよく、2又は3に等しく、例えば2に等しい。 In another embodiment, r, s and t, which may be the same or different and equal to 2 or 3, for example equal to 2. 陰イオンX -は、例えば、塩化物イオン、臭化物イオン及びヨウ化物イオン等のハロゲン化物イオンから選ばれてもよく;及びメチル硫酸イオン等のC 1 〜C 4アルキル硫酸イオンから選ばれてもよい。 Anion X - is, for example, chloride, bromide and may be selected from halide ions such as iodide ion; may be selected from C 1 -C 4 alkyl sulfate ion and methyl sulfate, etc. . しかし、メタンスルホン酸イオン、リン酸イオン、硝酸イオン、トシル酸イオンと、有機酸に由来する陰イオン、例えば酢酸イオン及び乳酸イオン、並びに、エステル官能基を含むアンモニウムに適合性のある任意の他の陰イオンは、本発明により使用してもよい陰イオンの他の非限定的な例である。 However, methanesulfonate ion, phosphate ion, nitrate ion, and tosylate ions, anions derived from organic acids such as acetic acid and lactate, as well as any other that is compatible with the ammonium containing an ester functional group the anion is another non-limiting examples of which may anions used according to the invention. 一実施形態では、陰イオンX -は、塩化物イオン及びメチル硫酸イオンから選ばれる。 In one embodiment, the anion X - is chosen from chloride and methyl sulfate.

別の実施形態では、式(IV) In another embodiment, in Formula (IV)
(式中、R 22は、メチル基及びエチル基から選ばれ、 (Wherein, R 22 is selected from methyl and ethyl,
x及びyは、1に等しく、 x and y are equal to 1,
zは、0又は1に等しく、 z is equal to 0 or 1,
r、s及びtは、2に等しく、 r, s and t is equal to 2,
R 23は、基、 R 23 is a group,

メチル基、エチル基、及びC 14 〜C 22炭化水素系基、水素から選ばれ、 Methyl, ethyl, and C 14 -C 22 hydrocarbon-based radical, selected from hydrogen,
R 25は、基、 R 25 is a group,

及び水素から選ばれ、 And selected from hydrogen,
R 24 、R 26及びR 28は、同一であっても異なっていてもよく、直鎖及び分枝状の、飽和及び不飽和のC 13 〜C 17炭化水素系基から選ばれ、例えば、直鎖及び分枝状の、飽和及び不飽和のC 13 〜C 17アルキル基及びアルケニル基から選ばれる) R 24, R 26 and R 28, which may be the same or different and linear and branched, selected from C 13 -C 17 hydrocarbon-based group of saturated and unsaturated, e.g., straight chain and branched, selected from C 13 -C 17 alkyl and alkenyl groups, saturated and unsaturated)
のアンモニウム塩を使用することができる。 It can be used ammonium salt.

一実施形態では、炭化水素系基は直鎖である。 In one embodiment, the hydrocarbon-based group is linear.

挙げることができる式(IV)の化合物の非限定的な例には塩、例えば、ジアシルオキシエチル-ジメチルアンモニウムの塩化物及びメチル硫酸塩、ジアシルオキシエチル-ヒドロキシエチル-メチルアンモニウムの塩化物及びメチル硫酸塩、モノアシルオキシエチル-ジヒドロキシエチル-メチルアンモニウムの塩化物及びメチル硫酸塩、トリアシルオキシエチル-メチルアンモニウムの塩化物及びメチル硫酸塩、モノアシルオキシエチル-ヒドロキシエチル-ジメチル-アンモニウムの塩化物及びメチル硫酸塩、及び、それらの混合物がある。 Non-limiting salts Examples of compounds of formula (IV) may be mentioned, for example, diacyl oxyethyl - chlorides and methyl sulfates dimethylammonium, di acyloxyethyl - hydroxyethyl - chlorides and methyl methyl ammonium sulfates, mono- acyloxyethyl - dihydroxyethyl - chlorides and methyl sulfates methylammonium, tri acyloxyethyl - chlorides and methyl sulfates methyl ammonium, mono- acyloxyethyl - hydroxyethyl - dimethyl - chloride and methyl sulfate ammonium salts, and, there are mixtures thereof. 一実施形態では、アシル基は、14から18個の炭素原子を含んでいてもよく、例えば植物油、例としてはパーム油及びヒマワリ油に由来していてもよい。 In one embodiment, the acyl group may contain 18 carbon atoms from 14, such as vegetable oils, may be derived from palm oil and sunflower oil as an example. 化合物がいくつかのアシル基を含むとき、これらの基は、同一であっても異なっていてもよい。 If the compound contains several acyl groups, these groups may be be the same or different.

これらの生成物は、例えば、任意選択で、オキシアルキレン化された、トリエタノールアミン、トリイソプロパノールアミン、アルキルジエタノールアミン又はアルキルジイソプロパノールアミンを、脂肪酸に、又は、植物起源若しくは動物起源の脂肪酸の混合物に直接エステル化することによって、又は、それらのメチルエステルをエステル交換することによって得ることができる。 These products, for example, optionally, is oxyalkylenated, triethanolamine, triisopropanolamine, an alkyl diethanol amine or alkyl diisopropanolamine, fatty acids, or a mixture of fatty acids of vegetable origin or animal origin by direct esterification, or their methyl esters can be obtained by transesterification. このエステル化の後にアルキル化剤を用いて第四級化してもよく、該アルキル化剤は、ハロゲン化アルキル、例えばハロゲン化メチル及びハロゲン化エチル;硫酸ジアルキル、例えば硫酸ジメチル及び硫酸ジエチル;メタンスルホン酸メチル;パラ-トルエンスルホン酸メチル;グリコールクロロヒドリン;並びに、グリセロールクロロヒドリンから選ばれる。 May be quaternized with an alkylating agent after the esterification, the alkylating agent is an alkyl halide, for example a methyl halide and halogenated ethyl; dialkyl sulfates such as dimethyl and diethyl sulfate; methanesulphonic methyl; para - methyl toluenesulfonate; glycol chlorohydrin; and selected from glycerol chlorohydrin.

こうした化合物は、例えば、Cognis社によりDehyquart(登録商標)という名称で、Stepan社によりStepanquat(登録商標)という名称で、Ceca社によりNoxamium(登録商標)という名称で、Rewo-Goldschmidt社により「Rewoquat(登録商標)WE 18」という名称で販売されている。 Such compounds are, for example, by the company Cognis under the name Dehyquart (R), under the name Stepanquat (R) by Stepan Company, under the name Noxamium (R) by company Ceca, Rewo-Goldschmidt by the company "Rewoquat ( which is sold under the name registered trademark) WE 18 ".

本発明による組成物中に使用してもよいアンモニウム塩の他の非限定的な例として、米国特許第4,874,554号及び第4,137,180号に記載されている、少なくとも1つのエステル官能基を含むアンモニウム塩が挙げられる。 Other non-limiting examples of even an ammonium salt is used in the composition according to the invention, are described in U.S. Pat. Nos. 4,874,554 and No. 4,137,180, ammonium salts containing at least one ester function and the like.

本発明による組成物中に使用できる上述の第四級アンモニウム塩の中では、それだけに限らないが、式(I)に相当するもの、例えば、テトラアルキルアンモニウムクロリド、例としてはジアルキルジメチルアンモニウムクロリド及びアルキルトリメチルアンモニウムクロリド(ここでアルキル基は約12から22個の炭素原子を含む)、例えばベヘニルトリメチルアンモニウムクロリド、ジステアリルジメチルアンモニウムクロリド、セチルトリメチルアンモニウムクロリド及びベンジルジメチルステアリルアンモニウムクロリド;パルミチルアミドプロピルトリメチルアンモニウムクロリド;及び、Van Dyk社により「Ceraphyl(登録商標)70」という名称で販売されているステアルアミドプロピルジメチル(酢酸ミリスチル)アンモニウムクロリドが挙げられる。 Among the quaternary ammonium salts mentioned above that can be used in the composition according to the invention, but are not limited to, those corresponding to formula (I), for example, tetraalkyl ammonium chlorides, dialkyl dimethyl ammonium chlorides and alkyl Examples trimethylammonium chloride (wherein the alkyl group contains from about 12 to 22 carbon atoms), for example, behenyl trimethyl ammonium chloride, distearyl dimethyl ammonium chloride, cetyl trimethyl ammonium chloride and benzyl dimethyl stearyl ammonium chloride; palmityl amidopropyl trimethylammonium chloride; and, "Ceraphyl (R) 70" sold under the name stearamidopropyl dimethyl (myristyl acetate) ammonium chloride and the like by the company Van Dyk.

一実施形態によれば、本発明の組成物中に使用してもよい陽イオン性界面活性剤は、第四級アンモニウム塩から選ばれ、例えば、ベヘニルトリメチルアンモニウムクロリド、セチルトリメチルアンモニウムクロリド、クオタニウム-83、クオタニウム-87、クオタニウム-22、ベヘニルアミドプロピル-2,3-ジヒドロキシプロピルジメチルアンモニウムクロリド、パルミチルアミドプロピルトリメチルアンモニウムクロリド、及び、ステアルアミドプロピルジメチルアミンから選ばれる。 According to one embodiment, good cationic surfactants also be used in the compositions of the present invention are selected from quaternary ammonium salts, for example, behenyl trimethyl ammonium chloride, cetyl trimethyl ammonium chloride, Quaternium - 83, Quaternium -87, Quaternium -22, behenyl amide-2,3-dihydroxypropyl dimethyl ammonium chloride, palmityl amido propyl trimethyl ammonium chloride, and is selected from stearamidopropyl dimethyl amine.

(陰イオン性界面活性剤) (Anionic surfactant)
陰イオン性界面活性剤は限定されない。 Anionic surfactants are not limited. 陰イオン性界面活性剤は、詳細には、野菜起源タンパク質又は絹タンパク質の陰イオン性誘導体、リン酸塩及びアルキルリン酸塩、カルボン酸塩、スルホコハク酸塩、アミノ酸誘導体、アルキル硫酸塩、アルキルエーテル硫酸塩、スルホン酸塩、イセチオン酸塩、タウリン酸塩、アルキルスルホ酢酸塩、ポリペプチド、アルキルポリグルコシドの陰イオン性誘導体、及び、それらの混合物から選ばれてもよい。 Anionic surfactants are, in particular, anionic derivatives of vegetable origin protein or silk protein, phosphates and alkyl phosphates, carboxylates, sulfosuccinates, amino acid derivatives, alkyl sulphates, alkyl ether sulphates, sulphonates, isethionates, taurates, alkyl sulfoacetate salt, polypeptide, anionic derivatives of alkyl polyglucoside, and it may be selected from mixtures thereof.

1)野菜起源タンパク質の陰イオン性誘導体は、疎水性基を含むタンパク質加水分解物であり、前記疎水性基は、タンパク質中に天然に存在していること、又は、タンパク質の、及び/又はタンパク質加水分解物の、疎水性化合物との反応により付加されることが可能である。 1) anionic derivative of vegetable origin protein is a protein hydrolyzate containing a hydrophobic group, the hydrophobic group is that they are naturally present in the protein, or, protein, and / or protein hydrolyzate, it can be added by reaction with a hydrophobic compound. 該タンパク質は、野菜起源又は絹由来であり、該疎水性基は、詳細には、脂肪鎖、例えば10から22個の炭素原子を含むアルキル鎖であることができる。 The protein is derived from vegetable origin or silk, hydrophobic groups, in particular, can be fatty chain, such as alkyl chains containing 10 to 22 carbon atoms. 更に詳細に挙げることができるのは、10から22個の炭素原子を有するアルキル鎖を含む、リンゴタンパク質加水分解物の、小麦タンパク質加水分解物の、大豆タンパク質加水分解物の又はエンバクタンパク質加水分解物の野菜起源タンパク質の陰イオン性誘導体、及び、それらの塩である。 Further can be mentioned in detail, it comprises an alkyl chain having 10 to 22 carbon atoms, apple protein hydrolyzate, wheat protein hydrolyzate, soy protein hydrolyzate, or oat protein hydrolyzate anionic derivatives of vegetable origin proteins, and their salts. アルキル鎖は、詳細にはラウリル鎖であることができ、該塩はナトリウム塩、カリウム塩及び/又はアンモニウム塩であることができる。 Alkyl chains may be in particular a lauryl chain, the salt may be sodium salt, potassium salt and / or ammonium salts.

そのため、疎水性基を含むタンパク質加水分解物として挙げることができるのは、例えば、川研ファインケミカルによりKawa Silkという名称で販売されている製品等の、タンパク質がラウリン酸によって変性された絹タンパク質であるタンパク質加水分解物の塩のもの;CrodaによりAminofoam W ORの名称で販売されているカリウム塩(CTFA名:ラウロイル小麦アミノ酸カリウム)、及び、SeppicによりProteol LW 30という名称で販売されているナトリウム塩(CTFA名:ラウロイル小麦アミノ酸ナトリウム)等の、タンパク質がラウリン酸によって変性された小麦タンパク質であるタンパク質加水分解物の塩のもの;SeppicによりProteol OAT(30%水溶液)という名称で販売されているナトリウム塩(CTFA名:ラウロイルエンバクアミノ酸ナトリウム)等の、タンパク質が、10から22個の炭 Therefore, mention may be made as a protein hydrolyzate containing a hydrophobic group, for example, such as the product sold by Kawaken Fine Chemicals under the name Kawa Silk, protein is a silk protein modified with lauric acid those salts of protein hydrolysates; Croda potassium sold under Aminofoam W oR name by salt (CTFA name: lauroyl wheat amino acids potassium), and sodium salt sold under the name Proteol LW 30 by Seppic ( CTFA name: lauroyl wheat amino sodium) such as, protein those salts of the protein hydrolyzate is a wheat protein modified with lauric acid, sodium, sold under the name Seppic by Proteol OAT (30% aqueous solution) salt (CTFA name: lauroyl oat sodium amino acids), such as, protein, 10 to 22 amino charcoal 原子を有するアルキル鎖を含むエンバクタンパク質であるタンパク質加水分解物の塩のもの、また特にタンパク質がラウリン酸によって変性されたエンバクタンパク質である、タンパク質加水分解物の塩のもの;又は、SeppicによりProteol APL(30%水性/グリコール溶液)という名称で販売されている、10から22個の炭素原子を有するアルキル鎖を含むリンゴタンパク質加水分解物の塩のもの(CTFA名:ココイルリンゴアミノ酸ナトリウム)がある。 Those salts of protein hydrolysates is oat protein comprising an alkyl chain having an atomic and a oat protein, especially protein is modified by lauric acid, those salts of protein hydrolysates; or, Proteol APL by Seppic there are: (cocoyl malic sodium amino acid CTFA name) (30% aqueous / glycol solution) sold under the name, salts of malic protein hydrolyzate containing an alkyl chain having from 10 to 22 carbon atoms ones. 更に挙げることができるのは、SeppicによりProteol SAV 50の名称で販売されている(CTFA名:ココイルアミノ酸ナトリウム)、N-メチルグリシン酸ナトリウムで中性化されたラウロイルアミノ酸(アスパルチン酸、グルタミン酸、グリシン、アラニン)の混合物である。 Can be further mentioned are sold under the name Proteol SAV 50 by Seppic (CTFA name: Sodium Kokoiruamino acid), N- methylglycine sodium in neutralized the lauroyl amino acids (aspartic acid, glutamic acid, glycine , a mixture of alanine).

2)リン酸塩及びアルキルリン酸塩として挙げることができるのは、例えば、Kao ChemicalsによりMAP 20(登録商標)という名称で販売されているラウリル一リン酸塩、Cognis社によりCrafol AP-31(登録商標)という名称で販売されているモノエステルとジエステルとの混合物(主としてジエステル)としてのリン酸ドデシルのカリウム塩、Cognis社によりCrafol AP-20(登録商標)という名称で販売されているリン酸オクチルのモノエステルとジエステルとの混合物、Condea社によりIsofol 12 7 EO-Phosphate Ester(登録商標)という名称で販売されているエトキシル化(7モルのEO)2-ブチルオクチルのリン酸モノエステルとジエステルとの混合物、Uniqema社により注文番号Arlatone MAP 230K-40(登録商標)及びArlatone MAP 230T-60(登録商標)として販売されている、モノ(C 12 〜C 13 )アルキルリン酸塩の 2) it can be mentioned as phosphates and alkyl phosphates, for example, Crafol AP-31 MAP 20 (lauryl monophosphate sold under the registered trademark) entitled, by the company Cognis by Kao Chemicals ( mixture of monoester and diester, sold under the name R) (mainly diester) as a potassium phosphate dodecyl salt, Crafol AP-20 (TM) phosphate sold under the name by the company Cognis mixtures of mono- and diesters of octyl, Condea by the company Isofol 12 7 EO-phosphate ester (EO 7 moles) ethoxylated sold under the name (R) 2-butyl phosphate mono- and diesters of octyl a mixture of the order by the company Uniqema number Arlatone MAP 230K-40 (R) and Arlatone MAP 230T-60 sold as (R), mono (C 12 -C 13) alkyl phosphate リウム塩又はトリエタノールアミン塩、Rhodia Chimie社によりDermalcare MAP XC-99/09(登録商標)という名称で販売されているラウリルリン酸カリウム、及び、Uniqema社によりArlatone MAP 160Kという名称で販売されているセチルリン酸カリウム等の、モノアルキルリン酸塩及びジアルキルリン酸塩である。 Potassium salt or triethanolamine salt, potassium lauryl phosphate sold under the name Dermalcare MAP XC-99/09 (R) by the company Rhodia Chimie, and is sold under the name Arlatone MAP 160K by the company Uniqema and potassium cetyl phosphate, a monoalkyl phosphate and dialkyl phosphate.

3)カルボン酸塩として、例えば以下のものを挙げることができる: 3) as the carboxylic acid salts include, for example, the following:
- アミドエーテルカルボン酸塩(AEC)、例えばKao ChemicalsによりAkypo Foam 30(登録商標)という名称で販売されているラウリルアミドエーテルカルボン酸ナトリウム(3 EO)、 - amide ether carboxylates (AEC), for example, Kao Chemicals by Akypo Foam 30 (R) lauryl amide ether carboxylate sold under the name (3 EO),
- ポリオキシエチレン化カルボン酸塩、例えばKao ChemicalsによりAkypo Soft 45 NV(登録商標)という名称で販売されている、オキシエチレン化(6 EO)ラウリルエーテルカルボン酸ナトリウム(65/25/10 C 12 〜C 14 〜C 16 )、Biologia E Tecnologia社によりOlivem 400(登録商標)という名称で販売されている、オリーブ油起源のポリオキシエチレン化脂肪酸及びカルボキシメチル化脂肪酸、又は、日光ケミカルズによりNikkol ECTD-6 NEX(登録商標)という名称で販売されているオキシエチレン化(6 EO)トリデシルエーテルカルボン酸ナトリウム、並びに - polyoxyethylenated carboxylic acid salts, for example, Kao Chemicals by Akypo Soft 45 NV (registered trademark) sold under the name, oxyethylenated (6 EO) sodium lauryl ether carboxylate (65/25/10 C 12 ~ C 14 ~C 16), Biologia E Tecnologia by the company Olivem 400 (registered trademark) sold under the name, polyoxyethylenated fatty acids and carboxymethylated fatty olive oil origin, or by Nikko Chemicals Nikkol ECTD-6 NEX (R) oxyethylenated sold under the name (6 EO) sodium tridecyl ether carboxylic acid, and
- 有機塩基又は無機塩基で中性化されているC 6からC 22アルキル鎖を有する脂肪酸の塩(セッケン)、例えば水酸化カリウム、水酸化ナトリウム、トリエタノールアミン、N-メチルグルカミン、リジン及びアルギニン。 - organic or inorganic base in the neutralized from C 6 are of fatty acids having C 22 alkyl chains salts (soaps), for example potassium hydroxide, sodium hydroxide, triethanolamine, N- methylglucamine, lysine and arginine.

4)アミノ酸のアルカリ塩のアミノ酸誘導体として、詳細には、例えば以下のものを挙げることができる: 4) amino acid derivatives of the alkali salts of amino acids, in particular, can be, for example, the following:
- サルコシン酸塩、例えばCiba社によりSarkosyl NL 97(登録商標)という名称で、又は、SEPPIC社によりOramix L30(登録商標)という名称で販売されているラウロイルサルコシン酸ナトリウム、日光ケミカルズによりNikkol Sarcosinate MN(登録商標)という名称で販売されているミリストイルサルコシン酸ナトリウム、又は、日光ケミカルズによりNikkol Sarcosinate PN(登録商標)という名称で販売されているパルミトイルサルコシン酸ナトリウム、 - sarcosinates, for example by Ciba under the name of Sarkosyl NL 97 (registered trademark), or, sodium lauroyl sarcosinate, sold under the name Oramix L30 (R) by the company SEPPIC, by Nikko Chemicals Nikkol Sarcosinate MN ( R) myristoyl sarcosinate, sodium Shin acid sold under the name, or, palmitoyl sarcosinate, sodium Shin acid sold under the name Nikkol sarcosinate PN (R) by Nikko Chemicals,
- アラニン酸塩、例えば日光ケミカルズによりSodium Nikkol Alaninate LN 30(登録商標)という名称で、又は、川研ファインケミカルによりAlanone ALE(登録商標)という名称で販売されているN-ラウロイル-N-メチルアミドプロピン酸ナトリウム、又は、川研ファインケミカルによりAlanone ALTA (登録商標)という名称で販売されているトリエタノールアミンN-ラウロイル-N-メチルアラニン、 - alanine salt, for example by Nikko Chemicals under the name Sodium Nikkol Alaninate LN 30 (R), or, Kawaken Fine Chemicals by Alanone ALE (registered trademark) sold under the name N- lauroyl -N- methylamide Pro sodium Pinsan, or triethanolamine N- lauroyl -N- methylalanine sold under the name Alanone ALTA (R) by Kawaken Fine Chemicals,
- グルタミン酸塩、例えば味の素株式会社によりAcylglutamate CT-12(登録商標)という名称で販売されているモノココイルグルタミン酸トリエタノールアミン、味の素株式会社によりAcylglutamate LT-12(登録商標)という名称で販売されているラウロイルグルタミン酸トリエタノールアミン、 - glutamate, for example, Ajinomoto Acylglutamate CT-12 (registered trademark) sold under the name Monoko coil glutamate triethanolamine by Ltd., sold under the name Acylglutamate LT-12 (R) by Ajinomoto Co., Inc. lauroyl glutamate triethanolamine,
- アスパラギン酸塩、例えば三菱化学によりAsparack(登録商標)という名称で販売されているN-ラウロイルアスパラギン酸トリエタノールアミンとN-ミリストイルアスパラギン酸トリエタノールアミンとの混合物、 - aspartate, for example mixtures of Asparack (registered trademark) sold under the name N- lauroyl aspartate triethanolamine and N- myristoyl aspartic acid triethanolamine by Mitsubishi Chemical,
- グリシン誘導体(グリシン酸塩)、例えば味の素株式会社によりAmilite GCS-12(登録商標)及びAmilite GCK 12という名称で販売されているN-ココイルグリシン酸ナトリウム、 - glycine derivatives (glycinates), for example, Ajinomoto Amilite GCS-12 (R) and N- sodium cocoyl glycinate sold under the name Amilite GCK 12 by Co.,
- クエン酸塩、例えばGoldschmidtによりWitconol EC 1129という名称で販売されているオキシエチレン化(9mol)ココヤシアルコールのクエン酸モノエステル、 - citrate, for example, oxyethylenated sold under the name Witconol EC 1129 by Goldschmidt (9 mol) of citric acid monoester of coconut alcohol,
- ガラクツロン酸塩、例えばSolianceにより販売されているドデシルD-ガラクトシドウロン酸ナトリウム。 - galacturonate, such as dodecyl D- galacto guidance sodium Ron acid sold by Soliance.

5)スルホコハク酸塩として挙げることができるのは、例えばWitco社によりSetacin 103 Special(登録商標)及びRewopol SB-FA 30 K 4(登録商標)という名称で販売されているオキシエチレン化(3 EO)ラウリル(70/30 C 12 /C 14 )アルコールモノスルホスクシネート、Zschimmer Schwarz社によりSetacin F Special Paste(登録商標)という名称で販売されているC 12 〜C 14アルコールのヘミスルホスクシネートの二ナトリウム塩、Cognis社によりStandapol SH 135(登録商標)という名称で販売されているオキシエチレン化(2EO)二ナトリウムオレアミドスルホスクシネート、Sanyo社によりLebon A-5000(登録商標)という名称で販売されているオキシエチレン化(5 EO)ラウルアミドモノスルホスクシネート、Witco社によりRewopol SB CS 50(登録商標)という名称で販売されているオキシエチレン化(10 EO)ラウリルシトレ 5) it can be mentioned as sulfosuccinates, for example, Witco Corporation by Setacin 103 Special (R) and Rewopol SB-FA 30 K 4 (R) oxyethylenated sold under the name (3 EO) lauryl (70/30 C 12 / C 14) alcohol mono sulfosuccinate, the company Zschimmer Schwarz Setacin F Special Paste of C 12 -C 14 alcohol sold under the name (R) hemi sulfosuccinate disodium salt, by the company Cognis Standapol SH 135 (R) oxyethylenated sold under the name (2EO) disodium oleamido sulfosuccinates, by the company Sanyo under the name Lebon A-5000 (registered trademark) oxyethylenated sold (5 EO) lauramide mono sulfosuccinate, Witco Corporation by Rewopol SB CS 50 (TM) oxyethylenated sold under the name (10 EO) Raurirushitore トモノスルホスクシネートの二ナトリウム塩、又は、Witco社によりRewoderm S 1333(登録商標)という名称で販売されているリシノール酸モノエタノールアミドモノスルホスクシネートがある。 Disodium salt of Tomonosu Le phosphate succinate or there is Rewoderm S 1333 (R) ricinoleic acid sold under the name monoethanolamide sulfosuccinate by Witco Corporation. ポリジメチルシロキサンスルホスクシネートが利用されてもよく、例えばMacIntyreによりMackanate-DC 30の名称で販売されている二ナトリウムPEG-12ジメチコンスルホスクシネートがある。 Polydimethylsiloxane sulfosuccinates may be utilized, for example, a disodium PEG-12 dimethicone sulfosuccinate sold under the name Mackanate-DC 30 by MacIntyre.

6)アルキル硫酸塩として挙げることができるのは、例えば、HuntsmanによりEmpicol TL40 FLという名称で販売されている製品、又は、CognisによりTexapon T42という名称で販売されている製品等のラウリル硫酸トリエタノールアミン(CTFA名:TEAラウリルスルフェート)であり、これらの製品は40%水性溶液である。 6) can be mentioned as the alkyl sulfates, such as the product sold under the name Empicol TL40 FL by Huntsman, or triethanolamine lauryl sulfate, such as the product sold under the name Texapon T42 by Cognis (CTFA name: TEA lauryl sulfate), and these products is 40% aqueous solution. HuntsmanによりEmpicol AL 30FLの名称で販売されている製品等のラウリル硫酸アンモニウム(CTFA名:ラウリル硫酸アンモニウム)を挙げることもでき、これらは30%水性溶液である。 Lauryl sulfate such as the product sold under the name Empicol AL 30FL by Huntsman: can also include (CTFA name lauryl sulfate), which are 30% aqueous solution.

7)アルキルエーテル硫酸塩として挙げることができるのは、例えば、CognisによりTexapon N40及びTexapon AOS 225 UPの名称で販売されているもの等のラウリルエーテル硫酸ナトリウム(CTFA名:ラウレス硫酸ナトリウム)、又は、CognisによりStandapol EA-2の名称で販売されているもの等のラウリルエーテル硫酸アンモニウム(CTFA名:ラウレス硫酸アンモニウム)である。 7) can be mentioned as alkyl ether sulfates, for example, sodium lauryl ether sulfate those such as sold under the name Texapon N40 and Texapon AOS 225 UP by Cognis (CTFA name: Sodium Laureth Sulfate), or, lauryl ether sulphate, such as those sold under the name Standapol EA-2 by Cognis: a (CTFA name laureth sulfate).

8)スルホン酸塩として挙げることができるのは、例えばα-オレフィンスルホン酸塩であり、StepanによりBio-Terge AS-40(登録商標)という名称で、WitcoによりWitconate AOS Protege(登録商標)及びSulframine AOS PH 12(登録商標)という名称で、StepanによりBio-Terge AS-40 CG(登録商標)という名称で販売されているα-オレフィンスルホン酸ナトリウム(C 14 〜C 16 )、ClariantによりHostapur SAS 30(登録商標)という名称で販売されている第2オレフィンスルホン酸ナトリウム(secondary sodium olefinsulphonate);又はManroによりManrosol SXS30(登録商標)、Manrosol SXS40(登録商標)及びManrosol SXS93(登録商標)という名称で販売されているキシレンスルホン酸ナトリウムである。 8) can be mentioned as sulfonate, for example, α- olefin sulfonate, under the name Bio-Terge AS-40 (R) by Stepan, Witconate AOS Protege (TM by Witco) and Sulframine under the name AOS PH 12 (TM), Bio-Terge AS-40 CG ( registered trademark) sold under the name α- olefin sodium sulfonate by Stepan (C 14 ~C 16), Hostapur SAS 30 by Clariant sold under the name or Manrosol SXS30 (registered trademark) by Manro, Manrosol SXS40 (R) and Manrosol SXS93 (TM); (R) second sodium olefin sulfonate sold under the name (secondary sodium olefinsulphonate) xylene sodium sulphonate.

9)イセチン酸塩として挙げることができるのは、アシルイセチン酸塩、例えばJordanによりJordapon CI P(登録商標)という名称で販売されている製品等のココイルイセチオン酸ナトリウムである。 9) can be mentioned as Isechin salt, Ashiruisechin salts, such as sodium cocoyl isethionate, such as the product sold under the name Jordapon CI P (R) by Jordan.

10)タウリン酸塩として挙げることができるのは、Clariant社によってHostapon CT Pate(登録商標)という名称で販売されているパーム核油メチルタウリン酸塩のナトリウム塩;N-アシルN-メチルタウリン酸塩、例えばClariant社によりHostapon LT-SF(登録商標)という名称で、又は、日光ケミカルズによりNikkol CMT-30-T(登録商標)という名称で販売されているN-ココイル-N-メチルタウリン酸ナトリウム、又は、日光ケミカルズによりNikkol PMT(登録商標)という名称で販売されているパルミトイルメチルタウリン酸ナトリウムである。 10) can be mentioned as taurine salt, Hostapon CT Pate (sodium salt of palm kernel oil methyl taurate sold under the name R) by the company Clariant; N- acyl N- methyl taurates , for example by the company Clariant under the name Hostapon LT-SF (TM), or sold under the name Nikkol CMT-30-T (R) by Nikko Chemicals N- cocoyl -N- sodium methyl taurate, or a palmitoyl sodium methyl taurate sold under the name Nikkol PMT (R) by Nikko Chemicals.

11)アルキルポリグルコシドの陰イオン性誘導体は、詳細には、クエン酸塩、酒石酸塩、スルホコハク酸塩、カルボン酸塩及びアルキルポリグルコシドから得られるグリセロールエーテルであり得る。 11) Anionic derivatives of alkyl polyglucoside, in particular, citrate, tartrate, sulfosuccinates, may be a glycerol ethers obtained from carboxylic acid salts and alkyl polyglucosides. 挙げることができるのは、例えば、CesalpiniaによりEucarol AGE-ET(登録商標)という名称で販売されているココイルポリグリコシド(1,4)酒石酸エステルのナトリウム塩、SeppicによりEssai 512 MP(登録商標)という名称で販売されているココイルポリグリコシド(1,4)スルホコハク酸エステルの二ナトリウム塩、又は、CesalpiniaによりEucarol AGE-EC(登録商標)の名称で販売されているココイルポリグリコシド(1,4)クエン酸エステルのナトリウム塩である。 Mention may be made, for example, Eucarol AGE-ET (R) sold under the name cocoyl polyglucoside (1,4) the sodium salt of tartaric acid esters by Cesalpinia, that Essai 512 MP (R) by Seppic cocoyl polyglucoside (1,4) disodium salt of sulphosuccinic acid esters, sold under the name, or, Eucarol AGE-EC sold under the name (R) cocoyl polyglucoside (1,4) citric by Cesalpinia sodium salt of the acid ester.

アミノ酸誘導体が、アシルグリシン誘導体又はグリシン誘導体、特にアシルグリシン塩であることが好ましい。 Amino derivatives, acyl glycine derivatives or glycine derivative, and particularly preferably an acyl glycine salt.

アシルグリシン誘導体又はグリシン誘導体は、アシルグリシン塩(若しくはアシルグリシン酸塩)、又はグリシン塩(若しくはグリシン酸塩)から選ぶことができ、詳細には、以下のものから選ぶことができる: Acyl glycine derivatives or glycine derivative, acyl glycine salt (or acyl glycinate) or can be selected from glycine salts (or glycinates), in particular, can be selected from:

i)式(I) i) where the compound of formula (I)
R-HNCH 2 COOX (I) R-HNCH 2 COOX (I)
(式中、 (In the formula,
- Rは、アシル基R'C=Oを表し、そのR'は、好ましくは、10から30個の炭素原子、好ましくは12から22個の炭素原子、好ましくは14から22個の炭素原子、更に良好には16から20個の炭素原子を含む、飽和又は不飽和の、線状又は分枝状の炭化水素鎖を表し、 - R represents an acyl group R'C = O, the R 'is preferably 10 to 30 carbon atoms, preferably 12 to 22 carbon atoms, preferably 14 to 22 carbon atoms, better still contains 16 to 20 carbon atoms, represents a saturated or unsaturated, linear or branched hydrocarbon chain,
- Xは、例えば、アルカリ金属のイオン(Na、Li又はK等、好ましくはNa又はK)、アルカリ土類金属のイオン(Mg、アンモニウム基、及び、それらの混合物)から選ばれる陽イオンを表す) - X is, for example, an alkali metal ion (Na, Li or K and the like, preferably Na or K), ions of alkaline earth metals (Mg, ammonium group, and mixtures thereof) are a cation selected from )
のグリシン酸アシル。 Of glycine acid acyl.

該アシル基は、詳細には、ラウロイル、ミリストイル、ベヘノイル、パルミトイル、ステアロイル、イソステアロイル、オリボイル、ココイル又はオレオイルの基、及び、それらの混合物から選ぶことができる。 The acyl groups are, in particular, lauroyl, myristoyl, behenoyl, palmitoyl, stearoyl, isostearoyl, Oriboiru, cocoyl or oleoyl radical, and may be selected from mixtures thereof.

好ましくは、Rは、ココイル基である。 Preferably, R is cocoyl group.

ii)式(II) ii) formula (II)

(式中、 (In the formula,
- R 1は、10から30個の炭素原子、好ましくは12から22個の炭素原子、更に良好には16から20個の炭素原子を含む、飽和又は不飽和の、線状又は分枝状の炭化水素鎖を表し;R 1は、有利には、ラウリル、ミリスチル、パルミチル、ステアリル、セチル、セテアリル又はオレイル基及びそれらの混合物から選ばれ、好ましくはステアリル、オレイル基から選ばれ、 - R 1 is from 10 to 30 carbon atoms, preferably 12 to 22 carbon atoms, better still contains 16 to 20 carbon atoms, saturated or unsaturated, linear or branched It represents a hydrocarbon chain; R 1 is, advantageously, lauryl, myristyl, palmityl, stearyl, cetyl, selected from cetearyl or oleyl group and mixtures thereof, chosen preferably stearyl, oleyl group,
- R 2基は、同一であり又は異なり、R''OH基を表し、該R''は、2から10個の炭素原子、好ましくは2から5個の炭素原子を含むアルキル基である) - R 2 group is different is or are identical, represent a R''OH group, said R '' is from 2 to 10 carbon atoms, an alkyl group preferably containing from 2 to 5 carbon atoms)
のグリシン酸塩。 Glycine salts.

式(I)の化合物として挙げることができるのは、ココイルグリシン酸ナトリウムというINCI名を持つ化合物のもの、例えば味の素株式会社により販売されているAmilite GCS-12、ココイルグリシン酸カリウムというINCI名を持つ化合物のもの、例えば、味の素株式会社製のAmilite GCK-12等がある。 Mention may be made, as compound of formula (I) are those compounds having the INCI name sodium cocoyl glycinate, with INCI name of Amilite GCS-12, cocoyl potassium glycinate sold by, for example, Ajinomoto those compounds include, for example, Amilite GCK-12 etc. manufactured by Ajinomoto Corporation.

式(II)の化合物として使用できるのは、ジヒドロキシエチルオレイルグリシン酸塩のもの、又は、ジヒドロキシエチルステアリルグリシン酸塩のものである。 Can be used as the compound of formula (II) are those of dihydroxyethyl oleyl glycinate, or is of dihydroxyethyl stearyl glycinate.

(両性界面活性剤) (Amphoteric surfactants)
両性界面活性剤は限定されない。 Amphoteric surfactants are not limited. 両性又は双性のイオン性界面活性剤は、例えば(非限定的一覧)、脂肪族の第二級又は第三級アミン、及び、任意選択で第四級化されたアミン誘導体であり、その中の脂肪族基は、線状又は分枝状の鎖であり、8から22個の炭素原子を含んで少なくとも1つの水に可溶化させる陰イオン基(例えば、カルボン酸イオン、スルホン酸イオン、硫酸イオン、リン酸イオン又はホスホン酸イオン)を有する。 Amphoteric or zwitterionic ionic surfactants, for example (non-exclusive list), aliphatic secondary or tertiary amines, and a quaternized amine derivative optionally therein aliphatic group is a linear or branched chain, at least one water anionic groups for solubilizing (e.g. including from 8 to 22 carbon atoms, a carboxylate ion, sulfonate ion, sulfate ions, having a phosphoric acid ion or a phosphonic acid ion).

アミドアミンカルボキシル化誘導体の中では、Miranolという名称で販売されている製品を挙げることができ、これは、米国特許第2,528,378号及び第2,781,354号に記載されていてCTFA辞書、第3版、1982年においてアンホカルボキシグリシネート及びアンホカルボキシプロピオネートという名称で分類されており(これらの開示は参照により本明細書に組み込まれている)、それぞれの構造は以下のとおりである: Among the amidoamine carboxylated derivatives, may be mentioned the products sold under the name Miranol, which are described in U.S. Patent 2,528,378 No. and CTFA dictionary are described in No. 2,781,354, Third Edition, in 1982 are classified under the name amphoacetates carboxymethyl glycinate and amphoacetates carboxymethylcellulose propionate (the disclosures of which are incorporated herein by reference), each structure is as follows:
R 1 -CONHCH 2 CH 2 -N + (R 2 )(R 3 )(CH 2 COO - )、 R 1 -CONHCH 2 CH 2 -N + (R 2) (R 3) (CH 2 COO -),
(式中、 (In the formula,
R 1は、加水分解ココヤシ油中に存在する酸R 1 -COOHのアルキル基、ヘプチル、ノニル又はウンデシルの基を示し、 R 1 represents an alkyl group of an acid R 1 -COOH present in hydrolysed coconut oil, heptyl, a group of nonyl or undecyl,
R 2は、β-ヒドロキシエチル基を示し、 R 2 represents a β- hydroxyethyl group,
R 3は、カルボキシメチル基を示す) R 3 represents a carboxymethyl group)
及び as well as
R 1 '-CONHCH 2 CH 2 -N(B)(C)。 R 1 '-CONHCH 2 CH 2 -N (B) (C).
(式中、 (In the formula,
Bは、-CH 2 CH 2 OX'を表し、 B represents -CH 2 CH 2 OX ',
Cは、-(CH 2 ) z- Y'を表し、ここで、z=1又は2であり、 C is - represents (CH 2) z- Y ', where z = 1 or 2,
X'は、-CH 2 CH 2 -COOH基、-CH 2 -COOZ'、-CH 2 CH 2 -COOH、-CH 2 CH 2 -COOZ'又は水素原子を示し、 X 'is, -CH 2 CH 2 -COOH group, -CH 2 -COOZ', - CH 2 CH 2 -COOH, shows a -CH 2 CH 2 -COOZ 'or a hydrogen atom,
Y'は、-COOH、-COOZ'、-CH 2 -CHOH-SO 3 Z'又はCH 2 -CHOH-SO 3 H基を示し、 Y 'is, -COOH, -COOZ', - CH 2 illustrates a -CHOH-SO 3 Z 'or CH 2 -CHOH-SO 3 H group,
Z'は、アルカリ金属又はアルカリ土類金属のイオン、例えばナトリウムイオン、アンモニウムイオン又は有機アミン由来のイオンを表し、 Z 'represents an alkali metal or alkaline earth metal ions such as sodium ions, the ions from ammonium ion or an organic amine,
R 1 'は、ココヤシ油中若しくは加水分解亜麻仁油中に存在する酸R 1 '-COOHのアルキル基、例えばC 7 、C 9 、C 11若しくはC 13アルキル基、C 17アルキル基及びそのイソ型、又は、不飽和C 17基を示す)。 R 1 'is an acid R 1 present in coconut oil or hydrolyzed linseed oil' alkyl group -COOH, for example C 7, C 9, C 11 or C 13 alkyl group, C 17 alkyl group and isotypes thereof or, to an unsaturated C 17 group).

両性界面活性剤は、(C 8 〜C 24 )アルキルアンホ一酢酸塩、(C 8 〜C 24 )アルキルアンホ二酢酸塩、(C 8 〜C 24 )アルキルアンホモノプロピオン酸塩、及び、(C 8 〜C 24 )アルキルアンホジプロピオン酸塩から選択されることが好ましい。 Amphoteric surfactants, (C 8 ~C 24) Arukiruanho monoacetate salt, (C 8 ~C 24) Arukiruanho diacetate, (C 8 ~C 24) alkylamphoacetates mono propionate, and, (C 8 -C 24) is preferably selected from alkyl amphodicarboxylic acid salt.

これらの化合物は、CTFA辞典、第5版、1993年において、ココアンホニ酢酸二ナトリウム、ラウロアンホニ酢酸二ナトリウム、カプリルアンホ二酢酸二ナトリウム、カプリルアンホ二酢酸二ナトリウム、ココアンホジプロピオン酸二ナトリウム、ラウロアンホプロピオン酸二ナトリウム、カプリルアンホジプロピオン酸二ナトリウム、カプリルアンホジプロピオン酸二ナトリウム、ラウロアンホジプロピオン酸及びココアンホジプロピオン酸という名称で分類されている。 These compounds, CTFA dictionary, 5th edition, in 1993, Kokoanhoni disodium, Rauroanhoni acid disodium, Kapuriruanho diacetate disodium, Kapuriruanho diacetate disodium, cocoamphodiacetate acid disodium lauroamphoacetate ho acid disodium , Capri Ruan intersubunit acid disodium, Capri Ruan intersubunit acid disodium, are classified under the name lauroyl amphodicarboxylic acid and cocoamphodiacetate acid.

例として挙げることができるのは、Rhodia Chimie社によりMiranol(登録商標)C2M縮合物という商品名で販売されているココアンホ二酢酸塩である。 Mention may be made, as example is a cocoamphoacetate diacetate sold under the trade name Miranol (TM) C2M condensate by the company Rhodia Chimie.

好ましくは、両性界面活性剤はベタインであってもよい。 Preferably, the amphoteric surfactant may be a betaine.

ベタイン型両性界面活性剤は、好ましくは、アルキルベタイン、アルキルアミドアルキルベタイン、スルホベタイン、ホスホベタイン及びアルキルアミドアルキルスルホベタインから、詳細には、(C 8 〜C 24 )アルキルベタイン、(C 8 〜C 24 )アルキルアミド(C 1 〜C 8 )アルキルベタイン、スルホベタイン、及び、(C 8 〜C 24 )アルキルアミド(C 1 〜C 8 )アルキルスルホベタインからなる群から選択される。 Betaine type amphoteric surfactant, preferably, alkyl betaines, alkyl amido alkyl betaines, sulfobetaine, from phosphobetaines and alkyl amidoalkyl sulfobetaines, in particular, (C 8 ~C 24) alkyl betaines, (C 8 ~ C 24) alkyl amide (C 1 ~C 8) alkylbetaines, sulfobetaines, and is selected from the group consisting of (C 8 ~C 24) alkylamido (C 1 ~C 8) alkyl sulphobetaines. 一実施形態では、ベタイン型両性界面活性剤は、(C 8 〜C 24 )アルキルベタイン、(C 8 〜C 24 )アルキルアミド(C 1 〜C 8 )アルキルスルホベタイン、スルホベタイン及びホスホベタインから選ばれる。 In one embodiment, betaine type amphoteric surfactants are chosen from (C 8 ~C 24) alkyl betaines, (C 8 ~C 24) alkylamido (C 1 ~C 8) alkylsulfonyl, sulfobetaine and phosphobetaine It is.

挙げることができる非限定的な例には、単独で又は混合物として、CTFA辞典、第9版、2002年で、ココベタイン、ラウリルベタイン、セチルベタイン、ココ/オレアミドプロピルベタイン、ココアミドプロピルベタイン、パルミトアミドプロピルベタイン、ステアルアミドプロピルベタイン、ココアミドエチルベタイン、ココアミドプロピルヒドロキシスルタイン、オレアミドプロピルヒドロキシスルタイン、ココヒドロキシスルタイン、ラウリルヒドロキシスルタイン及びココスルタインという名称で分類されている化合物がある。 Non-limiting examples that may be mentioned, alone or as a mixture, CTFA Dictionary, 9th edition, 2002, coco betaine, lauryl betaine, cetyl betaine, coco / oleamidopropyl betaine, cocoamidopropyl betaine, palmitamide betaine, stearamidopropyl betaine, coco amido betaine, cocoamidopropyl hydroxy sultaine, oleamide hydroxy sultaine, coco-hydroxy sultaine, compounds that are classified under the name lauryl hydroxy sultaine and Kokosurutain there is.

ベタイン型両性界面活性剤は、好ましくはアルキルベタイン及びアルキルアミドアルキルベタイン、特にココベタイン及びココアミドプロピルベタインである。 Betaine type amphoteric surfactant is preferably an alkyl betaines and alkylamido betaines, in particular coco betaine and cocoamidopropyl betaine.

追加の界面活性剤の量は、組成物の総質量に対して0.01質量%から20質量%、好ましくは0.10質量%から10質量%、より好ましくは1質量%から5質量%であってもよい。 The amount of additional surfactant, 20 wt% 0.01 wt% based on the total weight of the composition, preferably from 10 wt% to 0.10 wt%, more preferably be 5 mass% from 1 wt% .

(ポリオール) (Polyols)
本発明による化粧品組成物は、少なくとも1種のポリオールを更に含んでもよい。 The cosmetic composition according to the present invention may further comprise at least one polyol. 単一の型のポリオールを使用してもよいが、2つ以上の異なる型のポリオールを組み合わせて使用することもできる。 You may use a single type of polyol, but can also be used in combination of two or more different types of polyols.

用語「ポリオール」は、本明細書では、2つ以上のヒドロキシ基を有するアルコールを意味し、単糖又はその誘導体は包含しない。 The term "polyol" as used herein, means an alcohol having two or more hydroxy groups, monosaccharides or derivatives thereof are not included. 単糖の誘導体には、単糖の1つ又は複数のカルボニル基を還元することによって得る糖アルコール、並びに、1つ又は複数のヒドロキシ基中の1個又は複数の水素原子が、アルキル基、ヒドロキシアルキル基、アルコキシ基、アシル基又はカルボニル基等の少なくとも1つの置換基を有するか、又は、置き換えられている単糖又は糖アルコールが挙げられる。 Derivatives of monosaccharides, sugar alcohols obtained by reducing one or more carbonyl groups of the monosaccharide, as well as, one or more hydrogen atoms in one or more hydroxy groups, an alkyl group, hydroxy alkyl group, an alkoxy group, or having at least one substituent such as an acyl group or a carbonyl group, or include monosaccharide or sugar alcohol is replaced.

ポリオールは、少なくとも2つのヒドロキシ基、好ましくは2から5つのヒドロキシ基を含むC 2 〜C 12ポリオール、好ましくはC 2〜9ポリオールであってもよい。 Polyols, at least two hydroxy groups, preferably C 2 -C 12 polyol comprising from 2 to 5 hydroxy groups, preferably may be a C 2 to 9 polyol.

ポリオールは、天然型ポリオールであっても合成型ポリオールであってもよい。 Polyol may be a naturally occurring polyol may be a synthetic polyol. ポリオールは、直鎖、分枝状又は環状の分子構造であってもよい。 Polyols can be linear, or may be a molecular structure branched or cyclic.

ポリオールは、グリセリン及びその誘導体、並びにグリコール及びその誘導体から選択してもよい。 Polyols, glycerine and derivatives thereof, and may be selected from glycols and derivatives thereof. ポリオールは、グリセリン、ジグリセリン、ポリグリセリン、エチレングリコール、ジエチレングリコール、プロピレングリコール、ジプロピレングリコール、ブチレングリコール、ペンチレングリコール、ヘキシレングリコール、1,3-プロパンジオール及び1,5-ペンタンジオールからなる群から選択されてもよい。 Polyols, glycerol, diglycerol, polyglycerol, ethylene glycol, diethylene glycol, propylene glycol, dipropylene glycol, butylene glycol, pentylene glycol, hexylene glycol, the group consisting of 1,3-propanediol and 1,5-pentanediol it may be selected from.

ポリオールは、組成物の総質量に対して0.01質量%から30質量%、好ましくは0.1質量%から20質量%、例えば1質量%から10質量%の範囲の量で存在してもよい。 Polyols, 30% from 0.01% by weight, preferably may be present in an amount in the range 20 wt% to 0.1 wt%, for example from 1 wt% to 10 wt%.

[ヒドロトロープ] [Hydrotropes]
本発明による化粧品組成物は、少なくとも1種のヒドロトロープを含んでもよい。 The cosmetic composition according to the present invention may comprise at least one hydrotrope. 単一の型のヒドロトロープを使用してもよいが、2つ以上の異なる型のヒドロトロープを組み合わせて使用することもできる。 You may use a single type of hydrotrope, but can also be used in combination of two or more different types of hydrotropes.

ヒドロトロープ(又はヒドロトロープ剤)は、脂肪族の分子構造によって、及び、水中溶解性の劣る有機分子の溶解性を劇的に向上させる能力によって特徴付けられる、別種のクラスの化合物である。 Hydrotropes (or hydrotrope agent), by the molecular structure of the aliphatic, and are characterized by their ability to dramatically improve the solubility of organic molecules with poor water solubility, which is a compound of different kind of classes. 多くのヒドロトロープは、イオン部分を伴う芳香族の構造を有し、一方でそれらのいくつかは線状アルキル鎖であり、下表に挙げているとおりである。 Many hydrotrope, have aromatic structures with ionic moiety, whereas some of them in a linear alkyl chain, as cited in the table below. ヒドロトロープは、界面活性剤に極めて似ており、表面張力を低下させる能力を有してはいるが、それらの疎水性単位が小さいこと、及び、アルキル鎖が比較的により短いことから、両親媒性物質の別のクラスとして区別される。 Hydrotrope is very similar to the surfactant, but is capable of reducing the surface tension, that their hydrophobic unit is small, and, since the alkyl chain is relatively shorter, amphipathic It is distinguished as a separate class of sex material.

一般のヒドロトロープの分子として、以下のものが挙げられる:1,3-ベンゼン二硫酸ナトリウム、安息香酸ナトリウム、4-ピリミジンカルボン酸ナトリウム、サリチル酸ナトリウム、ベンゼンスルホン酸ナトリウム、カフェイン、p-トルエンスルホン酸ナトリウム、ブチルモノグリコール硫酸ナトリウム、4-アミノ安息香酸HCl、クメンスルホン酸ナトリウム、N,N-ジエチルニコチンアミド、N-ピコリルニコチンアミド、N-アリルニコチンアミド、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン、レゾルシノール、ブチル尿素、ピロガロール、N-ピコリルアセトアミド3,5、プロカインHCl、プロリンHCl、ニコチンアミド、ピリジン、3-ピコリルアミン、イブプロフェンナトリウム、キシレンスルホン酸ナトリウム、カルバミン酸エチル、塩酸ピリドキサー As molecules of general hydrotropes include the following: 1,3-benzene disodium sulfate, sodium benzoate, 4-pyrimidine-carboxylate, sodium salicylate, sodium benzene sulfonate, caffeine, p- toluenesulfonic sodium acid, butylmonoglycol sodium sulfate, 4-aminobenzoic acid HCl, sodium cumene sulfonate, N, N- diethyl nicotinamide, N- picolyl nicotinamide, N- allyl nicotinamide, 2-methacryloyloxyethyl phosphorylcholine, resorcinol , butyl urea, pyrogallol, N- picolylamine acetamide 3,5, procaine HCl, proline HCl, nicotinamide, pyridine, 3-picolylamine, ibuprofen sodium, sodium xylene sulfonate, ethyl carbamate, hydrochloride Piridokisa ル、安息香酸ナトリウム、2-ピロリドン、エチル尿素、N,N-ジメチルアセトアミド、N-メチルアセトアミド及びイソニアジド。 Le, sodium benzoate, 2-pyrrolidone, ethyl urea, N, N- dimethylacetamide, N- methylacetamide and isoniazid. ヒドロトロープは、Lee J.ら、「Hydrotropic Solubilization of Paclitaxel:Analysis of Chemical Structures for Hydrotropic Property」、Pharmaceutical Research、第20巻、No.7、2003年;及びHodgon TK、Kaler EW、「Hydrotropic Solutions」、Current Opinion in Colloid and Interface Science、第12巻、121〜128頁、2007年において見出すことができる。 Hydrotropes, Lee J., et al., "Hydrotropic Solubilization of Paclitaxel: Analysis of Chemical Structures for Hydrotropic Property", Pharmaceutical Research, Vol. 20, No.7, 2003 years; and Hodgon TK, Kaler EW, "Hydrotropic Solutions", Current Opinion in Colloid and Interface Science, Vol. 12, pages 121 to 128, can be found in 2007.

化粧品として許容されるヒドロトロープとは、化粧品組成物中に使用できる好ましいヒドロトロープのことである。 The hydrotropes which are cosmetically acceptable, is that of the preferred hydrotropes that can be used in cosmetic compositions. ヒドロトロープは、各種分野で使用されている広範なクラスの分子を表しているが、化粧品としての用途は、安全性の規制、及び、薬物耐性の規制ゆえに限定されることになる。 Hydrotropes are expressed molecules of broad classes used in various fields, use as cosmetics, regulatory safety, and will be restricted to regulation because of drug resistance. 化粧品中で好ましいヒドロトロープは、下に列挙しているとおりである: Preferred hydrotropes in cosmetics, is as that listed below:

化粧品組成物中で使用する際のヒドロトロープの適合性は、当技術分野で公知の、化合物の皮膚への影響を判定する試験、及び、生物学的利用能の方法を使用して判定することができる。 Compatible hydrotrope when used in cosmetic compositions is known in the art, determining test the effects on the skin of the compound, and, be determined using the method of bioavailability can.

ヒドロトロープを使用する利点は、安定な溶液を一旦得たならば、さらなる希釈剤は該溶液の安定性に影響しないという点である。 The advantage of using hydrotropes, if give a stable solution once, additional diluent is that it does not affect the stability of the solution. これは、活性物の水溶解性を向上させるために一般に使用される有機溶媒とは非常に異なる。 This is very different from the organic solvents commonly used in order to improve the water solubility of the active substance. 典型的に、有機溶媒と溶解済み活性物との水性希釈液は、結晶化又は沈殿を生じさせる。 Typically, an aqueous diluted solution of the dissolved active substance and organic solvent results in a crystallization or precipitation.

(c)ヒドロトロープは、log Pが-0.7から6であることが好ましく、非イオン性ヒドロトロープについては好ましくは-0.5から0.5、酸性型等のイオン性ヒドロトロープについては好ましくは-0.5から5.5である。 (C) hydrotrope is preferably log P is 6 -0.7, preferably for non-ionic hydrotrope -0.5 0.5 for preferably ionic hydrotrope acidic type such as from -0.5 5.5 it is.

ヒドロトロープの透明度が最適状態に達するようpHを調節するために、配合剤を使用することが可能である。 For clarity of hydrotrope to adjust the pH to reach the optimum condition, it is possible to use the formulations.

log P値とは、オクタン-1-オール/水の、見かけの分配係数のベース10対数の値である。 The log P values, octane-1-ol / water, the base 10 logarithm of the apparent partition coefficient. log P値は公知であり、オクタン-1-オール及び水の中の、化合物の濃度を測定する標準試験により測定される。 log P values ​​are well known, in octan-1-ol and water, it is measured by a standard test that measures the concentration of compound. log P値は、Meylan及びHoward:Atom/Fragment contribution method for estimating octanol-water partition coefficients、J.Pharm.Sci.、第84巻、83〜92頁、1995年の記事で説明されている方法に従って計算してもよい。 log P values, Meylan and Howard:. Atom / Fragment contribution method for estimating octanol-water partition coefficients, J.Pharm.Sci, Vol. 84, pp. 83-92, calculated according to the method described in the 1995 article it may be. この値は、多数の市販のソフトウェアパッケージを使用して計算してもよく、これらは、log Pを、分子の構造の関数として測定する。 This value may be calculated using a number of commercially available software packages, it is a log P, is measured as a function of the structure of the molecule. 例としては、米国環境庁製のEpiwinソフトウェアを挙げることができる。 As an example, mention may be made of the US Environmental Protection Agency made of Epiwin software.

この値は、特に、ACD(Advanced Chemistry Development) SolarisソフトウェアV4.67を使用して計算してもよく;この値はまた、Exploring QSAR:hydrophobic, electronic and steric constants(ACS professional reference book、1995年)からも得ることができる。 This value, in particular, ACD (Advanced Chemistry Development) may be calculated using the Solaris software V4.67; this value also, Exploring QSAR: hydrophobic, electronic and steric constants (ACS professional reference book, 1995 years) it can also be obtained from. 算定値を提供しているインターネットサイトもある(アドレス:http://esc.syrres.com/interkow/kowdemo.htm)。 There is also an Internet site that provides a calculated value (address: http: //esc.syrres.com/interkow/kowdemo.htm).

ヒドロトロープは、美白剤、抗老化剤、UVフィルター、角質溶解剤及び抗細菌剤からなる群から選ばれることが好ましい。 Hydrotropes, whitening agents, anti-aging agents, UV filters, is preferably selected from the group consisting of keratolytic and antibacterial agent.

抗老化剤の例として挙げることができるのは、保湿剤、遊離ラジカル捕捉剤、角質溶解剤、ビタミン、抗エラスターゼ剤及び抗コラゲナーゼ剤、プロチド、脂肪酸誘導体、ステロイド、微量元素、漂白剤、藻及びプランクトンの抽出物、日焼け止め剤、酵素及びコエンザイム、フラボノイド及びセラミド、並びに、それらの混合物である。 As can be mentioned are examples of anti-aging agents, humectants, free radical scavengers, keratolytic agents, vitamins, anti-elastase and anti-collagenase agents, Purochido, fatty acid derivatives, steroids, trace elements, bleaching agents, algal and extract of plankton, sunscreens, enzymes and coenzymes, flavonoids and ceramides, and mixtures thereof.

ヒドロトロープは、オキソチアゾリジンカルボン酸、ビタミンB3及びその誘導体、好ましくはナイアシンアミド、キサンチン塩基、好ましくはカフェイン、樟脳ベンザルコニウムメト硫酸塩、エラグ酸、ヒドロキシフェノキシプロピオン酸、ジエチルルチジン酸、テレフタリリデンニ樟脳スルホン酸、フェルラ酸、サリチル酸、フロレチン、アセチルトリフルオロメチルフェニルバリルグリシン、レスベラトロール、4-ブチルレゾルシノール、アピゲニン、フェニルエチルレゾルシノール、プラステロン、ベンゾフェノン-3、ブチルメトキシジベンゾイルメタン、カプリロイルサリチル酸、サリチル酸エチルヘキシル、及び、ジャスモン酸誘導体、好ましくはテトラヒドロジャスモン酸ナトリウムからなる群から選ばれることが好ましい。 Hydrotropes, oxothiazolidine carboxylic acid, vitamin B3 and its derivatives, preferably niacinamide, xanthine bases, preferably caffeine, camphor benzalkonium methosulfate, ellagic acid, hydroxy phenoxypropionic acid, diethyl Le lysophosphatidic acid, tele Futaririden'ni camphorsulfonic acid, ferulic acid, salicylic acid, phloretin, acetyl trifluoromethylphenyl valyl glycine, resveratrol, 4-butyl resorcinol, apigenin, phenylethyl resorcinol, prasterone, benzophenone-3, butyl methoxydibenzoylmethane, capryloyl salicylic acid, ethylhexyl salicylate, and jasmonic acid derivatives, preferably is preferably selected from the group consisting of sodium tetrahydrophthalic jasmonate. 以下で更に詳細に説明されるビタミンB3及びその誘導体、カフェイン及びジャスモン酸誘導体がより好ましい。 Vitamin B3 and its derivatives are described in more detail below, caffeine and jasmonic acid derivatives are more preferable.

(ビタミンB3及びその誘導体) (Vitamin B3 and its derivatives)
ビタミンB3は、ビタミンPPとも呼ばれ、式 Vitamin B3, also known as vitamin PP, formula

[式中、Rは、-CONH 2 (ナイアシンアミド)、-COOH(ニコチン酸若しくはナイアシン)、又はCH 2 OH(ニコチニルアルコール)、-CO-NH-CH 2 -COOH(ニコチン尿酸)若しくはCO-NH-OH(ニコチニルヒドロキサム酸)であることができ、ナイアシンアミドが好ましい] [In the formula, R, -CONH 2 (niacinamide), - COOH (nicotinic acid or niacin), or CH 2 OH (nicotinyl alcohol), - CO-NH-CH 2 -COOH ( nicotinuric acid) or CO- NH-OH that can be (nicotinyl hydroxamic acid), niacinamide is preferred]
の化合物である。 Which is a compound.

挙げることができるビタミンB3誘導体には、例えば、ニコチン酸トコフェロール等のニコチン酸エスエル、-CONH 2の水素基の置換によるナイアシンアミド由来のアミド、カルボン酸とアミノ酸との反応からの生成物、ニコチニルアルコールとカルボン酸(酢酸、サリチル酸、グリコリド酸又はパルミチン酸等)とのエステルがある。 Vitamin B3 derivatives that may be mentioned, for example, SL nicotinic acid tocopherol nicotinate, etc., amides derived from niacinamide by substitution of the hydrogen group of -CONH 2, the product from reaction of a carboxylic acid and an amino acid, nicotinyl there are an ester of an alcohol and a carboxylic acid (acetic acid, salicylic acid, glycolide or palmitic acid).

以下の誘導体も挙げることができる:2-クロロニコチンアミド、6-メチルニコチンアミド、6-アミノニコチンアミド、N-メチルニコチンアミド、N,N-ジメチルニコチンアミド、N-(ヒドロキシメチル)ニコチンアミド、キノリン酸イミド、ニコチンアニリド、N-ベンジルニコチンアミド、N-エチルニコチンアミド、ニフェナゾン、ニコチンアルデヒド、イソニコチン酸、メチルイソニコチン酸、チオニコチンアミド、ニアラミド、2-メルカプトニコチン酸、ニコモール及びニアプラジン、ニコチン酸メチル、並びに、ニコチン酸ナトリウム。 Mention may also be made following derivatives: 2-chloro-nicotinamide, 6-methyl nicotinamide, 6-amino-nicotinamide, N- methyl nicotinamide, N, N- dimethyl nicotinamide, N- (hydroxymethyl) nicotinamide, quinolinic acid imide, nicotinanilide, N- benzyl nicotinamide, N- ethyl nicotinamide, Nifenazon, nicotinaldehyde, isonicotinic acid, methyl isonicotinic acid, thionicotinamide, nialamide, 2-mercapto nicotinic acid, nicomol and Niapurajin, nicotine methyl acid, and sodium nicotinate.

挙げることができる他のビタミンB3誘導体には、その無機塩、例えば塩化物、臭化物、ヨウ化物又は炭酸塩があり、及びその有機塩、例えばカルボン酸との反応により得られる塩、例えば酢酸塩、サリチル酸塩、グリコール酸塩、乳酸塩、リンゴ酸塩、クエン酸塩、マンデル酸塩、酒石酸塩等がある。 Other vitamin B3 derivatives that may be mentioned, inorganic salts thereof, such as chloride, bromide, there is an iodide or carbonates, and organic salts, for example, salts obtained by reaction with carboxylic acids, such as acetate, salicylate, glycolate, lactate, malate, citrate, mandelate, tartaric salts.

(キサンチン塩基) (Xanthine bases)
本発明により使用できるキサンチン塩基の中で、以下のものを挙げることができ:カフェイン、テオフィリン、テオブロミン、アセフィリン、ニコチン酸キサンチノール、ジニプロフィリン、ジプロフィリン、エタミフィリン及びその誘導剤、エトフィリン、プロキシフィリン、ペントフィリン、プロペントフィリン、ピリドフィリン及びバミフィリンであり、この列挙は限定されない Among the xanthine bases which can be used according to the present invention, it is possible to include the following: caffeine, theophylline, theobromine, acefylline, Kisanchinoru nicotinic acid, Gini profilin, diprophylline, Etamifirin and inducer, etofylline, proxy Villingen, Pentofirin, propentofylline, a Piridofirin and bamifylline, not this enumeration is limited

キサンチン塩基は、カフェイン、テオフィリン、テオブロミン、アセフィリン、及び、それらの混合物からなる群から選ばれることが好ましい。 Xanthine bases, caffeine, theophylline, theobromine, acefylline, and is preferably selected from the group consisting of mixtures. これらのキサンチン塩基は、ホスホジエステラーゼの阻害剤として公知であり、これはcAMPの劣化を左右する酵素である。 These xanthine bases are known as inhibitors of phosphodiesterases, which is an enzyme affects the degradation of cAMP. cAMPの細胞内含有量を増加させることにより、これらのキサンチン塩基は、脂肪分解活性を促進し、そのため、第一級の痩身活性剤を構成する。 By increasing the cellular content of cAMP, these xanthine bases promote lipolytic activity, therefore, constitute the primary slimming active agents.

キサンチン塩基を有する植物抽出物の例として、詳細には、紅茶の抽出物、コーヒーの抽出物、ガラナの抽出物、パラグアイ紅茶の抽出物、コーラの抽出物を挙げることができ、この列挙は限定されない。 Examples of plant extracts having xanthine bases, in particular, tea extract, coffee extract, extract of guarana, Paraguay tea extract can be mentioned cola extract, this enumeration limited not.

(ジャスモン酸誘導体) (Jasmonic acid derivative)
ジャスモン酸誘導体は、式 Jasmonic acid derivatives of the formula

(式中、R 1はCOOR 3基を表し、該R 3は水素原子、又は任意選択で1つ又は複数の水素基で置換されているC 1 〜C 4アルキル基を示しており;R 2は、1から18個の炭素原子を有する直鎖の、又は、3から18個の炭素原子を有する分枝状若しくは環状の、飽和又は不飽和の炭化水素基を表す) (In the formula, R 1 represents COOR 3 group, the R 3 denotes a C 1 -C 4 alkyl group substituted with one or more hydrogen radicals in a hydrogen atom, or an optionally; R 2 represents straight-chain having 1 to 18 carbon atoms, or, branched or cyclic having 3 to 18 carbon atoms, a saturated or unsaturated hydrocarbon group)
に相当するもの、並びに、それらの光学異性体、及び、対応する塩から選ばれる化合物である。 Those corresponding to, as well as their optical isomers, and a compound selected from the corresponding salts.

好ましくは、R 1は、-COOH、-COOMe(Me:メチル基)、-COO-CH 2 -CH 3 、-COO-CH 2 -CH(OH)-CH 2 OH、-COOCH 2 -CH 2 -CH 2 OH、又は、COOCH 2 -CH(OH)-CH 3から選ばれる基を示す。 Preferably, R 1, -COOH, -COOMe (Me: methyl group), - COO-CH 2 -CH 3, -COO-CH 2 -CH (OH) -CH 2 OH, -COOCH 2 -CH 2 - CH 2 OH, or a group selected from COOCH 2 -CH (OH) -CH 3 . 好ましくは、R 1は、-COOH基を示す。 Preferably, R 1 represents a -COOH group.

好ましくは、R 2は、好ましくは2〜個の炭素原子を有する飽和又は不飽和の直鎖状炭化水素基を示す。 Preferably, R 2 is preferably a straight, saturated or unsaturated hydrocarbon group having 2 to carbon atoms. 詳細には、R 2は、ペンチル基、ペンテニル基、ヘキシル基又はヘプチル基であり得る。 In particular, R 2 is pentyl group, a pentenyl group, may be a hexyl or heptyl group.

一実施形態では、式(I)の化合物は、3-ヒドロキシ-2-[(2Z)-2-ペンテニル]シクロペンタン酢酸、又は、3-ヒドロキシ-2-ペンチルシクロペンタン酢酸から選ばれ、好ましくは3-ヒドロキシ-2-ペンチルシクロペンタン酢酸である。 In one embodiment, the compounds of formula (I), 3-hydroxy -2 - [(2Z) -2- pentenyl] cyclopentane acetic acid, or is selected from 3-hydroxy-2-pentyl-cyclopentane acetic acid, preferably 3-hydroxy-2-pentyl-cyclopentane acetic acid.

本発明により使用できる化合物の塩は、詳細には、アルカリ金属塩、例えば、ナトリウム塩又はカリウム塩;アルカリ土類金属塩、例えばカルシウム塩、マグネシウム塩又はストロンチウム塩;金属塩、例えば亜鉛塩、アルミニウム塩、マンガン塩又は銅塩;式NH 4 +のアンモニウム塩;第四級アンモニウム塩;有機アミン塩、例えばメチルアミン塩、ジメチルアミン塩、トリメチルアミン塩、トリエチルアミン塩、エチルアミン塩、2-ヒドロキシエチルアミン塩、ビス(2-ヒドロキシエチル)アミン塩又はトリス(2-ヒドロキシエチル)アミン塩等;又はリジン塩若しくはアルギニン塩から選ばれる。 Salts of compounds which can be used according to the invention, in particular, alkali metal salts, e.g., sodium or potassium salts; alkaline earth metal salts such as calcium salts, magnesium salts or strontium salts; metal salts such as zinc salts, aluminum salt, manganese salt or a copper salt; formula NH 4 + ammonium salts; quaternary ammonium salts; organic amine salts such as methylamine salt, dimethylamine salt, trimethylamine salt, triethylamine salt, ethylamine salt, 2-hydroxyethylamine salts, bis (2-hydroxyethyl) amine or tris (2-hydroxyethyl) amine salts; or selected from lysine or arginine salts. ナトリウム塩、カリウム塩、カルシウム塩、マグネシウム塩、ストロンチウム塩、銅塩、マンガン塩又は亜鉛塩から選ばれる塩が、好ましくは使用される。 Sodium salt, potassium salt, calcium salt, magnesium salt, strontium salt, copper salt, the salts selected from manganese or zinc salts, are preferably used.

ジャスモン酸誘導体として、以下の化合物を使用することが好ましい。 As jasmonate derivative, it is preferable to use the following compounds.

ヒドロトロープの量は制限されず、組成物の総質量に対して0.01から20質量%、好ましくは0.1から15質量%、より好ましくは1から10質量%の範囲であってもよい。 The amount of hydrotrope is not limited, 0.01 to 20% by weight relative to the total weight of the composition, preferably 0.1 to 15 wt%, more preferably be in the range of 1 to 10 wt%.

[他の材料] Other materials]
本発明による化粧用組成物はまた、以前から別のところで美白用組成物中又は着色用組成物中で公知である他の有効量の材料を含んでもよく、例えば一般的な各種補助剤、EDTA及びエチドロン酸等の金属イオン封鎖剤、UV遮断剤、前述のもの以外のシリコーン(アミン基を有するもの等)、防腐剤、ビタミン又はプロビタミン、例としては、パンテノール、不透明化剤、香料、植物抽出物、陽イオン性ポリマー等である。 Cosmetic compositions according to the present invention may also contain other active amount of materials known in the whitening compositions or coloring composition elsewhere previously, for example, various common adjuvants, EDTA and sequestering agents such as etidronate, UV blocking agents, silicone other than those described above (those having an amine group, etc.), preservatives, vitamins or provitamins, as examples, panthenol, opacifiers, perfumes, plant extracts, cationic polymers and the like.

本発明による化粧品組成物は、少なくとも1種の有機溶媒を更に含んでもよい。 The cosmetic composition according to the present invention may further comprise at least one organic solvent. そのため、有機溶媒は、好ましくは水に混和性である。 Therefore, the organic solvent is preferably miscible in water. 有機溶媒として挙げることができるのは、例えばC 1 〜C 4アルカノール、例えばエタノール及びイソプロパノール;芳香族アルコール、例えばベンジルアルコール及びフェノキシエタノール;類似の製品;及びそれらの混合物がある。 Mention may be made, as organic solvent, for example, C 1 -C 4 alkanols, such as ethanol and isopropanol; aromatic alcohols such as benzyl alcohol and phenoxyethanol; is and mixtures thereof; similar products.

有機水溶性溶媒は、組成物の総質量に対し10質量%未満、好ましくは5質量%未満、より好ましくは1%未満の範囲の量で存在してもよい。 The organic water-soluble solvents, the total weight to less than 10% by weight of the composition, preferably less than 5 wt%, more preferably be present in amounts ranging from less than 1%.

[製造及び性質] [Preparation and properties]
本発明による化粧品組成物は、上記の必須材料及び任意材料を、従来技術の方法に従って混合することにより製造できる。 The cosmetic composition according to the present invention, the essential materials and optional materials can be prepared by mixing according to the method of the prior art. 従来技術の方法としては、高圧ホモジナイザーによる混合(高エネルギープロセス)を挙げることができる。 The methods of the prior art, mention may be made of mixing by a high pressure homogenizer (high energy process). 代替法として、該化粧品組成物は、転相温度法(PIT)、転相濃度法(PIC)、自動乳化法等の低エネルギープロセスにより製造できる。 As an alternative, the cosmetic composition, the phase inversion temperature method (PIT), the phase inversion concentration method (PIC), can be prepared by low-energy process such as auto emulsification method.

(b)ポリグリセリル脂肪酸エステルの、(a)油に対する質量比は、0.3から6、好ましくは0.4から3、より好ましくは0.5から1.5であってもよい。 (B) polyglyceryl fatty acid esters, the weight ratio of (a) oil, from 0.3 to 6, preferably from 0.4 3, more preferably be 1.5 to 0.5. 詳細には、該(b)ポリグリセリル脂肪酸エステル/(a)油の質量比は、好ましくは1以下、例えば0.3から1、好ましくは0.4から1、より好ましくは0.5から1である。 In particular, the (b) polyglyceryl fatty acid ester / (a) weight ratio of the oil is preferably 1 or less, for example 0.3 from 1, preferably from 1 to 0.4, more preferably from 0.5 1.

本発明による化粧品組成物は、ナノエマルション又はマイクロエマルションの形態である。 The cosmetic composition according to the invention is in the form of a nanoemulsion or a microemulsion.

「マイクロエマルション」は、2つの方法、すなわち広義と狭義とで定義され得る。 "Microemulsion" has two ways, i.e. may be defined by the broad and narrow sense. つまり、ある場合(「狭義のマイクロエマルション」)では、マイクロエマルションは、油性成分、水性成分及び界面活性剤の3つの材料を有する三成分系を有する、熱力学的に安定な等方性単一液相を指し、他の場合(「広義のマイクロエマルション」)では、マイクロエマルションは、熱力学的に不安定な典型的なエマルション系の中で、より小さい粒度に起因して透明な又は半透明な外観を呈するようなエマルションを付加的に含んでいる(友正慧ら、OilChemistry、第37巻、No.11(1988年)、48〜53頁)。 That is, in the case where there ( "narrow sense of the microemulsion"), microemulsions, oil component, having a three-component system having three materials of the aqueous component and surfactant, thermodynamically stable isotropic single refers to the liquid phase, in other cases ( "broad microemulsion"), microemulsion, in thermodynamically unstable typical emulsion systems, transparent or translucent due to the smaller particle size the emulsion that exhibits an appearance contains additionally a (TomoTadashi Toshira, OilChemistry, Vol. 37, No.11 (1988 years), pp. 48-53). 「マイクロエマルション」は、本明細書で使用する場合、「狭義のマイクロエマルション」、すなわち熱力学的に安定な等方性単一液相を指す。 "Microemulsion" refers used herein, "narrow sense of the microemulsion", i.e. a thermodynamically stable isotropic single liquid phase.

マイクロエマルションは、油がミセルにより可溶化されているO/W型(水中油型)マイクロエマルション、水が逆転ミセルにより可溶化されているW/O型(油中水型)マイクロエマルションのいずれか1つの状態を指すか、又は、液相と油相との双方が連続構造を有するように界面活性剤の分子の会合数が無限とされている共連続マイクロエマルションを指す。 Microemulsions oil O / W type which is solubilized by the micelles (oil-in-water) microemulsion, water solubilized by being W / O type by reverse micelles (water-in-oil) either microemulsion or it refers to one state, or refers to a bicontinuous microemulsion number of associated molecules of the surfactant is infinitely as both the liquid phase and the oil phase has a continuous structure.

マイクロエマルションは、レーザー粒度計で測定したときの数平均直径が100nm以下、好ましくは50nm以下、より好ましくは20nm以下の分散相であり得る。 Microemulsions have a number average diameter of 100nm or less when measured by a laser granulometer, preferably 50nm or less, and more preferably from less dispersed phase 20 nm.

「ナノエマルション」は、本明細書では、寸法が350nm未満の分散相であることを特徴とするエマルションを意味し、該分散相は、分散相/連続相の界面において、任意選択で薄板型の液体結晶相を形成することができる(b)ポリグレセリル脂肪酸エステルのクラウン等により安定化されている。 "Nanoemulsion", as used herein, means an emulsion wherein the dimension is a dispersed phase of less than 350 nm, the dispersed phase, at the interface of the dispersed phase / continuous phase, the thin plate-type optionally it is possible to form a liquid crystalline phase (b) is stabilized by a crown etc. Porigureseriru fatty acid esters. 特定の不透明化剤が存在しない中で、ナノエマルションの透明性は小寸法の分散相から生じており、この小寸法は、機械的エネルギーの使用、とりわけ高圧ホモジナイザーの使用のために得られている。 In the absence of specific opacifiers, transparency of nanoemulsions is generated from the dispersed phase of small dimensions, this small size, the use of mechanical energy, are particularly obtained for use of a high-pressure homogenizer .

ナノエマルションは、その構造によって、マイクロエマルションと区別することが可能である。 Nanoemulsions, by its structure, it is possible to distinguish microemulsions. 具体的に言えば、マイクロエマルションは、例えば(a)油で膨化した(b)ポリグリセリル脂肪酸エステルのミセルから構成されている熱力学的に安定な分散液である。 Specifically, microemulsions, for example (a) was swollen with oil (b) thermodynamically stable dispersions and a micelle polyglyceryl fatty acid ester. しかも、マイクロエマルションは、製造のために、実質的な機械的エネルギーを必要としない。 Moreover, microemulsions, for the production, do not require substantial mechanical energy.

マイクロエマルションは、レーザー粒度計で測定したときの数平均直径が300nm以下、好ましくは200nm以下、より好ましくは100nm以下の分散相であり得る。 Microemulsions have a number average diameter of 300nm or less when measured by a laser granulometer, preferably 200nm or less, and more preferably from the following disperse phase 100 nm.

本発明による化粧品組成物は、O/W型のナノエマルション若しくはマイクロエマルション、W/O型のナノエマルション若しくはマイクロエマルション、又は共連続エマルションの形態であってもよい。 The cosmetic composition according to the present invention, O / W type nanoemulsion or a microemulsion may be in the form of a W / O type nanoemulsion or a microemulsion, or a bicontinuous emulsion. 本発明による化粧品組成物は、O/W型のナノエマルション又はマイクロエマルションの形態であることが好ましい。 The cosmetic composition according to the invention is preferably in the form of O / W type nanoemulsion or microemulsion.

本発明による化粧用組成物は、O/W型エマルションの形態であって、(a)油の数平均粒度が300nm以下、好ましくは10nmから150nm、より好ましくは20nmから140nmである、液滴の形態であることが好ましい。 Cosmetic compositions according to the invention, in the form of O / W type emulsion, (a) the number average particle size of the oil 300nm or less, preferably 140 nm 150 nm, more preferably from 20nm from 10 nm, the droplet preferably in the form.

本発明による化粧品組成物は、透明な又はわずかに半透明な外観、好ましくは透明な外観を有していることが可能である。 The cosmetic composition according to the present invention, transparent or slightly translucent appearance, it is preferably possible to have a transparent appearance.

透明度は、吸収スペクトロメーターで、可視部において透過率を測定することにより測定することができる(例えばPerkin Elmer製のLambda 14スペクトロメーター、又は島津製作所製のUV2101 PCスペクトロメーター)。 Transparency, absorption spectrometer, can be measured by measuring the transmittance in the visible portion (e.g. Perkin Elmer made Lambda 14 spectrometer, or Shimadzu UV2101 PC spectrometer). 該測定は、非希釈組成物について行う。 The measurement is carried out on the undiluted composition. 盲検は、蒸留水を用いて測定する。 Blind is measured using distilled water.

本発明による化粧用組成物は、好ましくは、透明度が50%超、好ましくは60%超、より好ましくは70%超である。 Cosmetic compositions according to the invention preferably transparency greater than 50%, preferably 60%, more preferably above 70%.

[方法及び使用] [Methods and use]
本発明による化粧品組成物は、皮膚に、毛髪に、粘膜に、爪に、まつ毛に、眉毛に、又は、頭皮に適用することによって、皮膚を、毛髪を、粘膜を、爪を、まつ毛を、眉毛を、及び/又は頭皮を手入れする化粧方法等の非治療的方法に使用することができる。 The cosmetic composition according to the present invention, the skin, the hair, the mucous membranes, the nails, the eyelashes, the eyebrows, or by applying to the scalp, the skin, the hair, mucous membranes, the nails, the eyelashes, eyebrows, and / or the scalp can be used for non-therapeutic method, such as cosmetic method of care.

本発明はまた、本発明による化粧品組成物の、体用の、及び/又は、顔面皮膚用の、及び/又は、粘膜用の、及び/又は、頭皮用の、及び/又は、毛髪用の、及び/又は、爪用の、及び/又は、まつ毛用の、及び/又は、眉毛用の、ケア製品としての若しくはケア製品中での、及び/又は、洗浄製品としての若しくは洗浄製品中での、及び/又は、メイクアップ製品としての若しくはメイクアップ製品中での、及び/又は、メイクアップ除去製品としての若しくはメイクアップ除去製品中での使用にも関する。 The present invention also provides a cosmetic composition according to the present invention, for the body, and / or, for facial skin, and / or, for mucosal, and / or, for scalp, and / or, for the hair, and / or, for the nails, and / or, for eyelashes, and / or, for eyebrows, in a or care products as care products and / or, in a or cleaning products as cleaning products, and / or, in a or makeup product as a make-up product, and / or also relates to the use in or makeup-removing product as a makeup-removing product.

換言すれば、本発明による化粧品組成物は、上記の製品として、そのままで使用できる。 In other words, the cosmetic composition according to the present invention, as the product can be used as such. そうでなければ、本発明による化粧品組成物は、上記の製品の1つの要素として使用できる。 Otherwise, the cosmetic composition according to the present invention can be used as one element of the above product. 例えば、本発明による化粧品組成物は、上記の製品を構成するために任意の他の要素に加える、又は、任意の他の要素と組み合わせることができる。 For example, the cosmetic composition according to the present invention is added to any other element for constituting the above-mentioned products, or can be combined with any other element.

ケア製品は、ローション、クリーム、ヘアトニック、ケアコンディショナー、日焼け止め剤等であってもよい。 Care products, lotions, creams, hair tonic, care conditioner, it may be a sunscreen agents, and the like. 洗浄製品は、シャンプー、フェイスウォッシュ、ハンドウォッシュ等であってもよい。 Cleaning products, shampoo, face wash, may be a hand wash or the like. メイクアップ製品は、ファウンデーション、マスカラ、口紅、リップグロス、ほお紅、アイシャドウ、マニキュア液等であってもよい。 Makeup products, foundation, mascara, lipstick, lip gloss, blush, eye shadow, may be a nail varnish or the like. メイクアップ除去製品は、メイクアップクレンジング剤等であってもよい。 Make-up-removing product, may be a make-up cleansing agent.

(実施例) (Example)
本発明を、実施例により、更に詳細に記載することとするが、これは、本発明の範囲を限定するものと解釈されるべきではない。 The present invention, by way of examples, but it is assumed that further described in detail, which should not be construed as limiting the scope of the present invention.

(実施例1〜2及び比較例1) (Examples 1-2 and Comparative Example 1)
表1に示している実施例1〜2及び比較例1による、透明なO/W型エマルションの形態の以下の化粧品組成物を、表1に示す成分を以下のとおり混合して調製した:相A及びBを、別々に、70から75℃で撹拌下で加熱した。 According to it are Examples 1-2 and Comparative Example 1 shown in Table 1, the following cosmetic composition in the form of a transparent O / W emulsion, the ingredients shown in Table 1 were prepared by mixing the following: Phase the a and B, separately, was heated under stirring at from 70 75 ° C.. 各相にある成分が完全に溶解した後、双方を混合し、室温まで冷却してエマルションを得た。 After the components in each phase was completely dissolved, a mixture of both, to obtain an emulsion was cooled to room temperature. 次いで、相C及びD、Eを、順番に、該混合物中へ撹拌下で導入した。 Then, Phase C and D, the E, in turn, was introduced under stirring into the mixture. 表1に示している成分の量の数値は、全て活性原料としての「質量%」に基づいている。 Numerical amount of the components are shown in Table 1 are based on "mass%" as all active ingredient.

(粘度測定) (Viscosity measurement)
実施例1〜2及び比較例1による各組成物の粘度を、B型粘度計を用いて25℃で、及び測定基準No.3に従い12rpmで測定した。 The viscosity of each composition according to Examples 1-2 and Comparative Example 1, at 25 ° C. using a B-type viscometer, and was measured at 12rpm according metric No.3. 実施例1〜2及び比較例1による組成物の粘度データを表2に示す。 The viscosity data of the composition according to Examples 1-2 and Comparative Example 1 shown in Table 2.

上記の結果から明らかなように、実施例1及び2による組成物は高粘度であることが判明した。 As apparent from the above results, the compositions according to Examples 1 and 2 were found to be highly viscous. 実施例1及び2による組成物は、稠度が十分でハードジェルとしてのレオロジーを示し、一方、比較例1による組成物は、稠度が不十分で液体としてのレオロジーを示すことも判明した。 Composition according to Example 1 and 2, consistency shows the rheology of a sufficiently hard gels, whereas the composition according to Comparative Example 1, consistency also been found to exhibit a rheology as insufficient liquid.

(形状回復試験) (Shape recovery test)
形状回復特性を、テクスチャーメーター分析法に従って測定した。 The shape recovery characteristics were measured in accordance with texture meter spectrometry. 実施例1〜2及び比較例1による組成物各70gを、容器中へ、開放頂部で、充填した。 The compositions each 70g according to Example 1-2 and Comparative Example 1, into the vessel, at the open top was filled. 円錐形の形状にあるアプリケーター(40'円錐形のPerspex Part、コード番号P/40C)を、各組成物の表面へ、0.01gの力で、速度20mm/秒で押しつけた。 (Perspex Part 40 'conical code number P / 40C) applicator in the shape of a conical and the surface of each composition, with a force of 0.01 g, was pressed at a rate of 20 mm / sec. アプリケーターを、更に組成物中に、組成物の表面からの距離15mmへ入るようにした。 The applicator further in the composition were to enter into a distance 15mm from the surface of the composition. 次に、アプリケーターを速度40mm/秒で引き上げ、該組成物から除いた。 Then, pulling the applicator at a rate of 40 mm / sec, it was removed from the composition.

第1に、アプリケーターを除いた後に、まず、アプリケーターの円錐形の形状が組成物中に保持されたかどうかを「第1のチェック」として観察した。 First, after removal of applicator, it was first observed whether the shape of the conical applicator is retained in the composition as a "first check".

第2に、アプリケーターを除いた後にアプリケーターの円錐形の形状が組成物中に保持されていた場合、円錐形の形状が消失するのに要する時間を「形状回復時間」として記録した。 Second, the conical shape of the applicator after removal of applicator if it has been retained in the composition, was recorded the time required for the shape of the conical disappeared as "shape recovery time".

結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3.

上記の結果から明らかなように、実施例1及び2による組成物は、形状回復の能力を有することが判明した。 As apparent from the above results, the compositions according to Examples 1 and 2 were found to have the ability of shape recovery. 実施例1による組成物には迅速な形状回復特性があることも判明した。 It was also found that the composition according to Example 1 there is rapid shape recovery characteristics. 比較例1による組成物は、円錐形アプリケーターの形状を保持できなかった。 The composition according to Comparative Example 1 could not retain the shape of the conical applicator.

(官能試験) (Functional test)
実施例1〜2及び比較例1による組成物のべたつきを、3人のパネリストによる官能試験により評価した。 Stickiness of the compositions according to Examples 1-2 and Comparative Example 1 were evaluated by a sensory test by 3 panelists. 実施例1〜2及び比較例1による組成物各0.15gを、各パネリストの上腕に適用した。 Each 0.15g composition according to Example 1-2 and Comparative Example 1 was applied to the upper arm of each panelist. 適用直後のべたつきを、3レベルのスコア(レベル1:少ない、レベル2:中間、レベル3:多い)に従って評価させた。 Applying sticky immediately after, 3-level score (Level 1: small, Level 2: intermediate, level 3: high) was evaluated according to. 該スコアを平均化した。 The score was averaged. 結果を表4に示す。 The results are shown in Table 4.

上記の結果から明らかなように、実施例1による組成物は、実施例2及び比較例1による組成物よりもべたつきが少ないことが判明した。 As apparent from the above results, the composition according to Example 1 was found to be less sticky than composition according to Example 2 and Comparative Example 1.

したがって、上記の全ての測定及び試験の結果に基づき、実施例1及び2による組成物は、高粘度(又は高稠度)、及び優れた形状回復特性の双方を有することが判明した。 Therefore, based on the results of all measurements and tests described above, the compositions according to Examples 1 and 2, to have both a high viscosity (or high consistency), and excellent shape recovery characteristics was found. 特に、実施例1による組成物は、高粘度で、迅速な形状回復特性を有してべたつかず、したがって、これが最も好ましい。 In particular, the composition according to Example 1, a high viscosity, greasy have rapid shape recovery characteristics, therefore, it is most preferred.

Claims (20)

  1. (a)少なくとも1種の油と、 (A) at least one oil,
    (b)HLB値が8.0から14.0、好ましくは9.0から13.0、より好ましくは10.0から13.0である、少なくとも1種のポリグリセリル脂肪酸エステルと、 (B) HLB value of from 8.0 to 14.0, preferably from 9.0 to 13.0, more preferably from 10.0 13.0, at least one polyglyceryl fatty acid ester,
    (c)少なくとも1種の会合性ポリウレタンと、 (C) at least one associative polyurethane,
    (d)水とを含み、(a)油の量が、組成物の総質量に対して0.1から15質量%、好ましくは1から12質量%、より好ましくは2から10質量%の範囲である、ナノエマルション又はマイクロエマルションの形態の化粧品組成物。 (D) and water, wherein the amount of (a) an oil, 0.1 to 15% by weight relative to the total weight of the composition, is preferably 1 to 12 wt%, the range and more preferably from 2 to 10 wt% the cosmetic composition in the form of a nanoemulsion or a microemulsion.
  2. (a)油が、植物起源油又は動物起源油、合成油、シリコーンオイル及び炭化水素油からなる群から選択される、請求項1に記載の化粧品組成物。 (A) oil, vegetable origin oils or animal origin, synthetic oils, selected from the group consisting of silicone oils and hydrocarbon oils, cosmetic composition according to claim 1.
  3. (a)油が、室温で液体の形態の炭化水素油から選ばれる、請求項1又は2に記載の化粧品組成物。 (A) the oil is selected from hydrocarbon oils in the form of liquid at room temperature, the cosmetic composition according to claim 1 or 2.
  4. (a)油が、分子量が600g/mol未満である油から選ばれる、請求項1から3のいずれか一項に記載の化粧品組成物。 (A) oil, the molecular weight is selected from the oil is less than 600 g / mol, cosmetic composition according to any one of claims 1 to 3.
  5. (b)ポリグリセリル脂肪酸エステルが、2〜10個のグリセリン、好ましくは3〜6個のグリセリンに由来するポリグリセリル部分を有する、請求項1から4のいずれか一項に記載の化粧品組成物。 (B) polyglyceryl fatty acid ester, 2 to 10 glycerin, preferably a polyglyceryl moiety derived from 3 to 6 glycerol, cosmetic composition according to any one of claims 1 to 4.
  6. ポリグリセリル脂肪酸エステルが、2から6個のグリセロール単位を含むカプリン酸ポリグリセリル、2から6個のグリセロール単位を含むトリカプリン酸ポリグリセリル、3から6個のグリセロール単位を含むモノラウリン酸ポリグリセリル、3から6個のグリセロール単位を含むモノ(イソ)ステアリン酸ポリグリセリル、3から6個のグリセロール単位を含むモノオレイン酸ポリグリセリル、及び、3から6個のグリセロール単位を含むジオレイン酸ポリグリセリルから選ばれる、請求項1から5のいずれか一項に記載の化粧品組成物。 Polyglyceryl fatty acid ester, capric acid polyglyceryl containing 2 to 6 glycerol units, tricaprate polyglyceryl containing 2 to 6 glycerol units, polyglyceryl monolaurate comprising 3 to 6 glycerol units, 3 to 6 glycerol mono (iso) polyglyceryl stearate containing units, polyglyceryl monooleate comprising 3 to 6 glycerol units, and is selected from dioleate polyglyceryl containing 6 glycerol units from 3, one of claims 1 to 5 cosmetic composition according to one or.
  7. (b)ポリグリセリル脂肪酸エステルの原料が、好ましくは3から6個のグリセリン、より好ましくは5から6個のグリセリンに由来するポリグリセリル部分を有するポリグリセリル脂肪酸エステルの混合物から選ばれ、混合物が好ましくは、5又は6個のグリセリンからなるポリグリセリル部分を有するポリグリセリル脂肪酸エステルを少なくとも30質量%含む、請求項1から6のいずれか一項に記載の化粧品組成物。 (B) polyglyceryl fatty acid ester feedstock, preferably glycerol of 3 to 6 and more preferably is selected from a mixture of polyglyceryl fatty acid ester having a polyglyceryl moiety derived from six glycerin 5, mixture preferably 5 or polyglyceryl fatty acid ester having a polyglyceryl moiety of six glycerin comprises at least 30 wt%, the cosmetic composition according to any one of claims 1 to 6.
  8. (b)ポリグリセリル脂肪酸エステルの原料が、脂肪酸と、重合度が4以上であるポリグリセリンを70%以上含むポリグリセリンとのエステル、好ましくは脂肪酸と、重合度が4から11の間であるポリグリセリンを60%以上含むポリグリセリンとのエステル、より好ましくは脂肪酸と、重合度が5であるポリグリセリンを30%以上含むポリグリセリンとのエステルを含む、請求項1から7のいずれか一項に記載の化粧品組成物。 (B) the raw material of polyglyceryl fatty acid ester, fatty acid and an ester of polymerization degree polyglycerol polyglycerol comprising 70% or more and 4 or more, preferably between a fatty acid having a degree of polymerization from 4 11 polyglycerin esters of polyglycerol containing 60% or more, more preferably a fatty acid, the degree of polymerization contains an ester of a polyglycerol containing 5 a is polyglycerol 30% or more, according to one wherein any one of claims 1 to 7 of the cosmetic composition.
  9. (b)ポリグリセリル脂肪酸エステルの量が、組成物の総質量に対して0.1から30質量%、好ましくは1から25質量%、より好ましくは3から20質量%の範囲である、請求項1から8のいずれか一項に記載の化粧品組成物。 (B) the amount of polyglyceryl fatty acid ester, 0.1 to 30 wt% by weight, preferably 1 to 25% by weight, and more preferably from 3 to 20 wt%, claims 1 to 8 cosmetic composition according to any one of.
  10. (b)ポリグリセリル脂肪酸エステルの、(a)油に対する質量比が、0.3から6、好ましくは0.4から3、より好ましくは0.5から1.5である、請求項1から9のいずれか一項に記載の化粧品組成物。 (B) polyglyceryl fatty acid esters, mass ratio (a) an oil, 0.3 to 6, preferably from 0.4 to 3, more preferably from 0.5 1.5, cosmetics according to any one of claims 1 9 Composition.
  11. (c)会合性ポリウレタンが、6から30個の炭素原子、好ましくは6から20個の炭素原子を有する、親水性ブロックにより分離された少なくとも2つの炭化水素系親油性鎖を含むコポリマーである、請求項1から10のいずれか一項に記載の化粧品組成物。 (C) associative polyurethane, 6 to 30 carbon atoms, a copolymer preferably containing at least two hydrocarbon-based lipophilic chains having from 6 to 20 carbon atoms, separated by a hydrophilic block, cosmetic composition according to any one of claims 1 to 10.
  12. (c)会合性ポリウレタンの量が、組成物の総質量に対して0.01から10質量%、好ましくは0.1から5質量%、より好ましくは0.5から3質量%の範囲である、請求項1から11のいずれか一項に記載の化粧品組成物。 (C) the amount of associative polyurethane is from 0.01 to 10% by weight relative to the total weight of the composition, preferably from 0.1 to 5% by weight, the range more preferably from 0.5 to 3 wt%, of claims 1-11 cosmetic composition according to any one of.
  13. 前記(b)とは異なる少なくとも1種の非イオン性界面活性剤、及び/又は、少なくとも1種のイオン性界面活性剤を更に含む、請求項1から12のいずれか一項に記載の化粧品組成物。 Wherein at least one non-ionic surfactant different from (b), and / or, further comprising at least one ionic surfactant, cosmetic compositions according to any one of claims 1 to 12 Stuff.
  14. 少なくとも1種のポリオールを更に含む、請求項1から13のいずれか一項に記載の化粧品組成物。 Further comprising at least one polyol, cosmetic composition according to any one of claims 1 to 13.
  15. 少なくとも1種のヒドロトロープを更に含む、請求項1から14のいずれか一項に記載の化粧品組成物。 Further comprising at least one hydrotrope, cosmetic composition according to any one of claims 1 to 14.
  16. (c)ヒドロトロープが、log Pが-0.7から6であり、非イオンヒドロトロープについては好ましくは-0.5から0.5、イオンの特性を有する(酸性型)ヒドロトロープについては好ましくは-0.5から5.5である、請求項15に記載の化粧品組成物。 (C) hydrotrope, log P is 6 -0.7, 0.5 preferably from -0.5 for nonionic hydrotropes, for (acidic form) hydrotrope having the characteristics of ions preferably -0.5 5.5 there, cosmetic composition according to claim 15.
  17. O/W型エマルションの形態であり、(a)油が、数平均粒度が300nm以下、好ましくは10nmから150nmである液滴の形態である、請求項1から16のいずれか一項に記載の化粧品組成物。 In the form of O / W type emulsion, (a) the oil, the number average particle size of 300nm or less, in the form of droplets is preferably 150nm from 10 nm, according to any one of claims 1 16 The cosmetic composition.
  18. 透明度が、50%超、好ましくは60%超、より好ましくは70%超である、請求項1から17のいずれか一項に記載の化粧品組成物。 Transparency 50 percent, preferably 60 percent, more preferably 70%, the cosmetic composition according to any one of claims 1 to 17.
  19. 皮膚を、毛髪を、粘膜を、爪を、まつ毛を、眉毛を、及び/又は、頭皮を手入れするための非治療的方法であって、請求項1から18のいずれか一項に記載の化粧品組成物が、皮膚に、毛髪に、粘膜に、爪に、まつ毛に、眉毛に、又は頭皮に適用されることを特徴とする、非治療的方法。 The skin, the hair, mucous membranes, the nails, the eyelashes, the eyebrows, and / or a non-therapeutic process for treating the scalp, cosmetic according to any one of claims 1 18 composition to the skin, the hair, the mucous membranes, the nails, the eyelashes, the eyebrows, or characterized in that it is applied to the scalp, non-therapeutic methods.
  20. 請求項1から18のいずれか一項に記載の化粧品組成物の使用であって、体用の、及び/又は、顔面皮膚用の、及び/又は、粘膜用の、及び/又は、頭皮用の、及び/又は、毛髪用の、及び/又は、爪用の、及び/又は、まつ毛用の、及び/又は、眉毛用の、ケア製品としての若しくはケア製品中での、及び/又は、洗浄製品としての若しくは洗浄製品中での、及び/又は、メイクアップ製品としての若しくはメイクアップ製品中での、及び/又は、メイクアップ除去製品としての若しくはメイクアップ除去製品中での、使用。 Use of a cosmetic composition according to any one of claims 1 18, for the body, and / or, for facial skin, and / or, for mucosal, and / or, for scalp , and / or, for the hair, and / or, for the nails, and / or eyelashes for, and / or, for eyebrows, in a or care products as care products and / or cleaning products as in or in cleaning products, and / or, in a or makeup product as a make-up product, and / or, in a or makeup-removing product as a make-up-removing product, used.
JP2012280297A 2012-12-21 2012-12-21 The cosmetic composition Pending JP2014122199A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012280297A JP2014122199A (en) 2012-12-21 2012-12-21 The cosmetic composition

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012280297A JP2014122199A (en) 2012-12-21 2012-12-21 The cosmetic composition
PCT/JP2013/085304 WO2014098267A1 (en) 2012-12-21 2013-12-20 Cosmetic composition

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2014122199A true true JP2014122199A (en) 2014-07-03

Family

ID=49950012

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2012280297A Pending JP2014122199A (en) 2012-12-21 2012-12-21 The cosmetic composition

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP2014122199A (en)
WO (1) WO2014098267A1 (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2016067740A1 (en) * 2014-10-31 2016-05-06 株式会社 資生堂 Elastic jelly-like composition
JP2017530135A (en) * 2014-09-30 2017-10-12 ロレアル Alcohol-free emulsion based clear advanced uv protection during application

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
FR3030272B1 (en) * 2014-12-23 2018-01-26 Oreal Cosmetic process for treating keratin materials employing an anhydrous composition comprising a fatty substance and a microemulsion
FR3045338A1 (en) * 2015-12-18 2017-06-23 Oreal Composition comprising at least two fatty acid esters of (poly) glycerol, and its use in cosmetic

Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004524395A (en) * 2001-01-19 2004-08-12 コグニス・ドイッチュランド・ゲゼルシヤフト・ミト・ベシュレンクテル・ハフツング・ウント・コンパニー・コマンデイトゲゼルシヤフト Emulsion based on a specific emulsifier
JP2005139189A (en) * 2003-11-07 2005-06-02 L'oreal Sa Emulsion-containing makeup composition
JP2006117643A (en) * 2004-09-22 2006-05-11 Kao Corp Microemulsion
JP2007320884A (en) * 2006-05-31 2007-12-13 Shiseido Co Ltd Detergent composition
JP2010254624A (en) * 2009-04-24 2010-11-11 Taiki:Kk Microemulsion
JP2010280644A (en) * 2009-06-08 2010-12-16 Kracie Home Products Ltd Skin cleansing composition

Family Cites Families (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US2528378A (en) 1947-09-20 1950-10-31 John J Mccabe Jr Metal salts of substituted quaternary hydroxy cycloimidinic acid metal alcoholates and process for preparation of same
US2781354A (en) 1956-03-26 1957-02-12 John J Mccabe Jr Imidazoline derivatives and process
GB1567947A (en) 1976-07-02 1980-05-21 Unilever Ltd Esters of quaternised amino-alcohols for treating fabrics
US4514552A (en) 1984-08-23 1985-04-30 Desoto, Inc. Alkali soluble latex thickeners
DE3623215A1 (en) 1986-07-10 1988-01-21 Henkel Kgaa New quaternary ammonium compounds and their use
US5364633A (en) 1994-03-14 1994-11-15 Dow Corning Corporation Silicone vesicles and entrapment
JP3489703B2 (en) 1995-10-23 2004-01-26 株式会社ノエビア Fine emulsion composition
JP3667046B2 (en) 1997-08-27 2005-07-06 株式会社ノエビア Fine emulsion composition
DE10021167A1 (en) * 2000-04-29 2001-10-31 Cognis Deutschland Gmbh Imparting good viscosity and consistency, especially to cosmetics using hydrophobically-modified polyurethane in combination with wax and/or wax ester
WO2008006898A3 (en) * 2006-07-13 2008-10-16 Stephane Arditty Mascara comprising a thermogelling polymer
EP2432449A2 (en) * 2009-05-22 2012-03-28 L'Oréal A cosmetic composition comprising at least one elastomeric anionic polyurethane and at least one non-ionic thickener
FR2954125B1 (en) * 2009-12-22 2013-02-15 Oreal cosmetic composition comprising a compound of jasmonic acid
EP2611845A1 (en) * 2010-09-01 2013-07-10 Basf Se Associative thickener for aqueous preparations

Patent Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004524395A (en) * 2001-01-19 2004-08-12 コグニス・ドイッチュランド・ゲゼルシヤフト・ミト・ベシュレンクテル・ハフツング・ウント・コンパニー・コマンデイトゲゼルシヤフト Emulsion based on a specific emulsifier
JP2005139189A (en) * 2003-11-07 2005-06-02 L'oreal Sa Emulsion-containing makeup composition
JP2006117643A (en) * 2004-09-22 2006-05-11 Kao Corp Microemulsion
JP2007320884A (en) * 2006-05-31 2007-12-13 Shiseido Co Ltd Detergent composition
JP2010254624A (en) * 2009-04-24 2010-11-11 Taiki:Kk Microemulsion
JP2010280644A (en) * 2009-06-08 2010-12-16 Kracie Home Products Ltd Skin cleansing composition

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2017530135A (en) * 2014-09-30 2017-10-12 ロレアル Alcohol-free emulsion based clear advanced uv protection during application
WO2016067740A1 (en) * 2014-10-31 2016-05-06 株式会社 資生堂 Elastic jelly-like composition
JP2016088868A (en) * 2014-10-31 2016-05-23 株式会社 資生堂 Elastic gel composition

Also Published As

Publication number Publication date Type
WO2014098267A1 (en) 2014-06-26 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20020146375A1 (en) Cosmetic or pharmaceutical lecithin-containing gels or low viscosity lecithin-containing O/W microemulsions
US20030105169A1 (en) Composition in the form of an oil-in water emulsion containing a silicone copolymer and showing a liquid crystalline phase and uses thereof
US20080085254A1 (en) Aqueous phospholipid-containing anti-frizz composition for hair
US20080097070A1 (en) Aqueous polyamine-containing systems for water-insoluble materials
US20050238680A1 (en) Personal care compositions that deposit hydrophilic benefit agents
US20060286055A1 (en) Aqueous fatty monoamine-containing carrier systems for water-insoluble materials
Williams et al. Chemistry and technology of the cosmetics and toiletries industry
US20050276829A1 (en) Personal care compositions that deposit solid hydrophilic benefit agents
US20080085253A1 (en) Aqueous polyamine-containing anti-frizz composition for hair
US20080095725A1 (en) Aqueous phospholipid-containing systems for water-insoluble materials
JP2005206573A (en) Diester and oil agent and cosmetic and external preparation for skin
WO2003094873A1 (en) Hair conditioning compositions
JP2006290787A (en) Oil solution for cosmetic or oil solution for external preparation for skin and cosmetic or external preparation for skin
US20080095729A1 (en) Aqueous fatty quaternary amine-containing systems for water-insoluble materials
US20080095727A1 (en) Aqueous systems containing fatty monoamine, surfactant and phosphate ester for water- insoluble materials
WO2001017492A1 (en) A process for forming a hair care composition and a composition formed by same
EP1179339A2 (en) Cosmetic agent containing extracts of malvaceae seeds
WO2006080389A1 (en) Esterification reaction product and cosmetic
US20080085255A1 (en) Aqueous fatty monoamine-containing anti-frizz composition for hair
JP2007137847A (en) Oligomer ester, cosmetic and external preparation for skin containing the same
EP1733717A1 (en) Aqueous carrier systems for water-insoluble materials
JP2005343860A (en) Hair cosmetic
EP1676566A1 (en) Aqueous hair cleansing composition
JP2008127342A (en) Cyclohexane dicarboxylate, and cosmetic or skin care external preparation containing the same
JP2013014540A (en) Humectant cosmetic

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20151111

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20161107

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20170207

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20170626