JP2014046528A - ヘッド清掃方法、ヘッド清掃装置およびインクジェットプリンター - Google Patents

ヘッド清掃方法、ヘッド清掃装置およびインクジェットプリンター Download PDF

Info

Publication number
JP2014046528A
JP2014046528A JP2012190696A JP2012190696A JP2014046528A JP 2014046528 A JP2014046528 A JP 2014046528A JP 2012190696 A JP2012190696 A JP 2012190696A JP 2012190696 A JP2012190696 A JP 2012190696A JP 2014046528 A JP2014046528 A JP 2014046528A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
suction
nozzle
cap
local
recording head
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2012190696A
Other languages
English (en)
Inventor
Shigeru Kato
茂 加藤
Tomomi Igawa
知己 井川
Original Assignee
Mimaki Engineering Co Ltd
株式会社ミマキエンジニアリング
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mimaki Engineering Co Ltd, 株式会社ミマキエンジニアリング filed Critical Mimaki Engineering Co Ltd
Priority to JP2012190696A priority Critical patent/JP2014046528A/ja
Publication of JP2014046528A publication Critical patent/JP2014046528A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】 記録ヘッドの故障ノズルを従来より効果的に復旧することができるヘッド清掃方法を提供する。
【解決手段】 記録媒体に対してインクを吐出する複数のノズルが形成されているノズル面を備えている記録ヘッドの清掃方法であるヘッド清掃方法は、記録ヘッドの一部のノズルを吸引のために密着して覆う吸着パッドによるノズル面の局所的な吸引を実行する局所吸引ステップを備えており、局所吸引ステップは、ノズル面から離隔している吸着パッド内を真空ポンプによって減圧することによって吸着パッドを吸引状態にしながら(S131)吸着パッドをノズル面に密着させるキャップ密着ステップ(S135)と、ノズル面に密着している吸着パッドをノズル面から離隔させるキャップ離隔ステップ(S136)とを複数回繰り返す(S137でNO)ステップであることを特徴とする。
【選択図】 図9

Description

本発明は、記録媒体に対してインクを吐出する複数のノズルが形成されているノズル面を備えている記録ヘッドの清掃方法であるヘッド清掃方法に関する。
インクジェットプリンターのインクは、記録媒体においてだけでなく、記録ヘッドにおいても増粘することがある。例えば、水性インクやソルベントインクは、溶剤の揮発や温度などの原因によって増粘することがある。また、UV硬化型インクは、光や温度などの原因によって増粘することがある。したがって、インクジェットプリンターは、記録ヘッドのノズル面におけるノズルの周辺やノズルの内部に、増粘したインクが付着することがある。
また、インクジェットプリンターは、記録ヘッドのノズル面におけるノズルの周辺に、記録媒体から剥がれた繊維などのゴミが付着することがある。
インクジェットプリンターは、ノズル面におけるノズルの周辺やノズルの内部に、増粘したインクやゴミなどの異物が付着している場合、この異物によって、ノズルからインクが吐出されることができなかったり、ノズルから吐出されたインクの滴に飛行曲りが発生したりして、正常な印刷を実行することができないことがある。
したがって、インクジェットプリンターに正常な印刷を実行させるためには、ノズル面におけるノズルの周辺やノズルの内部に付着している異物の除去、すなわち、記録ヘッドの清掃が重要である。
従来、記録ヘッドの清掃方法として、記録ヘッドのノズルからインクを定期的に吐出する(フラッシングする)方法や、合成樹脂製の板などのワイパーによって記録ヘッドのノズル面を拭う(ワイピングする)方法の他、記録ヘッドの全部のノズルを吸引のために覆うキャッピングステーションによってノズル面を全体的に吸引する方法(以下「全体的吸引方法」と言う。)が知られている。
ここで、全体的吸引方法においては、ノズル面を全体的に吸引するので、記録ヘッドからキャッピングステーションに流れ出すインクが、異物の影響を受けているノズルである故障ノズルからではなく、異物の影響を受けていないノズルである正常ノズルから優先的に流れ出す可能性がある。そのため、全体的吸引方法は、ノズル面におけるノズルの周辺やノズルの内部に付着している異物の除去、すなわち、記録ヘッドの清掃を十分に実行することができない場合がある。記録ヘッドの清掃を十分に実行することができない場合には、記録ヘッド自体が交換されなければならない。
従来、故障ノズルの復旧の確実性を向上することができるヘッド清掃方法として、記録ヘッドの一部のノズルを吸引のために覆う吸引キャップによるノズル面の局所的な吸引を実行する方法(以下「局所的吸引方法」と言う。)が知られている(特許文献1参照。)。局所的吸引方法は、ノズル面を局所的に吸引するので、ノズル面を全体的に吸引する全体的吸引方法と比較して、記録ヘッドの故障ノズルからインクを効率的に流れ出させることができる。そのため、局所的吸引方法は、全体的吸引方法と比較して、ノズル面におけるノズルの周辺やノズルの内部に付着している異物の除去、すなわち、記録ヘッドの清掃を効果的に実行することができる。
特開2003−127406号公報
しかしながら、特許文献1に記載された局所的吸引方法は、ノズル面に設置されている電極などの構造物と吸引キャップとが接触することを防止するために、吸引キャップに切欠きが設けられているので、吸引キャップによるノズル面の吸引中において吸引キャップの周囲の気体が吸引キャップの切欠きを介して吸引キャップの内部に吸引され、結果として、吸引キャップによるノズル面の十分な吸引を実行することができないという問題がある。
そこで、本発明は、記録ヘッドの故障ノズルの復旧の確実性を従来より向上することができるヘッド清掃方法を提供することを目的とする。
本発明のヘッド清掃方法は、記録媒体に対してインクを吐出する複数のノズルが形成されているノズル面を備えている記録ヘッドの清掃方法であるヘッド清掃方法であって、前記記録ヘッドの一部の前記ノズルを吸引のために密着して覆う吸引キャップによる前記ノズル面の局所的な吸引を実行する局所吸引ステップを備えており、前記局所吸引ステップは、前記ノズル面から離隔している前記吸引キャップ内を減圧装置によって減圧することによって前記吸引キャップを吸引状態にしながら前記吸引キャップを前記ノズル面に密着させるキャップ密着ステップと、前記ノズル面に密着している前記吸引キャップを前記ノズル面から離隔させるキャップ離隔ステップとを複数回繰り返すステップであることを特徴とする。
この構成により、本発明のヘッド清掃方法は、吸引キャップによるノズル面の局所的な吸引中において吸引キャップをノズル面に密着させることによって、記録ヘッドの故障ノズルを吸引キャップによって密着して覆うので、吸引キャップに切欠きが設けられている従来の方法と比較して、記録ヘッドの故障ノズルの復旧の確実性を向上することができる。また、本発明のヘッド清掃方法は、吸引キャップによるノズル面の局所的な吸引を実行する場合に、ノズル面から離隔している吸引キャップを吸引状態にしながらノズル面に密着させる動作と、ノズル面に密着している吸引キャップをノズル面から離隔させる動作とを複数回繰り返すので、吸引キャップによるノズル面の局所的な吸引を実行する場合に吸引キャップを吸引状態にしながらノズル面に密着させ続ける構成と比較して、減圧装置と、吸引キャップとの間の流路内に存在するインクの量を低減することができ、結果として、減圧装置と、吸引キャップとの間の流路内でインクを移動させるために必要な吸引力を低減することができる。すなわち、本発明のヘッド清掃方法は、吸引キャップによるノズル面の局所的な吸引を実行する場合に吸引キャップを吸引状態にしながらノズル面に密着させ続ける構成と比較して、吸引キャップによるノズル面の吸引力が低減することを防止することができ、記録ヘッドの故障ノズルの復旧の確実性を向上することができる。また、本発明のヘッド清掃方法は、記録ヘッドの故障ノズルの復旧の確実性を従来より向上することができるので、記録ヘッドの交換をせずにインクジェットプリンターに正常な印刷を実行させることができる時間を従来より延長することができる。
また、本発明のヘッド清掃方法において、前記キャップ離隔ステップは、前記ノズル面に密着している前記吸引キャップ内を前記減圧装置によって減圧することによって前記吸引キャップを吸引状態にしながら前記吸引キャップを前記ノズル面から離隔させるステップであっても良い。
この構成により、本発明のヘッド清掃方法は、吸引キャップを吸引状態にしながらノズル面から離隔させるので、吸引キャップを吸引状態でない状態にしながらノズル面から離隔させる構成と比較して、吸引キャップをノズル面から離隔させるときの吸引キャップによるノズル面の吸引力を向上するので、記録ヘッドの故障ノズルの復旧の確実性を向上することができる。
また、本発明のヘッド清掃方法において、前記局所吸引ステップは、前記吸引キャップ内を前記減圧装置によって減圧することによって前記吸引キャップを吸引状態にしながら前記キャップ密着ステップおよび前記キャップ離隔ステップを複数回繰り返すステップであっても良い。
この構成により、本発明のヘッド清掃方法は、吸引キャップをノズル面に密着させる動作と、ノズル面に密着している吸引キャップをノズル面から離隔させる動作とを、吸引キャップを吸引状態にしながら複数回繰り返すので、吸引キャップをノズル面に密着させる動作と、ノズル面に密着している吸引キャップをノズル面から離隔させる動作との切り替えの度に、吸引キャップを吸引状態でない状態にする構成と比較して、吸引キャップによるノズル面の局所的な吸引を実行する全体の工程において、吸引キャップによって各動作に必要な吸引状態を得るために必要な時間の合計を低減することができ、結果として、記録ヘッドの清掃時間を短縮することができる。
また、本発明のヘッド清掃方法は、前記記録ヘッドのうち前記インクの吐出が不良である前記ノズルを特定する不良ノズル特定ステップと、前記不良ノズル特定ステップによって特定された前記ノズルを前記吸引キャップによって吸引する位置に前記吸引キャップを移動するキャップ移動ステップとを備えていても良い。
この構成により、本発明のヘッド清掃方法は、記録ヘッドのうちインクの吐出が不良であるノズル、すなわち、故障ノズルを集中して清掃することができるので、記録ヘッドの全てのノズルを清掃する構成と比較して、記録ヘッドの清掃時間を短縮することができる。
また、本発明のヘッド清掃方法は、前記局所吸引ステップの前に前記ノズル面をワイピングするワイピングステップを備えていても良い。
この構成により、本発明のヘッド清掃方法は、吸引キャップによるノズル面の局所的な吸引を実行する前に、ノズル面におけるノズルの周辺に付着している異物をワイピングによって除去するので、吸引キャップによるノズル面の局所的な吸引を実行する場合に、ノズル面から離隔している吸引キャップを吸引状態にしながらノズル面に密着させるとき、ノズル面と吸引キャップとの密着性を向上することができる。したがって、本発明のヘッド清掃方法は、吸引キャップによるノズル面の吸引力を向上することができ、結果として、故障ノズルの復旧の確実性を向上することができる。
本発明のインクジェットプリンターは、記録媒体に対してインクを吐出する複数のノズルが形成されているノズル面を備えている記録ヘッドと、前記記録ヘッドの清掃を実行するヘッド清掃装置とを備えており、前記ヘッド清掃装置は、前記記録ヘッドの一部の前記ノズルを吸引のために密着して覆う吸引キャップと、前記吸引キャップを吸引状態にするために前記吸引キャップ内を減圧する減圧装置と、前記ノズル面に直交する方向における前記吸引キャップの位置を変更するノズル面直交方向キャップ移動装置と、前記吸引キャップによる前記ノズル面の局所的な吸引を実行する局所吸引ステップを実行する局所吸引制御手段とを備えており、前記局所吸引ステップは、前記ノズル面から離隔している前記吸引キャップを前記減圧装置によって吸引状態にしながら前記吸引キャップを前記ノズル面直交方向キャップ移動装置によって前記ノズル面に密着させるキャップ密着ステップと、前記ノズル面に密着している前記吸引キャップを前記ノズル面直交方向キャップ移動装置によって前記ノズル面から離隔させるキャップ離隔ステップとを複数回繰り返すステップであることを特徴とする。
この構成により、本発明のインクジェットプリンターは、吸引キャップによるノズル面の局所的な吸引中において吸引キャップをノズル面に密着させることによって、記録ヘッドの故障ノズルを吸引キャップによって密着して覆うので、吸引キャップに切欠きが設けられている従来のものと比較して、記録ヘッドの故障ノズルの復旧の確実性を向上することができる。また、本発明のインクジェットプリンターは、吸引キャップによるノズル面の局所的な吸引を実行する場合に、ノズル面から離隔している吸引キャップを吸引状態にしながらノズル面に密着させる動作と、ノズル面に密着している吸引キャップをノズル面から離隔させる動作とを複数回繰り返すので、吸引キャップによるノズル面の局所的な吸引を実行する場合に吸引キャップを吸引状態にしながらノズル面に密着させ続ける構成と比較して、減圧装置と、吸引キャップとの間の流路内に存在するインクの量を低減することができ、結果として、減圧装置と、吸引キャップとの間の流路内でインクを移動させるために必要な吸引力を低減することができる。すなわち、本発明のインクジェットプリンターは、吸引キャップによるノズル面の局所的な吸引を実行する場合に吸引キャップを吸引状態にしながらノズル面に密着させ続ける構成と比較して、吸引キャップによるノズル面の吸引力が低減することを防止することができ、記録ヘッドの故障ノズルの復旧の確実性を向上することができる。また、本発明のインクジェットプリンターは、記録ヘッドの故障ノズルの復旧の確実性を従来より向上することができるので、記録ヘッドの交換をせずに正常な印刷を実行することができる時間を従来より延長することができる。
また、本発明のインクジェットプリンターは、前記ノズル面をワイピングするワイパーと、前記ノズル面に平行な方向における前記ワイパーの位置を変更するワイパー移動装置とを備えており、前記ワイパー移動装置は、前記ノズル面に平行な方向における前記ワイパーの位置の変更とともに前記ノズル面に平行な方向における前記吸引キャップの位置を変更しても良い。
この構成により、本発明のインクジェットプリンターは、ノズル面に平行な方向におけるワイパーの位置を変更するワイパー移動装置によって、ノズル面に平行な方向における吸引キャップの位置も変更するので、ノズル面に平行な方向における吸引キャップの位置を変更する装置をワイパー移動装置とは別に備えている構成と比較して、部品点数を低減することができる。
また、本発明のインクジェットプリンターは、前記ノズル面に平行な方向における前記吸引キャップの位置を変更するノズル面平行方向キャップ移動装置と、前記吸引キャップによる前記ノズル面上の前記インクの吸引を実行するノズル面上インク吸引ステップを実行するノズル面上インク吸引制御手段とを備えており、前記ノズル面上インク吸引ステップは、前記ノズル面から離隔している前記吸引キャップを前記減圧装置によって吸引状態にしながら前記吸引キャップを前記ノズル面平行方向キャップ移動装置によって前記ノズル面に平行な方向に移動させるステップであっても良い。
この構成により、本発明のインクジェットプリンターは、吸引キャップによってノズル面上のインクの吸引を実行するので、ノズル面をワイピングするワイパーを備えていなくても良く、部品点数を低減することができる。
本発明のヘッド清掃装置は、記録媒体に対してインクを吐出する複数のノズルが形成されているノズル面を備えている記録ヘッドの清掃を実行するヘッド清掃装置であって、前記記録ヘッドの一部の前記ノズルを吸引のために密着して覆う吸引キャップと、前記吸引キャップを吸引状態にするために前記吸引キャップ内を減圧する減圧装置と、前記ノズル面に直交する方向における前記吸引キャップの位置を変更するノズル面直交方向キャップ移動装置とを備えていることを特徴とする。
この構成により、本発明のヘッド清掃装置は、吸引キャップによるノズル面の局所的な吸引中において吸引キャップをノズル面に密着させることによって、記録ヘッドの故障ノズルを吸引キャップによって密着して覆うので、吸引キャップに切欠きが設けられている従来のものと比較して、記録ヘッドの故障ノズルの復旧の確実性を向上することができる。また、本発明のヘッド清掃装置は、記録ヘッドの故障ノズルの復旧の確実性を従来より向上することができるので、記録ヘッドの交換をせずにインクジェットプリンターに正常な印刷を実行させることができる時間を従来より延長することができる。
本発明のヘッド清掃方法は、記録ヘッドの故障ノズルの復旧の確実性を従来より向上することができる。
本発明の第1の実施の形態に係るインクジェットプリンターの斜視図である。 (a)図1に示す記録ヘッドの一部を破断した左側面図である。(b)図2(a)に示す記録ヘッドの底面図である。 図1に示すインクジェットプリンターの正面図である。 (a)ワイパーが記録ヘッドのノズル面から離れている状態での図3に示すワイピング装置の左側面図である。(b)ワイパーが記録ヘッドのノズル面に接触している状態での図3に示すワイピング装置の左側面図である。 (a)吸着パッドがノズル列の一端のノズルに対応する位置に配置された状態での図3に示す局所吸引装置の概略の左側面図である。(b)吸着パッドがノズル列の他端のノズルに対応する位置に配置された状態での図3に示す局所吸引装置の概略の左側面図である。 (a)ソレノイドに電流が供給されている状態での図5に示す吸着パッドユニットの断面図である。(b)ソレノイドに電流が供給されていない状態での図5に示す吸着パッドユニットの断面図である。 図1に示すインクジェットプリンターのブロック図である。 記録ヘッドの清掃を実行する場合の図1に示すインクジェットプリンターの動作のフローチャートである。 図8に示す局部吸引処理の動作のフローチャートである。 (a)吸着パッドが退避位置に存在していて吸着パッドユニットの全長が伸張している状態での図3に示す局所吸引装置の概略の左側面図である。(b)吸着パッドが退避位置に存在していて吸着パッドユニットの全長が収縮している状態での図3に示す局所吸引装置の概略の左側面図である。(c)吸着パッドの位置と、対象のノズルの位置とが合わせられていて吸着パッドユニットの全長が収縮している状態での図3に示す局所吸引装置の概略の左側面図である。 (a)吸着パッドの位置と、対象のノズルの位置とが合わせられていて吸着パッドユニットの全長が伸張している状態での図3に示す局所吸引装置の概略の左側面図である。(b)吸着パッドが洗浄されている状態での図3に示す局所吸引装置の概略の左側面図である。 図1に示すインクジェットプリンターが吸着パッドによるノズル面の局所的な吸引を実行する場合に吸着パッドを吸引状態にしながらノズル面に密着させ続ける構成であるときの、吸着パッドによるノズル面の局所的な吸引の実行中における真空ポンプと、吸着パッドとの間の流路の概略の断面図である。 (a)ノズル面から離隔していた吸着パッドを吸引状態にしながらノズル面に密着させた状態での、図1に示すインクジェットプリンターの吸着パッドの周辺の概略の断面図である。(b)ノズル面に密着していた吸着パッドをノズル面から離隔させた状態での、図1に示すインクジェットプリンターの吸着パッドの周辺の概略の断面図である。 吸着パッドによるノズル面の局所的な吸引の実行中における、図1に示すインクジェットプリンターの真空ポンプと、吸着パッドとの間の流路の概略の断面図である。 (a)図3に示すワイピング装置の図4に示す例とは異なる例での左側面図であって、ワイパーが記録ヘッドのノズル面から離れている状態での図である。(b)ワイパーが記録ヘッドのノズル面に接触している状態での図15(a)に示すワイピング装置の左側面図である。 本発明の第2の実施の形態に係るインクジェットプリンターの正面図である。 (a)図16に示す局所吸引装置のうち吸着パッドの周辺の部分の平面図である。(b)図16に示す局所吸引装置の概略の左側面図である。 図16に示すインクジェットプリンターのブロック図である。 吸着パッドによるノズル面上のインクの吸引を実行する場合の図16に示すインクジェットプリンターの動作のフローチャートである。 (a)本発明の第3の実施の形態に係る局所吸引装置のうち吸着パッドの周辺の部分の正面図である。(b)図20(a)に示す局所吸引装置のうち吸着パッドの周辺の部分の平面図である。(c)図20(a)に示す局所吸引装置の概略の右側面図である。 図20に示す局所吸引装置のブロック図である。 (a)図20に示す局所吸引装置が取り付けられる前のインクジェットプリンターの正面図である。(b)図20に示す局所吸引装置が取り付けられた後のインクジェットプリンターの正面図である。
以下、本発明の実施の形態について、図面を用いて説明する。
(第1の実施の形態)
まず、本実施の形態に係るインクジェットプリンターの構成について説明する。
図1は、本実施の形態に係るインクジェットプリンター10の斜視図である。
図1に示すように、インクジェットプリンター10は、矢印10aで示す主走査方向に延在する本体20と、記録媒体91を搬送する搬送装置30とを備えている。
本体20は、矢印10aで示す主走査方向に延在しているガイドレール21と、矢印10aで示す主走査方向に移動可能にガイドレール21に支持されているキャリッジ22とを備えている。キャリッジ22は、記録ヘッド23を搭載している。
搬送装置30は、本体20の記録ヘッド23に対して矢印10bで示す副走査方向に記録媒体91を搬送する装置である。
記録ヘッド23は、矢印10aで示す方向および矢印10bで示す方向の何れにも直交する矢印10cで示す方向に、記録媒体91に対してインクを吐出する装置である。
図2(a)は、記録ヘッド23の一部を破断した左側面図である。図2(b)は、記録ヘッド23の底面図である。
図2に示すように、記録ヘッド23は、記録媒体91(図1参照。)に対してインク92を吐出する複数のノズル23aが形成されているノズル面23bを備えている。ノズル23aは、例えば30μm程度の直径の穴である。ノズル面23bは、インク92が付着することを抑えるために例えばフッ素コーティングによる撥水加工が施されている。ノズル面23bには、複数のノズル23aからなるノズル列23cが複数形成されている。
記録ヘッド23内のインク92は、インクジェットプリンター10の図示していない構成によって常に例えば−1.0kPa程度の負圧がかけられており、各ノズル23aにおいて凹型のメニスカスが形成されている。
図3は、インクジェットプリンター10の正面図である。
図3に示すように、インクジェットプリンター10は、記録ヘッド23の全部のノズル23a(図2参照。)を吸引のために密着して覆うキャッピングステーション40と、記録ヘッド23のノズル面23bを拭う(ワイピングする)ワイピング装置50と、記録ヘッド23のノズル面23bの局所的な吸引を実行する局所吸引装置60とを備えている。
キャッピングステーション40は、記録ヘッド23のノズル面23bに直交する方向である矢印10cで示す方向に移動可能である。
ワイピング装置50は、記録ヘッド23のノズル面23bを拭う(ワイピングする)ワイパー51を備えている。
局所吸引装置60は、記録ヘッド23の清掃を実行する本発明のヘッド清掃装置を構成している。局所吸引装置60は、記録ヘッド23の一部のノズル23aを吸引のために密着して覆う吸引キャップとしての吸着パッド71を備えている。吸着パッド71は、例えばフッ素ゴムなど、インク92に対して耐性を有する材料によって形成されている。また、吸着パッド71は、ノズル面23bと接触した場合にノズル面23bを傷付けることを防止するために、柔らかい合成樹脂やゴムなど、弾性材料によって形成されている。吸着パッド71のうちノズル面23bと接触する部分は、内径が例えば1mm程度であり、外径が例えば2〜3mm程度である。
図4(a)は、ワイパー51が記録ヘッド23のノズル面23bから離れている状態でのワイピング装置50の左側面図である。図4(b)は、ワイパー51が記録ヘッド23のノズル面23bに接触している状態でのワイピング装置50の左側面図である。
図4に示すように、ワイピング装置50は、ワイパー51と、ノズル面23bに平行な方向である矢印10bで示す方向におけるワイパー51の位置を変更するワイパー移動装置52とを備えている。
ワイパー移動装置52は、ワイパー51を支持するワイパーキャリア53を備えている。ワイパーキャリア53は、矢印10a(図1参照。)で示す方向に突出した突起53a、53bを備えている。
ワイパー移動装置52は、ノズル面23bに直交する方向である矢印10cで示す方向においてワイパーキャリア53が移動可能となるようにワイパーキャリア53を支持する部材54と、一端部が部材54に回転可能に支持されたリンク55と、一端部がリンク55の他端部に回転可能に支持されて他端部が本体20(図3参照。)に回転可能に支持されたリンク56と、リンク56の他端部を回転させる図示していないモーターと、ワイパーキャリア53の突起53a、53bがそれぞれ挿入された溝57a、57bが形成されたガイド板57とを備えている。
ワイパー移動装置52は、ワイパーキャリア53の突起53a、53bがそれぞれガイド板57の溝57a、57bに沿って移動することによって、図4(b)に示すようにワイパー51を記録ヘッド23のノズル面23bに適度な接触力で接触させることができる。
図5(a)は、吸着パッド71がノズル列23c(図2参照。)の一端のノズル23a(図2参照。)に対応する位置に配置された状態での局所吸引装置60の概略の左側面図である。図5(b)は、吸着パッド71がノズル列23cの他端のノズル23aに対応する位置に配置された状態での局所吸引装置60の概略の左側面図である。
図5に示すように、局所吸引装置60は、吸着パッド71を備えている吸着パッドユニット70と、矢印10bで示す方向における吸着パッドユニット70の位置を変更するワイパー移動装置52と、吸着パッドユニット70とワイパー移動装置52の部材54を固定する連結部材61と、吸着パッド71によって吸引されたインク92を貯留する容器62と、吸着パッド71を吸引状態にするために吸着パッド71内を減圧する減圧装置としての真空ポンプ63と、容器62および真空ポンプ63の間に設けられたフィルター64と、吸着パッドユニット70および容器62を連通する管65と、容器62およびフィルター64を連通する管66と、フィルター64および真空ポンプ63を連通する管67とを備えている。
容器62、真空ポンプ63、フィルター64、管66および管67は、本体20の外部に設置されている。
容器62は、不織布などのフィルターを収納しており、このフィルターによる気液分離機能を備えている。すなわち、容器62は、管65側から流入してきた気体を、フィルターを通して真空ポンプ63側に流出させることができる一方、管65側から流入してきたインク92などの液体を、内部のフィルターによって捕らえることによって真空ポンプ63側に流出させることを防止することができる。
真空ポンプ63は、例えば吸引能力が−50kPaのポンプである。
局所吸引装置60は、ワイパー移動装置52の部材54に対して連結部材61を介して吸着パッドユニット70が固定されていることによって、ワイパー移動装置52の動作に応じて矢印10bで示す方向における吸着パッド71の位置を変更することができる。
なお、吸着パッドユニット70は、矢印10a(図3参照。)で示す方向において吸着パッド71の位置がノズル23aの位置と重なる場合に矢印10aで示す方向においてワイパー51の位置がノズル23aの位置と重ならないように、矢印10aで示す方向におけるワイパー51および吸着パッド71の距離が考慮されて、ワイパー移動装置52の部材54に対して固定されている。
図6(a)は、ソレノイド73に電流が供給されている状態での吸着パッドユニット70の断面図である。図6(b)は、ソレノイド73に電流が供給されていない状態での吸着パッドユニット70の断面図である。
図6に示すように、吸着パッドユニット70は、吸着パッド71と、筐体72とを備えている。
吸着パッドユニット70は、筐体72に固定されたソレノイド73を備えている。ソレノイド73は、電流が供給されることによって矢印10cで示す方向に縮むロッド73aと、矢印10cで示す方向に直交する方向にロッド73aから突出した突起73bとを備えている。
吸着パッドユニット70は、一端に吸着パッド71が固定されていて他端に管65が固定されている吸引ノズル74と、矢印10cで示す方向における吸着パッドユニット70の全長が伸びるように筐体72に対して吸引ノズル74を付勢するバネ75とを備えている。吸引ノズル74は、矢印10cで示す方向に移動可能に筐体72によって支持されている。吸引ノズル74は、管65および吸着パッド71を互いに連通させている。吸引ノズル74は、矢印10cで示す方向に直交する方向に突出した突起74aを備えている。
吸着パッドユニット70は、筐体72に回転可能に支持されている回転軸76aを備えているリンク76を備えている。リンク76は、ソレノイド73の突起73bが挿入されている長穴76bと、吸引ノズル74の突起74aが挿入されている長穴76cとが形成されている。
吸着パッドユニット70は、以上の構成によって、ソレノイド73への電流の供給の有無に応じて矢印10cで示す方向における吸着パッド71の位置を変更することができる。すなわち、吸着パッドユニット70は、本発明のノズル面直交方向キャップ移動装置を構成している。
また、以上の構成によって、吸引ノズル74は、吸着パッド71が記録ヘッド23(図5参照。)のノズル面23b(図5参照。)と接触する場合に、吸着パッド71がノズル面23bに強く押し付けられたときであっても、矢印10cで示す方向における吸着パッドユニット70の全長が一時的に収縮することによって、ノズル面23bを傷付けることを防止することができる。
なお、吸着パッド71が吸着パッドユニット70によって下げられている場合、矢印10cで示す方向における吸着パッド71の位置と、矢印10cで示す方向における記録ヘッド23のノズル面23bの位置との距離は、例えば1mm程度、望ましくは0.3mm〜0.4mm程度である。
図7は、インクジェットプリンター10のブロック図である。
図7に示すように、インクジェットプリンター10は、種々の操作が入力される操作部81と、種々の情報を表示する表示部82と、ネットワーク経由で外部の装置と通信を行うネットワーク通信デバイスであるネットワーク通信部83と、搬送装置30と、キャリッジ22を駆動するキャリッジ駆動装置84と、記録ヘッド23を駆動するヘッド駆動装置85と、キャッピングステーション40(図3参照。)による記録ヘッド23のノズル面23bの全体的な吸引を実行するキャッピング吸引装置86と、ワイピング装置50と、局所吸引装置60と、各種のデータを記憶しているEEPROM(Electrically Erasable Programmable Read Only Memory)などの記憶デバイスである記憶部87と、インクジェットプリンター10全体を制御する制御部88とを備えている。
制御部88は、例えば、CPU(Central Processing Unit)と、プログラムおよび各種のデータを予め記憶しているROM(Read Only Memory)と、CPUの作業領域として用いられるRAM(Random Access Memory)とを備えている。CPUは、ROMに記憶されているプログラムを実行するようになっている。
制御部88は、ROMに記憶されているプログラムを実行することによって、吸着パッド71によるノズル面23bの局所的な吸引を実行する局所吸引制御手段88aとして機能する。
次に、インクジェットプリンター10の動作について説明する。
インクジェットプリンター10の制御部88は、ネットワーク通信部83を介して印刷データを受信すると、印刷データに応じて搬送装置30、キャリッジ駆動装置84およびヘッド駆動装置85を制御する。すなわち、制御部88は、印刷データに応じて搬送装置30によって記録媒体91を矢印10bで示す副走査方向に移動させ、印刷データに応じてキャリッジ駆動装置84によってキャリッジ22をガイドレール21に沿って矢印10aで示す主走査方向に移動させ、印刷データに応じてヘッド駆動装置85によって記録ヘッド23にインク92を吐出させる。すなわち、インクジェットプリンター10は、印刷データに基づいた画像をインク92によって記録媒体91に印刷する。
利用者は、インクジェットプリンター10によって印刷された画像を見て、記録ヘッド23の清掃が必要であるか否かを判断する。そして、利用者は、記録ヘッド23の清掃が必要であると判断すると、操作部81を介してインクジェットプリンター10に記録ヘッド23の清掃を指示することができる。
インクジェットプリンター10の制御部88は、記録ヘッド23の清掃が操作部81を介して指示されると、図8に示す動作を実行する。
図8は、記録ヘッド23の清掃を実行する場合のインクジェットプリンター10の動作のフローチャートである。
図8に示すように、インクジェットプリンター10の制御部88は、キャリッジ駆動装置84を制御することによって、矢印10aで示す方向において記録ヘッド23の位置がキャッピングステーション40の位置と重なるようにキャリッジ22をガイドレール21に沿って移動させた後、キャッピング吸引装置86を制御することによって、キャッピングステーション40による記録ヘッド23のノズル面23bの全体的な吸引を実行する(S101)。
次いで、制御部88は、ワイピング装置50を制御することによって、ワイパー51の位置を図4(a)に示す退避位置から図4(b)に示す位置に移動させた後、キャリッジ駆動装置84を制御することによって、記録ヘッド23のノズル面23bがワイパー51によって拭われるようにキャリッジ22をガイドレール21に沿って移動させる(S102)。すなわち、制御部88は、記録ヘッド23に対してワイピングを実行する。なお、制御部88は、ワイピングを実行している最中、吸着パッド71がワイピングの妨げになることを防止するために、局所吸引装置60を制御することによって、吸着パッドユニット70を図6(a)に示すように収縮させる。また、制御部88は、S102の処理の後、ワイピング装置50を制御することによって、ワイパー51の位置を図4(b)に示す位置から図4(a)に示す退避位置に移動させる。
記録ヘッド23のノズル面23bは、S101の処理によって付着したインク92がS102の処理によって拭い去られる。また、記録ヘッド23の各ノズル23aには、S101およびS102の処理によって、正常な凹型のメニスカスが形成される。
インクジェットプリンター10の制御部88は、S102の処理の後、予め記憶部87に記憶されているテスト印刷用の印刷データに基づいた画像を、インク92によって記録媒体91に印刷する(S103)。
次いで、制御部88は、記録ヘッド23の全てのノズル23aが復旧したか否かを表示部82の表示によって利用者に尋ねる(S104)。
ここで、利用者は、S103において記録媒体91に印刷された画像を見て、記録ヘッド23の全てのノズル23aが復旧したか否かを判断することができる。そして、利用者は、記録ヘッド23の全てのノズル23aが復旧したことを示す情報を操作部81に入力することによって、記録ヘッド23の全てのノズル23aが復旧したことをインクジェットプリンター10に伝えることができる。また、利用者は、記録ヘッド23のノズル23aのうち未だ復旧していないノズル23aを示す情報を操作部81に入力することによって、記録ヘッド23に未だ復旧していないノズル23aが存在することをインクジェットプリンター10に伝えることができる。
インクジェットプリンター10の制御部88は、記録ヘッド23の全てのノズル23aが復旧したことを示す情報が操作部81に入力されると、記録ヘッド23の全てのノズル23aが復旧したとS104において判断し、図8に示す動作を終了する。
一方、制御部88は、記録ヘッド23のノズル23aのうち未だ復旧していないノズル23aを示す情報、すなわち、記録ヘッド23のうちインク92の吐出が不良であるノズル23aを特定する情報が操作部81に入力されると、記録ヘッド23に未だ復旧していないノズル23aが存在するとS104において判断し、図9に示す局部吸引処理を実行して(S105)、再びS101の処理に戻る。
図9は、図8に示す局部吸引処理の動作のフローチャートである。
図9に示すように、インクジェットプリンター10の制御部88の局所吸引制御手段88aは、真空ポンプ63の駆動を開始することによって、吸着パッド71を吸引状態にする(S131)。
次いで、局所吸引制御手段88aは、吸着パッドユニット70を制御して、矢印10cで示す方向における吸着パッド71の位置を下げる(S132)。したがって、矢印10bで示す方向における退避位置に存在している吸着パッド71は、矢印10cで示す方向における位置が図10(a)に示す位置から図10(b)に示す位置に下がる。
次いで、局所吸引制御手段88aは、記録ヘッド23のノズル23aのうち未だ復旧していないノズル23a、すなわち、故障ノズルとして操作部81に入力されたノズル23aのうちの1つを対象にする(S133)。
次いで、局所吸引制御手段88aは、キャリッジ駆動装置84およびワイパー移動装置52を制御することによって、矢印10aで示す方向および矢印10bで示す方向において、現在の対象のノズル23aの位置と、吸着パッド71の位置とを合わせる(S134)。すなわち、局所吸引制御手段88aは、記録ヘッド23のうちインク92の吐出が不良であるノズル23aとして特定されたノズル23aを吸着パッド71によって吸引する位置に、吸着パッド71を移動する。ここで、矢印10aで示す方向における、現在の対象のノズル23aの位置と、吸着パッド71の位置とは、キャリッジ駆動装置84による記録ヘッド23の移動によって合わせられる。また、矢印10bで示す方向における、現在の対象のノズル23aの位置と、吸着パッド71の位置とは、ワイパー移動装置52による吸着パッドユニット70の移動によって合わせられる。したがって、吸着パッド71は、図10(b)に示す位置から例えば図10(c)に示す位置まで移動する。
次いで、局所吸引制御手段88aは、吸着パッドユニット70を制御して、矢印10cで示す方向における吸着パッド71の位置を上げる(S135)。したがって、吸着パッド71は、矢印10cで示す方向における位置が図10(c)に示す位置から図11(a)に示す位置に上がって、ノズル面23bに密着する。すなわち、局所吸引制御手段88aは、ノズル面23bから離隔している吸着パッド71を真空ポンプ63によって吸引状態にしながら、吸着パッド71を吸着パッドユニット70によってノズル面23bに密着させる。
次いで、局所吸引制御手段88aは、吸着パッドユニット70を制御して、矢印10cで示す方向における吸着パッド71の位置を下げる(S136)。したがって、吸着パッド71は、矢印10cで示す方向における位置が図11(a)に示す位置から図10(c)に示す位置に下がって、ノズル面23bから離隔させられる。すなわち、局所吸引制御手段88aは、ノズル面23bに密着している吸着パッド71を吸着パッドユニット70によってノズル面23bから離隔させる。
なお、局所吸引制御手段88aは、吸着パッド71がノズル面23bに密着している時間が例えば0.5〜1.0秒であるように、S135およびS136の処理を実行する。
局所吸引制御手段88aは、S136の処理の後、S135およびS136の処理を、2回または3回など、予め設定されている所定の回数繰り返したか否かを判断する(S137)。
局所吸引制御手段88aは、S135およびS136の処理を予め設定されている所定の回数繰り返していないとS137において判断すると、再びS135の処理に戻る。
一方、局所吸引制御手段88aは、S135およびS136の処理を予め設定されている所定の回数繰り返したとS137において判断すると、故障ノズルとして操作部81に入力されたノズル23aのうち未だ対象にしていないノズルが存在するか否かを判断する(S138)。
局所吸引制御手段88aは、故障ノズルとして操作部81に入力されたノズル23aのうち未だ対象にしていないノズルが存在するとS138において判断すると、故障ノズルとして操作部81に入力されたノズル23aのうち未だ対象にしていない1つのノズルを対象にして(S139)、再びS134の処理に戻る。
局所吸引制御手段88aは、故障ノズルとして操作部81に入力されたノズル23aのうち未だ対象にしていないノズルが存在しないとS138において判断すると、ワイパー移動装置52を制御することによって、吸着パッド71を矢印10bで示す方向における退避位置に移動させる(S140)。したがって、吸着パッド71は、図10(b)に示す退避位置まで移動する。
次いで、局所吸引制御手段88aは、吸着パッドユニット70を制御して、矢印10cで示す方向における吸着パッド71の位置を上げる(S141)。したがって、矢印10bで示す方向における退避位置に存在している吸着パッド71は、矢印10cで示す方向における位置が図10(b)に示す位置から図10(a)に示す位置に上がる。
次いで、局所吸引制御手段88aは、図11(b)に示すように、局所吸引装置60の洗浄装置68によって所定の量の洗浄液93を吸着パッド71に滴下することによって、吸着パッド71に洗浄液93を吸引させて、吸着パッド71から容器62までのインク92の流路を洗浄する(S142)。この洗浄によって、吸着パッド71から容器62までのインク92の流路内でインク92が固まってしまうことを防止することができる。
次いで、局所吸引制御手段88aは、S142の処理において吸着パッド71に吸引させた洗浄液93が全て容器62まで到達するまでに十分な時間だけ吸着パッド71の吸引状態を維持した後、真空ポンプ63の駆動を終了することによって、吸着パッド71の吸引状態を終了して(S143)、図9に示す処理を終了する。
以上に説明したように、インクジェットプリンター10は、吸着パッド71によるノズル面23bの局所的な吸引中において吸着パッド71をノズル面23bに密着させる(図11(a)参照。)ことによって、記録ヘッド23の故障ノズルを吸着パッド71によって密着して覆うので、吸引キャップに切欠きが設けられている従来のものと比較して、記録ヘッド23の故障ノズルの復旧の確実性を向上することができる。
図12は、インクジェットプリンター10が吸着パッド71によるノズル面23bの局所的な吸引を実行する場合に吸着パッド71を吸引状態にしながらノズル面23bに密着させ続ける構成であるときの、吸着パッド71によるノズル面23bの局所的な吸引の実行中における真空ポンプ63と、吸着パッド71との間の流路の概略の断面図である。
インクジェットプリンター10は、吸着パッド71によるノズル面23bの局所的な吸引を実行する場合に吸着パッド71を吸引状態にしながらノズル面23bに密着させ続ける構成であるとき、吸着パッド71によるノズル面23bの局所的な吸引の実行中に、図12に示すように、真空ポンプ63と、吸着パッド71との間の流路内、すなわち、吸着パッドユニット70内および管65内にインク92が大量に存在することになり、大量のインク92を流路内で移動させるための圧力損失によって真空ポンプ63による吸引力が吸着パッド71において十分に伝わらない。したがって、インクジェットプリンター10は、吸着パッド71によるノズル面23bの局所的な吸引を実行する場合に吸着パッド71を吸引状態にしながらノズル面23bに密着させ続ける構成であるとき、吸着パッド71によるノズル面23bの吸引力が弱く、記録ヘッド23の故障ノズルを十分に復旧することができない。
しかしながら、インクジェットプリンター10は、吸着パッド71によるノズル面23bの局所的な吸引を実行する場合に(S105)、ノズル面23bから離隔している吸着パッド71を吸引状態にしながらノズル面23bに密着させる動作(S135)と、ノズル面23bに密着している吸着パッド71をノズル面23bから離隔させる動作(S136)とを複数回繰り返す(S137でNO)ので、吸着パッド71によるノズル面23bの局所的な吸引を実行する場合に吸着パッド71を吸引状態にしながらノズル面23bに密着させ続ける構成と比較して、真空ポンプ63と、吸着パッド71との間の流路内、すなわち、吸着パッドユニット70内および管65内に存在するインク92の量を低減することができる。すなわち、インクジェットプリンター10は、図13(a)に示すようにノズル面23bから離隔していた吸着パッド71を吸引状態にしながらノズル面23bに密着させる動作と、図13(b)に示すようにノズル面23bに密着していた吸着パッド71をノズル面23bから離隔させる動作とを複数回繰り返すことによって、図14に示すように、真空ポンプ63と、吸着パッド71との間の流路内、すなわち、吸着パッドユニット70内および管65内にインク92が分散して存在することになる。
したがって、インクジェットプリンター10は、吸着パッド71によるノズル面23bの局所的な吸引を実行する場合に吸着パッド71を吸引状態にしながらノズル面23bに密着させ続ける構成と比較して、真空ポンプ63と、吸着パッド71との間の流路内でインク92を移動させるために必要な吸引力を低減することができる。すなわち、インクジェットプリンター10は、吸着パッド71によるノズル面23bの局所的な吸引を実行する場合に吸着パッド71を吸引状態にしながらノズル面23bに密着させ続ける構成と比較して、吸着パッド71によるノズル面23bの吸引力が低減することを防止することができ、記録ヘッド23の故障ノズルの復旧の確実性を向上することができる。
なお、インクジェットプリンター10は、吸着パッド71によるノズル面23bの局所的な吸引を実行する場合に、ノズル面23bから離隔している吸着パッド71を吸引状態にしながらノズル面23bに瞬時に密着させるので、吸着パッド71がノズル面23bに密着した瞬間において、真空ポンプ63と、吸着パッド71との間の流路内、すなわち、吸着パッドユニット70内および管65内を移動していたインク92や気体の慣性力が吸着パッド71における瞬間的な高い真空度を引き起こす。したがって、インクジェットプリンター10は、吸着パッド71によるノズル面23bの吸引力を向上することができ、記録ヘッド23の故障ノズルの復旧の確実性を向上することができる。
インクジェットプリンター10は、以上に説明したように記録ヘッド23の故障ノズルの復旧の確実性を従来より向上することができるので、記録ヘッド23の交換をせずに正常な印刷を実行することができる時間を従来より延長することができる。
インクジェットプリンター10は、吸着パッド71をノズル面23bに密着させる動作と、ノズル面23bに密着している吸着パッド71をノズル面23bから離隔させる動作とを、吸着パッド71を吸引状態にしながら複数回繰り返すので、吸着パッド71をノズル面23bに密着させる動作と、ノズル面23bに密着している吸着パッド71をノズル面23bから離隔させる動作との切り替えの度に、吸着パッド71を吸引状態でない状態にする構成と比較して、吸着パッド71によるノズル面23bの局所的な吸引を実行する全体の工程において、吸着パッド71によって各動作に必要な吸引状態を得るために必要な時間の合計を低減することができ、結果として、記録ヘッド23の清掃時間を短縮することができる。
なお、インクジェットプリンター10は、吸着パッド71をノズル面23bに密着させる動作と、ノズル面23bに密着している吸着パッド71をノズル面23bから離隔させる動作との切り替えの度に、吸着パッド71を吸引状態でない状態にするようになっていても良い。
インクジェットプリンター10は、吸着パッド71を吸引状態にしながらノズル面23bから離隔させるので、吸着パッド71を吸引状態でない状態にしながらノズル面23bから離隔させる構成と比較して、吸着パッド71をノズル面23bから離隔させるときの吸着パッド71によるノズル面23bの吸引力を向上するので、記録ヘッド23の故障ノズルの復旧の確実性を向上することができる。
なお、インクジェットプリンター10は、吸着パッド71を吸引状態でない状態にしながらノズル面23bから離隔させるようになっていても良い。
インクジェットプリンター10は、記録ヘッド23のうちインク92の吐出が不良であるノズル23aとして特定されたノズル23aを吸着パッド71によって吸引する位置に、吸着パッド71を移動する(S134)ので、記録ヘッド23のうちインク92の吐出が不良であるノズル23a、すなわち、故障ノズルを集中して清掃することができる。したがって、インクジェットプリンター10は、記録ヘッド23の全てのノズル23aを清掃する構成と比較して、記録ヘッド23の清掃時間を短縮することができる。
なお、インクジェットプリンター10は、本実施の形態において、テスト印刷用の印刷データに基づいて記録媒体91に印刷した画像を利用者に見させることによって、利用者に記録ヘッド23の故障ノズルを特定させるようになっている。しかしながら、インクジェットプリンター10は、他の方法によって記録ヘッド23の故障ノズルを特定するようになっていても良い。例えば、インクジェットプリンター10は、ノズル23aから吐出されるインク92の飛行経路に交差する光を発する発光素子と、この光を受ける受光素子とから構成されるセンサーなど、インク92を吐出することができなかったり、吐出したインク92の滴に飛行曲りが発生したりするノズル23aを検出するセンサーによって、記録ヘッド23の故障ノズルを自動的に特定するようになっていても良い。
インクジェットプリンター10は、吸着パッド71によるノズル面23bの局所的な吸引を実行する(S105)前に、ノズル面23bをワイピングする(S102)ので、吸着パッド71によるノズル面23bの局所的な吸引を実行する前に、ノズル面23bにおけるノズル23aの周辺に付着している異物をワイピングによって除去することができる。その結果、インクジェットプリンター10は、吸着パッド71によるノズル面23bの局所的な吸引を実行する場合に、ノズル面23bから離隔している吸着パッド71を吸引状態にしながらノズル面23bに密着させるとき、ノズル面23bと吸着パッド71との密着性を向上することができる。したがって、インクジェットプリンター10は、吸着パッド71によるノズル面23bの吸引力を向上することができ、結果として、故障ノズルの復旧の確実性を向上することができる。
インクジェットプリンター10は、本実施の形態において、ノズル列23cと平行に延在するワイパー51を固定した状態で、矢印10aで示す方向にキャリッジ22を移動させることによって、ワイピングを実行するようになっている。しかしながら、インクジェットプリンター10は、矢印10aで示す方向におけるノズル23aおよびワイパーの位置が一致するようにキャリッジ22を固定した状態で、矢印10bで示す方向にワイパーを移動させることによって、ワイピングを実行するようになっていても良い。インクジェットプリンター10がこのような構成になっている場合、ワイピング装置50は、例えば図15に示すようになっている。
図15において、ワイピング装置50は、ワイパー51(図4参照。)およびガイド板57(図4参照。)に代えて、ワイパー58およびガイド板59を備えている。ガイド板59は、ワイパーキャリア53の突起53a、53bがそれぞれ挿入された溝59a、59bが形成されている。ワイピング装置50は、ワイパーキャリア53の突起53a、53bがそれぞれガイド板59の溝59a、59bに沿って移動することによって、図15に示すようにワイパー58を記録ヘッド23のノズル面23bに接触させながら矢印10bで示す方向に移動させることができる。
インクジェットプリンター10は、ノズル面23bに平行な方向である矢印10bで示す方向におけるワイパー51の位置を変更するワイパー移動装置52によって、矢印10bで示す方向における吸着パッド71の位置も変更するので、矢印10bで示す方向における吸着パッド71の位置を変更する装置をワイパー移動装置52とは別に備えている構成と比較して、部品点数を低減することができる。したがって、インクジェットプリンター10は、矢印10bで示す方向における吸着パッド71の位置を変更する装置をワイパー移動装置52とは別に備えている構成と比較して、例えば、製造コストを低減したり、小型化したりすることができる。
なお、インクジェットプリンター10は、本実施の形態において、矢印10bで示す方向における吸着パッド71の位置をワイパー移動装置52によって変更するようになっている。しかしながら、インクジェットプリンター10は、矢印10bで示す方向における吸着パッド71の位置をワイパー移動装置52とは別の装置によって変更するようになっていても良い。
インクジェットプリンター10は、本実施の形態において、吸着パッド71によるノズル面23bの局所的な吸引を実行した(S105)後に、キャッピングステーション40による記録ヘッド23のノズル面23bの全体的な吸引を実行してから(S101)、ノズル面23bをワイピングする(S102)ようになっている。しかしながら、インクジェットプリンター10は、吸着パッド71によるノズル面23bの局所的な吸引を実行した(S105)後に、キャッピングステーション40による記録ヘッド23のノズル面23bの全体的な吸引を実行せずに、記録ヘッド23の全部のノズル23aからインク92を吐出する動作であるパージを実行してから、ノズル面23bをワイピングする(S102)ようになっていても良い。
(第2の実施の形態)
まず、本実施の形態に係るインクジェットプリンターの構成について説明する。
なお、本実施の形態に係るインクジェットプリンターの構成のうち第1の実施の形態に係るインクジェットプリンター10(図1参照。)の構成と同様の構成については、インクジェットプリンター10の構成と同一の符号を付して詳細な説明を省略する。
図16は、本実施の形態に係るインクジェットプリンター210の正面図である。
図16に示すように、インクジェットプリンター210の構成は、記録ヘッド23のノズル面23bの局所的な吸引を実行する局所吸引装置260を局所吸引装置60(図3参照。)に代えてインクジェットプリンター10が備えていて、インクジェットプリンター10がワイピング装置50(図3参照。)を備えていない構成と同様である。
局所吸引装置260は、記録ヘッド23の清掃を実行する本発明のヘッド清掃装置を構成している。
図17(a)は、局所吸引装置260のうち吸着パッド71の周辺の部分の平面図である。図17(b)は、局所吸引装置260の概略の左側面図である。
図17に示すように、局所吸引装置260は、容器62、真空ポンプ63、フィルター64、管65、管66、管67および吸着パッドユニット70と、矢印10bで示す方向に吸着パッドユニット70を移動させるパッドユニット移動装置270とを備えている。
なお、吸着パッド71が吸着パッドユニット70によって下げられている場合、矢印10cで示す方向における吸着パッド71の位置と、矢印10cで示す方向における記録ヘッド23のノズル面23bの位置との距離は、例えば1.0mm程度であっても良い。
パッドユニット移動装置270は、ノズル面23bに平行な方向、すなわち、矢印10bで示す方向における吸着パッド71の位置を変更するようになっており、本発明のノズル面平行方向キャップ移動装置を構成している。
パッドユニット移動装置270は、本体20に固定されている支持部材271と、支持部材271に支持されていて吸着パッドユニット70を矢印10bで示す方向に移動可能に支持している一対のガイドレール272と、支持部材271に回転可能に支持されていて吸着パッドユニット70を矢印10bで示す方向に移動させる駆動軸273と、駆動軸273を回転させる図示していないモーターとを備えている。
なお、パッドユニット移動装置270は、矢印10bで示す方向における吸着パッドユニット70の位置を検出する図示していないセンサーを備えていることによって、モーターによる矢印10bで示す方向における吸着パッドユニット70の移動の精度を確保している。
駆動軸273は、吸着パッドユニット70に形成されている図示していない雌ネジに組み合わされる雄ネジ273aが形成されている。また、駆動軸273は、図示していないモーターによる回転力が伝達される回転力入力部273bを備えている。
図18は、インクジェットプリンター210のブロック図である。
図18に示すように、インクジェットプリンター210の制御部88は、ROMに記憶されているプログラムを実行することによって、吸着パッド71によるノズル面23bの局所的な吸引を実行する局所吸引制御手段88a、および、吸着パッド71によるノズル面23b上のインク92の吸引を実行するノズル面上インク吸引制御手段288aとして機能する。
次に、インクジェットプリンター210の動作について説明する。
インクジェットプリンター210の動作のうち、以下に述べる動作以外の動作については、第1の実施の形態に係るインクジェットプリンター10(図1参照。)の動作と同様であるので、詳細な説明を省略する。
インクジェットプリンター210の制御部88は、S102(図8参照。)の処理に代えて図19に示す処理を実行する。
図19は、吸着パッド71によるノズル面23b上のインク92の吸引を実行する場合のインクジェットプリンター210の動作のフローチャートである。
図19に示すように、インクジェットプリンター210の制御部88は、キャリッジ駆動装置84を制御することによって、矢印10aで示す方向におけるノズル23aおよび吸着パッド71の位置が一致するようにキャリッジ22を移動させる(S201)。
次いで、制御部88のノズル面上インク吸引制御手段288aは、真空ポンプ63の駆動を開始することによって、吸着パッド71を吸引状態にする(S202)。
次いで、ノズル面上インク吸引制御手段288aは、吸着パッドユニット70を制御して、矢印10cで示す方向における吸着パッド71の位置を下げる(S203)。したがって、矢印10bで示す方向における退避位置に存在している吸着パッド71は、矢印10cで示す方向における位置が図10(a)に示す位置から図10(b)に示す位置に下がる。
次いで、ノズル面上インク吸引制御手段288aは、パッドユニット移動装置270のモーターを制御することによって、吸着パッド71をノズル列23cに沿ってノズル列23cの一端から他端まで矢印10bで示す方向に低速度で移動させる(S204)。すなわち、ノズル面上インク吸引制御手段288aは、ノズル面23bから離隔している吸着パッド71を真空ポンプ63によって吸引状態にしながら、吸着パッド71をパッドユニット移動装置270によってノズル面23bに平行な方向、すなわち、矢印10bで示す方向に低速度で移動させることによって、記録ヘッド23のノズル面23b上のインク92を吸着パッド71によって吸引する。
次いで、ノズル面上インク吸引制御手段288aは、パッドユニット移動装置270のモーターを制御することによって、吸着パッド71を矢印10bで示す方向における退避位置に移動させる(S205)。したがって、吸着パッド71は、図10(b)に示す退避位置まで移動する。
次いで、ノズル面上インク吸引制御手段288aは、吸着パッドユニット70を制御して、矢印10cで示す方向における吸着パッド71の位置を上げる(S206)。したがって、矢印10bで示す方向における退避位置に存在している吸着パッド71は、矢印10cで示す方向における位置が図10(b)に示す位置から図10(a)に示す位置に上がる。
次いで、ノズル面上インク吸引制御手段288aは、図11(b)に示すように、局所吸引装置260の洗浄装置68によって所定の量の洗浄液93を吸着パッド71に滴下することによって、吸着パッド71に洗浄液93を吸引させて、吸着パッド71から容器62までのインク92の流路を洗浄する(S207)。この洗浄によって、吸着パッド71から容器62までのインク92の流路内でインク92が固まってしまうことを防止することができる。
次いで、ノズル面上インク吸引制御手段288aは、S207の処理において吸着パッド71に吸引させた洗浄液93が全て容器62まで到達するまでに十分な時間だけ吸着パッド71の吸引状態を維持した後、真空ポンプ63の駆動を終了することによって、吸着パッド71の吸引状態を終了して(S208)、図19に示す処理を終了する。
記録ヘッド23のノズル面23bは、S101(図8参照。)の処理によって付着したインク92が図19に示す処理によって吸い取られる。また、記録ヘッド23の各ノズル23aには、S101の処理および図19に示す処理によって、正常な凹型のメニスカスが形成される。
以上に説明したように、インクジェットプリンター210は、吸着パッド71によってノズル面23b上のインク92の吸引を実行するので、ノズル面23bをワイピングするワイパーを備えていなくても良く、部品点数を低減することができる。したがって、インクジェットプリンター210は、例えば、製造コストを低減したり、小型化したりすることができる。
また、インクジェットプリンター210は、ノズル面23bをワイパーによって擦ることがないので、ノズル面23bの撥水加工の効果を長期間維持することができる。
(第3の実施の形態)
まず、本実施の形態に係る局所吸引装置の構成について説明する。
なお、本実施の形態に係る局所吸引装置の構成のうち第2の実施の形態に係る局所吸引装置260(図17参照。)の構成と同様の構成については、局所吸引装置260の構成と同一の符号を付して詳細な説明を省略する。
図20(a)は、本実施の形態に係る局所吸引装置360のうち吸着パッド71の周辺の部分の正面図である。図20(b)は、局所吸引装置360のうち吸着パッド71の周辺の部分の平面図である。図20(c)は、局所吸引装置360の概略の右側面図である。
図20に示すように、局所吸引装置360は、容器62、真空ポンプ63、フィルター64、管65、管66、管67および吸着パッドユニット70と、吸着パッドユニット70を移動させるパッドユニット移動装置370とを備えている。
局所吸引装置360は、後述のインクジェットプリンター310の記録ヘッド23の清掃を実行する本発明のヘッド清掃装置を構成している。
パッドユニット移動装置370は、後述のインクジェットプリンター310の本体20に固定される支持部材371と、支持部材371に支持されている一対のガイドレール372と、一対のガイドレール372によって移動可能に支持されている支持部材373と、支持部材371に回転可能に支持されていて支持部材373を移動させる駆動軸374と、駆動軸374に固定されていて駆動軸374を回転させる力を利用者から入力される操作入力部375と、支持部材373に支持されていて吸着パッドユニット70を移動可能に支持している一対のガイドレール272と、支持部材373に回転可能に支持されていて吸着パッドユニット70を移動させる駆動軸273と、駆動軸273に固定されていて駆動軸273を回転させる力を利用者から入力される操作入力部376とを備えている。
支持部材371は、矢印360aで示す方向に突出した一対の突出部371aと、パッドユニット移動装置370が後述のインクジェットプリンター310に取り付けられる場合にインクジェットプリンター310の一部を挟み込む一対の板バネ部371bとを備えている。支持部材371は、一対の突出部371aの間に切欠き371cが形成されている。
一対のガイドレール372は、矢印360aで示す方向に直交する矢印360bで示す方向に互いに離れて配置されている。一対のガイドレール372は、矢印360aで示す方向および矢印360bで示す方向の何れにも直交する矢印360cで示す方向に延在しており、支持部材373を矢印360cで示す方向に移動可能に支持している。
支持部材373は、矢印360aで示す方向に突出して支持部材371の切欠き371cに挿入されている突出部373aを備えている。
駆動軸374は、矢印360cで示す方向に延在しており、支持部材371の一対の突出部371aに回転可能に支持されている。駆動軸374は、支持部材373に形成されている図示していない雌ネジに組み合わされる雄ネジ374aが形成されている。
操作入力部375は、利用者によって掴まれるノブ375aを備えている。
一対のガイドレール272は、矢印360aで示す方向に互いに離れて配置されている。一対のガイドレール272は、矢印360bで示す方向に延在しており、吸着パッドユニット70を矢印360bで示す方向に移動可能に支持している。
駆動軸273は、矢印360bで示す方向に延在している。駆動軸273は、吸着パッドユニット70に形成されている図示していない雌ネジに組み合わされる雄ネジ273aが形成されている。
操作入力部376は、利用者によって掴まれるノブ376aを備えている。
図21は、局所吸引装置360のブロック図である。
図21に示すように、局所吸引装置360は、種々の操作が入力される操作部381と、種々の情報を表示する表示部382と、矢印360b(図20参照。)で示す方向における吸着パッドユニット70(図20参照。)の位置を検出する位置センサー383と、真空ポンプ63およびソレノイド73と、局所吸引装置360全体を制御する制御部384とを備えている。
位置センサー383は、操作入力部376(図20参照。)による矢印360bで示す方向における吸着パッドユニット70の移動の精度を確保するために、パッドユニット移動装置370に備えられている。
制御部384は、例えば、CPUと、プログラムおよび各種のデータを予め記憶しているROMと、CPUの作業領域として用いられるRAMとを備えている。CPUは、ROMに記憶されているプログラムを実行するようになっている。
次に、インクジェットプリンターへの局所吸引装置360の取り付けについて説明する。
図22(a)は、局所吸引装置360が取り付けられる前のインクジェットプリンター310の正面図である。図22(b)は、局所吸引装置360が取り付けられた後のインクジェットプリンター310の正面図である。
図22(a)に示すように、インクジェットプリンター310の構成は、インクジェットプリンター10(図3参照。)が局所吸引装置60(図3参照。)を備えていない構成と同様である。
図22(b)に示すように、局所吸引装置360のパッドユニット移動装置370は、インクジェットプリンター310に取り付けられる。具体的には、パッドユニット移動装置370は、矢印360a、矢印360b、矢印360cで示す方向がそれぞれ矢印10a、矢印10b(図1参照。)、矢印10cで示す方向になるように、搬送装置30に対して矢印10aで示す方向においてキャッピングステーション40およびワイピング装置50とは反対側に取り付けられる。
インクジェットプリンター310には、パッドユニット移動装置370と係合する切欠きが形成されていることが好ましい。この切欠きによって、インクジェットプリンター310にパッドユニット移動装置370が取り付けられた場合の記録ヘッド23のノズル23aとパッドユニット移動装置370との位置関係の精度を確保することができる。
パッドユニット移動装置370は、インクジェットプリンター310に取り付けられる場合、インクジェットプリンター310の一部を板バネ部371bによって挟み込むことによって固定される。
インクジェットプリンター310の記録ヘッド23のノズル面23bと、局所吸引装置360の吸着パッド71との矢印10cで示す方向の位置の調整は、操作入力部375への操作によって実行される。局所吸引装置360のパッドユニット移動装置370は、駆動軸374および操作入力部375を備えていることによって矢印10cで示す方向に吸着パッド71を移動させることができるので、様々なインクジェットプリンター310に適合させることが可能である。
例えば、局所吸引装置360は、サービスマンによって携帯されており、サービスマンによって顧客のインクジェットプリンター310に取り付けられる。
次に、局所吸引装置360による記録ヘッド23の清掃方法について説明する。
吸着パッド71による吸引は、サービスマンなどの利用者による操作部381を介した指示に基づいて制御部384が真空ポンプ63を駆動することによって実行することができる。
矢印10aで示す方向におけるノズル23aに対する吸着パッド71の位置は、インクジェットプリンター310によるキャリッジ22の駆動によって変更することができる。
矢印10bで示す方向におけるノズル23aに対する吸着パッド71の位置は、利用者による操作入力部376への操作によって変更することができる。ここで、制御部384は、位置センサー383から通知される吸着パッドユニット70の位置に基づいて、吸着パッド71の位置が記録ヘッド23のうち矢印10bで示す方向における何番目のノズル23aに対応する位置であるかを表示部382に表示する。したがって、利用者は、表示部382の表示を確認しながら操作入力部376を操作することによって、矢印10bで示す方向におけるノズル23aに対する吸着パッド71の位置を高精度に変更することができる。
矢印10cで示す方向におけるノズル23aに対する吸着パッド71の位置は、利用者による操作部381を介した指示に基づいて制御部384がソレノイド73を駆動することによって変更することができる。
したがって、利用者は、インクジェットプリンター310および局所吸引装置360を操作することによって、図9に示す動作と同様に、吸着パッド71によるノズル面23bの局所的な吸引を実行することができる。
なお、矢印10aで示す方向または矢印10bで示す方向におけるノズル23aに対する吸着パッド71の位置が予め想定されている位置から多少ずれている可能性がある場合、矢印10aで示す方向または矢印10bで示す方向におけるノズル23aに対する吸着パッド71の位置を少しずつずらしながら吸着パッド71によるノズル面23bの局所的な吸引を実行すると効果的である。
局所吸引装置360は、本実施の形態において、インクジェットプリンター310に取り付けられることによって、インクジェットプリンター310の記録ヘッド23のノズル面23bの局所的な吸引を実行するようになっている。しかしながら、局所吸引装置360は、インクジェットプリンター310から取り外された記録ヘッド23が支持部材371に対して固定されることによっても、記録ヘッド23のノズル面23bの局所的な吸引を実行することができる。局所吸引装置360は、駆動軸374および操作入力部375を備えていることによって矢印360cで示す方向に吸着パッド71を移動させることができるので、インクジェットプリンター310から取り外された記録ヘッド23が支持部材371に対して固定される場合であっても、様々な記録ヘッド23に適合させることが可能である。局所吸引装置360は、インクジェットプリンター310から取り外された記録ヘッド23が支持部材371に対して固定される場合、矢印360aで示す方向におけるノズル23aに対する吸着パッド71の位置の調整は、利用者の手作業で支持部材371に対する記録ヘッド23の固定位置が調整されることによって実行される。
なお、上述した各実施の形態においては、記録ヘッド23にインク92が充填された状態で吸着パッド71によるノズル面23bの吸引が実行されるようになっているが、記録ヘッド23にインク92の代わりに洗浄液が充填された状態で吸着パッド71によるノズル面23bの吸引が実行されるようになっていても良い。
10 インクジェットプリンター
23 記録ヘッド
23a ノズル
23b ノズル面
51 ワイパー
52 ワイパー移動装置
60 局所吸引装置(ヘッド清掃装置)
63 真空ポンプ(減圧装置)
70 吸着パッドユニット(ノズル面直交方向キャップ移動装置)
71 吸着パッド(吸引キャップ)
88a 局所吸引制御手段
91 記録媒体
92 インク
210 インクジェットプリンター
260 局所吸引装置(ヘッド清掃装置)
270 パッドユニット移動装置(ノズル面平行方向キャップ移動装置)
288a ノズル面上インク吸引制御手段
310 インクジェットプリンター
360 局所吸引装置(ヘッド清掃装置)
370 パッドユニット移動装置(ノズル面平行方向キャップ移動装置)

Claims (9)

  1. 記録媒体に対してインクを吐出する複数のノズルが形成されているノズル面を備えている記録ヘッドの清掃方法であるヘッド清掃方法であって、
    前記記録ヘッドの一部の前記ノズルを吸引のために密着して覆う吸引キャップによる前記ノズル面の局所的な吸引を実行する局所吸引ステップを備えており、
    前記局所吸引ステップは、前記ノズル面から離隔している前記吸引キャップ内を減圧装置によって減圧することによって前記吸引キャップを吸引状態にしながら前記吸引キャップを前記ノズル面に密着させるキャップ密着ステップと、前記ノズル面に密着している前記吸引キャップを前記ノズル面から離隔させるキャップ離隔ステップとを複数回繰り返すステップであることを特徴とするヘッド清掃方法。
  2. 前記キャップ離隔ステップは、前記ノズル面に密着している前記吸引キャップ内を前記減圧装置によって減圧することによって前記吸引キャップを吸引状態にしながら前記吸引キャップを前記ノズル面から離隔させるステップであることを特徴とする請求項1に記載のヘッド清掃方法。
  3. 前記局所吸引ステップは、前記吸引キャップ内を前記減圧装置によって減圧することによって前記吸引キャップを吸引状態にしながら前記キャップ密着ステップおよび前記キャップ離隔ステップを複数回繰り返すステップであることを特徴とする請求項2に記載のヘッド清掃方法。
  4. 前記記録ヘッドのうち前記インクの吐出が不良である前記ノズルを特定する不良ノズル特定ステップと、前記不良ノズル特定ステップによって特定された前記ノズルを前記吸引キャップによって吸引する位置に前記吸引キャップを移動するキャップ移動ステップとを備えていることを特徴とする請求項1から請求項3までの何れかに記載のヘッド清掃方法。
  5. 前記局所吸引ステップの前に前記ノズル面をワイピングするワイピングステップを備えていることを特徴とする請求項1から請求項3までの何れかに記載のヘッド清掃方法。
  6. 記録媒体に対してインクを吐出する複数のノズルが形成されているノズル面を備えている記録ヘッドと、前記記録ヘッドの清掃を実行するヘッド清掃装置とを備えており、
    前記ヘッド清掃装置は、前記記録ヘッドの一部の前記ノズルを吸引のために密着して覆う吸引キャップと、前記吸引キャップを吸引状態にするために前記吸引キャップ内を減圧する減圧装置と、前記ノズル面に直交する方向における前記吸引キャップの位置を変更するノズル面直交方向キャップ移動装置と、前記吸引キャップによる前記ノズル面の局所的な吸引を実行する局所吸引ステップを実行する局所吸引制御手段とを備えており、
    前記局所吸引ステップは、前記ノズル面から離隔している前記吸引キャップを前記減圧装置によって吸引状態にしながら前記吸引キャップを前記ノズル面直交方向キャップ移動装置によって前記ノズル面に密着させるキャップ密着ステップと、前記ノズル面に密着している前記吸引キャップを前記ノズル面直交方向キャップ移動装置によって前記ノズル面から離隔させるキャップ離隔ステップとを複数回繰り返すステップであることを特徴とするインクジェットプリンター。
  7. 前記ノズル面をワイピングするワイパーと、前記ノズル面に平行な方向における前記ワイパーの位置を変更するワイパー移動装置とを備えており、
    前記ワイパー移動装置は、前記ノズル面に平行な方向における前記ワイパーの位置の変更とともに前記ノズル面に平行な方向における前記吸引キャップの位置を変更することを特徴とする請求項6に記載のインクジェットプリンター。
  8. 前記ノズル面に平行な方向における前記吸引キャップの位置を変更するノズル面平行方向キャップ移動装置と、前記吸引キャップによる前記ノズル面上の前記インクの吸引を実行するノズル面上インク吸引ステップを実行するノズル面上インク吸引制御手段とを備えており、
    前記ノズル面上インク吸引ステップは、前記ノズル面から離隔している前記吸引キャップを前記減圧装置によって吸引状態にしながら前記吸引キャップを前記ノズル面平行方向キャップ移動装置によって前記ノズル面に平行な方向に移動させるステップであることを特徴とする請求項6に記載のインクジェットプリンター。
  9. 記録媒体に対してインクを吐出する複数のノズルが形成されているノズル面を備えている記録ヘッドの清掃を実行するヘッド清掃装置であって、
    前記記録ヘッドの一部の前記ノズルを吸引のために密着して覆う吸引キャップと、前記吸引キャップを吸引状態にするために前記吸引キャップ内を減圧する減圧装置と、前記ノズル面に直交する方向における前記吸引キャップの位置を変更するノズル面直交方向キャップ移動装置とを備えていることを特徴とするヘッド清掃装置。
JP2012190696A 2012-08-30 2012-08-30 ヘッド清掃方法、ヘッド清掃装置およびインクジェットプリンター Pending JP2014046528A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012190696A JP2014046528A (ja) 2012-08-30 2012-08-30 ヘッド清掃方法、ヘッド清掃装置およびインクジェットプリンター

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012190696A JP2014046528A (ja) 2012-08-30 2012-08-30 ヘッド清掃方法、ヘッド清掃装置およびインクジェットプリンター

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2014046528A true JP2014046528A (ja) 2014-03-17

Family

ID=50606697

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2012190696A Pending JP2014046528A (ja) 2012-08-30 2012-08-30 ヘッド清掃方法、ヘッド清掃装置およびインクジェットプリンター

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2014046528A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6146524B1 (ja) * 2016-09-21 2017-06-14 富士ゼロックス株式会社 払拭装置、吐出装置

Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH04141437A (en) * 1990-10-03 1992-05-14 Canon Inc Recovering method for recording means and ink jet recorder using recovering method
JPH05201026A (ja) * 1991-10-16 1993-08-10 Xerox Corp インクジェットプリンタ
JPH05201028A (ja) * 1991-06-12 1993-08-10 Fuji Xerox Co Ltd インクジェットヘッドのメンテナンス装置
JPH06191020A (ja) * 1992-12-24 1994-07-12 Ricoh Co Ltd インクジェット装置及びその使用方法
JPH10175317A (ja) * 1996-12-19 1998-06-30 Tec Corp インクジェットプリンタのヘッド吸引装置
JP2002264363A (ja) * 2001-03-12 2002-09-18 Brother Ind Ltd インクジェットプリンタ
JP2002347260A (ja) * 2001-05-22 2002-12-04 Ricoh Co Ltd 印字機構維持回復装置及びインクジェット記録装置
JP2006159545A (ja) * 2004-12-06 2006-06-22 Canon Inc インクジェット記録装置、及びインクジェット記録装置の印字機能回復機構

Patent Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH04141437A (en) * 1990-10-03 1992-05-14 Canon Inc Recovering method for recording means and ink jet recorder using recovering method
JPH05201028A (ja) * 1991-06-12 1993-08-10 Fuji Xerox Co Ltd インクジェットヘッドのメンテナンス装置
JPH05201026A (ja) * 1991-10-16 1993-08-10 Xerox Corp インクジェットプリンタ
JPH06191020A (ja) * 1992-12-24 1994-07-12 Ricoh Co Ltd インクジェット装置及びその使用方法
JPH10175317A (ja) * 1996-12-19 1998-06-30 Tec Corp インクジェットプリンタのヘッド吸引装置
JP2002264363A (ja) * 2001-03-12 2002-09-18 Brother Ind Ltd インクジェットプリンタ
JP2002347260A (ja) * 2001-05-22 2002-12-04 Ricoh Co Ltd 印字機構維持回復装置及びインクジェット記録装置
JP2006159545A (ja) * 2004-12-06 2006-06-22 Canon Inc インクジェット記録装置、及びインクジェット記録装置の印字機能回復機構

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6146524B1 (ja) * 2016-09-21 2017-06-14 富士ゼロックス株式会社 払拭装置、吐出装置
CN107856418A (zh) * 2016-09-21 2018-03-30 富士施乐株式会社 擦拭装置和喷射装置
US9975344B2 (en) 2016-09-21 2018-05-22 Fuji Xerox Co., Ltd. Wiping device and ejecting device
CN107856418B (zh) * 2016-09-21 2020-09-01 富士施乐株式会社 擦拭装置和喷射装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR100408354B1 (ko) 잉크젯프린트헤드의점검수리방법및잉크젯프린트헤드점검수리용서비스스테이션
US8277022B2 (en) Fluid ejection apparatus
US20070188545A1 (en) Liquid ejection apparatus and maintenance method of liquid ejection head
KR20110055398A (ko) 기록 장치
CN107031186B (zh) 印刷装置
JP2014046528A (ja) ヘッド清掃方法、ヘッド清掃装置およびインクジェットプリンター
JP5799563B2 (ja) 印刷装置および印刷装置の制御方法
US7393079B2 (en) Ink jet printhead garage configured to perform maintenance functions
US10737496B2 (en) Liquid ejecting apparatus and maintenance method thereof
US10556434B2 (en) Inkjet recording apparatus
JP2015145095A (ja) 液体噴射装置
JP2009012368A (ja) 流体噴射装置
JP2006240013A (ja) パターン形成装置のクリーニング装置及びクリーニング方法
JP4492279B2 (ja) 液体噴射装置
JP2010046855A (ja) 流体噴射装置およびメンテナンス方法
WO2016051825A1 (ja) インクジェットプリンター
JP2006218788A (ja) 液体噴射装置および液体噴射ヘッドのワイピング方法
JP2020138471A (ja) インクジェット記録装置及びメンテナンス方法
JP2018187859A (ja) 液体噴射装置
JP5180878B2 (ja) 流体噴射装置及び流体噴射装置のクリーニング方法
JP4857510B2 (ja) インクジェットプリンタ
JP3790754B2 (ja) インクジェットプリンタのヘッドクリーニング装置
JP6429635B2 (ja) インクジェット記録装置
JP5751366B2 (ja) 流体噴射装置
JP2000168096A (ja) インクジェットプリンタ、その初期化制御方法及び情報記録媒体

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20150617

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20160308

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20160323

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20160519

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20170125