JP2013538761A - チューブ状包装材料を用いた包装における受渡し式出荷装置 - Google Patents

チューブ状包装材料を用いた包装における受渡し式出荷装置 Download PDF

Info

Publication number
JP2013538761A
JP2013538761A JP2013530557A JP2013530557A JP2013538761A JP 2013538761 A JP2013538761 A JP 2013538761A JP 2013530557 A JP2013530557 A JP 2013530557A JP 2013530557 A JP2013530557 A JP 2013530557A JP 2013538761 A JP2013538761 A JP 2013538761A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
packaging
delivery
gripper
packaging bag
shipping
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2013530557A
Other languages
English (en)
Other versions
JP5540158B2 (ja
Inventor
偉 龍 曹
Original Assignee
上海宏曲電子科技有限公司
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to CN201110247880.9A priority Critical patent/CN102320395B/zh
Priority to CN201110247880.9 priority
Application filed by 上海宏曲電子科技有限公司 filed Critical 上海宏曲電子科技有限公司
Priority to PCT/CN2012/071900 priority patent/WO2013029362A1/zh
Publication of JP2013538761A publication Critical patent/JP2013538761A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5540158B2 publication Critical patent/JP5540158B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65BMACHINES, APPARATUS OR DEVICES FOR, OR METHODS OF, PACKAGING ARTICLES OR MATERIALS; UNPACKING
    • B65B69/00Unpacking of articles or materials, not otherwise provided for
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65BMACHINES, APPARATUS OR DEVICES FOR, OR METHODS OF, PACKAGING ARTICLES OR MATERIALS; UNPACKING
    • B65B61/00Auxiliary devices, not otherwise provided for, for operating on sheets, blanks, webs, binding material, containers or packages
    • B65B61/28Auxiliary devices, not otherwise provided for, for operating on sheets, blanks, webs, binding material, containers or packages for discharging completed packages from machines
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65GTRANSPORT OR STORAGE DEVICES, e.g. CONVEYORS FOR LOADING OR TIPPING, SHOP CONVEYOR SYSTEMS OR PNEUMATIC TUBE CONVEYORS
    • B65G11/00Chutes
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65GTRANSPORT OR STORAGE DEVICES, e.g. CONVEYORS FOR LOADING OR TIPPING, SHOP CONVEYOR SYSTEMS OR PNEUMATIC TUBE CONVEYORS
    • B65G47/00Article or material-handling devices associated with conveyors; Methods employing such devices
    • B65G47/02Devices for feeding articles or materials to conveyors
    • B65G47/04Devices for feeding articles or materials to conveyors for feeding articles
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65GTRANSPORT OR STORAGE DEVICES, e.g. CONVEYORS FOR LOADING OR TIPPING, SHOP CONVEYOR SYSTEMS OR PNEUMATIC TUBE CONVEYORS
    • B65G47/00Article or material-handling devices associated with conveyors; Methods employing such devices
    • B65G47/74Feeding, transfer, or discharging devices of particular kinds or types
    • B65G47/90Devices for picking-up and depositing articles or materials

Abstract

【課題】チューブ状包装材料を用いた包装における受渡し式出荷装置を提供する
【解決手段】一列の原料排出口11を有する原料排出器10と、少なくとも一つの水平方向に開閉する把持部材21を有し、原料排出口11の下方において縦方向に一列に配列された開閉可能な把持器20と一つの出口32と当該出口32の上方に位置する一つの入口31を有し、アクチュエータ33と連結して水平方向に移動されることができ、把持器20の下方に位置する傾斜した滑り台のような形状を有する受渡し器30と、受渡し器30の下方に位置し、把持器20の直下には位置しないベルトコンベア50と、を含む包装袋体40を受渡しするチューブ状包装材料を用いた包装における受渡し式出荷装置であって、包装を完成した包装袋体40は、原料排出口11の下方に位置し、把持器20が閉じる場合、それぞれの把持部材21は、包装袋体40の両側から対応する一つの包装袋体40を把持し、待機時の受渡し器30の入口31は、原料排出口11の直下に位置しない。
【選択図】図7

Description

本発明は、ピロー包装機に関し、特にチューブ状包装材料を用いた包装における受渡し式出荷装置に関する。
既存のピロー包装方法は、まず、シート状包装材料を縦方向から左右の両辺を封じることにより収納室を形成するとともに、被包装物を収納室の中に装填する。次に、被包装物の両端において収納室を封じてカットする。包装後の形状がピロー状になるため、ピロー包装と呼ばれている。全包装工程において自動化できる割合が高く、生産スピードも速いため、ブロック状、粒状、粉状、液状の物品、例えば、菓子、カスタードパイ、チョコレート、パン、インスタントラーメン、月餅、豆乳、牛乳、醤油、料理酒、蓮根粉などの食品、及び各種日用品、工業部品、医療機器などの様々な物の包装に適している。ピロー包装機に関しては、既に数多くの特許および専門技術が知られている。たとえば、下記の特許文献1がある。
中国特許第200820162320.7号明細書
シート状包装材料を封じて収納室の構造としつつ、被包装物を収納室に装填して包装するやり方は、理想的なピロー包装形式である。しかしながら、このような包装形式は、次のような問題点が伴う。第一に、無駄に使われる材料が多い。既存のピロー包装機は、シート状包装材料の左右の両辺を封じてから包装するため、封止部に多くの包装材料が無駄に使われる。第二に、見た目が良くない。封じた後の封止部が包装の外側に露出されるため、包装の見た目が良くない。第三に、このような形式を採用するプロセスは、包装材料が多層複合の材料であることを要するが、多層複合の材料の値段は高い。第四に、チューブ状包装材料を用いたピロー包装に比べ、プロセスが一つ多くなるため、エネルギー消費および生産コストを増加してしまう。
上述のシート状包装材料を用いた包装プロセスに比べ、チューブ状包装材料を用いた包装プロセスは、包装材料を多層複合にする必要がなく、包装後に中央の封止部が存在しないため、材料を節約でき、見た目もよく、省エネルギーで、低コストというメリットを有する。
しかし、チューブ状包装材料を用いた包装形式とシート状包装材料を用いた包装形式とは、包装後の出荷プロセスにおいて大きく異なる。
第一に、シート状包装材料を用いた包装形式では、まず、多くの被包装物を1つの包装材料の中に入れ、その次に、包装された被包装物を水平に前方向へ移動させて前後開口部のシール、カットおよび搬出を集中的に行う。シート状包装材料を用いた包装形式の出荷は、包装された被包装物を前方向に移動した後に行うことができるため、包装と出荷を異なる位置で行うことができる。一方、チューブ状包装材料を用いた包装形式は、一つ一つの貫通した垂直なチューブにおいて原料供給とシールを完成した後、次のプロセスに影響を与えないように、包装された被包装物が垂直に落下することを防止しなければならない。即ち、包装を完成した後、包装された製品の位置を変更してから出荷する必要がある。
第二に、シート状包装材料を用いた包装形式において、シート状包装材料は、止まることなく前方向へ移動でき、シート状包装材料が一つでも前方向へ移動すれば、包装スピードの要件を満たすことができる。一方、チューブ状包装材料を用いた包装形式では、前に包装された一つの被包装物を出荷させた後でなければ、次のプロセスを行うことができない。したがって、より早い包装スピードが求められる場合、たとえば、同時に四つ以上の出荷を完成しなければならない。包装された被包装物をいかにスムーズにベルトコンベヤに搬送させるかは、面倒な問題である。
上記特許文献1に記載されている使い捨て注射器の自動包装機械で開示されている解決方案などでは、回転して原料を排出する方法を採用しているが、構造が複雑で、信頼性が低いという問題点を有している。
本発明は、上記事情に鑑みてなされたものであり、一列の原料排出口の下方に位置する既に包装を完成した被包装物(包装袋体)を、同時にベルトコンベアに搬送するチューブ状包装材料を用いた包装における受渡し式出荷装置を提供することを目的とする。
原料排出口の下方に位置する包装袋体のそばに、開閉可能な把持器を設ける。把持器は、原料排出口の位置及び数量と対応している把持部材を有する。把持器が閉じる場合、それぞれの把持部材は、一つの包装袋体を把持出来る。
把持器の下方に受渡し器を設ける。受渡し器は、滑り台のような形状を有する。受渡し器の入口は、把持器の下方に位置し、受渡し器の出口は、ベルトコンベアの上方に位置する。受渡し器は、水平方向に移動できる。待機時、受渡し器は、包装袋体の直下に位置せず、包装袋体の片側に位置する。包装袋体の包装を完成した後、受渡し器の入口は、把持器の下方まで移動する。そして、把持部材が包装袋体のクランプを解除すると、包装袋体は、受渡し器の出口からベルトコンベアに落とされ搬送される。その後、受渡し器は、元の待機位置に復帰する。
本発明に係る包装袋体を受渡しするチューブ状包装材料を用いた包装における受渡し式出荷装置は、原料排出器、把持器、受渡し器、アクチュエータおよびベルトコンベアを含む。
原料排出器は、一列の原料排出口を有する。包装を完成した包装袋体は、原料排出口の下方に位置する。
把持器は、少なくとも一つの水平方向に開閉する把持部材を有し、原料排出口の下方において縦方向に一列に配列され、開閉可能である。把持器が閉じる場合、それぞれの把持部材は、包装袋体の両側から対応する一つの包装袋体を把持する。
受渡し器は、一つの出口と当該出口の上方に位置する一つの入口を有し、アクチュエータと連結して水平方向に移動されることができ、把持器の下方に位置する傾斜した滑り台のような形状を有する。待機時の受渡し器の入口は、原料排出口の直下に位置しない。
ベルトコンベアは、受渡し器の下方に位置し、把持器の直下には位置しない。
受渡し器の入口の幅は、把持器の幅より広い。
受渡し器の入口は、待機時の位置と原料排出口の直下の位置との間において往復移動する。
受渡し器の出口は、ベルトコンベアの片側に位置する。
本発明に係るチューブ状包装材料を用いた包装における受渡し式出荷装置によれば、被包装物が上から下方向へ包装袋体に入れられた後、把持器が包装袋体をクランプするため、開口端を開口固定器から離させてシールでき、包装袋体の中の空気を圧し出すことができる。
本発明の実施形態に係る待機位置における出荷装置を示す正面図である。 本発明の実施形態に係る待機位置における出荷装置を示す平面断面図である。 本発明の実施形態に係る出荷装置の動作の第1ステップを説明するために供する図である。 本発明の実施形態に係る出荷装置の動作の第2ステップを説明するために供する図である。 本発明の実施形態に係る出荷装置の動作の第3ステップを説明するために供する図である。 本発明の実施形態に係る出荷装置の動作の第4ステップを説明するために供する図である。 本発明の実施形態に係る出荷装置の動作の第5ステップを説明するために供する図である。
上記の図面の実施形態において、五つの原料排出口と把持部材から構成される五つの出荷ユニットを示している。出荷ユニットの数量は、単に本発明の実施形態に係る出荷ユニットの数量が複数であっても良いことを示すだけで、その他の実施形態における出荷ユニットの数量は、五つより多くても少なくてもよい。
以下、添付した図面を参照しながら、本発明の実施形態を説明する。実施形態における各構成部材の動作は、電動または空気動力部品により達成できる。なお、説明を簡潔にするため、図面および明細書において、電源および動力についての説明は省略した。
図1は、本発明の実施形態に係る待機位置における出荷装置を示す正面図である。
図に示すように、原料排出器10は、一列の原料排出口11を有する。包装を完成した包装袋体40および把持器20は、原料排出口11の下方に位置する。把持器20は、少なくとも一つの把持部材21を有し、縦方向に一列に配列されている。正面図であるため、図において一つの包装袋体40および一つの把持部材21だけが表されている。
それぞれの把持部材21は、対応する一つの包装袋体40の両側に位置する。把持器20は、開閉可能で、全ての把持部材21は、水平方向に開閉する。それぞれの把持部材21は、閉じる場合、一つの包装袋体40を把持できる。図において、把持部材21は、既に包装袋体40を把持している。
受渡し器30は、把持器20の下方に位置し、傾斜した滑り台のような形状を有する。受渡し器30は、一つの入口31および一つの出口32を有し、入口31は出口32の上方に位置し、出口32はベルトコンベア50の片側に位置する。
受渡し器30は、アクチュエータ33と連結して水平方向に移動できる。待機時、受渡し器30の入口31は、原料排出口11の直下に位置しない。受渡し器30の入口31は、待機時の位置と原料排出口11の直下の位置との間において往復移動する。
ベルトコンベア50は、受渡し器30の下方に位置する。ベルトコンベア50は、把持器20の直下に位置せず、把持器20の片側に位置する。
図2は、本発明の実施形態に係る待機位置における出荷装置を示す平面断面図である。
図において、並列配列された五つの把持部材21と五つの包装袋体40を示している。ここで、受渡し器30の入口31の幅は、把持器20の幅より広い。
図3〜7は、本発明の実施形態に係る出荷装置の動作を説明するために供する図である。
図3は、本発明に係る出荷装置の動作の第1ステップを説明するために供する図で、受渡し器30の入口31が把持部材21の直下の位置に移動されていることを示している。
受渡し器30は、矢印方向に移動され、入口31が把持部材21の下方、即ち、原料排出口11の直下の位置まで移動される。
図4は、本発明に係る出荷装置の動作の第2ステップを説明するために供する図で、把持部材21が包装袋体40のクランプを解除していることを示している。
把持部材21は、矢印方向に開き、袋体40は下方向へ落下し始める。
図5は、本発明に係る出荷装置の動作の第3ステップを説明するために供する図で、包装袋体40が受渡し器30の入口31に落とされることを示している。
把持部材21が開いた後、全ての包装袋体40は下方向へ受渡し器30の入口31内に落とされている。
図6は、本発明に係る出荷装置の動作の第4ステップを説明するために供する図で、包装袋体40がベルトコンベア50まで落とされていることを示している。
受渡し器30は、傾斜した滑り台のような形状を有するため、入口31に落とされた包装袋体40は、出口32を通して、下方に位置するベルトコンベア50の上に滑り落ちる。
図7は、本発明に係る出荷装置の動作の第5ステップを説明するために供する図で、承接移送器30が待機位置に復帰されていることを示している。
包装袋体40がベルトコンベア50に滑り落ちた後、受渡し器30は、矢印方向に元の待機位置に復帰する。
10 原料排出器、
11 原料排出口、
20 把持器、
21 把持部材、
30 受渡し器、
31 入口、
32 出口、
33 アクチュエータ、
40 包装袋体、
50 ベルトコンベア。

Claims (4)

  1. 一列の原料排出口(11)を有する原料排出器(10)と、
    少なくとも一つの水平方向に開閉する把持部材(21)を有し、前記原料排出口(11)の下方において縦方向に一列に配列された開閉可能な把持器(20)と、
    一つの出口(32)と当該出口(32)の上方に位置する一つの入口(31)を有し、アクチュエータ(33)と連結して水平方向に移動されることができ、前記把持器(20)の下方に位置する傾斜した滑り台のような形状を有する受渡し器(30)と、
    前記受渡し器(30)の下方に位置し、前記把持器(20)の直下には位置しないベルトコンベア(50)と、
    を含む包装袋体(40)を受渡しするチューブ状包装材料を用いた包装における受渡し式出荷装置であって、
    包装を完成した前記包装袋体(40)は、前記原料排出口(11)の下方に位置し、
    前記把持器(20)が閉じる場合、それぞれの前記把持部材(21)は、前記包装袋体(40)の両側から対応する一つの前記包装袋体(40)を把持し、
    待機時の前記受渡し器(30)の入口(31)は、前記原料排出口(11)の直下に位置しないチューブ状包装材料を用いた包装における受渡し式出荷装置。
  2. 前記受渡し器(30)の入口(31)の幅は、前記把持器(20)の幅より広いことを特徴とする請求項1記載のチューブ状包装材料を用いた包装における受渡し式出荷装置。
  3. 前記受渡し器(30)の入口(31)は、前記待機時の位置と前記原料排出口(11)の直下の位置との間において往復移動することを特徴とする請求項1記載のチューブ状包装材料を用いた包装における受渡し式出荷装置。
  4. 前記受渡し器(30)の出口(32)は、前記ベルトコンベア(50)の片側に位置することを特徴とする請求項1記載のチューブ状包装材料を用いた包装における受渡し式出荷装置。
JP2013530557A 2011-08-26 2012-03-03 チューブ状包装材料を用いた包装における受渡し式出荷装置 Expired - Fee Related JP5540158B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
CN201110247880.9A CN102320395B (zh) 2011-08-26 2011-08-26 管状材料包装的移接式出货装置
CN201110247880.9 2011-08-26
PCT/CN2012/071900 WO2013029362A1 (zh) 2011-08-26 2012-03-03 管状材料包装的移接式出货装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2013538761A true JP2013538761A (ja) 2013-10-17
JP5540158B2 JP5540158B2 (ja) 2014-07-02

Family

ID=45448281

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2013530557A Expired - Fee Related JP5540158B2 (ja) 2011-08-26 2012-03-03 チューブ状包装材料を用いた包装における受渡し式出荷装置

Country Status (7)

Country Link
US (1) US9090368B2 (ja)
JP (1) JP5540158B2 (ja)
CN (1) CN102320395B (ja)
DE (1) DE112012000137T5 (ja)
GB (1) GB2506947B (ja)
MY (1) MY163876A (ja)
WO (1) WO2013029362A1 (ja)

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102320395B (zh) * 2011-08-26 2014-05-07 上海宏曲电子科技有限公司 管状材料包装的移接式出货装置
WO2013029356A1 (zh) * 2011-08-26 2013-03-07 上海宏曲电子科技有限公司 管状材料包装的控制装置
FR2991853B1 (fr) * 2012-06-18 2015-11-13 Adiv Dev Procede de fabrication en continu de viande hachee assaisonnee sechee pasteurisee, reconstituee en plaques minces, et installation pour la mise en oeuvre dudit procede
CN104340401B (zh) * 2014-09-21 2016-05-18 苏中柱 一种成品出料机构
CN110937194B (zh) * 2019-12-27 2020-10-30 新昌县黄达机械有限公司 一种自动化生产用打包与agv小车联动送料装置

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010070220A (ja) * 2008-09-19 2010-04-02 Sanko Kikai Kk 縦型多列自動包装機における排出機構の改良
JP2011073777A (ja) * 2009-10-02 2011-04-14 Toyo Jidoki Co Ltd 袋詰め包装機における袋放出補助装置

Family Cites Families (22)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
GB1460897A (en) * 1973-04-11 1977-01-06 Europack Eng Co Ltd Bagging machines
DE2519775A1 (de) * 1975-05-02 1976-11-11 Bosch Gmbh Robert Vorrichtung zum wegfuehren von beutelpackungen von einer beutelform-, -fuell- und -schliessmaschine
DE2519645C2 (de) * 1975-05-02 1982-08-26 Robert Bosch Gmbh, 7000 Stuttgart Verpackungsanlage
US4117647A (en) * 1976-10-20 1978-10-03 Rossi Alfred F Flexible pouch, forming, filling and sealing machine
SU1479349A1 (ru) * 1987-07-02 1989-05-15 Каунасский Политехнический Институт Им.Антанаса Снечкуса Устройство дл упаковывани продуктов в пакеты из термосклеивающегос материала
NL8802075A (nl) * 1988-08-22 1990-03-16 Breda Packaging Bv Werkwijze en inrichting voor het in een houder rangschikken van voorwerpen.
DE69735261T2 (de) * 1997-06-27 2006-11-23 Tetra Laval Holdings & Finance S.A. Aussonderungsvorrichtung für eine Hochgeschwindigkeitsverpackungsmaschine
US6006501A (en) * 1998-03-30 1999-12-28 Winpak Lane, Inc. Three-sided pouches, machine and method of making
JP2000211618A (ja) * 1999-01-22 2000-08-02 Sanko Kikai Kk シ―ル袋用計数供給装置
JP4578591B2 (ja) * 1999-03-30 2010-11-10 株式会社輝 フィルム包装された板状冷凍生ハンバーグ状体の製造方法
DE50111769D1 (de) * 2000-06-05 2007-02-15 Bosch Gmbh Robert Vorrichtung zum Abfüllen von Produkten, insbesondere Schlauchbeuteln, in Verpackungsbehälter
JP2002037206A (ja) * 2000-08-01 2002-02-06 Ishida Co Ltd 縦型製袋包装機
US6761016B1 (en) * 2002-08-30 2004-07-13 Richard A. Soleri High speed form, fill and seal pouch packaging machine
US6826892B2 (en) * 2003-01-09 2004-12-07 Glopak Inc. Vertical form, fill and seal machine for handling large pouches
JP2006117291A (ja) * 2004-10-22 2006-05-11 Ishida Co Ltd 製袋包装システム
JP2008094427A (ja) * 2006-10-12 2008-04-24 Ishida Co Ltd 製袋包装システム
DE102007002381A1 (de) * 2006-11-20 2008-05-21 Haver & Boecker Ohg Füllanlage
CN201751303U (zh) * 2010-02-10 2011-02-23 哈尔滨联科自动化技术开发有限公司 双工位面粉包装机
JP2011219138A (ja) * 2010-04-11 2011-11-04 Kawashima Packaging Mach Ltd 縦型製袋充填包装機の搬出シュート駆動式系外排出装置
CN101837846A (zh) * 2010-06-11 2010-09-22 山东新华医疗器械股份有限公司 软袋夹具式理袋机
CN201864080U (zh) * 2010-09-30 2011-06-15 深圳安吉尔饮水产业集团有限公司 薄膜袋的排气横封装置
CN102320395B (zh) * 2011-08-26 2014-05-07 上海宏曲电子科技有限公司 管状材料包装的移接式出货装置

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010070220A (ja) * 2008-09-19 2010-04-02 Sanko Kikai Kk 縦型多列自動包装機における排出機構の改良
JP2011073777A (ja) * 2009-10-02 2011-04-14 Toyo Jidoki Co Ltd 袋詰め包装機における袋放出補助装置

Also Published As

Publication number Publication date
DE112012000137T5 (de) 2013-07-04
US20130174516A1 (en) 2013-07-11
US9090368B2 (en) 2015-07-28
WO2013029362A1 (zh) 2013-03-07
CN102320395B (zh) 2014-05-07
GB2506947B (en) 2017-01-04
CN102320395A (zh) 2012-01-18
GB2506947A (en) 2014-04-16
GB201301300D0 (en) 2013-03-06
MY163876A (en) 2017-10-31
JP5540158B2 (ja) 2014-07-02

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5540158B2 (ja) チューブ状包装材料を用いた包装における受渡し式出荷装置
JP6612354B2 (ja) ポーチ型パッケージを充填する為の装置及び方法
CN107531338B (zh) 包装线、用于其的工作站及在其中操作包裹的方法
WO2015137005A1 (ja) 箱詰めシステム
CA2699130C (en) Method and device for filling of containers of collapsible type
CN105129119A (zh) 装袋机
JP2020508262A (ja) 可撓性のあるパウチタイプパッケージの充填のための充填機
US20130212979A1 (en) Upper sealing device for tubular material package
CN102951306B (zh) 管状材料的枕式包装装置
CN102303729B (zh) 管状材料包装的倾斜式出货装置
JP3933268B2 (ja) 包装袋への小物の投入装置
JP3143297U (ja) 包袋定位置に付属包装体を配して被包装物を充填する装置
JP6980251B2 (ja) カップ状容器への小袋供給方法
CN210028111U (zh) 高速全自动枕式包装生产线
JP5332053B2 (ja) チューブ状軟体商品の自動集積箱詰装置
JP5859482B2 (ja) 横形製袋充填機
JP4609614B2 (ja) 商品の自動箱詰方法及びその装置
JPH1179106A (ja) 充填軟包装体供給装置
CN102424149A (zh) 管状材料包装的管状材料拉动装置
JP2010013149A (ja) 位置決め包装方法及び装置
JP2010215271A (ja) 物品投入装置および物品投入方法
JP2014034412A (ja) 包装機の小袋装填装置及び包袋への小袋装填方法
JP2008120449A (ja) 食品又は化学品の粉粒体、食品等のベルト式包装機、真空包装機及びその方法。

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130306

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20130301

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20131126

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20140221

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20140408

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5540158

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20140501

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees