JP2014014593A - Game machine - Google Patents

Game machine Download PDF

Info

Publication number
JP2014014593A
JP2014014593A JP2012155431A JP2012155431A JP2014014593A JP 2014014593 A JP2014014593 A JP 2014014593A JP 2012155431 A JP2012155431 A JP 2012155431A JP 2012155431 A JP2012155431 A JP 2012155431A JP 2014014593 A JP2014014593 A JP 2014014593A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
effect
game
special symbol
control board
determination
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2012155431A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP5389231B1 (en
Inventor
Go Ito
合 伊藤
Katsuji Koshikawa
勝二 越川
Original Assignee
Kyoraku Sangyo Co Ltd
京楽産業.株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kyoraku Sangyo Co Ltd, 京楽産業.株式会社 filed Critical Kyoraku Sangyo Co Ltd
Priority to JP2012155431A priority Critical patent/JP5389231B1/en
Application granted granted Critical
Publication of JP5389231B1 publication Critical patent/JP5389231B1/en
Publication of JP2014014593A publication Critical patent/JP2014014593A/en
Active legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a game machine that allows a player to easily perform an input operation during an effective period without understanding the effective period to perform the input operation beforehand due to no notification given to urge the player to perform the input operation in input means.SOLUTION: In a pachinko game machine 1, a first rendering change occurs corresponding to an operation in a rendering button during a first effective period in which notification to urge a player to operate the rendering button 26 is given. Meanwhile, a second rendering change occurs corresponding to an operation in the rendering button 26 during a second effective period in which notification to urge a player to operate the rendering button 26 is not given. Then, at the start of such a second effective period in which a back button operation is possible, the second rendering change occurs irrespective to whether or not the second rendering button has been operated.

Description

本発明は、遊技者に対して入力を促す報知が行われていないときに遊技者による入力があった場合、当該入力に応じた演出変化を発生させる機能を備える遊技機に関する。   The present invention relates to a gaming machine having a function of generating an effect change corresponding to an input when there is an input by the player when notification for prompting an input to the player is not performed.
従来の遊技機の中には、ボタン操作を促す演出が行われていない状況下で遊技者によってボタン操作が行われた場合に、ボタン操作を促す演出が行われているときにボタン操作が行われた場合には発生しない特定の演出変化を発生させる裏ボタン機能を備えるものがある(例えば特許文献1参照)。   In a conventional gaming machine, when a button operation is performed by a player in a situation where an effect for prompting button operation is not performed, the button operation is performed when the effect for prompting button operation is performed. Some of them have a back button function that generates a specific effect change that does not occur if it is broken (see, for example, Patent Document 1).
特許文献1には、遊技者が携帯通信端末を利用して裏ボタン操作を容易に行えるようにするための技術が開示されている。具体的には、遊技機において、所定のサイトから携帯通信端末にダウンロードされた裏ボタンナビプレイヤーの起動を指示するメッセージ及び起動タイミングを示す画像が表示される。これに対して、遊技者が起動指示に従って携帯通信端末を操作して裏ボタンナビプレイヤーを起動させると、携帯通信端末において、遊技機に設けられた演出ボタンの操作タイミングまでの残り時間のカウントダウン表示が行われる。これに対して、遊技者が携帯通信端末の画面を見ながら残り時間が「0」になったタイミングで演出ボタンを操作することにより、遊技機において特定の演出が行われる。   Patent Document 1 discloses a technique for allowing a player to easily perform a back button operation using a mobile communication terminal. Specifically, on the gaming machine, a message instructing activation of the back button navigation player downloaded from a predetermined site to the mobile communication terminal and an image indicating the activation timing are displayed. In contrast, when the player operates the mobile communication terminal according to the start instruction to start the back button navigation player, the remaining time until the operation button operation timing provided on the gaming machine is counted down on the mobile communication terminal. Is done. On the other hand, when the player operates the effect button at the timing when the remaining time becomes “0” while looking at the screen of the mobile communication terminal, a specific effect is performed in the gaming machine.
特開2010−5303号公報JP 2010-5303 A
ところで、従来の遊技機では、裏ボタン操作が有効になる期間が遊技者に対して報知されないため、裏ボタン操作が有効になる期間を例えば上記携帯通信端末を用いて事前に把握している遊技者しか遊技機における特定の演出変化を生じさせることができず、その結果、他の遊技者が裏ボタン操作を容易に行うことができないという問題があった。   By the way, in a conventional gaming machine, since the period during which the back button operation is valid is not notified to the player, the game in which the period during which the back button operation is valid is known in advance using the mobile communication terminal, for example. Only the player can cause a specific effect change in the gaming machine, and as a result, there is a problem that other players cannot easily operate the back button.
なお、このような問題は、遊技者によって入力可能な入力手段がタッチパネル、遊技者の動作を検知可能な光センサ、ジョイスティックといった他の入力手段である場合にも同様に生じ得る。   Such a problem can also occur when the input means that can be input by the player is another input means such as a touch panel, an optical sensor that can detect the player's operation, or a joystick.
それ故に、本発明の目的は、入力手段に対する入力を促す報知が行われない場合に、遊技者が入力の有効期間を事前に把握していなくても有効期間内に容易に入力を行うことが可能な遊技機を提供することである。   Therefore, the object of the present invention is to make it easy to input within the effective period even if the player does not know the effective period of input in advance when there is no notification prompting the input to the input means. It is to provide a possible gaming machine.
本発明は、上記の課題を解決するために以下の構成を採用した。なお、本欄における括弧内の参照符号や補足説明等は、本発明の理解を助けるために、後述する実施形態との対応関係を示したものであって、本発明を何ら限定するものではない。   The present invention employs the following configuration in order to solve the above problems. Note that the reference numerals in parentheses and supplementary explanations in this column show the correspondence with the embodiments described later in order to help understanding of the present invention, and do not limit the present invention at all. .
本発明に係る遊技機(1)は、遊技者によって入力可能な入力手段(26)と、遊技者に対して入力を促す報知を実行する報知手段(141,5,S1415)と、前記報知手段による報知が行われる第1の有効期間中に前記入力手段からの入力があった場合に、所定の演出手段(5)に当該入力に応じた第1の演出変化(図8(B))を発生させる第1演出制御手段(141,S1421)と、前記報知手段による報知が行われない第2の有効期間中に前記入力手段からの入力があった場合に、前記演出手段に当該入力に応じた第2の演出変化(図9(A)及び(B))を発生させる第2演出制御手段(141,S1423)とを備え、前記第2演出制御手段は、前記第2の有効期間が始まる際に、前記入力手段からの入力の有無に関わらず、前記演出手段に前記第2の演出変化を発生させる(S1416)。   The gaming machine (1) according to the present invention includes an input means (26) that can be input by a player, notification means (141, 5, S1415) for executing notification that prompts the player to input, and the notification means. When there is an input from the input means during the first effective period in which the notification is performed, the first effect change (FIG. 8B) corresponding to the input is given to the predetermined effect means (5). When there is an input from the input means during the second effective period during which the notification means does not perform the first effect control means (141, S1421) to be generated, the effect means responds to the input Second effect control means (141, S1423) for generating a second effect change (FIGS. 9A and 9B), and the second effect control means starts the second effective period. In the presence or absence of input from the input means. , To generate the second effect changes to the presentation means (S1416).
前記第2の演出変化の発生状況を遊技履歴として記憶する記憶手段(143)と、前記記憶手段に記憶されている遊技履歴をコード化したコード情報を生成する生成手段(144)と、前記生成手段によって生成されたコード情報を表示する表示手段(5)とを備えていてもよい。   Storage means (143) for storing the occurrence status of the second effect change as a game history, generation means (144) for generating code information obtained by encoding the game history stored in the storage means, and the generation Display means (5) for displaying the code information generated by the means.
この発明によれば、入力手段に対する入力を促す報知が行われない場合に、遊技者が入力の有効期間を事前に把握していなくても有効期間内に容易に入力を行うことができる。   According to the present invention, when notification for prompting input to the input means is not performed, the player can easily input within the valid period even if the player does not know the valid period of input in advance.
パチンコ遊技機1の概略正面図Schematic front view of pachinko machine 1 パチンコ遊技機1の一部を示す概略平面図Schematic plan view showing a part of the pachinko gaming machine 1 図1における表示器4の拡大図Enlarged view of the display 4 in FIG. 特定領域9の内部構造を示す概略斜視図Schematic perspective view showing the internal structure of the specific region 9 大当たりと遊技状態について説明するための説明図Explanatory diagram for explaining the jackpot and gaming state インターネットを介した携帯通信端末300とサーバ500との遊技システムの構成例を示すシステム構成図System configuration diagram showing a configuration example of a gaming system of the mobile communication terminal 300 and the server 500 via the Internet 遊技システムのシーケンスを示す図The figure which shows the sequence of the game system 遊技者にボタン操作を促す報知が行われる第1の有効期間において行われる演出の一例について説明するための説明図Explanatory drawing for demonstrating an example of the production | presentation performed in the 1st effective period when the alert | report which prompts a player to operate a button is performed. 遊技者にボタン操作を促す報知が行われない第2の有効期間において行われる演出の一例について説明するための説明図Explanatory drawing for demonstrating an example of the production | presentation performed in the 2nd effective period when the alert | report which prompts a player to operate a button is not performed. 有効期間中に行われるボタン操作に関する各種演出の実行タイミングを例示したタイムチャートTime chart illustrating the execution timing of various effects related to button operations performed during the effective period パチンコ遊技機1が備える制御装置の構成例を示すブロック図The block diagram which shows the structural example of the control apparatus with which the pachinko gaming machine 1 is provided. 遊技制御基板100において実行されるタイマ割込み処理の一例を示すフローチャートThe flowchart which shows an example of the timer interruption process performed in the game control board 100 図12のステップS2におけるスイッチ処理の詳細フローチャートDetailed flowchart of the switch process in step S2 of FIG. 図13のステップS21における第1始動口スイッチ処理の詳細フローチャートDetailed flowchart of the first start port switch process in step S21 of FIG. 図13のステップS22における第2始動口スイッチ処理の詳細フローチャートDetailed flowchart of the second start port switch process in step S22 of FIG. 図12のステップS3における特別図柄処理の詳細フローチャートDetailed flowchart of special symbol processing in step S3 of FIG. 図16のステップS307における大当たり判定処理の詳細フローチャートDetailed flowchart of jackpot determination processing in step S307 of FIG. 図16のステップS308における変動パターン選択処理の詳細フローチャートDetailed flowchart of the variation pattern selection process in step S308 of FIG. 演出制御基板130において実行されるタイマ割込み処理の一例を示すフローチャートThe flowchart which shows an example of the timer interruption process performed in the production control board 130 図19のステップS10におけるコマンド受信処理の詳細フローチャートDetailed flowchart of command reception processing in step S10 of FIG. 図19のステップS10におけるコマンド受信処理の詳細フローチャートDetailed flowchart of command reception processing in step S10 of FIG. 図20のステップS110における変動演出パターン設定処理の詳細フローチャートDetailed flowchart of the variation effect pattern setting process in step S110 of FIG. 画像音響制御基板140において実行されるタイマ割込み処理の一例を示すフローチャートThe flowchart which shows an example of the timer interruption process performed in the image sound control board 140 画像音響制御基板140において実行されるタイマ割込み処理の一例を示すフローチャートThe flowchart which shows an example of the timer interruption process performed in the image sound control board 140 ランプ制御基板150において実行されるタイマ割込み処理の一例を示すフローチャートThe flowchart which shows an example of the timer interruption process performed in the lamp control board 150
[第1の実施形態]
以下、適宜図面を参照しつつ、本発明の第1の実施形態に係るパチンコ遊技機1について説明する。
[First Embodiment]
Hereinafter, the pachinko gaming machine 1 according to the first embodiment of the present invention will be described with reference to the drawings as appropriate.
[パチンコ遊技機1の概略構成例]
まず、図1及び図2を参照しつつ、パチンコ遊技機1の概略構成について説明する。ここで、図1は、パチンコ遊技機1の概略正面図である。図2は、パチンコ遊技機1の一部を示す概略平面図である。パチンコ遊技機1は、本実施形態では、1種2種混合タイプと呼ばれるパチンコ遊技機として構成されている。図1及び図2に示されるように、パチンコ遊技機1は、入賞や判定に関する役物等が設けられた遊技盤2と、遊技盤2を囲む枠部材3とを備えている。枠部材3は、遊技盤2と所定の間隔を隔てて平行配置された透明なガラス板を支持しており、このガラス板と遊技盤2とによって、遊技球が流下可能な遊技領域10が形成されている。
[Example of schematic configuration of pachinko gaming machine 1]
First, a schematic configuration of the pachinko gaming machine 1 will be described with reference to FIGS. 1 and 2. Here, FIG. 1 is a schematic front view of the pachinko gaming machine 1. FIG. 2 is a schematic plan view showing a part of the pachinko gaming machine 1. In the present embodiment, the pachinko gaming machine 1 is configured as a pachinko gaming machine called a type 1 / type 2 mixed type. As shown in FIG. 1 and FIG. 2, the pachinko gaming machine 1 includes a gaming board 2 provided with a prize or a combination related to determination, and a frame member 3 surrounding the gaming board 2. The frame member 3 supports a transparent glass plate arranged in parallel with the game board 2 at a predetermined interval. The glass board and the game board 2 form a game area 10 in which a game ball can flow down. Has been.
遊技者がハンドル20を握ってレバー21を時計方向に回転させると、皿28に溜められた遊技球が発射装置(不図示)へと案内され、ハンドル20の回転角度に応じた打球力で遊技領域10へと発射される。この遊技領域10には、不図示の遊技クギや風車等が設けられており、発射された遊技球は、遊技領域10における上部位置へと案内され、遊技クギや風車等に接触することでその移動方向を変化させながら遊技盤2に沿って落下する。なお、遊技球の発射は、遊技者が停止ボタン22を操作することによって一時的に停止される。   When the player grasps the handle 20 and rotates the lever 21 in the clockwise direction, the game balls stored in the tray 28 are guided to the launching device (not shown), and the game is performed with the hitting force according to the rotation angle of the handle 20. Fired into region 10. This game area 10 is provided with game nails, windmills, etc. (not shown), and the launched game balls are guided to the upper position in the game area 10 and contacted with the game nails, windmills, etc. It falls along the game board 2 while changing the moving direction. Note that the game ball is temporarily stopped when the player operates the stop button 22.
また、皿28と近接配置された取り出しボタン23を遊技者が操作すると、皿28の下面の一部が開口されて、皿28に溜まった遊技球が皿28の下方に配置された不図示の箱に落下する。なお、皿28は、発射装置へ供給される遊技球及び賞球を溜める上皿と、賞球を溜める下皿との2つの皿によって構成されてもよい。   In addition, when the player operates the take-out button 23 that is disposed close to the tray 28, a part of the lower surface of the tray 28 is opened, and the game balls accumulated on the tray 28 are disposed below the tray 28 (not shown). Fall into the box. The dish 28 may be constituted by two dishes, an upper dish for storing game balls and prize balls supplied to the launching device, and a lower dish for collecting prize balls.
遊技者がハンドル20を小さい回転角で回転させた状態を維持するいわゆる「左打ち」を行うと、遊技球が相対的に弱い打球力で打ち出される。この場合、遊技球は、矢印31に例示されるように遊技領域10における左側領域を流下する。一方、遊技者がハンドル20を大きい回転角で回転させた状態を維持するいわゆる「右打ち」を行うと、遊技球が相対的に強い打球力で打ち出される。この場合、遊技球は、矢印32に例示されるように遊技領域10における右側領域を流下する。   When the player performs a so-called “left strike” in which the handle 20 is rotated at a small rotation angle, the game ball is launched with a relatively weak hitting force. In this case, the game ball flows down the left area in the game area 10 as exemplified by the arrow 31. On the other hand, when the player performs a so-called “right strike” in which the handle 20 is rotated at a large rotation angle, the game ball is launched with a relatively strong hitting force. In this case, the game ball flows down the right region in the game region 10 as illustrated by the arrow 32.
左打ちされた遊技球の通過経路には、入賞や判定に関する役物として、第1始動口11、第2始動口12、2つの普通入賞口14、及び電動チューリップ17が設けられている。また、右打ちされた遊技球の通過経路には、入賞や判定に関する役物として、上記第2始動口12、大入賞口13、2つの普通入賞口14、ゲート16、上記電動チューリップ17、特定入賞口19、及び羽根部材90が設けられている。   A first starting port 11, a second starting port 12, two normal winning ports 14, and an electric tulip 17 are provided in the passing path of the left-handed game ball as a winning and determining role. In addition, in the passing path of the right-handed game ball, the second starting port 12, the big winning port 13, the two normal winning ports 14, the gate 16, the electric tulip 17, and the specified character are used as the winning and determination-related items. A winning opening 19 and a blade member 90 are provided.
遊技領域10に打ち出された遊技球は、遊技盤2に沿って流下する過程で、第1始動口11、第2始動口12、大入賞口13、普通入賞口14などに入球して入賞する。これにより、入賞した箇所に応じた所定数の賞球が皿28に払い出される。なお、入賞しなかった遊技球は、排出口18を介して遊技領域10から排出される。   In the process of flowing down along the game board 2, the game balls launched into the game area 10 enter the first starting port 11, the second starting port 12, the big winning port 13, the normal winning port 14, and the like to win a prize. To do. As a result, a predetermined number of prize balls corresponding to the winning location are paid out to the tray 28. The game balls that have not won a prize are discharged from the game area 10 through the discharge port 18.
第1始動口11は、常時開放されている始動口であり、第2始動口12は、普通電動役物としての電動チューリップ17が作動しているときだけ開放される始動口である。パチンコ遊技機1では、遊技球が第1始動口11を通過して入賞した場合、又は遊技球が第2始動口12を通過して入賞した場合、遊技者にとって有利な大当たり遊技(特別遊技)を実行するか否かが判定され、その判定結果が後述する表示器4に表示される。   The first start port 11 is a start port that is always open, and the second start port 12 is a start port that is opened only when the electric tulip 17 as an ordinary electric accessory is operating. In the pachinko gaming machine 1, when a game ball wins through the first start port 11, or when a game ball wins through the second start port 12, a jackpot game (special game) advantageous to the player Is determined, and the determination result is displayed on the display 4 described later.
なお、以下の説明では、第1始動口11への遊技球の入賞を条件として実行される判定を「第1特別図柄判定」と呼び、第2始動口12への遊技球の入賞を条件として実行される判定を「第2特別図柄判定」と呼び、これらの判定を総称して「特別図柄判定」と呼ぶものとする。   In the following description, the determination executed on condition that a game ball wins the first start port 11 is referred to as “first special symbol determination”, and the game ball wins on the second start port 12 is a condition. The determination to be executed is referred to as “second special symbol determination”, and these determinations are collectively referred to as “special symbol determination”.
大入賞口13は、特別図柄判定の結果に応じて開放される特別入賞領域である。この大入賞口13の開口部には、大入賞口13を開閉するプレートが設けられている。大入賞口13は、通常はこのプレートによって閉塞されている。これに対して、特別図柄判定の判定結果が「大当たり」であることを示す所定の大当たり図柄が表示器4に停止表示された場合、すなわち1種大当たりが発生した場合、上記プレートを作動させて大入賞口13を開放する大当たり遊技が実行される。このため、遊技者は、大当たり遊技中に右打ちを行うことで、大当たり遊技が行われていないときに比べてより多くの賞球を得ることができる。なお、第2特別図柄判定の結果が小当たりであることを示す所定の小当たり図柄が表示器4に停止表示されると、後述する羽根部材90を開放する小当たり遊技が実行される。この小当たり遊技中には、V入賞口92(図4参照)が一時的に開放され、この間にV入賞口92に遊技球が入賞することで2種大当たりが発生する。大入賞口13は、このように2種大当たりが発生した場合にも開放される。   The special winning opening 13 is a special winning area that is opened according to the result of the special symbol determination. A plate for opening and closing the big prize opening 13 is provided at the opening of the big prize opening 13. The special winning opening 13 is normally closed by this plate. On the other hand, when a predetermined jackpot symbol indicating that the determination result of the special symbol determination is “big jackpot” is stopped and displayed on the display 4, that is, when one kind of big jackpot occurs, the plate is operated. A jackpot game that opens the big prize opening 13 is executed. For this reason, the player can obtain more prize balls by making a right hit during the jackpot game compared to when the jackpot game is not being played. When a predetermined small hit symbol indicating that the result of the second special symbol determination is a small hit is stopped and displayed on the display 4, a small hit game for opening the blade member 90 described later is executed. During the small hit game, the V winning opening 92 (see FIG. 4) is temporarily opened, and a game ball wins the V winning opening 92 during this time, thereby generating two types of big wins. The big winning opening 13 is also opened when two types of jackpots are generated.
電動チューリップ17は、第2始動口12に近接配置されており、一対の羽根部材を有している。この電動チューリップ17は、一対の羽根部材が第2始動口12を閉塞する閉姿勢(図1参照)と、第2始動口12を開放する開姿勢(不図示)とに姿勢変化可能に構成されている。   The electric tulip 17 is disposed close to the second starting port 12 and has a pair of blade members. The electric tulip 17 is configured to change its posture between a closed posture (see FIG. 1) in which the pair of blade members closes the second starting port 12 and an open posture (not shown) in which the second starting port 12 is opened. ing.
第2始動口12は、図1に示されるように、通常は電動チューリップ17によって閉塞されている。これに対して、遊技球がゲート16を通過すると、賞球の払い出しは行われないものの、第2始動口12を開放するか否かが判定される。ここで、第2始動口12を開放すると判定された場合、電動チューリップ17の一対の羽根部材が規定時間開姿勢を維持した後に閉姿勢に戻る動作が規定回数行われる。このように、第2始動口12は、電動チューリップ17が作動していないときには遊技球が入賞し難い状態であるのに対して、電動チューリップ17が作動することによって遊技球が入賞し易い状態となる。なお、以下の説明では、遊技球がゲート16を通過したことを条件として実行される判定を「普通図柄判定」と呼ぶものとする。   As shown in FIG. 1, the second start port 12 is normally closed by an electric tulip 17. On the other hand, when the game ball passes through the gate 16, it is determined whether or not the second start port 12 is to be opened, although no prize ball is paid out. Here, when it is determined that the second start port 12 is to be opened, the operation of returning to the closed posture after the pair of blade members of the electric tulip 17 has maintained the open posture for the specified time is performed a predetermined number of times. As described above, the second starting port 12 is in a state where it is difficult for the game ball to win when the electric tulip 17 is not operated, whereas the game ball is easily won by operating the electric tulip 17. Become. In the following description, the determination executed on condition that the game ball has passed through the gate 16 is referred to as “normal symbol determination”.
普通入賞口14は、第1始動口11と同様に常時開放されており、遊技球の入賞によって所定個数の賞球が払い出される入賞口である。なお、第1始動口11等とは異なり、普通入賞口14に遊技球が入賞しても判定が行われることはない。   The normal winning opening 14 is always open like the first start opening 11 and is a winning opening through which a predetermined number of winning balls are paid out by winning a game ball. Unlike the first starting port 11 and the like, even if a game ball wins the normal winning port 14, no determination is made.
後述するメイン液晶表示装置5の前面側には、特別図柄判定の結果に応じて一時的に開放される特定領域9が設けられている。この特定領域9については、図4に基づいて後に詳述する。   On the front side of the main liquid crystal display device 5 to be described later, a specific area 9 that is temporarily opened according to the result of the special symbol determination is provided. The specific area 9 will be described later in detail with reference to FIG.
図1に示されるように、遊技盤2又は枠部材3には、各種の演出を行うものとして、メイン液晶表示装置5、サブ液晶表示装置6、ロゴ役物7、スピーカ24、及び枠ランプ25が設けられている。   As shown in FIG. 1, the game board 2 or the frame member 3 has various functions such as a main liquid crystal display device 5, a sub liquid crystal display device 6, a logo accessory 7, a speaker 24, and a frame lamp 25. Is provided.
メイン液晶表示装置5は、演出画像を表示する画像表示装置であり、遊技者によって視認され易い位置に設けられている。メイン液晶表示装置5には、例えば、特別図柄判定の結果を報知する装飾図柄、予告演出などを行うキャラクタやアイテム、第1特別図柄判定が保留されていることを示す保留表示画像等が表示される。   The main liquid crystal display device 5 is an image display device that displays an effect image, and is provided at a position that is easily visible by a player. The main liquid crystal display device 5 displays, for example, a decorative symbol for notifying the result of the special symbol determination, a character or item for performing a notice effect, a hold display image indicating that the first special symbol determination is held, and the like. The
サブ液晶表示装置6は、演出画像を表示する画像表示装置であり、メイン液晶表示装置5の上方に設けられている。サブ液晶表示装置6としては、メイン液晶表示装置5に比べて表示画面が小さいものが用いられ、主に、メイン液晶表示装置5で行われる演出に関連する演出を行うために使用される。   The sub liquid crystal display device 6 is an image display device that displays an effect image, and is provided above the main liquid crystal display device 5. As the sub liquid crystal display device 6, one having a display screen smaller than that of the main liquid crystal display device 5 is used. The sub liquid crystal display device 6 is mainly used for performing effects related to effects performed in the main liquid crystal display device 5.
なお、本実施形態では、メイン液晶表示装置5及びサブ液晶表示装置6が共に液晶表示装置によって構成されている場合について説明するが、これらの両方又はどちらか一方が例えばEL表示装置等の他の画像表示装置によって構成されてもよい。また、メイン液晶表示装置5のみを備えていてもよい。   In the present embodiment, a case where both the main liquid crystal display device 5 and the sub liquid crystal display device 6 are configured by a liquid crystal display device will be described. However, both or one of them is another type such as an EL display device. You may comprise by an image display apparatus. Further, only the main liquid crystal display device 5 may be provided.
ロゴ役物7は、サブ液晶表示装置6に対して可動に構成されており、サブ液晶表示装置6に遊技者の視線を誘導することを目的として、サブ液晶表示装置6において演出が行われるのに先立って振動するように動作する。   The logo accessory 7 is configured to be movable with respect to the sub liquid crystal display device 6, and for the purpose of guiding the player's line of sight to the sub liquid crystal display device 6, an effect is performed on the sub liquid crystal display device 6. Operate to vibrate prior to.
スピーカ24は、メイン液晶表示装置5又はサブ液晶表示装置6で行われる表示演出と同期するように楽曲や音声、効果音等を出力して音による演出を行う。枠ランプ25は、発光色や発光パターン、光の放射方向を変化させることによって光による演出を行う。   The speaker 24 produces a sound effect by outputting music, sound, sound effects, etc. so as to synchronize with the display effect performed in the main liquid crystal display device 5 or the sub liquid crystal display device 6. The frame lamp 25 produces an effect by light by changing a light emission color, a light emission pattern, and a light emission direction.
[パチンコ遊技機1の入力手段の構成例]
枠部材3には、遊技者によって操作される演出ボタン26及び演出キー27が皿28に近接して設けられている(図2参照)。
[Configuration example of input means of pachinko gaming machine 1]
The frame member 3 is provided with an effect button 26 and an effect key 27 operated by the player in the vicinity of the plate 28 (see FIG. 2).
演出ボタン26は、遊技者が押下することによって操作情報を入力するための押ボタンである。パチンコ遊技機1では、演出ボタン26の操作を促す所定の演出画像をメイン液晶表示装置5に表示させることにより、遊技者に対して演出ボタン26の操作を促す報知演出が行われる場合がある。この報知演出は、演出ボタン26の操作が有効になる有効期間中に行われる。これに対して、遊技者が演出ボタン26を押下することにより、メイン液晶表示装置5において、その押下に応じた所定の演出変化が発生する。   The effect button 26 is a push button for inputting operation information when pressed by the player. In the pachinko gaming machine 1, a notification effect that prompts the player to operate the effect button 26 may be performed by displaying a predetermined effect image that prompts the operation of the effect button 26 on the main liquid crystal display device 5. This notification effect is performed during an effective period in which the operation of the effect button 26 is valid. On the other hand, when the player presses the effect button 26, a predetermined effect change corresponding to the press occurs in the main liquid crystal display device 5.
一方、パチンコ遊技機1では、上記報知演出が行われていない場合でも演出ボタン26の操作が有効になる有効期間があり、この有効期間中に遊技者が演出ボタン26を押下することにより、メイン液晶表示装置5においてその押下に応じた所定の演出変化が発生する。   On the other hand, in the pachinko gaming machine 1, there is an effective period in which the operation of the effect button 26 is valid even when the notification effect is not performed, and the player presses the effect button 26 during this effective period, thereby causing the main In the liquid crystal display device 5, a predetermined effect change according to the depression occurs.
なお、以下の説明では、演出ボタン26の操作を促す報知演出が行われる有効期間を「第1の有効期間」と呼び、演出ボタン26の操作を促す報知演出が行われない有効期間を「第2の有効期間」と呼び、これらを総称して「有効期間」と呼ぶものとする。また、第1の有効期間中に演出ボタン26が操作されたことに応じて発生する演出変化を「第1の演出変化」と呼び、第2の有効期間中に演出ボタン26が操作されたことに応じて発生する演出変化を「第2の演出変化」と呼び、これらを総称して「有効期間」と呼ぶものとする。   In the following description, the effective period in which the notification effect that prompts the user to operate the effect button 26 is referred to as a “first effective period”, and the effective period in which the notification effect that prompts the user to operate the effect button 26 is not performed. 2 ”, and these are collectively referred to as“ effective period ”. Also, an effect change that occurs in response to the operation of the effect button 26 during the first effective period is referred to as “first effect change”, and the effect button 26 is operated during the second effective period. An effect change that occurs in response to this is called a “second effect change”, and these are collectively called an “effective period”.
図2には示されていないが、演出ボタン26には、演出ボタン26を発光させるボタンランプ261(図11参照)が内蔵されている。このボタンランプ261は、演出ボタン26の有効期間中であることを暗示するものであり、有効期間中に発光する一方で、有効期間中ではないときには発光しない。   Although not shown in FIG. 2, the effect button 26 includes a button lamp 261 (see FIG. 11) that causes the effect button 26 to emit light. This button lamp 261 implies that the effect button 26 is in the effective period, and emits light during the effective period, but does not emit light when it is not in the effective period.
演出キー27は、図2に示されるように、中央キーと中央キーの周辺に配置された4つの周辺キーとを有して構成されている。中央キーは、決定ボタンとして機能するものである。周辺キーは、遊技者が選択操作を行うためのものであり、遊技者が4つの周辺キーのいずれかを押下することによって、上下左右のいずれかの方向を選択したり、メイン液晶表示装置5に表示された複数の選択肢の中からいずれかを選択したりすることができる。   As shown in FIG. 2, the effect key 27 includes a center key and four peripheral keys arranged around the center key. The center key functions as an enter button. The peripheral keys are for the player to perform a selection operation. When the player presses one of the four peripheral keys, the player selects one of the upper, lower, left, and right directions, or the main liquid crystal display device 5. It is possible to select any one of a plurality of options displayed in.
[表示器4の構成例]
図3は、図1における表示器4の拡大図である。表示器4は、主に特別図柄判定や普通図柄判定に関する情報を表示するものであり、図3に示されるように、第1特別図柄表示器41、第2特別図柄表示器42、第1特別図柄保留表示器43、普通図柄表示器45、普通図柄保留表示器46、及び遊技状態表示器47を有して構成されている。
[Configuration Example of Display 4]
FIG. 3 is an enlarged view of the display 4 in FIG. The display 4 mainly displays information related to special symbol determination and normal symbol determination. As shown in FIG. 3, the first special symbol display 41, the second special symbol display 42, and the first special symbol display. A symbol holding display 43, a normal symbol display 45, a normal symbol holding display 46, and a game state display 47 are configured.
第1特別図柄表示器41は、第1特別図柄判定が行われると、図柄を変動表示してから第1特別図柄判定の判定結果を示す判定図柄を停止表示することによって第1特別図柄判定の判定結果を報知する。この第1特別図柄表示器41には、第1特別図柄判定の結果が「大当たり」(1種大当たり)であることを示す大当たり図柄、又は第1特別図柄判定の結果がハズレであることを示すハズレ図柄が停止表示される。   When the first special symbol determination is performed, the first special symbol display 41 displays the determination symbol indicating the determination result of the first special symbol determination after variably displaying the symbol, thereby displaying the first special symbol determination. The determination result is notified. The first special symbol display 41 indicates that the result of the first special symbol determination is “big hit” (1 type big hit), or that the result of the first special symbol determination is lost. Lost symbols are stopped and displayed.
第2特別図柄表示器42は、第2特別図柄判定が行われると、図柄を変動表示してから第2特別図柄判定の判定結果を示す判定図柄を停止表示することによって第2特別図柄判定の判定結果を報知する。この第2特別図柄表示器42には、第2特別図柄判定の判定結果が「大当たり」(1種大当たり)であることを示す大当たり図柄、第2特別図柄判定の結果が小当たりであることを示す小当たり図柄、又は第2特別図柄判定の結果がハズレであることを示すハズレ図柄が停止表示される。   When the second special symbol determination is performed, the second special symbol display 42 displays the determination symbol indicating the determination result of the second special symbol determination after variably displaying the symbol, thereby displaying the second special symbol determination. The determination result is notified. The second special symbol display 42 indicates that the determination result of the second special symbol determination is “big hit” (type 1 big hit) and that the result of the second special symbol determination is a small hit. The lost symbol indicating that the small hit symbol shown or the result of the second special symbol determination is lost is displayed in a stopped manner.
ところで、特別図柄判定に係る図柄の変動表示中や大当たり遊技中、後述する小当たり遊技中に第1始動口11に新たに遊技球が入賞した場合、この入賞を契機とする第1特別図柄判定及び図柄の変動表示を即座に実行することができない。そこで、本実施形態におけるパチンコ遊技機1は、第1始動口11に遊技球が入賞しても即座に第1特別図柄判定を実行できない場合に、第1特別図柄判定の権利が保留されるように構成されている。第1特別図柄保留表示器43は、このようにして保留された第1特別図柄判定の保留数を表示する。   By the way, when a game ball is newly won at the first start port 11 during the symbol variation display, the big hit game, or the small hit game, which will be described later, the first special symbol judgment triggered by this winning. In addition, it is not possible to immediately execute the variable display of symbols. Therefore, the pachinko gaming machine 1 according to the present embodiment seems to hold the right of the first special symbol determination when the first special symbol determination cannot be immediately executed even if a game ball wins the first starting port 11. It is configured. The first special symbol hold indicator 43 displays the number of hold of the first special symbol determination held in this way.
なお、パチンコ遊技機1では、第2始動口12に遊技球が入賞しても第2特別図柄判定及び図柄の変動表示を即座に実行できない場合、すなわち特別図柄判定に係る図柄の変動表示中や大当たり遊技中、小当たり遊技中に第2始動口12に新たに遊技球が入賞した場合には、第2特別図柄判定は実行されず、また、第2特別図柄判定の権利が保留されることもない。このため、表示器4には、第2特別図柄判定の保留数を表示する表示器は設けられていない。   In the pachinko gaming machine 1, even if a game ball wins at the second starting port 12, the second special symbol determination and the symbol variation display cannot be executed immediately, that is, during the symbol variation display related to the special symbol determination or When a game ball is newly won at the second starting port 12 during the big hit game or the small hit game, the second special symbol judgment is not executed, and the right of the second special symbol judgment is reserved. Nor. For this reason, the display device 4 is not provided with a display device that displays the number of reserved second symbol determinations.
普通図柄表示器45は、普通図柄判定が行われると、図柄を変動表示してから普通図柄判定の判定結果を示す判定図柄を停止表示することによって普通図柄判定の判定結果を報知する。なお、例えば普通図柄表示器45における図柄の変動表示中など、遊技球がゲート16を通過しても普通図柄判定及び普通図柄判定に係る図柄の変動表示を即座に実行できない場合には、普通図柄判定の権利が保留される。普通図柄保留表示器46は、このようして保留された普通図柄判定の保留数を表示する。遊技状態表示器47は、パチンコ遊技機1の電源投入時点における遊技状態を表示する。パチンコ遊技機1の遊技状態については、図5に基づいて後に詳述する。   When the normal symbol determination is performed, the normal symbol display 45 notifies the determination result of the normal symbol determination by suspending and displaying the determination symbol indicating the determination result of the normal symbol determination after variably displaying the symbol. Note that the normal symbol determination and the symbol variation display related to the normal symbol determination cannot be immediately executed even if the game ball passes through the gate 16, such as during the symbol variation display on the normal symbol display 45, for example. Judgment rights are withheld. The normal symbol hold display 46 displays the number of hold for normal symbol determination held in this way. The game state display 47 displays the game state at the time when the power of the pachinko gaming machine 1 is turned on. The gaming state of the pachinko gaming machine 1 will be described in detail later based on FIG.
なお、以下の説明では、第1特別図柄表示器41又は第2特別図柄表示器42に表示される図柄を「特別図柄」と呼び、普通図柄表示器45に表示される図柄を「普通図柄」と呼ぶものとする。   In the following description, the symbol displayed on the first special symbol display 41 or the second special symbol display 42 is called “special symbol”, and the symbol displayed on the normal symbol display 45 is “normal symbol”. Shall be called.
[特定領域9の構成例]
図4は、特定領域9の内部構造を示す模式図である。図4における鉛直方向34及び幅方向35は、図1における鉛直方向34及び幅方向35と対応している。特定領域9は、小当たりが発生することによって遊技球が進入可能に開放される領域であり、その入口である特定入賞口19には、特定入賞口19を開閉する羽根部材90が設けられている。
[Configuration Example of Specific Area 9]
FIG. 4 is a schematic diagram showing the internal structure of the specific region 9. The vertical direction 34 and the width direction 35 in FIG. 4 correspond to the vertical direction 34 and the width direction 35 in FIG. The specific area 9 is an area where the game ball is opened so as to be able to enter when a small hit occurs, and a blade member 90 that opens and closes the specific prize opening 19 is provided in the specific prize opening 19 that is the entrance. Yes.
本実施形態におけるパチンコ遊技機1では、第1特別図柄表示器41又は第2特別図柄表示器42に特別図柄判定の結果が「大当たり」であることを示す大当たり図柄が判定図柄として停止表示されると、1種大当たりとなって大当たり遊技が実行される。この大当たり遊技は、所定条件(例えば大入賞口13への9個の遊技球の入賞、又は大入賞口13が開放されてから29秒が経過)を満たすまで大入賞口13を開放した状態を維持した後に大入賞口13を閉塞する長開放ラウンド遊技を規定回数実行するものである。   In the pachinko gaming machine 1 according to the present embodiment, a jackpot symbol indicating that the result of the special symbol determination is “big hit” is stopped and displayed as a determination symbol on the first special symbol display 41 or the second special symbol display 42. And a jackpot game is executed with one kind of big hit. The jackpot game is a state in which the big prize opening 13 is opened until a predetermined condition is satisfied (for example, nine game balls won in the big prize opening 13 or 29 seconds have passed since the big prize opening 13 is opened). A long open round game in which the special winning opening 13 is closed after being maintained is executed a prescribed number of times.
一方、第2特別図柄表示器42に第2特別図柄判定の結果が「小当たり」であることを示す小当たり図柄が判定図柄として停止表示されると、羽根部材90を作動させて特定領域9を開放する小当たり遊技が実行される。この小当たり遊技では、特定領域9を開放してから所定時間(例えば3.2秒)が経過するまで特定領域9を開放した状態を維持した後に特定領域9を閉塞する羽根部材90の動作が規定回数(例えば1回)実行される。このように、小当たりが発生することで、特定領域9への遊技球の進入が可能になる。   On the other hand, when the small hit symbol indicating that the result of the second special symbol determination is “small hit” is stopped and displayed as the determination symbol on the second special symbol display 42, the blade member 90 is operated to operate the specific region 9. A small hit game that releases is executed. In this small hit game, the operation of the blade member 90 that closes the specific area 9 after maintaining the state in which the specific area 9 is opened until a predetermined time (for example, 3.2 seconds) elapses after the specific area 9 is opened. It is executed a prescribed number of times (for example, once). In this way, when the small hit occurs, the game ball can enter the specific area 9.
図4に示されるように、特定領域9には、案内部材91、V入賞口92、ハズレ入賞口93、及びスライド部材94が設けられている。案内部材91は、特定入賞口19から特定領域9に進入した遊技球をV入賞口92又はハズレ入賞口93へと案内するものである。V入賞口92又はハズレ入賞口93に遊技球が入賞した場合、所定数の賞球が払い出される。ハズレ入賞口93が常時開放されているのに対して、V入賞口92は、通常はスライド部材94によって閉塞されており、特定入賞口19が開放された後の所定期間だけ開放される。具体的には、本実施形態では、特定入賞口19が開放されてから例えば0.5秒後にスライド部材94がスライドしてV入賞口92が開放され、V入賞口92の開放から0.2秒が経過するとスライド部材94が図3に示される元の位置に戻ってV入賞口92が閉塞される。そして、このV入賞口92の開放期間にV入賞口92に遊技球が入賞(V入賞)することで2種大当たりが発生し、小当たり遊技に続いて大当たり遊技が実行される。なお、V入賞口92の開放期間中に遊技球がV入賞口92に入賞しなかった場合、小当たり遊技に続く大当たり遊技は行われない。   As shown in FIG. 4, the specific region 9 is provided with a guide member 91, a V winning opening 92, a lose winning opening 93, and a slide member 94. The guide member 91 guides the game ball that has entered the specific area 9 from the specific winning opening 19 to the V winning opening 92 or the lost winning opening 93. When a game ball wins the V winning opening 92 or the lose winning opening 93, a predetermined number of winning balls are paid out. The lose prize opening 93 is always open, whereas the V prize opening 92 is normally closed by the slide member 94 and is opened only for a predetermined period after the specific prize opening 19 is opened. Specifically, in this embodiment, for example, 0.5 seconds after the specific winning opening 19 is opened, the slide member 94 slides to open the V winning opening 92, and 0.2 V from the opening of the V winning opening 92. When the second elapses, the slide member 94 returns to the original position shown in FIG. 3, and the V winning opening 92 is closed. Then, when the game ball wins the V winning opening 92 during the opening period of the V winning opening 92 (V winning), two types of big wins are generated, and the big hit game is executed following the small hit game. If the game ball does not win the V winning opening 92 during the opening period of the V winning opening 92, the big hit game following the small hit game is not performed.
なお、本実施形態では、V入賞口92がスライド部材94によって開閉される場合について説明するが、パチンコ遊技機1の奥行方向を軸方向として回動する羽根部材によってV入賞口92を開閉するようにしてもよい。また、1回の小当たり遊技中の羽根部材90の動作パターン(特定入賞口19を開放する時間及び回数)等も適宜変更可能である。   In this embodiment, the case where the V winning opening 92 is opened and closed by the slide member 94 will be described. However, the V winning opening 92 is opened and closed by a blade member that rotates about the depth direction of the pachinko gaming machine 1 as an axial direction. It may be. In addition, the operation pattern of the blade member 90 during one small hit game (time and number of times for opening the specific winning opening 19) and the like can be appropriately changed.
[遊技状態の変化の説明]
次に、図5を参照しつつ、パチンコ遊技機1の遊技状態について説明する。ここで、図5は、大当たりと遊技状態について説明するための説明図である。図5に示されるように、本実施形態におけるパチンコ遊技機1は、「通常遊技状態」又は「時短遊技状態」にて遊技が制御される。
[Description of changes in gaming state]
Next, the gaming state of the pachinko gaming machine 1 will be described with reference to FIG. Here, FIG. 5 is an explanatory diagram for explaining the jackpot and the gaming state. As shown in FIG. 5, in the pachinko gaming machine 1 in the present embodiment, the game is controlled in the “normal game state” or the “time-saving game state”.
「通常遊技状態」は、いわゆる電チューサポート機能が付与されない通常の遊技状態である。「通常遊技状態」は、具体的には、第2始動口12を開放すると普通図柄判定において判定される割合が相対的に低い割合(例えば1/12)に設定され、普通図柄の変動時間が相対的に長い時間(例えば25秒)に設定され、且つ第2始動口12を開放すると判定された場合の第2始動口12の開放時間が相対的に短い時間(例えば0.1秒×1回)に設定される遊技状態である。   The “normal game state” is a normal game state in which a so-called electric chew support function is not given. Specifically, in the “normal game state”, when the second start port 12 is opened, the rate determined in the normal symbol determination is set to a relatively low rate (for example, 1/12), and the variation time of the normal symbol is set. A relatively long time (for example, 25 seconds) is set, and when it is determined that the second start port 12 is to be opened, the opening time of the second start port 12 is relatively short (for example, 0.1 second × 1). Game state set to (times).
「時短遊技状態」は、電チューサポート機能が付与される遊技状態である。「時短遊技状態」は、具体的には、第2始動口12を開放すると普通図柄判定において判定される割合が相対的に高い割合(例えば12/12)に設定され、普通図柄の変動時間が相対的に短い時間(例えば2秒)に設定され、且つ第2始動口12を開放すると判定された場合の第2始動口12の開放時間が相対的に長い時間(例えば0.3秒×5回)に設定される遊技状態である。すなわち、「時短遊技状態」は、通常遊技状態に比べて、第2始動口12が開放状態に制御され易い遊技状態である。   The “time saving gaming state” is a gaming state to which an electric chew support function is provided. Specifically, in the “short-time gaming state”, when the second start port 12 is opened, the rate determined in the normal symbol determination is set to a relatively high rate (for example, 12/12), and the variation time of the normal symbol is set. A relatively short time (for example, 2 seconds) is set, and when it is determined that the second starting port 12 is to be opened, the opening time of the second starting port 12 is relatively long (for example, 0.3 seconds × 5). Game state set to (times). In other words, the “short-time gaming state” is a gaming state in which the second start port 12 is more easily controlled to the open state than in the normal gaming state.
遊技盤2の盤面構成上、遊技領域10の左側領域に打ち出された遊技球は第1始動口11に入賞可能であるのに対して、遊技領域10の右側領域に打ち出された遊技球が第1始動口11に入賞することはない。また、「通常遊技状態」のときには第2始動口12は開放状態になり難い。このため、「通常遊技状態」のときに右打ちを行うメリットはない。このように、「通常遊技状態」は、遊技球を遊技領域10の左側領域に打ち出した方が右側領域に打ち出すよりも「大当たり」を引き当て易い左側有利状態であるため、遊技者は、メイン液晶表示装置5に表示されるメッセージやスピーカ24から出力される音声ガイダンスに従って左打ちを行うことになる。   Due to the board configuration of the game board 2, a game ball launched into the left area of the game area 10 can win the first starting port 11, whereas a game ball launched into the right area of the game area 10 There will never be a prize at the starting port 11. Further, the second start port 12 is unlikely to be in an open state in the “normal game state”. For this reason, there is no merit of making a right strike in the “normal game state”. As described above, the “normal game state” is a left-side advantageous state in which it is easier to hit a “big hit” when a game ball is launched into the left area of the game area 10 than in the right area. Left-handed is performed according to the message displayed on the display device 5 and the voice guidance output from the speaker 24.
「通常遊技状態」のときに遊技者が左打ちを行って遊技領域10の左側領域に打ち出された遊技球が第1始動口11に入賞すると、第1特別図柄判定が行われ、第1特別図柄表示器41に特別図柄が変動表示された後にその第1特別図柄判定の結果を示す判定図柄が停止表示される。ここで、第1特別図柄判定によって1種大当たりと判定された場合には第1特別図柄表示器41にその旨を示す大当たり図柄が停止表示され、大入賞口13を開放する大当たり遊技が実行される。そして、この大当たり遊技開始時に第1特別図柄表示器41に停止表示されていた大当たり図柄の種類に応じて、大当たり遊技終了時に遊技状態が時短遊技状態又は通常遊技状態に設定される。   When the player makes a left strike in the “normal game state” and the game ball launched into the left area of the game area 10 wins the first start port 11, the first special symbol determination is performed and the first special symbol is determined. After the special symbol is variably displayed on the symbol display 41, the determination symbol indicating the result of the first special symbol determination is stopped and displayed. Here, when it is determined that the first special symbol is determined to be one type of big win, the big special symbol indicating that is stopped and displayed on the first special symbol display 41, and the big hit game for opening the big winning opening 13 is executed. The Then, according to the type of jackpot symbol that is stopped and displayed on the first special symbol display 41 at the start of the jackpot game, the gaming state is set to the short-time gaming state or the normal gaming state at the end of the jackpot game.
遊技状態が「時短遊技状態」に移行すると、「通常遊技状態」のときに比べて第2始動口12が開放状態になり易くなる。その上、第2始動口12に遊技球が入賞することを条件として実行される第2特別図柄判定の判定結果の大半が小当たりとなるため、2種大当たりが発生し易い。このように、「時短遊技状態」は、遊技球を遊技領域10の右側領域に打ち出した方が左側領域に打ち出すよりも「大当たり」を引き当て易い右側有利状態であるため、遊技者は、メイン液晶表示装置5に表示されるメッセージやスピーカ24から出力される音声ガイダンスに従って右打ちを行うことになる。   When the gaming state shifts to the “time-saving gaming state”, the second start port 12 is more likely to be in the open state than in the “normal gaming state”. In addition, since most of the determination results of the second special symbol determination executed on condition that a game ball wins the second starting port 12 are small hits, two types of big hits are likely to occur. In this way, the “short-time gaming state” is a right-side advantageous state in which it is easier for the player to hit the “big hit” than hitting the game ball 10 in the right region of the game area 10 than in the left region. A right turn is performed according to a message displayed on the display device 5 and voice guidance output from the speaker 24.
「時短遊技状態」のときに遊技者が右打ちを行って遊技領域10の右側領域に打ち出された遊技球がゲート16を通過すると、普通図柄判定が行われる。「時短遊技状態」のときに普通図柄判定が行われて第2始動口12を開放すると判定された場合、第2始動口12の開放時間が「通常遊技状態」のときに比べて長いので、遊技領域10の右側領域に打ち出された遊技球は、第2始動口12に容易に入賞する。   When the player makes a right strike in the “short-time gaming state” and the game ball launched into the right area of the game area 10 passes through the gate 16, normal symbol determination is performed. When it is determined that the second starting port 12 is opened when the normal symbol determination is performed in the “short-time gaming state”, the opening time of the second starting port 12 is longer than that in the “normal gaming state”. A game ball launched into the right area of the game area 10 easily wins the second starting port 12.
「時短遊技状態」において、特別図柄が変動表示されておらず、且つ大当たり遊技中や小当たり遊技中ではないときに第2始動口12に遊技球が入賞すると、第2特別図柄判定が行われ、第2特別図柄表示器42に特別図柄が変動表示された後にその第2特別図柄判定の結果を示す判定図柄が停止表示される。ここで、第2特別図柄判定によって小当たりと判定された場合には第2特別図柄表示器42にその旨を示す小当たり図柄が停止表示され、特定領域9及びV入賞口92を一時的に開放する小当たり遊技が実行され、この小当たり遊技中に遊技球がV入賞口92に入賞することで2種大当たりとなって、当該小当たり遊技に続いて大当たり遊技が実行される。そして、この小当たり遊技のときに第2特別図柄表示器42に停止表示されていた小当たり図柄の種類に応じて、大当たり遊技終了時に遊技状態が時短遊技状態又は通常遊技状態に設定される。これに対して、第2特別図柄判定の判定結果が「大当たり」である場合には小当たり遊技が行われることなく大当たり遊技が行われ、「ハズレ」である場合には小当たり遊技も大当たり遊技も行われない。そして、「ハズレ」の場合には遊技状態が変化しないのに対して、大当たり遊技が行われた場合には、第1特別図柄判定の結果が「大当たり」となって大当たり遊技が行われた場合と同様に、その後の遊技状態が時短遊技状態又は通常遊技状態に設定される。   In the “short-time gaming state”, when the special symbol is not variably displayed and the game ball is won at the second starting port 12 when the big hit game or the small hit game is not played, the second special symbol judgment is performed. After the special symbol is variably displayed on the second special symbol display 42, the determination symbol indicating the result of the second special symbol determination is stopped and displayed. Here, when it is determined that a small winning is determined by the second special symbol determination, the small special symbol indicating that is stopped and displayed on the second special symbol display 42, and the specific area 9 and the V winning opening 92 are temporarily displayed. The small hit game to be released is executed, and the game ball wins the V winning opening 92 during the small hit game, so that two types of big hits are won, and the big hit game is executed following the small hit game. Then, the game state is set to the short-time game state or the normal game state at the end of the big hit game according to the type of the small hit symbol that is stopped and displayed on the second special symbol display 42 at the time of the small hit game. On the other hand, when the determination result of the second special symbol determination is “big hit”, the big hit game is played without playing the small hit game, and when it is “losing”, the small hit game is also the big hit game Also not done. In the case of “losing”, the gaming state does not change, whereas in the case of a big hit game, the result of the first special symbol determination is “big hit” and the big hit game is played. Similarly, the subsequent gaming state is set to the short-time gaming state or the normal gaming state.
なお、詳細な説明は省略するが、「時短遊技状態」において例えば100回の第2特別図柄判定(又は第1特別図柄判定)が行われても大当たりが発生しなかった場合には、遊技状態が「時短遊技状態」から「通常遊技状態」に戻されることになる。   In addition, although detailed explanation is omitted, in the “short-time gaming state”, for example, when a big hit does not occur even if the second special symbol determination (or the first special symbol determination) is performed 100 times, the gaming state Is returned from the “short-time gaming state” to the “normal gaming state”.
[遊技システムの構成例]
以下、図6を参照しつつ、遊技システムの構成について説明する。ここで、図6は、インターネットを介した携帯通信端末300とサーバ500との遊技システムの構成例を示すシステム構成図である。
[Game system configuration example]
Hereinafter, the configuration of the gaming system will be described with reference to FIG. Here, FIG. 6 is a system configuration diagram showing a configuration example of a gaming system of the mobile communication terminal 300 and the server 500 via the Internet.
パチンコ遊技機1で遊技を行っている遊技者が所持する携帯通信端末300は、インターネットを介して、パチンコ遊技機1で行われた遊技の遊技履歴を記憶するサーバ500にアクセス可能である。ここで、「遊技履歴」は、特別図柄判定の判定結果、特別図柄の変動回数、大当たり回数、遊技状態が変更されることなく大当たりが連続して行われた回数(連チャン回数)、パチンコ遊技機1における遊技によって溜まったポイント等の様々な遊技に関する履歴を示すものであるが、ポイントを含んでいれば必ずしもこれらすべての情報を含んでいる必要はなく、一部の情報のみを含むものであってもよい。   A portable communication terminal 300 possessed by a player playing a game on the pachinko gaming machine 1 can access a server 500 that stores a game history of games played on the pachinko gaming machine 1 via the Internet. Here, the “game history” includes the determination result of special symbol determination, the number of special symbol fluctuations, the number of jackpots, the number of times that jackpots are continuously played without changing the gaming state (number of consecutive chants), pachinko games It shows the history of various games such as points accumulated by games in the machine 1, but if it contains points, it does not necessarily need to contain all these information, only some information is included. There may be.
パチンコ遊技機1に対して遊技者によって所定の遊技開始操作が行われると、そのパチンコ遊技機1において遊技の履歴を示す遊技履歴情報の蓄積が開始される。そして、パチンコ遊技機1に対して遊技者によって所定の遊技終了操作が行われると、遊技開始操作が行われてから遊技終了操作が行われるまでの間に蓄積された遊技履歴情報とサーバ500にアクセスするためのアドレス(いわゆるホームページのアドレス)とに基づいてQRコード(登録商標)が生成され、生成されたQRコードがメイン液晶表示装置5に表示される。   When a predetermined game start operation is performed on the pachinko gaming machine 1 by the player, accumulation of game history information indicating a game history is started in the pachinko gaming machine 1. When a predetermined game end operation is performed on the pachinko gaming machine 1 by the player, the game history information accumulated between the game start operation and the game end operation is stored in the server 500. A QR code (registered trademark) is generated based on an access address (so-called homepage address), and the generated QR code is displayed on the main liquid crystal display device 5.
携帯通信端末300は、例えばQRコードを読み取り可能なカメラ付き携帯電話であり、メイン液晶表示装置5に表示されたQRコードを読み取り、サーバ500にアクセスする。   The mobile communication terminal 300 is, for example, a camera-equipped mobile phone that can read a QR code, reads the QR code displayed on the main liquid crystal display device 5, and accesses the server 500.
これに対して、サーバ500は、携帯通信端末300からのアクセスがあると、携帯通信端末300から遊技履歴情報を取得してその遊技履歴情報を記憶することになる。より詳細には、サーバ500は、携帯通信端末300の端末固有情報(例えば、携帯電話等であればユーザーID、以下「UID」という)を携帯通信端末300から受信し、端末固有情報毎に登録処理又は認証処理を行い、認証処理に成功すると、携帯通信端末300から受信した遊技履歴情報を記憶する。これらの処理の概念については、図7の遊技システムのシーケンスに基づいて後述する。   On the other hand, when there is an access from the mobile communication terminal 300, the server 500 acquires game history information from the mobile communication terminal 300 and stores the game history information. More specifically, the server 500 receives terminal-specific information of the mobile communication terminal 300 (for example, a user ID for a mobile phone or the like, hereinafter referred to as “UID”) from the mobile communication terminal 300, and registers the information for each terminal-specific information. When the processing or authentication processing is performed and the authentication processing is successful, the game history information received from the mobile communication terminal 300 is stored. The concept of these processes will be described later based on the game system sequence of FIG.
なお、サーバ500は、遊技者の遊技履歴情報を携帯通信端末300の画面に表示させるためのWEBサーバ501と、遊技者の登録処理及び認証処理を行うアプリケーションサーバ502と、遊技者の遊技履歴情報を記憶するデータベースサーバ503とから構成されている。なお、本実施形態ではサーバ500を3つのサーバから構成しているが、サーバ500を1つのサーバで構成したり、サーバ500に他の機能を有するサーバを含ませたりしてもよい。   The server 500 includes a WEB server 501 for displaying game history information of a player on the screen of the mobile communication terminal 300, an application server 502 for performing player registration processing and authentication processing, and player game history information. And a database server 503 for storing. In this embodiment, the server 500 is composed of three servers. However, the server 500 may be composed of one server, or the server 500 may include a server having another function.
[遊技システムにおけるシーケンス]
次に、図7を参照しつつ、図6で説明した遊技システムにおけるシーケンスについて説明する。ここで、図7は、遊技システムのシーケンスを示す図である。なお、図7において、左列は遊技者の行為又は遊技者が所持する携帯通信端末300が実行する処理を例示し、中央列はパチンコ遊技機1が実行する処理を例示し、右列はサーバ500が実行する処理を例示している。
[Sequence in game system]
Next, a sequence in the gaming system described with reference to FIG. 6 will be described with reference to FIG. Here, FIG. 7 is a diagram showing a sequence of the gaming system. In FIG. 7, the left column exemplifies the player's actions or the processing executed by the portable communication terminal 300 possessed by the player, the center column illustrates the processing executed by the pachinko gaming machine 1, and the right column illustrates the server The process which 500 performs is illustrated.
携帯通信端末300を所持する遊技者は、パチンコ遊技機1における遊技を開始するに際して、演出キー27を用いて所定の遊技開始操作を行う。   A player carrying the portable communication terminal 300 performs a predetermined game start operation using the effect key 27 when starting a game in the pachinko gaming machine 1.
所定の遊技開始操作が行われると、パチンコ遊技機1は、パチンコ遊技機1内に記憶している遊技履歴情報をクリアし(ステップS401)、第1QRコードを生成してメイン液晶表示装置5に表示する(ステップS402)。そして、遊技履歴情報の蓄積を許可する(ステップS403)。   When a predetermined game start operation is performed, the pachinko gaming machine 1 clears the game history information stored in the pachinko gaming machine 1 (step S401), generates a first QR code, and stores it in the main liquid crystal display device 5. It is displayed (step S402). Then, accumulation of game history information is permitted (step S403).
これに対して、遊技者は、メイン液晶表示装置5に表示された第1QRコードを携帯通信端末300で読み取り、サーバ500にアクセスする。   On the other hand, the player reads the first QR code displayed on the main liquid crystal display device 5 with the mobile communication terminal 300 and accesses the server 500.
サーバ500は、携帯通信端末300からのアクセスがあると、アクセスしてきた携帯通信端末300の端末固有情報(UID)、第1QRコードに含まれたパチンコ遊技機1の識別コード(QR識別カウンタ)を携帯通信端末300から取得し、取得した端末固有情報及び識別コードを登録するQR登録処理を行う(ステップS501)。そして、QR登録処理の結果を携帯通信端末300に表示させるための表示処理を実行する(ステップS502)。具体的には、QR登録処理における登録に成功すると成功した旨を報知する成功画像データを携帯通信端末300に送信し、QR登録処理における登録に失敗すると失敗した旨を報知する失敗画像データを携帯通信端末300に送信する。   When there is an access from the mobile communication terminal 300, the server 500 obtains the terminal unique information (UID) of the mobile communication terminal 300 that has accessed and the identification code (QR identification counter) of the pachinko gaming machine 1 included in the first QR code. A QR registration process is performed to register the acquired terminal unique information and identification code acquired from the mobile communication terminal 300 (step S501). And the display process for displaying the result of QR registration process on the portable communication terminal 300 is performed (step S502). Specifically, success image data for notifying successful registration is transmitted to the mobile communication terminal 300 when registration in the QR registration process is successful, and failure image data for notifying failure is registered when registration in the QR registration process fails. It transmits to the communication terminal 300.
遊技者は、携帯通信端末300に成功画像データが表示されたことを確認してから、ハンドル20を回転させて遊技を開始する。これに対して、パチンコ遊技機1は、特別図柄判定、特別図柄の変動表示、大当たり遊技、各種演出などの遊技処理を行う(ステップS404)。パチンコ遊技機1は、遊技開始操作が行われてから遊技終了操作が行われるまでの間、上記ステップS404の遊技処理に応じた遊技履歴情報を蓄積していく(ステップS405)。なお、詳細な説明は省略するが、本実施形態では、後述する画像音響制御基板140が備える制御用RAM143(図11参照)に遊技履歴情報が蓄積される。   After confirming that the successful image data has been displayed on the mobile communication terminal 300, the player starts the game by rotating the handle 20. On the other hand, the pachinko gaming machine 1 performs game processing such as special symbol determination, special symbol variation display, jackpot game, and various effects (step S404). The pachinko gaming machine 1 accumulates the game history information corresponding to the game processing in step S404 from when the game start operation is performed until the game end operation is performed (step S405). Although detailed explanation is omitted, in this embodiment, game history information is stored in a control RAM 143 (see FIG. 11) provided in the image sound control board 140 described later.
遊技者は、遊技をやめるに際して、パチンコ遊技機1に対して演出キー27を用いて所定の遊技終了操作を行う。   When the player quits the game, the player performs a predetermined game ending operation on the pachinko gaming machine 1 using the effect key 27.
遊技者による遊技終了操作が行われると、パチンコ遊技機1は、制御用RAM143に記憶されている遊技履歴情報をコード化した第2QRコードを生成し、生成した第2QRコードをメイン液晶表示装置5に表示させる(ステップS406)。   When the game end operation is performed by the player, the pachinko gaming machine 1 generates a second QR code in which the game history information stored in the control RAM 143 is encoded, and the generated second QR code is used as the main liquid crystal display device 5. (Step S406).
メイン液晶表示装置5に第2QRコードが表示されると、遊技者は、携帯通信端末300を用いてその第2QRコードを読み取り、サーバ500に再びアクセスする。   When the second QR code is displayed on the main liquid crystal display device 5, the player reads the second QR code using the mobile communication terminal 300 and accesses the server 500 again.
サーバ500は、携帯通信端末300から再びアクセスがあると、アクセスしてきた携帯通信端末300からその端末固有情報、第2QRコードに含まれたパチンコ遊技機1の識別コードを新たに取得し、取得した端末固有情報及び識別コードが上記ステップS501の処理で登録された端末固有情報及びパチンコ遊技機1の識別コードに対応するものであるか否かを認証する(ステップS503)。そして、この認証処理における認証に成功すると、第2QRコードに含まれていた遊技履歴情報をデータベースサーバ503に蓄積する(ステップS504)。ここで、認証処理における認証に成功したときには、遊技者の遊技履歴情報を携帯通信端末300に表示させるために、遊技履歴情報に基づいて生成した遊技履歴画像データを携帯通信端末300に送信する(ステップS505)。一方、認証処理における認証に失敗したときには、認証に失敗した旨を携帯通信端末300に表示させるためのエラー画像データを携帯通信端末300に送信する。   When the server 500 is accessed again from the mobile communication terminal 300, the server 500 newly acquires the terminal-specific information and the identification code of the pachinko gaming machine 1 included in the second QR code from the mobile communication terminal 300 that has accessed. It is authenticated whether or not the terminal unique information and the identification code correspond to the terminal unique information and the identification code of the pachinko gaming machine 1 registered in the process of step S501 (step S503). If the authentication process succeeds, the game history information included in the second QR code is stored in the database server 503 (step S504). Here, when the authentication in the authentication process is successful, the game history image data generated based on the game history information is transmitted to the mobile communication terminal 300 in order to display the game history information of the player on the mobile communication terminal 300 ( Step S505). On the other hand, when authentication in the authentication process fails, error image data for displaying on the mobile communication terminal 300 that the authentication has failed is transmitted to the mobile communication terminal 300.
また、遊技者は、これまでの遊技履歴情報を確認したいときには、サーバ500に直接アクセスする。   In addition, the player directly accesses the server 500 when he / she wants to confirm the game history information so far.
サーバ500は、携帯通信端末300からのアクセスがあると、アクセスしてきた携帯通信端末300の端末固有情報を取得し、取得した端末固有情報がデータベースに登録されているか否かの認証を行う(ステップS506)。そして、既にデータベースに登録されている端末固有情報である場合には、その端末固有情報に対応する遊技履歴情報を表示するための遊技履歴画像データを携帯通信端末300に送信する(ステップS507)。   When there is an access from the mobile communication terminal 300, the server 500 acquires the terminal specific information of the mobile communication terminal 300 that has accessed, and authenticates whether the acquired terminal specific information is registered in the database (step) S506). If it is terminal-specific information already registered in the database, game history image data for displaying game history information corresponding to the terminal-specific information is transmitted to the mobile communication terminal 300 (step S507).
ここまで、遊技システムにおけるシーケンスの一例について説明したが、遊技システムにおけるシーケンスはここで説明したものに限定されるものではなく、遊技履歴情報をサーバ500に適切に蓄積することができれば、他のシーケンスで遊技履歴情報を蓄積するようにしてもよい。   Up to this point, an example of a sequence in the gaming system has been described. However, the sequence in the gaming system is not limited to that described here, and other sequences can be used as long as the game history information can be appropriately stored in the server 500. You may make it accumulate | store game history information.
[ボタン操作に関する各種演出の説明]
次に、図8〜図10を参照しつつ、演出ボタン26のボタン操作に関する各種演出について説明する。ここで、図8は、遊技者にボタン操作を促す報知が行われる第1の有効期間において行われる演出の一例について説明するための説明図である。図9は、遊技者にボタン操作を促す報知が行われない第2の有効期間において行われる演出の一例について説明するための説明図である。図10は、有効期間中に行われるボタン操作に関する各種演出の実行タイミングを例示したタイムチャートである。
[Description of various effects related to button operations]
Next, various effects related to the button operation of the effect button 26 will be described with reference to FIGS. Here, FIG. 8 is an explanatory diagram for explaining an example of an effect performed in the first effective period in which a notification that prompts the player to operate the button is performed. FIG. 9 is an explanatory diagram for explaining an example of an effect performed in the second effective period in which notification that prompts the player to operate the button is not performed. FIG. 10 is a time chart illustrating the execution timing of various effects related to button operations performed during the effective period.
上述した第1の有効期間になると、遊技者に演出ボタン26の押下を促す報知演出及び第1の有効期間中であることを暗示する暗示演出が開始される。具体的には、報知演出として、例えば、演出ボタン26を示すボタン画像と、演出ボタン26の連打を促す文言と、演出ボタン26の操作が可能な残り時間を報知するゲージ画像とを含む報知演出画像がメイン液晶表示装置5に表示される。そして、これに伴い、暗示演出として、有効期間中でないときには基本的に発光していないボタンランプ261が発光する(図8(A)及び図10(A)参照)。このように、第1の有効期間になると報知演出及び暗示演出の両方が行われるので、遊技者は、演出ボタン26を押下した場合にその押下操作が有効になることを明確に認識することが可能である。   When the first effective period described above is reached, a notification effect that prompts the player to press the effect button 26 and an implied effect that implies that the player is in the first effective period are started. Specifically, as the notification effect, for example, a notification image including a button image indicating the effect button 26, a word prompting the effect button 26 to be repeatedly hit, and a gauge image that notifies the remaining time during which the effect button 26 can be operated. An image is displayed on the main liquid crystal display device 5. Accordingly, as an implied effect, the button lamp 261 that basically does not emit light is emitted when it is not in the effective period (see FIGS. 8A and 10A). As described above, since both the notification effect and the implied effect are performed when the first effective period comes, the player can clearly recognize that the pressing operation is effective when the effect button 26 is pressed. Is possible.
報知演出が行われているときにその報知演出に従って遊技者が演出ボタン26を連打すると、その連打操作に応じて、例えばメイン液晶表示装置5に表示されている演出画像の周縁部におけるエフェクトの色が次第に変化していくといった第1の演出変化が発生する(図8(B)参照)。そして、第1の有効期間が終了すると、例えば、大当たり遊技終了後に時短遊技状態に移行する大当たりとなったことを報知する演出が行われる(図8(C)参照)。このように、第1の有効期間の開始から第1の有効期間の終了後にわたって関連性のある一連の演出変化を発生させることにより、あたかも自身のボタン操作によって大当たりを引き当てたかのような好ましい感覚を遊技者に与えることができる。   If the player hits the effect button 26 continuously according to the notification effect while the notification effect is being performed, for example, the color of the effect at the peripheral portion of the effect image displayed on the main liquid crystal display device 5 in accordance with the repeated hit operation. A first effect change occurs that gradually changes (see FIG. 8B). Then, when the first valid period ends, for example, an effect is provided to notify that a big hit is made to shift to the short-time gaming state after the jackpot game ends (see FIG. 8C). In this way, by generating a series of related production changes from the start of the first effective period to the end of the first effective period, a favorable feeling as if a jackpot has been won by the user's own button operation. Can be given to players.
なお、第1の有効期間中に演出ボタン26が一度も押下されなかった場合には、図8(B)に例示したような第1の演出変化は発生せず(図10(A)参照)、図8(A)に例示されるような報知演出が第1の有効期間が終了するまで継続した後に、図8(C)に示される演出表示が行われる。   Note that if the effect button 26 is never pressed during the first effective period, the first effect change as illustrated in FIG. 8B does not occur (see FIG. 10A). After the notification effect as illustrated in FIG. 8A is continued until the first effective period ends, the effect display shown in FIG. 8C is performed.
また、ここでは第1の有効期間中に遊技者に演出ボタン26を連打させる場合について説明したが、第1の有効期間中に遊技者に演出ボタン26の押下を1回だけ行わせる場合もある。このような場合、報知演出として、「連打」ではなく例えば「一撃」といった文言を含む報知演出画像が表示され、演出ボタン26が1回でも押下されると報知演出画像が画面から消去されて通常の演出画像のみの表示となる。そして、このような1回のボタン操作が行われた場合には、例えば、いわゆるカットインと呼ばれる特定の演出画像をボタン操作前に表示されている演出画像に重畳表示させるといった第1の演出変化が発生する。   Further, here, the case where the player repeatedly strikes the effect button 26 during the first effective period has been described. However, the player may be caused to press the effect button 26 only once during the first effective period. . In such a case, as a notification effect, a notification effect image including a word such as “one stroke” is displayed instead of “continuous hit”, and when the effect button 26 is pressed even once, the notification effect image is erased from the screen. Only the effect image is displayed. When such a single button operation is performed, for example, a first effect change in which a specific effect image called so-called cut-in is superimposed on the effect image displayed before the button operation is displayed. Will occur.
ところで、遊技者がパチンコ遊技機1における遊技を行っている際には、遊技領域10を流下する遊技球やメイン液晶表示装置5における画像表示を見ながら遊技を行うため、報知演出画像をメイン液晶表示装置5に表示させることにより、第1の有効期間になったことを遊技者に効果的に認識させることが可能である。これに対して、第2の有効期間はいわゆる「裏ボタン」の有効期間であるため、第2の有効期間中には、第1の有効期間中と同様にボタンランプ261は発光するものの、報知演出は行われない。これに対して、遊技者は大抵の場合、遊技領域10やメイン液晶表示装置5を注視しているため、たとえボタンランプ261が発光していたとしても「裏ボタン」の有効期間である第2の有効期間になったことに気付き難い。このため、裏ボタン操作が有効になるタイミングを事前に把握している遊技者しか、裏ボタン操作を容易に行うことができないといった問題が生じるおそれがある。   By the way, when the player is playing a game in the pachinko gaming machine 1, the game effect is performed while viewing the game balls flowing down the game area 10 and the image display on the main liquid crystal display device 5. By displaying on the display device 5, it is possible to make the player effectively recognize that the first valid period has been reached. On the other hand, since the second effective period is an effective period of the so-called “back button”, the button lamp 261 emits light during the second effective period as in the first effective period. There is no directing. On the other hand, since the player usually watches the game area 10 and the main liquid crystal display device 5, even if the button lamp 261 emits light, the second period during which the “back button” is valid. It is hard to notice that it became effective period of. For this reason, only a player who knows in advance the timing at which the back button operation becomes effective may cause a problem that the back button operation can be easily performed.
そこで、本実施形態におけるパチンコ遊技機1では、このような問題が生じるのを抑制するために、第2の有効期間中に演出ボタン26が操作された場合に発生するのと同じ第2の演出変化を発生させて、裏ボタン操作が可能であることを遊技者に示唆することとしている。   Therefore, in the pachinko gaming machine 1 in the present embodiment, in order to suppress the occurrence of such a problem, the same second effect that occurs when the effect button 26 is operated during the second effective period. A change is generated to indicate to the player that the back button operation is possible.
具体的には、例えば第2の有効期間中に遊技者が演出ボタン26を押下する毎にポイントを1ポイントずつ獲得できるといった第2の演出変化が発生するといった構成において、第2の有効期間が始まると、演出ボタン26が1回押下された場合に発生するのと同じ第2の演出変化を発生させる(図9(A)及び(B)参照)。図9(A)及び(B)には、自転車に乗ったキャラクタが「1PT」(1ポイント)の文字を含むハートを獲得してそのハートが上空に昇っていく様子が示されている。   Specifically, for example, in a configuration in which a second effect change occurs such that each time the player presses the effect button 26 during the second effective period, points can be obtained one point at a time, the second effective period is When started, the same second effect change as occurs when the effect button 26 is pressed once is generated (see FIGS. 9A and 9B). FIGS. 9A and 9B show how a character riding a bicycle acquires a heart including the characters “1PT” (1 point) and the heart rises to the sky.
そして、図9(A)及び(B)に示される第2の演出変化が発生した後も所定時間は第2の有効期間が継続するため、演出ボタン26が連続して押下された場合には、第2の有効期間が始まる際に自動的に発生したのと同じ第2の演出変化が、押下回数だけ発生することになる(図9(C)参照)。一方、自動的に発生した第2の演出変化に続いて演出ボタン26が一度も押下されなかった場合、第2の演出変化は発生しない(図9(D)参照)。   And since the 2nd effective period continues for the predetermined time after the 2nd production change shown in Drawing 9 (A) and (B) occurs, when production button 26 is pushed down continuously Then, the same second effect change that occurs automatically when the second effective period starts is generated by the number of times of pressing (see FIG. 9C). On the other hand, when the effect button 26 is never pressed following the automatically generated second effect change, the second effect change does not occur (see FIG. 9D).
ところで、第2の有効期間が始まる際に演出ボタン26の操作を促す演出を行ってしまうと、演出ボタン26の押下が有効になることを容易に認識できるようになるため、裏ボタン機能が損なわれてしまうおそれがある。これに対して、本実施形態におけるパチンコ遊技機1では、第2の有効期間が始まる際に報知演出が行われるのではなく、第2の有効期間中における演出ボタン26の押下に応じた演出変化を発生させるので、裏ボタン機能を損なうことなく裏ボタン操作が可能であることを遊技者に示唆することができる。   By the way, if an effect that prompts the operation of the effect button 26 is performed when the second effective period starts, it becomes easy to recognize that the press of the effect button 26 becomes effective, and the back button function is impaired. There is a risk of being lost. On the other hand, in the pachinko gaming machine 1 according to the present embodiment, the notification change is not performed when the second effective period starts, but the effect change according to the pressing of the effect button 26 during the second effective period. Therefore, it can be suggested to the player that the back button can be operated without impairing the back button function.
また、演出ボタン26を押下しなくても第2の演出変化が発生するため、第2の演出変化を見て、裏ボタン操作を行うか否かを決定することができる。すなわち、第2の演出変化が自身にとって有益な演出変化である場合には演出ボタン26を押下し、逆に自身にとって有益でない演出変化である場合には演出ボタン26を押下しないというように、演出ボタン26を押下するか否かの判断材料を遊技者に提供することができる。   Further, since the second effect change occurs without pressing the effect button 26, it is possible to determine whether or not to perform the back button operation by looking at the second effect change. That is, when the second effect change is an effect change beneficial to itself, the effect button 26 is pressed. Conversely, when the effect change is not beneficial to itself, the effect button 26 is not pressed. The player can be provided with information on whether or not to press the button 26.
ところで、本実施形態では、図10(B)に例示されるように、第2の有効期間において、メイン液晶表示装置5による報知演出は行わないものの、ボタンランプ261を発光させる暗示演出は行うこととしているが、図10(C)に例示されるように、報知演出及び暗示演出の両方を行わないようにしてもよい。この場合、パチンコ遊技機1で行われる演出の変化に基づいて遊技者が第2の有効期間を特定することが不可能になる。したがって、本発明は、このような場合に適用されるとより効果的である。   By the way, in this embodiment, as illustrated in FIG. 10B, the notification effect by the main liquid crystal display device 5 is not performed in the second effective period, but the implied effect that causes the button lamp 261 to emit light is performed. However, as illustrated in FIG. 10C, both the notification effect and the suggestion effect may not be performed. In this case, it becomes impossible for the player to specify the second valid period based on the change in performance performed in the pachinko gaming machine 1. Therefore, the present invention is more effective when applied to such a case.
なお、本実施形態では、遊技開始操作が行われてから遊技終了操作が行われるまでの間、第2の有効期間が始まる際に自動的に行われた第2の演出変化によって遊技者が獲得したポイントと、第2の有効期間中の演出ボタン26の押下によって遊技者が獲得したポイントとを加算した合計ポイントが遊技履歴情報として蓄積され、携帯通信端末300によって、その合計ポイントが大当たり回数などの他の遊技履歴情報と共にサーバ500へ送られる。そして、サーバ500に累積記憶されたポイントが所定ポイントに達すると、例えば所定の画像をサーバ500からダウンロードすることが可能になるといったパチンコ遊技機1における遊技とは無関係な特典が遊技者に与えられる。   In the present embodiment, the player obtains by the second effect change that is automatically performed when the second valid period starts after the game start operation is performed until the game end operation is performed. The total points obtained by adding the points obtained and the points acquired by the player by pressing the effect button 26 during the second effective period are accumulated as game history information. It is sent to the server 500 together with other game history information. When the points accumulated and stored in the server 500 reach a predetermined point, the player is given a privilege unrelated to the game in the pachinko gaming machine 1 such that a predetermined image can be downloaded from the server 500, for example. .
このため、第2の演出変化が単なる演出変化である場合に比べて、第2の有効期間における演出ボタン26の押下を遊技者に対して効果的且つ間接的に促すことができる。   For this reason, compared with the case where the second effect change is a simple effect change, the player can be effectively and indirectly prompted to press the effect button 26 in the second effective period.
以下、このような演出ボタン26の有効期間における演出制御を実現するためのパチンコ遊技機1の内部構成やパチンコ遊技機1で行われる処理について、詳細に説明する。   Hereinafter, the internal configuration of the pachinko gaming machine 1 and the processing performed in the pachinko gaming machine 1 for realizing the effect control during the effective period of the effect button 26 will be described in detail.
[パチンコ遊技機1の制御装置の構成]
遊技盤2の裏面側には、賞球として払い出される遊技球を溜めておく球タンクの他に、パチンコ遊技機1の動作を制御する制御装置が設けられている。図11に例示されるように、パチンコ遊技機1の制御装置は、判定の実行や演出制御基板130へのコマンド送信処理等を制御する遊技制御基板100、遊技制御基板100から受信したコマンドに基づいて演出を統括的に制御する演出制御基板130、画像や音による演出を制御する画像音響制御基板140、各種のランプやロゴ役物7による演出を制御するランプ制御基板150等から構成されている。本実施形態では、遊技制御基板100が遊技の進行を制御する遊技制御部として機能し、演出制御基板130、画像音響制御基板140、及びランプ制御基板150が演出を制御する演出制御部として機能する。
[Configuration of control device of pachinko gaming machine 1]
On the back side of the game board 2, a control device for controlling the operation of the pachinko gaming machine 1 is provided in addition to a ball tank for storing game balls to be paid out as prize balls. As illustrated in FIG. 11, the control device of the pachinko gaming machine 1 is based on a game control board 100 that controls execution of determination, command transmission processing to the effect control board 130, and the command received from the game control board 100. An effect control board 130 that controls the production in an integrated manner, an image sound control board 140 that controls the production of images and sounds, a lamp control board 150 that controls the production of various lamps and logo accessories 7, and the like. . In the present embodiment, the game control board 100 functions as a game control unit that controls the progress of the game, and the effect control board 130, the image sound control board 140, and the lamp control board 150 function as an effect control unit that controls the effect. .
[遊技制御基板100の構成例]
遊技制御基板100は、メインCPU101、メインROM102、及びメインRAM103を備えている。メインCPU101は、メインROM102に記憶されたプログラム等に基づいて、判定や払い出し賞球数に関連する各種の演算処理を行う。メインRAM103は、メインCPU101が上記プログラムを実行する際に用いる各種データを一時的に記憶する記憶領域又はデータ処理などの作業領域として使用される。
[Configuration Example of Game Control Board 100]
The game control board 100 includes a main CPU 101, a main ROM 102, and a main RAM 103. The main CPU 101 performs various arithmetic processes related to determination and the number of payout balls based on a program stored in the main ROM 102. The main RAM 103 is used as a storage area for temporarily storing various data used when the main CPU 101 executes the program, or a work area for data processing.
遊技制御基板100には、第1始動口スイッチ111、第2始動口スイッチ112、電動チューリップ開閉部113、ゲートスイッチ114、大入賞口スイッチ115、大入賞口制御部116、普通入賞口スイッチ117、特定入賞口スイッチ118、特定領域開閉部119、V入賞口スイッチ120、ハズレ入賞口スイッチ121、V入賞口開閉部122、及び表示器4を構成する各表示器41〜43,45〜47が接続されている。   The game control board 100 includes a first start port switch 111, a second start port switch 112, an electric tulip opening / closing unit 113, a gate switch 114, a big winning port switch 115, a big winning port control unit 116, a normal winning port switch 117, The specific prize opening switch 118, the specific area opening / closing part 119, the V prize opening switch 120, the lose prize opening switch 121, the V prize opening opening / closing part 122, and the respective indicators 41 to 43, 45 to 47 constituting the display 4 are connected. Has been.
第1始動口スイッチ111は、第1始動口11に遊技球が入賞したことを検知して、その検知信号を遊技制御基板100に出力する。第2始動口スイッチ112は、第2始動口12に遊技球が入賞したことを検知して、その検知信号を遊技制御基板100に出力する。電動チューリップ開閉部113は、遊技制御基板100からの制御信号に応じて、電動チューリップ17の一対の羽根部材に駆動伝達可能に連結された電動ソレノイドを作動させることによって、第2始動口12を開閉する。ゲートスイッチ114は、遊技球がゲート16を通過したことを検知して、その検知信号を遊技制御基板100に出力する。大入賞口スイッチ115は、大入賞口13に遊技球が入賞したことを検知して、その検知信号を遊技制御基板100に出力する。大入賞口制御部116は、遊技制御基板100からの制御信号に応じて、大入賞口13を閉塞するプレートに駆動伝達可能に連結された電動ソレノイドを作動させることによって、大入賞口13を開閉する。普通入賞口スイッチ117は、遊技球が普通入賞口14に入賞したことを検知して、その検知信号を遊技制御基板100に出力する。   The first start port switch 111 detects that a game ball has won the first start port 11 and outputs a detection signal to the game control board 100. The second start port switch 112 detects that a game ball has won the second start port 12 and outputs a detection signal to the game control board 100. The electric tulip opening / closing part 113 opens and closes the second start port 12 by operating an electric solenoid coupled to the pair of blade members of the electric tulip 17 so as to be able to transmit driving in response to a control signal from the game control board 100. To do. The gate switch 114 detects that the game ball has passed through the gate 16 and outputs the detection signal to the game control board 100. The big prize opening switch 115 detects that a game ball has won the big prize opening 13 and outputs a detection signal to the game control board 100. In response to a control signal from the game control board 100, the special prize opening control unit 116 opens and closes the special prize opening 13 by operating an electric solenoid coupled to a plate that closes the special prize opening 13 so as to be able to transmit the drive. To do. The normal winning port switch 117 detects that the game ball has won the normal winning port 14, and outputs a detection signal to the game control board 100.
特定入賞口スイッチ118は、遊技球が特定入賞口19に入賞したことを検知して、その検知信号を遊技制御基板100に出力する。特定領域開閉部119は、遊技制御基板100からの制御信号に応じて、羽根部材90に駆動伝達可能に連結された電動ソレノイドを作動させることによって、特定入賞口19を開閉する。V入賞口スイッチ120は、遊技球がV入賞口92に入賞したことを検知して、その検知信号を遊技制御基板100に出力する。ハズレ入賞口スイッチ121は、遊技球がハズレ入賞口93に入賞したことを検知して、その検知信号を遊技制御基板100に出力する。V入賞口開閉部122は、スライド部材94に駆動伝達可能に連結された電動ソレノイドを作動させることによって、V入賞口92を開閉する。   The specific winning opening switch 118 detects that the game ball has won the specific winning opening 19 and outputs a detection signal to the game control board 100. The specific area opening / closing unit 119 opens and closes the specific winning opening 19 by operating an electric solenoid coupled to the blade member 90 so as to be able to transmit driving in response to a control signal from the game control board 100. The V winning opening switch 120 detects that a game ball has won the V winning opening 92 and outputs a detection signal to the game control board 100. The lose prize winning switch 121 detects that the game ball has won the lose prize winning opening 93 and outputs a detection signal to the game control board 100. The V winning opening / closing unit 122 opens and closes the V winning opening 92 by operating an electric solenoid coupled to the slide member 94 so as to be able to transmit driving.
遊技制御基板100のメインCPU101は、第1始動口スイッチ111、第2始動口スイッチ112、大入賞口スイッチ115、普通入賞口スイッチ117、V入賞口スイッチ120、又はハズレ入賞口スイッチ121からの検知信号が入力されると、遊技球が入賞した場所に応じた所定数の賞球の払い出しを払出制御基板(不図示)に指示し、払出制御基板からの情報に基づいて、払い出す賞球の個数を管理する。   The main CPU 101 of the game control board 100 detects from the first starting port switch 111, the second starting port switch 112, the big winning port switch 115, the normal winning port switch 117, the V winning port switch 120, or the lose prize port switch 121. When the signal is input, the payout control board (not shown) is instructed to pay out a predetermined number of prize balls according to the place where the game ball has won, and based on the information from the payout control board, Manage the number.
この払出制御基板は、遊技盤2の裏面側に設けられている球タンクから皿28へ賞球を送り出す駆動モータ等を有して構成されている。   This payout control board is configured to have a drive motor or the like that sends out a prize ball from a ball tank provided on the back side of the game board 2 to the tray 28.
メインCPU101は、第1始動口スイッチ111からの検知信号が入力されたタイミングで取得情報としての各種乱数を取得し、取得した乱数を用いて第1特別図柄判定を実行する。また、メインCPU101は、第2始動口スイッチ112からの検知信号が入力されたタイミングで取得情報としての各種乱数を取得し、取得した乱数を用いて第2特別図柄判定を実行する。そして、「大当たり」であると判定した場合には、大入賞口制御部116を介して大入賞口13を開閉する。   The main CPU 101 acquires various random numbers as acquisition information at the timing when the detection signal from the first start port switch 111 is input, and executes the first special symbol determination using the acquired random numbers. Further, the main CPU 101 acquires various random numbers as acquisition information at the timing when the detection signal from the second start port switch 112 is input, and executes the second special symbol determination using the acquired random numbers. If it is determined that the game is a “hit”, the special winning opening 13 is opened and closed via the special winning opening control section 116.
また、メインCPU101は、第2特別図柄判定の結果が小当たりであると判定した場合には、特定領域開閉部119を介して羽根部材90を作動させることで特定入賞口19を開閉すると共に、V入賞口開閉部122を介してスライド部材94を作動させることでV入賞口92を開閉する。そして、スライド部材94の作動中にV入賞口92に遊技球が入賞した場合、「大当たり」であると判定した場合と同様に、大入賞口制御部116を介して大入賞口13を開閉する。   When the main CPU 101 determines that the result of the second special symbol determination is a small hit, the main CPU 101 opens and closes the specific winning opening 19 by operating the blade member 90 via the specific area opening / closing unit 119, The V winning opening 92 is opened and closed by operating the slide member 94 via the V winning opening opening / closing section 122. Then, when a game ball wins the V winning opening 92 while the slide member 94 is operating, the big winning opening 13 is opened and closed via the big winning opening control section 116 as in the case of determining that it is a “hit”. .
また、メインCPU101は、ゲートスイッチ114からの検知信号が入力されたタイミングで乱数を取得し、取得した乱数を用いて普通図柄判定を実行する。そして、第2始動口12を開放すると判定した場合、電動チューリップ開閉部113を介して電動チューリップ17を作動させることによって、第2始動口12を一時的に開放する。   Further, the main CPU 101 acquires a random number at the timing when the detection signal from the gate switch 114 is input, and executes normal symbol determination using the acquired random number. And when it determines with opening the 2nd starting port 12, the 2nd starting port 12 is opened temporarily by operating the electric tulip 17 via the electric tulip opening / closing part 113.
また、メインCPU101は、表示器4を構成する各表示器41〜43,45〜47に対して、図3に基づいて上述した処理を実行させる。   Further, the main CPU 101 causes each of the display devices 41 to 43 and 45 to 47 constituting the display device 4 to execute the processing described above based on FIG.
[演出制御基板130の構成例]
演出制御基板130は、サブCPU131、サブROM132、サブRAM133、及びRTC(リアルタイムクロック)134を備えている。サブCPU131は、サブROM132に記憶されたプログラムに基づいて、演出を制御する際の演算処理を行う。サブRAM133は、サブCPU131が上記プログラムを実行する際に用いる各種データを一時的に記憶する記憶領域又はデータ処理などの作業領域として使用される。RTC134は、現時点の日時(日付及び時刻)を計測する。
[Configuration Example of Production Control Board 130]
The effect control board 130 includes a sub CPU 131, a sub ROM 132, a sub RAM 133, and an RTC (real time clock) 134. The sub CPU 131 performs a calculation process when controlling the presentation based on the program stored in the sub ROM 132. The sub RAM 133 is used as a storage area for temporarily storing various data used when the sub CPU 131 executes the program, or a work area for data processing. The RTC 134 measures the current date and time (date and time).
サブCPU131は、遊技制御基板100から送信される特別図柄判定や普通図柄判定、特別遊技等に関する遊技情報に基づいて、演出内容を設定する。その際、演出ボタン26又は演出キー27からの操作情報の入力を受け付けて、その操作情報に応じた演出内容を設定する場合もある。また、サブCPU131は、設定した演出内容の演出の実行を指示するコマンドを画像音響制御基板140及びランプ制御基板150に送信する。   The sub CPU 131 sets the production contents based on the game information related to the special symbol determination, the normal symbol determination, the special game, etc. transmitted from the game control board 100. In that case, the input of the operation information from the production | presentation button 26 or the production | presentation key 27 may be received, and the production | generation content according to the operation information may be set. Further, the sub CPU 131 transmits a command for instructing execution of the effect of the set effect content to the image sound control board 140 and the lamp control board 150.
[画像音響制御基板140の構成例]
画像音響制御基板140は、統括CPU141、制御用ROM142、及び制御用RAM143を備えている。統括CPU141は、制御用ROM142に記憶されたプログラムに基づいて、演出制御基板130において演出内容が設定された演出を表現する画像や音を制御する際の演算処理を行う。画像音響制御基板140は、メイン液晶表示装置5及びサブ液晶表示装置6に表示される演出画像を生成するVDP(Video Display Processor)144、及びスピーカ24から出力される音響データを生成する音響DSP(Digital Signal Processor)145を備えている。統括CPU141は、演出制御基板130からのコマンド及び制御用ROM142に記憶されているプログラムに基づいて制御信号を生成してVDP144及び音響DSP145に出力することによって、VDP144及び音響DSP145の動作を制御する。
[Configuration Example of Image Sound Control Board 140]
The image sound control board 140 includes a general CPU 141, a control ROM 142, and a control RAM 143. Based on the program stored in the control ROM 142, the overall CPU 141 performs arithmetic processing when controlling an image or sound representing an effect whose effect content is set on the effect control board 130. The image sound control board 140 is a VDP (Video Display Processor) 144 that generates an effect image displayed on the main liquid crystal display device 5 and the sub liquid crystal display device 6, and an sound DSP (a sound DSP that generates sound data output from the speaker 24). Digital Signal Processor) 145. The overall CPU 141 controls the operations of the VDP 144 and the sound DSP 145 by generating a control signal based on the command from the effect control board 130 and the program stored in the control ROM 142 and outputting the control signal to the VDP 144 and the sound DSP 145.
音響DSP145には、楽曲や音声、効果音等に関する各種音響データを記憶する音響用ROMと、音響DSP145によるデータ処理等の作業領域として使用されるSDRAMとが接続されている。音響DSP145は、統括CPU141からの制御信号に対応する音響データを音響用ROMからSDRAMに読み出してデータ処理を実行し、データ処理後の音響データをスピーカ24へ出力する。   The acoustic DSP 145 is connected to an acoustic ROM that stores various acoustic data related to music, voice, sound effects, etc., and an SDRAM that is used as a work area for data processing by the acoustic DSP 145. The acoustic DSP 145 reads the acoustic data corresponding to the control signal from the overall CPU 141 from the acoustic ROM to the SDRAM, executes data processing, and outputs the acoustic data after the data processing to the speaker 24.
VDP144は、演出画像の生成に必要な素材データを記憶する画像用ROM、演出画像の描画処理を実行する描画エンジン、及び描画エンジンによって描画された演出画像をメイン液晶表示装置5及びサブ液晶表示装置6に出力する出力回路を有している。描画エンジンは、統括CPU141からの制御信号に基づいて、画像用ROMに記憶されている素材データを用いて、フレームバッファに演出画像を描画する。出力回路は、このフレームバッファに描画された演出画像を所定のタイミングでメイン液晶表示装置5及びサブ液晶表示装置6に出力する。上述したQRコードは、このVDP144によって生成される。   The VDP 144 includes an image ROM that stores material data necessary for generating the effect image, a drawing engine that executes the rendering process of the effect image, and the effect image drawn by the drawing engine as the main liquid crystal display device 5 and the sub liquid crystal display device. 6 is provided. The drawing engine draws the effect image in the frame buffer using the material data stored in the image ROM based on the control signal from the overall CPU 141. The output circuit outputs the effect image drawn in the frame buffer to the main liquid crystal display device 5 and the sub liquid crystal display device 6 at a predetermined timing. The QR code described above is generated by the VDP 144.
[ランプ制御基板150の構成例]
ランプ制御基板150は、図には示されていないが、CPU、ROM、及びRAMを備えている。ランプ制御基板150のCPUは、ROMに記憶されたプログラムに基づいて、枠ランプ25やロゴ役物7、ボタンランプ261(例えばLEDなどの発光素子)の動作を制御する際の演算処理を行う。ランプ制御基板150のRAMは、CPUが上記プログラムを実行する際に用いる各種データを一時的に記憶する記憶領域又はデータ処理などの作業領域として使用される。
[Configuration Example of Lamp Control Board 150]
Although not shown in the drawing, the lamp control board 150 includes a CPU, a ROM, and a RAM. The CPU of the lamp control board 150 performs arithmetic processing when controlling the operation of the frame lamp 25, the logo accessory 7, and the button lamp 261 (for example, a light emitting element such as an LED) based on a program stored in the ROM. The RAM of the lamp control board 150 is used as a storage area for temporarily storing various data used when the CPU executes the program or a work area for data processing.
ランプ制御基板150のROMには、発光パターンデータ及び動作パターンデータが記憶されている。ここで、発光パターンデータは、枠ランプ25やロゴ役物7が備える発光素子、ボタンランプ261のそれぞれの発光パターンを示すデータである。動作パターンデータは、ロゴ役物7の動作パターンを示すデータである。   The ROM of the lamp control board 150 stores light emission pattern data and operation pattern data. Here, the light emission pattern data is data indicating the light emission patterns of the light emitting elements and button lamps 261 provided in the frame lamp 25 and the logo accessory 7. The operation pattern data is data indicating an operation pattern of the logo accessory 7.
ランプ制御基板150のCPUは、ROMに記憶された発光パターンデータの中から、演出制御基板130から受信したデータに対応する発光パターンデータをRAMに読み出して、枠ランプ25やロゴ役物7の発光素子、ボタンランプ261の発光を制御する。この制御が行われることにより、第1の有効期間中、及び第2の有効期間中における暗示演出が実現される。また、ランプ制御基板150のCPUは、ROMに記憶された動作パターンデータの中から、演出制御基板130から受信したデータに対応する動作パターンデータをRAMに読み出して、ロゴ役物7を動作させるモータの駆動を制御する。   The CPU of the lamp control board 150 reads the light emission pattern data corresponding to the data received from the effect control board 130 from the light emission pattern data stored in the ROM, and emits light from the frame lamp 25 and the logo accessory 7. The light emission of the element and button lamp 261 is controlled. By performing this control, an implied effect is realized during the first effective period and the second effective period. Further, the CPU of the lamp control board 150 reads out the operation pattern data corresponding to the data received from the effect control board 130 from the operation pattern data stored in the ROM, and operates the logo accessory 7. Control the drive.
[遊技制御基板100によるタイマ割込み処理]
次に、図12を参照しつつ、遊技制御基板100において実行されるタイマ割込み処理について説明する。ここで、図12は、遊技制御基板100において実行されるタイマ割込み処理の一例を示すフローチャートである。遊技制御基板100は、電源投入時や電源断時等の特殊な場合を除く通常の動作時において、図12に例示されている一連の処理を一定時間(例えば4ミリ秒)毎に繰り返し実行する。なお、図12以降のフローチャートに基づいて説明する遊技制御基板100の処理は、メインROM102に記憶されているプログラムに基づいてメインCPU101が発行する命令に従って行われる。
[Timer interrupt processing by game control board 100]
Next, a timer interrupt process executed in the game control board 100 will be described with reference to FIG. Here, FIG. 12 is a flowchart showing an example of timer interrupt processing executed in the game control board 100. The game control board 100 repeatedly executes a series of processes illustrated in FIG. 12 at regular time intervals (for example, 4 milliseconds) during normal operation except for special cases such as when the power is turned on and when the power is turned off. . Note that the processing of the game control board 100 described based on the flowcharts of FIG. 12 and after is performed according to a command issued by the main CPU 101 based on a program stored in the main ROM 102.
まず、メインCPU101は、大当たり乱数、大当たり用図柄乱数、小当たり用図柄乱数、リーチ乱数、変動パターン乱数、及び普通図柄乱数の各種乱数を更新する乱数更新処理を実行する(ステップS1)。   First, the main CPU 101 executes random number update processing for updating various random numbers such as a jackpot random number, a jackpot symbol random number, a jackpot symbol random number, a reach random number, a variation pattern random number, and a normal symbol random number (step S1).
ここで、大当たり乱数は、大当たり、小当たり、又はハズレを決定するための乱数である。大当たり用図柄乱数は、大当たりであると判定された場合に、大当たりの種類を決定するための乱数である。小当たり用図柄乱数は、小当たり遊技中にV入賞口92に遊技球が入賞した場合に発生する2種大当たりの種類を決定するための乱数である。リーチ乱数は、ハズレであると判定された場合に、リーチ有りの演出を行うか或いはリーチ無しの演出を行うかを決定するための乱数である。変動パターン乱数は、特別図柄が変動表示される際の変動パターンを決定するための乱数である。普通図柄乱数は、第2始動口12を開放するか否かを決定するための乱数である。大当たり乱数、大当たり用図柄乱数、小当たり用図柄乱数、リーチ乱数、変動パターン乱数、及び普通図柄乱数は、このステップS1の処理が行われる毎に「1」ずつ加算される。なお、このステップS1の処理を行うカウンタとしてはループカウンタが使用されており、各乱数は、予め設定された最大値に達した後は「0」に戻る。   Here, the jackpot random number is a random number for determining the jackpot, the jackpot, or the loss. The jackpot design random number is a random number for determining the type of jackpot when it is determined that the jackpot is a jackpot. The small hitting design random number is a random number for determining the type of two types of big hits generated when a game ball wins the V winning opening 92 during the small hitting game. The reach random number is a random number for determining whether to perform an effect with reach or an effect without reach when it is determined that the reach is lost. The variation pattern random number is a random number for determining a variation pattern when a special symbol is displayed in a variable manner. The normal symbol random number is a random number for determining whether or not to open the second start port 12. The jackpot random number, the jackpot symbol random number, the jackpot symbol random number, the reach random number, the variation pattern random number, and the normal symbol random number are incremented by “1” every time the process of step S1 is performed. Note that a loop counter is used as a counter for performing the processing of step S1, and each random number returns to “0” after reaching a preset maximum value.
ステップS1の処理に続いて、メインCPU101は、各スイッチからの検知信号が入力された場合に、スイッチ処理を実行する(ステップS2)。このスイッチ処理については、図13〜図15に基づいて後に詳述する。   Subsequent to the process of step S1, the main CPU 101 executes a switch process when a detection signal is input from each switch (step S2). This switch process will be described in detail later with reference to FIGS.
ステップS2の処理に続いて、メインCPU101は、特別図柄判定を実行し、第1特別図柄表示器41又は第2特別図柄表示器42に特別図柄を変動表示させてから特別図柄判定の結果を示す判定図柄を停止表示させる処理等を含む特別図柄処理を実行する(ステップS3)。この特別図柄処理については、図16に基づいて後に詳述する。   Following the processing of step S2, the main CPU 101 executes special symbol determination, displays the special symbol on the first special symbol display 41 or the second special symbol display 42, and shows the result of the special symbol determination. A special symbol process including a process of stopping and displaying the determination symbol is executed (step S3). This special symbol process will be described later in detail with reference to FIG.
ステップS3の処理に続いて、メインCPU101は、普通図柄判定を実行し、普通図柄表示器45に普通図柄を変動表示させてから普通図柄判定の結果を示す普通図柄を停止表示させる処理等を含む普通図柄処理を実行する(ステップS4)。   Subsequent to the process of step S3, the main CPU 101 includes a process of executing normal symbol determination, causing the normal symbol display unit 45 to display the normal symbol in a variable manner, and then stopping and displaying the normal symbol indicating the result of the normal symbol determination. Normal symbol processing is executed (step S4).
ステップS4の処理に続いて、メインCPU101は、普通図柄判定を行った結果、第2始動口12を開放すると判定した場合に、電動チューリップ開閉部113を介して電動チューリップ17を作動させる電動チューリップ処理を実行する(ステップS5)。   Following the process of step S4, the main CPU 101 performs the electric tulip process for operating the electric tulip 17 via the electric tulip opening / closing part 113 when it is determined that the second start port 12 is opened as a result of the normal symbol determination. Is executed (step S5).
ステップS5の処理に続いて、メインCPU101は、ステップS3の特別図柄処理において小当たりであると判定した場合に、特定領域開閉部119を介して羽根部材90を作動させると共に、V入賞口開閉部122を介してスライド部材94を作動させる特定領域開放制御処理を実行する(ステップS6)。   Following the process of step S5, the main CPU 101 activates the blade member 90 via the specific area opening / closing part 119 and determines the V prize opening opening / closing part when it is determined that the small symbol is won in the special symbol process of step S3. A specific area opening control process for operating the slide member 94 via 122 is executed (step S6).
ステップS6の処理に続いて、メインCPU101は、ステップS3において大当たりであると判定した場合、又は小当たり遊技中にV入賞口92に遊技球が入賞した場合に、大入賞口制御部116を制御して大入賞口13を開放する大入賞口開放制御処理を実行する(ステップS7)。   Subsequent to the processing in step S6, the main CPU 101 controls the big winning opening control unit 116 when it is determined that the big winning is made in step S3, or when a game ball wins the V winning opening 92 during the small winning game. Then, a special winning opening opening control process for opening the special winning opening 13 is executed (step S7).
ステップS7の処理に続いて、メインCPU101は、遊技球の入賞に応じた賞球の払い出しを制御する賞球処理を実行する(ステップS8)。   Subsequent to the process of step S7, the main CPU 101 executes a prize ball process for controlling the payout of the prize ball according to the winning of the game ball (step S8).
ステップS8の処理に続いて、メインCPU101は、ステップS8以前の処理ステップにおいてメインRAM103にセット(格納)された各種コマンドや演出内容を決定するために必要な情報を演出制御基板130に送信する送信処理を実行する(ステップS9)。   Subsequent to the process of step S8, the main CPU 101 transmits to the effect control board 130 information necessary to determine various commands and effect contents set (stored) in the main RAM 103 in the process step before step S8. Processing is executed (step S9).
[遊技制御基板100によるスイッチ処理]
図13は、図12のステップS2におけるスイッチ処理の詳細フローチャートである。ステップS1の処理に続いて、メインCPU101は、図13に例示されるように、第1始動口スイッチ111からの検知信号の入力の有無を監視して、ステップS1の処理によって適宜更新される各種乱数(大当たり乱数、大当たり用図柄乱数、リーチ乱数、及び変動パターン乱数)について、第1始動口スイッチ111からの検知信号が入力された時点の値を取得する第1始動口スイッチ処理を実行する(ステップS21)。この第1始動口スイッチ処理については、図14に基づいて後に詳述する。
[Switch processing by game control board 100]
FIG. 13 is a detailed flowchart of the switch process in step S2 of FIG. Subsequent to the process of step S1, the main CPU 101 monitors the presence or absence of a detection signal input from the first start port switch 111, as illustrated in FIG. 13, and is appropriately updated by the process of step S1. For the random numbers (big hit random number, big hit design random number, reach random number, and variation pattern random number), a first start port switch process is performed to acquire a value at the time when the detection signal from the first start port switch 111 is input ( Step S21). The first start port switch process will be described in detail later with reference to FIG.
次に、メインCPU101は、第2始動口スイッチ112からの検知信号の入力の有無を監視して、ステップS1の処理によって適宜更新される各種乱数(大当たり乱数、大当たり用図柄乱数、小当たり用図柄乱数、リーチ乱数、及び変動パターン乱数)について、第2始動口スイッチ112からの検知信号が入力された時点の値を取得する第2始動口スイッチ処理を実行する(ステップS22)。この第2始動口スイッチ処理については、図15に基づいて後に詳述する。   Next, the main CPU 101 monitors the presence or absence of a detection signal input from the second start port switch 112, and various random numbers (big hit random number, big hit symbol random number, small bonus symbol updated as appropriate by the process of step S1. For the random number, the reach random number, and the fluctuation pattern random number), a second start port switch process is performed to acquire a value at the time when the detection signal from the second start port switch 112 is input (step S22). The second start port switch process will be described later in detail with reference to FIG.
そして、メインCPU101は、ゲートスイッチ114からの検知信号の入力の有無を監視して、ステップS1の処理によって適宜更新される普通図柄乱数について、ゲートスイッチ114からの検知信号が入力された時点の値を取得するゲートスイッチ処理を実行する(ステップS23)。上記ステップS4の普通図柄処理においては、ここで取得された普通図柄乱数が予め設定された乱数値と一致するか否かに基づいて、第2始動口12を開放するか否かが判定される。   Then, the main CPU 101 monitors whether or not a detection signal is input from the gate switch 114, and the value at the time when the detection signal from the gate switch 114 is input with respect to the normal symbol random number that is appropriately updated by the process of step S1. The gate switch process for acquiring the above is executed (step S23). In the normal symbol process in step S4, it is determined whether or not to open the second start port 12 based on whether or not the normal symbol random number acquired here matches a preset random number value. .
[遊技制御基板100による第1始動口スイッチ処理]
図14は、図13のステップS21における第1始動口スイッチ処理の詳細フローチャートである。図14に例示されるように、メインCPU101は、ステップS1の乱数更新処理に続いて、第1始動口スイッチ111からの検知信号(第1始動口スイッチ111が「ON」になったことを示すON信号)が入力されたか否かに基づいて、第1始動口スイッチ111が「ON」になったか否かを判定する(ステップS211)。ここで、第1始動口スイッチ111が「ON」になったと判定した場合(ステップS211:YES)、メインRAM103に記憶されている第1特別図柄判定の保留数U1が、予めメインROM102に記憶されている第1特別図柄判定の最大保留数Umax1(本実施形態では「4」)未満であるか否かを判定する(ステップS212)。
[First Start Port Switch Processing by Game Control Board 100]
FIG. 14 is a detailed flowchart of the first start port switch process in step S21 of FIG. As illustrated in FIG. 14, following the random number update process in step S <b> 1, the main CPU 101 indicates a detection signal from the first start port switch 111 (indicating that the first start port switch 111 is “ON”). Based on whether or not an ON signal is input, it is determined whether or not the first start port switch 111 is turned “ON” (step S211). Here, when it is determined that the first start port switch 111 has been turned “ON” (step S211: YES), the number U1 of the first special symbol determination stored in the main RAM 103 is stored in the main ROM 102 in advance. It is determined whether it is less than the maximum reserved number Umax1 (in the present embodiment, “4”) of the first special symbol determination (step S212).
メインCPU101は、保留数U1が最大保留数Umax1未満であると判定した場合(ステップS212:YES)、保留数U1の値を「1」加算した値に更新する(ステップS213)。そして、第1特別図柄判定に使用する取得情報として、大当たり乱数、大当たり用図柄乱数、リーチ乱数、及び変動パターン乱数を取得し、これらの乱数を対応付けてメインRAM103の所定領域に格納する(ステップS214〜S217)。そして、第1特別図柄判定が保留されたことを通知する保留コマンドをメインRAM103にセットする(ステップS218)。この保留コマンドは、ステップS9の送信処理によって演出制御基板130に送信される。演出制御基板130においてこの保留コマンドを受信した場合の処理については、後に詳述する。   When the main CPU 101 determines that the hold number U1 is less than the maximum hold number Umax1 (step S212: YES), the main CPU 101 updates the value of the hold number U1 to a value obtained by adding “1” (step S213). Then, as the acquisition information used for the first special symbol determination, a jackpot random number, a jackpot symbol random number, a reach random number, and a variation pattern random number are acquired, and these random numbers are associated with each other and stored in a predetermined area of the main RAM 103 (step). S214 to S217). Then, a hold command for notifying that the first special symbol determination is put on hold is set in the main RAM 103 (step S218). This hold command is transmitted to the effect control board 130 by the transmission process of step S9. The processing when the effect control board 130 receives this hold command will be described in detail later.
なお、本実施形態におけるパチンコ遊技機1は、第1特別図柄判定の結果が大当たり又はハズレのいずれかとなり、第1特別図柄判定においては、小当たり遊技を発生させる小当たりと判定されないように構成されている。このため、第1始動口スイッチ処理には、2種大当たりの種類を決定するための小当たり用図柄乱数を取得するステップが含まれていない。   The pachinko gaming machine 1 according to the present embodiment is configured such that the result of the first special symbol determination is either a big hit or a loss, and the first special symbol determination is not determined to be a small hit that generates a small hit game. Has been. For this reason, the first start port switch process does not include a step of acquiring a small hitting design random number for determining the type of the two big hits.
[遊技制御基板100による第2始動口スイッチ処理]
図15は、図13のステップS22における第2始動口スイッチ処理の詳細フローチャートである。図15に例示されるように、メインCPU101は、ステップS21の第1始動口スイッチ処理に続いて、第2始動口スイッチ112からの検知信号(第2始動口スイッチ112が「ON」になったことを示すON信号)が入力されたか否かに基づいて、第2始動口スイッチ112が「ON」になったか否かを判定する(ステップS221)。
[Second Start Port Switch Processing by Game Control Board 100]
FIG. 15 is a detailed flowchart of the second start port switch process in step S22 of FIG. As illustrated in FIG. 15, the main CPU 101 detects the detection signal from the second start port switch 112 (the second start port switch 112 is “ON”) following the first start port switch process in step S <b> 21. On the basis of whether or not an ON signal indicating that the second start port switch 112 has been turned ON is determined (step S221).
メインCPU101は、第2始動口スイッチ112が「ON」になったと判定した場合(ステップS221:YES)、例えば、メインRAM103に記憶されている大当たり遊技フラグが「ON」に設定されているか否かに基づいて、大入賞口13を開放する大当たり遊技中であるか否かを判定する(ステップS222)。この大当たり遊技フラグは、大当たり遊技の実行中であるか否かを示すフラグであり、大当たり遊技の開始時に「ON」に設定され、大当たり遊技の終了時に「OFF」に設定される。   If the main CPU 101 determines that the second start port switch 112 is “ON” (step S221: YES), for example, whether or not the jackpot game flag stored in the main RAM 103 is set to “ON”. Based on the above, it is determined whether or not the jackpot game in which the big winning opening 13 is opened (step S222). This jackpot game flag is a flag indicating whether or not the jackpot game is being executed, and is set to “ON” at the start of the jackpot game, and is set to “OFF” at the end of the jackpot game.
メインCPU101は、大当たり遊技中ではないと判定した場合(ステップS222:NO)、例えば、メインRAM103に記憶されている小当たり遊技フラグが「ON」に設定されているか否かに基づいて、特定入賞口19を開放する小当たり遊技中であるか否かを判定する(ステップS223)。この小当たり遊技フラグは、特定入賞口19を開放する小当たり遊技の実行中であるか否かを示すフラグであり、小当たり遊技の開始時に「ON」に設定され、小当たり遊技の終了時に「OFF」に設定される。   If the main CPU 101 determines that the big hit game is not in progress (step S222: NO), for example, based on whether or not the small hit game flag stored in the main RAM 103 is set to “ON”, the specific winning It is determined whether or not a small hit game that opens the mouth 19 is in progress (step S223). This small hit game flag is a flag indicating whether or not the small hit game that opens the specific winning opening 19 is being executed, and is set to “ON” at the start of the small hit game, and at the end of the small hit game Set to “OFF”.
メインCPU101は、小当たり遊技中ではないと判定した場合(ステップS223:NO)、第1特別図柄表示器41又は第2特別図柄表示器42における特別図柄の変動表示中であるか否かを判定する(ステップS224)。ここで、特別図柄の変動表示中ではないと判定した場合(ステップS224:NO)、第2特別図柄判定に使用する取得情報として、大当たり乱数、大当たり用図柄乱数、小当たり用図柄乱数、リーチ乱数、及び変動パターン乱数を取得し、これらの乱数を対応付けてメインRAM103の所定領域に格納する(ステップS225〜S229)。   When the main CPU 101 determines that the game is not in the small hit game (step S223: NO), the main CPU 101 determines whether or not the special symbol display on the first special symbol display 41 or the second special symbol display 42 is being displayed. (Step S224). Here, when it is determined that the special symbol variation display is not being performed (step S224: NO), as the acquisition information used for the second special symbol determination, the jackpot random number, the jackpot symbol random number, the jackpot symbol random number, the reach random number And the fluctuation pattern random numbers are acquired, and these random numbers are associated and stored in a predetermined area of the main RAM 103 (steps S225 to S229).
このように、特別遊技中ではなく特別図柄の変動表示中でもないときに第2始動口12に遊技球が入賞した場合には、メインCPU101は、第2特別図柄判定に使用する各種乱数を、メインRAM103の判定用記憶領域に直接格納する。この判定用記憶領域は、特別図柄判定が実際に実行されるときにその特別図柄判定に使用される各種乱数が記憶される記憶領域である。なお、第1始動口11に遊技球が入賞した場合には、メインCPU101は、第1特別図柄判定に使用する各種乱数をメインRAM103の保留記憶領域に格納し、実際に第1特別図柄判定を行って特別図柄の変動表示を開始させるときに、保留記憶領域に記憶されている各種乱数を判定用記憶領域にシフトさせる。   As described above, when the game ball wins the second starting port 12 when the special game is not being displayed and the special symbol is not being displayed, the main CPU 101 stores various random numbers used for the second special symbol determination in the main game. The data is directly stored in the determination storage area of the RAM 103. This determination storage area is a storage area for storing various random numbers used for the special symbol determination when the special symbol determination is actually executed. When a game ball is won at the first starting port 11, the main CPU 101 stores various random numbers used for the first special symbol determination in the reserved storage area of the main RAM 103, and actually performs the first special symbol determination. When the change display of the special symbol is started, various random numbers stored in the reserved storage area are shifted to the determination storage area.
以上説明したように、本実施形態では、特別図柄の変動表示中や特別遊技中に第2始動口12に遊技球が入賞したためにその入賞に対応する第2特別図柄判定に係る特別図柄の変動表示を直ちに開始できない場合には、第2始動口12への遊技球の入賞に基づく第2特別図柄判定は行われない。一方、第1始動口11に遊技球が入賞したときにその入賞に対応する第1特別図柄判定に係る特別図柄の変動表示を直ちに開始できない場合であっても、第1特別図柄判定の権利は、4つを上限として保留される。   As described above, in the present embodiment, since the game ball has won the second starting port 12 during the special symbol change display or during the special game, the special symbol change related to the second special symbol determination corresponding to the winning is made. When the display cannot be started immediately, the second special symbol determination based on the winning of the game ball to the second start port 12 is not performed. On the other hand, when a game ball wins at the first start port 11, even if the variable symbol display related to the first special symbol determination corresponding to the winning cannot be started immediately, the right of the first special symbol determination is 4 is the upper limit.
[遊技制御基板100による特別図柄処理]
次に、図16を参照しつつ、遊技制御基板100によって実行される特別図柄処理の詳細について説明する。ここで、図16は、図12のステップS3における特別図柄処理の詳細フローチャートである。図16に例示されるように、遊技制御基板100のメインCPU101は、メインRAM103に記憶されている大当たり遊技フラグ又は小当たり遊技フラグが「ON」に設定されているか否かに基づいて、大当たり遊技中又は小当たり遊技中であるか否かを判定する(ステップS301)。ここで、大当たり遊技中又は小当たり遊技中であると判定された場合(ステップS301:YES)、ステップS4の普通図柄処理に処理が進められる。
[Special symbol processing by game control board 100]
Next, the details of the special symbol process executed by the game control board 100 will be described with reference to FIG. Here, FIG. 16 is a detailed flowchart of the special symbol process in step S3 of FIG. As illustrated in FIG. 16, the main CPU 101 of the game control board 100 determines whether or not the big hit game flag or the small hit game flag stored in the main RAM 103 is set to “ON”. It is determined whether or not the middle or small hit game is in progress (step S301). Here, when it is determined that the game is a big hit game or a small hit game (step S301: YES), the process proceeds to the normal symbol process of step S4.
メインCPU101は、特別遊技中ではないと判定した場合(ステップS301:NO)、特別図柄の変動表示中であるか否かを判定する(ステップS302)。ここで、特別図柄の変動表示中ではないと判定した場合(ステップS302:NO)、第2始動口入賞に係る各種乱数がメインRAM103の判定用記憶領域に記憶されているか否かを判定する(ステップS303)。具体的には、遊技球が第2始動口12に入賞したことに応じて取得された各種乱数が判定用記憶領域に直接記憶されると共に、第2始動口入賞に係る各種乱数が記憶されたことを示すフラグが判定用記憶領域に記憶されるので、判定用記憶領域に各種乱数が記憶された際にこのフラグが記憶されているか否かに基づいて、判定用記憶領域に記憶された各種乱数が第2始動口入賞に係るものであるか或いは第1始動口入賞に係るものであるかを判定する。ここで、第2始動口入賞に係る乱数が記憶されていると判定された場合(ステップS303:YES)、後述するステップS307に処理が進められる。   When the main CPU 101 determines that the special game is not being played (step S301: NO), the main CPU 101 determines whether or not the special symbol is being changed (step S302). Here, when it is determined that the special symbol variation display is not being performed (step S302: NO), it is determined whether or not various random numbers related to the second start opening winning are stored in the determination storage area of the main RAM 103 ( Step S303). Specifically, various random numbers acquired in response to the game ball winning the second start opening 12 are directly stored in the determination storage area, and various random numbers related to the second start opening winning are stored. Is stored in the determination storage area. Based on whether or not this flag is stored when various random numbers are stored in the determination storage area, various types of information stored in the determination storage area are stored. It is determined whether the random number is related to the second start opening winning or the first starting opening winning. Here, when it is determined that the random number related to the second start opening winning is stored (step S303: YES), the process proceeds to step S307 described later.
メインCPU101は、第2始動口入賞に係る乱数が判定用記憶領域に記憶されていないと判定した場合(ステップS303:NO)、メインRAM103に記憶されている第1特別図柄判定の保留数U1が「1」以上であるか否かを判定する(ステップS304)。ここで、保留数U1が「1」以上であると判定した場合(ステップS304:YES)、保留数U1を「1」減算した値に更新する(ステップS305)。そして、メインRAM103の記憶領域に対するシフト処理を実行する(ステップS306)。具体的には、メインRAM103の保留記憶領域に記憶されている第1特別図柄判定に係る大当たり乱数、大当たり用図柄乱数、リーチ乱数、及び変動パターン乱数について、保留記憶領域に最初に格納されたもの(最も古いもの)を判定用記憶領域にシフトさせ、残りのものを判定用記憶領域側にシフトさせる。   When the main CPU 101 determines that the random number related to the second start opening winning is not stored in the determination storage area (step S303: NO), the main CPU 101 stores the first special symbol determination hold number U1 stored in the main RAM 103. It is determined whether or not “1” or more (step S304). Here, when it is determined that the hold count U1 is “1” or more (step S304: YES), the hold count U1 is updated to a value obtained by subtracting “1” (step S305). Then, a shift process for the storage area of the main RAM 103 is executed (step S306). Specifically, the jackpot random number, jackpot symbol random number, reach random number, and variation pattern random number related to the first special symbol determination stored in the reserved storage area of the main RAM 103 are first stored in the reserved storage area. (The oldest) is shifted to the determination storage area, and the remaining one is shifted to the determination storage area.
メインCPU101は、ステップS306の処理を実行した場合、又は第2始動口入賞に係る乱数が判定用記憶領域に記憶されていると判定した場合(ステップS303:YES)、判定用記憶領域に記憶されている乱数に基づいて、大当たり判定処理を実行する(ステップS307)。この大当たり判定処理が実行されることによって、大当たり、小当たり、及びハズレのいずれであるかが判定され、その判定結果を示す判定図柄の設定情報がメインRAM103にセットされる。そして、大当たり(1種大当たり)であると判定された場合には大当たりの種類が決定され、小当たりであると判定された場合には小当たり遊技中にV入賞口92に遊技球が入賞したことを契機として発生する2種大当たりの種類が決定される。この大当たり判定処理については、図17に基づいて後に詳述する。   When the main CPU 101 executes the process of step S306 or determines that the random number related to the second start opening winning is stored in the determination storage area (step S303: YES), it is stored in the determination storage area. The jackpot determination process is executed based on the random number that is stored (step S307). By executing this jackpot determination process, it is determined whether it is a big hit, a small hit, or a loss, and setting information of a determination symbol indicating the determination result is set in the main RAM 103. When it is determined that the game is a big hit (1 type big win), the type of the big win is determined, and when it is determined that the jackpot is a game, the game ball wins the V winning opening 92 during the small hit game. The kind of two types of jackpots that will be triggered by this is determined. The jackpot determination process will be described in detail later based on FIG.
ステップS307の処理に続いて、メインCPU101は、変動パターン選択処理を実行する(ステップS308)。具体的には、メインROM102に予め記憶されている変動パターンテーブルを参照して、ステップS307における大当たり判定の判定結果、メインRAM103にセットされた判定図柄の種類、現在の遊技状態、第1特別図柄判定の保留数U1、上記ステップS307の処理で使用した大当たり乱数と一緒に判定用記憶領域に記憶されているリーチ乱数及び変動パターン乱数に基づいて、特別図柄の変動パターンを選択する。このステップS308の処理が行われることによって、リーチ有り演出を行うか、或いはリーチ無し演出を行うかも併せて決定される。この変動パターン選択処理については、図18に基づいて後に詳述する。   Following the process of step S307, the main CPU 101 executes a variation pattern selection process (step S308). Specifically, referring to the variation pattern table stored in advance in the main ROM 102, the determination result of the jackpot determination in step S307, the type of determination symbol set in the main RAM 103, the current gaming state, the first special symbol A variation pattern of the special symbol is selected based on the reach random number and variation pattern random number stored in the determination storage area together with the determination pending number U1 and the jackpot random number used in the processing of step S307. By performing the processing in step S308, it is also determined whether to perform an effect with reach or an effect without reach. This variation pattern selection process will be described in detail later based on FIG.
ステップS308の処理に続いて、メインCPU101は、ステップS307の処理で設定した図柄の設定情報、この図柄の設定情報が第1特別図柄判定に係るものであるか或いは第2特別図柄判定に係るものであるかを示す情報、ステップS308の処理で設定した変動パターンの設定情報、リーチ有り演出とリーチ無し演出のどちらの演出を行うかを示す情報、パチンコ遊技機1の遊技状態に関する情報等を含む変動開始コマンドをメインRAM103にセットする(ステップS309)。この変動開始コマンドは、特別図柄の変動表示に伴う変動演出の開始を指示するコマンドであって、ステップS9の送信処理によって演出制御基板130に送信される。   Following the processing of step S308, the main CPU 101 determines whether the symbol setting information set in step S307, the symbol setting information relates to the first special symbol determination, or the second special symbol determination. Information indicating whether or not, a variation pattern setting information set in the process of step S308, information indicating which of the effects with reach or effects without reach, information regarding the gaming state of the pachinko gaming machine 1, etc. A change start command is set in the main RAM 103 (step S309). This variation start command is a command for instructing the start of the variation effect accompanying the variation display of the special symbol, and is transmitted to the effect control board 130 by the transmission process of step S9.
これに対して、演出制御基板130は、遊技制御基板100から受信した変動開始コマンドを解析することによって、特別図柄判定の結果を特定し、リーチ有り演出とリーチ無し演出のどちらを行う必要があるのかを判定し、特別図柄が変動表示される変動時間を取得し、パチンコ遊技機1の遊技状態を特定する。そして、第1特別図柄表示器41又は第2特別図柄表示器42における特別図柄の変動表示に伴って、メイン液晶表示装置5にどのようなパターンで装飾図柄を変動表示させるか、スピーカ24からどのような音を出力するか、枠ランプ25をどのような発光パターンで発光させるか、ロゴ役物7を作動させるか否か等を決定し、決定した内容の演出を画像音響制御基板140及びランプ制御基板150に実行させる。   On the other hand, the effect control board 130 needs to specify the result of the special symbol determination by analyzing the variation start command received from the game control board 100, and perform either the effect with reach or the effect without reach. To determine the game state of the pachinko gaming machine 1 by acquiring the variation time during which the special symbol is variably displayed. Then, in accordance with the variation display of the special symbol in the first special symbol display 41 or the second special symbol display 42, what pattern the decorative symbol is variably displayed on the main liquid crystal display device 5 is determined from the speaker 24. Such as the sound output, the light emission pattern of the frame lamp 25, and whether or not to activate the logo accessory 7, etc. The control board 150 is executed.
ステップS309の処理に続いて、メインCPU101は、ステップS309の処理でセットした変動開始コマンドに含まれている設定情報に基づいて、特別図柄の変動表示を開始する(ステップS310)。なお、この特別図柄の変動表示は、判定用記憶領域に第1特別図柄判定に係る乱数が記憶されている状態でステップS307〜ステップS309の処理が行われた場合には第1特別図柄表示器41を用いて行われ、第2特別図柄判定に係る乱数が記憶されている状態でステップS307〜ステップS309の処理が行われた場合には第2特別図柄表示器42を用いて行われる。   Subsequent to the processing in step S309, the main CPU 101 starts the special symbol variation display based on the setting information included in the variation start command set in step S309 (step S310). The special symbol variation display is performed when the processing in steps S307 to S309 is performed in a state where the random number related to the first special symbol determination is stored in the determination storage area. 41. When the process of steps S307 to S309 is performed in a state where random numbers relating to the second special symbol determination are stored, the second special symbol display 42 is used.
ステップS310の処理に続いて、メインCPU101は、メインRAM103に記憶されている客待ちフラグが「ON」に設定されているか否かを判定する(ステップS311)。この客待ちフラグは、パチンコ遊技機1が客待ち状態であるか否かを示すフラグであり、第1特別図柄判定の権利が保留されておらず且つ特別図柄の変動表示が行われなくなったタイミングで「ON」に設定され、特別図柄の変動表示が再び開始されるときに「OFF」に設定される。   Following the processing of step S310, the main CPU 101 determines whether or not the customer waiting flag stored in the main RAM 103 is set to “ON” (step S311). This customer waiting flag is a flag indicating whether or not the pachinko gaming machine 1 is in a customer waiting state, and the timing at which the right of the first special symbol determination is not suspended and the special symbol variation display is no longer performed. Is set to "ON", and is set to "OFF" when the special symbol variation display is started again.
メインCPU101は、客待ちフラグが「ON」に設定されていると判定した場合(ステップS311:YES)、客待ちフラグを「OFF」に設定する(ステップS312)。そして、このステップS312の処理を実行した場合、又は客待ちフラグが「ON」ではないと判定した場合(ステップS311:NO)、ステップS310における変動表示を開始してからの経過時間である変動時間の計測を開始する(ステップS313)。   If the main CPU 101 determines that the customer waiting flag is set to “ON” (step S311: YES), the main CPU 101 sets the customer waiting flag to “OFF” (step S312). Then, when the process of step S312 is executed, or when it is determined that the customer waiting flag is not “ON” (step S311: NO), the fluctuation time that is the elapsed time since the start of the fluctuation display in step S310 is started. Is started (step S313).
メインCPU101は、ステップS313の処理を実行した場合、又は特別図柄の変動表示中であると判定した場合(ステップS302:YES)、ステップS313における変動時間の計測開始から、ステップS308の処理によって選択された変動パターンに対応する変動時間が経過したか否かを判定する(ステップS315)。ここで、変動時間が経過していないと判定された場合(ステップS315:NO)、一連の特別図柄処理が終了してステップS4の普通図柄処理に処理が進められる。   When the main CPU 101 executes the process of step S313 or determines that the special symbol is changing (step S302: YES), the main CPU 101 is selected by the process of step S308 from the start of the measurement of the changing time in step S313. It is determined whether or not the variation time corresponding to the variation pattern has elapsed (step S315). Here, when it is determined that the variation time has not elapsed (step S315: NO), a series of special symbol processing ends, and the processing proceeds to normal symbol processing in step S4.
メインCPU101は、変動時間が経過したと判定した場合(ステップS315:YES)、第1特別図柄表示器41又は第2特別図柄表示器42に特別図柄判定の判定結果を示す判定図柄が停止表示されることを通知する図柄確定コマンドをメインRAM103にセットする(ステップS316)。この図柄確定コマンドは、ステップS9における送信処理によって演出制御基板130に送信される。これにより、メイン液晶表示装置5に変動表示されていた装飾図柄を特別図柄判定の判定結果を示す態様で停止表示させる処理等が行われることになる。   When the main CPU 101 determines that the variation time has elapsed (step S315: YES), the determination symbol indicating the determination result of the special symbol determination is stopped and displayed on the first special symbol display 41 or the second special symbol display 42. Is set in the main RAM 103 (step S316). This symbol determination command is transmitted to the effect control board 130 by the transmission process in step S9. Thereby, the process etc. which stop-display the decoration symbol which was variably displayed on the main liquid crystal display device 5 in the aspect which shows the determination result of special symbol determination, etc. are performed.
ステップS316の処理に続いて、メインCPU101は、ステップS310の処理で開始した特別図柄の変動表示を終了する(ステップS317)。その際、ステップS307の処理で設定した判定図柄(大当たり図柄、小当たり図柄、又はハズレ図柄)を、特別図柄を変動表示していた特別図柄表示器に停止表示させる。具体的には、第1特別図柄表示器41において特別図柄が変動表示されていた場合には第1特別図柄表示器41に大当たり図柄又はハズレ図柄を停止表示させ、第2特別図柄表示器42において特別図柄が変動表示されていた場合には第2特別図柄表示器42に大当たり図柄、小当たり図柄、又はハズレ図柄を停止表示させる。   Subsequent to the process of step S316, the main CPU 101 ends the special symbol variation display started in the process of step S310 (step S317). At that time, the determination symbol (big hit symbol, small bonus symbol, or lost symbol) set in the process of step S307 is stopped and displayed on the special symbol display which has variably displayed the special symbol. Specifically, when the special symbol is variably displayed on the first special symbol display 41, the first special symbol display 41 is caused to stop display the jackpot symbol or the lost symbol, and the second special symbol display 42 When the special symbol is variably displayed, the big special symbol, the small bonus symbol, or the lost symbol is stopped and displayed on the second special symbol display 42.
ステップS317の処理に続いて、メインCPU101は、上記ステップS313の処理で計測を開始した変動時間をリセットし(ステップS318)、大当たりである場合に大当たり遊技を開始させ、小当たりである場合に小当たり遊技を開始させる処理等を含む停止中処理を実行する(ステップS319)。   Subsequent to the process of step S317, the main CPU 101 resets the variation time that started the measurement in the process of step S313 (step S318), starts the big hit game when it is a big win, and reduces the small time when it is a big win. A stop process including a process for starting a winning game is executed (step S319).
一方、メインCPU101は、第1特別図柄判定の保留数U1が「1」以上ではないと判定した場合(ステップS304:NO)、客待ちフラグが「ON」に設定されているか否かを判定する(ステップS321)。ここで、客待ちフラグが「ON」に設定されていると判定された場合(ステップS321:YES)、ステップS4の普通図柄処理に処理が進められる。   On the other hand, if the main CPU 101 determines that the number U1 of the first special symbol determination is not “1” or more (step S304: NO), the main CPU 101 determines whether the customer waiting flag is set to “ON”. (Step S321). If it is determined that the customer waiting flag is set to “ON” (step S321: YES), the process proceeds to the normal symbol process in step S4.
メインCPU101は、客待ちフラグが「ON」に設定されていないと判定した場合(ステップS321:NO)、パチンコ遊技機1が客待ち状態になったことを通知する客待ちコマンドをメインRAM103にセットし(ステップS322)、客待ちフラグを「ON」に設定する(ステップS323)。この客待ちコマンドは、ステップS9の送信処理によって演出制御基板130に送信される。その結果、客待ちコマンドが送信されてから所定時間(本実施形態では30秒)が経過すると、客待ち演出が開始される。   When the main CPU 101 determines that the customer waiting flag is not set to “ON” (step S321: NO), the main CPU 101 sets a customer waiting command for notifying that the pachinko gaming machine 1 is in the customer waiting state in the main RAM 103. (Step S322), the customer waiting flag is set to "ON" (Step S323). This customer waiting command is transmitted to the effect control board 130 by the transmission process of step S9. As a result, when a predetermined time (in this embodiment, 30 seconds) elapses after the customer waiting command is transmitted, the customer waiting effect is started.
[遊技制御基板100による大当たり判定処理]
図17は、図16のステップS307における大当たり判定処理の詳細フローチャートである。メインCPU101は、判定用記憶領域に第2特別図柄判定に係る乱数がフラグと共に記憶されていると判定した場合(ステップS303:YES)、又はステップS306の処理を実行した場合、図17に例示されるように、大当たり判定を実行する(ステップS3071)。ここで、第2始動口入賞に係る大当たり判定を実行する場合にはメインROM102に予め記憶されている第2始動口入賞用大当たり判定テーブルを参照し、第1始動口入賞に係る大当たり判定を実行する場合にはメインROM102に予め記憶されている第1始動口入賞用大当たり判定テーブルを参照する。
[Big hit judgment processing by game control board 100]
FIG. 17 is a detailed flowchart of the jackpot determination process in step S307 of FIG. When the main CPU 101 determines that the random number related to the second special symbol determination is stored together with the flag in the determination storage area (step S303: YES), or when the process of step S306 is executed, it is exemplified in FIG. In this manner, the jackpot determination is executed (step S3071). Here, when executing the jackpot determination relating to the second start opening winning, the jackpot determination table relating to the first starting opening winning is executed with reference to the second starting opening winning jackpot determination table stored in the main ROM 102 in advance. When doing so, the first start opening winning jackpot determination table stored in advance in the main ROM 102 is referred to.
第2始動口入賞用大当たり判定テーブルには、判定結果と乱数値とが対応付けられて記憶されている。具体的には、大当たりに対する乱数値と、小当たりに対する乱数値と、ハズレに対する乱数値とが記憶されている。メインCPU101は、第2始動口入賞に係る大当たり判定を実行する場合、判定用記憶領域に記憶されている大当たり乱数が、第2始動口入賞用大当たり判定テーブルに規定されているどの乱数値と一致するかに基づいて、大当たり(1種大当たり)であるか、小当たりであるか、又はハズレであるかを判定する。   In the second start opening winning jackpot determination table, a determination result and a random value are stored in association with each other. Specifically, a random value for the big hit, a random value for the small hit, and a random value for the loss are stored. When the main CPU 101 executes the jackpot determination related to the second start opening winning a prize, the jackpot random number stored in the determination storage area matches any random value defined in the second starting opening winning jackpot determination table It is determined whether it is a big hit (one type big hit), a small hit or a loss based on whether or not.
第1始動口入賞用大当たり判定テーブルには、判定結果と乱数値とが対応付けられて記憶されている。具体的には、大当たりに対する乱数値とハズレに対する乱数値とが記憶されている。メインCPU101は、第1始動口入賞に係る大当たり判定を実行する場合、判定用記憶領域に記憶されている大当たり乱数が、第1始動口入賞用大当たり判定テーブルに規定されているどの乱数値と一致するかに基づいて、大当たり(1種大当たり)であるか、又はハズレであるかを判定する。   In the first start opening winning jackpot determination table, a determination result and a random value are stored in association with each other. Specifically, a random value for jackpot and a random value for loss are stored. When the main CPU 101 executes the jackpot determination related to the first start opening winning prize, the jackpot random number stored in the determination storage area matches any random number value defined in the first starting opening winning jackpot determination table It is determined whether it is a big hit (1 type big hit) or lost.
このように、メインCPU101は、第1特別図柄判定又は第2特別図柄判定に係る各種乱数が判定用記憶領域に記憶されるといった始動条件が成立すると、判定用記憶領域に記憶されている各種乱数に基づいて、大当たり遊技を行うか否かを判定する。   As described above, the main CPU 101 determines that the various random numbers stored in the determination storage area are satisfied when the starting condition is satisfied such that various random numbers related to the first special symbol determination or the second special symbol determination are stored in the determination storage area. Based on the above, it is determined whether or not to play a jackpot game.
メインCPU101は、ステップS3071の判定結果に基づいて、1種大当たりであるか否かを判定する(ステップS3072)。ここで、1種大当たりであると判定した場合(ステップS3072:YES)、メインROM102に予め記憶されている大当たり時の図柄決定テーブルを参照して大当たりの種類を決定する(ステップS3073)。   Based on the determination result of step S3071, the main CPU 101 determines whether it is a one-type big hit (step S3072). Here, when it is determined that it is one kind of big hit (step S3072: YES), the type of big hit is determined with reference to the symbol determination table at the time of big hit stored in the main ROM 102 (step S3073).
大当たり時の図柄決定テーブルには、当たりの種類と乱数値とが対応付けられて記憶されている。メインCPU101は、大当たり乱数と一緒に判定用記憶領域に記憶されている大当たり用図柄乱数が、大当たり時の図柄決定テーブルに規定されているどの乱数値と一致するかに基づいて、1種大当たりの種類を決定する。   In the symbol determination table at the time of jackpot, the hit type and the random number value are stored in association with each other. The main CPU 101 determines whether or not the jackpot symbol random number stored in the determination storage area together with the jackpot random number matches a random jackpot value specified in the symbol determination table at the jackpot time. Determine the type.
メインCPU101は、ステップS3073で決定した大当たりの種類に応じた大当たり図柄を設定情報としてメインRAM103にセットする(ステップS3074)。これにより、上記ステップS315の処理の際にここでセットされた大当たり図柄が第1特別図柄表示器41又は第2特別図柄表示器42に判定図柄として停止表示されて、大当たり遊技が実行されることになる。   The main CPU 101 sets the jackpot symbol corresponding to the jackpot type determined in step S3073 as setting information in the main RAM 103 (step S3074). As a result, the jackpot symbol set here in the process of step S315 is stopped and displayed as a determination symbol on the first special symbol display 41 or the second special symbol display 42, and the jackpot game is executed. become.
一方、メインCPU101は、特別図柄判定の結果が1種大当たりではないと判定した場合(ステップS3072:NO)、判定用記憶領域に第2特別図柄判定に係るフラグが記憶されているか否かに基づいて、この特別図柄判定が第1始動口入賞に係る第1特別図柄判定であるか否かを判断する(ステップS3075)。ここで、第1特別図柄判定であると判断した場合(ステップS3075:YES)、第1特別図柄判定の判定結果が大当たりでない場合にはハズレであるので、ハズレ図柄を設定情報としてメインRAM103にセットする(ステップS3076)。これにより、上記ステップS315の処理の際にここでセットされたハズレ図柄が第1特別図柄表示器41に判定図柄として停止表示されることになる。   On the other hand, if the main CPU 101 determines that the result of the special symbol determination is not one type big hit (step S3072: NO), it is based on whether or not the flag related to the second special symbol determination is stored in the determination storage area. Then, it is determined whether or not this special symbol determination is a first special symbol determination related to the first start opening prize (step S3075). Here, when it is determined that the first special symbol determination is made (step S3075: YES), if the determination result of the first special symbol determination is not a big hit, it is a loss, so the lost symbol is set in the main RAM 103 as setting information. (Step S3076). As a result, the lost symbol set here in the process of step S315 is stopped and displayed as a determination symbol on the first special symbol display 41.
第2特別図柄判定の判定結果が大当たりではない場合、その判定結果は、小当たり又はハズレとなる。これに対して、メインCPU101は、第1特別図柄判定ではないと判定した場合(ステップS3075:NO)、すなわち今回の特別図柄判定が第2特別図柄判定である場合、ステップS3071における大当たり判定の結果が小当たりであるか否かを判定する(ステップS3077)。具体的には、判定用記憶領域に記憶されている大当たり乱数が、第2始動口入賞用大当たり判定テーブルに規定されている小当たりに対応する乱数値と一致するか否かに基づいて、第2特別図柄判定の判定結果が小当たりであるかハズレであるかを判定する。   When the determination result of the second special symbol determination is not a big hit, the determination result is a small hit or a loss. On the other hand, if the main CPU 101 determines that it is not the first special symbol determination (step S3075: NO), that is, if the current special symbol determination is the second special symbol determination, the result of the jackpot determination in step S3071 It is determined whether or not is a small hit (step S3077). Specifically, based on whether or not the jackpot random number stored in the determination storage area matches the random number value corresponding to the jackpot specified in the second start opening winning jackpot determination table. 2 It is determined whether the determination result of the special symbol determination is a small hit or a loss.
メインCPU101は、第2特別図柄判定の結果が小当たりではないと判定した場合(ステップS3077:NO)、上記ステップS3076の処理を実行する。この場合、上記ステップS315の処理の際にここでセットされたハズレ図柄が第2特別図柄表示器42に判定図柄として停止表示されることになる。   When the main CPU 101 determines that the result of the second special symbol determination is not a small hit (step S3077: NO), the main CPU 101 executes the process of step S3076. In this case, the lost symbol set here in the process of step S315 is stopped and displayed as a determination symbol on the second special symbol display 42.
一方、メインCPU101は、第2特別図柄判定の結果が小当たりであると判定した場合(ステップS3077:YES)、メインROM102に予め記憶されている小当たり時の図柄決定テーブルを参照して小当たりの種類を決定する(ステップS3078)。具体的には、判定用記憶領域に記憶されている小当たり用図柄乱数が、小当たり時の図柄決定テーブルに規定されているどの乱数値と一致するかに基づいて、小当たりの種類を決定する。そして、決定した小当たり図柄を設定情報としてメインRAM103にセットする(ステップS3079)。これにより、上記ステップS315の処理の際にここでセットされた小当たり図柄が第2特別図柄表示器42に判定図柄として停止表示されることになる。   On the other hand, if the main CPU 101 determines that the result of the second special symbol determination is a small hit (step S3077: YES), the main CPU 101 refers to the symbol determination table at the time of the small hit stored in the main ROM 102 in advance. Is determined (step S3078). Specifically, the type of the small hit is determined based on which random number value specified in the symbol determination table at the time of the small hit matches the random number for small hit stored in the determination storage area To do. Then, the determined small hit symbol is set in the main RAM 103 as setting information (step S3079). As a result, the small winning symbol set here in the process of step S315 is stopped and displayed as a determination symbol on the second special symbol display 42.
このようにして小当たり図柄が第2特別図柄表示器42に停止表示されると、上述した小当たり遊技が開始される。そして、小当たり遊技中にV入賞口92に遊技球が入賞すると2種大当たりとなり、小当たり遊技に続いて大当たり遊技が行われることになる。なお、2種大当たりの種類は、第2特別図柄表示器42に停止表示された小当たり図柄に基づいて決定される。このため、小当たりの種類を決定する処理は、2種大当たりの種類を決定する処理と捉えることができる。   When the small hit symbol is stopped and displayed on the second special symbol display 42 in this way, the above-described small hit game is started. Then, when a game ball wins the V winning opening 92 during the small hit game, two types of big hits are made, and the big hit game is played following the small hit game. The type of big hit of two types is determined based on the small hit symbol that is stopped and displayed on the second special symbol display 42. For this reason, the process which determines the kind of small hits can be regarded as the process which determines the kind of two types big hit.
[遊技制御基板100による変動パターン選択処理]
図18は、図16のステップS308における変動パターン選択処理の詳細フローチャートである。メインCPU101は、図16のステップS307における大当たり判定処理を実行した後、ステップS3071の判定結果に基づいて、上記ステップS3072の処理と同様に、特別図柄判定の判定結果が1種大当たりであるか否かを判定する(ステップS3081)。ここで、1種大当たりであると判定した場合(ステップS3081:YES)、大当たり用の変動パターンテーブルをメインROM102から読み出してメインRAM103にセットする(ステップS3082)。
[Change pattern selection processing by game control board 100]
FIG. 18 is a detailed flowchart of the variation pattern selection process in step S308 of FIG. After executing the jackpot determination process in step S307 in FIG. 16, the main CPU 101 determines whether or not the determination result of the special symbol determination is one kind of jackpot based on the determination result in step S3071 as in the process in step S3072. Is determined (step S3081). Here, when it is determined that it is one kind of big hit (step S3081: YES), the big hit variation pattern table is read from the main ROM 102 and set in the main RAM 103 (step S3082).
メインCPU101は、1種大当たりではないと判定した場合(ステップS3081:NO)、小当たりであるか否かを判定する(ステップS3083)。ここで、小当たりであると判定した場合(ステップS3083:YES)、小当たり用の変動パターンテーブルをメインROM102から読み出してメインRAM103にセットする(ステップS3084)。   If the main CPU 101 determines that it is not one type big hit (step S3081: NO), it determines whether or not it is a small hit (step S3083). Here, when it is determined that a small hit is made (step S3083: YES), a small hitting variation pattern table is read from the main ROM 102 and set in the main RAM 103 (step S3084).
メインCPU101は、小当たりではないと判定した場合(ステップS3083:NO)、すなわちハズレである場合、遊技者に対して大当たりを期待させるためのリーチ演出を行うか否かを判定する(ステップS3085)。具体的には、判定用記憶領域に記憶されているリーチ乱数が、メインROM102に記憶されているリーチ乱数と一致するか否かに基づいて、リーチ演出を行うか否かを判定する。ここで、リーチ演出を行うと判定した場合(ステップS3085:YES)、リーチ用の変動パターンテーブルをメインROM102から読み出してメインRAM103にセットし(ステップS3086)、リーチ演出を行わないと判定した場合(ステップS3085:NO)、ハズレ用の変動パターンテーブルをメインROM102から読み出してメインRAM103にセットする(ステップS3087)。   If the main CPU 101 determines that it is not a small hit (step S3083: NO), that is, if it is a loss, the main CPU 101 determines whether or not to perform a reach effect to make the player expect a big hit (step S3085). . Specifically, based on whether or not the reach random number stored in the determination storage area matches the reach random number stored in the main ROM 102, it is determined whether or not the reach effect is to be performed. If it is determined that the reach effect is to be performed (step S3085: YES), the reach variation pattern table is read from the main ROM 102 and set in the main RAM 103 (step S3086), and it is determined that the reach effect is not performed (step S3086). In step S3085: NO, the variation pattern table for loss is read from the main ROM 102 and set in the main RAM 103 (step S3087).
ここで、変動パターンテーブルとは、予め用意されている複数の変動パターン(変動時間2秒、3秒、8秒、10秒、18秒、30秒、36秒、60秒、90秒など)と変動パターン乱数の乱数値とを対応付けたテーブルである。   Here, the variation pattern table is a plurality of variation patterns prepared in advance (variation time 2 seconds, 3 seconds, 8 seconds, 10 seconds, 18 seconds, 30 seconds, 36 seconds, 60 seconds, 90 seconds, etc.) It is the table which matched the random value of the fluctuation pattern random number.
次に、メインCPU101は、ステップS3082、ステップS3084、ステップS3086、又はステップS3087の処理でセットされた変動パターンテーブルを用いて変動パターン乱数の判定を行う(ステップS3088)。具体的には、メインRAM103にセットされた変動パターンテーブルを参照して、判定用記憶領域に記憶されている変動パターン乱数に対応する変動パターンを選択する。このステップS3088の処理が行われることにより、特別図柄の変動パターン(変動時間)が決定されることとなる。   Next, the main CPU 101 determines a variation pattern random number using the variation pattern table set in the processing of step S3082, step S3084, step S3086, or step S3087 (step S3088). Specifically, the variation pattern corresponding to the variation pattern random number stored in the determination storage area is selected with reference to the variation pattern table set in the main RAM 103. By performing the process of step S3088, the variation pattern (variation time) of the special symbol is determined.
メインCPU101は、変動パターンを選択すると、選択した変動パターンを設定情報としてメインRAM103にセットする(ステップS3089)。この変動パターンの設定情報は、大当たり判定処理によって設定された図柄と共に、上記ステップS309の処理でセットされる変動開始コマンドに含まれ、ステップS9の送信処理によって演出制御基板130へ送信される。   When the main CPU 101 selects the variation pattern, the main CPU 101 sets the selected variation pattern as setting information in the main RAM 103 (step S3089). The variation pattern setting information is included in the variation start command set in the process of step S309 together with the symbol set in the jackpot determination process, and is transmitted to the effect control board 130 by the transmission process of step S9.
[演出制御基板130によるタイマ割込み処理]
パチンコ遊技機1の電源が投入されると、演出制御基板130のサブCPU131は、後述する演出制御処理を行う周期であるCTC周期を設定する。そして、サブCPU131は、演出内容を決定するために用いられる演出乱数等を更新する乱数更新処理をCTC周期よりも短い所定周期で繰り返す。すなわち、サブCPU131は、パチンコ遊技機1が起動している間、所定周期で乱数更新処理を繰り返しつつ、CTC周期で演出制御処理(タイマ割込み処理)を繰り返す。
[Timer interrupt processing by production control board 130]
When the power of the pachinko gaming machine 1 is turned on, the sub CPU 131 of the effect control board 130 sets a CTC cycle that is a cycle for performing an effect control process described later. And sub CPU131 repeats the random number update process which updates the production random number etc. which are used in order to determine the content of production with the predetermined period shorter than a CTC period. That is, the sub CPU 131 repeats the effect control process (timer interrupt process) in the CTC cycle while repeating the random number update process in a predetermined cycle while the pachinko gaming machine 1 is activated.
以下、図19を参照しつつ、演出制御基板130において実行されるタイマ割込み処理について説明する。ここで、図19は、演出制御基板130において実行されるタイマ割込み処理の一例を示すフローチャートである。サブCPU131は、遊技制御基板100で行われるタイマ割込み処理と同様に、図19に例示されている一連の処理を一定時間(例えば4ミリ秒)毎に繰り返し実行する。なお、図19以降のフローチャートに基づいて説明する演出制御基板130で行われる処理は、サブROM132に記憶されているプログラムに基づいてサブCPU131が発行する命令に従って行われる。   Hereinafter, the timer interruption process executed in the effect control board 130 will be described with reference to FIG. Here, FIG. 19 is a flowchart showing an example of timer interrupt processing executed in the effect control board 130. The sub CPU 131 repeatedly executes a series of processes illustrated in FIG. 19 every predetermined time (for example, 4 milliseconds), similarly to the timer interrupt process performed in the game control board 100. Note that the processing performed on the effect control board 130 described based on the flowcharts of FIG. 19 and subsequent figures is performed according to a command issued by the sub CPU 131 based on a program stored in the sub ROM 132.
サブCPU131は、まず、遊技制御基板100からのコマンドを受信した場合に、コマンド受信処理を実行する(ステップS10)。このコマンド受信処理の詳細については、図20及び図21に基づいて後に詳述する。   First, when receiving a command from the game control board 100, the sub CPU 131 executes a command reception process (step S10). Details of the command reception process will be described later with reference to FIGS.
ステップS10の処理に続いて、サブCPU131は、演出ボタン26又は演出キー27からの操作情報の入力の有無に基づいて、演出ボタン26又は演出キー27が操作されたか否かを判定する(ステップS11)。ここで、演出ボタン26又は演出キー27が操作されたと判定した場合(ステップS11:YES)、その旨を通知するための操作コマンドをサブRAM133にセットする(ステップS12)。この操作コマンドが画像音響制御基板140及びランプ制御基板150へ送信されることによって、演出ボタン26又は演出キー27の操作に応じた演出上の効果を実現するための処理が行われる。   Subsequent to the process of step S10, the sub CPU 131 determines whether or not the effect button 26 or the effect key 27 has been operated based on whether or not the operation information is input from the effect button 26 or the effect key 27 (step S11). ). If it is determined that the effect button 26 or the effect key 27 has been operated (step S11: YES), an operation command for notifying that is set in the sub-RAM 133 (step S12). By transmitting this operation command to the image sound control board 140 and the lamp control board 150, processing for realizing an effect on the effect according to the operation of the effect button 26 or the effect key 27 is performed.
サブCPU131は、ステップS11で「NO」と判定した場合、又はステップS12の処理を実行した場合、コマンド送信処理を実行する(ステップS13)。具体的には、ステップS10やステップS12の処理によってサブRAM133にセットされたコマンドを画像音響制御基板140及びランプ制御基板150に送信する。このコマンド送信処理が行われることによって、画像表示や音声出力等による演出の実行が画像音響制御基板140に対して指示され、各種ランプの点灯やロゴ役物7の動作による演出の実行がランプ制御基板150に対して指示される。   When the sub CPU 131 determines “NO” in step S11 or when the process of step S12 is executed, the sub CPU 131 executes a command transmission process (step S13). Specifically, the command set in the sub-RAM 133 by the processing of step S10 or step S12 is transmitted to the image sound control board 140 and the lamp control board 150. By performing this command transmission process, the image acoustic control board 140 is instructed to execute an effect by image display, audio output, etc., and the lamp control is performed by turning on various lamps or operating the logo accessory 7. Instructed to the substrate 150.
[演出制御基板130によるコマンド受信処理]
以下、図20及び図21を参照しつつ、演出制御基板130において実行されるコマンド受信処理について説明する。ここで、図20及び図21は、図19のステップS10におけるコマンド受信処理の詳細フローチャートである。
[Command reception processing by effect control board 130]
Hereinafter, the command reception process executed in the effect control board 130 will be described with reference to FIGS. 20 and 21. Here, FIG. 20 and FIG. 21 are detailed flowcharts of the command reception process in step S10 of FIG.
図20に例示されるように、サブCPU131は、まず、遊技制御基板100から保留コマンドを受信したか否かを判定する(ステップS101)。ここで、保留コマンドを受信したと判定した場合(ステップS101:YES)、サブRAM133に記憶されている第1特別図柄判定の保留数を「1」加算した値に更新する(ステップS102)。   As illustrated in FIG. 20, the sub CPU 131 first determines whether or not a hold command is received from the game control board 100 (step S101). If it is determined that a hold command has been received (step S101: YES), the number of holds for the first special symbol determination stored in the sub RAM 133 is updated to a value obtained by adding “1” (step S102).
ところで、通常遊技状態のときには、遊技者が左打ちを行って第1始動口11に遊技球を入賞させる遊技が行われるため、遊技球が第1始動口11に入賞したことを条件として実行される第1特別図柄判定が保留されていることを示す保留表示画像をメイン液晶表示装置5に表示することとしている。これに対して、時短遊技状態のときには、遊技者が右打ちを行って第2始動口12に遊技球を入賞させる遊技が行われるが、遊技球が第2始動口12に入賞したことを条件として実行される第2特別図柄判定が保留されることはなく、また、盤面の構成上、右打ちされた遊技球が第1始動口11に入賞することはない。このため、時短遊技状態のときには、第1特別図柄判定の保留数を表示しないこととしている。   By the way, in the normal gaming state, a game is performed in which the player makes a left strike and wins a game ball in the first starting port 11, and is executed on the condition that the game ball has won the first starting port 11. A hold display image indicating that the first special symbol determination is put on hold is displayed on the main liquid crystal display device 5. On the other hand, in the short-time gaming state, a game in which the player makes a right turn and wins a game ball at the second start port 12 is performed, provided that the game ball has won the second start port 12 The second special symbol determination executed as is not suspended, and the right-handed game ball will not win the first start port 11 due to the configuration of the board. For this reason, in the short-time gaming state, the number of holds for the first special symbol determination is not displayed.
演出制御基板130では、このような保留表示画像の表示制御を実現するために、以下のような処理が行われる。   In the effect control board 130, in order to realize such display control of the hold display image, the following processing is performed.
すなわち、上記ステップS102の処理に続いて、サブCPU131は、例えば現在の遊技状態を示す情報を遊技制御基板100から取得して、現在の遊技状態が通常遊技状態であるか否かを判定する(ステップS103)。ここで、通常遊技状態であると判定した場合(ステップS103:YES)、1個の保留表示画像をメイン液晶表示装置5に新たに表示させる処理を画像音響制御基板140に実行させるためのコマンドをサブRAM133にセットする(ステップS104)。   That is, following the process of step S102, the sub CPU 131 acquires, for example, information indicating the current gaming state from the gaming control board 100, and determines whether or not the current gaming state is the normal gaming state ( Step S103). Here, when it is determined that the game state is normal (step S103: YES), a command for causing the image acoustic control board 140 to execute processing for newly displaying one hold display image on the main liquid crystal display device 5 is issued. It is set in the sub RAM 133 (step S104).
一方、通常遊技状態ではないと判定された場合(ステップS103:NO)、ステップS104の処理が行われずに後述するステップS105に処理が進められる。   On the other hand, when it is determined that the game state is not the normal game state (step S103: NO), the process proceeds to step S105 described later without performing the process of step S104.
サブCPU131は、ステップS104の処理を実行した場合、保留コマンドを受信していないと判定した場合(ステップS101:NO)、又は通常遊技状態ではないと判定した場合(ステップS103:NO)、特別図柄の変動表示に伴う変動演出の実行中であるか否かを判定する(ステップS105)。具体的には、例えば、遊技制御基板100から送信された変動開始コマンドに含まれている特別図柄の変動パターンを示す情報に基づいて特別図柄の変動時間を特定し、その変動開始コマンドを受信してからその変動時間が経過したか否かに基づいて、特別図柄の変動表示に伴う変動演出の実行中であるか否かを判定する。   When the sub CPU 131 executes the process of step S104, determines that the pending command has not been received (step S101: NO), or determines that it is not in the normal gaming state (step S103: NO), the special symbol It is determined whether or not the variation effect accompanying the variation display is being executed (step S105). Specifically, for example, the variation time of the special symbol is specified based on the information indicating the variation pattern of the special symbol included in the variation start command transmitted from the game control board 100, and the variation start command is received. Based on whether or not the variation time has elapsed, it is determined whether or not the variation effect accompanying the variation display of the special symbol is being executed.
サブCPU131は、特別図柄の変動表示に伴う変動演出の実行中ではないと判定した場合(ステップS105:NO)、遊技制御基板100から変動開始コマンドを受信したか否かを判定する(ステップS106)。ここで、変動開始コマンドを受信したと判定した場合(ステップS106:YES)、例えば、遊技制御基板100から客待ちコマンドを受信してから客待ち演出を開始させた後に変動開始コマンドを受信したか否かに基づいて、客待ち演出中であるか否かを判定する(ステップS107)。ここで、客待ち演出中であると判定した場合(ステップS107:YES)、客待ち演出用の画面を通常画面に戻すための画面表示切替処理を実行する(ステップS108)。具体的には、客待ち演出を中止して複数の装飾図柄を含む通常の演出画面を表示する処理の実行を画像音響制御基板140に指示するコマンドをサブRAM133にセットする。   If the sub CPU 131 determines that the variation effect accompanying the variation display of the special symbol is not being executed (step S105: NO), the sub CPU 131 determines whether or not a variation start command is received from the game control board 100 (step S106). . Here, if it is determined that the change start command has been received (step S106: YES), for example, has the change start command been received after starting the customer wait effect after receiving the customer wait command from the game control board 100? Based on whether or not, it is determined whether or not a customer waiting effect is being performed (step S107). If it is determined that the customer waiting effect is being performed (step S107: YES), a screen display switching process for returning the customer waiting effect screen to the normal screen is executed (step S108). Specifically, a command for instructing the image sound control board 140 to execute a process of canceling the customer waiting effect and displaying a normal effect screen including a plurality of decorative symbols is set in the sub-RAM 133.
サブCPU131は、このステップS108の処理を実行した場合、又は客待ち演出中ではないと判定した場合(ステップS107:NO)、遊技制御基板100から受信した変動開始コマンドを解析する(ステップS109)。   When the sub-CPU 131 executes the process of step S108 or determines that it is not during the customer waiting effect (step S107: NO), the sub-CPU 131 analyzes the change start command received from the game control board 100 (step S109).
この変動開始コマンドには、上述したように、大当たり判定処理の判定結果を示す判定図柄の設定情報、この設定情報が第1特別図柄判定に係るものであるか或いは第2特別図柄判定に係るものであるかを示す情報、リーチ有り演出とリーチ無し演出のどちらの演出を行うかを示す設定情報、変動パターンの設定情報、パチンコ遊技機1の遊技状態を示す情報等が含まれている。したがって、変動開始コマンドを解析することによって、特別図柄判定の種類と結果を特定し、リーチ有り演出とリーチ無し演出のどちらを行う必要があるのかを判断し、特別図柄が変動表示される変動時間を特定し、パチンコ遊技機1の遊技状態を特定することが可能である。   As described above, the variation start command includes determination symbol setting information indicating the determination result of the jackpot determination processing, whether the setting information relates to the first special symbol determination, or relates to the second special symbol determination. , Information indicating whether to perform an effect with reach or an effect without reach, setting information for a variation pattern, information indicating the gaming state of the pachinko gaming machine 1, and the like are included. Therefore, by analyzing the variation start command, the type and result of the special symbol determination is specified, it is determined whether the production with reach or the production without reach is necessary, and the variation time during which the special symbol is displayed in a variable manner And the gaming state of the pachinko gaming machine 1 can be specified.
サブCPU131は、ステップS109の解析結果に基づいて、特別図柄の変動表示に伴って装飾図柄を変動表示させる変動演出の変動演出パターンを設定する変動演出パターン設定処理を実行する(ステップS110)。この変動演出パターン設定処理が実行されることによって、装飾図柄の変動態様、リーチ演出の有無、演出ボタン演出の有無、背景画像の種類等の変動演出を構成する各演出の態様が決定される。この変動演出パターン設定処理については、図22に基づいて後に詳述する。   Based on the analysis result of step S109, the sub CPU 131 executes a variation effect pattern setting process for setting a variation effect pattern of a variation effect in which the decorative symbol is variably displayed in accordance with the variation display of the special symbol (step S110). By executing this variation effect pattern setting process, the aspect of each effect constituting the variation effect such as the decoration pattern variation mode, the presence / absence of the reach effect, the presence / absence of the effect button effect, the type of the background image, and the like are determined. This variation effect pattern setting process will be described in detail later based on FIG.
サブCPU131は、変動演出パターン設定処理によって装飾図柄の変動演出パターンを設定すると、その変動演出パターンによる変動演出の実行を画像音響制御基板140に指示する変動演出開始コマンドをサブRAM133にセットする(ステップS111)。   When the sub CPU 131 sets the variation effect pattern of the decorative design by the variation effect pattern setting process, the sub CPU 133 sets a change effect start command instructing the image sound control board 140 to execute the change effect based on the change effect pattern in the sub RAM 133 (step S100). S111).
ステップS111の処理に続いて、サブCPU131は、ステップS110の解析結果に基づいて、今回受信した変動開始コマンドが第1特別図柄判定に係るものであるか否かを判定する(ステップS112)。ここで、第1特別図柄判定に係るものであると判定した場合(ステップS112:YES)、サブRAM133に記憶されている第1特別図柄判定の保留数を「1」減算した値に更新する(ステップS113)。これに伴い、今回消化される第1特別図柄判定に係る保留表示画像を画面から消去すると共に、他に保留表示画像が表示されている場合にはその保留表示画像の表示位置をシフトさせる処理が画像音響制御基板140によって実行される。   Subsequent to the processing in step S111, the sub CPU 131 determines whether or not the variation start command received this time is related to the first special symbol determination based on the analysis result in step S110 (step S112). Here, when it is determined that it is related to the first special symbol determination (step S112: YES), the number of suspensions of the first special symbol determination stored in the sub RAM 133 is updated to a value obtained by subtracting “1” ( Step S113). Along with this, there is a process of erasing the hold display image related to the first special symbol determination digested this time from the screen and shifting the display position of the hold display image when another hold display image is displayed. This is executed by the image sound control board 140.
一方、サブCPU131は、特別図柄の変動表示に伴う変動演出の実行中であると判定した場合(ステップS105:YES)、遊技制御基板100から図柄確定コマンドを受信したか否かを判定する(ステップS114)。ここで、図柄確定コマンドを受信したと判定した場合(ステップS114:YES)、特別図柄の変動表示に伴う変動演出の終了を画像音響制御基板140に指示する変動演出終了コマンドをサブRAM133にセットする(ステップS115)。これにより、特別図柄判定の判定結果を示す装飾図柄がメイン液晶表示装置5に少なくとも所定時間(例えば0.8秒)停止表示されることになる。   On the other hand, if the sub CPU 131 determines that the variation effect accompanying the variation display of the special symbol is being executed (step S105: YES), the sub CPU 131 determines whether or not a symbol determination command has been received from the game control board 100 (step S105). S114). Here, when it is determined that the symbol confirmation command has been received (step S114: YES), the variation effect end command for instructing the image sound control board 140 to end the variation effect accompanying the variation display of the special symbol is set in the sub-RAM 133. (Step S115). As a result, the decorative symbol indicating the determination result of the special symbol determination is stopped and displayed on the main liquid crystal display device 5 for at least a predetermined time (for example, 0.8 seconds).
サブCPU131は、ステップS113の処理を実行した場合、変動開始コマンドを受信していないと判定した場合(ステップS106:NO)、又は今回受信した変動開始コマンドが第1特別図柄判定に係るものではないと判定した場合(ステップS112:NO)、図21に例示されるように、上記ステップS107の処理と同様に、客待ち演出中であるか否かを判定する(ステップS117)。   The sub CPU 131 executes the process of step S113, determines that the change start command is not received (step S106: NO), or the change start command received this time does not relate to the first special symbol determination. (Step S112: NO), as illustrated in FIG. 21, it is determined whether or not a customer waiting effect is being performed (step S117), as in the process of step S107.
サブCPU131は、客待ち演出中ではないと判定した場合(ステップS117:NO)、遊技制御基板100から客待ちコマンドを受信したか否かを判定する(ステップS118)。ここで、客待ちコマンドを受信したと判定した場合(ステップS118:YES)、客待ちコマンドを受信してからの経過時間の計測を開始し(ステップS119)、サブRAM133に記憶されている計測フラグを「ON」に設定する(ステップS120)。この計測フラグは、客待ちコマンドを受信してからの経過時間の計測中であるか否かを示すフラグである。   If the sub CPU 131 determines that the customer waiting effect is not in progress (step S117: NO), the sub CPU 131 determines whether or not a customer waiting command has been received from the game control board 100 (step S118). If it is determined that a customer waiting command has been received (step S118: YES), measurement of the elapsed time since the customer waiting command was received is started (step S119), and the measurement flag stored in the sub-RAM 133 is received. Is set to “ON” (step S120). This measurement flag is a flag indicating whether or not the elapsed time since reception of the customer waiting command is being measured.
サブCPU131は、客待ちコマンドを受信していないと判定した場合(ステップS118:NO)、計測フラグが「ON」に設定されているか否かを判定する(ステップS121)。ここで、計測フラグが「ON」に設定されていると判定した場合(ステップS121:YES)、又はステップS120の処理を実行した場合、客待ち演出の開始タイミングを規定する客待ち判定時間が経過したか否かを判定する(ステップS122)。具体的には、ステップS119の処理で計測を開始した経過時間が、サブROM132に記憶されている客待ち判定時間(例えば30秒)に達したか否かを判定する。   When determining that the customer waiting command has not been received (step S118: NO), the sub CPU 131 determines whether or not the measurement flag is set to “ON” (step S121). Here, when it is determined that the measurement flag is set to “ON” (step S121: YES), or when the process of step S120 is executed, the customer waiting determination time that defines the start timing of the customer waiting effect has elapsed. It is determined whether or not (step S122). Specifically, it is determined whether or not the elapsed time when measurement is started in the process of step S119 has reached a customer waiting determination time (for example, 30 seconds) stored in the sub ROM 132.
サブCPU131は、客待ち判定時間が経過したと判定した場合(ステップS122:YES)、計測フラグを「OFF」に設定し(ステップS123)、経過時間をリセットし(ステップS124)、客待ち演出の開始を画像音響制御基板140に指示するコマンドをサブRAM133にセットする(ステップS125)。このコマンドがステップS13に送信処理によって画像音響制御基板140及びランプ制御基板150へ送信されることにより、所定の客待ち演出が開始される。   When the sub CPU 131 determines that the customer waiting determination time has elapsed (step S122: YES), the measurement flag is set to “OFF” (step S123), the elapsed time is reset (step S124), and the customer waiting effect is displayed. A command for instructing the image sound control board 140 to start is set in the sub-RAM 133 (step S125). This command is transmitted to the image sound control board 140 and the lamp control board 150 by the transmission process in step S13, whereby a predetermined customer waiting effect is started.
[演出制御基板130による変動演出パターン設定処理]
図22は、図20のステップS110における変動演出パターン設定処理の詳細フローチャートである。ステップS109の処理に続いて、サブCPU131は、図22に例示されるように、遊技制御基板100から受信した変動開始コマンドに含まれているリーチ演出に係る設定情報に基づいて、今回の特別図柄の変動表示に伴ってリーチ有り演出を行う必要があるか否かを判定する(ステップS1101)。
[Variation effect pattern setting process by effect control board 130]
FIG. 22 is a detailed flowchart of the variable effect pattern setting process in step S110 of FIG. Subsequent to the processing of step S109, the sub CPU 131, as illustrated in FIG. 22, is based on the setting information relating to the reach effect included in the change start command received from the game control board 100, and this special symbol. It is determined whether or not it is necessary to perform an effect with reach in accordance with the fluctuation display (step S1101).
サブCPU131は、リーチ有り演出を行う必要がないと判定した場合(ステップS1101:NO)、装飾図柄を変動表示してから停止表示するまでの変動演出パターンを設定する(ステップS1102)。   When the sub CPU 131 determines that it is not necessary to perform the effect with reach (step S1101: NO), the sub CPU 131 sets a variable effect pattern from the variable display of the decorative symbol to the stop display (step S1102).
サブROM132には、リーチ演出を伴わない変動演出に関して、ハズレリーチ無し演出テーブルが記憶されている。このハズレリーチ無し演出テーブルには、3秒用、8秒用、18秒用、36秒用というように、遊技制御基板100において決定される変動パターン(変動時間)に対応する演出テーブルが複数設けられている。ステップS1102において、サブCPU131は、これら複数の演出テーブルの中から、変動開始コマンドに含まれている設定情報に基づいて、1の演出テーブルを選択する。例えば設定情報に特別図柄の変動時間が3秒であることを示す変動パターンの設定情報が含まれている場合、3秒用の演出テーブルを選択する。   The sub ROM 132 stores a no-reach effect table with respect to variable effects that do not involve reach effects. In this losing reachless effect table, a plurality of effect tables corresponding to the variation pattern (variation time) determined in the game control board 100 are provided, such as for 3 seconds, for 8 seconds, for 18 seconds, and for 36 seconds. It has been. In step S1102, the sub CPU 131 selects one effect table from the plurality of effect tables based on the setting information included in the change start command. For example, when the setting information includes the setting information of the variation pattern indicating that the variation time of the special symbol is 3 seconds, the effect table for 3 seconds is selected.
各演出テーブルにおいては、演出乱数と演出パターンとが対応付けられている。サブCPU131は、上述した乱数更新処理が行われる毎に更新される演出乱数について、変動開始コマンドを受信した時点の値を取得しておき、選択した演出テーブルに格納されている多数の演出パターンの中から、予め取得した演出乱数に対応する演出パターンを読み出すことによって、1つの演出パターンを選択する。これにより、リーチ演出を含まない変動演出の変動演出パターンが設定される。   In each effect table, an effect random number and an effect pattern are associated with each other. The sub CPU 131 obtains the value at the time when the change start command is received for the effect random number that is updated each time the above-described random number update process is performed, and stores a number of effect patterns stored in the selected effect table. One effect pattern is selected by reading an effect pattern corresponding to the effect random number acquired in advance. Thereby, the variation effect pattern of the variation effect not including the reach effect is set.
ステップS1102の処理に続いて、サブCPU131は、ステップアップ予告やカットイン予告などの他の演出を設定し(ステップS1103)、変動開始コマンドに含まれている判定図柄の設定情報に基づいて、第1特別図柄表示器41又は第2特別図柄表示器42において判定図柄が停止表示されるのに伴ってメイン液晶表示装置5に停止表示する装飾図柄を設定する(ステップS1104)。   Subsequent to the processing in step S1102, the sub CPU 131 sets other effects such as a step-up notice and a cut-in notice (step S1103), and based on the determination symbol setting information included in the change start command, A decoration symbol to be stopped and displayed on the main liquid crystal display device 5 is set when the determination symbol is stopped and displayed on the first special symbol display 41 or the second special symbol display 42 (step S1104).
一方、サブCPU131は、リーチ有り演出を行う必要があると判定した場合(ステップS1101:YES)、上記ステップS1102の処理と同様にリーチ有り演出用或いは大当たり用の演出テーブルを用いて、リーチ成立までの変動演出パターンを設定する(ステップS1107)。そして、例えば遊技制御基板100から受信した変動開始コマンドに含まれている各種設定情報に基づいて、リーチ成立時に左列及び右列の有効ライン上に停止表示されるリーチ図柄を決定する(ステップS1108)。なお、このリーチ図柄は、上記設定情報とは無関係に、演出乱数を用いた抽選処理を行ってランダムに決定するようにしてもよい。   On the other hand, when the sub CPU 131 determines that it is necessary to perform an effect with reach (step S1101: YES), the reach CPU establishes reach using the effect table with reach or the jackpot effect as in the process of step S1102. Is set (step S1107). Then, for example, on the basis of various setting information included in the change start command received from the game control board 100, a reach symbol to be stopped and displayed on the left and right active lines when the reach is established is determined (step S1108). ). The reach symbol may be determined randomly by performing a lottery process using a production random number regardless of the setting information.
ここで、パチンコ遊技機1において行われるリーチ演出について説明する。メイン液晶表示装置5では、特別図柄の変動表示が開始されるのに伴って、装飾図柄の変動表示が開始される。具体的には、メイン液晶表示装置5の表示画面には、例えば、1〜9、A、B、Kの数字とアルファベットが縦方向に連続して記された数列からなる装飾図柄が3列表示されており、特別図柄の変動表示が開始されると同時に、これらの装飾図柄が例えば上から下へのスクロールを開始する。そして、スクロールの開始後、全ての装飾図柄が停止するのに先立って、まず、左列と右列の装飾図柄が停止する。   Here, the reach effect performed in the pachinko gaming machine 1 will be described. In the main liquid crystal display device 5, as the special symbol variation display is started, the decorative symbol variation display is started. Specifically, on the display screen of the main liquid crystal display device 5, for example, three rows of decorative symbols made up of a series of numbers in which numbers 1 to 9, A, B, and K and alphabets are continuously written in the vertical direction are displayed. At the same time as the special symbol variation display is started, these decorative symbols start scrolling from top to bottom, for example. Then, after the scrolling is started, before all the decorative symbols are stopped, first, the decorative symbols in the left column and the right column are stopped.
その際、有効ライン上に同一の装飾図柄が停止表示されなかった場合にはリーチが成立しないため、リーチ演出が行われることなく、特別図柄判定の判定結果が「ハズレ」であることを報知する3つの装飾図柄が有効ライン上に停止表示されることになる。   At that time, if the same decorative symbol is not stopped and displayed on the active line, the reach is not established, so that the reach result is not performed and the determination result of the special symbol determination is “lost”. Three decorative symbols are stopped and displayed on the active line.
一方、左列と右列の装飾図柄が停止表示される際に有効ライン上に同一の装飾図柄が停止表示されると、リーチが成立する。リーチが成立すると、有効ライン上に同一の装飾図柄が3つ揃うのではないかという期待感を遊技者に与えるリーチ演出が行われる。本実施形態におけるパチンコ遊技機1では、このリーチ演出として、ロングリーチ演出、SPリーチ演出、及びSPSPリーチ演出の少なくとも3種類のリーチ演出が用意されている。   On the other hand, if the same decorative symbol is stopped and displayed on the active line when the left and right decorative symbols are stopped and displayed, reach is established. When the reach is established, a reach effect is given to give the player a sense of expectation that three identical decorative symbols will be arranged on the active line. In the pachinko gaming machine 1 according to the present embodiment, at least three types of reach effects, a long reach effect, an SP reach effect, and an SPSP reach effect, are prepared as the reach effect.
ロングリーチ演出は、中列の装飾図柄のスクロール速度を徐々に低下させていくのに伴って、アニメのキャラクタが活躍する演出が展開されるリーチ演出である。このロングリーチ演出は、主に、特別図柄判定の判定結果が「ハズレ」であり、且つ特別図柄の変動時間が相対的に短い時間(例えば30秒)に設定された場合に行われる。このロングリーチ演出が行われると、リーチ成立後に、リーチ図柄とは異なる中図柄が有効ライン上に停止表示されて、特別図柄判定の判定結果が「ハズレ」であることが報知される。このように、ロングリーチ演出は、大当たりとなる信頼度が相対的に低い場合に行われるリーチ演出である。   The long reach effect is a reach effect in which an effect in which an animation character plays an active role is developed as the scroll speed of the decorative symbols in the middle row is gradually reduced. This long reach effect is mainly performed when the determination result of the special symbol determination is “losing” and the variation time of the special symbol is set to a relatively short time (for example, 30 seconds). When the long reach effect is performed, after the reach is established, a medium symbol different from the reach symbol is stopped and displayed on the active line, and it is notified that the determination result of the special symbol determination is “lost”. Thus, the long reach effect is a reach effect that is performed when the reliability that is a big hit is relatively low.
SPリーチ演出は、リーチ成立後に、有効ライン上に中図柄が停止するまでの間に、実写のキャラクタが活躍する演出が展開されるリーチ演出である。このSPリーチ演出は、特別図柄の変動時間が中程度(例えば75秒)に設定された場合に行われるリーチ演出である。すなわち、SPリーチ演出は、「大当たり」となる信頼度が中程度である場合に行われるリーチ演出である。   The SP reach effect is a reach effect in which an effect in which a live-action character plays an active role before the middle symbols stop on the active line after the reach is established. This SP reach effect is a reach effect that is performed when the variation time of the special symbol is set to medium (for example, 75 seconds). In other words, the SP reach effect is a reach effect that is performed when the reliability of “big hit” is medium.
特別図柄判定の判定結果が「ハズレ」である場合、リーチ演出として、ロングリーチ演出又はSPリーチ演出が行われて、最終的に有効ライン上に停止表示される3つの装飾図柄の表示態様によって特別図柄判定の判定結果が「ハズレ」であることが報知される。その一方で、特別図柄判定の判定結果が「大当たり」である場合、又は「大当たり」にならないとしても「大当たり」となる信頼度が相対的に高い場合、特別図柄の変動時間が相対的に長い時間(例えば120秒)に設定される。このような場合、ロングリーチ演出又はSPリーチ演出の終盤で、リーチ演出が発展することを示唆する発展図柄が中図柄として有効ライン上に擬似停止される。ここで、擬似停止とは、有効ライン上の装飾図柄を完全には静止させずに微動させることをいう。発展図柄が擬似停止されると、3列表示された装飾図柄が再始動し、SPSPリーチ演出が行われることになる。   When the determination result of the special symbol determination is “losing”, the long reach effect or the SP reach effect is performed as the reach effect, and it is special depending on the display mode of the three decorative symbols that are finally stopped on the active line. It is notified that the determination result of the symbol determination is “losing”. On the other hand, if the determination result of the special symbol determination is “big hit”, or if the reliability of “big hit” is relatively high even if it is not “big hit”, the variation time of the special symbol is relatively long The time is set (for example, 120 seconds). In such a case, at the end of the long reach effect or the SP reach effect, the development symbol that suggests that the reach effect is developed is pseudo-stopped on the active line as a middle symbol. Here, the “pseudo stop” means that the decorative pattern on the effective line is slightly moved without completely stopping. When the developed symbol is pseudo-stopped, the decorative symbols displayed in three columns are restarted, and the SPSP reach effect is performed.
このSPSPリーチ演出は、SPリーチ演出と同様に実写のキャラクタが活躍するリーチ演出であるが、リーチ成立直後ではなくロングリーチ演出又はSPリーチ演出を経由してこれら2種類のリーチ演出の後に行われる点で、これらの2種類のリーチ演出とは異なる。   This SPSP reach production is a reach production in which a live-action character plays an active role in the same way as an SP reach production, but is not performed immediately after the reach is established but after these two types of reach production via a long reach production or an SP reach production. This is different from these two types of reach production.
ステップS1108の処理に続いて、サブCPU131は、リーチ構成を決定する(ステップS1109)。このリーチ構成を決定する処理は、具体的には、リーチ成立直後に行うリーチ演出としてロングリーチ演出及びSPリーチ演出のいずれか一方を選択し、選択したロングリーチ演出又はSPリーチ演出に続いてSPSPリーチ演出を行うか否かを決定する処理である。なお、これらのリーチ演出は、特別図柄の変動表示に伴って行われるものであるため、リーチ構成は、特別図柄の変動時間に基づいて決定される。   Subsequent to the processing in step S1108, the sub CPU 131 determines a reach configuration (step S1109). Specifically, the process for determining the reach configuration is to select either the long reach effect or the SP reach effect as the reach effect to be performed immediately after the reach is established, and then the SPSP following the selected long reach effect or SP reach effect. This is a process for determining whether or not to perform reach production. In addition, since these reach effects are performed with the change display of the special symbol, the reach configuration is determined based on the change time of the special symbol.
サブCPU131は、ステップS1109の処理に続いて、リーチ演出の演出内容をランダムに設定する(ステップS1110)。具体的には、ロングリーチ演出、SPリーチ演出、及びSPSPリーチ演出は、それぞれ複数の演出内容を有しているので、上記ステップS1109の処理で決定したリーチ構成に含まれているリーチ演出の演出内容を、例えば演出乱数を用いた抽選処理を行っていずれか1つの演出内容を選択することによって演出内容を設定する。   Sub CPU131 sets the contents of reach production at random, following the process of step S1109 (step S1110). Specifically, since the long reach production, the SP reach production, and the SPSP reach production each have a plurality of production contents, the production of the reach production included in the reach configuration determined in the process of step S1109 above. For example, the content of the effect is set by performing a lottery process using an effect random number and selecting any one of the effects.
ところで、ロングリーチ演出は、上述したように、SPリーチ演出及びSPSPリーチ演出に比べて「大当たり」となる信頼度が低いリーチ演出である。言い換えれば、ロングリーチ演出は、遊技者が「大当たり」に対する期待感を抱き難い演出である。このため、ロングリーチ演出中は遊技者が手持無沙汰になる可能性があり、「大当たり」とは異なる何らかの特典を遊技者が獲得可能な機会を設けるのが好ましいと考えられる。これに対して、SPリーチ演出及びSPSPリーチ演出は、ロングリーチ演出に比べて「大当たり」となる信頼度が高いリーチ演出である。このため、演出ボタン26の押下によって遊技者が自分で大当たりを引き当てたかのように思わせる演出を行うことで、特別図柄判定の判定結果を効果的に報知することが可能である。そこで、本実施形態では、ロングリーチ演出に関しては遊技者がポイントを獲得可能な第2の有効期間を設定する一方で、SPリーチ演出及びSPSPリーチ演出に関しては第1の有効期間を設定することとしている。サブCPU131は、このような制御を実現するために、以下のような処理を実行する。   By the way, as described above, the long reach effect is a reach effect with low reliability that is a “big hit” compared to the SP reach effect and the SPSP reach effect. In other words, the long reach production is a production in which it is difficult for the player to have a sense of expectation for “big hit”. For this reason, during the long reach production, the player may become unsatisfactory, and it is preferable to provide an opportunity for the player to acquire some privilege different from the “big hit”. On the other hand, the SP reach production and the SPSP reach production are reach productions with a high degree of reliability that are “big hits” compared to the long reach production. For this reason, it is possible to effectively notify the determination result of the special symbol determination by performing an effect that makes it seem as if the player has hit the jackpot by himself by pressing the effect button 26. Therefore, in the present embodiment, for the long reach effect, a second effective period in which the player can acquire points is set, while for the SP reach effect and the SPSP reach effect, the first effective period is set. Yes. The sub CPU 131 executes the following processing in order to realize such control.
すなわち、サブCPU131は、上記ステップS1110の処理に続いて、上記ステップS1109の処理で決定したリーチ構成にロングリーチ演出が含まれているか否かを判定する(ステップS1111)。ここで、ロングリーチ演出が含まれていると判定した場合(ステップS1111:YES)、そのロングリーチ演出の演出内容に基づいて、第2の有効期間を設定する(ステップS1112)。具体的には、ロングリーチ演出中のどの期間を第2の有効期間とすべきかを示す情報がサブROM132に予め記憶されているので、この情報に基づいて、第2の有効期間を設定する。なお、同じロングリーチ演出であっても、演出内容によって第2の有効期間として設定すべきタイミングが異なるような場合には、上記情報を各ロングリーチ演出についてそれぞれ記憶しておき、ロングリーチ演出に対して上記ステップS1110の処理で設定した演出内容に対応する情報に基づいてロングリーチ中におけるどの期間を第2の有効期間とするかを判断して、第2の有効期間を設定すればよい。   That is, following the process of step S1110, the sub CPU 131 determines whether or not a long reach effect is included in the reach configuration determined in the process of step S1109 (step S1111). Here, when it is determined that the long reach effect is included (step S1111: YES), the second effective period is set based on the effect content of the long reach effect (step S1112). Specifically, since information indicating which period during the long reach effect should be the second effective period is stored in advance in the sub ROM 132, the second effective period is set based on this information. Even if the same long reach effect is used, if the timing to be set as the second effective period differs depending on the effect contents, the above information is stored for each long reach effect, and the long reach effect is used. On the other hand, the second effective period may be set by determining which period in the long reach is set as the second effective period based on the information corresponding to the production content set in the process of step S1110.
サブCPU131は、ステップS1112の処理を実行した場合、又はロングリーチ演出を含まないと判定した場合(ステップS1111:NO)、上記ステップS1109の処理で決定したリーチ構成に他のリーチ演出(SPリーチ演出又はSPSPリーチ演出)が含まれているか否かを判定する(ステップS1113)。   When the sub CPU 131 executes the process of step S1112 or determines that the long reach effect is not included (step S1111: NO), the reach configuration determined in the process of step S1109 is different from the reach effect (SP reach effect). Alternatively, it is determined whether or not SPSP reach production is included (step S1113).
サブCPU131は、他のリーチ演出が含まれていると判定した場合(ステップS1113:YES)、そのリーチ演出の演出内容に基づいて、第1の有効期間を設定する(ステップS1114)。具体的には、SPリーチ演出中及びSPSPリーチ演出中のどの期間を第1の有効期間とすべきかを示す情報がそれぞれサブROM132に予め記憶されているので、この情報に基づいて、第1の有効期間を設定する。なお、ロングリーチ演出と同様に、SPリーチ演出又はSPSPリーチ演出の演出内容によって第1の有効期間として設定すべきタイミングが異なるような場合には、上記情報を各SPリーチ演出及び各SPSPリーチ演出についてそれぞれ記憶しておくようにすればよい。これにより、上記ステップS1110の処理で設定したSPリーチ演出(又はSPSPリーチ演出)の演出内容に対応する情報をサブROM132から読み出すことで、第1の有効期間を容易に設定することができる。   If the sub CPU 131 determines that another reach effect is included (step S1113: YES), the sub CPU 131 sets the first valid period based on the effect content of the reach effect (step S1114). Specifically, information indicating which period during the SP reach production and the SPSP reach production should be set as the first effective period is stored in advance in the sub ROM 132. Based on this information, the first Set the validity period. Similarly to the long reach production, when the timing to be set as the first valid period differs depending on the content of the SP reach production or the SPSP reach production, the above information is used for each SP reach production and each SPSP reach production. It is sufficient to memorize each of them. Thereby, the first valid period can be easily set by reading out information corresponding to the effect contents of the SP reach effect (or SPSP reach effect) set in the process of step S1110 from the sub ROM 132.
なお、第1の有効期間の設定情報及び第2の有効期間の設定情報は、それぞれ、サブRAM133の所定領域に一時的に格納され、他の設定情報などと一緒に変動演出開始コマンドに含まれて画像音響制御基板140に送信される。   The first effective period setting information and the second effective period setting information are each temporarily stored in a predetermined area of the sub-RAM 133, and are included in the variable effect start command together with other setting information. To the image sound control board 140.
サブCPU131は、ステップS1114の処理を実行した場合、又は他のリーチ演出を含まないと判定した場合(ステップS1113:NO)、上記ステップS1102の処理を実行した場合と同様に、ステップS1103及びステップS1104の処理を実行する。   When the sub CPU 131 executes the process of step S1114 or determines that the other reach effect is not included (step S1113: NO), the sub CPU 131 performs steps S1103 and S1104 similarly to the case where the process of step S1102 is executed. Execute the process.
[画像音響制御基板140によるタイマ割込み処理]
次に、図23及び図24を参照しつつ、画像音響制御基板140において実行されるタイマ割込み処理について説明する。ここで、図23及び図24は、画像音響制御基板140において実行されるタイマ割込み処理の一例を示すフローチャートである。画像音響制御基板140は、電源投入時や電源断時等の特殊な場合を除く通常の動作時において、図23及び図24に例示されている一連の処理を一定時間(例えば33ミリ秒)毎に繰り返し実行する。
[Timer interrupt processing by image sound control board 140]
Next, a timer interrupt process executed in the image sound control board 140 will be described with reference to FIGS. Here, FIG. 23 and FIG. 24 are flowcharts showing an example of timer interrupt processing executed in the image sound control board 140. The image sound control board 140 performs a series of processes illustrated in FIGS. 23 and 24 at regular intervals (for example, 33 milliseconds) during normal operation except for special cases such as when the power is turned on and when the power is turned off. Repeatedly.
まず、統括CPU141は、演出制御基板130から客待ち演出開始コマンドを受信したか否かを判定する(ステップS1401)。ここで、客待ち演出開始コマンドを受信したと判定した場合(ステップS1401:YES)、その客待ち演出開始コマンドに応じた客待ち演出をVDP144及び音響DSP145に開始させる(ステップS1402)。   First, the overall CPU 141 determines whether or not a customer waiting effect start command is received from the effect control board 130 (step S1401). If it is determined that the customer waiting effect start command has been received (step S1401: YES), the customer waiting effect corresponding to the customer waiting effect start command is started by the VDP 144 and the sound DSP 145 (step S1402).
統括CPU141は、ステップS1402の処理を実行した場合、又は客待ち演出開始コマンドを受信していないと判定した場合(ステップS1401:NO)、演出制御基板130から保留表示コマンドを受信したか否かを判定する(ステップS1403)。ここで、保留表示コマンドを受信したと判定した場合(ステップS1403:YES)、メイン液晶表示装置5に保留表示画像を追加表示する処理をVDP144に実行させる(ステップS1404)。なお、保留表示コマンドを受信したタイミングで客待ち演出が行われている場合には、客待ち演出画面が通常画面に戻されて、その通常画面に対して保留表示画像が表示されることになる。   When the overall CPU 141 executes the process of step S1402 or determines that the customer waiting effect start command is not received (step S1401: NO), it determines whether or not the hold display command is received from the effect control board 130. Determination is made (step S1403). If it is determined that a hold display command has been received (step S1403: YES), the VDP 144 is caused to execute a process of additionally displaying a hold display image on the main liquid crystal display device 5 (step S1404). Note that when the customer waiting effect is performed at the timing of receiving the hold display command, the customer waiting effect screen is returned to the normal screen, and the hold display image is displayed on the normal screen. .
統括CPU141は、ステップS1404の処理を実行した場合、又は保留表示コマンドを受信していないと判定した場合(ステップS1403:NO)、演出制御基板130から変動演出開始コマンドを受信したか否かを判定する(ステップS1405)。ここで、変動演出開始コマンドを受信していないと統括CPU141によって判定された場合(ステップS1405:NO)、後述するステップS1411(図24参照)に処理が進められる。   When the overall CPU 141 executes the process of step S1404 or determines that the hold display command has not been received (step S1403: NO), the overall CPU 141 determines whether or not a variable effect start command has been received from the effect control board 130. (Step S1405). Here, if the overall CPU 141 determines that the change effect start command has not been received (step S1405: NO), the process proceeds to step S1411 (see FIG. 24) described later.
統括CPU141は、変動演出開始コマンドを受信したと判定した場合(ステップS1405:YES)、メイン液晶表示装置5における保留表示画像の表示をVDP144に更新させる(ステップS1406)。具体的には、例えば、受信した変動演出開始コマンドに対応する保留表示画像をメイン液晶表示装置5の画面から消去すると共に、他に保留表示画像が表示されている場合には、その保留表示画像を消去した保留表示画像が表示されていた位置へシフトさせるシフト処理をVDP144に実行させる。   If the overall CPU 141 determines that the change effect start command has been received (step S1405: YES), the overall CPU 141 updates the display of the hold display image on the main liquid crystal display device 5 to the VDP 144 (step S1406). Specifically, for example, when the hold display image corresponding to the received variable effect start command is deleted from the screen of the main liquid crystal display device 5 and another hold display image is displayed, the hold display image is displayed. The VDP 144 executes a shift process for shifting to the position where the hold display image from which the erasure is displayed is displayed.
次に、統括CPU141は、受信した変動演出開始コマンドに基づいて、装飾図柄の変動表示などを含む変動演出をVDP144及び音響DSP145に開始させ(ステップS1407)、その変動演出開始からの経過時間の計測を開始する(ステップS1408)。この経過時間は、制御用RAM143に記憶される。   Next, the overall CPU 141 causes the VDP 144 and the sound DSP 145 to start a variation effect including a decorative symbol variation display based on the received variation effect start command (step S1407), and measures the elapsed time from the start of the variation effect. Is started (step S1408). This elapsed time is stored in the control RAM 143.
ところで、本実施形態におけるパチンコ遊技機1では、遊技者が遊技を開始する際に遊技開始操作を行ったか否かに関わらず、変動演出が行われる毎に1ポイントのポイントが付与されるように構成されている。   By the way, in the pachinko gaming machine 1 according to the present embodiment, one point is given each time a variation effect is performed, regardless of whether or not the player has performed a game start operation when starting the game. It is configured.
このため、統括CPU141は、ステップS1408の処理に続いて、制御用RAM143に記憶されている合計ポイントを「1」加算した値に更新するポイント加算処理を実行する(ステップS1409)。その際、統括CPU141は、1ポイントが加算されたことを遊技者に報知するための所定の演出をメイン液晶表示装置5で行うための処理をVDP144に実行させる。   Therefore, the overall CPU 141 executes a point addition process for updating the total points stored in the control RAM 143 to a value obtained by adding “1” after the process of step S1408 (step S1409). At that time, the overall CPU 141 causes the VDP 144 to execute a process for performing a predetermined effect on the main liquid crystal display device 5 to notify the player that 1 point has been added.
統括CPU141は、ステップS1409の処理を実行した場合、変動演出開始コマンドを受信していないと判定した場合(ステップS1405:NO)、図24に示されるように、上記ステップS1408の処理で計測を開始した経過時間(以下、単に「経過時間」という。)が今回の変動演出の実行時間(すなわち変動時間)に達したか否かに基づいて、変動演出の実行中であるか否かを判定する(ステップS1411)。ここで、変動演出の実行中ではないと統括CPU141によって判定された場合(ステップS1411:NO)、後述するステップS1426に処理が進められる。   If the overall CPU 141 executes the process of step S1409 and determines that the variable effect start command has not been received (step S1405: NO), as shown in FIG. 24, the overall CPU 141 starts measurement in the process of step S1408. It is determined whether or not the variation effect is being executed based on whether or not the elapsed time (hereinafter simply referred to as “elapsed time”) has reached the execution time (that is, the variation time) of the current variation effect. (Step S1411). If the overall CPU 141 determines that the changing effect is not being executed (step S1411: NO), the process proceeds to step S1426 described later.
統括CPU141は、変動演出の実行中であると判定した場合(ステップS1411:YES)、演出制御基板130から受信した変動演出開始コマンドに有効期間の設定情報が含まれているか否かに基づいて、今回の変動演出中に有効期間が存在するか否かを判定する(ステップS1412)。ここで、有効期間が存在しないと統括CPU141によって判定された場合(ステップS1412:NO)、後述するステップS1426に処理が進められる。   If the overall CPU 141 determines that the changing effect is being executed (step S1411: YES), based on whether the changing effect start command received from the effect control board 130 includes the setting information of the effective period. It is determined whether or not there is a valid period during the current variation effect (step S1412). Here, if the overall CPU 141 determines that there is no valid period (step S1412: NO), the process proceeds to step S1426 described later.
統括CPU141は、有効期間が存在すると判定した場合(ステップS1412:YES)、有効期間の開始タイミングであるか否かを判定する(ステップS1413)。具体的には、演出制御基板130から受信する変動演出開始コマンドには、有効期間の設定情報として、有効期間が第1の有効期間であるか或いは第2の有効期間であるかを示す情報、変動演出を開始してから第1時間を経過したタイミングが有効期間の開始タイミングであり、変動演出を開始してから第2時間を経過したタイミングが有効期間の終了タイミングであるといった有効期間を特定するための情報が含まれている。このため、統括CPU141は、変動演出を開始してからの経過時間が第1時間と一致するか否かに基づいて、有効期間の開始タイミングであるか否かを判定する。このステップS1413において、有効期間の開始タイミングではないと統括CPU141によって判定された場合(ステップS1413:NO)、後述するステップS1419に処理が進められる。   When determining that there is a valid period (step S1412: YES), the overall CPU 141 determines whether it is the start timing of the valid period (step S1413). Specifically, in the variable effect start command received from the effect control board 130, information indicating whether the effective period is the first effective period or the second effective period as the effective period setting information, The effective period is specified such that the timing when the first time has elapsed since the start of the variable effect is the start timing of the effective period, and the timing when the second time has elapsed since the start of the variable effect is the end timing of the effective period. Contains information to do. Therefore, the overall CPU 141 determines whether or not it is the effective period start timing based on whether or not the elapsed time since the start of the variation effect coincides with the first time. In step S1413, if the overall CPU 141 determines that it is not the start timing of the valid period (step S1413: NO), the process proceeds to step S1419 described later.
統括CPU141は、有効期間の開始タイミングであると判定した場合(ステップS1413:YES)、今回の変動演出の開始に際して演出制御基板130から受信した変動演出開始コマンドに含まれている有効期間の設定情報に基づいて、これから始まる有効期間が第1の有効期間であるか否かを判定する(ステップS1414)。   If the overall CPU 141 determines that it is the start timing of the effective period (step S1413: YES), the effective period setting information included in the variable effect start command received from the effect control board 130 at the start of the current variable effect is set. Based on the above, it is determined whether or not the effective period starting from now is the first effective period (step S1414).
統括CPU141は、第1の有効期間であると判定した場合(ステップS1414:YES)、遊技者に対して演出ボタン26の操作を促す報知演出を開始する(ステップS1415)。具体的には、図8(A)で例示したような報知演出画像をメイン液晶表示装置5に表示するための描画処理をVDP144に実行させる。   If the overall CPU 141 determines that it is the first valid period (step S1414: YES), the overall CPU 141 starts a notification effect that prompts the player to operate the effect button 26 (step S1415). Specifically, the VDP 144 is caused to perform a drawing process for displaying a notification effect image as illustrated in FIG. 8A on the main liquid crystal display device 5.
一方、統括CPU141は、第1の有効期間ではないと判定した場合(ステップS1414:NO)、すなわち第2の有効期間が始まるタイミングである場合、図9(A)及び(B)に例示したようなポイント付与演出を実行する(ステップS1416)。具体的には、このポイント付与演出を実現するための処理をVDP144及び音響DSP145に実行させる。そして、本実施形態では、このポイント付与演出を行うことによって、遊技者が演出ボタン26を押下しなくても1ポイントを付与することとしているので、統括CPU141は、制御用RAM143に記憶されている合計ポイントを「1」加算した値に更新する(ステップS1417)。   On the other hand, when the overall CPU 141 determines that it is not the first valid period (step S1414: NO), that is, when it is the timing when the second valid period starts, it is illustrated in FIGS. 9A and 9B. A point giving effect is executed (step S1416). Specifically, the VDP 144 and the sound DSP 145 are caused to execute processing for realizing this point giving effect. In the present embodiment, by performing this point giving effect, the player gives 1 point even if the player does not press the effect button 26, so the overall CPU 141 is stored in the control RAM 143. The total points are updated to a value obtained by adding “1” (step S1417).
統括CPU141は、ステップS1417の処理を実行した場合、ステップS1415の処理を実行した場合、又は有効期間の開始タイミングではないと判定した場合(ステップS1413:NO)、演出制御基板130から操作コマンドを受信したか否かを判定する(ステップS1419)。ここで、操作コマンドを受信していないと統括CPU141によって判定された場合(ステップS1419:NO)、後述するステップS1426に処理が進められる。   When the overall CPU 141 executes the process of step S1417, executes the process of step S1415, or determines that it is not the start timing of the effective period (step S1413: NO), it receives an operation command from the effect control board 130. It is determined whether or not (step S1419). If the overall CPU 141 determines that no operation command has been received (step S1419: NO), the process proceeds to step S1426 described later.
統括CPU141は、操作コマンドを受信したと判定した場合(ステップS1419:YES)、すなわち演出ボタン26が押下された場合、第1の有効期間中であるか否かを判定する(ステップS1420)。具体的には、今回の変動演出を開始するに際して演出制御基板130から受信した変動演出開始コマンドに含まれている有効期間に関する設定情報が、第1の有効期間に関するものであるという第1条件と、変動演出を開始してからの経過時間が上述した第1時間以上であり且つ第2時間未満であるという第2条件との両方を満たすか否かに基づいて、第1の有効期間中であるか否かを判定する。   When determining that the operation command has been received (step S1419: YES), that is, when the effect button 26 is pressed, the overall CPU 141 determines whether or not it is during the first effective period (step S1420). Specifically, the first condition that the setting information related to the effective period included in the variable effect start command received from the effect control board 130 when starting the current variable effect is related to the first effective period; Based on whether or not both of the second condition that the elapsed time since the start of the variation effect is equal to or more than the first time and less than the second time described above are satisfied in the first effective period It is determined whether or not there is.
統括CPU141は、第1の有効期間中であると判定した場合(ステップS1420:YES)、演出ボタン26の操作に応じて変動演出の表示態様を変化させる(ステップS1421)。具体的には、図8(B)に例示したように演出画像に含まれているエフェクトの色を変化させたり、演出ボタン26の操作によってエフェクトが振動したように見せたり、演出ボタン26の押下に応じた所定の効果音を出力したりするための処理をVDP144及び音響DSP145に実行させる。このように、第1の有効期間中に演出ボタン26が押下された場合には、第1の演出変化を発生させる。   If the overall CPU 141 determines that it is during the first effective period (step S1420: YES), the overall CPU 141 changes the display mode of the variable effect according to the operation of the effect button 26 (step S1421). Specifically, as illustrated in FIG. 8B, the color of the effect included in the effect image is changed, the effect appears to vibrate by the operation of the effect button 26, or the effect button 26 is pressed. The VDP 144 and the sound DSP 145 are caused to execute processing for outputting a predetermined sound effect corresponding to the sound. Thus, when the effect button 26 is pressed during the first effective period, the first effect change is generated.
一方、統括CPU141は、第1の有効期間中ではないと判定した場合(ステップS1420:NO)、第2の有効期間中であるか否かを判定する(ステップS1422)。具体的には、今回の変動演出を開始するに際して演出制御基板130から受信した変動演出開始コマンドに含まれている有効期間に関する設定情報が、第2の有効期間に関するものであるという第3条件と、変動演出を開始してからの経過時間が上述した第1時間以上であり且つ第2時間未満であるという第4条件との両方を満たすか否かに基づいて、第2の有効期間中であるか否かを判定する。ここで、第2の有効期間中ではないと統括CPU141によって判定された場合(ステップS1422:NO)、後述するステップS1426に処理が進められる。   On the other hand, if the overall CPU 141 determines that it is not during the first effective period (step S1420: NO), it determines whether it is during the second effective period (step S1422). Specifically, the third condition that the setting information related to the effective period included in the variable effect start command received from the effect control board 130 when starting the current variable effect is related to the second effective period; Based on whether or not both of the fourth condition that the elapsed time since the start of the variation effect is equal to or more than the first time and less than the second time described above are satisfied in the second effective period It is determined whether or not there is. If the overall CPU 141 determines that the second valid period is not in effect (step S1422: NO), the process proceeds to step S1426 described later.
統括CPU141は、第2の有効期間中であると判定した場合(ステップS1422:YES)、ポイント付与演出を実行する(ステップS1423)。具体的には、1つのハートがメイン液晶表示装置5の画面上に出現すると共にスピーカ24から所定の効果音が出力され、出現したハートが上空に昇っていくといった演出変化を発生させるための処理をVDP144及び音響DSP145に実行させる。このように、第2の有効期間中に演出ボタン26が押下された場合には、第2の演出変化を発生させる。なお、このステップS1423の処理は、第2の有効期間中に演出ボタン26が押下される毎に繰り返し実行されるので、第2の有効期間中に演出ボタン26が連打されると、図9(D)に例示したように多数のハートが昇っていくような演出変化が発生することになる。   If the overall CPU 141 determines that it is during the second effective period (step S1422: YES), the overall CPU 141 executes a point giving effect (step S1423). Specifically, a process for generating an effect change in which one heart appears on the screen of the main liquid crystal display device 5, a predetermined sound effect is output from the speaker 24, and the appearing heart rises to the sky. Are executed by the VDP 144 and the acoustic DSP 145. Thus, when the effect button 26 is pressed during the second effective period, a second effect change is generated. The process of step S1423 is repeatedly executed every time the effect button 26 is pressed during the second effective period. Therefore, when the effect button 26 is repeatedly hit during the second effective period, FIG. As illustrated in D), a production change occurs in which a large number of hearts rise.
ステップS1423の処理に続いて、統括CPU141は、上記ステップS1417の処理と同様に、制御用RAM143に記憶されている合計ポイントを「1」加算した値に更新する(ステップS1424)。このステップS1424の処理も第2の有効期間中に演出ボタン26が押下される毎に繰り返し実行されるので、第2の有効期間中に遊技者が演出ボタン26を連打することによって多くのポイントを獲得することが可能である。   Subsequent to the processing of step S1423, the overall CPU 141 updates the total points stored in the control RAM 143 to a value obtained by adding “1”, similarly to the processing of step S1417 (step S1424). Since the process of step S1424 is also repeatedly executed each time the effect button 26 is pressed during the second effective period, the player can make many points by repeatedly striking the effect button 26 during the second effective period. It is possible to acquire.
統括CPU141は、ステップS1424の処理を実行した場合、ステップS1421の処理を実行した場合、変動演出の実行中ではないと判定した場合(ステップS1411:NO)、有効期間が存在しないと判定した場合(ステップS1412:NO)、操作コマンドを受信していないと判定した場合(ステップS1419:NO)、又は第2の有効期間中ではないと判定した場合(ステップS1422:NO)、演出制御基板130から変動演出終了コマンドを受信したか否かを判定する(ステップS1426)。   The overall CPU 141 executes the process of step S1424, executes the process of step S1421, determines that the variation effect is not being executed (step S1411: NO), and determines that the effective period does not exist (step S1411). If it is determined that the operation command has not been received (step S1412: NO), or if it is determined that it is not in the second effective period (step S1422: NO), it varies from the effect control board 130. It is determined whether or not an effect end command has been received (step S1426).
統括CPU141は、変動演出終了コマンドを受信したと判定した場合(ステップS1426:YES)、VDP144及び音響DSP145に変動演出を終了させ(ステップS1427)、制御用RAM143に記憶されている経過時間をリセットする(ステップS1428)。   If the overall CPU 141 determines that the change effect end command has been received (step S1426: YES), the control CPU 143 ends the change effect in the VDP 144 and the sound DSP 145 (step S1427) and resets the elapsed time stored in the control RAM 143. (Step S1428).
統括CPU141は、ステップS1428の処理を実行した場合、又は変動演出終了コマンドを受信していないと判定した場合(ステップS1426:NO)、データ送信制御処理を実行する(ステップS1429)。具体的には、画像音響制御基板140において行われる画像音響制御に関するデータを演出制御基板130に送信する。これに対して、演出制御基板130は、画像音響制御基板140から受信したデータをランプ制御基板150に転送する。これにより、メイン液晶表示装置5、サブ液晶表示装置6、及びスピーカ24によって行われている演出と同期するように、枠ランプ25やロゴ役物7、ボタンランプ261などが制御されることとなる。   When the overall CPU 141 executes the process of step S1428 or determines that the variable effect end command is not received (step S1426: NO), the overall CPU 141 executes a data transmission control process (step S1429). Specifically, data related to image sound control performed on the image sound control board 140 is transmitted to the effect control board 130. On the other hand, the effect control board 130 transfers the data received from the image sound control board 140 to the lamp control board 150. Accordingly, the frame lamp 25, the logo accessory 7, the button lamp 261, and the like are controlled so as to synchronize with the effects performed by the main liquid crystal display device 5, the sub liquid crystal display device 6, and the speaker 24. .
[ランプ制御基板150によるタイマ割込み処理]
次に、図25を参照しつつ、ランプ制御基板150において実行されるタイマ割込み処理について説明する。ここで、図25は、ランプ制御基板150において実行されるタイマ割込み処理の一例を示すフローチャートである。ランプ制御基板150は、電源投入時や電源断時等の特殊な場合を除く通常の動作時において、演出制御基板130を介して画像音響制御基板140から送信されるデータに基づいて、図25に例示されている一連の処理を一定時間毎に繰り返し実行する。
[Timer interrupt processing by lamp control board 150]
Next, timer interrupt processing executed in the lamp control board 150 will be described with reference to FIG. Here, FIG. 25 is a flowchart showing an example of timer interrupt processing executed in the lamp control board 150. The lamp control board 150 is shown in FIG. 25 based on data transmitted from the image sound control board 140 via the effect control board 130 during normal operation except for special cases such as when the power is turned on and when the power is turned off. A series of illustrated processes are repeatedly executed at regular intervals.
ランプ制御基板150のCPUは、メイン液晶表示装置5における客待ち演出が開始されたか否かを判断する(ステップS1501)。ここで、客待ち演出が開始されたと判断した場合(ステップS1501:YES)、客待ち演出用のランプ発光制御を開始する(ステップS1502)。具体的には、ランプ制御基板150のROMから客待ち演出用の発光パターンデータをROMからRAMに読み出して、枠ランプ25やロゴ役物7の発光素子の発光制御を開始する。   The CPU of the lamp control board 150 determines whether or not the customer waiting effect in the main liquid crystal display device 5 has been started (step S1501). Here, when it is determined that the customer waiting effect has been started (step S1501: YES), the lamp emission control for the customer waiting effect is started (step S1502). Specifically, the light emission pattern data for the customer waiting effect is read from the ROM of the lamp control board 150 to the RAM, and the light emission control of the light emitting elements of the frame lamp 25 and the logo accessory 7 is started.
ランプ制御基板150のCPUは、ステップS1502の処理を実行した場合、又は客待ち演出が開始されていないと判断した場合(ステップS1501:NO)、メイン液晶表示装置5における変動演出が開始されたか否かを判断する(ステップS1503)。ここで、変動演出が開始されたと判断した場合(ステップS1503:YES)、変動演出用のランプ発光制御を開始する(ステップS1504)。具体的には、演出制御基板130を介して画像音響制御基板140から受信した変動演出に関するデータに対応する発光パターンデータをRAMに読み出して、枠ランプ25やロゴ役物7の発光素子の発光制御を開始する。   When the CPU of the lamp control board 150 executes the process of step S1502 or determines that the customer waiting effect is not started (step S1501: NO), whether or not the changing effect in the main liquid crystal display device 5 is started. Is determined (step S1503). If it is determined that the variation effect has been started (step S1503: YES), the lamp emission control for the variation effect is started (step S1504). Specifically, the light emission pattern data corresponding to the data related to the fluctuation effect received from the image sound control board 140 via the effect control board 130 is read into the RAM, and the light emission control of the light emitting elements of the frame lamp 25 and the logo accessory 7 is performed. To start.
ランプ制御基板150のCPUは、ステップS1504の処理を実行した場合、又は変動演出が開始されていないと判断した場合(ステップS1503:NO)、演出制御基板130を介して画像音響制御基板140から受信した有効期間に関する情報に基づいて、演出ボタン26の有効期間が始まったか否かを判断する(ステップS1505)。ここで、有効期間が始まったと判断した場合(ステップS1505:YES)、ボタンランプ発光制御を開始する(ステップS1506)。具体的には、図8及び図9に例示した暗示演出を実現するために、ボタンランプ261を有効期間中にわたって発光させる発光制御を開始する。   When the CPU of the lamp control board 150 executes the process of step S1504 or determines that the fluctuating effect is not started (step S1503: NO), the CPU of the lamp control board 150 receives the image sound control board 140 via the effect control board 130. Based on the information regarding the effective period, it is determined whether or not the effective period of the effect button 26 has started (step S1505). If it is determined that the effective period has started (step S1505: YES), button lamp emission control is started (step S1506). Specifically, in order to realize the implied effects illustrated in FIGS. 8 and 9, light emission control for causing the button lamp 261 to emit light during the effective period is started.
ランプ制御基板150のCPUは、ステップS1506の処理を実行した場合、又は有効期間が始まっていないと判断した場合(ステップS1505:NO)、有効期間が終わるか否か(終了タイミングであるか否か)を判断する(ステップS1507)。ここで、有効期間が終わると判断した場合(ステップS1507:YES)、ステップS1506の処理で開始した発光制御を終了させる(ステップS1508)。   When the CPU of the lamp control board 150 executes the process of step S1506 or determines that the effective period has not started (step S1505: NO), whether or not the effective period ends (whether or not it is the end timing). ) Is determined (step S1507). If it is determined that the effective period is over (step S1507: YES), the light emission control started in step S1506 is terminated (step S1508).
なお、第1の有効期間と第2の有効期間のうちの第1の有効期間においてのみボタンランプ261を発光させるために、第2の有効期間については、上記ステップS1506及びステップS1508の処理を行わないようにしてもよい。   In order to cause the button lamp 261 to emit light only in the first effective period of the first effective period and the second effective period, the processes in steps S1506 and S1508 are performed for the second effective period. It may not be possible.
ランプ制御基板150のCPUは、ステップS1508の処理を実行した場合、又は有効期間が終了しないと判断した場合(ステップS1507:NO)、演出制御基板130を介して画像音響制御基板140から受信したデータに基づいて、ロゴ役物7の作動タイミングであるか否かを判断する(ステップS1509)。   When the CPU of the lamp control board 150 executes the process of step S1508 or determines that the effective period does not end (step S1507: NO), the data received from the image acoustic control board 140 via the effect control board 130 Based on the above, it is determined whether or not it is the operation timing of the logo accessory 7 (step S1509).
ランプ制御基板150のCPUは、作動タイミングであると判断した場合(ステップS1509:YES)、ロゴ役物7の作動制御を実行する(ステップS1510)。具体的には、演出制御基板130を介して画像音響制御基板140から受信したデータに対応する動作パターンデータをROMから読み出し、読み出した動作パターンデータに基づいて、ロゴ役物7を動作させるモータの駆動を制御する。   If the CPU of the lamp control board 150 determines that it is the operation timing (step S1509: YES), it executes the operation control of the logo accessory 7 (step S1510). Specifically, the operation pattern data corresponding to the data received from the image sound control board 140 via the effect control board 130 is read from the ROM, and the motor that operates the logo accessory 7 based on the read operation pattern data. Control the drive.
ランプ制御基板150のCPUは、ステップS1510の処理を実行した場合、又はロゴ役物7の作動タイミングではないと判断した場合(ステップS1509:NO)、メイン液晶表示装置5における変動演出が終了されたか否かを判断する(ステップS1511)。ここで、変動演出が終了されたと判断した場合(ステップS1511:YES)、上記ステップS1504の処理で開始した発光制御を終了する(ステップS1512)。   When the CPU of the lamp control board 150 executes the process of step S1510 or determines that it is not the operation timing of the logo accessory 7 (step S1509: NO), has the variation effect on the main liquid crystal display device 5 been finished? It is determined whether or not (step S1511). If it is determined that the fluctuating effect has ended (step S1511: YES), the light emission control started in step S1504 is ended (step S1512).
このステップS1512の処理が実行された場合、又は変動演出が終了されないと判断された場合(ステップS1511:NO)、上記ステップS1501に処理が戻される。   When the process of step S1512 is executed, or when it is determined that the changing effect is not ended (step S1511: NO), the process returns to step S1501.
[第1の実施形態の作用効果]
以上説明したように、第1の実施形態によれば、演出ボタン26の裏ボタン操作の有効期間中(第2の有効期間中)に演出ボタン26を押下した場合に生じるのと同じ演出変化が遊技者のボタン操作の有無に関わらず自動的に発生するので、遊技者が裏ボタン操作の有効期間を事前に把握していない場合であっても裏ボタン操作を容易に行うことができる。
[Operational effects of the first embodiment]
As described above, according to the first embodiment, the same effect change that occurs when the effect button 26 is pressed during the effective period of the back button operation of the effect button 26 (during the second effective period). Since it automatically occurs regardless of whether or not the player has operated the button, it is possible to easily perform the back button operation even when the player does not know the effective period of the back button operation in advance.
また、第1実施形態では、遊技者が遊技履歴としての合計ポイントの情報を含むQRコードを携帯通信端末300で読み取り、合計ポイントをサーバ500へ送ることによってサーバ500に記憶されているポイントに応じた特典(例えば所定画像のダウンロード)を遊技者が得ることができるので、遊技者に積極的な裏ボタン操作を促すことが可能である。   Further, in the first embodiment, the player reads a QR code including information on the total points as the game history with the mobile communication terminal 300 and sends the total points to the server 500 according to the points stored in the server 500. Since the player can obtain a special privilege (for example, download of a predetermined image), it is possible to prompt the player to actively operate the back button.
[第2の実施形態]
上記第1の実施形態では、本発明における第2の演出変化がポイント獲得演出である場合について説明したが、第2の演出変化は、大当たりに対する信頼度を報知する信頼度報知演出であってもよい。具体的には、裏ボタンの有効期間中に遊技者が演出ボタン26を連打することによって例えばロゴ役物7の発光色を白色→青色→黄色→赤色→レインボーの順で変化させ、ロゴ役物7の発光色が最終的にどの発光色まで発展するかによって大当たりに対する信頼度を報知するといった構成において、裏ボタンの有効期間である第2の有効期間が始まるときに、ロゴ役物7を白色で発光させてからその発光色を青色に変化させるといった第2の演出変化を演出ボタン26の押下の有無に関わらず自動的に発生させる。
[Second Embodiment]
In the first embodiment, the case where the second effect change in the present invention is a point acquisition effect has been described. However, even if the second effect change is a reliability notification effect for notifying the reliability of the jackpot. Good. Specifically, when the player repeatedly strikes the effect button 26 during the effective period of the back button, for example, the luminescent color of the logo object 7 is changed in the order of white → blue → yellow → red → rainbow, and the logo object In the configuration in which the reliability of the jackpot is notified according to which emission color the 7 emission colors finally develop, when the second effective period that is the effective period of the back button starts, the logo accessory 7 is displayed in white. A second effect change is generated automatically, regardless of whether or not the effect button 26 is pressed.
この構成によれば、裏ボタン操作を行えば大当たりの信頼度を示唆する情報を得ることができるということを遊技者に効果的に認識させて裏ボタン操作を促すことが可能である。   According to this configuration, it is possible to cause the player to effectively recognize that the information indicating the reliability of the jackpot can be obtained by performing the back button operation, and to prompt the back button operation.
[変形例]
なお、本発明は上記実施形態に限定されるものではなく、例えば以下の形態であってもよい。すなわち、上記第1の実施形態では、第2の有効期間が始まるタイミングで裏ボタン操作の有無に関わらず第2の演出変化を自動的に発生させる場合について説明したが、この第2の演出変化を発生させるタイミングは必ずしも第2の有効期間が始まるタイミングと一致している必要はない。すなわち、第2の有効期間が始まる前に、第2の演出変化を発生させるようにしてもよいし、或いは第2の有効期間が始まってから所定時間が経過した後に第2の演出変化を発生させるようにしてもよい。ただし、後者の場合、所定時間が長すぎると第2の演出変化が自動的に発生してから第2の有効期間が終わるまでの時間が短くなってしまい、その結果、遊技者が裏ボタン操作を容易に行えなくなってしまうおそれがある。このため、第2の演出変化を自動的に発生させるタイミングは、第2の有効期間が始まるタイミングか、或いはそれよりも前のタイミングであることが好ましい。
[Modification]
In addition, this invention is not limited to the said embodiment, For example, the following forms may be sufficient. That is, in the first embodiment, the case where the second effect change is automatically generated regardless of whether or not the back button operation is performed at the timing when the second effective period starts has been described. It is not always necessary to coincide with the timing at which the second effective period starts. That is, the second effect change may be generated before the second effective period starts, or the second effect change is generated after a predetermined time has elapsed from the start of the second effective period. You may make it make it. However, in the latter case, if the predetermined time is too long, the time from when the second effect change automatically occurs until the second effective period ends is shortened, and as a result, the player operates the back button. May not be able to be performed easily. For this reason, it is preferable that the timing at which the second effect change is automatically generated is the timing at which the second effective period starts or the timing before that.
また、上記第1の実施形態では、本発明の入力手段が演出ボタン26である場合について説明したが、入力手段はこれに限定されるものではなく、演出キー27の中央キー、遊技者のタッチ操作を検知可能なタッチパネル、例えば遊技盤2に対してかざされた遊技者の手を検知可能な光センサ、ジョイスティックといった他の入力手段であってもよい。   In the first embodiment, the case where the input means of the present invention is the effect button 26 has been described. However, the input means is not limited to this, and the center key of the effect key 27 and the touch of the player Other input means such as a touch panel capable of detecting an operation, for example, an optical sensor capable of detecting a player's hand held over the game board 2 or a joystick may be used.
また、上記第1の実施形態では、第1の演出変化と第2の演出変化とが相異なる場合について説明したが、これらの演出変化は同じであってもよい。   In the first embodiment, the case where the first effect change and the second effect change are different from each other has been described. However, these effect changes may be the same.
また、上記実施形態では、本発明を1種2種混合タイプのパチンコ遊技機に適用した場合について説明したが、本発明を1種タイプのパチンコ遊技機に適用してもよいし、或いは回胴式遊技機などの他の遊技機に適用してもよい。   Further, in the above embodiment, the case where the present invention is applied to a one-kind and two-kind type pachinko gaming machine has been described, but the present invention may be applied to a one-kind type pachinko gaming machine. You may apply to other game machines, such as a type game machine.
また、上記実施形態において説明したパチンコ遊技機1の構成や各部材の動作態様は単なる一例に過ぎず、他の構成や動作態様であっても本発明を実現できることは言うまでもない。また、上述したフローチャートにおける処理の順序、設定値、判定に用いられる閾値等は単なる一例に過ぎず、本発明の範囲を逸脱しなければ他の順序や値であっても、本発明を実現できることは言うまでもない。また、上記実施形態で例示した画面図等も単なる一例であって、他の表示態様の画面であってもよい。   In addition, the configuration of the pachinko gaming machine 1 and the operation mode of each member described in the above embodiment are merely examples, and it goes without saying that the present invention can be realized with other configurations and operation modes. Further, the order of processing, the set value, the threshold value used for determination, etc. in the flowcharts described above are merely examples, and the present invention can be realized with other orders and values without departing from the scope of the present invention. Needless to say. Further, the screen diagrams and the like exemplified in the above embodiment are merely examples, and may be screens of other display modes.
1 パチンコ遊技機
4 表示器
5 メイン液晶表示装置
6 サブ液晶表示装置
24 スピーカ
26 演出ボタン
27 演出キー
100 遊技制御基板
101 メインCPU
102 メインROM
103 メインRAM
130 演出制御基板
131 サブCPU
132 サブROM
133 サブRAM
134 RTC
140 画像音響制御基板
141 統括CPU
142 制御用ROM
143 制御用RAM
144 VDP
145 音響DSP
150 ランプ制御基板
261 ボタンランプ
DESCRIPTION OF SYMBOLS 1 Pachinko machine 4 Display 5 Main liquid crystal display device 6 Sub liquid crystal display device 24 Speaker 26 Effect button 27 Effect key 100 Game control board 101 Main CPU
102 Main ROM
103 Main RAM
130 Production control board 131 Sub CPU
132 Sub ROM
133 Sub RAM
134 RTC
140 Image Sound Control Board 141 General CPU
142 Control ROM
143 Control RAM
144 VDP
145 Acoustic DSP
150 Lamp control board 261 Button lamp
本発明に係る遊技機(1)は、遊技者によって入力可能な入力手段(26)と、遊技者に対して入力を促す報知を実行する報知手段(141,5,S1415)と、前記報知手段による報知が行われる第1の有効期間中に前記入力手段からの入力があった場合に、所定の演出手段(5)に当該入力に応じた第1の演出変化(図8(B))を発生させる第1演出制御手段(141,S1421)と、前記報知手段による報知が行われない第2の有効期間中に前記入力手段からの入力があった場合に、前記演出手段に当該入力に応じた第2の演出変化(図9(A)及び(B))を発生させる第2演出制御手段(141,S1423)とを備え、前記第2演出制御手段は、前記第2の有効期間が始まる際に、前記入力手段からの入力の有無に関わらず、前記演出手段に前記第2の有効期間中に前記入力手段からの入力があった場合に発生するのと同様の前記第2の演出変化を発生させる(S1416)。 The gaming machine (1) according to the present invention includes an input means (26) that can be input by a player, notification means (141, 5, S1415) for executing notification that prompts the player to input, and the notification means. When there is an input from the input means during the first effective period in which the notification is performed, the first effect change (FIG. 8B) corresponding to the input is given to the predetermined effect means (5). When there is an input from the input means during the second effective period during which the notification means does not perform the first effect control means (141, S1421) to be generated, the effect means responds to the input Second effect control means (141, S1423) for generating a second effect change (FIGS. 9A and 9B), and the second effect control means starts the second effective period. In the presence or absence of input from the input means. Generates the same second effect changes and to occur if the there is an input from the input means during the second validity period to the presentation means (S1416).

Claims (2)

  1. 遊技者によって入力可能な入力手段と、
    遊技者に対して入力を促す報知を実行する報知手段と、
    前記報知手段による報知が行われる第1の有効期間中に前記入力手段からの入力があった場合に、所定の演出手段に当該入力に応じた第1の演出変化を発生させる第1演出制御手段と、
    前記報知手段による報知が行われない第2の有効期間中に前記入力手段からの入力があった場合に、前記演出手段に当該入力に応じた第2の演出変化を発生させる第2演出制御手段とを備え、
    前記第2演出制御手段は、
    前記第2の有効期間が始まる際に、前記入力手段からの入力の有無に関わらず、前記演出手段に前記第2の演出変化を発生させることを特徴とする遊技機。
    Input means that can be input by the player;
    An informing means for informing the player to input,
    First effect control means for causing a predetermined effect means to generate a first effect change according to the input when there is an input from the input means during a first effective period in which the notification means performs notification. When,
    Second effect control means for causing the effect means to generate a second effect change according to the input when there is an input from the input means during the second effective period during which no notification by the notifying means is performed. And
    The second effect control means includes:
    A gaming machine, wherein when the second effective period starts, the second effect change is caused to occur in the effect means regardless of whether or not there is an input from the input means.
  2. 前記第2の演出変化の発生状況を遊技履歴として記憶する記憶手段と、
    前記記憶手段に記憶されている遊技履歴をコード化したコード情報を生成する生成手段と、
    前記生成手段によって生成されたコード情報を表示する表示手段とを備えることを特徴とする請求項1に記載の遊技機。
    Storage means for storing the occurrence of the second effect change as a game history;
    Generating means for generating code information obtained by encoding the game history stored in the storage means;
    The gaming machine according to claim 1, further comprising display means for displaying code information generated by the generation means.
JP2012155431A 2012-07-11 2012-07-11 Game machine Active JP5389231B1 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012155431A JP5389231B1 (en) 2012-07-11 2012-07-11 Game machine

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012155431A JP5389231B1 (en) 2012-07-11 2012-07-11 Game machine

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP5389231B1 JP5389231B1 (en) 2014-01-15
JP2014014593A true JP2014014593A (en) 2014-01-30

Family

ID=50036680

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2012155431A Active JP5389231B1 (en) 2012-07-11 2012-07-11 Game machine

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5389231B1 (en)

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2015202111A (en) * 2014-03-31 2015-11-16 株式会社大都技研 game machine
JP2015202418A (en) * 2015-06-25 2015-11-16 株式会社大都技研 game machine
JP2016073494A (en) * 2014-10-07 2016-05-12 京楽産業.株式会社 Game machine
JP2016077521A (en) * 2014-10-16 2016-05-16 株式会社三共 Game machine
JP2016159148A (en) * 2016-01-21 2016-09-05 株式会社大都技研 Game machine
JP2016159056A (en) * 2015-03-04 2016-09-05 京楽産業.株式会社 Game machine
JP2016159055A (en) * 2015-03-04 2016-09-05 京楽産業.株式会社 Game machine
JP2017064532A (en) * 2017-01-20 2017-04-06 株式会社大都技研 Game machine
JP2017064531A (en) * 2017-01-20 2017-04-06 株式会社大都技研 Game machine
JP2017070845A (en) * 2017-01-25 2017-04-13 株式会社大都技研 Game machine
JP2018000936A (en) * 2017-03-31 2018-01-11 株式会社大都技研 Game board

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5608804B2 (en) * 2013-10-08 2014-10-15 京楽産業.株式会社 Game machine

Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008093015A (en) * 2006-10-06 2008-04-24 Newgin Corp Game machine
JP2010017295A (en) * 2008-07-09 2010-01-28 Newgin Co Ltd Game machine
JP2012075917A (en) * 2011-12-12 2012-04-19 Sophia Co Ltd Game machine
JP2012081169A (en) * 2010-10-14 2012-04-26 Fujishoji Co Ltd Game machine

Patent Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008093015A (en) * 2006-10-06 2008-04-24 Newgin Corp Game machine
JP2010017295A (en) * 2008-07-09 2010-01-28 Newgin Co Ltd Game machine
JP2012081169A (en) * 2010-10-14 2012-04-26 Fujishoji Co Ltd Game machine
JP2012075917A (en) * 2011-12-12 2012-04-19 Sophia Co Ltd Game machine

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2015202111A (en) * 2014-03-31 2015-11-16 株式会社大都技研 game machine
JP2016073494A (en) * 2014-10-07 2016-05-12 京楽産業.株式会社 Game machine
JP2016077521A (en) * 2014-10-16 2016-05-16 株式会社三共 Game machine
JP2016159056A (en) * 2015-03-04 2016-09-05 京楽産業.株式会社 Game machine
JP2016159055A (en) * 2015-03-04 2016-09-05 京楽産業.株式会社 Game machine
JP2015202418A (en) * 2015-06-25 2015-11-16 株式会社大都技研 game machine
JP2016159148A (en) * 2016-01-21 2016-09-05 株式会社大都技研 Game machine
JP2017064532A (en) * 2017-01-20 2017-04-06 株式会社大都技研 Game machine
JP2017064531A (en) * 2017-01-20 2017-04-06 株式会社大都技研 Game machine
JP2017070845A (en) * 2017-01-25 2017-04-13 株式会社大都技研 Game machine
JP2018000936A (en) * 2017-03-31 2018-01-11 株式会社大都技研 Game board

Also Published As

Publication number Publication date
JP5389231B1 (en) 2014-01-15

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6200863B2 (en) Game machine
JP5385119B2 (en) Game machine, game machine presentation method and program
JP6183643B2 (en) Game machine
JP6225525B2 (en) Game machine
JP2015002810A (en) Reel type game machine
JP4442111B2 (en) Game machine
JP4579499B2 (en) Game machine
JP2005261524A (en) Pinball machine
JP4841255B2 (en) Game machine
JP2014117576A (en) Game machine
JP2008132246A (en) Slot machine
JP2006341073A (en) Game machine and reel tape
JP2011229765A (en) Game machine, and control method and control program for game machine
JP2006288962A (en) Game machine, and program for game
JP2008000274A (en) Game machine and game system
JP5844559B2 (en) Game machine
JP2004254974A (en) Game machine
JP2007143990A (en) Game machine
JP2007061589A (en) Pinball game machine
JP4809129B2 (en) Gaming machines and games
JP2009000150A (en) Slot machine
JP2008167895A (en) Pinball game machine
JP2005204811A (en) Game machine
JP2015159959A (en) Game machine
JP5812798B2 (en) Pachinko machine

Legal Events

Date Code Title Description
TRDD Decision of grant or rejection written
A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20131008

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250