JP2014068295A - Distribution server, system, and program for distributing multicast data suitable for wireless environment - Google Patents

Distribution server, system, and program for distributing multicast data suitable for wireless environment Download PDF

Info

Publication number
JP2014068295A
JP2014068295A JP2012213641A JP2012213641A JP2014068295A JP 2014068295 A JP2014068295 A JP 2014068295A JP 2012213641 A JP2012213641 A JP 2012213641A JP 2012213641 A JP2012213641 A JP 2012213641A JP 2014068295 A JP2014068295 A JP 2014068295A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
channel
multicast
means
source
distribution server
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2012213641A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Shuichi Shimura
修一 志村
Original Assignee
Kddi Corp
Kddi株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kddi Corp, Kddi株式会社 filed Critical Kddi Corp
Priority to JP2012213641A priority Critical patent/JP2014068295A/en
Publication of JP2014068295A publication Critical patent/JP2014068295A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Images

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a distribution server and the like capable of distributing stream data so as not to be affected by missing of a packet in passing through a wireless network as much as possible.SOLUTION: A distribution server distributes stream data to a wireless terminal by using a plurality of channels of a multicast method via a network. The distribution server comprises: source block division means for dividing the stream data into a plurality of source blocks; source symbol division means for dividing a source block into k(k>1) source symbols; error correction encoding means for creating k+p symbol data for each source block by performing error correction encoding on the k source symbols; and multicast transmission means which allocates the k+p symbol data to each multicast channel for each source block, sets predetermined delay time difference among the channels, and performs transmission.

Description

本発明は、ストリームデータをマルチキャストで配信する技術に関する。 The present invention relates to a technique for distributing stream data in multicast.

コンテンツに基づくストリームデータを、マルチキャストで配信する配信サーバの技術がある。 The stream data based on the content, there is a technique of the distribution server for distributing a multicast. 「マルチキャスト」とは、複数の宛先装置に対して、同一データを送信する技術をいう。 The term "multicast" refers to a plurality of destination devices, a technique for transmitting the same data. これに対し、「ユニキャスト」とは、単一のアドレスを指定して特定の宛先装置に対してのみ、データを送信する技術をいう。 In contrast, a "Unicast", only for certain destination device by designating a single address, refers to a technique for transmitting data.

従来、マルチキャストで配信されるストリームデータは、大容量伝送が可能な光ファイバケーブルのような有線ネットワークを介して配信される場合が多かった。 Conventionally, the stream data distributed via multicast, if it is delivered via a wired network such as an optical fiber cable capable of high-capacity transmission were many. これに対し、近年、アクセスポイント(基地局)と無線端末との間の無線ネットワークを介して、ストリームデータをマルチキャストで配信する場合も多くなってきている。 In contrast, in recent years, access point and (BS) via a wireless network between the wireless terminal has become many cases for delivering stream data by multicast. これは、無線通信環境であっても、最低限の帯域保証のみで、多数の特定の宛先端末に配信することができる放送型サービスとして利用することができる。 This may be a wireless communication environment, the minimum bandwidth guarantee only, can be used as a broadcast service that can be delivered to a number of specific destination terminal.

配信サーバとして、ストリームデータを複数のストリームに階層符号化し、複数のチャネルを用いてマルチキャストで配信するシステムの技術がある(例えば特許文献1参照)。 As the distribution server, the stream data is hierarchically encoded into a plurality of streams, there is a technique of a system for distributing multicast using a plurality of channels (for example, see Patent Document 1). この技術によれば、ユーザ操作に基づく端末は、所望ビットレートから統合階層数を決定し、その統合階層数をゲートウェイへ送信する。 According to this technique, a terminal based on a user operation is to determine the number of integrated hierarchy from the desired bit rate, and transmits the number of the integrated hierarchy to the gateway. 配信サーバからストリームデータを受信したゲートウェイは、端末から要求された統合階層数に応じて、当該ユーザ端末へストリームデータを送信する。 Gateway that received the stream data from the distribution server, in accordance with the number of integrated hierarchical requested from the terminal, and transmits the stream data to the user terminal. これによって、端末毎に、所望ビットレート(ネットワーク品質)に合わせて、異なる画質のストリームデータを選択することができる。 Thus, for each terminal, in accordance with a desired bit rate (network quality), you are possible to select the stream data of different quality.

また、スケーラブルビデオを効率良く配信するために、複数のレイヤ間で最適化したビデオを配信する技術もある(例えば特許文献2参照)。 Further, in order to efficiently deliver the scalable video, there is also a technique for delivering optimized video between multiple layers (for example, see Patent Document 2).

特許第3931531号 Patent No. 3931531 特表2009−506713号公報 JP-T 2009-506713 JP 特開2004−201111号公報 JP 2004-201111 JP

無線端末が、配信サーバからアクセスポイントを経由してストリームコンテンツを受信し続けている際、無線ネットワーク上で、多数の誤りがバースト的に発生する場合がある。 Wireless terminal, when the distribution server continues to receive the stream content via the access point on the wireless network, there are cases where a large number of errors occur in bursts. このような状況下では、特許文献1に記載されたように、無線端末−配信サーバ間で、リアルタイムに階層符号化の階層やパラメータを変更することも難しい。 Under such circumstances, as described in Patent Document 1, the wireless terminal - between distribution server, it is also difficult to change the hierarchy and parameters of hierarchical coding in real time. また、配信サーバが、画像品質を低減させた階層符号化のストリームデータを送信できたとしても、無線ネットワークでバースト的な誤りが発生すれば、結果的に無線端末はそのストリームデータさえも受信することができない。 The distribution server, even able to send stream data hierarchically encoded with reduced image quality, if burst errors occur in the wireless network and consequently the wireless terminal receives even the stream data it can not be. このような課題は、マルチキャストで配信されたストリームデータであっても同様である。 Such problem is the same even stream data distributed by multicast.

これに対して、比較的長時間に渡って送信ブロックをランダムに入れ替えて、時間ダイバーシチ効果を得るために時間インタリーブを実行することもできる。 In contrast, by replacing the random transmission block over a relatively long period of time, it is also possible to perform a time interleaving in order to obtain a time diversity effect. しかしながら、送信ブロックを入れ替える時間が長くなれば長くなるほど、受信側の無線端末に搭載すべき必要なメモリ量が多くなり、且つ、その合成処理も複雑化することとなる。 However, the more time to switch the transmission block is increased the longer, the more the amount of memory required to be mounted on the receiving side of the wireless terminal, and, the also its synthesis process is complicated.

そこで、本発明は、無線ネットワークを経由する場合のパケットの欠落の影響をできる限り受けないように、ストリームデータを配信することができる配信サーバ、システム及びプログラムを提供することを目的とする。 Accordingly, the invention is not to receive as much as possible the influence of the packet loss in the case of over the wireless network, distribution server can distribute the stream data, and an object thereof is to provide a system and a program.

本発明によれば、ストリームデータをマルチキャスト方式の複数のチャネルを用いてネットワークを介して無線端末へ配信する配信サーバにおいて、 According to the present invention, the distribution server for distributing to the wireless terminal via a network using a plurality of channels of multicast system stream data,
ストリームデータを、複数のソースブロックに分割するソースブロック分割手段と、 Stream data, and the source block dividing means for dividing into a plurality of source blocks,
ソースブロックを、k(k>1)個のソースシンボルに分割するソースシンボル分割手段と、 The source block, the source symbols dividing means for dividing the k (k> 1) pieces of source symbols,
各ソースブロックについて、k個のソースシンボルを誤り訂正符号化することによってk+p個のシンボルデータを生成する誤り訂正符号化手段と、 For each source block, and the error correction encoding means for producing k + p pieces of symbol data by error correction coding the k source symbols,
ソースブロック毎に、k+p個のシンボルデータを、マルチキャストの各チャネルに割り当てると共に、チャネル間で所定の遅延時間差を設定して送信するマルチキャスト送信手段とを有することを特徴とする。 For each source block, the k + p number of symbol data, allocates to each channel of the multicast, and having a multicast transmission means for transmitting by setting the predetermined delay time differences between channels.

本発明の配信サーバにおける他の実施形態によれば、 According to another embodiment of the delivery server of the present invention,
誤り訂正符号化手段は、k+p個のシンボルデータを生成し、 Error correction encoding means generates a k + p number of symbol data,
マルチキャスト送信手段は、最初に配信するチャネルに、k個のシンボルデータを送信し、遅延時間差を設けて後続して配信するチャネルに、p個のシンボルデータを送信することも好ましい。 Multicast transmission means, the channel to be distributed initially transmits k symbols data, the channel to be distributed so as to follow with a delay time difference, it is also preferable to transmit the p number of symbol data.

本発明の配信サーバにおける他の実施形態によれば、誤り訂正符号化手段は、LDPC(Low-Density Parity-Check)符号化であることも好ましい。 According to another embodiment of the delivery server of the present invention, error correction encoding means is also preferably a LDPC (Low-Density Parity-Check) coding.

本発明の配信サーバにおける他の実施形態によれば、 According to another embodiment of the delivery server of the present invention,
誤り訂正符号化手段は、k+p個のシンボルデータを生成し、 Error correction encoding means generates a k + p number of symbol data,
マルチキャスト送信手段は、最初に配信するチャネルに、k個よりも多いシンボルデータを送信し、遅延時間差を設けて後続して配信するチャネルに、p個よりも少ないシンボルデータを送信することも好ましい。 Multicast transmission means, the channel to be distributed initially transmits a k-number often symbol data than the channel to be distributed so as to follow with a delay time difference, it is also preferable to transmit less symbol data than p number.

本発明の配信サーバにおける他の実施形態によれば、誤り訂正符号化手段は、レートレスなFountain符号化であることも好ましい。 According to another embodiment of the delivery server of the present invention, error correction encoding means is also preferably a rate-less Fountain coding.

本発明の配信サーバにおける他の実施形態によれば、 According to another embodiment of the delivery server of the present invention,
マルチキャスト送信手段は、誤り訂正符号化手段から入力されたシンボルデータに対して、各チャネルへの割当前に複数のソースブロック間で、又は、各チャネルへの割当後に各チャネルの中のソースブロック間で、時間インタリーブを実行することも好ましい。 Multicast transmission means, to the symbol data input from the error correction encoding means, between a plurality of source blocks before assignment to each channel, or, between the source block in each channel after allocation to the respective channel in, it is also preferable to perform time interleaving.

本発明によれば、前述した配信サーバと、該配信サーバから受信したマルチキャスト方式の複数のチャネルを用いてストリームデータを中継するアクセスポイントと、該アクセスポイントをマルチキャスト方式の複数のチャネルを用いて無線を介してストリームデータを受信する無線端末とを有するシステムであって、 According to the present invention, a radio using the distribution server described above, the access point relays the stream data by using a plurality of channels of a multicast scheme received from the distribution server, a plurality of channels of multicast method the access point a system including a wireless terminal that receives the stream data via,
無線端末は、 Wireless terminal,
マルチキャストの各チャネルを介して、チャネル間の所定の遅延時間差に基づいて、少なくともk個以上のシンボルデータを受信するマルチキャスト受信手段と k個以上のシンボルデータを誤り訂正復号することによって、k個のソースシンボルを生成する誤り訂正復号手段と、 Through each channel of the multicast, based on a predetermined delay time difference between the channels, by the multicast reception means and k or more symbol data receiving at least k or more symbol data error correction decoding, k-number of and error correction decoding means for generating a source symbols,
k個のソースシンボルを、ソースブロックに合成するソースシンボル合成手段と、 The k source symbols, the source symbols combining means for combining the source block,
複数のソースブロックを、ストリームデータに合成するソースブロック合成手段とを有することを特徴とする。 A plurality of source blocks, and having a source block synthesizing means for synthesizing the stream data.

本発明のシステムにおける他の実施形態によれば、 According to another embodiment of the system of the present invention,
無線端末について、マルチキャスト受信手段は、先行して送信されるチャネルに基づくシンボルデータを誤り無く受信できた際、後続して送信される他のチャネルに基づくシンボルデータを受信しない、即ち、先行して送信されるチャネルに基づくシンボルデータを誤って受信した際、後続して送信される他のチャネルに基づくシンボルデータを受信することも好ましい。 For wireless terminals, multicast reception means, when could previously be without error received symbol data based on the channel is transmitted, does not receive the symbol data based on other channel transmitted subsequent to, i.e., prior to when erroneously received symbol data based on the channel to be transmitted, it is also preferable to receive the symbol data based on other channel transmitted subsequent to.

本発明のシステムにおける他の実施形態によれば、 According to another embodiment of the system of the present invention,
マルチキャストのチャネル毎に、異なるIP(Internet Protocol)アドレスが付与されており、 For each multicast channel, different IP (Internet Protocol) address are assigned,
配信サーバは、無線端末へ、チャネル毎のIPアドレス及びチャネル間の遅延時間差を含む配信制御パケットを送信する制御パケット送信手段を更に有し、 Distribution server to the wireless terminal further comprises a control packet transmitting means for transmitting a distribution control packet including a delay time difference between the IP address and the channel of each channel,
無線端末は、配信サーバから、配信制御パケットを受信し、チャネル毎のIPアドレス及びチャネル間の遅延時間差を、マルチキャスト受信手段へ出力する制御パケット受信手段を更に有することも好ましい。 The wireless terminal from the distribution server receives a distribution control packet, the delay time difference between the IP address and the channel of each channel, it is also preferable to further comprise a control packet receiving means for outputting the multicast receiving means.

本発明のシステムにおける他の実施形態によれば、 According to another embodiment of the system of the present invention,
無線端末は、各チャネルについて単位時間毎にパケット誤り数を計測し、単位時間毎のパケット誤り数を含むフィードバック情報を、配信サーバへ送信するフィードバック情報送信手段を更に有し、 The wireless terminal, the number of packet error measured for each unit time for each channel, the feedback information including the number of packets error per unit time, further comprising a feedback information transmitting means for transmitting to the distribution server,
配信サーバは、無線端末からフィードバック情報を受信し、単位時間毎のパケット誤り数に応じて遅延時間差を変更するフィードバック制御手段を更に有することも好ましい。 The distribution server receives feedback information from the wireless terminal, it is also preferable to further include a feedback control means for changing the delay time difference in accordance with the packet number of errors per unit time.

本発明のシステムにおける他の実施形態によれば、配信サーバのフィードバック制御手段は、単位時間毎のパケット誤り数に応じて、マルチキャストのチャネル数を変更することも好ましい。 According to another embodiment of the system of the present invention, the feedback control means of the delivery server, depending on the packet number of errors per unit time, it is also preferable to change the number of multicast channels.

本発明によれば、ストリームデータをマルチキャスト方式の複数のチャネルを用いてネットワークを介して無線端末へ配信する配信サーバに搭載されたコンピュータを機能させるプログラムにおいて、 According to the present invention, in a program that causes a mounted computer stream data to the distribution server that distributes to the radio terminal via a network using a plurality of channels of multicast manner,
ストリームデータを、複数のソースブロックに分割するソースブロック分割手段と、 Stream data, and the source block dividing means for dividing into a plurality of source blocks,
ソースブロックを、k(k>1)個のソースシンボルに分割するソースシンボル分割手段と、 The source block, the source symbols dividing means for dividing the k (k> 1) pieces of source symbols,
各ソースブロックについて、k個のソースシンボルを誤り訂正符号化することによってk+p個のシンボルデータを生成する誤り訂正符号化手段と、 For each source block, and the error correction encoding means for producing k + p pieces of symbol data by error correction coding the k source symbols,
ソースブロック毎に、k+p個のシンボルデータを、マルチキャストの各チャネルに割り当てると共に、チャネル間で所定の遅延時間差を設定して送信するマルチキャスト送信手段としてコンピュータを機能させることを特徴とする。 For each source block, the k + p number of symbol data, allocates to each channel of the multicast, and characterized by causing a computer to function as a multicast transmission means for transmitting by setting the predetermined delay time differences between channels.

本発明によれば、前述した配信サーバから受信したマルチキャスト方式の複数のチャネルを用いて、ストリームデータを中継するアクセスポイントから、マルチキャスト方式の複数のチャネルを用いて無線を介してストリームデータを受信する無線端末に搭載されたコンピュータを機能させるプログラムであって、 According to the present invention, by using a plurality of channels of a multicast scheme received from the distribution server described above, from the access point for relaying the stream data, receives the stream data via wireless by using a plurality of channels of multicasting a program for causing a computer to function installed in the wireless terminal,
マルチキャストの各チャネルを介して、チャネル間の所定の遅延時間差に基づいて、少なくともk個以上のシンボルデータを受信するマルチキャスト受信手段と k個以上のシンボルデータを誤り訂正復号することによって、k個のソースシンボルを生成する誤り訂正復号手段と、 Through each channel of the multicast, based on a predetermined delay time difference between the channels, by the multicast reception means and k or more symbol data receiving at least k or more symbol data error correction decoding, k-number of and error correction decoding means for generating a source symbols,
k個のソースシンボルを、ソースブロックに合成するソースシンボル合成手段と、 The k source symbols, the source symbols combining means for combining the source block,
複数のソースブロックを、ストリームデータに合成するソースブロック合成手段としてコンピュータを機能させることを特徴とする。 A plurality of source blocks, and characterized by causing a computer to function as a source block combining means for combining the stream data.

本発明の配信サーバ、システム及びプログラムによれば、無線ネットワークを経由する場合のパケットの欠落の影響をできる限り受けないようにストリームデータを配信することができる。 Delivery server of the present invention, according to the systems and programs, it is possible to distribute the stream data so that it is not subject as possible the influence of the packet loss in the case of via the wireless network.

本発明におけるシステム構成図である。 It is a system configuration diagram of the present invention. 本発明における配信サーバの機能構成図である。 It is a functional block diagram of the delivery server of the present invention. 本発明におけるソースブロック分割、ソースシンボル分割、及び、誤り訂正符号化を表す説明図である。 Source block division in the present invention, the source symbols split, and is a diagram of the error correction coding. マルチキャスト送信部におけるシンボルデータのチャネル割り当てを表す説明図である。 It is a diagram of the channel assignment symbol data in a multicast transmission unit. マルチキャスト送信部におけるチャネル間の遅延時間差を表す説明図である。 It is a diagram of a delay time difference between the channels in a multicast transmission unit. 本発明における無線端末の機能構成図である。 It is a functional block diagram of a wireless terminal in the present invention.

以下、本発明の実施の形態について、図面を用いて詳細に説明する。 Hereinafter, embodiments of the present invention will be described in detail with reference to the drawings.

図1は、本発明におけるシステム構成図である。 Figure 1 is a system configuration diagram of the present invention.

図1によれば、配信サーバ1は、インターネット又は通信事業者網に接続されており、ストリームデータをマルチキャスト方式の複数のチャネルを用いて配信する。 According to Figure 1, the distribution server 1 is connected to the Internet or carrier network is distributed using a plurality of channels of multicast system stream data. 配信サーバ1から配信されたストリームデータは、ネットワークを介してアクセスポイント3へ送信される。 Stream data distributed from the distribution server 1 is sent to the access point 3 via the network. アクセスポイント3は、受信したストリームデータを、無線を介してマルチキャスト方式の複数のチャネルで無線端末2へ転送する。 The access point 3, and transfers the received stream data, to the radio terminal 2 by a plurality of channels of multicast system via the radio. アクセスポイント3と無線端末2との間は、例えば無線LANによって接続される。 Between the access point 3 and the wireless terminal 2 is connected to, for example, by a wireless LAN. 勿論、配信サーバ1とアクセスポイント3との間が、有線LANによってローカル的に接続されたものであってもよい。 Of course, between the distribution server 1 and the access point 3 may be one which is locally connected by wired LAN.

一般的なマルチキャスト通信によれば、コンテンツ毎に各チャネルを割り当ててそのストリームデータを送信するのに対し、本発明の配信サーバ1は、1つのコンテンツのストリームデータを、複数のチャネルを用いて配信する。 According to a general multicast communication, to transmit the stream data by assigning each channel for each content distribution server 1 of the present invention, the stream data of one content, using a plurality of channels delivered to. チャネルは互いに、異なるマルチキャストアドレス及びポート番号が割り当てられている。 Channels from each other, different multicast addresses and port numbers are assigned.

尚、マルチキャストアドレスは、IPv4の場合、IGMP(Internet Group Management Protocol)に基づくものであり、IPv6の場合、MLD(Multicast Listener Discovery)に基づくものである。 Incidentally, the multicast address, if For IPv4, is based on IGMP (Internet Group Management Protocol), if For IPv6, it is based on MLD (Multicast Listener Discovery).

配信サーバ1−アクセスポイント3の間は、インターネット又は通信事業者網のように一定の通信品質が確保されたネットワークによって接続されている。 Between the distribution server 1 access point 3, certain communication quality such as the Internet or communication provider network are connected by a network that is secured. 一方で、アクセスポイント3−無線端末2の間は、例えば無線LANのような無線ネットワークであって、バースト的なパケット誤りが発生しやすいネットワークによって接続されている。 On the other hand, between the access point 3 the wireless terminal 2 is, for example, a wireless network such as a wireless LAN, a burst packet errors are connected by prone networks.

ここで、アクセスポイント3は、マルチキャストにおけるラストホップルータとして機能する。 Here, the access point 3 serves as the last hop router in the multicast. アクセスポイント3は、配信サーバ1から受信したストリームデータをマルチキャストで中継転送する。 The access point 3 relays transfers stream data received from the distribution server 1 by multicast. アクセスポイント3は、端末2から、マルチキャストグループに対する参加/離脱メッセージを受信することによって、ストリームデータの送信可否を制御する。 The access point 3, the terminal 2, by receiving the join / leave messages for a multicast group, to control the transmission availability of the stream data.

無線端末2は、アクセスポイント3から、無線LANを介して複数のチャネルを用いて1つのコンテンツに基づくストリームデータを受信する。 Wireless terminal 2, from the access point 3, to receive the stream data based on one of the content using a plurality of channels through the wireless LAN. そして、無線端末2は、そのコンテンツを、ユーザに閲覧させるように再生する。 Then, the wireless terminal 2 reproduces the content, so as to browse the user.

無線端末2は、ストリームデータを再生するための「メディアプレーヤプログラム」を予めインストールしている。 Wireless terminal 2 are preinstalled "Media player program" for reproducing the stream data. 「メディアプレーヤプログラム」とは、各メディアデータ用にコーデックを内蔵したソフトウェアである。 The "media player program", is a software with a built-in codec for each media data. これによって、動画や音声のような多様なメディアデータを再生することができる。 Thereby, it is possible to play various media data such as video or audio. 一般に、標準的なメディアプレーヤプログラムは、Webブラウザに組み込まれている。 In general, the standard media player programs, is built into the Web browser.

図2は、本発明における配信サーバの機能構成図である。 Figure 2 is a functional block diagram of the delivery server of the present invention.

配信サーバ1は、ストリームデータを、マルチキャスト方式の複数のチャネルを用いて配信する。 Distribution server 1, the stream data is distributed using a plurality of channels of the multicast scheme. 図2によれば、配信サーバ1は、ストリームデータ蓄積部10と、ソースブロック分割部11と、ソースシンボル分割部12と、誤り訂正符号化部13と、マルチキャスト送信部14と、制御パケット送信部15と、フィードバック制御部16とを有する。 According to FIG. 2, the distribution server 1, the stream data storing unit 10, and the source block dividing unit 11, a source symbol dividing unit 12, an error correction coding unit 13, a multicast transmission unit 14, a control packet transmission unit 15, and a feedback control unit 16. これら機能構成部は、配信サーバ1に搭載されたコンピュータを機能させるプログラムを実行することによって実現される。 These functional components may be realized by executing a program to function a computer mounted to the distribution server 1.

[ストリームデータ蓄積部10] Stream data storage unit 10]
ストリームデータ蓄積部10は、コンテンツに基づくストリームデータを蓄積している。 Stream data storing unit 10 accumulates stream data based on the content. ストリームデータは、例えばMPEG2のTS(Transport Stream)ファイルのフォーマット形式のものであって、これは、地上/BSデジタル放送規格やHDV規格で採用されている。 Stream data, for example, be of the MPEG2 TS format format (Transport Stream) file, which is adopted in terrestrial / BS digital broadcasting standard and HDV standard. TSパケットは、PES(Packetized Elementary Stream)パケットを、トランスポートパケットの188バイト固定長のパケットへ分割したものである。 TS packet is to a PES (Packetized Elementary Stream) packet, and divided into packets of 188-byte fixed-length transport packets. これらトランスポートパケットの連続が、トランスポートストリームとなる。 Continuous of these transport packets, a transport stream. 各TSパケットには、パケット識別子(PID)と称される13ビットの情報が含まれ、同一のコンテンツには、同一のPIDが付与されている。 Each TS packet, a packet identifier (PID) called 13-bit information is included, the same content, the same PID is assigned. ストリームデータ蓄積部10は、配信すべきTSファイルのストリームデータを、ソースブロック分割部11へ出力する。 Stream data storing unit 10, the stream data of the TS file to be distributed, and outputs to the source block dividing unit 11.

図3は、本発明におけるソースブロック分割、ソースシンボル分割、及び、誤り訂正符号化を表す説明図である。 3, the source block division in the present invention, the source symbols split, and is a diagram of the error correction coding.

[ソースブロック分割部11] [Source block division section 11]
ソースブロック分割部11は、ストリームデータを、複数のソースブロックに分割する(図3参照)。 Source block dividing unit 11, the stream data is divided into a plurality of source blocks (see FIG. 3). ストリームデータは、数百kbyte程度、例えば200〜300kbyteのソースブロックに分割される。 Stream data is divided several hundred kbyte about, for example, the source blocks 200~300Kbyte. 分割された各ソースブロックは、ソースシンボル分割部12へ出力される。 Each divided source block are output to the source symbol dividing unit 12.

[ソースシンボル分割部12] [Source symbol dividing section 12]
ソースシンボル分割部12は、ソースブロックを、ソースシンボルに分割する(図3参照)。 Source symbols dividing section 12, a source block is divided into source symbols (see FIG. 3). ソースブロックは、数kbyte程度、例えば1〜2kbyteのソースシンボルに分割される。 The source block is divided several kbyte, for example, the source symbols of 1~2Kbyte. ここでは、例えば1個のソースブロックが、k(k>1)個のソースシンボルに分割されたとする。 Here, for example, one source block, and is divided into k (k> 1) pieces of source symbols. ソースブロック毎に、分割された各ソースシンボルは、誤り訂正符号化部13へ出力される。 For each source block, the source symbols which are divided is output to the error correction encoder 13.

[誤り訂正符号化部13] [Error correcting coding section 13
誤り訂正符号化部13は、各ソースブロックについて、k個のソースシンボルを誤り訂正符号化することによって、k+p個のシンボルデータを生成する。 Error correction coding unit 13, for each source block, by error correction coding the k source symbols to produce a k + p number of symbol data. 誤り訂正符号化によれば、原データに、あえて数十%程度の冗長性をもたせることによって、データの一部を誤っても、受信側のみで低計算量で原データを復号することができる。 According to the error correction coding, the original data, by to have a few tens of percent of the redundancy dare, even accidentally some of the data, it is possible to decode the original data with a low calculation amount only on the reception side . 誤り訂正符号化部13は、ソースブロック毎に、符号化したソースシンボルを、マルチキャスト送信部14へ出力する。 Error correction coding unit 13, for each source block, the source symbols obtained by encoding, and outputs to the multicast transmission unit 14.

誤り訂正符号化方式としては、例えば以下のような2つの方式がある。 The error correction encoding scheme, for example, there are two methods as follows.
「LDPC(Low-Density Parity-Check)符号化方式」 "LDPC (Low-Density Parity-Check) encoding method"
「Fountain符号化方式(レートレス)」 "Fountain encoding method (rate-less)"

「LDPC符号化方式」とは、低密度パリティ検査符号であって、情報伝送レートの理論上のシャノン限界に極めて近いレートを達成した符号化である。 The "LDPC coding scheme", a low-density parity check code is a coding who achieved very close rate to the Shannon limit the theoretical information transmission rate. この方式によれば、k個のソースシンボル(原シンボル)と、p個の符号化シンボルとが生成される。 According to this method, the k source symbols (original symbols), and the p number of encoded symbols are generated. 即ち、これらを合わせて、k+p個のシンボルデータが生成されることを意味する。 That means that together these, k + p number of symbol data is generated. 図3によれば、LDPC符号化方式の場合、k個のソースシンボルとp個のパリティシンボルとを区別して符号化されている。 According to FIG. 3, if the LDPC coding scheme is coded to distinguish the k source symbols and p parity symbols.

「Fountain符号化方式」とは、不特定多数の受信者にそれぞれ異なる通信路容量の通信路を介して、k個のソースシンボルのデータビットを無限長の系列に符号化したものである。 The "Fountain encoding system", via a communication path different channel capacity to a mass audience, is obtained by encoding data bits of the k source symbols to infinite length sequence. 受信側装置は、この符号化ビット系列の中から、できるだけ少ない任意のk+α個のソースシンボルを受信することによって、確実にk個のソースシンボルのデータビットを復元することができる。 Receiving device, out of the coded bit sequence, by receiving as little as possible any k + alpha source symbols, can be reliably recover data bits of the k source symbols. この方式によれば、k個のソースシンボル(原シンボル)に対して、k+p個のシンボルデータが生成される。 According to this method, with respect to k source symbols (original symbol), k + p number of symbol data is generated. 図3によれば、Fountain符号化方式の場合、ソースシンボルとパリティシンボルとの区別なく、k+p個のエンコードシンボルとして符号化されている。 According to FIG. 3, the case of Fountain coding scheme, without distinguishing between the source symbols and the parity symbols are encoded as k + p-number of encoded symbols.

図4は、マルチキャスト送信部におけるシンボルデータのチャネル割り当てを表す説明図である。 Figure 4 is a diagram of the channel assignment symbol data in a multicast transmission unit.
図5は、マルチキャスト送信部におけるチャネル間の遅延時間差を表す説明図である。 Figure 5 is a schematic diagram of a delay time difference between the channels in a multicast transmission unit.

[マルチキャスト送信部14] Multicast transmission unit 14 '
マルチキャスト送信部14は、ソースブロック毎に、k+p個のシンボルデータを、マルチキャストの各チャネルに割り当てると共に、チャネル間で所定の遅延時間差を設定して送信する(図5参照)。 Multicast transmission unit 14, for each source block, the k + p number of symbol data, allocates to each channel of the multicast, and transmits the setting a predetermined delay time difference between channels (see FIG. 5). 「遅延時間差」としては、ソースシンボル間で、例えば数百ミリ秒程度、具体的には500msであってもよい。 The "delay time difference", between the source symbols, for example, several hundred milliseconds or so, in particular may be 500 ms. 遅延時間差は、所定の固定値であってもよいし、無線端末2からのフィードバック情報に応じた可変値であってもよい。 Delay time difference may be a predetermined fixed value, or may be a variable value according to the feedback information from the wireless terminal 2. また、マルチキャスト送信部14は、最初に配信する第1のチャネルに、誤りが発生しない場合に、少なくとも原ソースブロックを復号することとできる程度に十分なソースシンボルを送信する。 Further, the multicast transmission unit 14, the first channel to be distributed initially, when no error has occurred, transmits a sufficient source symbols enough to be a possible decoding at least the original source block.

例えば無線LANを介したストリームデータの転送では、パケットの衝突によって、バースト的に多数のパケットが損失する。 For example, in the transfer of the stream data via the wireless LAN, and by the collision of the packet, it bursts large number of packets are lost. このような環境では、関連するシンボルデータの送信時間に、あえて大きい時間間隔(遅延時間差としての500ms)を挿入することによって、誤り訂正符号の特徴を生かしてシンボルデータを復元することができる。 In such an environment, the transmission time of the associated symbol data, by inserting a dare larger time interval (500 ms as the delay time difference), it is possible to restore the symbol data by taking advantage of the error correction code. この場合、あえて長い時間をかけて時間ダイバーシチをかける必要もない。 In this case, there is no need to apply a dare over a long time time diversity.

マルチキャスト送信部14は、誤り訂正符号化部13が例えば「LDPC符号化」である場合、最初に配信する第1のチャネルに、k個のソースシンボルを送信し、遅延時間差を設けて後続して配信する第2のチャネルに、p個の符号化シンボルを送信する(図4参照)。 Multicast transmission unit 14, when the error correction coding unit 13 is, for example, "LDPC coding", the first channel to be distributed initially transmits k source symbols, and subsequent to a delay time difference a second channel to be distributed, and transmits the p-number of encoded symbols (see FIG. 4). これによって、無線端末2は、第1のチャネルにおけるソースシンボルを全て正常に受信することができた場合、第2のチャネルにおけるソースシンボルを受信する必要がない。 Thus, the wireless terminal 2, when it was possible to all successfully received source symbols in the first channel, it is not necessary to receive the source symbols in the second channel. 勿論、チャネル数は、2に限られず、3以上であってもよい。 Of course, the number of channels is not limited to two and may be three or more.

マルチキャスト送信部14は、誤り訂正符号化部13が例えば「Fountain符号化」である場合、最初に配信する第1のチャネルに、k個よりも多いシンボルデータを送信し、遅延時間差を設けて後続して配信する第2のチャネルに、p個よりも少ないシンボルデータを送信する(図4参照)。 Multicast transmission unit 14, when the error correction coding unit 13 is, for example, "Fountain coding", the first channel to be distributed initially transmits a k-number often symbol data than by providing a delay time difference subsequent a second channel for delivering and transmits fewer symbol data than number p (see FIG. 4). これによって、無線端末2は、第1のチャネルにおけるソースシンボルを全て正常に受信することができた場合、第2のチャネルにおけるソースシンボルを受信する必要がない。 Thus, the wireless terminal 2, when it was possible to all successfully received source symbols in the first channel, it is not necessary to receive the source symbols in the second channel.

また、マルチキャスト送信部14は、オプション的に「時間インタリーブ」の機能を更に含むことも好ましい。 Further, the multicast transmission unit 14 also preferably further includes functionality Optionally "time interleaving".

「時間インタリーブ」は、誤り訂正符号化部13から出力された複数のシンボルデータ間で時間インタリーブを実行する。 "Time interleaving" performs time interleaving across multiple symbol data output from the error correction encoder 13. ここで、時間インタリーブについて、以下の2つの方法がある。 Here, time interleaving, the following two methods.
(1)各チャネルへの割当前に、複数のソースブロック間でインタリーブを実施する。 (1) prior to assignment to each channel, to implement the interleaving across multiple source blocks.
(2)各チャネルへの割当後に、各チャネルの中のソースブロック間で実施する (2) after allocation to each channel, performed between the source block in each channel

「時間インタリーブ」とは、シンボルデータを時間的に分散させることによって、誤り発生に対する受信特性を改善する技術である。 The "time interleaving", by temporally dispersing the symbol data, a technique to improve the reception characteristics for error occurrence. そのために、配信サーバ1がシンボルデータを並び替え、無線端末2がそれらを並び戻すために、時間インタリーブの時間範囲が長くなればなるほど、遅延時間も長くなる。 Therefore, the distribution server 1 rearranges the symbol data, to the radio terminal 2 returns list them, the longer the time range of time interleaving, the delay time becomes longer. バースト的に発生した誤りが発生し、誤り訂正符号の能力を超えた場合、原シンボルデータは復元できなくなる。 Burst manner error occurs that occurred, if it exceeds the capacity of the error correcting code, the original symbol data can not be restored. ここで、時間インタリーブを実行することによって、原シンボルデータをシャッフルすることによって、誤り分布を一様にすることができる。 Here, by performing a time interleaving, by shuffling the original symbol data, it can be made uniform error distribution. 時間インタリーブによれば、ビット列内で近傍にあるビットを時間的に離して送信することによって、バースト誤りに対する影響を軽減することができる。 According time interleaving, by sending a bit in the vicinity temporally apart in a bit string, it is possible to reduce the effect on burst errors.

[制御パケット送信部15] Control packet transmitter 15]
制御パケット送信部15は、無線端末2へ、チャネル毎のIPアドレス及びチャネル間の遅延時間差を含む配信制御パケットを送信する。 Control packet transmitter 15, to the wireless terminal 2 transmits a distribution control packet including a delay time difference between the IP address and the channel of each channel. 具体的には、配信サーバ1は、無線端末2へ向けて、コンテンツに基づく「ストリームデータ」とは別に、以下の2種類の制御パケットを送信する。 Specifically, the distribution server 1, toward the wireless terminal 2, apart from the based on the content "stream data", and transmits the following two types of control packets.
「配信制御パケット」 :全てのマルチキャストチャネルに対する制御情報 「データ制御パケット」:マルチキャストチャネル毎の制御情報 マルチキャストのチャネル毎に、異なるIPアドレス及びポート番号が付与されている。 "Delivery control packet": the control information for all multicast channel "data control packet": for each channel of the control information multicasting for each multicast channel, a different IP address and port number is given. また、配信制御パケットには、別途1つのIPアドレスが付与されており、データ制御パケットは、そのチャネルの中で送信される。 Further, the distribution control packet is separately one IP address granted, data control packets are transmitted in the channel. 即ち、マルチキャストのチャネル数+1個のIPアドレスが必要となる。 That is, the channel number +1 IP address of the multicast is required.

配信制御パケット及びデータ制御パケットは、例えば以下の情報を含む。 Distribution control packets and data control packet includes for example the following information.
「配信制御パケット」 "Delivery control packet"
チャネル毎のIPアドレス及びポート番号(マルチキャストアドレス) IP address and port number of each channel (multicast address)
チャネル間の遅延時間差(後述) Delay time difference between the channels (described later)
符号化/復号方式 Coding / decoding scheme
コンテンツの配信開始/配信停止 「データ制御パケット」 Distribution start / stop the delivery of content "data control packet"
誤り訂正復号用のパラメータ Parameters for error correction decoding
ファイル再結合用のパラメータ Parameters for file recombination
・・・・・ -----

尚、配信サーバ1のフィードバック制御部16については、後述する無線端末2のフィードバック情報送信部26と共に説明する。 Note that the feedback control unit 16 of the distribution server 1 will be described with feedback information transmitting unit 26 of the wireless terminal 2 described later.

図6は、本発明における無線端末の機能構成図である。 Figure 6 is a functional block diagram of a wireless terminal in the present invention.

無線端末2は、符号化されたストリームデータを、マルチキャスト方式の複数のチャネルを用いて無線を介して受信する。 Wireless terminal 2, the coded stream data, received via the wireless using a plurality of channels of the multicast scheme. そして、無線端末2は、そのストリームデータを復号し、コンテンツとしてプレーヤで再生する。 Then, the wireless terminal 2 decrypts the stream data is reproduced in the player as content. 図6によれば、無線端末2は、ストリームデータ蓄積部20と、ソースブロック合成部21と、ソースシンボル合成部22と、誤り訂正復号部23と、マルチキャスト受信部24と、制御パケット受信部25と、フィードバック情報送信部26とを有する。 According to FIG. 6, the wireless terminal 2, the stream data storing unit 20, a source block synthesis unit 21, a source symbol combining unit 22, an error correction decoding unit 23, a multicast receiver 24, the control packet receiving unit 25 When, and a feedback information transmitting unit 26. これら機能構成部は、無線端末に搭載されたコンピュータを機能させるプログラムを実行することによって実現される。 These functional components may be realized by executing a program that causes a computer installed in the wireless terminal.

マルチキャスト受信部24は、マルチキャストの各チャネルを介して、チャネル間の所定の「遅延時間差」に基づいて、少なくともk個以上のシンボルデータを受信する。 Multicast reception unit 24, via the respective channel of the multicast, based on the "delay time difference" predetermined between channels, receiving at least k or more symbol data. この遅延時間差は、後述する制御パケット受信部25から設定されたものである。 The delay time difference is one that has been set from the control packet receiving unit 25 to be described later.

ここで、マルチキャスト受信部24は、先行して(例えば最初に)送信されるチャネルに基づくk個以上のシンボルデータを誤り無く受信できた際、後続して送信される他のチャネルに基づくシンボルデータを受信しない。 Here, the multicast reception unit 24, prior to (e.g., first) when a k or more symbol data based on the channel transmitted can be received without errors, the symbol data based on the other channel transmitted subsequent to It does not receive. そのために、マルチキャスト受信部24は、無線ネットワークにおけるパケット損失の発生が極めて少ないと判定した場合、最初に送信される第1のチャネルに対するバッファサイズのメモリのみを備えることができる。 Therefore, multicast reception unit 24, when the occurrence of packet loss in a wireless network is determined to be extremely small, can be provided with only the memory buffer size for the first channel to be transmitted first. 即ち、メモリのバッファサイズも、そのチャネルの受信に必要な最低限の量を用意することできる。 That is, the buffer size of the memory can also be prepared with minimum amount required for reception of the channel. これによって、消費電力やCPUパワー、メモリ量を抑えることができ、より長い時間の時間ダイバーシチを得ることができる。 Thus, power consumption and CPU power, it is possible to suppress the amount of memory, it is possible to obtain a time diversity longer time. 一方で、先行して送信されるチャネルに基づくシンボルデータを誤って受信した際、後続して送信される他のチャネルに基づくシンボルデータを受信する。 On the other hand, when the erroneously received symbol data based on the preceding to the channel to be transmitted, receives the symbol data based on other channel transmitted subsequent to.

例えば、3つのチャネルを用いて受信していた場合、第1及び第2のチャネルでパケットが欠落し、k個以上のシンボルデータが受信できていない場合、第3のチャネルのパケットも必要とする。 For example, if you have received using three channels, the packet in the first and second channels missing, if more than k symbol data has not been received, also requires packets of the third channel . ここで、k個以上のシンボルデータが受信できれば、復号処理が可能となる。 Here, if reception is k or more symbol data, thereby enabling decoding processing. 一方で、第1のチャネルでk個以上のシンボルデータが受信できれば、その後、第2及び第3のチャネルでパケットを受信する必要もない。 On the other hand, if the reception is more than k symbol data in the first channel, then there is no need to receive the packet in the second and third channels. 尚、誤り訂正符号化方式の特性上、k個のシンボルデータが受信できた場合に、必ずしも復号できるわけではない。 Incidentally, the characteristics of the error correction coding method, when k symbols data can be received, not necessarily be decoded. 例えば第1のチャネルでパケットが欠落し、第2のチャネルで更なるパケットを受信することによって、合わせてk個のシンボルデータが受信できたとしても、必ずしも復号できるとは限らない。 For example, a first packet is missing in the channel, by receiving further packet on the second channel, as k symbols data in accordance has been received, it is not always possible to decode. その場合、更に、第3のチャネルのパケットも更に受信することによって、k個よりも多い数のシンボルデータを受信することが必要となる場合もある。 In that case, furthermore, by also additionally receive packets of the third channel, it may be necessary to receive the k number of symbol data is greater than. マルチキャスト受信部24は、復号できるk個以上のシンボルデータを受信できた場合に、それらシンボルデータの受信の単位を終了する。 Multicast reception unit 24, when able to receive more than k symbol data that can be decoded, and ends the unit of reception thereof symbol data.

尚、無線端末2のマルチキャスト受信部24は、配信サーバ1のマルチキャスト送信部14に対応して、時間インタリーブにおけるシンボルデータの並び戻しを実行することも好ましい。 Incidentally, the multicast reception unit 24 of the wireless terminal 2, in response to the multicast transmission unit 14 of the distribution server 1, it is also preferable to perform the back row of the symbol data in the time interleaving.

そして、マルチキャスト受信部24は、受信したシンボルデータは、誤り訂正復号部23へ出力する。 Then, the multicast reception unit 24, the received symbol data is output to the error correction decoder 23.

誤り訂正復号部23は、k個以上のシンボルデータを誤り訂正復号することによって、k個のソースシンボルを生成する。 Error correction decoder 23, by error correction decoding the k or more symbol data, to generate the k source symbols. 生成されたk個のソースシンボルは、ソースシンボル合成部22へ出力する。 The generated k source symbols, and outputs to the source symbol combining unit 22. この誤り訂正復号方式は、後述する制御パケット受信部25から設定されたものである。 The error correction decoding scheme are those set by the control packet receiving unit 25 to be described later.

ソースシンボル合成部22は、k個のソースシンボルを、ソースブロックに合成する。 Source symbol combining unit 22, the k source symbols, is synthesized in the source block. 合成されたソースブロックは、ソースブロック合成部21へ出力される。 Synthesized source block is output to the source block synthesis unit 21.

ソースブロック合成部21は、複数のソースブロックを、ストリームデータに合成する。 Source block synthesis unit 21, a plurality of source blocks, synthesizes the stream data. 合成されたストリームデータは、ストリームデータ蓄積部20へ出力される。 Combined stream data is outputted to the stream data storing unit 20.

ストリームデータ蓄積部20は、配信サーバ1から配信されたストリームデータを蓄積する。 Stream data storing unit 20 stores the stream data distributed from the distribution server 1. ストリームデータ蓄積部20に蓄積されたストリームデータは、無線端末1にインストールされたメディアプレーヤによって再生される。 Stream data stored in the stream data storage unit 20 is reproduced by the installed media player to the wireless terminal 1.

制御パケット受信部25は、配信サーバ1から配信制御パケットを受信する。 Control packet receiver 25 receives the delivery control packets from the distribution server 1. そして、配信制御パケットに含まれるチャネル毎のIPアドレス及びポート番号と、チャネル間の遅延時間差と、符号化/復号方式とを、マルチキャスト受信部24へ出力する。 Then, the IP address and port number for each channel included in the delivery control packet, and the delay time difference between channels, and a coding / decoding scheme, and outputs the multicast reception unit 24.

フィードバック情報送信部26は、各チャネルについて単位時間毎にパケット誤り数を計測し、単位時間毎の「パケット誤り数」を含むフィードバック情報を、配信サーバ1へ送信する。 Feedback information transmitting unit 26, the number of packet error measured for each unit time for each channel, the feedback information including the "packet error count" per unit time is transmitted to the distribution server 1. また、フィードバック情報には、その他の受信状況を表す通信品質のパラメータを含めることも好ましい。 Further, the feedback information, it is also preferable to include a parameter of the communication quality representing the other reception conditions.

配信サーバ1のフィードバック制御部16は、無線端末2からフィードバック情報を受信する。 The distribution server 1 of the feedback control unit 16 receives the feedback information from the wireless terminal 2. そして、フィードバック制御部16は、マルチキャスト送信部14に対して、単位時間dt毎のパケット誤り数に応じて遅延時間差を変更する。 Then, the feedback control unit 16, to the multicast transmission unit 14 changes the delay time difference in accordance with the packet number of errors per unit time dt. 例えばdt=100msとした場合、そのパケット誤り数を算出する。 For example, if the dt = 100 ms, to calculate the number of the packet error.
0〜100ms :誤り数 100ms〜200ms :誤り数 200ms〜300ms :誤り数 . 0~100ms: the number of errors 100ms~200ms: the number of errors 200ms~300ms: the number of error. . .
ここで、単位時間dt毎のパケット誤り数から、関数f(t)が導出されたとする。 Here, from the packet number of errors per unit time dt, as a function f (t) is derived. この場合、t=n*dt(n=0、1、2...)とし、nの最大値は所定設定値とする。 In this case, the t = n * dt (n = 0,1,2 ...), the maximum value of n is a predetermined set value. 次に、関数f(t)について、タイムラグをm*dt(m=1、2、...、N)とした場合の自己相関を算出する(Nは最大値)。 Next, the function f (t), the time lag m * dt (m = 1,2, ..., N) calculates the autocorrelation in the case where (N is maximum value). 算出した自己相関が小さい値となる順番にmの値を並び変え、より小さい値となるmを使用する。 Rearrangement the values ​​of m in the order calculated autocorrelation becomes a small value, use the m as a smaller value. 仮に、3チャネルで配信する場合、時間差が2通りある。 Assuming that delivered in three channels, the time difference is two ways. 算出したmのうち、自己相関の小さい順に2つのmを時間差(m*dt)の設定に使用する。 Of the calculated m, used for setting the time difference of two m in ascending order autocorrelation (m * dt).

また、配信サーバ1のフィードバック制御部16は、単位時間毎のパケット誤り数に応じて、マルチキャスト送信部14に対して、マルチキャストのチャネル数(ストリーム数)を変更することも好ましい。 The distribution server 1 of the feedback control unit 16, depending on the packet number of errors per unit time, for multicast transmission unit 14, it is also preferable to change the multicast channel number (the number of streams). パケット誤りがほとんど無い無線ネットワークの状態であれば、最初に送信するチャネルのみにシンボルデータを送信し、他のチャネルを使用する必要もなくなる。 If the state of the packet error is hardly wireless network, and transmits the symbol data only to the channels to be transmitted first, even eliminates the need to use other channels.

最後に、フィードバック制御部16が、FEC(Forward Error Correction:誤り訂正機能)のパラメータを制御する実施形態についても説明する。 Finally, the feedback control unit 16, FEC: also described embodiment to control the parameters of the (Forward Error Correction error correction function). 従来、無線環境の変化に対応するため、無線端末(受信装置)の受信状況結果に応じて、マルチキャストデータのFECの冗長度を変化させて配信する技術がある(例えば特許文献3参照)。 Conventionally, in order to respond to changes in the radio environment, depending on the reception status result of the radio terminal (receiving apparatus), by changing the FEC redundancy multicast data there is a technique for distributed (for example, see Patent Document 3). この技術によれば、アクセスポイント配下の無線端末に流れるデータ量を、できる限り抑制して送信することができる。 According to this technique, it is possible to transmit the amount of data flowing to the radio terminal under the access point, to suppress as much as possible. 無線ネットワークは、有線ネットワークと比較して、パケット衝突等における多数の誤りがバースト的に発生するために、この技術によって、データ制御パケット及びデータパケットが欠落する可能性を抑制することができる。 Wireless network, compared with wired networks, because a number of errors in a packet collision occurs in bursts, by this technique, it is possible to suppress the possibility that the data control packet and the data packet is missing.

ここで、本発明における配信サーバ1のフィードバック制御部16は、単位時間毎のパケット誤り数に応じて、マルチキャスト送信部14に対して、FECのパラメータを制御することも好ましい。 The feedback control unit 16 of the distribution server 1 according to the present invention, depending on the packet number of errors per unit time, for multicast transmission unit 14, it is also preferable to control the parameters of the FEC. パケット誤り率(パケット誤り数)が高いほど、FEC率が高まる。 Higher packet error rate (number of packets error) is high, FEC rate increases. パケット誤り率が、予め設定した閾値以上となった場合、次にストリーム数を1増分する。 Packet error rate, if equal to or larger than a preset threshold value, then incremented by one the number of streams. このように、受信側の無線端末におけるパケット誤り率が高くなるほど、配信サーバ1の誤り訂正符号化部13に対するFEC率を高くし、マルチキャスト送信部14に対するストリーム数を増分させる。 Thus, as the packet error rate at the receiving wireless terminal is higher, increasing the FEC rate for error-correction coding unit 13 of the distribution server 1, incrementing the number of streams for a multicast transmission unit 14.

以上、詳細に説明したように、本発明の配信サーバ、システム及びプログラムによれば、無線ネットワークを経由することにおけるパケットの欠落の影響をできる限り受けないようにストリームデータを配信することができる。 As described above in detail, the distribution server of the present invention, according to the systems and programs, it is possible to distribute the stream data so that it is not subject as possible the influence of packet loss in going through a wireless network.

前述した本発明の種々の実施形態について、本発明の技術思想及び見地の範囲の種々の変更、修正及び省略は、当業者によれば容易に行うことができる。 For various embodiments of the present invention described above, various modifications of the technical scope and the scope of the present invention, modifications and omissions can be easily performed by those skilled in the art. 前述の説明はあくまで例であって、何ら制約しようとするものではない。 The foregoing description is merely an example, not intended to be any restrictions. 本発明は、特許請求の範囲及びその均等物として限定するものにのみ制約される。 The present invention is limited only to limiting as the scope of the appended claims and their equivalents.

1 配信サーバ 10 ストリームデータ蓄積部 11 ソースブロック分割部 12 ソースシンボル分割部 13 誤り訂正符号化部 14 マルチキャスト送信部 15 制御パケット送信部 16 フィードバック制御部 2 無線端末 20 ストリームデータ蓄積部 21 ソースブロック合成部 22 ソースシンボル合成部 23 誤り訂正復号部 24 マルチキャスト受信部 25 制御パケット受信部 26 フィードバック情報送信部 3 アクセスポイント 1 distribution server 10 streams data storage unit 11 the source block dividing unit 12 source symbols dividing section 13 error-correction coding unit 14 a multicast transmission unit 15 a control packet transmission unit 16 feedback control section 2 wireless terminal 20 stream data storing unit 21 the source block synthesis unit 22 source symbol combining unit 23 error-correction decoder 24 multicast reception unit 25 controls the packet reception unit 26 feedback information transmitting unit 3 access point

Claims (13)

  1. ストリームデータをマルチキャスト方式の複数のチャネルを用いてネットワークを介して無線端末へ配信する配信サーバにおいて、 In the distribution server to be distributed to the wireless terminal via a network using a plurality of channels of multicast system stream data,
    前記ストリームデータを、複数のソースブロックに分割するソースブロック分割手段と、 The stream data, and the source block dividing means for dividing into a plurality of source blocks,
    前記ソースブロックを、k(k>1)個のソースシンボルに分割するソースシンボル分割手段と、 The source block, and the source symbols dividing means for dividing the k (k> 1) pieces of source symbols,
    各ソースブロックについて、k個のソースシンボルを誤り訂正符号化することによってk+p個のシンボルデータを生成する誤り訂正符号化手段と、 For each source block, and the error correction encoding means for producing k + p pieces of symbol data by error correction coding the k source symbols,
    前記ソースブロック毎に、k+p個のシンボルデータを、マルチキャストの各チャネルに割り当てると共に、チャネル間で所定の遅延時間差を設定して送信するマルチキャスト送信手段とを有することを特徴とする配信サーバ。 Distribution server the each source block, the k + p number of symbol data, allocates to each channel of the multicast, and having a multicast transmission means for transmitting by setting the predetermined delay time differences between channels.
  2. 前記誤り訂正符号化手段は、k+p個のシンボルデータを生成し、 The error correction coding unit generates k + p number of symbol data,
    前記マルチキャスト送信手段は、最初に配信するチャネルに、k個のシンボルデータを送信し、前記遅延時間差を設けて後続して配信するチャネルに、p個のシンボルデータを送信することを特徴とする請求項1に記載の配信サーバ。 The multicast transmission means, the channel to be distributed initially claims transmits the k symbols data, the channel to be distributed so as to follow provided the delay time difference, and transmits the p number of symbol data the distribution server as claimed in claim 1.
  3. 前記誤り訂正符号化手段は、LDPC(Low-Density Parity-Check)符号化であることを特徴とする請求項2に記載の配信サーバ。 The error correction encoding means, the delivery server according to claim 2, characterized in that the LDPC (Low-Density Parity-Check) coding.
  4. 前記誤り訂正符号化手段は、k+p個のシンボルデータを生成し、 The error correction coding unit generates k + p number of symbol data,
    前記マルチキャスト送信手段は、最初に配信するチャネルに、k個よりも多いシンボルデータを送信し、前記遅延時間差を設けて後続して配信するチャネルに、p個よりも少ないシンボルデータを送信することを特徴とする請求項1に記載の配信サーバ。 The multicast transmission means, the channel to be distributed initially transmits a k-number often symbol data than the channel to be distributed so as to follow provided the delay time difference, transmitting a smaller symbol data than p number distribution server according to claim 1, wherein.
  5. 前記誤り訂正符号化手段は、レートレスなFountain符号化であることを特徴とする請求項4に記載の配信サーバ。 The error correction encoding means, the distribution server according to claim 4, characterized in that the rate-less Fountain coding.
  6. 前記マルチキャスト送信手段は、前記誤り訂正符号化手段から入力されたシンボルデータに対して、各チャネルへの割当前に複数のソースブロック間で、又は、各チャネルへの割当後に各チャネルの中のソースブロック間で、時間インタリーブを実行することを特徴とする請求項1から5のいずれか1項に記載の配信サーバ。 The multicast transmission means, to the symbol data input from the error correction encoding means, between a plurality of source blocks before assignment to each channel, or, the source in each channel after allocation to the respective channel between blocks, the distribution server according to claim 1, any one of 5, characterized in that to perform time interleaving.
  7. 請求項1から6のいずれか1項に記載の配信サーバと、該配信サーバから受信したマルチキャスト方式の複数のチャネルを用いてストリームデータを中継するアクセスポイントと、該アクセスポイントをマルチキャスト方式の複数のチャネルを用いて無線を介してストリームデータを受信する無線端末とを有するシステムであって、 A distribution server according to any one of claims 1 to 6, an access point for relaying the stream data by using a plurality of channels of a multicast scheme received from the distribution server, a plurality of multicast method the access point a system including a wireless terminal that receives the stream data via wireless by using the channel,
    前記無線端末は、 The wireless terminal,
    マルチキャストの各チャネルを介して、チャネル間の所定の遅延時間差に基づいて、少なくともk個以上のシンボルデータを受信するマルチキャスト受信手段と k個以上のシンボルデータを誤り訂正復号することによって、k個のソースシンボルを生成する誤り訂正復号手段と、 Through each channel of the multicast, based on a predetermined delay time difference between the channels, by the multicast reception means and k or more symbol data receiving at least k or more symbol data error correction decoding, k-number of and error correction decoding means for generating a source symbols,
    k個のソースシンボルを、ソースブロックに合成するソースシンボル合成手段と、 The k source symbols, the source symbols combining means for combining the source block,
    複数のソースブロックを、ストリームデータに合成するソースブロック合成手段とを有することを特徴とするシステム。 System characterized in that it comprises a plurality of source blocks and source blocks synthesizing means for synthesizing the stream data.
  8. 前記無線端末について、前記マルチキャスト受信手段は、先行して送信されるチャネルに基づくk個以上のシンボルデータを誤り無く受信できた際、後続して送信される他のチャネルに基づくシンボルデータを受信しない、即ち、先行して送信されるチャネルに基づくシンボルデータを誤って受信した際、後続して送信される他のチャネルに基づくシンボルデータを受信することを特徴とする請求項7に記載のシステム。 For the wireless terminal, the multicast reception means, when the preceding k or more symbol data based on the channel transmitted by without error can be received, does not receive the symbol data based on other channel transmitted subsequent to , i.e., when the erroneously received symbol data based on the preceding to the channel to be transmitted, the system of claim 7, characterized in that to receive the symbol data based on other channel transmitted subsequent to.
  9. マルチキャストのチャネル毎に、異なるIP(Internet Protocol)アドレスが付与されており、 For each multicast channel, different IP (Internet Protocol) address are assigned,
    前記配信サーバは、前記無線端末へ、チャネル毎のIPアドレス及びチャネル間の遅延時間差を含む配信制御パケットを送信する制御パケット送信手段を更に有し、 The distribution server, said the wireless terminal further comprises a control packet transmitting means for transmitting a distribution control packet including a delay time difference between the IP address and the channel of each channel,
    前記無線端末は、前記配信サーバから、前記配信制御パケットを受信し、チャネル毎のIPアドレス及びチャネル間の遅延時間差を、前記マルチキャスト受信手段へ出力する制御パケット受信手段を更に有することを特徴とする請求項7又は8に記載のシステム。 The wireless terminal, from said distribution server to receive the delivery control packet, the delay time difference between the IP address and the channel of each channel, and further comprising a control packet receiving means for outputting to said multicast receiving means the system according to claim 7 or 8.
  10. 前記無線端末は、各チャネルについて単位時間毎にパケット誤り数を計測し、単位時間毎のパケット誤り数を含むフィードバック情報を、前記配信サーバへ送信するフィードバック情報送信手段を更に有し、 The wireless terminal, the number of packet error measured for each unit time for each channel, the feedback information including the number of packets error per unit time, further comprising a feedback information transmitting means for transmitting to said distribution server,
    前記配信サーバは、前記無線端末から前記フィードバック情報を受信し、単位時間毎のパケット誤り数に応じて前記遅延時間差を変更するフィードバック制御手段を更に有することを特徴とする請求項7から9のいずれか1項に記載のシステム。 The distribution server, either from the wireless terminal to receive the feedback information from the claim 7, further comprising a feedback control means for changing the delay time difference in accordance with the packet number of errors per unit time 9 the system according to item 1 or.
  11. 前記配信サーバの前記フィードバック制御手段は、単位時間毎のパケット誤り数に応じて、マルチキャストのチャネル数を変更することを特徴とする請求項10に記載のシステム。 Wherein said feedback control means of the distribution server system of claim 10 in accordance with the packet number of errors per unit time, and changes the number of multicast channels.
  12. ストリームデータをマルチキャスト方式の複数のチャネルを用いてネットワークを介して無線端末へ配信する配信サーバに搭載されたコンピュータを機能させるプログラムにおいて、 In a program that causes a mounted computer stream data to the distribution server that distributes to the radio terminal via a network using a plurality of channels of multicast manner,
    前記ストリームデータを、複数のソースブロックに分割するソースブロック分割手段と、 The stream data, and the source block dividing means for dividing into a plurality of source blocks,
    前記ソースブロックを、k(k>1)個のソースシンボルに分割するソースシンボル分割手段と、 The source block, and the source symbols dividing means for dividing the k (k> 1) pieces of source symbols,
    各ソースブロックについて、k個のソースシンボルを誤り訂正符号化することによってk+p個のシンボルデータを生成する誤り訂正符号化手段と、 For each source block, and the error correction encoding means for producing k + p pieces of symbol data by error correction coding the k source symbols,
    前記ソースブロック毎に、k+p個のシンボルデータを、マルチキャストの各チャネルに割り当てると共に、チャネル間で所定の遅延時間差を設定して送信するマルチキャスト送信手段としてコンピュータを機能させることを特徴とする配信サーバ用のプログラム。 For each of the source block, the k + p number of symbol data, allocates to each channel of the multicast, for distribution server for causing a computer to function as a multicast transmission means for transmitting by setting the predetermined delay time difference between the channels of the program.
  13. 請求項1から6のいずれか1項に記載の配信サーバから受信したマルチキャスト方式の複数のチャネルを用いて、ストリームデータを中継するアクセスポイントから、マルチキャスト方式の複数のチャネルを用いて無線を介してストリームデータを受信する無線端末に搭載されたコンピュータを機能させるプログラムであって、 Using a plurality of channels of a multicast scheme received from the delivery server according to any one of claims 1 to 6, from an access point for relaying the stream data, through the wireless using a plurality of channels of multicasting a program to function a computer mounted in a wireless terminal receiving the stream data,
    マルチキャストの各チャネルを介して、チャネル間の所定の遅延時間差に基づいて、少なくともk個以上のシンボルデータを受信するマルチキャスト受信手段と k個以上のシンボルデータを誤り訂正復号することによって、k個のソースシンボルを生成する誤り訂正復号手段と、 Through each channel of the multicast, based on a predetermined delay time difference between the channels, by the multicast reception means and k or more symbol data receiving at least k or more symbol data error correction decoding, k-number of and error correction decoding means for generating a source symbols,
    k個のソースシンボルを、ソースブロックに合成するソースシンボル合成手段と、 The k source symbols, the source symbols combining means for combining the source block,
    複数のソースブロックを、ストリームデータに合成するソースブロック合成手段としてコンピュータを機能させることを特徴とする無線端末用のプログラム。 A plurality of source blocks, the program for the wireless terminal for causing a computer to function as a source block combining means for combining the stream data.
JP2012213641A 2012-09-27 2012-09-27 Distribution server, system, and program for distributing multicast data suitable for wireless environment Pending JP2014068295A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012213641A JP2014068295A (en) 2012-09-27 2012-09-27 Distribution server, system, and program for distributing multicast data suitable for wireless environment

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012213641A JP2014068295A (en) 2012-09-27 2012-09-27 Distribution server, system, and program for distributing multicast data suitable for wireless environment

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2014068295A true JP2014068295A (en) 2014-04-17

Family

ID=50744267

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2012213641A Pending JP2014068295A (en) 2012-09-27 2012-09-27 Distribution server, system, and program for distributing multicast data suitable for wireless environment

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2014068295A (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2015115728A (en) * 2013-12-11 2015-06-22 日本電信電話株式会社 Data transmission device, forward error correction method, and program
KR20180064457A (en) 2015-10-21 2018-06-14 니뽄 다바코 산교 가부시키가이샤 Filter for tobacco products

Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3931531B2 (en) * 2000-06-07 2007-06-20 Kddi株式会社 Hierarchical encoding video delivery system
JP2009535891A (en) * 2006-04-29 2009-10-01 トムソン ライセンシングThomson Licensing Method and apparatus for seamless handover of a multicast session in an Internet Protocol-based wireless network that uses StaggerCasting
JP2009545228A (en) * 2006-07-25 2009-12-17 トムソン ライセンシングThomson Licensing Recovery from the burst packet loss in the Internet protocol wireless network using StaggerCasting and cross packet forward error correction
JP2010093576A (en) * 2008-10-08 2010-04-22 Sony Corp Reception apparatus, reception method, and computer program
JP2011501613A (en) * 2007-10-23 2011-01-06 トムソン ライセンシングThomson Licensing How to improve the multicast reliability, system and apparatus
JP2012114929A (en) * 2004-05-07 2012-06-14 Digital Fountain Inc File download and streaming system

Patent Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3931531B2 (en) * 2000-06-07 2007-06-20 Kddi株式会社 Hierarchical encoding video delivery system
JP2012114929A (en) * 2004-05-07 2012-06-14 Digital Fountain Inc File download and streaming system
JP2009535891A (en) * 2006-04-29 2009-10-01 トムソン ライセンシングThomson Licensing Method and apparatus for seamless handover of a multicast session in an Internet Protocol-based wireless network that uses StaggerCasting
JP2009545228A (en) * 2006-07-25 2009-12-17 トムソン ライセンシングThomson Licensing Recovery from the burst packet loss in the Internet protocol wireless network using StaggerCasting and cross packet forward error correction
JP2011501613A (en) * 2007-10-23 2011-01-06 トムソン ライセンシングThomson Licensing How to improve the multicast reliability, system and apparatus
JP2010093576A (en) * 2008-10-08 2010-04-22 Sony Corp Reception apparatus, reception method, and computer program

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2015115728A (en) * 2013-12-11 2015-06-22 日本電信電話株式会社 Data transmission device, forward error correction method, and program
KR20180064457A (en) 2015-10-21 2018-06-14 니뽄 다바코 산교 가부시키가이샤 Filter for tobacco products

Similar Documents

Publication Publication Date Title
RU2440670C2 (en) Dynamic stream interleaving and sub-stream based delivery
US8151305B2 (en) Mobile television broadcast system
US9136983B2 (en) Streaming and buffering using variable FEC overhead and protection periods
AU2012207719B2 (en) Apparatus and method for configuring a control message in a broadcast system
Byers et al. A digital fountain approach to asynchronous reliable multicast
JP4118617B2 (en) Of negotiation scheme for stream media / dynamic error correction
JP5184527B2 (en) Recovery from the burst packet loss in the Internet protocol wireless network using StaggerCasting and cross packet forward error correction
US20100017686A1 (en) Fast channel zapping and high quality streaming protection over a broadcast channel
JP5265766B2 (en) Virtual fec signaling for the decoder and decoding control
US9276613B2 (en) Universal packet loss recovery for delivery of real-time streaming multimedia content over packet-switched networks
JP4405875B2 (en) Computer readable recording medium storing a generation method and generation device and generation program and the program for correcting errors in data
EP1867135B1 (en) Method and apparatus for enhanced file distribution in multicast or broadcast
US7853856B2 (en) Forming of error correction data
CN101647231B (en) Wireless multicast proxy
US20090022154A1 (en) Reception device, reception method, and computer-readable medium
US9621934B2 (en) Apparatus, method and computer program product for error correction in variably reliable and/or hierarchical networks
US7500261B1 (en) Multi-point multi-channel data distribution system
US9667275B2 (en) Apparatus and method for transmitting and receiving packet in broadcasting and communication system
JP2012519428A (en) Dvb-t application layer forward error correction for the terminal
Magli et al. Network coding meets multimedia: A review
KR20140098231A (en) Apparatus and method of transmiting/receiving broadcast data
JP4211282B2 (en) Data storage method and the data storage system, as well, the data recording control apparatus, a data recording command apparatus, data receiving apparatus and an information processing terminal
CN102439970B (en) Digital broadcast transmitter, digital broadcast receiver, and methods for configuring and processing streams thereof
US7864805B2 (en) Buffering in streaming delivery
JP2001045098A (en) Data communication system, data communication unit, data communication method and storage medium

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20150109

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20160108

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20160113

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20160205

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20160623