JP2014086763A - ホームゲートウェイの設定引継方法、ホームゲートウェイ、及びプログラム - Google Patents

ホームゲートウェイの設定引継方法、ホームゲートウェイ、及びプログラム Download PDF

Info

Publication number
JP2014086763A
JP2014086763A JP2012231864A JP2012231864A JP2014086763A JP 2014086763 A JP2014086763 A JP 2014086763A JP 2012231864 A JP2012231864 A JP 2012231864A JP 2012231864 A JP2012231864 A JP 2012231864A JP 2014086763 A JP2014086763 A JP 2014086763A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
value data
home gateway
setting
setting value
communication
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2012231864A
Other languages
English (en)
Inventor
Koji Ikegaya
浩司 池ヶ谷
Original Assignee
Nec Access Technica Ltd
Necアクセステクニカ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nec Access Technica Ltd, Necアクセステクニカ株式会社 filed Critical Nec Access Technica Ltd
Priority to JP2012231864A priority Critical patent/JP2014086763A/ja
Publication of JP2014086763A publication Critical patent/JP2014086763A/ja
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Images

Abstract

【課題】ホームゲートウェイ間の設定の引き継ぎの際のユーザの利便性を向上させる。
【解決手段】通信の第1設定値データ211に基づいて動作する第1ホームゲートウェイ200が、第1ホームゲートウェイ200の第1スイッチ201の操作に応答して、設定サーバ機能を有効にする。通信の第2設定値データ311に基づいて動作する第2ホームゲートウェイ300が、第2ホームゲートウェイ300の第2スイッチ301の操作に応答して、設定クライアント機能を有効にする。第1ホームゲートウェイ200及び第2ホームゲートウェイ300が設定サーバ機能及び設定クライアント機能により通信を開始する。第1ホームゲートウェイ200が、第2ホームゲートウェイ300に第1設定値データ211を送信する。第2ホームゲートウェイ300が、第1設定値データ211に基づいて第2設定値データ311を更新する。
【選択図】図1

Description

本発明はホームゲートウェイに関し、特にホームゲートウェイの設定引継に関する。

近年、家庭などで使用されているホームゲートウェイ(HGW)には、パーソナルコンピュータ(PC)だけでなく、スマートフォンや、タブレット端末などPC以外の複数の無線端末が接続されるようになった。特に、無線通信の設定は、複数の設定項目があり且つ端末単位で設定を行う必要があり、煩雑である。このような環境でHGWを交換する場合、HGWに接続されていた端末の設定を変更しないでHGWを交換することが望まれる。したがって、古いHGWの設定を新しいHGWに引き継ぐことが望まれる。

特許文献1に開示されたHGWの設定方法において、HGWに接続されたコンピュータ上でWebブラウザを起動する。Webブラウザ上のGUI(Graphical User Interface)画面を見ながらキーボード及びマウスを利用してルーティング情報、フィルタリング情報、NAT(Network Adress Translation)情報などのネットワークパラメータを設定する。

古いHGWの設定を新しいHGWに引き継ぐ方法の例を説明する。コンピュータ(例えば、PC)を古いHGWに接続し、コンピュータが古いHGWの設定値データを取得して保存する。コンピュータを新しいHGWに接続し、コンピュータから新しいHGWに設定値データを送信し、新しいHGWに設定値データを設定する。

特開2006−121533号公報

古いHGWの設定を新しいHGWに引き継ぐ場合、新旧HGW以外の他の装置(例えば、コンピュータ)に設定値を保存しなければならないために引き継ぎ作業が煩雑であるという問題があった。
この問題とは別に、古いHGWが故障などにより動作しなくなった場合は、設定値の引き継ぎができないという問題があった。

本発明の目的は、このような問題点の少なくとも一つを解決するため、ホームゲートウェイ間の設定の引き継ぎの際のユーザの利便性が向上するホームゲートウェイの設定引継方法、ホームゲートウェイ、及びプログラムを提供することである。

本発明にかかるホームゲートウェイの設定引継方法は、通信の第1設定値データに基づいて動作する第1ホームゲートウェイが、前記第1ホームゲートウェイの第1スイッチの操作に応答して、設定サーバ機能(例えば、DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)サーバ機能)を有効にするステップと、通信の第2設定値データに基づいて動作する第2ホームゲートウェイが、前記第2ホームゲートウェイの第2スイッチの操作に応答して、設定クライアント機能(例えば、DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)クライアント機能)を有効にするステップと、前記第1ホームゲートウェイ及び前記第2ホームゲートウェイが前記設定サーバ機能及び前記設定クライアント機能により通信を開始するステップと、前記第1ホームゲートウェイが、前記第2ホームゲートウェイに前記第1設定値データを送信するステップと、前記第2ホームゲートウェイが、前記第1設定値データに基づいて前記第2設定値データを更新するステップとを具備する。

本発明にかかるホームゲートウェイは、通信の設定値データに基づいて動作する。ホームゲートウェイは、操作されると設定機能(例えば、DHCP機能)を有効にするスイッチと、前記設定機能により開始された他のホームゲートウェイとの通信において、前記他のホームゲートウェイについての通信の設定値データとしての他の設定値データの送信を要求する設定値データ送信要求又は前記設定値データを前記他のホームゲートウェイに送信する通信手段と、前記通信手段が前記設定値データ送信要求を送信した場合、前記他の設定値データに基づいて前記設定値データを更新する設定値管理手段とを具備する。

本発明にかかるプログラムは、通信の設定値データに基づいて動作するホームゲートウェイに設定引継方法を実行させる。前記設定引継方法は、前記ホームゲートウェイのスイッチが操作されると設定機能(例えば、DHCP機能)を有効にするステップと、前記設定機能により開始された他のホームゲートウェイとの通信において、前記他のホームゲートウェイについての通信の設定値データとしての他の設定値データの送信を要求する設定値データ送信要求又は前記設定値データを前記他のホームゲートウェイに送信するステップと、前記設定値データ送信要求を前記他のホームゲートウェイに送信した場合、前記他の設定値データに基づいて前記設定値データを更新するステップとを具備する。

本発明にかかるホームゲートウェイの設定引継方法は、通信の第1設定値データに基づいて動作する第1ホームゲートウェイが前記第1設定値データをサーバに定期的にバックアップするステップと、通信機能を有する端末が前記サーバから前記第1設定値データを取得するステップと、第2ホームゲートウェイが設定サーバ機能(例えば、DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)サーバ機能)を有効にするステップと、前記設定サーバ機能により前記第2ホームゲートウェイ及び前記端末を互いに接続するステップと、前記端末が前記第1設定値データを前記第2ホームゲートウェイに送信するステップと、前記第1設定値データを前記第2ホームゲートウェイに適用するステップとを具備する。

本発明によれば、ホームゲートウェイ間の設定の引き継ぎの際のユーザの利便性が向上するホームゲートウェイの設定引継方法、ホームゲートウェイ、及びプログラムが提供される。

実施の形態1にかかるホームゲートウェイの設定引継方法の概念図である。 実施の形態1にかかるホームゲートウェイのハードウェア構成を示す概略図である。 実施の形態1にかかるホームゲートウェイの機能ブロック図である。 実施の形態1にかかるホームゲートウェイの設定引継方法のシーケンス図である。 実施の形態3にかかる設定値の引継処理を示す概念図である。 実施の形態4にかかるホームゲートウェイの設定引継方法の概念図である。 実施の形態4にかかるホームゲートウェイの設定引継方法のシーケンス図である。

以下、図面を参照して本発明の実施の形態にかかるホームゲートウェイの設定引継方法、ホームゲートウェイ、及びプログラムについて説明する。ここで、ホームゲートウェイは、家庭やオフィスなどで使用される中継装置である。ホームゲートウェイはルータ機能を有する。ホームゲートウェイはブロードバンドルータと称される場合がある。

(実施の形態1)
図1を参照して、実施の形態1にかかるホームゲートウェイの設定引継方法を説明する。ここでは、ホームゲートウェイ200をホームゲートウェイ300と交換するため、ホームゲートウェイ200の設定値データ211をホームゲートウェイ300に引き継ぐ場合を説明する。ホームゲートウェイ200及び300は、ホームゲートウェイ装置200及び300と称されてもよい。以下の説明において、ホームゲートウェイ200を旧HGW200と記載し、ホームゲートウェイ300を新HGW300と記載する。

旧HGW200は、通信の設定値データ211に基づいて動作する。旧HGW200は、スイッチ201を備える。スイッチ201は、例えば、旧HGW200の筐体に設けられた押しボタンスイッチである。新HGW300は、通信の設定値データ311に基づいて動作する。新HGW300は、スイッチ301を備える。スイッチ301は、例えば、新HGW300の筐体に設けられた押しボタンスイッチである。

旧HGW200は、スイッチ201の操作に応答して、DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)サーバ機能を有効にする。新HGW300は、スイッチ301の操作に応答して、DHCPクライアント機能を有効にする。旧HGW200及び新HGW300がDHCPサーバ機能及びDHCPクライアント機能により通信を開始する。旧HGW200は、新HGW300に設定値データ211を送信する。新HGW200は、設定値データ211に基づいて設定値データ301を更新する。

上述したように、実施の形態1によれば、パーソナルコンピュータ(PC)などの他の装置を介さずに旧HGW200から新HGW300に設定値データ211を直接移行することができる。そのため、旧HGW200の設定値データ211を新HGWに引き継ぐ際のユーザの利便性が向上する。PCを介して旧HGW200から新HGW300に設定値データ211を引き継ぐ場合はPCを旧HGW200に接続した状態からPCを新HGW300に接続した状態へとユーザが手作業で接続を切り替える作業が必要である。実施の形態1によれば、この作業が不要になる。尚、旧HGW200及び新HGW300がそれぞれDHCPサーバ機能及びDHCPクライアント機能を有するため、旧HGW200及び新HGW300間の通信接続が容易である。更に、ユーザは、スイッチ201及び301を操作するだけで、DHCPサーバ機能及びDHCPクライアント機能を有効にすることができる。

以下に、実施の形態1にかかるホームゲートウェイの設定引継方法、ホームゲートウェイ、及びプログラムを詳細に説明する。

図2を参照して、旧HGW200のハードウェア構成を説明する。旧HGW200は、スイッチ201と、CPU202と、通信装置203と、記憶装置204とを備える。CPU202は、プログラム210に基づいて旧HGW200の各種処理を実行する中央処理装置である。通信装置203は、無線通信及び有線通信の少なくとも一方が可能である。記憶装置204は、例えば、半導体メモリ、又はハードディスクである。記憶装置204は、プログラム210、設定値データ211、及び、旧HGW200の通信の設定の初期値データ212を格納する。

図2を参照して、新HGW300のハードウェア構成を説明する。新HGW300は、スイッチ301と、CPU302と、通信装置303と、記憶装置304とを備える。CPU302は、プログラム310に基づいて旧HGW300の各種処理を実行する中央処理装置である。通信装置303は、無線通信及び有線通信の少なくとも一方が可能である。記憶装置304は、例えば、半導体メモリ、又はハードディスクである。記憶装置304は、プログラム310、設定値データ311、及び、新HGW300の通信の設定の初期値デー312を格納する。

ここで、旧HGW200のハードウェア構成及びプログラム210は、新HGW300のハードウェア構成及びプログラム310と同じである。ただし、使用中の旧HGW200については設定値データ211が初期値データ212と一致せず、未使用の新HGW300については設定値データ311が初期値データ312と一致する。そのため、旧HGW200のプログラム210に基づく処理と、新HGW300のプログラム310に基づく処理とが互いに異なる。

上述の例において、プログラム210及び310は、様々なタイプの非一時的なコンピュータ可読媒体(non−transitory computer readable medium)を用いて格納され、旧HGW200及び新HGW300に供給することができる。非一時的なコンピュータ可読媒体は、様々なタイプの実体のある記録媒体(tangible storage medium)を含む。非一時的なコンピュータ可読媒体の例は、磁気記録媒体(例えばフレキシブルディスク、磁気テープ、ハードディスクドライブ)、光磁気記録媒体(例えば光磁気ディスク)、CD−ROM(Read Only Memory)、CD−R、CD−R/W、半導体メモリ(例えば、マスクROM、PROM(Programmable ROM)、EPROM(Erasable PROM)、フラッシュROM、RAM(Random Access Memory))を含む。また、プログラム210及び310は、様々なタイプの一時的なコンピュータ可読媒体(transitory computer readable medium)によって旧HGW200及び新HGW300に供給されてもよい。一時的なコンピュータ可読媒体の例は、電気信号、光信号、及び電磁波を含む。一時的なコンピュータ可読媒体は、電線及び光ファイバ等の有線通信路、又は無線通信路を介して、プログラム201及び310を旧HGW200及び新HGW300に供給できる。

図3を参照して、旧HGW200のCPU202は、プログラム210に基づいて、モード管理部222、設定値管理部223、及び通信制御部224を実現する。更に、設定値管理部223が、設定値データ211が初期値データ212に一致しないと判定した場合、CPU202は、プログラム210に基づいて、転送データ生成部225を実現する。新HGW300のCPU302は、プログラム310に基づいて、モード管理部322、設定値管理部323、及び通信制御部324を実現する。更に、設定値管理部323が、設定値データ311が初期値データ312に一致すると判定した場合、CPU302は、プログラム310に基づいて、整合性確認部326を実現する。

図4を参照して、実施の形態1にかかるホームゲートウェイの設定引継方法を説明する。実施の形態1にかかるホームゲートウェイの設定引継方法においては、旧HGW200と新HGW300を接続し、旧HGW200と新HGW300の間で直接通信を行うことで設定値データ211の引き継ぎを行う。ここで、無線LAN(Local Area Network)又は有線LANを用いて旧HGW200と新HGW300を接続することができる。実施の形態1にかかるホームゲートウェイの設定引継方法は、ステップS101〜S114を含んでいる。

ユーザ100が旧HGW200のスイッチ201を操作する(押す)(S101)と、モード管理部222は、スイッチ201が操作されたことを検知する。モード管理部222は、スイッチ201が操作されたことを検知すると、旧HGW200のモードを設定値引き継ぎモードに切り替え、モードが切り替わったことを設定値管理部223に通知する。設定値管理部223は、設定値引き継ぎモードに切り替わったことを通知されると、自身の管理する設定値データ211が初期値データ212に一致するかどうか判定する(S102)。ここで、設定値管理部223は、設定値データ211が初期値データ212に一致しないと判定し、通信制御部224に設定値データ211を送信するホストとして動作するように要求を出す。更に、設定値管理部223は、転送データ生成部225に設定値データ211を転送する。転送データ生成部225は、設定値データ211を他のホームゲートウェイと互換性のあるデータ形式に整形した後、通信制御部224に出力する。通信制御部224は、設定値管理部223からホストとして動作するように要求を受けると、DHCPサーバ機能を有効にする。これにより、旧HGW200は、設定値引き継ぎ処理のホストとして動作を開始する(S103)。このように、ユーザ100がスイッチ201を操作することにより、旧HGW200は、DHCPサーバ機能を有効にしたホストとして起動する。

ユーザ100が新HGW300のスイッチ301を操作する(押す)(S104)と、モード管理部322は、スイッチ301が操作されたことを検知する。モード管理部322は、スイッチ301が操作されたことを検知すると、新HGW300のモードを設定値引き継ぎモードに切り替え、モードが切り替わったことを設定値管理部323に通知する。設定値管理部323は、設定値引き継ぎモードに切り替わったことを通知されると、自身の管理する設定値データ311が初期値データ312に一致するかどうか判定する(S105)。ここで、設定値管理部323は、設定値データ311が初期値データ312に一致する判定し、通信制御部324に設定値データを受信するクライアントとして動作するように要求する。通信制御部324は、設定値管理部323からクライアントとして動作するように要求を受けると、DHCPクライアント機能を有効にする。これにより、新HGW300は、設定値引き継ぎ処理のクライアントとして動作を開始する(S106)。このように、ユーザ100がスイッチ301を操作することにより、新HGW300は、DHCPクライアンント機能を有効にしたクライアントとして起動する。

新HGW300は、接続シーケンスの中で、DHCP機能により、旧HGW200からネットワークに関する各種設定を自動で行う為の情報を取得して、旧HGW200との通信を開始する(S107)。通信制御部224及び324がそれぞれ通信装置203及び303を制御して、通信を開始する。ネットワークに関する各種設定を自動で行う為の情報は、例えば、ゲートウェイサーバ及びドメインネームサーバ(DNS)のIP(Internet Protocol)アドレス及びサブネットマスク、並びに、クライアントに割り当ててもよいIPアドレスの範囲等を含む。

通信開始後、旧HGW200の通信制御部224は、新HGW300からの設定値データ送信要求を待ち受ける。新HGW300の通信制御部324は、通信装置303を制御して旧HGW200に対して設定値データ送信要求を送信する(S108)。設定値データ送信要求は、旧HGW200の設定値データ211の送信を要求する。旧HGW200は、設定値データ送信要求に応答して、自身の設定値データ211を新HGW300に送信する(S109)。詳細には、設定値データ送信要求を受信すると、通信制御部224は、通信装置203を制御して転送データ生成部225から受け取った設定値データ211を新HGW300に送信する。新HGW300は、設定値データ211が正常に受信できたことを確認すると、受信完了通知を旧HGW200に送信する(S110)。新HGW300の通信制御部324は、受信した設定値データ211を整合性確認部326に転送する。新HGW300は、設定値データ211が正常に受信できたことを確認すると、旧HGW200との通信接続を切断する(S111)。

旧HGW200は、新HGW300側から接続を切られたのを確認した後、自身の電源を落とす(S112)。新HGW300の整合性確認部326は、新HGW300が有する機能と設定値データ211との整合性を確認し、設定値211データを新HGW300に適用できる形に変更する。整合性確認部326は、整合性を確認済みの設定値データ211を設定値管理部323に出力する。設定値管理部323は、設定値データ211に基づいて設定値データ311を更新することで、設定値データ211を新HGW300に適用する(S113)。最後に、ユーザ100が、旧HGW200に接続してあったWAN(Wide Area Network)ケーブルや電話線などの通信ケーブル(不図示)を新HGW300に付け替えることにより、ホームゲートウェイの設定の引き継ぎ作業が終了する(S114)。)

(実施の形態2)
実施の形態1では、無線LAN又は有線LANを用いて旧HGW200と新HGW300とを接続した。実施の形態2では、USB(Universal Serial Bus)又はBluetooth(登録商標)を用いて旧HGW200と新HGW300とを接続してもよい。旧HGW200と新HGW300との接続方法は、データ通信が可能な方法であればどのような方法を用いてもよい。

(実施の形態3)
実施の形態3は、旧HGW200と新HGW300の機種が異なる場合であっても設定値データの引き継ぎを可能にする。以下に、実施の形態3を説明する。尚、実施の形態1又は2と共通する事項については説明を省略する。

図5は、旧HGW200から新HGW300へ送信される設定値データ211と、設定値データ211によって更新された後の設定値データ311を示す。設定値データ211は、設定値211a〜211cを含む。設定値211aは、旧HGW200に実装された第1機能に対応する。設定値211bは、旧HGW200に実装された第2機能に対応する。設定値211cは、旧HGW200に実装された第3機能に対応する。設定値データ311は、設定値311a〜311cを含む。設定値311aは、新HGW300に実装された第4機能に対応する。設定値311bは、新HGW300に実装された第1機能に対応する。設定値311cは、新HGW300に実装された第3機能に対応する。第1機能及び第3機能は、旧HGW200及び新HGW300の両方に実装されている。第2機能は、旧HGW200に実装されているが、新HGW300に実装されていない。第4機能は、新HGW300に実装されているが、旧HGW200に実装されていない。

新HGW300の設定値管理部323は、設定値データ211に基づいて設定値データ311を更新する際に、設定値211aに基づいて設定値311bを更新し、設定値211cに基づいて設定値311cを更新する。ここで、設定値211bに対応する第2機能が新HGW300に実装されていないため、設定値管理部323は、設定値データ211に基づいて設定値データ311を更新する際に設定値211bを用いない。更に、設定値データ211が設定値311aに対応する第4機能に対応する設定値を含まないため、設定値管理部323は、設定値データ211に基づいて設定値データ311を更新する際に設定値311aを更新しないでデフォルトの設定値を適用する。したがって、旧HGW200と新HGW300の機種(機能)が異なる場合でも設定値データの引き継が可能である。

(実施の形態4)
実施の形態4は、引き継ぎの対象である設定値データを持つ旧ホームゲートウェイが動作しなくなった場合であっても、設定値データを新ホームゲートウェイに引き継ぐことを可能とする。以下に、実施の形態4を説明する。

図6を参照して、実施の形態4にかかるホームゲートウェイの設定引継方法では、インターネット605上のサーバ603にバックアップされたホームゲートウェイ601の設定値データ611を、端末604を経由してホームゲートウェイ602に引き継ぐ。ここで、設定値データ611は通信の設定値データであり、ホームゲートウェイ601は設定値データ611に基づいて動作する。端末604は、例えば、スマートフォンである。尚、端末604は通信機能を有していればよいので、端末604としてPCやタブレット端末を用いることが可能である。ホームゲートウェイ601及び602は、ホームゲートウェイ装置601及び602と称されてもよい。以下の説明において、ホームゲートウェイ601を旧HGW601と記載し、ホームゲートウェイ602を新HGW602と記載する。

図7を参照して、実施の形態4にかかるホームゲートウェイの設定引継方法は、ステップS201〜S207を含む。旧HGW601は、設定値データ611をサーバ603に定期的にバックアップする(S201)。サーバ603は、設定値データ611を旧HGW601のユーザと対応付けて保存する。尚、サーバ603へのアクセスは、ssh(secure Shell)などで暗号化された通信により行われる。その後、何らかの理由で旧HGW601が動作不可の状態になる。

端末604は、サーバ603にログインしてアクセスする(S202)。端末604は、サーバ603に設定値データ送信要求を送信する(S203)。サーバ603は、設定値データ送信要求に応答して、保存していた設定値データ611を端末604に送信する(S204)。このように、端末604は、サーバ603から設定値データ611を取得する。設定値データ611を取得する際のサーバ603へのアクセスは、上記のバックアップ時と同様に暗号化された通信により行われる。新HGW602は、DHCPサーバ機能を有効にする。ここで、新HGW602は、DHCPサーバ機能を有効にするためのスイッチを備えてもよいし、備えなくてもよい。DHCPサーバ機能を有効にすることで、初期状態(設定のされていない状態、デフォルト設定が変更されていない状態)の新HGW602に簡単にアクセスすることが可能であり、パスフレーズなしでの新HGW602に対する接続が可能である。ここで、セキュリティを確保する上では、初期状態において一切のパケットをWANに出さないように新HGW602が設定されていることが好ましい。端末604を初期状態の新HGW602にパスフレーズなしで接続する(S205)。端末604が設定値データ611を新HGW602に送信する(S206)。この時、設定値データ611は、サーバ603へのアクセス時と同様に、sshなどで暗号化される。新HGW602は、設定値データ611を自身に適用する(S207)。新HGW602は、適用された設定値データ611に基づいて動作する。尚、図7に示した通信は、暗号化された状態で行われる。

実施の形態4によれば、旧HGW601が動作不可になった場合であっても、旧HGW601の設定を新HGW602に引き継ぐことが可能である。したがって、ホームゲートウェイ間の設定の引き継ぎの際のユーザの利便性が向上する。更に、新HGW602がDHCPサーバ機能を有するため、新HGW602と端末604の接続が容易である。

なお、本発明は上記実施の形態に限られたものではなく、趣旨を逸脱しない範囲で適宜変更することが可能である。例えば、モード管理部222及び322、設定値管理部223及び323、通信制御部224及び324、転送データ生成部225、及び整合性管理部326を、プログラム210及び310により実現するかわりに、電気回路により実現してもよい。更に、DHCPサーバ機能及びDHCPクライアント機能の代わりに他の機能を用いてもよい。例えば、他の機能により、新HGW300がブロードキャストした信号に基づいて、旧HGW200がネットワークに関する各種設定を自動で行うための情報を新HGW300に送信するようにしてもよい。或いは、予め決められた固定の設定情報(IPアドレス等)に基づいて旧HGW200と新HGW300との間の通信を開始したり、予め決められた固定の設定情報(IPアドレス等)に基づいて新HGW602と端末604を接続したりしてもよい。

200、300…ホームゲートウェイ
201、301…スイッチ
211、311…設定値データ
211a〜211c、311a〜311c…設定値
212、312…初期値データ
203、303…通信装置
223、323…設定値管理部
204、304…記憶装置
210、310…プログラム
601、602…ホームゲートウェイ
603…サーバ
604…端末
611…設定値データ

Claims (8)

  1. 通信の第1設定値データに基づいて動作する第1ホームゲートウェイが、前記第1ホームゲートウェイの第1スイッチの操作に応答して、設定サーバ機能を有効にするステップと、
    通信の第2設定値データに基づいて動作する第2ホームゲートウェイが、前記第2ホームゲートウェイの第2スイッチの操作に応答して、設定クライアント機能を有効にするステップと、
    前記第1ホームゲートウェイ及び前記第2ホームゲートウェイが前記設定サーバ機能及び前記設定クライアント機能により通信を開始するステップと、
    前記第1ホームゲートウェイが、前記第2ホームゲートウェイに前記第1設定値データを送信するステップと、
    前記第2ホームゲートウェイが、前記第1設定値データに基づいて前記第2設定値データを更新するステップと
    を具備する
    ホームゲートウェイの設定引継方法。
  2. 請求項1に記載のホームゲートウェイの設定引継方法であって、
    前記第1ホームゲートウェイは通信の設定の第1初期値データを格納し、
    前記第2ホームゲートウェイは通信の設定の第2初期値データを格納し、
    前記設定サーバ機能を有効にするステップは、前記第1設定値データが前記第1初期値データに一致しないと判定するステップを含み、
    前記設定クライアント機能を有効にするステップは、前記第2設定値データが前記第2初期値データに一致すると判定するステップを含む
    ホームゲートウェイの設定引継方法。
  3. 請求項1又は2に記載のホームゲートウェイの設定引継方法であって、
    前記第1設定値データは、前記第1ホームゲートウェイに実装された第1機能に対応する第1設定値を含み、
    前記第1機能が前記第2ホームゲートウェイに実装されていない場合、前記第1設定値データに基づいて前記第2設定値データを更新するステップにおいて、前記第1設定値を用いない
    ホームゲートウェイの設定引継方法。
  4. 請求項1乃至3のいずれか一項に記載のホームゲートウェイの設定引継方法であって、
    前記第2設定値データは、前記第2ホームゲートウェイに実装された第2機能に対応する第2設定値を含み、
    前記第1設定値データが前記第2機能に対応する設定値を含まない場合、前記第1設定値データに基づいて前記第2設定値データを更新するステップにおいて、前記第2設定値を変更しない
    ホームゲートウェイの設定引継方法。
  5. 通信の設定値データに基づいて動作するホームゲートウェイであって、
    操作されると設定機能を有効にするスイッチと、
    前記設定機能により開始された他のホームゲートウェイとの通信において、前記他のホームゲートウェイについての通信の設定値データとしての他の設定値データの送信を要求する設定値データ送信要求又は前記設定値データを前記他のホームゲートウェイに送信する通信手段と、
    前記通信手段が前記設定値データ送信要求を送信した場合、前記他の設定値データに基づいて前記設定値データを更新する設定値管理手段と
    を具備する
    ホームゲートウェイ。
  6. 請求項5に記載のホームゲートウェイであって、
    通信の設定の初期値データを格納した記憶手段を更に具備し、
    前記設定値管理手段は、前記スイッチの操作に応答して、前記設定値データが前記初期値データに一致するかどうかを判定し、
    前記通信手段は、前記設定値データが前記初期値データに一致しない場合に前記設定値データを前記他のホームゲートウェイに送信し、前記設定値データが前記初期値データに一致する場合に前記設定値データ送信要求を前記他のホームゲートウェイに送信する
    ホームゲートウェイ。
  7. 通信の設定値データに基づいて動作するホームゲートウェイに設定引継方法を実行させるプログラムであって、
    前記設定引継方法は、
    前記ホームゲートウェイのスイッチが操作されると設定機能を有効にするステップと、
    前記設定機能により開始された他のホームゲートウェイとの通信において、前記他のホームゲートウェイについての通信の設定値データとしての他の設定値データの送信を要求する設定値データ送信要求又は前記設定値データを前記他のホームゲートウェイに送信するステップと、
    前記設定値データ送信要求を前記他のホームゲートウェイに送信した場合、前記他の設定値データに基づいて前記設定値データを更新するステップと
    を具備する
    プログラム。
  8. 通信の第1設定値データに基づいて動作する第1ホームゲートウェイが前記第1設定値データをサーバに定期的にバックアップするステップと、
    通信機能を有する端末が前記サーバから前記第1設定値データを取得するステップと、
    第2ホームゲートウェイが設定サーバ機能を有効にするステップと、
    前記設定サーバ機能により前記第2ホームゲートウェイ及び前記端末を互いに接続するステップと、
    前記端末が前記第1設定値データを前記第2ホームゲートウェイに送信するステップと、
    前記第1設定値データを前記第2ホームゲートウェイに適用するステップと
    を具備する
    ホームゲートウェイの設定引継方法。
JP2012231864A 2012-10-19 2012-10-19 ホームゲートウェイの設定引継方法、ホームゲートウェイ、及びプログラム Pending JP2014086763A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012231864A JP2014086763A (ja) 2012-10-19 2012-10-19 ホームゲートウェイの設定引継方法、ホームゲートウェイ、及びプログラム

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012231864A JP2014086763A (ja) 2012-10-19 2012-10-19 ホームゲートウェイの設定引継方法、ホームゲートウェイ、及びプログラム

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2014086763A true JP2014086763A (ja) 2014-05-12

Family

ID=50789482

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2012231864A Pending JP2014086763A (ja) 2012-10-19 2012-10-19 ホームゲートウェイの設定引継方法、ホームゲートウェイ、及びプログラム

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2014086763A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2016057867A (ja) * 2014-09-10 2016-04-21 コニカミノルタ株式会社 情報処理システム、ライセンスサーバー、通信中継装置、プログラム及びデータ復旧方法
JP2016184839A (ja) * 2015-03-26 2016-10-20 Necプラットフォームズ株式会社 通信端末、通信ルート設定方法及びプログラム
JP2017526298A (ja) * 2014-08-28 2017-09-07 アルカテル−ルーセント ネットワークトラフィックを管理する方法およびシステム

Citations (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004015558A (ja) * 2002-06-07 2004-01-15 Sony Corp 通信方法、通信システム及び通信機器
JP2004165810A (ja) * 2002-11-11 2004-06-10 Nec Infrontia Corp 無線lan基地局の二重化システム
JP2005026758A (ja) * 2003-06-30 2005-01-27 Toshiba Corp 無線通信接続方法及び電子機器
JP2006209490A (ja) * 2005-01-28 2006-08-10 Fujitsu Ltd 設定情報同期プログラム
JP2007086897A (ja) * 2005-09-20 2007-04-05 Fuji Xerox Co Ltd 画像形成装置、プログラム、方法
JP2007143117A (ja) * 2005-10-17 2007-06-07 Canon Inc 通信装置及び通信パラメータ設定方法
JP2007298204A (ja) * 2006-04-28 2007-11-15 Noritz Corp 新旧ユニット間のデータ移植方法
JP2008219445A (ja) * 2007-03-05 2008-09-18 Alaxala Networks Corp 保守用カスタマイズメモリ管理システムおよび方法
JP2011096529A (ja) * 2009-10-30 2011-05-12 Panasonic Corp 発電装置機器

Patent Citations (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004015558A (ja) * 2002-06-07 2004-01-15 Sony Corp 通信方法、通信システム及び通信機器
JP2004165810A (ja) * 2002-11-11 2004-06-10 Nec Infrontia Corp 無線lan基地局の二重化システム
JP2005026758A (ja) * 2003-06-30 2005-01-27 Toshiba Corp 無線通信接続方法及び電子機器
JP2006209490A (ja) * 2005-01-28 2006-08-10 Fujitsu Ltd 設定情報同期プログラム
JP2007086897A (ja) * 2005-09-20 2007-04-05 Fuji Xerox Co Ltd 画像形成装置、プログラム、方法
JP2007143117A (ja) * 2005-10-17 2007-06-07 Canon Inc 通信装置及び通信パラメータ設定方法
JP2007298204A (ja) * 2006-04-28 2007-11-15 Noritz Corp 新旧ユニット間のデータ移植方法
JP2008219445A (ja) * 2007-03-05 2008-09-18 Alaxala Networks Corp 保守用カスタマイズメモリ管理システムおよび方法
JP2011096529A (ja) * 2009-10-30 2011-05-12 Panasonic Corp 発電装置機器

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2017526298A (ja) * 2014-08-28 2017-09-07 アルカテル−ルーセント ネットワークトラフィックを管理する方法およびシステム
US10201033B2 (en) 2014-08-28 2019-02-05 Alcatel Lucent Method and system for managing network traffic
JP2016057867A (ja) * 2014-09-10 2016-04-21 コニカミノルタ株式会社 情報処理システム、ライセンスサーバー、通信中継装置、プログラム及びデータ復旧方法
JP2016184839A (ja) * 2015-03-26 2016-10-20 Necプラットフォームズ株式会社 通信端末、通信ルート設定方法及びプログラム

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP2355570B1 (en) Automated network device configuration and network deployment
US20130094444A1 (en) Automatic provisioning of an m2m device having a wifi interface
EP1940079B9 (en) A communication device and a system for managing the local devies remotely and the method thereof
EP2285163A2 (en) System, method and apparatus for wireless network connection using near field communication
CN101296203B (zh) 对家庭网络中应用终端进行自动配置的装置、系统和方法
EP2745471B1 (en) Architecture for virtualized home ip service delivery
WO2006005790A1 (en) System, network entities and computer programs for configuration management of a dynamic host configuration protocol framework
EP2654268B1 (en) Address allocation processing method and apparatus
US8099612B2 (en) Information processing apparatus
CN103079257A (zh) 一种音频设备连接入wifi网络的方法
JP5331163B2 (ja) Ipアドレス割り当てシステム、dhcpサーバ及びipアドレス割り当て方法
CN101330531B (zh) Dhcp地址分配处理方法和dhcp中继
CN102413182A (zh) 一种智能家居设备远程监控装置和方法
CN101360094B (zh) 一种家庭基站配置服务器自动发现的方法
CN101442566B (zh) 实现动态域名更新的方法和设备
JP2008085687A (ja) 遠隔制御システム、方法並びに遠隔制御装置及び制御パケット送信装置並びにそれらの制御方法及びプログラム
US20120307727A1 (en) Portable Network Connection Device, Method of Setting Portable Network Connection Device, And Computer Program Product
JP5994261B2 (ja) 通信装置
JP2012502578A (ja) 単一化されたデバイス管理方法及びシステム
JP2012249213A5 (ja) Ipアドレス割り当てシステム、dhcpサーバ及びipアドレス割り当て方法
JP2007201650A (ja) 無線通信システム、無線lan基地局及びそれらに用いる設定内容確認/変更方法
US9712383B2 (en) Device abstraction in autonomous wireless local area networks
JP2004208101A (ja) ゲートウェイ及びそれにおける通信方法
JP4705650B2 (ja) 通信ノード
WO2009139465A1 (ja) 通信装置、通信方法および通信制御プログラム

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20140213

A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A712

Effective date: 20140807

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20141028

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20141104

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20141222

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20150224